青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「尺~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~少年 少年~ 少数~ 尖~ 尚~ 尤も~ ~就 就~ ~就い 就い~
尺~
~尻 尻~ 尻尾~ 尼~ 尽し~ ~尾 尾~ 局~ ~居 居~

「尺~」 7311, 79ppm, 1423位

▼ 尺~ (1261, 17.2%)

56 高さ 14 ところに 13 深さ 10 長さ 7 所に, 雪を 6 ところを, 下に, 剣を, 厚さ 5 下へ, 勾, 屏風も, 押入を, 童子も, 距離を, 間を, 間隔を

4 [14件] ところで, ところへ, 上から, 上に, 上も, 上を, 体に, 余も, 大きさ, 槍を, 石の, 距離で, 距離に, 鏡と

3 [21件] 下は, 処に, 切戸が, 地に, 地の, 地を, 大屏風, 大矛, 孤を, 床の間に, 曲玉という, 椽に, 瀑を, 童子と, 竿を, 蛇矛を, 近さ, 間隔で, 障子へ, 高地に, 鯛を

2 [92件] ところは, ところまで, ものも, ものを, 七重高塔が, 上の, 下夜の, 中に, 体の, 体を, 先を, 内に, 円を, 前まで, 四っ, 地でも, 地下に, 地底に, 増水を, 壁の, 夏草に, 大さ, 大刀を, 大床, 大男が, 太刀を, 奴が, 山だ, 崖下に, 巌の, 広さ, 床を, 懸崖の, 戸が, 所まで, 所を, 抜け裏で, 断崖を, 杉です, 板敷を, 櫓が, 残雪が, 段平を, 水晶の, 流れが, 流れを, 溜息を, 溝を, 濡れ縁へ, 火山灰層と, 皮嚢は, 積雪を, 穴が, 穴を, 空に, 空を, 空地にも, 窓の, 童子が, 童子でも, 童子ばかりと, 縁を, 翠巒と, 袋戸棚が, 裂地が, 記二三寸に, 足を, 距離は, 距離まで, 路地の, 路地を, 身に, 身を, 身体こそ, 軒から, 釈迦牟尼仏の, 鉄板の, 銀なん, 鏡の, 開きが, 開きを, 開戸を, 間に, 闇を, 雪, 雪が, 馬が, 體に, 高きに, 高度から, 鯉を, 鯨は

1 [787件 抜粋] あいだへ, あたりへ, あること, うらとある, お障子, かなしい区劃, かなたの, からだ置き, がきの, くつぬぎ, ことでしたら, ことなら, この六里ヶ原, この山道, その丸太, たもとすべりおち, ですよ, ところでも, ところなら, ところより, と書かなけれ, なかに, はしを, ひとりが, ひらきが, へだたりを, ほうで, ほかに, まわりしか, みちに, もあつ, もので, もののみにても, やうな, エジプトの, エヴェレストと, カンチェンジュンガを, グロテスクな, ゴム管さへも, シャフトを, トタン屋根の, ドーラギリ越え, ヒマラヤ越えだ, マストをも, ユンクフラウヨッホまで, 一丈五尺の, 一人が, 一帯の, 一端を, 一間の, 七層街に, 七重塔が, 丈に, 丈夫が, 三角点だ, 上まで, 上りである, 上り框の, 上信の, 上空に, 上越す, 下部渡良瀬川北岸の, 丘前面右方に, 両氏に, 中へ, 中ヶ岳が, 九天より, 二十分一すなわち, 人は, 人間無限の, 今唐鍬, 代わりに, 仮の, 低さ, 体も, 体躯を, 偉丈夫も, 偉大な, 先き, 児童も, 入口に, 入口の, 入日子, 共立学舎に, 円さ, 円筒形の, 円筒形白色の, 几帳奥の, 処で, 処を, 刀を通してすら, 刀身へ, 切りたての, 切り崖や, 利剣あり, 剣, 剣剣を, 動きが, 動揺を, 勾珠の, 十五間分の, 十文字を, 厄介に, 厚い板戸, 取りよう, 取り様, 台を, 台上に, 名, 周囲の, 唐子で, 四尺のと, 四角な, 国土たり, 国境を, 土の, 土地でも, 土地も, 土層の, 土橋の, 土間が, 土間に, 土饅頭は, 地下水の, 地境の, 地底で, 地底は, 地点から, 地点そこまで, 地蔵の, 垂涎を, 埠頭の, 堤防の, 場所とは, 塀を, 塔が, 増水が, 壁へ, 壁を, 外に, 大きいもの, 大きな二つ, 大岩石, 大斷崖, 大櫓, 大氷柱, 大男で, 大男ほど, 大空を, 大菩薩嶺そのものも, 大薙刀, 大輪を, 大雪, 大鼬, 天地左右で, 太い熔融炉, 太郎山の, 奪衣婆, 姿を, 威躯は, 孕独楽用うる, 宙へ, 寂しさ, 富士山では, 小さな流, 小廊下, 小木でさえも, 小点の, 小窓, 小躯, 小鯨, 尺度が, 尻ッこけ, 局を, 屏風を, 山々と, 山に, 山の芋を, 山は, 山上では, 山岳を, 岩の, 岩山聳立す, 岩魚, 峠の, 峠を, 峭壁を, 峰に, 崖を, 崖底を, 巓を, 巨杉の, 巨柱は, 布が, 布と, 布巾を, 帯を, 帳場に, 幅に, 幅にしか, 幕で, 幾度も, 床なれ, 床の, 床の間と, 床は, 底で, 底において, 底の, 廊下が, 廊下それが, 廊下で, 廊下口を, 延竿へ, 建仁寺垣を, 弓一打うて, 弥陀の, 形を, 影と, 往来を, 後にか, 怪物, 怪物が, 懸崖である, 戸棚に, 戸棚の, 所で, 手に, 手槍と, 手槍を, 抜け裏の, 押入れ付, 持主は, 揚花火の, 支柱に, 攻撃も, 文殊普賢の, 斜坑を, 断崖絶壁にて, 方に, 日蓮上人一丈の, 春の, 晒木綿だけでも, 普通の, 暗い冷, 曲玉の, 曲玉を, 木にな, 木刀が, 木剣ほぼ, 木太刀これぞ, 木太刀を, 木戸その, 木戸を, 木戸古く, 木綿が, 杉各, 杖は, 松が, 松梢に, 板塀と, 枯龍斧鉞の, 柳の, 桜と, 梯子を, 棒と, 棚が, 棚を, 椽側が, 楼, 楼台に, 楼閣に, 榾やちよろ, 樓に, 標一基などが, 標高を以て, 権現の, 横板が, 櫓の, 正面に, 段が, 段平が, 民権を, 水, 水力を, 水面も, 氷の, 氷河の, 沓脱は, 法衣が, 泥の, 流れ木が, 海を, 液体天地に, 深い沢, 淵が, 測量杭が, 漂石, 潜戸は, 火尾を, 火葬の, 点に, 点まで, 然るべきもの, 煙管吸ひくゆら, 独活の, 狭きも, 狹い流し, 王岳山の, 甌穴が, 男が, 男子が, 男子これ程, 男子空しく, 番屋町役人の, 病床が, 病床を, 痩躯を, 白刃の, 白木の, 白紙で, 白蛇住む, 皮肉と共に, 盆栽の, 直す草履, 眞つ, 真っ赤な, 眼前に, 矛を, 矢岳を, 矮生の, 石塔をも, 石面には, 碑が, 神河内から, 秋水だ, 秋水を, 穴に, 空で, 空地に, 空地を, 空間からは, 空間を, 窓から, 窓へ, 童を, 童子たり, 童子だって, 童子の, 童子まで, 竹の, 竹垣に, 竿頭を, 笑い顔が, 笑ひ, 等高線までは, 筒と, 築地塀上に, 糸と, 糸も, 紅手拭を, 紐とか, 紺地に, 絵巻の, 絹の, 綺麗な, 締の, 縁が, 縁に, 縁側の, 縁側へ, 總身ぶる, 置床が, 老木かな, 聖ヶ岳は, 肉体何の, 能力ある, 腰掛が, 腸を, 自然に, 自然石の, 船が, 船を, 花ひき, 苗の, 菖蒲の, 蒿下に, 蘆の, 虹を, 蛇矛には, 衣を, 袖, 裏に, 褌とだけ, 襖には, 計算尺を, 記念碑は, 谷の口ひとたまり, 豎子も, 赤土の, 超越から, 足が, 距りで, 距離が, 距離だった, 距離の, 路地が, 路地も, 踏台を, 身この, 身な, 身体に, 身体を, 身長を, 躯まず, 躯より, 躰躯大なりと, 軽竿, 辺を, 近くまで, 途方も, 道糸を, 違い棚に, 部分だけ, 酒桶を, 金博士の, 金銅毘盧舎那仏を, 金銅金と, 釣竿で, 鉄塔を, 鉄槍の, 鉛板あるいは, 鎖が, 鐵棒を, 長いくちばし, 長持に, 長方形の, 長身を, 閃光瞬間正眼に, 開き戸が, 開戸あり, 間へ, 間排水は, 間板が, 間隔では, 間隔へ, 防空壕なども, 附合ひで, 附合ひといふ奴が, 陣竹が, 陣竹長い, 隔てを, 隙も, 障子を, 雨戸を, 雪ぢや, 雪と, 雪に, 雪は, 雪峰, 霧ひらひら, 青竜, 青竹を, 静かさ淋し, 静けさが, 音叉一時に, 頂上まで, 頭の, 飛流と, 飛瀑も, 駒ヶ岳や, 體を, 高い山, 高い帆柱, 高い断崖, 高き所, 高さ四尺, 高まで, 高みに, 高原の, 高原地で, 高地だ, 高地の, 高地夜気が, 高塔, 高山で, 高山もさまでは, 高度に, 高所に, 高處, 鬚を, 魔物が, 鮮紅反を, 鯛が, 鳥居と, 鳥居の, 鴨居を, 麻縄にて, 麻繩を, 黒姫山夜が

▼ 尺~ (422, 5.8%)

11 あろうかと, 離れて 10 あろうと 7 ある 6 ある大きな, あろうという, 三尺も 5 あって, あるよう, 積って 4 あるの, 二尺も, 孔を, 雪が 3 あつた, あらうかと, 上に, 先へ, 積もって, 離れないで

2 [31件] あった, あらんと, ありそう, ありやしない, あるか, あるもの, ある塀, ある大, ある木, ある桂, ある立派, ある絶壁, ある虎杖, ある高い, あれば, あろうか, 上の, 上へ, 下の, 五尺も, 伸びて, 低くな, 四尺も, 土を, 後ろへ, 掘ると, 移れど, 積った, 芽を, 間隔を, 高いところ

1 [254件] あがったよう, あったそう, あったでしょう, あったろう幅, あつたら, あつて, あなたを, あらう, あらうか, あらうかといふ, あらうと, あらうといふ, あらん, あらん刀, ありすてき, ありて, ありましたなお, ありますさかい, ありますし, ありませうか, あり各階, あり堅く, あり暗, あり腕, あるお, あるかに, あるから, あるこんな, あるし, あるだろう, あるであろうか, あると, あるところ, あるべく亙りは, あるやう, あるゆり, あるらしい長方形, あるスキー, あるハードル, あるフィンランダー式, ある一つ身, ある一本歯, ある中世代, ある事務所, ある二階座敷, ある仙人掌, ある代物, ある入道, ある刀, ある大きい, ある大男, ある大石, ある大蛇, ある奴, ある孟宗竹, ある山女魚, ある峠, ある崖, ある巨漢, ある怪物, ある成獣, ある所謂箱根竹, ある手紙, ある手製, ある杉, ある松花江, ある枯すすき, ある梢, ある樫, ある段, ある気味, ある深き, ある熱湯, ある白刃, ある白張, ある白長鬚, ある百足虫, ある石, ある空濠, ある竹馬, ある筆, ある築, ある篶竹, ある緑発, ある萱原, ある蝶鮫, ある金庫, ある錦蛇, ある長, ある長柄, ある陥し穽, ある雑草, ある雜草, ある青大将, ある非常, ある類人猿, ある鯉, ある鯔, あろう, あろう崖, あろう糸瓜, いる所, うごいたが, うず高く, お湯を, こえつべし, こえつべし今, さがって, さがるところ, しめぬもの, たかく宙, つもる風, ない縁, なかった, はなれて, はみ出して, ガランと, ズルズル地上, ポンプから, 一晩に, 一飛びに, 三十尺も, 上から, 下から, 下が, 下と, 下まで, 伸びたかの, 伸びた蓬, 伸びるという, 低かるべき, 低くなっ, 低く細い流, 何丈も, 何処までも, 余さず斜め, 余ったと, 余るほどの, 六尺も, 凹むので, 出来てないじゃ, 割かれ大, 動かずに, 動かなかった, 動くかと, 厚く蔽いかぶせられ, 取り除けて, 向うに, 向うの, 吹き溜まって, 噴騰し, 四百尺も, 土の, 地びたが, 増すと, 外の, 外へ, 大きくならない, 大地の, 天空を, 奧に, 寄りあわないのに, 岸からは, 幅の, 底の, 廻るよう, 彫れる訳, 彼方此方ずれ, 往来へ, 後へ, 手前の, 掘ったと, 掘ったら十二億以上, 掘つた, 掘り返せるもの, 掘れば, 掘下げて, 揺れて, 有う真黒, 根もとの, 此方に, 歩いて, 残さず真赤, 没すること, 泥が, 泳ぐ事, 深いかと, 深いの, 深い雪, 減っては, 溜ること, 潜る等, 無い, 生えた大, 短いから, 積つてそれの, 積もり氷, 積もるそう, 積り重なる, 積る, 積れ, 積んで, 空に, 立昇った, 繁って, 膨れ上がって, 裳裾を, 裾を, 跡が, 跳びのいて, 跳び上がって, 跳び退き, 跳んで, 躍りあがるよう, 辷っては, 退った, 遠くへ, 避けて, 長いよう, 長い羅宇, 長い首, 長かったら, 長くなっ, 間の, 降りたところ, 降りつもった晩, 降りまして, 降り積るという, 隆起した, 隔たったやや, 隔って, 隔てて, 離れた寝床, 離れた方, 離れた遠方, 離れると, 雪の, 頸が, 顔を, 飛びあがった, 飛びあがって, 飛び上がるの, 飛んだ, 高い球, 高い石, 高い絶壁, 高くした, 高くなる, 高く上がった, 高く堆くなっ, 高く川, 高く泛, 高く積り, 高く聳え

▼ 尺~ (369, 5.0%)

10 して 7 なるの 6 及ぶ 4 なった, 足らぬ 3 一間の, 三尺位の, 及ぶと, 及んで, 足らない小男, 近い大男, 過ぎないが, 達して

2 [27件] あまる楕円形, すぎないが, 一寸も, 一尺位の, 七尺程の, 三尺の, 二尺くらいの, 二尺くらゐ, 二尺の, 余るの, 余る大, 充たない, 及ぶの, 及ぶもの, 滿た, 足らない刀, 足らぬほど, 足らぬを, 足らぬ布片, 足らぬ穴, 足りない草土手, 近いもの, 近い大幅, 近い大物, 達しその, 達するもの, 餘る

