青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「左衛門~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~工夫 工夫~ 工業~ ~左 左~ ~左右 左右~ ~左手 左手~ 左様~
左衛門~
~巧 巧~ ~巧み 巧み~ ~巨大 巨大~ ~差 差~ ~差し 差し~

「左衛門~」 3292, 36ppm, 3286位

▼ 左衛門~ (693, 21.1%)

10 それを 6 言った, 言って 5 おまん 4 すぐに, 笑いながら 3 そう云っ, 云った, 僧を, 先に, 手に, 自分の

2 [26件] あわてて, そこに, それに, またいいました, 上の, 不思議で, 僧の, 刀を, 半蔵に, 家の, 小屋の, 床の, 思いついたよう, 相手の, 竈の, 笑って, 笠を, 答えて, 考えて, 膝を, 言葉を, 軽い庭下駄, 金兵衛と, 金兵衛に, 隠居の, 頭を

1 [588件 抜粋] あくまでもこれ, あっちこっちに, あの通りお人好し, いいました, いいましたが, いうまでも, いかにも見事, いきり立って, いくらか風雅, いまだに宿駅, いや天国, うなずいて, うなずきました, うれしげ, うわ目, おちつき, おどるよう, おばあさんの, おふき, おらぬか, お艶, お蝶, かねて, きき耳, きょうは, くるみを, こう切り出した, こう嘲笑, こう言った, こことばかり, このこと, このとき, この十九日, この娘, この河内屋, この鎮撫, これまでに, さながら彼女, しきりと, しつとりして, しばらく自分, すぐ碁盤, すぐ通りかかる, すこし横, すこし苦い, すすけた天井, すでに六十二歳, すでに江戸, すでに見事, そういう姿勢, そういっ, そういわれ, そう云い, そう思っ, そこから, そこで, そこへ, そこまでの, そのこと, そのまま黙, その両方, その儘, その卯の花, その寝床, その屍, その庄屋時代, その恐ろしい, その指一つ, その支配権, その暗, その書き散らし, その湯, その茶室, その蔵, その言葉, その説, その足, その間に, その頃, その首, その駒, それが, それでも寂し, それでも油断, それで一笑, それまで, それも, そんなこと, そんな事, ただ微苦笑, ただ苦い, たった今恩人, だいぶ心, だまって, ちょっとも, ちょっと怖い, ちょと, つぶやいた, つよく頷い, とかく不自由, どうしてもお, どうしても承知, どうだ, どこか, どこに, どっかり腰, なかなかの, なぜか, なにより, にやりと笑った, にわかに周章狼狽, はじめて吼えた, ひとりで, ひとり言っ, ひどく恐縮, びっくりし, びっくりした, ふとことば, ふと傍ら, ふと切窓, ふと美鱗, ふり向いて, ふり返った, ほかの, まずそれ, またあの, またうなずきました, またその, また半蔵, また土蔵, また江戸, また訊いた, まだ床, まだ気, むしろ奇蹟, むずかしい顔, むっくり起き直っ, もうその, もう一度必ずここ, もう何, もう温泉, もう長い, もちろん帰っ, もと摂津池田から, もはやたてなかった, もはや一日, やおらやがて, やがていちばん上, ゆっくりした, ようやくわかった, ようやく老齢, わが子の, わざと快活, わずかの, ギョッとして, グッと, ニンマリと, 一べつし, 一体なん, 一六三三年長崎附近で, 一同に, 一呼吸入れ, 一小隊の, 一時の, 一段高い, 一番気が, 一膝前へ, 一読する, 三十そこ, 三千両の, 三年前に, 三浦氏三十歳, 三留野の, 下手人の, 不承不承袂, 不承知の, 世皆知る, 世馴れた物わかり, 中途で, 主翁, 九兵衛の, 予期以上に, 事ある, 事もなげに, 二度とは, 云いかけて, 云い淀んだ, 五十一歳金兵衛は, 五郎蔵を, 人々を, 人に, 人も, 今どこに, 今城下から, 今夜という, 今夜まねかれた, 他人の, 伏せ身の, 会所の, 何とも後の, 何思った, 何時も僧, 信玄の, 傍に, 傷ましい声, 僅かに, 僧が, 僧に, 元来侍あがり, 公郷村の, 六左衛門で通る, 兵を, 処刑を, 出て, 切歯し, 勇戦隊に, 動かれない, 勝ち誇ったよう, 十六歳母は, 十郎兵衛に, 千三つ屋の, 半蔵と, 半蔵の, 博労の, 厩の, 取次の, 只一打にと, 召捕られて, 可哀想に, 叱咤した, 吉左衛門で, 同じ家中, 名のりませんでした, 君側の, 君公忠房に, 味噌納屋の, 呻き声, 命を, 命令した, 咄嗟に, 和助と, 和算を, 商人に, 嘆息し, 四十二三の, 土屋信雄と, 土民の, 在宅か, 声の, 声を, 多分に, 多寡を, 多年仕え, 多年苦役に, 夜通し早, 大きな声, 大井久我之, 大家に, 大巾着, 大長持, 天保四年十二月二十日に, 奥の, 女の, 如意輪寺へ, 妻党の, 定紋付きの, 客間へ, 家に, 家中の, 家主に, 寄宿舎に, 密談を, 寝ながら, 小宴を, 小武者では, 少しく不快, 少し不機嫌, 少し顔, 尾張へ, 尾張藩から, 居なかったし, 屈しなかつた, 己の, 市中を, 平伏して, 平次の, 平気な, 平田篤胤の, 年の, 年一度の, 年老いた手, 広い炉ば, 度胸を, 建物の, 廻廊の, 式台の, 弱々しく眼, 当地へ, 当惑した, 役目は, 役目を, 彼に, 彼の, 彼らが, 彼方此方を, 後を, 後藤将監の, 徒士目付に, 微笑した, 微笑を, 思い出したよう, 思い出して, 思い沈みながら, 思わずのけぞる, 思わず声, 思わず心, 思わぬ味方, 急に, 怫然として, 息を, 悉く知っ, 悠々然と, 意外らしく言っ, 愕然と, 感じ深, 戸田彈正とも, 所化の, 扇子を, 扉を, 手堅く商売, 手早く下, 手酌で, 承知し, 指図し, 振り返りしな, 捕えても, 控えて, 握って, 揮り返っ, 敢えて諂ら, 数日する, 断り難い, 日ごろから, 日頃の, 明治三年十月十日に, 昔の, 昧者では, 昨夕すでに, 普請場の, 更に命令, 有賀又兵衛であり, 有賀又兵衛の, 木曾福島の, 本名を, 本陣の, 村には, 東寺を, 枕もとの, 栞の, 根が, 格之, 桔梗の, 梯子段の, 極秘の, 横っ飛びに, 横井平四郎の, 欣んで, 武士の, 歩いた, 歯が, 毎日市中に, 気が, 気がついて, 江戸で, 江戸を, 池へ, 河内国志紀郡田井中村で, 法諡を, 波うち際, 津軽藩に, 洲股城を, 流しに, 浅草に, 浦賀の, 深いため息, 湊の, 湯治の, 湯浅甚助を, 源平時代から, 火の, 炉ばた, 炬燵の, 焦心った, 煙草盆を, 父には, 狂人ながら, 狂気に, 玉枝や, 生前彼へ, 生前春秋冬を, 甦った声, 町人らしくない, 病気と, 病気に, 白絹に, 盆の, 益々恐縮, 相かわらず, 眠って, 眺めて, 眼を, 睨みすえて, 碑を, 禁断の, 福島から, 私の, 稲葉山城へ, 穴の, 笑いかけましたが, 笑いまして, 笑い出した, 笑った, 第五, 答えた, 紙帳に, 素早く附け, 絵の, 絵馬を, 絶鳴, 織田と, 繰りかえした, 義経主従を, 考え込んだ, 肋を, 背を, 脇差に, 腑に, 腕は, 腕を, 腰を, 膝元の, 自分を, 至ッて, 至極まじめ, 芸者や, 若党の, 若党を, 茶の, 莞爾と, 虎に, 虎髯の, 血刀を, 裏二階から, 襖を, 見守って, 見送りながら, 親類共と, 観念し, 言い添える, 訣別の, 話を, 説を, 豊臣秀次に, 負傷し, 起って, 路に, 躯幹が, 軍目付上原元, 軒を, 軽く笑った, 軽く言っ, 辞退する, 近頃雄之, 逃げ伸びた, 途中で, 途端に, 運座で, 都合が, 重蔵に, 金兵衛を, 長崎奉行の, 関西方面に, 阿倍野の, 隊の, 隠居目付で, 隣国まで, 青山の, 面白くて, 須田等を, 頷いて, 顎髯の, 顔を, 首領と, 駕籠の, 驚きに, 驚きまして, 高いびきだ, 髪も, 黙った, 黙って

