青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「展~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

届け~ 屋~ ~屋敷 屋敷~ ~屋根 屋根~ 屍~ 屍体~ 屏風~ 屑~
展~
~展開 展開~ ~属する 属する~ 屡々~ 層~ ~山 山~ ~山々 山々~

「展~」 1418, 15ppm, 7344位

▼ 展~ (157, 11.1%)

16 られて 8 て見せた 6 て見, られた 5 ている, て見た 4 てゐる, て見せる, ると 3 てある, てその, て見る 2 てあつた, ていた, てみ, てゐた, て行った, て見せ, ます, られたの

1 [74件] させ, させた, させよう, その上, だした, て, てあった, てございます, てちよ, ては, てみせた, てみせる, てみたい, てみよ, てみる, ても何, てゐ, て乱舞, て二度びっくり, て何, て何度, て干した, て彼, て指, て敷居, て清, て爽, て白米, て第, て紫色, て置きました, て行, て見せました, て評議, て読み, て読み耽っ, て読んだ, て讀んだ, て遲くま, て附近, て青楓氏, て饑, ながら空想, はじめた, られたが, られたま, られた傘, られた原稿紙, られた時, られた森, られた溪, られた異常, られた絵, られる, られること, られるだろう光景, られるもの, られるよう, られる豪華版, られ両手, られ彼, る, ること, るその, るという, るならこんな, るの, るらしい紙音, る場所, る所, る様, る雪田, 一見大兵, 放しに

▼ 展~ (127, 9.0%)

3 歩みを 2 ために, 大将とかが, 審査員に, 感想, 絵に, 要領

1 [112件] あとは, あらゆる段階, きざしでありはやく, ころに, その進歩性, たくさんな, ときの, ときも, とき売っ, ようだ, 一つの, 一歩一歩が, 一段階であった, 一派と, 一般的な, 上書に, 二回目に, 人気の, 今日の, 代わりに, 会場を, 作品が, 作品も, 作家は, 作家諸君に対しては, 停止する, 側から, 元老である, 入選畫帳を, 出品で, 出品に対する, 出品画, 力とを, 努力である, 動機なり, 動機の, 勢に, 各室に, 名物で, 地を, 域を, 場内芸術意識の, 場合でもさ, 場合他の, 如きは, 如きも, 如く素晴らしい, 寛衣を, 審査員である, 審査員として, 工芸じゃ, 彫刻から, 影響が, 径路においても, 心像, 必然性から, 批評を, 新画一つ批評, 方ずっと, 方に, 方の, 方は, 方も, 方向を, 方針は, 日本画が, 日本画の, 日本画は, 最初は, 朝日山の, 根源であり, 梅原龍三郎の, 極限は, 次第を, 段階においては, 洋画については, 洋画部を, 深沢省三氏, 混迷を, 無限なる, 特選に, 画でも, 画は, 発育を, 祝賀会であっ, 福田豊四郎氏の, 第四部工芸品部, 絵, 絵でさえ, 絵画の, 絶えざる限り, 考察から, 自覚の, 良さ, 観が, 記憶が, 記録である, 評, 説明を, 販売意識を, 販売政策に, 跡を, 路を, 途上において, 進歩性の, 過程であっ, 過程である, 過程において, 遠山五郎君だ, 選外かに, 開会が, 驚くべく迅速

▼ 展けて~ (108, 7.6%)

10 いた, いる 8 来た 3 きた, くる, 来る 2 いて, ゆくの, ゐた, 來る, 居た, 行った, 見なくても

1 [57件] いくという, いたの, いた河, いないの, いること, いるだけに, いるところ, いる光景, いる安土城下, いる時, いる樹林, いる空, いる豊か, い林, かなり高い, きます, くるの, そこには, そこの, ちょっとの, ゆかなければ, ゆく, ゆく平野, ゐる, ゐるが, ゐるやう, ゐる他, 一刻も, 來た, 其処に, 向うの, 四十幾年の, 少し西, 居る場処, 收穫, 来たこと, 来たの, 来た楽しみ, 来た痕, 来た視野, 来た青空, 来るやう, 来る実際, 正面に, 流行を, 海が, 用事あり, 草の, 行くだろう, 行くよう, 行つた, 行つたらう, 見えるので, 視め, 赤い白い競漕, 赤松の, 馬蹄の

