青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「子分~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

嬉しく~ 嬢~ 孃~ ~子 子~ ~子ども 子ども~ ~子供 子供~ ~子供たち
子分~
~子孫 子孫~ 孔~ 孔子~ 孔明~ ~字 字~ ~存 存~ ~存じ

「子分~」 1456, 14ppm, 7709位

▼ 子分~ (435, 29.9%)

16 ガラッ八 15 八五郎は 13 お神樂 10 八五郎に, 者に 7 一人が 6 八五郎の, 八五郎を, 庄太を, 松吉を 5 八五郎が, 八五郎と, 者が 4 お神楽, ガラツ八を, 中に, 会, 喜太郎は, 安は, 幸次郎が 3 やうに, 八五郎兄哥が, 者を, 角兵衛という, 間柄だ, 顔を

2 [44件] ことを, ひとりが, ような, ように, ガラツ八が, ガラツ八こと八五郎を, 一人を, 下つ, 亀吉が, 伊八は, 伝六親方の, 八五郎という, 八五郎といふ, 八五郎とで, 八五郎兄哥の, 勘次と, 善八が, 善八であった, 多吉が, 多吉を, 多美治, 奴が, 宇太八と, 安が躊躇する, 安と, 安の, 尾沢生が, 幸次郎と, 幸次郎に, 幸次郎を, 庄太の, 暮しの, 松吉が, 松吉と, 眼を, 石松が, 者, 者の, 話は, 酒の, 銀三は, 間柄でも, 関係を, 顏を

1 [191件] あとを, うちから, うちには, おれが, したこと, しゃもじ, その伝六様, ところへ, なかでも, なかに, ならず者や, ひとりに, ひとりを, へんそうした, ほうへ, ほかに, ものの, やうな, ガラッ八こと, ガラッ八こと八五郎, ガラツ八こと八五郎の, ガラツ八と, ガラツ八といふ, ガラツ八とも, ガラツ八の, ガラツ八は, デモ倉あたりは, デモ倉でありました, デモ倉プロ亀に, デモ倉プロ亀らに対しても, 一人で, 一人であった, 一人でした, 一人雨宮潤一潤ちゃんの, 三五郎で, 三次に, 上が, 下っ引, 丸万が, 亀吉である, 亀吉と, 亀吉という, 亀吉に, 亀吉は, 亀吉を, 二人が, 二人まで, 二百人も, 人が, 仕業だった, 仕込みも, 仙吉が, 伊八という, 伊八といふ, 伝六様た, 伝六様は, 伝六親分すっかり, 俺にも, 全員を, 八五郎, 八五郎さんに, 八五郎でございます, 八五郎も, 八五郎ガラツ八といふ, 八五郎初夏の, 八五郎野暮用で, 兼松が, 兼松と共に, 内には, 処置に, 加賀新七が, 勇者を, 勘太が, 友田喜造じゃ, 名を, 善八と, 善八も, 善八を, 城三次が, 報らせ, 声に, 多い人, 多人数在る, 多吉という, 多吉に, 多吉は, 奉つたもの, 奴等が, 奴等何も, 妻吉が, 妻吉という, 始末を, 子分です, 尸を, 島造にも, 川手氏は, 左次郎は, 幸次郎であった, 幾人かが, 庄太から, 庄太であった, 庄太と, 弥助が, 彦の, 徳次が, 思い遣りの, 怨みは, 悪口は, 情誼などは, 愚劣な, 成太郎さんと, 手で, 手を, 手前に対しても, 承知の, 指図を, 捕縛と共に, 数人も, 方から, 方が, 木鼠胴六を, 村議の, 東京貴石倶楽部の, 松吉であった, 松吉に, 柄の, 横田篠崎小川の, 清吉を, 災難を, 熊蔵を, 猴卒どもに, 獅子っ, 玉松操という, 留吉で, 留吉は, 癖に, 盃では, 盃でも, 盃なら, 盃の, 盃を, 目の, 磯吉が, 筋市と, 縁を, 者と, 者どもに, 者は, 者共が, 者共は, 者十人ぐらい, 者十人位で, 耳に, 肩を, 腰の, 與三松だ, 船頭共も, 若い者ども, 若松という, 衆が, 衆に, 衆にでも, 足許を, 跫音が, 身体を, 連中は, 逸足ガラッ, 逸足ガラツ八で, 重立った者, 重立つた者, 野郎が, 銀三だ, 銀三といふ, 銀三の, 長八を, 間でも, 間柄今度頼ん, 関係が, 関係で, 関係は, 關係でない, 關係などでは, 面倒も, 音松が, 頼みだの, 顏から, 顏は, 顔から, 顔であった, 馬みたいな, 馬見たい

