青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「屍体~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

居士~ ~居間 居間~ 届け~ 屋~ ~屋敷 屋敷~ ~屋根 屋根~ 屍~
屍体~
屏風~ 屑~ 展~ ~展開 展開~ ~属する 属する~ 屡々~ 層~ ~山

「屍体~」 1670, 18ppm, 6338位

▼ 屍体~ (454, 27.2%)

17 発見した 8 発見し 5 見て, 見ると 3 前に, 城外に, 発見する, 発見せし, 調べて, 運んで

2 [22件] さらして, ひきあげて, 一眼見る, 仰向けに, 凝視した, 嗜む変質者, 埋葬する, 始末する, 守って, 御覧に, 担がせて, 横たえて, 残さない方法, 焼くこと, 焼くという, 盗んで, 眺めて, 見たという, 見るなり, 見るの, 解剖し, 鄭重に

1 [357件] あお向けに, あげて, あげると, あてがわれたよう, いじくりまわして, いじりまわして, うっかり発見, おさめること, おろすつもり, お受け取り下さい, こうして保存, ここへ, さいて, さがし求める機会, しらべた, しらべはじめた, じっと凝視, すこし軽蔑, すてないの, ずたずたに, ずり出しいかにも, そのままに, そのまま墓, そのまんま知らん顔, その上, その時, それに, たづね, つみ重ねて, つんで, ともに自分, とりかこんで, とりかたづける人足, とりに, どうしてどこ, どうして自殺, どうする, どこかに, のこして, のせたま, のせた寝床, はなさうと, ひきあげかねて, ひきあげると, ひきずって, ひきとって, ひとまず側の, ふみこえて, また裏, みんな細かに, むちうったが, もう一個, もって, アルコールで, グルッと, コッソリ盗ん, ジッと, ズルズルと, トラックに, トランクに, プリゴネと, マジマジと, ムシロに, モデルに, ヤクの, 一枚の, 一目見る, 一瞥する, 三年目, 下げ渡す, 下さうと, 下して, 中心と, 乗せたタンカ, 乾すため, 井に, 他殺と, 仮りに, 仮装させられた, 何時迄も, 使用し, 保存する, 俯向けに, 入れた棺, 入れて, 入念に, 八段に, 再割, 処分し, 処理し, 凶霊の, 初めて見る, 動かさうもの, 動かした犯人, 動かして, 半ば抱き起し, 卜部の, 収め難く, 取りかこんで, 取り出して, 取り出しました, 取り巻いて, 取り巻くよう, 取り巻く幾多, 取り扱う, 取返そうと, 吊したの, 吊りあげて, 吊り下げたという, 吊り下げるに, 呑んでるぞと, 土蔵の, 埋めたか, 埋めた事, 埋めた城外, 埋めるとき, 埋葬し, 堤の, 墓に, 夜が, 大きな洞窟, 大学に, 天主堂の, 奥の, 奪って, 奪ひ取る, 奪わせた, 妻は, 姉は, 安置すべき, 家に, 小林貞と, 小林貞なり, 山へ, 岸へ, 巨細に, 幕切まで, 平気で, 