青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「尻~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

少数~ 尖~ 尚~ 尤も~ ~就 就~ ~就い 就い~ 尺~ ~尻
尻~
尻尾~ 尼~ 尽し~ ~尾 尾~ 局~ ~居 居~ ~居た 居た~

「尻~」 3948, 43ppm, 2730位

▼ 尻~ (1324, 33.5%)

28 向けて 22 据えて 19 からげて 16 まくって 15 端折って 10 落ちつけて 9 叩いて, 端折つて 8 はしょって, 出して, 持って, 振って 7 むけて, 切って, 引いて 6 くるりと, とって, まくつて, 上げて, 捲って 5 して, 振りながら, 見せて, 見て

4 [13件] したたかに, すえて, ついて, ふって, 下げて, 取って, 押されて, 押して, 据えた, 掴んで, 撫でて, 端折ると, 高々と

3 [26件] あげた, おろした, かけて, こっちへ, たたいて, ついた, つかんで, もって, ヒッパタい, ヒッパタかれた, 七三に, 打った, 打って, 持ち上げて, 振り立てて, 撫でながら, 曲げて, 歪めて, 浮かして, 突いて, 端折った, 落ちつけた, 落付け, 追ひま, 釣りあげて, 鞭で

2 [90件] おちつけて, おちつけないうち, からげた, くすぐって, さすりながら, したこと, すぼめず, すぼめず屁, た, たたくよう, だして, つかまえて, つかれて, つついた, つねったり, つりあげて, なぐった, ふりながら, まくった, まくりあげて, まくる, まくること, まくると, まくる妖怪, もぞもぞさせ, もちあげて, やつた, やつたさうで, やつて, ヒンマクる, 一つ重ねました, 七の, 上げた, 上げようとは, 下から, 下した, 下ろした, 乗せて, 乘せ, 何枚も, 切ったの, 割って, 卸して, 卸す音, 叩きながら, 向けた, 嗅いで, 天高く, 好まんよ, 宙に, 引っからげ, 引つ叩かれたやう, 懸命に, 打つなと, 押い, 押へて, 拭いて, 持たせて, 持ちあげて, 持ち込まれたり, 持つて, 振った, 振立てて, 捲くって, 捲つて, 捲られると, 殴りつけ追, 煖めながら, 狙って, 男達に, 知行所の, 突かれて, 立て, 端ショッて, 端折りかけるの, 端折りました, 端折れ, 細めて, 落した, 落して, 落ちつけたの, 見送りながら, 蹴る, 軽く振っ, 追いまわして, 追ったり, 追って, 重ねて, 隠します, 高くはし

