青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「奇妙~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~失った 失った~ ~失敗 失敗~ ~失望 失望~ ~失礼 失礼~ 奇~ ~奇妙
奇妙~
~奇怪 奇怪~ 奇蹟~ 奈良~ 奉仕~ ~奉公 奉公~ 奉公人~ 奉行~ ~奥

「奇妙~」 3222, 31ppm, 3781位

▼ 奇妙~ (2467, 76.6%)

56 ことに 34 ことを 33 ことが 31 声を 29 ことには 25 形を 21 形の 18 のは 16 もので, 声が 15 ものが 13 ものだ 11 事に 10 ものである, 微笑を, 感じを, 音を 9 ものを, 事が 8 事を, 事件が, 声で, 顔を 7 ことだ, 恰好を, 感じが, 男の, 言葉が 6 ことも, 事には, 夢を, 姿を, 恰好で, 現象が, 表情を

5 [13件] ことである, ことと, ことは, ものに, 事実が, 叫びを, 叫び声を, 気が, 男が, 癖が, 話を, 音が, 風に

4 [22件] ことで, ものだった, ものであった, ものは, 出来事が, 印象を, 困惑に, 姿が, 店, 形に, 恰好に, 恰好の, 感じに, 死骸の, 決心を, 物が, 笑いを, 言葉を, 調子で, 錯覚に, 顔は, 風体を

3 [46件] お面, ことだろう, ことな, ことの, のだ, ふうに, ものです, もんだ, 事だ, 事ばかり, 事も, 光景が, 光景を, 出来事の, 名前の, 対照を, 建物が, 心持が, 性質を, 悲鳴を, 感じは, 感情の, 服装を, 様子の, 死骸が, 気持に, 物を, 物音が, 状態に, 現象に, 生活が, 着物を, 私の, 笑い声を, 笑ひ, 美しさ, 考えです, 興奮を, 話だ, 話に, 質問を, 踊を, 関係を, 顔が, 風の, 魚が

2 [157件] えたいの, お城, かたちの, こと, ことであった, すがた, ところが, ところで, ところでし, ところに, ところを, にほひ, のか, のです, ものさ, ものでした, ものと, ものね, ようすを, んです, マスクを, リズムを, 一枚の, 一種の, 不自然な, 事件であった, 事件の, 事実である, 事実を, 事情が, 二つの, 人で, 人の, 人影を, 人物が, 人物な, 人間を, 仕草を, 代物である, 会話が, 伝説が, 位置に, 何か, 光景だった, 光景である, 光景な, 冷静と, 効果を, 動作が, 勢力を, 半睡, 取り合わせの, 名だ, 味の, 呻り, 和合と, 器械の, 執着を, 場所に, 場面に, 変化を, 変態性欲が, 夫婦の, 女だ, 妄想を, 姿で, 姿の, 婦人客の, 子で, 客が, 工合に, 底力が, 形と, 役割を, 彼の, 性格も, 性質の, 恋も, 感じも, 感情が, 憑きものは, 成行さ, 戦場と, 戦慄が, 所で, 政治劇団, 文句を, 文字の, 新體詩, 方法で, 方法は, 方法を, 明るさ, 暗号の, 木の, 楽しさ, 構造を, 歌を, 死骸, 気もちに, 決定を, 沈黙が, 深夜の, 混合を, 溜息を, 特徴が, 現象を, 生活感情から, 男である, 男に, 矛盾が, 神秘的な, 箱を, 節の, 節を, 糸が, 経験が, 経験を, 結果に, 結語で, 絵に, 置時計が, 習性の, 老人を, 考えが, 荷物を, 街の, 衣裳の, 表情が, 規則慣習法律家の, 話, 話である, 話は, 読み方を, 調子の, 調子を, 貝を, 質問に, 踊りを, 身なりの, 身振りで, 身振りを, 道具を, 野蛮な, 野郎が, 鉾立腰に, 錯覚を, 閃光が, 音楽を, 音響が, 音響を, 響を, 頭が, 顔, 風流は, 馬の, 驚きに

