青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「尼~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

尚~ 尤も~ ~就 就~ ~就い 就い~ 尺~ ~尻 尻~ 尻尾~
尼~
尽し~ ~尾 尾~ 局~ ~居 居~ ~居た 居た~ ~居つた ~居ない

「尼~」 2904, 31ppm, 3737位

▼ 尼~ (393, 13.5%)

6 徒が 5 顔を 4 顏を 3 ために, 姿が, 姿は, 居場所を, 徒の, 戒を, 所へ, 手に, 許へ

2 [25件] ことは, すがた, ような, ように, 住んで, 前へ, 名を, 噂が, 堂を, 姿に, 姿を, 影は, 役に, 役にな, 徳操を, 手から, 手を, 手小児に, 方が, 方へ, 死体を, 生活に, 面を, 顔色の, 願いを

1 [301件] いる対, いる小机, うれひしづしづ, おこなひ, おつとめ, お勤め, お説教, お陰だった, お駄賃, かいた短冊, からだは, からだを, ことで, ことに, ことばが, ことば端に, ことば遣いや, この言葉, ごとき者, ごとくも, さまざま, しるしの, そばに, そばを, ところへ, なした過去, に限っ, はっと此方, は階段, ひとみは, ふくよかな, ふたりが, ほうにも, ほうは, まえに, まぼろし, まわりは, めんどうを, もとに, もの底無し, やうな, やうに, よく剃り丸めた, 一団が, 一団と, 一団へ, 一隊が, 一面が, 三者を, 三藏を, 世話を, 中で, 乳房へ, 事だ, 云う所, 云う通り, 亡骸は, 人形を, 仮名文, 伝説である, 伴を, 住みたる洞穴, 住居と, 何者かを, 余生を, 作で, 供を, 俗姓は, 信用による, 倒れて, 偉いの, 像を, 兄と, 入水を, 切髪を, 列を, 前に, 前身な, 力では, 助けによって, 勧めに, 口から, 口が, 口を通して, 口中に, 口早に, 句, 叫びと, 名は, 君鏡見すかし, 命であった, 品行が, 唇から, 唇は, 問いにも, 問うの, 堕落が, 増す所, 夫, 夫婦雛なんぞ, 奴め驚い, 奴も, 姉, 姿あり, 姿へ, 姿も, 娘, 嫉妬は, 孫覚如の, 室に, 室の, 室へ, 家を, 寝床に, 寸とか, 尊崇を, 導者として, 小さい体, 居場所が, 居場所である, 居場所へ, 山辺に, 帰ったあと, 年若な, 庵から, 庵も, 庵室の, 弁明は, 形にな, 影像を, 後から, 後に, 徒桓文の, 心に, 心境とは, 心持で, 性質が, 怪しい行動, 息子の, 息子は, 息子も, 悟りに, 悦ぶところ, 想像では, 態に, 態度がや, 態度に, 戀愛の, 所からは, 所で, 手づくりの, 手は, 手元を, 手水晶の, 手紙を, 手許で, 手許を, 托鉢は, 招き入るる, 持病を, 新しい墓, 方に, 方を, 旅行には, 普通に, 智も, 服で, 本性は, 案内が, 様な, 様に, 機鋒の, 歌が, 歌に, 死ぬ一週間, 死は, 死を, 死体には, 死体にもかの, 死体の, 死因は, 死骸が, 死骸は, 母子は, 母子も, 母者へ, 気もちも, 気持ちに, 汽笛, 泉, 法という, 法を, 法口寄せ識神を, 法忍術合気の, 泣声が, 注意を, 浮き彫, 清楚な, 物底無し, 物語の, 物語を, 狐で, 狐という, 珠を, 琴なり, 生活が, 生活には, 生活の, 生活を, 生涯の, 生涯を, 番で御座いました, 発心再び, 白い, 白衣が, 眼には, 眼は, 示現の, 礼は, 神経を, 立て岩箭渓の, 筆に, 群が, 老後の, 耳に, 聲だ, 肌未来の, 肩の, 肩を, 背中を, 膝に, 臆測であっ, 良人, 若い頃, 若かりし, 行列は, 行動に対する, 行方, 被物, 袴を, 裝したる, 製陶を, 襁褓乞, 親しさ, 親戚は, 言葉も, 計らいで, 許から, 許で, 詠み歌, 話した処, 話だけに, 話では, 話を, 語るの, 説に, 讃仰歌を, 足が, 足駄の, 身が, 身に, 身の, 身の上で, 身の上であった, 身の上を, 身の上話である, 辭世に, 返事だけを, 返辞を, 迫害から, 逆手に, 連れが, 連中が, 連中がね, 連中によって, 連中は, 遺産, 部落である, 部落の, 都の, 金剛, 長の, 門に, 門五尺の, 面が, 面の, 項を, 頭に, 頼みと, 顏が, 顏は, 顔が, 顔に, 顔の, 顔は, 顔へ, 顔も, 顔容の, 顔色は, 願いいと, 養子律師仲快

▼ 尼~ (384, 13.2%)

4 機陰に 3 しずかに, それを, 僕の, 女の, 自分の, 言った 2 お米さん, だまって, どうして死んだ, 此の, 立って, 答へ, 覚一を, 静かに, 顔を