幸ひ, 幾つかに, 廻転させ, 弄って, 弄びはじめた, 弄り始めた, 弄んだり, 弄んで, 引きずり出して, 引き取りに, 引き揚げ大きな, 引上げて, 引取る, 引張った白鮫号, 引摺り出し, 思い描いて, 思ひ浮かべて, 截断する, 手に, 打っちゃ, 投げころがす人々, 投げすて, 投げ棄てて, 折曲がった, 抛棄し, 抱いて, 抱き上げて, 抱き上げながら, 抱き上げようと, 抱き上げると, 抱き起して, 担いで, 担ぎだした, 担ぎ込んで, 持てあまし早く, 指した, 指して, 挾んだ二人, 捨てて, 掘りだして, 掘り出して, 探しだして, 探して, 探すよう, 掻きまわして, 損壊した, 携えて, 摘み上げた, 擁して, 擡ぐる時首は, 改めた, 放すと, 救護室に, 数段に, 早く法医学教室, 早く解剖, 時計台に, 普通の, 曳擦っ, 最寄りの, 朱に, 材木か, 東室に, 林野に, 柩に, 棺に, 棺にも, 検めたが, 検案し, 検案した, 検案する, 検案致しました, 検視し, 検証し, 横たえたの, 残して, 求めたという, 河へ, 浄めて, 海へ, 海中へ, 湖水の, 潅木と, 火葬場に, 灰の, 烟や, 無二無三に, 無雑作, 焼いた, 焼いた日, 焼いた焼跡あたり, 焼いて, 焼きそれ, 焼き或いは, 焼くときこれ, 焼くとき脂, 焼く悪臭, 焼く筈, 焼けば, 片品川に, 片寄せた左手, 玄白堂に, 王様の, 生きかえらせ船中, 町へ, 発掘させましょう, 発掘し, 発掘した, 発見したで, 発見したる, 目の, 眺めた, 眺めても, 眼の, 研究し, 確認収容せよ, 私に, 積み込んだ, 積んで, 窓から, 窓の, 等分に, 粉々に, 素裸に, 緊縛した, 緊縛する, 縄で, 繞る, 置いて, 置きそれ, 置き残して, 置く室, 肩にかけて, 背中に, 胴切りに, 膝から, 自己に, 船尾へ, 苛み生血, 荷いだ, 蒲葵の, 裏山へ, 裏返すと, 西洋手拭で, 見せて, 見せるわけ, 見た, 見たい旨, 見たこと等, 見たでしょう, 見たと, 見たり, 見た瞬間, 見つけたぞ, 見てから, 見ては, 見まいと, 見るが, 見る気, 見上げた, 見上げたまま, 見下ろして, 見出したとき, 見張って, 見物し, 視たら先ず, 覗きこんだ, 覗きこんで, 解剖させ, 解剖した, 解剖したなら, 解剖しない, 解剖の, 解剖台の, 訪れて, 診察した, 詳細に, 調べた警察医, 調べはじめた, 調べようじゃ, 調べ続けた, 調査する, 識別した, 起すこと, 距てる, 踏み越え六番手, 蹴つて首, 蹴とばした, 身を, 載せその, 迎えるため, 追わなかったの, 送り届けましても, 送るという, 逆に, 運び重い, 運ぶなどとは, 運ぶ二人, 運んだり, 運んだ跡, 運搬した, 運搬する, 遠くへ, 遠巻きに, 遺して, 重そう, 間違えるなんて, 除いた以外, 隅から, 階上の, 隠したこと, 隠した杉戸, 隠すため, 隠す葬礼, 離すこと, 離れて, 離れ最寄り, 飛び越すだけの, 飜弄し

