青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「州~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

島田~ 崇拝~ ~崖 崖~ 崩れ~ 嵐~ 巌~ ~川 川~ 川上~
州~
~巡査 巡査~ ~巣 巣~ 工~ 工事~ ~工合 工合~ ~工場 工場~

「州~」 5587, 60ppm, 1900位

▼ 州~ (1508, 27.0%)

13 方へ 10 御隠居 7 方から 6 地を, 或る 5 兵を, 山の 4 ごときは, 人口は, 兵が, 境に, 太守に, 山々を, 田舎の, 空は, 那須の, 間に

3 [18件] もので, ような, 兵は, 国境に, 城の, 城は, 城へ, 奥の, 山は, 平原を, 役人が, 方に, 民は, 熊五郎の, 牧に, 者で, 諸大名, 野に

2 [87件] お役人, お役人様, ここらは, ポートランドに, 一つの, 丘陵が, 人の, 人足が, 代表像には, 何処かに, 兵に, 別駕, 刺史を, 劉恢の, 劉璋は, 南端の, 危急を, 土地は, 地に, 地方を, 境まで, 境を, 大平野, 大部分, 太守が, 太守と, 太守も, 奥に, 官舍を, 家へ, 家中は, 屋敷に, 山々が, 山々の, 山が, 山地や, 山野を, 平野から, 平野で, 平野の, 庭, 庭だ, 張氏の, 役人と, 役人という, 手に, 捕方を, 故郷に, 新領土, 方だ, 方で, 方にも, 方の, 方を, 曹操は, 楊柳は, 榛名山の, 機屋に, 殿様, 民ッていう, 沼田は, 海岸で, 熊も, 熊五郎は, 片田舎に, 牧と, 牽牛花の, 狐が, 生れだ, 田舎に, 画だ, 知事に, 空の, 竜眼肉を, 精兵を, 終末に, 者は, 若殿の, 血は, 贋筆は, 趙季和という, 野を, 長官, 間にとか, 首都オハン市は, 高尾山の, 高崎まで

1 [1188件 抜粋] あたりから, あの山林, ある寺, ある市, ある百姓, ある集会, いきさつを, うわさを, お下屋敷, お客には, お旦那, くわしいはなし, これも, ごとく肥ったる鶏, とは違い, はずれの, は特に, ほうへ, やうに, ように, アルプス地方では, イーストポートの, エムポリア市から, クリヤフイルド市に, クロイドンに, ケムブリッヂといふ, サライエボという, ジェイエリエ人伝う, スタムフオウドに, スピルヴィルに, ソンとか, ツァーランという, ドルドオニュへ, ノルチアに, フリウリ村に, マキナック島には, メイドストーン治安判事を, メルローズという, モンダンという, ランメナウの, ロッキー山中に, 一ノ宮や, 一塊の, 一寺に, 一所に, 一港で, 一部では, 一部は, 七男殿も, 万太郎じゃ, 三つ浦, 三山浅間山木曾の, 上屋敷から, 上杉領へも, 上院議員ジエームス・ミルトン・レヰス氏で, 丘陵上に, 中です, 中でも, 中央に, 中条山という, 中部より, 主たる自分, 主催に, 主簿に, 主簿上柱国賜緋魚袋閭丘胤と, 九鬼右馬允殿に, 事の, 事情に, 二城を, 五峯に, 井伊城へ, 人たちは, 人で, 人に, 人口と, 人士は, 人望は, 人民および, 人民に, 人物が, 人間では, 今日は, 代官を, 伊吹山さそれから, 伊豆山権現が, 住民と, 住民は, 併合は, 使者も, 侯伯から, 俗信に, 健児は, 僧常, 兄の, 先例に, 八小隊彦根の, 八掬脛ぐらいの, 八郎潟の, 兵変を, 兵隊で, 内使の, 処置を, 出城の, 初発心, 判を, 利根の, 刺史, 刺史だけに, 刺史に, 刺史劉岱は, 刺史太守などが, 前人を, 創意でない, 劉虞を, 動向と, 勘定奉行から, 勧誘に, 北に, 北部三河東部上野の, 千葉から, 南だって, 南端, 南部を, 博徒などと, 参軍で, 反抗を, 叔父てえ, 古都ロンドンデリー, 司馬大, 各地に, 各都市, 吉田御殿という, 同じロオヌ, 同志に, 名でも, 名代人, 名剣士青柳又八郎腕は, 名山悉く, 名誉知事, 向背は, 呂布から, 呂布であった, 呂布へ, 和算の, 唐沢山辺まで, 四面を, 国すべての, 国境で, 国境山脈を, 国定忠次で御座い, 土に, 在に, 地の利を, 地主で, 地方長官に, 地盤と, 坂本に, 坂本龍馬と, 城に, 城下, 城下へ, 城兵は, 城壁と, 城外より, 城門へ, 堺に, 塞上で, 境で, 境にまで, 境へ, 墓あり, 士で, 外臣に対して, 多摩郡一帯の, 大きな景色, 大兵を, 大名中で, 大国を, 大将文武の, 大本を, 大総督スターベア, 大陸にも, 大鳥瞰図, 天竜川の, 太守たるよりは, 太守は, 太守陶謙は, 奥深くあちらこちら, 女中方なぞの, 奴うまく, 奴等や, 如きもの, 妖人楊千郎といふ, 妙義山へ, 始末方の, 婦人も, 学舎は, 宇都宮で, 守将王礼と, 安中, 宗たらし, 官衙は, 実態を, 客将だ, 宮本村と, 宮本武蔵どのが, 家こそ, 家中の, 家中成瀬隼人正の, 家老鈴木千七郎殿でございました, 寄合衆に, 富士川野州塩原の, 富蔵いずれも, 寒村狩宿を, 将軍なら, 小丘陵, 小屋に, 小川村で, 小沛, 小金井だ, 尾瀬平と, 山々まで, 山な, 山の端から, 山内容堂公は, 山地に, 山奥の, 山奥辺の, 山峡に, 山村の, 山水第, 山路に, 山野とを, 山間何百里の, 島で, 川プラート市の, 川俣村まで, 州名を, 州庁の, 巻, 市場で, 市街の, 平な, 平原早や, 平野が, 平野でも, 平野には, 平野も, 平野戦で, 広沢地方に, 府中の, 庭と, 廻りに, 強国オロシャだ, 役に, 役人は, 役人らしい, 従軍医が, 御前崎に, 御家士なら, 御岳山の, 御陣, 徳川万太郎だ, 徳川家康の, 徳川慶勝や, 情勢を, 慈姑を, 成功として, 或山道, 戦場では, 戦雲を, 所領とともに, 手が, 手越河原まで, 押えには, 捕方が, 掛川地方であった, 攻略の, 政策は, 敗残兵を, 敵の, 文廟, 斎藤父子熊本の, 新村はんどす, 新聞に, 方には, 方へも, 方角へ, 方面へ, 旅数日いつの日も, 日光山と, 日本人農家は, 時代と, 暁雲の, 有力新聞アトランタ・カンステチュウション紙は, 有名な, 有馬郡などで, 本郷に, 材木に, 東に, 東海岸には, 松井田でした, 林氏の, 某官庭前, 柳生様に, 條參看, 森林の, 榛名に, 榛名湖においては, 樅の, 正太安岡っ, 武人が, 武士は, 武門が, 歴史に, 殿と, 殿樣へ, 母校たる, 毛利が, 民家には, 民趙丑斯郭菩薩等あり, 水が, 水呑百姓, 水長沢山を, 求める, 池田侯備前の, 沖だろう, 沢井という, 沢井まで, 沼田における, 沼田町から, 波切に, 津山から, 浅井を, 浅野が, 浜松の, 浪人であった, 浪人古, 浪人者井上半, 海岸では, 海辺地には, 深山樹下の, 渡辺崋山にも, 港にて, 湯檜曾から, 漁師の, 濠ぎわまで, 灘を, 為に, 無, 熊五郎が, 熊五郎と, 熊五郎を, 熊野川行を, 爺いちいち, 片田舎から, 牢人とか, 牧の, 独創的な, 玄徳なんども, 王の, 生まれである, 生れじや, 生れだった, 産で, 産四十餘歳壯快, 田中に, 田舎から, 田舎者その, 男児を, 界では, 界十文字嶺に, 留守を, 瘴霧を, 白根あたりが, 百姓が, 百姓剣という, 監督の, 直接管理であった, 知事, 知事たり, 知事という, 知事を, 磐田郡では, 神奈川へ, 秋葉の, 移民米作という, 竇旭は, 立法例を, 竹を, 第中, 筑波山の, 箱書では, 粂次郎な, 精猛に, 精鋭を, 紅崖山の, 統治も, 総人口, 縄張りの, 美しい平原, 義士は, 考案では, 者でございます, 肥沃を, 胡人, 臣下が, 舞阪と, 船舸来て, 苅安賀星崎などの, 若殿で, 若殿徳川万太郎と, 英雄を, 茶室で, 草津から, 草津辺を, 荒川は, 萩原禎助, 萩原禎助は, 蒲姓は, 蔵番奥宮鏡太郎と, 蕭殺たる, 藤原から, 藤太という, 藩, 藩医柳田泰治の, 蚕場へ, 衆が, 裏側に, 製糸工場へ, 西北セルキオマーグラ兩河の, 西岸東に, 西水寨に, 要地を, 要港たるのみ, 親族の, 觀察使に, 言葉で, 設計で, 認定図書館は, 諸中学校, 諸岳, 警察を, 象頭山に, 豪家垣見左内公儀に, 豪派月輪一刀流より, 貧農の, 賊軍ぐらいは, 赤城と, 赤安山, 赤瓦は, 越賀などでも, 足利安蘇下都賀郡の, 足洗, 軍吏蔡彦卿という, 軍旅の, 軍馬を, 農民は, 近くである, 通判に, 造庭では, 連山に, 道, 遺臣に, 那和亦, 那須山という, 郊外に, 郷名村名を, 重臣田宮如雲なぞの, 野手に, 野遠く, 録事に, 鎮守総社大明神に, 長浜と, 長脇指, 閑居で, 附近に, 陰陽博士の, 隠居だ, 雄月輪一刀流, 雄藩秋元と, 領分だ, 顔を, 風物を, 餌鳥取の, 首府に, 首府ピーターマリッツバーグは, 首府メルボルン市に, 首都オハン市を, 馬廻り役江戸詰と, 騎兵の, 高尾山で, 高尾山へ, 高林という, 鬼という, 鰤に, 鳥羽にまで, 鴻家に, 鶏足山正法寺など, 黄匪連絡を

▼ 州~ (300, 5.4%)

