青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「居間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~居ます 居り~ ~居りました 居りました~ ~居ります 居ります~ ~居る 居る~ 居士~ ~居間
居間~
届け~ 屋~ ~屋敷 屋敷~ ~屋根 屋根~ 屍~ 屍体~ 屏風~ 屑~

「居間~」 1572, 17ppm, 6705位

▼ 居間~ (377, 24.0%)

36 方へ 20 ほうへ 6 壁に, 方に, 机の 5 中に, 中へ, 扉を 4 ほうで, 方で, 障子を 3 ほうに, 御簾の, 戸を, 方を, 長火鉢の

2 [27件] すみに, ほうからは, ほうを, 中から, 中の, 中を, 前の, 向うの, 唐紙を, 壁には, 外の, 安楽椅子に, 小机, 床の間に, 御用が, 戸の, 押入へ, 敷居を, 文机の, 方から, 方には, 方の, 炬燵に, 窓の, 箪笥に, 襖を, 間を

1 [207件] あたりも, ある奥, ある棟, おきまり, お世話を, すぐ横, すぐ真向い, すみの, そうじ, そこらを, そとで, そばだ, そばなどに, ところへ, となりに, ひと間おいた, ほうから, ほうにばかり, ほうへと, まうえ, まえに, ような, タンスに, ドアが, ドアの, ドアは, ドアも, ドアを, ラジオの, 一つらしい, 一室へ, 一隅に, 一隅の, 中が, 中で, 中では, 中には, 中へは, 中央に, 中庭を, 中沈欝いで, 主柱, 乱雑さは, 事などは, 二つしか, 二階には, 人数が, 什器で, 他の, 入口から, 入口に, 入口まで, 八疊に, 六畳で, 六畳に, 六疊あとは, 内へ, 内を, 内部から, 内部は, 円卓の, 写経机に, 前で, 前に, 前へ, 前以外の, 前栽へ, 区別も, 卓上電話へと, 周囲を, 唐紙が, 四畳半に, 地袋の, 塞いだ爐, 壁の, 壁布には, 壁際には, 外で, 外へと, 天井でし, 天井は, 奥は, 小さな火鉢, 小姓二人が, 小窓, 床に, 床の, 床は, 床板を, 床柱の, 床脇の, 廊下へ, 彼が, 御簾に, 御簾を, 悦子の, 戸口から, 戸口へ, 所々に, 扉が, 扉で, 扉の, 手文庫に, 手箱の, 押入に, 押入にね, 押入れに, 押入を, 掃除も, 掃除を, 揺れるの, 敷居の, 方へと, 明りが, 時計が, 暖炉に, 暖炉中の, 暗い片隅, 書卓の, 書棚へ, 月あかり, 机に, 杉戸へ, 柱の, 柱まで, 柱時計が, 棚には, 棚の, 椅子を, 様子が, 様子を, 模様を, 横手に, 欄間に, 次ぎの, 次で, 次の間へ, 気配に, 潜り戸も, 煖炉に, 煤ぼけた, 爐の, 狭くなる, 瓦屋根が, 用などを, 用を, 画を, 畳の, 疊あの, 疊を, 直下に, 硝子戸ご, 硝子越に, 硯箱の, 窓に, 窓には, 窓粋へ, 窓越しに, 端に, 端一段低く, 箪笥の, 絨緞の, 縁さきから, 縁に, 縁の, 縁ば, 縁側から, 縁側づたいに土足の, 縁側に, 縁側の, 縁先に, 置き棚, 茶箪笥に, 装飾などとは, 装飾の, 装飾まで, 裏側の, 襖子の, 軸を, 輝くばかり, 近くへ, 近くへまで, 近くまで, 道具類始終, 鈴が, 鏡の, 長押の, 長椅子で, 長火鉢を, 間に, 閾に, 陽の, 隅へ, 隔てを, 障子その, 障子に, 障子の, 隣が, 隣に, 隣らしい, 隣り綺麗, 隣六疊の, 隣室へ, 雨戸を, 電燈に, 電鈴が, 食事と

