青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「容~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

家内~ 家屋~ ~家庭 家庭~ 家康~ ~家族 家族~ ~家来 家来~ 家臣~
容~
~容子 容子~ ~容易 容易~ ~容貌 容貌~ ~宿 宿~ 宿命~ ~宿屋

「容~」 1163, 12ppm, 9071位

▼ 容~ (227, 19.5%)

31 して 8 正して 4 した, 改めて, 見て 3 あらためて, 正し, 正した

2 [11件] あらためた, 一望に, 改めたり, 改めて云, 改め極めて, 整へる, 眺め下して, 示して, 見せて, 見た, 見ると

1 [145件] あらため, あらためてことば, あらためて一同, あらためて他日, あらためて単, あらためて大挙, あらためなければ, あらためました, あらためると, あらため列座, あらため当家, あらわさない, あらわして, おも, さかんに, した旅僧, した男, した雲, してて, しながら, じっと見, じっと見た, そなえて, その姿, ただし, ただし多少, たて直し末森城, たのしむ, なして, なすのみ, にくにくしそう, にわかに正し, みるの, もって, もてわが, 一向に愛, 一層大きく, 一眄した, 万全に, 主人は, 乱さなかった, 争いし事, 付し日本国民, 仰ぐに, 何とか見けん, 作って, 作りて, 入れ違えたまま, 具えたる法官, 冶って, 出来るだけ, 去つて, 反射する, 受け継いで, 含むと, 含むもの, 含んで, 和らげて, 壮に, 変えたほう, 変えて, 変えは, 存しない, 寝かせ涙, 崩すもの, 帯びこれ, 帯ぶ, 庭木扱いに, 微に, 思うこと, 恢復する, 想像し, 持って, 持つて, 振り仰いだ, 描いて, 描き出した, 損ひ, 改む, 改めた, 改めつ, 改めていう, 改めていった, 改めてこういった, 改めてその, 改めて主客, 改めて妙法蓮華経観世音菩薩普門品, 改めて宣給, 改めて対した, 改めて曰はく, 改めて米友, 改めて震声, 改めながら, 改めぬ, 改め襟, 改め言葉さ, 改め貴, 整えて, 整へ, 更め, 更めたり, 歛め声をも, 正したが, 正しゅうせよである, 正し慇懃丁重, 正し正視, 正し謹んで, 正せり, 毀られ, 毀られた, 浮べると, 消した, 為らん, 現わし, 盗むよう, 眼前に, 示さ, 窺ふ, 窺わんと, 終りました事, 膨脹させました, 装うたる, 見きわめたうえ, 見せた, 見せること, 見その, 見ては, 見ないでも, 見ないよう, 見に, 見はじめた, 見るに, 言ふ, 設けるという, 評して, 話して, 認め知り, 讃美点として, 變へて, 赤らめた, 醜くする, 隠して, 隱す, 顕した, 顕して

▼ 容~ (77, 6.6%)

1 [77件] いつもの, うっとり呟いた, おごそかな, ぎゃふんと, この使い烏, しばらくの, そのよごれ, その子, その目つき, その間ただ, それでも諦められず, それを, とにかくすべて, どうなされた, なかった, ひずみ乱れた, ひとりわが, まさに呉, まだ夢, もっともらしい, やっと整えました, やはり玉藻, ガンダーラから, 一揖し, 人を, 今でも, 仰天し, 何事だ, 依然として変らざりしか, 信玄の, 信玄死後と, 傷の, 全く隊伍, 分らないが, 判然今も, 半身不随に, 即ち劔, 吸われるよう, 和事以外の, 唯舞台, 四君子の, 圧倒的な, 垂幕を, 夜目ことには, 大いに狼狽, 大いに迷惑, 娼婦の, 実に光, 実に威風, 寂しい歪, 少し変, 川の, 強化され, 思わずそう言っ, 思想生活の, 悲しげ, 悲壮の, 情に, 拙者よりは, 未だ夢心地, 次の, 止めなかったけれど, 殉教者や, 気抜けの, 汗だくに, 狼狽し, 痩せたれど, 白圭の, 種々に, 苦笑し, 著るしく窶れ果てた, 見えなかったが, 言われるまま, 酔えるが, 醜いとき, 間の, 雄の

▼ 容るる~ (77, 6.6%)

