青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「尾~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

就~ ~就い 就い~ 尺~ ~尻 尻~ 尻尾~ 尼~ 尽し~ ~尾
尾~
局~ ~居 居~ ~居た 居た~ ~居つた ~居ない 居ない~ ~居ました ~居ます

「尾~」 4364, 47ppm, 2477位

▼ 尾~ (1039, 23.8%)

77 引いて 56 ひいて 51 曳いて 44 振って 19 振りながら 18 垂れて 12 ふって 7 つかんで, ひきながら, 引きながら, 持って, 捲いて 6 動かして, 振つて 5 ふつて, ふりながら, 下に, 振る, 掉って, 曳きて, 繋いで 4 たれて, 引いた, 肩に

3 [11件] 付けて, 垂れ首, 巻いて, 引っぱって, 振った, 振りて, 振り立てて, 振る犬, 握って, 曳きながら, 曳く

2 [54件] えがいて, くるりと, さげて, さして, したレオポルドめ, そらして, つかまへて, ひいた, ひいた箒星, ひくよう, ひら, ぴちぴちと, ふった, ふりました, ふる犬, ぶら下げて, まいて, もって, キリキリと, ヒラヒラさせ, 出して, 出すまでに, 切って, 取って, 口に, 左右に, 引いたが, 引きて, 引くもの, 引くよう, 持つて, 振りも, 振り牙, 振ること, 振る犬みたい, 捉えて, 掉つた, 揺か, 揺って, 携へ, 曳いた, 曳くよう, 曳く川蒸汽, 曳く彗星, 曳く雲, 曳けり, 枝に, 水に, 股の, 草に, 踏んだり, 逆に, 銜んで, 飾った頭巾

1 [527件 抜粋] あげて, あげ爪, あげ背, あとに, あらわさない, いくつと, いくめぐり谷, いたは, いまだに, いまの, うちて, うねうねする, おろした, お切りつけ, お割き, かえりみ水, かくして鎌首, かくしました, かじっては, かすかに, からんだ儘, こっそり継い, こわしたカラビン銃, さか, さやるを, しっかり攫ん, すいすいと, すぼめて, ずるずると, そちらに, そなえ火, そのままわずかに, その間より, そらす鶯, たたんで, たてて, たばねて, たらした小児, たらし睡たげに, たれいろいろ, ちょん切られた, ちらりと跳ね上げ冷笑, つかまえた, つかまえられた, つかまれた蛇, つかまれては, つぎに, つけた凧, つけた紙鳶, つけ鰭を, つまんで, つらねて, とって, ながくなびかせ, なづさふしろき雲, なびかせ荒々しく, のぞむ, はね上げて, はやしたまま, ひいたこの, ひいたまま, ひいたもの, ひいたよう, ひいた星, ひきて, ひき大地, ひき怒ったよう, ひき摺りながら, ひき海, ひき消えて, ひく, ひくこの, ひくもの, ひくやう, ひく不思議, ひく呼び声, ひく夕日影, ひたし去る, ひっぱったり, ひらめかす重, ひるが, ひろげた大きな, ひろげて, ぴくぴくやっ, ぴよんと刎ねた, ぴんと上げ, ぴんと伸ばし, ぴんと立て, ふき流して, ふさふさした, ふったり, ふつたり, ふつては, ふりあ, ふりはじめました, ふりふり素町人, ふります, ふりクウン, ふり乍ら, ふり俥, ふり出した, ふり立てながら, ふるうごとくゆらゆら, ふるうち, ふること, ふるったかと, ふるに, ふる具合, ふる柿, ふる血, ぶったのよ, ぺたっと尻, まかして, まかないで, またに, またの, まだ現実, めぐらしこれ, めぐると, めぐる一つ, めぐる谷, もち山, もておの, もて人, もて低き, もて幾度, ゆりて, カラカラ引い, キラキラ夕陽, ギーギーと, ダラリと, チぎれそうに振り廻し, バサリと, パチパチと, ヒラ, ピンと, ワクに, 一目に, 三つばかり, 上に, 下げた犬, 下げて, 不祥と, 両和田村, 両脚の, 二本ぶら下げた, 二疋も, 今度は, 付けたので, 伸ばしながら, 低れ, 働かせて, 充分に, 入れて, 全部描かない, 具え海中, 凝視る, 出した狸, 出すに, 出すよう, 切ったとき, 切て, 切られると, 切りたま, 切り落とし棒状形, 切り離した, 刎ね, 刎ねた皿に, 割きて, 力なく, 動かさないでも, 動かしたか, 動かしたが, 動かしてを, 動かしながら, 動かすたび, 千切れる, 去って, 取るもの, 叩くよりも, 右に, 同様に, 向けて, 向けての, 吹いて, 咬へて, 啖わるべし, 啣え, 噛みしめるよりは, 噛むの状大河, 四五本, 四時間も, 地に, 地へ, 地べたに, 垂れた, 垂れた上, 垂れた鶏, 垂れながら, 垂れぬ者, 垂れ口, 垂れ歩くにつれて, 執りて, 堅き背, 売らずに, 売りさばくという, 夜風に, 大地の, 奪られた, 孔に, 宇宙に, 宙に, 射って, 左り, 左右へ, 巻いた犬, 巻きて, 巻きながら, 巻き固めたごとく鰭, 幾条も, 広げたる儘卓上, 広げてる七面鳥, 床に, 延長し, 弄ぶ様, 引いたの, 引いたもの, 引いたよう, 引いた小さな, 引いた後, 引いた枝, 引いた流星達, 引いた高調子, 引いてもん, 引いてるの, 引かせて, 引きチクリ, 引き人, 引き切れた蛇, 引き声, 引き摺りながら, 引くこと, 引くと, 引くという, 引くとともに, 引くに, 引くモロー彗星, 引く慧星, 引く甚右衛門, 引く胸苦しい, 引く鈍い, 引ずりて, 引っぱったお, 引っ張ったり, 引張る処, 引張る呼声, 引張る呼聲, 引張る處, 引縮め車底の, 張って, 張り鬚を, 強く二三遍, 彈く, 彎曲した, 得た, 微かに, 心に, 忙しく動かす, 恐れない, 扇の, 打ち振りながら, 打ち振るの, 打ったらしい, 打った拍子, 打った者, 扱いて, 抑へ, 折りました, 押えようと, 押さえられ打ち殺されたの, 持たぬもの, 持った人間, 持つてるもの, 持つは, 持つ闘鶏, 持参し, 挙げて, 挙げては, 振ったもの, 振った犬みたい, 振つた, 振つたり, 振つて地面, 振つて此方, 振つて龍夫, 振らずに, 振らぬ, 振られては, 振りおりますわい, 振りましたけれど, 振ります, 振り一つ, 振り乍ら, 振り初める, 振り前, 振り勇んで, 振り吠, 振り国旗, 振り始めた, 振り廻して, 振り振り笹, 振り流した赤毛, 振り父, 振り立てながら, 振り終日石, 振り舞, 振り雲, 振り頭, 振るけれど, 振るごとくせば, 振るの, 振るよう, 振る姿, 振る尻, 振る白い, 振動させる, 挿し紫, 捉え他, 捉え引いたが, 捕えた, 捨てはらわたを, 捨てる代り, 捨て細引, 捲いたまま, 捲き上げて, 捲き付, 捲き獅子毛, 捲くは, 捲く暗, 掃溜に, 掉つてゐた, 掉つて其傍へ, 掉り, 掉る, 採って, 接いだという, 揺かし, 揺かし歩く, 揺がす我, 揺るがしたり, 揺るがし故, 搖し, 搜し, 携え来って, 撃つと, 撃てば, 撮んで, 攬り, 敵手の, 斬られ頸, 斬り裂いた, 斬ると, 映し出したとき, 暮色に, 曲げた聴衆, 曲げて, 曳いたもの, 曳いた人魂, 曳いた異様, 曳いた鮮明, 曳いては, 曳かれて, 曳き, 曳きいつ, 曳きつ, 曳きつつ, 曳き星, 曳き船, 曳き過ぎる春ふけ, 曳くかと, 曳くので, 曳く不二, 曳く亀甲洋袴, 曳く波紋, 曵いて, 束ねたよう, 東福寺の, 柱と, 栗鼠の, 棒の, 検した, 槍の, 横ぎって登る, 欲する間違い, 残して, 水から, 水の, 水面に, 沈めて, 海水に, 海辺に, 煽るよう, 牽いたので, 牽くもの, 獲しかも, 獲たま, 獲たり, 獲て, 獲ん兄上, 獲ん兄上五十尾, 獲同伴, 獲玉, 生やして, 甲板に, 皿の, 知らぬ, 矧いだ矢, 秀峰富士に, 私たちの, 秘壇の, 空ざまに, 空に, 空様に, 立てたらしい, 立てたり, 立てて, 素足に, 細くすっと, 細長く引い, 経て, 結びつけたる旗印, 結び金嚢, 結んだノルマンディー馬, 継ぎ足して, 續ぐの, 續けて, 羅の, 聯想した, 背に, 背中に, 脚の, 腹に, 葭に, 蒼穹の, 虚冥に, 蜒々と, 裂いて, 装いたるまま, 製造する, 西南に, 見せじと, 見ただけで, 見つけ出して, 見て, 見ると, 見降ろして, 豊に, 貰うため, 走らして, 越え尾, 踏まれたり, 踏まれて, 踏み破りて, 踏んだ, 蹈破し, 軽く持っ, 軽く振っ, 輪鍵に, 追いかける猫, 追って暗い, 逆しまに, 進物として, 釣ったのみ, 釣る毎, 銃を, 銜えたの, 銜み, 長くうしろ, 長くし, 長くする, 長くひい, 長くひく, 長く垂れ, 長く引いた, 長く引き, 長く手繰, 長く曳い, 長く牽き, 長く長くしなけれ, 閃めかし, 開いて, 集めて, 電信線は, 震わせながら, 静かに, 静止させ, 頭に, 食って, 鳴らし得る, 鳴らすめ

