青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「岳~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

山崎~ 山本~ 山田~ 山脈~ 屹度~ ~岡 岡~ 岡田~ ~岩 岩~
岳~
~岸 岸~ 岸本~ 峠~ ~峰 峰~ ~島 島~ 島田~ 崇拝~

「岳~」 2427, 26ppm, 4445位

▼ 岳~ (771, 31.8%)

17 頂上に 9 画は 8 麓に 7 名が, 名を, 方に, 画の 5 上に, 頂に, 頂上へ, 麓の 4 中腹に, 如きは, 方から, 画を, 頂上から

3 [13件] ような, ように, 中腹で, 北に, 南に, 南には, 名は, 姿が, 左に, 方が, 絶巓に, 頂上は, 頂上を

2 [56件] お花畑で, かなたに, よく見える, 一角を, 三角標石も, 三角点の, 上には, 下に, 下りは, 下を, 中腹では, 中腹を, 代馬, 位置に, 個性を, 兄の, 北の, 南の, 右には, 噴火の, 噴火も, 大ダム, 女道楽, 姿は, 姿を, 巓に, 思い出は, 方へ, 方へと, 旧廬, 東に, 水彩や, 焼野原, 煙を, 生涯は, 真冬の, 研究所は, 研究所へ, 種蒔爺さん, 絶頂の, 絶頂へ, 美しい姿, 翠微, 肩から, 肩に, 裾から, 西の, 間から, 雪は, 頂上が, 頂上でも, 頂上の, 額を, 高さ, 鶴首と, 麓を

1 [518件 抜粋] あたりの, あたりは, あなたに, ある事, いくさに, いただきには, いわゆる浅草絵, お花畑でございます, お花畑の, お花畑を, が有名, ことであろう, ことなり, こなた白雲, ごとき他, すぐ西, すぐ麓, ところへ, とは似, とりでも, と思う, についで, は倉稲魂命, ひだり目も, ひと処, ひらきましたもの, ふもとに, ふもとへ, ほうを, ものは, ようで, よさ, よろしさ, カールの, カールを, メトロポリスです, 一世一代の, 一字を, 一家及び, 一峰の, 一戦に, 一条には, 一番高い, 一角から, 一角しか, 一角と, 一角には, 一角へ, 一部が, 一部を, 万年雪から, 三千五百尺位の, 三角標石は, 三角測量標に, 上あたりに, 上で, 上の, 上は, 上を, 上空へ, 上高く, 下である, 下の, 下りで, 中腹とで, 中腹などには, 中腹の, 中腹三千五百尺の, 中腹以下に, 中腹森林地帯を, 主峰と, 主峰など, 五六分目はい, 亡い, 人物, 代と, 伝統を, 位置あたりに, 位置を, 住って, 住居, 作たるを, 作では, 作と, 作としては, 作品, 偃松帯まで, 偉容を, 側面が, 傍若無人な, 傑作の, 兄が, 先史時代であった, 光景は, 全容が, 全生活, 全貌が, 円い頂上, 出っぱりを, 出身した, 初雪も, 別当さま私たちまで, 別当公暁宮寺に, 別当坊に, 北は, 北方であり, 北方山稜の, 北裏を, 北部より, 北麓に, 千疋洞の, 半腹, 南側だ, 南方四十キロばかりの, 南襞に, 南西は, 南麓に, 危岩が, 厩窪等は, 又の名を, 双尖, 双峰, 句に, 右に, 右の, 名で, 名に, 名物の, 向うに, 含月荘へ, 含月荘へと, 唇舌を以て, 問題に, 噂が, 噴烟が, 噴烟を, 噴煙は, 四個の, 地下に, 塔と, 墓に, 墨樺から, 外にも, 外は, 外側面凡そ三十度の, 多芸は, 大きさ, 大きな岩石, 大作とも, 大作に, 大噴火, 大太童, 大尾根, 大崩れ, 大樺谷, 大洞窟, 大花崗岩山, 大障壁, 大雪田, 天井を, 天嶮に, 天文觀測所に, 奇の, 奇名が, 奇才を, 奥から, 奥が, 奥深く霧, 奧に, 如きも, 如き共に, 姿にも, 威容を, 娘, 娘は, 孱顔うる, 実力的正面衝突と, 実家たる, 寫生を, 小屋は, 小屋へ, 小頭を, 尖った兜, 尖った頂きなどを, 尖頂が, 尖頂だけが, 尖頂雲表に, 尾根が, 尾根の, 展望を, 山々が, 山々は, 山名を, 山奥で, 山女が, 山容は, 山小屋でも, 山波が, 山窩へ, 山脈と, 山腹を, 山荘に, 山襞が, 山門生活も, 山麓は, 岩は, 岩場に, 岩山は, 岳母榎本氏の, 峠へ, 峰から, 峰ちかく, 峰つづき, 峰に, 峰の, 峰までの, 峰や, 峰を, 崔嵬に, 崩れが, 嶮を, 巓であった, 左には, 巨体は, 巨影で, 巨頭を, 市価が, 市価は, 師伝を, 幻影を, 幽の, 幽谷より, 建物が, 弟子で, 強盗酒顛童子拾い還り, 形状を, 影を, 怒るの, 思想と, 性分で, 恬淡洒落を, 悠たり, 感嘆者また, 戦況を, 手沢の, 才を, 才機は, 擦痕, 放縦気随に, 救援は, 文字に, 斜面に, 斜面の, 斡旋を, 方には, 方の, 方まで, 方も, 方を, 方をめぐって, 方面へ, 普智山, 最も勝れた, 最も奇, 最後の, 最高点の, 月に, 木々が, 木々は, 東が, 東の, 東側からも, 東側に, 東北に, 東北海道の, 東南に, 東南には, 東南の, 東尾根を, 東斜面, 東腹には, 森々と, 権現様に, 樹氷湖水を, 機械都市の, 歌を, 残雪は, 気焔当るべからず, 氷河遺跡に関する, 池で, 池の, 池を, 泥画, 泥画というは, 泥画は, 洒々落々たる, 洒脱と, 洞窟から, 洞窟だ, 洞窟と, 洞窟に, 洞窟へ, 浅草人形というは, 浅草生活は, 浅草絵と, 浮雕塑像は, 深林地帯から, 深林地帯深く, 温泉に, 湯の, 潤筆料五厘以上と, 火口から, 火口は, 火烟全く, 火男神, 無数の, 煙, 煙が, 煙でございます, 煙と, 爆破の, 特色ある, 特色という, 狼が, 琵琶と, 生家にも, 生活の, 画, 画が, 画そのまま, 画で, 画も, 画名が, 画家生活, 画才は, 画才及び, 画料, 画短冊は, 画集を, 畸行, 畸行は, 登りと, 登路は, 白峯三山毅然と, 白蝶などが, 白銀荘へ, 白銀荘附近では, 直下まで, 相場を, 眞青な, 真上に, 真似を, 真生活, 着物, 研究で, 研究所で, 研究所に, 硫烟は, 碩学洛中洛外の, 神が, 神でも, 神は, 禅定窟, 称呼は, 稜を, 空線が, 突兀と, 突兀天に, 竜灯も, 第一峯, 第一峰, 筆に, 篦で, 米三郎が, 米三郎は, 紅葉は, 絵は, 絵も, 絶巓は, 絶頂まで, 絶頂将門石の, 総くずれから, 群巒を, 翠たたえ来, 翠巒を, 耳二つだ, 肩が, 肩へ, 肩越しに, 背は, 背後に, 腰を, 自慢で, 葱平, 衣鉢を, 表装と, 裏を, 裾と, 裾を, 裾野が, 裾野である, 裾野を, 西に, 西を, 西側は, 西側を, 西北に, 見物も, 見識であろう, 観測地点は, 記録登山を, 詩に, 諸作, 諸山は, 諸峰, 谷深く, 財嚢も, 跡取, 農牛北に, 辺で, 辺と, 近傍は, 追分で, 途中まで, 連峰が, 連峰に, 連峰は, 連嶂から, 連嶂だ, 連嶺が, 連嶺であった, 連嶺は, 道標を, 道標事件は, 遺作が, 避難小屋に, 重畳する, 重畳たる, 針金の, 鎔岩丘, 長い山脈, 長大な, 間であります, 間に, 間違では, 附近で, 附近と, 附近に, 降灰が, 険路を, 隣りの, 雪が, 雪とが, 雪とは, 雪に, 雪の, 雪渓の, 雪渓は, 雪田に, 霊に, 霧に, 面目を, 鞍部では, 鞍部直下三千尺の, 韓非子全書津田鳳卿の, 頂から, 頂が, 頂きで, 頂きよりも, 頂では, 頂は, 頂までは, 頂を, 頂上, 頂上で, 頂上であるらしい, 頂上な, 頂上には, 頂上へも, 頂上まで, 頂上も, 頂上より, 頂上附近に, 頂上附近を, 頂上附近及び, 頂稜から, 頭から, 頭を, 額から, 餘脈が, 高峯, 鳴動の, 麒麟と, 麓で, 麓である, 麓には, 麓は, 麓へ, 麓まで, 黒く縅した

