青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「夫婦~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

太郎~ ~太陽 太陽~ 太鼓~ ~夫 夫~ ~夫人 夫人~ 夫妻~ ~夫婦
夫婦~
失~ ~失う 失う~ ~失っ 失っ~ ~失った 失った~ ~失敗 失敗~ ~失望

「夫婦~」 10645, 102ppm, 1061位

▼ 夫婦~ (2191, 20.6%)

90 間に 30 間には 29 ように 26 間の 22 ような 18 あいだに 15 者は 13 関係を 12 ために, 生活を, 間で 11 家に, 間は 10 生活の 9 ことを, 上に, 中に, 外に, 顔を 8 交り, 仲の, 仲も, 寝室に, 関係は 7 あいだの, 仲が, 愛は, 部屋の, 間も 6 あいだには, 前で, 家の, 寝室の, 者が, 者に, 者を, 道を, 間を

5 [20件] ところへ, ほかに, ものは, 仲は, 前に, 口から, 外には, 姿を, 寝て, 心の, 心を, 情で, 手で, 方へ, 生活が, 者の, 部屋を, 間が, 間では, 間でも

4 [13件] 仲で, 仲に, 仲を, 前へ, 契りを, 姿は, 情を, 愛の, 生活に, 耳にも, 話に, 話は, 部屋と

3 [38件] ことや, ための, ほうへ, ほかには, ものが, ものに, やうな, 一方が, 中で, 中も, 声を, 寝間へ, 居間に, 居間の, 心が, 情愛が, 情愛は, 愛が, 愛情に, 愛情の, 手に, 方で, 死を, 生活という, 生活は, 眼に, 約束を, 縁を, 者も, 自由に, 話を, 身の上を, 間にも, 間柄でも, 関係と, 関係に, 関係や, 驚きは

2 [148件] あいだでも, あとを, くもは, ことは, すがた, ためには, つながりは, ところに, ところへも, なかに, ものの, ものを, やうに, ようで, ゐる部屋, 上を, 不和と, 不和の, 不和や, 世話に, 中でも, 中には, 中の, 事は, 事を, 二人が, 他には, 仲には, 会話を, 住んで, 住家らしい, 住居に, 住居を, 倫を, 倫理に, 傍に, 写真を, 出て, 分身であり, 前でも, 前を, 口を, 古墳なりと, 同意を, 名の, 向うに, 君は, 味も, 命を, 喧嘩は, 固めを, 塚此地に, 声に, 外は, 契を, 契約を, 女の, 姿が, 姿に, 娘お, 娘の, 実生活に, 家が, 家だ, 家は, 寝所に, 寝間の, 対面も, 小歴史, 居間へ, 幸福の, 幸福は, 幸福を, 形を, 御機嫌, 徳に, 心に, 心は, 心持の, 忘れ形見だ, 忠義に, 思いやりも, 恋愛も, 情が, 情だ, 情という, 情は, 惨死の, 愛という, 愛を, 愛情と, 所へ, 探検家が, 新婚の, 旅人が, 未来を, 来て, 様子を, 歎き, 気持は, 活計は, 為に, 珍らしい, 現在の, 生活や, 生活費と, 生涯の, 眼は, 眼を, 着類を, 秘密を, 紹介で, 経歴を, 結合は, 縁と, 縁は, 縁も, 者には, 者より, 耳へ, 育てた蜜柑, 胸を, 腹の中なんぞは, 自分の, 蜘蛛は, 行事が, 衣類を, 語らいが, 語らいを, 説明で, 路用に, 身の, 身は, 身を, 遊山舟も, 部屋が, 部屋だ, 部屋だけ, 部屋といふ, 部屋は, 部屋へ, 金遣い近来メッキリ荒く, 門辺は, 間へ, 間柄は, 間柄を, 顔に, 顔は

1 [1144件 抜粋] あいだだけで, あいだなどではね, あた, あたま, あつかましさ, いいますには, いずれにも, いやがるよう, いる四階, うたう, うちの, おいでなさる, おとづれ人の, お仲, お供を, お志, お方も, お相伴, お約束, お話の, お迎えを, かための, かたらいを, くせに, くるまって, こういった, こせついた生きかた, ことだ, ことです, ことばに, この頃, こんどの, ごたごたそのもの, ごとくならんこと, ごとく安穏, ごとく荏苒, ご機嫌奉伺, しうち, すすめたこと, そうした気持ち, それではなかっ, たのしみで, ためと, ちぎりまでは, ところでしょう, と前, なかには, はからいに, ひきあわせで, ひどく狼狽, ほうは, まれびとの, むすめ, むつまじく語れる, もとで, ものだ, ものと, やうじや, やさしい心, やる事, ようこちらが, ようすの, ようだ, ようね, よしにて, オナラとは, スケッチなどが, テーブルに, レミヤの, 一夜宿つた部屋には, 一家族が, 一方の, 一日も, 一生の, 一組に, 一軒屋へ, 三人と, 上にまで, 不憫を, 両方に, 中は, 中を, 中自, 主催で, 九十九パーセントまでが, 予期に, 事でいらっしゃいます, 事なるべし, 事より, 二つの, 二人の, 云い合いが, 云って, 亜米利加人は, 亡きあと, 交しあうオナラ, 人の, 人柄な, 人物も, 今日までの, 介抱で, 仲がい, 仲でしか, 仲という, 仲とて, 仲怒られ, 会計は, 住む本所相生町, 住めない小さい, 住居が, 何れに, 作品は, 來り, 侘び住居だ, 侠気で, 信頼を, 倫紊れずし, 側で, 側を, 傍で, 儀は, 儲けは, 共住, 共同責任が, 内幕が, 内職の, 写真の, 処に, 処置について, 出される婦人雑誌, 出世の, 別に, 別れ話の, 別居を, 制が, 前では, 前借を, 勞苦を, 厄介に, 厚顔し, 反りが, 受けた衝動, 口まで, 口書などにより, 古いロマンス, 右近と, 同情ある執, 同棲し, 名は, 名前が, 名前と, 君なれ, 呼び声に, 和服姿が, 唄う, 善良さも, 喜び云ばかり, 喧嘩からは, 営んで, 嘆きを, 噂なぞを, 噂を, 地位教養の, 坐って, 基隆別れ, 場合ほど, 塚に, 境遇を, 墓よりも, 変死について, 外を, 外石川鐵雄君夫婦千葉夫人眞山西田両君及び, 大倫, 天下と, 失望は, 契り, 契約ある, 好意も, 如き至親, 如く彼等, 如く書信, 如く荏苒, 姪と, 姿で, 姿も, 娘に, 媒妁で, 媒酌で, 子です, 子供だ, 子供好きという, 存在に, 孝志を, 宅へ, 安悪党振り, 宝な, 実子でない, 客も, 室から, 室に, 家, 家な, 家や, 家具家財や, 家庭は, 寄合世帯で, 寐間は, 寝台の, 寝姿, 寝室と, 寝室は, 寝室を, 寝床に, 寝床を, 寝間から, 寢室に, 寢部屋へ, 寵愛淺らず, 対位法風の, 対照を, 対話は, 小さな家, 小住宅, 小遣いは, 居るモントリシヤ, 居室に, 居間で, 居間は, 巣です, 席の, 帰った後, 帰朝を, 常識を, 平生の, 年齢が, 幸福か, 幸福な, 店の, 形は, 影ようやく, 彼處に, 後年を, 御縁, 御間柄, 徳義ある, 心がけが, 心冷なる, 心持です, 心配さうな, 思惑などは, 急激な, 性格の, 性的な, 怨みの, 恨みや, 悦の, 悪口などを, 悲しい身の上ばなし, 悲嘆にも, 情について, 情合だ, 情味などが, 情愛という, 情愛について, 情熱を, 惨死に対する, 意見の, 愚痴も, 愛から, 愛だ, 愛とかいふ, 愛など, 愛や, 愛同性の, 愛情という, 愛情は, 愛情や, 愛惜が, 感じは, 感慨であった, 態度は, 成れの果ての, 我と醫師, 所を, 所行を, 手には, 手もとで, 手前決して, 手前着飾, 扱いと, 折檻に, 披露を, 招きで, 持ち物でも, 挨拶である, 揃った姿, 新婚当座の, 方が, 方でした, 方を, 旅費の, 旧知である, 時代と, 暗い激情, 暮して, 暮しぶりは, 暮し方が, 暮らしを, 曲藝師で, 最初より, 有樣, 望みと, 木が, 本多さんに, 本来の, 棲居で, 様に, 様子などは, 横死以来鬱積し, 機を, 歓びは, 正直な, 歴史は, 死と, 死も, 死後は, 死骸を, 殺されし事, 殺されの, 気に入るに, 気ま, 気持が, 氣が, 決心は, 泊って, 洋裝太鼓や, 浜町の, 深い親和, 滞在日数は, 演出を, 炬燵に, 無言といふ, 爪牙から, 物堅い気楽そう, 物語にも, 状態が, 狂態が, 生きかた, 生死も, 生活でも, 生活として, 生活にも, 生活感情の, 生活費の, 甥に, 田舎の, 留守へ, 異産, 病は, 痴態が, 盃には, 盛大な, 監督の, 相談そんな, 相談は, 相談相手は, 真の, 眼には, 着たる三布蒲團一ツ, 睦じいところを, 睦みいまだ, 瞳には, 短艇旅行は, 石像雪峰チーセの, 礼を, 礼言葉や, 神が, 秘密室や, 突然の, 籍は, 約を, 約束に, 終るよう, 経済的労働の, 結合にも, 結婚する, 結婚披露会当日, 縁が, 繋りを, 缺席は, 美しさ, 習慣であったろう, 考えかたつとめ, 考えは, 者へ, 者共は, 者古郷を, 者外に, 者惡漢に, 者最早, 者此兩人は, 者然, 者見えぬ, 者道中は, 耳へも, 肉交も, 肖像を, 胸には, 自動車に, 興味の, 船客だけは, 色香を, 苦しい心持, 苦勞が, 苦心の, 葬式が, 虚空蔵, 血族を, 衆は, 行くところ, 行事を, 衣服を, 裳裾に, 見て, 見立てなら, 親切のて, 親愛な, 親類という, 言うこと, 言争いが, 言葉だ, 言葉も, 計画を, 評判は, 話し合いで, 話の, 話題は, 誓を, 語らいという, 語らひをば, 語數も, 論争に, 豚吉と, 財産制を, 貧しい生活, 貰いが, 資格が, 質朴なる, 贅沢や, 趣味が, 路頭に, 身なりは, 身の上をぞ, 身元を, 農衣姿の, 近づくの, 進化という, 道だが, 道の, 道よ, 道始め, 部屋か, 部屋それから, 部屋らしく, 重んずべきは, 鎹と, 間から, 間だけの, 間だって, 間とは, 間なれ, 間より, 間嫁姑の, 間柄と, 間相, 関係および, 関係では, 関係などは, 閨房の, 關係に, 階下の, 離別に, 離合集散や, 非人の, 面に, 頑固な, 額を, 顔から, 願望を, 食い残したもの, 食卓の, 食麦三斛六斗米一斛余を, 養女格と, 餘り, 馴れ合いが, 驚愕, 體最憐然に, 鬼あり, 鬼であった, 鼻の

▼ 夫婦~ (1556, 14.6%)

11 顔を 9 それを 8 私の 6 自分の 5 こんな言葉, 喜んで 4 すぐに, 是を, 無事に, 相談し, 額を

3 [14件] いと寂し, それから後, それで, 一緒に, 二世と, 二人の, 二階の, 息子を, 日の, 最初の, 眼を, 自分たちの, 途方に, 非常に

2 [102件] あわてて, いずれも, いっぱししょうばい人, おた, この二人, この椅子一つ, この町, これでなく, これよりも, こんな話, こんな風, そこに, その夜, その日, その晩, それぎり話を, そんな事, ついに香具師, どうした, どちらも, どんなに吃驚, ひそかに, まだ生き, めいめい大きな, よろこんで, わが子の, わが時間, わたしと, ホツと, 一心同体だ, 一心同体や, 一面に, 世の中の, 予に, 二世, 二世切つても, 五日に, 今日まで, 介抱す, 仲も, 何かに, 何の, 何を, 例の, 僕の, 再び表, 十日間程も, 博奕で, 吃驚し, 声を, 夜の目も, 大に, 夫婦だ, 女の, 娘に, 子供の, 子供を, 安之助の, 安心した, 家の, 愈, 或る, 手で, 政見を, 明らさまに, 最近の, 東京に, 東京の, 歎き, 母を, 毎夜同じ, 毎日同家に, 毎朝露, 気持ちよく風呂, 涙を, 火鉢に, 熱心に, 猫を, 目を, 相模の, 相談の, 真赤に, 罪を, 美津子から, 翌る, 老人の, 聞て, 膝を, 膳を, 自分達より, 若夫婦, 若旦那と, 萩原様の, 言って, 許宣の, 走り寄り, 隠居し, 青森に, 頻に, 顏を, 馬の, 黙って

