青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「崩れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

岸本~ 峠~ ~峰 峰~ ~島 島~ 島田~ 崇拝~ ~崖 崖~
崩れ~
嵐~ 巌~ ~川 川~ 川上~ 州~ ~巡査 巡査~ ~巣 巣~

「崩れ~」 1277, 14ppm, 8058位

▼ 崩れ~ (626, 49.0%)

15 来た 13 しまった 12 いた, いる 11 いった 8 しまう, しまつ 7 しまって, ゆくの, 行くの 6 しまったの, 行く, 行った 4 いるところ, 来て 3 いたが, いって, いて, いるの, いるので, しまいそう, しまうよう, ゐたり, 行くよう

2 [29件] あたりは, あらゆる物, いない, いました, きたから, くる, しまひました, その跡, ゐるもの, 一方へ, 來る, 坐った, 大絶壁, 来そう, 来そうな, 来た一団, 来る, 海の, 湖の, 脛を, 腰の, 落ちて, 行きそう, 行くもの, 行く肉体, 行って, 見る影, 足の, 陰々として

1 [415件] あっぷあっぷいう, いくの, いく一種, いく咽喉, いたという, いたならば, いたり, いた元気, いた膝頭, いないこと, いないので, いなかった, いなかったの, いなけりゃいい, いましたが, いましたけれど, いるから, いるが, いるそれ, いると, いるという, いるなと, いるはず, いるん, いる土塀, いる城門, いる家屋, いる床の間, いる有様, いる浪, いる石灯籠, いる私, いる葛岡, いる豚, いる間, いる鳥, い島田髷, おのおの行きたい, おりますが, おりますし, おるのでね, お米, きたの, きたので, きたらどう, きた訳, きわどいトラバース, くるかの, くるじゃ, くると, くるふくらぎ, くる波, くる道, くる顔, こい, ころがって, さうし, しずかな, しまいます, しまいますし, しまいますよ, しまいタタミ, しまい今度, しまい品物, しまい跡, しまい身, しまうだろう, しまうだろうと, しまうだろう自分, しまうと, しまうという, しまうところ, しまうに, しまうの, しまうより, しまえば, しまったかと, しまったが, しまったこと, しまったその, しまったぞ, しまったよ, しまったよう, しまったら二度, しまった水溜り, しまった石, しまっても, しまつたのである, しまつて, しまつてゐた, しまひさ, しまひ顔一面, しまふ, しまふやう, しまふ氣, しまわないとも, すぐ雲, そこから, そこら一面に, そのあたり, そのうえに, そのまま苅田, その上, その下敷, その傍, その奥, その底, その無私, その立場, その血, それと共に, それは, ただうず, ちかごろ駄目, ちっとも鮮, ときどき立ち, とけよ, とても通れまい, とまらなかった, どやどやと, なにか白い, はおったが, はおりますけれど, はるか眼下の, ばらばらの, ひかる夏, ほっと太い, ほとんど腰, ほんの土台, またひっそり, また元, みじん, みせたり, みぞおちの, もう物, もう駄目, もつれかかって, ゆく, ゆくこと, ゆくだろう, ゆくであろう, ゆくという, ゆくよう, ゆく不安, ゆく何, ゆく別, ゆく地層, ゆく姿, ゆく岩, ゆく拠り所, ゆく砂岩, ゆく胸壁, ゆく速力, ゆく過程, ゆく部屋, よろめいた, わが踏む, ゐた, ゐたの, ゐても, ゐないの, ゐる, ゐるが, ゐるところ, ゐるの, ゐるらしいん, ゐる家屋, ゐる本堂, ゐる積木, コンクリートの, サラサラと, テーブル, ドッと, ドツと, ハタと, ピカピカする, ピンや, ヘタヘタと, ホンノリ上気した, 一ときに, 一向美味しく, 三四片鉢の, 三年四年たっ, 三谷が, 下に, 不意に, 両方に, 乱れだす危な, 予想通り雪が, 云いよう, 五六尺下に, 人も, 人を, 人口八十八万は, 人家を, 人菲を, 今ここの, 休みなし, 何にも, 何本かの, 余程平坦, 來た, 來たり, 來て, 俯伏した, 傾く縁, 先廻りに, 光る夏, 全体が, 兵古帯を, 其内側に, 再び火光, 列を, 初めから, 刹那に, 前後不覚に, 動かない, 動き出した, 勘次の, 十二三人ほど, 単に石ころ, 危ふく, 参りまして, 又八は, 君は, 吹きとばされるに, 味も, 咀嚼の, 土など, 地べたへ, 坐って, 垣の, 堵の, 境は, 壁の, 大きな杉, 大風に, 奈落の, 如何なる災害, 嫂に, 家の, 小さな溪流, 少しも, 居ても, 居りました, 居りますが, 居るの, 山は, 山根さんの, 崖下へ, 帰って, 帰れなくなった, 底の, 底止する, 強い緊張, 彼の, 彼は, 往きました, 往った, 快哉を, 恐しい形, 恐ろしく大きく震わせ, 悪い癖, 悲しむの時, 成らず領内, 扉は, 手を, 折角拭いた, 捲き返した, 旨く参りません, 早や, 暗いなか, 暗い穴, 最もビジネス的, 月の, 本堂の, 来たころ, 来たと, 来たの, 来たもの, 来たり, 来た顔良, 来てからの, 来ました, 来るかと, 来るし, 来るの, 来るよう, 来るマロニエ, 来る三丁目, 来る大きな, 来る青黒い, 東に, 柔媚な, 橋も, 次陣を, 此方へ, 死んで, 気味悪い笑顔, 水に, 泣いたり, 泣き入, 泣き出した, 流れずに, 海へ, 消えるはれがまし, 深く窪んだ, 漂って, 漸く胸, 火附け, 片方の, 牛みたいな, 畳に, 白い枕, 白い脛, 目の下の, 真綿を, 眼に, 砂に, 私たちの, 稍とも, 穴ボコの, 窪んだ鋭い, 笑い出した, 筵の, 紅いもの, 紅の, 素肌に, 終った, 絶壁に, 総立ちに, 美しい矢, 羞か, 聞いて, 膚も, 自分が, 自恃の, 色が, 茫然と, 草の根の, 草も, 荒井の, 落ちそう, 落ちたから, 落ちたの, 落ちた石塊, 落ちる, 落ちる土, 薄いブドー色, 薄汚れた, 蝋の, 行きかかる, 行きます, 行くいきおい, 行くかすか, 行くが, 行くこの, 行くさま, 行くだけ, 行くよりも, 行く危な, 行く危険, 行く夢, 行く方, 行く諏訪松本, 行く音, 行ったから, 行ったこと, 行った時, 行った騎馬武者たち, 行つた, 行つて世が, 衣裳棚へ, 裳は, 褄が, 襞, 西軍の, 見ただけで, 見るま, 谷が, 谷の, 豊かな, 赤土の, 赭く, 走つたが, 足が, 跡より, 跨躡, 踏む足, 軈て座敷, 退き明軍, 逃げ出したから, 通れなく手前, 通行人の, 進むに, 遂に転落, 遠山の, 酒煙濛々誠に, 酒道楽や, 野良犬の, 金髪の, 関東に, 雨と, 雲と, 領地の, 頭の, 額へ, 顏面筋が, 飛沫を, 飯時には, 駒の, 黒土が, 黒髪も, 黝土の, 鼻の