▼ 岳~ (153, 6.3%)

4 中心として, 経て

2 [11件] 主峰と, 仰ぐ, 凌駕し, 半周し, 南に, 最初から, 望む, 背に, 見て, 訪問す, 踰え

1 [123件] あおいだ, うたうのに, おおいかくした, かしこみ我が, くだって, こえて, すてて, すまし農鳥岳, それに, つかまへて, つばらかに, ながめて, はじめ硫黄岳権現岳擬宝珠岳西岳などの, ふと振りあおぐ, めざして, サッサと, ハクバと, 一すじに, 一のみに, 三方山と, 上って, 下りて, 主峰として, 仰いで, 仰望し, 何と読み, 八時少し, 出立した, 初めて広く, 初めて私, 前人未, 前衛として, 割菱岳と, 勧誘せん, 北に, 北南魚沼の, 千百五十米だけ, 去った, 右に, 含む山塊, 吹き降す烈風, 囲んで, 境界と, 外輪山と, 大ならしめた, 奥仙丈と, 少し下った, 崛起し, 左に, 引っ括めて, 後方羊蹄と, 志して, 応挙とか, 意味し, 憶ふ, 持て余し気味, 指して, 指しながら, 挙げます, 据えて, 探ったの, 控えて, 擁し北, 攀ぢしばらく, 政治総裁に, 望んで, 望見したなら, 望見する, 東に, 極め引返し駒ヶ岳へ, 極め長次郎谷, 無造作に, 照らすの, 甲信両, 甲武信岳の, 畳んで, 登った夢, 登って, 登る尾根, 目ざして, 目に, 眺めた, 瞻仰する, 礎の, 窮めて, 窮め十勝岳, 窮め石狩岳, 聯想する, 能く, 蒐集し, 西に, 西北の, 見たが, 見た位置, 見に, 見ると, 見上げた, 見上げて, 見物に, 記載し, 訪ねると, 語る前, 誤認した, 貫いて, 起して, 起す, 越えて, 越え葛城, 越して, 蹴落され坂本, 載せたり, 送つた帰途トムソン, 通る頃, 連ぬる, 過ぎ硫黄岳, 重ねて, 鋼鉄や, 間近く望む, 除いて, 除けば, 随喜した, 雨も, 鳴らしたの