1 [344件] あなたの, あらたまって, いうまでも, いきなり突慳貪, いくぶん躊躇, いそいで, いった, いまさらの, いよいよ気, いわれない縄目, うしろの, うれしさ, おとなしく入船, おもわずなつかし, かさねて, かたく自信, きょうも, こういった, ここに, こちらへと, こっちへ, ことさらに, この大きな赤ン坊みたい, この年九十四歳, この役, この際, こんどは, こんなこと, さして珍客, さめざめと, しいてホホ, しづかに, しばらく尊像, すぐいい出した, すぐ眼元, そこに, そこへ, そのひと, そのま, その地蔵さま, その女, その後別条も, その竹, そばの, そも如何なる, それも, そんなこと, ただの, ただ呆れた, だん, ちょうどことし七年, ちらと, ついにその, つめたい清水, とうに亡, とうに意識, どうしてもこの, どうもおかしい, どこへ, なおさら可憐, なにをか, なんでも, にこにこ笑ひつ, のけぞらんばかりに, ひしと抱きよせ, ひどい奴, びッくりし, ぺたりとその, ほほえみながら, まさにです, まさにゴッツオリ, また, またこの, またもや叫び出した, また折りおり, また阿修羅波子, まだそこ, まぶしげ, めずらしく, もうこっち, もうとどめ得ない, もう先, もう口, もちろん男, やがて, やがて立ち停まっ, やっと納得, やっぱり尋常, やはりそこ, よくしゃべった, わざと性, われと気, キッパリと, ジャックリーヌを, ジリジリと, バラバラと, ビクとも, ホホ笑ん, 一つ一つ珠數を, 一と, 一ばい静かに, 一人で, 一人より, 一先ず表二階, 一溜りも, 一礼し, 上杉憲房の, 不良の, 両手を, 乳の, 二人の, 云い捨てて, 五十にも, 五十を, 亡き義安, 人事みたいに, 今は, 今開け差した, 仏壇の, 伊織の, 何もかも知っ, 何を, 何事にも, 何者かを, 何者であろう, 例の, 保食神どころで, 信仰に, 修業の, 修行の, 修道院を, 傍から, 僕という, 先に, 先夜の, 全く立ちすくみました, 公式の, 六道も, 其儘立ちすくみます, 其言葉を, 几帳で, 凡人の, 初めから, 初めて気, 初めに, 別な, 前に, 前夜の, 創業の, 包んで, 北条家へも, 十七八の, 卯木の, 却て, 友松へ, 口を, 口籠っ, 古くから, 叫び出した, 叱るよう, 右の, 吠えるよう, 呆れ返って, 和尚と, 唇を, 嘆くの, 四谷へ, 地蔵さまを, 坂東三十三番に, 坊舎の, 堂の, 変な, 外へ, 大きな体, 大勢びしょびしょ, 大坂の, 大柄で, 大阪の, 天明元年に, 妙に, 姉の, 始めて, 姫の, 嫌に, 子供が, 存外きつく, 安らかに, 容易に, 小さくなり, 小突き始めた, 少しあわてふためいた, 尚赫々, 尼だけに, 屹然と, 左の, 常に壬生寺, 幽かに, 座を, 弁当函ほどの, 弱い声, 当惑そうに, 当時京都に, 彼の, 彼を, 彼女の, 彼等が, 後では, 後ろに, 後ろ手に, 微動も, 心ならずも義貞, 忍踊りの, 念仏を, 念珠を, 怒りに, 思いの外早く, 急に, 怪しい死, 怯まず叫びつづける, 恟り, 恭しくお祈り, 悲しがっ, 意に, 愕然と, 慶長五年佐和山の, 戒律厳重で, 手すさび, 手を, 手折った山吹, 投げ出した, 振り顧, 文学には, 於通に, 旅の, 日ごろ信仰, 明晰に, 昔の, 昔知る, 昔者として, 晝前の, 更に摺り, 最初の, 機蔭に, 正面の, 武州公の, 死んだかも, 死んだの, 毎日托鉢に, 池の, 決してそうで, 油時計に, 泥炉に, 涙を, 清い童貞, 無念無想で, 無論に, 無造作に, 熱中さすべき, 爐を, 父から, 物を, 犬に, 狐によって, 独語の, 狸では, 珠數と, 甘い酒, 生活の, 男に, 留守を, 畳の, 疑うよう, 疲れた姿, 白い着物, 白い麻, 皆目眼, 盜まじ, 目を, 直接此の, 眠つたままで, 眼に, 眼の, 眼を, 石の, 石を, 磬うつ椿ちるう, 礼も, 窪の, 立ち去った, 竜之, 笑い出した, 笑って, 筆を, 答えず, 答えた, 箸ばかり, 糸の, 経を, 総角の, 美しい, 美しいん, 聞きとれた, 肌が, 自信なげ, 自分で, 自分を, 自身送っ, 舟の, 花籠を, 若い尼, 若宮を, 草むらの, 薄い肩, 血のけ, 衣裳箪笥の, 袖を, 西行法師が, 見えて, 見つけて, 見上げて, 覚一の, 言い知れない随喜渇仰, 話した, 語りはじめた, 説明した, 誰について, 身性も, 透かさず眉, 郡司の, 重量の, 銚子を, 門の, 関西の, 阿Qの, 離別し, 雨戸を, 非常に, 面白そう, 順慶が, 頭を, 顔じゅう真赤に, 顔一杯に, 馬に, 駒井能登守の

▼ 尼さん~ (254, 8.7%)

