青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「川上~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

島~ 島田~ 崇拝~ ~崖 崖~ 崩れ~ 嵐~ 巌~ ~川 川~
川上~
州~ ~巡査 巡査~ ~巣 巣~ 工~ 工事~ ~工合 工合~ ~工場

「川上~」 1257, 14ppm, 8164位

▼ 川上~ (251, 20.0%)

19 方へ 16 方を 11 方から 7 方に 5 ほうへ 3 ゆつ, 丘の, 捲上小屋, 方の

2 [14件] オッペケ節, 一座に, 世話を, 唱門と, 実乗院, 実家に, 方で, 方は, 瀬に, 瀬の, 者は, 芝居を, 行方を, 部落の

1 [153件] いいつけ, うねりの, おかみさんに, おがみや, おっかさんの, お貞さん, からだは, ことは, ために, ためには, ほうへと, まえに, もや, やつなんだか, やつは, ポコちゃんが, ポコちゃんは, マコマナイ旧, 上は, 丘で, 両者が, 乞食から, 事件は, 事業は, 事業を, 二三ヶ村は, 人気盛んなり, 仕事に, 他に, 伊那山脈は, 來た, 借財を, 偉業は, 側で, 八カ村という, 出崎は, 北側に, 単身洋行が, 名義で, 唱門が, 唱門との, 唱門に, 唱門によって, 唱門も, 唱門師は, 地に, 地方には, 墓石も, 天神橋天満橋から, 女の, 奴が, 奴は, 奴松代へ, 如法の, 姪の, 家が, 家ぞ, 家といふ, 小藩, 山ことごとく, 山みな青し, 山国である, 峨峨の, 平沙, 幾重の, 弟じゃ, 当惑という, 彼方まで, 快男子, 恢復も, 恰度流れが, 意は, 意志を, 懇望によって, 成功に, 手の甲を, 手腕に, 捲上, 捲上線, 数が, 新らしい, 方が, 方には, 方にも, 方角から, 旗上げから, 旦那衆の, 旧門弟, 晩年には, 望んで, 村落で, 村落です, 東京乗込み, 松崎渡し, 桜や, 森を, 楽屋で, 横行と, 横行の, 橋, 橋の, 橋附近の, 機智は, 母子乞食の, 水源に, 水荘である, 水車は, 水門の, 水面を, 水音に, 河面を, 浸蝕谷を, 渡しを, 溜め場, 産ませた子, 男らしいところ, 町で, 眼を, 矢口の, 砂原の, 秋の, 空さ碧く, 空に, 空の, 空のは, 筑波も, 紅葉が, 者さん, 者の, 者も, 耳に, 腸は, 腹の中を, 荘あたりでは, 荘に, 荘の, 落葉を, 薄靄, 西城の, 谷間の, 遠い空, 遠山に, 部落に, 部落へ, 部落を, 野原に, 野藪の, 銅像や, 開けた空, 革新興行, 頭を, 顔の, 風景を

▼ 川上機関大尉~ (232, 18.5%)

3 がまじっ, だ, であった, のいい, の声, の死体, の眼, はどこ

2 [13件] だった, の手, の服, の肩, の行方, は, はこんな, はすっかり, はなに, はまた, は自分, も遂に, をさがし

1 [182件] かと思った, から別れ際, があの, がい, がいかに, がここ, がこれ, がどうして, がのこっ, がふたたび, がまさか, がまだ, がやられた, が七十何名, が危, が器用, が帰らぬ, が帰艦, が意外, が手, が眼, が自由, が見えません, が電話機, が頭, その人, であったし, であります, であればこそ, との連絡, との間, と一しょ, と半裸, と御, と杉田二等水兵, と連絡, にしっかり, にそれ, にちがい, につけられ, にとってはそれ, にはまだ, にぶつかった, に代り, に出くわし, に助けられ, に特命, のあと, のあの, のくぼんだ, のこと, のちょっと, のところ, のとびこんだ, のもちこんだ, のやった, の上陸, の仕業, の仲よし, の体, の写真, の命令, の変装姿, の失踪事件, の姿, の安否, の室, の容疑者, の巧み, の後, の心, の応答, の情, の抱え, の拳固, の捜索隊, の方, の武運, の決心, の狙っ, の生死, の発した, の着, の秘密, の筆蹟, の肩越し, の脳髄, の腕, の荷物, の落した, の行動, の衣服箱, の言葉, の身, の逞しい, の運命, の遺書, の部屋, の酒壜, の頤, の頭, の顔, の首, はあたり, はあの, はいかなる, はいま何, はいられる, はうす暗い, はえ, はおちつきはらっ, はくるり, はこの, はさあ, はしばらく, はそこで, はその, はそれ, はちょっと, はつぎつぎ, はとっさ, はどう, はどうして, はどっしり, はにやりと, ははじめて, ははっと, はひそか, はほっと, はまだ, はもう一度, はコップ, はフランク大尉, はペンキ, は一秒, は今, は今朝, は傍, は全身, は再び, は冷やか, は刀, は午後三時, は半, は只今, は壮途半ば, は巧み, は微か, は必死, は持っ, は早く, は暗然, は杉田, は杉田二等水兵, は椅子, は武運, は死, は残り, は生き, は相, は空襲, は笑い, は素裸, は組立鉄骨, は腕, は舷, は血, は観念, は軍服, は部下, は隅, は電気, は電話機, は飛行島, も懸命, や杉田二等水兵, らしい東洋人, をひっとらえたら, をめぐって飛行島上, を中, を探す, を片づけ

