青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「巡査~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~崖 崖~ 崩れ~ 嵐~ 巌~ ~川 川~ 川上~ 州~ ~巡査
巡査~
~巣 巣~ 工~ 工事~ ~工合 工合~ ~工場 工場~ ~工夫 工夫~

「巡査~」 3877, 42ppm, 2774位

▼ 巡査~ (904, 23.3%)

11 首を 8 言った 6 そう言っ 4 信一郎に, 声を, 手帳を, 角燈を

3 [11件] これを, ポケットから, 二人の, 云った, 剣の, 剣を, 後から, 急に, 眼を, 答えた, 自分の

2 [54件] いずれも, いそいで, いつた, うなずいた, うるさそう, かれを, すぐに, そこに, その紙, それから, それに, それには, それを, ちらと, どこへ, ほおを, ギクンと, 云って, 佐平の, 何か, 何やら手帳, 信一郎の, 僕が, 先に, 入口に, 冷やかに, 医者らしい, 右手の, 大きく頷いた, 帳面を, 座席の, 当惑し, 彼の, 彼を, 怒りも, 慌てて, 手に, 手を, 提灯を, 斯う, 残念そうに, 流石に, 無意識に, 白い手袋, 知って, 笑って, 署長の, 耳が, 藤沢を, 長襦袢を, 雄太郎君の, 頷いて, 首肯いて, 黙って

1 [722件 抜粋] あくまでわたしたち, あくまで察し, あさ子の, あざ笑った, あまり, あまり風が, あわてて, あんまりうるさく, あんまり腹, いいいっそう, いかにも不満そう, いきなり陽子, いくらか, いたけれど, いっこう何, いないの, いばって, いよいよ悶, いよいよ棍棒, いろいろ説諭, おかげで, おかしかった, おそらく犬, おそらく罰俸, おどろいた顔つき, おまえが, かう言, かくしへ, かみさんの, きっと見る, きっぱり云った, きょとんと, きらわれ者, くだんの, くやしそう, ぐいと彼, けしからん奴です, こいつ怪しい, こう怪しんだ, こう答えました, ここから, ことばを, このところ, このまま, この夫婦, この手帳, この木, こらこらと, こわい目つき, さうど, さつきから, しかし取り合わず, しきりに時計, しぶしぶ布団, じろりと四辺, じろりと見た, すぐ立ち去つた, すぐ首, すつかり, すなわち髯, すべてを, ずきずき痛む, せわしく肩, そういう, そういうマユミ, そうかと, そうした若い, そう警察医, そこ, そのままもの, そのまま暫く考え込ん, その前, その呼吸, その報告書, その小さな一事件, その手, その晩, その様子, その窓, その継嵌, その財布, その赤い, その通り手帳, その青ざめた, それが, それでも直ぐ, それらの, た, たじろいだ, ただちに同僚, ただにやにや, ただ形式的, たった橋一つ, だまって, だんだん昂奮, ぢつと, どうしても許可, どうする, どんなど, なお一層, なぐられて, なにこれぐらゐのことはなんでもないと案外, なわ, のっそり立っ, のろのろと, はたして忘れ得ぬ, はっとおどろい, ばか丁寧, ぱっと男, ぱらばらと頁を, ひどく不機嫌, ひどく感嘆, びっくりし, ふと気がついた, ほかの, ほっとした, ほほえみながら, ぼくの, まぎれも, またし, またやって来た, また帽子, また留吉, まだなんとなく解せない, まだ二十歩, まるで持っ, まるで狐, まるで狒々, みんなに, むっとした, もうグッタリ, もう一度拍手, もう何事, もう息, もう昏, もう用, もちろん顔見知り, やっと夢, やはりだまった, やや低, わたくしの, わたしに, わたしの, イワンの, オーバーの, カアテンを, カンテラを, ガッカリし, サッと身, シックスペンスを, スリコギに, ズット以前から, チョッと, テワスの, ニコニコし, ハッと, ハンカチで, ビックリした, ピタリと, フト立ち止まっ, ペンを, ホッと, ミゾオチを, ミンナこの, 一ぷく點火て, 一人喜ん, 一日置き, 一時間ごとに, 一注の, 一生けんめいだった, 一瞬たじろいだ, 一知青年と, 一躍し, 三百人も, 下品に, 不意に, 不良だ, 両人にて, 両手を, 丸帯も, 久し振りに, 之を, 予想通り年度代りで, 二つ三つ婦人の, 二人が, 二人に, 云う, 交番の, 京吉と, 人道へ, 人間性を, 今や幾十尺, 今夜は, 今日出会った, 今田氏へ, 他で, 付添の, 仲田と, 佇てり蕗, 体じゅうで, 何かしらハッ, 何とも, 何にも, 何べん, 何事も, 何年つとめた, 何故かわからない, 何處からか, 余の, 例外なし, 促した, 俥屋を, 俯し, 先刻から, 先刻からの, 全く勝誇り, 全く当惑, 全く溺死人, 兵たいに, 其方へ, 其處ら此處らと, 再び両手, 再び組んだ, 再度の, 冷吉の, 出か, 出かかった欠呻, 分らない顏, 分らなくなるの, 別に故障, 別に追っかけよう, 前にも, 剣と, 剣鞘を, 勇敢に, 勘次の, 勤まらんと, 勿論咎めたかつた, 区内の, 医者の, 午後に, 半信半疑で, 半身を, 印度人である, 危険を, 厳粛な, 又も, 又首肯いた, 反問した, 受話器を, 口を, 口火を, 叫んだ, 叫んで, 叱つた, 吃驚した, 呟いた, 呶鳴つてぴしやりと横手で, 咎めないの, 噛んで, 四人程, 四囲に, 困惑しきった, 垣根際の, 堪忍袋の, 変な, 夕方に, 夜中に, 夢を, 大いに驚い, 失望した, 奉職し, 女を, 女将の, 如何にも急き込ん, 妙な, 委しく石子刑事, 娘にだけは, 娘の, 子どもを, 子細に, 安行の, 家々の, 富子の, 寒そう, 寺本医師を, 将に, 小女と, 小膝を, 少しく安堵, 尼の, 屋外に, 山伏を, 巡査らしく立ちどまっ, 左右の, 巻尺を, 市郎を, 帰る, 帳面片手に, 帽子の, 帽子を, 平生彼等上流社会から, 幸いに, 幾分意地, 広い道路, 座敷で, 弥次馬を, 強いて, 彼が, 彼には, 往来にだって, 後に, 後向きに, 得意らしく, 微笑みながら, 徳市を, 心に, 応じた, 念の, 思いやりが, 思わず一足前, 急いで, 性来至って, 怪し氣, 恁うい, 恨めしさうにそれ, 悄々引返し, 悄然と, 意味あり, 意気込んで, 或る, 或日, 戸籍を, 手帖を, 手帳から, 手早く帽子, 手綱を, 拠ろなく手, 持って, 挨拶した, 振り向いて, 掌を, 支倉が, 故郷に, 新聞を, 日に, 早速証人, 昂奮の, 明治初年士族の, 時々この, 暗い窓口, 暮松に, 暴風雨の, 更に四辺, 更に被害者, 最初から, 最初大, 最後の, 服の, 木像の, 来ないかと, 来るとも, 格子戸口に, 桟橋に, 極いけねえ, 極めて冷淡, 槓杆を, 横目に, 檐に, 此に, 此命を, 歩み寄りながら, 歯噛を, 殆どを, 毎日毎日電話で, 毎日毎晩居留地や, 毛虫だらけの, 気づかわしげ, 気を, 気味が, 没入しきっ, 油断が, 注意した, 漸く少し元気, 激怒し, 点検を, 無理な, 無言の, 無闇に, 片岡君を, 物な, 犬を, 狼狽した, 狼狽て, 生まれつき虚弱な, 男が, 町の, 画家の, 疲労をも, 痛さ, 的も, 皆草津にて, 益々力, 目を, 直ぐに, 直ちに戻っ, 眉根に, 眼前の, 眼鏡を, 睡そう, 知らないと, 石段の, 示した, 私に, 秋森家の, 秋森家を, 突然十数年, 突然貨物自動車, 立ちあがった, 立ち止まって, 立って, 笑いながら, 笑いながらかの, 笑い笑い手帳, 笑へ, 答えなかった, 答えました, 紙を, 紙入を, 素知らぬ顔, 細々と, 終わりまで, 続けた, 総監以下各, 習慣的に, 考えこんだ, 考え考え歩き続けた, 職務上これを, 肩を, 胸を, 腕を, 自分でも, 至極真面目くさ, 苛立たしげに, 若いけれども, 苦々しい顔, 苦心の, 藻西太郎を, 行きさ, 裸体の, 要領を, 見張って, 言いながら, 訊いた, 記者たちに, 訝った, 認めた, 講習を, 警部が, 貪るよう, 躍り出て, 軽く頷い, 追いかけて, 通ったけれども, 逢う人毎, 進んで, 遠山と, 邪慳に, 酔つ, 酷く口惜そう, 重々しき語気, 野心に, 鋭い眼, 長追いを, 間もなく不承, 間もなく帰つた, 間もなく歸, 隣の, 集り来れり, 雪を, 電気に, 露台の, 青年を, 青白い顔, 面倒臭さ, 靴の, 頭から, 頻りに苦吟, 顔色を, 飛び下りた, 首筋まで, 首肯いた, 馬の, 驚いたらしく俄, 驚いて, 髭を, 魔を, 黒い外套, 鼻の, 龍吉の

