青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~嫌い 嫌い~ ~嬉し 嬉し~ ~嬉しい 嬉しい~ 嬉しく~ 嬢~ 孃~ ~子
子~
~子ども 子ども~ ~子供 子供~ ~子供たち 子分~ ~子孫 子孫~ 孔~ 孔子~

「子~」 38999, 387ppm, 249位

▼ 子~ (6851, 17.6%)

224 ように 99 ために 79 やうに 64 顔を 60 ことを, ような 40 手を 37 やうな 28 いはく 25 声が 23 上に 20 姿を 19 家の 17 様に 16 名を, 方を, 為に 15 方が 14 ためには, 中に, 前に, 方へ, 肩を 13 刻に, 可愛さ, 姿は, 愛に 12 父親は 11 世話を, 事を, 名は, 心は, 方に, 頭を 10 ことが, 中で, 口の, 家に, 胸に

9 [13件] 声を, 家へ, 心に, 心を, 死を, 母と, 母の, 母は, 父の, 眼は, 親に, 話を, 顔に

8 ことで, ことは, 傍に, 刻を, 所へ, 母に, 言葉を, 顔が, 鶉は

7 [12件] ことも, ようで, 姿が, 将来を, 手に, 方で, 母親が, 為めに, 父は, 眼を, 肩に, 顔も

6 [20件] する事, ところへ, ないの, 事も, 刻, 前で, 口から, 様な, 父に, 眼が, 笑ひ, 絵は, 罪を, 耳に, 腕を, 良人が, 言葉の, 足に, 間に, 顏を

5 [34件] あとを, お父さんは, すがた, ほうへ, ようだ, 代に, 傍へ, 刻の, 前へ, 口に, 名前を, 姿に, 姿も, 家を, 愛の, 愛を, 態度は, 手から, 持って, 方は, 書の, 母が, 母として, 母を, 父と, 父親の, 目に, 真似を, 眼の, 身の上を, 運命を, 関係は, 面影を, 頭に

4 [62件] いうこと, お尻, ことだ, ことばかり, ための, ない夫婦, ほうは, ようにも, 一人が, 上を, 下から, 下刻, 中から, 中の, 事で, 代りに, 兄の, 命を, 声に, 声も, 好きな, 如くに, 存在を, 実を, 室, 家は, 年の, 弟子の, 心が, 心の, 愚なる, 来歴, 母親の, 母親は, 気持を, 為には, 無いこと, 爲に, 爲めに, 癖に, 目の, 眼から, 眼に, 肉を, 背中に, 胸を, 艶か, 行動を, 親の, 親は, 言を, 身の, 身は, 身を, 郎女, 面を, 頼尚, 額に, 顏は, 顔の, 首を, 麦稈帽を

3 [114件] あがり口, あたま, うれしさ, おかげで, かわいさ, ことや, しとやかな, すること, そばに, ためにも, ちぢれて, ところに, ない人, ない女, ふた親が, ぼくは, ぼくへ, やうにも, 上へ, 下に, 事が, 事に, 体を, 処へ, 千寿王が, 口へ, 可憐さに, 基督を, 場合は, 声で, 声の, 声は, 夜, 夢, 天に, 天の, 如きは, 妹の, 姉さんが, 始末を, 學は, 実の, 室を, 家, 家では, 寝て, 寝顔を, 小さな胸, 小猿, 年で, 年に, 年を, 後から, 後姿を, 意に, 態度を, 成長を, 数は, 時は, 本性が, 来るを, 枝を, 様子が, 様子を, 歌は, 歳に, 死は, 母, 母であった, 母親に, 気を, 泣き声が, 泣き声を, 父が, 父で, 父親が, 生活と, 留守を, 眼からは, 眼には, 禁條の, 美しさ, 背に, 胸は, 腕に, 良人の, 血を, 行く末を, 行末をも, 裾を, 親たちは, 親と, 親を, 言の, 言葉に, 詞に, 語を, 身に, 運命が, 運命は, 道は, 郎女に, 部屋に, 部屋へ, 間の, 阿母さん, 雁も, 雉子は, 面が, 頭から, 頭には, 頭の, 顔と, 顔は

2 [387件] あとについて, ありかを, ありがたさ, ありさ, あること, ある男, いと賢しら, いる室, うしろに, うちで, うちでも, うちの, おっ母さん, おまえに, おもざし見れ, お友達, お椀, お母さんは, お父さんが, お蔭が, お誕生日, かげも, きれいな, くせに, ことだったら, ことづけ, ことである, ことです, ことなど, ことなどは, ことなども, ことなんか, こゑきけば氷雨すさまじく, ごとし, すこやかを, そなた, そばへ, そぶりを, それよりも, ためなら, ためを, つもりで, ないこと, ないもの, はお, ひたいに, ふかす莨, ほうが, ほかに, ぼくに, まみは, もって, ものに, やうだ, ようです, わが少女たち, わきに, わたくしを, カインの, コトシロヌシの, タケミカヅチの, マルコは, 一人に, 一木に, 上の, 上は, 上よ, 上より, 下で, 下へ, 下まで, 下を, 下三階額の, 不幸は, 不遜と, 世を, 両親が, 両親に, 中でも, 事と, 事など, 事は, 二人で, 二人に, 云うこと, 人形は, 今日の, 他に, 代孫の, 仲間に, 伝は, 位置を, 住んで, 何者か, 作る所, 信仰は, 備蓄を, 傲岸不遜は, 光さす, 克巳は, 入つて, 八五郎は, 六歳に, 兼愛の, 出世を, 出現の, 初めての, 刻お, 刻が, 刻と, 刻も, 前では, 前にだけ, 前には, 前を, 劉, 力に, 功を, 労を, 勇太郎さんに, 口と, 口も, 口もとを, 口を, 可否の, 可愛い, 可愛きに, 叱られて, 右の, 名が, 名も, 名前が, 名誉を, 向うづら, 向こうに, 呪ひ, 問題は, 喜びを, 噂を, 図も, 墓と, 墓前に, 声, 夢の, 夢を, 大臣たり, 奥に, 如きも, 如く愛して, 妄説を, 妾に, 始末に, 姓は, 姿態が, 娘の, 婿にでも, 子らに, 字が, 学校の, 学資を, 孫に, 守を, 安之助が, 家が, 家と, 容易に, 宿命の, 寝床の, 寝息を, 将来の, 将来も, 小袖に, 山の手は, 岸松太郎大原幸内などは, 島吉に, 帰るの, 幸福を, 建御, 弟, 弟が, 弟子又は, 張青と, 弾きかた, 影が, 往っては, 後に, 後を, 徒が, 従弟に, 御態度, 心情を, 心持を, 性質を, 悲しみの, 悲哀を, 情として, 意で, 意気, 感情を, 成り行きを, 我と酒, 我も, 戒めの, 手が, 手で, 手には, 手の, 手紙を, 手踊り, 扶隆繁の, 拇印なぞが, 掛茶屋さ行つたら, 教育に関しては, 教育の, 教育を, 敵, 斯くや, 方にも, 昔の, 時代を, 時文評論は, 書いたもの, 書は, 最後の, 最近の, 本心は, 本當, 机の, 来るの, 松千代は, 枕元に, 楊林, 権十郎が, 欣喜に, 此の, 死と, 死の, 死んだの, 死骸を, 母から, 母としての, 母との, 母とは, 母も, 母親と, 母親を, 毛布を, 氏真に, 氣を, 泣いて, 洟を, 涙, 涙は, 激昂を, 烈しい勢, 烈しい気性, 無い方, 無い自分, 無きと, 無事を, 無心の, 無言の, 爲にも, 父さんが, 父たる, 父だ, 父である, 父として, 父親に, 理想には, 理想の, 生るる, 生れむをりの事をも, 生命の, 生命は, 生命計り, 癖で, 皮を, 目が, 目には, 直向ふ, 相合へば, 真実の, 眼にも, 瞳は, 瞳を, 矢代の, 短慮と, 祝言もねえ, 神, 禁を, 禁條は, 秀の, 称賛を, 立場から, 立場を, 筆なるべし, 純吉, 紺三郎が, 結婚を, 絵が, 綿入れに, 縁に, 罪の, 罪過を, 美貌を, 群れの, 羽織に, 肉體は, 肩から, 胃の, 背は, 背を, 背中を, 胸の, 胸一杯に, 腹に, 膽を, 自分が, 自分の, 色の, 荒物屋の, 荷物も, 著, 董, 虱を, 蛙と, 蛙らは, 行つたのも, 行先を, 行方を, 行末の, 襟が, 親が, 親だ, 親である, 親では, 親として, 親に対する, 言うなりに, 言は, 言ふ, 言葉は, 許に, 詩に, 話に, 話は, 説を, 諸資格, 貴人の, 起原が, 身の上に, 身の上の, 身の上成るべし, 身代りに, 身体が, 身体は, 返事が, 運でございます, 運命に, 道が, 道の, 遠い旅, 部屋の, 金太郎が, 関係が, 関係も, 難處, 面倒を, 音楽は, 頃の, 頬っ, 頬を, 頭は, 頼みを, 顔には, 顔にも, 駒井船長を, 骸を, 髪に, 髪の毛の, 髪は, 髪を, 髪毛を, 魂が, 鵙, 鵲

1 [3816件 抜粋] あいだから, あけすけな, あだなの, あのほっそり, あるといふ, ある大, ある身, いきさつを, いない間, いらぬ意氣地, いる田村, うがちは, うちは, うまれる前三日, おかあさんの, おともだち, おもちゃに, お冬, お家は, お母さんさえ, お爺さんから, お蔭だ, かおを, かたはらに, かわいいおまえ, きょう一日の, こうしたふし, ことかと, ことであろう, ことについては, こと友の, ころ憶ふ, ごとき薩摩芋, ごとくキリスト, ごとく愛したが, さかいを, しあわせが, しゃぶって, すっかり変わった, せがみには, その乳房, その言葉, それなりき, ただの, たまわくや, ため不覚な, だろう細長い, つつがなくかへ, ときから, ともに, ない, ないひろ子, ない妻, ない祖父, なかった, なすところ, はたらいて, は横, ひとりで, ふくらは, ほかさきの, ぼくを, ましら手に, まへで, まんなかに, むれを, ものである, やさしい心持, やりかた, ようすを, ようにね, よろこびを, わたくしには, ゐる西, アパルトへ, イリアに, カツラが, コンビが, タルラは, トランクには, パリス恰も, マゴコロを, ルルが, 一を, 一人よ, 一例と, 一挙一動何処に, 一疋を, 一郎に, 三つに, 三次ひと日赤く, 三資格に, 上で, 上をか, 上古史解釋は, 下ること, 不幸な, 不甲斐なさ, 世に, 両手にこそ, 中などに, 中学生も, 中納言などは, 主と, 久意は, 乞に, 乳兄弟を, 了見にも, 事件は, 二月三日の, 云ったよう, 五郎作では, 亡骸は, 亭主が, 人工的斜視は, 人物について, 仆れ, 仕事場を, 仙太郎で, 代までも, 仮りの, 任は, 伯父を, 位なれ, 佐五郎を, 何とかよりも, 作品については, 使い道は, 依怙地に, 信一と, 信念に, 偏愛は, 健康相談所, 傍にばかり, 優しい気だて, 兄である, 先君子出母, 全文を, 公雅公連それから, 兵科の, 兼愛篇に, 写真や, 凍えし尻尾, 出である, 出世の, 函干す, 初枝, 到着を, 刻一天までには, 刻過ぎで, 刻頃である, 前の, 創唱に, 労銀は, 勝利は, 勢揃いまるで, 化粧台から, 十二月十三日は, 千寿王や, 卑しい笑, 卵を, 參籠し, 友達が, 取り戻し法, 口あり, 口や, 句龍が, 可愛い口腔, 右足の, 名だ, 名をも, 名泣, 向こうとか, 告白とか, 味知つた, 命名が, 哀慕に, 唱うるところ, 喜びの, 嘲笑を, 囮で, 在世時代は, 垣の, 場合彼女は, 士真に対しても, 声とみに, 外へ, 多き人, 大きい事, 大勢な, 大村主, 天性だった, 天魔太郎から, 夫定めには, 奥平壱岐という, 女は, 奴は, 好みの, 如きもの, 如き雜家, 如く子, 如く我, 如ししかも, 妻の, 姙娠の, 姿態で, 婿さがし, 嬉しがっ, 子供の, 子規子たる, 存在の, 孤児と, 學と, 學説は, 安否が, 宗虎丸を, 実家, 家庭の, 家臣であった, 寄って, 寝室, 寢顏を, 寿命は, 小さな甥, 小説として, 少女は, 居るところ, 屍体が, 岩吉も, 左右手各, 巴里滞在について, 席へ, 帰来を, 平和な, 年です, 年號を, 幸福の, 幼くて, 店は, 弟の, 弟子禽滑釐等三百餘人が, 弱点を, 形同じく, 彼は, 後三年の, 徐庶は, 御仲, 御領, 心と, 心中を, 心機一転と, 心細さ, 忌日妻の, 怒りは, 思ひなげなる声, 思想や, 性質なり, 恋われあやぶみぬ, 恩といふ, 悪源太義平, 悲哀さだ, 悲鳴も, 情人が, 情感を, 想中より, 意知が, 愛ゆえに, 愛情も, 感情といふ, 態度も, 成れの果ては, 我や, 戰ふ, 所為と, 手は, 手摺れ, 手紙四, 手蹟である, 技巧が, 拗ねた病室, 持物では, 挙周が, 掛け金の, 揺る影, 放漫な, 教が, 教育者で, 数右衛門は, 文句に, 新助, 方であった, 於松, 早い出世, 昔を, 時に, 時分から, 晴着と, 書いた物, 書物への, 最大な, 有無を, 服喪を, 朝鮮と, 末だ, 本能が, 材料に, 東市正の, 枕元から, 枝は, 根に, 棲めるを, 様には, 模樣の, 横手の, 機嫌を, 次兄であった, 歌, 歌ふ, 正行が, 歩み行く夕月夜, 歴史を, 死より, 死体は, 死骸さへも, 殺害事件が, 母である, 母についても, 母親でも, 氏神の, 気持をまで, 汗を, 河津三郎を, 泣く音, 注目を, 活動俳優の, 消息かいた, 清十郎や, 湯隆じゃ, 漢名である, 為であった, 為事で, 無い三十, 無い老人, 無差別説, 焼打で, 燻製, 父に対するが, 父母と, 父親とも, 爽やかな, 物なり, 物語についても, 犬に, 猫の, 王次に, 現れ継ぎは, 生え茂つた山, 生まれるの, 生れたころ, 生れ損な, 生存説は, 生活の, 生長に, 産んだ赤ん坊, 申すには, 画業は, 異変を, 病にも, 病身がな, 発育が, 白い馬, 盆に, 目つき顔つきが, 相手に, 眉輪王は, 眠りは, 眼病の, 着物と, 矢代より, 石川も, 祖先が, 神でありました, 祭見, 秀太郎と, 私は, 秘訣, 穴填, 窶れを, 立つて, 童なる, 竹太郎の, 符は, 答ふる, 紀伊守之助と, 細めに, 経験する, 維時は, 縁組は, 罪に, 美しいまるい肩, 美点では, 群書を, 義務として, 義高を, 羽織を, 考えて, 聖権現といえり, 職分と, 肌には, 育った大人, 胸などは, 脈を, 腕が, 腹を, 臣が, 自分へ, 舷叩き餌を, 良真の, 花びらの, 若いとき, 苦しみは, 茫然と, 落着いた, 葬式に, 薄道心, 蝶ヶ岳を, 血は, 行った晩, 行方は, 衝突という, 表情は, 裏にさえ, 襁褓でも, 要略史記の, 見るものぢ, 視線から, 親さえ, 親で, 親をも, 親撰, 解禁に, 言へる, 言葉使いは, 訪ねて, 註文とは, 詞も, 話し掛けるの, 誠にあてた, 説明は, 論策を, 議論を, 象なりと, 資格の, 赤い腰紐, 足はじゅうぶんたっしゃだから, 踊る日, 身だ, 身体に, 躬づか, 農夫とも, 追悼会を, 通う研究所あたり, 速さ, 逸楽を, 運勢を, 道でない, 道樂に, 遺稿を, 部屋で, 配偶者は, 重盛以下五十余人を, 釘隠しを, 銀の, 鐘は, 長羽織, 閃く情感, 間といふ, 関係について, 阿国の, 隆夫少年に, 雑煮に対する, 震えるから, 面は, 音楽の, 順吉という, 頭と, 頸部を, 顏には, 顔へ, 願ひ, 食慾に, 餓えるの, 首筋にも, 騒ぎは, 骨を, 高時の, 髮は, 魂も, 鶉が, 黒髪が

▼ 子~ (5098, 13.1%)

32 それを 24 自分の 23 私の 22 父の 14 どうした 12 それに 11 お久美さん, 急に, 親を 10 これを, 母の 9 何か, 何を, 眼を, 親に, 顔を 8 子供の 7 いつでも, わたしの, 何も, 心の, 育つと, 親の

6 [14件] あなたに, あなたの, あの子, お前の, どこの, ほんとうに, 何処へ, 小婢, 枕する時, 私が, 私を, 言つた, 非常に, 黙って

5 [13件] いつもの, そこに, なかった, 何う, 慌てて, 手を, 枕する所, 死んで, 父を, 目を, 罪びとの, 自分が, 見た

4 [31件] いつまでも, おまえの, かの女, すぐに, その頃, そんなこと, どうし, どこへ, ないの, 三界の, 云った, 何かの, 何の, 女の, 子で, 子の, 容易に, 小さい時, 彼女の, 後に, 思つた, 急いで, 悪魔の, 母親の, 父に, 眉を, 知って, 私に, 私よりも, 言いました, 長者の

3 [85件] いいました, いい子, いった, お城, お関, きつと, こんなこと, さくり上げ, せなか, そう云っ, そう言っ, そだつ, そのま, その日, その身, それは, どうなった, どうなる, どこに, どんな事, ほんとうは, ぼくの, まあ, まだ若い, やつと, シエクスピイヤが, ハンケチを, 一人も, 之を, 人間の, 今でも, 今まで, 他の, 何と, 何という, 何とも言, 何度も, 僕の, 兄の, 唇を, 声を, 夜の, 夫に, 夫の, 妙に, 子である, 定めし爪, 宵まど, 家に, 家へ, 家路と, 己が, 底意地は, 御飯を, 思った, 意地の, 感じた, 慌て, 横町の, 母に, 母親と, 母親に, 気が, 泣きだした, 涙を, 生れて, 男で, 男を, 町の, 病気で, 盗賊に, 相変らず, 眼が, 稍, 空を, 笑った, 聲を, 見どころあります, 豹一と, 身体の, 逢ひ, 連れて, 道を, 頭の, 鬼の

2 [303件] ああいう, あとで, あなた様の, ありき温み, ありません, あるが, あれで, いちばんかわいそうな, いつかきっと, いつの間にか家, いつまで, いつも沢山, いづれも, いない, いないか, いなかった, いやだ, うんとだけ, おぼつかないながら, おみよ, お前のか, お前丈な, お金が, かうして, きっといい, ここで, この子, この時, この芥子, さう, さうし, さきに, さっきから, しじに, した, じれったそう, そういっ, そこを, そなた, そのやう, その夜, その手, その時, その末, その沒却理想, その父, その符, その袋, その通り, その道人, それから, それこそ, たたきゆく墓石ごと, ただの, だめだ, だんだんに, ちゆ, ぢつと, つかつかと, つばめに, とてもあなた, どうする, ない, ないか, なにも, ほかの, ほんとうの, ぼくを, ぼんやりし, ぼんやりした, またその, またそれ, まだ六つ, まア, もうこの, もうその, もう世の中, もう人間, もう以前, わたしたちの, わたしに, われに, ケロリと, シエクスピイヤを, 一人で, 一人の, 一個の, 一種の, 七八人も, 万事が, 両親が, 中の, 主人の, 二人が, 二人とも, 二度も, 二階に, 五郎さんが, 人の, 今までに, 今度は, 今日の, 今日は, 仏, 仕事の, 件の, 低い声, 体を, 何となし, 何故に, 何處にも, 何處やらをと, 例によって, 例の, 侯及び, 修吉の, 俺が, 傍に, 其覺前空の, 再び東京, 几帳の, 出かけて, 出て, 勢も, 友達の, 口も, 只一人なる, 可哀そうに, 可愛いもの, 合点を, 名を, 君に, 君の, 啓吉の, 嘘を, 嘲るよう, 四十日の, 困って, 声が, 声も, 夜に, 夢中に, 大変に, 大学に, 大抵の, 天保十一年で, 夫が, 夫婦の, 女中の, 如何, 妙な, 威勢よく, 娘で, 嫁に, 子, 子たらざるべからず, 子鴉, 孤児と, 孫に, 宋の, 実家へ, 家事に, 家鴨だ, 寝入り, 寝台の, 寶兒を, 小さな手, 小走りに, 少しも, 少年の, 左より, 帯を, 平常私, 平気で, 年も, 幸いに, 床の, 庭の, 引返しそう, 彼の, 往かなかった, 後から, 御後, 微々の, 必ず, 思って, 性質の, 悦んで, 意外な, 憤, 成しぬ, 我は, 我を, 或る, 扉を, 持って, 政枝の, 教えて, 斯うし, 日本の, 早く睡りし, 明かるみ, 昔から, 是を, 曾て, 村の, 杜子春を, 来るべし, 枕するところ, 次の, 歩みとどめず, 死にそう, 死ぬん, 死んだ, 殺されて, 母を, 毎日の, 毎晩夜具の, 水の, 水際に, 氷の, 汚れたエプロン, 汝を, 決して怒り, 決して直接, 泣いて, 洟も, 深く侯, 火の, 無かつ, 父が, 父母の, 生きて, 生まれて, 生れながらに, 男か, 男の, 男の子で, 男むす, 画描き, 白い鬢, 皆それに, 目が, 真赤に, 眼の, 祖母を, 神様の, 窓の, 笑いながら, 笑ひ, 答えた, 篠咲の, 素子の, 結婚する, 繰返した, 胸が, 自分でも, 自然に, 良人の, 芸人だ, 若かりしかな, 英語の, 草の, 葉が, 蒲団を, 薄墨華魁の, 薄笑いを, 衆理想皆, 街の, 衣の, 見向きも, 親と, 許宣の, 許宣を, 誰にでも, 誰の, 諌めて, 豚吉を, 負けずに, 足を, 身体が, 車を, 近頃ベースボール, 退く, 遠からずし, 部屋を, 鈴江の, 鏡台の, 降っても, 陰気に, 隣の, 雛妓の, 静かに, 面白い子, 頭に, 頭を, 飛び下りる, 餘り, 首を, 驚いて, 驚きました, 髪が, 鼻の

1 [3689件 抜粋] あいつを, あたしと, あっちへも, あの三月十日, あの死骸, あまりわたくし, あらむ, ありゃあれ, ある時, あわせない方, いいあんばい, いかなる理由, いくつその, いけない子, いちばんかわいらしい, いつか兼家の, いつもどんな, いつも金太郎さん, いまごろは, いま降った, いわゆる十代, うちの人です, うれしさ, おいい, おげん, おちついた眼, おまえさんを, おりおり自分, お前たちを, お君女, お師匠さま, お爺さんの, かうや, かえっていじらしく, かすり傷ひとつ, かの女達, かをるや, きっとしあわせ, きっと奴隷, きらいだ, ぐつとそれを飮み, こういう性分, こう言う, こっちへ, このこと, この主義, この妻, この春, この病, この言, こりゃ自分, これよりは, こんな人, ございませんから, さきほどひどく, さびしく学校, しかしそれ, しっかりと, しようが, すくすくと育った, すぐ行く, すでにずっと前, すでに美しい, すべて精神的に, ずうずうしい, そういう場合, そう考え出す, そこまで, そのあと, そのかへ, そのゐる, その作, その境地, その当座, その時ちやう, その消息, その街灯, その隣り, その食, それっきり私に, それには, そろそろ生れ, そんな風, たくさんいる, ただこの, ただ黙っ, たまらなく道綱, だまつてじ, だんだんゆり子ちゃん, ちょこちょこと, ついて行かない, つくづく悲し, つんとし, とうとう海, とても大きな, とても私, どういうわけ, どうしてこう顔色, どうだ, どうなるだろう, どこぢや, どろぼう, どんな他人, ないしさ, なかなかおしゃま, なきに, なすとも, なるべく無病息災, なんという, にっこりし, はじめから, ばくりと, ひときわ光っ, ひとり頬を, ひどく憤慨, びツくり顫へ, ふだん総領事館へ, ふふくそう, ほかに, ほほづき, ほんとに無邪気, まあませた, ますます変人, またこう, また世, また別, また平気, また足元, まだほか, まだ十二, まだ本, まだ生きてる, まったくなん, まるで引きつけた, まア錠, みな蛙の, みんな十月の, むしろ自分, もうきっとあの, もうキンキンした, もう二週間, もう就寝, もう木, もう眼頭, もたせこそ, もとより世, もはや明日, やがて数年後, やっと沈黙, やっぱり笑う, やはり突き当っ, よい子, よく働く, よく熱, よっぽど不幸せ, わあわあ泣いた, わざとらしい京都弁, わしらの, アイスクリームを, イキナリ豚吉を, エレンが, オホトシの, ガオの, キュッと, クヌの, サッと血の気, スカールの, ソツと, ダルタニアンや, トヨウケ姫の, ニコニコし, パトロン老人に, ビックリし, フランス語で, ボストン, ミツシヱル達に, ロべ, ンの, 一も, 一体何処, 一層いきいきと, 一昨年五島へ, 一生懸命逃げ, 一言の, 丁度何, 丈夫だ, 三人他は, 三男復と, 上州屋から, 下唇, 不器用な, 不思議さに, 与八さんという, 世界の, 両親も, 久しくきみ, 九月に, 乳さえ, 事代主神の, 二人か, 二度三度云わる, 云ったが, 互いに顔, 交際を, 人なつこく, 人間と, 今にも涙, 今其二人, 今日その, 今私の, 他所へ, 伊曾を, 何うし, 何ていうの, 何とも云, 何処, 何様な, 何處までも, 來ない, 俵で, 偉人なりという, 僕らの, 兄弟妹姉そろう, 先哲の, 入つて來, 全く生き返った, 八月十五夜の, 其俗を, 内儀の, 処方箋を, 出来ます只一度, 初めてその, 別に世相派, 別れの, 前掛けの, 助かるでしょうかねえ, 勝ち誇つたやう, 勿論田氏, 十七八歳の, 十分ばかり, 千早の, 半蔵門外に, 単に男, 厚母伯爵家の, 又常見, 反り返つて両手, 古も, 可愛いぞ, 可愛うございます, 叱りながら, 同じ先聖, 同級の, 君が, 吾嘗つて百國の, 呉葉の, 命だけは, 唯相對の, 喜んで, 四人とも, 困ったよう, 土佐出身なれ, 地面に, 堕胎され, 墨子だけの, 夏王を, 外を, 多勢あっ, 夢にも思つて, 大きな大きな眼, 大さ, 大切に, 大工に, 大郎子, 天界の, 夭し, 女の子, 女学校在学中に, 好んで, 妙子だけ, 姉に, 姿を, 嫌ひです, 子だ, 子同志, 孝行を, 学校で, 安くて, 実は毎日, 密かに, 寝台に, 尋常でない, 小ぢんまりした, 小聲, 少し吃りやしない, 少ないよう, 山の手の, 山県崇拝の, 岨道を, 川べりの, 巴里に, 帰さなければ, 常に, 平社員, 幸福であるらしく, 店口より, 弘法大師の, 強く云つて母, 形無しよ, 往復三十回の, 後醍醐の, 微笑で, 心を, 必ず孔子, 怒った, 思ったこと, 思ひ出したらし, 急病で, 恭しくバスケット, 悉皆湖水, 惡人と, 意識し, 感慨無量だつた, 憎めねえ気, 我が先身, 戯れせむと, 手持ち無沙汰で, 手離し, 抱いて, 拭き, 捨身の, 揺籃を, 放蕩ものであった, 救われて, 文學界に, 断髪に, 新品である, 旅を, 既に三つ, 日ましに, 日蔭者の, 早く自分, 明日にも, 春亥の, 是なりと, 時として紙, 曇れり, 有ったに, 朝六時に, 未来永劫私の, 本といふ, 札幌で, 来復と, 東軍の, 根も, 棒を, 概ね眠つて, 次第に亡び, 欲く, 正俊正俊の, 此娘を, 歯を, 死には, 殆ど涙の, 殺されたこと, 母上を, 母親本位の, 毒とは, 気に入ったかい, 気置き, 水泡の, 決して, 決して机, 沢庵漬と, 泣きません, 泣くの, 流され重, 浴衣の, 深くたれこめ, 混濁そのものを, 湯の, 演習に, 瀬兵衛頼有と, 無い昔, 無事に, 無茶先生の, 煩悶に, 父さんを, 父親の, 物に, 特別可愛がらなけれ, 猶ほじつ, 王に, 理想を, 生きてるかい, 生まれつき音楽が, 生れた見るに, 生意気だ, 産みません, 田口卯吉の, 男でも, 男女に, 町人乞食の, 疲れに, 痛いほど, 登子が, 白浜の, 百姓に, 皆女子で, 皐月の, 相変らずしめつ, 真に偉人, 眠って, 着物は, 矢ッ張り合の子で, 知らなかった, 確かに, 神の, 福を, 私にとっても, 空いた牀几, 突然笑, 立て続けに, 笑ったよ, 第一高等学校の, 節度ある, 純芸術家, 結局の, 絶えまなし, 縁側の, 美しかった, 老人の, 耳に, 肝を, 育った, 育ての, 肺門淋巴腺を, 胸を, 腕を, 腹を, 自分は, 自殺教唆罪だ, 舞台の, 色が, 若いいのち, 苦しんで, 茶屋に, 華岡に, 葱の, 薬の, 蛙が, 行くゆく兵器, 衣に, 裸体で, 要領よく, 見入つてゐる, 親に対し, 親父の, 言った, 言及し, 訳を, 誇りを, 誰とでも, 諸比丘是, 豈釋迦, 貧乏で, 赤い糸, 赤沢の, 足早に, 身ぬち, 軽い味, 近寄つた, 退かず子, 逐い出されたの, 遁れ, 道中差に, 遺る妻, 部屋の, 采真, 金之助さんを, 鉄漿に関する, 長い廊下, 長命を, 闇から, 隋に, 離れ離れに, 電車の, 青白い頬, 面と, 靴を, 頭から, 顔は, 飛びあ, 食卓の, 饅頭を, 馬鹿に, 驚きません, 髪も, 魚に, 鶯笛を, 黒色なり

▼ 子~ (4839, 12.4%)

68 連れて 67 抱いて 43 つれて 32 生んで 26 持って, 見て 23 産んで 18 散らすよう 14 もって, 育てて 13 して, 教うる, 残して, 殺して, 生んだ 12 自分の, 見ると 11 産むこと, 負うて 10 愛して, 捨てて, 降りて 9 かかえて, 産むの 8 あやすよう, 生む, 生むと, 生むの, 相手に, 置いて, 負って 7 下りて, 伴れ, 助けて, 取ろ子, 呼んで, 思う親, 教育する, 生むこと, 生んだが, 育てるの

6 [13件] 取って, 思ふ, 抱いた女, 教ふる, 無事に, 生んだ後, 産むと, 産んだ, 見た, 見に, 見ること, 負ひ, 養子に

5 [19件] あがって, おいて, つかまえて, 亡くして, 可愛がって, 同一人, 学校に, 持った親, 散らしたよう, 生みました, 生んだと, 生んでも, 産む, 知って, 背負って, 膝に, 貰って, 送って, 養って

4 [28件] あけて, 大事に, 家に, 思うの, 愛するの, 抱いたまま, 抱えて, 抱きしめて, 捕えて, 捨る, 授けて, 探しに, 易へて, 求めて, 犠牲に, 生むが, 生むという, 生む事, 生んだので, 産むん, 産む事, 産んだと, 産んだという, 産んだの, 膝の, 負った女, 遺して, 飼って

3 [90件] あなたの, うちに, おもふ, かけ降りて, くれと, こしら, さらって, つけて, とらえて, どこへ, のこして, のぼって, ひそかに, ほんとうに, わたしが, 一度に, 中心に, 乳母車に, 二人まで, 人質に, 伴ひ, 使ひ, 信じて, 前に, 叱つて, 叱りつけて, 呼びに, 外に, 失くし, 失った親, 孕めるという, 孕んだの, 寐か, 寝せて, 尋ねて, 弄んで, 待って, 思う心, 思ふかな, 抱かせて, 抱きて, 持つこと, 持つて, 持つ親, 持てば, 捨てても, 捨てる藪, 擁して, 散らすやう, 欺し, 殺したの, 無理に, 狼の, 生ませて, 生まなければ, 生むため, 生むよう, 生めば, 生め子, 生んだの, 生んでは, 産ませて, 産みその, 産むため, 産むという, 産むまで, 産んだこと, 私が, 私の, 種なし, 立派に, 育てること, 育てる親, 脊に, 膝へ, 自分が, 被って, 見たこと, 見る, 見れば, 負うた女, 負ぶっ, 買って, 足蹴に, 除いては, 預かって, 預けて, 養うため, 養うて, 養子にと

2 [294件] あげやう, あなたに, あやして, いれて, うしろに, おもうけ, おんぶし, お持ち, お迎えに, お連れ, かかえた未亡人, かかえながら, かけ降りた, かばって, かぶって, かわいがって, ここへ, これへ, さがして, しっかりと, たよりに, だいて, ちらすよう, つかって, つくること, つまんで, とって, とばして, どうした, どうしよう, どこから, ながめて, なして, もうけた, もうけて, もう一人, もつこと, もつ親, もてば, もらって, よこして, よこせ, よそへ, よんで, わしが, 一人で, 一段ずつ, 一眼見, 上って, 上ると, 両手で, 主と, 乗せた馬, 二人も, 亡くした時, 人に, 人の, 介して, 伴って, 作ること, 促して, 保護する, 偉くし, 偉人なりと, 儲けた, 儲けると, 冷酷に, 別室に, 卸して, 取った, 取られて, 取らんとて, 取るほど, 口説いて, 可愛いとは, 可愛がると, 可愛がるの, 叱るなかれ, 叱るよう, 君の, 呼びて, 呼ぶ, 呼べば, 喰べ, 噛む習慣, 四人も, 坐らせて, 売ろ, 売ろよ, 外務大臣と, 大切に, 太子にと, 失った時, 失った母親, 失って, 失ふといふ, 失われてから, 妨げて, 妻に, 妻は, 嫌って, 孔子と, 孕ます, 守るため, 安土へ, 室中を, 家の, 家へ, 宿して, 寝かして, 将て, 少しでも, 巴里に, 巴里へ, 幾人か, 引きずり出して, 引きつれて, 引き取って, 引張って, 彼の, 思うという, 思うより, 思う一心, 思う親心, 思えば, 思ふと, 思ふ一念, 思ふ不浄, 思ふ母, 思ふ焼野, 思ふ親, 愛しみたま, 愛しみ給ひき, 愛すると, 愛するという, 愛するを, 憎んで, 手に, 打って, 打つて, 折檻する, 抱いたこと, 抱いたり, 抱きあげて, 抱きしめた, 抱へて, 担いで, 拾って, 持たる, 持ちたいという, 持ちながら, 持った, 持ったこと, 持ったの, 持った女, 持つと, 持つ母, 持つ溝口夫婦, 持出した者, 挙げた, 捉えさ, 捨てるほどの, 授くる, 掛けて, 探して, 描いて, 携へて, 撫でさ, 攫んで, 教ゆる, 教育し, 散らして, 散らすが, 望む山, 木の, 案じて, 棄てて, 棄てる藪, 殘し, 殺したん, 殺し子, 殺すと, 殺すなんて, 殺す話, 殺そうと, 江戸へ, 渡した, 父に, 片手に, 狂人視せる, 生かして, 生した仲, 生して, 生まし, 生ました, 生ませたり, 生ませたアあなた, 生まない女, 生まねば, 生みて, 生み孫を, 生むから, 生むその, 生む動物, 生む段, 生む話, 生めり, 生め山の芋, 生んだあたし, 生んだいま, 生んだお, 生んだのち, 生んだは, 生んだまま, 生んだ母, 生んだ母さん, 生んでから, 生落し, 産ませないよう, 産まないため, 産まないの, 産み子, 産むに, 産むよう, 産むを, 産む数, 産んだので, 産んだ事, 産んでから, 登って, 盛ったよう, 知るは, 祷るべしと, 私に, 私は, 立派な, 編む, 育する, 育つること, 育つるにおいて, 育て, 育てないやつ, 育てると, 育てるという, 育てるには, 育てるべき運命, 育てるよう, 育てる上, 育てる者, 育て主として, 育て汚, 背に, 背負った女, 褒めるの, 見せし時, 見た時, 見ても, 見ないの, 見ること親, 見るの, 見るよう, 親許へ, 観ること父, 託した, 許宣の, 誘拐し, 誰が, 諭すよう, 負つた, 負つて門, 貧乏なれ, 買った, 賊う, 賣つた, 質子に, 辱しめた, 返して, 返せ, 追うとき, 送る前, 造るまいと, 連れては, 遊ばせて, 遠くから, 遣され堂舍, 遣され堂舎, 選ぶこと, 長崎へ, 降りた, 隋に, 養女に, 養育し, 養育する, 鷲に

