青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「太陽~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

太~ ~太い 太い~ 太刀~ 太夫~ 太子~ 太平洋~ 太田~ 太郎~ ~太陽
太陽~
太鼓~ ~夫 夫~ ~夫人 夫人~ 夫妻~ ~夫婦 夫婦~ 失~ ~失う

「太陽~」 5295, 51ppm, 2279位

▼ 太陽~ (1788, 33.8%)

89 光が 78 光を 48 光に 47 下に 43 光の 35 光は 29 光線が 25 ように 22 下で 21 光と 19 光線を 17 光りが 16 ない街, 光線に 15 ような, 光りを, 周囲を 13 まわりを, 光で, 光線の, 子である 11 熱を 10 下では, 光りの, 光線は, 方へ, 面を 9 まはり, 光りに, 熱に 8 やうに, 下の, 下を, 子, 方に, 熱が, 熱で, 直射を 7 光も 6 前の, 熱は, 輝いて 5 直射と

4 [11件] ほうへ, もとに, やうな, 中に, 光りは, 光線で, 光線も, 昇るの, 最後の, 直射の, 輻射は

3 [26件] それの, ために, まわりに, もとで, 上に, 中で, 位置が, 光りでは, 光りと, 出るの, 反射で, 大きさ, 子たる, 子に, 子は, 子を, 方が, 方を, 申し児, 真下に, 色も, 間に, 面に, 高度を, 黒点が, 黒点の

2 [72件] ありかを, あるところ, かがやきを, きものを, なかへ, ぬくもりの, まぶしさ, コロナの, スペクトルと, 上るの, 下でも, 下ばかり, 中には, 位置では, 位置の, 位置を, 光, 光から, 光だ, 光でした, 光熱は, 光熱を, 光線と, 光線との, 光線にも, 前で, 半円浮び, 反射の, 周りから, 周囲に, 国果樹の, 娘は, 子が, 子だ, 子と, 子の, 岸, 平均温度が, 引力によって, 強烈な, 恩を, 恩恵に, 明るさ, 最外層, 根蔕, 沈むの, 沈む方, 没すること, 潮汐作用の, 火熱は, 照りつけ方, 片と, 生み出す慈愛, 登るの, 白い光, 直射する, 直射に, 眩しい光, 端が, 色は, 認識, 質量を, 軌道が, 輝く下, 輻射を, 運命である, 運行を, 面と, 顔を, 高さ, 黒点と, 黒点を

1 [738件 抜粋] あたたかさ, あたらないところ, あたる如く淋しき, あたる月面, ありかも, あるうち, あるほう, ある世界, ある夏, ある点, うえに, うちまたは, おとずれは, おもて, か, かがやいて, かがやく世間, かがやく地上, かけらはめた, かげぼふし, かんかん照りつけ, きらきらあたる, きらきらする, きらめきに, ぎら, ことも, ことや, こと上り行く, この作用, ごとき生色, ごとく偉大, ごとく煌々, ごとく輝いたる中, したで, したでとおい, しや, しるしが, じりじり焼きつける, すぐそばをとんでいるんだぜ, せいで, その麗, それと, それとは, それよりも, てりつける砂浜, でて, と同じ, ないむし暑さ, なかに, においが, においである, においを, のぼるの, ひかりの, ひかりを, ほかに, ほとぼりは, ぼるほどに, まえに, まさに地平線下, まわりぐあいできめましたためにみんなは, まわりには, むき出しな, めぐみを, めも, もとにては, もと双, ゆれを, ようすで, ようなかがやき, よくあたる, よく当たる, よっぽど近く, エネルギーの, カンカン照っ, ギラギラした, コロナと, ナポレオン, ベルト自由の, 一てりで, 一七四倍と, 一体の, 一周行の, 一端が, 一端に, 七色にのみ, 三四八倍の, 上がらないうち, 上にも, 上らないうち, 上るとともに, 上る前, 下いかで, 下ことに, 下での, 下どこに, 下へ, 下振り下ろす, 不自然な, 世界が, 中を, 中心以外の, 交響曲, 人等を, 仕業を, 付近だけに, 付近では, 会釈に, 位置しだいで, 位置とを, 位置にまで, 位置は, 位置より, 余光でした, 作用なり, 侍女として, 値打は, 傍の, 傍らまで, 傾きかけた頃, 傾くに, 兄弟であった, 光あまねく, 光う, 光さえ, 光さへも, 光すら, 光だけが, 光って, 光つてゐる, 光との, 光と共に, 光なら, 光なり, 光ので, 光までが, 光らしかった, 光りさ, 光りだけ, 光りで, 光りで見ると, 光りまでも, 光をさえ, 光をも, 光度を, 光影に, 光明熾なる, 光景は, 光束を, 光熱と, 光熱の, 光球雲よりも, 光線, 光線そのものを, 光線だつた, 光線なれ, 光線によって, 光線や, 光線よりも, 光線河川の, 光色彩に対する, 光輝は, 光輝を, 光雲以上の, 全質量, 内部は, 円い面, 円盤の, 冷却という, 冷却に関する, 出づる所元気の, 出て, 出る所, 分担額である, 初めと, 前に, 前方に, 前触れが, 力だ, 力は, 動きに, 動くの, 勢いが, 勢力を, 北極の, 十二宮を, 南影に, 原始状態は, 原子が, 反射を, 反射一つの, 反映に, 反映の, 収縮によって, 収縮に際して, 可視的な, 右下の, 名残の, 名残りの, 周りで, 周りには, 周囲の, 周囲四ヶ所に, 周期が, 呼吸を, 回りを, 回転軸が, 固形体の, 国へ, 在所を, 場合ほどの, 外に, 大きな盃, 大を, 大熱火, 天, 失ったエネルギー, 女神の, 如きもの, 如き火玉, 如くかがやいて, 如くさ, 如く明瞭, 如く深夜, 如く赫々, 如く輝いて, 姿だった, 姿は, 威力に, 威烈の, 娘たる, 娘を, 嫌いな, 子たちであった, 子たらん, 子という, 子なり, 子パエトン, 子供たちは, 子孫である, 子日の, 季節, 孫を, 寂しい光線, 寵遇を, 射して, 射し込む窓, 將に, 峰, 工合は, 年毎の, 幻覚, 引力によ, 引力範囲へ, 強い光線, 強い照り, 当たらないとき, 当らぬ日蔭, 影も, 影を, 影響は, 役目を, 徐々に, 御子たる, 御蔭によって, 微光の, 微笑と, 微笑を, 心霊学から, 忠や, 思想に, 怪しい反映, 恩に, 恩恵を, 息子, 恵みを, 恵を, 惠の, 意図違ひでも, 慈光が, 成分との, 打ち霞むブラッシ, 投げる澄明, 招来される, 接吻に, 放射が, 数が, 數に, 數九を以て, 斑点を, 斜線が, 斷末魔の, 方, 方から, 方位には, 方向に, 方向は, 日毎の, 昇る頃, 明るみが, 明るみの, 映像と, 暑さ, 暖かい光り, 暖味と, 曇りだす日, 最期に関する, 最高層, 有様は, 有難さ, 木漏れ陽は, 某記者, 栄ゆる, 様な, 様に, 歓喜を, 正しさ, 正面から, 残光が, 残照が, 殺人という, 比重の, 沈むこと, 沈む渦巻く炎, 沈んだの, 注ぐ光, 注射, 洪水とも, 浮かれもの, 海が, 海を, 温度, 温度を, 温熱を, 滅亡, 滅亡の, 潮汐作用も, 火に, 火焔の, 火粉の, 灼熱状態が, 炎に, 点光に, 為に, 烈しく照りつける, 焼点の, 照ったこと, 照って, 照らすところ, 照らす方, 照り放し, 照り輝く日, 照るうち, 熱から, 熱とを, 熱によ, 熱によって, 熱射の, 熱度が, 熱日々に, 熱気で, 燦然と, 燦爛と, 物理的状態に, 狂いあう夏, 甘ったるい光, 生るる, 登る時刻, 白い反射, 白き朝, 白光だけ, 白光を, 白羊宮に, 直下に, 直下の, 直射で, 直射とに, 直射にも, 直射は, 直射よりも, 直径としては, 直径の, 直径一三九一〇〇〇キロメートルに, 直接の, 真下で, 真下でも, 眩しげ, 眼の, 破片は, 示威運動だ, 祝福が, 神々しさ, 神ヘリオスあり, 神月の, 移る方, 移動と共に, 穴では, 笑う下, 笑顏を, 第一, 第一箭, 第一線を, 約一〇〇〇倍, 組成分中で, 絶望的な, 線が, 縁に, 美しさ, 義で, 肉の, 自転公転なぞによって, 色に, 色を, 芳香が, 荒々しい光, 落ちたばかりの, 落ち込むやう, 蒼白い光, 蘇苔や, 蘚苔あり, 表面に, 表面には, 表面を, 裏には, 見える風景, 視黄経, 角度と, 角度の, 話を, 認識不足だ, 讃歌の, 象徴, 質量に, 贈物, 赤いもの, 赤いものすごい広い光, 赤い眼, 赤さ, 赤光だ, 赤道と, 距離の, 輝いた海, 輝いた表面, 輝かしい朝, 輝かしい柔, 輝きには, 輝きにも, 輝き小鳥は, 輝き風の, 輝く時, 輝く町, 輝やき, 輪回を, 輪郭が, 輻射で, 輻射も, 輻射熱が, 輻射熱は, 輻射線を, 近い感じ, 近くへ, 近くまで, 追ふ, 送る光, 速力を, 速度が, 連続である, 週期の, 運行と, 運行によって, 過ぐる子午線, 道に, 都, 都マドリッド, 金の, 金牛宮に, 門, 間にも, 隠された姿, 隠し子の, 雨が, 雰囲気の, 青白い光, 面が, 面の, 頬に, 飛ぶが, 香りを, 香気が, 高度に, 高度や, 高温また, 麗わしい, 黄経に従って, 黄色い臭気, 黒点なんか, 黒点や, 黒点をも, 黒点増大による, 黒點の