4 在りては 3 到着した, 於て 2 ありて, 出づ, 出で, 在りて, 散在し, 来て, 謫せられ, 輝いた八代吉宗, 遊びしこと, 雲水の

1 [270件] あって, あっても, あばれた頃, あり, あるという, ある古い, ある新聞記者三団而, ある本屋, ある町, ある羽柴, ある草薙家, いるし, いるの, いる間, うつり米国市民, うようよし, おもむいて, かえり着いて, ござります, しっ素な, して, しれわたれるなるべし, それぞれ守る, そんな異変, とどまって, とどめおいた, のこして, はいったと, ひそみ衣食, ひそむ忠誠, ひっこんで, ひとめ逢いたく, ひびいて, ほどこした徳, またがって, みちて, もっとも狼害, やって来て, やぶれて, よくあった, よれば, わずかな, わたって, ゐると, ゐる地方切つて, ビッグトムソン計画と, 三田あり, 上州円朝と, 下向した, 下着し, 亘つて大鳥毛を, 人が, 人の, 他州人, 会す郭英, 住み一切, 住む比較的, 住んだこと, 住居し, 何友仁という, 來て, 來られ, 來り, 來寓した, 信州早, 先を, 入った, 入ったの, 入って, 入つた當時, 入つて, 入り, 入りその, 入り参州, 入る, 入るに, 入れて, 入城し, 八木良蔵沖剛介千葉重太郎等が, 出て, 出来ましたるヌー・シカゴ, 分かる, 分つガルルーラ, 分布され, 到らず, 到りてのち, 到着する, 到着せられた, 劉滄客という, 勢力を, 南下し, 及ぶ平氏, 及ぼして, 名高い草津, 名高い金鉄組, 向けること, 向って, 向つた, 向つた次第である, 向つて毒, 向て, 向ふも, 吟詠す, 呉という, 唯史上, 嗅ぎつけられそれで, 因州土州に, 國司として, 土着し, 在て, 在り, 在り何晋之, 在るに, 在る日支両国民, 塩原碓氷霧積の, 大きな足, 大地震, 奔り, 存するは, 孝經師を, 官たる, 封じて, 小蛇, 尽きぬ愛敬, 居つて, 居て, 居る事, 屯す, 差出すこと, 帰って, 帰らずそのまま, 引渡せと, 往き越州, 往って, 徙され, 御座あそばされ, 応接し, 怪鼠あり, 手が, 托鉢修行し, 振るわざるは, 據らんことを, 於けると, 於ける年齢, 於ける慘事, 於ける真田領地, 於ける蒲姓, 於る, 普及し, 普通に, 最も多い, 最も多く, 最も普通, 最多種, 朱老人という, 来た陰陽師, 根を, 植民した, 死して, 残して, 残って, 比すべきもの, 比べて, 法神流が, 波及し, 流された, 流されぬ, 流行せし, 渡った人, 渡って, 渡りしが, 満足は, 源を, 滯在し, 漂着せられた, 無数に, 牛の, 牧だった, 現存し, 理研系統の, 生ずるもの, 生れその, 生れたカンボジヤ華僑, 生れて, 産す, 産する, 男を, 男子を, 目標を, 相会した, 相談を, 着いたら早速, 着任し, 移封せられ, 突張つて居た, 立越え, 罷在りて, 股がって, 至らしめ舟路密, 至りさらに, 至り五軍, 至り尾張, 至り平安, 至り飲酒食肉, 至り高秀才の, 至る途中, 至る道光武廟, 興りました, 舎利塔を, 芸術的の, 著いたら, 著任し, 蓄え武士, 蔓延せる, 蜂起し, 行きて, 行き柳屋, 行き草鞋がけ, 行って, 行つてそこで, 行はれた, 行われ函嶺, 行脚した, 覇を, 親しい友人, 討つと, 訪問した, 謁し, 謫され, 資料の, 贈らむがために, 走り宋忠, 起つた事, 趨く, 跋扈し, 跨がる山, 跨る山, 跨る阪路險悪, 身を, 軍を, 転任と, 轉じた, 近いので, 近づくにつれて, 迫りつつ, 迫る南軍, 迫る日, 追いやられ福島正則, 送られるパシャ, 逃げて, 通ずる関門, 進み城兵, 遊びこの, 遊びその, 遊んで, 達した, 達して, 達する船舶, 遠謫, 金馬碧鶏の, 鎮守し, 陣取ったまま, 隣接する, 雄視する, 集中し, 音楽批評の, 響かせたの, 駐まり, 騒いで, 鼠多く

▼ 州~ (212, 3.8%)

2 [14件] 出て, 加えて, 尋ねても, 廻って, 征服した, 歩いて, 流浪し, 経て, 通って, 通過し, 遊歴し, 過ぎて, 領し, 領した

1 [184件] あなたに, あるいて, あわせて, いちえんに, うちて, おかして, おんあずかり申される, お取りなさい, こしらえて, さしていそい, さしてひた走り, さして旅, さまよい私, さらに加えようで, して, その儘, なした川原, なせる浅き, はじめ合衆国の, へて, めぐる, もって, わが物, ゴオト族と, 一度に, 一致し, 一走りに, 与える意図, 亡ぼした時, 代表し, 併せて, 併せれば, 併呑し, 侵略し, 光被し, 八つの, 内に, 冒して, 出たとの, 出動し, 出発した, 初めと, 初メ, 加へ, 助けに, 半日で, 単なる一時的所有物, 占領し, 去ったの, 去った光秀, 去ること, 取ったら返すなどと, 取って, 取りながら, 取り先ず, 合せて, 名けて, 周歴し, 周遊せん, 囘復し, 回国し, 回復し, 囲ませ自身, 囲む海全体, 囲めば, 圧倒する, 失地し, 奪おうと, 奪って, 奪はれました, 奪りか, 奪る, 奪るべき, 奪回する, 守って, 守らしめ徐凱, 守るものの, 守れと, 定めずんば, 尋ねて, 巡察した, 巻きて, 巻く事席, 席の, 席巻し, 常々そんなに, 平らげあわよくば, 平和に, 引き合いに, 急ぎすぎゆく, 手に, 才人だ, 抱いてる景色, 指した, 指したもの, 指して, 指揮する, 挙う, 挙げて, 振ふを, 掠取らんと, 擁して, 攻めたこと, 攻めなかったらあの, 攻められた折, 救う方法, 救えと, 整理した, 明治の, 最北限, 有って, 望むも, 東西に, 根據として, 模範と, 横奪, 横領し, 武者修行として, 歩いたらしい足跡, 歩き廻ったですが, 歩き廻り大, 歩き武将, 治めても, 治めに, 浪々し, 渡りある, 漂泊し, 潜行し, 照らして, 発して, 相手として, 睥睨し, 知らぬこと, 空襲した, 窮めむとする思想, 窮めんと, 統治する, 締めくくる人物, 股にかけ, 股にかけて, 自由に, 荒し廻った盗賊, 薄命と, 蜂の巣の, 血眼に, 衝いたので, 襲わなかったら徐州, 襲撃し, 襲撃した, 見わたして, 見渡す, 見渡すの, 視察する, 討ち両, 討つも, 討て, 訪ねた時, 訪問した, 詠じたるの, 貫きさらに, 貫くディクシイ国道, 貰ひ, 貰ふ, 跨に, 跨有して, 踏破する, 退散十二年の, 通りかかると, 連れ歩きました, 逸して, 過ぎた時, 過ぎ烏川, 鎭護す, 開墾し, 除いたほか, 隔つ, 離れて, 電撃すれ, 頒けて, 領するの間滅亡, 領有し, 頼るに, 飛行した, 飢饉の

▼ 州~ (171, 3.1%)

4 今の 2 かう云, 有名な, 私の

1 [161件] あにさん, あれほど, いまや初夏, いわゆる有無, おろかな, おろか海道随一の, かう言つて返事, かつてその, かつて湖沼, この点, この王国中, これで, これを, さっそくお, しきりに爪, すぐに, すぐれた山水, その瞬間, その金, たいてい牧場, とくに日本軍, どこか, どこだ, どこへ, ふとある, まだ定まっ, みずから大名であり, みなわが, もどかしさうに声, ゆくりなくも, わがふところ, アメリカじゅうに, カンツウ, ソバの, ニヤリと, フヰニシヤ人の, ライン同盟を, 一二度見かけた, 一八年に, 一変しました, 一朝に, 三倍し, 上野介忠順である, 二〇年に, 二人に, 交通が, 京へ, 人も, 人間が, 今や時代, 今太守の, 他人の, 倶に, 元々独乙, 元来小, 兵乱の, 劉半, 北宋時代から, 収穫が, 古くより, 古人にばかり, 古来美人の, 古瀬戸の, 右の, 吉田名物の, 呆気に, 味方の, 和算の, 唐代の, 喪を, 坐り込んだが, 変ったところ, 大中十三年に, 大体同一人口に対し, 大切の, 大部分, 奪られ, 如何の, 守備に, 完全に, 家の, 家康わ, 家康を, 寸眸の, 将軍に, 尤も繁昌, 岡崎備後は, 左手を, 広西省に, 府中六所明神暗闇祭の, 庭径の, 廣南東路に, 当時は, 役に立たぬから, 後世まで, 従って, 御叩頭, 徳川家の, 必ず是等, 思ひの, 手を, 指先で, 支那第, 敵の, 文化十年に, 斯うい, 新領地, 日ならず, 早稲田大学の, 明治の, 本国とは, 東京湾の, 枕を, 桂の, 歎じ, 武田家の, 水と, 江戸よりも, 池田の, 河の, 漢中よりも, 無事で, 片膝, 狩猟地でも, 独尊者で, 琵琶湖畔彦根町に, 申すに, 男だ, 當時内外商賈の, 疲弊す, 礼を, 答えていう, 管領の, 絶えず韃靼人, 群雄爭奪の, 胸を, 脚下に, 自から, 自分の, 自己の, 英国唯一の, 茶器の, 血を, 見えず, 言葉を, 貴客, 農事に, 迷うこと, 都に, 野洲川の, 鑑眞和尚と, 長安を, 間もなく亡くなりました, 險塞沃野千里天府の, 雪ぢや, 雲山を, 青梅宿裏宿の, 風に, 風俗習慣とも, 養蚕の, 高尾道

▼ 州~ (168, 3.0%)

7 向って 3 かけて, 帰って, 往って, 来て 2 お帰り, 出かけて, 出発する, 引揚げ, 往くもの, 往て, 発した密勅, 移ったの, 越えて

1 [131件] おいでなさる, おもむきたれど, お出なさる, お落ち, かえると, かけての, さして, つかわすであろう, とどろけば, ひきあげて, むかった, わたって, んを, 一歩も, 上ること, 下しその, 京阪および, 人を, 他人の, 伝わって, 入ったの, 入って, 入っては, 入り榛名山麓, 入るには, 入るの, 入城した, 入港する, 兵を, 凱旋の, 出て, 出るなんて, 出発なさいませ, 出稼に, 出馬し, 前進し, 医師を, 南下し, 去った, 名告, 向けて, 向ける兵, 向け帰国, 向ったが, 向つた際別れを, 多くの, 嫡子袁譚は, 帰った, 帰ったこと, 帰ったの, 帰っても, 帰るつもり, 帰るところ, 帰るよう, 帰国し, 廻航する, 引きつれて, 引っ返し以前, 引移る, 引返した, 往ってからは, 御しんぱつ, 御届, 微行の, 急いで, 打って出でた, 押寄せた, 推し出した事, 攻めかかって, 攻めこみました, 攻めに, 攻めようと, 攻め下らんと, 攻め下れ, 攻め入った, 攻め入ったという, 攻進する, 来たついで, 来たと, 来た甚助, 来ても, 来ると, 歸る, 流されて, 渡り同所, 発し終りあれ, 百八十の, 着任しました, 移った, 移封された, 立ち帰って, 立帰り天鬼様の, 総がかりに, 羽翼を, 聞えわたった前後, 行きたい希望, 行きました, 行き着いて, 行き矢張り之, 行くが, 行くよりは, 行けば, 行った, 行ったとき, 行ったの, 行つた芸能との, 行われて, 護送され, 走り大明, 赴いたか, 越えられる際, 越える, 越える道, 転住帰農遊ばされ, 迂回し, 近づいて, 迫った, 送り出した, 逃げかへ, 逃げて, 通じる道, 進攻し, 進軍する, 進軍の, 遠征の, 重点を, 陽城という, 頼って, 頼み段々勾引し, 願って, 鴨を

▼ 州~ (139, 2.5%)

7 の周太郎 5 のお 4 の息子 3 にいる, の主人 2 に奉公, の前, の奉公人, の隠居所, は早耳瓦版, へたずね

1 [105件] いい問屋, から三升, から容貌望み, から退, が, が一ぺん, が逍遙軒莊左衞門, だけは強情, って味噌屋, てえの, であると, ですよ, では親戚知人, でもすぐ, で涼ん, というの, という同, という外療道具商, という看板, という質屋, という道具屋さん, といっ, といつ, といふ西洋料理屋, と言う, と議論, と越前屋, にはいつ, には三十人前後, には惡, に亀田先生, に宿, の, のこっ, のこと, の上下, の中, の主, の乾分, の仁助, の伜, の使, の名, の場, の奉公さき, の奉公人ども, の女, の女房, の奴め, の嫁, の家族, の左手小路寄り, の店, の旦那, の暖簾, の死んだ, の瓦版, の眼, の空氣, の者, の裏口, の財産, の足形, の跡取り, の門柱, の階上, の障子, の隣り, の集り, の離室, の離屋, の頸, はだしぬけ, はなんだか, は三萬兩, は去年, は四十, は大分限, は小男, は自分, は貧乏, は配偶, へでもお, へも時々, へやつ, へゆく, へ乗り込む, へ入, へ出入り, へ嫁, へ引, へ来た, へ行つて, まで行つて了, もそれ, も今, も良い, をたしなめ, をたずねる, を出た, を出る, を取り巻い, を御存じ, を調べる, 好い問屋

▼ 州から~ (102, 1.8%)