▼ 屍体~ (372, 22.3%)

7 上に 5 中に 4 上には

3 [11件] おいて, そばに, 上へ, 上を, 側に, 傍に, 前に, 眼球を, 足の, 頭の, 首を

2 [25件] かたわらで, かたわらに, ところへ, やうに, 一つが, 両腕, 中から, 主は, 側を, 傍へ, 全身を, 周囲を, 山と, 手に, 持ち運びが, 方に, 検案を, 特徴として, 表情に, 解剖が, 転がって, 頭に, 頸部に, 顔は, 鼻の

1 [273件] あたりの, あった周囲二メートル平方, あった大広間, あとに, ある場所, ある室, ある家, うえに, うしろへ, かたわらから, ことなどに, ことは, ことを, この部分, ころげて, すぐ傍, そばの, ところに, ところは, ところまで, なかに, まぎれも, ままでは, ような, ように, デスマスクに, 一つを, 一歩手前で, 一部が, 一部を, 上がったこと, 上った場所, 上にも, 上の, 下に, 下半身は, 下敷きに, 下敷に, 下腹部に, 下部に, 不可解な, 不自然な, 世話を, 両脚を, 中には, 中へ, 中を, 他に, 仮埋葬, 伸ばした右手, 位置が, 位置と, 位置を, 側で, 側へ, 側近者によりて, 傍により, 傷口に, 傷口の, 傷口を, 兇器即ち, 入った棺桶, 全部を, 写真, 写真まで, 冷たさ, 処分から, 処分を, 処理に, 出た今日, 制作が, 前で, 前を, 匂の, 半焼け, 収容は, 取片づけも, 取片付け死牛馬, 口と, 口腔を, 右の, 右手は, 各局部, 合掌さ, 合掌を, 向う側に, 向きを, 周りを, 周囲には, 咽喉部に, 咽喉部は, 咽喉部を, 問題だ, 場合には, 変位紛失等を, 外見状況, 外観等より, 外貌を, 大腿部を, 奇妙に, 始末なども, 始末に, 始末には, 始末の, 始末は, 始末も, 始末を, 始末諸, 姿そのものが, 姿と, 安置し, 容器な, 寝台の, 尻の, 山が, 山を, 左の, 左手に, 左手の, 左手を, 帽子を, 幻覚に, 底の, 引取り, 引取人が, 形状を, 後始末などには, 後始末を, 後頭部には, 心臓を, 心音を, 性別や, 惨状と, 感じが, 懐中から, 或る, 戦闘帽を, 所々, 手触り呼吸の, 手首から, 拇指の, 捜索とに, 捜索に, 数は, 数を, 方へ, 景観すらも, 暗示により, 替玉に, 最後の, 有様は, 有無を, 枕もとには, 枕元から, 枕元に, 検査を, 検証に, 検証を, 横たわって, 横に, 歯の, 死因には, 沈められた場所, 沈んだところ, 流血, 流血で, 流血に, 消失と, 消失という, 無い外, 焼かれあと, 焼けたの, 爪先は, 犯人は, 犯人を, 状態が, 状態と, 状態は, 状況や, 現場に, 甚だしく煩悶輾転, 発見された, 発見に, 発見を, 白い腐肉, 皮下に, 眉間の, 真下背中の, 眼玉を, 瞼を, 秘密を, 移動を, 穢れに, 空中散華とを, 粘膜と, 素性, 纏って, 置かれたと, 群が, 耳と, 肉まで, 肌は, 肩尖, 胃袋に, 胃袋を, 背に, 背中の, 背中を, 背部の, 背面には, 脇に, 脚部から, 腋下に, 腎臓を, 腐り加減, 腐肉が, 腕が, 腰の, 腹腔までを, 膝の, 膝を, 色を, 菰に, 血は, 血液の, 血液は, 血色や, 覆いに, 覆布, 覆面の, 見当らないこと, 解剖には, 解剖や, 解剖を, 調べが, 調査を, 謎が, 謎を, 警戒やら, 足下に, 足元から, 身元が, 身元すら, 身許が, 辺も, 近くに, 近所には, 運搬説は, 運搬車が, 遺骨を, 重みで, 間を, 閲覧を, 附近に, 音を, 頤の, 頭髪を, 頸に, 頸の, 頸を, 頸筋辺で, 顔から, 顔が, 顔に, 顔にも, 顔を, 顔面を, 風貌の, 首実検を, 骨が, 骨を, 髪を, 黄色い眼

▼ 屍体~ (212, 12.7%)

13 発見された 5 埋まって 4 埋まつて, 横たわって, 転がって 3 発見され

2 [14件] あって, ある筈, いまは, ころがって, ところどころに, まだ無数, 一つそれから, 入って, 到着した, 古羅馬人, 棺の, 横って, 焼かれる場所, 転って

