青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「工~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

嵐~ 巌~ ~川 川~ 川上~ 州~ ~巡査 巡査~ ~巣 巣~
工~
工事~ ~工合 工合~ ~工場 工場~ ~工夫 工夫~ 工業~ ~左 左~

「工~」 2833, 31ppm, 3822位

▼ 工~ (1086, 38.3%)

146 の美 18 の世界 16 である, の道 15 の意義 8 の問題 6 ではない, の基礎, の歴史, はない, を民衆, を論ずる

5 [12件] に潜む, に美, の一路, の時代, の未来, の本流, の本道, の諸, の領域, はかかる, はよき, は自然

4 [12件] ではなく, と呼ぶ, の中, の方, の本質, の正しい, の無, はあり得ない, はその, は民衆, を予期, を語る

3 [23件] があろう, が何, が民衆, たること, であって, にはそれぞれ, に対していかなる, に帰る, のため, の上, の協団, の姿, の方向, の本旨, の根本問題, の法則, の花, はしばしば, は美, をかかる, をし, を可能, を毒

2 [85件] がある, がいかに, が個性, が工藝, が成り立ち得よう, が栄えた, が現れよう, が齎ら, であった, であるか, という, といふもの, とは何, と模様, と私, と美術, においてこの, においてはそう, においては用, においては美, において用, において衆生, における美, には秩序, にも数々, に向っ, に対する私, に関する私, のギルド, の住家, の堕落, の存在, の将来, の心, の性質, の方面, の書, の正史, の求める, の種, の美し, の美術化, の美術館, の謂, の輝かしい, の運命, の醜, の鏡, の驚くべき, は, はあの, はこの, はこれ, は伴侶, は依然として, は個性, は全く, は公道, は実用, は情趣, は無銘, は現実, は私, は自, は醜い, は雑器, への愛, への救い, への訣別, もまた, よりも本来, を, をおい, をどう, をも救う, を守る, を期待, を正しい, を理解, を産み得る, を産む, を純粋, を見れ, を論じ, を高めよう

