青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「富岡~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~寄せ 寄せ~ ~寄っ 寄っ~ 寄り~ 寄る~ 密~ ~富 富~ 富士~
富岡~
~寒 寒~ ~寒い 寒い~ 寒く~ 寛~ ~寝 寝~ ~寝た 寝た~

「富岡~」 1483, 15ppm, 7308位

▼ 富岡~ (720, 48.6%)

32 ゆき子の 15 自分の 11 おせい 8 ゆき子を 7 煙草を 6 ふつと, 急に 5 眼を 4 こ, 思ひ切つて, 煙草に, 返事も, 黙つて

3 [11件] あわてて, まじまじと, ゆき子が, 不思議な, 何も, 呆ん, 妻の, 炬燵に, 疲れて, 病人の, 邦子の

2 [38件] いまは, このま, さうし, そこに, そのま, それも, むつくり起き, ゆき子に, ベッドの, 今度は, 仕方なく, 何かで, 何の, 何処かで, 何気なくゆき子, 冷い, 別に, 壁に, 外套の, 女の, 女中に, 寝床に, 少しも, 思ひ出して, 振り返つた, 東京で, 死んだお, 清吉に, 清吉の, 炬燵の, 猛烈な, 硝子戸を, 肚の, 自然に, 苦笑し, 酒を, 雨の, 頭が