1 [1246件 抜粋] あいだを, あきらめたの, あなたを, あらへん, ある日近ごろ, あんたの, いかが, いかにもいぶかしき, いくらかの, いたく心から歓迎, いつしか二つがい, いつの間にか別々, いつもキレイ, いつも茶の間, いは, いよいよ顔, いわば弱点, うまくゆく, おしりに, おどろいた, おれの, お互に, お母さんが, かじかんだ手, かの女, かわいそうだ, こういうもの, こうしたぎん, ここに, こっちに, この一日, この上ない上々機嫌, この可憐, この商売, この有様, この火, この話, この近く, この食堂, これに, こんな冗談, ごくお, さう相談, さながら野中, さらに作男, さんざんの, しきりにこの, しっかり抱き合っ, しばらくその, しびれたよう, すぐ召捕りました, すぐ解る, そうした悩み, そこから, そこまで, そちの, そのお, そのなか, その前, その動物, その孫たち, その小さな女の子, その時, その様, その温泉, その調子, その間ひと言も, それこそ, それぞれ自分の, それどころで無く, それまでは, そんなふうに別々, た, たいへん貧乏, たしかにその, ただこの, ただの, ただ抱き合っ, たった二日, だまって, だんだん年, ちひさ, ちょうど生れた, ついに見つけた, つぎつぎに, できるかぎり, とかくに, ともかくもと, どういう身分, どうしてゐる, どうも機転, どこだ, どこまで, どの間, どんな人間, なかへ, なにひとつゆっくり, なんといっ, のんびりし, はたと立ち, ひざまずいて, ひっそりと, ひどく不思議, ひる間女中, ふたりいっしょに, ほとほと途方, ほんとうは, まさか私, まず妹, また閑, まだ之, まだ死にたくない, まだ見えなかった, まったく狐, まるで他人, みだりに敵, むしろお互い, めっきり体, もうその, もう乞食, もう今, もう少し彼等, もう朝, もともと一文無し, もと箱崎町に, やがて家, やはりモントルイュ・スュール・メール, よく似た, よんどころなく店, わかれわかれだ, わたくしを, イエスに, エリザベス王女と, カナダから, クマを, シャンパンの, ズン, ナニ, ノロ公にたいして, プラットフォムへと, 一体だ, 一室を, 一度帰っ, 一応それ, 一方の, 一日も, 一溜りも, 一知が, 一身を, 丁度生れた, 三世という, 三十九歳で, 三越の, 下宿人に対して, 不思議に, 世上に, 世間の, 両者相愛の, 中野駅の, 久しく内縁, 之でなく, 予を, 二つだ, 二世だ, 二世の, 二人ある, 二人で, 二人共死に, 二日目の, 二階で, 云った, 互いに相手, 互にちよ, 互に子供, 互に笑, 互に言っ, 互ひ, 亞鉛張の, 亭主の, 人間の, 今まで, 今年二つに, 今日迄, 今更困っ, 仕合わせに, 仕立屋で, 他家から, 以前私の, 仰天し, 似たやう, 佐佐木茂索氏夫妻である, 何かもの, 何やかやの, 何事も, 何処からとも, 何時までも, 余りお, 來方行末を, 依然として農事, 修道院で, 偕に, 偶さかしか, 僕に, 元来親類間, 先ずその, 入口へと, 全く助かる, 全く禽獣, 其処へ, 内から, 円満に, 再び涙, 出立の, 切支丹屋敷内から, 初めて小, 初見, 別としても, 別に誠吉, 別れずに, 別れ別れに, 別居する, 前から, 前年末山手通りの, 勘次の, 勿論店, 十分に, 十分程, 十時に, 十月程, 半年ばかり, 卓の, 即時に, 厚意を以て, 去年と, 又なき, 又我床頭, 又閑, 叔父の, 口を, 古風な, 叫びました, 各々その, 各自の, 同乗し, 同庚, 名も, 名殘, 否, 味噌を, 和田英作山下新太郎新居格梅原龍三郎中川紀元堀口大学の, 唐紙一つ向こうの, 唖の, 喰い逃げ, 四十三齢と, 土地性に, 城中から, 声に, 変な, 夜の, 夜中燈火を, 大いに驚き偖, 大の, 大声を, 大層仲, 大阪の, 天守の, 夫とも, 夫婦で, 奇妙な, 奥で, 奧に, 女房お, 好人物である, 妹の, 娘の, 嫁の, 子供を通じて, 子供等と, 孫に, 宅に, 宜者, 実に美しく, 家が, 家財道具万端好い, 宿を, 富士見の, 寛一君の, 寝そべり子供, 寝床に, 寢物語に, 小さい子供, 小伝馬船, 山の, 山口県で, 工場が, 左団扇の, 師走の, 帰りそう, 常公, 平作の, 幸福だ, 幸福の, 幾度も, 店住ひとなり, 座敷の, 式後愛情真に, 引越の, 当時女中一人も, 彼に, 彼女に, 後藤半四郎を, 御世話, 御祭中田舎の, 心から笑い合った, 心配した, 忙しいに, 快く子供, 思はずらしく吹き出した, 思わず同時に顔, 思わず顔, 恋愛結婚の, 悔んで, 悦びつ, 悪い癖, 悲惨なる, 想像し, 愚に, 愛し合って, 感謝こそ, 憤慨し, 成るたけ人, 戦争中先住者が, 戰慄出し恐れ入, 手荷物を, 抑や, 押頂い, 持ちつけない品, 揃って, 放して, 数十匹の, 新に, 新婚旅行という, 旅の, 既に分封, 既に郷家, 日曜には, 旦那様の, 早く結婚, 早朝より, 早速對面, 明け方まで, 春琴の, 昨日この, 晝夜つき切りに, 晩飯を, 暖炉に, 暫くそんな, 暮から, 更に幽界, 最初から, 最早旅費, 有難き旨, 朝夕涙に, 木曾福島を, 未だ汽車, 本当に権現様, 本當, 村尾さんから, 来世でも, 東京を, 林町に, 極めて冷やか, 極端に, 次第に老い, 止むを, 此年の, 此旅行の, 此茶屋にて, 歩くこと, 死ぬる相談, 殆ん, 残念に, 毫もこれ, 気ちがいの, 永くなる, 永井君の, 汽車へは, 沢山あ, 泥棒です, 海兵の, 淋しげ, 渋谷の, 漸く五十, 潜りの, 無事帰宅する, 無理矢理に, 燈つけんとも, 特に親近, 珍しと, 生れながらの, 甲州路より, 男女同権では, 番頭の, 疾くに, 痛くも, 白洲をも, 百方人を, 皮肉にも, 相当の, 相方共に, 眞の, 真面目な, 眠りに, 睦じ, 知りぬいて, 確乎と, 祖父の, 神さまの, 神田の, 私達に, 種々骨を, 突然自首, 立派に, 笑いそれ, 笑つてゐる, 糸巻きを, 細君にも, 終日渋江の, 結婚の, 結局三女竹子さんの, 総ての, 罹災の, 美しかった, 義兄の, 老人と, 老人夫婦の, 考えたん, 聖観音の, 聲を, 胸が, 胸を, 膝摺寄如何なる, 自分たちが, 自分等の, 自分達の, 舅姑の, 船頭を, 花道を, 若い娘, 苦しめ合, 苦笑し, 茶を, 荏原の, 萩原新三郎様の, 葬式が, 處刑され, 虚脱した, 血眼に, 行けない, 裏二階に, 見舞の, 親切ずくでし, 言ふも, 訳の, 話を, 諦めの, 豪気だ, 貧窮に, 贅沢を, 足に, 路次の, 軽微の, 農家の, 近い親類, 退った, 道珍和上に, 遠慮し, 鄙少女の, 酒の, 酔っ払った上, 金が, 銀の, 長いあいだ, 長くも, 長椅子に, 院長の, 隠宅の, 隱居致す, 電話で, 静かに, 静子などの, 面目を, 須賀川まで, 頻りと, 風呂屋へ, 食べて, 養子の, 驚いて, 驚歎した, 高柳君の

▼ 夫婦~ (1024, 9.6%)

95 なって 17 して 13 なること 11 なると 9 なったの, なつた, なるつもり, なるの 8 なった, なりたいと, なりました, なれば 7 なる, なる気, なろうと 6 なってから, 成って 5 しては, なるという 4 なったと, なったという, なっても, なつて, ならない前, なる筈, 取つて, 向って

3 [17件] すること, なったか, なったこと, なつたら, ならなければ, なりて, なるそう, なるって, なるよう, なるわけ, なる前, なる約束, なれるという, なれるよう, なろう, 子供が, 連れられて

2 [69件] お信さん, したの, しても, してやる, すぐ子供, すれば, たのんで, つれられて, とれば, なったが, なったよう, なった仲, なってからも, なっては, ならずに, ならないと, ならねば, ならはったそう, なられる訳, なりお, なりさえ, なりたい, なりてえど, なりましょう, なるため, なるだろう, なるもの, なる必要, なる者, なれ, なれないと, なれるの, なれるもの, なれるわけ, なろうじゃ, なろうの, まかせて, 丁稚ひとりを, 会釈し, 伴われて, 似て, 別れて, 向かって, 向ひ, 娘お, 娘一人を, 子が, 子供の, 安心させ, 對し, 息子が, 成ってから, 扶けられ, 死に別れ孫, 目くばせ, 礼を, 紹介された, 紹介されたぎり, 自分の, 致し主人, 見せると, 護られ駕籠, 逢って, 逢つた, 違ひない, 酒を, 関係が, 頼んで, 願ったの

1 [556件 抜粋] あきたらで, あずけました, あづくる, あらず, あり, いじめ殺されました, いぢめ, いって, おさせしたいよく, おそわれて, おなりお前さんの, おなりなさいまし, おなりなされれ, おなりなすっ, お前さんの, お成り, お浜夫婦, お礼を, お茶や, お貸し, お願い申したら, かかわる内輪, かこまれて, きいても, きこえるので, きまりました, くれて, こういう理窟, こき使われた, ことし七つの, このこと, この事, この通り印象, これつ, こんな誓い, こんな驚き, ささやいた, させて, させては, させようと, させん, した, したいねえ, したいよう, したところ, したほど, したらなおなお, したら好かろ, したら睦ましかろう此様, してからが, してやったと, してやったの, してやったん, してやりたいもの, してやるが, してやると, しろ, しろケンペル夫妻, しろ友, すすめられたから, すすめられて, すべきもの, すべし又, すまないと, するつもり, すると, するという, する積り, する筈, せんと, その世話, その事, その家, その由, それが, たいへん愛された, ちょっとした絵, つき合う感情, でくわしたこと, とつて, とりいりはじめた, どんなに持て余され, なされて, なすべしと, なったうえ, なったそもそも, なったって, なったとか, なったところが, なったとしても, なったなどと, なったもの, なったものの, なったらうんと, なったらよく, なったら一緒, なったら今, なったり, なったわけ, なった人, なった夢, なった女, なった奴, なった彼, なった方, なった経緯, なった許, なった間, なってからの, なってしも, なってるが, なってるじゃ, なつかないため, なつたであらう, なつてる, なにか事, なにか欠け, ならうと, ならうとして, ならずには, ならないじゃ, ならないん, ならない以前, ならなかったの, ならなきや, ならなくちゃ, ならなくては, ならなけりゃいけないと, ならぬ方, ならはったら直ぐに, ならる, なられずとも, なられたとある, なられたの, ならんと, なり, なりえたら幸福, なりえないこと, なりござったご, なりたいという, なりたいばっかりに, なりたいん, なりたい一心, なりたい言, なりたれば, なりてえか, なりてえと, なりてえなあ, なりましたらいちばん, なりまして, なりましてからは, なりましょうと, なりましょうよ, なります, なりんさい, なりゴーリキイ, なり一旦, なり二人, なり何, なり児, なり只今, なり右京次郎, なり四十年, なり小細工, なり平穏, なり当時, なり本所, なり東京, なり松田, なり死ぬまでを, なり私, なり自分, なり親子, なり近い, なり麹町六丁目, なるかも, なるからって, なるが, なるがよ, なるこれ, なるさ, なるぜ, なるだが, なるだらう, なるつてこと, なるとか, なるなどと, なるなれば, なるなんて, なるに, なるので, なるのに, なるべきところ, なるほう, なるまえよりも, なるん, なる二人, なる以上, なる女, なる宿命, なる時帶, なる為, なる由, なる良人, なる資格, なれずお前様, なれずに, なれず世間, なれたこと, なれたとき, なれたり, なれた今日, なれた前生, なれって, なれと, なれとか, なれないそういう, なれないの, なれない身, なれなければ, なれめえな, なれり, なれる, なれるかも, なれるだろうと, なれると, なれるよ, なれるよろこびは, なろうか, なろうが, なろうという, なろうとは, なろうも, なろう今さら, ひき留められて, ほんの片, ぼくの, むざむざ機会, もしお, もつれられ客, やがてそんな, ゆつくり, よそから, わからないと, わかる筈, わびして, 三人の, 下男吉平を, 世話を, 事えさ, 事の, 云い付けられて, 五つと, 亡くなられたいま, 今は, 今後は, 今日の, 令嬢も, 仰せられては, 仲の, 仲人を, 任せきり, 任せきりでこの, 任せけるに, 任せ番頭忠八, 企図を, 会おうと, 会はせる, 何か, 何かと世話, 何であの, 何とも話さなかつた, 使はれ, 供するもの, 依頼し, 信服し, 假裝し, 兄紀久子が, 写真を, 冬住まわせる, 出し泡盛, 出ると, 出會, 出逢, 分れを, 別れた, 別れを, 別を, 加勢を, 勧められて, 区別あり, 取って, 口止めされ, 口止めを, 合せる顏, 合せる顔, 同情を, 名を, 向いましては, 向つて靈肉一致, 向ひも, 吹くも, 呉れたの, 告げた, 告げられないという, 告げ朝, 問掛られ, 善く懐い, 因るもの, 在る, 在るの, 執りまして, 報告し, 報告を, 増したる懽, 多大の, 夜遁げなんぞ, 大原中川の, 大学へ, 好奇心や, 妹も, 娘が, 娘ご, 娘一人あり, 嫉妬に, 子供づれで, 子供一人の, 子供三人家族に, 子供下女丁稚五人連れにて, 子供二人その, 子供二人の, 子福, 完全に, 導かれて, 小供二, 小児一人の, 小田ちゃんと, 少し気の毒, 就いて, 引き渡されました, 引取れ, 引合わされた, 従いて, 従うて, 御心配, 御礼を, 御辞儀, 復讐しなけれ, 徹夜を, 心許り, 心配を, 思い比べずには, 怨みの, 悔みを, 悪意が, 惡戯でも, 意中を, 意趣も, 愛せられて, 感謝する, 感謝せよ, 慊ぬ, 成しぞと, 成たるは, 成ったが, 成ったの, 成ってれば, 成つて百歳までも, 成つて遣る, 成べき所存, 成べしとの, 成ました故, 成らうと, 成らなけりゃア, 成りたいと, 成り此, 成ること, 成るこれ, 成るという, 成れと, 成れなかつたらはははははは, 成れなければ, 成れなんて, 成れまいかと, 成れる訳, 成叔母を, 成田山早く, 我々の, 手の, 打ち明けて, 打ち開けると, 打對, 招かれて, 持ちかけたらしいの, 挨拶し, 挨拶も, 接近させ, 接近し, 断られた者, 斯う, 旅行と, 旅装いを, 欺かれたよう, 歓待された, 武門の, 死ぬよりも, 残されました, 比べて, 比べますと, 比べる事, 気がねを, 気づかれたらどう, 気兼ねする, 決定的な, 法を, 澄子さんと, 申訳ない, 異様な, 発すと, 発する, 目を, 相なり, 相成し, 相成りまして, 相談し, 相違無之, 眼を, 知らせが, 知れないよう, 知れまして, 磨り臼, 私は, 科する, 稼ぎの, 籠絡され, 結婚後五十年たる, 縄を, 縋つて, 罪科を, 考えさせた, 育てられた, 育てられて, 臨む權利, 致さねば, 致さんと, 致し遣すべしと, 致ました, 若い車夫, 茶を, 葉書を, 虫が, 見えて, 見えますかしら, 見えるに, 見えるわ, 見せた, 見るよう, 見出しがたい, 見出し難い, 親切に, 訊き度, 許して, 詫びなければ, 詫を, 話しかけるにも, 話した, 話して, 話しわびしい, 話せば, 謙蔵お, 譲ってからは, 譲り渡して, 貸して, 跡を, 返つて, 述べた通り, 迷惑がられ, 送られて, 逢つていろ, 逢ひ, 逢ふ, 逢われる順路, 道を, 道楽半分教習所を, 違いあるまい, 違なかっ, 違なかつた, 邂逅った, 関係した, 関係の, 關する, 限って, 預けた女, 預けられて, 預けられるという, 頼みとにかく, 頼んだ, 頼んだの, 食べさせた, 飲み込ませて

▼ 夫婦~ (1017, 9.6%)

24 住んで 9 出て 5 来て, 東京へ 4 いた, 手を

3 [13件] あった, あつた, いるだけ, やって, 何か, 口を, 子供を, 寝て, 来た, 私の, 腕を, 蚊帳の, 這入って

2 [68件] あって, ありました, ある, いかにも品, いました, いるため, かうして, ここへ, この世に, この家, こんな風, つれだって, ならんで, ひとつひとつ南瓜の, 一人息子らしい, 一緒に, 下へ, 事に, 二人きりに, 二人共黒い, 二階に, 人から, 他の, 仲好く, 休んで, 住居し, 何と, 作家である, 内端, 写真を, 出来た, 出迎, 力を, 同衾する, 太鼓を, 奥から, 娘お, 嫌な, 家に, 帰って, 引受けて, 引越して, 彼の, 恋人に, 戸塚に, 暮して, 本式の, 様子を, 死骸の, 殺されたこと, 求めて, 火鉢を, 珈琲を, 百姓を, 目に, 立って, 置いて, 肥料を, 自分達の, 自然の, 草を, 見て, 訪ねて, 話を, 贔屓も, 連れて, 閨も, 離屋の