▼ 岳~ (135, 5.6%)

2 噴火し, 実にこの, 早速買込ん, 晩年には, 諸芸

1 [125件] このお, この依頼, この山, この祠堂, これを, さすがに, その反射, その頃江戸に, その高, ちょいちょい登られ, とても雄大, もう眼, ゆせんか, ポーと, モウ世間の, 一つの, 一と, 一挙に, 万事が, 之と, 二軒懸, 今日では, 他の, 低い丘陵, 何も, 何を, 何んでも, 何処にも, 何処の, 余り旅行しなかった, 信濃と, 初め御飯岳の, 到底立山, 割愛する, 加賀の, 北西に, 厳乎らしく, 取換え, 古生層と, 喜んで, 国境山脈の, 夜が, 大将軍にも, 大岩塊が, 大断崖, 大雪山, 天下を, 奇才縦横円転滑脱で, 奥の, 好い名称, 如何なる人物, 実に素晴らしい, 容易に, 富士や, 富有の, 小林城三と, 就中好きな, 屑し, 山中に, 岩を, 峻急に, 巻向山の, 常から, 常陸山対梅ヶ谷というも, 幅の, 平素琵琶を, 幾百の, 後景に, 後者の, 忽ち乗, 或はこの, 或は餓鬼岳, 所謂大, 扇面亭の, 数段の, 日本の, 日本アルプスの, 昨夜の, 晩年画かき, 普通の, 最も近く峰頭, 最早雲中, 朝日岳の, 本コース, 本社ヶ丸と, 東沢の, 業を, 此二山の, 殆ん, 水の, 江戸末季の, 淡島堂の, 渓谷を, 焼ヶ岳, 熊を, 物故する, 生前画名よりは, 画を, 画人として, 略ぼ, 登って, 登山も, 登山者が, 白銀の, 着物ばかり, 破れた石, 私は, 維新の, 縹渺たる, 美しい山, 美しく輝い, 自分の, 芳崖や, 若い時, 藤原宮, 西の, 観方, 近年まで, 野呂川の, 間近く物凄い赭色, 零に, 霧や, 霧雨の, 須雲川の, 頭が

▼ 岳~ (130, 5.4%)

6 呼んで 3 悪沢岳 2 あるもの, いうと, なったので, 横岳とが, 羽衣滝とを

1 [111件] ありて, いい市民, いうので, いわれて, きては, さし向い, その西, ちょうど反対, であったよう, なった, なって, なり, なりそれ, なり大気, なる, なる訳, やや同様, スバリ岳に, 万太郎山との, 万太郎山の, 三宝山とに, 不動堀沢岳, 丹後山の, 乗鞍岳との, 二つ並んだ, 云, 云う, 云う医者, 余り近い, 信じて, 共通である, 内儀の, 別物である, 剣ヶ倉白沢山, 北鎮岳とが, 同じく三一九二メートル, 同じく四時間, 同じよう, 同一山, 同一視する, 同日に, 名を, 呼ばるべきで, 呼ばれて, 呼ぶよう, 呼ぶ山, 命名し, 命名した, 命名したい, 命名しよう, 唱えて, 地蔵鳳凰の, 多良岳と, 大喰岳, 大天井岳の, 女岳との, 如意ヶ岳の, 崇めたもの, 平ヶ岳との, 御前山とが, 御岳の, 改めなければ, 断定した, 景鶴山とは, 書し傍, 書改め, 本社ヶ丸との, 東西に, 東鎌との, 根名草山と, 槍ヶ岳のみは, 横岳の, 次第に見える, 此山とが, 甚しく離れ, 甲武信岳との, 異名同山でなけれ, 白沢山の, 白馬ヶ岳との, 白馬岳を, 相向う, 研究所の, 硫黄岳と, 称えて, 称するもの, 称ばる, 笊ヶ岳とが, 答えた, 縦走し, 縦走を, 脈を, 茂倉岳と, 茂倉岳を, 蓮華岳に, 薬師岳を, 蝙蝠岳とは, 蝙蝠岳の, 西岳との, 西沢御林山とは, 言うん, 谷北六の, 迂廻して, 重な, 間ノ岳とが, 間ノ岳とは, 雄偉な, 駒ガ岳は, 駒ヶ岳の, 駒ヶ岳近くに, 鷲の巣山だ, 鷹の巣山との

▼ 岳~ (126, 5.2%)

