青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「室~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

実際~ ~実験 実験~ ~客 客~ 客観~ 客間~ 宣~ 宣伝~ ~室
室~
~室内 室内~ ~宮 宮~ 宮廷~ ~害 害~ ~宵 宵~ ~家

「室~」 22116, 229ppm, 432位

▼ 室~ (6569, 29.7%)

390 中に 363 中を 128 中で 118 中へ 116 中は 112 中の 111 中には, 隅に 110 方へ 94 扉を 61 中央に 60 中が 59 戸を 56 窓から 52 入口に 49 真中に 46 前に 44 方に 42 前を 41 片隅に 40 一隅に 36 外へ, 扉が, 隅の 34 外に 33 入口の, 扉の 30 中から, 前の 27 窓の 25 ような, 壁に 23 ドアを 21 内を, 奥に 20 ほうへ 19 前まで 18 内に, 方を, 隅から 17 なかに 16 なかで, まん中に, 奥の, 障子が, 障子を 15 中では, 窓は, 窓を, 隅で 14 ように, 内は, 机の, 椅子に 13 まんなかに, 戸が, 扉は, 方から, 隅を 12 床に, 方で, 隅には 11 うちに, ドアが, 一隅の, 前へ, 外で, 外の, 床の, 様子を 10 すみに, なかを, 外を, 天井を, 広さ, 戸は, 扉に 9 ほうに, ほかひ, 一方の, 中央には, 前で, 片隅で, 窓が 8 中央の, 片すみに, 片隅の, 窓からは, 鍵を, 階段を, 隣の

7 [17件] どこかに, ドアの, ベッドの, 一方に, 一隅には, 中にも, 中も, 入口から, 入口を, 卓子の, 外から, 外まで, 正面に, 片隅から, 空気が, 窓に, 隅っこに

6 [22件] ことを, なかは, 中まで, 入り口に, 入口で, 入口まで, 壁には, 壁を, 寝台の, 戸の, 戸口に, 掃除を, 方が, 方の, 方は, 棚の, 津へ, 真ん中に, 真中には, 空気の, 空気を, 間を

5 [27件] うちは, まん中の, やうに, テーブルの, 一隅で, 一隅を, 光景が, 入口には, 入口へ, 壁の, 外は, 天井に, 天井は, 女の, 床の間に, 廊下の, 掃除は, 方へと, 真中の, 真中へ, 空気は, 窓には, 裡に, 鍵は, 隅へ, 隣りの, 電燈を

4 [43件] うちで, ほうから, ほかに, やうな, ストーブを, 上に, 中からは, 中でも, 中なる, 中へは, 中や, 光景を, 内, 内で, 内には, 内部を, 出口の, 前から, 前には, 向うの, 向こうの, 席に, 床を, 怪, 戸口から, 掃除に, 掃除や, 数は, 机に, 横を, 正面には, 火鉢の, 燈火が, 空気に, 空氣は, 縁側に, 襖を, 連中は, 長火鉢の, 隅々に, 障子に, 電灯が, 電燈が

3 [92件] あること, うたげを, うちの, うちを, ことだ, ことや, すぐ前, すみの, そばに, ところまで, なかには, なかの, なかへ, ながれを, ようで, カーテンを, ガラス戸を, テーブルに, ドアも, ボーイが, 一つの, 一部を, 一隅から, 一隅へ, 三方の, 下の, 中と, 中一杯に, 中央へ, 二階で, 仕事は, 入り口の, 入口が, 内へ, 内も, 内外の, 内外は, 内部が, 内部の, 内部は, 前は, 北側の, 卓の, 反対の, 古板囲い, 土間に, 壁が, 壁と, 外には, 外より, 大テーブル, 天井へ, 宗親である, 屋根の, 床が, 床には, 廊下を, 患者が, 戸も, 戸口の, 扉には, 方からは, 時計を, 有様を, 柱時計が, 椅子の, 様子は, 次の, 生活は, 生活を, 番号を, 畳の, 真ん中へ, 真中を, 硝子窓を, 襖が, 襖に, 角に, 軋りは, 金庫から, 金庫に, 金庫の, 金庫を, 鉄の, 長椅子の, 間の, 隅々から, 隅々には, 隅々まで, 階段の, 障子は, 黒板に

2 [253件] あとに, うしろの, うちには, うちへ, お局, かべに大きな, ことで, ことです, ことなどを, すみずみ, すみっこ, すみで, すみへ, すみを, そこへ, ために, てんじょうが, となりの, どこかで, なかから, なかが, なかにと, ぬめり蛙か, ひみつの, ふすま, ほうが, まえの, まんなかには, まんなかまで, むこうの, ものが, ようだ, ようであった, ガラスが, ガラスの, ガラス窓に, グリルへ, ストーヴに, ソファに, ソファの, ソファーに, ベッドに, マントルピースの, ラジオは, 一つに, 一同は, 一方には, 一方は, 一方を, 一部が, 七平を, 三つには, 三方には, 上で, 上の, 上は, 下に, 下には, 下手の, 両側の, 両側は, 中, 中いっぱいに, 中です, 中において, 中はさのみ, 中央で, 中央と, 主人が, 主人は, 事を, 二つの, 二方を, 人々こそ, 人の, 仲間が, 住人に, 入り口から, 入り口が, 入口だった, 全貌が, 八島の, 内から, 内では, 内にて, 内側に, 内外に, 内外を, 内部から, 冷たい風, 出入り口は, 出口に, 前である, 前では, 助手を, 化粧台の, 半分は, 半分を, 卓に, 卓上電話が, 卓子に, 南側に, 古井戸, 右手の, 吉野も, 同宗, 名である, 向いの, 向ふ, 周囲の, 周囲へ, 四壁に, 四方を, 四隅へ, 四隅を, 土間の, 境に, 壁も, 壁や, 壁草刈りに, 外では, 外と, 外側の, 夜の, 大食堂, 天井から, 天井が, 天井も, 女と, 女は, 女教師の, 如きは, 如く埃, 安楽椅子に, 客に, 家を, 寝台から, 寝台に, 小さい家, 小窓, 少女の, 居間に, 屋根を, 左の, 左側の, 左手の, 床から, 底に, 廊下に, 廊下へ, 建物の, 彼の, 御簾の, 御簾を, 怪を, 患者の, 患者は, 惨劇を, 戸に, 戸へ, 戸口まで, 戸口を, 戸棚の, 扉も, 手帳を, 掃除も, 敷居際に, 方へは, 方も, 明るい光, 時計が, 暖まるまでと, 有様が, 机にも, 柵の, 棚で, 棚に, 椅子を, 構造が, 様子が, 横に, 横手に, 横手の, 次の間を, 正面にかけて, 此の, 気分を, 温度と, 湯を, 火を, 灯が, 片すみで, 片隅を, 牢に, 牢屋には, 牢屋の, 物置き, 用意が, 異分子である, 眞中に, 真中まで, 硝子戸を, 硝子扉に, 確か炉棚の, 秋津島の, 空気と, 空気には, 空氣の, 窓からも, 窓ぎわで, 窓口より, 窓越しに, 窓際に, 端の, 箱の, 花ざかり, 茶器を, 蕭や, 薄暗い一隅, 薄暗い片隅, 装飾に, 裏の, 補布だらけな, 襖の, 記憶と, 記憶という, 設備あり, 設備の, 調査を, 跡には, 跡らしい, 辺に, 辺より, 連中が, 酒場で, 酒番の, 鍵と, 鏡の, 長いす, 長椅子に, 閾を, 闇を, 隅っこへ, 隅ツこに, 階段から, 障子の, 隣に, 隣室で, 雨戸が, 電話の, 食堂に, 食堂の, 黒く透明

1 [1932件 抜粋] あいだには, あたりは, あまいジャズ音楽, あるじの, あるダンス場, ある棟, いいの, いっぽうの, うす明り, うつつにか, おもい壁扉, お客さんが, お武家さま, お身柄, かべというの, がらんと, くらがりに, ここでも, ことなんか, ことも, こほりの, さっきの, しまったドア, すぐ外, すっきりした, すみまで, ずっと隅, そこここに, そとへ, その窓際, たそがれには, ちゃうど, ついたので, つくりも, ところから, とは別, どこが, どの辺, ない家, なかにさえも, なかへまで, なかをめぐって, はうへ, ひしとあり, へっぽこ医者に, ほかには, ぼん, まわりに, まわりを, まん中, ま下, もうひとつ, ものに, もよう, ゆかに, ようです, りっぱな, イメージも, オルガンの, カンカンと, ガラス戸から, ガラス箱の, グリルで, ストーブに, セット二役の, ソファを, タタキの, テイラアの, テーブルから, デッキ, ドアという, ドアーの, ハタ台や, バルコンの, ヒキダシから, ベンチに, マン中に, ラッコの, リノリウムの, レストーランなどが, ヴエランダへ, 一件が, 一同が, 一員と, 一所に, 一族では, 一番隅っこに, 一部みたいに, 一面は, 三十分ばかりの, 三方は, 三階には, 上あたりの, 上などへも, 上下を, 上部は, 下足に, 不透明な, 両隣り, 中ぜんたいが, 中であった, 中という, 中のだだ, 中はむん, 中やや, 中全体が, 中央まで, 中央部まで, 中程から, 丸屋根の, 主任北外星吉氏です, 予約が, 事務員は, 二方には, 二階か, 人々, 人たちが, 人どもを, 人数が, 人達を, 仏像を, 仕事までを, 仕切りを, 他の, 代価を, 令嬢とを, 会合の, 位置屋根から, 住居を, 住者は, 佗し, 保護を, 倍ほどの, 倶楽部には, 側を, 傍の, 僕の, 兄貴達にも, 光りは, 光景運べる, 入り口では, 入り口を, 入口なる, 入口ロビイと, 全員が, 全長を, 八島から, 共同の, 内いとおもむろに, 内どこを, 内僅かに, 内明るく, 内部ばかり, 円窓越しに, 冷たい板, 几帳の, 出口が, 出口まで, 出来事を, 初めての, 前, 前方側面の, 副手に, 助手に, 動搖は, 北がはに, 十二三人の, 半分ばかりが, 卓上電話器を, 南寄の, 厳重な, 反故張り障子の, 受話機が, 口へ, 台所の, 右側の, 司隷校尉の, 同族で, 向い側の, 向こう隅, 周囲は, 周壁を, 哲学的アカデミシャンが, 囚人と, 四方に, 四角が, 四隅に, 図書館は, 土間へ, 地下に, 垣向う, 場面に, 境まで, 壁ぎわに, 壁へ, 壁眼前に, 壁際に, 売店で, 外, 外まわりを, 外柱廊の, 夜勤を, 大きな卓子, 大ろう, 大凡の, 大机, 大相土, 天井まで, 天子と, 奥, 奥で, 奥へ, 奥を, 女である, 女主人, 好立等の, 妖虫, 始末だった, 娘たちの, 子供づれの, 宇宙線に, 宗親たる, 宗親同, 実験室は, 客で, 室に, 宴の, 家が, 家族の, 容積という, 寝台で, 寝台へ, 寢床に, 寿詞の, 尊厳を, 小さな窓, 少女と, 屋根と, 屏風に, 崩れ落ちた壁, 工合も, 巽の, 帷を, 幕の, 広い重い両開き扉, 広告には, 床いちめんに, 床において, 床下に, 床柱を, 底までも, 庭向きの, 廟堂そのものが, 延長の, 建物のは, 引出しの, 彼自身の, 後方の, 復古を, 微温と, 思い出, 恢復に, 患者さんよ, 悪童どもも, 惨事が, 意で, 感傷を, 戸口は, 房州出の, 所に, 所有者の, 扉や, 手洗所の, 技師らしい, 拡声器から, 捜査が, 掃除ぐらい, 掃除なども, 掛け時計が, 探検を, 換気を, 政治と, 敷居を, 文字盤を, 新しい構想, 方か, 方には, 方向の, 方角に, 旧臣なんで, 明るくなった, 映写幕にも, 時計と, 暖炉の, 暗い処, 暗い階段, 暗視テレビジョン, 書斎で, 書物を, 有様も, 末すでに, 本開閉器, 机上に, 東側に, 松材で, 板壁屋根裏や, 柱壁押入二尺の, 梁の, 椅子にも, 業績である, 榛の, 構造や, 様子で, 樂屋の, 模様が, 模樣變へを, 横手で, 橋本節斎先生に, 欄間にか, 次ぎの, 次の間へ, 正面まで, 残りかすを, 殿まで, 気温が, 水は, 汽, 注文を, 洋間には, 津と, 津や, 浄瑠璃が, 海老茶色の, 混みあへるに, 渡廊下を, 温度保持の, 港から, 満座の, 準備も, 火薬の, 灯を, 炊事場では, 無気味な, 煎餅蒲団の, 照明は, 爆発が, 牀机は, 片側に, 片隅には, 牢屋へ, 物理学では, 特徴と, 状況を, 玻璃窓に, 理髪ホワイトで, 甘汞よりも, 田舎の, 男は, 畜養主任の, 番号だけを, 異様な, 病人が, 癌と, 白いベッド, 白い門, 皆さんが, 直ぐの, 直ぐ隣り, 眞皇帝と, 真下にを, 真前の, 真珠色の, 真鍮看板が, 眺望とともに, 石段を, 研究所に, 硝子だ, 硝子盤の, 社会的見解は, 祝ひには, 神棚や, 私達の, 秘密会議が, 種々な, 空気から, 空虚を, 窓かけは, 窓ぎわにも, 窓です, 窓へ, 窓ガラスが, 窓下へ, 窓掛の, 窓際の, 竈で, 端に, 第二回研究報告, 簷端に, 系図に, 細かい注意, 絵に, 網棚から, 縁から, 縁側へ, 縱賞し, 美しさ, 美少女と, 羽目板を, 肱掛椅子に, 背景に, 自分の, 自白に, 興味を, 花である, 苅谷さんから, 若い女, 若き助手木島, 荒廃です, 葛根もてする如く, 蒲団の, 薄ぐらい陽気, 薄暗がりの, 薔薇も, 藁布団の, 處であり, 蜂に, 街路に, 衰えに, 裁縫女ナデージュダに, 装飾としては, 裏なる, 裏へ, 裏手の, 裡で, 襖越に, 西南隅に, 見付けは, 親元から, 観を, 記する, 設備なども, 試写室で, 話声に, 誰も, 調度は, 調査は, 謎を, 豪華絢爛さに, 賊臣, 趣味も, 踊場では, 軽い屋根, 近くに, 通路で, 連中の, 運命の, 道具をも, 都合が, 鄙徒, 酒倉へ, 酸化鉛の, 重たい空気, 金色の, 鉄扉を, 錠を, 鍵か, 鍵穴に, 長い冬, 長火鉢を, 開け放されて, 間へ, 闇の, 降り口から, 陰気さは, 隅っこで, 隅っ子から, 隅では, 隅にも, 隅ッこに, 隅二ところ見廻し, 階段で, 隣で, 隣を, 離屋を, 雰囲気に, 電気だけ, 露を, 青い瓦斯, 静かなる, 面影が, 頂上に, 顏馴染だつた, 顕微鏡にかけて, 風景だけ, 食堂で, 飾りと, 飾り物を, 騒がしきは, 髑髏の, 高声器

