青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「妙~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

如く~ ~如し ~如何 如何~ 如何なる~ ~如何にも 如何にも~ 妓~ 妖怪~ ~妙
妙~
妙子~ ~妹 妹~ ~妻 妻~ 妻子~ ~妾 妾~ ~姉 姉~

「妙~」 16336, 157ppm, 673位

▼ 妙~ (7153, 43.8%)

447 ことを 230 顔を 169 もので 161 事を 114 ことに 112 ことが 96 気が 84 ものが 79 ものを 72 ものだ 57 ところへ 54 ことには 52 事が 48 音が 47 ところに 46 ところで, 声を 41 気持に 36 男が 33 ものです 32 癖が 28 事に 27 ものに, 奴だ, 形の, 風に 26 心持が 24 もんだ 23 夢を 22 ものである, 噂が, 話を 21 ことで, 心持に, 感じが 20 のは 19 んだ, 所で, 音を 18 事には, 形を, 男だ, 男は 17 声が 16 笑い方を 15 工合に, 話だ, 話です 14 ことから, 手つきを, 気持が, 気持で, 顏を 13 ことだ, ところから, ふうに, んです, 声で, 物を, 言葉を 12 もんで, 人は, 具合に, 所へ, 面を 11 ことばかり, ものね, 奴が, 恰好を, 氣が, 物が, 笑いかたを, 表情を

10 [11件] ことは, ことも, 事だ, 噂を, 方へ, 物音が, 現象が, 笑いを, 笑ひ, 質問を, 顔し

9 ところが, 人だ, 人間が, 処に, 形に, 男で

8 [13件] ことです, ところだ, もの, 人が, 女が, 子だ, 恰好で, 感じに, 所に, 手つきで, 格好を, 気分に, 顔に

7 [17件] のです, ものでございます, 不安に, 事件が, 咳を, 恰好に, 感じを, 気持ちに, 気持を, 理窟を, 癖を, 眼で, 眼を, 考えが, 聲を, 話である, 返事を

6 [23件] ことである, ものさ, もんです, 人に, 名だ, 含みが, 女だ, 奴で, 家が, 寂しさ, 対照を, 心持ちが, 恰好の, 歌を, 気に, 氣持に, 男を, 真似を, 眼付を, 笑を, 縁, 表情が, 話に

5 [48件] いい方, こと, ことと, のが, のね, ものだった, ものであった, 不安を, 事で, 事も, 人で, 処で, 匂ひ, 叫び声を, 名を, 名前の, 名前を, 噂も, 圧迫を, 夢ばかり, 子と, 工合で, 微笑を, 心地が, 心持の, 所が, 手紙を, 挨拶を, 方に, 本だ, 気持ちが, 点が, 男と, 病気が, 癖で, 癖の, 目つきで, 笑い声を, 結果に, 縁で, 習慣が, 者が, 言葉だ, 話が, 調子で, 関係に, 音は, 顔が

4 [64件] かっこうの, ことか, ことな, のである, ものと, ものばかり, やつだ, ようだ, 不安と, 事は, 事ばかり, 人の, 人物が, 処へ, 印象を, 名の, 名前が, 味が, 咳払いを, 唄を, 唸り声を, 字を, 形で, 心持ちに, 心持で, 心持を, 意味に, 感に, 手紙が, 手附を, 格好で, 様子を, 機械の, 気も, 気もちに, 物に, 物音を, 男に, 男の, 目に, 目を, 眼つきで, 眼つきを, 瞬きを, 節を, 細工を, 者に, 臭が, 臭気が, 色の, 苦笑を, 言葉が, 言葉で, 言葉です, 訳で, 話, 話で, 話な, 話の, 調子に, 譫言を, 身振りを, 関係が, 音に

3 [109件] お客が, こだ, ことでございます, そぶりを, ところまで, ところを, ものさね, ものじゃ, ものだろう, ものであろう, ものでした, ものな, ものなり, ものは, もんや, やつが, ような, わけで, んでございます, 一つの, 不安が, 不安とが, 事のと, 事実に, 云ひ, 人と, 仕草を, 仲にな, 作用を, 具合で, 処から, 出来事に, 反感を, 名です, 因縁が, 因縁で, 地位に, 夢に, 女に, 女の, 姿勢を, 威圧を, 子で, 字が, 実験を, 形式を, 心を, 心地で, 心地に, 心持にな, 心理の, 悪寒を, 意地で, 感じの, 感情が, 感情を, 態度を, 所の, 手付を, 手振, 方です, 方向に, 方法で, 方角へ, 方面へ, 日だ, 時代に, 暗合だ, 服装を, 格好の, 模様が, 機み, 気の, 気味の, 気持だった, 気持ちを, 泥棒が, 洋杖を, 男です, 男な, 癖は, 目で, 眼付で, 着物を, 空気が, 素振りを, 結論に, 絲の, 絵を, 緊張に, 羽目に, 臭いが, 興奮を, 色を, 菓子を, 薄笑ひ, 話じゃ, 趣味を, 連中が, 連想が, 部分に, 錯覚を, 関係で, 音, 頭巾を, 顔だ, 顔つきに, 風が, 風な

2 [331件] いい廻し, いきがかりから, いきさつから, いやな, うわさを, おかしさ, お名前, お見合い, お話です, お顔, かおを, かたちの, かっこうを, きっかけから, くせが, ことかも, ことさえ, ことじゃ, ことね, ことばかりを, ことばを, こと臨機応変奇策縦横行動の, そぶりに, とは, においが, の, のさ, のに, のねそんなに, はずみで, はなしだ, ばつわる, ほうへ, めぐり合わせで, ものであります, ものの, もんじゃ, やり方で, よろこばしさ, わけだ, んでご, アクセントを, イキサツから, ハニカミを, ヘッピリ腰で, 一つ思想が, 一種の, 不安の, 不安は, 不思議な, 不愉快な, 世間の, 事である, 事をと, 事云は, 事件でした, 事件です, 事情から, 人, 人から, 人よ, 人を, 人物に, 人物を, 人間だ, 人間と, 人間な, 人間に, 仕掛を, 会話を, 伝説が, 伝説と, 作りである, 侍が, 信念の, 具合である, 出来事が, 動作を, 匂いが, 匂いの, 半襟を, 反感が, 取り合わせだ, 取合せだ, 口を, 句ばかり, 名である, 名前です, 含み笑いを, 味の, 味気な, 命令を, 哀感が, 品を, 品物が, 唸り声が, 商売だ, 商売を, 啼声が, 四角い箱, 因縁から, 因縁だ, 因縁である, 因縁という, 因縁に, 場面に, 塔が, 変装を, 夢の, 失望を, 女と, 奴に, 妙な, 姿と, 姿態に, 姿態を, 娘だ, 子供が, 客で, 家, 家だ, 家の, 家を, 小細工は, 工合だ, 工合だった, 工合であった, 工合である, 工合です, 工合よ, 希望を, 帽子を, 幼さ, 廻り合せだ, 廻り合せで, 引掛りから, 形容詞が, 影が, 役を, 役割を, 心の, 心もちが, 心地を, 心持であった, 心持な, 息苦しい不安, 恰好です, 悲しみを, 悲劇的な, 意味の, 意味を, 意地と, 感じは, 感情に, 感情の, 感慨を以て, 感違いを, 態度に, 懐しさ, 所から, 所を, 手付きを, 手紙に, 手附き, 扮装で, 批評を, 指紋を, 握りかたの, 搏ち, 文句だ, 方が, 方向から, 方角から, 方角に, 方面に, 日が, 時刻に, 暗さ, 暗示が, 書が, 本が, 本を, 根性が, 機会から, 機械を, 段取りが, 気おくれ, 気を, 気位を, 気分が, 気持だ, 気持ちで, 気持の, 気配が, 気配を, 氣分に, 決心を, 混合を, 滑稽な, 演説を, 焦燥に, 爺さんが, 物の, 物淋しさ, 状態は, 理屈だ, 理屈を, 理窟だ, 生活, 男, 男も, 疑いが, 疑いを, 疑惑に, 病人な, 癖だ, 癖という, 皮肉な, 皮肉を, 目附で, 相談を, 眼附を, 矛盾を, 神経を, 神経衰弱的厭世観に, 科を, 穴が, 笑いで, 笑が, 笑顔を, 箱が, 節が, 節で, 節まわしで, 粉を, 精神状態を, 糸の, 素振, 経験を, 結果を, 絽の, 緊張が, 緊迫が, 縁だ, 羽目から, 習慣に, 考えに, 考えを, 考え方を, 考へが, 聯想を, 聲が, 腑に, 腰つきで, 腰つきを, 自信が, 自信だ, 臭いの, 臭を, 臭気を, 興味が, 興味を, 興奮と, 色に, 艶めかし, 苦笑いを, 草の, 薄ら笑いを, 行きがかりから, 行掛りに, 複雑な, 角度から, 角度が, 角度で, 言ひ, 言艸だ, 言葉であります, 計画を, 訳の, 註文です, 註文を, 評判だけしか, 話さ, 話と, 話題が, 誤解を, 調和を, 調子, 調子の, 談を, 議論が, 貌を, 貝を, 足取りで, 身扮で, 逆説を, 運命に, 道具を, 道徳観を, 道楽が, 道楽の, 遠慮を, 部屋であった, 野郎が, 鋭さが, 錯覚が, 関係の, 陰鬱が, 非難を, 面だ, 面で, 面に, 音で, 音楽が, 響きを, 響を, 題で, 題名について, 顔つきで, 顔つきを, 顔で, 顔と, 顔付を, 風を, 風向きに, 風習が, 風評が, 風説を, 高いところ, 魚を, 鳥の

