青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「巧~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

工業~ ~左 左~ ~左右 左右~ ~左手 左手~ 左様~ 左衛門~ ~巧
巧~
~巧み 巧み~ ~巨大 巨大~ ~差 差~ ~差し 差し~ 差別~ ~己

「巧~」 2010, 22ppm, 5301位

▼ 巧~ (368, 18.3%)

13 行って 7 行けば 4 なつた, 行かなかった 3 なって, は行かない, やつてる, 云って, 捌いて, 行きそう, 行くはず

2 [19件] それを, なった, なつて, はいかない, やつた, やつて, ナポレオンが, 中心を, 出來て, 利用し, 利用した, 垂直に, 整理され, 此の, 演って, 行くと, 行くもの, 行った, 言つてや

1 [281件] あいつ等を, あたった, あたって, あたりまして, あつと, えらび拔, お喋りに, かくして, こなした, この境地, そうさせた, たくらんだが, たって大, つくろって, て大食, て心, できて, とも拙く, と云う, ないの, ないよう, なかった巧, なったが, なったなあ, なったの, なったので, なっちゃったわ, なってから, なつたぢ, なつたの, なつたらう, なつたり, なります, なりよい, なり古道具屋, なり大胆, はできない, はなかっ, はなかつた, はゆかない, は出, は口, は奪, は奪えなかった, は無から, は行きません, は運ぶまい, は鳴けない, ばつを, まるめこんで, やって来たの, やって来ると, やらねえと, やりくって, やりますよ, やり了せて, やり終せて, やり過ごす, ゆきそうな, ゆきましたの, ゆくか, ゆくとは, ゆけば, わたくしの, クツ付い, ジャーナリズムの, スルリスルリと, プラットホームの, リイドする, 一つご, 一本の, 一致する, 三味線まで, 世が, 世間を, 両手の, 丸め込んで, 久米一の, 乗って, 事が, 云えない, 云ったつもり, 云ってらあ, 云ってるぜ, 云遁れた, 交わそうと, 交渉なぞも, 交際し, 京言葉が, 亭主の, 人工を, 人情噺の, 人間の, 仕組んだ象, 仕組んで, 仮面を, 企んで, 使えば, 使って, 例の, 保ちたいが, 働きました, 入って, 全過程, 出來なか, 出來ません, 出来たり, 出来上つとります, 出来上らない, 利用され, 利用しすぎる, 利用する, 刺繍の, 割って, 包装し, 取出して, 口が, 唄も, 喋舌った, 喰止る, 図に, 図にあたって, 執成して, 壺に, 天候に, 如何にも木, 娘に, 媾和する, 実施されない, 左内様に, 引揚げたらしい, 引綱を, 弾いて, 彼の, 往つたのに, 思って, 應用し, 成功する, 手なず, 手取り早く, 手捕, 打當, 抜き取ったの, 拍子を, 持ち支, 按排し, 振込みましたが, 振込んで, 捉へて, 描こうとばかり, 摩り上った時, 操って, 数学的に, 斜めに, 旦那衆が, 書いて, 書きましたに, 書こうとして, 書付を, 月の, 望みどおりの, 本の, 板に, 機械化と, 欺され, 欺し, 正面の, 母に, 注文に, 活かしたから, 活著し, 測定出来ない, 演します, 漕いだわねえ, 無罪に, 爆けさへ, 牛を, 理屈を, 理由が, 画こう君公, 疎開を, 痕跡を, 直立不動の, 瞞か, 祈り出し, 私を, 穿けぬの, 立ちまわる, 立ちまわれる, 立ち廻った, 箱書を, 節を, 籠絡し, 納得させる, 終了した, 絆を, 綾に, 縁を, 織りこんで, 美声で, 聞き取って, 脱け, 舵を, 芝居が, 英語も, 草の, 行かずに, 行かずのらくら, 行かないで, 行かなかった当の, 行かなかつた, 行かなかつたの, 行かなかつたら君通訳, 行かなければ, 行かぬ, 行かねえだろう, 行かねえん, 行かん, 行きさえ, 行きましたか, 行きません, 行きませんよ, 行くけれども, 行くだろうか, 行くでしょうか, 行くとして, 行くに, 行くやら, 行くよう, 行く道理, 行ったらすぐ, 行ったら今頃, 行ったら黒く, 行ってなかった, 行つた, 行つたと, 行つたなら, 行つて扨て, 表わせない, 表現の, 親父を, 言ってらあ, 言ってるぜ, 言つてらあ, 言つてる, 言ひ当てた, 言葉が, 言葉を, 訊きや, 話が, 話して, 話に, 誤魔化したじゃ, 誤魔化して, 誤魔化し得たと, 説き込んで, 説得し, 説明される, 説明する, 説諭を, 調子を, 諭して, 身に, 通り抜ける, 造りや, 進行する, 運ぶに, 運んだが, 運営され, 遣りおるの, 遣りました, 選べば, 重心を, 釣ったな, 鐵檻車の, 難を, 頼み込んで, 顔の, 風当りが, 首尾し, 高低と