▼ 室~ (3893, 17.6%)

79 入って 40 入ると 39 なって 36 入つて 35 帰って 25 行って 24 いて 23 入った, 来て 21 戻って, 這入って 19 寝て 17 はいった, 閉じこもって 16 置いて 14 於て 13 とじこもって, 上がって, 上って 12 こもって 11 して, 入れて, 坐って, 戻ると, 通して 10 入る, 帰った, 待って, 通った, 連れて, 閉じ籠って 9 いるの, 住んで, 入つた, 姿を, 這入つて, 這入ると 8 いると, 入りて, 行った, 通されて, 隠れて

7 [12件] いた, もどって, 入つて來, 出て, 居て, 帰ると, 案内し, 残って, 監禁され, 籠って, 足を, 通した

6 [11件] あって, あるの, とじこめられて, なつて, 入りぬ, 入れば, 入れられて, 呼んで, 寝転んで, 案内された, 満ちて

5 [28件] お出でに, すわって, はいりました, 入ること, 入るの, 入るや, 入れられた, 呼ばれて, 寢て, 導いた, 床を, 忍び込んで, 忍んで, 戻った, 来ると, 樹明君を, 退いて, 這入った, 通された, 通されました, 鍵を, 閉じこめられて, 閉じこもった, 閉じ籠, 顔を, 飛びこんで, 飛び込んだ, 飛び込んで

4 [27件] あてて, ありて, あるん, いって, かくれて, しのびこんで, もどった, ゐて, 人の, 何が, 入ったの, 入るもの, 坐つて, 居た, 居るの, 帰りました, 引っ込んで, 持って, 暫らく留め置かれる, 来た, 案内する, 窓から, 行ったが, 逃げ込んで, 通って, 閉じこめて, 降りて

3 [67件] いたが, いたの, いつまでも, いる時, おかれて, かけこんだ, がんばって, こもつて, すること, ただ一人で, つれて, とおしました, とびこんで, はいったが, もどると, やって来たの, ゐた, 一緒に, 休んで, 伴れ, 使って, 來た, 侵入し, 入つて了つた, 入らざるが, 入れられました, 出で, 出入する, 出掛けて, 寝ること, 寝泊りし, 導かれた, 導くこと, 居ると, 居れば, 居残って, 帰るなり, 待たせて, 待ちかまえて, 控えて, 於いて, 日の, 机を, 来てから, 案内した, 泊って, 泊る, 滿ち, 猫を, 白い巾, 私を, 移されて, 空席が, 立って, 続いて, 行きました, 行く, 退いた, 這入つて來, 這入りました, 連れ込んで, 運ばれた, 運んで, 閉ぢ込められ, 闖入した, 隠して, 電話を

2 [223件] あがって, あった, あつた, ある, あるよう, ある限り, いたと, いたとき, いた連中, いた間, いつぱい, いる, いるとき, いるところ, いるよう, いる女, いる者たち, かえると, かくして, きて, こもったきり, これを, しては, そびやぐ, ただひとり, ちがいなかった, つかわれて, つとめて, とおして, とじこめて, とじこもっては, とどまって, とびこむと, とびこんだ, とびこんだとたん, のぼって, ひっこんで, ひとりで, また上っ, もって, もどったが, やってきて, やつて, ゐると, ゐ乍ら, 一人で, 一人の, 一人残っ, 一組と, 七年間も, 三千代が, 上った, 下りて, 二人の, 人が, 何の, 作つてある, 使つてゐた, 使用する, 來て, 來る, 侍し, 備えつけて, 充ちて, 光りぬ, 入ったと, 入った時, 入った者, 入ってから, 入つて行, 入らうと, 入らんと, 入りたま, 入りました, 入り後, 入るとき, 入るなり, 入る時, 入ろうと, 出た, 出はいりして, 出ると, 出頭し, 出頭すべし, 分かれて, 勤務する, 区切って, 博士の, 収めて, 向いて, 向って, 呻吟し, 呼ばれた, 呼び出された, 外套を, 妹が, 寄って, 寝かされて, 寝かして, 寝ころんで, 寝た, 寝るの, 對する, 導かれて, 居たの, 居なかった, 居りました, 居るもの, 居る七平, 居る人, 居残った, 居残らなければ, 届いて, 席が, 席を, 帰りて, 引きこもった, 引き揚げて, 引き込んで, 当てて, 待たして, 御案内, 我等二人が, 戻して, 戻ったが, 戻つた, 戻つて, 戻りました, 戻る, 招いて, 挨拶に, 掛って, 掲げるほど, 改造した, 於ける, 末席を, 来た時, 来るよう, 来客が, 案内され, 案内しました, 棲んで, 歸つた, 残して, 残る, 残る記憶, 比例した, 泊るという, 洋燈が, 湯滝を, 溢れた, 潜んで, 火を, 灯が, 燈火の, 現れた, 現れたの, 現れて, 皆は, 監禁し, 眠って, 眠らなければ, 移された, 移して, 移って, 移つて頂く, 移ること, 突然入, 竝べて, 籠つ, 籠りがち, 籠居し, 置かれた, 置きざりに, 落ちついて, 蟄居し, 行くこと, 行くの, 行くまでの, 行つ, 行つた, 行つてその, 襲うて, 誰も, 談判に, 起臥し, 踏み込む, 身を, 近づいて, 逃げて, 逃げ込んだ, 逗留し, 這入ったが, 這入った時, 這入つた, 這入る事, 這入る前, 通さして, 通じて, 通じる廊下, 通ずるドア, 通ずる扉, 通ると, 通れば, 遊びに, 運ばれて, 運びました, 鉄の, 閉じこもったり, 閉ぢ籠る, 閉め切られて, 閉鎖めて, 間座し, 闖入し, 陣取って, 集って, 静かに, 順一を, 預けて, 飛び込むと, 飛んで, 食後の, 駈け込んだとき

