青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「山口~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~属する 属する~ 屡々~ 層~ ~山 山~ ~山々 山々~ 山上~ 山中~
山口~
山崎~ 山本~ 山田~ 山脈~ 屹度~ ~岡 岡~ 岡田~ ~岩 岩~

「山口~」 1131, 12ppm, 8987位

▼ 山口~ (152, 13.4%)

4 いって 2 いった, そこに, アムリの, ポケットから, 二人の, 甲谷の

1 [136件] あなたの, あわてて, いうと, いないのよ, うす笑い, おもひで, おれの, ここで, しきりに目瞬き, しばらく甲谷, じっと眺めた, すがりついた, そちらへ, そのまま繰返した, そのよう, その側, それに, たしかにビール一本, ちょっとまごつい, ちょっとよろめき, ちょっと顔, ぢつと, ともかくも, どうでしょう, なにか病的, なんの, ひとり淋しく, また立ち上る, もう二度目, もう数歩, もう甲谷, もともと外交官, ゆっくりと, ゆっくり首, よろけ縁外, わたしの, アムリから, アムリと, アムリに, ステッキを, ソファーへ, トルコ風呂から, トルコ風呂へ, 一つどうしても, 一座に, 三四町は, 並んで, 中に, 五ドルを, 人足達の, 今日から, 以前百余戸あった, 会釈を, 何かの, 何んだ, 俄かに, 俄に, 兄貴が, 先に, 先刻の, 出て, 刺し返した, 剃刀に, 剃刀を, 印度から, 印度の, 叫んだ, 同一人, 呆れた顔, 呆気に, 呟いた, 声を, 大きく頷いた, 大通へ, 女の, 好いこと, 好いて, 好人物の, 尋ねた, 小さな眼, 小石川白山下に, 彼女が, 彼女の, 後から, 得意でも, 心惹かれた, 快活そうに, 思った, 思わず外, 急に, 憤然として, 手を, 手首の, 振り返って, 故人と, 日本橋裏の, 早くお, 暫く碁, 木の, 波多野邸で, 満面脂肪に, 溢れるよう, 無遠慮に, 犯人に, 犯人らしい, 甲谷が, 男性らしい, 痘魔が, 百年の, 眉を, 真面目な, 眼を, 私に, 立ち上ると, 竹中さんに, 竹中さんの, 笑いながら, 笑って, 結婚を, 考えた, 肱を, 英国の, 虚を, 補習学校でも, 視線を, 解釈し, 話の, 賑ふだらう, 踊りの, 鋪道の, 鏡の, 雪もよ, 顎を, 顔を, 高重には, 鼠の

▼ 山口~ (139, 12.3%)

5 方へ 3 山は, 殿様に

2 [13件] ように, ダンノハナは, 傍へ, 口から, 大同に, 家に, 家の, 家へ, 方は, 村に, 話を, 顔が, 顔を

1 [102件] お関所, ことであった, ことについては, も土淵飯豊の, ハネトという, 一つ火と, 一旅館の, 一村が, 上衣の, 両軍曹, 二学士が, 云うこと, 人の, 人達は, 供述する, 側を, 傍では, 八重島字龍という, 処々いづれ, 勢力下では, 北隣り, 千岑酒よき, 句会へ, 周二居へ, 唇が, 唇は, 嘲笑を, 地位を, 地方裁判所に, 城下で, 場合とは, 場合は, 大内氏が, 大同は, 大同大洞万之, 大林から, 姿が, 字丸古立に, 孫左衛門が, 家が, 家である, 家には, 家まで, 山頭火でありたい, 嵯峨沢の, 幾人かの, 弟, 後から, 後を, 後姿が, 心底に, 憤慨を, 或る, 所へ, 手記である, 手記に, 手記は, 手記を, 攻撃に, 方で, 方へは, 日頃触っ, 本質は, 杏庵老いずれも, 村へ, 栞と, 横額に, 民居を, 注意を, 犯人と, 犯行を, 生前聯想試験の, 田尻長三郎というは, 田舎から, 白いカラー, 相沢君より, 眼が, 秀子さんが, 税務署へ, 置いて, 聯隊から, 薬師堂に, 藩士が, 街の, 街へ, 街まで, 街頭天主会堂の, 言うこと, 言葉の, 言葉を, 誇る日本, 論文が, 豪傑笑いの, 質問を, 質屋まで, 農具展覧会行だらう, 辷石, 部落でも, 野郎は, 長蔵なる, 音なる, 高等学校に