1 [484件] から, からの離叛, から色彩, から見れ, から選んだ, があり得るであろう, があり得るでしょう, がすでに, がその, がついに, ができよう, がない, がなぜ, が一番, が中心, が予期, が保証, が処, が可能, が堕落, が実現, が実用, が常に, が徒労, が意義, が成り立ち得る, が成り立つ, が手工, が托され, が救われる, が新た, が最も, が栄え, が栄えない, が活きる, が深い, が漢あたり, が特に, が現れ得る, が生れし, が生れるであろう, が甦る, が用, が痛ましく, が発する, が発展, が盛ん, が知, が示された, が精神, が美, が美術, が藝術, が衰え, が衰えた, が誤った, が貧しく, が起っ, が軽く, が重い, が重大, この二者, たり得ず, たり得ない, たるべき本則, たる意義, たる時, たる本来, だから, であらね, であります, でありますが, であり第, であるから, であるかを, であるが, であるならば, であろうか, でした, です, でなければ, ではなかっ, ではなくし, でも汎, でも用途, というの, というべきである, という大きな, という媒介, という観念, という言葉, といかなる, といっ, とかはともかく, とか科學, とさえ云, としてのみ解き得る, としての發達, としての美, としては傍系, とその間, とどういう, とに容れない, とに調和, との不可分離, との意, との明確, との混同, との混雑, との義, との間, とはなり得ず, とはなり得ないであろう, とはなり得なかったであろう, とは云う, とは単に, とは呼ぶ, とは格, とを混同, と云, と云えないだろう, と云っ, と個人作家, と協団, と呼ばね, と呼ばれ, と呼び得, と呼び得ない, と呼び得るだろう, と呼ぶべきで, と眺める, と社会, と組織, と経済, と貴族的工藝, なくし, においてその, においてはいかに, においては単純さが美, においては同時, においては民衆, においては用美一如, においては用美相即, においては真に, においては難行道, においてむしろ, においてもこの, においてもまた, においても云え, においても同じ, においても深く, においても道, において個人, において個人主義, において個人作家, において個性, において個性美, において材料, において果されね, において罪, において美, において許されるであろう, における個性, における吾, における根本的約束, における極めて, における正しき, における真個, における真理問題, における醜, における驚くべき, にすぎない, にすぐれし, にとって一大障害, にとって本質的, にとって重要, になつ, になり, になり得る, にはいかなる, にはいつも, にはそぐわない, にはならぬ, にはよき, には他力的意義, には希望, には早く, には普遍, には無益, には結合, には綜合, には美術, には自然, にまつわるすべて, にもしばしば, にもっと, にもなけれ, にも変化, にも渡り, にも破綻, にも絵画, にも要求, にも適応, によって喚求, による美, にわたって彼, に与えられた, に与えられる, に何, に依存, に保証, に励み勉めた, に包まれる, に外, に対してこの, に対してなんら, に対して美術, に対しなんら, に対し不可思議, に対し考察, に対するより, に対する在来, に対する方針, に対する機械, に対する経済学的基礎, に対する興味, に巧み, に平民精神, に幾多, に形而上学, に彼, に志す, に戻らないであろう, に来す, に止まっ, に止まる, に正しい, に求め, に求めよう, に潤う, に潤おう, に現れた, に現れる, に秀でたる, に要する, に見, に見られる, に親しみ, に触れ得るなら, に連鎖, に適する, に醜い, に重要, に関して未だ, に関して論述, に関し彼, に関するいかなる, に関する主張, に関する大きな, に関する思想, に関する歴史書, に関する経済学的主張, に関する見解, に関する誰, に齎ら, のあの, のいみ, のこと, のすべて, のその, のどこ, のみあっ, のよう, の一時代, の一道, の中心問題, の主流, の主潮, の主要, の仕事, の代表的, の代表者, の位置, の作, の作者, の作自体, の偉大, の全, の公道, の内容, の内面的意義, の分野, の原理, の名, の品, の園, の地方的性質, の城, の域, の大, の大塔, の大通り, の宗教, の宣揚, の展観, の平民化, の幻像, の廃頽, の建築, の思想, の性質自身, の恥辱, の文化, の時期, の最も, の本質たる用, の本質的, の正道, の歩むべき, の歴史家, の民衆的意義, の特殊, の特質, の王国, の現状, の理念, の発達, の目的, の真意, の真理, の祝福, の立場, の綜合, の美そのもの, の美学的研究, の聖典, の藝, の行くべき, の質, の趣旨, の追うべき, の部門, の重要, の鑑賞, の鑑賞家, の開発, の陳列, の雑誌, の面, の頽廃, はいかなる, はそう, はそれ自ら, はギルド, は一家, は下級, は主として, は二分野, は互に, は今, は低い, は個々, は個人的作, は元来自作, は再び, は処, は可能, は名, は国民的, は変則, は多く, は大衆, は大道, は天然, は工人たち, は当為, は彼, は彼ら, は忘れられ, は懶惰, は救われた, は時代, は普通, は模倣, は正しき, は正しく, は民間, は沈み始めた, は流離, は激しい, は無, は物心, は特別, は科学的原理, は秩序, は美術的, は美術的意識, は耐久性, は自ら愛玩, は自力, は資本制度, は質, ばかりでなく, への全, への正当, への理解, への見方, ほど美的, もあり, もない, も今や, も自然, や見るべき, よりさらに, より純, より美術, より遥か, をある, をとりわけ, をまとも, を云い, を今, を以て天然, を依存, を侵す, を保証, を個人, を個人的美術, を偏重, を健康, を再建, を去っ, を夢みる, を大成, を守護, を審美的, を対象, を尊ん, を少数, を工藝, を得よう, を想う, を愛し, を慨し, を托すまい, を放棄, を救い起すであろう, を救う, を栄えさす, を樹立, を正当, を民衆的作品, を活殺, を物, を物語っ, を特殊化, を産むなら, を産もう, を直観, を省み, を真に, を私, を等閑, を築くべきなら, を美しく, を考える, を見る, を解そう, を計る, を訪う, を負う, を進めね, を進める, を選ぶ, を選ん, を開こう, を除いた, を離れ, を離れた, を顧みる, を高め, を高める, 全き, 正しき工藝

▼ 工~ (204, 7.2%)

5 に命じ 3 である, の手, の群れ

2 [11件] ではない, の一人, の上, の中, の数, の知識, の精神, はその, は自然, や百姓, を一団

1 [168件] から工場, がいつ, がこつ, がこれ, がその, がもう, がやや, が二人, が働いた, が出ました, が分りかねる, が北, が家, が建物, が思いきった, が打つた, が昼夜兼行, が暇, が窓, が給料, が鋳, たらしめば, たらしめようと, たるエフィゲニウス家, たんまり金銀, だ, だけに分り, である朝鮮, でしゅ, ではなく, でもあつ, とうたっ, とがある, として, として這入りこん, となっ, とをよく, と一ツ, と友達, と自分等, と苦力, と見え, などの家々, にし, にすぎない, には同情, に似ず, に何, に作らした, に名, に対して動物, に望む, に武器, に終っ, に美術家, に轆轤, に運び, のうち, のやる, の一団, の世, の代表的, の位置, の出入, の力, の口, の周囲, の器量, の団結力, の団結心, の多く, の夢, の大蒜, の居, の座, の怠業状態, の手本, の指先, の挙動, の欲, の死, の死骸, の気, の病的, の築く, の群, の肩, の腰, の苦心, の葬儀, の負傷者, の逃亡, の金属的, の鍛冶屋卓素, の集まる, はいじめつける, はいふ, はこれ, はだんだん, はなから, はぬれた, はまだ, はもとより, はキリスト, は一人, は一日, は三千人, は不逞, は各自, は妻, は工人, は床, は彼, は息, は拍手せり, は旋風器, は果して, は枝, は満, は白い, は織る, は自分, は自由, は軍隊, は逃げる, への給料, までが今度, もこの, も実に, も持つ, も揃つて商人, や庶民, や鼻, よりは一日, よりももっと, らしい自負, をいじめつけ, をし, をしのばせ, をひどい, をもっ, を他, を伴, を使うなら, を使わなけれ, を利, を圧, を多く用, を婿, を守った, を引きつれ, を慄, を指導, を捕まえ, を数多く, を相手, を督励, を聘, を自家, を虐待, を見殺し, を軽蔑, を追っかけ, を集め, 各工場, 考えあると, 苦るしめる, 計ること能はず

