青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「居ります~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

居た~ ~居つた ~居ない 居ない~ ~居ました ~居ます 居り~ ~居りました 居りました~ ~居ります
居ります~
~居る 居る~ 居士~ ~居間 居間~ 届け~ 屋~ ~屋敷 屋敷~ ~屋根

「居ります~」 2646, 29ppm, 4106位

▼ 居ります~ (1040, 39.3%)

21 それは 18 これは 13 私は 8 それを 7 それが 6 さすがに, 不思議な, 何んと, 平次は, 此の 5 それも 4 何う, 平次の

3 [16件] これが, その中, それに, なか, 中, 中には, 今の, 併し, 其の頃, 外の, 實は, 斯んな, 是は, 本當, 私の, 細面の

2 [35件] あとは, あれから, これを, その女房, どんなに海, なかなかの, まだ家督, やっぱり親子, 一方から, 世間の, 今から, 何うし, 何か, 何んの, 元より, 兎に, 八五郎が, 八五郎の, 其の中, 女の, 女房を, 実際は, 家の, 左右の, 年の, 念の, 拔群の, 此は, 私が, 私も, 蛙たちは, 親の, 言葉の, 非常に, 面と

1 [812件 抜粋] あいつらの, あすこは, あそこは, あなたの, あなた方の, あね, あの中御門, あの女, あの純情, あれなどは, あれは, あんな事, あんまりあの, いかにも妙, いつかの, いつでも, いまだに在所, うるんだ眼, おどろきます事, お供え物, お再調べ, お姿, お安, お寄, お弟子, お父さんが, お町, お盆が, お直, お艶, お雛, かいくれ行方, こういうテーマ, ここと, こちらは, このチョモ・ラハリ, この傷男, この塔, この敷地, この方面, この根, この獣, この神経, この鉛, この間からの, これから姉妹, これぞという, これだって, これによりて, こんな小さい, こんにちはお話し, しかしこれ等, しかし出, しかし表面, せめて二人, そこには, そちらの, そのくせ, そのため, その代り町家, その作者, その先, その口幅, その妻, その批評, その斜線状, その日, その爲, その狐, その美しい, その者たち, その腰, その言葉, その身体, その間に, その頂上, その頃, それから先, それでなく, それでもまあ, それでも五, それでも存分, それでも精一杯, それで引, それにしても店中, それに私, それらは, それ丈けに, それ位の, そんなの, そんなら, ただこちら, ただその, たつた一人, たとえ是, つい忙し, でもあの, とても手, とにかくチベット美術, どうぞ御, どうだった, どうなる, どうも儒教, どうも心当り, どちらも, どんなん, どんな御, なお肝腎, なかなか書けません, なんでも, なんなら, ひどく血, まことに物, まだこんな, まだなかなかしっかりした, まだ八州, まだ洗, まだ若, まア寺, もうそろそろ帰りましょう, もう二十二三, もう少し遠い, もう戌刻過ぎ, もしお許し, もし先, もとこの, やがて第, やはり古い, よくそれ, よく佛教家, よく見る, アトロピンは, エンガスよ, キリ, サヂズムを, ツイ今しがたまで, ニッコリする, ニヤリニヤリと, バルザックは, ヤレやっ, ヤレ妾に, 一たん飛出したら, 一寸良い, 一年二年と, 一応これ, 一方には, 一軒は, 丁度その, 七八十年前に, 七日ごろに, 三つの, 三ヶ月前此処へ, 三遊亭一派の, 上から, 上着一枚脱げ, 下膨れの, 世帶の, 中でも世上, 中は, 中折帽を, 九百九十兩と, 乳房の, 事件には, 二三日前の, 二人とも, 二人の, 二十七八の, 二十二三の, 二室位借り, 互に知らず, 人は, 人相や, 人間の, 今に何, 今まで, 今年の, 今度は, 今日この, 今晩の, 今迄, 介抱し, 仕事が, 他の, 以前は, 仲吉さんが, 伜又吉の, 何かの, 何だか此, 何だか気, 何となし, 