▼ 太陽~ (933, 17.6%)

12 輝いて 9 照って 8 西に 7 地球の 6 沈んで, 照りつけて, 西の 5 出ると, 昇って, 欲しい, 顔を 4 のぼって, キラ, 昇る, 東の, 没して, 赤, 雲に, 高く昇っ

3 [18件] ある, かがやいて, このほぼ, のぼりました, われわれの, キラキラと, ギラギラと, 上って, 出て, 地球を, 東から, 東に, 水平線に, 消燼, 燃えて, 落ちて, 西へ, 頭上に

2 [53件] かんかん照りつけ, ぎらぎらと, さしこんで, さしてみつめ, しずかに, その東, でて, ないと, にこやかに, のっと, のぼると, まるで湖水, まわって, カッと, チカ, 上がって, 中天に, 二つ東と, 他の, 傾いて, 天の, 太平洋の, 宛然火の, 山の, 彼の, 彼女の, 懸って, 昇るに従って, 森の, 水平線の, 沈まないで, 沈みかけて, 沈みかけると, 沈む時, 没しても, 消えて, 湖心の, 照り渡っ, 現在の, 登りそれ, 白羊宮に, 直射し, 眠って, 空に, 箱根の, 花の, 薄絹, 走って, 輝かしい光, 金色の, 雲を, 雲間から, 頭の

