青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「工場~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

州~ ~巡査 巡査~ ~巣 巣~ 工~ 工事~ ~工合 工合~ ~工場
工場~
~工夫 工夫~ 工業~ ~左 左~ ~左右 左右~ ~左手 左手~ 左様~

「工場~」 4888, 53ppm, 2205位

▼ 工場~ (1372, 28.1%)

23 中に 20 方へ 16 中で 15 汽笛が 14 ような 13 中の 12 中へ 10 方で 8 門の, 門を 7 ために, ように, 中を, 煙突から 6 中は 5 前を, 労働者の, 方は, 煙突が, 煙突は, 隅で

4 [13件] ことを, 一部に, 事を, 前に, 前の, 大煙突, 女工に, 建物の, 方から, 方を, 裏へ, 門から, 隅から

3 [19件] 中から, 中でも, 中には, 主人が, 内に, 内部を, 労働者が, 労働者に, 女工さんは, 女工の, 屋根が, 様子を, 汽笛の, 煙突の, 煙突や, 生活が, 窓から, 職工たちが, 隅に

2 [94件] である事, なかの, なかを, ほうから, やうに, ようだった, ストライキの, モーターが, 中では, 中にも, 主人の, 事, 事務員で, 二階で, 二階の, 人たちは, 仕事の, 仕事を, 倉庫らしい, 入口から, 内部へ, 前で, 前へ, 創設された, 労務者といふ, 友だちに, 周囲を, 土間に, 地下室へ, 塀で, 塀に, 外で, 外に, 女工にな, 女工を, 小僧共が, 工員の, 帰りに, 庭に, 建物と, 建物を, 応接室へ, 意味が, 托児所へ, 技師長を, 持主であった, 支配人を, 数は, 数を, 敷地に, 文学研究会が, 方が, 方じゃ, 方にも, 方の, 旦那よ, 機械が, 機械の, 機械は, 機械を, 水車の, 汽笛は, 泥を, 灯が, 煙突からは, 煙筒が, 煙筒などが, 煙筒の, 盛んなる, 監督が, 社長の, 窓が, 窓も, 窓を, 笛が, 笛は, 組織を, 者は, 職場で, 職場を, 職工が, 職工たちの, 職工たちは, 職工に, 職工も, 職長に, 裏で, 裏に, 話, 跡だ, 連中が, 門前に, 高い煙突, 高窓

1 [872件 抜粋] あたりからはずつと, あちこちを, あっちこっちと, ある, あるだけで, ある地区ソヴェト, ある小さな, ある構内, あれだけの, いろんな細かい, うしろの, お転婆を, かたすみ, ぐるりに, こちたい赤, ことで, ことなんか, こまかい日々, さくに, すぐ傍, だいじな職長, つんぼの, どこかに, ない都市, なかは, はうに, はうへ, ひけ時で, ほうからの, ほうに, ほうの, ほうも, ほかに, まん中に, まん中の, わきで, インクの, オヤジが, オルグを, クラブ図書室から, コムソモールが, サイレンが, サイレンで, サイレンや, スウィッチの, ストライキという, ストーブの, ツル, デッキの, トタンの, トタン屋根に, ヒューッという, プロレタリアートが, ベルトに, ボーなど, ポンド式ガラス屋根の, リベットハマーの, 一つ西洋風の, 一大産業と, 一技師長にしか, 一社員寮の, 一般集会で, 一連れ丼たたい, 一隅で, 一青年労働者であった, 三本の, 上に, 上を, 世話係封筒かき, 並んだあたり, 中さ, 中などで, 中も, 中兵営の, 中庭から, 中隊は, 主だった, 主人だ, 主人としての, 主人一族とも, 事務員, 事務員だつた, 事務員浦辺三十五六歳洋服を, 事務室の, 事務所からは, 事務見習に, 二円よりか, 交代時間託児所から, 人々が, 人々は, 人たちなら, 人であった, 人や, 人らしい, 今度の, 仕事が, 仕事で, 仕事までを, 仕事場では, 代表者達で, 仮装団は, 仲間が, 仲間に, 伍長を, 休み時間に, 低い煙突, 何処かで, 作業が, 作業を, 例は, 係りと, 倉庫の, 倉庫みたいな, 傍から, 傲慢な, 兄弟たち千人が, 兄弟と, 光景でも, 入り口で, 入口が, 入口で, 入口に, 全体に, 全部の, 八時間は, 内へも, 内外では, 内外を, 内新しい, 内部から, 内部をも, 内部留置場刑務所其他種々の, 写真額が, 出と, 出入は, 出入口が, 出口に, 函詰の, 到る処, 制度や, 前まで, 前庭に, 割当は, 助手は, 労働を, 労働婦人に, 労働時間と, 労働組合が, 労働者たちは, 労働者で, 労働者や, 労働者クラブでは, 労働者集団農場員学生は, 労働通信員たちは, 労務者達で, 動員の, 勤め時間が, 医者に, 午休みの, 午後の, 南京虫が, 厳格な, 友だちからの, 友だちが, 古参職工だ, 同じ組合, 名が, 名を, 名残な, 呼吸であろう, 品物に, 問題に, 器械の, 四人の, 四囲の, 在る処, 地べたに, 地下室は, 地図を, 型つけ職工だ, 基地として, 場合には, 塀ぎわに, 塀外に, 増産能率を, 壁には, 壁新聞工場新聞が, 外には, 外部の, 多い区域, 多い大津, 多い河向う, 夜の, 夜業を, 夜番で, 大きな花瓶, 大仕掛け, 大衆から, 大鉄骨, 太い煙, 奥に, 奥を, 女と, 女を, 女子労働者に, 女工さんで, 女工たちである, 女工で, 女工として, 女工なんぞが, 女工募集の, 女工街の, 奴かも, 奴が, 奴等に, 如きに, 如き職工労働者, 如く大きな, 娘が, 婦人デーの, 子女の, 守備は, 実力以上の, 実際の, 寄宿所の, 寄宿舎から, 寄宿舎の, 寮と, 将来を, 小さいの, 小さな室, 小僧に, 小成金, 小窓, 少し手前, 屋根から, 屋根に, 屋根には, 屋根らしい, 屋根瓦が, 川下で, 工人達に, 工作ろや, 工員寮に, 工場学校で, 工場新聞の, 巨大な, 帰りには, 平労働者, 平炉は, 幾棟細い, 広庭, 床に, 店員や, 庶務課で, 廃墟, 廃屋の, 建て増しを, 建物ぜんたいを, 建物や, 建物分離, 建築の, 建築物, 当の責任者, 彼方を, 待遇に, 待遇制度を, 後継者と, 後継者として, 徴用工並みの, 恐慌ぶりと, 慘事を, 成り立ち機関車, 所在を, 扉は, 手で, 手を, 手伝人夫を, 技師兼重役であり, 技師長と, 技師長の, 持ちだったので, 持主で, 持主の, 指定宿だった, 提供し, 搾取といふ, 支那人とは, 支配人から, 支配人の, 支配権を, 教養部門さらに, 数本の, 整理を, 文学サークルから, 文学研究会という, 文学研究会員も, 新設は, 方である, 方です, 方に, 方へも, 方も, 方針を, 日々こそは, 日本人の, 旦那と, 旦那方らしかった, 時報の, 暗き鋪石, 最初の, 最年長突撃隊員の, 有志の, 有様やら, 東端から, 柱に, 栗原さんから, 棚ざらえ, 検査は, 検査場で, 槌が, 横に, 横手, 機械に, 機械等は, 機長だった, 欧文校正係に, 歌, 正門に, 歸りだ, 汀に, 汽笛, 汽笛に, 汽笛人の, 沈んだ組織, 消費組合監督突撃隊へは, 清潔と, 火の, 火事を, 灰色の, 為に, 烟であろう, 烟突か, 烟突の, 焼け跡に, 煉瓦壁, 煙が, 煙の, 煙突からも, 煙突であった, 煙突でなく, 煙突より, 煙突らしく, 煙突掃除の, 煤烟が, 煤煙とかが, 熔融炉に, 熔鉱炉に, 燃料泥棒を, 爲に, 片隅にて, 物置小屋へ, 玄関の, 現在の, 生産拡大農村の, 生産的活動と, 用だ, 用な, 甲板から, 町, 番を, 異臭と, 癖で, 發展を, 白い建物, 白楊材置場の, 監督でも, 監督と, 真に, 真上に, 眺めに, 知ったこと, 社員が, 社宅にも, 秩序にまで, 移転の, 空気は, 空間の, 窓からは, 窓で, 窓に, 窓の, 笛らしい, 笛車の, 管理者でも, 簇出と, 粘りづよい労働, 精密作業に, 紡績機といふ, 組合分会の, 組織が, 組織と, 組織や, 経営は, 経営者である, 経営者側にとっては, 給食や, 緊密な, 群だった, 老守衛, 者を, 職人な, 職場学校で, 職場寄宿舎の, 職工たちには, 職工とか, 職工の, 職工や, 職工を, 職工募集員は, 職工給料日当日の, 職工長といった, 臨時女工として, 芝生, 芽を, 若い勤労婦人, 若い職工たち, 若い雑役夫, 若者が, 荒い空気, 蒸気ハンマーの, 行き帰り少女たちは, 衛生問題早期発見などという, 裏だつた, 裏の, 裏口から, 裏手から, 製品が, 裾を, 要求以上に, 見学団が, 見習, 見習に, 見習工募集の, 規定では, 觀覽は, 設備や, 設計経営上の, 註文を, 話とを, 調べ革の, 調査では, 調査に, 責任者を, 資材を, 赤屋根には, 赤衛兵の, 跡とか, 輪廓は, 轟音の, 近くまで, 逆戻, 遠景と, 都會を, 重だった, 重役人に, 野郎共は, 金および, 金属工の, 釜場の, 鉄の, 鋳造部附属の, 鐵の, 門のよ, 門口に, 門番の, 門衛に, 開所式が, 間を, 関連は, 附属物で, 附近で, 附近は, 降り口に, 隅の, 雇人は, 雑音の, 雑音を, 霜朝である, 露路の, 音が, 音などの, 音楽隊を, 顧問として, 首切りが, 騒音などが, 高い塀, 黒, 黒板塀が, 黒煙だけは