1 [2139件 抜粋] ああいう, あごを, あったもの, あった古い, あった空瓶, あつて讀書, あてた例, あの人, あまたの, あり, ありそう, あり楚, あると, あるキヤバレエ・テアアトル・キユルブ, ある医務室, ある手術椅子, ある極東ダンスホール, ある窓, ある送風機, ある骸骨, いたから, いた一組, いた仏頂寺弥助, いた四少年, いた所為, いた頃, いっしょに, いないと, います, いらっしゃいます, いられないから, いるこれ, いるもの, いるパイクソン, いる兄, いる娘, いる洗濯婆さん, いる黒衣, うつし出そうという, おいて, おけると, おさめて, おちこんだ井上少年, おもむきたり, おり係官, お千代, お暮し, かえった, かえりあの, かくれからの, かけこんだそこ, かけた, かけろ, きこえて, ぎちぎち詰め, ぐっすり眠っ, この事件, この時蚊帳, こぼれて, こんな姿, さし渡し, さへ, しずかに, しといて, しのび入り雪子学士, しゃべり散らした, じっとし, すぎなかった, すすり泣きして, すべり込んで, そう云った, その秘密, たおれて, たてこもって, たまった水, だれも, ちょうど十一体, つって, つづく通路, つめ込まれて, とじこめられたとき, とじこもった, とじ籠った, とびこみますと, とまられるの, とんで, どこに, どッ, なくて, なってる半ば, なりました, なるの, のうのうと, のぼりました, はいったと, はいった人, はいりかけると, はいりその, はいりなつかし, はいりテーブル, はいり机, はいり込んで, はうつつ, ひかえて, ひとりっきりで, ひとり閉じこもっ, ひろがった, ぶらりと戻っ, ぽつねんと坐っ, まいりますから, また話し声, みごとな, みなぎるもの, もぐりこむ, もどり寝床, もどり椅子, ものの, やってきた目的, やって来て, ゆくの, よびいれて, わかれて, ゐたたまらず指, ゐた大杉, ゐた齋藤, ゐら, ゐるもの, ゐる時, ガスの, ジャックナイフが, ズッと, ドヤドヤと, マリ子一家を, 一つ蚊帳の, 一人に, 一人机に, 一夜を, 一年の, 一時間ばかり, 一種の, 七十何点かの, 三畳くらいの, 上ったが, 上野から, 下り来り, 並べて, 丸くなっ, 乗って, 乗り換えた, 乗るため, 乘る, 二人は, 二十餘人其間に, 亡くなった娘, 今でも, 今垂死の, 仕立てて, 伊田が, 伝えられた, 伴われて, 佇んで, 住む始め, 住んだり, 何かの, 使つた床下の, 侍い, 侵入しよう, 保子と, 備えるよう, 僕は, 充て, 光りが, 入ったぎり半日, 入ったばかりの, 入つたの, 入つて毛染め薬, 入つて読み, 入らないだけの, 入りその, 入りたる夢, 入ります, 入りヅツク, 入り吸取紙, 入り夜具引き, 入り手燭, 入り来る新, 入り甲藤校長, 入り込みぬ, 入るべき時間, 入る事, 入る機会, 入れたが, 入れられそこで, 入れられると, 入れ以来, 入ろうとは, 入来り, 入院加療中だ, 其が, 写り今, 出して, 出入した, 出掛けること, 分かるよう, 分れ屋根, 列べられた鳳凰, 別れた浅井夫婦, 到りて, 割込ませて, 助手を, 勤めて, 区劃られ, 十年ばかり, 半日待つ, 印刷機が, 参じ後, 参観に, 友を, 取って, 台所, 同宿の, 向いあって, 向ツ, 呑気そうに, 呼びよせた, 呼んだり, 品物を, 回りここ, 在らず下, 在る筈, 坐りこんで, 堂々たる書架, 変化する, 夜食の, 大学生が, 好意を, 嫁し, 子や, 安心し, 宛てられた事務所, 宿直の, 密接は, 寐ころんだ切り, 寝ころびながら, 寝たら一人, 寝てる女, 寝ますと, 寝代り番こ, 寝床を, 寝起して, 寢たんだ, 射したと, 導かしめた, 導きぬ, 小さくなっ, 少年を, 居たら到底, 居た時, 居つた處, 居ながら, 居のこり, 居られます, 居るという, 居る患者, 居合わした時, 居残りしは, 屡々這入る, 差向いで, 帰った次郎, 帰つて来た, 帰りついて, 帰り小, 帰るの, 帰参したい, 平気で, 幽閉し, 座りながら, 引きさ, 引き下, 引き籠って, 引っぱり込み不義, 引ぱって来, 引出され各, 引張り込んで, 引籠って, 引見した, 引返し前, 張れるだけの, 当てられるはず, 彼らと, 待たされた, 待避した, 御帰館, 心を, 忍びこんだ物音, 思はれ忍男, 恐れ気, 懸けて, 戸を, 戻つたが, 戻りたくなかった, 戻り再び, 戻れば, 投げこまれた小林君, 投宿する, 押しかけて, 押収され, 押込め様, 招き二人きり, 招じ入れられた, 持ちこませ少なくとも, 据えつけられた金庫, 控えさせて, 搬ばれた, 改造し, 敵が, 斎藤氏が, 新聞を, 於ける先生, 於ける第, 日参し, 春の, 暫く安置, 書物が, 朦朧と, 本庁の, 来た当時, 来りて, 来る福富, 枕を, 案内せられた, 森新之助は, 樹明君と, 止まって, 歩み入りつ手桶, 歸つていらつ, 歸つて蒲團に, 死骸が, 残されて, 残った照常様, 残りぼんやりと, 残留せる, 比べて, 水の, 汚い浅黄, 油を, 泊す, 泊まって, 泊ること, 洗面器コップ尿器各, 消え残つた燭台, 満ちたり, 満ち教, 滑りこんで, 漂つてゐる, 瀬兵衛某と, 火桶を, 灯明を, 無断で, 熱いお茶, 燻ぶり込むでゐるだけであツた, 物悲しい時計, 独りゐ, 現はれ, 現われたので, 理髮や, 申した処それ, 留つた, 白い布, 皿に, 監禁せられ, 相対し, 眠った勇敢, 石炭が, 碁盤や, 秀子を, 秘密運搬中の, 移されたの, 移した, 移った, 程近い, 窓より, 立ち寄って, 立ち見まわした, 立て籠った私位, 立入る人間, 立籠っ, 等しくしたがって, 籠もっ, 籠り居て, 粛然と, 素朴頑丈な, 絶えず忍び入っ, 続く四つ, 續いた, 置いたノート, 置くと, 聖書を, 背高な, 臥せ居ると, 臨んだ風, 自分は, 至り藤井, 致しましたの, 花それで, 英文典を, 菅谷の, 落ち着いた, 落着く, 薄い唐草模様, 薬品の, 藤懸教授を, 蠅などが, 行かなきや, 行かんと, 行きすでにかなり, 行きますと, 行き事情, 行き朝倉先生, 行くまでには, 行く部下, 行こうと, 行ったこと, 行ってて, 行つて何事も, 行はれ, 見えたため, 見出したの, 覗いて, 訪ねるよく, 設置した, 詰めて, 誘い入れ其の, 警察との, 走った, 赴いて, 起ったから, 起居し, 踏み入れると, 躍り込んだわたし達, 転じるので, 迎えたとも, 近いテーブル, 近い舳, 近づくに, 迷い込み臼, 追ひやられた埋, 退くと, 送られ試写幕, 逃げこんだの, 逃げ帰つた, 逃げ込み食卓, 這入て, 這入りまして, 這入り込んで, 這入る時, 通させました, 通されると, 通し支配人, 通すよう, 通ずる暗黒, 通ったの, 通ること, 連れこんで, 連れ込まれた, 進みあと, 運ばれる, 運び小, 過ごした, 違い無い, 適わしくない, 酒宴の, 鏡つきでない, 長子を, 閉じこめられたじぶん, 閉じこもらないで, 閉じ籠ること, 閉ぢ籠つて居る, 閉籠っ, 開きける時, 陣取った, 障子までは, 隣った夫, 隣る十二畳, 集つて居た, 集まり相談, 集めると, 電灯が, 静坐し, 響きわたる声, 預けるよりも, 額に, 飛びこんだ課長, 飛び込みパッフ, 飛込みそこ, 飾られた九女八参考資料, 馴れ無い爲め, 駆け込んだ, 駈け込み, 默思せしめ

▼ 室~ (2244, 10.1%)

94 入って 83 はいって 64 行って 35 帰って 32 来て 26 這入って 23 戻って 22 はいった, 往って 21 往った 19 はいると, 入った 18 降りて 17 出て 16 つれて, 入ると, 持って, 顔を 15 いって 14 行った, 連れて 13 案内した 12 おりて 11 上って 9 下りて, 伴れ, 通された 8 もどって, 姿を, 案内し, 行こうと, 這入った, 這入ると 7 とびこんで, 行く 6 あがって, いった, もどった, 来た, 案内された, 案内する, 行きました, 行ったが, 這入つて

5 [12件] 入るなり, 入れて, 出かけて, 呼んで, 帰ると, 行つた, 走って, 足を, 這入つた, 通った, 運んで, 闖入し

4 [18件] かえって来た, はいりました, 入つた, 入つて, 入る, 入ろうと, 呼びつけられた, 帰った, 戻つて, 戻ると, 来い, 案内しました, 立って, 行くこと, 行くと, 行った時, 這入つて來, 運ばれて

3 [42件] おいで, かえった, かえって, さがって, はいったの, はいること, はいるの, やってきて, 上がって, 入ったが, 入つて行, 入り込んで, 出掛けて, 呼び入れた, 呼んだ, 急いだ, 戻った, 来たの, 案内され, 歩いて, 登って, 移して, 移って, 行くの, 行ったの, 行つて見る, 訪ねて, 退いた, 逃げて, 這入つて行, 通されて, 通した, 通して, 通って, 遊びに, 集まって, 飛びこんだ, 飛びこんで, 飛び込んで, 飛んで, 馳け, 駈け込んで

2 [111件] あが, あげて, いこう, いそぎました, いらっしゃいよ, おはいり, お入り下さい, かえると, かくれて, きて, ご案内, しのびこむの, しのびこんで, すがた, とびこんだ, とびこんだの, はいった時, はいろうと, はいッ, やって来た, ゆきます, 一人の, 上った, 乗れば, 乞食なんぞを, 乱入する, 休憩に, 伴って, 來て, 兄の, 入ったの, 入つたこと, 入りました, 入るの, 入るや, 入れられた, 入ツ, 出かけた, 出る, 出入し, 出入する, 参りますわ, 向かった, 呼び出された, 声を, 寝かして, 導いて, 席を, 帰りました, 帰るの, 帰ろうと, 引き取った, 引き返した, 引き返した父, 引っ張って, 引張って, 引揚げ, 引返さうと, 引返した, 引返して, 往くこと, 往こうと, 忍び込んだの, 戻ろうと, 招かれて, 招じ入れた, 持つて, 来た時, 来ると, 様子を, 歸つて來た, 歸る, 無理矢理に, 犬の, 現れて, 現われた, 現われて, 用事が, 礫の, 私の, 移した, 突進しました, 籠って, 行かうと, 行き此室, 行くん, 行く勇気, 行つても, 行つて頂く, 行つて頭に, 誰か, 走り込んで, 走ッ, 退いて, 逃げた, 這入るの, 通される, 通りぬけず, 通ると, 運ばして, 運ばれた, 運んだ, 錠を, 閉じ籠め, 集めて, 電燈を, 電話を, 飛び込んだ, 首を, 駆け込んで, 駈けて