1 [667件 抜粋] ああし, あかあかと, あがるとき, あそこから, あたたかに, あたり一面陽炎の, あちら側の, あったら燃えあがるだろうが, あって, あつた, あなただ, あのよう, あらゆる地上, ありそよそよ, あり切れ海霧, あるかと, あるが, あるん, ある他, ある彗星, ある遊星, いかにも似つかわしい, いくつも, いちばん早く, いつかいった, いつのまにか叡山連峰, いまうしろの, いまのぼろう, いま沈ん, いるの, えらくても, おしげも, かかって, かくれて, かごの, かつかと, かなしいくら, かなしいくらい, かような, かれの, かんかん照っ, きらきらする, きらきらと, ぎらぎらした, ぎらぎら照りつけてる, くつきりと, くらくらま, くるくる廻つて, くろ煙, ぐつと南へ, このす, このほ, この乾燥, この牢獄, これまでという, これを, さがれば, さして空, さし始める, さっぱり西, しずみかけて, しづかに, じかに首すじ, じっとり濡れ, じり, じりじり照りつけ, すがすがしい光, すき透した, すこしまぶしかっ, すっかりしずん, すっかりその, すでに登り始めた, すばらしい花, すべての, ずっと低く, ずっと西, そういう冒険的, その勢力, その厚み, その同類中, その寝, その恵み, その殻, その火, その燦然, その船体, それでも尚, それに, それを, だれをも, だんだん傾い, だんだん西, ちょうど一本, ちょうど海, てりつけて, ときどき現われる, とろけて, どこからか, ない日本, ない時, なかった, にぎやかな, のぞいて, のぞきました, のぼりそして, のぼりはじめる, のぼるとき扇, はじめて額, はや空, ひとつより, ほとんど沈まない, ぼんやり出, ぽかり, また出, また徐々に, また昇ったら, まださんさん, まだやわらかく, まだ下世話, まだ光つて, まだ明るく, まだ水平線, まともに, まぶしい光, まるで焼いた, めぐりめぐりて, もうすこしどっち, もうよほど低く, もちいの, もっと近く, ものを, やすんで, やっと少し隠れ, ゆったりと, ようやく自分, ようやく霧, よけいに, アルクトゥルスあるいは, エジプト人の, カアッと, カアンといふ, カツと, カメラであり, カンカン照る, キラキラてらし, キラリキラリと, クルッと, グルグル廻り, サモワールの, ヂリヂリと, ドンヨリと, ヌイトと, ピカピカ照っ, ベッドの, ボタ山の, ロシヤの, 一つあっ, 一つラッサを, 一刻一刻と, 一団の, 一年か, 一年間に, 一日に, 一日一日南へ, 一番高く, 一粒の, 一間半ばかり, 丁度空, 七つまで, 三十メートルさきの, 三度出, 上から, 上がった, 上つて, 上つてその, 上りますと, 上ると, 上る前, 世界いちめんに, 中心を, 中心迄, 予定の, 二子山の, 云ひました, 互いに十分, 今, 今しずん, 今その, 今どちらに, 他と, 伊賀大和の, 低く横, 低く照らし, 低く遙, 傾くと, 僕の, 光つてゐる, 光線の, 光輝の, 入る, 円い紅玉, 円い顔, 再びきらめきはじめた, 冬枯れの, 冷えて, 冷却する, 出たよう, 出たらすっかり, 出ない前, 出なければ, 出ました, 出る, 出來, 別の, 前方の, 動かないで, 動くの, 北から, 南の, 南へ, 原因の, 及ぶ限り, 反射し, 只一つ, 向かいの, 吾, 四方に, 地平に, 地平線と, 地平線に, 地平線上に, 坂の, 坐って, 夕方から, 外面の, 夜中入つて隠れ, 大爆発, 大空に, 大阪天王寺西門大鳥居の, 天上の, 天球の, 好きだ, 姿を, 宝瓶の, 宵にも, 容赦も, 寂として, 密閉された, 射した, 射して, 小午, 小豆島の, 少し勢, 少し染める, 尺度の, 届く事, 山から, 山の端に, 山の端を, 崩れる時, 巡回し, 己の, 常に見え, 幸福な, 幸福に, 広い駒込, 強く輝い, 強烈な, 形を, 彼には, 彼を, 徐々に冷却, 徐々に消え, 必ずおさらば, 急に, 恐ろしいので, 恐ろしく上りゆく, 情け容赦も, 意地悪に, 慄えて, 放散し, 斜め上に, 断雲に, 昇ったの, 昇った時, 昇ってからは, 昇つたのだらう, 昇りかけて, 昇りはじめる馬車, 昇るの, 昇るや, 明かるく, 明るくて, 明るくなり, 明るく輝い, 星雲の, 映しこんだ, 映つて, 春季に, 昨日も, 昼でも, 晴れやかに, 暑いくらい, 暖かに, 暫くする, 暫時浮雲に, 更一つ昇つた, 最後の, 朝日が, 朝霧を, 来ると, 東天に, 林の, 極めて熱く, 権威を, 樹, 此の, 歩く方, 毎一年, 毒血の, 気まぐれにも, 水平線から, 氷塊の, 永久に, 池に, 沈みかけたとき, 沈みかける頃, 沈みそう, 沈み涼しい, 沈むと, 沈むとき, 沈んだ, 沈んだの, 沈鬱な, 没した時, 河一面に, 油の, 浮き出して, 海から, 海を, 海面を, 淋しき地上, 淡い光, 滝の, 漸く西, 濃い霧, 火の, 炎々の, 烈しく灼きつい, 無くなって, 無事に, 無慈悲に, 焼け下, 照ってる, 照つてゐ, 照らしわたしら, 照らすの, 照らなくなると, 照りつける, 照りつけると, 照りつけるなか, 照りつけ處, 照りつづき一月十五日ごろ, 照り出したぜ, 照り渡った, 照り輝いて, 照り輝き鴨, 熱くても, 熱そう, 熱を, 燃える丘, 燃える限り, 燦々と, 爆発した, 爆発したら, 特別に, 現れる, 現われやがて, 球を, 異常な, 疲れたわたし, 痛い, 登った頃, 登らないの, 登り町, 白い上, 白い地面, 白い街上, 白っぽい煙, 皮肉にも, 盲目でない, 直射する, 相互に, 真っ赤な, 真黒な, 眩しかつ, 眼を, 砥石の, 破壊作用の, 神であり, 秒を, 空の, 空間中に, 立ちどまつて, 笑いました, 笑顔を, 籠の, 紅く, 細く強い光, 絶えずキラキラと, 絶えず東, 絶えず照らし, 老杉, 肩を, 腰を, 自分の, 自分達の, 自由に, 舗道の, 若し毎日地球, 茂木の, 荒れ狂って, 華々しく射し出でた, 落ちか, 蒸發させ, 蒼ざめていた, 蓮華岳の, 薄白い, 蝋燭の, 街を, 衝突する, 衝突の, 西を, 要るの, 見えたら太陽, 見えない夜, 見えると, 見えるばかり, 見たいここ, 覗き出したところ, 覗き土蔵, 覗くと, 豐年の, 象限即ち, 賑かな, 赤い煙突, 赤くなっ, 赤く窓, 赤道へ, 赤道を, 赧, 赫く, 踊り狂つて, 身を, 輝かずには, 輝き出すと, 輝き初めると, 輝や, 輝やい, 近づいて, 近所に, 連日失われ, 運行中に, 遠い空, 遠く東, 遠慮なく射し込ん, 遮ぎるものゝない蒼空, 遮られて, 部屋へ, 野の, 野天に, 金で, 銅色や, 鍍金した, 陽春四月の, 隠れて, 雑木林に, 雪で, 雲へ, 雲一つない, 霜を, 霧を, 露を, 青い空, 静かに, 静に, 靜かに, 頭上から, 風景へ, 高い山の端, 高くなる, 高くのぼっ, 高く上っ, 高く昇つて, 鮮に, 黄いろい反射, 黄色く見える, 黄色に, 黄金の, 鼾を

▼ 太陽~ (740, 14.0%)

10 いいました 6 西の 5 中天に, 空に, 西に 4 彼の, 頭の

3 [11件] いつに, いつもの, ぎらぎらと, まだ地平線, 出て, 少し西, 昇った, 没して, 白い鏡, 白羊宮に, 輝いて

2 [41件] あんまり赤い, いま蜀黍畑には, うららかに, かがやいて, かくかくの, このとき, すべてを, そのこと, だん, にこやかな, まるで熟した, めったにそこ, もうよほど西, もう西, ギラギラと, 光, 光を, 再びのぼり, 北の, 南に, 地平線の, 地球より, 彼女の, 必ずしも北極, 東から, 極めて小さい, 此の, 毎朝のぼる, 沈みかけて, 海の, 燦然と, 狂暴な, 私に, 空を, 答えました, 美しく輝き, 自分の, 陰気な, 隠れて, 雲に, 黄色に