1 [260件] あまりたり, あまるすばらしい, あまるつるぎ山, あまる大きな, うかびあがつたその, くるんだ銭, すぎなかつた津浪, たらぬ竹童, ちかい木刀, ちかきかたち, ちかきセルロイド, ちかくビール樽, なったら四尺, なった三尺, なった二尺, なった山, なって, なりついに, なり四五尺, なり後, なる, なるかも, なるまでも, なる計算, なれるとは, めぐらし何処, わずか一寸, 一尺ぐらゐの平べ, 一尺ほどの, 一尺三寸位の, 一尺五六寸の, 一尺五寸位な, 一尺程の, 一本ぶっこんで, 一間ぐらいな, 三丈九尺という, 三尺くらいの, 三尺ぐらいの, 三尺ほどの, 三尺程の, 三間の, 三間ほどの, 上ると, 下りその, 中間, 丸味を, 乖か, 九尺ばかりの, 二尺五寸ぐらいの, 二尺位の, 二尺程, 五寸ぐらいの, 五寸の, 五寸ほど, 五尺ばかり, 五尺ほど, 五尺ほどの, 五尺位な, 伸びた御柳, 伸びた陣竹, 余った重量, 余りしを以て, 余り帰り, 余り幅も, 余る, 余るそう, 余るほどの, 余る両刃, 余る二坪, 余る場合, 余る大きな, 余る大男, 余る太鼓腹, 余る手紙, 余る料理屋, 余る白き, 余る真鯉, 余る秋, 余る積雪中, 余る緑, 余る鉄, 充たず顔, 切って, 切つて其を, 切り先, 刈り分けねば, 化けこんで, 十二尺厚, 十八尺と, 厚さ, 及ばず, 及びおおかた, 及び剛強, 及び實, 及ぶこと, 及ぶされど, 及ぶ場所, 及ぶ山脈, 及ぶ細き, 及べり城山, 及べり穴, 及んだ, 合わせて, 合わぬわ, 四尺くらい, 四尺ぐらいの, 四尺ほどの, 基礎を, 女の, 尾行られた, 幅が, 幅四寸ほどの, 延び時, 当たるわけ, 挟んで, 掘り下げた生命, 提灯が, 提燈が, 書ける字, 横一尺位の, 比してすら, 沿うて, 減じて, 渡り候, 渡り候田圃, 満たないくらい, 満たないほど, 満たない小作り, 満たない小男, 満たない金星草, 満たぬ木標, 満たぬ短き, 満つ, 生ひ, 生長し, 生長した, 由て, 發表する, 百五十尺長く低い, 盈を, 着く島々, 築造し, 縦も, 縦二尺ばかりの, 縮めそれでも, 縮めたり, 縮めて, 繁った, 織りあげさせ布, 置かねども, 草履を, 蔓り, 見いだしたもの, 見える, 見えるよう, 見せても, 超ゆ, 足らざるべし, 足らずと, 足らないお方, 足らないくらい, 足らないところ, 足らない刀身, 足らない古, 足らない小さい, 足らない短小, 足らない細い, 足らない距離, 足らぬ二本, 足らぬ五右衛門一人, 足らぬ刀, 足らぬ四尺, 足らぬ土, 足らぬ女, 足らぬ小, 足らぬ小男, 足らぬ幅, 足らぬ紅絹, 足らぬ躯幹, 足らぬ頭, 足らねど, 足りない, 足りないから, 足りないその, 足りないよう, 足りない小さい, 足りない机, 足りない細, 足りない軒先, 足りない雑木, 足りねえ米友, 近い, 近いこと, 近いこの, 近いこんな, 近いと, 近いほどの, 近いりっぱ, 近い人, 近い体, 近い刀, 近い力強い鮎, 近い十数尾, 近い印度人ハラム, 近い原稿, 近い四角, 近い大入道, 近い太刀, 近い山中, 近い巨体, 近い巨大, 近い武蔵, 近い煎, 近い獣, 近い背, 近い赤魚, 近い連峰, 近い鎹, 近い鰮鯨, 近い黒人, 近く, 近くでっぷり, 近く暗やみから, 近く梓の, 近く極度に, 近く涼やかな, 近く濁流奔放舟を, 近く濁流奔放舟を以て, 近く灰色の, 近く筋骨飽くまで, 近く阿修羅王の, 近く黒き, 近し尾, 迫り必ずしも, 迫る異形, 造りて, 逼った, 過ぎず, 過ぎないけれど, 過ぎないし, 過ぎないので, 過ぎない軽井沢, 過ぎねど, 達しこれ, 達した, 達したる處, 達し其上, 達し魚函, 達するありすこぶる, 達するの, 達するも, 達する大木, 達する美麗, 達せざること僅, 達せしむること, 達せしを, 長さ三尺, 長さ六尺, 餘り, 高さ二尺六七寸

▼ 尺ばかり~ (247, 3.4%)

5 離れて 4 なの, なるを, 開いて 3 あけて, 下の 2 なる小, へだたりたるまぢかき, 前に, 物の, 空へ, 開けて, 間を, 飛上っ

1 [208件] あいて, あがると, あけた時, あらうかな, あらわれたるを, あり, ある, あるが, あるべし, あるまっ白, あるナイフ, あるホーク, ある一頭, ある切布, ある大, ある岩魚, ある混凝土, ある石塀, あろうかな, くぼんで, ぐるりと, こっちから, これは, ずるり, その形箒, だから, だけれども, だった, つッ, であったの, でかなり, です, で三間四方, で白い, で黒い, なのに, なるもの, なる女, なる梯子, なる銀, な坑, な塩焼, な女, な物, な石, な関, な青竹, のっぺりした, のびて, ひきさがって, ほりたるに, ぼうと, まるで繃帯, まッ黒なかげ, わきへ, グザグザに, ケシ飛ん, スキーが, チヨイと, 一寸法師ッか, 一方に, 上から, 上ったところ, 上まで, 上方へ, 下げて, 下に, 下には, 下を, 之は, 人に, 人の, 伸びて, 低いタタキ, 低くタタキ床, 何やらかやら, 余は, 先に, 先へ, 八ツ手や, 出るや, 出張った縁板, 前へ, 動かした, 厚み一寸も, 右へ, 向うの, 周りに, 四囲に, 垂らして, 埋め込んで, 外れるん, 太さ, 奥で, 宙へ, 小葉, 小野さんから, 小高く土, 岩壁によ, 左右へ, 幅七八尺の, 幅二間ばかりの, 広げられて, 床の, 引摺ります, 形は, 往来へ, 後へ, 手と, 手前まで, 手繰り上げ, 抜きおったが, 押し開けた, 持ちあげて, 持上げた, 振ら下げたが, 掘り下げて, 掘り下げるうち, 掘下, 提灯の, 斬られて, 明いて, 曳出す, 板で, 梢の, 水が, 水面を, 消え残った燈籠, 満身に, 甲板に, 登ると, 盛りあがつて, 短いの, 石を, 破れて, 積った, 積って, 空中に, 突つ立てた, 糸を, 細いが, 舞台の, 船体が, 草を, 藺莚の, 行くと, 裂けたらむがごとく, 見える, 見える障子, 足が, 距てて, 距離が, 跳ね上げられる, 跳び上がりすつと, 辷った, 辷り退いた, 透きし扉, 通路に, 進んで, 遣り過して, 長くし, 長さ, 開いた, 開いたま, 開いてる障子, 開かれて, 開くこと, 開けた重い, 開け放しに, 開放さし, 間隔を, 隔って, 隔てた場所, 隔てた所, 隔てて, 隔てを, 離れたあっち, 離れたところ, 離れた処, 離れた土間, 雪の, 青き色, 非常に, 靡く方, 革の, 頭に, 頭を, 風呂場の, 飛び上った, 飛び上ったと, 飛び上って, 飛び上つた, 飛び上りました, 飛び上るその, 飛び退いた, 飛び退いたがんりき, 飛上った, 高い処, 高い台, 高くなっ, 高く床の間, 高く築い, 高さ, 高まった草叢, 高まつ, 髪を, 髪肩に, 鯰の

▼ 尺ばかりの~ (246, 3.4%)

7 高さ 6 ところを 5 ところに 4 長さ 3 木の, 棒を, 距離に, 鉄の

2 [19件] ところで, ところへ, 四角な, 大きさ, 大岩が, 小蛇, 山か, 幅の, 広い壁, 所に, 棒の, 棒切れを, 流れに, 流れを, 深さ, 穴を, 立標に, 色どり美しい, 間を

1 [174件] お地蔵様, お婆さんの, すき間が, まっしろいへび, コンクリート塀で, レーニンの, 上の, 下駄ぬぎ, 丸卓子一つだった, 丸棒を, 五六本, 亜鉛壁を, 人間が, 低い断崖, 低い線路, 作場道であっ, 傾斜を, 光りの, 入口が, 円い壺, 処にしか, 刀であった, 分厚な, 厚い板, 厚さ, 古い石碑, 古猴一刀, 古縄, 台を, 台石の, 四つ目垣が, 土間を, 地蔵尊でした, 塀際には, 壁と, 壁の, 大きな赤達磨, 大幅見事に, 大根を, 大男の, 大男二人岩根の, 大穴が, 大草履, 天然の, 太い竹筒, 孔子の, 宙に, 小さな溝, 小判形で, 小枝, 小池が, 小蒲団, 小蛇出, 小道が, 屏風岩の, 山を, 崖に, 布を, 布袋竹の, 幅を, 広さ, 廣さに, 所は, 所を, 所土が, 扁平な, 押入れが, 擂鉢の, 文字を, 断層を, 明るさ, 曲り口も, 木彫の, 杉角材が, 杖が, 杖を, 板で, 枝に, 棒であります, 棒に, 棒切れが, 椽の, 楕円形の, 樫の, 武者人形を, 段が, 氷雪の, 流の, 深いほり穴, 準平原, 溜り水に, 溝が, 熊手を, 物を, 狭い床, 生垣一方は, 白い蛇, 白ペンキ塗の, 白木の, 眞黒な, 短い棒, 短刀です, 短刀な, 石が, 石を, 石塔が, 石膏像の, 祠を, 空いてる場所, 空に, 空中に, 空地に, 空地を, 空所が, 空虚からは, 空間が, 空間に, 立像である, 立込下駄を, 竹の, 箱に, 糸錦の, 紙札の, 細い篠, 細い道, 細い黒いリボン, 細長い品物, 細長い箱, 綱を, 縄十本を, 美事な, 胸壁へ, 脇差しを, 腰刀を, 腰板が, 自然石の, 自然石を, 色テープが, 苧殻ガラッ, 草履を, 葡萄に, 蒲鉾の, 蛇の, 蛇は, 蛇左右の, 蜈蚣が, 蝋鞘が, 蝙蝠すでに, 象の, 赤児が, 距離まで, 距離を, 釈尊の, 金色の, 鉄柵を, 鉄棒を, 鉄管が, 鉄製の, 鋳物の, 長に, 開戸が, 雪山だ, 露地で, 青い蛇, 青大将が, 額で, 顔が, 高さほか, 高度を, 鬱金の, 鯉が, 鯰一匹, 麻紐を, 麻繩の

▼ 尺~ (175, 2.4%)

4 持って, 締めて 3 杖に, 盜んで, 脊負つて産て, 越えたの, 隔てて 2 グイと, 例の, 入れたの, 出して, 取ったら命, 取って, 得んとして, 持つて, 計って, 越ゆる

1 [132件] あてつつ, あまさぬひたひた, いじくる積り, おなかの, かかえこんで, きり下れる, ぐっと締め, ぐるぐるまきつけた, ぐるぐる巻きつけた, こえんと, こえ面, こくめい, しっかり結ん, しめたもう, しめてゐた, しめウーム, しめ直す脚絆, といた石金, とけ, とったら, とったり, とって, とりつつ, とりなおして, はるかに, ふるつて, ふッ, ほどいて, もつて, わざ, ケージで, ズウッと, 一厘二毛柄の, 一厘五毛柄の, 一本ずつ, 一条の, 一間として, 上ったこの, 上って, 下の, 下らざる絶壁, 下目に, 争って, 伊達に, 伸して, 何本持つ, 何處で, 使つて見, 傷の, 入れるだから, 六で, 出す, 出発した, 刈れば, 前下りに, 前結び, 動かすこと, 博多の, 占めまた, 取ったら, 取ったり, 取らして, 取られると, 取りました寸法, 叱りつけて, 基準に, 墜落する, 少し超え, 崩して, 巻附け, 度っ, 引いて, 引手繰る, 当て杭木, 得れば, 手に, 持ち出して, 持出して, 捲きつけて, 捲きに, 掘つて, 握って, 数へる, 曲ぐるの, 机の, 水面から, 測つて一寸, 照らしながら, 用つて見, 盜まれたさうだ, 盜みました, 突込んで, 結び座敷, 締めだく, 締め尻端折, 締め左, 締め手拭, 締め洗い晒し, 締め盲縞, 締め直して, 縮めたる遠近法, 腰の, 腰低く, 見上げねば, 視更に, 覗かせたまま, 解いて, 解きかけるの, 計つて, 貸して, 超えたそう, 超えた高原, 超えぬもの, 超えるかと, 超える一尺, 越えて, 越えなかつた, 越えますと, 越える大, 越える高山, 越え頭髪, 越す大, 越す岩魚, 距て, 距てず, 踰えぬ, 通過する, 過ぐ, 間数に, 隔てず窮屈そう, 隔て又, 離れて

▼ 尺ほどの~ (173, 2.4%)

20 高さ 5 ところに 3 ところで, 長さ 2 ところを, 幅に, 所が, 所に, 柄を, 楕円形の, 間隔を

1 [128件] ところお, ところへ, へだたりが, ものが, スノコを, トタン板が, ラツパが, 丈夫な, 三ツ又に, 三角形の, 下から, 下は, 不届きな, 中空の, 丸い鉄板, 仏像が, 位置に, 入口から, 円管を, 剣を, 台上に, 土を, 堅牢な, 墓穴の, 大きさ, 大井戸, 大足である, 小さい植木梯子, 小さな石, 小蛇, 小道で, 尾が, 層を, 岩が, 崖に, 崖の, 崖下に, 布は, 幅だけ, 幅で, 店の, 延々たる, 建仁寺垣が, 影を, 御影石が, 御影石の, 愚楽老人な, 扉の, 払子を, 時計だ, 晒しの, 木の, 材木が, 板の, 板を, 柄の, 棒が, 棒と, 棒を, 棒杭に, 横木に, 横長の, 水が, 水量は, 泉が, 流れの, 深さ, 清冽な, 溝を, 溝川でした, 澁を, 無双が, 焼け穴を, 狭さ, 狹いところに, 甲州アルプスへ, 白い細い光, 白さ, 白木の, 盆栽を, 直径に, 眼の, 短大な, 石が, 石で, 積雪でありました, 穴が, 竪坑を, 竪穴で, 箱に, 箱の, 紐状に, 紙に, 紫檀の, 細い露次, 細木草はと, 細長い木, 絵に, 絹地で, 脚棍に, 舌を, 若木を, 茎に, 蓮根を, 薄いもの, 處に, 蛔虫であった, 角に, 足の, 距離を, 路を, 近さ, 道が, 鉄の, 銅人が, 鐘は, 長方形の, 間が, 間近で, 間隔, 間隙には, 闇が, 隙間が, 高地の, 高所に, 黒いもの, 黒樫の, 鼠色の

