青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「局~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~就い 就い~ 尺~ ~尻 尻~ 尻尾~ 尼~ 尽し~ ~尾 尾~
局~
~居 居~ ~居た 居た~ ~居つた ~居ない 居ない~ ~居ました ~居ます 居り~

「局~」 3357, 36ppm, 3218位

▼ 局~ (848, 25.3%)

10 前に, 方へ 7 前を 5 人が, 前で, 前には 4 お六, 事務員が, 前の, 前へ, 役人で

3 [13件] お役人, 一室に, 二人の, 女事務員, 役人が, 役人を, 方に, 方は, 横町に, 碁を, 窓口で, 窓口の, 門を

2 [51件] ある所, ことを, ところで, ような, ように, マイクロフォンを, 中に, 事務所で, 二室, 人々も, 人かと, 人たちが, 仕事が, 仕事の, 仕事も, 便所掃除で, 側で, 前から, 前まで, 原簿に, 口へ, 学者が, 宿直室に, 小役人の, 小林来り, 局長の, 巡回視学官です, 工事場の, 工事場まで, 役員も, 息子で, 手を, 横の, 横を, 決して伊藤侯, 注意人物という, 消印ある, 消印で, 消印も, 点なり, 片隅で, 窓を, 統計に, 豪傑と, 軒燈のみ, 通帳を, 連中は, 配達夫を, 隣りの, 雇員に, 面目は

1 [645件 抜粋] あたりへ, あった例, あつた, あとだつたさうだ, あとを, あの重苦しい, あるところ, ある例, ある町, ある馬場町, うちから, うちに, うち最初の, おいなりさんを, おじさんが, おっさんが, お小屋, お役人たち, お政さん, お気に, お茶わかし, お通り, お部屋, きたない壁, ぐらすの大, こえである, ことであった, ごとき宗教, さしず, しるしを, そばに, となりの, なかにも, は何うし居つた, ひとりかも, ひと声高く, ひどい迫害, ほうには, ほうへ, ほかに, ものです, ものな, ものに, も片仮名文, わきで, を受信, アナウンサーの, アンポンタン・ポカン式反射交感組織に, ウィルソンという, ウィルソン・ハーグレーブに, オーケストラ指揮は, カークハム氏と, グループが, スタジオで, スタンプ掛りが, セントー・ハヤオ氏の, デスクの, ヒキダシにも, ビルの, ブドリが, ベンチに, マイクを, マイクロフォンである, マイクロフォンの, モトメに, ロ便に, 一人息子で, 一員でした, 一属僚を, 一技師の, 一行が, 一隅に, 三字だけ, 三角点が, 上の, 下の, 不健全さ, 不幸が, 中が, 中だけに, 中で, 中へ, 主事といふ, 主事を, 主任プライスが, 九周年何とか, 予定に, 予算として, 事に, 事務員でした, 事務員に, 事務員や, 事務員月給四百法の, 事業に対し, 二階の, 交換手たちが, 交換手に対する, 交換手を, 人々が, 人々の, 人たちだ, 人など, 人事に, 人達に, 仏人局長に対する, 仕事は, 伊東局長が, 会計を, 位置は, 佐藤武輔の, 何の, 使いの, 使命な, 侍女たちに, 供給に, 依頼で, 係りの, 係検事は, 係長ぐらいの, 候補地であるべき, 側に, 側仕えで, 傍に, 儀式ばった印刷の, 光線は, 入口を, 全機構, 内に, 内や, 内訓, 内部の, 内部を, 写生を, 出す報時信号, 出張所の, 出来たところ, 分店, 刑事と, 刑事部長も, 初代の, 制服は, 制服を, 前あたり, 前だ, 勝負が, 勝負に, 勝負の, 勤め人の, 南一の, 占めて, 印の, 友愛会支部の, 取しまり, 取り調べを, 受付へ, 受付口みた, 召使い八重と, 史生に, 同人たちは, 同僚として, 同僚の, 名によって, 名事務員, 君が, 命令により, 品定めを, 喰うや, 嘱に, 土台は, 圧力だろう, 在るあたり, 地下室の, 地図を, 坂を, 堂々たる世迷い言, 場所は, 塀の, 塔を, 墨汁で, 壁が, 壁に, 変化少く, 夜ばなしに, 大勢を, 大地下工事が, 大建築, 大玄関, 天に, 奥さんから, 女たちが, 女に, 女の童では, 女工彼女の, 女性たちからも, 女房でも, 女房に, 女房を, 女房達が, 女房達の, 好意により, 妹である, 委員長が, 守備隊と, 守備隊も, 安藤が, 官吏, 官吏の, 官員さん沖仲仕生糸検査所へ, 実弟立派な, 家も, 宿直室を, 対木村戦は, 対花田戦の, 小使や, 小使嘉市長吉の, 小冊子, 小林, 小林に, 小林徳次郎に, 小窓, 局員が, 局員総数は, 局課長会議に, 局長であった, 局長室に, 屋上で, 屋根へ, 属官が, 工事場が, 工事場で, 工塲を, 工夫来り, 市外線の, 席その, 帰りに, 平役以下手伝い小役人吹所の, 廃止, 廊下を, 建物に, 建物の, 建築が, 建築場では, 建築場に, 建築場の, 弟では, 当事者たる, 形を, 役人たちが, 役人たちと, 役人たちの, 役人たちは, 役人でした, 役人と, 役人に, 役入, 役割を, 役員達と, 待合室と, 後には, 後身だ, 後身である, 後身にでも, 御役人様位, 心配は, 応接間と, 急な, 息子仙太郎は, 悪童どもが, 意向も, 意図は, 態度に, 戸を, 所に, 手ちがいで, 手で, 手も, 手伝いの, 技師さんと, 技師と, 技師には, 技術試験に, 折柄一先づ民間航空事業の, 拘置所へ, 招待で, 掃除を, 控室いえ, 控室の, 援助を, 放送全体が, 故障修繕工夫が, 数も, 文芸部へ, 新設も, 方々にでも, 方々よ, 方には, 方にも, 方も, 方角へ, 旅客課の, 映画の, 春海局次長や, 時報に, 時間が, 暗い片隅, 書記を, 最年少者荒畑勝三, 朋輩も, 朝景色の, 本所工場觀覽招待に, 机の, 杉内アナウンサーと, 松林あたりに, 林さんとこへ, 林さんなぞが, 棊なりけり, 検事を, 検事三四名が, 検査も, 検閲を, 極く, 構内に, 構内を, 横つ, 横手から, 横露地に, 次長が, 次長さん, 次長とも, 民法編纂会が, 求めるその, 江川技師に, 池で, 活動第一歩において, 活字ケースなどを, 海事査問が, 消印が, 消印に, 消印の, 消印は, 消印鮮かに, 清ちやんだけは, 測定に, 測量方であった, 演劇ラジオと, 為替受け口には, 無邪気さに, 煙草女工に, 父御, 片隅に, 猪俣検事正は, 玄關まで, 玉虫が, 珍奇な, 理事長であった, 理解ある, 甚写生的なる, 用事で, 田中事務官は, 田中義成博士を, 田川さんが, 画期的な, 番頭さんに, 発売に, 白い顔, 白紙命令を, 監督から, 監督だの, 監督官みたいに, 監視船へ, 目的と, 真面目な, 眼を, 知れない電波信号, 石の, 研究的な, 私書函には, 私書箱の, 秘書官室では, 空想は, 空気に, 窓に, 窓口に, 窓口まで, 立ち腐れに, 笑ひ, 第一, 管理を, 米田さんの, 紛失は, 細君に, 組織, 統制思想検事の, 総長は, 線の, 編纂に, 編輯局は, 編輯者を, 縁へ, 翻訳係陸軍大学の, 者たちは, 者だ, 腕利きたちでさえ, 腰掛の, 自動車で, 自動車の, 船が, 船舶課の, 良人, 若い出張員, 若手連が, 菩提所として, 薄暗い一室, 血縁で, 衆は, 衛舎の, 表口では, 表札を, 袴に, 裏口の, 裏廊下に, 裏梯子を, 裏道を, 見込みらしい, 親戚なりと, 観戦に, 角などに, 角の, 計画な, 設置の, 詰襟服を, 話を, 誘引で, 説を, 調室に, 調査が, 調査の, 論告が, 諸兄にも, 谷口政秀氏は, 責任だった, 責任編集に, 貯金を, 貯金係も, 貯金帳が, 貴婦人に, 賑やかな, 身は, 車が, 軍人が, 軒下から, 近所に, 返事だ, 通信員に, 通達と, 連中が, 連中を, 運輸課を, 部分に, 部屋という, 郵便脚夫の, 配置には, 配達か, 配達員の, 配達夫等にまで, 酒樽つくっ, 重い扉, 重大さは, 重要地位地, 鉄塔で, 録音放送などには, 長壁, 長官, 長官河津氏は, 長戸検事です, 閑な, 関五郎と, 防音室の, 階段を, 階級社会に, 隣りに, 集配人を, 雇いと, 雇や, 雌伏時代のみ, 電気課長の, 電波を, 非常用発電ガソリンエンジン, 音楽を, 須永助手を, 頭に, 顧問的な, 飛島来り, 食堂で, 養魚場が, 駐在員は, 駐在所が, 騒ぎは, 鳴尾検事から, 黒髪も

