青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「宮廷~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

客観~ 客間~ 宣~ 宣伝~ ~室 室~ ~室内 室内~ ~宮 宮~
宮廷~
~害 害~ ~宵 宵~ ~家 家~ 家々~ 家中~ 家人~ 家内~

「宮廷~」 1318, 14ppm, 8137位

▼ 宮廷~ (422, 32.0%)

5 お目, 御あるじ, 御在所 4 伝承を, 信仰を, 御恩徳, 神に 3 主上の, 人々の, 人々は, 勢力が, 呪詞, 御神楽, 歌合せの

2 [26件] 中で, 主の, 人々, 人たちが, 伝承では, 信仰, 信仰が, 儀礼に, 力が, 大祓式は, 御門を, 権威に, 正しかるべき, 歴史は, 生活を, 相撲の, 神名の, 神楽は, 神道では, 語部が, 語部として, 諺が, 采女は, 陰謀は, 陰謀を, 隠謀

1 [318件] ある大官, ある所, うちに, うちも, ことに関する, ことを, こと神聖な, そこかしこに, それも, つぎは, なまめかしき舞踊, ひつぎで, ほうへも, もとに, ものすら, ものに, ものは, よび名である, オルガン弾き, モンセーニュールの, 一役人だった, 一種の, 上の, 上品な, 不興を, 中に, 主上が, 主上は, 主人なる, 事に, 事情も, 事情を, 二人の, 人々から, 人々及び, 人が, 人たちに, 人たちも, 人たちを, 人だった, 人であり, 人に, 人には, 仕立屋こと二番目の, 代理者としての, 仲秋宴, 伝へとが, 伝承歌を, 低俗な, 侍側閣員内外の, 侍女であった, 供奉官と, 保護の, 信仰と, 信仰は, 信任を, 儀式を, 儀礼, 儀礼古, 儀禮と, 元旦朝賀の, 光景を, 公祭中, 内と, 内にも, 内の, 内事などは, 内侍宣など, 冬祭りなる, 出入りを, 劇場の, 動きについての, 勢力の, 千秋万歳も, 博士共を, 卜部に, 厄は, 収入を, 名です, 周囲とだけは, 呪言は, 命令は, 図書室の, 地主神並びに, 外では, 大事なる, 大嘗, 大官は, 大巫, 大広間で, 大歌, 大歌所, 大殿祭や, 大祓へに, 大祭毎に, 大節会, 大納言, 大臣や, 女たちも, 女官の, 女官達さえ, 女性や, 女性を, 女房たちは, 女房の, 女房は, 女房文学では, 女房生活に, 女房生活を, 奴僕どもは, 如きは, 婦人にも, 守りに, 守衛に, 宗教と, 宗教に, 宗教を, 官司の, 官吏や, 官女は, 実情は, 宣命が, 宣命の, 宦官の, 宮, 宴遊の, 尊崇する, 尊貴な, 尚書を, 巫女, 巫女である, 巫女なる, 巫女の, 巫女達, 師範家の, 常用語が, 常用門とも, 広さ, 庭へまで, 建物に, 式日の, 式楽に, 引見式で, 役人の, 後宮の, 御儀, 御寄進, 御屋敷, 御料の, 御歌会, 御産, 御用の, 御用品, 御神, 御竈木, 御経済向き不如意, 御薪, 御費用, 御趣意, 思召しも, 慣例に, 所在地である, 才男が, 才男は, 才男を, 招きに, 指令によ, 描写などは, 政を, 文化, 文化の, 文字的詩歌に, 文学を, 斎川水の, 新嘗祭は, 新室寿, 新年行事である, 方で, 日常交際の, 旧儀, 春の, 時代, 時分天子様の, 晩の, 書物を, 最高の, 村, 楽人を, 楽長の, 様式だけを, 模様が, 権与, 権臣として, 歓迎は, 正儀として, 歴史を, 気受けの, 流行に, 流行を, 浅ましい限り, 海語部は, 溯れる限り, 物語は, 現状を, 理想が, 生活が, 生活だ, 生活に, 生活の, 生活は, 生活も, 生活信仰に, 生活様式だけが, 生活様式を, 癌を, 癌社稷の, 発祥時よりも, 盛時を, 監察官は, 相撲節会が, 礼に, 祖先が, 祖先といふ, 祖神に, 祖神も, 祝祭の, 神の, 神及び, 神嘗祭り, 神聖に対して, 神職で, 神道が, 神道の, 祭に, 祭りに, 祭りの, 祭り日や, 祭事などに, 私事の, 秘めごと, 秘用に, 第一人者は, 第一線に, 管弦楽は, 簡単な, 系図は, 系譜を, 紊れ, 組織は, 給料や, 美人たちとの, 美女は, 習俗を以て, 考へ, 聖なる侯補, 職員として, 臣中の, 臨時詞章に, 舍人や, 舎人として, 若公卿, 若公卿たち, 葬式の, 行事および, 行事が, 行事では, 行事に, 行事の, 行事及び, 規則が, 覚えめでたく, 言いまわし, 言ひ, 言葉即ち, 記録係, 語部である, 語部としての, 語部は, 誰の, 誰よりも, 諫議郎趙儼から, 諸儀式, 護衞と, 貴人達と, 貴婦人や, 貴紳の, 踏歌の, 踏歌や, 近所へ, 近臣の, 道化の, 采女に, 采女等によ, 重臣でも, 鎮魂式には, 長閑な, 門を, 阿諛迎合が, 陰事をも, 陰謀や, 陰陽道は, 雅会に, 雅宴に, 音楽が, 音楽教師と, 領分の, 領土の, 領地と, 顧問弁護士は, 風が, 風に, 風尚, 風流は, 食卓に, 饗宴に, 高い地位, 高官が, 高級巫女は

