青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「始める~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~始 始~ ~始まった ~始まる 始まる~ ~始め 始め~ ~始めた 始めた~ 始めて~
始める~
~始末 始末~ ~始終 始終~ 姑~ 姓~ 委員~ 姪~ 姫~ 姫君~

「始める~」 1412, 14ppm, 7949位

▼ 始める~ (349, 24.7%)

8 私は 4 なると 3 すると, それを

2 [23件] いふこと, いふの, この社会人, しよう, すぐに, それに, それも, ほかの, もう夢中, 二人の, 今まで, 他の, 俺の, 叔父は, 大将も, 女は, 彼女は, 彼女を, 急に, 自分も, 言ふ, 途中で, 風下の

1 [285件] あたりは, あちらこちらの, あるもの, あんな変, いいますが, いうじゃ, いう迄には, いえば, いかにも附け, いくら馬力, いつた無, いつも彼等, いふ, いやな, おもて, お光, かかる屈辱, かなわぬと, きまってビスちゃん, きりが, この子供, この宿命的, この鏡, これが, これは, これも, さうし, したらそれ, しますね, しようか, すぐその, すぐまた, すでにその, する, すれば, そうする, そっとその, そのほう, そのままで, その世間, その人, その古い, その有機系, その無数, その途中, そばへ, それが, それと, それは, それはも, そろそろむつかしく, だしぬけに, だんだん足, ちっとも意味, とても一人, とめどが, どうしてもそれ, どうにも我慢, どうにも納まり, どこやらの, どんどん生長, どんな無理, なか, なかなか思う, なかなか落着, なかなか骨, なか子は, なったら同期, ならば, のろのろと, はやくも, ふと忘れかけ, ほとんど同時に他, またすぐ, また容易, また聞え, また自問, また驚くべき, まもなく一つ, まもなく振向い, みんなそっちを, むやみに, もうそのまま一日, もうどうしても立っ, もう今, もう商売, もう夏休み, もう政治, もう胸, やがて彼, やはり一人前, ゆっくりで, わたしの, エセックスは, スッカリ感心し, テレ臭そうに, テーブルの, トコトン迄, トロリと, 一から, 一同は, 一緒に, 三つ星さまが, 三人は, 不器用で, 不思議にも, 中, 二人は, 云うさわぎである, 云う訳, 今度は, 体に, 何か, 何だかあなた方, 何でも, 何もかも忘れ去っ, 何よりも, 何処からとも, 何処まで, 何年にも, 何故だ, 何時でも, 何時の間にそんな, 例の, 俄に, 信子は, 傍へ, 傍を, 傳次は, 僕も, 儒教で, 先づその, 先刻感じた, 先生は, 全く人間業, 全く異, 其の途中, 再び群衆, 再び自分たち, 労働者は, 北の, 厭な, 口ぎたない悪罵, 同性の, 同時におれ, 同時にさあ, 同時にそれ, 同時に之, 同時に彼, 同時に戸, 同時に朦朧, 呂昇は, 周章てるの, 四輪ともに, 土は, 夕まで, 外に, 多分どこ, 大きな石, 大きな餅, 大変な, 大杉と, 夫人の, 夫人は, 奥の, 女も, 妙に, 婦人は, 嫂は, 子供達は, 存外営業的, 学生等は, 宜く, 容易に, 寒い時, 左の, 巳之吉は, 師直も, 彼の, 彼は, 彼も, 彼等は, 御寺の, 御飯などは, 必と, 怖ろ, 思いも, 思う, 思うかい, 思ひきや, 急速に, 患者達は, 惰力で, 想像せね, 成瀬は, 持ち上げられた線路, 數千人の, 新鮮な, 日に, 時, 暗い夜霧, 最初は, 末野は, 松茸盜みやが, 柵外に, 極めて短時日, 櫻木大佐を, 止めども, 歸りか, 死骸も, 毎晩き, 民衆は, 水に, 水兵や, 法水は, 泣き出して, 漁夫たちの, 炎天の, 甘いから, 由良は, 甲谷は, 男の, 町役人と, 癩は, 皆が, 皆は, 直ぐにこうなっ, 直ぐに外, 直ぐ一方, 直ぐ建てられたらしい, 相手は, 真っ黒に, 眼が, 眼下に, 矢張きまりが, 秀吉は, 私兵達は, 穴の, 第二次, 純如, 細君は, 終る迄は, 絵具箱を, 續け, 老人は, 耳鳴りが, 胸が, 自分に, 自分の, 自分は, 興に, 船に, 船の, 色々の, 苦沙弥先生が, 蒂を, 表で, 見える, 見附見附には, 言うの, 誓言し, 語は, 読者の, 誰も, 警視庁の, 豚は, 超現実的, 載す, 農務省の, 農商務省の, 辺りに, 遂に一册, 部下も, 都合が, 酒杯の, 醉月は, 鏡に, 間もなく昼食時, 間もなく突然に, 闊葉樹林が, 雪は, 面倒くさそう, 頭から, 馬場一面に, 麦が