1 [791件 抜粋] あえて主命, あったり, あつまり一つお鍋, あの不快, あらかじめ想思, ありこれ, ありそれ, あり親子, あると, あるとき, あるん, あればこそ, あわてて, いい証拠, いかにも憫然, いちゃつくという, いっしょでござりました, いつも必ず一つ屋根, いつも気, いて, います, いますが, いらっしゃるって, いるうち, いると, いろいろに, いろいろ世話, おいて, おそくまで, おられるでしょう, おり, お互いに, お君, お媒人役, お附, お鮒, かわるがわる訪ね, きたという, きまってやってき, こ, こうしてお蚕ぐるみ, こちらの, こっちの, この原田雲井, この峰, この広い, この節, これから兄貴, こんなこと, こんな悪い, こんやも, ございます, ごろりと二人きり, すぐ鍋釜, すっかり内, せまい庭, そういう積極, そうおとなしく, そうして安心, そうだった, そこへ, その先祖, その声, その家, その巣, その後遊びに, その決心, それこそ, それを, そろって, そんな話, たいへん力, たからもの, たくさんあります, ついそこ, できよう, でき上がるであろうという, ときどき犬, とてもガンコ, とまりがけ, どうしてそんな, どこかへ, どこに, どこへか, どんな不幸, どんな仕事, なけなしの, のり気に, はいった, はじめてお, はじめてささやか, ぱっと床, ひそ, ひそひそと, ぼんやりし, また何, まだ生き, まだ食後, みんなそれぞれ違う, むつまじそう, もう一月, もとどおりの, やかましくいい争い, やってくる, やつて, ゆるやかに, よく外, よく昔, わかれるん, わたしを, ゐた, ゐる, ゐるから, エディンバラから, オナラを, タイタイ先生といふ, ダウウトの, テラピアに, デッキの, バスの, モデルな, ロシア, ヴェランダに, 一つが, 一つに, 一と, 一ト間だけ, 一九四五年の, 一人の, 一冊ずつ, 一台の, 一命を, 一家に, 一時離ればなれに, 一生同棲しなけれ, 一組いた, 一組出来上がっ, 一組私たちが, 一組私の, 一緒でなき, 一軒露地の, 一隅に, 三つの, 三組ほど, 下へも, 下手人でない, 不思議がっ, 世には, 世の中へ, 世話好きの, 世間知らずの, 両方から, 並んで, 中村屋を, 之を, 乗って, 二人, 二人その, 二人とも, 二匹今だに, 二匹未だに, 云うたの, 互いに口, 互に深く, 互の, 交る, 人に, 人力車に, 人相の, 今, 今になつてこ, 今日は, 今朝飯, 仏壇の, 他人の, 付添い品川大黒屋まで, 代って, 以前の, 仲よく今日, 仲よく暮らし, 仲よく走る, 仲人で, 仲良くする, 会した, 会ったり, 住みならした家屋, 住むこと自体, 住む左衛門町, 住む町, 佐野と, 何かの, 何の, 何万と, 何事も, 何故あれ, 來た, 保田へ, 俺の, 倅に, 借りてるよう, 倦かれし, 偶に, 僅少の, 僕の, 兄である, 先づ子供, 入って, 入つて, 共稼ぎを, 内職に, 冗談でなく, 出かけるの, 出たなら汝, 出來, 出来ましょう私, 出来るぞ, 出来上がるよ, 出来上ったわけ, 分れる事, 初々しい親, 別々に, 別れたり, 別室に, 別居すれ, 前の, 加った, 勧めて, 十六年前に, 千万組いる, 卓を, 印屋へ, 即ち父母, 参るはず, 反対の, 反目の, 口に, 只さえ, 可愛が, 司法主任や, 合乘也, 同年中に, 同船する, 君の, 呉れたの, 商売し, 喧嘩し, 喧嘩しつ, 四五人の, 四十を, 四月に, 坐わりました, 墓地の, 夏の, 外ならぬ, 外套を, 多くの, 大した法義者, 大切に, 大地に, 大家である, 大将に, 太子の, 太宰さんと, 夫婦でない, 奉公人に, 女中も, 妬ましくなった, 妻籠の, 娘の, 媒妁人に, 子供も, 存命し, 孫を, 安田が, 家の, 家庭の, 寝しずまってからも, 寝ぞ, 寢し, 寢て, 尋ねますから, 小林萬吾石井柏亭両君と, 小聲, 少女を, 居た, 居て, 居なくとも, 居るあばら屋, 山小屋の, 川越在で, 巨燵の, 差し向いに, 市場へ, 帰つて来る, 常に芝居, 平あやまり, 平均三人の, 幾組か, 広場の, 引取つた後は, 強いて, 強盗に, 彼に, 彼を, 後にその, 御尽力, 御心盡, 御親切, 心から御礼, 心尽しの, 心持の, 必ず子供, 忙が, 忙しく働い, 快活な, 快濶, 急ぐ, 急に, 恐ろしくおお, 悪い人, 悪者の, 悴の, 情けの, 惚れ込んで, 惡者の, 惨死した, 想像も, 愛して, 成り立つ, 手と, 折々の, 持て出た田畑財産, 揃いの, 散歩する, 散歩に, 新しい住居, 新婚旅行から, 新婚旅行にでも, 旅に, 旅の, 日曜日に, 明言し, 時おり崑, 有って, 有故に, 未来の, 末の, 朱の, 来かかった, 来たと, 来るから, 東京に, 林町に, 林町へ, 案内する, 棲んで, 椅子を, 正真正銘の, 此の, 死んだあと, 死亡した, 死亡の, 殆ど同時に空, 残して, 殺されたとは, 殺された時, 殺されて, 毎日供養し, 毎日米を, 気が付かないの, 気に, 気色のほどを, 河蒸汽や, 河越重頼の, 泊りがけで, 泣いて, 浜田氏の, 浪の, 涼んで, 漂, 激しい掴み合い, 火災後しばらく, 炬燵に, 無事に, 無性に, 無闇に, 熱心に, 父兄の, 牧塲に関する, 狂言自殺, 玄関へ, 珍らしく, 珠と, 現実に対して, 生きた馬, 生の, 生涯きわめて, 甲府へ, 畑の, 留守を, 番を, 異つた意見, 皺だらけにな, 相合傘で, 相向かっ, 相礼, 相談はじめ, 睦じ, 知って, 破綻せず, 祝いの, 私たちの, 秋の, 移つて来, 種々に, 竈を, 立ちよ, 立つて, 竝んで, 粋な, 糸を, 純粋の, 細い生活, 細やかに, 絞って, 続いた, 美々しく装うた, 老を, 腕車で, 腰を, 自ら望ん, 自分の, 自動車で, 自身達よりも, 良人の, 色々世話, 若返って, 苫屋を, 草鞋を, 荒物屋を, 行う行為, 行人を, 裏の, 要領を, 見えさえ, 見えて, 見舞と, 言立る, 記念としてばかり, 許して, 話し合って, 語りあって, 誰かに, 谷間へ, 豫め用意し, 贔負も, 起きて, 超特別, 足元も, 足投げだし, 踊の, 身に, 辞し去ってから, 近々に, 追善の, 逃げ込んだ, 逐いだされたり, 逗子に, 連れし七歳, 遅くなる, 道楽に, 遠くの, 部屋に, 部署の, 鄭重に, 金貸しか, 銀座へ, 門口へ, 間に, 間借を, 附添ひ, 離れ, 静かに, 非業な, 非業の, 面倒を, 頻りにそう云いだした, 額に, 顔を, 食えるだけの, 食って, 食事を, 食堂を, 飯を, 首を, 馬車の, 駆けつけた時, 駆けつけ十三日, 驚き, 高柳君と

▼ 夫婦~ (460, 4.3%)

12 一緒に 7 なって 5 いっしょに, 二人の 4 なった, 云うもの, 親子の 3 もう一人, 並んで, 番頭の, 私の, 若夫婦, 話を

2 [28件] いうよりも, その子供, つや子が, なった以上, なり姦淫, なるまで, なれば, ジユリエツトと, 一人の, 三人で, 云う約束, 云ふ, 何か, 同居し, 坂井とは, 女中が, 女中の, 妹とが, 嫁の, 子供に, 孫が, 小僧の, 手代宗次郎と, 新さんと, 末の, 見たか, 途づれに, 顔を

1 [345件] あまりいきき, あるは, いいながら, いうから, いうても, いうと, いうに, いうより, いえども, いえますかと, いえるかと, いきかよい, いっしょな, いって, いつしよ, いつ行っ, おたく, おなじ色, おまえとは, お喋り女を, お増, お妻, お思い, お雪と, ことし十三に, さらに一人, しつくり行かないところ, し或は, せがれの, そこの, そのため, その一子, その一族, その両親, その二人, その夜, その妹, その娘, その子供達, その孫, その幼い, その幼き, その息子, その義理, その若い, それから, たべて, つれ立つて, であったが, どこで, なせし上自分, なったお前達, なったわけ, なつて, ならんと, なりお, なりける又, なりすまして, なりそれ, なり交情, なり共, なり正当, なり結婚, なること, なると, なるもの, なる一夫一婦, なれそう, なればね, のんべ, はた, はたちばかりの, ひそひそと, ふたりの, またいつ, みえて, みのえ, オソノは, シネマを, タクボ・ツンバイ・チョェン・ジョェで, タクボ・ツンバイ・チョェン・ジョェも, ベン, ヤング氏とに, レムだけ, 一しょに, 一しよ, 一つに, 一所に, 一枝と, 一番番頭の, 一緒の, 一色と, 一軒の, 一間隔てた, 丈が, 三人がかりにて, 三人の, 三藏とが, 上の, 下女だけ, 下女一人僕一人の, 両方から, 両親が, 中川兄妹の, 中年の, 中年者の, 中間との, 主人夫婦家の, 乳呑兒と, 予らと, 二人ずつ, 二十分ほど, 云いたい主人夫婦, 云う, 云うものの, 云うよりも, 云う事, 云う感, 云う関係, 云っては, 云っても, 云つた風に, 云つてよい, 云ふも, 云われて, 五倫部の, 人や, 今夜ライシアム座に, 仮にも, 仮定し, 仲の, 会って, 会話を, 会釈を, 何し, 僕は, 元気な, 兄弟子とは, 公館で, 六歳に, 其ころ十六七に, 兼太郎に, 内々二人の, 別々な, 割下水の, 加代子夫婦の, 北川氏と, 十人あまりの, 十右衛門とが, 十四歳を, 博士との, 同じよう, 同じ室, 同じ運命, 同じ関係, 同乗させられた, 同伴する, 同居する, 同居せざる, 同棲する, 名づけたところ, 名乗って, 向ひ, 君と, 喧嘩でも, 囃子方で, 四人で, 固く誓うた, 夜明近くまで, 大きな息子, 夫婦づれの, 夫婦は, 女とで, 女の子の, 女中きりで, 女中二人を, 女房と, 妙子の, 妹娘と, 姑に, 姪とで, 姫君は, 娘とで, 娘とは, 娘とを, 娘の, 子の, 子供が, 子供と, 子供といふ, 子供との, 子供は, 子供三人で, 子供三人の, 子供四人が, 子供等一っ, 孝行藤六くらいの, 客とは, 客の, 室を, 家が, 家来とが, 小さな子供, 小僧との, 小林少年とが, 山内とは, 岡田は, 左右に, 左手の, 差しむかい, 差し向いに, 己とは, 幸子と, 弟親しい, 当人達も, 彼とは, 彼の, 彼等の, 後藤先生三人を, 御子息, 御隱居樣, 心やすく, 忰と, 思うでしょうね, 思しき二人, 恋とを, 成したり, 打ち解けて, 折紙を, 握手し, 擦れ違った, 新太郎君が, 新婚後間も, 新郎新婦が, 暫らく話した, 暮して, 末娘とを, 村人達の, 東京の, 東太母子の, 東西両, 楽屋連中だけと, 母親とは, 母親を, 気も, 河口夫婦との, 浅山夫婦とが, 浪人波多野虎記と, 満鉄公所, 為らねば, 為らば, 為りて, 父とが, 父親との, 片輪者達, 猿の, 玄正とが, 申しても, 申すほどの, 申立る, 男と, 男の子が, 留め置いて, 番頭と, 皇子とを, 相成し以來, 相成候それ, 相成申したくと, 私共これだけが, 私達が, 秋川駿三夫婦が, 称する男女関係, 竹造ならびに, 約束し, 約束を, 結婚し, 絵の具で, 羨まれて, 老婆が, 聞いて, 能, 自分が, 自分たち夫婦とが, 自分たち年寄との, 自分と, 自分との, 自分達とは, 花嫁と, 花嫁とに, 芸術は, 若い衆は, 茂子との, 草心尼母子の, 葉子と, 蓄えた女ども, 見えた, 見える, 見ゆる百姓二人, 見られた, 見られて, 見做, 見多く, 見立てたところ, 覚しき男女, 親類づきあいを, 親類や, 覺しき男女表をのみ, 言う字, 言ふ, 言ふも, 言わなければ, 話したり, 話してるん, 話しながら, 話す, 認めます, 談話し, 諍つた, 赤ん坊の, 赤坂ま, 赤阪の, 連の, 達者に, 金吾も, 鍛冶屋富五郎が, 鏡子は, 長三郎は, 長次の, 長次を, 門前通りの, 隆吉それに, 隆吉との, 隣り合ったとは, 雇い人の, 雇人丈けと, 青木医師, 面白くない, 鞠子さんを, 風呂番の, 養子の, 養子夫婦それに, 餓鬼ばかり, 駿介だけが, 鳥井青年とは, 鷹揚に

▼ 夫婦~ (423, 4.0%)

5 案内し, 殺して 4 呼びに 3 あとに, 前に, 殺したの, 殺したん, 相手に, 眺めて, 見て, 親として

2 [36件] あきらめよう, あらたに, おどろかして, かもに, ごらんなさい, して, つれこむ工夫, つれて, はじめ李将仕, 三年前の, 中心と, 信用した, 大井河原に, 始め一座, 害めた, 御存じです, 怨む者, 怨んで, 怨んでは, 成して, 拘引し, 招いて, 新橋の, 明日の, 殺したに, 殺した下手人, 殺せしは, 相手の, 真実の, 見せろ見せろ, 見に, 見舞に, 訪問しました, 説いて, 起さないやう, 顧みた