4 雲が 3 向って, 立つ煙, 至る間 2 しても, 出るも, 由て, 登った人, 登った時, 登って, 連る, 面し名, 黒雲挂り

1 [95件] あてはまる, ある含月荘, ある大東鉱山, ある残んの, いたり, して, 上った, 上った時, 上り見渡せば, 上るつもり, 上るの, 二個悪, 似つかわしい奇妙, 何時か, 傾倒し, 共に相当, 出る迄の, 列なって, 到り得るかも, 匹敵しうる, 及ばぬ, 取囲まれて, 向う先, 向かった, 咽ぶか, 寄った小高い, 對し, 就ては, 属する火山岩, 平次は, 弦月が, 当って, 当るから, 懸る四個, 押向けられ, 挟みつけられて, 於て, 有峰の, 猿倉スキー小屋から, 産する, 産せず, 発しと, 登ったこと, 登ったとき, 登らずんば, 登り三十五年, 登り尾根伝い, 登り金峰山, 登る, 登ること, 登るだけにて, 登ると, 登るには, 登るの, 登るん, 登る時案内者, 登る記, 登る途中, 登れる, 登れるが, 登ろうと, 登攀せん, 登頂つづい, 相当するらしく, 相違あるまい, 砦を, 立ち迷, 続く尾根, 続く峨々, 続く長い, 肉迫し, 至る上越国境山脈, 至る上野州国境山脈, 至る約, 行く途中, 行く道, 見せて, 近いと, 近い水上温泉, 近づいた所為, 連なって, 違いない, 遠いため, 遠くない, 遡るべきである, 附属し, 附属した, 雲たちわたる, 雲居立てるらし, 雲立ち渡る, 雲霧の, 面した南窓, 面した所, 面し水, 飾られ南

▼ 岳から~ (93, 3.8%)

3 下って 2 光岳に, 北に, 白馬ヶ岳まで, 薬師ヶ岳へ

1 [82件] ここへ, ここ穂高岳に, こちらに, ずり下りに, せねば, ならば, 一旦低下, 一時間近くも, 三番手山, 二つに, 何代目かの, 出る谷川, 前山に, 力の, 北岳の, 北岳までは, 北方に, 千畳敷を, 南は, 南へ, 南国境の, 右に, 右は, 四十分で, 国師岳に, 壊れ落ちた岩石, 壮大に, 大天井岳まで, 天安鞍を, 天狗岳への, 宝剣岳に, 富士, 富士箱根や, 小沢岳に, 尾根伝いに, 岩壁伝いに, 岩小屋沢岳鳴沢岳赤沢岳にかけて, 峰づたいに大文字山の, 帰りまして, 引きあげるの, 急速待避せよ, 最南, 来て, 来る瀬, 東北に, 東南に, 東沢の, 東西に, 林道を, 柳ヶ瀬にわたる, 槍ヶ岳つづき, 槍ヶ岳へと, 流れ出て, 清水峠に, 潰走するあり, 灰ノ, 烏帽子山に, 烏帽子岳へ, 牛ヶ岳に, 牧の, 発する北股, 発源する, 白馬岳に, 笠ヶ岳までも, 蒼い穏かな線, 西北へと, 西南望した, 西白馬ヶ岳まで, 谷が, 越中沢岳, 連続するらしい, 遠く槍, 金精山や, 釵の, 鍬柄峠の, 鑓ヶ岳の, 降りて, 飛び出して, 駒ヶ岳に, 駒ヶ岳へ, 高山の, 鹿だ

▼ 岳~ (88, 3.6%)

3 聳えて 2 小林姓を, 忽眼前に, 眼の, 頭を

1 [77件] あった, あり更に, あり雁ヶ腹摺山, あるし, あるのみ, ある鶴ヶ岳, いうと, お上の, くつきりと, この二山, しっとりと, ぜんぶ吹っとぶ, そのま, その雄大, それで, といつて古戦場を, フラリと, 一段と高い, 一生の, 一面に, 七千六十五尺凌雲岳が, 三つ巴を, 三角の, 今頃なほ裾まで, 全容を, 八坂峠を, 六千五百四十九尺忠別岳が, 六千八百五十七尺石狩岳が, 円く眼, 博覧会に, 又ちょうど, 反て, 唐松岳の, 唯一の, 噴火した, 四谷の, 大きく蟠っ, 安す, 実に雄大, 屏風の, 屹立し, 峻しく聳え, 崩岩の, 巨人の, 師と, 常住起居した, 彼の, 或いは鋭い, 描いたので, 昔は, 昼よりも, 時々顏, 時々顔, 森林の, 次第に険しい, 浅草に, 燃ゆる, 独りその, 立って, 第一回博覧会, 第三位, 聳え山頂, 聳立し, 胸まで, 臥蚕の, 荒涼として, 見えるの, 設計し, 通り名に, 遠しと, 金字形を, 間近に, 雪を, 雲の, 高貴の, 鳴動を, 黒部川の

▼ 岳~ (74, 3.0%)

5 登って 4 往復し, 登る 2 かかった, 登った, 縦走した

1 [55件] ある仕事, おしよせて, お登り, きて, この宇宙航空船, のぼって, むかって, 上って, 入った凄い, 出かける度, 出られると, 出ること, 十一時間露営第, 参りましょうか, 取付い, 取付き少し, 取付く前, 取付く少し, 名残りを, 向い半時間で, 向う, 向かったの, 向ったが, 往復する, 往復鷲羽岳, 援軍する, 散歩に, 最短コースによって, 案内を, 登ったもの, 登った時, 登り大天井岳西岳小屋, 登るの, 登るん, 登る目的, 登る積り, 登ろうと, 登頂, 登頂した, 登頂する, 登頂唐松, 着いたの, 着いた時, 着いてからも, 禁制を, 縦走する, 行かず白峯, 行くこと, 行くなんて, 行く人, 踏み込んで, 近くなっ, 逃げ帰り知らせたので, 通って, 連り

▼ 岳~ (42, 1.7%)

3 の家 2 の妻

1 [37件] が住み守る, が冥, が変貌, が少しにやにや, という, としての支配, となった, となり得た, ともなっ, と二つ, にはない, に対してはどういう, に教えられた, に送る, のこの, のわたし, の上, の口, の妹, の息子夫妻, の父親, の総領娘, の顔, はそう, は指し, は暇, は結婚, は自分, は言訳, は顔, も, も嘗て, も神, を引廻し気味, を探す, を訪ねた, を詮議