▼ 工~ (144, 5.1%)

8 はない 7 をし 6 して 4 をした, をする 3 がない, にし, はあるまい, を凝らし, を凝らした 2 がある, せられたもの, の輪, はありますまい, をせね

1 [90件] あり徒, があった, があり, がありましょう, がありますまい, がいるらしい, がし, がなく, が何一つ, が凝らされ, が凝らし, が出, が必要, が積まれ, こそ最第, したいと, したので, したら何, したり, した一種, した料理, した新, した時, した遠, しなければ, し抑, するにも, するの, する必要, せられた作, であった, である, でも岡田式, で仕立てさせた, で雨戸, という事, と更に, なかるべからず, なり, にしなけれ, にのみいそがしく, に創, に成った, に耽っ, のスープ, の國風舞踏, の火鉢, の無え, は無き, は私, は誠に, は随分, ばかりし, ばかりする, もない, も有ろう, も構想上, や発明, をいかに, をこの, をこらす, をしたら, をしなけれ, をしねえ, をし出した, をせん, をたたみ, をなすっ, をなすったら, を仕た, を凝, を凝し, を凝した, を加, を加え, を大悟, を実地, を廻らし, を廻らし得べし, を忘れたる, を相談, を編み出しました, を致しましょう, を要す, を費さない, を運, を運ら, を運らす, を附加, 凝らして

▼ 工~ (132, 4.7%)

53 なかに 2 したこと, ところへ, 一人が, 一人は, 中の, 寄宿舎を, 斧鉞の, 松田さんが

1 [108件] うち四百人に, うち四百人ほどが, ごとき高野山, その壁, ために, とき廻っ, とき彼は, なお沢山, なかには, もとを, ものが, ストライキが, 一ヵ月の, 一人, 一日の, 一犯人が, 三兵科を, 三好と, 上席の, 下ごしらえが, 中に, 中国人の, 亡霊を, 仕事には, 仕事は, 仕事場が, 仕事場であった, 仕事行進曲に, 例, 信仰の, 優れた手際, 元祖である, 共同制作によって, 出身地は, 前に, 剣を, 助手として, 労働が, 労働の, 半分以上商の, 口が, 同盟罷工で, 名の, 名人肌の, 塗抹法と, 墜死は, 士官を, 大ストライキ, 奇なる, 女工たちは, 妙技, 妾とやらが, 姿であった, 字ついた, 宅に, 家だった, 家へ, 家号を, 寝床が, 形は, 待遇を, 徒が, 微妙さを, 息子, 息子として, 惠携へ, 惨死, 技術は, 持つ一つ, 指で, 採用に, 描写を, 数は, 時分から, 書いた十二ヶ月美人, 最高の, 村を, 板廂が, 某と, 根ざし深く, 機関大尉は, 浅か, 清水が, 為に, 熟練工化の, 父親に, 生産力を, 痩せたる脚, 目にも, 盾の, 真後で, 職工は, 興隆する, 若干を, 西素という, 許より, 話を, 謎は, 賃銀は, 農村の, 金ちやんです, 間の, 鞴から, 頭数だけを, 顔を, 首切と, 首切りの, 高柳健次郎教授が

▼ 工~ (73, 2.6%)

4 して 3 督し 2 よんで, 獲得する, 起して

1 [60件] こらして, しながら, つくっても, なすに, 一人よん, 一人オルグし, 中止した, 二百人だけ, 何時間働かし, 使うこと, 使った方, 使って, 入れるよう, 凝らして, 出て, 加へ, 募集し, 募集した, 勤め商を, 又失敗, 収容し, 取る位, 受驗する, 各地に, 合宿させ, 呼び叫び曰, 呼んで, 喚んで, 奨め航海貿易, 奬め航海貿易, 好むと, 尽したる, 思い尋ねること, 急がせアラヂン, 急ぎ中尉, 成し遂げたらその, 手伝わせ, 接触させ, 施したる徳川幕府, 煩しさうなあの, 発見出した, 盡したる, 盡すも, 積んで, 競ふ, 自分たちの, 苦しめなければ, 見て, 見廻った, 起こした, 起させて, 起された宮居, 起し, 起した, 起し出して, 起し基礎, 起すごと, 遣る傍ら, 雇うとき, 馘きる

▼ 工藝品~ (68, 2.4%)

