青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「尖~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~少ない 少ない~ ~少なく 少なく~ 少なくとも~ ~少女 少女~ ~少年 少年~ 少数~
尖~
尚~ 尤も~ ~就 就~ ~就い 就い~ 尺~ ~尻 尻~ 尻尾~

「尖~」 1081, 12ppm, 9348位

▼ 尖~ (228, 21.1%)

4 揃えて 3 そろえて, 伝って

2 [15件] ピタリと, 上に, 出して, 刈って, 向けて, 地に, 揃えながら, 深く突き, 玄蕃の, 立てて, 自分の, 見て, 軽く彼, 透し見つ, 除けながら

1 [188件] あげた, いら立たせた一列, うごかし聲, えぐった, かわして, きらきらさせ, ここと, ごつん, さげた, さげた下々段, さし向けると, さも苦痛, その指, そらして, そろえ颯, そろへ, ちょっと髯, ついと交わし, つきつけた, つきつけて, つと差し, つまんだ, ならべたとえ, はずさせるよう, ひいら, ひらひらと, ふかく左, やった, ややさげ, われらの, キツと, コト, ジリジリ上, ソースに, ピッタリ新九郎, ピンと, フツ, ブルブルさせた, 一せいに, 一二寸上に, 一刀深く, 一寸畳, 上へ, 上向けて, 上手の, 上框に, 不動様の, 乱立させ, 交わすこと, 伝わって, 伸べて, 低く泳がせ, 作って, 八ツ口へ, 円めて, 冷たくし, 凝と, 切つた, 切り落し鹿皮, 刺した, 刺し当てて, 刻んで, 動かして, 半白の, 危く辷らし, 危険く, 反らして, 取つて, 受ければ, 口で, 向うへ, 向け, 向けた, 向けたが, 向けねば, 向け直すと, 呈して, 周馬の, 呼吸と共に, 咽喉に, 唇に, 嘗めて, 嘗めるが, 嘗めるので, 四寸程, 固めし有毒, 圓めて, 地の, 地へ, 地中に, 垂るれ, 垂直に, 大熊の, 小さい川, 少し折, 巧妙な, 差し入れた, 廊下の, 廻らして, 引啣え, 当てた, 彼女は, 徐ろに, 従えた卑弥呼, 慌しく引込ませる, 懸けると, 手首の, 払いながら, 投げるよう, 押した, 持つて, 挫げよと, 振うの, 振り廻したので, 振わし, 捧げて, 揃へながら, 握ったの, 握って, 握つて, 摘まれる, 摺って, 撓めるため, 擬した, 擬する, 斬った, 曲げて, 望み上流, 東馬へ, 水に, 氷の, 渡るよう, 潜らして, 無意識に, 無遠慮な, 爪立って, 狂わぬよう, 甞めて, 留めましたがな, 當てる, 真ッ, 真赤に, 瞠め乍ら薄笑ひ, 瞠め乍ら薄笑を, 短に, 突きつけた, 突きつけ左膳, 突き出して, 突き附けられ流石, 立掛けて, 籠目と, 絃の, 聳やかした鹿島槍ヶ岳, 肉へ, 脣に, 膃肭獣の, 膝に, 落した, 落して, 見せたり, 見せて, 見た時, 見ながら, 見れば, 見ろ, 見詰めて, 観照する, 足下から, 踏んで, 躍動させ, 迎えて, 透かして, 違えたよう, 避けたが, 避けて, 鉢に, 鋭く針, 除けます, 除けるはずみ, 離さなかった, 離した, 震える手, 鞭打って, 頂く真似, 頬被から, 頭の, 飛ばして, 鼻の

▼ 尖~ (133, 12.3%)

