青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「家人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

宮~ 宮廷~ ~害 害~ ~宵 宵~ ~家 家~ 家々~ 家中~
家人~
家内~ 家屋~ ~家庭 家庭~ 家康~ ~家族 家族~ ~家来 家来~ 家臣~

「家人~」 1044, 11ppm, 9992位

▼ 家人~ (206, 19.7%)

6 心を 5 一人が, 隙を 4 眼を 3 すきを 2 ほうが, 中から, 姿を, 思惑も, 手によって, 株を, 目を, 耳には, 誰かが, 身分も

1 [163件] あいだがらにも, あいだで, ありかを, あること, あわただしい物音, いるまえで, うちに, うち三人もが, うわさにでも, この株, ごとく心得て, すすめで, する朝, そのよう, たちさ, ためには, ため風呂場の, つつましい焔, どっちか, なり上つた家などは, ねむりは, ひとりが, ほうに, ほかに, ほか客ひとりいない, ものも, ようすに, ゐる時以上, 一つ話と, 一人に, 一人一人に, 上るの, 不在に, 中の, 主なる, 些末な, 俸禄としての, 健康を, 内に, 分だけ, 分と, 制止も, 前で, 前には, 反対も, 叔父吉沢さんの, 取扱に, 取次ぎに, 右衛門介が, 右衛門介っていう, 右衛門介にまで, 噂話なども, 地位が, 地位に, 地位の, 地位は, 声が, 外に, 姿は, 安全を, 実感に, 家人が, 家柄であった, 寝しずまった頃, 寝しずまってから, 寝静まった頃, 導くまま, 平常飲み食いする, 弥兵衛宗清という, 影も, 心づくしが, 心持ちを, 心痛は, 忠告など, 思はる, 思惑など, 息子や, 情を, 意志を, 意見でございました, 懐かしい愛情, 成れの果てやら, 手伝いを, 手前を, 数には, 数を, 方が, 日常雑用の, 景久が, 書を, 来り取るなく, 某某某, 案内にも, 案内も, 死は, 殺到にも, 気に入らなかったの, 注意と, 注意を, 洗濯の, 焚いた飯, 無神経さに対して, 物を, 畏れ憚, 畏怖し, 病気に, 目前に, 看病は, 眼には, 知らない顔, 知らぬ間, 秘密を, 第宅, 粗忽, 緊張は, 群から, 群も, 群れ, 者が, 者も, 者をすら, 胸中は, 藤九郎盛長も, 衆をも, 行動とは, 見る処, 言うところ, 言に, 言ふ, 言も, 言動にも, 訴で, 註文であったろう, 話だった, 話である, 話に, 誤解世上の, 誰か, 誰とも, 貝塚三十郎が, 財宝を, 質朴さに, 起きるまで, 起居する, 趣味を, 足音に, 近寄らないところ, 迷惑を, 迷惑をも, 遺跡を, 邪魔を, 都合で, 野郎めが, 野郎め千両ゆすり取りや, 顏を, 顔を, 顔色は, 類でありまし, 騒ぎに, 騒ぐの, 驚きを, 鵜殿甚七を, 鼾の

▼ 家人~ (129, 12.4%)

