青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「山々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

展~ ~展開 展開~ ~属する 属する~ 屡々~ 層~ ~山 山~ ~山々
山々~
山上~ 山中~ 山口~ 山崎~ 山本~ 山田~ 山脈~ 屹度~ ~岡 岡~

「山々~」 1637, 18ppm, 6461位

▼ 山々~ (409, 25.0%)

12 上に, 姿を 6 間に 5 こだまは, 姿が 4 上には, 峰は, 頂は, 頂を 3 中に, 峰が, 峰を, 空へ, 雪が, 麓には

2 [24件] あいだを, あたりには, ように, 奥から, 姿や, 峡を, 峰の, 巓は, 影が, 影も, 景色は, 眺めである, 緑が, 美しさ, 肌が, 色の, 襞に, 襞までが, 見ゆる限り, 間を, 雪も, 雪を, 頂が, 頂に

1 [287件] あきち, ありかさえ, いかにも大和, いずれより, うしろから, うちどれか, かげのくらい, かなたに, かなたには, かなり正確, くらくなる, ことであり, ことみたいだ, こんもりしげった, ごとく何, さらに奥, たたずまいも, ただずまい, ために, ため指ざす, てっぺんを, ところである, どこかに, なかでも, ながめ, はにかみ笑, はるかの, ひしと再び窓, ふところで, ふところへ, ふとした一つ, また谷川, みどりの, みどり木草の, もつと, やうでした, ゆるやかな, ゆれるよう, わか葉も, クッキリと, 一つに, 一ト列りのむ, 一滴の, 一部分も, 上から, 上すれすれに, 上にも, 上の, 上の空に, 上の空には, 上の空の, 上を, 上方だけ, 上方だけが, 下に, 下敷きに, 中から, 中でも, 中にも, 中夕日の, 中腹に, 中腹以下は, 主山々嶽, 事に, 五千メートルから, 何かの, 何物をも, 傾斜が, 円形劇場に, 凋落が, 前に, 勾配が, 半腹, 単調さ, 合間に, 名が, 名は, 名も, 名を, 向うから, 向うで, 向うに, 地肌にだけ, 壁によって, 夕ば, 外には, 外線とは, 夜気に, 天狗が, 天狗名乗り, 奥には, 奥深いところ, 奧に, 姿であった, 姿なぞ, 姿に, 姿は, 姿も, 宏大な, 容の, 容を, 尾根, 尾根が, 尾根を, 山ひだが, 峯が, 峯には, 峰と, 峰続きが, 峽を, 嶮しい, 嶺が, 嶺より, 巓を, 巨大な, 廣漠たる, 形を, 形態と, 影の, 影を, 影樹木の, 影響も, 彼方から, 彼方に, 彼方を, 懐ろ深く, 所在も, 所在を, 打重なった, 数多く連なり立ち, 方々に, 方から, 方を, 景色が, 景色を, 景色眺め, 景観には, 書類を, 書類等さえ, 木の芽も, 木の葉が, 木を, 木立に, 木立を, 末かけ, 末端に, 杜から, 枯れた姿, 桟も, 棘, 樹, 樹木まで, 櫻の, 歌を, 段々畠, 泉を, 濃淡いろいろなる, 濃緑から, 火気が, 炭焼小屋まで, 烏が, 無数の, 燃え立つよう, 特徴は, 狗賓餅或いは, 獣までが, 男振り見よ, 白い嶺, 皮膚が, 盗伐を, 盛んな, 相も, 相互の, 眺めから, 眺めと, 眺めとを, 眺めに, 眺望が, 眺望の, 眺望は, 眺望や, 神としての, 秋色その, 稜線は, 空には, 紅葉, 紅葉が, 紅葉は, 紅葉も, 絶頂も, 緑の, 緑も, 緑を, 線に, 線は, 線を, 繞って, 美しい景色, 美醜長短を, 群がる方面, 聳えて, 肌だった, 背くらべ, 胸や, 脈状を, 腰から, 腰を, 色が, 色も, 花の, 若葉に, 茅薄と, 草木も, 荒漠たる, 荘厳な, 蔭を, 蕭条たる, 薄墨の, 虚しさ, 行止まりの, 衣紋は, 裾に, 裾まで, 裾や, 裾を, 裾野原が, 襞その, 襞には, 襞まで, 襞を, 要所要所, 見晴し, 話なぞ, 語り得ぬ不思議, 谷に, 谷の, 谷間に, 谷間を, 起伏した, 起伏の, 蹲りが, 輪郭を, 連り, 連りだ, 連続である, 遠く近く, 遠景を, 遥の, 重なり, 重なり工合, 重なり明るい, 重畳を, 重複で, 銀と, 長い尾根, 間から, 陰へと, 雄々しき姿, 集まりなどを, 雑木紅葉歩, 雨に, 雪の, 雪や, 雪解けの, 雪解水を, 雲は, 霞は, 霧より, 青肌, 青葉が, 青葉を, 静かな, 静寂が, 静寂は, 静止する, 面を, 頂きに, 頂きには, 頂とを, 頂には, 頂の, 頂巓には, 頭を, 風景を, 高い峯, 鮮な, 黄葉を

