青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「左手~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~工場 工場~ ~工夫 工夫~ 工業~ ~左 左~ ~左右 左右~ ~左手
左手~
左様~ 左衛門~ ~巧 巧~ ~巧み 巧み~ ~巨大 巨大~ ~差 差~

「左手~」 2485, 27ppm, 4350位

▼ 左手~ (649, 26.1%)

13 方へ 11 壁に 10 方に 8 指が, 指を 6 道へ 5 坂を, 拇指と, 方の, 方を, 甲で, 窓の 4 ヒジから, 小指を, 扉を, 指先で, 渚には, 肱と

3 [18件] 人差指と, 人差指を, 壁の, 奥に, 小指が, 山の, 崖の, 指で, 指に, 指の, 掌に, 方は, 甲を, 窓から, 薬指の, 親指と, 隅の, 高い窓

2 [49件] おや指, くぐり戸, くすり指を, ところに, カバンを, ドアから, ドアが, 中指で, 人さし指の, 人差指で, 傾斜を, 壁にか, 壁には, 外陣の, 奥の, 小指と, 屏風が, 山に, 岩崖を, 崖が, 崖に, 崖へ, 川に, 庵室障子を, 弓を, 戸を, 扉から, 手型を, 拳で, 指は, 掌を, 方が, 林の, 柱に, 海の, 湖の, 爪が, 畑の, 石橋から, 窓に, 窓際にも, 肱を, 蝋燭を, 袖が, 襖を, 辻番小屋の, 隅に, 階段を, 高みに

1 [387件] あの池, あの高い, あれは, うしろに, お家が, お指, かなり高い, かんで, が妙高山, くすり指の, ここん, こちら側に, このハガキ, こぶしも, すぐの, すぐ届く, すぼめて, ずっと奥, たいせつもたいせつな, ための, つき当り, つけ根の, ところは, とほい, なかで, ほうに, ほうは, ものには, ものは, やや大きな, ゆるやかな, よりも幾分, イサライツの, ガアゼを, サン, シワの, ジェラール・ダヴィッド作, ステッキで, ソファーに, テントを, ドアは, ノッブに, ハンカチへ, ハンカチを, バラツク屋根の, ヒジと, マリヤの, ロシア人に, 一つの, 一人の, 一人は, 一人を, 一人得物を, 一撃で, 一本延ばし, 一町半ほど, 一間の, 三尺の, 三方から, 三本の, 上から, 上に, 下に, 下方にあたって, 不自由な, 不随な, 丘の, 丘陵で, 丘陵へ, 中央で, 中指が, 中指である, 中指と, 中指の, 中指を, 丸木柱と, 乳の, 乾雲が, 事務室の, 二つの, 二三基米の, 二本しか, 二町ばかり, 二階, 二階の, 人さし指が, 人さし指と, 人さし指に, 人さし指も, 人さし指を, 人差指が, 位取りが, 低い石門, 住居は, 何か, 側に, 傍屋は, 傷から, 傾斜地を, 先が, 先で, 先に, 先にかけて, 先を, 公園で, 円いあすなろう, 円き物, 出口を, 刀の, 利かないため, 前にあたる, 前方には, 剣風, 力の, 動きが, 十手を, 半ば朽ち, 半間幅の, 卓子の, 南向きだけが, 印籠を, 受付と, 叡山には, 