1 [313件] あくまで匿う, あわせて, あんなにお世話, いぢめ, おきたかった, おだてて, おつれ, おどかして, おまえの, お身, かこんだ一同, きめるの, こしら, この地, ごたごたと, ご両親, じつと, すぐさまこれ, せめほろぼされ生々, そこに, そのままに, その場, それとなく觀察, それほど早い, ちょいと, つかまへて, つくること, つないで, とめて, ともに葬った, とりかこんで, ながめて, なだめるため, なぶりもの, のせた騾馬車, のぞいては, はじめお, はじめ出揃っ, はじめ奉公人まで, はじめ娘の, ふくめ四世帯, ふやして, ふりかえった, まもるため, みた, みたらむたいなことは言, みて, みてると, みろいッ, むつましさ, よこして, よほど由緒, よんで, バスの, ミセス・ステッソンの, 下られ其後段々長庵, 世話を, 乗せた馬車馬, 乗せるの, 予想した, 互いに遠慮, 今さら気の毒, 代表する, 仲人に, 伴れ, 作るつもり, 併せて, 傍へ, 入れて, 共棲せし, 其家に, 冒涜した, 冥加し, 出して, 出迎, 切害せし, 切殺, 創造し, 力ずくで, 加えて, 助けた者, 助けて, 助ける者, 十歩の, 半々に, 南町奉行所へ, 南画的夫婦と, 危機から, 取り卷いて, 取り捲いて, 召捕て, 召捕家内, 召捕金子三十七兩, 右左に, 同伴する, 同居させ, 同道なし, 呪ふ, 呪詛する, 呼びたいと, 呼びぬ, 呼び出す相図, 呼び招きましたので, 呼び棄てに, 呼ぶ, 呼出され其の, 呼出され其方夫婦, 呼出し兩人, 呼出し越前守殿文藏, 呼起した, 喪へる, 嘲笑の, 圓山川へ, 圧迫する, 奧へ, 奴鳴りつけ, 始めお, 始めことし小学校, 始め娘, 始め子供等, 始め家中, 始め正太, 威嚇しいしい, 実によく現し, 実に大切, 実の, 実行する, 害せし者傳吉, 密かに, 小塚ガ原に, 屈服させた, 差別する, 平次は, 廃れものに, 引きとめましたり, 引張って, 引張つて, 引留めずには, 待ったの, 待受ける人達, 後に, 御助けなされ, 御召捕, 御存, 御目, 忘れ給, 怒らした, 思い出す, 怨み拔, 悦ばした, 悪くいう, 悪く云う, 惨殺し, 惨殺した, 想い出すなり, 想描した, 意味する, 感激させる, 慰めて, 憤然と, 成り立たせて, 抱くよう, 招き音楽, 招待せるなり, 拵えきたる, 指して, 指します, 指図し, 指導してやろう, 振返った, 捕えて, 捕まえて, 捕まえるん, 探して, 改めてひそか, 故ら, 救ひ, 斬った奴, 斬った日, 斬り殺したとかいう, 斬殺し, 日野の, 本当におどろかした, 板ばさみに, 欺くよう, 欺むい, 武門の, 殘し, 殴り殺すわけ, 殺された無念, 殺しその, 殺した, 殺したりと, 殺したるに, 殺したる覺, 殺したんぢ, 殺したんで, 殺した奴, 殺した強盗, 殺しに, 殺しましたに, 殺しましたは, 殺しゃいい, 殺し併せて, 殺し申, 殺すなんて, 殺すに, 殺す必要, 殺せし由, 殺せし者九助, 母と, 江戸へ, 江戸表へ, 浅井も, 無理に, 狙ってるから, 玄關に, 甘, 生じたりと, 留守番に, 目にかけて, 目の, 眺めなければ, 睦じ, 知る家族, 祝うて, 秤に, 窘めたかに, 箱根で, 結ぶ運命, 結んで, 縛って, 縛つて行つたのは, 縛りあげて, 縛り上げ笞うち, 置いたのみ, 置いて, 置き六郎兵衛, 罵りつづけた, 脅して, 自分達の, 苦しめるかと, 苦しめること, 莚に, 衝き退けて, 褒め頻と, 襲いかけて, 見い, 見いだしたが, 見くらべたら泰子, 見た, 見たいと, 見ないやう, 見なければ, 見られ昨夜菊事其方, 見るつもり, 見るやう, 見るん, 見捨てて, 見捨てなかった, 見舞うため, 見舞うと, 見舞ふために, 見較べて, 見送ってから, 見送りまして, 見送り雨戸, 見送る, 見遣られ只今, 親と, 言つてゐる, 言ふも, 訪ねある, 訪ねて, 訪ねての, 訪ねました時, 訪ひ, 訪問し, 誘いに, 誘って, 誘つてお, 調べて, 豫て, 豫想した, 買い取りまして, 起して, 載せた舟, 迎えたの, 迎えて, 迎へる, 追い払って, 追うて, 追って, 送って, 送り出した心, 送り出してから, 逃がされたそう, 造つて住は, 造らなければ, 連れて, 除いて, 除くと, 雇い夫, 雷獣と, 非常に, 面白がらせた, 首め息子長三郎にも, 駆って, 驅つて日毎に, 驚かした事, 高手小手に, 鶏か, 鹿島槍へ

▼ 夫婦~ (293, 2.8%)

3 あるもの, あれば, それを, 一緒に

2 [16件] あった, あつた, お腹の, こころに, しきりに心配, そこに, とうとう彼等, 四人の, 女たちも, 子供たちも, 心配した, 母も, 気を, 立ちながら, 舞台に, 進物を

1 [249件] あきらめて, あったとか, あとから, あの執念深い, あまりの, あり商売人, ある, あるの, あるん, ある哉, いず鞴, いないとは, いないの, いるじゃ, いるだから, いるん, うしろへ, おめかしを, お互いに, お幸福, お延, お玉ヶ池界隈では, かけつけて, ここに, こちらでは, こちらの, この上, この頃, これは, これを, さあさあと, すぐそこ, ずいぶん交際, ぜひなく, そうした事, そうだ, そこまでは, そのあと, そのまま自分, その子供たち, それが, それぞれ枕について, それに, それほどつらく, そろって, ぞっとした, たいていは, たまらんわい, たわいも, だんだんに, ちょうど奥, ちょっと来, ついて行った, つれだって, です, とりわけ新婦, なかなか豪胆, なぜ日蔭者め, なつかしさうに車, なにも, なにやらうなづい, のんびりと, ひどく心配, ひどく眞面目, びっくりし, ほほえみながら, まあ孫, まことに然なりといひぬ, まじるの, また同じ, また甚だ, みな無事という, みんなそこに, むろんよく働いた, もうこの世, もう久しく, もう当代, もう疑う, もはや三人, やがて帰っ, やっと心, やはり其の, やはり同じ, ようやく駈けつけた, ユリアも, 一向その間, 一年あまりの, 一所に, 下野一郎と, 不在らしい, 不快な, 不運つづきで, 世話甲斐ありと, 世間から, 主従も, 予も, 二人なれ, 交ってるの, 亦きまり惡さうに笑つた, 亦同じ, 人柄で, 今さら呆気, 今は, 今朝は, 仕方なく, 以前は, 仮小屋, 住んで, 何時の間にかこんな, 余り幸福, 余計な, 俊亮の, 倫敦まで, 傍にて, 傳六も, 働いて, 元気な, 先生ん, 共に蒼く, 内々相談した, 別にを, 別れを, 前から, 劉夫人も, 加えて, 加は, 助かります, 勿論その, 及ばない艶, 叔父も, 口を, 同じよう, 同然の, 向うで, 呼びましょうよ, 喜んだ, 四日目には, 大原さんも, 大原の, 大工の, 大抵は, 女優も, 奴僕も, 始めて, 娘に, 子供も, 子供達も, 安心し, 安田の, 実際どう思っ, 家を, 寄る年波, 小間物店や, 尻餅平素畜生を, 帰った, 座興の, 当惑し, 彼の, 御一緒, 心あたりが, 心が, 心なし, 忘れ去った事, 忙が, 思わず立ちどまった, 恩愛に, 愈, 手の, 手放すこと, 才蔵も, 挨拶に, 旗を, 日曜日に, 昭和三年の, 本気に, 本町から, 来た, 来たり, 植疱瘡を, 楽しんで, 横浜から, 正成を, 正直な, 此方に, 此那見掛けから, 氣の, 水口を, 江戸へ, 泣き一座, 流石に, 無理に, 無言である, 無論に, 煙に, 物静かな, 玉も, 當てて, 當地に, 當惑し, 直ぐあと, 眉を, 真実の, 着換えを, 知らないの, 知らない内, 知らぬ何者, 知り折, 神信心の, 禮儀正しい, 私の, 私も, 私生活については, 私達も, 紹介し, 縁者一同も, 縁類も, 縮みあがった, 義兄玄正も, 聽き, 舅と, 舟が, 良い顏, 若主人, 若主人夫婦, 行くこと, 表面は, 見え兼重さん, 見張って, 見識らない, 見送り, 言つた, 訪ね来りたるよし, 貧乏の, 賛成お父さんも, 賛成した, 賛成だ, 起きて, 身も, 迷惑だったであろう, 連れの, 遠慮が, 遣って, 雪子の, 雪子も, 非常に, 飛び込んで, 驚いて, 驚きましたが, 鼻を

▼ 夫婦喧嘩~ (267, 2.5%)

24 をし 12 をした, をする 9 の仲裁 8 は犬 6 のよう 5 だ, の絶え間 3 かい, でもし, というもの, のとき, の末

2 [13件] か, から一杯機嫌, が多かっ, でもした, で有名, のこと, の仲裁なんざ, の声, の材料, の種, もねえ, や親子喧嘩, を仲裁

1 [145件] いつも長屋, かこっち, から女房殺し, から老中機密, があった, があつ, がうるさ, がおこりました, がおさまっ, がそんな, ができる, が多く, が始まる, が子供, が目立たなくなった, が絶えない, が絶えやしない, されると, されるの, したの, して, してるの, しとるのに, じゃありません, すると, する家, する者, だけで, だってする, だってめでたく, だと, だの三角くじ, だの保倉, だ子供, っていう, でした, ですから, ですよ, でね, ではありません, でもしや, でもなん, で出, で眼, とに夜の目, とは違っ, と丑松, と云え, と來, と出なすっ, と西, と金棒曳, などお, などに成算, なども全く, などやり初める, なんかはじめ, なんか決して, に, にぐあいの, になぜ, になっ, にまで爆発, にまで立ち入っ, に公平, に細君, に花, に費す, に辟易, に飛びこんだ, のうち, のざわめき, のせい, のつくろい, のなくなった, のもと, の仲裁くら, の処, の動機, の原因, の変化, の多い, の小説, の尻拭い, の息んだ, の時, の時代相, の有様, の末離婚, の正邪, の絶間, の芝居, の蔭芝居, の話, の飛, はした, はみな陰性, はやめ, は一種特別, は喉, は外聞, は始終, は幸, は恐れ入る, は猶, は珍しく, は起こらないだろう, ばかりをくりかえし, ほどな, までおっぱじめ, みたよう, もいつしか, もしなけれ, もする, もそれ, も兄弟喧嘩, も時々, も滅多, より兄妹喧嘩, をあそばした, をあやまり, をなさい, をなし, をなすった, をはじめた, をはじめて, をみせられる, をやっ, をやった, をやる, を先生, を初めた, を始め, を始めた, を扱った, を止め, を演じ, を演じた, を真, を聞いた, を見, を見た, を見る, を試みる, を説く

▼ 夫婦~ (241, 2.3%)

7 あつた 3 いて 2 あとの, か, ひるねを, ピストル自殺を, 一緒に, 並んで, 居た, 新開地の, 行って, 見て

1 [211件] あすの, あつたの, あとは, あらうか, いさかう, いたの, いた時分, いた者, いっぱいでした, いようとも, いられる訳, いる間, いろいろ話せる, お今, お匿い申します, お客に, お指図, お詣りする, お金持, かかえて, くらしたいこれ, くらしたの, こつちが, この商売, ころんだ顔, しかもその, しっかり抱きあっ, じっと見つめ, じろりと睨む, すぐ見舞, すすめたよう, すらその, せう, たった今ボート乗り, たといこれ, ときどき夜半ごろ, ながいこと, なし兄妹, なにかいつもごたつい, なにか事情, のぞいて, のんびり夜店歩き, ふたたび姫路, ぽつかり, もう世の中, やって, やつて, やるとか, よく相談, よばれて, より添う, わけてもかみさん, ゐる白人, ゐる處, アッと, カケしてる, ガスビルの, コチラへ, スキーなど, スケイト遊びの, マイクの, ミミコの, ヨーロッパへ, ラヴシーンを, ルックサックを, ルマニアあたりの, ロシアに, ロスアンジェルスに, 一パイでした, 一人は, 一休庵へ, 一層の, 一荘珍しく, 三十年の, 上り口に, 下宿へ, 不動の, 乳児を, 二ヶ月暮らせる, 二三年彼方い, 二時間ばかり, 云えば, 五つ位の, 交歓宣伝放送に, 人生を, 仕た事, 仕合わせに, 仲よう行っ, 仲よくくらし, 任地へ, 住み込んで, 住んで, 何事か, 何時も奧さん, 作り更え, 使って, 來て, 俄然賑, 信子を, 信用さえ, 働いて, 僕の, 入籍する, 六つの, 凌ぐのに, 出かけマン, 出版所を, 別の, 労働し, 午餉を, 半年も, 南へ, 口論を, 台所に, 同居する, 商いを, 地図を, 夕暮まで, 夜なし, 夜明け迄, 大きな荷物, 太鼓を, 女房の, 女貌郎才相当って, 娘は, 子供と, 子供の, 客と, 客とともに, 家を, 寄りより, 寄ると, 寝坊を, 小学校の, 小説を, 山へ, 広小路まで, 床に, 弁天座へ, 心持よかっ, 思いに, 慰め合うよう, 戸口に, 手を, 指輪ば, 挨拶に, 教会へ, 旅行を, 晩酌を, 暇乞いに, 暮して, 有ると, 来て, 来ると, 棉採りかな, 棚機竹を, 止宿させ, 歩く白人, 歩行いた, 死骸は, 洗ふ, 浅草寺に, 浪花節の, 無暗に, 爭つた, 申します, 申分なく, 相喰, 看病でも, 秦氏の, 立って, 竹を, 筍を, 築地の, 籍は, 細君が, 絵の, 網糸の, 自殺した, 自炊さして, 若く妻君, 茅場町の, 荷物を, 行くか, 行く店, 表は, 西湖へ, 西隣に, 見世物に, 見送りに, 親子で, 誓った一生, 談合する, 買い物を, 赤穂に, 越智は, 車坂の, 逃げるなんて, 通ッぺね, 連れ添うて, 道を, 道阿弥の, 遣つて, 長屋を, 額を, 食うくらいは, 食堂へ, 餅よ, 餌を, 骨休めに, 黄色い方

▼ 夫婦生活~ (142, 1.3%)

4 というもの, をし 2 に入っ, の中, の倦怠, の常道, の幸福, の惰力, は平次

1 [120件] からと男, から解放, がいは, がおそらく, がしたい, がはじまる, がやっ, が一方, が始まる, が必, が持続, が牢獄, そんなこと, である, でなくては, ではない, でも営みたい, で一番, で知っ, といふもの, とし, としては好ましく, とはそんな, とはんこ, とを満喫, と性愛, などは疎, なるもの, なんて両方, なんて二三年, においていつ, にすぐ, にはあり, にはい, にはこの, には必ず, には戀愛, には経済的, にひざまずい, にも苦悩, に一番大切, に子供, に慣らされ, に於ける, に潜む, に生じ, に興味, のこまかい, のほん, のよう, の上, の仕方, の体面, の何, の公準, の危機, の味, の塵, の平凡, の平凡さ, の平和, の強み, の形式, の憂, の持續, の新, の明暗, の最初, の本筋, の理想, の疲勞, の真, の破壊, の破綻, の第, の範囲, の結果, の義務, の自壊調節作用, の苦しみ, の謎, の雰囲気, の黄金時代, はお, はかく, はそう, は一人, は不満, は僅, は全然, は尊い, は必ずしも, は愛, は眞實, は関係者たち, ばかりし, も, も半年, も楽しい, を, をいとなん, をおくっ, をする, を一生續, を乱す, を味, を営む, を固定, を始め, を思い出させた, を思い出し, を清算, を知らない, を立て, を考へ, を詩化, を語った, を送る, を開き, 長い後

▼ 夫婦~ (127, 1.2%)