▼ 宮廷~ (182, 13.8%)

4 おかせられては 3 仕へて, 帰って, 於て 2 傳はる神の, 出入し, 占め得た藤原氏, 召されて, 属して, 於いては, 於ては, 来て, 立ち廻らせられたもの, 行はれた

1 [149件] あったはなやか, あつた, あつて, ある御, いた人, いた古い, いた頃, いつも無駄口, いまは, いるほどの, いろ, おいてた, おりました私, お百度, つかへる人, 一人も, 一人フランシス・ベエコンが, 一撃を, 上られる事, 上られ更に, 事えて, 事へ, 五万人分の, 仕えた公卿, 仕えとくに, 仕えること, 仕える人々, 仕える臣下, 仕へた場合, 仕へた男女, 仕へるやう, 仕へる人々, 仕へる諸家, 伝はる神の, 伝る, 伝わる神, 伝誦せられ, 似た生活様式, 使役し, 使節を, 侍る皇族, 入ったの, 入つた, 入つたの, 入つたもの, 入つた海語部, 入り帝, 入る, 入ろうと, 其を, 出た, 出て, 出入する, 出入りし, 別れを, 力を, 参入し, 参内した, 及ぼして, 古くあつた, 召された, 召し出されること, 向かって, 呪言の, 呼び集めました, 喪が, 奉仕させる, 奉仕し, 奉仕した, 奉仕し始めた, 奉仕する, 奏する事, 妙な, 姿を, 宿直の, 寄与せられた, 帰ること, 帰一せられ, 御竈木, 復活する, 徴され, 或は貴族, 戦犯なし, 戻ると, 扶植する, 拝謁に, 拝趨する, 採り入れられて, 搬ぶ, 摂り入れられて, 敵意ある, 於いて, 於かせられても, 於けるもの, 於ける主上, 於ける公, 於ける古い, 於ける呪詞, 於ける此等, 於ける生活其もの, 於ける男性, 於ける諸, 於る, 會同し, 服従を, 栄えて, 歓迎される, 正史あり, 漢詩の, 漲らしめたる寧ろ当然, 漸次に, 現われた, 現われたとき, 用ゐられた, 用事が, 着いて, 知らせたがらない, 確立した, 私が, 籠つてゐる, 聞えた時, 行き祖父, 行はれ, 行はれ始めた, 誓ひ奉らね, 起こった出来事, 身近な, 迎えられた, 近いもの, 近づいたり, 近づき畿内, 近づき社寺, 返って, 送り届けら, 送り返さねば, 這入って, 這入つて, 這入つて行つたの, 這入られると, 進めようと, 達し拝謁, 遺つて, 還られなかつたの, 関係の, 限つて言つても, 集う伊達男たち, 集めら, 骨牌会が, 黄面の

▼ 宮廷~ (46, 3.5%)

