青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「寺~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

察し~ ~寢 寢~ ~實 實~ ~寧ろ 寧ろ~ 寮~ 寸~ ~寺
寺~
寺院~ 対~ ~対立 対立~ ~対象 対象~ 寿~ 封~ 封建~ 専門~

「寺~」 10611, 110ppm, 969位

▼ 寺~ (3784, 35.7%)

44 門を 36 境内に 29 鐘が 27 方へ 23 門に, 門の, 門前に 22 住職は, 鐘の 21 境内を, 庭に 20 本堂の 17 中に 15 住職が, 住職に 14 境内へ 13 境内の, 門前で 12 住職の, 名を, 方を 11 中へ, 前に, 境内で 10 住職と, 四至の, 墓地に, 謎を 9 前の, 和尚が, 境内から, 墓地の, 本堂を, 裏の 8 一室に, 墓地へ, 奴が, 屋根が, 門は, 門へ

7 [17件] うしろの, ほうへ, ような, 住職も, 僧が, 内に, 和尚さんが, 和尚の, 和尚は, 境内には, 境内は, 屋根の, 山門を, 庭で, 方から, 本堂に, 謎は

6 [14件] 中を, 前を, 和尚に, 塔の, 庫裡の, 庭は, 方で, 本堂へ, 玄関の, 裏手の, 西の, 謎, 鐘は, 門が

5 [24件] ありの, 住持が, 住職, 住職で, 傍に, 南境は, 名は, 名も, 和尚さんも, 坊主が, 大門では, 婢女が, 座敷を, 庭から, 方が, 本堂で, 犬, 荒れて, 裏へ, 裏林へ, 謎の, 近くに, 門前へ, 門前を

4 [42件] あるあたり, ことを, ために, ように, 中の, 人が, 住職を, 傍の, 僧侶が, 前には, 創められた, 坊主の, 垣根に, 境内が, 墓場の, 壁に, 奥に, 奴ばらを, 小僧に, 屋根を, 山門に, 山門へ, 庭, 庭には, 庭を, 所化輩には, 方に, 方へと, 方丈の, 時の, 縁に, 縁起に, 縁起の, 裏門から, 観音の, 財産を, 近所に, 鐘, 鐘を, 長屋に, 隣の, 飯炊きの

3 [83件] お上人, お通, ことは, すぐそば, 一室で, 中から, 住持に, 住持の, 住職である, 信如が, 信如大黒屋の, 僧に, 僧の, 僧も, 僧侶の, 入口の, 内外に, 和尚から, 和尚さんは, 和尚と, 和尚を, 坊さまに, 坊さんが, 坊さんは, 型を, 城へ, 塀の, 塀外を, 塔が, 塔を, 境内まで, 墓地が, 墓場に, 声で, 大和尚身代と共に, 宝物に, 小僧が, 尼寺から, 屋根, 屋根も, 山門が, 庫裡に, 庭の, 庭先から, 建立を, 建築の, 後の, 後ろの, 御新造と, 方丈に, 時雨かな, 晝の, 末寺で, 本堂と, 法律を, 浄域を, 玄関へ, 石段の, 縁が, 縁の, 縁へ, 縛られ地蔵, 置文, 置文を, 老僧, 者が, 藤本が, 藤本は, 裏を, 裏山に, 裏山へ, 近くの, 近所の, 近所を, 鐘か, 鐘に, 門まで, 門前には, 門前の, 門前まで, 門口に, 附近で, 面を

2 [258件] あたりへ, あること, あるじの, あるの, ある下, うちに, お住持, お堂, お残り地蔵, お通さん, かたの, かよいだい, ことなど, ごり, そばで, なかまで, は製作動機, ほうに, ほうの, ほかは, まわりには, もの家主は, やうな, やうに, 一室を, 一間を, 上に, 上人でさえ, 上人の, 中で, 中との, 中は, 主婦は, 事を, 五趣生死の, 五重塔は, 井戸の, 人は, 今の, 仏事の, 仏殿は, 住持は, 住持も, 住職たる, 住職や, 何処に, 信如とて, 傍を, 像は, 僧は, 僧侶に, 僧侶は, 僧都の, 先に, 入口に, 六袋和尚と, 内なる, 内の, 内へ, 内も, 内部は, 再興も, 冬の, 別院だ, 前で, 勤行の, 千年杉へ, 千年杉を, 午休みに, 卵塔場の, 古墓, 名が, 名すら, 名の, 周囲の, 周囲を, 和尚さんと, 和尚さんの, 和尚や, 囲炉裏ばた, 土塀に, 在処を, 地内へ, 坊さんに, 坊主から, 城には, 城を, 執法僧官, 塀が, 塀へ, 塔から, 塔など, 塔に, 境内であった, 境内とか, 境内にも, 境内や, 墓を, 墓地で, 墓地と, 墓地には, 墓地を, 墓場には, 墓所に, 外に, 外は, 外へ, 外廻りを, 多いところ, 多い山谷, 多い町, 多い谷中, 夜は, 夢を, 大ラマ, 大教師, 太鼓が, 奥の, 妙高院に, 娘が, 娘の, 嬰児の, 子の, 宝物と, 宝物を, 寺内へ, 寺内を, 寺男が, 寺男で, 寺男も, 小僧を, 尖塔, 尖塔が, 尼寺へ, 屋根は, 屋根や, 山に, 山の, 山へ, 山門から, 山門の, 巨きい栗樹の, 広場で, 広場へ, 床の間の, 座敷に, 庫裏に, 庫裏の, 庫裡にも, 庫裡へ, 庫裡口の, 庭さきで, 庭へ, 廊下を, 建物は, 彫刻を, 後ろには, 後住と, 息子の, 所在を, 所有な, 支配所へ, 方は, 方への, 方も, 旧構, 書院で, 本堂から, 本堂が, 本堂は, 本門, 松の, 松村實照師に, 梵鐘が, 森が, 棺桶の, 樟の, 横を, 横手で, 樹木や, 檀家に, 法師に, 浄域が, 淨域が, 淨域を, 湯殿にな, 爺さんは, 物を, 狸ばやし, 猫が, 玄関を, 生垣の, 由來を, 石段が, 石段を, 石畳みの下に, 筋向, 納戸の, 納所に, 縁で, 縁日に, 老木の, 者で, 者に, 者も, 膝に, 舊址に, 舊構を, 花屋の, 若い住職, 藪へ, 表から, 裏から, 裏には, 裏は, 裏庭に, 裏手へ, 西門の, 西門外に, 覚光という, 觀音樣御手を, 角から, 角に, 角を, 触頭, 話に, 財政の, 賓頭盧の, 辺まで, 近くまで, 近所と, 這入り口, 鉦の, 銀杏の, 鐘き, 鐘も, 鐘楼が, 長たる, 長屋へ, 門, 門だ, 門内に, 門内には, 門内を, 門前, 門植木屋の, 開祖は, 間から, 間を, 附近を, 隅にも, 隠居が, 隠居所の, 隣りに, 霜, 飯炊きに, 高い塀, 高い木立

1 [1919件 抜粋] あさゆ, あった所, あのお, ありかが, あるその, ある山, ある方, ある請地町, あんぺらの, いぶせき厨子, うしろには, うち今も, おくに姿, お上屋敷, お坊さま, お嬢さんの, お寺の, お抱え職人ベク助であった, お説教, かたわらに, かよい大黒, ことから, ことです, この本尊, さかり場を, しかもその, その君, そばを, ちかくの, では, どこへ, なかの, なかを, はひり, ひだる神, ふかくに, ほうへも, ほとりに, まだ四十がらみ, むすめ, ものだ, もの家主が, ようであった, をつ, ナマグサ坊主です, ムロと, ルリの, 一つも, 一件なぞを, 一坊が, 一夜から, 一房で, 一禅僧が, 一軒老, 一隅に, 七穹窿は, 三千両紛失事件は, 三更の, 三門に, 上り物は, 上屋敷へ, 下宿へ, 世話は, 世話人礼拝の, 丘から, 並木道あたりいや, 中では, 中へも, 中央に, 主人を, 主婦に, 主快川国師, 乾の, 事の, 事北条氏の, 二重屋根を, 五百羅漢と, 五重の塔の, 井戸から, 人たちが, 人と, 人某氏の, 人達は, 仁照阿闍梨を, 仁王門の, 仏飯の, 休息所へ, 伝導標語であろう, 伽藍が, 住み心持, 住僧だ, 住持と, 住持秋山暁道師によって, 住職でござる, 住職なども, 住職らしい, 住職恵光同, 住職黒崎禅翁が, 余燼の, 使僧と, 保勝会という, 修繕は, 倒れたの, 假門にか, 傑僧ニンジと, 僕に, 僧へ, 僧侶たちは, 僧兵ぞ, 僧当山のなど, 僧景淨と, 僧正さまだ, 僧達の, 先々代の, 先住に, 入口で, 入相の鐘が, 公案の, 内で, 内外が, 内陣には, 処へ, 刀です, 別室で, 前が, 前にて, 前庭から, 剣は, 創立者の, 勤めの, 勸進にも, 十一面観音などと, 千二百羅漢様の, 南山和尚を, 印の, 参道には, 収入と, 古井戸, 古本屋を, 台所から, 司祭及び, 名である, 名タクミの, 名物である, 向こうには, 和尚, 和尚さんから, 和尚で, 和尚まで, 和尚快, 和尚様に, 品が, 善周という, 四ツの, 国宝如意輪観音に, 土塀から, 在つた所, 地主なる, 地狂言では, 坊さんか, 坊さんであろう, 坊さんに対する, 坊ちやんである, 坊主だった, 坊主ども覚え, 坊主へ, 坊様に, 垣に, 城などは, 城下で, 執事が, 堀橋を, 堂も, 堂宇を, 場所に, 塀外で, 塀越しに, 塔それから, 塔や, 境の, 境内として, 境内再び, 墓前へ, 墓地です, 墓地全体を, 墓場まで, 壁襖屏風などを, 声に, 変った坊主, 変事を, 外まで, 多い山の手, 多い裏町, 夜あけの, 夢ばかり, 大きい門, 大久保彦左衞門の, 大台所へ, 大弓場で, 大部の, 天沢という, 太鼓を, 奥へ, 奥殿の, 女人地蔵と, 奴に, 奴等の, 奴隷の, 如意輪観音と, 娘とともに, 嬰児が, 存在した, 守ところに, 宗旨に, 宝物など, 実際上, 客堂に, 室に, 宿で, 宿院には, 寂しい書院, 寮, 寺僧が, 寺域めがけ, 寺男, 寺男らしい, 寺船を, 対岸を, 小さい本堂, 小僧さん栗を, 小坊主年の, 小矮鶏, 尖塔に, 尼寺という, 屁つこき, 屋根なら, 山で, 山にも, 山を, 山彼岸詣での, 山門へと, 山風冷え来れ, 峨山が, 崖下に, 川は, 帳簿に, 幹事の, 広前を, 広間は, 床下からは, 庫裏なる, 庫裏を, 庫裡という, 庭が, 庭のずつと, 庭霜解けの, 廃地で, 廊下へ, 建って, 建物の, 建立に, 建築や, 弘法の, 弥勒に, 弥勒菩薩も, 弥勒菩薩像の, 彭城氏の, 役僧を, 後に, 後ろに, 後方に, 御堂に, 御堂高山八幡の, 御廊, 御札を, 御講, 心では, 思惟像だ, 思惟菩薩だった, 悪僧たちであろう, 惣門を, 慢心和尚の, 懺悔式に, 房頭から, 所在地に, 所属の, 扉が, 手入れなど, 指導に, 掟に, 支配に, 救世観音と, 數三十ほど, 方の, 方丈では, 方角に, 日の, 日道と, 旧記には, 明かりを, 春, 晩鐘の, 暗い部屋, 曲り角から, 書院住居は, 有明の, 朝の, 木像は, 末子で, 本堂などで, 本堂前も, 本尊は, 本尊弥勒菩薩の, 本尊阿弥陀如来の, 杉の, 東の, 東瀛禅師建仁寺の, 松蔭寺へ, 林から, 柱が, 柿の, 格天井が, 梵音うるむ, 森で, 植半に, 楓を, 構えたしら, 構造要害としての, 様子が, 横の, 横道から, 樹蔭も, 檀家本, 正面虎溪橋に, 段, 永忠が, 池が, 池にも, 沿革について, 法印一人で, 法殿に, 洸山老, 海禪和尚が, 混外が, 渓よりも, 湖を, 湯屋で, 火は, 炎の, 為めに, 焼亡後西国の, 熱心な, 燈籠の, 爺にでも, 物です, 犬ふせぎ, 狸ばやしだ, 猿と, 現住墨汁師は, 甍が, 生垣に, 用でない, 田を, 男に, 畔には, 留守居を, 畠でも, 番僧に, 番塔又は, 白壁が, 盛物講とかいふ, 真向いの, 石の, 石壁の, 石段で, 石級の, 破れ本殿では, 磴へ, 社印の, 祝福に, 祭の, 禅院とは, 秘仏である, 秘蔵子と, 穴ぐらに, 空氣が, 立秋, 竹林の, 笹が, 筧の, 納所たちが, 細君また, 絵の, 維持にも, 縁から, 縁側が, 縁日で, 縁起を, 縁起譚の, 置文だった, 罹災を, 老和尚, 者だ, 聖物の, 臺所の, 舞楽殿で, 花御堂に, 花見に, 若い僧, 茶所に, 荘園を, 華鯨音なく, 葬儀場へ, 薬師は, 薬師如来は, 藪から, 蘭若を, 行宮ふかく, 裏べ, 裏垣の, 裏山などへ, 裏山扇山の, 裏手でした, 裏手を, 裏林で, 裕福な, 西北二町森樹欝, 見える細長い, 規則とかいう, 親類の, 観修という, 観音像, 觀音の, 記憶が, 話を, 請に, 謎こそ, 講堂の, 譚は, 護法は, 豆和尚さんと, 財産や, 賊寨は, 走り大黒くらいに, 跡だ, 跡を, 辺より, 近処, 近所という, 通りです, 遊行上人か, 道まで, 遠いの, 遺跡も, 邊り, 配下に, 釈迦堂からは, 釣鐘を, 鉾杉に, 鎮守馬鳴, 鐘いんい, 鐘それも, 鐘なりとも, 鐘や, 鐘半鐘叫喚大, 鐘樓の, 鐘百ばかりも, 長老が, 門だの, 門には, 門側から, 門前などに, 門前のは, 門前町に, 門扉も, 門番に, 門近くくる, 開山当時の, 開運地蔵として, 間借りを, 関係は, 阿闍梨の, 院主と, 障子は, 隣りには, 雄山が, 離れに, 電気の, 静かな, 頂上へ, 預け人という, 頼源などの, 類似の, 食堂に, 養女じゃ, 驛を, 高垣見れ, 鬼どもを, 鶯の, 黒門に