▼ 局~ (391, 11.6%)

6 勤めて, 来て 5 つとめて 4 働いて, 入ると, 出て, 於て, 残って, 行って 3 いて, 入つた, 寄って, 当る者, 持って, 昇格した, 通って

2 [22件] いたの, しても, なって, 乾干, 來て, 入ること, 出ること, 對し, 就いて, 属して, 廻されて, 当て居る, 当りその, 朝から, 留置に, 行き留め置, 行くと, 行くの, 行った, 訪ねて, 送られる事, 隠れて

1 [285件] あずけて, あたりて後, あたる者, あること, あわてて, いた山口専次郎, いた程, いても, いるある皿洗い女, いること, いる叔父, いる由良, いる由良さん, うようよといた, うれへ, うんとしかられる, おさまって, お出なさい, かけつけるという, かこわれて, こんな長時間, せよ役場, それを, たどりつく, たまはり, たまはる, つけられたるよし, つれて, どんこ和尚を, なった郵便局, なつて, にらまれて, はいった, はいりこむこと, まは, もって, もどしおくよう, やって来て, ゆくお, ゐた局長, ゐて, ゐる人達, カンベンし, ドイツの, ボーイ長の, マルコン氏を, 一人は, 一時間乃至, 下がって, 下さる, 不平を, 人手が, 似たり, 似通, 何かを, 使われて, 來た, 侍く, 元馬, 入ったので, 入つたの, 入つて來, 入つて行, 入らぬかとの, 入り來, 入るまで, 兵士の, 凍上防止の, 凝る者, 処して, 出かけた, 出かけて, 出しかえって, 出なくなった, 出仕した, 出仕する, 出動し, 出向かねば, 出向きまた, 出頭し, 出頭した, 出頭しろ, 分り主, 到りて, 到る, 勉めるよう, 動員され, 勤めたり, 勤めてる男, 勤めました, 勤めましたが, 勤めること, 勤めるやう, 勤める事, 半分は, 原文が, 可なり, 同情し, 向け教授, 君臨する, 告発する, 命じて, 唯一人残つた, 唯一人殘つた, 問いあわせると, 問合す, 問合せて, 問合せれば, 在って, 在るが, 在職中哲学や, 報告されたらしい, 報告する, 多少知った, 多数を, 夜遅く, 夢中に, 奉職し, 奉職致し, 実習生として, 寄り東京, 寝なかった, 対して, 対って, 将門が, 對する, 少しばかり, 局長が, 居たから, 居たこと, 居て, 居りましたの, 市役所の, 布かうといふ, 帰って, 帰ると, 平田次席検事を, 建言したら, 廻され重, 廻って, 廻わして, 引き立てられ四代将軍綱吉, 引っぱられて, 当たった人, 当たった人以外, 当たりて, 当って, 当っては, 当っても, 当つた岩倉, 当つて思, 当つて財況其他, 当らざりしのみ, 当られず国家, 当られたこと, 当られなかったという, 当られること, 当りて, 当りて時, 当るもの, 当る人, 当る教育者, 当る気, 当る直義, 当る風習, 当れば, 当ろうと, 当ろうといった, 当時既に, 微かな, 徴用され, 忍び込みぐいぐい, 思想部といふ, 急いだ, 恐れながらと, 手紙は, 投げ込み次に, 投書したらしゅう御座います, 押送される, 持たせて, 持参し, 挙げられた, 掲げられて, 換うる, 文化施設課といふ, 新たに, 於いて, 於ける一人, 於ける反射交感, 於ける大, 於ける日本文化教官研究講習会, 於ては, 机を, 杉村武という, 村岡が, 来た者, 来るよう, 来るハガキ投書, 残る小さな, 殺到する, 求めるよう, 澄太君を, 片っぽ, 生け簀の, 用が, 用ひさせたなら, 男が, 留置郵便に, 登場しなけれ, 監督人とかを, 監視人とかを, 直面し, 相対し, 相当する, 相談し, 着いた時, 知らせなきゃァ, 知れないやう, 私が, 私宛の, 立寄ったの, 統一され, 編入され, 臨み交, 自分の, 至り局長, 至り電報, 荻生秀之助を, 藤岡さんを, 處し, 行かせる, 行かなくちゃ, 行かなければ, 行き, 行きました, 行ったという, 行ったとき, 行つた, 見あら, 見た絶望, 訪ねた, 課せられた基礎的, 請願し, 負けて, 負けるだらうと, 貯金に, 赴き局員, 身を, 軍属で, 転じて, 転嫁し, 近い人気, 送って, 送られき, 送られた, 送られ起訴, 送るの, 送る事, 送る書類, 通ツて, 通勤し, 連絡し, 那奴は, 郵便貯金として, 配達された, 限りて, 隠した, 隠して, 集まった諸, 集め壁, 雇はれ, 雇れ, 電信の, 電信を, 電文の, 電話で, 電話を, 面すべし, 願って, 願ひいでず, 飛行計画を, 飼って, 馬酔木さんを, 駈けつけた, 黎

