青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「工合~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

川~ 川上~ 州~ ~巡査 巡査~ ~巣 巣~ 工~ 工事~ ~工合
工合~
~工場 工場~ ~工夫 工夫~ 工業~ ~左 左~ ~左右 左右~ ~左手

「工合~」 2931, 32ppm, 3709位

▼ 工合~ (646, 22.0%)

38 して 32 なって 7 なるの 4 なったの 3 なった, なる, 唇を, 彼の

2 [23件] すると, するのよ, できて, なつた, なりました, なります, なるか, なると, なるん, なれば, 出て, 向うから, 手丈夫な, 朱塗の, 梶棒を, 泣いて, 蟻の, 褒美を, 見えたん, 身に, 進んで, 運んで, 違って

1 [507件 抜粋] あげて, あったの, あとも, あの女, あみこまれて, あらわれたとしても, いいこと, いうたの, いくやろか, いって, うまくやろう, うまく当る, うまく飲めねえ, うれしい, おさまって, おだてられて, おどろいたの, おねがいいたします, おのおのその, おり, お客さまが, お欺, かきだして, かき上げて, かついで, くっつけるの, ぐるぐる廻る, ここで, ここは, こたえるという, こねかえして, この, この位, この小説, この微細, この紙, こんぐらかった夫婦, さうし, さしゑ即, さり氣, したいの, したら窮屈, しつ, してやった, してやったもの, してやろう, しなけ, しぼりはじめました, します, しゃべり続けて, しやう, すぐ近傍, するの, すわりさて, ずぶと, そのとき, その場, その寝室, その心臓, その時多鶴子, その試煉, その辺一帯, その間は, それを, そろそろゆっくりと, そッと, ぞんざいですれ, たった一人, ちらちらと, ついたね, つくるん, つづいて, つづき十八日, つれて, とても豊満, なだらかに, なったので, なったらとても, なっちまってるん, なつたらしい, なつて, ならないもの, なりそう, なりましたろう, なりましたろうね, なります発音, なり彼, なること, なるわけ, なる面白い, なんなり, なんの, のろく重く一歩一歩, はこんだり, はたらいて, ひょっくり私, ぴくついて, へんじしたの, ほそい道, ぼつぼつおれ, ぽつりと, また批評家, また顔, まつ毛の, まとまってね, みえました, みんな眉毛を, もっともっと安堵, やられて, やる, やるつもり, やると, やれるもの, ゆかない, ゆけば, よく燃えつい, よりかかって, よります, ジャーナリズムに, スーと, ドシンと, ナヤされ, ピンと, ブツブツ口, プルウストは, ポツリポツリ耳, ヨークシャイヤは, リャボーヴィチは, 一々書き立て, 一つから, 一つずつの, 一人が, 一人の, 一切の, 一度サッと霽, 一日を, 一本の, 一本綱で, 万事もの, 三度批評家の, 上つて行つた, 下って, 下つて來, 不得要領の, 両様の, 並んで, 丸ビル前の, 事件と, 二重に, 云いなさるん, 云うの, 云った人, 互の, 人の, 人ひとり通る, 人を, 人心動搖を, 人類にとって, 今の, 仕向けて, 何か, 何ともいえぬ, 何とも云, 何もかもが, 何日も, 何時まで, 何時もパッシフ, 作成された, 使い廻して, 使われて, 依って, 修養しよう, 俺が, 偶, 傷の, 傾斜を, 僕が, 儒教を, 先の, 光線を, 入って, 入れたり, 兩手で, 其の辺, 再び言い始めた, 写して, 処置する, 出しや, 出るの, 分らせようと, 分れて, 切り出して, 切り抜けたもの, 利用される, 前日, 割合涼し, 北の方から, 却って逆, 参りましたので, 