5 中心に 4 めぐつて 3 中心と, 中心として 2 暴動の

1 [29件] とりまく貴紳, ひっかきまわした妖僧ラスプーチン, 上に, 出て, 去って, 去ると, 大家, 威圧する, 守る事, 守る聖職, 守る霊音, 当時沸きたたせ, 思い出して, 悩ましたの, 支配し, 敬ふ, 洗練された, 浄めて, 牛耳って, 礼し, 私しよう, 考へるのに, 自分の, 襲っても, 見て, 見るの, 訪ね彼ら, 語り縉紳, 護衛し

▼ 宮廷から~ (35, 2.7%)

4 賜る資人 2 一人の, 否定せられ, 離れて

1 [25件] もっとよく知られたら, パリーの, 下されたもの, 下つたもの, 伊勢や, 伝つた神秘な, 伝へた呪詞, 公卿が, 出て, 国々の, 定められたもの, 封地を, 彼に, 支出された, 来たもの, 民間まで, 淀川を, 畿内の, 絶対に, 賜つて居る, 近衛使が, 退かせたの, 退ると, 遠ざけられたの, 馬を

▼ 宮廷~ (35, 2.7%)

2 言へば

1 [33件] ある大官, お召し, なすべき仕事, のらりくらりと, はっきりと, 一番えらい, 一番高い, 仙台侯に, 何かの, 使つてゐる, 凡て改作せられた, 唱へ, 大祓へと, 奏したので, 好遇, 尊信した, 巫女の, 整理し, 春御歌会を, 気に入らない人, 真床襲衾, 神を, 稀に, 育ちました, 育って, 華々しい成功, 行はれ, 行はれた, 行われて, 諸国から, 過ごした後, 長いもの, 飼っては

▼ 宮廷生活~ (31, 2.4%)

1 [31件] から放逐, が回顧, が彼, が描写, が豪華, で言, と申せましょう, においては女性たち, に依つ, に於, に親しんだ, に関する浮説, に馴れた, の上, の中, の内幕, の楽しい, の要求, の間, の需要, はさらり, は描き出され, も文明的施設, も貧しい, をし, を中心, を去り, を四半世紀, を模, を模倣, を髣髴

▼ 宮廷では~ (30, 2.3%)

1 [30件] のりと, ひつぎ他氏で, ひめとねと, もう一つ, よく局, 中天皇, 中臣, 主上自身上皇, 人間を, 其直属でない, 十一月中に, 大殿祭と, 天子, 天皇が, 彼のみ, 斎部, 旧くからの, 早くに, 早く其, 昼夜の, 朝賀の, 正月朝賀のを, 此人形と, 物の, 狂言方の, 皇女は, 繰り返して, 自家の, 音楽会が, 驚いて

▼ 宮廷~ (22, 1.7%)

1 [22件] では斯様, で発生, における礼式, にはそれ, に於, に自己, の, のあつ, のあらゆる, のゴシップ, の割れ目, の動揺, の勢力, の従僕ら, の気配, の無為, の結束, の緊張, の謀議, の陰謀, は流言蜚語, へも聞え

▼ 宮廷~ (17, 1.3%)

1 [17件] いひ君臣, フランダースの, 上流社会とを, 事情を, 仲違いした, 仲違いを, 伊勢とに, 同様な, 同様の, 地方自, 実隆との, 特殊の, 生活様式を, 神社とを, 臣下, 自分等の, 里方との

▼ 宮廷~ (16, 1.2%)

1 [16件] さながら百年, さびれかね, 一つの, 乱れ人望, 勿論上流公家, 大騒ぎに, 年中儀礼, 当時なお, 彼を, 我々が, 或時期, 生活の, 神の, 蔵し, 謎と, 闇と

▼ 宮廷詩人~ (16, 1.2%)

1 [16件] が代作, が居, が必, が時々, が歌, としての代作事務, としての鍛錬, として宮廷, とも言, と田舎, の作, の作物, の俤, の初, の為事, を召しかかえた

▼ 宮廷~ (15, 1.1%)

1 [15件] かまたは, と見える, に近づく, の中, の知的遊戯, の群衆, の腐敗内紛, の要路, の間, の風, はいぜん, は腹, は軽蔑, ばかりの百二, を思わせる

▼ 宮廷~ (14, 1.1%)