1 [783件 抜粋] あげかけたら赤シャツ, あげようとも, あてが, あなたに, あぶって, いやと, いやといふほど, うけて, うしろから, うしろに, うったので, うつて, おして, おせき, おちつけると, おとして, おれの, おろしその, おろしたが, おろした所, おろして, おろしはじめて, おろしました, おろせば, おッぺすぞ, かかえても, かける, かけるため, からげると, がさがさと, きりきりふり, きれいに, くくりつけた, くすぐるよう, くりっくり, くッ, ぐるぐると, こちら向きに, さすりそう, させたくは, したもの, しながら, しばく音, しぶく鞭, しましたよ, しジリジリ, すえた, すえたまま, すかしつつ, すっかりまくり上げ, すぼめる余勢, するたび, するところ, ずらして, そこへ, そっくりお, その槍, そろりと卸した, たくりて, たたいた, たたかれて, たたきあうという, たたきあったり, たたきつづけて, たたき戻した事, ちょっと何とかした, ちょっと動かす, つき両, つき出さずに, つけた, つけて, つねった, つよく打ち, つりあげ血の気, できるだけ高く, とられて, とりながら, どしんと, どっさと, どやしつけた, どやしつけましたら鹿, なお下げ, なぐりつけた, なぐり廻ること, なで上唇, にぎられて, ねじ向けたの, のせるの, はさまれて, はしょった, はしょった儀作, はしょッ, はっと振る, はみ出させた人, ひいた民蔵, ひっぱたくこと, ひっぱたくの, ひっぱたく人, ひつぱたくやうにして, ひつ叩く, ひねって, ひょこひょこ曲げ, ぴしぴし打っ, ぴしぴし打った, ぴしりツぴしりツと, ふかねえの, ふつてつつ, ふりそして, ふりまわしながら, ぶたれちゃった, ぶちながら, ぶっつけ合うに, ぶつん, ぺたぺた敲き, ぺつたりと畳に, ほうりだして, まくったの, まくった叫び, まくった父親, まくった鯰, まくつて宿命, まくつて痩脛, まくりあげなほ, まくり上げた男連れ, まくり上げはだし, まくるという, まくるには, まだ熱く, みな外務で, むけ酔いつぶれて, もじもじし始めた, もたげた, もたげて, もたげマンドリン, もちあげ足, もちこまれる, もちこみよう, もつて, やさしくたたき, やったそう, やっちまいまして, やらかすところ, やらなかったじゃ, やりました, ゆがめたが, よいしょ, らっぱと, わしらの, ウンと, クソを, グイと, シッカリと, タタイて, トンと, ハショッて, ハタと, ヒクヒクさせ, ヒッパタかれ, ヒンマクっ, ピシヤピシヤ打つた, ペタ, ポンと, マクルという, モジモジさせ, 一つ打った, 一つ蹴る, 一層険しく, 三度たたきました, 上げさせて, 上げずに, 上げた言い方, 上げようと, 上げると, 上げ下げする, 下げた, 下げやや, 下して, 下すと, 下ろした途端, 下ろして, 並べて, 乗せたの, 乱打した, 五つ見, 五六間と, 仔細らしく細める, 仕出かすこと, 低くし, 何邊も, 俺の, 償って, 元の, 入れ絨毯, 入口の, 切らせその, 切りそれで, 切るよう, 列べて, 刺す恐れ, 前後に, 割るど, 力一パイ打ちました, 動かしただけで, 動かし緊張め, 包み深緑, 半分露出した, 南へ, 卸し次に, 卸すと, 卸す機会, 取ったお, 取ったまま二足三あし, 取り立て, 叩いたらカン, 叩かれた, 叩きぬ動きこまか, 叩くから, 叩くの, 叩くは, 叩く大声, 叩けと, 右に, 向けこれ, 向けたの, 向けたまるで, 向けた細君, 向けました, 向けると, 向けるまた, 向け矢来, 向け跳ねあがりながら, 向け馬, 吹いたり, 嗅がなければ, 嗅ぎながら, 嗅ぎまわって, 嘗めようと, 圧える, 地びたへ, 地面に, 埋めた丘署長, 埋めて, 外へ, 太い指, 太い指先, 宙へ, 宜い, 密と, 射るの, 小突かれて, 巻いて, 布団の, 干す日和, 幻覚させる, 床几から, 引いては, 引きずって, 引く, 引ったくっ, 引っぱたいたって, 引っ叩く, 引っ張ったの, 引っ張って, 引つぱたき, 引つ掻くより, 引受けて, 引張って, 引捲って, 当てると, 後に, 想ひ起させ, 懸けた丸太, 打たれた, 打たれましたので, 打ち, 打ちたたきながら, 打ちつづけた, 打ち叩き, 打ち降しつ, 打ったたいて, 打ったと, 打つまね, 抓って, 抓つたりなんぞ, 抓むと, 抜いて, 押されるやう, 押され手, 押しこく, 押し上げた, 押し上げて, 押し給え, 押し通して, 押すよう, 押つ立て, 押上げたとの, 拝むよう, 拭いた紙, 拭うに, 拭く, 拭わない, 持ち上げさ, 持ち上げたかと, 持ち上げたま, 持ち込まれたさうだ, 持ち込まれた事, 持ち込まれた位, 持ち込むより, 持った武士, 持つた人間, 持つた藤井重之進, 持つの, 持つ市川義平太, 持て, 持上げて, 持上げない, 持上げ無い, 持立てる, 指先で, 挙げるため, 振つて, 振り向けて, 振り振り, 振り立てたその, 振り首, 振るん, 捉えた, 捉ま, 据えさ, 据えさせた, 据えたまでの, 据えたまま, 据えちゃ, 据えること, 据え自由, 据ゑずに, 据ゑてもゐられないからその, 据ゑてジイ, 据ゑて右の, 据ゑて随分, 捲くるの, 捲つたんで, 捲ると, 捲るという, 掌ほどの, 掛けて, 掠めて, 掠め股, 掴ませて, 掻きむしったり, 掻きやしねえ, 描くといった, 揚げようとは, 握つて, 握られて, 揺ぶっ, 摘まんで私, 撃ったの, 撫でてるだけの, 撫でやがった, 撲せ, 撲つたん, 擡げたよう, 擲ったので, 擲られる, 敵に, 斬って, 斬られると, 斬るぞ, 暖ため乍ら時候外れの, 曲げずに, 曲げるの, 木片で, 柳の, 椅子の, 槍で, 横目で, 歪めた, 歪めるよう, 殴られた豚, 汚す手前, 洗い宿屋, 洗ったよう, 浦戸の, 浪が, 浮かせて, 浮せた, 消して, 濡らして, 火に, 炬燵に, 焙つて, 無造作に, 焦がす, 焼きながら, 片づけて, 犬みたいに, 田舎が, 畳の, 眺めて, 着けて, 知つてゐる, 空ざまに, 空に, 突いたの, 突かれたの, 突き上げられて, 突き出して, 突くやう, 突く駿河台, 突つい, 突つかれ, 突つ立つ, 突込んで, 立てかけると, 立てた危げ, 立てた黒猫, 立てて, 立て同じ, 端折げまして, 端折ったなり, 端折ったよう, 端折ったり, 端折った後ろ姿, 端折った脚絆草鞋, 端折つた, 端折つた中年, 端折つて貰つて, 端折つて雜巾, 端折らうと, 端折らないでも, 端折りかけましたが, 端折り寒, 端折り手拭, 端折り顏, 端折る間, 簾の, 米友の, 結ばなかつた, 結んだ積り, 絡げたいでたち, 置いて, 考えて, 膝で, 自分で, 落すやう, 落ちつけてや, 落ちつけみんな, 落ちつけるさ, 落ちつけるのみ, 落ちつける場所, 落ち付けて, 落ち着けさせて, 落ち着けて, 落とした, 落付けなけれ, 落付た, 落着けて, 落着け両足, 被うほどの, 被ふ, 見た, 見ると, 見送つて, 谷口金五郎に, 赤く冴えさせ, 跳ねあげるやう, 跳らせ, 蹴ったり, 蹴っ飛ばして, 蹴られたり, 蹴上げたり, 蹴飛, 追いかけまわす連中, 追いまわす, 追い廻すなんぞは, 追い廻すよりは, 追い鍬, 追えと, 追ったって, 追っ駆け廻して, 追つか, 追ひ廻すよりは, 追ふべく, 逆さに, 過ぎたこと, 重ねたの, 銅壺に, 長くした, 長持ちさせる, 離さざるを, 雪に, 露した, 額まで, 風上の, 餅について, 高く持, 高く端折, 高射砲の, 鳴らして

▼ 尻~ (537, 13.6%)

27 下に 13 方から 9 方に 8 方へ, 肉を 7 辺を 6 上に, 下で, 方を, 穴を 5 ところに, ように 4 あたりに, 下へ, 処を, 毛まで, 穴の, 肉が, 間に

3 [15件] あたりの, あたりまで, あたりを, ところで, ところへ, ポケットに, 下つた, 下の, 先に, 切れた草履, 加藤で, 据り, 皺が, 穴が, 穴まで

2 [28件] ところから, ほうに, ようである, ような, 上で, 下から, 世話まで, 先づ珍しい, 処に, 切れあがった, 切れた藁草履, 十手を, 塔を, 大雪渓, 小さいの, 小舎に, 方が, 方で, 方は, 毛を, 用心御, 痛さ, 皺も, 皺を, 穴は, 穴へ, 筋肉が, 重い平次