3 が住ん, ですが 2 でお, とむかひ, のところ, のなん, の乞食, の姿

1 [109件] あって, かなんか, か何ぞ, があっ, がい, がいつ, がいる, がき, がすこし, がすわっ, がちょうど, がはい, がゐる, がエディンバラ, が下りる, が住まっ, が住む, が何時, が出し, が國, が寒, が寝, が寝泊り, が旅人, が暴風雨, が来, が枕, が泊っ, が泊つたの, が研き込んだ, が竹, が身, それから近在, だけこれ, だと, で, であった, である, で古ぼけた, で孟州, で表, とその, ともう, と十二三歳以下, と日雇労務者, と独身者, と見, と見え, などは休みたい, などは山, にとつて, にはべつに, にも振舞いたい, に出逢った, に貸し, に足どめ, に連れられてる, のこと, のつばくら, のひとたち, のほう, のよう, の中, の事, の作男達, の前, の召使い, の坑夫, の境遇, の女房, の小さな, の理想, の番人, の職工, の静寂, の麒麟, の鼠, はうるさい, はおそらく, はお互い熱心, はしわがれ, はすぐ, はたいてい, はつい, はボソボソ, は万年筆, は三十銭, は今, は城下端, は実は, は小売, は居ります, は戦争, は時に, は格別用, は無論, は皆無, は赤ん坊, もいつか, もまだ, や子供連れ, よ, らしい二人, らしい旅芸人, をなんと, を嗅い, を案内, を見た, を貶す

▼ 夫婦とも~ (124, 1.2%)

2 に俳諧, 全然見覚え, 毎朝露, 灯の, 炬燵にばかり, 見えるこの

1 [112件] おせんから, かせぎに, かわって, が日常生活, ここでは, この村, ご息災, しじゅう忙し, すっかりとしより, すやすや寝入った, そう物, その日, それを, つかずお互い, どこか, なにか気兼ね, なり末, になにごと, にびっくり, に一家, に不潔病, に世, に乗船, に伝統的家職, に住込み, に前非, に揃っ, に斬罪, に断罪, に書, に武州川越在, に死ぬ, に膝, に行く末, ひとりの, ほっとした, まるで子供みたい, やって, ナカ, 一生懸命働い, 亡くなったので, 人間の, 今は, 何者の, 何處へ, 六波羅, 六波羅兵の, 出稼ぎに, 別居し, 勉強し, 勤めさきで, 北海道産まれで, 南京へ, 友達とも, 可なり, 同じよう, 同額な, 善良そのものの, 壮健な, 外で, 好きでやっ, 子の, 寔に, 尋常で, 左様申し, 息は, 愛と, 感謝の, 懇意であるらしく, 捨てみで, 昼寝を, 暫時病氣なりし, 朝から, 東京の, 根からの, 此程病氣付永, 母屋まで, 波の, 泥酔の, 温厚な, 焼け死んで, 焼け死んでしまつたとか, 焼死んだ, 現在は, 生きながら, 申しませうが, 留守で, 留守であった, 病人で, 痩せて, 百姓ぎらいそれに, 相當工面, 短い間, 稼暮す, 老年に, 背が, 蚊帳の, 裁縫師で, 見える男女, 見た目こそ, 誠に親切, 辛抱し, 都合四人の, 酷い最期, 陰険で, 階級人として, 隣の, 露ばかりも, 非常な, 頭を, 顏色殊の, 鬼籍に

▼ 夫婦約束~ (110, 1.0%)

33 をした 19 までした 8 をし 4 までし 3 の書付 2 がし, でもした, はした, をする

1 [35件] いたした仲, ができ, ができる, が何, が出来, ぐらい出来るだろう, したわけ, したんぢ, した娘, して, するの, だけは出来た, でもし, という惚れ, といっ, と言つて, などした, などせず, などのない, のこと, の変更, の成り立っ, の書附, は神, までなさった, までもし, まで出来, をかわした, をなし, をなせし, を仕た, を反古, を忘れ兼ね, を結ばせたで, を解かれ

▼ 夫婦関係~ (99, 0.9%)

5 というもの 2 が成立, とが一致, と自然, は結べない, をつづけ

1 [84件] から愛し合う, がずいぶん, がただごと, がどう, が不純, が何処, が存在, が常に, が永続, が無意義, が続けられ, が醸成, じゃない, だけを標準, であつ, ではこの, では夫, では女房, ということ, というよう, といふ事, などというもの, などは本位, にかかわる, になっ, にはそんな, には二人, には宗教的観念, には電報, に入った, に変っ, に変わっ, に対し第, に於, に特在, のこと, のこの, のつづい, のよう, のイザコザ, のスタンダード, の変化, の奥底, の如き, の幅, の独占権, の目的, の真相, の者, の解消, の記録, の間隔, はこれ, はどう, は主として, は切れ, は厳重峻厳, は存在理由, は当時, は恋愛, は成立, は果して, は永遠, は消滅, は現実, は肉体, も愛情, も自然さ, も追い追い, や恋愛関係, より生ずる, をつづけよう, をつづける, をも言, を断ち切るべきであらう, を新, を種々, を粉本, を結ぶ, を結ん, を結んだ, を絶たず, を長く, 小市民風

▼ 夫婦~ (80, 0.8%)

2 がいい, がうまく, が悪い, が悪く, だつて, はどんな, も好く, も睦, も羨ましい, も至極

1 [60件] がおん, がことば, がとかく, がどうも, がむつまじゅう, がよ, がよい, がよかっ, がよく, がよろしい, が好けれ, が思わしくない, が悪かっ, が良く, が非常, せえ, であった, であるから, でも讐うち, でメスメリズム, で淡い, というもの, にありふれた, のいい, のこと, のよい, のよかっ, のよく, のよろしい, の好い, の好かっ, の睦まじい, の良い, はする, はまことに, はよく, は云う, は他人, は好い, は惡, は至って, は良かっ, むつまじく盃, もうまく, もたいへん, もなにぶん, も円満, も大, も好い, も宜し, も極めてよろしく, を先輩, を割く, を裂く, を裂こう, を見せつけられ, を誓い直せ, 善く可愛い, 好く三, 好く楽しん

▼ 夫婦~ (70, 0.7%)

3 てお 2 てすすめる, て同家, て大事, て私

1 [59件] ていった, ておなじ, てこの世, てその, てのもてなし, ての交わり, ての旅立, ての歓待, てまごついた, てもどっ, てよう, てギタ, て一つ, て一つコップ, て一つ宛, て上がっ, て二十五兩, て借りう, て働ける, て共稼ぎ, て參, て夕飯, て夢中, て大, て姉, て娘, て子, て子供, て小さな, て小首, て帰国, て常に, て控室, て暖簾, て来, て母一人, て河内, て洲国, て湯村, て田園, て白い, て眼, て立派, て笠, て精, て締め出し, て耕つてら, て自分, て自慢, て若い, て莚, て見える, て親, て詫び, て話す, て越後, て長谷, て門脇, て餅

▼ 夫婦には~ (63, 0.6%)

5 子供が 2 いとせめて秘し

1 [56件] あらざること, いっそ今, いやも, お島, この伝六, この江戸表, それが, なったものの, なって, ならはったかて, なりましたけれども, なれない理窟, なれなかったに, なれなくても, なれませんですしねえ, なれませんや, まず頃合, またとない機会, まだなっ, まもなく死, めったに無かっ, 一寸往来, 七人の, 事後承諾を, 他人に, 分らなかった, 分らなかつた, 初對面, 四つばかりの, 土手下へ, 大抵その, 天の, 姪の, 嬉しいらしかった, 子は, 子も, 孫店を, 実子が, 成るべく兄妹, 断らずに, 新築の, 月々十円と, 李鴻章の, 横山町角屋敷穀物店に, 欠けて, 渡りに, 生涯の, 相当の, 結婚後自然に, 結婚生活の, 茂子の, 誠に過分, 適当な, 関係せぬ, 面白く無い, 馬が

▼ 夫婦~ (62, 0.6%)

2 の相剋, の秘密, の関係

1 [56件] が悪く, だけで, で云, におこるべき, にどれ, にはこんな, には著しく, に争い, に何一つ, に口喧嘩, に報酬的思想, に於, に横たわる, に水, に眠らしむ, に礼儀, に衝突, に起った, に迫っ, のあり, のきわめて, のこと, のごたごた, のもつれた, の不和, の交接, の交渉, の冗談, の取, の問題, の嫉妬, の幸福, の心理葛藤, の情味, の愛情, の感情, の日常会話, の法律上, の清い, の激しい, の特別, の生活費用, の破, の秘事, の秘戯, の純潔, の美しい, の肉交, の葛藤, の親密, の話題, の貞操, の財産問題, の雲行, も睦, も至極

▼ 夫婦という~ (59, 0.6%)

10 ものは 5 ことに 4 ものが, ものの 2 ものな, ものを, ような

1 [30件] ことの, ところが, ところな, ので, のでしょう, のは, ふれこみに, ものだ, ものだって, ものに, もの毎日の, やつさ, 動かし難い, 名で, 名前で, 問題を, 字を, 形式を, 感じが, 社会的に, 立場だけを, 約束と, 者は, 表現は, 観音様に, 言葉も, 譬の, 錯雑した, 関係よりも, 関係を

▼ 夫婦~ (57, 0.5%)

2 お延

1 [55件] あれへん, おばあさんが, お婆さんの, お庄, お葉, その他役筋でない, その子, その子供たち, それから太助, それから年, ということ, 与作さんと, 主婦を, 乳飲み, 令嬢達が, 何かは, 僕は, 兄の, 兄弟に, 叔母さんが, 大阪の, 奉公人に, 奉公人の, 女中たちの, 妙子を, 妹の, 娘たちは, 娘とも, 子供たちが, 子供たちへの, 家族の, 寄宿人や, 富子は, 富裕な, 寧子の, 少女達が, 弟など, 従兄たちのより, 従兄弟たちには, 従妹夫婦や, 御隠居さん, 恋人の, 愛人同士の, 昨年の, 未亡人の, 林の, 浪人者や, 満蔵, 甥たちの, 祖母さんへの, 給仕の, 菊池の, 裏の, 謙蔵や, 雇い人に

▼ 夫婦~ (49, 0.5%)

3 から, よ 2 と思っ, と思ってる

1 [39件] あね, からい, からいい, からこれ, からちゃんと, からと云っ, からね, から何, から俺, か親子, がのう, これでも, そうだ, そうである, そうです, それに, つて後から, つて相手方の, というの, とおもう, とか兄弟, とままごと遊び, とわかる, と一門, と云う, と人, と思いこん, と思つて, と思われる, と讚め, な, ね, の, もの, よ別れる, わ, ネ, 内裏雛だ, 親友だ

▼ 夫婦連れ~ (45, 0.4%)

4 で來 2 があと, で来た

1 [37件] がある, がこれ, が二人, が坂, が改札口, で, であるらしいこと, ですからな, で一日家, で二晩, で例, で国, で宗廟, で家, で手前方, で来, で直ちに, で遊ん, で遠乗り, で顔, と一緒, と見え, などで来, ね, のスパイ, の中, の使, の女, の巡礼, の方, の男, の者, は見せかけ, も入れ, や白い, らしい男女, 弾きの

▼ 夫婦から~ (44, 0.4%)

2 その娘, 見ると, 見れば

1 [38件] いくらか人間扱い, いろいろに, おくりもの, お坊っちゃん育ち, お願いしたい, ほしいと, もつと, よく承つ, 一切を, 一寸離れた, 何の, 児供までが, 出て, 出発し, 割り出して, 十五歳位の, 受けて, 召使が, 娘の, 少し離れた, 時々冷かされる, 煙たがられないまでも, 珍しくちやほや, 男衆小僧に, 目を, 睨まれて, 祝って, 聞いて, 自動車を, 茶の, 許しが, 説き勸め, 財養し, 金で, 金に, 開けるん, 順序通り入, 順序通り入っ

▼ 夫婦にも~ (41, 0.4%)

2 あいさつを

1 [39件] あつた, あらためて, あること, いろ, いろいろ訊ね, せよ妻, そのこと, できなかったくらいに, なったの, 云い聞かせて, 仕たい様, 似ず, 何等かの, 分って, 厚く弔み, 合点が, 吉ちゃんは, 喜んで, 奉公人一同にも, 子細を, 引合わされた, 従順であった, 成れねえやう, 打ちあけた, 教えること, 歎き, 気の毒で, 特別贔負に, 目あては, 目を, 矢張井谷と, 祝って, 見えた, 話して, 逢いましたが, 逢ひました, 都合が, 静岡の, 食べさせて

▼ 夫婦別れ~ (40, 0.4%)

6 をする 5 をした 4 をし 2 して, の人事相談, の原因

1 [19件] が起り, したヤモメ, でもする, というもの, と話, に関係, の悶着, の相談, の話, もない, も中, をしたい, をしよう, をしろ, をするらしい, を思, を為, を致します, 亭主の

▼ 夫婦らしい~ (39, 0.4%)

2 ことが, 夫婦に, 雌雄の

1 [33件] が前後, ことは, のとが, ものが, やりとりな, 一対の, 中年の, 二人が, 二人づれが, 交驩という, 会話の, 偏愛を, 初めての, 夜を, 密語に, 心づかいを, 情愛を, 愛情からの, 愛情の, 愛情は, 気脈が, 生活を, 男と, 男女と, 男女の, 百城と, 神経が, 若い男女, 親しい会話, 親密も, 言葉の, 関係が, 闊達な

▼ 夫婦として~ (36, 0.3%)

2 人が, 暮して

1 [32件] いかにも釣り合, お親しみ, その人, その点, ノーフォークに, 住んで, 作られたもの, 公然に, 別にひと, 同室に, 同居し, 同棲する, 向い合って, 喜八夫婦には, 強く伸子, 性交を, 暮した十一年間, 暮した習慣, 最大の, 榊原家では, 死なして, 済んで, 現われ, 現われる二人, 生きたいと, 生活を, 登場し, 簡単に, 結びつけられた二人, 親しんだ夫, 配する風, 顔を

▼ 夫婦でも~ (32, 0.3%)

2 なかった, なければ

1 [28件] あった, ありませぬからねえ, ある, あるかの, あるよう, いたら昔, そうね, ないそれ程, ないの, ないのに, なくもちろん, なさそう, なんだ, なんでも, よい, ルウレットで, 別々に, 妻の, 子供でも, 宜しい, 強い細君, 情婦でも, 時々は, 末始終和合, 縁が, 裏でも, 貴族の, 都市では

▼ 夫婦~ (32, 0.3%)

3 というもの

1 [29件] がかえっ, が内攻, が固く, が深く, が生まれ, が自覚, であり男, ではありません, でもなく, といふもの, と間違え, なぞということ, に執着, に立ち帰っ, のソフィスティケーション, の中核, の実, の感じ, の極致, の表現, の醍醐味, はその, はなかなか, は子ども, も何もかも, より歴史性, をつくりだす, を傷つける, を現実

▼ 夫婦養子~ (32, 0.3%)

6 をした 3 になる, をし 2 の口

1 [18件] あり廃嫡, が入, さ, ださうだ, で乳呑児, で嫁, で徳右衞門夫婦, と云う, にする, にどんな, の勝藏, の當主勝藏, の癖, の縁組み, の間, は追い出され, をせね, を仕なけれ

▼ 夫婦とは~ (31, 0.3%)

3 こういうもの

1 [28件] いずれも, おそろしいもの, かういふもの, こんなもの, ただ名ばかり, どういうもの, ならずに, 一度も, 三度の, 二三年前からの, 何でしょう, 何年も, 再従妹, 別な, 単なる男女, 名ばかりである, 名ばかりの, 往来し合っ, 感じられずまるで, 或は人間, 氣が, 申されないと, 相変らず, 知己の, 縁を, 違ふも, 限らない, 顏馴染だつた