▼ 尾~ (663, 15.2%)

29 ように 6 やうに 5 方から, 狐の, 道の 4 やうな, ような, 中に, 長い猿, 魚が, 魚を, 鮎を

3 [18件] ある人, しだり, ない鳥, ぶたに, 先に, 小魚, 岩魚が, 方は, 方へ, 方を, 狐が, 狐に, 狐を, 羽根の, 道と, 長い純白, 長さ, 鯉の

2 [53件] あいだでは, ありて, ある人間, うちで, うちに, おごり七妻の, さきで, さきの, ところを, ないとかげ, ないキツネ, ない狐, なが, 下に, 中から, 二尺ぐらい, 先が, 先で, 先は, 先まで, 先を, 君加多, 大きい魚, 大きい鱶, 大きな鯰, 尖の, 山の, 岩魚を, 形を, 愛, 方が, 様な, 沙魚が, 狐でも, 短い女学生, 端に, 端まで, 羽根, 註参照, 道に, 部分は, 金魚, 銀狐が, 長いの, 長い金魚, 附根が, 附根の, 館へ, 魚の, 魚も, 鮒を, 鯛を, 鰻を

1 [425件] あたりから, あたりの, あたりは, あった時代, あつかい方, あるきつね, ある事, ある怖, ある狐欺, ある穴居, ある雀, ある鳥, いおうようない甘酸っぱい, いちばんきれいな, いわしの, うちかけを, うちから, うち一つは, うち今の, うろこの, お手, お料理, かざり, かすけ, かなり大きな, きつねでした, きつねは, くる, ごときもの, ごとくに風を, ごとく左, ごとく細く, ごまめを, さかなが, さかなを, さきのみ, さけた小さき, したり, ずんぐりぶつ, それだけ, ために, ついた梟首, つけもとは, つもり尿なんか, ところに, どこかに, ないの, ないぶた, ない一疋, ない奴, ない性, ない水泳, ない猴, ない馬, なかほどに, ながながし, ながながしき手紙, ながながしく, なくな, なるひびきにも, ふさふさした, ふな, ふり方には, への鐘, やまべと, ようで, よにや, アメンボウの, キヤリコの, キリ, シチュー, シチューが, シチューに, スープ, セイゴを, 一団という, 一尺位ゐ, 一尾が, 一峰, 一峰越え, 一段高く, 一片は, 一群が, 一群次に, 一軒家を, 一部は, 一部を, 三色は, 下にて, 中そう, 中で, 中の, 丸っ子も, 丸小兼竹内三竺喜斎等が, 九ツに, 乱り, 乱り走りぬ, 二筋に, 伸びる間, 位置に, 体型の, 価一円で, 値だろう, 傍へ, 僧侶の, 僧俗の, 優美な, 優美な振れ, 先き, 先までが, 先少し, 先端が, 兜にも, 八吋速射砲は, 具合の, 冷たくなった, 凜, 出先代官所の, 切れたぴちぴち, 判官殿は, 判官清高が, 別荘に, 前衛が, 力で, 動きさ, 動きそう, 動くの, 動く盥, 勝野の, 北の, 北海道紀行, 十九万石も, 原形の, 古狐で, 名を, 君, 君が, 君の, 君カタブの, 君等が, 君等の, 周囲は, 囮鮎を, 地は, 地侍半島の, 地利に, 地震には, 地震を, 地震之を, 垂り, 垂れぐあいまでさながら, 城を, 塩鮭を, 夕影寒う, 大きい鯉, 大きな赤い, 大きな魚, 大きな鯉, 大まぐろ, 大地震, 大尉は, 大平野, 大竜たり, 大魚, 大鮎, 天地は, 太い毛むくじゃら, 奇怪な, 如く一筋, 如く元日, 妖獣は, 姫百合渚づたひの翼の, 姿を, 守宮である, 害を, 寝床で, 寺に, 寺は, 寺を, 小さいの, 小路を, 小鮒, 小鰯, 少し上, 少し欠けた, 尖った高, 尖を, 尖咬, 尖断離れ, 尖端から, 尖端が, 居室から, 山女を, 山女魚を, 川魚を, 巨砲に, 巻いた海老, 巻き上がった昔, 平原に, 平野が, 平野は, 平野遠く, 広告が, 引かかって, 張りに, 張りの, 形が, 形した, 御城下, 御馳走にな, 怪獣の, 悪獣, 或る, 戦場から, 房, 所から, 所で, 所に, 払ひ捲き, 持合せが, 振り, 振動に, 捨てるよう, 捲き方, 敵金沢表の, 料理だ, 料理屋の, 方で, 方に, 方の, 方も, 方八吋速射砲の, 旗が, 末までは, 末端は, 本に, 本部へ, 机に, 条には, 東を, 松魚が, 柴犬で, 根までが, 根据ゑたり光る, 槍を以て, 様に, 歌で, 歌にも, 歌は, 比目魚を, 毛を, 毛筋で, 永きこの, 泣女の, 海の, 海老を, 消える縄, 混血児娘たちア何で, 清高からも, 湯の, 漁果を, 瀑である, 火が, 無いの, 無いキツネ, 無い飛行機, 狐で, 狐ばかり, 獲物が, 現れぬ, 球斑は, 琉金を, 生えぬ時, 町の, 異同で, 痕, 痕が, 痕の, 登路で, 白き鶏あら, 百姓喜左衞門は, 真実の, 短いこと, 短いの, 短いの二匹, 短い普通, 短い魚, 短い鼠ハムスター, 石から, 石と, 石は, 石を, 神, 神の, 神河の, 禅智内供とか, 端から, 端が, 端で, 端には, 端の, 端は, 竹を, 細い割, 縁に, 署名順を, 群れが, 義, 羽の, 羽根みたいに, 肉が, 胴体と, 脚の, 花拾銭シオン五銭買っ, 苦參こそ, 薄い青狐, 蛇の, 蛇を, 蜜蜂, 蝉であります, 蝦が, 蠅が, 装飾にまで, 裏から, 裏または, 襞の, 親から, 親鱒, 触れて, 註を, 詩は, 谷である, 象形なる, 起請文も, 軍艦旗とが, 辺が, 辺に, 連脈が, 連脈を, 連脈中で, 道から, 道がよ, 道で, 道は, 道へは, 道まで, 道までの, 道よ, 道を, 道大, 道観音寺の, 道鞆に, 部分が, 酒を, 醜を, 金具が, 金魚と, 鈴断間なく, 鉤を, 長いくねくね, 長い三毛ねこ, 長い五位さま, 長い大きな, 長い方, 長い漆黒, 長い猫, 長い男猫, 長い縞鳥, 長い自然的, 長い赤, 長い項, 長い魔, 長い鳥, 長い黒猫, 長き心, 長き空い, 長き長夜, 間という, 間には, 間の, 間へ, 間まで, 附け方, 附根に, 険を, 雉子あらはれ, 震災に, 青い鳥, 靡きは, 鞍部に, 音それらの, 音で, 音配置の, 響尾蛇の, 頂上から, 頃太陽が, 類と, 飾とな, 餌が, 館に, 館は, 館や, 香魚の, 香魚鉤にか, 骨の, 髯を, 魚である, 魚とを, 魚なり, 魚に, 魚一本の, 鮎が, 鮎は, 鮒が, 鮒も, 鮠を, 鯉が, 鯉を, 鰡を, 鰯と, 鱒が, 鱒とが, 鱒を, 麓に, 鼻端大いに

