青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「居りました~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

居~ ~居た 居た~ ~居つた ~居ない 居ない~ ~居ました ~居ます 居り~ ~居りました
居りました~
~居ります 居ります~ ~居る 居る~ 居士~ ~居間 居間~ 届け~ 屋~ ~屋敷

「居りました~」 1299, 14ppm, 7933位

▼ 居りました~ (724, 55.7%)

7 これは 6 それが 4 それは, やがて, 今は, 何に, 私が, 私は 3 これも, その中, その時, それも, 今から, 平次と, 平次の, 思ひ直した樣子, 急に

2 [43件] あれは, いきなり弟子, いつもの, お園, そうで, その内, その母親, それでさ, それに, だん, どうした, どう云, やがて八五郎, やがて師匠, やがて我, 不思議な, 不意に, 事件の, 人がらは, 人間の, 佐渡屋の, 何う, 何か, 何の, 何を, 去年の, 大方この, 尼御台さまは, 平次が, 彼の, 明日は, 昨年の, 暫くし, 暫らくする, 次の, 此の, 田舎では, 由良松や, 皮肉で, 確かに, 私の, 貴君も, 雛菊は

1 [574件 抜粋] あなたは, あのとき, あの小姓, あの沙門, あまりに見にくい, あれが, あれを, あんな人間同士, あゝいふ, いかがでしたろう, いかに田舍, いきなり履い, いきなり私, いまは, いろいろと, うっかり口出し, うつかりし, おさえ付けられ困りました, おみおつけが, お久, お二人, お夏, お才, お捻りを, お茶が, お賤, お霜婆, こ, こういう種類, こうしてあなた, こうしてひとり, こう言われる, こう首の座, ここに, ここの, こちらへ, このごろ王の, このとしの十二月七日, この夏大阪, この夢, この恐ろしい, この手紙, この時, この様子, この間中, この頃, これが, これこそ, これぞと, こんな時, ご貴殿, さかりが, さすがに, さっき皆さんが, さて何, さて物, さア此方, しかしたしかに, しかし殿樣, じきに, すすきの, せめて十九, そうかと, そうかも, そこの, そのとき鬼頭さん, そのなか, そのよう, その中四方, その中手, その中日, その人, その使, その兄, その八月, その前身, その夢, その後は, その日, その時分, その暴風, その有様, その河原町, その爲, その美人連, その逸見三家, その道の, その配偶, その間に, その顔色, それから床, それから殿, それこそは, それだけは, それではいけ, それでは落ち, それでもなかなか, それでも四ツ時ごろ, それなら米国人, そればかり, それよりも, それらの, それを, それ俺の, そんな時, たちまち人音, たつた一つ王様, だんだん私, ちょうど紅葉時分, ついお, つい延び延び, つい未だ御, つい道楽, とてもそんな, ともかくも, どうかしら, どうしてもあの, どうやら今, どことなく昔, なか, なにぶんにも, なんだか手, なんにも変った, のちに, ひと度この, ふとよい, ふと思いつい, ふと額, ほかのけだ, まことにのどか, まことに人間, まことに有難う, また気, まだまだ脱衣場, まだ疲れ, まるで絵, もうお, もうその, もうなんとし, もう朝夕, もう毎日, もう迚, もちろんそれ, やおら膝, やがておんどるな, やがてさも云い, やがてカラカラと, やがてズドン, やがてゾッとした, やがてニヤリニヤリと, やがて乞食, やがて仁王樣, やがて体中, やがて其処, やがて塀, やがて大きな, やがて奇聲, やがて小田原提灯一つ, やがて思ひ定めた, やがて手代利吉, やがて押入, やがて文士宇佐美六郎, やがて暫くする, やがて木戸, やがて父親, やがて盲扉, やがて赤井, やがて雨戸, やがて駕籠, やがて體中, やっとその, やっと目, ゆっくり寝そべる, わたくしには, わたくしの, ガバ, ガラツ八の, チベット語の, ヅカヅカと, ハチ切れ相な, フト, フトそれを, フト思い付いた, マラリヤでは, 