▼ 巡査~ (795, 20.5%)

22 来て 9 立って 8 やって来て 7 入って 6 やって来た, 出て 4 いて, やつて 3 いった, 一人の, 來て, 剣を, 声を, 来た, 発見し, 立つて

2 [50件] いた, いる, きた, きて, それを, たずねた, にせ物, びっくりし, やってきた, やってきて, やって来るの, わたしを, モンペ姿の, 一人テーブルに, 一人来, 一通り原籍年齢などを, 三人も, 云つた, 云ふ, 人民を, 何を, 例の, 先に, 入るの, 家毎に, 居なければ, 巡回し, 廻って, 張番し, 後を, 徐々と, 懐中電燈を, 戸籍名簿を, 手を, 振り顧, 時々廻っ, 来たらその, 来た時, 現れた, 私を, 立番し, 自転車で, 警戒し, 通り掛って, 頭を, 額を, 顔を, 飴の, 馳け, 駅で

1 [605件 抜粋] あきて, あとに, あのステッキ, ありました, あるいて, あると, あわただしくは, あわてて, いうと, いきなり二本, いたり, いちおう大, いないのにも, いないメーデー, いま自分の, いま迄の, いるから, いるでなし, いるという, いるの, いれかわりたちかわり首, おおぜ, おまえを, おります, お前は, お宮の, お帰り, お杉, お見え, かけつけて, がちゃがちゃ剣を, きょとんと, くる, くると, ことごとく警察署, この男, さう, さっそく捜索, しけこんだよう, しずかに, しなければ, じろりと豹吉, すぐさまサーベル, すぐその, すっかり気に入った, すッ, そう云った, そう言っ, そこに, そっと女, そのまま行きすぎよう, その唄, その壻, その夜塀, その女, その男, その紙, その鬱忿, そばから, それでも時々, たおされた, たずねました, ただ退屈そう, たった一人, たづねた, ぢき, ぢつ, ついて, つかつかと, つぎの, とう, どうした, どうしても酒間, どっかへ, どれも, なにを, なほうるさく, のり出した, ひとりつい, ふきだして, ふりかえる, ぼんやりと, ぽっつりと, まいりまして, まだ二人, まだ何, まだ遠く, もう少し美しけれ, もつれるよう, やかましく追っ払います, やってき近く, やってくる, やってくると, やや離れた, よかった, よって, わざわざ来た, わたしに, ゐる交番, アルコール中毒で, カンテラを, キリューシキン小路で, ゴオ・ストツプの, シャツめがけ, タッタ一人ブラブラ, テクテクやって来る, テーブルに, テーブルの, ドテラがけ, ニッケルの, ニヤ, ヌーッと, ハンドバツクを, ピリッピリッと, ピリピリーを, ポカアリ, ムダに, ユーロップの, ロイド眼鏡を, ヴィタリスを, 一万人と, 一人しか, 一人だけ, 一人ついて行く, 一人と, 一人に, 一人乗っ, 一人佩剣を, 一人剣を, 一人小さな, 一人居りまし, 一人机に, 一人框に, 一人歩みより, 一人立ち番し, 一人立つ, 一人通りか, 一人道側へ, 一度ここ, 一度に, 一度追掛けた, 一通の, 一通り銀三の, 三人ばかり, 三人来, 三人突っ, 三角帽を, 不審な, 不審を, 不思議な, 両方の, 並んで, 中に, 乗って, 事件の, 事情を, 二三人ずつ, 二三人やって来た, 二三人宛昼夜張番を, 二三人秋川邸の, 二三十人し, 二人いた, 二人その, 二人で, 二人みまわっ, 二人を, 二人入, 二人広間に, 二人暗い, 二人立っ, 二言三言不心得を, 二階の, 云った, 云って, 井戸屋を, 交代し, 交通の, 交通巡査に, 交通整理し, 交通整理を, 人々を, 人格も, 人民に, 今に何, 付添ふて居ました, 代弁した, 伝馬船に, 住み荒して, 何でも, 何ともする, 何と云つた, 何度も, 何故とも, 佩剣を, 來ました, 係長へ, 保護し, 信ぜられないという, 借りて, 傍らに, 傭われるという, 僕を, 先ず畚, 先頭に, 入つて, 兵たいを, 再び来, 出入する, 出張し, 出張って, 出来る前, 切符を, 制して, 制服を, 前列に, 剣で, 剣の, 劍を, 勤まるなあ, 区長と, 十二時過ぎに, 十五六人サロンへ, 博士の, 去つて, 去ると, 収賄する, 口を, 召集され, 叱りましたが, 同じ方向, 同所を, 同時に訊いた, 同時に読終, 向うへの, 吾輩を, 呑気な, 命令を, 和尚を, 和服で, 咎めると, 問うた, 喋りだそうと, 喚きながら, 喜んで, 喧しくいった, 喧ましい, 四五人歩き廻っ, 四五人立っ, 四人入, 垣でも, 報告を, 変って, 変な, 変に, 外から, 多勢います, 多年の, 夜ふけて, 大きな声, 大また, 大学出であった, 大急ぎで, 奥の, 妙な, 始末を, 姿を, 威勢を, 威張りくさるもん, 威張る春風, 学校が, 宿へ, 寄つてきた, 察したよう, 尋問する, 居るとか, 居眠りを, 山の, 巡査たる, 巡査という, 左へ, 左右から, 左右に, 差紙を, 帰って, 帰りの, 帳場と, 干渉する, 庭木戸の, 張り込んで, 彼を, 彼等の, 後部の, 御出張, 心を, 必らず, 忽ち赤く, 怒って, 思いも, 急ぎ脚, 怪い奴, 怪ん, 恐らく自分, 恐ろしい顔付, 恰も立坊, 悉く土百姓, 悲鳴を, 慈悲の, 慌ただしく駈けこん, 懐中電燈で, 戸籍調べの, 扉から, 扉を, 手招きを, 手柄を, 拐帯泥酔暴行賭博現行収賄等々で, 拾ひ上げ, 持って, 指で, 指先の, 振り返る車道, 捕えて, 探しまわるぐらい, 支え止めて, 敬礼を, 数人それを, 新十郎, 日向で, 時々, 時計屋へ, 暴力を, 最先, 木下を, 木棒を, 木立の, 本郷を, 来たけれども, 来たら終り, 来たり, 来たッ, 来ないの, 来ました, 来る, 来ると, 来るなどと, 来るやら, 来る人, 来る梯子, 来村, 来被服廠跡, 東海岸の, 松明を, 格子戸を, 棍棒を, 検死に, 横から, 横着な, 正面の, 歩き出して, 歸つて來て, 歸つて來る, 泥坊と, 泥棒などを, 注いで, 涼みが, 溢れよろこび勇んで, 煙草に, 煙草を, 犬殺しの, 犯人を, 犯罪の, 現れ猿臂, 現場に, 現場へ, 男に, 町を, 留置場に, 留置場の, 留置所の, 発狂した, 百合子と, 皆出, 盛んに, 目に, 目隠しを, 直立し, 相図, 相識の, 眞直ぐに, 眞鶴で, 短い影, 確と, 私に, 私の, 穴を, 突然予, 突貫し, 立ちの, 立ち人, 立ち合って, 立ち止まっちゃ, 立った, 立ってるの, 立つと, 立会って, 立會つて創所の, 立番を, 競馬場へ, 答えた, 答えました, 答へ, 素焼の, 組みあったまま, 美津子をか, 群衆を, 群集を, 翌日カフェーに, 耳を, 聞附る, 職務に対して, 肩を, 肩章を, 能率を, 腰越の, 自信と, 自分が, 自宅に, 自転車に, 茶を, 蕃婦と, 虎で, 行こうと, 街角を, 街路の, 裏の, 見かけたという, 見たらなにか, 見咎めると, 見張りを, 角灯を, 解散を, 言った, 言つた, 言つてました, 訊いた, 話しかけた, 話すだろうから, 説明した, 調べに, 調べるの, 警察分署で, 谷郷村の, 赤い火, 赤い顏, 赤く塗った, 赤帽を, 起して, 車を, 返辞した, 追いかけて, 追い立てる, 途方も, 通って, 通りか, 通り掛っても, 通る, 遊びに, 遮った, 邪魔物の, 都合の, 酔いどれを, 野口春蔵の, 金庫の, 闖入した, 隊の, 電話し, 電話で, 電話より, 青いトゲ, 青年会場に, 非常用, 頭に, 頭目の, 顧る, 飛びかかって, 飛んで, 饅頭を, 馳せ集って, 駆けつけた, 駈けつけた, 駈けつけたの, 駈け付けると, 駈つけたとき, 驚いて, 髭を, 鳶の, 鶴代に, 鷄冠の, 麓の, 黒土の, 黙つて

▼ 巡査~ (533, 13.7%)

26 顔を 6 一人が 5 ところへ, 話を 4 やうな, ように, 前へ, 姿が, 姿を, 方へ, 目を

3 [13件] すがた, ために, 前に, 姿は, 後に, 手から, 方が, 方を, 案内で, 眼には, 神経の, 背中を, 靴音のみ

2 [32件] あとから, ことを, ような, 一隊が, 先に, 前を, 厄介に, 問いに, 声に, 声は, 家族が, 影を, 後から, 心に, 応援を, 手によって, 手を, 手をば, 方で, 方に, 服を, 来るまでには, 様な, 派出所が, 発見した, 眼が, 眼の, 肩に, 脳髄の, 質問に, 足を, 顔は