2 じりじり私, モウ堅く, 一度胸, 彼の

1 [125件] あらはれて, あるの, うしろから, おれの, お堂, きらきらと, きらめいて, こちらの, ころあいを, ささ波, じり, じりじりと, すいと, すこし戦いだ, すっと折れる, その男, つた内曲りの, つた狐の, つた聲で, つた鼻や, つて來た, とびだして, なかったなら, ふれたわけ, ぶるぶると, ぶるぶる震う, ぼっと伸びる, まるで磔刑槍みたい, ややも, れるに, れる爪, れる獅子, わたくしの, わなわなと, キラリと, ストンと, ストーブの, チョビ安の, ツウ, ポンと, 一個の, 一分二分と, 一寸女, 一寸寄れ, 七八寸ほど, 下の, 下伏, 不意に, 二尺程の, 伸びなかつたので, 伸びる, 出たから, 出掛かつて, 刎ね, 十字形に, 厚くいっぱい, 反対側へ, 右の, 向いて, 唯恐ろしかっ, 四ツ本の, 地面の, 夢の, 天を, 姉の, 小悪魔, 小石を, 少々とれた, 少しよごれた, 少し触れ, 届かずその間, 山之, 山内の, 岐れ, 左の, 左右から, 己の, 幾つにも, 当ると, 微光を, 必定マス君の, 手が, 折れると共に, 拔けて, 昆虫の, 時々下った, 最初の, 最後の, 殆ん, 爪先を, 獣の, 白, 白く覗かれた, 白く風, 目に, 目途の, 真ッ直ぐ, 真白に, 石に, 破れて, 突き出る, 章魚の, 細く尖っ, 肉を, 肩から, 肩を, 背中へ, 胸から, 胸へ, 芒の, 菱の, 褄を, 触れると, 觸はる, 貴殿の, 赤褐色で, 逆光線を, 達してを, 鈍ッて, 降って, 震えたが, 震へる, 青い星, 鞍状の, 鬢に

▼ 尖~ (121, 11.2%)

2 して, 刺して, 大きな穴, 絡まるの

1 [113件] あたった実験台, ある, あるもの, いたるまで, いたれる時, かかる, かすられた, さして, しんみりと, すくすくと針, その柄元, その脂, ちょんぼり, つかまつて, つきささられて, つきさした赤い, つく金, つり込まれたらよい, とまった, とまって, はずみを, はめた西洋指ぬき, ぶつかって, ぶら下る, へばりついて, むけしめき, よろめきながら, ソーセージの, 一ツずつ, 一蛇とぐろを, 二筋黒く, 仰ぐ星, 件の, 伝わって, 何か, 傳へ, 充行っ, 別れる様, 化けて, 口紅ほどの, 唾を, 土の, 墨を, 壁や, 大きく覗い, 大きな小, 大きな黒焦げ, 天を, 寒しまだ, 少しばかり, 居るところ, 巨大な, 巾着の, 張りつめて, 微かに, 惹かれるよう, 感じて, 打ちつづく自己, 持ち上げられた腱, 指を, 接吻し, 撫でられたの, 撮み額, 攀じのぼって, 普通は, 松毬が, 桃色の, 歯痕あり, 水鳥の, 熱した針, 燃える火, 玉あり, 甘く染まし, 生命用心の, 留った, 痩せた頤, 白毛生じ, 眼を, 移し始めた頃, 穀粒さ, 突かれ一人, 突き刺されたまま, 突き刺されて, 突き刺して, 突き差して, 突刺して, 立ちむかって, 立った者, 結び附けたこと, 絶間なく, 胸を, 自から, 芒刺が, 花を, 葉が, 蠣殻を, 見とれた, 触るるは, 触れたと, 豆の, 赤い旗, 赤い風車, 踏み立つ, 迸しらしめて, 追い廻されて, 錆が, 鎌を, 鞘を, 響いたので, 顳, 飛びまとって, 餅か, 黄色く輪

▼ 尖~ (98, 9.1%)

6 ように 2 方が, 方に, 方は, 沈むの

1 [84件] あいだが, ある女, ために, ちらちらと, とがつた, ところが, とどく, ひらきたる劔, ほど渦巻, ほの, やうに, ような, イルミネエションそれが, 三四倍も, 上に, 上りかけた隙, 上を, 下の, 下りた間髪, 丸い稚ない, 丸い鉛筆, 交叉する, 使い方には, 僅に, 削りとられし二, 半透明, 垂れ下つたくちひ, 堅くな, 大刀を, 太い鉛筆, 太さ, 如く森, 如く聳, 少し黒き, 届かない盾裏, 形針の, 悲しさ, 意味を, 揺れて, 方から, 方で, 方には, 方の, 方まで, 方より, 方よりは, 方よりも, 映った銀色, 来るより, 根元には, 槍に, 様に, 樣な, 欠けた刀, 毛抜け, 漂う加減, 濡れたの, 火口を, 焦げた芯, 當つたのが, 白髪の, 目で, 真紫, 破片ばかり, 細かな, 細くなった, 苦痛を, 茎や, 行き所, 見えざるばかり, 見える中山, 赤いの, 赤い男, 辺は, 邊には, 鋭いの, 鋭さ, 鍍金が, 長箭, 閃光流星の, 間から, 隱る, 雲を, 飾玉などが