何れも, 何んか, 何分, 何分あの, 何分まだお, 何分立派, 何方で, 何時頃おいでに, 余り能く, 余人に, 例之ば, 例年の, 信子は, 傳六とは, 傷ついた宗次郎, 元は, 充分に, 先づ所期通りの, 先づ第, 先年物故した, 先生が, 入口寄りの, 全くそれ, 兩替と, 八五郎を, 八文の, 其の外, 其の夜部屋, 其の者, 其下には, 其北部には, 其方へ, 其目的は, 其處から, 其衣も, 其金銅佛を, 刄物が, 分別者らしい, 初々しいうち, 別にお話, 前々は, 前夜怪奇な, 勢子の, 勿論多数, 十九に, 十八九の, 十分ドーバー海峡下の, 参って, 口から, 口は, 古代に, 只三年の, 只今でも, 名ある, 名に, 呼ばれたお, 唐律は, 善意が, 困つたこと, 土地の, 埋めた時, 場所柄でも, 塀が, 外して, 外に, 多分首, 多年の, 夜に, 大いに參考, 大丈夫です, 大体組織が, 大動脉, 大寶令, 大師は, 大理石を, 大部分, 天童太郎の, 太郎の, 夫は, 奉公人の, 奧は, 女隱居が, 如何にも若く, 如才な, 始終何人, 婆さまの, 宅には, 宋の, 宜う, 実に恋, 実は泥棒, 実は私ども, 室町期から, 家も, 家中の, 容易ならぬ, 容易に, 寝台には, 寝室は, 将軍家には, 小三郎も, 小為替にて, 小田原町の, 少くとも, 少しも, 屋敷内が, 市川左団次と, 師匠の, 平家に, 年は, 年寄は, 幸ひまだ, 広大な, 座蒲団の, 彌太郎は, 当人も, 彼でも, 彼方では, 往来は, 御健勝です, 御存じの, 御老人, 御許し, 徳島県などが, 念入りに, 思ひなしか, 性根は, 恋愛では, 恐らく阿, 悲しい哉此, 意地にな, 態度は, 懐中に, 成相寺の, 戸締りなどは, 手紙の, 手蔓は, 手足を, 折が, 拙者はな, 按摩渡世の, 捕物に, 捨て, 文化國民が, 文字の, 文芸美術その他については, 斯うなる, 新しい思想, 日が, 日本には, 日本は, 日本海岸の, 日頃から, 旦那の, 明らかに, 明治二十八年の, 昔は, 昨日八五郎の, 是れ, 曇って, 曲者が, 書簡の, 最早手, 木口も, 未だちょん髷, 本人は, 本当にお, 本当に私, 本当は深井清一, 村方で, 杜鵑は, 来年は, 東洋人わけても, 染吉は, 柔かい眉, 柳糸子が, 根が, 樣子に, 權八は, 次の, 正直一途で, 此人の, 此凄まじい, 此小娘の, 此手紙は, 此節の, 此處は, 此處へ, 歴史の, 歴史上小野氏といふ, 死骸は, 残った片言隻句, 殘る, 殺気立った富山七之助, 母家の, 母親が, 民國にな, 気魄の, 水際立つた元, 江戸の, 決して口, 河出に, 海へ, 海蔵寺三郎は, 淋しく笑う, 深々と, 無理でしょう, 無理に, 無論原, 然し其の, 父の, 父親が, 物越し態度何処と, 独逸の, 玉屋金兵衞の, 王莽の, 珍らしい, 瑛子の, 生きて, 生まれつきの, 男つ, 男性に, 病身らしく, 百姓の, 皆さんお変りありません, 相川以北の, 眼鼻立ちの, 眼鼻立も, 矢張り竜神様で, 知りませんよ, 短かい, 硯友社の, 社稷の, 私等が, 秦と, 穴の, 竈の, 精, 純潔無垢な, 紛れようも, 素晴らしい容色, 絹に, 総理殿下に, 縁起譚に, 繩張外の, 翻ってその, 肝心の, 脂の, 腹の, 腹の中は, 至つて簡單で, 致命傷は, 舟にも, 良吏駿河守に, 色合いも, 芝居の, 花房一郎は, 若い甥, 若し容疑者, 若旦那の, 蒼白い顏, 蒼白く引緊つた顏, 處女の, 蚊遣煙が, 血が, 行為の, 見たところ, 見たところ節穴, 見石先生, 見馴れぬ草, 言ふこ, 詩經の, 話術の, 誠に不幸, 読本にかけ, 誰が, 誰一人として, 調度らしい, 貴方には, 貴方まで, 贅沢癖は, 足一たび潜戸の, 身體だけ, 身體は, 近所から, 近頃にな, 送つた方, 部屋の, 金の, 釘は, 銘仙の, 錢形が, 長い鼻, 長く活け, 開封致し, 障子の, 雪の, 青白くて, 面白い本, 音信も, 頑固な, 頬の, 顏を, 顏立は, 首が, 馨子さんの, 駒鳥絹枝の, 騷ぎに, 髮の, 髮形ち

▼ 居りますから~ (369, 13.9%)