一向便り, 一年前両親が, 一言も, 丁寧に, 丁度あの, 丁度三月末, 丁度娘, 三井家中興の, 三年経っ, 上下の, 下に, 世界の, 中, 中世期の, 中味はずつと, 中学を, 中途で, 主人が, 久子さんの, 予て密通, 二三年前に, 二人に, 二人は, 二階の, 五年前お, 五年前私が, 亞尼は, 亡き方々, 亡くなる時, 亥刻少し, 京都の, 人は, 今と, 今囘, 今夜この, 今年の, 今度此処へ, 今日お, 今日という, 今日に, 今日は, 今日図らず, 今月で, 今朝は, 今朝見る, 仕方が, 仮橋, 伜は, 佐良井が, 佐野屋さんが, 何となく気, 何んだ, 何んで, 何んにも, 何んの, 何人と, 何分にも, 何年たつ, 何思いました, 何時か, 何時まで, 何気なく裏木戸, 何處へも, 俄に, 信之は, 兄さんは, 兄の, 兄はと, 兄も, 先程からの, 兎も, 入口は, 全く, 八五郎と, 八五郎の, 其の中, 其の内, 其五人迄を, 其処へ, 其時この, 其處から, 其處へ, 兼が, 凄まじい人氣, 別に考え, 到, 到頭大, 勉強の, 動くの, 動物蛋白の, 十歳にもな, 千兩へ, 半刻, 南唐が, 却ってそれでは, 又思はぬ, 取逃がしたか, 口も, 同会, 同氏は, 咳も, 唯今は, 商売の, 商賣, 四十五年頃から, 城中に, 場所柄だけに, 多分あなた, 多分七時半頃, 多分此, 夜半近くなる, 夢の, 大分に, 大屋さまへ, 大野の, 奇態な, 女房の, 如何にも相手, 妙な, 妻や, 姉を, 娘が, 娘の, 婿を, 孝助の, 孝心面に, 宜く, 実に何, 実に現, 実際は, 家へ, 實地に, 寿が, 寿の, 将軍家は, 小三郎は, 小型の, 山口屋に, 山口屋善右衞門方は, 山林に, 山界の, 岡山縣の, 左様かえ, 幕府の, 年が, 幸ひ, 幾ら小声で, 庄五郎も, 店から, 店を, 店子の, 廊下が, 強ひ, 彼処は, 彼等の, 往来の, 後には, 後御, 御存じは, 御正月, 御用の, 御用聞手先と, 御藏番に, 応て, 念の, 思いの外の, 思はず, 思ひがけ, 思わず, 患者の, 愛想だ, 懷紙を, 成程, 我が滝本総領事, 我慢が, 或夜賊, 戦争が, 抗ひ兼ねた, 改めて關係者, 放蕩無頼で, 教義上の, 旗本なる, 日が, 日は, 日本人も, 旦那と, 明治の, 昔は, 昨夜といふ, 昨日は, 是が, 昼飯を, 暖かいから, 暫くする, 暮六つの, 最後に, 最早詮方, 有名な, 朝の, 朝田屋が, 末には, 本人の, 本願寺の, 松五郎は, 果たしてそうか, 桃林の, 案じられて, 楳嶺先生の, 正直に, 此吉太郎が, 此壽の, 此時龍馬は, 此頃ふと, 歳の, 歸途に, 死んで, 段々と, 母の, 母や, 毎日使う, 気が, 氣が, 沙門の, 渇を, 満身に, 漸, 潮時を, 灰皿が, 烈しい感情, 父彌, 父親の, 牢名主は, 甥は, 用場へ, 田中さんは, 申続きの, 疎い灯, 疑も, 疲れてか, 目下の, 盲人の, 相變ら, 真に人間, 碧血の, 私もね, 私を, 立派な, 笹野新三郎の, 簡単に, 粥河の, 納は, 紙は, 終に, 結局何んにも, 総てで, 総領事の, 老婆で, 肝心の, 胸に, 自分の, 自分も, 自転車です, 若旦那が, 苫を, 蓮葉で, 血走った眼, 見ますと, 見當, 角右衛門の, 角右衞門は, 誇りを, 誠にうまく, 誠に急, 誰も, 諦めたやう, 諦めた樣子, 讀經の, 豚吉夫婦が, 豫て, 貴方御酒を, 貴殿お, 跡も, 軈て一掴み, 軈て思い切った, 軈て苦し, 車掌室が, 近頃は, 近頃漸く特別任用, 遂に博士, 遂に弟, 遂に瘤寺, 道傍の, 遠慮し, 配給に, 采配を, 野師や, 野村と, 鉄砲玉といふ, 錢形平次の, 鎌を, 間もなく伝手, 間もなく八五郎, 間もなく引返し, 間違いとは, 閣下よ, 障子の, 雨つづき, 青い顏, 頓と, 顏は, 顏を, 顔見知りの, 餘り, 髷は, 麻裏を, 龍馬は

