青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大急ぎ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~大学 大学~ 大家~ ~大将 大将~ 大尉~ 大小~ 大層~ 大川~ 大工~
大急ぎ~
大戦~ ~大抵 大抵~ 大方~ 大木~ 大根~ 大概~ 大正~ 大空~ 大胆~

「大急ぎ~」 1578, 15ppm, 7601位

▼ 大急ぎ~ (1418, 89.9%)

16 帰って 10 それを, 自分の, 階段を 9 飛んで 8 出て, 着物を, 行って 7 家へ 6 出かけて, 支度を, 逃げて 5 仕度を, 家に, 扉を, 服を, 朝飯を, 来て

4 [11件] やって, 元の, 出かけました, 外へ, 家を, 村へ, 涙を, 荷物を, 訊いて, 飛出して, 食事を

3 [17件] あかりを, これを, ごはんを, その方, どこかへ, 下に, 布団の, 床を, 戸を, 手を, 洋服を, 裏の, 話を, 調べて, 走って, 路を, 駈けて

2 [108件] あとを, いろいろの, お勇, お君, お袖, こちらへ, こっちへ, この手紙, そこらを, そのノート, みんな私の, やって来て, やつて, やらなければ, ネクタイを, フラスコの, ブレーキを, マドレーヌの, マリユスの, 下へ, 主人の, 二階に, 二階を, 人を, 仕事を, 停車場に, 六郎の, 写生した, 又横, 反対の, 坂を, 奉行所へ, 宿へ, 封を, 届けて, 山を, 帰った, 帰る, 平次の, 庭に, 庭へ, 廊下を, 引返して, 引返しました, 御飯を, 徳力屋へ, 拾い上げた, 捜して, 掻き集められるだけ, 支度に, 教室を, 旅立ちの, 木から, 東京へ, 梯子を, 榕樹の, 此の, 歩いたから, 歩いて, 歸らう, 水槽から, 河内屋へ, 浴衣を, 海の, 片づけて, 玄関まで, 町を, 登って, 真剣に, 着換, 私は, 米を, 縄を, 肴町の, 脱いで, 自宅の, 舞鶴城へ, 船を, 行かなければ, 行つ, 行つて来なはれ, 行つて見, 衣服を, 親分方に, 話して, 谷中へ, 貪るよう, 路地を, 車坂へ, 迎いに, 逃げ出した, 遣って, 部屋に, 部屋の, 鍵を, 降りて, 階段の, 集めて, 頼むぜ, 頼むよ, 頼むん, 顔を, 飛出しましたよ, 養子を, 馬を, 馳け, 駆けて, 黒衣を

