青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「巣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

崩れ~ 嵐~ 巌~ ~川 川~ 川上~ 州~ ~巡査 巡査~ ~巣
巣~
工~ 工事~ ~工合 工合~ ~工場 工場~ ~工夫 工夫~ 工業~ ~左

「巣~」 2684, 29ppm, 4046位

▼ 巣~ (782, 29.1%)

24 くって 23 食って 22 作って 15 つくって 14 かけて 12 造って 8 張って 7 喰って 6 くつて 5 作るの, 営んで, 掛けて 4 かける, 組んで

3 [17件] かけ, かけた, かけては, かけるに, かけるの, つくるの, 作つてゐる, 作る, 作ること, 作るよう, 出でて, 持って, 捜すには, 発見する, 見つけて, 見て, 造りました

2 [50件] いとなみ夫婦, お通り, かけたの, かけたよう, かけた天井裏, かけた時, かけに, かけますが, かける時, かまえて, くったの, くひは, くふ小鳥, こしらえて, つくつて, つくりに, とって, はなれ住家, はらって, もって, 作るとき, 作る頬白, 入れて, 取るよう, 営むこと, 営む本能, 営んだ, 変えて, 大きくしよう, 懸けて, 拵へ, 捕りに, 探して, 探って, 換えた, 替えたとか, 期待する, 構えて, 構へ, 構へて, 營み, 直覚した, 突きとめる計略, 突き留め手一杯, 見つけ出したの, 見付けた, 見届けて, 訪ねました, 變へ, 造つてゐる

