青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「左右~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~工合 工合~ ~工場 工場~ ~工夫 工夫~ 工業~ ~左 左~ ~左右
左右~
~左手 左手~ 左様~ 左衛門~ ~巧 巧~ ~巧み 巧み~ ~巨大 巨大~

「左右~」 5870, 63ppm, 1802位

▼ 左右~ (2016, 34.3%)

53 振った 40 振って 29 分れて 28 ふった 20 開いて 18 して 17 ふって 15 別れて 14 わかれて, 眼を 13 並んで, 開いた 12 揺れて 11 振りながら, 見て 10 ふりながら, 動かして 9 分けて, 振つて 8 動いて, 命じて 7 分かれて, 別れた, 振り, 振りました, 立って 6 ひらいて, 別れる, 托して, 託して, 首を 5 分れた, 割って, 展開し, 延びて, 振るばかり, 敵を, 至るに従って, 開かれて 4 あった, 動かしながら, 気を, 聳えて, 開くと, 開けて, 雪の

3 [27件] あって, からだを, しながら, ついて, ひかえて, ひらいた, ひろがって, ゆすりながら, ズラリと, 並べて, 二つの, 二人の, 伸びて, 別れました, 回転する, 幾つも, 張って, 手を, 振つたと, 振る, 揺れる, 斬って, 翼を, 見ながら, 身を, 開かれた, 飛んで

2 [111件] あけて, ある, ある廃墟, いる者, かぶりを, くの, したがえて, したり, た, たずねた, とびのいた, ならびたる熊毛, ならんで, はねとばして, ひらきその, ひろげて, ふりました, ふる, ふるだけ, ふるの, ふるばかり, もだえた, ゆすって, ゆすぶりながら, ゆらゆらと, ゆられて, ゆれて, ゆれながら, わかれた, パッと, ユラリユラリと, 一つ二つ三つ四つ五つ六つ七つと, 一人ずつ, 三つの, 並んだ, 侍し, 傾けて, 分けた束髪, 分けられて, 分れたの, 分れました, 分れる, 分れ右, 列を, 別れたの, 別れた二人, 前後に, 割れその, 動いた, 動かした, 動き折々, 動くの, 叩き付けられた, 均しい眼, 坐った, 居流れて, 展けて, 廻して, 引いた, 引いて, 従えて, 御側, 思い思いの, 急激に, 悶えた, 拡げること, 挙げて, 振ったが, 振っただけ, 振ったの, 振られました, 振りて, 振り立てました, 控へ, 揺れた, 揺れるの, 散って, 散る, 様々の, 樹立が, 歩きながら, 注意し, 生えて, 相対し, 石の, 突き出る, 等分し, 築き上げた銘, 素早く眼, 置いて, 置き並べて, 群つてゐる, 膝を, 荷揚場の, 見つつ, 角の, 赤軍の, 軒を, 迫って, 道を, 郵便列車の, 開く, 開けた, 附いて, 離れて, 靡いた, 頭を, 颯と開いた, 飛び退いた, 高く深く貫く, 黄と

1 [1218件 抜粋] あいた, あげたり, あった高, あり五箇年以前此邊出火之節, あるだけ, あるもの, ある四人, ある彦右衛門正勝, ある者, あわただしく閃く, いくつも, いた黒母衣五十人組, いづれの, いる典医, いる腹心, うごかして, うごけば, うんと踏ん張り, おくこと, お加え下されませ, かかえたそうして, かけた釣燈籠, かしげ腹, かしましく, かたむけゆりあげて, がくがくと, くっつけて, ぐらぐらと, この松並木, さっと引分, さむら, したが, したがって, しゃくって, すえて, すこしずつ, すつかり引かれて, する, すわらせて, ずらせる代り, ずらりと居並ん, せまつて, そう語っ, その助手たち, それて, ただよって, たらした短い, ついてるおのおの, つよくふり, どこまでも, ねじって, ねじ向けても, のびて, はげしくゆすぶり, はげしく揺れ, はっただけ, はね出させて, ぱっと拡げた, ひかえ曹彰, ひきわかれ進みながら, ひしとかかえ, ひっぱったが, ひねりのばしながら, ひらかせその, ひらかれるの, ひらきました, ひらくよう, ひろがりそうして, ひろげながら, ひろげるとき, ひろげ白セル, ひろびろと, びっしり失業者, ふつた, ふられた提灯, ふりその, ふり向けて, ふり立てながら, ふること, ふるは, ぶつかりながら, ぶらぶらさせ, またぐる, まは, めか, めしつれ宮中, もっとも簡単, やや広やか, ゆさぶりながら, ゆすぶりさえ, ゆすぶり腕まくり, ゆするよう, ゆらいで, ゆらゆら動き, ゆるく揺れ, ゆれた, ゆれるせい, よせて, わかれたせまい, わかれる, わかれ歯, カンヌキが, キッチリ統一, ケシ飛ん, スライドする, ドッと, バーテンと, ピカピカ光る, ピューッと, 一つずつ, 一人ずつの, 一刀斬り, 一層はげしく, 一見ぶら下げ, 三つずつ, 三人ずつ, 三兩株の, 三十メートルばかりの, 三条ずつの, 下知する, 両手を, 並ぶ休茶屋, 並べたまま, 並んだほか, 並んだ同勢, 並んだ温泉町, 並んだ高い, 中宮と, 九本ずつ, 二つばかりの, 二三軒ありました, 二人引添いたる, 二十四人の, 二岐する, 二本あっ, 二条の, 二足三足蹌踉めく, 五百本ずつ, 人を, 仕えて, 付くもの, 以前は, 伸ばした両, 伸ばしながら, 位置し, 体を, 何処かの, 何方が, 作る波, 侍する低い, 侍せしめたならば, 侍せて, 侍らせ三軍, 侍坐し, 促して, 傍ひ, 備付けてない, 傾いて, 傾ける, 入る横丁, 八九名の, 其等の, 出入口あり, 出没し, 分かれしかも, 分かれまさに, 分かれ右方, 分けられたの, 分けられた日, 分け衣服, 分れたが, 分れる音, 分れ落ちたるもの, 分岐する, 切払ひつ, 切開かれ其骨, 別れたれど, 別れるの, 別れ水, 別れ足場, 前後細かに, 割れた, 割れて, 動かさなければ, 動かされて, 動かしやっと, 動かすと, 動かせて, 動きつつ, 動き廻ってること, 勢を, 十個ばかりも, 十本ずつの, 又前後, 反わし, 取りかこむ, 取りついて, 受けたる母親, 叢, 古雅な, 各一つ, 合唱壇も, 吐き出された, 吹きめぐる風, 呈し候, 呼んだ, 問うた, 噴血を, 四天王が, 回転せよ, 均等の, 坐る, 垂れさがり梁, 垂れて, 売店が, 大きくゆすつた, 大きくゆれ, 大きく振れ, 大きな波, 大ゆれ, 大篝火, 太い青筋, 威嚇的の, 安置した, 家来を, 寄り添うて, 寝かしつけて, 寝た, 寸の, 対立する, 小さい店, 小さな角卓子, 小瀑布, 尾を, 居るの, 居流る, 屈み加減, 展開した, 山を, 岐れ, 峰を, 崩れ立ったので, 帆柱が, 席を, 平伏す関, 年経た, 幾つとも, 幾十軒と, 広がって, 広く開い, 底の, 座敷が, 延ばした両手, 延び拡がった高い険しい, 廻って, 廻廊の, 引きしぼったよう, 引きつけ三, 引き伸して, 引き別れると, 引き添うて, 引き開け階段, 引っ張られるから, 引受け, 引着け, 張つておろおろ, 張る如く飛び來, 強き尾, 往きつ戻りつする白い, 後退し, 従った, 従って, 御目見得以上の, 必ず同数, 恭一と, 懸け離れたる二つ, 戸を, 打ちふり, 打ち振つて, 払って, 把手の, 投げ飛ばした, 折敷き, 抜けて, 押しひらいて, 押し開かれました, 押し開けられ忽ち, 押分け鏡, 招いて, 拡がって, 拡げちょうど, 拡まっ, 持ち換えて, 挨拶する, 振ったとき, 振った動作, 振つた, 振られたの, 振りそしてまた, 振りつづけた, 振り廻し, 振り廻す, 振り立てる, 振り立て振り立てて, 振り繋がれたまま柱, 振り蒔く粟, 振るよう, 振る火鉢, 振れました, 振動かす, 据つてゐる, 掃きわけ突如, 排置し, 掘っても, 控う, 控へて, 揉み合ったの, 揉れ, 握り八方, 揺すった, 揺すりました, 揺って, 揺ぶりながら, 揺り動かして, 揺れそのまま, 揺れたが, 揺れつつ, 揺れること, 揺れる隙間, 揺れ出したの, 揺動させ, 搖れて, 撥ねるよう, 放ちながら, 敏感に, 散つた, 散らしながら, 数十人の, 斬り払う勇壮, 早く動かし, 明るく展望, 曲げその, 曲折し, 本屋と, 杉の, 李典楽進など, 柳が, 棕梠の, 植えつけられて, 植え檜葉, 槍組白刃組弓組を, 横切って, 橘を, 欹つ, 残すもの, 気狂の, 注がれ足, 流るその, 浪を, 深い陰影, 清水の, 満つ, 滑らせたり, 漂って, 濁したが, 火を, 炸裂する, 無数の, 焼き直したり, 燦爛たる, 燭し, 玻璃燈籠を, 生きるものの, 田を, 畠の, 畳が, 痙攣させ, 目を, 相抱き, 看過し, 眺めた, 眺めながら, 眼窩が, 硝子の, 秋の, 種々な, 積み風防, 突き出しながら, 突き飛ばした者, 窓の, 立ちて, 立ち一人, 立ったミコ, 立つた美女, 立並ぶ倉庫, 立塞がる, 紙と, 絡んで, 線と, 緩く裾野, 繁り合って, 繞らし, 繰広げ筆, 置き今日, 置くこと, 肘を, 脚の, 腰かけて, 自由に, 良い人, 花の, 茂って, 菊人形の, 蒐つて居るで, 薄れて, 蠢めかした, 袖を, 見えます, 見えるという, 見える大将方, 見える青黒い, 見渡すこと, 見返った, 視線を, 觸れるべき, 訊いて, 記して, 詰めたるもの, 語られて, 貞之助夫妻と, 賞讃の, 走って, 走り従うもの何千何万, 起って, 路を, 踏ん張った二本, 蹴倒しますと, 身ぶるいを, 身構へ, 転じ給, 轉ずる, 辛く外し, 迎ふる, 迫った, 迷って, 退路を, 逃げ出したが, 途中まで, 連なって, 連り生え, 逸れること, 遊女屋が, 遊弋した, 遠慮する, 遮られて, 避けて, 部屋部屋が, 配って, 金銀の, 銃剣の, 鍵屋と, 長々と, 長い平屋, 長く続い, 長蛇の, 開いたかと, 開いたに, 開かせて, 開かれぬ, 開きたれば, 開きました, 開き喚声, 開くこと, 開くよう, 開く廻廊, 開く木扉, 開けられた穴, 開け放して, 関羽張飛を, 附添っ, 限られ今, 集めれば, 離して, 雪枝と, 雲を, 青木ヶ原の, 靡いて, 靨が, 頽れ, 飛びは, 飛び散つた, 飛び違い刀, 飛んだ, 食っついて, 馳違ふ, 高く青々, 高張り提灯, 麾いて, 黄金の, 黙って

