青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「屡々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

屋根~ 屍~ 屍体~ 屏風~ 屑~ 展~ ~展開 展開~ ~属する 属する~
屡々~
層~ ~山 山~ ~山々 山々~ 山上~ 山中~ 山口~ 山崎~ 山本~

「屡々~」 1147, 12ppm, 8862位

▼ 屡々~ (25, 2.2%)

2 はそんな

1 [23件] が昇降, が特に, にいい寄っ, にはそれ, に告げた, に聯想, に首, の周囲, の夢, の知人, の部屋, はそれら, は一人, は弟達, は忠実, は耳, は訂正, は青山高徳寺, をとらえた, を悩, を扇いだ, を狼狽, を貧乏

▼ 屡々その~ (20, 1.7%)

1 [20件] ために, 不吉な, 二重人格を, 口車に, 合一統制が, 名を, 夢を, 如き名前, 打ち合せに, 扮する, 教会の, 時の, 生き物に, 瞳と, 肖像画を, 要領を, 誘導者である, 邸に, 長いの, 頃愛読し

▼ 屡々この~ (19, 1.7%)

2 やうな, 種の, 竜巻に

1 [13件] ような, 二重の, 堤を, 店の, 手を, 昔日の, 柱に, 様な, 祖母の, 穴が, 辺りを, 遊びが, 部屋を

▼ 屡々ある~ (17, 1.5%)

4 のである

1 [13件] が堂内, が此處, が然し, ことも, そうです, という事, に違, のだ, のです, のは, ものです, 不眠の, 事で

▼ 屡々~ (14, 1.2%)

2 に向

1 [12件] に強要, に洩らし, に示した, に話した, に話す, に語つて, の家, の思想, は忘れ, を招い, を駆, を驚かし

▼ 屡々経験~ (12, 1.0%)

1 [12件] した, したが, したところ, したらしい, して, するが, すること, するところ, する事実, する所, する間, を反復

▼ 屡々あつ~ (10, 0.9%)

42 たの 1 たが, たこと, たやう, て心

▼ 屡々~ (10, 0.9%)

1 のあらゆる, の助手, の墓参, の昆虫, の絵画, の頭, は席上, は昔, を囲繞, を訪ねる

▼ 屡々それ~ (8, 0.7%)

1 が嘘, に対して憤り, は二階, も現代, をはじき返すだろう, を所有, を見, を見うけた

▼ 屡々彼等~ (8, 0.7%)

1 から聞かされ, と共に酒盃, に提示, の, の危険, は其処, を早, を早稲田

▼ 屡々~ (7, 0.6%)

4 あつた 2 はない 1 てくる

▼ 屡々~ (6, 0.5%)

4 て来る 1 會つた, 遇つた

▼ 屡々~ (6, 0.5%)

1 なる園遊会, なる園遊會, 喧嘩の, 喧嘩も, 槍を, 盃を

▼ 屡々~ (6, 0.5%)

2 の雅量 1 の両極, の作者, の兩極, は繰りかえしたくない

▼ 屡々~ (6, 0.5%)

1 ひられたが, ひられる, ひられるもの, ゐたが, ゐられる, ゐられる龍

▼ 屡々~ (5, 0.4%)

1 ことそんな, ことで, こと私を, 災禍を, 経験から

▼ 屡々~ (5, 0.4%)

3 にする 1 にされた, を出した

▼ 屡々問題~ (5, 0.4%)

1 とした, とならね, にされ, にされる, になっ

▼ 屡々~ (5, 0.4%)

2 より政治改革 1 から映し, で逢っ, の巡査

▼ 屡々失敗~ (5, 0.4%)

4 して 1 しまた

▼ 屡々~ (5, 0.4%)

4 はれて 1 はれか

▼ 屡々遊び~ (5, 0.4%)

1 に来る, に行, に行く, に行っ, に行った

▼ 屡々これ~ (4, 0.3%)

1 と大差, は, は面白い, を繰り返す

▼ 屡々~ (4, 0.3%)

1 つた, はれたこと, ひ合つて, ふが

▼ 屡々其の~ (4, 0.3%)

