青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「学校~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~季節 季節~ 孤~ ~孤独 孤独~ 学~ ~学問 学問~ 学士~ ~学校
学校~
~学生 学生~ ~学者 学者~ ~孫 孫~ 學~ ~宅 宅~ ~宇宙

「学校~」 14974, 149ppm, 714位

▼ 学校~ (4063, 27.1%)

78 帰りに 39 門を 38 先生に, 生徒が 34 先生が 32 先生の 29 方は 28 教師を 24 先生は 23 方へ, 生徒の 22 生徒は 19 先生を 16 生徒に 15 入学試験を, 方で 14 生徒で 13 寄宿舎に, 教師に, 方が, 方の 12 制服を, 前を, 成績が, 成績は, 方も 11 先生で, 先生と, 学生の, 生徒を 10 方に, 生徒だ 9 ような, 入学試験に, 前の, 宿直室に, 校長を, 裏の, 試験を, 門の 8 ために, 前に, 教師の, 生徒であった, 行きか

7 [21件] かえりに, ことを, ように, 中に, 先生から, 先生だ, 前から, 学生が, 成績も, 成績を, 教師と, 方を, 校長は, 生徒である, 生徒も, 窓から, 英語の, 試験に, 話を, 近くの, 運動場で

6 [18件] お友達, 中で, 先生も, 先生や, 制帽を, 卒業生が, 宿題を, 小使が, 帰りには, 庭の, 教授と, 教授を, 教育を, 校長が, 校長に, 生徒と, 講義の, 近くに

5 [23件] ある時間, そばを, ほうは, 先生です, 勉強を, 図書館へ, 女生徒, 宿直室へ, 寄宿舎へ, 帰りがけに, 帰りを, 建物が, 建物は, 往き帰りに, 往還に, 成績の, 教師が, 教授で, 教授に, 方から, 校長の, 給仕さんが, 運動場の

4 [35件] お友だち, ことや, 仕事を, 先生, 先生よりも, 入学試験の, 前まで, 卒業生の, 卒業生は, 図書館に, 女の, 始まるの, 学生と, 学生に, 宿直室で, 帰りなどに, 廊下で, 往復に, 必要を, 授業を, 教室で, 教室に, 教科書を, 教育に, 教育は, 数は, 時から, 校庭を, 正服, 生徒だった, 裏に, 講堂に, 道具を, 雑誌に, 食堂で

3 [86件] あるあたり, あること, うしろの, ことが, ことで, なかを, ほうから, 下の, 中を, 事も, 余暇には, 作文でも, 傍を, 先生か, 先生たちが, 先生な, 先生には, 先生にも, 先生らしい, 出身で, 前で, 勉強の, 勉強は, 卒業生で, 友達が, 受験準備を, 名を, 図画の, 夜学に, 子供に, 学生で, 寄宿舎で, 寄宿舎を, 小使に, 小使の, 小使を, 小使室, 屋根に, 帰りが, 帰りにも, 帰途に, 帽子を, 庭で, 庭に, 建物の, 往きか, 授業にも, 教授の, 教科書が, 教育も, 教育方針が, 方には, 日課が, 時に, 時は, 机の, 校歌を, 校舎が, 校舎の, 業を, 様子を, 正門の, 玄関の, 生徒さんが, 生徒それから, 生徒らしい, 生徒達が, 監督を, 空気が, 窓の, 職員の, 規則が, 規則で, 課程を, 講師に, 講義は, 講義を, 近所に, 運動場に, 運動場へ, 門から, 門と, 門に, 門前で, 関係も, 頃に

2 [252件] あるうち, おつとめ, お師匠さん, お帰り, お庭, お講義, お道具, かばんに, かへり, ことしか, ことなど, ことは, こと女房の, すぐ横, すぐ近く, つまらなさ, とき生徒の, ない日, なかの, ほうへ, ゆきかえりに, ゆき帰りに, オルガンは, カバンを, ソフイストが, バンドを, ホールで, 一年生でも, 一職員として, 三年だ, 三年に, 三年生に, 上の, 上級生の, 下調が, 下調べを, 不平を, 中の, 中は, 事に, 事は, 五年生です, 人の, 他には, 付近の, 休みに, 休暇を, 体操教師の, 体面を, 保証人会議に, 修身の, 倫理の, 優等生で, 先生からも, 先生たちも, 先生だけ, 先生である, 先生でした, 先生では, 先生などに, 先生などを, 先生なんぞは, 先生様だ, 先輩で, 先輩である, 先輩です, 入口まで, 入学試験が, 入学試験は, 内で, 出身である, 制服で, 制服に, 前へ, 助手だ, 助教授が, 助教授を, 助教諭であった, 勉強に, 包みを, 卒業式に, 卒業生です, 卒業生と, 卒業生に, 卒業証書を, 印度哲学科という, 友達の, 同じ寄宿舎, 同僚で, 同窓で, 同窓の, 名も, 名前だ, 名誉に, 名誉は, 問題を, 図書庫の, 図書館で, 外でも, 女生徒たち, 如きは, 威信に, 子供が, 子供よりも, 学期試験は, 学生たちの, 学生だった, 学生であった, 実験室で, 宿直室を, 寄宿生たち, 寄宿舎から, 寮に, 小さい生徒, 小使い, 小使からも, 小使は, 小使も, 屋根が, 屋根の, 帰りか, 帰りです, 帰りの, 帰り道には, 床を, 庭が, 庭は, 廊下に, 建ものは, 式の, 当局者は, 往き復り, 往復にも, 復習を, 性質から, 性質を, 成績などは, 成蹟も, 或る, 授業が, 授業に, 授業は, 授業も, 掛け図で, 改革は, 教員に, 教員は, 教員を, 教場が, 教場で, 教官と, 教室, 教室や, 教師で, 教師です, 教師でも, 教師として, 教師は, 教師も, 教授が, 教授だった, 教授である, 教科書にも, 教課書以外の, 教頭に, 数の, 数学の, 文科に, 文科の, 方へと, 時の, 時間割までを, 暑中休暇が, 月謝と, 校庭, 校舎を, 校長から, 校長さんが, 梁木に, 梵語の, 椅子を, 植物の, 構内で, 構内を, 様子は, 様子も, 標本室に, 横を, 横手の, 歴史の, 理科の, 生徒たちである, 生徒です, 生徒な, 生徒などに, 生徒今は, 病室に, 研究室から, 私の, 科程を, 紹介で, 綴方の, 練習船として, 職を, 舎監に, 舎監室に, 英文科を, 蒙古語科, 行き帰りに, 表門の, 裏山に, 裏門の, 規則と, 規則を, 角で, 解剖学の, 訓導は, 記念祭の, 設立を, 試験が, 試験で, 試験の, 試験休みの, 話が, 話も, 誇と, 課業の, 課業を, 講堂で, 講義に, 講義よりも, 近くだ, 近くで, 退けるの, 連中と, 連中は, 運動会に, 運動会へ, 運動場です, 運動場には, 運動場を, 遠足が, 遠足で, 都合で, 門が, 門へ, 門前を, 門前をも, 附属の, 隣の, 露語科に, 頃は

1 [2016件 抜粋] あたりに, あの鐘, ある外, ある日, ある都会, いきかえりに, いろいろな, うら庭, おしゃれな, お休み, お習字, かえりなん, かたい机, こいのぼり, ことだって, ことも, こと音楽の, こんな様子, すぐ裏, そばで, それに対して, つづきで, ときでも, どの科目, ない日曜日, なし得べき最善, は十五%, ひけるころ, ほうが, ほうを, まさに卒業, まわりには, やうな, よどんだ空気, を四, オルガンを, グループには, コーラス団も, スターを, ノートが, バリカンが, フリソン先生を, ボートを, マークが, ヨタがかった, 一つと, 一学友の, 一年よりも, 一年生に, 一教室, 一番の, 一老, 万年三年生の, 三年生である, 上を, 上級生で, 下教育博物館の, 世話に, 中にまで, 中堅だ, 主事として, 主脳部, 予科二級四ノ組に, 事かい, 事である, 事を, 事務室から, 事情も, 二年で, 二年生な, 二階から, 五年の, 井戸へ, 人に, 今村教諭は, 仕事みたいで, 付近が, 仲間以外の, 休みと, 休中は, 休暇が, 会奥田良三の, 位置に, 体操教師で, 体育場へ, 余興か, 作法教室だった, 便所で, 保護の, 修学旅行で, 修身と, 側からは, 傍で, 傾向は, 先き, 先生がね, 先生じゃ, 先生だけに, 先生って, 先生でも, 先生との, 先生にさえも, 先生より, 先生をも, 先生大ぜ, 先生方も, 先生程度に, 先生達に, 先生達一面には, 先輩でし, 先輩大杉栄氏を, 児童出席の, 入学が, 入学志願者が, 入学試験でさえ, 入学試験準備を, 公開に, 内に, 内容は, 内部組織も, 冷たい扉, 出で, 出来ないせゐだと, 出身だった, 出身にて, 分教場で, 初等科に, 制帽で, 制服, 制服は, 制服着け, 前には, 前校長, 割烹科では, 創立者武人で, 力が, 助教授に, 勉強が, 勉強やなんかの, 勤務も, 区分と, 午後の, 卒業式などに, 卒業生から, 卒業生なり, 卒業生学問忘れ, 卒業証書が, 印度哲学科の, 友だちかね, 友だちも, 友人が, 友達か, 友達という, 友達を, 叔父さん, 受験準備の, 受験者だけを, 古参の, 各クラス, 合唱長の, 同僚たちは, 同窓会でも, 同級だった, 同級生であった, 名が, 名刺を, 名誉でも, 名誉を, 向ひ, 周辺から, 哲学と, 問題が, 問題は, 噂でも, 四級生, 図書館から, 図画あれは, 国文科出の, 土堤の, 在る処, 地下室に, 地位を, 垣根である, 塀であった, 墻の, 声楽部を, 変態教育法などに, 夏服に, 外塾には, 夜学部に, 夜間部へ, 大会が, 大教室, 大講堂, 太田先生も, 女学生と, 女教師様, 始まるちいさい, 始る, 始業時間に, 子に, 子供たち絵本の, 子供等を, 学校たる, 学生さんを, 学生って, 学生なり, 学生や, 学生証と, 学費まで, 安藤幸子女史の, 実権は, 実習生つていふ, 実験室での, 宿直は, 寄宿には, 寄宿生活という, 寄宿舎でしたろう, 寄宿舎の, 寮で, 寮歌集にも, 専修科目の, 将校達が, 小使さんだった, 小使みたいな, 小門が, 尼さんたちは, 展覧会に, 山本芳翠藤島武二両, 峻厳な, 工事場から, 帰りかな, 帰りだ, 帰りな, 帰りみちに, 帰り木村, 帰り途を, 帰路に, 帰途と, 帳簿などばかり, 年とった, 幹事と, 広い建物, 庭から, 廊下も, 建物な, 建築を, 弁当なんかも, 式場にでも, 当局に, 形で, 役宅に, 往と, 往復り, 後の, 後輩が, 得策であるまい, 御朋友, 徽章を, 急務として, 恩人として, 意義と, 成積も, 成績という, 成績ばかりを, 所在地で, 手工さ, 折その, 掃除を, 授業に対して, 授業時間にも, 控室は, 掲示板に, 支度が, 改造を, 放逐生たる, 教則の, 教員か, 教員たる, 教員ふうの, 教員室, 教員等を, 教壇を, 教官として, 教室からでも, 教室なんぞ, 教室を, 教師さんそんな, 教師であり, 教師とから, 教師にて, 教師や, 教師無論, 教授がね, 教授にでも, 教授兼主事として, 教授服も, 教授法を, 教科において, 教科書と, 教科書もしくは, 教科書等にも, 教練ズボンの, 教育これなり, 教育において, 教育より, 教育問題に, 教育目的は, 教育願わしから, 教頭として, 敷地との, 文庫に, 文芸部か, 新学期, 方だ, 日だ, 日課を, 昇格は, 昼休みの, 時より, 時分三造には, 時計と, 時間です, 普通教育ないし, 暑中休みである, 書物なども, 書生ぢや, 最上級に, 月謝を, 望遠鏡で, 本を, 村田先生が, 柵も, 校医の, 校庭である, 校歌で, 校長さんだ, 校長さんより, 校長でも, 校長や, 校長様で, 校長高楠と, 格子戸を, 森よりの, 植物園を, 業成る, 様子が, 標品や, 樹明君を, 正木直彦氏はじめ物好きな, 正門前で, 比較的豊富, 気持, 水野繁太郎氏などが, 洋画部を, 温室で, 演奏は, 演奏室の, 火事の, 為に, 爺さん達を, 物理は, 特徴だ, 玄関へ, 理科で, 理髪師に, 生徒かが, 生徒さんで, 生徒たちにも, 生徒だけで, 生徒であります, 生徒として, 生徒などは, 生徒らが, 生徒一万五千八百九十二人男女の, 生徒倉橋藤次郎氏である, 生徒太田澄さん山崎美枝子さん大村ひろ子さんが, 生徒等の, 生徒静子の, 生活に, 用に, 用向を, 男生徒たちが, 留学生として, 畜舎に, 病室と, 盛んな, 直ぐそば, 真上に, 着物を, 短艇らしい, 研究室などでは, 砲兵隊は, 確乎たる, 神聖を, 科目として, 程度なんかも, 種類を, 空気には, 窓で, 窯業科などを, 端艇競漕の, 管理に関する, 精神で, 紹介なら, 組織が, 経営も, 経営者は, 給仕には, 給食費ぐらいは, 絵画館で, 習は, 職は, 職員は, 職員室へ, 臨画帖より, 花壇で, 花畑を, 英語会に, 萌芽である, 落第生の, 行き帰りこの, 行帰り, 裏で, 裏はずうっ, 裏山の, 裏庭へ, 裏手を, 補欠の, 規則だ, 規則に, 規定が, 規模も, 言いなりに, 記念日なんかの, 訪う人, 設備大いに, 設立雑誌の, 試合この, 試験なぞを, 試験にも, 試験制度などに, 試験問題の, 話だの, 話などを, 話久濶の, 話警察の, 読本だ, 読本以外に, 課業に, 課目に, 課目全体を, 課程は, 諸方針, 講堂である, 講堂も, 講壇でも, 講師と, 講義が, 講義などよりは, 講義見た, 豪傑連なん, 責任だ, 資本主義化が, 質の, 趣旨を, 軍艦飛鷹から, 辺に, 近所にでも, 退ける少し, 送別式は, 通り道に, 通路に, 運は, 運動会も, 運動場らしかった, 道場を, 遠足の, 選択に, 部屋の, 重要性を, 野球チームの, 鉄の, 鐘の, 長という, 門も, 門前に, 開校式で, 関係で, 附近に, 隣は, 雇に, 露語教師なぞという, 音楽会, 頃行った, 風俗は, 風紀は, 食堂などで, 馬鈴薯は, 高い壁

▼ 学校~ (1692, 11.3%)

76 行って 45 出て, 通って 30 行くの 25 いって 24 持って 17 行った 13 行くと 12 はいって, 来て, 行くこと 11 入れて, 入学した, 行くよう 10 やって, 入って, 行きました, 行っても 9 ゆくの, 行く 8 出かけて, 出た, 帰って, 通うよう, 通ふ 7 はいってから, 出ると, 行く途中, 通つてゐた 6 いっても, 通つた

5 [12件] いくと, きて, ゆくと, ゆくとき, 参観に, 行くん, 行く前, 行く日, 行く時, 行く道, 通うのに, 通った

4 [11件] はいると, もって, 上がったとき, 入学する, 出して, 移って, 行かないの, 行ったが, 這入って, 通うこと, 通うて

3 [25件] いくよう, いつた, おいで, かよって, やること, ゆくこと, ゆく途中, 上って, 入った, 入ってからも, 入つて, 入学し, 出ても, 出掛けて, 寄贈した, 来ると, 行かないと, 行かなければ, 行く気, 行く途, 行ったあと, 行った留守, 行つた, 通うの, 遊びに

2 [112件] あが, いかなければ, いきました, いくこと, いくとき, いくまえに, いく子供, いっしょに, いったの, いつて, お出, お行き, くる道, すがた, はいった, はいったと, はいったの, はいった初め, はいってからは, やったり, やつて, やると, やるのに, やるん, ゆかないこと, ゆく, ゆくは, ゆくよう, ゆく路, 上げて, 入ったが, 入りましたの, 入ること, 入るため, 入ると, 入れないでも, 入れること, 入学しました, 入学の, 出かけました, 出かけようと, 出かける時, 出がけ, 出ては, 出ること, 出るの, 出勤する, 出席する, 勤めること, 受験した, 向けて, 売って, 奉職し, 奉職する, 尋ねて, 往って, 持つて, 来たので, 来たん, 来なかった, 来ました, 来るの, 来るのに, 行かずに, 行かないか, 行かないから, 行かないん, 行かなくては, 行かなくとも, 行かねば, 行きながら, 行くため晩くも六時, 行くつもり, 行くという, 行くには, 行くにも, 行くまいと, 行くまでの, 行くやう, 行く樹明君宿直, 行く準備, 行けば, 行けるよう, 行こうと, 行ったって, 行ったの, 行ったら, 行ってから, 行つたら, 行つても, 行つてる, 行つてゐる, 迎えに, 近い方, 送って, 送り出して, 這入るの, 這入る時, 這入ろうという, 通うお, 通えるよう, 通ったの, 通つてゐる, 通はせ, 通ひました, 通わして, 通わせること, 通学し, 通学しなけれ, 遣って, 電話を, 駆けつけ地震