▼ 展~ (74, 5.2%)

6 評す 5 見て 3 見に, 観て 2 みて, みに, 見た, 観る

1 [49件] いそいで, おろそかに, ごらんに, して, ひらくこと, みても, やすんで, やったとき, やつた, やつて, やりたいと, ゆつくりみ, 一部に, 上野で, 京橋角に, 企てたの, 伴った伝統, 催したの, 充分に, 妨げない, 妨げない樣, 実行し, 導くもの, 思うとき, 意味する, 承認しない, 抑へる, 拒む者, 新潟新聞楼上に, 求めようと, 理解する, 真に悪く, 示して, 經て, 続けなかったの, 続けなかつたので, 見たり, 見る, 見ること, 見道元, 観る今更, 試みること, 認めること, 説くもの, 進めると, 開いた, 開催し, 開始する, 高島やに

▼ 展~ (61, 4.3%)

4 ようと, られて 2 させて, 御供衆のは, 筆を, 自分は

1 [45件] あり候間, いたします, かけると, がたしと, さして墨痕, さすため, そのうえに, その間へ, たる如し, てないわけ, ひろげられ麗, ました, られた, られたる人生, られたる美, られた唐紙, られた妻, られてる都市, られません, られる, られると, られるよう, られる正確, るといふ, るには, る始め, る巻物, る日, る時, る計, んと, ペンを, 丹青を, 子房の, 座布団を, 旋陞る, 母子の, 紙の, 終った茂太郎, 終って, 自ら版に, 茂之助は, 裾の, 遠くは, 開くこと

▼ 展覽會~ (61, 4.3%)

3 を開い 2 と, に出した, をやつ

1 [52件] か何, がある, がひらかれる, が催された, が催される, が開かれた, が開かれる, であつ, では得意, でもやつて, でグレコ, で一日數千, で多少, で私, で見た, とか芝居, との差以上, なぞが開かれ, などで本職, ならそれ, なんかにお, に, にある, にはじめて, には東湖, にセザンヌ, に出させた, に出品, に芥川家藏, に陳列, に青木, のある, のため, の中, の事, の批評, の招待日みたい, の方, の會期中, の當日, の繪, はここ, は誠に, へ出す, へ行け, をとりし, をよしや, を口實, を見, を觀, を開いた, を開き

▼ 展~ (48, 3.4%)

4 出品した 2 なつて, 出した, 出て, 出品された

1 [36件] せよこ, 並んだら却って, 久邇宮家の, 仲間入りされた, 伴って, 入選, 入選する, 出された, 出品され, 列べた場合, 反旗を, 向ふ, 商業展の, 変った時, 大智氏の, 大部分, 屏風一杯に, 岸田組からと, 御不沙汰, 持込んで, 描いた後ろ向き立姿, 数回特選され, 数度出品し, 欠き難い, 次ぐ今, 油画を, 等しい博覧会, 絵が, 花子が, 華楊は, 落選する, 行く, 行った, 資するところ, 較べて, 限らず展覧会

▼ 展~ (47, 3.3%)

4 て行 3 ている 2 ていた, てゐ, て来た, て見せた, て見せる, て見る

1 [28件] たり縮め, て, てうけ入れ, ておかね, てくれた, てみ, てみた, てやらない, てゐた, てゐました, てゐる, て下され, て呉れ, て坐った, て忙しく, て来, て来る, て深く, て湯呑, て生姜色, て盲人, て行く, て行った, て行つたの, て見えた, て見せ, て見た, て銀線

