青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「山崎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

属する~ 屡々~ 層~ ~山 山~ ~山々 山々~ 山上~ 山中~ 山口~
山崎~
山本~ 山田~ 山脈~ 屹度~ ~岡 岡~ 岡田~ ~岩 岩~ 岳~

「山崎~」 1111, 12ppm, 9130位

▼ 山崎~ (214, 19.3%)

4 それを 3 自分の

2 [11件] きいた, こう言っ, そんなこと, 中津を, 冷笑した, 勿論こういう, 棒を, 私が, 私の, 考えた, 自分が

1 [185件] ああいう, あまり話, あわてて, あんな士風, あんまり気, いま甲州街道を, うなずいた, おかしくくつ, かえって冷淡, がばと椅子, きっぱり云った, ぎくっと, こう思っ, ここに, こっちからも, この五人, この時, これを, こんな内川, こんな推論, さう, さっきから, しどろもどろな, しばらく経っ, すぐ向う, せわし気, そこで内川, そこを, その唇, その家, それに, そんな人間, たしか小間物屋, ためらい, ついて, つい先達胃, つむじを, どっかちがっ, なおひとしお, なんと思った, ぱたりひっくりかえった, ふと硝子戸, ほき出した, まず房吉, まだどこ, もっと太った, もっと重要, もみ合って, よく言った, アカシヤの, カラカラと, グングンと, チラっと, テンで, ヒステリックに, 一息いれた, 三人の, 不器用な, 不安な, 中津の, 乗物と, 云った, 五郎作を, 京都に, 今あの, 会には, 何となく気嫌, 何故か慌て, 例の, 僅か飲んだ, 全く一刻前, 内川に, 内川等が, 冗談の, 出て, 前夜の, 前門牌, 南条の, 又冷笑, 取りつくろった, 同志でも, 同様な, 唇から, 坐り直し, 声を, 変装に, 夫人に, 女と, 小さく萎び, 少しく照子, 少し身, 山城の, 常にさまざま, 引張って, 思はず神経的, 恐らくは鈴木, 悪く落着, 悲し気, 感じた, 憑きものが, 或る, 房吉に, 手で, 手討ち, 拙者の, 支那人に, 支那語で, 敵意を, 新撰組両, 昂奮し, 暗い夜露, 最初から, 最前から, 某代五郎作の, 検視の, 槍ナギナタに, 横から, 正造を, 歩いた, 汗を, 江戸を, 泣きだしたが, 深い同情, 深く考え込ん, 煙草を, 煙草吸いだ, 熊本の, 父親の, 甚だ騒がぬ, 病人か, 目で, 眉根を, 真面目に, 眼の, 着物を, 知悉し, 私に対して, 私は, 稍疑は, 窓から, 立ち上がると, 竜之, 笑った, 笑ふ, 答えた, 細君が, 総商会, 繃帯の, 老いの, 聞えなかったもの, 肩から, 肩の, 胡坐を, 腰の, 腹の中では, 自分で, 自慢げに, 自暴気味に, 舌打ちし, 若干の, 苦し気, 莞爾と, 蒔繪を, 蒼くなつた, 見送って, 訊ねた, 訊ねるよう, 訪れまいと, 許すまじき色, 貴様の, 還って, 部屋の, 酷く驚いた, 闇中から, 陳から, 陳を, 頭から, 頭を, 頷いて, 頻りにこの, 首を, 首垂れた, 馬から, 驚く気色, 鼻を

▼ 山崎~ (203, 18.3%)