1 [2213件 抜粋] あだなだ, いきさつが, いらいらしたらしい, おかしい話, おもしろい感じ, お人, お土砂を, お容姿, お灸, お道楽, お題目, かくしだ, かたいもの, きのこいも虫けがや, くせの, ぐあいに振っ, けはい, こだわりなどは, こときく, ことだけが, ことでも, ことはねえ, ごたごたが, しかもぼんやり, じんま, そぶりだ, たんかを, つながりを, とかおもしろい, ところだった, ところナポレオンの, どら声で, なまりの, におい, のだ, のでゆうべ, ので秀陳, のに歓喜禁め, のんきな, はめに, ひとね, ふくみ声で, ほうが, まわりあわせでしょう, ものって, ものでございました, ものとして, ものなりに, ものまでが, もやもやの, もんでねえ, やつは, ゆらゆらした光った, わるい風邪, んでうち, んで下, アブセントマインドの, イズムが, カッコウに, キョロキョロした, シナを, スイッチが, セヽラ笑ひ, ダラシない, ヂンマは, ハッピエンドです, パラドックスとでも, ブラッシの, ポーズを, ムダ石を, ルウルも, ワケだ, 一夜で, 一巻を, 一瞬を, 一連の, 三百代言み, 下宿屋つてあり, 不安にも, 不気味な, 不調和と, 世まい, 中性に, 乗りもので, 予感を, 予言書, 事であります, 事といふ, 事にや, 事件だった, 事件は, 事間違った, 交錯した, 人です, 人へ, 人形の, 人気は, 人間で, 人間平等論の, 仕事を, 仰々しい着物, 会を, 伝説に, 低い爆発音, 作り声を, 使いね, 供養法も, 信仰だ, 偏見を, 偶然です, 優越感を, 光景が, 児です, 具合であった, 冗談を, 冷やかな, 凄じい響き, 出来事です, 分裂が, 刑罰に, 制服の, 副産物が, 力を, 助手が, 動機でです, 動物の, 匂いで, 匂ひがしない, 医学生, 印象な, 厭に, 反応が, 反抗心を, 口振り, 古言, 号令の, 合言葉を, 名で, 含み声で, 味だ, 咳し, 咳ばらいを, 品物についても, 商売の, 問いかたが, 問題も, 喜劇に, 嘆きである, 器械の, 囈語を, 因縁すら, 因縁の, 国でした, 地名が, 坊さんだ, 堅いよう, 場所で, 塩梅しきでした, 壓迫感さへ, 声だろう, 声明書を, 変事に, 外国文字が, 夢なんぞ, 大旅行, 天狗だ, 失神状態に, 女から, 女でした, 女ね, 女性に, 奴だい, 奴らで, 好奇心と, 妖気が, 威嚇的な, 娘だった, 婦人や, 嫉妬みたいな, 嫌味な, 子おこり, 子でも, 孔から, 字面である, 季節が, 官海游泳の, 実験, 客観性, 室は, 家憲が, 容貌を, 寂しさみたい, 寸法で, 対照だった, 對照で, 小さな男, 小説だ, 尼でございます, 屋台造りに, 山師の, 川柳を, 差出口を, 幇間肌の, 年増の, 幻影が, 幻滅をさえ, 底光を, 建方すぐ, 廻り合せに, 式など, 弱々しさ, 形でしょう, 彫刻の, 役者が, 得物だ, 御祈祷, 微かな, 心に, 心持, 心持でした, 心持良人であり, 心理描写夢幻に, 快楽であった, 思いという, 思い出を, 性格の, 怪物戦車が, 恐れを, 恐怖を, 息が, 恰好だった, 患者が, 悲しみが, 悲鳴を, 情調が, 惡臭を, 意地から, 意地も, 愚かさの, 感じです, 感情から, 感懐を, 感覚と, 慢り, 憎悪の, 懐疑的の, 戒名じゃ, 所にばかり, 手ざわりの, 手付, 手掛りに対する, 手紙, 手紙持つ, 才能を, 技を, 披露式も, 押し問答であった, 持論を, 挙動だ, 挨拶だ, 握手, 放神状態で, 数では, 文化式の, 文壇ずれが, 文字も, 斑点の, 方だ, 方向へ, 日々, 日とを, 日本人の, 明るみが, 時ふと, 晩は, 暗い影, 暗闘が, 曖昧な, 書物を, 服装で, 木戸だ, 本例へば, 机並べ, 東洋の, 柳が, 格構を, 極り悪, 様子だ, 模様の, 機会に, 機縁で, 次第だ, 武器と, 歩みつきで, 殺気を, 比喩です, 毛の, 気は, 気もちだった, 気分で, 気合を, 気拙, 気特に, 気違いめいた, 氣を, 氣持で, 沈黙, 波の, 注意が, 注文を, 流行で, 淋しいよう, 混乱を, 渇きを, 滑稽を, 火が, 無心を, 焦げ臭いにおい, 然も, 爺さんを, 牛乳料理を, 物と, 物好きから, 物音は, 犯罪, 独りごとを, 獣じみた, 珍らしい, 理くつを, 理窟で, 環境から, 生活が, 生物が, 男さ, 男だけは, 男でし, 画だ, 異人の, 疑問が, 病気だ, 癖だつた, 癖に, 発見が, 発音で, 白を, 目くばせ, 目付きを, 直覺, 看板が, 眩暈心地に, 眼付きを, 眼鏡を, 瞳を, 矛盾に, 石膏の, 祈祷で, 神秘主義と, 福の神, 科白を, 稼業も, 空地その, 空虚でした, 立場な, 笑いかたで, 笑い顔を, 符号みたいな, 筆跡です, 答弁で, 範疇も, 粋から, 糸が, 紙も, 素ぶりの, 細工とは, 細長い広場, 経験した, 結論が, 絵の, 線や, 縁である, 縁談みたいな, 繰り言を, 美男上手より, 羽目で, 習癖が, 老人に, 考えだ, 者だ, 聲色を, 肩の, 胸さわぎ, 腰つきに, 腹だたしさ, 臆病さの, 臭い, 臭みが, 興奮した, 船だった, 色眼鏡で, 花や, 芸術至上主義者や, 若いお, 苦労性の, 茶筅髪, 荒野が, 落着か, 落着と, 薄ら明かりに, 薫りは, 薬なぞを, 虚栄から, 虫が, 蟠りを, 行きがかりで, 行掛りにな, 表しかた, 袋に, 装置が, 襞を, 見方を, 親しみさえ, 観念を, 言い方である, 言だ, 言葉と, 言葉遣, 記録を, 訳だ, 註文だ, 評価を, 詩人気取りは, 話でし, 誇らしさ, 誘惑を, 調べです, 論理から, 諧調を, 警句に, 譯では, 谷を, 貴族的精神が, 質問な, 贅澤さそれが, 趣向を, 足つきで, 跡が, 躊躇を, 身構えを, 輪廓を, 返辞だ, 迷信や, 逃げ路を, 逆襲の, 造りの, 連想だ, 遊戯を, 道に, 道楽に, 道行き, 都合の, 酔ひかたを, 重くるしい圧迫, 野郎だ, 野郎の, 鈍い目つき, 錯覚に, 長細い, 間の, 間違いです, 関連が, 陰翳が, 階段を, 隔てが, 隱し, 難儀が, 雰囲気の, 電話で, 震動が, 青猫, 静穏さとを, 面, 靴が, 音色は, 響きが, 頭の, 題です, 顏し, 顔してない, 顔付で, 顔色に, 風体, 風習の, 飛行機が, 首が, 香炉を, 騷ぎだつたな八, 髪の, 魅力を, 鳴き声の, 鼓

▼ 妙~ (5748, 35.2%)

48 気が 42 気に 30 人を, 私の 25 彼の 22 心を 19 なって 18 心が 17 胸が 16 心に 15 人の, 興奮し 14 不安に 13 沈んで, 自分の 12 不安な, 思って, 気持が 11 気の, 氣が 10 こじれて, ぼんやりし, 頭に 9 それが, ひがんで, 氣に, 皮肉な, 私は, 私を, 頭が, 黙り込んで 8 気を, 真剣な, 緊張した, 陰気な, 顔を

7 [11件] いらいらし, そわそわし, 一種の, 不気味な, 平次の, 平次を, 思った, 眼を, 腹が, 落着いた, 身に

6 [17件] して, しんみりした, しんみりと, ちぐはぐに, 不思議な, 力が, 力を, 印象に, 意味あり, 感じた, 気おくれ, 氣を, 生き生きと, 白, 眼が, 考え込んで, 間の

5 [28件] いつまでも, しんと, そは, そわそわした, はっきりと, ひっそりし, ひねくれて, 不安定な, 人目に, 八五郎の, 力の, 声を, 心の, 感傷を, 感傷的に, 改まって, 疲れて, 真面目な, 眼に, 耳に, 胸に, 胸の, 腹の, 艶めかしい, 足が, 身内の, 頭の, 顏を

4 [41件] あたりが, からんで, こたえて, この男, しんみりし, なつて, はしゃいで, ぼんやりした, ゆがんで, ソワソワし, ニヤニヤし, 上ずって, 不調和な, 乾燥した, 似て, 体が, 喉に, 奥歯に, 嫉妬を, 寒々と, 底の, 悲しくな, 感心し, 昔の, 気持ちが, 氣にな, 涙ぐましい心持, 父の, 空気が, 笑って, 節を, 考えこんで, 考へ, 胸を, 自信に, 自信らしい, 自分を, 萎れて, 遠慮深い, 頑固な, 首を

3 [116件] あたりの, あれと, いじけて, うるんで, ぎごちない, ぎらぎらする, こだ, こだわって, さえて, しいんとし, しや, つまされて, てれくさくなっ, なつた, はつきりと, ひっそりと, ふさいで, ぽかんとし, まじめな, むしむしする, やつれは, わたしを, イライラし, ガランと, チヤホヤし, ハッキリと, モヂモヂし, 不快に, 不愉快に, 不自然な, 亢奮し, 人間離れを, 他の, 何か, 佗しい, 冴えて, 冷い, 冷たいところ, 出來, 切迫した, 力瘤を, 半端な, 反抗的な, 口を, 含蓄が, 含蓄の, 哀れつ, 執拗に, 変って, 大人びて, 女の, 寂しくな, 寂しさ, 彼は, 彼を, 心も, 思うの, 悲しくなっ, 悲しそう, 惱ましい, 意地を, 愛嬌に, 感に, 感心した, 暖い, 歪んで, 殺気立って, 気がかりに, 沈んだ声, 淋しいもの, 淋しかった, 清らの, 濁って, 無気味な, 無氣味, 熱の, 病的な, 白茶けて, 皮肉でした, 皮肉に, 目の, 目を, 眼について, 神経的な, 突つ, 笑った, 粘って, 綺麗に, 緊張し, 縛られて, 耳について, 職業的な, 臆した, 自分が, 自分と, 興味を, 落ちつきが, 落付か, 落着か, 薄暗かった, 複雑な, 記憶に, 身体が, 重くて, 野蛮な, 間が, 陰惨な, 陰気で, 静かに, 靜まり返つ, 頼りない, 顔が, 魅惑的な, 鮮かに, 黒ずんで, 鼻に