1 [3080件 抜粋] ああも, あけようと, あたしに, あの助平, あやすもの, あんなの, いじめだした, いた, いちいち自分, いつでも, いびり殺さうとして, いらいらさせまい, うで, うみ那須山, うらめしく思いました, うんと喜ばし, おくり出した, おぶおうと, おもうため, おれだ, おろすとか, おわんに, お友達, お届け, お生み, お送りしませう, かえりみなくなる, かけ上った, かつぐ者, かぶった丁稚風, かりて, かわいがるので, くしざし, けがさせるよりも, ここに, この上, ころして, さしあげるわけ, さずけて, さらつて人買ひ, さらわれて, しましてね, じいっとながめ, すこしたすけ, すなは, そういう風, そだてん, そでに, その上, その母, そろえて, たしなめつつ, たずねる愛執, たのみ一枝会帳簿, ちょっと見てるだ, つかまえての, つぎの, つれあそぶを, つれた鶏, とがめるどころか, とらへて, とんだこと, どうして知っ, どうにかし, どなり妻, なくした者, なぐるわけ, なだめるよう, にくまないもの, ぬすんだ男, のこしたが, のぼった, はっきり認めました, ば食う, ひざに, ひとに, ひりだす洞穴, ふやして, へやに, ほって, ぽかぽか撲っ, まぜて, また追い出す, まるで非人扱い, みて, みんな床の, もぎ取ろうとして, もったイサベラ様, もった父, もつ母親, もらうこと, やらん奴, ゆすぶって, よこせ子, よみが, わがままいっぱいに, わざ, アキリュウス捕ふる, オメカケに, クラッコと, ヤンヤと, 一串小指を, 一人抱へ, 一人犠牲に, 一匹ずつ, 一歩神に, 一羽だいじ, 上つて其の, 下さいませんか, 下りた, 不快に, 世に降し給う, 世話に, 中心と, 乗っける場所, 乞い降し, 乾の, 二人とも, 二匹記念に, 亡くしたという, 亡って, 今まで, 付けて, 任せて, 伴れだし, 何に, 何十人助けに, 作るとか, 侍が, 保護し養う, 信ずる人々, 倒すは, 傷け, 儲けても, 儲け長男, 先立てたおま, 入れるため, 六箇國語で, 冊立し, 冠り, 出したり, 出版した, 刺し殺す, 加えたるもの, 助けたさ, 励ますその, 勞はり, 十余日の, 南の, 又も, 取りもつで, 取り囲んだ連中, 取り返したい為, 取出して, 取扱う方法, 口穢く, 召しあがるとの, 可愛がり子, 可愛がる動物, 叱らないから, 叱るあはれ, 叱る父, 同時に見た, 吹きだそうと, 呼びました, 呼び醒ませ君, 呼べ, 唖と, 喜い, 喪つた枳園夫妻を, 嗣と, 四五ひきばかり, 固く固く抱き締め, 坊主頭に, 堕す仕方, 士籍に, 外した男, 大きく仕上げ, 大将は, 天下第, 失いて, 失い実に, 失うとか, 失ったとき, 失つたもの, 奪い去って, 奪ろ子, 如何にもし, 妻と, 始め阿母さん, 娘の, 嫉妬した, 嬉しさ, 孕ませたりなど, 孕み十子, 孕んだと, 学校が, 學校に, 守り育て, 安全に, 宮が, 容れ事實, 寝かせて, 寺へ, 尋問しつ, 小姓に, 少し持っ, 崖から, 差遣した, 帰途に, 幾人も, 庇つてやる, 廃嫡し, 引きて, 引き受けて, 引っぱって, 引取らね, 引廻し, 張つて毎日, 形成する, 待たせて, 待つも, 得ようと, 御手許に, 忘れたまま, 思い, 思い切り仮借, 思うこと, 思う最後, 思った, 思ひ出す, 思ふされど, 思ふ事, 思ふ心, 思ふ至情, 急病で, 恐れた, 悉く失う, 惜しんだ, 意見する, 愛しと, 愛し雄, 愛すること, 愛する情, 愛せざるの, 愛撫する, 慕うて, 慰め必ずや, 憎らしく感じた, 憤りて, 懐中す, 成とも, 戦野に, 手もとに, 手荒に, 打たんでも, 打った人, 払うつもり, 承知で, 投じた, 抱いた又八, 抱いた石, 抱えた梨琴, 抱かひ家, 抱きしめるよう, 抱きよせ背中, 抱き起した, 抱上げ今日より, 押しつける様, 招きあらしめば, 拵える法, 拾い沢, 持たなかったため, 持ちしまで, 持ち直し給, 持った哀れ, 持ってからは, 持つた事, 持つまでに, 持つ日本人, 持とうと, 指さした, 挙げし十人, 振ると, 捉めえて, 捕られて, 捨てた親, 捨てること, 捨て数万, 授かった時, 授ける御, 探しつつ, 接吻し, 掴まえるの, 援け, 揺金樹に, 擧けしに, 放して, 故の, 教えしめん, 教え育てる方法, 教訓する, 敬し, 敵国の, 新民, 明日は, 暫し睨み, 朝子の, 来させると, 枷に, 棄てに, 棟より, 横えた, 欲しいと, 正視しなかった, 歩かせる, 死なせては, 残酷に, 殺さねば, 殺しあわせて, 殺したしかし, 殺した悪党, 殺し大工, 殺すな, 殺す方法, 殺せ其上, 母御が, 気狂の, 求むる婦人, 決して三枚目, 法律家に, 洗い伴, 淋しがった, 渡したくない, 源氏は, 炙り物に, 焼け跡に, 熱愛し, 父親が, 犯そうと, 猫がくはへ, 玩弄物に, 生かすの, 生したご, 生ぬ, 生まずに, 生ませる, 生まなくて, 生みかつ, 生みたいと, 生みては, 生みましよう, 生み下すとき, 生み得ないの, 生み生産, 生み附けますから, 生むだけ, 生むの要用, 生むべく祝い, 生むを, 生む後, 生む能力, 生もうと, 生んだとは, 生んだ小柄, 生んだ私, 生んでからは, 産つける, 産ませたくない, 産ませた者, 産ませるとかの, 産まなければ, 産みお, 産みそう, 産みたくなくって, 産みまするこれ, 産み初めるの, 産み落し, 産むだろうが, 産む女, 産む時自ら和邇, 産んじゃ, 産んだとか, 産んだらば, 産んでも, 由比ヶ浜に, 疑はず, 登り一番奥まつ, 盗みしこと, 盜ま, 目の敵に, 看護婦に, 眺め手, 知りました, 知る者, 祈る事, 福岡へ, 空想の, 立たせて, 立膝の, 米友は, 索め得, 結ぶ毎, 締め切り屏風, 缶詰の, 置きたくない自分, 美容術師へ, 考へる, 肩車に, 育つる事, 育てたる其心労, 育ては, 育てるのに, 育てる小さな, 育てる面倒, 育て傍ら, 背負いそうして, 背負ったまま旗, 背負つて今, 胸の, 腹に, 自由に, 芸者に, 苦しめた, 落したなら甲羅, 藁の, 處刑に, 表は, 裸に, 見かけること, 見ず, 見せるよう, 見たの, 見つけました, 見つめながら, 見ましても, 見る心, 見入って, 見殺しに, 視る風, 観る, 解放し, 訪おうと, 訪ひ, 設けては, 評して, 誇る, 誘つて国府津駅で, 誤るの, 読むと, 論ずるに, 講じつ, 譽候は, 豊饒な, 負ったまま, 負は, 責むるものならん, 貰うつもり, 買ふ, 賜うほどに, 質として, 贈り筆, 距る, 身に, 載せて, 迎へに, 追い返すとは, 送られれば, 送るべきでは, 連れたひとり, 連れた後家, 連れ帰って, 進む, 運んで, 遠くへ, 遣りたる相対, 遺させるごときこと, 避けて, 郷里へ, 釣って, 鎌倉の, 門衛が, 間違えて, 降らして, 隱さんと, 離縁せよ, 須美子は, 頼みますよ, 顧みて, 飛ばすの, 食いつくして, 食ひ, 食わせるの, 飼ふ, 養い家督, 養う資格, 養教する, 駆けおりて, 驚かした楽譜, 鳴して

▼ 子~ (3717, 9.5%)

26 なかった 19 ある 17 出て 16 あった, 自分の 15 親に 14 あつた, 親を 12 あって 10 いる, 死んで, 親の 9 生れた, 生れて, 生れると, 私の 8 それを, ないので, 出来た, 急に, 立って 7 いた, 口を, 帰って, 生きて, 目を 6 あつて, あるの, ない, 来て, 来てる, 無かつ, 父を, 眼を

5 [11件] いるの, ために, ないの, 一人で, 云った, 何か, 彼に, 手を, 父の, 親に対する, 首を

4 [28件] あったが, あなたの, ありました, あれば, いたが, いつた, ないから, なくて, なくなつた, なければ, はいって, ゐた, 今の, 先刻の, 出來, 出来て, 好きな, 待って, 後に, 来てから, 歩いても, 母親の, 泣いて, 無いから, 見て, 言に, 言ふと, 非常に

3 [65件] あらうか, ありがたくて, あるが, あること, あると, あろがさ, いいました, いたっけ, いて, いると, この地, ござんし, それに, どこに, なかつたので, ひそかに, ひとりで, シエクスピイヤの, 一人ある, 上を, 不意に, 二人も, 何でも, 入って, 出来ないと, 可哀, 可哀そうだ, 可愛いから, 多い, 多くの, 女にな, 好きに, 学校から, 宙を, 家の, 審美學なり, 帰つて来る, 或る, 所謂理想は, 手に, 批評眼を, 持って, 持つて, 東京へ, 泳いで, 火の, 無いからと, 無かった, 熱心に, 犠牲に, 現はれる, 生まれた, 生まれて, 申しました, 私に, 私を, 立つて, 胸の, 自分で, 自分に, 見えねば, 言った, 言を, 誰の, 遊んで

2 [232件] あったと, あっても, あとを, あの人形, あの子, あはれ, ありまして, ありますが, あるし, あるそう, あるとは, あるので, あるもの, あるもん, ある朝, いきなり鼻, いたじゃ, いたん, いたんだがね, いないと, いるから, いるね, いるので, おらの, かいがいしく茶ブ台, かの女, ここを, この世に, これを, ころがって, すまして, そう云っ, そつと, そのま, それまでに, そろって, ためただ, だしぬけに, ついに荒涼たる, できると, どうした, どうして海, どうする, どうなる, どこかに, どてを, ぬげて, びっくりし, ほんとうに, みりみりと, みんなに, もみの, やたらに, やはり夜具, わたしの, わたしを, ゐて, シエクスピイヤを, ヂユク, 一人の, 一人も, 一番福造に, 七歳の, 上に, 下駄の, 世に, 二人まで, 二疋で, 云つた, 井戸側を, 京に, 人に, 人形を, 仇を, 今では, 今は, 住んで, 何うし, 何かの, 何だか芳しい, 何に, 何にも, 何の, 何も, 何人目かの, 使に, 例の, 俳諧の, 僕の, 先廻り, 先祖の, 其黨人と共に, 兼家の, 出来たから, 出来たの, 出来る, 出来ると, 前の, 助けられた中, 十三に, 去年どんな, 叔父を, 取りて, 叙情世相の, 口から, 口に, 可愛くて, 可愛くない, 同一人, 向うの, 声を, 夢に, 大きな子供, 女に, 女優に, 好きで, 如何にも不憫, 家へ, 宿って, 審美學は, 對絶對及對相對の, 小一時間, 少しも, 尤もらしく, 巣から, 巣へ, 巴里の, 帰ってから, 平生と, 心に, 急死した, 恋し, 恩を, 悪いん, 愛づる薄葉鉄の, 所謂, 所謂我を, 手玉鳴らす, 投げつけるやう, 投げつけるよう, 押して, 掛って, 揃って, 揃わないので, 文相更迭問題に, 早く出, 時時片言交, 普通の, 替つて, 有るの, 来ても, 来ると, 東厠へ, 梁の, 欲しいの, 歩くよう, 死にて, 死んだと, 段, 殺されたから, 母を, 沒却せ, 沒却理想の, 沒理想と, 沒理想の, 沒理想は, 泣くと, 泣けば, 海を, 海神の, 濃艶, 無いで, 無いと, 無いので, 無くて, 無ければ, 無事に, 煙草を, 独り雨を, 猶ほ, 生れたの, 生れたら氣, 生れた時, 生れた翌年, 生れないの, 生れるの, 生前に, 生涯を, 産れる, 男か, 男の, 病気で, 白の, 盗んだの, 目に, 祇園荘から, 立ちと, 立て掛けて, 笑ひ, 答えました, 答へ, 美味の, 育つか, 胸に, 腹に, 自家の, 自然主義は, 見えなかった, 見舞に, 親と, 言いました, 訊いた, 訊ねた, 討たるればとて, 読んで, 談理の, 豚吉を, 身を, 遊びに, 遊び鶏がけ, 道家に, 邪魔に, 里帰りを, 閣僚として, 風に, 風邪でも, 飯ひたぶるに, 餘り分らぬ, 首縊りや, 馬に, 馳け, 髪の

1 [2553件 抜粋] ああいう, あさましかつ, あたかもその, あったの, あった筈, あなた, あなたを, あの時, あまり小癪, ありいろんな, あります, ありゃこそ, あり友, あり贅沢, あるからよ, あるなら彼, あるん, あろうか, あんな風, いい子, いかなかったという, いきなり裾, いじらしさ, いたら出せと, いっしょに, いつのまにやら, いてな, いない熊, いなくなってから, いますでしょう, いまは, いやこの, いるという, いるよ, うけるとは, うちへ, うまれ句, おいでに, おすき, おなじ隊, おらるる, お冠を, お守りを, お産を, お鳥, かけて, かたわらで, かに衛門を, かわいい一方, かんしゃくを, きのう藩の, ぎやア, ここの, このあいだ, この不可解, この妖婦的, この白骨, こもに, こゑ, こんなふう, こんな音, ご本, さけぶ, さも不快氣, しきりにわたくし, しつら, しょんぼりとして, すきに, すてたの, すなる英習字菊さし, ずっと前, そういっ, そう申し, そこへ, そっと触っ, その例, その夫君, その後どう, その朗ら, その都度, それぞれ大きな, そんなに憎い, そんな目録つき, そんな阿呆, たくさんいます, たずねます, ただ投げ, たつた一人, ためには, だまって, ちやうどこの, ついたよう, つつましく賢, できてから, できるという, でたらめを, とらえて, どうかした, どうして札つき, どう成人, どこを, どんなつらい, どんなめ, ないがしろに, ないため京都, ないもん, なかなか結構, なくなって, なな, にこにこ笑, のばして, はずされて, ぱちんこで, ひととおり成長し, ひとり雑草の, びっくりした, ふだんこういう, ぷつと噴き出し, ほんとに身, ぼくを, また, またそれ, また店, また窃, まだふくらんだ, まだ皆, まったく純潔, まるっきりやせ, みずから決める, みな若かっ, むこうから, もう一人, もう少しこころよく, もし, もっとも悪い, もろ, やっと顔, ゆつくり, よくこんな, よく見えた, わかるわけ, わたくしオホタタネコでございます, われに, ゐなければ, ア, イヒカタスミの, オホタムサカの, キャラコさんの, スガノモロヲと, タヂマヒナラキその, チットでも, ハンケチで, パッと, フッと, ホトタタライススキ姫であります, ライカを, 一つと, 一人あつ, 一人ぼっちで, 一人旗本の, 一人留守番し, 一匹うろうろ, 一匹迷いこん, 一年六ヵ月に, 一月下旬の, 一生涯その, 一般に, 七輪を, 三人お, 三人恐ろしく, 上げて, 下にな, 不図どこ, 不憫に, 与左衛門で, 主として調べ上げた, 乗りて, 乞食非人を, 乳母と, 二三人の, 二人いる, 二人と, 二人妾, 二十五人あり, 二等でなけれ, 云っても, 云ひ出す, 五十万両の, 亡くなってから, 京水だ, 人妻に, 什, 今度道庵乗込み, 仕たよう, 令嬢を, 伊豆の, 低声, 何かを, 何処に, 何者かに, 作中たしか, 使ったもの, 信之信之の, 俳諧を, 偉かったら, 働けると, 全力を, 其処に, 兼愛の, 再び炉, 冷やかして, 出ちゃって, 出来たので, 出来てからと, 出来ましてから, 出来るよ, 分らないほど, 初対面の, 前に, 剣劇を, 効くと, 包みを, 十一の, 十人から, 十四に, 千恵造と, 占領し, 即ち我客幸作さん, 参りましたけれど, 友達と, 取り縋らうと, 古き美文, 可哀そうでございます, 可愛いくは, 可愛くって, 可愛らしかった, 号泣し, 同一種類, 向こうを, 呪わしくなくっ, 命令の, 問の, 喜ばないという, 喫驚した, 嘗て一たび相對, 四五十人ほど, 四問を, 国から, 地位は, 垂水に, 声ない, 多いという, 多くて, 多治比島, 大きくなった, 大く, 大事な, 大声で, 大理石の, 大變, 天来の, 夫の, 女としての, 好い機会, 如きシエクスピイヤ, 妹に, 始末に, 娘の, 嫌疑を, 子供に, 字を, 孫に, 宋の, 宙に, 宥めるよう, 家出した, 寒がる, 寝て, 實を, 對絶對の, 小さい時, 小学校に, 小石を, 少年の, 居て, 居るよう, 山で, 山岡屋の, 巧みに, 帰えっ, 常に一切, 平等見, 幼孫を, 幾度も, 引取つて行つた, 当り前の, 役者に, 往々に, 後沒理想論, 御姉さん, 心を, 心機一轉問題を以て, 心配を, 怖くなった, 急いで, 恋を, 恨めて, 恵まれなかった, 悪左府頼長, 意地っ張りでも, 感動しない, 憐れに, 成人が, 我々より, 所謂理想, 手傳ひ, 手離されう, 承知せぬ, 抱きあったり, 持つで, 挑戦する, 掌に, 揺は, 擧業を, 教壇に, 斃れれ, 新しい花火片手, 於福な, 既に行, 旧著, 昨夜椅子に, 時国という, 暫く雲漢, 書いた最終, 最う些, 有るもん, 朝ッパラから, 木柵の, 本当に家, 杖でも, 来たぶち, 来てるよ, 来り次に, 来る前, 東堂である, 案じるほど, 棠だ, 権右衛門である, 横笛は, 次々に, 歌ひける, 正しかった, 此位の, 歯刷子を, 死んだの, 死んでしまつたよ, 段々成長, 殺された翌朝, 母の, 毎日雨に, 気の毒で, 水の, 決心, 沒却理想を, 沢山に, 泣きや, 泣く, 泥棒した, 活玉依, 浪人を, 淡路の, 清さんが, 湯に, 演述に, 為めには, 無いからね, 無えって, 無茶先生という, 父に対する, 片言交り, 特攻隊へ, 独立し得る, 獨造の, 現に悪行, 理想は, 生きてる間, 生まれたら, 生まれぬ間, 生まれるでしょうから, 生まれるよう, 生れ, 生れたからと, 生れたばかりの, 生れた時分, 生れません, 生れるだろうと, 生れ彼自身, 生存し得る, 産まれてからという, 産れない, 用意し, 申しあげたとおり, 男であれ, 町に, 疊の, 病気の, 白い敷布, 白状した, 皆取る, 盛んに, 直儀, 相続人に, 眞面目なる, 眼に, 知らむとするシエクスピイヤ, 石地蔵に, 神の, 私たちの, 秋を, 究竟の, 突然大声, 立言の, 笑いながら, 笙の, 節用を, 精力的な, 素早く陸, 細りうしろ, 絵巻物を, 絶對は, 繚乱として, 義務を, 聞かないので, 肝心な, 育つん, 胃に, 能くものを, 腰越の, 自ら輕, 自然に, 船上から, 芥川龍之介の, 草に, 落馬した, 薪の, 虎の, 衆理想皆, 行倒れて, 裏戸から, 見ぐるしい, 親へ, 言う, 言と, 言を以て, 記實の, 詩の, 説いて, 誰からか, 謂つた通り兩者いづれ, 豆腐なんか, 貢五郎と, 賢賢の, 赤くなくつ, 走つて, 越して, 跛足兄貴が, 踊る, 身に, 転げるやう, 轡川の, 迎へに, 返事を, 逃げ込んで, 這入って, 連多し, 遊び戯れ, 道統を, 選ばれた童女八人, 郭巨の, 酒罎を, 重俊重俊の, 野菜籠の, 金錢の, 鉱毒事件の, 門に, 降らす花, 隠し妻, 難物でございました, 青年期に, 非沒却理想詩即小詩, 頑是ない, 顏を, 風あふり来る, 飛行機の, 飯田良清で, 餓えて, 駈けて, 高く初冬, 鰈の, 麻布の

▼ 子~ (2203, 5.6%)

86 して 42 なって 13 なるの, 對する 12 なろうと, 對し 11 取つて 10 向って 9 しては, しても, なつた 8 なつて, 乳を 7 手を 6 ちがいない, なったの, むかって, 生れて 5 なった, なるか, 向つて, 相違ない, 違いない, 随い

4 [13件] かぎって, つけて, なります, なると, 取っては, 弓引くたくみ, 教へ, 示して, 聞いて, 自分の, 話して, 限って, 非ず

3 [32件] さへ, せがまれて, とつて, ならうといふ, なりたいと, なるに, なろうという, ふびんを, 代って, 会って, 似て, 何か, 取って, 向かって, 向つて父親, 告り, 就いて, 教えて, 次かめ, 渡した, 父の, 甘きならひ, 生れた, 聞かそ, 訊いた, 話した, 譲り子, 返って, 逢って, 逢ひ, 金の, 顔を

2 [134件] あって, あり私, おなり, おなりなさい, ききました, くるむ衾, さ, されて, したいと, したところ, しときなさい, しや, しようと, すぎないの, そういわれ, とられて, ならうと, ならうとして, なりお, なりしかも, なりたいの, なりました, なり沢村家, なる, なること, なるだろう, なるという, なるよう, なる事, なれ, なれよ, なろう, のこす遺産, もしもの, やって, よくもそんな, よく似た, よく納得, わけて, わたしの, トドメを, 三千五百石の, 与えて, 与へる句集, 事寄せて, 人間の, 代つて, 会いに, 会へる, 伝えて, 似たり, 候, 傷を, 別れ小, 厄せられたる, 及ぶの, 取られて, 同行を, 向い, 向て, 報い, 報いて, 報いという, 就て, 就ては, 従うと, 従え, 從ひ, 御時宜, 心を, 怪我を, 成って, 手紙を, 持ち伝えさせようと, 持って, 持つ親, 指一本でも, 挑んだ, 接吻した, 教えた, 於て, 旅を, 最後の, 来た, 歌を, 死なれたとき, 比べて, 氣を, 注ぎ入れた, 注意する, 洗礼を, 渡す, 理想を, 理解させる, 甘い母, 甘い親, 生れたりとて, 生れた駒次郎, 生れるもの, 當る, 白き飯皿, 着せて, 知らさずに, 知らすため, 笑はれた, 答えた, 紹介した, 縁が, 罪を, 聞いた, 育つて, 育てられたと, 腹が, 臥し寅, 至ては, 至りて, 苦勞し, 見せた, 見せて, 見て, 言つた, 話が, 跡を, 逢つてこれ, 逢はず, 違いありません, 違ない, 違ひない, 酒の, 間違ひ, 限られて, 頬ずりし, 食べさせて, 餌を

1 [1484件 抜粋] あいその, あたえた心理的, あたりて, あてがうため, あてた手紙, あなたが, あやまった, あらず云々, あらぬ人, ある, あれで, いい聞かせた, いったん, いつもより, いへる, いろいろな, いろんな物, おいい, おされる牛車, おとらぬ衣, おなりで, おろかでも, お会い, お座敷の, お言ひよ, かいては, かかって, かけちゃ, かしずく母, かぶせて, きいた, きまって, くっついて, くれて, けっして負けない, こう言っ, ことさらの, このごろ情人が, この子, こぼした, ござります, ささやきました, した, したが, したって, しちやア訛, してやるの, しましょうか, しろ並々, しろ自分, すがりつかれたばかりに, すぎないよう, すっかりこども, すまないと, するため, するよう, する心算, せいぜい長い, せめられ候事, そう云っ, そこを, そのボート, その話, それを, そんなに心, たいへんお, たずねました, たとい身なり, たべさせると, ちがいないでしょう, ぢつと, つかは, つける理由, つれられて, できたか, とてもよく, とられたなんて, なさろう, なったこと, なったという, なったのに, なったん, なっちまうん, なっての, なっとるが, なによりも, ならないからでも, ならなくては, ならふなの, ならんと, なりこれからどう, なりそう, なりたがらなくっても, なりたるなりと, なりましたね, なりますから, なり孫, なり本位田家, なり間もなく, なるでせう, なるわ, なる氣, なれそして, なれば, なろうたって, なろうなんて, なんとか言, のせた, はずうっ, ひかれて, ひそんで, ひとつ残す, ふとい大足, ほだされて, ぽつ, まさるウルサ型, またここ, まよふ, みせろ, めぐって, めぐり会った母親, もっといや, やったという, やつた, やらせて, やると, ゆきあつ, ゆだぬべし, ようこげ, よくいう, よく似あう, よろけかかった, わかるの, わるい性根, カインと, シルシは, トマトを, パトロンが, ホサナ讃むべき, モーションを, 一円の, 一喜一憂し, 一度会う, 一走りいっ, 七十の, 三十フラン出す, 三河家荒二郎合同の, 下される残虐, 不孝だ, 与え, 与えられて, 与って, 世を, 乗り爾, 乳房啣せ, 云いました, 云うと, 云ひ, 云ふ, 五郎四郎三郎という, 今一つキッスを, 仕合せと, 他所から, 仮につけた, 伊東を, 会うて, 会えそう, 会った, 会ったらきっと, 会つて死にたい, 会ふとすぐ, 伝う, 伝えたであろう, 伝える, 伝え子, 伝へられるもの, 伝わらなん, 伝わると, 伯虎, 似ず息子, 似た高い, 似通, 体操とは, 何度も, 何等の, 供給する, 俺の, 候其上本學院殿の, 偽筆を, 傳へらる, 優しくしすぎる, 先だたれた愁傷, 先立たれた苦しい, 入られたという, 八人乃至, 冥通の, 出した, 出合つた, 分けて, 分れを, 別れるの, 別れ幼, 劉向の, 劣らなかった, 励まされたよう, 包んだもの, 十三四の, 半分腐った, 厚薄と, 去られて, 取つちや, 取りては, 取着こうと, 叱られた事, 名づくる, 向いて, 向うを, 向けた心づかい, 向つて永遠, 向ひ, 吩附け, 告ぐらく, 告げた言葉, 告げよ, 呼ばれつ, 呼び立てられはじめて, 命じた, 咎められながら, 問うて, 善いこと, 喩ふべし, 嗤笑せられたる, 嘘を, 嚴し, 土佐法師という, 垂, 報いたという, 報いました斯, 報うべき現世, 報ひ, 塩を, 変ったの, 外ならなかった, 奉仕し, 奪はれ, 好意を, 姉は, 娶ひて, 嫁し, 子が, 学問を, 守り唄, 完全な, 宛てたもの, 実現さし, 室内の, 家庭教師を, 寄す, 寄せる人, 密夫ある, 対い, 対面を, 尋ねたら一ばん上, 對ひ, 小遣銭を, 届けて, 山楽の, 幣しつ, 弁償し, 引かせたり, 引き摺られて, 引ける所, 当たり一族, 当てさせる, 当るの, 当る安房宗実, 彳んだり, 後を, 従うべし, 従ひ, 御なり, 心づけ, 忘れて, 思い焦がれた事, 思召し, 性質が, 恋ひ, 恤んで, 恨みを, 恵まれたの, 悪魔孫兵衛が, 惚れ込んで, 意見し, 愛される, 感ずる嫉妬, 態と, 成し縁, 成豊正俊が, 戻ること, 手習などを, 払う助手料, 抱きすがられるであろう白い, 抱く, 拾ひつつ, 持つくらいの, 指して, 捨てられる親, 授けむがために自ら書, 接吻を, 接近し, 撥ねとばされた, 擬え, 救われて, 教えては, 教えるの, 教はる, 教を, 敵の, 於ける関係, 日は, 明かに, 普通以上の, 書く母, 會ひ, 服ませた, 未来を, 栗園惟常が, 案内され, 案外嘗められ, 椽は, 次ぎて, 歡喜與ふる, 武仁という, 死なれたといふ, 残して, 殘した, 母と, 比べれば, 気づかれなかつたの, 求むることはただ一つきりだ, 油断が, 泣かれては, 泥棒だ, 注意が, 海伝いに, 添え乳し, 渡して, 漢文を, 然まで, 燭を, 牛刀鷄を, 物語ったこと, 狡猾に, 獲たりと, 現を, 甘い余り, 甘い彼, 甘い親二人, 甘く義理人情, 甘木柳仙という, 生きた蛇, 生まれたが, 生まれまして, 生れかつて, 生れたのに, 生れまして, 生れ合, 生れ曾, 由つて強められた, 甲羅が, 異ならざるなり, 病人を, 皆話し, 目印でも, 直接聞い, 相続させない, 相違これなく, 相違なく, 相違御座いません, 真の, 眼が, 着せた奴, 知らせて, 石を, 祭銭, 私は, 秘かな, 稼がせる親, 窘しめらるる, 筆を, 答へて, 約束し, 細君が, 結びつけ一気に, 絵日傘持たせやるべき, 続いて, 縁の, 縋つて, 義と, 聞いても, 聞け, 聽かせ, 肛門が, 育ちましたの, 育てられて, 胎を, 腰を, 至つては, 與ふ, 花を, 苦しい思い, 荷わして, 薬を, 虎の, 蛇くねる, 行って, 行氣煉氣化氣の, 袖を, 見えたの, 見える, 見せいつも, 見せたら何と, 見せないで, 見せようと, 見られないふっくり, 見惚れて, 覚られるわけ, 親しむ思ひを, 親切に, 触れたり, 言いきかせ天国, 言い聞かして, 言って, 言伝を, 訊いて, 記されたる伊呂波短歌, 詔給わく, 話しかけた, 話すよう, 誘惑された, 語る, 読ませて, 読書習字など, 謁見された, 譬へる, 譲られうるもの, 譲る, 譲る一種, 讓つて自分は, 負うべき責任, 財産の, 責任感を, 賣つて來, 贈った, 贈りました, 赤人が, 足らぬ性分, 足音聞こ, 身を, 輝が, 迎えられて, 返った機, 送られた結果, 送る手紙, 逐われて, 逢いたくないかと, 逢いました嬉し, 逢つてこれこれと, 逢わせて, 連れの, 遅れた母, 遇うと, 過ぎないの, 過ぎませんけれども, 違った道, 遣つた, 遺伝し, 遺言し, 邂逅い, 酒杯を, 酷似し, 鉄鉢を, 長唄を, 間違ひもありません, 附けし名, 限つてそつちの心配を, 限られ二人, 障ること, 霊骨あり, 面白そう, 音楽帳を, 頼みますから, 食は, 食を, 飲ませて, 首飾りと, 騙せら, 魂が, 鱸釣り, 麟太郎の

▼ 子~ (1210, 3.1%)

21 一緒に 14 なって 10 云ふ, 地頭には 9 して, ろ 7 いっしょに 6 二人で, 別れて, 呼んで, 小婢, 聖霊の, 言ふ 5 いって, 云うの 4 いえば, いふ者は, なつた, 二人の, 書いて, 申します, 遊んで

3 [21件] いえども, いっても, した, なったの, なりました, なると, 一人の, 並んで, 云うもの, 依羅娘子, 友達に, 叱かられる二葉, 同じよう, 地頭に, 地頭にゃ, 子の, 孫の, 称して, 結婚した, 自分の, 離れて

2 [89件] あっては, あひ, いい年, いうので, いつしよ, いつた, いふので, いへば, おなじよう, きては, したが, する説, その母, なして, なった, ならん為, なる, なる時, ひろひ, もう一人, よく似, よく遊ん, 一所に, 一粒の, 三人で, 三人の, 争って, 云った, 云っても, 云は, 云ひ, 云ふも, 云われるの, 今日の, 倶に, 同じやう, 同様に, 同様の, 向き合って, 呉葉とは, 呼ばれた范安仁, 呼ばれて, 呼ぶこと, 呼ぶと, 地頭だ, 地頭で, 地頭と, 太陽の, 子が, 宋朝とを, 寄る, 思うて, 思って, 思つて育てたい, 思へど, 思へば, 手に, 打連れ立ちて, 摘みうすあかき, 春日に, 母の, 比較した, 浪子とが, 猪股氏の, 生まれた悲哀, 生れて, 申すもの, 目され, 相携, 相談し, 知って, 知らないから, 私が, 私とは, 称し四老, 細君は, 組み立つる名古屋城, 結婚し, 結婚する, 羽易娘子とを, 肩を, 茂太郎との, 言へば, 許宣の, 話して, 近づきに, 違うの, 配り歩く中, 青い上衣

1 [815件 抜粋] あかき日光, あそぼうと, あたりゐ, あなたとは, あなどると, あにし, あるだけ, あるも, いいどこ, いい明和七年, いい藤井寺, いうから, いうと, いうばかり, いうものの, いうよりは, いえよう, いつの間にかお, いづれかの, いふべきなり抔, いへども, いろんなところ, いわれたが, いわれ相模入道高時, うなずき合った眼, おあきらめ下さいまし, おかしいという, おなじくこもる, およそ違う, おらとを, おんなじ年, お前ばかり, お思い, お思ひなさらぬ, お湯を, お祖母さんは, かがみゐて, かがみを, からかわれて, ききし子, きけば, この四つ, この四人, この連雀, こもりゐぬ皷, これが, さう手軽, さるる型, されて, しいまだ, しかつい, したこと, したので, したのに, した上, し又, し我, し次男興秋, し自分, し蘆沢氏, すべきを, すめみま, すること, する霧渓, すれば, す云々, せるは, そこで, そして意外, そのど, その取巻き, その折, それに, ちがうゴーリキイ, ちっとも似てない, つきあふの, つれだち給, であった, であると, どんなふう, なしたにも, なし共に, なし歯牙, なし給いしも, なす其悔, なす説女御が, なったからには, なった庄三郎, なってから, なつて, ならんで, なりこうして, なりたるかは, なりぬ, なりようやく, なり女大学, なり畢, なるうす, なるに, なるの, なれるでしょうから, ひさ, ひそかに, ふと似, ほとんど同じ, ほのけく言, まだ胎内, まったく同じ, みえて, むしゃくしゃな, めぐり遇った話, もうすっかり約束, ゆすぶつて言葉, よばるる女性, ろは, ろ雛一丁おくれ, わしも, われとの, ゐて, ケンカし, ゾラとは, タマリンドの, ドクロとの, ハルトマンとの, ピチクン, フリーダとの, ボロ靴下を, 一々その, 一しよ, 一つである, 一つ部屋に, 一寸よって, 一番仲が, 一緒でなく, 一緒では, 一般の, 三十間堀に, 三十間堀富貴亭に, 三歳の, 三頭の, 上方者の, 不義三昧に, 両親と, 主義の, 争い始めるの, 二三子, 二人きりに, 二人つ, 二人を, 云いなし, 云うくれえ, 云うなよやか, 云うん, 云う三人, 云う女, 云う語, 云う階級, 云う首枷, 云ったり, 云って, 云はん顔し, 云ひし, 云ふ出立ちである, 云へる, 云もの, 云わず農夫, 云われたの, 云われても, 云われるわけ, 云所から, 云者なき, 五つに, 人中の, 仙道に, 仲が, 仲よくし, 仲好く, 仲良しに, 会って, 会見の, 会談せしなら, 似た血潮, 住んでる山, 佐々村村一は, 何れ彼の, 來たら, 信じて, 停車場の, 傘を, 兄と, 兄弟が, 八つに, 八人を, 共について行き, 共に舟, 其黨人との, 兼家との, 出て, 分きへ, 初めてつきあふ, 別れの, 劇神仙話とが, 劉阮と, 区別した, 十日夜が, 協議で, 友の, 友情以上の, 叡子と, 可愛がられ十一, 同じくこの, 同じく巴里, 同じです, 同じや, 同じ子, 同じ朝日新聞, 同じ運命, 同年の, 同棲し, 同棲生活を, 名づけた, 名づけて, 名の, 名を, 名乘, 名付けて, 向い合った, 吾一は, 呉葉との, 周子に, 呼て, 呼ばれた昔, 呼ばれる大, 呼び母, 呼ぶ, 呼ぶ者, 呼ぶ風習, 呼べるもの, 呼んだよう, 命尊し, 和みくらさんみじかき, 喋々喃々する, 喋ったり, 喧嘩を, 噂された, 四五人の, 国香の, 地頭, 地頭の, 変わりぬ, 大塔, 天台の, 夫の, 夫を, 女フイリッポフの, 妹とを, 妻で, 娘とは, 嫌はれ, 子を, 学習院の, 孫とが, 宇野との, 定った, 定め, 客の, 家畜と, 家畜を, 密通し, 富樫これに, 寝る様, 対座し, 尋常に, 小さく書いた, 小身の, 少年, 少数の, 島田とが, 巫子とに, 師匠と, 席が, 庶子私生子の, 引放し一家中を, 引被い, 弟である, 弟とを, 弥勒の, 彼の, 彼は, 後妻の, 心得た例, 思いなつかしんで, 思い込ませたの, 思うな, 思うなら, 思えとは, 思えないの, 思えば, 思ってるの, 思ふもの, 思わず奉公人, 思われあまり, 思われないで, 思考し, 恵子が, 情を, 感じたらしいが, 感じるに, 我夫とを, 拡がった場合, 持物の, 指さされては, 握手を, 携提し, 教師の, 教授の, 散歩を, 新冨座裏, 旗下の, 早瀬の, 時々その, 時事を, 書斎に, 最も深間, 朝夕に, 木の葉散り飛ぶ, 机を, 来たら御存じ, 柳ちどりとは, 桐沢氏, 様々の, 横川と, 横川とが, 歌いだす者, 歳晩の, 母と, 母は, 比較する, 水盃を, 江戸川蘭子が, 混淆した, 清水に, 濡れて, 為せり, 為る事, 烏有先生と, 烏森の, 爭つて傷つけ, 父, 牛門に, 狂い廻って, 狂って, 猿を, 生まる, 生まれた事実, 生めり母, 生れかわる希いを, 生れた江戸ッ子, 生れながらも, 生れられたお方, 生れ徳川, 生れ詩, 甥が, 田沼を, 申しますが, 申すが, 申す書, 男の, 異って, 白瓜子も, 相会し, 睦しい, 睨まれる, 知つた時どんなに, 知つて其朱唇で, 知られた, 知りながら, 知る所以, 知る故, 知れたらとても, 知れる所以, 社長さんも, 神よ, 神経質な, 秀子と, 私は, 私生子の, 秘術を, 秦王后が, 称えらるべけれ, 称し春泥集, 称し郭節, 称すること, 称するビルマ人, 称する同氏, 称ふ, 称へらるる, 称へる, 稱し, 稱す, 窃かに, 第二羽易娘子, 答えた僧, 粒子で, 約束を, 細君の, 結婚出来る, 絶縁し, 綽名の, 罵られ冷たい, 義光ちゃんという, 老との, 聖霊が, 聖霊との, 聖靈の, 聞いて, 聴く春雨, 育てられても, 自働車, 自分とを, 自慢の, 良人と, 花の, 花子と, 茂太郎とは, 落しめる, 落合って, 血で, 行くの, 行けない子, 袖ふりは, 西洋手拭と, 見あらゆる, 見え幸雄, 見たに, 見ても, 見の, 見れば, 覚しき風采, 親しくなった, 親とが, 親父の, 角力を, 解つた, 言い争うて, 言うごとく狸児, 言うばかり, 言ったもの, 言って, 言ひまし, 言われ騒がれて, 訓じ, 話しを, 話し合つて, 話を, 誇る, 認ぬべき, 認めようと, 認められながら, 認められぬ, 説く数, 謂ひ, 豚吉に, 豚吉を, 賞めそやされた, 軽娘子, 逃げちるもの, 逃げ散ったが, 連れ立って, 遊ばないでも, 遊ばなくなった, 遊ぶ, 遊ぶと, 遊ぶの, 遊ぶ日, 遊ぶ腫物, 運命の, 道綱と, 違つて若い, 醜関係, 醜關係, 鈴江とが, 銀座清新軒に, 銀髪の, 間違えそう, 間違えられては, 間違へ, 附添の, 陸助と, 離るべからず, 離れぬ若い, 電車に, 露伴子と, 顏を, 顔見合わせ, 飲む, 馴染んだ手紙, 鮫島三郎という, 麩など, 麻耶子