7 一戦に 3 お母さんは, 合戦から, 合戦で, 合戦には, 家に, 家の

2 [13件] 一戦なり, 前で, 合戦に, 合戦の, 大飾窓, 姓に, 守符を, 宝寺に, 家へ, 小父さん, 屋敷に, 神主が, 送った鰈

1 [152件] おじさまが, おじさまなどと, おじさまは, おじさま室積の, おじさま野原から, おじさんが, おじさんという, おじさんは, お妙チャン, お婆さんが, お母さんが, お母さんたちが, お母さんでさえ, お母さんと, お母さんという, お母さんなどには, お母さんに, お母さんには, お母さんの, ことを, ほうは, ように, ガラ, 一城をも, 一戦から, 一戦からは, 一戦には, 一戦へ, 一捷でも, 三子余の, 上に, 下へ, 二人が, 亭主の, 亭主は, 人々の, 仕事といふ, 伯父さん, 伯父様の, 位置が, 側を, 傍へ, 八幡宮で, 刀禰とは, 前へ, 前を, 友情を, 口へ, 口も, 右の, 合図によって, 合戦この, 合戦でも, 合戦にも, 合戦を, 合戦後は, 合戦後急転機を, 合戦賤ヶ嶽小牧の, 名を, 向うの, 周ちゃんの, 周ちゃんも, 国許の, 在家権十郎という, 城の, 城へ, 声の, 声は, 夫人も, 奥様とでも, 娘さんから, 嫁さんが, 守符は, 宗鑑と, 宝寺城から, 宝寺城へ, 家は, 家を, 対岸なる, 小櫃, 小父さま一つ車に, 小父様, 屋敷で, 屋敷では, 屋敷の, 屋敷は, 峯雄さんが, 差図通りに, 弔い合戦に, 弔合戦の, 御合戦, 快捷, 急用は, 息子さんは, 息子などから, 意見の, 手に, 手腕では, 振舞を, 散所, 文五郎が, 方で, 方にては, 方は, 来たこと, 東京に, 様子を, 橋見ゆ, 浄い, 海印寺から, 為吉さんも, 町から, 町に, 町へ, 眼は, 眼光には, 神主も, 神樣に, 算所, 細君が, 総敗軍, 線を, 繃帯あ, 翻訳を, 耳に, 肩を, 背後の, 能弁が, 若さ, 角に, 言葉が, 言葉に, 許へ, 話し方が, 誤解は, 迎ひ, 返事や, 邸に, 里, 鈍く光る, 陰鬱に, 隘路を, 面には, 面を, 頬を, 頭に, 顔も, 顔を, 駅か, 駅から, 駅の, 麓である

▼ 山崎~ (83, 7.5%)

2 [13件] が, でありました, であります, では, という男, と七兵衛, と田中新兵衛, につかまっ, に向っ, の前, は, はがんりき, はまた

1 [57件] がこう, がこの, がその, がまたし, がようやく, がよっ, が七兵衛, が指し, が能弁, だよ, ってたずねれ, であるそう, です, というもの, という人, という旅人, といっ, とがこうして, と信じ, と別れた, と夜更, と申せ, と見誤っ, にその, にであわなかった, に似, に向けよう, の名, の後ろ姿, の方, の話, はこの, はその, はグッ, は一笑, は両国橋, は何, は偽名, は南条, は吹殻, は四五間, は左手, は後刻, は懐中, は柄杓, は無論, は相, は背伸び, は自分, は身代り, は額面, も足, を亡き, を手, を斬らね, を斬り, を暗殺

▼ 山崎~ (49, 4.4%)

5 云つた

1 [44件] いつかの, こうして宰領, こう言う, ここへ, すゞの, そういう心持, その小屋, ちゃんとこしらえ, はいって, ひったくって, 一目置いた, 三年お前の, 両説, 云ふ, 云ふと, 今にもふかしたて, 何か, 向うを, 夫人を, 子供の, 帰ってから, 平一郎を, 弱い音, 承知し, 抑えました, 書いて, 来た, 江戸へ, 眺めて, 私に, 私へ, 聞いて, 自分で, 蒼い西洋人, 藤堂が, 見て, 証人に, 語りつづける, 誤解した, 軽く話しかける, 逆上し, 通りか, 道化て, 馬鹿

▼ 山崎~ (37, 3.3%)

1 [37件] ある阿部, お越しなされ, した, とまれり, ぶつかって, やぶれ大殿, 中を, 云って, 会して, 光秀を, 分ったらまた, 別れた七兵衛, 到る, 加勢する, 合戦が, 同じ質問, 在る赤松円心, 地震の, 帰陣した, 戦い七月, 持って, 擬らへ, 敗れた後, 於ての, 気づくと, 決戦を, 注意した, 片手の, 睨まれて, 私の, 窯を, 詰めよった, 譲つて私を, 近づくにつれて, 退いた長州兵, 関所が, 集結した

▼ 山崎~ (27, 2.4%)

3 の作 2 の父祖, は不思議

1 [20件] が保証人, で蘭法医伊東玄朴, と私, には浅見, には淺見, に聞い, に迎, の名主古帳, の旧, の話, は, はからかひ, は他, は私, は説明, は道具箱, もああ, も眞, も真, を伴

▼ 山崎~ (26, 2.3%)

