青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「山本~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

屡々~ 層~ ~山 山~ ~山々 山々~ 山上~ 山中~ 山口~ 山崎~
山本~
山田~ 山脈~ 屹度~ ~岡 岡~ 岡田~ ~岩 岩~ 岳~ ~岸

「山本~」 1105, 12ppm, 9171位

▼ 山本~ (78, 7.1%)

1 [78件] からの便り, がうらめしく, がこう, がり府中, が入っ, が六月十九日, が口, が帰りません, が持っ, が放送局, が文筆, が氏, が独文出身, が独文科, が起立, さえ知らない, すなわちあなた, とある, としてこの, との約束, と北条氏, に会, に召集状, に対する信用, に適, の, のお, の不安, の与える, の中音, の云われる, の令兄, の作品, の前, の半白, の唸る, の声, の好意, の家, の意気, の斡旋, の箸, の聲, の芸術, の著書, の記述, の読者, の財産, の配慮, は, はかう, はその, はそんな, はキャラコさん, は一段と, は京都人, は今年, は封建的, は弾, は微笑, は感慨, は憫むような眼, は教壇, は暇, は注釈, は現代社会, は石版摺, は私たち, は箸, は耳, は肩, は自作, は車窓, も, より二十三日, より寄せられたる, を真ん中, 某若かりし

▼ 山本~ (71, 6.4%)

3 家に, 家の 2 ところへ, 下宿から, 家へ, 話を, 顔を

1 [55件] あとについて, ありかを, あること, い, いいところ, ドラマツルギイから, 三郡は, 両将, 側に, 内では, 内へ, 勘八と, 勧めに, 右手が, 声を, 外四人の, 奥さん, 娘です, 家, 家にも, 家を, 家族であった, 居候に, 息子始という, 手から, 手は, 手も, 新聞社の, 方から, 方に, 旅宿は, 旦那, 旦那さまお, 旦那さまが, 旦那さまでございます, 旧郡名, 最後に, 本箱の, 机の, 机掛等が, 構成といふ, 玉潤は, 発案で, 真実一路を, 親爺さんの, 親爺さんは, 近さん, 遠の, 遺書にも, 遺書を, 隣家に, 額には, 顏を, 顔には, 顔色は

▼ 山本~ (70, 6.3%)

2 いった, びっくりし, 吃驚し

1 [64件] いいはじめた, いかにも源吉, うるさ, こういう戯言, こう云った, ここに, この時, しかしおっかぶせる, ずるそう, そこから, そこで, その場, その女, その惡戲, その熾烈, それを, ちょっとの, つづけた, なおもつづけた, なぜか, ねちねちした, はじめて友人, まだことぎれ, もちろんその, ハハハと, ハラハラと, ベッドの, 一も, 今大川の, 余りの, 例の, 俺は, 先き, 其の時巣鴨, 別れしなに, 前田鉄工場へ, 圭一郎の, 小倉で, 小西に, 巣鴨に, 彼方を, 書も, 此處が, 源吉に, 源吉の, 源吉を, 独文学を, 生れて, 目付と, 真性赤痢と, 突然大きな, 美佐子を, 職を, 言葉を, 足を, 身の, 追っかけるよう, 遂に息, 電気の, 面倒さうに言つて, 顋で, 額の, 首肯いて, 驚いて

▼ 山本さん~ (64, 5.8%)

2 が四十面相, が私達, に一任, に化けた, はいっ, は溝

1 [52件] がトッポ, が僕, が帰り, が突立, が自動車, さあそちら, じゃない, だと, て方, とそっくり, と僕, と出あった, と御, にあった, にお, にさえ出あわない, にディール船長, に僕, に創, に化ける, に変装, に芥川家, に訊い, の, の処, の名刺, の場合, の姿, の手, の純情, の話, の謙虚, の野方, はいつ, はなん, はふたり, はぼくら, は五十五歳, は僕, は更に, は気乗り, は涙ぐむ, は涙ぐん, は淡々, は端然と, は若き, みえる, もただ, もよい, も立上, を送っ, 来る

▼ 山本有三氏~ (50, 4.5%)

