青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「屋根~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~居る 居る~ 居士~ ~居間 居間~ 届け~ 屋~ ~屋敷 屋敷~ ~屋根
屋根~
屍~ 屍体~ 屏風~ 屑~ 展~ ~展開 展開~ ~属する 属する~ 屡々~

「屋根~」 7587, 82ppm, 1362位

▼ 屋根~ (2633, 34.7%)

305 上に 193 下に 106 上を 89 上の 74 上から 73 上へ 59 上で 55 下で 47 上には 27 下の 2219 下には 17 上にも 16 下から, 家が 13 下へ, 下を 12 方へ 11 上は, 瓦が 10 瓦を, 間に, 雪が 9 上, 雪を 8 ように, 上まで, 下は, 棟に, 瓦の 7 うえに, ような, 上や, 物干, 高さ 6 上では, 下では, 間から 5 上が, 下でも, 下も, 向うに, 家に, 方を, 棟が, 雪は, 頂上に

4 [15件] あたりに, てっぺんに, 修繕を, 向こうに, 家の, 家を, 斜面を, 波を, 瓦は, 端の, 絶頂に, 色が, 軒下に, 間を, 雪の

3 [41件] あたりで, あたりを, うえから, うしろに, かなたに, てっぺんの, てつぺんに, ない勧工場, はしまで, やうな, 一部が, 一部を, 三角の, 上からも, 上でし, 上などに, 上へと, 下が, 中に, 中央に, 低い家, 傾斜を, 勾配が, 勾配を, 外に, 家で, 庇に, 形が, 形や, 柱に, 漏, 端から, 端で, 端まで, 草, 虫が, 軒先から, 農家が, 重さ, 頂に, 高い棟

2 [113件] ある大きな, ある家, ある工事, ある浮き桟橋, ある船, ある薔薇色ペンキ, いっぽうに, うえで, うえへ, うえを, うしろへ, かげに, こわれる響き, したに, したの, てっぺんから, てっぺんを, ないこと, ない方, はしの, ほうへ, ほうを, まうえ, むねに, わずかな, ブリキ板は, 一角を, 一部と, 三角は, 上か, 上などへ, 上にて, 上にと, 上にの, 上までも, 上星の, 上部のみ, 下からは, 下じゃ, 下にのみ, 下にも, 両方の, 並んで, 低い小屋, 低い木造, 低い片側町, 傾斜なりに, 向う側へ, 向ふ, 命太玉の, 商店は, 外へ, 家, 家々や, 家から, 家も, 尖端が, 庇を, 廂の, 廃墟の, 建物を, 形は, 形も, 影を, 彼方に, 斜面に, 斜面の, 曲線や, 棟の, 棟へ, 樋の, 波の, 洋館が, 洋館も, 無ければ, 煙突から, 物静かなる, 瓦も, 甍が, 甍は, 白さ, 百姓家が, 石と, 石の, 石は, 石も, 破風の, 穴から, 穴に, 端に, 端を, 線が, 縦横の, 美しさ, 茶店の, 草や, 萱を, 蔭に, 裏が, 裏に, 見えるところ, 見える方, 軒に, 軒を, 軒端に, 門の, 間からは, 雪おろしに, 雪や, 高い倉, 高く聳え, 鬼瓦を, 鶏

1 [860件 抜粋] あたりから, あたりであるらしく見えます, あたりにも, あちらに, あっちを, あるの, あるもの, ある一定, ある城, ある家々, ある建物, ある所, ある木橋, ある枠, ある次第, ある沙漠, ある農家, ある門, ある雅致, いただきや, いたみが, うえである, うえの, うちで, うねりと, お家よ, かかった支那風, かくれ場所, かさなり破風, かわらに, がわ, ぎっしりつまった, ぎらぎらする, けいし, ことが, このいで湯, すみの, その辺, それも, たる木ごとに, ついたドック, ついた台, ついた市場じゅう, ついた赤煉瓦, ついてる門扉, つき出し小舎, つくりにも, つづき, つま下を, てっぺんにでも, てっぺんや, といに, といの, ところに, ところへ, とっぱし, とっぱな, とんがりの, ないところ, ないの, ない亭, ない気楽, ない火車, ない真中, ない長い廊下, なか, なくなった歩廊, ぬれ方, はしから, はじまで, はずれと, ひくい土人, ひさしを, へ, への人影, へりでさえずらせて, ほうは, ほうまで, ほかは, まるく張ったむこう, まん中へ, みえること, むねから, むねは, むねを, やうだ, やぶれ目, ゆるやかな, ようだ, アズマヤこそは, オランジュ・ルウジュ色が, シャレエの, シャレエらしい, スケッチで, スレートの, チリの, トタンにも, バラック, ブリキ板が, ペンキ塗りや, ペンペン草を, レインコートが, 一々に, 一つに, 一円は, 一宇の, 一方の, 一端へと, 一角が, 一角に, 一軒立ちでは, 一部だけを, 七八つあらはれたる, 七八ツ重った, 三本煙突の, 三角も, 上あたりに, 上あたりを, 上からでも, 上がまん丸く, 上こそ, 上ぢや, 上とを, 上なぞへ, 上などから, 上なんぞに, 上について, 上にまで, 上のや, 上の空は, 上へのたり, 上へは, 上へも, 上も, 上よ, 上をも, 上半分を, 上或, 上望の, 上物干しの, 上窓襖それを, 上近くを, 上霜に, 下からも, 下そこか, 下ぢ, 下である, 下な, 下なる, 下にかが, 下にの, 下へと, 下へどや, 下より, 下一ぱい, 下葺き, 下高い, 不恰好な, 両が, 並ぶ大路, 中で, 中ほど, 中央の, 中心に, 中途に, 亀は, 事は, 二軒長屋で, 亜鉛板を, 仮小屋, 仮御堂, 低いまだ, 低い家並み, 低い川船, 低い支那家屋, 低い朽ちかけ, 低い濕つた, 低い町家, 低い粗末, 低い長屋, 佐々の, 何処かに, 修繕に, 修繕をも, 修羅場へ, 借り賃, 傷んだ家, 傾きかかった小さい, 傾斜が, 傾斜に, 先や, 光って, 入り乱れた傾斜, 内側を, 内陣に, 冴えた肋, 出っぱりは, 出窓の, 列車式の, 前に, 前へ, 剣先へ, 力強さ, 勾配は, 十字架が, 半分が, 半面が, 南瓜の, 厚みや, 反りなどを, 反射が, 反返った古い, 古い瓦, 古い農家ふう, 古色によって, 同じ門, 向うが, 向うには, 向こうには, 周囲を, 命に, 四方へ, 四隅降り, 土台が, 土間へ, 地割りだけ, 垂木廊の, 埃も, 場として, 境目に, 壁も, 変種に, 外へか, 多い小路, 多い小路小路, 多い町, 夜雨の, 大きなお家さ, 大きな塊, 大棟, 大集会場, 天ッ辺から, 天井裏には, 天辺で, 如き天日, 妙な, 姿を, 孔を, 家々が, 家であった, 家でした, 家です, 家と, 家ばかりが, 家や, 家居の, 家屋が, 小さい家, 小さな家, 小さな軒, 小屋が, 小松林, 小路が, 尖った灰色煉瓦, 尖んがった奇妙, 居酒屋ふうの, 屋根板は, 屋梁に, 山門も, 峰を, 工事だ, 工場とも, 左の, 巨き, 平たい堂々たる, 庇が, 廂先から, 建物が, 引剥が, 彎曲が, 彎曲や, 形, 形と, 形を, 形式の, 形状に, 影段だ, 彼方は, 恰も朝凪, 意味だ, 手入を, 手欄に, 投影が, 拝まれ候, 搏風を, 文化生活くらいの, 斜面だけが, 斷面を, 方が, 方で, 方角へ, 日本人経営の, 時計を, 暗い軒端, 曲線の, 朽ちるまで, 材料に, 板が, 板を, 果て, 梁の, 棟から, 棟と, 棟な, 棟を, 棟木の, 森の, 棲居を, 植木台から, 構造によっては, 様な, 模型大砲の, 横手で, 檜皮までが, 櫓の, 歴史という, 残片が, 民家などが, 水煙だけが, 波から, 波ばかりが, 波濤は, 浅瀬を, 海であった, 海である, 漏の, 漏るには, 漏れを, 漏を, 火の見へ, 火を, 灯へ, 灰色と, 烏を, 無い勧工場, 焼落つる, 煙を, 煙出しが, 煙突, 煙筒しか, 燈臺の, 片側に, 片側は, 片面に, 物干し台に, 物干場へ, 特異点は, 瓦とは, 瓦に, 瓦には, 瓦ペンキ塗の, 甍の, 田舎家で, 田舎造りで, 白いの, 百姓家, 直ぐ下に, 真上から, 真上を, 眺めです, 眺望が, 石, 石さへ, 石造の, 破れに, 破れを, 破風という, 破風には, 種々雑多, 穴とも, 空に, 空も, 空洞に, 端つこ, 端へ, 笹竹に, 箱棟から, 簡単な, 紋印に, 絵画展覧会, 継目が, 緑色に, 線は, 線石の, 縁辺を, 繕ひ, 群の, 背を, 船の, 色, 色がちが, 色や, 色を, 茶店あり, 草が, 草の, 草ほか見えない, 荒屋が, 落ちかかった家, 落ちついた親切, 葡萄の, 葺きかた, 葺きよう, 葺き方, 葺き替えから, 葺材は, 蓋も, 藁に, 虫は, 被いまで, 裏の, 西洋館は, 見えるの, 見える家, 見える山村氏, 見える湖岸, 見える限り, 見える隣家, 見られるの, 規則正しく, 角度は, 角度を, 諸方の, 起伏の, 軒から, 軒端には, 農家であったらしい, 農家なぞに, 農家の, 辺よりも, 途斷れ, 遙か, 遠望が, 邸宅を, 部分とを, 部屋数三間ほどの, 重なり, 重みに, 重量の, 重量を, 金の, 鉄の, 鉄骨では, 鉛の, 錆色の, 鐘楼を, 長屋が, 門が, 間々からは, 間々に, 間へも, 隅々には, 隅に, 隙間から, 隙間からも, 障子が, 雨, 雨樋に, 雨漏りを, 雪, 雪とけ, 雪まで, 雪下しを, 雪下ろしについて, 雪下ろしの, 雪見てた, 雪霞み, 霜とともに, 露も, 青ペンキの, 面も, 面や, 頂が, 頂きさ, 頂上から, 頂上や, 頂點に, 風見, 風見か, 風車は, 骨を, 高いは, 高い処, 高い家, 高さ以上, 高低も, 鬼瓦に, 鯱や, 鰹木は, 黒い影

▼ 屋根~ (844, 11.1%)

17 葺いて 15 越して 11 眺めて 10 伝って, 見て 6 並べて, 渡って, 離れて 5 照らして, 表した, 越えて 4 こえて, 伝わって, 抜いて, 支えて, 目がけて, 破って, 葺いた, 見た, 貫いて