▼ 左衛門~ (606, 18.4%)

6 ことを, 家に 5 あば, 声が, 女房は, 姿を, 屋敷で 4 こと, ことばに, ところへ, 家の, 家は, 屋敷へ, 手下の, 顔を

3 [12件] ために, 前に, 前へ, 姿は, 影が, 影は, 手に, 手へ, 方が, 目は, 陣, 首は

2 [39件] あとを, あばと, ことが, ことば, ことばを, すがた, やつが, ような, ように, 三人が, 事を, 二男で, 口から, 名を, 姿も, 娘の, 娘を, 家で, 家でも, 家と, 家へ, 家を, 屋敷の, 左の, 後ろから, 所へ, 手が, 手先に, 方で, 方は, 時代から, 案内で, 法が, 法は, 眼は, 話は, 話を, 足は, 首を

1 [423件] あの静か, あばら骨とまでは, ありかを, うちの, うわさに, おちついた声, お先棒に, かかえて, かなしみは, かん高くどなる, こころは, ことで, ことなど, ことは, ことばは, さしがねを, すぐ裏, その折, そばに, たずねに, つもりで, ふたり, ふたりが, ふたりは, ふたりへ, ふところに, ほうは, ほかたれ, むつかしい顔, やつは, やつを, ゆくえは, 一人娘で, 一勢は, 一味梶内蔵丞の, 一子大村主, 一子源次郎を, 一息が, 一手が, 三人は, 三十五日に, 三男で, 下に, 下風に, 下風にさえ, 不利でも, 世話で, 両名, 主張の, 乗馬を, 乳母と, 乳母は, 予言は, 二た, 二の腕へ, 二の舞いを, 二人が, 二名が, 云うまま, 亡くなったころ, 人々であった, 人さし指が, 人柄を, 人物を, 人相書が, 代に, 代理として, 仰山な, 仲間の, 伜で, 位牌であった, 低いうち, 住家と, 住居である, 住居に, 住居へ, 住居を, 体が, 体は, 体を, 使者である, 倅なり, 倅八十次郎と, 倅又次郎これは, 借宅に, 兄弟も, 六感は, 兵だけが, 内と, 刀を, 剛質な, 剣術の, 半身が, 取調べを, 口を, 可愛がっ, 叱咤した, 同志であった, 同郷人では, 名代として, 咄嗟の, 問屋役時代から, 四男もう, 四角に, 園中一根八竿の, 城地までは, 報告は, 報告を, 場合は, 墓からは, 墓が, 墓それから, 墓まいり, 声であった, 声を, 変も, 大坂下りっていう, 女で, 女に, 女の, 女房お, 女房が, 如きは, 妻, 妻おせい, 妻が, 妻でなく, 妻の, 妾だった, 姿が, 姿です, 娘じゃ, 娘では, 娘な, 娘千浪これにて, 娘栞, 娘栞だ, 娘白い, 婆さん, 婆さん宗左衛門の, 嫡子であり, 子で, 子ら野田四郎と, 子を, 子供でございます, 子息であり, 子息城太郎は, 子息大村主, 孫たちも, 孫である, 孫でも, 家, 家が, 家である, 家では, 家には, 家内の, 家法によって, 容体中風患者の, 容貌が, 密, 富は, 寝泊まりし, 対手を, 射るよう, 小屋の, 居ること, 居所が, 居所を, 屋敷から, 屋敷などへも, 屋敷に, 左手先に, 帰るの, 庁舎へ, 店で, 店に, 府生武次であった, 庭の, 弟に, 強大な, 当惑顔を, 当身を, 形見として, 影, 後見役でも, 心をも, 心得ちがいに, 心持は, 心配は, 忠直なる, 忰でございます, 忰左門が, 怒色, 思い出話だ, 急所に, 恩顧を, 息子たちな, 悩ましそう, 悪口はじつ, 悲哀を, 愉快げな, 意へ, 意を, 意気地を, 意見を, 慧眼が, 憤怒に, 憤慨を, 戒名を, 所望に, 手から, 手は, 手も, 手を, 手を通じて, 手下か, 手下が, 手下この, 手下だろう, 手下では, 手下と, 手下どもが, 手下な, 手下などに, 手下千束の, 手下四ツ目屋の, 手下雲霧の, 手兵およそ, 手勢などは, 手勢に, 手勢も, 手勢千五百が, 才覚でなく, 投げ附けた首, 抜き撃ち, 持ちかけ方, 指さす対岸, 捕えられたを, 掌を, 掟なる, 推薦で, 支配を, 放言は, 敗けと, 文字が, 方に, 方を, 暗い顔色, 書面を, 朋輩が, 末っ子で, 来たの, 来る半, 棒振り剣術と, 次男である, 次男重太郎が, 欣びは, 死に顔の, 死骸へ, 残した俳書, 気がかりに, 気の毒な, 気持は, 気色が, 泊まって, 法のみを以て, 法を, 浅慮にも, 消息は, 潜伏し, 烱眼にさえ, 熱心を, 父にあたる, 片耳を, 物腰が, 特徴が, 玄関へ, 率いた薩軍, 生死と, 甥にあたり, 用人の, 疑も, 病は, 病気を, 病状が, 白髪首の, 百か, 皮肉な置き, 皺の, 目に, 目を, 目的でした, 直次郎とが, 相手の, 眼が, 眼であった, 眼に, 眼にも, 眼先に, 督の, 知己どもが, 祖先ここに, 祖父に当たる, 神様よりは, 秘蔵で, 立場から, 笑い声が, 笑い声までが, 籖は, 紋は, 紙衣姿に, 細智, 老いの, 老衰は, 耳に, 耳へ, 肩, 肩から, 肩に, 肩にでも, 肩へ, 肩を, 背に, 背板を, 胸の, 胸を, 脇差を, 脾腹へと, 脾腹を, 腕では, 腕は, 腕首の, 腸によって, 膝の, 膝へ, 芝居で, 芝居を, 葬いが, 血は, 行動でした, 行状など, 表口から, 袖が, 袖を, 被て, 裸身を, 視力を, 視線と, 親戚で, 角屋敷の, 言い草では, 言ばかり, 言葉が, 言葉に, 言葉を, 計画は, 記憶には, 記憶は, 許しを, 詞の, 話に, 調印を, 足音でも, 跡を, 跡目を, 跫音でも, 身に, 身の, 身を, 身辺に, 辞色には, 近くを, 返事だった, 返事を, 返書へ, 述懐だ, 追討は, 追迫, 退役以来手伝いに, 逃げた先, 遣口, 遺した只一人, 遺児で, 遺族の, 遺骸が, 遺骸は, 邸の, 邸へ, 邸内に, 門に, 門には, 陣あたりに, 陣などに, 陣は, 陣を, 隠し児だった, 隠れた先, 隠れ家も, 隠居所だけは, 隠居所に, 隠居部屋では, 項へ, 預かって, 頤一つで, 頭上に, 頭髪と, 顔いろ, 顔には, 顔は, 顔へ, 顔や, 顔見世狂言に, 飄々乎たる, 養女に, 養母は, 首尾も, 首筋を, 髭を, 魂魄や, 黒装束と, 黙りこんで, 鼻を