5 の境地 2 の作品, の名, の小説, はこの

1 [37件] から近著戯曲集, が, がどんな, が十数年来, が寄つて來, が自身, と同様, と読者, に, には甚だ, に厚く, に向っ, に求め, の, のある, のうち, の主宰, の作, の労作, の好意, の或, の文章, の正義感, の編輯, の芸術, の読者, の読者たち, の近業, の道義, はその, は一応, は他, は或, は斯様, は現代, は要するに, をはじめ

▼ 山本有三~ (37, 3.3%)

32 という作家

1 [32件] かね, から田中千禾夫, が, が当時, が彼, が松本, が箇人的, が編み立てた, が編輯責任, が親子, といふ名前, とは今日なほ戯曲創作, などのほか, にしろ, について書きはじめた, のよう, の作劇術, の作品, の動き, の場合, の好ん, は, はその, は一八八七年, は一方, は今日, は彼, は忽如, は極めて, は高等学校在学中, を, を理解

▼ 山本左右太~ (25, 2.3%)

1 [25件] がお, がここ, がわれ, とが, の便り, の縄目, の解役, は, はきょう限り, はとっさ, はなお, はまだ, はまっ先に, は与力, は夢, は御, は思いきった, は案外, は楓河岸, も小林勘蔵, も座, も疑っ, も見る, をいたく, をさがし

▼ 山本先生~ (24, 2.2%)

3 の家 2 は目

1 [19件] が今日, が仏教, が申しわけ, ただいまの, だ, だの大木先生, とみんな, と同じ, にはむすこ, にもほんとう, に持っ, ねすこし, の仕事, の栄養失調, は, はこれ, もいい, もとても, 泣きながら

▼ 山本~ (20, 1.8%)

3 云った 2 ものたりなくなる, 答えた

1 [13件] やっても, 告げました, 居れば, 意識を, 持って, 来て, 江戸から, 無造作に, 突然病人, 突然立上, 自殺した, 訊ねた, 馳け

▼ 山本医師~ (17, 1.5%)

2 の顔

1 [15件] に勧め, に対しては少し, の微笑, の身体, の返答, は, はこの, は反対, は叫んだ, は喉, は急, は検事, は非常, も少なから, を流し目

▼ 山本~ (17, 1.5%)

2 という店

1 [15件] から古, じゃあこれから, てえの, で山本屋, で消し止めた, という軒行灯, と云, に住み込ん, の前, の小僧, の方, の門, へあがった, へもカフェー, へ行っ

▼ 山本という~ (16, 1.4%)

2 武士が

1 [14件] これも, ところから, のが, ひとです, ものだ, ボーイが, 実業家の, 家の, 感心な, 書生だったで, 男と, 男は, 社会学者は, 葉茶屋が

▼ 山本~ (15, 1.4%)

2 底津石根に

1 [13件] さやかにて, 交渉した, 化けて, 大磐石, 廻って, 廻り, 復し山本瑞雲, 耳うちし, 行つて言います, 訊いて, 近づこうと, 里の, 霞た

▼ 山本~ (13, 1.2%)

1 [13件] が四十年, が自殺, といい, というもの, と云い, と京子, の指図, の自殺, はそれ, はピストル, は得意, は竜子, を殺し

▼ 山本~ (12, 1.1%)

1 [12件] この外, わかれた, 二人で, 云う男, 云ふ, 名のり源吉の, 咲子は, 対立しうる, 書して, 河瀬と, 申すの, 菊池が

▼ 山本勘助~ (12, 1.1%)

1 [12件] などは武田家一番, に似, に追いこまれる, のよう, の伝, の例, の傳, の子孫, の家, の智謀, の話, や左団次

▼ 山本~ (12, 1.1%)

2 だって飯田君 1 が代っ, と浜里君, の運転, はそれ, は人, は帰った, は我々, は永い, もしかしまた, も決して

▼ 山本~ (12, 1.1%)

1 [12件] からも勿論, ではその, に居た, の乳母, の仕事, の先祖, の収入, の菩提所浅草堂前, の親戚, の遠い, は越前武生, へ刑事

▼ 山本正雄~ (11, 1.0%)

2 が岡田良造, ですどうぞよろしく 1 によって育てられる, の語った, はその, は堪えられぬ, は大川, は患者, は或

▼ 山本志丈~ (10, 0.9%)