1 [360件] あの傷, いうの, いふ事, いること, うるさいこと, おつ, かぶと帽, かぶる古い, くせに, くる時分, ことが, ことだった, ことで, ことも, ごときは, さあべ, するよう, その態度, その言葉, そばに, そばの, ためには, ところでは, とは違, とは違う, とッさ, はた色が, ひそかな, ほうは, ほおを, ほかに, むこうずねを, ものも, やうに, ゐる處, カチヤ, ゴー, サアベル, サアベルが, サアベル型山本権兵衛のは, ジャッファーズが, ジャッファーズだけが, ニキフォールウィッチが, 一人に, 一人は, 一人や, 一人強く, 一個人の, 一家に, 一行かとも, 一行と, 一隊は, 三人が, 三人は, 上さんに, 上に, 世襲的駐在所の, 両頬, 中から, 中には, 主張した, 乗って, 九隊総員凡そ五万人である, 乱暴甚しく, 予覚し, 事について, 事を, 云い分, 云う所, 云ったその, 五体は, 亡魂なら, 交番所では, 人として, 代りに, 代わりに, 何人かが, 保護の, 保護士族の, 側へ, 像や, 先生であった, 全神経, 制服は, 制服を, 制服制帽を, 制止の, 制止をも, 前で, 前では, 前の, 前も, 剣で, 剣を, 剣幕は, 力や, 勉強に, 動作を, 動的美, 十手を, 去つた後, 取つて, 取調べが, 取調べに対して, 口ぶりでは, 古服, 句調を, 合図に, 合圖を, 名, 名を, 名目で, 向う脛を, 吶弁を, 呼びたてる声, 呼子が, 問に対しては, 喉を, 営業違反に, 四人が, 報告なぞは, 報告も, 報告を, 声が, 声で, 外套の, 大喝を, 大日傘, 奥さん達から, 奥様の, 如きは, 如くまた, 妹が, 妻に, 妻も, 姿, 姿でも, 姿も, 姿研屋の, 威令が, 威厳を, 威張れる時代, 嬶で, 子の, 子等も, 存在は, 官舎からは, 家の, 家へ, 小さな茶色, 小屋が, 小言に, 少女誘惑, 帳面に, 帽子その, 干渉に対して, 張番し, 強迫は, 往来が, 往来も, 後ろの, 後姿が, 後方から, 微笑が, 徽章の, 心も, 心持が, 心持には, 心持総てを, 心気が, 必要が, 必要なき, 怪み, 恥じッ, 息子が, 意中を, 意識の, 態度が, 態度と, 態度に, 慌てた声, 慶助が, 手が, 手で, 手と, 手に, 手は, 手帖にも, 手帖を, 手帳に, 手紙が, 抜剣したる, 指し示す所, 指の, 指図で, 指揮振りは, 捨台詞が, 探偵談が, 控室へ, 提灯が, 握り拳の, 教えた家, 数を, 方だった, 方は, 旗岡剛蔵という, 書いた報告書, 書いた証明書, 月給二円五十銭警部が, 服が, 服の, 服装である, 来ない間, 来りて, 来るまでは, 来れるなりし, 案内に従って, 棍棒, 概念として, 様子を, 檐下に, 正当防衛という, 歩いて, 死体は, 決心と, 沓音と, 注意人物で, 派出所も, 深井浅治は, 為にも, 為めに, 無感激, 熱心な, 特権が, 特権に, 特権の, 狂人に, 狭間さん, 率いる一隊, 生活の, 疑惑を, 疲れた神経, 発見けた足跡は, 白い手ぶくろ, 白服が, 白股引に, 目に, 目には, 真似は, 眼からは, 眼を, 種だ, 立ち去った後, 立って, 立つてる方, 立つを, 第六感の, 答えは, 答など, 管轄区域内の, 紹介で, 紹介に, 給料なんて, 翳す松明, 耳には, 聲で, 職にすら, 職は, 肢体が, 肩を, 胆を, 背が, 背中に, 背後から, 背後に, 背後へと, 背後を, 胸から, 胸に, 脚絆姿が, 自宅だ, 船へ, 若いお, 蒼白い額, 薄墨色の, 行動を, 行為を, 表付きの, 袖を, 見, 見咎むるところとなり, 見尤め, 見張って, 視線以外に, 角灯でした, 角燈であった, 角燈の, 言い置いて, 言うところ, 言う顔, 言ふ, 言争う, 言葉とは, 言葉に, 言葉によ, 言葉の, 言葉を, 訪ねて, 許しを, 証明書を, 証言にかの, 証言によって, 証言の, 証言を, 評判が, 話, 話に, 語るあいだ, 誰何する, 護衛する, 護衛せる, 護衛を, 負傷です, 資格で, 質朴を, 足下を, 足払いが, 跫音が, 身で, 身の上も, 身ぶりを, 軽蔑と, 迎えに, 返へ, 銀行ギャング事件が, 錆びた声, 長劍, 間の, 隙を, 電話, 面附から, 靴の, 靴音が, 靴音と, 靴音とが, 頬に, 頭を, 頭巾の, 顏が, 顏を, 顔からは, 顔に, 顔には, 顔も, 顔付や, 馬車の, 駐在所の, 髭面とを, 鼓動が, 鼻先へ

▼ 巡査~ (356, 9.2%)