▼ 局~ (292, 8.7%)

9 行って 6 持って 4 入って, 出て, 行った 3 ゆきました, 出かけたついで, 出かけて, 勤めて, 廻って, 手紙を, 来て, 行く, 電話を, 顔を

2 [15件] いそぐ, もって, ビールを, 上がって, 入つて, 出かけようと, 呼び出されて, 持つて, 明日の, 行くこと, 行つて, 行つて見たい, 行ツて, 送られた, 遊びに

1 [205件] あずけたの, あばれこんだの, あるいはお, いきます, いき小使たち, いくこと, いったり, いつて, いらしたの, うや, おいでよって, お百度, かくれた, かけて, きき合わせその, さし出すわけ, しげしげお, そして方々, それから, そろそろ歩い, たどりついて, たびたび来た, ついでに, つれて, とどけて, はいると, ぶっ飛ばしたり, まわりました, むろんヱス, もっと顔, やってきた, やられたらもう, ゆき切符, よく二人連れ, よった, よって, よっても, よって書留, よばれた, テストに, ペンさんに, 世話を, 中継される, 五シリング払い込め, 何遍か, 催促させた, 入ること, 入院手当させる, 八時に, 内地の, 出かけそちら, 出かけたが, 出かける, 出かけるちよ, 出かけるとても, 出して, 出しに, 出勤した, 出勤私は, 出掛け特許局宛書留, 勤が, 十二時半迄, 十八円許り, 十八圓許り, 受取りに, 召ばれる, 同時に着いた, 名刺を, 向けて, 呼び上げられて, 唯今赴任する, 問あわし, 問合した, 売りに, 寄ったら日本語, 寄途し, 封鎖し, 小舎人, 届いて, 届けさせる, 届けたり, 届けるやう, 届け出る, 帰って, 帰つて届けよう, 帰るん, 廻されたが, 廻したから, 廻しても, 廻ったが, 廻ってから, 引き渡した, 引っこんだ, 引っぱられた, 引っぱられるの, 引下がって, 引返して, 引返し読み合せ, 彫工会から, 忍んで, 急ぎ八時四十五分, 息を, 手紙や, 投函に, 抵当に, 拘引され, 持たして, 持ちこんで, 持参する, 掛けたこと, 掛けてるん, 支払つた人間は, 救いを, 救助を, 新たに, 明日あたり行っ, 明日放送の, 書状を, 束に, 来んとも, 東海道線不通の, 殘す, 求めるの, 泊らせられた, 渡された, 渡った, 源之助芸談, 爆弾が, 牧田助役とともに, 用が, 用事が, 留置きで, 発信を, 白刃を, 着いた方, 第二報, 筒抜けでは, 納れられる, 納付すべき, 自由勤めとして, 菊田も, 行き, 行きさまざま, 行きたいと, 行き何, 行き倫敦, 行き油屋, 行き第, 行き給え, 行き葉書, 行くため, 行くで, 行くとも, 行くの, 行く前, 行く度数, 行く気, 行く用事, 行け, 行けば, 行ってから, 行ってないじゃ, 行っても, 行つたら, 行つても, 行つて受け取つた, 話さう, 走らせた, 赴いて, 赴かなければ, 転任し, 転任と, 返還する, 迫つたときそれに, 迫つた事件に, 追い払って, 送ったの, 送った事, 送つたテレヴィ, 送られながら, 送られる, 送るに, 送るの, 通い出した, 通って, 通勤し, 通報し, 通帳の, 遣は, 金を, 集配すべき, 雇はれ, 電報を, 電話が, 電話急使が, 預けた分, 預けて, 預けてしも, 預けに, 頼んで, 駅の, 駆けつけて, 駆けつける用意, 駆けて, 駈けつけ七時三十分

▼ 局~ (184, 5.5%)

5 出た 4 結んで 3 結びたり

2 [14件] して, やって, 休んで, 備へた人でも, 出て, 呼び出して, 経て, 結ばしめたの, 結べり, 置いて, 罷めてから, 見つけた, 見て, 設置し

1 [144件] あてがわれて, いつでも, うかがっては, うかがわせたが, おかしたと, ごらんに, さがした, さがして, ただ, つかまえて, つくったこと, つくったの, とりあげて, どうやりとげるでしょう, なすに, はじめ研究所ジャーナリズム等知識調査力を, ふりだしに, やってるカラマツ, モノに, 一億の, 与えそれ, 与えた, 中心に, 乗り越え民族的, 九十六号の, 了し, 了するの, 二勝し, 五十か所作る, 休んだ揚句, 伯母として, 作って, 促して, 全国に, 出たが, 出た切り, 出てから, 出ること, 刑法官, 勤めるよう, 占領し, 占領した, 占領しろ, 去って, 去る, 呼び出し木田, 呼び市場, 呼出して, 囲まう, 圍み, 圍むの, 外務省に, 太政官に, 失つたあとの, 失つたら, 定める時, 定め一, 審に, 専門に, 常設した, 幾度も, 廃止しよう, 建てて, 建設し, 当方で, 形づくつて, 戦闘の, 投じて, 持って, 指して, 挑んだが, 捜した, 探しだし確信, 擬装の, 改革し, 教えられ高島駅, 数えるよう, 整頓せしめ, 書生部屋に, 木村に, 桃色に, 案出せん, 欠勤, 欠勤んで, 止すの, 洞観する, 濶大に, 片づけて, 眼鏡の, 移した, 移し残り, 純化せし, 終る時, 経る毎, 結びしを以て, 結び一時中止, 結ぶこと, 結ぶべきなり, 結ぼうかと, 結んだが, 結んだと, 結んだの, 結んだ天保九年閏四月八日, 結んだ方, 続けること, 網羅し, 置き俊秀, 置き先ず, 置き各, 置き同局, 置くと, 罷めたの, 罷めた後, 罷めた直接, 罹め, 行うこと, 裁判所から, 襲ったとは, 襲撃しろ, 見, 見つけたこと, 見んと, 見廻した, 見物し, 覗いて, 覗きました, 観戦し, 訪ねた, 訪ねようかと, 訪ねる夜, 設け, 設けて, 設け事務, 設け箕作博士, 設定し, 訴えようと, 負けに, 辞し去った気もち, 退くとも, 通じ警備司令部石本参謀, 開き鉄道, 開キ諸生の, 除きては, 騒がせたの