1 があれぎり, が新, が来まし, が訪ね, といっしょ, と一緒, と二人, と申す, は其の, を

▼ 山本嘉次郎~ (8, 0.7%)

1 がはま子, と宮島キャメラ, と正月映画, のよ, の作品, は流石, 待って, 満映

▼ 山本定信~ (8, 0.7%)

2 てえの 1 とあった, にそむい, に見放される, のこと, の廻し者, の手

▼ 山本宣治~ (8, 0.7%)

2 の従弟, の葬式 1 の暗殺, の生物学, の血, を殺し

▼ 山本~ (7, 0.6%)

1 この頃, これは, 乗った, 事件の, 歸省した, 焼けた, 程なく歸つて來

▼ 山本~ (7, 0.6%)

1 ながめた, 仲間に, 圭一郎は, 始め新聞社の, 抱き起して, 羨んだ, 見事投げつけ

▼ 山本勘介~ (7, 0.6%)

1 という人物そのもの, と出合った, と同じ, なるもの, の構想, も乱軍, も武田信玄

▼ 山本~ (7, 0.6%)

1 から三好町, でその, に居る, に移った, のお, の橋, の美乃家

▼ 山本~ (6, 0.5%)

1 というは苔, とは全く, の九牛一毛, の内閣, の性格, の相場

▼ 山本実彦氏~ (6, 0.5%)

1 がき, である, の, の厳命, の文章, の未亡人

▼ 山本毎氏~ (6, 0.5%)

1 が謡曲方面, であったが, と争い, のは咽喉, は別に, は東田川郡

▼ 山本~ (6, 0.5%)

1 ではクマクマ, にこの, のエヌギ, の地, の域, の海

▼ 山本信義~ (5, 0.5%)

2 というの 1 がいる, が糸子, のため

▼ 山本勘介入~ (5, 0.5%)

5 道道鬼

▼ 山本北山~ (5, 0.5%)

1 がある, だそう, に從學, の奚疑塾, の門人

▼ 山本博士~ (5, 0.5%)

21 に, はこの, は早稲田

▼ 山本安英~ (5, 0.5%)

21 が母, などのほか, に相談

▼ 山本左右~ (5, 0.5%)

2 太だった 1 太, 太からも, 太などと

▼ 山本総監~ (5, 0.5%)

1 がたずねました, はそう, はまっ, は公舎, は四十面相

▼ 山本~ (4, 0.4%)

1 あつた, のり, 増田に, 誂えて

▼ 山本~ (4, 0.4%)

1 嵩の, 膳は, 膳五人組帳なる, 膳五人組帳は

▼ 山本平作方~ (4, 0.4%)

1 の部屋, へ八日, へ突然, を引き払っ

▼ 山本新三郎~ (4, 0.4%)

1 この二人, とかもよく, なども同行, の旅宿

▼ 山本桂一~ (4, 0.4%)

1 が彼, が顔, という初子, に事

▼ 山本琴子~ (4, 0.4%)

1 が, がやってくる, だけが自分, とが留置場

▼ 山本瑞雲氏~ (4, 0.4%)

1 であります, の旧名, は現存, もおりました

▼ 山本~ (4, 0.4%)

2 に望, は又

▼ 山本さんあなた~ (3, 0.3%)

1 にはよく, は宗教, もご

▼ 山本といふ~ (3, 0.3%)

1 これも, 法學士が, 男を

▼ 山本とは~ (3, 0.3%)

1 共に戯曲, 大變, 東下論者と

▼ 山本一家~ (3, 0.3%)

2 の爲め 1 の内情

▼ 山本七段~ (3, 0.3%)

1 が立つ, と私, に話しかける

▼ 山本~ (3, 0.3%)

1 殿二番は, 殿助志水善三郎外に, 馬などが

▼ 山本京子~ (3, 0.3%)

1 といい, というの, の素顔

▼ 山本代表~ (3, 0.3%)

1 が国民, との対立, に対して問題

▼ 山本喜譽司さん~ (3, 0.3%)

2 の手紙 1 が訪ね

▼ 山本大膳~ (3, 0.3%)

2 の五人組帳 1 という人

▼ 山本富士子氏~ (3, 0.3%)