1 [973件 抜粋] あが, あたりを, あなたさまの, あの可愛い, あの頼まれた, あれを, いい加減, うちの, おせんの, おやりなさい, おりて, お化粧, お湯を, お立ちに, お萩の, お越しに, お邪魔, かう考へる, かくして, かけだしました, かけつけて, かけよって, かけ戻り幸停車, かり立てられた, きのうの, ここへ, この場, この室, この瞬間, この落ち葉, この青髯, させて, さらえこむ, しかし割合, しかも乗り物, じぶん, すっかりトランク, そいつを, そこに, そこまで, そちらへ, そのすき, そのカラー, その両側, その場, その席, その後を, その摺付木, その服, その毒, その腕, その装置, その邸, それに, たのみますと, たべなさい, ちょっと家, つくって, つもり物を, とびだした, どこへ, な, なすりつけたもの, なア, ね, ひそかに, ひと回りする, ひるめし, ぶっ切った, ほら穴の, また下っ, また戻, みんなに, もう一つ, もって, もどって, やったので, やってきた改札口, やって来たわけ, やって来給え, やるの, わが家へ, わたし達を, オーバーコートを, ガクンガクンと, キャビネットから, グルグルと, グレゴール, シャツの, ズボンを, タキシーを, チンドン屋を, デッチ上げた, ト引挟まる, バケツの, パリに, プラツトホオムヘ飛込みました, ベデカーを, ホテルに, ポケットへ, ラザルスの, リストリア語と, ロスコー家を, 一つおじぎを, 一つ一つ片付け, 一つ蔵書印の, 一ぷくを, 一切合切掃除する, 一太郎君の, 一散に, 一歩先に, 七軒の, 上って, 上杉町の, 上陸し, 下の, 下り大, 下山し, 不意に, 丘を, 両国まで, 両手で, 中の口から, 丼を, 乗ったの, 乗れ, 二人で, 二人の, 二梃の, 二階から, 二階の, 互いに追い抜き, 交番に, 人夫を, 人混みに, 今まで, 今家内, 今松ひとり, 仕度し, 仕立てい, 付け加えた, 休みに, 会社へ, 佐渡へと, 何か, 作って, 作りました, 使ふためだ, 侍の, 俥を, 俺たちの, 倉地に, 停車場へ, 元来た, 入ったん, 入口に, 入朝した, 全部を, 公園を, 兵隊さんを, 其処へ, 円タクに, 写生を, 出かけましょう, 出かける, 出入の, 出口の, 出掛ける拍子, 初めて, 刷き集め, 加勢に, 動物園へ, 勝手な, 化粧を, 十五円八十銭を, 半分吸う, 半刻, 南町奉行の, 原稿を, 参り小, 參議院の, 双方の, 叔父の, 取って返すと, 取りに, 取り寄せて, 口呑みし, 叫んだ, 号外を, 同時的に, 向うの, 向家の, 吾家に, 呼びに, 呼んで, 品川の, 四つの, 四方へ, 回って, 国道を, 地質調査所の, 基本財産とか, 外に, 大きな赤, 大庭の, 天井裏の, 天幕張りの, 奈良の, 奪い取って, 女中に, 好の, 嬢が, 孔明の, 学校の, 宝を, 実験室へ, 家から, 宿の, 寄越して, 寝台の, 寫眞を, 小さく見せる, 小判の, 小屋を, 小松理髪店へ, 小舎がけを, 屈み込んで, 届書を, 山登りや, 岡山に, 崖道を, 川へ, 巣の, 左手で, 巴里へ, 巻いた紙, 帯を, 帰った様子, 帰らなきゃなりません, 帰りましょう, 帰ろうぜ, 帰国した, 座敷を, 庭下駄の, 廊下へ, 廻らなければ, 引きかえした, 引きちぎるよう, 引き出しを, 引き返して, 引つ越すん, 引返した, 彼女に, 後へ, 後向きに, 復習を, 応急工事を, 息せき切って, 恵那峡一帯を, 懐の, 懐中電灯で, 戦場へ, 戻って, 手廻りの, 手紙を, 手袋を, 扮装を, 投げ出し父親, 拝借に, 拵えるよう, 持つて, 探して, 掬んで, 掻き廻したなと, 掻っ, 改造され, 教舎の, 新宿駅へ, 新開の, 旅の, 旅装を, 日本堤署へ, 早く往, 明神樣へ, 暗算を, 暴風に, 曲者が, 書きあげましたの, 書きと, 書きました, 書き換えて, 書物を, 最後の, 服装を, 朝食を, 木戸口を, 本署へ, 村役場の, 来るよう, 東海道を, 林念寺前の, 桟橋を, 梯子段を, 棧橋を, 楽翁どのを, 横歩きで, 横町の, 横道の, 櫛を, 此処を, 歩いてるとね, 歩き出しましたの, 歸つ, 歸つて來て, 歸りませう, 残った部品, 水あかが, 水田に, 水道町の, 汗を, 沸かしましたお, 洗いましょうぜ, 洗つて張つて縫ひ直した, 洗礼を, 海中に, 海岸まで, 深良屋敷から, 済ますと, 湯を, 潜って, 灯を, 炭俵の, 然う, 焼き払いましょう, 煙草畑から, 燿子を, 片付けて, 片付けやう, 牙の, 犬の, 狩人広場まで, 玄関の, 率八を, 王の, 用意しました, 申しますわ, 男子と, 町に, 町役人を, 畳を, 白い山羊仔皮, 皇后の, 盤に, 真珠の, 眼隠しの, 着が, 知らせなければ, 石鹸を, 碁石を, 祁山へ, 神棚に, 私も, 移って, 稽古し, 空気服を, 突堤へ, 窓の, 立ち上がって, 立って, 第二, 筆記帳に, 筏を, 箪笥の, 簡単に, 約定済の, 紛れて, 絵が, 網の, 練馬へ, 縄梯子を, 縫い上げて, 群が, 羽織つ, 脈を, 腰掛から, 腹を, 膳を, 自分で, 自宅へ, 自席に, 船の, 艇に, 芋を, 苦しい中, 茶屋町まで, 草いろ, 荷造りし, 菜を, 落ちたもの, 葉子の, 蒲団を, 蓋を, 蚊帳と, 蜥蜴を, 行こう, 行つて婆さんの, 衣嚢の, 表門へ, 裾を, 見に, 見廻りました, 記憶を, 詰めこんで, 語った, 読み下した, 調へ, 調べる必要, 調衣部へ, 買いに, 資本主義の, 走り出した, 走れ, 起き上って, 足を, 跳ね起きた, 身じたく洗顔に, 身の, 身体を, 車を, 辞典を, 近所の, 述べること, 追っかけたん, 追つ, 退却致しましょう, 逃げ出しました, 逆に, 這い上って, 通り越しながら, 通るとき, 逢いたい, 進んで, 遁げて, 運動シヤツを, 遠まわり, 遣て, 選手名簿を, 避難所を, 都へ, 酒を, 野原へ, 金庫に, 鉛筆で, 銘々一つずつ, 鎌倉に, 鏡台の, 門の, 門内に, 開けさせ書斎, 間に合せの, 階下へ, 離室の, 電報を, 電燈を, 電話口まで, 電車通りへ, 青い石, 頂上に, 頭の, 頼むわ, 顏を, 顔に, 顕微鏡写真を, 願いたいですな, 風が, 風呂敷に, 飛び出しその, 飛び帰って, 飛び込んで, 飛行機を, 飛降りると, 食卓の, 食堂には, 飮んだ, 飯を, 飲むの, 首を, 馬車に, 馴染みの, 駆けつけなければ, 駈けつけた田所検事, 駈けつけて, 駈けつけ草, 駈け寄った, 駈出して, 駕籠屋を, 高麗村へ, 鬼瓦の, 麻布を, 黒板を