▼ 子分~ (106, 7.3%)

2 ある, お珊, 三十何人で, 二人連れで, 保管し, 出て, 番所へ, 目白押しに, 眼を, 表の

1 [86件] あざ笑うその, ある筈, いたが, いった, いること, いるもの, うようよしとる, おかしさ, おります, かわいけりゃ人助け, きいて, この間からの, さう言, したこと, ずらりと居, せっかくて, その男, その窓, それへ, そんなヘマ, ちょいと, どげ, どんなにし, なにか暴挙, やつて, カン違いし, 一人娘を, 三四人バラバラ, 二三人声を, 二三十人手ぐすね引い, 二人も, 二頭の, 五六人網を, 亦其の, 仕掛けて, 付いて, 何人か, 何人居る, 利助の, 到るところ, 剃り立て, 厚い帳面, 反古である, 口を, 四郎さんを, 坂を, 報らせ, 夜遲く, 大きな徳利, 大勢ごろごろしてる, 大勢だ, 威猛, 居合わせないで, 山賊と, 帰って, 帰ると, 平次の, 彼の, 復讐の, 怪我人を, 慷堂の, 手柄を, 暗いうち, 来て, 果物屋の, 歸つて來る, 洩らしたの, 現場に, 番犬の, 疾風の, 百人も, 皆な集まる, 神田三河町の, 脚を, 腕を, 舁ぐ, 荒らしに, 見張って, 親分から, 話しよったが, 遊びに, 道学者に, 金兵衞の, 駆けつけましたが, 駈けこんで, 高山博士を

▼ 子分~ (98, 6.7%)

5 つれて 4 伴れ, 連れて 3 持って 2 よびあつめて, 三人まで, 二人張り込ませ, 二人連れ, 使って, 先鋒と, 出して, 十人ばかり, 得る能はず, 指図し

1 [62件] あごで, いびらなくたって, さしむけたに, したがえて, つれ入, つれ入っては, ひきつれて, ひとり片づけ, ひとり連れ, もちながら, やつて, やること, よこしたん, よびたてた, カバおうとする, ピシャリと, 一人, 一人一人虱潰しに, 一人連れ, 二三人狩り出し, 二人も, 二人走らせました, 介抱しなけれ, 伴って, 何百人と, 作った, 信じ切って, 動員し, 動員した, 十五六人も, 十四五人も, 叱りつけた, 呼びあげて, 呼んだ, 呼んで, 引きつれて, 引立て子分, 従えて, 愛する人情, 憐まず, 憐む心の, 抱きしめて, 持たずに, 持っとるわい, 持つて, 指圖し, 擁し山, 操縦し, 操縱し, 有して, 気どって, 狩集め, 疎略には, 督勵し, 走らせ一方, 踊らせて, 迎へる, 連れてぬつと, 遊ばせて, 集めると, 馬に, 駆り集めて

▼ 子分~ (91, 6.3%)

6 なって 4 して 2 ささやいた, そんな事, なったと, なったわけ, 任せられるの, 藤三郎と, 鋏を

1 [67件] これを, てめえの, とりまかれて, なった, なったそう, なったちゅうことじゃけ, なったとは, なったの, ならうか, ならなくては, ならなくても, なりきって, なりきつ, なる, なるか, なるくらいの, なること, なるという, なるといふ, なるん, なる盃, なる資格, なれ, ねらわれてるん, よくない, 一とか, 一分ずつ, 一分づつはずんだのでその, 不自由してる, 二三人怪我を, 二三人怪我人を, 云いつけて, 云い付けて, 似て, 余り頼もしい, 内証で, 出刃庖丁を, 噂を, 妨げられて, 守られて, 對し, 平手打ちを, 徳太郎を, 手紙を, 扮するの, 掴へ, 掴まえさして, 斯んな, 朝倉という, 様子を, 欲しいん, 申し聞かせ又は, 監視され, 縄付の, 藤作と, 見守られて, 見張らせて, 見放され千五百石, 見放され千石, 親分と, 訊きました, 貰いうけただけ, 送らせて, 送らせると, 逢いましたが, 運動する, 非ず

▼ 子分~ (69, 4.7%)