▼ 左衛門~ (344, 10.4%)

8 云った 4 言って, 身を 3 帰って, 彼に, 自分の, 言い出した

2 [15件] いつまで, お蝶, はいって, 先に, 千両箱を, 姿を, 来た, 来て, 死んだの, 生前の, 眼を, 言い出すと, 言う, 阿古屋の, 青山の

1 [286件] ああ言った, あたりを, あやしい, あり土生玄磧, ある, あれから, いい出したの, いう, いうの, いた, いった, いったん自分, いった説, いつまでも, いるか, おずおずした, おめどおり, お俊, お坊っちゃん扱い, お姿, お粂, お馬, かくは, きっぱりと, きつと, こいつは, こういった, ここで, こんなに心配, こッそりと, しばしば話す, すわって, そういった, そう叫ぶ, そう言った, そこの, そっと久米, その晩, その留守番, それに, そんな偽物, ちょいと, つけ入ろうつけ入ろう, ところから, ところどころ反問, とめた, ともかくも, なお話し, ばらばらと, ひそんで, ひろって, ふいに, ふと訪れ, ほんほん, まだ浦里, みなぎる冷, もしそれ, やがて獄門, やって来るまでは, よって, わしの, わたしを, エタの, エタ頭で, ズカズカと, ネお嬢様天運つき, 一人の, 一同の, 一命を, 一声呼ぶ, 一番親しく, 三宅典膳の, 上へ, 下手人でない, 不意と, 世も, 世間に, 主君から, 九人の, 乱軍を, 事変の, 二十一歳の, 二度目の, 二目の, 云い出すまでも, 云って, 交遊の, 京都に, 京都の, 人に, 人待ち顔に, 今の, 今日まで, 介錯した, 仕置に, 付いて, 代を, 会う人, 体当りを, 余生を, 使者に, 側へ, 入って, 六十四歳まで, 其馬に, 出がけ, 出したの, 出て, 剣勢を, 割合い, 加藤清正に, 勇み立ッ, 勝った, 半蔵を, 南無妙法蓮華経と, 取上げたの, 受けかねて, 口を, 召捕れるくらい, 吉岡問責の, 同窓の, 名馬を, 呑んで, 善後の, 喉笛狙っ, 坐って, 夜光の, 大声を, 大手を, 天国の, 女に, 好みそう, 始めて, 子の, 子佐吉と, 官庫を, 実家を, 家にては, 家の, 家出の, 家出を, 宿役人らの, 寝泊まりし, 寵愛し, 小姓と, 左の, 師匠の, 常にその, 引き上げられた場所, 当主であった, 当時官吏にな, 当村, 得意の, 忘れられない, 忰の, 急に, 恋を, 悲壮な, 惨殺された, 意外の, 戦死した, 戻って, 手を, 手下の, 手招ぎをしたらまた, 承知しないであろう, 投げ付けた腸, 持ちこんで, 捕はれて, 捕へられてから, 探して, 揶揄する, 擽られたよう, 政略の, 施主と, 早くも, 暗殺され, 暗殺された, 月が, 来合わせて, 来栖勘兵衛と, 杯を, 東京に, 根こぎの, 案じるので, 横井を, 止むを, 武蔵の, 死にもの狂い, 死んだ和助, 死んでから, 残した田畑, 氏郷贔屓な, 気がついたの, 江戸五郎親方の, 沈黙に, 深く蔵, 満座の, 潜伏し, 無事に, 片脛, 生まれた日, 生前に, 生存中は, 生擒, 生返事を, 生麦事件を, 男として, 異国の, 百倍ほどに, 真っ先に, 祝詞を, 祭壇の, 私に, 種々の, 立ったの, 笑う, 笑ったの, 第一, 第二, 約二千, 終始密使, 組の, 絵馬道楽で, 絶望的な, 編笠を, 羅馬の, 義貞に, 羽織を, 老友, 考えて, 胴間声を, 脇差を, 脱盟, 自殺の, 藩主に, 虎髯の, 血刀と, 行逢うた, 袂に, 見兼ねたもの, 見立てたの, 見立てた人物, 親類一同の, 言いかけると, 言うと, 言った, 言ったとたん, 言葉の, 言葉を, 訊いた, 訊くと, 許に, 説明し, 諦めかけると, 踏込み絵, 軽い中風, 迎えに, 退役の, 逃げのびたと, 通訳した, 逮捕せられる, 過去の, 邪魔に, 重ねていう, 金兵衛を, 鈴川源十郎方へ, 鋭く言います, 門の, 関八州から, 隠居所と, 隠居時代の, 隣家の, 電光の, 霊を, 頼尚, 飲む筈, 養育の, 餌に, 首を, 馬で, 馬の, 駕籠の, 驚いたの, 驚いて, 鳩古堂の

▼ 左衛門~ (156, 4.7%)

4 一緒に, 申す者 3 いって, いふ者が, 先生金右衛門の, 金兵衛とは 2 おまん, 主水の, 云うもの, 云つた, 云ふ, 伊十郎とは, 年寄役の, 称して, 鍛冶富は

1 [118件] ああいう, あり図面, いうよりも, いっしょに, いつたが, おふくろに, お蘭, お蝶, かじ富が, そのほか, その一味, その子, その父, それを, そろって, つき合いの, なった市川鬼丸, なり見巧者訳知り, 一まきの, 万太郎とが, 三歩ばかりの, 三間町の, 二人きりで, 云うそう, 云う五人, 云う小男, 云う者, 云ったり, 云ふも, 云へる, 五兵衛とに, 仰せられる仁, 伊東七十郎後藤孫兵衛真山刑部という, 伊豆屋の, 会うまでに, 何かの, 作右衛門の, 僧は, 先生金右衛門が, 出淵孫兵衛, 別れた四ツ目屋, 半蔵と, 半蔵とを, 卯木の, 原佐平太とで, 友次郎だんなの, 同じよう, 名告つて, 向かいあって, 問屋の, 四ツ目屋の, 四方山話を, 大井久我之, 大和流の, 娘の, 宇多熊太郎との, 富五郎うら口を, 富五郎にげる, 岩下佐次, 島井五助有名な, 巡り会うて, 引組んだ, 弟の, 弥三郎とは, 彼とが, 懇意であった, 改名させ, 明らかに, 末娘の, 桑山伊兵衛で, 浅見対馬守の, 渡合った, 渡辺九郎左衛門とは, 渡辺半, 申して, 申す, 申すの, 申す人, 申す至つて武骨, 申せば, 白刃の, 相変わらず看護, 相対した, 眼を, 知って, 知られます, 秤量に, 称し文化五年, 称し現に, 称する, 組みついた金吾, 臂の, 蜂谷六左衛門に, 親善で, 読まれたあの, 議論した, 谷忠兵衛の, 近江小川村医師志村力之助との, 選ぶところ, 金兵衛とで, 金兵衛とを, 金兵衛の, 金右衛門, 金右衛門が, 金右衛門とは, 金右衛門に, 金右衛門の, 金右衛門は, 金吾とには, 鍛冶富が, 鍛冶富また, 鍛冶富互いにそっと, 鍛冶富小走りに, 鍛冶屋富五郎との, 鍛冶屋富五郎鍛冶富という, 隣家の, 顔を, 馬子の