5 連れられて 4 なって, 何か, 向かって, 手を 3 お引渡し, ばけて, むかって, 呼止められ, 命じて

2 [22件] きいて, すかされて, つかまった, つかまって, つかまりとうとう, つれられて, 云つた, 依て, 向って, 咎められたこと, 守られて, 尋ねて, 怪まれでも, 手錠を, 打向い, 捕えられたが, 案内され, 見咎められたこと, 訊いて, 話して, 語れば, 送られて

1 [276件] いった覚え, うながされて, うるさそう, おじぎを, きいた, きかれるまま, きびしい注意, きまってるから, こづかれると, このこと, この子, これ見よ, さう言つて, して, しろやっぱり, しろ小学校教員, しろ田舎, そっくりだった, その家, そんな力, たてを, たのまれて, たのむとは, ちょっと目礼, ついて行くと, つかまったり, つかまっても, つかまってもな, つかまつたと, つかまり路端, つかまる所, とがめたてられても, とがめられても, とると, どこの, なぐられたの, なった, なった事, なった為, なつて, なり収税吏, なり獄吏, なるから, なろうかという, ひきたてられて, ひきとめられた, ぴしぴしビンタ, ふんじばらせるぞ, みはらせて, むけた, やかましくいはれた, やって, わかれて, わたくしを, カギを, カンヅメに, バスは, ビンタを, ビンタ殴られ, ムネを, 一度呼び留められた, 一度見付けられた, 一番賑かな, 不心得を, 両側から, 事情を, 云い告げて, 云った, 云つてゐる, 些とも, 介抱せられ, 代って, 代りチノヴニク, 任して, 会った, 伴れられ, 伴われて, 伴われ行く途上, 何やら小声, 何を, 何事か, 依頼し, 促されて, 兩側を, 出したこと, 出っくわさないよう, 出会うこと, 出会しても, 出会った, 出会ったら警察, 出会つた頃は, 出喰わす毎, 出逢った, 別れた, 別れて, 別れ裏門, 剣術を, 化けたかと, 化けたふたり, 化けた泥坊, 反抗した, 取っては, 取捲かれたまま縄, 叩き起こされわけ, 叩き起されると, 叱られた, 叱られたり, 叱られるほどの, 叱られるよう, 叱られる事, 同情し, 向い, 向つた時の, 向つて, 吠付き追われ, 呼びかけ自分, 呼び停められた, 呼び咎められました, 呼び止められたの, 命じた, 咎められたそこで, 咎められたりなんか, 咎められた結果, 咎められ屋敷, 咎められ懊悩, 堰き止められて, 報告に, 売春婦が, 好い印象, 始末書を, 守られながら, 尋ねかけた, 尋ねたら, 尋ねても, 小突かれる日, 少しきく, 巧く勧めた, 年を, 引かれて, 引きずられて, 引き立てられ九段, 引っ張られて, 引渡された, 引渡すが, 心中と, 心当りを, 怪しい者, 怪ま, 手伝わせて, 手向かいを, 打殺されるよう, 扮し, 抱えられて, 抱きついて, 抵抗した, 押えられるの, 押えられるよと, 押へ, 担がれた負傷者, 拾われて, 捉ま, 捉まる, 捕えられたこと, 捕えられたの, 捕えられても, 捕えられようと, 捕えられる際, 捕えられ職, 探偵事務所の, 掴つて駐在所に, 摘み込まれる位, 支えられた瞬間, 支倉の, 散策子が, 敵意を, 斷わ, 日本の, 會釋し, 札を, 来て, 来られて, 案内を, 比すれば, 気づいたらしい, 注意される, 注意し, 渡した, 渡すが, 渡すぞ, 煙草店の, 片手を, 片附い, 特殊な, 田代館といふ, 疑いを, 発見された, 発見される, 白状する, 相手に, 相違ない, 看破られる, 眠り薬を, 眼くばせする, 知らせた, 知れれば, 示しそれ, 私の, 突いて, 答えること, 紙を, 組みついて, 縋り付いて, 罵声を, 聞いた, 聞えるの, 聞かれて, 聞かれるよう, 聞くと, 聞こえやせんと, 腰縄を, 自動人形を, 若いの, 行き会ったばかり, 見つかって, 見つかるか, 見つかると, 見つけられんよう, 見とがめられ詰問, 見付かったら科料, 見張りを, 言いました, 言い含めオソノ, 言った, 訊くこと, 訊くと, 訊問さるる, 訊門され, 話したり, 護られて, 護衛させる, 護送され, 護送せらるる, 豚の, 質問された, 贊成を, 起された, 足を, 跟い, 踏込まれて, 返事を, 追いすがりざま, 追いたてられて, 追い立てを, 追ったくられて, 追はれ, 追越された, 逐われた群集, 逢った, 連れて, 連れ去られるが, 遇ってから, 道を, 遠慮する, 遮られて, 銭を, 門口へ, 附き添われて, 雲崩れ掛り, 電話を, 頼まれたから, 頼む, 頼んだところ, 顎を, 顔を, 食って, 食べさ