▼ 居りましたから~ (80, 6.2%)

3 私は 2 あの時, これへ, 仲の

1 [71件] あまり表の, いづれ狐, いろ, おどろかされるの, きっとあの, きつと, これは, これ幸い, さも呆れ返った, して, すべての, そういう誘惑, その船, それまで, た, どこへ, なおのこと淋しく, まさかの時, まず大丈夫, もしシナ語, もとは, やや眠りつき, ツイ居眠りくらゐ, 一寸一筆, 主人も, 二重でございます, 今では, 伊之助不, 何う, 何か, 何かと存じ, 佛教道教の, 其間には, 包の, 司令官の, 四時の, 外の, 家の, 尉といふ, 岩で, 御刀, 御安心, 御招伴, 手を, 旅疲れの, 早く來, 正徳丸, 永禪和尚の, 江戸言葉に, 泥棒が, 涙ぐんで, 渡るに, 炭の, 為に, 畑を, 病院に, 直に飛ん, 砂泥で, 確かり, 私と, 私の, 私達は, 自分が, 自分で, 重三郎が, 金は, 雛も, 頓と, 顏は, 顔は, 鯉坂君は

▼ 居りましたので~ (60, 4.6%)

2 私は

1 [58件] あの人, あの晩, あわてて, いつもの, おやまだ, お二方, お互に, この村, これを, そこで今年, そつと, その時, その有様, ちょっとお, どうかし, どんな話, なにもかも後の祭り, よくわかりませんでした, メスを, 一つその, 上海に, 二人とも, 今と, 伜の, 何か, 其時室へ, 出て, 右の, 多良井樣では, 夜分に, 大概の, 大正十年に, 大西洋が, 女と, 定吉の, 少し心配, 師匠に, 引捕え, 御感激, 急いで, 拝見出来ませんでした, 新聞の, 時刻は, 此際入社した, 母は, 決して唖然, 沸かさせて, 湖水の, 磨が, 私と, 私も, 算盤にも, 老人の, 自動車を, 誠に有難う, 貴方様なら取, 鎧兜が, 難なく途中

▼ 居りました~ (53, 4.1%)

10 ですが 4 です 2 ですから, は別, は確

1 [33件] がいま王様, じゃ, ださうで直接, でございますから, でございますが, でございますけど, でございます誠に, ですけど, ですよ, です誠に, ともう, とわたくし, はお, はその, はたった, はやはり, は不思議, は事実, は全く, は前, は市城村, は昨日, は番頭新造, は間もなく, もそれ, も一念學問, も幽か, も涙, やけど, をその, を仲間体, を連れ, 恐るべき偉い

▼ 居りました~ (24, 1.8%)

2 直次郎どんは

1 [22件] お勝手も, お民, その親戚, それに, また今, 下女は, 下男の, 中でもこの, 久兵衞は, 他には, 又道子, 家も, 店の, 庭木戸を, 弓張月句伝実, 戸締りには, 昼頃の, 検事も, 殊に紫竹, 私は, 立花咲子が, 酔えば

▼ 居りましたところ~ (14, 1.1%)

1 [14件] かねて令徳, かれら意外, が, その三宅夜, ちょうど只今お話, でございますよ, です, で決して, へ今日, やはり最も悲しい, を丁度, 一度何処, 何時の間にやら, 充分成功

▼ 居りましたのに~ (13, 1.0%)

1 [13件] あなたは, この頃, その室, それが, それを, トロちやんだけは, 先き, 卵は, 又こうして心, 大變興味, 将軍家に, 急に, 貴女は

▼ 居りました~ (13, 1.0%)

1 [13件] から深く, とすっかり, に何時も, に信太郎, に此, に當局, に知りました, に裏, はシモヤケ, は丈夫, は二度, は何, ふと人

▼ 居りました~ (11, 0.8%)

1 [11件] がただ, が先達て私, が夭死, が此家, でご, では, でまア, で大層, へ円生, へ御, 図らず互に

▼ 居りました~ (8, 0.6%)

3 云ふ 1 いう, いへば, 申し上げたさ, 石の, 返事する

▼ 居りましたけれど~ (7, 0.5%)

2 全くは 1 なにさま眠くっ, やつぱりまだ女々しい, わざわざ御, 私が, 貴女の

▼ 居りました~ (6, 0.5%)

1 きんと, なつかしう, 北という, 屋敷の, 梅は, 竹が

▼ 居りましたけれども~ (6, 0.5%)