▼ 工場~ (381, 7.8%)

31 働いて 12 勤めて 10 出て 7 なって 5 入って, 通って 3 いたとき, 働く人々, 雇われて

2 [23件] いたころ, いた時, して, つとめて, 下りて, 使用され, 働いたり, 働く人, 働く労働者, 入った, 入つて, 出かけた, 出る, 帰って, 根を, 機械を, 比して, 火を, 聳えて, 行って, 農村に, 通つてゐた, 過ぎぬ

1 [256件] あり合わせ, あるという, あるといふ, あるもの, ある大きな, ある職工, あんないい, あんなこと, いそぐ, いたこと, いたころ友だち, いたと, いたとき機械, いたらしい人物, いたるまで, いた学徒たち, いったり, いっても, いて, いました, いる, いると, いるとき, いるん, いるサークル員, いるメンバー, かかわりの, きて, ころがって, したい野心, したの, しては, しました, しようや, しようよ, しろ同僚, じっとし, すつこんで, たずねて, たづねていつたことがあつた, だんだん組織, ちゃんとなく, つけて, つとめに, つとめる若い, つめて, つるして, とどまりたかったの, なくては, なった, なったばかり, なること, なると, はさまれて, はたらいて, はたらきつつ, ほとんど同じ, ゐた学徒たち, ゐるとき, ゐる時, グループを, バリケードを, リュウちやんといふ, 一つも, 一人でも, 一大廓清が, 一週間と, 下り今の, 不平を, 争議が, 二年ぐらい, 五年以上働いた, 人夫は, 仕事を, 付属し, 付随し, 住込み人夫として, 使って, 使用された, 働いてる労働者, 働かされたすべて, 働かせて, 働きしかも, 働きやがて, 働き出した, 働き売られて, 働き農村, 働くまでに, 働くプロレタリアート, 働く中, 働く内, 働く女性, 働く婦人, 働く婦人たち, 働く婦人労働者, 働く男, 働く男女労働者, 働く者, 僕も, 充て飼育, 入ってからは, 入つた, 入つて職工, 入り, 入り模範職工, 入ること, 入るまで, 入れて, 入れられた, 入れるビラ, 冬村君を, 出たから, 出ての, 出勤した, 出向いて, 出掛けて, 分割し, 労働し, 動員され, 勤めたの, 勤める事, 勤め太平洋戦争, 勤続二十五年の, 去り軍, 又職業, 向って, 命じて, 咲いた花, 四年働いた, 売った金, 売られて, 変って, 変る, 多数の, 奉公へ, 女工に, 姿を, 娘を, 学徒の, 寝て, 少数ながら, 居て, 属さずに, 属す馬, 幽閉する, 建て増しを, 引っぱられて, 引っ張り出されて, 徒弟に, 徴用に, 忌わしい連絡, 忍び入り非常に, 急ぐ時, 急ぐ男, 惡戯口を, 慣れて, 戦いの, 戻った, 戻つて, 托す事, 托児所, 投資され, 持ち込まれた, 振りまかれた, 据えられてない機械, 据え付けられて, 採用された, 採用ときまつた, 改造された, 放火した, 新たに, 於ける同志, 於ける女工, 於ける技術家, 於ける歯車, 於ける熟練工, 於ける爭議, 於ける芽, 旋盤見習いで, 日給二十三銭で, 早変りし, 早変りした, 暇乞いを, 来るのに, 来襲し, 植字工で, 永年つとめ, 汗し, 汗と, 汽笛は, 泊って, 注文し, 注文する, 添うて, 潜ぐりこんでばかりいたので何べ, 無断で, 爆弾が, 生産能率増進の, 直接談判に, 移したいの, 移しました, 空中牧場空中学校に, 置かれた花, 置くの, 腕を, 腰をば, 舞い込んだ一匹, 蟇が, 行かなければ, 行きさえ, 行きながら, 行くと, 行くよう, 行く時, 行つ, 行つて二號活字の, 西班牙人の, 訪ねる夫婦共稼ぎ, 詰めこまれる勞働者, 誕生する, 變更した, 起ったこと, 転換する, 追い込んで, 送り出す, 通う女工, 通う老いた職工, 通つて働い, 通つて生活を, 通ひ, 通ひ出した, 通わせて, 通勤し, 連れ込んで, 遊びに, 違いない, 鐡鎚を, 附属し, 降りて, 陰イオン発生装置を, 階上の, 隠匿物資が, 集って, 集められた小さな, 雇われたり, 雇われてから, 雇われに, 雇われるの, 雇われ工業部門, 雇傭され, 雇傭される, 養われた工女, 駆けつける皆さん, 駈けつけたの, 駈けつけて, 鼠が

▼ 工場~ (296, 6.1%)

12 持って 10 経営し 7 もって 5 やって, 休んで 4 出て, 見に 3 中心に, 後に, 持つて, 見学した

2 [12件] ひらいて, やめて, クビに, 作って, 始めてから, 建てた, 拡める, 拡張し, 案内し, 見学に, 解雇された, 起したの

1 [213件] いくつか, おこし貧家, お見せします, お選び, かためるため, ぐる, こしらえなかったら奴等, こんどは, して, すっかり売払っ, ぜひ見, そのまま使用, その村, たずねました, たてたがって, たてて, たてるため, たてるつもり, たて二十人, つくって, つくりあげた, つくる材料, つけて, どこで, ぬけだしゅた, はじめたと, ひとつ見, ぶっつぶし, まはらせ, まわるに, もち五ヵ年計画とともに, もち大量製産, もち相当手広く, もったり, もつて, やってたが, やつてた, やつとります, やめさせたひろ子, 一度見, 三つ買い上げる, 中心と, 中心として, 五つも, 他人の, 休まなければ, 休み病臥, 休むと, 休んだ, 住宅を, 作ったり, 作りたいの, 併合した, 保護し, 充たす大きな, 兎に, 全部叩きこわす, 兼ねて, 出た, 出たの, 出まして, 出ると, 出るなり, 出島の, 前から, 包囲し, 包囲する, 十五ヶ所に, 占領し, 占領したい, 去ったこと, 去られてから, 取り消しに, 受け継がせられた, 各々交互, 合せれば, 周囲の, 回り歩いた, 囲繞し, 増築する, 売卻, 外から, 大仁に, 大動員, 大字山口に, 守った, 守った労働者, 守らしながら, 守らす以外, 守るため, 完成した, 希望するらしいです, 幾つもの, 建て, 建てたいといふ, 建てたって, 建てたの, 建てたら如何, 建てて, 建てにや, 建てはじめたの, 建てまた, 建てようと, 建てりゃいい, 建てるって, 建てるなんて, 建てるまでに, 建てる様, 建て其所, 建て自ら, 建て食堂, 建築し, 建設し, 廻った, 廻って, 廻るには, 彼が, 従業員の, 怠け休んで, 怠け学校, 手放すこと, 手離し, 拡げたり, 拡張した, 拡張する, 持ち女社長, 持ち銀座裏, 持ったおかげ, 持ってるか, 持っとるか, 持つよう, 持つ鍛冶屋, 探が, 支えて, 日本中に, 月島辺に, 有た, 模範工場に, 機械方を, 止めさせられた私, 焼失した, 燒き, 狙ったの, 狙って, 男女労働者自身で, 監督に, 相手としての, 移し大阪, 立ち去って, 立ち去らなければ, 立てて, 経営した, 経営す, 経営すれ, 經營し, 職工の, 自邸内に, 襲ったの, 襲って, 見せたらこれ, 見せて, 見それ, 見た, 見たが, 見た事, 見て, 見てから, 見ては, 見まわり店, 見学し, 見学する, 見廻って, 見廻りに, 見捨てて, 見物させ, 見終ったとき, 視察し, 視察に, 覗いても, 訪ねたり, 訪ひ, 訪へる, 訪れた所, 設けた, 設けて, 設置した, 試設した, 買うこと, 買入れたの, 起こすについて, 起して, 追い出されて, 追い出されてから, 追ン, 退去し, 通って, 通りすぎると, 通ること, 造るよう, 進歩させる, 過ぎ野原, 門内の, 閉鎖した, 開きすべて, 開き毎日七百名以上, 関東大震災や, 闘い抜けないの, 電化し, 題材に, 飛び出した, 馘に, 馘首され, 骸骨館と