▼ 左右~ (1077, 18.3%)

39 手に 31 手を 17 者に 11 手で, 者へ 9 腕に 7 手の, 者が, 肩の 6 壁には, 将に, 者を, 頬に 5 手が, 胸を, 袖を, 諸将 4 人々に, 人々は, 壁の, 敵を, 脚を, 腕は, 腕を, 顳

3 [12件] ポケットに, 人々へ, 壁に, 壁際には, 窓の, 端に, 翼を, 者の, 耳の, 舷に, 足の, 足を

2 [70件] ものへ, ものを, 一団の, 二つに, 二つの, 二人は, 二階家が, 二階家に, 人々を, 侍臣を, 兵に, 兵を, 叢から, 問題にも, 堤は, 壁も, 壁を, 大将は, 大将を, 家は, 家臣に, 将へ, 山も, 山裾が, 岩は, 岩壁に, 岩壁は, 店は, 御手, 戸を, 扉を, 拇指を, 指に, 指を, 掌にて, 掌を, 景色が, 板壁に, 柱に, 柱の, 桟敷に対する, 武士に, 眉の, 眼で, 眼の, 眼を, 穴から, 群集を, 者共に, 耕地では, 耳を, 聯の, 肋骨を, 肩に, 肩を, 肩骨が, 胸の, 脇の下が, 腕と, 腕にも, 膝の, 臣が, 花たてに, 袖が, 襖を, 諸大将, 足に, 足には, 隣家は, 頬を

1 [686件 抜粋] あかあかと, あごが, うちから, おひざ, お人, くたびれたよう, くぼみへ, ことには, ことを, すきを, だれかれ, となりやかまし, どっちかが, ない現下, ぬり壁, ひろがりも, ひわら, ふたりには, ものが, ものと, ものに, ものの, クラッチの, シンメトリーを, スクリンを, ストレートなにぶん, セエヌ川川一杯を, テエブルに, ドアを, プラットフォウムに, ホンモノの, マゼ合わせも, 一族へは, 三の, 上顎の, 丘の, 丘陵の, 両側を, 両半球, 両岸, 両手と, 両樋, 両縁, 両翼が, 両翼に, 中の, 中輪白菊の, 乱刀をも, 乳房は, 事情を, 二人が, 二人の, 二個は, 二列に, 二十騎に, 二本柱に, 二粒に, 二翼より, 二階屋などは, 人々との, 人々と共に, 人に, 人は, 人びとも, 人影へ, 人影を, 介殼を, 他の, 仲間は, 低い家並, 何れかに, 侍僧が, 側が, 側に, 側近輩は, 備えに, 光子と, 入口を, 全部が, 兩側に, 兩方に, 兩端に, 兩角に, 公卿列座も, 六方面において, 内ポケット, 内股に, 出ツ張りが, 分別までが, 前足で, 勝ちが, 区別が, 区別である, 口尻の, 喰い込む術, 四躰が, 団栗の, 土の, 土塀へ, 地面にも, 坂の, 均衡を, 型の, 堤防が, 塔櫓が, 塔櫓にかけて, 境の, 壁ぎわに, 壁とを, 壁へ, 壁や, 壁側に, 壁際に, 壁際まで, 壁面には, 士わずか, 外れに, 大将たちを, 大将みな藤原の, 大将も, 大聯, 大臣, 大臣の, 大臣内大臣納言以下は, 大臣大納言二人中納言三人参議五人これだけが, 大臣式部卿の, 天地を, 太い斜線, 太刀を, 太線, 女が, 女たちは, 女たちへ, 女に, 婆, 宝球の, 室に, 室には, 宮門を, 家々は, 家々も, 家だけは, 家も, 家並が, 家並みや, 家並を, 寝姿, 対や, 対屋から, 対立が, 将で, 将と, 将にも, 将士に, 導者と, 小姓近, 小池が, 小穹窿, 小邑, 小顎, 屈線は, 屋根を, 山々は, 山から, 山が, 山と, 山は, 山を, 山上から, 山側を, 山地に, 山脚急に, 岩かべも, 岩が, 岩壁から, 岩壁と, 岩壁には, 岩壁も, 岬に, 岸に, 岸には, 岸は, 峯, 崖から, 崖で, 崖には, 崖も, 巌丈な, 差が, 差別が, 席の, 幕に, 幕将にも, 店の, 店頭に, 廊下に, 廊下には, 廡下に, 建物の, 廻廊へ, 引き出しの, 形は, 彫刻には, 御傍立, 御前立となりぬ, 御近臣数名, 思わざるところ, 情景に, 懸崖は, 戸口から, 戸棚の, 扈従の, 扉が, 扉閉ぢ返せ, 手たり, 手にも, 手の平を, 手は, 手も, 手を通して, 手端に, 手袋の, 手袋を, 手足に, 手足を, 手首が, 拇指と, 拡がりを, 拳を, 指で, 振られ男, 掌には, 掌の, 支吾を, 敵兵を, 敷物が, 方々いつまで, 方々へも, 方が, 方へ, 旗本たちへも, 旗本に, 暇も, 暗がりに, 最前列, 木の, 松木立の, 板を, 林の, 根っ, 梢は, 棕梠の, 棚には, 棟に, 森林から, 植木屋屋外に, 植込から, 楽を, 楽部に, 様子を, 樹木に, 樹間から, 欄干に, 欠刻から, 次の間には, 武士へも, 武士を, 武将に, 武者たちは, 武者と, 比率が, 沢や, 法友へ, 流れは, 浪人へ, 浪打ち, 海鼠壁よりも, 渓に, 溪流の, 燭台を, 爪で, 用を, 田の, 田圃道を, 男女たちの, 男達の, 町なみから, 町家は, 町筋は, 白き物, 白幣も, 白眼が, 百姓達が, 皿の, 目が, 目の, 目は, 目通りの, 相違を, 眉が, 眥へ, 眺めは, 眺めも, 眼, 眼から, 眼には, 眼カメレオン同前別々に, 眼窩が, 矢大臣も, 知った社員たち, 石垣は, 石柱の, 石身に, 破目板, 秘書役の, 秤は, 空に, 空へ, 空地に, 窓は, 窓一面に, 立会役の, 立派や, 立番を, 筋肉が, 答えを, 米噛み, 紐穴には, 組み合わせなどに, 絵が, 緋色の, 総代たちの, 緑や, 線を, 線路を, 縄へ, 繋り上下, 美女の, 羽根を, 羽目板に, 翅に, 翼と, 翼として, 翼の, 翼瞬間に, 老将, 者か, 者と, 者ども, 者は, 者へも, 者も, 耳から, 耳が, 耳に, 耳朶に, 耳朶の, 肘掛の, 肩から, 肩さきに, 肩は, 肩へ, 肩衣を, 肱を, 肺の, 背後に, 胴にも, 胸に, 脇に, 脇には, 脇侍日光月光は, 脇腹へ, 脈絡が, 脚に, 脚の, 脛は, 脛めぐり, 腋にも, 腋の下を, 腋へ, 腕から, 腕で, 腕とも, 腕な, 腕へ, 腕環と, 腰縄に, 腿を, 膝が, 膝口三ヶ所左の, 膝頭の, 臂を, 臣へ, 臣を, 舟ば, 舷側に, 舷側の, 花の, 花立の, 花道から, 若い陪審員, 若者たちへ, 草に, 草むらにも, 草を, 草原は, 草叢に, 草叢へ, 草叢を, 荒地嶮岨に, 蘆荻の, 蛮兵は, 蝋燭立の, 街を, 街路樹の, 衛士が, 衣嚢から, 袂が, 袂に, 袂へ, 袖に, 袴の, 見世先に, 見通しの, 角が, 角に, 角を, 言を, 言葉も, 語は, 調和が, 議席へ, 赤い眼, 足は, 足高, 路次を, 踵に, 車兵の, 軍も, 軒下に, 輪及び, 近侍を, 近衛, 近衛府の, 追手へ, 通りの, 連絡野戦病院の, 遊人風の, 郎党に, 部下は, 部分に, 部将を, 部屋, 部屋部屋から, 部屋部屋には, 部屋部屋にも, 酌人を, 重臣たちと, 重臣たちも, 釣り合即ち, 銃眼から, 鋭い眸, 鐙伝いに, 長い睫, 長さ六十五間, 長屋の, 長屋白痴の, 門を, 開きなぞも, 開きを, 関係が, 関張両, 陣を, 陳列棚には, 隅々を, 隅に, 障子と, 障子に, 隣へ, 隣家で, 雑沓が, 電車線路を, 青々と, 靠れ壁, 靴の, 頭を, 顧慮に, 風を, 飲食店建物いかめし, 馬鈴薯畑の, 駕籠舁の, 高い家, 高い建物, 高地から, 鬢の, 魚は, 麓を, 麾下は, 黄葉白樺の, 鼠を