1 [983件 抜粋] あがった, あがると, あさに, あらわれたの, あんないし, いきじぶん, いきましょう, いく途中, いざっては, いそいで, いったが, いったらこれ, いつに, いらして, いわば闖入, うつされ数日ぶり, おあげしませう, おきかえたの, おそるおそる入, おりたふたり, おりる階段, お入り, お宿, お帰り, お持ちいたしましょう, お眼通り中, お行き, お送りある, お願いします, かえってつかれ, かえって伸子, かえって行った, かえります, かくれたまま, かけこんで, かけつけた, かけて, かけ下りるの, かつぎこんだ, からだを, きたまえ, こい, ころがりこんだ, さつさ, しのびこめるわけ, しまうため, ずっと入っ, その電話口, それを, たどりつく, だ, ちらと, つかつかとは, つたわって, つなぐと, つれこまれて, つれ込むの, でかけて, とおされた, とどけに, とびこんだり, とびこんだ隊員たち, とり新, どなった, なだれこみました, ならべた, なんの, のりこんだ, はいったか, はいったが, はいったこと, はいったと, はいったので, はいっては, はいらずに, はいられると, はいりませんか, はいり机, はこんで, ぱっと身, ひきあげた, ひきずりこみ米, ひそかには, ひっぱって, ひとまず引きとっ, ひょっくり顔, ふみこんだ, ぶちこまれてからも, ほうりこんだの, まかり通ると, みちびかれる, みんなが, もう一つ, もぐりこみそこで, もぐりこんだの, もぐりこんだ早業, もどして, もどつて, もどること, もどると, もどるやいなや, もどろうと, やってくるけれど, やって来たの, やって来ると, やれと, ゆきがけに, ゆくと, よく遊び, よった, よばれて, よびだして, わかい美しい会員, アンペラを, ゴーリキイを, ズカズカ入っ, トラックが, パンと, ベリースローの, 一人で, 一晩とまっ, 一歩を, 一緒に, 上がった, 上がりました, 上る道, 下って, 下つて金包, 下りようとは, 並べて, 乗りこみました, 乗り込んだ, 乗込み真夜中過ぎ, 乗込むこと, 乘せ, 云は, 人を, 人眼を, 仕舞って, 伝わって, 伺候し, 何うし, 何かの, 何の, 余が, 侍らせて, 侵入した, 備えて, 入ったとき, 入ったり, 入った岡本, 入った最初, 入った頃, 入つたの, 入つて來, 入つて行つた私, 入つて行つてカメリヤ, 入らうと, 入らせた, 入り何だか, 入り散らばって, 入り窓際, 入り言葉, 入り込んだ大, 入り電燈, 入ること, 入るには, 入る前, 入る者, 入れた, 入れません, 入れられた時, 入れられるから, 入れられるの, 入れること, 入れる家具, 入れッ, 入交る, 再び足, 冷たい夜風, 出かける, 出かける久しぶり, 出かける酒, 出たの, 出られるの, 出ると, 出入りした, 出入りを, 出掛けた, 列席する, 到着し, 午後三時に, 単身踏み込む, 去って, 参りましたところ, 参入し, 反響し, 取って返した, 召して, 向かって, 吶喊である, 呼ばれそして, 呼ばれたこと, 呼ばれる日, 呼びつけられて, 呼び入れて, 呼び出し下らん, 喋りに, 四十恰好の, 坐った, 坐り込んで, 外来の, 大きい本棚, 大場が, 大阪北野の, 奔って, 女中が, 妙に, 娶って, 客を, 寄ったらさすが, 寄って, 寄付し, 寝させて, 寝たが, 寝てさえ, 寝るも, 寝る事, 寝床を, 寺本支配人を, 尋ねて, 導いたあの, 導かれる, 導き長椅子, 帆村を, 帰ったが, 帰った宗助, 帰ってから, 帰つて来, 帰りそれから, 帰りを, 帰り豚, 帰るん, 帰る途中, 床磨きを, 座員一同, 引いた, 引きかえしました, 引きと, 引きとられたさうです, 引き上げましたが, 引き上げると, 引き出されて, 引き取りました, 引き移る, 引き込んで, 引き退り昼寝, 引っぱって, 引っ返すと, 引取った, 引摺って, 引立て行った, 引返したが, 引退った, 張昭や, 彼女を, 往き其処, 往けるの, 往ッて, 御寄贈下, 忍びこむため, 忍びこんだ盗人, 忍び入りこれから, 忍び寄った理由, 忍び通うという, 忍んで, 戸惑いを, 戻ったところ, 戻つたとき, 戻り外套, 戻り机, 戻り隅, 扉の, 手燭を, 投り込まれ, 抜けて, 抱え移されて, 押しかけた, 押して, 押し込んで, 招きいれた, 招待し, 持ち出した, 持ち込んで, 挨拶に, 掛合に, 敏子さんを, 散り迷って, 文芸部会が, 新聞を, 昨夕の, 朝飯を, 来たまえ, 来た支那, 来ては, 来ぬ前, 来られたとき, 来りて, 来るには, 来るの, 来る沖, 来中, 東亜商事の, 案内される, 案内し給え, 樹明君と, 次の間の, 歩み入った果せる哉, 歸つて坐らなけれ, 毎日一回は, 水が, 河村さんが, 油画の, 泊めた, 泊めるかという, 泥棒が, 流れこんで, 海軍の, 消えたとき蜂雀, 深切にも, 激しい号令, 無断では, 熱蒸気が, 物取, 生徒の, 登ったけれど, 監禁する, 直ぐ案内, 看護婦を, 真名古を, 着きました, 私たちを, 移された, 移されてから, 移した暫く, 移ってから, 移らざるを, 突き込まれて, 突進した, 窃り, 立ち去って, 立った間, 籠りとおして, 続いて, 縛るの, 老婆を, 聽こえる, 臥て, 舞い込んだ小鳥, 良人に, 茶を, 菓子折なんか, 落ちて, 落とされたあの, 薫を, 行かうとして, 行きたい, 行きどこ, 行きましょう, 行き二言三言機嫌, 行き來, 行き平田, 行き書籍, 行き知事, 行き風呂敷包み, 行くまでに, 行くもの, 行くよう, 行く以外, 行く時, 行く途中, 行ったかと, 行ったという, 行ったのに, 行ったり, 行った例, 行った叔父, 行っては, 行ってるよう, 行つた晩は, 行つて七平を, 行つて夜おそく, 行つて聞い, 行つて逢つて來よう, 行つて顔を, 見舞いに, 誘うの, 誘拐される, 誰か人が, 調べて, 赤くなった, 走つて, 走らせる残酷, 走り出た, 走ツ, 赴かれた, 赴くため, 跳込むでそして打倒れた, 身体を, 轉じた, 迎えられたそう, 近づいて, 追いやった, 追い込もうと, 退くの, 退って, 送ったの, 送られた, 送りますから, 送ること, 送る用意, 逃げこもうと, 逃げだそうと, 逃げ帰ろうと, 這入た者, 這入ったん, 這入った余, 這入った異様, 這入っては, 這入つて静養, 這入り植木, 這入り鉄砲, 這入るに, 這入ろうと, 這入ッ, 通うという, 通う階段, 通させて, 通されると, 通じる, 通じる大, 通じる近道, 通ずる入口, 通ずる扉, 通ずる薄暗い, 通りました, 連れこんで, 連れられて, 連れ込んだ, 連れ込んで, 進んで, 運ばれこまれた, 運ばれた事, 運びこんで, 運び入れて, 運び込まれた, 運び込みあまつさえ, 運ぶ間, 運んだところ, 遠ざけた, 部屋替えしよう, 酒樽を, 閉じこめましたから, 閉じ込むなどと, 閉めこまれ二時間, 闖入する, 降りた, 降りた奴, 降りる入口, 随意に, 隠れて, 集って, 集まった, 雇入れ, 雪崩れ込む, 電話し, 静也を, 顔出しを, 飛びこむ, 飛び出して, 飛び込む, 飛び込むよう, 飛び降りるは, 飛込んだが, 食いに, 飲食物を, 馳けて, 駆けこんだ, 駆け出した, 駆け込んだ, 駆け附けて, 駆込んで, 駈けこんだ課長, 駈けつけて, 駈け去って, 駈け戻りと, 駈け込みまだ, 駈付けたが, 駈込むと, 黄金の

▼ 室~ (1796, 8.1%)

277 出て 77 出た 25 出ると 20 出ようと 13 借りて 12 出ました, 持って 10 のぞいて, もって 8 出たが, 見て, 訪ねて, 飛び出して 7 でて, 出で, 占領し, 見せて, 見廻して, 覗いて 6 抜けて, 見ると, 通って 5 出たり, 出でて, 出る, 指して, 見に, 設けて

4 [15件] あけて, しらべて, 作って, 出てから, 占めて, 去った, 拵へ, 探して, 案内し, 横切って, 片付けて, 見た, 見廻した, 覗きに, 訪ねると

3 [12件] 出るとき, 出る時, 去って, 掃除し, 独占し, 立ち出, 立出で, 覗いた, 調べて, 貸して, 隅から, 飛出したが

2 [87件] うかがうと, お貸し, きれいに, ぐるりと, さがして, しずかに, つくった, つくって, とびだした, とび出した, ぬけだして, みに, 一つ借り, 一棟建てた, 下りて, 世話し, 並べて, 借りた, 共にし, 出がけ, 出しなに後, 出たの, 出たもの, 出でし時, 出でし跡, 出でん, 出ながら, 出るや, 出る事, 別に, 占領した, 原状に, 去つて, 参観する, 同じうし, 居間に, 引き仆, 彩るため, 指し乍ら, 換えて, 携へ, 教えた, 新築し, 明けて, 楽しんで, 歩いて, 温めて, 温め画架, 温め竈, 留守に, 眺めて, 空けて, 窺いて, 立って, 立去りて, 簒ふ, 脱け, 自分の, 自分等の, 見せた, 見ま, 見回した, 見物する, 見舞つて色々な, 覗いたら又, 覗きこみ元井エンジ, 訪ねたの, 訪問した, 調べること, 貰うこと, 賑かに, 辞して, 退いた, 退いて, 退ぞ, 逃げ出した, 透して, 通つて二階に, 通りぬけ表, 通り抜けて, 造って, 閉て, 開けて, 離別された, 顎で, 飛び出しました, 飛び出すと