▼ 工場~ (295, 6.0%)

25 働いて 3 働かせて, 働くよう

2 [19件] あつた, よ, ストライキでも, 一般に, 事務室の, 五時間働い, 働かねば, 働く, 働くこと, 出來, 叫んで, 可なり, 同じころ製作, 家の, 機械の, 稼いで, 製造された, 製造し, 製造した

1 [226件] あへ, あまりに目, あんな事, あんまり細い, あツ, いくら貰っ, いつもの, いろいろな, うけた傷, お父さんが, かたまるん, かなり機械, くわんづめ, こういう工場, こき使われて, こしらえたもの, こしらえて, この一棟, しばらく話した, しらべて, せえ, そこの, その筋向う, その隣室, たった一人, ちゃんとした寝, つかって, できたもの, できて, でも, どんな具合, はたらくが, はたらくこと, ほとんど全額, まだ十三, まだ売出し前, みるよう, みんなに, みんな半可通の, やって, やっぱり目, やられてね, やるメッキ, よく働きつづけた, われわれは, アグーシャと, アメリカ技師を, アルミニュームの, ウダールニクは, タタキ込まれ, バチラーさんの, フロラと, ミシンや, ミシン台に, 一分間に, 一寸眼, 一日の, 一日一日と, 一日十四時間ずつ, 一番古参である, 一緒に, 一職工として, 不断の, 九十銭位で, 事務を, 事務員と, 事務員を, 人を, 仂い, 仂いた, 余り乾いた, 作ったこんな, 作ったの, 作った例えば, 作った楡, 作つたのを, 作つた大型の, 作る重水, 作業の, 作業縮小の, 使うダイヤモンド, 使おうと, 俺は, 側板妻板仲仕切りを, 働いたの, 働いたものら, 働いた方, 働いてたこと, 働いても, 働かされて, 働かせわし, 働かなければ, 働きつづけて, 働きながら, 働き続け寝て, 働くため, 働く婦人, 働く婦人たち, 働く婦人労働者, 働く者, 働く耳輪, 僕は, 八月十五日即日傭員の, 処理すれ, 出来たもの, 出来るもの, 出来る時計, 刷り上げる間, 刷板部の, 十三時間の, 印刷し, 印刷した, 厄介を, 取引を, 同じ機械, 同性たちが, 君の, 吹出す汽笛, 唱いましたってさ, 器械の, 四五人の, 団体見学の, 大きい工場, 大規模, 女が, 女は, 女工さんが, 婦人は, 婦人労働者たちの, 婦人労働者の, 婦人労働者は, 宿舎に, 工場委員会の, 帳附け, 平気で, 建物は, 彼女の, 忙が, 思ひなしか, 怠けて, 怪我過ちの, 戦争用毒ガスマスクなどを, 手を, 手足を, 拵えて, 拵えようと, 搾られあげ句, 日本人の, 早速この, 昼休みに, 有名に, 朝七時から, 未完成, 植字工を, 武十旦那から, 死の, 母性保護施設では, 母親も, 氷を, 濫造される, 火の玉を, 爆弾くらっ, 玉を, 現場に, 生産に, 男と, 発生する, 社会主義建設は, 私の, 私も, 科学器械の, 種々なる, 稼ぐこと, 管理者は, 糸とりを, 素人演劇が, 緊張した, 縫物を, 織つた織物, 織物に, 罐に, 而も, 耳に, 職場代表を, 職工長を, 能率を, 自分の, 自動鋳造機を, 至急使う, 芯を, 苦しめられて, 萌した肺病, 蒋介石の, 蝋作りを, 行われる多く, 製品の, 見たこと, 見習技師として, 覚えました, 試験に, 試験中だ, 話されて, 話題に, 誰の, 負傷し, 貴方の, 買つて來た, 起きて, 足の, 軍隊を, 近年どうやら, 造って, 造られた飴チョコ, 過って, 配給係りの, 金属を, 鉄板を, 鉛の, 鐵板か, 開催された, 闘争する, 雑役の, 電気の, 食べさせて, 鳴らす汽笛, 黒汗流が

▼ 工場~ (292, 6.0%)

13 出て 9 入って, 勤めて, 行って 6 つとめて 5 いって 4 出かけて, 通って 3 はいって, 出かける

2 [11件] かよって, 働いて, 働きに, 出掛けて, 徴用され, 持って, 来て, 流れて, 行くん, 見学に, 飛んで

1 [205件] いき活溌, いけば, おくれるん, おつとめ, おふくろの, お出掛けだ, かえって脚, かくれたの, かわった, くばって, さそい出しに, すみこませて, たよ, つとめること, つとめる夫婦, つとめ朝, つとめ終戦後舞台, でかけて, とびこんだ, なり給仕, はいったと, はいりいま, はいる, はこびしかも, ひょっくり小, まだ十, まわすに, もちかえりましたが, やって, やってきたので, やって来たインディアン, やって来て, やって来るそして, やられ職人, ゆくかという, ゆく工場, ピッツバーグや, マンガン鋼五十トンの, 一歩足を, 一週に, 事務員として, 二百二十億キロワット時の, 五時に, 今つとめて四十五円, 仕事する, 住みこむの, 住みこんだの, 住みこんで, 使し, 使役に, 働き出した, 入った, 入ったところ, 入った二十歳, 入つたつて, 入つて, 入りて, 入る度胸, 入る覚悟, 入れるよう, 入社させたい, 全部呼び寄せ, 出かけそこ, 出かける人々, 出かける十一時間労働, 出す為め, 出た, 出てる, 出るその, 出る時間, 出入する, 出勤いたしました, 出勤し, 出勤する, 出陣する, 列を, 勤めに, 勤めますよ, 即ち四福音, 参りました, 向けられた, 向つた, 売れますからね, 奪られ出した, 女工に, 安い原料, 寄って, 帰ること, 帰ろう, 年期の, 廻して, 廻ったが, 廻るぞ, 引返したの, 忍びこみ, 急ぐ時, 我々を, 戻って, 手わけし, 手伝いに, 押しかけた, 押しかけて, 持参すれ, 文学ウダールニクの, 時に海, 曲る角, 来たの, 来とったって, 来るよ, 来る前, 来合せた吉蔵, 様子見に, 歩いて, 歯科診療所を, 泣いて, 派遣所長に, 父に, 現実社会から, 画を, 直通の, 私を, 管理者として, 聘せられて, 自転車で, 舞い込んで, 花見の, 落着く, 行かう, 行きがけに, 行きたくなったよ, 行きました, 行きましょうという, 行き石炭, 行く, 行くかも, 行くため, 行くところ, 行く者, 行く途中, 行く銀行, 行ける, 行こう, 行った, 行ったの, 行ったよう, 行ったり, 行った中隊, 行った十七, 行った時, 行った時仲間, 行った重次郎, 行った長兄, 行ってから, 行っても, 行っといで, 行つ, 行つてし, 行つてたつ, 行つて仕事にか, 行つて職工達が, 見習い小僧に, 訪ねて, 誘いだしの, 貝を, 買付品の, 赤ん坊は, 転々と, 追いやりました, 送りました, 逃げこんだが, 這入って, 這入つて, 這入る前, 通い百円, 通い靴製造, 通うこと, 通うの, 通うバス代, 通う十三歳, 通ずるエレベーター, 通った, 通ったの, 通つた, 通つてゐた, 通つて居る, 通ふ, 通わせて, 通わなければ, 通勤する, 通勤中肋膜発病目下入院加療中, 連れて, 運ばれて, 遣られて, 鉢を, 闘争力を, 降りて, 集ったり, 雇われてから, 電話を, 顔を, 顔出しも, 駆けつけねば, 駈けた駈けた, 駈足, 駛らした