3 出て 2 信州へ, 流れ込んで, 長安に, 除かれ女児

1 [91件] お守りし, お客でござる, お茶は, お越しの, こっちの, その東側, やって来たの, コロラド州にかけて, タンナリーという, チャンタンすなわち, ラサ府までは, 一人は, 一千弗郡から, 三国越え, 上京した, 上海への, 上陸し, 下って, 五万余騎を, 京大阪を, 京漢鐵道で, 人参は, 任地へ, 來た, 信州の, 信州越後を, 信越の, 僧が, 南し, 南方にかけての, 呼んで, 四十八俵届きました, 土佐から, 大菩薩, 天台県までは, 天台縣までは, 奉搬, 奥羽へ, 始めて, 婿を, 富士川にでも, 小さな錦, 州へ, 帰って, 帰るの, 徐州臨城袞州へと, 揚子江の, 朝廷に, 朝鮮に, 来たと, 来た者, 来るもの, 来る荷物, 来る鮒, 東北の, 東方の, 武州の, 武蔵へと, 江戸送りの, 泉州に, 瀬戸内海にかけて, 父に, 狸の, 甲, 甲斐駿河, 眺めては, 着いたばかり, 知らせが, 石山などを, 碓氷方面へ, 秋の, 笈を, 紀州の, 絵葉書が, 続々早打ち, 美濃を, 美濃辺の, 船路を, 西の, 見た冬, 起つに, 越して, 這入るもの, 運ばれ館, 運河によ, 選出され, 野州の, 野州方面に, 長安まで, 陸奥に, 馳せ参じた国々

▼ 州~ (94, 1.7%)

4 の一隊 3 の人たち, の手, の方 2 でも学問, と歩調, のお, の位置, の当主, の活動

1 [69件] からの救助金, からやかましく, から下付, から仰せ出された, から掛け合い, から来た, から見張り, から閉門, が募集, が多く, が木曾山, じゃよく, だ, だけの一つ, だったが, だってこんな, である, ですら, ではこの, では山中, では木曾谷中三十三か村, でもこんな, でも幕府直轄時代, でも決して, でも重立った, で一手, で保護, で建てた, で秘密, で置いた, で黙っ, と改め, なら藝州藩, にし, にも京都儒者, に地方有志, に対しても絶対, に属し, に差し出した, に引き渡された, に頭, のこと, のため, の一儒者, の人, の仕法立て, の代官, の動き, の募集, の勧誘位, の奔走周旋, の宮谷家, の家老, の役人たち, の御, の扱い, の救い, の磅, の総督, の行き届いた, の諸, の重職, の鹿島復, は有名, は藩主同士, は起て, への嘆願書, へ送っ, よりの警衛

▼ 州~ (87, 1.6%)

4 越後の 3 信州の 2 上州との, 信州との, 越後と, 連合し

1 [72件] いえども, いえば, いへば, したと, そうしてお, その近島, である, であるが, なす, なった, なると, イリ河の, ネヴァダ州との, ヴォー州とには, 七つの, 並んで, 二人で, 云ふ, 人馬は, 仲間の, 保木と, 信州とが, 信濃の, 切って, 加賀二郡を, 区と, 号し, 同じく表通, 同じ事也, 同窓だ, 同級でした, 名づけられた元, 名づけ外国人, 周防との, 呼ばれて, 呼ばれる所以, 呼び因州, 呼び野州, 呼倫湖から, 天津の, 奥州との, 姫路は, 宣った人物, 對峙する, 小沛, 小田原の, 州との, 拙者と, 摂州, 改められたもの, 曰ふ, 歩いて, 比べられるもの, 甲州とを, 甲州に, 相連なり, 称して, 米大陸の, 美濃の, 薩州とが, 言ったので, 讃州で, 越後に, 越後へ, 越後を, 野州と, 野州との, 野州の, 鉄砂とが, 長安との, 防州の, 頡頏し

▼ 州~ (81, 1.4%)

2 では代替, にこの, のお, の者, の藩士

1 [71件] え台問有, お下屋敷, からお, から下, から下がったる, から侍, から千五百両, が率先, が紀州, ではそれ, では反対, で御, で版籍, として将軍様, との縁故, とやらへ必ず, と名古屋藩, と確執, において名人, にとってはよけい, にはひどく, には万太郎, に宿相続救助, に対する吉宗, に申し入れよう, の, のおん為, のお山, の七男坊, の万太郎様, の中屋敷, の元, の坊っちゃん, の奥深い, の家老, の年寄衆, の建て, の役人, の御用, の態度, の所蔵, の方, の早い, の木曾, の木曾領, の未亡人天竜院, の気まま者ゆえ, の無尽蔵, の禁山, の禄高, の秘蔵仮面, の秘蔵仮面洞白, の老公, の若殿, の若殿万太郎様, の若殿徳川万太郎, の若殿様, の財源, の造庭家, の邸内, の面箱, の領地, は十七歳, は幕府, は最初, へ仮面, へ届け, へ帰る, より家老, を呼び出し, を呼ぶ

▼ 州~ (57, 1.0%)

2 の奇怪, の心, の願望, の麾下, は現代人, をし

1 [45件] から寄進, から曲淵甲州公, か紀州公, が徳川直屬, が朝命, が紀伊中納言, であった, であったろうこと, とが豫め, と云う, と枕, と桔梗, と紀州公, なぞがいくらやきもき, に下った, に関する貴重, に隠まわれ, のお, の前, の名, の和歌, の奥向き, の如き, の容貌, の本領, の法師丸時代, の特色, の秘事, の空想, の行状, の許, の邸, はそれ, はなかなか, は二十三歳, は名, は因果, は奥御殿, は彼一流, は色仕掛, は貴き, も不思議, を佛菩薩, を動かした, を語らい

▼ 州~ (56, 1.0%)

3 あつた 2 出来たもの

1 [51件] おこぜ, おこった事件, かなり資産家, きりょうのすぐれた武将と, これは, ささやかに, そうであった, やかましくなり, わかれた, わかれたが, わかれた群, アバロンと, アラビア人や, クチナワダコと, クマオに, 一段落を, 一泊した, 五ヶ国, 人殺, 今の, 仲人に, 作られて, 児童保護立法を, 冬から, 前の, 勿論その, 固めて, 宇野君と, 志を, 扱わねば, 捕えた白蛇, 採用され, 敗れた折, 新たに, 暗い商売, 有名な, 木炭中毒に, 極めて低廉, 殺された, 燈籠を, 現に行う, 生まれて, 百七万石の, 私の, 籠, 船を, 行われた計算, 認められて, 豪華を, 郡奉行に, 鼠の

▼ 州~ (50, 0.9%)

2 なくして, 狸の

1 [46件] あり土佐, あるこんな, おれの, こぞって秀吉, その結果, まだ若い, インド中で, 三ツあっ, 上使として, 二百五十年前に, 何う, 何よりの, 作ったとか, 入って, 八方へ, 出て, 募集した, 占領したる, 参ずれば, 多くな, 天下第, 寄つてたかつ, 封建の, 巡回書庫の, 廃れ化学的, 建築指揮に, 御勝手不如意, 急に, 我を, 指導する, 政権を, 曹操の, 東北から, 流行りまする処, 無と, 現在の, 第一, 見えたから, 誇るに, 豊太閤に, 起つこと, 追掛けたの, 追掛けて, 飢えさせられるの, 首を, 駕籠に

▼ 州では~ (43, 0.8%)

1 [43件] この実, これを, こんな長州征伐, それが, それは, わずか三人, オクシガ岳と, サ, ミツクンシ山の, 一七八九年に, 一六人である, 中学が, 之を, 乳山とは, 予が, 二五年を, 今与力同心総, 仲人に, 出生の, 前に, 前章に, 参政権を, 吾妻山と, 四月から, 奥鬼怒の, 宗教上の, 工業が, 既に日没, 昨年の, 最大の, 最短平均寿命すなわち, 物と, 町方町人でない, 種族は, 聚落は, 蚯蚓に, 西湖の, 諸村に, 谷新, 赤城山の, 農民は, 長子は, 高い空

▼ 州には~ (43, 0.8%)

2 伊香保が, 刺史と

1 [39件] おいしい産物, こうした荒寥, すでにこの, そういう意地ッぱり, わしも, 三条西家の, 人狐は, 今から, 古くから, 呂布の, 天狗巌という, 小金井の, 山みさきまた, 彼の, 手は, 新宗教, 日光甲州には, 時々出向いた, 最初欧人が, 榛名赤城野州には, 樹木鬱然として, 死刑は, 沢山に, 深尾主人殿が, 温泉らしい, 特に多い, 狐が, 玄徳が, 玄徳麾下の, 甲州以上に, 目下百有余の, 矮民という, 糜竺と, 藝州薩摩は, 親しむが, 逢いに, 逢ひ, 野狐も, 長く住ん

▼ 州方面~ (33, 0.6%)

2 の山, の山々

1 [29件] からは余り往来, から駈けつけた, では古い, では平岳, では絶え, で根利山, とを除け, などの事態, には更に, にもはや, にも贔屓, にも集合, に売っ, に流れ, に踏み留まり, に達した, の爾後作戦, の秩父, の称呼, の苗族, は市中, ばかりでなく, へは雷雨, へ下った, へ参りました, へ向け, へ小菅, へ落ち, より望む

▼ 州~ (29, 0.5%)

1 [29件] から馬, にいる, に人, に勅使, に囲まれ, に居直っ, に迎え, のうち, の内, の南, の危急, の外壁, の東十里, の西, の陥落, は近づいた, へも出なかった, へ上がっ, へ勅命, へ参る, へ向, へ向っ, へ攻めかかった, へ近づい, へ馳せつけよう, を出た, を占領, を奪われた, を陥れた

▼ 州~ (28, 0.5%)

1 [28件] ありゃしない, お江戸近く, きたない女, すぐ取返さね, その後聞いた, どこに, やはり独立, 一体と, 伐り従えて, 別に軍, 壱岐も, 奪還できなかったら, 小沛, 或は大学, 捨てるのほか, 方々の, 明治三十四年出版正価一円二十銭の, 来る因州, 東口とやら, 武州も, 洋州も, 無名の, 王土では, 続々浪人, 芸州広島も, 落ちず黎陽, 見とおし, 陥ちず

▼ 州~ (28, 0.5%)

2 の御, の御用

1 [24件] お声がかり, から追込み, があっしたち一座, がご三家, しばらくお, では, などになります, なら松江侯, にお, のお山係り, のお金倉, のけっこう, の上屋敷, の組, へお, へこれ, へ頼ん, へ頼んだ, へ願っ, もこんど, も大した, も薩州様, を相手, 御金蔵

▼ 州~ (27, 0.5%)

4 の方

1 [23件] かけての, からお, から信州路, から山坂, から関ヶ原, には野武士, に向かった, に居る, の万国殯儀館, の六里, の碓氷妙義, の芝居, へ, へ出る, へ出張, へ廻れ, へ折れ, へ辿りつく, や越後路, を左, を帰る, 入緑揚間, 広東路

▼ 州~ (23, 0.4%)

1 [23件] アジアの, ニて, 三州の, 上州の, 不昧, 二十州は, 信州では, 南カロライナ州くらいの, 各地に, 夢窓国師なぞは, 更に, 武州の, 甲州の, 百州の, 相州に, 県の, 美濃や, 越州, 軽井沢の, 都市における, 雪舟が, 飴を, 駿州を

▼ 州~ (22, 0.4%)

2 の家老成瀬隼人, の山荘以来

1 [18件] お二方, がふたたび, が恭, のお, のお召, のまま, の人入れ, の家中, の封, の屋敷, の御用達, の忘れ, の藩中, の藩邸, の行列, の重臣, は腰, 御下屋舗

▼ 州まで~ (20, 0.4%)

2 来ると

1 [18件] あんな老いぼれ, いくらか, きょうぶらりと, ほんとうに, 出張した, 大約百五十五哩ほど, 手を, 産し長, 産する, 直行し, 立ち戻って, 約束した, 落ちて, 落ちまいる, 行くこと, 送つて來, 進まれた時, 運搬する

▼ 州~ (20, 0.4%)

1 [20件] だとて, で夙に, で日米競泳, で普通, という条, とのとり, にそれ, にて木曾地, には天, のほんの, のウエッブ, の安岡珍麿, の本山茂任氏, の破船, の釣り姿, は地, は峠, は素質的, は赤城山, 或はシス

▼ 州~ (19, 0.3%)

1 [19件] がはひつ, が再び, が歯, と人夫達, の助手, の同棲, の声, の姿, の方, の耳もと, はその後, はぢ, は彼女, は急い, は晴れやか, は機械的, は無意識, は焦ら焦らし, は独り