▼ 始める~ (258, 18.3%)

31 である 27 です 2519 であった 17 だった 12 でした 6 であるが 4 だが, だと, でありました, では 3 を待つ, を見る 2 がいい, が生物界, だから, だったが, だな, だろう, であります, ですが, を眺めた

1 [81件] か, かそれ, かそんな, かと思う, かと思っ, かと思つて, かなア, かね, かも知れない, か刈る, がもう少し, が一番, が今日, が便宜, が唯一, が常, が当然, が得策, が流行った, が聞え, が聞えた, が順序, じゃあねえかと思っ, じゃあるまい, ださうである, だぞ, だつた, だね, だまったく, だろうと, であったが, であるし, である言わばかろうじて, でしょう, でしょうか, ですと, です昨晩, でなければ, でも, とを見間違える, とカッ, と同じ, と喧嘩, なら柏村, にさえも多少, にもいろいろ, に二週間以上, に困った, に対して独立, に欠く, に着眼点, に違い, はこの, はこれ, は不安心, は人間, は勿論, は十時, は問屋, は四月, は困る, は如何, は少し, は梅, は生物学上, は面倒, は面白く, もあった, もその, もやはりしばらく, も一つ, も好い, も平和, も自己, をお, をみ, を夫人, を待っ, を待った, を見, を認めた

▼ 始めること~ (129, 9.1%)

15 になった 10 にした 6 になつ 5 となった 4 にしよう 3 が出来た, だろう, にする 2 ができない, ができる, が出来る, だ, である, にしました, になっ, に致しましょう

1 [64件] があった, があつ, がある, が何と, が出, が出来ず, が出来ない, が分っ, が分った, が最も, しばらく延引, すらあった, そしてまるっきり, だなどという, だなどといふ, であります, であるから, でそれ, と思う, にきまった, にし, にしたい, にしたら, になつた, になつたの, にならないであろう, になり, になりました, になる, になれ, になツ, によって不当, に二人, に成るでしょう, に書い, に気, に決めた, に決心, に相談, のほう, はあり得ない, はできぬ, は出来ない, もあり, もある, もあろう, もし, もできない, も不可能, も亦, も完成, をお, をしばらく, を彼ら, を得せしめた, を意味, を承知, を提議, を本能的, を発表, を知った, を確め, を許さない, を許された

▼ 始めるよう~ (48, 3.4%)

11 になった 8 になっ 3 な気, になりました 2 なこと, になり

1 [19件] じゃ, なもの, な場合, な奇現象, な実に, な殊勝さ, に, にとの御, にと注文, にと説得, にと迫った, にならね, にみえる, に仕組ん, に合図, に命じた, に広く, に成った, に祭

▼ 始める~ (35, 2.5%)

104 です 3 だよ 2 だと, だね, ですつて

1 [12件] じゃないだろう, ださ, だそう, だぞ, だつて, だな, だなあ, だなんて, だねえ, だろう, ですからね, ですよ

▼ 始めるという~ (34, 2.4%)