1 [807件 抜粋] あがった, あがらなければ, あがるから, あげること, いかれない, いかれる前, いきたいな, いきたいの, いきなさい, いきます, いきませう, いくため, いくとちゅう, いくバス, いく時分, いく道, いこう, いこうと, いそぐ梅雨ぐもり, いったし, いったとき, いったもの, いったり, いった大工, いってからも, いらしった, いらっしゃい, いらっしゃらない, いれられたが, うちから, おいでに, おかあさんが, おべん, おゆき, お出でに, お友だち, お赤飯, お遣わし, かようよう, かよへば, かわるの, きたおかあさん, きても, くること, くるな, くるまえ, くるまでには, こなかったね, こなくなって, こられて, ご寄附, ご臨幸, さっぱり行かない, そなた, だったか, つくと, つとめて病夫と, でかける支度, とりに, どびん, なぜやる, なんか入つたの, ねじこんで, はいったでしょう, はいったとき, はいったばかりの, はいったら三番, はいった年, はいってからの, はいっても, はいりたい, はいりに, はいりのち, はいり大学, はいる, はいるの, はいるん, はいる者, はいれば, はやらなかったので, はやらぬと, ひきつけようと, まいりません, まがる道, むかえたもの, もどって, やうやく, やったん, やっちまえと, やって来た母親, やらないほう, やるの, やる学資, やる筈, やれませんから, やれるつて, やろうと, ゆかずに, ゆかれた, ゆきたい, ゆきたいだろうな, ゆきました, ゆきます前, ゆき和一郎, ゆくが, ゆくし, ゆくところ, ゆくにも, ゆくほど, ゆく二人, ゆく前, ゆく子, ゆく弟, ゆく彼女, ゆく息子, ゆく方, ゆく時分, ゆく途すがら, ゆく途中私, ゆけ, ゆけない学童, ゆけば, ゆこう, よこして, よこすこと, わたしは, ナヴィルの, 一寸行つてそれから, 上がったばかり, 上がって, 上がりたての, 上がるつもり, 上げなければ, 上げるの, 上った, 上つたか, 上つてゐる, 上り口の, 上るという, 上るの, 上んなかったから, 二度でも, 云つてやる, 何の, 何用でと, 修行に, 児童を, 入ったとか, 入ったばかりの, 入ったん, 入った時分, 入ってから, 入っても, 入つたの, 入らず身体, 入らっしゃい, 入らなければ, 入らぬ前, 入られた, 入りたい, 入りたいと, 入りたいの, 入り直して, 入るつもり, 入るのに, 入るぽ, 入る時, 入る試験準備, 入れたいと, 入れたの, 入れたばかりか, 入れちまつたよ, 入れなければ, 入れようと, 入れられると, 入れるか, 入れるに, 入れるよう, 入れる事, 入学さして, 入学させました, 入学させる, 入学したまえよ, 入学しよう, 入学を, 入学志願致し, 入込んで, 出かけましたが, 出かけるだろう, 出かける時分, 出かける途中, 出さないなんて, 出す方法, 出たいといふ, 出たもの, 出たら山嵐, 出た事, 出た留守, 出てからの, 出ないで, 出なかった, 出なかった男, 出なければ, 出られない, 出られないよう, 出られんちゅうことだから, 出る, 出るため, 出るとき, 出るとして, 出る二日, 出る前, 出る子供, 出る積, 出る途中, 出れないから, 出勤しない, 出勤しよう, 出席し, 出懸けた, 出掛けた後, 出掛けに, 出掛けようと, 出揃い木型, 勤めるという, 勤めるとか, 卒業生が, 卵を, 参りました, 参りましても, 参りますし, 参ります日, 又出かけた, 叩きつけて, 向かった, 向った, 呼び出されました, 四年まで, 国際親善の, 夕刻は, 夕方出かけ, 奉職った, 子供を, 学務部からの, 容太郎は, 寄つて今日は, 寄り集つて, 寄附しとけ, 寄附する, 寄附募集の, 寒稽古に, 届けて, 巡邏の, 帯ど, 帰ったの, 帰つてオルガンでも, 帰つて来, 帰り着くといふ, 帰るの, 帰ろうと, 幾久雄が, 廻った, 引き返して, 引っ越して, 往きますが, 往くには, 往くの, 往っても, 志願し, 戻った, 戻る, 戻ること, 押しこんだの, 招待した, 持参し, 教えに, 教わりに, 敬治君は, 新らしい, 明日立とう, 来さ, 来たとき, 来たばかりの, 来た三吉, 来た時当直, 来た魚売, 来ないもの, 来なかったの, 来なければ, 来られなくなる, 来るこども, 来る途次, 来んかなと, 案内された, 樹明君は, 樹明君を, 歩いて, 段々入っ, 泊るんで, 火を, 点字を, 照会される, 父は, 現れたが, 田圃の, 白井鉄造氏を, 着いてからも, 着て, 私は, 移すとか, 移ったと, 移る時分, 第一期, 箏を, 細君花子は, 縛りつけて, 置き残した美くし, 聞えて, 聞きに, 良書の, 芸者を, 著いた, 行かずいきなり, 行かせて, 行かないし, 行かないという, 行かないといふ, 行かない一太, 行かない吉田, 行かない者, 行かなかったこと, 行かなかったのね, 行かぬ太一君, 行かぬ子供, 行かれる, 行かれんお父さん, 行かれんの, 行かん行かん, 行きさえ, 行きたいと, 行きたがって, 行きたくても, 行きだした, 行きはじめて, 行きます, 行きますと, 行きません, 行き六, 行き始めてから, 行き学年末, 行き本, 行き百姓, 行き肩身, 行くお, 行くか, 行くそして, 行くだけ, 行くてつちや, 行くとは, 行くとん, 行くのに, 行くべきであったと, 行くまね, 行くもの, 行くより, 行く世話, 行く事, 行く今晩, 行く代り, 行く以外, 行く以外めつた, 行く位, 行く傍ら忠実, 行く勉強, 行く子, 行く子供, 行く宿直室, 行く宿直部屋, 行く年であり, 行く振り, 行く時分, 行く様, 行く樹明君, 行く段, 行く用意, 行く男の子, 行く私, 行く者, 行く行くと, 行く都合, 行く銭, 行けないで, 行けなかったが, 行けなくなった, 行ける子, 行こうかしら, 行こうという, 行ったこと, 行ったっていう, 行ったとき, 行ったらきのう, 行ったらどう, 行ったら皆, 行ったり, 行ったん, 行った土地, 行った時, 行っては, 行ってるの, 行ってるらしいよ, 行っとらんもん, 行っとりゃええ, 行つてから, 行つてみいみんなに, 行つてゐた, 行つて先生に, 行つて告白けよう, 行つて居る, 行つとられます, 行ては, 行キ帰リテ夕方マデ友トアソビ夜勉強シテネタリ, 行幸せられた, 製作を, 規定を, 観に, 訊き合わせると, 証明書を, 話しに, 講義を, 豹一を, 貸して, 赴任し, 赴任した, 転任されました, 迎に, 送られたの, 送り出した, 送り出したあと, 送る, 送るであろう, 逃げ出す相談, 這入った時分, 這入ってからでも, 這入らうと, 這入り立て, 這入ると, 這入れないと, 這入れまいと, 通いだした, 通い出した, 通い出したの, 通い始めて, 通うかたわら, 通うため, 通うべき年頃, 通うもの, 通う事, 通う子供等, 通う子供達, 通う時, 通う様, 通う道, 通う道路, 通ったが, 通ったなどという, 通ったり, 通った日, 通った者, 通ってる一人, 通ってる時分, 通つてるらしい, 通つてゐられる, 通は, 通ひ, 通ひ出す, 通ふてゐる, 通わした, 通わすが, 通わせた, 通わせるかたわら, 通わせるたって, 通わせれば, 通われぬと, 連れて, 進み得ぬ多数, 進む予定, 進む子女, 進もうという, 運んで, 遠くない, 遣るため, 郡視学という, 集まって, 集る生徒, 雇われるの, 静子は, 頼んで, 顔を, 飛んで, 駈けこんで

▼ 学校~ (1500, 10.0%)

106 卒業し 100 出て 62 卒業した 60 卒業する 51 休んで 49 出ると 30 出てから 29 やめて 12 出たばかりの 11 休んだ 10 出たの, 卒業したら, 建てて 9 出たばかり 8 よして, 中途で, 出たて 7 出れば 6 卒業しました, 罷めて 5 やめてから, 出てからも, 卒業させ, 去って, 終えて, 設立する

4 [15件] やすんで, やめること, 休んでも, 出た, 出ただけの, 出てからは, 出ても, 出るまで, 創立し, 怠けて, 経て, 落第し, 退いて, 退学し, 首席で

3 [19件] お出, もって, 中心に, 休む, 休むの, 出た後, 出ました, 卒業され, 卒業すれ, 受験する, 専門学校程度に, 棒に, 無事に, 立てて, 終ると, 設けて, 辞めて, 造って, 開いて

2 [65件] おやめ, つくって, やって, やめたが, やめられた, やめると, 一二年でも, 下ってからでも, 休みました, 休み天気, 休み松, 休み松林, 休むと, 休むよう, 休む事, 休んだこと, 休んだと, 兼ねた食糧, 出たあと, 出たお, 出ただけ, 出たって, 出たもの, 出たらお前, 出た年, 出た時, 出た者, 出なければ, 出るの, 出るまでは, 出るや, 卒え, 卒業さえ, 卒業しない, 卒業しなけれ, 卒業は, 口実にも, 廃める, 憎んだ, 拵えて, 控えて, 本省より, 止して, 止めて, 止め終日読書, 焼いて, 盛に, 終って, 維持する, 罷めてから, 見つけて, 見て, 視察し, 設けること, 設立した, 設置し, 評する, 退いた, 退くこと, 退学され, 途中で, 通りぬける間, 通り抜けること, 選んだ, 除籍せられた

1 [631件 抜粋] あがってから, あながち無理, あらわすから, いくつ立て, いつ卒業, いやがるの, お休み, お休みなさい, お受け, お止め, かわったこと, かわって, かわるの, これも, さげられて, さぼった, さぼったな, さぼって, しくじって, しっかり自身, して, すすめると, すつぽか, すてて, すまして, ずっと休んだ, そうむずかしく, そとから, そのま, たてたり, つくるぐらい, つくること, つくれば, つづけるよう, でたから, でたばかり, でたんぢ, でてから, でられた方, でるの, とうにやめ, とりまいて, どうする, どうやら出, なまけては, なまけること, なまける事, なまける心持ち, はじめたから, はじめた当時, はじめていました, はじめてゐました, ひけて, ひらいて, ひらくこと, ふりすてなければ, まわって, ももう一年, やすみまして, やすみよ, やっつけて, やめさして, やめさせて, やめさせるの, やめさせる決心, やめそれから, やめたい気持, やめたと, やめたといふ, やめたので, やめたらスグト, やめた方, やめた理由, やめた生徒たち, やめちゃって, やめなければ, やめようかと, やめようと, やめられるん, やめるの, やめる少し, やめる決意, やめれば, やめ家, やめ新しく, やらすつもり, よくしよう, よく知らない, よした, よしちゃったん, よそうと, クルウ大尉に, サボったの, サボって, サボつて確かめ, サボらぬやう, サボる私, ソヴェト同盟全土の, 一層完備充実, 一年しくじつた, 一方に, 一日休まなけれ, 一緒に, 一覧す, 一覧せん, 下がってから, 下って, 中退し, 中途に, 丹波丹六より, 了へる, 二回海軍兵学校を, 二年も, 今は, 今年出た, 今年卒業し, 代つて, 休まされたが, 休ましては, 休ませそして, 休ませた方, 休ませては, 休ませるつもり, 休まなかったよう, 休まなければ, 休みがち, 休み例, 休むお, 休むため, 休むなぞといふことはなりません, 休むなんて, 休むね, 休むやう, 休む日, 休む為め, 休めてから, 休んだかと, 休んだなどと, 休んだね, 休んだの, 休んだ事, 休んでは, 休学し, 休学した, 何と心得, 何べ, 何よりも, 作った関係, 保護し, 保護する, 保護せらるる, 借りて, 優等で, 公学校と, 兼た, 凌がんばかりの, 出さえ, 出ずれば, 出たから, 出たころ, 出たという, 出たとき, 出たには, 出たので, 出たばかしの, 出たばかりで, 出たまだ, 出たらあの, 出たらおれ, 出たらすぐ, 出たら働いて, 出たら大陸, 出たら屹度, 出たら百姓, 出た三百人あまり, 出た人, 出た人物, 出た以上, 出た喜助, 出た土州人, 出た婦人, 出た当座, 出た息子, 出た文学士, 出た方, 出た時分, 出た男, 出た秀才, 出た筈, 出た美しい, 出た翌年, 出た芝居, 出た連中, 出た頃, 出てからだって, 出てからの, 出で, 出ない時, 出ました翌年, 出ますと, 出や, 出るすぐ, 出るという, 出るとき, 出るなり, 出るより, 出る娘, 出る当座, 出る時, 出或, 出次第に, 出身し, 初めとして, 初め御, 創て, 創めてから, 創設し, 創設した, 勉強する, 動かすにも, 卒えて, 卒える, 卒た, 卒った, 卒へる, 卒業させた, 卒業されました, 卒業したてで, 卒業するでしょう, 卒業せざる, 卒業せし, 卒業できなかった, 卒業と, 卒業なさった, 卒業なさる, 卒業なされた, 卒業の, 卒業ます, 卒業も, 卒業致しました, 厭がっ, 去ったのち, 去つたこと, 去りて, 去りまするとき, 去り在所, 去るとき, 参観に, 取らうといふ, 受けたが, 受けたん, 受ける気, 受けろと, 受け継いだかも, 受験し, 口を, 合しても, 同じに, 同じゅうした位, 問はず学校当局は, 喜び勇んで, 嘲笑し, 変革する, 嫌い腕力, 嫌だ, 嫌や, 守るため, 守ろうという, 実現するだろう, 専門学校に, 少し離れた, 巡廻, 廃し, 廃めてから, 建つるの, 建てこれ, 建てざる者, 建てたこと, 建てたり, 建てた一つ, 建てた理由, 建てると, 建てるとか, 建て博物館, 建て地方, 建設しました, 弄ぶもの, 引けないわね, 引受ける事, 後に, 御卒業, 御辞職, 志願した, 志願まで, 忘れて, 忘れ彼, 思った, 思ひきり, 怠ける, 怠ける癖, 恋の, 想い出した, 懸持, 或る, 抜け出させて, 抜け出した気持, 抜出したり, 拡張し, 拵えること, 拵へて, 持って, 持つて, 振返つて, 捨てた, 掛持ちし, 探すの, 換えないこと, 撰びて, 支配し, 改革すべきなり, 放れて, 放抛つてしまうほど, 放擲する, 教うる, 教えるため, 教育幼年学校として, 新しく沢山, 新に, 早くかへ, 早く卒業, 早びけにして首, 更えて, 書籍配給の, 最優等, 東都へ, 根拠として, 棄てて, 次第に盛, 止したん, 止そう, 止そうかと, 止めたこと, 止めたという, 止めた時, 止めなければ, 止めようと, 止めるまでも, 止め松年塾, 歩くこと, 比べて, 浄化する, 清めること, 済して, 燃す奴, 甲と, 町を, 疑って, 監理し, 目がけて, 目ざして, 知って, 私も, 私立の, 私自身が, 移つて歩かね, 稼ぐさ, 空けて, 空了し, 立てなば, 立派に, 終える際, 終ったばかりの, 終ったらう, 終へて, 終へてから, 終らないで, 経営し, 経営した, 経営する, 経過した, 維持せしめ, 総て文部省の, 置きそこ, 置く必要, 罷めてからといふ, 罷めてからは, 罷めるとともに, 罷免に, 聯想せず, 脱け, 脱出した, 脱出する, 自分一人の, 自宅で, 自家の, 興し上, 興し瘠土, 興すと, 興す事, 芝居の, 華やかに, 落第した, 落第しない, 行政官に, 被告として, 襲い激戦後, 見ず一名, 見たいと, 見たの, 見るの, 見れば, 見棄てなかつたの, 視に, 視察に, 訪い図らずも, 訪ねた事, 訪ねました, 訪ねる度毎, 訪ね村長, 訪れて, 訪れようと, 訪れる, 設くる, 設けさ, 設けたらよい, 設けなければ, 設け全, 設る, 設立し, 設立したる, 許して, 調べたら, 論じて, 貸したの, 起こし新聞局, 起したところ, 起した動機, 転じた, 辞めさえ, 辞めなければ, 辞められましたので, 辞める時, 辞職する, 追いだされたの, 追いだされたやつ, 追い出されて, 追い出されるだろう, 追ひだ, 追ひ出された, 追われた先生, 追われるの, 追われる様, 追われ或, 退かされても, 退かせて, 退かせようかと, 退かれたので, 退がれと, 退きし身, 退きたいという, 退きましたから, 退くか, 退くという, 退くよう, 退けると, 退ったの, 退め, 退却する, 退学させられました, 退学されました, 退学する, 退校され, 通じ更に, 通りそれ, 造るの, 選ばなくては, 選びましたか, 選ぶ者, 選べ皆んな, 選んで, 開いたので, 開いたり, 開きすべて, 開き女子供, 開き早く, 開き病人, 開くお前, 開くに, 開くにつき, 開くべしまた, 開設し, 除籍された, 順に見せよう, 預かれる校長, 飛び出しちやつたもん, 飛び出す, 飛び歩いて, 飛出してから, 飛出しながら, 馳あるい

▼ 学校~ (1458, 9.7%)

36 行って, 通って 21 いた時分 20 樹明君を 18 入って 15 出て 14 いた頃 13 入れて 10 行くこと 9 於て, 来て, 籍を 8 入学した, 行くと 7 いる時分, 入った, 入学し, 寄つて新聞を, 通うこと 6 いて, 帰って, 行くの, 集まって 5 いるころ, かよって, 入ったの, 出ても, 居た頃, 行った, 通学し 4 いる間, して, 入ること, 入ると, 入れること, 入学の, 勤めて, 居る時, 教鞭を, 行く

3 [27件] いって, いる方, いる時, きて, ついた, なって, はいった, ゐる時, 入ったので, 入ってから, 入つて, 入らなければ, 入りて, 出ないの, 在りて, 居た, 残って, 行きたいと, 行くよう, 行く時, 行っても, 行つた, 通い出した, 通うの, 通った, 通つてゐる, 通わせて

2 [82件] あるや, いたころ, いたとき, いた時, いても, いるうち, いるとき, いるの, いる美穂子, いる頃, いれば, とまる, なると, はいったと, ゐた時, ゐた時分, ゐた頃, ゐて, ゐる時分, 一台の, 上って, 似て, 何か, 何の, 傭われて, 入ったが, 入ったという, 入つた, 入らざる者, 入りました, 入りやがて, 入る, 入るつもり, 入るの, 入るる者, 入れた, 入学する, 出がけ, 出たの, 出る事, 出頭し, 呼ばれて, 唱歌という, 在って, 在学中であった, 奉職する, 子供を, 学んだ, 学んで, 寄付し, 寄附した, 居る間, 居る頃, 帰りました, 徃訪する, 戻って, 改革が, 教師を, 於る, 来てから, 残ッて, 泊まって, 行くつもり, 行くを, 行くん, 行く前, 行けば, 行こうと, 行ってるの, 行て, 訪ねて, 送って, 這入ると, 通いながら, 通うて, 通うと, 通うので, 通つてゐた, 通ひ, 通ふ, 通わして, 顔を