▼ 工場~ (277, 5.7%)

14 ある 6 あつた 5 あって, 建って 4 ございます 3 あった, あるの

2 [19件] ありました, あります, ありますからな, あるという, うつくしい花束, たって, どっさりあっ, なければ, ならんで, 並んで, 二時間の, 休みで, 倒れる一方, 出来たの, 出来て, 引けて, 忙が, 某の, 退けて

1 [199件] あったこと, あったの, あったり, あつたり, あつて, ありそこ, ありその, ありゴム, あり教科書, あり祭日, あり送受信所, あるか, あるが, あるでしょう, あるといふ, あるので, あんまり熱く, いい機械, いくつあっ, いくつか, いるん, えりで, えりの, この不景気, しきりに発砲, したよう, そっくりそのまま強力, その性質, その飛行場, たくさんあっ, たてられその, だんだんさかん, つぶれて, できて, どこに, どしどし開設, どっさり建つ, どどん, どんなひと, ないじゃ, ないので, なかつたといふ, はじまって, ひけたの, ひけたらちと, ひけてからが, ひたすら堅固, ほしいところ, みんなその, もう今日, やって, やっぱり見えた, よいし, ストライキやつとる, ドシドシ出来, モスクワ市の, 一せいに, 一つあっ, 一つありました, 七つも, 不向きだ, 並び合って, 主と, 主人を, 争うて, 二十四時間制に, 五ヵ年計画を, 五六十カ所設置される, 人手に, 今更不思議, 仕事を, 仮収容所, 休みの, 何故こうも, 入れかわり立ち, 全燒, 六万坪という, 出來, 出来たからって, 出来たという, 出来だしたの, 出来など, 出来ること, 出来れあ, 出来一人, 出来上って, 到處, 創設された, 労働者あがり, 動きづらい, 動員され, 占領出来る, 印刷術と, 厭でしたら, 取り壊されて, 商店が, 在りました, 在ります, 在るの, 増しても, 増加し, 増大する, 多いこと, 多いとか, 多いん, 多く冬, 大きな機械, 失敗する, 婦人の, 少いので, 工場な, 市場に, 建ちかけて, 建ち特に, 建ち集団農場, 建ち高い, 建った, 建ったので, 建ったり, 建っちまってね, 建つたので, 建てられたので, 建築されかけ, 建設され, 建設せられ, 後廻わし, 忙しいの, 托児所を, 掘割の, 描かれ労働, 散在し, 文字通り煙突を, 新しく建った, 日本の, 日本一だ, 日本橋本社の, 最初で, 機械の, 止まって, 殆ど戦争用の, 殖え会社, 民藝の, 沢山ある, 沢山出来, 活字の, 浮島の, 涯しも, 無残に, 焼失した, 燃料に, 犇めいて, 猛火を, 現れた, 現れるの, 生まれた, 生産組合との, 盛に, 眼を, 破裂し, 空襲で, 立ちならぶその, 立ちますだよ, 立ち並び左岸, 立って, 立つの, 立ツて, 竝び出した, 竝んで, 細い煙, 絶対必要で, 続々立ちかけ, 綜合統一する, 繁昌した, 自分たちの, 至るところ, 舞台である, 茫々として, 製作品を, 見えかくれし, 見えて, 見えはじめた, 見えます, 見付かる, 設けられ右, 設立され, 誰かに, 起つてから, 趣好を, 軒を, 近頃の, 運転する, 邪魔に, 釘で, 閉鎖され, 陸続として, 陽に, 電化し, 館林に, 駄目に

▼ 工場~ (170, 3.5%)

3 いずれも 2 休み, 疎開させる, 閉鎖され

1 [161件] あの鉄工場, あまりに広, あるまい工場長, ある不幸, いつも白い, お休み, お前さんの, きっと新しい, ここじゃ, これで, さきおとどし, さまでな, しばらくおき, すべて接収され, そうし, その先頭, その労働者六百名毎, その噂, その後廃れ, その油, それの, それらとは, それ自身の, たいへん広く, とりつぶされ地底, どういう各部, どうなった, どこにも, どこまで, どこも, どれだろう, どれも, どんなとこ, どんな人, ないで, なんでも, にわかに戦場, はるか亀戸, まだ大丈夫, みんな軍需生産の, もうたいてい火, もちろんの, もっと直接, やかましかん, わがデニー先生, ドシドシ出来る, ドネープル河を, モスクワと, 一つ持っ, 一年に, 一度に, 一週間ほど, 三交代に, 丸潰れだ, 二年前に, 今でも, 今は, 今日でも, 今更ラジオ, 仕事が, 仕事を, 休みだつた, 休みな, 休みを, 何回にも, 何時とも, 併呑され, 例外なく, 僅少で, 僕の, 兎に, 全焼した, 全能力, 内外共に, 凡ての, 出口と, 別として, 前に, 前田弥平氏の, 動いて, 動きづらい, 単価の, 古風な, 四五軒しか, 土着の, 城塞でなく, 堅固な, 塵埃と, 増加し, 夜業を, 大きいの, 大きな機械, 大阪で, 天然乾燥で, 奇數の, 女工たちの, 守られて, 完全に, 実に少い, 小さいながらも, 居間の, 幾個も, 廃れて, 建物を, 当時輸入した, 徐々に面目, 急に, 急激に, 新たに, 新に, 既に廃屋同然, 春の, 是非必要である, 昼と, 景気が, 更紗干す, 木造の, 朽ちて, 業を, 様子が, 武器工場に, 死んで, 残った, 毎年十二月初旬に, 汽船の, 海抜一千三百メートルの, 消えて, 漸時隆盛に, 無い, 無管理状態, 無造作に, 焼けました, 熊谷の, 特に硅石, 生産高が, 発達の, 真黒に, 眠って, 確か一日と, 社長矢野専之助の, 私の, 紡績工場でありました, 終日閉ざされ, 耳が, 職業組合を通して, 自分の, 自然立消えに, 航空機の, 製紙工場でありました, 見違えるばかりに, 解散と, 診療所を, 軍用毛布を, 閉ざされその, 閉鎖された, 閉鎖される, 隆盛に, 革命闘争の, 音と, 音とても, 黒煙を

▼ 工場から~ (139, 2.8%)

5 帰って 3 出て, 工場へと 2 届けて, 帰える, 帰ると, 戻つて, 持って, 暇が, 逃げ出した彼女達

1 [114件] おれ達夫婦に, お払箱, こしらえ出されるもの, すぐさま機械人間, ぞろぞろと, はじめて次々に, ひけて, ひょっこり帰っ, また使い, もどって, やられて, アセトンだ, インキで, 一人につき, 一斉に, 一歩も, 一緒に, 三人二つの, 三千二百円の, 今退け, 仕入れたの, 住居へ, 何万本という, 何人か, 六人三つの, 出されました, 出したという, 出して, 出る, 務め先から, 勤口から, 卸値で, 台所まで, 各地方, 各種の, 吐き出される煙, 吐き出される職工等, 四人集った, 国道を, 外へ, 大学に, 大阪の, 妹の, 孕んで, 小松川市川あたりへ, 少年工が, 工場へ, 帰つたばかりの, 帰つて見る, 帰国後村の, 廻されるタイムカード, 引っこぬいて, 役所から, 志願し, 戦地慰問に, 戸外の, 戻って, 抜かれて, 放り出した瓦斯コークス, 故郷の, 数条の, 時たまトラック, 暗くなっ, 最後の, 来たん, 来た労働者, 来た精鋭, 来た者, 来るもの, 植字の, 活字を, 流れて, 流れ出したアンモニア, 溢れ出す, 演劇団体から, 焼野原, 生まれる生産物, 病んで, 直接取り寄せ, 知らせて, 程遠からぬ, 立ちのぼる湯気, 筋肉の, 経営から, 耕地から, 若き珠江夫人, 蟻の, 街頭から, 見れば, 貧民窟とは, 買って, 農村から, 農村の, 農村手伝いの, 近い熊谷, 追い出して, 追っぱらったと, 追払おうと, 送って, 送られて, 逃げ出した者, 途中を, 運ばれて, 鉱物染料の, 長いうねうね, 隠居できよう, 集団農場から, 離れた結果, 電話です, 電車路に, 響いて, 飛行計器の, 食う物, 飯を

▼ 工場~ (125, 2.6%)