▼ 大急ぎ~ (94, 6.0%)

5 急いで 3 飛び出して 2 帰って, 行って, 飛出しました, 馬を

1 [78件] いましがた, おっかぶせるよう, お繕, お駒, かき集めて, こしらえて, ごたごたお願い, さるを, だんなたちの, つれて, ふたりし, まいって, やって来たん, やるん, われ先に, スケッチブックを, ノートを, バクダンを, 京都の, 仕立て, 候, 停車場へ, 其処を, 出て, 参りまして, 吉原から, 喜七いのちと, 四つん這いに, 妹の, 寝間着を, 山を, 平右衞門町, 引き返すその, 急いだが, 急がされて, 急ぐ, 戻って, 手桶の, 斜面を, 書きつ, 本人を, 染めて, 歩み参候, 江戸へ, 浅野よりも, 深川へ, 済して, 済まし作男, 滅尽し, 申して, 町へ, 着陸し, 石を, 穴を, 紐を, 絵を, 蒲団を, 蒲團を, 行くん, 見廻るの, 話を, 読む渋い, 走って, 走りもどった, 身仕度を, 車庫へ, 道楽仲間を, 遠出駕籠を, 醜業を, 顔を, 飛び込んだ, 飛脚包みから, 飯を, 餓鬼道の, 駆けて, 駈け拔けた, 駈足, 龕燈を

▼ 大急ぎ~ (23, 1.5%)

853 と文次 2 ぜ, 鳥が 1 ッ, 丁子風呂へ, 早く酒

▼ 大急ぎ~ (11, 0.7%)

2 スケッチを 1 ことな, したくを, つけ焼刃で, 仕事が, 仕立と, 口調で, 用事さ, 用事だ, 用件でも

▼ 大急ぎ~ (6, 0.4%)

2 んです 1 の, のだ, ンで, 皮相な

▼ 大急ぎ~ (3, 0.2%)

1 いう, 云って, 申すので

▼ 大急ぎにて~ (3, 0.2%)

1 この文, 出でて, 雷門前まで

▼ 大急ぎでは~ (2, 0.1%)

1 あるが, いって

▼ 大急ぎ~ (2, 0.1%)

2 して

▼1* [16件]

大急ぎであるのでその, 大急ぎでかほ, 大急ぎできてみる, 大急ぎですから直ぐ, 大急ぎでとびらを, 大急ぎでもとの奥座敷に, 大急ぎというのは, 大急ぎとは何が, 大急ぎにな二丁だ, 大急ぎぜ, 大急ぎ一本お燗, 大急ぎ三八九発送第一回, 大急ぎ九死一生の場合, 大急ぎ二丁ご用だぜ, 大急ぎ焼酎と畳針, 大急ぎでも駕籠