▼ 尺五寸~ (158, 2.2%)

6 もある 3 もあっ 2 あった, だ, になり, の大, ばかりも紐, もあらう, もあり

1 [135件] あったの, あります, ある, あるの, からはじまります, から二尺, から八尺, から大きい, かネ, か鍬, くらいの山椒魚, くらいの竪幅, くらい深, ぐらい, ぐらいある, ぐらいしか飛ん, ぐらいだろう, ぐらいに川べり, ぐらいのもの, ぐらいの優さ男, ぐらいの半, ぐらいの台石, ぐらいの壁板, ぐらいの檻, ぐらいの黄金, ぐらいもあっ, しかない, ずつ, で日本, というところ, という小さい, といふの, といふ大した, として直径二丈一尺, とは何, とよんで, と書い, ないし二尺余, なるもの, にちかい, にて左, になっ, には過ぎないでしょう, にも充たぬ, に三尺六寸, に五尺, に切り, に切りたる, に切り揃えろ, に奧行八尺, に足るまい, に達し, に達せず, のところ, のバカ, のヨメ, のライ病殿, の一本竹, の一種, の人間, の刀, の化け物め, の地底, の大刀, の大男, の太刀, の女, の小鎌, の平たい, の悪霊, の扉, の日本刀, の杖, の棒, の横板, の次郎太刀打ち, の竿, の粗末, の蛇, の足台, の身長, の鉄, の鎌, の長い, の高, の高山, はお, は充分, は根, は違っ, ばかり, ばかりしかない, ばかりで, ばかりに伸びた, ばかりのところ, ばかりの大, ばかりの巻き返し, ばかりの棒, ばかりの石, ばかりの長, ばかりの間隔, ばかり隔て, ほどある, ほどから短い, ほどにでもなれ, ほどの偉大, ほどの兩端, ほどの十手, ほどの板ばり, ほどの桃, ほどの棒, ほどの深, ほどの瀬戸, ほどの紫色, ほどの部分, ほどの釋迦如來, ほどは黒く, ほどもあ, ほど上, ほど切り出し, ほど掘り下げる, ほど離れ, まず一メートル半, もあれ, も傾いた, も積もった, も高まる, を一間, 広サ九寸, 御丈三尺, 程と思われる, 程の大きな, 近付いて, 鞣し革, 高さ十尺

▼ 尺~ (143, 2.0%)

8 の高 43 しかない, の大, の所 2 ありました, のところ, のもの, の丈, の大き, の岩, の深, の簡単, の鏡, ひの

1 [102件] あって, あります, ある二疋, ある鯉, い積, この下, しか無い, だから, だったでしょうか, であったと, でいかにも, でございましたでしょう, でも構いません, で一対, で人, で余程, で各々十数個, で金属, で長, なもの, なり多く, な切れ, な所, な鈴, にし, にしか想えなかった, にせし, になっ, になつ, になる, に伸びる, に小さく, に屋根, に彫り上げ, に見える, に近寄せ, に達する, のご, のずぶ濡れ, のもの數本, のガット, のブロック, の上下, の中納言, の人形みたい, の仁王様, の入口, の全く, の円筒, の処, の大男, の幾筋, の建物, の引手, の文殊, の木, の横一文字, の樫, の檜, の油画, の海藻, の溝, の火山弾, の牡丹台, の玉石底, の石崖, の穴, の窯, の竹, の箱, の細い, の菰, の赤い, の距離ほか, の道, の長, の長方形, の雛形, の露地, の露次, の鯉, はあるでしょう, は上, は床土, は深い, は離せる, は高く, まあ細, もあった, もある, も度々積, も持ち上げられる, も積, も積み上った, も背丈, ゐ長い, を距, を隔て, 広さ五六畳, 長い糸, 離れた位置, 離れて

▼ 尺ほど~ (133, 1.8%)

8 離れて 4 下に 3 な距離, 上に, 開いて 2 そぎ取らなければ, で華奢, 下の, 切って, 前方の, 後へ, 離して, 離れた下水

1 [96件] あがったところ, あったので, あると, ある漆塗り, すうっと, すっと開いた, そこを, そっと開けた, つづらの, づゝ三里ばかり, づゝ間を, である無論, でご, でカンテラ, で文字, で行き当る, で軒先, なかなか深い, な丸棒, な小, な岩, な杖, な枕形, な玻璃, な蜂の巣, な赤松, な青, のりますなか, また力, 上げて, 上ったところ, 上の, 下った水ぎわ, 下へ, 下ると, 井戸の, 切り抜かれて, 前に, 前方に, 前方へ, 吊鐘, 土藏の, 外に, 尖端は, 引きあけられて, 引っ込んで, 引込んだ設計, 手前の, 掘った, 掘って, 掘つた, 掘り下げられた工事場, 掻き取られて, 攀じて, 斜め上を, 日に, 明けた戸, 映した太陽, 春日は, 格子を, 歯で, 流れる時, 滑べらした, 潮に, 真直ぐに, 積って, 空へ, 股を, 背後へ, 襖が, 象の, 走つて, 足を, 追ふ, 進んだ, 違います, 鉛の, 長く横たわる, 開いた, 開いたまま, 開いた其の, 開けた, 開けたところ, 開け放しに, 間隔を, 隔てて, 隔れ, 離れたところ, 離れた大地, 離れた所, 面前で, 音も, 飛び上った, 飛び上りました, 高くなっ, 高められた

▼ 尺四方~ (120, 1.6%)

7 もある 2 くらいの大き, くらいの穴, ぐらいの穴, の四角, の庵室, ばかりの炉

1 [101件] くらいな, くらいの間, くらいの面積, ぐらい, ぐらいだった, ぐらいで, ぐらいな口, ぐらいの地面, ぐらいの坑道, ぐらいの大き, ぐらいの小, ぐらいの空地, ぐらいの部分, ずつにでも区切っ, でも表現, で四十カペイキ, というフロ場, に切り取られ, に押し固めた, に方屋, に角楼, に足らない, に近い, に過ぎぬ, のあかりとり, のうすぐらい, の中, の厚い, の原形, の口, の呼び込み, の四隅, の囲炉裡, の大き, の小, の広間, の床, の息抜, の愛嬌, の板, の正方形, の溝, の狭い, の真中, の穴, の窓, の豪華, の遊ばせ, の部屋, の鉄板, の黒い, は愚, ばかり, ばかりそこ, ばかりな一枚石, ばかりの俗, ばかりの冬, ばかりの土壌, ばかりの奇妙, ばかりの姿見, ばかりの手摺, ばかりの日, ばかりの白い, ばかりの穴, ばかりの荒布, ばかりの額ぶち, ばかり眞四角, ばかり粗末, へ覚束, ほどのギザギザ, ほどの一枚, ほどの嚴重, ほどの四角, ほどの囲炉裡, ほどの堂, ほどの大地, ほどの小, ほどの小さな, ほどの板敷, ほどの極めて, ほどの鉄扉, ほどの鋸, ほどの頑丈, ほどを真紅, ほど新しい, もあったであろう, もありませう, もあるらしい, も色, 又ハ一寸四方ナルヲイフ, 程に拡大, 程の, 程ののし板, 程の大, 程の大きな, 程の広, 程の真赤, 程の穴, 程の箱包, 程の臆病窓, 高さ三

▼ 尺以上~ (102, 1.4%)

11 もある 3 のもの, の高山, もあっ 2 ありました, で幅, の雪, の高, もあった, もあろう

1 [70件] ある, あるでしょう, あるもの, あるん, ぐらいの高い, たる物, でそれ, でなかなかよく, で昇降, なるは, なるを, にある, にこしらえ, になる, にも及ぶ, にも達し, に五個, に伸び, に及び, に及ぶ, に拡大摸写, に接近, のびました, のもの八本, のウェリントン山, の刀, の周囲, の地下, の大, の太刀, の山々, の山中, の木, の汽船, の深, の深い, の煙筒, の穗, の者, の距, の重い, の霊峰, の青大将, の馬, の高み, の高峰, の高度, の魚, はあったろう, はある, はあるだらう, はあるだろう, は近寄っ, めりこんで, もあり, も下, も墜落, も掘らなけれ, も積り, も空, も降ります, も離れた, も露出, を大仏師, 厚さ一分位, 掘らなけれや, 積もるという, 離し置くこと, 高き前, 高く掲げられたる

▼ 尺~ (100, 1.4%)

3 離れて 2 ある, いっても, なって, なるだろう, 隔らず

1 [87件] あとへ, あらうと, あり見る所, いうから, いうからには, いうと, いえば, いっちゃ, いはれる温泉, いふ, いや駕籠, ぐんぐん伸び, したの, して, し一立方尺, し天井, すると, すれば, そばへ, だん, ちょっとしか, ない下駄, ない塔, なり一間, なり三尺, なり五寸, なり葉, みえたとき, よく売れ, 一人前なる, 一寸そこら, 七八寸かな, 上の, 両腕, 九百尺の, 二尺との, 云うよう, 云う事, 云う高, 何寸何分という, 儒者ふうの, 六尺の, 塵紙が, 宙へ, 引金を, 思いつつ, 思いの, 急速に, 想って, 手ぬぐい丸め, 手はずを, 掘り下げても, 掘り下げると, 数字が, 書いたエレヴェーター, 梁の, 水を, 測られた神代杉, 測られて, 漸次に, 無言で, 申すこと, 百尺との, 称するその, 積り三尺と, 算するも, 算ふる, 繋がって, 臍の, 行かぬま, 言い出すより, 記したペンキ塗, 註せられて, 迫ること, 連山が, 進まねえん, 違ふと, 重なりかてて, 陸尺との, 隔たって, 隔つてゐない, 隔てては, 隔らない, 離れず歩いて, 離れないところ, 離れない前, 離れぬ内

▼ 尺八寸~ (82, 1.1%)

3 のお, の仏像, もあらう 2 の勘弁勘次, の吹矢筒, の大, の大業物, の小太刀, の極めて, はあろう, もある

1 [57件] あったと, あつた, ありや, あり根元, ある, あるいは八分, からの大男, か九寸, がお, くらい, くらいな, それでよし, だから, だけ置く, でございますか, という大, という小柄, という方, という雄偉, という鯛, といったよう, といふの, となさい, に巻かせ, に擴大, に胸, のところ, のノッポ, のヒョロ, の世にも, の大男, の寸法, の小女, の打, の新刀, の朱鞘, の潜り戸, の男, の短筒, の義枝, の薄刃, の襦袢, の身の丈, の身體, の高, はあり, はあるでせう, ばかりあり, ばかりの小脇差, ばかりもあっ, ばかり周り, ほどの脇差, もあった, もあろう, やがて四尺, 直焼無銘, 短い吹筒

▼ 尺~ (72, 1.0%)

4 もある 3 の八角棒 2 の大, の鯉

1 [61件] その行く, です, で四間, とある, という高い, と聞い, なるありて, にし, になっ, になつて, にも達する, に及ぶ, に積, に至る, に薄く, に達し, のずん, のばかりで, のもの, のコンクリート, の像, の刳りぬき, の卓, の古木, の地下, の大男, の天, の太鼓, の小, の巨漢, の弥勒仏, の木, の朱泥まがい, の杉苗, の棒, の植物, の瓶, の男, の白刃, の空, の空間, の竹, の紙きれ, の絶巓, の老, の足跡, の鉄棒, の雪, の青, の高地, もありました, もありましょう, も抜け出で, も積つた雪, も降, も降りまし, も雪, 平たくまるくノッペラボー, 押えようと, 掘り下げたれば, 最も小さい

▼ 尺あまり~ (70, 1.0%)

5 もある 2 の大, の本式, の高, もあらう, もあり

1 [55件] ですこぶる, で銅, というた, にそびえ, にて老い, になっ, にのびた, に延び, に延びた, のおやじ, のさっき, の丈夫, の丸い, の付け文, の半, の卓子, の口, の大きな, の大身, の小さな, の振袖, の探さ, の斑竹, の氷柱, の溝, の獣, の瘤, の真黒, の石地蔵, の絶壁, の繼竿, の茶色, の赤鬼, の身体, の身長, の近, の長, の陽炎, の隙間, の高い, の鯊, の鰤, ほどのもの, もあっ, もあった, もありましたろう, もあろう, も掘り下げられる, も自然, も走った, も飛ん, を薄板, 動かすこと, 吹き出す, 見るには

▼ 尺~ (70, 1.0%)

5 あるだろう 3 なれて 2 あった, 入っただろう, 取るもんぢ, 積る

1 [54件] あったが, あつたな, あらむ, ありそう, ありましたよ, ある, あるかも, あるよう, あるらしい太い, ある蕗, あろう, あろう其上, いらない, うそだろう, おろか時に, それを, たっぷりある, たつぷりあらうといふ, だらりと, なれた仲間, ば二尺に, パリーへ, 一度形成, 三間を, 乗物を, 二厘柄の, 体格抜群の, 何でも, 余るであらう, 全く火山灰, 問題と, 土足で, 大層色気, 崩れるであろうそう, 思い切って, 愚か千里を, 折れて, 有らむ, 町内の, 積った, 結構高う, 肩の, 膳椀皿小鉢を, 自分の, 花鳥の, 見るから, 誰のだ, 通らないの, 道路の, 違うでしょう, 離して, 飛び上るが, 高い供壇, 高かったろう

▼ 尺余り~ (66, 0.9%)

2 の小さな, の長, の高, もある

1 [58件] ある, あツ, であった, である, なの, になっ, になった, になりし, にのび, に達した, のところ, の丈, の古代雛, の大, の大きな, の大刀, の大男, の大蛇, の天然, の山原, の強, の所, の斑竹, の杭, の珍しい, の男, の白刃, の籠, の細い, の細長い, の緋鯉, の繻子地, の辮子, の鉄扇, の鉢, の長い, の長光, の長刀, の雪庇, の髪, の麻縄, もあっ, もあったろう, も有ろう, も横ざま, も蹴鞠, を一筋ごと, 切れて, 吹き出したの, 引き抜けば, 積もって, 突抜けて, 進んだ四人, 遠ざかった, 開いた戸, 開いた隙, 開いて, 隔てて

▼ 尺にも~ (60, 0.8%)

2 なって, 足りない距離, 達するもの

1 [54件] あまる大, あまる蟹, あまる高山, およぶこと, およぶ大, およぶ大きな, たりなかった, なつた, なりません, のびて, やはり円盤, 三尺にも, 似合わないで, 余らう銀, 余る汚水, 余る草, 余れり, 充ちる, 及びそれ, 及びます, 及びマッコー, 及んだ, 四尺にも, 尚足るまい, 届かず枝, 満たないであろう, 満たぬ身体, 程近い, 足らず, 足らないといふ, 足らない手紙, 足らない程, 足らぬこと, 足らぬ匕首, 足らぬ短, 足らぬ胡桃, 足らぬ逞しく短い, 足りないこと, 足りないちいさな, 足りない小柄, 足りない日光, 足りない穴, 足りない著しい, 足りぬ息子一郎, 足りぬ道, 足りまい, 近いの, 近い山, 近い斧, 近い白長鬚鯨, 近かるべき, 達する, 餘る, 鯨尺と