1 [1377件 抜粋] あいず, いたましいコース, いぼいぼに, いらだたしさ, おかしさ, おそらく芝居, おそろしい慾望, おばあさん達な, お守が, お戸棚, お話の, お部屋, かたちで, きずな, くらい興味, ぐあいでありました, こっけいな, ことだらう, ことでなけれ, ことにも, ことよりも, この感情, しかし不可能, そうしてどこ, そして気抜け, その五里, ぞっとする, ただならぬもの, だけにその, つやつやした, ところであった, ところという, どんな奇怪, においであった, のでこう, のでございます, のにそれ, のを, ばかりじゃなく, ほどしいんと, ほどひねくれ曲がった, ほど類似, まつたく, ものうさ, ものでありました, ものばかり, ものよ, もんを, やつの, よび名も, んでしょう, アクセントが, アバンチュールに, オモチャを, ガランガランいう, ゴムチューブの, セクショナリズムについて, トランプ遊戯が, バクテリアに, ポスターが, 一つの, 一家族を, 一方法, 一種は, 一行が, 三の, 下駄の, 不合理な, 不安から, 不安に, 不平そうな, 不気味さだつた, 不規則な, 世界と, 主人公と, 乱雑さを, 予感を, 事がらを, 事と, 事件だ, 事件なぞは, 事件にも, 事件を, 事実について, 事情から, 事故に, 二三の, 五人伴れ, 交際が, 人体の, 人物だった, 人間が, 人間の, 人間熊は, 仏像陳列館であった, 仕事も, 仕掛けに, 代物で, 仮定に, 仲間な, 会の, 会見に, 伝説の, 体を, 作り声で, 作品に, 依頼を, 倒錯が, 偏りを, 偶然の, 傾向を, 先生だ, 光景だつた, 光景でしょう, 光線を, 入れ墨の, 円さ, 写真を, 凸凹などの, 出来事から, 出来事を, 列が, 制度の, 剣術ぶりだ, 劇団も, 効果が, 動きかたを, 動作態度で, 動物だ, 動物である, 勢威を, 午後だつた, 単調な, 印象とを, 友人が, 反り鼻の, 取扱を, 受話器であった, 古い建物, 叫び声で, 台詞まわし, 号を, 合意に, 同居生活は, 名の, 名前が, 名声さえ, 含み笑いを, 告白を, 呑気さが, 呪文を, 命が, 咳を, 哀愁と, 品だ, 品物の, 唱歌を, 唸り声を, 問いから, 喜びに, 單語だつ, 器械も, 回りくどい結論, 因縁でも, 困惑を, 図面を, 土地です, 坊主が, 執着, 報告だけ, 場所だ, 塀が, 塔は, 墨染の, 声音でへへへへと, 変化が, 変身術でありました, 夢とも, 大時計, 天候が, 太鼓の, 夫婦だ, 契約が, 奴らが, 妄想であった, 姿とは, 娘と, 嫉妬だった, 子供が, 存在で, 存在に, 安らぎと, 実験, 実験を, 客として, 家々の, 家屋だ, 家憲に, 寄せ集めで, 対座を, 対面と, 小さな教會, 小塔, 小男の, 少女を, 屈辱でした, 展開という, 山車が, 岬の, 工夫に, 巨木が, 常識を, 幹を, 幻術に, 幼さがき, 広告だ, 建物だった, 建造物で, 廻り合せ恐らくは, 形で, 形容を, 影が, 影法師が, 影響を, 待遇を, 従兄の, 御酒宴, 心もちが, 心持で, 心理が, 心理も, 心的状態に, 怒りに, 性格にも, 性質が, 恋人は, 恍惚感に, 