▼ 展べて~ (46, 3.2%)

2 あった, ある, いた, いて

1 [38件] あげましょうと, あって, あるの, いきなり秋海棠, いささか寸功, います, おくれ, くれい, もらって, ゆっくりと, 中原へ, 冷かに, 即興の, 坐って, 寝ましたが, 寝ること, 御座います, 思を, 意気甚だ, 暫く女, 横に, 母子を, 洋燈の, 漫然空車と, 煤けたラムプ, 縦横に, 翁を, 芳年は, 茅草の, 蚊帳を, 見せた, 詩を, 読んで, 身下の, 軍民を, 退がったの, 静かに, 靜かに筆をや

▼ 展~ (28, 2.0%)

4 つてゐる 2 つてゐた

1 [22件] あって, ありましたが, あり秋, あると, いでくるところ, ここでは, つた, つて来た, つて来る, ひらかれた, ひらかれてる, モスク, 世界巡業を, 停止せる, 催された時, 唐における, 日本よりも, 最初に, 期待され, 資生堂の, 開かれて, 開催された

▼ 展~ (28, 2.0%)

2 伸子に, 観者

1 [24件] いつの間にか私, この勢い, こんな時代, そうでも, その意味, たいへん好評, つまらないが, どうか, 事変下の, 二科より, 仲, 僕を, 出品点数二百十七, 名実共, 必ずしも意外, 所詮アカデミズム, 日が, 東京と, 桂月氏の, 無意義と, 綜合されれ, 老画生土牛, 阻害された, 順当であった

▼ 展~ (22, 1.6%)

2 ました

1 [20件] かかって, かけた自由, そこからの, つきだされて, てつち, ないから, ますと, ゆくに, ゆく柔らか, ようと, ようとして, 中央に, 亘った, 右の, 山奥とも, 板壁の, 船は, 連山の, 道を, 錦の

▼ 展~ (19, 1.3%)

2 ことを

1 [17件] がため, ためには, とともに心慄, と山の根, と稚拙, なり, な陣形, のであつ, のである, のを, やうに, やここ, 午まえ, 時しも, 決心だ, 法性と, 電柱列に

▼ 展~ (19, 1.3%)

3 して 2 しなければ, する, すること 1 したこの, したもの以外, すると, するという, せしめる, という過程, に至る, の仕方それ自身, の軌道, の過程

▼ 展する~ (16, 1.1%)

2 や演繹法

1 [14件] ことにおいて, それから蝙蝠傘, のである, ので甲, の必然, ものである, や帰納法, や歸納法, を覚え, 力が, 場所の, 月日に対して, 機会を, 活動として

▼ 展~ (16, 1.1%)

2 絵が

1 [14件] おそろしく人気, もさまで, 二万四千円の, 啄木が, 巴里の, 平家関係の, 特に記憶, 私の, 見た実力, 見た薄, 評判に, 評判の, 過ごした, 金牌を

▼ 展いた~ (15, 1.1%)

2 ような

1 [13件] あたりから, もの, やうな, ゴルフ場で, 上に, 封建時代の, 本所区, 様子だ, 空を, 窓, 窓から, 窓の, 通りを

▼ 展かれた~ (15, 1.1%)

2 のは, 俺の, 宿の, 望楼の 1 この青年達, ような, 一つの, 器關を, 大隈氏の, 景色は, 窓の

▼ 展ける~ (15, 1.1%)

2 一つの

1 [13件] かも知れない, ところ, とともに黄色く, とは思っ, のだ, まで汗, 一種の, 一路の, 世の中は, 東海道の, 河原の, 田圃パッ, 黒く蠢

▼ 展~ (14, 1.0%)

6 して 1 された灰色, される訳, され脆く, し, し翼, すと, す必要, そうと

▼ 展かれ~ (12, 0.8%)

2 てゆく 1 さうなの, そうでならない, ています, てくる, てよ, てゐる, て来, て来る, て生きる, 中央に

▼ 展がっ~ (11, 0.8%)