▼ 子~ (1028, 2.6%)

13 孫も 11 ある 9 あった 8 あるもの, それを 7 なくして 6 なくなって, 失くし 5 あつた, あれば, ない, 何も, 無くして, 親も

4 [11件] あったが, ありました, あるの, いた, いる, ないの, なくなる, なければ, 一緒に, 妻も, 慕ひまつりき

3 [16件] あるべしお前, ある身, いっしょに, どの子, ないから, なかった, なくて, 外へ, 御座んせぬ嫁, 手を, 持って, 替らず勉強, 流石に, 涙を, 華魁に, 養軒子も

2 [52件] あったの, あらむ, あり, あるが, あるもん, ある男, うからも, おしなべて老, おつ, おりません, これを, しじに, その中, とんだ運, なかつた, なくなるから, なんぼう, またそれ, また父, もう半分, やるところ, わあと, 一所に, 亦孔子, 兄弟も, 兩親の, 同じよう, 在る, 多いが, 女房も, 家も, 小さい子, 引かず子, 御言葉, 怒り悲しめば, 来ては, 欲れ, 烈しく咳, 生んだと, 町人の, 眼を, 神憑りする, 結婚し, 罪が, 罹つたア, 蒔くと, 行ぐのがえ, 親の, 豚吉も, 間が, 頭を, 黙るという

1 [734件 抜粋] あさね, あたしたちも, あったとの, あって, あとから, あの谷底, あまた生みたれ, あやさず一念, ありしかな, ありそして, ありましたが, ありましたし, ありますので, ありません, ありゃしないもん, あり世帯, あり商工平民, あり幸福, あり隣近所, あるかも, あること, あると, あるとの, あるのに, あるひと, ある中, ある炭屋, あろうと, あろう妻, いつか絵を, いつもそこ, いないの, いないよ, いない座敷, います, いますが, いるという, いるの, いるん, いる事, うちに, うれしいと, おそるおそる顔, おできに, おなじくそ, おなじなれ, おろすつもり, お母さんを, お金を, かえって来, かく観ずる, かなり烈しく, かの女, かわいそうです, きかんぼう, きっと重, きみの, こ, こう云われ, この事件, この妻, この説明, この選ばれた, この頃, これだ, これで, こんなこと, ございます, さすがに, さぞ浮ばれるだろう, しきりに親, しこの, じぶん, じょうぶで, すべてを, すまし込んで, ずいぶん人騒がせ, せっかくあやまりたい, そうであった, そして酒飲連, その一人, その子, その子義朝, その所有者, その晩, その通り, それが, それでは一緒, それと, それについて, それに甘, そんな調査, たがいに, ただひとり, たちまち好意, たちまち行方, たるを, だまるいま名代, だまるという, だまるというくらい, だまる十八文, だまる暴れ者, だんだん役に立つ, ちがって, ちょっと屋形, ついて, つつがなく暮らし, てんでんばらばらな, とうに彼女, ときどきふりかえっ, どうする, どうやらいよいよ亭主, どこへ, どの孫, どんな辱, ないし, ないじゃ, ないと, ないという, ないよう, ない一人者, ない人, ない先生, ない孫三郎さん, ない心細さ, ない身一つ, ない醜男, ない金, なかつたの, なかなか如才, なくしちまわなく, なくしちゃ, なくなり泣き寝入り, なくなるからね, なくなれば, なく一家, なく全く, なく夫, なく孫, なく居たる, なく後, なく本, なく独り, なく自由気, なく親しい知人, なし幾年, なし母, なりは, ぬかづきぬ, はじめの, はりついて, ふえました, ほしくない, ほどなくこの, ほろびて, ほんとに幸福そう, ぼろを, まじって, またかつて, また予, また彼, また時代, また聾, また自分, まだ帰っ, まだ白紙, みかどのこの, みなあいそむい, みな同じ, みな寄っ, みんないい, みんなし, みんなその, みんな同じ, みんな熱砂の, むす子, むちゅうでカピに, もう眠つて, もう聞きわけ, やがては, やがて柱, やっぱり物, やつて, やはり中学校, やはり片足, ようやく面, よくやる, よく知っ, よく肥った, よく見, よわれりと, りの, わからない子, わからねえ子, わたしを, わりと, ゐたが, ゐました, ゐること, ゐるし, アヴェック・ヴウの, ウヌが, ギセイに, シンカラの, ハッキリか, ビックリし, フロクに, 一つずつ, 一人ございます, 一族も, 一昨日奪, 一生懸命に, 一瞬間でも, 七里ヶ濱から, 丈夫です, 三人に, 上位を, 下層世間には, 下町で, 不安がる, 中, 中学ぐらい, 主人も, 主人公の, 之れ, 乗気, 乞食の, 乾上っちまう, 交つて居る, 亦あらずなりぬ, 亦たった一度, 亦ぼく, 亦我, 亦招, 亦箱, 亦舩長, 人に, 人形を, 人知れず如何なる, 人間を, 今では, 今にその, 今のは, 今まで, 今年ぢゃなかったかしら, 付けて, 代表し, 何か, 何ともしようが, 余り可愛, 來るなり, 侍らざりき, 俺の, 偉い, 傀儡も, 傍に, 兄弟で, 先方へ, 入って, 入れたら十七人, 六月十二日より, 共に動き, 冥途に, 出さなかった, 出来て, 出来る, 出来れば, 出来申候, 列子も, 制約出来ない, 助かりよう, 勢いよく手, 十八に, 又お, 及ばねえだ, 叔父と, 口元を, 古い伝説, 可哀, 可哀想だ, 可愛がれる, 可愛し, 吉田定房の, 同し, 同じ事, 同じ兄妹, 同じ店, 同じ村, 同感で, 同様です, 同様な, 同様に, 同樣, 同然, 同罪に, 同胞も, 呉葉も, 周子も, 呼んで, 啓書記も, 善人ばかり, 嘉助の, 四十二三歳で, 埋もれるよう, 堯舜禹湯文武を, 墨子も, 夏は, 多くあった, 大きくなったでしょう, 大きゅうなっとる, 大変後悔し, 失うばかりか, 失くしちまわぬ, 失くす, 奉公人も, 奪られちまった, 妹だけに, 妹の, 姉君は, 娘ざかりな, 婦警であった, 嫌いでなかった, 学齢に, 宅兵衞が, 寒くて, 寛三の, 寝不足の, 實に, 小女房, 小学校を, 小宰相, 小鳥に, 小鼻を, 少々気味が悪く, 少くなつた, 尾張中村に, 居た, 居る, 居るけど, 岡崎の, 左の, 帰って, 帰つて来た, 弁護士試験を, 引き上げさして, 引き取って, 引っ込んで, 彼の, 後では, 御縁, 忘れ武蔵, 思うこと, 思はずあ, 思ひ思ひに, 思わなければ, 恋しかった, 恥辱の, 悦んで, 悲鳴に, 想像し, 意久地が, 愛情が, 感心で, 戦争さえ, 戦争中兵隊に, 持たない人間, 持たなかった, 捨てて, 捨てッ, 摺つて情なき, 放つと, 救ふ, 數, 新田の, 日々ふとり申すべく候え, 早や, 春の, 昨年の, 晏子春秋も, 普通の, 最初は, 有たぬ, 有るんで, 朝鮮の, 本物に, 来い, 来るなり, 来年は, 某の, 柞葉の, 棄て真に, 棒に, 極道者と, 死に絶えて, 死ねさ, 段々笑い出した, 毎日, 永遠に, 沈黙し, 泣いた, 泣く, 浮山も, 深く感ずる, 為ない, 無いわけ, 無くさせる非, 無くなって, 無くなるわよ, 無であるだろう, 無りしが, 熱心に, 父の, 狐であっ, 率直そのものである, 甘木先生に, 生して, 生れるの, 生活を, 田を, 畑柳と, 皆んな縛り上げ, 皆安らかに, 皆自己の, 盲と, 直遁げ, 真逆, 眼に, 着物を, 睨める敵, 矢張り火葬場に, 知って, 確に, 私に, 私もさ, 私生子も, 窓を, 立ちまじって, 立停, 米の, 素人衆まで, 縁金によって, 繩を, 置き妻, 罷出候様先日令弟, 義貞が, 耳の, 聞くの, 職人の, 腰越まで, 腹を, 舌を, 色が, 苦労を, 茫然として, 茶碗を, 蓄音機の, 蝋燭の, 行く末は, 行方が, 袖を, 裏山の, 見たこと, 見るので, 親に, 親を, 読むよう, 誰も, 警句を, 負けては, 貧しくて, 赤子も, 走って, 路傍の, 身に, 近づけず隣組, 近頃は, 通って, 通らない, 連れて, 運尽き, 選鉱女も, 配偶も, 銀髪の, 阿母さん, 障子の, 雄略朝などの, 非凡山の, 頼まないから, 顏を, 飼つてゐた, 駈けつけるであろう, 魂は, 鮎も, 黙つて, 黙るくらい, 黙るによ, 黙る名, 黙る花和尚, 黙る近藤勇, A子も

▼ 子~ (893, 2.3%)

484324 から 17 ということ, な 16 と思っ 11 からね, という, ねえ 10 ねんねしな 87 と思う, なあ 6 こと, と言っ 5 からお, という事, といふ 4 いい子, え, かわかつ, が, そうで, そうです, と, と云, の

3 [16件] からこちら, からこの, からもう, つたので, というの, といっ, といつた, と云った, と思, と思った, と町内, と言, ねとお, もの, わ, 母親も

2 [44件] あの饅頭, かどう, からおとなしく, からお前, からお父さん, からかわいい, からそうして, からその, からどんな, からぼく, からもう少し, から大事, から女, から対面, から少し, から泣かない, から泣くでない, から私, か分らない, が父, しお, ぜ, つたから, つたが, で, といいならし, という訳, とかいっ, とは聞いた, とも云, と云う, と信じ, と思いはじめました, と思え, と思ふ, と言え, と賞め, ないい, ぬきの, ね此樣, べえ, よお, 好い子, 雲雀奴だ

1 [464件] あ, い, ええ子, おお可い子, かあなた, かっていう, かと顔, かも知れ, かよく, からあそこ, からあっち, からあまり, からあんまり, からいけない, からいっ, からうかぬ, からおじいさん, からお前さん, からお母ちゃん, からお洒落, からお話, からお金, からかくさず, からけさ, からこらえられる, からこれ, からそ, からそういう, からそして, からそば, からそれ, からそれだけ, からそんな, からそんなに, からたまに, からだ, からちょっと, からってひどい, からってんでいけない, からである, からです, からという, からという意味, からといっ, からといふ, からといふのみで病毒, からといふ一番らく, からとひと, からと人, からと思っ, からと捨吉, からと私共, からと見限っ, からと言っ, からどうか, からな, からなどとも云っ, からにめぐまれました, からねあなた, からねとかなん, からねとくりかえし, からねと云われる, からね喧嘩, からね大急ぎ, からね親, からのう, からのう兄弟分, からひどく可愛い, からへいき, からほん, からまあ, からみんな, からやっつけられる, からよもう少し, からわたし大好き, からママさん, から一走り, から両方, から二十, から二度と再び, から二階, から今日, から何, から何だ, から何ん, から何処, から助け, から危, から可愛い, から向う, から土, から大きく, から天皇, から妹子さん, から姉さん, から嫌い, から小人, から役に立つ, から彼, から捨て, から捨てる, から早く, から時々, から暫く, から栄三郎ともども, から根, から正直, から母, から母方, から毎日, から気に入らない, から気晴らし, から永徳寺, から決め, から泣かん, から為様, から無駄, から特別, から猶, から町, から當分顏, から百姓, から直, から穢らわしい, から綺麗, から義ちゃん, から聞きわけ, から腹巻, から舞踏会, から茄子, から藩中士族, から蛇, から行っ, から見処, から誰, から豆腐屋, から貞操, から贅沢, から逃げる, から酒, から馬, かわかりやしません, かチョイ, か三度目, か下等社会, か何だか, か分った, か分りゃ, か分る, か判った, か周子, か嘘, か弟, か怪しい, か泥亀, か知ってる, か知らない, か知らねえ, か知らん, か知りません, か私, か素性, か解らなかった, か言えたら言っ, か鬼っ子, があの, がいちど, がこの, がする, がその, がそれでも, がどう, がわざ, が世俗, が主婦, が之, が乳, が人, が余, が兄, が出, が可, が可愛, が同じ, が家, が庄公, が底, が早く, が殺さぬなら出, が母, が気, が聖僧ブレイス之, が角兵衛獅子, が解らない, が青表紙, が食べる, きれいな, ぐらいに考える, けど変てこ, けれど, けれどすこし, けれどそれでも, けれどもこの, けれどもわたし, けれども惜しい, けれども貴女, けれど妙, こっちが, ことしかたが, ことに手先, ことね, こと今朝から, この子, しぼくたち, し叔父, すえなあ, ぜこの, そうし, そうだ, そうである, その子, それは, それゆえ娘は, ぞい, ちと一緒, ちの小, ちの眼には, ちの餅と, ついでに, つた, つたお, つたがなあ, つたそれほど, つたと, つたに, つたのか, つたのだ, つたのだらう, つたナザレの, つた中, つた弟を, つた昔を, つた生, つた私が, つて, つて何だ, つて幸せぢや, つて拔け, つて荻野左仲樣の, つて見, であれ, とあと, といい張る, というつまり, というふう, というん, という十六七, という噂, という少年, という感じ, という深刻, という評判, という説, といった, といったら, といつかおつ, といふ東京, といふ統一原理, といわなけれ, といわれ, といわれた, といわれてる, とうち, とお, とおも, とおもった, とお常, とお母さん, とからかわれる, とか伝えられ, とか区別, とか本当, とか武士, とか海賊, とこれから, としたなら, としてある, とする, とつくづく, とは, とはお気づき, とはどうしても, とは突っ放せまい, とは言いやしない, とほほ笑み, とほめ, ともまたは, ともわからず, とわかっ, と云い, と云うで, と云っ, と云われ, と云われる, と仰し, と仰せられた, と仰言いました, と信じる, と兄, と出たら, と勧学院, と匙庵老, と卑し, と名, と名乗っ, と名乗った, と告白, と大いに, と太鼓判, と心得, と思い, と思います, と思ったら, と思ってる, と思つて休み放題, と思ひはじめた, と愛され, と感違い, と数々小言, と正面, と此, と母親, と氣附, と浅吉, と甲斐, と白状, と知る, と知れた, と考へる, と聞いた, と自ら, と自然目, と虐められた, と見え, と親類中, と言い, と言ってる, と言つて, と言つて其子, と言われる, と訓, と詐, と評判, と説き出し, と身, どんな奴, なええ, なおまえ, なし, なといいました, なという感じ, なと思った, など, などということ, などという考え, などといっ, などとまくしたてた, などとよく, なないい, なもいい, なんて, なんてそんな, なんてとんでも, なんて事, なんて人, なんて失敬, なんて思う, なんて皆, なんという, なんと賺し, なア, な独り, な疲れ, ぬきに, ねえもし, ねえ人, ねおまえ, ねお前さん, ねお守り, ねこんな, ねと冷, ねなら, ねよし, ねを与えよう, ねを進ぜるで, ねーおまえ, ね何いってん, ね阪井, のう, のう親, のが, のと, のという, のには, のに中学校, のに次郎, のに顔, ものか, ものどんな, もの奉公人も, もんです, よおまえ, よお前, よお前さん, よお蔦さん, よてばほれ, よね, よふふ, よまったく, よまるで, よ死んだ, よ老松, わそして, わそんなに, わね, わよ, アね, イヤ神だ, エタの, ジム, ッ, ツて, ネエ, ネーお前は, ヨ芸人, 一反分だけ, 不運な, 世間では, 今度は, 他に, 何でそんな, 何とか身, 俺が, 俺の, 又は私, 家は, 将来どんな, 小い, 己は, 断乎として, 武士の, 母に, 気に, 無邪気で, 特に大切, 留守を, 織田信長の, 自分の, 良い子, 足を, 金魚なら, 静かに, 靜かに, 面相の

▼ 子~ (688, 1.8%)

53 あつた 7 あつて 5 ござります, せう 4 あらうか, 母は, 父の 3 その名, ね, 何を, 私は, 自分の

2 [38件] あらう, いいん, お嘉代, これも, さへ, どれが, 三代前の, 今の, 何か, 何んな, 兄は, 六歳の, 十歳で, 十歳の, 可哀相だ, 名は, 名を, 四つに, 女の, 容易に, 年は, 後に, 性質が, 我慢し, 手の, 抽斎の, 文学志望者の, 沢山だ, 父に, 男の子の, 私の, 私を, 素姓の, 親の, 金の, 金を, 長いので, 面倒だ

1 [515件 抜粋] ВОКСへ, あちらで, あつたら, あつたり, あつたわい, あつて子, あの子, あの村長, あまつさえ聡, あり得たの, ある晩手合せ, あれは, あんな青んぶくれ, いいえおのろけ, いかにも素朴, いつまでも, いつもなら, いつもニコニコ笑顔, いまは, いらせられますか, いるよう, いる気, いわばなん, おざった, おざる, おじゃりますゆえ, おとうさんも, おもざし, おれの, おろされる時, おろして, おわしたから, お兄ちゃん, お前とは, お富, お島, お母さんを, お母さん呼ばわりを, お父様, お絹さん, かるうの, きれいな, こうせん, このとき十五歳, この二人, この場合, この常, この時憶良, これが, これで, これは, ござえますが, ござらぬ, ござらん, ござりました, ござりましょう, ござりまする, ご存じか, さしたる教養, さぞ御前さん, さとある, しかもその, しかも二男坊, すぐあいそ笑い, すむという, すらが知っ, すらも自分, ずッ, せうそれに, その場, その容姿, その年, その智識, その為, その生れた, その頃三十歳, それぞれその, それぞれの, それだ, それは, それを, それ故にこそ, それ自身も, そんなこと, たつた今, だから私, だっこし, だれに, ちっとも手, ちょうど二十歳, ちょっと見る, ぢかに, つねに学校, でっち小僧工場通いの, でも, とてもくさく, とても育つまい, どうしても今度, どちらから, どちらも, どんな力, どんな教育, どんな装, どんな身, な, なかなか勢力, なにか用事, なんでも, ねあの, ねわし, のんきそうに, はじめっ, はじめてわかる, ぱつちりした眼と, ひとりで, ほつそりした色, ほに, まだ官位, まるでい, めしを, もう二十八, もう何, もう声, もう大きな, もう学齢, もらいに, やっと一昨日, やつと, やはり岡田君, やる, よい夫, わたし一人, ゐる事, アイヌの, アシナヅチと, カルロネと, サンチョの, ジャン, テオデュールという, ミケルという, ユダの, ロシアに, 一しきりは, 一人っきりで, 一人の, 一人は, 一作毎に, 一度オリヴィエ, 一昨年淺草の, 一本気の, 三人が, 三十近くまで, 三野国造長, 上品で, 下手には, 下照比売, 下谷御徒町で, 世間に, 両手か, 両親は, 中年の, 九ツにもな, 二十一だ, 二十七に, 二十年前に, 二千円から, 二塁手は, 二女である, 五番と, 人を, 人格者で, 人混みの, 今年から, 今年十三に, 今更どうにも, 今朝から, 仕官し, 他の, 仲よしだ, 伊丹幸の, 休んで, 休庵の, 体も, 何かに, 何国の, 余は, 保という, 信行は, 僕も, 元琵琶法師, 先夜主人が, 光仁天皇の, 全身を, 六つの, 兵道の, 其妻は, 切りに, 初め林中に, 利口は, 前髪を, 創業の, 勇士の, 勇気も, 務の, 北条氏の, 十一月三日に, 十三四に, 十三四歳ぐらい, 十六歳だった, 印西流弓術を以て, 又別, 友人を, 友達も, 叔父さん叔母さんに, 古い絵本, 可愛いし, 同じゲーム, 命を, 器量も, 四歳の, 土地を, 地方に, 均し畝, 城内では, 夢界と, 大奮戦, 大学出の, 大将に, 大旦那, 大漂流, 天使が, 太祖の, 夫から, 夫で, 夫人と, 夫人を, 奉公なれた, 奥さまは, 奧方の, 女ながら, 女にかけては, 女中が, 好色家であった, 如才なく, 妙な, 姉様が, 姉様の, 子供の, 子孫が, 子育ち, 学を, 実は女, 実際可哀そう, 実際的, 宮中の, 宮主, 家の, 家康には, 家康の, 家持の, 容貌が, 寇封と, 寛政二年に, 實は, 対局した, 対戦敗北した, 小さい時, 小僧から, 小字を, 小学校を, 小学校六年生でした, 少しく低能, 少し小柄, 少女の, 少女時代は, 少年時代は, 居ましたっけ, 山本という, 左馬之, 幇間の, 幕府の, 平五, 平作が, 平常から, 年十四に, 幸子は, 幼に, 幼名仁王丸のち小太郎と, 廃せられたと, 弁信さんと, 引つ込み思案, 張魯字を, 当世風の, 当時年十八で, 当時江戸に, 形を, 役に立たず女の子, 彼とは, 彼の, 彼は, 彼らは, 彼女が, 彼女は, 後醍醐とは, 従って槇子たち同様, 御前も, 心を, 心配の, 性が, 性質も, 性質温良なる, 情け深くて, 惣吉様と, 愚痴を, 或る, 房江とは, 所謂, 所謂庶子である, 手腕家で, 手足が, 打ち倒された者ども, 打ち砕いた, 拭いて, 持ち上げるので, 擦って, 擦りおろしこれ, 文化九年十二月十三日誕生文政八年三月廿八日十四歳を以て, 斉光は, 斯うし, 新聞を, 於霜という, 早くから勘兵衛, 早くから勘兵衞, 早くから魏, 早く弘前誓願寺, 昨夜も, 是が, 暮すよりは, 最もその, 有ぞ, 有つた時, 有名な, 有名なる, 朝教室の, 本妻が, 杉山一正と, 来ると, 東京へ, 松下という, 松吉杉作の, 桑名藩主に, 次郎の, 此時九歳で, 此景次が, 母思いだった, 母親が, 水戸学の, 泣かず怒らず饒舌, 泥まみれよ, 涙を, 深く剣, 漱石の, 無いの, 無事に, 然し豆腐屋, 父は, 父親の, 牡馬と, 狩猟と, 独り飲ん, 猫頭巾を, 玄俊が, 玉の, 玉鬘と, 現在の, 生まれて, 生れて, 生れると, 産婆の, 甲斐に, 皆伯父に, 目が, 目附役に, 直子が, 眼の, 眼へ, 眼尻に, 確かな, 神様の, 秀吉の, 私が, 私ぢや, 私と, 稚い頃, 粉ひき業を, 精神的にも, 紀州の, 約之, 経験した, 継嗣と, 継母の, 縁側から, 繁夫には, 繼しい, 義元とは, 肥後の, 育ったという, 育って, 育つて, 育てて, 育てれば, 肺病の, 背たけから, 背中に, 背負った, 腹異い, 臀を, 自分は, 至極面白い, 若い時分諸方, 若者どもの, 苦労し, 茶山の, 草角力の, 華美な, 蒲師文の, 蔵人から, 虎の, 蛇鱗を, 補習科を, 製本屋の, 見ると, 見るも, 親が, 親を, 親父には, 訳語について, 詩を, 説かれた後, 読んだ胡蝶, 誰れかれ, 豊臣秀吉の, 貞造は, 貧乏で, 貧乏臭く, 質として, 赤ん坊を, 足名椎と, 踞ってるの, 身分が, 身装や, 近い兄たち, 近所の, 近習を, 近習役の, 近頃所蔵, 送別の, 通さうと, 逞しい足, 造る芋焼餅, 遊びに, 達ちゃんも, 郷に, 郷土の, 酒を, 采女という, 野原の, 金襴の, 針仕事も, 長いあいだ貧乏, 長い口髭, 間に, 間違ひもありません, 阪井巌という, 雄とは, 雄材の, 難産で, 雪子は, 露字新聞を, 青年の, 青年時代を, 青池は, 非常に, 面白い, 頗る不潔, 頬っ, 頭の, 頻りと, 額付が, 顔なども, 顔の, 顔も, 顔を, 食事を, 馬を, 鬼は, 鹿児島で, 麻雀してた, 黒媛という, 鼻ッ端が

▼ 子~ (494, 1.3%)

7 はこの 6 がいった, は孔子 5 の方, の顔, は少し 4 がこたえた, の妻, はしかし 3 がたずねた, が何, が孔子, にいわれた, に向っ, のこと, のこの, はそれ, は自分

2 [45件] が, がいかにも, がその, が一番好, が先師, が描かれ, が顔淵, との間, にはそれ, に云った, のため, のよう, の二人, の姿, の心, の忠実, の所, の様子, の気持, の眼, の舌, の話, はあまりよく, はこれ, はすっかり, はその, はまず, はもう, は今, は仕方, は先師, は再び, は思わず, は手, は相手, は眼, は見た, は顔淵, をし, を反省, を哂, を愛する, を見た, を顧みた, 子貢

1 [331件] から他, から眼, があわれむ, がいかに, がいきなり, がいささか, がいつも, がこういう, がこの, がすぐ, がたまりかね, がどんな, がはた, がまた, がやってき, が一冊, が一室, が一番, が云った, が今, が仕える, が他, が何と, が全く, が再び, が勝っ, が去る, が君, が君子, が呼ばれ, が声, が子, が帰った, が彼等, が心, が怒鳴った, が思い出される, が急, が憤慨, が政治, が最期, が気軽, が物欲, が独り孔子, が病気平癒, が相手, が石門, が答えた, が答えなかった, が納得, が苦い, が行っ, が行先, が衞, が衞國, が見すぼらしく, が言う, が言った, が走っ, が述べた, が露骨, が頼る, が魯, ききて, さえその, だけにもの, だってたった, だって及ぶ, だと, だろうかな, であった, である, であるから, ではない, という奴, という特殊, という男, という者, とが門人たち, としてはまず, としては孔子, としては無理, とともに山, との場合, との顔, とほか, と一面識, と二人ぎりになってからも, と云, と云う, と冉有, と子貢, と曾皙, と連関, と閔子騫, どうじゃ, などはその, なんかを何, にいった, にこの, にたずねた, にだって負けない, についてたえず, にとってこうした, にとってこの世, にとってこれ, にとってそれ, にとっての難, にとってはそれ, にとって正しく初めて, にどう, にはそう, にはどうしても, には大体, には考えられない, にもう一度, にもしかし, にも困った, にも実に, に今, に似, に合唱, に命じ, に問う, に対してだけはおりおり, に対してはそう, に対しては特に, に対してよりもいわば, に対するこの, に投げかけ, に渡した, に物, に言わせれ, に謂い, に頭, のいう, のいった, のかすれた, のそうした, のところ, のやう, の一本気, の中, の人態, の仕事, の信, の元気, の前, の剛勇, の勇, の取り扱い方, の合, の名, の問い, の声, の夫人, の奏でる, の好き, の家, の屍, の形相, の後姿, の性格的欠点, の性質, の推薦, の旗色, の明快闊達, の服装, の横顔, の欠点, の泣いた, の潔白, の無作法, の献身的, の率直, の目ざした, の睫毛, の答, の純粋, の義兄, の袖, の親孝行, の言葉, の誇る, の身体, の邸, の面影, は, はいかにも, はいざ, はいつ, はいらだたない, はぎくりと, はここ, はこたえなかった, はごつごつ, はさすが, はそう, はちょっと, はとうとう, はとっさ, はなお, はなぜ, はほっと, はますます, はまた, はまだ, はもちろん, はやっと, はようやく, はウーン, は一つ, は一とおり話, は一時衛, は一気に, は一瞬耳, は二人, は仁者, は今度, は何, は余り, は倒れ, は元々, は元来, は別に, は別れ, は前, は勢, は半ば感心, は単純, は各, は呆気, は喪心, は変, は嬉し, は季氏, は師, は師弟, は年齢, は彼, は心, は心から, は必ずしも, は思っ, は思った, は急, は怪訝, は感じた, は感心, は感激, は手綱, は折角, は挑戦的, は推したい, は死んだ, は沢山, は渡場, は爆発, は物足りない, は生返事, は真先, は石像, は穴だらけ, は突然, は立, は素直, は群衆, は老人, は聞い, は背後, は至って, は虎, は衞, は跳び込んだ, は長, は非常, は面, は面倒臭, は顔, は顔色, は驚い, は驚く, は魯国, ばかりで, ほどの剛健さ, ほど全身的, ほど孔夫子, ほど孔子, ほど早く, ほど欣然, ほど遠慮なく, もいくぶん, もこの, もしかし, もまた, ももはや, も今日, も仕方, も思い当る, も赤い, よりわずか, より二十二歳, をいかにも, をたしなめる, をまとも, を下, を中庭, を伴っ, を孔門, を引合せた, を推し, を敬わず, を由, を真正面, を自分, を良く, を見ずし, を見つめた, を討たしめた, を諭す, を貶し, を貶する, を軽んずる, を顔回, を顧み, 何とも云え, 子羔, 悦ばずという, 祷らんこと, 第十三, 聞けること

▼ 子さん~ (432, 1.1%)

5 のお, のこと, の顔, は 43 に贈らう, のところ, の事, の兄さん, も

2 [18件] がやつ, が来, が来た, と呼ばれる, と娘, に代, に贈つた, の室, の御, の氏子, はどう, は何, は兄さん, は実に, は母, は黙, を招, を迎え

1 [357件] あんたこの, いいの, お台所, お唄ひよ, お遊び, か, かしら, かね, から, からおいしい, からの最後, からも草鞋銭, から受ける, から手紙, から真実, から返事, から電報, から電話, かんかん結っ, か誰, がいなくなっ, がうっかり, がお, がかねてから, がその, がそんな, がほか, がまゆ, がまるで, がやってきた, がわたしたち, がエイッ, がメカシ, が下物, が人形, が今度, が今私, が何物, が俳小屋, が入る, が卵, が去年, が大変病身, が奥, が宮崎龍介氏, が折, が拍子, が持つ, が早, が昨夜, が書い, が死んだ, が無事, が甚, が生れかわった, が生れぬ, が私, が突然, が第, が薄い, が蛇, が訳, が語, が郵便屋, が離縁, こそどう, この身, これから一寸新富, ご自分, そうして末, それに老, たらあんまり, だ, だけで, だけ二等, だと, だとかとの, ちゅう十九, って誰, つか穴, ておかしな, であつ, でしょう, です, ですか, では, というの, という人, という別嬪, という美しい, といっ, といっしょ, といつ, とおっしゃる, とが変死, とこの, とのつながり, との名誉, との恋, との結婚生活, との関係, とは始終, とは決して, とは違った, とよん, と一緒, と云う, と云っ, と僕, と別れる, と台所, と同じ, と君自身, と呼ん, と呼んだ, と喧嘩, と天野アイさん, と式, と弟, と添乳, と瓜二つ, と粕壁, と約束, と街道, と違っ, と金之助さん, どうした, どうしてお, どすか, などが来, などこういう, などの缺席, に, にいい, にいたずら, にいろいろ, にうち復讐, にお, にこう, にし, にしよう, にすまない, につき添っ, にとって偶然, ににじりよっ, には早かろ, には蛇, に会っ, に何くれ, に信用, に出会った, に叱, に嫌, に御, に悪い, に欣々さん, に玩具, に着物, に聞い, に葉書, に観音さんみたい, に訊い, に説明, に賄賂, に贈りたい, に送, に逢, に間違, に頼まれた, の, のいい, のお母さん, のお父さん, のお話, のこし, のそれ, のため, のはなし, のは女優養成所, のは病気, のふくらんだ, のよう, のわるかっ, のフランス料理, の三人, の云い, の借り, の働き, の兄妹, の処, の厚情, の友, の友達, の口, の句, の問題, の姉さん, の姿, の家, の幸, の廻り, の応接室, の慶応義塾, の所, の文章, の方, の旦那さま, の時, の根, の歓迎句会, の死んだ, の死顔, の死骸, の環境, の生母さん, の番, の病気, の白布, の精神, の結婚記念写真, の絵, の肩, の苦悩, の襟脚, の許, の身許, の返事, の郷里, の開い, の髪, の髪の毛, はありふれた, はいつ, はお, はここ, はこの, はその, はそれ, はとっさ, はと先ず, はまるで, はもう, はもう一度, はニッコリ, はモデル女, は一年, は一月, は一番, は下駄, は不幸, は京都, は人, は今どこ, は何故, は何故か, は働きだした, は去年, は参りました, は又, は可哀そう, は同志社, は器量, は墓参り, は女子大出, は女性, は好き, は始め, は姿, は寝, は居る, は常に, は幸福, は役所, は故, は数年前, は明治四十四年, は昔, は暫らく話, は最も, は未だ, は東京, は柿丘, は淋し, は無事, は無論, は父, は男らしい, は病気, は神戸, は私, は稗搗節, は見えなかった, は言う, は野獣的, は鍛冶, は面, は面白い, は香織さん, は黒, ばかりでなく, への歌, もお母さん, もこれ, もこわごわ, もったいないわ, もゐます, もをられた, もワキメ, も來, も僕, も居らしった, も従順, も悪く, も承知, も案外, も毎年一緒, も清方画伯, も立派, も誰さん, や滝子さん, をあんなに, をはじめ多く, をやっ, を一人, を上, を付け狙った, を同伴, を呼ん, を嘗て, を姪, を寄越し, を引摺, を御, を愛し, を慰めた, を援, を此処, を目, を眼, を祭っ, を私, を美しい, を膝下, を見, を迎, を預かっ, を麻布, 何故居, 使ういうの, 出がけ, 及びまど, 叩かして, 奪っちまいますよ, 帰る樹明君, 必ず可愛, 泣かずに, 驚くこと

▼ 子~ (384, 1.0%)

7 はも 65 見れば 4 が名, のため 3 と来, は, よよし

2 [40件] がさごろ, がため, がよろし, が二人, が小, が息吹ため, が手, が歌, が罷, が足竝, が頸根, が駈けいづる, ぞたたける, とこそ見, と出, と歩きてこちご, と行き, と見, にその, になべて, に恋, に頼らしぬ, の喧噪, の子, の最高, の死, の父, の頬, は出, は思, は愛し, やうち, をし, を心, を思へ, を父, 佇ちてなが, 行くと, 踏み荒らし地膚, 食みあまし父われ

1 [269件] あまた走りした, ありて, ありと, いざや, かきおこす声, か多く, があな幽か, があの, があり, がいそ, がうしろ, がこの, がこゑ夕焼, がつまらぬ, がよぶ, がボール, が三毛, が両親みたい, が何人, が円ら眼, が圓ら眼, が垣もと, が声, が夕, が家ぢ, が崖下, が巣立, が帽子, が影, が息, が成人, が手づくり南瓜, が棹手, が樵る, が為め, が爲め, が石, が編む, が興, が菓子, が衣手, が見やる, が身, が車, が追, が遊び, が防ぐ, が雪投げ, が額髪, が騒ぎ, しからぬ処, その一, その中, ぞ吹きける, ぞ愛し, ぞ混み, ぞ父, ぞ青榊手, ぞ騒げる, だった, つれて, とうかが, とて下り, とゐ, とを祝福, と一つ, と交ら, と何ひとつ, と來, と共に天下取り, と友, と戯れ, と戰, と猫, なくば, ならし, に, にあたへん, にいひかけたる, にく, にしばらく, にしも父, にたずね, にののしられかねまい, には唐突, には正儀, には母親, には罪, にほんの, にもけだし, にも呪われた, にも生き, に与うる, に優り, に呼ばはり, に容貌, に対しても云うべき, に対しても日ごろ少し, に対して独り重任, に対する言葉, に徳性, に打ち勝ちぬ, に挑み, に朝, に歓迎, に満とう, に父, に遺言, に隙, に隙與, に雨, の, のごとく, のため些少, のどの, のなか, のエヂプト, の上, の世継, の中われ, の力, の叫び, の名, の唄, の啼声, の喊聲, の墳塋, の夢, の妻子, の嬉々, の心, の成長, の教, の時雨宿, の最も, の最大, の机上, の生活, の築きたる, の組, の罪, の親たち, の諌, の遊び事, の門, の飮宴, の騒ぎ, はある, はあるべし, はいざ, はいずこぞ, はいとけなし, はう, はかく, はどんなに, ははいたりける, はまだ, はみな飛行機タンク, は三倍, は入りみ, は共に, は十二人, は午後, は哭, は嫁い, は寝, は小さい, は弾け, は当然, は思は, は我, は我ら, は戰, は日, は有らざれ, は来, は此方, は汝, は犬, は疲勞, は笑みかけ, は箪笥, は罹災者寮, は行く, は足, ひた競, ひめも, ひるが, への信頼, へ聞かせる, ほろびて, まじろがず空, またかく, も, もあの, もあり, もまね, もゐ, も交じっ, も各, も妻女ら, も明日, も立ち, も蝙蝠, も騒い, よ, よそ, よ寝, よ寢, よ我々, よ束の間, よ灯, よ生物, よ美しき, よ見よ, よ観よ, をあと, をあはれ, をたのむ, をはげまし, をひきい, を伴, を催し, を催す, を入らしめ, を具し, を勇將, を呑み, を大君, を失ふ, を屠りし, を打, を扶, を救はんため, を教育, を東国, を殺しつ, を殺せる, を生みたる, を生んだ, を産みたる, を皆, を皆先, を目がけ, を眺めやり, を置きたる, を見, を見おろし, を負, を連れ, を遙, を集め, を集めん, 及び其他, 取つ組み, 吹き立てぬ, 射る勿, 打ちとりぬ占術, 挙り来て, 撰び取り, 更に又, 来て, 疑はむ, 眠りおり青き, 行かず雑草, 見よ, 見よと, 警めぬ然, 酷く討てる

▼ 子~ (329, 0.8%)

31 の下 17 の上 7 をのぼっ, を降り 6 の方, を上っ, を下りる 5 の途中 4 の口, を二階 3 に油, のところ, をおり, を上がっ, を上った, を上つて行, を二つ, を踏む, を踏ん, を降りた

2 [25件] から廊下, から落ち, とへ通, の上り口, の所, の暗い, の欄干, の降, を, をあがっ, を一二段, を一度, を上つて, を上る, を下, を下り, を下りた, を二つづつ, を半分以上, を昇つて, を登つて來, を見上げた, を軋ませ, を降りる, を驅