▼ 尾~ (250, 5.7%)

26 て来た, て来る 22 て行った 20 て行く 15 て来 13 てゆく 12 て来い 10 てくる 6 て歩い 4 ておい, て行き, て行っ 3 て, て行ったら 2 ていた, てきた, てそこ, てゆけ, て出た, て来れ, て歩いた, て歩き, て行きました, て駈け出した

1 [62件] ていっしょ, ていらつ, ている, てき, てこの, てすぐ, てその, てまいる, てまわり, てゆかない, てゆきます, てわが家, てゐ, て一緒, て二人, て今し方, て來, て來たま, て例, て停車場, て先, て入った, て其禿頭, て夜光, て奥, て姿, て岩木川, て廻っ, て廻った, て彼, て彼女, て往, て従軍, て急ぎ足, て悄々, て教員控所, て書斎, て本丸, て来いっ, て来おる, て来ない, て来ます, て来ませんでした, て来られ, て来られる, て板の間, て横町, て此方, て歩かず, て歩きだした, て歩き出し, て皆, て私, て立った, て荒川, て薪小屋, て行きたい, て行き損なった, て見届け, て走る, て降りた, て黙々

▼ 尾~ (164, 3.8%)

4 こんなかぎ, 尾を, 附いて 3 つきて, 鰭が 2 ある索引, なって, 似たり, 尾が, 従いて, 火を, 置く, 跟い, 鰭を

1 [128件] あまりける, ある残余, いじらしくながめ入りました, いたるまで, うごきつつ, おいでに, かたどった畸形, からみつかせその, この赤, さわらせようと, すがりつかれますと, するだう, せる糸, たわむれるよう, ついて, つき, つきながら, つけた赤い, つけつつ, つけられた依田学海, つながって, なるの, のこして, のせた文学雑誌, のめのめの, ひいて, ひきこもって, ふれんと, まいて, まぎれる巻, また二艘, やな, 一つが, 一両を, 一城この, 主税の, 乗つて, 云つて居た, 付いて, 付き, 似たもの, 似て, 作つてある, 來て, 倦い, 傾いて, 出て, 到る, 力を, 包まれて, 千, 及ばぬ, 及びたりと, 反りて, 向つて心, 夥しく節, 大きなホテル, 始終つく, 山羊児の, 巣くう鼠, 帝國軍艦旗の, 帰りついて, 引く先, 当てた, 往った, 括り付けて, 捲く力, 敲いて, 替へて, 木の, 椎まか, 母さんは, 沸くおびただしい, 油を, 烏帽子岩に, 玉を, 現われては, 番し, 登, 登った, 登り将監峠, 登ろうとして, 立ちて, 立つら, 笑靨傾くる, 節あり, 結ばれる, 縋って, 縋りて, 縛へ, 群がりし砲員, 羽を, 至るまで, 至るもの, 至る長, 芳虎の, 行き艦橋, 行って, 見える薄, 触るか, 触れ嘴, 記して, 詳しく説くであろう, 謡曲の, 識し, 譬へる, 赤いひも, 起るのみに, 跳躍を, 身体を, 載って, 近い羽交, 追い伏せまた, 追ひ伏せ, 逆か, 通り, 遊ぶかに, 運びし砲員, 過ぎじ, 録し, 長き鰭, 随い, 随いた, 零り置ける, 青灯と, 青白い火花, 飜しつ, 鰭添へて

▼ 尾けて~ (163, 3.7%)

13 行って 12 来たの 10 来て 9 行った 6 ゆくと, 行くと 3 いたん 2 いた, いた幸次郎, くる, くる気, 来たん, 来るよう, 行く, 行けば, 行こうと, 行ったが

1 [84件] いたあの, いたが, いたの, いた秦野屋, いること, いるの, いるのに, いるん, いる人間, いる侍ども, いる形, おくれ, おりましょうか, お袖, くれ, この寺, その行方, どこの, みたくも, みましょうか, みろ, もしお, ゆくうち, ゆくこと, ゆく人, ゆく元気, ゆく尺, ゆく気, ゆけば, 來て, 参りましたが, 大きな網, 好意一足の, 帰ろうかと, 引続き藤吉, 来た, 来たな, 来たに, 来たやつ, 来たよう, 来たらしい怪しい, 来たり, 来た以上, 来た佐久間勢, 来た侍, 来た半, 来た怪女性, 来た日本左衛門, 来た為吉, 来た牢人者, 来た甲斐, 来た男, 来た相手, 来た立場人足, 来は, 来ました, 来ると, 来るらしいので, 来るらしかった, 此方へ, 無二無三追いつめよ, 秦野屋に, 置く, 行かなけりゃならね, 行きながら, 行きました, 行きました所, 行きますと, 行くこと, 行くの, 行くので, 行く者, 行こうかと, 行ったの, 行ったもの, 行った左右太, 行った由公, 行った馬春堂, 行つて福松が, 見ましょうか, 見ようという, 身を, 近所隣で, 離れないの

▼ 尾~ (151, 3.5%)

3 生えて 2 あって, ついて, なかったなら, はえる調子, 出来る耳, 有るといふ, 東という, 頭に

1 [132件] ありました, あり尾, ある, あるって, あるん, あんまり大きく, いつでも, おのおの八つ, かっと光, かっと光り, きりきり舞い, ございません, すっと消え, すりきれて, ずるずるあご, その紙鳶, そばを, それとなく報酬, それに, ちょっぴりつい, つよくひかれ, とてもおいしい, とれたらこんど, とれて, なくな, なくなつたら, なびき, ひらひらと, ぶら下る, またスルスル, また来た, まるく長く金, みんな無い, むくむくと, めぐると, クルクルと, ダラリと, ピチッピチッと, 一ぺん切られた, 七厘何と, 上口を, 下つて, 下りそして, 並行し, 二の腕に, 体の, 何本も, 八あった, 八つあります, 出た, 出たり, 出て, 切られて, 切れて, 切れやすい, 博士論文の, 右左に, 吹くとも, 垂れて, 外の, 外へ, 大きく色, 太い, 太陽の, 妨げと, 居りて, 巻いて, 廻るその, 彼女の, 徐々に上昇, 扇の, 手に, 持つて, 曲って, 曳いたかと, 最後の, 有るべき理, 来た, 横に, 横扁い, 樹の, 歪んで, 水を, 水平線から, 水面に, 海をは, 海蛇の, 消える, 消え腹, 火に, 無いという, 煙管の, 現われて, 生えつつ, 生えてから, 白くて, 真ッ直ぐ, 短くなっ, 短くなる, 硝子の, 碧い, 礫を, 私の, 結びつけて, 継げたらしいよ, 美しく見えた, 胴に, 脈々と絡みつい, 腹よりも, 自然に, 蒸籠の, 薦骨の, 藏人頭の, 裂けて, 襞, 見えると, 足りない鋏, 跳り行く, 躍って, 躍動し, 躯の, 軟風に, 迫った一方, 金物で, 長い, 長くからだ, 長く捲き, 雪の, 非常に, 顔に, 顕われた, 高く躍った

▼ 尾~ (117, 2.7%)