▼ 左衛門~ (135, 4.1%)

4 して 2 はじめ諸生, よろこばせた, 出して, 招いた, 自分の

1 [121件] うしなったのち, えらびほか, お濠, かしらに, きめるなり, ここへと, ことごとに, これへ, さがした, さしての, じっとさせ, すてて, それへ, つれて, ながめて, にらんで, はじめいちじるしく, はじめ六人の, はじめ夥間一統すなわち, みて, やりこめて, よく知っ, よろこばしうる日, 一ぺんに, 乗せた猪牙舟, 先に, 入れれば, 初め手下の, 副えて, 加え西美濃, 助けて, 勤めたり, 勤め左団, 匿って, 召しつれて, 呼び出して, 呼んで, 回護した, 埋めた, 大川端の, 奥へ, 始めと, 始めとして, 強請った, 待って, 思い茂左衛門, 手討ち, 打ち挫, 打とうと, 承知させた, 押えて, 捕えました, 捕まえるため, 探した, 探し出せ, 揶揄した, 揶揄する, 放免し, 敵の, 斎藤家から, 斬って, 昧者だ, 暗殺し, 有馬村へ, 殺したと, 殺したの, 殺しては, 泊めたこと, 用いて, 相手に, 真ン中に, 眼下に, 知つて居た, 祀つたの, 禁断の, 称し大阪道修町, 立てるなら酒, 筆頭と, 網の, 義理ある, 聴いた, 育てた, 脅すの, 船山城の, 表へ, 見かけた, 見た, 見たあたり, 見て, 見る, 見上げて, 見送ってからは, 討ち取り石川, 討ったの, 討った仇, 討つという, 訪いに, 誘った, 説かせに, 蹴返すと, 追い払って, 追って行った, 追ひ掛け, 追ひ掛ける, 追ッ, 追跡し, 連れて, 運び入れた, 遣って, 選んで, 鎖攘する, 闇討ち, 降しつづいて, 除いては, 隊伍に, 頼んだ, 養子に, 騙し討に, 驚かした, 高手小手に, 龍造寺山城守が

▼ 左衛門~ (133, 4.0%)

2 気がついて, 立った

1 [129件] あぶない要心, いかにも不安そう, いずれその, いっさいを, いやいやながら承知, いれば, い青木城太郎, おかしくなった, おまん, お蝶, かたわらに, かなりカッと, かの伊太利珊瑚, ここに, この数日らい寝食, これが, さすがに, さること, そこへ, その尾, その懺悔, それであり, ただ, だんだんに, ついにこれ, つい当座, つづいて, とうとう考えちまった, ふたたび発狂, ぽっつり口, また長い, まったく受け身, めっきり健康, めっきり元気, もう杖, やおら立ち上, やはり其の, ゆったりと, よそながら感じ入っ, ガラッ八, 一行の, 七転八倒の, 主翁, 京都の, 人情の, 今まで, 今更敵方, 代を, 任地へ, 伊之助が, 余り気味が, 余暇さえ, 信長と, 倒れて, 充分腹, 公には, 六左衛門だ, 共に, 出淵, 初めて事情, 別な, 加わって, 半蔵も, 又次郎も, 口にも, 同じ夜, 同時にふり向いた, 呆れて, 城太郎も, 多くの, 大いに国元, 大分がっかり, 大阪方の, 失望した, 客の, 居合せて, 工作された, 弟の, 彼の, 心得の, 心配し, 心配顔に, 急いで, 手を, 承服しない, 新兵衛, 暫くは, 期せずし, 栞も, 案じ顔, 正直に, 気がついたと, 決して強いて信長殿, 異存は, 病歿し, 相手から, 竈の, 絵馬の, 背中を, 腰なる, 腰を, 自己の, 茶色な, 血煙り, 見えなかった, 覗いて, 言い出した, 言った, 討死する, 諫めた, 身を, 辞儀を, 通り名である, 遂にかれ, 遂にこの, 遂に泣き寝入り, 酒は, 金右衛門と共に, 釜吉も, 鎌倉じゅうの, 陰った顔, 隠居の, 青江貞次三尺三寸の, 顔を, 食事を, 駈けつけて, 骨が, 鬢色に, 黙然と苫舟

▼ 左衛門~ (120, 3.6%)

4 似て 3 しても 2 ちょっとでも, 伴われて, 向って, 見せた, 違いない

1 [103件] いいつけた, いった後, いわせれば, おびやかされて, かずけようと, ここで, ござります, ござりまする, さ, さしまねかれて, しては, すすめたが, すれちが, そう云っ, そう云った, そっくりであった, その望み, それを, たずねた, たのんで, つかまって, つかまるでしょう, つきそわれて, ひきあわせてから, ふたりの, わたして, 上納する, 下った, 与へた, 主水, 二人を, 交わりの, 人気を, 仇を, 介添えされ, 付き添いながら, 伊東七十郎という, 会って, 会釈し, 会釈を, 何か, 何の, 先づ, 先生金右衛門だ, 先生金右衛門の, 出遇ッ, 別れた, 劣らない, 劣らなかった, 劣らぬ数寄者, 励まされるとも, 及ぶ筈, 向い, 向けて, 命じ日幡どの, 大怪我, 嫁し, 宛てたかなり, 富五郎と, 寝込みを, 少しばかりの, 差出すと, 引合されました, 打ち附けんとして, 扮した, 指さされて, 支度を, 新之助という, 旅の, 旗色が, 案内される, 母親が, 比べると, 渡しし金, 渡りを, 無聊な, 理窟を, 目くばせし, 相談した, 相違ござん, 結婚を, 縁故の, 至り徳川氏, 袖を, 親しきよし川路, 言って, 討ち取られたと, 討ち留められ其場, 話しかけた, 説明される, 贈られたこと, 贈位する, 近づいて, 追い廻されたこと, 追ひ附き, 送られて, 逢って, 連れられて, 違いなかった, 酒を, 鍛冶富すくなから, 預けましたはず, 頼られて

▼ 左衛門という~ (63, 1.9%)

4 のは, 者が 2 男の, 者の

1 [51件] お名前, ことに, この方, この老, のから, のが, ものが, ものだ, ものである, ものでございます, ものの, やつあ, やつが, 一刀流の, 世話に, 二人にも, 人が, 人とも, 人を, 人物も, 人相見は, 伊達主, 侍は, 侍を, 兇賊また, 名を, 名前の, 名前を, 呑舟の, 地侍を, 大きな獲物, 奴は, 家には, 寄席が, 年の, 庄屋の, 強い武士, 文句が, 方が, 柴田郡の, 武士が, 水泳の, 男が, 男には, 真打どころの, 私の, 老爺だ, 触れ込みで, 豪家が, 貫禄を, 郷士の