1 [14件] お上げ, はいって, はいられるころ, 仕へて, 伺候し, 使を, 出ること, 奉つた稲穂, 奉る処, 手紙を, 旧十月亥, 行ったとき, 貢進した, 這入つた

▼ 宮廷~ (13, 1.0%)

4 貴族の 1 それを, 僧侶に, 公家の, 大社の, 官庁に, 富豪の, 巷を, 按司一族との, 貴族に

▼ 宮廷~ (12, 0.9%)

1 [12件] として人麻呂, として用, と言, の意義, の行, の起原, は, はその, へ, もおのれ, よりも前, 及び叙事詩

▼ 宮廷~ (11, 0.8%)

2 大和に, 最初の 1 お思われ, こんなに荒れた, 人民を, 国家意識の, 圧迫され, 抱いた気, 最甚

▼ 宮廷にも~ (11, 0.8%)

1 [11件] かうした口頭伝承, ないと, 備って, 備つて居た, 入り又, 入るべきであ, 出入しない, 既に行うた, 春の, 見られるの, 這入つて

▼ 宮廷への~ (10, 0.8%)

4 敬意の 3 出入りを 1 伺候を, 密書だけ, 精勤人と

▼ 宮廷貴紳~ (10, 0.8%)

2 の間 1 と何, と同じ, の, の伝統, の心, の文学伝統, を中心, を挙げ

▼ 宮廷には~ (9, 0.7%)

1 千人の, 多い時, 多かった, 大きい二つ, 宮廷の, 最高の, 演じなかつたらう, 父王と, 詩人ピンダロスシモニデースエピカルモスバッキュリデースアイスキュロスなどが

▼ 宮廷において~ (8, 0.6%)

1 其社を, 北御門と, 占めること, 宣下せられ, 宮廷領の, 政権を, 新村落, 王の

▼ 宮廷における~ (8, 0.6%)

1 三神器の, 奢侈は, 彼の, 男女の, 祈祷や, 神主は, 貴顕社会の, 部民継承の

▼ 宮廷より~ (8, 0.6%)

5 外には 1 一掃し去れり, 下は, 出迎

▼ 宮廷以外~ (7, 0.5%)

1 では才, の人形, の地方, の神社, の豪族, の邑落, は多く人形

▼ 宮廷~ (7, 0.5%)

5 を通過 1 の分化, の分立並び

▼ 宮廷~ (7, 0.5%)

1 との交渉ぐあひが, に変容, の大, の好み, の殻, の穂祭り, の訳語

▼ 宮廷でも~ (6, 0.5%)

2 天子自ら神主として 1 他の, 定まった行事, 物部, 盛んに

▼ 宮廷との~ (6, 0.5%)

1 血縁関係の, 違うた呼び名, 間を, 関係その他を, 関係は, 関係を

▼ 宮廷及び~ (6, 0.5%)

1 伊勢の, 其に, 地方的権威者を, 皇族では, 社会状態の, 邑落の

▼ 宮廷~ (6, 0.5%)

2 と天子 1 に仕, に仕え, の最, の祭祀

▼ 宮廷貴族~ (6, 0.5%)

2 の家長 1 からいつも, に仕へ, の伝承, の思想

▼ 宮廷守護~ (5, 0.4%)

3 の為 2 の爲

▼ 宮廷楽師~ (5, 0.4%)

2 の朱色, の衣裳 1 の吹奏

▼ 宮廷祝詞~ (5, 0.4%)

1 と似た, の中, の形, の概念, を奏する

▼ 宮廷関係~ (5, 0.4%)

1 ではまさにそう, などの事蹟, の人たち, の原稿, の駒

▼ 宮廷~ (4, 0.3%)

1 にわかに宮人, もとは, 少しお, 軍隊も

▼ 宮廷伝承~ (4, 0.3%)

2 の祝詞 1 に習合, の大

▼ 宮廷劇場~ (4, 0.3%)

1 にアービング, に上演, のヴァイオリニスト, の静か

▼ 宮廷婦人たち~ (4, 0.3%)

2 の手遊び 1 がその, がルッソー

▼ 宮廷政治~ (4, 0.3%)

4 の宰相

▼ 宮廷文学~ (4, 0.3%)

1 であるという, に著しい, の匂, を生む

▼ 宮廷行事~ (4, 0.3%)

