青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「寂しく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~宿 宿~ 宿命~ ~宿屋 宿屋~ 寂~ ~寂し 寂し~ ~寂しい 寂しい~
寂しく~
寄~ ~寄せ 寄せ~ ~寄っ 寄っ~ 寄り~ 寄る~ 密~ ~富 富~

「寂しく~」 1007, 10ppm, 10309位

▼ 寂しく~ (81, 8.0%)

4 寂しくて 3 はかない気 2 ならない, ならなかった, はかない氣, やりきれないので, やり切れない, 居た所, 眼を, 見て, 貧しくましき

1 [56件] いる三吉, えは, お帰り, お気の毒, かわいそうです, きの, しかたが, しようがない, しようがなかった, そして明るい, そして美しかっ, そんなこと, たへざれ, たまらない, たまらないところ, たまらないので, たまらなくなり, たまらぬ季節, とうてい客, なにか, ならないから, ならなかったの, ならぬ, ならぬ時, なりません, なりませんのよ, やりきれないん, やりきれなかつた, やり切れないって, 一刻も, 不便だ, 不可, 人通りも, 仕方が, 何うなる, 凄い, 厳粛であった, 困つて, 堪えられないよう, 堪へられなくな, 堪らぬ, 堪りませんよ, 家に, 心細さ, 悲しいか, 悲しくなりました, 溜らないの, 硬ば, 耐らない, 落付が, 貧しきが, 身に, 身体は, 陰惨と, 離れて, 馬鹿らしくて

▼ 寂しく~ (40, 4.0%)

5 あるか 2 寂しき姿, 悲しくも, 遊ぶ暇, 隣り合

1 [27件] あった, ありまた, あり嫌, あり安易, ある, あるという, ある円い, ある日, あれば, つくば, ない小ぢんまり, また悲しい, また骨折, 住み有為転変, 唯ひとり, 待つこころもち, 思った, 思われるの, 恐ろしくも, 感じた, 気うとい, 永久に, 熱苦しかった悶え, 羨しくも, 華やかである, 見つつ, 調子の

▼ 寂しくなっ~ (35, 3.5%)

6 ていた 4 て来た 2 ている, てくる, てしまった

1 [19件] たりした, たりする, てき, てそして, てどうも, てぼんやり, てよそ, て三度三度, て人, て出掛け, て少年, て新子, て来る, て私, て行く, て行った, て見える, て通魔, て遣り切れない

▼ 寂しくなる~ (24, 2.4%)

2 どんなに此処, ような

1 [20件] からでしょう, がの, ことが, ことでしょう, ことを, しそれに, し陸, だけでせう, と人, と入口, と掛け, と文章, と書棚, と表, のだろう, のであった, のである, のと, もの, 惧れ

▼ 寂しく~ (23, 2.3%)

2 つて了つた

1 [21件] つた, つたのは, つたのも, つた事も, つた心が, つた樣に, つてしまつてね, つてその, つてたへかね, つてどこまでも, つてまじまじ, つて人ど, つて他国へ, つて來た, つて家に, つて寄り所の, つて居る, つて早稲田の, つて早稻田の, つて泣きたく, つて紙芝居は

▼ 寂しくなった~ (22, 2.2%)

1 [22件] ことだろう, ことも, し鶏頭, ためもう, ということ, という友, と思う, ね帰る, ので, のである, のでふい, のなり, ものです, ように, ようにも, んです, 光景であろう, 原因は, 家の, 林之助は, 気が, 雪明りの

▼ 寂しく~ (22, 2.2%)

2 あるが, ない, ないの, なかった

1 [14件] あったし, ありませんか, ありませんたとえ, あるまい, ないか, ないその, ないね, ないよ, ないん, なかつたが, なかつたよ, なるけれど, 有りませんか, 無いだろう

▼ 寂しくない~ (14, 1.4%)

2 ことは, のです 1 ことも, し風, どうぞ神霊さま, どころか始終, にちがい, ものなら, ものは, よ, わけに, わねえ

▼ 寂しくその~ (10, 1.0%)

2 墓地の, 影を 1 代り上品で, 円い輪, 後ろ影に, 意味での, 蜜柑箱に, 雲の

▼ 寂しく暮らし~ (10, 1.0%)

4 ている 2 ていた, てゐる 1 ていらっしゃる, ておいで

▼ 寂しくなり~ (9, 0.9%)