▼ 左衛門さん~ (34, 1.0%)

3 の方 2 がおいで, でもう, も上田屋, も死んだ

1 [23件] いくら御, か, から, が上, とは違う, と山田嘉三郎さん, にお, にお願い, に富五郎どん, の三年, の庭掃除, の病気, はあんなに, はお前, はどこ, はふとっ, は御存じ, は痩せ, もうわたし, もお, もおわる, らしい, 無論それ

▼ 左衛門~ (31, 0.9%)

4 の御 2 の, のお

1 [23件] かご, からのお, がお越し, が沈勇, だ壬生, でございましたので, といわっし, とござります, とてまえ, とは思い, と仰っし, には何程, にも主, のところ, の下屋敷前, の片耳, の讐討たんぢ, の魂魄, は鉄砲, へお送り, もほとほと, やその, 恋しい日本左衛門さま

▼ 左衛門殿~ (31, 0.9%)

4 被仰 2 の屋敷, の御

1 [23件] が, がその, が御, が見ず知らず, じゃ, で, では, にお, におわす, にて大徳寺清巌実堂和尚, のお, のこと, の呑んだ, の姿, の娘栞殿, はここ数年来, も天国, も辛い, や御, より手ほどき, より言上, を御, を殺害

▼ 左衛門から~ (29, 0.9%)

1 [29件] いいつけられたところ, いいつけられて, いろいろ聞かされた, かれこれいわれ, こうして毎日三社前, これまでの, しかられたこと, しこたま貰っ, ひどく重んぜられ, 一武士を, 久しく逢わない, 佐吉まで, 兵学を, 夜光刀の, 大事な, 家督を, 尋ね方, 旅の, 格之, 百両ずつの, 紙包を, 苦情が, 血祭りに, 見れば, 託された一言, 記念として, 譲られた記念, 関兼元, 青山の

▼ 左衛門~ (27, 0.8%)

3 金兵衛が

1 [24件] ある, おまん, かじ富が, その他の, 一閑が, 与次郎も, 他の, 加藤図書などの, 北見彦右衛門など, 千束の, 半蔵, 半蔵の, 忠蔵へ, 比田則家, 通詞の, 金兵衛の, 金兵衛は, 金兵衛らと共に, 金右衛門には, 釜吉でない, 長曾我部盛親, 雄之, 雲霧ぐらいに, 鼠小僧外伝や

▼ 左衛門~ (26, 0.8%)

5 の二階 4 の家 2 の宿, の門

1 [13件] にある, に姿, に送っ, の下, の夫婦, の方, の棒手, の通り, へあて, へ引き取っ, までの旅先, を出た, を歩い

▼ 左衛門~ (24, 0.7%)

3 の上 2 の方, の袂, を渡った

1 [15件] からあるいは, から上, で会った, で髪結床, などは格別, に近い, の南西詰, の欄干, の河岸, の近く, の通り一つ, の酒井さま, も河, をばらばら, を練

▼ 左衛門利家~ (22, 0.7%)

1 [22件] こそ北陸, そんなナマヌル魂, だけに流石, というもの, という人間, とか丹羽五郎左衛門長秀, との大, とはむかし, にも二郡, に親しく, はその, はついに, は使い, は又, は周囲, は左眼, は彼, は近ごろ夜食, は重臣, も, を添え, を親柱

▼ 左衛門~ (20, 0.6%)

2 の退役

1 [18件] がおり, が山屋敷, が知った, が突き殺された, が記憶, と共に中門, と共通, と秀吉, にはめずらしかっ, の左右, の徒, の讒言, の進言, はそんな, は二人, は袋, を共同, を助け

▼ 左衛門には~ (17, 0.5%)

1 [17件] すでに半蔵, そばめが, そろそろ思うつぼ, まだ裏, 何も, 侍として, 内証で, 味方の, 堪能いたし, 少しも, 左門という, 意外でありました, 慰みの, 時に名古屋, 重ねて, 長平という, 隠そうと

▼ 左衛門~ (17, 0.5%)

1 [17件] えい, しらせなかったくらい, じかに恩賞いかよう, またがると, 何やら云った, 口を, 向い, 向かって, 向って, 堂々と, 女房が, 急使が, 据え呼ばわった, 最後のは, 渡りが, 訊いた, 送らせては

▼ 左衛門~ (16, 0.5%)

4 あつた 2 はありません 1 おざる, すらその, はない, ふたりが, 三番目は, 売れたところ, 大阪籠城の, 女房の, 本所の, 武骨な

▼ 左衛門夫婦~ (16, 0.5%)

1 [16件] が孫, が裏, と鍛冶屋富五郎, の話, はこの, はさらに, はまず, は何事, は声, は春琴, は酷く, ももう, ももはや, も挨拶, も眉, も神信心

▼ 左衛門元成~ (15, 0.5%)

2 だった

1 [13件] だったらどう, という者, と妻, にちげ, に打ち明けた, の国もと, の若い, の身, の養家先, はいま, はすぐ, も, を武者溜り

▼ 左衛門どの~ (13, 0.4%)

2 の御

1 [11件] か, じゃない, それからくみ, それ程まで, では, と云う, と卯木さま, にご, に打ち込ん, の一軍, の言われる

▼ 左衛門にも~ (13, 0.4%)

1 [13件] うなずけます, それから先, 勝てなかった, 告げ金兵衛, 外記の, 妹の, 思わず父, 特にお, 舌を, 逢った, 陰ながら街道, 難波七郎次郎にも, 頷ずかれる

▼ 左衛門~ (12, 0.4%)

5 成の 2 成は 1 成その, 成どの共々, 成も, 成を, 成柴田権六勝家などは

▼ 左衛門~ (12, 0.4%)

2 の獄 1 が備え, でご, と, の兵, の到底, の横井, はこれ, は斬首, は納屋衆, 之につき四千人

▼ 左衛門宗治~ (11, 0.3%)

1 [11件] がわずか, だけはひとり, でありまする, にござる, の自決, は毛利無二, は決して, は真, へあて, も敵, も気安く

▼ 左衛門とは~ (10, 0.3%)

1 この手紙, ちと手筋, どういうこと, 一歩後に, 備中守殿によって, 出会わなかった, 新参である, 時機を, 案外馬, 縁が

▼ 左衛門輝政~ (10, 0.3%)

2 の兄弟 1 とまだ, と末子, などの年, は年二十一, も, や長吉, をそば, をよん

▼ 左衛門~ (9, 0.3%)

1 とかにもお, などの息子, に随行, の娘, の字, は娘, は辞した, をかね, を罷めん

▼ 左衛門とが~ (8, 0.2%)

1 この甲府, その両側, はいって, ふれ廻って, 人夫頭と, 捕へられた後, 故郷を, 流浪した

▼ 左衛門といふ~ (7, 0.2%)

1 古い役者, 名が, 家来が, 役割で, 御大尽, 男だつた, 金主が

▼ 左衛門自身~ (7, 0.2%)

1 がもと, にその, の筆記, は五十七, もいっさい夢中, もまた, も病

▼ 左衛門との~ (6, 0.2%)

1 三人は, 口上を, 話なぞが, 距離は, 間には, 関係

▼ 左衛門~ (6, 0.2%)

1 か, が佐竹右大夫, と名乗りおりました, は腹, へ前野但馬守, 御親類

▼ 左衛門基治~ (6, 0.2%)

1 すなわちこの, で年齢, の自筆, の記録, はその, も主人秀秋

▼ 左衛門~ (6, 0.2%)