▼ 川上~ (89, 7.1%)

2 おどろいて, そう思っ, 顔を

1 [83件] いくども, うしろから, こんなこと, さっと一太刀, さほど傑, さらにつづけた, しかたなく, すぐに, すっかりおどろい, すでに靄, ずるずると, そういうもの, そう答え, そこで, そのむかし八頭, その女, そばに, それを, そんなこと, たびたび通信, だいぶ降った, つく, とくから, どきどきする, ふいと, またすぐ, またそろそろ, よい, オッペケ節を, カロチ教授の, 一日に, 万難を, 健康を, 刀を, 利口者だ, 勝に, 口を, 叱りつけるよう, 同志を, 同級に, 命の, 壮士俳優を, 失敗の, 容易に, 小さい目, 小蒸気船, 山ノ井の, 山ノ井を, 左肩を, 帰って, 平気な, 幾分驚嘆, 必ず飛行島, 急に, 悦んで, 懸命に, 成るべくなら床柱, 折, 教授の, 既に靄, 日向見川より, 是非なく, 本に, 杉田二等水兵を, 洋行戻りを, 浜田屋へ, 淡路洲本の, 男女合併興行を, 病いの, 目を, 笑つた, 笑つて受け附けなかつた, 筑波根の, 結構です, 舷で, 言った, 訊きかえした, 遠く霞ん, 部下を, 重大な, 面白いとかいう, 頷いて, 高原鷄頂の

▼ 川上~ (57, 4.5%)

3 家は 2 富士見の

1 [52件] あると, あるので, ある山, ある篠咲, いると, かくれて, こうして居, して, しても, ちゃんと小さな, なって, なるが, 上った, 中部樺太の, 人あるべき, 住み自然農民, 住む親分, 住宅地が, 動いて, 向かう者, 向きなおりはげしく, 向って, 女が, 姫神山川下に, 姫神山川下は, 富士を, 帰るに, 当って, 急いで, 斜めに, 横わっ, 次ぎから, 毬子の, 泳ぎついて, 洩らして, 浅谷と, 浮べて, 淺谷と, 湯の, 溯って, 溯つて, 瀑布有て, 登って, 白いボオト, 突き落されるよう, 至つて南北十里東西三四里山が, 花敷温泉が, 詰腹を, 賤民牛馬皮を, 送られ行くと, 遡るの, 鶯啼き

▼ 川上糸子~ (57, 4.5%)

5 の死骸 2 が伊豆山, のいた, の死体, は伊豆山

1 [44件] が, がいる, がこちら, がこの, がそういう, が仮死, が本当に, が果たして, が死んだ, が無事, が逃げた, が首飾り, さ, だったの, だと, だという, でした, でその, とあなた, とおっしゃる, と同じ, に交渉, に違い, のこと, の名, の家, の所有品, の昨夜, の滞在, の筆跡, はあの, はかつて, はどうやら, はどんな, はまだ, はゆうべ, は一昨々日, は今朝, は十日, は本当に, は毒殺, を上海, を殺し, を監視

▼ 川上~ (42, 3.3%)