7 御安心 4 私は 3 その中, その点, 何う

2 [11件] それに, どうぞ御, 中の, 他の, 八右衞門は, 動くの, 大丈夫です, 此の, 直ぐに, 誰にも, 驚きました

1 [327件] あとは, あながち肺細胞, あなたが, あの人達, あの紅葉, あれを, あんたが, いかに神社, いずれの, いずれ改めてお, お出迎, お前さん何と, お天気, お心丈夫, お気を, お百姓さん, お累様, お釋迦さん, お顔, かきません, きっとなに, こ, ここには, こちらは, これから出掛け, これで, これらの, これらは, これを, こんな機会, ご用が, しばらくお待ち, すぐに, そういう間道, そこで貴族, そこへ, そのおつもり, そのなか, そのバタ, その上騷ぎ, その人, その儘, その兵隊, その心配, その性質等, その方, その時代, その普請, その渇望, その節, その都度, その間に, それで皎, それへ, それを, それ以外の, そんなもの, そんな大金, たとへ, ちと楽, つい声, とても取り留めた, どうかしたら, どうかもう少々お, どうか何, どうか彼方, どうか御, どうか願いたい, どうしても二三人, どうぞその, どうぞ囲炉裡, どうぞ届書, どうぞ悪から, どうも, どう云, なるべくその, なるべくなら, なるべく發音, なんともない, はっとし, まあ何とか致しましょう, まことに静か, まずその, まず絞っ, また, また出直し, まだ六十五, まアお上り, まアお目, もう一つ, もう死ん, もしかその, もとより聲, やっぱり話, エ, ハヽアさては, 一人が, 一向取り合いませぬ, 一掬い飲ん, 一種靈妙な, 丁寧に, 上げました途, 上りません, 下男は, 中に, 中山道へは, 丸くまとまつ, 主人が, 之を, 乙松と, 九月の, 争わぬとして, 二日に, 五八が, 人の, 人工心臓即ち, 人殺しを, 今夜は, 伊之助も, 伯父さえ, 佐藤先生でも, 体の, 何かと存じまし, 何かと心強う, 何しろ八月, 何にも, 何よりです, 何事か, 何事も, 何処か, 何十両だ, 何卒私, 何方を, 何時でも, 何程掛つて居る, 作左衞門は, 使賃を, 例の, 僅か修繕費, 先には, 先方から, 兵隊は, 其のあと, 其の儘コロ, 其処へ, 其処まで, 其愚直は, 其等が, 凡そ七八軒奥の, 凹の, 出来れば, 到底行っ, 前を, 勢ひ, 却って取押える, 原口作左衛門は, 又直に, 只今, 可成り, 右の, 唯ならぬ, 嘸御, 四日目には, 固より, 声も, 外の, 多分そちら, 夜中に, 大きな火事, 大丈夫よ, 大抵大学, 大概の, 夫故に, 夫等の, 娘を, 嫌ひといふ程, 存じながら, 実に苦しく, 家の, 家族制度が, 家来と, 容易に, 容易には, 小声で, 小平に, 少々の, 少しく其, 少しずつは, 岡本の, 川底が, 差し当りアノ森主水, 常には, 年始帰りと, 幸ひまだ, 庚申塚の, 彼は, 後で御, 御全快, 御心配, 御機嫌を, 御用が, 御覽, 心の, 心臓を, 心配は, 忰の, 忽ちに市四郎, 息子株では, 愚痴も, 感心です, 憎むべき者, 或場合, 戸が, 所謂俗言と, 手の, 手袋を, 扨ては, 摩利信乃法師が, 文鏡祕府論は, 日本に, 明日庵室へ, 昔から, 是なる, 是等の, 暫く独りぐらし, 最うお可愧, 朋輩は, 木の根に, 未だ世間, 未だ讀まない, 本当によかっ, 東京から, 楊守敬などが, 此に, 此の度胸の, 此処から, 此寺まで, 歩くと, 母娘といふ, 気が付かず茂之助, 気味が悪いから, 水口の, 水晶の, 決してそんな, 決して一つ, 決して飲む, 治平も, 海禪坊主が, 済まぬよう, 無心を, 無論面積, 片贔屓, 猶更, 班固, 田舎者の, 留守を, 番外であります, 當然法律も, 疎相, 登り易い, 百姓衆は, 直に御, 直に此, 確かな, 私が, 私と, 突然山三郎, 立つ人, 筆を, 絶対に, 縁側を, 耐えかねて, 聞糺します, 脱したので, 膏薬を, 自分で, 自分に, 自分の, 自分は, 自慢で, 致し方も, 若い女, 苦む声が, 茂之助の, 菓子屋の, 蜻蛉返りと, 襖を, 西洋品なども, 親分が, 親分の, 言葉寡なに暇を, 誠に残念, 読者も, 誰か, 誰も, 誰方が, 誰有っ, 諸君の, 貯えとても, 貴く思いまし, 貴女の, 貸して, 賊が, 贋作でない, 足が, 近畿地方の, 退屈し, 送りましょう, 遉の, 遠からず, 遠慮し, 酔が, 重荷を, 野良猫が, 鈴虫を, 長屋の, 開元, 間違ひ, 隨分この, 雨でも, 頓と, 飛び込んで, 食事も, 馬作は, 駒形を, 驚いて, 鯉坂君に

▼ 居ります~ (251, 9.5%)

