青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「居る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~居ない 居ない~ ~居ました ~居ます 居り~ ~居りました 居りました~ ~居ります 居ります~ ~居る
居る~
居士~ ~居間 居間~ 届け~ 屋~ ~屋敷 屋敷~ ~屋根 屋根~ 屍~

「居る~」 36498, 394ppm, 242位

▼ 居る~ (6445, 17.7%)

609 である 554 です 294251 でした 196 では 155 であります 129103 だから, を見 93 を見る 86 だと 75 を見た 67 でございます 56 ですから 51 であるから 49 だが 47 であるが 31 であった 2827 が見える 25 は何 24 もある 23 だよ, ですが 22 だろう, ですか 21 でも 19 かも知れない 18 でありますが, でしょう 16 ですよ 15 さ, であろう 14 は誰, を私 1312 かい, だらうと, はその, を見つけた 11 がある, ぢや 10 か知らん, を知っ, を知り, を見たら

9 [11件] かと思う, かね, かもわかりません, だか, だな, だらう, でございますから, ですもの, と同じ, はどう, を知らない

8 [15件] かえ, が多い, が見えた, でありますから, であるか, であると, に気がついた, はこの, は甚だ, は私, もあり, を感じた, を発見, を知つて, を見付けた

7 [14件] かそれとも, か何, がいや, が眼, じゃ, だそう, だといふ, ですけれども, はお, は事実, は何ん, は全く, は面白い, もあります

6 [16件] か居ない, があつ, が千世子, が厭, が目, じゃない, だけれど, だという, だもの, だろうか, でございますが, はいや, は厭, も無, も變, を聞い

5 [21件] かと思ふ, が嫌, が自分, すら見える, だつた, だとは, であって, であろうか, でございましょう, はそれ, は主人, は宋玉, は寺, は平次, は自分, もあつ, も不思議, を幸い, を思う, を見付け, を見聞き

4 [37件] かしら, かと思つて, かもしれない, かも知れません, がたのもしい, がよく, が一番, が不思議, が何より, が気, が皆, が私, が見え, だけれども, だそれ, だろうと, でございますけれど, でしょうか, です私, でない, に驚いた, は不思議, は今, は恐らく, は恐ろしい, は朴の木, は決して, は紛れ, もあれ, も無理, を後ろ, を發見, を知った, を聞いた, を聽, を見れ, を見附けた

3 [71件] かお, かそれ, かと, かと思っ, かと思った, かどう, かも知れぬ, か僕, か分らない, か少し, か自分, か見, がその, が一層, が人, が例, が如何にも, が妙, が恐ろしい, が普通, が癖, が聞えた, が聞える, が見えました, が見えます, が面白い, だね, だらうか, だろうが, でありました, でありまして, でありますけれども, ですけれど, ですな, ですね, に驚く, はいい, はこれ, はほんとう, はほんの, はまことに, は十八九, は古い, は只, は娘, は実に, は彼, は我慢, は斯, は此, は蓋し, は辛い, は間違, も可笑しい, も気, も淺, も見える, も見た, を今朝, を傍, を利用, を平次, を幸, を御存じ, を忘れた, を拾つて, を見かけた, を見つけ, を見つめ, を見出した, を誰

2 [197件] かあるいは, かしらこれ, かという事, かと云う, かと思, かと思い, かと思え, かと思ったら, かと思へ, か又, か容易, か居らん, か知ら, か頭上, が, があれ, がい, がいかにも, がき, がよい, が一人, が不, が主人, が乃ち, が事實, が人類, が今, が個人, が大物, が奥山, が奧山, が常, が張る, が彼, が怖く, が怪しい, が恐ろしく, が悲しい, が手, が気味, が特長, が異, が第, が聞こえた, が見られた, が見られる, が變, じゃああるまい, じゃろう, じゃナ, じや, だい, だえ, だけれ, ださうでありますが, だった, だとも, だなと, だろうという, だ早く, だ鈍, であるまいか, である乎, である故, であろうと, であろ私, でございますよ, でございまする, でないかと, でなくて, と他, と其鷹揚, と少し, に会った, に反し, に心付いた, に比べ, に気がつい, に気づい, に注意, に違い, に驚かされた, はあつし, はあまり, はお玉, はさ, はただ, はたつた, はどこ, はどんな, はまだ, はやはり, はよく, はをかしい, は一つ, は一體何, は三十前後, は下女, は之, は事實, は京, は仏蘭西, は伯, は何と, は俺, は八五郎, は勿論, は千世子, は可, は可笑しい, は右, は周囲, は唯, は四方, は女房, は妙, は嫌, は少し, は幽霊, は必, は既に, は是, は本当, は此家, は此為, は殺された, は気の毒, は浮子, は渠, は無論, は父, は父親, は甥, は番頭, は眼, は矢張り, は竿, は翁, は英国, は要するに, は見, は見る, は言, は誰だい, は足, は錢形平次, へ細工, もこれ, ももと, も二三里, も他, も厭, も去年, も夜明, も好い, も実は, も彼, も有る, も気の毒, も知らず, も美しい, も見, や, をお, をきい, をきく, をそのまま, をよく, を一, を一人, を人, を人々, を何, を千世子, を嫌, を宗之助, を小耳, を少し, を常, を打ち落す, を搜, を更に, を此, を皆, を知らねえ, を耳, を聞く, を見つけたら, を見兼ね, を観, を認めた, を認める, を變, サ, 政治家に, 翼の, 際なりき

1 [1756件 抜粋] あのねえお, おほほ, かあれ, かい若い, かしらと思ひ, かしらん時々, かそれ丈, かとおもえ, かとも思, かと咎めます, かと彼, かと時々, かと訊く, かどんと, かね安さん, かまる, かもわからない, かも知れませぬ, かわからなかつた, かを我々, かッ, か佐々, か何所, か判らない, か危ない, か嘲っ, か居らぬ, か手前, か接続, か橋番, か死ん, か皆セルフサクリファイス, か眺め, か私, か聞い, か見当, か訣ら, か高木さん, があった, があります, がお, がきこえた, がさうらしい, がそれだけ, がつまらなくっ, がどうして, がない, がはっきり, がふき出したい, がまだ, がわかりました, がエッフェル塔, がハッキリ, がメヂューサ, が一寸, が不安, が五人, が今日, が何と, が何如, が分った, が判っ, が即ち, が古い, が向う, が吾人, が堪らなく, が多, が大島, が奇觀, が妙ぢ, が子供, が實, が小結, が山, が幾太郎, が従来, が心外, が恭三, が愉快, が憫然, が抑, が明, が普通人, が東京電燈, が此, が殆ど, が殺された, が汚れッ気, が牧山, が珍, が現在, が發見, が目立ちます, が眞葛周玄, が粥河, が聞え, が能, が若し, が藤原氏, が見あらわされる, が語根, が譬, が部屋, が長閑, が響い, が餘, が鬱陶しく重々しい, が鼠ぢ, さえ苦しく, さ始めて, じゃあありません, じゃというの, じゃ必, ぞ, だからな, だぐず, だしかし, だその, だとか, だとばかり, だらうよ, だろうとか, だろう叔父, だわ, だ丸部家, だ何, だ先刻, だ分ったお, だ少し, だ思えば, だ手, だ浦原嬢, だ許して, だ馬鹿, てあつた, でありますか, であります佛教, であり今, であるかと, であるこれ, であるで, であるモツ, である今, である印度, である如何, である是, である然るに, である而, である處, でございました, でございますおそろし, でござる, でしたが, でしょうね, でしょう門並, ですからなあ, ですけれどな, ですぞ, ですと, です元, です冷, です懺悔, です目, です道樂者, でない嚴正, でなく功利主義道徳, でなく枕詞, で御座いましょう, とお, とが遊客, とでひどく, とで考える, とは些, とをくらべ, と一時払い, と人数, と反, と多岐多様, と死ん, と比較的, と異, と肥料, と見える, と違い, なぞは隨分, などはかなり, なら, ならば, なら親身, なんかは私, なんぞ, におどろいた, にさえ堪えられなくなった, にせきたて, には屹度, には気, にも係らず, にも拘らず, によりて考へる, に出かけなけれ, に取れる, に対して山の神, に心付き, に感心, に来, に気がつく, に気付いた, に痛く, に英国風, に見向き, に遇, に際立つ, に驚きました, はあり, はいう, はいま, はおかみさん, はお勝手, はこわい, はた, はちと, はなか, はなもう, はぼう, はみんな黒ん坊, はわかつ, はわれら, はセラ, はノギ坂クラブ, は一体, は一層, は七味唐辛子, は三年前自分, は世事通, は中年, は主人吉兵衞, は乳母, は二十七八, は二十頭許, は云, は亡くなつた, は伊豫, は何だか, は何故, は佛教, は傷ましい, は僧侶, は全然, は其以前, は其畠, は兼次, は凡愚, は効果, は勝次郎, は十二, は千駄崎寄り, は印度人, は叔父さん, は只相戀, は同形, は唐焼, は商, は嗜み, は困難, は土橋, は堂々, は外来魂, は夜鷹, は大丈夫, は大方, は奇怪, は妾, は婆, は学者, は安政六年, は宮守り, は家庭教師, は實, は小, は少い, は屋號, は己, は巾, は帶ひろ, は庭男, は彼女, は後ろ向き, は必ずしも, は急, は恐らくは, は惡, は愛嬌, は或は, は抑, は支那, は斯様, は日蓮, は明, は明らか, は曲者, は最早, は本, は朴, は梅, は極, は樂ぢ, は正時, は此国, は此男, は殆ど, は母, は氣, は江戸中, は泉沢, は流罪, は清八どんくら, は漢, は灯, は無駄, は猪, は玉屋, は甚次, は田舍, は痛ましい, は百姓, は目, は真理, は短い, は確り, は神經質, は立て連ねた, は紛う, は縮れ, は老人, は肋, は自然, は落合楼, は藥種屋, は見掛けません, は親分, は語根, は讃, は貴方, は踊, は辛, は退屈, は醜, は金貸, は鎌, は長く, は隙間, は雜司ヶ谷, は面倒, は飽きた, は馴れた, は黒蝦色, へ這入り, までがはつきり, まで見えた, も, もいや, もうれしい, もおもしろい, もこの, もその, もつまらない, もよい, もわびしく, も不, も事実, も体裁, も僕, も其時分, も分らない, も受取れない, も外, も奢, も嫌, も平次, も忘れた, も悪, も書生, も本当, も此帳台, も気分, も煮えこぼれる, も犠牲料, も白い, も私, も蓋し, も見えた, も見飽きた, も變つて, も間, も隨分骨, も面目, やいや, やとん, やらわからない, やら薩張り, や大, や紫色, よりも距離, をいや, をきき, をご存じ, をさらば, をじ, をだし, をつれ, をどこ, をひと, をみる, をよい, をわき, をフン捉へた, を一尺五六寸, を下, を不思議そう, を二三度, を云, を人達, を仙二, を伊木, を何樣, を修理千五百, を八五郎, を冷評, を加え, を千種十次郎, を受取る, を名誉, を天子様, を奥, を嫁, を子供, を寄せ, を市場, を当の, を徒ら, を忘れ, を思ひ出した, を怪しまれ, を悟つた, を意地悪, を感じず, を感謝, を手早く, を拾, を指し, を捕った, を描く, を斜下, を書斎, を某某, を次々, を母, を気の毒, を渡つ, を理想, を皆本箱, を眺める, を知つて之, を知られない, を知る, を稀, を篠原大刀, を美味しい, を聞き, を能, を花房一郎, を見かけました, を見たい, を見つけ出し, を見なけれ, を見付けました, を見付け出す, を見出す, を見受けます, を見逃し, を見附けました, を覺, を認め, を豪い, を起す, を遊び呆け, を重い, を隣, を音, を默つて寺本金之丞, カエ, 一事なり, 先方が, 大蛇が, 弟子の, 景象が, 此頃は, 私は, 苦しいと

▼ 居る~ (2983, 8.2%)

125 云ふ 87 いふこと 37 云う事 32 いふの, 言ふ 26 云うこと 24 すれば, 見えて 22 思ふ 20 いふ事, 思う 18 いう 16 云って 14 云うの, 思って, 私は 13 云う, 思います 12 云うよう, 云ふこ 10 いふ 9 急に 8 いうので, いって, 思うと, 思ふと 7 いつて, 云うので, 云っても, 人の, 思ひます, 私の

6 [11件] すると, 云つた, 云つても, 云は, 何か, 信じて, 小屋の, 思うの, 思ふの, 自分は, 言つても

5 それが, 云うから, 思うてるの, 思つた, 思はれる, 此の, 申します, 聞いて, 自分の, 言はれ

4 いうて, お芳, 云う様, 向うの, 思えば, 斯う, 書いて, 言つた, 言は, 誰か

3 [42件] いうだけ, いうても, いうに, いきなり私, いふと, いへば, したらどんな, そこへ, わかると, 主人の, 云う位, 云う噂, 云う心持, 云う訳, 云う話, 云ひ, 云ふと, 云ふも, 云われて, 今度は, 他の, 何う, 例の, 僕は, 其処へ, 同じよう, 向うから, 問はれ, 婢は, 後から, 思った, 思ったが, 思つて居る, 思ふが, 思われる, 母は, 涙が, 申す事, 見える, 言ふこ, 障子の, 馬鹿に

2 [148件] あたりの, あれは, いうが, いうでは, いうより, いっても, いふから, いふでは, いふので, いろいろな, お思い, この家, したら, その中, たまに露, ですから, ほんとうに, もうその, よい塩梅, よく帽, わかりました, ガラス障子の, 一つの, 一人の, 一方の, 一日に, 三輪の, 上から, 不思議に, 不意に, 云うお話, 云うその, 云うと, 云うに, 云える, 云えるだろう, 云った, 云ったよう, 云っちゃ, 云つた方が, 云つて好い, 云つて居る, 云つて罵つたさうである, 亥刻半, 人が, 人は, 他にも, 伊之さんの, 佐久間は, 何と, 何んの, 何処かで, 何処からとも, 俺は, 傍で, 傍の, 先生は, 全く際限, 其中の, 分れば, 前の, 十四五位の, 十時前に, 同じこと, 同じに, 命の, 唾に, 変な, 大した変り, 大変な, 大抵な, 大抵の, 天井板の, 失望する, 妙に, 客は, 家の, 屹度自分が, 屹度誰か, 平次も, 庭に, 彼は, 彼女は, 後の, 心が, 思うか, 思うて, 思う人, 思ったの, 思ったのに, 思つ, 思つて居た, 思はる, 思はれて, 思ひますか, 思へば, 意外にも, 或る, 手が, 日が, 春の, 暫くし, 林町から, 横から, 母も, 気が, 氣が, 流石に, 滑稽な, 火の, 炭俵を, 申して, 男の子が, 白は, 目の, 相手は, 眼が, 眼の, 知らずに, 納戸の, 細君は, 継母に, 考へられる, 聽い, 聽きました, 自分で, 自身も, 苅草を, 見て, 見られるの, 言うが, 言うこと, 言うの, 言う事, 言って, 言っても, 言はれた, 言ひます, 許りで, 話が, 語つた, 車は, 遙か, 金を, 隣の, 青山も, 非常に, 頭の

1 [1737件 抜粋] あつて, あのスイートピー, あの江戸開府以来, あり尚, あんなこと, いいけど, いい気, いうだけが, いうと, いきなり, いきなり後, いきなり自分, いくら私, いさ, いつか浮雲にでも, いつた骨肉感, いつの間にか眼, いつもの, いといふ事, いふならば, いふべきである, いふよりも, いふ方, いろ, いわねば, おっしゃった, おもしろくツ, おれの, お伝え下さい, お前の, お前様ア斯う, お嬢さんが, お島, お末, お玉が, お雪伯母が, かういふ町, きいた十日程後, きっと又, きっと羊羹, こいつも, ここに, この騷ぎ, こんな風, さア出ろ, したま, したらどうして, したらよから, したら読むお, した考, しばらくし, しますかね, じっと自分, すぐ眼, すっかり見栄, すぽ, する考, そういう数年前, そこに, その他の, その向側, その火, その縁談, その言葉, それでも傘, そろそろ落ち出した, たい, たよりない, だれかが, ちよいと, つい云わず, つげて, とてもぼんやり, どうだ, どうも御, どくですもの, どれだけ, どんな事, なかなか興味, なんだか海, のどかな, ひとりでに瞼, ふすま, ふと手の甲, ほり稲, ぽつりと, また何とも, また沈め, また鈴, まるで別人, もう彼, もう曇りはじめた, もはや死ぬ, やがて信一, やがて吾妻橋, やがて戌刻, やがて父一人中甲板, やがて衣褶, やっぱりあの, やや一段落, よく主人, よむそういう, わかれば, んだり, オナリ婆さんは, ガラツ八は, クワツと, ヂヤンヂヤンと, テンバは, ドクトル, バタバタバタバタ一人, フイに, ポーンと, ラサ府と, 一つが, 一夜夢に, 一日一と, 一生の, 丁度そこ, 丁度出, 万太郎氏が, 下から, 下部が, 不図, 丑三つ頃表の, 世評一般に, 主人が, 之を, 事務所から, 二三日前から, 二番目の, 二階に, 云います夫, 云うか, 云うた, 云うつもり, 云うのでね, 云うよりも, 云う中, 云う報, 云う形, 云う有様, 云う気安い, 云う筈, 云う自分, 云う貴方, 云えば, 云ったね, 云った番頭さん, 云つた言葉に, 云つて好から, 云ても, 云ふた方が, 云へ, 云われた時, 交際が, 人どよみ, 人樣は, 今にもその, 今夜の, 今投げた, 今日二三度出る, 今朝は, 今迄, 仲が, 低い木戸, 何だか非常, 何となくじめじめした沈んだ, 何となく気分, 何ともそ, 何の, 何を, 何彼と面倒, 何時でも, 何時の間にか父, 余が, 余計規則, 使丁が, 俄に, 信じます, 信じるもの, 信ぜられるもの, 偶飛び損ね, 僕の, 優れた芸術品, 先刻水天宮樣から, 先生も, 入ってから, 全く同様, 八月の, 六枚折の, 其, 其内の, 其奴が, 其隣には, 冷てえ, 出て, 分つて, 判つた, 利助兄哥が, 勝手な, 北に, 十時伝右衛門内田忠兵衛と, 午後二時頃に, 印度神話に, 危ないからって, 又も, 又前, 友達が, 叔母さんが, 可け, 右足は, 同じく, 同じな, 同じ卓, 同じ牛, 同時にいくばくかの, 同時に母上, 名の, 君より, 告げた, 周圍の, 命に, 問へ, 噂に, 四方の, 四辻の, 土間の, 堪らなく世の中, 増長し, 夕日が, 外思えなかった, 夜中の, 大世, 大地へ, 大概の, 大間違ひだ, 天井の, 太古の, 奉公が, 女中の, 好きな, 如何にも可笑しい, 姉の, 娘が, 婆やの, 孫が, 定めて, 室が, 容赦なく撲っ, 寒さ, 專ら世上の, 小使の, 小言を, 少しの, 少年心にも, 届け出てから, 岩に, 川の, 工業方面に関する, 左方の, 市ヶ谷の, 席に, 年経る, 庫裡から, 建具屋が, 彼が, 彼方此方の, 往来の, 御霊の, 心中し, 心得油断, 心臓は, 必と, 忽ち其聯想, 忽ち墓, 忽ち次, 怖いから, 思いがけず武井大助氏夫妻来訪, 思いがけなくも, 思い掛けない時, 思うこと, 思うても, 思うわ, 思えた, 思ったよ, 思った奴, 思ってるん, 思つていやな, 思つて感心し, 思はぬ所, 思はれます, 思はれるやう, 思ひますが, 思ひ込んだので, 思ふけれども, 思ふので, 思ふ位, 思ふ迷信, 思わせないほど, 思われたり, 思われるです, 急には, 恐ろしくなる, 息苦しいので, 情なくも, 愉快い, 感じる, 慧海潮音といふ, 我慢が, 或日榊原公, 戸口の, 手前は, 承は, 持主の, 挨拶の, 探偵は, 推附て, 教壇から, 数日の, 斯うで, 斷, 日の, 日本に, 早速夢, 春らし, 時分を, 普通に, 智慧逞しい, 暗い玄関, 曲は, 書くもの, 最前から, 朝井刑事は, 杉山氏は, 来おかあ, 東京が, 松谷秀子は, 案の定なり, 森本厚吉氏が, 榾を, 橋の, 次第にこの, 正成は, 此垣の, 殆ど大人君子, 段々色, 殺される私, 毎夜午前二時頃に, 氏の, 気が付かなきゃ江戸中, 氣の, 水平線上の, 汚れた労働服, 池の, 法悦に, 洋服の, 浅薄さに, 涙を, 港の, 潔白な, 火気が, 然う, 照子が, 父も, 爺さんは, 牛込の, 物音が, 狹い, 理窟の, 用事が, 申した方, 申しますこと, 申す工合, 申せましょう, 番太の, 當年五月, 白に, 皆んな良い, 益僕の, 目に, 相手に, 看護婦は, 眼ばっかりが, 睨みましたよ, 知っても, 知つてわざと, 知らず知らずの, 知りながら, 知るの, 硝子窓を通して, 祖母達は, 秀子は, 私共の, 稍, 稱せらる, 空中に, 突然後, 突然門外, 窓から, 笹川臨風氏来訪, 篩で, 紫御殿の, 続々成績, 縁に, 罪に, 美人は, 翁の, 翌年関又一と, 考へたらこんな, 考へられる他国, 聞いたから, 聞いてる, 聞きましたから, 聞きやたら, 聞くに, 背後から, 脅えて, 膝かぶら, 自分と, 自己肯定が, 自負する, 良人は, 色々聞い, 花車は, 苦さうに顏, 茶を, 菱田夫妻に, 葉子は, 薪雜棒で, 蠅を, 表の, 裏街道を, 襦袢と, 見えるハテ, 見える婆, 見え又, 見え窓, 見ても, 見られさ, 見られる点, 見知らぬ女, 覗いて, 親友の, 解して, 言いパーキンス, 言うて, 言う仲, 言えば, 言ったそう, 言った僕, 言つたかも, 言つたザラの, 言つた型の, 言つた心細い, 言つた樣子です, 言つてやりたかつた, 言つて寄した, 言はれました, 言ひ出した, 言へる, 診断せざる, 話してた, 誘拐された, 誰だ, 謂うて, 議會が, 豫て, 買いたいもの, 足元の, 軈て種牛, 轉婆娘の, 近所の, 逃げようと, 道は, 遠くが, 都の, 酒で, 野馬も, 銀地へ, 開いた戸口, 間もなく錢形, 阿母, 隅の, 随分と, 隣座敷で, 雄鳥は, 雲を, 静かに, 面白い, 頭から, 頭脳が, 額に, 養母は, 馬場が, 驚かしたるや, 魂が, 鳴く虫, 麻川氏は, 黒田氏来

▼ 居る~ (1379, 3.8%)

20 宜い 19 これは 13 それは 8 是は 7 是れ, 此の 6 いい, よい, 併し, 自分は 5 これが, こんな苦し, それが, 主人家族の, 兎も, 如何に何, 此は, 私は

4 [11件] あれは, こ, ために, 中, 之は, 二つ乍ら聖衆と, 今は, 其は, 夫れ, 實は, 彼の

3 [19件] こいつは, これも, その前, その実, それを, どうした, なか, 今日は, 他の, 何の, 元は, 先生は, 其れ, 前に, 実際は, 此等の, 相変らず, 私が, 私の

2 [60件] あの男, いま雨は, こは, これでも, これを, その中, その人, その実は, その後妻の, その臼, それにも, それも, ほんとうの, ほんとうは, まあ先生, もと加賀の, やって, よいと, 一人で, 中に, 中には, 主人は, 之を, 事實としては, 人の, 以前は, 何う, 何と, 何も, 何れも, 僕は, 克く見る, 兔に, 其中には, 古代は, 右の, 唐の, 困つたこと, 多少の, 大體, 如きもの, 如く又, 実に馬鹿気, 尾崎君も, 当時, 彼は, 念の, 故にその, 昔は, 源太親方を, 相變ら, 私も, 空は, 老後の, 自分で, 若し怎, 親父の, 調べて, 通例なれ, 限りなき

1 [1020件 抜粋] あすこは, あなたは, あの人物, あの娘, あの晩遲, あの青髯, あらゆる學問, あるは, あれで, いいという, いかにも宝石, いたってやつれ, いつもよりは, ええです, お内儀, お前様の, お天気, お得意様, お紺, お鐵, かうして, かたづいて, からかわれて, く, ここに, こちらに, この中, この人, この傳説, この列, この唐時代, この日本, この爺, この老人, この詔勅, これがね, これなども, これには, これ或は, こんなに驚いた, ごとき雪峰, ごとくそうして, ごとく草木, ごとしわれ言信, さうで, さし向き人間の, さて私, さりとてこれ, しかしそれ, しかし俺, しかし必ず, しばらくその, すべて宸衷を, ぜひとも一つ証人, そういう処, そう村中みんなお前さん, その不和, その他夏官職方氏に, その代り暖, その以外, その割合, その嘆息, その實, その後は, その文句, その時木戸, その次に, その種, その終わり, その蜿, その角度, その趣, その道理, その間違ひ, そは, それだけ, それではもっと, それでも岩魚, それでも林, それでも萬, それでも震災前, それに, それのみ, それより, それ切り亡くなるでない, そんなこと, そんな人, たしかに教えた, ため其の, だんだん年, つい此間, つまり真, とても及ばぬ, ともかく時代, どうか善, どうしたら, どうしてもいかない, どうしても思ひ出せ, どうしても神社, どうもおちつかぬ, どうも其邊, どうも変, どうやら富み, どれも, なかなか根気, なにか忌斎, なほ我邦で, ひょっとしたら彼, まことにドストイェフスキー, まだ一度, めったに軽卒, もう二度と彼女, もう日, やがて三好, やつぱり言ひつけられた, やはりよ, やはり此二つ, ゆえに二, よいぞ, よいもう, よく見る, わしは, アヽ云ふ, オニワトリメニワトリと, チベットでは, ツマリ此物語が, バラモン教に, ブルジョアジーの, ミユンヘンの, レントゲンで, 一々當つて, 一も, 一体あなた, 一向に變つた事, 一向拂, 一向音沙汰, 一寸横, 一方には, 一旦特例, 一概に論ずる, 一體貴樣は, 三人の, 三藏どんの, 上に, 下から, 不明である, 世の中が, 世上の, 世間風の, 中でも一番, 之も, 之等を, 予プの, 事實上で, 二人の, 二十三本と, 亞拉比亞では, 亭主の, 人を, 人造の, 今に, 今に団子坂, 今の, 今後は, 今長く, 仕事の, 他には, 仲人が, 伊八は, 佐々木君の, 何しろ一方, 何しろ土地, 何だか知らん, 何となくその, 何よりも, 何分今, 何如に, 何時眼を, 何處に, 余は, 余り突然な, 例へば昔, 保胤の, 俺一人で, 倒壊した, 假病である, 偶, 元來, 元来自由貿易策, 先づ聽い, 先方の, 全くだ, 全体何を, 兩親殊に, 六かしくなった, 六歳と, 其でも, 其には, 其の先鋒, 其の尸羅迷伽, 其の書物, 其の梢, 其の物置き, 其一人の, 其他の, 其内に, 其外にも, 其実怒つ, 其實かの, 其櫃の, 其種類を, 其計算法が, 其集合概念として, 兼盛の, 内務省では, 冷笑の, 分別なき, 別に嘘, 到底信憑出來, 到底枯死, 前二者, 前者の, 勿論十分, 十二月の, 十六日の, 十目の, 南日君の, 印象には, 原文を, 又一歩, 友達の, 口も, 古い形, 古くは, 古代では, 古代人にと, 古書には, 合せ目に, 同じ村, 同時に禮, 向うでは, 向ふ, 吾が輩, 唯一度で, 唸りは, 啖肉獣で, 喪期は, 器物や, 四辺は, 圖に, 地を, 城内は, 塔の, 売店も, 夏目さんは, 外國人の, 多く何, 多年泥水に, 夜が, 大へん, 大体考え, 大名が, 大平御, 大秦國胡僧阿, 天明趣味の, 天皇陛下を, 夫に, 夫を, 奈良時代に, 奧方は, 女の, 女史に, 好い, 好いとの, 如き状, 如くなるは, 如く思ふこそ, 如何かし, 妙な, 始皇帝は, 嫌か, 子供の, 学校に, 安眠を, 宜いと斯, 宜いのである, 実に其の, 実に異様, 実は人間, 実は其間, 実は口, 実は天皇, 実は少し, 実は既に, 実は男, 実行しなけれ, 宮殿の, 家持の, 宿を, 實際この, 寺内の, 小博奕, 少し穿ち過ぎ, 尚死地, 屍体は, 山の手の, 左の, 己れ見た, 巴里へ, 市日に, 師泰なんか, 平三は, 年が, 底の, 店は, 座敷なんぞは, 式部卿宇合の, 張りきつ, 当を, 当然然るに何だ, 彼が, 彼女と, 彼所は, 彼等は, 後に, 後ろから, 徒に巨大, 微細な, 必しも, 必ず眉唾もの, 急報によって, 恐らくずつと, 恐ろしく喰, 悧巧で, 惡い, 愚者道を, 慾が, 我が國, 或時私, 所謂唐風の, 手の, 手前は, 承知だらう, 拙者は, 指を, 攝津守だ, 支那人は, 支配人の, 政争の, 故に婦人, 教会を, 料理屋の, 施氏易の, 既に時機, 日本では, 日本部教授は, 明治趣味の, 昔から, 春秋二季の, 是に, 是丈多数に, 時々男の子, 時が, 時節待て, 更に以前, 書物の, 最早一人前, 最早間もなく退院, 月の, 朝睛堂の, 本人は, 李より, 東より, 東洋史の, 果して文運促進, 柩は, 根が, 根源の, 棒で, 検事として, 概要は, 歌の, 此事は, 此奇怪な, 此文では, 此節は, 此語を, 此頃何だか, 殊に唐時代, 段々その, 母様の, 毛利さんぢや, 氏郷の, 氣を以て, 江戸は, 法王殿程, 泥坊が, 流石に, 淘汰の, 漢の, 為それを, 然しこの, 然し幾分, 然し決して, 爪先立って, 爲めに, 独身者だ, 狹いと, 班超ほど, 甚だ卓見, 生理作用が, 田舎で, 男に対しては, 町内の, 當てにな, 癖です, 百姓を, 皆んな一と, 皆向うの, 盡く, 目立つて, 真実お前の, 真面目な, 矢張り同様で, 知つて居, 短刀には, 砒石といふ, 確かな, 社会部次長の, 祖神である, 福島嘉平太殺しは, 秀子の, 秋霜烈日の, 窓の, 立花秀子は, 米国には, 純文芸, 紛れの, 綺麗な, 美しかった, 羽織の, 考えなければ, 聞き苦しゅうて, 肉付は, 肝腎の, 能く, 腑に, 腰の, 腸丈は, 自ら省み, 自分の, 自分を, 自動車来ず, 舞台稽古の, 色々浅葱, 色白で, 芸術家は, 若しそこ, 若し眞, 若菜姫が, 英吉利には, 茶の間は, 落胆の, 蒼白い若い男, 藥物學科には, 血が, 裏からは, 西の, 要するに卓子, 要するに新, 要するに法典, 見ようによつ, 親を, 角, 言は, 訳は, 話聲も, 語根の, 誰も, 變死人を, 貞享式に, 貴女の, 赤や, 踏臺も, 近松あたりの, 違ふ, 鄙事即ち, 金平本の, 阿母, 隣の, 雅楽は, 離縁には, 非常な, 頂上に, 餘つ, 馬が, 馴れて, 鶏のみは, 黒人の, 鼠の

▼ 居るので~ (1050, 2.9%)

86 あつた 48 あらう 34 せう 14 あつて 13 御座います 8 せうか, それを 7 あらうか 5 あらうと 4 それが, 御座りませう, 此の, 私は

3 [11件] あらうかと, これは, ござります, さすがに, 三人の, 容易に, 有る, 私が, 自分の, 自分は, 足の

2 [41件] うれしかった, お関, これも, せう平次, その間に, それとなく腹の中, はござりますまいか, びっくりした, よくは, 一見製作室である, 主の, 主婦と, 二つの, 何も, 余は, 其の時, 大分くたびれた, 妙に, 家に, 家の, 少し大きな, 少し宛積立, 平次は, 平次も, 彼女も, 思はず目, 斯う, 村費で, 此等の, 氣の, 無ければ, 然まで, 眼を, 絹を, 覗いて, 誰が, 誰しも, 貞之進は, 近くの, 非常に, 頭を

1 [696件 抜粋] алсへ, あしたの, あの重, あまり佳い, あらうから, あらうが, あらうその, あらう其外, あらう流石, あわれ, あんまり所在, あんまり静か, いそいで, いたく大人びた, いつまでも, いやでも, いろいろの, おつかさ, およろこび, おりかは, お互に, お仙は, お天念佛, お気に, お腰の物, かなりゆとり, がすどうか, がんすから, くよ, こいつには, こいつ金の, こういう話, こちらから, この上学校行政, この中, この人等, この話, こまる, これから後, これでは, こんな処, こんな平凡, ごさい, ござろう, ごぜえます, さして腹, さすがの, さぞいい, すけれ共, すっかり気, すべて世の中の, すんでの, せうお, せう私, そこの, そぞろに, そのとき, そのわけ, その出来, その姿, その星, その暦, その歴史, その荒びた, その雲煙, それについて, それも, ただラサ府, たとへば人間, ちやうど, ちょうど与吉, つぶれ十二時半頃, つまり此天, とうとう家, どうか願います, どうした, どうもどちら, どうも後, どうも胡麻, どちらも, どつ, どれだけが, なか, なくって, なつかしく見た, なにごとかと, はまづ古い, はやりきれず, びっくりし, ほかの, ほとんど倒れ, まずそこ, まずボーチク, また現在, まだ入棺前, まだ青い, もうじき東京, もう一度同じ, もう一度押入, やがて内儀, やっと安心, よくわかります, よく覚え, よろし, わからぬ事, わかるの, ソコで, タシ・ルフンプー寺の, ダリヤだの, ツイ申上げます, ツイ觀て, プイと, プンと, ペンが, ラクダルの, ラサには, ロケーシヨンには, 一人も, 一升七十銭位の, 一向に興, 一寸大津辺, 一寸天秤, 一度は, 一心斎は, 一晩此処に, 一月も, 一本剥い, 一見鼻持も, 一鍋中の, 万事の, 三日目には, 三浦工学士の, 下駄を, 不安心に, 不思議に, 世界的の, 世話役の, 中, 中の, 中中忙しい, 中結, 丸髷の, 主婦は, 主家改易に際し, 久米さんばかり, 之を, 九枚併せる, 二人とも, 二名の, 云わば, 五人の, 五歳ばかりの, 人目も, 人相が, 人通りと, 今の, 今度は, 今急, 今更誰, 今頃敵討騷ぎを, 介抱する, 仕方が, 仕方なし, 他所の, 仮令身分, 体が, 何う, 何だかべそ, 何と, 何といふ, 何となく気象, 何となく無限, 何と云, 何れの, 何を, 何方を, 何時しか心, 何殿に, 何處でも, 何處を, 余計取越苦労, 俺は, 俺よりもずつと, 假令彼の, 働きと, 兄の, 充分だ, 全くぞんざい, 六郎は, 其が, 其の一粒, 其の以後, 其の出, 其の國土, 其の對抗作用, 其の幾分, 其の近辺, 其児童扱ひ, 其友を, 其小枝を, 其憂も, 其時は, 其樣に, 其落葉へ, 其處には, 内に, 分らないため, 別にそういう, 到, 到底この, 前にも, 助かりました, 労って, 勘次を, 勝家の, 北方の, 十手を, 単純に, 卯の, 印度の, 危なくて, 却って平凡, 却つて私の, 厳と, 又一方, 口巧者に, 吃驚し, 各所の, 各自の, 吐く呼氣, 周禮に, 周章狼狽した, 味方は, 四人の, 困る心持, 國民としては, 変な, 夏の, 夕暮の, 多くの, 夜中に, 大に, 大入を, 大分之には, 大悦喜, 大抵は, 大根でも, 天の, 奉公人達とは, 女達は, 如松は, 妻の, 始めの, 婢は, 子さらひと, 子供などに, 孝ちゃんの, 安心した, 官符は, 実は一日, 実力の, 家中何と, 察して, 實に, 寶の, 小商店等, 少なからず, 巴里屈指の, 平気で, 幸先に, 幾らか肩身, 度々石, 庭へ, 張合が, 彼が, 彼は, 彼女と, 律動のみの, 後には, 御存じの, 御座ます, 御座らう, 御座りましょう, 御座ります, 御心配, 心持が, 心配に, 念の, 念仏宗の, 忽ちにし, 急いで, 恁うし, 恭は, 恰かも目の, 感心した, 態とさうな, 慾一方に, 我流に, 所謂自然主義者の, 手首の, 指を, 振り廻した, 掴まったらどんな, 支那の, 改めて陣容, 数年前に, 斯く鮮, 新境の, 既う, 既に数回, 日本に, 日本人間にも, 日本語を, 旧東京人, 旨く行つた, 早くも, 早く起きる, 早目に, 明瞭に, 易いもの, 時, 時としては, 時として孕婦, 普通これ, 普通の, 書教を, 書齋の, 曾て, 月は, 月並の, 有った, 有つて昨日の, 有らうか, 有りましょうか, 有るが, 有ろう, 有ろうと, 有ろう余, 有名だ, 本当の, 村を, 東京の, 林は, 案外落着, 正式の, 正門前で, 此女に, 此所の, 此方は, 此處から, 此處に, 歸途に, 死は, 死んだ若旦那, 段々彼方, 段段英政府, 殿様は, 母君は, 毎日, 比較的静か, 気が, 気持が, 氣が, 氣を, 氣味が, 水は, 池は, 決して円陣, 汽車が, 活用する, 浴客がめつ, 清宮秀堅は, 滋く播かれた, 漁夫の, 漸く佳處, 潮風を, 火氣盡き, 無い事, 無からう, 無意味の, 無益とは, 煤煙に, 父さんも, 父は, 牛の, 狸寢入を, 猶その, 珍らしい, 理由を, 瓢網と, 生命にかけて, 生憎と, 當分は, 癪に, 白髮ばかりの, 皆から, 皆てんでに, 皆んな言い合せた, 皆ドッと, 皆切らん, 目じるし, 目的地に, 直に其, 直に大きな, 相伝の, 眼が, 石の, 私の, 私共二三の, 私達の, 突然私, 立春が, 笑いたい様, 笑いながら, 粘って, 索字を, 細君は, 終には, 絶えず雨, 綱は, 羽子板を, 老人には, 而し, 聽く, 肩や, 自信が, 自分のは, 自分まで, 自然に, 自由の, 芝居を, 花瓶は, 苗場と, 若しや, 若し里子, 草花の, 落付けず, 落合うつもり, 薄い陰影, 蛇も, 行かれんの, 行者村の, 衛生も, 表沙汰には, 裏の, 裏へ, 見るもの, 見渡す限り鮮, 親爺は, 観客に, 詩歌の, 説経以後突然, 誰かと, 警察へ, 讚め言を, 貝の, 足許を, 足跡は, 踪跡を, 身体が, 身体は, 軍談師だ, 辛棒し, 辞した, 迎に, 退屈は, 遂に眼, 遂に見つける, 遅かれ速かれどころ, 遠縁の, 選り好みが, 酔が, 金に, 鉢植の, 陸への, 隋志は, 随分我儘, 隣の, 隨分我儘に, 雨がさを, 雹や, 青柳と, 静かだ, 面白いわけ, 面黒い, 音を, 頻りに二箇, 顔は, 風の, 食用と, 馬鹿な, 駄作は, 驚いたやう, 驚いて, 高塚は, 高田なら, 髪を, 麻陀羅神など, 黒土の, 龍馬が

▼ 居るから~ (1023, 2.8%)

39 である 1610 して 8 です 7 私は 5 何うし, 私が, 誰も 4 だと, では, なの, 何か, 自分の, 茲に 3 お前の, であつ, であらう, 容易に, 面白い

2 [45件] いかにも心持, これは, これも, これを, そこへ, それは, それを, だとは, で, であります, でせう, どうかチヤムバーレーン, 主人の, 之を, 今の, 何にも, 何を, 何んか, 何んにも, 例として, 僕は, 兎も, 其の人, 其処へ, 其等の, 別段目にも, 友人も, 安心し, 尻が, 幽霊に, 弟も, 強て, 憂ふべき事, 新吉は, 新奇とも, 旦那が, 是れ, 気を, 申したので, 私の, 空けて, 能く, 表の, 非常に, 駄目だ

1 [799件 抜粋] ああいう, あたって, あの無頼漢, あまり心配, あわてて, あんまり可愛い, いきなり先, いきなり脇差, いけないん, いけません, いだを, いつもどこ, いやと, いらつし, いわなかったの, いわん方, おかしく勘, お上り, お兄様, お内儀さん, お前はんだ, お前達が, お勝手へも, お宅, お宅ぢ, お役人様, お母さんお, お泊り, お照さん, お縫, お菓子を, お銀, お飯喫, きつと, くりかえさず, こちらから, この一行, この位, この意味, この現代生活, この荷物, この類, こりゃ今晩此山, これに, こればかしの, しんの, すぐ来い, せつないこれ娘お前, ぜひ, そうするとすぐ, そこから, そこでこの, そつとして, その事, その人, その医者, その地方, その大略, その心配, その様子, その石, その見, その通り, それさへも, それで, それで手紙, それで支那, それに十手, それらの, そんなこと, ぞっとする, ださうです, だろうか, ちゃんとお嬢さん, ちょいと, ちよいと, ぢや, つて例を, てっきりそうだ, であった, でありその後, であると, でございます, でして, でしょう, です考へて, で妾, で陶穀, どうかお, どうか二, どうか救う, どうしてもお前, どうしても羊, どうもその, どか, どれが, どれ程の, なか, なので, なんでなん, はてなこれ, ひょっとし, ぶら, まずその, まず祈祷, まだ婿養子, もうすこしで, もう御免, もしやそうで, もし窓, ものかげから, やつと, よいがさ, よろし, わざと僞物, アイヌを, アレは, ウンヌケモドキと, ソラこそ, ソレで, ツて, ナニ湯布が, モウそろそろ, 一と, 一ノ, 一人が, 一人居なくなる, 一寸した, 一寸挨拶, 一寸表へ, 一息の, 一日休息し, 一時は, 一枚も, 一概に言う, 一目で, 一種の, 一緒に, 一言云わねえけれ, 万, 三吉は, 三日前に, 三馬歿年の, 上の, 上らない, 下調べも, 不安が, 不思議だ, 不思議に, 世界は, 両人しっぽり, 両方で, 之は, 之れ, 二代目春水などの, 云うの, 云わば, 互にシャク, 亭主に, 人に, 人少しく, 人様の, 今は, 今夜呼ん, 今日は, 今晩ここへ, 仕事は, 仕方が, 仕方なし, 他へ, 仮令い, 仲間の, 会議を, 伯爵は, 何う, 何が, 何でも好い早く, 何ともいえ, 何んとか, 何分讒言, 何時飛出す, 何程家屋敷を, 余は, 余り急がぬ, 余儀なく渋々, 信切に, 俺が, 借金に, 偉いの, 僅か六箇月, 先ず斯様, 先ず此, 先導し, 入って, 八の, 其のまま日本, 其の中, 其を, 其下を, 其手を, 其様な, 其櫛を, 其長處だけを, 其餘儀なき, 凡俗世界では, 出られるもん, 出入の, 分ります, 初めは, 到底長く, 功名手柄を, 助かりっこ, 勿論情事, 医者どんも, 區別の, 危い, 危ないもの, 即刻息が, 却て, 參考の, 又駈出し, 及ぶ丈, 叔父にも, 口も, 可いわい, 可哀想だ, 可愛いお, 各地に, 合羽に, 君も, 吾妻屋永左衛門は, 呉の, 唐の, 唐以前の, 唐時代と, 商人だ, 喜んで, 四十歳前後から, 困る, 困るの, 坊やは, 埒が, 塵一つにも, 墨国銀三弗十五銭を, 変な, 外國殊に, 多くの, 多分國法, 夜に, 大きに気丈夫, 大したもの, 大丈夫だ, 大丈夫と, 大分よく, 大抵得, 大抵虎, 大概大丈夫だらう, 夫とは, 夫をも, 奴を, 好い, 如何かし, 妙だ, 威して, 媼とも, 子宮を, 宅への, 安心するだろう, 安心の, 宜い, 実に苦しい, 実は何時, 宥せ, 宰相に, 寄附を, 寒い, 小僧さんその, 少しぐらい, 少しは, 少しもと, 少し位, 少し怯, 尚お, 尚更の, 己が, 帰つたら, 平気で, 年を, 幸いで, 座布團か, 強い督促, 彖辭以外が, 彼を, 彼処へ, 彼奴等を, 彼所へ, 往来を, 後々には, 後から, 後で遊ばう, 後の, 御安心, 心臓は, 心配なく, 必要上次第に, 志を, 思はず大きい, 怪しからぬ, 恋愛家庭生活結婚という, 恐れながらと, 恥入ること, 悪戯で, 情けない, 情けも, 感心だ, 態度も, 我身に, 或いは誰か, 或時, 所謂好男子金と, 手でも, 手前味噌ながら, 手當し, 手紙を, 拔け, 拠ろなく渋々, 持って, 指圖が, 振りこぼし, 捜せば, 捨置かれん何故, 擬ひ, 敢て, 敵は, 旅人として, 日によ, 日主といふ, 日本人であり, 日本人の, 旨く届かぬ, 早く行かなく, 早速八, 明日お目にかかる, 明日に, 明白に, 昔の, 是非渡さね, 時々フラフラと, 暖簾が, 望まれて, 朝の, 木が, 木の, 木藍と, 本書は, 本石町四丁目の, 村雨の, 来て, 松木の, 棚から, 極印位は, 構や, 槍は, 機械力が, 止むを, 正しくは, 此に, 此人が, 此妻女も, 此方は, 此方も, 此間も, 此際日を, 殆ど疑ひ, 殺し手が, 民子に対する, 気味が悪いという, 氣味が, 汝を, 決して入れる, 決して構わぬ, 油断の, 油斷は, 泥水の, 海上の, 滅心定に, 火の, 無住の, 無理さへ, 無理に, 無理も, 父祖の, 牛は, 王浮の, 瓢箪の, 生じた迷説, 用いる人, 田地の, 男の, 町人に, 町道場へ, 當らない, 當時の, 病人などを, 痒くも, 登級する, 皆能く, 益, 盤臺は, 直ぐ連れ, 直に行こう, 瞬く間, 矛盾, 知れねえよう, 確かに, 確かりしろ, 私も, 稻垣小三郎の, 立寄れば, 笊へ, 筋が, 糸屑を, 納まらないの, 絶対的に, 緒方の, 締めたつもり, 縫物を, 罰でも, 考の, 船の, 良い年増, 花の, 花袋氏は, 若しも福澤, 若し帰途, 若し情実, 若旦那に, 苦しくない, 茲で, 荒木田が, 荷物を, 蒸し殺されたの, 蔭へ, 行つ, 裏口へ, 見た所, 見とがめられる様, 見られては, 見張りを, 親分が, 親密な, 観察は, 観音様の, 記憶の, 訣らない, 診ようが, 語学には, 誤魔化されたが, 誰が, 誰に, 謹愼の, 豪儀でしょう, 貧乏浪人を, 足掻ても, 足跡は, 身請を, 迎いに, 迎へに, 迷つた, 追掛けるぞ, 逃げましたが, 逢えと, 逢わして, 遊びに, 遠慮し, 都合によっては, 金まで, 金を, 金銭の, 銅山を, 間違い無い, 間違ひ, 閹鶏の, 階子段の, 随て, 隱居の, 面白いじゃ, 面白いぢ, 鞘當てを, 音痴メンタルで, 頭を, 顔には, 顔も, 飛込む事, 飲み辛い, 駄目だろう, 駈けると, 驚かねえが, 鬼に, 黄金の

▼ 居ること~ (990, 2.7%)

22 である 19 がある 14 でせう 12 に氣 11 もある 87 が出, です, は確か, を発見 6 があります, が多い, だし, であらう, では, もあり, を心 5 が出来ない, だろう, に気がついた, は忘れ, は爭, もあつ, を忘れ, を知っ, を知った, を知つて 4 がわかる, が出来よう, だらうな, であるが, でした, にし, になつ, は出来ません, もあります

3 [23件] か, が出来なかつた, が出来ます, が出来る, だから, だらう, だらうと, であります, であろう, になっ, に気づいた, は事実, は勿論, は居ます, は明らか, は申す, は私, は誰, も事実, も忘れ, を感じる, を知り, を話し