台所へ, 吊具足側, 品物も, 品物を, 喰違いは, 四五軒が, 地蔵松原の, 坂から, 坂は, 坑道から, 垂れ雲の, 垣へ, 垣沿いの, 堀割の, 塩壷の, 壁だ, 壁について, 壁を, 壁際に, 壁際へ, 声の, 大きな窓, 大きな間, 大刀が, 大扉, 大机, 天幕を, 奥には, 奥棕梠の, 女阪を, 字だ, 字という, 室, 家具屋の, 小さな家, 小尾根, 小屋で, 小屋の, 小山, 小山を, 小径から, 小指くらゐ, 小指も, 小路へ, 小部屋, 小高い丘, 小高い山腹, 小高き岡, 少し低い, 尾根の, 屋敷, 屋敷から, 山から, 山の上にも, 山を, 山脈は, 山腹から, 山谿の, 岡の, 岩の, 岸へ, 峰の, 崕の, 崖へと, 布を, 帚川の, 広い廻廊, 広い畑, 広い通り, 広間へ, 廊下から, 建物, 建物の, 建物を, 廻廊へ, 弓形窓から, 引つ込んだところ, 弾丸は, 径を, 後に, 急な, 意味です, 懐中電灯を, 扉が, 扉に, 扉にも, 手の, 手まくら, 手袋を, 手首が, 手首によって, 抜刀を, 拇指を, 拇指紋を, 拳が, 拳を, 拳柄頭の, 指さきで, 指だけの, 指と, 指にて, 指先に, 指先を, 指環のみ, 指紋が, 指紋と, 指紋ばかりしか, 指紋を, 指輪を, 指頭の, 掌で, 掌と, 掌面で, 推摩居士が, 擦り傷は, 敷島ガレーヂという, 方から, 方だ, 方で, 方とつ, 方には, 方五六町も, 方向に, 方神社の, 方遠くに, 明るい街, 書物を, 木刀が, 木刀で, 木蔭から, 机の, 杉森の, 杵を, 板が, 板じきは, 林ぎわのほうには, 格子戸の, 桶で, 梅林から, 棚の, 森から, 椅子に, 横通りから, 樹に, 橋を, 機関銃やなんかの, 欄間を, 武士ピリッ, 母指へ, 気が, 水の, 河を, 浪人檜木官之, 海にも, 海は, 海岸に, 渓に, 溪に, 漂渺と, 澤の, 火焔太鼓に, 炊事場に, 無い片腕, 煙管を, 爪で, 爪先が, 狭い路, 玉垣の, 瓶も, 生垣を, 甲に, 甲まで, 男湯は, 画像を, 畑路より, 畳の, 痕だ, 白由が, 目の下に, 目盛の, 相生町の, 真上には, 真下に, 眼の, 石は, 石垣の, 硝子張りの, 碧り, 社の, 祠の, 窓からは, 窓ぎはに, 窓ぎわに, 窓ガラスを, 窓硝子越しに, 端に, 端れ, 箱から, 籔が, 縁側の, 肩先を, 肱で, 肱に, 脈搏の, 脚の, 脚柱の, 腰高窓から, 自由が, 芝生の, 芝生を, 花瓶に, 草の, 草むらの, 草むら隠れの, 蓊鬱と, 薄黒い, 薬指に, 藪に, 血の, 街路樹の, 衣裳室へ, 袂に, 袂を, 裸の, 褐色の, 見上げるばかりの, 角を, 谷に, 谷へと, 谷を, 赤衣を, 路は, 路を, 路傍に, 路地からもへ, 車窓に, 通路から, 通路内の, 道を, 部屋から, 部屋には, 部屋の, 長い半月形, 長剣濡れ燕斬っ尖, 門を, 関節が, 障子が, 障子には, 隣りの, 隣家の, 雛壇から, 霞んだ海岸線, 露仏の, 露地伝いに, 音響の, 食指が, 食指と, 食指を, 馬が, 高い処, 黒い包み, 黒い建物, 黒龍の, 龍は