5 急に 4 童女が 3 私の 2 一人の, 一羽の, 和泉屋の, 大王は, 後から, 指導役の, 村端れ, 若い女

1 [223件] あの騷ぎで, ある, あるとき, いうので, いきなり私, いって, おいおい夜分, おそらくこの, おとといは, お歌は, お通, ここの, このチーン, このツァーラン村, こぼれた粉, すき間から, すや, そこに, そこへも, そのあくる日, そのタクボ・ツンバ, その一番, その友達, その女, その時, その私, その詩, その話, その間に, それではお前, それには, それを, だんだん迫っ, ちゃんと外, ちょうどその, とんでもない, どういうはずみ, どうもそれ, どうもそんな, どう云う, なんでも, ひょいと国振り, ひょっくり滝, ふいに, ふたりは, もう少し下, やがてその, やがてどっと逆落し, やがて四ツ, やがて大平さん, やがて戸, ようやく総理殿下, わけを, ガラ, ギャルポという, サラット居士は, チーキャブの, ツイ筋違ひ, ヤクはと, 一般に学術的研究, 丁度二階の, 丁度私, 上で, 上野の, 下僕が, 下僕は, 不思議に, 不意と, 中には, 中の, 主人が, 二人は, 二十分ばかりも, 云うお茶, 云うので, 云ったが, 云って, 云は, 云ふ, 井上円了博士が, 人に, 人違いだ, 今は, 今夜こちらの, 今晩の, 今朝から, 今朝電車で, 伯父さんは, 何か, 何と, 何時でも, 便所の, 側に, 先ず泣き, 先方では, 先程戸針さんが, 八月一日に, 其の内, 其の外, 其の頃, 其処へ, 兼ねて, 別に地震, 別に寂しい, 勝手元の, 包まれた様, 十二三頭の, 千島は, 午後一時に, 厳ま, 取り次いで, 受持の, 只今申し, 可愛らしい花売, 司令長官は, 同月二十五日の, 向うは, 圖書は, 土間に, 土間の, 土間口から, 堺屋傳吉は, 大きなね, 大分に, 大分止めに, 大宮君も, 大工さんたちは, 大平さんは, 大膳坊覺方さんが, 大臣の, 大臣は, 天から, 奉公人の, 女の, 妹の, 始めは, 子分が, 尊者は, 山三郎は, 布団の, 幸いに, 広間の, 底力味ある, 廊下の, 廊下を, 彼の, 彼方の, 彼等の, 後の, 後を, 御案内, 忍び足で, 忽ちに一つ, 忽ち倦怠, 恐ろしい犬, 意外や, 或る, 或日, 所へ, 扉が, 折悪しく, 政吉も, 断わっても, 旧ぶし, 此の, 此処に, 此方の, 此方は, 死刑執行者も, 母が, 水, 汽車から, 清原真衡家衡という, 灯火も, 片方では, 牛の, 犬が, 王も, 申すは, 番兵らしい, 病気に, 直ぐに, 直に三日目, 私だって, 私までが, 私も, 私達の, 秋月の, 突然後, 突然旧友, 突然母, 総理殿下の, 翌る, 翌年九月廿九日に, 考は, 背後の, 膝へ, 良人の, 菰か, 蒲団の, 見られると, 角右衞門は, 語った著者, 誠に好都合, 誰か, 誰かが, 豊志賀が, 超へ, 足利に, 車夫が, 重要会議で, 鎗が, 長作は, 長助は, 門口から, 隣の, 隣室に, 顔を, 飛んでも, 養子に, 馬が, 馬小屋で, 高く成った

▼ 居りますので~ (133, 5.0%)

3 私の, 私は 2 これに, ございます, ございますよ, それを, 私も

1 [117件] あんまり話, いよいよ心配, うっかり話頭, お召縮緬の, お庭, お皿, お隣り, こちらへ, この二つ, この人, この前, この習慣, この辺, これが, これは, これらを, こんな小さい, ごく近い, ございまして, すぐに, そうして右近丸, その店, その手傳, その時, その翻案, その著述, その部屋, それで確か, そんなこと, たとえ半分, ちょっと, どうぞ毒矢, どうも仕方, どの位作物, なおのこと兄の, また私, まだ碌々, もし百貨店, もちろん俗人, わたくしは, 一つは, 一時そこへ, 一緒に, 一言其事に, 七人まで, 三両の, 不取, 久賀彌, 今に浅草八軒寺町, 今更らしく申し上げる, 今朝卯刻半, 今權六, 伜は, 何う, 何を, 何分ともに御前態, 充分に, 公羊傳などには, 其の中, 其の外, 其人は, 其意味に, 内儀さんが, 初めは, 加減が, 右側の, 四部目録の, 夜中に, 大抵その, 大抵九尺四面の, 大體これ, 孫の, 実に何ともいえぬ, 少しも, 左様ご, 差出がましいとは, 幾分その, 従って中流, 御主人, 御用は, 必ずや相当以上, 急な, 怪しいもの, 或る, 明日は, 明朝に, 春に, 春は, 是も, 時々手紙, 松竹が, 正面に, 水運びを, 海は, 漢といふ, 犬は, 現に自分, 現金仕, 確と, 神界から, 私が, 羊の, 能登との, 見物人も, 親父が, 詰り織物, 誠に驚きました, 貴方の, 身体が, 隨分思ひ, 青森までの, 非常に, 顏貌は, 顔は, 顔貌は, 默つて寢て, 黙祷と

▼ 居りますけれども~ (59, 2.2%)