▼ 山口~ (80, 7.1%)

3 出かけて 2 出かける, 散歩する, 来て

1 [71件] おでんや, そしてカフヱー, そして鈴木さん, た, まいり実は, まず湯田, まはる, ゆく椹野川風景, ドライヴ, 一片の, 三時半着の, 下井田君, 予定通りに, 今夜も, 出かけるから, 出かける下, 出かける今日, 出かける椹野川風景, 出張し, 出張する, 出張の, 十時前から, 午後には, 参りました, 参りましたが, 四時着, 夕の, 少しばかり, 帰ったの, 帰ったら早速, 引き返して, 引とり重ね, 急ぐどうにか, 恥づべき方法, 攻入るべき, 散歩が, 散歩ついでに, 樹明君は, 矢島さんの, 立たれたお, 行かう, 行かうかとも, 行きたいの, 行きました, 行きウイ, 行くいつぞや, 行くつもり, 行くほどよく, 行くシヨウチユウ, 行くハイカイコジキ, 行く一張羅, 行く三八九, 行く三月ぶり, 行く先づ湯田, 行く本, 行く湯田, 行く途上, 行く途中湯田, 行く途中理髪, 行く酔うて, 行く鈴木さん, 行く飲んで, 行つた, 行つた帰途は, 行つた私は, 行つて買物色々, 行乞する, 行乞に, 買物いろ, 近づくに, 途中或

▼ 山口~ (57, 5.0%)

6 の主人 5 の音羽 4 の旦那 2 の音羽ざま, も近所

1 [38件] から味噌, から急用, が下手人, が二人, で十年, で女子, という味噌屋, と取巻き, などは最初, に只今, に預けた, の前, の奉公人, の手代多助, の披露宴, の抱え遊女音羽, の旦那様, の機嫌, の納屋, の船, の花魁, の音羽ざます, の風呂, は嫁, は顔, へお, へ参っ, へ奉公, へ往, へ掛合う, へ為換, へ登りました, へ登りまする, までお, まで送られ, も浮気, や鹽原屋, を首尾

▼ 山口~ (49, 4.3%)

2 出て, 女を, 目を

1 [43件] おのれの, お杉, かく認める, したよう, すぐ戻っ, そのバルコニー, その女, その病気, どんなにカサ, はり込んで, よかれあしかれ仲介, ムホンし, 一人で, 云った, 云ってたん, 今夜急性胃腸カタルで, 今日は, 先ず帽子, 太いステッキ, 家に, 寝衣, 対に, 崩れる洪水, 彼女と, 怨めしかつ, 振り向きかけたとたん, 捕われて, 捕われてからの, 敷居の, 有力者の, 注意した, 洩した第, 片隅の, 犯人と, 生きて, 甲谷を, 病氣にな, 築地署へ, 表通りの, 訪ねて, 起きたら殺そうと, 起きて, 近よって

▼ 山口~ (39, 3.4%)

2 が警戒警報, の, の今泉, の厚狭郡, の田舎

1 [29件] であります, での毛利氏研究, でも東方, で伊達捷平, で死ん, となります, にはいなかつた, には犬神説, に一歩, に隣接, の一部, の下関, の人, の今泉町, の北, の吉川藩, の大島, の学務課長落合済三氏, の宇部, の山中, の東部, の某, の柳井, の瀬戸沿海, の玖珂郡秋中村大字秋掛, の者, の豊浦郡, へ嫁, へ帰され

▼ 山口~ (38, 3.4%)