恐ろしい夢, 恐ろしい恰好, 恐怖として, 恩賞で, 悲曲を, 悲鳴とともに, 意地ッ張りが, 感じだつた, 感じである, 感に, 感情について, 感慨に, 感覚, 慰藉品を, 憂愁へと, 或る, 扇で, 手付を, 手応えだろう, 手真似を, 手紙など, 手続で, 招待状が, 指紋の, 挨拶を, 提灯の, 支那の, 故障が, 散歩者が, 文句が, 文句である, 文字で, 文学踊りを, 文身の, 料簡の, 新婦新郎は, 方法に, 旅客達であった, 旋律を以て, 日よ, 日本の, 昆虫や, 映画で, 景観である, 暗示的な, 曲乗りを, 書状を, 月で, 服を, 朝食の, 木で, 本能が, 条件で, 林の, 柔らかな, 案内人は, 極彩色の, 楽器, 楽奏の, 構造と, 標本に, 模様の, 欲望を, 歓びが, 正月だった, 武者が, 歴史を, 死刑の, 殺人事件が, 毬が, 民族の, 気まぐれを, 気持が, 気持ちに, 気持の, 気配の, 決闘の, 泣き笑いみた, 泥棒の, 洞窟の, 流言が, 淋しさ, 溺死体を, 滑稽感が, 演技が, 災難十両で, 点を, 無意味な, 無言の, 熱狂を, 牧羊杖の, 物体に, 物語で, 物象は, 物音に, 物音空気を, 特質を, 状態で, 狸囃子を, 現実に, 現象である, 現象の, 環象, 甚だ実用的, 生き物である, 生の, 生活から, 生活の, 用途に, 甲虫だ, 申し出であった, 申込みの, 男にだけは, 男山の, 画像が, 疑問を, 病に, 病気, 病気に, 病院が, 発作で, 白さ, 皮肉に, 盗賊, 目に, 相談, 真理を, 眺躍を, 瞬間だった, 矛盾は, 石膏像を, 研究室と, 研究室の, 砲弾な, 礼服などを, 祈祷は, 神経痛に, 空想の, 突出物の, 竜巻を, 笑いで, 笑い方を, 笛みたいな, 答を, 策略を, 築地夜話であった, 精神の, 素振, 紡錘体の, 組み合わせの, 経験でした, 結合を, 結果が, 緊張は, 縁が, 縁起な, 繊細な, 義侠心の, 習慣は, 翳を, 老人の, 考えの, 聖者ずっと, 職業で, 肉塊を, 肌ざわりが残った, 胡粉の, 能力, 脳髄が, 自信も, 自己撞着が, 臭い一匹の, 舞踊を, 船唄を, 色を, 花輪の, 苗字を, 英國人が, 落下傘を, 虚栄を, 虫でもに, 蟹を, 行列が, 行列の, 行動を, 衣装を, 袋に, 装置は, 製氷作業が, 親子の, 解決を, 言い回しでは, 言を, 言葉とともに, 計画を, 訪問アベロオネと, 証拠を, 詞を, 話じゃ, 話です, 誘惑に, 誤謬に, 調和が, 謎です, 貧血症なんて, 資格で, 質問です, 赤い帆, 赤まだ, 赤痣が, 足取りは, 路である, 身の上話も, 身振で歩き廻った, 軍服の, 迷信を, 逆説が, 逗留であった, 連絡が, 運命に, 道の, 道行が, 道連れは, 邂逅を, 部屋の, 部門が, 酒を, 酒宴が, 量田法, 金儲の, 針路を, 錠前, 錯覺だつた, 門である, 関心を, 陳述を, 雀も, 離れ小島の, 青年が, 革船に, 音で, 音声を, 音色を, 頂端を, 顏つきを, 顔かたちを, 顔に, 類似が, 風景が, 風習が, 風習の, 風見が, 風雪の, 食物の, 飾りの, 體裁の, 高低を, 高笑ひ, 鬼どもが, 魚売女が, 鳥踊りでも, 鳴き声を, 黒い棺桶

