青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「子ども~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~嬉し 嬉し~ ~嬉しい 嬉しい~ 嬉しく~ 嬢~ 孃~ ~子 子~ ~子ども
子ども~
~子供 子供~ ~子供たち 子分~ ~子孫 子孫~ 孔~ 孔子~ 孔明~ ~字

「子ども~」 2971, 29ppm, 3968位

▼ 子ども~ (596, 20.1%)

50 ように 17 ような 10 時から 7 くせに, ころの, ときから 5 ことを, じぶん, 声が 4 声で

3 [11件] ころから, ほうが, ほうへ, ほうを, ようです, 喧嘩に, 大きさ, 手を, 泣き声が, 玩具に, 着物を

2 [40件] いたずらの, うちから, うちは, こと, ことが, ことだ, ことである, しつけ, すがた, そばに, ために, ときの, ほうは, ほしがる, むくろ, わきに, ロボットが, 一人が, 世界に, 世話を, 中でも, 乞食が, 力で, 力では, 好きな, 心を, 手の, 手紙を, 時代を, 治郎君を, 生活を, 精神と, 足を, 遊びを, 頃は, 頃まで, 顔を, 養教育の, 首が, 首と

1 [366件] あお向いた, あそびごと, あそびだとでも, あとから, あとを, あぶは, あること, あるじの, あるの, ある身, いうこと, いたいけな, いたずらか, いたずらでございましょう, いったの, いないこと, いないよう, いのちには, いること, うちからて, うちにか, うちの, うれしがっ, おかつ, おむつを, おもちゃ, おもちゃの, おもちゃを, おもちゃ箱です, お守りを, かいた無邪気, かおを, かくし場所, かたが, かどわかし, からだ, からだぐらいも, からだです, からだに, きものを, けんかを, こえが, こえです, こじきを, ことさえ, ことだけ, ことです, ことなんか, ことは, ことゆえ, こと一時は, ころには, ころまでは, ころよく, ころを, ころ下士官を, ころ私は, ころ親しんだ, さびしい氣持ち, ざれごとに, しゃっくりも, しわざ, じゃまに, すきな, すごろく, せいじんを, それの, ぞうりな, たけしくんと, ただの, ためにこそ, ためにも, つぎで, つめ跡が, とき, ときからの, ときという, ときに, ときは, とき世話に, とき今日みたいに, とき市長さんの, とき祖母から, とき頭に, ところへ, ないある, ない体, ない夫婦, ない妻, ない婦人, ない私, なかに, なきごえ女の, なつかしさ, なみだに, ひざまで, ひたいに, ひとりが, ふうを, ふたりも, ほうで, ほうでなく, ほうも, ほかに, ほしい家, またの, ままだった, みずみずしさ, むじゃきな思いつきが, めずらしい親切, もじゃもじゃした, ものだ, ものであっ, もらいが, やうに, やせ腕, ようだ, ようで, ようでした, わるいところ, をきせ, クツみがきが, ベッドが, マチアであった, マネキンが, マネキン人形だ, ムシが, ライオンに, リカルドが, ロボットかも, ロボットでした, ロボットは, 一人役に, 一郎君と, 上に, 上には, 不二夫君などには, 中に, 中には, 中にも, 中学生の, 乳母か, 乳母に, 事などは, 井戸替, 人形が, 仕送りも, 仲間が, 作り話を, 入學式, 切禿に, 別々の, 前で, 前に, 力に, 助手が, 助手も, 医療なお, 受けるそれ, 受け持ちが, 叫びが, 叫び声に, 名まえ, 名を, 名前を, 名附親, 命と, 和助君は, 哺乳と, 哺乳や, 唄が, 問題も, 問題や, 喧嘩腰である, 四方へ, 声す, 声すなり, 声だった, 多いこと, 多い一座, 多くの, 大かく, 大きさの, 大勢ある, 天地でも, 好み, 始末も, 姿が, 姿だつた, 姿に, 姿の, 学資を, 守り神と, 安否を, 寝棺の, 寝部屋, 寝顔に, 寝顔を, 寢て, 寢息も, 将来が, 小さい凧, 小林君で, 尻べたから, 尻取, 左足は, 幸ちゃんを, 幼いとき, 役であり, 心も, 悪戯という, 感情は, 憎悪を, 懇ろなる, 戯れとしか, 手が, 手には, 手形でした, 持って, 持前という, 指と, 指の, 掟の, 探偵団だ, 新しい遊戯, 日の, 時だ, 時と, 時なら, 時に, 時には, 時人間に, 時代の, 時分から, 時分にも, 時分は, 時恐し, 書物だけしか, 有無は, 案内で, 様子などを, 欲しい家, 正一は, 正一君でした, 正月の, 死体が, 死体の, 死骸の, 母を, 水を, 河童と, 河童を, 治郎を, 泣いて, 泣きごえ, 泣き喚く, 泣き声やら, 泣き声列車の, 泣き騒ぐ, 涙を, 為に, 無い家, 無心でした, 父であった, 父親にたいする, 生まれること, 生れるけ, 生れること, 生話, 病気は, 白井保君です, 白井保君なども, 目に, 目や, 相手に, 相手を, 真似を, 眼であった, 眼と, 眼力に, 着て, 知った話, 知るところ, 知るべきこと, 神経は, 章太郎君が, 章太郎君は, 笑靨を, 笑顔を, 管轄に, 紙鳶を, 素質は, 絵では, 続いて, 罪で, 群れが, 群れには, 群れも, 考えて, 耳に, 聲, 聴く昔話, 肉を, 肉体的生理的な, 育つまで, 育つ見こみは, 背たけしか, 胴体が, 胸ぐらいの, 胸に, 臍を, 自治が, 自製拾っ, 虎だけが, 行くえ, 衛生だ, 親たちの, 親っていう, 親達は, 観察, 話が, 話を, 誕生の, 謡ふ, 贔屓を, 足, 足だ, 足にゃ, 足は, 身がわりに, 近所に, 遊びであり, 遊びに, 遊びには, 遊びは, 遊び場で, 遊ぶの, 遊戯にも, 道化師が, 部屋に, 重さ, 野性との, 閻魔に, 頃だった, 頃よく, 頃知った, 頃誰か, 頭は, 頭を, 額からは, 顏には, 顏色をまで, 顔でした, 食事などは, 飴玉三ツも, 首, 首しか, 首に, 首や, 首を, 首一つ求め, 髪に, 鳩尾に, 黄金怪人それは, 黄金怪人とは, 黒い手