2 併し, 私は

1 [55件] あれは, いまだに知れません, この様子, この頃, これは, こればかりは, これ程徹底, そういうむさい, その他は, その実, それだけが, それを, とにかく陰暦, どうも, どうもそれ, どうも教室, どんな神, なかなかその, ひよつと, まだ皆, もう少し悠, やはり以前, やはり余計貰いたい, やはり元日, やはり我々凡夫, わたくしが, シナ人一般の, 中は, 之から, 之に, 二疋の, 人口は, 何う, 余り確か, 其の四部, 其の河嶽英靈集, 其等の, 單に, 外交上の, 大別し, 大抵僅, 実はその, 宿泊人の, 實は, 当将軍家, 掟が, 是は, 是れ, 暖かな, 次いで多い, 此の, 此鉄漿といふ, 私等が, 詰り其の, 貴方此娘を

▼ 居ります~ (53, 2.0%)

2 まるで良秀, 御眉

1 [49件] あなたという, あなたの, いくらかまし, いつも俊亮, いま借り, うちは, お勝手の, お徳, これまで, さあ私, そのうえこの, それから石, それに, それにいつも, ときどき突拍子, どうかする, また雪豹, もはや四時過ぎ, わたしは, 一時は, 中及び, 久子さんの, 今度は, 余り道を, 其腰の, 又これから, 友人達には, 和尚様にも, 土地も, 坊ちやま, 実際眩しく, 少し大きい, 弟の, 後の, 忍び返しが, 支度も, 東京の, 桃の, 此処を, 父様が, 特に外国人, 着物だって, 着衣の, 私だって, 私としては, 私の, 私も, 長い間, 食物にも

▼ 居ります~ (52, 2.0%)

6 です 4 ですが 2 ですから, を見

1 [38件] あのひと, が, がかすか, が一番末, が多助, が妹娘, が手代, じゃ, だから, でしょう, でしょうけれども, とわたくしども, はお, はただ, は前橋, は吉原, は唐, は多助, は大, は如何なる, は当年八歳, は昼, は橋本幸三郎, は正しく, は私, は立政篇, は虞夏書, もさ, も五銭十銭, も亦, も夢中, も大家さん方, や, をお, を多助, を拾い集め, を私, 腰紐なし

▼ 居ります~ (24, 0.9%)

2 に又

1 [22件] にいつしか, にお, にこの間, には伊澤君, には大変妙, にもはや, にアノ表, に一人, に何だか, に余り心配, に前, に商売, に少し, に度々, に新聞, に旦那, に朧気, に漸く, に角右衞門, に近頃, は御, 段々月日

▼ 居りますうち~ (20, 0.8%)

2 に, にわたくし, に今

1 [14件] にいきなり, にこれ, にだ, にふと, に二朱銀ひとつ, に八右衞門, に向う岸, に娘, に宿, に瀬川さん, に煩い付きまし, に疵, に私, 別にこういう

▼ 居ります~ (18, 0.7%)

2

1 [16件] が敵, の御新造, の親, は何と, へ件, へ入っ, へ又, へ家来傳助, へ布卷吉, へ年頃四十八九, へ思い, へ或, へ此, へ貴方, までまいりました, も漸く

▼ 居ります~ (16, 0.6%)

32 へ新三郎

1 [11件] がお, さえ分りますれ, に両人連れ, に冷たい, の文筆式, の部屋, へお前さん, へ庄吉, へ浮かり, へ角右衞門, を捜す

▼ 居りますけれど~ (12, 0.5%)

1 [12件] あの方, いかがでございましょう, そういうわけ, そっちには, それに, ついまだ昨今, また戦争, 今度かへ, 何処ぞ, 友人たちは, 思えば, 液の

▼ 居りますそれ~ (12, 0.5%)

1 [12件] がきのう仲間三人, が有名, は何かと, は私, も心から, も疲れ, も長旅, をうち, をお嬢様, を懐, を知っ, 故七兵衞さん

▼ 居ります~ (12, 0.5%)

1 [12件] あの新吉さん, お前さんが, それとね, どうもマア, どちらかと, ッ, 何か, 坂を, 此の, 私の, 私は, 騎手なんかに

▼ 居りますよう~ (12, 0.5%)

5 な訳 1 で, で何, なものの, な次第, に昔, に私, に秩父

▼ 居りますこと~ (11, 0.4%)

1 [11件] か, ですなわち, には, はこなた, はこの, は足尾銅山鑛毒問題, やら, やらせめて, ゆえ迚, をお, をお知らせ

▼ 居りますもの~ (11, 0.4%)

21 だから, でございます, ですから, では, で昨晩不思議, と見え, に出雲, を, 丁度思い立っ

▼ 居ります~ (11, 0.4%)

1 [11件] にいつの間に, にだんだん, にも一本葉書, に三年前, に唯今, に彼, に心配, に舞, に雪, 捨てる神, 顔色も

▼ 居ります~ (11, 0.4%)

1 [11件] しは, に可哀そう, の店, の心, はその, は仙臺, は廣藏親分, は御, は歸, ばっかり, も人なみ

▼ 居りますのに~ (10, 0.4%)

1 この暮あたり, そんな強請, 一同元, 他方は, 何とも仰し, 大変遅く, 夫は, 悪戯を, 油が, 親分さんが

▼ 居りますところ~ (9, 0.3%)