▼ 巧~ (342, 17.0%)

6 して 4 これを 3 之を, 利用され, 描かれて, 棹を, 模する人

2 [12件] 出来て, 利用した, 利用する, 必要な, 按配し, 捉へ, 描くこと, 瞞着した, 話頭を, 身を, 銀塊相場に, 黒板に

1 [293件] いい現, いひのがれられると, おさえて, お信さん, かかったの, かかれて, かかわりなく, かしこく手ぐる, きまつてるぢ, さりげない, し色, すやすやし, する年増女, そういう身振り, そこに, その下, その大きな眼, その小さい, その方向, その画面, その眉目, その贅澤さ, そらして, それを, つくりあげて, つくろつて, つけ入りつづけたの, てばしこく摘出, ないこまれ, なし得たか, なった, なったと, なったとか, なったねえ, なって, なつたらし, なつたんだ, なりましょうよ, なる, なること, なるせい, なるたけやすい, なるといふ, はぐらかして, めぐりあ, やって, やりお, やりとげられたやう, やれば, わき道に, クルリと, ゾラが, バツを, フォークへ, 一座の, 三彩の, 上って, 不安の, 世態を, 両元素, 乗ずべき機会, 事に, 事細かに, 享楽も, 人を, 人形に, 人情の, 人物花卉を, 人生観などで, 人込の, 仕立てるの, 仕組まれた一場, 仮死に, 似て, 住家を, 余情を, 作ったけげん, 作られたもの, 作中人物の, 使い別けて, 使う道具, 使用する, 俊助を, 俗語を, 保険金の, 偏すと, 傭主に, 働けば, 先方の, 先生を, 全員の, 八九尺の, 其爪と, 出たら目, 出來, 出来てさえ, 出来なかつたもの, 別れようと, 制御し, 刻られ, 剥ぎ取って, 力は, 効果的に, 勘次郎の, 化けること, 取つて, 取入れて, 各楼, 同じもの, 向い合わぬ限り, 呪つ, 国民の, 変装を, 失する嫌, 失する者, 始末を, 姿をかは, 室内の, 寝間を, 寫し得た此作, 対手の, 屈伸し, 巣から, 巣を, 帝の, 引ずり廻されるん, 引力の, 弾奏し出した, 彈奏し出した, 当時の, 影を, 彼女を, 思ひきつ, 恐ろしいこと, 情感を, 成就し, 我が攻撃, 或る, 投上げ, 押し込んで, 拾うの, 按配され, 按配された, 振り當, 捉えて, 捉へて, 捕へられること, 描いただけ, 描いても, 描かなければ, 描かんと, 描示され, 提出された, 撒かれて, 操りながら, 敏活に, 教育する, 数枚描かれ, 新聞社の, 日本の, 日本風の, 昆蟲を, 是に, 書いて, 書きこんで, 書けて, 柁を, 桟橋に, 棹さす, 楯に, 模倣を, 権変を, 機械に, 權變を, 歌麿板物の, 正確に, 此れ, 此争論の, 歩いて, 歳月の, 殺された真実, 殺す事, 毛を, 法律の, 泳ぎて, 泳ぐ, 活用し, 流れる点, 消化し, 温顔を, 溶け合つて, 演奏する, 潜つてか, 煮て, 父の, 物語られて, 現社界, 甘いもの, 用ひた, 用ゐ, 用ゐられ, 用意された, 疲れて, 盆栽の, 相手の, 相手を, 真似たもの, 真面目に, 着た, 睫毛の, 秀いで, 空呆けて, 穿ち得たるところ, 立ちまわる, 立ちまわるわ, 立ち回って, 立ち回れば, 立ち直つたかと, 竿を, 素早く化粧, 結合したるなり, 綾なして, 編物の, 縫うて, 縫つて自動車を, 縫合はせる, 織って, 織る, 織込まれて, 繕らふと, 繰廻し, 罪を, 肉を, 自分の, 自然を, 舎内の, 艇身を, 良心をも, 處理する, 衝突を, 被りおおせるため, 装って, 裏声を, 複雑美妙なる, 見えて, 見えるどころか, 見える筈, 訓んで, 詠みこなして, 詠み出, 話の, 話を, 語り日本文, 語るので, 説明せし, 読んで, 調和を, 調理した, 調理する, 譯した, 跛を, 踪跡を, 躍進し, 身体の, 軟風を, 転化させた, 追跡され, 逃げたの, 逃げて, 逃げ廻りながら, 造られたもの, 造作も, 逸し去つたので, 過ぎると, 遠見の, 郵便の, 配置され, 金を, 金持の, 長崎まで, 阿蘭, 隠して, 隠してる房, 隠し抜いて, 隠匿し, 隠蔽し, 隱蔽し, 音も, 顔に, 顔の, 飛び乗って, 飛び乗つて, 食いちがって