1 いよいよ深く, がちでした, 嵐を, 心細さ, 恐らく買わず, 悲しくなる, 焦燥をさえ, 蒼然と, 辻斬なども

▼ 寂しく思っ~ (9, 0.9%)

5 ていた 2 ている 1 たり私, ておいで

▼ 寂しく笑っ~ (9, 0.9%)

51 ていた, ている, て手, て続けた

▼ 寂しく静か~ (8, 0.8%)

2 である 1 であった, であるが, で二間, で漁師, な家, に遊び暮

▼ 寂しく暮し~ (7, 0.7%)

2 ている, てゐる 1 ていられる, てゐられる, て居た

▼ 寂しく~ (7, 0.7%)

4 にうつる 1 にはうつる, をつぶった, を閉じ

▼ 寂しく~ (7, 0.7%)

4 ひながら 1 ひはじめた, ひました, ふ

▼ 寂しくとも~ (6, 0.6%)

2 信心ぶ 1 あなたが, くるしくとも, わたしは, 何か

▼ 寂しく思う~ (6, 0.6%)

1 のである, のも, ような, ようにさえ, 前には, 情が

▼ 寂しく悲しく~ (6, 0.6%)

1 する意志, なって, なる, 思って, 血の, 見られた

▼ 寂しく~ (5, 0.5%)

3 思いに 2 もつた

▼ 寂しく~ (5, 0.5%)

1 ていた, ていられる, てゐたい, て暮し, て行つて

▼ 寂しくばかり~ (5, 0.5%)

1 なつて, 思われて, 思われるの, 暮して, 見えた山荘

▼ 寂しく心細く~ (5, 0.5%)

2 なると 1 なったので, 且つ不幸, 思うこと

▼ 寂しく笑い~ (5, 0.5%)

1 つつ毛肌, ながらいった, ながら弱々しい, ながら答える, ながら黙っ

▼ 寂しく笑った~ (5, 0.5%)

1 が, きりだった, なみなみ注いだる, 時に, 要するに記者

▼ 寂しく~ (5, 0.5%)

2 に蘇つて, に蘇つて來 1 に蘇っ

▼ 寂しくなります~ (4, 0.4%)

1 とすぐ, なあ, ね, よ

▼ 寂しくなり勝つ~ (4, 0.4%)

4 て行く

▼ 寂しく守つて~ (4, 0.4%)

4 居る者

▼ 寂しく寝る~ (4, 0.4%)

2 という意味 1 ことだって, という気持

▼ 寂しく微笑~ (4, 0.4%)

3 した 1 しながら

▼ 寂しく思ひ~ (4, 0.4%)

1 さう, ながら見つめ, 後悔した, 非常に

▼ 寂しく~ (4, 0.4%)

1 に感ぜられた, の帰り, は階下, を微笑

▼ 寂しく立っ~ (4, 0.4%)

3 ていた 1 ている

▼ 寂しく見える~ (4, 0.4%)

1 だけで, のである, ほどに今夜, ようでした

▼ 寂しく頼り~ (4, 0.4%)

2 ないこと, なく張合

▼ 寂しくした~ (3, 0.3%)

2 ことは 1 と惜しまれた

▼ 寂しくする~ (3, 0.3%)

1 にすぎない, に役立つ, のです

▼ 寂しくそれ~ (3, 0.3%)

1 に夕暮れ, に時間, を聴い

▼ 寂しくなつ~ (3, 0.3%)

1 た, てきた, てしまふ

▼ 寂しくなつた~ (3, 0.3%)

1 この兄, ので丑松, ものです

▼ 寂しくまた~ (3, 0.3%)

1 体も, 寒さうに, 惨めでも

▼ 寂しく~ (3, 0.3%)

1 てそれ, て寝られない, て心細く

▼ 寂しく住ん~ (3, 0.3%)

1 でい, でいた, でゐる

▼ 寂しく微笑ん~ (3, 0.3%)

1 でゐる, で縁側, で過ぎ

▼ 寂しく思われ~ (3, 0.3%)

1 てならなかった, て気, もした

▼ 寂しく悲しい~ (3, 0.3%)

1 ことであろう, ままに, ものに

▼ 寂しく感じ~ (3, 0.3%)

1 たりし, てゐた, ながら

▼ 寂しく~ (3, 0.3%)

1 を送った, を送りぬ, を過し

▼ 寂しく暗く~ (3, 0.3%)

1 なって, なつたやう, なりかけた

▼ 寂しく~ (3, 0.3%)

2 おもへとや 1 足らず思われること

▼ 寂しく眠る~ (3, 0.3%)