▼ 居間~ (352, 22.4%)

14 して 9 なって 5 入って 4 いた, なつて, 坐って, 来て 3 侍し, 入ると, 呼んで, 帰って, 這入った, 通して

2 [14件] あてられて, いて, とじこもって, 坐つて, 女房たちも, 寝て, 引いて, 掛けて, 掲げて, 散らばる諸, 日本室の, 気に入りの, 通されると, 閉じ籠って

1 [262件] あがった, あがって, あったの, あてがわれた, あてられた, あまり人の, あるよう, いすくまって, いたして, いたの, いた女房, いても, いない様子, いなかった, いながら, いらっしゃいと, いらっしゃれば, いりびたりでした, いるお, いると, いるらしかった, いる王様, いる間, うってつけの, うづく, おいでに, おかへりありしのみ, お呼びに, お在, お崎, お帰り, かかげて, かけこみ母親, かけて, かごに, こもって, こもりっ切り, さが, させられた, さっき出かけた, しては, しまって, じっと坐っ, すつこんでこの, するとは, するの, する池上, たれこめて, ちがいない, ちょっとおいで, ぢつと, つくられて, つみあげ残り, とおされた, とじこもりその, ならないこと, なる様, のけぞ, はいったが, はいりいそいで, はなやかな, ひきこもった, ひきと, ひそみて, ふさは, もどって, もどらない, もどると, もどるやいな, ゆきました, ゐながら, チョコンと, 一つは, 一人で, 一人横に, 三年余も, 下らした後, 不似合ひな百冊, 主人甚兵衞と, 之を, 今まで, 似合わず三方, 作って, 使った小さい, 使つてゐた, 例の, 備へ, 充てられた離れ, 入った, 入ったの, 入った俵一八郎, 入つて, 入つて行, 入つて行つて了, 入りかけたが, 入りこんだ, 入りその, 入りつ, 入り九時半, 入り来たりぬ, 入り行きたり, 入る時, 入れば, 入ろうと, 出して, 出入自由で, 参りましたが, 取って返した, 取つて, 可憐な, 向けて, 向って, 呼ばれて, 呼びあつめて, 唯ぼんやりと, 四人の, 坐ったまま私たち, 坐りこんで, 坐る, 大事に, 始めて, 姿を, 安川さんが, 寛いだ大塩中斎, 寝かして, 寝間雇い人どもは, 導いた, 帰つて不安らしい, 帰て, 帰りて, 帰り体, 帰ると, 帽子を, 床を, 座を, 引きさ, 引き取って, 引っ込み編み物, 引っ込んで, 引つ込んだま, 引ッ込んだ, 引籠った, 引籠る, 引込む前, 引返し, 待って, 御据え遊ばした, 必ず二人, 忍び入, 忍び寄ること, 忍び込んだ曲者, 懸けて, 成すった, 成って, 成つて居りました, 戻って, 戻つた, 戻り茂少年, 戻ると, 招いて, 招じ上げられ, 持ち込んで, 据わつた処, 掛けるつもり, 掛って, 掲げられ唯一, 改造し, 明石の, 来た女房, 来ると, 来合わせて, 案内させ, 案内し, 案内した, 椅子卓子を, 構えて, 横に, 毛氈を, 消え込んだ, 潜みたり, 灯が, 灯の, 灯を, 独座する, 畳を, 直之の, 真一を, 私を, 突入しました, 立ち倉庫, 籠りきって, 籠り勝ち, 続いた廊, 続く食堂, 置いて, 置く, 自由に, 茶がまを, 落ち着いてから, 蝙蝠印の, 行ける, 行った, 行って, 誰を, 起って, 足を, 近い所, 近い殿舎, 近い渡殿, 近く宿直し, 退いてからも, 退き床, 退き炬燵, 逃帰れるなりけり, 這ひあがつ, 這入って, 這入つた, 這入り看経, 這入ると, 通された, 通されるの, 通した, 通す, 通ずる上手, 通った, 通った母, 通って, 通つた, 通つて二年振, 通る, 通ると, 通るやいなや, 連れ申して, 遊ばせて, 遊んで, 運んだばかりの, 達する, 達すること, 還りぬ, 還れば, 錠を, 閉じ籠ったまま, 閉じ籠った父, 閉ぢ籠つた父は, 降魔の, 隣った念誦, 隱し, 集って, 集まって, 集めて, 集りいろいろ, 電灯が, 頑張って, 頭中将や, 飛びこんで, 飛び込んで, 飛込んだ, 飛込んだ八五郎, 食卓の, 飾つてあつ, 駆けつけた, 駈け上った