▼ 巡査~ (185, 4.8%)

10 呼んで 5 連れて 3 先に

2 [12件] つかまえて, つれて, もって, やめて, よんで, 借りて, 先頭に, 呼びとめました, 呼びに, 眼の, 見つけた, 顧みて

1 [143件] いじめて, いや巡査, いろいろに, うながして, うまくごまかし, うまく撒いた, おこらせるだろうと, おさえつけて, おどしつけた其の, くわしく研究, こわがって, して, してるより, しめつけながら, そこへ, たいへん信用, たすけひとり, ちらりと見残した, つけねらい待ち受け殺害, とりかこみました, とりかこんで, どうしてやめた, どうする, なぐりつけた, なげとばしあべこべ, なだめた, なだめたところ, なだめて, なだめるやう, にらみ付けた, のこして, のぞいては, ぶるん, やったん, やめること, やりすごしたと, よびに, ドシドシ採用し, ノックアウトしてやろう, モスモロスの, 一人つれ, 一寸見, 一睨みした, 上席に, 下に, 二人だけ, 仁なりと, 仰いだ, 伏せて, 伴って, 伴立っ, 低い声, 何千人か, 出迎えて, 初めとして, 利用し, 励まして, 去る三尺, 取り調べた, 取調べると, 召集し, 呼び, 呼ぶか, 呼ぶなら呼びますよ, 呼んでる暇, 喚んで, 嘲弄した, 地の, 地団太ふまし, 天下一の, 嫌ふ, 導いた, 小馬鹿に, 廊下へ, 引っぱって, 引率し, 引連れて, 張番に, 志願し, 志願した, 志願してる, 志願せし, 志願致しました, 念の, 怖いもの, 怖れ, 惘然と, 慕うて, 憎み醫師, 憎むよう, 押しのけて, 拝みぬ, 拝命し, 拝命致し, 振り放した, 探す巡査, 掻い掴んで, 揶揄する, 斬ったか, 殴つて前科一犯, 殺して, 気が, 煽動し, 煽動します, 率ゐ, 理詰めで, 知悉し, 神の, 突き退けて, 立たして, 納得させる, 繰出します, 罵り満腔, 罷めて, 腮で, 興奮させ, 街頭に, 見かけ次第, 見せつけられること, 見たやう, 見たりと, 見て, 見ても, 見ると, 見るよりも, 見上げた, 見付けると, 見出し其指図, 見張, 見返して, 訪ねて, 足跡の, 迎えた, 追い廻しなど, 選んで, 避けたい様子, 避けんと, 配置し, 附けて, 雇って, 頭くだし, 頼んで, 馬上より

▼ 巡査~ (154, 4.0%)

4 出て 2 あれば, すでに信仰心, その交通妨害, 出張した, 医者も, 居るだア, 怒らない仕組, 此の

1 [134件] あの泥坊, あまり手, あわてて, いたの, いない, いまいましがっ, いる, お嬢さんも, かけつけて, こっちの, さう干渉, すこし持て余し, そういうジレンマ, そう云う, そこらの, その取り調べ, そんなこと, とがめず, どの巡査, なつかしく嗚呼, にこにこし, ふり向いて, まずお, また新しい, みんな一ように, むっとし, やりきれないでしょう, ゐた, ゐない, ウヤムヤで, ゾッと身の毛, 一切が, 一生懸命に, 二三人まじっ, 二人の, 交つた, 交番を, 亦大胆, 亦突き戻した, 人々も, 何も, 何やらハッと, 何気なく点頭い, 余ほど, 先ず此, 入つて, 別に咎めなかった, 剣を, 動いては, 勢力が, 口々に, 只今の, 同時に叫んだ, 吹き出しそう, 呆れたと, 呆れて, 呆然また, 失望の, 妙な, 安全地帯も, 室も, 宿屋の, 寢不足の, 少し悶, 少し身がま, 居ると, 居合わしたる客, 巨浪の, 希し, 廻って, 後に, 思わず吹き出した, 思わず身軽, 思わず顔, 怪しまなかつたところ, 恐しい, 悟った, 意を, 愛想よく, 我勝に, 打倒されて, 持て余した, 捜査隊に, 新しい西洋手拭, 明智に, 昼間の, 時々二階, 来て, 根好く, 気の毒である, 熱心に, 物蔭に, 理由を, 生きて, 町の, 疑わずかえって, 皆な, 皆莞爾し, 直ぐに, 直接には, 真赤に, 神主様も, 私も, 立会うこと, 続いて, 群衆も, 考えた, 職掌柄直に, 股を, 背中を, 腕を, 腹が, 腹を, 自動車の, 若林を, 苦笑し, 苦笑を, 葛木も, 街燈も, 警部も, 買物で, 蹴って, 近所の, 通行人も, 長官と, 随分御苦労, 静かに, 頬に, 頻に, 馬を, 馴れっこなので, 駈けだして, 駈けつけ直ちに, 驚いた