3 [18件] はなれて, 仰いで, 仰ぐと, 包んで, 叩き敷石, 圧して, 打ち抜いて, 打つ雨, 持って, 持つ大きな, 斜に, 眺めた, 破つて, 見つめて, 見上げながら, 設けて, 這って, 這ひ

2 [52件] うちぬいて, おおうて, かすめて, かぶせた坐棺, かぶって, じっと見つめ, すかして, た, つきぬけて, つけた入母屋作り, のせて, はじめ一帯の, はって, ぶち抜いて, もって, 下に, 作りそして, 傳は, 光らせて, 剥いて, 天文台の, 尖らして, 打つ音, 抜けて, 支へる, 斜めに, 望むこと, 歩いて, 洩れる夏, 渡り, 渡り歩き烏ども, 渡るの, 無数の, 睨んで, 積み上げた長, 葺いた小屋, 葺いても, 葺く, 葺くに, 葺くには, 葺くの, 葺くのに, 葺く材料, 葺く習わし, 覆うて, 見あげて, 見せて, 見ると, 見ろ, 見上げた, 降りて, 隔てて

1 [554件 抜粋] いかにし, いただいた梁, いただいて, いただき尖った塔, いたわって, うしろに, うす明るく照らし, うっとりと, うつても, うつ大雨, おおう, おおう画趣, おおって, おぼつかなく光らせ, おろしては, かけた棚, かけた立派, かけた親船, かけて, かすめる都鳥, かぶせた形, かむせて, くぐっただけ, くぐり格子, こえ柵, こけた, こして, こしらえ左右, こすほど, ころげて, こわして, ささえかねて, ささえて, さしかけるよう, さまよ, さら, したいくつ, した大きな, した石造り, した素朴, して, しばらく眺めさせ, じいっと見つめ, すこしかい, すべりおりて, すべりおり菩提樹, すべると, するすると, すれすれに, そつくり地面に, そのまっ暗, たたいた, つかんで, つきぬいて, つきぬき二階, つきのけて, つきやぶりそして, つくった, つくって, つくらふ, つくろったり, つたって, つたはらない, つづけたくとも, つん出して, とおして, とおし夜, とびおりた燕作, とび越して, どうする, どよませて, ながめた時, ながめますと, なでて, なでる音, ぬきんでて, ぬけて, のぞき上げた, のぞみ雪, はがれたトタン板, はぎ壁, はぐ, はった, はるかに, ひっそりと, ひっぺがし, ひっぺがす音, ひとかけかじる, ひょいひょいと, びよびよ鳴らし, びりびりと, ふいただけの, ふいたもの, ふいた便所, ふいた小さい, ふいた藁, ふいとるの, ふきう, ふき欄干, ふく事, ふみこえて, ふりあおぐと, ふり仰いだ, ふり仰いで, ぼんやり眺め続け, ぼんやり見おろした, まねて, みつめてを, みてると, めくつたり, めくつて展, めくられたの, めくり樋, めりこまして, もたせようと, もち床, もった大きな, もった山手, もった窓, もった窓掛, もった舞台, もつた大きな, もつて, やぶって, ゆびさして, わたして, ガサガサ鳴らし, グルリと, トタンで, ナイフで, ニッパで, バタバタと, メクリ始めた, 一つ隔て, 一艘仕度し, 三分の二ほど, 下げて, 下の, 下りて, 両肱, 並べたの, 乗っけて, 二棟に, 仕かけ中, 仰ぎながら, 仰ぐが, 伝い裏町, 伝う怪しげ, 伝う濁った雫, 伝う点滴, 伝ったか, 伝つて往来の, 伝つて眼の, 低く見おろす, 低く飛ん, 作りつけて, 作ります, 作りますから, 作り弟, 使うもの, 修理せし, 修繕させ, 修繕さねえ, 修繕する, 借りて, 借りられた近衛家, 傘と, 先に, 入れたスケッチ, 全く包ん, 写生し, 冠った, 冠つた俳優が, 出し, 出切るとき, 前景に, 剥いで, 剥がされた空, 剥がさんばかりの, 剥がしそう, 剥がして, 剥ぎ去ったの, 剥ぐより, 剥すより, 反射させ, 取って, 取り付けて, 取拂つて三階, 古風な, 叩いたり, 叩く猛烈, 叩く雨, 叩く音, 吹きめくつたり, 吹き飛ばされぬ為, 吹き飛ばしたこと, 嗅いで, 地面から, 埋めるばかりに, 塗る以外, 天に, 奪って, 屹立せしめ, 崩し見れば, 差掛けた吹きぬけ, 巾広く, 幾つも, 建てて, 建て増しても, 張った荷, 張った虫, 張り出し, 形づくって, 形作る二つ, 形造っ, 忙しくたたく, 念入りに, 思ひ出させて, 愛する, 戴いたまことに, 戴き装飾, 打ち拔, 打って, 打つその, 打つて, 打つ事, 打つ弾片, 打つ高射砲, 打抜いて, 打診し, 拝借いたしたい, 拵へ, 持ちあげるトリック, 持ち町全体, 持ったり, 持った全く, 持った古い小さい, 持った建物, 持った白い, 持つこと, 持つた白い, 持つアイヌ, 持つ古風, 持つ四角い, 持つ場所, 指さして, 指さすと, 指す, 振り仰いで, 振り返った, 振向いた, 掘当, 掠めて, 掠めるよう, 掻きむしる暴風雨, 描きたる図中, 描く, 提供する, 撲つ雨, 撲つ音, 攫は, 支えるため, 支える竹, 支え円柱, 支ふる, 支へ, 支持する, 教へる, 数人の, 敲きながら, 書くの, 月光に, 望ませて, 望み木魚, 望むところ, 望む処, 望んだ時, 望んで, 木の葉の, 板で, 板葺きに, 森々と, 楽々と, 横に, 横倒しに, 横目に, 歩いたという, 歩いたら私, 残した雑木原, 求めて, 泳ぐつもり, 洗うよう, 渡つたつて雷鳴樣だ, 渡つて下へ, 渡つて人殺しに, 渡つて來た, 渡つて向う側の, 渡つて歩きました, 渡つて見, 渡つて隣の, 渡り切って, 漏るなりけり, 濡らして, 濡らすせい, 火先が, 火照らせて, 点々と, 照し, 照らしました, 照らしみんな, 燃え抜いた火, 現すこと, 現に用い, 痛めたすかっ, 痛めるばかり, 登る恰好, 白いシックイ, 白くした, 白くする, 白め往来の, 目じるし, 目に, 目の下に, 直すには, 直そうにも, 眞ん中に, 真白い厳寒, 眺めたとき, 眺めた時, 眺めやった, 眺めると, 眺めるという, 眺めるほど, 眺める事, 眺め湖畔, 眼の, 破ったのみか, 破ること, 示して, 積み上げて, 突きぬけた, 突き抜けて, 突き破りぐっと, 突ッつく, 突抜い, 突貫いた, 窺い見る時, 笠と, 紅く染めた, 素通りし, 結んで, 縁取る, 繕うため, 繕って, 繕つてゐた, 繕ふ, 翼さの, 聳か, 聳し, 背景に, 臨む風景, 自分に, 自在に, 舐め尽さうと, 茅で, 草で, 落した家々, 葺いただけの, 葺いたの, 葺いたやう, 葺いたよう, 葺いた奇妙, 葺いた家, 葺かず羽目, 葺きおろして, 葺きその, 葺き下して, 葺き替へたり, 葺き羽目, 葺き苫, 葺き野, 葺き雷, 葺くから, 葺くが, 葺くこと, 葺くだらう, 葺くん, 葺く場合, 葺く意味, 葺く瓦, 葺く草, 葺こうと, 蓋うたものであった, 蔽い包んだ杉, 蔽うて, 蔽はれ, 蔽ひ, 蔽ふ, 薄墨色に, 藁で, 被い隠すよう, 被せたよう, 覆いそうした, 覆ひたる故, 見あげたとき, 見あげたり, 見あげましたが, 見あげ見あげそこ, 見える, 見おろしました, 見おろす伸子, 見かけながら, 見ただけでも, 見た時, 見つけて, 見ながら, 見まわしたり, 見るでしょう, 見るところ, 見る迄には, 見わたし, 見上げ, 見上げました, 見上げる時, 見上げ何やら, 見下した, 見下ろして, 見出すこと, 見廻って, 見晴らした二階, 見渡しに, 見當, 見附けると, 見降したもの, 見降ろしたまま, 見降ろし千鶴子, 視め, 覗いた石菖鉢, 覗いて, 覗く來日ヶ峰, 設ける様, 護って, 貫き天井, 走る疾風, 超えて, 越え, 越えるくらい, 越え月, 越した, 越したが, 越した月, 越しては, 越し鬱々, 踏むよう, 踏んで, 踏倒して, 踏跨ぐ, 車窓から, 転げる音, 輝やかし, 轟かしこの, 辷ったと, 辷る軒, 追いかけて, 逃げて, 透して, 途すがら眺めた, 這ったり, 這ふ, 通って, 通らなかったという, 造らう, 造る事, 造る材料, 連ね人脚, 遙かに, 重ねた所, 金色の, 銀盤の, 長々と, 間に, 除きて, 陽に, 隔てた煉瓦造り, 隨處に, 離れた, 離れた朝日, 青く塗つた, 頂いた平屋, 頭に, 顧みつ, 飛びこえセエラ, 飛び越えるの, 飽かずに, 飾る挿花, 駈廻る, 高瀬に, 鳴らして, 鳴らす物, 黒く小さく下

▼ 屋根~ (696, 9.2%)

12 のぼって 6 なって, 上がって 5 とまって, 上って, 千木を, 登って 4 して, 出て, 手を, 落ちて 3 上ったり, 水を, 火が, 石を, 穴を, 葺いて, 遮られて, 雀が

2 [42件] きて, した小舟, ならべて, のぼりますと, のぼり煙突, のぼること, のぼるしか, ひとりの, ペンペン草の, 上つて足を, 乗って, 人を, 人間の, 俄かに, 列を, 命中し, 四方の, 孔を, 拳石を, 春や, 止まって, 止まりました, 残って, 生えて, 登った, 眼が, 立って, 翼を, 至るまで, 草が, 草の, 落ちた, 薊の, 近いところ, 這つてゐる, 降って, 降る雪, 雪が, 雪ふりつむ, 顛落し, 鳴き叫ぶさ, 鳴音