1 が聖書, の, の宅, の独自, の研究費寄贈, は

▼ 左衛門とか~ (5, 0.2%)

1 八左衛門という, 八左衛門とかいう, 平士の, 池田とか, 蜂須賀彦右衛門の

▼ 左衛門とも~ (5, 0.2%)

1 ある猛, あろうもの, あろう者, 一緒に, 違い金兵衛

▼ 左衛門と共に~ (5, 0.2%)

1 三百騎大谷村の, 猛り立つ諸, 秀吉に, 近くの, 頻りにすすめた

▼ 左衛門~ (4, 0.1%)

1 その手下, それとも懐しい, 藤十郎どのの, 貧乏大名の

▼ 左衛門からの~ (4, 0.1%)

1 依頼で, 役人も, 早打であっ, 書面を

▼ 左衛門その~ (4, 0.1%)

1 ほか十騎ばかりの, 子息の, 心得で, 手は

▼ 左衛門~ (4, 0.1%)

1 つて立派な, ということ, ね, のを通して

▼ 左衛門だった~ (4, 0.1%)

1 か, からである, のである, ので彼女

▼ 左衛門とかいう~ (4, 0.1%)

1 ものが, ように, 上方役者は, 百姓が

▼ 左衛門とて~ (4, 0.1%)

1 この盛り場, 圓朝贔屓の, 死人の, 美男の

▼ 左衛門など~ (4, 0.1%)

1 すでにそれ, 剛胆を, 大商人, 皆われを

▼ 左衛門なども~ (4, 0.1%)

1 しようの, その中, 尽く殉じた, 深傷

▼ 左衛門までが~ (4, 0.1%)

1 びっくりした, 出て, 欺かれるはず, 立ち上って

▼ 左衛門一人~ (4, 0.1%)

1 だけだった, だけ残っ, はこの, は小林一三

▼ 左衛門勝政~ (4, 0.1%)

2 はこの 1 が戦死, などまでよく

▼ 左衛門~ (4, 0.1%)

1 などの鑑定, に献じます, の家, もツイこのごろ世

▼ 左衛門~ (4, 0.1%)

2 綱が 1 綱の, 綱は

▼ 左衛門~ (4, 0.1%)

1 では弥生狂言, の中村七三郎, の木戸, は尚

▼ 左衛門~ (4, 0.1%)

1 へ一両二分, へ出せ, を襲い, を訪れ

▼ 左衛門親子~ (4, 0.1%)

1 が見舞い, には間接, のよう, を苦しめる

▼ 左衛門~ (3, 0.1%)

1 兼は, 兼松若三人枕を, 兼松若涙ぐみ

▼ 左衛門この~ (3, 0.1%)

1 体を, 童筑前に, 髯を

▼ 左衛門じゃ~ (3, 0.1%)

2 ないが 1 あるまいか

▼ 左衛門っていう~ (3, 0.1%)

1 のがね, 役者の, 柄じゃ

▼ 左衛門である~ (3, 0.1%)

1 とすれ, と密告, 以上は

▼ 左衛門でも~ (3, 0.1%)

1 めったにこれ, 夢気が, 容易でない

▼ 左衛門どん~ (3, 0.1%)

1 のいう, の家, も始終

▼ 左衛門なぞ~ (3, 0.1%)

1 がもはや, が他, と同じく

▼ 左衛門などの~ (3, 0.1%)

1 おも, 年歴を, 隊が

▼ 左衛門などを~ (3, 0.1%)

1 付けて, 相手に, 讃美し

▼ 左衛門をも~ (3, 0.1%)

1 茶道具なぞを, 見返すこと, 金兵衛をも

▼ 左衛門一まき~ (3, 0.1%)

1 とはだいぶ, と称される, の盗賊ども

▼ 左衛門入道~ (3, 0.1%)

1 だよと, という者, なの

▼ 左衛門利行~ (3, 0.1%)

1 がむす, は仰天, もまた

▼ 左衛門~ (3, 0.1%)

1 組同心の, 組同心庄司義左衛門同, 組同心河合郷左衛門との

▼ 左衛門太郎~ (3, 0.1%)

1 という武士, ともいう, は馬術剣術

▼ 左衛門~ (3, 0.1%)

1 から分家, の記録, は代代百姓

▼ 左衛門邦純~ (3, 0.1%)

1 であった, となった, とならない

▼ 左衛門~ (3, 0.1%)

1 重という, 重の, 重は

▼ 左衛門ここ~ (2, 0.1%)

1 に初めて, へ何

▼ 左衛門これ~ (2, 0.1%)

1 より直ちに, を討つ

▼ 左衛門その他~ (2, 0.1%)

1 が詰め, の者

▼ 左衛門です~ (2, 0.1%)

1 な, 二人ともに

▼ 左衛門として~ (2, 0.1%)

1 あまりいい, 穏しく

▼ 左衛門としては~ (2, 0.1%)

1 あるまじき不覚, あれが

▼ 左衛門とに~ (2, 0.1%)

1 からむ探索, 送られて

▼ 左衛門~ (2, 0.1%)

1 のだ, のである

▼ 左衛門などが~ (2, 0.1%)

1 うわさを, 居なら

▼ 左衛門にとっては~ (2, 0.1%)

1 天国の, 重大な

▼ 左衛門より~ (2, 0.1%)

1 そちの, 抗議を

▼ 左衛門以下~ (2, 0.1%)

1 の弟, は主人

▼ 左衛門先生~ (2, 0.1%)

1 が, に買われ

▼ 左衛門~ (2, 0.1%)

1 で合い, 淵孫兵衛その他多くの

▼ 左衛門及び~ (2, 0.1%)

1 その囲内, 小林義信等が

▼ 左衛門叔父~ (2, 0.1%)

1 の注意, は甥

▼ 左衛門地蔵~ (2, 0.1%)

1 の前, の月夜野

▼ 左衛門~ (2, 0.1%)

1 出来大, 棟梁平内七郎右衛門寛保三年同

▼ 左衛門大夫福原右馬助池田伊豫守~ (2, 0.1%)

1 の三人, を大将

▼ 左衛門康通~ (2, 0.1%)

1 と平八郎忠勝, もまた

▼ 左衛門~ (2, 0.1%)

1 目に, 納戸掛の

▼ 左衛門~ (2, 0.1%)

1 に疑, に自信

▼ 左衛門時代~ (2, 0.1%)

1 からの慣習, から特別

▼ 左衛門橋筋~ (2, 0.1%)

1 の笠屋町, を北の方

▼ 左衛門武行~ (2, 0.1%)

1 が成れの果て, と云う

▼ 左衛門父子~ (2, 0.1%)

1 である, の姿

▼ 左衛門~ (2, 0.1%)

1 の賢者, を訪問

▼ 左衛門高貞~ (2, 0.1%)

1 だった, は敵

▼1* [385件]