▼ 夫婦である~ (30, 0.3%)

3 ということ 2 ことを, 以外に

1 [23件] かない, からにはお, からには主筋, から自ずから, がさり, ことが, ことだけ, ことは, だけその間, だけ恭介, という結論, といふこと, とは信じない, とは彼, とまた, と云われなかったら, と見える, 事を, 会社, 和一郎たちに, 場合相剋の, 女男の, 父と

▼ 夫婦~ (27, 0.3%)

6 んだ 4 のだ 3 のである 2 んです

1 [12件] の, ので, のであった, のでございます, ので夫婦, ので彼, ので林冲, のに, のね, のよただ, ものかよ, んていう

▼ 夫婦では~ (25, 0.2%)

5 なかった 3 ない 2 あるまい兄妹, ないの

1 [13件] あっても, ありませんけれども, あるが, あるまい, ございませんか, ござらぬ夫婦, どんなか, ないが, ないという, ないよう, なくて, なくなって, なさ相

▼ 夫婦二人~ (24, 0.2%)

1 [24件] だが, だけ, だけだ, でさかん, でなら, で勤めた, で商売, とも大, と耳, には広, に子供, に見える, のこと, のこの, のほか, のもの, の孤独感, の息子, はまさに, を乘, を殺す, を無理, 向ひ, 揃って

▼ 夫婦共稼ぎ~ (24, 0.2%)

2 の必要

1 [22件] が出来ぬ, が決して, して, で乗組みたい, で亭主, で以, で学校, で教鞭, ということ, という声, とか愛人, に精, の一旗, の事情, の光景, の気もち, の賜, は昔, は権道, もやむを得ない, をし, を致しまし

▼ 夫婦もの~ (21, 0.2%)

1 [21件] か何, が住ん, が妙齢, であった, であったらしい, とその, と鑑定, に向っ, に自分, の室, の旅行, の老人, は事情, は大抵, は浜, ばかりです, も迷惑そう, や真新しく, らしい人達, を雇いたがっ, 小さいやつ

▼ 夫婦~ (21, 0.2%)

1 [21件] かせぎする, この病院, にまだ, に七人, に会計上, に住む, に偕楽園, に出す, に勤めた, に大, に彼是, に思わなかった, に法華, に父母, に畑, に腫物, に自, に鎌倉, に非命, 寝せぬ地方, 揃って

▼ 夫婦としての~ (20, 0.2%)

2 生活を

1 [18件] 二人の, 二人を, 交渉などは, 交渉を, 共通の, 堅実な, 夜の, 情愛に, 情愛も, 愛の, 愛情だけしか, 愛着が, 日常生活には, 日常生活を, 父の, 特定条件の, 生活その, 生活の

▼ 夫婦親子~ (20, 0.2%)

2 の情, の間, の関係

1 [14件] が同棲, が首, にてはいまだ, のつきあい, のむつみあう, の世界, の二例, の別れ, の專有, の者, は勿論, は平和, は弘前市, より親しき

▼ 夫婦~ (19, 0.2%)

2 仕送りから, 払ひ込む

1 [15件] すすめたが, そのまま告げ, 同情した, 大層気兼, 姪の, 宛てて, 武蔵の, 注意し, 洩らして, 渡した, 無實, 贈る為, 雜信仙臺の, 面と, 額を

▼ 夫婦乞食~ (19, 0.2%)

1 [19件] から距離, がにじり歩く, がめい, であります, でした, と呼ばれ, なん, には出会わない, には派手, のかみさん, の住む, の女, はわたくし, は二人, は漁師, は藍染橋, は雪, は霙, より一足先

▼ 夫婦~ (19, 0.2%)

2 で出

1 [17件] があった, でやって来, で旅, で来た, で飛昇, とも言, にて江戸表, にて罷, にて身延, の何事, の侍士私, の旅人, の旅人通り, の者此寶珠花屋八五郎, の西洋人, も子供達, も皆

▼ 夫婦です~ (18, 0.2%)

2 もの

1 [16件] からね, から一言相談, から万一, から気配, が, がそれ, が与八さん, が與八さん, と答える, ものお父つぁんの, ものその, ものなかよく, ものね, もの仲違い位は, よ, わ

▼ 夫婦でない~ (18, 0.2%)

1 [18件] ことが, ということ, ときまれ, とする, と云, と思うであろう, にし, にせよ, のかと, ものが, ものなら, やうにも, ような, 二人の, 夫婦夫からは, 生活を, 結婚生活でない, 者が

▼ 夫婦だった~ (17, 0.2%)

3 のだ 2 のです

1 [12件] ことを, さ, ぜ, ってこの, というの, といっ, と云う, のである, のでしょう, ので小夜子, ものが, 事も

▼ 夫婦揃っ~ (17, 0.2%)

1 [17件] てお客, てこの, ての正月, てやり始めた, て亜米利加, て健康, て出かけましょう, て初めて, て勤め, て好人物, て子供思い, て来る, て株, て氏神, て活動, て遠く, て食料品店

▼ 夫婦と共に~ (15, 0.1%)

2 二人を

1 [13件] 一つ宿を, 以前の, 伊切の, 借りて, 傍屋に, 城外の, 左衛門町の, 明治八年の, 暮したと, 玄關ちかき, 自分も, 見に, 高原溜へ

▼ 夫婦なら~ (15, 0.1%)

2 ば夫婦

1 [13件] お守りの, このよう, どうしていつ, どうだろう, ばそれで, ばと見込ん, 仕方が, 夫婦らしく, 恋女房の, 愛と, 生涯彼の, 私は, 苦労だって

▼ 夫婦といふ~ (13, 0.1%)

3 ものは 2 ものが 1 ことに, ところです, ものに, もののね, 名は, 縁の, 言葉が, 語の

▼ 夫婦それ~ (12, 0.1%)

2 に江島屋 1 が済ん, でなかったら仲, にまだ, に変り者, に娘, に嫁入り, に当夜, に當夜, は人間, を交換

▼ 夫婦であり~ (12, 0.1%)

2 ながら人, 恋人達だ 1 ながら夫婦, ながら妻, ながら敵以上, 乍ら逢へ, 人が, 人の, 或は親族, 智能的には

▼ 夫婦にな~ (12, 0.1%)

1 [12件] つた後彼女に, つて, つてからは, つても, つて二人の, つて僅かに, つて子さへ, つて添は, つて苦し, つて遣る, ツたらい, ツたんだらう

▼ 夫婦~ (11, 0.1%)

3 何ぞの 1 まだ夢, 兎も, 恋人の, 恋人同士が, 手足の, 故郷に, 民彌, 長屋の

▼ 夫婦きり~ (11, 0.1%)

1 [11件] だったから, であること, でいる, です伝八さん, で東京, で軽井沢, で閑暇, で頗る, になる, の劇, の素人下宿

▼ 夫婦げんか~ (11, 0.1%)

1 [11件] か珍しく, が一つ, でもし, とはすこし, には独得, の回数, の所, はする, は絶え間, をし, を遊ばし

▼ 夫婦~ (11, 0.1%)

2 初めての 1 がい, がこんなに, が細やか, さえ宜, の, の宜, は非常, も睦敷, 好く暮らしたけれ

▼ 夫婦~ (11, 0.1%)

5 に居 4 に居る 1 のもの, を同

▼ 夫婦たち~ (10, 0.1%)

2 の見た 1 がくるまる, が未来, のため, の足, の間, はさらに, はどんな, もその

▼ 夫婦だけ~ (10, 0.1%)

2 だ, だった 1 だつた, ですよ, では, 働いて, 子供も, 母屋へ

▼ 夫婦との~ (10, 0.1%)

1 ことが, ことだ, つきあいにも, みたいわ, 別れに, 別居の, 同居生活は, 思想も, 折合ひ, 間に

▼ 夫婦みたい~ (10, 0.1%)

4 に暮し 1 な人たち, な関係, な頓馬, にとぐろ, に何, に同棲

▼ 夫婦二人きり~ (10, 0.1%)

1 で営ん, で小ぢんまり, で暮らさね, で間数, にさせ, になる, の住居, の家庭, の謂わ, 全くの

▼ 夫婦暮し~ (10, 0.1%)

2 をし 1 で住む, で宜, で文学, で若い, なれば, に嘗めさせられた, は出来なかった, をした

▼ 夫婦気取り~ (10, 0.1%)

2 で暮し 1 でいる, です, でその, で同じ, で旅, で泊っ, というの, の二人

▼ 夫婦であった~ (9, 0.1%)

1 がこれから, がその, ことが, と思います, のかと, のである, のに早池峰山, 両親と, 尼君の

▼ 夫婦ならぬ~ (9, 0.1%)

2 夫婦ぐらし 1 夫婦ぐらしそれを, 夫婦ぐらし一緒に, 夫婦では, 夫婦と, 夫婦の, 夫婦妻ならぬ, 夫婦生活も

▼ 夫婦ふたり~ (9, 0.1%)

1 が同じ, だけの閨, でふたり, でもほんとに, とも斬罪, の四ツ, の手, の時代, の相乗り

▼ 夫婦同様~ (9, 0.1%)

2 になっ 1 で只, にし, になしいたれ, になつ, に暮し, の仲, の関係

▼ 夫婦~ (9, 0.1%)

1 で昔, と云, と云う, と名付けられた, のよう, の様, の類, は奥地, を大きく

▼ 夫婦相談~ (9, 0.1%)

1 して, に及び, の上, の上一人, の上村役人, の上江戸表, の上親殺し, の上調達, の結果

▼ 夫婦關係~ (9, 0.1%)

2 を繼續 1 にこだわつ, に於, の人達, の問題, を作る, を結ぶ, を結んだ

▼ 夫婦~ (8, 0.1%)

2 銀お 1 らんも, 二方でした, 庭の, 愛夫婦などの, 揃いの, 揃で

▼ 夫婦そろっ~ (8, 0.1%)

2 ている 1 てなかなか, て執権, て自信, て自足, て貰い, て首

▼ 夫婦とが~ (8, 0.1%)

1 いろいろ首, 一つざしき, 万事を, 二人の, 何か, 向い合わせの, 紋付袴で, 附いて

▼ 夫婦にとって~ (8, 0.1%)

1 このよう, 余程の, 大きなもの, 姑ばかりが, 東から, 絶好な, 興味を, 賭博だけが

▼ 夫婦らしく~ (8, 0.1%)

1 と言った, と豹一, なく暮らそう, 互の, 十二三も, 同室で, 気を, 肩を

▼ 夫婦心中~ (8, 0.1%)

2 をし, をしよう 1 じゃない, だハッハッ, だハツハツ, をする

▼ 夫婦~ (8, 0.1%)

3 携えて 2 和し 1 争って, 引く者, 触る

▼ 夫婦ぐらし~ (7, 0.1%)

1 が終り, で手, で旦那, で豆屋, のうち, のさま, をする

▼ 夫婦さし~ (7, 0.1%)

6 向ひ 1 向いで

▼ 夫婦だけで~ (7, 0.1%)

1 ずっとくらし, その家, 味わう世界, 店を, 立派に, 話しあえば, 遣る方

▼ 夫婦っきり~ (7, 0.1%)

4 の生活 2 で三本松 1 で子供

▼ 夫婦であっ~ (7, 0.1%)

1 てお, てこうして, てもこの世, てよろしい, て夫婦, て見れ, て親子

▼ 夫婦~ (7, 0.1%)

1 であること, です, の來臨, の土地, の姿, の樣式, を据ゑる樣

▼ 夫婦じゃ~ (6, 0.1%)

3 ないか 1 あるまいし, ないどこ, ないよう

▼ 夫婦その~ (6, 0.1%)

1 伜の, 別莊の, 前に, 妻の, 子奉公人たちが, 若夫婦

▼ 夫婦だけは~ (6, 0.1%)

1 おれを, そんな事, べつである, ほんとうの, まあ無事, 飢え死にさせず

▼ 夫婦なりし~ (6, 0.1%)

3 を衣更 2 を衣更え 1 を更衣

▼ 夫婦に対する~ (6, 0.1%)

1 こういう意味, ときの, スタンダールの, 憎しみは, 村中の, 病的な

▼ 夫婦ばかり~ (6, 0.1%)

2 では 1 だった, つくねんと炉端, でなくあの, 居るとか

▼ 夫婦らし~ (6, 0.1%)

2 さが 1 かつた, くもねえと, さを, 酸漿市の

▼ 夫婦仲よく~ (6, 0.1%)

1 並んで, 同じ軌道, 暮して, 末長く, 貧乏人を, 鉄うつやとん

▼ 夫婦~ (6, 0.1%)

2 あり 1 ありと, ありという, に取立て, をしよう

▼ 夫婦~ (6, 0.1%)

2 の太鼓 1 にやりました, の話, は小舎, は足

▼ 夫婦~ (6, 0.1%)

2 というもの 1 に盛るべきだ, の理想, の錬成, も母性愛

▼ 夫婦ぎり~ (5, 0.0%)

1 であるけれども, で互に, で暮らし, のアパルトマン暮し, の冬夜

▼ 夫婦だけが~ (5, 0.0%)

1 まずその, 作法と, 先づそ, 抱き得る感情, 殺されたこと

▼ 夫婦って~ (5, 0.0%)

1 あるかしら, きっとおたがいに自分, どんな事, ものは, 奇妙な

▼ 夫婦でなけれ~ (5, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ばよろしい, ばわからない, ば格好

▼ 夫婦とか~ (5, 0.0%)

1 それとは, そんな因縁つき, 何んとか, 家庭という, 家庭といふ

▼ 夫婦にて~ (5, 0.0%)

1 今朝飯を, 廻道せし, 洗ひ落さん, 私せん, 稼しかば

▼ 夫婦に対して~ (5, 0.0%)

1 わずかな, 一種の, 何らの, 好い感情, 肩身が

▼ 夫婦より~ (5, 0.0%)

1 ゃまずいとも思いません, 一層生活, 余りの, 外に, 繁殖したる

▼ 夫婦をも~ (5, 0.0%)

1 加へて, 折々誘引, 赦さなかつた, 頻りに古風, 魅了し

▼ 夫婦一緒~ (5, 0.0%)

1 なん, にさっさと, に出歩いた, に居る, に御

▼ 夫婦兄弟~ (5, 0.0%)

1 などというの, などと云, にても別, の情合, の際

▼ 夫婦同士~ (5, 0.0%)

1 が与, だきついて, のみにて将棋, のよう, は貧しく

▼ 夫婦和合~ (5, 0.0%)

1 にあの, の時, の秘訣, の適例, を祈り

▼ 夫婦差向い~ (5, 0.0%)

1 でこんな, でございましたが, で互に, で酒, の象

▼ 夫婦~ (5, 0.0%)

3 が来 2 が來

▼ 夫婦あり~ (4, 0.0%)

1 てかなり, て家庭, 兄弟あり, 夫婦あっ

▼ 夫婦かも~ (4, 0.0%)

2 知れませぬが 1 しれない, 知れない

▼ 夫婦からは~ (4, 0.0%)

1 お粂, 再三迎え, 姪に, 邪魔に

▼ 夫婦だけの~ (4, 0.0%)

1 医者か, 深い話, 特別な, 生きがいを

▼ 夫婦だって~ (4, 0.0%)

1 あるでしょう, 大概似た, 夫婦喧嘩を, 後から

▼ 夫婦としては~ (4, 0.0%)

1 不仕合わせ, 不釣合い, 少し釣合い, 餘り

▼ 夫婦などと~ (4, 0.0%)