6 ところと 4 の余地 3 に足る, 余地が, 所と 2 ものに, 余地も

1 [54件] が如き, ことは, ことをば, こと六七人に, こと日すでに, こと能わざれ, こと能わず, ところも, とはケシカランこと, なし, にある, には毫も, に如かず, に慣れたれ, に所, に用, に至った, に足らざる, に足らず, に難, のみならず之, の余裕, の地, の席, の度量, の要, はよから, ばかりの石, ほどの小屋掛け, もので, も虫, や否, や否や, を忘れ, 丈の, 二疊敷土鍋一つで, 余裕も, 地を, 家が, 家の, 所も, 所無き, 無く夜叉羅刹, 理由が, 畳は, 空間だに, 等その, 者は, 能は, 能わざるなり, 能わず, 能わずして, 血と, 餘地が

▼ 容~ (54, 4.6%)

1 [54件] うちに, こわらしい, ために, だんだんに, なかに, 一客が, 一部は, 三枚看, 上に, 下に, 世界の, 人の, 今度は, 優れた人, 円美と, 円髷に, 変わる毒薬, 大きさ, 奴まで, 娘は, 子鈔, 学問を, 己に, 持ち主であった, 指示する, 描写に, 故郷ちかく, 榛名山が, 比較的明瞭, 物々しさ, 神烏は, 細かい注意以外, 織工, 美くし, 美くしい, 美しいだけに, 美を, 翼を, 肩を, 胸を, 胸中の, 腕から, 至って見にくい, 興隆を, 許に, 豊かな, 賤しからぬ, 連れるところ, 道へは, 長大で, 雲に, 頬に, 頭の, 顔を

▼ 容~ (50, 4.3%)

2 あやかり美しく, 赴いた時, 頭を

1 [44件] あきたり, かぶせた, して, ぢつと, どこと, なった以上, なって, ふてぶてしく笑っ, またいった, 一種の, 三名を, 与へた, 似ぬその, 候, 化けし惡魔, 合図し, 命じ魚容, 坐って, 壓付けられ, 年を, 心を, 愛嬌の, 戻り額, 押しつけ結婚, 接して, 改めさせたという, 於て, 無残な, 現れた, 眼を, 秀で, 聞いた, 行くてへ, 表われ, 見惚れて, 見惚れ魂, 見覚えが, 言った, 言ったもの, 迎えて, 逢ひ, 長髪クリーム色の, 関羽に, 陰影を

▼ 容~ (40, 3.4%)

3 眼に 2 浮んで

1 [35件] おかしいじゃ, この際, その儘, どうやらこう目前, なかなか油断, 上陸する, 二十七年前に, 云ひしれぬ, 人形の, 人間でない, 備は, 分らぬ程, 判らないよう, 好い, 如何な, 帰って, 忌々しくて, 悉くととのい, 改まつ, 映るの, 瓜でも, 痛快だった, 眼の, 眼前に, 美しかった, 美しかろう, 美しくて, 舞台を, 色めき立った, 艶多く, 菊五, 見当らない, 逶, 邪魔を, 面白いので

▼ 容~ (38, 3.3%)

4 が惡 3

1 [31件] がはかばかしく, が人事, が次第に, だけでも, づいて, でございます, でしたが, です, ではお, ではない, でひどく, で寢, といふこと, などを訊ねる, になつて, になつて來, に少し, に就い, の變, はどう, は佐太郎, は最初隨分危險, は砒石, もなく, も惡, も機嫌, をしてる, を眺め, を聞い, を見る, を見守る

▼ 容~ (36, 3.1%)

2 のならぬ, もしない, もなく汚

1 [30件] がなく, がなり兼ねる, がなろう, して, しませんよ, なく他人, なく手あたり, なく持前, なく捨て, なく接吻, なく暮れ, なく芝居話, にあずかりたい, のならねえ, はしない, はしないだらう, はしなかつた, はせぬ, はなかっ, はなく, もありません, もなく, もなく迫っ, も情け, も手加減, も行なわれる, をする, を知らぬ, を願いまし, を願いまする

▼ 容太郎~ (34, 2.9%)

3 とお, の母 2 はお

1 [26件] からお, がただ一人瞑目, が十五, が強かっ, が急がしい, が言った, であった, という一人, にこの, にとってお, にはお, に広い, の印象, の態度, の父, の結婚問題, は, はかつて, はその, は召使, は己, は新鮮, は暫くぼんやり, は秘密, は薄暗い, を生んだ