▼ 州あたり~ (17, 0.3%)

1 [17件] から茶道, が他, では冬草, でもかなり, でもやはり, には雷狩, にもいる, に身, の留守居役, の空地, の繭問屋, はまだ, は常に, は旧, へ織物, へ繰出し, を牽制

▼ 州地方~ (17, 0.3%)

1 [17件] でいわゆる, でイスラム教徒, にて縛, にて蚕児, には, に寇叛, に対する曹操, に舎営せり, の, のみにはまだ幾分, のピゴプス・リアリス等, の女眞人, の平野, の産, の習慣, は連年, より起こるなら

▼ 州~ (16, 0.3%)

1 [16件] から次第に, から発源, で朝日岳, にはきわどい, には六林班, には大刀寧岳, にも信州側, にも甲州側, に乳山, に入れた, のこの辺, の方, の荒廃, は木立, は谷川連峰, へやや

▼ 州~ (16, 0.3%)

3 の生花

1 [13件] でも古流, とかそういった, とそれぞれ, と呼ばれる, などの流派, のお茶, のもの, の作法, の前栽, の活花, の茶, の開祖, はどうもちっと

▼ 州という~ (15, 0.3%)

1 [15件] ところは, ところへ, のは, のを, 乞食は, 乞食も, 処へ, 名の, 名を, 土地が, 地方には, 地盤が, 山ばかりの, 若者と, 評判の

▼ 州より~ (15, 0.3%)

1 [15件] 三十里川舟にて, 信州へ, 先に, 内地に, 出づ, 出帆し, 四国に, 始めんに, 彷徨ひ来り, 成りその, 攻め上れ劉玄徳, 洛陽への, 海路泉州に, 無念流の, 集めた二万余

▼ 州味噌~ (15, 0.3%)

1 [15件] がどの, がよい, に限る, のお, のおつけ, のはなし, の煮, の蜆汁, の香気, は全体, は澱粉, は濃, は結構, をたくさん, を小口

▼ 州~ (15, 0.3%)

2 の兵

1 [13件] では戎狄, にある, の兵隊, の名, の太守, の守り, の役人ら, はほっと, をたちまち, を収め, を守る, を横領, 諸地方

▼ 州屋敷~ (14, 0.3%)

1 [14件] から出張った, から助太刀, という, というの, にも隠し, に住ん, に移り, の上, の動静, の女松男松, の廻し者, の役人, の者, へそれとなく

▼ 州街道~ (13, 0.2%)

1 [13件] から東海道, がそこ, が埃, に添う, の佐用, の方, は, はその, や糸魚川街道, をヒタ急ぎ, を左, を経由, を美濃

▼ 州~ (12, 0.2%)

3 の女麗卿 2 でございましたが, の符, の符君, をしてた 1 の女

▼ 州長浜~ (12, 0.2%)

2 で五万貫 1 で八ヶ国, という土地, に居住, の一夜, の前, の夜, へ鳥, を自ら, を通らなけれ, ヘ出陣云々

▼ 州沢井~ (11, 0.2%)

3 の机 2 の机竜 1 で教育, に机竜, の奥, の水車番, の若, までお越し

▼ 州沼田~ (11, 0.2%)

2 というところ, の下新田 1 の人, の在, へ出馬, へ向かった, へ実地踏査, へ捜し, を真田

▼ 州との~ (10, 0.2%)

1 像が, 国境に, 国境を, 國境を, 境が, 境に, 境のみに, 境は, 色を, 間に

▼ 州和尚~ (10, 0.2%)

2 は六十歳 1 といふ有名, の唇皮禅, の書, の腕, の雲水, は提唱, は柏, を敬慕

▼ 州屋周太郎~ (10, 0.2%)

1 がどんな, が大, が越前屋, でせう, と大膳坊, に違, の顏立ち, は今, も若い, 口惜し紛れ

▼ 州相良~ (10, 0.2%)

2 の城主, の空 1 の城, の城下, の祖父江出羽, の者, へ帰っ, へ歸

▼ 州~ (10, 0.2%)

1 から沢山, で鮫, と違っ, にのみ産し, のある, のよう, の女, の百姓, の買い手, を通る

▼ 州~ (10, 0.2%)

2 の山地 1 だけのもの, であったこの, である, である関係, でも土地, に一揆, のあの, のうち四郡

▼ 州にも~ (9, 0.2%)

1 この繁華, これまで, 一つあり, 一日の, 伝播し, 十分一税は, 平和が, 逢いたい, 鮭の

▼ 州一円~ (9, 0.2%)

1 にも及ん, に名, に廃娼, に春蚕, に蜂起, に門弟一万, の牧, は北条, は明治二十三年

▼ 州~ (9, 0.2%)

1 には雨ヶ岳, に差掛っ, に接近, の古城, の山, の志戸坂, の連山, へかかる, へ近く

▼ 州~ (9, 0.2%)

1 がゐる, の前, の大きな, はまた, は砂, は空, は蟹, まさかにた, を呼ん

▼ 州川越~ (9, 0.2%)

1 から移っ, から転, で權八, といえ, と笠, に生れた, の人, の商人, の城主

▼ 州~ (9, 0.2%)

2 に就かしめ, の城内 1 に居らしめ, の城下, の延光寺, の池, の浮梁

▼ 州志度~ (9, 0.2%)

5 の海女 1 から伴, で鮑, の生れ, の者

▼ 州~ (9, 0.2%)

1 からはこの, でも捨て, に向っ, に対し憚, はこれ, は久万山, は前, への申込み, を荒し廻れ

▼ 州でも~ (8, 0.1%)

1 ある郡, 多く五町田, 得利寺でも, 思うよう, 榛名山麓に, 渋沢栄一一門や, 禁門を, 越前でも

▼ 州への~ (8, 0.1%)

1 お召し, 中山越えに, 境近い, 外聞も, 御沙汰では, 攻撃戦を, 旅へ, 版図拡張は

▼ 州~ (8, 0.1%)

1 から広島, にもありました, の井伊榊原, の方, の浜田, の野洲川あたり, は津和野藩, を堅守

▼ 州および~ (7, 0.1%)

1 五島の, 山海関へは, 我がアジア, 支配所役人か, 東海諸国は, 西豪州紀行あれ, 越後地方にて

▼ 州さま~ (7, 0.1%)

1 があっし, がご, が調べ, ご家老殿, なん, のお, はおら

▼ 州といふ~ (7, 0.1%)

1 ところから, のが, ものが, 意氣込で, 樣な, 處は, 風の

▼ 州において~ (7, 0.1%)

1 三十万石を, 先鞭を, 出生の, 勤勉な, 唯一の, 始めて巡回書庫, 聞き込みたる迷信

▼ 州にて~ (7, 0.1%)

1 その遺骨, 人狐の, 再編す, 意外に, 狐つきを, 百二十五万ソル, 群れける虎

▼ 州八王子~ (7, 0.1%)

1 で三万石, というところ, にこれ, の人, の宿, の江戸ッ子, の近い

▼ 州~ (7, 0.1%)

1 ともうす, のことば, の言, はかぶり, は大いに, は腰, 諸葛亮

▼ 州広島~ (7, 0.1%)

4 の大 1 の御, へ流謫, も来る

▼ 州殿~ (7, 0.1%)

1 にもお願い, のお, の引, の陣頭, はお, は仕合わせ, は千里見通し

▼ 州~ (7, 0.1%)

4 一の 1 一と, 一等の, 三位に

▼ 州高崎~ (7, 0.1%)

1 にいた, に床安, に窮死, の境, の大, の方, へ引

▼ 州においては~ (6, 0.1%)

1 人口は, 千八百八十九年三名の, 各一結婚, 巡回書庫の, 文庫使用の, 行政官は

▼ 州にわたる~ (6, 0.1%)

1 三城の, 大戦争, 宮方と, 蜀の, 街道の, 間には

▼ 州先生~ (6, 0.1%)

1 が遅れ馳せ, はまた, はまだ, は王氏, も来られる, や

▼ 州公秘話巻~ (6, 0.1%)

1 之一, 之三, 之二, 之五, 之六, 之四

▼ 州前橋~ (6, 0.1%)

1 なるが, には三度, の八幡宮, の好子, の片原饅頭, の生れ

▼ 州厩橋~ (6, 0.1%)

1 という遠方ゆえ, といっ, に会し, に封ぜられました, の城内, の管領上杉家

▼ 州小金井~ (6, 0.1%)

2 に繩張り, の穀屋 1 に繩張, の桜花

▼ 州屋さん~ (6, 0.1%)

1 てどちら, でいらっしゃいます, のそう, はたしかに, もご存じ, を

▼ 州岡崎~ (6, 0.1%)

1 の八丁味噌, の松平家, の生まれ, へひき揚げ, へ抜ける, をさし

▼ 州~ (6, 0.1%)

1 という料理屋, といふ料理屋, の大広間, の本番口, の桟敷, へ行った

▼ 州無宿~ (6, 0.1%)

3 の富蔵 1 のくらやみ, の久右衛門, の音次郎

▼ 州~ (6, 0.1%)

2 のお仕着せ 1 のお仕着せ姿, の單衣, の湯上り, の袷

▼ 州附近~ (6, 0.1%)

1 に到着, に受禪碑, の十余県, の土, の攻略, まで歸來

▼ 州~ (5, 0.1%)

1 じゃあ江戸, 吉宗に, 既に死刑, 甲州の, 臨城まで

▼ 州からは~ (5, 0.1%)

1 たよりが, ひつて, もう宿割, 北畠中将どのが, 随分たくさん日本

▼ 州その他~ (5, 0.1%)

1 から發見, に散在, の境, の諸, へ延び

▼ 州~ (5, 0.1%)

1 とか機場所, ねの牽牛花, ね言葉, のって, よ

▼ 州における~ (5, 0.1%)

2 年結婚の 1 如くに, 巡回文庫の, 石炭と

▼ 州へは~ (5, 0.1%)

1 お出で願わず, この曹操, 信濃から, 曹操の, 秋が

▼ 州へも~ (5, 0.1%)

1 廻って, 構えなく, 落ちず伯耆, 足を, 頼んで

▼ 州~ (5, 0.1%)

1 周流シ病者ニ応ジ薬ヲ売リ償ヲ, 抑圧セリ, 支配スルノ権ヲ, 略セバ一州ヲ, 領シ一城ヲ

▼ 州吉田~ (5, 0.1%)

1 の兵, の城主七万石, の毛利, の毛利輝元, を領し

▼ 州名古屋~ (5, 0.1%)

1 というよう, の城主, の富, へ道, を一見

▼ 州名物~ (5, 0.1%)

1 のからっ風, の一つ, の名, の涸風, の空っ風

▼ 州大胡~ (5, 0.1%)

4 の城主 1 の城主上泉伊勢守

▼ 州~ (5, 0.1%)

1 からのお, では打ち捨て, なり, のある, の鼻

▼ 州~ (5, 0.1%)

1 側用人吉田猿松の, 勝手許不如意に, 材木方寺社奉行を, 漆方, 薬園御用の

▼ 州御岳~ (5, 0.1%)

1 との間, における兵法大講会, の兵法大講会, へ参加, へ発足

▼ 州攻略~ (5, 0.1%)

1 におもむいた, に出征, のこと, のとき, の陣中

▼ 州日野~ (5, 0.1%)

2 の城主 1 の外山, の産, の蒲生氏定

▼ 州松江~ (5, 0.1%)

1 の城下, の恒藤, の松平出羽守, の藩中, へ赴こう

▼ 州清洲~ (5, 0.1%)

1 のお, の古城址, の地, の山吹御殿, の植原次郎右衛門

▼ 州生れ~ (5, 0.1%)

1 だったかいのう, で繭, とかおっしゃった, のこの, の熱心

▼ 州~ (5, 0.1%)

2 れの 1 だから, の牽牛花, の諸

▼ 州~ (5, 0.1%)

2 の田中太七 1 ではない, とき, には油断

▼ 州草津~ (5, 0.1%)

1 と大津, に白根山, へ, まで動いた, より此

▼ 州藩主~ (5, 0.1%)

1 が江戸, のその後, は水戸慶篤, は老中格, を見送っ

▼ 州~ (5, 0.1%)

1 で拙者, に繰り出させ, への出府, への注進, へ急行

▼ 州青梅~ (5, 0.1%)