▼ 左右から~ (444, 7.6%)

8 二人の 5 彼の 4 腕を, 迫って 3 寄って, 手を, 挟まれて, 挟んで, 私の

2 [20件] お前の, その腕, のしかかって, はさむよう, はさんで, 二つも, 出て, 力を, 助けられて, 囲んで, 女の, 彼を, 扶けられ, 斬りこんで, 歩み寄って, 濁水を, 細い坂道, 肉迫し, 轡を, 道の

1 [368件] あたかも十字砲火, あらかじめ待設けた, あわただしく駈け寄る, いずれも, うち合わせに, おおいかぶさるよう, おさえつけられなに, おさえて, おしと, お京, お客が, お対手, お葉, お蓮様, かかえて, かの怪物, きりりと緊, ぎっしりいろんな, くみついて, こう色代, さしはさみ助けて, さっと単, しめられる, すがりついた, すぐに, すり寄った, せきたてて, そういう声, そそぎかけられた, その品物, その娘, その手, その紙片, その貌, その首, そびえたって, それを, だくよう, ちかよると, つか, つぎつぎに, つくづくと, つけて, つつまれて, つづけざま, つぶれかかった家, つめよったが, つめよりました, つめよるよう, とって, とり部落, どうやら一度, なが, なだめすかして, ぬり骨障子, ねじあげた, ねじ取った, のびる手, ひきも, ひったてるよう, ひろ, ひろびろした, ぴったり彼, ふちどって, まつわりついて, みどりの, もうしろから, わめきかかる疾風, アリャリャと, サッと二人, サッと寄っ, サミユル博士を, チョビ安と, ドタ, ハネ釣籠の, パッと, パツと, フラッシュを, ブーンと, ポーデル博士に, ミシミシミシと, ヤンヤヤンヤと, ラムプの, ワッという, 一つの, 一人ずつ, 一人は, 一人三人たちまち, 一種の, 不規則に, 両側に, 両手を, 両腕, 両頬, 中央に, 丹波を, 主人の, 之に, 二つの, 二人かかっ, 二人切り込んだ, 二本の, 人間が, 仕事に, 付きまつわって, 作阿弥の, 倉賀屋の, 六尺棒を, 内側へ, 内輪に, 冷めたい石鹸, 凡そ六七人若殿様の, 出た, 出る人, 利き腕を, 刻一刻と, 労りぬく, 勇気づけるよう, 包囲し, 包囲する, 半鐘を, 又野の, 取って, 取りついて, 取りつめるよう, 取り巻かれた, 取縋りました, 取縋るの, 口々に, 各々両, 合せるよう, 同時に切り込ん, 唐紙を, 喚き返して, 四人の, 四人一度に, 固くとじられた, 垂れかかる窓掛, 声も, 声を, 大きな根, 家臣の, 寂然と, 寄せて, 寄つて參ります, 寄り添いながら, 射す店, 小太い, 小姓に, 小者が, 尾けて, 岩に, 左膳を, 左門を, 差し出した木々, 巻きおこつて, 巻き込んだの, 幅尺足らずの, 平たくもっ, 廻わり腹背を, 引かれて, 引きも, 引き合う, 引っぱって, 引ッくるん, 引立て, 当分自分を, 彼に, 彼女の, 応援に, 思わず火鉢, 悲痛な, 憲兵が, 扉を, 手の, 打ちすえた, 打つかる, 打眺め, 打込んで, 扶け, 扶けた, 扶けながら, 抑へ, 抜身の, 抱えられて, 抱かれて, 抱きあげいろいろ, 抱き合いました, 抱き起こした, 抱き起しました, 抱き起しましたが, 抱へ, 押えて, 押えられて, 押されて, 押しつけられ温泉, 押しとどめた, 拇指と, 持って, 挟んだ高い高い, 振りかぶって, 挾み込まれたよう, 挾んだ低い, 挿むようにして切り込ん, 採光できる, 掻い抱いて, 掻きあわせつつ, 提灯を, 撓みあって, 撫でた, 撲りかかる二人, 支えながら, 支えられ泣きづら, 支える, 数万台の, 数馬を, 斉しく呼ばわる, 斬って, 旗本の, 明るいの, 晴れが, 曲者の, 月と, 木下助右衛門と, 木立が, 木立の, 木綿袴の, 本尊を, 本庄越前守山吉孫二郎色部修理安田治部などが, 枝を, 校友が, 根限り引つ, 極めて徐々に抱き起した, 横に, 次ぎ次ぎに, 止まって, 正確に, 正面へ, 母へ, 民子を, 水を, 河が, 注文通りヒューヒューと, 流れ下って, 清作を, 激しく斬り込んだ, 瀑が, 炬火を, 烈々と, 焼き立てられる火勢, 煽ぎぬくの, 煽ぎ立てました, 父の, 猪之, 珍らし, 甘い眼差, 生い重なっ, 生茂りて, 白い泡, 白い輿, 直次, 相逼, 眉の, 矢の, 磯五に, 私を, 種子を, 空を, 突きつけられて, 突き出す鎗, 突き出て, 突き衝てられ, 突出した, 突出た, 突進し, 立って, 立てかけたもの, 笠を, 組みついて, 続いた山, 縁側から, 罪人か, 義平太の, 聞こえて, 肩を, 背面へ, 胸の, 脾腹に, 自転車に, 苗代田に, 若い消防手, 落ちて, 落ち込む谷, 葉が, 蔽ひか, 藤五郎の, 行手を, 衣紋よ, 被さって, 被さつて, 襟を, 襲いかかった, 襲って, 見られ切り下げられ探究, 見上げた, 見直しても, 覗きこん, 覗くやう, 訊かれたとたん, 詰めよられて, 詰め寄りました, 詰め寄ると, 詰問する, 詰寄つた, 話すので, 警官に, 護って, 豹の, 貞子を, 質問を, 走って, 起って, 跳びかかって, 蹴とばされる, 躍り出した若者, 身体を, 近づきました, 近付いて, 迫ったの, 迫った山伏姿, 迫り過ぎて, 追っ取りまいて, 追取りまい, 透して, 這い寄ると, 道庵を, 遠網, 重なる金, 重ねた中, 鉄箭石弾の, 開いた, 降って, 階の, 障子を, 集団発狂に, 雨谷の, 青い光り, 青い眼, 面白がって, 鞭撻し, 韓当, 頭を, 頸を, 頼むよう, 顔を, 飛びかかって, 飛びかかろうと, 飛び出して, 飛付きました, 飛鳥の, 首を, 馬の, 馬超へ, 駈け寄っても, 高い山, 鬨の声が, 鶴を, 鼓を