1 [477件] あちらへ, あむ振を, あらすの, うがち発掘, うつくしく飾る, おもい出して, お前に, お教室, かえてから, かえようと, かきまわしたりは, かき廻したよう, かけさせたり, かけさせると, かけたが, かけたこと, かけたすずめばち, かけたん, かけたんぢ, かけた商人, かけた家, かけた楹, かけた私, かけないで, かけはじめる, かけましたが, かけます, かけよう, かけようかと, かけようと, かけること, かけるだらう, かけるだろうし, かけるつもり, かけるやう, かけるよう, かける地蜂, かける白い, かけ卵, かけ始めるや, かなしむと, かまえそして, かまえました, くいそう, くいたがる寄生虫, くう, くう小鳥, くう浪人たち, くった名物, くった跡, くってる深見重左衛門, くってる銅義, くつてた, くつてる, くふもの, くふ平吉, くむが, くむ梟, くわせて, こえて, こしら, こしらえられて, こは, これに, こわすの, さがしあてて, さぐり当てたら大漁, さけながら, さして, しつかと, して, しとるの, そのまま持つ, その梢, たたきおとすの, たちまち大, ちょぴりと, ちよつと, つき破る方法, つくったという, つくったの, つくったろうね, つくったん, つくつたり, つくつたんぢ, つくつとる, つくりくちばし, つくりその, つくりはじめた, つくりはじめたな, つくりはじめました, つくりはじめるの, つくりました, つくります, つくりますよ, つくり到る處, つくり幹, つくり最も, つくり終わると, つくり自分, つくり莫大, つくり雌雄, つくり雛, つくること, つくるとて, つくるのに, つくるやう, つくる二羽, つくる蜘蛛, つくる途中, つくる雲雀, つくれ, つけた花生け, つたって, つたつて走る, つついたり, つつくと, とびだすと, とれないと, ながめた, なして, なでまわしながら, ぬすむそう, のせて, のぞいて, のぞくと, はずれて, はったよう, はる様子, ひっかきまわしたよう, ふたたび気長, ぶら下げると, ほめてばかり, また他, みて, めぐるころ, もつて, もつ幽, もの珍しげ, やぶった蜂, アルシュ・マリオンの, ウォッチし, 世間に, 両手で, 中心に, 乗取る了簡, 乱された鳥, 云い給え, 人に, 仰いで, 作し, 作ったところ, 作ったもん, 作った恰好, 作った跡, 作つて, 作つてし, 作つてその, 作つて居る, 作らうとは, 作らう食, 作らせたりくびのまわりを, 作りしならば, 作りし所, 作りそが中, 作りその, 作りたいなどと, 作りて, 作り蚕, 作り蟻, 作るが, 作ると, 作るに, 作るので, 作るもの, 作るやう, 作る前, 作る習性, 作る至極, 作る頃, 作る魚, 作れりこ, 作ろうとして, 俗に, 借りて, 入れ巣, 出ず, 出たばかりの, 出て, 出やしてね, 出入りし, 分けながら, 取りに, 取り出しました, 取るであろうと, 取ろうと, 叩き潰す, 只ねる, 喪い空間, 喪ひ, 喰い八九家族, 喰うて, 喰ったから, 喰っても, 喰つてゐる, 喰ひ, 喰ひはじめ, 営ましめるの, 営みありき, 営む, 営むため, 営むの, 営む季節, 営む約束, 営もうと, 嗅ぎ出したの, 垂直に, 塵で, 壊された蜜蜂, 変えたらしいので, 変えたらしかった, 大事そうに, 大切に, 失った鷺, 失ひし鳶, 奪い取ったこと, 嫌がると, 定めない抜荷屋, 定めようと, 寝込みに, 岩角にかけて, 巫女の, 底まで, 建て, 建設する, 引, 引くよう, 引搦ませ, 張った蜘蛛, 張つたので, 張らして, 張りつめた蜘蛛, 張りまわし, 張りめぐらし, 張り始める前, 張り待ちかける, 張るし, 張るの, 張るのみ, 張るべき場所, 張るクモ, 張る前, 張る多く, 張ろうと, 形づくって, 彼女に, 御存知ない, 忘れずに, 思わせる様, 打ちこはせるやう, 打ち払いながら, 払いのけたの, 払い落した, 払い落そうと, 払うの, 払った, 払ったり, 払ひのけた, 拂ひのける, 拡げて, 拵えこんで, 拵えて, 持つて, 持つ三匹, 持つ土地, 持つ天平, 持つ小, 持つ限り, 持つ雲雀, 指して, 指先で, 捜しあてること, 捜しに, 捜しましょう, 捜すの, 捨てて, 掃わ, 掘って, 掘り出さなければ, 掘ること, 掛く, 掛けそれ, 掛けた様, 掛けよるの, 掛ける仕組み, 採ってから, 探させた, 探しながら, 探しに, 探ねて, 探る悪戯, 探索し, 換えて, 揺ぶっ, 揺るがしてる新しい, 撫払い, 擧げしは, 教えて, 散らすが, 早く風呂敷, 替へて, 有するが, 来年の, 染めたの, 構えいた, 構えた, 構えてから, 構へてを, 樹木の, 毀された親, 毀したこと, 決めちゃあ, 浮かせた堤防, 渡るよう, 潜って, 潜つ, 灼くという, 焼き尽くして, 焼討ちすれ, 熱心に, 燒い, 燒く, 營むやうに昆虫が, 營める, 營んで, 片づけて, 狙って, 狙ひたがる, 猟る, 發見け, 眺めた, 破って, 破っては, 私は, 移しここ, 空間に, 穿ち特に, 突いたよう, 突きくずすと, 突きとめて, 突きとめるそれ, 突きとめ下, 突きとめ踏みこんで, 突き止めたの, 突き止めて, 突き止めるん, 突き止める手段, 突き留めたの, 窺うよう, 窺われて, 立ち, 立ちし, 立った二羽, 築いたり, 籠の, 組まないで, 組まねば, 組みかけて, 絶望的に, 編む材料, 織るでは, 繕ひ, 自分の, 自分達の, 荒されちまった後, 荒されるとは, 落したうなぎ, 落とすよ, 被って, 襲撃し, 見せて, 見つけたこと, 見つけただけ, 見つけたと, 見つけました, 見つけること, 見つけると, 見つけるには, 見つけ出して, 見つけ大小牡牝二十二頭, 見ては, 見に, 見のがして, 見よう, 見るばかり, 見る事, 見付けるの, 見付け出したの, 見出したの, 見出すくらい, 見出すという, 見守って, 見屆, 見廻りました, 見詰めたり, 覗いた, 覗いたとき, 覗きに, 覗きましたが, 覗見たる, 言えッ, 言へ, 調べて, 變へるだらう, 貰つて来, 買ったり, 蹴散らし, 載せる僅か, 追い立てられちゃ, 追われた鳥, 造ったじゃ, 造ったよう, 造ったり, 造つ, 造つた, 造らないの, 造らん鴎, 造りはじめたの, 造りはじめました, 造りましたね, 造りまた, 造り巧み, 造る, 造るか, 造るため, 造ると, 造るに, 造るには, 造るの, 造るもの, 造るよう, 造る二羽, 造る例, 造る智, 造る間, 造る體しなやか, 造れり, 選んだの, 醸して, 除く, 除けながら, 隈なく, 集めたり, 離る, 離れて, 離れるの, 飛び出した儘, 飛び出して, 飛び出す若, 飛び去る, 食いおりおり下界, 食いはじめた表面, 食う, 食うぞ, 食うという, 食う大道芸人, 食う町, 食ったり, 食った雀, 食った鼠, 食ってるん, 食つた所を, 食つていつた, 食わないらしい, 食ッて, 鷹が, 鼠の

▼ 巣~ (509, 19.0%)

62 ように 44 ような 32 中に 20 やうな 16 やうに 12 中で 11 中の 8 中へ 7 中を 6 中から 5 外に 4 なかに, ようだ, 中には, 方へ 3 なかへ, 内の, 外へ, 方に, 様に, 真中に