1 [156件] からぬっと, からもう, から上, から下, から二階, から半分, から呼ばれ, から声, から少し, から彼女, から番頭, から私, から突き落し, から落ちた, から降り, があっ, があつ, がつい, がむき出し, がトン, が前, が十幾つ, が横, が緩く, が途中, だ, だけはけっして, です, ですよ, で怪我, で息, で行詰っ, とは暗い, とは逆, と向, にかかる, にけたたましい, には一種, にも遠かっ, に取られ, に向い合った, に塗る, に氣立たま, に白地, に腰かけ, に蔦, に足, に足踏, に足音, に遊女, に隠れました, のお, のついた, の一つ, の上がり口, の下あたり, の下り口, の下口, の中途, の入口, の大きな, の工合, の構え, の横, の油, の登下り, の裏, の足音, の邊, の重い, の降り口, の音, はいま, はお伽話, は一, は一つ, は広い, は東京の, は高く, へか, へ引退, へ沈み, へ片足, へ矢, へ起つ, までがありあり, も深い, も風呂場, をぎしぎし, をしとやか, をするする, をとんとん, をどしどし, をのぼりかける, をのぼりきっ, をのぼりつめる, をまた, をやっと, をややよろよろ, を一つ, を一段, を上, を上がる, を上つた, を上つて來, を上り, を上り下り, を上ッ, を下る, を二, を二つづつ飛, を出る, を大手, を威勢, を屹, を手さぐり, を斜, を昇つて來, を昇らねえ, を昇る, を案内, を注意深く, を洋袴, を父, を登っ, を登らせられ, を登り, を登りました, を登る, を眺め, を稲妻, を自分, を薄暗がり, を見上げ, を規律, を視, を踏, を踏みしめ, を踏み外し, を転げた, を轉, を逃げ, を降りかけた, を降りきった, を静か, を靜, を颯と, を飛下り, を飛降りる, を馳, を駆, を駆け上がる, を駆け下り, を駈けあがった, を駈けおりた, を駈け上っ

▼ 子として~ (281, 0.7%)

10 父の 5 親の 3 一足飛の, 何処かへ, 生れた, 親を

2 [11件] その父, 今川家に, 何處かへ, 元気に, 届けたの, 恥かしくない, 生れたの, 生れたもの, 育てて, 親爺の, 養われて

1 [232件] あがめるの, ある, あれこれ親の, あれでは, いかにも情ない, いかに親, いちどぐらいは, いまその, お信さん, お生れ, お認めくださらなかった, ここへ, ここを, これは, これまでの, これより, ご城中, さしあげて, さし出し, その後を, その恨み, その私生児, それが, それぞれの, それを, ただ老獪, つい親びいきみたい, でなく正しい, とやかくそれ, とやかく卑しく, なかなか重任, ながく後, ばつが, まず何不自由, また年長, みあれせられた, より日本, ハルレの, ハンガリーの, マリアに, ライプチッヒに, ロシアの, 一度は, 一番誰よりも, 一緒に, 不孝と, 世の, 世界の, 世間から, 世間が, 世間にも, 中国から, 之れ, 二度目の, 二心なく, 京に, 今川家へ, 他人に, 他国に, 住込んだ, 何という, 何といふ, 使者に, 保護し, 信受し, 信長に, 働いて, 僕の, 入籍する, 全く私, 公に, 其芸質の, 出て, 出生し, 出鱈目を, 劬わっ, 十分の孝養を, 印刷せられました, 厳父の, 去る親, 又調所殿, 取り扱われないよう, 可愛がられてばかり, 可愛らしくある, 同家に, 喜びを, 喪中いちばいの, 國民を, 在る身, 堕落させ, 大へん, 大坂, 大坂へ, 大威張り, 存在し, 孝ならず, 実の, 実は心, 宮が, 宮廷に, 家康の, 寿女を, 届けられて, 届ける事, 山村蘇門に, 差出して, 年老いた父, 引き取ること, 引き取る約束, 引渡さねば, 当りまえ, 役こそは, 彼を, 従えないと, 御当家, 思うの, 恥かしい, 恥ずべき点, 想像し得る, 成長し, 扱って, 扱われれば, 拱手し, 持ちたかったという, 放置し, 救ひ得ず, 敬つて遠慮し, 日つぎの, 時たま本当, 時流の, 更に懐かしい, 書かれて, 朝倉先生の, 楽しんで, 此の, 死にたいと, 殆ど三十万石にも, 毛利家の, 渡されたの, 無下な, 父として, 父に, 父を, 父母に, 父母を, 珍重し, 現わるべき, 生まれたとも, 生まれたの, 生まれた私, 生まれ一八五六年七月, 生まれ鼻, 生れたかったの, 生れたが, 生れたこの, 生れた当人, 生れて, 生れないの, 生れロンドン, 生れ先斗町, 生れ幼名, 留まりますが, 當然從ふべき, 發行された, 確かに, 確保する, 礼拝した, 神の, 秀吉の, 私は, 私心的態度と, 筒井家に, 織田家に, 罪である, 置きながら, 義經が, 老人の, 聖武天皇の, 聞えた民, 育ったから, 育ったの, 育ったシューベルト, 育って, 育つて, 育て, 育てたいの, 育てたの, 育てようという, 育てられた, 育てられたの, 育てられたもの, 育てられたわけ, 育てられた宿命, 育てられながら, 育てるの, 育てれば, 育て上げた清司, 育て上げること, 自分の, 自己の, 自然の, 與へて, 舞台を, 若し与えられた, 萬田龍之, 見たこと, 見られその, 見るべきであり親子, 親が, 親として, 親に, 親譲りの, 観察す, 説明すべきだ, 貴家へ, 足止めを, 辛くもあろう, 近習小姓に, 送られた質子, 送り信義, 送る一生, 通って, 連れて, 道連の, 遠い淮南, 適は, 遺憾の, 鏡家へ, 音楽の, 預けると, 養育した, 駿府に

▼ 子たち~ (268, 0.7%)

3 が自分, は, も, をつれ 2 に囲まれ, のため, の母, の組, の養育, は家, もさ, を愛し

1 [240件] が, があつ, がいる, がお, がおり, がこの, がそれ, がぞろ, がなに, がみつけ, がみんな, がもっぱら, がピアノ, が一人, が一生, が住まわれ, が助からなかったら, が友達, が団扇, が大きい, が大きく, が悪い, が次々, が毎日, が水上げ, が水菓子, が皆一様, が矢だま, が竹, が落ち, が西洋, が遊び, が都会, さえお, すらも鎌倉表, だから, だが, だった, だったが, だって駒井, であった, であったが, でしょう, ですが, でも絵, といっしょ, とお, とおなじ, とどんな, とに行き会った, とは次第に, とは違っ, と大差, と行った, にあい, にあの, にしがみつい, にとってかけがえ, にとりまかれ, にはおよそ, にはそもそも, にはそんな, には向きません, には用, には親, には酒飲み, にまで嘆き, にもいくら, にももう一度, にも着飾らせた, にも言, によって居留守, に一本, に他, に伝えた, に取りまかれ, に取残された, に対する責任, に引かされ, に手習い, に深い, に直接, に立ちよられ, に落度, に見せびらかし, に追われる, に雑, に騒がれた, のいる, のうち, のお, のおか, のお伴, のこと, のところ, のほか, のやう, のゆく, のヤソ会, の三分の二, の上, の中, の仲間, の伝説, の住居, の出世, の助命, の取巻き, の名前, の嘆き, の境遇, の姿, の家庭教師, の小間使い, の幸福, の悲運, の愛する, の所, の母御, の気持, の為, の無事, の父, の生きる, の百羽, の眞, の眼, の童心, の群, の育つ, の自由, の要る, の親, の身上, の身分, の鏡台, の面倒, はお, はこの, はこれ, はこれから, はすぐ, はそれ, はそんな, はどうして, はどなた, はどんなに, はなに, ははじめて, はばか, はほんとう, はまだ, はわらわら, はアメリカ, は一人, は今, は今日お天気, は何, は何と, は全部, は可哀そう, は大和路, は学習院, は寄宿生, は小, は幼い, は思っ, は正しく, は無事, は父, は生まれ, は生活, は皆, は私, は絶えず, は自分, は落ちつい, は追っかけ, は酒, は食べもの, ほどかわいそう, までがこえ, もこの, もその, もみな死, もみな達者, もよそ, も元, も共に, も多かっ, も大人, も始業, も安らか, も寒々, も年子, も成人, も持っ, も泣き出した, も洞穴, も生き, も集まっ, やお, やご, や北, や孫たち, や御, や腰元衆, や貞節, よりももつともつと, をいとおしゅう, をお, をここ, をだいじ, をひとりひとり眼, をみな膝, を丈夫, を不仕合せ, を今, を卯木, を吹い, を大きく, を引き離し, を引取, を思え, を憎み, を抱い, を抱えた, を探した, を斬った, を産み, を織田家, を置い, を裏, を見, を見た, を質子, を追って, を送り届け, を養っ, 即ちオー

▼ 子には~ (237, 0.6%)

6 旅を 4 それが 3 それは, 子の, 襤褸を 2 ちがいない, 何んの, 枕するところ, 決して

1 [210件] あげるし, あたしたちが, あなたが, あらざりき, あらずと, ある, いかにも颯爽, いっさいの, いつもこの, おとうさんも, お会いくださいました, かうした郊外, かみつきも, こういう挿話, この本, この辛苦, ご運, しかしそれ, すぐ分る, そういうところ, そうしてお, そつと, その出生以外, その協議, その時位, その気, その鼻, それとは, そんなこと, そんな風, たつた一人, たまらなくい, とうとう逢わず, どうだろう, ない嗜み, なほの, なまあ, なれません, なんの, ねえさんが, ほんとうは, まことによい, まことに困った, また好き, また山沢, まだそれ, もう気ばらしな, もともとはっきりした, やはり遠慮勝ち, よくわかった, よく呑みこめなかった, よく呑み込めなかつた, よく逢う, わからないと, わからないの, エイ子と, ピアノの, レッテルの, 一二遍会った, 一目置い, 一眼で, 三十二歳で, 下さらないかも, 不安の, 与えたの, 世間から, 人間らしいところ, 代えられん, 代って, 仰っしゃっている, 似ても, 何か, 何かしら起る, 何が, 何も, 何事も, 來る, 俺も, 僕たちの, 儒と, 先立たれいま, 公雅公連公元叔父良広の, 共通な, 内証なんて, 分らんもの, 分ります, 切なかつた, 別に餅, 劣らないが, 医者僧侶の, 十一時頃に, 却つてし, 叛かれ, 可哀そうな, 和助という, 土俗學に, 天主様の, 夫人の, 好感が, 子供の, 学問学問と, 学校で, 実の, 家康に, 容易に, 寝る場所, 将来非常の, 尊く感じられた, 小さい折, 小川さんも, 小父さん, 小生の, 山姥の, 帝も, 幸福である, 引かされますし, 弘化二年十一月二十六日生の, 強く當, 心外でも, 忠輔宗平忠頼叔父良持の, 思へた, 思われました, 恐怖の, 恵まれて, 悲しみを, 慈悲ある, 懸金, 我慢出来ない, 手習や, 折節は, 掛り合わずに, 支那人の, 散々苦労を, 旅させよ, 旅させろ, 日が, 昔の, 未亡人志保五十三棠軒良安十九妻柏十八柏軒並妻俊四十三妾春二十八鉄三郎四つ女洲十二国九つ安, 本来蔦王の, 東洋の, 枕するところ無し, 枕する所, 柿などが, 案外特色, 案外神経質, 業が, 正己, 残して, 母が, 母の, 気を, 浮かれるわ, 淋しいこと, 淫らな, 無い, 無理な, 無駄に, 父より, 父母あり, 率直と, 甘いサンザノ, 甘い時政, 甘い煩悩, 生まれしぞ, 生れたるかと, 男子が, 男親が, 登子の, 目が, 相違ない, 真にたまらなかっ, 眼の, 知らせずに, 禁物だ, 福が, 私の, 符を, 紫夫人の, 経邦叔父良文の, 結構な, 絶対に, 罪な, 罪は, 耳から, 育てとうない, 背かれ家臣, 自分の, 自然から, 致持叔父良, 良正此等の, 見えません, 見かけに, 見せつつ, 見せぬとは, 見込みが, 誰も, 貞盛繁盛兼任伯父良兼の, 身上を, 逆境の, 逍遙子の, 遍路を, 違いない, 違いなかった, 重い荷物, 鈴も, 鍛はれ, 阿波人形の, 障氣, 面白くない, 鬼と

▼ 子である~ (227, 0.6%)

8 ということ 7 ことを 6 ことは 5 ことが, ことに 3 事を

2 [18件] か, かもしれない, からその, が故に, ぞ, ために, という自覚, ところの, との説, と云う, と揺りあげ, と聞い, と言, ように, 事は, 平和の, 点から, 私は

1 [157件] お前らの, お珠, かあるいは, かとつくづく, かどういう, かも知れない, からどんな, からにはよほどの年齢, からには余程, からまさかに, からやはり, から仇, から何とか, から吾等兄弟, から彼, から末弟, から泰さん, から秀, から親, から親子兄弟親朋, かを批判, かを私, かを考え, か何, がこの, がすめみ, がため, がまだ, が不幸, が共に, が出, が商人, が普段, が為, が父親, が特殊, が私, が自分, が貰われ, が長子, が顔, けれどもやがて, ことか, ことだった, ことだつた, ことも, こと神に, この植民地, し, し光子, すずめは, ため双方で, だけの話, という意味, という意識, という理由, という証拠, といっ, といふことに, といふ風, とお, とかいふ話, とか不義, とか噂, とか風雅, ところに, とともに古参新参, とはこの, ともいわれ, とも農夫, と上人, と二, と伝へられ, と共にみま, と呼号, と堅く, と思い出し, と思った, と確かめ, と聞かされ, と聞かされた, と致せ, と見るべき, と観る, と言つた時, どんな身分, なぜクラモウ, などとそんな, にし, に違い, のか, のかと, のかも, のだ, のである, のに由夫, はずだ, はずは, ひとりの, ものを, やうな, やうに, ような, よりも生, わけです, わけは, わたくしは, わたくしを, われら人間の, キリストと, ツァーツァーの, ドン, マークの, 一郎次に, 三才の, 事に, 事も, 事今では, 人間, 以上それを, 以上は, 以上仲よく, 以上当然, 以上親子の, 六は, 印には, 呉清源の, 周瑜は, 天皇を, 女の子の, 子父で, 孟子に, 宗茂及び, 彼に, 彼には, 拙者に, 方を, 日本人には, 次は, 永井氏の, 点, 点において, 父と, 男の子, 畜生の, 皇帝第, 私に, 聟殿とは, 自分に, 自分を, 芥川は, 蓑吉は, 藤田東湖である, 蘭子は, 証拠でしょう, 限りは, 限りゆくゆくは

▼ 子~ (222, 0.6%)

7 孫が, 孫の 4 孫に, 孫を 3 なア, 思ふらん 2 この子, な, ないか, また蚕, 妻や, 孫である, 孫は, 孫も, 孫や, 黒き女童草間

1 [174件] あい, あれへんな, うさぎを, おもうらん, おりこやと, お初の, お父さんの, お竹如来, から黙つとり, がな, そういうのびゆくもののよりどころ, そのほか樣, その他の, その子, その母親, ぞ, なあとただ, なあまた, ないの, ない戸籍, ねえさんこの, の, ばてれん達, びつこの男の子なども, また行きずり, やがては, よく飲み, よってに, よわき梅暮れ, オタマジャクシなどが, ダーウィンが, ベルグソンや, ローラや, 一族どもが, 一門の, 両手に, 中古流行した, 丹塗りの, 何か, 侍長屋の, 倅だったら, 兄を, 兄真雄の, 兵隊さんが, 其に, 准后づき, 出入りの, 動けない子, 半靴, 又他, 友や, 友人等が, 右馬助, 吸筒を, 周囲の, 土師部の, 多数の, 女の子は, 女房や, 女王の, 妹も, 妻とも, 妻の, 妻へ, 妻を, 娘を, 娼婦達を, 嫁などは, 嬰児が, 孀では, 子の, 子守を, 孫たちの, 孫たちを, 孫と, 孫どもの, 孫にまでも, 孫まで, 孫らの, 孫らは, 完に, 家の, 寛三の, 小さい子, 小宰相, 小説の, 尼御前を, 年よりの, 廷臣たちも, 弟いふ, 弟さんに, 弟の, 弟を, 弟妹の, 弾丸が, 役者衆は, 待たん, 待たん余り雲雀の, 思うて, 思うらん, 摘みやる, 新しき, 新造が, 新造たちにと, 旅の, 日本の, 易乾鑿度に, 春山霞ながめ, 時雨るる, 木匠や, 朱子や, 権大, 橘の, 沖榜ぐ蜑が, 泣かん, 泣かんその, 洟ひる, 淮南子が, 温い家庭, 湯島芳町の, 漫画子の, 漬物を, 父兄まで, 犬上御田鍬は, 猫の, 獣の, 甥など, 甥などは, 甥や, 男芸者に, 眉に, 真間の手児名, 社長さんは, 禰宜叱る, 秀子よちよち, 絹ポプリンの, 縁者の, 老人の, 老爺は, 腕達者な, 舞子たいこ末社連が, 良人が, 良人へ, 良人を, 花の, 若い女, 茄子みたいな, 菱の, 葉は, 葡萄などは, 蓮子に, 虎を, 蛆を, 蝶子が, 衣水子は, 親を, 誓紙を, 貧乏な, 貧民の, 走りなれたる, 踊り子に, 身体的の, 近所の, 遊女は, 金持の, 長命寺の, 陰間に, 霖雨け, 青ものを, 頭重く, 鰔の, 鰯ではと, 麻耶子に, 黒の

▼ 子では~ (209, 0.5%)

24 ない 18 ないか 16 なかった 7 あるが 6 ないかと, ないの 5 ないが, ないと, なくて 4 ありません 3 あっても, ありませんか, ありませんから, ございません, ないよ, なかつた, なくお 2 ある, ございませぬ, ないという, なく藁

1 [84件] あつて, ありませぬ, ありませんが, ありませんでした婆, ありませんわ, あり得なかつたと, あり華麗, あるの, あるまいか, あるまいかと, あるまいかという, あるまいと, あんまりだ, いけないと, ございませぬか, ございませぬわたくし, その朝, ないあいつ, ないいま, ないお嬢様, ないから, ないけれ, ないけれども, ないこれ, ないこんな, ないぞ, ないだろう, ないで, ないといふ, ないとおつ, ないなどと, ないねえ, ないのに, ないん, ない嘘, ない女房, ない孔子, ない方, ない普通, ない此, ない筈, ない蛙, ない訥弁, ない顔, ない養子, なかつたが, なかつたの, なかつたらうか, なからう, なくおなご, なくお玉, なくこの, なくその, なくそれ, なくなって, なくなるであろう, なく一人, なく個人, なく別, なく實, なく小さい, なく御, なく日本ば, なく羽根, なく遠い, なしよそ, ほんとうに, やっぱり駄目, 可笑しいであろう, 台なし, 大勢の, 御座いません, 御座らぬか, 此方から, 永の, 決してありませんでした, 泣きを, 無いか, 無いといふ, 無いの, 無え, 無さ相, 話し合, 隨分骨を

▼ 子~ (191, 0.5%)

643 と携はり, は

2 [11件] がかげ, が名, と, と書き, に要求, の, のため, の前, の心, は長姉マリヤ, も

1 [153件] ある武蔵野, いかにせん, およびラケーレ, から母, があれ, がいふ, がかの, がずっと, がその, が夢にも, が念, が絡ん, が遊び, が非業, が鞠, が飲む, が騒ぎ, が黒髪, ぞ, であつ, である, ですから, ではない, でもビール, という小説, とだけ老後, とに食, との関係, とは三時, と一しょ, と一緒, と共に, と同年, と弓, と空気, と遊びたくなり, と魚交じり, に, にとつて, にはなれ, にはまだ, には母親, には父, にも告げよ, によって毎日, に別れ, に対して我執, に対して申し訳, に持たせた, に敵視, に腹, に蒸溜水, に驗, のちん, のクリスマス, の一人, の一人称発想法, の丈, の中, の事, の作物, の先, の去る, の口, の唄, の問答, の声, の妄動, の姿, の安息日, の寝息, の居る, の弁当, の心血, の成長, の手, の文, の最高, の楽しき, の歩み, の歯, の母, の爲, の父, の目潰, の眼潰, の知遇, の総て, の群, の育, の胸, の衣皆, の詠み, の遊び, の集, の面わに夕日, の面倒, はいかに, はいまだ, はついに, はどう, はな, は下帯一つ, は人, は何, は墨子, は待たぬ, は必要, は思つて, は木綿, は柄杓, は毎朝復習, は火宅, は無心, は父, は生れる, は皆, は目潰, は笑わじ, は考へ, は自分たち, は走り, は驚く, への愛情, もある, もまた, も一箇, も殊に, やわらかくて, よいざ, よ聞け, をあはれ, をし, をしん, をつど, をも含め, をも恨み, をよん, を交じえ, を同, を大切, を思ふ, を憎い, を我, を抱かず, を持つ, を盗む, を祝福, を見る, を誘, を誘ひ, 上がりくる落葉寺, 即ち飽い

▼ 子~ (186, 0.5%)

33 んだ 24 のだ 21 んです 109 のである 7 のです 6 んだろう 3 のか, のかも, のであろう, のでしょう, のよ 2 のだろう, ので, のでございます, のでした, はも, ものです, もんです, んだらう, んでございます

1 [43件] お寺の, からしむ, そう思うだろう, のえええ, のかしら, のが, のがを, のだい, のであつ, のであの, のでご, のでまるで, のでショック, ので五十六, ので又, ので地肌, ので猪八戒, のと, のに, のにえらい, のにハムレット, のに年暮, のに違, のや, のよいつも, のよそうして, のよ恰, の隠さず, ほかの, ものか, もんで, ゆめ近, んじゃあ, んださうです, んだって, んである, んでしょ, んでしょう, んでせう, アそこへ, ンか, ンだ, 去年か

▼ 子という~ (179, 0.5%)

20 ものは 14 のが 10 のは 5 ものが 4 ことに, ものを 2 ことが, のも, 事に, 人の, 女が, 娘は, 婦人を, 字を, 言葉は

1 [104件] いいことば, いでたち, ことで, ことです, ことを, その女, ところだ, のかと, ので, のである, のに, ぼくの, ものか, ものとは, ものには, ものの, やつは, ような, わかい教師, わけじゃあ, わけで, ダンサーに, トテシャンが, ハンデキャップに, モデル女うつした, 事も, 事を, 人が, 人だ, 人は, 人も, 人を, 仕掛けで, 仙人が, 仙人だ, 以外彼は, 可憐な, 同級の, 名は, 名も, 名を, 名前が, 大力女である, 女であった, 女と, 女の子が, 女性が, 女性を, 女給から, 女給も, 娘で, 娘の, 娘ッ子は, 娘子が, 娘知りません, 宿屋が, 少女を, 庶子の, 役を, 意味から, 意味すなわち, 意味で, 意味であります, 意味である, 意味です, 愛人が, 感を, 木の実である, 本の, 気持は, 漢字を, 独身者の, 生きた歴史, 男が, 異名が, 白木の, 神に, 絆に, 美しい女学生, 者あ, 者が, 者は, 者を, 自分の, 自覚から, 舜天王が, 芸名を, 若い芸妓, 血の, 行事が, 覡が, 覡は, 言葉に, 言葉を, 誇は, 語に, 説しか, 豊潤な, 身で, 鍛冶屋さんだ, 関係に対する, 隷属的な, 面白い名, 預かり者

▼ 子さま~ (164, 0.4%)

17 のお 5 のサロン, の御 4 が賢夫人, に仕, は 3 がどこ, のほう 2 と百々子, の間, はいつ, はひと

1 [111件] がいた, がこの, がこんな, がすらり, がだまっ, がなすった, がよく, がパンツひとつ, がホトホト, が人目, が女, が後, が病院, が痩せ, が眼, が石田氏, が立つ, が羽田, が部屋, が電気レンジ, だけな, だけは例外, でございましたか, です, でなければ, とシュラー, とミドリさま, と大里技師, と早くから, と次女, と眼, と結婚, と負けず劣らずで, と賢夫人, なり百々子なり, なる存在, にとっては地獄以上, にとってもこの, にもお, に仕えた, に吹きこん, に弓, に玄関, に紐育, のこと, のむずかしい, の国旗, の夢, の失敗, の嫌がらせ, の家族史, の弱い, の憂愁, の憤怒, の手, の横顔, の気宇, の白い, の部屋, の顔, の鼻唄, はあら, はいつか, はうしろ, はお, はこのごろ, はこの世, はじ, はそういう, はそうして, はそこで, はその, はどう, はどの, ははじめ, はひょんな, はまた, はむしろ, はむずかしい, はむやみ, はアタリ, はギブス, はサテン, はトラック, はニッコリ, はハークネス, は二メートル以上, は五十雄君, は台所, は子供, は感ちがい, は有頂天, は服, は椅子, は給料他人持ち, は編物, は自分, は落着, は葬式, は飽き, へまた, も, もみな, もハークネス, を抱い, を抱え, を探し, を推戴, を欺, を蕩, 長く久しいみ

▼ 子でも~ (159, 0.4%)

6 ない 3 拾つて行つた 2 あるし, ないの, なければ, よろしゅうございます, 何でも, 何の, 私の, 親分に, 造りに

1 [132件] あった, ありました, あります, ありません, ありませんでした, あり若, あるかと, あるよう, あろうか, いいからと, いいし, いいん, いるかと, お春, お腹へ, このとおり, この場所, これからずん, こんな血, こんにちはと, ございますから, すでに二つ, その貧乏, その間には, それから, つぶの, ないからさ, ないが, ないがき, ないこと, ないし, ないぞ, ないつもり, ないでしょう, ないと, ない人間, ない今, ない嫁, ない私, なかった, なきや, なくつて, なくといつてドングリ, なく妾, なく彼, なく追って, なく鍾愛, なさ, なし, なし見, なんでも, ねずの, ひき抜くよう, べたべたくっつかれる, まだお, ものとも, やっぱり兄弟, やはりくびれ, よう使て, よろしいから, わしの, わたしにとっては, 一度も, 乳を, 人間です, 人間の, 仲よしの, 兎でも, 其の位, 出て, 出来たか, 出来たらこの, 出来て, 可愛いと, 可愛いもの, 可愛がるよう, 味は, 喬彦でも, 夢を, 大切に, 大学まで, 失ったよう, 女の子でも, 妙な, 婿に, 子供と, 孫には, 尊氏で, 己は, 庇うよう, 恋を, 恐ろしく強, 悔恨や, 我子に, 押し廻して, 持つよう, 旧大名, 機嫌よく, 毛が, 洗うよう, 洗ふ, 温良な, 無いという, 無いに, 無えもの, 無闇に, 生まれたらどう, 生めば, 町家の, 盜んだ, 私は, 移植した, 空いて, 組織の, 縛られちゃ, 肺炎を, 背丈けは, 落すの, 行くこと, 見るよう, 親類でも, 訪問しよう, 誓紙でも, 警部さんの, 跳ねるよう, 転んで, 連れて, 鍵屋は, 隠して, 食べて, 馬鹿な, 麦の

▼ 子です~ (134, 0.3%)

1984 か, から, がその 3 もの, わね 2 がね, が放埒, が母親, ねえ, の, わ

1 [77件] いくらこんな, え, ええあたし, からいかに, からお, からきいきい, からこの, からしかた, からとおっしゃる, からとそう, からなほんとう, からね, からわたし, からわらっ, から一人子, から一晩, から今に, から家, から怖, から悪い, から成人, から新しく, から父, から特別, から私, から胎内, から都会, か私, があの, がこう, がだれ, がなん, が何故か, が彼, が早, が昔, が維盛様, が維盛樣, こと, ことね, しそれに, しなん, し私, ぜ, そしてもう, ただ負け嫌い, ってほめ, とお, ともさ, と私, どこぞに, な, なあ, なあってなあの, に, ねこの, ねといった, ねとか何とか, ねほんとう, ね僕, ね親分, のね, のよ, ものどう, ものどうしても, ものね, やがては, よと, よ今, よ敬さん, よ犬, 太郎も, 彼は, 心に, 末っ子だ, 親の, 長男でございます

▼ 子~ (130, 0.3%)

6 は老人 4 の姿, の顔, はこの, はその, は相 3 は思はず, は思わず

2 [41件] が以前, が金, に別れ, に飛びかかりました, の体, の前, の命, の声, の方, の答, の胸もと, の言葉, の頭, の魂, はさすが, はしかし, はすぐ, はとうに, はどう, はまだ, はやはり, は一日, は仙人, は勿論, は喜んだ, は必死, は急, は我慢強く, は早速, は漸く, は無残, は胆, は驚い, は驚いた, も一年二年, を引き立て, を抛りこみました, を突き殺しました, を絶壁, を見つめました, を階

1 [16件] といっ, といつ, と一, と一しょ, はかう嚇され, はこう, はたった, はたつた, はちょい, はちよい, はひとり, はひとりさつき, はほ, はほっと, は不平, は不平そう

▼ 子から~ (117, 0.3%)

5 丑の 3 聞いて, 見れば 2 午まで, 孫と, 孫へ, 手紙が, 理解せられない, 聞いた, 遠ざけようとして

1 [92件] いろいろの, うんとしぼれます, おやりなさい, かの女, ずっと徐錫林, そっと登っ, その報償, できても, のぞいて, はなしの, またその, わいろを, アマーリアについて, ハガキが, ホリイ・グレイルの, 一つの, 三四種の, 三階見, 不精そうな, 主人に, 五代も, 享けた痛手に, 伸子を, 伺った, 便所だ, 処分し, 出たこと, 出て, 出発し, 十三四さいまでの, 取って, 取除けて, 受けつつ, 吾吉の, 女院女房たちも, 姿を, 子に, 子へ, 孫に, 孫の, 孫へと, 孫へといふ, 封じて, 少し遠い, 居間へ, 山麓に, 幾通かの, 庇を, 店を, 度々聞いた, 形の, 彼が, 後の, 忘れられたよう, 忽ち上杉家, 愛想を, 感じたかった, 抵抗不可能とも, 敷布を, 敷物を, 日本の, 母へ, 毛深い胸, 水性の, 流れ出て, 獲得した, 生れた第, 登って, 組み立てられて, 聞いたの, 聞いた時, 聞き得たの, 落ちたんで, 蝉脱し, 製した酒, 見た地震, 見た母, 覗いて, 親が, 観ると, 言えば, 訓えられ, 認められたから, 贈られたもの, 軽蔑された, 送り帰された信長, 遠のいて, 金座奉行に, 関白にまでの, 離れて, 預かってる荷物, 麻雀の

▼ 子にも~ (115, 0.3%)

2 あんな綺麗, こんな苦労, やらなけりゃア, わかつた, 奢つて, 解きやすき

1 [103件] あるの, ある形, いささかたりとも, いちどあいたい, いちど海を, いったよう, いまあなたの, おなじしあわせ, おはかり, お前にも, こんな末梢神経的, しきりにあいたがっ, すぐ頒, せよ娘, せよ甥, そう思われた, その來, その苦しみ, それだけ, たった一つ心配, たれて, つくづく思ひ, できるだけの, どうやらそんな, なし其方, なりたくありません, なりゃしゃんせ, なれるの, なんとかしてやろう, はなしたこと, また依, めぐり逢いたくって, やくざは, よくわかつた, わかりました, わが, 並ぶ者, 云えない, 人間生活の, 会わせる顔, 伝えようと, 伝わって, 似あわんの, 似て, 似合わずどうも, 兄弟が, 内証で, 出会わねえ, 別れ彼女, 劣らないわけ, 勝りましょう, 化けるの, 卷數, 口がか, 困ったもの, 夢が, 好い父, 妻が, 妻にも, 婢僕にも, 子路を, 孫にも, 安心を, 家の, 平生の, 強く強く感じられた, 思い残すこと, 恥しい思い, 惧れられた, 我慢しきれなくなっ, 所見が, 持つて, 時には, 暗黒時代が, 本でも, 案外いい, 棕梠にも, 標準あるべし, 次第に飮, 気づいて, 永遠に, 決して御, 海を, 満たして, 燒餅にも, 甥にも, 番頭や, 眇は, 着用せし, 稀には, 見せつつ, 見学させ, 言って, 話しても, 読ませたくは, 謁した, 貴方と, 足止めさして, 返翰, 逢えずあなた, 逢へ, 遠慮が, 長崎にも

▼ 子とは~ (110, 0.3%)

2 いいながら, その鉄橋, 思想も, 暗い背景, 知りません

1 [100件] あまり知合, いえ数年, いづれか, いふ其子, いへ稚き, いわぬが, うらはらの, この日, この東京, こんな話, して, しばらくの, そういう自然, そのくらやみ, その久米自身, その求め, その顔かたち, そも何処, それに, とかくに, どこかへ, どちらが, どのやう, どんな子, どんな関係, なったか, なったが, なっても, ならむ, なんだ, はっきり眼, もとより知ろう, よくこんな, 二羽の, 仲が, 仲間に, 何うし, 何ん, 何処か, 信雄の, 元来陳腐平凡, 入りくんだ道, 全く別, 全然面影, 別に山陰地方, 友達に, 同じ地, 同じ教室内, 同一人, 呼べども, 喪期中に, 国香の, 外に, 夜が, 女の, 如何なるもの, 市民環視の, 平ツ, 思うて, 思えまい, 思って, 思はれぬ天上, 思わないのに, 思わぬもう, 思われないお母様, 思われぬと, 悲しみを通じて, 成候かと, 或る, 支那の, 数日前私が, 最初拾円と, 気がつかなかった, 無茶先生の, 燕の, 生れざり蛇, 福田氏に, 紀州の, 続かなくな, 臺所に, 行かないこと, 見えぬ程, 見られない様, 言は, 認めぬとまで, 認めぬと迄, 誰ぞ, 誰れ, 豆店の, 遊ばせないやう, 遊ばないこと, 遊ぶまいと, 違う, 違うの, 違うん, 違って, 金曜日の, 關係が, 面と, 面を

▼ 子~ (108, 0.3%)

2 が六人, のフランス語

1 [104件] があせ, がいらっしゃいます, がおい, がかえって, がそれ, がたくさん, がぽ, がみな寄り, が代官所, が出来た, が多勢, が大きく, が急, が急い, が池, が沢山, が私, が見舞, くらい, そしてわたし, だと, で, であった, であつ, である, であるわよ, ですか, とおはじき, とこの世, と別れる, にすすめた, にとつ, にはもう, にもした, にも教え, にも誰, にやんや, にパン, に何ら, に心, に教えた, に泳ぎ, に甘い, に笑顏, のおしゃべり, のこと, のそうした, のやう, の姿, の母, の義憤, の胸, はあの, はこれからどう, はそれでも, はそろそろ, はな関白殿, はみんな, は何れ, は何人, は宿命, は小便組, は己, は後, は患者, は惜し, は扨らち, は猿, は生れ, は素直, は自己, は色白, は花, は蔭, は親, は言われた, は許さなかった, は蹄, へも孫殿, もう小, もかならず, も大人, も子供, も幾十日ぶり, も母, も皆んな次の間, も親, や, やその, や女房方, をこういう, をつれ, をどこ, をどんなに, をめぐって家庭的, を何十人, を全く, を戦火, を押えた, を相手, を眺め, を見, を連れ, ヲ南禅寺

▼ 子まで~ (96, 0.2%)

4 連れて 2 あった, ある仲, なしたる仲, なして, 生した夫婦, 生して, 産まされて

1 [78件] あった事, あった夫人, あり伯父, あるそう, あるその, あるに, あるのに, ある女房, ある嫂さん, ある年増芸妓, ある本妻, いる, いるのに, おッ, これまた, ちやんと, できた今, できて, なさせて, なしたい, なしたこと, なしたる三勝どの, なした仲, なした私, みんなで, もうけた事, もうけて, よく生みたる, 一時間ずつ, 亡くすに, 他国へ, 付いて, 何ん, 入つて, 出来た, 出来たが, 出来た間, 勘定する, 十二支を, 十年十五年と, 南部大膳大夫様へ, 叱り飛, 妊せし, 子守奉公に, 屑に, 往復した, 成した節子, 成せし, 持つに, 数へて, 有つた, 有る身の上, 根絶やしに, 殺されたほどの, 殺さんでも, 添へて, 清まる事, 狩り出したと, 生したか, 生したもの, 生したる語らひなれば, 生した中, 生した仲, 生ました, 生ませた女, 生むに, 生んだという, 産まして, 産ませて, 産んだこと, 産んで, 目を, 立ち上って, 糊口す, 行けば, 質子に, 雀に, 離すの

▼ 子~ (94, 0.2%)

4 何かの 2 どうかを, 命こめ, 孫かは, 孫の, 悪い子

1 [80件] あいつの, あの近く, え, えそれ, この秘密, さもなければ喬彦, しかるべき壇, じぶん, すけき地震, そうで, その声, それも, たれの, とおも, どうか, どうか解った, やあ, やせまたは, わからないこと, わからないのよ, わかるもの, わかるもん, われにを, ァ, 七五三の, 下町の, 丑ノ, 主人土岐氏の, 他人の, 仮令義理, 何う, 何かを, 何ぞの, 俺は, 分らないけれども, 分らぬ私生児, 又は弟, 否かを, 唐桟といった, 四五歳の, 妾か, 姫の, 子孫という, 孫かが, 孫かぐらいの, 孫かの, 孫で, 孫に, 家の, 小さいか, 弟の, 彼女が, 往来で, 待ため當時の, 悩んで, 打ちつけし沈み, 正直に, 気違いの, 烏の, 猫の, 病身の, 眉引の, 知らないが, 知らない子, 知らぬが, 知れも, 知んねえだ, 科学的に, 素性も, 羽二重の, 見入りて, 角兵衞獅子か, 詛の, 貧しい手習い師匠, 貰ひ, 賛之, 駈けまわって, 鮪釣りか, 黒船の, 鼠か

▼ 子との~ (82, 0.2%)

6 間に 3 間の, 間は 2 交渉が, 幸福の, 間

1 [64件] あいだには, あいだは, いきさつで, うるわしき共同, お喧嘩, ことが, ことで, ことに, ことは, ために, ほ, ように, 一生ほか生活意識の, 一部始終を, 世話を, 二匹の, 交際は, 仲に, 健康の, 別離カフェ勤め, 区別などは, 問題である, 問題に対して, 固き約束, 場合の, 失せつる事, 姿にも, 差を, 幸ひ, 御情交, 心を, 悲戀の, 情愛の, 情愛を, 愛の, 愛情が, 愛情も, 感情や, 枕頭に, 案内と, 権利の, 権利を, 比較に, 猿を, 生活保証が, 神にな, 神は, 結びつきには, 結婚式の, 肉と, 腐れ縁が, 融け合いを, 衝突が, 視線は, 運命を, 間にて, 間には, 間にはを, 関係でありました, 関係について, 関係には, 関係も, 関係を, 領域を

▼ 子だった~ (78, 0.2%)

5 のです 3 のにかあい, よ 2 から, ということ, んだ, んです

1 [59件] か, かと思う, かどう, かは覚え, からそば, からです, から成績, が, がどう, がな, がもともと, がカン, がネ, が十九, が和尚, が死別, が素直, が自分, けれどすこし, ことを, こと話す, そうだ, そうである, そうです, ってな, という口碑, という評判, ときには, と家, と申しました, と見える, に違い, ねえ, の, のか, のかい, のが, ので, のである, のでいちおう, のでそう, のでみんな, ので土城廊, ので学校, ので彼, のに, のに今, のよ, のを, ぼくは, よ物覚え, エピミーシウスは, ミツネは, 事は, 事を, 二代目千橘, 父正成の, 縹緻こそ, 近所合壁の

▼ 子じゃ~ (77, 0.2%)