4 がいる, が一人, になる, のやう 3 がま, です, でも

2 [16件] か怪しい, が能, だと, だな, だわ, では, になった, のお, のよう, の一行, の前, の姿, の所, の方, の正体, の頭

1 [197件] か, かってきく, からは病気, から聞かされ, かキリスト教, が, があずかっ, がある, がいく, がいそいそ, がいたら, がおどけた, がする, がたい, がつい, がなに, がまた, がまんま, がゆ, が丁寧, が丁度, が三人, が上瞼, が二人, が二人づれ, が二人前, が伝えた, が住ん, が傳へた, が僕ら, が僧形, が冷や, が出, が出入り, が又, が大原御幸絵巻, が好い, が尼, が尼寺, が居る, が御, が心配, が懇意, が来, が来た, が棲ん, が極り, が次, が次の間, が死んだ, が真白, が竹, が答え, が聞かせ, が自分, が袋, が言, が言いました, が読経, が返報, が音頭, が黒い大きい, くさいからと, じゃあるまい, そうしてお, だって七十八十, だらう, ついそこ, てそんなに, である, でした, ですか, ですけれど, ですね, でその, でなければなあ, としては艶色, とそれから, とは変, とは見えません, と終生, と解った, などが聞い, などにも實, なども群集, など堤, なの, なのよ, にお, にされる, にし, にそんな, にでもなっ, にでも成っ, になつてしまはるの, にならせる, になりたい, になれねえ, になろう, になんかし, になんか成りたく, にはなりません, には用, にばかり描い, にもという, に三體, に紹介, に聴, に通り, に金, に金三百円, に頼ん, の, のからだ, のため, のところ, の一分刈り, の上着, の伊勢訛り, の作り話, の口, の商標, の喪服, の夜, の天窓, の学校, の学院, の左手, の後葬, の手つき, の持つ, の有, の服装, の様, の横, の歌, の死体, の熱い, の玉子, の胸, の若い, の行方, の衣, の被る, の話, の顔, の風, の風流好き, はいい, はお, はこうした, はこちら, はこれ, はその, はそんな, はとうとう, はどんなに, はふだん, は五十がらみ, は他, は好感, は尋常, は廊, は怖, は懇意, は江戸期, は珍, は相当, は眼鏡, は自分, は袈裟, は見た, は言った, は酒, は重ね, は黒い, ばかりだ, また茶, もいく, やら近く, や人, よ, よりも一層, をいじめた, をたずね, をぶち, を一人, を呼ん, を招き, を殺し, を殺す, を見る, を見舞い, を身受, を還俗, 助けて, 還りのきりょう

▼ 尼~ (245, 8.4%)

30 なって 9 おなりに, して 5 なるの 4 なる前 3 させて, なったの, なったもの, なっても, なつた, なりたいと, なる気, なろうと, 成りたいと

2 [11件] なった, なりまして, なるお, なるという, なるには, なるまでの, なる人, なる日, なる気持, なる氣, 近衛の

1 [139件] あそばして, いちいち言わし, うんと欲ばられ, おなり, こう呼びとめられ, させた, させなかったの, させようかとも, させようかなどとも, させること, された我が, しても, しましたの, しようと, する, すること, せぬ, その話, たぐへるそのけはひ, たずねた, なす, なすったそう, なったか, なったから, なったが, なったこと, なったため, なったって, なったつもり, なったと, なったという, なったとか, なったりなど, なった人, なった大弐, なった姫君, なった心持, なった時, なってと, なやまされて, ならせ給わんとして, ならない事, ならねば, なりたいとばかり, なりたいとも, なりたいの, なりたい希望, なりたい気, なりて, なりてえだの, なりました功徳, なります, なり小さな, なり度, なり誠に, なり阿古屋扇, なるが, なること, なるこれ, なると, なるなどと, なるべきところ, なるべき余儀なき, なるべき女, なるべき順序, なるべく思い, なるほど, なるよう, なるより, なるよりはと, なる年齢, なる考え, なる者, なれだとさ, なれという, なれるっていう, なれるよ, なれる法, なれる私, なろう, なろうかな, なろうそう, なろうという, はなして, 下の, 与えられるか, 二三言, 云った, 云われて, 会いたいと, 会った, 似て, 信仰を, 出逢った, 化けて, 向けた, 問うた, 声を, 変えさせるの, 大事は, 姫君の, 寄り添って, 座敷での, 微笑み掛けた, 恋しある, 恋した, 慇懃な, 成ったと, 成ったの, 成った気, 成って, 成っても, 成らない事, 成られるもの, 成り衣, 成るの, 成ろうと, 抱かれて, 振られて, 推摩居士の, 攫われて, 書いて, 求めた, 泣かれけり堂, 等しい暮らし, 縋られた当の, 聞いたの, 致させ鎌倉松ヶ岡東慶寺, 薫陶を, 見せかけようと, 見せて, 話したくなつ, 話すこの, 誘拐かされ, 謁し, 転じて, 逢いたいと, 逢って, 関係した

▼ 尼~ (234, 8.1%)

5 は言う 4 が, のほう, は, は言い 3 のため, の所, は姫君, は言っ 2 であった, の心, の悲しみ, はこの, は僧都, は親, は言った, は非常, を恋し

1 [183件] からの返事, から熱心, から聞き, がいっしょ, がお, がおろされる, がこれ, がさっき, がそば, がつれづれ, が亡くしました, が京時代, が僧都, が内, が報ら, が大勢, が姫君, が市, が手もと, が昔, が書いた, が柄, が気がかり, が絶え間, が聞い, が自身, が見つけ, が親切, が言いつけ, が言う, が起き上がっ, だけがたより, だけが得意, であるが, というふう, という言葉, として別世界, となおもしみじみ, となつ, とは異なった, と入道, と話す, と遊び事, ならで, なんかはまた, にはうれしい, には青鈍色, に恥じ, に恨まれ, に悲痛, に琴, に覚えさせる, に言う, に責められ, に面会, のお, のこう, のさとる, のには, の三人, の乗った, の住ん, の來, の出る, の分, の召使い, の名, の字, の孫, の宣給, の室, の寺, の座敷, の庵, の昔, の歌った, の歎, の法事, の涙, の病気, の短, の葬式, の血族, の血色, の袖口, の部屋, の頬, の顔, はいつも, はお礼, はこう, はここ, はこちら, はこんな, はしい, はしばらく, はそっと, はそれ, はそれ以上, はただ, はひどい, はもう, はりっぱ, は主人たち, は今, は伝えた, は使い, は侍従, は出, は喜ん, は困っ, は多少, は大きい, は大将, は失望, は女の子, は女房, は妻戸, は少年, は当惑, は心, は心配, は思う, は思った, は思慮, は急, は急い, は急ぎ, は恢復期, は悲し, は手箱, は打たれ, は持たせ, は月, は法衣, は泣い, は泣いた, は泣き, は泣く, は満足, は真心, は私, は笑み, は笛, は美しい, は老い, は考える, は若い, は薫, は語った, は赤染衞門, は隣室, は願っ, は高級官吏, へあった, への手紙, へ丁寧, へ書い, へ来た, へ言った, も, もうれし泣き, もそば, もまた, も今, も始終, も宮邸, も少納言, も泣い, も物哀れ, も終わり, も言っ, より始め, らしいと, をとどめ, をはかなく, を世の中, を優遇, を喜ばせる, を恨めし, を生きさせ, を見, を訪ね