2 [13件] かくれて, なって, 会いに, 会ふ, 命じて, 問うと, 気兼ねし, 渡して, 発見され, 聞いて, 色々な, 見つけられて, 言いつけて

1 [103件] あてた遺書, あやまられたと, いうと, いつた, おくれて, お話しに, これを, さとられぬよう, しつこく説明, しては, しゃべったので, すること, それとなく聞い, たずねて, たのんで, つきそわれ車, とつて, なったこと, なった時, なり令制, なり源, なること, なるの, まかせ八畳, やる慣習, わけられる, わずらわされること, 一人の, 一蹴され, 三村刑事を, 与へ, 今のは, 何と, 分らぬよう, 化けて, 取りつくもの, 向って, 向つて曰く, 向つて真相, 吩附けた, 告げたること, 告げん, 命じたという, 命じ山中氏, 命じ置いたから, 囲まれながら, 夏の, 嫌はれ, 少額の, 就きて, 引き渡すと, 怪しまれはては, 怪しまれ仏壇, 恐れられざるはなし, 悪いこと, 手渡した, 打ち明ける勇気, 扶けられ, 持たせて, 挨拶する, 昇級し, 暇を, 書いて, 此を, 気が, 気づかれるの, 注意さし, 甚しく, 留められるまま, 病気と, 発見される, 目くばせした, 看護の, 知らせそして, 知られしもの, 箒を, 紹介し, 義絶を, 聞いたら此, 薬を, 行き先, 要求した, 見す, 見つけられたらしいが, 見つけられた事, 見送られ都, 言いつけたところ, 言い付けた, 言って, 言つて會うのを, 訊いて, 訊いても, 訊ねた事, 試食させた, 話したが, 話して, 足袋を, 追われて, 送られて, 過ぎなかったが, 離れみどり児, 顔を, 麻酔を

▼ 家人~ (110, 10.5%)

5 翌朝空が 3 それを 2 傷が, 最初憂慮の, 逃げて, 驚いて

1 [94件] いよいよ私, おつねさん, これは, すつかり出払う, すでに奥座敷, それとなく私, ともかく自分, なかなか出, なんの, まごついた, また変, まだ睡っ, まだ起き出さぬらしい, みな夜稼ぎに, みな寝静まった, みんな出払つて人気の, むぞうさに, めったに旦那, もう寝た, メソジスト派に, 一人も, 一勢に, 一家を, 不図昨日, 不潔がっ, 主が, 主家とは, 云い足した, 何一つ救, 全く姿, 内から, 出拂, 勿論の, 勿論門弟一同, 吐きだすよう, 噴きだしながら, 夜の目も, 大騒ぎし, 奇異の, 奥の, 奴婢の, 奴婢よりも, 娘の, 安心した, 実に幸福, 市で, 帰郷を, 弁当が, 引き退がった, 彼が, 彼に, 彼の, 御昼餐, 怪しむ樣子, 感謝し, 我に, 東京ぢゆう, 果ては, 業腹でも, 様子が, 檜が, 燭を, 片隅から, 物音を, 猫が, 申すに, 病人の, 皆床に, 眠りの, 着物を, 知らでありき, 知らなかったよう, 私が, 私の, 私を, 笑いながら, 耳にも, 肚の, 自由なる, 薬品に, 裏の, 裏庭の, 言つて居た, 護摩壇の, 賤民の, 走って, 通い番頭, 銚子と, 鏡を, 長い間私, 階下で, 頭を, 頭領の, 食物を

▼ 家人~ (90, 8.6%)

2 さらに家人, 気付いて, 眼を, 起きて

1 [82件] あって, あとを, ある, うたう, えさを, おどろいて, お隣り, これを, しんせつに, それを, どこからか, どこへ, ぼつぼつ豊田, まだ起き, みな寝, やつて, 一個人として, 主人に, 人々に, 今出, 今朝の, 何か, 何御用です, 其処へ, 出て, 出ないと, 出入する, 加持祈祷など, 勢力を, 勤める役, 取次いだ, 口分田において, 告げに, 多いん, 多く出来ました, 大名に, 嫌がる前, 室に, 寝に, 寝台に, 寝巻の, 小作料のみによっても, 座敷牢から, 彼の, 心配し, 応対した, 悪いとも, 愛情の, 木材を, 来たこと, 来て, 極端に, 榛軒の, 次々に, 此松と, 気づいて, 気を, 没落した, 浅草あたりに, 演奏の, 申しました, 祠を, 禄に, 籠を, 縄床上に, 縛りつけられて, 腕を, 色を, 見えると, 許さなかったという, 詰問します, 誰も, 警察に, 道士を, 遠からぬ, 銭湯で, 門の, 餌を, 首を, 馬の背から, 驚いて, 驚くであらうと