1 [151件] あがらなかった, あがると, あがれば, あったという, あってね, あらわれた, ありありと, あり耳孔, ある, あるかと, あると, あるという, あるとは, あるの, いつまでも, ぎゅーっと, くくりつけて, ここへ, このぼ, この教室, ごろごろ転がっ, そこに, その台, その泡, そんな眼, ちょうど白布, どうして箱, どれやら, ないと, ないという, ないとだけ, なくそれ, なくなって, なければ, なんとも云えぬ, ぬっと白日, まだ本署, よく持込まれる, ディグスビイである, プスプス燃え, 一つも, 一つ浮い, 一つ盗まれた, 一個出来上っ, 一時は, 上がった事, 上向きに, 二三日も, 今にも立上, 今朝発見される, 他殺か, 他殺だ, 仮死体, 位置に, 何時の間にか消え失せ, 再び今度, 出て, 出ないも, 動いたか, 厳然と, 吸血鬼に, 土の, 埋められて, 変テツも, 夢魔の, 大学へ, 天狗の, 完全な, 小林貞か, 少し動いた, 屍体は, 床の, 引っかかって, 引っぱり出されるごと, 強直した, 影も, 彼の, 忽然とし, 戦闘帽をか, 手を, 振り墜, 掻き消したよう, 搬び出され, 散らばって, 方々に, 日ごとに, 時どき発掘, 服部時計店の, 木乃伊化する, 果してどの, 横えられた, 横は, 横わっ, 機関車から, 残って, 気球と, 水死または, 水腫み返っ, 水面に, 永久に, 江戸の, 浮かんで, 溶けこんで, 溶けて, 漂着した, 火葬炉の, 無くなって, 焼かれ機関銃手, 現れた, 現れたの, 現れて, 生き返って, 生前非常に, 男である, 発掘された, 発見されたで, 発見される, 白鳥と, 目に, 真直に, 眼に, 着て, 確かに, 私の, 納められて, 紛失する, 絶命前の, 縛り付けて, 肢鉤の, 肥え太ったまま, 自分の, 舞台から, 船外に, 葬られた当時, 行路病人みたいに, 街路へ, 見たい, 見つからずこの, 解剖学で, 警官の, 貞と, 転が, 載って, 造船工場から, 運び出されそれ, 運び去られ私たち, 違ったの, 金を, 隠されて, 隠して, 頭を

▼ 屍体~ (192, 11.5%)

2 みな腐爛し, パラパラと, 海中に, 直ぐに, 第一

1 [182件] あの通り麻縄, あらかた引, あるぞと, ある一軒, いったん縁, おろか骨さえ, かたくなっ, こ, この油倉庫, この浮嚢, これを, すぐに, すぐ真白, すっかりと, すっかり取り出され, すべて曠野に, すべて此の, すべて野獣的に, そうで, そこへ, そのまま共同墓地, そのまま窓, その上, その儘, その尻, その屍体, その建物, その後台北帝国大学文政学部土俗学教室の, その最期, その近所, たしかに火葬, ちょうど跼んだ, とうとう河原, ともかく骨, どうしても其処, どうなる, どう始末, どこかへ, なんだか寒, ひそかに, ひとまずそのまま女房, またし, また元, まだあの, まだ其儘, まだ生血, もうコンクリート, もう一, もちろん帆村自身, アンペラで, イエス, ウソだ, カーブの, ガクッと, ガランの, スパルミエント大佐が, ドクトル鴨下の, ミイラに, ヨットの, 一ツでした, 一向心あたり, 一時亭主の, 一般の, 不浄として, 両眼, 九分通り小林貞の, 事件の, 五尺五寸六分であり, 井戸から, 井戸の, 仰向けに, 仰臥の, 何れも, 何年たつ, 俯向きに, 入念に, 全く裸体, 全然虐待, 全身に, 其のま, 冑で, 前日郵便鉄道で, 勿論所有物一つ, 十一月八日付近探索中の, 南室から, 即日解剖に, 取りだすヒマ, 同じく宮廷楽師, 同様の, 土岐と, 土深く, 埋まつて, 埋葬当時は, 多分あの, 大学で, 大学へ, 大崎の, 失くなつて, 女湯の, 如何にも無理, 娘の, 完全に, 実に素晴らしい, 寝台車に, 寝衣, 岩の, 市の, 帝大の, 平兵衛が, 幸にも, 当分わしの, 忽ち土地, 思ふやう, 惨たらしく咽喉笛, 惨鼻, 愈, 手術の, 持参の, 振り墜されます, 捕方の, 推定年齢二十五歳一見し, 推定時間当時に, 既に一片, 既に冷却, 最前の, 桑港の, 棺に, 機関車の, 此処まで, 死後七八時間を, 死後約, 殆ん, 比較的近い, 気球の, 水葬に, 法医学教室で, 浴槽の, 海へ, 滅茶滅茶に, 激しいうねり, 焼け残った申し訳, 煤や, 片足を, 牛の, 獲物とともに, 現場に, 田の, 疑いも, 発見できた, 白木の, 白骨と, 白鳥と, 皆様が, 皇帝の, 直ちに火葬場, 石の, 確かに, 納棺し, 素足に, 給水タンクと, 維因納の, 群衆の, 翌四日, 肉親の, 自宅へ, 自殺と, 蠅男の, 裾の, 見えなかったの, 解剖後の, 誰だ, 鄭重に, 重量の, 野か, 長々と, 長い間水浸し, 間もなく, 防火扉から, 頭の, 首と, 首も, 鳥どもの