▼ 寺~ (1039, 9.8%)

14 ある 9 住んで, 帰って 7 泊って, 葬られた 5 泊まって, 納めて, 行って 4 かくれて, まだ一部, 入って, 参詣し, 来て, 留めて, 着いた時, 葬った, 逗留し

3 [20件] ありて, あると, いいよう, いたこと, いたの, なって, 似て, 寄附した, 居て, 巣を, 憎まれるよう, 戸籍の, 於て, 泊めて, 着きました, 置いて, 葬むり, 行くと, 這入つた, 隠れて

2 [64件] あずけたまま, あつた, いた頃, いて, いては, いると, おいでの, おられますか, こもって, しては, ひとしく礼, 一夜の, 一宿し, 一泊する, 下宿し, 下宿を, 乗込んで, 今は, 住し, 住職を, 來て, 入らん日, 入る, 出入りの, 勤めて, 四十年も, 埋めて, 安置せられ, 寄宿する, 居るん, 属して, 帰ると, 往きて, 往って, 戻って, 放火した, 来たり, 樂しみ, 歸つた, 残って, 母と, 泊った, 滯在し, 父親の, 着いたの, 石水和尚を, 祟りして, 移させられました由, 葬ったという, 葬る, 訪ねた, 詣で, 詣でて, 迎へて, 近い富士見, 逢著す, 過ぎませんでした, 遺して, 遺って, 避難し, 預けて, 飛んで, 養ふ, 高尾の

1 [754件 抜粋] あずけられた, あったが, あっただろう, あったの, あった年代不明, あって, あっては, ありますので, あるお, あるさ, あるだけ, あるところ, あるに, あるよい, あるん, ある先考, ある其子孫, ある初子, ある墓, ある時, ある樗牛, ある満, ある過去帳, ある頃弟子僧二人, あれども, いたか, いたが, いたらば, いたる, いた再度, いた時, いた縁故, いても, いなさるってんで, いるっていう, いるなら早速, いるの, いるばかりじゃあねえ, いるもの, いる時, いる時分, いる花和尚, いる魏法師, うつされ文永年間信如尼, おいでなさいます, おくつもり, おくり姥, おさめて, おらるる勝恵上人, おること三十年, おるッ, お會式, お残し, お詣りした, お通夜を, かつぎ込みしと, かんする事実, きてからも, きまった用事, きめたの, こうして漸, ございます, さういふこと, さし置いた事, したいと, したの, して, しのび入った賽銭泥棒, しようかと, し近く, せよ欄, それを, たった一人馬翁, たのまれたの, ついたの, つきては, とどまって, なければ, はいった, はいった人, はこび返し, はじめて詣り, ふたりも, ぶら, まいりその, まいり極めて, まうでん, まさるなし, もって, やって, やられずに, やられて, やること, ゆきて, ゆき母上, ゆくと, よりては, われ居り見れ, ゐたので, ゐた間, ゐられなくなつ, ゐるの, ロマンスを, 一つだけ, 一二泊を, 一人気の, 一匹の, 一夜寝, 一年余も, 一樹の, 一泊, 一泊いた, 三要という, 上がると, 下宿したら, 主人公鞠信及び, 乘込んで, 九晩泊つて辛うじて, 乞うて, 二三年行ひ, 五六日を, 五日程それから, 京都の, 今から, 仏事が, 仕ふる兒, 仮の, 仮寓し, 休むと, 似た気分, 位し, 住せしめ, 住せられた, 住まわせた, 住みたいが, 住み込むという, 住み込んで, 住わ, 住職と, 何か, 何である, 何事が, 余語氏の, 供物を, 係り合いが, 保管し, 修し愈々, 元弘戰死碑を, 兆とでも, 先代の, 入った, 入りし時, 入りて, 入り込んだつて, 入り高徳, 入るの, 入るを, 全くその, 公使館または, 出た, 出で, 刀が, 分讓, 利休の, 到りて, 前夜から, 務めて, 北辰妙見宮の, 十尼を, 厳命し, 厳存する, 参りコンフォメーション, 参り戸, 参ると, 参ろうや, 参禅した, 参籠し, 参詣しました, 参詣はせ, 参詣費, 參らせんと, 古りたるしら, 同居し, 向って, 向ひ, 周旋し, 呼び出され門前, 和尚さまと, 咲いたぞ, 唯つた独り自分, 善男善女を, 営んだ, 土州兵らの, 在り, 在る只圓翁, 在る永き, 埋まって, 堂守坊主で, 墓地を, 墓詣した, 多大の, 大なる, 大地小地なく, 大家に, 大法会, 大火が, 奉職せしめん, 女を, 婦女を, 存在せる, 客僧と, 家を, 宿とれ, 宿りました, 宿れるもの, 宿を, 宿泊し, 寂居し, 寄宿した, 寄進す, 寝る夜, 寝泊まりし, 寺男を, 対抗し, 小まん, 小坊主として, 居たさ, 居たそう, 居た徒弟共, 居った分, 居つた時分, 居ての, 居られぬという, 居りました, 居ります, 居ること, 居る人たち, 居合は, 属する法華寺, 山本家の, 布施せしめた, 帰った和尚, 帰りたいと, 帰りも, 帰る, 帰るか, 帰る気, 年へ, 幸し, 幽閉中の, 庄太郎の, 建つ, 建て, 建設する, 廻つて見ました, 引き取られた, 引き取られて, 弟子が, 弟子入の, 往かんこと, 往きその, 往つた, 往つて高橋氏の, 御参, 御平癒, 御滞在, 御用の, 必要な, 忍んで, 思わぬ事件, 思惟の, 懸けあった鐘, 我ぞ, 打ちたる入相の鐘, 押込んで, 拾われて, 拾得と, 持つて, 持て行, 挑戦を, 掃ひ, 掛錫し, 換えられたの, 放火しかけた, 散歩致しました, 数日足を, 文翰詞林三巻零本あり, 於ける花蓑追悼会, 日を, 日頃誼みのある, 昔禅師あっ, 暦応の, 暮らして, 有縁な, 本営を, 来た, 来てから, 来り見さ, 来る世間, 某と, 栗崎道喜の, 案内し, 案内致しました, 棄て, 楽しみて, 檀家が, 止まった, 止宿を, 歩いて, 歸つた時私は, 歸つてお, 歸りぬ, 歸り入らし, 残し置くべき辞世, 残りて, 残る老人一人, 永くご, 永眠, 汽車を, 泉の, 泊つた井出君は, 泊まった, 泊りあわせて, 泊り込んで, 法然上人を, 浮浪漢と, 滞在中この, 滞在中の, 無理やりに, 焼和尚, 王若水の, 琉球王歴代の, 生まれた私, 生りましたので, 生れて, 用の, 用意いたしおきました, 留つてゐる, 留まりたもう, 留まること, 留学する, 異なること, 登つて來た, 相談する, 相違あるまい, 着いた, 着き三日間滞在, 着く, 着した時, 石地蔵が, 碑を, 示現なされましょう, 神竜あり, 祭って, 移されて, 移したと, 移って, 移つた, 移つてから, 移り住み吉田, 立たして, 立ちよって, 立ち寄り繪島, 立てられて, 築城し, 籍が, 籠ったり, 籠っては, 籠城し, 納まって, 納めました, 納めること, 納め来, 納れる, 緑一団の, 編入し, 續き, 翁は, 聖母の, 聞きたいこと, 聞く如し楡, 育ったせい, 臨みて, 自分たちの, 至って, 至り堂守, 至り糸引き名号, 至る道路, 舁き入れぬ, 芋を, 芭蕉の, 落ちついたの, 葬ったと, 葬つた, 葬つたさうである, 葬られたさうである, 葬られたもの, 葬られて, 葬りその, 葬ると, 葬式執行の, 蔵する, 藏むる所と, 行いて, 行かれ代り, 行きました, 行きまする, 行き終夜別れ, 行き老, 行く路, 行く途, 行っても, 行つた, 行つてさびしい, 行つてみたいと, 行やし, 衣鉢を, 裸体地蔵が, 見えた時, 見る塔, 見廻されると, 親しい僧, 親戚の, 言うだけの, 計ると, 訪うたもの, 訪うた帰途, 訪ひ, 詣し, 詣するに, 詣するもの, 詣する人, 詣する間隙, 詣ずれば, 詣せざるに, 詣つて義仲廟, 詣でたこと, 詣でた時, 詣でる回, 詣でる山茶花, 詣で更に, 詣で身, 詣り午後, 詣り母, 詣る事, 詰めきって, 誘ひぬ, 説教が, 誰が, 謎の, 豊干, 起こったん, 足かけ二年ほど, 踊が, 身を, 辛抱し, 辿り着いた時, 迎え入れること, 近い場末, 近い村, 返しに, 迷いこんで, 這入って, 通うて, 逼塞の, 遊びて, 遊んで, 運ばれた, 達磨大師が, 違えねえあゝ, 還りかかる, 都から, 釣るところ, 長らく逗留, 間借りの, 間借りを, 附く檀家, 附け届け, 限ったわけ, 限らない, 陣し, 陣じ, 隠されて, 隠れたけれども, 隣し, 集まった, 集まりて, 集る同人總, 雪子を, 非ず, 面接し, 預けられて, 預つて, 頼まれて, 頼んで, 飛込みましたが, 養はれた, 養われて, 駆け込んだ, 鳴くと

▼ 寺~ (741, 7.0%)

21 行って 19 来て 9 往った 8 帰って, 往って 7 預けて 5 おいでに, お詣り, 入って, 出かけて, 帰った, 遊びに 4 お参りに, 参詣し, 行くの, 訪ねて, 送って, 飛んで

3 [12件] お移りに, 参って, 墓参に, 引越して, 手習ひ, 持って, 来たの, 着いたの, 行った, 行ったの, 送られて, 金を

2 [54件] いらしたこと, おはいり, お嫁入り, お詣りし, かえると, たずねて, ついてからも, でかけて, はいった, はいって, はいるの, やって, ゆくこと, よい樣, 仕方が, 使いに, 使ひ, 参詣した, 向って, 寄って, 寄進する, 寄附した, 尋ねて, 小僧に, 帰して, 帰りました, 帰ると, 帰るの, 往くこと, 往くと, 往っては, 戻って, 持帰っ, 来たこと, 泊めても, 着いた時, 知らせに, 移って, 移られたこと, 移る, 籠って, 納めたの, 納めて, 葬式に, 行きましたが, 行く, 行こうと, 行つたのは, 親の, 貰はれ, 逃げ込んだ, 連れて, 連れ込んで, 道具を

1 [471件] あがる海岸, あまりお, あらためて挨拶, いく人, いったと, いって, いつて, いよいよ院, い今日, おいで, おいでな, おいでなさる, おもむいた, おん母, お力添え, お参りした, お参りを, お小僧, お弟子入り, お手, お留め置きくだされ, お礼参に, お移し, お葬式, お訪ねします, お詣りしよう, お開帳, お預けなさいまし, かけつけると, かけて, かけ付けて, かよいだい, きたとき, きなさい四年, くること, くる人, こもって, これを, さきごろ造営再建の, すぐついた, その使い, その子供, たびたび詣っ, ちょうど来, ついたとき, ついたの, つかわされたもの, つかハ, つれ帰った, とまる六日下山, どろぼう, なので, ねりこむこと, のぼせて, はいったあと, はいったど, はいったの, はいること, はいると, はこんで, はやらぬ焼いて, ひっこんで, ひっぱって, まいって, まいりまして, まいり夜, まいり祖先, まいるに, まいるよう, まいる折, また拝登, もどった, もどって, もどらんか, もらいに, やって来て, やられて, ゆき着いたが, ゆき着くと, ゆくと, ゆく人たち, ゆく時刻, ゆこうと, よく馬, わざわざ上っ, 一人の, 一先ずお越し, 三人組の, 三千両奉納の, 三千兩奉納の, 三度目の, 三里とき, 上せて, 上った, 上った頃, 上ぼせ, 下がって, 下宿し, 与て, 両親の, 乗りつけると, 乗込んだの, 二時半近く下り, 二晩泊っ, 五十人ほどの, 今夜仕事に, 代りあって, 以前から, 仮り埋めされた, 会釈も, 伴われ庫裡, 住職を, 住込み候を, 何も, 何里ある, 使が, 使僧が, 來た, 來て, 侵入し, 係りの, 信長の, 入ったか, 入ったもの, 入らず山門, 入りました以上, 入り東, 入る所, 入れられた, 入れる, 入ッ, 出かけること, 出れば, 出入りする, 出入りの, 出向く筈, 出掛けた, 出掛けたん, 出頭した, 十念を, 参ったの, 参りましたかは, 参りましたが, 参りまして, 参りますと, 参り父小左衞門, 参ると, 参詣しました, 参詣する, 参詣に, 参詣を, 取って返して, 取つて, 可申旨御諚, 右大将殿が, 向いても, 向う途, 向けられがち, 呉れて, 命令を, 問合せに, 回って, 回向を, 坐禅を, 埋めないの, 報告しろ, 塔の, 墓まいり, 墓參にでも, 奉公し, 奉公に, 奉公を, 奉納し, 姿を, 宇治川の, 実は七兵衛, 宿泊し, 寄った, 寄った所, 寄託し, 寄附する, 寺の, 将軍が, 導いて, 届けたらあの, 左遷する, 布四千反を, 帰ったの, 帰ってから, 帰つたつ, 帰つて例の, 帰られた, 帰らんければ, 帰りましょうか, 帰りますと, 帰りまたは, 帰ること, 帰るとの, 帰る意志, 帰る方, 帰れば, 帰ろうと, 年一二包ずつ, 幾らかの, 廻るやう, 廻るよう, 引き取られたこども, 引き取られたので, 引っ越して, 引っ返して, 引っ返すと, 引取って, 引取り, 引取り介抱し, 引越したか, 引返しました, 引返します, 強盗に, 強請が, 往きなすったの, 往きなすつたの, 往く, 往くかと, 往く路, 往た, 御厄介, 御參詣, 御普譜役, 御祈祷, 忍び込んだこと, 忍び込んだとは, 急ぐ姿, 悪坊主, 惣人数を, 戻った, 戻ったら伝えて, 戻つた, 戻ると, 戻れと, 手の, 手を, 手伝いに, 手紙などを, 手紙を, 投げ込まれて, 投げ込み同様, 投込みに, 抜ける間, 抱いて, 押しかけて, 押入り和尚, 押込みに, 招じ, 拝登した, 拝登する, 持ち込んだこと, 捨てて, 散歩致しました, 旅立った, 曳つ, 朝詣でに, 来い, 来ずに, 来た, 来たるべしかねて, 来てから, 来ぬま, 来られなくなるだろう, 来ること, 来るべし予て, 来る人人, 来る日, 来る途中, 松平家の, 案内し, 歸つたのは, 歸つて來た, 歸つて來られなかつた, 歸つて來る, 歸つて机の, 歸る, 毎夜毎夜へ, 気絶の, 泊った旅, 泊って, 泊つた事が, 泊つてゆかれた, 泊まって, 泊まらせる, 泊めて, 泊らせて, 泊り翌, 泊り翌日, 泊るから, 泊る但馬, 泣いて, 泣付いて, 深くかくれこん, 漢籍を, 灸を, 焼いて, 燈明料を, 片付けたが, 物取りには, 献上され, 生埋, 産婦が, 用が, 用事が, 留めて, 登ること, 着いた, 着いて, 着いてから, 着く, 着くと, 石塔を, 祖母に, 私が, 私は, 移されて, 移したと, 移つて以來特に, 移ろうぞ, 移住し, 立ち寄られたいと, 立ち帰り, 立ち帰ると, 立ち戻つたが, 立寄りました, 第一歩を, 粥河様が, 納めた, 納めたとか, 納めたり, 納めても, 納めにおい, 納められたの, 納めるべき物, 納める故人, 絶えず出入, 絹四百疋を, 續い, 置いて, 腰掛ながら, 舞い戻ったの, 舞い戻って, 芳村伊四郎の, 落着いた, 葬った, 葬ったの, 葬って, 葬つた後, 葬むる筈の, 葬りに, 葬りました, 葬ること, 蔦かづら, 蘭方の, 行, 行かなきゃなるまい, 行きたくば, 行きなさい, 行きやすよ, 行き仏, 行き読経三十分, 行くと, 行くならあと戻り, 行く人, 行く路, 行く迄も, 行く途中, 行け, 行けと, 行こう, 行ったこと, 行ったという, 行ったとき, 行ったに, 行ったはず, 行った方, 行った時鐘楼, 行った頃, 行っては, 行つ, 行つた, 行つたので, 行つても, 行つて余計な, 行つて和尚さんの, 行つて坐, 行つて寺僧に, 行つて少し, 行つて彼等が, 行つて来, 行つて歸つたさうで, 行つて見る, 行て, 見えたの, 見えて, 見える日, 詣り街衢, 詣る, 詣ると, 詣る折, 詣る石寺, 話を, 誦経を, 貸しが, 賊の, 走る, 越すとき, 越す巡礼, 身を, 身装の, 転げこんだ, 近づいたもの, 追って, 退け, 退居, 送られたか, 送りとどけて, 送り込むつもり, 送ること, 送るに, 送るの, 逃げ込んで, 逃込ん, 逗留し, 這入ってれば, 這入ると, 通いはじめました, 通うて, 通うよう, 通じて, 通って, 通ひ始めた, 通ふ, 連れ戻つて, 逼塞し, 運ばしむ, 運び込んだの, 運んで, 遺臣一同を, 遺骨を, 避暑が, 避暑に, 野辺の, 野辺送りを, 錢を, 鑑札尺八を, 附届も, 隠し売女を, 隠れたあげく, 隠れて, 隠居これが, 集めて, 預けられた, 預けるにも, 預けるもの, 頼み仙太郎, 頼んだ, 頼んで, 飛び込んで, 駆け付け空柩, 駈けあがって, 駈けた, 駈け込んで, 駈込んで, 高い石段, 黒旋風が