8 ないか 5 アない 4 ない 3 ありません, ないの, ないわ, ないん 2 ありませんか, あるまいし

1 [44件] ありませんこりゃ御新, ありません光丸さん, あるけれど, あるし, あるめ, いけないでしょう宵子, いけねえからって, けん心配, げな, ござらんか, ござんせんか, さよならおく, そろそろ学堂, だまして, ないかしら, ないからな, ないけれど, ないだろうけれど, ないって, ないと, ないとね, ないはず, ないほんと, ないわね, なかったが, なかったはず, なしそれ, ねえあなた, ねえか, ねえぞ, ねえの, ねえん, よ, よく育て, ア, アありません, アある, アねえか, ア有る, 刀鍛冶の, 叔父御, 有るまいが, 父御, 腹立てるの

▼ 子であった~ (74, 0.2%)

2 がこの, がそれ, ことは, という, とみえる, のか, のです

1 [60件] か, かそれとも, から, からみっちり, からよく, から兄妹, から父, から猪, から頼朝助命, か到底, か悪, か甥, か自分, がそれだけ, がまだ, が二十歳, が今, が今日, が其の, が出, が十四歳, が大きな, が昨年, が残忍, が法律, が父, が若い, が親類, が豊, が髪, ことを, この老人, そのうち松岡君, といい, ということ, というの, という雌鶏, といわれる, とかいうこと, としたら, としてもそういった, と申します, にも拘らず, のかも, のである, のでとうとう, ので意識, ので間もなく, のにどうして, ぼくは, ものです, ようでございます, わいな, 事を, 判事が, 山科言継の, 思いが, 故に, 民衆の, 発育不足な

▼ 子なら~ (73, 0.2%)

3 お前は, お手間 2 そんなこと, だれでも

1 [63件] あたいは, あんなに叱らね, いいけれど, いいだろう, お互によく, お化けでも, お尻, きっとやれる, きっと一, きっと仕合せ, この子, この鳩, さるが, すぐ答える, ぜひどうにもし, たんと連れ合う, だいいちに, で, で誰, どうにかなる, なあにきのうは, ばしかた, ばただちに, ばとよしなき, ばまず, ばわし, ば何, ば何事, ば其何月, ば学問修業, ば生む, ば産む, ば着物, ば賣れる, もう少し出来, わたくしは, わたしと, わたしは, 一万円も, 三匹いよう, 二本しか, 何にか, 何も, 全く他人, 声を, 大阪には, 少ししこめ, 少女探偵の, 彼の, 心配し, 必ず立派, 戦の, 日給だ, 水中です, 目に, 管子に, 縁繋り, 美しいだけに, 芸人の, 親が, 親も, 誰でも, 遊びざかりの

▼ 子~ (72, 0.2%)

2 あそべ父, あなた方はっきり, われら富み, 子鴉, 汝が, 汝は, 私は

1 [58件] いかにしばしばわが, いざ來, お前の, お母さんと, かの大いなる流刑, けん, こ, ここから, この群, そして淺草, だがあなた, どんな荒い, まさ, また我が, わかったか, わが歩履, わたしの, われここに, われ此に, ディーテと, ベアトリーチェと, 一寸開け, 不便なる, 云々といへる, 京橋ツ子よ, 今帰りし, 今恐ろしき, 今汝, 何を, 何をか, 口に, 吾子よ, 呼びに, 和の, 大き窓, 姉さんを, 御身は, 憎悪を, 懐炉よ, 我に, 此處に, 水陣さして, 汝いま知りぬらん, 汝の, 汝も, 汝を, 汝既に, 父は, 犠牲に, 生む者, 目を, 神みづか, 私の, 素直な, 見よや, 見過すや, 逃れ去れ, 造主にも

▼ 子~ (68, 0.2%)

12 助は 11 助の 6 助が 3 助を 2 助と, 墓, 手與子, 次郎の

1 [28件] がききてえ, さん, に, に告げ, はじきまた, を問, を眺め, を聞き, を証, を醢, 介, 介二十歳前後の, 作, 作って, 作へ, 作を, 助である, 助に, 助時に, 助時代, 家地見, 射立為兼, 明夷などの, 書状安野呂より, 次郎遊佐銀二郎山口辰之介海後磋磯之, 次郎鯉淵要人稲田重蔵岡部三十郎森山繁之助などが, 能仕, 邸舎

▼ 子たる~ (67, 0.2%)

6 ものの 4 ことを 3 ものは, 身の 2 君公の, 浮浪民を, 王, 資格を

1 [43件] あなたへ, に満足, に過ぎない, ものである, もの家臣たる, インカの, キリストの, クグツの, ヂュウスは, マリユスに, 也, 事を, 人間を, 伯耆まで, 位置に, 佐五郎を以て, 大友皇子殺害事件が, 大蛇を, 天菩比命である, 夫妻は, 娘が, 子と, 孤独を, 山岸を, 彼れ, 我, 我々が, 我若く, 所以の, 所以は, 特権に, 真価を, 私の, 私は, 義務を, 義龍が, 聖武天皇と, 自らの, 藤五郎藤三郎の, 訴人から, 貫名次郎重忠の, 貴人の, 道では

▼ 子一人~ (66, 0.2%)

2 いなかった, では, 見かけません, 通るもの

1 [58件] いない, いないこの, いないん, いないガラン, いない深夜, いようとは, おりません, お老母さん一人, だ, だけが私, だけになりました, だになし, です, で看病, とし, と云, なき寂寞, なし雨, に出逢いはせぬ, に春忙, に疑い, に限った, のこと, の境遇, の為, の独身, は軽, みつからぬ, も, も通っ, りんと, ゐない, ゐない暴風雨下, ゐない狂瀾怒濤, ゐない部落, ゐなかつた, ゐは, を相手, を見殺し, を頼り, 居ずはた, 居ない, 居やしないよ, 来ないと, 残って, 見えなくなる, 通らないで, 通らない山, 通らなかった, 通らぬよう, 通らぬ神様, 通らねえこの, 通らねえ土手下, 通りません, 通りませんから, 通りゃア, 通ること, 通るはず

▼ 子~ (65, 0.2%)

3 子から 2 宛てて, 結いつけて, 身代を, 遺伝する

1 [54件] いい聞かせた, お示し, がっくりと, こんな事, しなせえって, たてを, だしたので, どう受けとらせる, のっかって, またその, まちがいなく, もう一ト言, レモン汁を, 一里半四十七文とな, 下手くそな, 乗りうつっ, 代々伝えきたった, 入れて, 内々耳に, 出る一人立, 口で, 問うよう, 回ると, 声楽を, 夏子に, 姉から, 子より, 孫へと, 寄った, 対しても, 屆けて, 帰っても, 手を, 投げつけたん, 書く, 永く生きる, 沙汰を, 注がれるという, 消える筈, 直角に, 眼を, 着いてから, 結いつけた風呂敷包, 結えたの, 絶交を, 若い者, 萌した尊敬, 行き露西亜街, 見え隠れに, 訊いた, 逃げあがったが, 遁げて, 門外不出の, 風呂敷包を

▼ 子といふ~ (63, 0.2%)

7 のは 3 ことに, のが, ものは 2 可愛きも

1 [45件] お酌上り, ことが, ことで, ことにな, ことにも, ことの, ことは, ところにも, ので, もの, ものが, ものによって, ものの, ものを, 一見令嬢としか, 事をば, 人が, 仙人だ, 伊賀の, 兵法家が, 名を, 名前に, 名高い女, 女の, 女は, 如く或は, 娘が, 役割りの, 書には, 有名な, 概念を, 白張りの, 競技を, 篇が, 繋累は, 美人が, 美声の, 若い芸者, 言葉が, 訳には, 説である, 譯は, 辛い自覚, 農夫が, 間を

▼ 子に対する~ (61, 0.2%)

5 愛に 4 愛は 3 愛の 2 一片の, 愛が, 母の, 深い親心, 疑念が, 親の

1 [37件] ごとく叫んだが, ように, 不平嫁についての, 世間の, 執着である, 女らしい侮蔑, 嫉みと, 幻影の, 待遇を, 心持ちをも, 心持は, 怒は, 怒りが, 怒りは, 思惑にも, 情け厚い, 愛には, 愛を, 愛情が, 愛情の, 愛情を, 愛着と, 憧れが, 我ままも, 擽ったい悦び, 時よりも, 本能を, 様な, 殺人被告人として, 気持を, 父の, 理想は, 礼それらは, 私の, 純吉, 謀叛は, 達雄の

▼ 子とも~ (56, 0.1%)

2 あろうもの, 奉公人とも, 家来とも, 弟とも

1 [48件] ある者, いいまた, いい別種, したこと, すべき美少年, つかず奉公人, つかない一人, つかぬ中途半端, ならう筈, に駿足, わからないが, わからぬ娘, わからぬ子供たち, わからぬ私, 一度だって, 云われ紀, 他人の, 兄弟とも, 分らない嬰児, 判らぬので, 呼ぶに, 呼べなかつた堪へに, 呼んで, 思って, 思へる貫一, 思わないよう, 思われず三人, 思わんからと, 旗下とも, 永久の, 決定らない, 申さず唯, 知らず恋, 知らず浅ましく, 知れぬもの, 知れぬ藻, 称えて, 考へられるが, 裔とも, 見よ親, 視て, 言う別種, 認められなかった人, 遊ばぬのう, 違った考え, 野枝君とも, 馴染に, 鳳凰の

▼ 子夫人~ (56, 0.1%)

2 と繭子, に挨拶

1 [52件] が乗込ん, が仮令多少, が何気なく, が口, が外, が寵愛, が引き受ける, が扉, が現, が運転手, が顔, だよ, であろうと, とがそのかみ, とたった, との仲, と対座, などをキオク, についても私, には夥しい, のそういう, の三人, の乱行, の写真, の名, の唯一, の姿, の捜索, の方, の朋輩, の歿後, の異常, の異常嗜好, の許可, の身, の身の上, の鼻, は, はしばらく, はその, は今日高齢, は伯爵芳川顕正氏, は夕方誘い, は岸田直介, は慎, は椅子, は紋附, は経理課員, も夫人, を己, を想像, 及び運転手

▼ 子でない~ (55, 0.1%)

2 から死ななく, ことが, ぞ, ということ, といふこと, 事を, 血縁は

1 [41件] お信, か一目見りや, こと, ことも, ことを, さうなと, ぞっ, だけに世間, という焦燥, という証拠, といふ, とお便り, とはいわぬ, とわかりました, と云, と云う, と仰せら, と判れ, と思い込ん, と無事, と覚り, と覺, と言, と言つて, のかしら, のかね, のなら, のにおとなしく, ほんの嬰児, ものと, 事で, 子を, 彼きつ, 明晩の, 樣子も, 母でない, 父でない, 男の子が, 私でさえ, 親でない, 長太郎だけは

▼ 子らしい~ (55, 0.1%)

4 のが 2 ところが, 気が, 華奢な

1 [45件] おだやかさであった, からかい声で, が, がその, が次女, こと, そうした回顧, という話, といふ, の, よ, わ, スツキリした, 人柄を, 侘しさ, 傾向を, 処を, 十二三な, 十四の, 反感を, 品格の, 嗜です, 堅実さの, 堅實さの, 声音を, 女を, 姐さんを, 娘が, 子に, 感じが, 揶揄である, 望みでない, 来ぶり, 歯切れの, 気分の, 無邪気さが, 甘い声, 生徒が, 童児が, 者が, 良い職人, 苦労知らずの, 青い痩せた, 面影が, 髮の

▼ 子であり~ (54, 0.1%)

2 ある者, 唐沢の, 父たる, 良人であり

1 [46件] いい子, そうして人間救済, そこで幼名, その子, ながら, ながらしかも, ながら下女同様, ながら偶像, ながら器量, ながら暗い, ながら軍人, ながら遂に, のちまた神, また一列, また佐々木家, また兄, まだこの世, もう十三, エポニーヌの, 三吉の, 乍らしじゅう, 乍ら下女同, 代表的勇み, 伊東采女は, 会社員の, 信長とは, 光子と, 天子の, 妻である, 孫を, 寺崎廣業夫人菅子は, 小農の, 師直の, 当時その, 或る, 日の出に, 映画俳優的美男といふ, 未來を, 本木家五世である, 津軽伯爵家の, 父曹操の, 犀利白皙カミソリの, 神界の, 美しい若もの, 若い世代, 藩地へ

▼ 子なる~ (52, 0.1%)

3 ことを, 姫である 2 か, ものが, ものは, 花郷は

1 [38件] かなうみ, かの愛らしき, かを繰り返し, が如く, が如く解せし, が故に, が母, が為, ことには, ことは, により一旦, に此問, も其母ヘカーベ, ゆえにとて, ゆへ, を, を以て特に, を任, を思ふべし, を知り, キリストのみ, キリストは, ジョン, 事を, 人々は, 公条が, 兵士らは, 周定王の, 女は, 字面通りの, 我々が, 我は, 故に候, 暗示こそは, 最勇, 病人は, 私の, 耶蘇を

▼ 子でした~ (47, 0.1%)

3 から 2 がでも, がね, ね

1 [38件] からあくまで, からそれだけ, からちっとも, からどうか, からね, からねそれで, からふたり, から夜, から大きな, から母親, から泣い, から私, が, があんまり, がこれ, がねえええ, がもう, がネ, が九つ, が同時に, が器量, が夕方使, が夕方使い, が無邪気, けれども仲, けれども貧乏, けれど相手, けれど私, すぐに, っけが, ねえ, ので天皇, もの, よ, わ, 土方の, 正直で, 誰も

▼ 子より~ (46, 0.1%)

2 ましだ, 一段とたちまさっ, 二つ若かっ, 何段増し

1 [38件] いづ, おとなしいぜ, して, そのやくざ, ひとあしさき, ほかには, まし, もっと小さい, わが延暦二十年辛巳, 丈が, 上の, 予て先生, 二つも, 二つ三つ年上であった, 二里強の, 亥に, 出づ, 參らす, 可愛いはず, 可愛い筈, 大事に, 孫と, 孫へと, 小粒で, 巳に, 忍び上り襖の, 急報来る, 愛し更に, 旨いと, 發育がよ, 短冊を, 研究材料を, 翁又は, 背が, 葉書にて, 補助の, 賢いし, 高しと

▼ 子みたい~ (42, 0.1%)

2 な者

1 [40件] じゃない, だよ, です, で可愛らしい, な妖怪, な学生たち, な恰好, な愛着, な泣き方, な禿, な都上り, な頭, な顔, にあり, にそこで, になる, にばたくさ, にわざとくにゃくにゃとからだを, に一ぺん, に体, に可愛, に呆け, に尻, に山地, に店, に怒鳴っ, に感じられる, に手, に捨て, に散らかっ, に本, に背中, に踏みつぶされる, に逃げ散った, に這い出した, に金持ち, に集まっ, に頗る, に首筋, に騒ぎかけた

▼ 子とが~ (41, 0.1%)

1 [41件] あつた, ある, おそるおそるは, この社会, そのあと, そのめぐり合わせ, その刹那, つろうて, ひとの, ほとんど本能的, めんこかつた, 互いにそれ, 互に長い, 互ひ, 住んで, 何かの, 何年も, 兄と, 兄妹である, 全然同一, 冗談まじり, 同じ心, 喧嘩した, 小鳥を, 弓矢の, 彼と, 最もやさしい, 欠けて, 歌の, 町の, 笑ひ, 自然の, 茶店娘と, 観てたに, 話して, 謀りあい猜疑, 起きて, 重荷を, 銘々の, 闘って, 順序を

▼ 子~ (41, 0.1%)

32 がずつと以前天の川

1 [36件] から小包, から戴いた, から話し, から鏡子さん, が専子君, といつ, とそして, とは半年ぶり, と呼び, などの感化, にあ, にさらわれた, にでくわす, に連れられ, のその, のニコニコ顔, の友情, の家, の志, の歓待, の言説, はとりつき, はゐなかつた, は十年, は在宅, は帰宅, は飲めない, よすまなかつた, よ子, ゐませんでしたか, を殺す, を訪, を訪ねた, を訪ねる, を道玄坂, 今我

▼ 子刀自~ (40, 0.1%)

7 の記憶 4 の語る 3 はかう 2 である, の言, は当時

1 [20件] がわたくし, が三十八歳, が三歳, が蔵, として健在, と倶, に数事, に聞く, に豚料理, の云, の安石, の未だ, の記憶一条, の語つた所, は二人, は云, は家, は柏, は此広小路, は猶

▼ 子~ (40, 0.1%)

2 の言葉, はしかし

1 [36件] いいか, いいところ, がその, が仁者, が子路, が最後, が言う, が言った, である, としては饅頭, との問答, とはしゃんと, とを見くらべ, には孔子, に云わせる, に合わない, に孔子, に話した, に警告, のこと, の口, の外交, の才気, の方, の表情, の顔, はみんな, はもうすっかり, は仲尼以上, は更に, は珍しく, は讃め, は賢い, は顔回, も微笑, も殆ど

▼ 子なり~ (39, 0.1%)

3 貧なれ 2 父の

1 [34件] おかみさんを, しと, せば, その友ピリトウス, その少女, でいい, と神さま, アエネアスを, グアルドラーダは, ヘカベポリュクセナの, 一二八六年その, 之に, 九八七年ルイ五世の, 今奸臣, 何なる, 依て, 倉子の, 其時彼奴を, 同舅同士, 吾に, 夢は, 孫なりの, 岩てこなりという, 彼ピサの, 彼聰明叡智オヂュシュウス, 我が財, 我子なり, 汝らこれに, 源叔父の, 然れ, 畫かき, 蓑虫寒く, 賤民の, 金の

▼ 子とを~ (37, 0.1%)

2 少からず喜ばせた

1 [35件] あわせ呼ぶに, おいて, お残しでした, この病室, そのよう, ながめやる, のこして, 互に背く, 別人として, 加えて, 取り出して, 同人と, 失い生き残り, 對照せるなら, 引離して, 必要と, 思い較べながら, 想像する, 憂念し, 持つて, 断ちきれずただ, 残して, 殘し, 比べると, 気の毒と, 眺めて, 社會の, 結合する, 見た, 見む, 隔てて, 預けたが, 養うこと, 養つてゐた, 養わざるべからず

▼ 子としての~ (36, 0.1%)

1 [36件] かいの, つとめだと, わがままを, 一生を, 価値を, 務めを, 半蔵から, 存在を, 寂しさ, 彼の, 待遇を, 心痛に, 愛との, 我々は, 早熟さは, 死に水を, 気魄が, 津田に, 特権, 生活, 生活では, 生活によ, 生活は, 當然の, 私の, 私よりは, 私を, 立場に, 絶え間なき, 義務の, 義務を, 自覚親の, 至情を, 誠実と, 近代感覚的な, 道を

▼ 子に対して~ (36, 0.1%)

2 可なり, 抱いて

1 [32件] いささかすまぬ, さへ, じっと向ける, どういふ, どれほど, もつ感情, 一片の, 伏目に, 全然事実, 冷淡な, 冷淡に, 初めて云った, 前より, 友人と, 同情あり, 妻への, 居る自分, 年齢と, 幾分か, 従来の, 徳と, 恋愛の, 我が生, 涯しも, 特異な, 盲愛に, 結婚を, 自分の, 自然から, 親の, 負うべき責任, 顔色を

▼ 子ばかり~ (36, 0.1%)

4 では 2 だから, だという, である, ですよ

1 [24件] お助け, さがしに, だった, だとは, だな, であった, でないと, でなくどんなに, でなく片親, でなく私自身, で中, で何, で小犬, で高, とりかえそうと, なのよ, らしいので, 六人おいでに, 可愛が, 可愛がっ, 年々に, 殺して, 見て, 集めて

▼ 子一匹~ (36, 0.1%)

2 いないの, の神妙, もいない

1 [30件] いないでは, いないという, いなかった, おらずちょうど, だって表, だつて首尾, つかまえなかった, とで平助, の気配, もいねえ, ものこるまい, も見当りませんでした, も見逃すまい, も通っ, も通らず, も通りませぬ, 入りやしません, 入る隙間, 出て, 居ないの, 居りませんでした, 見えずこの, 見当らなかった, 訪ねて, 逃げた筈, 通らぬ淋しい, 通りませんので, 通りゃしねえ, 隠れて, 隠れる場所

▼ 子よりも~ (34, 0.1%)

1 [34件] おとなしい, おまへたち, きれいでした, きれいな, これらの, ずっとよかっ, ずっと荒ぽく, なお不幸, まっさきにコトエ, もつとずつと, 万乗の, 上の, 二つ三つ年上かと, 割合に, 劣った様子, 劣つた樣子を, 反つてさ, 可愛いと, 可愛い仲太郎, 多く愛, 大事に, 微小である, 慕は, 深く兩親, 爲す, 猶悲しく, 知恵の, 自己を, 良いの, 軽く海, 近いもの, 造作なく, 遅れて, 雛の

▼ 子だって~ (33, 0.1%)

2 いう気

1 [31件] いうこと, いったぜ, いってるよ, いやとは, うるさいとは, おら達の, きっと器量, きっと私, ことも, しんから, そんなこと, どうせ銀座辺, どんなにいいかしれやし, ないお前さん, ぶつから, デンマーク国の, 云う, 云うじゃあ, 勿論誰, 千石侍の, 又あの, 御経, 東京へ, 殺し兼ねません, 生まれたからには, 生れたては, 荻野左仲様の, 言ったん, 誰かが, 退屈に, 通りやしません

▼ 子なれ~ (33, 0.1%)

43 ば美人 2 ど茲

1 [24件] ども生, ど裁縫店, ばこそ, ばこそか父皇, ばこそこれ, ばこそその, ばこそふがいない, ばこそ琵琶一筋, ばそこ, ばとて只管不便, ばとて政府, ばとて飯綱愛宕, ばなお, ば何, ば多少, ば定家かつら, ば宿, ば憎から, ば懐かしい, ば渠, ば玉藻, ば衣類恰好, や子, 地面に

▼ 子だけは~ (32, 0.1%)

2 成功させなけれ

1 [30件] かわいそうに, さうは, なにを, ほとんど裸体, まだ床, みつからずに, 一緒に, 不思議に, 別に下女, 可愛かった, 可愛かつ, 命に, 堆くさあ, 女神の, 好きだった, 学問が, 尊敬し, 後に, 愛して, 殆ど裸體である, 泣きも, 無事に, 痩せぎすで, 私の, 細く割り, 自分の, 芸能の, 謬つて伊曾に, 返して, 養子の

▼ 子~ (32, 0.1%)

3 であった

1 [29件] か, が, があり, がすさまじい, が拠っ, その人, だった, であったが, といい, とはそれ, に任命, の声, の槍, の病歿, の追手, はかつて, はさすが, は一挙, は馬, へ降参, までが心がわり, もやがて, も同じ, も心配顔, や関興, をかえりみ, をやっ, を先頭, を非凡

▼ 子姫子~ (31, 0.1%)

2 の乗る

1 [29件] がいいました, がやっと, が一人, この戸, という名前, との間, など, には種, に化け, に化けたあまんじ, に向かっ, の方, の瓜, の着物, はあと, はあまんじ, はいいました, はいつ, はうらやましく, はこわく, は頭, もう少しだ, よくお, をにらめつけました, を乗せ, を木, を柿の木, を見つける, 少しで

▼ 子ひとり~ (30, 0.1%)

2 の家庭, 見えなかった

1 [26件] いねえと, いやしません, が別々, だ, でこの, ですもの, でその, でほか, という, なん, にやらせ, の伜, の処分, の大事, の家, の家内, の尾張屋, の影, の暮し, の為, の私達, を御地, 居ない掛小屋, 細い蚊遣火, 見えない, 通らない

▼ 子あり~ (29, 0.1%)

1 [29件] か人間, がいいました, がとまっ, が外, そのいずれ, てナポレオネ, て人家, て子, て登る, という, とは知る, と聞け, のお母さん, はそこ, は大きな, は赤い美しい, 妾にも, 姉は, 始めて親子, 張釣りに, 後に, 我は, 新井父子の, 曲折飛躍試に, 烏でも, 花にも, 親あれ, 諸獣, 金あり

▼ 子と共に~ (28, 0.1%)

1 [28件] あぢ, かれこれ其の, この地, ゐる家, シエクスピイヤと, ダルメイダを, 京都に, 其の腹, 勸められ, 同じこの縁先, 同行を, 名古屋に, 声なく, 小島宝素の, 房總の, 朝廷に, 東海道の, 熟寐せよ, 牛込の, 第二回戦, 絵本を, 自から, 迦葉波仏の, 遊び父の, 部下の, 銀座清新軒に, 風雨の, 食卓を

▼ 子~ (28, 0.1%)

52 一夢ヲ

1 [21件] 刻ひそかに, 刻集合の, 前デ, 君西華門院また, 声ニナッタ, 奴ガ電話デ, 如キハメッタニ都ヘハ出ラレマセヌコノゴロ御, 如シ親シク搓揉スレバ却テ草気アリ, 子デ, 幸ニ如何アルベシナド思イイツシカ歳月ノ, 末ヲ, 母ノ, 生レタ年, 真似ヲ, 督助, 紹介デ, 絲ニ悲ミタル等以テ先哲, 話ハ次ノヨウナコトダッタ, 閑ヲ, 間ニナッテイルガ元々, 霊ニ告グ

▼ 子~ (28, 0.1%)

2 を一頭

1 [26件] がいつも, がぶらぶら, が一匹, が三匹, が其の, が木, が生まれ, でも非常, と会った, に手伝っ, のうち, のよう, の声, の大きく, の玩具, の金, は立ち止, は立ち止っ, もみんないっしょ, も一頭奥州, をつれ, をもその, をり, を吹雪, を私, 超字

▼ 子~ (26, 0.1%)

2 の種類

1 [24件] が多少, だけが殘つて, でも制詔, と申します, についてはその, につき新た, につき書名, には各, には總論, に現, の中, の分け, の序論, の數, の書籍, の末, の異同, の總説, の變化, は多い, は經戒, も多少, を作つた, を見る

▼ 子なき~ (25, 0.1%)

5 女は

1 [20件] がごとく, が故に, に因り, の故, はなおさら, ものあり, ものに, ものは, も多けれ, を患, を憂い, を憂え, 其原因は, 婦人が, 婦人酒肴花果飯餌を以て, 故その, 気楽なる, 男は, 者も, 親夫なき

▼ 子なりと~ (25, 0.1%)

2 言って

1 [23件] いいしが, いう, いふ, いへば, おもへば, するも, する人々, せしこと, なし相, 云い今生, 云い旃陀羅, 云って, 云ひ, 強く言った, 思ひ做しし中, 書いて, 書したの, 書して, 知らぬ身, 繰り返して, 言われたからとて, 言われたその, 言われた日蓮

▼ 子への~ (25, 0.1%)

1 [25件] あはれみ, 不安は, 不愍さが, 不愍を, 執着からより, 心持も, 心配が, 思いを, 情愛は, 想いを, 愛, 愛から, 愛慕を, 愛着の, 感謝友人への, 感謝知友への, 慈悲なら, 折檻を, 済まなさ, 無限の, 献身などは, 献身や, 盲愛が, 盲愛に, 秋波を

▼ 子ほど~ (25, 0.1%)

2 可愛いと, 可愛いもの, 飲まする蓬莱屋

1 [19件] ある, かわいいと, かわいいもの, こまめに, なつかしい, 口か, 可愛いとか, 可愛いとかいう, 可愛いとは, 可愛いの, 可愛い親心, 可愛がっ, 可愛さ, 気違いじみた, 生きがいを, 芸者の, 若い, 荷厄介な, 違つてゐる

▼ 子~ (25, 0.1%)

7 の鐘 2 の間

1 [16件] から丑刻前, から先, が鳴, が鳴る, でせう, なり率, には出立, には表, に成ります, まで俺, まで兄, まで離屋, を合圖, 少し過ぎ, 過丑刻頃, 過頃草鞋

▼ 子とか~ (23, 0.1%)

2 孫とかの

1 [21件] あるいは御, だが, または朋友知己, 云う大, 云う奴等, 京の, 何店の, 兄弟とか, 兄弟とかの, 北斗星とか, 友情とか, 將た, 晏子春秋とかに, 晏子春秋とかの, 段會宗とか, 良人とか, 言うあの, 謝豹とか, 貨色とか, 野村望東尼とか, 魔術師とかいう

▼ 子~ (21, 0.1%)

2 ほいなる, 嫁が

1 [17件] とむおとな, ほいに後沒理想, めえ, ッ殺し, 光の, 友達と, 孫たちの, 專どのにて, 師匠さまの, 杉の, 柳オルガ, 熊殿へ, 産みやしたこと, 背負った, 袖が, 見のがし下さいませ, 見可愛らしい

▼ 子であっ~ (21, 0.1%)

1 [21件] て, てあまり, てくれれ, てその後, てもいっしんふらん, てもそう一々, ても天地山川, ても山の手, ても目, ても私, て三論, て亘理, て今, て其後母親, て双方, て名, て松平氏, て此, て父, て美妙, て近松

▼ 子~ (21, 0.1%)

2 の中腹, の菊人形

1 [17件] から邸, という地名, という坂, などの例, に住む, に赴く, の上, の下, の処, の出店, の崖, の菊, の途中, はひどく, へ上りかける, を上っ, を大股

▼ 子~ (21, 0.1%)

2 の女中, の家長

1 [17件] ではこの, では使, では家庭争議, に内密, に出入, に勧誘, に来た, の人, の使, の娘達, の族, の権式, は以後多事多端, は数代, へ出入, へ行った, へ電報

▼ 子曰く~ (21, 0.1%)

1 [21件] ああこれ, いな, およそ一国, およそ人, けだしその, この魔霧, しかり, その利益, その多妻, その清き, その説, なお英国人, なんての, にございました, の素讀, 如かざるなり吾, 小藤次, 未だ人, 然ら, 近き者説, 違うこと

▼ 子~ (21, 0.1%)

1 [21件] がした, ではある, との間, とは育ち, とは言い, にくれ, にしっかり, に与え, に対する愛着, のため, のほう, の前途, の姿, の情愛, の横顔, の記憶, は力, をこの, をムク犬, を愛する, を捕え

▼ 子酉川~ (21, 0.1%)

4 の上流 2 の東沢, の河原

1 [13件] が左, と呼ばれ, に落ち込ん, のヌク沢, の上流東沢, の上流東沢西沢, の口元, の左岸, の東沢西沢, の水, の水源, へ下り込ん, まで通っ

▼ 子~ (21, 0.1%)

8 の林冲 42 がいい 1 といい, に卵色, に卵色の, のその, の前, の影, 会うたび顔

▼ 子だけ~ (20, 0.1%)

5 あって

1 [15件] だ, だから, だったそう, だわ, でございます, でさあ, でした, では, どうしてあんなに弱かっ, 中に, 大得意, 持って, 椅子に, 生きのこって, 許して

▼ 子など~ (20, 0.1%)

2 愛する者

1 [18件] あわせて, いずれも, さすがに, だと, もうたつた, 一行は, 五十余人を, 付添で, 呼びその, 喰ひたる, 多く賜り, 孕まずに, 小物釣りには, 幼い者, 投げやるに, 昔兎角, 言ふ, 隠岐この

▼ 子~ (20, 0.1%)

2 の言, の輩

1 [16件] が曰く, が答, というもの, となし, との斥け, と与, なり練, に在り, は既に, は海, は蘇州, を召したまい, を非, 未だ世, 直ちに対, 退いて

▼ 子さえ~ (19, 0.0%)

2 死ぬという

1 [17件] ある, あるの, いなかったら苦労, うんで, できて, なければ, みれば, めんげえ, もうけて, 儲けら, 儲けられて, 出来たので, 取れば, 宿ったという, 息を, 無けりゃどんな, 賛成するなら

▼ 子だろう~ (19, 0.0%)

32

1 [14件] かとく, が山市, が見る, ちゃんと探索, という説, とそう, とて女郎, と信じ, と思いました, と自分, と言いおっ, のう, まるで踏んつぶした, 化け物では

▼ 子でございます~ (19, 0.0%)

2

1 [17件] あれに, か, かそれ, からと申し, があ, が二つ, が惣領, けれど, それから故郷, それ故に, とな, ね, ねえ, の, のね, 乳ば, 泣きも

▼ 子でなく~ (19, 0.0%)

3 ばと鳶人足 2 てもなんと

1 [14件] ちや駄目でがす, てあの, てしかも, てもぽ, ても両親, ても誰, て初代瑞仙, て子, とも男, なつて乞食, ばなしえない, 市十郎が, 母である, 神月の

▼ 子にて~ (19, 0.0%)

1 [19件] イスラエルの, ウグッチオネの, ガッドの, ジェーンの, テバイの, ニーノ・ヴィスコンティの, ルーニジアーナに, 候, 候ひし, 実は即ち, 形見と, 戀の, 明治三年以来大阪に, 是も, 有しぞと, 有りたらばと, 父と, 私書偽造罪を以て, 雙生の

▼ 子らしく~ (19, 0.0%)

1 [19件] おそろしい電車, この辺, つねに栄える, も無い, も見られる, 基督の, 娘らしく, 学校でも, 左へ, 最後の, 枕元の, 熱っぽい唇, 熱つ, 眼を, 短かいの, 神の, 舌を, 草に, 荒々しく山坂

▼ 子をも~ (19, 0.0%)

3 餓へ

1 [16件] いれて, なお孝子, ほんろうし, 不幸の, 入れて, 咎める筋, 女優に, 害しまた, 家庭をも, 我子に, 持たなかった場合, 生んださうである, 育てて, 茶山の, 蝕んで, 見のがすまいと

▼ 子~ (19, 0.0%)

1 [19件] から電話, が剃髪, で御座います, とくらべられる, との恋, に対しては仰, に対しては到底多少, のイタリー語, の兄, の心持, の玉の井ハイキング記, の言葉, の長篇小説, はあなた, は何, は存じません, は長女, も予期, 真に仕ふ

▼ 子その~ (18, 0.0%)

1 [18件] ほかさまざまの, やうに, 人格に, 子への, 孫と, 孫の, 孫も, 孫約し, 平常有する, 父は, 生い立ちから, 生涯に, 第二, 第二法, 縁類郎従にまで, 親を, 話を, 金魚は

▼ 子~ (18, 0.0%)

53 あの姉さん 2 繁に 1 かし, そなた, たたくなかれ, 心なき, 我行く先に, 椅子の, 誰の, 類ひなき

▼ 子としては~ (18, 0.0%)

2 むしろ贅沢

1 [16件] かなり稀, このほか, これほどの, それが, りっぱ過ぎた, 今は, 出来過ぎて, 區別すべき, 如何なる場合, 忌明けの, 忘れがたい, 明るい面, 月が, 父なき, 育てませんわたくし, 親に対して

▼ 子ねこ~ (18, 0.0%)

1 [18件] がかくし, が一人歩き, が足もと, には当てない, にもあいたがりました, はすがろう, はそれ, はついに, はよく, はガラス戸, は身ぶるい, は闇, も無事, をだい, をどう, をねじ込んだ, を見守る, を飼っ

▼ 子~ (18, 0.0%)

1 [18件] あきて, から呼んだ, があい, がうるさい, ですれ違い, でよろけた, で一旦, に行きかかる, に走け, のところ, の両側, の板の間, の襖, へ行き, まで来, より出, をあけ, を尖らせ

▼ 子~ (18, 0.0%)

3 には悲しく 2 にもよく, にも顏

1 [11件] と肉体, にはじめ, にもよくよく, にも兄さん, にも心掛け, にも義理, にも顔, に今, に哀れ, に父, 奢りて

▼ 子~ (18, 0.0%)

3 の最期

1 [15件] がくん, と呼ばれた, のふしぎ, の斃, の方, の死体, の身体, の顔, はさっさと, はわざわざ, は捨台辞, ほどなる, よ, を私刑, 黙って

▼ 子~ (17, 0.0%)

5 だ, だと 2 に入り 1 といふ不思議, の子, の裾, の西南, はカヤコ

▼ 子だの~ (16, 0.0%)

2 べらだ

1 [14件] いふ者を, ひよつと, ほとけづら, 乞食だの, 医者や, 地震だの, 嫁だの, 滅多に, 牧師の, 碧い, 紅燈の, 親王方だの, 錫杖だ, 鶏だの

▼ 子~ (16, 0.0%)

5 にも郎女, のが 4 は奈良 1 の發つた後, は今日

▼ 子~ (16, 0.0%)

1 [16件] が入っ, でグッタリ, でヌー, という若い, といふ坊様仕立, と扱帯, にまきついた, の形姿, は無造作, も閑雅, をぐるぐる, をしめた, を小, を締め, を締めた, を解き解きし

▼ 子~ (16, 0.0%)

2 の良い, の見定め

1 [12件] がわるい, が好い, が姉妹たち, が宜, だつて, ではなかつた, の好い, の様子, はよし, もいい, もわるく, を上げた

▼ 子~ (15, 0.0%)

2 へ, へも光る

1 [11件] うして, がのや, へこの世, へどうか, へ儲けた, へ居, へ知らぬ, へ還ら, ほ子, ア子, 今噂

▼ 子って~ (15, 0.0%)

1 [15件] ありゃしません, いわれるだい, えな一人前の, だれですか, のが, のは, ほんとうに, ものを, やっぱりこんなに面白い, 一体誰, 云うのよ, 大きいの, 揶揄うだろ, 皆から, 馬鹿に

▼ 子ゆえ~ (15, 0.0%)

2 に迷う, の闇

1 [11件] と庇い, にそち, にと, にみごと腹切り, に一味, に大事, に捨, に狂う, に生き, の暗, の煩悩

▼ 子~ (15, 0.0%)

1 [15件] 下ス, 佐々木ノ, 島附近にて, 有スル父及母ニシテ十フラン以下, 有スル父及母ハ人頭並ニ動産ニ対スル課税, 犬ニ喰ワレテ気ガ違ッタト云イオッタ位ダガトウトウキズモ直, 生ム, 興スベキデハナイカ, 色仕掛ヲ, 見テウインクスルノ, 託スルノ重, 誘ッテ法然院ヲ, 送リ, 除ク三人ハブランデーヲ少量ズツ飲ンダ, 飢ニヒンセシメ諸君ヲモ絞殺スル反動

▼ 子~ (15, 0.0%)

1 [15件] が宇津, が母, つたら, の頭, は啼いた, は母猿, もやはり, を人, を大事, を家, を山, を引張, を母猿, を窘め, 之図

▼ 子頭林冲~ (15, 0.0%)

2 が風雪

1 [13件] がむじつの罪, であった, と, というの, といっ, とはあんた, とよぶ, と申す, などという談, なるもの, の運命, また呼延灼, をわしたち

▼ 子かも~ (14, 0.0%)

4 知れない 1 しれないの, しれないよ, しれんな, わからないのに, 知れないぜ, 知れないと, 知れないといふ, 知れぬ, 知れねえ, 知れません

▼ 子~ (14, 0.0%)

1 [14件] あそこへ, あなたそう, あれは, お前は, このよう, このようす, この生涯, この行く先, こんど生れ, そんなにだだ, サお菓子, ジエィンさんは, 何だか寂し, 坊ちゃんは

▼ 子よと~ (14, 0.0%)