▼ 奇妙~ (388, 12.0%)

3 思ったり, 思つた, 思われた

2 [29件] そして甚だ, ゴツゴツした, 不吉な, 冷たいもの, 切迫した, 変って, 幾度も, 当るの, 彼の, 心が, 思って, 思われたの, 思われるの, 思われるもの, 情熱的で, 感じたこと, 感じて, 正三, 歴々と, 気に, 滑稽な, 生きて, 生れついた男, 興味を, 色ッポイから, 衆に, 見えた, 見えて, 見える

1 [321件] あいつは, あい惹かれるもの, あがって, あたる, あたること, あのガキガキ, あの図案, あの夕焼, あの晩, あの櫺子窓, あらゆる季節, あんな地質, いちいち節, いやらしいくらい, いゆるなり, いりまじった落ちつかない気持, いりまじって, うき, うしろめたく思われた, うつったから, うわずって, おどけた余裕, お腹の, かうなにか, かなしい物語, きらきら光りました, くすぐったくなっ, くねらせて, この老人, しずかな, しるしある, すすけた無表情, ずれた民主的愉快さ, その事, その紫色, それが, つよく空, なつかしいもの, なつかしくなる, なめらかで, なり飛び込む必要, ねつとりした, のんきな, はっきり印象, はりつめた瞬間, ひどく薄気味悪い, ひねくれて, ふんげきした, まじって, まじり合った日本, みんな女である, やさしいな, よく思いだした, よく思ひだした, よく燃え, よく生き, よく覚え, アリストクラテイツクな, キザな, ソワソワと, チゴ・ウナイゴに, チラチラと, ハッキリした, ヒッソリと, ビクリと, ポチを, 一の, 一座の, 一方に, 一物も, 一直線に, 一致し, 万年床の, 三人だけの, 三十を, 上品が, 下劣な, 不可抗的な, 不気味な, 五体が, 交り合っ, 人に, 仲が, 似てさえ, 低い調子, 何処かへ, 俄かに, 俳諧だけは, 倒錯し, 僕の, 元気が, 光って, 入りまじって, 入れまぜて, 全く見知らぬ, 兼ねて, 冷たくて, 凄いもの, 凶事に関しては, 出来て, 切ない気持, 動じないよう, 原色的な, 友達と, 反響し, 古風な, 可笑しくて, 台所仕事が, 哀しい切ない恰好, 哀しい調子, 哀しい飛歩き, 喜びを, 営養が, 嗄れた一喝, 嗄れた声, 嘆かはしかつ, 固定する, 地中海の, 変えて, 夜に, 大きく出る, 大きなカイゼル髭, 太い作り声, 好きで, 嬉しかつ, 嬉しく包ん, 存じて, 存在し, 学者ぶる, 実現せられた, 引きしまつ, 引きつけあう力, 引き寄せられる麻薬, 弱いからだ, 強い印象, 強く想われる, 当惑し, 当惑した, 形を, 彼を, 御不快, 御座候甲州は, 微笑し, 心に, 忘れられませんでした, 快い頼まれ, 思いこの, 思いました, 思い当ること, 思う者, 思えた, 思えて, 思える, 思えるかも, 思った, 思った長平, 思はれますが, 思ひながら, 思ひ出, 思われたらしく実際, 思われて, 思われても, 思われますか, 思われる, 思われるが, 思われること, 思われるであろう, 思われると, 思われるな, 思われる表現, 思案深く, 恐怖し, 恥しくて, 恥づかしいもの, 悲しい気分, 惹き付けられて, 意地悪く, 感じた, 感じたの, 感ずるが, 感ぜられたもの, 感ぜられて, 感ぜられる, 感ぜられるかも, 懐かしい構内, 懐しい思ひ, 抉れた岩, 押し潰されたよう, 拍子抜けが, 拡大され, 振りながら, 放心した, 新鮮に, 日本人の, 旨いとて, 早足で, 昂奮し, 明い野, 明るい目, 暗くなっ, 曲げられた古い, 月が, 服装に, 森として, 楽に, 楽観し, 歪んだ恰好, 歪んだ態度, 歪曲した, 母の, 気持ちが, 沁, 泣かないもの, 泣くという, 浮き出して, 淋しイ, 清らかな, 溶けて, 澄んだ濃い, 無力な, 無口で, 無関心, 焼残っ, 焼残つて, 熱中し, 片袖, 物凄い荒れ果てた, 物静かだった, 物靜かな, 獲物が, 理解され, 甘く高鳴つた, 生温い感じ, 生真面目気なる, 甲高い爆音, 痛くて, 痩せた馬, 盗賊が, 真実味の, 真面目な, 眼が, 眼を, 知恵が, 神秘的な, 私どもの, 私の, 私は, 秘密めかした, 積極的に, 空ろな, 空転した, 立体性色や, 精根を, 納得の, 素晴しい, 美しいもの, 美しい一幅, 美しい仏像, 美しくこの, 考え込んで, 胸苦しかつ, 脂ぎって, 腹が, 膨れあがって, 臆病気な, 自分の, 自分を, 興奮し, 若返った, 茶壺の, 落つるなり, 落付き払つた風を, 落着い, 落着き払った風, 虱は, 融合した, 表に, 見えたの, 見えるかは, 見えるに, 見えるね, 見える小さな, 見える新聞広告, 見せて, 親しみを, 解放された, 詩という, 調和し, 調和の, 警戒する, 貝床だけは, 賑やかな, 踊りの, 躊躇し, 身を, 輝きながら, 逃げ去ると, 透明に, 運転が, 重く鬱陶しい別に, 重ね合, 重苦しい沈黙, 金を, 釣合いが, 鉾立て, 鋭い口笛, 長い八字髭, 長い右腕, 開かれた両脚, 間の, 隣合わせに, 震えたり, 静かな, 静まり返って, 顔を, 颯爽たる, 飯粒が, 高い優越感, 魚が, 鮮やかに, 鮮明に