参りましょうか, 参りませうか, 又他, 友達から, 取りつけて, 口添えし, 只躄, 号を, 吃逆, 向うが, 向けられるべきであると, 君の, 吹き送られて, 周さんと, 周りに, 呼ぶの, 和やかな, 唯我独尊の, 喰い下ること, 営まれて, 困るか, 国民生活の, 土間に, 坐って, 塩梅され, 売れて, 変えて, 大きな差, 大したこと, 大した悪い, 大そう, 大變巧み, 失敗らない, 女から, 妙に, 姉が, 始終時間, 婦人という, 媚びられて, 子供たちと, 安宅先生の, 完成させる, 実務的な, 実物代品を, 実現し, 客の, 家の, 容れ物, 寄せ上, 寐入られる, 察したらええ, 小刀が, 小屋に, 少し気取, 少し焦げ, 岩壁が, 己の, 平たい胸, 年々累進し, 年じゅう小鳥の, 幾百幾千という, 床から, 引きつれるよう, 引つ掛つて, 弱点見抜かれ, 当嵌める, 彼女たちの, 彼女は, 彼女を, 彼自身を, 得も, 御想像, 応じた挨拶, 応じて, 恐ろしい破壊力, 恐竜の, 惹きつけられて, 意気な, 意気揚々と, 意見が, 感激すれ, 手にとって, 手を, 手水鉢を, 手軽に, 手順よく, 扱って, 批評家の, 抑へ, 折った書類, 抱きついて, 拵えること, 拵へる, 持って, 按摩が, 挙止人相共に, 捉えて, 捩れて, 推移し, 描いて, 教えて, 散って, 散髪屋を, 文句を, 於ては, 明い路上, 映るの, 暖めて, 暮して, 書いたか, 書いときましょか, 書かれたところ, 書き足さすの, 書体も, 最もよい, 本を, 机の, 来て, 根競べしてたら, 格天井から, 検事が, 横着な気取り, 機械を, 次ぎ次ぎ競漕会, 歴史の, 殖えつつ, 段々と, 毎月欠さず, 気まかせ, 気やすく, 気掛りに, 気象台を, 水が, 決して美しい, 決着します, 泥で, 注意し, 活用させる, 海も, 涙が, 深く草, 混り, 漂着した, 火には, 点数を, 焦点を, 煙草を, 煮えた頃, 熟睡し, 片手を, 特徴が, 玉転し, 王様が, 現れようとは, 現代の, 球を, 理屈の, 生活し, 申しますから, 男の, 町の, 疑がい, 病室の, 発展し, 発達し, 発達した, 白い鋭い歯, 皆が, 盛んに, 目や, 直せるかを, 眉根に, 真白な, 眠つて駒込で, 眺められた, 眼が, 眼を, 神経が, 私の, 種々な, 種々に, 積極的に, 空いて, 空つて居た, 突然静か, 立つて, 答えて, 簡単に, 細かな, 終った, 結びついて, 締つて居た, 繁って, 織り交ぜて, 置いて, 翼が, 考えたら世の中, 考へること, 肘を, 肩の, 背中の, 胡魔化し, 胸を, 腕を, 自然主義退治の, 色々予測, 色彩に対する, 苦しめられるよう, 茶瓶さんや, 落ちて, 葬むら, 薄い綺麗, 虫の, 蝙蝠は, 螺旋し, 衆人環視の, 行かないの, 行きさうな, 行きましたか, 行きましたな, 行きませんでした, 行くと, 行たこと, 行って, 行つた, 行方不明に, 被居, 見える, 見えること, 見ること, 親しくなり, 解決され, 言訳を, 計られて, 訊いて, 話して, 話す様子, 語尾の, 説き付けて, 誰も, 調子づいて, 論じながら, 謂わば, 議論し出したら, 讀者を, 賢明に, 走つて, 足の, 足を, 踰えて, 身体を, 身体中の, 転々と, 轢かれる筈, 返事を, 迫って, 途中で, 通じて, 連立って, 運ばれて, 過されないの, 違いない, 違うかと, 遣って, 遣つて, 遣るが, 都合よく, 酒も, 釣合を, 銀子に, 銀座の, 長幼の, 長方形の, 関係し, 陶然と, 隅田公園まで, 隙間から, 雑談が, 雨の, 雪が, 電車が, 霞んで, 青緡を, 響いて, 響く時計, 頁を, 順ぐりに, 頭が, 頭を, 顔を, 風が, 風呂に, 食卓は, 飾られて, 首を, 馬券を, 駆け上るため二重回し, 駆使され, 骨を, 鳥の, 鼓動の