1 位置を, 墓へ, 方面の, 詩の

▼ 屡々内閣~ (4, 0.3%)

2 の製造者, を組織

▼ 屡々彼女~ (4, 0.3%)

1 と二人限り, のこの, の家, の現在

▼ 屡々~ (4, 0.3%)

2 を打たれた 1 ある作家, の中

▼ 屡々~ (4, 0.3%)

1 のつけよう, をつなぎ, を焼きたる, を燒

▼ 屡々提携~ (4, 0.3%)

2 して 1 に関する交渉, に關

▼ 屡々自分~ (4, 0.3%)

1 で何, で行李, の頂戴, を誘つて

▼ 屡々~ (4, 0.3%)

2 はれて 1 はれたが, はれた寺社

▼ 屡々あり~ (3, 0.3%)

1 そこには, そのため, その結果

▼ 屡々する~ (3, 0.3%)

1 し空想, に堪えなくなっ, は

▼ 屡々である~ (3, 0.3%)

1 がその, と思う, のみならず

▼ 屡々~ (3, 0.3%)

1 のだ, のである, のでそれ

▼ 屡々~ (3, 0.3%)

1 の聴く, の聽, はその

▼ 屡々~ (3, 0.3%)

1 出入遊ばし, 厄介に, 談判席ニ相加リ

▼ 屡々手紙~ (3, 0.3%)

1 の往復, を寄せ, を往復

▼ 屡々支那~ (3, 0.3%)

1 の土地, を指導奬勵, を旅行

▼ 屡々混同~ (3, 0.3%)

2 されて 1 して

▼ 屡々用いられる~ (3, 0.3%)

1 ことである, 処の, 譬喩としての

▼ 屡々~ (3, 0.3%)

2 の中 1 のなか

▼ 屡々繰返された~ (3, 0.3%)

1 がごとく, ボルシエヴイキの, 批評である

▼ 屡々~ (3, 0.3%)

2 にする 1 にした

▼ 屡々自殺~ (3, 0.3%)

1 しようと, を計, を計っ

▼ 屡々行く~ (3, 0.3%)

1 こと勿れ, のは, んです

▼ 屡々見られる~ (3, 0.3%)

1 ことである, せいか, 現象である

▼ 屡々訪れ~ (3, 0.3%)

1 てゐた, て来, て来た

▼ 屡々路上~ (3, 0.3%)

2 に立ちすくん 1 で目撃

▼ 屡々過激~ (3, 0.3%)

2 の行動 1 な言辞

▼ 屡々~ (3, 0.3%)

1 を合, を合し, を蔽

▼ 屡々~ (3, 0.3%)

2 を傾げられた 1 を垂れ

▼ 屡々~ (2, 0.2%)

1 つて却つて空虚な, はや格闘

▼ 屡々あの~ (2, 0.2%)

1 一夜の, 境内に

▼ 屡々ありました~ (2, 0.2%)

1 か, が昔

▼ 屡々~ (2, 0.2%)

1 茂登の, 詣りするよう

▼ 屡々かう~ (2, 0.2%)

1 いふ弊害に, いふ種類の

▼ 屡々かかる~ (2, 0.2%)

1 場合に, 罪を

▼ 屡々~ (2, 0.2%)

1 ういふ, うなるもの

▼ 屡々そこ~ (2, 0.2%)

1 に永遠, へ行く

▼ 屡々であった~ (2, 0.2%)

1 からだ, のである

▼ 屡々なる~ (2, 0.2%)

1 けれど今日, 吐息である

▼ 屡々なん~ (2, 0.2%)

1 の必要, の聯絡

▼ 屡々われわれ~ (2, 0.2%)

1 を微笑ましめる, を恍惚境

▼ 屡々不忠~ (2, 0.2%)

2 不臣

▼ 屡々~ (2, 0.2%)

1 に伝えられ, を捨てる

▼ 屡々二人~ (2, 0.2%)

1 して, の間

▼ 屡々人間~ (2, 0.2%)

1 からは誤解, の神秘

▼ 屡々他人~ (2, 0.2%)