2 の裏宿 1 から参りました, の宿, の裏宿七兵衛

▼ 州とか~ (4, 0.1%)

1 三浦道斎とか, 勤王党とか, 甲州とか, 紀州とかいう

▼ 州とも~ (4, 0.1%)

1 いう, なれば, 廣府とも, 諜じ合わせ

▼ 州など~ (4, 0.1%)

1 いふ国は, いふ城市, 世の中の, 河北の

▼ 州などの~ (4, 0.1%)

1 ような, 同心へ, 生れで, 諸大名

▼ 州ならびに~ (4, 0.1%)

1 信州から, 紀州などでは, 荊州諸, 関八州を

▼ 州なる~ (4, 0.1%)

1 サンティアーゴ・デ・コムポステルラに, 佐和山の, 名詞を, 森鴎外氏に

▼ 州にわたって~ (4, 0.1%)

1 兵部が, 地理を, 彼の, 貂蝉に

▼ 州上州~ (4, 0.1%)

2 の山地 1 の境, の山

▼ 州下仁田~ (4, 0.1%)

1 の者, の草薙家, まで動いた, まで日

▼ 州~ (4, 0.1%)

1 と国会, などは日本, にはローマ宗, は最近死刑

▼ 州刺史~ (4, 0.1%)

1 すなわち遠江守貫名重実, となつ, に報告, はそれ

▼ 州~ (4, 0.1%)

1 が大敗, と三百人余, と二手の内何方, を防ぎ

▼ 州商人~ (4, 0.1%)

1 といふもの, の三人づれ, の勤勉ぶり, ノ出

▼ 州~ (4, 0.1%)

1 に数千年, のどこ, の住民, を縦貫

▼ 州坂本~ (4, 0.1%)

1 に勢ぞろい, の地, の知行分, の者

▼ 州城内~ (4, 0.1%)

1 にある, に宏大壯麗, に雜居, の北苑

▼ 州塩原~ (4, 0.1%)

1 なる畑下, の温泉, の秋, の裏山

▼ 州多摩郡~ (4, 0.1%)

1 の八王子宿, の出身, の土民, の附近

▼ 州~ (4, 0.1%)

1 學士劉宇亮少子, 絵図, 総督の, 興山の

▼ 州好み~ (4, 0.1%)

1 といわれる, に由来, の床飾り, の茶庭

▼ 州~ (4, 0.1%)

1 の上州側, の途中, の道, の頂上

▼ 州平野~ (4, 0.1%)

1 の一部, は一瀉千里, よりは遙, を通つて

▼ 州~ (4, 0.1%)

2 州并州の 1 州徐州冀州荊州揚州, 州營州とな

▼ 州御前崎~ (4, 0.1%)

1 に塩田, の今, の浜, の灘

▼ 州武州~ (4, 0.1%)

1 と切っ, の百姓, へ越える, 被申云

▼ 州津山~ (4, 0.1%)

1 に旅, の人, の在, の生れ

▼ 州牢人~ (4, 0.1%)

1 のひとり, の宮本, の宮本なにがし, の宮本武蔵

▼ 州~ (4, 0.1%)

1 では法律, に広く, の籍帳, へ訴えた

▼ 州知事~ (4, 0.1%)

1 の候補者, の懸賞, は犯人, をはじめサンダカン市

▼ 州~ (4, 0.1%)

1 には川, の土人, を祀, 参らる和歌以下

▼ 州~ (4, 0.1%)

1 が先, である, の妻, の妻まつの

▼ 州輿地~ (4, 0.1%)

3 全図 1 之全

▼ 州でございます~ (3, 0.1%)

2 前橋でも 1 から直ちに

▼ 州とに~ (3, 0.1%)

1 胯がる, 跨がる浅間山, 預けるよう

▼ 州とは~ (3, 0.1%)

1 充分に, 即ち中州, 豪州と

▼ 州にては~ (3, 0.1%)

1 大崎という, 河童を, 西部は

▼ 州または~ (3, 0.1%)

1 京等に, 旅順に, 郡に

▼ 州よりも~ (3, 0.1%)

1 ずっと都会色, やや遠い, 高いと

▼ 州らしい~ (3, 0.1%)

1 そして病酌婦, 匂の, 海神の

▼ 州をめぐって~ (3, 0.1%)

2 歩ける法 1 歩ける

▼ 州~ (3, 0.1%)

1 向テ師, 在レドモ, 跨ルヲ以テ此名アリ字猿市ヨリ上八十八町以上同村中津川ニ属ス

▼ 州伊香保~ (3, 0.1%)

2 の木樵 1 から音信

▼ 州佐野~ (3, 0.1%)

1 のお, の博奕打ち, の宿

▼ 州~ (3, 0.1%)

1 に権限, に蔓延, ノ人民

▼ 州刎村~ (3, 0.1%)

2 の百姓弥之助 1 というところ

▼ 州判女麗卿~ (3, 0.1%)

2 之柩 1 之棺

▼ 州利根郡~ (3, 0.1%)

2 の方 1 の藤原村

▼ 州北設楽~ (3, 0.1%)

1 の山村, の村, の花祭り

▼ 州~ (3, 0.1%)

1 仏晩年発心と, 峰原の, 戰録

▼ 州吉良~ (3, 0.1%)

1 の住民, の領民, まで鷹狩

▼ 州土山~ (3, 0.1%)

1 に陣, の田村神社, まで進ん

▼ 州城下~ (3, 0.1%)

1 に住ん, の威勢, へ向っ

▼ 州~ (3, 0.1%)

1 に着する, の満, へ逃れ出た

▼ 州多摩川~ (3, 0.1%)

1 の上流, の図, をこえ

▼ 州太田~ (3, 0.1%)

1 の呑竜様, の在, の金山

▼ 州小川~ (3, 0.1%)

1 で試みた, の大塚梧堂君, の郷士

▼ 州小川村~ (3, 0.1%)

1 と聞いた, に居, までまいります

▼ 州屋才兵衛~ (3, 0.1%)

1 であった, という道具屋, を殺した

▼ 州并州~ (3, 0.1%)

1 の四州, の軍馬, 幽州

▼ 州当局~ (3, 0.1%)

1 との共同依頼, によって招かれた, は躍

▼ 州徐州~ (3, 0.1%)

1 と人馬, の境, 幽州

▼ 州徳川~ (3, 0.1%)

2 の所領 1 の城下

▼ 州~ (3, 0.1%)

1 に育ちし, のご, の城主

▼ 州戸田~ (3, 0.1%)

2 の上田寅吉 1 の人

▼ 州掛川~ (3, 0.1%)

1 と近江大原村, の声聞師, の奥

▼ 州料理~ (3, 0.1%)

1 である, はちょっとあっさり, も参考

▼ 州~ (3, 0.1%)

2 の役人 1 の依頼

▼ 州殊に~ (3, 0.1%)

1 シリアキリキアカパドキア小, 利根川の, 山地の

▼ 州~ (3, 0.1%)

3 賣の

▼ 州没落~ (3, 0.1%)

1 このかた, のとき, ののち

▼ 州浪人~ (3, 0.1%)

2 の茨右近 1 と名乗っ

▼ 州甲州~ (3, 0.1%)

1 あるいは信州飯田あたり, の博徒, の貸元

▼ 州相州~ (3, 0.1%)

1 と呼ぶ, の界, または向う地

▼ 州秩父~ (3, 0.1%)

1 の三峰神社, の生まれ, の逸見利恭

▼ 州紀州~ (3, 0.1%)

1 の両, の若殿, の諸

▼ 州自身~ (3, 0.1%)

1 のファミリーヒストリー, の年譜, も史上

▼ 州芥川~ (3, 0.1%)

1 に堤, に遁がれ閑居, に隠れ

▼ 州見附~ (3, 0.1%)

1 の人身御供問題, の北, の相撲

▼ 州~ (3, 0.1%)

1 が交, のある, をただ

▼ 州豊橋~ (3, 0.1%)

1 に遊ん, の傍ら, の町

▼ 州~ (3, 0.1%)

1 州なんかという, 州三州の, 州美濃までも

▼ 州金沢~ (3, 0.1%)

2 の称名寺 1 で二

▼ 州鍛冶~ (3, 0.1%)

3 の名家

▼ 州長州~ (3, 0.1%)

1 の両, へ対し, 両軍

▼ 州長篠~ (3, 0.1%)

1 のお, の原, の煙火陣

▼ 州陥落~ (3, 0.1%)

1 で大阪市中, といふ, のサイレン

▼ 州音頭~ (3, 0.1%)

1 とか海女, の女手踊り, や女

▼ 州領内~ (3, 0.1%)

1 でしかも, の木曾地方, をあらし廻った

▼ 州~ (3, 0.1%)

1 という奴, の一つ, をアトカタ

▼ 州あり~ (2, 0.0%)

1 といえ, 橋あり

▼ 州ある~ (2, 0.0%)

1 のみ, ものは

▼ 州かくれ~ (2, 0.0%)

1 もなき, もなくなっ

▼ 州くらいの~ (2, 0.0%)

1 ものであった, 大きさ

▼ 州くん~ (2, 0.0%)

1 だりまでも飛び移る, だりまで来

▼ 州ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 大きさ, 小さな国

▼ 州しか~ (2, 0.0%)

1 ない, ないの

▼ 州たる~ (2, 0.0%)

1 マイッチャにおいては, 所以は

▼ 州だけ~ (2, 0.0%)

1 ですか, では

▼ 州だって~ (2, 0.0%)

1 いちいち自分, みな人を

▼ 州である~ (2, 0.0%)

1 が彼, という

▼ 州です~ (2, 0.0%)

1 とさ, よ

▼ 州での~ (2, 0.0%)

1 話である, 豪家の

▼ 州とい~ (2, 0.0%)

2 へるは

▼ 州とかの~ (2, 0.0%)

1 人たちでも, 身分卑い

▼ 州にかけて~ (2, 0.0%)

1 即ちミズリイ河, 土地は

▼ 州については~ (2, 0.0%)

1 全く無税, 詳しいこと

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 上州よ, 赤城よ

▼ 州を通じて~ (2, 0.0%)

1 二対一であった, 人口は

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 分界ニシテ荒川其南麓ヨリ発源ス, 分界ニシテ荒川其南麓ヨリ発源ス山梨郡帯那山奥仙丈秩父郡界ノ

▼ 州フォニックス市~ (2, 0.0%)

1 から地方検事ロイド・アンドリウス, にて

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 行キオッタガオレニハイツモ咄シテ逃ゲタ又, 行キオッタガ今

▼ 州一水~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 州三原~ (2, 0.0%)

1 からバス, の祭礼

▼ 州三峰山上~ (2, 0.0%)

2 で開いた

▼ 州下り~ (2, 0.0%)

1 と聞い, の市村宗助

▼ 州下田~ (2, 0.0%)

1 に起縁, より起こりし

▼ 州下田港~ (2, 0.0%)

1 において数名, にて巡査数名相

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 忍の, 昧公の

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 にて無料巡回文庫, の兵

▼ 州亀山六万石~ (2, 0.0%)

1 の城主, の殿様

▼ 州二十州~ (2, 0.0%)

1 も伐り従え, を平らげ

▼ 州井伊谷~ (2, 0.0%)

1 の井伊兵部直政, へ微行

▼ 州交界~ (2, 0.0%)

2 ノ処

▼ 州仕立て~ (2, 0.0%)

2 の味噌汁

▼ 州代官~ (2, 0.0%)

2 の山村氏

▼ 州以南~ (2, 0.0%)

1 に生じ, の淮水

▼ 州以南戴日爲丹穴北戴斗~ (2, 0.0%)

2 極爲空桐

▼ 州以来~ (2, 0.0%)

1 の思いがけない, 久しく圧迫

▼ 州伊吹山~ (2, 0.0%)

1 に五十町四方, の麓

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 で, にお

▼ 州入り~ (2, 0.0%)

1 でも秀吉, の幸先

▼ 州全体~ (2, 0.0%)

1 が一つ, としてはそれ

▼ 州公自身~ (2, 0.0%)

1 が懺悔, も極めて

▼ 州円朝~ (2, 0.0%)

1 と綽名, と言

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 の女, の愛嬌

▼ 州出身~ (2, 0.0%)

1 であるその, の馬岱

▼ 州刑務所~ (2, 0.0%)

1 でだった, でウイニイ・ルウス・ジュッド

▼ 州北部~ (2, 0.0%)

1 の山村, の都会

▼ 州半島~ (2, 0.0%)