5 ことは 2 ので, のも, わけには

1 [23件] きわめて平凡, ぐあいであった, ことです, ことに, ことも, すこし前, とんだ遠出, のです, のは, ような, 一つの, 事だ, 勢いであった, 始末である, 工合に, 旺盛な, 時に, 時私達人民は, 植物の, 状態を, 習慣の, 茲元片や, 騒ぎに

▼ 始める~ (29, 2.1%)

2 とかあるいは

1 [27件] が来るだろう, その時, ですら, というもの, と了, と読み終った, にそれ, にはうつ向き, にはまず予め, にはもう, には動くまい, には此, にもオットー, にスーッ, に先生, に外, に怖がらぬ, に起床, の必要, の欧州, はお, はまことに, はもう, はスポーツマンシップ, は危篤, は最早整然と, 其の研ぎ減らした

▼ 始める~ (25, 1.8%)

3 しても, 至った 2 当って, 当つて

1 [15件] ある, 伴って, 伴れ, 充分好都合, 先立って, 到つたこと, 困難な, 就ての, 就ては, 相違ございませぬ, 相違ない, 相違なかろ, 至ったかに, 至って, 至つて感覺によつ

▼ 始める~ (22, 1.6%)

4 早いか 2 昨年

1 [16件] いい, いいかという, そのころ, それが, それでもその間, ほんの二, よい, 堅くて, 宜い, 庄平は, 情ないこと, 所謂機関説の, 清涼の, 照彦様から, 目的は, 覚悟は

▼ 始めるので~ (22, 1.6%)

9 あつた

1 [13件] あらう, いかなる深刻, これお, そうなっ, その振動, それが, 二人は, 凝結核が, 十六日は, 家族には, 往昔の, 病んで, 真率な

▼ 始める~ (22, 1.6%)

2 にそれとなく, に人間

1 [18件] から指, にその, にはきっと, にはまず, にま, にまず, にラム酒, に一二冊, に之, に予め, に既に, に清三, に用意, に私, に第, に筆, の求職, 黙って

▼ 始める~ (21, 1.5%)

4 になる 2 であった

1 [15件] から紫陽花, から誰, から身, でした, ですね, にかれ, になった, にはそれ, にはインド, には下婢, には日, にぶらぶら, はもう, はやがて, 迄続い

▼ 始めるところ~ (15, 1.1%)

2 がある, でした, の個々, の前提 1 だった, だったからと, と伝え, なのよ, に存する, までは突き, らしい

▼ 始めるつもり~ (14, 1.0%)

1 [14件] だ, だから, だった, だったおその, だろう, であつ, です, ですか, ですの, でも, でゐる, で大, なり, よ

▼ 始めるから~ (13, 0.9%)

2 である

1 [11件] そこい, 一年を, 人間を, 仕事を, 何か, 外濠について, 大概の, 直ぐに, 苫三七郎ちよいと, 贔屓に, 震えた

▼ 始める~ (11, 0.8%)

1 [11件] すれば, それとももう, またはいた, または窓, わからない, わからぬ, 分らないわ, 始めないかの, 寺侍の, 知れたもの, 酒でも

▼ 始めるため~ (11, 0.8%)

2 には, に彼 1 であつ, にはその, に他国, に大阪, に過去, に食卓, の頼り

▼ 始めるもの~ (11, 0.8%)

3 がある 2 だから, なの 1 である, です, ですから, では

▼ 始める~ (11, 0.8%)

9 否や 1 小杉さんは, 漢法を

▼ 始めるとき~ (10, 0.7%)

1 がきた, だ, つとその, にはこの, に移住, に脱ぎすて, のこと, の用意, はお, は相手

▼ 始める~ (10, 0.7%)

1 がある, が出来た, にした, にしよう, にする, になっ, になった, になつ, にも倦み, は花やか

▼ 始める~ (10, 0.7%)

2 にあり 1 があっ, が挨拶, だ, ですから, の下りた, の多く, の生活, もある

▼ 始めるかも~ (9, 0.6%)

2 知れぬ 1 しれないから, 知れないからね, 知れないこと, 知れないと, 知れないわ, 知れなかった, 解りません

▼ 始めるには~ (9, 0.6%)