1 から云, に賞め

▼ 屡々使~ (2, 0.2%)

1 はれて, はれる言葉

▼ 屡々公私~ (2, 0.2%)

1 の集会, の集會

▼ 屡々出会~ (2, 0.2%)

1 ひます, ふの

▼ 屡々判読~ (2, 0.2%)

2 の相談

▼ 屡々利貨~ (2, 0.2%)

1 を失, を失ふ

▼ 屡々勅諭~ (2, 0.2%)

2 を下し

▼ 屡々~ (2, 0.2%)

1 を奪, を殞

▼ 屡々~ (2, 0.2%)

1 を, を挿さまう

▼ 屡々外出~ (2, 0.2%)

1 した, するよう

▼ 屡々外務~ (2, 0.2%)

1 の当局者, の當局者

▼ 屡々小川~ (2, 0.2%)

2 を渡る

▼ 屡々~ (2, 0.2%)

1 の欲する, れの

▼ 屡々往復~ (2, 0.2%)

1 したが, する痕

▼ 屡々掻き消され~ (2, 0.2%)

1 さうにな, そうに

▼ 屡々散歩~ (2, 0.2%)

1 に行きし, に連れ

▼ 屡々斯ん~ (2, 0.2%)

1 な病, な風

▼ 屡々旅行~ (2, 0.2%)

1 に出た, に出発

▼ 屡々暗黒~ (2, 0.2%)

2 の隧道

▼ 屡々最も~ (2, 0.2%)

1 悲劇的である, 鈍感な

▼ 屡々来る~ (2, 0.2%)

1 のが, ものが

▼ 屡々此間~ (2, 0.2%)

1 に流, に流伝

▼ 屡々注意~ (2, 0.2%)

1 するにも, を与

▼ 屡々無名~ (2, 0.2%)

2 の解散

▼ 屡々現れる~ (2, 0.2%)

1 いくつかの, 冬子の

▼ 屡々由子~ (2, 0.2%)

1 の外貌, は己

▼ 屡々~ (2, 0.2%)

1 がさめた, がさめる

▼ 屡々~ (2, 0.2%)

1 の呼吸困難, 蒼にな

▼ 屡々真夜中~ (2, 0.2%)

1 に総立ち, に鉛筆

▼ 屡々眺める~ (2, 0.2%)

1 のであつ, 光景で

▼ 屡々破綻~ (2, 0.2%)

1 する現実, を見る

▼ 屡々繰返される~ (2, 0.2%)

1 両親から, 鯨波である

▼ 屡々臨機主義者~ (2, 0.2%)

2 なりと誤解

▼ 屡々行った~ (2, 0.2%)

1 のとで, 景岡の

▼ 屡々衝突~ (2, 0.2%)

1 したし, する事

▼ 屡々見る~ (2, 0.2%)

1 ことが, 所に

▼ 屡々見受ける~ (2, 0.2%)

1 所の, 灰や

▼ 屡々~ (2, 0.2%)

1 つた, はれる

▼ 屡々語つて~ (2, 0.2%)

1 ゐるが, 呉れたは

▼ 屡々読み~ (2, 0.2%)

2 ながら泣いた

▼ 屡々起りたれ~ (2, 0.2%)

2 ども其の

▼ 屡々~ (2, 0.2%)

1 の上部外側, を運び

▼ 屡々述べた~ (2, 0.2%)

1 がこうした, 運動の

▼ 屡々連れ~ (2, 0.2%)

2 て行つて

▼ 屡々遭遇~ (2, 0.2%)

1 する, する運命

▼ 屡々~ (2, 0.2%)

1 に酔, を飲み歩いた

▼ 屡々陥り~ (2, 0.2%)

1 易い弱点, 易き趣味

▼ 屡々~ (2, 0.2%)

1 を出し, を合せた

▼1* [707件]