2 言い送り度い

1 [12件] つぶやきぬ, なり, みんなで, 前方で, 呼びかくべくあまりに, 呼びし時, 呼びつつ, 呼ぶ声, 思いながら, 惻隠の, 指さし眼, 竜神の

▼ 子家鴨~ (14, 0.0%)

2 はみんな

1 [12件] がどうして, が苦しい, だってもと, と戯れた, のそば, は, はあの, はいつか, は今, は水, は疲れ, は自分

▼ 子~ (14, 0.0%)

4 の頓馬 2 の前, の背高 1 であるから, で雜煮, の奧庭, の屋臺, の看板, の老爺さま

▼ 子にとって~ (13, 0.0%)

1 [13件] あまりに大きく, よくない, 何か, 其等の, 分別ある, 容易ならぬ, 忘れられない美味, 持つ意味, 最も自然, 最大な, 無上の, 父八郎太よりも, 親ほど

▼ 子にな~ (13, 0.0%)

2 つた, つて居た 1 つてしまつ, つても, つてや, つてゐた, つて人の, つて具合よく, つて居りまし, つて言つてゐる, ツて

▼ 子に対しては~ (13, 0.0%)

2 全然不用心

1 [11件] いつも唯々諾々, これまで, その子, その宿命, もう半分馬鹿, 人の, 全く継母, 正当な, 母である, 絶対服従をも, 賢明な

▼ 子及び~ (13, 0.0%)

2 故白根男

1 [11件] その黨與, 中性子が, 中性子の, 其徒に, 愛山生の, 新福亭主人と, 月子の, 母さん, 浜町の, 舞子嫖客草刈の, 閻圃等を

▼ 子無き~ (13, 0.0%)

3 ものは 2 婦人に 1 が一, ことを, は去る, も未だ, 女, 女の, 婦人が, 山中に

▼ 子~ (13, 0.0%)

2 はその

1 [11件] がこつ, がどんなに, がぼんやり, が自分, といふ名, の幼, の近く, はそら, は喜ん, は真逆様, や迚

▼ 子~ (13, 0.0%)

3 の連 1 として何等, となつ, になる, に入, に譜録, に道釋, の中, の半分, の方, は水色

▼ 子かと~ (12, 0.0%)

1 [12件] たずねると, またまた厭気, 思うた, 思うと, 思って, 思はれる小さな, 思ふと, 思われるよう, 想像する, 推せられる, 見えて, 詰り問

▼ 子この~ (12, 0.0%)

1 [12件] あたりから, ことを, 世の中に, 事件は, 兄は, 力無い, 姨さまに, 子に, 歌を, 清風に, 父, 頃記實家と

▼ 子とともに~ (12, 0.0%)

1 [12件] あるとき, 元の, 八月の, 大ヘブライ学者, 差し上げ, 或る, 暮した, 楊子を, 物質上には, 終りまで, 遊戯に, 風に

▼ 子ながら~ (12, 0.0%)

3 美く 1 あんなに綺麗, あんまり美しい, もてあまして, 呆れ返る程, 天っ, 少し怖く, 愛想が, 新介, 良い子

▼ 子などを~ (12, 0.0%)

1 [12件] かぶった男, この方, 入れて, 売って, 大事そうに, 平気で, 次の, 相手に, 覚えた, 読みますと, 途中で, 飼って

▼ 子~ (12, 0.0%)

1 [12件] だから, である, であろう, として迎, には貧家, に取る, に當, は短命, を取り戻し, を王, を索め, を迎え

▼ 子~ (12, 0.0%)

3 から孫 1 たらずと, たり悩ましい, たり父父, と父, にあらず, の妻, は何, をさがし, 貢に

▼ 子等之館~ (12, 0.0%)

2 の清女たち 1 から出, といっ, に置い, に起き臥しし, の内, の巫女たち, の裏口, へ置い, へ置く, を出

▼ 子によって~ (11, 0.0%)

1 [11件] 二人の, 命を, 強い精神, 復讐の, 旦那の, 生きる親, 相続された, 真面目に, 蹂躙され, 造られアイルランド, 進化の

▼ 子ゆゑ~ (11, 0.0%)

7 の春 2 にいま 1 に曼珠沙華, 多く歌

▼ 子をば~ (11, 0.0%)

1 [11件] まことに何人, み寺, よく生め, 全く浪子, 哀れにぞ, 招かれも, 木の, 突ぱずしたもん, 羨みぬけふ労, 育む大切, 腰の

▼ 子~ (11, 0.0%)

61 比等の, 語が, 語の, 語ばかり, 説として

▼ 子二人~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるか, が食いつないだ, は僅か, は召捕り押しこめ, は大蔵, は孰, までも生んだ, も殺害, も禍い, を打首, を育て

▼ 子台町~ (11, 0.0%)

3 にいる 2 の荷足 1 じゃア, でございますが, ですから, の侠客, の宅, の者

▼ 子~ (11, 0.0%)

1 [11件] で彼, の一帯, の三門, の二, の大, の大手, の病房, を中央, を攻めお, を攻め落す, を立ちかけた

▼ 子~ (11, 0.0%)

10 の森 1 の森陰一軒家

▼ 子~ (11, 0.0%)

3 は朝日 2 のお 1 が見る, さえじつ, でありました, に近く侍つた, の信仰, の御

▼ 子~ (11, 0.0%)

1 [11件] がその, が最年長, が自分, するの, とは少し, と子夏, にいささか, に対する答え, は先師, は四十五歳, を呉人

▼ 子~ (11, 0.0%)

1 [11件] とを引き分け, のお守り, のよう, の焼肉, の肉, の背, は先, もともに, をおもちゃ, を一頭, を抱きすくめ

▼ 子~ (11, 0.0%)

2 を歩い 1 で不意, で姿, と銅像, のその, の他人, の方角, の盛り場, の道, へ帰っ

▼ 子~ (11, 0.0%)

2 の死 1 がいた, が死んだ, の上, の心, の籠った鳴, は巣, へ米, を喞, を見た

▼ 子さら~ (10, 0.0%)

4 ひの 2 ひが 1 ひに, ひを, ひ事件, ひ野郎

▼ 子~ (10, 0.0%)

41 やどうも, やわい, やア, や寝ん, や打ち殺され, や間

▼ 子なく~ (10, 0.0%)

2 とも去, とも去る 1 つて助か, て淋し, ば長三, 兄弟なく, 妻も, 金ばかり

▼ 子などは~ (10, 0.0%)

1 それだけでも, ないが, もう, アレ書生が, 三月の, 呂昇贔屓の, 村には, 汗を, 脱いで, 軽蔑すべき

▼ 子なんて~ (10, 0.0%)

2 いうの 1 ありませんもの, なかった, めずらしい名, 名は, 物心地の, 粋の, 見当らんです, 言うん

▼ 子について~ (10, 0.0%)

1 いろいろの, 人知れず心, 何の, 俳句の, 唐七の, 太子は, 琴を, 話しにくい, 語ったとしても, 語るやう

▼ 子はじつ~ (10, 0.0%)

2 とそこ 1 とした, としてゐた, として立つ, とそれ, と呉葉, と大西, と深く, と登子

▼ 子はん~ (10, 0.0%)

2 の又 1 が住職, すると, ですぢ, でも, と云つた方, の時代, やなも, 変って

▼ 子を以て~ (10, 0.0%)

2 自任せず 1 はじめ沒理想の, 取押, 姑と, 家督と, 未得大, 本来人形舞わしである, 根元と, 造化無

▼ 子~ (10, 0.0%)

5 も名代 1 であつ, として伊登志部, の民, の為, もなく

▼ 子~ (10, 0.0%)

3 りて 2 り話す 1 りオランヂ砂糖漬, り萩, り過日神田今川小路, り館柳灣, る俥

▼ 子~ (10, 0.0%)

1 で星城子, に寄る, に星城子君, に泊る, に草鞋, へ奥さん, も, を妨げない, を尋ね, 雲関亭四有三居

▼ 子~ (10, 0.0%)

2 のいく 1 がた, ではなかつた, と二人, と言, なき故, のある, はお, は矢張り

▼ 子~ (10, 0.0%)

2 と, らし 1 が, がそれ, とふ, のこと, の言, は為政家

▼ 子知らず~ (10, 0.0%)

1 あの剣, たい, できよろ, ということ, というの, と申し, と言うべき, どころか山賊同士, の辺, 子は

▼ 子~ (10, 0.0%)

2 の詩 1 がそれ, が歌った, である, に専ら, の一詩, の梅雨, は大きな, 及び王摩詰

▼ 子~ (10, 0.0%)

2 と申, にめし, へ朝覲の 1 が絵, のお, の帝, を忌みきらった

▼ 子~ (10, 0.0%)

2 ひの 1 からその道, のこの, の子どもたち, の少年, の手代, の渡し口, ひでございます, を守れ

▼ 子ある~ (9, 0.0%)

1 ときは, に我独り, は子, は種実, ま, やなお, ゆゑをなよりは, 者も, 身かの

▼ 子あれ~ (9, 0.0%)

1 でしつかりして, どもその, のおふくろ, は風船屋, ば上る, ば之, ば去る, ば大, ば此事寛文

▼ 子じゃあ~ (9, 0.0%)

2 ないが, ねえの 1 ないか, ないよ, ないん, ねえな, 無いよう

▼ 子だけが~ (9, 0.0%)

1 ひとり帝と, ぼくの, 器量好く, 帰って, 残って, 母親の, 甚しく, 画家の, 絶叫する

▼ 子だつた~ (9, 0.0%)

1 から無理, がこの, がひどく, が之, が其の, けれど盜, ねえそして, ので毎日藥取, んです

▼ 子ちゃん~ (9, 0.0%)

1 が急, すごく張り切っちゃっ, にだけ聞える, のいる, のお母さんみたい, の組, は思わず, は首肯き, も来

▼ 子ちやん~ (9, 0.0%)

1 がとつぜん, でも呼ん, と, の毛布, の純真無垢, は, は踊, は踊りたい, を連れ

▼ 子でし~ (9, 0.0%)

1 てそれに, てどうも, てなあ痛い, てね, てねつい, てね下, てね金吾さん, て奥さま, て自分

▼ 子ながらも~ (9, 0.0%)

1 つくづく考える, もったいなく思われる, 大事に, 少しく持て余し, 晴れが, 氣味わるく, 生れ付, 畏敬の, 見上たり

▼ 子などの~ (9, 0.0%)

2 方が 1 中には, 平俗な, 意味を, 書に, 美少年が, 艶姿であった, 解釋が

▼ 子にでも~ (9, 0.0%)

1 するやう, するよう, なるよう, なる気, 対する様, 生れ変つて来, 當つて見ねえ, 逐いかけられるよう, 逢ったよう

▼ 子にまで~ (9, 0.0%)

1 これほども, こんなに情愛, 交付された, 及ぼすべき大事, 嫌われ白い, 愛想よく, 揶揄われていらしった, 無限の, 落ちぶれたの

▼ 子よりは~ (9, 0.0%)

1 まだ私, 二つした, 人格として, 可愛いもの, 大きいん, 大きい子, 年が, 役に立つだらう, 数段秀れ

▼ 子~ (9, 0.0%)

2 の民譚 1 が我が国, だとの, となり, のうつぶせ, の加工, の父方, の物語

▼ 子夫婦~ (9, 0.0%)

2 はその 1 から財養, であること, とも愛, に対するこういう, はどっち, は成る, は既に

▼ 子~ (9, 0.0%)

1 でお, という木造, にか, の下, の側, の傍, の敵討, の方, の際

▼ 子~ (9, 0.0%)

1 の顔, はすぐ, はその, はそれ, はとりわけ, はびつくり, は至つて親孝行, も嬉し泣き, を呼びかけました

▼ 子すずめ~ (8, 0.0%)

1 がじっと, がねこ, の体, はふるえ, は母すずめ, らしい, を慰わるよう, を親すずめ

▼ 子だけを~ (8, 0.0%)

1 お返し下さいまし, 夫人は, 室へ, 家に, 形見だ, 形見に, 相手に, 預かって

▼ 子であろう~ (8, 0.0%)

1 か, かと思う, か田村, とは, とも, と何者, と思っ, と自分

▼ 子としても~ (8, 0.0%)

1 そんな無分別, 取り扱, 取り扱わない, 席上の, 無情冷酷なる, 良人としても, 証を, 避け難い

▼ 子なし~ (8, 0.0%)

1 だゼ, であった, で暮らして, とあれ, と断定, と説く, の夫婦, もとの

▼ 子なども~ (8, 0.0%)

2 あった 1 かなしかり, またその, ゐた, 四五人打ちまじっ, 持たない清い, 混って

▼ 子~ (8, 0.0%)

2 太郎に 1 いへらく, 七郎という, 七郎も, 三郎が, 二郎が, 曰く

▼ 子~ (8, 0.0%)

1 が再び, とはあたり, と子游, によれ, に対する答え, の小袖一枚, の門下, は何

▼ 子~ (8, 0.0%)

2 のよう 1 であろうが, で犬, として取扱われ, など得物, のやう, は棒

▼ 子~ (8, 0.0%)

6 の注射 1 にし, を結節

▼ 子~ (8, 0.0%)

1 かりし爲, かりし爲當時本所區小泉町十五番地, 仏性無である, 射初, 御座兵法も, 息清貧にて, 慚の, 暗に首

▼ 子~ (8, 0.0%)

2 の団子 1 におっ, の毛皮, はお礼, はす, はびっくり, は急

▼ 子~ (8, 0.0%)

1 であった, という石, と呼ん, と称し, になり, もまた, を生じ, を産んだ

▼ 子~ (8, 0.0%)

2 の鳴き声 1 とを眺め, の鳴きまね, はびつくり, は鳴きました, もまた, を殖やさう

▼ 子お前~ (7, 0.0%)

1 の好き, はそれほど, はどう, は釣, ふるえて, もいっし, も短気

▼ 子がには~ (7, 0.0%)

4 猿が 1 これで, びっくりし, 泣いて

▼ 子これ~ (7, 0.0%)

1 はこれ, も御, や何者, を射よ, を知っ, を聞き, を認めし

▼ 子ぞと~ (7, 0.0%)

1 お父さま, 問は, 問ふと, 思い切りつつ, 思し召し, 胸に, 言ひ得る

▼ 子だらう~ (7, 0.0%)

1 ちやんと, と思, と思ふ, ね, 何といふ, 僕は, 此の

▼ 子ったら~ (7, 0.0%)

1 おかあさんから, すっかり男, ずいぶん大きく, ないの, もうしょっちゅうわたし, 大きな声, 水を

▼ 子とでも~ (7, 0.0%)

2 遊んで 1 いうの, いふ様, 名づけられて, 書いて, 言ひませう

▼ 子とに~ (7, 0.0%)

1 たいそう親切, 分れ傀儡子, 屈従すべき, 激しい敵意, 等分に, 蟠りが, 言葉を

▼ 子などと~ (7, 0.0%)

1 いっしょに, 名づけて, 字は, 書いて, 色々の, 言う女, 贈答し

▼ 子なんか~ (7, 0.0%)

1 ありゃしないだろう, ぢや, 嫌です, 差し上げたん, 生むよう, 産んで, 考えても

▼ 子までが~ (7, 0.0%)

1 そのあと, そんなに真黒, まわらぬ口, 乳の, 皆勇士, 自分の, 都会へ

▼ 子ープルス港~ (7, 0.0%)

2 を出 1 から本艦, にていと, の奇遇, の波止塲, を出港

▼ 子~ (7, 0.0%)

1 にゐ, に入, に入り, に案内せり, のほとほと, の入口, より聞

▼ 子~ (7, 0.0%)

1 です, と共に彼女, と法廷, に結婚, の暴行, の結婚式, は急病

▼ 子~ (7, 0.0%)

1 という, にすぎない, にも浦, の, の松, は見し, も

▼ 子~ (7, 0.0%)

3 あれ 1 あれと, に天寿, 助海, 載の

▼ 子~ (7, 0.0%)

1 がいった, がたずねた, ですが, にたずねた, は四十八歳, を染め, 子賎

▼ 子~ (7, 0.0%)

1 であ, のない, の名, の復仇, の病躯, は高貴, も母

▼ 子~ (7, 0.0%)

1 あり五百師子, と等しから, に由る, の後, は我身是, を見, を見聞

▼ 子産石~ (7, 0.0%)

1 と云う, と申しまし, の方, の浜, も一つ一つ, をこぼれる, を進ぜましょう

▼ 子~ (7, 0.0%)

2 のため 1 が言う, だ, の人となり, はそれ, を自分

▼ 子~ (7, 0.0%)

2 へ這入 1 が気, に而已光明, の中, の入口, へ戻り

▼ 子~ (7, 0.0%)

1 が丈夫, すずしくゆれ, としての便宜, にたとえ, はなくなっ, はもう, を眺め

▼ 子~ (7, 0.0%)

1 からみつきたるが, がヒルガオ, の如く, の意味, も咲き, を摘ま, を昔

▼ 子~ (7, 0.0%)

31 である事, とあった, のやう, の茎

▼ 子~ (7, 0.0%)

1 だが, とお, の頭, は大体, ほどの者, も哀れ, も子鉄

▼ 子ぐらい~ (6, 0.0%)

1 であった, であった当時, ひかえ目, 何じゃ, 違いましょう, 釣りだすぐらい

▼ 子こそ~ (6, 0.0%)

1 不肖玄徳でありまする, 哀れだ, 地には, 幸運なる, 思いつめた時, 穂垂という

▼ 子すなわち~ (6, 0.0%)

1 おもえらくこれ, クグツであった, 松千代で, 漂泊民の, 田面に, 長男という

▼ 子だけに~ (6, 0.0%)

1 その子, はたとご, 子に, 忽ちの, 性格は, 手紙を

▼ 子ちや~ (6, 0.0%)

1 ん, んお, んど, ん大, ん見, ん遅く

▼ 子であります~ (6, 0.0%)

1 から, からその, から天, が浪人, けれども, 仕方が

▼ 子であれ~ (6, 0.0%)

2 ばある 1 ばこそああ, ばむかつこうで, ば泣こうで, よき夫

▼ 子などが~ (6, 0.0%)

1 あって, ゐました, 加わった, 見透された, 路傍に, 身動きも

▼ 子などに~ (6, 0.0%)

1 しても, ついひかれ, やつした異風行列, 似た人, 扮した, 関っては

▼ 子なりの~ (6, 0.0%)

2 顏の 1 手に, 考察, 言葉で, 顔の

▼ 子のみ~ (6, 0.0%)

2 ならむ 1 ならず一切, ならず義鑑, ならん, 出家せず

▼ 子はと~ (6, 0.0%)

1 その女, 呼ばれて, 問はれ, 思うの, 思ふの, 言いたげな

▼ 子~ (6, 0.0%)

1 とにつめたい, 妙な, 引取っ, 抱いち飯櫃, 育てるか, 貰うん

▼ 子また~ (6, 0.0%)

1 やりば, 欠伸を, 無数の, 相尋, 眷族なる, 言へる

▼ 子もり~ (6, 0.0%)

1 うたの, 娘の, 歌が, 歌に, 歌の, 歌を

▼ 子やら~ (6, 0.0%)

1 分らないの, 皮やらを, 誰れ, 近くの, 雀の, 鷹やら

▼ 子~ (6, 0.0%)

2 も居るらし 1 がひとり, が膚, に声, はも

▼ 子一ぴき~ (6, 0.0%)

1 いない空家, いなかった, いなかったの, すら部屋, 入って, 通らなかったよ

▼ 子以上~ (6, 0.0%)

1 に可愛がっ, に大事, に知っ, に義理, の人間, やきもきし

▼ 子去年狐~ (6, 0.0%)

4 のこん兵衛 2 のこん助

▼ 子~ (6, 0.0%)

1 と云, の一番上, の下, をみしみし, を長方形, を駆上がる

▼ 子~ (6, 0.0%)

1 治員経を, 藝志美美の, 遲摩斐泥, 遲摩母呂須玖, 遲摩比那良岐, 須那が

▼ 子~ (6, 0.0%)

2 といふ坊樣仕立 1 にし, の前, を小さい, を腸

▼ 子春丸~ (6, 0.0%)

1 あり, といふもの, の童僕ふたり, は事あら, は恋, を誘惑

▼ 子無し~ (6, 0.0%)

1 でございますが, といふ理由, と云, になっ, の堤, の私

▼ 子~ (6, 0.0%)

1 と雛壇, と順序, の新, の方々, の華族さん, を片端

▼ 子自身~ (6, 0.0%)

1 がいちばん, がフランス語, が意識, だってできません, の平生, は知りません

▼ 子~ (6, 0.0%)

1 が餌, と同じく, のやう, はどつち, もある, をつれ

▼ 子あたり~ (5, 0.0%)

2 の貧乏人 1 から内々, がその, ならだし

▼ 子あら~ (5, 0.0%)

3 ば妻 1 ば子, 養子の

▼ 子からの~ (5, 0.0%)

1 手紙の, 求めに, 紹介状を, 解放を, 電話だけの

▼ 子からは~ (5, 0.0%)

1 あたしあなたと, 感心せぬ, 祭祀の, 肉体が, 進化趨異の

▼ 子がね~ (5, 0.0%)

2 ーエ 1 えかんな, まるでまっ青, 昨夜さ

▼ 子ここ~ (5, 0.0%)

1 にあり, において奮然一, において曰く, にわたし, に夕

▼ 子それ~ (5, 0.0%)

1 が下等社会, だけでも大した, と斯, を貴方, を辛くも

▼ 子~ (5, 0.0%)

2 はしの 1 あなん, あ何, ア知らねえ

▼ 子たり~ (5, 0.0%)

1 し也, し爲, 悩ましいかな, 父を, 父父たらざれ

▼ 子だったら~ (5, 0.0%)

1 どんなだろう, ひとの, 只もう不愉快, 孤児院にでも, 私も

▼ 子であったなら~ (5, 0.0%)

1 あんなにひどく, たとい腹の中, と思い, どんなにはなやか, 怖らく

▼ 子でなけれ~ (5, 0.0%)

1 ばし, ばならない, ばならないで, ばならぬ, ば年

▼ 子とかいう~ (5, 0.0%)

1 ものを, 名を, 芸者の, 若い女, 若い芸妓

▼ 子にと~ (5, 0.0%)

2 つては 1 つての, つても, つて仰向い

▼ 子にとっては~ (5, 0.0%)

1 あくまで父そのもの, なんという, まるで重, 全く思い設けぬ, 意外な

▼ 子にばかり~ (5, 0.0%)

1 なる訳, チヤホヤし, 偏るであらうか, 縋って, 頼る不甲斐ない

▼ 子ばかりを~ (5, 0.0%)

1 そう責められない, 劬わっ, 召すとか, 庇おうとして, 睨って

▼ 子へも~ (5, 0.0%)

1 お目にかかり親しく, ぼくらに, 大地を, 守人へも, 見せたろうと

▼ 子までも~ (5, 0.0%)

2 ある 1 何の, 固唾を, 生んだが

▼ 子~ (5, 0.0%)

1 づ江秋津紋吉これ等の, てえだ, てえな野郎, てェ, 靈に

▼ 子もち~ (5, 0.0%)

1 になる, のその, の女, の寡婦, の鮎

▼ 子わかれ~ (5, 0.0%)

5 の場

▼ 子ガニ~ (5, 0.0%)

1 がい, が親, に加勢, は大きく, は水コガ

▼ 子三人~ (5, 0.0%)

1 がそっくり, の幼い, は流罪, を抱え, 連れて

▼ 子~ (5, 0.0%)

1 の真さん, もなお, 何故の, 俳句いまだ, 天つ

▼ 子代部~ (5, 0.0%)

1 とも称せられた, の伝へた, の伝承, の新, の発生

▼ 子以外~ (5, 0.0%)

1 では私, には誰, に絵巻物, の二人, の墨家者流著述

▼ 子~ (5, 0.0%)

1 うで, でも人さん, をかき廻し, をか述べん, んて

▼ 子即ち~ (5, 0.0%)

1 天保十一年の, 悲しき移住者, 痩せの, 答へて, 自分の

▼ 子同様~ (5, 0.0%)

1 だと, と云う, に富山, に思われ, に育つる

▼ 子~ (5, 0.0%)

2 立てて 1 が出ない, で双六, を発すれ

▼ 子~ (5, 0.0%)

1 だから, となる, に生まれたる, の津浪, 若くて

▼ 子~ (5, 0.0%)

2 仰ぎまつり 1 の祈, の素生, より彼

▼ 子~ (5, 0.0%)

2 の闇 1 にこそ万, 及之, 知らず識ら

▼ 子~ (5, 0.0%)

3 秀の 1 の二人, 寧が

▼ 子澤山~ (5, 0.0%)

1 であはれ, で有名, で貧しい, と見え, の佐々一家

▼ 子~ (5, 0.0%)

1 一, 三依羅娘子第, 二子出生の, 二羽易娘子第, 十八

▼ 子~ (5, 0.0%)

1 がその, たたきて, と云う, に失う, は容貌

▼ 子若し~ (5, 0.0%)

2 我に 1 まことにこれ, みづから絶對, 沒却作家とは

▼ 子~ (5, 0.0%)

1 亦遷延不発, 初欲自書栄公事, 初聞為妄為夢, 又景陽, 年来高踏

▼ 子あの~ (4, 0.0%)

2 子と 1 人あの, 子に

▼ 子かは~ (4, 0.0%)

2 知らないが 1 知らぬが, 知れないが

▼ 子がにが~ (4, 0.0%)

2 まだ泣い 1 ちょろちょろはい出し, 帰って

▼ 子さらい~ (4, 0.0%)

1 が流行っ, に逢っ, の仕業, も長崎

▼ 子ざる~ (4, 0.0%)

1 のこと, は上手, ひとりと, を私

▼ 子~ (4, 0.0%)

1 て待っとれ, て行き, て輪飾, 手玉鳴らす

▼ 子~ (4, 0.0%)

3 やない 1 ゃあるめえし

▼ 子じゃと~ (4, 0.0%)

1 いうて, 思うて, 思わねば, 騒いで

▼ 子たる者~ (4, 0.0%)

1 が何故, が生ける, に適, の斯

▼ 子だち~ (4, 0.0%)

1 には佗, はその, は別に, は坊

▼ 子だに~ (4, 0.0%)

2 なきを 1 かねしと, 遊んだつてちやうだい

▼ 子といった~ (4, 0.0%)

2 ような 1 のか, のを

▼ 子とから~ (4, 0.0%)

1 ほとんど同じ, 少し離れ, 成って, 眼を

▼ 子とて~ (4, 0.0%)

1 その同姓, 文字の, 自ら誇る, 親の

▼ 子とで~ (4, 0.0%)

1 他の, 念入りに, 洗っても, 自分たち夫婦と

▼ 子どこ~ (4, 0.0%)

2 の子 1 から見つけ, へ行った

▼ 子なりき~ (4, 0.0%)

1 とつぶやきぬ, 人々に, 嘗て水, 昔の

▼ 子なりとも~ (4, 0.0%)

1 いい白痴, また, 夫に, 憎からず思ひ侍る

▼ 子に対しても~ (4, 0.0%)

1 だんだん何, 恥かしい, 父らしい, 見っとも

▼ 子~ (4, 0.0%)

2 すっとの 1 かうつくしき, しいふ

▼ 子はね~ (4, 0.0%)

1 アレクセイさんたいそう, 今おめにかかれません, 大へん, 新聞や

▼ 子へと~ (4, 0.0%)

1 代々よそへ, 代々相, 家庭の, 皆な

▼ 子ほどの~ (4, 0.0%)

1 お犬, 智恵も, 智惠も, 音も

▼ 子までを~ (4, 0.0%)

1 一乗寺村で, 不仕合わせ, 死なせては, 討ち斬るには

▼ 子もたぬ~ (4, 0.0%)

2 をいふ, 女の

▼ 子ネストールアカイア軍~ (4, 0.0%)

2 の譽 1 の光榮, の譽れ君

▼ 子一家~ (4, 0.0%)

1 とは余り交際, の内閣, の言, の面汚し

▼ 子人間~ (4, 0.0%)

2 に向 1 じゃない, の世界

▼ 子~ (4, 0.0%)

1 しかない, のもの二人, は殺つけるだろう, 過ぐされぬ事

▼ 子優善~ (4, 0.0%)

1 が持出した, が生れた, が養子, なるもの

▼ 子~ (4, 0.0%)

2 と弟 1 と妹, 入雲洞兄

▼ 子~ (4, 0.0%)

1 からタラタラ, から鍔際, に立ち, を斜

▼ 子刻前~ (4, 0.0%)

2 まで仲吉さん 1 だつた相, まで何處

▼ 子勇猛~ (4, 0.0%)

1 のアイネーアース, のエケクレーオス, のオートメドーン, のプウリュダマス

▼ 子同士~ (4, 0.0%)

1 がよい, でなけりゃア何, で打明けた, で繁殖

▼ 子土民~ (4, 0.0%)

1 たること, は地, は多く, は幻影

▼ 子~ (4, 0.0%)

1 廟に, 茂さんは, 郎子またの名は, 香山戸臣の

▼ 子~ (4, 0.0%)

1 の冬衣, の日腹大科度美, の火明, の申し子

▼ 子~ (4, 0.0%)

2 と妻 1 なれば, を手招

▼ 子好き~ (4, 0.0%)

1 じゃア, すなわち子, な刀自, の欽也

▼ 子或は~ (4, 0.0%)

1 上田秋成の, 二頭立の, 日神の, 犯罪人の

▼ 子~ (4, 0.0%)

1 は三度令尹, は聖賢, は茶山集, を育った

▼ 子曰くこれ~ (4, 0.0%)

1 その人はじめ, また天然, わがいわゆる心理療法, 有りや

▼ 子枕す~ (4, 0.0%)

4 時も

▼ 子構え~ (4, 0.0%)

1 と称, におる, になんか来, の墻

▼ 子独楽~ (4, 0.0%)

1 があやめ, が尋常, を手中, を覚兵衛

▼ 子獅子~ (4, 0.0%)

1 が千仞, の角兵衛大小, の頭, は橋がかり

▼ 子生れ~ (4, 0.0%)

1 てこの, てすでに, て七歳道法, て六歳

▼ 子~ (4, 0.0%)

1 とは體裁, に於, は歴代, は百川學海

▼ 子~ (4, 0.0%)

3 温の 1 温字は

▼ 子眠り~ (4, 0.0%)

21 というなり, というの

▼ 子~ (4, 0.0%)

2 之である, 之の

▼ 子~ (4, 0.0%)

1 が諫め, となっ, の伝, の諫言

▼ 子~ (4, 0.0%)

1 こそは黒み, の綾織金紗, の麻, は空

▼ 子~ (4, 0.0%)

2 が出来る 1 の数, の煮た

▼ 子~ (4, 0.0%)

4 貪る野分

▼ 子~ (4, 0.0%)

1 てえな, てえな野郎, てごらん, てらっしゃい

▼ 子貢色~ (4, 0.0%)

4 を作

▼ 子釣り~ (4, 0.0%)

1 には小味, に行っ, は鉤, をやっ

▼ 子~ (4, 0.0%)

1 が船橋, じて, は抽斎, を重

▼ 子~ (4, 0.0%)

2 新丸 1 斗をも, 遲

▼ 子~ (4, 0.0%)

2 の図 1 とあつ, 助頼重

▼ 子~ (4, 0.0%)

1 により表紙, のなか, を見る, を読む

▼ 子~ (4, 0.0%)

1 だなと, と村, は水仕事, は私

▼ 子いとし~ (3, 0.0%)

2 さに 1 さの

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 むのうれしいわとやに下っ, よ, よって歌っ

▼ 子おろし~ (3, 0.0%)

1 をした, を内職, 婆

▼ 子かという~ (3, 0.0%)

1 ことは, んです, 風

▼ 子がと~ (3, 0.0%)

1 人さまに, 思うと, 思うよう

▼ 子がは~ (3, 0.0%)

1 いつて, だかにな, ひつて

▼ 子ぐま~ (3, 0.0%)

1 の遊ん, はいまごろどう, はお

▼ 子すら~ (3, 0.0%)

1 もう髪, 可愛がること, 夫すら

▼ 子そのもの~ (3, 0.0%)

1 が朝鮮, に一つ, の性質

▼ 子それから~ (3, 0.0%)

1 姪子, 省三が, 近頃の

▼ 子だけには~ (3, 0.0%)

1 あたりまえな, 学ばせたいとは, 芸能なと

▼ 子だけの~ (3, 0.0%)

1 ことです, 特立の, 隔てで

▼ 子であったら~ (3, 0.0%)

1 いきなり仏頂寺, というん, どうだろう

▼ 子でありました~ (3, 0.0%)

1 が何より, けれどおり, ので

▼ 子でございました~ (3, 0.0%)

1 から口, がからだ, のにぽ

▼ 子でさえ~ (3, 0.0%)

1 こわいの, 一年の, 親の

▼ 子でしょう~ (3, 0.0%)

21 おとなに

▼ 子というは~ (3, 0.0%)

1 ありやしない, この世の, 兄さんと

▼ 子といふほどの~ (3, 0.0%)

3 意味で

▼ 子といふも~ (3, 0.0%)

2 羽子の 1 世の

▼ 子とても~ (3, 0.0%)

1 いずれも, 固有折衷人間の, 無かりけれ

▼ 子とな~ (3, 0.0%)

1 せりと, せるに, つたそして

▼ 子~ (3, 0.0%)

2 がえ 1 めの

▼ 子などとは~ (3, 0.0%)

1 いうが, おこがましや, なお思われない

▼ 子なんぞは~ (3, 0.0%)

1 なかなか捕まえられる, 朝は, 親の

▼ 子についての~ (3, 0.0%)

1 孔子の, 心持, 話だ

▼ 子にゃ~ (3, 0.0%)

2 出ぬ乳 1 横道を

▼ 子によ~ (3, 0.0%)

1 つて彼は, つて橘屋が, つて著述は

▼ 子により~ (3, 0.0%)

1 かかって, 以上夜目を, 北方印度に

▼ 子に対し~ (3, 0.0%)

1 どんな処分, 友に対して, 無責任には

▼ 子ばかりは~ (3, 0.0%)

1 わざと不吉, 全く渠等兩人, 少し当て

▼ 子ひとり通り~ (3, 0.0%)

2 はしない 1 ません

▼ 子ほどに~ (3, 0.0%)

2 見ゆ 1 年が

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 こと子なれ, づ口開き問ひ, や子

▼ 子まことに~ (3, 0.0%)

1 これのみにて, われを以て, 口を

▼ 子または~ (3, 0.0%)

1 孫と, 小の, 海

▼ 子まだ~ (3, 0.0%)

1 いきり, 三十二三だ, 起きないの

▼ 子みづか~ (3, 0.0%)

1 らことわりたるに, ら言へ, ら説くべし

▼ 子もつれ~ (3, 0.0%)

1 て, て円タク, て行きたい

▼ 子やと~ (3, 0.0%)

2 否応は 1 聲を

▼ 子らし~ (3, 0.0%)

1 あやに, う生き, かつた

▼ 子らしくない~ (3, 0.0%)

1 ということ, とすれ, 七千二百石の

▼ 子ら二人~ (3, 0.0%)

2 ゆく 1 ばかりも横竪

▼ 子われ~ (3, 0.0%)

1 に焔, より笑み, を風船屋

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 しな, なって, 處へ

▼ 子ガモ~ (3, 0.0%)

1 が飛べる, だったころ, にはボウフラ

▼ 子キリスト~ (3, 0.0%)

1 の精神, の釘, 及び聖靈

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 亦コノ父, 亦以テ容, 亦泣ク

▼ 子三郎頼隆~ (3, 0.0%)

1 と申す, にまぎれない, の妻

▼ 子不孝~ (3, 0.0%)

3 少しは

▼ 子丑寅~ (3, 0.0%)

1 と指, と数え, もなんにも

▼ 子丑寅卯辰巳午~ (3, 0.0%)

2 の七つ 1 未申

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 には腦天, に脳天, の二人

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 の早世, の鬼一法眼, は頬

▼ 子久三郎~ (3, 0.0%)

2 とお 1 は朝鮮役

▼ 子九月六日~ (3, 0.0%)

1 と有, に歿, の歿日

▼ 子二女~ (3, 0.0%)

1 があった, が残った, を生んだ

▼ 子京水~ (3, 0.0%)

1 である, を憐, を養っ

▼ 子以下~ (3, 0.0%)

1 ですからね, の諸, はみな側室

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 が書かれた, の翻案, を参

▼ 子佐五郎~ (3, 0.0%)

2 に家督 1 の爲

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 に愛想, の孫, は愛

▼ 子兄弟合資会社~ (3, 0.0%)

2 の一員 1 を設立

▼ 子先生~ (3, 0.0%)

1 と呼び慣らし, にバッタリ, に言いふくめ

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 の子, 尚が, 尚と

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 は赤い, もつね子さん, を

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 ががらくた, が長い, のやり取り

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 とした, と申しまし, と術技

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 に, 過ぎし初秋, 雷神が

▼ 子刻時分~ (3, 0.0%)

1 から幽霊退治, に外, に隱居小用

▼ 子刻過ぎ~ (3, 0.0%)

1 に出る, に巴屋, まで噛み

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 と同じ, にあり, 髮黒く

▼ 子又は~ (3, 0.0%)

1 捨て児, 蕣花と, 金に

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 から海, の上, の方

▼ 子合羽~ (3, 0.0%)

1 どうした, に胴締, に胴締め

▼ 子同じ~ (3, 0.0%)

1 ことにて, 事なり, 商人の

▼ 子同然~ (3, 0.0%)

1 だ, に思う, よ

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 は天, は富登, は櫛御方

▼ 子和尚~ (3, 0.0%)

1 という老, と活きた, を一筆

▼ 子唐人子~ (3, 0.0%)

1 って揶揄, って皆, とからかわれる

▼ 子四郎~ (3, 0.0%)

1 という信仰, と書かれ, を天人

▼ 子大助~ (3, 0.0%)

1 と同年, は城中, を呼ん

▼ 子奴等~ (3, 0.0%)

1 が困る, こたあ, にや遣り込められつ

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 とクラスメート, のごとき, の瓜

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 とも云, のうへも忘, もふえ

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 とはどんな, 平第, 武第

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 六家政が, 匡篇には, 松内府重盛の

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 には確, 即ち今, 即ち今日

▼ 子~ (3, 0.0%)

2 平太貞盛の 1 庵の

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 がいった, であつ, と改めた

▼ 子採み~ (3, 0.0%)

3 て煮

▼ 子於義丸~ (3, 0.0%)

1 が大坂城, が表面, は浜松

▼ 子既に~ (3, 0.0%)

1 シエクスピイヤが, 復た, 黄土に

▼ 子時代~ (3, 0.0%)

1 といふもの, にも隨分家, の余習

▼ 子曰く由~ (3, 0.0%)

1 は勇, は堂, は果

▼ 子曰わく~ (3, 0.0%)

1 は結構, を云っ, 君子は

▼ 子未亡人~ (3, 0.0%)

1 が咲子, という才媛, はシン

▼ 子来り~ (3, 0.0%)

1 て市中昨夜, 余が, 訪はる

▼ 子松千代~ (3, 0.0%)

1 の首, は八歳, まだ当年十歳

▼ 子~ (3, 0.0%)