▼ 工合~ (633, 21.6%)

25 悪い 20 わるい 19 よくない 17 悪いので 16 悪かった 13 わるくて, 悪いと, 悪いの 12 悪くて 11 悪いから 10 よろしくない 8 わるいと 7 悪いん 6 わるいの, わるかった 5 よくなく, 変だ, 悪いが 4 よいので, よかった, わるいよう, わるいん, 妙に, 悪いし, 悪いよう, 悪くなっ, 違って

3 [15件] いい, いいん, ちがって, よい, よくて, わるいらしい, わるかつ, わるくなっ, 変に, 悪かろう, 悪くなった, 悪くなつた, 悪くなる, 悪そう, 惡い

2 [27件] あまりよく, いいから, いいと, いいの, いいよ, いいよう, お悪い, どうもよく, よくなっ, よくなった, わかるよう, わるいが, わるいね, わるいので, 云いよう, 変な, 大変悪い, 実によくわかる, 寒心すべき, 少し変, 悪いか, 悪いやう, 悪いらしい, 惡いから, 惡いと, 惡く, 違う

1 [287件] あやしくな, あやしくなつ, ありましょうね, ある, いいお, いいかも, いいこと, いいし, いいです, いいという, いいな, いいので, いいのよ, いいらしい, いいわけ, いい心持, いかにも真冬, いぐる, いけなくて, いつしか自分, え, おかしいんで, おのずから流露, おのずから窺われ, おわるい, おわるいって, おわるそう, お分り, お惡, かわって, きまると, この上, この前佃, これで, しっくりしない, すこし変, すこし快く, そっくりの, それを, ちがいます, ちがう, ちよツと, つかれて, どうもそうらしい, どうもまだ話, どうもを, どうも才蔵, どうも狗ころ, どう見, どこか, どんなに心持, なかなかよかっ, なんとなくロシヤ, はっきりしません, はつきり分つた, ひどくわるい, ひどく悪い, ふだんと, へんで, ほんとうでない, まざまざと, ましに, ますますよく, ますます悪い, また悪く, また格別, まともでない, まるで田舎, むずかしいからと, むずかしいのよ, もう大分, よいそう, よいと, よいとは, ようございます, ようござんしょう, ようごぜ, よかったら, よくって, よくな, よくなかった, よくなかつた, よくなくっ, よくなけれ, よくならなかつた, よくならねえ, よくなる, よくねえ, よく分かる, よく無い, よく見られなかった, よければ, よすぎる, よろしいとの, よろしゅうて, わしが, わるいから, わるいこと, わるいさ, わるいし, わるいって, わるいってね, わるいという, わるいのに, わるいや, わるいんで, わるい愉快, わるかったら, わるくさえ, わるくないです, わるくなく, わるくなった, わるくなったら, わるくなりまし, わるくやせ, わるく保養, わるく行っ, サエの, サッパリわからない, サモ台所口に, ハイ一ツ一ツ白髑髏の, 一寸変, 一寸面白い, 一層心持, 一層悪く, 丁度上から, 三十代の, 上々でない, 下宿の, 亡くなった父, 他の, 伸子に, 伸子の, 何だかはっきりしない, 何とも云, 何とも云え, 何とも言えない, 何の, 何様何ヶ月, 依然としてよろしくない, 信濃路では, 全く天橋, 出來, 分からぬから, 分って, 判らなくな, 到底説明, 印は, 又中, 又悪く, 可いせい, 可成, 可笑しかった, 可笑しくなく, 周囲の, 問題と, 善くない, 善く成り掛けた, 変って, 変で, 変である, 変わって, 変テコに, 大きい男, 大してよく, 大分よく, 大分不, 大変妙に, 好い, 好いので, 如何にも南アルプス, 如何にも自然, 如何にも鮮媚, 妙である, 宛然です, 宜かった, 宜しいが, 宜しくない, 実にむずかしく, 実によかっ, 室の, 察しられた, 少々変調, 少しく惡, 少しよく, 少し狂っ, 少し違う, 少し面倒, 常とは, 広小路で, 底の, 彼の, 彼らには, 徳川家時代から, 思いやられる, 思わしくなく朝夕薬餌, 怪しくなり出しました, 悪いかも, 悪いからこそ, 悪いがと, 悪いがぶ, 悪いだろう, 悪いで, 悪いといった, 悪いとか, 悪いな, 悪いや, 悪い内, 悪い十週間ぶり, 悪い妙, 悪い嫌, 悪い家中, 悪い様, 悪い私, 悪うございまし, 悪う御座います, 悪かったら, 悪かつ, 悪がっ, 悪くい, 悪くそこもと, 悪くその, 悪くつて, 悪くては, 悪くでも, 悪くな, 悪くなり, 悪く二度, 悪く気持, 悪く熱, 悪く眉, 悪さうに横, 悪しく寝, 悪るかった, 悪るけれ, 惡いんです, 惡るい, 我々の, 損じドア, 時世なれ, 普通で, 果して二人, 格別でなく, 次第に勢いよくなっ, 殊に出来, 気に入らない, 気に入りました, 活, 温泉の, 渾然と, 牛か, 特に解毒剤, 甚だ奇, 異常な, 百姓に, 直き, 相変らず, 眼に, 眼目である, 私を, 程好い, 能く, 至極よろしい, 良いよう, 良いん, 良かった, 良くない, 良くなる, 見越入道の, 謹んで聞け, 譬えば人, 變な, 變にな, 趣向な, 近頃覺, 違いますし, 違いますケニ一生懸命, 違い自分変だった, 違うなあと, 違うので, 違ふ, 違わなければ, 非常に, 面白くて, 面白くなかっ, 頃合で, 飛行機に

▼ 工合~ (285, 9.7%)