▼ 巧~ (264, 13.1%)

31 ことを 12 事を, 工合に 4 ぞ, のは, 具合に, 言葉を 3 な, 島民女マダレイに, 言葉が

2 [18件] とか拙い, と云っ, と思はれた, のが, のに, のに感心, やうに, ように, モ一つモ一つ, 奴は, 手だ, 男だ, 筈だ, 考えであっ, 考へ, 職がらで, 薩摩琵琶も, 言を

1 [148件] からあたし, からだ, からと云っ, から一座, がまだ, ぐあいにいかない, ぐらいだ, ぐらゐだよ, けれど噺, けれど愉し, ことである, ことには, そうです, ぞ男, だらうがなど, だらうと, だらうよ, だらう一処, だろうと, ではない, という意味, という盲, という話, とか寄席, と言っ, なあと思う, なあと私, にはギョッ, にも惘れる, のかと, のだ, のだから, のであった, のである, のでそんな, のでモリエエル, ので方々, ので有名, ので絵, ので話, ので選出, のとで, のに信頼, の味, ばかりでなく, ほど何故か, わけに, んだろう, ソヴェト員は, フランス語で, 丈心事の, 之を, 事づく, 二十六七の, 人きたら, 人たちが, 人だった, 人で, 人なら, 人の, 人を, 人元より, 人間に, 仕組に, 仕組みに, 仲直りの, 作品を, 例という, 例を, 俳優である, 具合にも, 割合に, 厭に, 口には, 噺って, 噺家で, 女であった, 女は, 女優が, 奴だ, 奴と, 字じゃ, 字を, 容貌ちの美い, 小説に, 工夫は, 工夫を, 巧い, 巧いと, 巧すぎる, 幇間的な, 弁解を, 形容詞が, 役者綺麗な, 彼れ, 思い付きだ, 思い付きに, 戦や, 拙いに, 拙いの, 掛け合いの, 掛合の, 教師を, 文句で, 文子は, 文章を, 方では, 方法で, 方法である, 方法を, 景色は, 書き出しを, 条件の, 機に, 武蔵が, 汁粉が, 法だ, 洒落を, 点は, 理屈も, 琵琶師だろう, 男という, 男といふ, 相な, 祭文語が, 笑顔が, 筈です, 結末を, 綽名だ, 美貌の, 考えである, 考へが, 荒物屋市五郎の, 術策が, 表現だ, 言方だらう, 言葉は, 言葉も, 言葉或は, 調子で, 調子に, 謎を, 赤井新次一等兵と共に, 返事も, 連中許が, 遁口上を, 選手だ, 雪上プラウか

▼ 巧~ (160, 8.0%)