▼ 寺~ (568, 5.4%)

27 出て 16 出た 10 出ると 7 建てて, 建立し 5 建立した 4 でて, 見に, 辞して 3 たずねて, 仮の, 圧して, 建てること, 建立する, 持って, 見て

2 [44件] たずねると, たてて, でると, のがれいでたる僧, はじめ浄菩提寺仏心寺窪の, 人に, 出たが, 出たの, 出てから, 出で, 出るとき, 出る時, 去りました, 境に, 壓し, 巡って, 建てたり, 建てんと, 建立したい, 心ざし, 憎いと, 憎むよう, 指して, 支配する, 破却, 破壊した, 空に, 脱け, 見た眼, 見物し, 見物した, 覗いて, 訪うた, 訪ねた, 訪ひ, 訪ひし, 訪ふ, 訪ふたが, 訪問した, 訪問する, 語れば, 辭し, 開いて, 青龍寺の

1 [375件] あけた事, あけて, あげつらうほどの, あずかって, あらして, あわせ用い刻々, あわれむと, いかに区別, いで, いふ, うしろと, うしろに, おいでにな, おとなう折, お暇, お立ちに, かうした廃寺, かうして, くれろと, こ, こえ明智, ことほぎする形, これほどに, さ, さして, さして出かけました, さして出懸ける, さして出掛ける, さして旧道, さして行進, しばしの, すぎ, すくなくもいま, たずねた, たずねに, たずねますと, たずねる旅びとも, たち出, たづね, たてたの, たて仏典, つくりその, つくり京都, つくり坊主, つくるならなに, つぐ必要, つつむよう, でかけました, とびだしてから, なぐりに, なだめて, ぬけだして, ぬけ出して, ぬけ出て, はじめとして, はじめ他の, はじめ日ノ, ひた, ひとり出, ぶら, ほんとうに, みに, むしろ安息所, めざした, もって, ものの見事, よくぞ, りっぱに, カテドラルと, チャーチと, 一つ, 一つ一つ叩き起す, 一覧した, 下りて, 中心に, 中興す, 乗取るつもり, 会堂に, 何が, 作ったり, 使って, 価値づけた, 信仰し, 修せしめし, 倒に, 借りそれ, 借りて, 借りようとしても, 借り受けて, 再建し, 再建した, 再捐, 再興する, 出かけ三人, 出たかと, 出たその, 出たという, 出た人, 出づ, 出でたりとも, 出でつつ, 出なければ, 出ましたが, 出まして, 出ようと, 出るころ, 出るとき懐中, 出る頃, 出外れると, 出発, 出発し, 出立した, 出離れると, 切りぬけて, 切り廻した, 別れて, 創つ, 創てられた, 創建し, 創立し, 包囲した, 厭いた, 去らなかった, 去らなかつた, 去りこの, 取り囲んだの, 取り囲んで, 取るだの, 同樣, 含む法隆寺一郭, 命ぜられるのに, 嗣いだ兄, 困らせて, 囲んで, 圍んで, 奪われて, 好かないほどの, 好き始めた, 好みました, 始め沢山, 嫌いながら, 守って, 守りそうして, 守り二者, 守ること, 守る護法達, 宿として, 宿所と, 宿舎に, 富まそう, 将軍の, 尋ぬ, 尋ねて, 少しく侵略, 山の上へ, 山陰道の, 巡りて, 巡拝し, 廢し, 建つることに, 建てさせたが, 建てたが, 建てたって, 建てたと, 建てたもの, 建てたポルトガル人, 建てた政宗, 建てた話, 建てては, 建てました, 建てる者, 建て堂, 建て永く, 建て諸国, 建立せしめられた, 建築する, 廻り今, 引きはらって, 引き払って, 弘福寺に, 張って, 張つて線香を, 強固に, 当分の, 後方の, 御草創, 心当に, 志して, 思い出した, 思い出すなあ, 思ひ出して, 急速に, 恋うと, 恨む筋, 憎み返す君, 憎むより, 抜けて, 抜け出て, 抱きて, 押し廻つちや, 拜まずし, 持ってる者, 持つという, 持つべき顔, 指すか, 指すこと, 指すの, 挙げ盛儀三日三夜, 捜して, 捜しに, 捨てて, 捨て去るよう, 探訪せず, 改造した, 攻めて, 教えて, 教えないで, 教へて, 敲けば, 斬って, 旅支度の, 明け渡さなきゃア, 明け渡さなきア, 最後として, 望む訳, 本営と, 本営として, 枕に, 横に, 正抒, 歩いたこと, 殺すにゃ, 浮き立てるつもり, 無人に, 無用な, 焼いた時, 焼き僧兵, 焼き払うよう, 焼き捨てる, 焼き豊前, 焼くとき二日, 煽るよう, 熊本城外に, 物の, 瓦葺きといった, 画き得ても, 発たうと, 目あてに, 目的に, 相續, 省みること, 知って, 破壊する, 神護寺と, 秀吉から, 空き家に, 立ち出たの, 立ち去った, 立ち去って, 立ち途中, 立った, 立つと, 立つとき, 立つの, 立つ日, 立てたの, 立てた時, 立とう, 立出でました, 竜王寺と, 紹介した, 經て, 継いで, 繁昌させたいなら, 背景に, 自分の, 興した北条時頼, 興して, 荒すくれえ, 表に, 襲い本尊, 襲って, 見あの, 見が, 見た, 見たい様子, 見た時, 見ようという, 見る, 見るつもり, 見ると, 見尽して, 見廻り下さいと, 見張って, 見掛けて, 見盡, 見福岡, 見羅馬, 見舞って, 観たいと, 訪うたの, 訪うたのに, 訪うひと, 訪ずれます, 訪ねたこと, 訪ねた時, 訪ねた際, 訪ねて, 訪ねようと, 訪ねるもの, 訪ね鑑眞和尚, 訪ふとき, 訪れたの, 訪れたので, 訪れた侍, 訪れた旅人, 訪れた時, 訪れた際, 訪れた頃, 訪れて, 訪れること, 訪れると, 訪れるの, 訪れ住職鷲峰師, 訪れ宝物, 訪れ門前, 証人に, 誰も, 豊前に, 走り出て, 起し世の中, 辞し去ろうと, 辞し左京, 辞し渓, 追い出されたと, 追い出された雲水, 追い出されて, 追い出され或いは, 追い出すの, 追はれました, 追ひ出さう, 追われたので, 追出されるです, 追出される形, 追放された, 退き後, 退く坊主, 逃げだして, 逃げて, 逃げ出したの, 逐い出されたそう, 逐い出され今, 通り抜けた, 通れば, 通過する, 造って, 造営せん, 過ぎて, 過ぎると, 過ぎる詩, 過る折, 道場として, 鉱毒請願事務所に, 開いたという, 開いたサッキャア・パンジット, 開かれたの, 間違える奴, 間違へる, 陣屋みたいに, 離る, 離れて, 預る人たち, 頼寄っ, 飛び出して, 駈巡って

▼ 寺~ (434, 4.1%)

5 人の, 物音も 4 役君小角が 3 どこだ, まだ物

2 [20件] どこに, むかしから, 佐々木盛綱と, 何か, 何ほど, 冷然として, 四谷の, 女の, 日本堤の, 昭和の, 浦粕町から, 焼けて, 焼香の, 相当に, 見えぬが, 谷中に, 貧乏寺で, 門から, 雨戸を, 震災よりも

1 [374件] あった, あったが, あつた, あなたと, あの山, あまりに痛々しい, ある, あれだ, あわれ, いう迄も, いくらも, いずれも, いつまでも, いまいましげ, いよいよ冷, いよいよ荒れ, うけが, おくつ, おめ, おもに旗本, お兼, かの竜濤寺, ここから, このまま, この山, こりゃまさしく, ごく稀, ごぞんじでしょう, ごらんの, さもさ, すぐに, すぐ裏, すでにこの世, すでに駒込, すべてブータンの, すべて宿料を, そこから, そこで丸山, その刀, その後廃寺に, その本堂, それでも酒, それに, それは, それを, ちょうど東京, つまらぬ, どうやら書写山, どこだろう, どこにも, どれほど立派, どれも, ない, なくなり神橋, なじみの, ふくれ出し, ほとんど当時, ほウ, また父, まったく同じ, まぶしそう, もう寝, もちろんポン教, もと太子, やはりチベット風, よく剣, カシミール人の, チベットで, ノツソリと, ミソを, ワケあっ, 一体何処, 一六八一年ロヨラの, 一切戦に, 一牛鳴, 一蓮寺の, 一遍上人の, 丁度嶮, 七とせばかり, 三の, 三分, 上の, 下谷に, 不幸にも, 世間を, 並びあって, 中, 中之郷, 丹も, 事改めて, 二三度ひっくり返し, 二分萩寺は, 五十二に, 五百の, 井戸氏の, 京極佐渡守高矩の, 今でも, 今や工事中, 今川義元公の, 今猶, 仏頂面を, 伯林から, 何という, 何処だつ, 何処で, 何處だい御, 何處だらう, 余行て, 俗に, 信州下水内郡飯山町二十何ヶ寺の, 倶楽部または, 傷だらけの, 僧供講説などの, 僧舎二百戸に, 僧達の, 儀式の, 元眞言宗の, 兎丸山は, 全く廃れ, 全力を, 六三郎が, 兵馬が, 兵馬に, 兵馬の, 兵馬を, 其反対に, 其角と, 其角の, 兼ねて, 出来て, 到る處, 前に, 剣客であります, 動きません罷り出でたるは, 北村君の, 北条泰時さま御, 十丁ほど, 博奕場に, 原田家の, 叡山の, 古い由緒, 古建築物一つ, 叫びます, 可なりに, 右街の, 吉野に, 同治年間, 名の, 名高い, 君と, 君という, 君を, 呑込み面に, 和泉式部の, 唐の, 唯荒, 四人の, 四千フィート, 困るな, 国家第, 地名で, 地震で, 堂内別に, 堤下の, 境内と, 声高く, 壺坂笠置法輪, 変った寺, 夕方の, 多久家の, 大まじめ, 大倭, 大戦の, 大抵禅宗寺, 大正二年八月に, 大秦寺と, 大繁昌, 天下に, 失笑し, 奥蔵院と, 女人禁制の, 姪浜町二十四番地に, 婦人の, 存外なごやかな声, 安中みちを, 安中路を, 宋の, 宋風とかいふ, 実に風景, 富武家も, 寒かり, 寺同志で, 小さな寺, 小乗戒と, 小山の, 小日向台町, 小梅の, 尖塔は, 屋根より, 山ゆゑ夜の, 山を, 山城の, 峠路の, 川崎大師, 左の, 巴里の, 市外の, 市川小団次の, 平生有り, 床の間に, 度々の, 廢寺同然の, 建物も, 弁慶の, 引越して, 引込むよ, 弘法大師が, 当所本主, 当所第, 役, 彼にとって, 彼には, 後ろの, 得意さうに珍らしく, 御勤番加役, 御所と, 心置なく, 悪態を, 意地悪く, 愚僧の, 慶安年中の, 戦国時代に, 打ち棄てられたよう, 持たずに, 推古の, 故子規居士, 斎藤弥九郎の, 斎藤歓之助の, 方則が, 旅の, 既に全然滅び, 日蓮宗で, 日蓮宗です, 旧の, 旧藩公の, 明治三年神仏混淆の, 昔そのまま, 昔の, 昔は, 昔今川義元公が, 時宗だ, 普通の, 書紀に, 曹洞宗にて, 曹洞派の, 有名な, 朝十時より, 木立晝暗うし, 本郷駒込千駄木に, 本陣と, 村外れから, 東北に, 東海道原駅に, 松の, 松や, 松平氏が, 格式の, 案外陽暦, 桑原氏が, 極端に, 橋場であった, 櫛を, 此の, 殆ん, 毎日雲霧に, 気に入らなかった, 汚ない, 汽車に, 沢山檀家, 法華宗である, 法華宗の, 浮かない, 海浜より, 涼しい, 深川で, 渓の, 渡邊治右衞門別莊の, 澄まし返って, 無かった, 焼けたの, 焼穴, 熱狂的伝道者行基を, 牡丹の, 玉泉寺という, 現存し, 由紀子の, 由緒の, 由緒も, 男僧の, 町の, 白砂が, 盃を, 直ぐ分りました, 看客の, 知らなかった, 神を, 神社とともに, 禅問答の, 禅寺であっ, 福田の, 私の, 稲葉家の, 立派に, 笑わず兵馬, 精舎とも, 維新の, 維新前に, 羅馬の, 美濃一円真言宗の, 耳にも, 聖徳太子の, 聖徳太子様の, 聞き流して, 肉食妻帯の, 能く知らない, 自分の, 草創以来明らかに, 荒れた, 荒れるまま, 荒果て, 葬式とぼし, 蓮華寺といふ, 藤沢の, 裏の, 裕福だ, 裕福な, 西と, 西永福と, 西行法師に, 見えなかった, 見かけこそ, 言つた, 訪は, 詮ずるに, 谷あいの, 豊かなる, 豊公の, 貧乏寺だ, 身に, 載せてないらしかった, 近い, 近いの, 道子が, 遠くて, 那古の, 都の, 醍醐天皇が, 長崎港の, 開基五百余年の, 閑靜だつた, 関東の, 関東一の, 関白の, 陰鬱なる, 障子を, 青山練兵場を, 飾り物の, 養家斎藤氏の, 首を, 駅路蕎麦店間より, 高師直が, 鬼の, 黄檗宗の, 龍雲院という