4 の数々 3 の中 2 たること, であった, の大, は美術品, を見る

1 [51件] か, が世間, が主体, が在銘品, が民器, が無数, が美, だから, であ, であって, である, でかつて, でした, でももっと, で一番, といえるでしょう, としての美, との義, とはいう, と同一, と呼びたい, と呼ん, と鑑賞的, においてもそう, においてわれ, において私たち, にけばけばしい, に及ぼした, に対してよりも広く, に愛, のうち, の価値, の多く, の如き, の栄誉, の美, はあまりに, はかえって, は不思議, は単独, は民藝品, は美, は貴族品, ばかりが美しい, や絵画彫刻, を仮に, を指し, を指す, を見, を見出す, を陶器

▼ 工人たち~ (58, 2.0%)

3 は幸 2 にかかる, に帰す, はこの, は正しき

1 [47件] がいる, がその, が作り得る, が作る, が感心, だったの, であります, と一つ, にとっては一層, にも多く, によって作られ, に与えない, に教え, に負う, のなか, のなさね, のマルキシズム, の一生, の信仰, の労働, の務め, の夜業, の工藝, の底, の愚, の手, の操業, の要求, の誰, はあの, はいずれ, はそれ, はまた, はわが, は今, は全く, は口々, は崩れ, は彼ら, は押し出された, は機械, は黙々と, も少く, より上, をも動かさない, をよく, を見廻した

▼ 工~ (48, 1.7%)

2 それを

1 [46件] かるくうなずいた, すこしもまだ進ん, すすみ準備, その指南書, その職, それぞれ加役に, ただちに止めさせた, どこで, なかなかそう簡単, なつかしい, テチスを, ホンの, 一年たらず, 一文の, 一見し, 二百二十万を, 五層重ね, 余所へ, 使わなかった, 元来土師部, 労働に, 十五銭に, 十時間から, 原稿に, 命がけの, 唯一の, 大概の, 建築師と, 彼の, 後に, 怪しい奴, 息を, 捗って, 文字の, 既に出来, 昼夜を, 本工, 梶原平兵衛で, 機械の, 武略だけでも, 深く人智, 特別な, 約二百人, 職場を, 自分が, 自分の

▼ 工~ (47, 1.7%)

3 して 2 有害なる

1 [42件] かえっていまごろ, し高, つきあるいは, つけ期限, なった男, なって, なりたいと, なりたいん, なりたくて, なり収入, なれるだろうと, なろうと, 仁清を, 依つて, 依つて拾, 入學, 写させた, 力を, 取りかかれ, 変装した, 奉行し, 封侯の, 就いて, 払ったこと, 時勢おくれ, 比べて, 當り, 目次を, 直して, 直すかも, 直すと, 知を, 組み入れられるかも, 編成する, 繰り入れること, 至りては, 訊いた, 訊ねた, 過ぎなかった, 隣り住んだ谷中天王寺十八番地, 頼んで, 首なんか

▼ 工~ (47, 1.7%)

4 の群

1 [43件] から北海道, か何, がその, がそんな, がなぜ, がひとり参木, が二人河, が茄子, だった, であった, とか女店員, としての長い, と皆, にし, にてよく, になっ, に募集, に売られる, に日曜, に聞かす, のよう, の一日分, の中, の古い, の唄, の唄える, の四五人, の境遇, の悲鳴, の手, の手仕事, の死骸, の渦, の肩, の顔, の髪, はもし, は何, は広場, は怪し, は気, や教師, を追

▼ 工~ (42, 1.5%)

1 [42件] あった, あって, いかにも体, いるん, いる子供三人, この頃, その刷毛, その樹, はいって, まだよごれ, まだ仕上らぬ, やって来て, ストライキを, ヒョッとして, 一人か, 一応整った, 一日の, 一段の, 両岸, 作業台に, 其頂邊に, 内職に, 削りな, 坑内で, 執筆せし, 多かった, 大規模, 好きで, 始められて, 始終長火鉢, 左手に, 指物師に, 捗らんのでな, 機械を, 毎朝隣人や, 減少するなら, 蟻の, 進み, 適当な, 重な, 駆け寄って, 駆け込んで

▼ 工藝美~ (38, 1.3%)

4 は社会美 2 ではない, はあり得ない, は材料美

1 [28件] が, が社会美, ではなく, という概念, と個性美, と誤認, においてかく, に対する私, に関する偉大, に関する思想, に関する正しい, に関する過去, の基礎, の最も, の歴史, の法則, の衰頽, の諸相, はかくして, は一面材料美, は漸次, は特殊美, は近代, よりすれ, より社会相, を見る, を認め, を貫く

▼ 工人達~ (35, 1.2%)

1 [35件] から責任, がいじめつけられ, が兵士, が屋根, が頭薬, との接触, と接触, にはあまりに, にはこういう, には棒, にひ, に真, に虱つぶし, の当然, の窮乏, の背, はかくして, はその後兵士, はもう, は三月末, は小山, は怠業状態, は普請, は暴力, は本能的, は水, は色, は親, は鉄条網, は長い, も彼, をじろりと, をつなぎとめ, をなだめ, を観察

▼ 工~ (21, 0.7%)