5 ている 2 ていた 1 てくる, てゆく, て行く, て行っ

▼ 展がる~ (11, 0.8%)

2 茜色の 1 かもしれない, イーハトーボの, 夏空は, 密林の, 山坡に, 目路に, 稲田と, 空間は, 蒼茫たる

▼ 展~ (11, 0.8%)

5 てゆく 3 ている 1 てそして, て来る, て行く

▼ 展~ (10, 0.7%)

1 たちまち見る, つつある, て屋外, は決してそう, も見事, 仕事椅子に, 天も, 月耕年方半古近くは, 絵図を, 膂力の

▼ 展せられ~ (9, 0.6%)

3 て来た 1 それによって, てゆく, てゆくべき, て来る, 様々の, 特殊な

▼ 展~ (9, 0.6%)

4 して 1 させて, されて, され天覧, でかつて, といっ

▼ 展~ (8, 0.6%)

1 てある, ている, ては強い, て億万里程, て見せよう, て軍功帳, 哨戒の, 布陣の

▼ 展という~ (8, 0.6%)

1 のが, のも, のを, ものが, ものに, ものに対する, ものを, 場所の

▼ 展~ (8, 0.6%)

1 ある彫刻屋, 三度出品し, 二三枚は, 入りました, 出された鰯, 出品いたしました, 出品した, 行く

▼ 展~ (8, 0.6%)

2 けてくる 1 いて, かれたの, かれて, かれる永劫, けてゐた, ける谷底

▼ 展した~ (7, 0.5%)

1 かは明白, かを考えた, かを考へた, のだ, 好個の, 如くに, 思想を

▼ 展~ (7, 0.5%)

1 ありますので, いうごときこと, いうと, ささやかな, その背景, 同じもの, 商業展との

▼ 展には~ (7, 0.5%)

1 あくまで売れる, あの不, 制作良心なし, 大体興味なし, 大賛成, 少ないが, 気づかない

▼ 展けた~ (6, 0.4%)

1 この雄大無比, に違い, ので遠く, 新しい視野, 若い生命, 雑然たる狭い

▼ 展では~ (6, 0.4%)

1 日本画と, 検閲が, 片多徳郎, 落されて, 落選させる, 見事に

▼ 展でも~ (6, 0.4%)

1 そんな事, よく対照, 何でも, 書簡は, 絵画から, 銀座舗道的な

▼ 展ぶる~ (6, 0.4%)

2 は寧ろ, を得れ 1 が如くである, が如し

▼ 展~ (6, 0.4%)

1 あり又, 一つの, 少し見, 第六回, 見られなかったし, 見物する

▼ 展~ (6, 0.4%)

5 して 1 する峠

▼ 展から~ (5, 0.4%)

1 あんまり自分, 取って, 受ける感じ, 第三回, 見ると

▼ 展がって~ (5, 0.4%)

1 ゆきそう, ゐる, 往くこと, 来た, 浮んだ

▼ 展である~ (5, 0.4%)

1 ことは, ことを, 事を, 実際生活そのもの, 面授面受が

▼ 展~ (5, 0.4%)

1 二科の, 向上が, 後期の, 院展を, 院展二科の

▼ 展~ (5, 0.4%)

2 して 1 した, の第一歩, を試みた

▼ 展とか~ (4, 0.3%)

2 何とかいう 1 院展とか, 院展とかの

▼ 展などは~ (4, 0.3%)

1 その新興的, 専門家ばかり, 幾度か, 画稿料を

▼ 展によって~ (4, 0.3%)

1 いわゆる西洋, おのずから形成, 最初の, 絶えず概念

▼ 展出品~ (4, 0.3%)

21 が一代, して

▼ 展あたり~ (3, 0.2%)

1 に出品, に比べ, の出品

▼ 展かれる~ (3, 0.2%)