2 [20件] あたりに, ある山, か, なかの, 上へ, 上を, 下に, 下を, 中は, 主人が, 内へ, 前に, 如しとも, 小獅子, 材料を, 楠の, 樟の, 池の, 糸に, 蟻が

1 [212件] あたたまるひま, あたりまで, あったと, あったの, ありかは, あること, ある処, ある場所, ある家, ある所, ある方角, ある木, ある辺, ある鳥, うちで, おかしかりし, かかった煤まみれ, かかりて, かけ方, かはり, ことで, ことを, ごとく並んだが, ごとく組んずほぐれつ格闘, ごとく震え大会堂, しじま, すぐ向う側, すぐ近所, そばに, それである, ついた枝, つけ根は, どの線, ない渡り鳥, ない鳥, なかで, なかは, なくなった鳥, ぬくみ, はとや, ふくれた所, ほとりに, まはり, まわりに, まんなかまで, まん中に, もつふしぎ, やうだ, やうで, やうにか, ようで, ようなかれ, ようにも, 一塁と, 一部分は, 下には, 下の, 下側に, 中, 中からは, 中であった, 中です, 中での, 中でやし, 中とは, 中においては, 中にこそ, 中央に, 中心から, 主が, 乱れたよう, 乱れた薄い, 亂, 亂れた, 事蹟は, 位置が, 住民に, 作り方を, 側に, 側へ, 僅かな, 入口で, 入口の, 入口のみを, 入口まで, 兵糧を, 内と, 内に, 内は, 内外に, 内部は, 内部を, 写真などを, 凝烟, 出入口な, 出入口へ, 卵を, 反亂, 在所が, 地下室は, 場所を, 塁以下五つの, 塔形を, 墓にて, 墓の, 墓は, 墓最も, 壊れたのに, 多い明神さん, 夢を, 大きいこと, 大きくなる, 奥から, 奥に, 奧には, 如くさし, 如く織り出されたる無, 如く織り出されたる無数, 如く袖褄, 子の, 守備に, 安全或は, 小間物屋です, 山村を, 工事は, 巧緻な, 幹線と, 底には, 底へ, 店を, 張りつめた四枚ガラス, 張りつめた狭い, 形なども, 影に, 急を, 懐かしさ, 所在だった, 所在を, 掃除でも, 料理すなわち, 斜面に, 方が, 方で, 方は, 方角を, 方面の, 方面へは, 材料の, 様子も, 横糸を, 気分を, 江水が, 池, 無数の, 片岡さん, 片岡正夫だった, 生活も, 番を, 発見などは, 白鷺の, 直下の, 真ッただなか, 真中から, 眼は, 眼瞬きは, 破けること, 祝いである, 神, 秘密が, 穀倉守備隊長淳于瓊は, 穴から, 穴らしい, 空は, 窓から, 糸は, 糸目が, 経営に, 縁に, 美しい色, 義人録これ當時好, 處に, 蜘蛛が, 行つた虐殺揚州に, 行衛を, 袋を, 裡に, 要害が, 見える空, 計画には, 話が, 話を, 賊徒の, 距離を, 跡を, 軍は, 軍も, 辺で, 造られるよう, 造れるよう, 野に, 間を, 雛を, 雛鳥を, 露は, 頂上が, 頂上な, 頃は, 頬にか, 館の, 魔窟だ, 鳥とは, 鳥も

▼ 巣~ (273, 10.2%)

11 して 10 なって 4 かかって, とまって, 帰って 3 かかった蝶

2 [14件] あるもの, かかったん, たどりつき口, ついた牝鶏, なった, やってきやがって, 入るでは, 卵を, 帰った, 戻って, 燕が, 群れて, 運ぶの, 頭を