▼ 尼~ (209, 7.2%)

7 出て 4 いた, 托鉢に 2 云った, 夜ふけに, 小石を, 建立した, 歩み寄つて, 歩み寄つて來, 石地蔵に

1 [180件] あった, あなたの, あやなすよう, ありまして, あるもの, ある事件, ある寺男, いいという, いうと, いかに十七僧, いつか地蔵尼に, お対手, お給仕, お銀様, かく詛うた, かけて, ここで, この像, この寺内, この村, した不思議, じぶん, そうし, その函, その当夜, それには, それへ, たずねた, つけ加えた, どうしてただ, どう云う, どう仰せあろう, どう掻き口説い, ひとりいた, ふとたじろぎ, また少し, ゆうべも, よくあたり, わが願い, ゐると, 一人は, 一人ほかに, 一人破れた, 一体何, 一度その, 一心に前面, 丹精し, 主人の, 二人乗り, 二人向う, 云うには, 云ったと, 五六人いた, 五十名で, 京都へ, 人の, 住んで, 何か, 入れて, 凄惨な, 出して, 出たり, 初春の, 初瀬寺に, 十七年前に, 去ってから, 叫びました, 名も, 呼びとめて, 呼んだの, 和尚の, 地蔵さまに, 地蔵さまの, 大切に, 大吉義神呪経, 大嫌, 奇術的な, 妙に, 娘の, 守って, 宿, 小机ご, 居りまして, 崎の, 崎辺の, 巡遊した, 帰依する, 年よりも, 座って, 後家と, 御燈明, 心を, 志を, 怖ろ, 感激した, 托鉢の, 攫って, 教わるという, 旅疲れで, 是非その, 朝暮に, 期待し, 本国へ, 本堂へ, 村じゅうを, 来たという, 来たり, 来てから, 来り弔って, 東国へ, 枯野見の, 橋といふ, 欲しく思った, 武州公を, 歩み寄って, 死んで, 水底ふかく, 汲んで, 法然の, 涙して, 渋江家に, 源太夫を, 燈外庵の, 燔刑に, 犬に, 犬を, 狗を, 現われるや, 生前くれぐれも, 男と, 畜生道に, 盲人と, 盲人に, 盲人の, 相手だ, 相拍子, 真実に, 着せて, 磔刑柱に, 祥蓮の, 立ちかけるの, 立ち上るの, 立って, 立つて, 紅二十五絃では, 細かに, 羅馬で, 聞き耳を, 腕に, 腹痛に, 自分を, 自室に, 若狭から, 草庵は, 虎の子の, 親に, 観音を, 言うと, 言ったお父さん, 言葉を, 訪ねて, 語ったの, 調じ, 走って, 路を, 身の上話の, 轆轤車に, 送り届けられて, 逃げました, 這入りました此奴, 通って, 連れて, 邪魔を, 錠前を, 降りて, 静かに, 飲める口, 首を, 高時の, 默つて後ろに

▼ 尼~ (100, 3.4%)

6 なって 5 覚一の 3 覚一は 2 なりて, びいりて抱へ

1 [82件] いいこの, いいまする, いえば, いったが, いって, おっしゃる方, お会いした, お告げし, かえ新た, さりげなく話し, して, し側, せん, なった, なったこと, なった巴, なった母, なってから, なつた, なつたり, なつて, なられぬこと, なりなりすました女, なりに, なりゐたりと, なり何処, なり出家, なり教, なり真, なること, なるもの, なる望み, むかい合いに, やなら, よばれて, 云う, 云う尼, 人知れず, 僕とは, 全く似, 出会うこれ, 別れた, 号した, 同じよう, 同じ墓, 呼ぶよう, 四條で, 在家の, 坊さんと, 墓石の, 女髪結との, 女髪結とを, 左衛門という, 年若い, 彫られた石碑, 拾った若い, 揚州優婆塞潘仙童胡国人安如宝崑崙国人軍法力瞻波国人善聴その他を, 於通は, 本願寺方の, 死に別れてから, 水鳥と, 浄善が, 父の, 物蔭で, 犬と, 狭い一室, 申されお, 相手の, 相擁し, 石地蔵との, 窕子とが, 覚一が, 覚一と, 覚一との, 覚一には, 言ったよう, 言つた愼しみ深い, 起原は, 金三郎とは, 鐡瓶の, 頃合だ, 顔を

▼ 尼~ (53, 1.8%)