1 [528件 抜粋] あが, あがった一等兵, あがって, あがりました, あがり婆, あげる時, あげ店口, あたるの, あったり, あるの, ある桃, ある洗濯物, ある穴, ある船長室, ある露台, いたる間, いた弥, いた者, いた警官, いつかすっかり, いつて, いる一羽, いる人, いる気, いる男, いる鉄人, いる鴉, おく露, おちたの, おびただしい鷺, おりた, お日さま, かかって, かかりました, かくれただ, かくれて, かくれ場所, かけたトタン, かぶさって, かぶさります, かぼちゃが, かぼちゃの, からだを, きょうも, きらめく金色, こんどは, さえぎられて, ささったうち, さしか, さすあかり, したたって, した掘立小屋, しても, しとしとと降り, しぶいて, しめっぽい風, じっと見入り, じつと, すこし膨れた, するよう, そうぞうしくあたる, その家族, たくさんの, たちまち穴, たてられた, たまって, だれよりも, ちよちよと, ついて, つかまり危なげ, つけたの, つけた電車, つける彫像, つばさを, つもった雪, つるもどきの, とどきます, とどくん, とびうつった, とびうつりその, とびついた四十面相, とまった, とまりました, とまり同じ, とまるの, とまれり, とめると, とりつこうと, とんとん姿, ならあ, のせた, のせたまま, のせ遠く, のっかって, のって, のぼったとき, のぼりある, のぼりずれたカワラ, のぼりそこ, のぼりつこうと, のぼりグルリ, のぼり消防, のぼり組み, のぼり見はり, のぼる, のぼるの, のぼれたに, はいあがった警官たち, はらばいに, はりまた, はわせて, ぱらぱらと, ひるがえる赤旗, ふくの, ふりそそいだ, ふる雨, ぶらさげる腸詰, ぺんぺん草が, ぺんぺん草の, まじって, またがり善良, まと, むこう向き, めぐらした流蘇, やすんで, ゆく仕かけ, よじのぼって, よじれば, よじ上った, よじ昇り屋上, よじ登ろうとして, わらわらと, ゐる, キラキラし, ダルマ凧が, チカチカ燃, トタンなどを, トタン板を, トランクを, バラバラガラガラ, パラパラと, ヒョイと, ヒラグモの, ピッタリすい, ブラ下つた琵琶は, ペンペングサを, ペンペン草を, 一寸釘でも, 一度落ちた, 一本の, 一枚の, 一眼一角の, 一面に, 上が, 上がる, 上がること, 上げた家, 上げるもの, 上ったもの, 上ってる佝僂, 上つてチユーリツプの, 上つて京都を, 上つて長い, 上ぼつてよ, 上ぼらなく, 上ぼる, 上らせました, 上りさらに, 上り其處, 上るとて, 上るもの, 下りて, 下る, 下る牙, 丸い川原, 乗せまして, 乗つて, 乗りそして, 乗んなさい, 乘せた, 二人雪かきの, 二葉三葉, 交尾し, 人の, 人間が, 伝わりそして, 似たもの, 似たダダッ, 似た形, 似て, 何かを, 何が, 何十何百と, 使用する, 倒れ落ちて, 八尺の, 六つか, 冬日は, 処々立てた, 出たぞ, 出たとき, 出づる口, 出ました, 初霜, 剥げっちょろ, 包まれる山, 十字架が, 半分さした, 印して, 及べるが, 反りを, 反射し, 反響し, 取すがって, 取附けた扉, 口を, 叩きつけて, 向かって, 向けて, 呼び交, 四等席を, 土塊の, 坐って, 変ったと, 夕陽が, 多くの, 夜ふけ, 大きな鴉, 大穴が, 大蟻, 天窓を, 奥行が, 女や, 如くもの, 寝て, 小さな小僧, 小型の, 小石を, 小鳥は, 少年が, 尚ぱら, 居住する, 届くまで, 届くもの, 届く位, 屋根の, 山も, 山鳩が, 干したり, 干す頃, 幾歳の, 座り込みました, 廂に, 引つ掛つた凧, 張つた蜘蛛の, 張り付けたぞや, 当ります, 当り四辻, 当る, 影を, 往った, 得体の, 忍術つかひ, 志して, 忽ち穴, 我が投げし, 戴いて, 打ちかぶさるばかりに, 打ちつけるよう, 投げ上げては, 押されたまま, 押しつぶされる前, 押し迫つたの, 持つて, 振りかかる火, 掛けて, 掛けました, 掲げる登山自動車, 掴まって, 描いて, 攀じ登って, 攀上った, 散りかかる季節, 散る音, 数日くらす, 敷いた大, 斑にな, 於る, 施すメカニズム, 日が, 日は, 日を, 昇って, 星が, 星の, 時たま落葉, 暁に, 書いて, 月の, 木木の葉の, 来りて, 林立し, 校倉風の, 桃の, 梯子を, 様々に, 止まつて, 止まり長い, 止れる, 残ったは, 残った雪, 気づき始めた, 気味わるい, 沛然と, 沢山集つて騒い, 沢庵石の, 波の, 注がれた, 洗濯物でも, 洪水の, 流れる夜, 流れる黄色い, 消えた, 涼しい一雨, 渦い, 源内も, 漆喰の, 濡れかかり, 濺が, 烏が, 烏啼き, 煙突が, 燃えつきました, 燃える陽炎, 燃え拡がった, 燃え移ろうと, 狐が, 現われたぞ, 瓦の, 瓦を, 生えたペンペン草, 生えた草, 生えること, 生えるもん, 生ずる雑草, 生ひたる, 生命の, 留まったの, 異国の, 登ったこと, 登つたのを, 登つたんだ, 登つて踏臺には, 登りましたが, 登り其所, 登るといふ, 登るの, 登ツて, 白, 白いしぶき, 白くされた, 白シブキを, 白白と, 目に, 相当する, 眺めて, 着いて, 石をの, 石置い, 私たちが, 積った, 突出した, 突当って, 窓に, 立った四馬剣尺, 立った避雷針, 立つこと, 立てかけその, 立てかけて, 立顕れ, 篠す, 簀掻莚の, 結びて, 絡みそれ, 群がる市民, 群鴉落葉の, 背骨を, 脊負つてゐる, 腹伏せにな, 舞い降りるよう, 舞上った, 船の, 色の, 茂った鳶尾草, 荷物置き, 落ちかかってる, 落ちかけて, 落ちたこと, 落ちたる一葉, 落ちる雨, 落ちる静か, 葺いた店小屋, 葺き箱桶, 蒲鉾形の, 蔓を, 蔭が, 蔭つくる, 蔽われその, 薄く雨脚, 藤の, 蛍草が, 行き黄色, 被さる様, 被さる樣, 複雑異様な, 襟垢の, 西洋鋸草その他の, 西瓜を, 覆はれて, 見えた, 触れて, 認めた一群, 赤い小, 赤い旗, 赤く翻る, 赤十字の, 赤旗の, 足跡が, 身を, 車の, 軋んで, 軒に, 輝くイルミネーション, 轉つてなかつた, 近い位置, 近い大きな, 近い空, 近かつ, 近づいて, 追いついた時分, 逃げるすこし, 這い上がって, 這い上って, 這ひ, 運びあげてゐるのであつた, 達する迄, 遠退い, 避雷針を, 重い音, 重たく雪, 重石を, 野原に, 釘づけ, 鉄砲風呂の, 銅板を, 鐘楼が, 降った雨水, 降りて, 降り立ちました, 降り隣, 降り隣りの, 降る雨, 降る雨水, 陽炎を, 隠れたる時我, 隠れつつ, 隠れ初めたよう, 隱れ, 集まりわずか, 集るの, 雨が, 雨の, 電灯が, 霜の, 青い光, 青ペンキ, 音を, 響いたので, 響いて, 颯と下し, 飛びうつった, 飛び移りました, 飛び降りると, 飛んだ, 飛んで, 飛上る, 飛乗った事, 飛移つて鐵檻の, 養蚕の, 香濃き, 騒がしく巻き, 魚見櫓という, 鳴る人, 鳴る音, 鴉がわらつて, 鵠の, 鶏鳴きて, 黄金の, 黄金色の, 黒いマント

▼ 屋根~ (628, 8.3%)

27 見える 11 見えて 9 見えた 5 あって, きいきい鳴る 4 ある, ついて, 壁で, 白く光っ 3 あつて, ごみごみと, 眼の, 聳えて, 葺いて, 見えるでしょう

2 [38件] あった, あつた, あり一方, あり低い, あるので, うちかすみ, ゆるいゆるい速度, 上へ, 並んで, 今にも吹飛ばされ, 低くて, 凡そ六七十も, 出て, 多い, 平らで, 提灯の, 斜に, 明るい空, 月の, 望まれる, 横に, 樹木の間に, 水の, 濕つて居る, 点々と, 白, 目に, 空に, 見えそれ, 見えたので, 見えました, 見えると, 見えるよう, 赤黒い火焔, 通路と, 金に, 鳥瞰図を, 黒く中央