▼ 崩れ~ (103, 8.1%)

7 ように 2 為に, 福村の, 追い廻しの, 陰などでは

1 [88件] あった場, あとが, あるあたり, ある変, お小夜, こった二間, これも, した, した側崖を, した崖, しない, する濠, ために, ところを, ないの, ならず者で, のら者を, やうで, やうな, やうに, ような, ようには, ニヤけた佐野松が, ビケに, マスミだった, マスミの, 上を, 下に, 中へ, 主人が, 二十四五歳などという, 亭主が, 亭主の, 修築が, 凄いの, 凄い男, 勘弁勘次苦も, 土塀の, 場所を, 塀の, 塚から, 夢子などよりも, 女房振りで, 岩石が, 彼方から, 悪所絶所を, 所では, 手の, 手合で, 方の, 時には, 時の, 杉本友之助, 気勢を, 淺まし, 為死んだ, 爆撃隊であろう, 爲めに, 男の, 男女に, 癖し, 石田浮田小西などの, 福村あたりから, 竹が, 綱田屋五郎次郎は, 網干七平と, 耳欠け鼻欠けでも, 若い男, 草間六弥これだけの, 草間六弥だけが, 草間六弥です, 表面が, 詮索は, 跡が, 跡としか, 連中が, 連中は, 遊び人と, 道と, 遠藤左馬太で, 遠藤左馬太は, 遠藤左馬太紙問屋で, 金之丞で, 針目正三郎これは, 青年たちを, 青年に, 非凡の, 音であったろう