2 なって

1 [19件] いう, いっても, きたな, なりはた, なり小吏, なり背, なること, なるより, 一緒に, 云ふ, 同じ分量, 商に従う, 女子挺身隊とを, 少女工が, 巧とを, 本工, 為すも, 臨時工との, 臨時工を

▼ 工~ (21, 0.7%)

2 の三階級

1 [19件] ありと, あるいは老, がその, である, に如かず, のほか, の事, の事業, の地位, の家々, の細事, の道, は士農, は英國, または政治家, を学び, を導かん, を營むものを, を理解

▼ 工学士~ (21, 0.7%)

1 [21件] からの招待状, がいます, がこれ, が二人, が居る, が来た, だつたが, とまた, と僕, と言え, なり, になる, に拠る, に片, はゴクン, は井桁, は余り, は突然, を知っ, を突き倒した, を突き飛ばした

▼ 工藝史~ (21, 0.7%)

2 は良き

1 [19件] でこの, に対して美学, に慣れた, に民藝, のいかなる, の一部, の中, の修正増補, の未来, の観, の趨勢, はほとんど, はむしろ, は大概直観, は読ん, を予期, を極めて, を見, を見る

▼ 工藝家~ (21, 0.7%)

2 として最も, の驚くべき

1 [17件] がそれら, が自己, だネ, ではなかっ, としての彼, として立とう, として考えられる, ならびに工藝史家, なん, になり得た, の任務, の建築, の美術的作品, の間, は, は用, は神経衰弱

▼ 工學士~ (19, 0.7%)

1 [19件] から音信, か醫學士, が, が其の, が話した, だつた, であります, となれる, とは非常, と云つた中根氏, の中里, の其の, の手, の細君, は井桁, は嘗て, は附けたし, は餘, は麥酒

▼ 工部局~ (19, 0.7%)

3 の方

1 [16件] がやかましい, で時折乞食狩り, などを手頼り, のロシア義勇兵, の命令, の意志, の機関銃隊, の死体検視所, の活動, の特別納税会議, の発砲, の老獪さ, の警官隊, の警察隊, へ向っ, や領事館

▼ 工~ (17, 0.6%)

3 あつた

1 [14件] あのう, これからどの, そうひどい, そのマウント, わけてもその, 一人は, 両者の, 働きに, 元来は, 入渠中の, 教育程度は, 絵筆を, 農業の, 鉄瓶造りを

▼ 工として~ (17, 0.6%)

2 働いて

1 [15件] はたらいて, 一人前の, 京都へ, 付近の, 女ながらも, 木材の, 熟練抜群の, 用いられるもの, 用いられる者, 社会へ, 種々の, 立つ意義, 自分が, 近代の, 集められた

▼ 工藝時代~ (14, 0.5%)

2 であったと

1 [12件] が民衆的作品, であった事, と云え, のもの, の作, の現出, は去った, をこの, を回顧, を想う, を省みる, を見れ

▼ 工藝的~ (14, 0.5%)

2 たること, な美し 1 だから, な, なもの, なるが, なるもの, なる故に, な性質, な特徴, に見, 美しさ

▼ 工~ (12, 0.4%)

1 [12件] から, からという, からん, から別に, が六十二ルーブリ, そうです, つたが, つたといふ, つたのである, という, のを, 俺は

▼ 工~ (11, 0.4%)

1 [11件] あった, ある, いまだ半ば, この前後, 半ば出来, 口笛を, 困らされたもの, 完く, 完成し, 寒かった, 終って

▼ 工組合~ (11, 0.4%)

1 [11件] だけにし, とはべつに, と友愛会支部, に寄付, に小野鉄次郎, に関係, の会長, の幹部, の指導者, の組織, は小野

▼ 工しよう~ (9, 0.3%)

1 のあり, のさつき, の一室, の技術部, の連合国, は八王子, をたずね, を訪ね, 裏の

▼ 工~ (9, 0.3%)

1 が曲者, が活動, などが独立, に秋波, に納められた, に置かれた, のまわし者, の成立大会, の本部

▼ 工~ (8, 0.3%)

1 と約し, と貸家, にて私版, に托すべし, に托せ, の一連れ, は終に, を假

▼ 工~ (7, 0.2%)

1 ハッパを, ペンキ工や, 少女工, 店番や, 植字工として, 画家や, 高い塔

▼ 工藝問題~ (7, 0.2%)

1 について多少よく, について語りあっ, に向っ, の意義, の重要性, はない, は自

▼ 工藝界~ (7, 0.2%)

1 が傷, と多く, における美術品, にとって最も, にとって美学界, に反省, を見る

▼ 工だった~ (6, 0.2%)

2 んだ 1 この三人, それから, 小説家が, 爺さんの

▼ 工という~ (6, 0.2%)

1 ところ, 一団の, 意味であった, 手工業労働者だった, 種類の, 自分の

▼ 工学校~ (6, 0.2%)

2 の卒業生 1 だけ及第, の入学試験, の塀, はおれ

▼ 工藝技術~ (6, 0.2%)