▼ 尺から~ (57, 0.8%)

4 六千尺あります

1 [53件] ある, あるん, ある大, スイと, 一丈あまりの, 一丈ぐらい, 一丈二三尺も, 一丈二尺ほども, 一尺五六寸の, 一萬尺に, 一間の, 一間ほど, 七八尺を, 七尺位の, 三万尺に, 三千五百尺の, 三尺ぐらい, 三尺に, 三尺高, 三百尺の, 九千尺までの, 二丈位の, 二十尺と, 二千五百尺の, 二尺くらゐ, 二尺の, 二尺五寸くらゐある, 二尺五寸といふ, 二尺位も, 二尺近くの, 二間くらいまで, 五六尺も, 五尺に, 五百尺六百尺七百尺と, 六七尺の, 六尺ほどの, 六尺位の, 前面の, 十二三尺くらゐ, 十尺にも, 四五尺の, 四十尺の, 四千五百尺位の, 四尺の, 四尺ほど, 四尺までの, 四尺を, 四尺顔の, 積もって, 窪んで, 紙幣を, 違ってよ, 高い樹

▼ 尺~ (53, 0.7%)

19 りの 2 の半紙, の笹, りに, り彼方

1 [26件] なりし, なるところ, なる籘, にし, になった, の口, の岩魚, の岩魚十数尾, の橋, の深, の瀑, の無名魚, の石, の石塊, の自然石, の距離, の高, の黄色, り, りあいて, りなの, りなる烏蛇, りもて傘, り位置, り揚げて, り離れて

▼ 尺ぐらいの~ (52, 0.7%)

6 高さ 3 所を 2 幅の, 長さ

1 [39件] けむりの, ところで, ところに, ところを, ものであったろう, ものらしく, アラ神の, キコリ径を, 一端に, 井筒が, 仏像だった, 低い窓, 大きい男, 大きな図表, 小さな仁王一対, 小径が, 小男で, 床の, 木ぼり, 棒を, 比較的小さい, 流れで, 滝に, 灰色の, 物で, 狭い入り口, 異国神の, 白い棒, 空間を, 細い道, 者さ, 花崗石の, 苗箱であった, 道と, 鉄管は, 飛瀑を, 髪の, 鯛が, 黒板が

▼ 尺二寸~ (47, 0.6%)

2 と相場, の杖, ばかりで

1 [41件] あったと, くらいで, ぐらい, ぐらいで, しかない, ずつにきり, ずつの竹三本, その邊, だから一寸, だけ未申, であったと, で円く軽い, という堂々たる, という大, という小男, とかいうの, と云う, に切った, の像, の刀ゆえ, の大玉, の存八, の小男, の手, の樫, の躯, の鯛, ばかり, ばかりの短い, ばかりの身体, ほどの色, までの魚, もある, もあろう, より低から, 双腕, 始めて長, 本口周り三尺九寸, 程の大き, 隔て一列, 高さ七寸

▼ 尺~ (46, 0.6%)

12 の十太郎 3 蟲の 2 が召捕られた, のやつ

1 [27件] が役宅, という大, などは面白, なんていう, なんどの, には飛ん, のはかる, の兄, の大胆, の姿, の心, の方, の目, の顔, はこの, はど, はもう, は先, は大胆, は短気, は釘勘, もうまく, も飛鳥, 先生金右衛門などの, 千束それと, 横町に, 蟲が

▼ 尺~ (46, 0.6%)

2 にさすが, の腰, を前, を締め, を解い

1 [36件] かなに, か何, がほどけ, が気に入る, だの, で乗り出した, に突か, に草鞋がけ, に落した, のまま, の中, の尻, の尻ッぺた, の布, の若衆, の遊び人, は愛吉, へはさん, をきりっと, をぐっと, をぐるぐる, をぐるり, をしめた, をキリリ, を一重, を尻下り, を引っ, を締めた, を締めまし, を締め直した, を背, を腰骨, を臍, を詰め, を足, を鉄火

▼ 尺~ (42, 0.6%)

2 はない

1 [40件] あたって, あつた, え, さえ労働者, その大きい, その間から, でも, とまるところ, もって, キチンと, 一升桝ぐらいの, 一軸と, 充分である, 光りも, 切れて, 厚み八分も, 命を, 地面に, 左の, 幹に, 掘られた石炭, 材は, 枯死し, 横坑に, 甚五郎は, 細長い紐, 結構ナニ, 絞められて, 絞め殺されて, 計ったらしく二丈一尺七寸余, 計って, 計っての, 車を, 量らずに, 鎌と, 面桶ほど, 頬被りした, 顔なじみの, 首を, 鯨としては

▼ 尺程の~ (40, 0.5%)

5 高さ 3 長さ 2 流れが, 粗末な

1 [28件] けちな, ところから, ところまで, ひこんだ隅, ナポレオンの, 中へ, 丸い鉄, 器の, 大きさ, 大幅の, 大穴が, 座像, 所を, 扁平な, 曲つた横木を, 板敷に, 棒を, 毬だ, 池が, 溝を, 焼穴, 竿一本を, 紙へ, 素焼である, 距離を, 近さ, 鉄の, 間近に

▼ 尺豊か~ (39, 0.5%)

4 の大男 2 の兵隊さん, の壮漢, の大, の大入道, の歩兵さん, の長身, の髯面

1 [21件] である, なあの, なまるで, な加藤式部, な男, な肉付, な肉体, な荒法師玄長坊, な親父, の与, の体格, の偉丈夫, の偉大, の図体, の大きく, の大兵漢, の大柄, の巨躯, の豪傑, の逞しき, の高

▼ 尺~ (38, 0.5%)

2 の一人, もある

1 [34件] が一尺, くらいにせばまり, くらいの堅物, くらいの路地, ぐらいの狭い, ぐらいの鉄, だけに取らない, でどちら, に一間, の, のところ横, のベンチ, の三角形, の光, の出入り口, の出入口, の天, の定め, の平ら, の急流, の新道, の日蔭, の植込み, の路地, の道路, の間, は一尺, は三十尺以上四十尺, ほどの小さい, ほどの林道, ほどの水, ほどの裏, を一尺幅, を外れ

▼ 尺近い~ (35, 0.5%)

1 [35件] かご舁き, かと思われる, のが, のを, ものなら, もの北村四海氏作, キュウリが, 仁王の, 体と, 体躯に, 大きな体躯, 大兵の, 大刀ばかり, 大物ばかり, 大男で, 大鯛, 大鼠, 天井を, 屋上庭園に, 業物だ, 残雪の, 盞形を, 積りかたで, 穴の, 筋骨隆々たる, 美事な, 肥大漢である, 背丈を, 腕力家の, 見当である, 豊かな, 身体を, 頑丈な, 高度を, 鰊が

▼ 尺~ (33, 0.5%)

4 三尺の 2 二尺の

1 [27件] あらむ, 一尺五寸位な, 三尺と, 三尺五寸くらいの, 三尺掘っ, 下げた, 九尺しか, 二尺ある, 二尺かの, 二尺ぐらいの, 二尺に, 二尺二枚の, 二尺五寸くらいの, 二尺四方の, 二尺掘っ, 二尺自分の, 五寸くらいの, 削られた, 剪って, 四尺ぐらいの, 四尺に, 四尺の, 地盛りした, 後ろに, 河底の, 眼づもりもつかない, 高い縁

▼ 尺くらいの~ (33, 0.5%)

4 高さ 2 ところに, 小さい竹

1 [25件] ところから, ところで, ところにて, まるくて, 三角形に, 光の, 口を, 地面にて, 大男でなく, 小さいウインドー, 小さな墓, 小窓小窓, 山椒魚を, 棒, 槓桿が, 焚火らしく見ゆる, 石膏の, 竿を, 赤いカナキン, 距離に, 速力で, 長さ, 間隔で, 陽が, 顔の

▼ 尺三寸~ (33, 0.5%)

2 あった, と云う, ばかりの刀

1 [27件] あったとか, あると, あるとか, から六尺五寸, ぐらい, その廻り六尺五寸, という化物, とかいう高, にも足らぬ, に今, のもの, のノッポ, の一枚ガラス, の体躯, の刀身, の大男, の太刀, の娘, の得物, の玉, の石室内, の秋水, の陣刀, は越え, ほどの丸籠, よりか切れる, を振り廻す

▼ 尺~ (32, 0.4%)

1 [32件] あった, ある, いないので, うまくおさまっ, お定まり, くんで, せまい路地いっぱい, だらしなく, ところ後へ, とこ上りまし, とりだしたという, ふたりそれに, 一万六千尺以上の, 一本入, 主だ, 二人で, 五尺も, 内なり, 処へ, 四尺でも, 多いが, 大化以前に, 失業した, 定法で, 少し足りません, 捻じくれて, 柳器を, 歩くたんび, 発生する, 私の, 職人に, 訓練された

▼ 尺ぐらい~ (32, 0.4%)

2 ある魚, 岩を

1 [28件] あります, こぶら, しきゃない, だから, であった, でした, でしたろう, でそれ, で人, で大きい, で彼, で腰, で色, なもの, 上まで, 二十坪ぐらいは, 仲密君が, 半円形, 奧行も, 私は, 葉は, 諸肌脱ぎ, 酒なら, 長さ, 開いて, 離れて, 雪が, 高いところ

▼ 尺五六寸~ (31, 0.4%)

4 もある

1 [27件] しかなく, で水面, で長, と言う, なり, の中背, の丸棒, の人間, の今, の入口, の四角い, の大男, の家, の普通, の野差刀, の長, の面長, はあつ, ばかりの蝋, ばかりの釘付け, ほどの間隔, ほどもある, もあっ, もあらう, もあります, もあろう, 有らんかと

▼ 尺という~ (29, 0.4%)

2 のは, 口上一丈だけ

1 [25件] きまりのを, ことである, この大きな馬, その高, ところで, ところに, のが, のには, ふうに, 不思議な, 事じゃが, 円い一丘陵, 地獄の, 地球の, 大きい図面, 天下第, 日本一の, 服装も, 男が, 百万円の, 蛇矛を, 長さ, 長柄を, 降雪を, 雪量な

▼ 尺足らず~ (29, 0.4%)

2 あるとか, であつ, の小兵, の山内, の竹, の高

1 [17件] だと, となりし, のもの, の小さな, の小男, の屋台, の板, の梯形, の獲物, の福助頭, の箱, の精悍, の細長い, の距離, の路, の顔面, の黒い

▼ 尺~ (28, 0.4%)

13 の槍 3 の十文字 2 の大身, の手槍 1 のなかごろ, の使いごろ, の穂先, の素槍, の肩棒, の草刈鎌, の飾り巻きともども, をおもちゃ

▼ 尺ある~ (25, 0.3%)

4 かなし 2 かない, のだ

1 [17件] かと思う, かなしかだ, かなしかの幅広, かなしかの開戸, かほとんど, か測られない, か知れない, そうじゃ, その野生, といっ, とか聞きました, なしの, ので, やなし, 場所は, 門前の, 鰮鯨です

▼ 尺とは~ (24, 0.3%)

8 離れて

1 [16件] ちがわない, ないが, なかった, なかつた, なれては, なれぬ廊下, もぐれまい, 去らない空間, 距つてゐなかつた, 距れ, 開かぬが, 隔たらぬ私, 隔てずに, 離れなかったであろうその, 離れぬ処, 飛び上る事

▼ 尺七八寸~ (24, 0.3%)

1 [24件] あって, ある, あるの, からせいぜい, ぐらいの脇差, のもの, の丁字, の丈, の仔鹿, の優形, の刀, の叩き, の大刀, の大脇指, の棹石, の虫齋村, はあった, はあるらしい, もあっ, もあったろう, もあらう, もありましたろう, もあるだらう, 長さ五尺

▼ 尺七寸~ (24, 0.3%)

2 しかなかっ, である, の小さな, の毛むくじゃら, ほどの痩せ

1 [14件] ある, しかも毛むくじゃら, ちかくに, になる, のみごと, の中村地平, の木剣, の蛤刃, の長脇差, の鯉, はある, ばかりの脇差, 深さ四寸, 高さ十七尺五寸

▼ 尺近く~ (24, 0.3%)

4 もある 2 もあった, も積

1 [16件] あけなければ, ある, のを, の厚, の細い, はいっ, もあ, もあろう, もさがっ, も延び, も白髯, も細か, も背, も雪, 掘っても, 育って

▼ 尺~ (24, 0.3%)

3 え木

1 [21件] けえ, さから, さが, さの, さは, さ一丈に, さ一丈二三尺の, さ一尺五寸ぐらいの, さ一尺五寸位で, さ七尺ばかり, さ三十尺から, さ三尺ほどの, さ二丈余の, さ二尺の, さ五六丈の, さ五尺九寸ほどの, さ何丈という, さ四尺くらい, さ或は, さ百五尺と, さ約

▼ 尺ほども~ (23, 0.3%)

2 あろうと

1 [21件] あがって, あった, ありますが, あり太, あり蛇腹, ある, あるかなり, あるやつ, ある末, ある細長い, あろうという, いきなり飛び上がる, 刀の, 寄ったところ, 広い若者, 手前の, 消えない雪, 積もって, 藁を, 降りたかと, 高さ

▼ 尺四寸~ (23, 0.3%)

2 の雛形, を下るまい

1 [19件] ありて, ある, あるが, から三尺, ぐらい, ぐらいはあろう, ちと長, に肥満性, の体躯, の小刀, の若々しい, の道中差, の金銅坐像, の鉈薙刀, はそのまま, ほどの棒, もあつ, もある, 程の刀

▼ 尺二三寸~ (22, 0.3%)

2 のスラリ

1 [20件] くらい, と思われる, のもの, の下馬, の十手, の台石, の小柄, の木, の柄, の樫, の短い, の立像, の背丈, の脊丈, の虫蝕, の銅像, はあるらしい, もあるでしょう, 深さ二, 程もあった

▼ 尺~ (22, 0.3%)

2 ある

1 [20件] つもりアイゼン, づゝ間を, である, で地, 低くなっ, 切創一箇所深, 切取らせられ汝床下, 垂下って, 抜きその, 横の, 段落に, 河に, 窪みが, 膝を, 跨いで, 退いたよう, 開き寝床, 隔てて, 離れて, 高い箱棺

▼ 尺くら~ (20, 0.3%)

15 ゐの 2 ゐも 1 ゐしか, ゐ子供, ゐ積

▼ 尺そこそこ~ (20, 0.3%)

4 の小男

1 [16件] しかなく, そうして醜い, だから, だが, だろうか, のずんぐり, のまるで, のクリクリ, のチンチクリン, の短躯, の矮躯, の身体, の銀, 手を, 無髯, 相変らず

▼ 尺一寸~ (20, 0.3%)

2 くらい痩せ, の身

1 [16件] あること, ある点, か二寸, ございました, です, と看板, なれども, の予, の大業物, の赤樫, の長, ましき, もお, ノ打, 厚さ七寸, 痩せては

▼ 尺くらい~ (19, 0.3%)