1 [209件] あきた時, あみて, ありつくもの, ありて, ありと, ありますから, あれかし, いたという, いた時, いて, いやな, いる, いるごとし, いる子供, いる子烏, いる小鳥, いる幼い, おられず家出, かえらぬとき, かえりました, かかったハエ, かかった小, かかった蝶々, かかった蠅, かかりそう, かかるまで, かかれば, こもり白, こもる, こんがらかつて, ござります, さわり無数, した, しない限り, しのび寄って, たちくらむ豺, たてこもって, たどりついた頃, つき雀, つくまでに, つながって, とざされながら, とどまりぬ, とびこみました, とびこむなんて, なったと, なった大根, なりそう, なり上, なるだろう, なるの, なる危険, ねて, はじまる此, ひっかかった蠅, ひっかかりじたばた, ひっかかると, ひっかかるよう, ひっ掛った蠅, ひつかか, ひとしい幕府, ひと葉, ぶつかったよう, へばりつかぬ作用, ほどこされた, まみれて, むかふが, もぐった小鳥, もぐり込んだ東京, もしや何事, 一人いためる, 付きません, 付くという, 休みゐたる鳥, 伴い帰りて, 似たタン皮, 似て, 似る小, 住んで, 余って, 借りて, 偉と, 傾けられて, 入りその, 入り夜, 入り込んだ新村入, 入る夕, 入口を, 出て, 到る前, 包まれたやう, 包まれて, 化けて, 卵うみ, 卵の, 吊られた一匹, 吊るすの, 啼いた, 固まつて, 坐りなおしたの, 変形し, 大望の, 奔り帰り, 娘ひとりを, 宛てた書翰, 寝た鳥, 対せる, 小さな卵, 就く前, 就こうと, 居ながら, 帰したい, 帰したいという, 帰つ, 帰つて来た, 帰り損ねた二匹, 帰る, 帰ると, 帰るの, 帰る道, 帰る鳥, 引き入れて, 引っかかって, 引っ掛かったが, 引つか, 引つ掛つた虫, 引つ掛つた虻, 引つ掛つて, 当てて, 忍び来て, 成つて棕櫚の, 成りて, 戻った安心感, 戻つて, 手も, 持ち込むこと, 持ち運びつつ, 掛ったよう, 掛った巨大, 掛った美しい, 掛つた美しい, 掛つた羽虫の, 掛つた蟲の, 搦んだ, 搬ばれた, 擇ばれし, 数百の, 敷くの, 日に, 棲って, 棲まん燕, 棲んで, 止まって, 歸らんとの, 歸る, 残つてゐ, 注意を, 潜り込んで, 煤が, 煤け珠簾, 珍らしい, 生涯を, 留りて, 疎に, 着く, 立て籠って, 等しい都市, 籠りたる猿, 籠りて, 糠の, 編みて, 羽ばたく虫, 聯想が, 育ちながらも, 育った者, 至る入り口, 興味を, 落葉が, 蝶々が, 蠅が, 行かんため, 見えないなと, 触ると, 触れた, 足を, 踏みこんで, 近づくため, 返される, 返って, 返りましたお, 運び入れすなわち, 運ぶと, 遠州, 遥かに, 選んだの, 遺し, 還つて, 長居を, 隠る, 隠れて, 隠れる鳥, 隣る庵, 隱る, 集つてコンクリヒトを, 露の, 顔を, 騒見く, 鳴き, 鷹の

▼ 巣~ (156, 5.8%)

5 あって, 張られて 4 ある, かかって, 顔に 3 あるの, いくつも, 張って, 見える 2 あった, あると, ある人, つくられて, 営まれた, 恋し, 破れて

1 [108件] あったん, あつた, あつて, ありました, あります, あるかと, あるかも, あるから, あるぜ, あるだけ, あるだらう, あるだろうと, あるであろうと, あるよ, あるよう, あるらしいとも, あわただしく動搖, いてね, うまく真似声, おまへの, お室, かかり数万, かかるああ, かかるかも, かかる巣, かがやいて, かけられないから, からみついて, きらびやかに, きれいに, けして, こいしくなっ, ごみごみした, しめやかに, すっかり粉, ずたずたに, そのまま脱, たくさんある, つきものと, できあがりますと, ところどころのっかっ, どうの, どんなにかや, ない, ひッ, ぶじでありますよう, ぼろ布の, イレズミされ, ゾロリと, 一つあった, 一つまっ黒に, 一つ懸, 一杯か, 一羽おどろいた, 一面に, 七つ糊づけ, 三つ四つある, 下って, 乱を, 二つなら, 二三度顔に, 光り輝いて, 出ること, 出来て, 出来上ると, 到るところ, 割れたなと, 営めるの, 四方に, 埋めた無数, 天井張に, 奴に, 子供の, 幾本も, 引掛つて居る, 張つてゐるで, 張り埃, 懸って, 手ずから, 持来たされ, 新しくて, 来て, 林で, 気に, 無数に, 甚だ眼障り, 百千ある, 真似し, 破れながら, 續いてる, 腐れかかって, 萌えそめ, 落ちて, 覆いかぶさった, 見える枯れた大樹, 見るに, 見出せない, 軒に, 近くに, 近ければ, 造れる巣箱, 酷いの, 雑木の, 露の, 頻りに鳴い, 顏にか, 風に, 風の

▼ 巣~ (100, 3.7%)