1 が出た, と二位, はその

▼ 山本實彦~ (3, 0.3%)

1 が僕, に會つて, は僕

▼ 山本志丈さん~ (3, 0.3%)

1 誠に久しく, 誠に思い掛けねえ, 誠に暫く

▼ 山本有三君~ (3, 0.3%)

1 が威勢, に読ん, の書いた

▼ 山本有三論~ (3, 0.3%)

1 がかかれなけれ, のよう, の字句

▼ 山本~ (3, 0.3%)

1 へいらっしゃいました, へいらつ, へのお

▼ 山本権兵衛~ (3, 0.3%)

1 と見立てた, を小説家, 然たる

▼ 山本社長~ (3, 0.3%)

1 がプラットフォーム, などの死なれた, に聞いた

▼ 山本移山君~ (3, 0.3%)

1 がやって来, が直接, また四国

▼ 山本警視総監~ (3, 0.3%)

1 がゆったり, その前, はいす

▼ 山本道鬼~ (3, 0.3%)

1 が口, さまで脆く, や原隼人

▼ 山本~ (3, 0.3%)

1 がホテル, と倉田白羊, の経営

▼ 山本鼎君~ (3, 0.3%)

1 と一緒, と二人, の木版等

▼ 山本さん二人~ (2, 0.2%)

2 では

▼ 山本って~ (2, 0.2%)

1 人の, 人は

▼ 山本とか~ (2, 0.2%)

1 医者で, 林中村又は

▼ 山本にも~ (2, 0.2%)

1 一切誰にも, 食べさせ父

▼ 山本三右衛門~ (2, 0.2%)

1 と云う, の弟九郎右衛門

▼ 山本両氏~ (2, 0.2%)

1 について検事局, を犯人

▼ 山本九郎時綱~ (2, 0.2%)

1 なども顔, のひきいる

▼ 山本五十六~ (2, 0.2%)

2 大將

▼ 山本~ (2, 0.2%)

1 はこの, は強盗

▼ 山本入道~ (2, 0.2%)

1 の首級, を討った

▼ 山本勘助伝~ (2, 0.2%)

1 とのからみ, など雑多

▼ 山本博土~ (2, 0.2%)

1 に, は

▼ 山本孝子女史~ (2, 0.2%)

2 はいつの間にか

▼ 山本安英その他~ (2, 0.2%)

1 の人々, の婦人芸術家

▼ 山本宗英~ (2, 0.2%)

1 の女, の薬籠持ち

▼ 山本実彦~ (2, 0.2%)

1 とに手紙, に会う

▼ 山本實彦佐藤春夫~ (2, 0.2%)

2 と考へ

▼ 山本帯刀~ (2, 0.2%)

1 などは阿修羅, の実兄

▼ 山本恭庭木村駿卿~ (2, 0.2%)

1 同遊石浜墨陀諸村途中作, 同集石田子道宅

▼ 山本時綱~ (2, 0.2%)

1 の姿, は兵

▼ 山本松谷~ (2, 0.2%)

1 の写生図, は流石

▼ 山本栄四郎~ (2, 0.2%)

1 とかわるがわる, の二人

▼ 山本正雄こと岡田良造~ (2, 0.2%)

2 はその

▼ 山本毎氏等~ (2, 0.2%)

1 の先輩, の処

▼ 山本物次郎~ (2, 0.2%)

1 という人, と云う

▼ 山本瑞雲~ (2, 0.2%)

1 と号, などが美術学校

▼ 山本良吉氏~ (2, 0.2%)

1 からの手紙, は以前京都

▼ 山本菊池久米~ (2, 0.2%)

1 なる一群, の四家

▼ 山本薩夫~ (2, 0.2%)

1 といふ新進, の演出

▼ 山本譲治~ (2, 0.2%)

1 がとつぜん, の法定代理人

▼ 山本達雄氏~ (2, 0.2%)

1 が内相後藤文夫氏, などは大阪

▼1* [245件]