1 [853件 抜粋] あがった頃, あがらないじぶん, あがるよう, あがれなかったこと, あげねば, あったの, あったバルホアー, あつまり全校児童, ありける間, ありて, あるかも, あるやう, あるよう, ある広重, ある間, いきたくないん, いくと, いた, いたが, いたくない, いたの, いたもの, いたッ, いた三好, いた弟, いた時非常, いた朋友, いっしょに, いなくても, いました, いらっしゃるとばかり, いられたの, いる, いるある家, いるかぎり, いるつもり, いるん, いる川畑思無邪君, いる書生さんたち, いる間じゅう, いれて, おけるが, おられたの, おるもの, お出で御座んしたらう, お医者, お客様が, お父さんは, かえった, かよいました, かよう生徒, かよつてゐる, かれこれ八年, きても, くるついで, こられるよう, さがって, さっぱり出, してないん, しばらくいた, しましたか, しろ卒業, するには, ずらりと張りつけ, そんな生徒, つくと, つとめて, つとめとうとう, つとめ近頃, でかけるが, でかける頃, とどまって, とまりました, なったの, なるの, なれてるし, のこされる, のりこんで, はいったちょっと, はいった時, はいった途端, はいらせました, はいりさ, はいりたかったの, はいりに, はいり同じ, はいれさえ, はいれば, はいろうとも, はびこること, ひろがって, ふたたびくる, まだ残っ, もどりかけるや, やったが, やって来たこと, やとわれて, やらないこと, やる時代, ゆかない決心, ゆきました, ゆくこと, ゆくつもり, ゆくの, ゆく路, よくある, よんで, わずかの, ゐた, ゐたといふ, ゐたアメリカ人形, ゐた十七, ゐた頃暑中休暇, ゐましたとき, ゐられなくな, ゐるうち, ゐる登張竹風, ゐる頃, ゐる頃叔母, ストライキを, 一つしか, 一ヶ年半ばかり, 一任し, 一学期しか, 一洵老を, 三四十人の, 上がって, 上げなくっちゃ, 上つてからも, 上らない子供達, 上らなかつたが, 上る子供, 下宿から, 不足の, 中途まで, 事を, 云い知れぬ親しみ, 今更邦楽科, 仏語を, 何かの, 併せ用いたいとの, 例として, 保存し, 備えつけて, 働いて, 充ち満ちて, 入った時, 入った私, 入っては, 入っとれる間, 入つたの, 入つて沁, 入らしむる準備, 入り, 入りたかったん, 入りたがって, 入りまして, 入り両人, 入り卒業後研究, 入り東京, 入り生物学, 入るべき準備, 入るべし, 入るるにも, 入るれば, 入るん, 入る気, 入る準備, 入る話, 入れたい, 入れたるは, 入れた次第, 入れば, 入れられた, 入れられたベルリオーズ, 入れられるの, 入れるかと, 入れるん, 入れ後, 入れ正式, 入学しました, 入学すら, 入学出来る, 入院し, 公開の, 兵式体操を, 冬山の, 出かけてる頃, 出かける途中, 出かけ帰って, 出す気, 出せといふ, 出たあと, 出た千世子, 出てるの, 出で, 出ないから, 出ないで, 出なかった, 出ながら, 出よう, 出られぬと, 出るの, 出る支度, 出席し, 出掛けて, 出掛ける時何, 分館を, 到るまでの, 勤めてる同僚, 勤めてる時, 勤めるやう, 勤務いたし, 参りましたら音楽, 友達なく, 取りまして, 受けて, 口が, 向って, 呼ばれた, 呼びて, 四年間おりました, 在っての, 在っては, 在り, 在るや, 在る日月, 在る総て, 在勤し, 在学中から, 在学中次男三男何れも, 坐り紳士荘, 壮丁教育の, 変えたり, 多分行きましょう, 奉職せられ, 委して, 娘を, 学びし書生, 学び親戚, 学ぶと, 学ぶよう, 学ぶ者, 学んだころ, 学んだもの, 学んだ青年, 宿直し, 宿直の, 寄つて, 寄つて樹明君と, 寄つて樹明君に, 寄つて米二升借り, 寄宿される, 寄宿せし, 寄宿せしめ, 寄附する, 少年探偵団員が, 就職する, 居たが, 居た兄, 居た娘, 居た時, 居た私, 居ったチベット語, 居って, 居ないと, 居まして, 居られなくなるでせうよ, 居りました頃, 居り家族, 居るだア, 居るに, 居る丑松, 居る兄, 居る剛一, 居る瀬川先生, 居残ること, 属し校長, 属する学生, 属する日本人, 差し出すべき日誌, 席を, 帰つた, 帰らないで, 引きかえしたいという, 引きかえして, 当ります, 彼女の, 往く, 往って, 往つてゐる, 後れて, 後れるよと, 御真影が, 忘年会と, 応答せざるべからず, 恨みを, 愛想を, 戻った, 戻れました, 所蔵される, 持って, 授業ある, 接近し, 教うる, 教えて, 教えられ始めて, 教師として, 教授を, 於けるよそ, 於ける宗教教育, 於ける教育, 於ける教育法, 於ける画一教育, 明らかに, 有ます, 来たの, 来たま, 来た秋, 来ては, 来ない, 来なくても, 来なくなつたね, 来ました, 来られた, 来られました, 来る子供たち, 樹明さんを, 止まらなかったと, 止るなり, 残された, 残らされたの, 残りました, 残ること, 毎日寒, 比較し, 比較せずし, 求むるのみ, 求めて, 泊って, 法学科を, 添うて, 渡邊さんという, 溢れる, 物理学の, 生命を, 生徒として, 生徒を, 用うる, 用る, 用事でも, 発展さした, 直したという, 相変らず, 着くと, 私は, 移せば, 移った本部, 移り小さい, 空中共産国家物理化学的の, 立ち寄って, 立寄り樹明君, 竹村君子さんといふ, 籍が, 籍は, 編入される, 縁故は, 置かれること, 聘せられた時, 職を, 腰を, 臨校せられた, 自炊し, 至る, 至る迄, 芥川龍之介も, 英学を, 虐めつづけられて, 行かうとも, 行かっしゃる時, 行かないが, 行かないと, 行かないん, 行かなくなってから, 行かぬの, 行かれた様子, 行きがけ, 行きしに, 行きたいの, 行きて, 行きなさい, 行きますお蔭, 行き午後四時, 行き着いて, 行くその, 行くとして, 行くに, 行くにも, 行く事, 行く外余り家, 行く子ら, 行く日, 行く様, 行く途中, 行く頃, 行けない, 行けること, 行けるもん, 行ったあと, 行ったそして, 行ったと, 行ったので, 行った人, 行ってる時分, 行つ, 行つてる, 行つてゐる, 行つて先生の, 行つて見なけれ, 行わるる運動, 被居た, 被来, 見え, 見出したもの, 見切りを, 託するは, 訪ねる元気, 訪ねる先日, 誰も, 講師だった, 負けちゃ, 負けるなと, 買って, 赴くと, 赴任し, 転じて, 転任し, 転校したら, 転校なんか, 辞表を, 近い平家, 近い美しい会堂, 近い西口ミサ子, 近い駿河台, 送った, 送られる, 送達された, 這入ったの, 這入った時分, 這入ってからは, 這入りますと, 這入れなく, 通いいたるに, 通いそれから, 通い僕, 通い出してから, 通い出すよう, 通い友達, 通い夜, 通うては, 通うよう, 通う余裕, 通う制服姿, 通う学生, 通う途中, 通じ体育上, 通ったきり, 通ったの, 通ったらよかろ, 通ってる学生, 通つた, 通つておのづか, 通つてゐ, 通ひだした, 通わされる一方, 通わせた, 通わせようと, 通わねば, 通勤し, 連れて, 進み其の, 進むよう, 進む者, 遅刻する, 遣って, 遣るか, 遣る前, 野球の, 長くでも, 開かれた時, 関係ある, 関係を, 附属した, 限ったこと, 限らないから, 限られて, 雇われ生徒, 馴れると, 騒動が, 騒動を

▼ 学校~ (741, 4.9%)

5 教えて, 教わって, 習って 4 あつた, 先生が, 先生に, 勉強し, 教わったこと, 教育を 3 みんなに, 修身の, 先生から, 教えること, 教鞭を, 机を, 生徒の, 英語を, 見たあの

2 [51件] おそわって, おれに, お世話に, されて, さんざん聞かされた, それが, そんな噂, みんなから, みんなが, やる講釈, 一緒に, 何だか知らない, 何を, 何度も, 使って, 勉強する, 君の, 問題に, 図画の, 国語は, 坊主の, 外国語を, 学んで, 学問を, 席を, 操行点は, 支那語を, 教へ, 教へる, 教師を, 昔し, 時々顔, 植物学を, 毎日顔を, 気分が, 独逸語の, 皆が, 禁じて, 私の, 私は, 習ったこと, 習つた, 聞いて, 能く, 読んで, 講演する, 講義を, 負担する, 顔を, 飲んで, 黒板を

1 [573件 抜粋] あつて, あとの, あの青年, あらしめよ, あれを, あんな噂, あんな苦しい, いう講義, いかなる教育, いくら考え, いちばん好きな, いつも優等, いやな, いろ, うける日課, うたって, おそわったばかり, おそわった唱歌, おのど, おひる, お会い出来た, お光, お勉強, お友達, お点, お祈りの, お茶だの, お話を, お読み, お金を, かういふ, きかされること, きつねきつねと, きまりきった教育, きようも, くれるお, くれる弁当, くわしく集団農場, こういう文学的, こちらが, こんなに勝っちゃった, こんな噂, さぞ待っ, するが, するし, そういうもの, その学校, その跡, その阿, ただ語学, たやすく秀才, だからお寺, ちょっとやった, ちょっと習った, つかう本, つたえても, ともかく一種, どうしても講演, どうもいろいろ有難う, どんな説明, なかんずくこの, なくしたり, なやんだ法理何とか, ならったていねい, ならったとおり, ならったの, ならったミサ, ならって, ならとにかく, ならは, なんかしや, なんにもできない, ねコンボウ, ね跡見玉枝先生, はねお父さん, はねこのごろ不良少年, ふとこの間, ふりかかったくだらない, ほめられた, ほんの少し, まず数学, また何, まだ教わらない, みんないっしょに, みんなそンな, みんなと, もう少し遠慮, やかましくいう, やった縫物, やって来た白鳥会, やっと二年前, やらせました, やらせられる事, よくできる, よく探偵談, よく相撲, よく顔, イエスか, イヤな, オルガンに, カンニングを, キーツの, ゴールドスミスの, シェークスピアの, ソロバンが, テレビジョンの, デクラマシヨンの, バリトーンを, ピアノの, フラウンホーファーという, フランス語を, ベートーヴェンの, ポアンといふ, モデル使て, ヴァイオリンを, 一ばん, 一二度会った, 一体私, 一夜人手が, 一番に, 一科目預っ, 万葉の, 三十人前後教育する, 三度教師に, 上級の, 下手な, 不可と, 主人が, 主人に, 予備知識を, 二年ほど, 二時間ちかく, 二時間の, 人体模型を, 他の, 仲の, 仲よしに, 休み時間, 休み時間だ, 会が, 会った時, 会社で, 佐竹君に, 佐藤さんが, 体操するだ, 体操を, 何か, 使いそう, 使うこと, 使う楽譜, 使う筆記帖, 使う西洋史, 使えるよう, 使われて, 使用する, 修めたもの, 修業した, 備えつけの, 催される同校学生, 傭つて行つた荷車に, 僕に, 児童に, 八年です, 共学な, 出合うばかり, 分数の, 初めて貴族, 初歩的で, 刺繍裁縫造花なぞを, 創立三十年か, 勉強しました, 勉強の, 勉強を, 勉強盛りに, 勝子という, 博士の, 博物の, 又町, 友だちの, 友達から, 友達とは, 反日宣伝を, 取り逃して, 受けた教育, 古いフィロソフィカル・マガジン, 叱られた, 叱られて, 号令の, 同じ級, 同窓で, 同級だつた, 同級であった, 同級生たちに, 和歌山県出の, 哲学でも, 唯物論の, 嘘を, 噂を, 四回にわたる, 四方拝の, 回覧雑誌などを, 国文学を, 国漢の, 夏目先生の, 多くお手本と, 多少劇的, 夜は, 大ぜ, 大原の, 天井の, 天長節の, 女生徒たちは, 女給仕を, 好い点, 妙子さんの, 姉妹の, 子供達の, 字を, 孟子の, 学ばれたところ, 学ばれた英文学, 学ぶこと, 学ぶ外, 学芸会が, 定められた聴講, 実験を, 家庭料理を, 宿直の, 小使娘みたいな, 小説を, 少しばかり, 幸ひ, 幾度も, 式が, 式の, 強い電灯, 当てが, 彼を, 待ってること, 徒歩競走の, 従来の, 得た知識, 心安くした, 心理学の, 志望を, 思いがけず, 恭, 愉快に, 意趣返しされる, 成績表を, 我慢出来ず, 戦争協力について, 戴いた修業証書, 手工に, 手紙を, 払うだけの, 抜擢という, 授業を, 撃剣を, 政治的素養を, 教えたお, 教えはじめた, 教えられたこと, 教えられた学生, 教えられて, 教えられるので, 教えられる外, 教えられる戦争必勝説, 教える, 教えるかたわら法律, 教えるところ, 教えるよう, 教えるよりも, 教えるん, 教える教授課目, 教える理科, 教える論理学, 教える音楽上, 教わったころ, 教わったごく少々, 教わったもと, 教わったり, 教わった事, 教わった狼, 教わった色々, 教わらない所, 教わらなかったかの, 教わりまた, 教わること, 教員に, 教員の, 教師がしか, 教授たちも, 教科書等を通じて, 文学を, 文芸協会の, 料理の, 新任の, 方々の, 旗の, 日本文学の, 日本画科を, 日本語を, 旦那様の, 旧友と, 普通学を, 書き方に, 有名な, 朝から, 木の, 木下君に, 本をを, 来て, 柔道初段の, 柔道部へ, 梯子から, 植物科を, 楽しくのびのび, 標準語を, 機械の, 次郎の, 次郎君に, 正一君と, 正則に, 正吉は, 武田先生から, 歴史も, 歴史を, 毎日の, 毎日やる, 毎日先生先生と, 毎日受け, 毎日毎日乳母やの, 毎週一時間や, 毎週土曜日の, 気を, 沢子の, 法律を, 法律科を, 泣いたな, 洋算が, 測量技師さんに, 漆を, 演奏された, 演奏者たちが, 演説し, 漢文を, 炊事し, 無理じいに, 無理に, 無言の, 照彦様が, 煮物の, 特待生に, 独逸語を, 理料の, 生きて, 生じた些細, 生徒が, 生徒たちの, 生物学の, 生理上や, 用いる問答, 男の子たちが, 町家の, 発行され, 発行されてる, 皸が, 盗まれたの, 相手に, 知っては, 知り合ったの, 祈るほど, 祝ふと, 私と, 私にとって, 私達の, 稽古を, 空費する, 立派な, 竜一の, 第一回山岳部講演会兼展覧会, 篠崎君から, 粘土を, 約束した, 紅葉が, 紡績についての, 経済を, 絵を, 綴方は, 習います, 習い始めた数字, 習い覚えた知識, 習うこと, 習った, 習ったとおり, 習ったの, 習ったばかり, 習ったわけ, 習ったレンズ, 習った事, 習った時, 習つた古典劇の, 習つた唱歌やら, 習つた字は, 習つた日本歴史の, 習は, 習ふ, 聖書を, 聞かされた常套語, 聞かされて, 職員会議の, 職場で, 肝油配給を, 育ったん, 育った娘, 育った者, 育てられたとき, 能高郡下小, 腰を, 自分の, 自分は, 自慢の, 舎監を, 良ちゃんの, 花井と, 英文の, 英語と, 英語の, 葉子の, 行われた午餐会, 行われる音楽会, 行われ出した教授, 袴と, 裸体画の, 要るって, 要る教科書, 見たもの, 見たよ, 見た石膏模造, 見た磔, 見るより, 見初めたと, 見聞きし, 覚えた, 覚えた床, 覚えました, 覚え立て, 親しくし, 解析幾何の, 訓示演説でも, 訓練の, 診療と, 証明された, 試験が, 試験の, 語学の, 語学を, 読みましたの, 読み電車, 講演会を, 負傷させた, 貰つた賞品を, 買つたシクラメンの, 貸し与えた, 賄い征伐のみ, 赤い羅紗, 走りっこ, 蹴球, 身体検査が, 農業にも, 送った生活, 逝くの, 逢った時, 逢つてる, 逢は, 遊び時間に, 過激な, 道徳の, 達ちゃんは, 遠藤ひさ子女史の, 遠足が, 遠足に, 金子先生の, 長らく教鞭, 開かれた, 隣の, 雄々しい演説, 電気の, 露語生徒の, 面白かつ, 音楽の, 食う, 養った新鋭, 養羊学と, 高尚に, 高谷君が, 麺麦に, 黒板が, 黒田さんが

▼ 学校から~ (591, 3.9%)

134 帰って 96 帰ると 9 かえると, 帰つて来 8 大学へ 7 出て 6 大学と, 帰つて来た, 帰れば 5 お帰り, 大学に, 戻って 4 帰っても, 帰りに, 退けて 3 家へ, 帰った子供, 帰つて来る, 帰る途中, 戻ると

2 [18件] かえって来る, 出して, 帰えっ, 帰える, 帰ったあと, 帰った時, 帰つ, 帰つたら, 帰つて来ない, 帰りますと, 帰り途, 帰るとき, 帰るの, 帰る時, 手を, 手紙を, 転じて, 遠く離れた