1 が御, に使, に残つて, や社寺参詣

▼ 宮廷音楽団~ (4, 0.3%)

1 が毎週, の協力, の第, の管弦楽

▼ 宮廷での~ (3, 0.2%)

1 事のみを, 現在の, 身かたが

▼ 宮廷に対する~ (3, 0.2%)

1 奉仕の, 歴史的関係を, 誓約を

▼ 宮廷へも~ (3, 0.2%)

2 聖職奉仕に 1 伊勢へも

▼ 宮廷其他~ (3, 0.2%)

1 の儀礼, の女房生活, の御所

▼ 宮廷~ (3, 0.2%)

1 にも行, に出, の神

▼ 宮廷婦人~ (3, 0.2%)

1 の一群, の亞琉, をはじめ

▼ 宮廷~ (3, 0.2%)

1 なの, にすれ, に言

▼ 宮廷~ (3, 0.2%)

1 を着, を着た, を身

▼ 宮廷武官~ (3, 0.2%)

1 の生活, の紫袗, の面々

▼ 宮廷~ (3, 0.2%)

1 として止め木, の家具, の小

▼ 宮廷画家~ (3, 0.2%)

1 などからはあくどい, の肖像, はスケッチ

▼ 宮廷神楽~ (3, 0.2%)

1 の, の一つ, を明確

▼ 宮廷陰謀~ (3, 0.2%)

1 じゃあるまい, の立役者, の紛乱

▼ 宮廷音楽員~ (3, 0.2%)

1 に任命, の肩書, をちやほや

▼ 宮廷からの~ (2, 0.2%)

1 おぼしめしも, 返事を

▼ 宮廷~ (2, 0.2%)

1 のみで, のみな

▼ 宮廷その他~ (2, 0.2%)

1 の神事, の諸

▼ 宮廷~ (2, 0.2%)

1 から宮廷, つて之に

▼ 宮廷だけ~ (2, 0.2%)

1 でなく一般, では

▼ 宮廷とを~ (2, 0.2%)

1 攻撃し, 経て

▼ 宮廷などでは~ (2, 0.2%)

1 かのプレシオジテ, 早くから其まれびとが

▼ 宮廷においても~ (2, 0.2%)

1 やはり其, 新に

▼ 宮廷へでも~ (2, 0.2%)

1 どこかの, 生捕られ

▼ 宮廷よりは~ (2, 0.2%)

1 もつと, 先に

▼ 宮廷並びに~ (2, 0.2%)

1 公式の, 宮廷の

▼ 宮廷~ (2, 0.2%)

1 に知れわたった, をわっ

▼ 宮廷人ら~ (2, 0.2%)

1 の社交, を相手

▼ 宮廷人士~ (2, 0.2%)

1 の間, を観客

▼ 宮廷伝来~ (2, 0.2%)

1 の儀式すべて, の春

▼ 宮廷呪言~ (2, 0.2%)

1 に対しては其反覆讃歎, を中

▼ 宮廷年中行事~ (2, 0.2%)

1 であるが, の一つ

▼ 宮廷或は~ (2, 0.2%)

1 貴族に, 貴族の

▼ 宮廷文化~ (2, 0.2%)

1 のみが如何に, の華やか

▼ 宮廷楽手~ (2, 0.2%)

1 で性格, を養成

▼ 宮廷歌人~ (2, 0.2%)

1 が出た, だけの空想

▼ 宮廷~ (2, 0.2%)

1 でないの, なもの

▼ 宮廷的攻略~ (2, 0.2%)

2 に長ずる

▼ 宮廷社会~ (2, 0.2%)

1 の為, の陰険

▼ 宮廷神女~ (2, 0.2%)

2 から宮廷

▼ 宮廷自体~ (2, 0.2%)

1 がそういう, の歴史的伝承

▼ 宮廷自身~ (2, 0.2%)

1 から出る, にあつ

▼ 宮廷舞踊~ (2, 0.2%)

1 として行, の名手

▼ 宮廷詞人~ (2, 0.2%)

1 の様, は祭事

▼ 宮廷貴族邸~ (2, 0.2%)

1 における絵, を中心

▼ 宮廷音楽~ (2, 0.2%)

1 という形, の主

▼1* [130件]