▼ 左右~ (348, 5.9%)

12 見た 9 見まわした 8 見廻して 7 見まわして, 見まわしながら 6 見廻すと, 顧みて 5 見ると, 見廻した 4 取り巻いて, 見かえりながら, 顧みた 3 ふりかえった, 見ながら, 見まわすと, 顧る

2 [18件] かえりみて, ながめて, みま, キョロキョロと, 咲埋めたる, 窺いながら, 見, 見ずして, 見たが, 見ま, 見まわしたの, 見廻わ, 視め, 頻りに陽炎, 顧て, 顧み, 顧みたり, 顧みながら

1 [223件] あけて, うか, うかがって, うろうろと, おッ, かえりみた, かえりみても, かえりみられた, かえりみるに, きょろきょろ見, ぐるりと, さぐり先生, して, じゅうおう, じろりと見, すかしつ見つつ, すりぬけて, たしなめ, ちょっと見た, ちよつと, とり圍む, ながめた, ながめたぎりである, ながめては, ながめました, ながめるだけの, ながめると, ながれて, なだめ, ばた, ふりかえって, ふりかへ, ふりむき死体, ふり返り, まもられて, みかえって, みかえる, みかへる, みたが, みまわしたが, よく見定め, ギョロリと, 一時に, 一気に払っ, 一気に斬り払い, 乗り超えて, 促して, 入れ違えて, 制し, 劃って, 取りちがえた別物, 取りまかれて, 取り卷き武具, 取卷いて, 取巻き会所, 取巻く一群, 合わせるのに, 同じよう, 同時に叩いた, 向いて, 向きつ, 囲んで, 固めたの, 固めて, 埋める藪, 塞いで, 外囲より, 守られこんな, 射て, 少しあけ, 強く刺された, 往来し, 待ち奉る可, 待つべし, 得た, 忘れるほどに, 念入りに, 急いで, 押えてから, 押さえられて, 持ち支えながら, 挟んで, 振りかえっ, 振りかえってよく, 振り向いて, 振り返つて, 振向いた, 振返って, 振返つて其行燈, 振返へる, 掠めて, 支えて, 支えられて, 断ち切られた宮小路, 新規に, 残なく, 比較し, 決して振り向かず, 注意し, 海鼠壁によって, 混乱に, 滅多やたら, 照し, 照すよう, 照らしながら, 男女の, 目に, 真菰で, 眺めた, 眺めながら, 眺めまわした, 眺めやりつつ, 眺めるでも, 眺め眺めきざみ足, 眺め眺めさも, 睥睨した, 睨みつけて, 睨む, 睨めまわしながら, 瞥見し, 石崖に, 確かめつつ, 縫う他, 落花飛葉の, 蔽うて, 蔽つた機械の, 薙ぎ立てること, 衛られた, 見かえって, 見たり, 見た末, 見つつ, 見て, 見てから, 見ない左右, 見ましたら両手, 見まわしたが, 見まわしたとき, 見まわしたり, 見まわした時, 見まわしてから, 見まわしました, 見まわし見まわし国道伝い, 見まわす, 見もう一度, 見る, 見れば, 見わたすと, 見回したり, 見回して, 見回すうち, 見定めて, 見廻したかと, 見廻したが, 見廻したり, 見廻した果て, 見廻してから, 見廻しても, 見廻しながら, 見廻しました, 見廻しみんな, 見廻しホッ, 見廻し障子, 見廻す, 見後ろ, 見比べた, 見比べると, 見渡したけれども, 見渡して, 見渡しながら, 見渡します, 見返して, 見返った, 見返ったが, 見返り黙って, 詳細に, 論ずるに, 警戒し, 警戒する, 護らして, 護られ手錠編笠, 護り歩, 護衞する, 軽巡洋戦隊に, 追っ取り囲んで, 通りすがる夥しい, 通り抜けて, 通り過ぎた, 連ねる横, 過ぎて, 遠近の, 銀金具の, 鎖す一面, 鎮めたが, 鏡の, 開かせ第, 防いで, 除く唯一, 隙も, 離ことなかれ, 離れずに, 離れて, 顧って, 顧みころあい, 顧みざることなれば, 顧みずドン, 顧みず猪突, 顧みつ, 顧みても, 顧みないで, 顧みました, 顧みやがて, 顧みること, 顧みると, 顧みるを, 顧みわ, 顧み下男等, 顧み給, 顧見, 顧見た, 飛ぶ流砂, 馬車や, 騎兵によって

▼ 左右~ (334, 5.7%)

8 振った 6 眼を, 開いた 4 向って 3 ふって, 別れた, 別れて, 開いて, 離れて

2 [14件] いった, いって, たずねた, よろめきながら, 分れて, 叱咤した, 女中の, 廻して, 押しのけるが, 振って, 揺れて, 袖を, 訊ねた, 開くと