3 ある 2 覚一も

1 [48件] あまり流行りません, いかにも喜ばし, ここへ, この上, この奉公, こよい, ご息災, さすがに, し罪失, そこを, その息子, た, ためらわれて, またいい気, また同じ, まだ両手, みなどこか, 云う通り, 人に, 今は, 僕の, 元成も, 出て, 出れば, 同様に, 呼びに, 塩竈街道に, 大日他の, 大炊の, 天王寺の, 女じゃからのう, 子を, 安心したらしく, 寄りそって, 希有な, 急に, 手伝いに, 於通も, 案じるので, 法然の, 洞斎兄の, 筆者も, 胸が, 薄々は, 覚一の, 起き上がって, 足を, 過去すべて彼女の

▼ 尼~ (52, 1.8%)

2 相手に

1 [50件] うたがい過ごしたの, うらやましくばかり, おやりくださいませ, こしらえられたと, そしった, どう見, なだめぬいた, 主人公に, 乗せそれ, 乗せたまま, 介抱し, 仲介として, 伯母としての, 住は, 俊良は, 信仰し, 出した条, 出立させ, 呪する, 呼び出して, 呼んだ, 坐らせて, 女の, 妻と, 尊敬し, 待った, 扼殺した, 抱き起しますと, 振り向いて, 授かるん, 殺したの, 殺しの, 毒殺の, 満州政府と, 真ん中に, 眺めた, 眺めたの, 置きその, 置き去りに, 見たこと, 見るに, 見失ったの, 見捨てて, 訪れ彼女, 越前へ, 迫害した, 退がらせすぐ, 連れて, 還俗さし, 還俗さしたり

▼ 尼御台さま~ (49, 1.7%)

5 のお 3 の御, は将軍家 2 に於い, に甘える, に連れられ, はその, は御台所さま, も相州さま

1 [26件] から故, が御, だつて, とよもやま, と聞い, にあらたま, にはその, にもいたく, にも以前, に訴, はかはつて, はかわっ, はす, はなおも, はなほ, はやつぱり生み, は御, は田舎, は軽く, は頼家公, まで, もこの, や相州さま, をも恐れぬ, を従三位, 御自身

▼ 尼~ (45, 1.5%)

2 の御

1 [43件] がいった, がおい, が上框, が仰せ, が全体, が坂道, が御存じ, が殺した, が頭, だから, だね, だもの, だわ, でございました, とあなた, といや, とか云っ, と御, にもお世話, に向かっ, に寺男, に暴れた, に隠し, のお, のお供, のお寺, のお計, のやう, の家, の惜別, の様, の清心様, の素性, の頭巾, はこの, はご, は尊く, へお願い, も交っ, や平野国臣様, らしく, を強請った, を警護

▼ 尼ヶ崎~ (44, 1.5%)

3 の段 2 に着いた, の支城, の荒木村重, まで来

1 [33件] からあすこ, から東京, から江戸詰, から運搬, から駈けつけ, でいちど, では面会, でダンサー, と花隈, にははや, に拠っ, に来, に着い, に着く, のちかく, の七つ松, の地, の城, の城主, の白醤油, の禅寺, の空, の陣中, へは立ち寄らず, へ向い, へ奔, へ来, へ移った, まで参る, も花隈, や花隈城, を乗り取る, を発し

▼ 尼~ (39, 1.3%)

2 の庭

1 [37件] ありと, から密か, で御酒, と申し, なので, にいなけれ, にとどまる, に冷え冷え, に預け, のしじま, の中, の仏前, の味, の奥, の屋根, の日々, の森, の生活, の築地, の縁, の裏, の裏垣, はつまらない, はわたくし, へ, へでも, へでもお, へは帰らなかった, へは帰りません, へまた, へ入った, へ帰れ, へ着いた, を出, を無断, を訪いし, を訪う

▼ 尼~ (24, 0.8%)

1 [24件] か, からもぜひ, がご, が世に, が交じっ, ではあるまい, ではない, とお, と盲, にもごきげんよう, に盲, のおん母子, のおん身, の息子, の肌, の色香, の足弱, は明朝, は草心尼, もまた, や盲, よ心配, を忘れよう, を無事

▼ 尼姿~ (24, 0.8%)

1 [24件] が恥じられる, さえうらやまれ, でおいで, で上品, で侍する, で同車, で暮らします, で石井, とによって幾分, なぞになった, にいいえ, になっ, になりきっ, になりましたなら, になる, に窶し, のお, の七, の恋娘, の方, の真弓, の遍路, を膝, を言う

▼ 尼御前~ (24, 0.8%)

2 には

1 [22件] か, がふつくり, がよく, がわが身, せっかくであった, であった, でも心, などを詫び, にいはれよう, に付い, に與, の, のお, のおすがり, のせい, の娘, の御, はさぞや, への返書, へ與, を害め, 羨ましい恋

▼ 尼~ (24, 0.8%)

1 [24件] がこの間, がめいめい, が一列, が合唱, が此間, が秩父連山, が過ぎたる, に, に交らんこと, のやう, の合唱, の暗い, の胸, の衣, の許, の讚美歌, の饒舌, は互いに, は実際, は攫っ, は横, は秩父, も昼, 現れ高く

▼ 尼~ (23, 0.8%)

4 はこう 3 の曲った

1 [16件] が一人, の今度, の姿, の知っ, はいつも, はいよいよ, はこの, ははっと, は狭い, は糞器, は糞汁, は経文, は途方, は長者, よ, よお前

▼ 尼~ (21, 0.7%)

2

1 [19件] が他, が長安, たること, である西洋人, なく三十七年, には唐代, の建設者, の教本, の殿堂, の迫害, は佛道二教, は大師, は素菜, は長安, も長安, を建てた, を指した, を指斥, 入中國考

▼ 尼には~ (20, 0.7%)

2 会うたこと, 會うたことの

1 [16件] おかしくて, させなかったの, ちょッと, ならずに, ふとおぞましく, もう一つ, もっとおもしろい, やつと, やはり出来ない, 幸いじゃ, 心ひかれる, 恵印の, 成られん, 政子を, 未だなっ, 連なること