2 [454件] あたしは, あたりを, あわてて, いつもより, いら, うつろな, うら悲しさ, うれしかった, おどおどし, おどおどした, お玉を, お靜, きまりが, ぎごちなく, くっきりと, ぐらぐらし, こじれた気持, この人, こびりついて, さびしいもの, さびしかった, しずまり返って, しびれ込んで, しみじみと, しょげて, しょんぼりし, しょんぼりと, しよんぼりして, しよんぼりとうづくまつ, しんみりしました, そぐわない心持, その場, その女, その時, その晩, その相手, そわそわと, たまらなく嬉しいの, たるんで, だだっ広い額, ちぐはぐな, ちょこちょこと, つまされる晩, つまらなくなっ, てれて, なまめいた媚態, なまめきます, なる, にこにこし, ねじれた塔, はしやいだ, はっきりし, はにかんだよう, ばつの, ひしむよう, ひつそりと, びっくりし, ふくらんで, ふさぎ込んで, ふるえて, ほてって, みぢめ, みんなよく, むし暑いよう, ものに, ゆがめて, わくわくした, ウロウロし, オドオドした, カステラが, キナ臭い, シンとして, シーンと, センチメンタルに, ソハソハした, ソワソワした, チグハグな, テレ臭, テレ臭い, ニコニコし, ニヤニヤ笑い, ヒステリックに, ビンビンし, メランコリーに, モグ, 丁寧な, 丁寧に, 上ずッ, 上ずツ, 下情に, 不似合, 不安そうな, 不安の, 不幸な, 不愉快な, 不気味に, 不氣味, 世の中が, 中和され, 乳くさく, 二人の, 人なつかしく響きます, 人に, 人気が, 人気を, 人馴れた, 今夜は, 仔細が, 他人らしい, 仲が, 偏屈な, 傲然たる, 傾いた二階, 僕に, 僕には, 僕の, 僕は, 僕等にも, 優しく聞えます, 光って, 冴え返って, 冷く, 冷り, 冷淡な, 冷静な, 出来て, 切ぱ詰った, 切口上に, 刻んだね, 割切れない心持, 劇的な, 力張つたやうな, 勝手の, 厭に, 厳かな, 反が, 反抗心が, 反撥心が, 取り澄ました男, 口に, 口の, 口へ, 口数が, 可哀そうに, 同情し, 含みが, 咳枯れた, 唇を, 問ふ, 喉の, 固くなっ, 地味な, 執拗な, 夢幻的な, 大きいセキ, 太鼓判を, 夫の, 奧齒に, 好きな, 好まない, 好奇心を, 威勢の, 娘の, 娘らしくなまめきます, 嬉しい心もち, 嬉しかった, 安心する, 官能的な, 客を, 家の, 寂しいそして, 寂しいん, 寒い日, 寒氣が, 小さく無造作, 小綺麗に, 尖って, 居心地が, 平静な, 広く神々しく寂, 底冷えの, 引緊って, 強い力, 彼女の, 従順な, 御代治ろしめせ, 心淋しい, 忘られない, 忘れがたい, 忙しく見え, 快い憎悪, 快い笑い, 念を, 思いましたから, 思うかも, 思はせ振り, 思ひましたから, 思ひ出します, 思わせぶりな, 思わせ振りな, 思われた, 急迫感を, 性慾的な, 性根が, 怨ずる色が, 怪奇な, 恁う, 恐ろしくなった, 恥しさ, 悄気た, 悦ばしさ, 悪寒が, 悲しいよう, 悲しい気, 悲しく胸, 悲しげ, 惱ましく, 愉快な, 愉快に, 意味の, 意地悪く, 感じたの, 感じたらしく折角, 感じました, 感傷的でした, 感傷的な, 感動させた, 感情が, 感慨無量な, 感覚に, 慌て, 憂鬱な, 憂鬱に, 手の, 手丈夫に, 打ち萎れた姿, 打算的な, 投げやりな, 拍子抜けを, 拔け, 摺り剥けて, 斯う, 昂奮し, 明るくなっ, 明瞭と, 晴々と, 暗いの, 曰くあり, 曲って, 根性の, 森閑と, 楯にとって, 此の, 此女と, 歪んだ微笑, 歴々と, 気にな, 気まりが, 気分が, 気力の, 気取って, 気障, 氣の, 氣違ひ染みた, 沈んだ心持, 注意を, 浮, 浮き浮きした, 浮わ, 涙を, 涙脆くな, 淋しい調子, 淋しかつ, 淋しくて, 淋しさ, 深くし, 深刻な, 深刻に, 温かい日, 澄んだ光, 澄んだ美しい, 澄んで, 濃く碧玉色, 無愛想な, 焦点の, 煮え切らないところ, 熱っぽくなっ, 熱を, 物々しく苦吟, 物々しく見える, 物を, 物優しく, 物凄く響く, 物哀れです, 物淋しさ, 物足りない心持, 物静かな, 物馴れた, 狂信者の, 狼狽し, 猥褻に, 珍しく感じられる, 甘いそして, 甘ったれた調子, 生暖, 生暖かいせい, 生暖かさ, 生温かい, 疑ぐり, 疳に, 痩せて, 痺れて, 癇に, 白けた空気, 白けて, 白つ, 皆の, 皮肉で, 目に, 目頭が, 相手に, 眉を, 眞劍に, 真剣だった, 真剣に, 真理の, 真面目に, 眼の, 着物の, 瞼に, 神秘的な, 神経が, 神経に, 神経を, 神経質に, 神經に, 私には, 程の, 空虚に, 突き詰めた心持, 窮窟なる, 笑い, 笑いながら, 笑えなかった, 笑つてスタ, 笑つて大きい, 笑つて野村を, 笹村の, 筆を, 筋が, 筋肉が, 精の, 素氣ない, 絡んだところ, 美奈子の, 義憤に, 老けて, 老成した, 耳の, 聞えて, 聞える, 聞えるかも, 肉感的な, 肩を, 胃が, 胸騒ぎを, 脂の, 腑に, 腰の, 腰を, 臆んで, 臆病に, 自尊心を, 至っては, 興奮した, 興奮なさっ, 船が, 色つ, 色ッぽい, 艶なる, 艶めきます, 苛立って, 苦り切って, 荒あらしい快さ, 荒れて, 落ちついて, 落ちつかなかった, 落ちつき払っ, 落付い, 落付きの, 落付き払っ, 落着が, 落着の, 蒼ざめた明る, 薄暗い, 薄曇つた六月の, 虚勢を, 血が, 行屆いた, 表情の, 西洋の, 見える現象, 見すぼらしい町, 見ること, 言葉が, 言葉尻の, 話の, 話を, 誘惑を, 諦め兼ねた涙ぐまし, 貪食を, 足の, 躊躇する, 躊躇つた上で, 身を, 身体の, 身体を, 輝いて, 辻褄の, 逃げ腰に, 運が, 遠慮し, 遠慮も, 遠慮勝ちな, 遣瀬, 適中する, 里心が, 野趣を, 金の, 金廻りの, 銀簪で, 銅色に, 長い日, 開き直ります, 間接的な, 陰気に, 陰氣で, 陰鬱な, 陽気な, 陽焦けがし, 雰囲気を, 静かな, 静まり返って, 静まり返つて, 響の, 頭から, 頭を, 頼りなく, 飄々と, 饒舌に, 骨の, 鮮やかに, 鷹揚な, 黄臭く

1 [3472件 抜粋] あいつが, あだっぽいそうして, あなたの, あまくなっ, いかめしい葉書, いそいそした, いやらしく見えた, いろんな事, うすぼんやり, うそ寒い氣持, うたぐり深く, うらがなしい薄暮, うれしい様, おいやり方, おくれがち, おっちょこちょいの, おびやかされた声, お前に, お思い, かうホカホカ, かすれて, からだ中が, からんでも, がらんとして, きざな, きみわるく恐ろしく見え, ぎくりとした, ぎよつとした, くすぐったくて, くだらなく思っ, ぐしゃぐしゃという, こい, こじれそう, こだわらぬ点, この二二, この少年, この点, これが, こんがらがって, ごたごたした, さびしいよう, さびしげな含み笑い, ざらざらと, しちくどくなっ, しつこく良人, しみじみいのち, しらじらと, しんみりする, じつと, すきで, すねだす, せきこんだ, そういった片意地, そそのかされた気持, そのこと, その名, その家叔杏坪先生, その点, その連中, そわついて, ためらわれた, だらしが, ちょいと, つっぱるもん, つめたい微笑, てれたが, とげとげして, とりすまして, どすぐろくなつていやな感じが, なだめられて, なつかしくも, なまなましく感じられた, なりかかって, なり舅, なれなれしく女性, にやにや笑っ, ねじって, ねばりが, はかなく情なく感じ, はたから, はつきりした, はれぼつ, ひきしまるよう, ひきつツ, ひっかかって, ひとなつ, ひひと, ひん曲つて, ぴりぴりした, ふさぎ込んだり, ふるへるの, へどもどし, ほろ苦い安倍川, ぽかぽか温かく, まずいもの, みづみづしいことである, むけかかって, むっつりし, もじもじし, もっともらしい, もの悲しい神秘, やって, ゆがんだ痙攣的, よく覚, よそよそしく意地, りきんで, わたしには, インネンが, カッカと, ガランとして, ギゴチない, クナクナした, コソコソ逃げ, シンと, スガスガしい, ゾクゾクさせます, ツンツンします, ドギマギし, ニヤリと, ハシャぎす, ヒネクレて, フラフラし, ヘバリつい, ポカポカした, モツレた, ワクワクした, 一度そこ, 万七の, 上ずった肉声, 下まわる, 不和に, 不快な, 不機嫌, 不純な, 世帯染みたよう, 中毒的な, 乱暴な, 二一に, 交錯し, 人出が, 人相形体の, 人通りの, 今の, 他人行儀な, 伊之助をも, 似合わない扇, 体中の, 佗しかった, 侘しい日, 信じられないよう, 催涙術を, 優しく言葉数, 光る眼, 入れあげて, 内外が, 冴え切つて, 冷かな, 冷たい顔, 冷淡しく, 凄くなっ, 処女の, 分裂させ, 刺戟され, 剛ばった笑い顔で, 力んで, 動作が, 匂わせるよう, 卑屈な, 却っておなか, 厭味に, 参って, 反感らしい, 反撥する, 取り済して, 口が, 古めかしい壁かけ, 可愛いもん, 可笑, 合點した, 向腹, 吹き廻すと, 周子の, 和合する, 唐突な, 嗅覚と, 四人の, 因縁事らしい, 國民間に, 執念深いところ, 場内が, 変つた, 多可子は, 大きくて, 大きな声, 大人の, 大胆な, 奥や, 女臭い, 好心持, 妖怪めいた, 威圧される, 婀娜つ, 嬉しいよう, 嬉しげ, 安心させる, 実感を, 容態ぶって, 寂しい思想, 寂しい音, 寂びしい声, 寒寒として, 射るよう, 小さな頭, 小説めいた, 居すわって, 左の, 常には, 平次には, 幽霊じみた, 底を, 底鳴りの, 引き入れられて, 引入れられるやう, 引緊った, 弱々しい, 弱りきって, 強かな, 強暴な, 当り前の, 後ろめたかった, 御家人くずれ, 微笑する, 心持ちが, 心細い気持, 心配だつた, 忘れられなかつた, 快く甘美, 怒りも, 怖気が, 思いやりの, 思うこと, 思えた, 思った相, 思ひ出すの, 思われて, 思われる位, 急迫した, 恍惚たる, 恐ろしくいや, 恨みを, 息苦しい思い, 息苦し気, 悩ましいシーン, 悩やましかっ, 悲しいところ, 悲しくなった, 悲調な, 惘然と, 惹きつけた, 意固地に, 意地悪げな, 意氣ご, 愛くるしい餓鬼共, 感じたという, 感動させられる, 感服も, 態度余所々, 慎重に, 憂欝に, 憤ってたの, 懐しくなった, 懷疑的でした, 手応えが, 打て無え, 抱き込んだよう, 押し付けられたやう, 拒みでも, 拘泥し, 捻った庵室まがい, 探り合いの, 揃つて居る, 擽ったい笑顔, 改まった, 改まりました, 教師を, 断念すれ, 新鮮な, 日本画の, 明るい光線, 明るくなった, 春に, 晋作の, 暑苦しかった, 暗い粘液質的, 曇った日, 曲げて, 會ひたかつた, 村の, 柔らかい丸味, 極りの, 横柄な, 權柄づくです, 歪みが, 歯が, 残る, 母の, 気ちがいじみた, 気の毒であった, 気位の, 気取った物, 気味悪いもの, 気恥しい打撃, 気持の, 気随な, 氣取つた調度の, 氣色ば, 汗ばんだ, 沈み込みがちに, 沈んでると, 波が, 洟ばかり, 流れて, 浮きうきした, 浮んで, 涙っぽい, 涼しいよう, 淋しい心, 淋しくこんがらかっ, 淋しく名残惜しくな, 淋しく響いた, 深く印象, 混交し, 清潔であった, 温い風, 湿っぽいじゃ, 湿ッ, 滅入り込んで, 澄しきった, 濁ったベル, 濡れてを, 無常を, 焦り気味に, 照子を, 熱っぽい体臭, 爪を, 片意地を, 物凄く見えます, 物懷かしい, 物越しの, 牽きつけるもの, 猫脊の, 理屈っぽい, 甘すぎ, 生きあがって, 生意気らしい, 生齧り, 男が, 異国物が, 疑うかも, 疑われてはと, 痛々しくみえる, 発散し, 白けきった馬鹿馬鹿し, 白けた燈光, 白っぽい不思議, 白んだ気, 皮肉が, 皿だけが, 目立って, 相當つて, 真剣味が, 真顔に, 眼ばかりを, 瞬ばかり, 砕けたしな, 硬張っ, 神経の, 禿げたよう, 秘し隱, 空けたやう, 空漠な, 突き上げるよう, 突つ込みました, 窮屈な, 笑いたいよう, 笑つた, 籤強い, 粛然たる, 糞度胸の, 紛らかす機會, 細い角々しい曲線, 細長く力, 絡んだ物, 緊迫し, 縺れ合って, 罪悪的に, 羞し, 考えさせられます, 考え深い, 聖者らしい, 聞こえるの, 肌寒い, 肚立たしい, 背後へ, 胸底に, 脂っこい舌ざわり, 腫れぼったいよう, 腹立ちつぽく, 臆病だつた, 自分で, 自然だつた, 至るもの, 舌をも, 色っぽくなる, 色気を, 芝居染みます, 苛立たしい憤慨, 若がえって, 苦しくて, 苦笑する, 荒んで, 落ちつかない印象, 落ち着いて, 落付き拂つて居ります, 落着きを, 落胆した, 蒸暑い天気, 蒼白かった, 蕭条と, 薄ら寒かった, 薄暗いわね, 薄曇つて物凄く, 薄眠たく, 蝮に, 行屆い, 裏切られたよう, 見える, 見て, 見識張った男, 親しくなった, 角が, 言い捲られます, 記憶が, 詰ったよう, 誇張された, 調和の, 諦めて, 警戒的な, 貞時の, 赤, 赤く何, 赧らんだ, 距てが, 身丈の, 転倒し, 輝き肩, 近づきにくい, 退っ引, 透通って, 速く出入, 遅いので, 達観し, 遠くから, 邪推され, 酒が, 醒めたやう, 重いから, 重みの, 野蠻な, 鉢の, 鋭い眼付, 鋭く尖り, 長生きを, 間を, 降りて, 陰気だ, 険しい輪郭, 隔てが, 離屋の, 電車の, 青い冷たい光り, 青白いお, 静穏な, 面白いもん, 響く, 額の, 風を, 食い違って, 館内の, 駆けるば, 驚いたこと, 骨ばったくされかたまったよう, 高慢ちきで, 魅力が, 魚臭い, 黄ばんだ顔一面, 黒目が, 黙りこくった一行, 黝ずんだ光り, 鼻っぱしの