山本ま, 山本かえってから, 山本から讓り受け, 山本くんも喜ぶだろう, 山本これがあの, 山本さまに一切, 山本さんわたしはあなた, 山本さんッていうパトロン, 山本さん未亡人の三度め, 山本さん貴方が殺されたら, 山本かで買物, 山本え人, 山本であったか千葉, 山本ではなかった, 山本とも知合いであった, 山本とをばさんとが, 山本によって愛蔵され, 山本あいつの, 山本はる子という本名, 山本売ったちゅうごんだよ, 山本へも九月号への, 山本まで引取るなら, 山本やとかいう家で, 山本ら六名の漁夫, 山本とこぢや, 山本キヨと書い, 山本デオニソは中国, 山本一清博士神田茂氏など斯界, 山本一藏は岸壁, 山本の助, 山本久一氏の二人, 山本久三郎さん等有名なかたがた百三十名, 山本久米といふやう, 山本九郎右衛門と云っ, 山本九郎右衛門家来と云う, 山本二氏の姓名, 山本二軒のみにし, 山本五十六赤ちやんより二つ, 山本五郎一家のゴロ酒井, 山本五郎塩田真大森惟中諸氏の手, 山本五郎左衛門と云う, 山本五郎納富介次郎松尾儀助大森惟中塩田真岸光景等十人足らずの諸氏, 山本亡羊の, 山本之助, 山本代表自身がフィリッピン, 山本佐四郎という質屋, 山本信哉氏などはあ, 山本信実などという人達, 山本信行氏が率いた, 山本修之助氏の, 山本修二先生を思ひ出す, 山本修二先生伊吹武彦先生など劇, 山本修二君をすぐ, 山本修二舟木重信岩田豊雄原久一郎諸氏の行き届いた, 山本倉田などの, 山本健吉と二人, 山本元帥の戦死, 山本先生のも僕, 山本入道道鬼がまず, 山本八三父子が帰京, 山本公用人にこれ, 山本内藤などの侍大将, 山本内閣によってつくられた, 山本別邸に押しかけた, 山本勘介入道して, 山本勘介原隼人などの叡智, 山本勘介大江山退治の際一泊, 山本勘介道鬼の陣前, 山本勘助どのは左めっかち, 山本勘助晴幸は今度, 山本勘助様ああいう, 山本勘助殿もさよう, 山本勘助馬場民部に命じ, 山本勝治には階級闘争, 山本が第, 山本勾当の三絃, 山本北山六十一にて逝き, 山本千太郎の言, 山本原青木が上京, 山本害と, 山本又市今名もちよし, 山本司令長官戦死の報, 山本君一人か, 山本君叡山はどの, 山本君四人集り三宅君, 山本君心に何, 山本君腎臓か肝臓, 山本嘉次郎エノケンの個性, 山本嘉次郎矢倉茂雄と要談, 山本嘉次郎脚色の, 山本四氏の名, 山本国蔵氏の技, 山本の近く, 山本大尉とわかつた, 山本大尉自身も醉, 山本太郎左衛門という名, 山本夫妻の怨霊, 山本夫妻沓掛よりガタ馬車, 山本に復し, 山本の槍投, 山本嬢二人の出場, 山本宇平が宅, 山本宇平殿同九郎右衛門殿, 山本安夫と表札, 山本安曇氏の弟, 山本安英さんの, 山本安英君扮するところ, 山本宗信が伏見, 山本宗信算額なるもの, 山本宗英先生の許, 山本宗英法眼奥御医師, 山本定信さんのお, 山本定信邸へ出入り, 山本実彦君は僕等, 山本実彦来玉川を散歩, 山本実彦社長による, 山本実験所へ持っ, 山本宣治氏刺殺された事件, 山本富太郎という私, 山本實彦氏が紹介, 山本小左衛門殿の道場, 山本山入とかその他, 山本山城は脆く, 山本などいう, 山本峰一の店, 山本左一郎氏ニ依頼シ本年五月其花ヲ得, 山本左右太市川義平太などそれぞれ, 山本左大臣の山荘, 山本朝の, 山本平作桜井須磨右衛門が麻上下, 山本幸堂の三人, 山本幸堂野村辰太郎白峰駿馬望月亀弥太大利鼎吉新宮次郎元山七郎位です, 