3 おいでに

1 [35件] あつて, いつまでも, いる良人, いわれたまま, した, それだけの, たどりついて, たのまれた仕事, ならやっても, ゆくとも, 下りさらに, 二ヶ所あり, 会えば, 來た, 出で, 出張し, 到りて, 到りましし, 寄ったの, 布教中の, 帰り嬶, 後で聞いた, 恐らく物的証拠, 新田乙蔵という, 来て, 椅子を, 標木を, 留まつて假宮, 留まりて, 移したり, 至急本, 行った, 行帰りに, 言った, 買われたなら

▼ 山口さん~ (36, 3.2%)

4 の場合 2 をなぜ

1 [30件] から何, が一人, が公衆電話, が向い同士, が居た, くれぐれお礼, じゃ少し, だけで, だけに限らない, てひと, という人, と言う, などとはどうしても, に, に知らし, に言った, に頼まれ, のお礼, のは神経的, のよう, の如く, の証言, の驚き, はひところ, はほぼ, は意識, は面白い, を探し, を見附け出した, を訪問

▼ 山口~ (34, 3.0%)

1 [34件] うち立ち, かえしたあと, 信用し, 去ったから, 弁護する, 御存じでありました, 捨てて, 歩く飲む食べる, 殺さないの, 殺さなかったろうと, 殺さなかった犯人, 殺して, 犯人だ, 異常性格とは, 疑って, 疑らずに, 疑らなかったか, 眺めた, 確実に, 突つかず, 立ち江戸, 立つた, 經て, 行乞しよう, 見た, 見ると, 見上げて, 見張って, 見張る以上, 見給え事務, 誘い彼, 追求しなかった, 送って, 顧みた

▼ 山口から~ (21, 1.9%)

2 分岐する

1 [19件] あすは, いいつかって, いわれてるん, やつて, わざわざ琴平, アジヤ主義の, チュウトン系の, 単独に, 受けて, 嘲弄された, 大田へ, 小郡まで, 東海道へ, 聞いたん, 薬箱を, 買つ, 足が, 顔を, 風浪を

▼ 山口~ (17, 1.5%)

2 からも飯田方面

1 [15件] からの二十人, から帰っ, さして下る, の医師杏庵老人, の医者杏庵老人, の吉兵衛, の方角, の杏庵老人, の祭礼狂言, の組頭, へも走らせる, へ身, や湯舟沢村, や田立村, より六角牛

▼ 山口~ (16, 1.4%)

1 [16件] こそこそ話し, サラセンで, 一緒の, 会ったり, 何か, 同人で, 向い合って, 呼び捨てに, 成子だ, 成子の, 握手を, 李英朴が, 栗原が, 申す処, 申す所, 隣りして

▼ 山口屋善右衞門~ (15, 1.3%)

3 の宅 2 の手代多助 1 から着物, が得心, に助けられ, の家, の所, は五十三歳, は大, は宅, は案外, へ八十両

▼ 山口県島田~ (14, 1.2%)

14 より

▼ 山口という~ (13, 1.1%)

2 医師の, 武士で, 武士は 1 ところであった, のは, 三十年輩の, 人だった, 医学博士が, 武士であった, 男が

▼ 山口まで~ (11, 1.0%)

1 [11件] お送り申し上げました, 出かけたが, 出向いたの, 急行四時間あまり行乞帰庵の, 散歩, 散歩する, 散歩方々に, 散歩燈火管制は, 歩いた途中, 湯田で, 進出し

▼ 山口~ (10, 0.9%)

1 お前の, ゆくりなく, ゆくりなく川棚温泉, 三軒断られた, 同じ会, 外郎一包を, 大工を, 布教を, 直ぐ死ん, 神父の

▼ 山口駿河~ (8, 0.7%)

1 が老中松平伯耆, が赤松左京, だ, はその, は号, は大, は監察, を泊めた

▼ 山口~ (7, 0.6%)

1 お杉, だめ, 上手いのね, 前科は, 妻の, 心配し, 競子が

▼ 山口~ (7, 0.6%)

1 から, が病気, が野営, と一緒, に記念, はその, を送る

▼ 山口淑子~ (7, 0.6%)

1 にカチューシャ, のカチューシャ, の俳優, はそれ, はもう, は体, は熱演

▼ 山口~ (7, 0.6%)