2 [13件] ことは, ところが, のだ, んだ, 人だ, 人は, 人間の, 彼は, 犬である, 犯人なら, 百姓は, 者は, 若く美しい妻

1 [134件] うちに, ぐらゐ冷静で, ことさ, その餅, ために, だけに天下, ちやつかりした, ところも, ところを, のか, ので, のでしょう, ので私, ので長崎奉行, のね, ひとでも, ひとの, ものだ, ものだつた, もので, ものである, ものは, やうで, やつが, んでしょう, んです, アニヨメの, タクトと, トリックで, トン子さんは, ブック・メイカアである, ママが, 事と, 事という, 事も, 二人だ, 云い方, 人が, 人たちは, 人です, 人では, 人の, 人も, 人よりも, 人らすけ, 人工の, 人物の, 人間ぢや, 人間には, 人間は, 今までの, 作が, 処も, 加筆を, 化粧で, 叙事と, 叙法と, 同情深い, 和尚が, 四つの, 坊さんだつた, 女だ, 女では, 奴が, 奴じゃ, 奴だ, 奴で, 奴です, 奴に, 奴は, 奴らである, 娘だ, 娘で, 子でも, 子供達が, 宣伝文や, 小伜, 小姑は, 少年であった, 弁口によって, 彼女に, 彼女は, 恋の, 惟光は, 意地悪な, 手加減が, 扮飾を, 描写に, 擬声で, 文吾にも, 方便を, 方法だ, 方法で, 方法に, 方法によって, 方法は, 方法を, 智識階級の, 櫂を, 欺瞞が, 母と, 物語によ, 犬です, 犬可愛い, 犯罪は, 甥として, 用語という, 男だ, 私は, 紅粉を, 絵を, 線を, 翻案を, 考えじゃ, 芝居に, 芸術家も, 若い女房, 落ついた, 表情を, 表現でも, 表現に, 見ばえの, 言葉遣いで, 詐欺手段で, 話術を以て, 認識が, 議論であろう, 追従笑いに, 連中は, 隈どり, 雌猿芸は, 青年の, 青柳に, 馬です

▼ 巧~ (49, 2.4%)

2 が妻, が目

1 [45件] うでは, うで知らずに, がある, がお, が出る, が娼婦, が手, が活き活き, が賞讃, そういうもの, でたしかに, でも十分, で一席, で一座, で二三歩泳ぎ, ということ, とはいざ, とはまるで, と云う, などと云, なの, においても優に, にはつい, には誰, にも多少, に似, に心, に感心, に我, に私たち, はかいなで, はどぎつく, は今, は近代女性, へ気に入つたら, もある, も日本犬, や当意即妙, よ, をつたえ, を思い返させる, を生かせ, を発揮, を示した, を華々しく

▼ 巧~ (40, 2.0%)

5 あつた 2 働きが, 弁説が, 腕が

1 [29件] あらうか, はない, はなかっ, ほんとに金, また野性的, もない, もなく, も困る, よく澄ん, 且つ自然, 児柄も, 加うる, 同じぐらい, 器用な, 少し扱, 少し扱い, 居ながら, 忠実に, 意地つ, 手触りの, 最も感覚, 温和で, 男の, 目先が, 美少年という, 自分に, 艷, 英語は, 訓練も

▼ 巧なる~ (37, 1.8%)

2 如くに

1 [35件] が凡て女, けだし来由, こと世の, にあらず, に從, に至り, に驚歎, の故, は百, ものあり, ものだ, ものに, もののその, もまた, も猶, も造化, わが文學雜誌, を誇り, ヂオメーデースの, 事は, 人あり, 人が, 作品の, 勿論主人, 化粧にて, 実に, 所以であろう, 所趣向の, 栗園を, 狂言には, 用法に, 美しき壮年, 者あり, 言葉づかひなり, 語なる

▼ 巧~ (35, 1.7%)

3 弄せん 2 しながら, 弄し, 弄したる

1 [26件] したなりに, する, つくつたが, もつて, 凌駕す, 凝らした午餐, 凝らして, 奏したと, 奪うよう, 奪われて, 尽したる唐草, 尽して, 弄した, 弄する句, 弄ばぬところ, 弄ばぬ所, 弄ばぬ所却, 授け舟車, 極め喬木高樓, 極め犬, 求めて, 発明し, 積み精, 考へるらしかつ, 見せて, 誇る

▼ 巧~ (26, 1.3%)

3 極端と 2 仲間, 威に

1 [19件] あとが, ある奴, うちで, すさび面白から, もので, やうで, ようで, ような, 入って, 入つて, 利己て, 妙品を, 手段である, 深い奴, 筈は, 言により, 諸兄より, 赴きを, 顔の