▼ 家人~ (80, 7.7%)

4 して 2 有する, 笑は, 解放し

1 [70件] あちこちの, いましめ家, うつ俯, お助け, はじめ関係者すべて一人一人しらべ, みな出し, みな縛りあげた, もって, やつて, よび物情騷然, よんだといふ, 一々訊問, 例の, 八方へ, 制して, 刺すつもり, 呼びたてて, 呼び起して, 呼ぶと, 呼ぶに, 呼ぶよう, 呼ぼうか, 困らして, 安心させた, 家の子と, 尻目に, 尻眼に, 引き連れ呆, 往来で, 怖ろ, 恋しが, 悩ますこと, 惱ました, 戒めこの, 戒めて, 抱へて, 招き集めて, 指図し, 探そうと, 教え朋友, 有し立派, 殴打した, 殺傷した, 狼狽させる, 皆屋内に, 目ざまそう, 相手に, 笑わせその, 笑わせたり, 縄目や, 縛りあげ金, 縛りまして, 自分も, 苦しめて, 見ると, 視ること他人, 訊問した, 誘いますので, 責つかい, 起たしめむ, 退け近所, 遠ざけて, 附けまして, 除けば, 集めて, 食った蚊, 驚かしその, 驚かした, 驚かしたもの, 驚かすこと

▼ 家人たち~ (39, 3.7%)

5 の山 3 が神隠し 2 が神隱, の前

1 [27件] がおどりかかっ, がこの, が承知, が銘々酔顔, である, ともう, にはすぐ, には寝た, には近頃そう, に口, に違い, のかわり, のした, の方, はきささげ, はひどく, はびっくり, はふたり, はまだ, は主人, は付け人みたい, は全く, は彼, は彼女, へ何, もそれ, も子供

▼ 家人~ (32, 3.1%)

3 なって 2 なれば, 同様に

1 [25件] いうと, いえども, お艶, なし或いは, なし田野, なった, なり将門, もろく, ケンカし, 世間咄一つせず, 信じ以, 公私奴婢との, 分れ詩書, 別居する, 協力し, 呼ばれて, 奴婢とには, 奴婢とは, 按摩と, 沓掛行きの, 親しむの, 言い争いいたしました, 言つても, 語る暇, 雇人の

▼ 家人~ (25, 2.4%)

2 めったに

1 [23件] あり出入り, そう思っ, そんな高遠, また中間, みな目を, みな赤坂城に, ようやく寝静まる, グレゴール, 億劫がっ, 其状態が, 厚く感謝, 同様に, 壺にたいしては, 大半は, 奴婢も, 捨てて, 梅津先生から, 滅多に, 言ふ, 鈴原, 養われざる輩, 馴れない時世, 騒ぎ出しやがて

▼ 家人~ (19, 1.8%)

2 奴婢が

1 [17件] たくさんな, 他の, 侍の, 侍は, 友達に, 奴僕に, 奴婢たちにも, 奴婢長屋の, 娼妓たちの, 常陸源氏をも, 弟たちを, 弟の, 浪人が, 荷駄の, 賤しい, 身近な, 雇人たちについての

▼ 家人から~ (16, 1.5%)

1 [16件] ご書面, さう, そう聞く, でさえ, とめられて, 不審を, 借りた何, 先生と, 十銭玉を, 按摩に, 海へ, 聞いたところ, 聞かされて, 聞くと, 遠ざかった私, 頼まれて

▼ 家人~ (11, 1.1%)

1 [11件] いながら, いまも, おわすか, ござりまし, ござりましょう, ひとりは, 俵藤太秀郷の, 土屋姓土屋惣蔵昌恒殿の, 夫婦し, 山添団八, 甲州者の

▼ 家人にも~ (11, 1.1%)

1 [11件] 一切何も, 他人にも, 分けて, 勢力が, 友人にも, 取り入りてそ, 告げず寝込んで, 書院の, 知らさずひたが, 礼拝させる, 見とがめられずに