▼ 左手~ (630, 25.4%)

11 持って 9 握って 5 刀を, 持ちかえて 4 持ち換, 提げて 3 杯を, 眺めて, 金剛杵を

2 [33件] あって, さげて, しっかりと, もって, シッカリと, ブラブラさせ, 之も, 仰いで, 例の, 剣を, 坂あり, 坐って, 外套と, 山を, 川を, 当って, 抜身右手に, 持ち右手, 持ったまま, 掴んで, 撥を, 松明右手に, 澡瓶を, 濡れ燕, 目を, 移して, 箸を, 翳す, 葛籠革鞄などを, 見えるの, 軒を, 首を, 鷲掴みに

1 [517件 抜粋] あたえられた強弓, あっさり鳥居, あった, あったが, あったもの, あった喫茶店, あった小山, あつて, あの桜, あり, あります, ありも, あり男の, あるは, ある一室, ある二つ峯, ある内玄関, ある地蔵堂, ある大きな, ある客間, ある森, ある砂丘, ある銀杏, ある門, ある門番, ある馨板, いくらか焼けのこった, いつも濃紺, いる番頭達, おとなしくとまってる, お俊, お寿, かかえて, かかえられて, かかえ右手, かかって, かくし持って, かけた珠数, かなり強い, かぶせて, くっついた, くるみの, この町, さえて, さげた, さげ右手, さつきの, さわった, した垂れ雲, しらしむるなかれという関係, すぐ下る, ずっとひろがった, その娘, その幽邃味, その端, ぞんざいに, ためる, ちょっとした枯草, ついて, つづいて, つづく国立物品販売所, つまみあげたまま, とつた, なおしっかりと, なったり, にぎったまま, のせかえました, はめて, ばけつを, ひきつけて, ふりかざし男, ぶらさげて, べつとり血が, ぺしゃんこに, また一本, まっかな, まるく彎曲, もう一軒, もちかえ, もち例, もち鳥打帽, もったパン切れ, やおら掻, やや遠く, やをら掻上げ, よく拭きこまれた, よごれた手拭, ガス煖炉など, ガラス戸が, ギュッと, コゼットの, シユーマイの, シルクアンブレラア, スカアル右手に, スケツチ箱と, ズック靴右手の, タバコを, トマトを, トンネルが, ドアが, ハンカチーフを, パイプを, ビラを, ピストルを, フルートを, モン・ブランが, ランプを, 一つの, 一つ大, 一人ずつ, 一人の, 一人前か, 一体に, 一刀を, 一基の, 丁度鏡が, 並べて, 並べ三個, 並んで, 中山競馬場の, 九歩と, 乾雲を, 予を, 二はい, 今日大きな, 低くエレクテイオン, 何やら大きな, 傘の, 傷を, 光って, 入って, 全く異, 出た形, 分厚い札束, 剣, 力を, 北向き八幡宮が, 十手を, 厳めしき城門, 収穫の, 取った乾雲丸二尺三寸, 取って, 取つて, 取り直して, 取り空拳, 取り絞って, 受けて, 受けると, 受ける茶碗, 古市や, 右に, 右の, 右手に, 右手には, 右手は, 吊るしたまま塩, 同じく鬱蒼, 唐破風を, 唐笠を, 四つの, 四五本の, 団扇を, 国境山脈が, 圓窓コトリと, 坐った, 坐つて, 墓らしい, 墓地の, 墨を, 壕舎の, 壺を, 大きな山毛欅, 大刀の, 大業物蝋色の, 大通りに, 天一坊へ, 天華を, 太い一尺余, 太刀を, 太郎が, 奇月宗匠の, 奥の, 女の, 女狐二匹, 婦人閲覧室の, 家根の, 家紋入りの, 寄せた側机, 寄席が, 富士山が, 小刀を, 小劍, 小脇差を, 小高い石垣, 小高く森, 少しの, 少し引き, 少し引込ん, 少年の, 居られたので, 屑屋の, 展望される, 山牛蒡を, 岡部だの, 岩ばかりの, 島影も, 川が, 左の, 巻物を, 巻紙を, 帝国製麻の, 帳簿を, 幔幕を, 幕を, 広い前庭, 座敷と, 廊下へ, 建つた第, 引きしぼり右手, 