3 を研究 1 に興味, の如何, ノ進歩發達等

▼ 工~ (6, 0.2%)

1 です, にも学校, に入らん, の給事中, の詩, 少属

▼ 工部省~ (6, 0.2%)

2 の学校 1 で建てた, に仕へ, に転じ, の雇員

▼ 工~ (5, 0.2%)

1 な域, な書, に出, の極, 其の品位

▼ 工~ (5, 0.2%)

1 に從事, の各, の部門, を隆盛, 及び物理學

▼ 工~ (5, 0.2%)

1 の, の影響, の発行, の題, は

▼ 工藝そのもの~ (5, 0.2%)

1 であるかを, の性質, への理解, を見失う, を離れる

▼ 工藝史家~ (5, 0.2%)

1 が彼ら, にとって直観, に対してもまた, に対し思想的贈物, は今日

▼ 工藝論~ (5, 0.2%)

1 に対する多く, は新しく, を可能, を発足, を組み立てる

▼ 工であった~ (4, 0.1%)

1 だけに木工, のです, 予は, 深水の

▼ 工人側~ (4, 0.1%)

2 の人たち 1 でも金田兼次郎氏, の人

▼ 工女たち~ (4, 0.1%)

1 が, がひっ掻き合った, が戯れ, の悲鳴

▼ 工左衛門~ (4, 0.1%)

1 であつ, となった, などを讃, の

▼ 工~ (4, 0.1%)

1 の学科, の學科, の職, は長い

▼ 工部学校~ (4, 0.1%)

1 からどうか, では木彫り, というもの, の前

▼ 工阪杉江~ (4, 0.1%)

1 が招かれる, と云う, にとる, の外

▼ 工~ (3, 0.1%)

1 ッてな, 何かの, 商か

▼ 工する~ (3, 0.1%)

2 無し 1 筈に

▼ 工たち~ (3, 0.1%)

1 がてんでに, は大陸, は霜降り小倉

▼ 工でも~ (3, 0.1%)

1 じゃがいもぐらいは, 五十以上英語の, 英語や

▼ 工~ (3, 0.1%)

1 のでモウ半月, んだ, んで

▼ 工には~ (3, 0.1%)

1 ある程度までの, むしろ過ぎた, 持って

▼ 工~ (3, 0.1%)

1 だりする, だ芸, でやれ

▼ 工人ども~ (3, 0.1%)

1 がほとんど, の精励, を警護

▼ 工人等~ (3, 0.1%)

1 が黒い, の意見, の活動なぞ

▼ 工会社~ (3, 0.1%)

1 では予等, の藤山一雄さん, の諸君

▼ 工募集~ (3, 0.1%)

2 の貼紙 1 の門前広告

▼ 工~ (3, 0.1%)

1 の前, の煙, の高い

▼ 工及び~ (3, 0.1%)

1 機械工として, 機械工の, 鍛冶工として

▼ 工合い~ (3, 0.1%)

1 じゃいたましく, わるし, 悪く留守

▼ 工~ (3, 0.1%)

2 で行かなけれ 1 に長け

▼ 工村化~ (3, 0.1%)

1 が悪い, し農村, するの

▼ 工~ (3, 0.1%)

1 という時計工場, の寮, の質素

▼ 工藝美術~ (3, 0.1%)

1 と相対, に転ぜしむべきである, 即ち見る

▼ 工藝美論~ (3, 0.1%)

1 の先駆者, へと進む, を組立てる

▼ 工藝自体~ (3, 0.1%)

1 が美術化, ではなく, の意義

▼ 工~ (3, 0.1%)

1 が続い, を右, を目標

▼ 工~ (3, 0.1%)

1 がゼスチャア遊び, と同列, は食事

▼ 工~ (3, 0.1%)

1 に食料, の助手, の勢力

▼ 工から~ (2, 0.1%)

1 キヌちゃんという, 考へると

▼ 工たり~ (2, 0.1%)

1 商たり, 農商たり

▼ 工であり~ (2, 0.1%)

1 同時にあと, 賭場へ

▼ 工である~ (2, 0.1%)

1 ので久しく, 深水は

▼ 工では~ (2, 0.1%)

1 なかった, 清水坂以上の

▼ 工とが~ (2, 0.1%)

1 江戸の, 賃銀の

▼ 工としての~ (2, 0.1%)

1 同君の, 意気が

▼ 工との~ (2, 0.1%)

1 差だって, 煩瑣な

▼ 工などに~ (2, 0.1%)

1 かかずらって, 知り合いを

▼ 工などの~ (2, 0.1%)

1 手には, 面で

▼ 工なりと~ (2, 0.1%)

2 雖も

▼ 工に対する~ (2, 0.1%)

1 シンパシーが, 名として

▼ 工まざる~ (2, 0.1%)

1 ところに, に知

▼ 工まれ~ (2, 0.1%)

1 ている, 企てられた美し

▼ 工よりも~ (2, 0.1%)

1 商が, 極めて悪い

▼ 工んで~ (2, 0.1%)