▼ 奇妙~ (35, 1.1%)

3

1 [32件] がしかし, がほんとに, がイロハ加留多, が米友, けれどあなた, この瓶, しきのう, その女, ぞ婆さん, といっ, といわれ, とお, とかいわれる, とかてえ, とは思わない, とも思わない, と思います, と思う, と思えた, と思つて, と思わない, と気がついた, と立腹, なア, ね主, よこつこつ, わこんな, チャンと, ナ, ナ頭, 何うし, 実に奇妙

▼ 奇妙にも~ (34, 1.1%)

1 [34件] あのお, おかしくも, お粂, この河童, これまで, その残された, それと, それは, たいていは, なんとスリル, まあほとんど世人, やはり丸裸体, 二人に, 今まで, 仏壇が, 全身を, 勇気が, 声が, 宗教心が, 心状が, 思われた, 懐かしく詩興, 真中に, 私には, 窓が, 等閑に, 自分が, 自分の, 葉子とは, 血や, 誰にも, 賊は, 逆さに, 阪急沿線の

▼ 奇妙~ (32, 1.0%)

4 あつた 2 はある

1 [26件] いつも粗暴, さえある, さア, しようがない, そこに, そしていう, そしてほとんど, そして優しく, その上, はありません, はない, は御座いません, は無い, ほとんどどの, をかしく, 一層合点, 不幸な, 不自然だろう, 四足が, 学校の, 恰も姉, 支離滅裂である, 月を, 要するにコマメ, 靜かで, 風が

▼ 奇妙なる~ (24, 0.7%)

2 金具の

1 [22件] ことは, ことも, 一つの, 世の中に, 二人連れの, 伝言, 実例として, 對照を, 帰還の, 文献の, 死骸の, 気分と, 混合を, 物々交換を, 産霊の, 男が, 結論を, 船の, 詩を, 鍼醫師是あり, 関係が, 霊妙なる

▼ 奇妙不思議~ (15, 0.5%)

2 の天幸

1 [13件] いったい何処, じゃ一体全体, だ中西, であったから, という, なるゆえ, な事実, な国民, な心理, な神薬, に当り前, のもの, の事

▼ 奇妙~ (14, 0.4%)

2 いえば

1 [12件] いうにも, いわねば, この家, するに, するにも, 声を, 思うて, 思える, 思われたよう, 惟いいた, 手を, 明るかった

▼ 奇妙~ (12, 0.4%)

2 を分解 1 がふたたび, と云ったら, について杉村, に姫, の一種, は形容, を感じ, を示し, を説明, を面白く

▼ 奇妙~ (11, 0.3%)

11 てれつ

▼ 奇妙~ (11, 0.3%)

2 やうな, 人物は 1 やうで, やうに, ようにも, 働き, 形式は, 攻撃を, 鋭角を

▼ 奇妙奇天烈~ (10, 0.3%)

2 な恰好, な日本 1 で狐, な公平さ, な結論, な腰つき, な記録, な連中

▼ 奇妙である~ (7, 0.2%)

2 がその 1 から笑う, が県, けれど, とかいうこと, ように

▼ 奇妙です~ (7, 0.2%)

2 な, ね 1 から家族, けど私, 私今

▼ 奇妙キテレツ~ (6, 0.2%)

1 なる形, な恰好, な気持, な気持ち, な酒宴, のもの

▼ 奇妙不可思議~ (6, 0.2%)

1 で相手, なもの, なる現象, な犯罪, に出来上っ, の御

▼ 奇妙じゃ~ (5, 0.2%)

2 ないか 1 ごわせんか, ないですか, わしでは

▼ 奇妙でも~ (4, 0.1%)

1 ありそして, ある光景, なくなる, なんでも

▼ 奇妙千万~ (4, 0.1%)

1 で何とも, なと語つて, なの, な出来事

▼ 奇妙きわまる~ (3, 0.1%)

1 経験を, 詠歌みたいな, 館の

▼ 奇妙だった~ (3, 0.1%)