▼ 岳~ (33, 1.4%)

1 [33件] あの盛ん, のの, スバリ岳の, 下岡蓮杖や, 兎岳も, 八ヶ岳に, 其北の, 向うの, 唐松岳などには, 塩見岳の, 富士山の, 彦太楼尾張屋の, 更に遠く, 朝日岳の, 杓子岳までも, 槍ヶ岳や, 槍白馬越中の, 白馬岳の, 穂高ヶ岳や, 穂高神高坂大, 立山などが, 立山に, 茂倉岳の, 荒川岳, 薬師岳や, 逢坂の, 鑓ヶ岳は, 雁坂峠までも, 雲坪の, 霞沢岳の, 鹿島槍岳が, 黒岳を, 黒岳鷲羽等が

▼ 岳~ (30, 1.2%)

2 撮ったもの

1 [28件] この種, すこし食い足らなかった, その左, やって, 七本槍の, 兵法の, 勇名を, 又人, 地図鷲羽岳は, 宿止を, 撮られた十二花, 撮影した, 早川の, 明治四五年の, 氷河的雪の, 海抜五千七百尺の, 海抜高距二千九百三十三米最高点は, 狼を, 秀吉と, 私たちが, 草を, 行った, 見た黒い, 観測された, 観測した, 赤石三山と, 遭難した, 雄大な

▼ 岳~ (28, 1.2%)

2 この辺

1 [26件] あんな遠く, ここから, ずいぶん噴火, なかなか雄大, また凄く, よいとは, よく見える, 二十年前まだ, 児供の, 同じもの, 同じ色, 好きです, 寛永三年に, 山門住居では, 悉く枯木, 斜に, 気が, 湖水も, 焼ヶ岳, 真白に, 知らずに, 硫黄色の, 見ゆべく西部, 近頃まで, 野呂川の, 雲の

▼ 岳という~ (26, 1.1%)

4 のが 2 のは

1 [20件] たこと, たの, ところは, のだ, のも, ものが, ものは, 二千米ちかい, 人が, 千二百米足らずの, 名は, 大紳, 山が, 山です, 山は, 山名も, 活火山の, 火山が, 画家は, 白峰連山の

▼ 岳との~ (23, 0.9%)

9 間に 2 中間に, 間は 1 コル, コルからは, コルへの, 最低鞍部まで, 間から, 間には, 関係と, 雲環は, 鞍部から, 鞍部で

▼ 岳~ (19, 0.8%)

3 や深山榛 2 の枝

1 [14件] などの闊葉樹, に止っ, のまばら, の小, の根, の梢越し, の疎, の疎ら, の疎林, の薄暗い, の間, や七竈, や白檜, や膚

▼ 岳~ (17, 0.7%)

3 に御 2 の御神楽例

1 [12件] にお参り, に参り, に於い, に立籠つて外界, の一切経会, の僧院, の別当, の別当職, の御霊, の行事, へのお参り, へ御

▼ 岳~ (17, 0.7%)

7 の尼寺 1 から出, から出た, といふ, に見慣れぬ, の和尚なぞ, の新, の方, の燈外庵, の開山, へ向っ

▼ 岳には~ (16, 0.7%)

1 [16件] まだ雪, 五六月頃に, 五色ヶ原の, 今でも, 信州惻には, 信州戸台から, 又高, 天安鞍という, 小さいながらも, 最初ちょっとした, 桑山修理亮, 樅の, 殆ん, 火口原と, 狼が, 雪が

▼ 岳より~ (13, 0.5%)

2 落始る

1 [11件] 五十七米低い, 北方に, 小黒部の, 岐阜提灯を, 槍ヶ岳へ, 槍ヶ岳まで, 水晶山と, 狭く且, 発源する, 近き山々, 野呂川へ

▼ 岳陰荘~ (13, 0.5%)

1 [13件] ではささやか, と呼び, にとどめられた, に踏み留まっ, の位置, の使用, の玄関, はただならぬ, は二階建, へ引, を使いたい, を引挙げ, を買入れた

▼ 岳~ (12, 0.5%)

1 [12件] から椎の木, そうだ, そうでございます, そうです, ということ, という者, のが, のという, のを, 弦之, 荘厳ねなんて, 西日を

▼ 岳では~ (12, 0.5%)

2 よく水晶 1 ない, ないの, ない焼, ない硫黄岳, なかった, なくして, 折柄悪戦の, 最も多く, 無い, 遭難者を

▼ 岳~ (12, 0.5%)

2 の市街 1 から蘆家屯附近, だよ, で下りる, と熊岳河, にてと前書, に比し, の温泉, の苗圃, の試験場, の農事試験所

▼ 岳まで~ (9, 0.4%)

2 一筋の, 縦走し 1 つづく, 岩石の, 行き御来迎, 行くこと, 軍兵を

▼ 岳なる~ (8, 0.3%)

3 名は 2 名称が 1 名称は, 名称を, 知別岳を

▼ 岳~ (8, 0.3%)

1 がどこ, がやはり, が揚州, が関張, だとか, の孫, の爲, は歴史上

▼ 岳とは~ (7, 0.3%)

1 いつしか峰, よし同じ, 今白雲, 南の, 異名同山であっ, 真面に, 鶴ヶ岳の

▼ 岳~ (7, 0.3%)

1 に見る, の上流西岸, の右岸, の砂, の砂湯, の蘆, は沙

▼ 岳~ (7, 0.3%)