5 あつた, 私は 2 これを, その光, ね, 丁度よく釜淵, 或る, 白い大きな

1 [263件] あかい碼瑙, あまが, あらうか, あらう小股, あらう青, いいの, いつしか立派, いつの間にか館, いつまでも, いて, いやでもこれ, おくれて, おなじ竪, おまけに, お悪く, お祖母さんを, かえりました, このこと, この一端, この暮, この暮し, この頃, これ迄も, ござります, しれた, すぐ出かけ, せう, せうか, そいつが, そういった姿勢, そうしてまっ, そこに, そのまま真, そのバス, その一冊, その時々, その辺, その頃, それから, それが, それに, それは, それらの, そんなこと, ただ天井, だったか, だんだんやっ, だんだん此方, だんまりで, ちやあんと, とき, ときどきに, どうしても上, どうにでも, どうも師弟, どうやらこの, どの位仕事, どんなになる, はじめて, ひとりごとと, ひどく憂鬱, ひどく胸, ひよつこり現れたり, ひよつと, ぶらぶらし, ほんの少し, ほんまに, ぼんやりテーブル, ぼんやり黒門, まるつ, まるでおもちゃ, みんなそう, むいたらカラ, もちながら, もち出される, やって, やや年かさ, ゆくもの, よくわかった, よろしいか, わかったので, わかる, インド北方の, ガッシリと, キラキラと, グイと, ザアッという, ザアッといふ, シラトリキキチ氏の, ステパンは, ズボンに, 一人の, 一体どうなる, 一日中売つて歩きました, 一週に, 下で, 不快, 不愉快な, 両家の, 中気病み, 予期した, 事々物々が, 二人とも, 二人の, 二十日は, 互に励み合う, 互に接觸, 人は, 人間が, 今執筆中, 今度は, 仲たがいを, 何とかなるまい, 何とくっきり面白く, 何となく坂路, 俄に, 俺達の, 偉い絵かき, 偶発的に, 僕が, 僕は, 先を, 共用した, 内容が, 分類法は, 初めは, 前に, 動き廻る, 十字架の, 南洋から, 口の, 同一人, 呑込む, 唐の, 国力を, 国民文庫刊行会で, 地上には, 地面とは, 墨が, 外は, 大して自慢, 大令も, 天晴れ一役を, 女たちが, 女中の, 好きな, 妙です, 妙に, 威張れないが, 家が, 寝込んで, 察する, 少しづつ色, 居る中, 工事なかばに, 平次が, 廻転し出した, 当然な, 彼の, 彼等は, 後先に, 御考え, 徹夜は, 必死の, 忙しくて, 打ち解けた調子, 教授が, 文学が, 旦那方の, 早く引上げ, 明らかに, 時々は, 時々鋭く, 暫く歩いた, 更に寝室, 書いて, 来なくなったハガキ, 東京中は, 校正室は, 此方が, 母子競争で, 毎日生き, 気分が, 決して夜雨氏, 河原の, 法華勧請の, 波の, 波瀾に, 流れて, 深さ, 混り, 源一は, 潮の, 焔色を, 煙が, 猫には, 瑛子の, 生かして, 生活の, 男か, 男だった, 男を, 畫の, 発色が, 白い珠, 白木の, 白穂の, 盛に, 眼の, 私と, 私どもは, 私も, 空白な, 立花恒子と, 竹垣の, 結局なんにも, 総領息子と, 美くし, 翼が, 自分の, 良民中に, 色々顏, 色や, 花時分の, 芽が, 萬事は, 落付きませんでした, 蒸発する, 蜃気楼の, 行きますと, 見える時, 見ても, 見当が, 話が, 賑やかでした, 賠償金の, 赤い頭, 赤く見え, 蹈むと, 途中で, 連日孜々として, 遠い櫓, 遠くなっ, 重な, 重らず二日, 野村君と, 金が, 鍵の, 鏡の, 間違って, 雪之, 青く見える, 非常に, 面を, 面白く生きてる, 順々に, 頭は, 風が, 食ぱんのぽそ, 餌に, 駄目だ, 駅売の, 黄色い部分

▼ 工合~ (155, 5.3%)

7 見て 5 悪くし, 悪くした 4 きいて 3 わるくし, 眺めた, 見ると

2 [11件] なおして, なおしながら, ながめて, わるくした, 検査し, 直したり, 直して, 見せて, 見ましたが, 見るため, 觀察した

1 [103件] ああ云い, おのずから比較, お知らせ下さい, お考えなすっ, かたん, きいたとき, きかせどっさり, きき中風, きき合わせるという, しらべたいお前, するの, その細君, たずねた, ためした, ためすべくさっそく, ちょっと触っ, どうする, なおしすっかり, なおした, なおしたり, なおし始めた, なおし私, なおす響き, はっきりつかまなかった, ほどよくし, まるで知らない, もつと, もととして, よろしくし, わるくしない, わるくなすった, コートが, 下から, 云々といふて, 互にたしかめあった, 今一度見, 何となし, 全く異, 外部から, 実地に, 尋ねて, 尋ねなかった, 平常と, 心の, 思い浮べた, 悪がった, 悪くする, 想像した, 感じて, 指先で, 探って, 探る積り, 損じたので, 撫でて, 整える遑, 斟酌しなけれ, 更によく調べ, 検べて, 気遣って, 注意し, 現わし, 目を, 眺めて, 眺めれば, 窺つて舌打ちし, 綿密に, 聞こうと, 自分の, 苦に, 見た, 見たくな, 見たり, 見た上, 見ても, 見て取ること, 見に, 見ましたらまるで, 見やう, 見よ, 見ようと, 見る, 見るには, 見るの, 見下しながら, 見守って, 見廻って, 見直さうとして, 見調べ腕, 覚えると, 訊く父親, 試して, 試験し, 話して, 語るから, 読者は, 調べた上, 調べて, 調べる間もなくスルスル, 識別する, 鏡の, 鑑定した, 験べ, 驗べ

▼ 工合~ (146, 5.0%)

8 悪いこと 65 悪いの 4 よさそう, わるいこと 3 わるいの, 可い, 悪さ 2 わるいとき, 悪いとき, 悪い時

1 [104件] あるの, いいところ, いいもの, いいよう, いい光線, いい古, いい感じ, いい門口, いい隠れ場, いい頭, うそを, ええ機械, おわるかっ, お熱, かくせない人家, かと何だか, くしゃみが, ことも, さっぱりしない, せいかも, せいだ, せいに, たとえばさ, ときも, ところで, どこかが, なかで, ものかと, ものだ, もので, ものであっ, ものであった, ものでした, ものでしょう, ものな, やうでございました, よいこと, よいの, よい伴奏, よい必然, よい自然, よい話, ようでした, ようです, よき時, よくない, よくなっ, よろしくない, わるい事, わるい巣箱, わるい日, わるい朝, わるい椅子, わるい気, わるい程, わるい階子, わるかった, わるさ, 一種の, 不安な, 中には, 亂雜に, 人で, 何の, 効果も, 呼吸が, 大変よい, 大変好い, 好い五畳, 好い家, 好い方, 好い時, 妙味言うべからざる, 妙味言ふ, 宜い, 悪いところ, 悪いよう, 悪い事, 悪い場合, 悪い大, 悪い操り人形, 悪い敷石, 悪い立場, 悪い金属性, 悪かった, 悪くなる, 悪そう, 方も, 日, 暮しね, 村です, 気持に, 洋風客間は, 浄璃瑠の, 現実的な, 生活を, 申し分無き, 相違し, 程の, 細く骨張つた肩先, 自分にも, 苦しさ, 調和です, 風呂釜が