6 は言った 42 のほう, の代, の前田弥平氏, の小さな, の言葉, を集め

1 [103件] から夫人失踪前後, がきわめてきっぱり, がすっかり, がぼく, が勝手, が手紙, が暴力, が書類, が気づくだろう, が職工たち, が自分, が表, が言った, が負け, が黙っ, だった, だの若い, であつ, であること, であるアメリカ人, である理学博士赤沢金弥, でもあつ, で革命, とあなた, というよう, とか, としての自分, として実生活, として職工たち, となり, となる, とはちがっ, と一緒, と今日同席, と会い, と別れる, と幾人, と折衝中, と表向き, と軍隊, においても店主, にくみしよう, にだけ向っ, について行った, に一言二言礼, に対してお辞儀, に対してし, に対してなんと, に対してストライキ, に対して自分たち, に言った, に談判, のこと, のところ, の一人, の中村愼三郎氏, の声, の家, の富永, の弟嫁, の我欲, の手紙, の晩餐会, の書類入れ, の私宅, の緊張, の話, の谷博士, の賃銀, の赤沢博士, の赤沢金弥, の邸, の騒々しい, はいったい, はそう, はそういう, はどんな, はまるで, はブルブル, はホクホク, はルンペン, は今度, は嘆息, は彼, は恐い, は手, は振, は椅子, は業務主任, は緊縮政策, は自分, は黙っ, も事務員たち, や地主, をこんなに, を十倍, を取り巻く, を明らか, を机, を監督, を破滅, を罵倒, を送り出そう

▼ 工場~ (91, 1.9%)

2 いっても, そのそれ弾, 化して, 同じよう, 新大橋の, 考えお, 農村の

1 [77件] Мать, あると, いうのに, いかがわしきカフェー, いって, いろんな下請工場, きりはなして, さうし, したやりかた, しよろしく, すぢ, そこに, その土, その塀越し, それに, どんな密接, なす, なった, なって, なりぬ, なると, アパートに, クラブを, ボンボンの, 三業組合が, 争わなければ, 事務所と, 云うよう, 云えば, 云つて何品でも, 云はれる, 五稜郭, 伊藤たちの, 会社名が, 倉庫ある, 倉庫とを, 冬から, 千七百名の, 同じ建物, 名の, 唱る, 地主達との, 変りつつ, 変電所と, 外二つが, 契約書を, 女中部屋と, 家とに, 家の, 富とを, 寺院と, 工場とに, 工場との, 工場附屬の, 店との, 役所で, 役所とが, 従業員たちで, 或る, 提携し, 機械とを, 炭鉱を, 狭い小さな, 現実的な, 田ン圃と, 発火信号の, 相対ってる, 社会主義競争を, 第一工場, 考へたの, 製油所に, 貝殻を, 軍艦と, 農場と, 農村との, 違って, 金字で

▼ 工場では~ (81, 1.7%)

2 学徒が, 成功を

1 [77件] あの十八枚, ありません, この不況, この若者, これに, こんな風変り, ささり込むよう, しばらく最, すでに古, そこで, それが, それに対して, そんな盲目, だれも, どうかと, どしどし設計, ないので, なかった, やはり軍需品, ピストルと, ブリキ板を, ボデーの, ボヤ, ボヤボヤし, モーターや, ラジオを, ロシアトルコ両国の, 一日十二時間以上の, 一時間の, 一般会議で, 三年ほどの, 不平と, 二百二十余万人の, 二百人に, 五人に, 人間が, 今十二台の, 働いて, 六百人を, 共産党に, 内川が, 労働者が, 労働者の, 労務課が, 労資の, 動力に, 十三時間も, 去年の, 又, 古顔の, 君の, 四五人の, 外の, 夜業が, 工場が, 工場という, 幹太郎を, 時々に, 暴徒の, 最初の, 森本は, 機械が, 武装した, 毎日女工たちの, 澤山の, 物凄い機械, 生活に, 皆な, 相当大きな, 私の, 私は, 第一号機, 綿が, 繊維の, 話が, 遠方に, 金曜日には

▼ 工場~ (81, 1.7%)

4 農村で, 農村の 2 商店に, 製糸場が, 類似の

1 [67件] そこで, その他の, その外, ガラス工場と, モスリン工場へ, 事務所などを, 事務所へ, 人家が, 仕上工場, 付属の, 会社が, 会社などでは, 会社の, 住宅に, 住宅を, 住居室も, 作業台に, 倉庫なんかも, 兵營や, 勤め先での, 商家も, 商店や, 商店を, 地方の, 多分の, 大機械, 学校から, 学校でも, 官庁に, 家で, 工事中の, 役所じゃ, 役所で, 役所では, 役所に, 役所や, 役所学校と, 我国の, 救貧院で, 未組織工場, 村が, 機械などが, 機械や, 民家も, 沖陸の, 海運業に, 生産組合事務所や, 監獄の, 石灰工場から, 硝子工場などの, 紡績場が, 紡績會社なんか, 細工場や, 経営で, 経営に, 自分が, 製造場などが, 製麻會社や, 貯蔵場が, 資材の, 農場には, 農村その他の, 農村に, 農村や, 銀行の, 集団農場から, 雇われ先

▼ 工場~ (81, 1.7%)

3 の労働者, の大衆 2 の, の動き, の文学研究会

1 [69件] でどの, での模様, での災害, ではコッソリ, では普通, でもそれ, で働い, で労働強化, で女, で好き, で工人, で組織, で職工, にいる, におけるウダールニク, にははじめ, にウダールニク, にベルト, にポスター, に働き居り, に大, に引入れる, に設けた, に重なり合った, のウダールニク, のスポーツ, のファシスト, の不平, の主, の仕, の体育部, の作業, の共鳴者, の具体的, の出来事, の分業, の動揺, の勞働者, の反, の各種, の大切, の官僚主義, の実際, の宿舎, の専門技師, の工場新聞, の悪質, の情勢, の文学研究会指導, の文学突撃隊, の熟練労働者, の生活, の眼, の社会主義化, の素人劇団, の総て, の美術研究部, の自発性, の花, の託児所, の酔っぱらい, の闘争, の集会, の電燈, の革命的分子, ばかりでなく, へ通じる, よりカラリ, 反革命分子

▼ 工場~ (51, 1.0%)

2 見て

1 [49件] あって, ありませんから, ある, あるし, かきたい, かくれて, かなりいろいろ, たくさんあった, なにもかも観た, ひどいが, もって, やめたので, 一つや, 三交代で, 不足だ, 休んで, 会社商店も, 何も, 何十萬坪の, 何時の間にか無くなり, 健康も, 再建する, 同じ問題, 塀も, 外国との, 大きいの, 大建築, 家も, 小生意気に, 広い敷地, 持って, 旨く行かねえ, 武器工場に, 母屋も, 焼けて, 福隆火柴公司も, 空中に, 窓ガラスが, 約六割, 経営し, 肥料会社も, 花園も, 被害を, 設けられて, 設計し, 賭場も, 起こし販売係, 閉され商家, 鶴見で

▼ 工場~ (47, 1.0%)

1 [47件] が, がわし, が先, が勝手, が口, が天下り的, が時々, が眼, が電話, さえ取り合い, だけで勝手, だけ上げよう, である彼, ではなかっ, というの, とそれ, などは賛成, に, にこたえない, にでもなった, にもか, に而, に色々, に許し, に面会, のいった, のところ, のもと, のホッ, の一人, の上原稔, の似顔, の助手, の息子, の牧田, はそう, は一応, は云ってる, は女, は興奮, は言葉, もお, や社員, や職長, をやめさせ, を観察, 開けた事

▼ 工場でも~ (45, 0.9%)

1 [45件] あり隠家, あると, あるの, お君, そうである, その手, それが, たいてい似, できるとか, みんな知ってる, もう後, やって, オーエンし, ストライキには, 事業拡張だ, 人を, 今迄, 仕事には, 仕事を, 他と, 伸子は, 何よりみんな, 労働者の, 各職場職場, 商店でも, 多量な, 大体寄宿舎制で, 学校でも, 小さな工場, 工員たちから, 建てりゃいい, 役場の, 役所でも, 日に, 日本の, 無いから, 男より, 相当人数, 相当目を, 立行かなくな, 門を, 集団農場でも, 頭ごなしに, 食堂の, 食糧配給監督の

▼ 工場地帯~ (43, 0.9%)

2 にあり, になっ, のけむり

1 [37件] があっ, があつ, が全部地下, が十カ所, が多く, が延び, が待ち受け, であるから, では変哲, で焼夷弾攻撃, と分ったら, と分つたら, などの橋, にある, にがんばつ, にばかり住ん, に向かっ, に向け, に洋風製菓, に特に, の, の五味, の路上, は俄, は勿論, は火, へ集中, も面白く, や山, や新潟駅, をぐるぐる, をすっかり, を南進中, を左, を思わせる, を控え, を爆撃