1 [19件] あり柄竿, ある短い, がりがり削り取る, この下, だ, だったらしいが, である, で温度, なり, について, 今年は, 削って, 南側の, 持ち上げるの, 長さ三間, 長は, 離れて, 雪が, 高くなっ

▼ 尺~ (19, 0.3%)

3 の水

1 [16件] かわからぬ, がつて, にしか届かない, にしげっ, にはった, には珍, にシャモニ, に下り, に空洞, に離れ, のあたり, の地, の大地, の所, の支根, を此方

▼ 尺四五寸~ (19, 0.3%)

2 は確か

1 [17件] くらい横幅, しかない, しか進む, しか離れない, だが, のもの, の上, の十手, の小切れ, の小太刀, の普通, の細身, の老, の高, もあろう, ものび, も前

▼ 尺~ (19, 0.3%)

2 さ一間ほどの

1 [17件] さ一千尺コンクリート貯水量十億立方尺堰堤上流三里十二町面積百七十一町水量流域百二十三方里発電機四台励磁機二台電力四万二千九百キロワット, さ一里ばかりの, さ一間程の, さ二十尺幅八尺の, さ二尺幅六尺に, さ二間ぐらいに, さ二間ばかりの, さ二間位の, さ五尺川には, さ五尺幅弐尺あり, さ以上の, さ四尺高, さ百八十間双, さ百間の, の, の苫, の高き

▼ 尺離れ~ (19, 0.3%)

2 て一つ灯, て月光

1 [15件] ている, てきのう, ては人間, て半, て坐り, て塀, て女中, て小六, て居ります, て師, て流れる, て立ち, て立ち並ん, て袖垣, て見た

▼ 尺ずつ~ (18, 0.2%)

2 二つに

1 [16件] あるいは一寸, ずるずると, 一寸ずつ, 一尺ずつ, 下って, 前へ, 前途に, 引きほごしては, 敵の, 文代さんとの, 次第に洲, 積れ, 踵を, 輪を, 退りながら, 違うが

▼ 尺六寸~ (18, 0.2%)

1 [18件] ある, あるつまり, という畸形的, という長身, といわれる, になっ, のもの, の大業物, の太刀, の横長, の海老, の絹, の逃入村, ばかりで, ほどな, もある, 重さ, 高さ

▼ 尺ゆたか~ (17, 0.2%)

2 な大男

1 [15件] な体躯, な偉大漢, な堂々, な大兵肥満, な横綱力士, な長身, のよく, の一服, の堂々たる, の壮漢, の大, の大男, の彼, の洋人, の身長

▼ 尺高い~ (16, 0.2%)

5 木の 3 ところへ 1 ところに, ところは, と云う, 処へ, 堡塁が, 急ごしらえの, 所に, 獄門の

▼ 尺でも~ (15, 0.2%)

2 一寸でも

1 [13件] いいそれ, いい想像, いそう, がんばつて, ないそれ, スクリュウから, 場所が, 定太郎に, 宜い, 島に, 崩れたが, 延ばすこと, 彼に

▼ 尺ばかりも~ (15, 0.2%)

2 あった

1 [13件] あるくち, あるべし, ある怖い, ある重い, うがって, 切立った断崖, 削ったので, 屹立っ, 庭の, 進みます, 離れたと, 飛び上りました, 高く盛り上がった

▼ 尺~ (15, 0.2%)

2 に切出した, のみのもの, ほどの大きな 1 くらいな, くらいの氷塊, の加茂川, の木, の机, の殿中柱, の白木, 厚さ二寸, 或は山

▼ 尺なる~ (14, 0.2%)

1 [14件] が懸る, ぞ, ぞ得意, に経, は頻々, ものあり, ものを, もの各, もの鼻の, もイングランド, を知らざるあり, を賜, 唐尺を以て, 青麦畠と

▼ 尺ばかりに~ (14, 0.2%)

2 して

1 [12件] なった, なりぬ, なりました, 伸びて, 土を, 巣を, 延びた馬酔木, 歩を, 生ひたれ, 立つ曉, 見えて, 過ぎなかった

▼ 尺五寸位~ (14, 0.2%)

1 [14件] ある, ずつ七本, であらう, であるが, なもの, なサイド, になる, に切っ, の刷毛, の松, の欅, もあります, もありやんし, を切り出す

▼ 尺~ (13, 0.2%)

1 [13件] から間, かわからなく, か知っ, がその, そうです, その六尺, つて言ふ, という, といっ, とか云った, と云つて女車掌, な, よ

▼ 尺ほどに~ (13, 0.2%)

1 [13件] して, すぎない帯状, つめて, なって, 二本建てそのうえに, 揃えて, 断らせた縄束, 積って, 軒の, 近づけて, 過ぎない, 開け擴げたもの, 雲母を

▼ 尺取り横町~ (13, 0.2%)

4 のお 1 のあの, の櫛巻, の連中, の長屋, は櫛, へお, へはいっ, を出, を走り出た

▼ 尺しか~ (12, 0.2%)

3 ない 2 ないの 1 ありません, ありませんから, なかった, なかつたが, 届かぬ自分, 無いの, 離れて

▼ 尺~ (12, 0.2%)

2 が氣, を締め, を解い 1 が勘三郎の, とを風呂敷, には其の, に突か, を前, を卷い

▼ 尺~ (12, 0.2%)

2 りの 1 だつた, に到り, の前面, の小, の麻繩, も積んだ, りでその, りに, りも, り眞白

▼ 尺ちかい~ (11, 0.2%)

1 [11件] 偉丈夫も, 大ブリ, 大兵にも, 大男で, 海亀が, 海龜が, 精悍な, 緋鯉が, 背丈で, 距離は, 長身で

▼ 尺三尺~ (11, 0.2%)

3 に及ぶ 1 さがれば, と儒者ふう, と急速, と掘り下げる, に縮め, の厚, の木綿, の流れ木

▼ 尺~ (10, 0.1%)

1 ハカリを, 一丈の, 三尺で, 三尺増水した, 何かも, 八尺の, 六尺の, 半棒木太刀, 小さな三角定規, 巡礼などの

▼ 尺~ (10, 0.1%)

1 から落ち, で千円, となる, にある, に往, に往きました, に釣られ, ののぞき, の宙, まで跳びかかっ

▼ 尺~ (10, 0.1%)

1 あるいは一間先, きに, すら見えぬ, にある, の足元, はもう, は見えない, へ進んだら, も見えぬ, も見分りません

▼ 尺前後~ (10, 0.1%)

1 であるから, であろう, であろうから, のはや, の大男, の標高, の浅い, の白檜, の雪, の高

▼ 尺~ (10, 0.1%)

2 綬章を 1 であった自己, のかさご, の一枚磨, の四角, の地球儀, の男, の皮製, の表札

▼ 尺だけ~ (9, 0.1%)

3 貰つて行まする 1 あるいて, ひらいて, 手が, 有りながら, 超越し, 遅くなる

▼ 尺九寸~ (9, 0.1%)

1 でございましたと, の一本脇差, の刀, の大刀, の投げ, の樫柄, ほどの大き, もある, 本口直径一尺四寸

▼ 尺二尺~ (9, 0.1%)

1 くらいのがいい, さて三尺, とあと, とよく, と梁, と積り三尺, も凹む, 坐ったまま, 遂にドア

▼ 尺六七寸~ (9, 0.1%)

2 もあろう 1 かな, と附記, の大兵, の窓, はあるだろう, はそう, もある

▼ 尺~ (9, 0.1%)

1 で睨みつけた, に二枚折, に十手, に進めろ, の同じ, は大きな, へ出れ, へ動け, へ迫り

▼ 尺~ (9, 0.1%)

3 の成瀬屋 2 から一足飛び, まで飛びました 1 の成瀬屋總右衞門, の横町

▼ 尺~ (9, 0.1%)

2 の縮む 1 が歩き, ではそう, とは気もち, のよう, の一時, は伸び, 歩み宙

▼ 尺離れた~ (9, 0.1%)

2 ところから, 処を 1 が機, ところに, 所から, 所に, 方へ

▼ 尺あり~ (8, 0.1%)

2 という 1 てわが, というも雲煙, とぞいふなる, 山上には, 而し, 高さ

▼ 尺かの~ (8, 0.1%)

1 土の, 穴と, 空中の, 空気を, 距離が, 間淡い, 際どいところ, 高さ

▼ 尺たらず~ (8, 0.1%)

1 のか, のからだに, のも, の小, の槇, ゆえ二十一歳とは, 横は, 無銘の

▼ 尺とか~ (8, 0.1%)

1 ここから, その法衣, へずられて, 一尺二寸とかいう, 上がり周囲, 二尺挙り, 升とか, 天子に

▼ 尺ほどしか~ (8, 0.1%)

3 離れて 1 ない三たび燈光, ない小池, なかった, 出て, 残って

▼ 尺内外~ (8, 0.1%)

1 から一丈, であるけれど, なり, に成長, の坐像, の高山, もあり, や一尺三寸八分の石室

▼ 尺立方~ (8, 0.1%)

1 くらいな, でもいい, にし, に割っ, の嵩, の真四角, の穴, ほどの箱

▼ 尺ぐらいに~ (7, 0.1%)

1 なり市松, なるの, 変ったり, 変わったり, 縮まって, 見えたとか, 過ぎない蛇

▼ 尺乃至~ (7, 0.1%)

1 一丈二三尺位いの, 三四尺も, 二丈ぐらいの, 六尺の, 十尺位の, 四尺の, 百尺なり

▼ 尺何寸~ (7, 0.1%)

2 かある 1 かのあまり, とあり, と定, もある, 長いの

▼ 尺四寸五分~ (7, 0.1%)

2 なるもの三本 1 だとか, とかの良く, にて上, のあたりまえ, の正

▼ 尺四方位~ (7, 0.1%)

2 の窓 1 の小さい, の浴槽, の硝子, の穴, 薄く焦げ

▼ 尺~ (7, 0.1%)

1 さは, さ三十五尺の, さ三尺ぐらゐで両方の, さ三尺ほどの, さ三尺五寸も, さ八十尺の, サ五尺四寸砲數二挺

▼ 尺高く~ (7, 0.1%)

1 しなければ, なって, なつて, 海抜一万四千百六十二尺と, 白色球燈輝き, 造られて, 釣りつつ

▼ 尺たち~ (6, 0.1%)

1 がふたり, が取り落し, が叫んだまえ, であっても, の影, はすた

▼ 尺~ (6, 0.1%)

2 や釣合 1 かい大男ぞろい, かい武蔵, かい草相撲, かい鋭い

▼ 尺である~ (6, 0.1%)

2 ことが 1 からその, から四ツ家, がシャスタ主峰, が体重

▼ 尺です~ (6, 0.1%)

2 が吹聴 1 からなあれ, からラサ府, が欄干, よ親分

▼ 尺にて~ (6, 0.1%)

1 一千三百餘里は, 三丁五十一間に, 四丁五十一間に, 我が三丁五十五間, 表したもの, 計算すれ

▼ 尺もの~ (6, 0.1%)

4 高さ 1 下壁, 地下に

▼ 尺~ (6, 0.1%)

2 ですぜ 1 じゃござんせん, でござったろうな, でさっきあそこ, の板

▼ 尺以下~ (6, 0.1%)

1 であったそう, で色, ならば, にし, の平地, は捕っ

▼ 尺振八~ (6, 0.1%)

1 から詳, が爾, と云う, など, の経営, もまた

▼ 尺有余~ (6, 0.1%)

1 でっぷりした, の大, の大きな, の大男, もある, 見上げるよう

▼ 尺おき~ (5, 0.1%)

1 ぐらいにかかっ, それに, にみぞみたい, に提げた, に畑

▼ 尺くらいも~ (5, 0.1%)

1 ある, あろうと, 外へ, 沈むの, 頸が

▼ 尺これ~ (5, 0.1%)

1 が我世界, が房總, だけの大き, を四階, を山丈

▼ 尺ちかく~ (5, 0.1%)

2 になつ 1 ひょろひょろし, も凧, 伸びたと

▼ 尺とも~ (5, 0.1%)

1 いうべき処, 知れぬ底, 距てぬ, 進まぬうち, 隔たらぬ地上

▼ 尺一二寸~ (5, 0.1%)

1 ぐらいしかあるまい, ぐらいな小男, しかなかっ, の小男, の長身

▼ 尺余寸~ (5, 0.1%)

1 の, の大刀, の戒刀, の木剣, の鉄杖

▼ 尺~ (5, 0.1%)

1 から秋葉山, が飯綱権現, の類, を迎え, 大権現

▼ 尺平方~ (5, 0.1%)

1 くらいの大き, ぐらいにし, の囲い, の地面, ほどの円

▼ 尺~ (5, 0.1%)

1 が一尺, が三尺, に動い, の長, を暴風

▼ 尺~ (5, 0.1%)

1 と名, なければ, の上, も少し, を出た

▼ 尺~ (5, 0.1%)

1 だ, になっ, の主人公, を感じる, を退屈

▼ 尺~ (5, 0.1%)

1 が上る, の花火, も珍しく, よりもいい, をぶ

▼ 尺計り~ (5, 0.1%)

1 と云, の土手, の堤, 揚げて, 離れて

▼ 尺~ (5, 0.1%)

1 なの, なもの, な体躯, の大男, の太

▼ 尺あるいは~ (4, 0.1%)

1 三四寸体皆具わる, 二百尺に, 八尺くらいは, 四十余尺の

▼ 尺ぐらいしか~ (4, 0.1%)

1 ありやしない, ない, ない梁, 燃え上がらなかった

▼ 尺ぐらゐの~ (4, 0.1%)

2 高さ 1 長さ, 黒い渦巻

▼ 尺ごと~ (4, 0.1%)

1 にむすび, に手, に横坑, に百目蝋燭

▼ 尺とり虫~ (4, 0.1%)

1 がゾロゾロ, が出始め, ではない, のよう

▼ 尺ないし~ (4, 0.1%)

1 一尺半ばかりも, 二千尺くらいに, 二尺の, 八尺黒竜江の

▼ 尺なり~ (4, 0.1%)

1 といふ, 今東国, 熔岩流の, 社務所にて

▼ 尺ばかりしか~ (4, 0.1%)

1 ない, ない制動室, 残って, 離れて

▼ 尺ばかりを~ (4, 0.1%)

1 此岸より, 湿して, 除きては, 隔てた真上

▼ 尺~ (4, 0.1%)

1 また五寸, 帰ろうか, 泳いで, 這い上って

▼ 尺までの~ (4, 0.1%)

1 ところがこの, 空気中が, 間に, 高さ

▼ 尺より~ (4, 0.1%)

1 九尺位ありました, 低いの, 低きは, 大は

▼ 尺七寸五分~ (4, 0.1%)

1 あり東側, だが, という小さい, といった調子

▼ 尺下っ~ (4, 0.1%)

1 てドアー, て師, て箱, て話せ

▼ 尺二枚~ (4, 0.1%)

2 の唐襖 1 の大, の扉

▼ 尺伸び~ (4, 0.1%)

3 ている 1 をサービス

▼ 尺八寸余~ (4, 0.1%)

1 の大男, の小像, の鯉, も如意嶽

▼ 尺六尺~ (4, 0.1%)