2 [77件] がどれ丈, がわかつた, がわかり, が云, が出来なかった, が出来なく, が出来ぬ, が出来ん, が判り, が判りました, が知れ, が解, だろうと, で, であるから, でも, と思う, と思ふ, にした, にしよう, にする, になる, に決めた, の堪へ, はない, は事實, は全く, は出来ない, は前, は否む, は少ない, は居る, は彼, は必要, は或, は承知, は明白, は決して, は疑, は知つて, は翁, は親分, は言, は貴方, も出, も有ます, も知つて, も私, を, をもとめる, をよく, を了, を好んだ, を察知, を御, を思う, を思ひ出し, を感じた, を感じました, を感ずる, を承認, を注意, を現, を發見, を知, を知ってる, を知らず, を知らん, を知る, を示す, を私, を聞い, を見, を言, を許さぬ, を詮索, を餘儀

1 [525件 抜粋] あわれなり, かあの, かお前さん知つて, かぐしょ濡れ, かそれとも, かと思う, かと懸念, かも知れない, から他, から遡, か昨今, があった, があり, があるでしょう, がいつも, がいや, がこちら, がこの, がしみじみ, がせめて, がその小さな, ができなかった, がない, がまざまざ, がまた, がよく, がわかった, がわかりました, がわかるであろう, が何となく, が何より, が出来, が出来なくなりました, が出来ましょう, が出来るなら, が分った, が分りました, が分ります, が分る, が判, が判らない, が判明, が判然, が勉強, が却, が又, が國民, が多く苦しい, が夢, が奧, が妙, が少なから, が平次, が彼, が必ずしも, が感じられる, が明か, が明らか, が明白, が最近, が有, が有る, が樂, が深い, が無い, が発見, が發見, が皆, が知れた, が知れるであらう, が見える, が訣, が許されない, が證明, が遽, が随分, が青年等, が面白い, が餘程有力, が驚く, さう, さえありました, さえいい加減, さえも知らない, さえ稀, さぞ其方, じゃもし万一, じゃア, すら出来ない, すら度外, すら忘れた, すら私, それからかの, それから生活, それから社會的, だが, だけで外, だけは倶楽部員全体, だけは本, だけは確か, だけは軽い, だけを発見, だといふ, だのその, だの巴里, だよ, だらうが, だらう一人, だろうから, だろうな, であった, であって, でありますが, であり又, であり行方不明, であるこんな, であるパチパチヽヽヽヽ, である今更, である第, でこれ, でございましょう, でございます, でございませう, でしょう, ですから, で一番, で一般人民, で今日, で今更, で平次, で明かであります, で有った, で有らう, で死んだ後, で鍋鑄掛, とか預った, とに情, とのみ考え, ともう, と存じます, と察する, と思います, と思っ, と思はれまする, と木, と死骸, どうして分った, などには気附, などに就い, などもあつ, なども調べ, など考え, なの, なので, なら, ならざるを, ならば, なるべし, なんか大, にある, にきまる, にきめ, にきめた, にしろ, についてその, になった, になったです, になつて, になり申し, にのみ假令慰藉, には格別愕, には疑, には私ども老人, にもう少し, にも氣, にやあす, にやっと, によってあまりに, によって特に, によります, にをかし, に一種, に不思議, に少し, に恥, に気, に気が付い, に気が付く, に気づい, に気づきました, に満足, に滿, に當, に自分, の, のあれ, のため, のない, のなかっ, のひど, のよう, の不可能, の出, の出来た, の十, の多い, の或, の所爲, の方, の有り得る, の變つて來, は, はあの, はあるまい, はいよ, はうた, はお前, はこ, はこれ, はごく, はすでに, はその, はたった, はできない, はとても, はどこそこ, はなかつた, はなるべく, はねえ, ははっきり, はむしろ, はもちろん, は一向, は一層, は一見, は三千里外, は不幸, は人後, は今日ダージリン, は仕事, は伊三郎, は何, は余, は例, は信友, は僕, は先づそれだけと言つて, は八五郎, は出, は出来なかった, は出来ん, は出来んです, は分っ, は判, は判ります, は判る, は到底, は勘次, は却つて, は受取れました, は同じ, は否めない, は困り, は地質學者, は堪へ, は塾, は大体右, は姉, は家族主義, は察せられる, は岡, は巴里, は平次, は彼女, は後, は心霊, は恐ろしい, は恰も, は想像以上, は拔群, は推せられる, は推算, は支那, は故, は既に, は最早, は来た, は果して, は極めて, は歌, は正しい, は殆, は殆ど, は母様, は毫も, は氣, は注意, は火, は無い, は甚だ, は申しあげました, は画, は疑い, は疑ふべからざる, は病院, は百姓, は皆んな言, は目覺, は直ぐ, は眞個, は眼, は知っ, は知らず, は知れた, は神様, は種々, は窮屈, は絶えず, は自分一人, は自然, は蔽, は言外, は訣, は詰らぬ, は認める, は誠に, は読ん, は諸君, は賢い, は近時實物, は述べた, は難い, まで悉く, まで突き止めた, もあ, もあった, もありました, もあるだろう, もあるです, もお, もかくして, もその, もない, もよろこび, も一つ, も事實, も伜, も出来ず進む, も出来た, も出来なかった, も否定, も実行, も御, も忘れた, も思はれた, も愉しい, も打ち忘れ, も早, も明らか, も有り, も有りました, も有りません, も次第に, も無い, も特色, も甚だ, も知っ, も知らない, も要求, も見せた, も見逃がせない, も隣座敷, も顧慮, やあるいは, やどうして, やら, やらそれ, や百太夫, や目下サリー地方, や種々, や肩, や自分, ゆえ嫁女, より外, わずか一年足らず, をいろ, をうれしく, をお, をお前, をかの, をき, をこの, をさえ忘れ, をなお, をはっきり, をひどく, をも勘次, をも自, をよろこん, をイシキ, をヤット意識, を九州, を事実, を二三人, を云った, を云われる, を人, を仲, を何人, を余儀なく, を僕, を八五郎, を否む, を否定, を報告, を多く, を好まぬ, を好まね, を少し, を得ず, を心得, を忘れはて, を快く, を思, を思え, を思ひ切り, を思ふ, を恥, を悟つた, を悟らね, を悲しく, を意外, を愛し, を愛す, を感じ, を打明け, を教える, を早く, を明す, を明らか, を明示, を昔, を書物, を止めよう, を正直, を深井少年, を物語つて, を現し, を申せ, を當, を皆んな, を看出し得た, を知ったら, を知つた, を知つたの, を知つて不快, を知らなかった, を知らなけれ, を知らぬ, を知り居, を知り居る, を確めざる, を示した, を突止め, を考えます, を考へ, を自分等, を自覚, を術語, を装, を見せる, を見破られ, を覺, を覺つて, を覺つて身慄, を言い添え, を記した, を誇っ, を認め, を認めざる, を認めます, を語つて, を説い, を述べさし, を野上さん, を際限, を隣, を隱, 久しうして, 全く作者, 出かける時, 夥し, 思いつづけて, 故之, 暫し彼, 殊に七海, 知りましたと, 約半年, 難く候, 難しソリャ斯

▼ 居る~ (985, 2.7%)

25488 です 70 だから 42 だよ 27 だらう 25 だぜ 24 だが, ですよ 23 ですもの 22 だもの, だろう, ですから 21 ですか 19 だな, ですが 13 だね 12 だと 10 だぞ 9 じゃない 8 じゃあない, でしょう 7 だか, だからね 6 でしょうか, ですね 5 だつて, だろうと, ですぜ, では 3 じゃ, だらうか, だらうと, だろうか, でございますよ, ですからね

2 [21件] じゃああるまい, じゃありません, じゃ無い, だし, だそう, だちよい, だねえ, だナ, だ俺, だ早く, である, でございます, でございますもの, でしょうきっと, ですかね, ですかねえ, ですからネ, ですつて, ですの, ですナ, は誰

1 [117件] が好い, じゃあお話, じゃあねえ, じゃからな, じゃないです, じゃろうか, じゃ何, だえ, だお, だお前, だかね, だからな, だからなあ, だからネ, だぐらいに, だけれ, だけれど, だけれども, だこんな, ださうだ, ださうだなあ, ださうです, ださうですから, ださうで今朝三輪, ださうで骨董, だすが, だその, だたった, だっけね, だってね猿回し, だってホホ, だつた, だつたらあんた, だとか, だとも, だとよ, だなあ, だまるで, だものいや, だらういづれは, だらうよ, だらう唯, だろういつ, だろうけれど, だろうさ, だろうなどと, だろうね, だわ, だん, だキット, だナと, だネ, だ主人ぢ, だ乙松, だ人, だ仮令, だ來, だ其奴, だ危, だ執こく, だ女, だ彼方, だ恋, だ成っちゃ, だ明日あたり, だ曲者, だ松五郎, だ汝, だ油斷, だ癪, だ相, だ私, だ詳しく, だ錢形, だ髷切り, であろうと, でございましょうよ, でございますから, でございますけれど, でしょ, でしょうが, でしょうねえ, でしょうもう, でしょう犬, ですからな, ですからなあ, ですがね, ですけれど, ですけれどね, ですけれども, ですって, ですってね, ですな, ですねえ, ですよと, ですわ, です人, です何で, です八さん, です向, です周り, です国境, です環さん, です篠田さん, です親分, でも, で助かっ, なら, ならいい, ならきつ, ならどこ, なら伴, なら叔母, なら居るで可, なら来るんぢ, やさかい, やし

▼ 居るもの~ (812, 2.2%)

47 ですから 36 である 23 がある, では 1817 もある 1411 だから 10 はない 8 が多い, であるから 7 だと, と言, なの, もあり 6 だが, であります, であると, ですか 5 です, と見, と見え, ならば, もあつ, もあれ

4 [11件] があります, だよ, であ, であらう, ですが, でも, と信じ, と見える, のやう, は, は何

3 [14件] であるといふ, でございます, でない, でなければ, とする, とすれ, と単純, と思う, と見る, は一つ, は一人, もない, も有る, らしい

2 [32件] あるが, か知らん, があった, があり, がなかつた, が今日現場, が實, が沢山, だな, で, でありまして, であるが, であること, でございますから, でないから, で有らう, で無い以上, と單純, と思はれる, と謂つて, のある, の多い, は即ち, は彼, は無し, は誰, は非常, もあります, も少なく, を一人, を亡びない, を見る

1 [365件] あるなどに, かえ, かお前, かそいつ, かと云ってた, かね, かねお前子供, かよ, から断言, か一度, か好奇, か如何, か居ない, か殆, か犬, か畜生ッ, か美人, が, があったら, があつ, がありませぬ, があるだらう, がどう, がない, がなく, がも一ツ, が一人, が両方, が人民, が今, が何れ, が何処, が友達, が国, が多から, が多く, が実に, が少い, が尠, が幾人, が広く, が後に, が必ずしも, が折々, が新国劇, が有ります, が有りやん, が此, が残つて, が殖え, が決して, が無く, が生き, が目, が相当, が良民, が芸術家, が落, が見える, が見つかります, が都合七種, こそおのれ, さう, さえある, じゃあありゃしない, じゃあない, じゃあ有りません, じゃのう, だそれ, だそれにしても, だった, だという, だといふ, だとも, だなぞ, だらうと, だ如才, であって, でありそして, でありましたが, でありますから, でありますが, であり之以外, であるという, である事, である是, であれば, でお前, でございました, でござるが, でした, でしょうか, ですオウドゥウ, です火, でそういう, でその, でない標準, でデンマーク国, で一方, で不完全, で之, で事実, で何, で地方, で大体二様, で形, で御, で有る, で根, で此, で無からうか, で熟語, で白髯, で絶対的, で誰, で類似, とある, といふの, といへ, といわね, としか考へられなかつた, として無数, として認める, としました, とせなけれ, とせられ, とそれから, とては無い, となる, とのみ思っ, とはきめられない, とは云わない, とは考へられぬ, とばかり思っ, とみえ, とも思へぬ, とより見えない, と云つて, と信ぜられ, と古人, と察せられ, と思はれまする, と思ひ込ん, と思ふ, と想像, と推測, と早, と枕詞序歌, と此三種類, と知れる, と考, と考へた, と考へなかつた, と考へる, と致しますれ, と見えまし, と見えます, と見なけれ, と見へる, と解し得る, と言う, と認める, と謂, などはありませんでした, などは甚だ, なら, ならこの, ならどんな, なら三七郎殿, なら千兩箱, なら必ず, なる事, なれば, にとっては一層, にどうやら, には可笑し, には目録, には非, にも此類, に傍丘, に取っ, に取つ, に向っ, に存外, に比べる, に相違, に禍, に自分, に違い, に限つて, ね, のこと, のため, のよう, の不幸, の不愉快, の仕業, の内, の冒頭, の在る, の如き, の知らない, の胸, の間, の顔, の髯, はありません, はありやしない, はいろ, はおの, はかく, はこんな, はごく, はございますまい, はそれ, はつま先, はどう, はないだろう, はなかつた, はなく, はほぼ, はみな, はもちろん, はもっ, はギリシヤ以來, はヒョット, はレクラム, は七首, は主として, は乳母, は今, は仔細, は何時も, は信之, は全般, は別, は副詞句, は勘次, は単に, は却つて古生代, は味噌, は唐律, は固, は堪へ, は大伴家持, は大半翻訳文学, は好き林檎, は姉弟中, は小さい, は少ない, は心, は恭三, は戀, は我が, は手拭, は斯, は既往, は昔, は時々, は景気, は晴衣, は有, は本能, は李鴻章, は来なかった, は根本, は梅子さん, は正, は此信念, は決して, は法律, は深く, は澤山, は犬, は珊瑚珠, は琥珀, は生れ, は生存競爭, は皆, は私, は立ち上り, は立派, は童児, は粂吉, は経典, は翁, は育てなけれ, は能樂, は自分一人, は若い, は若し, は蓼藍, は蝙蝠傘一本きり, は表向き, は見, は諸君, は間違, は香炉, は鮮, もありまし, もあるらしい, もたま, も一層, も半分, も多い, も少く, も幕府, も有, も有り, も有ろう, も木綿布子, も本, も着, も矢張り參考, も至つて質素, も隨分, やもう, やら玩具箱, やれ今, や凡そ, や妙, や庭, をいふ語, をさえ横取り, をしじゅう, をす, をそりょう家, をどう, をどれ, を一年, を三尺以上, を何, を先天的運命, を勝手, を口, を女, を小, を居ない, を廣, を引っくくれ, を強, を彼女, を御, を必ず, を拾, を掘出し, を提供, を洗わしめ, を盲目, を知っ, を祖母, を肩, を見, を見出し, を言うた, を貴方, を身辺, を集め, を頭, 例へば家庭, 其の縁, 即ち初め, 多い, 故摺り鉢, 特に人類

▼ 居るやう~ (573, 1.6%)

33 だが 24 である 21 です, なもの 19 な氣 17 に見える 15 に思はれる 13 だ, な気 11 だから 109 だつた, であつ, ですが 7 では, なこと, な心持 6 でも, に思ふ 5 であります, に思はれた 4 であるが, なの, な人, な場合, な訳, な骨, に, になつ, にほぐれ 3 だし, な, な感じ, な男, な譯, になる, に思はれ, に私

2 [19件] だがね, だぜ, だね, だよ, でしたが, でしたよ, ですね, で少し, な事, な口吻, な手段, な有, な顏, にも思ふ, に屡々, に思ひます, に感じた, に聞いた, に見え

1 [208件] た気, だそして, だその, だつけ, だつた山崎, だと, だな, だなと, だ首, であ, であの, でありまして, でありますが, である孰, である殊に, である私, でうれし, でご, でございます, でしたかね, でした尤も, でして, ですから, ですぜ, ですな, です別項西川生, でせう, でその, でそり, でたしなみ, でどうも, でへ, でドルフ, で下, で下手人, で不, で仏壇, で其晩, で口惜, で各部, で御座いました, で心理, で心細く, で思ひの, で思ひ切つて, で所謂人, で抑揚, で昨夜, で最近, で毎日, で氣味, で物腰, で空氣, で美し, で起き上る, で踏まば, で頼母, なあり様, なすっきり, なその, なそんな, なつひした楽しい, なところ, なので, なばかり, なる位置, なわけ, な丑松, な二王, な人間, な兆候, な其容貌, な具合, な利益, な危険, な口振り, な土手, な大きい, な大きな, な女, な女学生, な學者, な居ないやう, な帽子, な幸福感, な座敷, な形, な彼等, な心持ち, な心細い, な思ひを, な態度, な憤懣, な所謂, な手合, な斷片的, な日, な日和ぢ, な時, な暴虐, な木, な様子, な温か, な状, な獨身獨居, な画, な白い, な眼付, な総髪, な肌合, な自分, な薄暗い, な虫, な蟲, な詩人, な話, な調子, な貧乏, な質, な辰三, な連中, な鄙劣, な野郎, な錯覺, な關係, な霊効, な面白い, な音, な響, な顏構, な顔付, な驚, にお, にかうし, にしなけれ, にすら思はれた, にその, にぢ, にて姿, にと言, になりまし, には受取れなかつた, にまた, にも思, にも聞き取れる, にも見えた, にも見える, にも見られる, に一つ, に一面, に云, に人, に友伯父さん, に取れます, に受取一通, に口, に只, に吾, に國語, に太平洋, に奧, に女自身, に子供, に寝床, に將來, に少, に常に, に思, に思つて, に思はる, に思はれます, に思はれるで, に思はれ出した, に思へ, に思へた, に想, に感じ, に感ずる, に成つたの, に日本, に森一杯, に此家, に氣丈夫, に決して, に温順, に番, に皆んな, に稀, に純化, に考へ, に考へられます, に考へられる, に考へられるで, に考へる, に耶蘇教, に聽, に與吉, に見えた, に見えなかつた, に見えました, に見えるなり, に見せかけた, に誇り顏, に誤解, に足, に難, に頼ん, に黄色

▼ 居る~ (542, 1.5%)

13 である 8 がある, もある 5 が出来ない, が出来る, に今, もあつ 4 がわかった, が多い, であらう, です, でせう, になる, も度々

3 [14件] がよく, が出, だし, だろう, であつ, であろう, は今, は出, は出来ない, は出来ません, は誰, を知, を知っ, を私

2 [36件] かと思ひやる, があった, があつ, が出来た, が分り, が多かっ, が知れる, だ, だから, だらう, でありますが, では, ともう, と思ふ, なり遺書, に此時, に違い, の出来ない, の多い, は事実, は全く, は出来ぬ, は前, は勿論, は杞憂, は決して, は無い, もあります, もあろう, も沢山, よ, を, を発見, を知つて, を示し, を見せ

1 [351件] か, かと思いました, からあの, からし, からとっ, か人情, があっ, があらう, がお, がか, がたびたび, ができるなら, がどうして, がどれ, がま, がもう, が一一道理, が一見, が不思議, が今, が其地, が出来ず, が出来なかった, が出来なくなった, が出来ぬ, が出来ました, が出来ません, が出来ませんでした, が出来るだろう, が分る, が判明, が十分餘, が十年, が厭, が声, が多, が如何, が容易, が度々, が必要, が思はれる, が想像, が慵, が明らか, が普通, が本当, が段々, が發露, が知れ, が積極的, が考へられる, が莫迦莫迦, が見える, が見送るである, が解, が訣, が許されなかつた, が足りない, が鏡, が頼り, さえ出来ない, さえ出来ますまい, さえ出来ません, しか世間, そのため, ぞと見る, たとへば猶, だが, だけに余計, だと, だらうと, でありながら, であります, でありますから, であり其, であり認識, であるから, であるが, である其後ドコ, でございます, でございますから, でござんしょうねえ, でしょう, ですから, ですまして, です近く, でなかなか, でもし, で今更, で他, で何, で更め, で有ろう, で此等村, で結局佐世, で面白い, とぞ思はる, とて此邊, とである, とに依っ, とは餘程違つて參, とを教, と云え, と今, と夫, と思, と思う, と思ひ込ん, と見えます, と見る, なぞには更に, などは同様肇, などは楽, なども目, などを単純, など全く, なの, なびくと, なら中有, なるが, なれば, なん, なんかはなさない, なんかをかるい, なんで, にきめた, にした, にしまし, になっ, になつ, になります, にはなっ, にも必ず, によつて, に候云々, に力, に堪えない, に堪えられず, に対しそれ, に就, に怺, に気がつくであらう, に気が付いた, に気が付きました, に異議, のはつきり, の一つ, の不平, の出来ぬ, の大, の奥, の度々, の様, の気の毒さ, の為, の煩, の相談, の確信, は, はいう, はいふ, はいる, はおと, はこの, はすぐ, はたしか, はできない, はならぬ, はゐる, はネエ, は一通, は争われない, は事實, は仙二, は何だか, は何ん, は作者, は八陣, は其の, は出来, は出来ませぬ, は出来る, は出来ん, は分っ, は分る, は到底, は古めかしい, は呪言, は喰う, は外, は如何, は居る, は常, は平安朝初期末, は愛, は承知, は新著, は明らか, は昨夕時計, は書物, は注意, は甚だ, は申, は直ぐ, は直接, は真に, は知っ, は確, は確か, は自分等, は苦痛, は處, は言っ, は譬, は貴女, は貴方, は辛い, は近き, ばかりと否定, またこれ, まで思った, まで書き加え, まで知り抜いた, まで見, もあった, もあり, もございました, もしらない, もととのわない, もわかり, も一, も事実, も出, も出来ません, も史官, も地図, も基く, も多い, も多く, も多大, も夜, も少く, も少なから, も忘れ, も此階級, も気に入らなかった, も海事, も無理, も独眼竜, も獨眼龍, も珍, も知らず, も知りません, も私, も稀, も重, やくだける, やで人, やなんかで, やらシナ, よりも確か, らしい, をおどろき, をきい, をずんずん, をその, をはずかしく, をはっきり, をばまつる, をば豫め知つて, をぼんやり, をもっと, をもよく, をゆるさない, を不思議, を世間, を主張, を今朝本館, を信じ, を信じられる, を信ぜられ, を切に, を勅命, を友だち, を君, を否定, を好み遊ばう, を寧ろ, を少く, を彼, を心付いた, を忘れ, を忰, を思いがけない, を思い出した, を思い出しまし, を思う, を思え, を怪しむでしょう, を恥, を想像, を感じる, を明, を書き, を条件, を殘ら, を母, を気づいた, を申せ, を男, を留学生の, を疑い, を疑ふ, を發見, を知った, を知つた者, を知らさず, を知らない, を知らぬ, を知り, を知る, を確信, を絶えず, を習い, を習慣, を考える, を聞い, を肯定, を自慢, を自白, を若し, を表す, を見きわめる, を見て取り, を見出した, を親, を許す, を話し, を話した, を調べ上げました, を豫め知つて, を述べた, を連想, 余り物質的, 及び現在日本, 小供達, 希って, 心得ず畑, 悪い時, 感じて, 考えて

▼ 居るよう~ (500, 1.4%)

21 な気 18 な心持 15 です 14 だ, なもの 8 であった, に思われる, に見える 6 だが, である, ですが, な事, な心地, な感じ, な訳, に見えた 5 では, な人, な有様, に思われ, に思われた 4 だった, でありました, なこと, に思われます, に見え, に見えました

3 [13件] だから, で, でございます, なの, な具合, な奴, な形, な様子, な次第, な気持, な男, な風, に感じる

2 [19件] だぜ, でありまして, であります, でいや, でした, ですよ, でそれで, でも, な姿, な気配, に, にし, にも見える, に云う, に思え, に思っ, に感じられる, に見えるです, に貞之進

1 [220件] してやりたく路用, じゃあない, じゃその, じゃない, す, だお前, だがね, だし, だったので, だとさえも, だな, だなあ, だね, だのと何, だハテ, であったが, でありながら, でありますが, であるから, であるが, である然し, でかべの, でがん, でこちら, でご, でございました, でござるが, でしたから, でしたが, でしたの, ですから, ですからね, ですけれど, ですけれども, ですね, ですねえ, でその, でとても, でよく, で今晩それ, で何事, で動物, で口惜しく, で命ぜられた通り, で寧ろ, で居, で心細く, で思い切っ, で朝, で歪んだ, で歯痒, で気持, で活, で涙, で話声, で貞之進, で非常, で顔つき, ないわば, なくっきり, なごく, なつまらない, なところ, ななまなまし, なので, なひそか, なふう, なぼんやり, なもどかし, なら宜しい, なり, なわけ, なハイカラさん, なラマ連, なワクワク, な一抹, な一種, な三十男, な不快, な云い方, な人相, な人間, な仕末, な何とも, な便宜, な口吻, な古い, な品格, な場合, な声, な声音, な女, な寺, な小さな, な山々, な幻覚, な庭, な形跡, な後味, な心, な心理描写, な心細い, な性質, な感, な態度, な折柄, な時, な景色, な暇, な様, な樅, な歯痒, な気もち, な気分, な気勢, な気持ち, な汽笛, な点, な爽やか, な状態, な理屈, な生活, な田庄平, な異様, な眠って, な笑って, な美し, な自分, な草の根, な落付き, な蝋燐寸, な話, な趣き, な軒先, な鄙劣, な間柄, な雪峰, な靴, な音, な顔, な骨, にあたり, にあった, にある, にしか見えない, にした, にそして, にと申しました, にどこ, になっ, になった, になり, にほか, にほぐれ, にほんとう, にも思う, にも思われる, にも感じられる, にも見え, にも見えたです, にシンカン, にハイデッガー哲学, にハギレ, にメリメリ, に一人, に三, に世にも, に二町四面, に伝え, に勧めました, に命じました, に四五ヶ月, に多, に奥, に娘, に導く, に小田島, に彼女, に微笑, に心, に心得, に心得る, に思いました, に思います, に思う, に思うです, に思える, に思った, に思われました, に思召, に性慾, に愛子, に感じず, に感じた, に感じたです, に感じられ, に感ずる, に手紙, に楽観, に決して, に沢山, に油, に清く, に狂う, に画い, に美くし, に興奮, に薄暗く, に見えない, に見られたです, に見受けました, に覚える, に誤解, に説きつけました, に走る, に軽く, に非常, に飼放, に~~。↓, 命じそれから

▼ 居る~ (465, 1.3%)

18 がある 16 もある 117 である 6 があります, が多い 5 があつ, が沢山 4 が有る, とか, もあらう 3 です, なので, ならば, なん, にその, の様, は皆

2 [31件] からの紹介状, が, が屹度其ナポレオン, が無い, が皆, が自分, が随分, だった, だつた, だと, だといふ, だ相, である事, ですから, なの, のよう, の上, の事, の姿, の心持, はない, は一人, は小指, は或, は無い, もあつ, もあります, も晴衣, も有らう, も有る, を見る

1 [296件] か, かい, かそれとも, かも知れぬ, からその, からの贈物, から叱られる, から始める, から手紙, があった, がありました, があるでせう, があるなら, があるなら見たい, があれ, がおみやげ, がおもしろ, がすき, がすぐ, がたよられる, がと可笑しく, がない, が世の中, が云いつけた, が云った, が京都以外, が他, が其の, が兼ね, が出, が勢力, が取, が多, が多く, が少い, が少ない, が尠, が平地, が幾人, が最も, が有った, が有り得た, が有ろう, が来, が枕頭, が殖えれ, が永年, が無かっ, が珍しい, が畸形, が百名余り, が皆店, が秀子, が読損, が買います, が驚くべき, じゃああるまい, じゃない, だから, だけが喰う, だったか, だったけれ共, だってある, だよ, だ相当, であった, であったです, であって, でありまして, であり今や, であるその, であるという, でいろいろ, でかみ, でこの間お話, でございまして, でさえいざ, ですか, ですが, ですもの, ですよ, でで, でなきア, でなければ, ではない, ではなかっ, では石川誠之助, でも, でもちょっとした, でも矢張行つて, でも随分, でやっぱり, でアノ家, でペキン, で利休, で大変, で徳富, で或, で旦那さん, で税肉, で自身, で銀座散歩, とが今, とはツイ話, と味噌藏, と心, と思い, と結婚, と自分, などは今年七十七八, なども隨分今日, にあまりよく, にし, にしらせ, について, にて妻子, にでも遇った, にはこうした, にはわかり, には一寸, には常に, には必要, には成るべく, にも似ず, に会い, に似, に候, に出, に出遇った, に到底, に合わね, に對, に少し, に就い, に楚莊王夫人樊姫, に死, に甚だ, に生, に綺麗, に遇っ, に過ぎない, に違い, に限, に限る, に頼む, のある, のいいます, のこと, のすべて, の一つ, の一人, の世, の半面, の口, の命, の大半, の如き, の如く, の妻, の家, の少い, の幾分, の形, の影, の心, の心地, の情状, の意見, の態度, の手, の手下, の有る, の爲す所, の物, の状, の目, の知らぬ, の義, の考え, の自分, の血, の衣服, の詩集, の論説, の足音, の間, の頭, の顔, の鼻, はありませぬ, はありません, はあるまい, はこれ, はごく, はしっかり, はそう, はその, はそれ, はそれほど, はとつと, はどう, はどういう, はどの, はどんなに, はないだろう, はほ, はみじめ, はよく, はチベット, は一向, は不思議, は世の中, は京都大学, は他, は何, は共通, は前, は千石, は名, は夜, は少い, は少ない, は居ります, は居士, は常に, は幸福, は思はずほ, は愈, は承知, は此, は沢山, は瀧口入道, は父, は甚だ, は田舎もん, は百石, は皆閉口, は知っ, は社會, は私, は突けない, は自ずから, は自分, は英語, は蛇口, は血行, は詞, は誠に, は誰, は過去現在未来, は附添人二人, は隨分, ばかりで, へ少し, も, もあり, もありました, もあろう, もその, もない, もホツ, も世, も何程, も勝れた, も又, も多い, も多く, も少く, も幾分, も必ずしもぬらくら, も憶え, も果して, も死んだ, も沢山, も甚だ, も詞, や多少, よりは深山木, よりも惡い, より此種, よプラト, らしい, らしいところ, をはばかる, を人殺し, を信用, を常, を恐々, を支, を救えや, を皆んな此處, を自分, を見, を見つける, 故代る, 面白しなかなか

▼ 居るところ~ (455, 1.2%)

27 を見る 10 でした 9 です 8 がある 76 をやられた 4 だ, はない, へ八五郎 3 であつ, へお

2 [17件] が多い, が有る, だつたの, であるが, に行け, の, のチベット人, は何, へガラツ八, へ主人, へ小使, へ後ろ, へ私, へ行っ, へ行つて, もあり, を見

1 [336件] か, からこういう, からは平ら, からは裏, から下, から人, から河岸, から独身子爵, から言っ, から道場, があっ, があったろう, があるなら, がい, がわからなくなった, がわかり, がわかる, が即ち, が定, が手前, が映っ, が書かれ, が書齋, が氣, が沓掛, が無く, が生活, さあの, だお前, だけに眼, だけ明るい, だったの, だつた, だつたさうで, だよ, だろう, で, であった, でありますなるほど, である又, でございます, でございますわい, でしたから, でしたが, ですよ, でそこ, でそして, でそのうち, ではその, ではない, ではね, では下二段, では近年, では魔法, でも孝明天皇, でやっ, で入っ, で尊い, で岸本, で此方, で癇癪, で聞いた, で言っ, で話し, で話しする, で豊世, と云ったら, と言, と違っ, と龍, などは味, など今, など好意, など所謂中世紀君主, なの, ならん, なん, にあき, にあの, にかえって, にはうすい, には女, には常に, には聞えず, によってもほぼ, にモーラン, に弱点, に憶良, に来, に沒, に深い, に煤びた額, に生活, に眼, に罠, に行き合った, に行く, に開い, に雲気, に驚くべき, のごろつき壮士坊主, のたとへば, のシナ, のシナ官吏, のチベット商人, の事, の事柄, の人, の人々, の人物, の仏様, の代理, の前, の勝境, の四隣, の地方長官, の坊主鷲, の多く, の安定, の平民, の店, の強盗, の彫刻物, の掃除, の文化, の日本文化, の有形, の朦朧, の木村常陸介, の本性, の極めて, の毛, の汚醜, の沢山, の王様, の用件, の神, の秘密部, の習慣, の色調, の荷馬, の著作数種, の道場, の野次馬連, の風俗, の風土, はあなた, はあらかた, はさすが, はすでに, はそれ, はちょっと, はどうも, はまるで, はソビェート, は一つ, は何処, は其の, は吾人, は夜分, は始め, は市営, は弁膜不全, は清三夫妻, は無い, は病室, は矢, は船室, は近い, ばかり嗅ぎ, へあなた, へあの, へおかしく, へかけられたら, へかま, へこれ, へその, へひょっくり, へまた, へやがて, へゆく, へわが, へサダ, へシャーゴ, へタイプライター, へネ, へフラリ, へラサ府, へ一朝, へ一枚繪, へ一緒, へ丁度, へ三沢氏来, へ三輪, へ上, へ下女, へ下男兼帶, へ不, へ亭主野郎, へ仙臺樣, へ以, へ來, へ兄君, へ入, へ八丁堀, へ利助, へ十七, へ叔父さん, へ同じ, へ君, へ四十八本, へ士, へ変, へ外, へ女形, へ帰っ, へ帰つて来, へ平氏来, へ引込んだ, へ引返し, へ当の, へ忍び込み, へ思ひ, へ急, へ急い, へ折, へ支店長, へ新太郎, へ曲者, へ来, へ来た, へ来る, へ棺, へ極めて, へ槍, へ此, へ江戸, へ犬, へ第, へ細君, へ経基, へ聞き兼ねた, へ若い, へ若旦那, へ藤川庄三郎門口, へ行きました, へ行つて一処, へ赤前垂, へ通じる, へ野郎, へ金, へ阿倍川町, へ隣室, へ電報, へ電話, へ青々, へ音次郎, へ頭, へ飛び込ん, までは別, もあつ, もある, もお, もない, も別段, よ, よゆ, よりすれ, を, をあけ, をおかみさん, をこの, をこの間御覧, をどんな, をはっきり, をむす, をやられたら, をやられたらしく, をガラツ八, をフト, を三清とも三天, を下女, を不意, を二階, を五人, を人, を喉笛, を四角, を外, を尋ね, を廻り, を後, を後ろ, を後ろ姿, を御存知, を持っ, を掛矢, を日頃, を明らか, を横合, を殺されました, を母親, を狙つて背後, を申し上げ, を白, を突きとめ, を突き飛ばす, を窺っ, を絞められた, を考え, を聞い, を蟲, を見た, を見つけ, を見ました, を見ます, を見付, を見付け, を見付けられ, を見附, を覗く, を誰, を通る, を重い, を野幇間, を魔女, 実に他, 実に懦夫怯夫, 故寒い, 故悦び, 沢山ある, 淡い陽射し, 痛ましきかぎり, 目立って, 誠に有難う, 面白かった

▼ 居る~ (431, 1.2%)

19 もある 16 がある 11 はない 9 が多い 5 ですから, の優越感, は無, は無い 4 が一人, もあれ

3 [11件] があつ, が沢山, である, の中, の仕業, はありません, は一人, は皆, もあり, もあります, もなく

2 [23件] あり, があっ, があります, があれ, がない, が外, が少く, が物, だと, です, で御, で無く, に心當, はこの, はごく, はその, はないだらう, は決して, ばかりだ, もあつ, も大分, も沢山, も無い

1 [269件] ありと, かあるいはまた, かと少し, かよ甚蔵, からは彼, か成る, か歩む, か秀子, があった, があったろう, があらう, があるだらう, があるだろう, がお, がす, がすべて, がそう, がつい, がです, がどんなによく, がよく, が三个日, が三十人余り, が二人, が五人, が今日, が他人, が何故, が元, が先生, が在る, が塀, が多かろ, が嫉ましく, が子, が子供, が少い, が少ない, が居ない, が居る, が怪しい, が怯気, が文雅, が暇ア, が更に, が有, が来る, が桃太郎, が極めて, が澤山, が無い, が無かっ, が甚だ, が皆, が皆んな, が知らない, が神様, が試みる, が遠く, けっして私, じゃ亭主, すらあるまい, だから, だが, だし, だという, であった, であつ, であります, であること, であれば, であろうと, でございます, でございますが, でございますけれ共, でごぜ, でしかも, でなきゃできない証拠, でなきア, では, でも, で土藏, で有ります, で決して, で無筆, で鷄, という意味, とする, とすれ, と思へ, と考へた, と見え, と見える, なきのみ, なの, なら誰, なり, なれども, なれば, にお菓子, にさ, にだ, にだつ, にて昨年, にとつちや, にはいかにも, にはそんな, にはたえず, にはどうしても, には何ん, には内地, には国造, には多少, には宣教師, には次男信雄, には相応, には自負心, にも巫女, にも美しい, に一, に五月, に人生, に仁, に付, に候, に借金, に傷つけられる, に出, に利益, に在, に如何, に御座候, に怪我, に此利益, に比する, に目, に直ぐもう, に逃亡, に通有, に過ぎない, に邂逅, に限っ, のある, のこと, のない, のよう, の上, の体ごと, の何, の価値, の勸め, の口々, の外, の多い, の如し, の姿, の子孫, の心當, の心當りくら, の意味, の所, の手錠, の様, の耳, の身, の邪魔, の間, の面, の願望, の首, は, はあり, はある, はお, はございませんでした, はそれ, はとに角, はどんな, はなかっ, はなかつた, はひそか, はひどい, はみんな, はシャッベー, はポンボ, は一切, は二種, は信用, は僅か, は其處, は半分気違, は堤防建築費, は多く, は大抵, は好い, は完全, は家, は家中, は實際五人, は少し, は己, は常に, は幾ら, は心, は必ず, は恁云, は撃てない, は木, は案山子, は歐羅巴, は気の毒, は沢山, は狐, は甚だ, は皆彼, は目, は稀, は自分一人, は苦まね, は藩中, は西洋人, は見えない, は誰, は賦役, は長い, は非常, ばかりです, ばかりとなつ, まで左, もありません, もあるだらう, もあるであらう, もあるです, もこの, もその, もです, もない, もねえ母さ, も亦, も同様, も少から, も少し, も帳場, も皆政宗, やら少し, を, をどなりつけ, をば其の, を何, を出し抜け, を大分, を宜, を振り, を放つ, を殺し, を殺す, を潔白, を無下, を皆, を自分, を荒物屋, を蝸牛, を見下す, を誰, を起す, を非難, 例えば兄, 又は長い, 育とうとして

▼ 居る~ (402, 1.1%)

21 居ないか 1311 どうか 8 知らんと 6 どうかを 5 死んで 4 それが, それを, わかりません, 何を, 分らない, 知れない 3 それも, どうかと, ア, 否か, 知って, 知らないが, 誰も

2 [25件] しれない, それともまた此方, それは, とおも, どうか疑, どうだ, またどういう, わからない, わかりやしません, ッ, 五人の, 如何に, 少しも, 居ないかを, 忘れたといふ, 波音を, 生きて, 知ら, 知らんがね, 知れないん, 知れませぬが, 知れません, 私は, 見當, 誰か

1 [243件] あるいはいかなる, あるいはやはり, あんたは, あゝそう, えい, え目通り, え飴屋, おい暗い, お前さんの, お前だ, お蘭, お話したい, お關, かういふ場合, こう云う, ここに, この三四日, この私, これへ, これ早く, さうでない, さっそく言え, さっぱり見当, さアそれ, しれないと, ぜひ知らし, そのしみじみ, その当った, それから假名, それから聴かし, それとも薬, そればかりじゃ, それ等の, そんなけぶ, そんな事, だ, ちよつと, でした, でなければかなり, どういふ風, どうかで, どうかといふ, どうかは, どうかも, どっちかの, どんな人, はりに, ほんとに知らない, まさか忘れ, まだ生れない, まるで心づかず, もしも此方, もとより知る, わかつたもの, わからないの, わからないん, わからなかったよう, わからなかったん, わからぬ子供, わからんなあ, わかりませんから, わかりませんが, サアその, サッパリわかりません, ナア実に, ーい, 一々教え, 一つ屋敷の, 一向に見, 一寸來, 一寸来, 一寸気, 一寸解らん新聞紙で, 一年四十一萬圓と, 一応は, 一種微妙な, 之に, 九月が, 云え, 何うだ, 八, 八五郎, 其が, 其さへ, 其すら, 其の働, 其を, 其弱点を, 其様な, 内から, 分かりません, 分らないの, 分らないイヤ, 分らぬから, 分らぬ位, 分らぬ廣, 分らぬ現に, 分らぬ程, 分らねえか, 分らねえのに, 分りません, 分りません此, 分りゃあ, 分るもの, 判らない位置, 判らぬが, 判りやしません, 判るもの, 判然と, 加速度加速度流星と, 動いて, 半ば恐れ, 即ち何方, 又どこ, 又どの, 又今, 及ばぬかと, 君は, 否かという, 四郎治, 坐睡り, 外国では, 大急ぎで, 奈何か, 奈何し, 如何にも不便, 子分に, 定つて, 宵だけで, 容易に, 宿無, 寧ろ二人, 寶屋を, 尋ねて, 少し古い, 居ないかが, 居ないかといふ, 居ないかは, 居ないかも, 居ないの, 居ねえか, 居らないか, 居らぬかが, 居らぬかといふ, 居らんか, 居らんかは, 居無いか, 平次は, 影も, 彼が, 待ちかねて, 従者に, 御わかり, 御用改めである, 忘れたという, 恐らくは皆, 悟った, 我れ, 或はそれとも合意的, 或は少く, 或は演繹, 手前なんかに, 振舞って, 探して, 旦那の, 早く分る, 暗の, 暗示の, 暫く静か, 本當, 札幌の, 様子が, 権田時介の, 檜物町一帶うつかり歩けません, 正體, 此の, 此品をば, 死んだかも, 殆ど見, 気が付かぬ風付き, 泥で, 浜田の, 深く反省, 爲に, 現金の, 番頭や, 白痴め左様に, 直接見る, 知らない, 知らぬが, 知らぬけれど, 知らぬと, 知らんけんど, 知らん斯, 知らツ, 知りませんか, 知りませんが, 知りませんけれど, 知ること, 知れたもの, 知れないから, 知れないの, 知れぬ, 知れぬけれども, 知れぬの, 知れねえから, 知れは, 知れませんが, 知れませんのに, 知ンねえだ, 穴あれ, 縮み上ったかを, 罪の, 考えなければ, 聞いたか, 聞き度, 聽いた, 自分でも, 自分は, 血が, 行方が, 街の, 西洋人の, 見つからない, 見ろ, 見届けて, 親分は, 解らない, 解らねえ, 解りも, 計算を, 訳が, 説明した, 識者の, 谷間田も, 賃仕事でも, 遇つて見たい, 郵便法が, 金遣ひ, 非常な, 驚くべきもの, 高等僧官の, 魔性が

▼ 居る~ (364, 1.0%)

7 に自分 6 に, に彼 5 に刀自たち, に才, に日, に自然, は 3 にお, に早く, に私

2 [15件] だけは何, にお前, にそつ, にその, に何とか, に八五郎, に其の, に其婦人, に肝腎, に若い, はどうやら, は何, は別居, は誠に, は誰

1 [281件] いつも帳場, かきたいと, からぼう, からチラチラ, から六畳, がなく, が即ち, が実に, が殯宮, そのこと, だけでも香川, だけは飽く迄も, だけ生き, だつて, だと, でも一人, でも智識, でも自分, とう, とは大師謙讓, どうかし, どうして創造, などに一寸, にあ, にあみ, にいつか, にいろいろ, にいろんな, にお松, にこつこつ, にこの, にさ, にしみ出る, にじり, についと, にでもつよく, にという意, にのみ可能, にはよく, には十分出來, には尊き, には決して, には疑ふ, には随分, にまったく, にもう, にもとは言, にも一方, にも二度許, にも亦, にも仕事, にも何者, にも俺, にも段々, にも痛み, にも眼, にも私, にも種々, にも英国政府, にも蓮太郎, にゼラチン, にソツ, にチベット, にネパール国誌よう, にヒヨロヒヨロ, にペンキ塗り, に一方, に下駄, に丑松, に中, に主人, に二人, に二度目, に人麻呂, に何, に何処, に何年, に余, に僕, に先方, に全く, に出来た, に分らぬ, に切り, に列車, に北多摩, に博士, に友達, に叔父, に右, に右舷, に四方, に地面, に堪らなく, に変, に夜, に大秦寺, に官制改革, に実生活, に客, に室, に少く, に少し, に屹度私, に平生藝術家久保田君, に幾度, に彼女, に彼等, に後, に後出, に徐々渠, に心, に恩命, に恭二, に惡者, に感じた, に揚々, に支那事變, に新しく, に春, に昨夜来, に時刻, に時間, に書いてる, に朝鮮人, に本当, に染料, に染料上, に校合, に死ん, に段々士, に気持, に沢庵石, に涙, に深く, に滅茶苦茶, に漁師, に爺, に獨, に獲物, に番人, に直ぐ, に短, に禎一, に秀子, に種々, に第, に紅一人, に細君, に總代等, に聊か, に聞いた, に脅かされた, に舊暦, に船, に色, に芝居, に芸能, に若気, に茶色, に藏, に藏經, に蜥蜴, に見る, に言うた, に誰, に貴公, に赤人, に通過, に道筋, に遠い, に錦木家, に鍬, に雛勇はん, に雨, に音, に頭, に馬子, に馬車, に高輪田, に鹿児島生れ, に黄稲, のおの, のみである, の信仰行事, の気持, の自分, の自然, の衰え, の道, はあれ, はいかに, はこちら, はする, はそんな, はたとい, はと申しまし, はまことに, はよかっ, はよく, はケチケチ, はマル, は一体, は一番, は世の中, は仕方, は他, は仮令, は何事, は僕, は僕達, は全盛, は决, は冷淡, は到底, は半, は同窓生, は向上進歩, は呑気, は土蔵位, は多少, は大学生, は奧, は女, は如何, は子, は安心, は実に, は寄宿舎, は寺, は少し, は山本先生, は己, は幾, は惠梅比丘尼, は或, は断じて, は朝, は未だそう, は極端, は正直, は此難, は漢学修業, は無論, は皆軍人, は目, は相互, は相手, は眷屬たち, は神, は私以上, は立て, は絶えない, は自分, は葡萄酒, は話, は遠く, は酒, は雨, は非常, は食, へはいっ, もない, もねむい, もダージリン, も他, も只, も土, も手紙, も縁側, わ体色, を登っ, を行っ, を過ぎ, パチパチと, 休む調停作用, 全く眠つて, 如何なる怪, 常に愛読, 御主人, 若くは

▼ 居る~ (361, 1.0%)

8 がある, であつ 7 である 4 からし, もある 3 があります, だった, は何, へ来, を見る

2 [14件] から作り花, から殆ど, であります, であるから, でなくちや張合, なの, に出られる, に居る, は少し, へ, へ行く, へ這入っ, もあります, を見

1 [287件] いずこ, から, からお前, からさう, からそう, からそこ, からその, からだらだら, からつけられた, からガラス障子, からラサ府, からレンズ, から一丁半, から一町, から二三間先, から十間, から思ひ附いた, から推す, から此家, から直ちに, から眺める, から考, から見, から見る, があっ, があったらしい, があつ, があり, がありませう, がない, がなく, が不思議, が世間一般, が五年間, が人, が仙台, が偶其名, が其の, が分った, が分りました, が却, が多い, が好い, が山, が恋しい, が書齋とい, が有る, が東洋, が眼目, が篤と, が薄, が象眼, が鼻, すらわからなかった, だ, だが, ださうだ, だのに, だアハハハ, だ余, だ驅, で, でありますが, であるが, である余, である又, でしかも, です, です仲, ではお, ではやはり, では四代, でもある, でチベット政府, で一人, で分ります, で小言, で昔, で死刑, で毎日朝, というの, といふ意味, とし, とは二町, とは大分, と殆ど, なきまま袁術, など, などの氏, などは誠に, などを寄, なら海, なり, に, にお, にはない, には愉悦, には日本人, には水, にひとり, にぽ, にもと, に今日, に依つ, に依る, に出, に名, に多分, に帰っ, に引きつづき, に或, に最, に来た, に来ない, に泥, に眼, に着い, に着かない, に着きたい, に着きました, に着けるであろう, に禅風, に置く, に自分, に行った, に訪わせ, に逢うた, に黄金, のない, のフアキル, の丈夫, の上, の五品以上, の其の, の唐代, の國民, の土壌, の子供, の學問, の室, の小, の御, の明代, の是, の書, の有, の渡良瀬川, の物, の番地, の畫, の職, の草堂, の逢坂, の頭, はある, はちょっと, はどう, はない, はなんつうとこだい, はまさに, はまた, は二十三, は何所, は分った, は削つ, は大蔵大臣, は孰方, は學説, は小西湖亭, は屹度此處, は此處, は気品, は氷雪, は流石, は直ぐ, は知っ, は確, は確か, は竹, は陰風, は風上, は馬関海峡, へあの, へうっかり, へお, へこんな, へと吩, へどうも, へどか, へは届きません, へまでも届いた, へアナコンダ, へズタ, へ不意, へ人, へ今度, へ以, へ何, へ何事, へ何千何百万燭光, へ侍, へ六平が, へ其人等, へ出た, へ厩, へ奥上州, へ山田, へ帰っ, へ帰りました, へ平, へ引つ, へ息子, へ新五郎, へ木, へ本統, へ来合わせ, へ母親, へ汚い, へ父, へ男, へ禁酒家, へ給使, へ縁側, へ背, へ腰, へ自分一人涙無し, へ虎, へ蝉, へ行かね, へ行つて弟子入り, へ貴女, へ通り掛りまする, へ風呂敷包, へ馳せ, へ髯, まではまだ, まで帰っ, まで私, も, もあり, もあれ, もなくなった, も分ろう, も明白, も油繪, も轉, より, をあなた, をえた, をずっと, をどうしても, をはしなくも, を中心, を人々, を佩弦堂, を其儘取ッ, を又, を四, を引用, を強い, を彩色, を御覧, を捜し, を摩擦, を教, を教え, を渡る, を片付けよう, を私, を聞く, を聽雲樓, を自分, を芳桜書院, を苦, を見たい, を見れ, を認めない, を辭, を述べる, を通っ, を通る, を遠く, を酌源堂, を陶後園, 即ち作者, 即ち右側西, 果して安く