▼ 尖から~ (37, 3.4%)

2 尾の, 真赤な

1 [33件] あやうくも, おろす唐竹割り, したたる水滴, ひらりと, また悚然, 一枚石の, 三方に, 丸い顔, 乳へ, 今にも生血, 何やら煙, 冴えて, 削らるる木屑, 剣尖, 右の, 向ふ, 垂れて, 小鼻へ, 崩れて, 掌へ, 水を, 氷柱を, 涎が, 火花を, 焚けて, 砂が, 翻へる, 肩まで, 落ちた雫, 見上げて, 赤いしずく, 転じて, 雪と

▼ 尖~ (37, 3.4%)

4 コツ

1 [33件] あんたの, つっ突き, つまみ皮, なぶって, やっと繋がる, コツコツと, ドンと, 一寸つ, 一突きつく, 三方へ, 二三度弄い返し, 何かの, 叩いて, 向直つた, 弾かれるの, 待った, 打って, 捏ねる内, 掻くよう, 撮んで, 旨い事, 歩くやう, 私の, 積んだ雪, 突いたほどの, 突いたもの, 突いた傷, 突いた疵, 突いても, 突かれたもの, 突くと, 立って, 蹴って

▼ 尖~ (34, 3.1%)

2 千浪の

1 [32件] ぜんまいの, それに何, それらに, たしかである, とがらないでも, なお余っ, インキを, ガッシと, グザと, マス君の, ミシン機械の, 上へ, 僅に, 勾玉の, 少しく曲, 左の, 彼の, 心の, 松葉の, 水に, 江漢老人の, 爪立つばかり, 物恋うる, 短いけれども, 突きぬけて, 紫の, 花を, 草の, 見えても, 輝いて, 金色の, 間違ひもなく

▼ 尖まで~ (25, 2.3%)

2 一目に, 黒し

1 [21件] ずっと並ん, ジロリと, 何一つ捨てる, 光り出す, 全身が, 化粧を, 垂らした黒布, 少しも, 引掛け, 感激し, 油斷せざる, 燃ゆる, 縦に, 羅ものに, 聊も, 血と, 透き通って, 量って, 陽が, 青くなった, 骨ぐみは

▼ 尖~ (24, 2.2%)

2 吸つい, 長い手

1 [20件] あの蕈, おむつを, きみの, とかくし, ひょいと乗る, ほんのりと, ヒヤリとして, 加留多の, 巻いたり, 当たる小石, 持って, 持つて, 法衣の, 炎が, 独楽な, 玉の, 眼を, 網を, 行って, 饅頭を

▼ 尖つて~ (20, 1.9%)

5 ゐて 3 ゐた

1 [12件] あやしいとおも, ゐたかも, ゐたが, ゐたので, ゐ頭, 光る六日, 居ようと, 居ります, 来た, 見えた, 長く細長い首, 青くくらくなり

▼ 尖~ (17, 1.6%)

1 [17件] ある黄金, から垂れ, が見え, で互に, には, には得てして, には革命的プロレタリアート, にも海草, にも醜き, に浮べ, に留まっ, の反対側, は下腹部, へ汗, より石突, を先, を顫

▼ 尖~ (13, 1.2%)

1 [13件] なって, ピッタリ符合, 切尖, 寺門の, 扇の, 杖の, 桍腰山の, 浪人の, 穂先とを, 竹刀の, 腹が, 行燈の, 靴の

▼ 尖~ (11, 1.0%)

1 [11件] これには, はっきり見える, 三角なら, 人目には, 力なく, 動かなくなったの, 感じが, 止まる, 氷と, 燒刄も, 辷らず静

▼ 尖には~ (9, 0.8%)