1 これを, その後は, 十九日は, 十二月に, 斯うい, 近頃は

▼ 居りましたところが~ (6, 0.5%)

1 その翌日, スフの, 三月九日すな, 何時まで, 或る, 誠につまらない

▼ 居りました~ (6, 0.5%)

2 の父 1 は旅商人, は自然, は葡萄酒, も丹誠

▼ 居りました~ (6, 0.5%)

1 からの同級会, からの同級會, にはね, の東中洲, はまだ, も其処

▼ 居りました~ (5, 0.4%)

2 です, ですが 1 でございますよ

▼ 居りました時分~ (5, 0.4%)

1 ちょいちょいお, にこの, にこれ, の米国, は毎度

▼ 居りましたもの~ (4, 0.3%)

1 ですから, ですよ, でスワ, で腕

▼ 居りました~ (4, 0.3%)

1 大根の, 房州女で, 旦那やっぱり, 立派な

▼ 居りました~ (4, 0.3%)

1 では, はほぼ, は光君さま, を少し

▼ 居りました~ (4, 0.3%)

1 が一條家, が丁度三日目, で, へ重

▼ 居りましたこと~ (3, 0.2%)

1 ですし, どうぞお, を御存じ

▼ 居りましたその~ (3, 0.2%)

1 時ちら, 腕に, 豪勢な

▼ 居りました~ (3, 0.2%)

1 八五郎さん何んとか, 地主として, 自分の

▼ 居りましたよう~ (3, 0.2%)

21 です

▼ 居りました~ (3, 0.2%)

1 手寄りに, 薄情もの, 見て

▼ 居りました今日~ (3, 0.2%)

1 の言葉, はもう, は何方

▼ 居りましたあの~ (2, 0.2%)

1 千兩箱の, 通り細かい

▼ 居りましたあまり~ (2, 0.2%)

1 大人気ない, 大人氣ない

▼ 居りましたかは~ (2, 0.2%)

2 申し上げるまでも

▼ 居りましたけど~ (2, 0.2%)

1 いま貴女の, 私は

▼ 居りましたこれ~ (2, 0.2%)

1 は外宮, ほど確か

▼ 居りましたすると~ (2, 0.2%)

1 この激しい, 勘八の

▼ 居りましたそう~ (2, 0.2%)

1 だったの, で同じ

▼ 居りましたそんな~ (2, 0.2%)

1 ことで, 筈は

▼ 居りました~ (2, 0.2%)

1 がす, せうか

▼ 居りました~ (2, 0.2%)

1 あり難き, 何う

▼ 居りましたにも~ (2, 0.2%)

1 係わらず毎日, 拘わらず一月

▼ 居りました~ (2, 0.2%)

2

▼ 居りましたやう~ (2, 0.2%)

2

▼ 居りました~ (2, 0.2%)

1 の行装, は何

▼ 居りました~ (2, 0.2%)

1 では本当に, ま始めて既に

▼ 居りました大層~ (2, 0.2%)

1 お似合いなすった, お早く

▼ 居りました~ (2, 0.2%)

2 父樣御

▼ 居りました時間~ (2, 0.2%)

1 はほんの, もあります

▼ 居りました橋本幸三郎岡村由兵衞~ (2, 0.2%)

1 の二人, は混雑

▼ 居りました~ (2, 0.2%)

1 の人, の為体

▼ 居りました~ (2, 0.2%)

1 は平生, を人

▼ 居りました~ (2, 0.2%)

1 の娘, は皆顔

▼ 居りました~ (2, 0.2%)

1 からさう感じた, では

▼1* [172件]