山本広一人は卯山飛達, 山本忠彰と菅伝氏, 山本忠興博士だったの, 山本忠興博士上原林学博士を初め, 山本忠興博士等はフィリッピン体育協会代表, 山本忠興田丸卓郎牧野富太郎兼常清佐鷹司信輔辻村太郎氏等の諸, 山本竜君そして, 山本恭庭は蘭軒, 山本悌二郎委員長以下からなる, 山本憲一氏の御, 山本憲氏に議, 山本改造は僕, 山本改造社長の好意, 山本敏男におくる, 山本で商人, 山本旅団長は副官, 山本昨日より腹痛, 山本晋道師の, 山本書店主に勧め, 山本有三久米正雄武者小路実篤久保田万太郎の五人, 山本有三久米正雄菊池寛はそれぞれ東京大学文科, 山本有三井汲清治豊島與志雄の諸氏, 山本有三佐藤春夫三上於菟吉吉川英治その他が組織, 山本有三全集が出版, 山本有三土屋文明などの諸君, 山本有三岡栄一郎成瀬正一松岡譲江口渙等も学校友だち, 山本有三島木健作が文学的, 山本有三広津和郎等に案外, 山本有三氏これに当り, 山本有三氏宅で文学, 山本有三氏歴史家では羽仁五郎氏, 山本有三氏邸に招待, 山本有三芹沢光治良等の諸氏, 山本有三菊池寛久米正雄そして久保田万太郎, 山本有三菊池寛以後の現代劇, 山本の清水, 山本村家逝く曩, 山本村近藤登之助陣屋, 山本松之助氏が社会部長, 山本松谷氏が健腕, 山本というもっぱら, 山本栄四郎君によろしく, 山本栄四郎左部彦次郎は兇徒嘯集, 山本栄四郎青木金次郎ここらあたりが気慨, 山本栄次郎大出喜平水島与八小林猶之介, 山本梅逸の弟子, 山本之助氏, 山本楊庵は, 山本槇太郎様というよう, 山本権兵衛のは英蘭銀行, 山本権兵衛伯夫人は品川, 山本権兵衛内閣はその, 山本権兵衛大将だった, 山本権兵衛子爵に対する暗殺企図, 山本権兵衛氏大村藩では岩崎小次郎氏, 山本権四郎の所, 山本次郎と探偵小説家, 山本正夫さんと沢田孝一さん, 山本正美のうつし, 山本殺されだがジャンジャン, 山本毎斎田惟成氏などは間拍子, 山本毎梅津朔造同昌吉, 山本毎氏ほか地謡一同へ, 山本毎氏等々へ, 山本氏さへ知らない, 山本氏余を赤阪, 山本氏岸氏など幹部, 山本氏等に云っ, 山本氏系図による, 山本氏自身が擬せられ, 山本沢正の死んだ, 山本洒落斎翁のところ, 山本海軍大臣は極秘, 山本清正木不如丘山本忠興田丸卓郎牧野富太郎兼常清佐鷹司信輔辻村太郎氏等の諸, 山本為三郎氏等の口添え, 山本照美と云う, 山本由兵衛という人, 山本町名代の火の見やぐら, 山本直正氏とカトリツク教会, 山本碧葉余を見, 山本秀子嫗の話, 山本稲村谷津は官吏抗拒罪, 山本の作戦計画, 山本筍一がキリスト, 山本節村松志孝石部惟三小泉源中島為次郎野口二郎大森禅戒の諸氏, 山本篤子さんに依頼, 山本純民君をたのみ, 山本至りて云いける, 山本芳翠さんに描い, 山本芳翠先生が丹精, 山本芳翠畫塾の思ひ, 山本芳翠藤島武二両教授, 山本菊子がムラサキ, 山本蕗庵庄司瓦全伊藤御春, 山本薪炭商の主人, 山本虎造です, 山本という名, 山本迪子さんの, 山本道鬼入道を初め, 山本道鬼勇武絶倫の馬場, 山本道鬼小笠原若狭などの名だたる, 山本道鬼殿はお, 山本へ出入り, 山本酒井清水の三少年, 山本金次郎公用方には吉岡勇平, 山本長兵衛という人, 山本食堂にゐる, 山本香泉さんも居た, 山本鹿州氏から聞いた, 山本鹿洲君の報告, 山本鼎さんのお父さん, 山本鼎先生でございます, 山本鼎高村光太郎木下杢太郎長田秀雄吉井勇等の諸君