▼ 寺~ (382, 3.6%)

39 ある 24 あって 11 あった 7 あります 6 あったり, あつた 4 あったが, ありました, 多い, 見える 3 あつて, ありますから, あるが, あるとは, あるの, いくつも, 建てられて

2 [15件] ありその, ありますが, ありますね, あること, あるという, あるので, ある由緒, いう, それを, なおしさ, 堤に, 建って, 建てられその, 建立され, 急に

1 [222件] あいて, あったかなあ, あったから, あったに, あったので, あったらそれ, あってな, あってね, あつて墓, あまりに荒れ朽ち, あら, あらあ, あらば, ありある, ありこの, ありそこ, ありまして, ありますか, ありもっと, あり久米仙人, あり人煙, あり代々盲目, あり六沢, あり其處, あり勧修寺, あり学校, あり私, あるから, あるけれど, あるそこ, あるそれ, あると, あるといふ, あるよう, ある其の, ある其処, ある筈, あれから, あれば, いかにもみすぼらしく, いたらヒヤ, いつかは, いよいよ冷, いよいよ納まらず, うんとある, おそろしく多かっ, くみしいた弁慶, こういう働きかけ, こういっ, こう言っ, こっちへ, この人, この仏頂面, この霊場, こぶしを, こんなになりました, ございまして, しきりに弁慶, すぐ頭, すり寄ると, すわと, そう我々, その一例, その冊子, その勝負, その宝生山知善院, その昔, その肩, その西南, その頃造営せられた, たしかに知善院, たぶん総持寺, ちゃんと決まっ, どうあっ, どこである, ないから, ない教会, なくとも, なくなったから, またのっしのっし, またも冷然, また横, まるで堙滅, みんな焼け, むかい合って, めいます森, もう一軒, わざとらしい高笑い, ズンズンと, テレ隠しに, ニヤニヤと, ムキになりました, ワザワザ睨みの, 一番大きい, 一軒あった, 一院北国名代の, 上から, 上述の, 世話やきな, 中心に, 丸山を, 亀戸村に, 二つあり, 二つある, 二つ一つは, 二つ見え, 二挺点つて居る, 二派に, 二百余禅宗の, 今まで, 仏頂面に, 以前の, 供養を, 侵略した, 先手を, 六七ヶ所も, 兵馬を, 其処から, 冥途の, 出来まして, 出来る時, 刀を, 勢力を, 厭だった, 取払, 合わせました, 呑込み顔に, 咎めなければ, 嘗て僧院, 土地の, 堪りません, 境内寂寞として, 声を, 多いから, 多いそれら, 多いと, 多いにも, 多い寺, 多かった, 多くて, 大きいから, 大椿寺ぞとは, 大火に, 女僧, 妙信寺であった, 嫉き, 嫌ひで大きく, 完成し, 将軍の, 小さな辻堂, 少ないと, 山の, 山の上に, 帰ったの, 幾軒と, 幾軒も, 庶民の, 廃せられて, 建った, 建った南蛮寺, 建てられた, 建てられるであろう, 建立された, 建立される, 建立せられ, 役の, 彼等に, 待って, 徐ろに, 必要な, 怖いので, 恐怖を, 押えて, 振返って, 数へ, 斬りかかろうとして, 斯う, 昔時は, 最後の, 有ります夫, 本能的に, 橋辺寺と, 檀家に, 死にたくなったと, 残りました, 毒消しを, 氣に, 法華であろう, 淵へ, 混雑する, 焼けた, 焼けて, 焼けるときどこ, 特に手痛く, 眞言其他の, 眼を, 簡単に, 続いて, 繁昌し, 至極浮かない, 草の, 草創された, 荒廃した, 見えた, 見えて, 見つかり日, 見世物式に, 言い出したので, 言ひさう, 起坐し, 踏んで, 躍起に, 近くに, 錦町に, 長い間, 開かれたため, 開かれた例, 開かれた為, 阿弥陀寺に, 隠れ此程並木, 馬車の, 高地に

▼ 寺~ (302, 2.8%)

8 あつた 4 切腹した 3 和尚と 2 これは, その寺, ゆっくり鐘, ろくな用意, 五六日泊め, 住職も, 眺望が, 突き出す早鐘, 見る太陽, 鐘太鼓で

1 [267件] あの天文学者, いかにもこの, いっしょに, いつも彼, いまに, おひる, おらに, おれの, お地蔵様, お待ちし, お産を, お酒, お鎌, かして, かたちばかり, きたえられた元気, この大正十年, この男, この鯉塚, ござりましょう, ござります, ごまを, させて, する懺悔, せうな, そのおば, その住職, その寺格, その年, その正門, その騒ぎ, その騷ぎ, それを, ちとそんな, どういうわけ, どこに, どじょう髯の, ないと, なお盆前, なにも, ね, ねる方, はからずも自分以上, はめくらの, ひと休みし, むらむらと, もござりますれば, もさうでありまして, やるの, やる仕事, よく私, らの, カンカンと, ターサン・ゴンパという, ユックリと, 一つは, 一夜が, 一寝入, 三千両の, 三千両を, 三千兩の, 三千兩を, 不思議の, 中には, 中外に, 二百両で, 云い伝えて, 人が, 人と, 今は, 仏像の, 仮葬を, 休憩し, 住職を, 何か, 作られます, 保養を, 修行した, 俳句会が, 偶然あなたに, 僅かに, 入相の鐘を, 六時の, 其の聖教序, 処分し, 出す菓子, 出せと, 出来得るだけ, 初祖, 助けられたこと, 勉強した, 単嶺, 参詣の, 参詣人に, 告別式だけを, 和尚さんに, 唯だ, 四五日間説教が, 土佐の, 土地の, 地獄極楽の, 地蔵尼の, 坊さんに, 墓前の, 売りいたと, 夜を, 大きい寺域, 大妙寺, 大学出の, 大将方の, 大師の, 大惣, 大般若経, 大蔵経の, 大黒の, 天台から, 天女宅で, 契盟を, 委しい事, 学んで, 宵と, 家康に, 宿ると, 寂した, 寄宿し, 密教を, 対面た, 尋ねますと, 少しく下, 山門の, 工面し, 幡随院長兵衛の, 幽霊を, 式を, 引受けさえ, 当時まだ, 彼が, 彼処では, 待ちあわす約束, 待って, 待つと, 待つとるか, 御霊会または, 惨酷い殺され, 態, 戦死した, 戸締の, 押さえられる, 拝見する, 拵えた鼻, 接待ある, 接待ある云う, 描いて, 換えた票, 搗き鳴らすらしい鐘, 撞く鐘, 故人を, 教えられて, 教はる, 敲き鳴らす, 断られるの, 方丈の, 日本でも, 日本左衛門と, 昔は, 書きなぐつた全紙, 書写した, 會談した, 木魚を, 本堂の, 本堂を, 机竜之, 杉田氏は, 東北を, 檀家から, 歌会が, 正成が, 此寺が, 殺されたん, 殺された女, 殺されて, 殺して, 没義道に, 泊って, 泊り込んで, 法会を, 法師が, 法縁上の, 法華宗です, 淡島さま御, 深夜に, 清澄の, 焼き棄て私, 片側は, 物を, 狩野永徳の, 猿若の, 用いられた毒薬, 用ひられた, 病死した, 皆が, 盆栽を, 盗まれたの, 盜まれた, 碌々に, 福授け, 私一人しか, 窃盗事件が, 笹巻売っ, 笹巻売る, 精神の, 累の, 経を, 綱主と, 総本山の, 聞けば, 育った処女, 育つた人, 育てられた頃, 背が, 腹を, 自殺した, 興行した, 般若三藏や, 芝居を, 花盛りの, 葬って, 葬るのに, 葬式を, 蕪村忌を, 蚊に, 行いますので, 行なわせること, 行はれ, 行われる, 製した古, 見た時, 見た本, 見られた, 覘う, 覚光に, 言ったことば, 詰腹切らせ, 誦経を, 説教を, 調理し, 謠曲會を, 買つた筆で, 賭博を, 贅沢を, 足掛け十六年わたしが, 跡目相続人の, 造る精進料理, 逢いましてから, 遊び仲間の, 過すこと, 遭った青年, 鉦を, 鐘が, 鐘の, 門の, 開かれて, 間に合わせて, 預かって, 願念寺の, 食事養泉寺泊, 驚いたか

▼ 寺~ (282, 2.7%)

15 丸山は 8 いえば, 云う寺, 云ふ 5 丸山が 4 丸山とは, 云うの, 寺の, 言つたから 3 いうよりは, いえども, やりたかつたに, 丸山とが, 云うお寺, 武家の

2 [17件] いうほどの, いつて, いふ, いへば, かけ持ちで, せよ紅梅ども, 丸山, 云う御, 倉庫の, 寺との, 書いて, 法要の, 申しますの, 稱する, 篠崎家とは, 萬福寺とは, 言ったか

1 [170件] ああやっ, いいながら, いい一方, いうて, いうほど, いうより, いった, いって, いってね, いひ一, いふが, いふよりは, いわなくては, いわれて, おっしゃっただけ, お聞き, かけもち, きいて, きくと, きまって, ここに, したとは, しるした提灯, すぐ書いた, する平安文化, する手, せよといふ, そのくらい, その寺, その附近, ちがって, となえるの, なしたりと, なし日吉社, なって, なつて, なり道士, よぶこと, よべる法華寺, ペンキ塗りを, 一しょに, 一しよ, 一緒に, 七条道場との, 三味線は, 両方に, 丸山から, 丸山だけが, 丸山だろう, 丸山の, 丸山を, 乞食と, 予て聞ける, 云う, 云うので, 云うもの, 云う名, 云う山寺, 云う真宗, 云う真宗寺, 云えば, 云っては, 云つても, 云はれる, 云ひ, 云ふお, 云ふたが, 云ふも, 京都の, 仏と, 仰しやつ, 伝えられる, 何の, 僧侶とが, 別に, 刻した, 博物館と, 受け寺, 古い神社, 合併し, 同じく山, 同じよう, 同等に, 名づくる, 名の, 名を, 名付く, 呼ばれて, 呼びならして, 呼ぶこと, 呼ぶも, 呼ぶ奇峭怪峰, 呼んで, 四軒の, 場銭を, 塔と, 境を, 墓, 墓地とは, 大師様の, 天竺寺を, 宝物と, 宮崎家との, 寺号を, 少しばかり, 少しばかりの, 崇元寺, 広い武家屋敷, 廣州府城の, 思はる, 思ふは, 恰度垣一重の, 改めしむ, 改稱した, 春山和尚春山と, 智恩寺と, 書かれて, 村民の, 椿の, 武家屋敷に, 歩いた, 法華寺へ, 海とが, 深彫, 湯元とを, 牛島神社と, 申して, 申しましたが, 申しまして, 申しましてな, 申しますものの, 申し奈良, 申し御, 申すの, 申す前, 申す御寺, 皇族墓地との, 相並ん, 確いひました, 社と, 禅僧とに, 稱し, 稱す, 稱せし, 聞いて, 聞けば, 聯んで, 背中あわせ, 背中あわせじゃ, 茶室と, 萬福寺を, 蓴菜池, 薬師如来の, 見ゆる温泉, 見事に, 覚えて, 言うない, 言うの, 言ったから, 言ったが, 言つた, 言ふ, 記して, 記載され, 読ませるん, 讀ませるん, 金山寺が, 限定具象し, 隣地の, 高さ

▼ 寺から~ (184, 1.7%)

7 借りて 6 出て 5 帰って 4 内見 3 寺へと 2 お帰り, 寺へ

1 [155件] あまり遠く, ある僧侶, うごかなかった, お迎えに, かなり来, かりて, こう言われる, この二ツ, その旨, つき出す鐘, でその, また一山, みると, もらった経巻, もらって, やはり政経科, オランダの, 一人の, 一年交代で, 一部を, 一里半ほど, 七条道場, 上洛の, 下に, 不動様を, 世話人に, 二町ばかり, 二町ほど, 人が, 伏見へ, 何時帰つた, 使いが, 來た, 例の, 信州善光寺に, 修学院大徳寺境内西本願寺の, 借りた三千両, 借り出したもの, 備えられて, 僧を, 僧侶が, 僧侶を, 入って, 冷笑され, 出され四, 出すもの, 出たこと, 出た乗物, 出た奴, 出てなど, 出ないよう, 出奔し, 出火し, 出立する, 副本, 北へ, 千五百両借り, 半丁ばかり, 参りました者, 受けて, 受ける全, 呼んで, 墓地へと, 夕暮に, 大抵の, 奈良坂を, 姿を, 学校へ, 学校までは, 実はわけ, 寺を, 寺社奉行を通じて, 寺社方へ, 寿阿弥号を, 小粒で, 少し距, 少し離れた, 帰つてから, 帰ると, 帰る途中, 引き戻すよ, 引出して, 弥勒菩薩の, 影を, 後ろの, 抜け出して, 持って, 日光へ, 来た, 来た僧, 来た僧侶, 来られた, 杯や, 東京へ, 次郎さん四人の, 此処までの, 此處までの, 歸つて來た, 水戸邸まで, 水門尻へ, 沢庵さんみたいな, 油を, 法輪寺, 炭などを, 特別に, 特派され, 現場までは, 町の, 登って, 直接立った, 移されたもの, 突き出せ, 窃取した, 立って, 笹の, 約十町, 給せらるる, 絶交を, 縄付きという, 聞こえて, 茶を, 荷物を, 萬福寺までは, 西の, 西一町そこに, 西一町の, 西一町離れ, 西北へ, 見当を, 言へば, 譲られたその, 貰い受け, 貰われて, 足尾の, 追出されるという, 送って, 運んで, 遠くない, 遠くも, 還って, 里へ, 里へといふ, 里へとは, 金剛山の, 長左衛門の, 響いて, 頼まれて, 頼んで, 餓鬼共が, 馬を, 馳け, 高野へ, 鳴り出す夕, 黄金の, 黒羽町までは