1 [461件] あの怪物, あらわれました, ありあたり, ありその, ありますから, あり下, あり更に, あり森, あると, あるにも, あるばかり, ある四方あけ, いかにものどか, いくら透明, いつも其処, うごいたと, うずまりそう, うね, え学校長, おいおいと, おおかたであった, おさ, おちこちに, かけられて, かさなりあって, かたまつて, かたまりとぎれ又, きいきい鳴ってる, きいきい鳴ります, きしむ, きらきらし, ぎっしりと, くずれ落ち, くっきりと, くろずんで, ぐつと身を, ぐるぐる廻る, こう急, この谿谷, こわれ落ちて, ごたごた起伏, ごみみたいに, ご本堂, さし出, しずかに, して, すこしめいます, すさまじく鳴響く, ずっとつづい, ずっと扁, ずっと東, そうで, そこから, そこに, そつくり, その傾斜, その光, その左右, そびえて, それだけになお気味, それらは, だいぶ風, ちかちか光っ, ちょっと出, ちらりほらり見える, つ, つい鼻, つきだして, つきます, つぶれたり, できたが, でき壁, とてもおいしかっ, とれて, どうなる, どこかに, ない, ない訳, なおある, なお奥深く, なかつたら, なかなかよい, なくて, なくなったの, なくなったらこの, なく一人, なければ, ならんだ陰鬱, のっかって, のって, はっきりと, はっきり尽きる, はっきり見え出した, ひかった, ひくい息づまる, ひとかたまりづゝぽっつり, ひどくバラック, ひんまがつて, ふいて, ふいに, ふきおえないうち, ふけてから, ふっとんで, ふつうだった, ふつうに, べろべろに, ほとんど真上, ほどなく見えた, ほんとうに, ほんの僅か, ぼつぼつ見え, ぼんやりかすん, ぼんやり浮ん, まくれあがったり, また橋, まだできあがらない, まぶしい寒い日, まるで伏せ, みえる, みえ裏手, みな貝殻に, めいましょう, めげたって, めり込んだ目の下, もし倒れ, もり畳, やっと雪, やっぱりこんな, やはり空中, ゆがんで, ゆらぐよう, よく見え, アジア的な, ズウッと, チラと, トタンだ, ペラペラ動く, ホテルだ, ボツボツ見えた, ポカリと, 一かたまり, 一つ夕闇の, 一つ目に, 一つ見え, 一つ見えます, 一ト目に, 一団の, 一番問題に, 一目に, 一眸には, 一軒だけ, 一面に, 三々五々と, 三々五々に, 三菱館, 三面に, 並べた赤, 並外れて, 丸くて, 乾き上がって, 二つ擦れ違い, 二戸葺ける, 二重三重に, 人々の, 仰がれるだけ, 低いから, 低いので, 低い割, 低うございました, 低くなっ, 低地低地に, 何となく原始的, 何處かに, 使用される, 信吉の, 傾く, 兀然と, 光って, 冷しそう, 冷たいもの, 処々眺められた, 出来た, 出来て, 出来るだろうよ, 初夏の, 剥れる, 半ば雪の, 半月の, 右にも, 右手の, 吹きとばされて, 吹きとぶほど, 吹き飛んで, 吹ッとばされた, 四五軒宇治の, 四半分ほど, 四隅へ, 地上を, 地震でも, 地面に, 塔の, 壁であった, 壊れて, 夕日を, 夕闇に, 多いの, 多いよう, 多くある, 夜目にも, 夜空を, 夢の, 大雷雨, 天日の, 太陽を, 奇妙な, 奥の, 如何に, 妨げて, 小さく見え, 小さく見える, 小山の, 少しばかり, 少しばかりしか, 少し損じた, 少し見え, 少し見える, 尖ったブラゴウエシチェンスク, 尽きた所, 尽きると, 展開される, 山裾に, 山門が, 崩れかかって, 左右の, 平たくて, 幸福らしく見えた, 幾つか, 幾棟と, 庭の, 庭先に, 張って, 張られた, 強い日, 彼の, 彼等の, 往来よりも, 微かに, 微に, 急傾斜, 悪魔の, 懶うい径, 所まばらに, 折からの, 拝される, 拵えて, 掛けられて, 掛って, 揚げ卸しの, 揺れ梢, 支へ, 斜めに, 新築され, 晨の, 暑い日, 暗闇の, 書割の, 月あかりに, 月光に, 望まれ大きな, 朝日や, 木の間に, 本もの, 本格的な, 東山殿の, 板屋根で, 林の, 柾葺きたる, 模糊たる, 横通りの, 樹, 樹の, 殆ん, 残って, 殖えて, 気障, 水でも, 水彩画の, 水面に, 決して四角, 波を, 洩って, 浮かんで, 浮き出して, 消えるよう, 漏つて, 漏ること, 漏ると, 漏るん, 漏る心配, 濡れて, 濶達にな, 火を, 灰いろ, 灰色に, 灰色の, 点々として, 無いが, 無いので, 無くなったと, 熱せられると, 燃えて, 燃えはじめて, 燃えやすい, 燃て, 現はれ, 現れ出るの, 現われ鵞鳥, 瓦ぶき, 生地の, 生子板で, 町の, 異様に, 痛んだから, 白い霧, 白く見え, 白と, 百年も, 目について, 目の下に, 目近, 真中に, 真白に, 眼下に, 破れたまま鉄骨, 破れて, 破れ柱の, 破壊された, 硝子だ, 硝子張りに, 私の, 積木の, 空を, 突き出して, 窓から, 窓の, 窮屈そうに, 窺はれた, 立ちふさがった, 立派な, 笑いながら, 素晴しい, 累なっ, 絵の, 続いた上, 続いて, 続きはるか, 綺麗だった, 緑の, 緑青を, 緑青色に, 美しさ, 群山の上に, 聳えそれから, 腐って, 腐るほどに, 艷の, 草だらけに, 草山の, 萱ぶき, 落ちた話, 落ちて, 落ち柱, 葉の, 葺きかえられる, 葺けて, 薄黒い, 薔薇色に, 蘆の, 虫籠を, 蝉しぐれの, 表はれ, 西日に, 覆うて, 見えその, 見えたり, 見えた時, 見えなど, 見えましょうあれ, 見えます, 見えませうあれ, 見えやがて, 見えやや, 見えよう, 見えるあの, 見えるが, 見えるくらい, 見えるだけ, 見えるだらう, 見えるだろう, 見えるの, 見えるばかり, 見えるモンパルナス通, 見える中, 見える村はずれ, 見える着いたの, 見える稲荷様, 見える筈, 見えんだろう, 見え出した, 見え出して, 見え眼, 見え砂利を, 見え装飾, 見はらせた, 見られた, 見られます, 見上げるほど, 見下ろされる, 覗いて, 設けられた, 變に, 軒の, 軽くて, 輝いて, 近々と望まれた, 近々と眉, 迫って, 連つて居る, 連なる様, 遠くはるか, 遠くまで, 遠く野, 遠慮なく見える, 遮らないから, 重い支那家屋, 重なって, 重り合つて, 重要な, 金色に, 銀碧の, 長方形に, 附いて, 陽を, 階段の, 隣り合って, 雫する, 雲の, 霞んで, 青さび, 静かに, 飛び去る, 飛んで, 飛んでしまつたら私, 高く, 高くあった, 高く中, 高く低く連なっ, 高く黒, 鮑の, 黒くそびえ, 黒く聳え

▼ 屋根から~ (304, 4.0%)

8 屋根へ 7 落ちて 5 屋根を 4 屋根へと, 空を, 降りて 3 下りて

2 [17件] ずっと空, どこかへ, ぶら下って, 二階の, 今しも, 地面へ, 崩れ落ちる雪, 往来へ, 火の, 瓦が, 舗道の, 転げ落ちて, 雨が, 雨樋を, 雨水を, 飛び降りた, 飛び降りて

1 [235件] いきなり桜, いきなり櫻, いずれも, おっこちたすずめ, おつ, おりた, おりて, おり劇場, かきおろされ道路, ぐわらぐわら落ち, こちらを, こぼれる木の葉, ころがり落ちた札付き, ごろごろ臼, さがった一本, しつぽ, すててね, すべりおりると, すべり落ちそう, すべり落ちるに, たべはじめるん, つき出て, つなで空, つららの, です, でないと, ではずつと, とびおりて, とんで, どうして逃げだす, ぬっきり突貫, ふり落とされ, ほそい黒いひも, まきを, また庭, また行方, まだ雨水, まっすぐにと, まわりの, もぐりこんだの, もんどりうっ, やきつけて, やはりレンガ, アパートの, ズウフラで, ツツツツと, ピョイピョイと, ブラ下る, ペンキ塗りの, ランプ室貯炭パイルを, 一々手, 一足辷ったら, 三尺餘も, 三階の, 下されたロープ, 下す多量, 下つた, 下りる音, 下ろした雪, 下ろす状態, 下を, 乘り出し, 二尺ほど, 人気の, 伝つて雨樋に, 伝は, 信乃と, 光が, 入って, 入つた, 入るの, 其括りつけた, 凡てを, 出た蝙蝠, 出入する, 力を, 半島形に, 取り下ろした長い太い細, 合衆国の, 向うを, 向こうが, 吹きおろす秋, 呼ばわる, 地上に, 垂下し, 垣へ, 埋むばかり底広がり, 城下を, 塀の, 墜ちて, 墜落, 墜落した, 夕餐の, 外へ, 夜の, 大きな荷物, 大小の, 大阪城の, 天蚕糸に, 太い金色, 小さい地響き, 小手を, 居酒屋の, 屋根への, 屋根をわ, 屋根瞬く, 屋根軒から, 崩れ落ちた, 床へ, 床下に, 床下も, 庭木へ, 廊下へ, 往来を, 忍びが, 息を, 戸外の, 手を, 投げ落とされて, 放りおろされる, 放り出す音, 数町東の, 斜めに, 春の, 月が, 朝餐の, 木立から, 本館の, 村の, 松の, 林立し, 柴垣へ, 柿の木に, 梢へ, 梯子へ, 樋を, 橋の, 母屋への, 水蒸気が, 洩れ正面, 流れ落ちるその, 流れ込むの, 溜った雨水, 滑り下りて, 火花を, 烏が, 煙の, 照返し, 物干, 瓦を, 生駒山の, 発する金属性, 白く湯気, 直ぐ物置, 石の, 石を, 秋の, 空へ, 空も, 空空を, 突き出た二本, 突き落されて, 突出した, 窓の, 窓下に, 立ちのぼって, 立ちのぼる煙, 立ち上る煙, 立ち上る白い, 立昇る, 竹藪まで, 結束した, 綱で, 羽目へ, 舞いこんだと, 舞い降り地面, 荷物を, 落ちそう, 落ちたか, 落ちたの, 落ちたん, 落ちた奴, 落ちましたが, 落ちるの, 落ちる天窗, 落ちる雨水, 薄青い, 虫が, 融けて, 行き来できる, 袋地へ, 裂け下ったニッパ, 裏の, 裏庭へ, 見えるの, 見てた, 見下した甲府, 覗けども, 誤って, 誰が, 起こった, 軒から, 転び落つるほどに, 転落した, 轉が, 送られて, 逃げるとき, 逃げる方法, 逃れ去った, 通りへ, 遠目鏡で, 降りかけた時, 降りつつ, 降りる先達, 隣りの, 雀も, 集めると, 離れなかった, 雨の, 雪が, 電光形に, 霜に, 響いて, 顔を, 飛おり, 飛び下りしたたか, 飛び下りたぞ, 飛び下りて, 飛んで, 飛付いた無頼漢, 飜然, 高く釣り下げられた, 麻繩を, 黄色の, 黒いつ

▼ 屋根~ (295, 3.9%)

4 彼の, 破風の

2 [14件] すぐ眼, ほのかな, もちろん柱一本, 森閑として, 洪水の, 漏り壁, 石塊で, 空と, 腐って, 落ち壁, 裂け表玄関, 銅葺の, 霜を, 非常に