2 きたなく厭, どうなる, 懸る高く, 綺麗な, 蜘蛛の, 風に

1 [88件] あさましいみすぼらしいもの, あまり人が, おれの, この寺内, この小さい, この邊, こは, ございますので, すなわち袁紹, そこだ, その低い, どこか, どこだ, はやくも, まだ新しく, まだ雨滴, ゆれて, わかつて, わかりました, わかりましたよ, 一番上等だ, 世の, 五月一杯, 亨保十九年に, 今に, 何處だ, 何處だい, 先ずここ, 光り, 六月で, 其のま, 其處だ, 再び手, 分って, 前途を, 勿論である, 名香の, 営まなければ, 四月一杯, 塵を, 夕方明るい, 大部分雄, 天満浪人が, 小さな笊, 小枝, 山姥の, 徳を以て, 思ひの, 恋し, 慌てて, 戀し, 斯うなる, 新井白石と, 時代の, 最後には, 本当に富, 東京ばかり, 東側の, 枝に, 殆と, 水上五米位の, 水車番の, 漆の, 濡らされませんでしたろうかねえ, 猛鳥で, 甚だ近い, 直ぐ判りました, 直径一尺五寸も, 直径二尺ほども, 真四角で, 私が, 穀倉の, 空っぽに, 美しい立派, 花に, 蜂の, 覆されて, 見たこと, 見付からなかった, 誰も, 赤裸の, 身體いちめんなり, 近いと, 鉄道の, 開かれて, 雨ふりて, 飛びてするどかりしか, 高い木立

▼ 巣~ (87, 3.2%)

2 帰ったの, 帰って, 腰を

1 [81件] いつて, かえって, かえりました, くは, これから行く, さはる, しのびよって, つれ込むといふ, はこぶしたくです, ひきあげる, もぐり込みましたよ, もぐり込んだの, もぐり込んだばっかりの, もどった, もどって, もどる親まつ鳰, ピカピカする, ポトリと, 三晩もとめ, 上がって, 上って, 丸木の, 乗りこみながら, 人間を, 伴れ, 入ってさ, 入り込んだ女め, 単身お, 向った後, 向って, 喰え込むよ, 寄って, 帰ったが, 帰ってほど, 帰りたくて, 帰ると, 帰るに, 帰るの, 帰るもの, 帰ろうなあ, 引きあげよう, 引上げようと, 忍び込んで, 戻って, 戻ると, 戻る佗, 戻れなくなるの, 投り込んだ, 持って, 掛けたからにゃ, 来るの, 歸つたで, 歸る, 聲を, 自分の, 舞い戻って, 行きました, 行くの, 行つた, 轉が, 近づくまで, 追いこみやがった, 逃げこみおった, 逃げこむよう, 逃げて, 逃げる, 這入りこんで, 連れて, 連れ歸, 連れ込まれた, 運ぶの, 運んで, 運搬する, 還るさ, 錢形平次が, 降り立とうと, 飛び込み始めた, 飛戻つ, 餌を, 馳せ向った, 鳥の

▼ 巣から~ (74, 2.8%)

3 出て 2 出したの, 取り出されたばかり, 落ちて, 足を, 飛び出しました

1 [61件] ありったけの, うなった, さまよい出られねば, さらって, とって, はね出したんで, またちょろちょろ, ピンセットで, 一町か, 乙女心を, 人に, 余り遠く, 出る, 出るよう, 分かれる蜂, 取った蜂蜜, 取つた子, 四十雀の, 地面に, 垂れた糸, 外へ, 引っこ抜いて, 引っ返して, 振落されて, 救い出して, 時鳥の, 本を, 杜鵑が, 来たの, 来るらしい静か, 来る臭い, 焼け出されて, 甘い蜜, 発して, 直接には, 禿鷹が, 立って, 羽ばたきしながら, 羽ばたきとんで, 落ちた小雀, 落ちた木菟, 見ると, 見付けて, 見出した浪人, 蹴散らかして, 追い出して, 這い出したまま, 遁れた, 離れた蟲, 離れた鮒, 離れて, 順に一羽, 頭を, 顔だけ, 飛びたつ音, 飛び出さないの, 飛び出し残り, 飛び出すよう, 飛び出す処, 飛び立つ若い頼もしい, 首だけ

▼ 巣~ (55, 2.0%)

5 なって 2 いっても, して, 松の, 称して

1 [42件] ありたり, ある, いうより, いって, いふに, されて, する積り, でて, どくだみの, なして, なった, なったん, なつた, なつて, なりし時こ, なりつつ, なり不徳, なろう, なろうと, ほこりの, 一しょに, 二元的に, 云い燧人, 云っても, 云つても, 云わる, 化し紊, 呼び千浪, 呼ぶ者, 埃だらけで, 埃の, 徐とが, 懸合いを, 棘を, 消えて, 潜んで, 煤が, 申せば, 知って, 草の, 言うべきだ容易, 言われる地下道

▼ 巣~ (29, 1.1%)

3 あつた

1 [26件] あつて, おった天蓋, おとうさんが, お三婆, しかもここ, たちまち丹造, つくった銭入れ, ぼろぼろに, 一晩ぐっすり, 一面に, 不規則形に, 主として自分ら, 人通りも, 叔母さんに, 取り巻かれて, 外側は, 我慢を, 生まれた卵, 目口も, 育つという, 英国は, 蝉取りの, 蟻を, 見えない程, 銀子たちは, 顔を

▼ 巣喰っ~ (26, 1.0%)

16 ている 4 ていた 2 てい 1 ているらしく, ておる, てきた, て肥え太った

▼ 巣だらけ~ (25, 0.9%)