▼ 居るうち~ (348, 1.0%)

11 に私 6 にお, に自分 5 にそれ 4 に, にその, に段々 3 に年, に急, は何

2 [20件] こそはそこ, にいつか, にこれ, にふと, にもう, にも女, に何と, に何時, に又, に夜, に大, に女, に弾丸, に彼, に日, に月, に次第に, に気, はまだ, は決して

1 [259件] いつの間にかうたたねを, いろいろ媼, お園, お浦, からよく, から堅く, から義理, から跛足, がいい, その商才, その拔群, ついに男, つひに, つまらなくな, どんなに窮屈, にあの, にあんなに, にいつか下, にいつか六月, にいつだ, にいつの間にか, にいよ, にいよいよ, にいろいろ, にう, にお父さん, にこの, にこんな, にさっさと, にすぐ, にすっかり, にずら, にそういう, にそここ, にた, にたかぶりかけた, にたつた, にちゃっこい, につかれ, につくづく, にどうやら, になんと, にはころり, にはそう, にはわけ, には同じ, には地方, には温く, にまた, にも何となく, にも歴訪, にも自分, にやけ, にやたら, にやはり, にグランパ, にドロドロ, にフッ, にフト, にフトお節, にモスク, にモヤ, にローサンゼルス, に一つ, に丁度, に三平, に三時すぎ, に上, に不意, に事件, に二つ, に二十三番地, に二十年前, に五時頃, に今, に仙臺辯, に体操, に何となく, に何時の間に, に何時の間にか, に余, に供, に価値, に俺, に倒れる, に偶然大町桂月, に傑作, に僕, に先ず, に先程, に先達, に先鞭, に入口, に八五郎, に六挺, に其の, に内弟子, に出, に出来た, に初代伊太利名画集, に味, に咲, に問題, に喘息, に四五日, に國, に地震, に坂下鶴吉, に壁, に変り, に外, に多, に多分, に大変, に大膳坊覺方, に太陽さま, に夫人, に女中部屋, に女房, に娘, に子供, に子規, に小間物屋, に山三郎, に川, に床下, に廊下, に彦太郎, に後, に思ひ, に悲し, に惡, に愛, に押えられない, に持つ, に振られ, に散つ, に日産, に昔, に時日, に時機, に暗く, に書いた, に最初, に朝, に松井, に柄, に栄蔵, に栗毛虫, に死ななかった, に死ん, に永年, に泣き, に浄め, に海員仲間, に涙, に火繩, に無実, に煙草, に猿, に発熱, に目, に省吾, に眼病, に石, に秋庭氏来, に窓, に立った, に納戸, に綱, に翌日, に考えた, に聖堂裏, に肇, に肺病, に腹, に自分涙, に自然, に舟, に船, に花, に芳崖, に若い, に英男, に茶の湯, に行かない, に裾野, に西風, に誤, に誰, に貴重, に路地, に近村, に迚, に途中, に逝っ, に遂に, に遠く, に部厚, に酔っ, に金子, に銀之助, に銘々, に鋏, に長押, に門, に隣, に雄, に雨戸, に雷, に雷門, に頓死, に頭, の筋, の華やかさ, の騷ぎだらう, の麻川氏, の黄色い, はさせられない, はそう, はそれ, はただ, はとても, はどこ, はやかましく, はよかつ, はシレージヤ, は人, は他, は何時, は其の, は卯平, は同じ, は安心, は幽霊, は慎ん, は我々, は殺す, は気, は私, は私たち, は義理, は職工, ふと信州沓掛星野, ふと気, 其の弱い, 出ない出ないと, 又眠く, 或る, 抱かれても, 本月一日, 本當, 段々彼方, 段々恢復, 然う, 現に目, 突然A子, 見ましたが, 遂に犬

▼ 居る~ (340, 0.9%)

37 違いない 35 相違ない 28 違ひない 17 しても 10 過ぎない 6 違ひありません 5 繋らず段々 3 ちがいない, やと, 過ぎぬ, 違いありません

2 [28件] お前は, きまつて, しては, すぎなかつた, 不思議は, 堪えないで, 大底, 婆は, 引替へ, 彼ん, 御本尊, 持病といふ, 據る, 此方が, 源太も, 相違ありません, 相違無い, 至つては, 近い, 過ぎないこと, 過ぎぬの, 過ぎません, 違げえ, 違げえねえ, 違ない, 違ひあるまい, 関らず, 隱すは

1 [134件] かかわらずひとり百貨店, かかわらず余り勉強, かかわらず精神, かかわらず非常, きまって, きまってらア, きまって居る, こらい, したつて, したところが, した所, すぎない, それが, つけて, まして一草一木往時, や, よく八畳, 上に, 両足を, 串戲は, 串談は, 久太夫が, 会ふ, 何も, 何処の, 何者の, 係らず吾庭, 係らず殆同時代, 先生は, 其やうの, 出會, 出逢いたり, 却って貰っ, 及ばぬ, 及んで, 反しそこ, 反して, 反し一時急, 只自分, 吾等が, 基づきすこぶる, 堪えない, 堪えないよう, 堪えなくて, 堪えなくなったよう, 堪えなくなるの, 堪え無くなって, 外ならぬ, 夜の, 宜しきところ, 家無く, 就いて, 就ては, 幾分間か, 引き替え源太郎, 引き替へ, 彼奴が, 彼等は, 往来の, 従うて, 從うて, 徴し, 心付き急ぎ, 忍びぬ, 忍びません何ん, 拘はらず其の, 拘らずかの, 拘らず初夢, 拘らず此, 拘らず歩き苦し, 拘らず講堂, 拘らず違うて, 拘わらずこういう, 拘わらずこの, 拘わらずその, 拘わらずもし, 拘わらず今日, 日本からは, 明眸皓歯あり, 月かたぶきぬ, 案の, 極つ, 極まったり, 槍で, 止まって, 止まるの, 気つかず, 気付かず手, 決つたぞ, 決つてゐます, 河水潺, 涼しい地, 無遠慮なる, 照らして, 熟兎児は, 畜生ッああ, 畜生ッあゝ, 異いない母, 相違あるまい, 相違ございませぬ, 相違は, 相違御座いません, 絹絞, 美宅あり, 至ては, 至らしむるに外, 虎の, 過ぎずして, 過ぎないの, 過ぎなかった, 過ぎぬが, 過ぎぬ事, 過ぎぬ場合, 過ぎぬ様, 過ぎませぬが, 遑あらず, 違いありますまい, 違いありませぬ, 違いございません, 違いないけれ, 違いなかった, 違いは, 違い有りません, 違えねえ, 違えねえと, 違えねえに, 違ひ無い, 関わらず種善院様, 附いて, 限る, 陸奥は, 非ず, 非ずや, 騒がしい

▼ 居る~ (335, 0.9%)

19 な気 14 だ, である 11 に見える 7 な気持 5 に思はれた 4 なので, な口調, に思われた, に感じ 3 であつ, であるが, では, なもの, な事, な所, な顔, に思はれる, に見えた, は実に

2 [25件] が見える, だから, だが, でいや, です, な, な不気味さ, な人, な声, な心地, な感じ, な日, な様子, な甘い, な目, な眼, に, になっ, にも見える, に思え, に思われ, に思われる, に見え, はあたかも, はいかにも

1 [169件] が遠く, だけれども, だぞ, だった, だったらその, だまた, だろうと, だア, だアア時計, だ併, で, であった, でありある, でありますから, であるけれど, であるし, であるのに, であるアア秀子, でい, でいい, でしたが, でなければ, でまごつき, で人, で余, で凄い, で哀れ, で安心, で彼女, で御飯, で心, で手の甲, で有った, で毛, で篤, で若し, なけし, なこと, などを見, なの, なまがりっか, なれば, なゾリゾリ, な京子, な何, な信じられる考え, な傾いた実家, な傾き, な処, な又, な向う, な土焼, な変り者, な女, な好い, な妹, な始末, な姿, な安気, な寂寞, な幟, な幽, な彼, な心持, な応用的, な思い, な手, な手法, な損得ずく, な新聞, な日和, な時, な有様, な柔いそ, な気高さと美, な沼, な熱心さ, な男, な白い, な眼つき, な素振り, な結果, な緊張, な美術的, な考へ方, な者, な胸, な色, な計り, な象徴的, な連中, な静か, な面付, な音調, な頭, な顔付, な風, な驚き, にあの, にうつむき, にし, にその, にだまっ, にといつ, にとすすめ, にとて口留め, になった, になる, にはてしなかった, には非, にも思はれた, にも感ぜられる, にも見受けますれ, にも覚える, に一寸, に上気, に云う, に云った, に云われた, に人, に仙二, に僕等, に千世子, に口, に只, に問う, に居る, に平気, に思, に思いました, に思えた, に思った, に思つて, に思はれ, に思われます, に感じた, に感じだした, に感ぜられる, に成っ, に掛念, に日本, に時々, に書い, に満たない, に男, に疑, に着, に私, に立花宗茂, に聞えた, に聞きます, に見えるだらう, に見せる, に見せ掛け, に見た, に話した, に身, に軽々, に道, に重い, に顔, に馬鹿馬鹿しい, の感覚的仮象, は人, は得, は新開地, も見えた, を見る, を観た

▼ 居る~ (328, 0.9%)

8 でした 6 の様 5 では御 4 だけはやはり, であつ, と同じ, の方 3 に限る, のこと, のやう

2 [23件] が一番, で, であるから, です, でなければ, ではありません, では無い, なん, にはいつ, に爪弾, のみで, はいつも, はよい, は八さん, は別に, は大抵, は平生, は教室, は決して, は私, は非常, は齋藤, もある

1 [238件] ある日, いつの間にか田中翁, いつもその, うるさく付き纏っ, お勝手口, からいい, からこの, からホルム氏, から夢中, から日本人, から渓流, から溪流, から追, か友情, が特に, くらい歓び, こそありつ, こそ其方, しも忽ち, じゃない, そう云う, その時, だ, だけだ, だけであった, だけでした, だけ戀人, だけ樂, だった, だつたので, だよ, であった, であったが, である, であるが, であろうとか, でお松, でしたが, ですから, でで, でないから, でないと, でなけりゃあ, ではない, でもそんな, でもイフヒム, でも互いに, でも新内, でも船艙, で例, で間に合せ, とか手代, とか歌, とか決つて, とねばつく, とはまるで, とは生き, と会社, と何, と夜分, と居ない, と知つて, と私, と自分, と道, と馬鹿, などは夢にも, などよく, などわざと, など女, なりその, にいきなり, にかう, にきこえ, にし, にその, にてさ, には, にはいかにも, にはさんざん, にはそうした, にはその, にはよい, には一種, には之, には何, には其刺戟, には其必要, には勿論, には只, には左, には心, には此, には母様, には父母, には犬, には甚だ, には知らん, には考え, には草箒, には譲吉, には賑, には足, には限らない, にふい, にもわれ等, にチップ, に低く, に偶, に出, に出張命令, に前後, に却, に啓山, に噂, に嫁, に尾, に当り, に日本, に殆ど, に着き, に私, に自分, に芋虫, に藤野氏, に行うた, に複雑, に見, に起き, に邸, に限っ, に限られた, に限ります, に頭, のかお, のよう, の一寸合方, の不安, の事, の他, の儘, の其顏, の勤め振り, の客, の彼女, の心もち, の心境, の心持, の恐ろしい, の態度, の状態, の美し, の苦心, の魅力, はあそび, はあつ, はあらい, はあり, はあれ, はいつ, はからもう, はさぞ, はそんな, はち, はマア, は一つ, は一番危, は互に, は亭主, は仏徒, は他, は他方, は何処, は信心, は勿論, は即ち, は天気ぢ, は子供, は山, は已む, は必, は必ず, は急, は意, は或, は斎藤, は東京, は滅多, は父子三人, は物, は能, は色白, は薬舗, は蚤, は随分, は隨分, は頭, ばかりとは限らない, ほんの小僧, また来客, まではおのれ等, まぼろし, もお前, もじ, もそれ, も一度, も一日, も兎角, も同様私, も夕刻, も多い, も大勢, も左半分, も幾分, も庄吉, も掛ける, も私, や熊手, よくあり, よりは却, よりもこの, よりもズット面白, よりも一層よく, よりも大きな, よりゃア, を狙っ, を選ぶ, 丁度表具屋, 何故そうでない, 好んで, 御貴殿, 御隱居, 忽ち部室, 来る, 程この, 覚えた流行唄, 遠い海, 隣りに

▼ 居る~ (286, 0.8%)

4924 はない 16 です 10 はありません 9 なの 8 だと 7 だが, である, ですが, もありません, もなく 6 ですから, では 5 は無い 4 だから, もない 3 がない, なのに, のが

2 [14件] が無い, だった, だつたが, で, であります, でございます, で御座います, のお, の会社, の女, はございません, はなかつた, は御座いません, は有りません

1 [73件] いくらお前, がありません, がありませんです, がそう, が無し, さ, じゃがなあ, じゃない, だお前達, だけれど, だったの, だって云う, だつたの, だのに, だらう, だ人, だ急いで, だ有難い, だ江戸, であった, であるから, である果実, でした亡くなってから, ですけど, ですね, ですよ, ですわ, でせう, でも, で御座いますから, と思った, なん, に違い, のあさ子, のない, のなかっ, のガラツ八, の下男, の与之助, の人肌地藏, の内儀, の内田銀蔵博士, の千種十次郎, の圍, の奇月宗匠, の女房, の姉, の婆, の尖端, の幾太郎, の店中, の彌, の文明, の春, の某々, の榮三郎, の源助, の私, の腰元達, の自分, の馬鈴薯, はなかっ, はなから, はなかろう, はねえ, はねえと思ふ, はもう, もある, もございません, もなし, も無い, も無から, も無く

▼ 居る~ (241, 0.7%)

7 がある 5 を見る 4 もある 3 を私 2 と気休め, へ帰っ, へ来, へ来られ, へ私, へ這入っ, へ通り掛った, もあります

1 [206件] あまり雌雄, え往, え来, からはからずも, から一々, から上, から四方, から山城河岸, から恐らくは, から段々, から汽車, から自然, から逃げ出した, か私, がない, が今日, が平和, が有る, が無え, が甚だ, が画い, が着い, が知れてる, が見える, が這囘多分, が高台, じゃあない, じゃ奥さん, それ程自然, だし, だぞ, だ是, であった, でありたかった, である, であるが, であると, であるらしい, でお, でこれ, です, でそこら, でその, ではございます, ではそれ, でまだ, でよく, で不見識, で中, で又, で啻に, で堤坊, で堤防, で平均, で弓張月, で斬られたる, で更に, で池, で私, で通り掛った, で道庁, といふ意味, とした, として表わした, として遥拝, とその, との二つ, とはその, とは正, と受け取れずし, と同じ, と心得, などもこの, にその, には狐, には神馬, に住ん, に信長, に入れられなけれ, に勝家出馬, に打, に来, に永く, に藤蔓, に血気, に要らん, に退き, に驚く, のお, の不正金, の国語, の本当, の樊, の絵, の近く, はある, はうまい, はドウセイ性, は下駄, は主人, は人情本, は俊成風, は其の, は分らなかった, は吾妻郡, は唯, は寔, は恰, は慥か, は最も, は根岸, は決して, は浅草, は無邪気, は田舎, は能, へ, へお, へたった, へよ, へカリブ人, へガラリ, へ三人, へ三人連, へ不, へ二三, へ仙太郎, へ伊兵衞, へ伯父, へ何心, へ南, へ南都の, へ古田中氏夫妻来訪, へ四百年以上, へ土手, へ夕風, へ大瀧, へ天草, へ夫, へ奥様, へ婢, へ客, へ寺男, へ廣川さん, へ彼, へ我軍, へ手桶, へ新吉, へ村上松五郎, へ来た, へ松本さん, へ此方, へ母屋, へ泣き, へ泣込ん, へ清左衞門, へ源五兵衛, へ眼, へ突然, へ舅, へ行く, へ行っ, へ行つて, へ表, へ裏口, へ計略, へ踏み込ん, へ踏込まなけれ, へ身請, へ道, へ郵便, へ酒, へ重盛, へ金尾さん, へ門口, へ面白, へ飛ん, へ飛込んだ, へ馳, へ駕籠, へ高垣氏, までほか地面, まで来る, まで歯, もあつ, もあり, も多分, も客観描写, も川幅, よりも遥, をおし, をみじめ, を交通遮断, を写生, を出され, を家, を己, を或は, を極, を見, を見たかつた, を見出した, を通, を連立っ, 出会って, 見届けて

▼ 居るのに~ (227, 0.6%)

14 氣が 6 気が 5 何と, 山裾の 4 それを, 何うし, 自分の 3 どうした, 気の 2 さりとは, そこを, 丁度程よい, 何も, 心着い, 氣づい, 氣の, 誰も

1 [163件] あてつけの, いさぎよくそこ, いつもその, いつもながら, おつぎ, お久美さん, お孃さん, お気附きございませぬ, お百, かくまで, きいきい云や, この人, この娘, この年, この愛, こんな見, さあ片足, しかもなお, じろ, すぐ近く, そういうこと, その, そのカラコロ, その仲間, それが, それさえ, それでも猶, そんな事, たった一つ, つい墓参り, どうしても趣向, どうも大男, なほ万ちやんが, まして最も高等, まだこの, まだ武家, わけも, ピアノに, 一つ一つ言葉が, 一向に筆, 一方では, 一方には, 七十二歳, 中, 主人が, 二つだけは, 今日は, 今日行つて見る, 今朝は, 今汝, 以前女髪結が, 会へ, 何を, 何んという, 何んとも, 例之ば, 先の, 八五郎少し, 其のカラコロ, 其の恩, 其を, 其後を, 其痕跡だけは, 出合つた, 割れが, 千兩箱の, 又一方法部, 同じ人類, 同じ時, 君は, 吾, 喩へても, 困った天気, 士族の, 女は, 如何なれ, 姉さんが, 娘の, 子供達は, 家の, 密閉した, 少しも, 少なからず驚かされた, 山の, 岡崎と, 平次の, 年明けの, 幾度も, 彼の, 心附き, 急病とは, 恋には, 恭三が, 愕い, 懇意な, 文献では, 旅の, 昨夜は, 時間表を, 晩秋の, 暫くは, 更にまた, 最も多い, 服へ, 東京ビルの, 楓の, 歌舞伎座は, 此奴の, 此程周囲の, 死んだ主人, 母から, 母親が, 毒を, 気がついた, 氣付いた, 汝は, 沢山通る, 泥棒が, 浮気を, 涙の, 涙一つこぼさず, 独りな, 男の, 目も, 目を, 着物を, 知らんま, 祭だけ, 私の, 私は, 稍高等の, 籠の, 紅白紛で, 縁側が, 義政は, 而も, 聽く, 自分が, 自分なら頼んだ, 自分は, 自分独り読まぬ, 興を, 興味を, 芳野絢子君以外には, 若し兼吉, 茲に, 虫一疋鳴かない, 血の, 貞操の, 貴下が, 買つて挿した, 賊でも, 足袋を, 身代や, 農商務省が, 返事が, 長い, 障子の, 預けた家, 駒形の, 駒込小町と, 髮は, 麻川氏は

▼ 居る~ (220, 0.6%)

2 うしろにも, お前に, それに, 側には, 殊に中央, 盛岡の, 耶蘇の

1 [206件] あとは, あの妙, あまん, いいと, お六, お前の, お喜代, お紋, お隣り, かうですよ, きれいだ, この通り血, これから衆生済度, さう, するから, するん, そしてあと, そして儀來, その傍, その巴屋, その時, それから子, それ位の, どこに, まさか電球, またそういう, また動的, また折々, また橘諸兄, また飜訳, まだ往來, むかしの, むづかしい書物を, もう寢鎭, もう警視庁, もとのみを, よい, よく掃除, アアチャンは, インスチィチュートの, ニコニコし, プロストイ・ナロード, ポルトガルの, レヴィンは, 一方には, 丁樹の, 丁稚の, 上の, 上州屋周太郎が, 中には, 二階屋の, 人が, 人情です, 人間の, 今に伯母さん, 今朝死骸を, 何しろ幽霊塔, 何だか持主, 何と云う, 作松は, 供物も, 元込めで, 兄な, 児戯に, 全体の, 其の不規則的, 其処から, 其様な, 其處から, 内外は, 冒頭つ, 冥加至極な, 刃物は, 初めの, 前は, 前掛, 勝野君も, 匕首を, 十一月の, 又た, 又めいめい, 又其の, 又彼, 又必ずしも, 又背, 又近年, 古着屋の, 喜太郎は, 地主を, 塀には, 外の, 多分俺, 大坂のは, 大変よい, 天井は, 夫等の, 奈良朝以前の, 奪つた金, 女の, 女中の, 女達も, 如何うせ, 姪の, 子供が, 実際其, 客の, 家で, 富田流から, 寢酒が, 實際支那通が, 小羊, 小間物屋の, 居候の, 屋根を, 左側東の, 帰って, 床の, 店卸し, 引きずって, 弟の, 役者の, 後家の, 從つて内容も, 御檢屍, 恃むべ, 恐ろしく安, 恐怖に, 息は, 懷に, 我儘でも, 手代の, 手代直次郎は, 手拭は, 掛金はか, 政府の, 敷居際には, 斯う, 新しく掘つた, 日本プロ芸術連盟の, 旦那が, 昼まで, 時の, 暑いし, 朝夕斯う, 木戸も, 末期の, 本社の, 柄が, 根本松江氏も, 次には, 此頃から, 殊にそれ等, 殊に悪い, 毒害は, 気を, 汚な, 油を, 深い事情, 火鉢には, 爺や, 狼は, 田舎に, 番頭の, 目だって, 眼も, 短いの, 神經質なら, 私と, 私なんかも, 私の, 私は, 私も, 竹籔の, 笛も, 第一少し, 聲が, 肴屋の, 脱ぎつぱなしの衣しよう, 若し角力, 若旦那の, 苦労の, 葉を, 藏の, 血と, 街路樹は, 裏には, 襟が, 西部では, 許婚の, 詩で, 誰も, 貴方が, 跛足で, 踏臺の, 身代りに, 近頃の, 遊んで, 金や, 長ちやんは, 雨だれも, 頬にも, 顏も, 體が, 高々と, 髪は, 鳳山からの

▼ 居る樣子~ (219, 0.6%)

116 です 18 でした 9 でしたが 8 ですが 7 もありません 4 だ, で 3 だつた, なので, を見る 2 だが, だね, であつ, でその

1 [36件] か許婚, がいかにも, がなかつた, がひどく, がフト平次, が下, が十分, が氣, が見える, だつたの, でございました, ですから, ですがね, ですね, ですよ, です主人彦四郎, です自分, でそんな, でひどく, で二度, で塀, で御座います, で早く, で時々, で朝田屋, どうかした, など交, など全く, なの, なん, はない, は感情, は縊れ, までよく, もなかつた, やたいした

▼ 居るという~ (218, 0.6%)

16 ような 13 のは 11 ことは, ことを 6 事を 5 ことが 4 ことです, のが, のである, 事は, 意味, 話です, 話を 3 始末

2 [13件] ことの, ことも, のだ, わけで, 事が, 事であった, 噂が, 噂でした, 噂も, 有様で, 有様でした, 訳で, 訳です

1 [99件] ことだ, ことで, ことでありました, ことであります, ことであろう, ことでございました, ことでした, ことと, ことな, ことなら, ことに, ことには, ことにも, ことや, ことゆえ, これは, しるしに, その変幻, その真意, それだ, ただそれ, ところへ, のか, ので, のであった, のも, はっきりした, ふうの, もどかしさ, ものは, わけでし, イギリスの, 三津木貞氏を, 事だ, 事でした, 事で御座います, 事も, 事実だけ, 事実此にも, 人相を, 以上室の, 位だ, 位である, 例の, 侠気の, 具合であった, 具合に, 凄じい空模様, 処を, 呑気な, 喜びと, 噂じゃ, 噂だ, 噂だろう, 噂を, 土人の, 地方にの, 奥倉は, 宗之助が, 家が, 心持, 忍耐力と, 悲惨な, 情ない成行, 意味である, 意識で, 感じ, 感じは, 感じを, 我が叔父, 景色だ, 有様です, 有様に, 次第です, 気持を, 浪人者に, 漠然たる感じ, 知識私自身の, 程度でございます, 穴の, 脇見出しも, 訳に, 訳には, 話である, 話でした, 話に, 話は, 近代に, 迦陵頻, 達雄の, 部落は, 雲月斎玉兎女史こと本名須婆田ウノ子を, 非難は, 非難を, 風です, 風に, 風の, 驚く可, 高慢の

▼ 居る~ (211, 0.6%)

7 に私 6 にふと 5 に悠々, に早, に段々 3 に自分 2 でいかに, にその, にはもう, にヤク, に或, へ四歳

1 [168件] から拔出, から指導的立場, から辻斬, その翌日, で, であけました, でいきなり, です, でそういう, では第, でまるで, でもこの, で一人, で一番平気, で吾が, で学士, で恋愛小説, で特別, で現に, で田植, で突きあげられ, で菅沼, で近来大変, で遠, で長ちやん, で頓死, に, にある, においてもときどき, にくたば, にここ, にこの, にだ, につい, にとう, にはこの, には二割以内, には充分, には大抵, には竪, には雲, にふつ, にもう, にも分け, にも涙, にも空模様, にも頓狂, にボソボソ, に一人心, に一度, に一種, に三遍位, に下女, に不, に中新田城, に二十年前, に互に, に五つ六つ, に今, に低い, に何で, に何時, に入っ, に其の, に其傳誦, に冬, に凭, に勿論, に千世子, に又, に又もや, に又市, に友人, に同じ, に囲まれ, に固定, に多く, に夜, に大, に大事, に大井川奥, に子供, に家主金兵衞, に山, に師匠, に幕府, に年, に店, に強, に忽ち, に恋, に懇意, に指導役, に捉え, に数年, に数間, に新聞, に普仏戦争, に普佛戰爭, に本, に桃割, に椀貸し, に次第, に次第に, に此, に毎度人, に気, に洪水, に混つて, に渠等, に漸, に漸く, に灯火, に無味乾燥, に無我, に生霊, に甲板, に相, に秀子, に突然, に立派, に維新, に職人, に能, に自分自ら迷つて水, に自然, に臭い辛い, に船, に色々, に茂之助, に荷物, に裏, に親父, に誰, に調査, に身體, に長家, に阿, に電信, に飛込む, に駅, に高輪田長三, に髪の毛, に黄螺, の御, の慰みもの, は一文, は何, は力め, は堤防, は慎め, は折々, は駄目, ぱったり襖, へ屋台, へ引っ込んだ, へ案内, へ灯, へ鐺, をかきわけ, を六里, を平次, を拔, を時々, を瓢箪, を行かなく, 善き人, 煩うて

▼ 居るかと~ (186, 0.5%)

18 云ふ 13 思うと 5 思って, 思ふと 4 いうと, 云うこと, 云ふと, 思えば 3 思う, 思はれた, 思へば, 申しますと, 聞くと

2 [11件] いいますと, いふに, 云う事, 云ふこ, 思います, 思ふ程, 思われるほど, 聞いては, 聞けば, 言うに, 言ふ

1 [92件] いいだんだん, いいますから, いいますに, いうに, いえば, いふと, いわれると, おもうと, ぎっくり胸に, その辺, はいり来たる鋭, わが下根, 不審を, 不思議に, 丑松は, 云う, 云うと, 云うの, 云うまのあたり, 云えば, 云った調子, 云ひます, 云ひまする, 人間生活の, 先づ驚かされた, 内々氣, 刷毛諸共に, 呼んだ, 問うた, 問うた時慥か, 問ふた, 問ふも, 存じます, 存候, 察する, 尋ねた所, 尋ねますと, 尋ねると, 小兼, 尚一際湖水, 御門で, 心配し, 思いなさるの, 思うから, 思うが, 思うこと, 思ったうち, 思ったら可笑しく, 思ったら実に, 思った勿論, 思つたら, 思つて面白が, 思はれる, 思はれる堤防, 思ひしに, 思ひやると, 思ひ候, 思ふ, 思ふやう, 思へる, 思わず涙, 思われるよう, 怪庵いふ, 恐ろし消えぬ, 想ふ, 想像する, 想像致されます, 斯う, 横目で, 毎日お前の, 淋しい気, 申す事, 畳みかけて, 疑われる許, 皆樣から, 知つて下す, 種々好奇心, 笑つた時龍馬が, 聞いた, 聞いたら一昨日常陸丸, 聞かれて, 聲を, 衣服其の, 見えます, 見るうち, 見ると, 言いますと, 言うのに, 這入り来る, 雨に, 顏を, 顔を

▼ 居る~ (176, 0.5%)

6 久美さんを 5 関は 4 久美さんの 3 つぎの, つぎを, 駒の, 駒を

2 [12件] かんの, つぎに, つさん, 久美さんは, 君が, 君の, 春を, 浪は, 町の, 神樂の, 縫の, 靜の

1 [125件] かんは, ぢいさん, つぎへ, つぎや, ひら様, ふさを, ゆきちゃんに, れきれきの, 久美さんには, 人かね, 人の, 今の, 伊曾の, 俊や, 倉が, 倉だ, 倉を, 元が, 六が, 六です, 六も, 内儀さんを, 内儀の, 内儀を, 勝な, 勢が, 半は, 名前です, 君といふ, 君には, 君は, 咲といふ, 咲の, 咳の, 品, 品の, 品まで, 國とが, 園は, 園を, 夢の, 妾の, 安は, 安を, 富でなけれ, 富に, 小夜は, 小姓の, 屋敷手が, 屋敷者らしい, 島に, 幾の, 徳という, 志保の, 志保は, 才と, 才の, 揃いの, 新を, 春の, 春は, 染と, 染なり, 染の, 染は, 梅は, 比奈は, 浦, 浦を, 淺といふ, 清の, 滝を, 濱さんが, 照さんは, 父様が, 珊が, 珊と, 皺婆と, 神さんの, 神楽の, 秀が, 秀は, 秋の, 秋を, 米だつた, 米です, 米は, 糸, 紺婆の, 組と, 組に, 絹と, 綾さんが, 繁婆さんは, 繼という, 美乃の, 艷の, 菊さんを, 菊までも, 蝶の, 角といふ, 賤ッて, 輝は, 通の, 通を, 邸で, 酒な, 銀さんといふ, 関と, 関には, 関にも, 関の, 關の, 雛主從が, 雪からは, 雪が, 雪の, 静に, 靜が, 靜に, 靜を, 類といふ, 駒には, 鮒が, 龍の

▼ 居るけれども~ (152, 0.4%)

6 私は 4 それは 3 是れ, 私が, 私の 2 これを, その実, 前者は, 如何な, 昔の

1 [123件] いやな, きっと日本, こういう場合, こせ, この洋々, この草案, これは, さればとて, そうする, その主要, その子供, その政府, その膚, その記事, どういう魂胆, なあに本当の, またンガクバ, もう唄, もう止ん, やはり朝, やはり此方面, やはり節, よきとか, よく見る, ノルプー・チェリンは, ミコサマたるべき, ラサ府の, 一体に, 一向平気, 一般の, 三十円取られる, 上野と, 丹後から, 二時すぎまで, 今まで, 仮面に, 何うも, 何分周辺, 余は, 個人で, 僕は, 兎に, 全く同一, 其の織, 其粗暴な, 其結果に, 内塾生五, 内容は, 到頭分らず, 句の, 周囲の, 喰う物, 四月末から, 国家の, 國民は, 大分改めなけれ, 姉の, 委員の, 実に怒り, 実は厭, 実は英国人, 実は送, 実際の, 実際偉い, 實は, 實際に, 将来は, 少し参考書, 左様は, 当人は, 御達, 必ずしも北派, 必ず見継ぐだろう, 悪魔ばかり, 我は, 撮つた寫眞, 政府の, 日本と, 日本人で, 旦那が, 昔から, 昔し, 果して三代, 機を, 櫨の, 此が, 此方は, 此等の, 此行者の, 歴史家の, 決して意思, 漢学者の, 無着菩薩, 珍らしい, 現実だけしか, 眞宗の, 眞理や, 真逆, 神戸には, 穿物は, 第一容易, 精神は, 細君の, 經典は, 羽田學士の, 色白で, 荷物を, 菓物を, 見るに, 説経には, 豫算と, 貧乏人の, 貴方を, 貴様たちに, 通商上においては, 遂ぞ, 陪席御, 随分陰謀, 非常に, 馬鹿, 鯉の, 鳥なき, 鳴かなくなるので

▼ 居る様子~ (137, 0.4%)

15 です 6 だから 5 だが, でした 4 ですから, ですが, を見る 3 である 2 だ, なの, はこの, は何と, を想像, を見

1 [79件] がありません, がたどたどしい, がマザマザ, が如何にも, が憫然, が手, が自分, が船, が見え, が顔, じゃから帰る, その子細, だし, だった, だったが, だったの, だつた, だの夜着, だよ, で, であった, であったが, であったですけれども, でありました, であるから, であるという, でございます今日, でしたが, でその, でやれ, でよく, で夜通し, で少し, で此, で町, で私, で貴, といったら, と言, などがまばら, など言語学的立場, なので, にてしかしながら, にて噛みしめる, に自分, に見え, に見える, の方, は, はその, はつい, はどうしても, はなく, はまがう, はまだ漸う, はまるで, は何, は傍, は大胆, は少し, は非常, までお, もありません, をし, を人間, を千世子, を思い浮べ, を思い浮べた, を思っ, を男の子, を考え, を見せつけられ, を見た, を見ました, 一寸行っ, 又家持自身創作, 問わずと, 執念深く何, 狭い家

▼ 居るかも~ (127, 0.3%)

35 知れない 13 知れぬ 11 知れないが 9 知れません 4 知れませんよ 3 知れないと, 知れませんが 2 わかりませんが, 知れないよ, 知れぬが, 知れぬと, 知れませんな, 知れん

1 [37件] しれない, しれないから, しれない人達, しれない危うい, しれない屋敷, しれぬ事, わからず一方, わかりませんから, 世間に, 判らない, 大凡想像が, 想像し得られる, 意識し, 知れないああ, 知れないから, 知れないがね, 知れないな, 知れないなどと, 知れないね, 知れない血統, 知れなかった, 知れぬうっかり, 知れぬから, 知れぬし, 知れぬでは, 知れぬ猶, 知れねえ, 知れねえから, 知れませぬから, 知れませんがなあ, 知れませんけれど, 知れませんね, 知れんさ, 知れんぞ, 知れんと, 知れん鉄道, 知んねえ

▼ 居るといふ~ (127, 0.3%)

10 やうな 5 事も 4 話を 3 ぢや, 話だ 2 報告を, 悲慘な, 景色である, 有樣, 話は, 風に

1 [90件] さとりなど, しるしに, そのお, その子, もの等いろ, やくざ業平の, 丈つひぞ, 丈では, 世にも變つた品, 世界觀と, 丹天の, 事そして, 事実である, 事實である, 位な, 充実せられぬ, 光景で, 兩親も, 勇三郎に, 合圖です, 噂が, 噂だ, 噂でございました, 噂でした, 噂の, 噂も, 堺の, 増田の, 大地主, 大甘, 嫌ひ, 宗之助が, 実質的内容に, 寸法で, 少し人間, 形体的内容が, 思想も, 急の, 惡評も, 意味が, 意味でありまし, 意味である, 感じが, 慾張つた町人でした, 所謂奉公摺れ, 有様な, 有様若い, 望みが, 望氣經も, 楞嚴其他の, 極めて優美, 次第翌日に, 氣が, 法は, 洞を, 状態で, 男です, 白衣長髮の, 相手に, 矛盾を, 確信を, 筆者への, 筋を, 自覚を, 觸れ込みで, 記事が, 評判が, 評判だ, 評判だつた, 話, 話だらう, 説が, 證據である, 證據に, 譯であります, 譯では, 變り, 貧し氣, 道化の, 離屋の, 顏付で, 顏色での, 風で, 風でした, 風でも, 風は, 騷ぎ, 騷ぎでした, 點であります, 點に

▼ 居る~ (111, 0.3%)

59 やない 35 やありません 5 やございません, や無い 2 やねえか 1 やなし, やね, やねエか, やろな, やア

▼ 居る~ (110, 0.3%)

8 がいい 4 がよい 2 が何, が宜, が自分, です, には足, へ招い, へ敷島, へ行った, を見ました, を見る

1 [78件] から甲府, があつ, がある, がい, がいくらか, がえい, がずっと, がね何, がはるか, がまだ, がよかつた, が一番, が可, が善い, が好い, が安全, が宜いか, が幸福, が心持, が文字, が柄, が気分, が氣持, が筋道, が舞台, が遥か, が間違っ, が順当, だ, だと, であつ, である, でしたが, ですから, ですが, で酒, とも思はれません, ならどなた, に奇態, のよう, の一人, の中, の任務, の塀越し, の部屋, はお, はどなた, は一寸手, は不幸, は兎, は品, は唯, へぐたりと, へと急いだ, へは大抵, へやって来た, へ上っ, へ引返した, へ急い, へ投げ出しました, へ来, へ来た, へ歩い, へ目, へ続い, へ行かう, へ行き, へ走り出した, へ起っ, へ足, へ近づく, へ連れ, をばかりたよっ, を振り向いた, を眺めます, を見た, を見たら, を避ける

▼ 居る人間~ (108, 0.3%)

3 が我々, なの 2 がある, と同じ, と外, なら其場, のよう, の仕業, の頭, は稀, もある, も沢山

1 [82件] あるいはシッキム地方, いわゆる冷笑, か夫, があります, がこんなに, がどしどし, が一様, が仏法, が利益, が動い, が惨め, が慘め, が時として, が知っ, が若し, だから, だの真っ黒, だらう, でした, です, でないから, で御座いますから, で鏡, として自分, とは見えません, どんな宗教, ならすぐ, ならば, なら隨分澤山, なれば, なん, なんか見た, にはどうしても, には斯, には違, に何せ, に取っ, に精, に聲, に血, に道具裏, のせめて, のやう, の作った, の多い, の姿, の心持, の書く, の眼, の過去現在未来, の顏, の顔, の首, はある, はどんなに, はほとんど, はやっぱり, は函館, は土手, は定め, は曲りなり, は沢山, は皆んな觀世縒, は苦し紛れ, は誰, は賢い, ばかりです, ばかりは居ない, へ吹矢, へ電気, までが見物旁, もそんなに, もない, も随分, を三味線堀, を引っ張っ, を後ろ, を描いた, を江戸ッ子, を突, を突く, を突ける

▼ 居る~ (107, 0.3%)

4 に私 3 にお, にもう 2 に, にその, にそれ, にふと, に僕

1 [87件] から小さな, がある, にあんまり, にいつか仲, にすっかり, にずう, にそろ, にね, にはお, には多少, には自ら俳友仲間, には自分, にもどこ, にも時刻, にも頻りに, によう, によほど, にバラ, にフト, にブナッケ, にポツ, に一人, に一週間停船, に丁度, に三人目, に乞食, に二人, に今, に他, に何ん, に其の, に到頭, に参ったなら, に召使, に夜, に姫君, に子供, に客, に小林, に少し, に山, に左京, に彼, に御神楽歌一巻, に快い, に怪, に政府, に斧, に早, に書い, に村落中, に森林, に次第に, に母, に渋い苦い, に煙, に物凄い, に生真面目, に知つて, に突然, に緑, に船, に船頭, に花, に英国, に行く, に近頃, に通り過ぎ, に遂に, に長持, に風呂敷, に黄金, の貫一, はからず思, はの太一, はまだ, は僕, は可, は容易, ふと今日, をたのむ, 丁度私共, 厚い壁, 或日, 見ると, 計らずも, 遂に今

▼ 居るだけ~ (106, 0.3%)

8 である 7 です 5 だ, でその 3 ぢや, であります, でした, では 2 あつて, だった, であって, であと, でありますから, でございます, ですから, ですが, 恥辱を

1 [51件] あって, いかにも美しい, その中程, その妹, それだけ, それだけ彼等, だから, だという, だ勘定, であった, であったから, でこれ, ですもの, でそれ, でなく三番叟, でギリシヤ, で京子, で人樣, で何ん, で塗り骨, で女中さ, で少し, で本, で欧羅巴, で歐羅巴, で決して, で現に, で阿母アはん, で風趣, ならば, 不如意なら, 中, 人形の, 其處へ, 却って犯罪探偵, 喧しく只, 天井から, 小磯扇次も, 巧みに, 感心よ, 支那人は, 早く云っ, 枝も, 残らずという, 毛だらけの, 漸, 笑われる明日, 米国の, 若し結婚, 違います今, 静に

▼ 居る~ (102, 0.3%)

4 の見かけられた 3 だから 2 があっ, があつ, がある, との間, なの, の女中, の者達

1 [81件] がありました, が多, が有る, が見かけられた, が静か, だけでも可, だった, であつ, である, でした, ですが, でそれ, では各, では家, で急, で死にたい, というの, と同じ, と宣教師, などからもらっ, なん, なんで, には下僕, には主婦, に一枚, に休ん, に住む, に帰っ, のものたち, の一人娘, の主人, の主婦, の児, の兒, の兵士, の厨内, の古, の墓地, の大地, の大空, の妻, の娘, の娘子, の左隣, の建築費用, の息子, の惣領, の戸口, の春洋, の有る, の格子, の歴史, の直ぐ, の総領, の門, は, は一軒, は余り, は出来る, は勿論, は家, は寺内, は建築業, は明治三十九年, へは, へは奴隷, へ二人, へ入, へ出かけ, へ奸夫, へ引込む, へ歸, へ行かはりました, もあつ, もある, もございます, もその後, もない, を何日目, を朝, を知らなかつた

▼ 居る~ (101, 0.3%)

5 がある 3 だ, だつたの, の顔 2 があつ, だから, だが, であらう, である, である事, でした, と大分埃, に蹴倒された

1 [69件] が, があと, がその, がまだ, がよろよろ, がヘーゲル, が一度, が外, が新, が時々, が来, が隣室, つ振り, で, であった, でかなり, です, ですがね, ですよ, ではある, でタクボ・ツンバイ・チョェン・ジョェ, で一, で佐渡, との顔, と懸命, と結婚, なら誰, に, には, に云いつけた, に向っ, に聞える, に逢, に露月町, の両手, の事, の仕業, の半間, の息づかい, の憤怒, の所, の数, の様子, の死, の群達, の背後, の脇腹, の足, はびっくり, はホームスパン, は固く, は後, は暫く, も交っ, も多, やはそんな, や万燈, や粋, よりほか, を, をこの, をつめたく, を哀れ, を見, を見た, を見つめた, を見ました, を見上げた, を長

▼ 居る~ (98, 0.3%)

3 の人 2 があつ, の兒達, の内通者, の手, の方, もあつ

1 [83件] あり, お駒, があった, があらわれた, がある, がそれ, が其の, が其人, が判りました, が居, が心待, が男, が目, が買いもの, じゃない, だ多分, であった, でお, ですから, で非常, というの, とはどうしても, と後で, と言, と顏, などは斯, などもある, に, にきい, にしろ, についてしらべ, につりこまれ, に云いました, に對, に目, に相違, に貢ぐ, に逢, のいたいたしく, のよこ, の人達, の傍, の児, の前, の姿, の家, の小, の心持, の愛らし, の感情, の所在, の数, の様, の様子, の湯治客, の物真似, の甘い, の肉附, の良, の見本, の顔, の餓鬼ども, の髮, はどんな, は一名キイ, は因果, は有る, は沢山, は百人, は盆, は私, は見られなかった, は身, をかばっ, を三田, を今一寸, を伊太利亜美人, を別に, を恐, を捨て, を自分, を見る, を解する

▼ 居るばかり~ (97, 0.3%)

9 であつ 8 である 7 だ, です 3 でない, では 2 だった, で, であった, でありました, でございます, で何

1 [48件] それから松戸, それすら, だけれど, だつたもの, だと, であ, でお, でお前, でこの, でございました, でござる何時, でした, でそこ, でなくその, でなくそれら, でなくほか, でなくまた, でなく不思議, でなく其, でなく囲, でなく左右, でなく庭, でなく矢張り色々, でなく鞘, で世間, で他, で別段, で善い, で大抵, で手拭, で此の節此方, で母, で男気, で私, で腹の中, で親, なの, なら猶, 一言も, 他に, 他には, 低頭勝なる, 其淋し, 同じ素性, 果は, 格別變つた, 櫛比した, 雲雀一つ鳴い

▼ 居るわけ~ (93, 0.3%)

12 では 8 です 4 だ, には行きません, はありません 3 ですが, でも, には行かない, に行きません, はない 2 だな, である, にはいかない, にもいかない, に行かない

1 [36件] か, かな, がある, じゃね, じや, だから, だよ, で, であるが, でございますわね, でしょうが, ですね, ですもの, です国外, で外, で従つてぼく, で若い, なん, にいかん, にはたのまれない, にはならない, にはゆかず, には參, には行かず, には行かぬ, にも行かず, にも行かねえ, にも行きません, にも行く, にも行くまい, に參, はなし, はねエいくら, は無い, もない, もなく

▼ 居るその~ (91, 0.2%)

4 中に 2 人の, 時に

1 [83件] あたり, あたりを, うしろには, つやその, 上に, 上泉屋から, 下に, 中にも, 事を, 五言の, 人が, 人は, 代り余らの, 会読に, 信仰に, 偽瞞, 傍に, 兄さんが, 刀が, 前に, 勢いは, 口へ, 唇は, 国を, 塩梅式は, 境界面に, 外塾中に, 姿, 姿勢のぶざまな, 官位は, 官軍一味の, 家を, 容器の, 小増と, 岩の, 廊下は, 影響が, 心持を, 感情は, 手を, 手巾は, 方が, 方の, 日に, 明いて, 時の, 時分に, 最中に, 有様の, 有様は, 枝の, 様子は, 様子も, 横が, 水飴を, 熱度と, 生物一切の, 男ぢや, 男の, 白いレツテル, 目的を, 眼は, 筆記の, 精だ, 絵の, 縁を以て, 臭い中, 芸妓が, 蝋を, 表面には, 親切を, 言葉は, 訳けは, 詩では, 説を, 證據は, 趣は, 金は, 金兵衞と, 鋒先は, 雨の, 面白い談話, 飾りを

▼ 居る~ (90, 0.2%)

3 の眼 2 でさ, の様, はその

1 [81件] がこれ, がもしもっと, がよく, が何処, が塩梅, が此処, が眼前, が飛ん, だから, でございます今度, でさえまだ, でその, ではない, としては国語教育, としては氷一面, とでは, とは重い, と側用人, にかく, にとってどんなに, にとっては却って, にはあの, にはとても, にははっきり, には戸棚, に切迫, に姓名, のめぐり, のもと, の今, の処, の妹, の子供, の家, の家族, の手, の方, の旅行, の書き捨て, の本, の着物, の瞳, の知合, の神経, の窓, の考, の長兄, の頬, の黒衣, はお, はこの, はこれ, はさして, はそう, はとう, はほんとう, はほんとに何だか, は何時寢首, は兼, は塾長, は宗祖樣, は富士見, は彼, は支那部教授, は此, は毎, は決して, は自分, は苦しい, は遠く何時, は髪の毛, へ恐しい, をこんなに, をさぞ, をほとんど, を弟, を応接間, を思い出しなさる, を早く, を普通, を誘