4 云ふ 2 対馬の

1 [20件] いふ所は, 一緒に, 七兵衛との, 並んで, 中津は, 云処有, 会食を, 別れました, 同行か, 呼ばれた男, 小山は, 小西と, 平井の, 打ちつづいた戦乱, 歩いて, 瀬村が, 申しますが, 自分他方には, 親しいこと, 話し込んで

▼ 山崎さん~ (25, 2.3%)

2 の伯父上

1 [23件] お早, が直ぐ, たら今日, って後, では, というん, と平井さん, などはこの, には第, の伯父さま, の場合, の家, の研究, の論旨, の都合, の露店, はと訊く, は下, は平均点ぢ, は徹底, も苦労, やっぱり亡くなりました, 儲かりすぎて

▼ 山崎~ (24, 2.2%)

2 の専助

1 [22件] から万和, から萬吉, がほんとう, という酒屋, に入りました, に出向い, に御輿, のほう, の先代, の四方, の山, の方, の義兄, の裏口, の裕福, の隱居, の隱居勘兵衞, はお家騷動, へ嫁, へ着いた, をまずい, を見

▼ 山崎~ (19, 1.7%)

1 [19件] さして, すぎて, 利用しなけ, 守備し, 悩ました, 手招きし, 斬ったの, 斬って, 案内し, 自宅の, 見た, 見抜いて, 訪れる目的, 話敵に, 越え井戸田村, 退いては, 送った竜, 過ぎると, 過ぐれ

▼ 山崎~ (12, 1.1%)

1 [12件] かけても, 先発させた, 出ず桂川, 出て, 向った, 急行させた, 来て, 着いたの, 立って, 臨む前, 退き再度, 送り候間

▼ 山崎合戦~ (12, 1.1%)

1 [12件] がまさに, で光秀, で天王山, に於, のあと, のよう, の勝敗, の場, の戦道具, の際, は同じく, より唐崎

▼ 山崎街道~ (11, 1.0%)

1 [11件] で玉, と一条, にもまだ, に軍, のところ, のカグラ芝居, は夕立, までの三幕, も勘平宅, も聞き及ばね, をたどっ

▼ 山崎あたり~ (10, 0.9%)

1 か, がネタ, であり大阪, では, に住ん, の空, へ来る, までお, までは軍, を証人

▼ 山崎から~ (10, 0.9%)

1 一喝された, 一手は, 問いかけられて, 天王山へ, 急派され, 推問される, 西は, 訊問の, 説明を, 逃げ込んだ落武者

▼ 山崎~ (10, 0.9%)

1 から, に大切, の今, の問題, の後, の民政顧問格, の知行所五千石, の財寶, へもこと, 取潰し

▼ 山崎~ (8, 0.7%)

1 おちあった, お先に下船, お降り, 一戦を, 出城とは, 戦うと, 捷つや戦後諸, 時計一個求む

▼ 山崎~ (8, 0.7%)

1 てんでこちら, またいい, むやみに, よく知っ, 七兵衛も, 六甲も, 去年の, 納得したらしい

▼ 山崎~ (8, 0.7%)

1 が新, では, と峡中, に次い, の内心, の案内, の*****, は真砂座

▼ 山崎~ (8, 0.7%)

2 の倉賀屋, の太郎稲荷 1 に住ん, の酒屋, の酒屋倉賀屋倉松, へ出まし

▼ 山崎美成~ (8, 0.7%)

1 が歿, が見た, が遊行上人, に見せ, の手, の書いた, の著した, や画家

▼ 山崎闇斎~ (8, 0.7%)

1 が吉川流, が尊皇賤覇思想, が自分, にあり, に因, のごとき, の勤王論, を見ず

▼ 山崎博士~ (7, 0.6%)

21 が榛名, が荒船山, の略図, は之, を初め一行四人

▼ 山崎という~ (6, 0.5%)

1 人の, 奴が, 奴は, 奴を, 男は, 農家の

▼ 山崎まで~ (5, 0.5%)

1 出て, 出馬した, 撃退され, 秀吉も, 進んだと

▼ 山崎先生~ (5, 0.5%)

1 でございましたな, にもお, のお, のおっしゃる, をお

▼ 山崎孫七郎~ (5, 0.5%)

1 だ, とその, につき, の出馬, の無理無法

▼ 山崎楽堂氏~ (5, 0.5%)

1 が喜多文子五段, の, はこれ, は大, は現代能評界

▼ 山崎~ (5, 0.5%)

1 がただいま, が御用済み次第, が急, のおっしゃる, や井上様

▼ 山崎剛平氏~ (4, 0.4%)