1 [948件 抜粋] あけないため, あちらこちら歩き出し, あとに, いかにも居心地, いくつか, いそいでと, いろいろ探した, うかがったと, うけもって, うつさなければ, おきらい, おそった, お借りしたい, お望みなさる, お訪ね下さいまし, お離れ, かきま, かさないこと, かしたん, かすもの, かたづけコーヒー, からっぽに, かりようと, かりると, ききに, きくと, くらくし, ぐるっと廻っ, こしらえた, ことに鋭く, こなして, こんなに夥しい, ごらんなすったでしょう, さがしたこと, さがすこと, さして, さまよい出て, しらべましたが, じょじょに回転, すっかり片づけ, すつかり, すみからすみ, そぐわない気持, そのまま病室, その人, それらの, たずねて, たたいた, ちゃんとした, つかったらどう, つくつた古墳, つくり飽くこと, つくるため, つくると, つくる幼虫, つくる為め, つないで, でたあと, でようと, でると, とおって, とった理由, とびだしソーンダイク, とびだすと, とび廻つたが, とりまく鏡板, とるかと, とるという, ながめ廻して, なんだ, ぬけだした小林少年, ぬけだす相談, ぬけ出でて, のぞいた, のぞいては, のぞきミチ子, はしご段の, はじめ各, ひき上げた, ひとに, ひと通り案内し, ふくむ勤労者クラブその他, ぶちぬいて, へだてて, ぼんやり照らし, みせて, めぐらした二階建て, もう一度念入り, もった, もった潜水艦, もつ医者, もて金殿玉楼, もらいましたが, もらった, やられる, よびだすの, よろめき出て, わり出すこと, アタフタと, キョロ, グルリと, タタキ破っ, ノックし, ラコニクムと, 一つちゃんと, 一つ与え, 一つ借り受けた, 一つ残らず捜し, 一つ空け, 一つ造る, 一周し, 一周した, 一周りした, 一巡し, 一挙に, 一歩も, 一目見, 一通り掃除した, 丁度たてに, 三間ばかり, 上機嫌に, 下り石舟斎, 与えた, 与えるか, 中心と, 中興した, 乱雑に, 二つ三つ明け, 二つ通りぬけた, 人を, 仄かに, 仔細に, 代った, 仮ずみなりけり, 仰いで, 何倍にも, 作った, 作った斎藤先生, 作つたのである, 作つて居ました, 作られたので, 作りて, 作りフーラー教授, 作り変えない以上, 作り数人, 作るの, 使ったの, 使われるの, 借りきって, 借りたの, 借りた者, 借りてる者, 借りよう, 借りる必要, 借りる貧しい, 借り受けそこ, 借用する, 充分な, 入ったところ, 入れば, 六つ含ん, 共同出資で, 兼ねて, 円いもの, 出かかった, 出かけて, 出たお, 出たところ, 出たら承知, 出たりは, 出た伸子, 出た時, 出た足, 出た隙, 出でずして, 出ない, 出ない決心, 出なかったの, 出なければ, 出ますと, 出ようとして, 出られたでしょう, 出られました, 出ること, 出るでも, 出るのに, 出る小池, 出入りし, 出入りする, 出来るだけ, 出警察, 分ちおのおの, 利用し, 割りあてて, 勇吉の, 動きたくは, 包む影法師, 包囲した, 匍い出た, 北洋の, 半分廻っ, 占める事, 去ったと, 去つた, 去らずナースチャ, 去りました, 去ること, 去ると共に, 去れなかった, 取ったリスト, 取り代えられましたのでね, 取る, 受持って, 台所へ, 同うせし, 同じうせる, 同じゅうした自分, 同じゅうすることもあるのか, 吹きとおして, 吹き抜けたよう, 呼び出した, 喜んだか, 嗅ぎ分けて, 回避する, 土間に, 培養し, 基点と, 夢に, 大きく使い, 天井に, 奏楽室に, 奪ったとき, 嫌って, 守らせた, 守ると共に, 守るもの, 実際に, 容安室と, 射た, 尋ねたら虎井夫人, 居室と, 居間にさえ, 巡業する, 幾つも, 幾月もの, 建てた事, 建てた時, 建てねば, 建て増して, 建て多く, 廻りて, 引下りました, 彼女に, 彼等に, 後に, 後ろに, 忍び出た拍子, 応接間に, 思い出すの, 急に, 息も, 想像し, 憐み, 我らの, 打ち通して, 打つという, 打抜いた広間, 抜けた, 抜けようとして, 抜け出て, 拝借ねがえません, 拝見する, 持たれること, 持つこと, 持つた家, 持つもの, 指し示した, 指定し, 捜すこと, 捜って, 掃いたり, 掃って, 掃除する, 探したけれど, 探すもと, 探検せん, 提供された, 提供しよう, 搜し, 教場として, 整えて, 整理する, 早く瓦斯避難室, 明けさせようと, 明けるらしいガチャンガチャン, 明け渡すの, 明るく照らし, 是非とも彼ら, 晦うし, 暖めたせい, 暗くし, 書斎兼応接間に, 最後に, 最悪の, 有すること, 有つ, 木蔭から, 根城として, 案内させた, 検めて, 検分し, 横ぎって出入口の, 横ぎりアンジョーラの, 横ぎり床柱に, 横眼で, 此の, 歩いたそう, 歩きまわりました, 歴巡るに, 毎日暖める, 沈鬱な, 流して, 浄め叨り, 深し二階, 清め赤, 満たして, 点検した, 煖かに, 照し, 照らして, 片づけた, 片づけてから, 片づけながら, 片付け, 片付けたが, 片付けに, 片付け洗濯, 物色し, 狙ったゴルドン兵曹, 獨り, 王位に, 生涯に, 用意いたさせました, 申し込んで, 病室の, 白く新しく塗り変え, 目指す一同, 目蒐けて, 直したもの, 眺めます, 知って, 知つてるだらう, 破壊され, 硝子窓から, 祝う室寿, 私に, 移したもの, 空けては, 空けるとは, 突然開けた, 窺う間, 窺えども, 窺へ, 立ち去った, 立ち去ろうと, 立出る, 第一, 簒つた, 簒は, 簒んと, 素子は, 締め切って, 練り出した, 置て, 考へると, 背負いその, 自分に, 臺所の, 若い婦人客, 薄暗く思はせた, 襲い家人, 襲って, 見かへ, 見せろと, 見たよう, 見たり, 見つけたん, 見つけるあて, 見つけるの, 見つめて, 見なさい石, 見まわすの, 見やぶられて, 見られるやう, 見るよう, 見る事, 見ろとも, 見下されちや, 見出して, 見大, 見学させ, 見廻したが, 見廻はると, 見捨, 見渡して, 見聞した, 見舞わぬ事, 覗いたこと, 覗いたら嫂, 覗いたら腰かけ, 覗いた彼, 覗いた者, 覗き込んで, 覗くやう, 親しきもの, 訪うと, 訪ねた, 訪ねられました, 訪れたこと, 訪れた圭さん, 訪れた際, 訪れること, 訪れ小林一三氏, 設けたり, 設けた時代後れ, 設け千数百, 設備する, 試みた, 読書室と, 調べたが, 調べると共に, 調査した, 譲って, 貸したらいい, 貸す人間, 赤耀館から, 走り出た, 走り出ました, 走り廻っ, 越すと, 跳び出して, 踏み鎮む子, 踏静子が, 蹈み, 躍りだしたと, 辞した, 辷り出た, 退がって, 退がってから, 退き仕度, 退散, 逃げだせなかったらなん, 逃げ出したり, 逃げ出し得ずして, 逃れ出ると, 逃出さうかと, 這入って, 這入つたり, 通らにゃ, 通りすがったら, 通りすぎること, 通りぬけると, 通りぬけアンジョーラ, 通り抜けた時, 通り抜けるだけ, 通り拔ける, 通過る, 造つて拵え上げた, 造ること, 造る最良, 造ろうと, 運び出されると, 過りつつ, 選び正, 酒場とでも, 鎌倉の, 閉じて, 開き, 間に, 隔つる二間ばかりの, 隔てて, 隔て其の, 集める事, 離れずに, 離れた, 靜かに, 順々に, 領し, 顧みた, 飛びだした, 飛び出した, 飛び出した吉里, 飛び出した茂太郎, 飛び出す, 飛出したの, 食堂から, 飾って, 飾るわけ, 駆けて, 驚かして

▼ 室~ (1364, 6.2%)

19 あつた 10 待って 9 酒を 8 私は 7 仕事を, 寝て 6 何を 5 やって, 発見された 4 そこには, 二人の, 人の, 何か, 茶を, 話を, 食事を 3 そこに, 一人で, 働いて, 実験を, 寝ること, 眼を, 聞いて, 自殺した, 荷物の, 話して

2 [73件] いいじゃ, お待ちし, お茶を, こんなこと, そこの, その前, それを, なつかしいエンジン, なにを, ウイスキーを, チラと, ベルが, ラッシュを, ワーナーの, 一生懸命お, 事務を, 二人は, 二階の, 人目を, 今日は, 他の, 何日もの, 例の, 催された, 勉強し, 半分書いた, 半時間も, 可なり, 女が, 女と, 妙な, 子供等が, 小さい夜具, 小供, 彼女の, 得意に, 恐ろしく簡素, 或る, 新聞を, 最後の, 本を, 机に, 椅子に, 正三, 正三は, 無料の, 煙草を, 生れたの, 病人が, 目を, 真夏の, 眠って, 私が, 私たちは, 精神分裂症患者として, 給仕が, 老眼鏡を, 自分が, 自分は, 行うこと, 見たと, 見たの, 見た時, 見た通り, 見て, 評判である, 話し込んで, 遂げられた, 遅くまで, 長い間, 開かれた, 電話を, 静かに

1 [1084件 抜粋] あうという, あかりも, あの夜, あらう, あるひとり, あれに, いきなりいが餅, いった, いって, いまその, いろいろの, うえ死に, うしろの, うんうんと, おそろしいめ, おどされたり, おやすみに, お休み, お化粧, お寝み, お寝み成さい, お比丘尼, お燗番, お着換え, お芝居, お茶に, お鶴, かすかに, がらくたを, きっと残務, くらした, ぐずついて, ぐつと遠く, このさわぎ, この事実, この機, この研究, こんな夢みたい, ござります, さっきから, しきりに書式, しこたま足踏み, しづかに, しばらく待っ, しばらく男, しばらく車, じっと悲嘆, すっかり整備, すばらしい機械, すること, する盗み食, そのかび, その下, その八畳, その取引, その女教師, その日, その絵, その音, それに, そんなに高い, た, たしか四十坪, ただ二人, だしぬけに, だれも, ちょうどであった, ちょっと一服, つまらない時間, とうとう恐ろしい, どんなこと, なされた鼠, なんだか音, ね, はき古し, ひどく廻りっ, ぶつくさ暗く, ぼつぼつ実験, まず最初, まだ五つ, まったく対外的, まるで牢屋みたい, みせて, もう一つ, やさしくし, やたらに, やった実験, やろうじゃ, ようやく苦難, よろしいと, わたくしの, わたしは, アレの, エレン夫人に, ガスの, クダを, グングン準備, ゴーガンの, シクラメンの, シャン, ジャヴェルが, タンタンタン, チー, テーブルに, トーントーンという, ニュース映画から, ヒネリ出した, ビールや, ピストルを, フェデの, ベンチが, ポパイだの, マホガニー製の, メルキオルが, ラヂオドラマが, リード夫人の, ルーレットが, ロダン翁は, ヴァイオリンを, 一一絵の, 一二時間仕事を, 一人じっと, 一人ゆう, 一切の, 一所懸命に, 一方は, 一日中蠢い, 一時間ほど, 一生を, 一眼で, 一緒の, 一間の, 三十分ばかり, 三宅といふ, 上田博士の, 不良生徒として, 中国の, 丸部家の, 久し振りな, 乙姫様に, 事務机の, 二三人学友が, 二人きりで, 二人きり酒を, 二人で, 二人切りに, 二方に, 五十銭位です, 亡き人の, 交した話, 人を, 人知れず客, 今やっと, 今日の, 介抱する, 仕事着に, 伎楽面などを, 休んで, 会った中国, 会議が, 伯父は, 伸子は, 住むよう, 何かが, 何もかもひっくり返してる, 何事が, 何番目の, 何者かの, 作り出して, 使うこと, 使って, 保護しといた, 個人で, 偶然市長の, 働いた, 働いた時以来, 僕と, 僧院長セラピオンに, 充分な, 先日プレスコした, 先生と, 先生方と, 八十二才の, 八十五歳の, 八畳間位の, 六畳であった, 兼子や, 写して, 凉しい, 出会いときには, 出来るの, 分るだろう, 初めて受けた, 前が, 助手に, 化学実験の, 十一銭の, 十時過ぎまで, 午前の, 午睡で, 午食とも, 卒倒し, 博士と, 友人と, 口中の, 只今と, 吉川から, 同君から, 吸って, 呉羽嬢自身と, 呻きながら, 呼ぶと, 命令通り交換局へ, 喋って, 喰ふ, 噂きいた, 四囲は, 四角な, 地図と, 坊ちゃんが, 坐って, 堂島を, 壁は, 壁際には, 夕飯を, 外套を, 多計代, 大きい実, 大人しくし, 大勢の, 大根おろしを, 大異変, 天体観測か, 奥様を, 女中の, 妻君が, 威張ること, 子供と, 字引を, 孵化し, 定七, 実験し, 室内の, 宿直した, 密議を, 寐なけれ, 寝た事, 寝みいま目, 寝台の, 寝床も, 寢て, 対座しました, 専らその, 小さな床の間, 小耳に, 小郷が, 少し休憩, 少女助手の, 己は, 帆村荘六も, 平服の, 年とった, 幾分薄暗かっ, 床から, 庭の, 弟子の, 彼に, 彼は, 待たされた, 待ち合わせること, 待ってな, 待つという, 御一緒, 御馳走を, 心の, 忙が, 思わずうつらうつらし, 怪しい人声, 怯えたよう, 悲鳴を, 感得した, 我慢を, 戸口は, 手伝って, 手紙を, 打ち出す時計, 抱き合うよう, 指先が, 挙げられるの, 授業外の, 探したり, 接待用らしい, 描き現, 支配人は, 数年続けられた, 新人と, 新契約, 新鋭な, 日本の, 日本風に, 早くも, 昼間の, 時々変, 時々變, 時計屋を, 時間を, 晩飯の, 暮さなければ, 暮した生活, 暮らして, 書棚に, 書画を, 書記の, 朝から, 朝倉先生に, 朝子は, 朝餐か, 未だ覚め, 机が, 来客と, 松本は, 柳江納所僧の, 校長自身から, 棺に, 横に, 機械的な, 櫛まきお, 次に四畳半位, 歌原男爵の, 正直な, 死んだ鹽梅, 殺して, 母へ, 毎日汗だくに, 民弥と, 水音は, 汗を, 油の, 波の, 洒落た昼飯, 浴衣を, 涙を, 湯あみを, 満鉄写真班, 澤山人が, 濱野さんの, 炉には, 焚かれて, 無心に, 焼却する, 熱心に, 父典重の, 物思いに, 犯罪が, 独りぐっすり, 獨り考へた, 珈琲と, 珠を, 球を, 生れてから, 用います敷物, 用件を, 男の, 界磁抵抗器の, 畳の, 白いベッド, 盗まれた千二百円, 直立し, 相沢中佐に, 真夜中の, 睨み合いながら, 瞼を, 研究すれ, 確かに, 社長の, 神を, 福引を, 私に, 私を, 秘密会議を, 種々の, 突然男, 窓の, 窓際に, 笑い合って, 第一の, 箏を, 簿書を, 米沢絣の, 紡車が, 終るやう, 結婚式を, 絨氈を, 緑波君を, 縊死した, 繰り返された, 翁の, 翠の, 考えて, 考案を, 聞かせて, 聞き耳を, 聲が, 聴こうとは, 背を, 脱ぎすてるシミイズ, 腹話術の, 自分で, 舞踏が, 船長と共に, 船長を, 艦長始め他の, 色々と, 若者が, 菊地博士が, 華やかに, 葉子の, 葉巻を, 薬を, 虐殺しよう, 行ったので, 行われた, 行われるよう, 行われ是, 術を, 裸の, 見せて, 見たこと, 見たマクドウネル, 見た人物, 見た光景, 見た死刑囚, 見はり, 見ると, 見る線, 見事な, 親しく交際, 観測計量し得る, 言葉を, 計算し, 許可を, 試写という, 話しあったの, 話した, 認めたところ, 読まうか, 読書する, 誰かが, 誰と, 論ぜられる哲学, 謹慎し, 貴官, 買って, 赫々と, 起ったろうさまざま, 起てるよう, 軍部と, 輸送車から, 農民が, 送るよう, 通信部を, 逢って, 遊ばうと, 遊んで, 過し曽, 道路面からわ, 遭ったという, 酒と, 采配を, 重野謙次郎君が, 金屏風で, 鈴が, 鉛筆を, 銘々の, 長年取り組ん, 開かれたこと, 閑談し, 関さんの, 階下の, 雑談し, 雪斎和尚について, 電気を, 電離層の, 面会した, 面談とは, 靴でもは, 音楽の, 頑張って, 顕微鏡を, 風来の, 食べて, 食事する, 飲んだが, 飲んでるところ, 養母お, 騒がれたひには, 髪を, 麻雀でも, 黒岩社長以下牛肉の, 黙つて