屡々あらゆる方法によ, 屡々あり得るのでその, 屡々あろうとも人, 屡々あゝいふ遊里, 屡々いった春のや, 屡々いつてゐる, 屡々いろいろな手段, 屡々えらい勢で, 屡々おこるであろう家中の, 屡々おそわれたことが, 屡々お上さんの口, 屡々お目にかかるものだ, 屡々ういふところ, 屡々くりかえされて来た, 屡々くれるやうにと, 屡々こうやって, 屡々こういう冬の, 屡々ここを死場所, 屡々この世に起っ, 屡々これらの野卑極まり, 屡々さういふ役に, 屡々さうなのである, 屡々さもしい心に, 屡々すでに結末に, 屡々そうなのに, 屡々そして最も端的, 屡々そっと起き上って, 屡々その道の専門家, 屡々そば屋だるま屋までに及ぶ, 屡々それとなく殺意を, 屡々それらの批評, 屡々つたから, 屡々だったが今, 屡々だつたのであれ, 屡々え, 屡々つきあつて, 屡々つくつては, 屡々つけたす男であった, 屡々であったらしく義元の, 屡々でありましたが私, 屡々でも菊田は, 屡々その根元, 屡々とがめる事が, 屡々とりつく島の, 屡々なりなど仰せられ, 屡々なりしが近年, 屡々鳴るや, 屡々のぼってお, 屡々ないで, 屡々はるばると小屋, 屡々ひとりで鴉, 屡々ひな鳥や子, 屡々ふれたが, 屡々ほんたうの意味, 屡々らるる, 屡々みうけられるし聖武天皇, 屡々みかけるところである, 屡々みごとな田園, 屡々みよを部屋, 屡々みよ子のこと, 屡々むしろ悪徳を, 屡々めぐりあったものである, 屡々やって来たが彼, 屡々やつて來, 屡々よこしてくれ, 屡々わしの記憶, 屡々わし自身が其日, 屡々わたしに真実, 屡々執つて, 屡々アノ塔へ上った, 屡々カケスの鳴, 屡々カフェーを休ん, 屡々クサるし, 屡々コレアルガ如ク其理由ハ智力單素ナルヲ以テ知覺スベキ關係ハ夾雜組織セル者ニ相應給スルコト能ハザルニ在リ, 屡々コンツェルンの基本的生産, 屡々シルヴィヤの名, 屡々ゼーロンを駆っ, 屡々と発音, 屡々パリの街, 屡々フランスの親たち, 屡々プレスするという, 屡々ミュゾオの館, 屡々ヤシキの門, 屡々ロシアドイツオランダベルギイの如きで, 屡々一日仕事の事, 屡々一種の哲学, 屡々一緒に引取, 屡々上演者のナイーブ, 屡々不便を感じた, 屡々不完全だそう, 屡々不審を抱く, 屡々不平の舌打ち, 屡々不幸を招来, 屡々不快な思ひを, 屡々不思議な氣持, 屡々不穏な形勢, 屡々世上に伝えられる, 屡々世界観とはドクトリン, 屡々世間のあたり前, 屡々中學の文藝愛好家, 屡々中宮寺を訪れ, 屡々主張するが, 屡々を試み, 屡々九死の塲合, 屡々争奪されたる所以, 屡々事実が極端, 屡々事芝居に関する限り, 屡々二つの提灯, 屡々二階の窓際, 屡々云ってやった, 屡々云つた通り優れた現代演劇, 屡々云つてゐた, 屡々云われている, 屡々五畿及び江, 屡々井伏君とは会う, 屡々人々の手, 屡々人力車夫の負担, 屡々人生の惨, 屡々人畜を悩ました, 屡々人車は断崖, 屡々人間脳膸の犯す, 屡々仏頂面に遭遇, 屡々代り或は柴, 屡々以前の陳述, 屡々仮面を用, 屡々休憩して, 屡々休業した, 屡々つた, 屡々会って一しょ, 屡々会ったのであった, 屡々会社の帰り, 屡々伝えられたところで, 