▼ 屍体~ (95, 5.7%)

3 手を 2 加えて, 残って

1 [88件] あやつられる浮船, かぶせた, かぶせたこと, したの, して, それが, たかって, たかる虫, だかれた遺書, ついて行ったもの, つまずいたの, つまずいて, ながい頬ずり, なったの, なった自分, なって, なってた筈, なるが, なると, なるまで, ぶつかって, 与えられた兇器, 代る人形, 何か, 何の, 何を, 侮辱を, 側近する, 充分な, 剖見を, 加えたかと, 加えられた兇器, 合掌する, 喰い込んだ弾丸, 噛り付い, 宿つた虫の, 寄添うと, 就いて, 引ッ附く, 御身を, 於ける奇妙, 於て, 時計を, 正面する, 気づくと, 永遠に, 注がれて, 注ぎて, 涙がか, 照らし合わせて, 爪と, 片足かけた, 特徴は, 特殊の, 現われた無抵抗, 瑜珈式仮死を, 番を, 異常は, 発して, 発見当時の, 直面した, 相違ない, 相違なかっ, 眼を, 眼星を, 着物を, 私は, 絡わる校長先生の, 縄を, 自然死を, 見せかけようと, 見られた様, 視線を, 触っちゃ, 触り葬儀, 近づいた, 近づいた時, 近づいて, 近付くと, 追加し, 過ぎなかったの, 違ひなかつた, 附き添い赤耀館, 附着し, 青酸死の, 頸などの, 顔を, 驚愕恐怖苦痛等の

▼ 屍体~ (43, 2.6%)

12 なって 2 半間も

1 [29件] いえども, いえば, いっても, こうしてタッタ一人, その下, なった赤ブイ仙太, なつて, なり終った, よく一致, 一人の, 一緒に, 云い今日, 云うもの, 人間は, 加害者の, 同一な, 向き合う事, 壁の, 大漁を, 差しむかい, 後宮の, 思われないほど, 相対し, 落下傘の, 蒼ざめた唇と, 見合って, 認めるの, 違って, 首が

▼ 屍体~ (23, 1.4%)

2 人も

1 [21件] あった, これほど, そうした種類, そのままだった, ともにプリゴネ, またプリゴネ, またロゼリイス姫, みんなまっくろ, よく検, 二三十分の, 他の, 又甚, 姫の, 差当り放っ, 極めて滑稽, 決していわゆる, 焼けて, 玉幡も, 箱詰めに, 蒲団に, 見たの

▼ 屍体解剖~ (23, 1.4%)