1 [25件] だ, だったの, だつたの, である, では有ったろう, でやっと, で一寸, で人, で凝つ, となり, なすみ, な欄間, な狐格子, な穴, な辺り, にした, になっ, のひどい, のカーテン, の天井, の屋根裏, の梁, の氣味, の煤け, の藤棚

▼ 巣~ (23, 0.9%)

1 [23件] あらは, ある, あれかも, いっしょに, それに, ともに動揺, どこだ, なく一点, なければ, はらずに, ぶじで親がらす, 三四個所あっ, 今朝ばかりは, 動かない, 卵も, 呉も, 墜ちて, 掘り返されて, 焼き払われて, 自分たちの, 花壇も, 近づいて, 造れない

▼ 巣~ (19, 0.7%)

8 の神 5 御祖 2 の命 1 の照す, ノ神, 之命, 御祖命

▼ 巣~ (18, 0.7%)

2 と考へる, なんともあの, よ

1 [12件] からね, から堪まつた, がその, ぐらいのこと, ぜ, というの, といわれる, とかシミ, と言っ, な, わ, 毛唐が

▼ 巣喰う~ (18, 0.7%)

3 てゐる

1 [15件] いかがわしい女たち, ていた, て居る, て満足, とて懊悩狂乱, のだ, 一種の, 事を, 古狸が, 密偵団に, 情実の, 憎悪に, 賊である, 退屈は, 遊び人の

▼ 巣~ (16, 0.6%)

2

1 [14件] はず夏の, はせた, はれた人間種族, ひ, ひて, ふあり俗衆これ, ふところは, ふやはり, ふ執拗, ふ熊蜂, ふ鵲, へり, へる白き, へる鳥

▼ 巣~ (16, 0.6%)

3 して 2 をし

1 [11件] させた, したの, したよう, するには, に散り行く, の子, の雛鳥, の鶴, の鷹, は飛散, をねがふ

▼ 巣より~ (14, 0.5%)

5 弱く見える 2 逐ふ 1 付近の, 出で, 半マイル, 始めて, 引離して, 遥かに, 鹿の子を

▼ 巣でも~ (12, 0.4%)

1 [12件] あった, ありやしないかと, あり悪漢, あるが, あると, あるの, こッちの方に, ひっくり返え, 急いで, 払うよう, 拂ふ, 透かし見た

▼ 巣みたい~ (12, 0.4%)

1 [12件] ですもの, なもの, なワラ, な形, な生けすあか, な髪の毛, におれたち, にかっと, にし, になっ, にもじゃもじゃ, に仰がれる

▼ 巣~ (12, 0.4%)

1 [12件] いづこ, つくろはん, 埃の, 埃も, 場所も, 煤が, 瞳孔の, 穴なども, 苺の, 見忘れし, 雲を, 鷺の

▼ 巣には~ (11, 0.4%)

1 [11件] ありませんよ, お袖, せみも, ちが, ひって, ひつて, ふれるもの, やつと, 兎は, 必ずどれ, 必ず目印

▼ 巣喰つて~ (10, 0.4%)

2 ゐる乞食達 1 ゐた鳩, ゐて, ゐる, ゐると, ゐる不合理性, ゐる樫, をる, 来た

▼ 巣まで~ (9, 0.3%)

1 たどりついた間, とどきませんでした, ひっかかって, 引ツ張つて行かれた, 皆な, 落ち延びたものの, 踏み躪, 運ばれて, 飛びかえって

▼ 巣~ (9, 0.3%)

1 つて, つてる宮崎, ひ始めた時, ふ, ふ左様, ふ幻滅, ふ惡者, ふ抗日テロリスト, ふ焦立たしき沈黙

▼ 巣~ (8, 0.3%)

1 と長江, に撃砕, の一敗, の諸, の辺, の鄭宝, へ捨てた, へ行っ

▼ 巣食つて~ (8, 0.3%)

1 ゐた細民, ゐるに, ゐるの, ゐるもの, ゐるやう, ゐるン, ゐる一, ゐる人間

▼ 巣である~ (7, 0.3%)

1 かも知れない, そして田舎, だけ相当, と云った, 人穴の, 異人屋敷の, 自分の

▼ 巣とは~ (7, 0.3%)

2 知るまいでは 1 お口, そのままには, ちがう, なれるなりき, よく云った

▼ 巣~ (7, 0.3%)

2 のかも 1 のかしら, のだ, のである, のです, んです

▼ 巣にか~ (6, 0.2%)

1 へり, へりしか, へり來, へる, へる時, へれ

▼ 巣分れ~ (6, 0.2%)

1 の群, の群れ, の群蜂, の蜂, の蜂共, をした

▼ 巣であり~ (5, 0.2%)

1 ながらまことに, ハナヤへ, 一日中入りびたっ, 仕事の, 会所な

▼ 巣よりも~ (5, 0.2%)