1 [586件 抜粋] あいかわらずにこにこ, あいかわらずにこやか, あいかわらず機嫌, あがらなかったが, あきれたよう, あそこでは, あたりの, あなたお, あなたの, あの通り赫々, あらゆる光輝, いくらかの, いたずらに, いつかまた, いつか西に, いつでも, いつでもずつと, いつの間にか高く, いつもものうき, いつもより, いつも光, いまは, いま世界の, いま彼の, いま薔薇色の, いよいよ沈ん, うらうらと, おちて, お盆の, かえって暖か, かがやき噴水, かがやき子供, かくれて, かしこに, かにかくに凝視め, かんかんと, きしむよう, きっと皆さん, ぎらぎらかがやい, ぎらぎら輝き, けっしてそれ, けっして壊れ, こういいました, こういつ, この二つ, この天宮, この小, この幻, この影, この時, この男, この管, この詩人, これからかがやこう, これから輝こう, これに, ころが, こんなところ, こんな真似, さう大きく, さっきと, さんさんと, すっかり昇っ, すでに北天, すでに島かげ, すでに西, すでに高く, ずんずん昇っ, そこを, そのあたたか, そのうす, そのとき, その中央近く, その光熱, その光輝燦爛たる, その向う, その周囲, その威, その忘れられた, その明日, その時, その比重, その熱, その生徒, その胸, その透きとおった, その院長, それが, たけなわに, たずねました, ただその, だいぶ前, だいぶ西, だれに対しても, だんだん西, ちやうど, ちょうど沈んだ, ちょろちょろと, とうに沈ん, どうしてそれ, どこかへ, どちらかと, どんよりと, ない, ないの, なお天, なかなか昇り, なにか, にこやかに, にっこりと, のっと, のぼって, のぼりました, はげしく僕等, ふたたび屋根, ふたたび草, ふとした影, ぶるぶる慄, ほか, ほがら, ますます暖かく, ますます自分, ますます高く, まず五等星, またもや現, また合歡, また真っ暗, まだあがらない, まだ低く, まだ暗い, まだ没し, まだ酔, まだ随分低い, まったく沈み, まったく落ち, まともに, まばゆいやう, まるで我々, みごとに, みじめな, みるみる西, もうすっかり傾い, もうだいぶ西, もう半分, もう地平線, もう大分, もう山, もう日暈, もう直ぐ昇る, もう高く, もとよりの, やがて六週間, やがて沈もう, やがて西, やさしくかわず, やっぱり空, やや傾き, ゆっくりと, よほど深く, わたしが, われわれの, アルプスの, オレンヂ色を, キラキラし, キラキラ照りつけ, キラキラ雪, グロース・シュレックホルンの, ケープルトン調馬場の, ゲラゲラ笑つたやう, レデー・メードに, 一つところにと, 一分毎に, 一年の, 一度も, 一日か, 一日ましに, 一日東から, 一旦沈みかけた, 上って, 上空に, 下りて, 下方から, 下界を, 丘陵の, 亜細亜を, 人の, 今にもその, 今やすら, 今慌しく, 今白羊宮, 今空, 今越え, 今頭の, 他の, 何と, 何の, 何ものをも, 何度か, 依然として雲間, 俄かに, 健康な, 僅かに, 光って, 光りの, 光りを, 光圧の, 光殊に, 入江の, 全宇宙, 八月の, 六時七時の間は, 其の行星, 其処に, 再び彼ら, 再び息, 再び珊, 冬, 冬期は, 冷めて, 出ない, 切断された, 初めから, 剃刀の, 勝利者の, 北極の, 十二三分の間を, 十六時間見え, 午下りながら, 午後に, 南の, 南向きの, 南方から, 単に赤色, 即ちイエルサレム, 卵の, 右手の, 同時にこの, 名代の, 向うの, 吾, 哀れな, 噴射の, 四季の, 地を, 地平の, 地平線から, 地平線に, 地平線を, 地球の, 地球よりも, 埃に, 埃り, 壊れたぎざ, 夜昼なく, 夜空に, 大きいの, 大きくそして, 大きく斜め, 大丈夫だった, 大分高く, 大氷原, 大空から, 天が, 天の, 天上の, 太陽は, 女性であった, 女神よ, 妙に, 孕まれて, 孤りである, 宛ら陽気, 実は七色, 密雲の, 射る如く吾等, 小僧の, 小屋の, 少しく南方, 少しの, 少し右, 尚もじりじりと, 屍体の, 山の, 山野に, 岩石の, 岩肌を, 巨大な, 市街をも, 幸福さうに輝やかし, 幾たびか, 幾度か, 幾日と, 底知れぬ, 建築物の, 弱い光, 当時算哲博士が, 当然一番始め, 彼方ブルターニュでも, 必ずしも赤く, 必ず東天, 思いかえさずに, 急に, 怪しんで, 息子の, 恵むが, 慌しく押しよせる, 我を, 手や, 支那海に, 数千万年地球の, 斜めに, 既に低く, 既に消, 既に消え, 日々に, 日に日に遠く, 日本からだけ, 昇って, 昇つて又, 昇らなかつたが, 明るい昼, 明るく照つて, 星雲に, 昨日の, 時々強い, 時に幽, 時に恐るべき, 晝間見る, 晴れやかに, 曠野の, 最初は, 最頂, 有難い, 朝からの, 朝ごとに, 朝八時に, 木々の, 木の, 未来永劫不断に, 末端の, 朱を, 東の, 東天より, 東端にて, 果して吾人, 枯草の, 柔和な, 桃色に, 次第に丸く大きく, 正午の, 正直な, 死にゆく彼, 死滅し, 殆ど沒しない, 殆ん, 毎日光線を, 毎日毎日熱っぽく, 気味の, 沈まない, 沈みかけた, 沈み果てて, 沈むが, 沈めないわけ, 沙漠に, 河の, 沸きたって, 浅い盥, 浅間に, 海に, 海を, 深淵の, 湯気立っ, 溶けこむ, 滅多に, 火焔の, 火龍というも, 無慈悲にも, 無數, 無限の, 無限大に, 煌々と, 照り氷山, 照り返り, 燦爛たる, 燦爛と, 爛として, 独りで, 現れて, 現われずに, 現われたの, 現われない, 理由も, 生き疲れて, 生命を, 町の, 異郷の, 登らず道, 登らないん, 白い, 目に, 相変らず, 眞晝間に, 真っ白な, 眩しい白い輝かしさ, 矢張り太陽だ, 確かに, 磨きたての, 神, 祭日の, 積乱雲の, 空のも, 空気と, 笑って, 答へ, 約五〇〇万年, 紅くまた, 紅輪杲, 紫色に, 終日沈む, 終日花の, 絶えず空, 網の, 縦横無尽だ, 美くしい, 美しいで, 美しく波, 考えると, 耕作地を, 腐えた向日葵, 自分が, 自分ひとりだけを, 花の, 草の, 落ちかかった, 落葉の, 蒙古, 薄い雲, 薄く弱く風, 虐偽なりと, 血の, 西より, 見えずまた, 見えなかった, 見るに, 見透す瞳, 質量から, 赤い大きな, 赤い盆, 赤く地平線, 赤く暮れ方, 赤く澱み, 赭, 起重機の, 車輪の, 輝かしく空, 輝き, 近き将来, 逃げ場が, 透明なる, 運行し, 道徳的でも, 遠い空, 遠くの, 遠し, 遠眼鏡山の, 酒倉に, 酔つ, 重たくまた, 野に, 金色の, 鉛の, 鉛色の, 闇を, 隱れ, 難くとも, 雲から, 雲と, 雲の, 雲を, 雲間を, 青い, 青白く, 青白くなった, 青磁の, 静, 静かな, 頭上から, 風に, 馬の, 高いであろう, 高いところ, 高いビルディング, 高き眞空, 高くその, 高く小さく透明, 麗は, 麺麭屋の, 黄熟した, 黄銅の, 黒ずんだ樹木

▼ 太陽~ (373, 7.0%)

12 見ること 5 仰いで, 受けて 4 仰いだ, 見て, 見ると 3 もとめて, 中心として, 指して, 浴びて, 背に

2 [21件] うけて, まともに, まぶしさうに, めがけて, もって, 中心と, 今や取戻さね, 吸は, 囘る, 指した, 泳いで, 消せ生き残り, 目がけて, 眺めながら, 蔽うた, 見つめて, 見る, 見る熱, 讃美し, 迎へ, 隠して