2 人の 1 前一寸

▼ 寂しく~ (3, 0.3%)

1 には月, に響く, を向い

▼ 寂しく聞え~ (3, 0.3%)

1 てくる, てゐた, て知っ

▼ 寂しく聞き~ (3, 0.3%)

2 ながら私 1 ながら過去

▼ 寂しく~ (3, 0.3%)

1 かであつ, かなる, な記臆

▼ 寂しくあなた~ (2, 0.2%)

1 の目, の草原

▼ 寂しくうずくまっ~ (2, 0.2%)

2 ている

▼ 寂しくきこえ~ (2, 0.2%)

1 て来ます, て馴れ

▼ 寂しくこの世~ (2, 0.2%)

1 を渡らせる, を辭

▼ 寂しくさえ~ (2, 0.2%)

1 して, 思われた

▼ 寂しくさせた~ (2, 0.2%)

2 ことを

▼ 寂しくしかも~ (2, 0.2%)

1 何となく貴く, 物々しく立っ

▼ 寂しくそして~ (2, 0.2%)

1 いよ, それが

▼ 寂しく~ (2, 0.2%)

1 あらむ正覚坊, あらむ裸

▼ 寂しくなく~ (2, 0.2%)

1 つて好い, 沢山寄つて

▼ 寂しくなりました~ (2, 0.2%)

1 ね, わい

▼ 寂しくわらっ~ (2, 0.2%)

1 ていった, て見せた

▼ 寂しく並べ~ (2, 0.2%)

1 ている, てゐる

▼ 寂しく中空~ (2, 0.2%)

1 に眺められ, へ立つ

▼ 寂しく二人~ (2, 0.2%)

1 ばかり立った, を照

▼ 寂しく人気~ (2, 0.2%)

1 なく秋, なく落葉松

▼ 寂しく今日~ (2, 0.2%)

1 の夕暮, を送る

▼ 寂しく~ (2, 0.2%)

2 いて

▼ 寂しく光り~ (2, 0.2%)

2 たまたま芝居

▼ 寂しく~ (2, 0.2%)

1 は霜枯れ, らしくなつ

▼ 寂しく取り残された~ (2, 0.2%)

1 丈だった, 丈だつた

▼ 寂しく吹い~ (2, 0.2%)

1 ている, てゐた

▼ 寂しく味気~ (2, 0.2%)

1 なかった, なく

▼ 寂しく坐っ~ (2, 0.2%)

1 ていた, ている

▼ 寂しく寒く~ (2, 0.2%)

1 眺められて, 空腹がちでした

▼ 寂しく山家住居~ (2, 0.2%)

2 をし

▼ 寂しく平地~ (2, 0.2%)

2 に立てられ

▼ 寂しく待っ~ (2, 0.2%)

1 てい, ている

▼ 寂しく思い~ (2, 0.2%)

1 ながら小, 美しかった

▼ 寂しく思つて~ (2, 0.2%)

1 ゐた矢先, 居られるの

▼ 寂しく思ふ~ (2, 0.2%)

1 にし, やうに

▼ 寂しく思われた~ (2, 0.2%)

1 が今, のにも

▼ 寂しく思われる~ (2, 0.2%)

1 夜だった, 時刻であった

▼ 寂しく思召~ (2, 0.2%)

1 すの, すふう

▼ 寂しく悲し~ (2, 0.2%)

1 げに, そうであった

▼ 寂しく悲しかっ~ (2, 0.2%)

2

▼ 寂しく~ (2, 0.2%)

1 倒れた形, 笑み

▼ 寂しく描い~ (2, 0.2%)

2 て都

▼ 寂しく暗い~ (2, 0.2%)

1 一面を, 中に

▼ 寂しく暮れ~ (2, 0.2%)

2 てゆく

▼ 寂しく残っ~ (2, 0.2%)

1 ていた, ている

▼ 寂しく流れ~ (2, 0.2%)

1 てゆく, て来る

▼ 寂しく清く~ (2, 0.2%)

1 する芝居, 住んで

▼ 寂しく澄み渡った~ (2, 0.2%)

1 女の, 釜の

▼ 寂しく物思い~ (2, 0.2%)

1 をあそばされる, をし

▼ 寂しく物恐ろしく~ (2, 0.2%)

1 さえ眺められた, 覚明の

▼ 寂しく白白~ (2, 0.2%)

1 と晴れた, と眺めさせる

▼ 寂しく~ (2, 0.2%)