▼ 容~ (32, 2.8%)

1 [32件] いまは, おくれじと, おのずからそれ, これほど, すぐれて, すっきりした, その半生, つくろわず身なり, ととのえ薄く, ない, ますます庚娘, よく分らぬ, よく調っ, 世にまたかほどまでに, 保って, 凡では, 囀, 変って, 失意の, 尋常身体なども, 小造, 影も, 心も, 柔和での, 流行と, 真似し, 眼の, 福々しくなる, 立勝り, 細って, 細つて流る, 遥かに

▼ 容~ (25, 2.1%)

3 てくれ 2 を瑠璃子, 給へ

1 [18件] たまへ, たり罰し, てくれる, てもらいたい, てもらはう, て下さるだろう, て他人, て或, て戴く, て片, て置い, て遣れ, 人にも, 合ひ, 容される, 被下度候, 難きを, 難く貴方

▼ 容るべき~ (25, 2.1%)

4 餘地が 2 にあらず, ものに, 空虚が

1 [15件] ことかは, の仏国, は応接間, ほどの戸棚, サン・ベネデット・デル・アルペの, 云々に, 余地が, 余地は, 余地を, 反對, 大湖, 空洞を, 罅隙を, 設備の, 餘地を

▼ 容~ (23, 2.0%)

1 [23件] あっちへ, お作, しばらくし, その顔, その高氏, ちらりとお, つっ立つこと, どこか, ぶっ倒れ, 二十二といふ, 出て, 咳に, 大きな銚子, 小柄な, 小母さんよりか, 応答を, 料理と, 新吉の, 深山の, 眠って, 着物も, 言った, 長い青っぽい襟巻

▼ 容~ (13, 1.1%)

1 [13件] が大きい, でしょうじき, です, などが置い, に入れ, に入れられ, に盛つた野, はたくさん, へ入れ, へ入れた, を取出した, を投げた, を考

▼ 容~ (11, 0.9%)

1 [11件] せまらない態度, その膚, その芸量, その黒い, なって, なるもの, ギターを, 機智を, 毛の, 話しぶりであった, 馬楽と

▼ 容~ (10, 0.9%)

2 を認める 1 するは, と云う, の條文, の法, は人情上當然, は當然, を是認, を認め

▼ 容易しい~ (9, 0.8%)

2 ことで 1 のであります, のには, のは, のを, 仕事な, 方法な, 言語が

▼ 容~ (7, 0.6%)

2 ない 1 ないの, へ可, へ窶れさせ, るるそれ, るるの

▼ 容さん~ (7, 0.6%)

2 でも 1 と有, のぢ, の身分, も有る, や井口華秋さん

▼ 容した~ (7, 0.6%)

1 が一方, のに, まはず, もので, ものに, ものの問題, 問題に

▼ 容~ (7, 0.6%)

1 さむ, すは, すべくも無, とは何, に足る, は善から, 三間の

▼ 容~ (7, 0.6%)

1 だけでも釈尊, ではなかろう, にすさまじい, にどんな, の一つ, をもっ, を驚異的

▼ 容され~ (6, 0.5%)

2 てゐる 1 それへ, てゐなかつた, 又根岸町字芝生大和田忠太郎, 巡査が

▼ 容された~ (6, 0.5%)

2 のは 1 んじ, 晩などは, 東第, 歌人又は

▼ 容~ (6, 0.5%)

1 人柄に, 物腰, 顔を, 風が, 風そして, 風も

▼ 容~ (6, 0.5%)

3 さしたる事, で人さま

▼ 容~ (6, 0.5%)

1 とは近辺, にとってかならず, へかかっ, へ落ちず, へ逃げ, へ馳せ向った

▼ 容する~ (5, 0.4%)

2 ことが 1 にはあまりに, のは, よりも前

▼ 容~ (5, 0.4%)

1 かお侠, 医師だった, 着物の, 貌を, 風俗が

▼ 容から~ (4, 0.3%)

1 不断よく, 姿態を, 態度などを, 観ても

▼ 容こそ~ (4, 0.3%)

1 小太郎山では, 自若と, 變れ, 風にも

▼ 容さぬ~ (4, 0.3%)