2 となるだろう 1 という降雪, と漸次

▼ 尺~ (4, 0.1%)

1 ぐらい尖, ばかりもあっ, 厚さ一尺, 纒に

▼ 尺~ (4, 0.1%)

1 さの, さ三寸目方は, さ八尺の, さ六分幅一寸六分あり

▼ 尺~ (4, 0.1%)

2 つて師の 1 女王四千餘里, 女王四千餘里又

▼ 尺取れ~ (4, 0.1%)

2 寸取れ 1 寸とれ, 背とれ

▼ 尺四尺~ (4, 0.1%)

1 ああ遂に, とぐんぐん, と掘り下げ, の長

▼ 尺手拭~ (4, 0.1%)

1 でふいた, ひ中染, をくれた, を鉢卷

▼ 尺~ (4, 0.1%)

2 の椽 1 なるもの, のもの

▼ 尺程も~ (4, 0.1%)

1 土地が, 長くなり, 雪の, 高さ

▼ 尺程度~ (4, 0.1%)

2 のもの 1 であったけれど, の大きな

▼ 尺素往来~ (4, 0.1%)

1 にいふ, に既に, に雑草木, の所謂

▼ 尺通り~ (4, 0.1%)

1 に働く, に動く, の処, も石垣

▼ 尺~ (4, 0.1%)

1 の先, の方, よりゃ六尺鑿, を抜き出した

▼ 尺~ (4, 0.1%)

2 退って 1 上る, 退つて叩頭

▼ 尺~ (4, 0.1%)

1 が棲ん, が釣れた, であつ, は全国的

▼ 尺あっ~ (3, 0.0%)

1 て北西, て桟, て西洋人

▼ 尺あと~ (3, 0.0%)

2 へ引い 1 へ退っ

▼ 尺からの~ (3, 0.0%)

1 ものを, 鏡縁の, 雪が

▼ 尺くらいに~ (3, 0.0%)

1 なる勘定, のびて, 過ぎざるも

▼ 尺ずつの~ (3, 0.0%)

1 間を, 間合を, 高さ

▼ 尺その~ (3, 0.0%)

1 上に, 厚さ, 広い河幅

▼ 尺との~ (3, 0.0%)

1 区別さえも, 混線だ, 関係とは

▼ 尺とり~ (3, 0.0%)

2 が鴨緑江 1 だけには用心

▼ 尺とれ~ (3, 0.0%)

1 寸とれ, 寸取れ, 背取れ

▼ 尺とを~ (3, 0.0%)

1 一緒に, 出して, 合わせると

▼ 尺ども~ (3, 0.0%)

1 は先生, は只, は額

▼ 尺によって~ (3, 0.0%)

2 設計せられた 1 生きよという

▼ 尺のび~ (3, 0.0%)

1 てち, 三度めには, 二度振ります

▼ 尺ばかりは~ (3, 0.0%)

1 なれて, 大いに明暸, 薙ぎ拂

▼ 尺ほどにも~ (3, 0.0%)

1 なったので, 及びます, 成長し

▼ 尺を以て~ (3, 0.0%)

1 しては, 測っては, 足れりとして

▼ 尺バナナ~ (3, 0.0%)

1 も中国, や青く, を特に

▼ 尺一寸五分~ (3, 0.0%)

1 であつ, ばかり, ばかりの辺

▼ 尺一尺~ (3, 0.0%)

1 ずつ前途, と宙, と無言

▼ 尺七寸位~ (3, 0.0%)

1 ある大男, ございます, もある

▼ 尺三四寸~ (3, 0.0%)

1 で一羽, の白栴檀, はある

▼ 尺二十円~ (3, 0.0%)

1 として六尺, とは笑わせやがる, どうです

▼ 尺二十貫~ (3, 0.0%)

1 という健康児, のからだ, の大男

▼ 尺二寸五分~ (3, 0.0%)

1 お歯, というところ, 高さ六寸

▼ 尺~ (3, 0.0%)

1 かの水墨, ぐらいまで相当数, で七圓

▼ 尺五寸五分~ (3, 0.0%)

1 とある, とかいう大, となっ

▼ 尺五寸以上~ (3, 0.0%)

1 ではなかっ, の奴, はある

▼ 尺五寸六分~ (3, 0.0%)

1 であり計器, ですぜ, になりました

▼ 尺五寸許~ (3, 0.0%)

1 の距離, の高, り上

▼ 尺以内~ (3, 0.0%)

1 の処, の小者, へ自分

▼ 尺六寸二分~ (3, 0.0%)

1 あったとは, だったとは, であった

▼ 尺~ (3, 0.0%)

1 がおきすて, が言い, 苦しゅうない

▼ 尺四面~ (3, 0.0%)

1 の一室内, の独房, 買取り申す

▼ 尺~ (3, 0.0%)

1 であって, である, はやはり

▼ 尺~ (3, 0.0%)

1 の土間, の引戸, もある

▼ 尺~ (3, 0.0%)

1 でございまして, には偉, に白菊

▼ 尺~ (3, 0.0%)

1 とは伸縮, の霧ヶ峰, 高さ

▼ 尺~ (3, 0.0%)

2 から私 1 へ押しのけられた

▼ 尺或は~ (3, 0.0%)

1 それ以上ある, 一丈下に, 七十五尺といふ

▼ 尺指し~ (3, 0.0%)

1 で顔, をテーブル, を立て

▼ 尺掘る~ (3, 0.0%)

2 と水 1 のである

▼ 尺~ (3, 0.0%)

2 の高 1 の顎

▼ 尺梯子~ (3, 0.0%)

1 で後, は九尺, は九尺梯子

▼ 尺横三尺~ (3, 0.0%)

1 の白木, ばかり裂けたら, もあるらしい

▼ 尺~ (3, 0.0%)

1 にいろは, に一二三, に複雑

▼ 尺法師~ (3, 0.0%)

1 にたずねられました, は歌う, は答えました

▼ 尺短く~ (3, 0.0%)

1 して, するの, つける

▼ 尺祝い~ (3, 0.0%)

1 が悪い, というもの, を憎み

▼ 尺程に~ (3, 0.0%)

1 切って, 拡大され, 見える

▼ 尺~ (3, 0.0%)

1 の風船, へ, を摩

▼ 尺籐椅子~ (3, 0.0%)

2 を前 1 を動かし

▼ 尺~ (3, 0.0%)

1 で長野, には行燈, へ出

▼ 尺退~ (3, 0.0%)

1 うっとうしきにも, の有様, 一歩も

▼ 尺~ (3, 0.0%)

2 が出る 1 を釣つて大得意

▼ 尺あたり~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ 尺あれ~ (2, 0.0%)

1 ば百二十円, ば百四十円

▼ 尺うしろ~ (2, 0.0%)

1 の方, へ引かれた

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 ありに, 乗り物を

▼ 尺がた~ (2, 0.0%)

1 はつるつる, 低い

▼ 尺くらいは~ (2, 0.0%)

1 あった, あるであろう

▼ 尺ぐらいで~ (2, 0.0%)

1 少しく膨れ, 長方形を

▼ 尺ぐらいな~ (2, 0.0%)

1 五色の, 竹の

▼ 尺この~ (2, 0.0%)

1 満洲, 邊に

▼ 尺さがれ~ (2, 0.0%)

1 ばまた, ば一尺

▼ 尺さき~ (2, 0.0%)

1 に立っ, の畳

▼ 尺さて~ (2, 0.0%)

1 三尺, 土台の

▼ 尺さん~ (2, 0.0%)

2 といふ綽名

▼ 尺すなわち~ (2, 0.0%)

1 才人, 直径一丈三尺余の

▼ 尺ずつに~ (2, 0.0%)

1 切りたいが, 境を

▼ 尺そして~ (2, 0.0%)

1 千歩万歩百万歩と, 海岸迄の

▼ 尺それ~ (2, 0.0%)

1 が奥, にいろいろ

▼ 尺そろ~ (2, 0.0%)

2 ばん絞り

▼ 尺であった~ (2, 0.0%)

1 がそれ, ということ

▼ 尺といふ~ (2, 0.0%)

1 ような, 雪が

▼ 尺とかいう~ (2, 0.0%)

1 言葉が, 連中に

▼ 尺とき~ (2, 0.0%)

2 なば

▼ 尺として~ (2, 0.0%)

1 振り廻すもの, 進み出さないこと

▼ 尺とり蟲~ (2, 0.0%)

1 がつく, を探し

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 めしの, んです

▼ 尺なす~ (2, 0.0%)

2 桶の

▼ 尺には~ (2, 0.0%)

1 用の, 足らず

▼ 尺ばかりにて~ (2, 0.0%)

1 がばと水, 握太き

▼ 尺ほどで~ (2, 0.0%)

1 扁たく出来, 髪の

▼ 尺ほどは~ (2, 0.0%)

1 これあり, 縫い目の

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 はりに, はり四角な

▼ 尺まで~ (2, 0.0%)

1 追いかけて, 飛んで

▼ 尺よりも~ (2, 0.0%)

1 つと多い, もっと長い

▼ 尺一トン~ (2, 0.0%)

1 というの, という計算

▼ 尺一寸くら~ (2, 0.0%)

1 ゐで, ゐは

▼ 尺一尺五寸~ (2, 0.0%)

1 になり, 御丈三尺

▼ 尺一間~ (2, 0.0%)

1 ばかりずつ上流, ばかりづゝ上流

▼ 尺七八寸位~ (2, 0.0%)

1 あったよう, の脇差

▼ 尺七寸五分二十三貫五百~ (2, 0.0%)

1 という牛, の体躯

▼ 尺七寸以上~ (2, 0.0%)

1 と測定, に映る

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 ほどの手頃, もある

▼ 尺三十貫~ (2, 0.0%)

1 の巨漢, の本職

▼ 尺三寸位~ (2, 0.0%)

1 のところ, の長方形

▼ 尺三尺一間~ (2, 0.0%)

1 ばかりずつ上流, ばかりづゝ上流

▼ 尺三貫目~ (2, 0.0%)

1 は掛りましょう, は掛りませう

▼ 尺下れ~ (2, 0.0%)

1 ばという, ば背後

▼ 尺不足~ (2, 0.0%)

2 の山内

▼ 尺二寸位~ (2, 0.0%)

2 の小炉

▼ 尺五上~ (2, 0.0%)

1 が秋田営林署, もかなり

▼ 尺五分~ (2, 0.0%)

1 あった, に一尺七寸五分

▼ 尺五寸余~ (2, 0.0%)

1 もあります, もあろう

▼ 尺五寸四方~ (2, 0.0%)

1 の天鵞絨, ほど床板

▼ 尺五寸四角~ (2, 0.0%)

2 ほど破っ

▼ 尺五寸角~ (2, 0.0%)

1 くらいのくしゃくしゃ, の柱

▼ 尺五尺四方一丈余~ (2, 0.0%)

1 だんだんと, 段々と

▼ 尺~ (2, 0.0%)

2 神の

▼ 尺位い~ (2, 0.0%)

1 の巨鳥, の鰺

▼ 尺何寸其~ (2, 0.0%)

2

▼ 尺余ニ~ (2, 0.0%)

2 過ギズ

▼ 尺~ (2, 0.0%)

2 に白瀧

▼ 尺先きの事~ (2, 0.0%)

1 はまるで, は何

▼ 尺八寸位~ (2, 0.0%)

2 の大き

▼ 尺六寸五分~ (2, 0.0%)

1 であるから, もあつ

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 が強かっ, の底

▼ 尺動かし~ (2, 0.0%)

2 て来

▼ 尺動く~ (2, 0.0%)

1 と共に此, と向う

▼ 尺動け~ (2, 0.0%)

1 どなお, ど尚

▼ 尺即ち~ (2, 0.0%)

1 一町に, 籠舁の

▼ 尺去っ~ (2, 0.0%)

2 て師

▼ 尺取っ~ (2, 0.0%)

1 てじりじり, てもその

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 から口, が一尺余り

▼ 尺台波上茫茫~ (2, 0.0%)

2 看不

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 に左, の画四十七丈七尺八寸

▼ 尺四五寸縦~ (2, 0.0%)

2 が七八寸

▼ 尺四寸四分~ (2, 0.0%)

1 なり, にきり

▼ 尺四尺五尺四方一丈余~ (2, 0.0%)

1 だんだんと, 段々と

▼ 尺四方ぐらゐの~ (2, 0.0%)

2 小さな水槽

▼ 尺四方一丈余~ (2, 0.0%)

1 だんだんと, 段々と

▼ 尺天窓~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 さ親指ほどの, さ面桶ほど

▼ 尺奥行~ (2, 0.0%)

1 が四尺位, も亦

▼ 尺富士山~ (2, 0.0%)

1 の二倍, の頂上

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 なるは, に離れ

▼ 尺左右~ (2, 0.0%)

1 に水, の長

▼ 尺幅一尺~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの大きな, ほどの木

▼ 尺幅七八尺俗~ (2, 0.0%)

2 に白瀧

▼ 尺幅三尺~ (2, 0.0%)

1 くらいの地面, 程の大幅

▼ 尺幅六尺~ (2, 0.0%)

1 に造り, ばかりの大岩

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 には一滴, に下る

▼ 尺引き上げ~ (2, 0.0%)

1 ては休み, ては息

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 も有る, 恐ろしく長い

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 をなしたる, を施したる

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 を引く, を開け

▼ 尺掘っ~ (2, 0.0%)

1 て入れ換えなけれ, て土

▼ 尺未満~ (2, 0.0%)

1 のもの, のチョビ髯

▼ 尺東西~ (2, 0.0%)

1 に漂遊, 或ひ

▼ 尺柄皆朱~ (2, 0.0%)

1 の手槍, の笹穗

▼ 尺深く~ (2, 0.0%)

1 沈みましたが, 海底に

▼ 尺濃い~ (2, 0.0%)

2 霧に

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 の御, を掛けた

▼ 尺眞黒~ (2, 0.0%)

1 な天井, に躍り

▼ 尺空中~ (2, 0.0%)

2 に飛

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 で計った, をあて

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 の書, を染めず

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 ぐらいに敷, も或は

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 に三角, の太

▼ 尺自分~ (2, 0.0%)

1 の方, の立っ

▼ 尺蠖虫~ (2, 0.0%)

1 の如く, をし

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 を, をと唄

▼ 尺~ (2, 0.0%)

2 を解く

▼ 尺褌一つ~ (2, 0.0%)

1 だつたさうですが, で形

▼ 尺西ハ~ (2, 0.0%)

1 同上北ハ上野南甘楽郡楢原村ニ界ス三州ニ, 同上古金鉱アリ天正中武田氏

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 のたけ一丈, を退いた

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 の大男, よっては平伏

▼ 尺通り切り~ (2, 0.0%)

2 縮められること

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 さが, さは

▼ 尺~ (2, 0.0%)

1 で南北桁行, を仕切っ

▼ 尺間口~ (2, 0.0%)

1 の二階屋, の寄席

▼ 尺隔てたる~ (2, 0.0%)

2 処に

▼ 尺障子~ (2, 0.0%)

1 が二枚, の出

▼ 尺馬丁~ (2, 0.0%)

1 なぞという手, などという輩

▼1* [930件]