2 署長が, 署長は 1 署長から, 署長の, 署長も

▼ 山口華楊~ (7, 0.6%)

3 といふ作家 1 にせよ, にもつとも, はその, はその後者

▼ 山口~ (7, 0.6%)

1 の途次, はどう, はオヂヤン, は私, を取消さう, を駅, 寒かつ

▼ 山口重政~ (7, 0.6%)

1 がいる, が顔, に実情, の所, はこの, へも利, を先案内

▼ 山口専次郎~ (6, 0.5%)

1 がやって来た, について佐竹, は彼女, は快, は言葉, もしばしば

▼ 山口といふ~ (5, 0.4%)

1 のを, 名前だ, 岸田国士門下の, 巡査上りの, 男は

▼ 山口~ (5, 0.4%)

1 などに礼, に頼ん, の文章, の縁故, へは商品券

▼ 山口には~ (4, 0.4%)

1 お杉, 五人の, 大内義興の, 顔を

▼ 山口~ (4, 0.4%)

1 あるいは妻籠, 和歌山の, 山川の, 検察当局や

▼ 山口より~ (4, 0.4%)

1 ハ木圭小五郎よりも, 中島四郎能間百合熊福原三蔵外要路の, 参り面会, 柏崎へ

▼ 山口定雄~ (4, 0.4%)

1 が, がワセダ独文, の一派, 死す四十七歳

▼ 山口屋善右衞門方~ (4, 0.4%)

1 の奉公, の手代多助, は毎度申, へ忠義

▼ 山口智海~ (4, 0.4%)

1 が日本, が西蔵, という二十六歳, の行動

▼ 山口自身~ (4, 0.4%)

1 が犯人, であるから, で最も, の家庭

▼ 山口~ (4, 0.4%)

1 から, では旅芸人, の電話掛, は儀仗兵

▼ 山口にも~ (3, 0.3%)

1 八幡太郎の, 分ったそして, 分るの

▼ 山口~ (3, 0.3%)

1 から使, か桐佐, の司

▼ 山口湯舟沢~ (3, 0.3%)

1 からの人足, の近村, 両村

▼ 山口~ (3, 0.3%)

1 に又, に好, 次第に都会

▼ 山口~ (3, 0.3%)

1 へ, へ行く, をご

▼ 山口部落~ (3, 0.3%)

1 から一里, の奥, まで押し

▼ 山口からの~ (2, 0.2%)

1 帰途を, 帰途来訪慰忠魂菓子

▼ 山口~ (2, 0.2%)

1 からだ, と云う

▼ 山口である~ (2, 0.2%)

1 かということ, こと

▼ 山口でも~ (2, 0.2%)

1 中津川でも, 湯舟沢でも

▼ 山口とは~ (2, 0.2%)

1 すでにやはり新聞紙条令違犯, ちょっと話

▼ 山口~ (2, 0.2%)

1 のだ, んだ

▼ 山口などの~ (2, 0.2%)

1 七八名, 突撃を

▼ 山口にて~ (2, 0.2%)

1 一世界を, 客幽霊を

▼ 山口へまで~ (2, 0.2%)

1 出かけたが, 出かけて

▼ 山口一太郎氏~ (2, 0.2%)

1 の二・二六真相, の二篇

▼ 山口以外~ (2, 0.2%)

1 の男, の証人

▼ 山口先生~ (2, 0.2%)

1 である, ににてはいる

▼ 山口医師~ (2, 0.2%)

2 の診察

▼ 山口四郎右衛門~ (2, 0.2%)

1 が何, というの

▼ 山口図書館~ (2, 0.2%)

1 の巡回書庫, へそして

▼ 山口孤劍君~ (2, 0.2%)

1 と一, の

▼ 山口孫左衛門~ (2, 0.2%)

1 という家, の祖先ここ

▼ 山口~ (2, 0.2%)

1 のニワトリ, の船板塀

▼ 山口巴屋~ (2, 0.2%)

1 に並ん, に腰

▼ 山口恵海先生~ (2, 0.2%)