引きつけた一刀, 引き付け右足, 弾正橋を, 当たりそれ, 当るところ, 当る側, 当る向う岸, 御廻りなさった, 御弊, 御自らコーモリ傘, 応接間が, 念珠を, 急坂が, 怪我など, 愛蔵の, 懐中電灯を, 懸物, 手提鞄を, 手槍を, 手紙を, 手袋と, 打捨てられた炭焼竈, 把って, 把り, 折詰を, 抱いた與吉, 抱え右手, 抱きあげて, 押さえ右手, 拾い上げた, 持ちあるいは, 持ちかえたの, 持ちかえると, 持ちかえ右手, 持ちかへ, 持ちしかも, 持ちて, 持ちながら, 持ち変えた, 持ち床柱, 持ち換えた, 持ち棍棒, 持ち直した, 持ち直し息の根, 持った, 持ったは, 持ったり, 持った四角, 持った弓, 持った提琴, 持った紙, 持った網, 持つたま, 持つた直, 持つた苗, 持つて, 持つと, 持てる, 持上げて, 挟んだの, 捧げ立った処, 捻った大刀, 掴み右手, 掴み鉄砲, 提げたる革鞄, 提げた延寿国資, 提げながら, 提げ右手, 握ったの, 握った乾雲丸, 握った二つ, 握った瀬戸物, 握つたの, 握られた大型, 握られた大業物, 握りて, 握り余る時, 握り潰して, 握り矢, 握るの, 揺りあげて, 携えて, 撥なんぞ, 擧げた朱塗, 支えて, 政の, 敦盛の, 斉彬が, 新聞紙を, 旌旗の, 明るいカフエ, 昔の, 昔風に, 昨夜の, 時計を, 書持つら, 月は, 木の, 札の, 机その, 杓を, 杖つい, 束ねて, 来ると, 桃色の, 梓川の, 構えた左膳, 槍背に, 横井の, 樫の, 樫や, 樹木の, 欄干を, 止って, 正しくもう一人, 残して, 気味わるく青い, 気高くほおづえついて, 水中電灯を, 沿つて来た, 海を, 淡島様が, 深い愛着, 深き洞穴, 清い泉, 渡良瀬川の, 湖水と, 濡れつばめ, 濡手拭を, 炬火を, 無數, 煙を, 煙草右手と, 熊手を, 熱川温泉入口と, 独立した, 狭い横町, 狭い谷, 獲った魚, 獸皮の, 玉を, 瓦葺の, 用意し, 画架, 畦道を, 発見した, 白, 白いきれ, 白い布, 白砂を, 白色ペンキを, 相州屋の, 真暗な, 眺めながら, 眺め始めました, 眺望できなけれ, 短い槍, 短刀で, 短剣を, 砂利を, 移しステッキ, 移し右手, 種の, 稻を, 積んだ陸稲, 突いて, 突き出て, 突出した, 立てられた古びた木札, 竹皮包みを, 竿を, 算盤を, 米倉が, 粛條たる, 素晴らしく印象的, 細野の, 細長い段丘状, 経塚の, 続いて, 縋って, 縋つて, 繃帶を, 置いて, 羂索を, 美しい青草, 老幹, 聖経を, 聳える大, 胡粉絵みたいな, 脇差し彼は, 腰を, 腰掛けて, 自分の, 茶店が, 草原を, 草履を, 蒼空が, 蕨を, 血の, 行くと, 袖を通して, 裾野平が, 見あげる婦人靴下, 見えて, 見えます, 見えると, 見える周防町筋, 見える森, 見える海, 見える赤い, 見える雨飾岳, 見おろしながら, 見たとき, 見た片隅, 見ながら, 谷の, 谿間が, 赤いあ, 赤い珠, 赤い蔽布, 赤城榛名の, 赤布を, 赤紙の, 路の, 躑躅の, 転がって, 載せて, 辻番が, 近々と建つ, 迫って, 迫つてゐる, 進むところ, 遠く海, 酒盃を, 金盥を, 金鈴を, 釣鐘を, 鉄瓶を, 鉄砲を, 銃を, 錦の, 鍋の, 鎌と, 鎌を, 鎭座まします, 鏡を, 鐘塔が, 鑿を, 長い刀, 長い廊下, 長剣を, 長槍, 長野が, 間近い飯縄, 関羽髯を, 陣取ったは, 陣太刀を, 除けたところ, 隠した四個, 隠岐の, 雄, 雑木林が, 離れた二間, 青い水, 飾った硝子戸, 飾りの, 駕を, 高い樅, 高い石崖, 高い道ばた, 高くすっきり, 高く停車場, 高台寺の, 髪を, 麻酔薬の, 黄色っぽく, 黒, 黒いラシヤ紙, 黒い板, 黒木の, 黝く