1 [501件 抜粋] あきらめたやう, あぐらを, あの家, あまりい, あゝそんな, いざと, いつもに, いまでも, いまにな, うつとりと, うつらうつらと, うとうとし, うとうとと, おせいと, お互, お前にも, かいぼう, かうした会話, かなり酔, き, きまぐれな, くたくたに, ぐうつと一息に, ぐわうぐわうとものすごい, こざつぱりと服を, このごろ以前の, このごろ材木商の, この一ヶ月す, この八重岳, この無, この現実, これからさき, ごろりと寝転び, ごろりと横, さう, さつ, さつき何事も, さつぱり, しみじみと, じいつと, じろりとゆき子, すぐ部屋, すぐ雑沓, すつかり疲れ, すわつた眼, ずうつと, そな, そのやう, その名刺, その当時, その手, その時, その死者, その皮膚, その酒, それで, それでも唄, そんなラジオ, そんな事, そんな小説, たまらなくな, だが不幸, つかつかと, つくづく官吏生活, つぶやく, とりのぼせて, とろりと, どうしてゐるだらう, どうする, どんなところ, なつかしい人, なつかしい仏印, なやましい眠り, なるべく加野, にやにや笑, ぬるい炬燵, はいつて, ぱつと眼を, ひそかに, ふうつと, ぼそり, ますます自分, また, またのこのこ, また同じ, また思ひ出した, また手, また焼酎, まだ何処, まづ, まるで人, まるで浮雲, みとりに, むかむかし, むしろ逃げ, むつくり起きあがつ, もうどうでも, もう一つ, もう一升, もう一度しみじみと, もう一度逢ひたい, もう二度と逢, もしこの, もてあまして, やつて, ゆき子と, ゆき子との, ゆき子に対しては, ゆつくり, ゆつくり振り返つ, ゆつくり片づけ, よく承知, よれよれの, よろめきながら, アルコールランプに, ウィスキーを, ゲートルを, コアントロウを, サイゴンの, サイゴンへ, シュバリヱの, ジャケツを, タオルで, ダラットだ, ダラットに, トルストイファンであり, トロッコで, ドストエフスキイの, ナイフで, ハガキを, バーの, パン食で, ビンラウ樹さへも, ビールを, フイモンは, ヘルメットを, ヘルメット帽子を, ホテイ・ホテルに, ポケットから, ラジオの, レインハットの, 一向に腰, 一寸厭, 一度も, 一度加野を, 一日位は, 一晩ぢゆう, 一服ゆるく, 一本一本空の, 一枚引きずつて, 一瞬吃驚した, 一緒に, 一週間程の, 七八本の, 三十五と, 三十分も, 三杯目を, 三軒茶屋まで, 下腹を, 不器用な, 不思議さうに眺め, 両の, 久しぶりに, 乾いた寝床, 二三日は, 二三杯の, 二年も, 二日の, 二本目の, 二杯目の, 二階の, 二階へ, 五右衛門釜の, 五日ばかりを, 亭主らしい, 人に, 人妻だ, 今朝この, 仏印での, 仏印に, 仏蘭西人の, 仕事に, 仕事の, 他にも, 以前泊つた宿に, 伊香保から, 会社も, 何かに, 何と云, 何を, 何故とも, 何時の間にかぐつすりと, 何時までも, 何気なく南洋呆け, 何気なく女, 信州行きが, 償ひ, 全くの, 再会を, 冷えた焼きそば, 冷やり, 出迎への, 出鱈目な, 切ない気, 刑法の, 初めてゆき子, 初めて息, 加野が, 加野の, 動じなかつたし, 医者の, 十日ばかりを, 原稿を, 口に, 古本屋に, 台の, 台所から, 同じこと, 吐き捨てるやう, 吹き降りの, 吻つ, 咽喉もとに, 唇に, 喚く力, 営林署の, 営林署へ, 嘔吐をもよ, 嘘を, 四囲の, 四谷見付の, 因縁深い, 坐りも, 変化の, 外套を, 大分酔つてゐた, 大股に, 大胆な, 天井裏に, 失望した, 奇怪な, 女に, 女を, 女一人を, 如何にもものう, 如何にも思ひついた, 妙な, 委ねて, 孤独に, 安南人, 宏子も, 家の, 宿の, 宿へ, 寒いので, 寝つかれなかつた, 寝ながら, 寝台を, 寝床で, 寝転んで, 対立し, 小さいメモ, 小さい豆粒, 少々退屈, 少しづつ気持ち, 少しばかり, 尨大で, 屋久島の, 屋久島までの, 左の, 帰る様子, 帽子を, 幸運にも, 床の間を, 店へ, 庭に, 引きと, 引つぱつた, 強い酒, 御所の, 心が, 心に, 心中ひそかに, 心細いもの, 忘れようとして, 忘れる事, 忙は, 思ひついたやう, 思ひ出した, 思ひ当, 息を, 想ふ, 感じて, 憎くも, 憤懣に, 或る, 戻つて, 扇風機の, 扉に, 手さぐりで, 手に, 手を, 手伝婦に, 手枕の, 手首の, 指で, 捨て場, 掴んだゆき子, 掴んで, 支度を, 敗戦後の, 数字の, 新しいパンツ, 新しい手拭ひも, 新しく茶碗, 日本の, 明るい気持ち, 明日からの, 昔ゆき子に, 昔歌舞伎で, 映画館の, 映画館を, 時々, 時々この, 時々ゆき子, 時々清吉, 時々眼, 時計を, 暫くそこ, 暫くベッド, 暫く女, 暫く聞い, 最も愚直, 朝湯に, 本当にゐなかつた, 本気で, 札束を, 東京を, 松の, 松井田の, 枕をか, 林業と, 林檎の, 桟橋に, 棒の, 森閑と, 植物誌を, 横に, 次々に, 死の, 殆どぶつかり, 残りの, 毎晩酒が, 毒々しい紅, 比嘉から, 比嘉に, 比嘉を, 比嘉医師の, 民族の, 気が, 気忙は, 水を, 汗で, 池袋へ, 泊らないで, 泥の, 清々した, 清吉から, 清吉を, 温泉へ, 湖の, 湯には, 湯の, 溜息を, 漂然と, 漆に, 激しく接吻, 激しく泣い, 火鉢の, 炬燵につつ, 無気味で, 無頼漢の, 焼きそばを, 焼酎を, 煙草の, 煤けた天井, 熱い酒, 燈火を, 爽快な, 牧田氏の, 犯罪者の, 独語し, 狭い石段, 玄関先で, 率先し, 甲板に, 町へ, 痩せさらば, 眼で, 眼には, 眼の, 眼尻の, 瞼を, 矢庭に, 破り捨てた, 祈つて, 窓に, 窮乏の, 立停つ, 素つけなく, 素直に, 結局自分の, 綺麗な, 羨望と, 老人二人を, 考へて, 耐へて, 耳を, 聞いて, 職業安定所へ, 肉桂の, 肉親的な, 肩の, 胸に, 胸の, 腕時計を, 腕時計をは, 腹が, 自分から, 自分がよ, 自分でもを, 自分に, 自分への, 自分も, 自分を, 自分自身の, 臭いくつ下, 臭い焼酎, 興味も, 船の, 船会社へ, 色んなところ, 茶餉台の, 薯焼酎とは, 薯焼酎の, 褞袍だけ, 褞袍にも, 言葉を, 記憶の, 誘はれる気持ち, 誰にも, 貝釦を, 赤いイブニング, 起重機の, 軈てまた, 辛い気, 退屈も, 逆に, 遅く家, 運よく, 遠い仏印, 遠い島, 部屋の, 酌を, 酒に, 酔つた眼に, 酔つてゐた, 酔は, 酔ひの, 重いシュバリヱ, 重たくぶ, 重荷を, 金を, 釘を, 銅像の, 鏡の, 鏡台に, 鏡台の, 長い間, 陳列に, 陸上と, 電熱で, 静かに, 面白くも, 革の, 靴の, 頬の, 頭の, 顔を, 風呂敷包みに, 風邪薬を, 馬鹿, 駅で, 驚いたもの, 高池町の, 魂の, 魚屋を, 黄ろい, 黙々として, 黙つて草, 鼾を