▼ 巡査~ (146, 3.8%)

8 一緒に 3 兵士とが

2 [11件] いっしょに, 二匹の, 人足に, 何か, 医者が, 医者らしい, 協力し, 同じよう, 村役場の, 校長の, 格闘した

1 [113件] いうと, いうよりも, いつて, お春, お父さんと, けんかを, こう鳥渡, この家, しやが, すれ違った, その同僚たち, であって, どちらが, なったので, なって, ならんで, なりて, なりと, ふたりの, ふだんから, ウォッジャーズが, ケンカを, ボーイの, 一人の, 一知が, 三人の, 事務員が, 二人で, 云うの, 云うもの, 云う音, 云ふ, 云われて, 井戸屋を, 交通道徳を, 人夫で, 他数名, 俥屋は, 公学校長, 公學校長, 兵士とは, 兵士等が, 別れて, 労働者らしい, 区長と, 口を, 同じ態度, 同感らしい, 君の, 四人で, 在郷軍人とが, 大黒帽を, 子どもとの, 対向に, 対談を, 小学教師中に, 弥次馬とが, 役員と, 思ひ合, 房一とが, 押し合う人間, 改名し, 数人の, 暮松は, 暮松も, 木内先生が, 村長さんらしい, 松島が, 棍棒の, 治兵衛が, 泥酔の, 渾名の, 犬と, 犯人とは, 田辺剣三郎刑事は, 画家の, 看守とが, 睨みあいながら, 知り合, 私と, 稱し, 笑いながら, 紀久子とを, 老人の, 聞いて, 肩書が, 自分だろう, 芸者の, 西洋人と, 見て, 見ると, 見物の, 言う一声, 話したり, 話して, 話してるの, 話を, 諧謔を, 警官新聞記者混爻の, 警察医それに, 軍人だ, 近所の, 逃げたよう, 違って, 部長が, 部長さんらしい, 重太郎は, 間違えられる気遣い, 関係し, 離れたり, 顔を, 駅員に, 鶴木検事の

▼ 巡査さん~ (121, 3.1%)

3 は, は女房 2 が来ました, と兵隊さん, にきけ, のところ, や消防

1 [105件] が, がいっ, がいるだろう, がつれ, がね洋刀, がやってくる, がクツクツ言つて笑つて, がトラック, が來, が官棒, が廻り, が怖し, が急い, が捕まえる, が書付け, が来, が来られない, が来る, が歩い, が歸つて來, が海後さん, が熱, が真面目, が見えた, が近く目, が逃げ出す, が途中, が連れ, が雪, この人, ですね, とおつか, とか云う, と同じ, と溷, なんか呼ん, なんて言う, にいっ, にこの, にそう, にはい, にも私, に今晩, に咎められました, に届け, に巾着ごと, に引きずられ, に怒鳴られた, に押え付けられ, に捕まえられ, に捕まっ, に捕まりました, に言いつけた, に言った, に訊ね, に説教, に逢っ, の両足, の前, の姿, の手, の方, の来なすった, の様子, の細君, の言う, はいや, はいわれました, はお婆さん, はすぐ, はたうとう, はとうとう, はふい, はふしぎそう, はもう, はサーベル, は云う, は凛々しくっ, は力強い, は室内, は小僧, は小僧さん, は少し, は幾晩, は恐い, は最初亭主, は此間, は自分, は莚, は顔, もうなずき, もこの, もこわく, も春夫さん, も月, も来る, も白服, や兵隊さん, や刑事さん, や消防たち, をなだめました, を呼ん, を案内, を見る, 捕まえて

▼ 巡査部長~ (94, 2.4%)

2 だった, は感心, は火

1 [88件] から, が, がいきなり, がご, がしん, がすこし, がたずねました, がたまりかね, がだれ, がわざわざ, が上長, が何, が何かしら憂鬱そう, が大兵肥満, が大童, が時計, が来, が畏, が白い, が皇帝, が眼, が繩, が進み出, が靴, が飛び込ん, ぐらいを調査, だけあっ, であった, です, とはギョッ, と一人, と二人, と同様, と外一名, と警察医, にもわかりません, に何, に向っ, に挨拶, のうしろ, のきしょう, のごとき, のよう, の一喝, の佩剣, の傍, の前, の号令, の報告, の手, の方, の木村, の案内, の肩書, の質問, の高い, は, はいかにも, はいった, はそう, はそろそろ, はストーブ, は上役, は不意, は何, は佩剣, は先頭, は凹んだ, は厳, は困惑, は寝台, は少なから, は帽子, は意外, は昨日辞令, は更に, は最近, は肩, は長椅子, は間もなく, は面倒臭, もじっと, も気, や刑事, を勤め, を呼びつけ, を呼ん, を拝命

▼ 巡査~ (36, 0.9%)

2 シグナルの, 刑事の, 憲兵に

1 [30件] または肥馬, ホテルの, 下男たちが, 交番で, 兵士等が, 兵隊たちまで, 兵隊の, 兵隊までが, 刑事が, 刑事らは, 刑事達は, 医者の, 医者も, 医者や, 夜警の, 小頭の, 憲兵が, 憲兵までが, 憲兵も, 探偵たちは, 校長へ, 検事が, 消防方も, 百姓や, 看護婦の, 祭事掛は, 銃剣を, 集って, 電車の, 駅夫にまで

▼ 巡査たち~ (18, 0.5%)

1 [18件] が二人, が右往左往, が気, が皆兄, が自宅, とうち, とともに土足, には非常, に抱き止められた, の怒号, の泥靴, の面前, は, は再び, は幽霊, も突貫, を何, を唆

▼ 巡査派出所~ (17, 0.4%)

2 の方

1 [15件] があっ, だが, できく, と公学校, と公學校, に突然, の傍, の前, の燈, の角, へもこの, へワタリ, へ寄つて, へ来る, 及び関西汽船株式会社名

▼ 巡査から~ (16, 0.4%)

1 [16件] きくと, しい人, なぐられて, 一々懐, 叩き上げ長く, 同じ事, 夕刊記事を, 委細の, 横面を, 気の毒相に, 注意を, 火を, 私服の, 笑われましたヨ, 聞こう, 腕を

▼ 巡査には~ (16, 0.4%)

1 [16件] ああいう, なにか人間, なれて, ひしと胸, 一定の, 初めから, 取り分けて, 大変悪風が, 左枝の, 早速の, 極った, 素行上いささか, 絶痛なりし, 苦悩の, 角屋の, 遠い記憶

▼ 巡査~ (16, 0.4%)

1 [16件] が, が一日勉強, が登った, とにそびら, と協力, の庇護, はすべて主任刑事, はもうほとんど, は初め氣, は勝, は同家, は家, は無器用, は続い, は身, も容易