1 にできた, の吉田, の平和そう, の感じ, の町, の疎林, をめぐれる

▼ 岳であっ~ (6, 0.2%)

1 てもどちら, ても硫黄岳, て三角点, て二等三角点, て山塊, て水晶

▼ 岳といふ~ (6, 0.2%)

1 なり, ので, のは, 先生は, 大紳, 山に

▼ 岳とを~ (6, 0.2%)

1 撮した二枚, 有するに, 結ぶ便利, 連ねて, 連ねる最低, 除いて

▼ 岳への~ (6, 0.2%)

1 尾根は, 山稜が, 往復に, 最も好適, 登攀は, 路は

▼ 岳よりも~ (6, 0.2%)

1 北鎮岳を, 広く五, 標高が, 百三十米余り低く, 笠ヶ岳の, 高山相

▼ 岳先生~ (6, 0.2%)

1 かあれ, が妾宅通ひも年, のお, の愛妾, は五十五, は間

▼ 岳八幡宮~ (6, 0.2%)

2 に御 1 に詣で, の, の別当三位僧都, の別当職

▼ 岳~ (6, 0.2%)

2 天皇即ち 1 天皇は, 天皇御製と, 天皇御製一首並短歌と, 天皇時代の

▼ 岳とが~ (5, 0.2%)

1 並んで, 共に額, 消え失せた脚, 見参に, 覗いて

▼ 岳へは~ (5, 0.2%)

1 しばらくの, 五十分あれ, 五回も, 昼時分に, 真ん中の

▼ 岳及び~ (5, 0.2%)

1 伊藤八兵衛, 北肩は, 寒月が, 蓮華岳迄の, 黒岳の

▼ 岳独特~ (5, 0.2%)

1 のアイロニイ, の一線一画, の奇才, の工風, の画境

▼ 岳~ (5, 0.2%)

1 の傳, の記した, の記事, は岳霖, は蒲姓

▼ 岳~ (5, 0.2%)

2 の諸山 1 を指した, を経, 高く聳え

▼ 岳とも~ (4, 0.2%)

1 いうと, お別れ, 呼ばれ頂上, 呼んで

▼ 岳などの~ (4, 0.2%)

1 ように, 山々も, 白馬山脈の, 穂高群峰を

▼ 岳などは~ (4, 0.2%)

1 もう夜, 平均高度を, 標高三千百九十二米突を, 熊を

▼ 岳へと~ (4, 0.2%)

1 かけた岩石, かけて, つづく間, 向う

▼ 岳~ (4, 0.2%)

1 のペンネーム, の佳人, の原野, の隠士

▼ 岳展覧会~ (4, 0.2%)

2 にも二 1 に出品, は一部

▼ 岳~ (4, 0.2%)

1 が何人, すなは, の死, は蘆庵

▼ 岳~ (4, 0.2%)

21 てとこの, に日輪寺

▼ 岳陽楼~ (4, 0.2%)

2 の階 1 の詩, の風景

▼ 岳および~ (3, 0.1%)

1 北穂高に, 笠ヶ岳往復, 針ノ木岳に

▼ 岳~ (3, 0.1%)

1 ナア, 白馬山か, 鹿島槍に

▼ 岳~ (3, 0.1%)

1 てその, て加養せんこと, て身体

▼ 岳だの~ (3, 0.1%)

2 横岳だ 1 やれあれ

▼ 岳である~ (3, 0.1%)

2 ことは 1 ことが

▼ 岳での~ (3, 0.1%)

1 体験も, 野宿の, 雪の

▼ 岳でも~ (3, 0.1%)

1 下駄履きで, 尚お, 胸から

▼ 岳とか~ (3, 0.1%)

1 呼び慣わして, 硫黄山と, 駒ヶ岳とか

▼ 岳など~ (3, 0.1%)

1 ありけり, 白皚々たる, 飛んでも

▼ 岳において~ (3, 0.1%)

1 おくれを, 完全な, 殆ど連日この

▼ 岳においては~ (3, 0.1%)

1 かなりの, 再々観測された, 頻繁に

▼ 岳~ (3, 0.1%)

1 中央ヨリ発シ片品川ニ入, 東三繋, 東見通シナリ

▼ 岳七本槍~ (3, 0.1%)

1 である, の時, 之事

▼ 岳上宮~ (3, 0.1%)

1 に幾千万, の宝前, の宝殿

▼ 岳~ (3, 0.1%)

1 に五竜岳, の四湖, の黒岳

▼ 岳又は~ (3, 0.1%)

1 三宝山を, 大刀嶺岳の, 本社ヶ丸の

▼ 岳~ (3, 0.1%)

1 ヶ岳という, ヶ岳の, ヶ岳も

▼ 岳独自~ (3, 0.1%)

1 の個性, の画境, の領分

▼ 岳~ (3, 0.1%)

1 なる早田, にて郷家, の道

▼ 岳附近~ (3, 0.1%)

1 から尾根伝い, から雁坂峠, まで望まれる

▼ 岳~ (3, 0.1%)

1 に入れ, に憩い, の甍

▼ 岳あり~ (2, 0.1%)

1 左に, 東に

▼ 岳つづき~ (2, 0.1%)

1 の俵岩, の尾根

▼ 岳です~ (2, 0.1%)

1 か, とさ

▼ 岳とに~ (2, 0.1%)

1 登れば, 連る

▼ 岳などと~ (2, 0.1%)

1 よぶ山地, 云うこと

▼ 岳をも~ (2, 0.1%)