1 しっぽの, 乳首の, 云うに, 化粧の, 引っ掛けなかった, 応えが, 怖ろ, 榊などの, 殆ん

▼ 尖つた~ (7, 0.6%)

1 もの, 如何にも一癖, 小枝, 軟かいやう, 長い鉄, 頂きに, 黒い面

▼ 尖つた口~ (7, 0.6%)

1 がのぞかれ, でよく, の裂けた, をいよ, をまるで, を仰, を入れます

▼ 尖衝角~ (7, 0.6%)

1 の回旋, の廻旋, は此海底戰鬪艇, は空, は艇内發動機, を絞, を運轉

▼ 尖~ (6, 0.6%)

1 に戯姿, のしろい, をかぶつ, を戴き, を戴けり, を被せ

▼ 尖ヶ岳~ (5, 0.5%)

2 から白馬ヶ岳 1 からこちら, から西, と白馬ヶ岳

▼ 尖~ (4, 0.4%)

1 しい声, て接吻, るよう, 尖げ

▼ 尖つた声~ (4, 0.4%)

1 がした, で一人, で物, などといふの

▼ 尖つた顔~ (4, 0.4%)

1 がどこ, で絹扇, のつくりで, をドーラン化粧

▼ 尖にて~ (4, 0.4%)

1 わが額, 圧したる如き深き, 窓硝子を, 筆の

▼ 尖~ (4, 0.4%)

1 スコップを, 膝の, 西印度式の, 頬を

▼ 尖~ (4, 0.4%)

1 から火, に打たれ, の様, を天

▼ 尖~ (4, 0.4%)

1 のギアマン, の極めて, の紀念塔, の記念塔

▼ 尖~ (4, 0.4%)

1 が聳え, の森列, は立っ, を乱杭

▼ 尖~ (4, 0.4%)

1 が爪立つ, が立った, を打ち合っ, を打っ

▼ 尖~ (4, 0.4%)

1 った肩先, と作戦, に化し, の間

▼ 尖~ (3, 0.3%)

1 た顏, てそして, てゐる

▼ 尖~ (3, 0.3%)

1 が即座, をさしのべた, を振っ

▼ 尖~ (3, 0.3%)

1 からぬき, や嶮, をなし

▼ 尖~ (3, 0.3%)

1 一度に, 汗を, 浸み渡るやう

▼ 尖~ (2, 0.2%)

2 がりに

▼ 尖だけが~ (2, 0.2%)

1 見え, 見える

▼ 尖つたの~ (2, 0.2%)

1 や円い, を肛門

▼ 尖つた山~ (2, 0.2%)

1 さ, を見落し

▼ 尖つた峰~ (2, 0.2%)

1 が望まる, が見える

▼ 尖つた島~ (2, 0.2%)

1 があつ, と自分

▼ 尖つた心~ (2, 0.2%)

1 の儘, の動きかた

▼ 尖つた頤~ (2, 0.2%)

1 とのあ, 冴えない顔色

▼ 尖とを~ (2, 0.2%)

1 七分三分の眼くばりで, 両手に

▼ 尖どこ~ (2, 0.2%)

2 へとん

▼ 尖にも~ (2, 0.2%)

1 つけ五月幟, まさるの

▼ 尖を以て~ (2, 0.2%)

1 指し示しその間, 穴を

▼ 尖~ (2, 0.2%)

1 た, ている

▼ 尖~ (2, 0.2%)

1 がった赭ら顔, がらし

▼ 尖上人~ (2, 0.2%)

1 といふ坊さん, はす

▼ 尖下り~ (2, 0.2%)

1 に切りつけた, に草鞋

▼ 尖~ (2, 0.2%)

1 なの, は触れ

▼ 尖~ (2, 0.2%)

1 のよう, を放たぬ

▼ 尖~ (2, 0.2%)

1 が発止, をきらめかした

▼ 尖~ (2, 0.2%)

1 が為, を出し

▼ 尖帽宗~ (2, 0.2%)

2 の寺

▼ 尖~ (2, 0.2%)

1 があります, を使用

▼ 尖~ (2, 0.2%)