▼ 妙~ (343, 2.1%)

69 得て 5 極めて 3 尽して, 得し雪, 得たり, 得た人, 殺したの, 見た

2 [21件] えて, きわめて, 乘せ, 事実に, 得たもの, 得た文章, 得た男, 描きだすばかり, 暫く睨みまわす, 極めたもの, 極めて自在, 極める, 段六が, 発揮する, 示した, 竭した, 虧き, 見る, 見る者, 見段六, 誰か

1 [209件] あらわした, あらわして, えた咲耶子, えた蛾次郎, おぼえたるは, きわめたもの, きわめて男, きわめますね, きわめ手足, ここに, ごらんに, じっと睨む, すまして, た, たたえて, つくした懇談, つくしつつ, つくつて, つれこむの, どうかしたい, みつめた, めぐつて, もって, もて天下, ポカンと, 一番怨ん, 中に, 代表する, 仲に, 会得した, 伝える程度, 伝聞し, 伴れ出し, 体得した, 傳へ, 具えて, 前面に, 取られた形, 口説きつづけて, 叱りつけながら, 呈する, 味え, 呼んで, 喪つて佐渡屋金兵衞は, 喬之, 嘖々し, 囲いながら, 塵も, 妖しいばかり, 實現し, 小腋, 尽くしたの, 尽くし壮大, 尽し観照, 尽せしに, 差上げますよ, 引き寄せようと, 得, 得しことゆゑ癪氣, 得しとて, 得し医師, 得たあれ, 得たか, 得たくらい, 得たの, 得たびた助, 得たるは, 得たるもの, 得たるを, 得たる人, 得たる手練, 得たる批評家, 得たる故直, 得たる故諸, 得たれば, 得たガラッ, 得たガラツ八, 得たマドロス君, 得た彼女, 得た智将, 得た水戸, 得た神人, 得た者, 得た超, 得てるので, 得てを, 得ない人, 得なければ, 得るもの, 得るを, 得其精妙, 得力量三十人, 得在来, 得大抵, 得或, 得音曲, 得食するに, 微に, 心得て, 必要と, 念頭に, 思はせる姿, 急き立てて, 怨んで, 悟ったもの, 悟りて, 悟ること, 想像する, 感ずること, 感ぜしむべし, 押すよう, 捨てて, 擁して, 會得する, 有する我が国女工, 極む, 極むと, 極むることあるに, 極むるのであった, 極めし主人公, 極めし出来, 極めた, 極めたの, 極めたるは, 極めたる斯く, 極めた先生, 極めた卑猥, 極めた陸, 極めてゐた, 極めてゐる, 極めて人, 極めて居る, 極めて居るだ, 極めて疾走, 極めて結構, 極めないもの, 極めなければ, 極めぬもの, 極めるため, 極めるだけの, 極める相, 極め堅牢無比, 極め居る, 極め見る間, 極わめ, 欲しいで, 殺したいほど, 殺した下手人, 殺す氣, 点じ変傍, 現ずるの, 現わし, 現実に, 生かすこと, 発する, 発揮した, 発揮しなくなる, 発揮せる, 発揮出来, 發揮せしめ, 白眼みつけ, 盡すかと, 目に, 真中に, 知らざる故に, 知らないよう, 知るので, 確認した, 示したところ, 示して, 示すこと, 示すの, 示せり, 立たせて, 聞きわける耳, 背中に, 能く, 脈々と伝え, 自分の, 致す方法, 蔵し, 見おろすよう, 見たが, 見ないで, 見やって, 見ること, 見ると, 見上げて, 見送った四ツ, 覚える, 解し得る人々, 言顕は, 誇るあり, 説くこと, 誰が, 識り, 讃へ, 賞され, 賞贊した, 追い詰めたの, 送って, 造って, 遮るよう, 長庵, 除いたら果して, 離して, 頼む, 顕わす, 顧た

▼ 妙~ (326, 2.0%)

32281614 と思っ 11 と思った 7 なア 6 ぞ, と思う, なと思う 5 ぜ, わ 4 と思, なあ, なと思っ, わね 3 が, がそれ, ねえ, 妙だ 2 が僕, ということ, というよう, とは思った, と云う, と思つて, なと思い, なと思った, わい

1 [144件] あいつは, おお娘, からそのうち, からそのまま, からまた, から体温計, から其内機會, から友人, から御, がいかが, がお, がこの, がそこ, がオイソレ, が下町, が人, が神田橋本町, が肉体, が行状, けれどもこの, けれどもマア, けれど実際, こいつァ, しそう, しまた, そうである, そうです, それからまた歩い, ぞあれ, ぞいっこう, ぞと思う, ぞ今月, ぞ妙, ぞ私, つた, つたが, つた先づ佐賀を, つた自動車が, という, というの, というん, といってる, といへ, とか変, とは思いました, とは思う, とは思わない, とは酒, とみんな, と云え, と云った, と云われれ, と來, と同感, と妙, と思い, と思いまし, と思いました, と思える, と思ったらかえったら, と思つたの, と思われました, と思われる, と我, と手, と新九郎, と眺め, と自ら, と見, と言う, と近所, どうぞな, どうも大きな, なあと考え, なあんなに沢山, なあ多四郎さん, なあ金, なお前, なそりゃ, なだんだん, なと云, なと云った, なと思つて, なと見, なと首, などうも, なア剣術, な人生, な人間, な来る, ねあの, ねえあの, ねえおいら, ねえ今度, ねえ何, ねえ無い, ねこの, ねこり, ねどうも, ねふふふ, ねへえ, ねま, ね然, ね私, のうそう, のうそれ, のう貞藏, のに, まったく妙, よあの, よこれ, よと口, ナそれ, ナと思い, ナア, ナ面白い, フウンどういう, 一人は, 一杯水が, 人間の, 何う, 余は, 僕の, 先刻菓子を, 医者は, 名が, 君子さんが, 国を, 奈良漬の, 妙だって, 家根は, 幇間は, 心配した, 必死の, 所が, 本所の, 權六其の, 此の, 硯箱が, 私も, 篤と様子, 芸者は, 誠に暫くどうもお前さん, 變な

▼ 妙~ (207, 1.3%)

6 家の, 顔を

2 [15件] あること, ために, ところへ, 事を, 右手の, 家, 理を, 白布敷く, 眼の, 祖母は, 美貌には, 身体を, 阿魔, 顔の, 髪に

1 [165件] おばさんが, おばさんや, お光さん, こゑも, すがた, そう言う, その笑顔, たんか, ない代り, ほうへ, まつしろ, やうに, ようだ, ようでした, ようです, ような, パトロンに, リボンは, ヱボルーシヨンを, 一粒種, 一類型が, 上に, 下にも, 中でも, 事が, 事の, 事理を, 二つを, 五倍もの, 人心を, 住んで, 作であろう, 作に, 侠気と, 俯向いた, 側に, 光を, 処で, 前に, 前の, 前を, 古きもの, 名も, 君, 君が, 吾が手枕, 味通生死同, 命は, 唇は, 声を, 好奇な, 如きは, 妙たる, 妙なる, 妹が, 妹と, 妹とは, 姿は, 婿取りは, 子了蓮の, 家が, 家へ, 家を, 富士の, 工みもて働く, 幻が, 幻を, 床の, 後を, 後見を, 従弟で, 御法の, 御法をを, 心は, 心中を, 必死の, 快楽なり, 思いついたの, 意味を, 手から, 手の, 手は, 手を, 手紙を, 指を, 振払いも, 文使いが, 方には, 方は, 方へ, 方も, 方を, 普賢菩薩が, 極に, 横顔の, 次を, 歌いとも, 死は, 死骸の, 毛氈二張を, 泪の, 浦あたりの, 浦こ, 浦では, 激しい動悸, 父帯刀は, 父母たちと, 父母も, 父親が, 物思いの, 玉である, 琴とり, 白さ, 真正面へ, 眼を, 碑を, 祖母から, 神々しいばかりの, 稀れな, 答えには, 細い靴, 結果を, 縁談と, 縁談の, 縁談を, 縄目を, 美しさ, 美貌も, 背を, 背後から, 背後姿を, 胸ぐら取っ, 腕を, 花を, 術も, 術を, 袖の, 袖を, 袖交へ, 袖摺れ, 襟を, 言ったそんな, 言という, 言葉の, 言葉は, 言葉を, 識を, 足が, 踊る, 身体に, 身體を, 返事が, 返事という, 返事は, 部屋へ, 酌で, 酒場は, 釜肌の, 銀の, 錦である, 頼みである, 顎を, 顔が, 顔は, 首筋を

▼ 妙~ (206, 1.3%)

3 父親の

2 [15件] お絃, その平凡, ふかし芋, 不思議な, 仕立物を, 俯向い, 到底, 印象を, 喬之, 年こそ, 扉に, 漸, 着物が, 肉知を以て, 頬被りを