▼ 山々~ (211, 12.9%)

5 なごりなく 4 見えて 3 くっきりと, 見える, 連って 2 そんな雨, 夕明りの, 屏風の, 恐ろしいほどの, 雪を, 青く霞ん

1 [181件] あざやかに, あったし, あつた, ありますが, ある, いつもぬれ, いまや積雪千丈, いま眠りから, いわゆる手, うっすらと, うなずくもの, うらうらと, くつきりと, この湾, こんもりと, しだいに遠ざかる, そうし, その両, その海岸, それに, たけくらべする, ただちにこの, たびたびゆく, ちぢこまって, ちょうどもう終ろう, つらなり遥か, なつかしく都会, のしかかって, はっきりと, はっきり見えた, ひっそりと, ほとんど垂直, ぼんやりした, ぼんやりと, またこの, また浮ぶ, まだ冬, まだ後方, まだ雪, ま正面, みんな見えます, やって, ようやく紅葉, よく見えた, クッキリと, ポーッとして, 一ノ瀬部落の, 一列に, 三陸の, 上の, 両袖, 並んで, 中腹に, 今は, 今までは, 低くよこたわっ, 何日も, 余り高くっ, 全部小, 八重波の, 初冬の, 刻一刻と, 劃って, 取り囲んで, 同じく白, 四哩ほど, 固黒く縮こまっ, 夕日に, 多いの, 好きな, 如何に, 実景に, 少し遠く, 屏風を, 巓の, 幽かに, 幾重にも襟, 広く長く根, 延々と暁, 微かな, 懷を, 手に, 打ち連なって, 持つ怪奇, 揺れて, 数を, 日々に, 日一日と, 昨日か, 時には見えかくれ, 晴れた空, 暗い紫色, 暗い闇, 暗く紫, 更に一段, 望まれた, 望まれたさまざま, 松の, 果てしも, 次々に, 次第に後方, 比良比叡, 波の, 波を, 流れて, 淡く浮い, 淡く見える, 湖西に, 澄み切つた空, 火を, 灰色に, 煙ったよう, 熊の, 異常に, 白くなりだした, 白く見える, 皆昔時の, 目覚める思ひを, 真っ青な, 真白に, 碧く, 禿山な, 私の, 空高く, 篠突く, 紫がかった, 紫色に, 絵の, 続きその, 続きます, 緑に, 繞って, 美しいと, 美しく聳え, 聳えて, 聳えては, 肩を, 膚は, 茫つと, 覆ひかぶさつて, 見えたらどんなに, 見えたり, 見えにくく, 見えはじめた, 見えるし, 見えるなど, 見えるの, 見える筈, 見える通り, 見え出した, 視界に, 谷の, 谺する, 近く見える, 迫りその, 連つて其山腹に, 連なって, 連なりこの, 連日霞み暮す, 遙, 遠く霞ん, 遠く黒ずん, 遠近にな, 遥かの, 酒の, 重なって, 重なり合うて, 重なり合って, 重り合って, 重畳と, 限りも, 陽に, 雲の上に, 青く重なり, 青葉に, 面に, 驚喜の, 高いの, 高く低くくっきり, 黒いビロード, 黒く十三浜

▼ 山々~ (207, 12.6%)