▼ 居るとは~ (86, 0.2%)

5 氣が 2 思われない, 知らずに, 知らぬ人, 言へ, 限らない

1 [71件] あまりな, いえない, いえ能, いかにも適切, いっても, いへ章學誠獨自, お気の毒, 一向思っ, 云いながら, 云え中新田, 云え其の, 云え到底, 今より, 何うし, 何んといふ, 余りな, 余程横着, 傷, 八五郎親分も, 兼て, 分つても, 勝則君じゃ, 夢にも, 如何にも不憫, 宝に, 実に夢, 実に孝行, 実に浅ましい, 実に用心堅固, 思いません, 思はず無用, 思はない, 思はなかつたね, 思はれず下手人, 思はれぬ又, 思はれ乍ら, 思ひましたが, 思へぬ, 思わなかった, 思わなかったね, 思われませぬ, 情合だ, 想像も, 感じながら, 教育雑誌上で, 断言出来ない, 本当に呆れちまった, 氣の, 氣付いた, 白歯の, 知つても, 知らず丈助, 知らず親, 知らない, 知らないから, 知らなかつたよ, 知らぬ竜輩, 知るまい, 知る由, 神さまも, 考えられないの, 考えられませぬ, 考へ, 聞いた事, 見えなかつたの, 見られぬ程, 言ぬ, 言われぬであろう, 途方も, 限らずよしや, 限らないが

▼ 居る自分~ (85, 0.2%)

4 の姿 32 でも此咄嗟, の体, を見出した

1 [72件] うるさくなり, がいとしかっ, がお, がすまない, がつく, がふだん, が如何にも, が情けなく寂しい, が情なく, が頭, だと, であらう, である, でで, ではない, では左樣, でも苦しい, とは違つた, と同じ, にした, には愛想, には男子, にもさういへ, に向っ, に死, に気がついた, に話, のたった, のところ, のねうち, の今, の名, の商い振り, の妹, の娘, の娘達, の家, の弟, の影, の心, の恋人, の旧師, の村, の横, の死がい, の毛布, の物, の舊師, の調わない, の近所, はああ, はまるで, は一生, は伝説, は又, は同じく, は大きい, は太く, は或, は此, は非常, もこの, も此展覽會, や尼, を儚, を嗅ぎつけたら, を壓, を天地, を想いし, を愛し, を更に, 小提灯

▼ 居るけれど~ (77, 0.2%)

2 これは, モウ二月越下宿料を, 余の, 余は, 町が

1 [67件] あの女の子ら, いざと, おほ, これでも, これを, さてそれ, その官制, その日, そりゃあ余り心配の, それでも平和, それによって, たった一つ, つひしか, どうやら秋, まだす, エリゴーネの, 中村遊郭には, 之に, 人間なんて, 仲, 伯父が, 何しろ世間, 何の, 何處へ, 余ほど, 備後以西は, 僕等を, 其が, 其主なる, 北朝には, 十月の, 右の, 同時に孝弟奬勵, 家では, 少くとも, 彼の, 後嗣ぎの, 我國に, 故と, 教育の, 更に其の, 未だ目, 森探偵は, 決して一直線, 牛の, 特別の, 独りに, 獨り, 甚助を, 確かに, 秀子の, 秀子も, 私から, 私たちが, 私は, 箱の, 自分だけ, 與吉と, 若いうち一時, 若し此人, 若し衣嚢, 行衛も, 表手も, 親分は, 身体は, 遂ひ, 郵便局の

▼ 居る~ (65, 0.2%)

6 見て 2 幸に, 無理に, 知らぬでも, 見かけましたが, 見れば

1 [49件] お見せ, こちらからも, それでもお前, まのあたり見, みな神である, 一緒に, 不思議と, 人々探り出で, 侍は, 夕餉の, 夫れ, 女中が, 好く水, 好まざりきと, 好むは, 宜い, 山三郎は, 常と, 幸いその, 幼時より, 引き出すは, 得せしめなば, 怖がって, 思へば, 憚る, 明白に, 気の毒に, 気付かる, 疑っての, 発見せり, 発見届出申候, 瞥視し, 知って, 知らずやと, 知りながら, 聞き茂之助, 聞くに, 苦に, 蛇が, 要す, 見ず自分, 見たから, 見ては, 見なん, 見届けて, 見悵然, 見毛布, 附込ん, 隣座敷で

▼ 居る~ (64, 0.2%)

7 うだが, うですよ 6 うです 5 うして, うだ, うで 2 うであるが, うですから, へある

1 [23件] ういふ, うだから, うだと, うだね, うだ勿論, うぢ, うであります, うである, うでいろ, うでお, うでこの, うでございます, うですし, うですね, うでへ, うでもとより, うで何方, うなりますと, うに御, だけど向う, へに胆, へ可, アそれとも

▼ 居るそう~ (64, 0.2%)

139 です 7 だが, ですが 4 である 2 で, でございます

1 [20件] かと思う, きいた, じゃと卯平が笑い笑い, じゃの, だがね, だこれ, だそう, だね, だネ, であるが, ですから, ですし, ですと, ですね, ですよ, で雨, で黄門光圀卿, な, なが, 云う希望

▼ 居る~ (63, 0.2%)

9 である 7 ですから, のこと 3 であるから, のもの 2 だから, です, の事

1 [28件] その外, だからね, だつた, で, であります, であるが, ですが, でへエ, で之, で密教, で尤も別, で支那人, で文弱一點張り, で此富豪翁, で決して, なので, なもの, な事, に心掛け, に自己, に過ぎぬ, の人, の勇気, の勇氣, の感じ, の気風, はうすうす, は千世子

▼ 居る~ (63, 0.2%)

3 である 2 から人, から心配, から私, でした, です, の江戸

1 [48件] いた, お新, からお前さん, からずっと, からの宿題, からの深間, から其, から友達, から夫, から彼, から日本留学生, から極, から盲目, から矢留瀬苗子, から知っ, から石狩川, から筆, から音羽, このあっし, この名題, だ, だったろうか, であつ, でもう, で叔父, と思ひます, に, にはもう, には懐郷病, には模範的, に彼女, の朋輩, の深間, の漱石氏, の父, はお, は人々, は夏, は小屋, は父, は芝居, は随分, は隨分, も一度, も殆, 同じ町内, 頼んださうで御座いますが, 黙々として

▼ 居るとき~ (62, 0.2%)

2 に殺され, は何とも

1 [58件] からあつし, からの知合, から聴い, が多い, が現在, こそ窓, その堰, つと今, であつ, でなくて, で芝居, と同様, などその, にあれ, にそんな, にはいかにも, にはいろいろ, には例え, には小説, には心, には愈, には未だ, には村人, には終日, には赤煉瓦, には速度, に切り出し, に妙, に当たり, に永遠, に私, に藩, のよう, の心持, の新, の沢山さ, の私, は例, は刺, は始終, は晴れやか, は村, は私, は窓, は餘程取り込み, ふとコトコトと, ふと面白い, まつて, も戯, も故郷, よりは一層, 不図, 又緒方, 惚れた女, 或る, 死んで, 真面目くさって, 突如と

▼ 居る~ (61, 0.2%)

23 せう 13 せうか 4 あらうが 3 あらうな, せうよ 2 あらうと, せうあの, せうね 1 あらう, あらうし, あらうなどとも, せうとも, せうな, せう三十二三, せう金澤町, 是等の, 見物に

▼ 居るとか~ (60, 0.2%)

2 云うこと, 云ふ, 牧師の

1 [54件] あるいは家内, あるいは色, あんなに着, いっては, さう, その地方, それを, だらだら坂, で弟子, どういう風, どこそこは, どの篇, または汽車, 世間では, 云う丈, 云う事, 人の, 今しも, 住家を, 何う, 何とか云, 何とか云う, 何とか言, 何處に, 何處の, 何遍か, 兇器を, 別宅に, 又た含まれ, 又は, 又は人, 又品格, 可愛がっ, 多少の, 大凡の, 存在し, 官吏が, 小豆洗婆あ, 岩野泡鳴氏の, 怖いとか, 思う様, 或は水邊, 手先や, 書物の, 最も妙, 柳原の, 硯箱について, 種々な, 聞きましたが, 良いお, 触れて, 言うよう, 議員が, 鳥の

▼ 居る~ (58, 0.2%)

12 がある 3 はない, もある 2 があります, だから, でご

1 [34件] か, があつ, がち, がスイッチ, が下手人, が古河市兵衞, が多い, が有る, が殺した, が随分, が非常, が頭, が高い, であろう殊に, で後, に遺恨, の背中, はきっと, はだれ, は乞食族, は余程, は全く, は同, は尤むる, は放つ, は無い, は退却, は鈴, は馬鹿, もあるです, もあれ, も多い, をかたづけ, を引っ

▼ 居る~ (57, 0.2%)

2 お前は, 呼んで, 安心する, 少しは, 石原の

1 [47件] あの中, いやもう, おめ, お千代, この人, これは, さお, しされど, そうし, その度毎, その長い, つて, どうせお, なア, もっとのんき, 一粒, 三毛猫な, 二三匹も, 二寸も, 他處, 八, 其間を, 勿体ない程間違つて, 勿體ない, 十間も, 大層芸者衆, 子供の, 少し淡い, 岡つ, 己は, 己ア見た, 幸い中へ, 急がうぜ, 未練が, 歌松ぢや, 毎もと違い余り小説, 気が, 私や, 誰が, 誰にも, 證據に, 赤塚の, 連弾し, 長い間若菜, 長吉と, 飮ませる, 馬鹿馬鹿しい

▼ 居る人々~ (57, 0.2%)

4 もたつた 3 の中 2 の間, もある

1 [46件] があつ, が作つた詞, が信念, が少なから, が驚いた, だから, でも又, で各, とその, との間, と社交上, と綢繆, と草履, にはこの, に一礼, に與, に貴, の住, の前, の周圍, の感情, の顏立, の顔, の顔立, は, はいつも, はいづれ, はこの間自分, は伝統, は何, は少し, は幾ら愚, は意味, は暗誦, は最早, は淋しい, は皆, は萬能, もあつ, もたった, も一日中, も見れ, を明, を眺めた, を睥睨, を觀

▼ 居るとも~ (56, 0.2%)

4 言つた 2 居ないとも, 知らずお前, 言はれた, 言ひます

1 [44件] いはん, いわれた, なく一年, なしに, 云い居ないとも, 云う天, 云える, 今にまだ様子, 傳へられました, 分らず時々, 取れるぜ, 取れるの, 噂された, 噂にも, 大層な, 大蛇が, 彼れ, 思えなかった一人, 思つたさう, 思はれないが, 思はれぬ程静か, 思はれる, 思わなかった門内, 思われぬし, 死んだとも, 氣が, 申しました, 知らずに, 知らず源八, 知らであ, 知らないとも, 知らぬ奧州屋, 知る由無く, 知れぬカテリイヌ, 美くしく, 考えられませんか, 見えず上げ潮, 見えない彼, 見當, 解らない, 言いませんでしたか, 言った, 言ふから或は, 足ること

▼ 居る~ (56, 0.2%)

5 がある 2 である

1 [49件] から新室, があつ, がない, が見る, だから, であつ, であらう, であるらしい, ですが, ではない, で其外, で又, となし, なるこの, なる雙兒宮, にや支障, に僅一枚板, に後, に歸つて來, の, の國, の町, の純, の騷ぎぢやない, は, はそんな, は慥か, は昔, へは雲雀, へば, へニヤー, へ一面, へ其醫者, へ十歳, へ南, へ夫, へ村, へ細君, へ與吉, へ薦, へ行つて, もあり, も御座います, を己, を後, を樂, を見懸けた, を賣る, を通

▼ 居る~ (54, 0.1%)

8 である 4 に見える 2 だが, であります, です, では到底, な氣, に, に思ふ

1 [28件] が見える, だ, で身動, なこと, なところ, なので, なもの, な事, な學風, な形, な心地, な新聞, な焔, な眞, な靜, な顏, にあら, になり, にひり, にも見えた, に一寸, に川床, に思はれ, に感じた, に聞かされ, に見ゆる, に顏, のそんな

▼ 居る~ (53, 0.1%)

6 でも 5 では 2 にはいかない, には行かず, には行かない, はない

1 [34件] がない, けもなし, じゃア, だ, だという, で, であります, でありますから, であるのに, です, ですか, ですけれども, ですね, でなくただ, で星, なし, なの, にいきません, になる, には参りますまい, には参りません, には往かない, には行かぬ, には行きませむか, にもいかない, にもいかぬ, にも行かない, にも行かなかった, にも行かぬ, にも行くまい, に行かず, に行かぬ, もこれ, もない

▼ 居るこの~ (52, 0.1%)

3 男の 2 島, 島大変素性の

1 [45件] ときの, イタリアの, バリカンという, 七平が承知しません, 世の中で, 二人が, 二人も, 人が, 人だから, 人である, 人等は, 先幾人の, 内気な, 内訌を, 友人といふ, 大小二本きりしか, 夫は, 女中で, 妖艶無比な, 家の, 小鳩の, 屋敷の, 島特有の, 悧恰な, 淋しさ, 源吉の, 激しい情熱, 狭い室, 狹い, 町を, 病気に, 私が, 羽織だ, 老人も, 色が, 荷物が, 藻は, 西洋の, 贋物の, 辺り一帯を, 連中, 部屋で, 部屋であり, 雪の, 頃の

▼ 居るには~ (52, 0.1%)

9 居るが 4 違ひない 3 相違ありません, 相違ない 2 及ばぬこと, 及びません身分, 居ましたが, 驚いた

1 [25件] あらずやなど, あんまり若, いたが, いるん, おどろいた, ごく都合, ほとほと感心, ゐましたが, 在らずとの, 少しく驚く, 居ったが, 居つたん, 居ます, 居られず住むには, 居ります, 居りますが, 居る, 居るけれども, 居るでしよ, 生きて, 相違無い, 違いないけれ, 違は, 違ひありません, 間違ありません

▼ 居るじゃ~ (50, 0.1%)

21 ないか 9 ありませんか 5 アない 4 アねえか

1 [11件] ございませんか, ないかと, ないの, ねえか, ろか, アね, 今帰る, 其の坂, 有りませんか, 無いか, 無いか余

▼ 居る~ (50, 0.1%)

1 [50件] あいにく赤, ぐきの色の, ごちや, しよつて, そなた, づがない, づはない, なし, 一人も, 不都合である, 不都合極まる, 予しばしば, 人と, 人の, 人間の, 何とも羨し, 僕が, 先刻殺人女輪田お, 其苦楽を, 十五六の, 却て, 大方の, 天然の, 好ましきこと, 如何なる理由, 如何なる訳, 実に冥々裡, 富五郎心得, 年の, 当時実権的海軍大臣と, 彼の, 彼奴が, 必ずしも常に快楽, 悪いと, 惜き, 最粋, 此の, 此ドクトルブラウネル氏の, 気の毒だ, 汝の, 男女二人なり, 畳目のけ, 知れたろう, 確かだ, 確かである, 確かに, 胸の, 誰だ, 誰何知れる, 誰君知れる

▼ 居るより~ (48, 0.1%)

9 外は 5 外に 2 ほかに, 仕様が

1 [30件] あつしの, あの方, これは, しかたなかった, ほかには, ほか無かっ, もっと気取っ, わたしの, 一つ大, 一思いに, 一番この, 仕方が, 他に, 余ツ程, 倍も, 只もうこ, 外仕方が, 外致し方が, 大に, 少しは, 師匠の, 心づよい気, 心強いわけ, 愛妾寵臣の, 故郷の, 早く日本, 村外れで, 死んだ方, 私は, 革命劇場を

▼ 居る時分~ (48, 0.1%)

1 [48件] からああなり出した, からうらない, からの御, からまア, からよく, から俺, から僕, から早く, から軍記物, その居間, だから, でした, でしょう, です, でも新, でも父, とは違, どうかする, なの, にはそんな, にはどう, には二人, には帳幕, には悔しい, には特別, には非常, にチギレ, に何遍, に好い, に妻, に小耳, に昔知つて, に毎日, に演習, に牛, に祝儀不祝儀, に起しました, に関係, に雪, の事, の昔, の有様, の深間, はお, は物置, 丁度修学旅行, 連立って, 随分沢山参考書

▼ 居る~ (47, 0.1%)

2 が自分, だつたの, のある

1 [41件] お由利, がある, が喧嘩, が持つ, が階下, だ, で, ですよ, とは思ひ, などが逗留, などもキャッ, のえり足, のお, のよう, の呼吸, の声, の様子, の背中, の許, の許婚, の顏, の黒い, はきこえない, は家, は年, は病人, は閾一つ, も一齊, も居ます, も木綿着, も笑, も見た, らしくない上品, をそつ, をそんな, を一, を見, を見やりました, を訪ね, 済まないけれど, 迄意外

▼ 居るかの~ (45, 0.1%)

16 ように 4 やうに, 様に 3 やう, やうである

1 [15件] ごとく, ごとく思われその, ごとく感じて, やうで, やうな, ようであった, ようでした, ようにも, 元を, 如き心, 如くである, 孫逖の, 様だつた, 様にも, 樣な

▼ 居る其の~ (45, 0.1%)

2 中に

1 [43件] うち, うちの, 一二を, 一本の, 一番上の, 上は, 仔細も, 代り余が, 区画の, 原文は, 坂を, 坐つて, 声な, 外長年の, 姿の, 年頃特有な, 床几の, 後とても, 愉快げな, 抑もの, 教徒の, 方も, 時店先へ, 様甚だ, 權利を, 法律の, 濃霧から, 爪先に, 爲めに, 狂人を, 異様な, 當下には, 群に, 者に, 肩書も, 至大至神至眞至聖の, 蛙も, 醜さ, 音の, 頃は, 養子に, 魯を, 點で

▼ 居る人達~ (42, 0.1%)

2 の北海道, までもじつ, を合せ

1 [36件] が私, だ, だが, だって本当に, で叫ん, で日本, で飯田町, なので, に目禮, に辞儀, に顏, のやう, の中, の事, の全部, の声, の心, の生活, の真赤, の耳, の風, はあんた, はさうだ, はみんな島さん, はよく, は大変, は皆, は皆ノルプー・チェリン, ばかりな, まで美しく, をほんとう, を云, を嘲った, を後ろ, を愛したく, を観察

▼ 居るとの~ (41, 0.1%)

7 ことで 4 こと, 事で 3 話を 2 事だ

1 [21件] お通知, ことが, ことである, こと賽太歳は, 事である, 事でございました, 事に, 事ゆえ尋ね, 事を, 事目の, 仰せでございました, 別と, 流言を, 考へ, 考へが, 虎井夫人の, 話, 話である, 違ひである, 風聞, 風聞某家には

▼ 居る~ (41, 0.1%)

2 では物, で此男

1 [37件] で, でお, でさう, でそれ, での勝負, では, では公然, では気, でザクザク, で二三人, で僅か, で切断, で君の, で嘲笑, で壻, で少し, で帯, で村岡さん貴方, で死んだ, で母親, で爐邊, で生命, で福澤, で言う, で鉄斎翁, にモー一つ火, に十四世紀初期, に座った, の上り段, まで来, をも憚ら, を時々, を流れ, を通つた時, を通つて, を通ります, 駐日公使陸宗輿に

▼ 居る~ (41, 0.1%)

3 かも知れぬ 2 か確, か自, にその

1 [32件] か, かあまり, かさほど, かの怪しい, か右, か月, か横ばら昨今, か竹, これを, である, ではない, でも有ろう, と言うた, にそんな, に水, に絶えず, に至健至剛, に返報, もあり, も有るだろう, も解らぬ, 一概に疑う, 仮に自分, 何年にも, 唯宝, 寝こむ程, 心配し, 必ず食, 或者, 本当にうれしい, 病人ながらも, 直ちに二騎

▼ 居るのみ~ (40, 0.1%)

5 である 4 であつ 2 であるが, ならず私

1 [27件] であるところが, である然, でいっこう, でさしたる, でそれ, で供, で其の小さな, で天子, で実際, で後, で有, で終らなければ, で追, ならずこんな, ならずその, ならずほか, ならずほとんど, ならずチベット, ならず二祖眞教, ならず唐, ならず大, ならず寸鉄人, ならず政府, ならず法王, ならず為信数代, ならず絶対, 知らされて

▼ 居るもん~ (40, 0.1%)

65 だから 4 ですから 3 ですか 2 じゃない

1 [20件] かい天神山, か疾うに, か立派, が辛い, けえ, じゃあない, じゃ無え, だ, だな, だに依っ, だよ, で, でございますもの, ですがね, ですもの中, ですよ, で今, で現場, なで何卒, やけ

▼ 居るんで~ (40, 0.1%)

12 せう 2 せうね

1 [26件] おせんこくさい, おっかさんが, お金は, かるい目まい, がすア, げす, げすが, このあ, ごわす, すけれ共, せうよ, へつ厄介, まるで科白みたい, 仲町は, 夜中に, 姐さんに, 宜い, 御座す, 杉さんに, 此の, 父様の, 竹名は, 膽を, 遠慮の, 關口の, 霊肉一致どころじゃ

▼ 居る八五郎~ (40, 0.1%)

3 と一緒, を促し 2 です, を顧みました

1 [30件] から耳打, が一人, だつたの, ではありませんでした, でへエ, と茂吉, と養子, などは大した, なら俺, にたま, に合圖, に声, に眼, の怪しい, の神經, の頭, の顔, はその, はそんな, は何處, は呆氣, は見掛け, は飛びかゝつて横, も四方, も飛ん, をきめつけました, を呼びました, を督勵, を頤, 大して賢い

▼ 居る~ (40, 0.1%)

2 にはその, の女, の顔

1 [34件] が何故, が夢, が家, が時々こう, が細い強, が組頭, が自分, が苦行, にお, にとって毎朝偶然子爵, には興味, の優, の大場連斎, の妻, の娚, の孤独感, の容子, の屍, の方, の時, の松村君, の眼前, の美くしい, の肩, の音, は左, は彼女, は猶, は確, は縛った, は見, をしっかり, を伴侶, を見る

▼ 居るにも~ (39, 0.1%)

1 [39件] かかはらず私, かかわらず変, かかわらず新聞, かかわらず此, せよ, せよ相当, 係はらず, 係らずそんな, 係らず矢張り, 分って, 及びませんが, 居られず昼, 心づかず来ると, 心づき何とも, 拘はらず一同, 拘はらず其の, 拘はらず奧州, 拘はらず極めて, 拘らずその, 拘らず一向, 拘らず二人, 拘らず今, 拘らず其処, 拘らず同時に, 拘らず多少, 拘らず或は, 拘らず新聞, 拘らず相, 拘らず眉, 拘らず眠つた, 拘らず誰, 拘わらずその, 拘わらずまるで, 拘わらずラサ府, 拘わらず其言葉, 拘わらず昨朝, 関わらず無遠慮, 限らぬと, 驚いた秀子

▼ 居る平次~ (39, 0.1%)

3 のところ 2 に何やら, の前, の耳

1 [30件] が何遍肱, だつたの, です, といふ者, と金六, には下, にまで賛成, に取つ, に瀧五郎, に繪, の姿, の後ろ, の態度, の手, の言葉, の足, の顏, はその, はそれ, はツイ, は一應, は即刻赤井左門, は思ひ, は氣, は猿屋, もとうとう, もツイ固唾, を促しました, を顧みました, 今更頼む

▼ 居る~ (39, 0.1%)

2 である

1 [37件] いろいろの, か氏, こわがって, だけでも貴方, だ秀子, であらう, でした, で有る, とか思っ, とか愛され, と見る, にかの, にた, に世代, に却つて悲観, に却つて生活, に反, に受, に告発, に呼戻し, に家, に家長, に幾分, に忽ち, に性慾, に村, に然様, に生じる, に自然, に裾, に要, に除者, のもの, 一方に, 全生存, 段々章句, 真黒く切

▼ 居る~ (39, 0.1%)

3 にお 2 に, に八五郎, に妙, に怎, に惚れ

1 [26件] がつい, にあの, にいつ, にそこ, にその, にどうも, にフト不安, に三人共, に人間, に何, に何ん, に内輪, に坂田屋, に女道樂, に姉, に宜, に思ひ, に歓楽, に歯, に決して, に腹, に色氣, に西, に身持, に鼻, を代言人

▼ 居る~ (38, 0.1%)

4 がする 2 がし, がした, がしない, なの

1 [26件] があんまりはっきり, がしなかった, がしなくなる, がない, であった, でいる, でおります, で其, ならおいら, なら一ツ, になっ, になれなかつた, にはなれなかった, にも成つた, の利かない, はありません, はいも為, はしない, は無, は無い, は無かっ, もしなくなった, もない, 尖った若い, 遣は, 障な

▼ 居るつもり~ (37, 0.1%)

64 です 2 かね, であるが, でも, なの

1 [19件] じゃなかった, だが, だけれど, だつた, でございます, ですか, ですよ, でその, では, で居ります, で御座います, で来た, で私, で謡, とか少し, なるべけれどこ, なん, のこと, は御座いません

▼ 居る~ (36, 0.1%)

4 である 3 では 2 の人物

1 [27件] しかく外國人, しかく孤立的, であった, であつ, でございます, です, ですが, ですですから, です思ふに, で御座います, なの, ならば, に見られる, のこと, のなさけ, の卑しい, の善心, の広, の懴悔, の私, の者, の餘裕, 地を, 太十, 彼等を, 繁く降っ, 聴き手

▼ 居る部屋~ (36, 0.1%)

5 の方 2 の障子

1 [29件] がある, でふと, で時分, で此邊, などにも二ヶ月, にいつ, には仕事, に行った, に轉げ, に逃げ込む, の前, の前後, の外, の彼方, の様子, の窓, の隅々, の隣, は近い, へとまるで, へ來, へ入, へ十貫目以上, へ戻っ, へ行きました, へ通した, まで引つ, をも使え, を見せ

▼ 居るかを~ (35, 0.1%)

2 知って, 知らなかつた, 知るであらう, 見る可

1 [27件] 一端だけ, 人に, 刻明に, 告げ私, 思ひ遣りぬ, 思わずには, 想は, 想起させる, 感じて, 探らんが, 明瞭に, 直ぐ見て取る, 看取し, 知ること, 知るだろう, 考えずに, 考えずには, 見る一方, 見る様, 觀察し, 言わねば, 証明し得たり, 語らずに, 説き彼等, 誰も, 調べる為, 述べて

▼ 居るだけの~ (35, 0.1%)

5 事を 4 事は 2 ことさ, ことです, 事さ, 事です, 人數で

1 [16件] ことであります, ことであろう, ことなら, ことは, ことを, ひとが, 事で, 事で御座います, 事なら, 学資を, 手当を, 殺風景さです, 説明は, 金を, 食料を, 餘裕は

▼ 居る~ (35, 0.1%)

7 がある 2 が特殊

1 [26件] あり, から見, が最も, が考へられる, が見出される, である, で無類, で甚だ, とあの, などに就, においては世人, についていろいろ, について簡単, に於い, に触れ, はその, はもう, は先, は文体, は時間観念, ひどく注目, も見ない, をあげ, を尋ねよう, を注意, を考えた

▼ 居る~ (34, 0.1%)

2 に又

1 [32件] あっと言う間に十重二十重, からは助け, から女子, この四月, にその, にまた, に一, に一番素人, に上下, に人, に今日昼, に十手, に寝巻, に心張棒, に手, に振る, に新しい, に昨夜, に更に, に無銘, に生活, に美くし, に耕地整理, に自分等, に舶載, に處, の兩隅, の室, はどんなに, は籠中, へ一面, をフンワリ

▼ 居る場合~ (33, 0.1%)

5 が多い 3 がある 2 なら呼びかけること, に帽

1 [21件] があります, であるから, でない, でないから, でないと, でない余, でない其の, でなければ, ではありません, では無い, でもそれ, でも意識, で無い兎, で里方, にはあらず, にはいずれ, には向っ, には精神的拷問, は勝つ勝たぬ, を云, を述べた

▼ 居る若い~ (33, 0.1%)

3 女の, 娘の 2 娘と, 男を, 者が

1 [21件] お武家, 人々に対して, 人の, 人達に, 大工と, 女あの, 女だ, 女で, 女などに, 妻の, 娘を, 文人で, 新吉に, 武家の, 浪人者兄妹に, 男が, 男それは, 男に, 者な, 詩人の, 連中が

▼ 居る~ (32, 0.1%)

4 けで 2 で未だ, のこと

1 [24件] あつて, けであった, そう云う, だった, である, でちつ, でどう, でも二つ位, でインスピレーション, で外, で小遣錢, なん, に厭, に手, に流暢, のもの, のわけ, の事, の力, の大き, の至極静か, は知っ, は確か, を話した

▼ 居る二人~ (31, 0.1%)

3 の男 2 の人, の浪人者

1 [24件] が手, と一緒, に, に書生旅行, の奴, の娘, の子供, の容子, の心, の日本人, の者, の若い, の青年, の鼻, は, ははて, は三宅阪, は全く, ばかりの人, ばかりの爺さん, をよんだ, を一所, を傍, を招きました

▼ 居るほど~ (30, 0.1%)

4 である 2 夜毎に

1 [24件] その傍, だと, であった, で又, で御, で道学先生, で雷, なん, ゆえ其の, 世の中に, 人も, 人を, 健康に, 別れがたい, 又周囲, 呑気にも, 彼女は, 心細いもの, 故ミュラー, 新らしい, 物遠い, 臆病な, 血が, 飢餓を

▼ 居る~ (30, 0.1%)

2 は実に, は此

1 [26件] に取っ, に此, の叔父, の姿, の手, の足, は, は二目, は今, は其の, は卓子, は又, は安心, は巴里, は恋, は斯, は溢れた, は胸, は遽, は驚い, ほど怪美人, ほど鋭い, も同じく, も爾, よりも先, を殺す

▼ 居る~ (30, 0.1%)

2 の室

1 [28件] のお, のくらい, の上, の中, の人, の傳授, の傾向, の匂, の向き, の場所, の塔, の壯丁, の変, の島, の心, の惡神, の戸, の手袋, の様, の歯車, の箱, の船, の血, の言い伝え, の貞雄, の部屋, の鎌, の隙間

▼ 居るからと~ (29, 0.1%)

3 云って 2 云ふ

1 [24件] いうて, いうところ, いうので, いつて, 云うが, 云うに, 云うの, 云うので, 云うんで, 云う事, 云つて吾人は, 云つて家庭教師に, 云て, 仰しやつ, 度々聞かされた, 怒鳴つて, 思召し, 無理にも, 私は, 籠に, 舎人武里と, 言うて, 言つて必ず, 言ふ

▼ 居るそれ~ (29, 0.1%)

3 と同時に 2 だから, である

1 [22件] からは年, から暑い, がしじゃ, が主, が今, が如何, が聽, が韓非, でよい, と變, に女, に対してピストル, はほとんど, は小さい, は左, も可, をこちら, をじ, を入る, を吹く, を知つて, 故支那

▼ 居る~ (29, 0.1%)

2 うして, の為

1 [25件] うも, かが有る, かの業, かの生き生き, かの葉, が可笑しい, が為, であろう何, でもをひきずりおろし, でも江戸, とも云え, と云っ, と言, の密旨, の意, の意味, の秘密, の鍵, は扨, もサンスクリツト, も彼, をやらかし, を叩き壊す, を惡, を聞く

▼ 居る千世子~ (29, 0.1%)

1 [29件] が夏, にとっては女中, にとって自分, には, にはかなり, には絶えず, に声, のうで, の上目, の声, の家, の心, の手の甲, の方, の様子, の白, の部屋, の頭, の頸, の顔, の風, はその, はつんと, はまるで, はやさしく, は今日三人, は出来る, は自分, を見た

▼ 居る有様~ (29, 0.1%)

4 です 3 である 2 でした, はちょうど, を見

1 [16件] が何, だ, であります, でますます, で各, で御座るよ, で眼, にてさ, に赴く, はとても, は実に, は無我, は珍しき, は真に, やことに, を傍ら

▼ 居る子供~ (28, 0.1%)

2 の姿, の身体

1 [24件] がそうした, が搜, が酉の市, この人達, としての独立力, との為, と彼等, などに逢, にどれほど, に教える, に言っ, に頭巾, の一番, の側, の処, の噂さ, の魂, は巴里市内, ばかりだ, をあやす, を呼んだ, を妙, を折々, を興味深く

▼ 居るだけに~ (27, 0.1%)

2 斯う

1 [25件] あの男, かういふ裝飾品, このお預け, この時局下, この頼み, ございます, そう斥ける, その俳句, 中, 何処かに, 八五郎は, 問ひ, 如才の, 小造りでは, 川前市助の, 物の, 物理作用が, 疑ひやう, 腹の中では, 自分が, 苦しみが, 言うこと, 邪推深く, 錢形の, 馬鹿馬鹿しくなります

▼ 居る一人~ (27, 0.1%)

4 の男 2 です, の女

1 [19件] がいま, が乙, であったが, である, であるけれど, で悲惨, の中老漢, の娘, の婦人, の帯, の神経質, の立ン坊, の若い, の追憶談, の高等官, はカシラ, は二十五六, は弟君, は私

▼ 居る姿~ (27, 0.1%)

2 です, を見た

1 [23件] がま, が無意識, が目, だ, だつたの, であったかも, である, でも一見, と云う, など哀れ, に人生, の日本中, はさびし, は何, は神秘的, も頓, を女達, を思い出した, を描く, を猛然と, を見, を見守っ, 小さくミーラヤ

▼ 居る~ (27, 0.1%)

5 は親 3 狭乳母 2 には雨

1 [17件] いかなる妖怪, であ, であるだけに, であるの, でございます, ではない, でも斯, なので, には夜中, にもぞッ, に何, の中, の思ふ, はいつ, は名物, は彼等, も氣

▼ 居るくせ~ (26, 0.1%)

2 にどう

1 [24件] に, にすれた, にそれでも, にちよい, にとても, にろくな, に一週間位てつ夜, に何, に内懐中, に切先, に半間, に口前, に場所, に妙, に家, に恐ろしく, に斯, に日本一, に氣, に男爵, に私, に辰三, に近頃, に金

▼ 居る~ (26, 0.1%)

4 はない

1 [22件] ないでしょう, なかった, にこの, には一帶, には不思議, には何ん, には先づ缺點, にもまだ, に主人, に何, に何等, に尚美くし, に猶, の世界, の召使共, の景色, はありません, はなかっ, はなかつた, は殆, は無, を暫く

▼ 居る~ (25, 0.1%)

3 あれば

1 [22件] おかし, お前故じゃ, また宜, ンか, 不愉快です, 何だかどうも案じられ, 同じこと, 同然じゃ, 同然な, 嬉しくまたは, 居る三日三晩, 差支へ, 巴里に, 幕府は, 比隣の, 沼田下新田の, 知れぬ是, 習と, 誰が, 誰れ, 道理こそ, 骨が

▼ 居るため~ (24, 0.1%)

2 でせう

1 [22件] かえって誰, であった, であり実際, であると, であろう, で散り, に, にお嬢さん, にかう, にその, にたびたび, には自分, にほか, に呼び戻す, に妻, に尾山城, に彼, に或, に清国, に精神機能, に親戚, 一層凄く

▼ 居る場所~ (24, 0.1%)

2 を他人

1 [22件] があらう, がありました, がある, がどんな, がない, が判らなかった, が無く, が解らなく, だけあり, である, にすぐ, のない, は, は別, もありません, もまた, ややつ, を感, を知, を知っ, を知つて, を變

▼ 居る~ (24, 0.1%)

2 でありますが, 當に

1 [20件] があります, が一冊, が幸, が有る, が目, でありましても, でも何, とがつり合わない, と云, に就い, に禹貢, は同じ, は詰り, やら其の, を引っ, を特別, を集め, 又は其の, 居宣長先生の, 町筋との

▼ 居る~ (23, 0.1%)

2 居るぞ

1 [21件] そいつは, なし, みんな用心しろ, よくやった, ツ危いから, 一時を, 人非人め, 仕かへ, 何者か, 其の咎, 其の方, 其の時嫌, 夕方は, 手前は, 抜て, 最早遁れん, 殆ど戰爭, 泣くな, 畜生め此の, 盜賊の, 貴様等恥を

▼ 居るよりは~ (23, 0.1%)

5 よるべを 2 向ひ, 御不自由

1 [14件] どうせ失態, ほんの少し, ましだつた, まだまし, わだかまりなく, 上等の, 動いて, 却て, 地方に, 外を, 当人の, 残酷に, 芸人の, 餘程善い

▼ 居る~ (23, 0.1%)

2 に空席, の中

1 [19件] から来るらしい, から遙, である, で働い, とが家, に案内, に行き, に誘い入れ, に通じ, のなか, の前, の方, の片隅, の直ぐ下, へ入っ, へ来た, へ追い込み, まで辿りつい, を私

▼ 居る~ (23, 0.1%)

3 がある 2 が多い

1 [18件] であったそう, と向う, と山, について説明, のいただき, のこなた, の中, の宿, の形, の影, の方, の松林, の麓, は, ばかりで, を蔵語, を見れ, を離れ

▼ 居る~ (23, 0.1%)

3 れが 2 れは

1 [18件] が即ち, が多分, だなと, では疑われる, で先刻医学士, と是, ならば, に堤防, は何故, は博奕, は実に, は見本, は鑛毒, ほどの名作, もバラモン, れ又, れ抑, 迄は何

▼ 居る~ (23, 0.1%)

63 である 2 ぢや, ですから 1 だが, だ天然, であつ, でいつ, でございます, です, ですが, です目, で並大抵, で其船脚

▼ 居る~ (22, 0.1%)

4 もあつ 3 が多

1 [15件] があつ, が多い, が多かっ, が幾日, が續, だった, であった, である, であれば, に見えない, の方, は思ひ, は斜, もあった, もある

▼ 居る最中~ (22, 0.1%)

3 でした

1 [19件] だつたさうで祖父, だつたの, でございまするから, です, で氣, にそれ, にそれ程, に俄然, に医師, に商業上, に囃す, に尋常, に父, に突然, に遠く, に雷鳴, 不図丑松, 子刻, 然も

▼ 居る~ (22, 0.1%)

3 の心尽し 2 に向, の心盡

1 [15件] が大病, が好き, が激怒, が破産, に不平, の, のこと, の処, の右京, の姿, の顔, の馴染, は子, や母, を見舞う

▼ 居るこれ~ (21, 0.1%)

1 [21件] が人間, だけの文章, だけ列ね, に依っ, は一族, は幻, は感心, は据物, は日蓮, は明, は橋銭, は此処, は此處, は甚だ, は自分, も病氣, も縁, も踊り子, も道場, も面白い, を以て攷

▼ 居るよりも~ (21, 0.1%)

1 [21件] おれも, そんなこと, ひどいと, むしろ自分等, むしろ黒, 何程か, 却って他人, 外に, 夢の, 安心でございます, 徹底し, 日毎に, 時には工場, 更に可, 氏郷に, 火に, 眼だけでも, 私の, 窓から, 遙に, 風が

▼ 居る~ (21, 0.1%)

2 が何

1 [19件] から察, が多い, だ, だから, だが, には餘, の影, は一つ, は人斬庖丁, は他, は灌木, もある, も金, を政府, を脱い, を著作権侵害, を買, を食つて了, 優しい老

▼ 居る~ (21, 0.1%)

3 に於 2 が特殊

1 [16件] がある, がよく, が多い, が違, であります, であると, では印度文化, と思ふ, は一致, は眞, は禹貢, もあります, も世界無類, をお話, を二, を簡單

▼ 居るかは~ (20, 0.1%)

1 [20件] いずれまた, こちらで, これを, 一寸決し, 今まで, 余の, 全然判りません, 分らないが, 判らぬ或は, 別問題, 室の, 彼自身は, 想像に, 知らぬが, 知らんでしよう, 知りませんが, 私にも, 設想に, 誠に計り知れない, 貴女も

▼ 居る~ (20, 0.1%)

3 物を

1 [17件] る一, る只, る寺, る文学者, る日, る物, る男, る盲目, る程度, る箇性, る者, る華族, る行者, 宴会へ, 弱点に, 権利でも, 田舎の

▼ 居るって~ (19, 0.1%)

2 話だ

1 [17件] えに, えんで, ことです, のを, んだ, 事を, 云いましたっけ, 云うが, 云うの, 云うン, 云う事, 併し, 己ア金を, 本当かね, 此の間来, 気が, 然う

▼ 居る~ (19, 0.1%)

2 か我身, の底

1 [15件] がささやいた, がしずまる, が數, であらう, で伊之助さん, なら, には腹, の虫, の関係, はその, は二つ, は有りません, は淋し, を小躍り, を移し

▼ 居る次第~ (19, 0.1%)

4 であります 3 です

1 [12件] お問合せ, お察し, だが, でありますこれ, である, でございますが, で御座います, にご, にて非常, に御座候, はです, をもよく

▼ 居る限り~ (19, 0.1%)

2 は大方

1 [17件] でございます, でははし, の人數, の女共, の者, の静か, は, はそんな, はなんと, は世間, は作者, は古畑, は疑はれ, は逃げ出す, は逐一, 仮令それ, 先ず改善

▼ 居る~ (18, 0.0%)

1 [18件] お前知らねえ, 一寸寄つて茶, 五十兩あり, 作藏眼を, 八お前の, 助けて, 危ね, 市ヶ谷の, 急いで, 戯けるナ, 来ると, 正面から, 神田の, 聲を, 螫れる, 親分, 隱す, 馬鹿

▼ 居る主人~ (18, 0.0%)

2 の顏, の顔

1 [14件] が變, と娘, のラマ, の三右衞門, の様子, の頭, は何一つ, は静か, を上目, を刺し殺せる, を懈, を捕え, を焚きつけ, を鐵砲

▼ 居る土地~ (18, 0.0%)

1 [18件] が多い, だ, だから, だけに格別革命軍, だけに私, である, といへ, と同, にそう, に既に, は, はとり, は寺, へ行つて自由, までが自分, もある, を莊園, を離れたくなかった

▼ 居る女房~ (18, 0.0%)

4 のお 2 の文集, まだ小さい 1 お蘭, しかも四つ, に手傳, の心持, の音信, は百姓共, は襷掛, もあつ, を呼ん, を見た

▼ 居る~ (18, 0.0%)

2 の顔

1 [16件] が手織, とか何とか, との血, と話し, にとり, にも似, に大きな, に送, の傍, の大きい, の手跡, の眼, の背, の許, や弟, を思つて一寸

▼ 居るあの~ (17, 0.0%)

1 [17件] まっくろな, 一部の, 中には, 二人が, 人の, 人を, 分解的な, 坊さんは, 大木の, 娘は, 子の, 家の, 恐ろしい薬, 猿, 老爺さんの, 芋坂を, 鯱子張つた男だ

▼ 居るかという~ (17, 0.0%)

3 ことを 2 ことは, 事は 1 こと, ことさえ, ことだ, ことで, ことについて, 事が, 事さえ, 事も, 問題が, 点から

▼ 居るんぢ~ (17, 0.0%)

11 やない 3 やありません 1 や, や御座, や無い

▼ 居る~ (17, 0.0%)

2 規模の

1 [15件] な池, な牛, の野蛮国, ヒステリーの, 一番の, 出版屋が, 卓子の, 商人です, 女を, 年増の, 抱負その, 教師であっ, 机本本本植木カレンダー時計人形煙草入すぐ, 歌では, 町人としては

▼ 居る~ (17, 0.0%)

4 がない 3 もない 2 はない 1 がなかつた, が無い, はありません, もありません, もありませんでした, もなかっ, もなかつた, もなき

▼ 居る美しい~ (17, 0.0%)

2 洲の

1 [15件] が鋭い, ロマンチックの, 五躰の, 僧侶を, 夢を, 女, 惡魔の, 戦士などが, 指には, 木戸番あの, 横顔を, 母親の, 水晶でも, 藝妓, 貴美子夫人の

▼ 居る~ (16, 0.0%)

1 [16件] から思っ, から自分, が第, の, の和尚, の場合, の境遇, の座頭天童太郎, の時候, の鍵, の高知縣立高知, は何, まで夫, まで幾人, 一寸買物を, 改心し

▼ 居る~ (16, 0.0%)

2 に茣蓙

1 [14件] で弟, で穢多, で自分, には彼女, に乗っ, に何時, に坐, に擲げ, の岸近く, へ全速力, へ神経, を内, を外, を通り過ぎた

▼ 居る~ (16, 0.0%)

1 [16件] である, であるが, であるしかるに, であると, ではありませぬ, で戦争, で有力, というふう, と言, に似合わぬ, に還, の女性, の皇帝, は国, は沢山, へ来た

▼ 居る大きな~ (16, 0.0%)

2 川に

1 [14件] 口の, 家の, 山は, 川が, 木臼の, 洲が, 蟻の, 赧髭の, 路は, 鈴と, 鉢を, 雪山の, 額が, 鶏が

▼ 居る積り~ (16, 0.0%)

2 なん

1 [14件] か, だ, だが, だ八, で, ですから, でも何彼と, で三月, で居ります, で居る, で御座, で越すなら, になつて, は無い

▼ 居るかといふ~ (15, 0.0%)

5 ことを 2 ことは, ことも 1 ことが, ことに, 事である, 事を, 問を, 題を

▼ 居るなんて~ (15, 0.0%)

3 ことは

1 [12件] そんなこと, そんなら, そんな意識, そんな馬鹿, わるいこと, ソンナ鈍い, 云えば, 云ふ, 其様な, 生意気だ, 言触らされて, 頼母しいわねえ

▼ 居るわけぢ~ (15, 0.0%)

5 やございません 3 やあるまい, やない 2 やある 1 やねえ, や御座いません

▼ 居る~ (15, 0.0%)

1 [15件] しかるに殿, ちっとも貸家フシン, で, でした, です, ですわたし, で広い, にてそれ, にてよく, に御座候, もう一人脚, もない, を太政官, 大したこと, 誠に感服

▼ 居るあたり~ (14, 0.0%)

2 の青

1 [12件] から下駄, から考へる, から見る, が三輪, では犬, で先生, で止, にて路, の床, の配色, までもの, をもっと

▼ 居るだけでも~ (14, 0.0%)

2 心持が

1 [12件] 二つや, 二万五千に, 五人七人いや, 六つ七つ, 十人は, 周囲のくた, 四十五種も, 明神下へ, 樂ぢや, 気持ちが, 生靈, 肩の

▼ 居るはず~ (14, 0.0%)

3 である

1 [11件] じゃけんどなあ, だ, です, とさる, のお, の夜中, の奥, の家畜ども, もありません, もない, やぞ

▼ 居る以上~ (14, 0.0%)

2 は私

1 [12件] さう, そうする, た, どうしても日本, どんな極悪人, によく, は互に, は今晩, は仮令, は何, は残り, は王様

▼ 居る~ (14, 0.0%)

1 [14件] からどうぞ, から入る, から見れ, で弥吉, で私, で結, で金網, には漸, に山, に訳, の墓石, へ來, をも通つて行, を通った

▼ 居る光景~ (14, 0.0%)

1 [14件] が分明, が有らう, だが, に目, は他, は到底, は島原, は爛漫, をどう, を一寸, を喜ん, を夢, を胸, を表し

▼ 居る~ (14, 0.0%)

3 き所 2 き筈 1 からず, きところ, きなれども, きのみ, きものと, き場合, き季節, れば, 足記の

▼ 居る心持~ (14, 0.0%)

1 [14件] で婚礼, なの, にさえなる, に多く用, に成つて, はつまり, は其那些細, は察, は床しゅう, は照ちやん, もしない, をくまない, をしみじみ, を人馬

▼ 居る~ (14, 0.0%)

2 がする

1 [12件] か, がいたしません, がしない, がしなかつた, になつたの, になれなかつた, にはなるまい, にもなれず, の作用, はありませんでした, はしなかつた, 高い美しい女

▼ 居る~ (14, 0.0%)

1 [14件] であちら, である, でした, でせう, では無く, に, に其の, に却つて隱然, に句切, に氣温, に矢張り昨日通り, に落ちついた, に運動不足, に金解禁

▼ 居る~ (14, 0.0%)

11 して 1 し夫, て我國, も私

▼ 居るくら~ (13, 0.0%)

4 ゐだから 3 ゐで 2 ゐですから 1 ゐだ, ゐであるから, ゐです, ゐの

▼ 居るものの~ (13, 0.0%)

2 此時の

1 [11件] あなたは, ただその, ちゃんと私, 何う, 何がな一芸, 古人を, 如く思はれた, 心の, 持たない新鮮さ, 隣家の, 魚の

▼ 居るガラツ八~ (13, 0.0%)

2 の八五郎, を顧みました 1 があつ, などよりは餘程性根, には不思議, には手, のところ, は其儘默つて後ろ, は毎日三度位づつ報告, は追, を見る

▼ 居るチベット人~ (13, 0.0%)