1 [173件] あの山, あの職人姿, あらず, いつもの, いま台所に, いよいよ愛する, うしろ向きにな, うろたえて, きちんとすわっ, ぎょっとし, この句, この時, この極まりない, この機微, これこそ, さながら鬼神, すなわち真, ずんずん小使, せぐり, そうして物事, そのたび, その二重瞼, その前夜法然, その時鴎外, その江口, その状, その男, それに, それまで, それを, たしかにある, ちょっと淋しい, ちょっと西国地方, てんでとりあ, どうしよう, どう考え, どんな人, ない, ないが, ないに, につこり笑つて言, ぬぐいも, のぞいて, まだ十分彫刻, めったに見られぬ, もうすこしで, もう六畳, もう最後, やっぱり窓, やはり不思議そう, やはり気味悪, ようよう立ち上り, よろめいた, クスンクスンと, ツンと, ニッコリした, フト打仰向い, 一切を, 一層オロオロし, 一点一画の, 上衣を, 不安そうに, 主税の, 二三歩泳ぐ, 二十五と, 五つに, 井戸ばた, 今に, 今更稱揚, 今朝学校へ, 会釈し, 何の, 先ず草鞋, 先生が, 八ツ下りに, 再び奥, 分らないよう, 初齣, 前半に, 単に彼女, 即座に, 又よび返そう, 友染の, 口惜しそう, 呆れ返って, 大正びとは, 夫人の, 奥に, 妻戀稻荷の, 始から, 娘ごころに, 存するの, 学校の, 実はこの, 客へ, 寧ろ富士, 尊きなれ, 居たかい, 屡々われわれ, 平次に, 庭に, 彼の, 後を, 急に, 恨めしかった, 悉くその, 手を, 折角来, 拗ねた状, 救いを, 早や, 星霜の, 時に小, 最初から, 最早頼み少ない, 格子戸を, 此妹か, 死力を, 気を, 気味悪る, 水も, 河野英吉の, 洋燈を, 源五郎を, 炉傍に, 炉端に, 無いが, 無言にて, 熱いもの, 父壁辰の, 玄関傍生垣の, 生家へ, 町娘らしい, 目まじろぎ, 目を, 直ぐに, 真青に, 真顔で, 砧の, 砧を, 窮屈そうに, 立ちどまった, 立停まった, 立留まっ, 繪畫の, 自分から, 自分が, 自分だけしか, 自分の, 自害し, 色を, 藁草履を, 行燈を, 衝と, 規則正しいお, 試験済の, 身動きも, 逃げんと, 途方に, 這い起きんとして, 陽を, 障子を, 霞亭の, 静かに, 面喰っ, 題の, 顏を, 顔を, 飛石に, 髪を, 鬆を, 鶯の, 黙って

▼ 妙なる~ (141, 0.9%)

3 乙女, 声を

2 [11件] を感じ, 天使の, 宇宙の, 封に, 楽の, 異国の, 白い手, 舞の, 諧音, 音を, 音樂の

1 [113件] かなとひそか, かなと思っ, かをりを, ことを, こと二三度は, こと御, にいぶかし, には如かざるなり, にもかかわらず, に因る, に心悸臂揺, に醉, に飯幾杯, は世, は實, は秀才泣菫氏, は莫, ひとを, ものごし, もので, ものの, ものは, も堂上, も若し, より生じた凝る, を, オーゲストラの, ピアノの, 世界を, 中に, 二つの, 仏味と, 光に, 光を, 処有之, 力, 南国の, 名香さえ, 哉で, 器を, 天上の, 女が, 好き辞と, 好音, 姿だけ, 姿は, 姿を, 宗教に, 宗教の, 小天地想を, 影響を, 御姿, 想詩を, 愛慕を, 應酬作用や, 手ぶりで, 技とを, 摂理でありましょう, 政治の, 春を, 景色とは, 枝振りの, 楽を, 楽器を, 機の, 次第を, 殿に, 活動を, 流, 理の, 琴の, 生涯は, 異香, 空気は, 答えが, 箏の, 節とに, 精神を, 美きこ, 美酒に, 義と, 色は, 薫が, 薫袖を, 蜜に, 衣摺れ, 袖の, 言葉に, 調が, 調は, 調べもて, 趣味をも, 趣致ある, 踊り子の, 連絡法の, 運動神の, 鈴の, 銀の, 関係あり, 陶醉を, 青白き液体, 音楽に, 音樂に, 音芸術の, 顔は, 香あり, 香の, 香をも, 香気が, 香油を, 魔術として, 鳴り物の, 麗わしの

▼ 妙です~ (101, 0.6%)

2320114 ねえ 3 こと, わね 2 が, ぜ, なア, ナ

1 [29件] から, から上段, がおもい, がこれ, がそれ, けれども飢え, しどう, とも大, なあ, なあれ, なお, なそれとも, などう, な傍聴, な蠅, ねえほんとに, ねお話し, ねこの, ねそんな, ね家族, ね殊に, ね考へる, もの, よそれだけ, よ不思議, わ, わねと思う, ナへんてこ, 今でも

▼ 妙~ (100, 0.6%)

2 あるの, なければ, ツカツカと, 床の, 病気の

1 [90件] ああこの, あった, あったよう, あって, ある, あるとか, あんなこと, いった, うかがわれる, うしろから, うしろへ, お尋ね者の, お持たせの, お絃, このとき, これを, しょんぼり立っ, そうで, その上, それで, たった一人, たのしい, ちょっと顔, ないから, ないよりは, なく単調, なるの, はらりと掉, もつて, ものを, ヒステリカルに, 一層力強く, 不自由な, 事故を, 二階で, 云った, 云つた, 人の, 人智に, 人間象の, 低い声, 何を, 修吉に, 修吉を, 先に, 出て, 厭がっ, 喜ぶだらうと, 喬之, 土性である, 大声を, 奈良漬に, 実際政治, 寒さ, 居た, 居なければ, 居合は, 山を, 引き受けて, 後馳せ, 心を, 思わず二, 新作の, 昇天の, 有る, 死んで, 殺されたん, 気が付かないで, 無邪気な, 独活を, 知らん顔を, 突然甲高い, 精いっぱいの, 美しかつ, 自らこの, 自慢を, 茶菓を, 行衛不明と, 袖も, 袖を, 見出したので, 解るやう, 言おうと, 言つた, 象から, 身を, 身動を, 送つて, 顔を, 馴染の

▼ 妙ちゃん~ (67, 0.4%)

4 の家 3 のところ, は 2 の出る, はそれ, はもう, は私

1 [49件] がすき, がはっきり, がよっかかっ, が云っ, が小さい, が死んだ, だった, という妹, とする, とはだまっ, にひっぱられた, にも一度, に会いたい, のうたう, のたんす, のはでやか, の事, の名, の居た, の弱々し, の手, の様子, の相談, の行末, はいかにも, はこんな, はただ, はまだ, は二階, は云っ, は今, は何, は時々, は朝化粧, は消え, は深い, は溢れ, は立っ, は見つけた, は都踊り, は長い, もめいちゃん, も一言, らしい, を一人, を思い出し, を見, を送りこん, 御きいちゃん

▼ 妙~ (65, 0.4%)

15 はない 2 はある, はあるまい, 仕方が, 富江が

1 [42件] あらう, かえってから, きょうお, くわしいこと, げすな, この子供, ござえます, ござりませう, せう弟, そこが, その代り一世一代, とくに夕陽, どうやら辻番附, な, ねこう一々, はあった, はございません, もない, もなかっ, やはり家, ショウの, 一寸これ, 仕様が, 何とも言いよう, 倒頭阿, 先刻と, 到底私, 医者に, 口惜しいの, 合点が, 味方の, 屋敷と, 座客ぐうの, 後に, 手摺が, 是は, 汝の, 私には, 脚気にでも, 苦しい, 観菊行の, 詩人であれ

▼ 妙~ (58, 0.4%)

6 お咲 2 いえば, なす, 顔を

1 [46件] いい撥律, いうだけの, いうべきでこの, いふべく或は, お言い, して, す, その智謀, なにか一, なれ寧ろ, 云うこと, 云うより, 云えば, 云は, 云はんばかりの, 作者の, 全く甲乙, 八つの, 千田権四郎との, 同一内で, 呼ぶ, 大膳大夫盛忠の, 夫婦に, 妓共最初から, 存じたゆえ, 存じます, 存八は, 思うねエ, 急いで, 河野英吉との, 深い關係, 甥の, 申しまして, 申します, 申すの, 相俟つて, 相俟つてゴンクウル, 称す, 莞爾と, 葛子と, 見えませんかと, 観察の, 言いこれ, 言つた, 言わざるを, 隈なく

▼ 妙さん~ (51, 0.3%)

2 に指, のお客様, のこと

1 [45件] か, からよろしく, がぺろぺろ, がまた, が昨日, この男, その子, そりゃ本気, だけを送っ, だと, てえ人, と来たら, どうしっかりしなさい, には竜吉, にも会, に岡惚, に新しく, の児, の内, の写真, の名前, の方, の日, の相談, の肌, の部屋, はお, はおれ, はどう, は何, は出, は実は, は足, ぶっ倒れた, までも狼, もう見忘れなすった, もお前, も驚くだろう, を嫁, を守護, を怨ん, を見懸けた, を観世物, 聞こえるだろうね, 重いで

▼ 妙~ (46, 0.3%)

2 の方, ばかりでなく

1 [42件] からちら, から主人, から委しく, から聞いた, がびっくり, が冗談, が病室, だけだ, で幸子, で雪子, には話さず, に一本, に切り出す, に対して献身的, に話し, の云う, の云っ, の体, の噂, の墨絵, の姿, の将来, の持っ, の死, の気に入らなかった, の消息, の紹介, の経歴, の舞う, の行状, の見る, の身, はたしか, はちやん, はどんなに, は知らなかった, を中央, を可愛がる, を探し, を疑う, を送っ, を間違え

▼ 妙~ (40, 0.2%)

4 に入っ 3 に達する 2 に入る

1 [31件] が現われ, が現われる, が鐘声, こそ一個, であると, とは言, なの, にさ, にはいる, に入り, に到達, に悟入, に深入り, に澄みきる, に耽らう, に触るる, に進み入り, に遊び, に達し, に達し得た, に達し得るなら, に違い, のみを走り, の奥, の尊, の持主, は比較, をここ, をし, を味得, を描い

▼ 妙~ (31, 0.2%)

2 の農牛

1 [29件] から初, で大, で大変愉快, とを南シナ海, と金剛, と黒姫, などの奇峰, にも黒姫, に三度, に依っ, に雪, のよう, の地, の夜景, の奥, の山, の左, の白樺林木, の肩, の観念, の頂, の高嶺, はいくらか, は稍, は良人, は須弥山, も雪空, も黒姫, 続き火打焼山

▼ 妙~ (30, 0.2%)

1 [30件] あり具合, こうなる, これが, さぞ驚くだろう, その中, その非常, どうやら方向, なかるべし, なけれど, また私, めざましい, わたくしには, エッと, 付添いて, 信じて, 嫌とは, 存するの, 居るよ, 弥勒も, 感じられるの, 来て, 欣し, 気が, 流石に, 無くただ順, 言った通り, 近頃は, 雲高き, 顔を, 黙って

▼ 妙椿~ (30, 0.2%)

3 の用人 2 のところ, は新九郎

1 [23件] が主, が乱, が死ね, が浜路, が現れ, という坊主, には内外, に二人, に伝わり, に対抗, の信用, の勢力, の名, の家族, の家来, の指金, はわけ, は一目, は庄五郎, は自分, は長井新九郎, を倒し, を出す

▼ 妙じゃ~ (29, 0.2%)

10 ないか 7 ありませんか 2 ないの 1 ございませんか, ごわせんか, な, ないかね, ない事, なかろうか, ねえか, ねえかよ, アございません, アねえか

▼ 妙和尚~ (27, 0.2%)

1 [27件] うつしの, からお, からお手本, からこの, から与八殿, から授けられ, がある, がいちいち, がよく, が伴僧, が受取っ, が彫刻, が手ずから, が抑え, が説明, とてもあんまり商売, と与八, などもお松, について和讃, に尋ね, の手, は与八, は広い, は石鑿, もよく, も芝生, や与八

▼ 妙~ (26, 0.2%)

1 [26件] がある, がいいふらした, が別, が教外別伝, が現れ, が説かれ得ない, こそ, ではない, という四十がらみ, とはダメ, とは三乗十二分教, とヤス, と名, の外, の大, の対立, の情婦, の策謀, の魅力, はこの, は人心シュウラン術, は婦人, は釈迦, も別, を正伝, 両寺