▼ 崩れ~ (58, 4.5%)

4 なって 2 なりまして, 圧されて, 崩れて, 落ちて

1 [46件] うッ伏, きまってらア, くずれて, しては, たまには, つれて, どっと体当り, なった, なったこと, なったでは, なったという, なった天皇, なった春, なった時, なった月, なった皇太后, なった翌年常陸介, なった陛下, なった院, なってから, なってからは, なりましたころ, なりました女院様, なりました時, なりました院, 中を, 乗じて, 似た震動, 内側から, 刑死した, 加担した, 合って, 壓し潰された, 壓死する, 夏の, 押し出して, 押し流されて, 捌いた紅, 板の, 板や, 石を, 終るか, 腰かけて, 襲われて, 覆われたアルプス, 辷つて轉

▼ 崩れ~ (45, 3.5%)

4 打って 3 打つて

1 [38件] うって, うつて, し重成戦死, するよう, する者, なおして, みせず真剣敢闘, みせて, る噴井, 両手で, 乘り越し, 兩手で, 口実に, 如何ともし, 寸前に, 引結えた, 強いて下る, 待ちぶせて, 思うと, 恐れて, 打ち元来, 来すであろう, 横切って, 横切ると, 歌うたこと, 生じ両, 生じ道, 登って, 直したはず, 直して, 直す由, 省略する, 石垣で, 見せず危, 見ながらも, 見ると, 見付けましたが, 防ぎ広く

▼ 崩れ~ (34, 2.7%)

4 して 2 あって, 狭い出口

1 [26件] あった, あった上, あるそこで, ある世の中, こんな身近, しだいにそこ, すぐ下, そのままに, できて, やまないの, 二三人ここへ, 処々白く, 出来て, 多い為, 嶺道を, 或いはこの, 来て, 洞内の, 白い中, 積つて邪魔に, 絶頂から, 續き, 襲って, 見える, 見える一喬木, 都合三人で

▼ 崩れそう~ (27, 2.1%)

2 な印象, になっ

1 [23件] だし, だぞと, だという, なごろた石, なその, なひょろひょろ, な大, な小さな, な様子, な灰色, な生, な石, な藁屋根, になった, にも見えなかった, にゆさ, にゆれる, に成ッ, に積上げられた, に笑っ, に蠢, に見えた, に震動

▼ 崩れたり~ (21, 1.6%)

6 して 2 傾いたり

1 [13件] かたまったり, した妙, した時, するであろう, すると, するに, その中, 持ち上ったり, 橋が, 歪んだり, 水が, 解れたり, 馴れすぎたり

▼ 崩れては~ (16, 1.3%)

2 いない

1 [14件] いなかった, しまいません, しまわなかった, ゐない, ゐなかつた, 収拾し得べからず, 女房の, 寄り黒い, 泡と, 湧いて, 湧き崩れては, 立つを, 退く, 響いた

▼ 崩れ~ (15, 1.2%)

2 道路の

1 [13件] かなり酔っ, そぎとられた斜面, やっと一人, 今こそ, 佛門に, 十年程, 危いから, 死んだお, 浦上切支丹の, 矢留瀬苗子という, 聲色が, 身が, 身體が

▼ 崩れから~ (11, 0.9%)

1 [11件] いち早く芽, お出でに, くぐり入ると, ほんのり花弁, カサコソと, 京伝蜀山それに, 往来へ, 敵味方の, 田舎の, 菜畠に, 顔を

▼ 崩れ~ (11, 0.9%)

1 [11件] ありませんよ, しない, しないだろう, わしの, キリスト磔殺, 三味線に, 問題と, 年々西の, 恐れたが, 残雪の, 足を

▼ 崩れ~ (11, 0.9%)

1 [11件] ありません, するもの, すれば, せず, せず藤尾, ないばかり, なく息, なく瞳, 泛んで, 登りつくした灰, 言ひ

▼ 崩れ易い~ (10, 0.8%)

2 側崖の 1 がらがらした, ことで, ので長次郎, ので高山植物, 周囲の, 地盤の, 居ずまひ, 岩に

▼ 崩れ~ (7, 0.5%)