▼ 居間~ (305, 19.4%)

16 行って 10 はいって 7 はいった, 帰って 6 入ると 5 入って, 連れて 3 入った, 呼んで, 持って, 這入って, 闖入する

2 [19件] あがって, おいでに, はいると, 上りました, 上ると, 入ったの, 呼ばれた, 帰った, 帰ったが, 戻って, 来た, 案内し, 行くため, 行くと, 行った, 通した, 通じるドア, 通って, 遊びに

1 [196件] あらわれた, いった, いって, いまノッソリと, おはいり, お出で紙門越に, お呼びに, お帰りなされ, お引取り, お揃い, お絹, お這入り, お通ししろ, かえった, かえって扉, この戸口, この装置, ご案内, さつさと, つか, つれこんだ, なぞ, ぬっぺりと面, はいっても, はいりながら, はいり灯, はいり貫太, はいろうと, ひきとったの, ひき返しかけたが, みちびかれた, もどった, やった, やって, やって来た, やって来たの, よびこみ一刀, よびつけられた, よび入れて, よんで, ホトケの, 上がろうと, 不意に, 丸頭巾を, 伺うくらいの, 伺ひ難き, 佛間へ, 來て, 入ったよう, 入つて, 入つて往, 入りそれ, 入りました直後, 入り燭台, 入り袋戸棚, 入り込む, 入る勇気, 入れて, 入ろうと, 入来る, 出て, 前の, 去ろうと, 参じますぞ, 参り, 参り隠して, 取って返して, 右馬介を, 告げて, 呼ばれて, 呼ばれると, 呼びつけて, 呼びますから, 呼びよせて, 呼び寄せた, 呼ぶの, 呼んだ, 坐った, 坐りました, 士分以上の, 夕霧は, 夜食を, 大臣が, 奧座敷へと, 如何なる怪物, 姿を, 導いた, 帰った浮丹, 帰ってから, 帰りましょうと, 帰ると, 帰るまで, 帰ろうと, 広間の, 引きあげると, 引きかえそうと, 引っかえした, 引っこん, 引っ込んで, 引っ込んでから, 引っ返した丁寧松, 引上げて, 引返すと, 彼女を, 往復する, 御出, 御礼を, 忍び込んだこと, 戻ったが, 戻つた, 戻つて, 戻り, 戻り風呂敷, 戻ると, 戻る途中廊下, 戻ッ, 招いて, 持たせて, 来たもの, 来た身毒, 来て, 来てから, 案内した, 歸つて行つた, 現われたの, 突っこんで, 立ち戻って, 米や, 茶碗の, 華やかな, 蒔を, 行かなかつた, 行き, 行くに, 行こうか, 行こうと, 行ったらしかった, 行ったん, 行っても, 行つて坐つた, 許された田丸, 赴くの, 足を, 踏みこんで, 躍込むと, 近づくに従って, 退いた, 退がった, 退く, 這入ったおせん, 這入っては, 這入つた, 這入つて行, 這入りました, 這入ッ, 通されきちんと, 通された, 通されたこと, 通されて, 通されました, 通しましたので, 通じる廊下, 通じる板戸, 通す, 通すこと, 通すと, 通ずる開け放された扉口, 通せば, 通った, 通ったこと, 通らっしゃい, 通りつ, 通り脈, 通る, 通ると, 通るの, 連れ込んだ, 連れ込んで, 運ぶが, 運んだ, 閉ぢこもつた, 閉籠った, 降りて, 階段を, 隠れた, 顔を, 飛び込んだ上, 飛び込んで, 飜然と, 馳せかえり三人, 馳せ付けた, 駆け込んで, 駆込んだ公爵, 駈けこんで, 駈け戻ると, 駈け込んだ