1 に習っ, の所説

▼ 山口散策~ (2, 0.2%)

1 下井田君, 何となくから

▼ 山口松雲~ (2, 0.2%)

1 とは北野辺, のおん娘

▼ 山口泉氏~ (2, 0.2%)

1 のこと, の招き

▼ 山口猿夫~ (2, 0.2%)

1 という小僧, は左脚

▼ 山口県庁~ (2, 0.2%)

1 の建物, の役人

▼ 山口県熊毛郡岩田村~ (2, 0.2%)

1 である, の難波

▼ 山口県熊毛郡島田村~ (2, 0.2%)

2 より

▼ 山口~ (2, 0.2%)

1 か斎柱祭, の祝詞

▼ 山口素堂~ (2, 0.2%)

1 に発する, は

▼ 山口~ (2, 0.2%)

1 の屋代島, を通して入

▼ 山口艦隊~ (2, 0.2%)

1 の姿, は苦戦

▼ 山口薫次郎~ (2, 0.2%)

1 から旅費, は郷士

▼ 山口行乞~ (2, 0.2%)

1 をしなけれ, を実行

▼ 山口辰之介~ (2, 0.2%)

1 が絵馬堂, は木綿

▼ 山口銑蔵~ (2, 0.2%)

1 ですッ, と松江伝介

▼1* [197件]