1 [267件] あいさつを, あいた, あけて, あけられたと, いいつけた, いぶり, いま一つは, うごかした, うごくさま, おどり立ちました, おどる, お叩頭, かき走り, かけて, かしぐよう, かたかた, ぎらぎら眼, くばって, こんなに動かす, さッ, しきりに目, すたこら消え, それを, つぶやく, つや, とんだ, なびき出した, のばした後, はげしくゆりうごかした, はり出した枝, ぱっと花, ひょこひょこと, ひらき一人, ひらき両手, ひらくと, ひろがって, ひろく開け放った, ひろげた, ひろげた小林, ひろげられて, ぴゅうぴゅうとふった, ふっさ, ふった, ふらふらし, ふりはじめた, ぶるると, まわすの, ゆらゆらと, よろけたり, わかれ一方, ウロウロ走り, ウンと, ガッタンガッタンする, グラグラと, ス, ダラダラ開いた, ピューッと, ユラユラと, 一本ずつの, 三つ四つ揺れた, 三枚ずつ, 三枚づつ眞田の, 下知した, 両手を, 並ばないで, 並べて, 乱れ飛んだり, 云って, 互いちがいに, 五分くらいずつ, 人足が, 令を, 伸びて, 伸び拡がり, 伸べ開いた両, 何回も, 倉庫を, 倒れざま, 傾く舷, 出した滑稽, 分かれた中, 分かれる, 分け, 分けた, 分けて, 分けます, 分れかけた, 分れかけた浪人, 分れた, 分れる, 分れるから, 分れること, 刎退け, 別に二本, 別れました, 別れます, 別れる時, 別れ次郎吉, 剖いた, 割れ月光, 劇しく振っ, 動いた, 動かし, 動かして, 動かす, 動かすか, 動くと, 動くらしい, 動揺し, 厳重な, 口を, 各三十度, 命じて, 命じられるそれだけ, 嘉門は, 回転せん, 土壌を, 垂らして, 執ったの, 多少の, 大きくふった, 寄せた, 寄り添い武蔵, 展け, 展開する, 崩れ立った, 延ばして, 延ばし食いしばった口, 廻り高, 廻転し始めました, 引いたが, 引きはえる山影, 引っ張る, 引っ張ると, 引張って, 張って, 張りだし黒, 当惑そうな, 彫り込んだ下膨れ, 御叩頭, 心づけた, 心を, 怒号した, 思わず突出, 急に, 我勝ちに, 手を, 打ち倒しました, 打ち倒す時, 打振る, 払い一ツ目橋, 投げ飛ばして, 折りまげて, 抜けるよう, 拇指を, 拡がった, 拭ひ, 振つて, 振りながら, 振り廻された, 振廻して, 捌いた形, 排列される, 掛渡した, 提灯を, 揺すった, 揺すりながら, 揺れた, 放して, 放った揚言, 散って, 散る, 数を, 敷物を, 断えず歩んで, 明けて, 札を, 槍先擬し, 残して, 気を, 気配りする, 泳いで, 流れて, 流れる人, 流れ続けた, 流れ落ちた, 渡して, 激しく振った, 炬燵櫓を, 烈しく振り動かす, 焼けひろがる, 燭を, 生やして, 男達の, 目を, 真直に, 眸を, 積んだ馬, 立ち別かれ, 縮んで, 罵ったが, 羽織の, 翅を, 翼の, 聞いた, 腰掛を, 膝を, 若い衆や, 草摺れ, 虫の, 蠢かして, 裂けた, 裂けたの, 見上げるやう, 言った, 言を, 語って, 財宝なんぞ, 走ったが, 走って, 走らせる眼, 走り寄った, 足を, 跳ねあがり僕, 跳び歩, 踏ん張ったもの, 踏ん張りしないを, 踏ん張るという, 転び落ち, 農会の, 辷ると, 近々とふたり, 迫りかけた, 退いて, 逃げる, 這ったが, 道を, 道をよ, 遠く分けられた, 遠く延び, 遣違, 配られるの, 銀燭が, 長々と, 長く連つて, 長く開いた, 開いたが, 開いた扉, 開き出した, 開く, 開くよう, 開く水, 開けた毛だらけ, 開けまする, 開らき, 除ける, 震動した, 露台を, 静かに, 頭を, 飛び別れた, 飛び別れ真, 飛び込んで, 飛ぶ, 飛んだ, 飛んで, 駆けだしました

▼ 左右する~ (187, 3.2%)

14 ものは 6 ことは 5 のは, 力を 4 ことが 3 ことによって, ことの, ところと, のだ, もので, ものである, ものと, 所の, 最も有力, 諸原理

2 [13件] ことも, ことを, と同一, ので, の力, もの, やうな, ような, 力は, 法則を, 程の, 能は, 訳には

1 [97件] うちに, から従っ, から貨幣価格, がしかるに, けれども権力, ことに, ことには, ことにも, そしてこの, それが, ただ二つの, という, ということ, というの, という事実, という学説, という彼, という政策以上, といふ樣, といふ理由, といや, ところである, とするなら, とは夢にも, と云, なんてそんな, なんの, にあたり, にたる, に必要, に至る, に足るべし, のか, のである, のでなけれ, のも, の仮想なら, の実権, の實權, は劇薬, ほどの事態, ほどの魅力, までにはまだ, ものかと, ものじゃ, ものだ, ものであろう, ものとは, ものな, もの彼の, も中, よ, をも汝, 一夜とも, 一般的諸, 事が, 事は, 人間の, 偉大な, 力あり, 力が, 力では, 原理を, 問題であっ, 問題として, 国では, 場合が, 大飛躍, 時また, 時を, 暴君では, 根本義は, 標準に, 権利を, 権力者であった, 權利が, 權利を, 法則とは, 無制限, 物力を, 神の, 第一, 筈な, 等の, 結果と, 結果は, 職業の, 能はずと, 自由が, 自由は, 諸法則, 質, 重大な, 鍵な, 鍵の, 限りにおいて, 際で

▼ 左右~ (134, 2.3%)

3 か, の免役 2 だった, の一命, の身, は, は源吉

1 [118件] か勘蔵, がお, がお次, がここ, がさき, がわれ, がアッ, がオヤ, が代っ, が堀, が堤, が従っ, が曳い, が着く, が知った, が立ち寄ったろう, が背, が若い, が諸所, と, とお次, とが, とのあいだ, との縁, と同室, と源吉, と義平太, と船頭, などと何事, にいつ, にはなせぬなら, にはみな聞き覚え, に托された, のいる, のうしろから, のうわさ, のおどしだった, のから, のため, のはなし, の便り, の出入り, の判断, の動静, の喉笛, の報告, の生命, の知った, の縄目, の舟, の解役, の述べる, の顔, はいつのまにか, はうなずい, はかの, はきょう限り, はここ, はさあ, はそっと, はとっさ, はなお, はふくさ, はふたたび, はふたり, はふり向い, はまだ, はまっ先に, はもそ, はもと上総, はやっと, は一とき, は与力, は今, は何, は先, は免役, は前後, は同僚, は夢, は店, は当惑そう, は御, は思いきった, は思わず, は手拭, は案外, は楓河岸, は相愛, は眼, は立つ, は笑い出した, は笑っ, は笑った, は自分, は舟, は舟源, は覚え, は闇, は階下, は静か, ひとりで, へ悲しん, もじっと, も小林勘蔵, も座, も気色ばん, も疑っ, も義平太, も見る, も辰, も顔, をいたく, をさがし, を信じ, を知っ, 一個が, 危うし

▼ 左右には~ (111, 1.9%)

2 恐しく顔, 翅翼が

1 [107件] お釈迦様イエス様七福神達磨さん鍾馗大臣サンタクローズ桃太郎金太郎花咲爺乙姫様や, お長屋, これまた, しきりに数字, すでに抜き身, その中, それぞれ三脚の, つと押し開かれ, つねに竹中半兵衛, なれた, ふたりの, まくれたり, まっすぐな, まっ直, まるで掌, まるで般若, まるまると, ゆうを, シナ風の, ズラリと, マロニエの, 一本ずつの, 三百二十尺の, 不具の, 与力が, 二つの, 二つ並べ, 二郎三郎の, 五十近い, 人が, 今まで, 低い鉄柵, 何かを, 何にか, 何の, 例の, 兵馬の, 具足を, 処処に, 分厚い小鼻, 刑事が, 別室が, 割り込む事, 南海の, 各十条許, 吏員が, 周囲二尺ほど, 善男善女は, 喇叭を, 四角の, 塀が, 大きな圓筒形, 大きな杉, 大きな竜, 大安寺の, 大臣将軍等が, 婆さん達が, 室の, 家々が, 家が, 家の, 小さい従兄, 小山田甘利, 屈強な, 山県蔦之, 幾十の, 幾組もの, 廢墟らしい, 御目見得の, 数しれぬ, 昔の, 昔島崎藤村が, 春慶塗胡桃脚膳二十人前吸物椀二十人前などと, 書院番奥小姓などが, 最も適し, 杉の, 柑子の, 柳の, 桑畑が, 梢から, 母親の, 水深く, 派手な, 浜川横山それに, 相も, 破牢, 神秘と, 秋の, 立ち並んだ武家屋敷, 端喰を, 竹の, 美しい小姓ども, 観音と, 認められない, 赤煉瓦の, 赤衛兵が, 越雋郡の, 避難者の, 金剛力士の, 金瓜銀斧の, 金瓜銀鉞戈矛を, 陣中の, 高い山, 高位の, 高谷細井松村花岡の, 麦畑の, 黒板塀書院表座敷居間用部屋使者の

▼ 左右~ (98, 1.7%)