1 いられるらしかった, いるよう

▼ 工ヘープァイストス~ (2, 0.1%)

1 の造れる, を訪

▼ 工人これ~ (2, 0.1%)

1 は同, をつかまえ

▼ 工作品~ (2, 0.1%)

1 にし, を提供

▼ 工兵隊~ (2, 0.1%)

1 かなどと聞く, だろうなどと

▼ 工商会社~ (2, 0.1%)

1 という美術貿易, の巴里博覧会

▼ 工商業~ (2, 0.1%)

1 の發達, はおの

▼ 工商社会~ (2, 0.1%)

1 の書記, を見れ

▼ 工女ら~ (2, 0.1%)

1 は前面, は裳衣

▼ 工学士某氏~ (2, 0.1%)

1 の妻, の思慮

▼ 工巧明~ (2, 0.1%)

1 が數術, とて工学

▼ 工成り~ (2, 0.1%)

2

▼ 工~ (2, 0.1%)

1 の門前, へ見

▼ 工手間~ (2, 0.1%)

1 が懸る, もかかっ

▼ 工~ (2, 0.1%)

1 の心づもり, を尽し

▼ 工~ (2, 0.1%)

1 と迄行かず, にはせず

▼ 工~ (2, 0.1%)

1 に成る, に腐心

▼ 工~ (2, 0.1%)

1 なども子規氏, の子

▼ 工法案~ (2, 0.1%)

1 の實施, の賽

▼ 工~ (2, 0.1%)

2 などというもの

▼ 工神ヘファイストス~ (2, 0.1%)

1 に命じ, の製作

▼ 工~ (2, 0.1%)

1 としての仕事, の仕事

▼ 工藝たる~ (2, 0.1%)

1 の性, の意義

▼ 工藝中~ (2, 0.1%)

1 に中, の工藝

▼ 工藝協団~ (2, 0.1%)

1 は消えた, を結ん

▼ 工藝家たる~ (2, 0.1%)

1 よりも一層, より一層

▼ 工藝百般~ (2, 0.1%)

2 の技術

▼ 工藝的意義~ (2, 0.1%)

1 から見, に立つ

▼ 工藝的美~ (2, 0.1%)

1 において民藝, は少し

▼ 工見習~ (2, 0.1%)

1 にやられた, ももの

▼ 工路守備隊~ (2, 0.1%)

1 からやつ, のゐる

▼ 工部大学~ (2, 0.1%)

1 で教, と外国語学校

▼ 工部局属~ (2, 0.1%)

1 の印度人警官, の支那

▼ 工部技手~ (2, 0.1%)

1 に任, を罷めた

▼1* [264件]