2 を出す

▼ 尖角陣地~ (2, 0.2%)

1 から山麓, 第二陣地

▼ 尖~ (2, 0.2%)

1 を, をあくまで

▼ 尖鋭く~ (2, 0.2%)

1 一文字に, 礪ぎ上げ

▼1* [138件]

あるメスを, 尖いもの芒, 尖衣裳の, 尖からは紫色の, 尖からも雫が, 尖がらかッ, 尖がんだ掛員, 尖ぎって何かしら革命的に行きたい, 尖しにきっと, 尖を目, 尖するどく詰め寄り来る, 尖たん花ガスは花, 尖だからの, 尖だけに火を, 尖だけを畳に, 尖つたヒクヒク動いて, 尖つた何れも寸分違, 尖つた先に赤く, 尖つた叫声がその, 尖つた可憐な昆虫, 尖つた帽となり, 尖つた形は一層, 尖つた微笑で僕, 尖つた所がある, 尖つた手足は枯木, 尖つた生活情調はさ, 尖つた眼張りの強い, 尖つた石ばかりが偶然, 尖つた神經をいらいら, 尖つた緊張した面もち, 尖つた處が出, 尖つた面長い尻尾, 尖つた髮の黒い, 尖つてまつ暗な, 尖つて角の出た, 尖つめたければ湯婆, 尖でもって押釦を, 尖という尖から, 尖とが三四寸相交つて居る, 尖とで森の, 尖とともに揺れると, 尖なきはた, 尖などで硝子戸を, 尖などを色々に, 尖にあたる地点で, 尖にへへんと, 尖にまで漲って, 尖のぼりの路, 尖のみがただかすか, 尖はうらのちやん, 尖ばかり名も, 尖ばかりがぶらぶらと, 尖ばかりの残つた時で, 尖ひとつうごかさず立ったまま, 尖ひとり凍えて, 尖ほどな黒子, 尖ほどに絞りあげました, 尖ほども言わず却って, 尖までが白く, 尖までに七十三も, 尖までのあいだは, 尖までも數へ, 尖もてゆびさして, 尖私に, 尖より石人の, 尖をばたえず上げゐ, 尖タステンに触れ, 尖ッタ尖端ヲ見, 尖ニ淡紅暈ヲミル, 尖ニ痛ク觸ルヽ時ハ伸ビタル足ヲ縮ムルガ如キ, 尖リ周辺細鋸歯アリ面ハ青ク背ハ淡ニシテ白粉, 尖七八寸クルクルッと宙, 尖三寸新九郎の脾腹, 尖上がりの道, 尖上りに背, 尖見舟, 尖刃の, 尖二三本で流行色, 尖五尺の地蔵, 尖傷柄手を朱, 尖を頂いたごとく, 尖処嶺如領腹背之界也, 尖を咽, 尖を作っ, 尖又は貨幣などを, 尖の其の, 尖吻熱舌弁じ去り鼓, 尖切られて, 尖を怨めし, 尖を頂, 尖寄るべくもない鋭さ, 尖屈, 尖ばかりあらわれたる, 尖屋根血ばみ疲れ, 尖を残す, 尖峯松の林, 尖峯相並びて, 尖島嶼となり, 尖帽僧の寺, 尖平七郎の剣, 尖を指さし, 尖弧式の窓, 尖で二百米突以上, 尖が屈折, 尖をつく, 尖指環に耳, 尖断離れたり, 尖のところ, 尖方形の大理石, 尖木端に触れ, 尖を持ち, 尖如きが, 尖深々と被っ, 尖深く自分の, 尖ニシテ刻欠多, 尖白く濃い黒髪の, 尖立ちをし, 尖のあれが, 尖のあたり, 尖から股, 尖膝頭臀部あたま, 尖船堀尻を南, 尖船頬冠りの, 尖の菖蒲, 尖葉廣葉しほた, 尖蓄音器屋にチカチカ, 尖薄墨で蚯蚓流, 尖し花冠, 尖ある世, 尖鋭い尖, 尖鋸歯がある, 尖有岐, 尖の粒, 尖もせず, 尖双眉上, 尖頭斜に削ぎ, 尖頭部が十三四尺, 尖をたくわえた