3 生きて

1 [39件] あっての, あと二日間に, いいますこと, このオッペケ節, さわぎたてる大きな, のぞいて, よいの, ブルー, 世間の, 亡なる, 修身を, 力まかせに, 坐って, 声を, 大きなあくび, 失踪する, 帰って, 応じて, 急に, 性行を, 憤然として, 新聞記者を, 明るくなる, 来て, 来合わせて, 檜山に, 死んだのに, 死んだ後, 残念そうに, 玄関から, 病気に, 答えた, 見たの, 言続け, 貞奴に, 貞奴の, 過去で, 革新劇団の, 高いタマ

▼ 川上~ (34, 2.7%)

3 上って 2 のぼって, のぼるらしいの, 向って

1 [25件] いった, つれて, のぼれば, 六回に, 凡二丁ばかり, 十町も, 堤上を, 探しに, 来ると, 歩いたところ, 歩いて, 溯る気, 潤ひ, 登って, 登り詰めた, 目を, 細い杖, 薄らいで, 行き道, 行くと, 行って, 行っても, 辿って, 雨が, 黒い影

▼ 川上~ (34, 2.7%)

2 見ると

1 [32件] いつまでも, お見なせえ, このまま, この南シナ海, して, じっとみつめた, すかすよう, にらみつける, みわたしたけしき, 世に稀, 助けたとは, 回ろうと, 失ったため, 左の, 恨むな, 招いて, 捕らえて, 望みながら, 歩いて, 殺した者, 濁して, 生捕, 眞向に, 見た奴, 見に, 見る, 覗いて, 起した, 越えまして, 追いまわすに, 連想する, 釣りだすため

▼ 川上から~ (30, 2.4%)

3 流れて 2 船に

1 [25件] 二番貝, 内所で, 大きな桃, 大石転倒しき, 寒い風, 川下に, 川下の, 川下までの, 川下までを, 川口まで, 川霧と, 帰りを, 押しわたると, 押流され, 押流す, 新しい菜, 根なし, 橋の, 檄を, 泛ん, 流れの, 流れ下り滝壺, 流れ下るという, 甲州の, 筏が

▼ 川上音二郎~ (29, 2.3%)

2 の壮士芝居

1 [27件] あること, が中村座, が座頭, が立っ, が薩摩ガスリ, でかれは, としるされ, と共に嘗めた, と貞奴, によって東京, のおかみさん, のシェイクスピーア劇, の一座, の一行, の下, の創立, の妻貞奴, の細君, はおなじく, はその, はたしかに, はボート, は明治座, は本郷座, は浅草座, は革新劇, を第

▼ 川上忠一~ (21, 1.7%)

2 はそれ

1 [19件] が廊下側, にこんな, の尖った, の智能指数, の父親, の痩せとがった, はうるさ, はしかし, はその, はへへら, は亀, は何, は右肩, は教室, は決心, は眉根, は首, も素気, を殴りつけ

▼ 川上~ (18, 1.4%)

2 川下に, 藤沢とが

1 [14件] いふて, この川下, 呼ばれた浪士, 呼ばれた男, 呼んで, 夫を, 山岸という, 川下から, 川下と, 川下とから, 川下とで, 川下の, 教授は, 頻りに主題循環論

▼ 川上さん~ (14, 1.1%)

3 のお 2 のこと 1 から絵ハガキ, ですか, という家, とも仲, と同じ, の女, はいま, は一週間, や依田先生たち

▼ 川上~ (13, 1.0%)

2 下流も

1 [11件] いつに, この伝達, そこではじめて, その場, その後には, とうとう我, ながく地球, 川下も, 施す術, 笑ひ, 艇長服を

▼ 川上源左衞門~ (10, 0.8%)

2 は少し 1 でせう, と治太夫, の弟治太夫, は噛ん, は戸口, は本, も少し, を訪ねました

▼ 川上には~ (9, 0.7%)

1 どこかで, まだ事情, 小倉の, 幾つも, 心服し, 水が, 無数の, 赤城山あ, 高山巍

▼ 川上~ (9, 0.7%)

1 に開かれた, の基礎, の建築, の落成, は三崎町, は出来あがっ, は帝劇, は高利貸, へゆく

▼ 川上少年~ (8, 0.6%)

1 であった, の二人, はこの, はとなり, はふと, は決心, も艇外, も軽傷

▼ 川上という~ (7, 0.6%)

1 ところに, 具眼者が, 士官が, 士官の, 大学教授の, 家を, 岩の

▼ 川上一座~ (7, 0.6%)

1 から独立, が他, が堂々, でも彼, と襟, の人気, は先月

▼ 川上貞奴~ (7, 0.6%)

1 とならず, なの, に先覚者, の, の許, や深沢恒造, を援助

▼ 川上三太郎~ (6, 0.5%)