1 見られる, 遠望される

▼ 岳ト云其東ハ三繋~ (2, 0.1%)

2 平ト云

▼ 岳メトロポリス~ (2, 0.1%)

1 にはわれわれ木, をべん

▼ 岳一名三俣岳~ (2, 0.1%)

1 は幅, は熊

▼ 岳~ (2, 0.1%)

1 に比すれ, の状況

▼ 岳~ (2, 0.1%)

1 の人たち, の大勢

▼ 岳~ (2, 0.1%)

1 が屏風, は

▼ 岳切り~ (2, 0.1%)

2 と米国人

▼ 岳北方~ (2, 0.1%)

1 の俗称お花畑, の小

▼ 岳南鉄道~ (2, 0.1%)

1 の堀, の少壮重役

▼ 岳南鉄道株式会社~ (2, 0.1%)

1 の経営, はこの

▼ 岳~ (2, 0.1%)

1 の穂, は忠

▼ 岳唐松岳~ (2, 0.1%)

1 が真先, の空線

▼ 岳~ (2, 0.1%)

1 という新, の第

▼ 岳女史~ (2, 0.1%)

1 などいっ, は村井弦斎

▼ 岳寄り~ (2, 0.1%)

1 の側, の平ら

▼ 岳山脈~ (2, 0.1%)

1 の南, の雪

▼ 岳~ (2, 0.1%)

1 の一本榎, を越えた

▼ 岳川谷~ (2, 0.1%)

1 の下半部, の千仞

▼ 岳方面~ (2, 0.1%)

1 から二十町, の火山

▼ 岳~ (2, 0.1%)

1 から五六町, が最新文化都市

▼ 岳梓川~ (2, 0.1%)

2 と触

▼ 岳~ (2, 0.1%)

1 の加工, の放胆

▼ 岳温泉~ (2, 0.1%)

1 は山川, ほどの山川

▼ 岳~ (2, 0.1%)

1 が今, を採集

▼ 岳間ノ岳~ (2, 0.1%)

1 の巨峰, 続いて

▼ 岳~ (2, 0.1%)

1 だったろう, に蔽われ

▼ 岳~ (2, 0.1%)

1 が廣州, の子

▼ 岳霞沢岳焼岳~ (2, 0.1%)

1 などの大, などはその

▼ 岳~ (2, 0.1%)

1 な西洋, の詩吟

▼1* [251件]