▼ 子どもたち~ (434, 14.6%)

7 のこと 4 だ, のため, は, や親たち 3 が大きく, でした, といっしょ, のほう, の中, の声, の姿, の顔, はどう, はみんな

2 [21件] がかわいそう, がすぐ, がまた, が森, だった, だよ, です, と遊ぶ, にもその, のおかげ, のけんか, のし, のそば, の一人, の耳, の話, はいつ, はワーッ, は大, は大きく, をつれ

1 [339件] かと思っ, からいちばんかっさい, からきかされ, があそん, があの, がある, があんなに, があんまり, があァ, がうっかり, がお, がおばあさん, がおんおん, がけさ, がこれ, がさ, がした, がじ, がせがむ, がそろっ, がとりかこん, がどっち, がどの, がはたして, がひとり, がふしぎ, がまだ, がむじゃきな探偵団, がめずらし, がもどっ, がやがて, がやってきた, がやっぱり, がゆくえ不明, がよろこぶ, がよろこぶでしょう, がよろこん, がわき, がインド人, がゾロゾロ, が何, が十人, が夜, が小屋, が帰る, が幾人, が広い, が心, が成年, が戸, が来た, が死ん, が泣きだし, が畄守, が登校, が石, が空き地, が立ちふさがりました, が立っ, が笑いだし, が網, が聞かなけれ, が見た, が見のがす, が見やぶりえなかった, が見物, が部屋じゅう, が鍾乳洞, じゃ, だけでこの, だけに階段, だったの, だって夕御飯, だね, であったから, である, であるが, でしょう, でもこの, で多く, とおんなじ, ときたら, としての少年, とどの, とりわけリーズ, とキス, とヨハネス, と一, と一緒, と中庭, と喜ん, と父兄, と遊ん, にうまい, においつき, にお菓子, にきみ, にけが, にさ, にだまっ, につかまった, につかまる, にとってもだいじな, にとって五年生, にとりかこまれ, にどういう, にどれ, になにか, になにひとつ, にはかった, にはさっし, にはぜんぜん, にはちっとも, には不平, には兄弟, には戦争, にまま, にもあんな, にもまったく, にも厭, にも疑い, にゃ気, によく, に乏しい, に別れ, に待避, に手紙, に拾われ, に教え, に祭, に立て, に組みふせられる, に聞きました, に聞こえる, に見えなかった, に見せ, に見せた, に見られ, に見られる, に追いかけられ, のあいだ, のいう, のお世話, のさわがし, のその, のたのし, のなか, のまえ, のまるい, のやんや, のよく, のオヤツ, の上, の世界, の予習, の仲間, の写真, の前, の好奇心, の嫌疑, の学校, の快活, の性格, の所, の歌声, の歓呼, の熱意, の生死さ, の目, の着物, の群れ, の背中, の衣類, の遊び場所, の部屋, の間, の首, の首筋, の駆けまわる, の高い, の黄色い, はあいかわらず, はあと, はいちばん, はいつも, はうち, はうれし, はおかしく, はおや, はお母さま, はお母さん, はかじ, はからだ, はききませんでした, はきき入れよう, はきっと, はきみ, はこうした, はこま, はこれから, はこんど, はこんな, はさけびました, はしかた, はしょっちゅう, はすぐ, はすこし, はそういう, はその, はそれ, はだいじょうぶ, はだいぶ, はだまっ, はだまりました, はちゃんと, はちょうだい, はとおりすぎ, はどこ, はなに, はへいき, はほとんど, はまい, はまっしろ, はまるく, はまん丸, はみんなカニじいさん, はみんな意地わる, はみんな色, はもう, はもっと, はもと, はやがて, はやって来, はわたし, はガロフォリ, はガン, はスモーランド, はモーターボート, は今, は何, は別れた, は友だち, は口々, は変人, は外国, は奥, は奥深く, は小道, は希望, は帰っ, は彼, は思わず, は戦争, は手, は新聞, は本気, は死にたい, は毎日そこ, は生きかえりました, は目, は相続争い, は答える, は絵, は考え, は腰, は自由, は花, は親方, は野良, は鍾乳洞, は雪, は顔, ばかりで, ばかりでなく, ばかりの社会, ばかり三人, へのみやげ, も, もあまり, もいま, もお父さん, もかんきん, もくちびる, もぞろ, もちゃんと, もてんじょう, もとりもどされる, もなかなか, ももと, もトラ, も一人一人勘定, も中学, も大, も平和日本, も機密文書, も見のがした, も遊び, やおかみさん, や書類, や機密文書, や私, よりさき, を, をおいこし, をおばあさん, をかばいました, をごらん, をさむ, をさらっ, をじ, をだます, をとりこ, をどう, をなだめました, をひとりひとり, をひどく, をみなとこ, をよこし, をよろこばせる, をよんだ, をわけ, を乗せ, を傷つけなかった, を励まし, を取りもどし, を取りもどす, を呼び迎える, を呼ん, を思う, を愛しつづけた, を手, を死, を祝福, を縛る, を置き去り, を見, を貧乏, を鍾乳洞, 早くうち