▼ 工合~ (129, 4.4%)

10 いかがです 9 どうだ 6 いかがでしょう 3 よくない 2 どうでしょう, どうです

1 [97件] あぶなさ, いい, いいな, いいよう, いうに, いかが, いっぱいだった, お袋さながら, この字, さう, すこしいいでしょう, ずっと同じ, ずっと順調, そのため, ともかく, どう, どうか, どうかね, どうしても個人, どうじゃ, どうだい, どうだろう, どうで, どうであった, どうであろう, どうも悪い, どうも氷, どんなかね, どんなです, どんな場合, なかなか貴, なほさらよく, のと, また厳, また無い, まだその, もう一遍, よい, よかった, よくなり, よく無, よろしいけれど, わるくない, 一体どんな, 丁度張り交ぜ, 丁度長崎, 不明です, 九女八の, 何たる処置だい, 何ともいはれん, 何とも言, 何の, 余り良い, 依然悪く, 僕が, 先にも, 全くみさ子, 全く小説, 全く茹菜, 全然ソヴェト, 全然違う, 分って, 十返舎一九の, 同じで, 吾れ, 変だ, 夜興引の, 大分ましに, 大変悪い, 如何でいらっしゃいます, 如何にも浅草, 実に天下一品, 悪い, 悪かつ, 悪くない, 悪く苦しいの, 悽まじ, 旨いもの, 曲者の, 来客の, 松倉さんに, 案外に, 気に, 河岸じゃ, 物凄うございます, 略よい, 異常だ, 知りません, 臺の, 複雑ね, 西班牙の, 見たもの, 速くしない, 鄭垂氏よりも, 随分可笑しい, 非常に, 馬鋤と

▼ 工合よく~ (74, 2.5%)

2 なった, 調和し

1 [70件] あちこちに, いって, おきますと, おさまらなかったわけ, ここの, したり, して, すらすら行く, ないと, ない御, なくて, なく卵ブリオン, なった由, なりました, なりますでしょうはい, なり無駄, なる, なると, ねんねこを, はこばなくなった, ふれて, まいりません, まゐりません, めぐり合わせの, ゆきません, ベッドを, 仲よ, 仲間に, 伸びて, 体じゅうに, 体に, 作る時, 保って, 出来あがるので, 取り交ぜて, 君子の, 堅くない, 堅牢に, 屈辱に, 川っ, 思い当るもの, 拡がると, 掛けられた, 日本女を, 暮させたいそれ, 書けたよう, 活気づき午前中, 涙が, 疲れも, 眠ろうと, 禮を, 突き出て, 納まる, 納めて, 肉が, 行かないしかし, 行きそう, 行くもの, 行くよう, 行けば, 行けましょう, 行ったか, 行ったよ, 行って, 親船の, 話が, 足場が, 近くに, 運んで, 配置された

▼ 工合~ (69, 2.4%)

3 よくない 2 あまりよく, いいので, よろしくない, 実によく似

1 [58件] あったであろう, あつた, あるので, ある故, あろう, いい様, いくらかあった, うまく出来, おかしい御前, すっかりよくなっ, すっくり予定, ずっと順調, それで略想像, それも, ちがうでしょう, ちょうどええ, どの程度, ほんた, よい, よいの, よい巻煙草, よくて, よくなった, よく解っ, よし, わるい, わるいと, わるいので, わるかった, 一人前に, 丁度反対の, 上々であります, 以前に, 伸子の, 体を, 余程鈍つて, 全く変化, 分らずたより, 分別らしさ, 判り次第おしらせ, 変って, 変つた, 宜しく床, 少しは, 悪い, 悪いし, 悪くって, 方角も, 昨年の, 楽々と, 申分ありません, 直って, 良くない, 調べ直しましたが, 近頃の, 違う, 面白からず, 顔色も

▼ 工合~ (44, 1.5%)

3 の悪い 2 であった, であったよう

1 [37件] おかしいので, からそれ, がよく, がよろしく, が変, である, ではこんな, ではもう, では私, などから判断, などを調べ, になっ, になった, にもよりけり, に大袈裟, に手当りしだい, に男, に置き残され, に言ったら, のけち, のもの, の何一つ, の冴え冴え, の名前, の幽か, の形, の影響, の悪, の気持ち, の芸, の術, の附, はよく, よくゆかぬ, を知らぬ, 何の, 全体の

▼ 工合~ (39, 1.3%)

2 なあ, ね, わ

1 [33件] え先生, から, から堕落, から変, から川床, から心, から結構, か大変メランコリー, が今, が警視総監, けれどこの, し癇, し着物, し芝居, ぞと, つてち, とあと, という遠慮, といふふう, とどの, と余, と思い, と思つて, と思われる, と感じた, と見え, などと云い, ね一寸, よ, わい, ツて, 妙だ, 帰途乗せ