▼ 巧いこ~ (24, 1.2%)

3 という 2 と戦略, と行く

1 [17件] と, というてた, とはない, とはまた, とやっ, とやれ, と乳, と入れ, と手エ, と考え, と考えつい, と考えよった, と芝居, と行かん, と行った, と言いよっ, と隠し通せる

▼ 巧いもの~ (23, 1.1%)

4 だと 32 だな

1 [14件] が見付かった, だぜ, だという, だなあ, だなア, であった, である, でございますね, です, ですが, では, はない, は巧, を選んだ

▼ 巧~ (23, 1.1%)

1 [23件] から, からあんな, からうん, からせつ子, からその, から何, から外, から新, から良家, か知らない, が, が声, そうだ, つたのである, つて云ふ, ということ, という霊感, といふ惟敬, とは思わない, と同時に, と考へました, ね, よ

▼ 巧いと~ (18, 0.9%)

2 いうこと, 思つた, 思ふの

1 [12件] いうの, いうわけ, いふので, ここでも, は思えなかった, 云うので, 思いました, 思うな, 思うよう, 申すは, 自慢し, 褒められたの

▼ 巧かった~ (18, 0.9%)

1 [18件] あまり巧く, かも知れない, からで, そうである, という, とか面白かっ, と思い出さない, ね全く, のが, のです, ので先輩諸家, ばかりにその, ように, わ, んでしょう, 市馬を, 弄珠子ビリケンと, 父親は

▼ 巧らん~ (18, 0.9%)

4 だの, でいる 31 だもの, だ訳, でいた, でかかる, でから風, でどこ, で相手

▼ 巧かつ~ (16, 0.8%)

2 たが, たので

1 [12件] た, たから, たし侠客, たし物言, たし警句, たでせう, たと, たの, た三代目小さん, た品川, た彼, た柴田南玉

▼ 巧そう~ (16, 0.8%)

2 なお

1 [14件] だ, でない顔, な体, な勝手, な多少, な女形, な常識, な目, な眼, な群衆, な落ちついた口調, な顔, に涼しく, に見える

▼ 巧~ (13, 0.6%)

1 [13件] ありと, である, との衆力, と弁佞, な話術, には乏し, に富む, に富める, に長けた, の例, の所産, はしかし, 極まる故

▼ 巧~ (12, 0.6%)

6 曲の 3 曲である 2 曲だ 1 曲な

▼ 巧いも~ (11, 0.5%)

1 [11件] のじゃ, のだが, のだった, ので, のでした, のでせう, ので双六, ので普通, ので殊に, んで, んで頻り

▼ 巧く行かない~ (11, 0.5%)

1 [11件] かという点, から, といふ, とも限らない, と思っ, ので下級船員, のは, のも, ような, 場だ, 時でも

▼ 巧である~ (11, 0.5%)

2 から木綿 1 から見た, が恐らくは, が次第に, ことを, という, と思っ, のが, ものの不思議, ように

▼ 巧~ (8, 0.4%)

1 かうち, かもしれねえ, か二人会, ことを, ぜ, や, よそれ, 歌ぢや

▼ 巧くやっ~ (8, 0.4%)

2 ていた, ている 1 ておくれ, てべつに, て行く, て貰え

▼ 巧く出来~ (7, 0.3%)

2 ている, て居ます 1 てい, てゐます, て居る

▼ 巧すぎる~ (7, 0.3%)

2 といふ 1 から半分, といふ事丈, と云つた爲め, ほどの, ようである

▼ 巧~ (7, 0.3%)

3 拙との 1 いえば, 云うよう, 協力し, 為す

▼ 巧なり~ (7, 0.3%)

1 けん人々喝采, その中, というべし, とは彼, と称する, と雖, 彼れ

▼ 巧~ (7, 0.3%)

2 ちょうど同じ 1 あつしの, 人の, 即ち巧, 是巧なる, 次第に脂

▼ 巧いもんだ~ (5, 0.2%)

1 から方々, と出鱈目, な, なあ, ねとても

▼ 巧~ (5, 0.2%)

1 うんと莫迦, ろうといり, 嘘つきか, 拙か, 知れやしない

▼ 巧~ (5, 0.2%)