▼ 室~ (903, 4.1%)

6 二階の 4 奥の 3 ない, 他の, 建物の, 普通の

2 [59件] いつもの, かなり広い, からっぽに, けむりの, そう言っ, それを, どこに, ないに, ひっそりし, ひっそりと, ひろくて, みんなふさが, もと特等, わたしの, 一ぱいである, 一杯の, 三階に, 二階で, 二階に, 他に, 伯の, 例の, 元の, 入口の, 八畳です, 六畳で, 其等の, 再びもと, 別に, 前のと, 医師の, 南向きの, 塔の, 天井の, 好都合にも, 寂として, 広い講堂, 廊下の, 建物疎開の, 微かな, 扉を, 本来は, 比較的に, 病院の, 真の, 礼拝堂の, 空だった, 窓が, 自分の, 芸術の, 茶の間と, 茶人が, 街路に, 込んで, 途中で, 階下の, 雪からの, 青葉の, 高い天井

1 [763件 抜粋] あいて, あすこの, あたかも彼, あつくて, あつた, あまりにも, あまりに明るく, ある建物, いい部屋, いかに大, いき, いくつも, いくらも, いっぱいに, いつか人の, いつもからっぽ, いつも弟ども, いつ頃掃除, いづれも, いはば, いやだ, いやに, おいおいと, おおぜ, お宅, お気に, お父さんの, かなり貧弱, がらりと, がらんと, がら明きで, がんじ, きちんと取片づけられ, きものばかり, きれいで, きれいに, ここだ, ここに, この先生, この大書院, この家, この通りたくさん, この頃, これで, ごく手狭, しばらくの, じめじめし, すぐ縁, すぐ見破っ, すっかり密閉, すっかり衰え, せまくて, そうない, そこで暫く, そこの, そのミクロフト・ホームズ, その性質上, その時分, その次, その鍵, それぞれ色々に, それほどむさ苦しい, たしか七つ, ただ一つ, ただ車掌, たちまち明, たったそれ, たつた二間, だんだん狭く, ちょうどかの, ちょうど四畳半敷, ちょうど放電後, できあがった, とうに暗い, どうする, どうだ, どうでしょう, どう考え, どこか, どこだ, どこでしょう, どの車室, どの辺, どら猫の, どんな室, ないけれど, ないこと, ないん, ない事, なかった, なかなか広く, なまぐさい血, なんとなく薄気味, ぱっと明るく, ひどい, ひどく脂, ひろいけれども, ほとんどがらあきだった, ほんとの, ほんのりと, まだそのまま占領, まだ一度, まだ総勢, まだ開かぬ, まったく博物館, まったく寒い, まっ暗な, まるでサウンド, まるで土窖, まるで墓場, まるで鰻, みすぼらしかった, もうかなり, もうすぐ其所, もう充分暖たまつて, もう真暗, もう電灯, もとどこかの, もともとそう三人, もとより建物, やがて一杯, やっと二十四, やっと私, やはり板敷, ややくつろいだ, ゆびぬきの形を, ゆるやかに, よく見, りっぱな, アストージェンカの, イクラも, カラリと, カーッと, ゴンロク・アパートの, ジャン, チャンウーの, ベッドを, ポリニャーク自身の, ミサ子たちの, ミンナの, ルケアーノフの, ロイアル・ジョージ屋の, 一つも, 一九三六年の, 一個の, 一定の, 一尺四方ほどの, 一方口, 一杯だ, 一様に, 一番奥の, 一石橋を, 丁度余が, 丁度谷村さん, 三十坪ばかりの, 三号館という, 三方が, 三沢と, 三階だった, 上田の, 上田敏氏や, 下総国佐倉の, 不相応に, 中に, 中央に, 中庭の, 中庭側の, 事件の, 事務室である, 二つに, 二つ空い, 二室あっ, 二間続きに, 二階だって, 五階です, 井泉村役場の, 人の, 今でも, 今は, 今まで, 今医学士の, 今空, 他にも, 以前の, 伝染病室とは, 体操の, 何だか淋しく, 何となく落ちつき, 何階です, 余り容貌, 例によって, 依然として人気, 借りて, 僅に, 僧の, 光琳風の, 兎角評判, 全く独特, 全ての, 八坪ばかりの, 八畳ぐらゐの広, 八疊です, 八疊と, 八角に, 公器である, 六畳敷で, 六疊一間きりで, 共有なれ, 其の頃疊, 再び旧, 出入り口から, 到頭あの, 動揺が, 勿論他, 北条氏の, 北西を, 十五人の, 十五畳を, 十畳の, 十畳敷き, 午後に, 午後の, 南北に, 南堂伯爵が, 博士が, 博士と, 厳密な, 去年と, 取り散らされてるよう, 受信室と, 可成り, 各車台, 同じ廊下, 同じ白堊, 否だ, 味方の, 和洋折衷の, 嘲笑いは, 四度五度と, 四畳半敷くらいの, 因縁が, 国展の, 圓塚では, 在原棟梁の, 地上の, 地獄図絵さながら, 地球と, 地面の, 増して, 壁紙まで, 夏はまだ, 夕食後の, 外国にも, 多少取り片づけられた, 夢の, 大きいの, 大きな黒門, 大入り満員の, 大変好い, 大変混雑し, 大洪水, 大通りに, 天井から, 天井が, 女の, 女中は, 始めから, 娘ばかり, 守衛の, 安斉先生が, 実に華麗, 室と, 室としての, 家じゅうで, 家の, 密室だった, 密閉し, 寒かった, 寒からうといつて, 寝室と, 寝室として, 小さな電灯ひとつ, 小公会堂, 少しも, 少し変, 尤も似つ, 屋根裏と, 崖から, 川に, 市民ルイバコフの, 幅十七呎長, 幹太郎の, 幾室も, 広々と, 広い室, 広くあけ放し, 広くて, 広さ, 廊下に, 廊下を, 廣く, 弁護士事務室と, 彼にとって, 彼の, 彼處此處に, 往来から, 御覧の, 微に, 応接室だった, 思いの外に, 思いの外広かっ, 怪しいこと, 怪塔の, 息づまるよう, 息苦しかった, 悠々と, 想像した, 我室を, 戸が, 手古奈に, 拙記, 数十人の, 新室である, 新築した, 既に扱所, 既に記した, 日が, 日当たりも, 日本橋に, 旧士族, 明るい灯, 明るい電灯, 昔の, 昔此の, 昼でも, 昼の, 昼間でも, 昼間も, 晝も, 暖い, 暖炉の, 暗い, 暗いの, 暗くて, 暗くなる, 暗室に, 更に二つ, 最近に, 有機的に, 朝鮮総督の, 未だ遠い, 東が, 東側の, 板敷に, 板敷の, 枕返しの, 林の, 校長室の, 森として, 極めて空い, 楽しかった, 模様入りの, 樫材で, 正面に, 死人と, 殊に暗い, 毎朝氏の, 比較に, 気取った卑しい, 水を, 沙漠の, 沢山あった, 活気に, 海賊の, 淋しいね, 深々と, 清潔だった, 清潔に, 温くならなかつた, 湯へ, 満州兵, 滅亡する, 潤ひなき, 濡るれ, 火事場の, 火鉢の, 灯が, 焔, 焚口が, 無論人, 煖めて, 熱の, 燈で, 片付きて, 物理實驗室及び, 狭いの, 狭いばかり, 狭くて, 狭くは, 狭く小ぎれい, 猛烈に, 生き上ったよう, 生徒控所の, 用務員さん達のが, 画室の, 病人の, 白と, 皆事務所に, 監視され, 直径二間半高, 真昼の, 真暗で, 真暗に, 眼も, 矢張混み合っ, 石と, 砂壁で, 研究員経済学士鍋島達君に, 社長室を, 祈祷所と, 私の, 私自身が, 空いてるから, 空で, 空に, 空気抜きの, 空虚でした, 立派な, 立派に, 第一番, 第十監第二十房, 簡素な, 粗悪に, 紙障子引きたてし, 素通りみたいに, 綱宗の, 網棚から, 緊張し, 緩り, 縦横高, 繁昌する, 聞くまでも, 能率が, 臨時軍司令部に, 自慢する, 自由に, 花の, 苦しそう, 葉の, 蒸し風呂の, 薄暗かった, 薄暗がりでした, 薫の, 蟻も, 西に, 西向きで, 見えなくなった, 見るからに, 見る見る裡, 覗いて, 誂えて, 誰も, 豊受太神宮七社の, 赤, 赤い光りで照らされ, 軽快な, 通らなかった, 避けた方, 金モールの, 金地に, 釘付に, 鉄筋コンクリートで, 銀で, 鎌倉の, 鎧戸が, 閉鎖された, 開けずの, 閑散でした, 間接に, 阿鼻叫喚種板みごとに, 院長以外には, 階上の, 障子のか, 隣り合って, 集会の, 雨戸が, 電燈に, 電燈の, 震災で, 震駭し, 青みて, 静かである, 韃靼人の, 音楽を, 音楽家が, 顏色青ざめ, 風通しが, 風通しという, 骸骨で, 鬼門の

▼ 室から~ (724, 3.3%)