2 が聞込まない, でした, に任せ, の前, はさすが

1 [59件] がお, がおもしろ, がそれ, がまた, が二, が二三人, が家中, が散り, が水, が血まなこ, だけで, でまさに, と八五郎, と将棋, にはどうにも, に一人, に交っ, に交つて, に任せる, に圍まれ, に挨拶, に號令, に調べ, に近所, のやう, のよう, の中心, の振り照す, の話, の離散, は, はあの, はいきり立ちました, はゾロゾロ, はチリチリ, は互, は伊三郎, は召捕り, は店, は戻, は救, は日頃平次, は道, は顏, は顔, もなか, もなんにも, もガラッ, も戻つ, も手, も掛り合い, を一應歸, を交, を交え, を使, を促し, を四, を引き廻し, を手一杯

▼ 子分たち~ (67, 4.6%)

1 [67件] がつづい, がひしめい, がやってき, が夜の目, が承知, が散り散り, が枕, が楯, が玉井組, が緊張, が総がかり, が肩, が蒼ざめた顔, です, とも申し合わせ, と一緒, と歌っ, と酒, に対しては親切, に披露, に触れ, に調べ, に送られ, に附きまとわれる, に飲ませました, のくれた, のはなし, のもてあそん, の卒塔婆, の名, の奇妙, の屯, の朝御飯, の申し立て, の眼色, の耳, はこそこそ, はだらし, はチリヂリバラバラ, は兎, は別, は勇み, は勢い込ん, は十人, は地方, は怒りだした, は無理無体, は牟礼, は説明, へ朗らか, もじっと, もとうとう, もまた, も励ます, も友人たち, も揃っ, も皆, も高輪, をうながし, をたしなめ, を一人, を下宿, を加え, を紹介, を追い立てた, を駆使, を鳩合

▼ 子分~ (66, 4.5%)

2 二三十人ある, 五六人平, 全く開いた, 八方に, 色めき立ちましたが, 血潮の

1 [54件] あいまいに, いいもの, お品, こういった, その鍵, それを, そんなこと, また親分, みんなええ, みんな健在である, みんな帰つ, みんな探偵だ, みんな散っ, サッと顔, 一人残らず出払っ, 三十八人店から, 不動堂の, 二三人姿を, 今国越え, 何を, 別れた, 呑氣者で, 回向院に, 多し知れる, 島造という, 帰つ, 廊下に, 性格において, 指を, 探偵で, 暫く無言, 横っ飛びに, 此人入れ稼業から, 気儘である, 無理を, 玉井一家の, 留守山出しの, 皆無身一つで, 皆組合の, 相当に, 聞き兼ねて, 自分達の, 見る見る面, 親分の, 親分を, 親分次第の, 貧乏神以下先ず, 踊り場から, 身の回りの, 農村の, 酒屋へ, 階段の, 鞘を, 飛びのって

▼ 子分~ (63, 4.3%)

4 に任せ 2 が大きな, と一緒, のうち, もそれ, よりも今, を自分

1 [47件] から職人たち, が, があつし, がゐるだらう, が三四人, が何ん, が多勢, が多勢乘, が威, が居るだらう, が手, が持っ, が持つ, が鍵, が陣, でラチ, とそんな, と下, と下っ, にたたきのめされた, にでもそっと, にも手傳つて貰つて, にも頼り, に引渡した, に案内, に縄, に縛らせ, に繩, に苦, に見張られ, に言, に言い付け, に預け, に頼ん, の御, の見張っ, まで泉田筑後, もある, もす, も居る, も此, も皆んな, をつれ, を三四人, を引廻, を手一杯, を皆んな

▼ 子分~ (37, 2.5%)

4 いっても 3 一緒に, 言つても 2 なる資格, 下っ引, 平次の, 顔を

1 [19件] いうと, いえば, いやああ, それから使, ヒソヒソ話す, 下つ, 二人づれで神田三河町の, 喧嘩した, 喧嘩やっ, 巻き舌, 思われる町奴ふう, 手わけを, 振舞酒に, 繩張り仁義との, 見なされて, 言つた, 言へねえ, 遊ぶぐらい, 附添の

▼ 子分ども~ (35, 2.4%)

3 に云いつけ 2 を指図

1 [30件] から橋, がほめた, が七十六, が参詣, が詰め切っ, です, にも加勢, に剣術, に頼ん, の多く, の感興, の気に入らなかった, の関所, の集まっ, はおべっか, は唐犬権兵衛, は親, もああ, も破れ, をしかったら, をひとまず国, をケシ, を却って, を号令, を慌て, を抱え, を締め上げりゃ, を連れ, を預っ, 諸獣肉