1 といいまし, のです, 出会いの

▼ 奇妙であり~ (3, 0.1%)

1 ながら何, またこれ, 明らかに

▼ 奇妙とも~ (3, 0.1%)

1 ちょっと名, 不思議とも, 妖艶とも

▼ 奇妙なこえ~ (3, 0.1%)

2 をあげ 1 で笑った

▼ 奇妙ふしぎ~ (3, 0.1%)

2 なり 1 なノック

▼ 奇妙奇怪~ (3, 0.1%)

1 なる国風, な行事, な顔

▼ 奇妙奇態~ (3, 0.1%)

1 だろう, なアワ, な婦人

▼ 奇妙至極~ (3, 0.1%)

2 なこと 1 な叫び声

▼ 奇妙という~ (2, 0.1%)

1 ものだ, わけで

▼ 奇妙なし~ (2, 0.1%)

1 かけを, なを作り

▼ 奇妙なたくらみ~ (2, 0.1%)

1 はむしろ, は寧ろ

▼ 奇妙なめぐりあわせ~ (2, 0.1%)

1 になっ, になる

▼ 奇妙なやり~ (2, 0.1%)

1 かただ, かたと

▼ 奇妙なよろこび~ (2, 0.1%)

1 が感じられた, を感じさせられた

▼ 奇妙な取り~ (2, 0.1%)

1 ひき, ひきが

▼ 奇妙な呻き~ (2, 0.1%)

1 のよう, 声を

▼ 奇妙な歩き~ (2, 0.1%)

1 方, 方を

▼ 奇妙キテレツ珍妙無類~ (2, 0.1%)

1 な, の

▼ 奇妙奇妙~ (2, 0.1%)

1 というわけ, と声

▼ 奇妙~ (2, 0.1%)

1 る仮面, る叫び声

▼1* [79件]

奇妙ある時は, 奇妙がって中, 奇妙がったが或いは, 奇妙さキンもウカ, 奇妙さ顔と顔, 奇妙だったりした, 奇妙だつたが使, 奇妙であって弾性, 奇妙であったのと, 奇妙でござってのう長年, 奇妙でしょう二本の, 奇妙でつまらぬものの, 奇妙でないのは, 奇妙とか彼は, 奇妙とでもいうん, 奇妙とは兼ねて, 奇妙なあらそいがあった, 奇妙なありさまを, 奇妙ないくとき, 奇妙なうなり声を, 奇妙なお役に立ったもの, 奇妙なおどりをおどり, 奇妙なおもむきを, 奇妙なおよぎかたでした, 奇妙なくすぐりが, 奇妙なこんぐらかりが房一, 奇妙なささやきは, 奇妙なしわがれごえで, 奇妙なとりつぎについて伸子, 奇妙なとんがり屋根の, 奇妙なにらみあいがしばらく, 奇妙なねじれた小枝の, 奇妙なはかりごと, 奇妙なひきつったひやかすような, 奇妙なふるまいが多かっ, 奇妙なめぐり合せに, 奇妙なもつれかたを, 奇妙なりといい, 奇妙なわからなさについて, 奇妙な光りかたを, 奇妙な分捕品を, 奇妙な刺すような, 奇妙な啜るような, 奇妙な喋り方を, 奇妙な喚き声が, 奇妙な寝椅子等暗い, 奇妙な引っかかりもあっ, 奇妙な彫の指環, 奇妙な怯えるような, 奇妙な曇っている, 奇妙な泣きたいような, 奇妙な焦立たしい滅入るような, 奇妙な生ま生ましさ, 奇妙な異なったものだ, 奇妙な組みあわせをし, 奇妙な結い方を, 奇妙な肥り方を, 奇妙な落つけない, 奇妙な見知らない一區域に, 奇妙な話しですね, 奇妙な近づきが始まっ, 奇妙な遣い方です, 奇妙な集まり方を, 奇妙な駆落者の, 奇妙な駈落者, 奇妙な駈け落ちが, 奇妙な鳴声を, 奇妙には奇妙だ, 奇妙全く, 奇妙ねえお客様が, 奇妙涙は, 奇妙知らなかった, 奇妙コトヲ, 奇妙出なんとも, 奇妙独善的な人権蹂躙的, 奇妙表紙裏も総, 奇妙怪な, 奇妙頂来な顔付, 奇妙頂礼地蔵の道行