▼ 子ども~ (365, 12.3%)

5 ある 4 はいって, 其堂の, 出て 3 あって, ありました, いた, さけんだ

2 [21件] あらわれました, いて, いる, いると, おおぜ, ききました, これを, それを, たくさんあっ, できる, ないから, ないので, ひとりで, まじって, 三人も, 出来て, 好きと, 来て, 生れる, 目を, 集まって

1 [294件] あすこで, あそんで, あたしの, あった, あっても, あつまって, あのポスト, あばれまわっても, あります, あると, あるのに, ある日, いい, いたとしても, いちばん前, いつかは, いつか粉を, いつてる, いつのまにあれ, いました, いまじぶん, います, いまは, いるかと, いるの, いるはず, うえ死に, うたって, おかあ, おとう, おとなの, おどり込んで, おまえさんの, おもちゃを, かくしおおせる, かくして, かくれて, かけよって, かぜを, かどわかされたとき, かわいいに, かわいければ, かわいそうだ, かわいそうです, かわいらしくって, きたな, ここを, こちらを, この木, こまを, これほどの, こんなくろっぽい, こんなにせまい, こんな大, さか, さけびました, して, しょうじの, しょうじを, すきだ, すきな, せっかく望む, そこで, そっとかた, その手紙, その真似, その道を, そばに, それぞれの, そろいも, たいがい学校に, たずねた, たばこを, ちゃんと見, つかつかと, てんでん, できてからは, できると, できるの, とびおりたの, とびだしたらとら, とびだして, とらえられて, どうしてあの, どこから, どれも, ないだけに, ないという, ながながと, ぬすまれたとき, ねながら, はいりこんで, ひとじちだ, ひとりかくして, ひとりと, ひろって, ふうせんの, ふざけ始めると, ふたりある, ふたりい, ふたりいる, ふたりっきりじゃ, ふたりどこか, ふたりどこかに, ふたりに, ふたり以上生まれた, ふたり歩い, ぶじに, ほかに, ほしいと, ほしい女房, ほんとうに, またよびかける, まだ置い, まっ黒なき, まるで西洋, みんな無実の, もう戦争, もとは, やっきに, よく食べた, よじ登っても, アーサの, カブトムシに, スキーの, ストライキを, チョコチョコと, ヌッと, ベロベロの, マッチに, 一人かべに, 一人前に, 七つに, 七八人通っ, 丈夫に, 三人います, 三人いる, 三人と, 三人の, 世話を, 主に, 二三人いちどきに, 二人あれ, 二人で, 二人セント, 五人に, 五人ばかり, 五六人往来に, 交って, 人の, 人間に, 休みの, 何だかわたくし, 何人父母いくつと, 何者だ, 先生を, 入り用な, 八九さいに, 出た, 出来た, 出来るの, 判事の, 別れるとき, 前の, 剣道を, 加わること, 加勢する, 勤める事, 参与する, 口を, 同じ力, 名探偵, 味方する, 喧嘩を, 団長用の, 壁に, 多かった, 多くなっ, 大きい人, 大ダンビラ, 大人に, 大悦び, 奇怪な, 女中に, 好きこのんで, 好きだ, 好きで, 子どもが, 学校から, 家庭生活を, 寝て, 小学校六年生です, 小林君を, 少し不審, 山に, 帯を, 廻りながら, 待ちぶせして, 後を, 徽章を, 必要な, 忍び込んだに, 恐怖王に, 恨みの, 情けなさそう, 愛せられて, 懐中電灯を, 成蹊中學へ, 扉のむ, 手を, 手頃の, 拾つておもちゃに, 持つと, 持つよう, 数人で, 敵討ちを, 新聞を, 木のぼりを, 来たの, 欲しいという, 欲しいの, 欲しくて, 欲しる, 歴史の, 死んだこと, 死んで, 泣いて, 泣きたったので, 泣く, 泥の, 狐に, 猿の, 生きかえったうれし, 生きかえるはず, 生まれたの, 生まれたんでね, 生まれても, 生まれるのに, 生みたいん, 生れて, 生れると, 産まれたでも, 田に, 申します, 番を, 発くまでも, 登って, 白犬を, 皆食べ, 相続争いに, 眠って, 眼を, 石を, 石門の, 秘密の, 稽古に, 空へ, 窓の, 立ちふさがりぴょこんと, 立って, 立つて, 群を, 聞きました, 自分, 自分で, 自分の, 自動車の, 舟を, 船に, 見たり, 見ても, 見はって, 言いました, 言った, 証明し, 読んでから, 誰も, 讀んでも, 走って, 足には, 身を, 近よって, 遊びに, 遊んで, 道祖神の, 遠い遠い昔, 遠くへ, 遠藤博士邸の, 部屋の, 集りました, 震え上がったと, 顔の, 風邪を, 食事を

▼ 子ども~ (297, 10.0%)