あがりの彼, 工ほかた, 工および監察員には, 工からは物凄い火, 工これを衣嚢, 工その時彼の, 工その他一切の製版工, 工だけが許されて, 工つい俥の, 工つて言ふ手, 工であって月収, 工でしかなかった, 工ですがね, 工でなく年寄りの, 工でなけれやいけない, 工とはまつたく性質のち, 工とを満載した, 工なかばにし, 工なしぬもの, 工など云へば, 工などから馬の, 工などが賛成だった, 工などと永年にわたって, 工などはブツ, 工なども農事を, 工などよりもよい営養, 工ならざることを, 工なり建設する, 工なる画師の, 工なんかにはもったいない人間, 工なんてほんとうに, 工にあたり忽ち一砦, 工にさえなれない, 工にとって恐ろしい仕事, 工になつておふくろと, 工にも此の, 工ばかりでなく製鑵部, 工ばかりにしないで, 工ばつかりにし, 工見習に, 工ぬとも, 工まずに現, 工むとは何と, 工むらん続け, 工めども為, 工み我が, 工らしい長髪の, 工らしく佐古は, 工ファッツ一日杼を一たび, 工ペンキ職教師等の労働, 工ポールの奴, 工ヲ発シ混沌ヲ鑿ル, 工一人は臨時工, 工七分に農民, 工並みの特配, 工五人合せて, 工人そのものに対して何と, 工人その他の雑職人, 工人それがいつも, 工人一家のあいだ, 工人一美校生などの日給, 工人三百人から成る, 工人二万京都の富豪たち, 工人二三となる, 工人仲間の人々, 工人係りで芳秋蘭, 工人個性のない, 工人全体をも嚇, 工人土塀囲いだが, 工人密集して, 工人某なる者, 工人的末梢技巧のめまぐるしい, 工人自身だけの娯しみ, 工人船大工がしきりに, 工人近江之丞桃六, 工人部落かまたは, 工会幹部と罷業工人三百人, 工会系の煽動者, 工体育部水泳選手のドミトリー, 工全体の待遇, 工の運転手, 工出版書肆に人, 工出目洞白の逸作, 工助け働けり, 工の三科, 工医農法文経の七部門, 工印刷工製本工の共同制作, 工商街車如織往来忙煙筒林立凌雲処都是績麻製布場, 工及炭坑夫は国家, 工を通じて如何なる, 工合致つて宜しく明け, 工として特色, 工商雑居の吹き寄せ町, 工地紋というの, 工均し矣, 工堅緻にし, 工塲銀行皆業を休み, 工女らしいのが, 工女募集の勧誘員, 工女子労働者のため, 工女掃除女に到る, 工女看護婦交換嬢女給店番なぞいう, 工女達は多く, 工字紋麻の葉七宝雷紋のよう, 工学士一人は建築美術専門家武田工学士, 工学士一家の傷, 工学士中内忠も刈谷音吉毒殺犯人, 工学士伊東忠太君はその, 工学士君は昨夕, 工学士夫婦のよう, 工学士油蹈天は大任, 工学士神崎は石, 工学士蘆鉦次郎の写真, 工学士長野宇平治君は建築雑誌上, 工学士関野貞君によってかの, 工学校マリオ商学校三つだけ視, 工學上の業績, 工學以前の代物, 工學士宛の手紙, 工學士未亡人が居る, 工學士遠藤於莵君を通して奈良井徳利屋, 工學建築學機械工學等地震學の理論並, 工學校氷川臺の東京盲唖學校, 工學的の實際, 工學等地震學の理論並, 工學者等を羅列, 工學部大學校電氣學教授, 工宮廷音楽教師新貴族, 工宿を二日, 工小間物行商人税關の倉掃除夫, 工尹商陽という者, 工山岳部の学生二人案内一人, 工左衛門寿朝等いづれも, 工や百般, 工巧みにわが, 工巧師を派遣, 工巧明斯う云, 工の世界各地, 工師今しも斧, 工という方法, 工には皆, 工成って浪華, 工主鷹司, 工所尼崎汽船などの大, 工手間のか, 工於考証不, 工指物師など幾多, 工指物師大工屋根葺き機織娘, 工捲き手は, 工の煤烟, 工政会の出版, 工救済会の幹部, 工教授の佐藤氏, 工教授佐藤氏の鑑定, 工文撰工その他一切の製版工, 工文理農あらゆる学問, 工料四匁二分飯米料一匁二分をうく, 工新式のビラ, 工施して燦爛, 工を着た, 工染織工印刷工製本工の共同制作, 工株式会社を訪うた, 工棟梁の妻, 工機学校に学んだ, 工機械工の最高, 工氣匠氣乳氣の如く, 工水名城も保つべからず, 工瀕死の血滴, 工熊川忠範の顔, 工王子君五郎という決して, 工生活をやって来, 工的完美に走り, 工石田重吉記念作品とつぎ, 工研工製粉工捲き手, 工研師塗師革裁ち柄, 工磁工などが僅か, 工の柱時計, 工科学百般各自専門を修め, 工六部, 工ノ第一人者トイフベシ, 工へて彼, 工の事, 工に着手, 工紡績工及び機械工, 工美術では色, 工職人がせっせと, 工能率の比較表, 工舎製だが, 工藝これがその, 工藝そこは民衆, 工藝それは無, 工藝上の意義, 工藝今はそれ, 工藝作家の友達, 工藝個々の僕達, 工藝健かな工藝, 工藝凡て何事も支那, 工藝化とその間, 工藝史上における異例, 工藝史中特筆すべきもの, 工藝品中から最も, 工藝品彼ら自身から直接教え, 工藝地を通り過ぎ, 工藝学に依る, 工藝學問を植ゆ, 工藝學校になつて, 工藝學校兩校學生から車體設計圖案, 工藝完き工藝, 工藝室迄行く, 工藝家自身でもない, 工藝展支那赤絵展アイヌ作品展の如き, 工藝展沖縄工藝展支那赤絵展アイヌ作品展の如き, 工藝思想に富み, 工藝性とには緊密, 工藝政治法律宗教などの領域, 工藝方面にも造詣, 工藝書兵書その他紀行文書詩書など合し, 工藝的任務にはならぬ, 工藝的性質について何, 工藝的要素を奪っ, 工藝美感は工藝美論, 工藝美論入門の書, 工藝自身の裡, 工藝論者と云え, 工藝運動はある, 工藝道に達する, 工藝雜役に從, 工を嘗める, 工補導所を作り, 工製本工の共同制作, 工製粉工捲き手, 工には, 工輜重の特科, 工の権利, 工農医の各科, 工造りはてて, 工逸樂を採, 工部大輔遣外副使として在米中, 工部尚書厳震安南, 工部尚書賈魯を遣わし, 工部局官憲の狡, 工部局巡捕によって, 工部局提案の関税引上げ, 工部局時代右の電力費用, 工部局警官の姿, 工部省直轄の学校, 工部集のごとき, 工金属工などと永年, 工金融企業におい, 工鍛冶屋及び大工, 工長さんは, 工隨筆を引, 工靴工という種類, 工風万年スープ火鉢の図, 工風中の空中飛行機, 工風作為の弊, 工風富五郎の才覚, 工風日に新た, 工風考案を記述, 工風致しました, 工飾師などが手入れ仕事, 工養成機関の設備, 工鬼斧に驚嘆, 工鳳池堂のあるじ浪華