▼ 家人~ (11, 1.1%)

4 を一町 1 には思われた, に至っ, の声, の解釈, は先刻戸締り, を一町二町先, 約五十人

▼ 家人郎党~ (10, 1.0%)

1 で充満, はある, は十人, は幾人, は百名, もたくさん, も殖え, を分かっ, を糾合, を集め

▼ 家人~ (9, 0.9%)

1 いいつけた, その紙きれ, 云われたそう, 伝えられた, 宛てて, 教へを, 斯う云い渡し, 案内も, 訊きに

▼ 家人~ (8, 0.8%)

2 はみんな 1 と水盃, と食卓, に, に妙, の間, は見た

▼ 家人には~ (7, 0.7%)

1 それが, 何も, 手紙を, 自身圖まで, 言えない, 話してないが, 顔を

▼ 家人奴婢~ (7, 0.7%)

1 が立派, と伍, と呼ばれ, と陵戸, に相当, の徒, の戸籍

▼ 家人として~ (6, 0.6%)

1 その主, その主家, 一応疑い, 同じ賤民, 弓手の, 歿し

▼ 家人ども~ (6, 0.6%)

1 が不審ろうし, が飢え, の寝しずまっ, へあいさつ, へ召, へ無断

▼ 家人~ (5, 0.5%)

1 からその, つて自分の, な, なといってる, なと思え

▼ 家人では~ (5, 0.5%)

1 あるが, ないぞ, ないらしい, 手が, 無い

▼ 家人との~ (5, 0.5%)

1 主従関係の, 交渉も, 合戰から, 心は, 関係が

▼ 家人に対する~ (4, 0.4%)

1 この年頃, やうに, 信頼と, 態度は

▼ 家人以外~ (4, 0.4%)

2 の者 1 の人々, の誰

▼ 家人~ (4, 0.4%)

1 で一, の監督, はその, は事実

▼ 家人~ (4, 0.4%)

1 のあいだ, はうわさ, は社域, へは私

▼ 家人だった~ (3, 0.3%)

1 が足, という, のか

▼ 家人である~ (3, 0.3%)

2 ことに 1 者は

▼ 家人でも~ (3, 0.3%)

1 ない, ない不思議, 一般に

▼ 家人という~ (3, 0.3%)

1 のが, 名称の, 国法上で

▼ 家人とか~ (3, 0.3%)

2 侍とかいう 1 侍とか

▼ 家人と共に~ (3, 0.3%)

1 一家に, 彼の, 直ちに表二階

▼ 家人一同~ (3, 0.3%)

1 が昨夜, でねぎらった, のよ

▼ 家人~ (3, 0.3%)

1 は置い, もいっ, をも無事

▼ 家人奴僕~ (3, 0.3%)

1 もあげ, を武装, を督励

▼ 家人からは~ (2, 0.2%)

1 全く忘れられた, 鬼の

▼ 家人さま~ (2, 0.2%)

1 だ, なん

▼ 家人すなわち~ (2, 0.2%)

1 ケニンを, 大宝令の

▼ 家人すら~ (2, 0.2%)

1 それらの, 既にさうな

▼ 家人その~ (2, 0.2%)

1 次に奴婢, 神の

▼ 家人たる~ (2, 0.2%)

1 北条, 従者は

▼ 家人だけの~ (2, 0.2%)

1 出入り口に, 手で

▼ 家人であった~ (2, 0.2%)

1 にし, 人を

▼ 家人とが~ (2, 0.2%)

1 これを, 喧嘩の

▼ 家人とは~ (2, 0.2%)

1 奴婢の, 没交渉で

▼ 家人など~ (2, 0.2%)

1 すべての, 言ふ

▼ 家人にさえ~ (2, 0.2%)

1 打明けずただ, 顔を

▼ 家人に対しても~ (2, 0.2%)

1 ずいぶん吾儘, 毎度面目ない

▼ 家人を以て~ (2, 0.2%)