あたりから北, 岳あたり飛鳥川沿岸に小, 岳からは山稜を, 岳がといって, 岳この峰頭は, 岳これもスケッチ, 岳そのものを神, 岳それがくつきり, 岳それから若狹, 岳だけを残して, 岳でございますわたしたちの, 岳とかに登るの, 岳として記載され, 岳としては有史以来の, 岳としても差支ない, 岳とて多くの, 岳とで行い降雪日数五十四日, 岳と共にこの乱峰, 岳などではこの種, 岳などにかこまれて, 岳などには相応した, 岳ならこの位, 岳なり大水上山なりへ, 岳なんかがいました, 岳なんぞ鼻の, 岳なんぞも日本の, 岳にさえ恐らく雪, 岳にも何神か, 岳によりて啼く姿, 岳に対して心岳とも, 岳に対しては南穂高の, 岳に対する越中人の, 岳のにやや匹敵, 岳のみその中, 岳はねもっと信濃, 岳ふみこえ君がへに, 岳へも行って, 岳まことにこの山, 岳までが一時間位の, 岳までしか行つた事は, 岳までは大略四時間の, 岳みゆると過し, 岳ゆ霍公鳥鳴きて, 岳らしい幻影の, 岳らしくてイイ, 岳をめぐっている空気, 岳を以て郡界を, 岳スバリ岳等を指した, 岳ト云山内ニ西ヘ指, 岳ノワカ池と並べて, 岳下ルコト一里許, 岳一つが煙, 岳一九三五米が聳える, 岳一二・〇〇烏帽子の小屋二・〇〇, 岳一個の生命, 岳一帯の近山, 岳万渓の間, 岳の岳, 岳三宝山この三つ, 岳三峰中の最北端, 岳中岳鶴ヶ岳とあり, 岳中自然と瀑布, 岳中食気振わ, 岳丸笹の峰, 岳胤是甫侯之, 岳九千部岳などが蒼茫, 岳の岳, 岳二七六七メートルの三角点, 岳二二九〇・六メートルの三角点, 岳二所三嶋日光その他あまたの神社, 岳五六岳槍ヶ岳及び乗鞍岳, 岳五六岳槍ヶ岳乗鞍岳御岳と合せ, 岳五郎岳と薬師岳, 岳亡妻三周年の忌日, 岳以下銀甲つけて, 岳以北の諸山, 岳伊吹山も深い, 岳会心の微笑, 岳低くなった蝶ヶ岳, 岳が非凡, 岳の二字, 岳先生自慢の櫓時計, 岳兎岳牛ヶ岳八海山中の岳, 岳山は, 岳全書という医者, 岳八幡宮寺別当尊暁さまの御, 岳八方尾根下り四ツ谷へのコース, 岳に向っ, 岳其上には小島君, 岳別山の上, 岳別当の闕, 岳別当職に補, 岳にあり, 岳剣ノ山鋸山等の名称, 岳勢巍巍圧四陬摩天積雪幾千秋人間一接斯光景豪気将呑五大洲, 岳勢肥豊不危険, 岳して, 岳北岳間の長之助草, 岳北岳間ノ岳農鳥岳等天を突き, 岳十勝岳の東, 岳南鉄道以外にも幾つ, 岳即ち笠ヶ岳と, 岳及金峰山の方面, 岳友吉田君と二人, 岳に宝剣岳, 岳合戦事小須賀九兵衛話には清洲会議, 岳名誉の琵琶, 岳は後藤貞行氏, 岳和尚や四, 岳地帯全体が海洋, 岳地方は都会, 岳地蔵岳などの連脈, 岳地蔵岳横根山などは雲間, 岳坪笠谷のあたり, 岳城遼陽などの城市, 岳城雁わたるなり, 岳城駅に向つた, 岳堂詩巻を展覧, 岳外輪山その果て, 岳天井花崗石の, 岳太平山等を含む, 岳奥仙丈岳朝日岳金峰山等合せて, 岳如意ヶ岳高尾愛宕の峯, 岳は喬卿, 岳宮放生会将軍家聊か御, 岳に取り, 岳富士の霊容, 岳寺の前を通っ, 岳岳川岳へとかけた, 岳島根近路, 岳の或, 岳州府の池, 岳州沙市の辺, 岳には蓮華岳, 岳巨峰の風物, 岳念への, 岳平がそういっ, 岳後見下の幕府, 岳参宮将軍家の, 岳宜, 岳五郎旧臣の, 岳愛宕山の方, 岳所謂八重岳の群巒, 岳挙げて和歌, 岳放生会将軍家御参宮, 岳文章君見贈新, 岳還滅, 岳明星ヶ岳明神ヶ岳は折, 岳晩年の作, 岳朝日岳金峰山等合せて, 岳朝雲隠, 岳本来の面目, 岳東岳荒川岳赤石岳等高く聳え, 岳東面の岩場, 岳柳ヶ瀬の合戦, 岳へつれ, 岳榛名平に別れ, 岳槍ヶ岳及び乗鞍岳, 岳槍ヶ岳乗鞍岳御岳と合せ, 岳槍岳の連峰, 岳権現岳擬宝珠岳西岳などの孤立峰, 岳横岳硫黄岳以下銀甲つけて, 岳横川岳如意ヶ岳高尾愛宕の峯, 岳武穆や陸宣公, 岳母榎本氏の出, 岳比叡山の上, 岳氏紫波郡宮崎氏の所藏文書等, 岳河附近の望小山, 岳泥股山などの大山高岳, 岳洞窟や富士洞窟, 岳淺井長政の居城, 岳火山は間断, 岳火山彙の噴起, 岳烏帽子岳の小屋, 岳と真中, 岳を噴く, 岳燕岳の連峰, 岳燕岳蓮華岳の上, 岳の墓, 岳界隈の山, 岳登りに百炬火, 岳登山から始まった, 岳白根山蔵王山熊野岳剣ノ山鋸山等の名称, 岳白沢岳中岳鶴ヶ岳とあり, 岳白雲岳熊ヶ岳など崛起, 岳相模に箱根山, 岳相馬山榛名富士と西, 岳硫黄岳が鳴動, 岳社山等を起し, 岳神みずからのこと, 岳神大慈大悲我らに代り, 岳神夫妻の間, 岳絶巓に達す, 岳続いて間ノ岳, 岳縦貫一百州地底猶埋, 岳と夫人, 岳脊昂低雪一担, 岳茂倉岳朝日岳兎岳牛ヶ岳八海山中の岳, 岳蓮華岳の上, 岳蓼科の裾, 岳が乱咲, 岳蕗車百合などが黄, 岳薬師岳白根山蔵王山熊野岳剣ノ山鋸山等の名称, 岳蝶ヶ岳鍋冠山などが攅簇, 岳のバス, 岳西は木曾山脈, 岳西北面の御料林, 岳西岳などの孤立峰, 岳見るのか, 岳赤岳鷲羽黒部五郎双六槍穂高乗鞍御岳と続き, 岳赤沢岳にかけて尾根, 岳越後沢山八海山越後駒ヶ岳などを合わせた, 岳農鳥の絶頂, 岳農鳥北東が地蔵岳鳳凰山, 岳農鳥山は高, 岳視界が, 岳迄の間信州路より, 岳と固く, 岳連峰がつらなり, 岳遠くの火山, 岳那須等へ行った, 岳として真に, 岳が岳一帯, 岳金岳より近き, 岳金峰奥仙丈の諸山, 岳金峰山等合せて, 岳金時山の頂き, 岳針木岳が崩岩, 岳鋸岳などが目, 岳間ノ岳農鳥西峰農鳥岳の四座, 岳間ノ岳鳳凰山地蔵岳仙丈甲斐駒八ヶ岳の赤岳等, 岳間村から筑後, 岳院前の樹下闇, 岳院左右が海, 岳であると, 岳雫流落て吾妻, 岳霞沢岳笠ヶ岳蓮華岳常念岳大天井岳剣岳などはいずれ, 岳を見る, 岳頂上で聯合艦隊司令長官末山大将以下戦死者一万数千人, 岳頂上附近へ第, 岳飛墓前鉄鋳の, 岳飛張巡の徒, 岳駒ヶ岳銀山平など奥上州, 岳駒根山大烏帽子山小烏帽子山云云, 岳高峰が居並び, 岳高良山阿蘇山霧島山耶馬渓筑後河の類皆彼, 岳鵬挙の幽, 岳鷲羽等が銀色, 岳鷲羽黒部五郎双六槍穂高乗鞍御岳と続き, 岳鹿島槍ヶ岳五竜岳などの白馬山脈, 岳黒田岳所謂八重岳の群巒