2 の倉

▼ 寂しく~ (2, 0.2%)

2 の上

▼ 寂しく続い~ (2, 0.2%)

1 てい, てゆくであろう

▼ 寂しく聞こえ~ (2, 0.2%)

1 てくる, て来る

▼ 寂しく苦しい~ (2, 0.2%)

2 丈である

▼ 寂しく苦しん~ (2, 0.2%)

2 でいる

▼ 寂しく苦笑~ (2, 0.2%)

1 したこと, して

▼ 寂しく~ (2, 0.2%)

1 ておりました, てとつ

▼ 寂しく見え~ (2, 0.2%)

1 ている, てゐる

▼ 寂しく辛く~ (2, 0.2%)

1 ともそれ, 感じるよう

▼ 寂しく降っ~ (2, 0.2%)

1 ていた, ています

▼ 寂しく陸橋~ (2, 0.2%)

2 を渡つて

▼ 寂しく響い~ (2, 0.2%)

1 ている, て聞えた

▼1* [397件]

寂しくたまに, 寂しくあわれな婦を, 寂しくいかにもヨーロッパ北部の, 寂しくいよいよ味気なく, 寂しくうなずいたばかりだった, 寂しくうなだれている, 寂しくおいでなさいませう, 寂しくおいでなさいましょう, 寂しくおもしろかった, 寂しくお寺の多い, 寂しくかすれていた, 寂しくかたまりすぎてもゐた, 寂しくかつ忍耐深かっ, 寂しくかの暗い地下室, 寂しくかわいそうだった, 寂しくきこえるばかりで, 寂しくきらめくは木々, 寂しくくっきりと立っ, 寂しくこの上お前に, 寂しくこれも結局不入り, 寂しくさまよひ, 寂しくしかしやや皮肉, 寂しくしといた埋合せが, 寂しくしまっている, 寂しくすがすがしい風物が, 寂しくせず元気に, 寂しくそら悲しくな, 寂しくたたずんでいる, 寂しくだから競馬へ, 寂しくだがすんなりと, 寂しくだまっていた, 寂しくちろちろと燃え, 寂しくつつましく糸を, 寂しくつて仕方がありません, 寂しくつて仕様がない, 寂しくつひにもどりぬ, 寂しくつれづれな日, 寂しくては客を, 寂しくでも清浄潔斎し, 寂しくともっていた, 寂しくとり残されたあたりにも, 寂しくどこか偏, 寂しくないだろうか, 寂しくなければならない, 寂しくなったろうと考え, 寂しくなってるとは思いませんでした, 寂しくなつたら画でも画く, 寂しくなられたその御方, 寂しくなりたれば近寄り, 寂しくなりぬ千山の, 寂しくなり勝って行く, 寂しくなり買ったものを, 寂しくなれもつと一人ぼつ, 寂しくなろうよ, 寂しくなんかあるもの, 寂しくねェもんです, 寂しくのみ眺められ立ちどまって, 寂しくはしごの下, 寂しくはなしとことづてよ, 寂しく子ども光る, 寂しくひとりぽつちで, 寂しくふるえて見えた, 寂しくぶらさがつてゐた, 寂しくほほと笑, 寂しくぽかんとした平常, 寂しくまさかに母は, 寂しくみえるので僕, 寂しくみずからを守っ, 寂しくはらげ, 寂しくやはり今の, 寂しくやるせない悶々の, 寂しくゆらいで見おぼえ, 寂しくゆらめいて年造, 寂しくわが邸を, 寂しくわれ居らむ, 寂しくわれとわが身を, 寂しくゐる際の, 寂しくニヤニヤとし, 寂しくと弱く, 寂しく一人で暮し, 寂しく丁とあり木賃, 寂しく不便なところ, 寂しく不安なよう, 寂しく且心細い, 寂しくを送つ, 寂しく両国のほう, 寂しく並んでいる, 寂しく並んだ車の, 寂しく予め夜寒を, 寂しく二つづつ殘るであらう, 寂しく人少なになった, 寂しくの話, 寂しく仰がるるの, 寂しく仲間はづれ, 寂しくを待っ, 寂しく余生を送っ, 寂しく便り無く二重, 寂しく優しかった先夫人, 寂しく光って鼠色, 寂しく光つてゐるので, 寂しく光る秋の, 寂しく入港の汽笛, 寂しく全く愛人を, 