2 かつた, 所々に 1 かつてゐる, ツた, 旗本の

▼ 崩れても~ (7, 0.5%)

2 そこは 1 この脳味噌, ゐたと, 崩れるその, 忽ち血潮, 死なない

▼ 崩れながら~ (7, 0.5%)

1 伝わって, 呶鳴った, 幾所にも, 流れた, 立ちのぼり秋蘭, 言つた, 跳び付いた

▼ 崩れ~ (6, 0.5%)

1 その下, なって, なり死傷者, なるであろう, 云うだろうが, 称する大きな

▼ 崩れ~ (5, 0.4%)

1 が大, とかいうもの, とも言われる, と告げた, と言つて

▼ 崩れやすい~ (5, 0.4%)

1 人物を, 土砂に, 砂の, 社会的基盤に, 菓子を

▼ 崩れ残り~ (5, 0.4%)

1 から跳びおりる, によじ登った, の東, の築, へよじ登っ

▼ 崩れ~ (4, 0.3%)

2 いくたび 1 右膝から, 秩父崩れ

▼ 崩れ~ (4, 0.3%)

1 が判った, はじつに, もあるであらう, を考え

▼ 崩れ~ (4, 0.3%)

2 に長い 1 から中, は雑草

▼ 崩れ込んだ~ (4, 0.3%)

1 のは, 惨めな, 捕方サッと, 捕方サツと

▼ 崩れがち~ (3, 0.2%)

1 で蓬, で逆, な自信

▼ 崩れ~ (3, 0.2%)

1 付け込んで, 出た, 手を

▼ 崩れ~ (3, 0.2%)

1 弱みを, 柱の, 落石の

▼ 崩れ~ (3, 0.2%)

1 から入った, から入る, から城跡

▼ 崩れおちた~ (2, 0.2%)

1 前に, 砂礫の

▼ 崩れかけ~ (2, 0.2%)

1 ている, てゐる

▼ 崩れ~ (2, 0.2%)

1 うです, うな

▼ 崩れさうな~ (2, 0.2%)

1 やさ, 形にな

▼ 崩れさうに~ (2, 0.2%)

1 なつて, は見えず

▼ 崩れざら~ (2, 0.2%)

1 しむる爲, ん

▼ 崩れという~ (2, 0.2%)

1 のも, ものが

▼ 崩れとも~ (2, 0.2%)

1 砲声とも, 見えれば

▼ 崩れながらに~ (2, 0.2%)

1 坐に, 微かな

▼ 崩れにな~ (2, 0.2%)

1 つた年の, つてから

▼ 崩れやすく~ (2, 0.2%)

1 ちょっとした風, また風等

▼ 崩れ人種~ (2, 0.2%)

1 が大将, ではない

▼ 崩れ~ (2, 0.2%)

1 ではもう, は一筋

▼ 崩れ~ (2, 0.2%)

2 した

▼ 崩れ堕ちず~ (2, 0.2%)

2 不思議と

▼ 崩れ墜ちた~ (2, 0.2%)

2 煉瓦や

▼ 崩れ~ (2, 0.2%)

1 の古い, 落つる血煙

▼ 崩れ~ (2, 0.2%)

1 が危く段, 墜ち風水

▼ 崩れ落ち~ (2, 0.2%)

1 はしない, はせぬ

▼ 崩れ込み~ (2, 0.2%)

1 ペレズを, 源助は

▼ 崩れ電柱~ (2, 0.2%)

1 の残っ, の残つて

▼1* [177件]