屡々体験するところ, 屡々何故日本には, 屡々余程カタチや, 屡々作る事が, 屡々作品を平面的, 屡々作家を育てる, 屡々使つた詞だ, 屡々使用したと, 屡々來往したやう, 屡々促されて取扱つて, 屡々促されたが僕, 屡々を襲う, 屡々偽られてしまふ, 屡々の者, 屡々傷つけらるれ, 屡々はその, 屡々僕らの眼, 屡々先輩友人の好意, 屡々と影, 屡々全く異つた効果, 屡々の名, 屡々公憤をもっ, 屡々其処まで考へ, 屡々冷笑されること, 屡々凡庸な批評家, 屡々出会う事実な, 屡々出会ったものだ, 屡々出入したが, 屡々出来るだけ機会, 屡々出没したさ, 屡々出逢うことの, 屡々見の, 屡々初老に至つて, 屡々創作慾を刺戟, 屡々動きたるも漸く, 屡々勲功を顕したる, 屡々十一谷君を連れだした, 屡々十場二十場といふ戯曲, 屡々危害を加える, 屡々厄介なこと, 屡々原文を, 屡々厳しく妹を, 屡々及ぶことは, 屡々及んだことは, 屡々反対の結果, 屡々反省する必要, 屡々反芻されそして, 屡々反覆して, 屡々収監されたこと, 屡々交は, 屡々取り上げてはカチンカチン, 屡々取り上げられる一般問題に, 屡々取り扱われたテーマである, 屡々取扱はれる, 屡々受取る例は, 屡々受答に困る, 屡々口不調法な者, 屡々口癖にいふ, 屡々古人の精神, 屡々古典という, 屡々圓翁の, 屡々の様, 屡々候補者の, 屡々同じ願ひ, 屡々同僚の口, 屡々吐息を衝き, 屡々と憂鬱, 屡々吾人の小林, 屡々周囲の者, 屡々和助の新宅, 屡々をし, 屡々を震はせ, 屡々嘆息した, 屡々嘲弄嫉妬の目標, 屡々に上り, 屡々困難な犯罪事件, 屡々図形の回転, 屡々国劇の樹立, 屡々国民ノ会議局, 屡々国民上下の間, 屡々圓朝物の挿絵, 屡々圭子の家, 屡々坑内へ入る, 屡々報ぜし通り, 屡々掘に, 屡々墜落しようと, 屡々壁崩れ柱傾くを, 屡々をそろへ, 屡々変装をし, 屡々夏子の墓, 屡々夏殷周の三代, 屡々夕飯の世話, 屡々外套を着, 屡々外科手術の際, 屡々多くの研究, 屡々多量の催眠劑, 屡々の白む, 屡々夜半まで此處, 屡々夜鳥の叫び, 屡々夢中遊行をし, 屡々大きく莚で, 屡々大勢の人, 屡々大和を訪れる, 屡々大衆文芸が問題, 屡々夫婦の場合, 屡々夫婦生活の危機, 屡々奉公先を空ける, 屡々奏効した, 屡々の斯様, 屡々女性が行, 屡々女性的なもの, 屡々好意ある批評家, 屡々好評を以て迎えられ, 屡々妄想に耽つた, 屡々妙齢の娘, 屡々妨げられるものであります, 屡々の衣裳箪笥, 屡々姿を晦ました, 屡々である自分, 屡々婦女の遭難, 屡々嫌疑されて, 屡々嬉しさうに彼等の, 屡々子供が走っ, 屡々學校に對, 屡々実例を見る動かし, 屡々実証科学乃至自然科学, 屡々宮廷を悩ました, 屡々家主の形, 屡々家宝を公然, 屡々家庭の消息, 屡々家禽を何者, 屡々密話清話した歴史的, 屡々ている, 屡々寝室をぬけ出す, 屡々實行された, 屡々対比されるけれど, 屡々専門家に指摘, 屡々小さな子供が, 屡々小布施の口, 屡々小生に書, 屡々少年の頃, 屡々山岳の茸, 屡々山田の主人, 屡々峠路に沿うた, 屡々工人でもあつ, 屡々工夫せられた窓, 屡々巨巌の面, 屡々市民の不徳, 