▼ 尼という~ (18, 0.6%)

2 のは

1 [16件] のだ, のです, ような, メスどもが, 一人が, 一女性は, 人で, 人は, 変わった姿, 尼さんが, 尼も, 尼僧らしく思われた, 尼様の, 文字見え, 若い女, 襟に

▼ 尼夫人~ (14, 0.5%)

1 [14件] がこの, が病, であった, という緊張, などは片腹痛く, は, はこう, はもう, は初瀬, は昨日, は泣き, も女房, も女房たち, も留守

▼ 尼とは~ (13, 0.4%)

1 [13件] いわなかったか, おのずから落ちつき, お取, それでいてそんな, なして, 事変り, 云うもの, 何者, 子曰はく, 思ったが, 敵同志であり, 知るまいし, 見えない

▼ 尼にでも~ (13, 0.4%)

3 なって 1 させようかと, なったら一番, なつて父さん, なるという, なるより, なれ, 成つたやう, 成ろうと, 自分は, 見るよう

▼ 尼にも~ (13, 0.4%)

2 ならない

1 [11件] いま差当っ, それは, ならずに, ならず妻, 一点憐憫の, 今朝あやしまれた, 唐突に, 孤独生活から, 成ろうと, 覚一にも, 贈った

▼ 尼~ (13, 0.4%)

4 何とも 1 また本, 上下の, 仲時に, 信玄の, 山葵漬, 明治の, 覚一など, 遊女に, 雑人たちの

▼ 尼~ (13, 0.4%)

2 も狐

1 [11件] か飯綱, その物, だ, ということ, に足利義詮, の形相, の方, は魔, を祈る, を祭った, を祭る

▼ 尼~ (12, 0.4%)

2 へお 1 が心, に今日, のお, の三条, の女房, の西, はうれしく, は仏前, も起き, を御

▼ 尼母子~ (12, 0.4%)

2 の姿 1 が他, でさえも豊川, とはおなじ, と供, の前, の四人, の素姓, もまいります, も不知哉丸, を客殿

▼ 尼たち~ (10, 0.3%)

1 が二人そば, が住ん, が幾人, が紐, だけであった, であるが, のいる, の就寝時間, の影, は縁

▼ 尼さま~ (9, 0.3%)

1 からお, がお越し, が東宮, だと, のたっての, の弟子, は秀吉さま, もおいでられ, も御

▼ 尼として~ (9, 0.3%)

4 原因を 1 フランシスと, 嵯峨野の, 清浄の, 置こう, 隱居し

▼ 尼から~ (8, 0.3%)

1 おれが, お言わせ, とらえられた時, のぞいた孤独, 便りを, 浄善の, 筆者と, 聞いたもの

▼ 尼~ (8, 0.3%)

5 あつた 1 しかもこちら, 一生を, 良海と

▼ 尼そぎ~ (7, 0.2%)

5 にした 1 程に, 艶なる

▼ 尼君たち~ (7, 0.2%)

1 から言われ, がこちら, に直させ, の住居, の家, の車, よりも先

▼ 尼婆さん~ (7, 0.2%)

1 の他, の口説節, の形, の方, の首, はもう一度, は当世はやり

▼ 尼~ (7, 0.2%)

1 であったろうこと, であるか, の功徳, の如く, は著聞集, らしいから, 本是邪見

▼ 尼さん達~ (6, 0.2%)

1 がお, が大勢, が幾組, が通る, の集まり, はこつち

▼ 尼どの~ (6, 0.2%)

1 でお, にはお, にはまだ, に会った, のお, の手引き

▼ 尼に対する~ (6, 0.2%)

1 一種の, 新しい疑惑, 村の, 村人の, 疑いは, 諸人の

▼ 尼~ (6, 0.2%)

1 あなたから, ことばを, 伝えたそう, 床几を, 打明けたわけ, 話しかける

▼ 尼ヶ瀬~ (6, 0.2%)

1 にはいる, の光照寺, の惣ちやん, の惣兵衛ちやん, の町, へ行かない

▼ 尼である~ (5, 0.2%)

1 が趣味, ことに, と, といわれ, と思い

▼ 尼より~ (5, 0.2%)

1 おすがり, 受け取りいざ, 時代は, 聞いて, 賢れり

▼ 尼ヶ崎花隈~ (5, 0.2%)

1 の三城, の三塁, の二城, の二要害, を開城

▼ 尼御台所~ (5, 0.2%)

2 の御方 1 の仰, 御上洛, 御還

▼ 尼自身~ (5, 0.2%)

2 のこと 1 の云う, は忘れ, も特殊

▼ 尼さんたち~ (4, 0.1%)

1 がそれ, と懇意, は女生徒, は毎日蕗

▼ 尼~ (4, 0.1%)

21 がその, ということ

▼ 尼でございます~ (4, 0.1%)

1 があなた様, と, 竜顔に, 重助は

▼ 尼にな~ (4, 0.1%)

2 つてから 1 つてアグニアと, つて浄休院と

▼ 尼に対して~ (4, 0.1%)

1 その形, 丁寧に, 更に一種不思議, 格別に

▼ 尼~ (4, 0.1%)

1 という, へ着いた, へ行く, を問い

▼ 尼先生~ (4, 0.1%)

1 といえ, は傷つけよう, は日月, をそしっ

▼ 尼天堂~ (4, 0.1%)

2 の縁 1 に夜, の横

▼ 尼連河~ (4, 0.1%)

2 のほとり 1 の上, の両

▼ 尼~ (3, 0.1%)

2 がたの 1 がた

▼ 尼~ (3, 0.1%)