1 に上陸, に向かいたれ

▼ 州半紙~ (2, 0.0%)

1 が大, を好む

▼ 州南方~ (2, 0.0%)

1 で蜀軍, の要

▼ 州即ち~ (2, 0.0%)

1 今の, 廣東に

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 其後小栗上州なども, 見此繁華

▼ 州又は~ (2, 0.0%)

1 代官所の, 郡に

▼ 州及び~ (2, 0.0%)

1 教区が, 花蓮港庁には

▼ 州合邦ヶ辻~ (2, 0.0%)

2 の桁外れ

▼ 州吉野郷~ (2, 0.0%)

2 の竹山城下

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 になかつた, を擧げ

▼ 州名国名~ (2, 0.0%)

2 など広き

▼ 州君小伝~ (2, 0.0%)

2 によれ

▼ 州吾妻~ (2, 0.0%)

1 へお, へ遁

▼ 州因州~ (2, 0.0%)

1 それから彦根, の兵

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 の一巻, をひろげ

▼ 州執行官~ (2, 0.0%)

1 の老人, は重

▼ 州堅田~ (2, 0.0%)

1 の人, の民家

▼ 州塩谷郡塩原村~ (2, 0.0%)

1 で沼田, の者

▼ 州大久保余所五郎~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の才人

▼ 州大宮在~ (2, 0.0%)

1 の百姓, の農家

▼ 州奇談~ (2, 0.0%)

1 に人, に出

▼ 州宇都宮~ (2, 0.0%)

1 の一刀流剣客高野弥兵衛, より肥前

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 仏の, 沛は

▼ 州小山~ (2, 0.0%)

1 から引っ返し, の陣中

▼ 州尾州~ (2, 0.0%)

1 にわたる三城, はさっそく

▼ 州岡崎城~ (2, 0.0%)

1 であった, の本多侯

▼ 州川越在~ (2, 0.0%)

1 の千頭津右衛門, の者

▼ 州川越次郎兵衛~ (2, 0.0%)

2 と書い

▼ 州府志~ (2, 0.0%)

1 など迄がこれ, の記事

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 で話し, も覚え

▼ 州彦根在~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ 州御岳山~ (2, 0.0%)

1 で生れた, の霧

▼ 州徳川家~ (2, 0.0%)

1 では寛政年代, の蓬左文庫

▼ 州所持~ (2, 0.0%)

1 でございまして, の南蛮砂張

▼ 州攻撃~ (2, 0.0%)

1 の際, 続いて

▼ 州文殊ヶ岳~ (2, 0.0%)

2 より落始

▼ 州旧跡~ (2, 0.0%)

2 幽考

▼ 州時房さま~ (2, 0.0%)

1 も居られます, 御長子泰時さま

▼ 州松井田~ (2, 0.0%)

1 の宿, の辺

▼ 州梁州~ (2, 0.0%)

1 がなくし, なくし

▼ 州検事局~ (2, 0.0%)

1 でホテリング, と協力

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 から聞いた, とかいうが随分

▼ 州江尻~ (2, 0.0%)

2 在大平村

▼ 州江州~ (2, 0.0%)

1 または京等, 遠州

▼ 州江戸~ (2, 0.0%)

1 から上方筋, に下向

▼ 州池田~ (2, 0.0%)

1 から鎌倉, の庄官

▼ 州沼田在~ (2, 0.0%)

1 から江戸, の川

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 において難船, の深き

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 に投宿, に送り出す

▼ 州濱松~ (2, 0.0%)

1 で, の生れ

▼ 州熊谷~ (2, 0.0%)

1 の宿, の小四郎

▼ 州熊谷以来~ (2, 0.0%)

1 ちゃあん, の旅程

▼ 州營州~ (2, 0.0%)

1 が多い, となつて

▼ 州牛久保~ (2, 0.0%)

1 の牧野家, の産

▼ 州甲賀~ (2, 0.0%)

1 の侍, の山奥木賊村庄屋家記

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 である, に兀立

▼ 州白雲山~ (2, 0.0%)

1 に籠っ, のお

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 の上, の大

▼ 州石川青森福井等~ (2, 0.0%)

2 の各地

▼ 州神領表~ (2, 0.0%)

1 というの, へ討出

▼ 州福州~ (2, 0.0%)

1 の財宝, を股

▼ 州秋葉~ (2, 0.0%)

1 の一修験者, の山奥

▼ 州程度~ (2, 0.0%)

1 では全く, に私

▼ 州箕輪~ (2, 0.0%)

1 の城, の御

▼ 州米子~ (2, 0.0%)

1 に皈着せり, の町人大谷

▼ 州米沢~ (2, 0.0%)

1 の典薬勝成裕, の荻村

▼ 州精里~ (2, 0.0%)

1 と入れち, は寛政

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 の庭, の池泉廻遊式

▼ 州総督~ (2, 0.0%)

1 へも十分, へ出願

▼ 州織田家~ (2, 0.0%)

1 の臣, の臣木下

▼ 州膳所~ (2, 0.0%)

2 の別荘

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 の三人, やスペイン船

▼ 州花咲峠~ (2, 0.0%)

2 の奥

▼ 州花隈~ (2, 0.0%)

1 の城主, の城主戸沢山城守直伝

▼ 州藩出身~ (2, 0.0%)

2 の田中不二麿

▼ 州藩時代~ (2, 0.0%)

1 に許された, の作業

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 は必ず, を許されたれ

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 仰此事於相州並式部烝時房主等, 申云維久於若宮大路對保忠發箭及度

▼ 州見付~ (2, 0.0%)

1 の夜啼婆, の大

▼ 州赤城~ (2, 0.0%)

1 の中腹室沢, の麓

▼ 州辺り~ (2, 0.0%)

1 にてトウビョウ, の管狐

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 の潜所, へ出かけ

▼ 州野州~ (2, 0.0%)

1 の平野, へかけ

▼ 州金山~ (2, 0.0%)

2 の城主森忠政

▼ 州金谷~ (2, 0.0%)

2 の鍛冶屋

▼ 州銅器多~ (2, 0.0%)

2 の銅器

▼ 州長岡~ (2, 0.0%)

1 に生まれた, に生れた

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 の運河, を往復

▼ 州雍州~ (2, 0.0%)

1 となつ, 幽州

▼ 州雲州~ (2, 0.0%)

1 などというわし, へも構え

▼ 州~ (2, 0.0%)

1 の濡れ石, の石組

▼ 州飯能~ (2, 0.0%)

1 の山地, の座談会

▼ 州館林~ (2, 0.0%)

1 に転じ, の地

▼ 州館林在~ (2, 0.0%)

1 の川俟, の茂林寺

▼ 州高尾~ (2, 0.0%)

1 にいる, の峰

▼ 州高尾山~ (2, 0.0%)

1 に詣で, の半ぺん坊主

▼ 州高雄山~ (2, 0.0%)

1 からも今, の吟行

▼ 州鬼怒川~ (2, 0.0%)

1 で生まれた, の支流

▼ 州鳥取~ (2, 0.0%)

1 にやすつ, に移され

▼1* [992件]