1 から返事, が, に, の劇評, は右, は河童

▼ 川上~ (6, 0.5%)

1 とで金田一氏, と金田一氏, の好意, は, はそのまま, は私

▼ 川上~ (5, 0.4%)

1 取れるが, 大きなすつ, 湯女を, 百姓が, 素盞嗚尊に

▼ 川上といふ~ (5, 0.4%)

2 ところは 1 町は, 語によ, 辺鄙な

▼ 川上一派~ (5, 0.4%)

1 が猿若町, に対していろいろ, に対して非常, の書生芝居, ほどには人気

▼ 川上~ (5, 0.4%)

1 などがこの, にちょっと, の, のこと, は顔

▼ 川上彦斎~ (5, 0.4%)

1 といっ, ともう, の伝, は甚だ, まった四国

▼ 川上~ (5, 0.4%)

2 の沿岸 1 の名栗村, の平野, をさし

▼ 川上眉山~ (5, 0.4%)

1 と心安く, の, の面影, は, は第

▼ 川上音二郎一派~ (5, 0.4%)

1 が, によって創立, の手, は市村座, は歌舞伎座

▼ 川上音次郎~ (5, 0.4%)

2 の銅像 1 が独力, の妻, も見た

▼ 川上とは~ (4, 0.3%)

1 いろいろと, まるで違った, 異なりてかの, 顔を

▼ 川上にも~ (4, 0.3%)

3 川下にも 1 小舟の

▼ 川上より~ (4, 0.3%)

1 流れ下る, 菜の, 赤き椀一つ, 黒き頭

▼ 川上万吉~ (4, 0.3%)

2 は被 1 と云, と云う

▼ 川上唱門~ (4, 0.3%)

1 が東大寺, とを合わせ称した, のこと, を指した

▼ 川上宗壽~ (4, 0.3%)

1 がある, が連歌, の茶技, は茶技

▼ 川上との~ (3, 0.2%)

1 相談も, 縁は, 間だけが

▼ 川上へと~ (3, 0.2%)

1 歩きました, 舟を, 霧の

▼ 川上喜久子~ (3, 0.2%)

1 がある, という一人, という作者

▼ 川上大尉~ (3, 0.2%)

1 にくだった, は大声, は機関科

▼ 川上川下~ (3, 0.2%)

1 に住む, の船, へ跨がり

▼ 川上~ (3, 0.2%)

1 と云, にたてこもり, に享保十七八年

▼ 川上がはに~ (2, 0.2%)

1 住む魚, 月照りに

▼ 川上~ (2, 0.2%)

1 はそれ, はみずから壮士

▼ 川上ポコちゃん~ (2, 0.2%)

1 だった, は相つい

▼ 川上一郎君~ (2, 0.2%)

1 すなわちポコ, は健在

▼ 川上冬崖氏~ (2, 0.2%)

1 の孫, の孫娘

▼ 川上喜久子氏~ (2, 0.2%)

1 の, の朝鮮

▼ 川上嘉次郎~ (2, 0.2%)

1 という武士, と古巣右内

▼ 川上大尉誰~ (2, 0.2%)

2 も知らない

▼ 川上夫妻~ (2, 0.2%)

1 の胸, は狭

▼ 川上山岸~ (2, 0.2%)

1 の三人, の順

▼ 川上未亡人~ (2, 0.2%)

1 に会った, の家作

▼ 川上~ (2, 0.2%)

1 お上り, からお

▼ 川上~ (2, 0.2%)

1 にお, 結構なお

▼ 川上~ (2, 0.2%)

2 に流し込む

▼ 川上直吉~ (2, 0.2%)

1 がさういひすて, がはげしく

▼ 川上眉山氏~ (2, 0.2%)

1 がまた, が来た

▼ 川上矢五太夫~ (2, 0.2%)

1 は伊集院平が, は門

▼ 川上糸子さん~ (2, 0.2%)

1 がどうか, では

▼ 川上遠く~ (2, 0.2%)

1 筑波を, 落ちて

▼1* [142件]