1 ちよだ, ちよめ, 子が

▼ 尼とが~ (3, 0.1%)

1 五月の, 夫婦に, 目だたぬふう

▼ 尼~ (3, 0.1%)

1 ので清左衛門, ので色恋, んだ

▼ 尼などの~ (3, 0.1%)

1 安否も, 手から, 食いものに

▼ 尼ヶ崎城~ (3, 0.1%)

1 と兵庫, はいま, へ移った

▼ 尼刀自~ (3, 0.1%)

1 が洒落れた, の事, へ返礼

▼ 尼奥様~ (3, 0.1%)

1 がおいで, が早く, は碁聖上人

▼ 尼女房~ (3, 0.1%)

1 が寝, の墨染め, は早く

▼ 尼~ (3, 0.1%)

1 という尼姑, は尽く, を逮

▼ 尼~ (3, 0.1%)

1 台所並びに, 臺所御方女房五六輩浴新, 臺所御計

▼ 尼御台~ (3, 0.1%)

1 が専横, に油, も北条

▼ 尼~ (3, 0.1%)

1 がある, はちょうど, を見

▼ 尼殿~ (3, 0.1%)

2 じゃ 1 も拙者

▼ 尼還り~ (3, 0.1%)

1 のお, の短い, の美しい

▼ 尼長屋~ (3, 0.1%)

1 に佐渡, の人々, を曲がっ

▼ 尼院生活~ (3, 0.1%)

1 など夢にも, に余生, も彼女

▼ 尼~ (2, 0.1%)

2 への一座

▼ 尼かて~ (2, 0.1%)

1 この年, われの

▼ 尼ごろ~ (2, 0.1%)

2

▼ 尼さま母子~ (2, 0.1%)

1 も羅刹谷, をどこぞ

▼ 尼だけは~ (2, 0.1%)

1 かえって女らしい柔か, 下手人扱いに

▼ 尼では~ (2, 0.1%)

1 ない人声, 無かった

▼ 尼といった~ (2, 0.1%)

1 ような, 人の

▼ 尼としては~ (2, 0.1%)

1 別嬪だ, 当然の

▼ 尼などは~ (2, 0.1%)

1 今の, 身を

▼ 尼なりき~ (2, 0.1%)

1 また同じ, 汝もしよく

▼ 尼なる~ (2, 0.1%)

1 ものの, 人なり

▼ 尼になど~ (2, 0.1%)

1 して, なる気

▼ 尼になんぞ~ (2, 0.1%)

1 なりは, なろうと

▼ 尼への~ (2, 0.1%)

1 挨拶には, 消息にも

▼ 尼ッちょ~ (2, 0.1%)

1 なんてもの, のもの

▼ 尼ヶ崎橋~ (2, 0.1%)

1 から上下, に立つ

▼ 尼ヶ崎辺~ (2, 0.1%)

1 から乗船, に着いた

▼ 尼ヶ崎附近~ (2, 0.1%)

1 にとらえ, を乗

▼ 尼~ (2, 0.1%)

1 うせたまひ, の蓮

▼ 尼~ (2, 0.1%)

1 徒, 門人

▼ 尼入道~ (2, 0.1%)

1 となつ, の無

▼ 尼君達~ (2, 0.1%)

1 が旅行, さえ立派

▼ 尼~ (2, 0.1%)

1 景叙景の, 秦穆護

▼ 尼妙了~ (2, 0.1%)

1 が, である

▼ 尼姿ゆえ~ (2, 0.1%)

1 でご, 悲しい災難

▼ 尼宮様~ (2, 0.1%)

1 と言っ, の面影

▼ 尼~ (2, 0.1%)

1 から筆者, という襟

▼ 尼弟子~ (2, 0.1%)

1 が告げ, の傳

▼ 尼御前たち~ (2, 0.1%)

1 に對, は在家

▼ 尼教徒~ (2, 0.1%)

1 が受戒, は支那

▼ 尼~ (2, 0.1%)

1 に往き, の梵授王一

▼ 尼様達~ (2, 0.1%)

1 が忍び, のお

▼ 尼比丘尼髪切少女~ (2, 0.1%)

1 などと一々, などと通行者

▼ 尼波羅国~ (2, 0.1%)

1 にもある, に行きまし

▼ 尼~ (2, 0.1%)

1 から帰った, の怪婦人

▼ 尼~ (2, 0.1%)

1 および諸, を失い

▼ 尼~ (2, 0.1%)

1 の品々, の手道具

▼ 尼~ (2, 0.1%)

1 にラマ摩尼, まあ日本

▼ 尼遍路~ (2, 0.1%)

1 なぞまるで, の顔

▼ 尼~ (2, 0.1%)

1 と一緒, になった

▼1* [228件]