▼ 妙~ (24, 0.1%)

3 と京二郎

1 [21件] が, が同じ, が答, が自分, が覚悟, が言, であつ, とあり, とこれ, と妙海, に言, のもの, の帰らない, はこれ幸ひと, は別, は当の, は清元, は物おじ, は相手, は色々, や安川

▼ 妙~ (24, 0.1%)

2 がある, は一面, を闡

1 [18件] かとひそか, であって, である, となろう, にある, のある, の片手, の驚ろ, は一概, は判らぬで, は秘し, も, をとり逃し, を人工的, を懐, を捨てる, を窺え, を邪魔

▼ 妙~ (23, 0.1%)

2 は庫裡

1 [21件] が飛ん, だけにこう, とは日ごろ, と父, にもだまっ, に与えた, の口, の寝, はあきれた, はいま, はしぶしぶ, はふと, はまた, は眼, は自分一人, は驚い, も今, も思う, も起きぬけ早々, や宗榮, を見た

▼ 妙なり~ (22, 0.1%)

4 と称讃 2 空想の

1 [16件] その爪, たった五十円きり, というべし, といふべし, とて則, とはこういう, と大, と手, と言わん, と雖, なぞとよろこび, また不可思議, や秋, 必ずわれ, 自転車は, 身には

▼ 妙~ (21, 0.1%)

1 [21件] あなたの, あれどう, あれほど, あれ程, え母上, くちやかましいし, こういう風, すこし, そういえ, だってこころ, どうして小石川, 何だか, 却ってさっぱりしなく, 女の, 歯の, 然うい, 父様あっちに, 独りに, 考へ, 髭を, 鶴さんきょうこの

▼ 妙~ (21, 0.1%)

1 [21件] あること, がある, であると, でいわば, という智慧, と言う, などにかなっ, にいわゆる, に逆らわない, に過ぎない, の徳, はまた, は実に, は此処, を呈する, を嘆美, を有し, を現ずる, を發揮, を知つた, を知り

▼ 妙~ (21, 0.1%)

2 の天女

1 [19件] で, でシュリーマン, ともなれ, と美貌, なるも, になる, に至らせ, のもの, のブリセーイス, のブリーセーイス本, の女神, の娘, の婦人, の婦女, の婦女子, の子ら, の處女, の貴, を我が

▼ 妙~ (20, 0.1%)

1 [20件] いるか, おらぬか, がしたため, がのう, という法師武者, とに行きあう, と顔, などが驚き顔, などと会い, の姿, の後, は, はいる, はうれし, はこの, は以前, は尊氏, は手造り, やその, よりその

▼ 妙~ (19, 0.1%)

1 [19件] からも習っ, が, が茶釜, といい, という人, といっ, とそう, にも話し直し, のそれ, はいろいろ, はさも, はそう, はその後, は意外そう, は立っ, は粥, は茶釜, も光悦, や光悦

▼ 妙である~ (18, 0.1%)

2 がこれ

1 [16件] が, がその, が元, が其処, が日本, が現在, が盆地, しおもしろく, とも云い, とも勝たね, と云う, と思った, と申した, 悪心などは, 至極宜い, 誠に結構

▼ 妙だった~ (17, 0.1%)

4

1 [13件] か, かもしれない, けれど私, ときよく, には違い, ねだが, のです, のを, よ, わ, わ目白, 事は, 嫁の

▼ 妙~ (17, 0.1%)

2 のところ

1 [15件] があんまり, がねこみ, がふと, がアンマ, そうで, のイビキ声, の代診, の代診仙友, の夜食, はいったん, はサカズキ, は彼, は持病, よりも先, 気に入るよう支度

▼ 妙秀尼~ (17, 0.1%)

1 [17件] が, が入れ, が枯野見, が着せ, にこう, はもう, は二人, は坊舎, は変, は彼, は振り, は衣裳箪笥, は門, もご, も案じる, やまた, を相手

▼ 妙~ (15, 0.1%)

1 [15件] がある, がここ, すなわち真如即万法, というもの, について如来, にはただ, の存する, を会得, を思索, を悟る, を活用, を看取, を観ぜしめ, を観察, を豁破

▼ 妙~ (15, 0.1%)

1 [15件] あるを, から来る, がある, だった, だと, ですぞ, なる乎, なれば, にご, に舌, の解説, をあらわす, をもっ, を伝える, を使った

▼ 妙にも~ (14, 0.1%)

1 [14件] あらず實, かれこれは, ぢも, つたいぶつて, ならず本当に, 思った, 思はぬといふ, 我が天授, 美しい事, 見えないで, 見て取られて, 観察される, 達ししかも, 麗しい声

▼ 妙庵先生~ (14, 0.1%)

1 [14件] おそるおそる足, が伊勢屋, が怖い, が膝, のところ, のウチ, の代診, はこの, はその, は全く, は自分, もサジ, をもん, 起きて

▼ 妙~ (14, 0.1%)

1 [14件] が自刃, と彼, のこの, の子, の床几, の末子, の死, の消息, の職, の追善, の遺書, の顔, は健在, を弔うであろう

▼ 妙月庵~ (14, 0.1%)

1 [14件] から淡路屋, には修復, に入った, に入る, に押し入り, に押し入ろう, に潜り込む, の前, の床下, へ, をいい, を取巻く, を襲っ, を襲った

▼ 妙テコリン~ (13, 0.1%)

2 なもの

1 [11件] なヘソ, な信義, な名, な物識り, の事, の写真, の出来損いが, の対照, の服, の服装, の第一人称

▼ 妙~ (13, 0.1%)

1 [13件] が自, たちまち地金, との前々, と名づけた, の合唱, は名, を一室, を唱え, を殺, を満, を發, を見まし, を輝かし

▼ 妙~ (13, 0.1%)

1 [13件] がもの言い, の上手, の今, の方, の面, は不安, は心中, は怪しき, は残らず, は立てる, は鬼女, もこれ, を視つめ

▼ 妙~ (13, 0.1%)

2 の信仰, の出店 1 がす, ですよ, と手, など問題, においては朝晩タイコ, にす, のオバサン, の手切り, へ乗りこむ

▼ 妙でげす~ (12, 0.1%)

31 おんなじ家が, な久しい, な是, な貴方, ね, ねえ, ねえ御, ハヽそれは, 貴方此方は

▼ 妙チキリン~ (12, 0.1%)

2 なその 1 である, なもがきかた, なピジャマ, なピヂャマ, な一語, な不良少年, な人, な伊達ひき, な自, に古風

▼ 妙~ (12, 0.1%)

1 [12件] が却つて抱朴子, が然, とを照らし考へる, にも符, のはじ, の仙, の此の世, の符, の記事, は甚だ, や北斗經, をも見た

▼ 妙光尼~ (11, 0.1%)

1 [11件] が帰依, が後家, といっ, と本願寺方, に与えられる, のため, のなした, の手, の老後, の良人, はだまっ

▼ 妙でない~ (10, 0.1%)

1 か, から失敬, というの, とも思った, と云う, と思う, やうに, よまた, 子に, 法律を

▼ 妙不可思議~ (10, 0.1%)

2 な芸術 1 が私, だろう, なも, な怪現象, な手法, な頭, の通力, の鳥打帽

▼ 妙~ (10, 0.1%)

1 が, が六十五歳, である, の女, の最も, は年, は特に, は眼病, は韮山, を引き取る

▼ 妙~ (10, 0.1%)

1 されど普通, だといふ, であると, と書い, と記したる, の力, はどう, を其上, を心得, を惠

▼ 妙という~ (9, 0.1%)

1 ことを, のが, のは, ものは, 坊さんは, 奴だ, 奴ほど, 妹と, 本じゃが

▼ 妙解院殿~ (9, 0.1%)

2 の位牌, へかの, よりも出格 1 の御, の御代, 同肥後守光

▼ 妙~ (9, 0.1%)

2 がどう 1 のこと, の住持, の裏門, はいったい, へいっ, へはもう, を世話

▼ 妙ならず~ (8, 0.0%)

2 とせむや 1 とはいい, と思へ, と直ぐ, 市街も, 戸は, 理想家としての

▼ 妙には~ (8, 0.0%)

2 どうしてよい 1 このやう, ばったい口元, 不如, 指も, 身寄りも, 配偶は

▼ 妙~ (8, 0.0%)

21 が出掛け, と云う, の梵妻, はもし, は思った, 妙善

▼ 妙~ (8, 0.0%)

2 人の 1 である, の火口丘, 人が, 人である, 人として, 白氈に

▼ 妙~ (8, 0.0%)

1 といふのみにて戲曲, として指し示す, なり, になる, は實, は寧ろ, を求める, を發揮

▼ 妙覚尼~ (8, 0.0%)

1 が武州公, と云う, の筆, の臆測, の説, は武州公, は直接此, も云う

▼ 妙さま~ (7, 0.0%)

1 か, からお先に, に持っ, のお, のため, の尼美人ぶり, をお

▼ 妙~ (7, 0.0%)

5 やない 1 や, や妙ぢ

▼ 妙なら~ (7, 0.0%)

1 ざるには, ざるは, すぐやっ, ねど東西, ばわれ, む, んと

▼ 妙~ (7, 0.0%)

3 なア 1 あらゆる拙, ちふん, 坂東武者の, 妙玉の

▼ 妙~ (7, 0.0%)

1 というは二十年前, なり, の如き, の存, は実に, を見て取っ, を説いた

▼ 妙~ (7, 0.0%)

2 を感得 1 さ, ではない, は印象, もただ, を體得

▼ 妙~ (6, 0.0%)

3 やない 1 ゃあげえせんか, ゃげえせんか, やありません

▼ 妙でしょう~ (6, 0.0%)

2 がない 1 が, て, と言っ, 日本の

▼ 妙テコレン~ (6, 0.0%)

1 なしかし, なもの, なアイクチ, な夢, な数々, な病気

▼ 妙了尼~ (6, 0.0%)

1 がいた, が渋江家, と号, の親戚, の身の上, はこの

▼ 妙光女~ (6, 0.0%)

1 で願, とも善光女, の五百人, の仏話, を見, 死すと

▼ 妙~ (6, 0.0%)

1 がいつのまにか, だけはこの, とが結託, にし, に箔, の三名

▼ 妙~ (6, 0.0%)

1 として馬関, ならぬは, ならめ, なり, にはいささか, を整うる

▼ 妙国寺~ (6, 0.0%)

1 で土佐, と云う, に土州兵ら, の蘇鉄, の財宝, へ行こう

▼ 妙泉寺~ (6, 0.0%)

1 で待ち合わせる, で逢っ, とぶらひける, はこの, へいっ, へかけ

▼ 妙~ (6, 0.0%)

1 の麗わし, は之, をしみ, をたたえ, を保持, ヲ見

▼ 妙~ (6, 0.0%)

1 があり, という婦人, と改めて, の人柄, の娵入道具, は剃髪後

▼ 妙~ (6, 0.0%)

1 にのみ失したる, のみにては文芸, の罪, もある, を弄ぶ, を退け

▼ 妙あり~ (5, 0.0%)

3 てさ 1 山猟に, 芝居には

▼ 妙だろう~ (5, 0.0%)

1 と思われる, と独り, と竹刀, と言う, な

▼ 妙な云い~ (5, 0.0%)

2 方を 1 わけ役を, 方だ, 方ながら

▼ 妙~ (5, 0.0%)

1 ありて, が世眼, といえ, にあらずし, によって変性

▼ 妙~ (5, 0.0%)