1 ことに, とはお, 彼女を

▼ 展けた平野~ (3, 0.2%)

2 の青田 1 に注ぐ

▼ 展けられ~ (3, 0.2%)

1 てある, て來, て見えた

▼ 展げた~ (3, 0.2%)

1 かと見る, がどうにも, ばかりで

▼ 展させ~ (3, 0.2%)

2 てゆく 1 て後世

▼ 展される~ (3, 0.2%)

1 ことであります, 特別の, 王朝時代の

▼ 展べた様~ (3, 0.2%)

1 である, な静平, に眼下

▼ 展~ (3, 0.2%)

2 の画家 1

▼ 展開け~ (3, 0.2%)

1 てい, ている, て見えた

▼ 展~ (2, 0.1%)

1 ないよう, 博物館に

▼ 展がり~ (2, 0.1%)

1 が円く, 人々の

▼ 展き下され~ (2, 0.1%)

1 て貴女, 老人思う

▼ 展くに~ (2, 0.1%)

1 よしなく匂, 足るべきである

▼ 展けた谷~ (2, 0.1%)

1 見霞むやう, 見霞むよう

▼ 展けた雪原~ (2, 0.1%)

2 には何日

▼ 展げたの~ (2, 0.1%)

1 はそんな, を車

▼ 展げたよう~ (2, 0.1%)

1 な雪, に漲っ

▼ 展じた~ (2, 0.1%)

1 あとで, ものと

▼ 展~ (2, 0.1%)

1 のを, ばかりです

▼ 展せられた~ (2, 0.1%)

1 ため独自の, ものが

▼ 展せられる~ (2, 0.1%)

1 からである, ことが

▼ 展って~ (2, 0.1%)

1 いるの, 臥りました

▼ 展での~ (2, 0.1%)

1 片多徳郎遺作展, 私の

▼ 展との~ (2, 0.1%)

1 劃然たる, 関係に

▼ 展とは~ (2, 0.1%)

1 何の, 違うなかでも

▼ 展などの~ (2, 0.1%)

1 作品は, 出品物を

▼ 展びて~ (2, 0.1%)

1 来た, 来たもの

▼ 展べた樣~ (2, 0.1%)

1 である, に眼下

▼ 展~ (2, 0.1%)

1 を難ずる, 郊外の

▼ 展中国~ (2, 0.1%)

1 の元, の版画展

▼ 展~ (2, 0.1%)

1 なリアリスト, な観念

▼ 展~ (2, 0.1%)

1 八回, 六回の

▼ 展~ (2, 0.1%)

2 の出品搬入数

▼ 展~ (2, 0.1%)

1 して, に供

▼ 展覽室~ (2, 0.1%)

1 に入, を出

▼ 展~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 展開けた~ (2, 0.1%)

1 耕地であり, 野原だった

▼1* [193件]