引きずつて, 尼あての文, 尼あのわしが, 尼あるいは独鈷と, 尼いま燈を點, 尼止め申し, 尼へりくる, 尼かなんぞいるらしいけ, 尼からの報告を, 尼からもお餞別, 尼がや示現の, 尼こそ病身の, 尼こそかの老人雑話に, 尼ぜんを, 尼さえ竜の, 尼さえも知って, 尼さてはばさら商売の, 尼さながらの身持, 尼さまン処へ行っ, 尼さんがたは隅, 尼さんみたいな魂, 尼さんスタイルでサービス, 尼さん二人をこんな, 尼さん切髪の品, 尼さん女学校又いく分, 尼さん学校は賛成, 尼さん療治をうけよう, 尼さッさと, 尼しかいないと, 尼じゃアあるまい, 尼すなはち, 尼すむ寺は, 尼ずみ寺に年, 尼その子の, 尼ただ独りありす, 尼たち二三人が花, 尼だけにあっさりし, 尼だったそうだ, 尼だの坊さんだ, 尼ちょが, 尼であっていっそう, 尼であったかと義貞, 尼でございまするが出家, 尼でしたね何とか, 尼でもや酒だけは, 尼で御座ったか, 尼といふのは, 尼とか祇園の, 尼としても問うところ, 尼とて年の, 尼とともに尼院の, 尼とも見える年, 尼とやらがつき添うて, 尼とを彼も, 尼どもは皆聲, 尼ども両親はとうに, 尼ながら品位の, 尼などがいるもの, 尼などと云うもの, 尼などというもみな同じ, 尼などともいって, 尼などに話して, 尼なども姫君の, 尼などを見ると, 尼ならぬ尼は, 尼なら頼って行けぬ, 尼なんかにもなります, 尼なんぞには実際性欲, 尼にたいしてむしろ我慢, 尼にたいしてはもとよりその, 尼について昔の, 尼にてありたり, 尼になんかなっては, 尼にまでなったの, 尼に対しては一種の, 尼のみ寺の, 尼はもうい, 尼はんになつ, 尼ひとりに任せられる, 尼ぼとけの肩, 尼まずそれへ, 尼までほっとし, 尼までがあの覚一, 尼よりは覚一の, 尼よりもさびしく暮し, 尼が弘法様, 尼らしい名を, 尼らしくなかったという確証, 尼マルチノと私, 尼ヶ崎一帯は松, 尼ヶ崎山崎あたりまでは軍, 尼ヶ崎方面へ逃げ, 尼ヶ崎町と申しました, 尼ヶ崎神崎柱松のあたり, 尼ヶ瀬町の光照寺, 尼一万四千百八十四人ありしも, 尼一人に示し, 尼一千九百七十五人あり, 尼一百二十人猶中, 尼七十人は皆, 尼七十人皆死在回, 尼三味線弾ける, 尼と云, 尼然が, 尼二人ほど連れ, 尼二名と男十九人女二十一人, 尼亜湾でございますかな, 尼亜珊瑚の森, 尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 尼亞珊瑚の森, 尼仏人寿二万歳の時迦葉波仏, 尼以上の人物, 尼住みおりここは, 尼余りこのもしき女, 尼毛唐の, 尼傀儡師旅商人工匠山伏など, 尼六代家宣七代家継九代家重十二代家慶十四代家茂などであっ, 尼具那以下に鮹旗廿頭, 尼かこの, 尼でその, 尼剌錫蘭沢山は未だ, 尼前さまにもお, 尼前六波羅にいた, 尼前子は十七, 尼前覚一また会おう, 尼の傾向, 尼十七世紀に久しく, 尼古来教会が落成, 尼同様な仏間, 尼君一人薄茶の手前, 尼君主従がまだ, 尼君昨夜紐にて燐, 尼君様と申しました, 尼君自身は信じ, 尼吠噛吽という六字, 尼国王の誕生, 尼の該樹下, 尼園ニ住ミ無憂華, 尼坊今なお存す, 尼坊八百七十六坊僧二万八千九百九十一人尼一万四千百八十四人ありしも, 尼外道の我, 尼天法であること, 尼太令宗または唯, 尼女房たちは, 尼女房達が沢山, 尼をたとい, 尼姫君などでなく, 尼がじりじり, 尼子守女女房雷鳴様にまでなりまする, 尼子方の備後国江田, 尼学校でも貴族出, 尼の中, 尼宮の所へ勅使, 尼宮大聖寺殿の御, 尼寡居再縁いずれが最も, 尼將軍として若, 尼少女の歌, 尼山泗水の間, 尼は幾千, 尼川横断三千谷安岳縦貫一百州地底猶埋, 尼巫女の居どころ, 尼巫子などの平俗, 尼弟子列伝も子路, 尼弟子列伝中に孔子, 尼待賢門院信西為義妓王妓女と仏御前, 尼御前名宛には御膳料, 尼御台さま御台所さまそれから相州さま, 尼御台所さまが建保六年, 尼御台所二所に御, 尼御台所将軍家並びに御, 尼御台所本所に渡御, 尼大いに動く, 尼怨んで永劫ここ, 尼戒業精苦誦経四十五万言云々常に一虎, 尼に男夫, 尼抱き帰り自らこれを, 尼拉湾の呂宋, 尼拉煙草よ, 尼振りはにこやか, 尼数名乗り込む, 尼斯国の白膠香王隣国王, 尼斯城の婬女, 尼智首その他二人の尼, 尼曼陀羅には天狗, 尼是邪見妄託佛教既是西胡師法其徒自, 尼正どん, 尼のところ, 尼校長から御, 尼梳きの額, 尼様たちのお, 尼様明石の尼様, 尼様鼠木綿の無地, 尼の樣, 尼之助, 尼正成の妻, 尼の橋詰, 尼殺しの嫌疑者, 尼母經がよ, 尼のほとり, 尼理願を悲しんだ, 尼真白い全身に, 尼知亞女姫御前よ妃, 尼知盛以下二十人ばかりの小さな, 尼秀吉此の後室, 尼竜顔に咫尺, 尼持は, 尼美人でした, 尼美人たちが夕べ, 尼美人ぶりにお, 尼聖水香数珠独身の僧侶, 尼良海だけは仏壇, 尼かこの, 尼虜賊に獲られ, 尼や後家, 尼装束などもまだよく, 尼です, 尼西亜のカナアル, 尼西国民の儀, 尼覚寿は菅丞相, 尼誠に忝ない, 尼護法は鬼子母神, 尼に手, 尼返りで若くて, 尼連河上風跡残霊樹下塔聳宝林中堪喜千年後, 尼鉢曇摩忸婆羅波羅波利多耶, 尼院中なるフラミニア, 尼院宿ならほか, 尼院長みたいだな