2 なり 1 にヒラリ, に至り, を与

▼ 妙~ (5, 0.0%)

2 の威 1 な線, の精緻, の赴き

▼ 妙本寺~ (5, 0.0%)

2 の方 1 に海棠, の境内, の墓

▼ 妙~ (5, 0.0%)

1 だとかが, です, にあらざれ, はある, を揮っ

▼ 妙~ (5, 0.0%)

3 を行 2 の法

▼ 妙~ (5, 0.0%)

2 なりけり 1 に牽かされ, は多分, は寧ろ

▼ 妙雲寺~ (5, 0.0%)

2 の墓地 1 あり, の岡田道彦, を間却

▼ 妙~ (4, 0.0%)

1 と余, なあ, に見せたかった, に酔

▼ 妙てこ~ (4, 0.0%)

2 なもの 1 に昔, りんな

▼ 妙といふ~ (4, 0.0%)

2 のは 1 ことを, ものを

▼ 妙とは~ (4, 0.0%)

1 どう妙, まるで別人, やや離れた, トオンである

▼ 妙とも~ (4, 0.0%)

1 云える, 何とも思わなかった, 思わなかった事, 顔を

▼ 妙な死に~ (4, 0.0%)

2 方を 1 かたを, 方なんぞ

▼ 妙な破~ (4, 0.0%)

4 目に

▼ 妙にもの~ (4, 0.0%)

1 あわれ, 優しい女, 好きな, 足りなかったが

▼ 妙~ (4, 0.0%)

1 なる姿, なる洋琴, 入れ揚げた講中, 顎を

▼ 妙~ (4, 0.0%)

1 工合ニ縺レ合ッテ歩ケナイヨウニナル, 濁声ニナッテ何ヲ, 笑イ方ヲ, 話ヲシタ

▼ 妙信寺~ (4, 0.0%)

1 か, であった, です, へ出かけ

▼ 妙光様~ (4, 0.0%)

1 と天草商事, の生態, の謎, は宇宙

▼ 妙大神~ (4, 0.0%)

1 とお, のオボシメシ, のゴセンタク, の御意

▼ 妙~ (4, 0.0%)

2 の本 1 の本懐, の頌文

▼ 妙~ (4, 0.0%)

21 なる筆力, に驚歎

▼ 妙~ (4, 0.0%)

1 とは大分, の人生, をほしい, を以て自ら

▼ 妙~ (4, 0.0%)

1 の境界, を与える, を与へる, を得た

▼ 妙~ (4, 0.0%)

1 に祈つ, の可愛い, の御, の御意

▼ 妙~ (4, 0.0%)

1 あるいは剛蓮華生等, あるいは執, の大堂, の夫婦

▼ 妙~ (4, 0.0%)

1 さすがの, であるの, なりと, 世にも比

▼ 妙~ (4, 0.0%)

1 がうまく, だ, に心気, を極めた

▼ 妙花園~ (4, 0.0%)

1 に行く, は不賛成, へ行く, まで行かない

▼ 妙花天~ (4, 0.0%)

3 に遊ぶ 1 に遊ん

▼ 妙~ (4, 0.0%)

1 である, と言おう, のはたらき, を悟った

▼ 妙青寺~ (4, 0.0%)

1 の山門, の畠, の真道長老, へ寄附

▼ 妙高温泉~ (4, 0.0%)

2 と沓掛, へは初夏

▼ 妙高火山群~ (4, 0.0%)

1 と岩菅, と戸隠, に属する, の雪

▼ 妙~ (3, 0.0%)

1 かいこは, 妙, 妙お

▼ 妙から~ (3, 0.0%)

2 遠くない 1 次第に白妙

▼ 妙だって~ (3, 0.0%)

1 お前達は, まるで忘れ, 云わずと

▼ 妙でも~ (3, 0.0%)

1 あって, 仕方が, 何でも

▼ 妙なうなり~ (3, 0.0%)

2 声を 1 ごえを

▼ 妙な苛立たし~ (3, 0.0%)

3 さを

▼ 妙な話し~ (3, 0.0%)

1 がある, になった, をし

▼ 妙~ (3, 0.0%)

1 があと, がどう, が弥吉

▼ 妙不思議~ (3, 0.0%)

1 だね, な事, の忍術

▼ 妙~ (3, 0.0%)

1 だった, であった, で綿々

▼ 妙~ (3, 0.0%)

1 と申す, の一念力, を自得

▼ 妙~ (3, 0.0%)

1 ではない, もあたかも, を附けさせ

▼ 妙和尚さん~ (3, 0.0%)

1 からこの, から描い, もそう

▼ 妙~ (3, 0.0%)

1 は生れ, は近所, を手込め

▼ 妙恵入道~ (3, 0.0%)

1 がおりまする, が子, が筑紫入り

▼ 妙~ (3, 0.0%)

1 はいくら, も諧謔的, を一つ

▼ 妙振出し~ (3, 0.0%)

1 がございます, なぞあ, を煎じ

▼ 妙~ (3, 0.0%)

2 を玩味 1 を悟り

▼ 妙~ (3, 0.0%)

1 のひらける, を発する, 果たして中

▼ 妙~ (3, 0.0%)

2 寺川と 1 寺の

▼ 妙~ (3, 0.0%)

1 という尼, ッ赤に, 寺長老不

▼ 妙竹林~ (3, 0.0%)

1 なこと, な物, な芸当

▼ 妙~ (3, 0.0%)

1 は即ち, を以て徒ら, を揮っ

▼ 妙華園~ (3, 0.0%)

1 に行きましょう, に行った, の温室

▼ 妙~ (3, 0.0%)

2 に到らざる 1 の位

▼ 妙解寺~ (3, 0.0%)

1 が建立, は出来, を熊本城外

▼ 妙~ (3, 0.0%)

1 ふべからず, ふべからず候, ふべからず誠に

▼ 妙たる~ (2, 0.0%)

1 ところな, ゆえんを

▼ 妙ちく~ (2, 0.0%)

1 りんじゃあ, りんな

▼ 妙ちゃんと~ (2, 0.0%)

1 二人で, 同じ早

▼ 妙ちやん~ (2, 0.0%)

1 あく, に手伝つて

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 けりん, 居る樣子

▼ 妙であった~ (2, 0.0%)

1 が乗客, が階段

▼ 妙であろう~ (2, 0.0%)

1 し北斎, 政治あるいは

▼ 妙でございます~ (2, 0.0%)

1 ねえその, よ

▼ 妙でした~ (2, 0.0%)

1 が今, よ

▼ 妙ない~ (2, 0.0%)

1 きづかいが, でたち

▼ 妙なき~ (2, 0.0%)

1 もちっていうの, もちに

▼ 妙なこり~ (2, 0.0%)

2 方を

▼ 妙などは~ (2, 0.0%)

1 到底わかろう, 後室と

▼ 妙なひ~ (2, 0.0%)

1 げを, ッかかりで

▼ 妙なれ~ (2, 0.0%)

1 ばかれ, ば学習院

▼ 妙な取り合せ~ (2, 0.0%)

1 で並ん, は何となく

▼ 妙な呻き~ (2, 0.0%)

1 を聞いた, 声を

▼ 妙な呼び~ (2, 0.0%)

1 方で, 方を

▼ 妙な曇り~ (2, 0.0%)

1 があった, を落させた

▼ 妙な歩き~ (2, 0.0%)

1 っぷりだ, 方を

▼ 妙にから~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ 妙にな~ (2, 0.0%)

1 のれる, ま白い

▼ 妙によ~ (2, 0.0%)

2 ゆうの

▼ 妙に対してのみ~ (2, 0.0%)

2 嬉しがる

▼ 妙テケレン~ (2, 0.0%)

1 なプラチナ, な踊り

▼ 妙~ (2, 0.0%)

2 の妙

▼ 妙作用~ (2, 0.0%)

1 ある張る氣, である

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 なこと, も知らず

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 なりなど答, も榛名

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 を伴, 出て

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 だと, とする

▼ 妙因縁~ (2, 0.0%)

2 なり天

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 とが深けれ, と威厳

▼ 妙実に~ (2, 0.0%)

1 一分は, 言うべからざる趣

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 とよばれ, の夫

▼ 妙幢菩薩~ (2, 0.0%)

1 の所行, を讃

▼ 妙庵先生これ~ (2, 0.0%)

1 を耳, を訪れまし

▼ 妙心房~ (2, 0.0%)

1 といっ, の弟子

▼ 妙心派~ (2, 0.0%)

1 と建長寺派, のお寺

▼ 妙念顕~ (2, 0.0%)

2 わる

▼ 妙恵貞経~ (2, 0.0%)

1 が先, はうめいた

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 は多言, を得

▼ 妙想胸~ (2, 0.0%)

1 に溢れ, に躍り

▼ 妙成寺~ (2, 0.0%)

1 はそこ, へ参詣

▼ 妙手段~ (2, 0.0%)

1 であった, もなし

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 を用いた, ヲ観

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 について名, を盡

▼ 妙景奇状筆~ (2, 0.0%)

2 をもつ

▼ 妙月長者~ (2, 0.0%)

2 という人

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 の如く, を受け

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 にかかっ, をひ

▼ 妙殺し~ (2, 0.0%)

1 の下手人, の疑

▼ 妙泰寺~ (2, 0.0%)

1 の住職, の明導

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 とは最前, と妙源

▼ 妙源ら~ (2, 0.0%)

1 がまっさきに, はべつ

▼ 妙無言~ (2, 0.0%)

2 でそれ

▼ 妙理大菩薩~ (2, 0.0%)

1 に面謁, の示教

▼ 妙等一同~ (2, 0.0%)

2 ゾロゾロ花道

▼ 妙精美~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 妙自身~ (2, 0.0%)

2 まで疲れ果て泣き出し

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 なりその, は現に

▼ 妙解院殿存じ~ (2, 0.0%)

2 寄らざる御

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 に隻耳, を作った

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 が王舍城, は無

▼ 妙賢女~ (2, 0.0%)

1 と合会, を娶り

▼ 妙達さん~ (2, 0.0%)

1 ですか, 何とかてい

▼ 妙音楽~ (2, 0.0%)

1 は, 起る

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 をうけた, を工夫

▼ 妙高山~ (2, 0.0%)

1 と地獄谷, へ行く

▼ 妙高山麓~ (2, 0.0%)

1 に旅, の非常

▼ 妙高院~ (2, 0.0%)

2 に案内

▼ 妙高黒姫~ (2, 0.0%)

1 の連山, も峰

▼ 妙高黒姫飯綱~ (2, 0.0%)

1 の山, の嶺

▼ 妙~ (2, 0.0%)

1 なお銀様, な美人

▼ 妙黙っ~ (2, 0.0%)

2 て子供

▼1* [439件]