1 から出た, なるか, をし, を以て事, 人を

▼ 巧くも~ (4, 0.2%)

1 どすと, ないくせ, なんともあり, ねえ

▼ 巧くやる~ (4, 0.2%)

1 こと, とすっきり, よ, んだ

▼ 巧すぎ~ (4, 0.2%)

1 ての変質者, ても厄介, て人間, ます

▼ 巧です~ (4, 0.2%)

31 もの

▼ 巧でない~ (4, 0.2%)

1 からである, が真率, 方が, 父の

▼ 巧とも~ (4, 0.2%)

3 拙とも 1 判断する

▼ 巧なお~ (4, 0.2%)

1 夏が, 姉さまが, 孃さんです, 芝居かも

▼ 巧利的~ (4, 0.2%)

1 な心, な懸念, な所, な計画

▼ 巧慧機敏~ (4, 0.2%)

4 の才子

▼ 巧~ (4, 0.2%)

2 に御 1 な刺激, に呼び込んだ

▼ 巧いです~ (3, 0.1%)

21 ものね

▼ 巧いの~ (3, 0.1%)

1 ね, ねあたし達, も拙い

▼ 巧くい~ (3, 0.1%)

2 かない 1 ってくれれ

▼ 巧くっ~ (3, 0.1%)

1 たってそんな, てソシアル・ダンス, て調子

▼ 巧くなる~ (3, 0.1%)

1 せいか, までは厭, ものよ

▼ 巧くま~ (3, 0.1%)

1 いらない時, とめて, とめなければ

▼ 巧く出来た~ (3, 0.1%)

1 のだ, ものも, 絵を

▼ 巧だった~ (3, 0.1%)

1 かということ, がこいつ, 京山は

▼ 巧とは~ (3, 0.1%)

1 ちがって, バカの, 言えませんね

▼ 巧なれ~ (3, 0.1%)

1 ども自身独立, ば此莊嚴, ば皆

▼ 巧ぶつ~ (3, 0.1%)

1 た漁師, た退屈, て可

▼ 巧らしい~ (3, 0.1%)

1 から万事山嵐, な幾つ, 人は

▼ 巧~ (3, 0.1%)

1 の賢, を度外視, を棄てた

▼ 巧~ (3, 0.1%)

1 がいけない, も富貴, をあせる

▼ 巧~ (3, 0.1%)

1 でした, と二人, と力

▼ 巧~ (3, 0.1%)

1 で讒言, を忌む, 悪計

▼ 巧~ (3, 0.1%)

1 で愛敬, に取込ん, の名

▼ 巧方便~ (3, 0.1%)

2 とは畢竟 1 を以て弘誓

▼ 巧~ (3, 0.1%)

2 あり世 1 は拙

▼ 巧過ぎ~ (3, 0.1%)

1 てお前, てどの, て手

▼ 巧いところ~ (2, 0.1%)

1 にぶつかろう, へ落ちた

▼ 巧いもん~ (2, 0.1%)

1 じゃありません, でございますね

▼ 巧いんだ~ (2, 0.1%)

1 からピピヤス, つてね

▼ 巧いんです~ (2, 0.1%)

1 か, よ

▼ 巧い話~ (2, 0.1%)

1 になっ, はちょっと

▼ 巧~ (2, 0.1%)

1 あるの, つかないので

▼ 巧くいく~ (2, 0.1%)

1 かどう, という理

▼ 巧くお~ (2, 0.1%)

1 上手に, 当てに

▼ 巧くそ~ (2, 0.1%)

1 の幽, の真相

▼ 巧くつ~ (2, 0.1%)

1 かって自分, かんで

▼ 巧くとらえ~ (2, 0.1%)

1 て人工降雨術, て潮

▼ 巧くとれ~ (2, 0.1%)

1 てそれ, ば卵

▼ 巧くやった~ (2, 0.1%)

1 つもりだ, ねと云った

▼ 巧く出来る~ (2, 0.1%)

1 ものだ, ように

▼ 巧く守れたら~ (2, 0.1%)

2 屹度成功疑

▼ 巧く当る~ (2, 0.1%)

2 と章魚

▼ 巧く思ふ~ (2, 0.1%)

2 壺に

▼ 巧く描け~ (2, 0.1%)