▼ 左手~ (331, 13.3%)

10 あげて 4 ついて, つき出して, のばして, 伸ばして, 見ると 3 うしろに, とって, 添えて, 畳に, 腰に, 膝に

2 [17件] かけたまま, かけて, ひろげて, 上げて, 伸べて, 働かせて, 出して, 広げて, 延して, 懐へ, 握って, 擦り剥いた, 柄から, 畳へ, 私の, 腰の, 静かに

1 [249件] あげては, いそいで, うしろから, おさえて, かけた, かけたとき, かけ右手, かけ手綱, かけ立って, かざし長い, かわるがわる口, ぎゅっと掴んだ, ぐっとのばし, こすり気むずかし, ことも, こぶしに, さしこみ腰, さしのべて, さし伸べて, さし出した, したから, しっかりと, しぼりながら, じぶん, すこし反す, そっと出し, そっと握った, その上, その銃身, たかく月光, たぐり寄せそのうえに, つかって, つき込み半ば, つっぱりながら, とった, とりて, どんなにし, にぎったの, にぎりしめて, にぎりました, のせて, のばした, のばしたて, のべて, のべ彼, ひくこと, ふって, ふところに, ふれば, まずべつとり, まるめ額, まわして, みかえると, もつて, やさしく上げ, やった, やって, ゆっくり前, ウンと, クリストフの, グッと, グツと, ゴザに, シッカリと, ズーッと, ダラリと, ツと, トンと, バラバラと, ヒメの, ピストルから, 一寸と, 三平の, 上げたが, 上げると, 上げタラリ, 上げ鞘ぐるみ大刀, 上へ, 下げて, 下に, 中本の, 丹田に, 二の腕が, 伯母の, 伸して, 伸ばし取らうと, 使うという, 使って, 使わねば, 傘の, 傷く, 傷けた, 内側に, 内懐へ, 内懐より, 円い頤, 出したとたん, 出す, 出すと, 出すの, 出すよう, 刻みそこなったの, 前へ, 劃る, 力綱の, 加へて, 動かし全身, 取って, 右の, 右手の, 同時に出し, 向こうへ, 喇叭の, 土の, 垂れて, 執って, 執つて, 壁に, 大きなまるい, 女の, 妻の, 始終ヒク, 宇乃の, 密と, 小さ刀, 小卓子, 小太郎の, 少しあげかけ, 少しのばし, 少女の, 差し出した, 差し出し掌, 差伸し, 差出した, 差出して, 差出し肩, 差出すと, 差出す意味, 巻き僕, 帯に, 帯の, 延ばして, 引かれて, 弥蔵に, 張りその, 当てると, 彼の, 後に, 後について, 後へ, 徘徊し, 懐に, 懐中に, 打つ者, 打振っ, 把手に, 抑へる, 投げかけると, 抗げて, 択んで, 押えて, 持って, 指さした, 指します, 挙げた, 挙げて, 挫いた, 振った, 振って, 振りながら, 振り次に, 振動を, 掛けヒョイ, 掛け右手, 握ったり, 握りしめて, 撃たれたと, 撫でさ, 擧げたとき, 支いて, 放して, 望めば, 梅野の, 椀の, 椅子の, 機械人形の, 気取ったようす, 深々と, 深雪の, 添えた, 添へて, 濡らさなかった, 片手で, 用いた, 用いなかったか, 眉香子の, 真直に, 眺めると, 着物から, 着物の, 短銃へ, 空に, 突つ込んだ, 突出した, 紋服の, 置いた, 肱の, 胸の, 脇腹へ, 腕の, 腹まで, 膝や, 自然に, 草の, 落ちて, 蒲団の, 袂に, 袖口へ, 見た, 見たかい, 見て, 見れば, 覗いて, 軽く小太郎, 軽く持ち添える, 軽く腰, 透すやう, 道夫の, 鍔際へ, 鏡から, 長い袖の下, 長椅子の, 長火鉢に, 障子へ, 頤の, 頭上に, 額に, 顔に, 餉台の, 首から, 首に, 駕籠の, 高くあげる, 高くふりあげ, 高く上げ, 高く挙げ, 鬢へ, 鯉口へ, 鼻の

▼ 左手~ (274, 11.0%)

5 顔を 4 刀の 3 刀を, 握って, 書いたよう, 胸の, 胸を, 静かに

2 [16件] おさえて, その右手, それを, 上の, 下の, 女の, 手拭を, 書いても, 柱に, 相手の, 自分の, 自動車の, 襟元を, 顎を, 飲む真似, 鷲掴みに