1 [302件] あたりからは, あたりは, あたりへ, ある藤次郎, ある見当, いぶせき宿, いぼが, おちつかない物, おちつかぬお, おちつかぬやつ, お前が, お前の, お客で, お客でねえ, かげで, かすかな凹み, くせに, ことである, ことを, この行き, さきが, しまった円顔, しまつた円顔やに, しまつた円顔十六七の, しわが, しわを, すぐ上, その瓦斯, そばに, たるんだ中老, たるんだ唇, てり耀くというも, とこに, ところからは, ところが, ところが掩蓋固定, ところとの, ところの, とば口に, とんがった壺, のらくら野郎, のるところ, ふくらみを, へもかしら, ほうから, ほうは, ほうを, もとで, もと梅賀, もよう, やうな, やや釣, コブ女房の, ツビが, パツチを, ピカピカする, ポケットから, ポケットだった, ポケットへ, ポケツへ, 一膳飯屋で, 上ったいかつい, 上ったお, 上つたお, 上の, 上へ, 上まで, 下がった瞼, 下った半, 下った口, 下った平, 下った連中, 下った顔, 下って, 下つた一見区役所, 下では, 下は, 下り気味の, 下屋敷の, 世話までも, 両方に, 中から, 丸味を, 乾くよう, 亀の, 事を, 人でした, 作業なぞの, 作業も, 來る, 傷の, 元で, 先が, 光じゃ, 光ったという, 光り, 入江の, 六丁といふ, 処の, 処へ, 出しっぷり, 出っぱりの, 出ないよう, 出ぬよう, 分銅を, 切れた二本, 切れた冷飯草履, 剣を, 割れた出鱈目, 割れる事, 割れ目が, 割目の, 創あとは, 匂ひ, 南雲沢などで, 原皮で, 右と, 右側に, 吊りあがった狐目, 周囲を, 土左衛門の, 地面ばかりを, 坐りと, 垣根ぎわに, 大きいの, 大きいオランダ人, 大きい肥つた, 大きさ, 大な, 大写しが, 太いところ, 太夫さん, 太夫さんには, 孔の, 客は, 寒いの, 寒いよう, 寒さ, 寒晒し, 小屋あたりに, 小屋から, 小屋が, 尖った大きな, 尽くる, 山乙女峠長尾の, 川にか, 左右に, 巻きつけて, 幕が, 平次は, 幻覚に, 広々と, 引手茶屋で, 弾力に, 形が, 形なりに, 復讐の, 微かな, 性根を, 恰好は, 愛嬌は, 態と, 戦況が, 所が, 所で, 所に, 所の, 所へ, 手前に, 打ちつこ, 押えに, 持って, 振り方, 据えかた, 据らぬ, 据らんという, 据わらなかったの, 摺り切れたくらい, 方からなんぞ, 方だ, 方の, 方より, 曲がったご, 曲がりは, 村山医院に, 来るの, 来る気づかいは, 柿の, 桟橋で, 梅賀さんの, 様子まで, 毛までも, 毛唐が, 水の上へ, 汗溝の, 江口蟹島神崎あたりへも, 池田勢も, 汽船発着所の, 河岸ぞいなどは, 河岸沿いの, 洲の, 涙の, 深い皺, 深みを, 瀞場へ, 炭車に, 燈明の, 珍談を, 申し譯, 當る, 疏水の, 痛いの, 白いところ, 皮硬化し, 皺から, 皺それから, 皺だ, 皺と, 皺の, 皺鼻の, 目方が, 眞白な, 真珠鸚鵡の, 眺めも, 眼玉に, 破れたの, 破れた丹前, 秋葉山の, 穴から, 穴さ煙管が, 穴でも, 穴に, 穴も, 端に, 竹から, 笑いで, 筵を, 米俵の, 肉つきそのまま, 肉の, 肉は, 肉も, 肥えたところ, 肩が, 腐つた奴, 腫物診, 色が, 落ちつかない人, 落ちつかぬやう, 落ちつかぬ恐ろしく, 落ちつきが, 落ちる音, 落ち付け方は, 蔭の, 血肉が, 行雲流水の, 袋地を, 襞に, 親分, 親分などと, 角から, 赤い猿ども, 赤さ, 跡の, 軽いこと, 軽い女, 軽い娘, 軽い方, 軽い男, 輕いと, 辺へ, 近辺と, 通りを, 部分は, 部分を, 重いため, 重いに, 重いの, 重い太兵衞, 重くない, 重さ, 重たい鳥, 重みに, 重りに, 野郎も, 針も, 釣ったきりっと, 銀紙を, 長い友達衆, 長い話し, 隠れ家を, 隠袋, 雜誌記者に, 響で, 頭に, 風, 風物を, 骨を, 鳴るの, 鵺的合成獣で, 黄色が, 黄色な

▼ 尻~ (381, 9.7%)

8 敷いて, 敷かれて, 皺を 4 帆かけ, 帆を, 皺が 3 くっついて, しいて, 夕日の, 帆あげ, 火が

2 [25件] しかれて, ついて, つけて, なる八五郎, ダブって, 付いて, 佩き反らせながら, 優しい情, 力が, 卵の, 吹矢を, 垂れた内儀, 小さな疵痕, 小皺の, 帆掛け, 庖丁を, 愛着を, 敷かれる人, 敷く形, 汚らしい糞, 穴が, 笑いを, 蛙と, 走って, 黒子の

1 [280件] あてること, あてると, あらはれたプーチヤチン, あらはれた魯艦, あらはれて, ある, あるか, あるわが子紀伊守, ある小さな, ある池田紀伊守, いくつも, いぼの, うつる, うつると, うんと力, おそろしく長い, おもしを, かくれるくらい, かくれるもの, かくれるよう, かすかに, かって, かなり大きい, かぶせて, かぶせるよう, かみしめた櫛, かみつきやがった, かみつくという, くっ付いて, くつつく, くり返したらしい, この人, この辺, さわったか, しかれては, しかれても, しかれてるやう, しきて, しきまくる魂胆, しく傾向, しわが, しわを, すわって, ずぶりと唐鍬, たたへた筋肉, たるみ無く, ついた一粒, ついてまわったので, ついて行くと, つき立てて, つぎの, つくもの, つくよう, つけた安全燈, つける, とても毒, なって, なつて, ならなければ, なるの, にじんで, ぬぐって, ねじ込んで, のせて, ひかえて, びくっと, びゅんッと, ぴしやりと當て, ぴたと敲きつける, ぶつかります, ぶつけられましたと, ぶらさがって, へばりつき気持, ほこりを, ほとんど水, ほどけかかった帯, まあそのうちどうかなるだろう, め組の, もぐって, もつて, やにが, オーバラップし, ゴシ, シマリが, デキもの, ピッタリくっつい, ブランブランする, ブラ下げ, ブラ下げた, ベッタリくっ付いた, ポタポタと, マメが, 一句ずつ, 一寸さわりました, 一寸皺を, 一撃を, 一本吹矢を, 一鞭加え, 上ったの, 下った好人物, 両方とも, 乗ったり, 乗って, 九孔あり, 人なつッこい, 付いては, 似て, 何とも言, 佩き反らせたる誠に, 優しそう, 入る, 入るは, 冷たく二人, 冷嘲, 出ると, 刻まれた特長, 剣の, 剣を, 加えて, 加へた色が, 取ッ, 同じ股引, 向った方, 唾の, 唾を, 喰いつくだけが, 噛みつく, 回った, 墨子が, 多い皺, 大きな尻尾, 大怪我, 大豆生りき, 女の, 女らしい艶, 孔あり, 孔ある, 小さい黒子, 小皺が, 小皺を, 尾い, 尾付い, 差した手拭, 布かれて, 布かれてるよ, 布かれるつての, 布かれると, 布かれるといふ, 布かれる事, 帆で, 帆上げ, 引かえて, 当ったよう, 当って, 当てて, 彦徳の, 後から, 微笑の, 思うさま鞭, 恐ろしく皺, 意地を, 愛嬌の, 手を, 手拭いを, 手拭を, 抜けて, 持ち添, 振り当てた, 挿した蝙蝠傘, 捕物の, 敷いた褥, 敷いても, 敷いてるの, 敷いてるよう, 敷いてる女, 敷かれその後妻, 敷かれてるそう, 敷かれようと, 敷かれるか, 敷かれ猥褻, 敷かれ続くと, 敷きかねて, 敷きながら, 敷き田, 敷き続け得, 敷き首, 敷くか, 敷くこと, 敷くには, 敷こうと, 最敬礼を, 根が, 椅子を, 横へ, 殆ど水が, 残して, 毛なく, 毛なし, 気持の, 泡の, 泣黒子が, 泥が, 流れた涙, 流れる涙, 浪が, 浮ぶ, 浮べて, 涙が, 涙の, 深い窪み, 漣が, 激しいひと, 火の, 火を, 焼けつく思い, 燭台の, 狡そう, 玉子の, 留つた如く, 痛くゆっくり, 皮肉な, 皺の, 皺一つ寄せなかつた, 着いた頃, 着いて, 着こうという, 短く切, 移ろうと, 穴を, 突つ立つ, 突当てたの, 立つて, 立てり, 笑いかけながら, 笑の, 笑ひかけ, 糞が, 糸を, 紅を, 膠着した, 芝を, 花が, 茸が, 菰著て, 蓆を, 薄笑いを, 螫の, 螫を, 袋を, 装置し, 見ること, 触れそう, 觸つたのか, 豌豆ほどの, 載せ去って, 辛うじて腰, 近い蔦屋, 進航し, 金銀の, 針を, 錘の, 錨を, 長いしわ, 附いて, 限られたが, 隠して, 集まる細い, 露した, 鞭が, 鞭打って, 響く, 頭を, 飛びかかった一匹, 食い入るばかり, 食っ附いて, 魚釣と, 鳴った, 黒いマーク, 黒子が, 黒子他に