あとより昭全, 妙あらば如何, 妙ある事多し, 妙いうべからざるものが, 妙いかに今の, 妙隠し立てを, 妙なる世界, 妙お前もう戻り, 妙ただ大, 妙かとぞんじまする, 妙からはズッと, 妙がる人さまざまの, 妙くも彼は跂, 妙くも為たりとや漫笑, 妙ことも無く, 妙さしも厳しかりける, 妙さま丈夫か, 妙さらばだ, 妙さんあたしにつかまっ, 妙さんお前も甚伍左, 妙さんお前俺の女房, 妙さん奥へ行っ, 妙さん子供達を育て, 妙さん子供達丈夫でいるの, 妙さん達者かえ, 妙さん鰻がどう, 妙しかし何となくきたない, 妙じゃあないか, 妙じゃと思うて, 妙そう言う子供三, 妙そういう子供三の, 妙そこを彫る, 妙それ故に他, 妙それでは身体を, 妙たとえば真名盤の, 妙たなびく雲の, 妙だけは不思議な, 妙だつたので突差, 妙ゃんのあのあわれげな視線を, 妙ちゃん羽根つこうよう, 妙ちゃん自身で書いた, 妙ちゃん雛勇はんとは段々, 妙てこ理屈についてあなた, 妙てめえ今日はどう, 妙であってどんな, 妙であったらしく兄たちは, 妙でありどうした, 妙でありまして万一, 妙でしやうほら, 妙ですですからうち, 妙でなく着こなせて居る, 妙でねえな, 妙で無ければならぬ, 妙といはまく, 妙といった顔で, 妙とか申しは, 妙とかいう意味です, 妙として唐土の, 妙とともにそとへ, 妙との關係は, 妙と共にそれが, 妙どのと言っ, 妙なあせりかたを, 妙なあやまり方が, 妙なありさまに, 妙ないれずみでござん, 妙なうなりをあげはじめた, 妙なうごきが歴然と, 妙なうめきを揚げる, 妙なえろきゆうしよんがある, 妙なかたまりのよう, 妙なかびのよう, 妙ながら相當, 妙なこっちゃ, 妙なしなして, 妙なしめくくりをつけた, 妙なじぶくり顔や, 妙などろの, 妙などで歌舞伎座は, 妙なのろけを始めた, 妙なひっかかりで右門が, 妙なひびきを持った, 妙なふるまひを, 妙なふるえ声で, 妙なへだたりは前, 妙ならず候えどもスカイライン, 妙なりければ我, 妙なるあめつちの, 妙なわらい方を, 妙な下らぬ小説や, 妙な仕構けは, 妙な似而非童話を, 妙な信じる事は, 妙な偏った一種の, 妙な光りかたである, 妙な凝い方を, 妙な凝ったひねたものまでが, 妙な凝り方を, 妙な凹みが癒, 妙な判じものの, 妙な力み方を, 妙な取り合せですなあ, 妙な吠え方を, 妙な嗄れ声で, 妙な坐椅子の, 妙な外れ方を, 妙な寂れた堀の, 妙な尖った屋根なぞ, 妙な屈み腰を, 妙な当こすりのよう, 妙な思い出し笑いの, 妙な思ひつきを, 妙な思ひ出し笑ひ, 妙な思わく違に, 妙な憐れみを催した, 妙な懸稲の, 妙な持ち方で, 妙な探り合いの気配, 妙な搾るような, 妙な殺氣を, 妙な気取を持っ, 妙な泣くような, 妙な焦しさが, 妙な申し様でございます, 妙な疑を起す, 妙な疑ひを被せられ, 妙な痩せ男の, 妙な睨み合いがつづいた, 妙な知りびとを, 妙な笑いたい気の, 妙な粘りッ気が, 妙な組みあわせの同行二人, 妙な結い方ねえ, 妙な繰り方を, 妙な置き方を, 妙な聞き方を, 妙な聴きなれない音が, 妙な膨れが目立つた, 妙な苛立ちを覚えた, 妙な落ち方を, 妙な衒いとちがった, 妙な見透かせない心の, 妙な言い廻しでしょう, 妙な話しだが実は, 妙な誇に似た, 妙な責められるやうな, 妙な赤茶けたあたたかい色, 妙な走り方を, 妙な逢い方を, 妙な違ったことを, 妙な遣瀬ない, 妙な間違ったことを, 妙な飲みかたを, 妙な饐えたような, 妙にかの寺男を, 妙にかはって行くの, 妙にがつかりして, 妙にずつた音, 妙にとっては消え入りたいよう, 妙にとり済して, 妙ににほへる心とく, 妙にねぢくれました, 妙にのたの, 妙にぶッつりし, 妙ねえ確かに, 妙ねえというだろう, 妙のみのりの, 妙ほとんど神の, 妙ほどの悧巧な, 妙まあそんな気, 妙妙よ, 妙よく相配合, 妙より妙に, 妙よりも綺麗な, 妙よろしきを得た, 妙らしいものだ, 妙豆腐に, 妙りだのを, 妙りつけて旅先, 妙をも捨てるか, 妙を以て天下を, 妙なってるひと, 妙ウ容子振つた態, 妙ウ法蓮華経もし, 妙チャンと云う, 妙ナオ願イヲスルヨウダガアッタラ売ッテ貰イタイモノガアルンダ, 妙ナモノニナッタデハアリマセヌカ才人ゾロイデ豪傑ゾロイデイヤハヤ我々枯稿連ハ口ヲ出ス, 妙ニ挑発的ニ見エルコト, 妙得硯箱茶器, 妙一家と忽ち, 妙不可説でもない, 妙助という, 妙の床, 妙乗日進大姉である, 妙なこと, 妙に二女, 妙仙寛政二年に歿, 妙以上の美人, 妙仰天するばかり, 妙会話の味, 妙伝方と記され, 妙うも, 妙信さんはオセッカイ, 妙信京二郎安川らの一行, 妙信尼がいかに, 妙傾城八つ橋の花, 妙光其他を度, 妙光坊の阿闍梨玄尊, 妙光女魂既に亡, 妙光室内でかの, 妙光尼どのでお, 妙光様直々のオサトシ, 妙光死して, 妙光皚々たるヒマラヤ, 妙光禅尼にはもと, 妙光裡に接, 妙全く独特の, 妙其の品位に, 妙其外花盛に御座候而驚目申候, 妙内々御様子, 妙の略, 妙円寺参りと同じ, 妙再びあやしながら, 妙であったから, 妙大明神, 妙刺却つて痴言の如く, 妙だと, 妙である竹刀, 妙であると, 妙の胆略, 妙なりと, 妙反復数回発明するところ, 妙の孫子呉子, 妙古い都の, 妙句味ひ多し, 妙そのま, 妙吉あれにご, 妙吉祥平等観門大教主経, 妙名画のしるし, 妙呪者は常, 妙品假令何等の良藥, 妙善から直接に, 妙国寺門前に南蛮, 妙に達する, 妙という小さい, 妙墨蹟好畫幅等, 妙変臨機大いによろしい, 妙大いに面白しと, 妙大明神だつた, 妙天地をつ, 妙太鼓四ツ竹などを叩, 妙奇怪な世界, 妙奇談の発刊, 妙へ消える, 妙妙そこを彫る, 妙妙奇談の発刊, 妙妙白骨絵巻一巻古え, 妙婉転たる文章, 妙子一人に預け, 妙哉, 妙宝山の様, 妙日相信女己丑明和六年四月廿三日, 妙寫したるに於, 妙へい, 妙寿宮にて使用中, 妙尼御前名宛には御膳料, 妙山口にて一世界, 妙の貼り, 妙幢菩薩鷲峯山に仏, 妙年女子の為め, 妙庵ハヤが餌, 妙庵丸櫓へ矢文, 妙庵先生下情に通じ, 妙庵妙庵ハヤが餌, 妙引っ込んでいる, 妙の卓抜, 妙徳山悟真院というお寺, 妙心対立の浮説, 妙念これにつづき, 妙の魔力, 妙恵以下すべてそのとき, 妙恵入道以下の黒焦げ, 妙恵様宗応蔵主さまご一族, 妙悟彼が二乘, 妙深禅身, 妙所謂三拍子揃い柳, 妙の奥儀, 妙教ぢやア, 妙教支部を訪れた, 妙文辞を傭, 妙旅客必ずこれ, 妙日母を妙蓮, 妙早口に, 妙明離微たり, 妙智力を備え, 妙智力旦那様と私, 妙智麒麟な奴, 妙に対し月桂冠, 妙月大姉としてある, 妙などは限定, 妙な男, 妙林寺の松山, 妙栄禅定尼と彫られた, 妙や出, 妙桂さんアノ一寸和尚様に告げ, 妙椿派の頭目, 妙極まっている, 妙極みなきプロバビリチイ, 妙極楽の光景, 妙構えである, 妙機変通のある, 妙に住めざれ, 妙の湧き出, 妙んど, 妙段六などをつぎつぎ, 妙の成る, 妙水無瀬は小町, 妙汝ア気でも違った, 妙泉寺坂の上, 妙法華經とでも題目, 妙浄善大姉三回忌仏事献立控の廿四日十二人前, 妙浄大姉行年三十二歳とはそれ, 妙消息が有る, 妙清寺境内雪舟築くところ, 妙源願文を, 妙滿の精舍, 妙漸く熟す, 妙無きことあらじ, 妙をもっ, 妙狂言ありしか, 妙独創の才, 妙のいさ, 妙珍鍛の兜, 妙理外の理, 妙理大菩薩十一面観音阿弥陀如来聖観音の四仏, 妙理自然の大作用, 妙瑩大禅尼と云, 妙を身, 妙を蔵, 妙異な冠が, 妙痴奇林の唐変木, 妙癡奇林なの, 妙白骨絵巻一巻古え, 妙相奇挺黒白短なく肥痩所, 妙相端厳仄かに円光, 妙眞日實信女文化十二年乙亥正月十七日と書し, 妙真にも似た, 妙真人である, 妙秀でして武蔵どの, 妙秀尼様にもお世話, 妙秀尼権之助, 妙秀母子にいつか野辺, 妙が肉, 妙積嶺をミョンチョクチェー, 妙を通してフチ, 妙童女とされた, 妙に, 妙等一同ゾロゾロ町, 妙をする, 妙算奇謀の, 妙好, 妙聖の, 妙純愛観ならびに雪山, 妙を読誦, 妙なる所以, 妙絶世の四個, 妙經六十一卷にあらはれ, 妙經百部繪島殿とある, 妙經靈書上下篇を受けたらしい, 妙禅定尼, 妙義也豐臣秀吉は榛名也, 妙義様へ祈っ, 妙考証の厳, 妙色香等閑に看る, 妙花園なんざそんな参考, 妙芳麗な工芸, 妙の士, 妙華花咲く池, 妙と法号, 妙蓮華の莟, 妙藥テレメンテーナと稱物, 妙術審諦して, 妙術自然に会得, 妙衣厳飾念うところ随意, 妙見越を過ぎる, 妙覚院の主, 妙あるを, 妙と謂, 妙觀その他の僧尼, 妙解院台雲五公居士と号す, 妙解院殿卒去遊ばされ次いで, 妙解院殿台雲宗伍大居士, 妙解院殿御卒去の砌, 妙解院殿御弟君中務少輔殿立孝公, 妙訳文に優る, 妙証大姉と申します, 妙詮寺の角, 妙あり, 妙語紙上に相, 妙この境地, 妙豊大姉というの, 妙は形無し, 妙趣向が浮かんだ, 妙の瞬時, 妙輪院清芳光桂大姉である, 妙より發, 妙達さんお礼のことば, 妙達比丘尼天明七年丁未八月十一日, 妙日量信女文政十二己丑六月十四日, 妙配備の要, 妙を条件, 妙院道意日深信士, 妙をねっ, 妙にし, 妙のはる, 妙雲尼この地, 妙青寺山門下の宿, 妙青寺拝登長老さんにお, 妙青禅寺の本堂, 妙面白の振り, 妙音声は朗々, 妙音海潮音の海, 妙を聞きすましたい, 妙を出した, 妙高北アルプスをも一眸, 妙高尼の襁褓乞, 妙高山腹の赤倉温泉, 妙高嶽の秀, 妙高戸隠競ひ立つ, 妙高戸隱飯綱の諸山, 妙高赤倉そして武田家, 妙高赤倉池の平関燕等の温泉, 妙高黒姫戸穏の山々, 妙高黒姫等の諸山, 妙高黒姫飯繩の三山, 妙鬼神も測り, 妙の聖なる, 妙の, 妙齡十六の時