1 [282件] あおぎ地, あけて, あの地帯, あびて, ありがたがりました, いた, いっぱいに, いやが, いるるべき余地, かくして, かくし六里ヶ原, かすめて, かすめるごと, さえぎったため, さえぎる大, さえ感謝, ささげた赤い, さし招いて, さへ, しいたげる悪霊, したって, して, だれが, つかもうと, どうする, ながめ叢, のせたまま, はかって, はじめて仰ぐ, はじめ他の, ふたたび見, ふり仰いだ, ふり仰ぎながら, ふり仰ぎ青空, まぶしそう, めぐる天体, めざし神, もつ自分, ゴットフリートは, ジツと, テダ是は, ドス黒く, マタハリと, 一周す, 一周する, 一月なかばまで, 一杯に, 三十分も, 二つの, 人間は, 仰いだとき自分, 仰いだの, 仰ぎ見た, 仰ぐ, 仰ぐこと, 仰ぐに, 仰ぐ日, 仰ぐ許, 信仰する, 停止させる, 其兄弟神と, 凝視し, 凝視て, 出して, 創り出すの, 動かして, 動くもの, 勝手なある, 包み込みやがて, 包んで, 包んでしまつた, 反射させ, 取り回した, 取り巻く生, 只の, 否定する, 吸收する, 吹き上げる, 呪うよう, 呼び戻すには, 回って, 回ると, 回るよう, 囲んで, 囲繞し, 地上に, 地中に, 夏には, 夢みたと, 夢中に, 大きく見積つて, 天麩羅だらう, 天麩羅だろう, 央に, 失うも, 奪いと, 孵化し出す, 宇宙の, 幾多の, 廻って, 廻るのに, 弄んで, 引きもどせるもの, 引き去った様, 弘文に, 強いて直視, 彼は, 待って, 復活させた, 微笑みながら, 必ずあなた, 忘れて, 恋うて, 恐るるやう, 恐れて, 惜んだ, 意味する, 感じさせる雰囲気, 憎むこと, 憎んで, 懸ける為, 懼れない, 拝まなかったこと, 拝みに, 拝むとき, 拝んだ, 拝んで, 持って, 指すシラシラ, 振り仰いで, 捕え朝, 掛け, 掠めて, 探究し, 掩し, 掩ひ隠し, 掲げるため, 掲げるもの, 掲げる人々, 描いて, 描いても, 握もう, 敵として, 時折かすめ, 暫くみ, 最高の, 望み, 望みましても, 望む, 望むが, 望むに, 望見せん, 構成する, 横に, 横の, 横切った雲, 欝蒼と, 欲するなら太陽, 求めて, 求め太陽, 決して花びら, 浴びながら, 浴びる火喰鳥, 浴び大, 浴び清らか, 浴び雨, 消し足もと, 渇望する, 漫々と, 潜める天才, 灼熱された, 焦点と, 画いた作家, 異国の, 目あてに, 目の, 直接抱きかかえる, 直視し, 直視す, 真正面に, 眩しさうに, 眺めた, 眺めた時, 眺めると, 睨んで, 知らない人, 礼讃し, 祀る邑, 祖先神と, 神聖視し, 窺く, 立てた日, 粗末に, 紅また, 置き換えさ, 置く, 翹望し, 背中に, 花嫁と, 萬物の, 蔽い隠して, 薄霧, 表わす, 表徴する, 表現する, 褒め称, 要するよう, 覆い全, 覆い西方世界, 覆い隠すか, 見あげた, 見あげて, 見ざれど, 見し, 見しことダンテ, 見し最後, 見ず, 見せない, 見そして, 見た, 見たが, 見たまえ, 見たら君, 見たり, 見たるを, 見た時, 見つめすぎた, 見つめた時, 見つめる事, 見つめる時, 見なかった, 見に, 見ぬいらだたし, 見ますと, 見るが, 見るため, 見るとき, 見るなり, 見るは, 見るよう, 見るを, 見る様, 見る毎夜星, 見れば, 見上げて, 見上げました, 見上げ次ぎに, 見出した, 見忘れないよう, 見火, 見美しく, 見詰めること, 見送りながら, 見雄々しい, 規準に, 覗きはじめつ, 覗くレンズ, 観よ, 記憶せし, 認めた時, 譬喩に, 讃める, 讚する, 象った石, 象徴した, 赤くいぶし, 赤色に, 身に, 迎えた, 迎えようと, 迎ふる, 追おうとして, 透して, 透し見ると, 除けるため, 際立つて, 静止する, 頭上に, 額に, 食おうと, 飽食し, 齎した神様

▼ 太陽~ (330, 6.2%)

17 向って 12 向かって 10 照らされて 7 輝いて 3 むかって, 向いて, 向つて, 最も近い, 照りつけられながら, 近いもの

2 [17件] てらされて, 傲岸な, 到着する, 反射し, 向けて, 向ふ, 呑まれた現実, 射られたやう, 最も多く, 照された, 照りつけられて, 礫の, 背を, 草の, 落下する, 近い土地, 類似し

1 [232件] あいさつする, あこがれるよう, あせばんだの, あたためられて, あたった氷, あたる, あてたらそれでも, あてると, ある, いさ, おけると, おもて, かざして, かんと, きらきらする, きらきら光っ, くすぐられて, さえずって, さらされたまま, して, しても, すがらなくとも, そっくりです, その顔, それから木々, それを, たいへん同情, たとえたかと, てらし風, とかされて, なければ, なぜ暖かい, なって, ぬくめられたハドソン河, のぞかれる, のみ込まれて, のられて, はぐくまれあたためられそして, ひらめきだす, ひらりと, まともから, むされすっかりぐったり, もって, やきつくされたサハラ沙漠, ゆだり切って, よく乾かした, リードされ, 不安を, 仕掛けたイルミネエシヨン, 仰いで, 似て, 依つて季節, 値の, 光って, 光らせながら, 光栄あれ, 出そう, 出たの, 刃向う, 半身を, 反いた, 叛かせ, 同人の, 向いた方, 向う如く磁針, 向かいて, 向けた, 向けた顔, 向けるの, 向けるよう, 向け最, 向ってすら, 向つてそれ, 向つて欠伸, 向つて開運, 向ひでも, 吹き上げて, 因みて, 因るもの, 墜落し, 墜落衝突し, 墜落衝突する, 墜落衝突すれ, 多くの, 射とおされる模様, 射られながら, 對し, 對する, 尻を, 届くと, 届く程, 従ッて, 忽ち濃厚, 思う存分浴, 思われた, 恵まれて, 感謝し, 成ったの, 成って, 戻らなければ, 手を, 捧げるため, 接吻された, 接吻される, 日灼けした, 映えた色, 映し浮いて, 晒されたらこれ, 晒されて, 暑そう, 暖められ頭痛, 暴露し, 曇りを, 曝して, 書いた, 書いた小説, 極めて近い, 比較すべき, 気がつけば, 求めたり, 汽船の, 浴する地位, 濡れ輝いて, 炎熱の, 炒られて, 焙りつけられ強慾, 焼かれたり, 焼かれた痕跡, 焼かれて, 焼かれると, 焼かれる家, 焼けて, 焼けるよう, 照され, 照って, 照らされいたましい, 照らされたいよう, 照らされたほの, 照らされたよう, 照らされた所, 照らされた自然, 照らされながらも, 照らされ乍ら, 照らしつけて, 照りつけられた関東平野, 熟した黄金, 熱くなった, 燬かれ, 異変でも, 盲従する, 直射され, 直面し, 相応し, 祈りました, 祝福された, 第一原因, 美わ, 翳し見たよう, 耀く木々, 肌を, 腹を, 自己が, 自己の, 落ち込まず月, 蒸されて, 蛇の, 蜂雀は, 血液を, 行きたまえ, 衝突する, 襲いかかる, 見えるやう, 見ること, 見立てるくらいは, 解ける雪達磨, 訴えました, 謝ま, 譬えて, 貢献する, 赤い帽子, 赤く光る, 蹴散らかされて, 身の上話を, 輝かせて, 輝きながら, 輝やき立っ, 近いほど, 近い下, 近い他, 近くなる, 近く集合し, 近づき少し, 近づき遠く, 近づくこと, 近づくもの, 近より, 近よりつつ, 近寄せて, 迫つて行つた, 透かして, 透けて, 遊星を, 達しかく, 達しようとでも, 達するに, 酔いしれた, 酔った建物, 酔ひまた, 酔ひ狂つた, 酔へる, 醒まされるよう, 銅鑼湾の, 鏡影録といふ, 開き中央, 関係あり, 関係ある, 隈なく, 随い, 雲が, 雲と, 面した方, 面して, 面すること, 面する方, 頭の, 顔を, 飢えた植物, 飢えて, 飽和し, 黒い斑点, 黒点が, 黒点の

▼ 太陽~ (200, 3.8%)