寂しく其間を流れる, 寂しくかなもの, 寂しく凌いで鴨居, 寂しく凝固りたる底見え, 寂しく出歩くものすら, 寂しく切ない心を, 寂しく切なく寧ろ怖, 寂しく別れを告げた, 寂しく十吉が早く, 寂しくなる樹, 寂しく去って来, 寂しく早く思はれた, 寂しくが待つ, 寂しく取り残されてハイゲイト, 寂しく口惜しく悲しいことで, 寂しく古い院である, 寂しくに残った, 寂しく名古屋の郊外, 寂しく味噌も黴びました, 寂しく味氣ない, 寂しく和いだ光りの来る, 寂しく咲いている, 寂しく咲いたその花, 寂しく咲かなければならない, 寂しく哀れである, 寂しく哀れさ床しさ, 寂しく哄笑して, 寂しく嘆かはしく, 寂しく噴水が忘れられた, 寂しく四方の雲, 寂しくに沁み込ん, 寂しく地方に住む, 寂しく地響のやう, 寂しく声帯をから鳴らし, 寂しくを越した, 寂しく夕陽を浴び, 寂しく夕餐をした, 寂しくが更ける, 寂しく夜伽をし, 寂しく夜食をすました, 寂しく夭死して, 寂しく如何にも偉大に, 寂しくや子, 寂しく姿を現, 寂しくの姿, 寂しく子供たちも滅多, 寂しく孔雀の羽根, 寂しく存じている, 寂しく孤独の殻, 寂しく守って居る, 寂しくに帰っ, 寂しく宿つた経験を持たない, 寂しく寒々と貧しく, 寂しくて空, 寂しく寝なければならぬ, 寂しく山荘で暮らさね, 寂しくの上, 寂しく崩れようとし, 寂しく希望もなく, 寂しくつて, 寂しく帰る途中であった, 寂しく広間の真中, 寂しく廃れたような, 寂しくい家, 寂しく建物の中, 寂しくの心, 寂しく待つてゐます, 寂しく迎へを, 寂しく微笑むと掻いはだけ, 寂しく微笑んだ顔を, 寂しくをぬらした, 寂しく快く染めて, 寂しく思い続けておいで, 寂しく思い行く所と, 寂しく思えたようにね, 寂しく思ったことは, 寂しく思はないではゐられない, 寂しく思はれるのであつ, 寂しく思ひきめてゐる, 寂しく思へたけれど別に, 寂しく思わずにいられない, 寂しく思わせないではない, 寂しく思われますのも, 寂しく恋しく暮して, 寂しくを引き取った, 寂しく悲しく苦しかったに, 寂しく悲しませてゐる, 寂しく情けなくなって, 寂しく愛らしき小さき獣に, 寂しく感じずにはおられない, 寂しく感じ得るやうに, 寂しく感ずるといふ程, 寂しく慚愧して, 寂しく憐れなもの, 寂しく懷かしく他人のやう, 寂しく懸かっている, 寂しく懸っている, 寂しく成ったネ, 寂しく成つて酔ざめのやうな身震ひが, 寂しく成ると可, 寂しく据えられている, 寂しく掉つた青道心の爺, 寂しく描出された時, 寂しく放逐されて, 寂しく故郷の盛岡, 寂しく散らばっている, 寂しく散ることでしょう, 寂しく敬虔な気持, 寂しくばかりする, 寂しくを送っ, 寂しく映している, 寂しく映るが戀, 寂しく時々は涙, 寂しく時代から置き去られ, 寂しく時雨の晴間, 寂しく暗かった, 寂しく暗き月日を, 寂しく暮すことにでも, 寂しく暮らした間に, 寂しく暮らすことを, 寂しく曳いてるのである, 寂しく月明の景色, 寂しくに当たる, 寂しく木精が返る, 寂しく東京へ入ろう, 寂しく染み込んでいた, 寂しく染められて行く, 寂しく柳島の寮, 寂しく栄えて居る, 寂しく然と, 寂しく棲む媼あり, 寂しく楽しい夢を, 寂しく横仆わって, 寂しくの香, 寂しく此方へ聞え, 寂しく歩いて居りまし, 寂しく歩き廻っている, 寂しく歩く人の, 寂しく歩數を積ん, 寂しく死んで行かれました, 寂しく残つて居なさる貴, 寂しく殘んの月影夢, 寂しくにかかる, 寂しくのかけっこ, 寂しく永い間置きざりに, 寂しく沈み濤は, 