▼ 尻~ (242, 6.1%)

3 割れさうに

2 [17件] ある, あるから, こけて, まるで出, むずむずし, むずむずする, 上がって, 下が, 下つて, 出て, 割れて, 時々穂, 痛くて, 緊つた, 裂けたり, 見える, 長く切れ

1 [205件] あが, あたたまって, あったもの, あって, あつた, あらわに, ありさ, あるか, あるん, あれば, いやしくなく, うちへ, おちつくの, おっかぶさっ, おどる時, お供餅, かゆいの, かゆい時, きりっと上っ, くっきりと, さがって, しんしんと, すこし上, すこし動いた, その囲み, それでやっと, たくさんはみ出し, たるむと, ちぎれて, ちょうどおし, つり上つた, つり上つて妙に, できて, でっぱって, どうしても, どうする, ないので, なかった, にわかにムッチリ, にわかに熱, はじめ小さな, はずれて, ひっかかりて, ひどく下った, ひどく下り, ぴくぴくと, ふわりと, ぶくり, へんに, むやみに, めらめらと, もともと通り, やや下がった, ろに, わが身体, わるいの, われる, われるの, キンと, ゴツンと, ゴムで, チクリと, ドシドシ警視庁の, ノシかかっ, ハジケル心配, バルチック艦隊, パッと, ビショビショに, ピシリと, ピタリと, ピリピリ痺れ, ピンと, ラッパを, 一つの, 一時に, 上がる, 上ったり, 上って, 上つてゐるせゐ, 上らぬうち, 下がって, 下って, 下り唇, 下り垂れ, 下り媚びて, 不明瞭に, 中仕切の, 乗って, 二本, 人並より, 何だ, 先方の, 光ったので, 入ると, 全部集っ, 冷えるの, 冷えるのぼせが, 冷たい, 出っ張って, 切れて, 割れかかって, 割れさ, 割れそう, 割れたぜ, 割れては, 割れならずものたち, 割れるぞ, 割れると, 割れ錢形平次, 勢よく, 又大胆, 合点で, 吊しあがっ, 吊り上って, 吾輩の, 在るからな, 垂れ少, 垂れ肌, 大きいから, 大きいもの, 大きいわいな, 大きかっただろう, 大きくて, 大きく腹, 妙に, 少しさがっ, 少しつり, 少し上り, 少し下っ, 彼の, 心持ち上っ, 心持ち下り眼尻が, 拔けて, 持ち上らない, 据つて居る, 据は, 据らなけれ, 据らんさかい, 据る, 掴めそう, 揺れ腰, 支えて, 数え年二百歳か, 早くて, 暖まると, 曲つて忽ちに, 来たり, 来て, 来ましょうぜ, 次第におちつい, 歩くたびにくりっくりっと, 歩くにつれて, 氷に, 温ら, 湯の, 無いん, 焼けつくやう, 爆弾の, 片隅へ, 現れた, 異様に, 痒いの, 痛いの, 痛くなつた, 痺れて, 目の, 破けて, 破れて, 突き出て, 簾から, 細くなっ, 細くなる, 締らなく, 耳まで, 聞きとれぬ程, 脇の下に, 腐って, 落ちつかずいまだに, 落ちつくもの, 落ち付かなくなった, 落ち付かなくなつ, 落ち着かず妙, 落着く, 落附くまい, 蒲団の, 蛍の, 行雲流水し, 見えた事, 軈てかぼそく悲し, 車輪に, 輝くという, 透いて, 重いん, 重かった, 重くっちゃ, 釣りあがって, 釣り上がって, 釣上っ, 離縁する, 露に, 青々と, 非常に, 鮮やかな, 麦の, 鼠算の

▼ 尻から~ (119, 3.0%)

4 汚い水, 煙が 3 四番目だ, 涙が 2 上首までをば, 下を, 二番で, 彼の, 煙の, 突いた, 胴中まで, 馬糞の

1 [89件] ある一瞥, うすく煙, ささやいて, すぐ民子, すぽん, だした糞, だらだらと, とれずに, ねばっこい涙, はみ出した, ぶら下って, ぽたぽたと, みみずを, シッポでも, チョと, チヨと, ヤニの, 一二番といふ, 七輪の, 三ツの, 三節目を, 三郷東端れ, 三里ばかり, 二三年前首を, 二番目の, 何気なく波除山, 先に, 光るもの, 入つた豚, 入るという, 八番目であった, 出たサナダ虫, 出て, 出る煙, 削りと, 割り込んで, 十六番目, 千束を, 同僚に, 品川の, 四方に, 垂れる眼, 大きな白い, 太股まで, 始まりました, 小舟で, 少し下, 廻って, 弟や, 弥生の, 強くふきだす, 悉く吐き出し, 手ぐり出し, 放出した, 本が, 根が, 棒を通して, 槍で, 涎を, 涙を, 滴り落ちる雨, 火あぶりに, 火箸が, 燃えのぼる火, 瞼を, 突いて, 突っ立てた, 突つ立てた, 糸を, 紛れ込みやあ, 繰り出して, 胴の, 脂の, 腿を, 臓腑を, 自分は, 舟に, 色々の, 落したもの, 葱平まで, 財布が, 蹲んで, 追いたてられるよう, 逆立ちに, 長い尾, 頬へ, 顳, 鬢の, 麻の

▼ 尻~ (78, 2.0%)