14 の御 5 の若殿 4 の殿様 2 の万太郎, の人足, の代官, の大, の奴, の徳川万太郎, の柳生様, の竹腰山城守, の領分

1 [76件] かい, からはもう, から下っ, から四十八俵, から来る, から江戸送り, から父, か吉宗, があり, ご両卿, だけを責める, であったという, ですとさ, ですらこの, ではこんな, とか紀州, とても藩論, と小田原, と歩い, にはすでに, には三条西家, にわたる三城, に下向, に人, に到りて, に名高い, に因州, に行っ, の, のお, の七男殿, の上屋敷, の二千両, の先, の兵隊, の出, の勘定奉行, の勤王, の古俗, の名剣士青柳又八郎, の向背, の家中, の家中成瀬隼人正, の家中衆, の家老成瀬氏, の家老鈴木千七郎殿, の山, の従軍医, の御家士, の徳川慶勝, の成功, の方, の本宮山, の殿, の民間, の清洲, の用材, の精鋭, の縄張り, の苅安賀, の若殿徳川万太郎, の荷物, の蔵番奥宮鏡太郎, の藩主, の藩医柳田泰治, の重臣田宮如雲, の馬廻り役, はさっそく, へかけ, へ往, まで手, まで立ち戻っ, を代表, 御側用人吉田猿松, 御材木方, 御薬園御用

▼ 尾~ (113, 2.6%)

2 しだり, 引きに

1 [109件] いつまで, いまだは, いる, お吉, きっと又継い, きつね足は, きれて, これも, さながらマント, そこそこに, その晩年, それより, たとえばどんな, だしぬけに, ちょうど手, つかんだ, つまり夏漁, とれる, どんなもの, ふとくながい流線型, ほとんど地摺, また顏, まだ隅, もつれたうえ, わが胸, ブールドン河岸の, 一本十二銭位です, 一疋の, 一言か, 上へ, 下らない, 主に, 九つに, 二つ向, 井上侯が, 人の, 他の, 伝統の, 何かを, 先刻頼まれ, 全く石, 八つに, 冬の, 冴えか, 勇ましく跳ね上っ, 半分も, 口を, 四十二三の, 堂に, 塔の, 太く左巻き, 女の, 小さい節, 廣く, 引きて, 必ず西, 怪しき光, 悪所や, 愼しみ深く, 明らかに, 昨日彼方此方で, 木造で, 東といふ, 東誰も, 某耳は, 柿の, 梶を, 棒の, 気味の, 消えて, 滑だ, 滿に, 犬の, 狐の, 甲州の, 白く泡立っ, 直ぐ鏡子, 短かい, 短く前肢, 短く鼻, 私も, 立つて, 立てぬ斑雪矢羽根, 立留つた, 籃に, 細く胴, 絵に, 聲を, 芒の, 茶の, 蒼黒い, 蛇なり, 蛇の, 螺線を, 蟻に, 裂けて, 赤です, 躍り, 逃げられたの, 長い方, 長く地, 驢馬の, 高く巻い, 高尾に, 鴻島の, 黄いろい鰍, 黒く一尾, 黒く全身, 鼠より

▼ 尾~ (88, 2.0%)

4 鰭も 3 頭も 2 ひかる, 居ないと, 首も

1 [75件] あるぞ, あると, あるりっぱ, いた, いたのに, いた商売物, いない, かかりません, その通り牡の, つけぬ, つれなかった, ない, ないもの, ない一句, なかった, なくなり頭, なく皆ヘン, はいらず重い, ひれも, もらって, ゆらげば, よく似, 三尾も, 余り頭, 六尾も, 凍る, 出さず身, 出しつ身, 動かさずた, 動かさずただ, 四肢も, 居た, 居ない, 居ないん, 山のせ, 干からびて, 底に, 当たりを, 怒つた顏, 截らず, 投げて, 持って, 振らずただ, 捕れて, 掛からない, 棲むで, 残さず生捕り, 泳いで, 無い, 白くし, 網に, 群を, 胴も, 胴体も, 自然の, 若鮎が, 螺線を, 血の, 触れんばかり, 贈つて, 蹴らないから, 躍つて, 道理に, 釣りあげられた, 釣れずに, 釣れない場合, 釣れなかったか, 釣れなかったけれども, 釣れなかつた彼岸花, 釣れぬ, 釣れません, 釣上げれば, 食べると, 骨も, 鱗も

▼ 尾州藩~ (84, 1.9%)

4 の一隊 3 の人たち, の手, の方 2 でも学問, と歩調, のお, の位置, の当主, の活動

1 [59件] からの救助金, からやかましく, から下付, から仰せ出された, から掛け合い, から来た, から見張り, から閉門, が募集, が多く, が木曾山, じゃよく, だ, だったが, だってこんな, である, ですら, ではこの, では山中, では木曾谷中三十三か村, でもこんな, でも幕府直轄時代, でも決して, でも重立った, で一手, で保護, で建てた, で秘密, で置いた, で黙っ, にし, にも京都儒者, に地方有志, に対しても絶対, に属し, に差し出した, に引き渡された, に頭, のこと, のため, の人, の仕法立て, の代官, の動き, の募集, の奔走周旋, の宮谷家, の家老, の役人たち, の扱い, の救い, の磅, の行き届いた, の重職, の鹿島復, は藩主同士, への嘆願書, へ送っ, よりの警衛

▼ 尾州家~ (74, 1.7%)

2 では代替, にこの, の者, の藩士

1 [66件] からお, から下, から下がったる, から侍, から千五百両, が率先, が紀州, ではそれ, では反対, で御, で版籍, として将軍様, との縁故, とやらへ必ず, と名古屋藩, と確執, において名人, にとってはよけい, にはひどく, には万太郎, に宿相続救助, に対する吉宗, に申し入れよう, の, のお, のおん為, のお山, の七男坊, の万太郎様, の中屋敷, の元, の坊っちゃん, の奥深い, の家老, の年寄衆, の建て, の役人, の御用, の態度, の早い, の木曾, の木曾領, の未亡人天竜院, の気まま者ゆえ, の無尽蔵, の禁山, の禄高, の秘蔵仮面, の秘蔵仮面洞白, の老公, の若殿, の若殿万太郎様, の若殿徳川万太郎, の若殿様, の財源, の邸内, の面箱, の領地, は十七歳, は最初, へ仮面, へ届け, へ帰る, より家老, を呼び出し, を呼ぶ

▼ 尾~ (59, 1.4%)

1 [59件] あつた, お宜しけれ, からだを, きらりと, それを, たたいたため, たたいて, たたいても, たたきたたき, たたきつけて, たたき足, ちょっとはたかれ, ぴちぴちと, ぶら下げながら, もって, センイチの, 一かんは, 上述の, 乱打される, 五銭塩焼に, 以て, 力一ぱいに, 十貫目六七尺の, 叩いて, 名物吸い, 土を, 地を, 地球が, 地面を, 工兵らは, 弐銭茗荷三つで, 形が, 扉を, 拵えたところ, 拵えた繩, 摩る様, 殴られたの, 水輪を, 氷を, 河北潟から, 泥を, 火を, 瓦を, 畳を, 百円出せ, 知らない者, 立って, 編んだ朝鮮帽, 臀の, 草を, 西は, 足りるもの, 跳ねたり, 金色で, 銃の, 鐸を, 面を, 鞭打つて, 鼻孔を

▼ 尾世川~ (48, 1.1%)

2 の方, は藍子

1 [44件] がいくら, がバスケット, が来, が牛込, であろうか, と藍子, にやった, に教え, に渡された, のずぼら, のところ, のどんな, のステッキ, の何, の家, の宿, の心, の背後, の身辺, の部屋, の顔, は, はしまっ, はその, はやっぱり, はハガキ, は俄, は勝手, は売店, は夜, は尚子, は愕, は数日前, は文字通り, は昨日稽古, は暮し, は汽車, は直ぐ, は麦, まで段々, もその後, も思わず, を来させろ, を訪ねた

▼ 尾~ (46, 1.1%)