屡々帽子を奪, 屡々平凡な脚本, 屡々平気で辛く, 屡々幻滅を感ずる, 屡々幼年からの私, 屡々幾何学の図形, 屡々広島に往復, 屡々庶民の生活, 屡々引くり返つて近代, 屡々引合ひに, 屡々引合いに出される, 屡々引用して, 屡々当事者の死, 屡々形式的な返事さ, 屡々往来したが, 屡々得体の知れない, 屡々微笑ましい姿を以て, 屡々微笑ましき諷刺の, 屡々心持の奥, 屡々必要な区別, 屡々応援団の者, 屡々忠告の言葉, 屡々山の, 屡々つたり, 屡々思いがけぬところで, 屡々思い詰めた事でありました, 屡々思はずにゐられない, 屡々思はぬ誤解を, 屡々思ひもかけぬ, 屡々思ひ出すのである, 屡々思ひ誤るが親, 屡々思ふことは, 屡々恋人の伊達, 屡々恐ろしい結末を, 屡々悩殺せられたり, 屡々悪夢にうなされる, 屡々悪漢のためがんぢがらめ, 屡々悪魔のごとき, 屡々悶絶した, 屡々情景を助け, 屡々殺せられたり, 屡々想像以上に豫期, 屡々愛国及び基督教, 屡々感じなければならなかった, 屡々感覚と云う, 屡々慾得のこと, 屡々應用されて, 屡々懐かれるものだ, 屡々に等しい, 屡々成功した心理試験, 屡々に不利益, 屡々我々の注意, 屡々我々自身のそれ, 屡々戯れて手, 屡々所謂旧時代, 屡々所謂事件の運び, 屡々手がけて来た, 屡々批判されるが, 屡々投げられる水流によって, 屡々抱えて歩かれる, 屡々を振り上げ, 屡々持ったに違い, 屡々指摘し得るの, 屡々指摘批判された, 屡々探求される, 屡々接客の間, 屡々接近する機会, 屡々掲げられた有名の, 屡々提議されましたが, 屡々支那通のいふ, 屡々改宗をすゝめ, 屡々攻撃して, 屡々政争の渦中, 屡々政権分配を要求, 屡々政權分配を要求, 屡々政江が人, 屡々教育者の口, 屡々教訓を含み, 屡々散見す, 屡々をお, 屡々文三の所, 屡々文壇的会合も催され, 屡々文子を劬, 屡々う云, 屡々斯くの如き, 屡々羅を, 屡々新京極でかち, 屡々新吉の家, 屡々新貸を鑄造, 屡々新鮮な感動, 屡々日本人が, 屡々明らさまの声, 屡々易からぬ奇怪, 屡々映画についても言える, 屡々ならぬ深夜, 屡々時計の事, 屡々書かれてゐる, 屡々書くかといふこと, 屡々書簡紙も同様, 屡々ッた, 屡々有ったのである, 屡々有楽橋から呉服橋, 屡々朝鮮の水師, 屡々木村重吉の執拗, 屡々末弟の三亀雄, 屡々本国の識者間, 屡々本尊の心的状態, 屡々椅子を立ち, 屡々の鳥, 屡々を煮やし, 屡々権門富家の厳重, 屡々機械的である, 屡々欠伸を噛み殺し, 屡々欧文に見る, 屡々欧米の婦人運動, 屡々歌っている, 屡々歌舞伎芝居を見, 屡々歎息させられる, 屡々歐洲諸國, 屡々止め度なしに, 屡々正しい憤怒を, 屡々正確な英語, 屡々此処に来, 屡々此藤兵衛を其家, 屡々武功あったと, 屡々歴史に散見, 屡々を思うた, 屡々死にたい気持に, 屡々死生の説, 屡々殷周二代の禮, 屡々殺しがちな, 屡々殺意を生ずる, 屡々殿様対侍女という人物構成, 屡々とふたり, 屡々民家に危害, 屡々民黨より嘲笑, 屡々気がついたのは, 屡々をもとめた, 屡々水戸へ人, 屡々水泡に帰し, 屡々氷山見ゆ, 屡々に云, 屡々没落を愛する, 