▼ 富岡~ (225, 15.2%)

8 顔を 6 手を, 胸に, 胸の 5 そばへ 4 ところへ 3 事を, 後から, 心の

2 [16件] アパートを, 事だ, 事だけは, 声が, 家へ, 後へ, 心が, 留守に, 眼の, 眼を, 肌を, 脚の, 足の, 部屋で, 部屋へ, 顔役の

1 [149件] あの時, お梅嬢, すつかり, すべてに, するま, ずぶ濡れの, そばに, ぬいだ, ふてぶてしさ, ものが, ものらしい, やうな, ゆすぶつて, アドレスを, テープを, デスクに, ハガキを, ポケットの, ランハン行きは, 一切が, 三カ所に, 下腹に, 両の, 両城, 両親の, 事が, 事は, 云つたと, 云つた事が, 云つてゐる, 人品を, 仏印の, 住所を, 冷酷さが, 冷酷ぶりに, 処へ, 前を, 勝手な, 卓子の, 口から, 名刺の, 唇もとを, 塾でも, 塾の, 外套を, 妻の, 妻を, 姿が, 姿は, 子供を, 宅まで, 就任が, 屋久島行きが, 屋久島行きの, 帰りを, 座蒲団の, 弱さ, 後を, 後姿へ, 心から, 心に, 心を, 心沙汰が, 思ひ出話, 思ひ通り, 意の, 意地の, 我ま, 手に, 手には, 持つて, 挨拶に, 接吻に, 救ひでも, 文章は, 新住所, 日本人根性を, 最も嫌, 最良の, 本心を, 机に, 柔かい眼, 歩調は, 気持ちの, 気持ちを, 洗濯物を, 浴衣の, 為な, 為に, 現在には, 現在考へ, 生活の, 皮膚の, 皮膚を, 盃に, 眼付や, 瞼の, 立つたなり, 笑い声が, 笑ひ, 籠の, 紫色の, 紹介で, 考へて, 考へに, 耳に, 耳について, 耳の, 肩に, 肩を, 背の, 胸にと, 腕に, 腕を, 膝に, 膝を, 膝小僧に, 自然の, 荒々しいあの, 荒さびた, 荒凉と, 蒲団に, 衣類の, 表情を, 裸体から, 複雑な, 褞袍の, 親分が, 言葉が, 言葉を, 財布は, 貧しさ, 足が, 足と, 身の, 躯に, 躯の, 道楽は, 部屋の, 酒の, 重荷に, 門まで, 降りて, 頬に, 頭からは, 頭髪の, 顔色は, 首とは, 鼻の

▼ 富岡~ (94, 6.3%)

3 このま 2 ふつと, ゐて, 云つた, 加野に, 尋ねて, 戻つて, 湯から, 素直に, 聞いた

1 [73件] おせい, お前へ, じいつと, すつかり気に入り, その女, ものを, やつとの, ゆき子に, ゆき子の, サイゴンから, サイゴンで, ダラットで, ダンス曲でも, ベッドを, 一服つけ, 上つて来た, 世話を, 云つた事が, 仏印から, 何気なく煙草, 冗談らしく, 半分くれた, 可憐そうだ, 同じ道, 吐き捨てるやう, 営林署へ, 四囲の, 娘に, 安南語, 安房旅館から, 寒さうに, 寝転んで, 尋ねた, 屋久島通ひ, 左腕を, 帰つて以来ゆき子は, 帰つて来た, 帰ると, 帽子も, 思ひついたやう, 感傷的に, 扉の, 扉を, 手を, 手拭を, 来て, 東京へ, 歩き出すと, 母へは, 洋服を, 洋服姿で, 活, 炬燵の, 片手で, 現れるしきたり, 生あくび, 疲れて, 白い砂地, 皮肉を, 眼を, 示しあはせて, 細君の, 落ちぶれて, 見て, 親切な, 話すと, 説明し, 迎へに, 運転台に, 長岡の, 降りて, 階下へ, 食堂を

▼ 富岡~ (53, 3.6%)