居りましたあとの祟り, 居りましたある恐ろしい考え, 居りましたいや當時のみ, 居りましたおしのと, 居りましたおとよが七歳, 居りましたお話二つに分れ, 居りました道連の, 居りましたかの兄弟三人の, 居りましたか弱い娘の, 居りましたくらいな事, 居りましたこと残念至極に存じます, 居りましたこと私が当時十日余, 居りましたこの辺は, 居りましたそうすると此処へ, 居りましたそれが私, 居りましたそれから當年迄, 居りましたそれで昔は, 居りましたそれにあなたも, 居りましたそれゆえに彼, 居りましたぞなどと不安そうに, 居りましたため御返事申おくれました, 居りましたちやんと棧, 居りましたつけが, 居りましたときに近所, 居りましたとこゆえそんな物, 居りましたところ今から数え, 居りましたところ最初の裡, 居りましたところ男の長兵衛, 居りましたところ頃日名家の墨跡, 居りましたどうか私, 居りましたどうせ本当の, 居りましたもし, 居りましたへえ此の, 居りましたまた上に置かせられ, 居りましたままかく申, 居りましたまアお上んなさい, 居りましたもし彼の, 居りましたもんですから, 居りましたゆえ知らぬも, 居りましたゆえ丈助や手前, 居りましたゆえ庭へ下り, 居りましたゆえ此れ迄の, 居りましたゆえ申上げなかったの, 居りましたよと云った, 居りましたわけでございます, 居りましたアイヌ仲間にも大変徳望, 居りましたカーライルの, 居りましたシーザーがローマ遠征, 居りましたセラという寺, 居りましたドーブレクが大急ぎ, 居りましたヘエ有難うご, 居りました一昨年花の時, 居りました衣は, 居りました中突として逝去, 居りました今度のに入れよう, 居りました今朝早く若旦那, 居りましたの良い, 居りました何しろ大變, 居りました何分叺八十杯の, 居りました何卒堪忍し, 居りました傳次の襟髪, 居りました兄様と云う, 居りました其二人が次々, 居りました処一人の娘, 居りました処十日ばかり前, 居りました処夏目先生は死なれまし, 居りました大蔵大臣から, 居りました助手さんのお, 居りました勿論夫人が, 居りました親共の, 居りました口惜しさが, 居りました名高い豪農で, 居りました向坂と申す, 居りました和歌の姿, 居りました唐紙を細目, 居りました四年のうち, 居りました団子茶屋おきんへい, 居りました多分後ろから, 居りましたの浮橋, 居りましたうら成りの, 居りました大家の奥, 居りました大工です, 居りました大蔵大臣のごとき, 居りましたな梅雨, 居りました孝助と申す, 居りましたの鴫沢, 居りました実に其の折, 居りました実は私の, 居りましたが出, 居りました家出をした, 居りました寺男でね, 居りました小林貞と云う, 居りました少しばかり帳合, 居りました山田の新町, 居りました岩瀬主水, 居りました川添富彌山田金吾, 居りました工藤書記長小柳秘書及び相沢運転手, 居りました師匠が死んだ, 居りましたの直ぐ, 居りました庄三郎がいきなり, 居りました彌次馬を追, 居りました当年もまた, 居りました忠義の御, 居りましたの長助, 居りました患者の製作品, 居りました悪漢それをお, 居りました所今日計らずも, 居りました扇子で見覚え, 居りました折柄水野様より参れ, 居りました揚句喧嘩を始め, 居りました文庫の中, 居りました斯んな事, 居りました時あすこのお, 居りました時あなたの長篇小説, 居りました時ギラルリイと云, 居りました時一人の乞食, 居りました時二回も左側湿性肋膜炎, 居りました時人込みの間, 居りました時分丹三郎がちょく, 居りました時分灯火に対して抱いた, 居りました時分魔道へ入った, 居りました時千箇寺まいり一人旅, 居りました時娘を始め, 居りました助と, 居りました朋輩等二三人一緒に, 居りました期間は割合, 居りました本人もその, 居りました村方にも居りました, 居りました桑港を秘密裡, 居りました桟敷が落ちた, 居りました梁啓超之, 居りました梨子売の重助, 居りました樵夫の子供, 居りました殊に鳶頭は, 居りました母屋から廊下, 居りました法王の宮殿, 居りました海禪でお, 居りました深編笠で顔, 居りました清藏が此, 居りました申上ぐるまでも, 居りました田中桐江といふ學者, 居りました甲斐があっ, 居りました濟みません, 居りました真平御免なせえまし, 居りました矢先へその, 居りました破戒僧でございますが, 居りました神谷幸右衛門でございます, 居りました種痘のため, 居りました累ヶ淵のお話, 居りましたを切る, 居りました考古學の標本, 居りました氣の, 居りました若し貴方に, 居りました苦澁の色, 居りました茂之助は腹, 居りました藤助は, 居りました處發表がかく, 居りました見識が商人, 居りましたがまア, 居りました辜鴻銘と云, 居りました部屋へ引取つたの, 居りました金子は他人, 居りましたもよく, 居りました間私に代, 居りました雪山の光景, 居りました電気燈が段々, 居りました頃一友人がそれ, 居りました頃私の父, 居りましたがなかっ, 居りました馬方の作藏, 居りました鯔背の男, 居りました黒川孝藏と申しました