▼ 居間~ (96, 6.1%)

2 お帰り, 何か, 炬燵に, 酒を, 顔を, 食事を

1 [84件] あらう座敷, お勝手, お寝み, お雪ちゃんが, この不可解, これから一杯, これは, しんとお, それに, それを, ただひとり, ひとりぼつち, ぼんやり煙草, マツ子と, 一つ火鉢に, 一と, 一人で, 一口飲む, 一流の, 主人が, 主人と, 二人きりに, 人を, 他の, 仮臥, 休んだの, 何だか認め, 何ものかに, 何事かを, 例の, 先刻から, 出刄庖丁, 卓子に, 原田甲斐は, 取るの, 周章てきった城主大物主, 大きな音, 奥方から, 客の, 密談と, 寝て, 小型の, 差し向い, 床の間の, 彼女は, 待って, 心配そうに, 手が, 手紙を, 暇々に, 暮すの, 暴れること, 書きもの, 書き物を, 朱に, 机の, 来客の, 次男からの, 母親と, 気を, 深い帽子, 特に銀子, 珠数を, 異様な, 発した者, 真中の, 短い敷蒲団, 聴いて, 臥されるので, 草双紙などを, 菓子を, 軍治は, 道臣が, 酒盛を, 金を, 針仕事を, 長椅子の, 静かに, 顎を, 食事する, 養生を, 高級な, 黙つて, 鼾を

▼ 居間~ (56, 3.6%)

3 出て 2 失礼し, 辞して

1 [49件] うつすの, おとずれました, さし覗く, つくって, とおって, のぞいたところ, のぞいて, のぞいては, のぞきこんだが, のぞき込みその, 三あしあゆみつ, 二つ通つて横手の, 侵し御, 兼ねた室, 出た, 出た亀, 出でられ畳, 出でん, 出ました, 出られ畳, 取り調べたが, 思わせるの, 手はじめに, 打ち抜いて, 抜けやがて, 捜して, 提供し, 明けて, 検めて, 突切って, 窺った, 立ち出でた萩乃, 經て, 考えた, 見せて, 見廻しつぎ, 覗いた, 覗き込んで, 覗くと, 訪ねた, 訪れての, 設けさせて, 診察室に, 距てた, 辷って, 通つて小母さんが, 開け放しに, 隠れんぼの, 騒がせては

▼ 居間~ (49, 3.1%)

4 寝室と 2 なって, 寝室の

1 [41件] おぼしき一室, きめましょう, きめられた離宅, して, それを, なる, のみなりき, みえる奥, 侍臣の, 凡そ並ん, 勝手の, 台所だけの, 台所と, 台所との, 台所兼用の, 向合う, 垣一ツ隔てた, 夫妻の, 女中部屋と, 子供部屋とは, 定めたる一間, 定められたお, 定められたが, 定められて, 客間との, 客間の, 寝室とに, 寝室以外に, 居間の, 店先とを, 思はる, 書院の, 極めること, 次の間と, 為し夜, 私の, 覚しいところ, 覚しく三十畳, 謂ふ, 隠居部屋とに, 食堂とを

▼ 居間から~ (43, 2.7%)