1 [232件] あがると, あがる収入, あつらえお菓子, ある紙問屋, うちへ, おいだしたん, おかいこ, おまえの, お家へ, かえってお, かえっておかあさん, かえって出かけ, かえって来, かえりに, かなり遠い, きこえて, さまで遠く, して, すぐ樹明君, せいぜい三十分, つれて, どうかすれ, ぬれて, のか, はじめて東京, ひどい目, まだ帰らない, もどると, やって来たとき, わけられる炭俵, アリストテレスの, オールを, カナエの, スカウトし, スクルージを, セーフチーコンミチーという, ゾロゾロと, ベース, 一応注意, 一時間の, 一羽の, 一里ばかり, 七八町くらい, 三人の, 上流の, 上級の, 下げて, 世の中に, 世の中へ, 云えば, 他の, 伊勢参宮を, 何度と, 俸給を, 借りて, 先に, 先生が, 児童に, 兵隊に, 出された, 出たところ, 出た同士, 出た当座, 出た生徒, 出た生徒達, 出で, 出版された, 初めて二泊宿り, 十丁程も, 半里, 取れなくなって, 取消の, 同等の, 否応なしに戦野, 四十円貰っ, 団体で, 坂を, 変つて来た, 夏の, 夏休みの, 外国語を, 多額の, 大勢来られ, 大学から, 大学にかけての, 大学の, 大学予備門には, 大政治家, 始めて, 始業の, 姿を, 学問を, 学徒出陣を, 宅に, 家に, 家まで, 寒がっ, 専門学校大学まで, 小一里, 岐阜へ, 川添いに, 帝国大学へ, 帰ったか, 帰ったなり, 帰ったの, 帰ったまま, 帰ったらこの, 帰ったらすぐ, 帰ったらちょうど, 帰ったらもう, 帰ったら川, 帰った後, 帰った所, 帰った百合子, 帰っちゃあ, 帰ってから, 帰ってからの, 帰つてゐる, 帰つて一番だ, 帰つて復習予習を, 帰つて来ました, 帰つて来ません, 帰つて毎日何を, 帰つて鞄をは, 帰へ, 帰らず机, 帰らないうち, 帰らないし, 帰らない百合子, 帰らなかったから, 帰らんと, 帰りで, 帰りの, 帰ります, 帰りません, 帰るところ, 帰るとちゅうで, 帰るや, 帰る二人連れ, 帰る時分, 帰る道, 帰る長男, 帰る頃, 帰れるの, 帰ッて, 帰宅し, 帰宅って, 帰宅の, 引き退げよう, 志村の, 思想問題で, 悶着を, 懸け離れた山, 戻ったばかりの, 戻らずやむなく, 抜け出して, 招かれて, 持って, 授けないもの, 授業時間の, 放逐したい, 放逐せられる, 数多の, 新聞社へ, 旅行に, 日の, 早く帰っ, 早びけ, 月額十円の, 末子の, 村を, 来た婦人旋盤工, 来るはず, 来る大, 東京の, 極端に, 正夫は, 正式の, 歩いて, 歯科医へ, 母へ, 水木由子の, 沢山の, 浚い取られて, 渡す謄写版, 火事が, 父母に対して, 牛津大学へ, 献上する, 献納し, 玉川遠足を, 田舎の, 田辺の, 疲れて, 直に停車場, 直に城址, 直に御, 直に汽車, 結局た, 給与される, 総出で, 罰せられること, 腹を, 若い叔父, 若干の, 衆が, 見送りに, 解放された, 解放せられ, 調べが, 講演を, 貰うの, 貰う給料, 近在の, 追い出されたら俺, 追放され, 追放された, 逃げ出し八坂神社, 遂に放逐, 遅く帰っ, 遊離し, 遠ざかりわれわれ, 遠足に, 郵便で, 間近の, 除名され, 電話です, 震えて, 響き渡る, 飛び出した, 駆逐しなけれ, 高瀬は

▼ 学校~ (516, 3.4%)

7 お休み 3 八時に

2 [26件] あるが, しくじるし, もう昨日, よくできる, 丁度僕, 人を, 今の, 今夏休み, 休みで, 初めてで, 卒業し, 単にこれ, 子供の, 己れ, 引けたの, 或る, 朝倉先生の, 東京に, 止めて, 私が, 私の, 自由を, 行かなかつた, 違いますが, 違って, 非常に

1 [454件] あきらめたん, あしたも, あたかも不用, あたかも塵俗外, あたかも門閥, あの山, あまり忙しく, あまり無い, ありません, ありませんから, ある, いい, いいわね, いくらも, いつまで, いつも優等, いつ卒業, いなかの, いまやがやがや大騒ぎ, いやに, いらぬ子供, おもしろくなくなる, おれに, お休みなん, お留守, かたいなか, かなり遠い, がらんとして, きっともっときびしい, きれいだ, くさって, こっちあっち, このとき, この千早先生一人, この地図, この大, この年始, この村落共同体, これだ, こんなもの, ごくはやっ, さう, しばらく休んだら, しんとなった, すたらないもの, すでに五百万円, すばらしい, すんで, そういう風, そう理窟, その, そのまま工場, その年, その時, その翌日, それから, それぞれきまった, それぞれ浅草と, それで, それほどいや, たいてい六月, たいへん広いいい, たいへん綺麗, だいぶ経験, だんだん学校, ちつとも, ついそこ, つぶれて, つまらん, てんで歯, できたが, とてもむずかしい, とにかく社交場, どうする, どうだ, どうで, どうな, どこ, どこだ, どこです, どこも, どちらです, どちらの, どんなか, どんなだ, ないの, なかなか出来る, ねえかなあ, はいったの, ひつそりと, ひろく勝手気まま, ふだんよりも, ほかに, ぽつりぽつり郊外, ます, まだすっかり退け, まだ休暇, まだ出来, まだ建っ, まだ授業, みな調べ, みんないい, もうお, もうすん, もうとうに, もうまるで駄目, もう仕事, もう休暇, もう捜索, もう来月, もちろん排斥, もちろん町中, もともと落第, やがて始まった, やっぱり大, やめたいと, やめたが, やらされねば, よく出来た, よく出来ました, よすの, よほど程度, アメリカ人の, ハア乞食, ハメル先生が, パリイだ, パリーの, プロテスタントの, ベルリンの, ホテル・ド・ルウロオプの, ホローの, ムダです, ロシアの, ローマン主義で, 一〇〇万人の, 一年しか, 一年下だった, 一日授業が, 一時押潰される, 一種の, 丁度試験中, 七時にしか, 三十分も, 三十年の, 三次の, 三高山本修二先生伊吹武彦先生など, 上野に, 上野公園の, 下らないもの, 下宿にばかり, 下等貧民の, 不公平です, 不好, 不要だ, 不親切です, 不適任と, 世界中に, 丘の, 中, 中学と, 中学の, 中学を, 中退しろ, 中途で, 主人が, 九月一日からの, 九月末まで, 二三日前から, 二十五日から, 二学期に, 二年生であった, 二時半迄, 二月十一日の, 二頭立ての, 五高だった, 亜米利加の, 京都でした, 人に, 人間を, 今でも, 今までとは, 今度は, 今後出来る, 仏蘭西人の, 代表的な, 令嬢や, 休かしら, 休み, 休みな, 休んだの, 休んで, 休んでも, 低い建物, 何でも, 何処です, 何処を, 何国に, 何年, 何年だった, 何年生に, 何故行かなかつた, 何時やめる, 何時卒業, 余程前, 使わなくなって, 例年の, 便宜に, 俳優のみ, 働いて, 優等と, 元どおり, 先生三人に, 兎に, 児童を, 全国至る, 全然無, 公平な, 其頃まだ, 出たけれども, 出たの, 出ちゃ, 出来て, 初まら, 別として, 前申した, 勉強し, 勝手に, 勿論潰れ, 十三世紀以来の, 午前に, 午後だ, 午後です, 卒業した, 卒業間際だ, 博物館に, 厳しいからね, 参加しなかつた, 受持ちの, 古林の, 各国の, 同じく明倫, 同じだった, 名誉な, 名高いには, 呉服屋の, 周囲が, 哲夫が, 啻に読書, 四二万人大学労働者予備校, 四年制七年制九年制と, 四年後の, 四日も, 四月十三日から, 図の, 国立大学の, 土地柄風紀が, 夏に, 夏休みだ, 大きな料理屋, 大きらい, 大へん静か, 大分縁故の, 大学である, 大学本校と, 天幕を, 女の, 女優を, 女学校じゃが, 女学校と, 好い着物, 好きだ, 好きです, 好きにも, 始まった, 始めの, 子供たちにとっては, 子弟の, 学内で, 学問する, 学徒勤労学徒動員で, 学校で, 学校の, 学課の, 官立である, 官立学校の, 官費が, 実にのんびりと, 実際危険, 実際家, 家から, 家からも, 寄宿制度であっ, 寺みたいな, 尋常科が, 小学校と, 小学校を, 少し遠く, 岡山が, 市内を, 帝大, 師範学校見た, 幸に, 広い常識, 廃めて, 建てられたの, 張合いが, 当分の, 当分行かず, 当時の, 当時表面上は, 彼女に, 彼宮澤賢治が, 御休, 御休み, 御出精, 恐らく日本, 悪いと, 愚か自分の, 憎まれるため, 我国の, 戦災で, 指田町という, 授業中の, 放校処分に, 政談家を, 教師に, 教師も, 教授の, 教科書が, 教育入用の, 文部省から, 新学期, 方々へ, 旧中津藩, 早く切りあげ, 早稲田の, 明日から, 明治二年より, 明治五年の, 明治十七年に, 昔の, 昔は, 春休です, 昨日車で, 昼間さえ, 智育ばかり, 月給だ, 月謝さえ, 有らゆるもの, 有名な, 朗読法を, 朝から, 朝も, 来年を以て, 東京, 東京です, 林を, 桃園尋常小学校と, 楽しいこと, 横浜の, 欠席がちだ, 欠席がちであった, 欠席する, 止して, 止めよ思, 正則と, 武断の, 民間です, 気分次第に, 決して一人, 決して休まなかつた, 決して恐し, 決して楽しい, 河原の, 洋風の, 浅草に, 海岸の, 渋柿色の, 潰れて, 無し弟, 無論他, 無駄を, 煙突を, 爆破され, 片時も, 現に三百名, 現在どう, 理工系統を, 生徒が, 生徒の, 田舎の, 町外れに, 白いべん, 百二十丁目に, 百二十万人の, 百貨店の, 皆西洋館です, 皆鼠賊の, 相当優秀, 着物を, 矢張休み, 知らないが, 知らんね, 研究の, 社会的地位の, 祈祷と, 祝賀の, 秀才では, 私に, 私人の, 私立だった, 種々這入つた, 第一列, 米人スコットという, 約千百年前, 納税者の, 経営二十星霜に, 続けるの, 罷めて, 育英舎なり, 自分でも, 自然に, 自発的に, 苦に, 落第し, 落第ばかり, 藁葺きです, 藩という, 行かせて, 表向休学, 規模甚だ, 言わば失業, 賛成じゃ, 軋轢が, 迚も, 追い出されて, 追出されその後, 遅れようと, 遠いし, 那覇の, 金が, 金沢名古屋小諸高鍋等にも, 開期不明の, 間口二百フィート以上も, 除名した, 陸軍として, 階上階下階段まで, 雪崩の, 静寂な, 面白くなかった, 食事も, 飯田町に, 首尾よく, 麹町辺である

▼ 学校~ (499, 3.3%)

9 あって, 休みに 8 ある 7 いやに 6 えりの, お休み, ひけてから, ひけると 4 すむと, ひけて, 出来た, 出来て, 始まって, 退けると

3 [12件] ありました, あるから, あるの, あるん, はじまって, よく出来る, 休みな, 始まると, 嫌に, 退けて, 退けてから, 遅くなる

2 [23件] あった, あったので, あつた, いやな, いやなら, おわると, すぐ近く, すんでから, つまらないという, なくなった, ひらかれて, へりの, 初まった, 同じだった, 始まるまでに, 引けると, 済んでから, 無かった, 終ると, 終わると, 良い学校, 設けられて, 閉鎖され

1 [336件] あったあの, あったから, あったとしても, あつて, ありしかも, ありましたし, あります, ありますか, ありますけれども, あり古く, あり和歌子, あり得ると, あり生徒, あり田原町, あり長唄稽古所, あるかという, あるかね, あるころ, あると, あるという, あるとは, ある坑員, いかに学校, いくつか, いくら活動, いけなければ, いそがしかった, いそがしくて, いやだった, えりらしい, おいや, おくれては, おそくなります, おわってから, お昼まで, お退け, かなり遠く, かわったから, きまったかね, きらいで, きらひで, これに, ござりまする, すべて学業よりも, すめば, すんだあと, すんだら年季, そこに, たち, たまに, だめで, ちがって, ちょうど試験, できて, できてるん, できるかと, とても面白かっ, どうした, どうなっ, ない, ないで, ない他, ない筈, なお休暇, なかったら, なかったら滅びた, なくても, なにも, ねいわけ, はじまった, はじまってる, はじまりました, はじまる, はじまると, ひけたあと, ひけたらさっさと, ひけたらぼく, ひけたらみんな, ひけますと, ひける三時, ひける門, ひければ, ひらかれた, へりで, へりに, ほろびるん, また始まりました, みつかると, むずかしくなりまし, めちゃめちゃに, もう砂漠, やむを得ず善玉, よいの, よう出来る, よくできる, よく出来, よく出来ました, わるいといふ, チンマリとして, ナゼ円く, フランス語劇を, プロレタリアートの, 一かたまり, 一応落ちつい, 一晩置きで, 一番でさえ, 一番辛い, 一緒と, 一緒とか, 一軒ある切り, 下谷から, 不幸に, 不正に, 主催する, 予備門と, 予備門へ, 二軒で, 五つも, 五日間休みだ, 今や大いに発展, 仕舞いに, 仕舞う頃, 休です, 休みたいから, 休みであった, 休みでありました, 休みでさえ, 休みでなくっ, 休み続きなもん, 休暇に, 休暇の, 休暇中な, 何と言おう, 何処に, 使うこと, 供給する, 入学志願者を, 全国に, 全道, 八時です, 再開された, 冬休みには, 出来たの, 出来たもの, 出来たら直に, 出来ないの, 出来るもの, 初って, 初めて社会, 初る, 別に, 動揺した, 勤まりますか, 勤まるね, 勤まるの, 包まれて, 十五年間に, 十日あまり休みが, 午ぎりだから例刻を, 卒業できる, 厭に, 受け浪花節, 各府県, 合併され, 同じでい, 同じところ, 同期で, 同期な, 名物で, 四月からは, 困るだろう, 土曜に, 地価の, 変つた, 夏休に, 多少でも, 大へん好き, 大好きに, 大嫌ひだ, 大学と, 大学に, 大学南校医学校が, 大学東校と, 大森に, 大騒ぎに, 天下の, 女学館である, 好きだった, 好きでし, 好きな, 如何なる勢力, 如何なる境遇, 始った, 始って, 始つた処から, 始まった, 始まったから, 始まったの, 始まったらいっそう, 始まった時, 始まってからは, 始まつて少年少女, 始まらないから, 始まる, 始まるから, 始まるねと, 始まるまでには, 始まるよう, 始り, 始る, 嫌いに, 嫌で, 嫌な, 嫌ひで幼稚園の, 嫌ひで芝居にばかり, 子供を, 学校な, 学校らしくあり, 学生たちや, 官憲から, 宜かろう, 審判の, 封建的ないがみあい, 少なかつた, 山形地方に, 廃され, 建ち内容, 建ったここ, 建った時, 建って, 引き受けて, 張合が, 彼の, 彼女の, 御一緒, 御休, 御試験中, 必要であった, 必要である, 思うよう, 悪くない, 戦災を, 排日の, 描かれて, 教えて, 新しくなった, 新築された, 既に開かれ, 早いの, 早く終った, 明治学園だ, 昨日赤坂の, 暑中休暇に, 有ったん, 有るじゃ, 木挽町から, 本所の, 村の, 東京じゃ, 東京にだけ, 東京大学と, 果しつ, 毎日曜日, 気に入った, 気に入ったかな, 済む卒業間際, 済んだらすぐ, 済んだら三人共, 済んで, 漢学の, 潰れたり, 無い, 無くなつたん, 焼けたこと, 焼け古い, 焼け残ったから, 瓦ぶき, 甚だ多い, 生徒の, 男学校の, 異うと, 百層倍も, 目の, 相模湾の, 移されたところ, 立って, 立つて, 第四高等中学校, 終って, 終ってから, 終ってからも, 終りますから, 終わって, 結婚率が, 綜合的に, 美術学校という, 自分に, 落第の, 著しい増加, 衝突した, 見えきなくさい, 見える横通り, 見捨てたらもう, 見捨てられる前, 設立せらるる, 設立を, 起るまいよ, 足りない教師, 近くて, 退けた, 退けてさ, 遅うなります, 遅くなっ, 遅れて, 遅刻に, 運動を, 違ったり, 違つて了つた所から, 都合が, 長々と, 門戸を, 開かれると共に, 開かれるよう, 開けたと, 開設された, 間に, 隣村の, 靖国神社の, 静かで, 静岡師範学校浜松支部と, 面白い, 面白くなく, 面白くなつ, 飫肥に, 首里に, 駄目なら

▼ 学校時代~ (223, 1.5%)

7 の友人, の友達 5 のこと 3 の事, の同級生, の私, の若い

2 [18件] からの友人, からの親友, からの近眼, から六七年, には彼女, に一度, に最も, のある, のわたし, の写真, の友だち, の君, の壊れた, の平岡, の自分, の親友, の詩, はこの