1 [259件] ある, あるし, いくたび, いまにも, うつくしい淡紅色, お菓子で, かなりの, かやの, きらきらと, くずれ牧場, ここにこそ, これを, ころびかかり檜木六本, さながら磨きたて, しづくする雑草, すぐそば, すっかりガラス, すっかり腐っ, すっかり落ち, すつかり腐, すべてトタンぶき, そぎ葺きなりしが, そこより, そのままで, その右方, その後変つ, その窓, それと, たしか近衛殿, つい其處, できなかったなどの, とび色, とりのけられた, どこにも, どんな遠方, なかった, なく四方の, ばさり, ひとしお金色, ひらめき, ふき飛んでも, べらぼうに, まだ無遠慮, まだ瓦, まだ随処, まるで大きな, みんな無事で, むろん見えない, もとより天井, もとガラス張り, やぶれ軒, ギリシャ建築の, コバ葺き, シナ風に, スレートぶきで, スレート葺きだ, トタンで, トタンぶき, ブッコぬけ, 一層汚らしく, 一望だった, 一面に, 三十年以上は, 上部で, 下から, 不揃いだ, 世の, 両端が, 丸くて, 丸味の, 乾ききって, 二つに, 五十年も, 今にも飛ばされ, 今は, 他の, 仮令トタン, 会下山から, 低かった, 低く何処, 低く藁葺, 例の, 倒れないで, 偃松其他の, 傾いて, 傾き塗料, 傾き雨, 僅かに, 全く味気, 全部拔けて, 内部に, 凄い音, 初秋七月の, 剥がれ壁, 動かぬよう, 勾配を, 勿論, 厚い杉皮葺, 去年の, 反って, 反つて, 反響した, 古トタン板, 古市や, 唐竹で, 地面と, 墨を, 外から, 多くは, 大きな屋, 大よそ三十年, 大抵吹きめくられ, 大空に, 天気を, 奇麗であった, 女の, 妻入式であり, 家の, 寒そう, 小判で, 尖って, 屋根裏に, 山の, 崩れ, 崩れて, 崩れまもなく, 崩れ凄まじい, 崩れ草, 左官屋の, 平らに, 広く赤瓦, 廊下から, 引っくり, 御方一軒で, 思いがけずむき出されて, 恰で, 打っ壊れて, 新緑の, 早くからみな, 明るく門口, 時の, 普通の, 曇った日, 月と, 木々の, 木つ, 木で, 木の間遠く, 木立の, 本葺, 朽ち広い, 朽って, 村中の, 松やにを, 板葺で, 柿葺きで, 栗幹で, 梯子なし, 森が, 極く, 次第に孔雀色, 次第に黄昏時, 正しくなつ, 此れ, 比島の, 永い雪解け, 波がたに, 海までも, 海近くの, 海鼠板の, 湯気に, 火の粉から, 火薬の, 灰色で, 烈しく鳴っ, 無用だろう, 無知で, 無論藁葺, 熱し天井, 牡蠣の, 瓦が, 瓦葺き柱は, 瓦葺だ, 瓦葺に, 皆, 皆さびしい, 皆金色の, 眞新しく, 矢張り好もしい, 矢張り樹の, 矩形で, 砲弾に, 破風から, 確かあった, 私が, 穴だらけな, 竹で, 篩の, 純白の, 総じて低い, 繕えないし, 繕はれ, 繕われ柱, 翁の, 苔蒸し, 若葉の, 英雄の, 茅です, 茅ぶきの, 茅葺き柱は, 茅葺で, 草ぶき, 草葺き茅葺きある, 草葺で, 萩で, 落葉の, 葺いたの, 葺きかけて, 薄く葺い, 薄暗い, 薔薇色に, 藁で, 藁葺きだ, 要るが, 見え候を, 見るからに, 見れば, 貝がらで, 赤いうわ, 赤く壁, 赤く赤い屋根, 赤と, 赤瓦または, 距離が, 蹴上, 重々しく雪, 鈍い赤, 鉄板または, 錆び納屋, 防火上危険だ, 除き船形, 隣の, 雨あがり, 雨で, 雨でけむ, 雨上がりに, 雪が, 雪でも, 霧に, 音の, 首垂れ窓は, 骨ばかりの, 鰍沢の, 麦藁ぶきだった, 黄と, 黄色く壁, 黒く塗っ, 黒く壁, 黒く描き出され

▼ 屋根~ (264, 3.5%)

13 出て 8 上って 7 登って 6 あがって 5 のぼって 4 出た 3 上がって, 石を, 飛び上がった, 飛び上って

2 [16件] おりて, お上ん, とびうつって, 上げて, 出ると, 向って, 投げると, 来て, 梯子を, 火が, 逃げたという, 逃げたの, 這い出した, 飛びうつって, 飛び移って, 飛んだ

1 [177件] あがれ米俵, いつこくも, いつて, いまだこの間, おりるくらい, お宮の, お辞儀し, かけかけして, かぶせて, かるくとまった, きて, きら, くご, さしかけたうち, さつと, そういっ, つきました, つたわって, とびうつりました, とび上, とび下り, どうして上がれます, どこよりと, のせて, のぼったって, のぼったの, のぼらせ城内, のぼり始めました, はいあがって, ひょいひょいと, ぶつかって, ぺんぺん草が, ぺんぺん草を, もう一度梯子, もえ上りました, もどって, よじ登ろうと, バラバラ石, ヒョイと, ヒラリと, フッと, 上がっちゃ, 上がるか, 上がるよう, 上がる者, 上げた, 上げられたと, 上げる風俗, 上った, 上った小者, 上った米友, 上つたら, 上つて屋根瓦の, 上つて揚げる, 上り二階, 上り或, 上るという, 上るわけ, 上れば, 上れる梯子, 下りて, 下りると, 乗せて, 來た, 偶然にも, 凄まじい音, 出たあと, 出るつもり, 出るの, 出るはしご, 出るやう, 出入りを, 吹き抜け天, 呼んだ, 大きな石, 寒い光, 届くの, 往来へと, 忍びいで, 怖さ, 戻った後, 手を, 打ち込んだ, 打ち込んだ鎌, 打附, 投げた筒抜け, 投げ懸ける, 投り挙げ, 抜けて, 持って, 持つて, 掛けて, 掛りますの, 掛る中, 攀登った, 新しい講堂, 早くから, 昇ったり, 昇つて行く, 来いって, 来た, 来ること, 来るの, 枝を, 樂, 水を, 沈んで, 沢山の, 燃え上がる, 猫の, 登つたくらゐ, 登つたので, 登りました, 登るため, 登る家, 目籠を, 移って, 移ろうと, 素早く香具師, 続いた物, 芍薬の, 花田に, 菖蒲を, 落すと, 落ちて, 落ち室, 落っこちたから, 落っこちて, 蒔いといたん, 行き来も, 袈裟がけに, 視線を, 覗き込み相に, 触つたり, 踊って, 踏みあがった, 轉げ落ち, 逃げたぞ, 逃げたん, 逃げのぼったとき, 逃げるだろう, 逃げるつもり, 逃げるなんて, 這い上がった, 這い上って, 這い登れ, 這ひ登れ, 這上って, 這上つて二百十日と, 金箭を, 鎖で, 雨が, 電燈線が, 頭を, 風船の, 飛びうつりてんてん, 飛び上がって, 飛び上った人影, 飛び上つた, 飛び上りました, 飛び下りて, 飛び渡って, 飛び移つたの, 飛び移りました, 飛び移ろうと, 飛び降り踊り舞臺, 飛ぶ, 飛んで, 飛んでも, 飛付いて, 飛付き格子, 飛火が, 飛降り踊り舞台, 駆け上って, 駈け上がり遥か, 駈登った白斑, 鳥が

▼ 屋根~ (167, 2.2%)

13 屋根との 3 すれすれに, 屋根

2 [11件] する, それを, 壁との, 壁とは, 壁に, 屋根とが, 屋根とを, 白い壁, 破風との, 窓と, 美しい配合

1 [126件] あの風雨, いい壁, いい浅く, いい竹格子, いえば, いはず隙間, いはれて, いわずいたる所, いわず木, おなじい, くっついて, ここの, この鎮台, した奇々怪々, し且つ, し芭蕉, し草, し通路, そこと, そして遠方, その上, その原始的, その庇, その花畑, ちひさ, なった, なって, なると, みなに, もれた二階, カーテンの, シナ建築の, ラジオの, 一つの, 一所に, 一旒の, 三つの, 上の, 並んで, 丹塗りの, 二つの, 二三箇処その, 二人の, 云う傘, 云ふ, 來たら, 偶然の, 十字架を, 同じ直径, 同じ高, 吾室の, 四壁と, 土の, 壁, 壁と, 壁とに, 壁とを, 変らない, 大きい月, 大きな目, 大屋根, 大窓, 大鳥居とが, 天井とを, 尖塔の, 尖塔を, 屋根と, 屋根の, 広い庭, 庭の, 廂と, 廂としか, 思われる辺, 扉の, 断れ断れな重い, 新築した, 旗が, 木影深い, 未完成, 本堂の, 来たら家主, 松の木との, 板を, 板塀に, 板葺きの, 柱だけが, 柱だけは, 柱と, 柱とに, 柱との, 柱のみ, 柱ばかりに, 梢とで, 梯子に, 様様の, 樹木との, 此の, 海の, 煙突と, 申した処, 白い柱列, 白い煙突, 皆黒し, 皇居の, 相向っ, 真白い綿, 窓あかりを, 窓ばかり, 立樹を, 築地塀だけの, 納骨堂らしい, 細い流, 緑葉とに, 而し, 色が, 草の, 表口の, 言いたい, 言いながら, 野菜畑とは, 門とに, 附着い, 隙間も, 風雨に, 高からぬ, 鳥居である

▼ 屋根~ (161, 2.1%)

7 壁も 4 見える

2 [13件] ある, あれば, ない, 何も, 居酒屋の, 崖に, 廂も, 柱も, 無し, 煙見せ, 見えて, 軒下の, 道路も

1 [124件] あります, あり板壁, あるし壁, あるです, あるので, あんまりの, いくえにもかさなりあっ, この墓場, じゅうぶん注意, すこしは, ぜんぶまっ白に, そこから, それと, ただ見る, たわわに, ついて, とばさな, どっしりなり, ないプラットフオム, ない短いプラットフオム, なき荷車, なくまっすぐ, なく二つ, なく凍えた, なく物, またそう, みんな人間ばかり, わからず, コンクリートだ, 一日で, 一面雪に, 並木も, 乾いた色, 人の, 今の, 今は, 低い, 傾いて, 全部が, 其處だけは, 出來, 出来るという, 分らぬ, 危くなった, 厚く葺い, 吹き飛ぶよう, 周囲の, 囲いの, 土も, 地面も, 埋まつて, 塀も, 外からは, 天井も, 天然と, 存在しない, 山門も, 市街は, 往来も, 憂慮われまする, 戸口も, 持たない者, 掻みだす, 明るくなった, 普通に, 望まれた, 木の, 木立も, 朽ちて, 朽ち壁, 杜の, 松高き, 板囲いも, 森も, 横倒しに, 決してわるい, 沈めるを, 沢山ある, 法皇も, 波止場の, 流れて, 港の, 満足な, 点々と, 煉瓦も, 異様に, 白い壁, 白くこおっ, 白く土壁, 白く埋れた, 白く眩しい, 皆な, 直線の, 破れ床, 硝子も, 簷も, 籬も, 縁側も, 美しく光り, 苔に, 葺いて, 葺く水, 葺けたし, 蟻の, 見えた, 見えない, 見えなかった, 見えるはず, 見ず知らず五条三条も, 親切でした, 身を, 軒も, 軒端も, 部落も, 門も, 隣近所と, 雨が, 雪の下に, 電柱も, 霜が, 霜に, 霜の, 高粱も, 黄土色の

▼ 屋根~ (136, 1.8%)