▼ 子分~ (34, 2.3%)

2 お小姓, お馴染, 何を, 八方から, 少々クサビ, 平次の, 本名を, 溝口屋に, 美しい盛り, 途中から

1 [14件] ともかくも, な, ガラッ八, ガラツ八と, 兎も, 土地の, 江戸から, 清次郎という, 清次郎といふ, 無籍者です, 甘んじて, 神田の, 足で, 鑑識に

▼ 子分連中~ (30, 2.1%)

1 [30件] から脅迫, がくれた, がどうも, がどやどや, がまるで, が八人, が外, が盛ん, でそれぞれ相当, と四五人, と山笠, にでも知れたら, にまじっ, に多く, に渡し, の分業, の勤怠表, の間, の騒ぎ, はなお, はにぎやか, はボーシン, はワアッ, は一日, は今, は今日, は暗闇, は狂気, もいつか, もしょげかえっ

▼ 子分~ (27, 1.9%)

1 [27件] が七十六, が三人, が二三人, が口々, が母屋, が詰め切つ, で若し少し, とそれから, にあれ, に言, に追, に退治, に頼ん, の仕業, の感興, の關所, は互に, は千鳥, は岸, は暫らく, ばかりには任せ, もこれ, もっと傍, も皆, や町内, を叱り飛ばした, を指圖

▼ 子分~ (25, 1.7%)

1 [25件] ねえ風来坊, また友人, みんな失望し, ツイ見逃し, ツイ見逃して, 何人か, 働きにくい, 出來, 多くそれ, 大勢もっ, 少しは, 居候までも, 年を, 必要だ, 必要だった, 思はず聲, 思わず声, 投げキッス, 持って, 持つて, 数百人を, 無しそうして, 留守そこに, 貧乏でした, 近所の

▼ 子分~ (11, 0.8%)

1 [11件] からこれ, からアイルランド, つたのです, という関係, といった, とかなん, と思っ, な, もの無い, よ, 萬一その

▼ 子分~ (11, 0.8%)

1 [11件] が伝蔵, であった, に声, の報告, の大, は庵寺, は閉口, は鞄, をあつめ, を呼びあつめ, を散々

▼ 子分~ (10, 0.7%)

2 女を 1 ガラッ八, ガラツ八の, 下つ, 彌次馬を, 手下じゃ, 牒者を, 縁者の, 諜者を

▼ 子分~ (9, 0.6%)

2 一と, 身内が 1 え, 何かを, 分らぬが, 友だちか, 義兄弟の

▼ 子分~ (9, 0.6%)

2 に無言, の刀, の首, はよろめい 1 同諫止

▼ 子分~ (9, 0.6%)

3 と三 1 が眼, が道, の子分, の悲鳴, をしめ上げ, を締

▼ 子分二人~ (8, 0.5%)

2 をつれ 1 があっぱれ, が御用, に附添, は去る, を引具し, を連れ

▼ 子分思ひ~ (7, 0.5%)

2 の平次 1 の不精さ, の惱, の癖, の錢形平次, をよく

▼ 子分という~ (6, 0.4%)

1 おのれ等が, ものは, わけだ, わけで, 関係が, 関係では

▼ 子分には~ (6, 0.4%)

1 いろ, いろいろの, つめの, もったいない人柄, 勿論ない, 違いない

▼ 子分二三人~ (6, 0.4%)

1 と一緒, と宙, に目顏, に目顔, は若い, を伴

▼ 子分~ (5, 0.3%)

3 神樂の 2 神楽の

▼ 子分じゃ~ (5, 0.3%)

2 ごわせんか 1 ござんせんか, ないな, ねえん

▼ 子分~ (5, 0.3%)

2 んだ 1 の, のでしょう, のです

▼ 子分らしい~ (5, 0.3%)

2 のが 1 わよいつ, 者が, 青年記者が

▼ 子分だった~ (4, 0.3%)

1 のだ, のです, んだ, んです

▼ 子分である~ (4, 0.3%)

1 かのよう, から本来, ことは, という

▼ 子分でも~ (4, 0.3%)

1 あるガラッ, 互に人間, 妾でも, 居るとかい

▼ 子分として~ (4, 0.3%)

1 俺の, 分別臭い顏, 分別臭い顔, 用いた者

▼ 子分ガラツ八~ (4, 0.3%)

2 の八五郎 1 に對, はそんな

▼ 子分~ (4, 0.3%)

2 と手先, は刀

▼ 子分伊三松~ (4, 0.3%)