7 同じよう 5 月と, 薔薇 4 いっしょに, 一緒に, 水瓶の 3 同じやう, 同様な, 衝突する

2 [14件] はんの, ガスタンクの, 二つの, 云ふ, 反対の, 同じだ, 同様に, 吾, 地球との, 太陰との, 潮風に, 薔薇とが, 風と, 風とが

1 [134件] ある遊星, いって, これに, さわやかな, そのめぐりなる, その影, その祝典, それに, それを, たれにも, なって, なり, なりその, なりマリユス, なるの, なるべき中心点, にらみっこするとか, まちがえるよう, まちがっては, シットリした, ポプラ, 一しよ, 七つの, 交わった際, 他の, 余暇と, 侯爵とは, 信じすべて, 偉大と, 充ち足りた雨, 光を, 光栄とを, 冷たい風, 凍った月, 凍つた月, 前後左右に, 南風とを, 反對, 同じく黄色, 同じ光, 同じ大き, 同じ成分, 同じ方, 同じ様, 同じ物質, 同じ質, 同じ道のり, 同型の, 同質量, 呼び其一, 土とだけで, 土との, 地平線との, 地球と, 地球の, 城砦である, 多少の, 大地と, 大海との, 大空との, 天気を, 太陰とだけ, 太陰の, 引き合って, 引力と, 彗星の, 彼等の, 恒星が, 斜めに, 星と, 星とが, 星との, 暴風雲雨との, 暴風雲霧との, 月, 月とが, 月とは, 月とを, 月を, 月光との, 月輪の, 木星の, 松の, 植物系統は, 櫻と, 正反対の, 歩調を, 比較し, 水と, 水とに, 水との, 水とは, 水面との, 海と, 海原と, 澄んだ空気, 無心の, 燃える大空, 狂おしい南風, 玻璃瓶の, 生命とを, 白き球体, 白銀の, 真黒な, 碧空の, 空気とを, 第三時, 算術等々が, 美との, 群集との, 肉体, 自己の, 色の, 花と, 若干の, 蒼白い月, 蒼空と, 衝突した, 衝突するであろう, 衝突すれ, 裸の, 読めと, 遊星とが, 関係ある, 限りない, 雀と, 雑草と, 雨を, 雲とが, 雲霧とに, 青空とを, 風が, 風とを, 黒土との

▼ 太陽~ (100, 1.9%)

5 月も 3 その一つ, 星も 2 一点の, 地球も

1 [85件] あがらぬころ, あまり助け, いつか傾いた, しお, し地球, し雙兒宮, すこし青ざめ, すっかり墜ち, すでにその, その進化, それと, それを, だいぶん下, だいぶ昇り, だんだん空中, ちゃんとああし, どっちへ, なければ, のぞくよう, まじめに, またいつか, また光, また同じ, また多分, また太陰, また海, また自, みんな我々蛙の, もうかなり, アウステルリッツにおいては, 上らないのに, 人も, 冷えて, 冷却し, 出て, 出ない, 出はじめました, 十字に, 又あの, 又この, 唄う鸚鵡, 啓吉の, 喉が, 土壤も, 夏の, 大きな銀, 天に, 太陰も, 少しは, 幾重にも繁った, 心地よげ, 既に真昼時, 時勢の, 暖かくは, 暗く, 暗くなり, 更に高い, 殆ど夕暮れ近く, 沈まうとして, 沈むまえで, 消えうせて, 清澄な, 現実の, 皆我々蛙の, 皆目見えず, 眩暈めく, 緑色で, 老廃し, 自転し, 蜂の, 血に, 見えない程, 諸遊星, 讃めて, 貧しい様子, 輝けば, 近い, 運動し, 邪魔な, 金だ, 銀河と, 銀河系の, 雲嵐の, 風も, 首を

▼ 太陽から~ (71, 1.3%)

4 放出された 2 受取って, 遊星への, 遠ざかること

1 [61件] いろいろな, このよう, こぼれて, だんだん遠く, ばく大な, 一番遠く, 三千八百万里も, 二つの, 余りの, 侮蔑の, 借りられたもの, 僅に, 出た光線, 分れ出た地球, 分離した, 分離する, 去りは, 取って, 受取る輻射, 土から, 地球迄, 多量な, 寒冷な, 微塵を, 放射され, 最も遠い, 来る光波, 来る輻射熱, 水の, 発散する, 直射する, 眼を, 空間中に, 約二〇〇光年, 組立てられて, 薔薇色に, 街の, 見放された世界, 貧弱な, 距てられ, 迸る宇宙的, 迸射する強い, 追いやられそうして, 送られる熱, 送られる熱量, 遊星までの, 運ばれて, 遠いほど, 遠い星, 遠い遊星, 遠く反射, 遠ざかつた道, 遮ること, 釣りあげるひかり, 降り注ぐ清冽, 隔離され, 隔離された歪んだ, 隠して, 飛び出させたところ, 飛び出した削り屑, 飛び出した勢い

▼ 太陽~ (51, 1.0%)

7 月の 6 月や 4 地球も

1 [34件] それから自由, それ其自然其物の, 人間における, 冷たい雨, 地球から, 地球が, 地球を, 天なら, 少年世界も, 恒星に, 惑星の, 星は, 春の, 月から, 月やにん, 月を, 樹や, 樹木や, 火星や, 燈火の, 空などを, 空気などに, 空気や, 草木や, 草木風景なぞよりも, 薔薇の, 行く雲, 諸遊星, 輝き出した太陽, 遊星が, 野や, 電燈の, 青空を, 香の

▼ 太陽~ (39, 0.7%)

2 とし, なること

1 [35件] がある, が創造, たること, であつ, である, として何, とジュピター神, と信じ, ならざる可, なりとす, なると, なるに, にし, にも叱られず, によせ, に問いし, に寄せた, に対する美しい, に捧げ, のみを認めよう, のみ母, の他, の化現即, の姿, の形代製作, の御, の神田, の祭り, の素質, も単に, を持つ, を理想, を生む, を象り, 若しくはにれ

▼ 太陽~ (19, 0.4%)

2

1 [17件] がニコニコ, が出さつせえ, が東, が沈んだ, が白い, が黄色く, でしょう, と白金, の光, の光り, の有難味, は女, は真, は結構, も御, も星, をふところ

▼ 太陽より~ (16, 0.3%)

1 [16件] もっと平均, 之を, 受くる, 大きく見え, 大なる, 少し後れ, 後る, 成り両者, 数千倍大きい, 昼夜不断に, 来りぬ, 油虫に, 海の, 赤く燦, 逃れんと, 高いの

▼ 太陽よりも~ (16, 0.3%)

1 [16件] もっと輻射, 低きを, 光あれ, 六〇〇万倍の, 力強いこと, 咲誇る, 大いなるに, 大きいという, 小い, 強い光輝, 強き光を, 強烈な, 明かるく, 春よりも, 更に高い, 約八〇倍

▼ 太陽~ (15, 0.3%)

2 から昇る, ということ, とか薔薇 1 か判然, が空, とかそんな, とする, と早, のが, のと, 奇蹟だ, 月は

▼ 太陽神話~ (15, 0.3%)

4 としての解釈 2 なりとする 1 とし, として解釈, として釈, とは同じ, と云う, と名づけたる如き, と称す, なりとして, の名目

▼ 太陽との~ (14, 0.3%)

3 間に 2 間の 1 ありがたさ, いとし子, この一応, 中間における, 中間を, 事柄も, 引力の, 距離六千二百万哩の, 間が

▼ 太陽からの~ (12, 0.2%)

2 距離は, 距離を 1 光線が, 放射粒子線を, 温熱の, 距離が, 輻射が, 輻射を, 輻射熱と, 遊星の

▼ 太陽~ (12, 0.2%)

2 あつた 1 ありすぎたかも, いなければ, その岩, その辺, むれるよう, 乾かす, 察せられた寒気, 朝から, 毛虫は, 焼かれる迄

▼ 太陽には~ (11, 0.2%)

1 [11件] かわりが, それぞれいくつかの, 不斷, 住民が, 十分恵まれた, 恵まれて, 最後の, 未だ何, 焼かれるよう, 虹色の, 魚の

▼ 太陽黒点~ (11, 0.2%)

2 は太陽 1 がだんだん, が地球, と日本, と関係, に相当, のこと, の光, の周期, の週期

▼ 太陽さん~ (10, 0.2%)