2 二年生に, 笑った, 雪渓の, 頭を

1 [70件] あつた, いざると, え, おまけに, こすった, この上, しばしば笑う, そこに, そのねじ, ちょっと笑った, な見た, にっと笑っ, ぶく, ぼんやり歸つて來, また小, ものを, よごれた卓子, コツンコツンと, トントン叩いた, 一つ一つ巣を, 二三度とんとんと, 何にも, 円座を, 前頭の, 動きが, 卓子の, 友釣りに, 取柄も, 受ける, 叩いて, 嘲りつつ, 地図の, 坐って, 子供の, 尺蠖虫を, 帯を, 御挨拶, 怒を, 打ちすえられふし眼がち, 打ちつけたので, 押しながら, 拭きながらは, 捕方に, 推して, 撲りつけられた, 敷居へ, 村尾某の, 池の, 済む事, 物を, 犬を, 私を, 笑い山田, 笑ったり, 腰ぼね, 見えたの, 見て, 見ながら, 調子を, 辷って, 閣翁を, 陳列品の, 陽子を, 頭から, 顔を, 顔立を, 顫へに, 飛び廻つたこと, 鮒釣見習, 鳩胸

▼ 尻~ (67, 1.7%)

2 どこへ, まくらなかった, 走ったまま

1 [61件] いまにも, うつすらと, お互, かすれながら, からげつ, こっちには, して, しよりといふ, し折って, し折りに, し折りワラジがけ, すつくり端折つて, そばの, どうして赤い, どうも落着, どう参りましょう, むっちりと, ゆたかに, ゆらゆらぐるぐる餅, ゴムの, サンフェルナンドの, ドスンと, フゴ, モツコ褌を, 何だろう, 何方を, 何時も落付, 依然としてもと, 八五郎の, 凍えても, 勿論の, 可愛い, 坐らなかった, 垂れ下り唇, 大きな角張った, 大概二三級で, 少しも, 成るべく叩かぬ方, 捲くれねいから, 握られて, 撃たれた鳥, 普通の, 本馬の, 机の, 氣の, 河馬という, 海抜千五百七十二米約, 消えて, 無論端折っ, 珍らしく, 直径一尺の, 私たちに, 箱の, 見事下へ, 見通しだ, 赤く猿, 躍るし, 軽く飛びあがり, 醇乎として, 鋭くし, 鳶の

▼ 尻~ (57, 1.4%)

13 尾を 7 尾の 6 ぺたを 4 尾が 3 ぱねの, ぺたに 2 ぺたの, 尾は, 尾へ

1 [15件] ぱね, ぱねかな, ぱねである, ぱねといふ程の, ぺたにある赤い, ぺたにこびりつけた菌が, ぺたにむちが来る, ぺたに力を, ぺたへ, ぺたをひっぱたかれたからそれでこうして, ぺたをひっぱたかれるや否や, 尾で, 尾でも, 弾ねが, 弾ねとは

▼ 尻~ (54, 1.4%)

14 にかけ 4 に掛け 3 に懸け

1 [33件] で抑える, で特曹, にいわば, にかけた, にかけて, にかけてもう, にかけて一米突, にかけて三人, にかけて出, にかけて口, にかけて図々しく, にかけて室内, にかけて帝国ホテル, にかけて怪青年矢部, にかけて悠々, にかけて悠然と, にかけて法水, にかけて疾駆, にかけて私, にかけて空嘯いた, にかけて立ち上り, にかけて背後, にかけて逸早く, にそつ, に両, に出かける, に容子, に寢卷, に席, に懸けた, に母, に睨んだ, に語りはじめた

▼ 尻~ (49, 1.2%)

9 尾の 8 尾を 5 辺を 4 尾が 3 ぽを 2 ぽに, ぽには, ぽの

1 [14件] ぱしよりで下を, ぱしよりで何処かへ, ぺたを, ぺたをぴしやりと叩く, ぽが, ぽさ, ぽさ火, ぽなんか, ぽもち, ぽ豚, 尾さへ, 尾三に, 端折を, 骨に

▼ 尻~ (49, 1.2%)

6 かけて 3 手を 2 くっついて, 當てる, 皺を

1 [34件] いきなり服, お辞儀なんか, しいたのよ, したので, せつせと, もう一ト鞭, わたる捕手明り半円, 一直線に, 串で, 來た, 出かけて, 刃を, 右の, 含んで, 咬付いたんだ, 咬付けって, 垂らして, 当て, 彼は, 投げつけた, 投網の, 挾んで, 掻込んだりと, 来て, 湖尻の, 漕ぎ上って, 着くが, 移動した, 突き立てたとさ, 落として, 重なった, 飛びついた, 駈けのこる半ば, 鬢附油を

▼ 尻端折~ (48, 1.2%)

4 して 2 になった, の男, の股引

1 [38件] が一層, し上, し袖, だが, てそんな, て其樣, でいま逃出, でぴたぴた, でリボン, で下駄, で二人, で人, で働い, で出会頭, で吉植, で夜逃, で威勢, で庭, で歩く, で畠, で読本, という面白い, という風, にし, にしく, にて向, に新しい, に頬冠, のメリヤス, の植木, の男一人片手, の腰手拭, の色氣, の身軽, をし, をした, を下し, 薄いノメリ

▼ 尻~ (37, 0.9%)

2 いうより, 見ると

1 [33件] いい無人, いえば, しとるわけ, すれすれに, そのまわり, だんだんに, どことかの, ばかに, ひつくり返すやう, よぶ高地, 一所に, 両脚が, 二種あった, 云うもの, 前を, 口元には, 呼ばれる所, 尻との, 尻を, 山口さ実に, 来て, 気障, 浪岡の, 混合し, 穴との, 空気ほどの, 腮の, 衝突する, 表通りの, 軽いものずくめ, 間違えてや, 頭だけと, 頭を

▼ 尻~ (28, 0.7%)

2 みな幽, 足も

1 [24件] いずれ左膳, こッち, しっかりし, べったり突い, 吊りあがるほど, 大きいから, 大きく張っ, 天井を, 宜い, 宮も, 小さくは, 昨日の, 無いに, 無い一つ, 無い下等動物, 痛くなる, 真白く, 秘密の, 端折らずに, 臍も, 裂けて, 足の, 輕く, 馬の背を

▼ 尻まで~ (27, 0.7%)

3 茶屋の

1 [24件] からげ今日, すっぽりと, ながくたれ, まくって, まくりあげる踊り, むずついて来た, ゴチャゴチャに, 万遍なく, 剥ぐ, 嘘の皮な, 家続きだ, 拭かされるよ, 捲った脛, 擦って, 桜の, 洗ったもん, 深くなる, 漕ぎつけたこと, 潛る, 着物を, 突き通して, 行きました, 裂いて, 雨に

▼ 尻端折り~ (27, 0.7%)

8 をし 2 になっ

1 [17件] て下駄, で立っ, に空臑裸足, のかいがいしい, の亭主, の半, の脚, の足袋はだし, の跣足, をした, をしなけれ, をする, 紺の, 腰の, 草履は, 雪駄ば, 高帽という