5 深く 3 た, 緑に 2 いよいよあざやか, まだ冬, みな一面の, 暗紫色に, 焼跡の, 髻に

1 [184件] あまりに親し, あるひ, いくたび, いずこ, いずれも, いつの間にか乳色の, いつもえんえんと, いつも雪雲, いまや飛雪, いよいよ近く, きっともっと秋めいた, ことごとく北, さすがに, すっかり林檎畠, すでに白日, すでに皓月, すべて雙眸に, そういう姿勢, そうでなく, その秀麗, それぞれの, ただ一面, たれこめた雲, ちやうど, どこも, どれも, どんなに小さい, なべてこの, なほ薄, なんだ, ほんのりと, ますます深く, ますます高く, まだ三月末頃, まだ枯れ枯れ, まだ消えやらない, まだ眞白, まったく無, まったく装い, まるで一様, みどりの, みな千年の, みるま, みんなこんな, みんな眠っ, もうたっぷりと, もう傾いた, もう夕靄, もちろんの, やや遠い, ゆるやかな, ジャングルに, 一様に, 一面の, 七月下旬まで, 不安と, 人が, 今は, 低い空, 何故私, 何時しか暗い, 何時の間にか後, 來り, 僅に, 元より, 八ヶ岳でも, 八月にも, 八路軍が, 午後の, 半ば雲霧に, 半分霧の, 唯僅か, 回帰線でも, 地球の, 変って, 夏期日光を, 夕の, 夕映えの, 夕陽に, 夕靄の, 夜の, 大きな城, 大体そういう, 大和平原を, 孰れ, 宛がら行手を, 富士白山立山三禅定の, 尤も低い, 屏風を, 山の, 嶮峻に, 左右へ, 幾重にも遠く, 急に, 悉く雲, 揺れ動き叫び, 揺れ動き叫びあおうと, 搖り, 教団を, 敵に, 斑らに, 日ならずし, 日一日と, 早くも, 明け急ぐ, 星の, 春霞の, 晃, 暗くなりかけ, 曙の, 桔梗色に, 槍も, 標高僅かに, 次第次第に, 此の, 残雪が, 波の, 津軽地方に, 淡い樺色, 深緑を, 濕衾を, 濛々と, 灰色の, 炭焼き地だ, 申すに, 略高, 白くけわしくそびえ, 白馬戸隠妙高赤倉そして, 皆白雪を, 皆黄昏の, 目が, 目映ゆき, 真白である, 眼前に, 矗, 硯を, 私の, 稲妻の, 空との, 紅葉かつらぎむかへまつらふ, 紅葉に, 累って, 細かく細かく小, 美しく鮮, 而し, 背後の, 自分たちを, 荒く重たく自然, 萌黄浅葱や, 蕎麥でなけれ, 薄い朝霧, 薄墨の, 裸岩の, 裾から, 見事な, 言ふも, 連なって, 遊興と, 過ぎし日, 道も, 遠く隠れ, 遠山川が, 重く暗い空, 長い山脈, 隠れて, 雄大であり, 雨も, 雪だつた, 雪で, 雪の, 雪を, 雪嵐に, 雪解の, 雲の, 雲を, 青くけぶり, 青葉に, 高くない, 高くは, 高く嶮, 麓すら, 麓と, 黒くなっ, 黒く落ち着い

▼ 山々~ (189, 11.5%)

12 眺めて 4 背景に, 見せませうと, 見て 3 望むこと, 見ながら, 見ること 2 めぐらし練兵場, 包んで, 呪い都会, 望み見る感じ, 汽車の, 源と, 照し, 眺めた, 越えて, 輝

1 [136件] うしろに, うずめて, うろつき回つて, この矮樹林, すかして, その背後, てらして, とじこめて, ながめて, ながめました, ひかえ加, へめぐって, めぐりはしなく, ゆすぶった, ゆっくり仔細, パノラマの, 一周し, 上下し, 今は, 仰いでは, 併合した, 写生した, 包む緑, 北海の, 右手に, 埋めて, 埋める森, 大観した, 奥山と, 客に, 展望する, 山々に, 巡り始めるの, 巨人達と, 廻って, 征服した, 後ろに, 得意に, 微かに, 志して, 思って, 急に, 愛するが, 憧憬した, 懐かしく眺めわたす, 持つ大町, 指さして, 指さす, 描く, 撫で, 撮影する, 教えて, 数えて, 最も散文的, 望み九十九島, 望み山, 望むあたり, 望む美し, 望んだ, 望んだとき, 望んで, 染めて, 染め出して, 歩いて, 歩きはじめた今, 歩き廻つたこと, 段々に, 浮かせて, 淋しげ, 深く閉じ, 無願伐採, 照らして, 照らすと共に, 生れて, 盟主に, 真っ青に, 眺め, 眺めてから, 眺めては, 眺めながら, 眺めやつ, 眺めるからこそ, 眺めるとき, 眺めるところ, 眺めるばかり, 眺め出して, 眺め回わし, 眺め泣き伏して, 眺め腰, 眺め雲, 眼の, 私は, 紹介する, 縫うて, 翁は, 翳して, 背に, 背負った穂高村, 行手に, 見あげること, 見せて, 見せましょうと, 見た, 見たの, 見つけると, 見つめると, 見ては, 見よ, 見るが, 見ると, 見わたして, 見上げ見下した, 見晴らす明るい, 見渡しても, 見直すと, 見越して, 見較べて, 見馴れて, 調べてから, 谷, 越え人, 越したの, 踏まえて, 踏みわけて, 輝かす有様, 轟き渡る吹雪, 送り迎えて, 透かして, 通抜ける, 遠くから, 遠く後ろ, 重ねに, 開いた時代, 隔てて, 飛び廻って, 駆け影