12 の上 2 が落ち, にかじりつい, の波, の間, は千年以上前, もずいぶん

1 [112件] から塔, から頭, があつ, がうねうね, ががらがら, がのせ, がひどく, がむやみ, が乗っ, が何十枚, が光っ, が光らなく, が同じく, が吹き飛ぶ, が墜落, が弱い, が禿, が舞いあがる, が落ちた, が鉛, が飛ん, が高い, しか見えない, で堂々, と土壁, などは焼け跡, などを手広く, にこびりついた, には卍, には月光, には漆, にへばりつい, にも見られます, に徹る, に感じ, に滝, に濃き, に赤い, に雀, に頭, の, のある, のうえ, のぎつしりした厚み, のごちゃごちゃ, の一つ一つ, の一枚, の下, の並び, の中, の傷, の坂, の外, の少し, の掃除, の海, の溶解度, の砂漠, の破損箇所, の破片, の積み, の色, の苔, の融けつくした, の重畳, の隙間, の頂上, の黒い, はいろいろ, はすべて純金製, は一枚, は剥げ落ち, は暗色, は朝日, は熱帯, は苔, ばかり並んだ, ば剥ぎおった, へすれすれ, へ気永, も吹き飛ばされる, も満足, や土壁, や窓硝子, や軒, をあれ, をうち, をはぎ, をはぐ, をめくり, をシャベル, を一枚一枚, を修繕, を剥がされた, を厳め, を寒く, を建築全体, を引っ, を弾丸, を打っ, を打つ, を捲くっ, を洗う, を百枚, を眺め, を素足, を見させ, を見た, を見つめた, を読みはじめた, を震い落され, を飛ばし

▼ 屋根~ (116, 1.5%)

4 庭に 3 壁を, 木の, 水に, 瓦屋根が 2 壁は, 春の, 樹の, 窓の, 簾の

1 [90件] えんとつ, かき根や, かべは道しるべ, ご本, ぼろな, よその, ガラスに, ガラスの, コンクリートに, トタン屋根では, ハメ板の, 五重の塔の, 五重塔を, 呼ばないでしょう, 垣が, 垣がさつと, 塀は, 塔の, 壁そのものには, 大きな屋, 大陸風の, 学文路宿が, 屋根の, 山並みを, 山川を, 庇の, 床, 床上へ, 廂にも, 廂や, 建築物の, 往来を, 日覆が, 明滅する, 木々や, 村童の, 松の, 板木片が, 柱と共に, 柱の, 柱を, 柱襖に, 柳に, 柵が, 柿の木や, 棟の, 森を, 橋は, 洋館の, 洗濯物が, 海緑色の, 灯にか, 灰色の, 煉瓦など, 煉瓦の, 煙を, 煙突に, 煙突も, 煙突や, 田畑が, 白い壁, 眼に, 破れた土壁, 破風などは, 窓に, 窓や, 立木の, 耕された畑, 背後を, 荒ら壁の, 荒壁は, 蚕臭い, 袖部屋の, 襁褓の, 軒から, 軒に, 軒や, 道路の, 遠い秩父, 鐘楼が, 鐘楼や, 附近に, 障子も, 雨に, 電線を, 青い屋根, 高い白樺, 高塀伝い, 鳥居の, 鳩小舎や

▼ 屋根には~ (86, 1.1%)

2 もっと壮大, 一羽の, 松や, 痩せた柳, 石は, 草が, 雀と, 霜が

1 [70件] いつのまにか, うつすら, おのおの高い, さっきから, さびたブリキ板, ところどころ藁, まだ雪, むかしふうな, アティクに, アドバルーンが, イルミネーションが, タクアン石の, 一八の, 一尺ほども, 一種神秘な, 三四人の, 下駄の, 丸い石, 人の, 今日私共が, 出来ない, 南無妙法蓮華経四千部と, 厚く草, 名も, 地震よりも, 塔も, 変種が, 夜毎に, 大きな穴, 小さな明り窓, 小さな植木鉢, 居まい, 幾千幾万の, 我々が, 木の葉が, 板の, 案外大きな, 棟に, 水平の, 沢山の, 沢庵石の, 消え残りの, 漆喰の, 焼けトタン板, 疫病やみの, 皆トランクや, 石が, 石ころを, 石を, 穴が, 緑色の, 草あやめが, 草生ひ, 落葉が, 蓮華の, 蕈の, 薄く日, 見物人が, 赤い瓦, 赤い錆, 重々しく瓦, 釘を, 雪の, 露霜の, 青色ランプだ, 青草が, 静岡何某小学校と, 音は, 鳩小屋が, 黒い人かげ

▼ 屋根~ (75, 1.0%)

2 あつた, お茶の水の, その軒下, まことに名ばかり, 遊ぶ, 遊べ, 鵝鳥が

1 [61件] あいだには, いっしょくたになり, いふ声が, おおわれた空間, お庭, かわかしたもの, けんかを, この遮断機, ござります, さえずって, しかも瓦, すずめが, する板葺, その下, その向う, その屋根, その日, たった一人, ぱつと, まはつ, アホーと, シナの, ラジオの, 二階から, 仕事を, 使い方, 働く人, 名だかい白川村, 啼いて, 喚く, 土間には, 少女花形の, 屋上に, 建坪は, 建物に, 彼は, 揚げる凧, 新しかった, 昼寝を, 暗い音, 朝日ニュース, 池の, 深い木曾山中, 猫が, 百合子が, 石なら, 立往生に, 育てたん, 蓋を, 蔽はれた, 蔽われた暗い, 裏手の, 覆われて, 豹を, 運搬する, 重なりあつ, 鐘を, 雨露を, 音が, 頭を, 鵝鳥の

▼ 屋根屋根~ (66, 0.9%)

6 の上 5 の下 3 を眺め 2 の間, は雨

1 [48件] から屋根, から林立, がその, がひどく, が続き, が西日, が見える, が見はらせた, が高く低く, その彼方, であった, である, に, におく, には漆喰, に女, に林立, のした, の乏しい, の果て, の波, の眺め, の眺望, の角度, の起伏, の雪, の面白, は, はそれ, は不揃い, は灰色, は皆, へいまだ, や, や道路, より, をこえ, をしばらく, をとび越し, をぼんやり, をもち, を低く, を照, を眺めた, を眺めやった, を見, を越え, を越し

▼ 屋根~ (40, 0.5%)

2 で葺いた, にぱらぱら, に一つかみ, のよう, の合目

1 [30件] から一本, がいつ, ががたん, がよく, が山, ぐらいははね飛ばす, とめっきり, にはら, の上, の代り, の山, の抜け落ちる, の散らぬ, の燃える, の臭, の風, は克明, は子供, は無い, は鱗, も大地, をむしる, をめくり取る, を削る, を引っ, を投げる, を掻き集める, を照りつけます, を突き破, を苦心

▼ 屋根部屋~ (35, 0.5%)

4 の中 2 の扉

1 [29件] かなんか, があっ, その部屋, でいそがしい, でその, で開き, とがあった, とをあべこべ, にとって返した, にはいっ, のほか, のよう, のジョウ, のソファ, の一つ, の入り口, の断片, の方, の梯子, の様子, の窓, の窓縁, へいき, へかけあがり, へ使, へ持ち帰る, まで孤独, もなし, や小屋

▼ 屋根にも~ (31, 0.4%)

2 廂にも

1 [29件] かこいにも, このいちじるしい, この防風林, たくさんの, ゆるぎ出した, 出来るだけ, 囲にも, 垣根にも, 庇にも, 弾が, 攀じ登る, 月夜の, 柱にも, 檜林にも, 泥は, 畠にも, 真言の, 穴が, 葉にも, 誰か, 變つた, 赤かった, 路ぶち, 路傍の, 通り過ぎる人, 通路が, 霜が, 青々と, 風見の

▼ 屋根まで~ (30, 0.4%)

2 とどかせて

1 [28件] あり現在さかん, かすめて, くは, くわえて, ずっと鉄格子, そうし, つきぬけて, とどきました, とどき地めん, のぼりついたの, よじのぼって, わたして, 剥ぎはじめたと, 御用提灯で, 手を, 打拔, 来ましたが, 浸つて, 眞黒に, 突出し, 見えると, 降りたところ, 降りて, 震動さした, 飛びうつること, 飛んだ, 飛んで, 駈けつけた右

▼ 屋根伝い~ (29, 0.4%)

62 に抜け出し, に窓, に逃げる

1 [17件] にお嬢さん, にここ, にこの, にし, に帰っ, に抜け出した, に物, に自分, に表, に裏, に追い迫っ, に逃げ, に逃げ去り, に逃げ走った, に逃走, に這っ, に隣り

▼ 屋根越し~ (28, 0.4%)

1 [28件] から黄色い, にお, にシャールマーニュ, に一つ, に不, に低い, に僅か, に大通り, に天, に宵, に山, に持っ, に挨拶, に昔ながら, に東京, に松, に氷, に照らす, に緑葉, に芝居小屋, に薄, に製菓會社, に見える, に隣り, に青く太く, に高く, のエッフェル塔, の木々

▼ 屋根~ (27, 0.4%)

4 の親かた

1 [23件] が屋上, が屋根, が必要, が来れ, という専門, とうわ, なん, に頼ん, のまね, の徳, の手伝, の竹, の職人, の銅義さん, は葺藁, へは養子, もやりました, もやる, や樵夫, をよこし, を呼ん, を廃業, を職業

▼ 屋根うら~ (26, 0.3%)

2 の梁, の部屋

1 [22件] が怪獣, にほそ, の, のおそろしい, のくも, のそういう, のちいさな, のはり, のものおき, のよう, の一点, の一階, の二階, の女, の小さな, の煤けた, の窓, の部屋なぞ, の隙間, の高い, べやの窓, べやは二軒

▼ 屋根との~ (21, 0.3%)

5 間に 2 間から, 間を

1 [12件] あいだから, あなたより, 中空へ, 二つの, 境い目だの, 打ち続く坂下, 比較, 爲めに, 狭いすき間, 谷は, 部分が, 間には

▼ 屋根より~ (20, 0.3%)

1 [20件] これが, ころげおち, 堕つるを, 太子の, 笑ひ, 赤く塗った, 雨漏り畳皆がら朽ちはて, 高いところ, 高い場所, 高い大, 高い空, 高き処々, 高くなった, 高くのぼりました, 高く口, 高く小山, 高く引上げ, 高く火山, 高く穂, 高く運び上げる

▼ 屋根~ (19, 0.3%)

2 に腹這い, の上

1 [15件] から, からふたたび, から気合, に懸かっ, に烏, の一所, の歩幅, へまでピン, へまで一直線, へ寝た, へ現われた, へ黒, をむこう, を一晩中, を伝わっ

▼ 屋根~ (15, 0.2%)

1 [15件] が見えた, でむやみ, で河上数マイル, で花見, で間もなく, にしよう, に万緑叢中紅一点, に乗っ, に芸者, の中, の障子, よりはむしろ, をつけ, を木の葉, を用意

▼ 屋根~ (15, 0.2%)

2 に遠く, に鈍る

1 [11件] に, にほほえみました, に僅か, に向う角, に垂れ, に山, に見える, に雪坊主, の其方, の柳, の町一つ

▼ 屋根からは~ (14, 0.2%)

1 [14件] きものを, けたたましい猫, この松の木, まだ瓦, 急に, 毎晩人魂が, 煙, 煙の, 蒸気が, 諸方に, 金色の, 雨漏りが, 青々と, 静かに

▼ 屋根だの~ (14, 0.2%)