寂しく沈んでいた, 寂しく沈んだ時に, 寂しくに消える, 寂しく泣くことを, 寂しく泣けばなぐさむ, 寂しく洩れていた, 寂しく流浪して, 寂しく浮かんでいた, 寂しく浮びなどした, 寂しく消えていった, 寂しく深川の小, 寂しく滿足して, 寂しく漁師たちの小舟, 寂しく漂泊して, 寂しく潜んでる鮭は, 寂しく澄んだ姿を, 寂しくは曇り, 寂しく点頭いて, 寂しく無言にあなた, 寂しく無限の郷愁, 寂しく焦立たしいものに, 寂しくも高らか, 寂しく煙る地平線に, 寂しく燈火の数, 寂しく廂を, 寂しく片すみによせ, 寂しく物さびたるを尊し, 寂しく物凄さに, 寂しく物足りなかったところ, 寂しく独りで夕食, 寂しく獄死して, 寂しく生々とした, 寂しく生きて行く, 寂しく生きる性分では, 寂しく生んでください, 寂しくは何人, 寂しく留守をし, 寂しく留守居をし, 寂しく病む人ら暫し, 寂しく痛々しく草に, 寂しく白く見えたの, 寂しくをひそめた, 寂しく闇な, 寂しく眠つた竹丸は朝, 寂しくについた, 寂しく睡っていた, 寂しく睨むやうな, 寂しく破るのだった, 寂しく私たちの目, 寂しく秋めいて海, 寂しく空しかつた, 寂しく立ちて風, 寂しく笑うばかりで慰められた, 寂しく笑つて噎せた, 寂しく笑つて独語した, 寂しく笑はずにはゐられなかつた, 寂しく笑わずには居られない, 寂しくを搗い, 寂しく紅葉して, 寂しく紛らすための, 寂しく群集のごとく, 寂しく羨ましく退屈で, 寂しく翌日の朝, 寂しく考えられていた, 寂しく考へられてゐた, 寂しくを傾け, 寂しく聞える位四方は, 寂しく聞こえるばかりで, 寂しく聳えて四方, 寂しく聴き入れば, 寂しくを折つて胸, 寂しく自宅へ近付い, 寂しく若林からもらう, 寂しく苦しく厭は, 寂しく荒れている, 寂しく荒れはてた海浜に, 寂しく莞爾した時, 寂しく萎んだ白菊であった, 寂しく付かぬもの, 寂しく落ちるのを, 寂しくが下され, 寂しく蕭殺の気, 寂しく薄暗い炭焼生活を, 寂しく薄暮の部屋, 寂しく蟋蟀のやう, 寂しく西海の波, 寂しく見つめけり冷たき星, 寂しく見ることが, 寂しく見守りながら自分, 寂しく見捨てられて, 寂しく見棄てられたやうな, 寂しく見渡された時まして, 寂しく見送ったのであった, 寂しく見送つてゐる, 寂しく親しめないものに, 寂しく解釈して, 寂しく詰らなくなったように, 寂しく語つてゐるタンク, 寂しく語らむもおもしろからずや, 寂しく語るものである, 寂しくとも話し, 寂しく象徴して, 寂しく貧しくましますが, 寂しく貴女の声, 寂しく起ってくる, 寂しく迎えた一家が, 寂しく迫つた調子を帶びてゐる, 寂しく退屈な気, 寂しく送られて今, 寂しく透明になる, 寂しく通っている, 寂しく通り過ぎる影しか, 寂しく遊んで来たまんり, 寂しく遠い墓場の, 寂しく遠く流れて, 寂しく遠方を幽, 寂しく郊外めいた一画, 寂しく部屋のすみ, 寂しく閉じている, 寂しく閉眼するだろうが, 寂しく降る夜などは, 寂しく険しい上に, 寂しく険しくともそれ, 寂しく雑閙に押され, 寂しくが続い, 寂しくも星, 寂しく霜枯れた心の, 寂しく青白き月の, 寂しくもって, 寂しく静まり返っていた, 寂しくもなく, 寂しくを歪め, 寂しくわれて, 寂しくえて, 寂しくがあり, 寂しく飄然と裏切られた, 寂しく飛びかふといふのは其処だ, 寂しく飛びゆけり火の如く, 寂しく食事したが, 寂しく足らなかったの, 寂しくを振っ, 寂しく驕慢に隔離, 寂しく鳴いている, 寂しく鳴きつづけていた, 寂しくの鳥, 寂しくの芽, 寂しく黙々として貧しく, 寂しく黙っている