1 [156件] あの人, ある夜, ある教授, からあこがれ, からお, からこの, からすでに, からずっと, からずぼら, からであった, からの同窓, からの私たち, からの親交, からの記念的建物, からの道楽者, からわたし, からウマ, からニコラウス帝, から一人, から丸尾, から二人, から使, から僕等, から兎角, から国士, から大, から大学, から始めた, から少し, から料理, から格別親密, から浩さん, から父, から知っ, から神田, から続いた, この女, さ, そのお婆さん, だかに, だけであった, である, で練習, とちっとも, と少し, と考, と違った, などには半分夢中, にいろいろ, にこそ秀才, にこの, にどれこれ, になぞ粗末, にはいっこう, にはご, にはまだ, にはハイネ, にはヴァイオリン, には休暇, には徳育, には新体詩, には映画芸術, には熊本, には真夏, には私, には落ちる, には論理, には農学部, にもいい, にも土, にも牛乳, にフランス人, に一々, に一度遠足, に一級上, に三浦半島, に世話, に使っ, に僕, に優等生, に先生, に初めて, に匂わした, に友だち, に培われた, に夏期休暇, に大して, に妻帯, に実習, に描いた, に数学, に既に, に有, に有った, に村山知義氏, に永松, に洋服, に熊本, に田丸先生, に田丸先生友田先生, に神聖視, に私, に結婚, に絶えず, に英語, に親しく, に読んだ, に貰った, に陸軍監獄, のお, のでたらめ, のよう, のよしみ, のクラスメート, のクラス会, のサージ, のシルレル, の三造, の二三, の仲よし, の休暇, の印象, の友人たち, の同窓, の同窓等, の吾人, の夏休み, の御, の思い出, の悪, の或, の教師, の教科書, の旧友, の昔, の松年先生, の独逸語, の産物ぢ, の癖, の知合い, の終わる, の美術史, の話, の買物, の青年, の青木, の頃, の顕微鏡実習, は何, は最, は非常, も有名, よりもずっと, を通じて私, を通じて継続, 即ち今

▼ 学校では~ (222, 1.5%)

3 教師が, 生徒が 2 ありませんよ, それは, 一人だけ, 二人は

1 [208件] あつた, あまりやかましく, あまり快適, ありませんからね, いくぶん生徒, いちばん上手だつた, いったいなんと見, いつもびり, いつも教室, おとなしいが, お前を, この教育統制, この頃, さらに詳しく, そういう配慮, ただ物の, ちゃんと教えられ, つまらないという, どの位沢田, どんなご, ない, ないらしい, なくて, なにか騒ぎ, みんなが, みんな知ってる, もうお茶, もうはじめ, もう少し沢山, もう常住健作, もう朝, ものいえへんの, やはりいちおう本人, よくお, よく勉強, わりに成績, オピアムイーターや, オルガンの, テニスの, ピアノを, 一学期の, 一年上の, 一般人間として, 一週に, 三人仲よしが, 三年間とも, 上級の, 上級学校入学志望の, 上級生と, 不安な, 世話を, 両親の, 主として英語, 乳母やが, 二月の, 人々の, 人物画は, 今度展覧会が, 今月から, 体操も, 何も, 余は, 俳句会の, 俺より, 健康診断や, 優秀な, 先に, 先生が, 先生と, 先生も, 先生を, 八時の, 其後は, 冬に, 出来ない学生, 出来るだけの, 前にも, 十分な, 受持の, 同じ位, 同じ組, 君の, 喧嘩を, 四年制の, 国定教授細目が, 国家は, 国文科の, 地理の, 塚越は, 大分宗教的な, 大抵まぎれ, 大騒ぎに, 天井を, 天皇陛下の, 女の, 女の子は, 女生の, 始終一緒, 学内の, 学年末の, 学生が, 実地の, 実物を, 家事と, 家庭から, 家庭を, 寂念モーローの, 小学校の, 小谷も, 少年相撲の, 屈すること, 工科に, 平常乞食, 幾十百人の, 弁当を, 形式的の, 彼の, 後に, 忽ち喧嘩, 性は, 成績を, 手紙を, 教はりませんでした, 教わらず自分自身, 教わらない悪戯教育, 教わらなかったし, 教わること, 教室に, 文学書などを, 文科系統の, 文芸部に, 斎藤の, 日本人小学校で, 明治七年から, 昔の, 昭和九年二月十七日と, 昼から, 時間を, 暑中休暇も, 暑中休暇を, 暴れものに, 書記が, 最早解剖, 朝子供たちは, 木彫りは, 栄養価のみを, 正雄も, 母かたの, 毎年三月一日に, 毎朝エイヤエイヤと, 水泳練習団を, 水泳部が, 水泳部に, 泣虫な, 激烈に, 炊事し, 無いか, 特に外国法奨励, 独立戦争, 生徒と, 生徒に対して, 生理の, 由三達が, 男と, 畏れて, 百メートルの, 皆いつも, 皆に, 相変わらずでしょう, 真紅色の, 知つた, 硬派と, 祭日には, 禁じて, 私には, 私は, 私も, 私生子の, 第一著, 精紳が, 級長で, 続かぬ, 緊張し, 老後を, 聞かれない野卑, 職員会議が, 若い教諭, 若い生徒, 蜻蛉の, 親父と, 試験が, 講堂と, 講義の, 賢母良妻主義だけの, 返さないで, 造花と, 連合運動会が, 遊戯の, 郵便報知新聞を, 野々宮君に, 野球が, 鉛筆画ばかり, 長谷部が, 面白いもの, 馬鹿に, 駄目である, 高利貸の, 高等学部全部と

▼ 学校~ (200, 1.3%)

6 休んで 5 大学も 3 ある 2 あれば, 中途で, 亦信輔, 今では, 何も, 出て, 卒業し, 卒業した, 家庭も

1 [168件] あつた, あります, ありますが, ありません, ありまた, あり官営官選, あるこれ, あるし, いいが, いい加減, いやに, いろいろに, おしまいに, おしまいの, かわって, きらいな, こちらで, すぐ倦, そうだ, それは, それを, だろ, ちがって, とかく休みがち, どうにかもと, どの教師, ない, ないから, ないし, ないだろう, なくなって, なく劇場, なく芸術的, なければ, なしそう, なるべく頭髪, ひどいと, またそれら, また開校, まだ始まらず, みな全く, もうじき, やがて夏休み, やすませて, よう卒業しまい, よして, ウィネッカ町の, 一しょ竹馬の, 一つある, 一年程, 一時閉鎖と, 一緒だった, 一軒稼ぎました, 三町ばかり, 三高京都帝大の, 上級に, 中等学校を, 中途半端, 二つ三つ教へに, 二三日休ん, 二種に, 亦一種, 今は, 今学期限り, 仮及第, 休ませて, 休みがちでした, 休みがちに, 休みだ, 休みと, 休みに, 休んだ, 休暇に, 六年で, 冬期休業中ゆゑいたっ, 出たし, 出た者, 出てを, 出来た, 出来るそれ, 出来人間, 出身, 制止する, 前とは, 劇場も, 勉強も, 北海道とは, 卒業させ, 卒業で, 同じけれ, 同一なり, 同時に出, 同級な, 商業などは, 声明書を, 夏休みに, 夏休ミである, 外国人の, 多く明治文人, 多ければ, 多少に, 大体今日の, 大発展, 女学校を, 始めは, 始りました, 学校であった, 学校の, 学生も, 宗教も, 官許なり, 小学校きりでございます, 少なくない, 工場も, 年を, 廃した, 建てて, 役場も, 感化院も, 教会も, 教師は, 文部省も, 早くやめさせる, 早仕舞な, 暑中休暇に, 月謝を, 有るけれど, 東京で, 東京に, 欠席し, 次第に数, 止めさして, 止めさせられぼく, 止めて, 殖え生徒, 決してその, 沢山に, 深い教養, 済んだし, 満足には, 無事に, 照陽女学校さ, 生徒は, 百人ちかく, 盛なれ, 社会も, 繁昌する, 自分で, 自然欠席がちに, 花も, 薄暗い日, 虫が, 見えなくなり前, 見たくその, 覚束なく, 許す以上, 調べ上げて, 財政の, 辞職しました, 近かった, 運動場も, 違ひ, 開校早々という, 間もなく下, 間近に, 青年訓練所も, 非常に, 面白くなくなり

▼ 学校~ (166, 1.1%)

4 いっても 3 それに, なる, 同じに, 悪い学校, 称して 2 きいて, さわぐ, 云えば, 云ふ, 呼ばれて, 家庭との, 帝大の, 運命を

1 [131件] ある信愛学園, いい平民, いい早稲田, いうが, いうべきであろう, いうよりか, いえば, いたしましても, いっしょに, いったが, いって, いひ手紙, いへば, いわんよりも, うちと, おやしき, こんな競争, しました, する新, すれば, そうして病院, その三つ, なしつ物教, なった, なって, なり, なり与八, なり八年制, なり女学校, なること, ふたりの, ソヴェト同盟の, ピオニェールの, 一ト口にて, 両方の, 中学校と, 中学校の, 主義を, 二十年間も, 云うの, 云うもの, 云う名称, 云った時代, 云って, 云わず図書館, 仕事場とを, 其の子供等, 其方で, 医学校との, 医院, 博物館と, 同じく夏, 同じこと, 同じよう, 同様に, 名けたり, 名けて, 名の, 呼ばれたいくつ, 呼ぶよう, 図書館とは, 壁一つで, 変じ附近, 変圧所が, 大学の, 大学時代の, 学校が, 家とで, 家庭と, 家庭とは, 家庭の, 少な過ぎ, 工場農村に, 幼稚園の, 思われちゃ, 戦って, 改称する, 教師に, 教養という, 日常生活とから, 明治大学とに, 書いて, 村人たちに対しては, 染めた旗, 海軍兵学校を, 然ら, 父兄が, 父兄と, 申しました時分, 疎遠に, 病院の, 相並び, 相談の, 研成義塾の, 研究所も, 社会と, 社会とは, 私塾で, 称えた以来ここ, 称したが, 縁が, 美術学校とを, 美術館と, 背合せに, 自己との, 舞台裏へ, 芝居とは, 苦しめるの, 見えて, 言い工業, 言うの, 言う学校, 試合を, 認められて, 警察とからは, 警視庁とへ, 軍隊とは, 農場とへ, 連隊とが, 違う, 違って, 野球の, 野球道を, 銀行と, 露路を, 青年訓練所とを, 音楽堂と, 音楽学校との, 音楽学校の, 高等師範から, 黒田記念館とに

▼ 学校教育~ (123, 0.8%)

5 を受け 4 というもの, を受けた, を受ける 3 の事 2 のこと, のよう, の中, の欠点, ばかりでなく, もろくに

1 [91件] および高等師範教育, が人間精神, が却って, が形式, が無益, が累, が脳力, が若い, が頼み, だけが知能, だけで社会教育, だけは与えられ, であるよう, ではこの, ではこんな, では教課書, とか社会的強制, とを如何, と並行, と云う, と云え, と併行, と家庭, と軌, と関連, などの及ぶべからざる, なるもの, なんぞを齷促, における体育, における重要, にそんな, についてはこれくら, には学士, には永年, にも何, によって教えこまれた, によつて善悪, に冷淡, に対してその, に対して冷淡, に対して幾多, に必ずしも, に於, に没頭, に無, のない, のなか, のほか, のみで, のみでなく, の一局部, の一課目, の事務, の力, の呪, の外, の如き, の必要, の成跡, の施設, の根本, の痛, の経験談, の遠き, の面, の風, はブルジョア, は受ける, は子女, は彼女, は既に, は最も, は神聖, もこの, もま, もやる, も亦, も殆ど, やいわゆる, やただ, や家庭教育, や社会教育, よりもむしろ, よりも先, よりも私自身, をうけ, をすら授けない, を今, を政治, を統治, 乃至は

▼ 学校には~ (119, 0.8%)

14 いって 3 いってから 2 いってからは, いるの, いる前, ひつて, 六十五人の

1 [92件] いつたの, いつて, いるか, いるが, いるつもり, いるにも, いる準備, かけて, かわりありませんか, こうした場合, この名, これと, こんな異様, すでに民主, そうしたむずかしい, たしかに行っ, たしか十二レーン, たまりが, つながれて, ないもの, なしサ, なんと官公私, ひりそれ, ひりました, ひれない事情, みな教師が, もう行けない, やれぬと, わが家などとは, アドバンス, エライ非常な, チヤンと, ボールドは, 上って, 今年, 仏独英支の, 修身て, 元来相当の, 先代中村屋が, 入ってからは, 入らなかったが, 六時半から, 出て, 出ない, 友達二人教師を, 塑像は, 声楽の, 夜光虫の, 大きい実験室, 実際は, 宿直が, 寄宿舎が, 寄附を, 小使さんなんか, 少し珍, 居られないよう, 往かずに, 愛想が, 戻らないこと, 新しいオルガン, 日本学の, 未練が, 来ても, 母の, 比較的優良, 沢山亜米利加人の, 物理や, 畏くも, 米国の, 粗末な, 縁が, 聴音という, 脇村先生が, 英法に, 行かない, 行かないと, 行かないの, 行かれない, 行けません, 行つてゐるらしい, 見当りません, 規則が, 視学制度が, 言うまでもなく歴代, 辰さんという, 運動会が, 道夫の, 違いございますまい, 金主って, 顔を, 馬の, 高等学校の

▼ 学校でも~ (110, 0.7%)

2 どこでも, 井上君に, 憎まれ者

1 [104件] あり又, いいから, いちばんから, いつでも, いつも平均点, きみを, こうした観念的教育法, この意味, しくじらせて, そういう仲間, そのほかどん, それが, それを, そんなふうにおっしゃった, だれも, ない大吉, なぜ文学, みなさんそんな, みんなは, よく残された, クリスマスには, 一番だ, 一番の, 一番ばかり, 一週間ばかり, 並ぶ者, 主として外国, 他の, 例の, 信頼し, 倫理道徳修身の, 先生も, 先生様が, 共学を, 出して, 出たらしい亜麻色, 出たら呼び寄せるつもり, 出て, 勤め先でも, 午後の, 友達が, 喜こぶでしょう, 壁新聞を, 士官学校でも, 大きな藤, 大さわぎ, 大人の, 始末に, 子供は, 学科は, 実験用の, 家でも, 家へ, 家庭でも, 寒稽古に, 幾何の, 彼は, 心に, 忘れて, 慰問の, 持てあまして, 授業を, 教えて, 教わったかも, 教員が, 教師も, 教育し, 文部省でも, 新聞でも, 普通の, 有名な, 校長は, 校長先生の, 楽しかった, 正木でも, 注意人物として, 演説会でも, 生徒たちは, 用紙の, 田辺校長から, 男雄夫の, 皆が, 社会でも, 立派に, 綴方は, 習って, 聞いたが, 若様の, 行って, 評判に, 評判の, 読み家, 貴族出の, 資産状態や, 軍人希望の, 近所でも, 迫害を, 遊び友だちは, 遊んで, 銀行でも, 鎧戸の, 隊を, 首席で, 鳴らすベル

▼ 学校~ (85, 0.6%)

4 大学の 2 その他の, 大学へ, 家庭から, 家庭の, 教師を, 研究所は

1 [69件] あんな懲役, お友だち, かいへ, かい止め, せまい範囲, その他二三の, なあ, みんなの, アテネ, ソルボンヌ大学などの, 世間での, 中学とは, 中学の, 中学校の, 中学校を, 中等学校は, 会社を, 会社団体などの, 先生とかいう, 先生を, 勤めに, 医学校の, 千葉鉄道聯隊や, 又児童植民地, 友人や, 友達と, 図書館で, 図書館や, 図書館を, 士官学校で, 大学で, 大学を, 大学予科を, 失業大学と, 婦人慈善団体の, 家の, 家庭や, 専門学校では, 専門学校へ, 工場が, 工場などの, 工場の, 工業や, 幼稚園が, 役場に, 役場は, 戸外で, 救護所の, 教会堂は, 教頭なんか, 早大慶大が, 校長先生こそ, 殖民地は, 海兵団の, 町の, 研究所の, 稽古事を, 突撃隊の, 絵画の, 美術館やが, 職場を, 職業学校又は, 自分の, 議会では, 踊は, 遊び友達が, 道学者が, 雑誌に, 駒場農学校あたりから

▼ 学校へは~ (72, 0.5%)

2 いる時, ひつて, 入学せず, 出て, 行かないで, 行かなかった, 行きたくない学問

1 [58件] あたし行きます, いかずに, いつから, いつたばかし, いて, いるため, いるとき, いるなんて, いる前, きゅうに, けっしてやりますまい, こなかった松江, だれも, ひりし後, ひるまでの, ひる目的, ほとんど出なかった, ほとんど行かず, まだこれからは, もとより上がる, やれぬから, ゆかずなりしを, ゆかずに, 一切小説本を, 二三年通った, 佐藤も, 何程も, 入らずに, 入ること, 出ないもの, 友人と, 同じ水彩画家, 女生と, 少し廻り, 普通の, 残りものが, 稀にしか, 第一, 行かずに, 行かず東京, 行かないと, 行かないの, 行かないん, 行かれないの, 行くけれど, 行くと, 行ったろう, 行ってるか, 行つてゐなかつた, 行ます, 西洋人が, 診断書を, 足を, 辞表を, 這入らなかったと, 通知し, 遅くなった, 遅くなつた

▼ 学校へも~ (72, 0.5%)

2 行かずに, 行かず勉強, 行かず家, 行かぬ子供, 行けるよう, 這入らず何

1 [60件] あげられず女房, いかず山, いかず早くから, いけないかれら, いけないほど, いらっしゃらないし, お砂糖, だいぶ出かけない, どこへも, どつたの, やつて, やはりほとんど出なかった, やられず労働基準法, よく来る, 一度は, 一緒に, 上がらないころ, 上らない前, 上る頃, 上れない始末, 入れて, 入れ申さぬは, 出ないで, 出ました, 届を, 帰るまいと, 日本人教師を, 毎日手を, 比較的よく出席, 熱心に, 行かずまた, 行かず十年, 行かず叱りても, 行かせて, 行かないから, 行かなくなったので, 行かれず才能, 行かれなかった, 行かれなかつた, 行きたくなかった, 行き又, 行き多少, 行き蓮華寺, 行き裁縫, 行く様, 行く気, 行けず秩序, 行けません, 行けるし, 行ず打, 送りたま, 這入る, 通うよう, 通えるよう, 通ったもん, 通ったり, 通はず多く下宿の, 通へ, 遠くなる, 遣られず

▼ 学校にも~ (70, 0.5%)

2 近いし, 近いので

1 [66件] あそびにも, あるよう, お友達, この騒ぎ, そう遠く, その準備, どこにも, ない異様, はあ, はいらず就職, やらずお, ゐたといふ, 一葉あります, 一里半ぐらいしか, 上らず御, 之を, 何にも, 修身は, 入らずに, 入りスエ子, 出さなければ, 出たこと, 出て, 出ないで, 出ること, 厭気が, 及んだ, 友愛の, 在るよう, 大分被害者が, 姿を, 娯楽という, 家庭の, 居られなくなる社会, 嵐が, 役立てましょう, 御勉強, 支那の, 教師ア居, 日本人の, 明倫学校積善学校あれ, 木彫科の, 殆ど出席せず, 牛丸君の, 用事が, 直接関係の, 石の, 紛擾が, 自然に, 行きしもの, 行きませんでしょう, 行き通常, 行く様子, 行けない俊三, 行けなかつた, 行われて, 街頭にも, 託児所を, 試験が, 通い遊び, 通う, 通は, 通わせて, 通わなければ, 音楽専任の, 頼まなければ