▼ 山々~ (123, 7.5%)

4 こだまし 2 どこか, まだ雪, 反響し, 反響する, 囲まれて, 正三は, 沿うて, 相対し, 青白い夢

1 [101件] あたつた光り, かこまれたお, かこまれた中腹, かこまれた小さな, かこまれた広い, かぶさった遠く, かぶさって, こだまさせ, さえぎられた狭い, さしかけた, さへぎられた狭い, さまよいこみその, すめる者, ずっとクラブ, せばめられたせまい, たいまつの, つつまれた霧, つづく村落, とっぷりと, はるかに, ひびいたと, ふって, ふつてを, まつわりついて, むら消, 一大賊が, 七十五十と, 仰せ付けられ前, 入りお, 全く雪, 再遊, 到着し, 包まれた渓谷, 反響させ, 取り囲まれた谷間, 取り巻かれた峡谷, 取囲まれた静寂, 向かって, 向けずには, 向って, 啼くモナクナ鳥, 四方を, 囲まれること, 囲れ, 垂れかかった厚い, 大きな陽, 大雨が, 太い花環, 射放すそう, 對し, 就いて, 居るの, 彼等の, 愛する者, 或は牧場, 拠って, 掘りまくられ亮作, 接した部分, 控えて, 旅し去っ, 映り刻々, 春が, 暮が, 曳いた其の, 木霊し, 未だ雪, 樹木ひとつなく, 橋に, 水源を, 煙って, 猥雑な, 画られた, 登られるよう, 登られんこと, 登る予定, 真に目覚め, 眼を, 秋が, 立ちこんで, 立つ, 終る大きな, 至る迄, 落ちた, 行き藤, 見え出してから, 見ること, 見入って, 視界を, 警笛の, 谺する, 赤丹ぬるなる, 近き處, 連つてゐる, 金を, 隠れ潜んで, 霧の, 響き夜気, 響き谷, 響くと, 鳴りわたり立ち樹, 鳴り渡った

▼ 山々~ (67, 4.1%)

4 まん, 愈々遠く 2 いつもは, 灰色の, 田も, 眼下に, 野も

1 [49件] ある, あるいはまた高天原, うしろに, おおく南, ことごとく桜, ごちそうの, また恋せよ, まだ麓, みな急峻である, もういつのまにか一面, トランシルバニヤも, 今は, 今日は, 他地方, 何の, 動き今, 四方に, 容を, 尚天, 悉く姿, 愈遠く, 日中の, 昨日今日は, 根を, 森も, 残りなく, 浮き上る, 痩せ淋, 白い雲, 皆嫁く, 眺めて, 緑色を, 能ぞ, 見えず新月, 見えず湖水, 見えた, 親しくは, 谷も, 谷川を, 遠いとすれば, 遠くうしろ, 重苦しい夏, 隠れて, 雪雲に, 雲の, 霧に, 霧野も, 高い丘, 鮮かに

▼ 山々~ (39, 2.4%)

3 がお, がそれ

1 [33件] がしかし, がせい, がせめて, がそいつ, がそう, がその, がどうしても, がまだ, がもう, が一行, が今, が佐々木小次郎, が何分さし, が余りに, が前後, が各, が待て, が心から, が恥しい, が本隊, が現在医師, が相手, が追, けどねむれやしない, けれどその, けれどもこれ, けれどもね土屋さん, けれども齢, けれど檀那様, けれど離れろ, しこの, と子供達, どもよ

▼ 山々には~ (37, 2.3%)