2 一面じ

1 [96件] うちつづく砲弾穴, おそろしく高い, くり抜いた岩, ことごとく部屋, そうした絵, そこにも, それを, ちょうどわたくし, どこかの, どのくらい, ない, まばらに, みな青々, ゆかしく住, 一団に, 一様に, 一面に, 不相変, 予山安林, 交換し得る, 人家で, 低く中央, 佐々ご, 削つた樣, 削るが, 動いて, 勿論上, 双方共四間に, 古びた板塀, 古着屋乾物商など, 同じこと, 唐松の, 土塀であった, 壁で, 売店である, 大きい竹藪, 大松の, 孰れ, 寺, 居間と, 屋根後ろは, 山で, 山の, 嶮しい, 巉岩そうして, 広大な, 底ぶ, 建仁寺垣, 廻廊を, 張り出た, 恐らく岩, 悉く寳貨倉庫, 断崖絶壁の, 本棚である, 松と, 松柏の, 板戸を, 板羽目にて, 板羽目柳の, 桃園也, 樹が, 浄土教が, 深い森林, 煉瓦の, 燃え崩, 物寂しい荒野, 物淋しい田舎, 田圃に, 目も, 真直に, 知らぬ中, 砥の, 硝子を, 竹垣に, 絶壁らしい, 舞台横一面に, 芒畳で, 花壇である, 草の, 蘆が, 貧民の, 赤い血, 農家の, 遠き山, 部下の, 部屋部屋と, 闇であり, 階段に, 雑木山で, 青田である, 青竹の, 驚くほど, 高い家家, 高い岩壁, 高い石垣, 麦畑の

▼ 左右される~ (82, 1.4%)

5 からである, のである 4 ことを, ものである 3 ということ, もので 2 ことが, ことなく, ことの, ので, 労賃を

1 [48件] あなたでは, お方では, かしら, かというよう, かの如き, がしかし, けれども人口, けれども劇作家, ことは, ためには, という事実, という原則, といわれる, とは思いません, とも彼, とも考えない, と主張, と庶民, と想像, と考えられた, に過ぎなけれ, のかも, のです, ので一般に, のは, のを, はずも, ほどの重大, までのこと, ものであっ, ものであります, ものです, ものと, ものとは, ものの種目, ような, ように, わけも, ジャーナリズムとか, 事は, 性質の, 意識が, 無節操, 第二次的人間, 結果と, 自己防衛の, 若干の, 限り下落する

▼ 左右され~ (52, 0.9%)

4 ている 3 て居る 2 ていた, てはならない, てゐる, 相手の

1 [37件] そしてかかる, そしてその, そして常に, そして我国, そして貨幣, そして食料品, たり何, つつしかし, てい, てしまふ, てはいない, てはこれ, てはならなかった, てはなりません, てもいい, てゐた, て作品, て撓めるだろう, て来た, て来る, て目的, て軽, ながらよく, ながら多く, はしない, やすくなっ, 且つ禍福, 五里霧中で, 制限される, 勝ちな, 小麦の, 従って地代, 敏感で, 易い, 易い爲, 自然同じ, 諸条件

▼ 左右前後~ (46, 0.8%)

3 を見廻し 2 はいつ, を一応

1 [39件] から丸太, から同じ, から目, から見廻し, と離れ離れ, にすく, にすくすくと, にひらめき, にまわした, にコイ, に切り, に動く, に反射, に延び, に振り立て, に振る, に比較, に渦巻かせた, に現れる, に眼, に紛, に考え, に腰かけ, に起こる, に遠く, に陣, の人々, の眺望, の綺羅, は停泊, は活動, へ大股, へ歩い, より滅多打ち, をうかがっ, をヒシヒシ, を見渡し, を見渡します, を護られ

▼ 左右より~ (44, 0.7%)

2 両手を, 小枝, 長くわが

1 [38件] かくして二人武裝, この舞台, さしはさみ撃たんと, つづいて, ミリヤアドの, 中ほどが, 之れ, 二人し, 二条の, 人々に, 兩將迫り近づき, 向ひ, 夾撃せられ, 寄せ合うて, 屍に, 巻きたる巻き葉, 巻き二ところ, 平に曲げ, 我等に, 我等を, 手を, 抑えて, 掴みか, 支ふる, 攻撃され, 斉しく, 柏原日了矢部巽明子青年二人次ぎ次ぎに, 棒を, 浪子に, 焦って, 燃かかり, 現われて, 石を, 立懸り, 船を, 衣紋が, 見せ附けられ候, 野猪の

▼ 左右~ (43, 0.7%)

2 反対に

1 [41件] あけて, ことごとく暗, だらりと, ぱッと, アンペラ敷き, キュッと, チンバな, パーッと, 両方とも, 二尺足らずの, 傾斜に, 入江に, 全部斜めに, 削り取られて, 半間づつの, 唯渺漠, 妓楼である, 少しく開け, 少し許, 山で, 平均する, 廂房である, 林だ, 柴垣に, 比較的尋常, 海である, 海全, 無性と, 畷に, 痙攣を, 白い, 締まって, 花壇だ, 藤原初期に, 蜒々として, 見えない等, 見えぬの, 見喪われた, 谷川で, 開けて, 高くって

▼ 左右~ (43, 0.7%)

7 てゐる 6 ている 2 てくる, て婦人, 能は

1 [24件] かつあらゆる, そしていかなる, たりする, ていた, ておった, てゐた, てラシイヌ探偵, て傳達, て居る, て正義公道, て自分たち, て読者, ながら運命, にく, はしない, またその, やうと, 一人一人の, 依然戦闘機, 多くの, 後見人と, 得らるる, 空中戦の, 随分威張

▼ 左右とも~ (35, 0.6%)

2 に水田

1 [33件] からりと, がらんと, ずっと武家屋敷, なくなって, にまた, に二つ目, に人家, に同じく, に水, に直立, に等しく, に長く, ふっくらと, ガラス箱の, 二個ずつの, 人間の, 各人の, 塞がったので, 容易に, 市街の, 床見世で, 微細な, 手袋を, 板ばりで, 泥だらけに, 海底を, 深緑色の, 無地の, 眼を, 絢爛たる彫, 美事に, 脱ぎ棄てまして, 語らなかった

▼ 左右反転~ (33, 0.6%)

33 したもの

▼ 左右衛門~ (22, 0.4%)

1 [22件] が脆く, が血まみれ, だつた筈, だという, といへ, に同情, の妻, の後日, の母, はしどろもどろ, はだらし, はなほ, は口, は吃驚, は思ひ出し, は明らか, は果してどう, は極度, は泣き, は門, も斯, を睨みつけた

▼ 左右~ (19, 0.3%)

2 背後から

1 [17件] し月明, なく一面, なって, 上から, 上下に, 前とに, 奥が, 奥との, 後部の, 拒みたる者, 故障を, 真中へ, 背後とに, 背後の, 遠近と, 頭に, 頭上を

▼ 左右にも~ (18, 0.3%)

2 心を

1 [16件] すくすくと人, ふたりの, また前後, アーチの, 上下にも, 仕え高貴, 入口が, 又二つ, 夥しい書物, 家が, 扉が, 敵か, 濡るる, 物々しい家臣, 石を, 行手にも

▼ 左右されない~ (16, 0.3%)

1 [16件] からそれ, でよい, と考えられる, のである, ものよ, わけに, 一定不変の, 何等かの, 本質的な, 真の, 確乎たる, 紙幣を, 絶大な, 自分に, 自然の, 誠実な

▼ 左右した~ (16, 0.3%)

2 もので

1 [14件] か何故, しそしてまた, といふ堺商人, ところの, のだ, のであ, ものである, 一つの, 例として, 力を, 微細の, 本来的規則すなわち, 著る, 魔神な

▼ 左右~ (16, 0.3%)

1 [16件] しくば, た, また粛, みな山であります, 前後も, 前面も, 天井も, 山また, 山続か, 幕で, 手ブラです, 皆花, 見ずには, 青い渦巻く, 顧みず衝, 顧みず非

▼ 左右~ (16, 0.3%)

1 [16件] グループは, 京の, 側面にも, 党が, 党の, 半球に, 大臣以下の, 座に, 思想の, 畔に, 耳の, 脇より, 舷に, 軍の, 軍は, 軍を

▼ 左右なく~ (15, 0.3%)

1 [15件] いであ, その客觀, それを, は問はず, は手出し, やぶられそう, 上っても, 手を, 打ち破って, 接引し給い, 討たれ給はず, 討ち入る事, 許可に, 近寄ろうとも, 降伏に

▼ 左右両翼~ (15, 0.3%)

2 の対立

1 [13件] が引っ, とも明智方, にわかれ, に対して本質, に対する可, に陣, のいずれ, の一つ, の主張, の反作用, への偏向, への危険, を披

▼ 左右せられ~ (13, 0.2%)