2 ペンキ塗りの, 火の 1 その彼方, 丘だの, 日に, 枯柳に, 無数の, 物干だ, 草屋根だ, 軒だ, 軒燈だの, 黒い屋根

▼ 屋根葺き~ (14, 0.2%)

1 [14件] おわり, になっ, にはなる, に家具類, のこと, のグシ, や挽物細工師, を手伝っ, 屋が, 料にも, 材料だけには, 機織娘彫刻師染工などから, 職の, 職を

▼ 屋根でも~ (12, 0.2%)

2 芙蓉でも 1 なく影, 吹きめくる風, 土手でも, 壁でも, 樹でも, 煙突でも, 白い大きな, 見て, 飛ばされて, 飛んで

▼ 屋根~ (11, 0.1%)

2 な, のの 1 からよけい, から忍び込ん, から忍び込んだ, し将門, とかには何時, と屋根裏部屋, のを

▼ 屋根では~ (11, 0.1%)

2 ありません 1 ないか, 一羽, 到底こういう, 小旦那, 間断なく, 雀の, 雪も, 頭が, 鼬が

▼ 屋根~ (11, 0.1%)

1 [11件] からお, が遽, でトタン, で小者, になっ, の欄干, の物, の窓, の雨, へのぼった, や特に

▼ 屋根~ (11, 0.1%)

1 [11件] が涼み, が自分, で屋根屋三右衛門, に用いる, のため, の手, の手伝, の費用, は自分, も手伝っ, より暑き

▼ 屋根だけ~ (10, 0.1%)

1 かけた吹きさらし, だった, でなく藁, ふいて, 文化式の, 葺いた怪しい, 葺いた車庫, 見えて, 見せて, 見せますが

▼ 屋根などが~ (9, 0.1%)

1 ほのぼのと, まるで繪ハガキ, 寂しい睡, 木の, 浮かんで, 見えずつと, 見える街, 見渡される, 雑然入組ん

▼ 屋根へと~ (9, 0.1%)

2 見上げるの 1 わめく, 伝わって, 伝わり囲壁, 必死に, 移った, 落下した, 風が

▼ 屋根よりも~ (9, 0.1%)

2 もっと高い 1 かえって高く, もっと高く, もつと, 少し上, 高く幕張り, 高く葉, 高く鯉幟

▼ 屋根~ (9, 0.1%)

1 が六銭, が貰ってなかった, ぐらいは猶予, とは出来た, の六銭, の要らねえ, もなし, を出さねえ, を払え

▼ 屋根という~ (8, 0.1%)

1 こんな家, ごく粗末, のは, ものは, 屋根に, 屋根には, 屋根の, 意気には

▼ 屋根なし~ (8, 0.1%)

1 に網代, の井楼, の廃屋, の生活, の箱槽, 傘, 傘で, 傘を

▼ 屋根だけが~ (7, 0.1%)

1 いくらか寺, ただひとつ, 地面に, 地面にの, 此の, 見え隠れし, 赤瓦で

▼ 屋根だけは~ (7, 0.1%)

1 ついて, できたの, どうしてもできるだけ平たく, 出て, 板葺に, 相変らず浮きつ沈みつし, 美しいと

▼ 屋根ばかり~ (7, 0.1%)

1 だ, でなく玉堂翁, で殊, な茅屋, 現われおる状, 眺めて, 見えて

▼ 屋根からも~ (6, 0.1%)

1 ネズミ一匹ぬけださなかった, 壁からも, 春の, 見えなくなって, 路の, 野原からも

▼ 屋根~ (6, 0.1%)

2 しに 1 しに大声, しに時おり, しに眺望, しの日が

▼ 屋根~ (6, 0.1%)

1 に内側, に物, の一つ, の物置, へ立つ, まですっかり

▼ 屋根~ (6, 0.1%)

1 がいろいろ, が見渡せた, の彼方, は一面, を揃え, を眺めさせ

▼ 屋根~ (6, 0.1%)

2 の軒 1 で東, の大, の頭, をした

▼ 屋根~ (5, 0.1%)

3 らへ 1 らへでも, らを

▼ 屋根がわら~ (5, 0.1%)

1 がいつ, がかれ, などがあっちこっち, の上, をはがされたらしく

▼ 屋根その~ (5, 0.1%)

1 まわりに, 上に, 彼方に, 柱その, 頂上の

▼ 屋根です~ (5, 0.1%)

1 からきっと, からはう, から一, から人々, よあれ

▼ 屋根とが~ (5, 0.1%)

1 あるだけ, くっついた所, けんかを, 何時も乍ら磁石, 延び上がって

▼ 屋根~ (5, 0.1%)

1 からななめ, のあわい, の摧飛, の摧飛ばん, へ飛びあがった

▼ 屋根看板~ (5, 0.1%)

1 が嘉吉, だけはあげましょう, に, もなく, も上っ

▼ 屋根~ (5, 0.1%)

1 あらゆる雨戸, がつけられてる, だけが開い, なぞで, などが見られます

▼ 屋根職人~ (5, 0.1%)

1 が歌っ, である, の梯子, は遠く, もいた

▼ 屋根~ (4, 0.1%)

2 さへの 1 さへにも, 役宅の

▼ 屋根~ (4, 0.1%)

2 かぶせろ 1 へなく, へもない

▼ 屋根つき~ (4, 0.1%)

1 の東屋風, の籠, の細長い, の門

▼ 屋根づたいに~ (4, 0.1%)

1 にげること, 伝うの, 持出そうと, 逃げたの

▼ 屋根とを~ (4, 0.1%)

1 のこして, 作り若干, 奥深く割っ, 蝗の

▼ 屋根~ (4, 0.1%)

1 おしに, のが, のだ, んです

▼ 屋根などの~ (4, 0.1%)

1 全体の, 持って, 線という, 集まりを

▼ 屋根などは~ (4, 0.1%)

1 パリパリいっ, 一面に, 朽ちやすい, 霞んで

▼ 屋根などを~ (4, 0.1%)

1 巧みに, 眺めた, 眺め廻しつ, 見ること

▼ 屋根にまで~ (4, 0.1%)

1 とどくやう, ばらばら石の, カソリックは, 登って

▼ 屋根ばかりを~ (4, 0.1%)

1 月光に, 葺かせること, 見て, 見得るの

▼ 屋根への~ (4, 0.1%)

1 つづき工合, 出入り口が, 出入り口は, 出入り口を

▼ 屋根ほどの~ (4, 0.1%)

2 大きな岩 1 大きな巌, 高さ

▼ 屋根らしい~ (4, 0.1%)

2 ものが 1 物が, 物は

▼ 屋根をも~ (4, 0.1%)

2 めくり軒端 1 恐れは, 抜くばかりに

▼ 屋根並み~ (4, 0.1%)

1 がぎっしり, の一列, も見分けられた, や夕映え

▼ 屋根低く~ (4, 0.1%)

1 建てられて, 立てし障子, 葺き竝, 軒も

▼ 屋根あり~ (3, 0.0%)

1 天井あり, 暗い軒, 破風あり

▼ 屋根さえ~ (3, 0.0%)

1 あれば, なく雨, 何処に

▼ 屋根そのもの~ (3, 0.0%)

1 であったが, の骨格, を持ちあげたら

▼ 屋根それ~ (3, 0.0%)

1 に陽, はかれ, を越す

▼ 屋根だけを~ (3, 0.0%)

1 水面に, 瓦で, 見せて

▼ 屋根といふ~ (3, 0.0%)

1 小唄の, 屋根に, 屋根には

▼ 屋根として~ (3, 0.0%)

1 その下, 同校の, 都会の

▼ 屋根とに~ (3, 0.0%)

1 積って, 結びつけて, 結び着けたり

▼ 屋根とは~ (3, 0.0%)

1 みるみる裸虫, スレ, 堤防と

▼ 屋根とも~ (3, 0.0%)

1 いう可, いはれるの, 解せられるが

▼ 屋根など~ (3, 0.0%)

1 まざまざと, ゆっくり眺めた, 日本が

▼ 屋根などに~ (3, 0.0%)

1 白く見える, 葺くこと, 躍り上り

▼ 屋根にと~ (3, 0.0%)

3 まつて

▼ 屋根にの~ (3, 0.0%)

2 ぼつて 1 ぼつてよ

▼ 屋根のうへに~ (3, 0.0%)

1 布団を, 立つてを, 運んだの

▼ 屋根のみ~ (3, 0.0%)

1 浮いたよう, 見ゆる村里, 鷲の

▼ 屋根ばかりが~ (3, 0.0%)

1 水を, 独りしょんぼりと, 見える

▼ 屋根ばかりの~ (3, 0.0%)

1 それでいて尖った, バラツクで, 大阪を

▼ 屋根へは~ (3, 0.0%)

1 のぼれません, 上げて, 持つて

▼ 屋根へも~ (3, 0.0%)

1 上れず井戸, 伊勢太神宮の, 裏の

▼ 屋根または~ (3, 0.0%)

1 冬期の, 棕櫚の, 紙てん

▼ 屋根までは~ (3, 0.0%)

1 一間も, 一間半は, 距離が

▼ 屋根までも~ (3, 0.0%)

1 剥いで, 届くくらい, 流して

▼ 屋根~ (3, 0.0%)

3 ひに

▼ 屋根~ (3, 0.0%)

1 が天照大神, であったが, は中

▼ 屋根~ (3, 0.0%)

1 の竹, はすなわち, は我が

▼ 屋根~ (3, 0.0%)

1 の入口, の扉, の窓ぎわ

▼ 屋根~ (3, 0.0%)

1 が長, の多く, の末端

▼ 屋根樹木~ (3, 0.0%)

2 の梢 1 と相

▼ 屋根~ (3, 0.0%)

1 とも言, のあいまあいま, や日かげ

▼ 屋根~ (3, 0.0%)

1 の中風薬, の水茶屋, の門

▼ 屋根ある~ (2, 0.0%)

1 を以て居, プラットフォームあり

▼ 屋根いろんな~ (2, 0.0%)

2 物が

▼ 屋根うち~ (2, 0.0%)

2 渡す屋並

▼ 屋根~ (2, 0.0%)

1 或はその, 雲の上みた

▼ 屋根それから~ (2, 0.0%)

1 木々の, 遠く高い

▼ 屋根だった~ (2, 0.0%)

1 ことが, のが

▼ 屋根つづき~ (2, 0.0%)

1 の建物, 風雨の

▼ 屋根であった~ (2, 0.0%)

1 ことは, 時代も

▼ 屋根である~ (2, 0.0%)

1 ゆえと, 天蓋の

▼ 屋根なき~ (2, 0.0%)

1 所に, 褥なき

▼ 屋根なぞ~ (2, 0.0%)

1 其様な, 多く見た

▼ 屋根なども~ (2, 0.0%)

1 夜半に, 見える

▼ 屋根なら~ (2, 0.0%)

1 むとおもひき, よいと

▼ 屋根なんかに~ (2, 0.0%)

1 のぼって, 登って

▼ 屋根にあたる~ (2, 0.0%)

1 山の上を, 音とともに

▼ 屋根のむ~ (2, 0.0%)