▼ 巡査~ (14, 0.4%)

1 [14件] からああ, からおれ, がこれ, つた手帖が, つた私が, つて無闇に, と信じ切っ, と言った, のが, よ, よ知らん, わネエ, 巡査だ逃げろ逃げろ, 巡査は

▼ 巡査でも~ (14, 0.4%)

2 やつて

1 [12件] だれでも, なく探偵, よいから, ポストでも, 一日五十円月給取ってるやろ, 一身代作っ, 呼んで, 大学教授でも, 弥次馬でも, 来たら大変, 来ると, 見付けたらこんな

▼ 巡査~ (12, 0.3%)

1 [12件] あつた, これは, せんだっての, その文化住宅, ね青年野球, まにあわなければ, ゆかぬ時, 一杯で, 巡査は, 怖い顔, 沢山だ, 豊富な

▼ 巡査との~ (12, 0.3%)

2 問答を 1 けんかを, 争論を, 事件を, 二人が, 問答に, 応答だった, 応答だつた, 旧劇めいた, 約束も, 間に

▼ 巡査~ (12, 0.3%)

2 が三人, もお 1 が階子, だがも, だど, でねえがな, でも, の手, の長靴, も御存じ

▼ 巡査という~ (11, 0.3%)

2 のが 1 ものに, ものも, ものを, ニックネームを, 人が, 地位と, 地位を, 役も, 肩書が

▼ 巡査~ (11, 0.3%)

1 [11件] がいちいち, にも, はそういう, はなお, はまた, はようやく少し, は倔強, は寄りつき, は平行, は荒畑君, は見張り

▼ 巡査にも~ (10, 0.3%)

1 なついて, 一体何し, 一揖し, 其理屈は, 分らぬ様, 噛みついたし, 弱かった, 突き飛ばされた, 聽える, 船員にも

▼ 巡査~ (9, 0.2%)

2 探偵 1 でなければ探偵, 密行刑事か, 小学校の, 警部補ぐらいが, 郵便配達を, 門番かの, 雇員という

▼ 巡査~ (9, 0.2%)

1 云った, 向って, 向直って, 噺を, 始めて口, 応援を, 来たとき, 現政府反対, 耳打ちを

▼ 巡査らしい~ (8, 0.2%)

2 平服の 1 じゃありません, ものも, 人が, 制服を, 男は, 色の

▼ 巡査とは~ (7, 0.2%)

1 その男, とうに馴染, 俊夫君と, 土間に, 思はれないね, 相携え, 知合の

▼ 巡査では~ (6, 0.2%)

2 なく署長程度, 手を 1 ない, 喰ひ止め

▼ 巡査とが~ (6, 0.2%)

1 上って, 変な, 多勢守備し, 待って, 母の, 迂廻して

▼ 巡査にでも~ (6, 0.2%)

2 咎められたら何 1 知れると, 聞かれると, 見付かったが, 郵便配達にでも

▼ 巡査一人~ (6, 0.2%)

1 しか見, だつて, です, とは本署, の手, は医者

▼ 巡査~ (6, 0.2%)

2 に挨拶 1 の顔, はこの, は蹣, も打解け

▼ 巡査駐在所~ (6, 0.2%)

2 の前 1 ありまた, は隣部落, へゆき, へ自転車

▼ 巡査だって~ (5, 0.1%)

2 何も 1 刑事だって, 普通の, 根気よく

▼ 巡査である~ (5, 0.1%)

2 ことを 1 が一人, が生理学教室, 事に

▼ 巡査ども~ (5, 0.1%)

1 がそれぞれテエブル, が続い, の視線, は何, をおしのけ

▼ 巡査なんて~ (5, 0.1%)

1 いけ好かないが, いふ者は, ものは, 暢気な, 氣の

▼ 巡査まで~ (5, 0.1%)

1 上り込んで, 上込ん, 承知にて, 自殺した, 非常召集され

▼ 巡査までが~ (5, 0.1%)

1 仮寝の, 同類みたいに, 名前を, 永久不変の, 繰出して

▼ 巡査~ (5, 0.1%)

2 は居 1 が居た, の厚意, も何時

▼ 巡査とか~ (4, 0.1%)

2 村長とか 1 借金取りとか, 騎兵とか

▼ 巡査上り~ (4, 0.1%)

1 だとか, の別荘番, の守衛, の門鑑

▼ 巡査としての~ (3, 0.1%)

1 職務を, 職業的人間が, 鬼と

▼ 巡査としては~ (3, 0.1%)

1 威張りたがる癖, 少し変, 少し變

▼ 巡査と共に~ (3, 0.1%)

1 やって来た役人, 此家より, 立ち止った人中

▼ 巡査~ (3, 0.1%)

1 のだ, のである, ので挨拶

▼ 巡査なんか~ (3, 0.1%)

1 つとまりますかい, 恐れやしねえ, 無い方

▼ 巡査二名~ (3, 0.1%)

1 が暗中, のうち, を射落す

▼ 巡査いずれ~ (2, 0.1%)

1 も御, も目

▼ 巡査かとでも~ (2, 0.1%)

1 云う物ごし, 云ふ

▼ 巡査かも~ (2, 0.1%)

1 知れないの, 知れん

▼ 巡査からの~ (2, 0.1%)

1 報告だった, 報告に

▼ 巡査がは~ (2, 0.1%)

2 いつて

▼ 巡査さえも~ (2, 0.1%)

1 一緒に, 廻っては

▼ 巡査さま~ (2, 0.1%)

2 に家

▼ 巡査じゃ~ (2, 0.1%)

1 だめで, ねえぜ

▼ 巡査だけ~ (2, 0.1%)

1 お残り, です

▼ 巡査だった~ (2, 0.1%)

1 かも十円, が

▼ 巡査であろう~ (2, 0.1%)

1 とまるっきり, と思います

▼ 巡査です~ (2, 0.1%)

1 ね, 巡査は

▼ 巡査として~ (2, 0.1%)

1 どうして君, 専門家で

▼ 巡査とともに~ (2, 0.1%)

1 現場へ, 留吉の

▼ 巡査とに~ (2, 0.1%)

1 對し, 説教

▼ 巡査なぞは~ (2, 0.1%)

1 なおさらに, 自分達が

▼ 巡査などは~ (2, 0.1%)

1 兵隊に, 同じ目的

▼ 巡査なども~ (2, 0.1%)

1 不必要, 監督の

▼ 巡査なり~ (2, 0.1%)

1 なんなり, 死骸の

▼ 巡査にゃ~ (2, 0.1%)

1 あ遣らない, 一段劣る

▼ 巡査によって~ (2, 0.1%)

1 引き立てられて, 語られホテル支配人ロバアト・マギ

▼ 巡査のう~ (2, 0.1%)