▼ 寺には~ (118, 1.1%)

54 いって, 僧侶が 2 住職と, 何でも, 百日紅の, 自ら夜半の, 見えず庭

1 [95件] あやしい御, あると, いない庵, いませんそう, いる, かなわん, かねて, かのペルリ, ここ数日前から, この前, しまつて, そのほう, その人, その折, ただ新派, ともかく人, どんな夢, ない, なくて, またそれ, また別種, まだ琵琶法師, むろん仏像, よき人, タクミの, ドルジェ・カルモ, 一つも, 一切経が, 七日も, 三千三百人の, 三條公山田顯義を, 不義理な, 不良分子はを, 二つ門が, 五つあっ, 人の, 人はつひぞ, 今から, 今も, 何も, 入らず静か, 十二人の, 台に, 名高い八重咲, 和尚さんは, 大勢の, 大變寶物, 天下無二の, 宝物が, 寺で, 寺の, 将軍の, 居なかつた, 岸本の, 年寄った住職, 年老った, 弁天が, 当時住職が, 彼の, 後年本願寺の, 必ず住僧, 必ず優れた, 必ず堂, 必ず探訪, 惜しいという, 惜しいッ, 成田山不動尊の, 折節無人にて, 文典の, 文晁の, 新門辰五郎の, 昔から, 有名な, 有名の, 村中の, 枳園六世の, 梅若塚長明寺門前の, 毎月一度詣で, 比翼塚以外に, 決して葬らせぬ, 沢山な, 沢山宝物, 爺が, 田楽の, 男僧が, 矢大臣を, 萩が, 虫の, 虫歯に, 貞ちやんといふ, 金でも, 門前町が, 閻魔大王の, 鬼が, 龍然

▼ 寺という~ (113, 1.1%)

17 寺の 15 寺が 12 のは 10 寺に 4 のが, のへ 3 お寺の 2 お寺に, 古寺には, 寺へ

1 [42件] お寺が, お寺そのものが, お寺では, お寺を, お寺様の, その横丁, ところの, のじゃ, のである, のに, 一種特別な, 世界第, 古刹が, 古刹を, 古寺が, 古寺の, 名高い黄檗宗, 大きい寺, 奴も, 字が, 寺, 寺あり, 寺であった, 寺は, 小さな寺, 小さな末寺, 御手本, 悪侍, 所で, 日本一の, 本山派の, 村でも, 江戸時代からの, 法華宗の, 浄土の, 浄土宗の, 男は, 真宗の, 禅寺が, 禅寺へ, 菩提寺に, 菩提寺を

▼ 寺弥助~ (111, 1.0%)

15 と丸山勇仙 3 はその, はそれ 2 が, が傲然, が眼, の亡霊

1 [82件] があわただしく, がいいます, がおっかぶせ, がこう, が丸山, が代っ, が何, が何故, が傍, が先, が先達て, が冷笑, が刀, が叢, が合わせます, が四方, が後ろ, が捲, が改めて, が渋面, が真顔, が睨み返す, が立ち上っ, が耳, が耳錠, が足, が驚い, であって, でありました, でございます, でも丸山勇仙, で後ろ, と, という御仁, という浪人, ともう, と中ごろ, と仏生寺弥助, と竹刀, と長州, と高杉晋作, にたずねる, にはわからない, に出逢った, に向っ, に至っ, のした, のカラカラ, の一行, の声, の如き, の如く, の柄, の気色, の高笑い, はいずれ, はいよいよ, はうなり出し, はしっかり, はついに, ははげしく, はようやく, はズカズカ, は三谷一馬, は不承不承, は加茂河原, は勃然, は勇仙, は友禅模様, は太刀, は当時有数, は投げ出した, は沢井道場, は番付, は着, は組敷かれた, は羽織, は鍵屋, は長押, もやむなく, 並びに丸山勇仙, 共に信州松代

▼ 寺~ (108, 1.0%)

4 ある 3 昔の 2 しんしんと, 丸山も, 伽藍堂に, 何も, 遺族も

1 [91件] あったので, あつた, あのまま, あの山, ありませんから, あり又, あり森, あるが, あると, ある中, いい, いまは, お得意, この丘, これは, し永代, その火事, そんな由来, できるだけ, また大安寺, また荒れ, また遊女, もとは, やむなくこれ, サン・シヤル寺も, サン・パウル寺も, 一遍拝観したい, 二三年前まで, 亦遊女, 人家の, 人家も, 住持が, 何等の, 供出しろ, 兜から, 全く面, 其外観の, 再建の, 勿論そう大きな, 単なる寺, 古うなりぬ, 名のみと, 墓も, 大破に, 大覚寺も, 宇津木兵馬も, 家も, 庵も, 廢毀せられ, 建てた, 心得て, 思ひの, 悪いところ, 拝借し, 持て居る先ず, 暫く無住, 朱塗で, 杉や, 桃の, 武宗の, 段々お, 永寳寺に, 火に, 火事で, 炎上いずれも, 炎上いづれ, 無下に, 疎らながら, 百姓家も, 皆日蓮宗, 眞宗だけに, 知らなかつた, 神輿も, 移らねば, 突っかい棒, 突つかひ, 立派に, 竹藪を, 等しくああ, 荒れて, 見て, 記い, 訪ひ得なかつた, 説教した, 近かった, 醸造所も, 間近だろう, 雨露百余年いまは, 面が, 高い山の上, 黄巾の

▼ 寺では~ (99, 0.9%)

5 あるが, 人の 3 簪の 2 ありますけれども, ないが

1 [82件] ありませんがね, いっさい知らない, お君, お喋り坊主の, かねて, くわしいお話, この生, すごしたくないし, そういう時分, その法会, その煩, その魚, それと, そんな女, そんな物, そんな説, つとに天智朝火災, どういうこと, ない, ないかと, なくして, なくなって, なく成金, なく私たち, なく竜濤寺, みなやりました, もうすぐ報恩講, もう勤行, もらい受けて, よく蓬, わずかの, 一時チャンチン料理が, 丁度檀家, 万吉が, 三途河の, 二三日前から, 何を, 俗に, 僧正の, 十人あまりへ, 千手観音を, 困って, 国主の, 地蔵尊どころか, 坊主たちが, 夏の, 夕方に, 大喜び, 夷講に, 寅の, 寝巻を, 寺僧か, 少しく迷惑, 平生乞食の, 年々これを, 徒弟僧も, 怖れ, 慰みに, 扱って, 提灯を, 整理の, 早く朝飯, 木魚を, 梵唄の, 正しく護摩壇, 毎年花供養という, 点心, 狩野法眼元信の, 珍らしく, 立ち入りなど, 聖人が, 興福寺の, 茶粥に, 莨喫み, 葬式も, 言って, 読経も, 酒に対しては, 防護を, 食事の, 鹿の, 鼠棚が

▼ 寺~ (73, 0.7%)

4 屋敷の 2 仏像などを, 社で, 社へ, 風雅な

1 [61件] あちこちの, おも, しきの, しき果ては, その他の, その他興味の, な, 中宮寺の, 人家の, 仏像が, 仏像に, 何かへも, 何堂に, 僧侶たちが, 僧侶をも, 六道の, 冬木立, 医者の, 古塔, 名だかい仏像, 名所なども, 土蔵などが, 場が, 塔を, 境遇の, 墓地でも, 墓地の, 天王寺や, 奈良の, 宗門の, 屋敷だけの, 山を, 山下庵や, 崇徳寺の, 川や, 川中島の, 広隆寺の, 庵が, 庵を, 彼と, 怪談の, 教会や, 書写山にも, 本堂や, 森までが, 武家や, 浮世の, 火葬場を, 畑ばかり, 百姓の, 百姓家を, 石墻やが, 社の, 社や, 神社の, 稲の, 笠置寺へ, 等持院も, 筍月夜時鳥, 荒れ果てた神社, 薬師堂を

▼ 寺でも~ (51, 0.5%)

2 ない, 主簿の, 何でも, 疎略には, 鐘を

1 [41件] ありその, これは, さがせ, さすがに, すでに七日間秘密法, その地蔵さま, それに, そんなこと, そんな者, できぬこと, ないか, なし下屋敷, やはり詳しい, 一番上等の, 三百年前に, 今では, 住職の, 信心深い, 兵の, 南陽房を, 同じく経, 土匪の, 墓處を, 大日如来の, 大量に, 守鶴西堂の, 定めし迷惑, 庫裡と, 待遇が, 心配した, 持つて, 数知れぬ, 文箱は, 最初は, 特別に, 相当の, 相當, 神社でも, 経堂その他の, 通って, 食いきれない菜園

▼ 寺小屋~ (46, 0.4%)

3 をひらい, を開い 2 の先生

1 [38件] がそう, がよい, が無く, ぐらいの読み書き, だったでなあ, だな, でも読ん, で二三年, となり, などし, にはない, には手, に行く, のお, のよい, の子, の実際, の小僧ども, の師匠, の息子さん, の机, の涎くり, の繁昌, の芝居, はアメ, へあつまる, へも勉強, へ出る, へ馳, もなかっ, をはじめ, をはじめて, をひきうける, をひきとっ, をまかせた, をやっ, を押しつけられた, を開いた

▼ 寺~ (45, 0.4%)

32 からお, から屋, と見え, のが

1 [34件] からこの, からね, から森閑, から直に, か知らない, が, がそこ, がその, が其寺, が荒廃, が隠元, けれど何と, そうで, そうです, そうな, っけな, つた, とある, という, ということ, という仏陀寺, といっ, といったところ, とかだ, とすれ, と伝えられ, と思う, と思った, と思つて, と私, な, 再度の, 和尚は, 峰入りで

▼ 寺さん~ (44, 0.4%)

2 は眼, は饂飩

1 [40件] から直接, から種, がふらり, が出入, が女, が株, が留っ, が私, が見えられた, だとか, という曹洞宗, と謂つて, に上げない, のこと, の事, の前, の前身, の心持, の本当, の物語り, はあなた, はあの, はその, はどういう, はほとんど, は両手, は主人, は嘘, は平常余り長居, は戻, は東京, は格天井, は瘻, は白衣, は私, は突然しゃんと, は羊羹, は非常, もまた, を死なした

▼ 寺~ (44, 0.4%)

3 へ入っ 2 にある, に裲襠姿, に骨

1 [35件] だ, だけがそんなに, である, ではない, にいる, には施療所, に住ん, に保存, に信玄, に入ら, に埋め, に忍び込ん, に怪しげ, に日本左衛門, に潜伏, に異様, に義士遺物保存会, に鉄塔神, に集っ, へかかった, へとしのびこみました, へはいっ, へは踏み入る, へ入り来, へ入る, へ従い, へ御, へ抛り出した, へ押し込め, へ泊め, へ逃げ込んだ, へ雷, へ響い, へ駈け込んだ, へ高句麗時代以後

▼ 寺まで~ (43, 0.4%)

3 行って 2 行った, 迎えに

1 [36件] おくって, つれゆきたり, ゆくの, わざわざ鹿, ルトウの, 一緒に, 二里と, 付いて, 何里ある, 何里だ, 出かけまして, 十町ほどの, 同行し, 同道し, 小金井太郎と, 建立し, 往く処, 従いて, 持って, 曳舟通りを, 来て, 来ないうち, 歩み歸つた, 法要が, 漕いで, 燒いた, 約一里, 行かないもの, 行つて私立探偵の, 行つて見よう, 見えるとの, 送って, 送り屆, 運び込んだ, 長い堤, 駈けるやう

▼ 寺にも~ (39, 0.4%)

1 [39件] このこと, これらの, その貉, なくなって, ゐられなくな, ガンデンあるいは, 一人います, 一人ゐます, 一夜に, 一時間ほど, 人別が, 今まで, 仏心の, 出かけて, 勿論此形, 南都や, 古塔, 女人禁制の, 寄らずに, 寄食人を, 居たたまれず山田, 居にくく, 居るです, 幾らかの, 幾日か, 張りこんで, 怪談が, 愚昧な, 数十箇所の, 決してなんらの, 異状は, 社にも, 移して, 立ち寄らず長岡佐渡, 立寄り勝海舟, 行なわれざるところ, 行田の, 親鸞上人の, 過去帳が

▼ 寺である~ (32, 0.3%)

4 と言 2 がその

1 [26件] かは知らない, から主家, から村, かショウ, がいわゆる, がこの, がそこ, がその後, が今, が忽ち, が規模, これは, しその, といったそう, と共にひ, と思っ, と聞いた, と言う, と言われ, にも拘らず, のできょう, ので境内, 上に, 以上清子の, 景教は, 賭博どころで

▼ 寺丸山~ (32, 0.3%)

3 の徒 2 の両人

1 [27件] からは聞かなかった, が店, が徴発, が教える, が窮, といえ, にさらわれ, のやから, の両, の両君, の事, の二人, の亡者, の前, の友人, の存在, の血みどろ, の身辺, の輩, はあれ, は名うて, は待っ, は煙, は肉, は興, もこれ, も去った

▼ 寺門前~ (30, 0.3%)

1 [30件] から吉祥寺門前, から高輪街道, だ, であるから, で会合, で密会, で市子, で怪しい, で藤助, に二つ, に住ん, に南蛮, の今晩, の出来事, の善兵衛, の家, の川端, の料理屋角伊勢, の桂庵, の父, の狐竜, の町, の花屋, の親たち, へ出, へ来かかった, へ行っ, までわざわざ, を通り, を通りかかる

▼ 寺といふ~ (29, 0.3%)

3 のは

1 [26件] お寺の, かなり大きな, この寺, のまで, のを, ものが, やうな, ネストル教の, 他科の, 名より, 姓が, 姓大入といふ, 字が, 家で, 寺, 寺あり, 寺が, 寺です, 寺なども, 寺に, 弘法大師の, 景勝の, 札所の, 浄土宗の, 禅宗寺だ, 禅寺の

▼ 寺とは~ (28, 0.3%)