屡々河口警部のお, 屡々法律を利用, 屡々法輪寺を訪れる, 屡々波打ちて涙睫, 屡々泣かせたり淋し, 屡々泥棒のバシュキン, 屡々泰西の戲曲, 屡々浮んで来た, 屡々浮世は辛く, 屡々海辺をさ, 屡々を流し, 屡々涙ぐんでいる, 屡々深夜に死ぬ, 屡々満里子の美し, 屡々の夢, 屡々漆器象嵌籠細工その他にまざっ, 屡々漢字の横, 屡々澄子さんに私, 屡々火の玉が現, 屡々災禍を蒙っ, 屡々智の, 屡々熱情的に抗議, 屡々の回顧談, 屡々片方の棍脚, 屡々のため, 屡々牝猫のやう, 屡々の風情, 屡々特異の味, 屡々と骨, 屡々に化され, 屡々独唱家の変, 屡々猥らな情事, 屡々猿飴へも飴, 屡々玄関に飛び出し, 屡々らしい形容詞, 屡々珍しくなかったし, 屡々現れた民族的蜃気楼は, 屡々現われて来た, 屡々現代の浪曼作家たち, 屡々に落ちる, 屡々理想とするであろう, 屡々甚だ屡々この世に, 屡々生存慾のため, 屡々生徒に聞かせ, 屡々用事があっ, 屡々田舎の家, 屡々述べた通り, 屡々男たちの唇, 屡々男子と同等, 屡々町役人の目, 屡々留學生を送つ, 屡々嗜が, 屡々異様な人生, 屡々疑問を感じる, 屡々疑義を生じた, 屡々病気の口実, 屡々痛ましい光景に, 屡々発病したが, 屡々発表して, 屡々発見して, 屡々發見されるさ, 屡々白川と云合, 屡々百六十歩のところ, 屡々が外れる, 屡々目撃して, 屡々目覚時計のけざやか, 屡々相手に笑, 屡々眺めないところの, 屡々瞥見した, 屡々瞬きをする, 屡々知慧ある態度, 屡々短歌や俳句, 屡々破壊せられるの, 屡々確固たる性格者に, 屡々社交会にも引出し, 屡々祖母に尋ねた, 屡々祖父母から語っ, 屡々神秘不可思議な思想, 屡々秀子の許, 屡々私自身すら自分, 屡々私達は, 屡々移動して, 屡々穴川甚蔵に強請られ, 屡々空っぽになりました, 屡々突き放すやうな冷めたい, 屡々突拍子もない, 屡々を開け放つ, 屡々から出た, 屡々立ちどまり景色に, 屡々立ち停つたり振り顧, 屡々の弓, 屡々純化され或は, 屡々紙鳶を戦わせる, 屡々結婚の感触, 屡々絶え入るばかりの咳, 屡々絶望の谷, 屡々經驗する喜悦, 屡々編曲という名, 屡々縁側あるいは家, 屡々繰り返さるべきことで, 屡々繰り返される極くありふれた, 屡々繰り返してゐる, 屡々美しい女物の, 屡々義妹たちに話した, 屡々老婆の財産, 屡々考へて流れ, 屡々聞いて耳, 屡々聞かれる旧套語, 屡々聞きたるも斯程, 屡々聞きとられてゐた, 屡々聞きなれた言葉の, 屡々聞くように, 屡々聴覚を通して一つ, 屡々を掻き, 屡々を害し, 屡々が立つ, 屡々自ら傷きおそらく, 屡々自ら胡麻化したる, 屡々自ら長野へ出向い, 屡々自分等の足り, 屡々自己を見, 屡々自己弁解をさえやっ, 屡々自滅するの, 屡々自然の手, 屡々を鳴らし, 屡々色々の機会, 屡々芸術としてで, 屡々芸術作品を論議, 屡々芸術家に依っ, 屡々若い男女の, 屡々英子の家, 屡々萬物に眤さ, 屡々葛西氏に誘はれた, 屡々を啓, 屡々蕎麦を打たせた, 屡々虐殺された, 屡々行き軽井沢の, 屡々行なわれるのである, 屡々表明し得た最大, 屡々の大楠, 屡々裏切られる事が, 屡々裏切るために, 