3 出て

1 [40件] あの脇差, このまま雪, ずっと離れた, そっと廊下伝い, どやどやと, 一歩も, 伸子を, 何うし, 去った時, 右の, 呼んで, 外を, 外部へ, 女中部屋へと, 小座敷と, 幽かに, 座敷の, 廊下にかけて, 引き抜いたすばやい, 手まねく, 抜け出たの, 控えの, 旦那様の, 来るよう, 歯磨粉と, 湯屋の, 玄関又は, 直ぐ傍, 直接お勝手へは, 耳ざとくその, 聞こえて, 自分たちの, 衣裳から, 西の, 見て, 諸士方, 起った, 這ひ出す, 遠ざけて, 顕われた

▼ 居間~ (39, 2.5%)

3 どこだ

1 [36件] いずれでござる, いと静か, ござりますまい, すっかりいつもの, それらで, たたみ十二枚, ただ一つきり, とりも, どこかい, どこが, ひろ子の, やはり惨憺, らんみゃくです, 上の, 以前は, 何不足も, 十四五坪ほどの, 和洋折衷とも, 嘗めるやう, 宿屋の, 幸いにも, 幾度も, 床が, 手綺麗な, 折々談声, 昼でも, 最近に, 案外簡素, 満員であった, 甲冑の, 知らない, 端の, 錠が, 陽影のみ, 障子を, 離れの

▼ 居間には~ (32, 2.0%)

2 いって, いると, もう電燈

1 [26件] いかず良人, お琴, このやう, その襖, だれと, だれも, むろん火, ガス燈が, 丸木の, 主人夫婦と, 例の, 凡そこの, 加助が, 和漢の, 囲炉裡が, 壁にも, 女中が, 左膳源十郎仙之, 彼と, 明るい灯, 番所会所の, 能く, 蒔が, 青い顏, 風が, 髪の毛を

▼ 居間~ (16, 1.0%)

2 ある

1 [14件] あった, ありお, あります, あるだけ, うつりだした, おかしいぞという, できましたお, どのへん, なんとなく取り散らされた, 六畳それに, 用いられた, 病室に, 足の, 金博士自らの

▼ 居間まで~ (11, 0.7%)

2 来て 1 おいで, かけつけたの, そっとしのん, よく聞え, 伝は, 伝わって, 広々と, 彼女を, 這入って

▼ 居間~ (11, 0.7%)

2 書斎を 1 また台所, 化粧間や, 客間や, 寝室に, 寝室は, 寝室や, 寢屋を, 店から, 茶の間や

▼ 居間では~ (10, 0.6%)

1 たしかに人, とても全員, ないと, なくまず, エリスが, 三斎隠居湯上りの, 二人の, 児玉院長の, 十人に, 褌一枚に

▼ 居間にも~ (10, 0.6%)

1 お勝手にも, その夕やみ, なり寝室, 寢部屋にも, 寢間にもな, 座敷にも, 廊下や, 見えぬが, 障子の, 雨が

▼ 居間~ (9, 0.6%)

2 寝室も 1 便所も, 兼ねたとつつき, 勿論焼けた, 同じこと, 座敷も, 武蔵の, 見通しです

▼ 居間らしい~ (8, 0.5%)

2 所には 1 ところからも, ところを, 八畳の, 褐色に, 部屋だ, 部屋の

▼ 居間であった~ (4, 0.3%)

1 という西本願寺, ところに, 八畳へ, 贅沢な

▼ 居間でも~ (4, 0.3%)

1 ある, あるこの, おもてから, 寢部屋でも

▼ 居間として~ (4, 0.3%)

1 六七時間平気で, 華美であった, 設けられて, 貸して

▼ 居間との~ (4, 0.3%)

2 間の 1 前の, 境とも

▼ 居間とも~ (4, 0.3%)

1 なく使っ, 仕事場とも, 客間とも, 納戸とも

▼ 居間へと~ (4, 0.3%)

1 担つぎ込まれた, 招じ, 案内する, 續き

▼ 居間近く~ (4, 0.3%)