▼ 局~ (170, 5.1%)

2 どこまでも, 到底氏, 前田利家の, 左程, 戸塚某の, 蒲生氏郷の

1 [158件] あれだけ, あわただしく送信機, いつもなかなか混ん, いままで, お鯉さん, ここから, ここに, この会議, この女性, これに, これはた, これまで, すぐ東京駅前, すばらしい考え, その姿, その後元の, その最大, それが, それだけを, ただ一人, ただ自分ひとり, つけ加えて, どうなり行くだらう, どう発展, どこだ, どこへでも, ない筈, なかつた, なかなか立派, ひきとる義務, ひきも, ほかの, ほとんどどの, ほんとうの, もの優しく, やがて立派, やっぱり恐ろしい, プロレタリア作家乃至, ヘコ垂れ切っ, マルグリツトの, ミタだ, ロンドンな, 一つしか, 一八一二年英国と, 一閑斎が, 万事, 中央放送局に, 主として農村好況, 主筆から, 乗客の, 云わば, 人手不足である, 今までの, 今日では, 今暁怪盗二十面相から, 今来た, 休みでやす, 信長の, 元々鎌倉, 全然梁山伯, 全然梁山泊, 再調査, 別人だ, 前年の, 割合空い, 勝つこと, 協議会に, 去った, 口返答した, 古宇村から, 召集の, 各都府県, 呉清源が, 告発は, 和蘭陀銅板画を, 唐団扇で, 国家千万年の, 国際聯盟を, 外国新聞雑誌書籍の, 夜に, 夜勤も, 大きくない, 大塚である, 大新聞, 大活動, 官吏だけで, 実隆の, 家光を, 少し茶かし気味, 市電営業による, 師平田鉄胤を, 常に各, 常置の, 平八が, 年賀郵便の, 当然廉子, 彼の, 必ずや世, 必ず負ける, 思索の, 急速に, 戦争の, 戦争反対の, 所謂三番勤務で, 拘置所の, 教授を, 整頓し, 文部省その他の, 日本出版文化協会および, 早くも, 時局切迫の, 本因坊の, 本年度最近, 果して木村, 柳営大奥かつ, 正午まで, 死んだ母, 波止場から, 洞院ノ, 涙ながら, 深夜配達を, 渠が, 渠を, 煙草の, 猫の, 猶予はず肩を, 現に高時, 白骨から, 皇居内の, 社会的な, 神祇省と, 禁止した, 第二報, 納税特別会議を, 細密なる, 絶えず扉, 緊急対策を, 総合科学研究所の, 聞えた美女, 職業柄控訴する, 自然斯う, 著しく簡明, 著作権法実施に, 襲われ一人, 起訴猶予と, 跡形も, 銀座裏の, 鋭敏に, 開設以來其の, 閑な, 閑や, 電源を, 静, 頗る異彩, 頼朝の, 騒がなかつた, 驚くべき闘志, 麻布六本木の

▼ 局~ (145, 4.3%)

3 あった, あって, 結べるよう 2 あつて, あると, できて

1 [130件] あったから, あったが, あったの, あったので, あったらよかろ, あったり, あのため, ある, あること, あるとは, あるの, あるので, あるのに, いくつも, いくら自由市場, おかれ日独防共協定, お薬湯, こう考えた, この抑圧, この新しい, しまって, すべての, そうさせた, その一例, その検閲, それを, できた, できてからは, できれば, どういうところ, どうだって, なぜあんな, ひけてから, またなかなか出, まだ東京鉄道会社, むせびあげて, やるが, よく知っ, わざわざ日本, アメリカの, ソヴェト共和国に対する, ラジオ小説を, 一つあった, 一つに, 一つ一つお, 三人の, 中心と, 主と, 主催し, 二つあった, 二葉亭の, 代々の, 休みだ, 休みで, 佐賀県の, 停電した, 催促する, 全世界, 其の時, 凡手の, 出て, 出来た以後, 十四年に, 博士の, 受つけ個数制限し, 受信する, 名古屋で, 名古屋と, 名残り惜しげに, 城の, 声を, 夢中で打つ, 好きである, 完全に, 実践局と, 寄り添って, 建設した, 引けないうち, 当って, 当時やかまし, 彼女に, 待って, 怪しげな, 愕然と, 我折れ, 戦時中すべての, 指定され, 控えて, 放送を, 昔の, 望みで, 未成熟, 来る, 東京で, 東京に, 果して是等, 案出した, 海外宣伝映画試写会を, 混雑し, 満千姫様, 火花を, 白く嫋, 短波で, 祐筆を, 秀調小, 立ちかける前, 立つて, 立停る, 自分先づ座に, 莫大な, 落成し, 行われること, 設けられた, 設けられた時, 設けられて, 設けられ一方, 設けられ事務, 調べ一審裁判所, 諸問屋会所, 警視庁の, 起訴する, 違って, 遠方に, 都会を, 配達する, 閉まりますで, 閑な, 階下へ, 雪に, 鮮明に

▼ 局~ (137, 4.1%)

3 留置の, 顔を 2 あつた, 一番年が, 事務を, 他人の, 元の, 出版した, 私の

1 [117件] あこの, あの女, あの異, ある決議, あグワウグワウ, いろいろと, かかって, こしらえたジャーナリスト, この節, しらべて, するらしいが, そのこと, その男, それを, ちらツ, つまらない仕事, はなかっ, はねられて, やっとりましょうと, やめて, ニューヨーク発の, ハガキ出し, ホテリングが, ラジオ相談所として, 三十円ほど, 予選された, 五厘問答を, 人間社宛ての, 会った時, 作った立派, 働いて, 僕等を, 八文字を, 八日間の, 出会ったある, 出合った事, 刊行した, 判決の, 勉強し, 勝負を, 十何頭の, 午飯を, 原案を, 又懲り, 取っくみ合いの, 取扱つた年賀葉書の, 受信し, 受信せられ, 受入れる普通小包, 君を, 外字新聞を, 大正七年二月十九日午前十時と, 奥女中たちが, 封を, 小為替の, 局員中から, 局待と, 年々数多く, 建てたもの, 思ひがけ, 怪しまれて, 払ふと, 押したもの, 散歩に, 書いた, 書いて, 書留に, 東京から, 検べて, 検閲を, 模写を, 法規立案の, 温泉場から, 測量を, 為替を, 無筆の, 爆発物調査委員会が, 現場調査の, 現金に, 略式で, 発行に, 白女と, 盗まれたかを, 盗難用の, 目下編纂中だ, 着眼し, 破棄される, 碁笥を, 私に, 篤と聞い, 紛失し, 自分自身の, 自然科学方面の, 葉書を, 蒐集し, 見た人, 見た頼信紙, 見付けました, 計算し, 訊問を, 調べさせたん, 調べて, 近頃発明, 通詞は, 造った切明け, 逢ったと, 逢った女, 遭遇した, 郵便物を, 郵便配達見習を, 配達する, 電力を, 電報は, 青年達が, 面白が, 頑張ろうと, 首を