▼ 工合から~ (37, 1.3%)

3 見ても, 見ると 2 平坦な, 見れば, 違う, 頬髯まで

1 [23件] いっても, お耳, ひろ子は, みて, 上層の, 下腹の, 中みだし, 全くわが家, 全く吾が, 刄先の, 口元と, 唇の, 察して, 想像し, 来て, 棧橋の, 焼曇, 発動機変圧器配電盤何時も, 考えても, 腰の, 蒲団の, 見て, 言っても

▼ 工合わるく~ (37, 1.3%)

2 して, なって

1 [33件] したもの, しましたから, それに, てよく, て下駄, て出かけられない, て四時, て当人, て早く, て朝, て苦しい, て行く, て行けませんでした, て迚, て閉口, なり大きな, なり本当に, やめ, エスカレーターに, 一日床に, 今日一日消極生活, 何も, 前から, 又床, 悄気て, 感じたの, 朝いたん, 来られないと, 私は, 苦しんだ, 鉱泉を, 閉口した, 食事が

▼ 工合~ (35, 1.2%)

2 いうか

1 [33件] いい, いいいかにも, いいなかなか, いい四, いい当時, いい見るからに, いい贈り主, いったらない, いつたらない, いひふつくり, いひ堪え切, そのたっぷり, ときに, なり稀, 丈の, 云いその, 云いそれ, 云い全く, 云ひ, 云われて, 同じと, 同じに, 思はれまする, 懷中の, 照し合せ, 盛唐の, 睨みあわせて, 言い確か, 評論とは, 身体の, 門口の, 雑誌刊行の, 鬢の

▼ 工合~ (34, 1.2%)

2 にし, になつ, に取沙汰, に嘘, に家, のもの

1 [22件] がよく, がわるい, が十四, などで御, にあ, にこんな, にひつぱつて, にもりあげた, に不意, に出し, に出し抜け, に手紙, に横着, に町ぢ, に賢明, に輕, の冴え冴え, の名前, の御教書, の氣持ち, の藝, 惡く

▼ 工合~ (28, 1.0%)

84 のです, んです

1 [12件] のか, のかナという, のが, のだ, のね, ものでした, もんだ, んだ, 先生様の, 問答が, 室田の, 距離に

▼ 工合~ (27, 0.9%)

2 何かを, 較べにも

1 [23件] いきなり頬, すぐ近く, その他いろ, なにかの, ねん, ふてぶてしい感じ, また時々, 不明であった, 何かで, 便所や, 唇の, 川底に, 感情の, 慌てて, 指の, 毛の, 燈火を, 眼の, 紙の, 肌の, 草木の, 雪に, 頸に

▼ 工合です~ (25, 0.9%)

53 か, よ 2 かね, な 1 からいずれ, からかま猫, からしばらく, が, が待っ, が絵, し, そして樋口一葉, もの, もの余りぱっと

▼ 工合では~ (20, 0.7%)

1 [20件] いつ結婚, いよいよ故郷, この林, そこに, その近く, どう, ない, なくて, なくなるところ, もういちど始め, もう辰, やがての, よほどの, 一月ぐらいは, 仕様が, 別に改, 必ず御所, 月曜日に, 正月に, 黒髮山を

▼ 工合には~ (18, 0.6%)

1 [18件] いかないと, こまった覚え, ちが, とらなかった, なかなか行かなかった, びっくりしました, ぴったりと, ゆかないが, ゆきませんが, ゆきませんわ, 断じていかぬ, 書かなかった, 行かない, 行かないのよ, 行かなかった, 行きません, 行きませんね, 行くまい

▼ 工合でも~ (17, 0.6%)

2 悪いの, 悪いん

1 [13件] あった, ほんとうに, わるいの, わるくし, わるくした, 一般の, 出来て, 分る扨, 判るし, 彼等は, 悪いんぢ, 悪くなる, 調度でも

▼ 工合だった~ (15, 0.5%)

2 のね, のよ

1 [11件] から, が眼, し房江, とか卓, と思う, のか, のだ, のである, ものだ, よ, んです

▼ 工合わる~ (15, 0.5%)

6 そうに 1 がって, がってるから, がってる由, がって居た, がって居ります, がって黄色い, さが, さを, さ御

▼ 工合~ (11, 0.4%)

2 何か 1 それとも淡色, ちょっとこの, なお彼女自身, 判然り, 心持が, 急に, 空が, 肩の, 陰翳が

▼ 工合いに~ (10, 0.3%)

1 お口, その人たち, ぶるぶる煮えたぎっ, よその, 使用した, 兵士の, 耳朶を, 話を, 説明したい, 騒がしく悋気

▼ 工合わるい~ (9, 0.3%)

1 ですね, ときそういう, と大きに, なと思い, のでやすみ, のは, のんで, 思いますが, 程度である

▼ 工合いが~ (8, 0.3%)

1 おかしくって, よくない, わるいし, わるいわ, わるかった, 悪い, 悪かった, 面白くない

▼ 工合まで~ (8, 0.3%)

1 あの夢, いつも彼自身, はっきりと, 味わい深かった, 昔の, 美紅に, 肌ざわりが違う, 西側の

▼ 工合など~ (7, 0.2%)