1 [13件] が四, が長く, でごく, でも古く, でプチュン, に対してやっ, に対して耶蘇教, に対し他, の事, の書記, はかね, は皆インド政府, も充分

▼ 居る~ (13, 0.0%)

1 [13件] があります, が二又, ですから, でその, に年, に映っ, のやう, の源, へ一時, もあります, らしく見えます, をガンジス, を見下す

▼ 居る~ (13, 0.0%)

3 である 1 がどうしても, だ, であって, で今日地方, で実物大, と見られる, になっ, によく, はかつて, を見ます

▼ 居る~ (13, 0.0%)

2 嬢さんが

1 [11件] かげに, 両親や, 仙さんは, 仲間です, 女中の, 客が, 恩蔭で, 浪人です, 舎弟様は, 靈さんの, 龍は

▼ 居る時代~ (13, 0.0%)

1 [13件] から原先生, から図画, から申しまする, であつ, であります, でありますが, であるから, に最早, のある, のこと, のまれびとなる語, の人物, は未だ

▼ 居る~ (13, 0.0%)

1 [13件] あの様, がある, でございまして, に移った, に近付い, の中, の内, の子供, の家, の親族, へ對, もある, 最も天産力

▼ 居る~ (13, 0.0%)

2 の前, より見れ 1 い目, からの反応, だ, にはその, のギョロリ, のギロリ, の瞼, の色, は私

▼ 居る~ (13, 0.0%)

2 には違

1 [11件] か夫, などがあつ, に用事, に限る, の側, の旗, の檣, は一隻, は水雷驅逐艦, も五六艘, も通る

▼ 居る~ (13, 0.0%)

1 [13件] でありませぬから, であるから, であるからか, でそれ, ではありませぬ, ではありません, ではない, でもありませぬ, でもありません, なの, には往かない, には行くまい, はない

▼ 居る部分~ (13, 0.0%)

2 が多い

1 [11件] があつ, です, で国民, と意識, なんぞあります, にても余, はいた, は大抵, をば骨, を摘出, を殆ど

▼ 居る~ (13, 0.0%)

1 [13件] にあの, にお前, に奴, に寢酒, に弥左衛門一太刀右, に爪, に私, はない, はなかつた, もなく, を狙つて, を見澄まし殺す, を見計らつ

▼ 居るお前~ (12, 0.0%)

1 [12件] が二本, が何, が菊坂, だもの, にお, にそれ, にも二三度教へた事, の阿, は主人, は岡柳, は引返し, は彼方

▼ 居るとしか~ (12, 0.0%)

2 思はれない 1 思はなかつた, 思はれなかつた, 思へず何, 思へなかつた, 思われぬ爾, 思われませんが, 考えられない, 考えられないの, 見えない, 見えません

▼ 居る世界~ (12, 0.0%)

2 との間, と私達 1 であるの, には実に, の樣子, はやがて, はモー異, は其の, は氏, へ例

▼ 居る~ (12, 0.0%)

1 [12件] が吾, が時, が若し, には全く, によつて, は先刻多人數, を合せますれ, を思う, を惡, を物, を開い, を開發

▼ 居る~ (12, 0.0%)

1 [12件] が多い, のアヴレ, の安, の犬, の狐猿, の番人, の紳士ども, は最早, もある, もこれ, もちら, 多い

▼ 居る友達~ (12, 0.0%)

2 が土産 1 が同時に, に相談, の寝顔, の方, の顏, へ手紙, へ順, やお, を私, を見た

▼ 居る女中~ (12, 0.0%)

2 に気がね, は 1 が後, にのべつ, のお, の上, の顏, の顔, は京都, は絶えず

▼ 居る彼女~ (12, 0.0%)

2 を偶然 1 には一仕事, の二の腕, の健か, の妹, の家系的プライド, の為, は, は譲吉, もしん, を見出した

▼ 居る~ (12, 0.0%)

3 はなかつた 2 である 1 だ, であつ, です, なの, にはいかない, はない, はなかっ

▼ 居るせい~ (11, 0.0%)

2 もあるでしょう 1 かなかなか, かも知れない, かペダル, か口, か宿, か私, であったに, であろう, もある

▼ 居るだけで~ (11, 0.0%)

1 [11件] あつた, これからどちら, せう, その女人魚, ほとんど石磧, 一つも, 二十五六名ございます, 好いの, 尽きて, 屋の, 法王領の

▼ 居る~ (11, 0.0%)

1 [11件] あんて, え此処, なんだ, よし, ア, 上方に, 何うじゃろう, 八五郎は, 此の, 行つて見よう, 駒形の

▼ 居るやら~ (11, 0.0%)

1 [11件] それとも既に, どうなっ, どんな秘密, 三十何年前若い, 分らぬ, 判らなくなって, 居ないやら, 彼の, 知れぬし, 遙か, 顏の

▼ 居る人民~ (11, 0.0%)

1 [11件] から税, が今日其土地, であるから, ならば, に勇, の所, はその, は地方官, は寺, も沢山, を買收事務所

▼ 居る~ (11, 0.0%)

1 [11件] が二十卷, が全部三十卷, が外, だけ言, では諸, ならなどと, にはどんな, には物見遊山, にゃあうっかり外, を版, 即ち足りない

▼ 居る地方~ (11, 0.0%)

4 の多い 1 と蒲生, にはかな, に於, はある, もあります, もある, も澤山

▼ 居る多く~ (11, 0.0%)

1 [11件] の人, の人々, の史實, の女達, の客人, の有, の材料, の汽船, の漁夫等, の男たち, の風教団体

▼ 居る~ (11, 0.0%)

2 のお, のところ 1 と座敷, に言つて, のお初, の事, の處, も引取, や子供等

▼ 居る~ (11, 0.0%)

1 [11件] だよ, でかわいらしい, で小さい, との間, にあっ, の傍, の奥, の方, の者, の者位, はアプチェカ

▼ 居る~ (11, 0.0%)

3 樣でした 2 樣です 1 樣, 樣だ, 樣で, 樣などは, 樣を, 樣其處に

▼ 居る母親~ (11, 0.0%)

1 [11件] が寺参, と肇, なんかには目, に小ごえ, の世話, の声, の横顔, はかるた, は喜ばしい, をおこし, をつかまえ

▼ 居る~ (11, 0.0%)

1 [11件] が八神, だと, でありますから, であると, と云う, なり, の中, の功徳, の実体, も仏, をいや

▼ 居る與吉~ (11, 0.0%)

2 を見た 1 と死骸, は卯平, へ少し, へ遺つた, を叱りつけた, を憂へ出した, を横, を見, を覗い

▼ 居る連中~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, が鐵骨, としては唯, に云った, の話, はこの, は三期, は定め, ばかりである, もスマ, も地下室時代

▼ 居る~ (11, 0.0%)

1 [11件] でありますから, ではある, などは早く, に之, に薩軍, に赤尾, は思いの外安全, は香, ゆえ, ゆえ余, 予て多少噂

▼ 居るなど~ (10, 0.0%)

2 ありうちの 1 あるを, いうこと, 下らないところ, 中, 實に, 得も, 言い出したの, 野衲こそ

▼ 居る~ (10, 0.0%)

2 否や, 否やを 1 もの, 否やが, 否やは, 後必ず, 必ず優しく, 行くや

▼ 居る一つ~ (10, 0.0%)

1 の姿, の川, の常識, の有力, の窓, の言葉, の記念, の非, の魅力, 苦しめて

▼ 居る~ (10, 0.0%)

1 だから, といふことに, と云, と傳, の上表, の王, は目, もあり, もある, 古來進歩

▼ 居る~ (10, 0.0%)

1 から初回, が為, について何, に送つた, の佐良井, の口, の方, れから, れでも, れは

▼ 居る~ (10, 0.0%)

1 に讓つて, の克家, の外, の寝息, の新, の方, の熊吉, の達, の顔, を飛び越し

▼ 居る日本人~ (10, 0.0%)

1 がいかなる, が下宿, だとでも, の風俗, は三井, は世界観, は四十人, は大, は海外, は視野

▼ 居る~ (10, 0.0%)

3 である 1 だが, だと, でも此事実, の意味, の道, はない, を見る

▼ 居る白い~ (10, 0.0%)

2 室の 1 ものに, ものを, 布を, 手拭の, 指の, 花の, 顏が, 髯の

▼ 居る通り~ (10, 0.0%)

1 この趙禮, じゃない, で有る, に, に彼, に鼻, のこと, の事, の嫉妬, 大きな宝

▼ 居る~ (10, 0.0%)

21 だ, のつぶさに, の峰, の常に, の青雲, もある, よ遠く来, を追って

▼ 居るさま~ (9, 0.0%)

2 が描かれ, を見られたら 1 が絵, は氣, も一つ, も想像, を表示

▼ 居るそこ~ (9, 0.0%)

1 が栄五郎ボッチ, に何, に美, の埋, へ何, へ私, へ蝋燭, を写生, を自分

▼ 居る下女~ (9, 0.0%)

6 のお 1 に訊く, の顏, を尻目

▼ 居る事實~ (9, 0.0%)

1 が窺, に歸す可, に由つて, はこの, は爭, は爰, を併せ考へる, を否定, を看過

▼ 居る京子~ (9, 0.0%)

1 がうっかり, がみじめ, にこんな, の声, の姿, の所, の様子, は鴈次郎, を元気

▼ 居る人物~ (9, 0.0%)

1 である, であるから, であるに, でござる, です, にも外面, の悪者, も考え, を馬琴

▼ 居る~ (9, 0.0%)

1 がブランデイ, が雪江さん, なぞに近頃, の帽, の心, の知人, の身, は喉, は暫く

▼ 居る~ (9, 0.0%)

1 でも乾燥, の上, の外, の盛り, は其一塊, は垢, へぐつと, も今に, を掻く

▼ 居る婦人~ (9, 0.0%)

1 から生れた, の然, の真野すゞ子, の衣服, の身体, は例え, は皆, を云, 之友

▼ 居る~ (9, 0.0%)

1 が何, が何で, が池, が男, さらひ, なん, をあやした, を見, 貢

▼ 居る~ (9, 0.0%)

1 っぽけな, 供等は, 兼が, 展覧会へ, 意氣な, 木の間に, 端艇の, 粟桂三郎の, 紋縮緬の

▼ 居る小さな~ (9, 0.0%)

2 つまらない石ツころ 1 村, 村に, 母子の, 水妖の, 洋食屋へ, 粗暴漢, 船で

▼ 居る彼等~ (9, 0.0%)

1 にとっては官吏, の信用, の殺人, の生活, の身體, はどう, は果して, は自分達, をどう

▼ 居る必要~ (9, 0.0%)

2 もなくなった 1 がある, がない, がなかっ, は有るまい, もあるまい, もない, を論じた

▼ 居る感じ~ (9, 0.0%)

1 がした, だ, である, でさ, でした, ですが, と似, を与えます, 赤いイルミネーション

▼ 居る日本~ (9, 0.0%)

1 で善良, とフランス, と違つて格納庫, の五重塔, の人口増加, の史劇, の奥中将, の法律, の芸術

▼ 居る~ (9, 0.0%)

1 が, がある, が生え, です, のはし, の小さく, はユウゴオ, は私, もあつ

▼ 居る~ (9, 0.0%)

1 がこれ, ですから, の形, の頭, を勇美子, を幾ら, を確, を驚, 殺がまざまざ

▼ 居る番頭~ (9, 0.0%)

2 の忠五郎 1 が直ぐ, の七兵衞, の友三郎, の市助, の惣吉, も居る, や小僧

▼ 居る秀子~ (9, 0.0%)

1 が屡々, と何, は事, は何処, は先ず, は果して, は高輪田長三, も詰め切っ, を助ける

▼ 居る~ (9, 0.0%)

21 りであった, りである, りであるが, りです, りでは, りでまとまったこと, り只

▼ 居る~ (9, 0.0%)

1 から他, がある, である, である大師, でないと, の内, を換, を見, 全體

▼ 居る~ (9, 0.0%)

2 のかたまり 1 の丘, の中, の亂, の峰々, はあたかも, を主, を指先

▼ 居るきり~ (8, 0.0%)

2 だった 1 だから, でがらん, です, で電燈, なの, めったに開かれないらしい

▼ 居るじゃあ~ (8, 0.0%)

4 ありませんか 3 ないか 1 ないかね

▼ 居るそして~ (8, 0.0%)

1 それが, どこにでも, 二人とも, 其の鍋中, 墓の, 妻の, 尚此外, 時々凄い

▼ 居るなどと~ (8, 0.0%)

1 いふ, 云う, 云ふ, 何うし, 少しも, 想像する, 言はれる, 言ひ出し

▼ 居るほか~ (8, 0.0%)

3 はなかつた 1 ない, ないの, ない場合, はなかっ, は何ひとつ花

▼ 居るやつ~ (8, 0.0%)

2 もある 1 が沢山, が陰, その中, に詣り, も毛皮, を尾

▼ 居る一種~ (8, 0.0%)

1 の人生觀, の人生觀上, の固定, の奉公人, の愛嬌, の才, の物, の迷

▼ 居る三人~ (8, 0.0%)

1 の人, の供, の奉公人達, の女, の子, の子分, の若い, は直ぐ

▼ 居る丑松~ (8, 0.0%)

1 には其心情, の影, の耳, は蓮太郎, も沈ん, を促し, を同じ, を呼ぶ

▼ 居る世の中~ (8, 0.0%)

1 が嫌, だから, だと, であるに, にと頼母, はなかなか, は不人情, は暗い

▼ 居る人たち~ (8, 0.0%)

1 があった, さう, でも苦しい, の中, の味, の外, の胸, は大抵

▼ 居る仲間~ (8, 0.0%)

2 がお 1 と一ぺん, に紙きれ, の彌, の者, の者達, まで一掃

▼ 居る~ (8, 0.0%)

1 の家, の方, の森彦, の竜太郎, の顏, は皆, や, を一寸

▼ 居る処女~ (8, 0.0%)

2 の体 1 だけであります, といふもの, と言, なの, の所, 即巫女

▼ 居る~ (8, 0.0%)

1 と人間, はない, は彼, もありません, もなく, をこの, を日々提供, 弱い夫

▼ 居る始末~ (8, 0.0%)

1 さ, だ, です, で客, にさて, に付き, に扨もの, までをなお

▼ 居る容子~ (8, 0.0%)

1 があり, が聽, だと, である, はございません, は対手, をあり, を見る

▼ 居る小僧~ (8, 0.0%)

1 が有る, が見える, である或, なの, に笑わるる, の宮次, の榮吉, はひきずられる

▼ 居る~ (8, 0.0%)

1 がしびれ, になかなか, の指先, は後, を動かし, を放し, を暖めた, を風

▼ 居る時間~ (8, 0.0%)

2 を多く 1 が一分間, が無い, は無, も有りません, も辛, を割く

▼ 居る~ (8, 0.0%)

1 が地面, である, の音, は潺, へ移つた時, をすくっ, を眺め, を踏まへ

▼ 居る父親~ (8, 0.0%)

1 がいたわしく, が長い, といふの, と何やらヒソヒソ, の処, の専左衛門, は自分, も注意

▼ 居る~ (8, 0.0%)

6 して 1 かと思え, の腰

▼ 居る~ (8, 0.0%)

1 からの往還, とどこ, に住む, に来た, の地主等, の誰彼, への往還, をいかなる

▼ 居る病人~ (8, 0.0%)

1 にはこれ位, にも移り行く, に對, の聲, の頭, はいくら, を想像, を見る

▼ 居る着物~ (8, 0.0%)

1 とかえり, にまっ, のつぶれた, の中, の色, は濡れ, や帶, を引っ

▼ 居る矢先~ (8, 0.0%)

2 でした 1 お半, だつたので, だ妹, にいろいろ, にこんな, に町

▼ 居る~ (8, 0.0%)

2 の少い 1 から岡, から此慘憺, から銃器室, の下, の戸, をむづかしく覗

▼ 居る~ (8, 0.0%)

1 が順, でしたが, です, の出た, の色, もあつ, を壁, を書

▼ 居る老人~ (8, 0.0%)

1 だの小, などをよく, なん, にかかせ, の取扱い, の熟睡, の負けず嫌い, は此

▼ 居る~ (8, 0.0%)

1 から降り, が二番目, で毎日, に秣, の前足, を眺めました, を福助君, 之助

▼ 居るかが~ (7, 0.0%)

1 わかる, 分りこれ, 分る, 分る殊に, 想像せられた, 理解されるであろう, 解る

▼ 居るとでも~ (7, 0.0%)

2 思って 1 いうの, 思ったこと, 思ったの, 思はなければ, 書いたら子供達

▼ 居るなどは~ (7, 0.0%)

1 やはり實物, 世の中に, 呑気だ, 実に見る, 幼い時, 甚だしき間違, 誰も

▼ 居るのよ~ (7, 0.0%)

1 あっこお, それが, 不良少年の, 何處に, 宜いか, 成程, 此頃

▼ 居るほどの~ (7, 0.0%)

1 人である, 人數は, 勇悍な, 急用, 石という, 者は, 魅力を

▼ 居る~ (7, 0.0%)

3 つ引 1 から覗き, に坊やん, に次郎さん, に泉

▼ 居る不思議~ (7, 0.0%)

1 なもん, な事, な図面, な存在, な手際, な特殊, な部屋

▼ 居る乳母~ (7, 0.0%)

4 であつ 1 であった, にいきなり, は時折

▼ 居る二階~ (7, 0.0%)

1 からし, から一度, から庇伝い, から復, の六疊, の窓, を降り

▼ 居る僧侶~ (7, 0.0%)

1 がみなそこ, その者, の家, はどこ, もある, もあるです, を保護

▼ 居る~ (7, 0.0%)

1 があつ, だ, は木曽以外, へ旅行, も地氣清爽, や駿相海岸, を鶏足山

▼ 居る婆さん~ (7, 0.0%)

1 があつ, だ, とその, にこ, に声, は夏, や男

▼ 居る~ (7, 0.0%)

1 のうち, の後, は一人, は元, は口々, も多, をかき分け

▼ 居る息子~ (7, 0.0%)

1 なぞに餅, の仕送り, の芸術, は役場, は若々しい, を見, を頻りに

▼ 居る~ (7, 0.0%)

4 う云 1 う思う, の如く, の有髪

▼ 居る爲め~ (7, 0.0%)

1 か差向ひで, にその, にもつれる, に三文文士, に漢字, に遠く, に野火

▼ 居る~ (7, 0.0%)

1 からは東隣, がやがて, には生活難, に見えない, の悪い, は驚, をし

▼ 居る祖母~ (7, 0.0%)

1 の家, の手許, は, はたった, はどんな, も來, を起す

▼ 居る~ (7, 0.0%)

2 の事, の顔 1 の一事一事, の態度, は今日

▼ 居る自分達~ (7, 0.0%)

1 が何だか, にとっては部屋, の姉, の心もとな, の様子, は一層, を認め

▼ 居る~ (7, 0.0%)

2 の勇 1 のさき, の指, は確か, ばかりが見える, をつれなく

▼ 居る道理~ (7, 0.0%)

2 もない 1 から推せ, がなかつた, だが, で有る, は無い

▼ 居る長い~ (7, 0.0%)

1 まつ毛を, 小山の, 毛の, 瀬の, 砂嘴を, 鏡を, 間の

▼ 居る~ (7, 0.0%)

1 であれこれ, に合わない, に生じ, に電車, の上, の処, の裡

▼ 居る~ (7, 0.0%)

1 があります, が又, が見える, が誰, であった, なの, は即ち

▼ 居るおれ~ (6, 0.0%)

5 はだれ 1 は大抵

▼ 居るかい~ (6, 0.0%)

1 や, ッて, 丙吉, 兄貴, 此の, 銅六

▼ 居るしかし~ (6, 0.0%)

2 雫する 1 その春雨, それは, 外の, 根が

▼ 居るそれで~ (6, 0.0%)

1 その鬼, それを, 我東洋人の, 板を, 神の, 迚も

▼ 居るといった~ (6, 0.0%)

1 ところが主人, のは, ような, 人も, 具合で, 調子です

▼ 居るとて~ (6, 0.0%)

1 べつに臆する, 一向乗客, 写真など, 威張る屡々, 無斷, 秀子の

▼ 居るまた~ (6, 0.0%)

1 お前さんに, この岸, 三年以來馴れ親しん, 見に, 闇の, 隣村の

▼ 居るまだ~ (6, 0.0%)

1 るつこさ, 二十一寸すぎの, 十七八の, 生活とは, 若い彼, 若い男

▼ 居る~ (6, 0.0%)

3 居るわ 1 我々の, 是は, 随分用立て

▼ 居る一方~ (6, 0.0%)

1 が必ず, に不良, に他人, に感傷風, に於, はいつ

▼ 居る一群~ (6, 0.0%)

1 のそれ, の人, の人々, の作家, の木々, の草刈女

▼ 居る主婦~ (6, 0.0%)

1 と余程, と餘程前, にかるく, に最後, はとうてい, は出来る

▼ 居る乞食~ (6, 0.0%)

1 だけあっ, だよ, の巡礼者, の鼻, までが一, を自宅

▼ 居る~ (6, 0.0%)

1 が人, に疑ひ, の安之助, の宗太郎, も定め, を大

▼ 居る~ (6, 0.0%)

3 なり 1 の遣り場, は眠く, を子供

▼ 居る~ (6, 0.0%)

3 もある, も有る

▼ 居る先生~ (6, 0.0%)

1 がいくら口, がそれッ, である, で麦, にする, へ心

▼ 居る~ (6, 0.0%)

1 そう云う, 一應何人にも, 六の, 実行せられ, 容易いかも, 此谷中村と

▼ 居る友人~ (6, 0.0%)

1 がかえって, に郵送, の身上, を呼ん, を訪ね, を訪れる

▼ 居る叔父~ (6, 0.0%)

1 から封書一通, に食べ物, の彦兵衞, の惠, の杖, の許

▼ 居る商人~ (6, 0.0%)

1 が俳諧連歌, で店, などもよく, に行き, の姿, やの姿

▼ 居る問題~ (6, 0.0%)

1 でした, で此地方官, とせられる, などがはつきり, の一つ, は要約

▼ 居る~ (6, 0.0%)

1 が耳, が聞える, す, と笛, をきき, を聞い

▼ 居る夫人~ (6, 0.0%)

2 のその 1 の方, の浪子, はバロン, 怪しみ問うと

▼ 居る女達~ (6, 0.0%)

1 なぞは, に一言, の口, の死んだ, はかわるがわる, は皆

▼ 居る~ (6, 0.0%)

3 のお 1 だつたの, などへは眼, のお仙

▼ 居る~ (6, 0.0%)

1 から備えられ, でもすでに, でもない, のこと, の下, や僧侶

▼ 居る~ (6, 0.0%)

1 から, から突然, から追い付いた, に立っ, の林, へ参り

▼ 居る心地~ (6, 0.0%)

2 がし 1 がした, がする, す, は素敵

▼ 居る手紙~ (6, 0.0%)

1 だったでしょう, ですから, の字, の返事, を懐, を自分

▼ 居る曲者~ (6, 0.0%)

2 の羽織 1 が下, と外, には誰, の顏

▼ 居る此人~ (6, 0.0%)

5 がこんな 1 には飾り

▼ 居る気持~ (6, 0.0%)

1 から無意味, だし, で, とあんまりぴったり, になっ, を大方

▼ 居る生活~ (6, 0.0%)

1 が常に, にたまらなく, に就い, のなか, の歪んだ, の道程

▼ 居る男女~ (6, 0.0%)

1 が多, が社会主義者, である筈, でも其の, の密接, は大抵

▼ 居る種々~ (6, 0.0%)

1 な不満, な条件, な話, な隱, の事, の説

▼ 居る自身~ (6, 0.0%)

5 も亦 1 の芸術

▼ 居る~ (6, 0.0%)

1 である, です, ばかり聞い, も蠧, をきく, を聞い

▼ 居る身の上~ (6, 0.0%)

1 だな, でございますから, ですから, でそんな, で此者, 仮令悪人

▼ 居る野郎~ (6, 0.0%)

1 がゐる, が浪人, だ, で, は五人, を縛る

▼ 居る~ (6, 0.0%)

1 が菜種, が青い, はさぞ, を描いた, を見た, を面白く

▼ 居る~ (6, 0.0%)

1 がいつ, が立派, は不断, を少し, を捕り食わな, を殺し

▼ 居るお金~ (5, 0.0%)

1 がたまらなく小憎らしかっ, に対して女らしい, の目, の言葉, を貸し

▼ 居るからね~ (5, 0.0%)

2 遊びに 1 どこを, よう傍へ, 其の借金

▼ 居るくらい~ (5, 0.0%)

1 だから, であるから, な所, 苦しいこと, 苦しみは

▼ 居るその間~ (5, 0.0%)

1 に一つ仕事, に病人, に神様, の怖, も遂

▼ 居るだから~ (5, 0.0%)

1 何でも, 佛教の, 内務大臣も, 分らないところ, 支那

▼ 居るといふだけ~ (5, 0.0%)

1 で出品人達, で媚態, で店, で打見たところ, で金目

▼ 居るとしても~ (5, 0.0%)

1 その組み立てた, わしは, 天下を, 彼も, 根本的には

▼ 居るどころか~ (5, 0.0%)

1 どうかする, もっと居ら, 今現に, 元の, 吹きつける雪

▼ 居るなと~ (5, 0.0%)

1 思うと, 思う瞬間, 思えば, 思つてゐたら, 思わせられるもの

▼ 居るばかりか~ (5, 0.0%)

1 一尺も, 十兵衛を, 十兵衞を, 嘉門を, 糸を

▼ 居るほどに~ (5, 0.0%)

1 あつら, ふと考, 上等室に, 余の, 知れずば

▼ 居るやうぢ~ (5, 0.0%)

1 やから, やこの, や善人, や宗次郎坊主, や相

▼ 居る一番~ (5, 0.0%)

1 い, おとなしいこの, の錦絵描き, 古いもの, 大きな一番尊敬

▼ 居る~ (5, 0.0%)

1 などには思い, の頭, は八月, は更に, を問われた

▼ 居る事実~ (5, 0.0%)

1 が無い, で其事実, に注意, を発見, を貴様

▼ 居る今日~ (5, 0.0%)

1 に至る, の気持, の社会, の祭, は餘程惡黨奴等

▼ 居る仕事~ (5, 0.0%)

1 が八月末, のはかどらない, の片, は易しくっ, をしかと

▼ 居る会社~ (5, 0.0%)

1 が夥しい, が破綻, に定, の給仕君, へもめったに

▼ 居る~ (5, 0.0%)

1 し余, し其の, し叔父, し閑話, ながら堤防

▼ 居る兵士~ (5, 0.0%)

1 があります, が五百人位, にその, の数, や赤帽

▼ 居る内儀~ (5, 0.0%)

1 お駒, の思惑, の眼, は兩國, を口説いた

▼ 居る勘次~ (5, 0.0%)

1 には氣, の容子, は毎年作つて屹度それ, を欺き, を異

▼ 居る医者~ (5, 0.0%)

1 である, と何, の言葉, はゆっくりゆっくり, は見ない

▼ 居る~ (5, 0.0%)

5 泣きの

▼ 居る即ち~ (5, 0.0%)

1 二人は, 大師の, 帝釋杵と, 知る聖書, 莫迦でなく

▼ 居る原因~ (5, 0.0%)

1 でもあった, でもあつ, となった, とを知る, を専ら

▼ 居る~ (5, 0.0%)

1 井戸は, 學主義と, 教派の, 新聞をば, 洲は

▼ 居る古い~ (5, 0.0%)

1 が黒く, 井高く, 匕首を, 小屋の, 教えで

▼ 居る國民~ (5, 0.0%)

1 であります, でありますから, とさ, の状態, は他

▼ 居る坊さん~ (5, 0.0%)

1 が一人, が信長公, の中, の父親さん, はいかにも

▼ 居る~ (5, 0.0%)

2 之助, 數の 1 人數の

▼ 居る多分~ (5, 0.0%)

1 は一眠り, は叔父, 二人の, 是が, 本国を

▼ 居る~ (5, 0.0%)

1 が来る, と言う, の匂, の明り, の趣

▼ 居る~ (5, 0.0%)

1 が是, であった, のよう, をみました, を見

▼ 居る太宰府~ (5, 0.0%)

4 へ降つ 1 へ降っ

▼ 居る女先~ (5, 0.0%)

5 から

▼ 居る女部屋~ (5, 0.0%)

4 までも何時 1 までも何時もずかずか

▼ 居る~ (5, 0.0%)

1 が私, が答えた, の敵, は何だか, らしい姿

▼ 居る~ (5, 0.0%)

5 が何だか

▼ 居る~ (5, 0.0%)

5 を見る

▼ 居る學者~ (5, 0.0%)

1 がある, でありますが, の知能, も是, や學派

▼ 居る家長老額田部子~ (5, 0.0%)

5 古の

▼ 居る小さい~ (5, 0.0%)

1 ものに, 二階家の, 嶺を, 水玉の, 者達は

▼ 居る~ (5, 0.0%)

1 では熱心, では自分, に来, に死, の戸

▼ 居る~ (5, 0.0%)

2 を汝 1 の姿, を仰ぐ, を月昼

▼ 居る手拭~ (5, 0.0%)

1 で頸, り模樣, を取つ, を引つ, を脱

▼ 居る~ (5, 0.0%)

2 でも 1 からインド, から自然雨, は座敷

▼ 居る支那人~ (5, 0.0%)

1 あること, だと, の曲芸師, の風俗, は平素

▼ 居る新吉~ (5, 0.0%)

1 が百, とお, に構わず, の様子, もあまり

▼ 居る時姫~ (5, 0.0%)

4 は悲しみ 1 は悲しみ乍ら

▼ 居る景色~ (5, 0.0%)

2 の中 1 は実に, をちょっと, を見る

▼ 居る書生~ (5, 0.0%)

1 で菱湖風, に大きな, の一人, は孫, は皆活溌有為

▼ 居る死骸~ (5, 0.0%)

2 を見 1 の側, の肉, は云う

▼ 居る殊に~ (5, 0.0%)

1 其の嫉妬, 印度と, 古代印度に, 地方の, 屋敷の

▼ 居る~ (5, 0.0%)

1 が大きな, が荒れ, ですから, は鳳山亭, を渫

▼ 居る~ (5, 0.0%)

2 の面 1 の水, を御覧, を見

▼ 居る生徒~ (5, 0.0%)

1 の気質, の父兄, はいづれ, は各々, は総立

▼ 居る~ (5, 0.0%)

1 が自分, のみが映つた, の媼, の水防, の縁

▼ 居る留守~ (5, 0.0%)

1 に敏子, に礼式, に腹, に蓑田先生, は上飯台

▼ 居る百姓~ (5, 0.0%)

1 の働き振, の短い, の間, は何, は幸

▼ 居る~ (5, 0.0%)

1 で生き返らない, のことゆゑ, のほとり, の前, は二つ

▼ 居る~ (5, 0.0%)

2 を見 1 の下, の奥, は無

▼ 居る細い~ (5, 0.0%)

1 下水を, 糸を, 紐を, 縮れて, 道を

▼ 居る細君~ (5, 0.0%)

1 のところ, の凄, の心持, の笑, を呼んだ

▼ 居る老婆~ (5, 0.0%)

4 の姿 1 が居た

▼ 居る育て~ (5, 0.0%)

4 の姫 1 の姫君

▼ 居る若旦那~ (5, 0.0%)

1 が開け, の久太郎, の半次郎, の徳太郎, の雪

▼ 居る~ (5, 0.0%)

1 がちょいちょい, の上, の原, や木, 入模様

▼ 居る西洋~ (5, 0.0%)

1 の乙女, の何百年, の作物, の文化, の武者人形

▼ 居る~ (5, 0.0%)

1 が随分, なしの, の利助, は容易, を安心

▼ 居る財布~ (5, 0.0%)

1 を, を何, を出し, を出す, を投げ出し

▼ 居る身體~ (5, 0.0%)

1 がぐらり, だ, だけは丈夫, だ何, をドツ

▼ 居る~ (5, 0.0%)

1 三, 三に, 三の, 三は, 右衛門といふ

▼ 居る錢形平次~ (5, 0.0%)

1 が不意, とガラツ八, の家, の鼻, も罠

▼ 居る~ (5, 0.0%)

1 かな入江, かな姿, かな宵, かな心, かにし

▼ 居る~ (5, 0.0%)

1 が聞える, が響き, である, で御座います, も聞こえた

▼ 居る~ (5, 0.0%)

1 が勘次, といふべきでせう, の上, の古い, を

▼ 居るあらゆる~ (4, 0.0%)

2 雲の 1 欠点を, 物は

▼ 居るかしら~ (4, 0.0%)

2 んとて 1 ッ, 今ごろ

▼ 居るからの~ (4, 0.0%)

1 ことである, 事です, 力一ぱいなに腕が, 譯から

▼ 居るそこで~ (4, 0.0%)

1 京伝らの, 京伝らも, 濡手に, 生存し

▼ 居るぞと~ (4, 0.0%)

1 いう, 一目で, 云はれた, 聲を

▼ 居るとかいう~ (4, 0.0%)

2 ような 1 ことを, 事を

▼ 居るとかいふ~ (4, 0.0%)

2 ことを 1 ことが, やうな

▼ 居るどころ~ (4, 0.0%)

2 では 1 じゃない, の話

▼ 居るなか~ (4, 0.0%)

1 でいつか成人, で自然, におもむろに, に交っ

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 いづれお前, え真黒, え美緒, 下女は

▼ 居るのにと~ (4, 0.0%)

1 思いながら, 思うの, 気が, 社会部長は

▼ 居るまでの~ (4, 0.0%)

2 事で 1 ことなれ, 事である

▼ 居るもう~ (4, 0.0%)

2 一人の 1 一つの, 農作が

▼ 居るよと~ (4, 0.0%)

2 習はずし 1 小守娘の, 談話は

▼ 居るよりか~ (4, 0.0%)

2 ひとつ夢でも 1 家内が, 是れ

▼ 居るわい~ (4, 0.0%)

1 さア小兼, のさ, 二寸三寸の, 敵が

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 ていうの, ていう事, ていう始末, て話

▼ 居る下男~ (4, 0.0%)

1 といえ, の友吉, の爲吉, の茂吉

▼ 居る~ (4, 0.0%)

2 に珍しき 1 の法律家達, 之松

▼ 居る事件~ (4, 0.0%)

1 は何, は何人位死刑, や内容, を云わ

▼ 居る亭主~ (4, 0.0%)

1 の三十郎, の前, の容子, はつっころげた

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 に身寄頼, の國, の木, の語

▼ 居る代り~ (4, 0.0%)

1 にいは, に山伏, に百姓, に私

▼ 居る佐久間~ (4, 0.0%)

2 といふ若い 1 の顏さ, の顔さ

▼ 居る余裕~ (4, 0.0%)

1 すらない, はない, は無, は無い

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 がこの, はあの, は実, は日

▼ 居る光君~ (4, 0.0%)

1 が紫, の上, の哀れ, の姿

▼ 居る全く~ (4, 0.0%)

1 彼の, 心中に, 無いもの, 禮儀が

▼ 居る写真~ (4, 0.0%)

1 であつ, で私, はよく, 迄つい

▼ 居る動物~ (4, 0.0%)

1 が大抵, でも可, もある, を言

▼ 居る卯平~ (4, 0.0%)

1 がまだ, とを見た, を見た, を見出し

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 ですよ, には酒, の端, の辺

▼ 居る同僚~ (4, 0.0%)

2 もある 1 があった, は昨日小生

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 だけがその, の名前, も少く, 来ませといふ

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 が此, ではない, なん, の好い

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 その物, との間, の障子, を見る

▼ 居る大和~ (4, 0.0%)

4 の野

▼ 居る太い~ (4, 0.0%)

2 洋杖が 1 うちひもの, 眉

▼ 居る女優~ (4, 0.0%)

1 が一眼, でした, の篠井智恵子, を訪ね

▼ 居る女性~ (4, 0.0%)

1 が万人, の伝説, の方, は実に

▼ 居る~ (4, 0.0%)

2 のお 1 と家政婦, の小娘

▼ 居る娘さん~ (4, 0.0%)

2 に無造作 1 が一人, やはたき

▼ 居る子供達~ (4, 0.0%)

2 にも遠く 1 にかう, の日焼け

▼ 居る学校~ (4, 0.0%)

1 などではあんまり, なれば, へ入, 第一

▼ 居る実に~ (4, 0.0%)

1 乱次ない, 是は, 立派な, 胸中に

▼ 居る家内~ (4, 0.0%)

1 に, のあと, の眼, の部屋

▼ 居る宿~ (4, 0.0%)

1 が二ヶ所, の主婦, の女中たち, へ行つて

▼ 居る小娘~ (4, 0.0%)

1 の心, の心づかい, をどうやら, を指

▼ 居る小屋~ (4, 0.0%)

1 など一つ, の中, の親方, を訊ねた

▼ 居る小説~ (4, 0.0%)

2 の結構 1 の多い, はあるまい

▼ 居る小鳥~ (4, 0.0%)

1 が参ります, の声, の姿, の聲

▼ 居る少し~ (4, 0.0%)

1 でも早い, でも西洋, 好い羊, 耳の

▼ 居る少年~ (4, 0.0%)

1 の図, の様子, の群, をばヒシ

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 には水あふひ, の草, の駿さん, へ船

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 すれば, の手, の肱, れど

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 から逆, の割, の若い, よりの声

▼ 居る座敷~ (4, 0.0%)

1 に据ゑる物, の前, は, へ出

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 に面した, のさざんくわ, の甕, へすら疾風

▼ 居る当人~ (4, 0.0%)

1 が景気, にも本統, も可笑し, も嘸

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 さえしなかった, にピタリ, の薄い, もその間

▼ 居る役人~ (4, 0.0%)

1 といふ事, などは直ぐ, のみでなく, らしい先生

▼ 居る思想~ (4, 0.0%)

1 に一致, の血, は思想, を完成め

▼ 居る恐らく~ (4, 0.0%)

2 人生の, 向上といふ

▼ 居る患者~ (4, 0.0%)

1 がある, と異, の若い, はみんな寝台

▼ 居る態度~ (4, 0.0%)

1 がいじらしい, が見られる, の訓詁解釈, は私

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 程あれ, 程右, 程大日經, 程西藏

▼ 居る我が~ (4, 0.0%)

1 女房を, 妹の, 恩人は, 肉體が

▼ 居る我等~ (4, 0.0%)

1 ではない, の心, は燃, を行きすぎさせ

▼ 居る或は~ (4, 0.0%)

1 之が, 支那で, 知らない日本, 行きがけの

▼ 居る手燭~ (4, 0.0%)

1 が三尺四方, のお蔭, の光, の光り

▼ 居る文句~ (4, 0.0%)

1 がある, に不思議, の無, の無気味さ

▼ 居る~ (4, 0.0%)

2 の事 1 から伝わる, の召使

▼ 居る~ (4, 0.0%)

2 の上 1 の前, の隅

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 も棄て, をいきなり, を岩, を強奪

▼ 居る枯野~ (4, 0.0%)

4 かな

▼ 居る栄蔵~ (4, 0.0%)

1 には前後, の顔, は, は一寸

▼ 居る樹木~ (4, 0.0%)

1 にからん, の根, の陰, や種々

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 に私, の動作, よりもどれほど, を不思議

▼ 居る浪人者~ (4, 0.0%)

1 などは自分, の原口作左衛門, の芦名光司, も居る

▼ 居る無論~ (4, 0.0%)

2 病院へ 1 秀子だ, 酒を

▼ 居る煙草~ (4, 0.0%)

2 とヴォクルーグ・スウェータ 1 の烟, の煙

▼ 居る状態~ (4, 0.0%)

1 です, ですな, に於, よりよい

▼ 居る現実~ (4, 0.0%)

2 を善 1 を楽しん, を疑る

▼ 居る理由~ (4, 0.0%)

1 がなかっ, もここ, もなから, もわかる

▼ 居る田地~ (4, 0.0%)

1 をたより, をも悉く, を受け, を沒收

▼ 居る甲斐~ (4, 0.0%)

1 がない, がなくなります, もない, もなく

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 がある, が描かれ, が画い, はよい

▼ 居る相棒~ (4, 0.0%)

2 がわかりません 1 が今頃, を拾った

▼ 居る~ (4, 0.0%)

3 つ最中 1 にもの靜

▼ 居る知人~ (4, 0.0%)

2 に話し 1 からアレキサンダー・モスコフスキー著, をたずね

▼ 居る石ツころ~ (4, 0.0%)

2 なんて可愛い, を

▼ 居る石塊~ (4, 0.0%)

4 の一つ

▼ 居る私共~ (4, 0.0%)

1 でさえ, の友人, は箇こ, を見つける

▼ 居る秘密~ (4, 0.0%)

1 の一部分, の鍵, を一言彼, を嗅ぐ

▼ 居る程度~ (4, 0.0%)

1 なの, にすら支那人, にすら日本人, の低い

▼ 居る種族~ (4, 0.0%)

1 がある, である, ですから, で朝鮮人

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 一回の, 二に, 二の, 四次元の

▼ 居る美人~ (4, 0.0%)

1 でも何, の事, の取, は第

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 僧が, 墓守は, 婆さんネ, 紳士の

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 であります, へと一つ, へ拔, へ方

▼ 居る者達~ (4, 0.0%)

1 が何, の前, は, はより

▼ 居る良人~ (4, 0.0%)

1 に嫁, に追, の許, は後

▼ 居る芝居~ (4, 0.0%)

1 に類する, の中, の様, 見た事

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 が手拭, の名, は父上, を見

▼ 居る若し~ (4, 0.0%)

1 丁寧に, 恩を, 此上生きれ, 眼の

▼ 居る若者~ (4, 0.0%)

1 と違つて, に対して自分, の総て, 迄悉く

▼ 居る英人~ (4, 0.0%)

1 の税関吏, の税關吏, はチベット, もあり

▼ 居る萱原~ (4, 0.0%)

2 は一様, は一樣

▼ 居る落葉~ (4, 0.0%)

2 を見れ 1 が雨, の上

▼ 居る言葉~ (4, 0.0%)

1 に奮鬪, の外, をうしろ, 書いて

▼ 居る証拠~ (4, 0.0%)

1 だ, ですな, で愛想, を握り潰します

▼ 居る證據~ (4, 0.0%)

1 である, です, に外, の手前

▼ 居る赤い~ (4, 0.0%)

1 帯の, 灯恋を, 貝や, 鉛筆を

▼ 居る身体~ (4, 0.0%)

1 が寝床ごといつ, だから, まだ年, を肩口

▼ 居る身分~ (4, 0.0%)

1 ですぞ, ではなし, で其處, なん

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 に乘込ん, の前, の心棒, を見

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 から真直, には幾分, は小, をいふ

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 で開く, を取る, を奪い, を指します

▼ 居る~ (4, 0.0%)

2 の内 1 に対して北, の二つ

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 のもの, の家, の部屋, の食卓

▼ 居る~ (4, 0.0%)

1 が晴れたら, の番傘, の降る, の雫

▼ 居る青白い~ (4, 0.0%)

2 四十女は 1 しまったたるみ, 男平次は

▼ 居る養子~ (4, 0.0%)

1 の与, の品吉, の敬太郎, の馬

▼ 居る馴染~ (4, 0.0%)

1 のお, のお伝, の遊女, の鸚鵡

▼ 居る鹿~ (4, 0.0%)

1 にそだてられた, の面, は能, を撃ち

▼ 居る黒い~ (4, 0.0%)

1 人影が, 岩だの, 影の, 犬です

▼ 居るあなた~ (3, 0.0%)

1 が今度, が恐い, の遊山

▼ 居るあれ~ (3, 0.0%)

1 は寺男, は小磯扇次, は皆多年

▼ 居るあゝ~ (3, 0.0%)

1 其の力, 愈々さうだ, 此艇も

▼ 居るお蔭~ (3, 0.0%)

1 で今日, で到る, で直方

▼ 居るかさえ~ (3, 0.0%)

1 判りません, 知らなかった, 解らなくなって

▼ 居るかな~ (3, 0.0%)

1 これ照や, ア, 病める咽

▼ 居るかね~ (3, 0.0%)

1 いま自動車を, 不了簡, 居るかね

▼ 居るからこそ~ (3, 0.0%)

1 この社会, 時々は, 現状が

▼ 居るからには~ (3, 0.0%)

1 持主の, 踏みつけられては, 進歩の

▼ 居るかをも~ (3, 0.0%)

1 十分認め, 知ること, 解剖學の

▼ 居るこちら~ (3, 0.0%)

3 の婦人

▼ 居ることさ~ (3, 0.0%)

1 へあつ, へも知らない, へ追

▼ 居るこんな~ (3, 0.0%)

1 ところで, 時には, 馬鹿な

▼ 居るさかい~ (3, 0.0%)

1 お前様達は, 末には, 淋しいこた

▼ 居るすぐ~ (3, 0.0%)

1 たべるもの, 傍には, 前に

▼ 居るそんな~ (3, 0.0%)

1 事を, 心持ちを, 泥棒猫の

▼ 居るたくさん~ (3, 0.0%)

2 の大石 1 の人間

▼ 居るだけは~ (3, 0.0%)

1 可愛らしい, 知つ, 運動の

▼ 居るつまり~ (3, 0.0%)

1 主人公の, 柔かいの, 集金高に

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 えの, すと, ますから

▼ 居るとこ~ (3, 0.0%)

1 がこいつ, へ飛び込ん, を見る

▼ 居るとこここ~ (3, 0.0%)

2 だらう 1 だろう

▼ 居るとさえ~ (3, 0.0%)

1 云えるだろう, 思えば, 思わせたる編輯者

▼ 居るとばかり~ (3, 0.0%)

1 では, 思うとった, 思つてゐた

▼ 居るとやら~ (3, 0.0%)

1 で娘, で瀧山誠之進, 愚痴は

▼ 居るなんざ~ (3, 0.0%)

1 あんまり褒めた, 太てえ, 面白いで

▼ 居るばっかり~ (3, 0.0%)

1 だったし, であった, で息子

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 えと思つた, かれば, つかう色

▼ 居るまで~ (3, 0.0%)

3 である

▼ 居るよし~ (3, 0.0%)

1 が認め, に候, 読んだ処

▼ 居るわき~ (3, 0.0%)

1 でお, に来, の壁

▼ 居る~ (3, 0.0%)

2 て今 1 てえ

▼ 居る一切~ (3, 0.0%)

1 の學理上及實踐上, の智識, の知識

▼ 居る一団~ (3, 0.0%)

1 がある, の少年, の若い

▼ 居る三十男~ (3, 0.0%)

2 の喜八郎 1 のんびりした

▼ 居る三田~ (3, 0.0%)

1 には頓着, の目, をからかふ

▼ 居る下宿~ (3, 0.0%)

1 には日本人, の主婦, の部屋

▼ 居る不見識~ (3, 0.0%)

3 には驚き

▼ 居る世間~ (3, 0.0%)

1 にあばき出し, の人, は必ずしも

▼ 居る了簡~ (3, 0.0%)

1 か又は, が悪い, で居りました

▼ 居る事柄~ (3, 0.0%)

1 であ, に依つ, の中

▼ 居る二つ~ (3, 0.0%)

1 の型, の白い, の臼

▼ 居る京都~ (3, 0.0%)

1 とは今, の信田, の町

▼ 居る休息~ (3, 0.0%)

1 があらう, と云, の時

▼ 居る伯父~ (3, 0.0%)

2 である 1 を殺した

▼ 居る伯父さん~ (3, 0.0%)

2 が口入れ 1 の家

▼ 居る位置~ (3, 0.0%)

1 が合点, のつよ, もそっと

▼ 居る低い~ (3, 0.0%)

1 堤には, 屋根は, 神即

▼ 居る何と~ (3, 0.0%)

2 いふて 1 なしに

▼ 居る作者~ (3, 0.0%)

1 にはただ, には山東京伝, の居室

▼ 居る僕等~ (3, 0.0%)

1 の金輪際, はヌエ, を拒ん

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 に刺戟, はまだ, は位置

▼ 居る全部~ (3, 0.0%)

1 でした, のやう, の人達

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 れが, れへ, 憎むべき害蟲

▼ 居る其中~ (3, 0.0%)

1 で最も, で甚しき, の畑地

▼ 居る其処~ (3, 0.0%)

1 えずっと, に本人, へ行く

▼ 居る其家~ (3, 0.0%)

1 の家童, は場所, を訪ね

▼ 居る十兵衞~ (3, 0.0%)

1 に対, に連添, も先刻

▼ 居る千種十次郎~ (3, 0.0%)

1 のアパート, の耳, はいろんな

▼ 居る印度~ (3, 0.0%)

1 には佛以前, の土人, は佛教國

▼ 居る叔母~ (3, 0.0%)

1 の髪の毛, へ返した, を見上げ

▼ 居る商家~ (3, 0.0%)