▼ 局から~ (136, 4.1%)

4 放送された 3 出て, 帰って 2 十六里も, 送って, 速達に, 郵便物を, 金を

1 [116件] おどかされただけ, お杉, かえって来たら, すぐに, すぐ工作隊, その実行, その特殊, だ, では, でも, のだ, はじまる何故, はみ出して, ひっぱりだこの, もらい葉, やって来た役人, アナウンスが, スケッチを, スタンドレー大将の, ニコライの, ニユースを, ベラ・イレシュが, 三菱の, 下お末端女, 世界の, 二十六日に, 人民を, 今日の, 伸子が, 佐藤が, 免職の, 兎に, 全世界, 公告決定の, 再び別, 出した詩, 出した速達書留, 出す, 出たとき, 出るもの, 出る途端, 出版される, 分って, 午前十一時上空通過の, 午後三時に, 厄介な, 原稿を, 去らなかった, 取って, 叡聞に, 台本の, 呼ばれて, 呼びつけられた事, 呼び出しあり, 呼出を, 夜おそく, 大八車で, 大八車は, 大宮町の, 宮内省の, 容子を, 小包の, 小箱を, 山井検事が, 市電で, 帰えっ, 帰ったら母上さん, 帰りこの, 帰ると, 御用これある, 心づけ, 応援を, 愛読者カードで, 戻って, 戻つて, 手紙が, 打って, 指令が, 探し出して, 放送したい, 書留に, 未決監予審と, 検視の, 標車といふ, 毎月鳴り物入りの, 漏れ聞いた星田, 発せられるの, 発見され, 發見された, 白帷一を, 皇帝失踪の, 監獄と, 碁の, 社へ, 神饌所なぞを, 空弁当を, 自分の, 著作権侵害による, 街は, 見渡して, 詰めかけて, 豫め追剥一同に, 貯金を, 迎えに, 迎への, 返電が, 送られて, 郵送され, 配達されました, 鋏穴の, 録音に, 録音の, 電報で, 電波で, 電話十六日の, 頼まれて

▼ 局~ (79, 2.4%)

2 なったこと, 云って

1 [75件] いい伊賀, いう, いうと, いずれも, いっても, いひ十二分, いやああの, いわざるを, いわず色めき立って, きまって, それから無頼漢, ちごうて, なって, なりそれ, なり予審, はっきり言わない, はり出されて, よばれて, キノの, ツイ夢中に, ロイドの, 一しょに, 並んで, 云えば, 云ったもの, 云ひ, 企画庁との, 住み給, 八幡様が, 協力し, 印刷局が, 合併しろ, 呼んで, 命名され, 国民を, 國民を, 変りその, 外国プロレタリア作家団との, 定めて, 小女房, 小宰相, 差し向うまま, 差続けた, 市の, 改められぬ, 文学報国会との, 文学報国会の, 新大納言典侍, 新聞社に, 新蔵の, 書いた木札, 木村升田両氏と, 正面衝突を, 無線電信の, 無線電信を, 病院と, 相俟つて北斎, 看板のか, 示されて, 稱し, 稲妻みたいに, 終戦連絡事務局の, 絶交する, 色彩とを, 言いましたかね, 言ったかなり, 警察以外の, 警視庁へ, 軍部が, 銀行へ, 電信局とは, 電信局とを, 電話で, 面を, 頽廢とを

▼ 局まで~ (43, 1.3%)

5 行って 2 出かけて, 歩くこと

1 [34件] ゆきましたら東京, ハガキを, リヤカーに, 一走りいたします, 八里も, 冬村君の, 出かけたそして, 出かけたついで, 出かけた途中, 出かける玉祖神社, 出かけ手入れ, 出掛けたそう, 出掛けて, 出掛た三吉, 参ります, 取りに, 同道する, 呼びだされたが, 大廻りし, 大急ぎ三八九発送第, 届かせて, 来て, 来る郵便物, 歩くばかりか, 行かうと, 行くこと, 行こうと, 行つた, 行つてま, 行つてハガキを, 行つて見よう, 達せしめぬ, 電信を, 電報を

▼ 局には~ (42, 1.3%)

3 此村に 2 主筆から, 主筆が, 他の, 奥さんの, 室の

1 [29件] あっちからも, いって, かわったこと, この天滿宮, この感じ, その折木曜会, そんな懸念, たゆまず自分, ちゃんと記帳済, どんな女性, アメリカ各地からの, 一人の, 一口に, 一言居士が, 二円五十銭が, 人の, 代書屋に, 北海丸の, 山口孤劍荒畑寒村山川均深尾韶赤羽巖穴等の, 年賀郵便の, 当られなかったので, 手を, 毎日あるいは, 自身で, 行かないで, 貯金を, 預けずに, 高橋邦太郎君松島通夫君坂本朝一君の, 麺麭でも

▼ 局では~ (32, 1.0%)

2 微罪として

1 [30件] あの時刻, いくたび, いつでも, おどろいて, お前は, お鯉さん, こんな事件, その当時それどころ, その春言論, その点, ラタム号が, 一枚ずつ, 三河國蓬莱寺山からの, 二三日中に, 分って, 地団太ふん, 大戦以前から, 女幽霊の, 小野職愨, 彼は, 後刷分, 控えおかないん, 次の, 畏って, 発砲の, 給仕の, 裏に, 隣に, 電信機がども, 飛行場の

▼ 局~ (32, 1.0%)

1 [32件] ありましたっけ, あれば, おる, お手ふき, こうあろう, その中, その競争, なにも, はっきりしない, ひつそりした, ほとんど同時に, また光秀, また冷遇, まるで相手, もはや廃絶, やがて一局, 交じって, 人も, 今夜は, 休んで, 全くこれ, 出来たし, 区々で, 報国会も, 小宰相, 帝の, 役場も, 感動し, 教学局にまで, 正義党の, 目に, 終らないうち

▼ 局~ (22, 0.7%)

2 新聞社には

1 [20件] いろんな食料品店, お妻, また春渓尼, 交通機関や, 伊勢佐木警察署へ, 侍女達が, 保護監察所に, 区役所の, 厨房に, 叔父の, 女中の, 市の, 気散じな, 裁判所の, 警察の, 車掌達にとっても, 銀行の, 銀行も, 養育院創立の, 麦市場の

▼ 局という~ (21, 0.6%)

2 のが, ものが, ものを, 名が

1 [13件] ことに, すばらしい女房, ところから, ところで, どれも, のは, ような, 十畳ばかりの, 所は, 約束である, 綽名が, 表札と, 貼紙が

▼ 局~ (18, 0.5%)