1 なおしたいと, ゆかしいもの, よく出, わるくし, 呼吸器でも, 好く出来, 実用的でなくっ

▼ 工合であった~ (6, 0.2%)

1 かも知れない, から一年, から当時運動, から稲子さん, が素子, こと

▼ 工合である~ (6, 0.2%)

1 かという, かなどといふ事, から私, から論文, が, というよう

▼ 工合でしょう~ (6, 0.2%)

21 おなかの, おばあさんどんなに, かしら, ね

▼ 工合によって~ (6, 0.2%)

1 いつでも, その一部分一部分, 判断する, 想像される, 細密な, 遠くの

▼ 工合よう~ (6, 0.2%)

3 ございます 1 に行っ, 行くもの, 言うて

▼ 工合~ (6, 0.2%)

2 悪イ 1 悪イカラ逃ゲチャッタノヨ, 悪カッタ, 悪カッタモノダカラ, 悪ク

▼ 工合悪く~ (6, 0.2%)

2 なかったの 1 ずつと臥床, 到頭床, 据え直したもの, 昨日などの

▼ 工合いかが~ (5, 0.2%)

2 でしょう 1 かと思います, でしょう熱, ですか

▼ 工合でした~ (5, 0.2%)

1 から, からよう, そのころ, もの, よ

▼ 工合とか~ (5, 0.2%)

1 よほどよく宝物, 家並の, 洋服の, 硝子の, 言うもの

▼ 工合~ (5, 0.2%)

1 さそうだ, さそうな, さで, すッ, ひどく妙

▼ 工合じゃ~ (4, 0.1%)

1 いかがです, いけない, どうしても得物, 覚束ねえやこうして

▼ 工合どう~ (4, 0.1%)

2 見ても 1 でいらっしゃるという, でしょうか

▼ 工合などが~ (4, 0.1%)

1 あまりに渋い, 伊豆の, 目を, 目安で

▼ 工合などを~ (4, 0.1%)

1 手数構わず, 手數構はず念入りに, 時々覗い, 見調べそれから

▼ 工合なんか~ (4, 0.1%)

1 どうも本物, まるでおれ, 糞くらえです, 自分が

▼ 工合によっては~ (4, 0.1%)

1 うちで, 猛然耕し直し, 自由に, 随分見飽きない

▼ 工合もの~ (4, 0.1%)

1 です, で水, で足りなく, にて清淨

▼ 工合よい~ (4, 0.1%)

1 からのこと, のである, 機械の, 風で

▼ 工合好く~ (4, 0.1%)

1 整理の, 暮して, 解決が, 附いて

▼ 工合~ (4, 0.1%)

3 そうに 1 さを

▼ 工合~ (4, 0.1%)

1 くなかつた, くなる, りい, りいなんて

▼ 工合いで~ (3, 0.1%)

1 一刻も, 少しばかり, 私の

▼ 工合それ~ (3, 0.1%)

1 が三度目, のみを気, は自然

▼ 工合であろう~ (3, 0.1%)

1 かという点, か舟, 青だの

▼ 工合という~ (3, 0.1%)

1 とき伸子は, のが, ものが

▼ 工合なども~ (3, 0.1%)

1 よく出来, 僕には, 分るの

▼ 工合にな~ (3, 0.1%)

1 つてしまつ, つてゐた, つて來て

▼ 工合にも~ (3, 0.1%)

1 何か, 思われる, 素子は

▼ 工合わるかっ~ (3, 0.1%)

3

▼ 工合一つ~ (3, 0.1%)

1 で火気, にさえ神経, にも屋根

▼ 工合悪い~ (3, 0.1%)

1 と云っ, なあ, よってに

▼ 工合いい~ (2, 0.1%)

1 という判断, ようにと

▼ 工合~ (2, 0.1%)

1 わかりに, 袴の

▼ 工合からも~ (2, 0.1%)

1 全体から, 勢よく

▼ 工合がよ~ (2, 0.1%)

1 かつた, かつたら

▼ 工合~ (2, 0.1%)

2 へよけれ

▼ 工合さえ~ (2, 0.1%)

1 よければ, 悪くならなけれ

▼ 工合じゃあ~ (2, 0.1%)

1 まさか山, 三百六十五日目に

▼ 工合だけでも~ (2, 0.1%)

1 芸術として, 見て

▼ 工合だって~ (2, 0.1%)

1 奇麗にも, 女の

▼ 工合だろう~ (2, 0.1%)

1 と世間, と電車

▼ 工合でいらっしゃる~ (2, 0.1%)

1 かしら, の

▼ 工合なかなか~ (2, 0.1%)

1 よろしい, わるいらしい

▼ 工合などから~ (2, 0.1%)

1 全然日本, 考えて

▼ 工合などに~ (2, 0.1%)

1 うっかりとも目, 確かに

▼ 工合なら~ (2, 0.1%)

1 明日は, 病室へ

▼ 工合にて~ (2, 0.1%)

1 かえって鳥, 謝絶せし

▼ 工合ひなの~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 工合また~ (2, 0.1%)

2 ダイアモンド会社で

▼ 工合までも~ (2, 0.1%)

1 何か, 覚えて

▼ 工合よろしから~ (2, 0.1%)

2

▼ 工合らしい~ (2, 0.1%)