かうとした, 展からの帰り途ひときわ, 展かれだした人生は, 展かれめくるめく我が眼, 展かれるであろうはかない最後, 展がった神戸の, 展きたいものである, 展き出さうとしてゐない, 展き出そうとし, 展き着ている, 展くも名器を目前, 展くれど青き, 展く暗いものは, 展けたなだらかな起伏, 展けたのである, 展けたような今日, 展けた一線の野道, 展けた上流の空, 展けた下流の空, 展けた原の方, 展けた外洋である, 展けた平地と大ら, 展けた広漠たる明るい, 展けた感じと菜の花, 展けた時でもある, 展けた林檎畠青々と, 展けた果に人家十万余, 展けた桑畑をながめ, 展けた気がした, 展けた流のほとり, 展けた田圃ですし, 展けた眼下の谷, 展けた葡萄畑の多い, 展けつつ日盛の, 展けてをり人口, 展けば権化と, 展げたことの無い, 展げたとこをひょっと, 展げたカラカサダケすなわちニギリタケ数個, 展げた中へ天守, 展げた仔苗を萌, 展げた処が, 展げた回想の頁, 展げた川筋の景色, 展げた形に反映, 展げた掌に頬, 展げた紙の上, 展げた船の絵図面, 展げどれにでも自然人事, 展げ今日明日の小説欄, 展げ其上で行, 展こうとする, 展さして発達し, 展させずに萎縮, 展させようとする, 展させられてもそれ, 展されて行く, 展されたのである, 展されたではない, 展されたる赤紙の, 展され得る事なら, 展じうる姿勢と, 展じれば千山万水, 展じ出て来る, 展すべき自然の, 展せたらば玉子, 展せられずして今日, 展せる瑩白色花蓋六片の, 展られ船首, 展そのもののよう, 展といふ, 展つてゐるの, 展つて行つた道筋がよく, 展でしたな, 展でなければならない, 展といふものが, 展とかと云つたああ, 展とかといったああいう, 展として現われて, 展とともにその魔力, 展とどつちに, 展とに伴う何らかの, 展どころでなかった, 展のさ, 展なぞ見ると, 展などのと, 展などがあったとき, 展などで何度か, 展などに見かけること, 展なども催されその, 展などを見て, 展なら帝展に, 展なるものを, 展なんかみたいに, 展なんかも見たいと, 展において金牌を, 展にでも出したいとは, 展になつてから, 展にも同じ題材, 展に関する話を, 展びずにいない尾張との宿命, 展びたまゝ瞬もしない, 展びてゐるのは日本で見られない, 展びて叙事詩となつ, 展びて石油色をし, 展びまいとしてもそこへ展びずにいない尾張との宿命, 展びるだけはのびてずつと後, 展びんとする, 展ぶれば紙, 展への出品, 展へは必ず出品, 展べしめざらんに, 展べたがその, 展べたままになっ, 展べたやうに遠く, 展べたように咲い, 展べた一線が幾多, 展べた形です, 展べた彼は一時間, 展べた机は塵一つ, 展べた血書の一字一字, 展べた褥の枕辺, 展べに来た女中, 展べろ早く, 展ほど私の, 展らくばかりである, 展もでき, 展りひろげてわれわれ, 展ろげると, 展アイヌ作品展の如き, 展ブ億兆昇平ヲ謳歌セザルナシ, 展ベ酒ヲ煖メ盃, 展に禍, 展して, 展以外の方面, 展伸げられたるこの, 展を日本画, 展其他の所謂前衛的展覧会, 展出品者に共通, 展出品製作も盛夏, 展分化するところ, 展列品に効い, 展入選, 展制作等において大勢, 展になります, 展を与える, 展化進行するから, 展及びその他である, 展向きとは何ん, 展回される惨状に対し, 展審査員としての不首尾, 展審査員任命をもつ, 展彫刻がすき, 展し前田方, 展は藤原朝以前, 展招待日の見物, 展さして, 展支那赤絵展アイヌ作品展の如き, 展政治の発達等, 展昆布を出す, 展春陽会を見, 展朝鮮工藝展沖縄工藝展支那赤絵展アイヌ作品展の如き, 展沖縄工藝展支那赤絵展アイヌ作品展の如き, 展審査員なら, 展はある程度, 展特選になった, 展独立自由美術などの画家, 展に際しより, 展的観念が誘起, 展の準備, 展独立展を, 展して, 展せしむとはなかなか, 展の色, 展も精緻, 展落選の話, 展見ましたときね, 展見物のついで, 展覺會に, 展覽會學藝會校友會雜誌の編輯, 展覽會等一週間に亘つて, 展ではない, 展觀品中に水戸藩關係, 展に曰く, 展のみ, 展のみ, 展転反側とはこれ, 展轉相通蓋有諸家増益用廣異聞釋言釋訓以下亦猶, 展辺りでもむやみ, 展開かれた麥畑を, 展開催中御用命, 展だった, 展風二科御用静物セット裸女兼用といったもの