2 ありませんが, 申すれ

1 [24件] いえもっと, いつとは, どこかと, また奇特, また違った, まったくの, まるきり気分, 云つても, 何うし, 佯り, 全く違う, 切っても, 即ち, 名のみな, 名のみの, 大違い, 妙な, 実に因縁, 少しく漠然, 思えない, 思えぬほど, 恐くは, 背中合わせに, 話が

▼ 寺~ (27, 0.3%)

4 はあるべからざる, は二言 2 の中

1 [17件] から出た, であらう, であり社奴, というの, となつ, とも言, なる, にも段階, の一群れ, の側, の出, の唱門師, の喝食, の方面, の階級, の頭, の髪

▼ 寺~ (24, 0.2%)

1 [24件] が忽ち, なの, に鬼火, の一部, の一隅, の中, の十河一族, の周囲, の静寂, はいつか, はたしかに, は広い, は法隆寺, へ肉薄, へ駈け込ん, めがけて, もまた, や神域, より離れ, をいれる, を囲む, を目算, を縮, を領し

▼ 寺殿~ (24, 0.2%)

3 の御 2 の十三回忌

1 [19件] がその, に参らせ, に囲み, に弓, に御, に火, に至り, の変, の法皇, の焼打ち, の院, は御, は申, も御, や池殿, を囲み, を指し, を焼い, 又は月輪殿

▼ 寺~ (21, 0.2%)

1 [21件] から彼, にいた, には入らず, には細川掃部介, に凱旋, に着, に秀吉, の丸太足場, の人々, の工, の旧居, の落去, の頃, はそれら, へは入らず, へ南軍, へ向った, へ筑前様, へ赴いた, もその, を預かる

▼ 寺へも~ (20, 0.2%)

1 [20件] いよいよ最後, よく来た, 久しく見舞わなかった, 乱入し, 出かける, 参詣を, 姉の, 帰って, 帰らず, 帰らずに, 来られないやう, 用捨し, 行った, 行ったらしいが, 詣でる折, 詣られぬやう, 詣り倫敦塔, 誦経の, 誦経を, 通じて

▼ 寺~ (19, 0.2%)

3 を踏ん 2 が二町許, の入口, の方, を山 1 だ, の向こう, はそこ, までも聞こえ, をたどっ, を山蔭, を踏む, を進ん

▼ 寺~ (18, 0.2%)

2 にあずけ, に又

1 [14件] がひっそり, が総出, が足, では, にあった, にぜひ, には四条隆資, に住む, に泊まった, に淡島明神, に跡, に闕乱, に預かっ, をあげ

▼ 寺~ (18, 0.2%)

1 [18件] から借り, が切腹, さ大, だそう, であるが, で女狂, と並んだ, な蝋燭, にお, のかと存じました, の庫裏, の長屋, は奥書院, へ墓参り, へ頼み, も一人, より西町, を本式

▼ 寺との~ (17, 0.2%)

2 間に

1 [15件] あいだに, 二語で, 因縁の, 因縁を, 境ひ, 景気の, 木立ちに, 横道を, 紛争を, 西側の, 距離は, 途中の, 間の, 間柄, 關係を

▼ 寺への~ (17, 0.2%)

2 布施も, 心付けが

1 [13件] 依頼状も, 坂道の, 布施が, 帰参は, 投文は, 挨拶という, 歸り, 納めもの, 謝礼と, 通知も, 道, 道を, 願文とか

▼ 寺とも~ (16, 0.2%)

1 [16件] いうそう, いう寺, いわれるが, 僧とも, 再三交渉, 同じよう, 同じ形, 寮とも, 広い墓地, 度々代わります, 思わしめるほど, 揃って, 相当な, 称すべきもの, 称ばれ, 縁の

▼ 寺詣り~ (16, 0.2%)

1 [16件] でもするらしい, には行く, にまいりました, にもゆく, に行かれ, に行きたい, のなり, のはなし, の子供, の爺媼, も何, も済みました, をする, を勧めた, を口実, 日和です

▼ 寺~ (15, 0.1%)

1 [15件] とを辨, と仏像経巻, のある, の屋根, の有名, は丘陵, は寂しげ, もまた, や仏像, よりはるか, を指し, を空, を觀, を軒なみ, 尖聳

▼ 寺~ (14, 0.1%)

3 長吉か 2 何かの 1 え, お堂, かねて御, ちょっと忘れ, 忘れましたが, 或は政府, 社でなけれ, 空家か, 高厳寺か

▼ 寺へと~ (14, 0.1%)

2 出かけて, 持ち込み上人 1 さすらわれたかと, その日, 其過去帳を, 往った, 指したの, 来た, 流れわたって, 窕子は, 行つた, 進んだ

▼ 寺より~ (14, 0.1%)

1 [14件] あなたの, お帰り, ないな, 出せしなるべし, 小金井の, 届けいで, 歸る, 汽車に, 湖水に, 目した, 譲り受ける墓地, 走らせた使い, 金を, 飛鳥へ

▼ 寺境内~ (14, 0.1%)

3 の隠宅

1 [11件] からいけ, で斬られた, などでは雨後, に公卿, に家屋, に有, に移った, に逼塞, の図, の山の上, へ運ばれ

▼ 寺~ (13, 0.1%)

4 を降り 1 で御座い品川, なんて人, にかかっ, に至る, の門前, や口繩坂, をふらふら, を下り, を東

▼ 寺~ (13, 0.1%)

2 まえの

1 [11件] から押上, のたもと, の橋上, の袂, の通り, の鈴川, へ宙, まえ五百石取り小普請入り, まえ鈴川源十郎屋敷, を渡っ, を渡る

▼ 寺にて~ (12, 0.1%)

2 説教の 1 せし説教, 下る, 変死を, 怪しき亡者, 拝読, 歌ひし, 毎日曜, 用いはじめし, 聖誕日の, 茶を

▼ 寺へは~ (12, 0.1%)

1 [12件] いつて, いろいろの, この道, めったに, ゆかなかったが, ズット後戻りし, 一本も, 代々将軍が, 何月何日に, 参れと, 寺領を, 翌日行った

▼ 寺~ (12, 0.1%)

4 へ寄り 3 へ寄る 1 からい, が訪ね, で痛み止め, 定芳, 定芳ドクトル

▼ 寺木ドクトル~ (12, 0.1%)

2 へ, へかけつける, へ寄り, へ行く 1 からハム, のとこ, へ寄る, へ急行

▼ 寺あり~ (11, 0.1%)

2 小高き所 1 てゆうべゆうべ, て如何, オーストリアには, フランスには, ヤソに, ヤソを, 学校あり, 寺号は, 額の

▼ 寺として~ (11, 0.1%)

3 栄えたこと 2 榮えた 1 お話を, なければ, 同じ真宗寺院中, 擯斥せられた, 珍らしい, 置いて

▼ 寺~ (11, 0.1%)

2 へ, ゐり 1 かで来, つくらがりの, へからうつり住んだ, へのやう, への一年, へ時代, ゐりの

▼ 寺まいり~ (11, 0.1%)

1 [11件] にかこつけ, にも加え, に出, に来た, に行っ, に行った, のこと, の当日, の方, もよう, 同然です

▼ 寺~ (11, 0.1%)

2 の古, の鐘 1 から修学院, の境内, の女, の朝, の梵音, も, を

▼ 寺小町~ (11, 0.1%)

1 [11件] が壇, ではなく, というの, といっ, とか卒塔婆小町, のつきつけた, の姿, の彩画, の跡, の遺跡, はあんまり

▼ 寺であった~ (10, 0.1%)

2 が葬儀 1 かと思われる, からその, から神事, がこれ, がその, こと寺の, のを, 時も

▼ 寺~ (10, 0.1%)

4 のである 1 の, のでした, のです, ので内, のを, んだ

▼ 寺~ (10, 0.1%)

4 は白砂 1 には九月, に着く, の, のあなた, の春, は晴れやか

▼ 寺~ (10, 0.1%)

4 の場所 1 にい, に出, の棟付帳, の清右衛門, の私, 迄知んねえ

▼ 寺~ (10, 0.1%)

1 が二艘海外, が着い, など寄せつけた, の交易物, の帆, の計画, はもっぱら, を介し, を仕立て, を湾外

▼ 寺からは~ (9, 0.1%)

4 昨日午後横佩墻内へ 1 住職と, 昨日午後横佩家へ, 正月年頭の, 百姓家の, 自由であり

▼ 寺なる~ (9, 0.1%)

1 が萩, こと申す, 二善寺を, 基督の, 墓地に, 彼儀式は, 本山寺, 東禅寺は, 阿彌陀寺であった

▼ 寺~ (9, 0.1%)

1 だけは存, であろうか, に冠する, はあやしい, も北朝年号, を人, を変更, を失念, を抄出

▼ 寺~ (9, 0.1%)

2 らしくも 1 おーい丸山君, か, がいや, がそれほど, にそう, のこと, は鼻

▼ 寺~ (9, 0.1%)

1 と外護, にも又, の後宇多天皇, の後醍醐天皇, の龜山, を一貫, 即ち南朝, 即ち南朝派, 即ち後醍醐天皇

▼ 寺です~ (8, 0.1%)

1 か, かい, から育てる, が, し隣家, よ, 今は, 殊に彼

▼ 寺なり~ (8, 0.1%)

5 本尊な 1 あるいは随分, また城, 信者なりから

▼ 寺木歯科~ (8, 0.1%)

21 へ寄り, へ寄る, へ少々, へ注射, へ行き, へ行く

▼ 寺~ (8, 0.1%)

1 から出, には, には孝謙天皇, による, に見え, の碑, は同, よりも二十三年

▼ 寺あたり~ (7, 0.1%)

1 から来る, で修養, で暁, にあった, の空, の紅葉, まで転進

▼ 寺かと~ (7, 0.1%)

2 思つた 1 いつか伺っ, 云ふと, 人を, 思うと, 目に

▼ 寺からの~ (7, 0.1%)

2 眺望は 1 お願い出も, 報せが, 帰りの, 揚子江の, 涙金や

▼ 寺であり~ (7, 0.1%)

1 その御, ながら住職, ながら花, 今日の, 国宝である, 学園であり, 柳沢甲斐守の

▼ 寺において~ (7, 0.1%)

1 ひごうにお, 剃髪いたしました, 土地の, 抽斎の, 私を, 総攻撃, 落髪した

▼ 寺へでも~ (7, 0.1%)

1 いらツ, ひとまず隠れる, 始末しろ, 移られるの, 籠って, 行ったよう, 逃げ込まれると

▼ 寺まえ~ (7, 0.1%)

2 の鈴川 1 のお, の化物屋敷, の旗本鈴川源十郎方, は人, を通る

▼ 寺までは~ (7, 0.1%)

1 七八町も, 六里も, 帰って, 戻らなかった, 是非行かんけれ, 爪先上りの, 私はよう

▼ 寺らしい~ (7, 0.1%)

2 ぞ, 門を 1 屋根を, 趣味だ, 閑寂の

▼ 寺~ (7, 0.1%)

1 にいる, には人数, にゐる, の多く, の方, の間, をとりかこんだ

▼ 寺~ (7, 0.1%)

2 と大 1 から胴巻ぐるみソックリここ, までといっ, を包ん, を地, 見えなくなって

▼ 寺観音~ (7, 0.1%)

1 が創造, とシナ六朝, などの仏像, に現われた, の気分, は様式, をつくり出す

▼ 寺近く~ (7, 0.1%)

5 に居 1 の圓朝, まで来

▼ 寺さま~ (6, 0.1%)

3 の若旦那 1 から分かれ, の和尚様, へ頼ん

▼ 寺でした~ (6, 0.1%)

1 から, から逃げ, から鈍い, がこの, が数度, が數度

▼ 寺などに~ (6, 0.1%)

1 入って, 多く味, 宿を, 興味も, 行って, 雪の

▼ 寺などを~ (6, 0.1%)

1 借りうけて, 私は, 見て, 見更に, 見物した, 訪れる者

▼ 寺~ (6, 0.1%)

1 が口癖, が帰った, のいう, のした, の前, の豪傑連

▼ 寺~ (6, 0.1%)

1 に候, に請う, の僧, の言, の豪族, は巣鴨

▼ 寺住職~ (6, 0.1%)

1 すなわち牧師, となっ, ともあろう, の家族, の祥慶, の言つけ

▼ 寺小屋式~ (6, 0.1%)

2 の机 1 から男女, の小, の教育法, を改め

▼ 寺建立~ (6, 0.1%)

1 のため, の勧化, の年代, の敷地, の時, の願い

▼ 寺じゃ~ (5, 0.0%)

1 あぶないどこ, ありません, ないか, ないぜ, アない

▼ 寺だけは~ (5, 0.0%)

2 寺社の 1 不思議に, 山巒松声いかにも, 知って

▼ 寺での~ (5, 0.0%)

1 出来事とは, 告別式なら, 尊氏は, 御誦経, 葬儀では

▼ 寺なども~ (5, 0.0%)

1 あり一見, あるの, このよう, 今は, 私の

▼ 寺なら~ (5, 0.0%)

1 いいん, なにも, ば寺, ドウし, 蝋燭屋へ

▼ 寺にては~ (5, 0.0%)

1 傳ふる, 我耳も, 日に, 無之御座候, 茶は

▼ 寺ばかり~ (5, 0.0%)

1 だ活けるやう, であった漱石氏, でなくその, 両側に, 歩いて

▼ 寺一茶~ (5, 0.0%)

1 ですよ, に対する執着, の, の句, は暫く

▼ 寺~ (5, 0.0%)

1 にはなにか, による, に曰く, の通りこれ, 言うが

▼ 寺~ (5, 0.0%)

1 と我と, の柩, は我が, は我心, を顧みれ

▼ 寺~ (5, 0.0%)

3 りの 2 りを

▼ 寺又は~ (5, 0.0%)

2 地蔵尊などに, 地藏尊などに 1 武庫に

▼ 寺~ (5, 0.0%)

1 に寂, の作風, の向背, の歌風, を延暦寺

▼ 寺屋敷~ (5, 0.0%)

1 か, の一軒, の門, は鴨河原, へかつぎこみ

▼ 寺~ (5, 0.0%)

1 が二三人, に使, に向っ, は極めて, を持つで

▼ 寺思惟像~ (5, 0.0%)

1 の傍, の幽遠, の微笑, の思惟, の無比

▼ 寺~ (5, 0.0%)

2 を議定 1 かな, が許すまい, によって罰せられた

▼ 寺~ (5, 0.0%)

1 で今一人, とを脇, に見つけられ, に雪ちゃん, の役

▼ 寺碑記~ (5, 0.0%)

1 があつ, が果して, に據, は明, を論評

▼ 寺道場~ (5, 0.0%)

5 を覗いた

▼ 寺~ (5, 0.0%)

2 と陣鐘, 烈しくきこ 1 の音

▼ 寺ある~ (4, 0.0%)

2 ところに 1 ところの, 山に

▼ 寺これ~ (4, 0.0%)