2 て之

1 [11件] ていた, ていない, ている, てさうな, てゐる, て相, て進退, やすい, んと, 是非せられ, 近代フランス劇の

▼ 左右された~ (9, 0.2%)

2 ものと 1 ことに対して, ことは, という事実, のだ, わけである, 幇間的批評よりも, 批評は

▼ 左右し得る~ (9, 0.2%)

1 と思っ, と考へられる, にあらず, のである, ものであり, ものと, 人を, 人物である, 立場に

▼ 左右~ (8, 0.1%)

1 ベツドに, 二間足らずの, 十二個つき, 吼え沸き立つの, 急に, 泡立ち戦い, 自然が, 雑談し

▼ 左右両方~ (8, 0.1%)

1 から家光, から攻めかかりました, から水火, から聞え, でございますからね, へ広がっ, デアル, デ日増シニ連動

▼ 左右二つ~ (8, 0.1%)

1 ともグッドイヤア・オウル・ウエザア・トレッド・タイヤ, に分れ, に割っ, に道, の乳房, の迫持, の門柱, を碎き去る

▼ 左右いずれ~ (7, 0.1%)

1 かに偏在, かへ傾い, とも決し, の勢力, の天下, の方向, へか引っ

▼ 左右上下~ (7, 0.1%)

1 にさかん, に動かされる, に喫, に浮遊, の天井, の視野, の諸方

▼ 左右~ (7, 0.1%)

3 の別邸 2 の城 1 の城主, も其數

▼ 左右せられる~ (6, 0.1%)

1 かのごとく, ことだけには, ことなし, という自然科学的, のです, のは

▼ 左右対称~ (6, 0.1%)

2 に近い 1 である, なるもの同志, になっ, の性質

▼ 左右両側~ (5, 0.1%)

1 に建ち並ぶ, の空気, の道とも, は断崖, 各六院

▼ 左右二列~ (5, 0.1%)

2 にわかれ 1 に並ん, に太い, の楽隊

▼ 左右出来ない~ (5, 0.1%)

2 客観性を 1 からだ, と云うべきだろう, ものが

▼ 左右~ (5, 0.1%)

1 二面には, 六すべて十二足あり, 六七条の, 十キロ内の, 隊とも

▼ 左右太さま~ (5, 0.1%)

1 とは夫婦, のお, はどうか, はひどく, はまだ

▼ 左右さるべき~ (4, 0.1%)

2 性質の 1 ものである, 文士畫客のを

▼ 左右されず~ (4, 0.1%)

1 にむしろ, よく大局, 常に一定, 常に独自

▼ 左右すべき~ (4, 0.1%)

2 最も永久 1 ものじゃ, もので

▼ 左右なる~ (4, 0.1%)

1 は伏龍孔明, 家屋との, 石垣は, 砂山に

▼ 左右において~ (4, 0.1%)

1 小次郎へ, 広やかな, 義経の, 重用も

▼ 左右一対~ (4, 0.1%)

1 に並び, に建つ, の焼き物, の肋

▼ 左右交互~ (4, 0.1%)

1 に動く, に案, に突き出し, に繰り返し

▼ 左右同形~ (4, 0.1%)

1 に出来, のラセットアップル, は厳格, を捨て

▼ 左右からも~ (3, 0.1%)

1 前からも, 吹捲くっ, 吹捲くつて

▼ 左右しよう~ (3, 0.1%)

1 といった, としなけれ, とする

▼ 左右するであろう~ (3, 0.1%)

1 かをいぶかる, と想像, と考えた

▼ 左右せらるる~ (3, 0.1%)

1 こと多き, なきを, の階梯

▼ 左右せられた~ (3, 0.1%)

1 ことも, ものであり, 部分の

▼ 左右できる~ (3, 0.1%)

1 とわし, もので, ような

▼ 左右とは~ (3, 0.1%)

1 樅の, 目を, 著しく時代

▼ 左右どちら~ (3, 0.1%)

2 を見 1 でも水中

▼ 左右二本~ (3, 0.1%)

1 の撥, の木製, の溝

▼ 左右二枚~ (3, 0.1%)

1 の介殼, の図, の板

▼ 左右兩側~ (3, 0.1%)

1 に存する, に紐, に輪

▼ 左右兩端~ (3, 0.1%)

1 には前後, に在る, に穿ちたる

▼ 左右同じ~ (3, 0.1%)

1 な度, 程度の, 耳を

▼ 左右太から~ (3, 0.1%)

1 もなん, 頼まれて, 鼻紙を

▼ 左右平等~ (3, 0.1%)

1 に二本, は日, を主

▼ 左右うしろ~ (2, 0.0%)

2 にまで気

▼ 左右されなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 左右され得る~ (2, 0.0%)

1 もので, わけである

▼ 左右してやれ~ (2, 0.0%)

2 ばそれで

▼ 左右し得た~ (2, 0.0%)

1 のである, ので神

▼ 左右し得たる~ (2, 0.0%)

2 時代に

▼ 左右し得ぬ~ (2, 0.0%)

1 ものである, もの中から

▼ 左右~ (2, 0.0%)

1 この楔木一たび他国, 可らず

▼ 左右~ (2, 0.0%)

2 むとする主我的人物に

▼ 左右だけ~ (2, 0.0%)

1 では, 丸太を

▼ 左右である~ (2, 0.0%)

1 か蓄財, が思想

▼ 左右できない~ (2, 0.0%)

1 意志が, 標準性である

▼ 左右とに~ (2, 0.0%)

1 分別が, 眼を

▼ 左右どっち~ (2, 0.0%)

1 かの紙帳, が先

▼ 左右なき~ (2, 0.0%)

1 ものなり, 者だ

▼ 左右によけて~ (2, 0.0%)

1 そこを, 一二歩歩いた

▼ 左右ひろかるべしいで~ (2, 0.0%)

2 さらば分厘

▼ 左右へは~ (2, 0.0%)

1 新しい三色緞子, 男の

▼ 左右また~ (2, 0.0%)

1 上下は, 御所内

▼ 左右~ (2, 0.0%)

1 上下に, 背後を

▼ 左右わずか~ (2, 0.0%)

1 な人数, を隔て

▼ 左右~ (2, 0.0%)

1 護リ弓箙槍鉄砲ヲ立テ葬礼, 顧ミ松紋廂宝

▼ 左右一杯~ (2, 0.0%)

1 にのび, に開いた

▼ 左右両手~ (2, 0.0%)

1 で下, のもの

▼ 左右両端~ (2, 0.0%)

1 から評判, へ延長

▼ 左右中央~ (2, 0.0%)

2

▼ 左右~ (2, 0.0%)

1 にやうやう, に家

▼ 左右別々~ (2, 0.0%)

2 に使用

▼ 左右~ (2, 0.0%)

1 はまだ, を楽しみ

▼ 左右回り~ (2, 0.0%)

2 に代

▼ 左右均整~ (2, 0.0%)

1 な姿, の妙

▼ 左右均等~ (2, 0.0%)

1 でない靴, を持っ

▼ 左右大き~ (2, 0.0%)

1 さが, さと

▼ 左右大小~ (2, 0.0%)

1 の青楼, 別尊卑之差

▼ 左右大臣~ (2, 0.0%)

1 でありその他, の仲

▼ 左右太何~ (2, 0.0%)

1 でもあるまい, なりと

▼ 左右~ (2, 0.0%)

1 に旗, 各指

▼ 左右~ (2, 0.0%)

2 度候

▼ 左右横道~ (2, 0.0%)

2 の木戸

▼ 左右次第~ (2, 0.0%)

1 この成政, 御英断

▼ 左右無く~ (2, 0.0%)

1 合戦を, 踏み込んでも

▼ 左右相称~ (2, 0.0%)

2 の偏形

▼ 左右~ (2, 0.0%)

1 に横, も横

▼ 左右縦横~ (2, 0.0%)

2 に入乱れ

▼ 左右顛倒~ (2, 0.0%)

1 して, の事実

▼1* [310件]