2 こうに

▼ 屋根のわ~ (2, 0.0%)

2 づかな傾斜

▼ 屋根ひさし~ (2, 0.0%)

1 は落ちかかり, をけばけばしく

▼ 屋根~ (2, 0.0%)

1 ねの提灯, ねの提灯ッ

▼ 屋根やの~ (2, 0.0%)

2 太郎に

▼ 屋根やら~ (2, 0.0%)

1 物干, 生垣やらが

▼ 屋根よりは~ (2, 0.0%)

1 丈伸びた, 遙かに

▼ 屋根~ (2, 0.0%)

1 周ツテ, 葺キタルガ故

▼ 屋根一ぱい~ (2, 0.0%)

1 に電灯装飾, の看板

▼ 屋根一面~ (2, 0.0%)

1 に南瓜, に瓜畑

▼ 屋根作り~ (2, 0.0%)

1 の様, や畑

▼ 屋根全体~ (2, 0.0%)

1 をおおいかくした, を大木

▼ 屋根半分~ (2, 0.0%)

1 はもうとう, は既疾

▼ 屋根~ (2, 0.0%)

2 した大

▼ 屋根土塀~ (2, 0.0%)

1 などを念入, などを念入り

▼ 屋根屋三右衛門~ (2, 0.0%)

1 が通称, と抽斎

▼ 屋根屋新道~ (2, 0.0%)

1 からお, の屋敷

▼ 屋根庇廂~ (2, 0.0%)

2 の勾配

▼ 屋根~ (2, 0.0%)

2 の樹立

▼ 屋根瓦壁~ (2, 0.0%)

1 の墜落, の崩壞物

▼ 屋根白い~ (2, 0.0%)

1 家々, 砂ばかりの

▼ 屋根~ (2, 0.0%)

2 に入る

▼ 屋根~ (2, 0.0%)

1 といった見かけ, やらが何れ

▼ 屋根~ (2, 0.0%)

1 は同じ, は芽

▼ 屋根葺く~ (2, 0.0%)

1 村ぞ, 萱草が

▼ 屋根見覚え~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 屋根~ (2, 0.0%)

1 りを, り現

▼ 屋根~ (2, 0.0%)

1 から軒, も破れかたむいた

▼ 屋根~ (2, 0.0%)

1 な低い, クニ見

▼ 屋根近く~ (2, 0.0%)

2 その白壁

▼ 屋根~ (2, 0.0%)

1 の内, をスウ

▼ 屋根~ (2, 0.0%)

1 だまり凍った並木道, をし

▼ 屋根飾り~ (2, 0.0%)

1 と同様, や軒飾り

▼ 屋根高き~ (2, 0.0%)

1 春の, 耶蘇寺

▼1* [265件]

屋根あかりに安, 屋根あたりに柱, 屋根あれば一見三階造り, 屋根いっぱいにひびきわたりました, 屋根おなじく黒い雨樋, 屋根からともなく囲い, 屋根からなんぞ這いこんだの, 屋根からにゆつと, 屋根からの便りを, 屋根がくづれるといふ, 屋根がのぐしゃぐしゃと, 屋根がはば五十センチ長, 屋根くさるなり, 屋根くらいでは, 屋根ぐるみ引傾いた日陰, 屋根こそ住みよ, 屋根こまいのあらわ, 屋根こんもり茂った樹枝, 屋根さきや木, 屋根あひ, 屋根すべてが滅茶苦茶, 屋根すら現わし, 屋根その他のとび出た, 屋根たたく雨, 屋根たちまち眼界を, 屋根だけじゃありませんよ, 屋根だけで周囲の, 屋根だけの裸の, 屋根だって飛ぶかも, 屋根だつたけれど小さい, 屋根ちかくにも黒豆, 屋根つづきがそれもほんの, 屋根づたいにあの娘の部屋, 屋根づたいにバルコンの上, 屋根づたいに姿をくらました, 屋根づたいに次第次第に東, 屋根づたいに江戸じゅうを逃げ, 屋根づたいに親分を背負っ, 屋根づたいに隣の間, 屋根づたいに露八は逃げた, 屋根づたいに魔の窓, 屋根づたひをして窓を覗かない, 屋根であってこれ, 屋根ところどころに咲きみだれた, 屋根とには蜘蛛の, 屋根どこでもまだ, 屋根なくその多く, 屋根なぞが見えた, 屋根なぞを葺くこと, 屋根などにはまだ火, 屋根なりし瓦落ちつもり壁の, 屋根なんかへ上ぼる, 屋根なんてものは, 屋根にすら山陰名物の, 屋根について言えば, 屋根にでも居て, 屋根のうへにあがりました, 屋根のうへから見て, 屋根のうへで続けさま, 屋根のうへにて眠りゐし, 屋根のうへにのつかつて, 屋根のうへには煙突の, 屋根のうへの大招牌, 屋根のせゐか手, 屋根のみを現わし水車, 屋根はどつしり, 屋根ばかりしか見えない窓外, 屋根ばかりじゃないか, 屋根ばかりに月光を, 屋根ひとつ掛けずなんら, 屋根びさしにはカンカンと, 屋根ふうのおおい, 屋根へでも燃え抜けたが, 屋根ほど残って, 屋根までが山家らしい, 屋根みたいな三角, 屋根むこうにまだ, 屋根めがけてスルスル, 屋根めくりを強行, 屋根もつプラットホーム, 屋根もりするといった有様, 屋根やが来たの, 屋根やでも呼ばなければ, 屋根やぶれたるき朽ち, 屋根ゆえ内法が低い, 屋根らしき物が, 屋根をなほす屋根屋, 屋根をば高所より, 屋根をわたつて, 屋根アパートの窓, 屋根はすなわち, 屋根干すエネ, 屋根サクレクールそっくりで, 屋根ニコライ堂禿山などのウラジオ風景, 屋根パミールでは全, 屋根パミール高原に発する, 屋根パミール高原中の大, 屋根ヤブレルホドノ大喝采, 屋根一つの石, 屋根一つ遠くに見えず, 屋根一ぱいにひつかかりさうになつて下りて, 屋根一杯に大きな, 屋根一面上下左右縦も横, 屋根一面雨も霞, 屋根中程から折れた, 屋根人口稠密の投錨所, 屋根今朝不平がない, 屋根付きの門, 屋根代用となり, 屋根伏せなりに瓦, 屋根低い家には, 屋根低き山家の, 屋根住居して, 屋根信長のひとみ, 屋根修繕と揮毫, 屋根借りしていた, 屋根傾いた軒新たに, 屋根傾き柱朽ちたる, 屋根其処からは鶏, 屋根其處からは, 屋根円い柱の, 屋根切り組みし空地かな, 屋根に見える, 屋根加茂の水, 屋根勾配は追わるる, 屋根千本廂垂木勾欄の外型, 屋根及び東西面羽目, 屋根叩く川面叩く, 屋根同じ食卓同じ, 屋根命二十二世の孫, 屋根命天太玉命などと申す, 屋根命太玉命天宇受女命石許理度売命玉祖命の五人, 屋根をし, 屋根に葺いた, 屋根多きにここ, 屋根多角形に張り出, 屋根天ヶ丘一帯さらに四方, 屋根天下ここより壮観, 屋根奇妙な小, 屋根寂びた白壁などが, 屋根寺院の尖塔, 屋根対岸の道路, 屋根屋大工經師屋などはひつ, 屋根屋左官屋の業, 屋根屋新道帰路について往来, 屋根屋新道隠密まわり税所邦之助の役宅, 屋根屋根それを越す, 屋根屋根火の見やぐら役場の窓, 屋根屋根越しに青く太く, 屋根屋根雪だまり凍った並木道, 屋根屋職人で酒, 屋根幾つかの樹樹, 屋根広い歩廊戸口の, 屋根につい, 屋根廂ぐるみ朽倒れに, 屋根廂時雨の晴間, 屋根廊下には旧家, 屋根はその, 屋根彼方此方の二階, 屋根後ろは登り口, 屋根掛け商品の, 屋根換えの手伝え, 屋根摺る音なりし, 屋根の足し, 屋根新たに修繕, 屋根普請に三四人, 屋根暮春の月, 屋根望楼を飛ばし, 屋根につかまり, 屋根の継目, 屋根板釘の役, 屋根にまじり, 屋根が矢, 屋根の畑, 屋根桟敷の屋根, 屋根棒棒棒引金曲つた棒細い棒, 屋根棟外れを眺めた, 屋根眠って, 屋根森中の緑, 屋根の生垣, 屋根に雀, 屋根の蔭, 屋根樹林からすい, 屋根機械場の白壁, 屋根次第に暗くなり, 屋根民族精神の無量, 屋根と欄, 屋根渡る朝烏見, 屋根はわびしい, 屋根火の見やぐら役場の窓, 屋根をじろりと, 屋根無しの車, 屋根干などの, 屋根狭い往来を, 屋根玉垣なぞをば或, 屋根瓦一枚だって貴, 屋根瓦一枚づつの寄進, 屋根瓦一枚十銭銅板一円と勧進, 屋根瓦漆器金属の装飾品等, 屋根瓦等をそれぞれ蒐集, 屋根の中央, 屋根登りはする, 屋根白きベランダた, 屋根白く日の, 屋根白血球と赤血球, 屋根瞬く間に, 屋根破れていた, 屋根破損し雨漏り甚, 屋根の虫, 屋根程の大岩の, 屋根窓型の窓, 屋根窓樹木までが銅版画, 屋根立って歩く, 屋根竹縁の二重家體, 屋根築山の樹, 屋根の垂れた, 屋根細い柱の, 屋根組みの丸太, 屋根続きに何処, 屋根の屋根, 屋根群集の真黒い, 屋根職人らが監獄, 屋根職左官畳職など職人, 屋根腐った土台傾いた, 屋根腐つた土台傾いた, 屋根舞台右手寄りに切石, 屋根船虫の穴だらけ, 屋根色づいた葉の, 屋根がある, 屋根葱嶺に至る, 屋根葺きあげてゆく, 屋根葺き替えのため, 屋根葺き板にする, 屋根ばみ疲れ, 屋根被いの上, 屋根裏窓が二つ, 屋根に突き, 屋根ゆ, 屋根見えて, 屋根見ゆ御師, 屋根請負いを始め, 屋根赤くさながら娼妓, 屋根超えむらさきの, 屋根越後獅子の顎の, 屋根軒下に釣るした, 屋根軒廂すべて目に入る, 屋根軒窓庇庭一面に雀, 屋根の柳, 屋根部屋みたいなありさま, 屋根銅板一枚一円と勧進, 屋根長方形の箱, 屋根附墓地の荒れた, 屋根陽炎のたち登る, 屋根まで付け, 屋根青い屋根または, 屋根青く土の, 屋根音ぐでりん等々と難なく, 屋根からすぐ, 屋根に似, 屋根を派手, 屋根飾夢を鏤めた, 屋根高く掲げられて, 屋根高低に立並び, 屋根黄色い幌を, 屋根黒き橄欖の