2 は私 1 にば, の隨筆集

▼ 山崎宗鑑~ (4, 0.4%)

2 がある 1 という人, とか荒木田守武

▼ 山崎平助~ (4, 0.4%)

1 である事, という二十七歳, という人, に相違

▼ 山崎斌氏~ (4, 0.4%)

2 は彼女 1 から手紙, の草木染め

▼ 山崎方面~ (4, 0.4%)

1 の赤松勢, の闇, へ出し, へ向っ

▼ 山崎~ (4, 0.4%)

1 であらう, とは別人, と云, は過去帳

▼ 山崎洋服店~ (4, 0.4%)

1 がこの, が塔, でその, の裁縫師

▼ 山崎とは~ (3, 0.3%)

1 二度目の, 友人で, 水入らずの

▼ 山崎には~ (3, 0.3%)

1 この新宿, もう敵勢, 七兵衛が

▼ 山崎~ (3, 0.3%)

1 は事, は房吉, 一味全員

▼ 山崎夫人~ (3, 0.3%)

1 の許, は三日, は寝床

▼ 山崎澹山~ (3, 0.3%)

1 という一個, とみずから, の正体

▼ 山崎~ (3, 0.3%)

1 から, がやおら, が玄関

▼ 山崎老人~ (3, 0.3%)

1 のこと, はいつも, は負け嫌ひな

▼ 山崎~ (3, 0.3%)

2 之輔 1 之輔扮

▼ 山崎~ (2, 0.2%)

1 と悟った, よ山崎譲

▼ 山崎では~ (2, 0.2%)

1 ないか, なくて

▼ 山崎との~ (2, 0.2%)

1 あいだを, 往来も

▼ 山崎なら~ (2, 0.2%)

1 ば斬っ, ば新撰組

▼ 山崎にも~ (2, 0.2%)

1 参り合わずさだめし, 感想を

▼ 山崎のみ~ (2, 0.2%)

1 なせと, ならずこの

▼ 山崎~ (2, 0.2%)

1 戸田と, 瀬村や

▼ 山崎仁太~ (2, 0.2%)

1 は加州大学, や対島

▼ 山崎内膳~ (2, 0.2%)

1 という若, と桃

▼ 山崎合戦四国征伐抜群~ (2, 0.2%)

2 の偉功

▼ 山崎善兵衛~ (2, 0.2%)

1 のところ, は彼

▼ 山崎団長~ (2, 0.2%)

1 と松本代議士, に謝辞

▼ 山崎~ (2, 0.2%)

1 に宇野祐清, の宇野祐清

▼ 山崎天王山~ (2, 0.2%)

1 の宝寺城, を中心

▼ 山崎~ (2, 0.2%)

1 と云, なるもの

▼ 山崎斌君~ (2, 0.2%)

1 であり出來, にでも質し

▼ 山崎~ (2, 0.2%)

1 に棲ん, の八百屋

▼ 山崎楽堂さん~ (2, 0.2%)

1 が続けられ, の

▼ 山崎氏君~ (2, 0.2%)

1 こそどこ, にはなんら

▼ 山崎熊井宇津木大竹磯月村~ (2, 0.2%)

1 この六人, 短慶

▼ 山崎町二丁目~ (2, 0.2%)

1 に着きました, の呉服屋池田屋萬兵衞

▼ 山崎直方博士~ (2, 0.2%)

1 である, の白馬岳

▼ 山崎直方氏~ (2, 0.2%)

1 に一読, に見せた

▼ 山崎紫紅君~ (2, 0.2%)

1 である, の

▼ 山崎総領事~ (2, 0.2%)

1 の奥様, の奥様の

▼ 山崎美枝子~ (2, 0.2%)

1 だったの, だという

▼ 山崎~ (2, 0.2%)

1 で降りられた, に居た

▼ 山崎鈴木師岡~ (2, 0.2%)

1 の三兄弟, の三兄弟中

▼1* [145件]