5 顔を 3 どうした

2 [11件] ありません, いないの, おどろいて, これを, ひとりも, やどりぎ, わたしの, 何時しか枕もと, 口を, 子どもと, 死んで

1 [267件] あるもの, いい, いくらすぐれた, いじらしいもの, いちどは, いっこうこわがる, いったいどうしてあんな, いったいなに者, いったい何者, いって, いつのまにそんなにす, いつも, いても, いまに, うえ死に, うそを, うれしげ, おそらく狩猟, おとなしくふり, おなかが, およそ想像, お母さんに, お腹が, かなしみを, からだじゅうが, かれの, かわきも, きっとどこ, きっとロボット, きのうにじ, きゃッ, くるっと, くるりと, くわれて, けっして持ち場, こいしいお母さま, こうしてだんだん, こくりこくり居眠り, このまま, このわし, この上, この地, これへ, これまで, ころころと, こわさ, こんなきたない, ごらんの, さかんに, さけんだ, しじゅう炉, しつかりその, しばらくちゅうちょ, しょうじきだ思った, しょうじきで純真, じっさいはこういう, じっと耳, じつに強情, すぐ寝入っ, すこしくたびれたらしい, そこの, そこへ, そのとおり, そのネズミ, その二つ, その天井板, それを, ぞろぞろ, ぞろぞろ集まっ, たいせつな, たいへんしあわせでした, たいへんひつじ, たえずきみ, たけしくんの, たしかにあずかっ, ただおなら, ただ味, だん, ちよいと, ちらっとうごいた, ちらつとうごいた, つくえ, つまり私, つれて, とても怒った, どうし, どのくらい, なおも身, なかなかききませぬ, なかなか若い, なくしかも, なぜ日曜, なにかひとり, なにか言った, なにも, なんだ, なんでも, はぐるま, はじめて死骸, はたして人形, ひとりだけ, ふしぎそうに, へんな, ほうって, ほんとうに, ぼくを, また触, まだてんじょう, まちがえて, まっすぐに, まったく罪, みんな寝し, もうその, もうそろそろ若者入り, もうなん, もう知らず, やさしいす, やって来て, やっぱりちゃんとこしかけたままきろきろこっちを, やっぱり起きあがろう, やつぱり起きあがらう, やる気に, ゆめで, よい価, よた, よろこんどりますわ, りょうほうから, わしが, わたくしは, わたしたちの, カギヒコノキと, ガタガタふるえ, スケートを, タルの, ニコニコし, ネズミと, ヘリコプターを, ポストの, 一人か, 一人のこらず, 一向こわがる, 一寸法師でも, 七歳の, 丈夫に, 三つに, 上着の, 之を, 乗った, 二十めんそうの, 二月目には, 人形を, 今井という, 今別状なく, 仕合せなんにも, 佐渡へ, 何か, 何だ, 何とも思はない, 何時しか枕元, 例の, 停車場へ, 側の, 先刻とは, 八つくらい, 六つぐらいの, 別だ, 前垂れを, 動物みたいな, 勝負師には, 十三人しか, 取りあげられは, 口々に, 口笛を, 右から, 唐紙や, 問答の, 四人も, 坐りました, 多かった, 大きな張合い, 大よろこび, 大困りである, 天涯の, 子どもで, 子どもである, 子どもでも, 子どもどうしに, 子どもらしく, 子供達の, 寝入って, 山の, 山羊の, 岩が, 幾人も, 床の, 後でどうにでも, 怖い, 思いがけぬ道, 懐中電灯を, 手平鉦式の, 抛り出されて, 持て余し気味, 日が, 早い朝起き, 昔どおり珍し, 昔も, 暫しの, 木ぐつでがたがた耳の, 木刀を, 材木を, 櫂もつ, 欄干に, 次第に父, 止まりが, 武士と, 死骸に, 残らず集まって, 母に, 気が, 泣きだして, 泣く, 泣く泣くすわりこん, 浅草なんて, 湖に, 烈しく身, 焔の, 焼米袋, 狡猾そうな, 生まれるが, 産んで, 男女三人ある, 町の, 皆ケロと, 皆子どもに, 目を, 目下の, 知らないふり, 知らなかった, 答えなかった, 紙の, 縄の, 縄を, 美しいお菓子, 耳を, 聞き入れそう, 胎内に, 腹皷を, 自分たちの, 艪を, 親に, 言った, 貴方に, 賢吉じゃ, 賢吉君で, 赤くなっ, 追い込みの, 道の, 酒肴の, 酒肴を, 鉄と, 門を, 雁の, 雲雀の, 面白い, 駅の, 魚たちを, 黒いシャツ

▼ 子ども~ (263, 8.9%)

10 つれて 5 連れて, 集め氏人たち 4 さらって, 捜して 3 かかえて, 抱き上げて

2 [17件] あやすよう, おんぶし, さがしだして, じぶん, みたこと, バラバラに, 人じち, 倒しました, 愛するよう, 抱いて, 殺して, 相手に, 背負って, 見ると, 起さなけあいけない, 連れた女, 髪の