▼ 工場には~ (34, 0.7%)

2 労働の, 姿を, 極めて幼い

1 [28件] いるん, たった一台, また色々別, みな文化サークルが, もうだれ, ストライキが, 三本の, 主人と, 今しきりに, 今や目, 塵一つ落ち, 大きな煙突, 女工たちの, 官設と, 工場学校が, 必ず附属, 忽ち活気, 悪党上りが, 慣れて, 托児所が, 政党も, 日比谷公園のよりも, 番人だけしか, 直径一間も, 綺麗に, 職人の, 職工さん達が, 自慢の

▼ 工場労働者~ (34, 0.7%)

2 だ, の家庭

1 [30件] からじかに, が十ルーブリ, が賃銀値上, だけに目前, でも農民, で毎日職場, とならなかったら, との一致, との結合, とはちがった, と早変り, にしっかり, の中, の同盟罷工, の平均賃銀, の日常, の決議, の決議文, の生活, の精神, の約, の総会, の賃金, の賃銀値上, の闘争的生活, は大人, ばかりと限らず, も, らしい人達, をも動かし得る

▼ 工場委員会~ (25, 0.5%)

1 [25件] から全, があっ, が彼, が必要, が男女労働者, が開かれる, です, と, と各種, などを確り, に働い, の技術詮衡委員, の文化委員, の文化宣伝部員, の文化部, の文化部員, の決定, の監督, の自主化, の連中, は各, は自分ら, へたのん, へ頼ん, をきめる

▼ 工場~ (22, 0.5%)

6

1 [16件] からそこ, からまだ, か云っ, が, がこれ, し一軒, つてそんなに, という, と云, な, なんて大きな, なんて見る, ね, よう, ヨ, 工場だ

▼ 工場にも~ (22, 0.5%)

2 事務室にも, 行つて見た

1 [18件] あるつてこと, ある聖者, ひんぴんと, 仲間が, 兵タイを, 出るに, 出入りした, 労働者街にも, 同じ計画, 学校にも, 幾つか, 幾度か, 消費組合監督の, 第三工場, 経営にも, 裏長屋にも, 赴いた, 通は

▼ 工場学校~ (21, 0.4%)

2 の方

1 [19件] から来た, があっ, があり, です, でずっと, では四年制, では若い, で勉強, との違い, とソヴェト同盟, と云え, の, のピオニェール達, の小門, の生徒, はそれぞれ, は百二十万人, をすまし, を比べ

▼ 工場新聞~ (21, 0.4%)

2 をもっ

1 [19件] および外, が彼等, では, と各, に向っ, に書く, のほか, の切りぬき, の発行所, はその, は三十万人, は大抵, は工場内, は謄写版刷り, へ動員, や壁新聞, を分け, を積極的, を通じて一般大衆

▼ 工場という~ (18, 0.4%)

3 のは 2 工場が

1 [13件] ことだ, ところは, ものに, ものの, ものは, ような, わけである, 工場では, 工場の, 工場は, 所で, 文字なども, 言葉でしょう

▼ 工場~ (17, 0.3%)

2 のアパート

1 [15件] だ, で住宅, で習い, として遠く, と富豪, なればこそ, にある, にかかつて, の不良住宅, の人々, の道路, は黒煙濛々, へ帰った, をあて, を抜ける

▼ 工場管理者~ (14, 0.3%)

1 [14件] だけは恋愛, という自分, という自身, には出来る, によって管理, に心服, のプロレタリア的正義, の地位, の御, をいろいろ, をし, を国家保安部, を大衆, を陥いれ

▼ 工場~ (13, 0.3%)

2 んだ, んです 1 だけに, のだ, ので, のである, のでございます, ので仕事, ので戦争, のに店構え, のよ

▼ 工場からは~ (12, 0.2%)

1 [12件] かん, すぐ返事, まもなくりっぱ, もうえんえんと, 再び黒煙, 出て, 毒瓦斯を, 石炭の, 販売員が, 鉄槌の, 響きが, 食うもの

▼ 工場生活~ (12, 0.2%)

1 [12件] からどんな, で肺, にその, の人, の経験, の青少年, は非常, より来, をし, をしなけれ, を繰りかえし, 大した変化

▼ 工場からの~ (11, 0.2%)

2 帰りに, 帰りの 1 代表が, 使いだった, 労働者たちは, 労働者農村からの, 帰りその, 慰問隊の, 煤煙が

▼ 工場へは~ (11, 0.2%)

1 [11件] いつた, いるから, いるつて, いるの, いる工場, ひつて, よく暗号, 入って, 出入しない, 義理が, 菅原さんが

▼ 工場~ (11, 0.2%)

2 の適用 1 が許さなくなった, が適用, にだって生命, にも明記, によって法, の役目, の規定, めいたもの, を拵

▼ 工場農村~ (11, 0.2%)

1 [11件] からの報告以外, でどんなに, でブルジョア, で労働, にある, においての現実的経験, に働い, の, のよう, のプロレタリア文学通信員, の勤労者たち

▼ 工場全体~ (10, 0.2%)

3 を動かす 1 が轟々と, に廻った, の仕事, の動き, の技術, の物音, をウダールニク

▼ 工場~ (10, 0.2%)

1 での生活, で生まれました, としてこれ, として此, となった, になつ, になる, に住ん, は工場, をぶらついた

▼ 工場~ (9, 0.2%)

2 何か 1 どこかで, なんかやっ, 乃至は, 何かの, 何かへ, 紡績工場かの, 酒場かに

▼ 工場である~ (9, 0.2%)

1 からには女工, が今, が小口, こと倭文子さん達が, だけハッキリ, という, と云う, 故も, 階下の

▼ 工場での~ (9, 0.2%)

1 仕事室は, 労働を, 生活こそ, 生活の, 経験は, 絶え間ない, 美人と, 若い勤労者, 首キリ反対賃下げ反対に

▼ 工場との~ (9, 0.2%)

1 区別が, 増加にも, 建築に, 浄化の, 相違より, 結合を, 結合貧農の, 関係いは, 露地の

▼ 工場です~ (8, 0.2%)

2 あそこで 1 か, がそこ, がね, が機械工業, ぞ, って

▼ 工場における~ (8, 0.2%)

1 その痩腕, 全く同様, 八時間は, 幼年労働時間を, 彼とは, 暗黙の, 第二, 選挙の

▼ 工場らしい~ (8, 0.2%)

1 が呶, ほとんど吹き曝し, もの, ものの, 写真が, 土間の, 大きな赤い, 話題で

▼ 工場クラブ~ (8, 0.2%)

1 で集会, と住ん, にいのこっ, に集れ, の広間, の文盲撲滅学校, の横, はきっと

▼ 工場疎開~ (8, 0.2%)

3 のこと 2 はのろのろ, を命じられた 1 でゐなくなり

▼ 工場~ (8, 0.2%)

1 に働き, の, の一部分, の場所, の生活, の職場, は自ら高射砲, を巡回

▼ 工場~ (8, 0.2%)

2 の芝生 1 に似た, のよう, の町通り, の真, の空き地, の路地

▼ 工場通い~ (8, 0.2%)

1 かあるいは, と学校通い, の亭主, の労働者, の息子, をし, をした, をなさいました

▼ 工場とは~ (7, 0.1%)

1 ここの, どういうもの, 出来るだけ, 労働運動の, 図書館の, 株式を, 私の

▼ 工場などの~ (7, 0.1%)

1 ある川岸, 中に, 横へ, 癖に, 相当まとまった, 間を, 騒音と

▼ 工場へでも~ (7, 0.1%)

1 どこへでも, 出ると, 行くひと, 行って, 這入って, 通って, 運ぶとしか

▼ 工場~ (7, 0.1%)

1 にある, に撒きちらし始めた, に鳴り渡った, の支那人, の衛生全部, の評判, は湯気

▼ 工場内部~ (7, 0.1%)

1 でもだ, で何, と交錯, におい, のみの意見, の事情, を示す

▼ 工場~ (7, 0.1%)

2 に変形 1 から聞える, で第, との谷間, になっ, の常

▼ 工場~ (6, 0.1%)

1 でも行っ, でも通う, 入るん, 行くだ, 迄貸し付けてる, 通って

▼ 工場などが~ (6, 0.1%)

1 あった, あるおかげ, ひとつも, アチコチに, 建ち始まつて, 生活の

▼ 工場まで~ (6, 0.1%)

1 いって, やって来た, 建てて, 背中の, 行って, 降すん

▼ 工場労働~ (6, 0.1%)