2 が飛ん, の忿怒

▼ 子分思い~ (4, 0.3%)

2 の平次 1 の癖, をよく

▼ 子分だけ~ (3, 0.2%)

2 あって 1 でした

▼ 子分であった~ (3, 0.2%)

1 が親分, とか饗庭篁村氏, 新谷は

▼ 子分です~ (3, 0.2%)

1 が御, が御覧, 御家来

▼ 子分とも~ (3, 0.2%)

1 あろう者, 同志とも, 思召し

▼ 子分なら~ (3, 0.2%)

1 ば半, 満更諦められない, 滿更諦められない

▼ 子分にも~ (3, 0.2%)

1 あまり腕利き, 余り腕利き, 片腕に

▼ 子分ふたり~ (3, 0.2%)

1 に追い立てられ, に途中, は薄手

▼ 子分よりは~ (3, 0.2%)

1 たった一人, 商人と, 商人といった

▼ 子分ガラッ~ (3, 0.2%)

2 八の 1 八は

▼ 子分八田掃部練馬藤兵衞三加尻茂助~ (3, 0.2%)

3 の三人

▼ 子分同様~ (3, 0.2%)

1 になりやんした, に働いてた, のやつ

▼ 子分子方~ (3, 0.2%)

1 であったもの, のもの, の奴等

▼ 子分~ (3, 0.2%)

2 が罵り 1 の名前

▼ 子分あの~ (2, 0.1%)

2 清次郎

▼ 子分といった~ (2, 0.1%)

1 ところで, ような

▼ 子分との~ (2, 0.1%)

1 ひそひそ話で, 関係が

▼ 子分なんかに~ (2, 0.1%)

1 掛り合って, 掛合つて居る

▼ 子分やらが~ (2, 0.1%)

2 二三人花嫁姿の

▼ 子分八五郎~ (2, 0.1%)

1 の七人, の腕っ節

▼ 子分~ (2, 0.1%)

1 になる, のリャク屋

▼ 子分福屋~ (2, 0.1%)

2 の手代

▼ 子分衆ぢ~ (2, 0.1%)

1 やあるまい, やな

▼ 子分見た~ (2, 0.1%)

2 ような

▼ 子分達怒声~ (2, 0.1%)

2 を発し

▼1* [68件]

子分おぶの甚太, 子分からの電報で, 子分さんたちが森はんとこ, 子分じゃあござんせんか, 子分たち全部が証言, 子分たち知己友人その他に遺書, 子分たち親分溝口屋鐘五郎が紅, 子分づれで朝から気焔, 子分であり友だちであった, 子分でござんしょうがなにも, 子分でしよ, 子分ではないと, 子分とが堅めて, 子分としての朝倉に, 子分と共に乘込ん, 子分ども腹を控えかね, 子分などとは違つた連中の, 子分なりに対する執着である, 子分なる水戸浪人八田掃部練馬藤兵衞三加尻茂助の, 子分にて海賊と, 子分にでもして, 子分に対しての親分たるを, 子分やらしいひと間, 子分までがその身なり, 子分よりも打ち融けた交情, 子分ら二人が何, 子分トイウ事ニナルトワタシタチニ振リカカル災難ガ, 子分バラバラと蘭塔場, 子分並木の長吉, 子分任せにもし, 子分兄弟の中, 子分兄貴とのつきあい, 子分先生も思わなかった, 子分児方さえ訪ね, 子分全部とメカケ一人, 子分八五郎殿は佐原屋, 子分八田掃部三加尻茂助練馬藤兵衞等三人打連立て畔倉重四郎, 子分共三五郎を敵, 子分共我を敵, 子分加賀新七は不服, 子分十四五人を引連, 子分友田喜造の刀, 子分古市加十のほか, 子分台所へ飛ん, 子分委せとしまし, 子分子方下人僮僕の手兵よう, 子分は二つ, 子分の若い, 子分愛稱ガラツ八こと八五郎はつく, 子分手下にもぶつからない, 子分扱いされること, 子分掃部茂助藤兵衞等三人の者, 子分松吉が帰っ, 子分水中の町, 子分河童の吉蔵, 子分として控え, 子分しは, 子分等三人を元栗橋燒場前, 子分等扇子を證據, 子分総出で探索, 子分肌弟分肌に生れつい, 子分に笑われん, 子分揉めて, 子分達全部が證言, 子分達親分溝口屋鐘五郎が紅, 子分銭形の平次, 子分な封建的内部組織, 子分風景でした