つてその, 尺ああ遂に立, 尺あがったような, 尺あがり時の間に, 尺あったという, 尺あまりになる胡麻塩, 尺あまり横三間余のいちめん, 尺あまり疊の色, 尺あまり相当のもの, 尺あまり穴の縁, 尺あまり節をこめ, 尺あまり腰に草木, 尺あまり頭はほとんど, 尺あらうともない, 尺いちど胸を正し, 尺いづれしら藤の, 尺いれば一尺, 尺うごいたからってそれ, 尺おき位に畑, 尺お前さんたちの足, 尺か迄こおるので, 尺くらいか長くて, 尺くらいずつの間を, 尺くらいで思ったより, 尺くらいな深さ, 尺くらいのから掌の, 尺くらいのがいいと, 尺ぐらいずつおなじほどの, 尺ぐらいは延びる, 尺ぐらゐ踏みこんで, 尺ぐらゐある大物だつたが, 尺ぐらゐしかない梁だから, 尺ぐらゐで両方の舷側, 尺ぐらゐで尾が長く, 尺ぐらゐなれど関東平野の中, 尺ぐらゐに変ったり, 尺ぐらゐに切つて, 尺ぐらゐのあざれた山脈から海, 尺ぐらゐの下から出たべい, 尺ぐらゐの幅の細い, 尺ぐらゐの平べったい, 尺ぐらゐの所よ, 尺ぐらゐの抽匣が二, 尺ぐらゐの穴が竝, 尺ぐらゐの縄にうつし, 尺ぐらゐの蛇がするする, 尺ぐらゐの階梯をおろし, 尺ぐらゐもあらうかといふ樫製の櫂, 尺ぐらゐ前が目, 尺ぐらゐ跡に退, 尺こちたき髪かるう, 尺ころころと転げ, 尺さえまだ気づかずにおった, 尺さがった画像が, 尺さりて水, 尺ざしを三本, 尺しかし象ほどは, 尺しきゃあない, 尺しめて六尺だ, 尺じゃあ間に合うめ, 尺ぽり, 尺すさつて拝せんなり, 尺すらも積らなくなった, 尺ずっと二本伸び, 尺ずつというお達しで, 尺ずつを三尺おきに, 尺せいぜいしかあるまい, 尺そのうち二尺五寸は, 尺それから筵を, 尺それだけの深, 尺たかめていた, 尺たけえ木, 尺たたら踏んで, 尺ただに北海道, 尺たった五六坪ほどの, 尺たらしむるには, 尺たらずで胃病もちで, 尺たりともその, 尺だけは除けるとまで, 尺だけを輝らす弱々しい, 尺だった間口が, 尺だらうといつた, 尺ちゃんと引き下ったちふぞ, 尺つきのお, 尺づつだん, 尺づつで茂つた草を掻き分け, 尺でありますが天井, 尺でなければならぬ, 尺といった調子で, 尺といふとともに青黒き水, 尺とかと云う話, 尺とでも形容すべき, 尺とねえ小男, 尺とびのいてき, 尺とり横町へはいっ, 尺と共に欄干に, 尺どう伸び縮みする, 尺どまりの深, 尺なおあまれりと, 尺などが大勢に, 尺などという寸法は, 尺などにはもったいない, 尺なりき依て十二日, 尺なんか盜みやが, 尺なんぞの書ける字, 尺における適当の, 尺にしか見えなかった階段, 尺にじり出すと女, 尺にまでもして, 尺によつて計らる, 尺によってもそれから, 尺のびたような, 尺のびれば豆小僧, 尺のりだすような, 尺はみ出している, 尺はらはらくるくると廻っ, 尺ばかりかと思われる土饅頭, 尺ばかりな汚苦しい漁村, 尺ばかりにもなったので, 尺ばかりほどしか水に, 尺ひきさがってじっと, 尺ひとつ壁に凭, 尺ひとりぐらいを片づける, 尺ひとりでにきりきりと動, 尺ひらりと空, 尺ぶすまが, 尺へだたれば清し, 尺ほか上って, 尺ほどずつ砂の, 尺ほどと頭の, 尺ほどへだたッ, 尺ほどもからだから, 尺ほれば湧い, 尺までがよく出る, 尺までに達したれど, 尺まわりの円形, 尺まわり四角な樟, 尺みどり秋のお, 尺もやあらん, 尺やら中間やら, 尺やらが五人, 尺ゆけば底, 尺アア御嶽よ, 尺よろめくと転ん, 尺をもって最高点と, 尺ガラスの大, 尺キッチリで, 尺グライノ花瓶口ニ拇指ヲ置キテ指, 尺チョッと位, 尺チョットぐらいであったろう, 尺過ズシテ叢生ス房彙モ小ナリソノ中ニ一顆或ハ二三顆アリ形, 尺ニシテ至テフトシ雨中ニハ自ラ切テ落, 尺ニ至ル其需用亦彼ニ, 尺バカリト定ム, 尺バカリト布団綿ヲ一ト塊, 尺フィルムだった, 尺フンドシの上, 尺ブッ通しの継, 尺牛行相歩ス, 尺は九尺五寸, 尺一つの丸裸体, 尺一万尺二万尺の高地, 尺一丈ばかりの竿, 尺一丈二丈など長い, 尺一円二三十銭から三四円, 尺一分黄金づくりの柄, 尺一寸まわりが六尺五寸, 尺一寸キッカリしか, 尺一寸二分ないし九寸五分, 尺一寸以下八種あるそう, 尺一寸位の四角, 尺一寸体量四十四貫同じく大関, 尺一寸余の竹, 尺一寸八分の木刀を作った, 尺一寸八分今その雛形, 尺一寸前後身体の非常, 尺一寸幅九寸八分目方四十一貫その価, 尺一寸色白のぱちりとした目鼻, 尺一寸足らずの小男, 尺一町に付, 尺一直湖月亀清柳光亭といった一流二流, 尺一躍すると, 尺一頭三面の鬼, 尺七八寸ぐらゐの奴が四尾, 尺七八寸囲繞いた群集, 尺七八寸当歳又はデキ, 尺七八寸目方は六, 尺七八寸苔蘚厚重して, 尺七寸ぐらゐの小男で私, 尺七寸三四分体量は十八貫目足らず, 尺七寸五六分より裄, 尺七寸五六分毬栗頭の筋肉質, 尺七寸五分の天下一の大, 尺七寸五分以上はあられます, 尺七寸五分左の片耳一尺八寸, 尺七寸五分柄をいれる, 尺七寸以上周りは一丈三尺余, 尺七寸体重は十五貫, 尺七寸余あったと, 尺七寸余りのみごと, 尺七寸余六百三十匁十年目で一尺九寸余八百五十匁, 尺七寸四分という極, 尺七寸四方として, 尺七寸底KLが一尺一寸五分, 尺七寸横一尺趺は二重, 尺七寸横四尺あります, 尺七寸體重は十五貫, 尺七尺一尺五寸になり, 尺七百尺とだ, 尺は一丈余, 尺三人掛けは八尺, 尺三十三年に十七尺, 尺三十四年に十四尺浸水, 尺三十貫頭もある, 尺三厘柄のテグス, 尺三寸あまりの美女, 尺三寸のを入れ, 尺三寸一口の白鞘もの, 尺三寸三分を手帳, 尺三寸三十八貫江戸の大関, 尺三寸五分と註, 尺三寸以上はある, 尺三寸以下ぐらいという話, 尺三寸体重十三貫二百匁強健にし, 尺三寸余りあるよう, 尺三寸余一貫四百匁二十年目で二尺五寸余一貫八百匁, 尺三寸余三百匁前後六年目で一尺五寸余四百匁前後, 尺三寸八分の石室の内, 尺三寸六分の狭い石室内, 尺三寸平方とし, 尺三寸強その全文, 尺三寸手柄山正繁, 尺三寸斗の御, 尺三尺一尺ずつ前途, 尺三尺五尺七尺一尺五寸になり, 尺三尺四尺とぐんぐん, 尺三方ほどになっ, 尺三重の壇, 尺三間橋がかり三間で平生, 尺上刃こぼれ有り, 尺上尺五ぐらいまで相当数, 尺上尺五上もかなり, 尺上部には藁繩, 尺下がるように, 尺下りや何, 尺下りゃ何の, 尺下流へ斜め, 尺両側は三尺足らず, 尺中段と下段, 尺中間ていのもの, 尺中間馬丁などをことごとく, 尺水之, 尺豎子, 尺乗組は南蛮人, 尺九寸五分あったおれ, 尺九寸位なんてお前, 尺九寸体量二十七貫見かけは堂々たる, 尺九寸余八百五十匁十五年目で二尺三寸余一貫四百匁, 尺九寸内守谷川辰口で一丈, 尺九寸幅一丈にも余る, 尺九寸雪太郎と雪二郎, 尺亀島町の薬種問屋近江屋, 尺二万尺の高地, 尺二三寸片手斬りに, 尺二三寸肌の色, 尺二三寸許もあり, 尺二十五尺の絹, 尺二十円なんの事, 尺二十円一丈ならば, 尺二十尺ほどもいきなり, 尺二千尺ぐらゐのあざれた山脈から海, 尺二寸ぐらゐ色浅黒くずんぐり, 尺二寸それより低く, 尺二寸七分あるから, 尺二寸二百匁前後五年目で一尺三寸余三百匁前後, 尺二寸五分の愛刀で対し, 尺二寸五分体重はただ, 尺二寸五分物干竿, 尺二寸五分相州伝片切刃大切先, 尺二寸以上の上背, 尺二寸体重二十貫の重味, 尺二寸体重十三貫弱たいへんな, 尺二寸体量十四貫七百というの, 尺二寸余とも伝, 尺二寸十二本継の竿, 尺二寸半御齒, 尺二寸四分二十一貫五百の女, 尺二寸四分二十一貫五百匁が歯力, 尺二寸尺にも足らぬ, 尺二寸巨人のよう, 尺二寸幅七寸厚さ三寸位, 尺二寸幅三指の, 尺二寸弘仁期のもの, 尺二寸投手としてはもうし, 尺二寸横一尺六寸僅かに匍匐, 尺二寸爾して, 尺二寸裏銘に, 尺二寸角ほどの, 尺二寸計最も小, 尺二寸間ごとに椽, 尺二寸頭髪の濃い, 尺二尺三尺と急速, 尺二尺三尺四尺とぐんぐん, 尺二尺五寸ぐらいに川べり, 尺二尺空の風船, 尺二尺草樹の影, 尺二玉をぼつぼつ, 尺二百尺の各層, 尺二貫七百余匁であると, 尺云々また口尻明り耀, 尺五ぐらゐの名幅を十日, 尺五上二尺上となる, 尺五六寸以上の外国婦人, 尺五六寸幅二尺五六寸の入口, 尺五六寸柄から拔, 尺五六寸胸廓手足之に準じ, 尺五分体重十二貫と少し, 尺五分厚ミ一方ハ四分五厘, 尺五十貫ぐらいに見える, 尺五十銭やや太い, 尺五寸くらゐある奴, 尺五寸ぐらゐ離して, 尺五寸ぐらゐの長さ, 尺五寸つまり一坪に足りない, 尺五寸ジャストだよ, 尺五寸一分からあった, 尺五寸七分とあった, 尺五寸三尖方形, 尺五寸三分の痩せた男, 尺五寸三十二年に十七尺, 尺五寸也十倍にし, 尺五寸二分ある大身, 尺五寸二貫目もある, 尺五寸以内に生きた, 尺五寸体重三十七貫と言う, 尺五寸体量四十八貫つづいて, 尺五寸何分とかある, 尺五寸余一貫八百匁三十年目で三尺二貫七百余匁, 尺五寸余体重十六貫ばかり, 尺五寸余四百匁前後七年目一尺七寸余六百三十匁十年目で一尺九寸余八百五十匁, 尺五寸先きは, 尺五寸六七分あるから, 尺五寸六分体量十三貫に足りなかった, 尺五寸六十一歳以上及び残疾者, 尺五寸剣を逆手, 尺五寸叢重籐, 尺五寸奧へふみ込ませ, 尺五寸左右合わせて, 尺五寸幅の横物, 尺五寸幅一尺ほどな, 尺五寸幅七寸の細長い, 尺五寸平方であったの, 尺五寸拵付能く出来た, 尺五寸断りとし, 尺五寸景光の刀, 尺五寸末口直径七寸といふ, 尺五寸柄長く造らせたる, 尺五寸棹で僅か, 尺五寸横物に殆, 尺五寸殿にオヨメ入り, 尺五寸目は百練, 尺五寸竪五尺の絹本, 尺五寸許モアル出ヅル頃土人, 尺五寸近くの楕円, 尺五寸長二尺ほどの紙, 尺五寸顔の長, 尺五寸鱗が一枚七寸五分, 尺五尺と云う, 尺五尺七尺一尺五寸になり, 尺五尺位の建物, 尺五尺六尺と漸次, 尺五尺四尺ああ遂に, 尺五部横六寸五分程の製本, 尺五間か十間, 尺の路, 尺仁王の顔, 尺今度は, 尺仕込む気で, 尺以テ傘ニ代テ暴雨ヲ防グ, 尺以上其頭角を露, 尺以上四十尺の間, 尺以上爲龍淮南時則篇注引周禮, 尺以上百尺内外なり, 尺以上積っていた, 尺以上縦四尺以上でなかなかよく, 尺以上距れて, 尺以上近くはとどかなかった, 尺以上顔の長, 尺以下一石八百円これはマル公, 尺以外は上下, 尺伸びたばかり, 尺伸びたる女竹の, 尺伸びるとあす, 尺但し堀底からは, 尺位ひだが四段, 尺位上の方, 尺位縁の太, 尺位象牙の木地一杯, 尺位身長は三間余り, 尺低きも千尺, 尺体量四十三貫ありしと, 尺何寸筋骨脂肪質足袋何文顔うす黒い質, 尺何間が解らん, 尺余り積ってい, 尺余り膝長一尺二寸という堂々たる, 尺余り距離は直径, 尺余ニシテ直聳シ喬木, 尺余ニ至ル者ナリ其需要ハ彼ト大差ナシト雖ドモ品位彼ニ優レリ, 尺余一頭は尖り, 尺余今日将軍家右大臣拝賀の為, 尺余十羽ならば, 尺余口に当て, 尺余周り二三尺の白蛇, 尺余周囲およそ二尺, 尺余土人共見古老伝云, 尺余天然の奇岩兀, 尺余左右に子石, 尺余床を高く, 尺余形は老翁, 尺余手元から先, 尺余横幅は広い, 尺余毛は長く, 尺余胴ヨリ頭小サク面赤ク眼丸クシテ鼻高ク傍ヲ見, 尺余面鼻雄異しかし性格, 尺倒れて二尺, 尺へ来ない, 尺先二尺先あるいは一間先, 尺先位の畳, 尺と雖, 尺入道玄長法師がもろく, 尺全身墨のご, 尺八九月ニ至テ茎頂ニ淡紫花, 