1 からこれ, の主人学, へそんな, へてまえ, へ丁度, へ喜六, へ表, へ貴方, を覗く

▼ 居ります~ (8, 0.3%)

1 そしてどんな, それも, つい鼻, どうかは, 今ま, 到底御, 助かって, 実に貴方

▼ 居ります~ (8, 0.3%)

2 ですよ 1 だそう, ぢや, ですからね, ですが, ですつて, ですのよ

▼ 居ります~ (7, 0.3%)

1 が彼是百五六十人許, ですから, でどこ, に島津壱岐, は前, は千島禮三, もあります

▼ 居りますその~ (6, 0.2%)

1 ことです, 中から, 位です, 前側も, 山が, 町の

▼ 居ります~ (6, 0.2%)

1 あの抑揚, ふんだんにいる, 公私混同せず, 文化の, 頭の, 風景の

▼ 居ります~ (6, 0.2%)

1 に唐人屋敷, に大, に私, は厄介, もとんと, も誠に

▼ 居ります~ (5, 0.2%)

1 かめは, 名前を, 徳という, 目付が, 縫という

▼ 居りますこれ~ (5, 0.2%)

2 は自慢 1 は明治四年, は笑われ, も堅い

▼ 居ります~ (5, 0.2%)

2 家に 1 うであれ, うでございまして, これでは

▼ 居りますそう~ (5, 0.2%)

1 かくと, で, でしょうこの, ですが, ですけれど

▼ 居ります~ (5, 0.2%)

2 せう 1 ござります, せうか, 夜一夜寐ね

▼ 居ります其の~ (5, 0.2%)

1 中には, 位牌を, 内に, 替り便利には, 當時の

▼ 居りますくらい~ (4, 0.2%)

1 でご, でしかし, ですし, なら却って

▼ 居りますという~ (4, 0.2%)

1 のは, のはね, 女の, 恋愛歌である

▼ 居ります~ (4, 0.2%)

1 でもせっかくあんなに, ひとりで, 何とかわかっ, 四つ橋興業の

▼ 居ります~ (4, 0.2%)

1 でございます, は私共, も全く, やら少し

▼ 居ります~ (4, 0.2%)

2 うか 1 も皆, も胡乱

▼ 居ります~ (4, 0.2%)

1 に, にはちっとも, にも随分, の心

▼ 居りますそして~ (3, 0.1%)

1 帰ったら又, 後宇多天皇, 珍しく本気

▼ 居ります~ (3, 0.1%)

21

▼ 居りますへえ~ (3, 0.1%)

1 何う, 至って手狭, 誠に有難い

▼ 居ります~ (3, 0.1%)

1 家に, 旦那様の, 自ら経済法が

▼ 居りますものの~ (3, 0.1%)

1 ただ気, 五右衛門は, 洛中にさえ

▼ 居ります~ (3, 0.1%)

1 式台という, 此拾年以前佛國の, 私は

▼ 居ります~ (3, 0.1%)

2 なりの 1 恐いの

▼ 居ります~ (3, 0.1%)

2 はどこ 1 に斯

▼ 居ります~ (3, 0.1%)

1 がまだ, と生れ, を見る

▼ 居ります~ (3, 0.1%)

1 あれを, 七八町も, 宿の

▼ 居ります~ (3, 0.1%)

1 の四萬太郎, の後, の所

▼ 居りますからね~ (2, 0.1%)

1 あの二階, え些

▼ 居りますここ~ (2, 0.1%)

1 のところが, は日比谷

▼ 居りますすると~ (2, 0.1%)

1 太左衞門, 鼠の

▼ 居ります~ (2, 0.1%)

1 ねえ宗慈寺, 三十二三には

▼ 居りますため~ (2, 0.1%)

1 になるべく, に延び延び

▼ 居りますつもり~ (2, 0.1%)

2

▼ 居りますでも~ (2, 0.1%)

1 へちまの, 此処では

▼ 居りますとか~ (2, 0.1%)

1 さう, 男雛の

▼ 居りますどんな~ (2, 0.1%)

1 のでしょう, 男に

▼ 居りますばかり~ (2, 0.1%)

1 それに御, 斯の

▼ 居りますもん~ (2, 0.1%)

2 ですから

▼ 居りますやう~ (2, 0.1%)

1 でございますね, な次第

▼ 居ります~ (2, 0.1%)

1 知って, 見て

▼ 居ります~ (2, 0.1%)

1 に依つ, を一寸

▼ 居ります二階~ (2, 0.1%)

1 でね, はすっかり

▼ 居ります~ (2, 0.1%)

1 でも, の処

▼ 居ります今日~ (2, 0.1%)

1 と雖, は思

▼ 居ります~ (2, 0.1%)

1 で, です

▼ 居ります何やら~ (2, 0.1%)

2 会が

▼ 居ります余り~ (2, 0.1%)

1 よごれず来年, 美しいから

▼ 居ります例へば~ (2, 0.1%)