1 [195件] あずけられないと, あたいたちみたいに, あつめて, いじめたり, いっしょくたに, うらやんだ, うんだ, おなかの, おびえさせまいと, おびき出して, お授けください, かかえ僕, かぎ出すこと, かくしたの, かくしてさやさや, かたわの, かっさら, かっさらわれたばかり, かついで, かどわかして, からかったり, かわいがった人, ぐっとにらみあげ, ここへ, ことごとく甜めき, こわがらせたわけ, さがしだしその, さがしだすこと, さがしますと, さずかるよう, さらうよう, さらおうという, さらったり, さらわれて, しかるの, しばりつけて, しめ殺して, じっと見, じゅんじゅんに, すきな, せなか, その時代, たくさん置い, たずねなかった, だいて, だきおこしながら, ちょっと抱い, つきのけた, つくったらどう, つつんで, つれた人, つれた女, てこずらす場合, となりの, とらえて, とりもどしたの, とりもどすこと, どこにも, どこへ, なぐさめるだけの, ぬすみだしたん, ねかして, のこして, のぞいては, はっきり見る, はなして, ひっくくって, ひとりお, ひどいめ, ふたりも, ぶじに, ぶちは, もとの, よく御覧, りっぱに, わたしが, わたして, 一人かかえ, 三人乗せる, 中心として, 二度も, 亡くした, 他家へ, 使うの, 使って, 助けだして, 助けて, 助けられた恩, 励まし導いて, 危いところに, 取りもどして, 可愛がる夫婦, 呼びに, 哺育し, 四つの, 地の, 地下室へ, 大きな戸, 大切に, 妻の, 始めて蒲団, 学校に, 守る制度, 宿した, 寝床へ, 寵愛し, 屈ませ云々, 左右に, 差し上げたり, 幾十人も, 引きよせて, 引き連れ行列, 得意そうに, 心服せしめ, 応接間に, 愛し客, 愛する人々, 憎んで, 打ち捨てお, 打ったの, 打つこと, 抱いたまま老人, 抱えて, 抱え吠え面, 抱かせては, 抱きさき, 抱きに, 抱きました, 抱きましたが, 抱き取りました, 抱くに, 押したおしたり, 指さした, 探させたが, 探すため, 探すという, 攫って, 教えるつもり, 書くの, 楽しませること, 楽に, 欠食児童などと, 殺したの, 殺すこと, 無心の, 理解する, 甘やかすという, 生めば, 生んだわけ, 生んで, 産まないだろうと, 産むはず, 産んだ, 産んだこと, 疎略に, 盗まれても, 盗んで, 監禁した, 種に, 稽古に, 穴の, 突きとばして, 組織しよう, 置く席, 置く所, 育てて, 育てないやつ, 育てるという, 育て夫, 育て得ぬファン・エック, 自転車に, 薫陶した, 見かけた事実, 見かけなかったかと, 見せて, 見せませう, 見たしゅんかん, 見つめるよう, 見なさい子ども, 見ること, 観察し, 設けてるつまらない, 負い洟垂らし, 貴婦人は, 買い取って, 買ったからと, 買ったが, 透明に, 間に, 集めて, 集めようとしても, 集めんと, 養って, 養教育し, 養育できない

▼ 子ども~ (120, 4.0%)

3 はすっかり, はみんな新, はみんな砂利, ばかりボート 2 から, がたくさん, はがやがや, はぼくら, はみんな, は着物

1 [96件] からしょっちゅう, がかへる, がかわいそう, がさわぎ出した, がなんで, がひもじい, がみな, がみんないっしょ, がチョッキ, が代, が十人, が慈父, が死んだ, が水浴, が神主さん, が貝殻, だけが, ですか, と, ときたら, とそれ, とに投げ, ともかわらない, と共に無事, と同じ, と手触り遊び, に, にけいこ, にとってうれしい, にとってはただ, には知り, には苦労, には菓子, に孔孟, のうえ, のげんざい, の力, の勤勉さ, の性, の悪戯, の愛する, の戯れ, の歡呼, の眼, の耳, の謡う, の足, の頭, はいつも, はいろんな, はうらやまし, はこの, はこんな, はだれ, はどう, はどっと, はなにかと, ははしゃぎ抜いた, はまた, はまだもじもじ, はまるで, はみんな一度, はもう, はよろこん, はわけ, はわずか, は一せい, は一目散, は九十九里七日, は今日, は伝説, は何, は向こう, は年寄り, は思わず, は此, は知らずしらずかたまっ, は追, は追いつく, は飛びたつ, は麦めし, ばかり, ばかりでした, ばかりのボート, への愛情, やその, や肉親, よ, をあつかう, をいじめる, をそっちのけ, をなだめ, を討たす, を追い返した, を養, 迄がどうか

▼ 子ども~ (114, 3.8%)

5 なって 3 ちがいない 2 しては, 乳を, 教えて, 話して

1 [98件] あたま, ありがち, あれほど, いくらたずね, いたく泣き口説かれた, いはく, うけた先生, うながされて, うまれて, おとなしくしかし, かえってむがむちゅうで, かわって, げんこつを, これほど, これを, こんなかめ, さわられましたわ, しようと, すごろく, せびられるに, その御陵, たびたび出あっ, ちがいありません, ちょうどその, つかまって, つけると, とり囲まれて, どんな課業, なかなかさわらせ, なったの, なったり, なにを, ならんかい, なりすぎたもの, なり勝ち, なるか, なわを, なんの, ねだられて, はぐくませる乳房, ばけて, ばけること, ほかならなかった, みえる, むかって, むだぐちなんか, むだ口なんか, めでたいこと, やっつけられたと, やりました, よそよそしい感じ, わけて, レースの, 三びきの, 三字経を, 与えるナンゾ, 任せて, 会うなんて, 会って, 出あいました, 化けること, 向かって, 問えば, 土産一つ買っ, 変装を, 夜ふかしを, 打ちこんだ実践, 拾わせたって, 接しあと, 描かせて, 日本の, 早がわりし, 来いと, 板橋とやらの, 死なれて, 気を, 渡いて, 煎じ茶, 独唱させ, 甘える気もち, 用は, 白砂糖を, 相談を, 知られて, 肩身の, 自分と, 見えたの, 見えるの, 見おぼえは, 見せたこと, 見せること, 見せるばかし, 見つけられたん, 読ますため, 読ませるため, 近づいて, 関係が, 限ったこと

▼ 子ども~ (54, 1.8%)

3 同じよう 2 あなどって, いっしょに, おしの, 思うて, 遊ぶが

1 [41件] いえば, いっても, おとなが, おとなです, おとなの, お母様とが, さっしられたが, すぐわかります, すれば, そのお母さんたち, てなし, なる為, ふたりの, わかると, 一しょに, 一緒に, 云ふ, 仲よしな, 仲よしに, 会うこと, 口を, 同じな, 同じ遊び, 同様に, 同様女でした, 向かい合って, 喧嘩は, 売った先, 対等に, 思いながら, 朝朝の, 村の, 武士の, 母ばかりを, 犬を, 良心的に, 見る, 言ったところ, 言ふ, 話を, 違って