山崎あたりゆえ伏見はなお, 山崎あの御身が, 山崎対馬の, 山崎からの批評の, 山崎こそは単身で, 山崎この盤へ, 山崎さん先刻ので, 山崎さん大変自分では大人, 山崎さん夫婦子供づれで来た, 山崎さん瀬村さん今夜は飲み明かしましょう, 山崎さん田鶴子姫なん, 山崎すでにやぶれ一族みな四散, 山崎その他摂津一円はただ, 山崎だったからとても, 山崎だってずいぶん殿様, 山崎であってもきっと, 山崎でござる山崎譲山崎譲, 山崎でもほとんど一駅一駅, 山崎といふ人の, 山崎とがこんな話, 山崎としてあるが, 山崎とも知合って, 山崎なぞは暴利, 山崎などが先頭に, 山崎などで彼の, 山崎なり橋本なり, 山崎なる某かかが, 山崎にて出家せしめ, 山崎にとってごく必要, 山崎にわたる敵を, 山崎ばかりでなく鳥羽, 山崎ほか三ヶ所の散, 山崎また勝龍寺との, 山崎より貰った若狭, 山崎よりも刀を, 山崎一人を敵, 山崎一家のもの, 山崎一戦の後, 山崎与五郎という上手, 山崎丹波口のこらずの, 山崎主税之助, 山崎久次郎を以て兄, 山崎以来の戦況, 山崎以来急激にその, 山崎伯父と一つ車, 山崎とかいふ人, 山崎先生あなたもあの, 山崎八幡宮の社前, 山崎円明寺あたりの兵力, 山崎円明寺川の線, 山崎勘左衛門御納戸掛, 山崎勘解由等これに殉じた, 山崎友三郎は胸部, 山崎友来氏等がある, 山崎君みどころがある, 山崎君君は, 山崎君大変が出来した, 山崎君拙者の頼み, 山崎君等の舊知, 山崎唯男に呼ばれ, 山崎坂本と連戦, 山崎城内の神前, 山崎大尉の君, 山崎大熊両君を訪ね, 山崎天神馬場から摂津街道, 山崎宗運に師事, 山崎宝寺に築城, 山崎宝寺城に秀吉, 山崎宝寺天王山に衝き, 山崎家勝というもの, 山崎屋与五郎時代と世話, 山崎屋敷と云処, 山崎屋金右衛門という材木問屋, 山崎山崎譲ってたずねれ, 山崎岡林氏のところ, 山崎岩田上木の三人, 山崎帝国堂というん, 山崎弘道留岡幸助布川孫平大村和吉郎蔵原惟郭三宅雄二郎丹羽清次郎江原素六富田鉄之助西原清東飯田宏作山田吉郎兵衛松村介石の二十名, 山崎弥四郎が坂本, 山崎弥四郎糟谷助蔵等が切れ, 山崎彦右衛門篠原一孝などの人々, 山崎志摩守樣の御, 山崎たとい微, 山崎へかけ, 山崎戸部の方面, 山崎晴一君のところ, 山崎有信氏からきつ, 山崎朝雲と云う, 山崎朝雲氏が入門, 山崎村大字原では昔, 山崎村羽入からき, 山崎杢左衛門という伊達, 山崎杢左衞門外數名の者, 山崎来り二人にて, 山崎樣御盛の頃拂下げ, 山崎正董氏であったが, 山崎氏方には天保九年度, 山崎氏緩慢至極で見て, 山崎を排斥, 山崎の学旨, 山崎源太左衛門不破彦三菅屋九右衛門などがある, 山崎狐河淀一口のあたり, 山崎理学士は信州白馬岳, 山崎町一丁目に飛ん, 山崎益道老師在院お目, 山崎直方佐藤伝蔵両氏の編, 山崎直方先輩の書かれた, 山崎省三氏もその, 山崎眞道を産んだ, 山崎矢太郎氏の詩集, 山崎竹田の空, 山崎竹田宇治勢多深草法勝寺などにわたる夜来, 山崎の散, 山崎等五箇所の散, 山崎算所に相, 山崎紫紅氏と岡田, 山崎美枝子さん大村ひろ子さんが原稿, 山崎自身も警戒, 山崎芥川より先, 山崎を初め三十人, 山崎街道立場の場, 山崎西に去れ, 山崎譲うちの旦那, 山崎譲さんから, 山崎譲先日は失礼, 山崎譲先生からお許し, 山崎譲殿に相違, 山崎豊子さんのノレン, 山崎賞次郎が焉馬, 山崎賤ヶ嶽の合戦, 山崎農相は後藤, 山崎農相自身の口, 山崎近傍の山野, 山崎へ出る, 山崎道子氏が多年社会事業方面, 山崎郡山伊丹などの大坂近郊, 山崎部隊長の宿舎, 山崎重久といふインテリ, 山崎鈴木の二人, 山崎闇斎大塩中斎など凡庸, 山崎闇斎流の忠, 山崎闇斎等は漢学, 山崎闇齋が儒教, 山崎附近の糠塚, 山崎高槻へ出る