1 佛教の, 司馬温公の

▼ 居ります~ (2, 0.1%)

1 からどしどし, へ這い

▼ 居ります~ (2, 0.1%)

1 に八里山, の掛金

▼ 居ります即ち~ (2, 0.1%)

1 勞働の, 後宇多天皇

▼ 居ります大和屋十右衛門~ (2, 0.1%)

2 と申す

▼ 居ります左様~ (2, 0.1%)

2 なら

▼ 居ります弟子~ (2, 0.1%)

2 の耳

▼ 居ります~ (2, 0.1%)

1 家来を, 気づかいなく

▼ 居ります~ (2, 0.1%)

1 程御, 程親父

▼ 居ります文字房さん~ (2, 0.1%)

2 にお願い

▼ 居ります文字清~ (2, 0.1%)

2 と申します

▼ 居ります~ (2, 0.1%)

1 ういふ, の如く村

▼ 居ります時分~ (2, 0.1%)

1 にもそういう, に越中能登邊

▼ 居ります様子~ (2, 0.1%)

1 は見, 大騒動

▼ 居ります武士~ (2, 0.1%)

1 の名刀, は少し

▼ 居ります無事~ (2, 0.1%)

2 で居れば

▼ 居ります罪人~ (2, 0.1%)

2 も殆ど一人

▼ 居ります自分~ (2, 0.1%)

1 には何だか, の心

▼ 居ります誠に~ (2, 0.1%)

1 有難う, 面目ない

▼ 居ります通り~ (2, 0.1%)

1 でこれ, の事実

▼1* [292件]