▼ 子ども~ (50, 1.7%)

1 [50件] あったが, あったとかいう, ありました, あります, ある, おらがの, おんなじだ, こなたへ, そうした桎梏, たくさんいます, たくさんいる, だれも, ついて, つよいインキ, できたが, できないよう, とられ女, どこへ, どんなに満足, なかった, なくうち, なくかよい, なくただ, なくたった, なく年, なく生活, なく若いもの, ほんの子ども, また成人, みんなこの, ジャックも, ポストの, 世間に, 人に, 何かの, 兄の, 勤労奉仕に, 可愛がるが, 同様であった, 女たちも, 泣いて, 生ませ父, 生まれたので, 生むだろう, 男も, 立ちどまって, 罰せられると, 自分の, 陸へ, 顔を

▼ 子ども~ (41, 1.4%)

43 な, ねえ 2 からな, ということ, といっ, ね

1 [23件] かよく, からただ, からな可憐, けれどけっして, けれどぼく, けれど頭, これを, だいじょうぶでござんしょう, というの, という観念, といったの, とおもっ, とてその, と思われ, と考えられ, なと男, のう, ましで, ましな, ましに, もんね, よといふ云, よキミ

▼ 子どもには~ (35, 1.2%)

2 ただ風の

1 [33件] いいたいこと, いつも子ども, うちで, おもしろくない, お咎め, きき分けが, さまざまな, そんなに学校, つまらない絵, とてもできません, とてものぼれない, どんな食べ物, ない, ひじょうにたくさん, また注意, よくない, わかりやすく, 両親が, 何の, 何よりの, 倍に, 多忙な, 嬉しくて, 少し無理, 感心しない, 手紙を, 死に別れ亭主, 気の, 泣きつかれるどうして, 目も, 考えにくい, 自制の, 興味が

▼ 子どもらしい~ (26, 0.9%)

2 声が, 思いつきでした

1 [22件] おとなしやかな, が, ぜ, ところが, まねは, ゆめで, ゆめの, 声で, 大人の, 思いつきが, 方法したがって, 氣持ちに, 氣持ちを, 注意の, 盲目さで, 稚拙は, 素朴過ぎた, 経緯だ, 解決を, 遊戯も, 闘争に, 顔で

▼ 子ども~ (25, 0.8%)

1 [25件] あつた, あらう, いたい, いるひま, おとうさんと, ござります, それが, たくさんだ, どうにもできなかった, はしごを, はなし, みた世界, りっぱな, ウジャウジャし, マユミさんが, 世の中を, 乳でも, 京都に, 修行中だ, 困りまする, 家を, 小学校六年生の, 居ようといふ, 村に, 良く育てあげなけれ

▼ 子どもみたい~ (22, 0.7%)

3 なやつ 2 なもの

1 [17件] だな, なさかな, なもん, な大きな, な好奇, な稚, な稚気, にいわれ, にそれ, にちっちゃい, に云, に小さい, に待つ, に扱われ, に泣き出した, に縋った, に足

▼ 子ども~ (22, 0.7%)

1 [22件] がしめつけられた, にいつも, にかたき, にはあの, には単に, にふしぎ, にも, にもすまない, にも不自然, にも何, にも多年召使, にも強く, にも恥辱, にも深く, にも私, にも細心, にも非常, に思い余った, に沁みた, のさせた, の憂い, の気まぐれ

▼ 子どもでも~ (21, 0.7%)

1 [21件] あの犬, あやすよう, こんなにおお, すこしばかり, そんな中, たしなめるよう, ないの, はいって, ばかには, わたしは, 七人も, 叱りつけるよう, 大ぜ, 小林君を, 弟子に, 書生でもという, 歌いながら, 舟を, 船を, 農夫だ, 遊びに

▼ 子どもでは~ (16, 0.5%)

3 なかった 2 ない, ないかと 1 あいてが, ありません, ありませんでしたが, ないが, ないのに, ないよう, なくて, なく口髭, 持てません

▼ 子ども~ (16, 0.5%)

1 [16件] からだ, にそういう, の寝, の心理, は, は兵馬, は囃し, は私, は見馴れぬ, は親達, は軍馬, までベソ, も待ちぬい, をあつめ, を失望, を迎い

▼ 子どもだまし~ (15, 0.5%)

3 だよ 2 のよう 1 さ, じゃない, にもほどがあら, のいたずら, の安, の安物, の手品, の虚言, はよし, みたいな

▼ 子ども~ (14, 0.5%)

3 のだ 2 んだ 1 のかい, のかさえ, のです, ので大きな, ので手, のね, んざままに, んだろう, んでしょう

▼ 子どもです~ (13, 0.4%)

1 [13件] からおまわりさん, からそれ, からちから, からどう, からなかなか, からべつに, からほか, がいま, がこんど, がピストル, が探偵, もの, よ

▼ 子ども~ (12, 0.4%)

31 かどわかしそうろうて, が何, が彼, が邪魔, と, の會話, の歌, はうれし, は竹竿

▼ 子どもばかり~ (9, 0.3%)

1 だった, だな, だ渓, でなくほか, では, で二夜, 三人やられ, 生むから, 集まって

▼ 子どもという~ (8, 0.3%)

3 のは 2 ものは 1 ことで, もの, ものが

▼ 子どもまで~ (8, 0.3%)

1 こんなひどい, だました, ひどいめ, 生まされて, 産んだので, 盗み出して, 福, 走りでて

▼ 子ども~ (8, 0.3%)

1 孫が, 孫たちの, 孫どもを, 村について, 若い婦人ら, 若い者, 貧乏の, 長年添うた

▼ 子どもだった~ (7, 0.2%)