3 雪が 2 まだ雪

1 [32件] あま雲が, いちいち古城址, うすくも, それが, ちょっと拾っ, まだかなり雪, まだ白雪, まだ秋, まだ秋風, まだ鮮やか, みかんが, みんな赤や, やはり小径, ヒダだけで, 一兵も, 九月の, 今でも, 初夏が, 名の, 安房に, 小さい入口, 戦争中敵の, 斑らな, 日本諸国の, 昔から, 樹木が, 此頃は, 段々畑が, 猪が, 真っ白の, 雪も, 雲もか

▼ 山々から~ (31, 1.9%)

2 中国辺に

1 [29件] こっちの, ふっつり消える, りょうりょうと, わけ出, 一なだれの, 五箇荘を, 伯耆の, 何万という, 切出い, 受けた最も, 吹き送られて, 大きい鷲, 幾百と, 幾羽も, 撈取した, 沢山出まし, 海を, 湧いて, 溢流する, 滴りでて, 瀟, 琵琶の, 瞰下され, 粉雪は, 細い青い煙, 西は, 谷の, 起こる雲, 鋭い風

▼ 山々~ (29, 1.8%)

2 谷, 遠くの

1 [25件] おおかわ, しめりけを, その下, その村里, また川中島, もう紫色, ドニェープルが, 僻地の, 加賀の, 半島は, 妙法や, 対岸の, 山々の, 岸に, 広々と, 柔かい大空, 森の, 森林の, 海, 温泉の, 田畑が, 絶壁, 銅山の, 隣村では, 高台の

▼ 山々~ (16, 1.0%)

1 [16件] あつた, ござります, しかも短命, せうが, それが, ちやうど数千の, 五六十の, 北には, 取囲まれて, 最も早く, 獣の, 聞かせて, 衞戍病院長と, 見えぬ目, 追分に, 道の

▼ 山々~ (14, 0.9%)

1 [14件] いくらも, 其抱擁する, 別れて, 家と, 小島大島とは, 山麓が, 岩壁と, 左右の, 市街との, 森林とを, 畑小さい, 裸に, 長汀曲浦の, 麓に

▼ 山々である~ (13, 0.8%)

1 [13件] がこんな, がさりとて, が上がれない, が今, が今や, が何せ, が僕, が到底, が和製, が彼, けれどもしかし, と答えた, のだ

▼ 山々~ (13, 0.8%)

1 [13件] かけての, 一時に, 上がって, 入る第, 名残りを, 天頂の, 探鉱に, 木精に, 登って, 登る人, 立ち戻って, 行っても, 逃げ込んで

▼ 山々~ (12, 0.7%)

5 んです 3 んだ 1 のだ, んでしょう, ンだ, 念に

▼ 山々です~ (11, 0.7%)

21 がお貸, がそれ, がまだ, が一方, が出す, が家, が序, が私, けど

▼ 山々なれ~ (7, 0.4%)

1 どもねさ, ど受けられぬ, ど吾, ど四隣, ど聞い, ど自分, ど雨

▼ 山々まで~ (7, 0.4%)

1 いかにも打ちひらいた, はっきりと, はっきり見えた, 望まれるので, 桔梗色に, 着いたの, 鮮に

▼ 山々だった~ (6, 0.4%)

1 が, があの, がさりとて, が主筋, が行成風, ので

▼ 山々では~ (6, 0.4%)

1 あったが, かなり高い, これからまだ半月, みんなが, 内地の, 紅葉が

▼ 山々にも~ (6, 0.4%)

1 その奧, 新粟, 木々にも, 薬草採りの, 近いゆえ, 霞たなびきそめ

▼ 山々その~ (5, 0.3%)

1 下の, 先に, 峰に, 手前が, 高く聳えた

▼ 山々であった~ (5, 0.3%)

1 がお, がそれ, がただ, が何分, けれど思いやり

▼ 山々でございます~ (5, 0.3%)

1 が, があまり, がじつは, が仔細, しあの

▼ 山々ある~ (4, 0.2%)

2 が最う 1 ぞ, 樣で

▼ 山々すら~ (4, 0.2%)

2 見えなかった 1 殆どその, 殆ん

▼ 山々でした~ (4, 0.2%)

1 がこう, がここ, がその, がどう

▼ 山々へは~ (4, 0.2%)

1 ほとんどこども, 冬の, 初雪が, 雪でも

▼ 山々でも~ (3, 0.2%)

1 もう十兵衛, 時により, 眺めて

▼ 山々あります~ (2, 0.1%)

1 が一々, ゆえ

▼ 山々あれ~ (2, 0.1%)

1 ど忘れ, ど筆

▼ 山々こそ~ (2, 0.1%)