1 とっさの, にはあらざるべし, 峻厳の, 真相を

▼ 容~ (4, 0.3%)

1 と地, むとして, むとするの畫策は, むと欲し

▼ 容という~ (4, 0.3%)

1 ものだけを, 名の, 秀才が, 者が

▼ 容~ (4, 0.3%)

1 から世事画報臨時増刊, が, など氏, もまた

▼ 容~ (4, 0.3%)

1 すること, する塲合, する権利, はあり能わぬ

▼ 容あっ~ (3, 0.3%)

1 ておめおめ, てこれ, て信長

▼ 容~ (3, 0.3%)

1 ことも, のじ, も容さん

▼ 容とは~ (3, 0.3%)

1 いっこうに合致, まるで違った, 一向に合致

▼ 容などが~ (3, 0.3%)

1 思ひ出された, 据えられて, 殊にそうであった

▼ 容にも~ (3, 0.3%)

1 僅かな, 生気が, 生気は

▼ 容まで~ (3, 0.3%)

1 いつぞや見まいらせ, 一粒選りの, 変えて

▼ 容よりも~ (3, 0.3%)

3 心の

▼ 容るべし~ (3, 0.3%)

1 と確言, 地上外に, 寛大の

▼ 容~ (3, 0.3%)

1 で別に, はよく, もなん

▼ 容~ (3, 0.3%)

1 ご容謝, もない, 被下度候

▼ 容~ (3, 0.3%)

1 さながら凄き, は過ぎし, よき女太夫

▼ 容さざる~ (2, 0.2%)

1 ものある, も誠

▼ 容さず~ (2, 0.2%)

1 以下数句燕王に, 全躰

▼ 容さるべき~ (2, 0.2%)

1 ところでは, をさ

▼ 容しなき~ (2, 0.2%)

1 こと小, 事元より

▼ 容せられ~ (2, 0.2%)

2 てゐる

▼ 容たる~ (2, 0.2%)

1 大景, 趣きが

▼ 容~ (2, 0.2%)

1 を改, 木綿物の

▼ 容とか~ (2, 0.2%)

1 三種四種位しか, 笑った容

▼ 容として~ (2, 0.2%)

1 迎えねば, 迫らない作風

▼ 容などを~ (2, 0.2%)

1 いろいろに, 横目に

▼ 容には~ (2, 0.2%)

1 変りが, 接して

▼ 容るされ~ (2, 0.2%)

1 てで持切, てゐた

▼ 容るべから~ (2, 0.2%)

1 ざるの, ざるを

▼ 容るべからざる~ (2, 0.2%)

1 ものである, ものであろう

▼ 容るるべからざる~ (2, 0.2%)

1 ものであっ, ものである

▼ 容るれ~ (2, 0.2%)

1 ばよかっ, ば小さき

▼ 容をば~ (2, 0.2%)

1 纔に, 見返り勝に

▼ 容~ (2, 0.2%)

2

▼ 容~ (2, 0.2%)

2 見や

▼ 容~ (2, 0.2%)

1 以テ羽翼ヲ, 為シ難シ

▼ 容~ (2, 0.2%)

2 に一容

▼ 容人魚~ (2, 0.2%)

2 の如き

▼ 容其の~ (2, 0.2%)

1 振舞い見れ, 正を

▼ 容~ (2, 0.2%)

2

▼ 容~ (2, 0.2%)

1 でイングン, で十分研究

▼ 容恰好~ (2, 0.2%)

1 も知ってる, も見

▼ 容~ (2, 0.2%)

1 を意味, ヲ尽シ妍

▼ 容成公~ (2, 0.2%)

1 の傳, を房術

▼ 容~ (2, 0.2%)

1 が三遊亭圓朝, を眞間

▼ 容~ (2, 0.2%)

2 は禁令違反

▼ 容~ (2, 0.2%)

2 せらる可

▼ 容~ (2, 0.2%)

1 に聞かせる, の溜り場

▼ 容~ (2, 0.2%)

2 可保婆奈

▼ 容~ (2, 0.2%)

1 に見入つて, をとり降し

▼ 容~ (2, 0.2%)

2 ふるに

▼ 容迫らざる~ (2, 0.2%)

1 ところよく, 調子で

▼ 容體ぢ~ (2, 0.2%)

1 やどう, や便所

▼ 容~ (2, 0.2%)