2 をかくし 1 お太陽さん, が氷, とで氷, と輝く, の方, は氷, をかくす, 強い者

▼ 太陽そのもの~ (10, 0.2%)

2 から出 1 すら殆ど, だ, であって, でもなく, の味, の大き, は輝い, を生命

▼ 太陽だけが~ (10, 0.2%)

1 あった, かがやいて, ますます調子づく, 一点の, 日に, 白く輝い, 空から, 運動し, 静かな, 頭の

▼ 太陽~ (10, 0.2%)

2 おれも 1 おなじ処, そして嫉妬, 御身を, 悠揚と, 新しく, 汝は, 汝解く, 豊かな

▼ 太陽~ (9, 0.2%)

1 ながしめを, 仰向いて, 廻る地球, 拍手を, 登つて行つた, 背を, 落ち込むに, 衝突せぬ, 鏡影録を

▼ 太陽という~ (7, 0.1%)

1 ものに, ものは, わけで, ヴォルフの, 一つの, 言葉が, 言葉を

▼ 太陽さま~ (6, 0.1%)

1 お庇, が上らっした, だ, に腹, はもう, を拝み

▼ 太陽とは~ (6, 0.1%)

1 おもむろに雪, まったく気性, 何である, 反対の, 得難い, 相違し

▼ 太陽にも~ (6, 0.1%)

1 倦きしか, 同時に其の, 真暗な, 胸を, 雲が, 頼めるなら鍛冶

▼ 太陽をも~ (6, 0.1%)

2 容赦しない 1 おおい隠して, 含めて, 斬って, 黒く冷たくする

▼ 太陽太陰~ (6, 0.1%)

1 が回る, と同様, に対する近親関係, の合, 並びに五つ, 及び星

▼ 太陽~ (5, 0.1%)

1 あるいは多分, さもなく, 又は太陽, 地球かに, 虹か

▼ 太陽である~ (5, 0.1%)

1 か樹木, という説, といえるでありましょう, とか, とらいてうさん

▼ 太陽では~ (5, 0.1%)

1 この偏差, なかった, なくて, なくまた, 一つ一つの

▼ 太陽~ (5, 0.1%)

3 のだ 1 んだ, んです

▼ 太陽に対して~ (5, 0.1%)

1 いいしれぬ, では, 一年を, 少しく傾い, 自分の

▼ 太陽みたい~ (5, 0.1%)

1 な輝, な輝かしい, に塗っ, に彼, に輝い

▼ 太陽マジック~ (5, 0.1%)

3 の歌 1 なん, のうた

▼ 太陽並びに~ (5, 0.1%)

2 天体の 1 天體の, 当時知られ, 恒星の

▼ 太陽~ (5, 0.1%)

1 にいたれ, にてダンテ, に停まっ, に入り, を司る

▼ 太陽夫妻~ (5, 0.1%)

1 にとっては自分ら, によって全然, はあまりに, はそんな, は全能

▼ 太陽~ (5, 0.1%)

2 の住民 1 の近く, を流れ, を覗いた

▼ 太陽でも~ (4, 0.1%)

1 あるかの, ない, 出たかの, 雲でも

▼ 太陽と共に~ (4, 0.1%)

1 しないこと, 床に, 西へ, 起き上ったもの

▼ 太陽どの~ (4, 0.1%)

2 太陽どの 1 毎朝ご, 毎朝ごく

▼ 太陽まで~ (4, 0.1%)

1 いく里, きらきら, 届くの, 行くには

▼ 太陽までが~ (4, 0.1%)

1 うっとりと, すまし行く, 三人の, 風の

▼ 太陽内部~ (4, 0.1%)

1 が原子, の放射性物質, の温度, の高熱高温

▼ 太陽~ (4, 0.1%)

1 ということ, というの, とかいう溌剌, の映画

▼ 太陽~ (4, 0.1%)

1 には相当, の照射, もつけ, を用い

▼ 太陽系統~ (4, 0.1%)

1 から太陽, に属し, は一時滅亡, は或

▼ 太陽たる~ (3, 0.1%)

1 を感じ, 女帝は, 女神に

▼ 太陽であり~ (3, 0.1%)

1 ながらその, また血, 新世界

▼ 太陽として~ (3, 0.1%)

1 この宇宙, その作, その周囲

▼ 太陽としての~ (3, 0.1%)

2 日の 1 電流の

▼ 太陽とに~ (3, 0.1%)

1 恵まれて, 比較せらるべき, 知らず識ら

▼ 太陽とも~ (3, 0.1%)

1 あろうもの, いうよう, 電気とも

▼ 太陽なる~ (3, 0.1%)

1 がゆえに, こと此神話によりても, 哉我は

▼ 太陽ばかり~ (3, 0.1%)

1 でありました, でなく水, 動いて

▼ 太陽への~ (3, 0.1%)

1 合唱隊だった, 讃歌, 距離の

▼ 太陽コンパス~ (3, 0.1%)

1 の助け, の観測, はもう

▼ 太陽~ (3, 0.1%)

1 に存する, に棲息, に隕石

▼ 太陽勢力~ (3, 0.1%)

1 が雪, の利用, を使う

▼ 太陽及び~ (3, 0.1%)

1 その他の, 地球の, 諸遊星

▼ 太陽崇拝~ (3, 0.1%)

1 が基礎, に結びついた, に聯絡

▼ 太陽~ (3, 0.1%)

1 あてて, でもかけます, をかけさせ

▼ 太陽白羊宮~ (3, 0.1%)

1 にありし, にあれ, の後

▼ 太陽神話説~ (3, 0.1%)

1 の反対論者, の夫自身, を証明

▼ 太陽~ (3, 0.1%)

1 の方, も反駁, をふりまわし

▼ 太陽足袋~ (3, 0.1%)

2 ですね 1 の足跡

▼ 太陽からも~ (2, 0.0%)

1 忘れられた二人, 許されそう

▼ 太陽その~ (2, 0.0%)

1 中に, 物が

▼ 太陽それから~ (2, 0.0%)

1 乳の, 硫黄です

▼ 太陽だって~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 天に

▼ 太陽とか~ (2, 0.0%)

1 天道とか, 星を

▼ 太陽とが~ (2, 0.0%)

1 あるばかり, 生まれアミーバ

▼ 太陽とともに~ (2, 0.0%)

1 彩って, 白羊宮に

▼ 太陽について~ (2, 0.0%)

2 二つの

▼ 太陽についての~ (2, 0.0%)

2 楽しみそういう

▼ 太陽によって~ (2, 0.0%)

1 煖まる, 自分の

▼ 太陽に対する~ (2, 0.0%)

1 ように, 眩惑であり

▼ 太陽まさしく~ (2, 0.0%)

1 天頂に, 頭上に

▼ 太陽または~ (2, 0.0%)

1 恒星星雲との, 日の

▼ 太陽もしくは~ (2, 0.0%)

1 夜, 赤道

▼ 太陽もろ~ (2, 0.0%)

2 とも去

▼ 太陽よりは~ (2, 0.0%)

1 大きい, 小さい球形

▼ 太陽スペクトル~ (2, 0.0%)

1 の七色, の図版

▼ 太陽~ (2, 0.0%)

1 見ナイ, 識ルニ似

▼ 太陽中心~ (2, 0.0%)

1 からの距離, の北側

▼ 太陽~ (2, 0.0%)

1 と地球人, を笑

▼ 太陽以外~ (2, 0.0%)

2 の星

▼ 太陽奥さん~ (2, 0.0%)

1 というマンガ, なん

▼ 太陽崇拜~ (2, 0.0%)

1 に關係, の我國民

▼ 太陽旋渦~ (2, 0.0%)

1 から遊星系, の中

▼ 太陽星雲~ (2, 0.0%)