1 からつまり, ので留日学生

▼ 工合わるし~ (2, 0.1%)

1 と云っ, よく眠られず

▼ 工合実に~ (2, 0.1%)

1 よい, 妙なり

▼1* [168件]

工合いかともかく伝来の, 工合いそがしくてゆっくり, 工合いだと彼, 工合いちいち詳しく調べます, 工合いでないじゃない, 工合いで出たり這入っ, 工合いと言いこの, 工合いに出るかどう, 工合いに決められていた, 工合いもなく連想, 工合いや白い絹ハンカチ, 工合いろいろ教訓に, 工合ええさかいいう, 工合かと云う意味, 工合かということが, 工合かまいたちに, 工合かもしれないわね, 工合からか道を, 工合からさえ何となく感じた, 工合からでも推量され, 工合がちがふところ, 工合ことに目に, 工合ていた, 工合すこしはまし, 工合すっかりよいという, 工合そして三十一日の, 工合そちらはいかが, 工合その他にふれ, 工合その他いかがですか, 工合だけ見て, 工合だけで決定され, 工合だつしやろ, 工合だつたかねえ, 工合だの逃路の, 工合やあ, 工合ぢゃ鳥の文明, 工合つくろはなく, 工合つまり身の, 工合であってまた, 工合であったらば, 工合であり疾風的テムポが, 工合でありまして此頃, 工合であり澄んだ深い眼差し, 工合でからだらしが, 工合でございまして, 工合でしている, 工合です教えて下す, 工合でなくッちゃ, 工合でなければそんな, 工合でのモメントにおいて, 工合ではじめられている, 工合ではとも思われます, 工合とかがかもし出す一種, 工合とくと見物した, 工合とともに却って近く, 工合とによってどうしても気, 工合とはおのずからそこ, 工合とも見られるの, 工合とりつくろって冷然, 工合とを見てから, 工合と共に少しは, 工合どうもよろしからず, 工合どこにも羞らい, 工合なぞが次々と, 工合なぞによって余計に, 工合なぞも割に簡単, 工合なぞを見ると, 工合などでもそういう感じ, 工合などはまるで蒟蒻, 工合などへも目を, 工合などもかへつて貧しくあつ, 工合なんぞ見上げて, 工合なんど高雅に見え, 工合にか額の, 工合にしか見えないで, 工合について昔から, 工合にと独りで, 工合ににやつきながら, 工合によつても, 工合同じこ, 工合ひきつづき平調です, 工合ひだと彼, 工合ひでふところから勢, 工合ひとつでぐつと, 工合ひどくわるかったので, 工合ひなら五日も経て, 工合ひ見て來, 工合まだわるし, 工合までが一つ一つ懐しい, 工合までを伸子に, 工合まともな人間, 工合まるで異常筋が, 工合やなんか大ぶん軽井沢, 工合やや善し, 工合やらにひかれて, 工合よう行なして, 工合よかったこと, 工合よと一日一寸, 工合よろしいらしくセル, 工合よろしくないが, 工合らしくそのゆえ, 工合わるうございますから, 工合わるげに眉, 工合をでも見るよう, 工合をも考えず麦粉, 工合ステッキのつき, 工合スモーリヌイの裏, 工合ニ接触スルカソノ様子ガ見タカッタノデアルガ, 工合ニ散々駄々ヲ捏ネテ泣キ声ヲ立テ, 工合悪サガ, 工合ハゴク僅カデ動作ニ不便ヲ感ズルホドノコトハナク人ニ気付カレルコトモナイノデ今日マデソノママニシテイルガアノ日カラズット今モソノ状態ガツヅイテイル, 工合ヤ歪ミ工合ハゴク僅カデ動作ニ不便ヲ感ズルホドノコトハナク人ニ気付カレルコトモナイノデ今日マデソノママニシテイルガアノ日カラズット今モソノ状態ガツヅイテイル, 工合活溌だ, 工合世にえがたき珍品, 工合に動きたくな, 工合から何, 工合何とも言ヘ, 工合余り良からず, 工合先ず近江守か, 工合共に得心が, 工合のお茶屋, 工合凄味あるに, 工合午後からわるく, 工合各部の寸法, 工合周囲との関係, 工合商売のやり口, 工合だ, 工合大いによろしいので, 工合大分わるくて, 工合にゐた, 工合少々よろしい, 工合岩山の痩尾根, 工合得心がいき, 工合恢復の調子, 工合悪しく今日朝パン二片ひる, 工合悪気に下, 工合惡さうに云つた, 工合態と染色を, 工合手紙のやり取り, 工合礼装が, 工合暖まった金属から, 工合木立の間, 工合の工合, 工合本当にいかがでしょう, 工合柔かさなどを, 工合水蒸気の加減, 工合港湾の深浅等, 工合甚だ変也, 工合真に逼り, 工合着物を通して伝わる, 工合石垣のさま, 工合研究して, 工合空中電気の有無, 工合に依っ, 工合細君が入籍, 工合考えようで駄目, 工合肩つきそっくり正, 工合の長, 工合から膝, 工合良うビール瓶に, 工合落付き工合実によい, 工合を飛び下す, 工合のくり方, 工合て居ります, 工合見習いの喜助殿, 工合これも, 工合険悪工合にはびっくり, 工合なく