2 深いワケ 1 いいけれど, お誂え, どうしても神話, 何と, 余りに乏しい, 向うからの, 資本が

▼ 始めるかと~ (8, 0.6%)

3 思うと 1 思いの外彼は, 思う頃, 思って, 思ふと, 見えた

▼ 始めるやう~ (7, 0.5%)

2 になり 1 にな, になつ, になりました, に合図, に彼等

▼ 始める~ (7, 0.5%)

2 など遠く 1 であり豊の明り, にまだ, の幻, はもう, を待ちかね

▼ 始めるころ~ (6, 0.4%)

1 からは法事, から十一月, から少し, から日記, だった, だと

▼ 始めると共に~ (6, 0.4%)

1 その空間, 世界史上の, 事件が, 十字軍士の, 島々の, 職工時代をも

▼ 始めるわけ~ (6, 0.4%)

1 だが, である, でそれ, にも行かない, にゆかない, はない

▼ 始める~ (6, 0.4%)

4 になった 1 じゃそんな, などはなかっ

▼ 始める~ (4, 0.3%)

1 この冬, もうそろそろ来るじ, ジョリクールは, 家では

▼ 始めるといふ~ (4, 0.3%)

1 やうな, 事だけは, 噂だつた, 有様である

▼ 始めるのに~ (4, 0.3%)

1 よいと, 人間の, 早すぎる, 金が

▼ 始める積り~ (4, 0.3%)

1 かネ, だったが, でございます, で私

▼ 始めるがの~ (3, 0.2%)

2 夫れ 1 それも

▼ 始めるとは~ (3, 0.2%)

1 いい図, けしからんなどと, 唯事で無い

▼ 始めるより~ (3, 0.2%)

1 ほかなかっ, 外に, 遥か前から

▼ 始める場合~ (3, 0.2%)

2 喚び醒まされるの 1 がしばしば

▼ 始める必要~ (3, 0.2%)

1 があった, がある, もない

▼ 始める~ (3, 0.2%)

1 でせう, になつ, にはなれない

▼ 始める~ (3, 0.2%)

1 だつた, であった, でわたくし

▼ 始める~ (3, 0.2%)

1 が聞える, が起っ, なども近い

▼ 始めるかという~ (2, 0.1%)

1 問題が, 疑問が

▼ 始めるかは~ (2, 0.1%)

1 それを, なかなか云い

▼ 始めるその~ (2, 0.1%)

1 理想を, 箒の

▼ 始めるだけの~ (2, 0.1%)

1 勇気を, 資金を

▼ 始めるとか~ (2, 0.1%)

1 始めたとかいう, 島津の

▼ 始めるとも~ (2, 0.1%)

1 なくこんな, なく二人

▼ 始めるなんざ~ (2, 0.1%)

1 良い料簡, 良い量

▼ 始めるまで~ (2, 0.1%)

1 待たなければ, 継続される

▼ 始めるまでには~ (2, 0.1%)

1 至らなかったが, 長い経歴

▼ 始めるやいなや~ (2, 0.1%)

1 全くどぎまぎ, 慌て

▼ 始める一瞬前~ (2, 0.1%)

1 の猛, の猛獣

▼ 始める企て~ (2, 0.1%)

2 をする

▼ 始める~ (2, 0.1%)

2 がふと

▼ 始める~ (2, 0.1%)

1 に道, はなかつた

▼ 始める小正月~ (2, 0.1%)

1 に取越し, に行う

▼ 始める~ (2, 0.1%)

1 が, はふるえ

▼ 始める時分~ (2, 0.1%)

1 には椅子, には皆

▼ 始める時刻~ (2, 0.1%)

1 であった, には七月初旬

▼ 始める時期~ (2, 0.1%)

1 もまた, をここ

▼ 始める~ (2, 0.1%)

1 な場合, になり

▼ 始める様子~ (2, 0.1%)

1 です, を見

▼ 始める~ (2, 0.1%)

1 は必ず, もそれ

▼ 始める~ (2, 0.1%)

1 には現在われわれ, に流れ出す

▼ 始める頃むざんの斧~ (2, 0.1%)