▼ 尻ッ尾~ (25, 0.6%)

3 の痕 2 の方, をまい

1 [18件] がある, がピチッピチッ, が水面, だ, とはどんな, のあいだ, のあった, もなく, をあらわさない, をつかまえた, をつかまれ, を充分, を切り離した, を垂れ, を振っ, を振り, を振りおります, を握っ

▼ 尻には~ (24, 0.6%)

1 [24件] うつすり, 一寸剣, 三度笠の, 代掻, 何つ, 例の, 変な, 大きな雪崩, 太い尻尾, 子供は, 少し血, 泣き声じみた, 涙さえ, 涙どころか, 涙を, 程よい肉, 笑みを, 答えるたび, 薄笑いの, 薄紅い, 血の, 複雑な, 鉄をも, 黒子が

▼ 尻でも~ (22, 0.6%)

2 斬って

1 [20件] あって, ありそう, たたくよう, つかまれて, なきや, なく只, ぶつけて, 取って, 押へ, 捕まえられては, 炙ろうか, 無いがね, 端折って, 端折つて, 端折つて手傳つて, 端折れ, 見たり, 身体全体で, 追っ駆け廻して, 高く端折つ

▼ 尻~ (16, 0.4%)

1 [16件] または小鼻, 元箱根で, 兵たちの, 口許に, 爪の, 肌性器としての, 背中で, 背中の, 背中を, 胴を, 脛の, 腰の, 臍の, 足の, 雲助の, 頭なぞは

▼ 尻っぽ~ (14, 0.4%)

1 [14件] だの出し昆布, でも, というもの, にくっつい, について小説, に火, の先, の方, の長い, や人蓼, をつまん, を抑えれ, を振っ, を捉

▼ 尻~ (14, 0.4%)

5 を突いた 3 をついた 1 をつい, をつく, を搗い, を搗きました, を支いた, を突い

▼ 尻ぬぐい~ (12, 0.3%)

1 [12件] その他すっかり, などさせられ, なんかし, に取りかかる, に女房子供, に於, ももう, をこの, をこんど, をしなけれ, をする, を中地

▼ 尻はしょり~ (12, 0.3%)

5 をし 2 向う鉢巻 1 にし, の折助, をおろし, 一人は, 笠の

▼ 尻~ (11, 0.3%)

31 おれの, かで世間, が他流試合, ぜ台所充満, つたから, と吹き散らかす, ね, よ八

▼ 尻~ (11, 0.3%)

1 [11件] から人殺し, が市井, などで押し出す, の手記, の目的, の茶, はどう, まで働いた, を追ひ廻す, 半纒, 悪いに

▼ 尻について~ (10, 0.3%)

1 ぼそぼそ出かけた, よく駈け, タタキの, 来い, 来る徒歩, 検分に, 歩いて, 歩くの, 漸く対岸, 見たが

▼ 尻~ (10, 0.3%)

3 をつい 2 をついた, をつき 1 を搗い, を突い, 搗き

▼ 尻あがり~ (9, 0.2%)

2 の声 1 にわざと, に物凄, に藁, に言った, のアクセント, の口調, の外国人

▼ 尻~ (9, 0.2%)

2 をし, をする 1 が有る, が神様, だとして, でもされ, というもの

▼ 尻あて~ (8, 0.2%)

2 のところ, のよう 1 との紙, と呼吸, に指先, を貼りつけた

▼ 尻った~ (8, 0.2%)

2 が今度 1 ことが, じゃア, とき孫六さんが, とはそれ, のう, んだい

▼ 尻という~ (8, 0.2%)

3 処に 1 ところに, ものが, 所に, 語が, 赤ッ下手だ

▼ 尻はし~ (8, 0.2%)

2 よりし 1 よりといふ, よりに手, よりの下, よりの恰好, よりをし, よりを下さない

▼ 尻ばかり~ (8, 0.2%)

1 で朝, プツクリ浮べ, 振る惨め, 撫でて, 見て, 躍らせて, 追いまわしたり, 追いまわして

▼ 尻~ (8, 0.2%)

1 から乱れた, ごみする, その上若旦那, をふくん, 五年ほど, 最後に, 最後にの, 浪人を

▼ 尻おし~ (7, 0.2%)

2 に依る 1 が籔塚, が藪塚, ついでに, 無くは, 無くば

▼ 尻だけ~ (7, 0.2%)

1 おろして, だして, 共通し合っ, 出して, 見える茶褐色, 見せて, 豚は

▼ 尻~ (7, 0.2%)

4 のない 1 なし, の弱い, の無え

▼ 尻~ (7, 0.2%)

1 くなるの, く外, である, で人間, など, に立ち上つ, のため

▼ 尻さがり~ (6, 0.2%)

1 に結べる, に繩, に自分, の大きい, の眼, の穏やか

▼ 尻まくり~ (6, 0.2%)

1 だのその他, でも出来た, の戦術, の逞しい, やはった, 戦術は

▼ 尻~ (6, 0.2%)

1 かな, ぞ, と彼, のだ, やうな, やうに

▼ 尻~ (6, 0.2%)

3 こけに 1 こけで, 端折りでそれ, 端折りの

▼ 尻~ (6, 0.2%)

2 が憂愁 1 かなし, が微か, を引く, 高く名乗りすて

▼ 尻~ (6, 0.2%)

2 にどう, に倒れ 1 に倒, に僵

▼ 尻端折りで~ (6, 0.2%)

1 主人を, 六十九歳の, 浅草下谷辺から, 股引も, 肥柄杓を, 風呂へ

▼ 尻肥前守~ (6, 0.2%)

1 が叱咤, だった, と織田九郎次, なども席, には甲斐, は中将信忠

▼ 尻きれとん~ (5, 0.1%)

4 ぼうに 1 ぼうの

▼ 尻~ (5, 0.1%)

2 しに 1 まずに, む, ゑは長く

▼ 尻つて~ (5, 0.1%)

2 しまつて 1 ばかり居る, 居る萬七親分, 懲りたか

▼ 尻より~ (5, 0.1%)

1 上の, 先へ, 出し棺, 刺し通したま, 種種の

▼ 尻切蜻蛉~ (5, 0.1%)

2 のやう 1 にし, になりました, のまま

▼ 尻向け~ (5, 0.1%)

2 て花屋 1 て, て罰当り, て馬屋

▼ 尻~ (5, 0.1%)

2 を折り 1 を折っ, を折った, を折れ

▼ 尻軽く~ (5, 0.1%)

2 なるの 1 して, 下ろされて, 外へ

▼ 尻~ (5, 0.1%)

2 をする 1 しないで, する弱, ばかりし

▼ 尻からやにの~ (4, 0.1%)

4 出る奴

▼ 尻きれ~ (4, 0.1%)

1 とんぼ, とんぼに, 的の, 草履を

▼ 尻との~ (4, 0.1%)