114 出て 8 出た, 外へ, 帰って 7 室へと 6 聞えて 5 出ると 3 二階の, 外に, 姿を, 洩れて, 発火した, 退けました

2 [41件] お柳, かすかに, さして, さらでだに前屈み, そとの, また二人廊下, 一歩も, 上って, 人が, 何か, 出たに, 出なかった, 出ました, 出ようと, 出る, 取って, 始めて, 室へ, 室を, 庭の, 廊下へ, 成って, 戻って, 持って, 校長の, 次の, 消えて, 聞こえて, 聴え, 脱け, 自分の, 舎へ, 血液を, 見た景色, 逃げ出した, 釘抜を, 離した事, 電話が, 響いて, 顔を, 飛び出して

1 [468件] あがって, あたふた出, あらわれて, あわてくさって, いきなり山奥, いくらか, いったん出, いなくなったの, いやな, いろいろな, おし出しあっち, おりて, お出, お動き, かえされたところ, かけて, かけ出した, かけ出すと, かわる交, きこえた声, けたたましい電話, こそこそと, こちらへ, こっちへ, この上, この剣士, この室, こツそり出, ごそごそと, さがって, しかもお, じっと様子, すぐに, すぐ家, すぐ眼, すこし離れた, すっかり聞い, そこまで, そのジャアジャア, その名刺, その瞳, そんな伝達, ただ, たぶん目障り, だれも, ちよつと, つかつかと, であった, であつ, ですよ, でて, では, ときどき人間, とびだして, とび上って, どこかへ, なおも下り, なの, なので, なりその, なり入口, なる大広間, にげだせたの, にこにこ顔で, ぬけだした, ぬけだす道, ぬけて, ぬけ出した, のぞいた, はいあがった異様, はじまる, ひとりぼっちで, ひょいっと芝生, ふつうの, ぶらりと玄関, ほとんど宗教的, また店, もち出された, やってきて, やってき暖炉, ゆうれい, よく人, わたしと, エンジンの, オルガンが, コトリコトリと, スヤスヤという, ズラかる, ソッと, ソフォクレースの, バラバラと, ファーブルの, フットボールを, フラリと, メリメの, 一人の, 一册の, 一号室へ, 一寸木戸を, 一方へ, 一束づつ抱へて, 一枚の, 一歩でも, 一番後れ, 一足も, 一階に, 一階の, 一階へ, 一面の, 七階まで, 三好という, 三沢の, 三造は, 三間ばかり, 三階に, 上は, 上へ, 下へ, 下り一番の, 中庭ばかりを, 主として人造人間, 久松婦長さんが, 事務室の, 二人は, 二間を, 人形が, 今出る, 今度は, 低い聲, 佐々の, 何かしら冷たい, 何やら物音, 何人か, 何心なく, 何物かを, 何者か, 余の, 倉庫へ, 借りて, 僕の, 元の, 先方は, 公会堂へまで, 六合七合と, 出かけると, 出された直ぐ, 出されて, 出されては, 出した, 出した書簡, 出して, 出しなに, 出たか, 出たと, 出たの, 出たりは, 出た俸給以外, 出で, 出ないまま誰, 出ないやう, 出ないよう, 出なかった以上, 出ましたけれど, 出まして, 出よう, 出られないわけ, 出ること, 出るとき, 出張した, 出来た洋館, 出来て, 出版される, 分けて, 別棟の, 前より, 前部発射管室の, 助けだされたん, 動かさないこと, 動き出そうと, 匍い出さず, 千二百円の, 半身を, 去った, 去って, 去らして, 去らずエンジン, 叮嚀な, 台辞の, 司令官殿の, 同じ船, 吹き通う薫香, 呼びに, 呼び出されたの, 呼ぶの, 呼りん, 呼鈴の, 品の, 問題の, 嗄れた良人, 囚人の, 四五町しか, 四方を, 国宝の, 地下ケーブルで, 地下工場へ, 坑道に, 堪りかねたか, 報告が, 報告し, 墜落惨死した, 声が, 声を, 外を, 夜目にも, 大勢の, 大声を, 奥さんの, 奥の, 奥へ, 奪ったもの, 女の, 女中の, 女患者の, 女給を, 始めなければ, 子刻, 宗像博士も, 室と, 室に, 宮は, 寝巻の, 小さいいびき, 小使が, 少し手, 帰つ, 帳場へ, 帽子を, 幾間かを, 座鋪へ, 庭へ, 廉物の, 廊下に, 廊下を, 廊下伝いに, 廊下廊下から, 引きづり, 引っ張りだして, 引離される一刻一刻, 張り出しの, 彼が, 彼の, 彼女は, 彼女を, 往来へ, 忽然と姿, 思いがけない青眼先生, 急いで, 急に, 恐ろしく念入り, 愕き, 成る, 成る実験室, 戸外へ, 折り畳式, 抜けて, 抜け出して, 持ちだした一銭活動, 掛けたもの, 掻き消えたの, 携えて, 放した, 放笑, 教場へ, 教室を, 敷居際まで, 料理から, 料理場に, 日の, 時々何, 暗窖, 更に百メートル, 最も遠い, 朝まで, 朝倉先生の, 本屋の, 来たもの, 来たらしい若者達, 来るらしい, 松の, 案内する, 棺桶を, 椅子を, 機関室に, 此の, 武平が, 歩き出たの, 残りの, 母親が, 永久に, 油だらけに, 法廷に, 法然を, 泥棒し, 洩れる, 洩れる灯かげ, 洩れ聞えて, 流れ寄る薄暗い, 消え失せて, 湯殿へ, 溢れるよう, 滑り出た, 漂うて, 火が, 火を, 無頼漢の, 煙の, 爬虫館では, 爺さんの, 犬塚を, 玄関あたりは, 玄関へ, 玻璃窓の, 生れた, 生れたこと, 産室それから, 男の, 男や, 留置場へ, 病室へ, 発見された, 登るの, 登る五十町, 皆が, 皿に, 監房へ, 監視の, 盲人の, 相川君たち四人の, 真夜中に, 真白い光明, 真赤な, 眺めると, 睡そう, 研究ノート第, 神経を, 私と, 秘密に, 程近い, 空ばかり, 空気が, 窓に, 笑い声が, 第二, 約五百円, 紙巻煙草を, 紙幣の, 素子も, 細くかすか, 細君が, 紺大島を, 編輯室を, 縁がはへ, 美しいアルバム, 聞えた小さな, 聞えます, 聞きながら, 聲高な, 聽えて, 背の, 背負って, 背負つて來て, 至極仲, 臺所の, 船の, 船長に, 艇外に, 花色の, 若い杜先生, 若様や, 蓄音器の, 薄暗い台所, 薄縁を, 血だらけの, 街道へと, 裏庭へ, 襖の, 見えるか, 見える木立, 見える灯台, 見せて, 見せられた, 見渡される梅林, 見通しだ, 調子は, 貸室, 賊の, 走り出させたり, 起きて, 起った, 起ったところ, 車室へと, 転げるよう, 轉げ出す, 轟然たる, 返事を, 追い出して, 追っ払って, 送られた一種, 送り出して, 逃げだして, 逃げだすこと, 逃げ出して, 逃げ出し外廊, 逃げ出すこと, 逃げ出すよう, 逃れ出るよう, 逃出し, 這い出しそして, 連れ出して, 運ばれたの, 運ばれる頭付軸木, 運び去られた, 運動場へ, 達子が, 遙かに, 遠ざけて, 遠ざけまして, 遠目に, 配給された, 酔った声, 重役室へ, 鈴を, 鉋や, 鋏の, 阿片室を, 降りたの, 降りて, 降りながら, 降りる黒い, 隣の, 集めて, 離れて, 電燈を, 電話がか, 電話を, 露路の, 顔, 風に, 飛びだすと, 飛び出した, 飛び出すこと, 飛び出て, 飛出した銀次, 飛出して, 食堂車へ, 養女と, 養母の, 首を, 駆け出した, 駆出して, 駈け出さうと, 駈け出そうと, 骨骼を, 髪を, 魂切る, 麻酔剤を, 黄龍が, 黒いチョッキ

▼ 室~ (623, 2.8%)

33 あって 29 あった 28 ある 11 あつた 8 あるの 5 あつて 4 あります, なかった, 並んで, 見えて 3 あるが, あるなんて, ないの, ないので, 一杯に, 出来た, 刻々に

2 [38件] あいて, あいてるから, あったが, あったこと, ありその, あるから, あること, あるじゃ, あるので, あるん, あろうとは, いやに, きれいに, こしらえて, ついて, できた, なくては, 一つある, 世界の, 二つか, 備は, 出来て, 別に, 変に, 夢の, 大爆発, 広いので, 式場で, 急に, 日が, 明るくなっ, 暗いので, 暗くなつた, 殆ん, 空いて, 続いて, 見えた, 記憶力を

1 [396件] あいた, あかないん, あけはなして, あっただけ, あったの, あった方, あった由, あっても, あつくて, あつたり, あまり狭い, あまり陰気, ありあっさり, ありそれ, ありました, ありましたね, ありまして, ありまた, ありウェスタン, あり並んで, あり各室五名づつ, あり子供たち, あり左側, あり更に, あり農村婦人, あるか, あるからと, あるけれども, あるだけ, あるだろうあそこ, あるでしょう, あると, あるという, あるとは, あるなと, あるに, あるのに, あるはず, あるもの, あるよう, あるらしい狭い, あるらしく彼, あるらしく華やか, あるわけ, ある上, ある方, あれば, あろうなんて, いいかも, いくつも, いっしょです, いっそう薄暗く, いっぱいで, いつのまに時計, いつも秘密, いるの, いるよう, うすくらいので, うんとある, お民, かような, がらんと, がらんとして, きみを, きれいと, ことで, この建物, この酒場, これも, こわれたらわれわれ, ごく人, すぐ隣りだった, すこし離れ, すこぶる狭い, すっかり出来上っ, せまいだらうつ, その乗客, それと, たいていそうである, たいへんな, たえず眼, たくさんあっ, たくさん並ん, だめに, だんだん小さく, ちゃんとでき, ちょいちょい訪ね, ちょうど遠方シグナル, つくられて, つくられる, つくられ特別母, つづいて, できあがった, できたり, できて, できるはず, でき上, とっ附きに, とにかく仕事, とれたそう, どうやら密室, どこに, どれだ, どんな具合, ないため, ないだから, ないだろう, ないもん, なかったり, なかなか盛ん, なくて, にわかに寂然, にわかに騒がしく, はじめは, ひそかに, ひっそりし, ひっそりと, ひどく気に入っ, ふえて, ほしいん, ましだった, またそれぞれ, まだ出来ません, まったく焔, まるで墜道, まるで非番, みえる, みな小さ, むこうから, もうそこ, もって, もてるよう, ものおき同然に, よかろう, エレベーターの, スチームに, テナルディエ夫婦の, プラットホームを, 一つあった, 一つ一つ進む, 一つ空い, 一つ空いた, 一ツも, 一度死ん, 一方に, 一時は, 一等いい, 一鉢の, 七階に, 万事の, 三つつづい, 三つ宛しか, 三棟ぱらぱら, 三疊で, 三階で, 三高生達の, 不可解な, 並んでる, 乱れて, 予定され, 二つ, 二つあっ, 二つある, 二つまで, 二つ位も, 二つ出来, 二つ奥の, 二つ小さい, 二人を, 二十スーなら, 二百作られ, 二階に, 人に, 人待ち遠しい, 今あの, 今までの, 他の, 会計室と, 何だか丸, 何個も, 何故しらぬ, 俺たちの, 充満し, 全くその, 全然暗黒, 八畳で, 六畳八畳の, 共通の, 冷えっちまう, 冷えるから, 冷え冷えし, 出來, 出府された, 出来たの, 出来たので, 出来た時, 出来ました, 出来る, 出来ること, 出来るだらう, 出来僕たち, 出来新式, 出来昭和十四年, 出来長岡研究室, 分かれて, 分けてなかったら神楽堂, 初めてだった, 別に学齢, 十分歩きまわれる, 半ば自然の, 博士の, 即ち秀子, 取ってないという, 取って置きの, 取囲み窓, 古代時計室だ, 右手の, 同じなら断る, 名物, 向ふから右側, 單身出で, 噂さへ, 噂ほど, 噂を, 四つ五つ並ん, 四階に, 埋まって, 塩田大尉と, 壊れても, 多い, 夜は, 夜風に, 大したもの, 大分たって, 大変気に入っ, 奧から, 好い事, 完備し, 宙に, 家の, 寂然し, 密閉された, 寝室にな, 尊く潔き心根, 小さいので, 小さくて, 小さくなっ, 少し折れ込ん, 川の, 帰って, 年中零下五十度までの, 幾つも, 幾個も, 幾間も, 広くても, 広すぎた, 建ち並んで, 建って, 廻転する, 引込線の, 弟の, 役に立つの, 彼女の, 御実家, 心配です, 必ずある, 必ずつい, 必要な, 必要に, 思ひ出されたり, 恋しく, 患者の, 悪いの, 戸が, 所領も, 押し破れるもの, 揺れるかと, 改築中であった, 数を, 料理場にな, 方には, 日々相当の, 日光り, 明るくなつた, 明るく感じられた, 明るく輝い, 映写され, 暗かった, 暗くて, 暗くなる, 最適な, 有する異国情調, 有り得べき筈, 有ろうかと, 欲しい, 欲しいと, 歸つた時には, 毎日雨戸を, 永年の, 法文科と, 活, 活きて, 浅いから, 浮かんで, 涼しうございます, 涼しゅうございます, 混み合いまして, 満員な, 潮に, 火を, 無いの, 無くこの, 無くとも, 焼けて, 焼夷弾を, 熱の, 燃える, 爛れんばかりの, 狭いので, 狭すぎる, 狹く, 現れるにつれて, 現われたので, 現われるよう, 現在その, 生きて, 皆あい, 真暗に, 眼に, 研究用の, 研究部を, 硝子窓を, 示してるとおり, 私などという, 私にとって, 私の, 空いてるかね, 空くまで, 第一, 納骨堂の, 素晴しく, 置いて, 美紅の, 腸詰工場に, 腹立の, 自ら其身を, 自分の, 自分を, 船の, 船岡どのに, 荒廃した, 荷風君の, 蜜蝋蜂によ, 表に, 衰えたあと, 装ひ, 要ります, 見えましたよ, 見えるん, 見え透いた, 見え透く, 見つかると, 見付かって, 覗いて, 設けられた, 認められその, 調査団の, 負うこと, 走つて, 足りなくなれば, 跡かたなく, 輕裝吾等を, 輝いて, 近代化せ, 造らるる, 違いましても, 部屋全体エレベーターの, 配下の, 長い間, 閉鎖され, 開いた, 開いてるとの, 閲覧室に, 附属した, 附帶する, 隣家と, 雇ひ, 電燈でなく, 静かでも, 静かな, 非常に, 頭に, 顏揃ひ, 顔揃ひ, 騒々しいので, 鳴動した