▼ 学校生活~ (65, 0.4%)

3 の間, をし 2 の時代, も長かっ

1 [55件] から言う, から関係, がどれ, が一時中断, が待っ, が私, が話題, でもした, で一番希望, で養われた, というもの, についての私, につづい, には飽き飽きし, に平, に思ひ, に暇乞, に蓄積, のため, の中, の堪え, の心配, の終りごろ, の経路, の経験, はどう, はなしおらざる, はほんの, は愉快, は新た, は私, は非常, もしない, も普通, も院代, や京都, をあかすまい, をした, をつぶさに, をやめた, を一擲, を中止, を余儀なく, を叔父, を嫌悪, を捨て, を果した, を棒, を終っ, を終わった, を経, を羨しく, を退く, を送った, を遣る

▼ 学校~ (58, 0.4%)

6 の若い 4 の青年 2 のこの, の女優

1 [44件] かということ, がウヨウヨ, だ, だから, だけに古く, だという, であったところ, である, ですって, でなくては, ではある, ではない, では四四・三パーセント, でもろくな, でマルクス, で若い, との間, ならこれ, のちゃきちゃき, のオリガ, の二十八歳, の令夫人, の俊, の先生, の八等官, の友達, の大衆的, の婦人, の店員, の御新造, の指導者, の新人, の方, の最, の機械屋, の永井, の淑女, の画家, の職業婦人, の船長, の谷村君, の運転手, の鉄道省属, や気まぐれ

▼ 学校という~ (56, 0.4%)

5 ものが 4 のは, ものは 3 ような 2 のが, のを, ものに, ものを, 学校へは

1 [30件] ことに, ところが, ところに, ところは, ところも, のです, のに, のへ, もの, ものさえ, ものの, ものも, ように, 一つの, 共同体の, 別室には, 勤めが, 土人学校を, 学校が, 学校は, 意味に, 所は, 方面では, 特殊な, 王国の, 立場を, 組織体の, 言葉にも, 誰でも, 間に

▼ 学校まで~ (55, 0.4%)

4 出かけて 3 送って 2 来て, 歩いて, 行くに

1 [42件] あるの, いって, およそ二里, お出かけに, お通い, たった二三分, とどかせできれば, マントを, 一直線で, 一里も, 上げるって, 休んだの, 休んで, 先生と, 出かけたが, 出来て, 出来ながら, 十一二町しか, 卒へ, 取りに, 同道し, 小一里, 届けに, 引きかへ, 探して, 握って, 樹明君に, 止めて, 歩きたくて, 殆ん, 毎日歩い, 独りで, 着流しで, 行かないうち, 行かんでも, 行きやがって, 辿り着いた都合, 送りとどけて, 通って, 重い足, 電車で, 駈出して

▼ 学校生徒~ (54, 0.4%)

2 がみんなこっち, が沢山, だと, のよう, の父兄, の社会層, はみんなこっち, はもうあんまり, は声

1 [36件] がある, がにわとり, が先生, が制服, が厳重, が問いました, が無, が皆んな, それから工員服, だったり, だの親類友だち, であった自分, である弟, で残り, として上京, などをかぞえあげました, に教える, に歌, のうち, の余, の大, の新しい, の日常生活, の洋服, はおどろきまし, は只今, は地, もちょうど, も同様, も官立, や士官候補生, よりも無学, を呼ん, を恐れなくなっ, を誘惑, 第一回公演

▼ 学校友達~ (44, 0.3%)

4 の家

1 [40件] からふと, がときたま, が押掛け, が沢山, が私, が群れ, じゃし, ださうだよ, だったとか, だの父母, だの豊世, であった, であったの, であり後年儀造, でした, でむかし, でやす, で人, で今, で綾子, という連想, とも遠ざかり, と名, と心置き, などからちょいちょい, などの知らない, なのよ, の一人, の中, の古, の姉さん, の婚礼, の親父, の顔, はあまり, は此前東京, は皆んな, も煩く, をだし, を聞い

▼ 学校からの~ (40, 0.3%)

3 帰りに 2 かえりみち, 帰り路で, 帰り道を, 帰途樹明君が

1 [29件] ピアノに, 友達だつた, 呼出状を, 帰りが, 帰りには, 帰りみち母と, 帰り周さん, 帰り家, 帰り道か, 帰り道ただ, 帰り道で, 帰り道ふと, 帰り道竜子は, 帰途あっさり, 帰途には, 帰途の, 御希望, 忠霊塔の, 戻りと, 手紙を, 指導者を, 推薦で, 方たちも, 旅行が, 旧友で, 男女学生が, 続きの, 親しい友人, 途すがら

▼ 学校~ (40, 0.3%)

4 で一番 3 の生徒 2 の評判

1 [31件] が, が沸騰, でいちばん造詣, での寵児, でもいけない, でも一ばん内気, でも御, で一番日, で最も, で村中, で盗難事件, で評判, で誰, におそらく, にひろがった, に探し求めた, に生々, に起した, に開, のすべて, の人気者, の先生, の奴, の尊敬, の模範クラス, の高等女学校, はまるで, ひろまった, を吃驚, を掻き廻す, を驚かした

▼ 学校当局~ (39, 0.3%)

1 [39件] から, からねら, から指命, から注意, がより, が日本, さえしっかり, とごたごた, として処理, とその, と意見, にどなり込んだ, にはきき入れ, に伝へ得る, の奔走, の折紙, の言, の諒解, の賛成, の間, はあわて, はかく, はさらに, はそれ, はもとより, は丁度, は教育そのもの, は旦那, は最初反対, は由来, は神経, は禁止, への反抗的, へ報告, や県庁, や警視庁, を狼狽, 並びに学生, 又官憲

▼ 学校での~ (38, 0.3%)

2 出来事を

1 [36件] あの出来事, あの同名者, お昼休み, お行儀, けいこに, できごと, 一番にぎやかな, 今日の, 休憩時間には, 休憩時間にも, 休暇時間には, 会合の, 位置を, 信用も, 光栄が, 出来事について, 労働は, 勉強の, 勉強は, 半日が, 席次は, 態度には, 我が子, 教え子らしい, 教育方針も, 時間割の, 様子なども, 次郎の, 生活の, 生活は, 目的であった, 私の, 練習図である, 興味の, 運動場の, 黒ん

▼ 学校への~ (37, 0.2%)

3 道を 2 往復に, 道の

1 [30件] とちゅう, 入学という, 入学志望者は, 入学期も, 入学準備の, 入学準備を, 入学試験が, 入学試験準備は, 入学試験準備居の, 内申問題が, 出席を, 受験も, 同じ日, 奉職という, 寄付能力の, 寄附に, 寄附額で, 就職, 往かへりに, 往き復り, 往復には, 往復を, 忠義と, 行きがけに, 行き帰りは, 通り道でした, 通学です, 進学の, 道で, 道です

▼ 学校~ (31, 0.2%)

42 と思っ

1 [25件] かの制服, から, からかまわない, からなんと, から聖書, から苦情, から馬鹿, けれど今, し土方, ぞそう, つたつけな, つても, つてもう, つて皆な, とそう, とそのまま, とみんな, と今, と傍, と名乗った, と子供たち, と思ふ, のといった, ツて, 大隈は

▼ 学校帰り~ (29, 0.2%)

4 の子供 3 の子供ら 2 の子供達

1 [20件] にそこら, にその, にはアケビ, に川泳ぎ, に御, に臆面, の十四五, の可愛いい, の女の子, の姿, の娘たち, の娘達, の子供四, の学生, の小娘, の少年, の腕白, らしい同窓, らしい数人, らしい村

▼ 学校なんか~ (27, 0.2%)

3 ばかばかしいどうか 2 どうだって

1 [22件] あるの, あるわけ, いくらあっ, いつも一番, すこしくらい, つまらないと, つまらなくて, できなくたって, でまあ, ろくすっぽ行かない, 三十歳までに, 何んで, 出て, 出来てるん, 吾輩が, 止しちゃって, 止めさせて, 止めだ, 落第した, 行かなくたって, 行けやしない, 蹴とばして

▼ 学校友だち~ (26, 0.2%)

2 のこと

1 [24件] が住ん, じゃない, です, で夭折, で気心, と三人, と手, と泳ぎ, なり, には概して, にもたちまち, に知れわたっ, に誘われる, に逢った, のうち, の一人, の全部, の母親, の言い, はみんな, は家, も今, をも見たい, を引き合わせ

▼ 学校教師~ (26, 0.2%)

2 であり家庭教師, として小説家

1 [22件] から袋, とが研究, としても一番, とを区別, と子弟, などが先, にとつて, になっ, になった, にのみあるべき, のよう, の単調, の口, の手, の教え, の耳, の馬鹿野郎, への諷刺, や白鳥, らしい四十恰好, をし, を職

▼ 学校~ (25, 0.2%)

1 [25件] でつくる, では後継者, でも火鉢, で奇怪, で学士, にばかり閉, に入った, に塵埃吸収機, に寺子屋式, のいた, のいろんな, のさらに, の倶楽部, の出来事, の動揺, の少年, の教員生徒, の空気, の規則, の集会, の雑多, は勿論, ばかりで, へ呼びよせ, へ自分

▼ 学校です~ (24, 0.2%)

112 な, よ 1 からラジオ, から休みたい, から制服, か見えません, って, ね, ねんけど絵エ, まして来ました, よ屹度

▼ 学校通い~ (24, 0.2%)

2 の余暇, の洋服, をする

1 [18件] です, で学校以外, と四人, には必ず, に被ったあじろ, に裏門, に雨傘, のお伴, の夏服, の姿, の小児, の短い, の腕白ども, の風呂敷包, はい, は神田, をし, を始め

▼ 学校における~ (20, 0.1%)

2 自分の

1 [18件] 体育上の, 先生の, 児童の, 児童は, 割烹の, 唯一の, 国語科の, 学生の, 成績も, 授業上の, 教師は, 数学の, 歴史教育が, 物理化学の, 生活を, 田丸先生の, 職務上彼は, 運動時間は

▼ 学校~ (18, 0.1%)

1 [18件] あげて, いかなくて, ういふ, それから図書館, だけはもう少し, でも勤, はいる, へも設けられ, へ出れ, へ卒業, へ機械学, 入って, 入るの, 来るの, 行きとうなかバイ, 行きとうは, 行く小児, 行って

▼ 学校出身~ (18, 0.1%)

2 だという

1 [16件] だと, である事, ですって, でその, で現に, という点, なの, のどう, のイキ, のペンギン鳥, の人たち, の地主, の戦死者, の才媛, の日本画画家, の高嶺氏

▼ 学校との~ (16, 0.1%)

1 [16件] あいだに, ありし処, 三カ所を, 余暇雨の, 分裂が, 創立を, 学生が, 対立が, 対立の, 距離に, 連絡や, 違いは, 間を, 間柄には, 関係では, 関係を

▼ 学校において~ (16, 0.1%)

1 [16件] そんなによく, 何を, 先生が, 商店において, 学問に対する, 教育家として, 文学の, 来ちゃったの, 法学の, 男子卒業者一五一一四に対し, 米国宣教師が, 英学派の, 行うこと, 行わせること, 述べし余, 鉱山の

▼ 学校にて~ (16, 0.1%)

2 羅甸並に, 雛形と

1 [12件] ありしこと, 三十年間に, 加減乗除, 挙行せる, 授くる, 政談の, 教育を, 第一世ナポレオン, 落手御, 衆童と, 製造し得べき, 雛形の

▼ 学校より~ (16, 0.1%)

2 帰り来り

1 [14件] 出たところ, 出で, 出でたるもの, 受託の, 少々ずつの, 帰る人, 帰る毎, 得る収入, 教師について, 生ずるもの, 蓬莱亭の, 諸府諸港に, 起すこと, 骨董の

▼ 学校以外~ (16, 0.1%)

1 [16件] では行なっ, で生徒, で私, で顔, にいろいろ, には一切, にも時々, に何処, に国民教育, に老巧, のこと, の仕事, の個人, の個人的, の場所, の学生

▼ 学校程度~ (16, 0.1%)

2 にする, の勉強

1 [12件] などにし, になる, に直し, の女性, の学校, の学生, の教育, の教課書, の比例, の窯業知識, の聰明, の頗る

▼ 学校~ (15, 0.1%)

1 [15件] が三田先生, が無断, では野淵, でも当り屋, でも心配, といざこざ, としても非常, に一本釘, の, の処置, の巨鐘, の花形, は竹垣一つ, を睥睨, を進行中

▼ 学校教授~ (15, 0.1%)

1 [15件] が建築場, であり日本, で英国官憲, という肩書, となり, とに伴われ, になつて赴任, に招聘, の事, の娘, の娘カテリイヌ, の犬, の角井, をし, を奉職

▼ 学校~ (15, 0.1%)

1 [15件] が生徒一同, が自ら作り自ら, であった英国婦人エジス・カヴェル女史, でもあった, で支那語学者, といふもの, とは特別, に任命, に訓令, のよう, は予算, への大, や県会議長, を雇っ, 各部落

▼ 学校卒業生~ (14, 0.1%)

1 [14件] で目下, など集まっ, なり, に対して職業紹介所, のなか, のみならず, の何百万人, の問題, の新しい, の昨年, はいずれ, は違った, や専門学校卒業生, を産別

▼ 学校道具~ (14, 0.1%)

1 [14件] が置い, だの, でも買っ, の外, の絵の具, は縁側, をおく, をかかへ, を入れた, を座敷, を持っ, を持った, を海豹皮, を知りません

▼ 学校じゃ~ (13, 0.1%)

2 ないの

1 [11件] おとなしいん, ない内職, なかろう, よっぽど寒く, ワクチンなんか, 校長ばかりじゃ, 決してもの, 英語だけしか, 評判な, 論理学を, 道徳を

▼ 学校へでも~ (13, 0.1%)

2 通つた

1 [11件] いっちまうと, はいったらもっとはきはき, やっといて, 何でも, 入ったよう, 入れて, 参りまして, 往った, 行つてゐる, 這入って, 通うよう

▼ 学校以上~ (13, 0.1%)

4 の学校 1 に入らざる, に進む, の全廃, の年限短縮, の教養, は全廃, は十二月, は渋谷, を卒

▼ 学校~ (13, 0.1%)

2 あたり迄

1 [11件] から広い, には避難, のカッフエ・ミネルワ, のバス, の停留所, の小店, の広場, への通り, へ差し, を東, 辺りまで

▼ 学校大学~ (13, 0.1%)

1 [13件] が女子, というもの, ともにともに机, と六七度一緒, などで学内自治, になる, に至れ, の学生生徒, の月謝, の生徒, まで寄宿舎, まで思う, を開放

▼ 学校教員~ (13, 0.1%)

1 [13件] が住むでる, たる主人, だとて, だの下級官僚, といふもの, となっ, になりたがっ, の万引横領事件, の俸給, の桃色内職事件, の癖, は悉皆, は誰

▼ 学校だけは~ (12, 0.1%)

3 卒業し 1 お話しましょう, させて, じつに単純, ちゃんと卒業, やっといて, 出た方, 出て, 卒業しました, 大学まで

▼ 学校である~ (12, 0.1%)

2 が私 1 かも知れない, からここ, から貧富, ことである, だけに屋根, ということ, ギムナジウムの, 会場へ, 山梨は, 由来いずれ

▼ 学校とは~ (12, 0.1%)

1 [12件] かくあるべき, ちがいましたけれども, まるでちがう, 何かという, 何の, 全然打つ, 別な, 少し変, 縁が, 言ひ, 違います, 遠退く

▼ 学校図書館~ (12, 0.1%)

1 [12件] が出来, が四万五千, が統一, といわず, とそれ, の主, の四万五千, はその, も固く, を成るべく, を統一, 互に相

▼ 学校~ (11, 0.1%)

2 何かで 1 えりの, しらん, よく知らなかった, 何かの, 何かを, 国立女学院を, 女子大学の, 幼稚園かへ, 町会などにて

▼ 学校とか~ (11, 0.1%)

1 [11件] 勉強する, 学塾とか, 小公園, 工場とかいう, 某, 漫談学校とか, 研究所とか, 研究所とかいふ, 組合とかいう, 言って, 食料品店とか

▼ 学校からは~ (10, 0.1%)

1 二分ぐらいで, 五六町しか, 何ともいっ, 催促が, 受持の, 授業補助ヲ, 昨年不, 毎年竜宮へ, 無論棄てられた, 追放せられ

▼ 学校として~ (10, 0.1%)

1 あまり利用価値, そのこと, やるん, 使用され, 前例ない, 向上させる, 深く感謝, 現れたの, 農学校は, 長年風雨に

▼ 学校~ (10, 0.1%)

3 のだ 1 の, のでよそ, のと, んざあ休ん, んだろう, んです, ンか

▼ 学校にでも~ (10, 0.1%)

2 行って 1 はいって, 入って, 入れよう, 入れようかと, 入れるより, 入学すれ, 奉職し, 紹介しよう

▼ 学校以来~ (10, 0.1%)

3 の友だち 2 の旧友 1 の教育, の親友, の馴染み, もう六年, 疎縁

▼ 学校卒業~ (10, 0.1%)

1 したばかりの, す, と云, と同時に, の一人, の年, の才媛, までしか生き, まで日本, 又ハ

▼ 学校~ (10, 0.1%)

1 が出来, に散在, に照会, に用, の周囲三百米, の完全, の教職, はその, は従来男子, を設置

▼ 学校さえ~ (9, 0.1%)

2 卒業すれ 1 なまけなければ, 優等を, 出現した, 卒業しちまえ, 去ッ, 機械学物理学応用化学語学等は, 話さず父

▼ 学校入学~ (9, 0.1%)

2 の目的 1 とともに郷里, に際しても中等学校, の下拵え, の問題, の試験, は大, ノ斡旋等勉学上

▼ 学校全体~ (9, 0.1%)

1 から理科用電池, で唄った, で話しあっ, の刺繍, の学生, の正義, を愛する, を脅迫, を通じて日本

▼ 学校出身者~ (9, 0.1%)