1 から諸, の収縮

▼ 太陽月星~ (2, 0.0%)

1 などの模様, のごとき

▼ 太陽漸く~ (2, 0.0%)

1 冷えて, 冷え地球

▼ 太陽燈療法~ (2, 0.0%)

1 についての本, に関する本

▼ 太陽~ (2, 0.0%)

1 である, な昼

▼ 太陽直下~ (2, 0.0%)

1 の大空, の風光

▼ 太陽礼拝~ (2, 0.0%)

1 に移っ, の土地

▼ 太陽神マルドゥク~ (2, 0.0%)

1 が万象, と同様

▼ 太陽神崇拝~ (2, 0.0%)

2 の時代

▼ 太陽系統以外~ (2, 0.0%)

1 に運搬, の恒星界

▼ 太陽~ (2, 0.0%)

1 が私, とかいう手筋

▼ 太陽自身~ (2, 0.0%)

1 が暗, よりも大きい

▼ 太陽~ (2, 0.0%)

1 にパッパッパッ, の大

▼ 太陽~ (2, 0.0%)

1 すなわち日輪花, とも日輪花

▼ 太陽表面~ (2, 0.0%)

1 におけるよう, に届いた

▼ 太陽~ (2, 0.0%)

1 遊星を, 遊星及び

▼ 太陽質量~ (2, 0.0%)

1 の一グラム, の約

▼ 太陽雙兒宮~ (2, 0.0%)

1 にあり, にありき

▼1* [211件]

太陽あるいは分子, 太陽かと思いましたから, 太陽からは遠いし, 太陽がとほりすぎるだらう, 太陽がのぼつて, 太陽がまん円く平, 太陽がわづかに, 太陽くらいの大きさ, 太陽ぐらいの大きさ, 太陽こそ恒に, 太陽この愛と, 太陽さえ小っぽ, 太陽しんが, 太陽じゃありませんか, 太陽すでに地平線下に, 太陽そのままに燃え輝きました, 太陽その他萬物の造主, 太陽だけだ, 太陽だけはこの地球, 太陽だったが心, 太陽であったにせよ, 太陽であるならばお前, 太陽であろうと返事, 太陽ですよ, 太陽でないとからだ, 太陽といったような, 太陽といふことである, 太陽とかに依って, 太陽ときたら気の毒な, 太陽とけものに, 太陽とで鳶らしい, 太陽とでも称して, 太陽となつて狂ひ輝く, 太陽とに関する長周期, 太陽とより生る, 太陽など見上げたこと, 太陽などが何年分も, 太陽などとしたの, 太陽などを長く見つめる, 太陽なら女は, 太陽ならずや神, 太陽についてもまた同様, 太陽につれて膨み, 太陽によつて永久に, 太陽に関する考察に, 太陽のどしゃぶり, 太陽のみ知りて, 太陽のよこ照らし, 太陽ばかりがこれらゆがん, 太陽ばかりは人類の, 太陽ひとたびゲルマン帝国の中心, 太陽へも出して, 太陽またその太陽, 太陽までの距離の, 太陽までも消えて, 太陽までもが何等かの, 太陽やがて落ち行けば, 太陽ようやく地平線下に, 太陽よとも書いた, 太陽よりの距離との, 太陽をばツォイスの, 太陽をめぐっていたレキセル彗星, 太陽イエルサレムの子午線, 太陽エネルギーには十分, 太陽在ツテイナケレバナラナイ場所ニ, 太陽ガ汗ニ濡レタ背ナカヲ照ラシタ時, 太陽コソ恒ニ北ニ在ルノダ, 太陽ニ随テ回転ス如シ日ガ東ニ昇レバ則チ花ハ東ニ朝ヒ日ガ天ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, 太陽ヘリオスと太陰セレネ, 太陽ホテルでしばらく, 太陽マヂツクの歌, 太陽一つを空, 太陽七つ出づと云ふ予言, 太陽上層のいわゆる, 太陽下り坂製粉所断巌の上, 太陽をかけ, 太陽中天にあり, 太陽乾き切った砂礫の, 太陽の話, 太陽付近に甚だしく, 太陽以上には君, 太陽の輻射, 太陽信仰の存する, 太陽先生のする, 太陽先生どもさぞかしガヤガヤ, 太陽六千マイルの東, 太陽円く閃めく, 太陽円盤の象徴, 太陽冬至線若しくはその, 太陽創造の崇高, 太陽に進む, 太陽北方より照らし, 太陽半径の三分の一, 太陽即ち星が, 太陽同じく照す, 太陽国民之友, 太陽地下に入らず, 太陽地平線に上れ, 太陽地平線下に入る, 太陽地球その他の天体, 太陽地球人間陸と水等, 太陽地球太陰及び諸星, 太陽の恒星, 太陽堂社長などと築地, 太陽夏至線若しくはその, 太陽河口, 太陽大地大勢を知らず, 太陽天火星天と天, 太陽夫婦は三宝, 太陽がお, 太陽女神は自分, 太陽子午線を過, 太陽寒い北風が, 太陽に海洋, 太陽崇拜構築の爲, 太陽崇拝構築のため, 太陽嶋夕づく塔, 太陽巒際に臨み, 太陽広場から左手, 太陽すなわち武田伊那丸, 太陽がぼんやり, 太陽待ちといっ, 太陽微塵とが太陽, 太陽恒星がかつて, 太陽文芸倶楽部帝国文学目ざまし草などといふ雑誌, 太陽小説文藝界文章世界それから, 太陽新聞主催の見世物, 太陽旋渦ABCはそれ, 太陽族ブームがおこり, 太陽族山小屋を襲う, 太陽既に傾きて, 太陽日ごとに二度, 太陽を支配, 太陽の太陽, 太陽春分にいたり, 太陽春花の咲き, 太陽に天, 太陽曙光を逐う, 太陽朝霧に蔽, 太陽の成立後, 太陽だ, 太陽板面の周縁, 太陽模様図の, 太陽もみ, 太陽が水星, 太陽次第に登るに, 太陽になり代っ, 太陽水空気等から絶えず, 太陽は悠然と, 太陽して, 太陽をした, 太陽じゃない, 太陽流珠常に人, 太陽温度の開き, 太陽滅亡の悲惨, 太陽澄んだ空の, 太陽ゆる人間, 太陽燈浴室が現れる, 太陽父母の遺産, 太陽物理学研究所長をつとめ, 太陽物質より成る, 太陽現にこ, 太陽生きものが生きもの, 太陽生れそれに附随, 太陽當時遊星の一, 太陽當體地球當體は甚だ, 太陽を秘む, 太陽相互の衝突, 太陽眞珠の波, 太陽真珠の波, 太陽磨羯宮にある, 太陽神たるの性質, 太陽神即御日, 太陽神的な高, 太陽神話論を立て, 太陽程の大きさ, 太陽空気気圧の如き, 太陽竝びに天體, 太陽の下, 太陽の天体, 太陽紫外線は案外よく, 太陽紫外線強度の測定, 太陽統制の全体, 太陽の甘, 太陽の隙間, 太陽自らその光, 太陽自体に変り, 太陽若しくは田土の, 太陽草木そして土石, 太陽などはいたる, 太陽もとんでる, 太陽褪金色の若い, 太陽西より出, 太陽むと欲る, 太陽讚美の秀, 太陽赤道のまわり, 太陽近くまで来る, 太陽遊星及びその, 太陽運行に基き, 太陽道士と火経, 太陽酒場から口, 太陽の距離, 太陽雰囲気のこの, 太陽雰囲気中で凝縮, 太陽の温度, 太陽面通過を見た, 太陽風雨夏冬のそれ, 太陽という映画館, 太陽高度は分っ, 太陽黒点上の光, 太陽黒点中にしばしば