1 このほう, もっと細か, 慘憺たる, 柔かく細い髪の毛, 淺ましい

▼ 巣あり~ (4, 0.1%)

4 されど人

▼ 巣という~ (4, 0.1%)

1 子が, 巣立ちまわり先という, 意味に, 満州の

▼ 巣について~ (4, 0.1%)

1 すでに敵, ぬくまった人々, 卵が, 卵を

▼ 巣~ (4, 0.1%)

1 から跛行, で余生, にてご, に障子

▼ 巣籠っ~ (4, 0.1%)

3 ていた 1 てしまう

▼ 巣鹿~ (4, 0.1%)

3 の別 1 のすみか

▼ 巣~ (3, 0.1%)

1 なんかで, 何かの, 軍の

▼ 巣です~ (3, 0.1%)

1 から下, がそれ, ね叔父さん

▼ 巣として~ (3, 0.1%)

1 使ふ, 注ぐべき愛, 集まったこと

▼ 巣などが~ (3, 0.1%)

1 殊に気に入りました, 残る, 雑然と載っ

▼ 巣なり~ (3, 0.1%)

1 家なり, 敗亡に, 警察の

▼ 巣にも~ (3, 0.1%)

1 すでに破綻, 比すべき名ばかり, 花にも

▼ 巣らしい~ (3, 0.1%)

2 ものが 1 ものを

▼ 巣~ (3, 0.1%)

1 の方, を向けた, を真直ぐ

▼ 巣河岸~ (3, 0.1%)

1 は平沢旭山, は松, は鈴木作右衛門

▼ 巣~ (3, 0.1%)

1 がたくさん, にか, にはあらね

▼ 巣~ (3, 0.1%)

2 の命 1 て事足りぬれ

▼ 巣~ (3, 0.1%)

1 ひたり, ふらむ, ふ野性

▼ 巣かと~ (2, 0.1%)

1 思ったよ, 思われるよう

▼ 巣からは~ (2, 0.1%)

2 なれて

▼ 巣~ (2, 0.1%)

1 へこの, へなけれ

▼ 巣それ~ (2, 0.1%)

1 が金, に足許

▼ 巣だけは~ (2, 0.1%)

1 かける便宜, なるたけ避け

▼ 巣だった~ (2, 0.1%)

1 久慈の, 銀杏の

▼ 巣であった~ (2, 0.1%)

1 がのち, ことである

▼ 巣でございます~ (2, 0.1%)

1 もの, 人の

▼ 巣といった~ (2, 0.1%)

1 ような, 薄汚い長屋街

▼ 巣といふ~ (2, 0.1%)

2 ものは

▼ 巣なる~ (2, 0.1%)

1 ものも, フィレンツェの

▼ 巣なんか~ (2, 0.1%)

1 かけて, 飛んで

▼ 巣にて~ (2, 0.1%)

1 べたいちめんである, 鳴き終りぬ

▼ 巣にでも~ (2, 0.1%)

1 かかって, 辿りついたという

▼ 巣ばかり~ (2, 0.1%)

1 取って, 時を

▼ 巣へも~ (2, 0.1%)

1 ぐるが, 入らずあちこち

▼ 巣一つ~ (2, 0.1%)

1 ありやしない, 懸かれり

▼ 巣以下~ (2, 0.1%)

1 の落城, の諸

▼ 巣作れる~ (2, 0.1%)

2 禽尻尾なき

▼ 巣元方~ (2, 0.1%)

1 だとも, の

▼ 巣~ (2, 0.1%)

1 が藁屑, 守るとは

▼ 巣喰い~ (2, 0.1%)

1 ながら国元, 初めた

▼ 巣喰った~ (2, 0.1%)

1 カフエの, 白首は

▼ 巣~ (2, 0.1%)

2 の掛茶屋さ行

▼ 巣~ (2, 0.1%)

1 といふべき, の棲家

▼ 巣日神~ (2, 0.1%)

1 は生成力, を

▼ 巣~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣の

▼ 巣~ (2, 0.1%)

1 との愛, の如く

▼ 巣父犢~ (2, 0.1%)

2 に飲

▼ 巣~ (2, 0.1%)

2 の穴

▼ 巣~ (2, 0.1%)

1 ひぢ, ひに

▼ 巣~ (2, 0.1%)

1 があった, を尽くす能わず

▼ 巣~ (2, 0.1%)

1 もり眠った, を吹い

▼ 巣籠り~ (2, 0.1%)

1 などを吹く, をし

▼ 巣見た~ (2, 0.1%)

1 やうな, ような

▼ 巣覘い~ (2, 0.1%)

1 が入った, にお代さん

▼ 巣造り~ (2, 0.1%)

1 さかしき巧み鳥, を始めた

▼ 巣離れ~ (2, 0.1%)

1 ていった, ていつた

▼1* [174件]