山口高輪の, 山口からもあるいは妻籠, 山口実に卑怯千万, 山口さんとこへ行く, 山口さん二三日うちに若い, 山口さん祇園乙部見番のお, 山口じゃなし大津, 山口すまんが二人, 山口だって僕の, 山口では俳句講座と, 山口とか近県の, 山口とかいうその同意, 山口とが右と, 山口としてすること, 山口としては政治界の, 山口とにはなるべく毎日, 山口なぞの村里, 山口などで五千人程の, 山口などへ寄るなと, 山口なる旧家にて, 山口なんか何にも, 山口なんぞこんな風, 山口においてあります, 山口における反乱三重県および, 山口にとっていい収穫, 山口に迄御送, 山口あの山口, 山口はなと云う, 山口はるが杵屋勝久利, 山口へは出かけられし, 山口ほどの男でも, 山口までも御尋申, 山口よりは二三里も, 山口シヅエという婦人代議士, 山口ニ居タ時分ダガ或女ニホレテ, 山口一人だ, 山口一作など最も, 山口一太郎元大尉, 山口一露斎右筆の上坂大炊助, 山口七郎右衞門の仮, 山口三年を金沢, 山口三氏はその, 山口刑事は, 山口両氏ならびに観測所主任, 山口中学時代鯖山洞道を通り抜け, 山口中将は空中戦, 山口中村栗原等は松方総理大臣, 山口仁一の黒い, 山口信治玉生嘉寿平の三名, 山口倉敷の学校, 山口八九子三氏見送る, 山口を見送る, 山口の大洞, 山口判事の死, 山口剛氏の著書, 山口勇作と貼り出し, 山口半四郎とか逆川甚五郎, 山口及び其他に, 山口句会へ, 山口名物これも樹明君, 山口君本日の市街, 山口周防守の大部屋, 山口は越後水原, 山口和千葉胤秀剣持章行佐藤一清法道寺善小松鈍斎などいう, 山口善兵術大塚源十郎山田友次郎等が正造, 山口善兵衛に持たせ, 山口善右衞門という炭問屋, 山口四郎右衛門様がおいで, 山口図書館現在の書庫, 山口土淵辺にては朝, 山口増子杉山の五名, 山口大人が生き, 山口大分の二県, 山口太郎兵衛という者, 山口孤剣によって大衆化, 山口孤劍荒畑寒村山川均深尾韶赤羽巖穴等の諸君, 山口宗馬がところ, 山口定雄一座市村座に旗揚げ, 山口寅太郎氏も, 山口小林区署よりもまた, 山口小郡間のバス, 山口少年は眼, 山口屋七郎右衞門方の抱え遊女音羽, 山口屋二五中可もなし, 山口屋善右衞門さんという立派, 山口屋善右衞門手代鹽原多助と彫り附け, 山口屋善右衞門様親切に世話, 山口屋方へ奉公中追, 山口という三角山, 山口岡山大変な減収, 山口岡山島根の諸, 山口岩淵また竹田城, 山口左馬助と云う, 山口の裏通行乞二時間, 山口市等の講演旅行, 山口市街行乞それからまた歩い, 山口弘一という人, 山口弘道氏の協力, 山口弥一郎君の談, 山口弥一郎君等の手, 山口弥一郎氏連れだって来訪, 山口弥太郎と相, 山口弾正の四名, 山口弾正樽井藤吉稲垣示高橋秀臣それに田中正造, 山口彦一に千百円, 山口成一君が新宿, 山口所長から伺った, 山口才十といふ匿名, 山口教諭指揮の下, 山口散策途中で句集代, 山口方面へ向け, 山口といふ裁判官, 山口明大生の頭, 山口村三千五百把湯舟沢村三千五百把とあっ, 山口という男, 山口柘植の諸, 山口栄次と呼ぶ, 山口校長の修身, 山口も皆, 山口正徳様山口静子様と並べて, 山口正憲と云う, 山口殿が見えた, 山口殿二人でここ, 山口氏車をとび降り, 山口池野増田へ沙汰, 山口泉処向山黄村あの人たち, 山口海旋風氏の作, 山口海老丞柘植玄蕃などの部将, 山口湯舟沢落合それから中津川辺, 山口炭坑と茨城炭坑, 山口玄蕃とかいう豪族, 山口珪次君の単, 山口甚七だ, 山口によつて紹介, 山口画伯から手紙, 山口直作といへ, 山口直大口が, 山口県三井村の出身, 山口県光市の顕治, 山口県光市上島田より, 山口県小郡町仏師田坂雲斎氏の甥, 山口県熊毛郡光井村にすん, 山口県熊毛郡周南町上島田より, 山口県生れの女, 山口県豊浦郡豊田町西市の中野盛紀氏, 山口県選出の三隅哲雄氏, 山口県阿武郡のタケスイバ, 山口県高知県和歌山県なり, 山口石川僕という順, 山口祭りの口, 山口等六人と共に其斡旋, 山口等多くの同志, 山口等等とよく, 山口等若干あるのみ, 山口縣下の由宇, 山口縣玖珂郡由宇村三國屋鈴木三重吉へ, 山口署長に極, 山口署長以下皆こうした犬田博士, 山口署長司法主任私服特高課員二名のほか, 山口署長特高課員司法主任立会いの, 山口義三を上野驛, 山口義三君の歡迎會, 山口肇少佐の紹介, 山口艸平画伯をひどく, 山口蓬春諸君と同年, 山口薫次郎その他当年の志士派産商業家一般, 山口薫次郎小泉仁左衛門松坂屋清兵衛大和の豪家村島長兵衛父子, 山口藩和歌山藩等にお預け, 山口藩士十四年イシカリ郡トウベツ村に入った, 山口藩士卒の反乱, 山口藩毛利従三位であり前, 山口覚大夫号凹巷で著者校者並, 山口詩選出版記念茶話会へ招待, 山口謙四郎氏邸の会, 山口警部補出動し加賀町署, 山口辰之介海後磋磯之助, 山口達馬に青砥伊織, 山口達馬青砥伊織の三人, 山口達馬青砥伊織青木三左衛門の三人, 山口の時, 山口重三郎であって, 山口重慶として兄, 山口鉄五郎ガ地面ヘ家作ガ有ルカラ引越シタガ, 山口銑蔵松江伝介のふたり, 山口間田の両, 山口隆一君より贈られた, 山口雪渓の筆, 山口青邨先生をお, 山口静子様と並べて, 山口飛騨守賀藤弥三郎の五騎, 山口飛騨守長谷川橋介それに小姓, 山口飯豊附馬牛の字荒川東禅寺, 山口駅前の十銭食堂, 山口駿河守なぞまで, 山口高等中学校の予科, 山口高等商業学校の教授, 山口高等商業學校に小規模