2 なって, 頭とを

1 [42件] いう, いひ世, いひ戰國策, こことの, して, その頭, なしさらに, なつて, なる, ばらばらに, 三ツヶ谷との, 云ふ, 代つた紐, 号し常に, 味噌漬がは, 嘴と, 夏子が, 妙に, 後の, 後脚とを, 牛の, 称えその, 称するを以て, 称する者, 英也は, 見立てての, 言う男, 言ったらば, 言つてゐた, 買つて來て, 遊んで, 金沢を, 釣りて, 鏡子の, 頭が, 頭にて, 頭を, 頸の, 鬣とを, 鬣に, 鰭で, 鰭を

▼ 尾~ (36, 0.8%)

5 狙って 4 まわして 3 廻して 2 狙うて

1 [22件] そして徐々, てこの, てって, はじめる, ました, ようかとも, ようが, ようと, 入る機, 出した, 出したの, 尾け, 廻しましたが, 廻る外, 慕って, 損じたの, 歩いて, 狙うつもり, 狙っては, 狙わるるより, 狙われて, 狙われるし

▼ 尾~ (36, 0.8%)

3 の方

1 [33件] からと翼端, からはきだす, からは濛気, からは目, からは落下傘仕掛け, からふき出し, からものすごい, からガス, からガス噴射, からドッ, から一, から煙, から白い, から黒い, がスーッ, が土中, だったの, なんぞお, に, における火災, には強力, に備えた, に懸っ, に明, に近い, の漏洩箇所, は三枚, は独立, へむかっ, へもぐりこん, も異常, を見せ, 細く体重

▼ 尾について~ (32, 0.7%)

1 [32件] いうの, お美夜ちゃん, ごうごうと苦情, さんざん悪口, ざれ口, ほかの, また一人, もう一人, わたしは, 一同が, 半七, 又いつも, 又私, 哀愁が, 女も, 奴の, 妙子が, 宗助も, 小娘が, 小平太も, 小牧に, 山尾までが, 殖えると, 無理さす, 燕作も, 田代は, 男も, 訴えた, 足を, 門を, 間隔は, 領土を

▼ 尾~ (31, 0.7%)

2 の山野, 二ヵ国を, 震災に

1 [25件] にわたる平野戦, の二州, の兵, の兵馬, の国境, の将士, の平原, の平野, の裏門, の間, の闇, へ迫る, 一円の, 三万の, 両国は, 二ヵ国の, 二国に, 二州へ, 京阪の, 参の, 大平原, 大暴れ, 平原に, 平野を, 百二十万石を

▼ 尾~ (29, 0.7%)

3 登って

1 [26件] お泊り, すーっと, ついて, ひきあげた, ひき返しました, むけ八本, 下って, 凭っかかっ, 出ましたが, 向います, 向って, 廻るだけの, 御同道, 成政は, 手を, 抜ける最後, 東下し, 登れば, 着いたの, 行くの, 走りかけたが, 走るもの, 車を, 退却し, 養子に, 駈けて

▼ 尾~ (21, 0.5%)

4 かぎの

1 [17件] ひづめにさはつてみました, ひれが, ふしぎな, 二尾掛かっ, 半尾, 四足が, 小鳥の, 獅子の, 百米を, 胸に, 谷間の, 足が, 足を, 馬蹄に, 鰭に, 鰭ふる, 鰭を

▼ 尾~ (20, 0.5%)

1 [20件] が職業上, とは恋愛, にはあるらしく, に一生, の上, の性格, の挙措, の熱情, の結婚後, の頭, はあるいは, はいまどこ, はちょっと, は千代重, は根から, は頼り, を想っ, を無責任, を踏花園, を非凡人

▼ 尾から~ (18, 0.4%)

1 [18件] ぐるぐると, こちら, それの, ふきだすガス, ロケットの, 余等は, 四里の, 山越で, 差廻しの, 撃滅の, 滝の, 瓦斯を, 砲耳まで, 艦首へ, 進めば, 金沢表までの, 隠岐, 頭へ

▼ 尾っぽ~ (16, 0.4%)

4 を巻い

1 [12件] がある, のすじ, の方, の毛, の継ぎ張り, はね根元, をいじくっ, をつっ立て, をひろげる, をふる, を巻く, 食われちゃった

▼ 尾州様~ (15, 0.3%)

2 の御

1 [13件] があっしたち一座, がご三家, しばらくお, にお, のお山係り, のお金倉, のけっこう, の上屋敷, へお, へこれ, も大した, を相手, 御金蔵

▼ 尾~ (15, 0.3%)

1 [15件] が切れぬ, が命, が打ち砕ける, が木ッ葉微塵, が無事, が破れ, が破裂, にくくり付け, に括られた, に括り上げました, に縛られた, の螺線止め, の雌栓雄栓, は万, は大丈夫

▼ 尾羽根~ (14, 0.3%)

2 振りては

1 [12件] がやはり, が飛び散った, でなくては, と竜胆, の上, の切れかかった, の黒, や鶏冠, を周囲, を次ぎ次ぎに, を立て, を開い

▼ 尾まで~ (13, 0.3%)

1 [13件] あと三キロ, ある限り, すべて身を, 万年スープの, 三里の, 充分に, 屆か, 波を, 濡らして, 茶に, 蛞蝓を, 通って, 黒

▼ 尾州公~ (13, 0.3%)

1 [13件] から寄進, か紀州公, が徳川直屬, が朝命, が紀伊中納言, と紀州公, に下った, のお, の前, の名, はなかなか, は名, を語らい

▼ 尾行け~ (13, 0.3%)

6 て来た 1 ていらっし, ている, て参った, て来なさる, て来る, て行った, て行つて

▼ 尾州侯~ (12, 0.3%)

2 の家老成瀬隼人, の山荘以来 1 がふたたび, のお, のお召, のまま, の屋敷, の御用達, の藩邸, 御下屋舗

▼ 尾~ (12, 0.3%)

1 [12件] が普通, だけはあんなに, の眼, はちょっと, はにっこり, は女, は嬉し, は少時瞑目, は懐中, は自分, も同意, 両侯

▼ 尾~ (11, 0.3%)

1 [11件] あった, さては戦, ぴち, 七尾で, 二十万尾にしか, 二尾で, 何かの, 泳いで, 脚かを, 釣れたりと, 雲から

▼ 尾さん~ (11, 0.3%)

2 の所 1 が着古し, が自分, であったの, とが定, とが門前, とはあまり, の処, の苦言, はたしか

▼ 尾~ (11, 0.3%)

1 [11件] が主体, では近く, とした, に泊っ, の土豪, の東水, の石工, の鎮守, へ泊っ, へ行く, へ行っ

▼ 尾けられ~ (10, 0.2%)

4 ている 2 ていた, はしまい 1 てから表, てほんとに

▼ 尾ける~ (10, 0.2%)

1 つもりで, というの, とかれ, とも無しに, どころか自分, のが, は全く, ように, 番だった, 者が

▼ 尾という~ (10, 0.2%)

2 ような, 村へ 1 この字, ところへ, ところよ, ものは, 山だ, 情けなさ

▼ 尾ほど~ (10, 0.2%)

1 あげると, ご入用, 持って, 捕えて, 掛けたかも, 木に, 道路へ, 釣ったと, 釣りあげたが, 釣り上げたらしいの

▼ 尾州領~ (10, 0.2%)

2 の山地 1 だけのもの, であったこの, である, である関係, でも土地, に一揆, のあの, のうち四郡

▼ 尾~ (10, 0.2%)

1 がそこ, ですよ, でなくても, に狙われた, に非, のごとく, の牙, の画, の頭, は胎生

▼ 尾には~ (9, 0.2%)

1 一つの, 曉風に, 木の, 火が, 矢張紙を, 舵が, 色淺黒く, 赫々たる, 針の

▼ 尾ずつ~ (8, 0.2%)

1 その眼, つながり合って, なら安い, 分けて, 呑みこんだ訳, 引き上げるの, 料理を, 釣った

▼ 尾ばかり~ (8, 0.2%)

1 あったので, ですむこと, 先行し, 差し出たるにても, 持って, 捕ると, 熱飯の, 食って

▼ 尾張様~ (8, 0.2%)

2 のお 1 が来た, にご, には随分, の家臣, へ取り入った, 唸る程黄金

▼ 尾~ (8, 0.2%)