3 とつて 2 しても, 云つた, 別れて

1 [44件] されるま, したところ, すがりつく必要, ないもの, なついて, はい, はうつたうし, はたうてい, ゆき子は, 一本取らせた, 三度ほど, 云はせる, 何処かで, 余計な, 別れたが, 命じられて, 在る芋明神社, 壁ぎはへ, 寄り添つて, 強く心, 手紙を, 振り返られても, 来て, 死なうと, 殺意を, 毒づいて, 盃を, 神経質に, 股火鉢を, 自分の, 迫ったが, 逢つた事も, 逢つてから, 逢つてみ, 逢つてゐる, 逢は, 逢ひた, 逢ひたかつた, 逢ひたく, 逢へ, 逢へる, 遊んだ記, 電報を, 電話を

▼ 富岡~ (46, 3.1%)

4 一緒に 2 三人で, 並んで

1 [38件] おせい, すぐにでも, どうして知り, のきづなが判つて, ゆき子が, ゆき子さんは, ゆき子だけで, ゆき子は, ニウとの, 不思議な, 乗る事, 云ふ, 別れて, 別れてからの, 別れる事, 別れる位, 加野は, 同じやう, 同じ土, 同じ東京高農, 妻の, 学生二人が, 安永教授の, 専門的な, 幾つも, 心中を, 時々逢ひたい気, 椅子を, 歩調を, 母との, 瑛子と, 腕を, 自分との, 自分の, 血闘し, 逃げたい気持, 逢引し, 離れる位

▼ 富岡には~ (45, 3.0%)

1 [45件] あまりい, いまは, いままでに, いま一番自分でも, うつたう, かうした娘, さつ, とくに眼, どうでもよ, なかつた明るい, なじめない, なにかおもはゆい, ひそかに, ゆき子の, 不吉で, 不快でも, 不思議だつた, 不思議で, 世界の, 何となく息苦しく, 判つてゐない, 厭な, 向かなかつた, 味気なく, 問題だつた, 夢物語の, 嬉しかつ, 宿命的に, 幸だつた, 幾度手紙を, 息苦しかつ, 憎々しかつ, 救ひだつた, 此頃とくに, 珍しい, 珍しい眺め, 眼ざはりでならなかつた, 自分で, 自分でも, 苦味いもの, 農林省へ, 逢は, 酒を, 頼もしく見えた, 鼻白む思ひだつた

▼ 富岡~ (33, 2.2%)

2 尋ねて, 眺めた

1 [29件] いま初めて, この場所, しげしげと見, しみじみと, つかまへて, つけま, ひどいめ, 出て, 刺すつもり, 呼んで, 哀れがるよりも, 手放す気, 掠めるやう, 熱愛し, 発ったの, 眺めて, 眺めながら, 睨んだ, 茶の間へ, 見くだして, 見た, 見てに, 覗き込んだ, 覚えて, 観察し, 訪ねる者, 訪問ことが, 迎へに, 連れて

▼ 富岡~ (28, 1.9%)

6 ゆき子も

1 [22件] おめでたうと, さうする気, さう思, その方, ゆき子の, コオヒイを, パンツ一つで, 云は, 亦女, 休む時間, 加野も, 声一つたてない, 女の, 娘と, 廊下に, 林檎を, 案外平凡, 自分の, 赤いテープ, 音楽が, 食堂へ, 驚いて

▼ 富岡先生~ (28, 1.9%)

1 [28件] が折角, が東京, が突然, すら何とか, その一人, と富岡氏, と村長, と言え, には, に取っ, に罵しられた, のこの世, の何, の塾, の家, の居間, の御, の暴力益, は人, は十一月, は常に, は平気, は荒れ廻っ, もその, を十分, を訪う, 実に別人, 少し当

▼ 富岡さん~ (24, 1.6%)

1 [24件] から加野さん, が戻つてる, て, ですわ, でも, で泊め, とは久しく, とは別れ, とよろしく, と仲がい, にあんな, のお, のハガキ, の好き, の嫁さん, の気持ち, の素早い, はゐました, は富岡さん, は怒, は無類, は田舎, を恨む, 御承知

▼ 富岡老人~ (15, 1.0%)

1 [15件] に一条, に向い, に従来一言, に話される, の居間, の平時晩酌, の方, の様子, の突然, はそのまま, は床, も細川繁, も黙っ, を訪う, を訪うた

▼ 富岡との~ (10, 0.7%)

1 この間の, 事に対しても, 交渉は, 南方での, 問題が, 思ひ出, 愛情は, 感傷で, 散歩で, 縁が

▼ 富岡から~ (9, 0.6%)

1 その話, ほんのわ, わざと離れ, コオヒイ茶碗を, 五千円の, 力いつ, 煙草を, 腕を, 見せられた農業雑誌

▼ 富岡~ (9, 0.6%)