2 之助 1 を寧王

▼ 子正行~ (3, 0.0%)

1 が郷土南河内, と訣別, に忠孝

▼ 子殺し~ (3, 0.0%)

1 などといたる, の犯人, の苦悩

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 というもの, と子, の腹

▼ 子~ (3, 0.0%)

2 の王 1 の泣哭

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 のほとり, の葦, は風

▼ 子澄斉泰~ (3, 0.0%)

1 あり諸, の薦むる, を非

▼ 子特有~ (3, 0.0%)

1 の, のしなやか, の辛辣

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 その才, と同族, 定州界内

▼ 子相馬~ (3, 0.0%)

2 の小次郎 1 の小次郎将門

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 かに母, が読む, の四人連

▼ 子~ (3, 0.0%)

2 与石田士道 1 の雨

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 の歯, は皆, を三匹

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 という男, はひと, はふと

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 ひに, 原という, 帶など

▼ 子買お~ (3, 0.0%)

2 子買お 1 の文句

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 の前, は君子, を君子

▼ 子路自身~ (3, 0.0%)

1 で考え, もこの, も孔子

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 というもの, の一組頭, の作業

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 その人となり, であらう, である

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 て来, 右衛門, 存

▼ 子銅山~ (3, 0.0%)

1 の二百年祭, の如き, より採掘

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 がまだ, に向つた鯉登部隊, の嶮

▼ 子風情~ (3, 0.0%)

1 に, に目, の要求

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 だけを大切, は負傷, を殺した

▼ 子~ (3, 0.0%)

1 と, は, はよけい

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 ぢすきた, と答え

▼ 子あがり~ (2, 0.0%)

1 のお, 同然と

▼ 子あっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃん, て択ばれた

▼ 子あゝ~ (2, 0.0%)

1 彼れ, 汝ヂュウスの

▼ 子いい~ (2, 0.0%)

1 子, 子泣くんじゃ

▼ 子いま~ (2, 0.0%)

1 まで男, を自在

▼ 子います~ (2, 0.0%)

2

▼ 子いま一生懸命~ (2, 0.0%)

2

▼ 子いわゆる~ (2, 0.0%)

1 立ちン, 立ちン坊も

▼ 子うまい~ (2, 0.0%)

1 ことを, もんよ

▼ 子~ (2, 0.0%)

2 言は

▼ 子えらばれた~ (2, 0.0%)

2 秀才たちは

▼ 子おまえ~ (2, 0.0%)

1 の名, 行け

▼ 子おれ~ (2, 0.0%)

1 にくれん, へんな

▼ 子かけ~ (2, 0.0%)

1 て一渡り麻布, て輪飾掛

▼ 子かなんて~ (2, 0.0%)

1 ことはね, よくいじめられた

▼ 子からも~ (2, 0.0%)

1 いらないと, 聴きましたが

▼ 子かを~ (2, 0.0%)

1 問題と, 決定する

▼ 子がい~ (2, 0.0%)

1 から仕込まれた, はゆる

▼ 子がか~ (2, 0.0%)

1 あいそう, はい

▼ 子がかかへ~ (2, 0.0%)

1 來る, 来る花筒

▼ 子がもの~ (2, 0.0%)

1 すさび, ねだりする状

▼ 子がら御馳走~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 子がを~ (2, 0.0%)

1 かしくて, ります

▼ 子こんこん~ (2, 0.0%)

2 狐の

▼ 子こんな~ (2, 0.0%)

1 姿に, 苦し手紙

▼ 子さえも~ (2, 0.0%)

1 そうである, 見当らなかった

▼ 子さんあなた~ (2, 0.0%)

1 そうお, はさう

▼ 子しか~ (2, 0.0%)

1 給仕し, 育てなかったが

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 がたは, なは

▼ 子すぐれたる~ (2, 0.0%)

1 アルキメドーンは, 勇將すでに

▼ 子すらも~ (2, 0.0%)

1 生き物の, 賄賂を

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 えなけり, ばや

▼ 子せがれ~ (2, 0.0%)

1 は万事, は十

▼ 子そう~ (2, 0.0%)

1 だな, なくては

▼ 子そだたき~ (2, 0.0%)

2 やらむ

▼ 子たらざるべからず~ (2, 0.0%)

1 といふの, 夫は

▼ 子たらん~ (2, 0.0%)

1 といたし居り, とする

▼ 子たれ~ (2, 0.0%)

1 と願, の兄弟

▼ 子だけでも~ (2, 0.0%)

1 仕合せに, 私は

▼ 子ださうで~ (2, 0.0%)

1 十三の, 放埒で

▼ 子だってよ~ (2, 0.0%)

2 先生なんぞに

▼ 子だつたら~ (2, 0.0%)

1 余り何, 誰だ

▼ 子づれ~ (2, 0.0%)

1 の史蹟歩き, の女

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 えます, エ者は

▼ 子でありまし~ (2, 0.0%)

1 て一旦, て若い

▼ 子であるなら~ (2, 0.0%)

1 ばなにゆえ, ば芥川

▼ 子でござん~ (2, 0.0%)

2

▼ 子でさえも~ (2, 0.0%)

1 それには, 彼の

▼ 子ででも~ (2, 0.0%)

1 こしらえた変わり型, 有ろうかと

▼ 子でなくっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃ, て小間使

▼ 子でねえ~ (2, 0.0%)

1 かしら, てねえ助

▼ 子でもが~ (2, 0.0%)

1 そんないたずら, 頼りない

▼ 子でもと~ (2, 0.0%)

1 思って, 申しあげたらほんとう

▼ 子で無い~ (2, 0.0%)

1 から私, 子は

▼ 子とい~ (2, 0.0%)

1 へり, 寄りさ

▼ 子とかいふ~ (2, 0.0%)

1 ものだけが, 言葉に

▼ 子とかを~ (2, 0.0%)

1 喰わせるため, 集めて

▼ 子ときたら~ (2, 0.0%)

1 お父さんに, 毎日ばくち

▼ 子とばかり~ (2, 0.0%)

1 あそんで, である

▼ 子どうし~ (2, 0.0%)

1 たかって, は似た

▼ 子どころか~ (2, 0.0%)

1 よそで, 悪人である

▼ 子どした~ (2, 0.0%)

1 よつて, んえ

▼ 子どの~ (2, 0.0%)

1 あはれと, ほんた

▼ 子ならざる~ (2, 0.0%)

1 かである, 子との

▼ 子ならぬ~ (2, 0.0%)

1 子を, 心地も

▼ 子なりけり~ (2, 0.0%)

1 もたま, 私は

▼ 子なりという~ (2, 0.0%)

1 ことは, 説が

▼ 子にあたる~ (2, 0.0%)

1 三善康信やら, 官兵衛孝高である

▼ 子にかけては~ (2, 0.0%)

1 レーネンカンプ中将の, 古今きっ

▼ 子にだけは~ (2, 0.0%)

1 どう考え, 直子は

▼ 子にだって~ (2, 0.0%)

1 いらないもの, 残懐は

▼ 子にても~ (2, 0.0%)

2 あらば

▼ 子にもの~ (2, 0.0%)

1 いひに, いふこころ

▼ 子にや~ (2, 0.0%)

1 あるべ, 芸が

▼ 子ねえ~ (2, 0.0%)

1 あのレミヨン, 学校に

▼ 子ねずみ~ (2, 0.0%)

1 が捕れた, を見おろし

▼ 子のち~ (2, 0.0%)

1 からが此, に参加

▼ 子のみは~ (2, 0.0%)

1 棄て, 獨り

▼ 子はか~ (2, 0.0%)

1 の小, へりみも

▼ 子はじぶん~ (2, 0.0%)

1 だけで, のほんとう

▼ 子はも~ (2, 0.0%)

1 うちやんと, 一人いる

▼ 子はを~ (2, 0.0%)

1 さな, んな

▼ 子ばかりが~ (2, 0.0%)

1 しゃぶっておりましてござります, 敷き物

▼ 子ふびん~ (2, 0.0%)

2

▼ 子ぶり~ (2, 0.0%)

1 でそれ, のキメ

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 のほ, へ子

▼ 子ほども~ (2, 0.0%)

1 年の, 気に

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 が, きたるもの

▼ 子もしくは~ (2, 0.0%)

1 子を, 孫時代までは

▼ 子もと~ (2, 0.0%)

2 より詩

▼ 子やしまじぬ~ (2, 0.0%)

2 みの神大山祇神の

▼ 子よく~ (2, 0.0%)

1 生い立った, 私の

▼ 子よとて~ (2, 0.0%)

2 雀子を

▼ 子よりの~ (2, 0.0%)

1 便りこの, 艶書も

▼ 子らかな~ (2, 0.0%)

2 やあはれ夜

▼ 子らつど~ (2, 0.0%)

2 ひけり

▼ 子ら彼~ (2, 0.0%)

1 にあり, の家臣たち

▼ 子ら歌~ (2, 0.0%)

2 ふ頃

▼ 子ら馬上~ (2, 0.0%)

2 なり早

▼ 子わし~ (2, 0.0%)

1 のかわいい, の可愛い

▼ 子わたし~ (2, 0.0%)

1 の目, は海

▼ 子をか~ (2, 0.0%)

1 あいがって, ぶつた

▼ 子をかかへ~ (2, 0.0%)

2 佇つ

▼ 子をさえ~ (2, 0.0%)

1 なした, 破りかねぬ興奮

▼ 子をね~ (2, 0.0%)

1 えまあ, フフ八五郎親分は

▼ 子をは~ (2, 0.0%)

1 ぐくんでいるというわけではありませんがその, むとにかあらし松葉た

▼ 子を通して~ (2, 0.0%)

1 世の中を, 自分の

▼ 子ア今夜~ (2, 0.0%)

2 何とも言はな

▼ 子ア遙~ (2, 0.0%)

2 と美

▼ 子イサク~ (2, 0.0%)

1 を神, を縛り

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 は実地, を知

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 アル, スカラボンコチヤンニツイテヰタホコリヲテイネイニブラツシデハイテヤリマシタカラ

▼ 子デューマ~ (2, 0.0%)

1 に及び, に比較

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 兎角引ッ込ミ思案, 皆青天白日

▼ 子ベルリン~ (2, 0.0%)

1 にあり, にて神通術

▼ 子ユウリピュロス~ (2, 0.0%)

1 は又, は目

▼ 子・集~ (2, 0.0%)

2 の四部

▼ 子一代~ (2, 0.0%)

1 にてはとても, の事業

▼ 子一匹いや~ (2, 0.0%)

1 しない, しないの

▼ 子一匹居~ (2, 0.0%)

1 ねエ, はしない

▼ 子一女~ (2, 0.0%)

1 があつ, と倶

▼ 子一枚~ (2, 0.0%)

1 で歩い, を呑むべし

▼ 子一男~ (2, 0.0%)

2 はた

▼ 子七人~ (2, 0.0%)

1 と七人, のうち

▼ 子万年~ (2, 0.0%)

1 に嫁した婦, の女類

▼ 子三匹~ (2, 0.0%)

1 と鯰, を見出し

▼ 子三女~ (2, 0.0%)

1 があっ, を生んだ

▼ 子上り~ (2, 0.0%)

1 たまふ, らしくないうぶ

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 の暗い, の物音

▼ 子不知哉丸~ (2, 0.0%)

1 とが残し, を証

▼ 子丑寅卯~ (2, 0.0%)

1 と唱え, の十二支

▼ 子丹波~ (2, 0.0%)

1 のミチヌシ, の比

▼ 子事件~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれた, の主人公

▼ 子二階~ (2, 0.0%)

1 だ, へ行こう

▼ 子五人~ (2, 0.0%)

2 か九人

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 曰徒亂人子女之, 来る

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 のこと, の御

▼ 子仁一~ (2, 0.0%)

1 が冬, という二名

▼ 子今日~ (2, 0.0%)

1 はおれへん, は兄貴

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 にもよらで, を棄て

▼ 子仙千代~ (2, 0.0%)

1 などを質, も一しょ

▼ 子以前~ (2, 0.0%)

1 に多く, の墨家者流

▼ 子以後~ (2, 0.0%)

1 の, 図らずも

▼ 子何ぞ~ (2, 0.0%)

1 喪うこと, 曾て

▼ 子何人~ (2, 0.0%)

1 かの着替, なればか

▼ 子信忠~ (2, 0.0%)

1 に譲っ, や信孝

▼ 子信道~ (2, 0.0%)

1 が四歳, が生れた

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 が二人, の老婆

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 はどうしても, は執念深い

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 に持っ, はあるまい

▼ 子~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 子先生ッ~ (2, 0.0%)

2 て呼んだ

▼ 子光寿~ (2, 0.0%)

1 が四十一歳, が襲いだ

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 安に, 安の

▼ 子凄い~ (2, 0.0%)

2 シャンだ

▼ 子勝頼~ (2, 0.0%)

1 にも善策, へ信長

▼ 子北畠信雄~ (2, 0.0%)

1 と三男神戸信孝, へ

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 の名人, 尼などとも

▼ 子可愛い~ (2, 0.0%)

2 のね

▼ 子~ (2, 0.0%)

2 樣に

▼ 子同様親子~ (2, 0.0%)

2 の関係

▼ 子同種説~ (2, 0.0%)

2 は信ずる

▼ 子君達~ (2, 0.0%)

1 が指, のやう

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 女性という, 酒

▼ 子吾が~ (2, 0.0%)

1 弟, 弟吾が

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 は蘭軒, を欲せ

▼ 子四番目~ (2, 0.0%)

2 は飛ん

▼ 子坊主~ (2, 0.0%)

1 が一人, は隣

▼ 子多く~ (2, 0.0%)

1 して, 候ものを

▼ 子夢中庵等~ (2, 0.0%)

2 の号

▼ 子大國~ (2, 0.0%)

2 御魂

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 のいのち, のひと

▼ 子好み~ (2, 0.0%)

1 で旦那, で色男

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 のお松, の貞子

▼ 子姐さん~ (2, 0.0%)

1 も彼氏, や堀井夫妻

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 のやう, を立て

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 という三代, など

▼ 子~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 子寒き~ (2, 0.0%)

2 二月かな

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 てない, まる草

▼ 子寝ね~ (2, 0.0%)

2 て蛍

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 なり而, は之

▼ 子将門~ (2, 0.0%)

2 に授

▼ 子山房~ (2, 0.0%)

1 のあの, も真紀子さん

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 に遊んだ, へ引き返し

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 れが, を卑

▼ 子平太郎~ (2, 0.0%)

1 が永井和泉守相続人, が永井和泉守相續人

▼ 子~ (2, 0.0%)

2 はせて

▼ 子幸村~ (2, 0.0%)

1 が加わる, などの一族

▼ 子建沼河別~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 子張らせ~ (2, 0.0%)

1 て, て金時計

▼ 子張青~ (2, 0.0%)

2 の梁

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 で来るなら, の小さな

▼ 子~ (2, 0.0%)

2 に向

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 にせ, 道子と

▼ 子忠興~ (2, 0.0%)

1 との関係, などの親族

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 になきだす, に柄

▼ 子恐らくは~ (2, 0.0%)

2 伊藤侯に

▼ 子成山陽~ (2, 0.0%)

2 と号

▼ 子成豊~ (2, 0.0%)

1 の妹, は水津氏

▼ 子扱い~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 子押黒~ (2, 0.0%)

1 の兄日子, の弟日子

▼ 子持つ~ (2, 0.0%)

1 ちや心配さねえ, 芋も

▼ 子掘り~ (2, 0.0%)

1 だつて, の約束

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 でしょう, というの

▼ 子故に~ (2, 0.0%)

1 くらきは, 川辺川しば

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 のと, を宗と

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 を導き得る, を導くや

▼ 子春の家~ (2, 0.0%)

2 へ来ない

▼ 子春秋~ (2, 0.0%)

1 の如き, はその

▼ 子時丸~ (2, 0.0%)

1 が馬, の襟首

▼ 子曰く之~ (2, 0.0%)

1 に臨む, を沽らん

▼ 子曰く宗教~ (2, 0.0%)

1 は直接, は道

▼ 子曰く日本~ (2, 0.0%)

1 にて斬髪所, には日本

▼ 子曰く賜~ (2, 0.0%)

1 は達, よ

▼ 子最愛~ (2, 0.0%)

1 のオレステース, の者

▼ 子服景伯~ (2, 0.0%)

1 がその, が先師

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 の女神エオス, より退き

▼ 子末っ子~ (2, 0.0%)

2

▼ 子朱子~ (2, 0.0%)

1 の學問, より以前

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 が末ゆ沫雪, を封じ

▼ 子松寿丸~ (2, 0.0%)

1 は半兵衛重治, をすぐ

▼ 子柏軒~ (2, 0.0%)

1 に嫁, の二人

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 の実, の実に

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 と大, の手

▼ 子次郎~ (2, 0.0%)

1 に写真機, の生い立ち

▼ 子欲しき~ (2, 0.0%)

1 女は, 者は

▼ 子死にたる~ (2, 0.0%)

2 由の

▼ 子死ぬ~ (2, 0.0%)

1 ってこと, つもりで

▼ 子段一杯~ (2, 0.0%)

1 に大, の大

▼ 子段下~ (2, 0.0%)

1 の小間, の玄関

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 の抜けた, をわるく

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 に乳, をつくつ

▼ 子汚穢~ (2, 0.0%)

2 を知らざる

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 なる熟語, に符合

▼ 子泣かし~ (2, 0.0%)

1 だけが去年, ておく

▼ 子注射~ (2, 0.0%)

1 の懸賞, を一度

▼ 子泰衡~ (2, 0.0%)

1 の代, は鎌倉

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 としていられる, るべしと

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 がない, の子

▼ 子~ (2, 0.0%)

2 り能

▼ 子瓜子~ (2, 0.0%)

2 は眼

▼ 子生まれ~ (2, 0.0%)

1 て不具, て家

▼ 子生み~ (2, 0.0%)

1 そこないの, ぬブーコリオーン

▼ 子生れぬ~ (2, 0.0%)

2 繁みか

▼ 子男爵~ (2, 0.0%)

1 となっ, の女性

▼ 子疾病~ (2, 0.0%)

2

▼ 子的気分~ (2, 0.0%)

1 が何処, が当時

▼ 子石川豊麻呂~ (2, 0.0%)

1 も手勢, も楠木正季ら

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 なり此所, に向い

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 といった, の問答

▼ 子突然~ (2, 0.0%)

1 わが袖, 来り訪

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 へていはく, へて彼

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 の少ない, の話

▼ 子義直~ (2, 0.0%)

1 のため, の婚儀

▼ 子羽ぐくめ天~ (2, 0.0%)

2 の鶴群

▼ 子聖霊~ (2, 0.0%)

1 など, 及び基督

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 のごとき, を具えた

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 の宗良親王, の尊良親王

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 でございますと, の妹

▼ 子自ら~ (2, 0.0%)

2 新内閣

▼ 子自然~ (2, 0.0%)

1 に勇猛活発, に柔順正直

▼ 子若山咋~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 子~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 から産, は重から

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 助の, 助名は

▼ 子見れ~ (2, 0.0%)

2 ばくろぐろ

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 ひけり十三夜, ひ来りしかば

▼ 子説話~ (2, 0.0%)

1 と其趣, の印度起原

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 父に, 葛恪を

▼ 子貞載~ (2, 0.0%)

1 が中央, でしたが

▼ 子路お前~ (2, 0.0%)

1 は一体, は何

▼ 子路さん~ (2, 0.0%)

1 とか冉有さん, や冉有さん

▼ 子路之~ (2, 0.0%)

1 に共, を聞き

▼ 子路対~ (2, 0.0%)

1 えず, えて曰く

▼ 子路慍~ (2, 0.0%)

2 り見えて

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 と云い, にて帰る

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 で新しい, は俳句

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 兄, 津山岬多良斯の

▼ 子郁次郎~ (2, 0.0%)

1 のこと, の罪悪

▼ 子部屋~ (2, 0.0%)

1 ではどうしても, の隅っこ

▼ 子部落~ (2, 0.0%)

1 では村民, はかくして

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 だ, のさかな

▼ 子野郎~ (2, 0.0%)

1 の上品下種, ばかりに眼

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 の死亡, 元元春

▼ 子集部~ (2, 0.0%)

1 とす, は三千六百函

▼ 子~ (2, 0.0%)

2 よかりき

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 よかりき, を赤く

▼ 子顔淵~ (2, 0.0%)

1 に謂っ, を謂っ

▼ 子顕信~ (2, 0.0%)

1 の子守親, も伊勢

▼ 子顕家~ (2, 0.0%)

1 が今日, はまだ

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 にひるがえり, をば愛で

▼ 子養真~ (2, 0.0%)

1 とに貸した, の長女

▼ 子養軒子~ (2, 0.0%)

1 はここ, も少々

▼ 子駄菓子屋~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 に下り, まで長春

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 が海賊軍, を殺し

▼ 子鳥たち~ (2, 0.0%)

1 の頭上, はじっと

▼ 子鴉あはれ其方向け~ (2, 0.0%)

2 ば犬

▼ 子~ (2, 0.0%)

1 であ, の

▼1* [2096件]