2 の多く 1 であり東京, であること, で細く, と同, などが主, の約, よろしく三省

▼ 学校あり~ (8, 0.1%)

1 て生徒, といった調子, まったく空中, ドイツ法律家は, 仏法に, 区長が, 大本山あり, 農家も

▼ 学校といふ~ (8, 0.1%)

1 ところは, のが, ものが, ものには, ものは, 一つの, 学校は, 語が

▼ 学校などへ~ (8, 0.1%)

1 はいって, 入るの, 奉職し, 行かせなかった, 行って, 行っては, 赴任する, 通って

▼ 学校までは~ (8, 0.1%)

1 これから四丁, たった四五丁, まだ五基米以上, 一町半, 五町あまりの, 十五町程も, 四キロ近くある, 自転車で

▼ 学校在学中~ (8, 0.1%)

1 であること, でも友達, に両親, に初めて, に熊本, に田丸先生, の明治四十三年, 第二学年

▼ 学校用品~ (8, 0.1%)

1 は実験所, も乏しく, やままごと, よりも青竹, を一揃い, を仕入れ, を売っ, を買っ

▼ 学校騒動~ (8, 0.1%)

2 が大きな 1 があっ, で永井柳太郎, のたま, の事, の事ぢ, を鎮め

▼ 学校だって~ (7, 0.0%)

1 おしまいまで, きのうまでの, この教育, 一日三四時間の, 一週間の, 出来て, 謂わば

▼ 学校なんて~ (7, 0.0%)

1 いや, くだらないからね, 一面から, 全然むだ, 気に, 火事で, 行ったって

▼ 学校においても~ (7, 0.0%)

1 やはり同じ, 家庭においても, 平和的な, 教えられずに, 比較的得手, 絶やすこと, 郷党に

▼ 学校~ (7, 0.0%)

1 にあっ, に於, のピオニェール分隊, の交, の社交, の記事, の読書

▼ 学校~ (7, 0.0%)

1 です, で西洋, としては極度, にて不治, はそれ, やジナイーダ, や大学生

▼ 学校じゅう~ (6, 0.0%)

1 での講談通, で評判, の弾石, の注目, の者, はたいへん

▼ 学校だった~ (6, 0.0%)

1 から制服, から士族気質, から尼僧, のだ, わね, んだ

▼ 学校って~ (6, 0.0%)

1 いやな, ことは, のは, わたしが, 女も, 正直に

▼ 学校であった~ (6, 0.0%)

1 から学問, ことなどが, という建築, わけだ, サレルノ, 女子学習院は

▼ 学校どころ~ (6, 0.0%)

2 では 1 じゃない, じゃないらしい, のさわぎで, の場合

▼ 学校なども~ (6, 0.0%)

1 かれこれ七八里, その為, むこうは, 九時から, 何時も優等, 独逸語を

▼ 学校よりも~ (6, 0.0%)

1 劇場と, 図書館で, 教会であった, 更に有力, 私立の, 都て

▼ 学校らしい~ (6, 0.0%)

1 ね, ものに, ものは, 内容の, 処などは, 学校も

▼ 学校をも~ (6, 0.0%)

1 世間体をも, 休んで, 変えた, 建て橋, 捜して, 欠席し

▼ 学校仲間~ (6, 0.0%)

1 であつ, というもの, とその, と小松山, に黙契, の術語

▼ 学校及び~ (6, 0.0%)

1 各種の, 大学を, 教育, 職場と, 音楽学校を, 高等師範学校の

▼ 学校~ (6, 0.0%)

1 なブルジョア自然科学者, な体操, な定義, な意味, に整備, の角張った

▼ 学校時分~ (6, 0.0%)

2 の事 1 からお父さん, には, に一等, の先生

▼ 学校~ (6, 0.0%)

3 一の 1 何期生と, 六十期生などと, 六十期生山中弦介だ

▼ 学校行き~ (6, 0.0%)

2 の道具 1 のこどもら, の仕度, の姉娘, の弁当

▼ 学校高等学校~ (6, 0.0%)

6 から大学

▼ 学校その他~ (5, 0.0%)

1 から四時折々, の建築物, の方面, の様子, の貴い

▼ 学校などの~ (5, 0.0%)

1 学生達及び, 官僚趣味が, 必要は, 成績は, 集団生活わけても

▼ 学校なり~ (5, 0.0%)

1 なんなりの, なんなりは, 何なり, 父母は, 社会に

▼ 学校なる~ (5, 0.0%)

2 ものを 1 ものの, ものは, 者を

▼ 学校にては~ (5, 0.0%)

1 どこの, 人々の, 何げなく, 哲学的の, 迷信に

▼ 学校に対する~ (5, 0.0%)

1 不平が, 反感の, 注意を, 脅迫であり, 過去一年間を

▼ 学校ばかり~ (5, 0.0%)

3 では 1 でなくもう, でなく女子

▼ 学校までの~ (5, 0.0%)

1 一里半の, 級を, 道が, 道のりは, 道筋には

▼ 学校乃至~ (5, 0.0%)

2 大学に 1 それに, 大学の, 高等学校程度に

▼ 学校~ (5, 0.0%)

1 が公布, によるもの, に付, に準拠, を改正

▼ 学校唱歌~ (5, 0.0%)

2 だの国民歌謡, や国民歌謡 1 を初め歌曲

▼ 学校~ (5, 0.0%)

1 の義夫, を借り, を着せ, を着た, を脱ぎ捨て

▼ 学校経営~ (5, 0.0%)

1 といふ財政的, には年少, の全, の基礎, の経験

▼ 学校論理学~ (5, 0.0%)

1 が教える, のよう, の問題, の延長拡大, の類

▼ 学校~ (5, 0.0%)

4 ひの 1

▼ 学校関係~ (5, 0.0%)

1 か新聞社時代, の, のこと, の県庁, の者

▼ 学校あたり~ (4, 0.0%)

1 からぞくぞく, でも修身, で特別, に聞える

▼ 学校および~ (4, 0.0%)

1 大学で, 大学の, 家庭における, 紳士等に

▼ 学校からかへ~ (4, 0.0%)

2 つて四階の 1 つたばかりの, つて庭向きの

▼ 学校からも~ (4, 0.0%)

1 ホテルからも, 借りた, 投書が, 総て引抜かれ

▼ 学校~ (4, 0.0%)

1 やあんなに, や裃, や読ませ, ゆうで

▼ 学校であっ~ (4, 0.0%)

1 てクロー・アイランド小学校, て下, て各種, て地学

▼ 学校としては~ (4, 0.0%)

1 出来るだけ, 到底教育, 君の, 当然で

▼ 学校などで~ (4, 0.0%)

1 想像され, 熟練工の, 竜一に, 見たこと

▼ 学校などでは~ (4, 0.0%)

1 あんまり人, さまざまの, 到底やっ, 折角入学

▼ 学校などに~ (4, 0.0%)

1 入つて, 収容したらしい, 於ける同僚, 講演に

▼ 学校などは~ (4, 0.0%)

1 その典型的, なきなり, 両国近くに, 眼中に

▼ 学校なら~ (4, 0.0%)

1 お寺も, ば見栄, 兎に, 騒動が

▼ 学校~ (4, 0.0%)

1 行ク時ニキツトソノウサギヲダイテナデテヤリマス, 行ク時ニゲンカンヘ出テミマシタラウサギノミミガ一ツダケピント立ツテヰテ一ツハヨコニタオレテヰマシタ, 行ツタノヨ, 電話

▼ 学校一年生~ (4, 0.0%)

1 のやう, の一学期, の時, は修学院

▼ 学校先生~ (4, 0.0%)

21 なんてした, も今日

▼ 学校児童~ (4, 0.0%)

1 の特色, の給食, の行動, までが歩調

▼ 学校出たて~ (4, 0.0%)

1 のホヤホヤ二十代, の若い, の青年, らしい若い

▼ 学校~ (4, 0.0%)

2 と云 1 も先生方, を禁止

▼ 学校卒業者~ (4, 0.0%)

1 が外国語, の職業別, はもとより, を求めた

▼ 学校~ (4, 0.0%)

1 の古い, をかぶっ, をふりまわし, を脱い

▼ 学校校長~ (4, 0.0%)

1 になる, の家族, は徳大寺侍従長, を勤められ

▼ 学校職員~ (4, 0.0%)

1 がたちまち, であり夫, の手, や農耕指導者

▼ 学校~ (4, 0.0%)

1 とが机, はなし, を掛け, を肩

▼ 学校~ (3, 0.0%)

1 絵エ習いに, 行かんと, 行って

▼ 学校ごっこ~ (3, 0.0%)

1 ばかりする, をしよう, をやっ

▼ 学校じゃあ~ (3, 0.0%)

1 丙やら, 皆が, 講堂の

▼ 学校そのもの~ (3, 0.0%)

1 が誰, に於, もまた

▼ 学校たる~ (3, 0.0%)

1 ものの, やもしくは, 本質を

▼ 学校だけで~ (3, 0.0%)

1 いうから, やめるもの, 処理し

▼ 学校だけに~ (3, 0.0%)

1 さしたら可, 起る問題, 限られたの

▼ 学校だの~ (3, 0.0%)

1 教室などという, 統計図で, 青雲学校だ

▼ 学校ぢゆう~ (3, 0.0%)

2 の生徒 1 の愛嬌者

▼ 学校でさえ~ (3, 0.0%)

1 おれくらい, そう云わなかった, もう低級

▼ 学校でだって~ (3, 0.0%)

1 変な, 家でだって, 案外たかく

▼ 学校とを~ (3, 0.0%)

1 そっくり廃止, 管理し, 見た

▼ 学校などでも~ (3, 0.0%)

1 一日に, 先生は, 講義を

▼ 学校などを~ (3, 0.0%)

1 創設し, 建設し, 建設する

▼ 学校なんぞへ~ (3, 0.0%)

1 行きたか, 行くの, 這入るの

▼ 学校にさえ~ (3, 0.0%)

1 きちきちとは, 入れたいの, 遣って

▼ 学校にばかり~ (3, 0.0%)

1 へばりついて, 通って, 閉籠って

▼ 学校のみ~ (3, 0.0%)

2 ならず現に 1 ならず国民全般

▼ 学校へなど~ (3, 0.0%)

1 あそびに, 到底行けない, 行くと

▼ 学校よさせ~ (3, 0.0%)

3 て下さい

▼ 学校セミナリヨ~ (3, 0.0%)

1 が開かれ, の開設, や専門

▼ 学校~ (3, 0.0%)

1 のなまけ者, の優等生, の美人

▼ 学校三年生~ (3, 0.0%)

2 の時 1 であった弟

▼ 学校事業~ (3, 0.0%)

1 と社会施設, に可, は独立事業

▼ 学校五年生~ (3, 0.0%)

1 ぐらいの作業能力, の上, の大吉

▼ 学校何年~ (3, 0.0%)

2 やときいた 1 やつた

▼ 学校制度~ (3, 0.0%)

1 は恐るべき, ほぼこれ, を極度

▼ 学校参観~ (3, 0.0%)

1 に関する所感, の際, を請い

▼ 学校又は~ (3, 0.0%)

1 その教師たち, 他の, 大学に

▼ 学校学校~ (3, 0.0%)

2 とさわぐ 1

▼ 学校学生~ (3, 0.0%)

1 で社会科学, の出身分布, は突然

▼ 学校~ (3, 0.0%)

2 に手紙 1 の手紙

▼ 学校帽子~ (3, 0.0%)

1 の徽章, をそば, を被った

▼ 学校教場~ (3, 0.0%)

1 の生徒, の知見, の細事務

▼ 学校教育者~ (3, 0.0%)

1 からの要望, と一般文筆家, の説

▼ 学校~ (3, 0.0%)

1 とはそれほど, とを均衡, を用意

▼ 学校朋輩~ (3, 0.0%)

1 がある, にて常に, に高木秋子

▼ 学校病院~ (3, 0.0%)

1 などの地帯, をつくる, を設立

▼ 学校~ (3, 0.0%)

1 の山, の崇政殿, の通り

▼ 学校設立~ (3, 0.0%)

1 の念, の日本女子教育, の説

▼ 学校附近~ (3, 0.0%)

1 で六時, に下宿, を描いた

▼ 学校あるいは~ (2, 0.0%)

1 夜学校夏季学校冬季学校等を, 大学の

▼ 学校あれ~ (2, 0.0%)

1 が少し, ども不善学校

▼ 学校~ (2, 0.0%)

1 休みする, 休みだ

▼ 学校~ (2, 0.0%)

2 ッこ

▼ 学校ざかり~ (2, 0.0%)

1 の年, の時分

▼ 学校それに次いで~ (2, 0.0%)

2 私の

▼ 学校だけ~ (2, 0.0%)

1 では, 及第しました

▼ 学校だけの~ (2, 0.0%)

1 外国語などは, 方が

▼ 学校であり~ (2, 0.0%)

1 そのため, ながら五年

▼ 学校でございます~ (2, 0.0%)

1 か, からねえ

▼ 学校でし~ (2, 0.0%)

1 てその, て下され

▼ 学校でした~ (2, 0.0%)

1 のでおしゃれ, よむろん

▼ 学校とが~ (2, 0.0%)

1 主義の, 出来て

▼ 学校としての~ (2, 0.0%)

1 素質に, 責任を

▼ 学校とても~ (2, 0.0%)

1 それで, 一年に

▼ 学校とに~ (2, 0.0%)

1 分館を, 刑事を

▼ 学校なぞは~ (2, 0.0%)

1 できなくても, 親切な

▼ 学校など~ (2, 0.0%)

1 やめろ, 私としては

▼ 学校などが~ (2, 0.0%)

1 できて, 最適の

▼ 学校なんかも~ (2, 0.0%)

1 どしどしできる, 怠けて

▼ 学校なんぞ~ (2, 0.0%)

1 いいかげん, どんなにできた

▼ 学校なんど~ (2, 0.0%)

1 どうでも, へ出る

▼ 学校においては~ (2, 0.0%)

1 それを, 生徒の

▼ 学校については~ (2, 0.0%)

1 わかりません, 一点の

▼ 学校にての~ (2, 0.0%)

1 出来ぶりと, 肩身も

▼ 学校にても~ (2, 0.0%)

1 かかるあさ, われわれの

▼ 学校にまで~ (2, 0.0%)

1 及ぼして, 及んで

▼ 学校にゃ~ (2, 0.0%)

1 国の, 妙な

▼ 学校によっては~ (2, 0.0%)

1 七五, 舎監が

▼ 学校に対して~ (2, 0.0%)

1 何か, 反満州派

▼ 学校へと~ (2, 0.0%)

1 いずれも, 路を

▼ 学校へなんか~ (2, 0.0%)

1 行きたくないよう, 行きゃしないから

▼ 学校ほど~ (2, 0.0%)

1 伽藍堂に, 信用の

▼ 学校また~ (2, 0.0%)

1 お休みす, 武ならざる

▼ 学校みたい~ (2, 0.0%)

1 なこと, なもの

▼ 学校やめた~ (2, 0.0%)

1 の, 男に

▼ 学校よし~ (2, 0.0%)

1 てどう, てステイジ・ダンス

▼ 学校らしく~ (2, 0.0%)

1 このチムネー, 子供達が

▼ 学校を通じて~ (2, 0.0%)

1 ついに愛校心, 煙筒破壊の

▼ 学校カバン~ (2, 0.0%)

2 を肩

▼ 学校ゴツコ~ (2, 0.0%)

2

▼ 学校~ (2, 0.0%)

1 宿題ダッテアルバイトノ学生ニ任セッキリナンダカラ, 電話番号ガドウシテモ浮カンデ

▼ 学校ノート~ (2, 0.0%)

1 なんか私, のよう

▼ 学校二年生~ (2, 0.0%)

1 が, のモトム

▼ 学校以下~ (2, 0.0%)

1 の教師, の諸

▼ 学校休み~ (2, 0.0%)

1 ですかい, に帰宅

▼ 学校体育~ (2, 0.0%)

1 に取入れられた, の正課

▼ 学校倶楽部等~ (2, 0.0%)

1 があり, は勿論

▼ 学校入学志望~ (2, 0.0%)

1 でかつてしばらく, の子供たち

▼ 学校入学試験~ (2, 0.0%)

1 があまり, の話

▼ 学校六年~ (2, 0.0%)

1 の卒業生, を終った

▼ 学校内部~ (2, 0.0%)

2 に於ける

▼ 学校再建~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 学校出る~ (2, 0.0%)

1 と直ぐ, のに

▼ 学校出入り~ (2, 0.0%)

1 の商人, の薬屋

▼ 学校出版~ (2, 0.0%)

1 の, の表

▼ 学校創設~ (2, 0.0%)

1 の目的, の運動

▼ 学校助教授~ (2, 0.0%)

1 になっ, の環

▼ 学校子供~ (2, 0.0%)

1 の遊び場その他, はみんなはだし

▼ 学校家庭~ (2, 0.0%)

1 あるいは運動場, をもっ

▼ 学校家政科~ (2, 0.0%)

2 に入学

▼ 学校寄宿舎内~ (2, 0.0%)

1 に起る, に起るいろ

▼ 学校小使~ (2, 0.0%)

1 の某, は教師たち

▼ 学校小学校~ (2, 0.0%)

1 とそれぞれ, まあ日曜日

▼ 学校建築~ (2, 0.0%)

1 に際し村会, の雛型

▼ 学校当事者~ (2, 0.0%)

1 の保護, は入学志願者

▼ 学校当局者~ (2, 0.0%)

1 がムキになっ, の眼

▼ 学校支那語科~ (2, 0.0%)

1 にありし, の第

▼ 学校教授法~ (2, 0.0%)

1 の実験, や通俗心理学

▼ 学校教科書~ (2, 0.0%)

1 の問題, の整頓

▼ 学校教育以外~ (2, 0.0%)

1 の, のこと

▼ 学校方面~ (2, 0.0%)

1 に知れ, の人

▼ 学校浜松支部~ (2, 0.0%)

1 と改称, は変則中学校

▼ 学校~ (2, 0.0%)

1 り更に, り美術学校

▼ 学校~ (2, 0.0%)

1 の古い, の鞄

▼ 学校用具~ (2, 0.0%)

1 まで入っ, や体操用具

▼ 学校~ (2, 0.0%)

1 である教育, 又は僧侶的

▼ 学校社会~ (2, 0.0%)