1 丸味を, 各一字, 間に, 間をば

▼ 尻~ (4, 0.1%)

1 のであった, のは, んざあ抱きやし, んざ割れつこありません

▼ 尻はしょりで~ (4, 0.1%)

1 とうとう問題, 庭を, 暗い門, 盥から

▼ 尻~ (4, 0.1%)

1 しょりしている毛, しょりのままとび, しより, た

▼ 尻ベタ~ (4, 0.1%)

1 に吸い付い, に鞭打っ, のホクロ, をぶん殴っ

▼ 尻平次~ (4, 0.1%)

1 ともいふ, と言, と言われる, はこうして

▼ 尻~ (4, 0.1%)

2 の方 1 の法, の筵

▼ 尻~ (4, 0.1%)

2 に締め 1 に子, に引き結び

▼ 尻~ (3, 0.1%)

1 ろの, 何か, 川敷から

▼ 尻かくさず~ (3, 0.1%)

1 のへま, 叔父上年の, 式の

▼ 尻からは~ (3, 0.1%)

1 いて, 白銀色の, 黄金色の

▼ 尻だけは~ (3, 0.1%)

1 わかる, 今夜の, 比較的大きい

▼ 尻って~ (3, 0.1%)

1 しまって, やくざ者の, 殺した事実

▼ 尻などが~ (3, 0.1%)

1 ちま, 参会した, 極立つ

▼ 尻にも~ (3, 0.1%)

1 この福原, 敷いて, 隕ちない

▼ 尻ふりダンス~ (3, 0.1%)

1 たあ, をし, を始め

▼ 尻まくりし~ (3, 0.1%)

1 て追って, て飛ん, 瓢箪池の

▼ 尻みたい~ (3, 0.1%)

1 なもの, な唇, に薄汚い

▼ 尻をは~ (3, 0.1%)

2 しよつて 1 しよつた

▼ 尻ッぺた~ (3, 0.1%)

1 に差し, の厚い, を叩いた

▼ 尻ッポ~ (3, 0.1%)

1 でもかじっとり, をかじっ, を垂れ

▼ 尻ッ端折~ (3, 0.1%)

1 で駈け, になつて, を致しまし

▼ 尻ペタ~ (3, 0.1%)

1 をイヤ, を千, を大きな

▼ 尻切とんぼ~ (3, 0.1%)

1 に打切られ, に終っ, のお

▼ 尻~ (3, 0.1%)

1 には今年山女魚, の合, を下っ

▼ 尻~ (3, 0.1%)

2 をした 1 を逆さま

▼ 尻~ (3, 0.1%)

1 などをしてやった, ひの, ひを

▼ 尻振りダンス~ (3, 0.1%)

2 をやった 1 を想っ

▼ 尻端折った~ (3, 0.1%)

1 着物の, 薬売り, 釘抜藤吉は

▼ 尻端折りし~ (3, 0.1%)

1 て歩い, て薄, て黙々と

▼ 尻隠さず~ (3, 0.1%)

1 とはこの, に終っ, 葛籠を

▼ 尻~ (3, 0.1%)

1 さず, さずと, し

▼ 尻~ (3, 0.1%)

1 の痛い, の痛み, を痛めた

▼ 尻あげ~ (2, 0.1%)

2 て水

▼ 尻きり~ (2, 0.1%)

1 の働き着, の紺

▼ 尻きり半纏~ (2, 0.1%)

2 に田圃

▼ 尻こそばゆき~ (2, 0.1%)

1 感じを, 状態に

▼ 尻こそばゆく~ (2, 0.1%)

1 取り巻かれて, 感ぜしこと

▼ 尻~ (2, 0.1%)

1 お小夜, へ突込

▼ 尻つた~ (2, 0.1%)

1 とき孫六さんが, やうに

▼ 尻つぼまり~ (2, 0.1%)

1 となる, の感じ

▼ 尻です~ (2, 0.1%)

1 から挟まれ, よ

▼ 尻とが~ (2, 0.1%)

1 相接し, 見えて

▼ 尻とに~ (2, 0.1%)

2 それを

▼ 尻とを~ (2, 0.1%)

1 描けば, 食わされる

▼ 尻にかけて~ (2, 0.1%)

1 次の, 貫通した

▼ 尻にな~ (2, 0.1%)

1 つて煽ります, つて部屋の

▼ 尻ぬけ~ (2, 0.1%)

1 じゃなんにも, をした

▼ 尻ばっか~ (2, 0.1%)

1 し振ってるさかい, し男達

▼ 尻ぺたを打~ (2, 0.1%)

1 叩くって, 敲くと

▼ 尻よと~ (2, 0.1%)

2 これを

▼ 尻りや~ (2, 0.1%)

1 がつた, がつたらう

▼ 尻~ (2, 0.1%)

2 痛くな

▼ 尻モチ~ (2, 0.1%)

2 ついて

▼ 尻下がり~ (2, 0.1%)

1 のアクセント, の丸い

▼ 尻伝兵衛~ (2, 0.1%)

1 に引張り出され, の敵役

▼ 尻~ (2, 0.1%)

1 ッ尻と, 洲など

▼ 尻出し~ (2, 0.1%)

1 て, て鎌

▼ 尻切半纏~ (2, 0.1%)

1 に野暮, を着た

▼ 尻切袢纒~ (2, 0.1%)

2 に淺黄

▼ 尻~ (2, 0.1%)

1 ねし, ねに刎

▼ 尻割羽織~ (2, 0.1%)

2 を着

▼ 尻~ (2, 0.1%)

1 文句の, 文句や

▼ 尻学者~ (2, 0.1%)

1 であった, と称し

▼ 尻岐閇~ (2, 0.1%)

2 の國

▼ 尻~ (2, 0.1%)

1 に長, をとらえ

▼ 尻持ち~ (2, 0.1%)

1 をつい, をついた

▼ 尻殿~ (2, 0.1%)

1 のお, へ沙汰

▼ 尻~ (2, 0.1%)

1 に延び, を切

▼ 尻秀隆~ (2, 0.1%)

1 も毛利秀頼, を従え

▼ 尻~ (2, 0.1%)

1 に入る, に執心

▼ 尻~ (2, 0.1%)

1 は御, をし

▼ 尻~ (2, 0.1%)

1 を切りとった, を斬りとっ

▼ 尻駄賃~ (2, 0.1%)

1 となる, の六十四文

▼ 尻高く~ (2, 0.1%)

1 頭低く, 頭低く丸く

▼1* [257件]