7 の結果 2 の上

1 [14件] が終る, で額, に立ち会った, の序, の手続, の手順, をした, をやれ, を待つ, を看る, を行われました, を見物, を覗く, を試みる

▼ 屍体には~ (16, 1.0%)

2 それが

1 [14件] こうした種類, これほど, どこぞと, 何等負傷, 右の, 喜三郎の, 屈むの, 念入りに, 所持品, 手を, 明かに, 格闘抵抗苦悶等の, 短刀の, 節の

▼ 屍体から~ (15, 0.9%)

2 血が

1 [13件] いつのまにか泌, それを, マッチ箱を, 右手の, 戦闘帽を, 手を, 流れ落ちた血, 牛馬が, 物を, 発見されない, 眼を, 離れて, 顔を

▼ 屍体飜弄~ (9, 0.5%)

1 が一種, が誤伝, なる夢遊状態, なる現象, に引, に移りたる, の事実, の夢中遊行, の状況

▼ 屍体~ (8, 0.5%)

1 か分りゃしない, か犯人, がとりのける, つたのだ, とする, と云う, と云われる, よ

▼ 屍体~ (8, 0.5%)

1 うずまって, うずまり屍臭フンプン, こちらから, 一人は, 描いた, 満たされまた, 蔽われると, 飾りその

▼ 屍体でも~ (6, 0.4%)

2 なんとかしたい 1 あろうかと, 何でも, 船体の, 覆うかの

▼ 屍体検案書~ (6, 0.4%)

1 と一緒, のこと, の刷物, の書込み, を帳簿, を手

▼ 屍体置場~ (6, 0.4%)

1 から押し出す, にこの, にひとしい, に飛び込ん, の天井, へ押し寄せる

▼ 屍体とは~ (4, 0.2%)

1 いえまだ, 思われないくらい, 若光, 認めるけれど

▼ 屍体台帳~ (4, 0.2%)

1 から完全, の方, の書換え, の横

▼ 屍体である~ (3, 0.2%)

1 ことは, と判明, のか

▼ 屍体とともに~ (3, 0.2%)

1 ダビ所の, 居た人, 引きあげて

▼ 屍体とを~ (3, 0.2%)

1 厳重に, 意味する, 詰め込んで

▼ 屍体~ (3, 0.2%)

1 のである, のです, んじゃ

▼ 屍体に対する~ (3, 0.2%)

1 気分が, 特殊な, 礼儀を

▼ 屍体に関する~ (3, 0.2%)

1 名前年月日番号等を, 記入は, 限り大体間違いない

▼ 屍体~ (3, 0.2%)

1 かぶせるつもり, かぶせるアンペラ, 向つて

▼ 屍体~ (3, 0.2%)

1 シベリアの, バラバラの, 玩具の

▼ 屍体公示所~ (3, 0.2%)

1 では毎, へ出掛け, へ引き返し

▼ 屍体冷蔵室~ (3, 0.2%)

1 で真夏, と法医学教室, の屍体紛失事件

▼ 屍体収容所~ (3, 0.2%)

1 となっ, となつ, を探

▼ 屍体幻視~ (3, 0.2%)

1 の夢遊, の快, を終極的

▼ 屍体発掘~ (3, 0.2%)

1 に失敗, の図, は面倒

▼ 屍体発見~ (3, 0.2%)

1 に活動, の報, の時

▼ 屍体蝋燭~ (3, 0.2%)

1 には一々, に水晶体凝視, を一つ一つ

▼ 屍体遺棄~ (3, 0.2%)

1 が明らか, といえる, の方法

▼ 屍体~ (2, 0.1%)

1 床の, 火消や

▼ 屍体からは~ (2, 0.1%)

1 左の, 液体の

▼ 屍体そして~ (2, 0.1%)

2 人間の

▼ 屍体そのもの~ (2, 0.1%)

1 の活躍, もしくは他

▼ 屍体だった~ (2, 0.1%)

2 のだ

▼ 屍体なぞ~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 屍体にも~ (2, 0.1%)