2 は七目

1 [16件] が火蓋, であり第, ではなかつた, ではノッピキ, で名古屋市, になる, の対局, の彼, の碁, はさ, はたしか, は五目, は勝, は負けました, も難戦, を宗七

▼ 局でも~ (16, 0.5%)

1 [16件] いやいや小さい, これを, その受取証, アンテナに, 一ばんいそがしかっ, 之を, 余程大, 切明けを, 取れます, 名を, 噂を, 宇田川橋の, 机を, 気に, 私は, 絶対秘密に

▼ 局からの~ (15, 0.4%)

2 お知らせを, 通知で

1 [11件] 全波聴取の, 回答が, 封筒を, 御頼み, 書留郵便を, 給仕君の, 諮問に, 警報だ, 返事だ, 通知を, 通知状だ

▼ 局~ (15, 0.4%)

2

1 [13件] かで千日手, から大いに, から大人しく, か七局, か升田, そうだ, ということ, といっ, とかいうこと, とかいうもの, とか名乗っ, のと, よ

▼ 局より~ (14, 0.4%)

1 [14件] これを, して, 佐藤来り, 六日の, 十枚ばかりの, 受取, 戦線の, 放送される, 書留小包に, 本件の, 来る快感, 発布の, 話あり, 超音波

▼ 局さま~ (11, 0.3%)

2 のお 1 が口, が浜御遊, でございました, とは深更, と三位, は一瞬, は負けず, をどん底, を通して将軍家

▼ 局にも~ (10, 0.3%)

2 銀行にも 1 あるん, 勝機が, 幾度も, 忍ばず独り, 抵抗しない, 用が, 記載が, 都市警察庁へも

▼ 局廉子~ (9, 0.3%)

2 も小 1 がすぐ, が見えた, だけは泣き, など隠岐, のおもしろい, もこれ, も吉田定房

▼ 局といふ~ (8, 0.2%)

1 のは, のを, ものは, ものを, やうな, 公の, 名稱, 看板の

▼ 局との~ (8, 0.2%)

2 関係も 1 打ち合せも, 直通電話を, 連絡は, 間に, 間仕切に, 関係などを

▼ 局です~ (7, 0.2%)

2 って, よ 1 か, がね, ね

▼ 局において~ (7, 0.2%)

1 やっぱり実にいい, バルザックは, 世態の, 作者が, 刻せられまた, 確かな, 自分の

▼ 局へは~ (7, 0.2%)

1 ちと早い, ひどいとき, 二十四日の, 入ること, 度々出入, 廻れなかつた, 間違っても

▼ 局~ (7, 0.2%)

1 人ガソレニポンポント消, 信号ハ, 右ニ置タリ, 送信ヲシバラク中止セヨ, 送受信機ハ何処ヨリ手ニ入, 都合如何, 長官中御門宣明は

▼ 局~ (7, 0.2%)

2 の上 1 とは大阪, には隅, は洋紙, へ書いた, を書き始めた

▼ 局~ (7, 0.2%)

1 から姿, のあちらこちら, のうち, のまわり, の中, の周囲, を掩護物

▼ 局長官~ (7, 0.2%)

1 とを擁護, になつて, に就い, の堀切善次郎氏, の椅子, を経, を罷免

▼ 局~ (6, 0.2%)

1 とは新撰組, にて中田邦行, には學士, の働, の者, も右等

▼ 局~ (6, 0.2%)

2 宰相の 1 なる, に堪へざる, に對, 宰相

▼ 局次長~ (6, 0.2%)

1 とか部長, にもなんとも, の, のモーレット氏, は感慨, や顧問

▼ 局議院~ (6, 0.2%)

5 を主張 1 を主張せり

▼ 局~ (6, 0.2%)

3 が狭い 1 の狭い, を嘲る, 狭き宣教師的基督教思想

▼ 局たち~ (5, 0.1%)

1 が歌舞伎, のここ, は血の池, も思い出した, も連れ

▼ 局だの~ (5, 0.1%)

1 お茶々, 加賀の, 大政翼賛会だの, 大槲樹, 市の

▼ 局とも~ (5, 0.1%)

1 に勝った, よばれ再婚, 惨敗した, 申し御, 称され彼女

▼ 局なら~ (5, 0.1%)

2 僕が 1 ばすぐ, ば島々, 口が

▼ 局なる~ (5, 0.1%)

1 ものは, 一部門が, 女に, 女性が, 女性は

▼ 局によって~ (5, 0.1%)

1 人間は, 定期券を, 徹底的な, 考え出された悪辣, 起訴された

▼ 局へも~ (5, 0.1%)

1 お通い, 報告した, 発せられた, 都市警察庁にも, 都市警察庁へも

▼ 局~ (5, 0.1%)

2 廃シタリ 1 以テ文局ノ, 別チ武局, 廃シテ更ニ再建ヲ

▼ 局~ (5, 0.1%)

1 たりし, たるべきもの, たる政治界, たる繩墨, として人生

▼ 局~ (5, 0.1%)

1 と言, にし, には二字分, の二字分, の分

▼ 局~ (5, 0.1%)

1 が明白, が法水等, となす, には批評, は成立

▼ 局発行~ (5, 0.1%)

21 のパンフレット, の広報, の甲府図幅

▼ 局~ (4, 0.1%)

1 あるいはその, そういった役所, または小, もしくは特高課あたり

▼ 局からは~ (4, 0.1%)

1 あんまり遠く, 奥山検事が, 長戸検事の, 雁金検事の

▼ 局である~ (4, 0.1%)

1 か, から重大, が当時, ということ

▼ 局とは~ (4, 0.1%)

1 あわてて, やはり電纜, 政府軍と, 本質的に

▼ 局~ (4, 0.1%)

1 にある, のヤマニ・バー, の国民, の惣三居士

▼ 局~ (4, 0.1%)

1 についてこれ, の不平, の出血, をうかがう

▼ 局~ (4, 0.1%)

1 で一カット, に群集列, の大納言殿御娘, の電柱

▼ 局~ (4, 0.1%)

1 たちまち一変, を養う, 已に弱く, 已に羸

▼ 局~ (4, 0.1%)

1 な匂い, に切端詰つて, に歪曲, に脱脂

▼ 局じゃ~ (3, 0.1%)

1 ありませんし, ございませんだ, 賭博罪で

▼ 局せる~ (3, 0.1%)

1 人類の, 狐疑善を, 發展を

▼ 局って~ (3, 0.1%)

1 いないの, とこへ, のが

▼ 局として~ (3, 0.1%)

1 ある, かねて, 図書課なる

▼ 局とやらに~ (3, 0.1%)

2 勤めた男 1 月給なにほど

▼ 局とを~ (3, 0.1%)

1 そのままに, 守って, 繰り返し尋ねた

▼ 局などの~ (3, 0.1%)

1 おかわいそう, チャチャと, 門を

▼ 局にあたる~ (3, 0.1%)