あふりか支那, 州ありますか, 州あるべきものが, 州よいか, 州いずれも富み, 州お前は自由, 州お前崎から働きもの, 州かというような, 州からのお上りさんは, 州からも行けるやう, 州このかた皇叔の, 州ごときは一日, 州ご両卿に, 州さえもこの一年, 州さま修理亮さまそのほか御家人衆, 州さま修理亮さま出雲守さま三浦左衛門尉さま結城左衛門尉さま内藤右馬允さま等のれい, 州さま前夫膳大夫広元さま鶴岳の別当さま, 州すべてを敵, 州その他大義に志, 州その他都賀庭鐘建部綾足といふやう, 州それから彦根大垣なぞの, 州だけで百二十四もの, 州だけは禹貢若しくは, 州だけを責める者, 州だったのです, 州だったらどうすれ, 州ってな綽名だ, 州つて申しますと, 州つまり熊野から, 州ふ日本領, 州であったということ, 州であり六法の, 州でさえかかる不穏, 州ですらこの例, 州ではぜと呼ぶの, 州といふは思ふに, 州とかいうような, 州として令名を, 州としてはフリント市の, 州とちがひ, 州とても藩論の, 州とには何たる大きな差異, 州とを見て, 州どのわかれば, 州ので彼, 州なくして, 州なぞの女中方や, 州などでは全面積, 州などと言えば, 州などというわしの, 州なども亦斯る説, 州などを勤めた末, 州なら私の, 州なんかという強い, 州においてもまたニューヨーク州, 州にでも取構まれ, 州にまで落ちて, 州によって少しちがっ, 州によりいろいろの, 州に対してヨーロッパの, 州に対しては始終制覇統一, 州に関する話を, 州のみに那伽すなわち, 州はちよつと笑, 州はや訪れぬ初, 州ばかりでなく日本, 州ひとにらみに, 州ぶっこわすとこ, 州へかへつて以来消息を, 州へでも行きませうか, 州ほどよい国, 州ほどの名人を, 州までは一捲き, 州みずからいうごとく豪族, 州もわが, 州めがけてわらじ, 州ものの血, 州は新た, 州をも凌駕する, 州を以て又天下, 州アイオニア市に移され, 州アクラ港で研究中, 州アナバー市で松平康國氏, 州アンデスに源, 州アンナボアに佐藤寅次郎氏, 州イロハ丸かり受候, 州ウースターから七マイル, 州エセックス郡出身のコンナー船長, 州エヴァンスヴィルの州立精神病院, 州オウクランド市で開業, 州グランサム駅に降り, 州グラヴィについて若干, 州ケムブリツヂの學校町, 州コブガ原より天狗, 州コブホールの僧侶師父ブラウン, 州コロンビア河口に流れついた, 州サレムにあった, 州サン・マリノ町であき, 州シュレスウィヒとホルスタイン, 州セーラムのピーボディー・ミュージアム, 州タガンツシースク村地主ムルゴチの四女, 州ダーバン港に向かう, 州チェリコの人, 州ツちやどつ, 州テラムウクの生れ, 州テーヴェレ右岸の町, 州デイトンの空軍基地, 州極東西比利亞トニ革命大帝國, 州トリエルの市, 州ニモ同名アリ高峭, 州ニューヨーク州の州議会, 州ニ人口ノ繁殖スルヲ妨ゲント欲シ, 州ニ内乱ヲ起サシメテ, 州ニ加フルコトニ付テハ我輩屡々之ニ忠告シ, 州ニ塞ガレタルガ故ニ, 州ニ山栗アリ極メテ小ニシテ一年ニ三度, 州固ヨリ独立スルノ理, 州バッファロ市を通過中, 州バファロウで受取る, 州バルレー村を辞し, 州バンガーの偉人, 州パノラの町, 州ビスビイ町に新しい, 州ビューフォートの漁夫, 州フォウト・ライリィへもアイネ, 州フォニックスへ向う, 州フォニックス市北二丁目二九二九番地と封筒, 州フォニックス市発列車番号第三号, 州フロウレンスの州刑務所, 州ブラックプウル町コッカア街クロスレイ夫人方の浴槽, 州ブリッジポートの弾薬筒工場, 州ホルスヲーシーの寺, 州ホワイトホウル小学校へ移っ, 州ホワイト・アウスの農夫, 州ボストン市に生まれた, 州ポウトランドへ帰った, 州ポウトランド市グッド・サマリタン病院で看護婦, 州ポートランドのオッサン, 州マウント・モウリスの町, 州マサチュウセッツ州ニューヨーク州の州議会, 州ミュンステルのヒュルスホフ城, 州メルボルンとの間, 州メルボルン辺に棲む, 州ユタ州から南方, 州ランシングの州立保健局長官, 州ランダ市の小学校, 州ラーモネ河畔の町, 州リモオジュ町バビロン新道そこが岸本, 州レッジオ地方の嶮山, 州ロオヌ溪谷のシエル, 州ワラルウの石炭夫, 州ヴァン・ワート郡においてこれ, 州の難所, 州一の宮の神主, 州一個の考え, 州一州しかない, 州一帯の第, 州一帯下野辺からまで諸方, 州一帶の地, 州一色党の者, 州一郡たりし, 州一首の文, 州万壑雲天寒人跡少風戦葉声聞, 州万座といふ月並, 州三入の城主メルキオル熊谷豊, 州三十万の兵, 州三十里堡青島上海南京杭州蘇州これだけを約, 州三国の嶮, 州三島郡また泉州一円, 州三州の北部, 州三州勢州江州または京等, 州三州江州辺から沢山, 州三春に産せり, 州三田藩の九鬼, 州三百諸侯の総, 州三転語彼は好き, 州三郡の太守, 州上州上総下総の近国, 州上総下総の近国, 州下仁田長吏馬左衛門長吏之論に付, 州下田近傍に来, 州下甲賀名馬の事, 州下総国かけて, 州下野州ニ山栗アリ極メテ小ニシテ一年ニ三度, 州伯州, 州世田ヶ谷の吉良氏朝, 州並式部烝時房主等兩客被申云, 州中六十余州の反抗, 州中島郡にて堀田某氏, 州中島郡一の宮の生れ, 州中泉で次ぎ, 州の償金, 州丸亀の京極, 州丸龜の山崎志摩守樣, 州丹羽郡の青木村, 州丹羽郡青木村字天摩なる神社, 州久能山に籠, 州諸山翠黛於雲辺, 州之戦に幕兵, 州亀山とは関係, 州亀山城は一種特別, 州亀浜の鳴, 州予州等の諸, 州事変の後, 州事情上下二卷の出版, 州二寺へ移住, 州二荒山の奧, 州二郡の領主, 州五分の二領と見れ, 州五絶の一, 州之頭, 州京都へなだれ入り, 州京都浪華そのほか, 州へ入り, 州人狐と呼ぶ, 州人石田治部少輔, 州仁方から来, 州の東京, 州今切の渡し昔, 州今切港や清水港, 州仙ヶ俣の場合, 州代官山村氏の家中衆数名, 州代官山村甚兵衛氏をわずらわし, 州見知給, 州以北の記, 州以来伊勢松坂以来の一族縁類, 州以東の支那領, 州任土貢といいました, 州伊丹に神崎式部, 州伊勢崎の近く, 州伊自良に生れ, 州伊香保千明の三階, 州伊香保温泉に行つて, 州伊香郡の古橋村, 州伊香郡古橋村の在所, 州伊香郡坂口村の菅山寺, 州会津雄鹿半島, 州会議員から挙げられた, 州へ仰せら, 州住人治郎兵衛作と銘, 州住吉の社, 州佐々木の庄, 州佐久間将監等が著名, 州佐和山石田三成に仕え, 州佐波郡芝根村沼之上, 州うだの, 州何処にも普通, 州何郡何村に赴きたまわ, 州作州播磨四ヵ国にわたる往来, 州侯豆州侯お二方, 州保谷村でも, 州信州あたりの山奥, 州信州共に同名, 州信楽の系統, 州信濃越後丁度三国の国境, 州修善寺の御, 州修理亮以下扈従すと, 州修理亮伊賀次郎兵衛尉和田新兵衛尉等参入, 州備前の二侯, 州傲来国華果山に石卵, 州は熊本, 州僻陬の荒蕪地, 州優婆塞潘仙童胡国人安如宝崑崙国人軍法力瞻波国人善聴その他を合わせ, 州児玉郡か北埼玉郡, 州児玉郡大幡から嫁, 州入り高萩村へお越し, 州入山の山中, 州入間郡川越の城主, 州入間郡赤尾村に磯五郎, 州全部に一七八七年, 州八名郡内にては古来, 州八幡の金森家, 州八斗島からふゆ, 州八王子あたりから天狗小僧, 州八王子出来の江戸ッ子, 州公一人だけは火, 州公秘話総目録, 州六百八十二島の中, 州冀州并州であ, 州冀州徐州燕州などの生れ, 州内ニ常備兵ヲ設ケタリ, 州内一般ニ的当セル法令, 州内良民ノ名, 州出陣を触れ, 州分邸に生れ, 州刈屋の水野忠重, 州刑法ではどう, 州まって, 州判符女麗卿之柩, 州別名簿に登記, 州別府へ出陣, 州利根郡沼田下新田という所, 州刺史任安に報じた, 州刺史張訥之の馬, 州刺史朝直朝臣, 州前橋市にあり, 州前橋市近郊に旅, 州勝手に交易, 州勢八百人余は中軍, 州勢州江州または京等, 州北甘楽の稲含山, 州北甘楽郡下滝村の慈眼寺, 州北陸諸国に蜂起, 州十三箇村の皮田村, 州十八ヵ国から集まっ, 州十年の痴夢, 州十手預りの顔役, 州千本松原にて, 州千村万落荊杞を生ずる, 州半国にも足らず, 州阿カナダ, 州南端の連山, 州南葛飾郡新宿の農家, 州南葛飾郡金町の瓦焼惣兵衛, 州南設楽郡の山地, 州南部へ発向, 州南都の人, 州南高岡村の鹿島神社, 州墨寿光等山東諸州鼎沸し, 州厩橋城に足, 州参上仕りまして, 州参軍となす, 州及ビ極東西比利亞ニ取得スベキ運命ニ於テ, 州古川をはじめ, 州古賀精里同, 州合邦辻からぢ, 州吉城郡上宝村海抜約三千百十米突, 州吉田城へ質子, 州吉田山の毛利, 州吉良大浜で四千二百石, 州吉良郷で娘, 州吉野山中菜摘川清明の滝辺, 州吉野郡讃甘村大字宮本, 州吉野郷宮本村の牢人宮本武蔵, 州名古屋某氏の別荘, 州名古屋藩の直轄地, 州名等普通名称の人, 州吏民間の代表者, 州向島湧出せりとあり, 州吾妻郡の四万, 州吾妻郡嬬恋村の運送業, 州吾妻郡嬬恋村大字大前と呼ぶ, 州と感嘆, 州唯一の高原温泉, 州喜連川の足利家, 州四万に遊ばれた, 州四万村辺に居よう, 州四川の各, 州四日市にて見たる, 州因州あたりは旧, 州因州その他大義に志, 州因州薩州の兵三千, 州国内の最高峰, 州国友村に隠れ, 州国境山脈の山々, 州国安村の石地蔵, 州国民軍フリント支部が非常召集, 州國定村にて, 州土人の婦女, 州土人火地人等と併び, 州土州に信州, 州土浦町五頭氏の報知, 州の女, 州に入, 州地信州地は無論, 州地底猶埋, 州地方ニ罷越候ニ付, 州坂田郡勝村の人, 州城南に布陣, 州城外斜陽に立つ, 州の繪圖面, 州埼玉郡羽生村まで二人, 州の浮び漂い, 州士官の者共, 州と李朝, 州夏枯草か, 州武の, 州多摩郡加住村の出, 州多摩郡石田村の人土方歳三, 州多田院の宝物, 州大乱の折, 州大塚村の形相, 州大学学校外教育部には, 州大官令等参会し御所新造, 州大宮へ参拝, 州大山参詣の者共, 州大山寺に近い, 州大島郡という, 州大津の宿, 州大納言は妾腹, 州大納言派で自分, 州大納言紀州中納言越前薩摩伊達細川黒田毛利鍋島家池田浅野井伊藤堂阿波の蜂須賀, 州大藩によっても護られ, 州大路へ, 州大里吉見辺にも同じ, 州大鳥といふ在所, 州天龍沿ひの, 州太田在の生まれ, 州も主として, 州奥山の京丸, 州奥山郷の久良幾山, 州奥山郷白鞍山は浦川, 州奥日光川治温泉からさらに, 州奥羽北海道に拡大, 州のこと, 州妙義山の周囲, 州妙義山前橋の八幡社, 州妻沼橋あたりまで下った, 州が書い, 州学正を勤め, 州学生の数学, 州学術少なし故に, 州宇都宮在で粂蔵, 州宇都宮在粂蔵の長男粂次郎, 州守山の陣, 州安中で旅藝者, 州安中三万石板倉殿の同勢, 州安倍郡の貉, 州安来の素封家原本虎一郎翁, 州安蘇郡界村の助役野口春藏, 州宗家を継いだ, 州宝寺の城, 州宝蔵寺の捕, 州客居中これを訪問, 州宮市において応接, 州家ヨリ御差止メ有, 州家七男坊として互いに, 州家上屋敷に忍び込み, 州家国元の地方, 州家江戸詰めの藩士, 州家滅亡の, 州家秘蔵の拝領仮面, 州家自慢のお, 州家部屋ずみの万太郎, 州富士山并相州大山参詣の者共, 州富山村の熊野社, 州富田林の近在, 州するところ, 州寧波厦門上海という, 州將來ノ新, 州小室一萬二千石永代安堵の御, 州小宿へ移った, 州小木村の百姓, 州小河内のもの, 州小湊浦の漁夫蓮次郎, 州小谷の浅井長政, 州小豆坂に初陣, 州小郡の湊, 州尼ヶ崎附近を乗, 州居留の蒲姓, 州屋あとで愚痴, 州屋さんこれはあたし, 州屋さん年に一度, 州屋つるが屋等, 州屋丈六という金持ち, 州屋二階に竹本相生太夫, 州屋伝兵衛引連れて, 州屋太右衛門である, 州屋孫右衛門は雨, 州屋武蔵屋若菜屋というよう, 州屋玉吉様二升お貸し, 州屋甚七というの, 州屋莊左衞門が死んだ, 州屋速見平吉の離座敷, 州屋鳥料理都川小網町のメエゾン・コオノス, 州山内容堂公の持っ, 州山州黒猿善く酒, 州山此二人もいた, 州山王の祭り, 州山田の産, 州山田尾上町といえ, 州山紅日沈辺或呉越, 州山陰家に豕, 