左衛門ああ遂に夜光珠, 左衛門あり忠輝海に, 左衛門うそは言わない, 左衛門おのれの身, 左衛門おまん栄吉勝重それに, 左衛門かかとを蹴っ, 左衛門からは二心なし, 左衛門からも聞き飽きて, 左衛門がという一点が, 左衛門こう六人揃っ, 左衛門これらの輩, 左衛門こんどは蚊, 左衛門さまについては備前, 左衛門さんあなたにお目にかかる, 左衛門さんごちそうは何, 左衛門さん一代限りともあります, 左衛門さん何もありません, 左衛門さん吾家じゃ仙十郎, 左衛門さん妻籠の御, 左衛門じいさんは何, 左衛門すかさず下から, 左衛門すぐさま馳せ向, 左衛門すさまじい矢戦だった, 左衛門すなわち足軽大将は, 左衛門すらその姿, 左衛門そこまでは気が付きません, 左衛門そちはどう, 左衛門それを除ける, 左衛門それから今の, 左衛門ただ今お使い, 左衛門たとい一片の, 左衛門だけが君前に, 左衛門だけは召しの, 左衛門だの伊庭軍兵衛だの, 左衛門だろうが九兵衛, 左衛門だんだんカンカンになっ, 左衛門ちと私には, 左衛門豪傑が, 左衛門ていう美男子だ, 左衛門であったが決死, 左衛門であり丹波の, 左衛門でありましたが何気ない, 左衛門でいづれも六十前後, 左衛門でなければならない, 左衛門で泣いている, 左衛門で通る人でありました, 左衛門といへるは, 左衛門というは私の, 左衛門といった人で, 左衛門といふの類である, 左衛門といふは音に, 左衛門とうの昔, 左衛門とても月何回と, 左衛門どころでは, 左衛門どの一周忌御仏事, 左衛門どの今夕はお, 左衛門どの桑山伊兵衛どので五月一日, 左衛門どの神尾五郎太夫どのお, 左衛門どんいるかね, 左衛門どん夫婦と話してる, 左衛門なぞという人物は, 左衛門などでこういう芝居, 左衛門などという盗賊たちの, 左衛門などに送られ水, 左衛門などにて大いに観客, 左衛門などは原惣右衛門より, 左衛門ならずともその, 左衛門なり金兵衛なりは, 左衛門なる長い名, 左衛門なんだか御大層な, 左衛門なんて世界中の, 左衛門におけるごとく少し, 左衛門にとって長湯は, 左衛門によって保持たれ, 左衛門に対してはもちろんきょう, 左衛門に対する百姓たちの, 左衛門掃溜衛門之, 左衛門のみでなく心, 左衛門のみの特権とは, 左衛門のむッつりした, 左衛門はかぶりを振っ, 左衛門はじめ組頭庄兵衛そのほか隣家, 左衛門はじめ金兵衛らはこの, 左衛門はたしていかなる人物, 左衛門はと見ると, 左衛門ばかり続いて, 左衛門ばかりはふたたび乱心, 左衛門ひとりきりか, 左衛門ほどな人物, 左衛門まちがいは御三家, 左衛門まで本陣の, 左衛門みたいなあんな, 左衛門にご, 左衛門もう一度待て, 左衛門よけいな口, 左衛門よりははるかに, 左衛門よりも年長の, 左衛門ら三人を殺す, 左衛門ら百人ほどをみちびい, 左衛門ハッと思い当った, 左衛門フト呼び入れた年, 左衛門八両貸, 左衛門ホカ諸将, 左衛門一味の同伴者, 左衛門一走り走って, 左衛門七番には弓鉄砲頭, 左衛門三宅藤兵衛今峰頼母, 左衛門三浦介の族権, 左衛門上国より下り, 左衛門上坂源之丞, 左衛門下男釜吉それに下女一人, 左衛門不破彦三菅屋九右衛門などがある, 左衛門並びに親類の, 左衛門中心の一味, 左衛門丹三郎を呼ぶ, 左衛門主従はその, 左衛門亀屋忠兵衛紙屋治兵衛に扮, 左衛門五十五歳金兵衛の方, 左衛門五番には七手, 左衛門井伊兵部などを立て, 左衛門亡き後の, 左衛門がちょうど, 左衛門以下二千五百人本渡の但馬, 左衛門以下八千騎隊伍粛々として余呉, 左衛門以下千五百人有家の監物, 左衛門伊丹長次郎黒鍬之者四人が出張, 左衛門伊勢三郎貞興を討ちとる, 左衛門伊十郎常磐津では松尾太夫, 左衛門伊東七十郎という顔ぶれ, 左衛門会所に独り閑然, 左衛門伝兵衛の情婦丹波屋, 左衛門佐どのじゃ, 左衛門佐殿にお, 左衛門佐藤佐太郎中山武雄榎本順行諸氏の厚き, 左衛門何故あって, 左衛門の小僧, 左衛門信綱同弟兵部丞, 左衛門信綱土屋右衛門昌次一条右衛門大夫信就等中央下裾附近柳田表, 左衛門信貞入道昌安の兵, 左衛門僅かにかわし, 左衛門元成これにいる, 左衛門元成どのか, 左衛門元成一族の松尾, 左衛門元成妻卯木と二つ, 左衛門八番には手廻小姓, 左衛門六条村の手下権兵衛, 左衛門兼顕の残軍, 左衛門出でて久米氏, 左衛門利家ずれの酒席, 左衛門利家佐久間玄蕃允盛政及び養子伊賀守勝豊以下, 左衛門利家等が司令, 左衛門剣風の先, 左衛門加治見石見, 左衛門動じるさまもなく, 左衛門勝って川中島四郡越後, 左衛門勝重の次男, 左衛門勝重以来未嘗, 左衛門包実が母, 左衛門千村平右衛門, 左衛門千田平蔵などと云, 左衛門千葉の渡部, 左衛門南部弥八など云う, 左衛門博多弓之丞笠間甚八峰淵車之助箭作彦十郎荒木陽一郎それに屋敷, 左衛門即ち今弘前桶屋町, 左衛門及高柳楠之助, 左衛門取次を致す, 左衛門古田加助四人蒐りで辛くも, 左衛門ていう汝我前, 左衛門同人倅四郎助磯矢頼母の三人, 左衛門告は, 左衛門君公よりのお, 左衛門和田源四郎を差向け, 左衛門問い掛け候よし, 左衛門喧嘩に年齢, 左衛門土生玄磧後の渡辺崋山, 左衛門坪内作馬石橋源右衛門鵜野九郎右衛門桜井三右衛門有竹作左衛門, 左衛門基治以来一種の家宝, 左衛門堀与次郎比田帯刀などの腹心たち, 左衛門堀井儀三郎入門す, 左衛門塩谷高清の三人, 左衛門な, 左衛門大久保右近水野筑後その他の長老, 左衛門大塚九兵衛を筆頭, 左衛門大夫時広城介景盛以下, 左衛門大夫時広さま前駿河守季時さま, 左衛門大夫茂頼の子, 左衛門大工棟梁として岡部又右衛門, 左衛門大槻を蒲生忠右衛門, 左衛門天野三郎兵衛の奉行ぶり, 左衛門太夫殿が通り, 左衛門太夫氏勝が八千余騎, 左衛門太郎九大の伊藤徳之助, 左衛門太郎夢酔入道であること, 左衛門太郎夢酔入道今の評判, 左衛門太郎惟寅というの, 左衛門太郎殿オ前ハナゼニソンナニ心得違イバカリシナサル, 左衛門夫妻が孫たち, 左衛門奥山茂左衛門に討ち留められ, 左衛門奥田宮内明智十郎左衛門進士作左衛門妻木忠左衛門溝尾庄兵衛など明智家譜代, 