1 の歌, よ

▼ 容齋先生~ (2, 0.2%)

1 と柴田是眞先生, の門

▼1* [168件]

あの眼ざし, 容金魚鉢を, 容いりまじりて一, 容おそろしげに, 容ずに, 容く殺されるものなら殺され, 容入れら, 容この上も, 容さざるる罪の, 容さしめるための, 容さずして堅く, 容さず澄みに澄みたる, 容さず聞く侍奉, 容さば容さるべきを, 容されき妾も, 容されず吾が恋人, 容されなくても私はかま, 容されんのには, 容さんことは武士, 容しあひ慰めあうて更に, 容しうる大い, 容しきれないのだ, 容したつてます, 容したらもうオシマイ, 容したる負傷者の, 容しゃなく前線へ, 容し兼ねたことは, 容し切れない場合なら, 容すべきに非, 容すべてこれを, 容すら蓬, 容せず候も, 容せなさそうに, 容せなささうに言, 容せられずに世にも, 容せられた岩田熊吉の, 容せられぬ予頃日水戸に, 容せりと, 容たちを歓迎, 容がどこ, 容だい振つて, 容ちや服装などにいくらか, 容づくっている, 容づくるとは見えず, 容であったがやがて, 容であるのは, 容できる病院設備の, 容ないのである, 容なおつつまれぬもの, 容などなかなか由, 容なりが仙女の, 容なるを今, 容において大いに欠ける, 容においても感情においても, 容のうひ, 容ピュッと, 容ほどの侍が, 容ますます壮なり, 容までが李そっくり, 容ずいずくんぞよく, 容らしいものが, 容られずとも歐洲大家, 容られたかと云, 容られぬのである, 容るすことが, 容るべき測り難い空間, 容るべくもあらず, 容ないの, 容をだに改めんと, 容クルニアラスヤ然ラハ帝國, 容非ザレバ争デカ治罰賞正, 容ルル二三食分悉ク提ゲ得可キハ第一, 容ルヽ能ハズト云フ源因ニ在ルヲ知ルガ如キ, 容レザルモノアリ彼若シ知ルコトアラバ, 容と称する, 容乃至客體内容が, 容乏しくはない, 容とも似, 容以外に多く期待, 容をつくし, 容優れて芸量其, 容が人, 容其危亡を顧, 容円備不異神功, 容冶常倫を絶し観る, 容出來なかった, 容があれ, 容力創立二十五年の祝典, 容又含毒蟄劇如蛇, 容勝れて清らか, 容なく姿色, 容半ばにし, 容又は擬芸容の, 容及び色の, 容とも言, 容し之, 容喜色を見る, 容して, 容雪山の, 容の詩, 容と抱きよせる, 容嬌態が平次, 容といった, 容安室と名づけた, 容安院不求甚解居士, 容の裡, 容山影の尋常, 容山麓から峰, 容年配は五十五六, 容をお, 容形どこやら見た, 容形姿は詞, 容性地層が溶け, 容たく世に, 容態型式跡質の漢字, 容成陰道二十六卷があつ, 容でとにかく, 容である, 容易しくては複雑, 容の部, 容森貌にし, 容が正に, 容粛ほとんど, 容此上なく美, 容活けてお, 容烏啼月落橋辺寺欹枕猶聞夜半鐘, 容烏啼月落江村寺欹枕猶聴夜半鐘, 容無双の半, 容煙態を研究, 容を賦与, 容よき婦人二, 容目ことに美, 容直ちに登臨の, 容秀拔眺望もよく, 容立礼進退を自由, 容端正人の見る, 容端正歩履優にこなた, 容粛々とあたりを, 容はざる, 容美しきを見, 容者全部に砂糖入り, 容を浸し, 容之易安, 容花園某女來訪, 容花色すこぶる多様, 容花色種々多様で何十種, 容は清く, 容華桃李の若し, 容華雅麗に庠序, 容と共に房総海岸, 容衣服の一切, 容りたれば, 容資典雅にし, 容蹙めるあり孔子曰く, 容隠して猥, 容隠したにあった, 容と称し, 容を拝, 容顏美麗だつて, 容顏隱險の氣, 容なき人生, 容體倨然として, 容體名倉の診察, 容體書を一應警察, 容の際, 容描く所, 容齋門下の逸足, 容齋隨筆夢溪筆談の如き