1 が竈, が紅い, などという字, に二三種, の文字, の踊り, の髪, 即ち女郎

▼ 尾けられた~ (7, 0.2%)

1 けれどお前みたい, ことや, ことを, とは, とも知らず, のが, ような

▼ 尾~ (7, 0.2%)

2 て行く 1 てその, て後それ, て忍びやか, て活動, て熱心

▼ 尾とを~ (7, 0.2%)

1 両手に, 借りること, 動かして, 手に, 持上げた姿, 短く刈り込み, 祭られました

▼ 尾ばかりの~ (7, 0.2%)

1 小さな鮠, 岩魚を, 獲物を, 虫じゃ, 虫ぢや, 鮒, 鱶が

▼ 尾彦楼~ (7, 0.2%)

3 の寮 2 お筆 1 にとっては初代, の中

▼ 尾にも~ (6, 0.1%)

2 紅を 1 咲きまじる, 声を, 昔の, 能く

▼ 尾けさせ~ (5, 0.1%)

1 てあります, てかれ, てみとうなる, てみよう, てみる

▼ 尾~ (5, 0.1%)

21 あの円光, から攷, わ肋骨

▼ 尾とも~ (5, 0.1%)

1 いふ朱塗, なく元気, 知れず泳ぎまわって, 見ら, 見るべくや

▼ 尾世川さん~ (5, 0.1%)

2 のこと 1 が来る, に会わし, も種々

▼ 尾州兵~ (5, 0.1%)

1 が城内, が大手外, と駿府, の太鼓, は智恩院

▼ 尾州名古屋~ (5, 0.1%)

1 というよう, の城主, の富, へ道, を一見

▼ 尾州清洲~ (5, 0.1%)

1 のお, の古城址, の地, の山吹御殿, の植原次郎右衛門

▼ 尾州藩主~ (5, 0.1%)

1 が江戸, のその後, は水戸慶篤, は老中格, を見送っ

▼ 尾張氏~ (5, 0.1%)

2 と同じ, と物部氏 1 であります

▼ 尾~ (5, 0.1%)

2 して 1 すべく, の急, の敵

▼ 尾~ (5, 0.1%)

3 のご三家 1 お三家, の御三家

▼ 尾ある~ (4, 0.1%)

1 を見給うべき, 人に, 彗星を, 猴は

▼ 尾だけ~ (4, 0.1%)

1 お呉, である, 出て, 撥ね合って

▼ 尾でも~ (4, 0.1%)

1 あるよう, 振らうもの, 牝の, 船に

▼ 尾とは~ (4, 0.1%)

1 こんな談話, どんな交際だい, どんな尻ッ尾, 取りのけあり

▼ 尾なる~ (4, 0.1%)

1 をば世人號, を見よ, 名称は, 濱島武文と

▼ 尾佐竹氏~ (4, 0.1%)

21 が蔵, は今

▼ 尾~ (4, 0.1%)

1 ににごす, へ続き, まで二寸, まで余さず

▼ 尾兵作~ (4, 0.1%)

1 だった, の殺害, の頭, を狙い射ち

▼ 尾地方~ (4, 0.1%)

1 で, に行われ, は地震, へかけ

▼ 尾州さま~ (4, 0.1%)

1 があっし, がご, ご家老殿, はおら

▼ 尾州表~ (4, 0.1%)

1 で拙者, への出府, への注進, へ急行

▼ 尾~ (4, 0.1%)

1 が加わっ, が喜兵衛, に, を抑えた

▼ 尾教授~ (4, 0.1%)

1 あそ, である, の臨床講義, はあの

▼ 尾~ (4, 0.1%)

1 だか, でピシリ, の末端, の色

▼ 尾~ (4, 0.1%)

1 に至, に至る, のところ, 長く生月

▼ 尾越千造~ (4, 0.1%)

1 が脱獄, だと, でございます, は襟

▼ 尾あり~ (3, 0.1%)

1 という, 人を, 総てにて

▼ 尾からも~ (3, 0.1%)

1 これへ, すでに前田安勝, 出る

▼ 尾けさせた~ (3, 0.1%)

1 がうまく, に違い, んじゃ

▼ 尾けたの~ (3, 0.1%)

1 だが, では, も彼

▼ 尾けたん~ (3, 0.1%)

1 です, ですが, ですって

▼ 尾けられる~ (3, 0.1%)

1 ことに, と知っ, はずは

▼ 尾~ (3, 0.1%)

1 ぱちを, ぱ持ちの, 端には

▼ 尾といふ~ (3, 0.1%)

1 ところで, 数を, 里あり

▼ 尾とか~ (3, 0.1%)

1 いって, 放つたの, 沼へ

▼ 尾とが~ (3, 0.1%)

1 八つある, 死んで, 菫色を

▼ 尾とで~ (3, 0.1%)

1 うねり行く怪物, 寸法とっ, 皿を

▼ 尾との~ (3, 0.1%)

1 六つの, 紫に, 長い真黒

▼ 尾までの~ (3, 0.1%)

2 長さ 1 テーマが

▼ 尾エ氏~ (3, 0.1%)

1 は孝高, は父, を娶つ

▼ 尾先生~ (3, 0.1%)

1 だった, の御, も此

▼ 尾~ (3, 0.1%)

2 の突端 1 に立っ

▼ 尾~ (3, 0.1%)

2 を前後左右 1 にかかる

▼ 尾~ (3, 0.1%)

1 に向かっ, に忽然と, の上

▼ 尾州あたり~ (3, 0.1%)

1 が他, の留守居役, はまだ

▼ 尾州方~ (3, 0.1%)

2 の役人 1 の依頼

▼ 尾州殿~ (3, 0.1%)

1 のお, の引, の陣頭

▼ 尾州領内~ (3, 0.1%)

1 でしかも, の木曾地方, をあらし廻った

▼ 尾~ (3, 0.1%)

1 になさい, の小, の花越

▼ 尾残らず~ (3, 0.1%)

1 ゆっくりした, 目が, 艀化し

▼ 尾短き~ (3, 0.1%)

2 は猴 1 に異なる

▼ 尾~ (3, 0.1%)

1 であり小鳥, のしょんぼり, や破れた

▼ 尾野路山~ (3, 0.1%)

2 の間道 1 を右

▼ 尾~ (3, 0.1%)

1 おののき乱, が子音, のイ

▼ 尾~ (3, 0.1%)

2 をふり乱した 1 には灯心

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 てこの, 共々に

▼ 尾きまとう~ (2, 0.0%)

1 客の, 野伏ばらに

▼ 尾くらい~ (2, 0.0%)

1 切れるだろうと, 捕るの

▼ 尾けさ~ (2, 0.0%)

1 したり, して

▼ 尾けたり~ (2, 0.0%)

1 それに, 巻かれたり

▼ 尾する~ (2, 0.0%)

2 敵の

▼ 尾たれ~ (2, 0.0%)

2

▼ 尾だけが~ (2, 0.0%)

1 ぬけ落ちて, 歯の

▼ 尾だけを~ (2, 0.0%)

1 残して, 示し象

▼ 尾として~ (2, 0.0%)

1 引いて, 日夜軍馬を

▼ 尾と共に~ (2, 0.0%)

1 一口の, 六百三十ミリ内外

▼ 尾なし~ (2, 0.0%)

1 のとかげ, 鳴く声ヒヨヒヨ

▼ 尾にて~ (2, 0.0%)

1 巻かれたる下枝, 身を

▼ 尾ぬれ~ (2, 0.0%)

1 に秀でし, を大和田

▼ 尾のみ~ (2, 0.0%)

1 切り取って, 外に

▼ 尾ばかりに~ (2, 0.0%)

2 見える褐色

▼ 尾への~ (2, 0.0%)

2 道を

▼ 尾より~ (2, 0.0%)

1 二里ばかりの, 迸しる

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 に根張り足引き, の秀尾

▼ 尾をめぐって~ (2, 0.0%)

1 この湯壺, ほんとに鉢合せ

▼ 尾を以て~ (2, 0.0%)

1 扣きたりける, 行くべき処

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 垂レテ我ガ生ハ足ル, 振ッテ犬舎

▼ 尾一両~ (2, 0.0%)