2 対して, 手紙を 1 めぐりあはせたのであらうか, 向けた, 行つた, 表現したかつた, 見せた

▼ 富岡にと~ (7, 0.5%)

5 つては 1 つても, つて妻の

▼ 富岡に対して~ (7, 0.5%)

1 ゆき子は, 不安を, 平静には, 思はずゆき子, 案外な, 激しい妬み, 迷惑が

▼ 富岡~ (7, 0.5%)

1 に心, の船, の部屋, はネーアン州, は厄介, は地図, は安房

▼ 富岡門前~ (7, 0.5%)

1 で老人, に待乳屋, の或, の繁華, の裏, の裏長屋, の近江屋

▼ 富岡からは~ (6, 0.4%)

3 何の 1 そのうち行く, 何ともたより, 返電は

▼ 富岡~ (6, 0.4%)

1 が希望, その一人, との二個, の顔, を圧服, 極く

▼ 富岡~ (5, 0.3%)

1 と一緒ぢ, と同じ, と幸福, にも逢, は元気

▼ 富岡鉄斎~ (5, 0.3%)

1 の弟子, の画, の題字, は九十歳近く, をあげ

▼ 富岡鉄斎翁~ (5, 0.3%)

1 が居る, に愛せられた, の伝, の画, も近頃大分耄

▼ 富岡にも~ (4, 0.3%)

1 ゆき子にも, ゆき子の, 分けたかつたの, 戦争といふ

▼ 富岡~ (4, 0.3%)

1 おせい, ゆき子に, 死んだお, 自分に対して

▼ 富岡への~ (3, 0.2%)

1 思慕が, 愛は, 愛情な

▼ 富岡~ (3, 0.2%)

1 に行く, の, の支那屋

▼ 富岡門前町~ (3, 0.2%)

1 と並行, などの間, の往来

▼ 富岡がの~ (2, 0.1%)

1 つそり, つそり玄関

▼ 富岡さんつて~ (2, 0.1%)

1 大した男, 怖いひと

▼ 富岡という~ (2, 0.1%)

1 三十前後の, 女の

▼ 富岡といふ~ (2, 0.1%)

1 人は, 碁会所へ

▼ 富岡とが~ (2, 0.1%)

1 三人で, 或る

▼ 富岡はさ~ (2, 0.1%)

1 うした, ほど驚いた

▼ 富岡一人~ (2, 0.1%)

1 では, を責めたて

▼ 富岡兼吾~ (2, 0.1%)

1 と云, の名前

▼ 富岡~ (2, 0.1%)

1 の書生, の病人

▼ 富岡鉄斎老人~ (2, 0.1%)

1 の幼友達, は何

▼ 富岡鐵齋翁~ (2, 0.1%)

1 の所藏さる, の金字塔

▼1* [50件]

富岡がからかつて云, 富岡がつつぱなすやうに云つた, 富岡がはいつて, 富岡さんサイゴンで面白い, 富岡さん何時までも元気, 富岡さん本当の伽羅, 富岡つたのかと, 富岡って男は, 富岡では宗徒鎮圧の, 富岡としても心は, 富岡とはどんなにし, 富岡とも一緒に, 富岡ならば或, 富岡にだけはその愛情, 富岡に対する罵倒を, 富岡のなぐさみものになつてしまつたのかも知れない, 富岡はおつかぶせるやうに, 富岡はかひこ棚, 富岡はしめつた煙草に火, 富岡はそくそくとペン, 富岡へも日帰りする, 富岡より木戸, 富岡よりは若く見えた, 富岡八幡祭礼の日, 富岡八重という二十六, 富岡兼吾君やつぱり本省の方, 富岡を攻めた, 富岡技官もま, 富岡敬明が最初, 富岡を頼つて上京中, 富岡正忠の, 富岡永代寺に詣でた, 富岡永洗武内桂舟などの木版色刷り, 富岡ばこ屋, 富岡老人一言も発しない, 富岡老人近頃病床にある, 富岡老人釣竿を投出してぬ, 富岡自身を卑しく, 富岡製糸所にいたる, 富岡謙蔵氏は長らく, 富岡豊吉佐藤範次郎の三人, 富岡豊吉鈴木岩吉などの篤志家, 富岡達日本人のすべて, 富岡の山林, 富岡金沢朝比奈越えの, 富岡鉄斎岡田三郎助氏などと一緒, 富岡鉄斎林和一渡辺洪基そんな連中, 富岡鉄斎氏のところ, 富岡門前坂本町神田旅籠町から大, 富岡門前町のかのお