尺八位の絹地, 尺八分というもの, 尺八分の例外的な大刀, 尺八寸あまりの大男, 尺八寸これも美濃もの, 尺八寸ソリャこそ抜いた, 尺八寸ニ巻カセ二尺一寸ノ打, 尺八寸二分二厘真向上段大上段頭の頭上, 尺八寸二十数貫という巨漢佐藤清吉君, 尺八寸五分もある, 尺八寸五分ぐらゐ大男の私, 尺八寸五分の大男であるし, 尺八寸五分の私とをのせた, 尺八寸以上になる, 尺八寸備前長船の大業物, 尺八寸六分の業物であり両氏, 尺八寸六分無銘ではある, 尺八寸十三貫すなわち痩せ, 尺八寸十六貫六百のぼく達, 尺八寸巾は, 尺八寸幅の横物, 尺八寸廣さが六寸, 尺八寸廻りの全, 尺八寸縦幅一尺八寸はあろう, 尺八寸高さこれ, 尺八尺のなが, 尺八溝山の絶頂, 尺八的浪花節的哀傷を帯びてる, 尺八菱形十三層の磚身白堊, 尺八袋の筋金, 尺六七寸肩幅が広く, 尺六分強となり, 尺六十八銭よ, 尺六寸ヌーボー式を発揮, 尺六寸上背のある, 尺六寸二分これが出征, 尺六寸二十六貫ぐらいな, 尺六寸五分の地質学者は当惑, 尺六寸五分小の方, 尺六寸僅かに匍匐, 尺六寸四分の大, 尺六寸国長の刀, 尺六寸根もとの周囲六十四尺, 尺六寸足の方, 尺六寸餘青貝の柄, 尺六寸黄生をし, 尺六尺雨戸明けられぬ程, 尺六時には一尺二寸爾, 尺六百尺七百尺とだ, 尺兵庫大天井, 尺其中穴あり人, 尺内部は三層, 尺は零下四十八度, 尺凌雲岳が七千三十二尺, 尺を手, 尺刀身が六尺, 尺刃先の長, 尺切ったようです, 尺切立ての白煉瓦, 尺列ねて戸口, 尺前むと向うでも二尺前む, 尺劫初の昔, 尺動いたら死んでしまう, 尺動かしたなら恥と, 尺化雲岳が六千三百四十九尺也, 尺北鎮岳は七千四百十尺, 尺十九貫もありました, 尺十九貫五百紅顔の少年, 尺十二三錢位のもの, 尺十尺の溜息, 尺十本つぎの朱, 尺半四面は其名, 尺去つて良人, 尺去るともう, 尺又は分度器という, 尺取だ雲霧の, 尺取りなどのごとき, 尺取り横町櫛巻きお, 尺取り蟲だの迷子, 尺取り踊りを知らない, 尺口徑六七寸位の甕, 尺古生層地の峡間, 尺合せて九尺, 尺一処をの, 尺向うへ開く仕懸, 尺は寵, 尺周回一万六千米突の土壁, 尺周囲の円筒部, 尺周囲二十八尺ばかり形, 尺周囲半マイルの塚, 尺淡し下品, 尺善寸悪といえ, 尺四万尺と繋がっ, 尺四丈物にて一枚, 尺四五寸まわり白木の箱, 尺四五寸丈が一尺三四寸, 尺四五寸以下でなければ, 尺四五寸位もある, 尺四五寸程な細長い, 尺四五寸頬ひげ, 尺四人も立ちすくんだ, 尺四寸ぐらゐもあつて然しすらり, 尺四寸ちょッとの素晴らしい, 尺四寸五分の大刀を打ち振う, 尺四寸五分十五貫といえ, 尺四寸五分順慶長光の太刀, 尺四寸以上姿はスラリ, 尺四寸位から八寸位, 尺四寸余の長, 尺四寸六分何れも無銘, 尺四寸大湾れで錵, 尺四寸幅一尺八寸の潜り戸, 尺四寸幅九分一厘肉二分という, 尺四寸末口周り一尺五寸末口直径七寸といふ, 尺四寸腕は鉄, 尺四寸金銅立像の胎内仏, 尺四寸OPが一尺四寸二分, 尺四尺五尺と云う, 尺四尺五尺六尺と漸次, 尺四方くらゐ穴, 尺四方ぐらゐな四角の枠, 尺四方中は栗材, 尺四方以上の大きな, 尺四方以内で, 尺四方位いの機械油, 尺四方白木の道場, 尺四方角の平板, 尺四方許りの, 尺四角ばかりのスクリーン, 尺回りもありませう, 尺回転するが, 尺図体が二十七貫, 尺土蔵の軒下, 尺坊さまと称え, 尺坊や半僧坊, 尺坊様とは一通り, 尺坊秋葉大権現, 尺坊等の名, 尺坐ったままで, 尺埋蔵量拾億噸その砿区, 尺埔里盆地の中央, 尺の高, 尺塗り柄の穂, 尺増したと誰, 尺増水したとて, 尺は三尺, 尺夕立は手綱, 尺へは出さない, 尺大きさは, 尺大きい奴だったら, 尺大夫は五尺, 尺大理石のよう, 尺天井は丸, 尺へ間, 尺奥穂高の登山小屋, 尺女人生まれて, 尺妖邪を斬り, 尺妙義は三千尺, 尺婦人の手, 尺も滑り下りた, 尺宛二軒の茶見世, 尺宛層をなし, 尺寄って来れ, 尺富士の山, 尺を獲れ, 尺なるも, 尺増水中, 尺屋敷のとなり, 尺屋根瓦の坂, 尺も高い, 尺山内の方, 尺山塊全體, 尺山峡を流るる, 尺によれ, 尺岩頭燈台の白堊日, 尺に上らん, 尺になっ, 尺に積ン, 尺には水, 尺差しを手, 尺巾一寸五分厚さ五分位, 尺巾位の竪幅, 尺巾四尺位縁の太, 尺もまとわず, 尺帯三本を竿, 尺帶髮は埃だらけ, 尺幅これに半ば, 尺幅三寸の木, 尺幅三尺五寸の扉, 尺幅三尺八寸高さこれ, 尺幅三間半ぐらいの幕, 尺幅二尺三寸強その全文, 尺幅二尺餘纖にし, 尺幅五六寸と思われる, 尺幅他の二方, 尺幅位の小, 尺幅八尺の山, 尺幅六七寸ほどの薄板, 尺幅六寸ほどの穴, 尺幅六寸五分厚さ三寸, 尺幅十尺以上に拡大摸写, 尺幅員十三尺高さ, 尺幅四尺五寸の一種, 尺幅四尺位で人, 尺幅四尺向うへ開く仕懸, 尺幅弐尺ありこの, 尺幅百二十尺の屏風, 尺平均高度一万四五千尺富士山の頂上, 尺年三十五雄毅開豁孝友敦厚の人, 尺の太, 尺幾寸かある, 尺の萩, 尺廣さ一坪ばかりの, 尺たと, 尺式台の上, 尺引き五寸引き次第に, 尺弱ラサよりほとんど, 尺張だしの半戸, 尺の大和薬師寺, 尺彼処に二尺, 尺径四尺ぐらいの井筒, 尺後方へ退っ, 尺後端に於, 尺後者で五尺余, 尺御苦労になりました, 尺必要であれば, 尺忠別岳が六千四百七十七尺, 尺戸倉から国境, 尺戸村牛岳が七千六十五尺, 尺手前から真向, 尺抹香鯨六十五尺鰮鯨座頭鯨背美鯨は五十尺余, 尺押返えされ, 尺いて, 尺が烈しく, 尺挙りふわりと, 尺振八氏の家塾, 尺をかかえ, 尺掘ったからとても, 尺掘つてそこ, 尺掘れば五〇グラム, 尺掠り除かれた雲, 尺掠り除れて, 尺救助を乞う, 尺もわずか, 尺も少ない, 尺もて削り成せる如く, 尺方三尺ばかりの箱, 尺日本第二, 尺旭岳の方, 尺昇れば片々, 尺貴き聖, 尺最も厚い所, 尺有余筋骨隆々として手足, 尺有六寸の巨躯横綱力士, 尺有餘の猛, 尺木の葉を綴り, 尺木綿から手早く, 尺が下がっ, 尺ぬりの, 尺東西南北四方の壁, 尺東西四千二百尺の埠頭, 尺松の木の腕, 尺に墨黒, 尺柄タンポ槍の敵, 尺柄四尺という長柄, 尺柄笹穗皆朱の槍, 尺柔土を踏ん, 尺は緋毛氈, 尺根廻りは二丈八尺, 尺根雪となっ, 尺へこつ, 尺などを取りだした, 尺検校のは四尺, 尺楼上に立つ, 尺榛名は五千尺, 尺に追いつめられた, 尺横一尺五寸の粗末, 尺横二尺半厚さ一尺, 尺横二尺四五寸くらい横幅, 尺横八寸糸は二重糸, 尺横十二三間に及び, 尺横四尺高さ一尺五寸位, 尺横幅何尺それだけの, 尺横径三寸三分余の円筒型, 尺横町の貸, 尺樺太の日本領地, 尺樽一本近くだ, 尺にながる, 尺が長, 尺武州不忍, 尺も彼ら, 尺歩丈進押し詰め押し詰め味方, 尺の高下駄, 尺死骸をずらす, 尺残しておい, 尺残すよう頼んだ, 尺毫髪の差, 尺を冒した, 尺気候の暖さ, 尺水上の高, 尺水流迅激直衝城下, 尺水面から測るなら, 尺汗血の馬, 尺波状の黒線, 尺流れるうちには, 尺海沫に沾, 尺浸水したという, 尺消しゴムなど試験場, 尺を放れ, 尺温度の一度, 尺温泉宿の裏山, 尺の奧, 尺がない, 尺潜り抜け二間, 尺潜る丈け, 尺澗中に入り, 尺濶さ二尺ぐらい仲密君, 尺火の粉の空, 尺火山の如き, 尺照らすであらう, 尺爲龍月令駕蒼龍注馬八尺以上爲龍, 尺牘體には基督教, 尺玉三尺玉大菊花壇二百発三百発の早打, 尺玉大菊花壇二百発三百発の早打, 尺現している, 尺の喜び, 尺瓊曲玉があった, 尺生その他めまぐるしい程, 尺は無い, 尺登つた所で川, 尺白峰山脈の一万余尺, 尺百匁以上に育つ, 尺百尺もさがる, 尺に矢, 尺目方二十四貫目なるもの, 尺直径一尺五寸もある, 尺直径一尺総体が黒く, 尺直径五分ばかりの吹管, 尺真黒な天井, 尺は黄, 尺眼光は流, 尺石城地方の苗, 尺石狩岳が六千五百七十三尺, 尺碧林瑤草瓊樓玉闕烟霧の裏, 尺祭り以上の百円札, 尺祭り節電盗電日本は目下, 尺福島県と群馬県, 尺稀有の降雹, 尺程にも屋根を, 尺程もの雪の, 尺った雪, 尺積つた雪を押搖つて狂, 尺積むと出で, 尺立方位の穴, 尺で, 尺等身と称, 尺米友の手, 尺紗一疋青摺衣二領鞋十足などもあげられ, 尺の雪, 尺総体が黒く, 尺線路の両側, 尺縦三尺それにいろいろ, 尺縦五寸ほどの細長い, 尺縦五尺六寸の絹, 尺縦六尺五寸高さ十尺, 尺縮むやうな, 尺纏うて腰部, 尺置いた所も, 尺美觀言はん方なし, 尺股沢山ノ東脈ニシテ支脈南荒川北中津川間諸山トナル以上同村ニ属ス, 尺胞衣かと怪, 尺の差し渡し一尺位, 尺く人行健, 尺脚絆がけ手に菅笠, 尺から吹かれ, 尺膝行すると, 尺朱儒東南行船一年至裸國黒齒國使驛所傳極, 尺花かすかに見, 尺甚だ肥大, 尺の, 尺草樹の影, 尺草頭を埋, 尺荘厳ですなあ, 尺ノ大, 尺藤橋で四尺, 尺蠖みたいな伸縮, 尺蠖之屈以求信也龍蛇之蟄, 尺蠖金亀子羽蟻蟷螂それ等の虫, 尺蠖黄を食え, 尺しぶきもろ, 尺行くと向う, 尺行って居眠り, 尺裏行三十間田畑山林共水越石とも持高百七十五石所持有之候得共, 尺角二尺角或は, 尺角位に乾し, 尺角程の小さい, 尺に開けた, 尺計り堀り下げ, 尺許のを一本, 尺許りすいて, 尺許其節ハ下極メテ密ニシテ上, 尺許其間九尺ほどづゝ三里, 尺許根囲八寸許の新, 尺誠に高燥に, 尺諸侯は七尺, 尺豊か骨格鬼の如く, 尺豊か鬼とも組, 尺買わせて下さい, 尺赤岳が六千八百五十七尺, 尺赤樫の木太刀, 尺走って休息, 尺走る髪の, 尺起きる時に, 尺起らずの塀, 尺足らず三尺八寸という小柄, 尺足らず幅四五寸の手垢, 尺は二重, 尺跳び退いていた, 尺踏み臺が, 尺辷ったり攀, 尺近いいい恰幅の, 尺近い大きい青魚が, 尺近い細長い肉片を, 尺近き燕尾服の, 尺近く有名なムッツリ屋, 尺近く積って居た, 尺退いたがすぐ, 尺退ってそこで, 尺逃げのびるともうすっかり, 尺逃げると二尺押返, 尺の丁字形, 尺通り石垣を引っ込め, 尺造るといふ特殊性, 尺進むと乳, 尺進徐々として密教, 尺遂にドアは, 尺遠くてもよい, 尺申候, 尺遺して吾輩, 尺重量は手頃, 尺金一本さし込んで, 尺金鱗を重く, 尺鐘釣から祖母谷林道, 尺長い門札を, 尺長き大蛇水中にて, 尺長くするの, 尺長く低い竈の, 尺長方形の岩室, 尺閃く風に, 尺開くだろうから何, 尺開けたところで, 尺開けるが早い, 尺暗く枝, 尺れたところ, 尺隔たったところへ, 尺隔てて宗, 尺隔てたばかりで, 尺隣りの方, 尺離して置く, 尺離れたる所に, 尺離れるともう, 尺雨戸明けられぬ程, 尺雲際に突入, 尺の様, 尺に一角, 尺頭尾均等而して, 尺の真中, 尺顔面は赤銅色, 尺風呂桶の高, 尺飛ばされる者である, 尺飛び下らなければ, 尺飛びあがる果物をも, 尺飛びかゝれば飛びかゝれる距離ですが, 尺飛び退いて横腹, 尺飛騨の国, 尺飯櫃形の天窓, 尺餘床を高く, 尺餘纖にし, 尺の鼻, 尺駕舁の中, 尺ノ茎状突起, 尺高かったなら, 尺高き斷崖の, 尺高イ空間ニ唇ガ二ツトイウ風ニシカモ極メテ鮮カナ色彩, 尺高扇平藺笠, 尺高速映画で撮影, 尺鬼怒川より高い, 尺を裹, 尺魔危険千万愚老, 尺鰮鯨座頭鯨背美鯨は五十尺余, 尺鳥息栖の宮, 尺に精進湖, 尺の鍬, 尺に絹, 尺黄金のよう, 尺黒岳が六千五百四十九尺, 尺黒竜江の氷, 尺が七寸