1 [215件] いじくりまわして, いじりながら, おさえた女, おさえながら, お使, お加久, かかえ右手, かぎ穴に, かけ蒲団, かぶって, きゃしゃに, ぐっとお, ぐっと腹, このチョーク, さすりながら, しきりに首, しずかに, しっかと自分, しっかりと, すぐ眠り, すこしかかげ, すこし刀, せわしなく茶色, そう云った, そこに, そっと押える, その布, その手, その裾, たった今なぐられた, だんだん高く, ちょっとチョビ安, つかまったまま, どけようと, はずれたカラー, ひく低音, またやさしく, もって, もつて, わきの下に, ギュッと, クシャクシャに, グラスを, シガレットケースを, ソロソロと, チョイと, ネクタイを, ノックする, ハッチソンを, バタを, パイ缶を, ポリニャークの, マッチを, ミス, ヨアヒムの, ル・カブュクの, 七瀬の, 両袖, 乾の, 二人の, 何気なく糸屑, 例の, 保の, 倉田由之と, 傍の, 写すなど, 出し入れを, 刀尖, 前裾, 加害者を, 半ば無意識に, 卓の, 卵を, 又腹, 取り右手, 取り除けそれ, 取出して, 受けとっては, 受話器をは, 口を, 古代物の, 古市の, 右前を, 右手の, 向うの, 土を, 圧さえて, 墨を, 夢中に, 太鼓を, 奇形な, 妾の, 小太郎を, 左の, 差し出した, 帽子を, 年上の, 庄吉の, 庄吉を, 弄びながら, 引っ掴もうと, 彼女の, 御用を, 徳利を, 懐ろから, 扉を, 手綱を, 手首を, 払い落す, 抜いた, 抜いた脇差, 抜き合わす, 抱えた, 抱き右手, 抱き止めるよう, 押えたまま, 押えつけて, 押えて, 押えながら, 押した, 持ち上げた処, 持ち上げて, 持ち右手, 持っても, 持つ, 持つもの, 捌いて, 捻つた, 掃除の, 探って, 掴み上げながら, 掴んで, 提げて, 握つて, 撫でる, 支えて, 敵の, 新聞を, 旗を, 既にアルミ, 書いたな, 書いたの, 書いたもの, 書いた紙キレ, 書くの, 書っき, 木に, 木を, 本を, 植田丹後守から, 横なぐり, 毛脛を, 水落ちを, 涙を, 火箸を, 無電装置の, 煉瓦の, 熱心に, 爪搜る, 犬を, 盃を, 益満を, 眼を, 眼鏡を, 着物を, 短いひ, 立派に, 竿を, 箱を, 籠の, 素子に, 素早く書類, 絲に, 締め紐を, 編笠の, 縄ばしごを, 縦に, 美緒の, 肩で, 肱を, 背中を, 胴衣の, 腰を, 腹を, 若い婦人, 草を, 衣裳の, 袂を, 袖を, 襖を, 財布を, 赤ん坊の, 軽く鼻, 輪が, 辞書を, 道糸を, 酒瓶を, 鉄の, 鉛筆を, 長髯, 阿弥陀如来の, 電気釦を, 静に, 面を, 頁を, 頭を, 顏を, 顔の, 飛行帽を, 駒の, 高く差し上げる, 髪を, 髻を, 鬚を, 鬢の

▼ 左手~ (140, 5.6%)

4 ふくよかな 2 後ろから, 戸棚に, 祠の

1 [130件] いかに肉, いつのまにか憲一, いつも遊ばせ, おもむろに額, こんもりと, こんもり茂った, さげたまま施満願, ささやかながら, しっかと銃把, しつかり掴んで, すぐ森, ずっと砂丘, だらりと, でこぼこした, とびとびに, ひろい, ふわふわと, ぶらんと下っ, まだシッカリ, まだ平ら, もう崖縁, もう白く, やや曲げ, ゆるやかな, ヒトミと, ヘルマーの, ミス・ヘミングウェーの, ミットみたいに, 一つの, 一刀の, 一番広く, 一間の, 三分の一直角以上には, 上り口で, 上衣の, 丸太棒の, 主で, 二つの, 二階に, 人差指と, 仁や, 他の, 伯爵家の, 低く運動場, 傘の, 初めてだ, 利かず足, 前と, 前に, 助手が, 匕首を, 半ば開い, 原っぱで, 原画では, 四つの, 壁右手奥に, 大地は, 奉公人達が, 女の, 客の, 寝台から, 小刀の, 小高い丘, 尚細長い, 居室に, 屋根の, 川岸縁まで, 庫裡に, 庭の, 廊下部屋は, 彦六に, 徐々に動いた, 手洗鉢の, 指で, 指を, 指先の, 掌を, 握り固められたまま, 早くも, 春木座の, 杉の, 松五郎の, 松林や, 柄頭を, 校庭に, 森石山だ, 横田若狹樣の, 殆ど使用に, 水落ちを, 洲の, 浅く刀背, 深い小川, 深い溪流, 無きが, 熊笹の, 熊笹ばかりの, 猛犬, 猿の, 甲斐駿河, 疊を, 直ぐ奥, 真鍮張りの, 籬右手は, 結跏趺坐した, 絶えずガレ, 線路の, 胸から, 自然に, 自由に, 色づきはじめた灌木, 若木の, 草木が, 襖右手は, 見るも, 谷じゃっ, 谷に, 質屋の, 起伏した, 足もとから, 身体と共に, 軍衣袴の, 逢痴の, 遊ばして, 遊ばせて, 遠くヒロの, 間近い飯縄, 階段の, 隣の, 馬小屋で, 黒林地方である

▼ 左手には~ (98, 3.9%)