あがりであるが静か, 尻あて紙である, 尻あふ付三貫目より, 尻いたく岩山の, 尻に従っ, 尻かけて柳橋, 尻かも知れない, 尻がべっこりと, 尻きり着物一枚どう眺め, 尻きり衣服に棒切れ, 尻きり襦袢が粉だらけ, 尻くさらせになつ, 尻くつついて, 尻ぶら二つ三つ, 尻こすばゆい, 尻さやに押してる, 尻さ大穴もう一ツ, 尻さ手ばやっ, 尻しみが表紙, 尻じゃないか, 尻じゃあねえ傷は, 尻ぼけ情を, 尻すぼまりになつて, 尻すらよく見えぬ, 尻そのものであり明鏡止水, 尻それから豐かな, 尻たくりといつ, 尻たんだえ, 尻だけがプクツと, 尻だけを見せて, 尻だろうと思われた, 尻ちくりとやけどした, 尻やありません, 尻つこけに仲間, 尻つたのか, 尻つたら縮尻つた, 尻つた金六の面目, 尻つて一文も申, 尻つて主人が夜中, 尻つて同流の人, 尻つみ以外にも五月四日, 尻であったから俺, 尻でしたよ, 尻でじろっと, 尻でなくて, 尻での魯艦についての, 尻では君津楼の, 尻といふやうな, 尻とから夥しく出した, 尻とともに天秤棒を, 尻とへ特別に, 尻とり文句である, 尻とり文句風に言う, 尻とり歌じゃ, 尻とり話をしよう, 尻とり話海のライオン, 尻なぞはちま, 尻などの海面を, 尻などは病的な, 尻などもハクバジリ略し, 尻などを追い廻して, 尻にかけラグビーの, 尻にくツついて行く, 尻についてさえ行かれないくらい, 尻についての無遠慮な, 尻にでもついて, 尻にとって敷かれの, 尻になど乗ってけ, 尻によだれを, 尻ぐひをしてやるのもふしぎであつた, 尻ぬぐいだのに奔走, 尻ぬぐいもさせられてね, 尻ぬけたことを, 尻のみ無二無三打ちつづけ, 尻はしょりし雨の, 尻はどつさり有, 尻はり尻つみ以外にも五月四日, 尻ばつかり追, 尻ひっからげ駆け出す長庵, 尻ぴいーんこ, 尻ふとりにゆがんだ, 尻ふりておれ, 尻ふり踊にしく, 尻へだけ小皺を, 尻への曲線は, 尻へは岩打つ, 尻べたから長い, 尻ぺたを打つ, 尻ぺたをこづかれ六尺豊かの大男, 尻ぺたをひっぱたいて嬉しそう, 尻ぺたをひどく叩かれた, 尻のやう, 尻まきの顔, 尻まくるのは, 尻までくらいある薄い, 尻までは闊葉樹の, 尻むくつけく泰然として, 尻に悠々, 尻めどが開い, 尻もったてて, 尻やらドタマやら, 尻曲者を, 尻なきア, 尻らしいな, 尻りきれとんぼ, 尻り込みして, 尻をかはるが, 尻をにょこにょこ動かし, 尻をねぢあげ, 尻をもぢも, 尻さげろって, 尻キリリと上り, 尻ッペタから前, 尻ッ切れ半纒一枚, 尻ッ刎の上調子, 尻ッ手繩を呉れた, 尻ッ腰がなさすぎます, 尻ツ撥ねに布巾, 尻長キ絛虫ニ百倍スル如ク, 尻ブロア附近にキリスト, 尻ペタ同志でシャム兄弟, 尻一つ叩かず花, 尻一帯にかけ, 尻一羽は腹, 尻三十六文人足二十八文と言った, 尻を横截, 尻上野のお, 尻与兵衛はという, 尻中道から青, 尻五貫目駄荷四十貫目人足一人持ち五貫目, 尻付背の低く, 尻付豊かに物腰衣裳つき, 尻以來家に籠つて, 尻伝兵衛したり顔で偉, 尻伝兵衛またの名を, 尻位端折つたかも知れない, 尻ほど人足何, 尻に破つた, 尻切トンボになっ, 尻切人殺しまでやる, 尻切半纏よれよれの三尺, 尻切無電が入る, 尻切草履を突っ, 尻切草履突かけて, 尻切蜻蜒である原因, 尻切袢纏の帯, 尻切襦袢へむすんだ, 尻切襦袢一つで熱湯, 尻の美河, 尻へ跛, 尻割りやがった, 尻にし, 尻卷投げやりな樣子, 尻又は途中だけを, 尻口元どこともなく, 尻叩いてやらんならん, 尻叩きを食う, 尻合せに同じ, 尻向けぬように, 尻向け河馬は糞, 尻向け畑うちかへす, 尻ひ觀音, 尻喰え観音である, 尻四十文人足四十二文これは馬籠, 尻圧して石, 尻垂坂は何, 尻大いに開いて, 尻天井を向いた, 尻になつて, 尻では布團, 尻子珠狸が秘蔵, 尻の来る, 尻小玉を抜く, 尻居して足, 尻居まわりの屋根, 尻岐阜ヶ嶽こうべ, 尻川根利沢砂沢南雲沢吾妻川など利根川, 尻差しで釣れない, 尻にし, 尻引からげて, 尻引っからげて, 尻を切っ, 尻打つ盥打つ, 尻押して上げる, 尻押せず柔順に, 尻拭き紙までが, 尻拭けお時婆, 尻拭ひで苦勞して, 尻持たぬわが身に, 尻ダンスを, 尻振りは, 尻振り立てて行く, 尻振り踊りをし, 尻据らずば, 尻揚りにあるいは, 尻敷板毛受手水盥の類, 尻の方, 尻方面の一陣地, 尻日本堤から折れ, 尻明り耀れり眼, 尻明耀眼八咫の鏡, 尻曲りの長, 尻を見, 尻っ風, 尻に刀, 尻をつける, 尻池村をすぎ, 尻沈む淵は, 尻沢村出張之御, 尻清兵衛小仏小兵衛, 尻焙りした仲でしょう, 尻を近づける, 尻痩せの私, 尻の岬, 尻が瞬間, 尻から山, 尻立てて, 尻端打という出立, 尻端折って短い, 尻端折つた千代松の腿引, 尻端折つた單衣の縮んだ, 尻端折つて箒を持つた, 尻端折りでやるつもりです, 尻端折下には長い, 尻端折下駄をつまんだ, 尻端折前垂で膝, 尻端折懐手の珍妙, 尻端折紺足袋に雪駄, 尻端折脚絆草鞋穿という異様, 尻端折雨傘打並べて歩み行く, 尻笑いだね, 尻からもらえ, 尻結んだ口の, 尻絡げでプロ, 尻纏めに猴, 尻を引く, 尻肥りにいがんだ, 尻肥前守織田九郎次関十郎数千の兵, 尻膨れになっ, 尻落着きたるものの, 尻とは比較, 尻を持込む, 尻赤くゆらめくただ, 尻を嗅い, 尻ありカタン, 尻にうしろ, 尻辺花猶盛, 尻近辺に住む, 尻追いかけるのも, 尻退りするとクリ, 尻鋭く柱にも, 尻と長話, 尻間河にのぞみ, 尻隠さぬ不念が, 尻かけ短刀, 尻ひ觀音, 尻高橋の近く