1 であるという, には必ず, に据ゑて, まで飛びこん

▼ 居間であり~ (3, 0.2%)

1 めしを, 寝室でも, 閨房であった

▼ 居間である~ (3, 0.2%)

1 がそこ, がただ, ことを

▼ 居間という~ (3, 0.2%)

2 のは 1 六畳敷の

▼ 居間とは~ (3, 0.2%)

1 扉で, 樹, 違って

▼ 居間~ (3, 0.2%)

1 のであった, のです, んだ

▼ 居間なり~ (3, 0.2%)

2 無礼なれ 1 応接間なり

▼ 居間へは~ (3, 0.2%)

1 いるよう, 出られないから, 這入らなかった

▼ 居間らしく~ (3, 0.2%)

1 その前, 妙に, 少しばかり

▼ 居間兼寝室~ (3, 0.2%)

1 だ, で様式, へ通す

▼ 居間その~ (2, 0.1%)

1 前に, 次の

▼ 居間といふか~ (2, 0.1%)

2 茶の間といふか

▼ 居間とを~ (2, 0.1%)

1 あてがわれること, 一緒に

▼ 居間にとの~ (2, 0.1%)

1 ことで, 答えだった

▼ 居間にな~ (2, 0.1%)

1 つたお小姓, つてを

▼ 居間にまで~ (2, 0.1%)

2 響いて

▼ 居間みたい~ (2, 0.1%)

1 にし, に隅々

▼ 居間よりも~ (2, 0.1%)

1 一尺ばかり, 遥かに

▼ 居間をも~ (2, 0.1%)

1 兼ねた八畳, 尋ねけれど

▼ 居間一つ~ (2, 0.1%)

1 しか自由, はアトリエ

▼ 居間兼帶~ (2, 0.1%)

2 の佛間

▼ 居間兼座敷~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 居間兼書斎~ (2, 0.1%)

1 であったらしい, である

▼ 居間寝室~ (2, 0.1%)

1 それに当, は右

▼ 居間~ (2, 0.1%)

1 と云う, の次

▼ 居間~ (2, 0.1%)

1 をつけなかった, を引っ掛け

▼1* [61件]

居間お勝手狹いと言つて, 居間さもなければ信心, 居間かにすわりきり, 居間からは煙筒越しに, 居間その他の生花, 居間その他木曾川に臨む, 居間たるや四方, 居間がその, 居間だけが電燈で, 居間だけは現代式に, 居間だったお座敷の, 居間であってそこ, 居間であろうスーと, 居間でございますのでそうした, 居間といふのは, 居間とか云う方, 居間とが続いて, 居間などでそこには, 居間などにはお掃除, 居間などを韻文に, 居間なんかきっと夜会服一枚, 居間にあたって突然奇妙, 居間にかけてかえると, 居間にさえ為されば, 居間については安心し, 居間にて御酒頂戴か, 居間にと定められた店座敷, 居間への板戸に, 居間へまで出入りし, 居間へも来た大将, 居間ほかに二畳, 居間らしくなりさてこの, 居間ハ二階デアル, 居間では未亡人一人, 居間付近についてやや, 居間佛間などで用箪笥, 居間佛間主人夫婦の部屋, 居間六畳の仏間, 居間兼任事部屋で点字板, 居間兼休憩所との仕切り, 居間兼台所と土間, 居間兼客間で午後, 居間半分ほどへかけ, 居間即ち彼が, 居間客間大広間から小, 居間客間奥の間, 居間室内の家具, 居間寝室当主夫妻それぞれの居間, 居間寝室浴室と小, 居間この屋敷, 居間暗く物の, 居間書院湯殿厠というよう, 居間用部屋使者の間, 居間も柱, 居間等々のごとく, 居間部屋台所等もカナリ, 居間鏡台の陰, 居間長押釘隠し等は金銀無垢, 居間長火鉢の銅壺, 居間附応接室で彼女, 居間食事に対して週二磅半