川上あのスサノオノミコトと, 川上お前の手蹟, 川上からというものは, 川上からの通信に, 川上からは時どき風, 川上これから先生が, 川上しっかりしろ, 川上そういえば, 川上その人を, 川上その他の新派劇, 川上ただ俺は, 川上というの, 川上っていうんだ, 川上ではお前の, 川上でも西沢でも, 川上とか杉田とかいう, 川上としてはどんなに君, 川上とていまも, 川上とやら言ふ, 川上などが却って選, 川上などもやはり飛白, 川上なんぞゆうちょう, 川上なんぞに優って, 川上にあたる高原地の, 川上にかけては山人に, 川上にとってそれが, 川上にとってはまったく意外, 川上にゃ戻って, 川上に対する処置は, 川上のね滝の, 川上のみならんや, 川上はやり通した, 川上はるかに見やり, 川上まさ子さんへの答, 川上まで夷人粮魚おびただしく, 川上よりも信用が, 川上らしいするとこの, 川上わしゃ川下で, 川上トメさんなど, 川上一座一行廿一人は結束, 川上一行を招く, 川上一郎とジャンガラ星, 川上一郷のみで餓死者二千六百四十余人, 川上一門の手馴れた, 川上久左衛門は槙, 川上久左衛門比田帯刀などの勇姿, 川上も川上, 川上今日は貴様, 川上以外に一人, 川上住居の土着神, 川上何とか言ふ, 川上侍女千代野が藤沢, 川上俊彦日本人居留民会会長河井松之助満鉄代理店日, 川上保太郎と膝, 川上僅かに光りたる, 川上六郎氏を若松屋, 川上冬崖は有, 川上凉花真田久吉万鉄五郎, 川上凉花等の当時芝, 川上加子母の三か村, 川上君君たち地球人の低い, 川上唱門師の祖先, 川上喚濤の三氏, 川上喜久子小山いと子岡本かの子などがその, 川上喜久子氏いずれもそれぞれ生活, 川上喜多村一座の作者, 川上地方から諏訪, 川上將野津中, 川上大二郎君八月十四日某々君同日と列記, 川上夫婦の短艇旅行, 川上宗壽三島の鯉昇, 川上宗治の弟子, 川上を訪れ, 川上少年鉱員がいった, 川上少年電信兵が乗組む, 川上の土, 川上山ノ井の二少年, 川上川上と呼ん, 川上川北の二人, 川上座新築落成して, 川上でおかしく, 川上弘一氏が死んだ, 川上彦斎土佐の高知, 川上以, 川上捜査に先頭, 川上支部長の多田源治, 川上斎佐のやしき, 川上杉田の両, 川上村字梓山でもらいうけ, 川上村茶臼山には佐久間右衛門尉信盛, 川上村附近の山地, 川上を招く, 川上柿坂郷に住ん, 川上梟師を誅した, 川上検事といふの, 川上樣御兄弟は殿, 川上機関大尉あてにいく, 川上機関大尉上官の自信, 川上機関大尉現る, 川上機関大尉私室へいっ, 川上歿後も彼, 川上母子に会った, 川上洋典緒方秀雄両君のたびたび, 川上深く隠れたの, 川上温泉に立て, 川上源一という人, 川上源左衞門治太夫御兄弟, 川上滝弥君が数年前, 川上の名, 川上白矢ガ嶽にて五月節句, 川上眉山たちと共に硯友社, 川上眉山人がいる, 川上眉山君が不慮, 川上眉山小栗風葉徳田秋声等の諸, 川上眉山巌谷小波江見水蔭中村花痩広津柳浪渡部乙羽など, 川上眉山柳川春葉等も戦争小説, 川上眉山江見水蔭小杉天外饗庭篁村松居松葉須藤南翠村井弦斎戸川残花遅塚麗水福地桜痴等は日露戦争, 川上眉山石橋思案尾崎紅葉などがいた, 川上矢五太夫様の許, 川上矢五太夫氏は御, 川上磯関大尉得意の当身, 川上祐吉氏が脚色, 川上を捜索, 川上耄碌田崎迂愚彼奴ら口だけだ, 川上貴様はたいへん, 川上邦世君は古い, 川上邦世氏とは義理, 川上郡トウベツ川口十勝國白糠郡尺別村十勝河河口同國當勝郡勇洞村, 川上の中, 川上長谷部が救い, 川上音二郎五代の後胤, 川上音二郎君が私, 川上音二郎大阪に死す, 川上音二郎夫人貞奴は戦中, 川上音二郎星女優は貞奴, 川上音二郎米国より帰朝, 川上音二郎藤沢浅二郎の書生芝居, 川上音二郎貞奴一座がシェークスピヤ, 川上音次郎伊藤痴遊等の演説行, 川上音次郎貞奴夫妻は所謂, 川上高田一座の芝居, 川上鷲見等の諸氏