2 粗末に

1 [96件] けわしい山, ささやかな, ずっとなだらか, そそり立つ大杉一幹, どす黒い溝渠, ひろい距離, ほかの, まだ一匹, アラビアの, オーバーコート, カステラを, グランド, ダニーロが, ツイ眼近に, ハンカチで, 一様に, 一間の, 三名の, 三浦半島から, 上流の, 上野谷中に, 五十燭光の, 何うし, 何か, 便所, 傘を, 十枚の, 半ば開いた, 古風な, 各種の, 名なし, 嗅ぎ煙草入れを, 嗽口灑水を, 大きい平目二, 大きなロシア風, 孔の, 宛ら生ける, 寂しい人家, 小さなシラー, 小さな谷川, 小石でも, 少しさがっ, 山が, 川へ, 幾何這入っ, 急な, 戦場が, 手の甲の, 手術器械の, 指物師が, 捕縄が, 斜に, 新聞だけ, 暗い沈没船, 有明の, 本を, 朱いろ, 杉林に, 杖を, 桟敷と, 植字台と, 槍と, 横庭に, 水の, 沢山の, 注射用の, 淋しい戸, 湖が, 湯殿や, 溪の, 濃く繁つた桜, 烏首里鉄道の, 燦爛たる, 白布で, 神の, 神童の, 粗い胡麻石, 紙に, 芥子丸香散, 若雷, 草の, 薄が, 薩州から, 薬鑵それでも, 裁判官が, 近く長等山や, 運河でも, 金の, 金次郎が, 鋭い山, 雑草が, 靴と, 靴直し, 高い火の見梯子, 黒ぐろと, 黛を

▼ 左手~ (75, 3.0%)

4 歩いて 3 去る 2 向けて, 置いて, 行き少し, 走って, 降る細い

1 [58件] かけては, かけ瓦焼場, ぐっと引, それからずっと, それから逆, どやどやと, まきついた, よろめいた, グツと, ソソクサ行きかける, タタタと, タラタラと, ヨロヨロ小走りに, 二つの, 傾いて, 去らうと, 去ると, 四五歩行く, 四個の, 寄った, 左手へと, 座を, 引っ提げた重喜, 心を, 手を, 折れそこ, 持ちかえた, 持ちかえながら, 曲がって, 曲ったそこ, 曲つた, 曲つて行つた, 曲る具合, 曲る角, 橋を, 消える, 無造作に, 田を, 立ち去らうと, 立つて, 置いた, 行く, 行ったところ, 行って, 行つ, 行つて見る, 走りながら, 走り出した, 走り出す, 這入った古い狭い, 通り抜けたん, 通り拔けたんだ, 進んだ, 遅々と動いた, 避けた, 避けて, 飛び下りた, 齧りついた

▼ 左手~ (54, 2.2%)

2 こっちへ

1 [52件] かるくあつく女, きかないため, ぎごちなく思われる, ぐっと伸び, さいふ, さつと左, すぐ庭, そっとうしろ, その上, その壺, それを, ちょうど引き出し, のびて, ひだりへ, ぶるぶる震える, また赤い, まだ無意識, キャヌウズな, タバコを, ビク, ブラブラじゃ, ムズと, 一番上の, 一間の, 不髄, 五メートルばかりの, 刀の, 利かない身体, 妙に, 孟宗藪, 寝そべって, 小刀へ, 懐中の, 手首まで, 日本風の, 有名な, 服の, 柄から, 欣二を, 母屋の, 煙草入れの, 玄関に, 玄関の, 砲兵工廠の, 空つ, 笹田執事の, 義手で, 行く, 見えた, 言ひ, 首の, 鯉口に

▼ 左手から~ (50, 2.0%)

3 出て, 右手へ 2 中年過ぎの, 戻って

1 [40件] きかかって, すこしばかり, てるの, ふくが, カラリと, コツコツと, サーと, ジリジリと, ヂヤケツに, 三寸と, 中央へ, 二葉が, 人見と, 先に, 去る, 大きなボール箱, 女車掌の, 寮長の, 射して, 小沢が, 州太がは, 左足までが, 建物の, 志岐続い, 斜に, 東山が, 棺に, 波打ぎわに, 洋服ゲートル姿の, 滄浪として, 登って, 登場, 絞り手拭, 舞台へ, 蔵へ, 走り出て, 追ひすがる, 退場, 開襟シャツに, 静かに

▼ 左手~ (14, 0.6%)

2 右足と

1 [12件] いえど, パデレウスキーの, 右手との, 右手に, 右足が, 左腕とを, 書いて, 歯を, 男の, 足が, 頭とだけを, 顔の

▼ 左手~ (14, 0.6%)

2 の木の下, へ去り行く, へ去る, を流れいる 1 と揚幕奥, などからここ, などから此処, にはみ出し, の方, へ駆け下り

▼ 左手より~ (10, 0.4%)