宮廷あるいは宮廷に, 宮廷からは自らお, 宮廷さして集まって, 宮廷すべての大御, 宮廷そのものを背負っ, 宮廷だけでも十人は, 宮廷ぢゆうの嫉妬, 宮廷というところの, 宮廷などの資料が, 宮廷などへ入れる, 宮廷ならば宮廷詩人, 宮廷なりの大事な, 宮廷においてのさうし, 宮廷にすら平安中期まで, 宮廷について描き出すよう, 宮廷にばかり古風は, 宮廷にまで入つたの, 宮廷に対して人間としての, 宮廷に対しての寿詞なる, 宮廷に関する小秘録, 宮廷のみことを, 宮廷はじめ朝臣たちは仁王経, 宮廷へはいる大がかり, 宮廷よりの馬車に, 宮廷をめぐって仕えて, 宮廷をも占領した, 宮廷三代に亙る思ひ, 宮廷中心の和歌, 宮廷付きの中, 宮廷付三重奏団の演奏, 宮廷付歌手になり, 宮廷以上だ, 宮廷信仰の上, 宮廷俳優なの, 宮廷俳優ヒルデブラント氏, 宮廷俳優ヒルデブラントの細君, 宮廷の記録, 宮廷は文観上人, 宮廷儀式の中, 宮廷入りをしきりに, 宮廷公式用の詞章, 宮廷共通の弄臣, 宮廷其他官辺に陰陽道, 宮廷内郭の玄輝門, 宮廷内院の巫女, 宮廷出自の物, 宮廷列車が巴里, 宮廷劇場附の女優, 宮廷医ベルスの娘, 宮廷占星官はこういう, 宮廷占星術者との伝説, 宮廷又は政府に, 宮廷叙事詩を諳誦, 宮廷古く溯る程, 宮廷合唱長のアントニオ, 宮廷合唱隊を去る, 宮廷同様国々の豪族, 宮廷周囲の文化圏, 宮廷執事に使わせ, 宮廷女官の称号, 宮廷女流から歌合せ, 宮廷と王公側室, 宮廷委員がモートル, 宮廷婦女にすぎなかった, 宮廷専用である筈, 宮廷尊族の近親, 宮廷小説に出, 宮廷巫女なる内外, 宮廷のボックス, 宮廷自体の, 宮廷所屬の宦官, 宮廷所蔵の秘冊, 宮廷批評家より浴せし, 宮廷教官七人の法王庁分担, 宮廷文学封建時代の御用文学, 宮廷文芸ほど特殊, 宮廷方言貴族方言と言, 宮廷方面にまで拡つて, 宮廷時代から伝承, 宮廷暦即日置の搬布者, 宮廷に登用, 宮廷楽師達がその, 宮廷権臣の間, 宮廷歌集であると共に, 宮廷武官小者などあわせ, 宮廷法院の弁護官, 宮廷の人々, 宮廷流行の表現法, 宮廷生活者に珍しく, 宮廷的不自然さに対する自然, 宮廷的称呼であ, 宮廷的雰囲気の中, 宮廷直属の由来, 宮廷直轄地以外尚旧領, 宮廷礼式の感覚, 宮廷礼拝堂管弦団の楽長, 宮廷礼服の上着, 宮廷社寺の掃除, 宮廷祕事でなければ, 宮廷祝福の為, 宮廷神事に関係, 宮廷神人で主上, 宮廷祭祀の専属職業団体, 宮廷秘書官であった, 宮廷竝びに官國幣の神社, 宮廷管絃楽長アロイス・フォン・ヴェルネルの無気力さ, 宮廷織物御用掛は其召物, 宮廷芝居の習慣, 宮廷若しくは諸侯の, 宮廷衣装の観念, 宮廷裁判所の判事, 宮廷訪問の許可, 宮廷詩人らが他, 宮廷詩人騎士詩人温柔詩人感奮詩人あり, 宮廷詩文正朗読師, 宮廷殊に貴婦人語, 宮廷調馬師の細君, 宮廷警士総監に任命, 宮廷の要る, 宮廷近侍の皇親, 宮廷酒十瓶とを征地, 宮廷の調馬師夫婦, 宮廷が蹴合い, 宮廷音楽会の寵児, 宮廷音楽員クリストフ・クラフト氏に本日五時半, 宮廷音楽家たるクリストフ, 宮廷音楽教師新貴族, 宮廷音楽長の午餐, 宮廷風庶民料理を専門, 宮廷馬車が一台