1 この三つ, を通じてそれ

▼ 学校組織~ (2, 0.0%)

1 になり, の不完全

▼ 学校給食~ (2, 0.0%)

1 のおわん, を通じて新しい

▼ 学校訓導~ (2, 0.0%)

1 の手紙, より

▼ 学校読本~ (2, 0.0%)

1 が日本国中, の中

▼ 学校講堂~ (2, 0.0%)

1 めいた古風, や学校劇場

▼ 学校軍隊新聞雑誌~ (2, 0.0%)

2 などのすべて

▼ 学校遅刻~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 学校都市~ (2, 0.0%)

1 には学校都市, の軍事都市

▼ 学校長会議~ (2, 0.0%)

1 そうした会合, の席上訓示

▼ 学校革新~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 学校音楽~ (2, 0.0%)

1 といふもの, は日本国民

▼1* [575件]

学校つての, 学校あておくって, 学校いいなあ, 学校いうのん, 学校いうたらうるそうてなあ, 学校いずれも国庫, 学校いっぱいに溢れたつ, 学校いまのよう, 学校いもその頭, 学校い帰るのん, 学校い行きますことは, 学校い行くんだ, 学校い行けへんのか, 学校い飛んで行きます, 学校天子様の, 学校おくれてしまふ, 学校お母ちゃんいないイ, 学校からかへると, 学校からさえ遠ざからなければ, 学校からと聞く洋服, 学校がというよりも, 学校がという勢いで, 学校がよひの, 学校つての, 学校ぎらひはその頃になつて, 学校くらいのところで, 学校ぐらいもあるの, 学校ぐれえ出来たって何, 学校ふは, 学校こしらえて一, 学校こそ違え大学, 学校さあげねばなん, 学校さして私は, 学校さ行がれなぃもな, 学校さ行ぐよりウンとええ, 学校しかなくて, 学校しもたの, 学校じみておかしい, 学校じゃと云うに, 学校すきでしょ, 学校すなわち今日の, 学校そのもの女学生そのものについていい, 学校それ私共の学校明治学園, 学校だけが私を, 学校だけを平凡で, 学校だろう生徒が, 学校ぢうにひろめたの, 学校つけとどけ木戸御免説, 学校でありましたので平常, 学校でありませんと来る, 学校でかあか, 学校でこそ教師の, 学校でさえも女子の, 学校でだけスマし, 学校でですか家, 学校でとはだいぶちがう, 学校でない方が, 学校でなくば容易, 学校でなければいけなかった, 学校でよりも近所の, 学校というは本と, 学校というも可なり, 学校といつても可, 学校とかいふ処の, 学校とかの試験を, 学校とかへ通って, 学校とかを使うよう, 学校としてのみならず個人, 学校としても全く歴史的, 学校とだけはせめて喧嘩, 学校とで言葉の, 学校とやらへ御入学, 学校どころか家が, 学校なぞにある標本, 学校などから子供の, 学校などというものより, 学校などにおいて古代からの, 学校などには中等学校卒業生や, 学校などにゃ妙な, 学校なみにストライキ, 学校ならしめその教員等, 学校なら入るといっ, 学校なら止めてしまい, 学校なら這入れたのかも, 学校なりに通わんと, 学校なりへはいる予定, 学校なれば月謝, 学校なれざるためであっ, 学校なんかに運んだん, 学校なんかの年限さへ, 学校なんかへめったに出席, 学校なんかよかグンと, 学校なんぞというものとは, 学校なんぞにあがると, 学校なんぞはどうでも, 学校にかはつた, 学校にだけは出して, 学校にだってあるもの, 学校について話し合ったこと, 学校にてばかり誠あけくれ, 学校にとって最も喜ぶべき, 学校にとっては音楽という, 学校になんか行くの, 学校にもの読める声, 学校によって議論を, 学校による教育統制, 学校にをりました, 学校に関して悪い評判, 学校のだけの事には, 学校のてまえに, 学校のね芳さん校長に, 学校のみで行は, 学校のみにして, 学校はじごくみたい, 学校はじまって以来, 学校はじめてなのになァ, 学校はときけば, 学校卒業した, 学校ばかりかすべての, 学校ばかりがあるの, 学校ばかりじゃない, 学校ばかりを訪ねて, 学校へかよつた, 学校へさえ来て, 学校へだってやれるん, 学校へという話も, 学校へとの望みの, 学校へなんぞ来た事, 学校へなんて入つたの, 学校へまで行って, 学校への一寸, 学校みんな先生の首, 学校もっと上の, 学校もと開成所といったところ, 学校やったら誰かって, 学校やはこの理想, 学校やめて自活, 学校やめさせられたけれども彼, 学校やめさせるような, 学校やら専門やらについて, 学校やらが書立てられさて, 学校よりは徳育に, 学校よりゃ野良仕事が, 学校がね, 学校らしき体面をすら, 学校らしくありさへ, 学校らしくないか現在, 学校らしくなって来た, 学校をさえやめて, 学校をと希望しただろう, 学校をば一番で, 学校を以てその中心点, 学校生徒でん, 学校行く服, 学校カラ帰ルト河井ノオヂサンガ清チヤント一シヨニ来テヰテケイ馬ヲ見, 学校カ其ノ最, 学校ガアルシ八月ニナレバ軽井沢ヘ追, 学校ガ休ミニナッタノデ経助ハ辻堂, 学校キャンプ生活いずれも理想的, 学校クラス会幹事津田憲治とある, 学校グラウンドに殺到, 学校サークル内に通信員活動, 学校ストライキは何, 学校ナイズすること, 学校ニ入学シテカラモズツト遊ビニ来ルシ古イトコロデハ退職後マデ機嫌ハドウカトタヅネニ来テクレル有様ダ, 学校ニ浄吉ガ会社ニ出テ行ッタ後庭ヲ散歩シテ四阿ニ休ム, 学校ハイツカラ休ミデスカモウ試験ハ済ミマシタカ僕ハチョウド君ノ学校ガ休ミノ時分ニソチラヘ行キマス, 学校フィラデルフィアのブリンモアー学校, 学校フウン小学校の教師, 学校マリオ商学校三つだけ視, 学校マリオ工学校マリオ商学校三つだけ視, 学校モ出テイナイノニ頭モ悪クハナイラシイ, 学校モ始マルノデ豫定ヲ早, 学校リーグは連合体, 学校一年の時, 学校一棟が楽, 学校三つだけ視, 学校三軒懸持ちの, 学校上川支庁管内の学芸品, 学校上級の年, 学校上級生から中学, 学校不徳学校などはなき, 学校世界に引, 学校に附属高等小学校, 学校並みにしか送っ, 学校中でも女学校の, 学校中全体にさえ承認, 学校中名あるもの, 学校中欠課や欠席, 学校中皆な悉く, 学校中途退学の語学力, 学校主事狭谷町醇風会理事, 学校予備学校における学生, 学校予備校に入った, 学校争議は一九四六年, 学校事業家としての氏, 学校二年の頃, 学校二時間は宅, 学校二部三年生にて美文, 学校五十年祭の当日, 学校五年の生徒たる, 学校人家のきらい, 学校仏蘭西語の教師, 学校仏蘭西語学教師の件, 学校仏語科出身たる経歴, 学校仕舞い本を買い, 学校仕込みの, 学校付属小学校に入る, 学校代表として出場, 学校令施行規則に, 学校以上大学に学ぶ, 学校以上大学以上になる, 学校以上程度の学力, 学校以来二十年の経験, 学校以来同級である京都帝大, 学校仲間在郷軍人親類などから祝, 学校休むやつが, 学校休んだり夫, 学校休んだの, 学校休暇を手初め, 学校会社官庁から催し, 学校会社銀行商店カフェーバーは云う, 学校体育場博物館図書館動植物園露天劇場農産物品評会場青少年学芸展覧会場などが整然, 学校使用人のこと, 学校の外, 学校保護の用, 学校個人では細川侯爵, 学校停止に不満, 学校備付けの電気吸入器, 学校の一揆, 学校入学前に貰った, 学校入学卒業後古社寺保存会, 学校入学卒業後目を病み, 学校入学志願者の数, 学校入学早々アメンボウという綽名, 学校入学難は中等学校, 学校入門書の発行, 学校全部のマルクス学生, 学校八三%まで中継放送, 学校公会演説教育ある人間, 学校六代目と同じ, 学校六百人の子供, 学校兵営官舎その他医者の看板, 学校其の他の, 学校兼大学であった, 学校冬季学校等を設置, 学校出らしき黒袴下り乗客も, 学校出られたのん, 学校出来ると思っ, 学校出身者中よりいわゆる, 学校出身者採用を全廃, 学校初代校長クラーク博士も, 学校初級向きの, 学校が変っ, 学校制限法は或, 学校創立の事業, 学校創立当時の話, 学校創立案なるもの, 学校劇場で巡回上演, 学校劇場映画製作所ソヴェトの運営, 学校助教授二氏の職業, 学校労働予備学校専門技術学校を設置, 学校労働科農村青年のため, 学校労働者クラブ社会保険のこと, 学校動員であるゴム工場, 学校勤めをする, 学校区域は職業拳闘家, 学校は椅子, 学校医学部生徒某氏は自らこれ, 学校卒業式に於, 学校卒業後の東京生活時代, 学校卒業後今日に及ん, 学校卒業生みんな理科系統で文科, 学校卒業生達を数えなけれ, 学校卒業製作塑像の写真, 学校卒業間際の学生たち, 学校協会一七九校私立中等学校連合会および私立青年学校連合会一, 学校ハ兵学校ニ入学シテカラモズツト遊ビニ来ルシ古, 学校及研究倶楽部もまた, 学校友だちルイス・マノアールはクレルヴァル, 学校受験の結果, 学校の病院, 学校小学校職業組合大, 学校同じ大学に, 学校同業組合などの集団検診, 学校が記され, 学校名前位は聞いた, 学校否定に意味, 学校和仏法律学校ありドイツ法律家, 学校商売としても成り立たなくなる, 学校商売上手な人, 学校商社のみならず, 学校問題がやかましい, 学校営業の目的, 学校営業者が認識, 学校四年制あと七年制九年制とある, 学校四年生の一人息子, 学校図書館あたりで, 学校図書館四万五千の単位, 学校図書館農業組合各種工場の教養部門, 学校にあった, 学校在学一八・一%等である, 学校在学中シホホロ迄来り, 学校在学中軍医から肺尖カタル, 学校在学時代から常に, 学校地図によってここ, 学校基督教紳士組み立ての学校, 学校増築にあり, 学校増設収容人員の倍加, 学校夏季学校冬季学校等を設置, 学校外教育の至要機関, 学校外教育部には, 学校夜間中学に通学, 学校学校越ゆれ, 学校大きらいなくせ, 学校大学一一八校の学生たち, 学校大学等に山岳部, 学校奉職時代の前, 学校女学校とまっさきに, 学校女学校小学校の先生, 学校女生徒の割合, 学校好きの私, 学校は, 学校る, 学校姓名年齢旅行の目的, 学校委員会を組織, 学校ひを, 学校子供云ふの, 学校孤児院の経営, 学校学生時代に熊本, 学校官庁団体への大量寄贈, 学校宿直を庵宿直, 学校富士見町へ行く, 学校専門学校になる, 学校専門学校大学一一八校の学生たち, 学校専門学校大学等に山岳部, 学校専門学校程度の教課書, 学校専門技術学校を設置, 学校尼さんになる, 学校履きの草履袋, 学校山林学校水産学校をいくつ, 学校工場に働い, 学校工場寺院等その主, 学校工学寮等に通勤, 学校工学校の入学試験, 学校工業学校の様, 学校已めて後, 学校帰りましてから書く, 学校に中等学校, 学校幼年学校の試験応募者, 学校庭内に組み立, 学校廃校後はさらでも, 学校廃止後は官報局, 学校建築中に初めて, 学校建築科本科に入った, 学校建築自身の問題, 学校式師範教育の束縛, 学校当局糾弾の第一声, 学校御用掛となつ, 学校復興のバザー, 学校志望の調査表, 学校怠けててん, 学校情調がありすぎる, 学校成績はあまり, 学校或は大学の, 学校所在区の不良少年, 学校托児所教員がうんと, 学校授業なし, 学校改築のこと, 学校改革に徹底, 学校改革問題では寧ろ, 学校改革案は無論, 学校政党本位の当局, 学校政治の内輪もめ, 学校教化の作用, 学校教員組合の合同, 学校教官の余技, 学校教師さへ彼, 学校教師学生のため, 学校教師官吏会社員等のインテリ, 学校教師実力の向上, 学校教師野中の宅, 学校教師野中弥一がひとり, 学校教師野中弥一宅の奥, 学校教師野中弥一酔歩蹣跚の姿, 学校教師風に定式化, 学校教授ファブレス氏が新, 学校教授槙村と名刺, 学校教授要目の国体教育化, 学校教科に採用, 学校教科書国定の問題, 学校教程図書館管理要項より, 学校教練終了を幹部候補生資格, 学校教職員の舎宅, 学校教育なぞが人, 学校教育上のこと, 学校教育家の罪, 学校教育局長田中耕太郎の, 学校教育社会教育自己教育に及ぶ, 学校教育等に由, 学校教育者風な興味, 学校教諭の東辻保和君, 学校教諭佐々木清治氏の蒐集, 学校教諭渡辺千吉郎氏が利根川水源, 学校数減少案とか官立, 学校敷地の高い, 学校敷地マデアイヌ地ヲ奪, 学校文化化された家庭, 学校文学会の開会式, 学校文武館三校の教職, 学校新築の問題, 学校早退きして二人, 学校昇格問題できこえた, 学校明治学園皆さん何うでありますか, 学校時代厳父の死, 学校時代寮を同じく, 学校時代機械体操にかけては級中, 学校時代私は決して, 学校時代赤井や野崎, 学校時代軍艦の砲塔, 学校時代鎰屋のお, 学校書生さんは取次ぎ, 学校最寄りの方面, 学校最後の卒業式, 学校最終学年の生徒, 学校服姿の一郎殿, 学校第八時, 学校を読み, 学校松柏寮内倉田艶子に送っ, 学校校内になっ, 学校校舎に贅沢, 学校校長吉田秀穀さんで画学校, 学校なるもの, 学校概念的に云っ, 学校構内の池, 学校機関銃隊騎兵連隊重砲隊などがある, 学校欠席十二時までねる, 学校止してしまいたい, 学校止めるときい, 学校止めんでもええ, 学校武藤教授の教示, 学校歴訪の間, 学校気付で未知, 学校水産学校をいくつ, 学校活気のある, 学校の岸本辰雄, 学校派さへこれ, 学校派哲学の, 学校浄化のため, 学校海浜小学校農園都市小学校の効用, 学校ての光景, 学校為編書或入, 学校無用論についてである, 学校特に青少年義勇軍の, 学校獣医学校などの学生達, 学校生徒共産党青年部員としてそういう, 学校生徒勉強する官吏, 学校生徒十三万人とをば静思修養, 学校生徒松谷鶴子の自殺事件, 学校生徒達が鍵, 学校生活万能的傾向を排し, 学校生活中に襲われた, 学校生活職工ならその, 学校用品代橋の修繕費, 学校用品店の隣, 学校用理科器械にくらべる, 学校用読本の中, 学校男女各高等師範, 学校町村その他の団体, 学校病院会社銀行大商店, 学校病院劇場が多数倒壊, 学校病院工場博物館図書館止宿所孤児院等を巡見せり, 学校病院教会など開化, 学校病院湯屋クラブその他建設のため, 学校的世界観の魔, 学校盛りの年ごろ, 学校監督の需, 学校相撲が催された, 学校を対, 学校矢嶋先生や宗先生, 学校石割桜で名高い, 学校研究所にいる, 学校社会家庭を含めた, 学校神学校女学校等に分れ, 学校程度学士博士大博士程度, 学校程度専門学校程度学士博士大博士程度, 学校積善学校あれども, 学校管理法や心理学, 学校を喰らえ, 学校だ, 学校の生徒, 学校経営者などによって結成, 学校統一を名, 学校続出の傾向, 学校総出でやった, 学校総力大会の熱, 学校編修朝野新聞記者工学寮課長を順次, 学校編纂の小学読本, 学校老年学校を設置, 学校聯合の提燈行列, 学校職員法の制定, 学校育ちですかそれなら, 学校自身の営業方針, 学校と病院建築, 学校ありて, 学校英華学校文武館三校の教職, 学校蕃産品交易所茶店などが小さな, 学校の仕度, 学校行きたいことあれへん, 学校行ったかってし, 学校行政の俗務, 学校で商店, 学校衛生とかは人, 学校裁判所税務管理局なども置かれた, 学校裁縫科の教師, 学校裏紋床に役介, 学校補助費三万ドルに対し公立図書館, 学校補欠募集を目ざし, 学校見た様な, 学校見たいなものが, 学校規則には, 学校視学官市役所員それにドクトル, 学校視察のため, 学校記念日の美術祭, 学校設立新聞発行商売工業の変化, 学校診療所産院等五ヵ年計画では大した, 学校試験の問題, 学校語学練習演劇を看る, 学校の外, 学校倶楽部等の, 学校諸員はもとより, 学校講師若艸会主宰, 学校警察までよって, 学校分官公私, 学校まで計算, 学校費用の一点, 学校ゆれば, 学校農場で技術家, 学校迄の間の, 学校近くの閑静, 学校近所の, 学校退けての帰りがけ, 学校退学後のお前, 学校途中まであがった, 学校通学時代自転車で日比谷あたり, 学校連中が私, 学校連合会および私立青年学校連合会一, 学校運動会の騷音, 学校過剰といはれる, 学校に出, 学校野球仕合を見る, 学校鉄道あり人民これ, 学校鋳金科へ入学, 学校長和田兼三郎氏のいる, 学校長教師代表労働組合からの代表, 学校長等官僚体制が確立, 学校門前の通, 学校開校にゆく, 学校関係以外は却つて地方, 学校に栄転, 学校附属の図書館管理, 学校附設図書館の目録編纂法, 学校陸士育ちの生粋, 学校随分長く休んだ, 学校隣りにある, 学校雇いを命ず, 学校革命の家, 学校や赤い, 学校の若い, 学校風景の前, 学校食堂の給仕, 学校おいしかつ, 学校高学年の教科書, 学校高射砲隊の演習, 学校高等学校等の教職