崩れあの通りの, 崩れおちるような, 崩れかけた倉庫住居の, 崩れかけてるようだ, 崩れかたが気味, 崩れがけた, 崩れさうになつたので, 崩れ方一丈ばかり, 崩れしかと怪しまるる音せり, 崩れしっかり両手で, 崩れそこの畑, 崩れそして罪を, 崩れその隙間から, 崩れそのうえにいた, 崩れそのままなれや, 崩れそれを透かし, 崩れだけに生きたお金, 崩れだろうかと話し合っ, 崩れちゃア太平洋戦争なんて, 崩れてしもうてはまるで方, 崩れですよちょい, 崩れでないとは保証, 崩れでもしそう, 崩れとか言ふ, 崩れどこまでも無限, 崩れんだ, 崩れなど見せては, 崩れなどで押出され, 崩れなども二ヶ所ほど, 崩れなどより以上の, 崩れなんと疑ふところ, 崩れにて流謫脱, 崩れはてた教室に, 崩ればたばたと男, 崩れふたたび天地開闢前の, 崩れへたばらせてしまう, 崩れまた火事が, 崩れまもなく家の, 崩れむ日はも, 崩れやがて全く形を, 崩れより一双の, 崩れらしいのら者が, 崩れらしい酔っぱらった一群の, 崩れわれ怪し飛ぶ, 崩れタタタタタタと崩砂, 崩れバラバラと四方, 崩れヒラリと飛び下りた, 崩れプロレタリアの陣営, 崩れ一勢に引いた, 崩れ一種の狼狽, 崩れ下つた距離が五六町, 崩れ両足でピョン, 崩れ乍ら倒れたり, 崩れ乍ら胸一杯に痞, 崩れの字, 崩れ乱酔した参右衛門, 崩れるを, 崩れ了んぬ狂態, 崩れ二つを同時に, 崩れ人びとはその, 崩れ人影がさびれ, 崩れ住民困んで祠, 崩れ倒れている, 崩れり細い白い, 崩れ傾いて行く, 崩れ傾くひびきを思う, 崩れつた, 崩れ内儀の身だしなみ, 崩れ冷たい風を, 崩れ凄まじいまでに荒れ, 崩れで兇悪, 崩れ出水なぞの口実, 崩れ分散した支配権力, 崩れ初めて自分の, 崩れへ前, 崩れかざらしむるてふ信念, 崩れ勝ちな踊り, 崩れ北伊勢を攻め奪っ, 崩れ危うく転びそう, 崩れの畦, 崩れ司馬懿全軍地底のもの, 崩れひ縺れ合つて, 崩れの声, 崩れ土砂に埋ま, 崩れが裂け, 崩れの中, 崩れの苔むす, 崩れ堕ちようとし, 崩れから西, 崩れが破れ, 崩れつ, 崩れ墜ちてゆく, 崩れは嗄れ, 崩れ夜目にも燃え立つ, 崩れ安い山稜は, 崩れも善美, 崩れ尋常では, 崩れ小学校の教員, 崩れ屋根破れて, 崩れ山津浪に關, 崩れ山焼きの煙り, 崩れ山門も傾き, 崩れるる, 崩れの耳, 崩れはあれ, 崩れ廉作の部隊, 崩れ彼等は燃えさかる, 崩れ恰も芋を, 崩れ懸ったような, 崩れ我儘なること, 崩れ或いは埋まって, 崩れ手巾を冠, 崩れ手足の投げ出された, 崩れ掛けた壁に, 崩れ掛ったお寺の, 崩れ掛つて參つたのであります, 崩れはれて, 崩れ放しの笑顔, 崩れ放題の亀甲石垣, 崩れみ今, 崩れ書架が倒れた, 崩れ有限の人こ, 崩れ本陣は, 崩れしなく鈍く, 崩れ果てて見る, 崩れ傾くを, 崩れの折れ, 崩れ次にめいめいの, 崩れも欠け, 崩れる足場, 崩れ殘つた櫓の部分, 崩れ湧き出るを, 崩れ水出で異様, 崩れ水害起るとて, 崩れ流れていく, 崩れも湧, 崩れ混乱する様, 崩れ潰えざらし, 崩れ焚火の中, 崩れ爛れた面には, 崩れなど自由, 崩れの上, 崩れも海, 崩れは破れ, 崩れ盛り上りなびき伏し万態, 崩れ落ちかけた塔, 崩れ石垣を攀, 崩れ石露われたり, 崩れ社會も治まらぬ, 崩れは奈落, 崩れ秋父崩れなどより以上, 崩れだけになった, 崩れ土の, 崩れ素早く腰を, 崩れ美作が討たれた, 崩れ自分も亦, 崩れが一杯, 崩れ落すやうに, 崩れ行くさまを, 崩れ行こうとする, 崩れ大名の, 崩れ足許も定まらず, 崩れをのこした, 崩れを登り始める, 崩れ身体がくたくた, 崩れ込ませたフン族の, 崩れ声四方に, 崩れ鉄扉は錆び, 崩れ鉄条網を張つた障碍物, 崩れ青いペンキが, 崩れも取, 崩れには折檻, 崩れに折れ, 崩れは飛び, 崩れも濡れ, 崩れ魔王の十善, 崩れをうち