1 に重き, に馴染ん, の不平不満, の中, の現状, の経験

▼ 工場監督~ (6, 0.1%)

1 が親しく, が訪ね, にはらまされ, は, は工場内, は良い

▼ 工場見学~ (6, 0.1%)

1 にどっか, に出かけた, に小学校生徒, に行っ, の印象, の往途

▼ 工場都市~ (6, 0.1%)

1 がある, には工場都市, の全然, の労働者教育, の風格, をつくった

▼ 工場あり~ (5, 0.1%)

1 たり, て盛ん, 公園あり, 牧場あり, 皆入口と

▼ 工場だけは~ (5, 0.1%)

1 もうどんな, よろしい, 焼けずに, 立派に, 行かねえ

▼ 工場って~ (5, 0.1%)

1 この地図, どんなこと, のは, 云うの, 何人だいあの

▼ 工場において~ (5, 0.1%)

1 十スーずつ, 各々の, 学校において, 学生は, 虐げられ仕事

▼ 工場細胞~ (5, 0.1%)

1 が全力, としての厳重, の任務, は公然, を通して工場労働者

▼ 工場など~ (4, 0.1%)

1 あつて, でない小さい, 世の, 皆無であった

▼ 工場などは~ (4, 0.1%)

1 三千の, 平時の, 捨てたくなる, 板屋根だ

▼ 工場なら~ (4, 0.1%)

1 こんな漆喰, どこだ, 庶務の, 生産管理の

▼ 工場なんか~ (4, 0.1%)

2 建てるん 1 もって, 建てやがってさ

▼ 工場ばかり~ (4, 0.1%)

1 だった, であった, でなくソヴェート・ロシア内, 見える町

▼ 工場へと~ (4, 0.1%)

1 出かけて, 彷徨うたのだろう, 鉛筆を, 飛びうつって

▼ 工場委員~ (4, 0.1%)

1 が顰めっ面, には女, は, はホント

▼ 工場的手工業~ (4, 0.1%)

1 がそれ, の代り, の時代, ももはや

▼ 工場経営~ (4, 0.1%)

1 に特徴的, に農地経営, の不, をなされる

▼ 工場設備~ (4, 0.1%)

1 とかいう物質的技術的能率, の共通的, は現実的, や運輸組織

▼ 工場集団農場~ (4, 0.1%)

1 の中, への文学ウダールニク, を中心, 夥しくふえた

▼ 工場からも~ (3, 0.1%)

1 会社からも, 呼応し, 遲れる

▼ 工場だって~ (3, 0.1%)

1 同じ, 同じご, 解体し

▼ 工場だの~ (3, 0.1%)

1 灯火も, 諸官庁, 鉱山へ

▼ 工場であった~ (3, 0.1%)

1 かよく, か知りたかった, 事それが

▼ 工場とも~ (3, 0.1%)

1 云う可, 交渉し, 倉庫とも

▼ 工場などでは~ (3, 0.1%)

1 その先そこ, 人が, 昨日原料を

▼ 工場などに~ (3, 0.1%)

1 働いて, 働く少, 売ったお金

▼ 工場などへ~ (3, 0.1%)

2 売られて 1 電話を

▼ 工場のみ~ (3, 0.1%)

1 ぎわに, ならず到處, ならず至るところ

▼ 工場へだけは~ (3, 0.1%)

1 およしなさい, どんなこと, 行っちゃ

▼ 工場への~ (3, 0.1%)

1 傾斜を, 動員は, 往復の

▼ 工場へも~ (3, 0.1%)

2 行くけれども 1 働きに

▼ 工場みたい~ (3, 0.1%)

2 な建物 1 なもの

▼ 工場一つ~ (3, 0.1%)

1 の出張所, の工業, をもつ

▼ 工場主前田弥平氏~ (3, 0.1%)

1 が早朝, は全然, をその

▼ 工場労働婦人~ (3, 0.1%)

1 のこと, の結合, を含む

▼ 工場地帶~ (3, 0.1%)

1 からは朝晝夕, のサイレン, までも出かけ

▼ 工場建設~ (3, 0.1%)

1 とある, などの花ざかり, の飛躍的

▼ 工場監督官~ (3, 0.1%)

1 が新設, としてはおそらく, のところ

▼ 工場管理~ (3, 0.1%)

1 がうまく, はおれたち, を主張

▼ 工場かと~ (2, 0.0%)

1 思えば, 思った

▼ 工場がよ~ (2, 0.0%)

2 ひする人

▼ 工場さえ~ (2, 0.0%)

1 なかった, まだ決っ

▼ 工場さん~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 工場さ針工場~ (2, 0.0%)

2 だよ

▼ 工場じゃ~ (2, 0.0%)

1 もう一まわり, 拵えね

▼ 工場そっくり~ (2, 0.0%)

1 になる, 女に

▼ 工場その他~ (2, 0.0%)

1 の勤め先, を訪問

▼ 工場だけ~ (2, 0.0%)

1 である, でなかったと

▼ 工場だった~ (2, 0.0%)

1 が戦争, のにな

▼ 工場でない~ (2, 0.0%)

1 場所では, 限り又は

▼ 工場といふ~ (2, 0.0%)

1 感じだ, 所で

▼ 工場とが~ (2, 0.0%)

1 ある, 何処迄も

▼ 工場としては~ (2, 0.0%)

1 全くめずらしかっ, 犯人よりは

▼ 工場とに~ (2, 0.0%)

1 分れて, 挟まれた谷間

▼ 工場とを~ (2, 0.0%)

1 救わんが, 見に

▼ 工場なんかへ~ (2, 0.0%)

1 お裝飾, 働いて

▼ 工場について~ (2, 0.0%)

1 いうこと, 一通り説明した

▼ 工場については~ (2, 0.0%)

1 中村係長自身その, 数箇月前の

▼ 工場にて~ (2, 0.0%)

1 ゼウス神の, ペレスを

▼ 工場にでも~ (2, 0.0%)

1 あるよう, 行かなければ

▼ 工場にな~ (2, 0.0%)

2 つてゐた

▼ 工場へという~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 工場また~ (2, 0.0%)

1 工場かと, 工場は

▼ 工場クラブ内~ (2, 0.0%)

1 の文学研究会, の文学研究会指導方針

▼ 工場サイレン~ (2, 0.0%)

1 が衝いた, のこ

▼ 工場主たち~ (2, 0.0%)

1 がこしらえた, は

▼ 工場代表~ (2, 0.0%)

1 が室, などのムキ出し

▼ 工場働き~ (2, 0.0%)

1 の人, はあの

▼ 工場全部~ (2, 0.0%)

1 の人, の労働者

▼ 工場内規~ (2, 0.0%)

1 に服する, の如何

▼ 工場制工業~ (2, 0.0%)

1 でなければ, はその

▼ 工場区域~ (2, 0.0%)

1 で教え, に出来た

▼ 工場又は~ (2, 0.0%)

1 その生産別職業組合, 魔窟なぞへ

▼ 工場地域~ (2, 0.0%)

1 に住む, の窪み

▼ 工場~ (2, 0.0%)

1 の大空, の婦人

▼ 工場学校軍隊新聞雑誌~ (2, 0.0%)

2 などのすべて

▼ 工場工場~ (2, 0.0%)

1 が趣好, とある

▼ 工場帰り~ (2, 0.0%)

1 の, の支那人職工

▼ 工場役所~ (2, 0.0%)

2 の内部

▼ 工場手工業的中産階級~ (2, 0.0%)

1 のため, の代り

▼ 工場指物~ (2, 0.0%)

2 の工場

▼ 工場新聞壁新聞~ (2, 0.0%)

1 と密接, をとおし

▼ 工場独特~ (2, 0.0%)

1 の問題, の骨壊疽

▼ 工場~ (2, 0.0%)

1 の大, の水

▼ 工場組織~ (2, 0.0%)

1 が経済的行程, の自然

▼ 工場視察~ (2, 0.0%)

1 によって彼, に出かけた

▼ 工場農場~ (2, 0.0%)

1 は資本主義国, または職場

▼ 工場銀三~ (2, 0.0%)

2 の部屋

▼1* [281件]