3 登場 1 出て, 姿を, 旅姿の, 清原, 特務曹長並に, 現はれる, 速く廻す

▼ 左手にて~ (8, 0.3%)

1 ぬきとりこれ, 刀を, 右の, 押へ, 絃を, 肘を, 蕨を, 頭を

▼ 左手~ (8, 0.3%)

1 しだいにダラリ, なくなって, サッパリ切っ, 使用し, 放しました, 消された, 生爪が, 相当強く

▼ 左手では~ (7, 0.3%)

1 大きな新聞, 子どもの, 椅子の, 百人も, 紙帳の, 鉦を, 鼻孔を

▼ 左手にも~ (7, 0.3%)

1 まいて, チョークを, 二つ三つの, 生姜を, 相似形の, 私娼窟の, 赤いもの

▼ 左手なる~ (5, 0.2%)

2 汀に 1 タイムウオッチそろそろ, 前庭を, 田中の

▼ 左手寄り~ (5, 0.2%)

2 に仕置場 1 に大きな, に白壁, の高み

▼ 左手はるか~ (4, 0.2%)

2 に白馬 1 に峡湾, に瞳

▼ 左手一本~ (4, 0.2%)

1 じゃつかまらない, で切りぬきの, で昔, で芸

▼ 左手だけを~ (3, 0.1%)

2 掛けて 1 器用に

▼ 左手すなわち~ (2, 0.1%)

1 応接間と, 笹田執事の

▼ 左手~ (2, 0.1%)

1 からそれほど, が女の

▼ 左手とを~ (2, 0.1%)

1 前で, 突いた

▼ 左手にあたって~ (2, 0.1%)

1 小さな血, 石塔の

▼ 左手ばかりを~ (2, 0.1%)

1 ピキピキさせ, 使って

▼ 左手への~ (2, 0.1%)

2 道を

▼ 左手へは~ (2, 0.1%)

1 ひる, 川口から

▼ 左手もて~ (2, 0.1%)

1 何やらん, 被を

▼ 左手~ (2, 0.1%)

1 痛ミノ原因ガソコニアルコトニ確信ハ持テナイガ, 運動ガ不自由ノ

▼ 左手半分~ (2, 0.1%)

1 は大, は大炉

▼ 左手向う木の根一本~ (2, 0.1%)

2 は泉州岸和田岡部美濃守

▼ 左手~ (2, 0.1%)

2 の下あたり

▼ 左手~ (2, 0.1%)

1 かに日光奥白根, か離れた

▼ 左手遥か~ (2, 0.1%)

1 に火葬場, に眼

▼1* [67件]

左手への鳥居三本, 左手うえの鳥居三本, 左手からはひつて, 左手からも沢が, 左手からよつて來る, 左手きらりとまなこ, 左手だけですから, 左手だけしか使わない最初, 左手だけに預けて, 左手だけのようで, 左手だったので勢い, 左手だつたがそれ, 左手できゆつと握つ, 左手でしッかと, 左手でしたが字, 左手ですつて, 左手との運動を, 左手とへ手を, 左手どころか群衆に, 左手にあたり同じ動揺, 左手にあたる窓が, 左手にかけて勾配が, 左手にかばひつ, 左手にとって急坂に, 左手になつた老, 左手によって彼の, 左手に当たって壁に, 左手のずつと先き, 左手のみ蝮指だ, 左手ばかりの練習を, 左手へと行くん, 左手めがけて降り, 左手らしい金釘流で, 左手わが髪を, 左手を以て寅より, 左手ドア寄りにトルコ風, 左手ニ絃ヲ擁シ右手ニ撥, 左手一つにせよ, 左手一帯はちょうど, 左手一本きりなん, 左手一歩前を行く, 左手に遠望, 左手中央と三つ, 左手使いの冷刃, 左手に巻い, 左手前山の肩, 左手動かずなり右手も, 左手十間ほどの彼方, 左手右手で敏捷, 左手右足共に完全, 左手向うに突き出, 左手の方, 左手小路寄りの大, 左手廊下続きに洋風家具, 左手後あて片手杖なむなむの, 左手書きであること, 左手東側に地袋, 左手業乍ら半藏, 左手正面奥に廊下, 左手浦賀寄りの方, 左手海際の林, 左手穂高岳へ連, 左手箱根の山, 左手の上, 左手自身の耳, 左手近く響いて, 左手遠くなだらかな