1 ずつに買っ, の相談

▼ 尾一円~ (2, 0.0%)

1 は肥料, もする

▼ 尾三十匁前後~ (2, 0.0%)

1 のあゆ, の重

▼ 尾世川自身~ (2, 0.0%)

1 から聞いた, の声

▼ 尾二つ~ (2, 0.0%)

1 とも完美, にわれたひ

▼ 尾五円~ (2, 0.0%)

1 は出さな, を通常

▼ 尾五銭~ (2, 0.0%)

1 だつた, 生卵弐個五銭

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 の子, の率いたる

▼ 尾以上~ (2, 0.0%)

1 も釣っ, も釣る

▼ 尾佐さん~ (2, 0.0%)

1 とはこういう, にもうそ

▼ 尾入道~ (2, 0.0%)

1 という長者, にも辞

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 だ, で突きやった

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 とを各, に据ゑて

▼ 尾同じ~ (2, 0.0%)

1 ような, 槽に

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 と競争, の兄

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 から取って返し, の方面

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 からこれ, の将士

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 に大きな, に玉

▼ 尾州下り~ (2, 0.0%)

1 と聞い, の市村宗助

▼ 尾州人~ (2, 0.0%)

1 という条, にて木曾地

▼ 尾州代官~ (2, 0.0%)

2 の山村氏

▼ 尾州徳川家~ (2, 0.0%)

1 では寛政年代, の蓬左文庫

▼ 尾州紀州~ (2, 0.0%)

1 の両, の若殿

▼ 尾州織田家~ (2, 0.0%)

1 の臣, の臣木下

▼ 尾州藩出身~ (2, 0.0%)

2 の田中不二麿

▼ 尾州藩時代~ (2, 0.0%)

1 に許された, の作業

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 にい, におり

▼ 尾張宗春~ (2, 0.0%)

1 が部屋住時代, は愛想

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 がほか, を取りつけた

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 とふたり, と一日亭

▼ 尾甚だ~ (2, 0.0%)

1 短く太く斜め, 長いセムノビテクス属

▼ 尾短く~ (2, 0.0%)

1 てなき, 曲なりと

▼ 尾短し~ (2, 0.0%)

1 とある由, 手足人の

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 は下和田, まで設けた

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 が得られる, は皆此市

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 にとまつ, をふくらまし

▼ 尾芝氏~ (2, 0.0%)

1 の柱松考, も言

▼ 尾蔵寺~ (2, 0.0%)

1 の方, の歓喜天

▼ 尾蕉軒~ (2, 0.0%)

1 と曰, に棲ん

▼ 尾誠に~ (2, 0.0%)

2 稀に

▼ 尾買う~ (2, 0.0%)

1 て戻, としていかなる

▼ 尾買っ~ (2, 0.0%)

1 て入れた, て帰り

▼ 尾近く~ (2, 0.0%)

1 の大きな, 釣った

▼ 尾釣った~ (2, 0.0%)

2 のである

▼ 尾~ (2, 0.0%)

1 からその, の嶮

▼ 尾長く~ (2, 0.0%)

1 仰鼻, 赤目なる

▼1* [442件]