2 も手口 1 なり時, を月見寺

▼ 寺それとも~ (4, 0.0%)

4

▼ 寺だの~ (4, 0.0%)

1 ライラックの, 名所が, 大臣だ, 道灌山だ

▼ 寺であっ~ (4, 0.0%)

1 てこの, てその, ても全然, て住職

▼ 寺としても~ (4, 0.0%)

1 ふさは, また非常, みだりに執念, 余り人に

▼ 寺などの~ (4, 0.0%)

1 うちで, 巨刹が, 有ること, 陣

▼ 寺なれ~ (4, 0.0%)

1 ばお, ば友, ば奥深く, ば我

▼ 寺について~ (4, 0.0%)

2 右に 1 聞いたが, 自分は

▼ 寺に対して~ (4, 0.0%)

1 五円ずつの, 宇津木兵馬が, 弱味が, 辻町糸七の

▼ 寺よりも~ (4, 0.0%)

1 下て, 余計居るです, 民間に, 纏まつ

▼ 寺~ (4, 0.0%)

2 貴バザルナリ, 貴ン

▼ 寺一つ~ (4, 0.0%)

2 は下田 1 は私, 建てたと

▼ 寺以外~ (4, 0.0%)

1 にはない, に更に, の奴, の造り酒

▼ 寺~ (4, 0.0%)

1 の一夜, の新しい, の身, を思出

▼ 寺児溝~ (4, 0.0%)

1 に住み, に小, の貧民窟, の赤土

▼ 寺~ (4, 0.0%)

1 じゃ, って言う, で用いおる, に案内

▼ 寺~ (4, 0.0%)

1 ぐれえを, とね, とはまた, を調べ

▼ 寺池さま~ (4, 0.0%)

1 が私, との地境, のお, の弓

▼ 寺~ (4, 0.0%)

1 に昔, に続く, の河童共, へ誘い込ん

▼ 寺~ (4, 0.0%)

1 が現存, であるが, の所在, は支那

▼ 寺~ (4, 0.0%)

1 一世大淵和尚の, 三號墓地と, 二世の, 二十世の

▼ 寺縁起~ (4, 0.0%)

1 による, に入, の記事, は彼

▼ 寺諸山~ (4, 0.0%)

1 に祈祷, へ代参, ヘ祈祷ナド頼ンダトイウコトヲ聞イタカラ, 非職員

▼ 寺造営~ (4, 0.0%)

1 が着手, のいきさつ, の名, をみ

▼ 寺駕籠~ (4, 0.0%)

1 にうち乗り, のお, の陸尺たち, をふみ

▼ 寺あれ~ (3, 0.0%)

1 ども一般, ど人々, ば必ず

▼ 寺~ (3, 0.0%)

2 ほき山 1 吉が

▼ 寺からも~ (3, 0.0%)

1 人からも, 何人か, 夫人の

▼ 寺こそ~ (3, 0.0%)

1 いま尊氏が, 世を, 多いが

▼ 寺その~ (3, 0.0%)

1 村の, 辺までは, 頃の

▼ 寺そのもの~ (3, 0.0%)

1 がいよいよ, の内側, も或は

▼ 寺だった~ (3, 0.0%)

1 がその, そのおおかた, よ

▼ 寺って~ (3, 0.0%)

1 えいう, お寺へ, 大きなお寺

▼ 寺でございます~ (3, 0.0%)

1 がね, ここは, よ

▼ 寺でござる~ (3, 0.0%)

1 か, かな, が

▼ 寺とか~ (3, 0.0%)

1 あるいは霊場, 浄瑠璃寺とか, 申しまして

▼ 寺としての~ (3, 0.0%)

1 設計も, 豪勢関東に, 陰翳に

▼ 寺なぞ~ (3, 0.0%)

1 へ持込ん, へ行かれる, 建てないで

▼ 寺など~ (3, 0.0%)

1 それかとも, 上代開化の, 何となく古雅

▼ 寺などが~ (3, 0.0%)

1 あって, 官吏道場などに, 残って

▼ 寺などと~ (3, 0.0%)

1 事々しく世, 同様この, 呼んで

▼ 寺などは~ (3, 0.0%)

1 大嫌いなれ, 昔から, 祈祷盛昌の

▼ 寺なんて~ (3, 0.0%)

1 あったかい, 仏頂面の, 荒寺の

▼ 寺における~ (3, 0.0%)

1 この句, この最下等, 陸軍の

▼ 寺はじめ三人~ (3, 0.0%)

1 のもの, の者, はやれやれ

▼ 寺ほどの~ (3, 0.0%)

1 亡者が, 者が, 豪傑も

▼ 寺または~ (3, 0.0%)

1 弘福寺を, 朝廷の, 羂索院とも

▼ 寺までの~ (3, 0.0%)

1 わずか二丁, 半キロ, 道には

▼ 寺みな独立~ (3, 0.0%)

1 にし, を唱うる, を唱え

▼ 寺わき~ (3, 0.0%)

1 のお, の乏し, を雨間

▼ 寺入り~ (3, 0.0%)

1 して, すると, 申しつけるが

▼ 寺及び~ (3, 0.0%)

2 門前の 1 七八軒ある

▼ 寺~ (3, 0.0%)

2 を見る 1 のうち

▼ 寺回向院~ (3, 0.0%)

1 が建立, といった, と名づけしめ

▼ 寺廻り~ (3, 0.0%)

1 つつ人殺し, つつ進め進め, をした

▼ 寺~ (3, 0.0%)

1 に信定, の杜, の池畔

▼ 寺~ (3, 0.0%)

1 乞食, 乞食と, 代参の

▼ 寺~ (3, 0.0%)

1 のぬれ, の厨, の奥

▼ 寺松山銀座~ (3, 0.0%)

3 へ七丁位

▼ 寺殿天英宗清~ (3, 0.0%)

3 大居士

▼ 寺~ (3, 0.0%)

1 とをこの, に取紛れ, の雨具

▼ 寺相模~ (3, 0.0%)

1 は, は敵, を呼ばれ

▼ 寺~ (3, 0.0%)

1 のみで, を寄進, を食み

▼ 寺~ (3, 0.0%)

2 の寺 1 というところ

▼ 寺~ (3, 0.0%)

1 にはいっ, に加わっ, はどこ

▼ 寺虎雄~ (3, 0.0%)

2 といふ名前 1 の応援振り

▼ 寺~ (3, 0.0%)

3 ゆ麦林寺とや

▼ 寺見物~ (3, 0.0%)

1 が多く, のとき, の客

▼ 寺~ (3, 0.0%)

1 たりし, の數, は巖石

▼ 寺~ (3, 0.0%)

1 に近き, を出, を出でぬ

▼ 寺~ (3, 0.0%)

1 にて乘りか, までは驛, より青梅線

▼ 寺うら~ (2, 0.0%)

1 に起る, の横地

▼ 寺ごと~ (2, 0.0%)

2 に桐

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 て来る, て犬一つ

▼ 寺それ~ (2, 0.0%)

1 がなけれ, が師範学科

▼ 寺それに~ (2, 0.0%)

2 向合つた六軒長屋

▼ 寺だけ~ (2, 0.0%)

1 存在を, 教えて

▼ 寺だけが~ (2, 0.0%)

1 殘つた, 遺身

▼ 寺だけに~ (2, 0.0%)

1 しては, 太い丸柱

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 ゅうの者が, ゅうをぬけ出し

▼ 寺っていう~ (2, 0.0%)

1 お寺の, んでしょう

▼ 寺であります~ (2, 0.0%)

1 が了蓮寺, が明治時代

▼ 寺とかいう~ (2, 0.0%)

1 お寺な, お寺の

▼ 寺などでも~ (2, 0.0%)

1 同じ事, 毎年四月八日の

▼ 寺なにがし~ (2, 0.0%)

1 と名乗る, と申す

▼ 寺なんかに~ (2, 0.0%)

2 恨まれる筋

▼ 寺にても~ (2, 0.0%)

1 和尚は, 必ず賽銭

▼ 寺になど~ (2, 0.0%)

1 くすぶって, 机を

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 しの橋上に, し前

▼ 寺まう~ (2, 0.0%)

2 で墓

▼ 寺まち~ (2, 0.0%)

1 の南, の高き

▼ 寺までも~ (2, 0.0%)

1 ありますが, 行き得ない

▼ 寺よりは~ (2, 0.0%)

1 修道院が, 規模も

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 ていうなあ俗名, て言う

▼ 寺三つ~ (2, 0.0%)

2 に配置

▼ 寺丸山ら~ (2, 0.0%)

1 がいあわせた, は煙

▼ 寺五山十刹公家門跡~ (2, 0.0%)

2 の滅亡

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 といひ, の勃

▼ 寺以来~ (2, 0.0%)

1 お蝶, 熟しきったお喋り坊主

▼ 寺住居~ (2, 0.0%)

1 ではあった, の者

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 の, の看

▼ 寺八宗兼学~ (2, 0.0%)

2 の学侶

▼ 寺内の人~ (2, 0.0%)

1 を一人, を一人一人

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 がどれ, を建て

▼ 寺半内~ (2, 0.0%)

1 として其妻, となつ

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 して, をする

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 上高野水, 丸山往昔元禄中隠士戸田茂睡老

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 から移っ, を持ち

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 に題し, の下

▼ 寺夜半~ (2, 0.0%)

2 の鐘

▼ 寺大門先~ (2, 0.0%)

1 なる関谷安次宅地内, には大道店

▼ 寺安居院~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 と称せられた, の境内

▼ 寺寄り~ (2, 0.0%)

1 に高い, のあの

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 として寺社奉行所, の一つ

▼ 寺小さき~ (2, 0.0%)

1 古寺この, 古寺此寺の

▼ 寺小僧~ (2, 0.0%)

1 から追, にやられ

▼ 寺小屋先生~ (2, 0.0%)

1 になりすまし, の呉用

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 分之, 卿という

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 に入ら, の古蹟

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 助, 助かい

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 という大樹, の石燈籠

▼ 寺役人~ (2, 0.0%)

1 に刺, はおどろいた

▼ 寺惣代会~ (2, 0.0%)

1 が開かれる, では私

▼ 寺或は~ (2, 0.0%)

1 河岸或は, 田峯の

▼ 寺所蔵~ (2, 0.0%)

1 の古文書, の宸筆文書一通

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 といふの, よりもキメ

▼ 寺振舞~ (2, 0.0%)

1 が済ん, である

▼ 寺改築~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 寺方丈~ (2, 0.0%)

1 に於, の庭

▼ 寺方面~ (2, 0.0%)

1 の防備, へ立ち去った

▼ 寺本堂~ (2, 0.0%)

1 に安蘇郡, を襲い

▼ 寺橋通り~ (2, 0.0%)

2 にも低い

▼ 寺欹枕~ (2, 0.0%)

1 猶聞夜半鐘, 猶聴夜半鐘

▼ 寺殿さま~ (2, 0.0%)

1 があれ, もほんとう

▼ 寺殿合戦~ (2, 0.0%)

1 の当日, の起こり

▼ 寺水落~ (2, 0.0%)

2 の寺

▼ 寺法輪寺薬師寺唐招提寺東大寺~ (2, 0.0%)

1 をめぐつ, を巡っ

▼ 寺混外~ (2, 0.0%)

1 で皆茶山, は蘭軒

▼ 寺温泉~ (2, 0.0%)

1 の宿, へ湯治

▼ 寺温泉富士屋旅館~ (2, 0.0%)

1 です, に投宿

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 やです, やの白い

▼ 寺生活~ (2, 0.0%)

1 などがとうてい, はもう

▼ 寺男らしい~ (2, 0.0%)

1 爺さんが, 老爺が

▼ 寺界隈~ (2, 0.0%)

1 の小さな, へかけ

▼ 寺痛い~ (2, 0.0%)

2 だろう

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 に保存, に兵

▼ 寺育ち~ (2, 0.0%)

1 だ荒熊, のせい

▼ 寺荒らし~ (2, 0.0%)

1 の一番冒涜的, の怪盗

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 の墨梅, の重盛

▼ 寺虎雄つてん~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ 寺行き過ぎし~ (2, 0.0%)

2 恨かな

▼ 寺親長~ (2, 0.0%)

1 の姉, の日記

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 のおった, の徒

▼ 寺~ (2, 0.0%)

2 の入口

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 であったかと, の柴

▼ 寺通い~ (2, 0.0%)

1 のほう, も幾夜

▼ 寺道其半~ (2, 0.0%)

2 ば位

▼ 寺金堂~ (2, 0.0%)

1 の建築家, の薬師如来

▼ 寺門前町~ (2, 0.0%)

1 の浄心寺, の葬具屋

▼ 寺附近~ (2, 0.0%)

1 の天神山, まで軍

▼ 寺雄楢崎勤久野豊彦舟橋聖一嘉村礒~ (2, 0.0%)

2 多井伏鱒二

▼ 寺~ (2, 0.0%)

1 に牛王杖, の書

▼ 寺馬場~ (2, 0.0%)

1 で大時代, の大石

▼1* [557件]