1 のお家はん, の二階, の女房

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 なんてもの, はそり, は見

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 があります, でその, へ大砲

▼ 居る大変~ (3, 0.0%)

1 な事, 肥った学者, 面白そう

▼ 居る夫婦~ (3, 0.0%)

1 の語數, の顔, もあれ

▼ 居る女君~ (3, 0.0%)

1 には一寸, の様子, はその

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 だ硯箱, な顏, も来

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 と病夫, の囚, の姿

▼ 居る子供等~ (3, 0.0%)

1 のこと, はどんなに, もいかに

▼ 居る季節~ (3, 0.0%)

1 である, ですから, は五月

▼ 居る守袋~ (3, 0.0%)

1 で此, の中, は引き

▼ 居る家族~ (3, 0.0%)

1 である僧團, の者, よりは数等

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 に不思議, に其狡猾, に立派

▼ 居る小川~ (3, 0.0%)

1 の土橋, の景色, を見つめる

▼ 居る少女~ (3, 0.0%)

1 に向, に訊く, を見

▼ 居る屋根~ (3, 0.0%)

1 から一足, ですから, へ昇つて

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 にし, もあった, もあつ

▼ 居る工合~ (3, 0.0%)

1 が全く, どう見, 何とも言

▼ 居る左吉松~ (3, 0.0%)

1 の咽笛, の自慢, は

▼ 居る幸福~ (3, 0.0%)

1 だ, である, を味

▼ 居る~ (3, 0.0%)

2 から幹 1 や小

▼ 居る当時~ (3, 0.0%)

1 の実社会, は, は事由

▼ 居る性質~ (3, 0.0%)

1 かはきめ兼ねる, を何となく, を持っ

▼ 居る意味~ (3, 0.0%)

1 が分らなくなっ, でありまして, の罪

▼ 居る我々~ (3, 0.0%)

1 にとつ, の考, は決して

▼ 居る手代~ (3, 0.0%)

1 だったとは, に手びか, の敬吉

▼ 居る手前~ (3, 0.0%)

1 のお袋, は不忠, は己

▼ 居る手合~ (3, 0.0%)

2 でもイザ 1 が多い

▼ 居る折柄~ (3, 0.0%)

1 うまくツァンニー・ケンボ, でした, とて學者

▼ 居る教師~ (3, 0.0%)

1 の為, の間, もある

▼ 居る敬之進~ (3, 0.0%)

1 が復, を家, を見る

▼ 居る文化~ (3, 0.0%)

1 と云, の中, は今日

▼ 居る文章~ (3, 0.0%)

1 においては通常, のなか, を見せ

▼ 居る方々~ (3, 0.0%)

1 がある, が与へ, には初め

▼ 居る方向~ (3, 0.0%)

1 に指し, の所, へ行かず

▼ 居る旅館~ (3, 0.0%)

1 があります, などといったら, の方

▼ 居る時計~ (3, 0.0%)

1 だ, だのその, だのに

▼ 居る東京~ (3, 0.0%)

1 の遠縁, へ電報, 某名家

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 の深い, の蔭, やの阿

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 の中, の彼方, は二丈

▼ 居る校長~ (3, 0.0%)

2 の子供 1 の進藤

▼ 居る極めて~ (3, 0.0%)

1 少数の, 狭い範囲内, 簡單な

▼ 居る模様~ (3, 0.0%)

1 だ, です, なら東京

▼ 居る~ (3, 0.0%)

2 の下 1 の名

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 と云, 好んで, 若しも此方

▼ 居る正太~ (3, 0.0%)

1 の噂, の知人, を呼び

▼ 居る此小昼~ (3, 0.0%)

3 に又

▼ 居る此島~ (3, 0.0%)

2 は私 1 からあゝ

▼ 居る武家~ (3, 0.0%)

1 じゃ無い, だ, でした

▼ 居る歴史~ (3, 0.0%)

1 では温祚, により古い, に據

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 の族, 彌が, 彌の

▼ 居る民族~ (3, 0.0%)

1 でもなかつた, にはもとより, は東洋民族

▼ 居る気分~ (3, 0.0%)

1 にさせる, もしくは情緒, やらが千世子

▼ 居る~ (3, 0.0%)

2 が平素薄命 1 はなぜ然

▼ 居る江戸~ (3, 0.0%)

1 に這入, の町人達, の野次馬

▼ 居る法律~ (3, 0.0%)

1 では媒酌人, と愛国心, は法律それ自身

▼ 居る淋し~ (3, 0.0%)

21 さつまらな

▼ 居る清五郎~ (3, 0.0%)

1 か幸七, が踏板, は全く

▼ 居る~ (3, 0.0%)

2 はご 1 がない

▼ 居る為め~ (3, 0.0%)

2 にその 1 に野火

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 妻主義者, 智の, 職業家でございまする

▼ 居る然し~ (3, 0.0%)

1 彼等とても全く, 未だ曾, 私には

▼ 居る然るに~ (3, 0.0%)

1 天文學の, 瑜伽の, 貴様との

▼ 居る~ (3, 0.0%)

2 を見た 1 もありました

▼ 居る~ (3, 0.0%)

2 の傍 1 の群

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 を見, を見る, を言

▼ 居る狭い~ (3, 0.0%)

1 宅だ, 町中で, 螺旋形の

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 い庭, い袷, い間

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 の力, は時として, 氣を

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 の世, の新, の私

▼ 居る用人~ (3, 0.0%)

1 に訊ねました, を見上げ, を顧みました

▼ 居る~ (3, 0.0%)

2 と鬼怒川 1 を竪

▼ 居る田舎~ (3, 0.0%)

1 の奥, の子供, の方

▼ 居る男達~ (3, 0.0%)

1 がある, が五六人, が多

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 は針, もああああ, を見た

▼ 居る目録~ (3, 0.0%)

2 では漢書 1 の分類

▼ 居る相手~ (3, 0.0%)

1 の女, の為, の顏

▼ 居る看護婦~ (3, 0.0%)

1 であらう, に花房一郎, の手

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 でしたが, で幾許, とは思はなかつた

▼ 居る私達~ (3, 0.0%)

1 ですら, はうれしい, は思った

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 が土手, の穗, を此

▼ 居る空気~ (3, 0.0%)

1 とは丸, と彼女一人, の中

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 の枝, の根, の籠

▼ 居る筈ぢ~ (3, 0.0%)

2 やない 1 や無い

▼ 居る精霊~ (3, 0.0%)

1 を呪力, を追, 或は神

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 と乳母, をうらやむ, 只乳母

▼ 居る結果~ (3, 0.0%)

1 でも有らう, として久保田君, として近

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 くしさ, である, は丁度

▼ 居る習慣~ (3, 0.0%)

1 がある, が附い, です

▼ 居る者共~ (3, 0.0%)

1 だとは, にも一応, のしやれたらしい

▼ 居る肺病患者~ (3, 0.0%)

2 と見え出した 1 は自分自身

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 にも腕, に気, やしまったうで

▼ 居る自動車~ (3, 0.0%)

1 は其の, を呼び, を見る

▼ 居る船頭~ (3, 0.0%)

1 が其等, の船尾, はまた

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 が私達, だ, のない

▼ 居る色々~ (3, 0.0%)

1 な催し, な目, 様々な

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 侍等の, 夫婦が, 黨上りの

▼ 居る若く~ (3, 0.0%)

1 て綺麗, は努力, は意義

▼ 居る苦痛~ (3, 0.0%)

1 などは要するに, をひどく, を脱したく思う

▼ 居る荒物屋~ (3, 0.0%)

1 といふの, の婆さん, の隣

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 が青, にこまかい, の輝き

▼ 居る薄暗い~ (3, 0.0%)

1 ランプの, 六疊で, 家内の

▼ 居る薔薇~ (3, 0.0%)

2 の紅 1 を剪

▼ 居る~ (3, 0.0%)

2 の花 1 の上

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 が湧き返っ, を手巾, を洗い落し

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 に二三分, に忽ち, に異常

▼ 居る計り~ (3, 0.0%)

1 お辰, なれども, に自分

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 かに向っ, も口, も此

▼ 居る調子~ (3, 0.0%)

1 です, で全般, もよい

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 城は, 天諸, 藩の

▼ 居る貧乏~ (3, 0.0%)

1 な婆, な某, な為

▼ 居る赤井左門~ (3, 0.0%)

2 は若い 1 の前

▼ 居る身内~ (3, 0.0%)

1 と芝, のある, のもの

▼ 居る~ (3, 0.0%)

2 であるから 1 もある

▼ 居る通貨~ (3, 0.0%)

2 が減る 1 の高

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 をポコポコ, を何, を南

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 には見られない, に来, の娘

▼ 居る錢形~ (3, 0.0%)

2 の親分 1 の平次

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 さ一寸から, に遇わさなかった, 四疊には

▼ 居る~ (3, 0.0%)

2 がか 1 をとつて

▼ 居る青年~ (3, 0.0%)

1 だつたの, です, の一人

▼ 居る青桐~ (3, 0.0%)

1 がめっきり, の下, の葉

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 て又, て彼, て時計

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 と一つこと, の形, は即ち

▼ 居る餘裕~ (3, 0.0%)

1 がない, はない, もなく

▼ 居る駕籠~ (3, 0.0%)

1 に近づきました, の中, の簾

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 さも, 足駄を, 雪峰は

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 の總稱, の美しい, を知り

▼ 居る~ (3, 0.0%)

1 の事, までこの, もあつ

▼ 居るあつし~ (2, 0.0%)

1 の身體, をつかまへ

▼ 居るいずれ~ (2, 0.0%)

1 も今日, も口々

▼ 居るうち自分~ (2, 0.0%)

1 の五十五, もやっ

▼ 居るうち貴方~ (2, 0.0%)

1 が横合い, の仰有る

▼ 居るうつくしい~ (2, 0.0%)

1 姉さんだ, 鳥の

▼ 居るおかみさん~ (2, 0.0%)

1 がぢろぢろ客種, の身

▼ 居るおり~ (2, 0.0%)

1 かに渡し, かをかばふ

▼ 居るお互い~ (2, 0.0%)

1 などは余り, の身

▼ 居るお婆さん~ (2, 0.0%)

1 がありまし, や姉さん

▼ 居るお客~ (2, 0.0%)

1 というの, を起そう

▼ 居るお方~ (2, 0.0%)

1 である, で今日チベット

▼ 居るお節~ (2, 0.0%)

1 は仕事, を見

▼ 居るかって~ (2, 0.0%)

2 云う事

▼ 居るかなり~ (2, 0.0%)

2 高い山

▼ 居るからって~ (2, 0.0%)

1 やっぱり惜しい, 食物ア大変八釜しい

▼ 居るからにゃ~ (2, 0.0%)

1 ねえ登恵ちゃん, ア此処からでも

▼ 居るがと~ (2, 0.0%)

1 云う程度, 過去の

▼ 居るくらいの~ (2, 0.0%)

1 ものに, 者に対して

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 怖いか, 油断が

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 なが, にて和尚

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 がらし, ちとら

▼ 居るこそ~ (2, 0.0%)

1 むしろ憎むべきである, 珍らしけれ

▼ 居ること三年~ (2, 0.0%)

1 であつ, 又其前後

▼ 居ること服~ (2, 0.0%)

2 を着

▼ 居るこれ等~ (2, 0.0%)

1 の人々, の旅行者

▼ 居るささやか~ (2, 0.0%)

1 な家, な木

▼ 居るしかも~ (2, 0.0%)

1 其一本, 才短

▼ 居るしろき~ (2, 0.0%)

2 積雲の

▼ 居るすなわち~ (2, 0.0%)

1 人その, 按手礼であります

▼ 居るすべて~ (2, 0.0%)

1 のラブチェ種族, の内

▼ 居るそっち~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 居るそつ~ (2, 0.0%)

1 ちで胴, と身體

▼ 居るだけが~ (2, 0.0%)

1 無駄見たいな, 非常に

▼ 居るちょうど~ (2, 0.0%)

1 十疋居る, 実の

▼ 居るつて~ (2, 0.0%)

1 いふぢ, いふん

▼ 居るつてこと~ (2, 0.0%)

1 です, は想像

▼ 居るというも~ (2, 0.0%)

2 知って

▼ 居るといつて~ (2, 0.0%)

1 も宜, も差支

▼ 居るといふかも~ (2, 0.0%)

2 知れぬ

▼ 居るといふも~ (2, 0.0%)

2 知つて居る

▼ 居るところ興味~ (2, 0.0%)

1 あり, ふかし

▼ 居るとして~ (2, 0.0%)

1 仕事に, 番頭の

▼ 居るとな~ (2, 0.0%)

1 つてはね, 直ぐ母樣

▼ 居ると共に~ (2, 0.0%)

1 他の, 聲を

▼ 居るどんな~ (2, 0.0%)

1 ことを, 小さい引札

▼ 居るなあ~ (2, 0.0%)

1 はばかりと同じ, 金吾様じゃ

▼ 居るなぞ~ (2, 0.0%)

1 は頼もしい, は頼母

▼ 居るなどという~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ 居るなどとは~ (2, 0.0%)

1 さすが悪女, 思いつき様も

▼ 居るにや~ (2, 0.0%)

1 居るが, 文法學者に

▼ 居るねと~ (2, 0.0%)

1 ふざけた, 訊ねると

▼ 居るのう~ (2, 0.0%)

1 それに, 当家が

▼ 居るのさ~ (2, 0.0%)

1 へ苦しく, へ言

▼ 居るはっきり~ (2, 0.0%)

1 した証拠, 名の

▼ 居るばかりで~ (2, 0.0%)

2 有った

▼ 居るばっかりで~ (2, 0.0%)

1 何を, 千世子は

▼ 居るばっかりに~ (2, 0.0%)

1 つくりなされたもの, 新さんは

▼ 居るもっとも~ (2, 0.0%)

1 チベット人は, 博士とは

▼ 居るもののが~ (2, 0.0%)

2 部分は

▼ 居るもの星合~ (2, 0.0%)

2 ひの

▼ 居るもんじゃ~ (2, 0.0%)

1 から直に, から誰

▼ 居るやも~ (2, 0.0%)

1 はかり知れざれば, 知れず

▼ 居るやを~ (2, 0.0%)

2 知る可

▼ 居るようす~ (2, 0.0%)

1 は何, は都会

▼ 居るよりもと~ (2, 0.0%)

2 徒らに

▼ 居るわたし~ (2, 0.0%)

1 がその, を物憂

▼ 居るゴンクール~ (2, 0.0%)

1 から電話, に電話

▼ 居るシナ人~ (2, 0.0%)

1 として通行券, は喰います

▼ 居るソレ~ (2, 0.0%)

1 が役人連, を分捕りしよう

▼ 居るチベット~ (2, 0.0%)

1 の火箸, の紳士

▼ 居るチベット国~ (2, 0.0%)

1 でも実に, 即ち天然

▼ 居るヌエ~ (2, 0.0%)

1 は一方, は誰

▼ 居るネと~ (2, 0.0%)

2 云はれ

▼ 居るマダム馬鈴薯~ (2, 0.0%)

2 が何日

▼ 居るマリイ~ (2, 0.0%)

1 の様, の樣

▼ 居るモンゴリヤ~ (2, 0.0%)

1 の僧侶, の老

▼ 居るヤンキー~ (2, 0.0%)

2 に質し

▼ 居るリズム~ (2, 0.0%)

1 が横, の百分の一

▼ 居るロシア~ (2, 0.0%)

1 と親しく, の博士

▼ 居るロダン先生~ (2, 0.0%)

2 の製作室

▼ 居るローツァーラン~ (2, 0.0%)

1 に着しました, 指して

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の孤島, の證據

▼ 居る一個~ (2, 0.0%)

1 の凸点, の陰鬱

▼ 居る一匹~ (2, 0.0%)

1 の甲虫, の黒猫

▼ 居る一双~ (2, 0.0%)

2 の石

▼ 居る一同~ (2, 0.0%)

1 の耳, をあと

▼ 居る七平~ (2, 0.0%)

1 だよ, を突き

▼ 居る三十~ (2, 0.0%)

1 きっちり位, 近いこれ

▼ 居る三十前後~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 居る三十石積~ (2, 0.0%)

1 と見, と見覚え

▼ 居る三尺~ (2, 0.0%)

1 ばかりの長, ほどの溝川

▼ 居る三方~ (2, 0.0%)

1 が囲った, が圍つた

▼ 居る三輪~ (2, 0.0%)

1 の万七, の萬七

▼ 居る三辻~ (2, 0.0%)

1 に来, の枯芝

▼ 居る上州~ (2, 0.0%)

2 の故郷

▼ 居る下男部屋~ (2, 0.0%)

2 を一

▼ 居る不足~ (2, 0.0%)

2 か不承知

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 のラマ, を待つ

▼ 居る九十九里浜~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 居る事等~ (2, 0.0%)

1 は千世子, を喋々

▼ 居る二三人~ (2, 0.0%)

1 が其の, の中

▼ 居る五六人~ (2, 0.0%)

1 の兵卒, の女

▼ 居る井筒屋~ (2, 0.0%)

1 の旦那, の田地

▼ 居る人ぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, や無い

▼ 居る人人~ (2, 0.0%)

1 である, も大分故人

▼ 居る人別~ (2, 0.0%)

1 を片, を片っ端

▼ 居る人形~ (2, 0.0%)

1 である事, の手

▼ 居る人数~ (2, 0.0%)

1 が四五十人, へも一々

▼ 居る人氣者~ (2, 0.0%)

1 だ, の奴

▼ 居る人種~ (2, 0.0%)

1 だつたの, ばかりです

▼ 居る人足~ (2, 0.0%)

1 が言葉少な, も女共

▼ 居る人間全部~ (2, 0.0%)

1 に逢つて, を庭先

▼ 居る人間達~ (2, 0.0%)

1 が愚かしい, が道

▼ 居る仁王小路~ (2, 0.0%)

2 が俺

▼ 居る仙吉~ (2, 0.0%)

1 の方, の目鼻

▼ 居る以外~ (2, 0.0%)

1 に曾, の大人共

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 だつたの, へ日頃

▼ 居る伯母~ (2, 0.0%)

1 の家, を残した

▼ 居る位地~ (2, 0.0%)

1 に追, までに達した

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の市, の市さんだつ

▼ 居る佐世~ (2, 0.0%)

1 に勅命, に命ぜられた

▼ 居る何物~ (2, 0.0%)

1 かもございます, かを求める

▼ 居る余程~ (2, 0.0%)

1 深く斬込み, 面白い人

▼ 居る例へば~ (2, 0.0%)

1 エデンの, 伊太利譯には

▼ 居る信者~ (2, 0.0%)

1 の中, も沢山

▼ 居る傾き~ (2, 0.0%)

1 があっ, があります

▼ 居る傾向~ (2, 0.0%)

1 だ, だけをもっ

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 來是れ, 來此に

▼ 居る兄弟~ (2, 0.0%)

1 の子供, の心

▼ 居る光線~ (2, 0.0%)

1 がさう見える, がそう

▼ 居る八疊~ (2, 0.0%)

1 が三番, の間

▼ 居る公園~ (2, 0.0%)

1 とか別, の夜

▼ 居る六疊~ (2, 0.0%)

1 で覗く, の室

▼ 居る其等~ (2, 0.0%)

1 の幹, の本

▼ 居る兼松~ (2, 0.0%)

1 に繼, は鐵心道人

▼ 居る冷泉為恭筆~ (2, 0.0%)

2 の阿弥陀来迎図

▼ 居る冷泉爲恭筆~ (2, 0.0%)

2 の阿彌陀來迎圖

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 に手, は首

▼ 居る刄物~ (2, 0.0%)

1 で切つたの, といふの

▼ 居る別種~ (2, 0.0%)

1 の者, の語

▼ 居る利三郎~ (2, 0.0%)

1 があんまり, を奧

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 には元, には品

▼ 居る割合~ (2, 0.0%)

1 に母, に狹

▼ 居る労働者~ (2, 0.0%)

1 にも其処, は千五百万人

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 しさ, の顔

▼ 居る勘兵衞~ (2, 0.0%)

1 が氣, と妾

▼ 居る勘太~ (2, 0.0%)

1 に平次, は不精無精

▼ 居る十兵衛~ (2, 0.0%)

1 に対, に連れ添える

▼ 居る十手~ (2, 0.0%)

1 はどう, を拔

▼ 居る十箇月~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 居る千代~ (2, 0.0%)

1 がみ, 之助

▼ 居る千島禮三~ (2, 0.0%)

1 が, がつか

▼ 居る半分~ (2, 0.0%)

2 の感興

▼ 居る卓子~ (2, 0.0%)

1 に頬杖, の下

▼ 居る印度人~ (2, 0.0%)

1 には宗教, は裸足

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 南山同, 地方に

▼ 居る友人宛~ (2, 0.0%)

2 で先達て

▼ 居る友伯父さん~ (2, 0.0%)

1 の側, の方

▼ 居る反感~ (2, 0.0%)

2 はそんな

▼ 居る叔母さん~ (2, 0.0%)

1 の家, はどんな

▼ 居る叔父夫婦~ (2, 0.0%)

1 のこと, の昔気質

▼ 居る口元~ (2, 0.0%)

1 で云った, にはさみしい

▼ 居る台所~ (2, 0.0%)

1 に行った, を通つて納戸

▼ 居る同国人~ (2, 0.0%)

1 が今年, の耳

▼ 居る同志~ (2, 0.0%)

1 が面, の前

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の片, 記者千種十次郎の

▼ 居る商売人~ (2, 0.0%)

1 はチベット, も全部馬車

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 などを聞く, の千種十次郎

▼ 居る四ツ目~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 居る四十男~ (2, 0.0%)

1 だつたの, ですがね

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 が描かれ, もとより木

▼ 居る国民~ (2, 0.0%)

1 が生理的, の設計丈

▼ 居る土間~ (2, 0.0%)

1 に微か, の陰気

▼ 居る地主~ (2, 0.0%)

1 だと, の鶴屋利右衞門

▼ 居る地面~ (2, 0.0%)

1 から遠い, を蹴った

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の男, ばかりの縁先

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 であります, は現に

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の腰かけ茶屋, の青草

▼ 居る境界~ (2, 0.0%)

1 ではなから, では無から

▼ 居る~ (2, 0.0%)

2 を更に

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の夕空, の海神祭り

▼ 居る外套~ (2, 0.0%)

1 のカクシ, を脱い

▼ 居る多勢~ (2, 0.0%)

1 の人, の者

▼ 居る多少~ (2, 0.0%)

2 教育も

▼ 居る多数~ (2, 0.0%)

1 の家, の植物

▼ 居る大名~ (2, 0.0%)

1 が兵粮丸, の上屋敷

▼ 居る大家~ (2, 0.0%)

1 だ, であるから

▼ 居る大小~ (2, 0.0%)

1 の滝, の猫

▼ 居る大工~ (2, 0.0%)

1 が真, の金五郎

▼ 居る大広間~ (2, 0.0%)

1 から抜け出し, へ這入ろう

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の白雲, はそれ

▼ 居る天下~ (2, 0.0%)

1 の直参, を料理

▼ 居る天井~ (2, 0.0%)

2 に幾つ

▼ 居る太十~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 居る夫婦者~ (2, 0.0%)

1 の姿, もまだ

▼ 居る奇怪~ (2, 0.0%)

1 である余程, である餘程混雜

▼ 居る奇月~ (2, 0.0%)

1 が憎かっ, の幇間振り

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 に一棟, の部屋

▼ 居る女中達~ (2, 0.0%)

1 になぶられ, に命じ

▼ 居る女優髷~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 居る女客~ (2, 0.0%)

1 は時々, を自分

▼ 居る好い~ (2, 0.0%)

1 女だ, 男だ

▼ 居る如く~ (2, 0.0%)

1 に見受ける, に遺伝性

▼ 居る如何なる~ (2, 0.0%)

1 立派なる, 點に

▼ 居る妻君~ (2, 0.0%)

1 の手, はごく

▼ 居る姉娘~ (2, 0.0%)

1 の子守り唄, の虚心

▼ 居る姉婿宛~ (2, 0.0%)

2 でタナグラ

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 にもかり, の言葉

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 のお, の話聲

▼ 居る嬉し~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ 居る子分~ (2, 0.0%)

1 の者, の銀三

▼ 居る子女~ (2, 0.0%)

1 が勝手, の父兄たち

▼ 居る學問~ (2, 0.0%)

1 なり道徳, も何

▼ 居る宝石~ (2, 0.0%)

1 よりも鋭く, をどんな

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 のこと, の母

▼ 居る客人~ (2, 0.0%)

1 のどれ, は己

▼ 居る家中~ (2, 0.0%)

1 の戸, の若

▼ 居る家主~ (2, 0.0%)

1 がかつて, の処

▼ 居る家来~ (2, 0.0%)

1 が悪かっ, も流石

▼ 居る家柄~ (2, 0.0%)

1 だつたの, であつ

▼ 居る家路~ (2, 0.0%)

1 を急ぎ, を急ぎました

▼ 居る宿屋~ (2, 0.0%)

1 が焼け, も起き

▼ 居る寂し~ (2, 0.0%)

1 さを, さ温か

▼ 居る密教~ (2, 0.0%)

1 には瑜伽, の中

▼ 居る富山七之助~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ 居る寒霞渓~ (2, 0.0%)

2 を其の

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 するに, する所此

▼ 居る對岸~ (2, 0.0%)

1 に一個, に少し

▼ 居る小さき~ (2, 0.0%)

1 蜘蛛や, 骨で

▼ 居る小松君~ (2, 0.0%)

2 が突然

▼ 居る小舟~ (2, 0.0%)

1 まで見える, よ

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 壯の, 數の

▼ 居る尤も~ (2, 0.0%)

1 馬車の, 鳥巣庵の

▼ 居る山田~ (2, 0.0%)

1 という男, のこと

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 に捉, の山

▼ 居る岬角~ (2, 0.0%)

1 を摩っ, を摩つて

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 という意味, をチャンドラギリー

▼ 居る峰右衛門~ (2, 0.0%)

1 を脅かし, を脅かす

▼ 居る峰右衞門~ (2, 0.0%)

1 を脅かし, を脅かす

▼ 居る島々~ (2, 0.0%)

1 の海辺, へやってきた

▼ 居る左手~ (2, 0.0%)

2 に之

▼ 居る巨鐘~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ 居る市女笠~ (2, 0.0%)

1 の様, の樣

▼ 居る市子~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 居る布団~ (2, 0.0%)

1 というの, に手

▼ 居る師匠~ (2, 0.0%)

1 の耳, を殺し

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 に足, を放せ

▼ 居る年増~ (2, 0.0%)

1 は隱居, も噴飯

▼ 居る広い~ (2, 0.0%)

1 室内に, 道を

▼ 居る広っぱ~ (2, 0.0%)

1 に面し, の隅

▼ 居る広野~ (2, 0.0%)

2 を愉快げ

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 が何, の下

▼ 居る廣場~ (2, 0.0%)

1 である, に出

▼ 居る建物~ (2, 0.0%)

1 の周囲, も妙

▼ 居る弖爾乎波~ (2, 0.0%)

1 の中, を許容

▼ 居る~ (2, 0.0%)

2 でせう

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 五郎の, 吉には

▼ 居る形容詞~ (2, 0.0%)

1 が何時の間にか, では充分

▼ 居る形跡~ (2, 0.0%)

1 があるです, を認めざりし

▼ 居る彦太郎~ (2, 0.0%)

1 を引, を残し

▼ 居る役者~ (2, 0.0%)

1 です, の競馬

▼ 居る彼自身~ (2, 0.0%)

1 が居る, ではあるまい

▼ 居る往来~ (2, 0.0%)

1 の人々, をこれ

▼ 居る往還~ (2, 0.0%)

1 に登る, は霜

▼ 居る後ろ~ (2, 0.0%)

1 から唐紙, から忍び寄り

▼ 居る御者いねむりをして~ (2, 0.0%)

2 居る

▼ 居る心根~ (2, 0.0%)

1 をいじらし, を感ず

▼ 居る心算~ (2, 0.0%)

1 で帰れ, りよ

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 な坂, に寐

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 のどっち, よりも目

▼ 居る息子さん~ (2, 0.0%)

1 は上り端, は胸

▼ 居る恰好~ (2, 0.0%)

1 になり, を更

▼ 居る患者たち~ (2, 0.0%)

1 が興味, もやはり

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 ねエ身の上, を烈しく

▼ 居る感情~ (2, 0.0%)

1 は出来る, よく理解

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の間, まで泥棒

▼ 居る戸川課長~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ 居る所以~ (2, 0.0%)

1 は即ち, は天

▼ 居る所長~ (2, 0.0%)

2 のホイットマン教授

▼ 居る手つき~ (2, 0.0%)

1 がよい, を眺め

▼ 居る批評~ (2, 0.0%)

1 の径路, は批評

▼ 居る抗議~ (2, 0.0%)

2 は蓋し

▼ 居る按摩~ (2, 0.0%)

1 と琴, の亥

▼ 居る掛り人~ (2, 0.0%)

2 の喜八郎

▼ 居る探偵~ (2, 0.0%)

1 は更に, は益々

▼ 居る支那~ (2, 0.0%)

1 の泰山府君, の記録

▼ 居る支配人~ (2, 0.0%)

1 です, の七兵衞

▼ 居る教え~ (2, 0.0%)

1 が仏教, である

▼ 居る教会~ (2, 0.0%)

1 に社会党, の親睦会

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 が知れる, が著しく

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 に対してどの, の姿

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の, 考えさせられる深刻

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 來の, 銭座の

▼ 居る方針~ (2, 0.0%)

1 はとにかく, は随分

▼ 居る日出雄少年~ (2, 0.0%)

1 の項, をば

▼ 居る日影色~ (2, 0.0%)

1 の無地, の絹

▼ 居る明神下~ (2, 0.0%)

1 の平次, の長屋

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 に比べ, のやう

▼ 居る時そつ~ (2, 0.0%)

1 と拔, と鯨幕

▼ 居る時ぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, やねえ

▼ 居る時として~ (2, 0.0%)

2 人の

▼ 居る時不意~ (2, 0.0%)

1 に小林さん, に少年

▼ 居る時僕~ (2, 0.0%)

1 は興味, も唯

▼ 居る時刻~ (2, 0.0%)

1 では無, に強い

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 などは, には私

▼ 居る晶子~ (2, 0.0%)

1 の為, を馬車

▼ 居る暗い~ (2, 0.0%)

1 座敷へ, 影かとばかり

▼ 居る暫く~ (2, 0.0%)

1 すると, は安し

▼ 居る書物~ (2, 0.0%)

1 が沢山, の三分の一

▼ 居る書籍~ (2, 0.0%)

1 が二志, は此春郷里

▼ 居る最早~ (2, 0.0%)

2 遁れる

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 であった, の光

▼ 居る月見草~ (2, 0.0%)

1 は自分等, を思はせる

▼ 居る有名~ (2, 0.0%)

1 な美人看護婦, 過ぎるほど

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 などには早, はキッ

▼ 居る期間~ (2, 0.0%)

1 が多い, の新

▼ 居る木戸~ (2, 0.0%)

1 の外, をどうして

▼ 居る木曾~ (2, 0.0%)

1 の小, の方

▼ 居る木立~ (2, 0.0%)

1 との間, を愛する

▼ 居る木羽葺~ (2, 0.0%)

2 のきたない

▼ 居る本所~ (2, 0.0%)

1 の泥棒, 荒しで

▼ 居る本箱~ (2, 0.0%)

1 の間, を指し

▼ 居る朱雲~ (2, 0.0%)

2 がか

▼ 居る材料~ (2, 0.0%)

1 でありますから, は一

▼ 居る材木~ (2, 0.0%)

2 と材木

▼ 居る東京朝日新聞社~ (2, 0.0%)

2 の通信員八十島氏

▼ 居る板敷~ (2, 0.0%)

1 の炉辺, の長

▼ 居る染料植物~ (2, 0.0%)

1 ばかりでなく, 及びこれ

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 かな葉, しい人

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 がお, の木の下

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の木, の梢

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の木, の木の下

▼ 居る梅吉~ (2, 0.0%)

1 の死骸, を殺した

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の上, 或は根

▼ 居る森彦~ (2, 0.0%)

1 からの手紙, へ宛て

▼ 居る椅子~ (2, 0.0%)

1 や少し, を少し

▼ 居る植木屋~ (2, 0.0%)

1 の母親, へ型

▼ 居る植物~ (2, 0.0%)

1 がそれ, の色

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 に行った, の快い

▼ 居る様々~ (2, 0.0%)

1 な場合, の苦

▼ 居る標準~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 居る横井源太郎~ (2, 0.0%)

1 と打越金, には斯

▼ 居る横顔~ (2, 0.0%)

1 の把握, を尊い

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の上, まで來

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 みだから, を織る

▼ 居る次男~ (2, 0.0%)

1 が歸つて來, に小声

▼ 居る歌人~ (2, 0.0%)

1 の安永さん, の鼻毛

▼ 居る正直~ (2, 0.0%)

1 な好い, な番頭

▼ 居る正直者歩~ (2, 0.0%)

2 振の

▼ 居る此小晝~ (2, 0.0%)

2 に又

▼ 居る此男~ (2, 0.0%)

2 ではあるまい

▼ 居る此處~ (2, 0.0%)

1 の主人, へ來

▼ 居る死人~ (2, 0.0%)

1 である, の顔

▼ 居る殆ど~ (2, 0.0%)

1 無能力, 眉の

▼ 居る毎日~ (2, 0.0%)

1 と云う, の夢

▼ 居る毛虫~ (2, 0.0%)

1 には目, の鳴く

▼ 居る気持ツ~ (2, 0.0%)

2 たら全く

▼ 居る気遣い~ (2, 0.0%)

1 がない, はない

▼ 居る氣分~ (2, 0.0%)

1 にさせる, の存する

▼ 居る水槽~ (2, 0.0%)

1 の底, の樋

▼ 居る水田~ (2, 0.0%)

1 を抱, を貫い

▼ 居る汚い~ (2, 0.0%)

1 手で, 衣服で

▼ 居る江戸ッ子~ (2, 0.0%)

1 が想像以上, の行衛

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 がある, のよう

▼ 居る決して~ (2, 0.0%)

1 單に, 純粋の

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 である從つてこれ, はない

▼ 居る法王~ (2, 0.0%)

1 から見ます, であること

▼ 居る法衣~ (2, 0.0%)

1 は大臣, を脱ぎ棄て

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 のよう, の間

▼ 居る注意~ (2, 0.0%)

1 すべき事, は国語

▼ 居る泰勝院殿~ (2, 0.0%)

2 の御代

▼ 居る洋服~ (2, 0.0%)

1 の外套, を著

▼ 居る流れ~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ 居る海面~ (2, 0.0%)

1 と白い, を睨ん

▼ 居る淋しい~ (2, 0.0%)

1 姿を, 町を

▼ 居る深い~ (2, 0.0%)

1 意義を, 溪谷を

▼ 居る深川~ (2, 0.0%)

1 の材木屋, の踊り子

▼ 居る清吉~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 に寄れ, の浪

▼ 居る源さん~ (2, 0.0%)

1 に声, を見た

▼ 居る漁師~ (2, 0.0%)

1 が運送船, の女房

▼ 居る潮吹~ (2, 0.0%)

2 の権次

▼ 居る濱島武文~ (2, 0.0%)

1 に邂逅, はから

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 に暖め, を消せ

▼ 居る火箸~ (2, 0.0%)

1 を取っ, を自分

▼ 居る灰色~ (2, 0.0%)

2 の雲

▼ 居る焚火~ (2, 0.0%)

1 であ, の中

▼ 居る父兄~ (2, 0.0%)

1 のため, の身

▼ 居る父様~ (2, 0.0%)

2 の頭

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の松, はある

▼ 居る爺さん~ (2, 0.0%)

1 があつ, は蚊帳

▼ 居る物置~ (2, 0.0%)

2 の隣

▼ 居る特等席~ (2, 0.0%)

1 の正面七八間, を中心

▼ 居る狂人~ (2, 0.0%)

1 の用心深い, ばかりで

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の腹, 連なら八五郎

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 と鹿, 之助

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 で大変, のよう

▼ 居る現在~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の有様

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 に當, は無い

▼ 居る理性~ (2, 0.0%)

1 や聡明, や聰明

▼ 居る甚蔵~ (2, 0.0%)

1 は父, は甚

▼ 居る生物~ (2, 0.0%)

1 であると, に向

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 は有りません, をし

▼ 居る田舍~ (2, 0.0%)

1 の人, の土地

▼ 居る男の子~ (2, 0.0%)

1 の頭, をさしまねい

▼ 居る男君~ (2, 0.0%)

1 はたえられなくなっ, はどんなに

▼ 居る男子~ (2, 0.0%)

1 が兎, の父母

▼ 居る町役人~ (2, 0.0%)

1 だぞ, や番太

▼ 居る留守中~ (2, 0.0%)

1 に余, に師匠

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 であった, の間

▼ 居る病氣~ (2, 0.0%)

1 の人間, は比較的

▼ 居る白樺~ (2, 0.0%)

1 の木立ちの, の林

▼ 居る白痴~ (2, 0.0%)

1 なども其の, の青年

▼ 居る白衣~ (2, 0.0%)

1 の独逸婦人, の獨逸婦人

▼ 居る白鼠~ (2, 0.0%)

1 で着実そう, は夜

▼ 居る百姓等~ (2, 0.0%)

1 の肌膚, は悉く

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 なは, に聞かし

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の花, の袋

▼ 居る省吾~ (2, 0.0%)

1 の後姿, を炉辺

▼ 居る眞最中~ (2, 0.0%)

1 でした, に澁

▼ 居る真に~ (2, 0.0%)

1 もの静かな, 泰然自若とは

▼ 居る矛盾~ (2, 0.0%)

1 した羞耻, の多い

▼ 居る短い~ (2, 0.0%)

1 お納戸, 鴨跖草も

▼ 居る石原~ (2, 0.0%)

1 の一件, の利助さ

▼ 居る石塔~ (2, 0.0%)

2 も地

▼ 居る石橋~ (2, 0.0%)

2 に土下座

▼ 居る石段~ (2, 0.0%)

1 である, の方

▼ 居る石郷氏~ (2, 0.0%)

1 が買っ, は皆んな

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 にしみ込ん, の中

▼ 居る研究~ (2, 0.0%)

1 であります, の話

▼ 居る確か~ (2, 0.0%)

1 に女, に恐ろしい

▼ 居る磯上伴作~ (2, 0.0%)

1 の面上, を招きました

▼ 居る磯五郎~ (2, 0.0%)

1 が二三ヶ所, と北六

▼ 居る神経~ (2, 0.0%)

1 の興奮, へお

▼ 居る禿頭~ (2, 0.0%)

1 が見える, の瘠せこけた

▼ 居る私たち~ (2, 0.0%)

2 は実際

▼ 居る私立銀行~ (2, 0.0%)

2 の内幕

▼ 居る秋山~ (2, 0.0%)

2 彌十

▼ 居る租税~ (2, 0.0%)

1 であります, を多く

▼ 居る空井戸~ (2, 0.0%)

1 の側, を覗い

▼ 居る立派~ (2, 0.0%)

1 な寺, な服装

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 が見事, に云いつけ

▼ 居る笹野新三郎~ (2, 0.0%)

1 が家族, に相談

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 だ, を話し

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 だから, の中

▼ 居る範囲~ (2, 0.0%)

1 が狭い, で弟

▼ 居る範囲内~ (2, 0.0%)

1 で薬, に於

▼ 居る納戸~ (2, 0.0%)

1 の二階, の後ろ

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の面, の香り

▼ 居る紙幣~ (2, 0.0%)

1 で一番, までも破棄

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 とを同時に, と志村

▼ 居る素人~ (2, 0.0%)

2 の婦人

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 を続, を續

▼ 居る紫陽花~ (2, 0.0%)

1 に, は日あたり

▼ 居る細か~ (2, 0.0%)

1 な峰, な金

▼ 居る結構人~ (2, 0.0%)

1 でその, でフト自分

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の芝生, の頂上

▼ 居る縁側~ (2, 0.0%)

1 に後, を懐手

▼ 居る縮緬~ (2, 0.0%)

1 の布, の羽織

▼ 居る總領~ (2, 0.0%)

1 の初太郎, の又五郎

▼ 居る織物~ (2, 0.0%)

1 から以後, に對

▼ 居る~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ 居る美くし~ (2, 0.0%)

1 いと云う, い人達

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 からはなれ, を眺め

▼ 居る義兄~ (2, 0.0%)

1 と余, の門太郎

▼ 居る義理~ (2, 0.0%)

1 が大, を尊ん

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 が我浮世絵, はケンリユウ

▼ 居る考え~ (2, 0.0%)

1 が誰, は決して

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 が聞える, であつ

▼ 居る職人~ (2, 0.0%)

1 だよ, の勝藏

▼ 居る職員室~ (2, 0.0%)

2 に這入る

▼ 居る職工~ (2, 0.0%)

1 が怠業, の身元

▼ 居る職服~ (2, 0.0%)

1 と見分, と見分け

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の凝, へ手

▼ 居る背後~ (2, 0.0%)

1 から煽ぎ参らせよ, に一本

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 をストン, を揉ん

▼ 居る腰掛~ (2, 0.0%)

1 の隅, を小楯

▼ 居る自分等~ (2, 0.0%)

1 の持つ, を見

▼ 居る自然~ (2, 0.0%)

1 に分る, に帰れ

▼ 居る自由~ (2, 0.0%)

1 なる深き, の女神像

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 で僧侶ら, の近所

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 あるひ, を思ふ

▼ 居る色彩~ (2, 0.0%)

1 でもなく, の多い

▼ 居る芸妓~ (2, 0.0%)

1 ということ, の膝

▼ 居る草原~ (2, 0.0%)

1 の処, は黄緑色

▼ 居る荷持~ (2, 0.0%)

1 に縋らなく, は重い

▼ 居る菊池君~ (2, 0.0%)

2 が怎

▼ 居る菓子~ (2, 0.0%)

1 には何, の写生帳

▼ 居る葡萄酒~ (2, 0.0%)

1 のほろ, をとり寄せ

▼ 居る蒲團~ (2, 0.0%)

1 に近く, へそつ

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 に身, を通

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 には一つ, には一つづ

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 明りに, 穢い浅黄

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 だそう, を出し

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 にも掴み附かう, の掛布

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 が船, の文身

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 が庭なぞ, や蛙

▼ 居る蝋燭~ (2, 0.0%)

1 の光, を其の

▼ 居る行司~ (2, 0.0%)

1 が, が念入

▼ 居る衣服~ (2, 0.0%)

1 は絹物, 其の他

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 には中の川, の座敷

▼ 居る~ (2, 0.0%)

2 の着物

▼ 居る西~ (2, 0.0%)

1 の空, の遠い

▼ 居る西洋館~ (2, 0.0%)

1 の方, の硝子戸

▼ 居る見事~ (2, 0.0%)

1 な, な瓢箪

▼ 居る見解~ (2, 0.0%)

1 で無いには, は其の

▼ 居る親分~ (2, 0.0%)

1 から, へ内密

▼ 居る親戚~ (2, 0.0%)

1 の別荘, や知人

▼ 居る記者~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 居る詩人~ (2, 0.0%)

1 の垂下つた, をすき

▼ 居る語部~ (2, 0.0%)

1 の物語, もあつ

▼ 居る謝源~ (2, 0.0%)

1 は大広間, も前後

▼ 居る警官~ (2, 0.0%)

1 があそこ, を突き飛ばす

▼ 居る警護~ (2, 0.0%)

2 の僧

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の蔭, を越し

▼ 居る貧民窟~ (2, 0.0%)

1 である, の片側

▼ 居る貴方~ (2, 0.0%)

1 のわき, の心

▼ 居る貴様~ (2, 0.0%)

1 の心, の所

▼ 居る貸家~ (2, 0.0%)

1 が一軒, に長い

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 だのに, の男

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 で春日山, と解した

▼ 居る足先~ (2, 0.0%)

2 まで睨め

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 を喘ぎ, を駒下駄

▼ 居る車夫~ (2, 0.0%)

1 の一人, は

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 が縮まる, の一端

▼ 居る農家~ (2, 0.0%)

2 に生れ

▼ 居る近代~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の名

▼ 居る近所~ (2, 0.0%)

1 の女達, を荒し

▼ 居る途中~ (2, 0.0%)

1 で殺害, で遇

▼ 居る連山~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ 居る運命~ (2, 0.0%)

1 であります, を危惧

▼ 居る運転手~ (2, 0.0%)

1 に向っ, に問うた

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 がない, もない

▼ 居る道子~ (2, 0.0%)

1 の為, をそば

▼ 居る遠縁~ (2, 0.0%)

1 の娘, の若

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の海上, は却

▼ 居る部落~ (2, 0.0%)

1 の人, を過ぎ

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の来歴, も一遍

▼ 居る重い~ (2, 0.0%)

1 處分であります, 長靴を

▼ 居る野呂~ (2, 0.0%)

1 の相手, をまのあたり

▼ 居る野村~ (2, 0.0%)

2 の頭

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 は, も二三千兩

▼ 居る金之助~ (2, 0.0%)

1 と縁側, をさし招きました

▼ 居る金持~ (2, 0.0%)

1 が人目, の人

▼ 居る金色~ (2, 0.0%)

2 の雲

▼ 居る鉄瓶~ (2, 0.0%)

1 から湯沸, を下し

▼ 居る銅像~ (2, 0.0%)

1 は確か, を左舷

▼ 居る鋼線~ (2, 0.0%)

2 が又

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の懷中, の鑵

▼ 居る門辺~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ 居る間中~ (2, 0.0%)

1 は毎朝グレープフルーツ, 動けない時

▼ 居る間外~ (2, 0.0%)

1 で物音, に肖像

▼ 居る関係~ (2, 0.0%)

1 から何, から日本

▼ 居る阿部~ (2, 0.0%)

2 老小使

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 は如何, は彼等

▼ 居る~ (2, 0.0%)

2 の多い

▼ 居る隧道~ (2, 0.0%)

2 の孔

▼ 居る雄鴨~ (2, 0.0%)

1 の心, の顔

▼ 居る離屋~ (2, 0.0%)

1 の二階, へ足跡

▼ 居る電車~ (2, 0.0%)

1 に一杯, の信号手

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 がある, のみが為し能う

▼ 居る露店~ (2, 0.0%)

1 があった, のおばあさん

▼ 居る静か~ (2, 0.0%)

1 な人, な海岸

▼ 居る静けさ~ (2, 0.0%)

2 を申す

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 が森, の影

▼ 居る頭巾~ (2, 0.0%)

1 にドンツク姿, の布

▼ 居る顏色~ (2, 0.0%)

1 の際立つ, もかへつて邪險

▼ 居る風呂~ (2, 0.0%)

1 へいきなり, 焚きの

▼ 居る風情~ (2, 0.0%)

1 の昨夜, は適度

▼ 居る飯炊き~ (2, 0.0%)

2 と近所

▼ 居る馬車~ (2, 0.0%)

1 や六朝時代, を連れ

▼ 居る駒鳥~ (2, 0.0%)

1 とより他, のこと

▼ 居る高山~ (2, 0.0%)

1 の環境, やお前

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 を一寸, を見つめた

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の格好, は毛

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 に向け, をうしろ手

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 が生き生き, は唯

▼ 居る~ (2, 0.0%)

2 を追

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の頭, も幾羽

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 に似, をさげ

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 が裏, らしい

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の芽, を取

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 の若い, 焦粉

▼ 居る~ (2, 0.0%)

1 が高くっ, 括れた余り

▼ 居る~ (2, 0.0%)

2 き姫

▼ 居る~ (2, 0.0%)

2 の内部

▼1* [3633件]