工場ある私の, 工場いくつ見えて, 工場かせぎも満更, 工場かの汽笛が, 工場からと歌うの, 工場これはいかが, 工場さとうの製造所, 工場さ働きに行つて, 工場さ行ぐと毎日毎日牛ばっか食わし, 工場すらもないの, 工場そこで科学的に, 工場そしてあんなにりっぱ, 工場たって, 工場たる富岡製糸所に, 工場だけが睡り男, 工場だけじゃない頭, 工場だけでも二百万の, 工場だけに問題が, 工場だけにでも一万人からの, 工場だけの独特な, 工場だつたけどね, 工場だろうが何処, 工場やよほど, 工場つてどんなこと, 工場つて何人だいあの肥つた親爺, 工場づとめよりはまだ満州, 工場づとめをしている間に両親, 工場であり修繕した, 工場であるなら田辺博士は, 工場でございまして現在, 工場でございますよ, 工場とか印刷屋だ, 工場とかいう文明的施設の, 工場として川崎工場を, 工場としての立場から, 工場としてもよく学生, 工場となりのおくれ, 工場どうします, 工場どころでないらしいん, 工場なしの大都市, 工場なぞによくある, 工場なぞの薬品から, 工場などで廻転砥石で, 工場などを見て, 工場なり集団農場なりへ, 工場なんかじゃお前一年に, 工場なんかで使われる言葉, 工場なんぞへ遣るん, 工場なんぞをどうする, 工場なんてないや, 工場においても工人達が, 工場にだって赤い奴, 工場についてもいえるの, 工場にとってそれだけの, 工場によつて成績が, 工場によっては苦しまぎれに, 工場により当然に, 工場による実験機械の, 工場に対して窃盗を, 工場に対してのある策戦, 工場ばかりにあるの, 工場ばかりを狙うところ, 工場へかよつたり, 工場へとはいって, 工場へなど行くつもり, 工場へなんぞ出る人, 工場ほどの工具機械が, 工場または農作等に, 工場までが皆彼の, 工場めいたコンクリート塀の, 工場めがけて矢, 工場もわづか, 工場やめてどう, 工場よりはこの山林, 工場をもすべてを, 工場ん中の女, 工場オルガナイザーの行動, 工場ガス製造所にはどんな, 工場ガレイジは勿論, 工場クラブ労働者クラブは大, 工場ゴム工場印刷工場にも同じ, 工場ストを経験, 工場セルマシストロイへ出かけた, 工場デパアトメントストア事務所等に移されたる, 工場ニ於テ土井健作ヲ熔鉱炉ニ突落シテ殺害シタルヲ土井ガ自殺セシモノト欺瞞シ且ツ金六十五万円, 工場バクーその他生産的建設の写真, 工場フトムスキー工場と社会主義競争, 工場プロレタリアとはその, 工場ホテル商業会議所に押しかけ, 工場ヤ銀行ヤ病院ヲ守ッテイルダケデアル, 工場ヤ銀行ヤ病院ハ誰レノ所有ニ属スルモノデアルカ, 工場一商店の主人, 工場一般の賃銀, 工場三百円に売る, 工場上ナザロフスキーの支配人ゴルデーエフ, 工場主カシーリンの隣りである, 工場主ベルネが十月三十日, 工場主マドレーヌが七時, 工場主事業主パンパンの心眼, 工場主以上に搾取, 工場主任の細井氏, 工場主側に於, 工場主前田弥平の来, 工場主商店主はもちろん, 工場主官吏退職軍人著述業といふやう, 工場主小学校中学校大学等の教師, 工場事務所は彼女, 工場事務所商店等に働く, 工場二十人の人数, 工場二百に罷業, 工場人員の居住, 工場付属の療養所, 工場代表監督雑夫長が待っ, 工場代表雑夫長がハッチ, 工場以外のどの, 工場以外夏にはさして, 工場以外硬派と軟派, 工場休みかい, 工場休日で煙, 工場会社に落ちた, 工場何十年勤續の人, 工場倉庫あらゆる種類, 工場倉庫収入を生ずる, 工場倉庫関係約五百五十人, 工場倶楽部内の文化活動, 工場ではその, 工場入り口のわき, 工場六畳の間, 工場其他半ば菰田家の投資, 工場内ウダールニクを組織, 工場内労働者の或, 工場分会長になつ, 工場制期のそれ, 工場制生産へと発展, 工場労働的な貌, 工場労働者クラブ産院託児所子供の家, 工場労働者数の男女別, 工場労働者総数平均賃銀が男二円十五銭, 工場をやめ, 工場勤めでなかなか, 工場を感ずる, 工場化学工場などに働く, 工場は資本家, 工場區街の屋根屋根, 工場博物館図書館止宿所孤児院等を巡見せり, 工場印刷工場にも同じ, 工場及び凡ての, 工場台所工場そこで科学的, 工場の編纂責任者, 工場各種の鑵詰工場, 工場らしい若い, 工場商店その他の人寄せ場, 工場商館銀行劇場官庁などが如何, 工場営業部長という肩書, 工場地帯玉の井亀戸その他の盛り場, 工場地帯緑地帯住宅地帯を区劃, 工場地帯行きの朝電車みたい, 工場地貴族富民その他の非, 工場外ニ足ヲフミ出シテ, 工場多く大抵田地一二丁, 工場には数万, 工場銀行を, 工場夫人ここへお出で, 工場夫人此所へお出で, 工場奴隷使役者がゐた, 工場始まって以来, 工場委員会ソヴェトその他の団体, 工場委員会共産党青年ヤチェイカの札, 工場委員会市町村地区のソヴェト役員, 工場委員会文化部はそこで, 工場委員会文化部員に訊くだろう, 工場委員会書記がどんな, 工場委員長のドミトリー・グレチャニコフ, 工場婦人の倫理問題, 工場婦人労働者たちは, 工場学校労働予備学校専門技術学校を設置, 工場学校労働者クラブ社会保険のこと, 工場学校同業組合などの集団検診, 工場学校生徒共産党青年部員としてそういう, 工場学校農場で技術家, 工場完成移轉を機, 工場官庁その他の公共的, 工場実務学校などで熟練工, 工場家全焼少し神経質, 工場寄宿舎の内, 工場寺院等その主, 工場ブローカーを, 工場工場工場とある, 工場工業と今日, 工場左側は小さな, 工場だ, 工場廻りをする, 工場だ, 工場引込線は六月三日, 工場役所内の研究会, 工場役所農村で階級的能率増進, 工場の飛行機工場, 工場御用雑誌営業者が歴, 工場技師のニェムツェウィッチ, 工場技師蔵書家名人家元などという連中, 工場の保護, 工場は一九三〇年, 工場新聞出版室内の文芸研究部, 工場新聞発行所の文学衝撃隊員, 工場新聞発行者たちに説明, 工場映画館はだ, 工場の人々, 工場朝日館で模範, 工場機械工場といろんな, 工場機構に各省, 工場機構化に向っ, 工場洗濯工場がドシドシ, 工場海外でも満州, 工場災害率をみる, 工場生活者の精神, 工場用地として埋め立て, 工場田地すべて身近なもの, 工場町漁港町はどこ, 工場病院各, 工場的生産の技術, 工場監督官谷野せつ氏が公表, 工場隣りするの地, 工場立たんなど, 工場管理権を自分達, 工場管理者インガとドミトリー, 工場管理者代理に据えるだろう, 工場管理者代理ルイジョフがインガ, 工場管理者代理労働者党員ルイジョフ及び婦人服部職長, 工場管理者室で事務机, 工場精米株式会社を経営, 工場紡績工場の女工, 工場聳え立ちたればその, 工場職工東京地方裁判所雇その他二三を転々, 工場職工造兵廠を破壊, 工場能率増進についての本, 工場に訪ねる, 工場芳爺さんの住居, 工場街大島町まで伸ばし, 工場の食堂用時計, 工場製作所で託児所, 工場見せて下さい, 工場見たやうで, 工場見学兼手伝いに出かけた, 工場見学団の男女, 工場見学隊を組織, 工場見物に行, 工場觀覽招待に同行, 工場解散となっ, 工場訪問を終え, 工場経営は, 工場販売と仕入れ, 工場貯水池ガスタンクのたぐい, 工場も燃料, 工場赤いバラの, 工場赤き十月へ, 工場農村鉱山等のい, 工場近くなると, 工場ひを, 工場連名でこの, 工場運河倉庫公園大邸宅, 工場鉄道を建設, 工場のよう, 工場鉱山についても云, 工場銀行会社寺院学校倶楽部等は勿論, 工場長こいつ等の方, 工場長はじめたいへん礼儀, 工場長以下職長社員が職工, 工場閉鎖で脅かす, 工場閉鎖賃銀不払, 工場開きの日, 工場開場式のクライマックス, 工場関門地方から阪神方面, 工場附属の托児所, 工場附属技術学校いずれも国庫, 工場附屬の住宅, 工場電気工場が主, 工場青年の場合, 工場革命博物館基本的小学校農民の家, 工場音楽隊を先頭, 工場鰹節工場各種の鑵詰工場, 工場黒ずむだ赤煉瓦の