1 一ヵ所ずつ, 外傷は

▼ 屍体に対すると~ (2, 0.1%)

2 同様の

▼ 屍体もろ~ (2, 0.1%)

1 とも何処, とも再び

▼ 屍体らしい~ (2, 0.1%)

1 じゃない, 物は

▼ 屍体事件~ (2, 0.1%)

1 のあらまし, のその

▼ 屍体二個~ (2, 0.1%)

1 を並べえぬ, を創り上げ

▼ 屍体以外~ (2, 0.1%)

1 には, にはポケット

▼ 屍体保存~ (2, 0.1%)

1 の許可, へ

▼ 屍体屍体~ (2, 0.1%)

2 はみな腐爛

▼ 屍体引取り~ (2, 0.1%)

1 に来た, の際

▼ 屍体投棄~ (2, 0.1%)

1 から屍体保存, の習俗

▼ 屍体検案~ (2, 0.1%)

1 の為め召喚, の結果

▼ 屍体犬猫~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ 屍体発見当時~ (2, 0.1%)

1 の事, の室内

▼ 屍体解剖室~ (2, 0.1%)

1 の冷酷, の大理石盤

▼ 屍体解剖室内~ (2, 0.1%)

1 の奇怪事, の暗夜

▼ 屍体陳列所~ (2, 0.1%)

1 では大, で屍体

▼1* [80件]

屍体かは知らぬが, 屍体かも知れない, 屍体からも再三の, 屍体じゃあるまいな, 屍体すら窮屈を, 屍体すらも発見されなかった, 屍体その儘川の, 屍体それを兵士達, 屍体そんなのが, 屍体たる余はガニマール, 屍体だって実際埋めた, 屍体であったのを, 屍体であれば係り, 屍体ですよ, 屍体ではそう言う, 屍体といふ気が, 屍体とが到るところ, 屍体との中間に, 屍体なぞを相手に, 屍体など比較的浮揚力, 屍体などが一つとして, 屍体なることを, 屍体なんかどうで, 屍体なんぞも土葬に, 屍体なんて秘密の, 屍体にばかり気を, 屍体によつて臭かつ, 屍体に対し僅かな, 屍体に対しては土地の, 屍体ばかりをいじって, 屍体ひきあげ料棺桶料金まで, 屍体への嗜好という, 屍体まだあがらないん, 屍体より受けたる深刻, 屍体よりも約五呎程, 屍体をまでも焼かれ給うべきところ, 屍体スリ換えの場面, 屍体依然トシテ見当ラズ, 屍体ハ油倉庫ノ中, 屍体一個側近者一個を題材, 屍体七ツつみ重ねて, 屍体九州帝国大学医学部法医学教室に到着, 屍体付近にない, 屍体倒さまに, 屍体八十六個負傷者三百八名を収容, 屍体公示を打ち切ろう, 屍体処分法ではありません, 屍体処理の一方法, 屍体処理人夫たらしめないため, 屍体及びその容貌, 屍体収容先三丁目大塚病院にて突然, 屍体収容室に移された, 屍体収容無料大奉仕, 屍体同様に道路, 屍体同様腐敗に帰, 屍体埋葬の方法, 屍体へ入っ, 屍体容器に取付け, 屍体引揚げ作業を見, 屍体捜しと火葬, 屍体損壊の点, 屍体検査に依る, 屍体油絵紙草の巻物等々, 屍体消失の仕掛, 屍体発見並に被害者, 屍体発見以前より鍵, 屍体発見当日手洗所の鏡, 屍体監理官のジョン, 屍体紛失事件が若林博士以外, 屍体に石, 屍体自動車へ収容, 屍体蒐集癖が綺麗, 屍体見物の列, 屍体解剖用の円刃刀, 屍体入代価, 屍体遺棄のかどにより変電所, 屍体遺棄罪から完全, 屍体陳列所紛失屍体たる余はガニマール, 屍体頸部には絞, 屍体までも引合い