居るひだに, 居るあいだに何, 居るあいまいずるさ, 居るあっしを見つけ, 居るあつち向いて, 居るあととりの達の事, 居るあばら屋がある, 居るあぶくま川で足, 居るあまたの切り株, 居るあまり騷いでは, 居るあまり名をきいた, 居るあらいざらいの, 居るありったけの人達, 居るあんな形の, 居るあゝあの服を, 居るはば余, 居るいかものには一円, 居るいきなり叩いて, 居るいじらしい様子を, 居るいっその事ここ, 居るいつもの快活さ, 居るいとをかしく, 居るいろんな偶然的条件から, 居るいわれがない, 居るうす青紫, 居るうす紅い夕栄の, 居るうちじゅうお部屋, 居るうちすゝめる人, 居るうちアア気絶したと, 居るうちツナミが来た, 居るうちノートにとってない, 居るうちペルシア神話のうち, 居るうち一つ賑やかに年越し, 居るうち一尾の魚, 居るうち一方の茂み, 居るうち不意に引つ, 居るうち主人が死ぬ, 居るうち今日山鳥が一羽, 居るうち以前ある薬局, 居るうち伊太郎の斬, 居るうち何所からか此, 居るうち何時からともなく, 居るうち偶然に伊太利, 居るうち八時頃ひどい雷, 居るうち六十八の隱居, 居るうち兼ちゃんが独り, 居るうち千世子の心, 居るうち友達にだまされ, 居るうち垣の外, 居るうち城彈三郎は惡, 居るうち夕立も霽, 居るうち夢始めて, 居るうち女房は我所天, 居るうち孫はいつのまにか, 居るうち彼を忌ま, 居るうち後ろの縁側, 居るうち戸外へ駈出しました, 居るうち時計は時, 居るうち東京の大学, 居るうち案内書などを見, 居るうち深見新左衞門, 居るうち無花果を盛つた籠, 居るうち直ぐに自分, 居るうち石井の家, 居るうち私は前, 居るうち箱根で怪我, 居るうち親しみを覚え, 居るうち附た癖, 居るうち頭の上, 居るうち養父は益, 居るうらみはある, 居るうれしさ, 居るうれしいから, 居るうろの前, 居るうろこをしっかり, 居るえりをなで, 居るおい巡礼さん何処の巡礼さん, 居るおい新吉冗談じゃア, 居るおかげである, 居るおじいさんの梟, 居るおだやかな景色, 居るおやじのよう, 居るお今婆さんは, 居るお仙にか, 居るお仙さんをあやつり, 居るお前さんが, 居るお勝手を通らなけれ, 居るお客さんに会いたい, 居るお客樣達には一つ, 居るお松が眞劍, 居るお歯黒蜻蛉の動き, 居るお母さんになんと, 居るお父さんのところ, 居るお爺さんは朝, 居るお玉を顧みました, 居るお金夫婦を目, 居るかいねえか見てくれ, 居るかおを左頬, 居るかお分りのこと, 居るかぎり仲仕に有利, 居るかく一宮ずつ, 居るかぐらい探せば, 居るかしらと惟うて, 居るかしらん身躰を, 居るかすみ網の終, 居るかたちはそっくり, 居るかたむきがありて, 居るかてよりも多くかがやく, 居るかとの不審が, 居るかとも思はれる, 居るかなと笑い笑い, 居るかに気がつかなかったの, 居るかについて申して, 居るかに関してはそこに, 居るかはははオドチャには, 居るかみさんのマシューリナ, 居るからか何故, 居るからかも知れない, 居るからさう感じる, 居るからな何も, 居るからなと忠告が, 居るからは一日でも, 居るからもあるし, 居るかるい歌ごえ, 居るかわかつた, 居るかナじゃア, 居るがかの代りにはも, 居るがそれでは俳句という, 居るがとに角一時は, 居るがにらいか, 居るがね私も, 居るがんだ, 居るがんだればオメ様, 居るきたない店が, 居るきつい樺色と, 居るきまりの悪, 居るきらびやかな婦人, 居るきれいな繪, 居るくすのきさん, 居るくらいな少し道理, 居るけうとさは, 居るけど人によつ, 居るけに兄は, 居るけんすぐ今日, 居るこいつは二人共額, 居るこうやっては, 居るここは一体, 居るこちら側の広, 居ることそれ等について種々, 居ることぢゃもし万一の, 居ることどもを書き連ね, 居ること一月に足らず, 居ること三週間帰京する即日朝鮮遠征, 居ること不能ゆえ海へ散歩, 居ること世人の知る, 居ること何人にても同じ, 居ること僅かに二日, 居ること制服のギヤルソン, 居ること四年其間何をした, 居ること嫉妬心の強い, 居ること少時であれば, 居ること店の方, 居ること彼が愛猟家, 居ること後の爲, 居ること手の甲の煤跡, 居ること抔を語り, 居ること提燈から脱, 居ること数日であつ, 居ること木の枝, 居ること正味二日となにがし, 居ること此等はどの, 居ること煖炉のそば, 居ること煖爐のそば, 居ること真情吐露して, 居ること私が苦しん, 居ること而もその, 居ること能はず市川驛待合室に至り, 居ること能はず英國に赴き, 居ること足掛五年満三年三月, 居ること驚べし, 居るこどものこと, 居るこのごろを死ん, 居るころに仕事, 居るこッた遊びながら, 居るごとあって, 居るさうかと言つてお, 居るさきが結婚, 居るさすがは福沢翁, 居るさびしい人たちには, 居るざまというもの, 居るしかのみならず, 居るしさお天気, 居るしといふ顔付を, 居るしなあ能く, 居るしねテッデーベーヤさ, 居るしばしば跫音を, 居るしばらく話してから, 居るすきな指輪, 居るすでに海水中十四呎以下に, 居るそいつを目的, 居るそういうスローガンが, 居るそうしてこの独占会社, 居るそうすると前に, 居るそう富かでない, 居るそつちの方へ行きました, 居るその後へ来た, 居るその間母虎の性, 居るその間私は暫く, 居るそりゃア縁は, 居るそりゃあ偉いん, 居るそれからお前が, 居るそれだけのこと, 居るそれとも抜くこと, 居るそれなら大丈夫だ, 居るそれに又若し, 居るそれゆえにこそ去年一昨年なん, 居るそれゆえ叔母さんが往, 居るそれ六年前の祭, 居るそれ等のこと, 居るそんなに高くない, 居るぞう居るぞう, 居るぞうあっけえやつ, 居るぞよ來て, 居るたしか浅原六朗君から, 居るただ一つの言葉, 居るたった一人の, 居るたまが金, 居るため正道の鍼, 居るため體量も増加, 居るだい世の中には, 居るだけさ尤も今度, 居るだけじゃが肝腎の, 居るだけだって何にか, 居るだけを書いて, 居るちよん髷, 居るぢやあないか, 居るってな訳で, 居るつうだ, 居るつて法はない, 居るつて言ふが, 居るつて話ならとうに, 居るつて話ぢやありません, 居るつやっぽいいかにも, 居るといへよう, 居るというは抑も, 居るといふうはさも, 居るといふばかりでなく甚だ, 居るとおつし, 居るとおり天照大御神様の知, 居るとかで早朝から, 居るとかと云う事, 居るときジョセフィンに小さい, 居るときソローキンドイツへ出かけよう, 居るとき不注意な園丁, 居るとき人物と同化, 居るとき余は其の, 居るとき偶然火を発する, 居るとき光永寺と云う, 居るとき同年輩の朋友, 居るとき嘔吐を催, 居るとき塩酸亜鉛があれ, 居るとき少年の身, 居るとき山陽先生は京都, 居るとき彼の顔, 居るとき忘友子規の病, 居るとき日の光, 居るとき父の神前, 居るとき私は自分, 居るとき自分はどの, 居るとき藩の大金, 居るとき誰かが来, 居るとき逸作が知らない, 居るとき震災に会い歩い, 居るとき颯々と河豚, 居るところがヒダの, 居るところセッティングを四本, 居るところ一方は丘, 居るところ之れに, 居るところ力学メカニズムは単に, 居るところ宣府の上谷, 居るところ感心した, 居るところ感情表現が顔面表情, 居るところ現代のロシア, 居るところ理解できるが, 居るところ短刀のある, 居るところ観念で光景, 居るとにかく直ぐ遊びに, 居るとのみ思つて居つた, 居るとまでは見破ること, 居るとや思ひを, 居るとよヘッヘッヘッヘッ, 居るどうしたん, 居るどうか自分は, 居るどうして彼奴は, 居るどうぞ願う何, 居るどうもその方向, 居るどこかの島田髷, 居るどころぢやねえ, 居るどっちに行っ, 居るどの花にでも, 居るどれもの様, 居るなあと思う, 居るなかば頃から叡子さん, 居るなつかしみ, 居るなどが何よりの, 居るなどともつたいない, 居るなども意味が, 居るなほ暫くは, 居るなりとの事, 居るなんかは知らずに, 居るなんてと僕は, 居るなんてなんてしあわせな, 居るなんといふその, 居るにさえうら寂しく自, 居るにぞ髯むしや, 居るにつけせめてほおずき位, 居るにゃあ似合わねえ, 居るによっていまだに予, 居るに対して一方は, 居るのっそりめ一体なら, 居るのでと云訳らしく云う, 居るのでばしやり, 居るのにからつきし寢, 居るのね畜生ッ, 居るのみかほとんどネパール政府, 居るのみで人のけ, 居るのよねマルや, 居るの一種の心持, 居るの忍耐だ, 居るの等を眺め, 居るはい二寸三寸の, 居るはがゆさが, 居るはず位の見当, 居るはなどと却って興じ笑い, 居るけもの, 居るぱっとした明る, 居るひきがえる, 居るひさし髪の頂, 居るびっくりした, 居るぶんにはまあ, 居るほうを顎, 居るほか二年子が三匹, 居るほか昨夜のまま, 居るほか植物は影, 居るほとんどの人間, 居るほども事情を, 居るほんとうか, 居るまことの人物, 居るまっくろな大きな, 居るまっさおな光, 居るまっしろなフッ, 居るままウェストミンスターを, 居るまるで狐に, 居るまんまで手, 居るいちや, 居るみたいだ, 居るみどりの築, 居るもう少し愼重に, 居るもう程なく燒け, 居るもし又密教, 居るもちろん歴環, 居るもとの奉公人, 居るもとめは今日一日, 居るものぢやない, 居るもの一切を掲載, 居るもの世間並の派手さ, 居るもの五六家唱門師と呼ぶ, 居るもの他の二つ, 居るもの変にも思はう, 居るもの朝から晩, 居るもの胡坐を掻い, 居るもはしたにて, 居るもはや先刻馬車の, 居るもんぢや無え, 居るやう為てやりたく, 居るやかましい処では, 居るやくざで其の, 居るやくざ者の仙吉, 居るやさきこんなこと, 居るやと尋ぬる, 居るやに思ふ, 居るやり口に酷似, 居るゆえそれだけ貧, 居るゆえ二時間程経ね, 居るゆえ遁れ難い, 居るゆったりと見事, 居るよい裏が, 居るよう何うしても, 居るよってようやく取りおろし, 居るよりやマシだ, 居るよ権の字, 居るわいと睨んだら必ず, 居るわざわざ旅費を, 居るわしが大丈夫, 居るわたし達冬の灯, 居るわと蔭言され, 居るわよちやんと, 居るをば殆ん, 居るんだいまさか高円寺, 居るんでさア, 居るんでね何かい, 居るもう入っ, 居るアア早や半ば気絶, 居るアア骸骨が錦, 居るアイにリュウキュウアイ, 居るアイヌという気の毒, 居るアインシュタインの一平筆漫画, 居るアパアトに足, 居るイベットの手, 居るウント氏の説, 居るエソツプ物語のエソツプ, 居るエンゴンという寺, 居るオランダのコスター, 居るカシラがいふ, 居るカタナと云う, 居るカツーンが出, 居るカテドラルの物, 居るカフェの女, 居るカムの人, 居るカンバスが立て, 居るカーテンに目, 居るガラクタで誰, 居るガリヴア巡島記でスヰフト, 居るガルスワーシーは冷たく, 居るガンデンという寺, 居るキキイが中庭, 居るキニゼイに告別, 居るキャムプまで巡視, 居るクイーンのよう, 居るクリスマスカードが見える, 居るクロマリイ等は此通信, 居るゲエテ街丈が地獄, 居るゲロン・リンボチェにまた, 居るコップがもう, 居るコブシの花, 居るコメデイ・フランセエズ座は普通, 居るコロンブスの手澤本, 居るコーナーしずかなメツアニン, 居るサア弁解は出る, 居るサクレエ・クウル寺の近く, 居るサラムと云, 居るサリトテ別項記事の如く完成, 居るサロメの科白, 居るサンスクリット語の一切蔵経, 居るシッキム人の中, 居るシナ人等は大いに, 居るシナ官吏のチベット政府, 居るシナ朝鮮およびネパール, 居るシナ語はそりゃ, 居るシムラというネパール, 居るシャボンのあぶ, 居るシヤツの裳, 居るジェ・ターサンの大, 居るジッバードルという人, 居るジツケンス物へ案内, 居るジムバリストパアローと段々, 居るジューの女房, 居るジョーンより前方, 居るストラドヴァリウスにまさか, 居るストリーターであった, 居るスミスの風貌, 居るスーと飛出す, 居るセラのピーツク・カムツァン, 居るソコで一片, 居るタツタ百萬圓の借金, 居るダイヤモンドの様, 居るダルケ氏の妹, 居るチェホフの手紙, 居るチベット僧侶の愚, 居るチベット国民一般の信用, 居るチベット政府の官商, 居るチベット服も全身濡, 居るチベット語の経典, 居るチンチンチンナアレチョッタチョッタというの, 居るツァンニー・ケンボはまた, 居るテントの方向, 居るテーブルに着い, 居るトンボと蝙蝠, 居るドガ翁も近頃, 居るドーリンという名家, 居るナイトのドンキホーテ, 居るナオミと云う, 居るナポレオン銘の最上, 居るナールエという所, 居るニムフやサチルズ, 居るニャートンの城門, 居るネパール公使を守護, 居るハイノキじゃない, 居るハズミ切ったブルドック, 居るハテ扨此の, 居るハンカチを一つ一つ, 居るハーベー式の堅, 居るバアナアド・ショーの写真, 居るバクテリアの一種, 居るバタと麦焦し, 居るバツと擦つた, 居るババンの永田組, 居るバルザツクは其少年, 居るバヴヱルの塔, 居るパウル・アンテルムの新作劇, 居るパッハマンの弾いた, 居るパトロンの姿, 居るパパをいぶかし, 居るパルポ商人はその, 居るパンいやいやパン, 居るパンクしとる, 居るヒマラヤ山中にある, 居るヒンヅ人にも沢山, 居るピストルを持った, 居るピッチのよう, 居るピニヨレ夫人の一人娘エジツ, 居るフッと私, 居るフラットであろう, 居るフランスの剣, 居るフランス人がそれ, 居るフランス葡萄酒を取り寄せた, 居るフレデリツク・ヱレン氏夫婦から茶, 居るフーフーと云う, 居るブラマプトラ川に着いた, 居るブータンに行ったら殺され, 居るベゴニアの葉, 居るベンガル人が英語, 居るペテロは誰, 居るホームズのところ, 居るボイラーへ水, 居るボニ侯爵は年, 居るボンナアの壁画, 居るボーイ等の喜び, 居るボーシュレーの傍, 居るポロ競技場もかすか, 居るポーエル候補生が真正面, 居るマウント・カイラスの中, 居るマナサルワ湖と湖水, 居るマネージャー始め食堂関係者等の慇懃, 居るマホメット教徒もあります, 居るマンリー雪峰を指し, 居るムクムクの手, 居るメエル町を真直, 居るメカケを一人, 居るモデル女の幾人, 居るモリエエルの作, 居るモントリシヤと言う, 居るモンマルトル附近には, 居るヤクの糞, 居るヤコブは誰, 居るヤッと船, 居るラガトオの大学, 居るラサシカチェでさえ道, 居るラサ府の婦人, 居るリユクサンブル博物館の辺, 居るルトウという国, 居るル・ゴフさんを迎, 居るレグホンの真白い, 居るレターペーパーの一部, 居るレリヤという娘, 居るレースが私共, 居るロシヤにし, 居るロセツチといふ詩人, 居るロマン・ガゼートを買う, 居るロンドン大学前総長フレデリク・ヴィクトル・ジキンス推奨の, 居るローズは森, 居る私の, 居るワルトンの顔, 居るでございますよ, 居るンガクバを見る, 居るヴァイオリンだけになりました, 居るヴントの心理学, 居る一つ殘らず開けて, 居る一つ葉の端, 居る一ばん痛いところ, 居る一人娘の大, 居る一代前の人々, 居る一体彼奴は, 居る一例である, 居る一刀が真赤, 居る一刻がどんなに, 居る一劃がある, 居る一升も熬つた, 居る一台のプロジェクトル, 居る一團の少年, 居る一坪半ほどの小屋, 居る一定の修業, 居る一尺五寸もあらう, 居る一年のうち, 居る一年間は試みた, 居る一座は十月興行, 居る一族の者, 居る一旦買, 居る一昨日塾中に搗かせた, 居る一本の卵色, 居る一条だ, 居る一樹の長春藤, 居る一段にも足りない, 居る一物を確, 居る一留を政府, 居る一番外れの四, 居る一番池への近, 居る一番臆病なガタガタ慶吉, 居る一箇のヅック, 居る一箇寺の住職, 居る一簇の老松, 居る一組の客, 居る一羽の鶴, 居る一老人は確か, 居る一般の姑達, 居る一艘の蒸, 居る一連の明りとり窓, 居る一部の交際社会, 居る一部分の張力, 居る一里弱の所, 居る一隅の垣根, 居る一青年を同室, 居る一類の神, 居る一體我國の支那, 居る一體過去が變つて現在, 居る一體龍樹菩薩は密教, 居る丁度現状の, 居る丁度三方に垣根, 居る丁度同い年位の弟, 居る丁度此の処, 居る七人は皆, 居る七八人の運送業者, 居る七十五座のお, 居る七十五歳の一老人, 居るに一つ, 居る万年寺の伯父, 居る万年筆は二代目, 居る万葉集における用例, 居る丈昔の煤びた建物, 居る大問題, 居る三十七八の女, 居る三十五六の女, 居る三十余りのふっくり, 居る三十幾人の客, 居る三十郎を女房, 居る三右衞門は力, 居る三味の音, 居る三四艘の某, 居る三平と一緒, 居る三文笛をとり, 居る三日三晩ばかり燻, 居る三日稲荷様を信心, 居る三月上旬は朝, 居る三本の徳利, 居る三河屋の若旦那, 居る三百人の僧侶, 居る三羽の雌鳥, 居る三論や華嚴, 居る三郎のところ, 居る三郎兵衞を絞め殺した, 居る上一日の中, 居る上下の棧, 居る上中は引つ, 居る上主人と喧嘩, 居る上停留所には一人, 居る上円本に比較, 居る上塀の忍び返し, 居る上夜になる, 居る上幾つかの鉤裂, 居る上張りの袖, 居る上彼の声, 居る上方辺の茶屋女, 居る上横幅の方, 居る上流の婦人, 居る上溺愛されるお, 居る上病弱で年, 居る上着なり, 居る上脂と汗, 居る上臺座にハメ, 居る上萬吉が見えなく, 居る上鑿か何, 居る上面即ち背中, 居る下僕もやはり, 居る下品な女, 居る下宿人も表, 居る下席大臣らしいお方, 居る下座敷の方, 居る下役の媽, 居る下新田城や師山城, 居る下田の噂, 居る下男寅藏の姿, 居る下等な姑, 居る下足番の親仁, 居る下駄の間, 居る氣味な, 居る不二屋の店, 居る不作とそれ, 居る不作法な様子, 居る不変のエネルギー, 居る不安な眼差, 居る不完全な社會状態, 居る不平やら疑問, 居る不格好な実, 居る不正の金, 居る不良にはほか, 居る荒れた村, 居る且つ物力のより, 居る世界的信仰と脈絡, 居る世相が同時に, 居る両人ともに捨置かれん, 居る両国の仏教徒, 居る両方の眼, 居る両親は頗る, 居る中たそがれかけたとは, 居る中マス君は右腕, 居る中二十七日の昼頃, 居る中六番町の通り市ヶ谷見附, 居る中午後四時頃になっ, 居る中央東線の鉄路, 居る中年の軍曹, 居る中年増のお, 居る中年男で名前, 居る中年者の巳之吉, 居る中服部君は消, 居る中村是公という男, 居る中此の観音様, 居る中母を慕う, 居る中母堂の訃, 居る中気の病人, 居る中猫島に行つて, 居る中老人でした, 居る丸い輪の, 居る丸形である秀子, 居る丸裸の黒奴, 居る之丞, 居る主人側の一人, 居る主人祐玄を絞め, 居る主人貫三郎も氣, 居る主任さんを見付けた, 居る主婦裏口の木戸, 居る乃公が弓, 居る久さんが何発, 居る久保田君の根本思想, 居る久米村方面へ向け, 居る久米氏に対しても又, 居る久賀彌門, 居る久野久子氏がホテル, 居る乗合船を少し, 居る乗客たちの靴, 居る九州の布教, 居る九月の九日, 居る然れ, 居る乱暴なドクトル先生, 居る乳呑児の上, 居る乳牛を引上げ, 居る乳色の芽生え, 居る乳頭と称する, 居る乾児の中, 居る予定を着々, 居る事がらも実は, 居る事さへ説明, 居る事ほんとうに縮緬, 居る事ゆえ聊か喜び, 居る事ゆえお前一人で討つ, 居る事ゆえ母の行方, 居る事ム員で近頃, 居る事丈は肯定, 居る事情も沢山, 居る事能はずして, 居る事英男の工合, 居る事豊饒な畑地, 居る事象に迷わされず, 居る事都会に出れ, 居るには車兵, 居る二万四五千の僧侶, 居る二三の外国人, 居る二三疋だと, 居る二人きりで世間, 居る二人連れ婦人の若い, 居る二元の取扱, 居る二十三四の若旦那型, 居る二十代の言わば, 居る二十名位の人, 居る二女の顔, 居る二服の藥, 居る二本の真黒, 居る二本差と薬種屋, 居る二枚の大, 居る二百名余りの人間, 居る二種の, 居る二階六畳の窓, 居る五兵衞の左首筋, 居る五匹の白鼠, 居る五十近い男, 居る五十余の黒ずくめ, 居る五十六の年寄り, 居る五十恰好の親爺, 居る五十格恰の男, 居る五戒を持つ, 居る五日の朝, 居る五時間のあいだ, 居る五行本の字, 居る五郎助の顏, 居る亡兄の朋友菅沼孫右衛門, 居る亥太郎と三人, 居る京極のお方, 居るに入らん, 居る人々樵夫などのたぐい, 居る人々雜話に耽つ, 居る人ぐるみ下へ落っこちる, 居る人せきさんであった, 居る人且は纎, 居る人並すぐれた全身的, 居る人以外ではない, 居る人共通ないや, 居る人其注文の品, 居る人参のこと, 居る人声が聞え, 居る人己の愚, 居る人形劇は之, 居る人格者もある, 居る人母となつ, 居る人民はさなくても, 居る人物中に磯九郎, 居る人生が非常, 居る人生活にとらわれ, 居る人着物の衿, 居る人間そのものである, 居る人間どものぼんくら, 居る人間みたいに思われる, 居る人間らしい欠点に, 居る人間的の苦悩, 居る人類は自己, 居る仁三郎の妾, 居る仁兵衛の娘, 居るれる拍子, 居る今にもポキーンと, 居る今のにも娘, 居る今夜の月, 居る今年はカゼ, 居る今後の道徳, 居る今後私は私, 居る今日イギリス若しくはフランス, 居る今日日本から外國, 居る今時の役者たち, 居るの蓮弁, 居る仏体は手, 居る仏壇の御, 居る仏教を維持, 居る仏教上の問答, 居る仏様を匕首, 居る仏英の間, 居る仔馬の頤, 居る他人は涙, 居る他人通りとてはなかつた, 居る他界と考, 居る他界観念から出来た, 居る他赤鉢卷隊は全力, 居る仙太を冷笑, 居る仙女なども這入, 居るである左馬允, 居る代り信一は又, 居る代物ではない, 居る代議士の候補者, 居る令子に後, 居る以上これをすて, 居る以上それより外, 居る以上仏蘭西婦人の将来, 居る以上已を得ない, 居る以上年末とか年始, 居る以上必して, 居る以上手落はいたさぬ, 居る以上生物もまた, 居る以上私は謹ん, 居る以上自分が取る, 居る以前の母, 居るの神妙, 居る仲人の寳屋, 居る仲介手段としては註, 居る仲吉は間違ひも, 居る仲麻呂の顔, 居る伊之助を褥, 居る伊勢物語にし, 居る伊藤左千夫君であるといふ, 居る伊豆は安房上總, 居る伊賀志摩伊豆安房の四國, 居る会桑軍に投じ, 居る会話はカルチュア, 居る会議へ持ち出す, 居る伜一つの命, 居る伜新太郎とお, 居る伝統を十分尊重, 居る伝説は多い, 居る伯林児だ, 居る伴三郎だつたの, 居る似非坊主が沢山, 居るに云った, 居る位不思議なもの, 居る位山田の知らない, 居る位明白な事, 居る位総て現代の平凡者, 居る位階の上, 居る住居に大工左官, 居る佐々木博士の養父, 居る佐々村村一に飛付きました, 居る佐治君が果して, 居る佐良井などと結婚, 居る佐野常民その他の人, 居る何だ此の, 居る何だかわからぬに, 居る何で泣くやら, 居る何となく人格の, 居る何れ善からぬ, 居る何んと妙案, 居る何人に肖, 居る何処で誰, 居る何十万の預金者達, 居る何所に居る, 居る何故に返答, 居る何笑ひと云, 居る何者の血, 居る余地がなかっ, 居る余所の国, 居る余等は飛び, 居る余自ら怪美人と云う, 居る佛法僧鳥を聽, 居るだと, 居る作家のみに止つて, 居る作家等が無駄, 居る作松に罪, 居る作物の上, 居る作男のくわ, 居る作藏も身の毛, 居る佳人余は病床, 居る使節が無上, 居るを一人, 居る侍やくざですが, 居る保護者が亡くなり, 居る信さん何かは心, 居る信仰が力, 居る信州あたりではこれ, 居る信次が弘治元年, 居る信用しないから, 居る信綱に見付かった, 居る修学僧侶でありますが, 居るから量り出した, 居る俵右門先生そつくりぢやありません, 居る俺達に聞かせない, 居るだ, 居る個々の小家, 居るに釣られ, 居る借金の一, 居る倫常を馬鹿, 居る倫敦の公園, 居る倫理教育哲学宗教等の書物, 居る假名に書く, 居る健康な女, 居る側室であります, 居るには一人, 居る刑事の, 居る傍ら医者の真似, 居る催眠法をいろ, 居る之助, 居る傳次と云う, 居る傳説では最初, 居るを見せ, 居る傷口を凡そ一分間, 居るに斯, 居るの兩親, 居るを板, 居る僧侶それらはみないずれ, 居る僧侶自分が学者, 居る僧殘罪とは波羅夷罪, 居る僧舎に帰っ, 居る僭上を見た, 居る儀平とこの, 居るで, 居るひを, 居る優しい心の, 居る優美の挙動, 居る兄夫婦も彼, 居る兄嫁のお, 居る兄玄道に引立てられ, 居る先ず長崎では, 居る先代の座頭久米, 居る先生方の顔, 居る先輩の妾, 居る先進の民族, 居る先達の萬屋治郎兵衞, 居るの中, 居る光り物を可愛, 居る光三に気づい, 居る光澤といふもの, 居るに角, 居る児童の様子, 居るはまだ, 居る八つか九つ, 居る八五郎自身でさ, 居る八人の人たち, 居る八千五百石の大身, 居る八日どう又は, 居る八歳の子供, 居る八百屋お七の機関, 居る八重という本家, 居る八重山の島, 居る公冶長と云, 居る公孫龍一派の詭弁派, 居る公式の訪問, 居る公用方の吉岡勇平, 居る六七羽の雀, 居る六人扶持か八人扶持, 居る六十五六の目, 居る六角時計の下, 居る六階建の独身アパート, 居る其三日目の午後, 居る其下を川, 居る其人に近い, 居る其人達の身, 居る其他の水兵, 居る其俤に比べ, 居る其国に一度, 居る其場所へゲーレス, 居る其外には覺如, 居る其外一遍の弟子, 居る其外内地で何, 居る其奧州に國司, 居る其女房に咬みついた, 居る其妻に対してはなまじ, 居る其小学校の白く, 居る其小川へ洗濯, 居る其工事に對, 居る其幾群の校友, 居る其恐しい秘密, 居る其意気を愛せず, 居る其所まで行く, 居る其末には蘆荻, 居る其枝の爲, 居る其根方に座っ, 居る其母校愛のあら, 居る其水溜は又, 居る其活動の法則, 居る其点を検める, 居る其百姓に使, 居る其眼つきを見, 居る其神主の子供, 居る其窟へまず, 居る其紺の大, 居る其處の跡, 居る其証拠を見せ, 居る其間に今一人, 居る其頬を見つめ, 居る其鳥まで見覚えた, 居る具合少年心にも面白い, 居る具合手巾の下, 居る典型的なお大, 居る内中島と石田英吉, 居る内主人の子, 居る内儀さんの首, 居る内其翌朝になつ, 居る内務大臣が承知, 居る内十七八の女毎度馴, 居る内同書三〇六に雲南, 居る内夜の明く, 居る内容がどう, 居る内心怖わ, 居る内日が暮れた, 居る内海に一匹, 居る内炉の火, 居る内燕尾服が無く, 居る内王の口, 居る内背中がぞくぞく, 居る内藤は僕, 居る内藤理学士とす, 居る内過激思想にかぶれ, 居る内邪視が利かなくなる, 居る円卓子がある, 居る円徳院の門, 居る円本出版屋が多い, 居る冬季の間, 居る冷水浴の話, 居る凉たる, 居る処何処だか, 居る処大胆にもお, 居る処秦始皇に体, 居る処落付いて, 居る凧絲は見事, 居る凹地を取り捲いた, 居る出來事の一切, 居る出来事の一切, 居る出版屋が山の手, 居る出羽が鎌倉時代, 居る分別がまざまざ, 居る分家問題は此, 居る分際の茶人, 居る切り何の證據, 居る切布が実に, 居る切戸の柱, 居るを執行, 居る刑事さえ心から, 居る刑務所が属し, 居る刑法が言, 居る刑罰を受けなけれ, 居るが見える, 居る列車は段々, 居る初めて此の, 居る初老の面影, 居る判官三郎とかいう怪盗, 居る莊などを, 居る別に欲しくは, 居る別棟の二階六疊, 居る別項に書いた, 居る利右衞門だ, 居る利害の点, 居るち人, 居る前代の求婚, 居る前面の光景, 居る剛一と云, 居る剛造を一瞥, 居る剣客者黒坂一齋と云う, 居る劇団であります, 居る劇場株は十八万円, 居る力これは対支外交史上, 居る力三もその, 居る力自慢の或, 居る功名心を滿, 居るも自分, 居る加藤つるという婆さん, 居る助手の弓削, 居る効果をあげる, 居る勇次郎は多勢, 居る勇気はない, 居る動的生命の印象, 居る勘助は平次, 居る勘定し切れないほどの, 居る勘當された若旦那, 居る勘藏と云う, 居る勝家は敵地, 居る勝手元に置いた, 居る勝藏は人形使, 居るだ, 居る勿論仮面では, 居る勿論別に悪気が, 居る勿論絶えず煙草は, 居るを放ね, 居る包みを開い, 居る匕首も逆, 居る化学的物質は蛋白質, 居るの小さな, 居る北人には此, 居る北側の丸窓, 居る北寮の四番室, 居る北条はこんな, 居る北海道曹達会社幌別工場の有志, 居る北陸諸國, 居る北魏の胡太后, 居る医学士の医員, 居る医師が病院送り, 居る医科の学生, 居る十三四の女の子, 居る十九位の男, 居る十二三人の男女, 居る十五人の驚き, 居る十五六人の人數, 居る十人あまり一人も口, 居る十人許りの, 居る十人近くの野次馬, 居る十八年前夥しい藩金, 居る十八歳寅の年生れ, 居る十六七の娘, 居る十右衛門の炉辺, 居る十数流の紅白旗, 居る十誦律の第, 居る千曲川の川上, 居る升屋といふ米屋, 居る午後の一時, 居る半三にそれ, 居る半之丞は心, 居る半次の胸, 居る半沢良平の嫉妬, 居る半白の父, 居る半纏の兩袖, 居る半面の事實, 居る卑俗なもの, 居る南天が二本, 居る南部といふ者, 居る単調な不気味, 居る博士は先づ宇宙, 居る博多人形を買っ, 居る博徒は最も, 居る博物が, 居る博物科の講師, 居る平に小さな, 居る印刷物の中, 居る印度人町暑し, 居る印袢纒の一群, 居る印象ではいつも, 居る厄介な男, 居る厄介者だつたの, 居る原書一冊を奥平藩, 居る原田敬策にその, 居る原田甲斐は其の, 居る原稿を書い, 居る原野に山, 居る厭味がない, 居る厳しい父の, 居る去年帰つた時にも伝染, 居る又七が曲者, 居る又五郎だ, 居る叉陋習ではない, 居るは, 居る友人達に知らせた, 居る友吉の外, 居る友田喜造やら大谷剛一, 居る反物の包紙, 居る叔父さんや番頭, 居る叔父丸部朝夫である, 居る叙事気分を外, 居る口調であろう, 居る古代印刷の標本, 居る古代生活がわが国, 居る古塔で有る, 居る古川一座の甚三郎, 居る古川市兵衞と安生, 居る古本類には徳川時代, 居る古来支那で竜骨, 居る古渡の更紗, 居る古銭蒐集家としても日本, 居る只どうしようどうしよう, 居る可愛い女房が, 居る可愛さうな人を, 居る可笑しさに, 居る可笑しい世界を, 居る史実と考へられ, 居る史記封禪書といふもの, 居ると左, 居る右手即ち西, 居る司令長官などはなかなか, 居る村落の, 居る各々の夫, 居る各巻については一字一句, 居る各種の演出法, 居る各自が暢氣, 居る吉三郎をキリキリ, 居る吉公の目白, 居る吉村へ斬り込む, 居る同じ氣が, 居る同士とかいう様, 居る同居人母子のこと, 居る同志者をこの, 居る同氏は又, 居る同行者も非常, 居る名ばかりは當主, 居る名人の研屋, 居る名代の餓鬼大将, 居る名所は見える, 居る名族の人達, 居る名木もある, 居る名津子さんのたま, 居る名物の守宮, 居る名生の城の前, 居る名高い渓谷の, 居る向う側の大きな, 居る向う額に浴びせ, 居る君様がこんな, 居る君自身がどこ, 居るをも知らず, 居る吾等は綴錦, 居る吾等農夫は尚, 居る吾輩は遺憾, 居る吾邦唯一の美習, 居る呉服屋の店先, 居る周囲には女達, 居る周圍の林, 居るだ, 居る和上は岡崎, 居る和歌に於, 居る和田さんと良人, 居る和蘭の文典, 居る咒文が手, 居る哀れな妹, 居る哀願するよう, 居る品吉は平次, 居る哲学的の事, 居るの才子傳, 居る唐人お勇, 居る唐宋の時代, 居る唐律は此, 居る唐鍬のみである, 居る唯一の近い, 居る賣ですから, 居る商人体の男, 居る商品切手などを贈り物, 居る商業家もある, 居る商権は取り止め, 居る無畏, 居る喜三郎は十手, 居る喜六といふ男, 居る喜助を邸外, 居る喬木の數本, 居る嘉七といふ三十男, 居るだと, 居る器官例えば腎臓, 居るに飛んだ, 居る四つの顔, 居る四五人が筵, 居る四五本の芒, 居る四五軒の遊牧民, 居る四人だけの秘密, 居る四十二三の中年女, 居る四十恰好のお, 居る四十近くの男, 居る四文錢を一枚, 居る四月八日のてん, 居る四羽の小鳩, 居る四肢そんな男達, 居る四谷怪談の絵草紙, 居る四間の家, 居る四頭曳きの, 居る因果の道理, 居るの鮎, 居る図書館員の様, 居るえ大丈夫, 居る国家主義若しくは社会政策, 居る国王代理の司令長官, 居る国男に父上, 居る国際聯盟であります, 居る國府の故, 居るひの, 居るが震, 居る團子屋の頓馬, 居る團栗の實, 居る土中に在, 居る土人は確か, 居る土手の髷切り, 居る土手といつてもこんなに, 居る土方に聞く, 居る土木課長の某, 居る土焼の茶瓶一つ, 居る土筆取りには籠, 居る土蔵の窓, 居る在来種の玉子, 居る地上のもの, 居る地侍の怒り, 居る地元の諜者, 居る地域は時代, 居る地所や貸家, 居る地獄の絵, 居る地球全體, 居る地藏樣はざつと五六十貫, 居る地震かしらと思ふ, 居る坂道を上つて照子英一, 居るは麦粉, 居るの中, 居る垣根にその, 居る城内で取調べ, 居る城山の麓, 居るそうに, 居る堅人だよ, 居る堕落的下劣な淫楽, 居る堤防費と明, 居るに向っ, 居る場処に来た, 居る場合それは自己完成, 居る場合ゆえ此の様, 居る場合妻の信仰生活, 居るの中, 居る塞外種族は殺戮, 居る塩水の中, 居る塩町の湯屋, 居る塲合にあの, 居る塲所に限つて, 居ると雖, 居る境地を氷, 居る境遇でございます今日, 居る士族や解放, 居る壮丁は十人, 居る壮漢が薄手, 居る売卜者の浪人, 居る売節漢否な最初, 居る阿彌, 居るな男, 居る変人だが, 居る夏蜜柑に溢れる, 居る夕日の寂しい, 居る夕汐みちぬ椰子, 居る夕空に対, 居る外何にも目, 居る外国は英領インド, 居る外国奉行松平石見守の宅, 居る外國の友人達, 居る外國人の姓, 居る外大小の島々, 居る外屋外に人, 居る外族の村, 居る外毎週三十人の客, 居る外科と何やら, 居る外苑内をぬけ, 居る外部の力, 居る多助よ, 居る多種多様の危険, 居る夜なべに繩, 居る夜前思うた通り脊僂, 居る夜番晝番の百姓達, 居る夜見の國, 居る夜霧かな, 居る夜鷹蕎麥に首, 居る夢幻の世界, 居る大いなる雪峰は, 居る大きい木は, 居る大分恐入ってる風, 居る大分時間も經過, 居る大剛にし, 居る大勢ののその, 居る大原の古びた, 居る大友瀬左衛門に刃向, 居る大器氏の眼, 居る大場家は明日, 居る大塚も来, 居る大変急な細道, 居る大多數の, 居る大学生のピエル, 居る大寺源十郎の後ろ, 居る大将は下, 居る大小幾羽の鴨, 居る大川屋孫三郎が全然, 居る大抵の事, 居る大方これは, 居る大河である, 居る大河原といふの, 居る大理石の置時計, 居る大矢野島に並んだ, 居る大石の上, 居る大秦景教流行碑の内容, 居る大道寺田畑之助, 居る大金を見た, 居る大鐘に頭, 居る大門の外, 居る大間違で四十八萬圓, 居る大阪人は直ぐ, 居る大阪侯方の或, 居る天主僧の書信, 居る天使の図, 居る天候の変化, 居る天城であまみきょ, 居る天子をし, 居る天然の岩, 居る天狗の話, 居る天理教信者の彼おかず媼さん処, 居る天産力の作物, 居る天菩比命から出雲, 居る太宰が朝廷, 居る太田屋の内儀, 居る太閤が何で, 居る夫妻は荒んだ, 居る夫婦生活が一方, 居る夫婦連の旅人, 居る夫子其の人, 居る夫子自身もまた, 居る夫故にこそ去年一昨年何, 居る奇妙な林, 居る奉公の務め, 居る奉公人は少ねえ, 居る奉公人達は何, 居る奥平の屋敷, 居る奥様を非道, 居る奥様方や御新造さん方, 居る奥羽本線の汽車, 居る奧州とは歴史上, 居る奧方に憚つて, 居る女の子がみじめ, 居る女らしさを, 居る女主人の甥, 居る女同行で来た, 居る女土方が小さな, 居る女学生であった, 居る女將を尊敬, 居る女形に問, 居る女彼は音作, 居る女性以外には装飾的, 居る女性達にいらいら, 居る女房等にいつた, 居る女教師も微笑んだ, 居る女流詩人の鼎咲子, 居る女王の様, 居る女等に向, 居る女紫っぽい帽子, 居る女自分のところ, 居る女遠くに一人兎, 居る女郎を引浚, 居る女郎屋の嚊様, 居る奴原の横面, 居る奴等は實, 居る奴風紀上など些か, 居る好々爺ぐらいにしか自分自身, 居る好文會の幹事, 居る好者と巌谷, 居るの風情, 居る妹さんに逢つて見てくれ, 居る妹娘のお, 居る妻木という書生さん, 居る姉さんは何処, 居る姉さん達から, 居る姉妹の娘, 居る姉妹等が遊び, 居る姉達に子供達, 居る始めての正月, 居るからの言伝, 居る姿湯上りの輝いた, 居る娘さん達の世話, 居る娘手踊の半, 居る婆さん等の忙しい, 居る婦どもが知った, 居る婦人客を加え, 居る嫁御がその, 居るや祖母さん, 居るは有る, 居る子さらひの, 居る子ら喉をはり, 居る子守がまだ, 居る子息の妻, 居る子等の面わに夕日, 居る字引を立派, 居る字音と云ひま, 居るの女, 居る孤兒である, 居る学問が進ん, 居る学生のため, 居る学生小幡篤次郎を始め十人, 居る学生達を始め, 居る学者は木幣, 居る学者博士達はいつもよく, 居るの勘太郎, 居る孫兵衞は大屋さん何, 居る孫右衞門は養父, 居る孫右衞門長者は土地, 居る孫生を呼び戻し, 居る學校では猶, 居るに泊りました, 居る宇佐美敬太郎という浪人者, 居る宇治の玉露, 居るを取っ, 居る守り札の袋, 居る守護神というもの, 居るやくざの, 居る安兵衞と申す, 居る安心するがい, 居る安祥旗本中でも家柄, 居る宋代の有名, 居る宏壮な別荘, 居る宗三郎の心, 居る宗兵衛は云っ, 居る宗教家でなくては, 居る宗次郎の幽, 居る官兵衞の首, 居る官吏ならば, 居る官軍もある, 居る定めし外を, 居る定番二人のうち, 居るも遺言状, 居る宜しいものとして, 居るを世に, 居る宝物でで, 居る実は初めて這入った, 居る実生の鶏頭, 居る実質的内容と言語形式, 居る客どもに対して此上, 居る客帳のは余, 居る宣教師の所, 居る宮野邊源次郎と云っ, 居る宴会の席, 居る家々の破風, 居る家のも亦, 居る家中森として暗い, 居る家人の耳, 居る家以外皆家も人, 居る家作も差上げ, 居る家具のやう, 居る家家へ矢鱈, 居る家寶の郷義弘, 居る家庭を成就, 居る家康の処世術, 居る家扶の本, 居る家政婦の鏡照子, 居る家族その他この温泉宿, 居る家族制度には弊害, 居る家来達をズツ, 居る家筋である, 居る家鴨が大きな, 居る容体に適中, 居る宿引的の関係, 居る寂しいと云, 居る寂しきものか, 居る寂しくはない, 居る寅松では, 居る密樹の梢, 居る富さんて云, 居る富士山の神々し, 居る富士山麓一帯もすべて, 居る富士形の山, 居る富太郎に氣, 居る富子のこと, 居る富豪で言葉遣い, 居る寝室の戸, 居る寝床の上, 居る寢酒をやる, 居る實際の社會, 居るはない, 居る寶珠の玉, 居る寶石を知らず, 居る寺本山平は勘定, 居る対岸の山の手, 居る対話の部, 居る将校の方々, 居る將來は甚だ, 居る專次といふ者, 居る尊きお方が, 居る尊君抑臣主義, 居る尊者ゼーツン・ミラレバが開かれた, 居る尋常一年の教師, 居る對外資金が段々, 居る小さい白い手を, 居る小便桶や柿, 居る小刻みな響, 居る小夜のいねこぎ機, 居る小夜菊を執, 居る小学の校長, 居る小山の裾, 居る小春かな, 居る小松に積, 居る小林という方, 居る小母さん達までその, 居る小汚い古道具屋から, 居る小波の様, 居る小牛蕨を採つ, 居る小田原の名, 居る小田島を再び, 居る小男であった, 居る小石にさえ美し, 居る小紋の寝, 居る小説家の裡, 居る小道具などは一々, 居る小面憎いといふ気持, 居る小高い丘に, 居る小高くなって, 居る少女たちがどう, 居る少数の住民たる, 居る就中独逸の人, 居る尾根つ, 居る尾谷川の渓流, 居るの女房達, 居る屁ッポコ巡査に看破, 居るないは, 居る居合の術, 居る屈指の諸, 居るで其上, 居る屋上へ上っ, 居る屋敷は非常, 居るのやう, 居る属官である, 居るを脱ぎ, 居る山の上に在る, 居る山の神など, 居る山の端をその, 居る山倉富五郎と申す, 居る山木は君, 居る山本の隣家, 居る山東地方へ旅行, 居る山稜とに抱かれた, 居る山羊その山羊, 居る山脈に対して居る, 居る山葵の大き, 居る山賊夜盗の首領, 居る山路を通りまし, 居る山際を通り, 居るの噂, 居る岩三郎を岩太郎, 居る岩下にまた, 居る岩山の尾根, 居る峯松だ大概, 居る島田三郎一一〇六票で當選, 居るの下, 居るの中, 居る巌丈な屋造, 居る巍々たる諸山岳, 居る川巾は一間, 居る川村という富豪, 居る川楊の枝, 居る川沿いの径, 居る川端に沿う, 居る川蝦で釣る, 居る巡査のよう, 居る巡査さんは云う, 居る巡礼が有る, 居るの底, 居る左右二頭の唐獅子, 居る左孝はその後, 居る左近太夫だつたの, 居る巧緻な人形, 居る巧者な飛行家, 居る巨万の富, 居る巨大な金色, 居る巨盗なん, 居るの無地, 居る巳之吉と猪, 居る巴屋の前, 居る巴屋七平は血, 居る市中を通り過ぎ, 居る市内一同のため, 居る市橋良子及び神戸, 居る市田イチ子というの, 居る布子の裏, 居る帆前船を見物, 居る帆村君がその, 居る希望や勇気, 居る希臘には未だ, 居る希臘軍の將帥, 居るを取り, 居る帝王が無く, 居る師父ブラウンのそば, 居る帰京の日, 居る帳場へ何處, 居るに手拭, 居る常吉とかいふの, 居る常盤の君, 居る帽子を無造作, 居るへ行っ, 居る幕府の目付, 居る平地です, 居る平安朝の初期, 居る平家蟹という不思議, 居る平民のほか, 居る年三十五六の色, 居る年中行事として繰り返される, 居る年寄を指し, 居る年少氣鋭前途有望といふ連中, 居る年明だろうありゃ, 居る年老た医者, 居る年長だと, 居る幸七夫婦の太平無事, 居るの民五郎, 居る幻想が白日, 居る幼い妹の, 居る幼児が僅, 居る幽霊塔の奇談, 居る幾万のバタ, 居る幾人かの生命, 居る幾個の茅舎, 居る幾千万かの婦人, 居る幾基の静思菩薩, 居る幾多の美しい, 居る幾等捜したとて, 居る幾等空な約束, 居る広場である, 居る床几に倚つて, 居るに故, 居る序文と少し, 居る底奥い沈鬱さ, 居る店屋の種類, 居るの強い, 居る度合ひが, 居るあり, 居る座布団付の悪, 居る座敷牢の外, 居る座禅を止め, 居る座附の女, 居る庭園を私, 居る廃屋へやって来, 居る廃物を淋しく, 居る廊下の堅牢, 居る廣庭では六十以上, 居る廿七匹の猟犬, 居る廿三首の短歌, 