1 さうにも, ている

▼ 巧く殺せたら~ (2, 0.1%)

2 今度は

▼ 巧く逃げ~ (2, 0.1%)

1 ている, て虚名

▼ 巧さ今~ (2, 0.1%)

2 も私

▼ 巧じゃ~ (2, 0.1%)

1 ない, ないかも

▼ 巧せる~ (2, 0.1%)

1 実業家成巧せる, 政治家が

▼ 巧であった~ (2, 0.1%)

1 かどう, という奴

▼ 巧でも~ (2, 0.1%)

1 そうは, 矢張り幼い

▼ 巧なき~ (2, 0.1%)

2 も辛辣

▼ 巧にも~ (2, 0.1%)

1 なり初めて, 作り上げた紙細工

▼ 巧ぶっ~ (2, 0.1%)

1 てにやにや, ても老人ふう

▼ 巧~ (2, 0.1%)

1 ないが, 風情も

▼ 巧~ (2, 0.1%)

1 がったのう, 百般の

▼ 巧~ (2, 0.1%)

1 な, み初めました

▼ 巧~ (2, 0.1%)

2 をやらかし

▼ 巧偸豪~ (2, 0.1%)

1 奪という, 奪といふ

▼ 巧~ (2, 0.1%)

1 は人工, を得べし

▼ 巧名心~ (2, 0.1%)

1 に煽られ, を駁した

▼ 巧~ (2, 0.1%)

1 の士数十名, ヲ以テ得ベカラズ

▼ 巧~ (2, 0.1%)

1 なサンド, に改め得た

▼ 巧~ (2, 0.1%)

1 を演ずる, 忽ち一世

▼ 巧~ (2, 0.1%)

1 が數術, とて工学

▼ 巧~ (2, 0.1%)

1 にわが, に接し

▼ 巧解した~ (2, 0.1%)

2 もので

▼ 巧過ぎる~ (2, 0.1%)

1 きらいも, と思う

▼1* [225件]