2 や鋸

▼1* [150件]

始めるあの気持に, 始める考えです, 始めるからと云いつけた, 始めるかを見るの, 始めるふうは, 始めるくせに, 始めるくらいは何でも, 始めるこれもうまく, 始めるじゃありませんか, 始めるそうだ, 始めるそうして肩を, 始めるそして秋の, 始める俺の, 始めるだけです, 始めるつて言つて何も知らねえ, 始めるせうか, 始めるといった遣り方, 始めるときいつでもそう, 始めるとき判断は既に, 始めるとき彼女はその, 始めるとき灰皿の上, 始めるとともにまた室鰺, 始めるなどいろいろと, 始めるなどというのは, 始めるなんて筋が, 始めるにあたって彼らは, 始めるについてボデーの, 始めるについては正にあの, 始めるについても伯父は, 始めるにつけ女恋しく, 始めるにつれやがて紐, 始めるにつれて政府は, 始めるにも及ばぬと, 始める可笑しいです, 始めるはずの祈祷, 始めるほかこの附近一帯, 始めるほど自分の, 始めるほどの年ごろに, 始めるまでに整備される, 始めるまでは何だ, 始めるめちゃめちゃに文句, 始めるよしとにかく, 始めるやうぢや, 始めるやがて尺八を, 始めるよう私は妻, 始めるマイダス王物語の中, 始めるリズムを以て腕, 始めるじゃねえ, 始める一方商業劇場の内部, 始める一時すぎである, 始める丁度五分位経つたとき鼻唄, 始める三月末までの間, 始める工作だろう, 始める丑松が好き, 始める了見になった, 始めるでさえ音吐朗々, 始める仕掛になっ, 始める以外に無い, 始める企業家もない, 始める何処を見廻し, 始める価値のある, 始める個所を読ん, 始める停電だから, 始める兆しか, 始めるは俺, 始めるの文化主義, 始める初夏の季節, 始める勘次の差出口, 始める十五度乃至二十度位, 始める十八九までの数年, 始める午前五時近くまで, 始める合図を待っ, 始める同人雑誌の相談, 始めるや自己, 始める回春期である甲斐, 始めるの突角, 始める夕暮のこと, 始める夜明け前の一, 始めるれから, 始める子供達を叱りつけ, 始める季節であった, 始める小黒部谷から舞い上った, 始める少し以前らしく, 始めるから水中, 始める年代となる, 始めるる時, 始める戦争が正義, 始めるになった, 始める手軽気軽で, 始める数学者が暦術, 始める料簡だとは, 始める旅館を開く, 始める日々といふもの, 始めるを述べた, 始める春先に雀, 始める時それは自由主義全般, 始める時スエコ口走って, 始める時兩者の關係, 始める時斧を使, 始める時朗々たる声, 始める時点は本来, 始める時目次によって内容, 始める時詩壇ははじめて, 始める時間とかまたは, 始める最初から皇室, 始めるの空, 始める機会と思い, 始める次第だったの, 始める此の方は大丈夫ハコ, 始めるになる, 始める気分など無かっ, 始める気色がありません, 始める水球が飛び散つ, 始める決心をした, 始める火の番の拍子木, 始める然し五年前の, 始める煩わしさに, 始めるに僞名, 始める理由がある, 始める理窟だから, 始める生徒や狐鼠, 始める由言越したれば, 始めるがいた, 始める看護婦の津野さん, 始める瞬間だけで, 始める瞬間私の心, 始めるまで待つ, 始めるの課長さん, 始めるの湯, 始める算段であるという, 始める絶対的に自発的, 始める緒口を開く, 始める耄碌爺の心持そつくり, 始める茫々たる霧, 始めるの花, 始める華かさが急, 始めるれが, 始めるがある, 始める表面はザラメ, 始める計画があり, 始める論理は原則, 始める費用まで作っ, 始める足掛りにもなる, 始める迄に暫く余裕, 始める迄は疊を, 始める限りお上の文化, 始める頃三吉は不幸, 始める頃停車場の方, 始めるの方, 始めるは驚ろ