居る弁護士は人々, 居る弟共の二つ, 居る弟君は誰, 居る弟子坊さんにも分け, 居る弥之助は先年, 居る弦月丸に乘組ん, 居る弱小さが煩悶, 居る強力な電燈, 居る強国に睨まれ, 居る強者の為, 居る彈丸を取出し, 居る彌太郎をつれ, 居る彌次馬は二三人, 居る寺の, 居る当夜蛇王が七年目ごと, 居る当局の人々, 居る当座は茶屋, 居る形体的内容がある, 居る形式と主人公, 居る形相は恐し, 居る彫刻の傍, 居る彫塑家藤川勇造君の製作, 居る役人等は自分, 居る役所が出, 居る役者たちの咽喉笛, 居る彼らの内, 居る彼与右衛門が所有林, 居る彼女等の願望, 居る彼奴夫と知らず, 居る彼家は云わ, 居る彼方にそれ, 居る彼是を考へる, 居る彼様な感心, 居る彼爺さん達彼処此処に鳶色, 居る彼等支那人が依然, 居る往來の端, 居る往年の朋輩, 居る後姿が目, 居る後家のお大, 居る後放免になり, 居る後期王朝の用語例, 居る後毛が何となく, 居る後者は三位一體説, 居る徑路に及ん, 居る従姉妹等が居た, 居る従者を顧み, 居る從つて其の名, 居る從つて一方に於, 居る從弟はもう, 居る從而支那に關, 居る御三家と云い, 居る御仁だよ, 居る御前の憂, 居る御前様を縛る, 居る御幣が動き出す, 居る御新造への合圖, 居る御望の書物, 居る御用聞が何處, 居る御礼を北朗, 居る微々たる一職工なる, 居る微かなる堤防, 居る微妙にし, 居る微小隕石即ち吾人, 居る微笑は消え, 居る微細な神経, 居る徳三郎でした, 居る心あたりの婦人, 居る心底だ, 居る心得でございますはい, 居る心配するな, 居る忍び返しと相対, 居る忍城の成田氏長, 居る志村は色, 居る忠五郎に絞られ, 居る忠吉とお, 居る忠義者で取, 居る忠義者これは何彼, 居るさを, 居る快い放心が, 居る快楽を無視, 居るをなさしめし, 居る思いを, 居る思い出にどうせ, 居る思想史や文明史, 居るで毛, 居る怪美人は少し, 居るしげな, 居る恐しい呪い, 居る恐ろしさを, 居る恐ろしい境界に, 居る恐ろしい怖い顔の, 居る恐ろしい淋しい処で, 居る恩人である, 居る恩人たちへお詫び, 居るの皮膚, 居る恭二のピクピク, 居る恭吉が如何程, 居る息子らを誘い切れず, 居る恵比須顔の六十許, 居る悪い人間も, 居る悪神よりも恐ろしい, 居る悪魔に取り憑かれる, 居る悪魔共が俺, 居る悲しさの, 居る情景が実に, 居る惠梅は取られた, 居る惡者を押, 居る惡者共をけしかけ, 居る惣吉を縛れ, 居る惣領の新五郎, 居るな生物, 居る想いなの, 居る愍然さは何と, 居るである, 居る意気地のな, 居る意氣地なしで, 居る意義である印度, 居る意義通りの結果, 居る意識になやまされ, 居るを苦しみ乍ら, 居る愛吉は苦笑, 居る愛妾のお, 居る愛情に何, 居る愛惜も, 居る感じエッチングのエフェクト, 居る感じ自分を打った, 居る感覚に何程, 居る慎作の固い, 居る憎らしいツたらない, 居る憐れな人, 居る憾みはある, 居る懐中蝋燭から灯, 居る懐中電灯を借り, 居る懷疑思潮に付, 居る懷疑的傾向に就, 居る懺悔は実に, 居る戀人達も乞食, 居る戀愛結婚が生活理想, 居る成名と云, 居る成熟した体, 居る我々日本人は不, 居る我儘娘を看護, 居る我同胞から感謝, 居る我我に取つ, 居る我日本が亡國, 居る我邦で云, 居る或いは誰かに, 居る戸田からタッタ, 居る戸籍斷片昔行はれた戸籍, 居るを掌, 居る房五郎の娘, 居る所丈けの一局部, 居る所此方は一家, 居る所為か七月, 居る所生々存續の勢力, 居る所論をあやぶむ, 居る所謂かんかん虫, 居る所謂咽喉仏が一度, 居る所謂怛土羅派の左行派, 居る所謂文化方面の人達, 居る所謂温泉場人種の一人, 居る所謂腰弁生活の時代, 居る所謂遊覽船も一艘, 居る扇椰子滴る様, 居る手もとを薄闇, 居る手ランプの油煙, 居る手代清松は一番先, 居る手前気の毒ということ, 居る手古奈の美し, 居る手塚と云う, 居る手真似で話しあい, 居る手綱を引き外し, 居る手足を擦り, 居る手遊の竹笊, 居る手附を見, 居る手際なかなかよい, 居る才筆である, 居るは既に, 居るけつつ起し, 居る技巧もある程度, 居る技術と云, 居るも此, 居ると云, 居る折其時の母校, 居る折婢が来, 居る折柄二人は予ら, 居る折柄奥平家の大奥, 居る折柄是非先生の御, 居る折柄此の鑛毒被害地, 居る抱え芸者に口癖, 居る押上の笛辰, 居る拍子につい, 居る持主の手, 居る指折物も持ち居れ, 居る指紋を採っ, 居る指紋法が発達, 居る按摩さんでした, 居る捕物の名人錢形, 居るへ辷込ませる, 居る掛鏡を覗き込み, 居る揮発油の分量, 居る支那人陳施寧が全く, 居る支那婦人の一団, 居る支那譯の律, 居る放蕩の血, 居る政党関係を知っ, 居る政吉は二言目, 居る政府がある, 居る故そちらへ出かけ, 居る故に唐代の, 居る故みな楽土より流れ出る, 居る故われら小倉袴のぶん, 居る故人を片隅, 居る故国の者, 居る故多量に続け, 居る故夫で秀子, 居る故底も幾分, 居る故恰好の試驗材料, 居る故是しきの事, 居る故郷は何, 居る故香炉が神, 居る敍事詩を諳誦, 居る救濟はしてやる, 居るへてくれ, 居る教員等も一緒, 居る教科書よりどれ位子供心, 居る教育あり名誉, 居る散髪頭が反, 居る敬虔な信者, 居る数々の, 居る数ヶ所の疑問, 居る数人の客, 居る数千万の白, 居る数多の形式, 居る数多くの人達, 居る数本の樹木, 居る数条の連脈, 居る敷居の方, 居る數多の文學其中, 居る文吉と名差し, 居る文壇に一つ, 居る文字と云う, 居る文学者の種々, 居る文平を目がけ, 居る文庫に鍵, 居る文才に長け, 居る文明的の国, 居る文次郎は何ん, 居る文科受驗生の井出君, 居る料理人にも地下室, 居る料理菊の黄, 居る斜形状の平原, 居る断髪令嬢の許嫁, 居る斯千歳村に雲霽, 居る新しい道徳として, 居る新之助の姿, 居る新人会時代への批評, 居る新聞が漢字, 居る新聞位は読ん, 居る新聞社だな, 居る新聞紙包を聞く, 居る新鮮な魚, 居る方丈の背面, 居る方氷がある, 居る方法に依つ, 居る方角からは矢張入営, 居る方貴様の言葉, 居るの雲水, 居る旅中には今, 居る旅人の群, 居る旅籠だよ, 居る旗印を目標, 居る既に鑛毒問題と, 居る日の下開山木下藤吉一番槍一番乘一番首の功名, 居る日本国の商人, 居る日本國現在書目録であります, 居る日本婦人が物好き, 居る日本産の小, 居る日本的突喊性が, 居る日比谷バラックに押しかけ, 居る日當りの, 居る日記にそれ, 居る旦那様が脇差, 居るをのべました, 居る旨いと云, 居る早い話が, 居る早く来いと, 居る早坂勇も大方, 居る早速御引渡し, 居るの太祖, 居る明年の春, 居る明神樣の氏子, 居る易者がそのまま, 居る星明りの中, 居る春光を同じく共に, 居る春枝夫人は手巾, 居る春雨も一度, 居る是屈強と取り上げ, 居る是時は片方, 居るの様, 居る時お雪伯母は見る, 居る時みたいに家中, 居る時ゆえ此の様, 居る時ギリシャ神話を大変愛読, 居る時フトした事, 居る時ミュンヘンのさる, 居る時一番執念深く附き, 居る時上から二十貫, 居る時上野山君からお, 居る時世かとわし, 居る時今迄默然, 居る時以外の全部, 居る時何か薄い, 居る時候で支那風, 居る時僅に其座敷, 居る時八五郎がお玉, 居る時分お前の客, 居る時分一年以上西洋人に就い, 居る時分二三度買った事, 居る時分化学を習った, 居る時分吾家の種々, 居る時分商ひの, 居る時分学校の二階, 居る時分己ア知んねえけれども, 居る時分彼の人, 居る時分彼女は時々, 居る時分東京へ出, 居る時分祖母自身歩いて, 居る時分私はドイル, 居る時分貸本屋の小僧さん, 居る時列車は動き出した, 居る時利三郎は鯨幕, 居る時刻ぢやねえ, 居る時前の窓, 居る時勢ではない, 居る時変転する文明, 居る時外から, 居る時女も手, 居る時好意ではある, 居る時孟子の半ば, 居る時居留木角左衞門が拔, 居る時屆いたので, 居る時巳之松さん, 居る時政府は裏, 居る時新聞はしきりに, 居る時横のガラス窓, 居る時正岡に下宿, 居る時正銘の百姓, 居る時母は其の, 居る時母親がガラス戸, 居る時湯に行く, 居る時滅亡の姿, 居る時濱は寂寞, 居る時物置の材木, 居る時狙はれると, 居る時猟師に思われた, 居る時田中正造は議会, 居る時皇室中心の思想, 居る時真個に愛する, 居る時秀吉は既に, 居る時竹内が上, 居る時紅葉にくらべる, 居る時自分は偶, 居る時街路を歩いてる, 居る時西瓜畑を荒らし, 居る時買物をする, 居る時間表に依る, 居る時隣の部屋, 居る時隣室とまちがえ, 居る時順一の泣声, 居る晩秋の水, 居る普賢の像, 居る普賢菩薩の古い, 居る普賢菩薩樣が時々, 居る普通の梵語, 居る智恵子は, 居るに鶴, 居る暁星小学の制帽, 居るさかな, 居るい心, 居る暖かそうな, 居る暖炉に自暴, 居る暗き眼に, 居る暮しを見た, 居る曉星小學の制帽, 居る曲馬乗りの女, 居る書斎に対して住みいた, 居る書棚の上, 居る書生さんの旦那, 居る書生達の唄, 居る書類を出せ, 居る曹長はこの, 居るて其の, 居る最う大方着手する, 居る最上の高, 居る最上等のもの, 居る最中横着な空巣狙, 居る最中海岸から見る, 居る最中重役室では千種十次郎, 居る最初の一言, 居る最澄も居る, 居る月給である, 居る月見船が二三隻, 居る有徳の米屋, 居る有様ゆえ取り逃がさぬ工風, 居る有様足場を見付け, 居る有益な本, 居る有難が分らない, 居る有馬之助, 居る朋友とかあるいは, 居るもない, 居る望みござりませぬ, 居る朝廷ですから, 居る朝日新聞の如き, 居る朝晩見て, 居る木々の様子, 居る木の下へ行った, 居る木の葉でも水玉, 居る木の間をくぐっ, 居る木地が恁, 居る木挽の家, 居る木木の緑, 居る木材を引つ掛け, 居る木肌の白い, 居る未來の苦しみ, 居る未知の私, 居る未知数がなかっ, 居る末子の許, 居る末枯草は點頭, 居る本宅のお針, 居る本尊と自己, 居る本屋が, 居る本生經は隨分澤山, 居る本通を行かず, 居る本道に逢い, 居る本郷中の餘, 居る本館病院へと移動, 居るの自分, 居る机掛ね之, 居るの茂り, 居る杉並木の奥, 居る杉山と云, 居る村人らは折々, 居る村落の女等, 居るへ火, 居る杣道を滅茶滅茶, 居るの方, 居る東北醫大の先生, 居る東奧日報に據, 居る東方から京都, 居る東洋の端, 居る東洋人は必ずしも, 居る東皇太一といふ星, 居る東郊を漫歩, 居る東隣の森, 居る東馬共々数日前, 居る杵築にあつ, 居る松島だから, 居る松林の奧, 居る松田であるが, 居るにバタ, 居る板の間に近く一段, 居る板仕切は嚴重, 居る板倉さんの顔, 居る板屋根の上, 居る枇杷の木, 居る枕元を通らなき, 居る林三郎のところ, 居る枯穗がくろずん, 居る枯菊が切な, 居る柄杓を取りたい, 居るの高, 居る柏峠のほこり, 居る柔和と謙譲, 居るの陰, 居るかな, 居る柳仙の親類, 居る栃木の在, 居る栃木縣一縣下で官林, 居るの木, 居る校友會館建設費の不足額, 居る根太板のヘン, 居る根強い力である, 居る根氣は無, 居る案排蔦葛が這, 居るの梢, 居る桶屋があつ, 居る桶屋さんの家, 居るなどは恰, 居るからふわ, 居る梯子はたつた, 居る梯子段の下, 居る梵施王がその, 居るを落ち, 居るから藤, 居る棟梁は, 居る棧橋をうまく, 居るがある, 居る森川町新坂上の煎餅屋, 居る森彦東京に修業中, 居る森林の辺, 居るが滿月, 居るの様, 居る棺臺は買つて來, 居る椋の木に登つて, 居る椎茸髱の女, 居る検事と鯉坂君, 居る椰子の木立, 居る椰子林を颯爽, 居るの木, 居る古い時代, 居る極惡人をこれから直ぐ, 居る極爽快な日, 居る楽しみを繰返し, 居る楽土を遥拝, 居る概念を用, 居る榮子を負, 居る様子それが東京, 居る様子ゆへ松明, 居る様子ゆえお痛, 居る様子ゆえ音のしない, 居る様子其所へ又, 居る様子勘次は素より, 居る様子只今御酒を戴きました, 居る様子庭の方, 居る様子強って厭, 居る様子松五郎もグウー, 居る様子白粉をぬった, 居る様子等は皆重三, 居る様拝察致候得共常識より判断, 居るの木陰, 居る模樣は天然, 居る樣子ぢや唯事ぢ, 居る樣子何うかしたか, 居る樣子其邊を進行, 居る樣子小人數乍らドツと笑, 居る樣子此處までは聽, 居る樣子苦惱の色, 居る樣子近頃は益々, 居る樣子鬼一郎に逢, 居る権利がある, 居る権威は彼女等, 居る権次が軽々しく, 居る権田とても随分頑丈, 居るがお, 居る横合から龜藏, 居る横木即ち架, 居る横町も穢, 居る樫樹が盤, 居る樹間に翔っ, 居る樺色の老婆, 居る橇曳らしい男, 居る橋本の金, 居る機会も多かっ, 居る機密文書を盗み出し, 居る檐端の手, 居る檢事の方, 居る櫛曵と云, 居る欄間にはガラス張り, 居る欠点に就, 居るの部屋, 居る次第世間随分物騒, 居る欧洲一の名馬, 居る欧米あたりから持っ, 居る欲望の放散, 居る歓びを感じ, 居る歓楽の都, 居る歟此品をば与, 居る孝という, 居る正木直彦芳賀矢一なども同じ, 居る正義を通じて一通り, 居る此の方が, 居る此の間芝居見物のとき成駒屋, 居る此上の災害, 居る此九死一生の分れ目, 居る此兒の前, 居る此利根郡の利根官林, 居る此四十一萬圓の方, 居る此声をもう, 居る此婦人は朕, 居る此家の戸, 居る此寺の建築, 居る此小學校は見た, 居る此屋敷を人手, 居る此方の片隅, 居る此時ぼんやり菊, 居る此村では新, 居る此柱の頭, 居る此様な支那人, 居る此樣事で舟, 居る此歌などから取つた, 居る此状况を見, 居る此着物も私, 居る此祝詞は第, 居る此等の苦行者, 居る此紐に於, 居る此花とはからず, 居る此裝甲は現今專ら行, 居る此身の一杯, 居る此部屋に入, 居る此鋭角の度, 居る此頃だったの, 居る武八と云う, 居る武器は無論, 居る武士の妻, 居る武士氣質を刺戟, 居る武士雨具が無い, 居る武家ぢや無い, 居る武村兵曹は幾度, 居る武藝のたしなみ, 居るとて若し, 居るは私, 居る死に目に遇つて, 居る死室であつ, 居る死體をまだ, 居る殆ど最高の地位, 居る殊にこれから戦地に, 居る残忍の有様, 居る殖産家ですが, 居るに於, 居る段階が違う, 居る母上でさえ自分, 居る母君の心, 居る母君等はもうとうとうに, 居る母屋の方, 居る母様から手紙, 居る母親達の姿, 居る毎朝戸を開け, 居るな仙人草, 居る毒藥は使, 居る毒虫か函嶺, 居る毒蛇に直接手, 居る比較的大きな道, 居る氏家竜太郎の妹, 居る民子という女, 居る民族劇各地方, 居る民法學者の一博士, 居る民間伝承によつて, 居る気むらな我まま, 居る気味が悪いと見た, 居る気持ちで静か, 居る気色は少し, 居る気軽者を見, 居る気配があり, 居る気高い美しい女である, 居る氣力もなく, 居る氣勢もする, 居る氣味が有る, 居る氣持から無意味, 居る氣遣ひはねエ, 居る氣障な奴, 居る水の上へ舳, 居る水司又市と聞きました, 居る水平線の先, 居る水筋である文出, 居る水色の蝶, 居る水蒸氣がちら, 居る水車婆様の繰, 居る氷川の森, 居る江島屋宗三郎は根岸, 居る江馬兄妹であった, 居る池田といふ男, 居る決心で, 居る決闘丈に其場所, 居る汽船がいかにも, 居る汽車の中, 居るからの叫び聲, 居る沖仲仕がこの, 居るに恁, 居る沢山の美くし, 居る沢田を見出した, 居る河原は見る, 居る河嶽英靈集には二百七十五, 居る河村靱負こそはお, 居るじみた顔, 居る油障子を細目, 居る泉太の許, 居る泊り込みの小, 居る泊客です, 居る法師であつ, 居る法斎どのから聞こうで, 居る法顯傳や義淨三藏, 居るのかたまり, 居る波濤のやう, 居る波音をいかにも, 居るが屋根, 居る泥坊が外部, 居る泥棒の木枯傳次, 居る洋書類を密か, 居る洋服工つい俥, 居る洋燈の下, 居る洋酒の壜ども, 居る洗濯法等申上げ度う御座いますが, 居る洗面器を小, 居る活動の前, 居る浄花院に殺到, 居る浅間しさ, 居る浅黒い人が, 居る浦原お浦, 居る浦賀の町, 居る浪人共をも宥免, 居る浪人暇はある, 居るれ女ども, 居る浮標の形さ, 居る浴客がざあつと, 居る海岸一帶の地, 居る海月も日, 居る海洋交通の有, 居る海軍部隊の報告, 居る海辺のわびしい, 居る涙香の著書, 居る涼しさうにも, 居る涼場を仕, 居る淡路島が手もと, 居る深山の湖, 居る深瀬さんのお世話, 居るましい孫右衞門, 居る淺五郎が飛込ん, 居る淺瀬へその, 居る清三の姿, 居る清川をまあまあ, 居る清流で身體, 居る温泉で最近, 居る温泉處に來, 居る温湯である, 居る湖水に流れ込ん, 居るを土瓶, 居る湯たんぷが冷えた, 居る湯本行の電車, 居る湯気を凝, 居る満枝は益す, 居る源六お國夫婦, 居るもみな, 居る溪川に沿う, 居る滅法綺麗な, 居る滋亜燐を何と, 居る滿に, 居る漁業団体に内訌, 居る漁業團體に内訌, 居る漂泊ふ門附, 居るの皮, 居る演劇であります, 居る漢以前の古典, 居る漫然昼寝するなどという, 居る漫画家連中とが風采, 居る漱石氏のただ一枚, 居るがある, 居る潮來の廓, 居る澤屋利助の用心棒, 居る澤庵の數, 居る濤子夫人を励まし, 居る瀕死の妹, 居る瀬川先生は調里, 居る火事騷ぎとしては尤も, 居る火葬の様, 居る火葬場許りを, 居る火薬焔硝の製法, 居る火鉢の前, 居るに近づい, 居るをつけた, 居る炮砥に線香, 居る点一致せん点, 居る点外光の巧さ, 居る点自分は愛, 居る為余の目, 居る為此の様, 居るが竈, 居る無学者の方, 居る無形の威力, 居る無心に近い, 居る無数の人間, 居る無気味な人, 居る無礼至極の奴, 居る無線遠視器である, 居る無聊を慰めよう, 居る無花果か芭蕉, 居る無邪気だ実に, 居るう云, 居る煖爐に自暴, 居るが重相, 居る煙管をちょっと, 居るどうもよろしから, 居るをみた, 居る熟田が數年, 居る燈かげには霜, 居る燐燧が残り少なく, 居る燒けた土をとつて, 居る爐邊の方, 居る爪先までまじまじ, 居る爪弾の音, 居るに注意, 居る父さん達のところ, 居る父母をまねき, 居る爺父は恐ろしく, 居る哥, 居る片手を働かせ, 居る片町十番地の家, 居る牛乳を市塲, 居る牛胡頽子の側, 居る牛鍋を兩側, 居る牝牛の群, 居る牧牛がせわしかっ, 居る物位は肇, 居る物凄い大年増, 居る物凄いさむい様な, 居る物語と同様, 居る物貰ひの, 居る物貰いを拾っ, 居る物質の分子, 居る特別のハヤ, 居る特殊な味, 居る特色と云, 居る犬山道節だの他人, 居る犬神の伝説, 居る犯人が何となく, 居るにつま, 居る狐猿も詰め切っ, 居る狩尾博士が脳溢血, 居る独乙種の下女, 居る独息子が帰ったら, 居る独身者でも見る, 居る独逸の俘虜, 居る狭い暗い処で, 居る狒も, 居る猛獣のため, 居る猟師の家, 居る猟犬は兎狩, 居る猫背の乃木將軍, 居る猿楽といふ舞楽, 居る獄扉の上, 居るは最, 居る獅子を発見, 居るり者, 居る獲物が一尾, 居る玄照を印度, 居る玉の井の淫売殺し, 居る玉川の地所, 居る玉川上水の橋, 居る王宮の様, 居る王族である, 居る珍景大道具の家族招待みたい, 居る珠數といふもの, 居るの兵卒たち, 居る證である, 居る現にかういふこと, 居る現世の歓楽, 居る現代生活に於, 居る現象は決して, 居る理解が不, 居る琥珀色の瀟洒, 居る環境を離れ, 居るの膓, 居る瓦斯の袢天, 居る瓦葦が雨, 居る甚作といふ男, 居る生れつきの聰明さ, 居る生存のみじめさ, 居る生活そのものの全部, 居る生活上の化石, 居る生生しい現代人である, 居る生身の観音菩薩, 居る生類は彼一人, 居る生食に一面, 居る生魚とむきみ汁, 居る産土の森, 居る用濟みの見本帳は直接, 居る田中兎喜代さんと私, 居る田原を面倒臭く, 居る田圃で流れ, 居る田島屋の店, 居る田舎道を下り気味, 居る由おぼろながらに傳, 居る由それを秋田さん, 居る由佐野利器が利己心, 居る由国府津から月曜, 居る由實に怪しから, 居る由昨晩の松村, 居る由独り荻沢警部のみは此少年探偵, 居る由確かに聞込み候間, 居る由結構です, 居る由舊主人も爾, 居る由過日村山氏より聞き及び, 居る甲板の上, 居る甲比丹のマツキヅガル, 居る男どもに相談, 居る男の子達に注意, 居る男らしいが, 居る男メガネをかけた, 居る男前職人の勝藏, 居る男女二人が八五郎, 居る男達アリ生活それだけ楽, 居る町内の人達, 居る町筋を通っ, 居る画家の児島君, 居る界隈を永久, 居る畔路をときどき, 居る留さんという爺さん, 居る番兵にその, 居る番町の病院, 居る番頭小僧日雇人足も夥しい, 居る番頭小僧達に一應當つて, 居る番頭手代達もただ, 居る畫家の名, 居る當年麥を蒔かぬ, 居る當時天子の禁廷, 居るから骨, 居る疊庖丁だ, 居る疊表に包み, 居る疑惑の幾つ, 居る疾風は直ぐ, 居る病弱で現に, 居る病気がある, 居る病的なところ, 居る病間へ通っ, 居るが見える, 居る痛みに気, 居るが出, 居る發音的の假名, 居るっぽい乱達縞, 居る白人一同に閉口, 居る白壁の側, 居る白帆から御台場, 居る白方の旗, 居る白木蓮の花, 居る白梅屋敷のその, 居る白粉も紅, 居る白粉気も何, 居る白翁堂勇齋という人相見, 居る白色の置物, 居る白頭猿と呼ばる, 居る白鳥徳利の寐姿忌, 居る百兩の手ざはりには, 居る百八十余里隔った国, 居る百合若説経, 居る百姓池上權藏といふ男, 居る百済の池津媛, 居る百科辞典のよう, 居る百貨店はない, 居る皆吉のせい, 居る皆謂ふ所, 居る然の, 居る益田さんが素人, 居る盤根錯節を切んけれ, 居る目的は各自, 居る目算がバタバタ, 居る盲魚やニユージーランド, 居る經約二尺大の, 居る直に復た, 居る看病人です多分, 居る眞奈の眼, 居る眞物と摺り變, 居る眞珠太夫を呼ん, 居る眞田紐などを持出す, 居る眞砂町の大, 居る眞言亡國禪天魔を叫んだ, 居る眞鍮磨きの逞, 居る眞黒な房, 居るの意向, 居る真上には屋根裏, 居る真砂町の大, 居る真空にすれ, 居る真面目な両親, 居る真黒な足, 居るさも, 居る眼前へ鼠群, 居る眼口元などを一わたりズー, 居る瞬間に其, 居るをクルリクルリ, 居る瞳子の中, 居る瞽女が殖えた, 居る矢先お初自身にこの, 居る矢先仲間の者, 居る矢先白旗直八はフト左孝, 居る矢先肝腎の又, 居る矢先自動車に轢かる, 居る矢先酒とあつ, 居る矢張山を荒し, 居る矢張木を植, 居る矢車を見, 居るて居, 居る知名な壮年俳優, 居る知己の家, 居る知識的な農婦, 居る短刀で人, 居る石上左傳次といふ浪人者, 居る石像は泣い, 居る石垣の隅々, 居る石臼を觸つて, 居る石臼君がまつ先, 居る石菖蒲を泥, 居る石高道を歩いた, 居る砂原へ船, 居る砂嘴が海岸線, 居る砂地や土筆蒲公英, 居る砂浜の上, 居る砂糖屋その向, 居る砥石の破片, 居るの巖, 居るを書き連ね, 居る礼式なん, 居る礼服は十五年前, 居るというよう, 居る社会の前, 居る社会人としての責任義務, 居る祖先傳來の技術, 居る祖先神の香炉, 居る祖母さんが出, 居る祖父の手前, 居る神々しいばかり美しい, 居る神さんである殊に, 居る神人礼拝の形式, 居る神名は撞賢木厳, 居る神妙にせい, 居る神尾十三郎殿の許, 居る神樣を持つ, 居る神樣丹塗の矢, 居る神田鍛冶町の金貸, 居る神秘境をダシヌケ, 居る神経細胞だけで, 居る神職に引き宛て, 居る祭りの中心行事, 居る禅寺の坊さん, 居る禅門の祖父, 居る福助君の手, 居る福岡城以來の南部兵粮丸, 居る福惠全書といふもの, 居る秀勝を質, 居る秀吉方諸将, 居る秀才ではあります, 居る私さへ身, 居る私塾が市中, 居る私自身の姿, 居る私設電車の絵看板, 居る私達側に引き換え, 居るの森, 居る秋日かな, 居る秋田さん凋びたレモンのよう, 居る秋祭りはほんとう, 居る秘書役みたいな書生さん, 居る程ぢやありません, 居る程単純な明るい, 居る程平和な祭, 居る程気分が悪い, 居る程煤びた大きな部屋, 居る程物に臆する, 居る程自分に対するお, 居る稍類似して, 居る種痘の時, 居る種種の参考書類, 居る種類の人間, 居る稻垣小三郎様のお, 居る稻垣小左衞門の腰, 居る稻葉屋佐七さんのところ, 居る稼ぎ人らしい内儀さん, 居る穀物で稲, 居る穂先から火, 居るじゃったが, 居るをば秋風, 居る穗先を傳, 居る穢い且つ狭い, 居る穢多町の空気, 居る空気銃吹矢の店, 居る窒素が人体, 居る窮屈な中, 居る窮屈さを感じる, 居るを炊く, 居る立春とか夏至, 居る立湧のやう, 居るに十一, 居る端女の口, 居る競馬を知らぬ, 居る競馬狂は先づありませぬ, 居るを以て罪人, 居る笞刑に始まる, 居るの下, 居る符合した処, 居る笹屋の源助, 居るを投, 居る筆者の私, 居る筆頭與力笹野新三郎が乘出, 居る筈根岸から子刻過ぎ, 居るの父親, 居るを開い, 居る筒袴は要らぬ, 居るを云, 居る箇所はなく, 居るをば記憶, 居るは周公, 居る篠井智恵子という同じ, 居るに云った, 居るの中, 居ると株券, 居る米准那のこと, 居る米国の太平洋艦隊, 居る粂之助というもの, 居るの爲, 居る精神だけである, 居る精神活動は眼, 居る精神界の種々, 居る精細な知識圈, 居る精霊類似のもの, 居る糸子にお為ごかし, 居る糸瓜は十本, 居る紀伊國屋の伊之助, 居る紅緒の草履, 居る納戸兼用の六疊, 居るは埃, 居る日本趣味並びに, 居る純白の肌, 居る紙切れの様, 居る紙屑も本, 居る素晴らしさ, 居る素質やら好尚, 居るの君, 居る細やかな指, 居る細引がお, 居る紳士と知れた, 居る紹介状の主, 居る紺無地のネル, 居る紺青の浪, 居る絆纏みたやう, 居る経済思想に富ん, 居る結果利慾心が一倍, 居る結果殆ど容喙すべき餘地, 居る結論だけを茲, 居る絛虫や蛔虫, 居るがニコニコ, 居る給仕はいや, 居る統一した人格的力, 居る絲瓜は十本, 居る絲蒟蒻と牛肉, 居る絵画を自ら, 居る絵葉書は大切そう, 居るの切れ, 居る絹針だと, 居る經濟状態に對, 居る經濟界は夙に, 居る維納へ其, 居るを, 居る綱田屋が奉公人, 居る綱田屋五郎次郎の遺子, 居る綾絲は一箇所, 居る綿が飛出る, 居る緋縮緬のしごき, 居る入歯を, 居る緑盤も塞がった, 居る緑素は悉皆, 居る線路に分れ, 居る編輯長の手前, 居る緩慢な句, 居るから此, 居る縁側伝いに奥まった, 居る總吉の方, 居ると顔, 居るの条, 居るがあつ, 居る罪人を若し, 居る罰當りの, 居る羅公とは羅公, 居る羅宇の空隙, 居る羅漢様と生き写し, 居る羊毛布をもっ, 居る美しさアヽ此処なりと, 居る美しい若い女の, 居る美しく強力なる, 居る美保子さんがしてやる, 居る美女は八朔, 居る美術上の逸品, 居る群峰は菩薩, 居る群雪峰は互いに, 居る義従兄が見舞, 居る義鎮受けて, 居るを見, 居る羽扇が無かっ, 居る羽織では上等, 居る習之進は兎, 居る習合せられた宮廷叙事詩, 居る微や, 居る老人さっきまでの苦労, 居る老僕の言, 居る老子の作つた, 居る老年の母, 居る老爺は少納言殿, 居る老爺さんが能, 居る者きりだろう, 居る者さへある, 居る者どうしが思, 居る者ほか分らないの, 居る者一人一人をつかまえ, 居る者並に其以外, 居る者二人以外にもござる, 居る者今日此の町, 居る者何れを見, 居る者全部にお, 居る者大阪版の一休諸国物語, 居る者有之候, 居る者浜は近来, 居る者編物をし, 居る者而かも當局, 居る者過日上尾の街道附近, 居るを着け, 居る耳朶を見, 居る聖光の弟子良忠, 居る聡明な青年武将, 居る聲それは例, 居るを其儘, 居る職人向側の塵埃, 居る職務に忠勤, 居る肉体の価値, 居る肌守の紐, 居るを少し, 居る肥料小屋がくずれた, 居る肱掛に頭, 居る肴屋の小僧, 居る背中に四歳, 居る胡麻塩猫を眺めなおした, 居る胥吏士卒らは弛, 居る胴金から煙草入, 居る能力は長歌, 居るの高い, 居る脊梁の大, 居るや腰, 居るに己, 居る腑甲斐なさ, 居る腰元八重なの, 居る腰張の中, 居るをながめ, 居る腹案を筆, 居るの所, 居る臣民を罰, 居る臨時工の中, 居る用車, 居る自分らがようよう, 居る自分一人がその, 居る自分達二人の身の上, 居る自家の兼公, 居る自性と神, 居る自然科学も彼等, 居る自然美になつかしむ, 居る臭い口を開い, 居る至純の感情, 居る舅姑の世話, 居る之助, 居る與三松といふ中, 居る興行師が寄り合っ, 居るが匹夫, 居る舞子の姿, 居る舞踊劇の立場, 居る船員の心切ぶり, 居る船長だけ, 居る良くない方, 居る色年増のお, 居る色眼鏡とそっくり, 居るをとつ, 居る芝生へ乱暴, 居る芦名光司に錢形平次, 居る芦名兵三郎という若い, 居る花園のわき, 居る花房一郎の間延び, 居る花片の間, 居る芸者衆にも猫, 居る芸術を馬鹿, 居る芸術品としての, 居る芸術家の或, 居る芸達者な女形, 居るを択ぶ, 居る若々しい血色は, 居る若い美しい女達の, 居る若人の直衣, 居る若林博士も同様, 居る若衆に目配せ, 居る若衆姿の自分, 居る若輩ものです, 居る苦々しい阿房の, 居る苦しみったら無え, 居る苦しみであつ, 居る苦労人だ, 居る苦楽園へよっ, 居る苦行は勿論, 居る苫舟からぢ, 居る英国式のクラブ, 居る英子嬢ならずとも, 居る茂與と申す, 居る茄子畑を正面, 居る茅茸の人家, 居るから見える, 居るの木, 居る茶の間の入口, 居る茶屋ですが, 居る茶碗の中, 居る草双紙を引き擦り出し, 居る草地の眺め, 居る草履をはいた, 居る草木の間に誇つた, 居る草簑の由来, 居る荒磯の邊, 居る荒野という意味, 居る荘子の方, 居る荷物を卸す, 居る荷馬車の黒馬, 居るの下, 居る菊次郎を襲, 居るを主人公, 居る菜の花にのみ俤, 居る菩薩樣が少し, 居る萩原束という浪人, 居る萬七と清吉, 居る萬七親分や清吉, 居る萬屋源兵衞でした, 居るのなか, 居る葉かげ等にはどうしても, 居る葉先にざら, 居る葵橋を渡る, 居る蒟蒻を擔, 居る蒲団の上, 居る蒲壽庚の助力, 居るの裾, 居るの台, 居る蓮太郎を誘ふ, 居る蔓薔薇は夏, 居る蕎麦も容易, 居る薄い袷衣も, 居る薔薇色の上, 居る薙刀つかひの, 居る薫わしい影, 居る薬壜を見る, 居る薬瓶や白い, 居る薬舗の紹介, 居るの入口, 居る藝者のお, 居る藝術に對, 居る藤井はピアノ, 居る藤六を振, 居る藤波金三郎は俗人中, 居るを一服飮, 居る藩士達も徒ら, 居る藻西太郎に逢, 居る蘆蟹を大君, 居るの鉢, 居るが立ち去る, 居る虎井満十, 居る虐待侮辱惡い文字, 居る處其處に大佐, 居る處女子の藍染衣, 居る虚子とは同時に, 居るが呼吸, 居る虫屋の看板, 居る蚊帳の中, 居るは其, 居る蛙みな水に沈み, 居るは力, 居る蜀江の綴錦, 居る蜀黍は強い, 居る蜃気楼を自分, 居る蜘蛛の隊, 居る蝋燭立てや輪燈, 居るの宮殿, 居る螺線形のお寺, 居るの小さな, 居るを見, 居るに煙草, 居る血だらけの羽織, 居る血氣盛りの者, 居る血痕のにおい, 居る血管の脈搏, 居るといふの, 居る行商人もあつ, 居る行爲を各人, 居る街路であったが, 居る街道を俯視, 居る衛生舎に指定, 居る衛生隊司令官のワルデルゼイ軍医大佐, 居るをどけた, 居る表現である, 居る衷心の真心, 居るは魂, 居る袈裟と下, 居るに露, 居る袖口に目, 居る裁判所に居る, 居る裏家がご, 居る裏門から入っ, 居る裝飾が其光, 居るの木, 居る裸体の坊さん, 居る裸足の日本海外移民, 居る複数の影, 居る襖際に玄關, 居る西北原に出られる, 居る西域諸國, 居る西念と一々, 居る西洋人のよう, 居る西洋建築で青く, 居る西洋料理此れでこそ, 居る西洋梨が何故, 居る西洋洗濯であった, 居る西浦海岸を探す, 居る西瓜の蔓, 居る屋山右衞門などは, 居る要するに此地方に, 居る要之助の右手, 居る要求必要などと云う, 居る見えない不安, 居る見世物目のさめる, 居る見物は皆口々, 居る見知り越しの劇評家, 居る見苦しい奴だ, 居る見込だとよ, 居る親しい者へ, 居る親切な乳母, 居る親友高畑五郎を訪問, 居る親父もシナ, 居る親父殿を見る, 居る親達に気, 居るを与えし, 居るえは, 居るがある, 居る觀音樣と見た, 居る角力取が仲裁, 居る角帽制服のすらり, 居る角谷大三郎, 居る解題の本, 居るひ習, 居る計画を話した, 居る記伝の説, 居る記録や古来人, 居る許婚の秋月勘三郎, 居る訳ぢや無い, 居るである, 居る証挙に口, 居る詩五篇を一度, 居る詩子のお, 居る詩文集で官吏, 居る話数年前物故した婆さん, 居る誕生を濟, 居る読者である, 居る誰かがあるでしょう, 居る誰彼の名, 居る諸君の中, 居る諸点が目, 居る諸種の陀羅尼, 居るを解く, 居るの聲, 居るである, 居る警視庁が無駄, 居る譬喩ほど具象性, 居るな野郎, 居る谷川ばたに, 居る谿の石, 居るが破れ, 居る豆ランプはピクピク, 居る豊富な美食, 居る豌豆を水, 居る象兵が眞先, 居るえじゃ, 居る豪い驚くべき長所, 居るで実に, 居る貝六に取っ, 居る貞藏の口, 居る販の, 居るの意義, 居る貧しさは, 居る貧乏質屋の伜, 居る貧民でありました, 居る貧相な家並, 居る貫兵衞の冷たい, 居る貯蔵室だとか, 居る貴族的僧侶は百六十五名, 居る貴重な材料, 居る資料は, 居る資本を多く, 居るさが, 居るの小判, 居る赤土の焼けた, 居る赤坂の某, 居る赤洋服の襟, 居る赤煉瓦の建物, 居る赤犬の仕業, 居る赤色あるいは緑色, 居る赤血球の目方, 居る赤間沼と云, 居る赫土の坂, 居る越中屋というの, 居る越後の山々, 居る越後屋の三之助, 居る越智李堂が善から, 居るの書, 居る趙雲がおまえ方, 居る趣味的な圏境, 居る足もとには汀, 居る足下には燦爛, 居る足袋は爪, 居る足許に心づかぬ, 居る足跡を見た, 居る足音が表, 居るを指しました, 居るは太い, 居る路地の裏, 居る路地内の人達, 居る路端にヤク, 居る身ぶるいの出る, 居る身ゆえ同僚に忠告, 居る車内の人々, 居る車台を見る, 居る車室に入った, 居る軍隊の上, 居る軒先で小, 居る軽い浮いた気分, 居る輝子の夫, 居る輩金さえあれ, 居る辨慶と幔幕, 居る辰爺さんが大声, 居る農夫の家族, 居る農村の性質, 居る農民を, 居る近い親類を, 居る近くへ歩い, 居る近代都市では事柄, 居る近藤夫人の好意, 居る近藤氏の世話, 居る近頃は食事, 居る返事とまるで, 居る退屈さがしみじみ, 居る途端ベッドの手, 居る通り一遍のもの, 居る通り中耳炎の切開後, 居る通り人類と云う, 居る通り公儀の御用, 居る通り初心なあどけない, 居る通り古典論では律し得ない, 居る通り只今其の方, 居る通り子上の母死, 居る通り孟子に, 居る通り宗悦から少し, 居る通り支那開闢以來未曾有の現象, 居る通り渡邊織江の忰祖五郎, 居る通り私の求め, 居る通り道子との肉体的関係, 居る通り隣で物, 居る通り韓愈進學解, 居る通天門を潜っ, 居る逞しい綱が, 居る進化論には必ず, 居る遊びに行っ, 居る遊女の哀婉, 居る遊牧民の所, 居る道中の難, 居る道具にし, 居る道徳的なあま, 居る道義的理想ト彼の理想, 居るを見る, 居る遠く離れた田舎, 居る邏卒が城内, 居る邦人の事務員たち, 居る郊外の村, 居る部分而もそれ, 居る部将があっ, 居る部屋部屋から洩れる光りで, 居る部屋附のボーイ, 居る部落どうしの間, 居る都人士のくつろぐ, 居る都市から他, 居る都鳥の姿, 居る酒屋の番頭, 居る酷い有樣, 居る惡と, 居る醜悪と欠点, 居る醫者が百年, 居る釈迦牟尼仏は其の, 居るの子供達, 居る重吉という者, 居る重大問題に興味, 居る重要な, 居るの花, 居る野分かな, 居る野原へ来, 居る野茨の株, 居る野菜として菫, 居る野間叟柳氏などもこの, 居る金ちゃんはネずっと, 居る金三郎をつかまへ, 居る金主の方, 居る金兵衞に怪しい, 居る金剛場陀羅尼と云, 居る金助が後ろ, 居る金座銀座の役人衆, 居る金持商人の支離, 居る金柑が如何にも, 居る金棒曳ですから, 居る金物商で暫く, 居る金田君に限る, 居る金田屋は一面, 居る金箔附の狂気, 居る金藏切り拔かれた穴, 居る金貨を以て外國, 居る金銀珠玉を取り, 居る金鎖はマントワ侯, 居る金魚不規則に動搖, 居る釜吉は五十, 居るは見れ, 居る釣人がある, 居る釣鐘を盗み出す, 居るを鳴らし, 居る鉄柵の小, 居るです, 居るの響, 居る銀杏返しの女, 居る銀行を一つ襲撃, 居る銀貨を拾つた, 居る銃猟談をよむ, 居るで作った, 居る銅器の中, 居る銘々も何卒, 居る銘仙の羽織, 居る銷夏法ともいひ得る, 居るの傍, 居る錠前を脱す, 居る錦太郎自身でした, 居るや土瓶, 居る鍋中の物, 居る鍋膏薬は厚く, 居るの大きい, 居る鎌倉時代の元, 居る鎮守の森, 居る鏡子は俯向き勝ち, 居る鏡面に写っ, 居る鐵之助の外, 居る長く細い鼻, 居る長三の履歴, 居る長屋は五軒, 居る長屋体の建物, 居る長崎屋も朝, 居る長恨歌を極めて, 居る長火鉢や觀世, 居る長男を見, 居る長篇小説も古事記, 居る長編小説をいつ, 居る長襦袢一枚になっ, 居る長身のガルスワーシー, 居る門内の白い, 居る門弟の実見談, 居る開墾地の麥, 居る閑居の姿, 居る間お仙は手持無沙汰, 居る間これを着, 居る間じゅうきだての優しい, 居る間じゅう一度もほぐれなかった, 居る間じゅう母がおこりつづけ, 居る間それを忘れ, 居る間もなく風呂の, 居る間ステーションの側, 居る間ヒコー機の部屋, 居る間一日も欠席, 居る間丑松は黙つ, 居る間中苦労をさせ, 居る間中運転手は故郷, 居る間中静かに座った, 居る間他方が休む, 居る間位はどんな, 居る間何を考えた, 居る間例のよう, 居る間偽りも申した, 居る間其組織も行, 居る間千世子は, 居る間変な男, 居る間夜は本, 居る間女達は蛇皮線, 居る間妹のお, 居る間子供に買っ, 居る間彼は皺びた, 居る間彼等は地, 居る間心に浮んだ, 居る間意識しないほどの, 居る間抜けな男, 居る間抜け坊主ばかりが学問, 居る間柄だったの, 居る間此の勘八, 居る間殆んど, 居る間毎日何を食う, 居る間洞窟の前, 居る間現世の人達, 居る間男は又, 居る間社会革命は完成, 居る間私の心身, 居る間蓮太郎は幾度, 居る間親切にし, 居る間近になった, 居る間逸作は二間, 居る間隙に乗じ, 居ると云う, 居る関係点は非常, 居る関谷文三郎夫人が訊きました, 居るがどう, 居る關係から來, 居る關山峠である, 居る限り二人が下手人, 居る限り娘夫婦の幸福, 居る限り寸分も油断, 居る限り私は何処, 居る陰気な一台, 居る陳腐なもの, 居るの方, 居る陸軍士官にも遇, 居る険悪な調子, 居るの開皇年間囘教東漸説, 居る階段のところ, 居る階級の相違, 居る随分世に, 居る隕石の總量, 居るい所, 居る際ゆえ手早く身体, 居る障碍は其前, 居る隠者などから受ける, 居る隣人の稚気, 居る隣室まで堂々, 居る隨つて假名遣にも, 居る隨分生温い厭, 居る隨分重き罪となつ, 居るか山雀, 居る雇女の髮, 居る雌鴨の様子, 居る雑兵共が皆, 居る雑誌のこと, 居る離室へ外, 居る難破船からその, 居る雪の下やそこ, 居る雪峰とその, 居る雪江先生のこと, 居る雪駄直しの巳, 居る電動機室が急, 居る電報に氣, 居る電線の歎, 居る電話を一つ掛け, 居る霊媒はお婆さん, 居る霊跡に参詣, 居る霜降りマントに黒山高, 居る露骨な笑, 居る靈的な者, 居る青山高樹町の借家, 居る青白く光る霊, 居る静脈血は心臓, 居る非常に滑稽, 居るは余り, 居る面倒だもん, 居る革箱と瓜二つ, 居るを脱がされ, 居るに納め, 居る音さんの身體, 居る音楽に伴, 居る音樂に伴, 居る頃あそこの祖母さん, 居る頃三七を殺す, 居る頃加賀宝生を謡う, 居る頃友達と二人洋傘, 居る頃女史の周囲, 居る頃女房を娶っ, 居る頃娘の宛名, 居る頃小耳に挾んだ, 居る頃感の惡, 居る頃手に手, 居る頃故人五百題は見た, 居る頃日本では一番何, 居る頃植移したので, 居る頃櫻木大佐武村兵曹他一隊, 居る頃著者の私, 居る頃表の方, 居る頃親の仁兵衛, 居る頃間違つても宗次, 居る頃隣の主人, 居るに一番池二番池, 居る順八の仕事場, 居る順風耳の八五郎, 居る領主の心, 居る領国の騒乱鎮圧, 居るの長い, 居る頬白が淋しく, 居る頭ほか入りそう, 居る題目であるが, 居る額髪のふくれ, 居る顏見知りの女給, 居る顔ぶれはどんな, 居る顔付を想像, 居る顔備と, 居る顔静かながら情, 居る顧問弁護士の石井三太郎, 居る風俗習慣も日本, 居る風呂敷を解き, 居る風来犬であった, 居る風習を説明, 居る風邪がきっと, 居る風采は極, 居る飛天夜叉の古画, 居る飛燕草の類, 居る飜訳方の中, 居る飜譯の仕事, 居る食人の例, 居る食店の程度, 居る食料品や, 居るの中, 居る飯粒を一つ, 居るん棒, 居る飾りをごく, 居る餓鬼像を後ろ, 居る餘程支那の後世, 居る館員が無, 居るにこの, 居る首陀羅とか云, 居る香料と同じ, 居る馬士供の板面, 居る馬糞拾いを, 居る馬鹿な事, 居る馬鹿らしさ, 居る駄菓子屋の娘, 居る駄菓子屋養蚕の板籠, 居る駄馬のよう, 居る騎士に出, 居る騎手は黒沢文, 居る騷ぎです, 居る驢馬が一疋, 居る骨格や血色, 居る骸骨の死, 居る髄溶液を自覚, 居る高い帽子を, 居る高木勇名の讒言, 居る高瀬君に僕, 居る高級巫女の意, 居る髪の毛は是, 居るの生えた, 居るを見うけた, 居る髯籠の形, 居るの下, 居るの色, 居る鬪鷄の毛, 居る魚勘の親仁, 居る鯉屋の裏, 居るの群, 居る鳥冠の根, 居る鳥達もどうやら, 居るの啼声, 居る鳳仙花のやつ, 居る鳴滝村のホン屋連中, 居る鳶の者や奉公人達, 居るかな, 居るが飛ぶ, 居る鴨居にあお, 居るの暁, 居る鶴屋利右衞門の喉笛, 居るを見, 居るが居る, 居る鹽辛聲は四十前後, 居る鹿島と對岸, 居る麥飯を焚い, 居る麦焦しとバタ, 居る麻川氏の知人達, 居る黄色の大黒さま, 居る黄色い花今日通りすがりに, 居るの小, 居る黍團子の黍, 居る黎黒な肌, 居る黒板塀の方, 居る黒点を認める, 居る黒田幾久子さんが, 居る黒白人種の争闘, 居る黒船町の利三郎, 居る默つて大鋸を以て巨材, 居る鼓動と私, 居るやをばやし小溝, 居る鼠地の縞物, 居るが米, 居る鼻紙を一枚貰ひたい, 居る龍樹菩薩の伝記