1 かはいま, がそれ, ね, の, のであろう, のでしょう, むかしに

▼ 子どもっぽい~ (7, 0.2%)

1 いたずらを, しぐさな, し文章, ものを, 心意気と, 推理に, 追求に

▼ 子どもとは~ (7, 0.2%)

2 遊ばんでな 1 いうまでも, いえ免, ちがって, 全く変つて, 比較に

▼ 子ども遊び~ (7, 0.2%)

1 であったと, との境目, に柿, の戦ごっこ, の新旧, の興味, は全体

▼ 子ども~ (6, 0.2%)

1 でなくば, はっきりきめ, 一寸法師みたいに, 孫が, 手の, 誰か

▼ 子どもさん~ (6, 0.2%)

1 が大, が連れ, のこと, はこの, はもうちゃんと, も見えなくなっ

▼ 子どもながら~ (6, 0.2%)

1 あっぱれな, かえって度胸, 両親の, 先生に, 勇吉は, 母の

▼ 子どもひとり~ (5, 0.2%)

1 ぐらいだろう, して, ずつ抱きかかえ, で怪盗, を小姓

▼ 子どもカブトムシ~ (5, 0.2%)

1 です, に話しかけました, のあと, の中, はモゾモゾ

▼ 子ども~ (5, 0.2%)

1 が組織, ではいばっ, の最もよく, の活躍, も同じ

▼ 子ども部屋~ (5, 0.2%)

1 の方, の窓, の聖像, へかけこみ, へひきあげた

▼ 子どもから~ (4, 0.1%)

1 健坊に, 嫉まれるその, 朝食の, 近かった

▼ 子どもぐらいの~ (4, 0.1%)

4 大きさ

▼ 子どもこじき~ (4, 0.1%)

1 はどこ, は先生, は心配, をつれ

▼ 子どもどうし~ (4, 0.1%)

1 にお, の中, は関係, 負うて

▼ 子どもなら~ (4, 0.1%)

1 そうむつかしい, ただ勉強, ばじゅうぶん, ばなおのこと

▼ 子どもらしく~ (4, 0.1%)

1 なさ, まじめに, 先生と, 勉強できる

▼ 子ども二人~ (4, 0.1%)

1 で雌牛, の申した, はみんな, はもう

▼ 子ども子ども~ (4, 0.1%)

2 して 1 した罪, した表情

▼ 子ども~ (4, 0.1%)

1 が生まれ, にお, もいなくなっ, をあずかる

▼ 子どもさえ~ (3, 0.1%)

1 あった, ある, あれば

▼ 子どもじゃ~ (3, 0.1%)

2 ない 1 ないの

▼ 子どもであった~ (3, 0.1%)

1 がその, が永年, し歌

▼ 子どもである~ (3, 0.1%)

1 ことを, ように, 克巳に

▼ 子どもでした~ (3, 0.1%)

1 からあいさつ, からそれ, がおねえ

▼ 子どもとしては~ (3, 0.1%)

1 えらいこと, それは, 一つの

▼ 子どもとの~ (3, 0.1%)

1 ふたりきりで, 交渉は, 間の

▼ 子どもなど~ (3, 0.1%)

2 江戸土産とて 1 ひとりとして

▼ 子どもなんか~ (3, 0.1%)

1 いやしない, いるはず, つかまえて

▼ 子どもはやく~ (3, 0.1%)

2 日本へ 1 大和へ

▼ 子どもばかりを~ (3, 0.1%)

1 さらって, 折檻した, 残して

▼ 子ども~ (3, 0.1%)

1 いうよう, 菓子を, 頷いて

▼ 子どもへの~ (3, 0.1%)

1 愛情なんて, 愛情を, 過渡期に

▼ 子どもまでが~ (3, 0.1%)

1 ぎごちない, 真似て, 魏の

▼ 子どもをも~ (3, 0.1%)

3 寄せつけず知りませぬ知りませぬ私

▼ 子ども一人~ (3, 0.1%)

2 は国元 1 のこと

▼ 子ども同士~ (3, 0.1%)

1 がたがい, のけんか, の喧嘩

▼ 子ども扱い~ (3, 0.1%)

1 にし, にする, に似た

▼ 子どもあしらい~ (2, 0.1%)

1 にされ, に笑っ

▼ 子どもこの~ (2, 0.1%)

2 山を

▼ 子どもこれ~ (2, 0.1%)

1 は御, を採り

▼ 子ども~ (2, 0.1%)

1 てい, ていた

▼ 子どもした~ (2, 0.1%)

1 罪の, 表情が

▼ 子どもじみ~ (2, 0.1%)

1 てゐる, て見え

▼ 子どもじゃあ~ (2, 0.1%)

2 ない

▼ 子どもだって~ (2, 0.1%)

1 いうん, いっしんは

▼ 子どもであり~ (2, 0.1%)

1 ながらなんと, ヘイと

▼ 子どもでさえ~ (2, 0.1%)

1 あれば, あれほどの

▼ 子どもでしょう~ (2, 0.1%)

2

▼ 子どもとが~ (2, 0.1%)

1 楽しさうに水, 私と

▼ 子どもと共に~ (2, 0.1%)

1 ベソを, 蛇に

▼ 子どもなどが~ (2, 0.1%)

1 地境に, 物言ふ

▼ 子どもなどは~ (2, 0.1%)

1 もうおびえあがっ, もうこういう

▼ 子どもなどを~ (2, 0.1%)

1 産んで, 見かけぬ訣

▼ 子どもばかりか~ (2, 0.1%)

1 その子, まごも

▼ 子どもばかりの~ (2, 0.1%)