あり悟道の, 巧いいい方は, 巧いおとらは, 巧いか拙いか, 巧いがな, 巧いしよあげくに, 巧いし剩に金, 巧いし私がいない, 巧いたつてどれ, 巧いでしょうと笑い, 巧いとも何とも思って, 巧いね好い節, 巧いよさてこれから, 巧いよあとはリード, 巧いわねそれに, 巧いんでしょうけれどそれだけにまた, 巧い思ひつきだつた, 巧うござんすかえ, 巧えとおもったん, 巧え小圓太は, 巧かいといわれ, 巧からう, 巧くあたるとは思わなかった, 巧くいいくるめてある, 巧くいきませんよ, 巧くおだてられても決して, 巧くくつ, 巧くくずし方など, 巧くこしらえて来る, 巧くこしらえましたにいたしまし, 巧くたばかッ, 巧くだまし込んで, 巧くできすぎている, 巧くねえな, 巧くのがれたものかと, 巧くぶつかるかも知れねえ, 巧くほれないと仰っし, 巧くまるめ込まれてとうとう, 巧くやらないと, 巧くやればその, 巧くやれるかどう, 巧くゆかず医者に, 巧くゆかないので部屋, 巧くゆかなかったらどうなる, 巧くゆかぬな, 巧くゆかんよ, 巧くゆこうはずが, 巧く云い取りを, 巧く使えるように, 巧く働かせて行き走る, 巧く出なくても比較的, 巧く出来てるもんです, 巧く分けて天火明命, 巧く削れたといっ, 巧く化けて来た, 巧く取らうとする, 巧く取合せていた, 巧く合い過ぎるくらいである, 巧く喋れるがと思った, 巧く外れた場所に, 巧く寝つかれないので街, 巧く引つ浚へて, 巧く当らなかった時には, 巧く往かないと見え, 巧く往けるやうにと, 巧く思う壺に, 巧く悪い友達と, 巧く慰めて強いて, 巧く投じて双方, 巧く折れ合うところを, 巧く拵えて膏薬, 巧く持ちかけないと, 巧く捌けないと焦り, 巧く描ける自信は, 巧く撒かれてしまった, 巧く書くかというの, 巧く書けていた, 巧く書けないから, 巧く歩くは驚くべき, 巧く洗えますかえ, 巧く滑れる時は, 巧く煉り合せてそして, 巧く現れて来る, 巧く生じさせてその, 巧く納まるのである, 巧く組み合せて両方, 巧く纏まるかどう, 巧く考えましたね, 巧く考へたもので, 巧く落ちたのを, 巧く行き合わせるかどう, 巧く行ければ十数年, 巧く見えないのです, 巧く見えるだろうがと思っ, 巧く見附けたと思ったら, 巧く言い現わし, 巧く言いあてたよわたくし, 巧く言いくるめて取りあげ, 巧く言いのがれたわねえ, 巧く言いのがれなければと私, 巧く言えなんだ, 巧く話し合えそうだ, 巧く語れない遣り直し遣り直して何遍, 巧く誤魔か, 巧く逃げたと見え, 巧く逃げますから, 巧く逃げるつもりで, 巧く運ばないので苦しかっ, 巧く遣つたのでもう, 巧く遣らせやうと, 巧く遣れるだろうと思っ, 巧く避けやがったナぐらいのこと, 巧く長くだして, 巧く隠されてし, 巧く隠れてみんな, 巧ければ巧い, 巧さうな口を, 巧さうに云ふ, 巧さかげんがよく, 巧さはまことこうした, 巧さ刷り上げの巧さ, 巧さ文章の流麗, 巧さ義賊も侠客, 巧何しろ幇間, 巧したさて人々, 巧し剰に金, 巧すぎた落ちが, 巧ずして若い, 巧そのものの大家, 巧だけがためされて, 巧だの馬鹿だの, 巧であって男, 巧でありまして単に, 巧でなかったわけである, 巧でなければ人間, 巧ということが, 巧といふことは, 巧とか評される前, 巧として見る可, 巧とをもって, 巧なしかたで, 巧なせゐで腹の中, 巧ならんとして, 巧ならざる人は, 巧ならず力は, 巧なりけりとね, 巧にかの条件を, 巧にさえ遣れば, 巧にとり合せた色さまざま, 巧には歌へ, 巧ぶったら損を, 巧ぶりを見せる, 巧ぶるんじゃ, 巧まくガレイジで, 巧みそ歌に遊ぶ, 巧より種々の, 巧よりも簡易を, 巧らしくてうちとける, 巧らみの下にわざわざ, 巧らむ人のこころ, 巧いこと, 巧拙イハ分ラナイケレド, 巧やで, 巧クヤッテ見セル, 巧ク持チカケテ見タラ, 巧ニハ辨ゼラレタレドモ想像ニ成レル事多クテ, 巧ニ始マリ拙ニ終ル, 巧ニ景致ヲ成ス, 巧ミデハナイケレドモ彼ノ小説ハ予, 巧極メシ歴史風俗画ニ於テハ艶逸比スベキモノナク, 巧一博士に面白い, 巧兼ねて婦女, 巧利主義に在る, 巧によって定, 巧をやっ, 巧来非天意, 巧豪奪, 巧名ばなしがある, 巧名手柄に向っ, 巧名話であります, 巧君兄弟がいた事, 巧唯我唯利の風, 巧太子はみずから釈迦, 巧者ラヴェル輩よりも, 巧婦鳥なども近く, 巧排告示輝煌総姓柴, 巧將新月添眉黛と云, 巧を派遣, 巧弁家ピアニスト批評家すべて自分の製作物, 巧でで, 巧忠実な店員, 巧快活なる決して, 巧慧さをそなえ, 巧慧狡猾と遊惰安逸, 巧手下拙より何より, 巧明斯う云, 巧という鍼医, 巧を惜しむ, 巧をする, 巧だ, 巧的稀覯書と称す, 巧せる銅冑, 巧ではある, 巧知制度と道徳, 巧窮むる胸甲の裏, 巧維盛様御夫婦, 巧纎細な對照, 巧職人風のイナセ, 巧を極めたる, 巧と甘言, 巧芸史滝精一先生の日本絵画史, 巧の傳統, 巧巧求を, 巧んでいる, 巧謀むのかその理由, 巧謀んだもの, 巧を以て其歓心, 巧もて, 巧造人物禽獣山水楼閣舟車之状至花時都人看者為群, 巧に, 巧に勝る, 巧馬鹿で燒餅, 巧あるもの, 巧なる紅葉, 巧麗婉艶の筆