1 両者と, 人達が, 場合には

▼ 局に対する~ (3, 0.1%)

1 ことが, 不平を, 規定中には

▼ 局ハ当方~ (3, 0.1%)

3 ノ送信

▼ 局三角点~ (3, 0.1%)

2 のある 1 と小さい

▼ 局備付~ (3, 0.1%)

1 の埃, の墨汁, の非常

▼ 局及び~ (3, 0.1%)

1 諸種の, 豫審廷の, 雌伏時代

▼ 局~ (3, 0.1%)

1 亀御前三十三歳四番には, 側役八重それらの, 指導を

▼ 局思想部~ (3, 0.1%)

1 の掛札, の統制, の露骨

▼ 局~ (3, 0.1%)

1 じゃぞ, とかお姫様, には同じ

▼ 局~ (3, 0.1%)

1 だ, である, で來

▼ 局~ (3, 0.1%)

1 二, 二回世界大会の, 二課長たり

▼ 局~ (3, 0.1%)

1 から突如, に呼び声, の熱狂ぶり

▼ 局~ (3, 0.1%)

1 に不可解, の松林, の赤城神社

▼ 局阿野廉子~ (3, 0.1%)

1 と今日, の手, は仰せ

▼ 局あたり~ (2, 0.1%)

1 でやっ, をまわった

▼ 局あらそい~ (2, 0.1%)

1 というの, などの事件

▼ 局からも~ (2, 0.1%)

1 木村の, 都市警察庁からも

▼ 局この~ (2, 0.1%)

1 偉大な, 譜を

▼ 局され~ (2, 0.1%)

1 一年三ヵ月の, 一年三ヶ月の

▼ 局された~ (2, 0.1%)

1 のだった, 書類を

▼ 局その~ (2, 0.1%)

1 前が, 色彩及び

▼ 局そのもの~ (2, 0.1%)

1 がこれ, の末端

▼ 局それから~ (2, 0.1%)

1 中央の, 警視総監にまで

▼ 局たる~ (2, 0.1%)

1 調査立法考査局は, 責任を

▼ 局だって~ (2, 0.1%)

1 俺の, 日本の

▼ 局とが~ (2, 0.1%)

1 あったと, まだ霜枯れ

▼ 局としては~ (2, 0.1%)

1 そう云う, 儀式ばりすぎ

▼ 局~ (2, 0.1%)

1 のであった, んでしょう

▼ 局なども~ (2, 0.1%)

1 うしろへ, 置かれた

▼ 局にて~ (2, 0.1%)

1 使用中の, 聞きたるも

▼ 局にては~ (2, 0.1%)

1 審理及び, 該農民らは

▼ 局にまで~ (2, 0.1%)

1 昇格した, 昇格拡大される

▼ 局へでも~ (2, 0.1%)

1 出ませうよ, 引きこんで

▼ 局への~ (2, 0.1%)

1 手続や, 投書に

▼ 局ほど~ (2, 0.1%)

1 人手不足で, 碁を

▼ 局また~ (2, 0.1%)

1 まだ少しあどけな, 育児院などへ

▼ 局中手勢~ (2, 0.1%)

1 のもの, の者

▼ 局以外~ (2, 0.1%)

1 にない, に知らない

▼ 局全体~ (2, 0.1%)

1 に一種, の被害

▼ 局処徴験~ (2, 0.1%)

1 によって空間表象, の説

▼ 局勤務~ (2, 0.1%)

1 のため関東軍, の同僚

▼ 局図書課~ (2, 0.1%)

1 がジャーナリスト, へ事情

▼ 局~ (2, 0.1%)

2 のわく

▼ 局工場~ (2, 0.1%)

1 の構内, の電機修繕工

▼ 局役人~ (2, 0.1%)

1 の出張, をし

▼ 局御所~ (2, 0.1%)

1 へ姿, へ来

▼ 局~ (2, 0.1%)

1 に敢えて, に集める

▼ 局所在地~ (2, 0.1%)

2 から八里

▼ 局政岡~ (2, 0.1%)

1 とは三沢初子, をこの

▼ 局時代~ (2, 0.1%)

1 であって, には権

▼ 局検事局~ (2, 0.1%)

1 から未決監, から監獄

▼ 局構内~ (2, 0.1%)

1 とひと所, の奥まつ

▼ 局留置~ (2, 0.1%)

1 といつも, の郵便物

▼ 局私書函~ (2, 0.1%)

1 である, になっ

▼ 局~ (2, 0.1%)

1 に出頭, に勤務

▼ 局編成~ (2, 0.1%)

2 の任

▼ 局編輯~ (2, 0.1%)

1 である, であるという

▼ 局~ (2, 0.1%)

1 との間, の施設

▼ 局腰元~ (2, 0.1%)

1 お女中, お女中たち

▼ 局~ (2, 0.1%)

1 の, の運動

▼ 局~ (2, 0.1%)

1 になった, に転じ

▼ 局長官神鞭知常~ (2, 0.1%)

1 が辞職, を委員長

▼ 局類似~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 局風俗~ (2, 0.1%)

1 に飽, に飽き飽きした

▼ 局駐在所登記所~ (2, 0.1%)

2 も近頃

▼1* [319件]