屡々複雑した感覚, 屡々見うけるがこ, 屡々見かけたからである, 屡々見かけるのは, 屡々見せつけられますがこれ, 屡々見せつけることは, 屡々見たことの, 屡々見られトーキー映画に, 屡々見出されるがその, 屡々見出すように, 屡々見受けますがアメリカ映画, 屡々見受けられる打ち解け過ぎた頭の, 屡々見失はれるものであります, 屡々見学にかよひつ, 屡々見当はずれで不, 屡々見慣れてきた, 屡々観ることであり, 屡々角闘を奨励, 屡々解放せられたる婦人, 屡々解説書よりも短い, 屡々言明しある, 屡々言葉として表現, 屡々訓戒されたが, 屡々記したところである, 屡々記す通りの, 屡々記憶のうち, 屡々記載して, 屡々記録されるこの, 屡々訪ねて来る, 屡々訪れるように, 屡々訪問して, 屡々訪客は隣家, 屡々へた, 屡々試みたが成功, 屡々となり, 屡々をきい, 屡々話されたのは, 屡々話し名刺とか, 屡々話す事が, 屡々話柄にのぼる, 屡々つた, 屡々誘発されざるを, 屡々つた, 屡々語り聴かされたのであります, 屡々つた批評を, 屡々をたてる, 屡々説かれている, 屡々読書界を席捲, 屡々論じられたテーマを, 屡々論ずる所である, 屡々論ぜられる厭世主義よりも, 屡々論ぜる如く威力の, 屡々論議されたが, 屡々諦めと卑下, 屡々教会の, 屡々諸氏に逆, 屡々警戒の必要, 屡々議会に現, 屡々議會に現, 屡々豊富なタンゴ, 屡々豪遊したり, 屡々豪雨の降った, 屡々を歌, 屡々貴女へお, 屡々貴重な建議, 屡々質問のある, 屡々赤瀬氏の出資, 屡々起きて寺社家屋, 屡々起こる一つの, 屡々起つてゐ, 屡々起り得る例に, 屡々起る現象でした, 屡々越前勢をなやまし, 屡々路傍の小舎, 屡々を誤, 屡々軍人には, 屡々軽率に自負, 屡々軽薄なもの, 屡々輿論を作る, 屡々轉宅されたが, 屡々辟易させられたの, 屡々辻堂の顔, 屡々近代的な造園家たち, 屡々近隣の教会, 屡々述べて来た, 屡々はされ, 屡々追想して, 屡々にほとばしつ, 屡々ひしも, 屡々通うように, 屡々通らなければならぬ, 屡々通行するので, 屡々速射砲等をもつ, 屡々逢えないものらしい, 屡々逢わずにはいられなくなった, 屡々遊ぶ余裕の, 屡々遊んだ中見世は, 屡々遊里に誘はれたりき, 屡々道徳の母胎, 屡々と戚, 屡々酒間に余, 屡々酷い失敗を, 屡々へお客, 屡々重大な関心事, 屡々野々宮を除け者, 屡々野田を立見, 屡々を借りた, 屡々銀座を歩い, 屡々銀杏を振返り, 屡々銃猟に誘はれる, 屡々を貪, 屡々長い間其処に, 屡々間道から奇兵, 屡々間違いでありあるいは, 屡々間違つた批評を浴せかける, 屡々阿呆の異名, 屡々降ったと思う, 屡々陥るところの, 屡々陶酔の埒, 屡々隣りへ遊び, 屡々を取り去る, 屡々雪子は私, 屡々雪線の下, 屡々電光の閃く, 屡々青年時代にあった, 屡々面白いものを, 屡々音信をしない, 屡々音楽のそれ, 屡々をもたげ, 屡々風情を増す, 屡々風紀を紊, 屡々飄然と一嚢, 屡々を貰う, 屡々駁論に於, 屡々騷動が起り, 屡々怖すべき, 屡々声に, 屡々高島嘉右衛門をし, 屡々高島嘉右衞門をし, 屡々鯛ちやんの夢, 屡々鳴くかを今更, 屡々黒雲が立った