あげたが囮ごと二度道糸, 尾あたりを一度, 尾あつたから, 尾あとは小さな, 尾いたり先へ, 尾いてらッしゃい, 尾いまだ九ツに, 尾いやあしねえだよ, 尾て行かれた, 尾うて来た連歌師, 尾お供のよう, 尾かかったと思っ, 尾かけて五尾鮎箱, 尾かの魚が, 尾かを残して, 尾がちやんと, 尾きまとっていた, 尾きらりと光り, 尾き従うて参られた, 尾のは, 尾ぐらいずつを自分で, 尾ぐらいはありそう, 尾ぐるま, 尾けた今にも先, 尾けつけしたが, 尾けつつもどうしても縄, 尾けてでも来たよう, 尾けに来たん, 尾けようかと思った, 尾けられたら旅の, 尾けられましたッ, 尾ごとに追, 尾ごと丸漬にした, 尾へぶら下げ, 尾さえ曳く, 尾さき二つに裂けたる, 尾しか釣れなかった, 尾し来りて十分油断, 尾ずつか残して, 尾ずつで上等の, 尾ずつでもいいから, 尾ずつにみな少し, 尾ずつの生きた魚, 尾ずつも振舞えよう, 尾そうだ鰹, 尾それだけの値, 尾たけ髮蘆の花, 尾たる大晦日には, 尾たるる相の, 尾だったてふ, 尾だって売れは, 尾やあるまい, 尾ついてき, 尾つかまえ私の, 尾つかまえるわ, 尾つかんで, 尾づたいに上って, 尾づつや秋の風, 尾づるからではなく野を意味, 尾づゝ己れの, 尾であるに相違, 尾であろうと思う, 尾ですか, 尾でたつた十銭とは, 尾ではないが, 尾とかの持ち主現われ, 尾とから成立つて, 尾とに一人ずつ, 尾とのみ見えて, 尾どこの動物園, 尾どんなに恐しい, 尾なく人に, 尾なく太短い蛇だ, 尾なげてやった, 尾なぞに行く必要, 尾など振って, 尾などという名を, 尾などにしても, 尾などは絶対に, 尾ならず二ツ三ツばかり, 尾において吾輩は, 尾にしか過ぎない, 尾にぞ霰の, 尾になつて眼の, 尾によって絶えず濁り, 尾のがすな, 尾のという歌の, 尾のといふ歌の, 尾のなまざかなも, 尾のみがたしかである, 尾のみは前歯の, 尾のみを繰返して, 尾はずん切った, 尾な藤, 尾ばかし掛るには, 尾ばねをひろげ, 尾ひきたるごとき者臥したる, 尾ひろ子が名, 尾ふり跳るらむ, 尾ぶら下げてイソイソ, 尾ぶるいして, 尾へは一ノ瀬の, 尾ほども余分に, 尾まず出で, 尾また長くその, 尾までとかう洒落れ, 尾までも黒い筋, 尾まとめて〇三十, 尾まるのまま糠, 尾まるごと買い当てると, 尾みたいに震え, 尾もの鱸が, 尾やや長く欧州産, 尾やら判らぬ妙, 尾やるべえ, 尾やろうか何, 尾わてにお呉, 尾をすら動かさず廣庭, 尾をもつてを, 尾ををさめ, 尾イセエビが一匹, 尾サキ長ク連リタルヲ云皆つるト訓スヘシ, 尾ぽを, 尾ツポと翼, 尾トヲ皿ノ一方, 尾バネを四, 尾ホトトギス連中来る, 尾ヶ瀬菊之丞孫の菊松, 尾一円二十銭で落, 尾一本で苦, 尾一筋づゝを結んだ, 尾一銭もしなかつただらう, 尾七八匁までの小形, 尾七八銭当りで上陸, 尾万歳の徒, 尾に竈, 尾三インチ常の鼠, 尾三十匁以上に円, 尾三十銭ぐらいで始終, 尾三厘位こんなにうまく, 尾三四百匁位までの小物, 尾三等賞は脚, 尾上げるとボズさん, 尾食人間五穀唯食瘧鬼, 尾不釣合に長く, 尾与兵衛尉竹中貞右衛門尉の六人, 尾両国の州界, 尾並びに前艦橋, 尾中納言坊城の宰相ら, 尾とある工合, 尾九銭だつた, 尾に分る, 尾二三銭か四五銭, 尾二分では, 尾二十七年六月に東京, 尾二十五円もする, 尾二十匁から三十五, 尾五六十貫から百貫近く, 尾五六十銭ぐらいであった, 尾人間五穀を食わず, 尾人面虎爪この神天, 尾付いてまいる, 尾佐竹君から写真, 尾佐竹氏以下の権威的著作, 尾佐竹猛さんの録, 尾佐竹猛君の来示, 尾佐竹猛氏は一體國立劇場, 尾佐竹猛氏伊豆新島の話, 尾使うとして衣, 尾依然動きて, 尾へ狙けいろう, 尾に至る, 尾先狐を使う, 尾つた手応も, 尾入れて立派, 尾入れることを, 尾兩瑞に裝置, 尾八幡山などの敵, 尾八銭だつた, 尾六十尾でたつた十銭, 尾六銭おばさんから借り, 尾内外の公魚, 尾て来た, 尾切れた蛇を, 尾前後を釣り得たる, 尾前肢と後肢, 尾動く梢かな, 尾の諸国, 尾医師であること, 尾十三銭酒二合二十二銭おいしい中食, 尾十五銭胡瓜一瓢十銭のんびり晩酌一本, 尾十銭胡瓜一つ三銭そして焼酎一合十銭也, 尾半死になっ, 尾卵一箇も摂れぬ, 尾の火光白菊, 尾澤も, 尾の兩國, 尾一尾と, 尾とがある, 尾及び大海亀一匹を, 尾反りかえって燃え, 尾取って試験, 尾取りに来たでしょう, 尾各相異つて, 尾名川をすぎ, 尾の鏡, 尾商店という石炭屋兼回漕問屋, 尾を並べ, 尾四つ尾の琉金, 尾四五円の価値, 尾に摺る, 尾均等而して, 尾塩硝石羊毛布等の種類, 尾が七尾, 尾嬉しそうな, 尾学長は, 尾学長高木医専部長は水, 尾宛ピンセツトでつまんだ, 尾の人々, 尾寺五番が河内, 尾小さな魚を, 尾尖らず槌の, 尾岬一帯を水, 尾の彼方, 尾州一の宮の神主, 尾州三州勢州江州または京等, 尾州中島郡にて堀田某氏, 尾州中島郡一の宮の生れ, 尾州丹羽郡の青木村, 尾州丹羽郡青木村字天摩なる神社, 尾州二寺へ移住, 尾州五分の二領と見れ, 尾州代官山村氏の家中衆数名, 尾州代官山村甚兵衛氏をわずらわし, 尾州侯豆州侯お二方, 尾州候で, 尾州側の方, 尾州分邸に生れ, 尾州勢が大敗, 尾州口を堅守, 尾州名古屋某氏の別荘, 尾州名古屋藩の直轄地, 尾州味噌がどの, 尾州城下の威勢, 尾州大納言紀州中納言越前薩摩伊達細川黒田毛利鍋島家池田浅野井伊藤堂阿波の蜂須賀, 尾州大藩によっても護られ, 尾州守山の陣, 尾州宗家を継いだ, 尾州家七男坊として互いに, 尾州家上屋敷に忍び込み, 尾州家国元の地方, 尾州家江戸詰めの藩士, 尾州家秘蔵の拝領仮面, 尾州家部屋ずみの万太郎, 尾州小木村の百姓, 尾州屋敷に移り, 尾州平野は一瀉千里, 尾州徳川の城下, 尾州徳川家榊原家小笠原家またこの, 尾州徳川様が参覲交替, 尾州慶勝が水戸, 尾州旗本領あるところ, 尾州旧藩臣某氏の別邸, 尾州春日井郡の一城主, 尾州殿それへ持参, 尾州殿私見でござる, 尾州派の落胆, 尾州湾に送り出す, 尾州無宿の久右衛門, 尾州熱田に移養, 尾州継友を迎え, 尾州荒子時代の由緒, 尾州葉栗郡宮本村にも起こり, 尾州葉栗郡宮田村織物業栗本福太郎方にて起こった, 尾州蒲郡へ錨, 尾州藩あたりの人たち, 尾州藩中の具眼者, 尾州藩主上洛に引き続い, 尾州藩付属の歩役, 尾州藩士の田中寅三郎, 尾州藩徴士荒川甚作に与, 尾州藩本山から下諏訪, 尾州藩管下の村, 尾州藩関係の書類, 尾州蜂須賀村の生れ, 尾州越前土州の諸, 尾州邸へ出かけ, 尾州長島の居城, 尾州領主よりの公認, 尾州領時代からの長い, 尾州領木曾山林三カ年間公儀へ借り置く, 尾州風客どのへ, 尾帝國軍艦旗の下, 尾底骨的存在にまで退化, 尾引くなり, 尾張国平洲村の豪士細井甚十郎, 尾張宗春卿酒井日向守松平和泉守松平左衛門佐御親類, 尾張義直卿に進ぜられた, 尾張遼一名のため, 尾彫ってい, 尾扁くして蝦, 尾づかま, 尾投げて与えた, 尾持つてき, 尾挙げしのみにて, 尾振りつつ逃ぐる, 尾振りかざす手の, 尾振りせはしも, 尾振り跳るらむ, 尾られる位, 尾へたら, 尾掛かってくる, 尾揃って空中, 尾揃つて空中に飛躍, 尾提げてゐる, 尾のお, 尾既に釣り尽くしたあと, 尾日熊高谷の山々, 尾是視則良佐固驥, 尾村一向宗穢多寺永宝寺と申, 尾村助役牧田耕三郎氏が門司, 尾村営の温泉観光施設, 尾村字亀瀬というところ, 尾村役場の石橋家財産管理委員会, 尾村有となった, 尾来たので私, 尾栓鋳造に手伝わされます, 尾をもった, 尾槍烏賊三杯白菜根深細切りの蒟蒻, 尾権現の御前, 尾正覚坊三百二十頭タイマイ二百頭とたくさん, 尾に追, 尾毛皮獣皮位のもの, 尾水盤に入れ, 尾水越薩将に襲い, 尾治連の祖先, 尾温泉から三四丁手前, 尾点と, 尾も一手, 尾溌溂と銀, 尾濃いたるところ, 尾無しの三毛猫, 尾無し鶉の先祖, 尾片等の設備整然, 尾底也, 尾獲物は無い, 尾や花摘, 尾生きた魚の, 尾甲山脈の嶮, 尾百円か大きく, 尾皮糞皆能, 尾同じという, 尾にし, 尾知れざるものを, 尾石希代の名品, 尾に打ち上げられ, 尾福日報という地方新聞, 尾程と取り替つこを, 尾竹一枝君のため, 尾竹国観の写した, 尾竹竹坡は後, 尾竹紅吉などによっておこされた, 尾竹紅吉さんの, 尾節堂成石勘三郎崎久保誓一何れも大石, 尾粗くて近時全滅, 尾紀水三家の次, 尾紀水御三家をのぞい, 尾である, 尾細長くて尖る, 尾の中, 尾續貂の觀, 尾置いてこれ, 尾をぎらぎら, 尾を固く, 尾の高, 尾脚律行數比聯律重聯對比律等, 尾至って白きを, 尾古樟氏, 尾草ここかしこ光射かへす, 尾草鷺草露にぬれ, 尾の鳴る, 尾蔵寺坂にかかっ, 尾薄命婦の社, 尾薄明神中のは黒尾, 尾薄社の本地, 尾の類, 尾虎歯にし, 尾蛇樹上の栗鼠, 尾蛇蝮蛇の毒, 尾を殺し, 尾行き交ふ山, 尾行き合へ, 尾行ける者あり, 尾街道こそ加能両国, 尾まで紅, 尾に子, 尾見たわ, 尾角ともに備わり, 尾ふ, 尾買いてゆうげ, 尾買つたのを引く, 尾買入れたでなあ, 尾赤く毛なく, 尾越しに通う, 尾越土の三侯, 尾足利の首, 尾軍人として生き, 尾輿と中, 尾である, 尾で小規模, 尾伴六亀児送来, 尾近界の戦雲, 尾郡茂寄村日高國幌泉郡油駒村同國靜内郡有良村マブタ山, 尾部左下です, 尾は幸, 尾釣ってい, 尾釣つてゐたり, 尾釣りあげて宙抜き, 尾釣りあげたきりな, 尾釣り上げて見たい, 尾釣れたばかりであった, 尾釣れるところは, 尾やで, 尾の題目, 尾鑿山などを探つ, 尾禁ぜず滄海竭, 尾關忠兵衞兩士領主の下知, 尾に接触, 尾ひ脚, 尾震災の刺戟, 尾震災補助の議決, 尾頂戴する憾むらく, 尾の方, 尾髪神子の袖, 尾鮎箱のなか, 尾を二尾, 尾しの, 尾鳴り震動の中, 尾の足, 尾黒蝶のやう, 尾より短く, 尾龍肝鳳髓鶚炙酥酪蝉