2 一緒に 1 どじょうの, 揶揄した

▼ 夫婦などの~ (4, 0.0%)

1 ことも, 如く現に, 眼を, 若い一対

▼ 夫婦なる~ (4, 0.0%)

1 ことを, 社会上の, 者は, 関係が

▼ 夫婦なんて~ (4, 0.0%)

2 ものは 1 いうもの, つまらないでしょう

▼ 夫婦にでも~ (4, 0.0%)

1 して, なつた, なるんぢ, なろうという

▼ 夫婦にと~ (4, 0.0%)

4 つては

▼ 夫婦のみ~ (4, 0.0%)

1 であつ, なれど, 居候ま, 籠つた新築の

▼ 夫婦への~ (4, 0.0%)

1 気兼ね心から, 申訳に, 詛いの, 送別品です

▼ 夫婦らしくし~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, てください, て居た

▼ 夫婦~ (4, 0.0%)

1 出席シテ下スッタ, 旅行シタコトナドハメッタニナイ, 来タ, 鉾田ノトコロヘオ寄リニナッタンデスッテ

▼ 夫婦子供~ (4, 0.0%)

1 が小ぢんまり, と揃っ, 揃って, 相伴うて

▼ 夫婦~ (4, 0.0%)

1 召捕相成御, 同道にて, 當地へ, 親子の

▼ 夫婦~ (4, 0.0%)

2 を見る 1 なんぞ御, の典型的美男美女

▼ 夫婦あらそひ~ (3, 0.0%)

3 の軒先

▼ 夫婦これ~ (3, 0.0%)

1 が界隈, に, に和す

▼ 夫婦ごっこ~ (3, 0.0%)

1 をし, をしてる, 互に傀儡

▼ 夫婦さし向い~ (3, 0.0%)

1 って気持, で食事, の朝

▼ 夫婦たる~ (3, 0.0%)

1 こと既に, 事三年の, 可き

▼ 夫婦だつた~ (3, 0.0%)

2 んです 1

▼ 夫婦~ (3, 0.0%)

2 やない 1 や無い

▼ 夫婦でございます~ (3, 0.0%)

1 からお, がそれ, もんで

▼ 夫婦でなく~ (3, 0.0%)

1 てはこうした, ては生じないだろう, てもできる

▼ 夫婦とでも~ (3, 0.0%)

1 言いますの, 言うの, 言うべきでしょうねえ

▼ 夫婦とを~ (3, 0.0%)

1 招待し, 置いて, 迎えるため

▼ 夫婦なか~ (3, 0.0%)

1 だった, のよい, もいたっ

▼ 夫婦にとっては~ (3, 0.0%)

1 この楽器, 定めし満足, 雨の

▼ 夫婦にまで~ (3, 0.0%)

1 その愛情, なったの, 迷惑を

▼ 夫婦また~ (3, 0.0%)

1 ちょっと留守, 来て, 歌ふ

▼ 夫婦までが~ (3, 0.0%)

1 あんまり恥, ひさびさ, 感づいて

▼ 夫婦やら~ (3, 0.0%)

2 付添いの 1 一人娘を

▼ 夫婦よりも~ (3, 0.0%)

1 さきに, 宜しく可, 幾倍かの

▼ 夫婦わかれ~ (3, 0.0%)

2 をし 1 もある

▼ 夫婦一体~ (3, 0.0%)

2 になり過ぎ 1 のよう

▼ 夫婦一対~ (3, 0.0%)

1 でいくら, に限らず, 揃って

▼ 夫婦円満~ (3, 0.0%)

1 だぞ, というの, の根柢

▼ 夫婦同時に~ (3, 0.0%)

2 憤らないこと 1 憤らないという

▼ 夫婦固め~ (3, 0.0%)

3 の式

▼ 夫婦~ (3, 0.0%)

2 の方 1 よりここ

▼ 夫婦~ (3, 0.0%)

1 をはなさずし, を執り合っ, を引

▼ 夫婦暮らし~ (3, 0.0%)

1 かなと思いました, で比較的, の家

▼ 夫婦殺し~ (3, 0.0%)

1 の犯人, の犯人大寺一郎, は草川巡査

▼ 夫婦~ (3, 0.0%)

1 に用事, のうち, の姿

▼ 夫婦~ (3, 0.0%)

2 の児 1 と女

▼ 夫婦相互~ (3, 0.0%)

1 の協議, の扶養, の独立

▼ 夫婦諸共~ (3, 0.0%)

1 に涙, に野尻, の不幸

▼ 夫婦~ (3, 0.0%)

1 がきらり, と共にかしゃ, は滑

▼ 夫婦~ (3, 0.0%)

1 を突合, を赤める, 見あわせ来る日ごと

▼ 夫婦~ (3, 0.0%)

1 といふかと問, をひさぐ, を詠ずる

▼ 夫婦および~ (2, 0.0%)

1 大場氏余を, 東京より

▼ 夫婦かと~ (2, 0.0%)

1 あきれ顔, 思った

▼ 夫婦かの~ (2, 0.0%)

1 ように, 男女は

▼ 夫婦じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないか, ないわ

▼ 夫婦すらも~ (2, 0.0%)

1 ついに時, 曾て

▼ 夫婦それに~ (2, 0.0%)

1 お兼, 堀江家の

▼ 夫婦そろ~ (2, 0.0%)

1 つては, つて人の

▼ 夫婦だの~ (2, 0.0%)

1 なんだの, パパだの

▼ 夫婦だらう~ (2, 0.0%)

1 つて, と思ふ

▼ 夫婦だろう~ (2, 0.0%)

1 か, と思う

▼ 夫婦てえ~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 夫婦であれ~ (2, 0.0%)

1 ばよろしい, ば尚

▼ 夫婦としても~ (2, 0.0%)

1 なかなかほめるべきです, 朋友としても

▼ 夫婦とともに~ (2, 0.0%)

1 妊婦の, 木曾福島まで

▼ 夫婦とまで~ (2, 0.0%)

1 約束し, 約束した

▼ 夫婦ともども~ (2, 0.0%)

1 に一定, に江戸

▼ 夫婦ともに~ (2, 0.0%)

1 その前後, 好い人

▼ 夫婦なぞが~ (2, 0.0%)

1 この事, 起きて

▼ 夫婦などに~ (2, 0.0%)

1 なったの, なって

▼ 夫婦などは~ (2, 0.0%)

1 最も困った, 海水着の

▼ 夫婦ならね~ (2, 0.0%)

2 ば児

▼ 夫婦なんか~ (2, 0.0%)

1 その例ぢ, そりや

▼ 夫婦については~ (2, 0.0%)

1 しあわせな, その横顔

▼ 夫婦へは~ (2, 0.0%)

1 何かと引け目さ, 森本の

▼ 夫婦ほど~ (2, 0.0%)

1 事は, 有難い人

▼ 夫婦もん~ (2, 0.0%)

1 が密会者みたい, 怪しいと

▼ 夫婦~ (2, 0.0%)

1 の前, はその

▼ 夫婦ゲンカ~ (2, 0.0%)

1 は犬, をやっ

▼ 夫婦~ (2, 0.0%)

1 同ジ日本間, 少シ

▼ 夫婦ワイマルショオンベルヒ~ (2, 0.0%)

2 の両

▼ 夫婦一組~ (2, 0.0%)

1 ずつと見, を乗せた

▼ 夫婦不仲~ (2, 0.0%)

1 などといふこと, になり

▼ 夫婦両人~ (2, 0.0%)

1 のみにてこれ, は常に

▼ 夫婦~ (2, 0.0%)

1 が又, 道

▼ 夫婦争い~ (2, 0.0%)

1 で両親, にあまり

▼ 夫婦二人ぎり~ (2, 0.0%)

1 と成った, の家庭

▼ 夫婦以外~ (2, 0.0%)

1 には校門, に下女

▼ 夫婦仲睦~ (2, 0.0%)

2 じく

▼ 夫婦位妙~ (2, 0.0%)

2 に僕等

▼ 夫婦兄妹~ (2, 0.0%)

1 の家族内, の霊魂

▼ 夫婦六十~ (2, 0.0%)

2 を越し

▼ 夫婦出來~ (2, 0.0%)

2 あがりて

▼ 夫婦切害~ (2, 0.0%)

2 に逢

▼ 夫婦別々~ (2, 0.0%)

1 に謝礼, の好み

▼ 夫婦別れ別れ~ (2, 0.0%)

1 にならなく, になる

▼ 夫婦別居~ (2, 0.0%)

1 のこと, の時代

▼ 夫婦即ち~ (2, 0.0%)

1 お爺さんと, 五弓須磨生女史と

▼ 夫婦及び~ (2, 0.0%)

1 令嬢が, 令嬢河崎繁次郎氏其他の

▼ 夫婦~ (2, 0.0%)

2 樣に

▼ 夫婦同伴~ (2, 0.0%)

1 して, でしょお

▼ 夫婦同室~ (2, 0.0%)

1 の約束, は決して

▼ 夫婦同棲~ (2, 0.0%)

1 とかいう形式, の生活

▼ 夫婦同衾~ (2, 0.0%)

2 とくる

▼ 夫婦善哉~ (2, 0.0%)

1 といえ, は何故か

▼ 夫婦喧嘩みたい~ (2, 0.0%)

2 な事

▼ 夫婦多し~ (2, 0.0%)

2 とこなた

▼ 夫婦多賀屋~ (2, 0.0%)

1 の主人勘兵衛, の主人勘兵衞

▼ 夫婦~ (2, 0.0%)

1 ならぬ妻, の妹

▼ 夫婦始め~ (2, 0.0%)

1 て室, て愁眉

▼ 夫婦~ (2, 0.0%)

1 で来る, のお

▼ 夫婦子供四人~ (2, 0.0%)

2 の家族

▼ 夫婦差し向い~ (2, 0.0%)

2 の愛

▼ 夫婦~ (2, 0.0%)

1 に吾助, に喜八

▼ 夫婦幸福~ (2, 0.0%)

1 であれ, なる友人関係

▼ 夫婦徳三郎~ (2, 0.0%)

2 などと一緒

▼ 夫婦心正直~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 夫婦~ (2, 0.0%)

1 が多い, もある

▼ 夫婦所志~ (2, 0.0%)

2 よしを

▼ 夫婦掛り人~ (2, 0.0%)

2 の喜八郎

▼ 夫婦揃ッ~ (2, 0.0%)

1 て乞食, て隣同士家

▼ 夫婦~ (2, 0.0%)

1 といはれる, の梢

▼ 夫婦気どり~ (2, 0.0%)

1 おまけに, の旅

▼ 夫婦相和~ (2, 0.0%)

1 した訳, して

▼ 夫婦相対~ (2, 0.0%)

1 して, するが

▼ 夫婦~ (2, 0.0%)

2 じく

▼ 夫婦~ (2, 0.0%)

1 の中, の孟宗

▼ 夫婦~ (2, 0.0%)

1 を忘れ, 穉更相食

▼ 夫婦者それ~ (2, 0.0%)

1 が西兩國, は當夜

▼ 夫婦苦楽~ (2, 0.0%)

2 を共に

▼ 夫婦親子兄弟~ (2, 0.0%)

1 が昔, の関係

▼ 夫婦~ (2, 0.0%)

1 の主従的, も平等

▼ 夫婦軒下~ (2, 0.0%)

2

▼ 夫婦遊び~ (2, 0.0%)

1 に来る, に見える

▼ 夫婦長三郎~ (2, 0.0%)

1 に於, の前

▼ 夫婦長幼~ (2, 0.0%)

1 たがいに, の大

▼ 夫婦骨肉~ (2, 0.0%)

1 の怒り, の聖

▼ 夫婦黒島夫婦遊び~ (2, 0.0%)

1 に来る, に見える

▼ 夫婦~ (2, 0.0%)

1 とは, のこと

▼1* [557件]