あてに次, 局あて電送したの, 局あらゆる新聞社の, 局あり巡査駐在所あり, 局あるひは, 局あるいはまたお旗本, 局いずれも三十歳前後, 局いっぱいにはりわたした, 局腰元たちの, 局かて他人の, 局かなんかで特攻隊の, 局かに属するん, 局ぐらい自由の, 局さまがたを早々, 局さま附の権威, 局て下さい, 局しない全体的な, 局じゃったとけえ, 局じゅうに流れ漂うた, 局するという知らせ, 局ずつそれから両氏, 局せしむるものに過ぎない, 局その他へ秘か, 局その他人民を抑圧, 局その他政府諸官庁, 局それをぶじ, 局それ等の門, 局だけが活躍を, 局だけで切上げようと, 局だけを多く枕侍, 局だったのである, 局だろうがあたし, 局ったことで, 局であった間口二間に, 局でありそういう縁故, 局であろうか, 局でございましたが, 局でさえも昭和十八年以降は, 局で切上げようと努力, 局といつても事務員, 局とか一口に, 局とかいう肩書で, 局とかへ転任にな, 局としても余りに美しく, 局とても最大の, 局とでも呼びさうな, 局とに釈明を, 局ないしは課で, 局なぞ指折り数える, 局などなぐさめても, 局などが到る所, 局などで速達便を, 局などと言われる狭い短い, 局などに活動し, 局などに対して私どもは, 局などを脅かして, 局なにがしの姫君, 局なんの女房, 局なんかじゃないん, 局なんどを亀鑑, 局においては從來若し, 局における事務という, 局にかけつくるにか, 局にだけ許されて, 局について取調べさせた処, 局にでも預けた方, 局にとっても基本的な, 局になつてからは, 局にのみその夕, 局に対してゐる国民, 局に当たり意志を, 局に際しガソリン節約の, 局のしかしらないけれども, 局のやふきの, 局はよかつた, 局ばかり調べて, 局ひとりではならぬ, 局へだけは手配を, 局へまで拙い俳句, 局までも為に, 局むつらの御方, 局やの前を, 局やられてしまつたの, 局やろうか, 局白いからね, 局よりの墓地の, 局よりは新進明察の, 局られて通透, 局らんやです, 局ショクタク保護監察所のエライヒト, 局ト呼ブ者ノ若, 局ニ驚クベキ報道ヲセムトス, 局ハリ紙して, 局ハ予ノ報道, 局ハ左ノ事実, 局ハ引続キ当方ノ送信, 局ピンカトン・エイジェンシィの巴里特置員, 局ヨリ被告人妻ユリニ対シ右罰金ノ納付方請求有, 局最も重大, 局下局を設け, 局中之島公園一帯は先ず, 局中病人多く僅, 局主催の義務戯, 局予審廷公判廷と言葉, 局二千局を圍, 局二局とツイ夢中, 局二百円ということ, 局云々の考えかた, 局五局と差, 局五百部にきめた, 局付85713記す, 局以来の一大方針, 局れの, 局侍女など奥, 局促せずして人々自由, 局促たるを嘲る, 局倉知伊右衛門さんの有, 局は之, 局附けの, 局元帳に付落, 局全焼せりという, 局八つの研究所, 局処的な一理論, 局処的真理のもつ, 局出張にし, 局出張所の役人, 局出版の, 局出版会という役所, 局出願課窓口へ持参, 局刊行の, 局判事と侍講, 局加入規約の何十分の一, 局加賀の局, 局勝敗がついた, 局にし, 局占領が筋書どおり, 局印紙御貼用済, 局即ち人類の, 局又は一電鉄会社一乗合自動車会社に, 局受け付けになつ, 局御玄関, 局各課の高等官, 局だと, 局として辛抱, 局嘱託浅見厚太郎博士の邸, 局回答の全文, 局囲もうかね一年ぶり, 局囲んだ後を, 局圍んでも, 局の塀, 局声帯模写を一月八日, 局外務省その他の役所, 局深く, 局奪還はもう, 局女房曹司の室, 局女郎なぞとてまえ, 局女郎茗荷屋若鶴のあの, 局官舎といふか同氏, 局によこしました, 局宛のが彼女, 局宛書留で出した, 局対局した, 局対手に損害賠償, 局射している, 局小さな銀行出張所そうした, 局小使の吉見これ, 局局長であった, 局まで罷り出, 局崩れると, 局工塲と約し, 局の角, 局常葉の君, 局年報に論述, 局幾百局を圍む, 局床屋農具店種物屋文具店などが二, 局店ハ曰ク三福長屋曰ク恵比寿長屋等各三四戸アリ, 局康頼の出家, 局当局は争議団, 局の検討, 局必ず方正なる, 局憲兵のため, 局或いは予審廷で, 局或は豫審廷で, 局手合せしたの, 局打とうと春久, 局扱いになっ, 局技手でありました, 局技術部の笹木光吉, 局控室で例, 局推薦なんて肩書, 局提供のおいなりさん, 局放送局より放送, 局教えてつかわそう, 局教習所の古い, 局文化統制は講談社, 局文芸課長久保田万太郎氏からラヂオ放送用, 局新設のこと, 局方面のトムソン, 局明らかに脅迫, 局書記になろう, 局木曾出張所から却下, 局にこまり, 局東京府庁電信局等に勤務, 局案國立劇場設立地は丸の内, 局検閲課の役人, 局楽手稽古被仰, 局様あなたにもご, 局様実弟にあたる谷中住居, 局様殿方禁断の庭, 局気付でジーナ, 局水産局等に出頭, 局江戸橋際の駅逓局, 局決戦戦争を不可能, 局あり行筆本, 局浅岡や, 局海外放送に対する御, 局消印で, 局を押さへ, 局湯屋寄席活動写真館玉の井稲荷の如き, 局んでから返事, 局熱海弘雄検事は甲府予審判事平林書記, 局特別区域外で一町十八円, 局独特の深夜, 局にて理性, 局に盗賊, 局町会事務所食糧営団いたるところ, 局の郵便物, 局留おきで送る, 局発現象であって, 局発表と称する, 局百合殿の小, 局的本質にしかのみこまない, 局的見地に立った, 局の圖, 局目モミヂの対局, 局直属の八つ, 局直轄の三等灯台, 局矢田平が久次の身, 局を観戦, 局は観戦記, 局突鼻に及ぶ, 局管内ならスキー割引, 局管船局各課の高等官, 局給仕を拜命, 局の局, 局総裁の位置, 局編集部の諸兄十数氏, 局聳えたつ丸ノ内ビルディングその他の, 局聴取者約一千万, 局聴衆七十万記念の会, 局育児園等に贈呈, 局腰元たちはこと, 局自動車だらけだ, 局自身が倉庫, 局舎内には警備司令部, 局舎守備隊も苦戦, 局舎目懸けて, 局花山院右大臣家の青侍江内, 局荒物屋味噌醤油酒を売る, 局蒐集の, 局蒐集官たちは決っ, 局薩摩に擬す, 局薬局よろづ屋, 局のほか, 局の代, 局の行嚢, 局行きは家人, 局裁判所を出た, 局補任課に奉職, 局襲撃の第, 局襲撃隊の指導者, 局要員にとっては汚な, 局見たいなところへ, 局設色相共に単純, 局の長, 局課長のよう, 局課長会議に於, 局調査によれ, 局調査局及び八つ, 局調査局長の名, 局諸氏と忠実, 局出しの, 局購買組合などの建物, 局の露店街, 局身後の不名誉, 局農務省商務省国家動力委員会のそれぞれ, 局農村部長の職, 局まで行っ, 局送りになる, 局通いをした, 局通信事務員河口鉄工場職工東京地方裁判所雇その他二三を転々, 局通過の報, 局のお, 局の生活, 局部品部へ進ん, 局配下の役人, 局重役も船ニ乗組, 局量狭隘の徒, 局金蔵等に忍入り, 局鈴木庫吉中佐殿その他があります, 局鉱山局水産局等に出頭, 局鋳造所の吹所, 局長南挺三の名, 局長官ドクタア・ベーカアが私, 局長松本学と林房雄, 局長熊城卓吉が肥躯, 局長田中耕太郎は教育勅語, 局にし, 局の絶え間, 局関係者の活動, 局関係者内務省関係者の協力, 局関係者警視庁特高関係のもの, 局雄大なること, 局集配人として勤務中, 局電信配達だまりあり赤い, 局顧問と働き続けた, 局風景でした, 局高倉典侍現岩倉侯爵, 局23XSYの技師