あずけというわけ, 寺あらば, 寺ありてねうはち鳴らす, 寺いかなる城をか, 寺いけないさうだ, 寺いったいこれは, 寺いふものが, 寺いやに真剣, 寺らへ, 寺うしろの練兵場, 寺うち建てぬ, 寺え相越し面談, 寺おまえのも楽, 寺お前は剣, 寺かたでも迷惑, 寺かなあ本堂も, 寺かの僧が, 寺かへ宜しい此方, 寺からでもひ, 寺からということに, 寺ぐらいは教えて, 寺けい内の墓地, 寺さあね, 寺しんのやみ, 寺まの, 寺じゃあ木魚を, 寺じゃが幸いにも, 寺すぐ向うに, 寺すたれて遺跡, 寺すら堂宇の, 寺すらも必要で, 寺ずみの二人, 寺せらるる所なり, 寺そしてその寺, 寺その他の被害, 寺だけの墓地では, 寺だって神社だって, 寺だつて大して, 寺だつたかいかなる, 寺だらけな山谷, 寺だらけ名所旧蹟だらけで二三丁, 寺だろうと思っ, 寺やね, 寺つづきの草垣, 寺つづきだと言っ, 寺つて言へば, 寺でございまして, 寺でござろう青坂山曹洞宗西美濃の, 寺でない限りは, 寺でなくて博物館, 寺でんさまへ, 寺というは疑獄の, 寺といった方が, 寺といふは天寶四載, 寺とい古刹もある, 寺とかにおいて必ずこれ, 寺とかには遠国の, 寺としてはできるだけの, 寺とても悪くこだわっ, 寺とでは目の, 寺とでもいはうか, 寺とに接した狭い, 寺とやらで御, 寺とやらで育った者, 寺とやらにもこれと, 寺とやらへお詣り, 寺とやらを視野に, 寺とを劃った, 寺と共に焼け失せ, 寺どうせ死ぬならその, 寺どちらに行つて, 寺ながら今は, 寺なぞは無用の, 寺などにも現に残存, 寺などへ行って, 寺などへも同様な, 寺なにがし, 寺なほありや, 寺なりといって, 寺なんか見て, 寺なんかというあんなお, 寺なんぞも見損, 寺においての川路對プーチヤチンの, 寺にかくる, 寺についても真野の, 寺につれて記憶されね, 寺にでも行つた時の, 寺にとって今の, 寺になつて遺つ, 寺にまでさまよい至りました, 寺にゃビッシリ奴ら, 寺にや赴かん法隆寺, 寺によって高いところ, 寺にをさめし, 寺に対し七千五百石の, 寺に対してはございませんが, 寺に関する夢ばかり, 寺おじさんあすこの, 寺のうぐひすのこゑ, 寺のしもべ来りて, 寺のみが残って, 寺はいりませんな, 寺はてまえたち一家, 寺はと聞けば, 寺はね林泉寺の, 寺はめあてもない, 寺はわづかに, 寺ばかしの陰気な, 寺ばかりといつても, 寺ばかりの所を, 寺ばかりは高いところ, 寺ばかりを歩いて, 寺へかよふの, 寺へだけは参れと, 寺へなど籠って, 寺へよこの三日, 寺またその不名誉, 寺までが事に, 寺みたいなもの, 寺みな一定の制度, 寺もう少し待って, 寺もしくは村寺とも, 寺もとは庄屋, 寺もどきの大声, 寺もろとも焼きつくし, 寺やったらあこの, 寺やら高地に, 寺ゆえ直ぐに, 寺らしく納まっていた, 寺ら四人のもの, 寺わしは寺内, 寺をはぢめ大塚工藤服部等に, 寺をば自分の, 寺をも決して閑却, 寺オコナイという村, 寺ゾロアスター教の, 寺ト堀川ノ, 寺ニアリシト云此寺ハ千光国師モロコシヨリ帰リテ初テ建シ寺也今ハ寺モ菩提樹モナシ畿内ニアルハ昔此寺, 寺ニテ逢ッタトソノ時ハ綺麗ノナリデ居タトオレノハナシヲシテ二時バカリ休ンデ居, 寺ニ一女ヲ捨テ, 寺ニ山花一樹アリテ人ハ名ヲ知ルナシ, 寺パイプオルガン鳴り渡る, 寺ユリ多武, 寺ヶ崎の端, 寺ヶ淵へ落雷, 寺ヶ淵辺りへピシーリ, 寺ヶ谷の別当屋敷, 寺一名を月見寺, 寺一国の首府, 寺一宇建つて, 寺一度に鐘, 寺一方は低い, 寺一時に祈祷, 寺一院をお, 寺七不思議の一つ, 寺万治郎が販売書林, 寺万治郎以下この道, 寺万祷寺知光院などとやたら, 寺長き尖, 寺三津などの漁村, 寺上流の山, 寺下り口に石長生, 寺中納言の三卿, 寺の甘い, 寺丸山その他二人の壮士, 寺丸山壮士らは取合わず, 寺主良真である, 寺事件の終篇, 寺の宮, 寺二人ともに影, 寺云々とある, 寺五大堂の上, 寺五寺計十六寺, 寺五番が河内, 寺京都の明暗寺, 寺仏頂寺と言う, 寺として當時, 寺以上でただ, 寺以下もその, 寺任せにしない, 寺伊藤祐晃師の示された, 寺住持秋山暁道師によって読経, 寺住職三人に宛てた, 寺住職天光教の奥書院, 寺住職後継ぎの件, 寺住職日寛殿計らひにて, 寺住職者の伊勢参宮, 寺住職龍門の三名, 寺使役の人夫, 寺供養の日, 寺保存の旧, 寺に埋めし, 寺の一旅店, 寺に近い, 寺僕ら立ちかかり引き出さんと, 寺僕等立か, 寺先代の住職了善上人殿, 寺と云, 寺全体が微笑, 寺其日午後六時から開会, 寺内外の掃除, 寺再建の用務, 寺再興の発願, 寺冗談は止せ, 寺さりくれば, 寺出自なるに対して, 寺初めて首座を, 寺別院の甍, 寺別院下から清水寺, 寺別館て宿, 寺を破る, 寺なる柳生対馬守, 寺創建直後の事, 寺功山寺忌宮等々のあたり, 寺北のは, 寺北斗を祭, 寺十三番が石山寺, 寺十観九宮四庵が前代, 寺唐青龍寺在, 寺参拝のおつもり, 寺の松, 寺受けをし, 寺口野などとなります, 寺口野一帯と来ます, 寺え讃岐, 寺古き社神の, 寺台閣がチラホラ, 寺史古文書上では, 寺が石川日向, 寺司職の私邸, 寺同志でな, 寺名主がある, 寺名代の七不思議, 寺君それは違う, 寺君丸山君君たちなぜ死ぬなら死ぬ, 寺君丸山君待ち給え待ち給, 寺和尚は禅, 寺咽ぶ胡弓の, 寺唐招提寺の古い, 寺四番が和泉, 寺囲いのはん, 寺固有の祭文様式, 寺と思われる, 寺坊さんは前, 寺坊や社などを焼きたてた, 寺域追放の掟, 寺の幢幡形, 寺堂園林より曠野, 寺堂塔の瑶珞, 寺堅固の五百年以下, 寺堅固後の五百年, 寺布これを, 寺塔四十余宇禅坊三百余宇とある, 寺塔崩壊するだろうと, 寺塔年を追, 寺塔舞子のだらり, 寺塔頭のある, 寺境六百余町歩それが幕府全盛, 寺境内雪舟築くところ, 寺墓参はもちろん, 寺墓地が公園, 寺れたる門, 寺な真似, 寺へ出さなかった, 寺多田院と言つて, 寺盃イタヤハツシモなど, 寺大いに怒り, 寺大坂の伝光寺, 寺大安最も勝, 寺大日堂のゆか, 寺大浦浦上天主堂への紹介, 寺大満寺虚空蔵などの寺, 寺大阪四天王寺近江玉泉寺京都百万遍知恩寺にある, 寺天台一寺禅寺五寺計十六寺, 寺天台宗の妙法院, 寺天山氏は開戰論者, 寺天王山に衝き, 寺天理教会清素, 寺天理教會清素, 寺の御堂, 寺の語, 寺奴・社奴出自でないもの, 寺奴出身の下級, 寺奴声聞身から大, 寺妻籠の光徳寺, 寺安穏寺北のは, 寺の書状, 寺実はなおれ, 寺客殿に至ル, 寺宮廷の厄, 寺宮門跡などと云っ, 寺家田の座敷, 寺家風でなく堂上風, 寺寺格の高い, 寺を取除かれ, 寺封千三百五十石十九ヶ村の多き, 寺小屋位の外学問, 寺小屋師匠孫呉の智識, 寺小屋様のもの, 寺小屋用の文庫, 寺小屋育ちの祖母, 寺小屋通いに手伝い, 寺小屋風が多分, 寺小町一篇に現れた, 寺尼智首その他二人の尼, 寺尾藤兵衛信行に伝えられ, 寺屋緞子の帯, 寺は峠, 寺左内どのが組, 寺市通還有, 寺帳そうそうにこれ, 寺帳改めにまかり越した, 寺年代記には, 寺庭さへ掘れ, 寺庭全体を見渡した, 寺廃寺何の束縛, 寺建仁寺に入った, 寺建築費のうち七十四万七千九百五十四ポンド, 寺廻らねば罪, 寺当局の苦心, 寺当時の住職, 寺役これはだいたい, 寺初謁, 寺御幸は落慶, 寺をなす, 寺徳雲寺と四軒, 寺心阿弥陀仏調声を行い, 寺思いのほか, 寺惣代の武永老人, 寺成就院の住職, 寺戸田村寶泉寺え相越し, 寺次郎, 寺所伝天狗神名記によるに白峰坊大僧正, 寺所属の下司法師, 寺所有の山, 寺拝登俊和尚と握手, 寺拝登御開扉会帰途は山越, 寺拝登碧師の墓, 寺拝登長老さんにお, 寺拝登鼓の瀧, 寺でございまして, 寺掌典長とはご, 寺摂津国町又二郎町, 寺改めをいたしとう, 寺文化はちょっと, 寺料理も山家, 寺であったという, 寺日蓮宗で其草葺, 寺旧領地図の境界線, 寺明子を愛し, 寺明智の線, 寺明治三十一年に焼け, 寺は老木, 寺と称し, 寺時代の幼, 寺晩鐘の間, 寺晩鐘図の襖, 寺晩鐘漁村夕照之を八景, 寺普化僧仲間で俗, 寺普化宗関東支配所にて問われな, 寺普請の奉行, 寺を繰っ, 寺有禅僧観有, 寺木歯医者へ行く, 寺木歯科上歯仮りに埋める, 寺木行きだ, 寺本願寺寄りを避け, 寺来たか貴様, 寺にも西, 寺東京の愛宕山, 寺東院堂の銅造聖観音立像, 寺松山下陳を樋口真吉ニニ周旋, 寺松山穏し湖, 寺の, 寺に刃, 寺の茂り, 寺梅若塚の大, 寺ひの, 寺の作者, 寺橋上の出会い, 寺橋下に栄三郎, 寺檀那孫八どのより申上げ候, 寺次逢僧庭前徘徊灯下談話とある, 寺止せよ冗談, 寺此邸皆其等古人の目, 寺武士は劍術, 寺が新, 寺殿一命を御, 寺殿三斎忠興公御立籠り遊ばされおり候ところ, 寺殿御卒去の砌, 寺殿御逝去遊ばされて, 寺殿御遺骸は八代, 寺殿焼打のところ, 寺殿聞召され某, 寺の清子, 寺毘沙門の舞台, 寺の小, 寺沙汰は母, 寺河童のやつ, 寺法トナス六百年来富ヲ恣ニシ, 寺法先規に従った, 寺法守護の権現, 寺法師さては南都, 寺法師南都の奈良法師, 寺法格式が厳重, 寺法隆寺などを, 寺洞ヶ嶺淀なども合わせ, 寺とか醍醐風, 寺浄円題とね, 寺浄土宗三寺真言二寺天台一寺禅寺五寺計十六寺, 寺海竜城黒山屯長春遼陽鉄嶺湯崗子等に農場試験地, 寺に聲ぶり, 寺深く聲ぶりの, 寺に沈め, 寺混外上人相知五六年於茲而以病脚在家未嘗面謁, 寺清巌和尚に御, 寺湿らひふかし, 寺の四皓, 寺にもあらず, 寺炎上の事, 寺僧住, 寺焼失の事, 寺煙草二三服馬士張りの煙管, 寺燒亡于時有此災, 寺独立を唱うる, 寺現存の重盛, 寺瓦せんべい思ひ付き, 寺甍青苔にうるおえ, 寺田沢別所などの温泉, 寺男子禁制の尼寺, 寺町はずれのやっぱり, 寺とよぶ, 寺登山の日, 寺百姓や左, 寺百姓以上ではなかっ, 寺破れくづる, 寺相当の祝儀, 寺相応の彫刻, 寺相應の彫刻, 寺相模四尺三寸の太刀, 寺相模岡本三河坊などの随身, 寺相模岡本三河坊野長七郎矢田彦七平賀三郎などである, 寺相模岡本三河房武蔵房村上彦四郎片岡八郎平賀三郎の人々, 寺相模平賀三郎矢田彦七岡本三河坊野長七郎など, 寺相模矢田彦七平賀三郎野長七郎岡本三河坊といったよう, 寺真如法親王建天正年中絶え果て今, 寺真言二寺天台一寺禅寺五寺計十六寺, 寺知客書記らの役僧たち, 寺破壊の後, 寺礼仏の志, 寺に丹, 寺祈祷事蝦夷已静謐之間法験之至, 寺の研究, 寺神戸誠一氏の, 寺神社の領地, 寺神社それ等に通ずる, 寺祭りは中止, 寺祿をも有し, 寺禅寺五寺計十六寺, 寺福念寺の順, 寺私等の逃げ, 寺秘蔵の版木, 寺竹林房如成と云う, 寺籠りするさびしの, 寺を減らし, 寺納豆藤田東湖は訥庵, 寺経営の状, 寺続きの横丁, 寺老木の木槿朝, 寺者係青龍老師之創建, 寺臨濟寺へ可, 寺自体その歴史特徴, 寺を建て, 寺良念寺徳雲寺と四軒, 寺良栄父平川養乙の墓, 寺良真が義元出発, 寺若くは祥善寺, 寺茶屋がある, 寺草創の事, 寺荒しや火, 寺菅神みずから当社の御, 寺落慶の翌年, 寺落慶式に尊氏, 寺落成記念の日, 寺藪小学校のある, 寺虚空蔵などの寺, 寺は何故, 寺蜂岡寺などを建立, 寺行能の清書, 寺にた, 寺表惣門の旁, 寺裏門まで行つて, 寺りの, 寺西明寺ですね, 寺見ゆれば畿内, 寺見学も猪苗代湖一巡, 寺覚念坊の蛇除, 寺の屋根, 寺観すべて一図画なり, 寺観音夢殿観音など推古天平, 寺観音夢殿観音百済観音等の神秘, 寺觀世音に御無沙汰, 寺觀音へ詣で, 寺までやって来る, 寺触で春の, 寺十六寺が, 寺をたより, 寺詣りした母親を, 寺社の, 寺諸観に異ら, 寺と云, 寺貴しの主義, 寺貴様は今, 寺はし, 寺起立の由来記, 寺越えという, 寺の前, 寺路町というの, 寺近江の伊吹山, 寺に仏壇屋, 寺造るに勝りたる, 寺造塔を第二義, 寺が栄え, 寺運隆盛を極めたらしい, 寺遠き牧場, 寺遠慮なく飲みな, 寺を走つ, 寺なる新田義貞公, 寺で後買, 寺錢みたいなもん, 寺錢出來てるよ, 寺鐘城鼓モ遠ケレバマタ趣キナキニアラズ, 寺鐘文永十一年甲戌四月九日, 寺鑑眞和尚來朝の時, 寺長春城もく, 寺長浜別院というの, 寺長老不届也, 寺門前田圃の中, 寺開山堂に葬られた, 寺関係の物, 寺関東の支配所, 寺に上つて雨乞, 寺附近料理茶屋の入口, 寺で留りっこねえ, 寺限リ小路ヲ引テカノスヘヲ下, 寺陰城とでもいう, 寺隣りの庭, 寺の, 寺雄氏の魔子, 寺雲林寺という風, 寺雲林寺等の山門, 寺青山穏田水車神田駿河台日本橋橋上駿河町越後屋店頭浅草本願寺品川御殿山及び小石川, 寺青梅院を一望, 寺預けか贖銅, 寺高田の水稻荷, 寺黒坂備中守等大将分多く討死した, 寺O町の家