夫婦あって親子, 夫婦あてにそれから, 夫婦あらそいかも知れぬ, 夫婦あらゆる恋仲は, 夫婦ありて後に, 夫婦あるのみに候, 夫婦あれど子, 夫婦いうたらみんな何処でも, 夫婦いっしょにとおもいきわめていたけれどもしかし, 夫婦いや夫婦には, 夫婦いろいろな場合, 夫婦おのおのその親戚, 夫婦お上さんはだるま上り, 夫婦お嬢さんの心持, 夫婦お揃いで乗り込むの, 夫婦かいなと抜かしゃがっ, 夫婦かけむかいで, 夫婦かみゆい次の, 夫婦からの土産物として, 夫婦がかりで薄気味悪い, 夫婦がと微笑は, 夫婦がねえいやこいつ, 夫婦きり冬はたいてい, 夫婦ぐらいケチンボーは, 夫婦ぐらしそれをし, 夫婦ぐらし一緒に住ん, 夫婦げんか男と女, 夫婦ここのウチ, 夫婦こころ合わでも, 夫婦こころ合はで, 夫婦こそだ, 夫婦この頃私たちの, 夫婦これらは子ども, 夫婦こんな陳腐な, 夫婦さあ七十前後の, 夫婦さえ知らぬこんな, 夫婦さし向かいの碁打ち, 夫婦さまをここ, 夫婦ざるは奇声, 夫婦すこしく恢復せし, 夫婦すなわち伊達捷平夫婦と, 夫婦すら多い, 夫婦まゐ, 夫婦そしてこのまま, 夫婦そらうてひのきしんこれ, 夫婦それから孫も, 夫婦それ自身の本能, 夫婦そろつてその, 夫婦そんな風な, 夫婦ぞと二人の, 夫婦ただ二人となった, 夫婦たち一同が揃っ, 夫婦たのしく暮すの, 夫婦たらしめる根本的条件の, 夫婦たる者を御覧, 夫婦だけしかいなかった, 夫婦だけには黙許され, 夫婦だつたらう殺してから, 夫婦ゅうもんはなんも, 夫婦っていう奴だ, 夫婦つてものはそんな, 夫婦つれ込みが文珠屋, 夫婦そない, 夫婦てんてこまいでかず, 夫婦であったなら最もふさわしい, 夫婦でありたいなら少々つらい, 夫婦であり得ている, 夫婦であるならばその, 夫婦であろうとなん, 夫婦でございまして仙太郎, 夫婦でございましたでせう, 夫婦でございませうが奥さん, 夫婦でしたが六七年經, 夫婦でなかったならば或は, 夫婦でのこ, 夫婦としか居らんので, 夫婦とでちゃんと桟敷, 夫婦ともさう物に, 夫婦ともすや, 夫婦とも揃ひも揃つた吝嗇坊で寄附事, 夫婦どたばたやって, 夫婦どちらもその, 夫婦どっちも身体, 夫婦ども上下六人を我が家, 夫婦なくんば, 夫婦なぞに成らなくって, 夫婦なぞも遠く成った, 夫婦なぞを町で, 夫婦などどこかで, 夫婦などがその主, 夫婦などで朽ち終っては, 夫婦などというものは, 夫婦などといふものは, 夫婦などとは実の, 夫婦などには持つて, 夫婦などを一夕招宴し, 夫婦ならず又は女, 夫婦なら似合ってら, 夫婦なり夫を, 夫婦なりとか申ことゆゑ其外には, 夫婦なんかでもまだまだ私, 夫婦なんかの場合ギャップは, 夫婦なんぞ絹の, 夫婦なんぞというものは, 夫婦にあたる人達が, 夫婦にさえなって, 夫婦にしか見えませんか, 夫婦にたいして一団と, 夫婦にだってその夫婦, 夫婦について考えて, 夫婦にても一時の, 夫婦にとっての関心事は, 夫婦にとり残された母親, 夫婦になどなれないであろう, 夫婦によつて導かれた, 夫婦によって掃除された, 夫婦に対してすら彼は, 夫婦に対しては殆ど何, 夫婦に対してもりっぱでない, 夫婦うらやましいわ, 夫婦のけはいからそれとなく, 夫婦のさいさきを, 夫婦のどつちが, 夫婦はいづれもしよげた樣な, 夫婦はじめそれをほんとう, 夫婦はじめ四人の女, 夫婦はちよつと眉, 夫婦ばかりと聞いただけに, 夫婦ばかりの陰気な, 夫婦ひき分けて鶴江, 夫婦ひとつがいを差しあげ, 夫婦ひと月ぶんの生活費, 夫婦ふたりきりで子供, 夫婦へもお縫どの, 夫婦べつだん悪者では, 夫婦ほかに親内, 夫婦ぐことを禁ぜられ, 夫婦まことの伜, 夫婦または兄弟の, 夫婦まで召し捕られて, 夫婦までを意氣地が, 夫婦てえで, 夫婦みなよく合理, 夫婦むつましきを, 夫婦むつまじきを人間上乗, 夫婦もござりますからそれら, 夫婦ものの貧しいの, 夫婦やおや屋や縁者, 夫婦ゆえ互いに滞留, 夫婦あのお, 夫婦よてなこと, 夫婦よと長屋じゅうの, 夫婦よめのお, 夫婦よりずつと仕合せだ, 夫婦よりの願書前に, 夫婦らしいさびた情味が, 夫婦らしくしようとした, 夫婦らしくないと言った, 夫婦らしくなって来, 夫婦らしく見られるのを, 夫婦わたくしの叔父叔母, 夫婦カピューレット長者夫婦其他多勢出る, 夫婦ガンジー夫婦リープクネヒト夫婦孫逸仙と宋慶齢女史, 夫婦シテ流転年久シク賤シキ業シテ歩クウチ一年中国ノ一寺ニ, 夫婦チヨ子とキシさん, 夫婦ドロと, 夫婦ニ子供ガ三人デ狭, 夫婦昔カラノ事ヲ, 夫婦ハビール予等ハ番茶ヲタンブラーニ入レテ貰ウ, 夫婦ハ二三年前ニ戒名ヲ附ケテ貰ッタ, 夫婦ピクニック帰り種々, 夫婦メェフラワァを目送, 夫婦リープクネヒト夫婦孫逸仙と宋慶齢女史, 夫婦ヶ鼻の方, 夫婦まず御, 夫婦一つの部屋, 夫婦一ツかます, 夫婦一命も危き機, 夫婦一家のもの, 夫婦一對のみ殘, 夫婦一生涯の協力, 夫婦万歳である, 夫婦三亀雄もと雇人, 夫婦三月四日立って, 夫婦不徳の家, 夫婦の無情, 夫婦に下男吉平, 夫婦並んだ処は, 夫婦中心に徹底, 夫婦中能く暮, 夫婦主従愛人たちの人間らしい, 夫婦軽体飛行機, 夫婦了解の上, 夫婦ひを, 夫婦二人ぎりで家族は双方, 夫婦二人ぐらしであったから, 夫婦二人揃でさる, 夫婦二人暮しなら魚, 夫婦二神の像, 夫婦二組にて浅草, 夫婦二體の者, 夫婦互いに丁寧に, 夫婦互に力を, 夫婦五人の外, 夫婦五組に対し年, 夫婦に面, 夫婦人生の中道, 夫婦付きの女房, 夫婦代る代るに詰め, 夫婦以上の誓い, 夫婦以上妻は夫, 夫婦以下總て他, 夫婦以下郵便局長なんかの姿, 夫婦以前道徳なく夫婦以後, 夫婦以後始めてその, 夫婦仲さへよけれ, 夫婦仲人がうらやみ笑う, 夫婦仲好の呪, 夫婦仲心に染まぬ, 夫婦仲良さそうに, 夫婦伊兵衛おみな, 夫婦伜娘お町, 夫婦伝三郎夫婦三亀雄もと雇人, 夫婦れの, 夫婦伸子素子の四人, 夫婦住んでうまく, 夫婦の市, 夫婦何方も, 夫婦何者の爲, 夫婦侍女をつれた, 夫婦俊雄君それから兄さん, 夫婦信じ合っている, 夫婦倅娘お町, 夫婦倶稼ぎをする, 夫婦倶稼ぎでなければなんねえに先方はお嬢様, 夫婦偽装は上京, 夫婦働いている, 夫婦元どほりに, 夫婦兄妹三人がここ, 夫婦兄弟姉妹相和して, 夫婦兄弟姉妹等の複雑, 夫婦兄弟親子の間, 夫婦だったに, 夫婦八ヶ年浪人の身の上ゆゑ油屋五兵衞方, 夫婦共三州者の由, 夫婦共作の努力, 夫婦共働し雪, 夫婦共同の責任みたい, 夫婦共棲の制度, 夫婦共殆ど同時に息, 夫婦共脊が高く, 夫婦共著にて, 夫婦共謀の大, 夫婦其の夜は, 夫婦其他出る, 夫婦其他多勢出る, 夫婦其者には何, 夫婦内藤吉田両夫人達, 夫婦い接吻, 夫婦出来あがりて, 夫婦分れをし, 夫婦別れごとに金, 夫婦利害を共に, 夫婦十兄弟は, 夫婦で睦まじく, 夫婦千葉夫人眞山西田両君及び予等夫婦, 夫婦協力して, 夫婦南部氏御夫婦, 夫婦又はアミ, 夫婦及当夜の宿直員, 夫婦及田村女史と築地, 夫婦を合せた, 夫婦叩頭坊主も頓首, 夫婦只今はどうか, 夫婦合わせて四十五銭, 夫婦合体であるから, 夫婦合意の上, 夫婦合計七名が威儀, 夫婦吉田氏夫人満鉄, 夫婦同一線上に立っ, 夫婦同家の傭人, 夫婦同居して, 夫婦同居戸外の経営, 夫婦名前になっ, 夫婦向い合ってたべた, 夫婦向きあひ, 夫婦向きあい楽しき夕餉, 夫婦君臣の間柄, 夫婦和睦の仲裁, 夫婦哈爾賓新聞主筆の佐藤四郎さん達, 夫婦喃々の間, 夫婦善哉書きなはれ, 夫婦喜びて一間, 夫婦喧嘩一つでさえも眼, 夫婦喧嘩下品な御, 夫婦喧嘩以外にする, 夫婦喧嘩位しか無く, 夫婦喧嘩同様な愚痴, 夫婦喧嘩師の茨右近, 夫婦喧譁みたいな事, 夫婦土屋夫婦永見母子をよぶ, 夫婦が道, 夫婦をあげ, 夫婦外国の婦人, 夫婦外山文学士などと云, 夫婦は二人, 夫婦夜半頃から鳴きだす, 夫婦天井裏には母, 夫婦からは冷, 夫婦妓八郎等と銀座風月堂, 夫婦始め娘のお, 夫婦姻戚のつながり, 夫婦娘ふたりの前, 夫婦娘三者一体となっ, 夫婦の家, 夫婦婚姻を契約, 夫婦を行え, 夫婦子供づれで来た, 夫婦子供づれで頼って, 夫婦子供一人きょうの世の中, 夫婦子供三人それにお, 夫婦子供無事にそろっ, 夫婦子孫曾孫の繁昌, 夫婦孟州大街の入口, 夫婦をつれ, 夫婦孫逸仙と宋慶齢女史, 夫婦家族他人交えずヨット, 夫婦寄ると子, 夫婦富谷判事山崎大尉の君, 夫婦ざめにも此事を, 夫婦いあって, 夫婦対等の権利, 夫婦専用の浴室, 夫婦小児を携え, 夫婦小生を誘ひ, 夫婦小野親子多多羅, 夫婦居ず二人の, 夫婦居り父母を, 夫婦岩岩瀬の陽石, 夫婦岩蓬莱岩岩戸不動滝垂釣潭宝船重ね岩宝塔等等等の名, 夫婦向ひ, 夫婦平等を称, 夫婦并びに若, 夫婦座談會などの記事, 夫婦引取り承應三年, 夫婦弟たちのところ, 夫婦弟夫婦私と倅, 夫婦吾吉利太郎の, 夫婦の友達夫婦, 夫婦待ちわびしきは, 夫婦得右衛門それに勝重なぞ, 夫婦御両名に, 夫婦御免なされと, 夫婦徳ちゃん夫婦があつまり, 夫婦心中者に見られ, 夫婦心配した位, 夫婦怪しと思い, 夫婦恒善夫婦陸水木の六人, 夫婦情切にし, 夫婦情死というもの, 夫婦惡漢どもの爲, 夫婦愛でこれは, 夫婦愛家庭愛における女, 夫婦愛本当の夫婦生活, 夫婦感情をそのまま, 夫婦慎むところの, 夫婦我等秋田さんと鳴海さん, 夫婦戸塚の夫妻, 夫婦打ちつれ墓詣り, 夫婦打ち解けた気分にも, 夫婦打ち連れ廊下伝いに, 夫婦抱き合って二階, 夫婦按摩傘張りの浪人者, 夫婦掛け合いの家, 夫婦木公司の, 夫婦の夏冬, 夫婦揃うて殺される, 夫婦揃ったところを, 夫婦揃つてなくつ, 夫婦揃つてそれに子供, 夫婦揃つて塵も積つて山主義, 夫婦揃つて好人物で一泊四十銭, 夫婦支度をなし, 夫婦故人の良人, 夫婦敬愛の守り, 夫婦斬り噂で, 夫婦なる僕婢, 夫婦既に配偶の, 夫婦昨夜大井河原下伊呂村にて切, 夫婦朋友その他あらゆる無数, 夫婦朋友それがなん, 夫婦朋友師弟仇敵各々相識らざる者, 夫婦朋友師弟兄弟となった, 夫婦朋友恋人の仲間, 夫婦のやう, 夫婦の兄, 夫婦本堂の諸, 夫婦本当の愛人同士, 夫婦本郷帝国大学正門前にパン屋開業, 夫婦村役人共大勢付添本多家用人笠原常右衞門惣取締として江戸表, 夫婦村役人周藏喜平次木祖兵衞三五郎下伊呂村名主藤兵衞組頭惣體引合人殘らず罷り出村役人, 夫婦をならべ, 夫婦柳なにはのはし, 夫婦柳両国の南川はた通り, 夫婦栄さん夫婦とたべ, 夫婦株式会社といふ看板, 夫婦といふ枝垂, 夫婦極めて円満な, 夫婦横死の節檢使, 夫婦樽川を発し, 夫婦次女の五人, 夫婦正しく一身同体妻の, 夫婦正樹の姉, 夫婦此世に居べき, 夫婦此度無實, 夫婦此樣に浪人, 夫婦に老, 夫婦おやも, 夫婦母上とで出かけ, 夫婦母子の生別, 夫婦毛谷夫婦より一層, 夫婦気取と言, 夫婦を揃, 夫婦を汲, 夫婦永見母子をよぶ, 夫婦の傍ら, 夫婦泉氏本城氏御兄弟, 夫婦洋傘を翳し, 夫婦洋行の問題, 夫婦であったの, 夫婦鉄の, 夫婦濱田豊樹氏本城徳太郎氏御夫婦, 夫婦あり, 夫婦無理矢理つれて, 夫婦片側は雪子, 夫婦片山夫人の弟, 夫婦物盗人物から悪, 夫婦特有の横柄, 夫婦独特のわかり合いで, 夫婦なので, 夫婦はれる, 夫婦甚だ相和さ, 夫婦生活そのものを極端, 夫婦生活なぞは何, 夫婦生活ニ関スル記載ガ頻繁ニ現ワレルヨウニナレバ, 夫婦生活十年の後, 夫婦生活四年間のあげく, 夫婦生活愛人関係または丸善, 夫婦と客用, 夫婦用座ぶとん夫婦用と客用, 夫婦田中さんの娘十一時, 夫婦田地を質, 夫婦田村次郎氏御夫婦, 夫婦の四辻, 夫婦画家の眞山孝治其他, 夫婦番頭女中さんなどがむらがり, 夫婦の愛情, 夫婦皆んなお上の手, 夫婦相別れ申し候, 夫婦相對して, 夫婦相念い情感, 夫婦相思の情, 夫婦相性の事, 夫婦相親み上下和睦, 夫婦相談一決して, 夫婦睦まじう揃う, 夫婦睦まじく笑って, 夫婦禁庭へ入る, 夫婦と倅, 夫婦私共林町の皆, 夫婦稲舟美妙の結合, 夫婦立ちの孟宗竹, 夫婦立っている, 夫婦立会いの上, 夫婦約束かねは身請け, 夫婦約束くらゐして, 夫婦約束位出來るだらうと, 夫婦細君気に張, 夫婦結合をいっしょ, 夫婦越候跡より, 夫婦者アパアトかも知れやしない, 夫婦者一人に対して独身者九人, 夫婦者病身らしい十八, 夫婦者鼻高面を大切さうに, 夫婦自ら鍬をとり, 夫婦舅殿の讐, 夫婦主人夫婦娘ふたりの, 夫婦薬方の衆, 夫婦藤森彌吾吉夫婦, 夫婦は一寸, 夫婦てるだけ, 夫婦衣服子女の料, 夫婦をつらね, 夫婦西村仁三郎谷利三郎土人一名合せて, 夫婦親しき朋友が, 夫婦親友などは, 夫婦親子三人を乗せた, 夫婦親子兄妹の愛, 夫婦親子思いもよらぬ, 夫婦親子朋友の愛, 夫婦親子睦じく, 夫婦親愛恭敬の徳, 夫婦親類の誰彼, 夫婦解釋についてまだ, 夫婦許婚の新六郎, 夫婦評論や夫婦座談會, 夫婦話題の悶着, 夫婦に注意, 夫婦談合の手筋, 夫婦稼の, 夫婦諸共伏拜み夫, 夫婦諸共兇悪な強盗, 夫婦諸共吉之助を勞, 夫婦諸共親に孝行, 夫婦谷利太郎は大, 夫婦財産共有法によってなされた, 夫婦貪慾強情にて七年以前, 夫婦身延山へ參詣, 夫婦を駢, 夫婦辛苦して, 夫婦途方に暮れ, 夫婦逢うて直ぐ, 夫婦連れのもある, 夫婦連れ立って歩く, 夫婦連れ結婚一二年今に今, 夫婦連れ親子連れ握飯を持つ, 夫婦連立つて買物方々, 夫婦連立田原町へ歸, 夫婦連立町役人に誘引, 夫婦達磨の修業, 夫婦野間翁及余を招ぐ, 夫婦金五郎胡蝶屋豆八くらいにすぎなかった, 夫婦金谷村の法會, 夫婦長屋もこれから, 夫婦長男恒善長女純次男優善の五人, 夫婦間独自の衝突, 夫婦関係もときわどい話, 夫婦関係等に一種, 夫婦陸水木の六人, 夫婦隠居書生などがその, 夫婦雇主対被雇人, 夫婦雑居はお, 夫婦離れてある, 夫婦離れ離れの食事なぞ, 夫婦離別一家ちりぢり当然, 夫婦離別親子わかれ実に, 夫婦離反しても, 夫婦零落の體, 夫婦零落困窮仕り候, 夫婦を並, 夫婦に感歎, 夫婦ふ鶏, 夫婦驚きてこれ, 夫婦のやう, 夫婦に揚る, 夫婦黒い面紗を, 夫婦黒門を出