左衛門に自信, 左衛門妻木主計などである, 左衛門妻木忠左衛門溝尾庄兵衛など明智家譜代, 左衛門始め丁稚小僧まで加わっ, 左衛門孫槌太郎の両人, 左衛門宗佑の人々, 左衛門宗治殿という武士, 左衛門に一通, 左衛門家嘉を石川兵助, 左衛門家嘉石川郡松任の城主徳山五兵衛則秀, 左衛門家長の流れ, 左衛門密かに家康, 左衛門富五郎をはじめ, 左衛門寿朝等いづれも, 左衛門小林端周軒黒坂備中守などの錚, 左衛門小田原長吏太郎左衛門訴訟の事, 左衛門少しやっとう, 左衛門少尉に任, 左衛門だとか, 左衛門山口達馬青砥伊織の三人, 左衛門山辺勇助中川蔵人大森弾正齋藤一八雨森静馬六郷六太郎榎本金八郎大河原八左衛門辻五郎秋山七左衛門警衛として付い, 左衛門左右両隣は柄本又七郎, 左衛門常世は呼びもどそうと後, 左衛門常用の杖, 左衛門平岩図書成瀬監物等々の高禄, 左衛門は取っ, 左衛門幸吉父子がいづれ, 左衛門のお, 左衛門府右衛門府に各, 左衛門の直義, 左衛門も形, 左衛門はトラムプ, 左衛門征矢野六郎磯尾新兵衛, 左衛門待てッ, 左衛門精一三十歳, 左衛門志村又右衛門等これを押え戦う, 左衛門志藤原宗貞という者, 左衛門忠佐どのにご, 左衛門忠常が小野派一刀流, 左衛門忰一方は年寄兼問屋後見役小竹金兵衛忰, 左衛門忰年寄役小竹金兵衛忰両人にて役所, 左衛門手下のもの, 左衛門拝郷五左衛門以下八千騎隊伍粛々として余呉, 左衛門持前の役柄, 左衛門支配の二十八座, 左衛門支配下の者ども, 左衛門改めて膝を, 左衛門新国上総介四番には六手組, 左衛門方高右田因幡統安野田喜兵衛重綱, 左衛門明智茂朝その他の将, 左衛門春倫の一隊, 左衛門時直から七代目, 左衛門時能もこの, 左衛門最早矢尽き, 左衛門綱と, 左衛門有馬の治右衛門始め六百人, 左衛門村正刀の切れ味, 左衛門を投げる, 左衛門松炬を照, 左衛門案じるな, 左衛門桜井新五逸見木工允堀口三之丞磯野弾正鳥山主殿助など枕, 左衛門楠木将監らのほか, 左衛門様日本左衛門様恋しい日本左衛門さま, 左衛門様生写で在, 左衛門様野々村三十郎様おふた方, 左衛門権佐豊房は清閑寺家, 左衛門橋戒橋相生橋に溢れかかり, 左衛門橋浅草橋柳橋附近には釣船網船その他, 左衛門橋筋南い曲った思うとこ, 左衛門橋美倉橋等の下, 左衛門次第に押ッ取り囲まれ, 左衛門春先生の, 左衛門正勝というもの, 左衛門正義の子, 左衛門殺しといっ, 左衛門殿拙者でござる, 左衛門殿逝去の後, 左衛門殿造酒之丞殿, 左衛門気楽な心持, 左衛門永楽六兵衛亀亭等から私, 左衛門汝等神妙に帰国, 左衛門汲古と号, 左衛門河井公左衛門五番には七手, 左衛門河岸の右, 左衛門法隆寺の近在, 左衛門泣かぬばかりの頼み, 左衛門洞谷理安策恒三雄之介, 左衛門の師匠, 左衛門浅見対馬守入道道西ほか士分二十余名荷駄足軽の供数十人, 左衛門漸く立ち直りましたが, 左衛門父子共に別条, 左衛門特に此念強かるべく, 左衛門犬塚太郎左衛門を陰謀, 左衛門って師直, 左衛門珍政のため, 左衛門申し述べ候処幾度も, 左衛門町野左近将監等は政宗勢, 左衛門と云った, 左衛門病中大儀であったの, 左衛門発病の当時, 左衛門の幌張, 左衛門を持っ, 左衛門直政の士川井三十郎突, 左衛門直次大塚喜兵衛種次内藤長十郎元続太田小十郎正信, 左衛門真田兵部すなわち信濃先方衆, 左衛門督信隆卿妾の境遇, 左衛門督右衛門督が左右, 左衛門督大原重徳を奉じ, 左衛門督権中納言などという内大臣, 左衛門督殿の若君, 左衛門督藤参議などという人たち, 左衛門督藤宰相などだけが外, 左衛門矢野弥平治などで主人, 左衛門石原太郎左衛門鳥越五郎兵衛河内太郎左衛門等三十四人の勇士, 左衛門祖先に長, 左衛門祖父物語一名朝日物語に云う, 左衛門福富九郎左衛門野々村三十郎丹羽五郎左衛門などの旗, 左衛門稲葉小僧新助, 左衛門五女と, 左衛門等左右を防い, 左衛門等数名の士, 左衛門て如何, 左衛門箭作彦十郎飯能主馬春藤幾久馬等の声, 左衛門続いてはいる, 左衛門緊張したまっさお, 左衛門罷り通る蒲生忠右衛門罷り通る, 左衛門義勝がおなじ陣, 左衛門義村が二男也, 左衛門翫太郎の荒巻耳四郎, 左衛門老人はカッカッ, 左衛門聖人といったら, 左衛門て汝, 左衛門聞入れず引くべき場所を, 左衛門腹立ち紛れに, 左衛門自ら案内に立っ, 左衛門良清に嫁, 左衛門花道の半ば, 左衛門若い時分町道場に, 左衛門苦しいか, 左衛門茶道珍斎先代左団次の伊達安芸, 左衛門荒木山城守四方田但馬守村上和泉守三宅式部そのほか幹部たち, 左衛門荒木山城守諏訪飛騨守奥田宮内などに取り巻かれ, 左衛門菊三郎の仲買勘蔵, 左衛門蒲生忠右衛門二番手に蒲生四郎兵衛, 左衛門蒲生忠右衛門蒲生四郎兵衛町野左近等何躊躇すべきしおらしい, 左衛門蒲生忠左衛門蒲生四郎兵衛町野左近将監新参ではある, 左衛門蜂屋兵庫頭坂井右近の四将, 左衛門行き暮れた女を, 左衛門西善三郎案内を出した, 左衛門西国某侯遺臣ニシテ幕府有司ニ含ム所アリ主トシテ大名旗本, 左衛門親鸞を打つ, 左衛門諫早五郎などすべて同郷, 左衛門諸国で見た, 左衛門警衛として付い, 左衛門貝賀弥左衛門なぞといっしょ, 左衛門赦免の上使, 左衛門越後口の津川城, 左衛門足利の士二十人, 左衛門躍り込んで少年, 左衛門左衛門尉の, 左衛門辻五郎秋山七左衛門警衛として付い, 左衛門正の, 左衛門速水勝左衛門八番には手廻小姓, 左衛門連龍安井左近太夫家清など, 左衛門景の, 左衛門重信をつかまえ, 左衛門重宗が父, 左衛門重次であった, 左衛門重能と云, 左衛門野々村三十郎丹羽五郎左衛門などの旗, 左衛門金兵衛はすでに, 左衛門鎌鑓を打ちかけ, 左衛門長吉の両人, 左衛門長吏之論に付, 左衛門長沼駿河守渋谷遠江守伊東前司, 左衛門難渋そうな顔色, 左衛門雷蔵の善三郎, 左衛門という焼判, 左衛門食わぬがよし, 左衛門馬場佐十郎に遠藤, 左衛門高柳楠之助, 左衛門高畠孫三郎前田利久同安勝, 左衛門高直など, 左衛門高直以下の勢六万騎, 左衛門高綱の子, 左衛門黙って腕