左右あまり強く交叉, 左右あらゆる方向へ, 左右あるいは大あるいは, 左右うしろ側の椅子, 左右うち開け候平地沃野, 左右おなじく葉悉く, 左右おびただしい武者を, 左右および上方から, 左右上下かに, 左右からどたりと立て切った, 左右かわりばんこに蹴出す, 左右がっしりした岩畳, 左右きびしく警戒し, 左右ぎっしり職場の, 左右へもする, 左右さるるものだ, 左右されてるような, 左右されないならば生産費, 左右されねばならぬ, 左右されるだろうと云っ, 左右されるべきでないという固苦しい, 左右され得そしてこの, 左右しあたはざる, 左右しかねないのである, 左右しないからそれ, 左右しなければならぬ, 左右し出すのかも, 左右し得ざるある者が, 左右し得ないものである, 左右し得ないごとくに我々, 左右し得なければ私たち, 左右し得られる結果経済学上殊に, 左右すべからざるものなり, 左右すべきだと考へる, 左右すべての人々, 左右すべてヒッソリと三人, 左右すべて彼に慴伏, 左右すべて生命にかこまれ, 左右するならばその, 左右する能わざるものなり, 左右すればとて何, 左右すれ違うとサワサワ, 左右せしむ可き, 左右せずむしろその, 左右せられんともかぎらない, 左右せんと欲する, 左右その後いかが被, 左右それに頭, 左右そろえて見比べる, 左右たちふさがれた切な, 左右ものです, 左右だけでも幾人か, 左右できたしそれ, 左右できぬではない, 左右できませんからあの, 左右というのは, 左右といふか上下といふか, 左右といふはいづれも, 左右とうしろからとりかこまれ, 左右とか後頭部なら, 左右とかいう伝受を, 左右とが時代を, 左右とても實際は, 左右との峯巒之を, 左右とも後へ廻し, 左右どころか自分が, 左右など雑多の, 左右などに多く生え, 左右ならば私, 左右について同じベンチ, 左右にでも侍らせて, 左右にまつわる捕り手, 左右によけつつすべるやう, 左右に従う五六騎の, 左右のうはものを, 左右ばかりでなく向う側, 左右ふた手に, 左右ふたりずつ両翼八双, 左右への動揺の, 左右へよけようと, 左右べた一面にいろいろ, 左右または後方に, 左右まちまちでコントロール, 左右まで花輪と, 左右までが田圃や, 左右までは一帯に, 左右みんなこの少年, 左右むかひの亭主, 左右やうしろに, 左右やに白く散在, 左右ゆったり枝を, 左右よりの催促, 左右をかへりみて, 左右をも聞かんとて, 左右を以て扁行扁廢し, 左右コンクリートで厚く, 左右ニ托シテ之ガ適当, 左右ニ托シテ之ガ適当ノ措置, 左右ヒラヒラクルクル自由自在目にも, 左右ヘゴロチャラゴロチャラ揺れる, 左右一人として吏臭, 左右一双の毒竜, 左右一帯の新田場, 左右一度が同時に, 左右一面に氷, 左右一顧の余裕, 左右七メートルへだてて, 左右三尺ほどの高, 左右三指ずつにて圧, 左右上下どこに一点, 左右上下両手を拡げ, 左右上膊部の外側, 左右同形では, 左右不ぞろいで出て, 左右不同の歪形, 左右不定になっ, 左右不揃いの釣り上がった, 左右不等長だと, 左右両側一面の薬屋, 左右両刀使いかね, 左右両手ともに上段, 左右両極の政治部面, 左右両翼どっちの天下, 左右両翼軍の中間, 左右両隣は柄本又七郎, 左右両面を硝子, 左右並背後の方, 左右中段には四十二人, 左右丸ノ内的な人たち, 左右列びに, 左右二ヶ所の支え, 左右二人で肩, 左右二側に居並ん, 左右二十人ずつ轎, 左右二十余人の黒衣白人, 左右二団に分れ, 左右二大臣高官らも万障, 左右二峯女峯に奇岩, 左右二畳づつに生活, 左右二箇の結晶, 左右二箇所で押えた, 左右二翼にわかれ, 左右二遍まで切られる, 左右二里余にわたる地域, 左右二隅の小さな, 左右二頭の唐獅子, 左右五六ヵ所へ炎々, 左右る交, 左右交錯したり, 左右なく王予, 左右人気も無い, 左右以外な末端, 左右似た形に, 左右位置を異に, 左右侍衛官前後花の粧, 左右全体主義への道, 左右全部である, 左右兩側頭に髮, 左右兩岸を擧げる, 左右兩旁の留髮, 左右兩翼の抗, 左右兩街ともに五十五坊, 左右兩邊へ斯, 左右兩隣に恐ろしい, 左右八つの棚, 左右八双に身, 左右八方からけしきばん, 左右八百間太き堤防, 左右六個の石, 左右共闃然として空家, 左右其の二人の, 左右來得る, 左右出來る人間ぢ, 左右出来るものでなかった, 左右前後みな彼の敵, 左右前後四方八方ことごとくあの, 左右前後控制仕り候, 左右前後近所の家, 左右常侍一味, 左右十六個の車輪, 左右十文字に生え, 左右十本の肋骨, 左右十町には足りまい, 左右原藪木立を見透し, 左右及び後背は, 左右及啓霊獅豹先入於霊前舞踏, 左右及裏面の文字, 左右口峠といふ, 左右口心経寺中岡滝川禄岱寺尾白井河原点々と部落, 左右合わせて六尺, 左右同時にかかられるも, 左右同時毬のよう, 左右ひあつて, 左右四つの手, 左右四五丁の間, 左右四方から厳重, 左右四方上下から真黒, 左右均衡を取った, 左右垂れさがる, 左右文筆者記之, 左右墓地を通り, 左右大砲の車, 左右大臣三十町大納言二十町大宰帥十町, 左右大臣中の一人, 左右大臣多治比島の子孫, 左右大臣太政大臣等の最, 左右太お次さんがこんな, 左右太く大きく真中で, 左右太どのならいま, 左右太めでございます, 左右太勘蔵義平太の三名, 左右太市川義平太などそれぞれ, 左右太義平太の三人, 左右太義平太勘蔵たちを並べ, 左右太鼻紙があったらくれよ, 左右奮撃す, 左右れを, 左右寄人の座, 左右寸分の狂い, 左右対斉のとれた, 左右対照とマンナカ, 左右対照マンナカの脱落, 左右少しく開けたる所, 左右の腹, 左右左右階段の上, 左右常に均整なり, 左右広い棚に, 左右広ければさ, 左右廻転を恰好, 左右に五名, 左右後方へも気, 左右必ず同数で, 左右思うままに, 左右悉く笹を以て, 左右戸毎の軒行燈, 左右手四五ヶ所鼻上耳脇また頭, 左右指先を土, 左右支那人の家, 左右整斉とからみあっ, 左右整等でその他, 左右にある, 左右新旧の摩擦相剋, 左右帯, 左右時間と空間, 左右東西に打ち開けた, 左右のよう, 左右楽部として雅楽, 左右ぶすまで, 左右次第に藤井太郎右衛門と, 左右次第急速御買米手付金, 左右正眼にとって, 左右正面の三方, 左右水平の動き, 左右洩らす所なく, 左右が大, 左右浪人とは言い, 左右無うとり拉がるること, 左右狭い高い岩壁に, 左右玉垣此下九尺宛二軒の茶見世, 左右生垣つづきの, 左右の中, 左右異なるもある, 左右百余騎の大将, 左右我が友, 左右皆泣キ能ク仰ギ視ルモノ莫シ, 左右直径百五十メートルのなか, 左右等しい高さ, 左右相対に細長い, 左右相称状になっ, 左右相稱を保ち, 左右瞿麦百合の二花紅白粧, 左右の獅子, 左右符合して, 左右等しく盛り上っ, 左右で繋いだ, 左右の取り合せ, 左右肩胛骨の中間, 左右腰骨の突起部, 左右自由自在に絵, 左右至る処に, 左右に下し, 左右畳み舞台前, 左右衛門ときては近在稀, 左右衛門勝重原彦治郎不破彦三総勢八千五百雪の山路, 左右衛門尉で今, 左右衛門自身とき, 左右を拡げた, 左右見渡す限り苜蓿の, 左右の果物屋, 左右調度など御, 左右講師になる, 左右貸座敷軒をならべ, 左右を放っ, 左右の方向, 左右逆さまになる, 左右連れはまだ, 左右連接す之, 左右進退せんと, 左右遠くひらけて, 左右遠ざかつて不, 左右錯綜させて, 左右開け雜草茂生する, 左右階段の上, 左右雪白の麗花, 左右額縁のやう, 左右飛瀑の掛, 左右馬寮に坐せ, 左右高低遠近善悪浄穢凡て同じ対辞, 左右鳥越の嶮, 左右齟齬彼此混同という工合