1 三菱美唄三井美唄北炭井華古河以下大小炭鉱の, 北海道中心の

▼ 山々だけが~ (2, 0.1%)

2 いつまでも

▼ 山々との~ (2, 0.1%)

1 間に, 関係に

▼ 山々とは~ (2, 0.1%)

1 よほど感じ, 比較に

▼ 山々とも~ (2, 0.1%)

1 お別れ, 別れること

▼ 山々ながら~ (2, 0.1%)

1 一方また何, 一方又何

▼ 山々などは~ (2, 0.1%)

2 確かに

▼ 山々までが~ (2, 0.1%)

1 根柢から, 横にな

▼ 山々~ (2, 0.1%)

2

▼ 山々より~ (2, 0.1%)

1 いでたり, おろし來

▼ 山々をも~ (2, 0.1%)

1 眼の, 見んなど

▼ 山々上高地~ (2, 0.1%)

2 や奥白根

▼ 山々~ (2, 0.1%)

1 には甲斐, の御嶽

▼ 山々展けた谷~ (2, 0.1%)

1 見霞むやう, 見霞むよう

▼ 山々峰々~ (2, 0.1%)

1 が碧瑠璃, の雪

▼ 山々思ふ~ (2, 0.1%)

1 恋ふ, 戀ふ

▼ 山々~ (2, 0.1%)

1 に取る, に取る如く見え

▼ 山々近く~ (2, 0.1%)

1 は小野子, 見えて

▼1* [110件]

山々あったのである, 山々いよいよ近づくを, 山々おしなべてものや, 山々かくれて夕立, 山々かすみいりあひの, 山々かすみ入相の, 山々からの縁談も, 山々こそは日本最大の, 山々こちらは紀伊, 山々ばかり高く, 山々しかし左様は, 山々しんしんと降る, 山々そうして, 山々そういうものは, 山々そういったものを, 山々それから磧の, 山々だったろうが両人, 山々だろうと思っ, 山々でありながら敵, 山々でござんすが, 山々でしょうが源七どん, 山々でなければならぬ, 山々とが実に美しく, 山々どすけど今, 山々など殆ん, 山々などが眉に, 山々などを見渡すと, 山々にて取り囲まれたる平地, 山々によって平野から, 山々による境界が, 山々に関するもので, 山々のみは嵐を, 山々はずつと遠いから, 山々はよかつた, 山々ばかりだ, 山々へのノスタルジアに, 山々までもとどろき渡る, 山々もみづるはじめて父となり, 山々やに別れを, 山々願はくは, 山々よりも高いところ, 山々よろしく願上候, 山々を以て圍まれて, 山々イヤ絵に, 山々低ク, 山々サウロ彼の殺される, 山々ヒースの茂み, 山々逃ゲノボリ候ヲ, 山々一眼にあり, 山々に小鼓, 山々今井飯倉三田あたりの里, 山々信州より丸し, 山々は東山阿弥陀ヶ峯, 山々古代の旅人, 山々右手には美しい, 山々地上の富, 山々から夫, 山々奈良の方, 山々奥深い原始林なだらかな, 山々奥深くにたてこもっ, 山々のすぐ, 山々富士を除いた, 山々小山を作り出した, 山々くれど, 山々山骨黄色く現われ, 山々でさえも東北, 山々察し申上候へども, 山々御座いますがまた, 山々恰もこの村, 山々ひは, 山々へた, 山々昇仙峡の谷, 山々更に瀬戸内海に, 山々書いて贈った, 山々染むるもみぢ葉の朱, 山々此方の峰々, 山々の入江, 山々焼津に越える, 山々申さねば相, 山々男体女体太郎山丸山などが秋, 山々白雲の中, 山々皆冬枯の薄紫, 山々皆雪白地蔵鳳凰の兀立, 山々皆鮮かに望まれる, 山々目の下には湖水, 山々むれば, 山々秀でた峯深い, 山々の広い, 山々に暮れん, 山々経歴し見候, 山々の旗, 山々蟋蟀などの啼出, 山々ゆ, 山々見廻はし, 山々見渡せば花ざかり, 山々谷底を野伏同様, 山々谷林のさま, 山々越後の山, 山々近く道に逼らん, 山々連なり立てるが中, 山々連綿して, 山々遠く平野が, 山々金峰山八ヶ岳立科山が虚空, 山々は白し, 山々霞み入合, 山々静かに夕日, 山々からねど翠, 山々高き崎, 山々高く聳えたる間, 山々高し水遠し