ああなんぢ, 子あげ升, 子あそび恍け池に, 子あそぶ賽の河原は, 子あたしに預け, 子あたし知つてるよ, 子あはれみにつつゆ, 子あぶらむしの, 子あまたある末子, 子あやぶむことは, 子あらそい難い一つ血, 子あらんや, 子ありなば我, 子あり飢えてゐる, 子あるべき理に, 子いいえあひるの, 子いうてもチャン, 子いかの生身, 子いかに孝行の, 子いきまきて立ちぬ, 子いつぴき居るの, 子いとしい者は, 子いふんぢや, 子いま筑前の手許, 子いらい世襲に, 子いわくいまだ人, 子いわば天涯無住の, 子うしなはん, 子うそをいっ, 子うまれて男の子, 子うらなへ, 子おいおれだ, 子おお宜く来た, 子おかしいのよ, 子おこりっ子, 子おそらくは大器に, 子おといつ, 子おもふ凡下, 子およびその他五人の, 子お前此の溝, 子お家に帰りたく, 子お父さん似だわ, 子お茶でも持つ, 子かいへえ, 子かがきく, 子かく陣營の中, 子かげ子野郎の, 子かしらといふ多少の, 子かちし競馬のり梅に, 子かってこと証明する, 子かつてディドの, 子かつ子の胸中, 子かともいい或いはまた, 子かなこれまで, 子かなんぞのように, 子かにほふなり, 子かに子と云つて, 子からと云われた時, 子かわかつた, 子かわいそうだね, 子かわいらしい子ね, 子がさつきあんなにみ, 子がっかりしてたよ, 子がてもなく尊氏方, 子がというところまで, 子がになって, 子がにを連れて, 子がのそっと立ち上っ, 子がもずの, 子がらすが巣, 子がわーん, 子がわりに叩い, 子くさい所も, 子くず湯を欲し, 子くだもの玩具など與, 子くやしがって, 子くらゐは, 子くらいしけアありません, 子ぐらいにいい気, 子ぐらゐを細々養つて, 子ぐるみおめ, 子ぐれえ感心, 子ふけふと, 子ひしの, 子ことごとく取り去られた時, 子こと色に迷はず, 子こなたにはヂオメーデース英豪, 子これから日本海沿岸まで, 子これらの句, 子ころを睨ん, 子ごころも夢, 子さく畦と見, 子さして天井裏へ, 子さまあたしたち渋谷のバラック, 子さまざまの手遊, 子さまはじめ二十人もの妃嬪で御, 子さま其又前は飛鳥, 子さま大和の国中, 子さま程度の出来, 子さらひも長崎や堺, 子さればとて重ね, 子さんあんたに正直, 子さんこれはあなた, 子さんぢやない, 子さんなにを大きな, 子さんのと較べ, 子さんまつかになつて, 子さんまんまよ, 子さん一寸唄つてお遣り, 子さん今度のフォックス, 子さん今日は, 子さん以外の或, 子さん何年になつたの, 子さん來てんの, 子さん僕の残酷, 子さん大の男たち, 子さん宵子さんと呼んだ, 子さん帯は誰, 子さん御機嫌はいかが, 子さん来庵たづねてきたのは私, 子さん来庵庵にも珍風景, 子さん来庵愚痴と泣言, 子さん来庵白米を持つ, 子さん来庵酒とサイダー, 子さん東京じゃあ今, 子さん柿の実は, 子さん氣がつきました, 子さん矢張り出るね, 子さん芹沢十四子さん川瀬光子さん等のがあります, 子さん達でしたよ, 子さん電話があった, 子さ本来は坊主, 子しかも何か, 子しっかり手もっ, 子しらくも頭, 子しらずといったの, 子じみたところが, 子じゃがおのれは, 子じゃけ今度の, 子じゃけに医者へ, 子じゃねえと云って, 子じゃろうが, 子じゃァねえな, 子すでに長じた, 子すべてに幸福, 子するすると立出, 子権現と, 子ずらよ, 子ずれがし, 子なたも, 子そいつは知らなかった, 子そして地上の, 子そだてにくいお子さん, 子そっくりでしたので, 子そっと雛を, 子そのままなの, 子その他毎月の日待月待, 子それでいて剣法は, 子それとなく隣の, 子それに高野豆腐だの, 子それ汝の婿, 子それ自身か若しくは, 子そんな齢恰好であった, 子たいがい泣きやむかも, 子たこを上げる, 子ただそれだけよ, 子たちおのおの一つかみずつの苧, 子たちやみつきになったら, 子たち三名の妃, 子たち信忠や信孝, 子たち口減らずと, 子たち同様キャラコにとっても従兄, 子たち子守歌のよう, 子たち徳永フランクの料理, 子たち皆歓びて, 子たち皆歓び呼わるの合唱歓呼, 子ために箭, 子たらずと云, 子たりの秩序も, 子たる疑うまでもなし, 子だけしか知らないの, 子だけで生きて, 子だけはと弱草一すじ, 子だちふのにどうして, 子だったですな, 子だったら泣いてじだんだ, 子だつたりし, 子だつたらうか, 子だになかりせば, 子だにも思へ老い, 子だまって雛, 子だ生きるものなら, 子だ肥えて豚, 子ちっとも出来ないのよ, 子ちひせい時から, 子ちゃんと二人で, 子ちゃん日本刀でバッタバッタ, 子ちゆうつ腹, 子ちよと内, 子ちらすように, 子ったらありゃしないのよ, 子っていう従妹も, 子っ子だぞ, 子鼻で, 子ついたちという日, 子ついにたえずして, 子つかったらよい, 子つきの室がり, 子つたらバカよ, 子つとめることに, 子てえばさあ, 子であったであろうか, 子であったらしく生れて十二ヶ月以上, 子でありしひたげられ踏みつけられた人々な, 子でありじつの父, 子でありたいだけな, 子である逃げたのかと, 子であろが死ぬ, 子でございか, 子でございまして豊, 子でございまするが生来, 子でございませんでしたらけっして無事, 子でござったか, 子でござれば, 子でござんして熊, 子でしかないよう, 子でしたあまったれでその, 子でしたらおまけしません, 子でしたろう暫く世話, 子でないならばなぜ, 子でなかったらあたしだって, 子でなかつたか, 子でなくなったのだ, 子ではねえと縁, 子でもよかんべ, 子でやすが, 子でりこうな, 子で御座いまして父親, 子で御座いましたので私共, 子で無かったことは, 子とうへしたで, 子とおもはれた, 子とかにて目じるし, 子とかの如きその, 子とかは何れも, 子ときたらひっぱたいたってもう, 子とさえ信仰の, 子としか見て, 子としてのみ私が, 子とぞいふなる, 子とだけ判って, 子とだけの家庭に, 子とちがはない, 子ととのふる海人, 子とには前にも, 子とのみありまして, 子とばかし憤るだらう, 子とまではいへ, 子ともども互の愛, 子ともども本社に至り階, 子とやと仰せありしが, 子とやらのお宅, 子とよむのださう, 子とより出づ, 子どういふ遺傳, 子どしてな, 子どすえ, 子どっせ七年前に, 子どのこの身の, 子どもっちゃもの, 子ないかしら, 子なかりけり, 子なかつせば, 子なく近きころ病み, 子なければ年老, 子なげくところの, 子なぜ上らないの, 子なそうな, 子なぞはお乳, 子なぞをも教へ, 子などで父親なり, 子などという土人の, 子などにて御睦, 子などには餘程この, 子などよりもっと有名, 子なほ生きて, 子ならしめば今頃, 子ならずよき墨, 子ならでは分らぬ, 子ならねど繋がる, 子なら似ている, 子なら孕んでもいい, 子なら持ってい, 子なら為方も, 子なら生れない方が, 子なら行って水, 子なら鎮めてさし, 子なりとか旃陀羅の, 子なりとしてこれを, 子なりを強盗にでも, 子なり進みて青銅, 子なるべきことは, 子なるべし年若く, 子なんでも饒舌, 子なんかじゃなくて, 子なんかじゃあねえやトンガリ長屋の, 子なんかの話を, 子なんかもあったもん, 子なんぞ産みやが, 子なんぞという筆名で, 子なんぞも取りあげて, 子なんぞを飼いだしたん, 子なんぢと我と, 子なんてものはみなえせ江戸, 子なんにも食べねえ, 子にあたり母は, 子における関係は, 子におけるが如くにて, 子にか後の, 子にかけて永久に, 子にかへって御両親様, 子にこそ父の, 子にさえわけへ, 子にさえも泣顔などは, 子にしか見えなくて, 子にすら読まれないそれら, 子にぞいや勝る, 子にたいしての実は大きな, 子にたいするもので, 子にだに如かざるもの, 子についてはわたくしにも, 子につけつけと, 子にてはとても素直, 子にてわづかに, 子にとっても決してめでたい, 子になどなろうとは, 子になんかなるの, 子にのみ終始し, 子にももすこし人並, 子にわたる二代の, 子にをとるべき有一寶珠價値三千等, 子に対してと賭博を, 子に対するが如き有様, 子に対するよりもわたくしは, 子に従い孫にまで, 子に従う忍従も, 子に迄倦ぬ, 子に関するものに, 子ぬしふところ紙に, 子のきみょうな, 子のというは人間の, 子のなげきを, 子のなど我が血, 子のねえ昔, 子のびなんかづら, 子のみがこんな折, 子のみに送り, 子はうでを組ん, 子はからまで食うぜ, 子はぐくめ天の, 子はじめてすなわち駕, 子はじめ二三の品物, 子はじめ後宮の女人たち, 子はたしてどんな対策, 子はとこにはいる, 子はなんてのんきな, 子はに子ほ, 子はにかんで畳, 子はねあがってはねあがっ, 子はのいうたらお客さん, 子はやく高知の, 子はわざわいありというによる, 子はんあんたは商い下手, 子ばかし写っとったそう, 子ばかりにこだわってるよう, 子ばっかり大きくうつる, 子ひかん病みの子, 子ひたと膝つけ, 子ひとつにいた, 子ひとつ買つた験もなかつた, 子ひとり姿が見えず, 子ひとり家計のため, 子ひとり往来の影, 子ふたりは勇躍, 子ふだんから親孝行, 子へともつかず左, 子へは行かずに, 子ほうしの子, 子ほか二三人が同行, 子ほんとうはすぐ, 子ぼくは雑貨屋, 子まさきに聲, 子まさに溺死せん, 子ましてや育って, 子まず手で, 子まずまずお人, 子までに死装束を, 子までにはまだ間, 子までは行きますまい, 子まるで大人で, 子みずからも知らざるなり, 子みたような, 子みなこの世の人, 子みみずねあれ, 子みんなからだ, 子むじなの首を斬り落し, 子めいた理窟が, 子め何かまご, 子もう二度とお行き, 子もう大分飲んだ由, 子もが月白くう, 子もし國つ, 子もつひほろり, 子もと罪のきづなのわなは, 子もはやがわり, 子ももぐれそう, 子もらって育てた, 子やうに首, 子やったらあの商売, 子やつてる者, 子やや成長し, 子やゆゑ兩方は茜染, 子やりてのくべし, 子ようわかって, 子よき夫よき, 子よというは母なり, 子よとかの女は, 子よばはりを, 子よりもと思はれるほど, 子よるべのない, 子よろこびの余り, 子らかき坐り夏おそし種人蔘, 子らしい死に方を, 子らしくしていただけます, 子らしくってさぞ, 子らしくなって来ます, 子らしく育つものか, 子らしく落ちついて長屋, 子らしゅう扱ってあやし, 子らはたはぶれ, 子らみな楽しむ, 子らグラウコス又チューヂュース, 子ら一つなれや, 子ら一齊に悲しめり, 子ら九人母のみにかつかつ, 子ら云へる, 子ら其都市を燒, 子ら出で来りつ, 子ら勇しき英氣弛むること勿れ, 子ら十二人青銅に酷く, 子ら可憐の群, 子ら喉をはり, 子ら四人が常に, 子ら女婿ら共に引き返し, 子ら小舟にて早, 子ら彼らに危害, 子ら擧り來, 子ら日は高し, 子ら日あたりの丘, 子ら日暮なり, 子ら早や日あたり, 子ら東鑑にのせ, 子ら歎知らざり我が, 子ら歓呼して, 子ら焔の如き, 子ら生活に困っ, 子ら穗を集め, 子ら競へる時, 子ら羽をあげ, 子ら讃頌の歌謠, 子ら輕輪のよき, 子ら遊びにき, 子ら野田四郎とその, 子ら関地良円などが翌日, 子ら食ますべきものわれ, 子ら騒ぎ刈るを, 子ら騒ぎ出づる日の暮, 子ら驕慢にし, 子ら鬪志なく勇, 子わが後を, 子われらを君, 子われ記實を先, 子ゐず集りも, 子ゐないのか, 子をかぞへたらたいへん, 子をかぞへけるかな, 子をかへすに, 子をからかつては, 子をすら治め得ざるもの比, 子をだにつつがなく成人, 子をと小田富子の, 子をのぼつた, 子をまで儲けた二人, 子をや與へ, 子を以てだに父を, 子を通じて宇宙を, 子アガメムノーン君を呼ぶ, 子アゲーノールは斯く, 子アスカラプォスとヤルメノス, 子アトリュトーネー汝見よ, 子アルクマイオンに殺さる, 子アルトよこれ, 子アレシャンドレレアン清水などである, 子イエスを見失ひ, 子イクラなどもよい, 子イタリアの海岸, 子イヒノノマクロ姫の命, 子イヤだわねエ, 子ウィリイを守り給え, 子ウイリーの死, 子ウシがつくばった, 子ウツシヒガナサクの命, 子ウーリュンポスに住む, 子エケムモーンとクロミオス, 子エスである, 子エスキユレピアスが草木土石, 子エレクトリオンの女, 子やな, 子オトヂキョの後裔, 子オートメドーンは疾, 子オ引ン抜いて, 子オ群島の一つ, 子カストルとポリュデウケース, 子カラ聞イテ知ッテタンダロウミンナデ寄ッテ集ッテコノ老人ヲ騙, 子ガブリエルという十歳, 子ガ苦イ顔ヲスル, 子ガ詫ビヲ入, 子ガ部屋ヲ訪レテ, 子キチガイなん, 子クヒマタナガ彦の王, 子クルクル顔の, 子クロニーオーン養へる, 子グロウコスリキエー軍を率, 子ゲルマン族の偉, 子ゴントランは, 子サシャ・ギイトリイはやはり, 子サマが現れる, 子サラド苺などたべた, 子サンダラウマルデカツパノオバケミタイダワ, 子サンフランシスコにあり, 子シナ人と筆談, 子シリア王アンティオコスに金, 子ジークフリートをあげ, 子スズメはそれら, 子ステネロス娶れる淑女, 子ステフアン・キイスリングの作, 子セトナ皇子は夙に, 子ソバ屋の継子, 子ダイバーが終生, 子チマ子って一体, 子チャンというの, 子ヂオメーデースわが心, 子テーシュースひとしく不死, 子デームウコスの膝, 子トアスエウネオスその己, 子トレーポレモス丈高き, 子トロイゼーノス彼の父, 子ト佐々木ヲ傍ニ置イテ三時カラ五時頃マデ, 子ト佐々木ガ戻ルマデニ仕事, 子ト江渚ノホトリニ漁樵シ魚鰕ヲ侶トシ, 子モノ, 子返ッテ止メドモナク泣キ喚キ出シ, 子ニコニコした子, 子ニューヨークより汽船, 子ニューヨーク府にあり, 子ネストール人中最も優る, 子ネストール其子に種々, 子ネズミの話, 子ネムの花, 子ネロが三歳, 子ノオンドルフという独逸名, 子ノタメニ自動車ヲ一日買イ切リニサセ, 子ノルマンディ公ルイ・シャルルは一七八五年, 子ハコヽデ辛ウジテ嘴ヲ入, 子ハナ子マス子ツル子ハマ子ユキ子それとアイ子, 子ハ二等デアル, 子ハ列ヲ成ス, 子ハ妙ナ笑イ方, 子バク子なんていう, 子バンドつきの上着, 子パンを乞わ, 子ヒエロニモ四郎のこと, 子フランスにあり, 子プイヴ水に指輪, 子プーリダマスは彼, 子ペーリュウス其アイアコス神の裔, 子ペーレーデース戰を, 子ポリドロを, 子ポリボス及びアゲノール, 子ポン子バク子なんていう, 子マッチ及び多数, 子マンコ・カパクとママ, 子モルモンの寺, 子モ出テ来ルッテ云ッテマシタカラ固ク止メテアルンデス, 子モ暫ク奈良ヘ行ッタコトガナイノデ, 子モ陸子モ予トハ反リガ合ワナイデ喧嘩バカリシテイタガ, 子ユウリピロスの令, 子ヨチに赤玉, 子ルイこれを繼ぎルイ, 子ロバァトも亦, 子ロベルトと此, 子ローマに在り, 子ワガママなギャング, 子ヲシテ久シク囹圄ノ中, 子ヴェンチェスラーオの鬚, 子ヶ谷へでも行った, 子ープルス埠頭から海岸通り, 子ープルス市街の東南, 子ープルス灣鏡のやう, 子一つでも二百円以上三百円, 子一二九八年選ばれて, 子一二九四年頃死す, 子一人あたりに見えない, 子一人あとはとき, 子一人きりか, 子一人來ないと, 子一人声を挙げない, 子一人寐せたり, 子一人惜からじ, 子一人林家の塾, 子一人通ろうではなし, 子一人長屋ぐらしも出来かねた, 子一人頼りになる, 子一体あのどういう, 子一切世間の法, 子一匹いのち委ねては, 子一匹其日の朝, 子一匹掴えて, 子一匹眼に入らなかった, 子一夕散歩の際書肆, 子一度文壇に現われ, 子一手に一鶏, 子一日その会堂, 子一日コングレゲーショナル宗の僧, 子一日パリ市中にある, 子一日ベルリンにあり, 子一日ヤソ教信者に面会, 子一日ロンドンなる博物館, 子一日国教宗の僧, 子一日太平洋上の風波, 子一日机により新紙, 子一日英人に問う, 子一日英文にて日本, 子一杯に積上げる, 子一株を携え運ん, 子一派が世に, 子一流の, 子一片の坂東骨, 子一疋いませんのさ, 子一疋伴れたる, 子一目見て, 子一石路夢道を訪ねる, 子一等兵を選抜, 子一緒に暮す, 子一色の膳, 子一郎に似てる, 子一重隔てた座敷, 子一鐵とは從兄弟, 子七書をし, 子七月頃に至る, 子七歳になり, 子万太郎君がそち, 子万寿麻呂の出生, 子が平気, 子は父, 子三位中将信忠がいる, 子三十をすこし, 子三堂微々横川洗身の三人, 子三市で三市さん, 子三把で四銭, 子三斎忠興との友情, 子三歳で早世, 子三氏見送る, 子三法師丸がある, 子三番子の談合, 子三郎の死, 子三郎盛綱でござる, 子三郎維繩で茶山, 子三階見霽, 子の母死, 子上り来るは今, 子上リダト云ウ負ケ目ガアルタメニ, 子上リナンゾッテ云ウケレドキット彼女ハ家政ノ切リ盛リナンカモ上手ニヤッテ行キマスヨ, 子上杉能憲の部下, 子下男の五助, 子不孝女房泣かせでさあ, 子不愍さに死ぬ, 子不知哉丸さまに, 子不肖の子, 子丑刻大倉辺焼亡す数十宇災, 子世代と世代, 子世界中の揺籃, 子牙長く, 子両親に似ざれ, 子に其裔, 子並びに孟子の, 子並みに都合, 子中学へやる, 子中山靖王の裔, 子中日子の王, 子丸一小仙, 子丸般若丸サイトウ丸源太郎兵衛丸などといふ連中, 子丹羽鍋丸の十二歳, 子丹羽長重も三千人, 子主水のほか, 子主水佐重矩, 子主計頭正精, 子主馬助をたすけ, 子の如き, 子久しく待つ何ぞ一向, 子久我通具や通光, 子之の燕に, 子之子也悲喜相慰將至家中延留供養とあり, 子乗りをした, 子乙寿丸は八つ, 子九十郎もすでに, 子九月に榛軒, 子九条師輔さまのお, 子とて愛しみ, 子也其葉蓮華ニ似テ仏, 子也年は四十, 子の出ぬ, 子亀次郎にはそんな, 子了蓮の父母, 子事代主の神かく白, 子受け取った, 子二人何處よりか採り, 子二人僅かに形, 子二人實子は既に, 子二人竈の傍, 子二代仁太夫と思はれる, 子二代小野二郎右衛門も達人, 子二十一歳にし, 子二十九歳の若者, 子二十人あり, 子二十四名を荒れ出す, 子二十年来の痳疾, 子二十櫛にながるる, 子二名は父, 子二孫皆幼少, 子二本榎猿町白金辺を持場, 子二疋とともに裁判庁, 子二錢の芋, 子二頭を馬, 子云々と云, 子五つのをととなり, 子五世団十郎の孫, 子五六歳にて夜啼き, 子五六顆かはり夕顔二三枝頂戴, 子五合目にし, 子五歳になれり, 子五百兩盜み迯, 子五行記などといふ者, 子五郎左衛門世を忍ぶ, 子井上精一君が埋骨, 子亨従送之, 子京極の源, 子人麿と相別, 子仇讐を拝する無かるべし, 子今や彼が, 子今何處にあらむ, 子今夜は家, 子今度はもの, 子今王に位, 子介抱して, 子の末裔, 子仏性を問答, 子仏教宗の教会, 子へまつれ, 子他人を交えず, 子代りて元, 子代演馬力をかけ, 子令文状といふもの, 子令文状他を恨み, 子以下あまたな女御, 子以下同誌編輯の諸子, 子以下白人戦死体の首, 子以來の系統, 子以後孟子以前の時代, 子仲居の子, 子仲弓を謂う, 子伊能矢柄が住ん, 子は川, 子伜めをどうぞ, 子伝牡丹奇縁如意君伝桃花庵品花宝鑑意外縁殺子報, 子伝蔵やまた, 子伯母親友先生の奥さん, 子伯益也至皐陶之後兼封英六楚人滅六臧文仲謂皐陶庭堅不祀, 子佐々木ノ三人ハ瓢亭, 子佐佐木四郎高綱密カニ養育シテアリシヲ後高綱世ヲ恨ミ申ス事アツテ, 子佐保山姫の性質, 子佐吉と申す, 子佐太郎二十年目で敵, 子何れも唖然, 子何年何月に生れた, 子何故戰場の, 子何時まで悲しみ, 子余五郎景政じゃ, 子之治, 子作左衛門松炬を照, 子作歌二首のところ, 子使われている, 子羅娘子は, 子という者, 子信之である, 子信匡が生れた, 子信孝と丹羽五郎左, 子信實又引き, 子信康を岡崎, 子信治が十月三十日, 子修理大夫清雅もまた, 子俳号を五茶, 子健吉さんなどで, 子だから, 子働くものの, 子僕意富多多泥古, 子儒者の業, 子より無, 子元吉嗣ぐ小, 子元日作余今年四十以脚疾不能起坐已三年, 子元旦和黒川生韻, 子先プンと血, 子先妻の方, 子先生これを教, 子光栄に伝へ, 子の大, 子全体に烏金, 子八代子と次, 子八代子千世子の仇敵, 子八歳になる, 子公条は相続人と定まり, 子六女を挙げた, 子六指ならしむ, 子六月亥の子, 子六郎重保で時政, 子が非常, 子共に可なりと, 子兵部大輔信良様の後胤, 子兵録とする, 子れは, 子其剛強の手, 子其時彼に答, 子其母はアケサメノス, 子其頃五十餘の大兵, 子具平親王六世皇孫である俊寛, 子てより, 子兼吉だった, 子内膳正は今川家, 子凌げるものも, 子凍りて息, 子りかかり, 子で, 子出でて叔父吉田氏, 子出生の由, 子出鱈目なん, 子列子は好ん, 子というもの, 子初秋より前, 子別宅にて執筆, 子利秀とは津幡城, 子利長の軍, 子刻ごろ下ッ引, 子刻頃に表, 子刻頃廿四五の男番屋, 子剋御霊社鳴動す両, 子剛勇のヂオメーデース, 子劉高はまた, 子足らねば, 子之進様, 子勇之進から藤枝蔵人, 子勘一郎は同じ, 子勝俊の来る, 子勝太郎が城主, 子勵まし力貸すと, 子に畏, 子十一月十七日に発せられた, 子十一月十六日に榛軒, 子十一月四日養家に引移, 子十三歳の頼朝, 子十二世紀の後半, 子十五六ばかりを踏み, 子十匹産み居つた, 子十四五人にて早, 子十月神祖より和蘭国王, 子十次郎は筒井順慶, 子千人と四, 子千満子と某, 子午前五時迄に來, 子十郎正, 子半纏で四つ, 子卓子机子花模様の茶壺, 子南北朝時代において五行風角, 子南子を見る, 子皐陶子伯益也至皐陶之後兼封英六楚人滅六臧文仲謂皐陶庭堅不, 子の俤, 子に幔幕, 子参議和気真綱は資性忠直敦厚, 子又四郎である, 子及天富良碩, 子及渋江抽斎森枳園の二弟子, 子と濠梁, 子友人仕事生活というやつ, 子親に, 子とを諫め, 子取ろといっ, 子口調を出し, 子古語に, 子句会のこと, 子仕と, 子可哀想にしくしく, 子台上の汐見坂, 子叱つてる夕やみ, 子史記漢書七略等に見え, 子右兵衛佐ですが, 子同じあの妹たちの, 子同じく二年に, 子同人説の方, 子同士流行ツ児同士であり其, 子同志で寄, 子同苗武蔵であります, 子同行被差遣候旨, 子名儀の富, 子名門の子弟, 子向うから来る, 子君我儘不出勤, 子君来訪幸雄さんはそれ, 子吼品の二, 子吼菩薩品の一, 子吾吉には鼻, 子呂氏春秋山海經尸子國語等と同じ, 子周作の剣技, 子周訓黄帝力牧捷子曹羽郎中嬰齊臣君子鄭長者楚子道家言等九百九十三篇が擧げ, 子味師内の宿禰, 子の渇く, 子哭くらむそ, 子哲徳山の臣, 子唐姑果等を指摘, 子商人の子ら, 子商売の子, 子商家の放蕩若旦那, 子啣楊枝して, 子喀血したの, 子善芳が十月二十八日, 子嘉言編という名義, 子んだれ, 子四ツじゃに, 子四五日不快に付, 子四人長男の帯刀, 子四十三兩其外衣類品々盜み取候始末重々, 子四女があつ, 子四月八日二島相並び又湧出, 子四男の於次丸, 子四郎時貞といふ十六歳, 子とは福沢諭吉先生, 子國勸接有縁とあり, 子國忍富の神, 子國王の表, 子國語等と同じ, 子というの, 子之助, 子土足で踏まえ, 子へ金紋虎, 子地曳網の男, 子坂下から肴町, 子坂井久蔵は, 子坂巣鴨などに縱横, 子坂日暮里は好き, 子坂月の岬住人, 子という者, 子城そのものの大手, 子城中の一閣, 子城介どのまでがおなじく, 子城富は見えぬ, 子城直下にはなお, 子基衡に至っ, 子をしつらえ, 子堂衆までひと目, 子堤寒三来訪小一時間, 子報花影奇情伝醒世第一奇書, 子の腰刀, 子塙郁次郎と許嫁, 子だとか, 子塚原彦四郎は父, 子墨子といふ譯, 子壮年にし, 子声聞の事, 子売りはハルビン街上風景, 子売ろという, 子売ろう子売ろう, 子壺井栄など, 子夕闇の向う, 子夙に傲岸不遜の, 子多比理岐志麻美の神, 子行きて, 子夜寒の寝, 子夜瓊液を, 子大きい女の子その, 子大人の秘戯, 子大位に即, 子大俣の王, 子大助めにご, 子大助今年十六歳であったが, 子大名方の王, 子大多牟坂の, 子大夫試みにこれ, 子大宅女の歌, 子大将の子, 子大島伸一に獻, 子大年の神, 子大村主水, 子大江の王一柱, 子天文醫藥音樂狩獵の諸, 子天草四郎時貞という十六歳, 子天雄烏頭附子狼毒石灰を用いる, 子天魔太郎だ, 子太い眉の, 子太古の神, 子太史公の六家, 子太郎定綱こちらは三郎盛綱, 子太郎義信も負傷, 子太陽の子, 子夫人事件の見出し, 子夫妻であった, 子奉公人たちが一同頭, 子奧津日子の神, 子ろ, 子が, 子奴等こと云つて手洟なんぞかんだ, 子奴等可哀想だから, 子好い子と, 子好き地蔵だろうという, 子如し言わずんば小, 子如意丸があり, 子と車, 子なこと, 子と夫, 子の胸, 子姉さんをお, 子姉妹に奴隷, 子姉崎吉弥だと, 子始二三の人, 子姐さん学校何年やつた, 子姐さん矢張り美しい, 子と嫁, 子姫子裏の山, 子姫子間に出生, 子姫昔話には通例爺, 子姿のお, 子娘分であると, 子婦大槻氏よう孫女こうの, 子婦女ノ別, 子婦島との時代, 子婦廓清の妻, 子婦某氏が来, 子婦糸の父田口儀三郎, 子嫁子と言い, 子嫡子と庶子, 子嬢手ごろのやつ, 子を殺し, 子子供を抱い, 子子供子供ずきの, 子となり, 子ならん, 子孝太郎を以て飯島, 子孟子の編者, 子孫みんなラツフでエゴイスト, 子孫六がお, 子孫曾孫の繁昌, 子孫等の縱, 子孫策を扶, 子宇平太は始め越中守重賢, 子宇摩志麻遲の命, 子宇治関白頼通の頃, 子宇賀之御, 子宇都志日金拆の命, 子宇野氏の出, 子宗廣も之, 子宗泰にあたえ, 子官兵衛が父, 子官蔵をまう, 子定規に拘泥, 子に打った, 子容貌偉に, 子寛五郎は津軽順, 子寧手をもて, 子寧縛されて, 子が無う, 子寶兒はどんな, 子対馬守一豊の弟, 子将文第六子, 子将為と系図, 子将軍も漢朝, 子将軍家山内辺を歴, 子將來と, 子尋ね来て哀しめ, 子小幡余五郎にございます, 子小次郎将門だと, 子小次郎長義孫三郎基長六郎太義氏いちばん末子の竹万丸, 子小町和泉式部の様, 子シハ行ケル筈ナノニ慎ンデイル佐々木ヲ, 子少し前に, 子穆王である, 子が親, 子屋敷で世間, 子山中の一城, 子山代の大筒木, 子山伏を頼ん, 子山口の千岑, 子山家もんじゃ, 子山市に限っ, 子山羊の白い, 子山鶴谷山鶴城山鶴掛山鶴木山などがある, 子屹度不良になる, 子岡西養玄は蘭門, 子があり, 子に遊び, 子に遊び, 子島付近でしょう, 子嵩山正直の弟杏朴成俊, 子嵯峨の屋などと共に詩, 子嵯峨玲子と共に, 子のほとり, 子川上喚濤の三氏, 子巣立ちなば, 子工藤祐経の後見, 子左京大夫信実朝臣に法然, 子左衛門尉高資, 子左近右衛門三代の手, 子市チャンと仲よし, 子市川荒次郎合同の歌舞伎劇, 子市郎助年僅, 子布忍富鳥鳴海の神, 子布波能母遲久奴須奴の神, 子帯いが栗天窓団栗目ころころと, 子帯丈高い体, 子帯紺キヤラコの夏足袋, 子帯連ながら大きに, 子帶丈高い體, 子帶紺キャラコの夏足袋, 子常に神に, 子平太清盛だけは幼い, 子平林たい子藤島まき壺井栄などがそう, 子平民をなど新旧, 子年子の方位, 子年寄までうようよ, 子年間の事, 子年齒最も若けれ, 子幸助の墓みな, 子幸右衛門は鬢髪, 子幸福とか出版界革新, 子に作つた, 子幼孤長来江戸, 子香子無事であっ, 子たり, 子幾人もあの, 子幾百の骨, 子忠すなわち, 子広き芭蕉の, 子へ入, 子も出した, 子に向っ, 子建甕槌の命, 子弁当に重, 子を手, 子引き熊といつ, 子の彦之助, 子弥五太夫が寛文十一年, 子張って一足, 子張つた男だ, 子張つてまるで喧嘩, 子張つて控へてゐた, 子張つて舞台へ出た, 子張らせる形に, 子張り方は彼, 子張苞に面識, 子張輩は顔淵, 子張飛の子, 子強き騎士メネスチュウスの, 子強力子縁の話, 子形体正しく器量人, 子形師子形で来るなら, 子とを同じ, 子彦三郎なども小学校, 子彦兵衛その子左近右衛門, 子彭暁が孟蜀, 子影二人笑む, 子役者の子, 子彼のは老いし, 子律師則祐などの豪, 子後内大臣まで進んだ, 子元直, 子坊丸という, 子復び病めりと, 子徳川信康がいま, 子徳松の行方捜査, 子心私は涙ぐましくなつた, 子必ず盗と, 子必ずしも人形舞わしのみ, 子志柿辺まで軍勢, 子志水冠者義高ヲ源頼朝ニ, 子応治故寄, 子忠吉より義直, 子忠坊顔を泥だらけ, 子忠綱を突き出す, 子忠綱月光を突, 子忠頼も父, 子思ひの作左, 子性甚ダ閑ヲ好, 子怪我が無くっ, 子は秘術, 子息長の宿禰, 子息長帶比賣の, 子息長田別の王, 子親を, 子悪い子なかりけり, 子愀然トシテ襟ヲ正, 子愕然たる表情, 子でて, 子感心なもの, 子といいます, 子慶喜の将軍職立候補, 子慶曰君未真蹟, 子憂貧亦可憐, 子成器は陸軍砲兵大尉, 子成説執子, 子我夫すべて愛するもの, 子我子と云, 子我日常専攻した論理学, 子時傷を, 子戯曲ありて, 子戰術すべて巧みなる, 子戲曲の文, 子所染篇の末, 子所藏の弘化年間印行, 子手弱女を得つ, 子といい, 子才器に過, 子才曰く我また何ぞ, 子扶隆繁などそれぞれ, 子抱き来て母貧, 子招くな錢, 子拾ったのだ, 子拾子等実子でない場合, 子持たずに死ん, 子持って来る, 子振りなら自分, 子捏ねたあ, 子捕りの時, 子授受の公式的, 子排斥を企て, 子掛けるように, 子の股肉, 子掻きて人暮れ, 子搗きというよう, 子支峰の孫久一郎さん, 子を為す, 子政元である, 子政江はパアマネントウェーヴ, 子政豊に一切, 子救主として信じね, 子教諭が訪問, 子ラスガ如ク別レ候, 子というもの, 子文三に学問, 子文九郎重允, 子文五郎妙に芝居, 子文吾安雄に家士二人, 子文祐八字子哲徳山の臣, 子斉衰者を見る, 子斯くして, 子新一の字, 子新九郎義龍がい, 子新五郎どのは十八歳, 子新太郎ちやんにはやりたくない, 子新太郎殿がかけつけ, 子新福主人来りて, 子方伯連帥の子, 子施基皇子の子供, 子旅人も取らね, 子の御子, 子日傭取の子, 子日吉はことし七歳, 子日雇取の, 子早く裏の, 子早朝より看護, 子早来んかいな, 子昂流にかいた, 子少い時, 子明夷高宗伐鬼方, 子明子さんて言, 子明成が徳川, 子明智光春と一緒, 子明治大学文芸科の卒業生山崎晴一君, 子春沂で百俵寄合医師, 子をり, 子時三郎と申す, 子時秋が乃父, 子時行が信濃, 子晏子春秋呂覽等に散見, 子晏子春秋國語國策と云, 子景季が名馬磨墨, 子景山英子らの活溌, 子晴戌剋鎌倉中聊か騒動, 子晴酉剋大地震牛馬騒ぎ驚く, 子智謀に富める, 子いと手, 子暫く天に, 子曰くこれ教育の力, 子曰くこれ食事のあしき, 子曰くわが国有形上の文明, 子曰くスコットランドの日曜なに, 子曰くヤソ教の諸宗, 子曰くヤソ教一変すれば, 子曰くヤソ教中その儀式, 子曰くヤソ教者布教の手段, 子曰く一国の独立, 子曰く三位一体説はインド, 子曰く丘の祷る, 子曰く今日わが国には洋館, 子曰く仏教は賞罰, 子曰く余ヤソ教を信ぜん, 子曰く公認教はもとより, 子曰く内に省み, 子曰く古来文化の進歩, 子曰く君の説明, 子曰く君子は憂えず, 子曰く吾子を以て異, 子曰く器機的の文明, 子曰く噫天予を喪, 子曰く国の本, 子曰く天何をか言わん, 子曰く夫人の子, 子曰く孔子は仁, 子曰く山高くし, 子曰く当時日本の物品, 子曰く往時にあり, 子曰く従来日本人の教育, 子曰く愚民の宗教, 子曰く政教すなわち哲学, 子曰く政治家は政治, 子曰く昔時は鹿, 子曰く是の故に, 子曰く求は芸, 子曰く生には之, 子曰く画景を評し, 子曰く米国の宗教, 子曰く英国の愚民, 子曰く虎を暴, 子曰く襯衣を洗濯, 子曰く西洋は決して, 子曰く車夫の言, 子曰く顔回は貧, 子曰わくではやりきれません, 子曰クの言葉, 子曰ク善シ乃チ入テ, 子曰ク衆何ノ為メニ来ルヤ, 子曰夫孝天之経也, 子曹操は少年, 子曾七郎を生んだ, 子有りかな古今無類, 子は七月一日, 子朝威を怖, 子朝綱千古千古の子, 子朝見し, 子木棒をふりかぶつ, 子木葉に疣, 子帰還, 子末社を乘, 子本紙記者井沢衣水子それに病気揚句, 子李豊が唐突, 子の大尽, 子村大貫新介門井村神職大越伊豫小瀬村庄屋井樋政之亟那珂村長山伊介野口平, 子を, 子杙俣長日子の王, 子杜仲などの同じく, 子を趙王, 子来るかやあと, 子来訪麻雀は止めた, 子東市正に宗家, 子東市正宗興は結婚, 子松之助が来合わせ, 子松千代様のお, 子松永弾正及びもう, 子林太郎じゃわかん, 子林檎の揚げ物, 子林皇后太夫その他数氏の懇篤, 子林長三郎のもと, 子を湘王, 子のはや, 子根性でやった, 子格式張るには及ばぬ, 子を代, 子桑伯子は物, 子の年, 子を封じ, 子梶喜一君から聞き, 子でかつぎ起した, 子を郢王, 子を封じ, 子森三千代の諸氏, 子を封じ, 子椿を封じ, 子極寒の萬力, 子を安王, 子を斉王, 子榛軒柏軒は上, 子槍術に巧み, 子様差出人は北村悦三, 子様弟様にたてまつり, 子を瀋王, 子樣もつ人もあります, 子樣十次郎樣織江樣は今, 子樣同士で徳松樣, 子樣方の御, 子権十郎はまた, 子権右衛門を頭, 子権右衛門預金元利決算報告書が来, 子権宮司さんなど影ちりぢ, 子橋一名さんだが, 子橋際で巡礼, 子を生れ, 子欧州を巡回, 子欧米政教の事情, 子欲しいと思っ, 子欲行遊何得為, 子歌うように, 子歌子をもうけた, 子歓迎句会が催され, 子尚又, 子正弘の兄, 子正月十一日彼が十六歳, 子正男の一生, 子此一試場に會, 子武田勝頼の俊英, 子武蔵も故郷, 子武蔵試合に出, 子武部小四郎等から受けた, 子して, 子死んだお直, 子殊に家の後取りが, 子段一つ隔てた上と下, 子段上の長, 子段廊下などに遠い, 子段思出したら目, 子段登りなどには不便, 子殺されましたよあの, 子殺害事件のあった, 子殿下を歌舞伎座, 子殿外御一同, 子母子が来訪, 子比丘尼が繁昌, 子比婆須比賣の, 子毛野の父毛人, 子氏七十歳研究的なやや, 子氏東京女子大入学のこと, 子民部であろうとは, 子気分を思う, 子気性でテキパキ, 子気質を充分, 子水蛭子を生みた, 子永王というの, 子汁椀などがつい, 子汎濫の敗, 子に問ふところ, 子池田三助も供, 子沒理想を唱, 子本毘古, 子河内の帯刀正行事, 子河岸の朝焼け, 子河靈の子, 子法師の本人, 子波三郎を訪問, 子泣かすも益, 子泣かせだよ, 子泣くらむ其彼母も, 子泣くんじゃねえ, 子注疏跋儀礼跋八分書孝経跋橘録跋冲虚至徳真経釈文跋青帰書目蔵書目録跋活字板左伝跋宋本校正病源候論跋, 子泰衡家を継ぎ, 子泳いでいる, 子洗面器に水, 子を生む, 子活きたる觀念あり, 子の遺, 子の子, 子み出づ, 子浴衣の上, 子の素麺, 子海亀に噛まれ, 子の精製法, 子を伴い, 子道の, 子淡路守氏経二男三郎四郎老臣では大高金右衛門, 子淮南子史記漢書七略等に見え, 子淮南子等所謂諸子の説, 子望の, 子深く心服仕る, 子深淵の水夜禮花, 子深草の元, 子の辺, 子清子さんより後, 子清衡志を得, 子清輔またその, 子温東皐と号, 子湊屋仁三郎の葬式, 子湯隆もまた, 子満ちぬいざ子供卯月八日, 子源次郎を立てる, 子澄其敗を奏, 子澄名は, 子澄泰の輩, 子澄皆執えられ屈せずして, 子澄禍心を包蔵, 子澄練子寧は之, 子澄霊壁の敗, 子炎々強き火, 子為世と為教, 子為基のふたり, 子為家に和歌, 子為秀も京, 子というもの, 子を一ぴき, 子烏丸参議光広のしのび, 子烏啼は待ちきれない, 子無くして, 子無ければ去る, 子無しゆえに一そう子煩悩, 子無れば年頃神佛, 子無二の眞理, 子無口でおとなしゅう, 子無花果沈丁花椿など雑多, 子無言のま, 子などを商つて, 子熊めにお, 子熊谷虎一だった, 子るが, 子燃えたつ高畦, 子父曹操の若い, 子の栄, 子牛私そして花嫁さん, 子牛線となす, 子をつれた, 子犯すといい, 子狗たちを連れ, 子狩野助信の筆, 子独り往きて, 子独乙では, 子独楽一つだけを譲れ, 子独楽用はない, 子独特の技, 子猟銃担げ行くは, 子の肉, 子の子, 子猶もなく七郎, 子猿みたいなコーン, 子猿達は親, 子獣王と同色, 子獣王遊戯するに, 子玄達もそこ, 子玄関に出る, 子の子, 子玉槻という者, 子王子の御, 子王狄子公子牟田子老莱子, 子王臣等を召し, 子珂瑠皇子は極めて, 子珍しく泥酔せず, 子珍事由を語る, 子珍後に出世, 子珍矢を放つ, 子珠狸が秘蔵, 子理想といふ語, 子甕主日子の神, 子椎茸茄子胡麻味噌などを, 子生きて之, 子生きるか助かる, 子生まるる時尾まず, 子生まるれば必ず, 子生める者ども, 子生んだ例ある, 子生年十七歳の若者, 子生涯を通じて一貫, 子産む時に, 子産んだり, 子甥子の心意気, 子田中翁の許, 子田崎格太郎はわれ等, 子田舍の豪士, 子と子瞻, 子由一に西巷, 子甲子蔵は才学, 子甲斐守輝綱の, 子申すに, 子男一人女一人を育て, 子男女合はせて, 子の黒格子, 子町新寺町新割町には大, 子町百六十余町は仕事, 子病むとの報, 子病めりといふ, 子病気は如何, 子を抱かせ, 子や茶, 子白居易が雅懐, 子白楊の, 子白羊と天秤, 子百丈村のおふくろ, 子百合白花蛇イチゴコケモモゴゼンタチバナヤマオダマキなどが陰森, 子的一パイに溢れ, 子的浮薄な皮肉, 子的神経の都会人, 子幼而持操屹然凡事皆, 子皇子は三国公, 子盛之進を呪殺しよう, 子盛縄も同じく, 子古生, 子目ごとに一纏め, 子目付の眼, 子目弱の王, 子目敏きふるまひ, 子目録少年文芸辞典一般百科辞典の使用法, 子里勤相, 子である, 子省三はまだ, 子省三浮山桃子柳子若宮房代のそれぞれ, 子眉目よしだ, 子逆さまに, 子真理そのものの体現者, 子眠くなつたの, 子て, 子着のみ着のままの戦災孤児, 子との関係, 子矢口などの渡し, 子知らぬふりを, 子知章は生田附近, 子石川五右衛門に渡す, 子石生などと刻, 子子犁, 子祖先以来の家名, 子祖父母と孫, 子神さん毎年ござれ祝うて, 子神女よ君, 子神工の, 子神戸信孝や丹羽長秀, 子神経質で手, 子神近市子平塚明子又は武者小路夫人, 子福太郎と室田鶴寿, 子秀世ガ云イ人デ虎ノ門外桜田町, 子秀世ト云ウ男ヲ呼ン, 子秀吉公の手もと, 子秀綱は健気, 子秀衡を呼ぶ, 子私ア田舎者ですが, 子秘めにき, 子称して秘処, 子熱心は, 子程の無条件で, 子稗子胡麻子小豆でつくる, 子稼ぎで一人, 子穆天子傳管子呂氏春秋山海經尸子國語等と同じ, 子へ何, 子から射しこむ, 子窓高新面目, 子立てりと覚え, 子立派に美しく, 子章句下白圭曰吾欲二十而取一何如の章, 子若ぎみ, 子竹逕の門人, 子等うちよりて我, 子等勝利をえし, 子等十二人相結んで, 子等四人甲斐甲斐しく渚, 子等大地を起し, 子等実子でない場合, 子等巨人イミルを殺せし, 子等思ほゆ, 子等所謂諸子の説, 子等知己の子弟, 子等神宮の中, 子等自身の意志, 子等連て朝, 子筍子淮南子等所謂諸子の説, 子答辨を作り, 子を唄い囃す, 子節初め静斎と号, 子籠りといふ古, 子米刃堂用談にて来訪, 子米刃堂解雇となりし, 子米太郎星野の子, 子わく重し人形凧, 子紀元前四八〇年大軍を率, 子や摘む, 子紋付きの着流し, 子紋次郎の死, 子素早く木に, 子素知らぬ振りし, 子細川頼之だろう, 子紹安が露地, 子経肩衣とかいっ, 子リノ広, 子絵筋がええ, 子絹坊だった, 子続いたのが, 子綱吉を殺し, 子綱宗の配偶, 子綱豐に仕えた, 子綿氷豆腐細い札, 子緊乎と挿せ, 子線性格の凸凹面, 子編木殖女養女の類, 子の胸, 子織田城之助, 子のほぼ, 子は同じ, 子が弟子罰, 子罰嬶罰のと四方八方, 子羅馬王を儲け, 子美しき青年姿を, 子美呂浪の神, 子美太白の才, 子美少年のジョン, 子美居の祭, 子美杜少陵, 子羔自身のため, 子が満, 子群通称は徳弥, 子義信の反乱, 子義家は上方, 子義家奥州攻めの帰る, 子義朝をし, 子義朝為朝などの面, 子義詮孫義満相次いで, 子義隆であった, 子羽易娘子等を同, 子成子長盧子王狄子公子牟田子老, 子老いな, 子は世間, 子者祖名不絶, 子あるいは鼠, 子聖武天皇に安宿媛, 子聖靈の象徴, 子聰明なる山本男, 子聴くや否や, 子らしい物, 子と頭, 子の御利益, 子育てるために, 子育地蔵其等が, 子育地蔵尊の賽銭, 子育地藏ありて, 子胎内に舎, 子非子等, 子胡んぞ此, 子胡麻子小豆でつくる, 子胥越軍を率い, 子脱疽のため, 子腐ずふた, 子腹痛えって, 子を揃え, 子臣其からその, 子綱と, 子自ら感動する歌, 子自ら真実の罪人, 子自ら言へるなれど, 子自分の福力, 子自動車デ佐々木, 子自家の所謂理想, 子自尊心は強い, 子自己の沒却理想論, 子自慢の聴衆, 子自撰であるといふ, 子自由な愛, 子と云, 子致又越智と云, 子致彦ヲ云フト云ヘリ, 子之助, 子舞子のやう, 子舞子たいこ末社連のうち, 子に乗り, 子舟木浮山若宮省三が群像, 子船上にあり, 子船中にあり, 子良ちゃんのお, 子良三をもまうけ, 子良人と妻, 子良介を刺し, 子良通称は玄道, 子色黄色緑金色の色合, 子花さへ草いきれ, 子花別名打碗花等がある, 子花模様の茶壺, 子の条下, 子と子正, 子英吉がかつて, 子英国学士の著, 子茂さんのお, 子茂憲を遣し, 子茶事などは解さん, 子も, 子草鞋長提灯, 子荘子筍子淮南子等所謂諸子の説, 子莊子列子老成子, 子菊五郎の甥, 子菌リコベルドンスクレロデルマ等諸属, 子菫花のしろ取らせ, 子華子との二つ, 子いつ, 子のみ著, 子著作の細評, 子葛卷が芥川, 子葛城の高額比, 子葛洪に經本, 子葦田の宿禰, 子取りて, 子蒼舎人泰興県道中の詩, 子蔦王という童武者, 子蕃平さんが今, 子うて虎, 子藤五郎兄弟の中, 子は小生, 子虫籠に入れ, 子は抱き合っ, 子蜀王椿孝孺を聘し, 子蜘蛛がさがりれいろう, 子蝦夷孫入鹿, 子と云, 子融何の許, 子はなんと, 子の信じられない, 子衆勢うちし猛, 子行くは旅, 子行進にしろ, 子衡父の屍, 子衢ニ泣ケリ之ニ教ルニ道ヲ以テスレバ, 子袁紹であった, 子の子供, 子西鶴の作, 子見たようね, 子見たいな二十一, 子見ゆるや否, 子見ろじゃけけろ, 子に成りかけた, 子親光の一軍, 子親縁者奴婢指さっしゃれば, 子には或, 子言はずとか, 子言葉の上品, 子策富める, 子による, 子記者に経上り, 子の店, 子評議の故, 子試みに之, 子ぶ, 子説かずとか, 子だかお, 子調姫という扱い, 子が夷種, 子諸君が第三者, 子豊麻呂に事, 子のよう, 子をくわえた, 子貞時は凡庸, 子貢お前はすぐこれから, 子貢それはなる, 子貢わしはお前, 子貢何よりも自分, 子貢問曰何如斯可謂之土矣, 子貢子張輩は顔淵, 子貢孔子に問い, 子貢曰く何為ぞそれ子, 子貢曰く子如し言わずんば, 子貫一をも人, 子貴くなるも, 子貴方の作, 子お問答, 子買い遊び, 子買いやるか, 子買おう子買おう, 子賀来子の著しく, 子賈誼新書とか云, 子賛名襄俗称久太郎なり, 子賠款を放棄, 子赤井赤子というの, 子赤豆七枚を呑み, 子走り出づ, 子起き上り辺を, 子起きなさいを声, 子起してたんだ, 子起すように, 子越しに物声, 子趙月の首, 子を踏ん, 子路以て告ぐ, 子路以上の不平, 子路傍に円座, 子路冉有公西華の特性づけ, 子路冉求らに対する孔子, 子路再拝して, 子路子貢共に管仲, 子路曰く子三軍, 子路曰く民人あり社稷, 子路筏に乗る, 子路篇の, 子路自分の下士たる, 子路衛霊公陽貨の諸, 子路説ばず, 子路閔子騫冉伯牛といったよう, 子路風に率直, 子踊場へ行かない, 子けのない, 子車上なる, 子軍王立て父出家, 子初鉄五郎, 子載振が中, 子輝綱の日記, 子輪珠数などが落ちた, 子辛加知の任地越前, 子だから, 子辞安を挙げた, 子辮髪風に色, 子へ来, 子産んだ女中, 子近来の模様如何, 子近江守の一刀, 子返してと追う, 子迦具漏比, 子迦具土の神, 子迦羅なるもの, 子迦邇米雷の王, 子迸り落ちて赤き, 子這般なワイ, 子通治を討ちとった, 子連甕の多, 子遊びに来る, 子運八の代, 子過ぎ行くさまを, 子遐覽篇の道經目, 子道家言等九百九十三篇が擧げ, 子達ト一時間ホド雑談ヲ交エル, 子達ノイル前デ使ッテ, 子達ハ思イノ外早ク九時前ニ戻ッテ, 子達ハ済ンデイルト云ウノデ三人デテーブルニ就ク, 子達二人もほか, 子邦旅より還っ, 子は府中, 子部・名部の設立, 子部名部が在, 子怒我, 子都近くなりぬと, 子酢鹿の諸, 子酷き哉膽汁を, 子釆女が入, 子重い丸瓦で, 子重晴を黒沢, 子重次郎がいる, 子重次郎清蔵五郎兵衛という浪人上り, 子重盛は近衛大将, 子縢諸, 子金十郎があつ, 子金子堅太郎男の三氏, 子金森出雲守と知る, 子金髪の少年スノーバアド, 子を引け, 子鉄三郎九つ女洲十七国十四安六つ, 子鉄三郎五つ女洲十三国十安二つ, 子鉄三郎十一女洲十九国十六安八つ, 子鉄三郎十三平三郎一つ女洲二十一国十八安十琴七つ妾春三十七榛軒未亡人志保六十二であつ, 子鉄三郎十二女洲二十国十七安九つ, 子鉄三郎十四平三郎二つ女国十九安十一琴八つ妾春三十八榛軒未亡人志保六十三であつ, 子鉄三郎十女洲十八国十五安七つ, 子銅山等の労働争議, 子銜来泥尚滑, 子錢曾の手, 子鍋丸を将, 子の名, 子だの, 子鏡子井上杉山さんの四人, 子長ずれば別に, 子長伊賀の人, 子長家から出た, 子長摩納実は某, 子長政が始めた, 子長松劇中劇の公達, 子長森立夫及児重同遊墨水, 子長盈科齋三谷庵又凌寒齋, 子門人弟子一統残らずを, 子にあるらしい, 子間者大宮殿, 子関平は偃城, 子関方面の敵, 子関興を易々, 子關尹子莊子列子老成子, 子阿蘭陀風の屋敷, 子阿闍梨祐円は経盛, 子附け鱠の, 子院作の槍, 子院村正が切る, 子院歌合せなど, 子陸奥国平泉保の伽藍等興隆, 子陸子浄吉ノ四人ガ乗ッタ, 子隆夫はやはり, 子隨巣子等の文, 子雀八羽潜み居つ, 子雀蝉とともに家, 子の子, 子集り議して, 子集十巻を世に, 子雪太郎の後身, 子雪太郎いのち懸けでおぬしたち, 子雲水などいるだろう, 子雲雀がお前, 子電話口にて, 子の関係, 子の衣, 子霧雪を興し, 子霽終日風烈し連, 子青森へ行, 子面白い子だ, 子須賣伊呂大中つ日子, 子にあて, 子頭その他ここで諸, 子頭上七点あるを, 子頭林沖は勇ましい, 子尚兄弟, 子頼三樹だつた, 子頼通も父, 子顔貌殊特で豪貴, 子顕家顕信を君国, 子顕家顕信顕能の三子, 子もある, 子風景よりも料理, 子風雨を冒し, 子食うのは, 子食べさせて育てる, 子食パンを一斤, 子の御馳走, 子飯肩巣見の, 子飯野の眞黒比, 子飼っておく, 子飼橋にさしかかった, 子養いから手がけ, 子養玄の兄, 子饅頭の外, 子え乾くごとく, 子首巾をき, 子馬みたいだった, 子馬買いに行つただい, 子馬超だった, 子馬鹿に似, 子駄目になりました, 子駐屯の連隊長, 子駿河太郎ならびにその, 子の立った, 子高星の後, 子高橋千吉十四歳いう箱, 子高氏か, 子高煦をし, 子高煦張玉等の軍, 子高秀が父道誉, 子高貴なる人生, 子高輪まで燃えぬけ, 子の赭, 子の早大応援将軍吉岡信敬子, 子魏越管黔敖高孫子, 子という者, 子の大師, 子鮎沢元子臼井柳子児島亀江という東京, 子とか泥鰌, 子の生, 子かな黒褐色, 子が三疋, 子鳥鳴海の神, 子鳴いて戻, 子鳴らす空鋏, 子鳴滝大菩薩, 子の声, 子鶴松を生んだ, 子鶴見の旅亭, 子麦太郎繭子の三人, 子麹町平安堂製細筆を贈らる, 子黄冶三十一巻という文字, 子黄金の甲, 子要は既に逞しい, 子黒い眼の, 子黒キモノハ尋常ノ西瓜ナリ, 子黒要との場合, 子黙想者聖トボチの僕, 子鼠一匹残すまい, 子鼻子と呼ぶ, 子齊東河と号し, 子龍あとには三百, 子龍以外にあんな, 子龍孔明の下知, 子龍将軍に献じよう, 子龍興に至っ, 子が二時頃