1 集まりだ, 食事を

▼ 子どもまでを~ (2, 0.1%)

1 一殿に, 加えても

▼ 子ども~ (2, 0.1%)

1 てえ, てえな

▼ 子どももの~ (2, 0.1%)

1 じゃよ, に向くだろう

▼ 子ども~ (2, 0.1%)

1 子どもよ, 薔薇の

▼ 子ども~ (2, 0.1%)

1 ぽい好意, ぽくなり始め

▼ 子ども七人~ (2, 0.1%)

1 が一, 腰かけて

▼ 子ども仲間~ (2, 0.1%)

1 でする, の年中行事

▼ 子ども大和~ (2, 0.1%)

1 へはやく, へ早く

▼ 子ども岡燒~ (2, 0.1%)

2 ながら弄

▼ 子ども時代~ (2, 0.1%)

1 から食いもの, にはねぎ

▼ 子ども観察~ (2, 0.1%)

1 の記録, を描き得

▼1* [153件]

子どもあれはきみ, 子どもいっつもお話し申し, 子どもお話して, 子どもかと思われる人たち, 子どもからのやくざです, 子どもからもおとなからも, 子どもがく問いたし, 子どもがべちゃべちゃ騒ぎだしたと, 子どもきりだつた, 子どもくらいの大きさ, 子どもこちらは何十人, 子どもごころにも僕, 子どもさんたちがけんのん, 子どもしか試みない戯れに, 子どもじみた表現を, 子どもすべてそれがし, 子どもそのものにも不思議, 子どもたちおまえら知って, 子どもたちおれのおそろしい, 子どもたちかわいそうに, 子どもたちきみたちの尊敬, 子どもたちふたりが絞め殺した, 子どもたちふたりっきりおきざりに, 子どもたちみんなを笑わせた, 子どもたち元気を出せ, 子どもたち明智先生のからだ, 子どもだけでなく大人, 子どもだけがいいの, 子どもだけしか面白がらぬ, 子どもだけでもじつに六十人, 子どもだけはいいな, 子どもだったじぶんわたしの, 子どもだったらどうする, 子どもだのなんのっ, 子どもってまァほんとに, 子どもつまづきしばらく, 子どもであっても木登り, 子どもであるなら同じうち, 子どもでございますから, 子どもでしたらこわくて, 子どもでないのも, 子どもでなくては言えぬ, 子どもでなけりゃはいれはしない, 子どもといふやつは, 子どもとしか見て, 子どもとして取り扱われ自分, 子どもとてもふたり力を, 子どもとでもいうよう, 子どもとともに生きようと, 子どもとにまかせて, 子どもとも別れて, 子どもどうし話をおし, 子どもなかまでもそう, 子どもながらにも幾何学だけ, 子どもながらも明智探偵の, 子どもなら出はいりができない, 子どもなりに豊かな, 子どもなんかに目も, 子どもなんかも小林少年に, 子どもなんだか見たよう, 子どもについてまっさきに心配, 子どもについての悩みは, 子どもについてはいわれる, 子どもにでもいうよう, 子どもにとってはこれは, 子どもにとっても先生にとっても, 子どもになつて村の, 子どもにまでこの顔, 子どもにまでもバカに, 子どもにも解説し得る, 子どもにゃ両親が, 子どもに対して持つ愛着, 子どもに対してもみかんひとつまけ, 子どもに対するように, 子どものくびがはいたつされるのをまってその, 子どものちこくだけは, 子どものみが相続し, 子どものよこを, 子どもはへいきです, 子どもばかりが藝術で, 子どもばっかりでこんな, 子どもばんてん, 子どもひめいをあげる, 子どもふたりだけでおじゃま, 子どもへも口ぐせに, 子どもほっておきなさい, 子どもほどちがいましたが, 子どもみたような, 子どもみな喫ひたりき, 子どももしくは心の, 子どもよりもっといくじ, 子どもらしい笑い方を, 子どもらしかった頃に, 子どもらしくない西洋の, 子どもらしくなっていた, 子どもらしくわらうそうしてこう, 子どもらふたりの心, 子どもをかへせ, 子どもアザラシが五頭, 子どもコトシロヌシの神, 子どもチンピラ隊にはちゃめ, 子どもライオンの毛皮, 子ども三人とはひと月, 子ども三人夫婦をあわせ, 子ども乞食こそほか, 子ども事代主の神, 子ども二三人を突き倒された, 子ども二神の白, 子どもにて頼, 子ども人形の顔, 子どもして, 子ども俊一君じゃない, 子ども光る木によ, 子どもは近辺, 子ども可笑しがりて, 子ども同士がたがひ, 子ども同様にし, 子ども向きのお伽噺, 子ども喧嘩をし, 子ども地蔵が安置, 子ども好きな秀吉, 子ども寄せに吹い, 子ども岡焼ながら弄, 子ども必ず礼拝し, 子ども愛人まだ生れない, 子ども戯わざな為そ天地, 子どもへて榜ぎ出む, 子ども昌一君とその, 子ども時分から聞きこん, 子どもを用意, 子ども朝暮之歎, 子ども槍薙刀をひっさげ, 子ども櫟津の檜橋, 子ども殺しをやった, 子ども炬燵の間, 子ども狂業なせそ天地, 子ども生活の観察, 子ども百八十神は八重事代主, 子ども歓びて, 子ども皇祖の御, 子ども相手に他念, 子ども等弟妹また老いたる, 子ども管理の具体的, 子ども自慢をし, 子ども自身子どもの眼, 子ども菓子をやる, 子どもがわるい, 子ども道化師たちもなんとも, 子ども間接授業の子どもたち, 子どもに競, 子ども香椎の潟, 子ども騙しには違い, 子どもをヒクヒク