居りますあすこから電車, 居りますあて推量かしら, 居りますあとは縞縮緬, 居りますあなたの冬着, 居りますあなた方がお, 居りますあまりの無法, 居りますある禰宜の, 居りますあれはいつも, 居りますいざよい最中, 居りますいつか昨年暮あたりの広津さん, 居りますいやなきたない, 居りますうえに今, 居りますえお風邪で御座います, 居りますおやまア岩田屋の, 居りますかくて私, 居りますかというような, 居りますからと故右大将家, 居りますからはどうかお, 居りますがなその七匹, 居りますがね昨日あの, 居りますがねえ何うも, 居りますがへエ, 居りますこの辺を, 居りますこれ等のこと, 居りますさうなくても三四年食物, 居りますさかいお夏さん, 居りますしかし我党が, 居りますしかしながら豊島氏の, 居りますそれに七歳に, 居りますそれほど銀之助の, 居りますただこれまでの, 居りますため手前名代でとりあえず, 居りますだけでラサ府, 居りますではお話し初めを, 居りますといふ趣旨の, 居りますとねあなたの, 居りますとも現に見た, 居りますどうかお言葉, 居りますどうぞ木戸から, 居りますどうも夜が, 居りますどの女子でも, 居りますなどと真面目に, 居りますなにとぞ親分樣の, 居りますなまじ親父に, 居りますなんでも宜しい, 居りますなんてとんだ事, 居りますのにも拘らず私, 居りますのよ此からも, 居りますのよなんてああいう, 居りますのネゼームスつて彼の, 居りますへー碌な, 居りますほどの私の, 居りますむろんついて, 居りますもう買って, 居りますもの贔屓にし, 居りますもの食堂で今, 居りますやら一向私, 居りますゆえ泳げるもの, 居りますゆえこれに対抗, 居りますゆえこれらの方面, 居りますゆえ善右衞門が, 居りますゆえ多助に相違, 居りますゆえ大概のもの, 居りますゆえ彼の人, 居りますゆえ百貨店の如き, 居りますゆえ角右衞門も困り果て, 居りますよく調べも, 居りますよと云われた時, 居りますわけはけさ八日, 居りますカムパアランドのカアクリントン教会区, 居りますカンづめ等随分ね, 居りますクリは雄, 居りますゴールが近く, 居りますソルトレーキへ御, 居りますトマトをたべます, 居ります些と, 居りますハイと云っ, 居りますホーレン草の入った, 居りますモヨ子と申します, 居ります一つ鳴いて, 居ります一人が握, 居ります一度お目, 居ります一彦少年は私, 居ります一考して, 居ります三藏と申す, 居りますに大きい, 居りますの茶の間, 居ります下女のお, 居ります中お話は早い, 居ります中妄執次第に晴れ渡り, 居ります主家改易で皆, 居ります久しぶりでのんびり, 居ります事ゆえ逃げもせず, 居ります二つの廢物利用, 居ります二間の大, 居ります人々でも矢張り私, 居ります人間の昇らん, 居ります人類愛のね, 居ります今に否と, 居ります今夏既に, 居ります今夜の弦月丸, 居ります今年既に七十, 居ります仕合せも我が, 居ります仕方がない, 居りますの人, 居ります仙太郎は覗い, 居ります伊兵衞と申す, 居ります但し毛の, 居りますまるきり食べず, 居ります何事か分りません, 居ります何故に拙者, 居ります何氣なく上つて, 居ります佛教の古い, 居ります作物は心配, 居りますであります, 居ります個性的なこと, 居ります傍らにはこの, 居ります傳次てえ不調法者, 居りますのない, 居ります先生は手紙, 居ります全く可哀想な, 居ります其提灯の割, 居ります其方で勝手, 居ります再度拝借致しました, 居ります切手類一切なしよ, 居ります勿論戰國時代あたりの, 居ります十月の二日, 居ります去年の暮, 居りますの文王, 居ります善右衞門大きに気力, 居ります四川に廖平, 居ります土州が出, 居ります在所じゃア蝦夷虫, 居ります地獄変の屏風, 居ります地獄變の屏風, 居ります場所です, 居ります塚前の彌, 居ります夏冷いもののまない, 居ります夕方なんか羽織, 居ります夜店がマバラ, 居ります親分で, 居ります大丈夫よ, 居りますから康有爲, 居りますな姿, 居りますが九州, 居ります娘さん達が私, 居ります娘たちの中, 居ります婦人は年, 居ります子供の他, 居ります泊りの, 居ります宗方家の主人善五郎樣, 居ります官吏が先立, 居りますのストーブ, 居りますの者, 居ります家内を連れ, 居ります対手につよく, 居ります小包がきかない, 居ります小増と申します, 居ります少しばかりの瓦斯, 居ります尤も瀧山さんは, 居ります尾張町から日比谷, 居りますで, 居ります山百合が自然, 居ります工合でもわるく, 居ります平原地にも一尺, 居りますの頃五十八九, 居ります幸兵衛あとで大, 居ります座敷へ二尺余り, 居ります建具屋でございますが, 居ります廻送いたしますお, 居りますにも逢いたい, 居りますの処, 居ります御方にかくした, 居ります息子の嫁, 居ります惠果も大師, 居ります意気地の無い, 居ります愛国防空隊との活躍, 居ります所内容余りに僧家, 居りますでそっと, 居ります手前には電話, 居ります支那の留學生, 居ります故に其馬の, 居ります文芸評論らしいもの, 居ります旅商人の岸田宇之助, 居ります旅魚屋の傳次, 居ります旦那可愛がっ, 居ります旨同島の防空監視哨, 居ります早瀬と申します, 居ります明日どうしよう, 居りますの人々, 居ります時代のこと, 居ります更紗や何, 居ります樣を, 居ります有様は何ん, 居ります本当か嘘, 居ります本箱などが幾つ, 居ります東京の人, 居ります東山のつい, 居ります東海道ではこの, 居りますの上, 居ります松井スマ子にしろ, 居ります松助も連れ, 居ります大学教授の, 居ります栗橋と云, 居りますく人柄, 居りますなわけ, 居ります様々のやさしい, 居ります此方には番頭, 居ります此裁判の判決次第, 居ります武骨ではござる, 居ります殿様が有難く, 居ります母方の縁類, 居ります母親も余程, 居りますで巣守, 居りますがある, 居ります永正寺の墓地, 居ります河内武太夫でございます, 居ります油斷しちや, 居りますはそう, 居ります泰子が四十度, 居ります浄玻璃の鏡, 居ります清左衞門縄に掛っ, 居ります渡邊祖五郎と姉, 居ります源太様の仕事, 居りますがよく, 居ります為金額は不, 居りまする処昨日, 居りますに白い, 居ります父娘のよう, 居ります珍しいことでしょう, 居ります恐れ多い事, 居ります甚だ相済みません, 居ります生業として刀, 居ります田舎の事, 居ります何と呵々, 居ります病人も誠に, 居ります白く光って, 居ります目白の庭石, 居ります相馬御風さんなどもおけ, 居りますの本, 居ります磔刑か獄門, 居ります社殿の前, 居ります私ア貴方に少し, 居りますの身上, 居ります積りでご, 居ります立腹するバルザック, 居りますです, 居ります箱根細工の箱, 居りますかけ花色, 居ります組屋敷の与力同心衆, 居ります縮緬の幕張り, 居ります總吉と申す, 居りますに非, 居ります老僕ですが, 居ります考えなり筆, 居ります自信が御座います, 居ります至って醜男で, 居ります與助と云う, 居りますが好う, 居ります芝居の色々, 居りますやの花, 居ります若い者が, 居ります茅屋の方, 居りますに一つ, 居ります葮簀張でねえそれ, 居ります表使のお方, 居ります補償金を與, 居りますで御, 居ります詩文の法則, 居ります谷本博士の講演, 居ります豆腐屋の物置, 居ります貴き御方の, 居ります貴方のお側, 居ります近いうちに, 居ります速水と申す, 居ります鉄砲へも玉込, 居ります銅器では, 居りますを一本, 居ります長崎屋の身上, 居ります長谷部雄三郎と申します, 居りますもちょっと, 居ります限りでは若殿様, 居ります限り今日私を狂人, 居ります隆少年の隣室, 居ります離座敷へのそ, 居ります電気化学医療手術等の作用, 居りますは火曜日, 居ります頃女房と二人, 居りますもろく, 居りますを寄越せ, 居りますの宮, 居ります黄八丈の袷小袖