州岑瑛のところ, 州岡崎城下を立退く, 州岡崎宿にて旅人狒々, 州岡田寒泉などの墓, 州岩内の名物, 州岩槻からくる, 州岩鼻の代官, 州の城攻め, 州島田の大祭, 州川越城へ移り, 州川越奥貫五平治施米の型, 州川越領内駒林村の百姓甚五兵衛, 州川辺郡東富松の部落, 州巡拝の山伏, 州巡覧記に, 州巡講中に聞き込みたる, 州常州などいふ国, 州常州あたりでもやはり, 州平が参って, 州平定応仁以降うちつ, 州平戸作之, 州平潁州の石広元, 州平田寺に詣で, 州平野村長吏九郎左衛門小田原長吏太郎左衛門訴訟の事, 州幸手の月輪院僧正, 州広い日本を, 州広島四十二万石の浅野長勲公, 州広嶋の城主, 州庚申山で生捕りまし, 州府中の辺, 州府中在の土民, 州府城の北郊一マイル足らず, 州府城内の光塔街, 州府寿春城から淮南一帯, 州府浦田県九連山山中に少林寺, 州庶民はもとより, 州廣島城も見る, 州廻りの目あかし, 州弁旅人は初めて, 州引揚げの帰途, 州強盗前科が腕公, 州当麻寺にある, 州は笠, 州彦根で結婚生活, 州彭沢の丞, 州役人の支配, 州往来する魔物, 州征伐のため, 州征伐等の言葉, 州徐州揚州荊州豫州梁州雍州となつ, 州従事が好, 州御岳山麓の道場, 州御嶽にほど近い, 州徳山くろん坊, 州徳川家榊原家小笠原家またこの, 州徳川様が参覲交替, 州ある者, 州忍阿部豊後守樣十萬石の御, 州の纂述, 州恋しさに, 州慶勝が水戸, 州或いは巴蜀と, 州戸倉の称呼, 州房州総州, 州房州辺でも今, 州挙母村にそれぞれ一道場, 州掛川在ですから, 州掛川宿へ積み送る, 州揚州荊州豫州梁州雍州となつ, 州換言すれば, 州播磨四ヵ国にわたる往来, 州攻めへ出陣, 州攻略軍の陣中, 州政庁に至り, 州政庁所在地にし, 州政道御意見, 州救貧院を作っ, 州敷知郡地方のエタ, 州斎写楽の如きで, 州民府と, 州新居の筒山船, 州新田の領主, 州方面其他にも少なく, 州旅行の節, 州旗本領あるところ, 州日光の湯本, 州日光山かあるいは, 州日光山殊ニ多シ, 州日照縣の住民, 州日野五千石ばかりから取上, 州日野在から出, 州日野町の某, 州奥山村の, 州旧藩臣某氏の別邸, 州昌国の人, 州春日井郡の一城主, 州春照村の原地, 州普化宗院派僧の印可, 州曰く平常心是道, 州曰く無と, 州曽木の高垣明神, 州曾見樹時新入座但聞名, 州最上にあらせられし, 州最上川の岸, 州最高の山, 州會見郡濱野曰三柳村より隱岐, 州有人と, 州有信の族, 州有名ノ暄池, 州有数の大, 州有渡郡田子の浦在駿河不二郎, 州有馬の鳥地獄, 州朝日奈村の地主, 州木城安太郎を兩大將, 州末森城は敵, 州へ行っ, 州本庄裏まで遡りつく, 州杉坂越えまでは, 州杭州間の距離, 州東伯郡の山間, 州東口の小川村, 州東成郡石山の丘, 州東海岸一帯の海, 州松ヶ島城の津川玄蕃, 州松坂に一方, 州松平伊予松平ならびに池田備前侯, 州松平会津松平桑名松平なぞ御, 州松平家で家士, 州松平隠岐松平出雲松平などの十八, 州松戸の五郎蔵持ち, 州松江侯お玄関さき, 州松江城を堀尾氏, 州松江祥光院の墓所, 州で東禪院板, 州柏原駅にあらかじめ, 州某氏の報知, 州柴又辺の農家, 州桐生に遊候時, 州桐生市に糸質店, 州桑名の江戸詰藩士, 州桜町の復興, 州梅津の本営, 州椿坂までの山間, 州楼燕枝の弟子, 州榛名山に登った, 州榛名山麓の室田村, 州榛沢村から出, 州様思召より手緩く手緩く, 州には先々代樣, 州横室の赤城神社, 州横須賀の徒士, 州横領の威, 州の交番, 州橋上酔に乗じ, 州橘樹郡小机村の郷士, 州橘樹郡登戸の農, 州シク此ノ, 州武州秩父熊谷等のこれ, 州残る隈なく, 州殿これはどっち, 州殿それへ持参, 州殿私見でござる, 州比企郡の修験者, 州比企郡高坂村大字岩殿の岩殿観音, 州毛利家の基礎, 州水の江に浦島, 州水上温泉の下流小松, 州水口の碩学中村栗園, 州水口中村栗園先生の門前, 州水戸で到着地, 州江尻在相当立派, 州江尻在大平村松平靱負様御領分, 州江州辺から沢山, 州江戸大塚に住ん, 州池上の本門寺, 州池上宗仲の室日女御前と同じ, 州池上新田に住, 州池鯉鮒の宿, 州沙市の辺, 州河岸の松平相模守屋敷, 州河越より平知盛, 州河野広中をそして, 州は襄陽, 州沼田その他に旅行, 州沼田ヨリ戸倉沼山ニ御泊, 州沼田藤原広澄の女, 州沼田辺の豆, 州法曹団約七十名, 州波切村に霊汗地蔵, 州洋杳として天, 州津々浦々草の根を分け, 州津和野の城主亀井家, 州津山四五里許有之所のよし, 州の落胆, 州流これは古流, 州流奧傳の秘書, 州流祕傳書と東照公, 州浅井の山里, 州浅井家まで来, 州浅井郡にし, 州浅間山麓の焼石, 州浦和伊勢屋清蔵の家, 州浦城県の知事, 州の海馬, 州海軍の攻撃, 州海邊の沼地, 州消息に, 州淺井郡の馬川, 州清久の人戸崎熊太郎, 州清見寺内に石碑, 州渡会郡安部川原に川原神社, 州温泉ヶ嶽が数日, 州湾内の帆形, 州湾租借を始め, 州滯在の蒲姓, 州滯留の蒲姓, 州漫遊中に聞いた, 州濱田の漁夫長兵衞とい, 州瀬田の寒もろこ, 州灣占領となつて, 州灣附近へ漂着, 州や常陸産, 州烏山のこと, 州烏川の辺, 州無双の名家, 州無宿くらやみの長五, 州無料図書館会議の成績報告, 州り筑波, 州熊岳城遼陽などの城市, 州熊谷在の豪農, 州熊谷附近通行の際, 州熱帯植物の生い茂っ, 州熱田に移養, 州に降る, 州燕州などの生れ, 州片桐石州らは新た, 州牛久在に桜場隼人, 州牢人新免氏の族, 州を兼ね, 州の兼重, 州特産の石盤, 州牽牛子をも茶山, 州牽牛花の種子, 州犬上郡客中に聞いた, 州を捕え, 州玄信公伝というの, 州琵琶湖に棲む, 州瓦等名が聞え, 州甘楽郡小幡の城主, 州生福寺に止まっ, 州産まれの乞食権七, 州田代川の奥, 州甲州上州あたりの空地, 州甲州信州の山奥, 州甲賀あたりの連峰, 州甲賀郡信楽郷にて聞いた, 州甲賀郡森尻村のエタ, 州という女形, 州界内に入り, 州番場の辻堂, 州登戸の丸山教, 州白塔寺僧法進泉州超功寺僧曇静, 州白根へ抜ける, 州白沙里の人, 州益子の如き, 州の一様式, 州目黒村の不動堂, 州相州野州房州総州, 州相良五万七千石の所領, 州相良在の農家, 州相良邊の崖, 州其の他, 州眺望臺にいたる, 州知多の吉良, 州石田村と聞い, 州碓氷郡豊岡村不動堂の縁起, 州磯部伊雑神宮の地, 州祖父の世代, 州神ヶ原の宿, 州神奈川あたりの人, 州神戸海軍所の勝安房ニ頼ミ, 州神流川上流の, 州神竜山に長, 州禅師は, 州禅智寺に宿せし, 州福建の泉州, 州秋田常栄院尊竜, 州秋田ニハ至テ大ナルモノアリ, 州秋田近海へ碇泊, 州秋田阿仁の銅山等, 州秋葉山に入っ, 州秋葉山の下で見た, 州秩父熊谷等のこれ, 州秩父郷にて夜, 州移住第一夜, 州を課するあり, 州稻取海岸にて, 州穴生に居る, 州竜華寺に樗牛, 州竹山城の新免家, 州等イスパニヤ領の広大, 州等供奉し給, 州等勤王諸藩, 州等率大軍上洛事今日達叡聞云々院中上下消魂云々, 州筑摩神社の如き, 州箱根山にかくれ, 州米山雲裏隠布島浪間浮, 州粕壁から来た, 州粛州および遼東山中, 州だ諏訪糸, 州の三人, 州組三人土佐組一人大阪組八人日向組四人合せて, 州継友を迎え, 州練馬の樋口十郎左衛門, 州にあります, 州の唄, 州罷通るものじゃ, 州美濃までも兵火, 州美濃尾張三河伊勢等十二ヶ国の領主, 州美野という村, 州美馬順三江戸湊長安遠州戸塚靜海, 州群峯の上, 州群馬郡三の倉の邸, 州羽黒山のふもと, 州考城の人, 州聖マテオ郡のソウヤー, 州臨城袞州へと退却, 州興津に赴きける, 州興雲寺僧義静衢州霊耀寺僧法載竇州開, 州芝浦村の奈良井, 州花輪のあたり, 州芳野高野山野州日光山殊ニ多シ, 州芸州越前四藩のほか, 州英吉利はその, 州茂林寺の文福茶釜, 州茨木このかた, 州草加の芝居小屋, 州荊州豫州梁州雍州となつ, 州荒子時代の由緒, 州菜の花の上, 州の茶屋, 州葉栗郡宮本村にも起こり, 州葉栗郡宮田村織物業栗本福太郎方にて起こった, 州著家康と直弼, 州葛生の峰渡権現, 州蒲生郡を領, 州蒲生郡安土一帯の絵図, 州蒲郡へ錨, 州蒸気船をかり, 州薩州の兵三千, 州薩摩は薩摩, 州薬王寺有感という短文, 州薮塚温泉の背後, 州藝州は無事, 州藤岡の劇場, 州藩あたりの人たち, 州藩中の具眼者, 州藩主上洛に引き続い, 州藩主浅野茂長の弟, 州藩付属の歩役, 州藩士の田中寅三郎, 州藩徴士荒川甚作に与, 州藩本山から下諏訪, 州藩管下の村, 州藩関係の書類, 州蘭州を通っ, 州蜂須賀村の生れ, 州蜜柑を食べ, 州蟹江村に於, 州蟹江駅附近を関西線, 州衆大和衆それから前, 州行きなどはあるいは, 州行田には石川機山, 州衙主催の園遊会, 州の生紙, 州西北部の方言, 州西尾の在, 州西方の山地, 州西梅津と遠, 州要覧につき官署, 州見廻りの役人, 州観音院の和尚, 州といふ書, 州訛りの吃, 州に, 州の如き, 州誰袖東路などと名前, 州諸国の勤労大衆, 州諸郡へ飛ばした, 州議会を見学, 州讃州などの諸, 州費支弁にし, 州として養い, 州赤城山の麓, 州赤城山麓冬のカラッ, 州赤堀の家, 州赤塚村へ立ち戻った, 州越しにシナ, 州越ヶ谷の在, 州越前四藩のほか, 州越前土州の諸, 州越後の講中, 州足利の田山白雲, 州足利党の一家, 州足利在の養源寺, 州足利藩の軽輩, 州足尾の庚申山, 州足立郡鳩ヶ谷の生れ, 州路録事何某と書こう, 州軍総督の深尾左馬, 州軍艦へ乗, 州まる出し, 州退ってよい, 州通善寺尼智首その他二人の尼, 州遇寒食城外醉吟に好, 州の道標, 州遠山江分山可有之候, 州選出の上院議員, 州にて此島, 州邑楽郡ではカマンデェ, 州邑楽郡六郷村にある, 州邑楽郡六郷村字堀江青龍山茂林寺であって, 州那岐山の麓, 州那須の農村, 州郡上の郷八幡城三万八千八百石の城主, 州郡守令出迎えて, 州郡山へでも移り, 州野州常州などいふ国, 州野州武州と切っ, 州野洲川にい, 州野火止の合戦, 州金澤の稱名寺, 州金竺長官司羅永菴の壁, 州金鉱会社が設立, 州鉄砲鍛冶の家伝, 州銭滄州あたりの扮本, 州鍛冶和泉守兼重ヲ用ヒキ, 州鎮護のため, 州鐵道會社の舊慣調査, 州狭郡東条郷, 州長光寺の城, 州長官を加えれ, 州長島の居城, 州長沢に無, 州長浜ッコと受取った, 州長浜六まん, 州長浜方面へ一, 州長浜町の某, 州長浜街道へつづく, 州長溪縣赤岸鎭の海口, 州長脇差の本領, 州元寺僧思託, 州間庭の樋口十郎左衛門殿, 州間庭樋口十郎左衛門殿の道場, 州関ヶ原へ出陣, 州関宿の城主, 州関寺の住僧, 州閻浮檀金の名, 州關宿に在, 州關宿七萬三千石牧野備後守の家中, 州阪本に出陣, 州防戦し給, 州阿佐ヶ谷村の百姓家, 州阿呆のごとく, 州附近伊皿子二本榎猿町白金辺を持場, 州へも取りかかっ, 州離散の後, 州の宮, 州雪降りや, 州雲の上から見る, 州雲州人狐と呼ぶ, 州雲州讃州などの諸, 州雲州邊にて此島, 州青州徐州揚州荊州豫州梁州雍州となつ, 州青梅裏宿の七兵衛さん, 州静海軍の姚氏, 州面目にご, 州面積の七分二厘, 州韓文公廟碑の終, 州音頭海女の手踊, 州領主よりの公認, 州領時代からの長い, 州領木曾山林三カ年間公儀へ借り置く, 州風客どのへ, 州風月好暁望, 州養老に在り, 州館林正田醤油の多田常務, 州でしょうよ, 州馬庭に至った, 州へ下りる, 州剳の, 州駐在のゴールド大使, 州駿河沖あたりに遊弋, 州騒乱して, 州騷動長州暴發等不容易儀指, 州高島郡から若狭, 州高崎在の風雅人, 州高崎松平家かその, 州高松というところ, 州高松松平侯の世子, 州高槻の柳剛流師範雨ヶ瀬某, 州高槻辺の六歳, 州高観音近松寺から出され, 州高麗村の高麗家, 州高麗郡の人, 州のよう, 州鰤時代に手厳しい, 州鳥取あたりにその, 州鳥取三十二万五千石の城主, 州鳥取三十二万石の城主, 州鳳来寺近江の伊吹山, 州鹿島の明神, 州鹿沼在の者, 州麻殖郡にも同, 州黄県の人, 州黒猿善く酒, 州黒高麗天龍の青磁, 州鼎沸し官, 州齊曰營州といふ樣