1 でを, で首

▼ 巡査みたい~ (2, 0.1%)

1 なこと, に大手

▼ 巡査よりも~ (2, 0.1%)

1 低劣で, 部長にといふ

▼ 巡査ア彼家~ (2, 0.1%)

2 へ行

▼ 巡査キャザリン・オコナア~ (2, 0.1%)

1 と昼夜, の三人

▼ 巡査一名~ (2, 0.1%)

1 と共に都合三名, を伴っ

▼ 巡査七三~ (2, 0.1%)

1 でとまっ, で停っ

▼ 巡査三里許~ (2, 0.1%)

2 りの

▼ 巡査並み~ (2, 0.1%)

1 に取り扱おう, の

▼ 巡査五十名~ (2, 0.1%)

1 ばかり連れ, を間道

▼ 巡査佩剣~ (2, 0.1%)

2 を抱え

▼ 巡査刑事~ (2, 0.1%)

1 が四人, に至る

▼ 巡査数人~ (2, 0.1%)

1 がいる, が風呂敷包み

▼ 巡査~ (2, 0.1%)

1 変らず勤勉, 集まりて

▼ 巡査講習所~ (2, 0.1%)

1 から昨日, の英語教師

▼ 巡査部長室~ (2, 0.1%)

1 に連れ込ん, の床

▼ 巡査隣村~ (2, 0.1%)

1 から応援, から應援

▼1* [168件]

巡査あらはる, 巡査あり背広を, 巡査あるいは郵丁を, 巡査医者を, 巡査おかみ円覚寺の寺男, 巡査かがそのふたり, 巡査かと思って, 巡査かよた者, 巡査がいはしなかった, 巡査こそいかめしき, 巡査へ今, 巡査さえ薄笑いを, 巡査さんこれを着せ, 巡査さんどっちも良い, 巡査さん山田町の吉田キヨ, 巡査さん達の声, 巡査さん駅長さんと雑談, 巡査すら広岡の, 巡査その妹を, 巡査その他の司法官, 巡査たる地位を, 巡査だけに鄭寧な, 巡査だけは存外真面目, 巡査だったら怪しく思うだろう, 巡査だつて然, 巡査だつたことに, 巡査だの役場員だ, 巡査だろうが刑事, 巡査だ逃げろ逃げろと云う, 巡査であったがお, 巡査でありながら後, 巡査でしたがね, 巡査でないことだけは, 巡査でなくつたつて遁げ出せ, 巡査といふものに対しては, 巡査とかの限られた人達, 巡査とだけだったの, 巡査とで固めて, 巡査とも云われる者, 巡査ともどもたいへん紳士的, 巡査とを仲間に, 巡査どうだ, 巡査なぞがそれだ, 巡査など五六名の, 巡査などが笑ったってと, 巡査などと肩を, 巡査などに慣れて, 巡査などにも尋ねて, 巡査なら巡査の, 巡査なれど今, 巡査なんかが何だ, 巡査なんぞが来たらおれ, 巡査におけるそれなお, 巡査についてもっとせまい, 巡査にとっては想像も, 巡査になつたのは, 巡査にやにや笑う, 巡査に対する尊敬ぶりは, 巡査ぬかるみのまま固化, 巡査のさびしげな赤い, 巡査のて何の, 巡査のみにて試みたるも, 巡査ばかしぢや, 巡査ばかりとなりし心細, 巡査ひとりひとりの家, 巡査へは答えずに, 巡査ほど憐れ者は, 巡査ほどにも恐くは, 巡査ほどのものは, 巡査てえな, 巡査みたいもんどす, 巡査さっそくやって来るだろう, 巡査めがけてなげつけた, 巡査もてあましよくお, 巡査もよつて, 巡査らしき帯剣の, 巡査らしくない親しみを, 巡査らしく立ちどまってあたり, 巡査ら十数名手に手, 巡査を通じて出張所と, 巡査ア一人来て, 巡査カミィルを掴まえ, 巡査ガ生活權利ヲ主張スル時ハ其所屬タル内務省ガ決定スベク, 巡査フロツク・コオトや紋附, 巡査マギ支配人その他ホテルの使用人達, 巡査一家の其, 巡査三名の一行, 巡査下世話に謂う, 巡査の頭取, 巡査二人が駈けつけ, 巡査二名重傷者四名軽傷者十二名に及び, 巡査五人して, 巡査五六名を載せ, 巡査交番所見たよう, 巡査人夫の一大隊, 巡査交代と, 巡査以上だ, 巡査位骨の折れる, 巡査佐藤一郎が駈けつけた, 巡査の何某, 巡査先生の方, 巡査八人を手古摺らせた, 巡査六名がことごとく, 巡査兵士それから新聞社, 巡査刑事警察医書記等数名の一行, 巡査ち張飛巡査, 巡査区長そのほか村, 巡査十五名を従え, 巡査十四五人屠殺人消毒の人夫, 巡査口調を出さない, 巡査合宿所とした, 巡査吉田虎蔵とある, 巡査君重大事件なん, 巡査呼んでこい, 巡査四名都合五名の警官, 巡査小吏なぞに取囲まれ, 巡査小学校の教員, 巡査山口さん祇園乙部見番のお, 巡査市民共に一度, 巡査希臘人牧婦などにいでたちたる, 巡査志願の第, 巡査情死娘と役所, 巡査拝命以来この畑, 巡査探偵などという奴, 巡査数十人の突貫, 巡査数名相集まりて, 巡査數十名をた, 巡査數名と共に千葉監獄, 巡査時代に乞食, 巡査曰く托鉢なら托鉢, 巡査村山辰雄であった, 巡査来戸籍調べらしい飛行機来, 巡査来訪いろ, 巡査案内役の人夫, 巡査様なにしに, 巡査檀那寺の和尚, 巡査殿があちら, 巡査沼田英吉はその, 巡査の取調, 巡査津田三蔵なる者, 巡査派出所町役場等で問い合せた, 巡査片岡禅吉ぢや, 巡査生涯を何度, 巡査田舎婆芸者らしき女, 巡査立ち合いの上, 巡査紋三と同じ, 巡査もこの, 巡査自身のよう, 巡査花岡一郎は始め巡査, 巡査ゆ, 巡査親子は夢中, 巡査詰所に二人, 巡査諸君はりんご, 巡査警手などになれ, 巡査警防団長の大内さん, 巡査農会の書記, 巡査近藤儀三郎はこの, 巡査部長はかぶりを振つ, 巡査部長ほか一名の署員, 巡査部長警察醫の三人, 巡査鉄砲雁の血, 巡査に会, 巡査隊一万千余人軍艦十四隻海軍兵員およそ二千百余人, 巡査れるを, 巡査を知りたれ, 巡査飯田栄安氏とあります, 巡査飯田榮安氏とあります, 巡査駈けよってくる