あたりにはたくさん開拓者, 巣あぶりということ, 巣あるいは銀耳鵞鳥の, 巣懸けたつぺな, 巣お前に七蔵, 巣からずつと離れた処, 巣がやはらかい, 巣がらみに蒼白く, 巣ぐらいはありましょう恋, 巣ぐらゐ見つけやすい, 巣ぐるみ雛を懐中, 巣はかなわず, 巣こそは營め, 巣さえからっぽの, 巣さながらの藁細工, 巣さん立って, 巣さんこんちは, 巣じゃないか, 巣すでに破れて, 巣そのものの地, 巣だけに石楠が, 巣だらけ庭は草蓬, 巣だらけ桶は埃, 巣だらけ煤だらけになっ, 巣だろうな, 巣つたのが火, 巣であって必ずや, 巣でござるよ, 巣でないことは, 巣では無いやう, 巣といふはうには, 巣とかいう観が, 巣とこそ戲れ, 巣としてしか残つてゐない, 巣ともちがう, 巣とを買いに, 巣どころの代物, 巣どころか己あ, 巣なき鳥家なき, 巣なし鳥, 巣なす家を, 巣など書いたの, 巣などの中に, 巣などはきれいに, 巣などへよくもまあ帰っ, 巣なども其近くに, 巣などを採つて, 巣ならん, 巣なんかも御馳走だ, 巣なんてあたし見始め, 巣にばさと, 巣によぢ登つ, 巣に対する空飛ぶ, 巣ねらいにされ, 巣はからつぽ, 巣はやはらかな, 巣ばかりを作るの, 巣ひじやかうの香, 巣へけえって, 巣へと運んで, 巣への奇襲を, 巣へは帰れません, 巣ほどに細く見える, 巣ほどの光線をも, 巣ほども見えませぬ, 巣までが埃を, 巣までに愛着が, 巣みたい髪してや, 巣ゆがむ軒の, 巣らしくたくさんの, 巣ず星夜, 巣をかへせ, 巣をぞかけそめし, 巣をばただに, 巣をも見よう爾, 巣食って, 巣トシ宮殿楼閣悉ク銀映緑彩, 巣六角ニ割出スガ如キ巧ナル器械學者ト雖ドモ此割方ニ上ナルコト能ハザルナリ, 巣一所けんめいでやつ, 巣三番巣はあまり人, 巣の子供, 巣付いている, 巣以外に現在, 巣作りて, 巣作るものが, 巣に今, 巣働きの都, 巣兆樗良蜀山素檗乙二等の自, 巣兆等の豪放洒落, 巣内式部らであった, 巣内式部ら数十人の勤王家, 巣の命, 巣十字街青空驢馬等々の同人雑誌, 巣取りのお, 巣吉原迄のし, 巣へて飛び去りぬ, 巣啼きて, 巣喰いだしたのだ, 巣喰うた惡魔の, 巣喰うべき暗示の, 巣喰ってたものらしい, 巣喰ってるところの, 巣喰つてしまつたのを感じ出した, 巣の故事, 巣堂洞龕館莊室齋閣樓などがある, 巣大根の干葉, 巣をします, 巣守りになる, 巣守り鳥七面鳥は卵, 巣寡鵠哀彼此撫来最惆悵, 巣であり穴居, 巣居して風, 巣である薩摩屋敷, 巣どころか己, 巣帰りする彦, 巣弟アベルが眼, 巣に汚点, 巣徂徠学派の悪口, 巣慶祥氏の報ずる, 巣我がこころ二行く, 巣掻いた蚕が, 巣掻かん蚕迄, 巣掻きが一片, 巣散らしの下町あたり, 巣文字山の初陣, 巣方面に立ち昇った, 巣日命を祭る, 巣より久受, 巣でない群生活, 巣替えをし, 巣の草, 巣林子われその濃, 巣に子, 巣というもの, 巣河岸皆学頭を置く, 巣浴衣帷子西瓜などいろいろ, 巣淫売宿だと, 巣清井田有海ヶ原などを指さす, 巣にも思い取られ, 巣激しく臭ひ, 巣焼打ち以後兵糧難の打開, 巣燕乳して, 巣の組織, 巣獵野草摘に妙, 巣発見たぞ, 巣目がけて一勢, 巣立ちまわり先という立ちまわり先, 巣立際になる, 巣立雀の中, 巣竹枝と申しおった, 巣には化石, 巣籠つたのであらう, 巣籠るこのほとり眼路, 巣籠何かほか, 巣でした, 巣船橋とやらの漁師まち, 巣を破り, 巣薩摩屋敷がある, 巣にも紅き, 巣藁代へむとせしかどもその巣, 巣見たいでしたよ, 巣見たいなものだ, 巣が入った, 巣越しにお婆さん, 巣過ぎて後, 巣から魏, 巣隠れて数, 巣ゐるとは, 巣の置く, 巣食つたからで, 巣食つた栗鼠もばらばら, 巣食ふところとかで, 巣を食べる, 巣の鰭