1 卑しいもの, 甘んじて

▼ 家人同様~ (2, 0.2%)

1 にわがまま, に面倒

▼ 家人名辞書~ (2, 0.2%)

1 に載っ, までひっぱり出し

▼ 家人奴婢ら~ (2, 0.2%)

1 が単に, はいっそう

▼ 家人奴婢陵戸~ (2, 0.2%)

1 の三つ, の類

▼ 家人景久~ (2, 0.2%)

1 がこの, とやらいう

▼ 家人~ (2, 0.2%)

1 を買った, を買つて貰つた鈴木

▼ 家人階級~ (2, 0.2%)

1 にはまだ, に当る

▼ 家人~ (2, 0.2%)

2 我懶

▼1* [110件]

家人それともご, 家人ことごとく喜んだ中, 家人さだめし御勉強, 家人すべていったん椅子, 家人たちどころに大いにののしりて, 家人だって自分の, 家人であり弟子であった, 家人であれどこでも, 家人でしたが, 家人ですか, 家人でなかったのかい, 家人でなくても妙, 家人としての禮を以て, 家人とて信じられない, 家人とてはそなた, 家人とともに使役し, 家人とも言葉を, 家人どもわしは自分, 家人などが楊子削り, 家人などのみすぼらしい邸, 家人なども定めし出合いましたろう, 家人なり奴婢なり, 家人なる賤民の, 家人なれば取次い, 家人にとってこのうえ, 家人にとっても米一つ買えない, 家人にとり捲かれた有頂天, 家人によって見張られて, 家人に対して大胆に, 家人に対してさえこれだ, 家人ぜい, 家人ふうのゆすり, 家人への挨拶も, 家人へは一言も, 家人まげが笑っ, 家人までがいやな, 家人みな家の外, 家人みな義経にならっ, 家人みんな気のおけない, 家人めずらしき吉報持参, 家人もしくは郎等の, 家人よりは滋養に, 家人よりも早いくらいに, 家人らしい諦観が, 家人老功アリ, 家人マルメロのカン詰, 家人起シテ便通アリ, 家人一切これに近づかぬ, 家人一様に抜き, 家人三十人総勢百人と注された, 家人不在なりと答, 家人も言わず, 家人何口奴婢何口と区別, 家人がため, 家人卑屈の組織, 家人即ち妾婢幼児なりき, 家人及び私奴婢は, 家人召使の大, 家人召使い一人のこらず拉致, 家人召使たちの嗚咽, 家人の手のひら, 家人右馬介から委細, 家人和合の幸福, 家人哭泣不進酒食, 家人報ずらく飼い置いた, 家人も寝ず, 家人大小とも知る, 家人奴婢階級の賤民, 家人子供らには笑われるしで, 家人安中三郎進様の御, 家人官奴婢私奴婢の五種, 家人の遺書, 家人家族をつれ, 家人小屋から武士, 家人弟子達は枕頭, 家人弥兵衛宗清は小, 家人恰も新聞を, 家人悉く外出し, 家人ばかりでなく, 家人斎藤帯刀の養子, 家人に持たれ, 家人時には出入り, 家人景久常行昌忠などの重臣, 家人暖炉を焚く, 家人東国ヘ下, 家人柚湯をたく, 家人に家長, 家人遠与, 家人がふてぶてしく, 家人じゃござんせん, 家人相当のもの, 家人眷族の慴伏, 家人神吉清兵衛を関東, 家人私奴婢との間, 家人等件の旅亭, 家人等北庄ヲ発清洲迄, 家人箴十五首宗儀九首等を読め, 家人縁者古参を中心, 家人からする, 家人若者に命じ, 家人薬師寺弾正政高の兵, 家人親戚並に間接被害者, 家人謹シンデソノ言ニ遵フ, 家人迎えて言う, 家人郎党たちにしろ, 家人部屋の廊, 家人難波内記にござる, 家人に呼ぶ, 家人食客の中, 家人を燒