▼ 室には~ (599, 2.7%)

109 いって 20 いると 8 いつて, 電燈が 4 いるの, 誰も 3 いること, いるなり, だれも, ひつて, 何の

2 [25件] いってから, いなかった, いる, いるや, いる前, いろいろな, うす暗い電灯, 丹毒が, 二箇所に, 何が, 何人も, 入口が, 十人許り, 寝台が, 忍び出, 本箱が, 校長の, 灯を, 無職の, 煙草の, 種々の, 窓が, 西日が, 誰が, 電灯が

1 [381件] あなた一人です, あまり向かない, あらで編輯室, あらゆる書物, あれど, い, いかにも疲勞, いったんだい, いってからは, いっては, いっても, いつか鍵が, いつもの, いつも姉, いないよ, いなくて, いるため, いるとき, いるに, いるよう, いる時, お話の, お高, かくして二個, かっかと燃え照っ, ぎっしり人間, けばけばしい長襦袢, この船, こんな思いがけない, さすがに, さだ子初江私の, さつきの, しんしんと, すこしも死人, すでに変, その二日前, その日, その白塗り, それぞれ有為な, それぞれ東と, それぞれ錦の, それを, そんな棒切れ, そんな研究, たくさん棚が, ただ四人, たった二人, たれも, だれかの, だれと, とうていこの世, とにかくどうにか煉瓦, どの室, なかば夕日が, なって, なにかあやしい, なにかが, なにも, なんにも残ってなかった, なんの, にわかに人, はいらない, ひつた, ひると, ひる前, ふたりの, ほかに, ほんの小さな蝋燭, まだファイエルマン, まだ一度, まだ微光, まだ次の間, まだ炬燵, むろん数, もうだれ, もう五, もう膳, りっぱな, わしが, わたしと, アノ時余の, スタンドの, タイプライターは, タンゴバンド, ダン艇長一人と, デナア・ジャケツの, トランシルヴァニアモラヴィアヘルツェゴヴィアポドリアシュワビアカアランドなどという, ドイツオランダイタリーの, ピアノが, フリント君と, ベッドは, ベランダは, マイクが, マッコーの, マリユス君という, ミチ子も, メリンスの, ランプは, ワニ君の, ヴエラスケスレンブラントヴアン・ダイクの, 一つしか, 一つの, 一人も, 一体誰か人が, 一個の, 一年級受持の, 一月前まで, 一面の, 七八人の, 三人の, 三先生の, 三岸の, 三根夫が, 三毛の, 下に, 世の中の, 世界各地の, 中央に, 中学の, 中村係長と, 乗合客も, 事実想像も, 二三人しか, 二人きりだった, 二人ばかり, 二列に, 五人の, 人は, 人多く, 今一つ見落し, 他に, 他には, 佐々平, 何に, 何にも, 何らの, 何故燈火, 侍女も, 依然として貴族政治, 便利な, 健康者では, 僕を, 先刻から, 先客が, 先生と, 兎も, 入るを, 入口の, 全体何が, 公園から, 其所に, 内側から, 内外の, 出入口は, 刀架が, 別入口, 到底居た, 前方に, 前部の, 加賀の, 十三に, 十人ばかり, 卓が, 博士の, 厳重な, 参諜総長以下各, 古びたる寝台, 右に, 名も, 向けず階段, 喜悦の, 四つの, 四五人ずつ, 国宝のぼ, 坂口君の, 基礎工事の, 塑像の, 塵埃は, 壁一っ, 夕食の, 外に, 外國産の, 夜も, 夜ツぴて点け, 夜ツぴて點けて, 大きな囲爐裏, 大きな煖炉, 大ぜ, 大勢の, 大変な, 大小を, 大机, 大河より, 奥へ, 女が, 女ばかりの, 女秘書の, 姉の, 姿を, 姿見の, 婦人連そして, 学校管理法や, 学術雑誌や, 安来節の, 実に無数, 実際憂暗, 客が, 客の, 宵の, 實に, 将校達が, 小がた, 小さいくすんだ, 小さな書棚, 小使が, 少なくとも一人以上, 少年が, 少年探偵団員が, 少年紳士等打寄りて, 居なかった, 平服の, 年とった, 幾人の, 幾組もの, 広いへや, 床に, 床の間に, 廊下から, 彩布の, 微かな, 必ず次の間, 必らず響く, 怪人は, 我国の, 戻らないで, 所も, 所員が, 扇風器だの, 扉が, 手を, 打つから, 指導者の, 掛図や, 教員が, 数人の, 文久元年萩園主人千浪という, 斜に, 新入生は, 既に遊女達, 既に黄色, 早朝から, 早鼻垂先生, 明きが, 明りが, 明るい午前, 明るい灯, 明るい燈, 明るく電灯, 昔風な, 普通の, 暖炉が, 本隊の, 机と, 東京から, 東宝重役や, 校長と, 格式の, 棚に, 椅子も, 権田と, 橋本看護婦が, 此等の, 母と, 水まで, 氷峰が, 深い異変, 湯の, 湿気ど, 滅多に, 火の気も, 灯が, 無数の, 無論女, 煌々と, 煙草盆を, 燈火と, 燈火一つ無く, 猛獣でも, 玉村銀一君や, 王様の, 瓦斯が, 生憎誰, 男の, 画家の, 畫家の, 病人が, 病人も, 病氣特有の, 白っぽい洋服, 相応わ, 看護卒を, 看護婦を, 石も, 社長の, 私が, 私と, 私らが, 私一人しか, 私達の, 私達三人と, 竟に, 筆硯小説等備へ, 粗末な, 細君が, 細君と, 細君の, 給仕の, 綺麗な, 縁が, 織物が, 美しい書籍, 翼の, 老人の, 老僧, 老先生, 老婆と, 老若男女の, 自分一人きりである, 船玉樣に, 艇夫たちが, 艇長デニー老, 色々な, 茶箪笥の, 蒸気が, 藍丸王唯一人しか, 藺莚の, 蝋燭が, 蠅叩きの, 衣装部屋などが, 西山教頭も, 見舞客が, 親類の, 誰れ, 誰一人入った, 警察や, 質朴な, 通さないの, 通らず未亡人, 遊び人風の, 道化師が, 違いなかった, 鉄の, 銀の, 錠が, 鍬も, 鍵が, 鏡が, 長椅子に, 長火鉢の, 院の, 陰深, 陽が, 階段の, 電気が, 電気の, 電気会社から, 電灯一つ点い, 電燈も, 青醒めた, 面白い予言者, 音楽の, 響いて, 頭の, 額の, 食事の, 食器棚料理の, 高真空, 髭の, 魚戸が, 麻の, 齢を

▼ 室~ (324, 1.5%)

6 なって 5 いって 4 いっても, 室との 3 なった, なつた, 並んで, 続いて

2 [17件] いうよりは, それに, 云うの, 云って, 云ふ, 台所との, 呼ばれて, 呼んで, 因縁の, 室とを, 彼は, 書いた戸口, 石炭と, 編輯局の, 聞いただけでも, 言っても, 違って

1 [259件] あるので, いい怪塔王, いい猿, いうので, いうべき場所, いうほどの, いうよりも, いえるもの, いちじるしく趣, いったって, いったので, いつた感じ, いつて, いひ其各部, いふと, いわなければ, おなじ様, おぼしき小, お料理, かけ持ちで, きまった六畳, こっちとの, こっちの, この木村君, した, したらドウ, して, するところ, する事, せられ価, そうして四時, そのなか, その上部, その事務室, その向う, その隣, その隣り, それから, それからこれ, だいたいの, ちがって, なさんという, なした, なったもの, なった光源院, なつかしい先生, なり奥, なり廊下, なり柴中佐, なり踊り児, なろうと, ほとんどソックリ, より解放, エラ子の, カーテンを, デッキの, フトロエ・ザセダーニエ, ブラウンの, ベローワの, 一所の, 一等喫煙室二等室と, 三つに, 上の, 中央階段とを, 二室を, 二等喫煙室という, 二階と, 云うこの, 云うものの, 云うよう, 云う札, 云える, 云し, 云つた, 云つてことさら, 云ひ, 代えて, 何の, 例の, 供待ち部屋の, 信じきつて, 倉庫と, 其の後ろ, 兼用の, 円形の, 刻んだ真鍮板, 前甲板下水夫部屋, 口を, 右手隣室で, 号した, 同じであった, 同じやう, 同じよう, 同じ幅, 同じ感じ, 同じ英国貴族, 同一である, 同様である, 同様に, 同様荒れる, 名づけたの, 名づけて, 名を, 名指された四畳, 名指された四疊, 向ひ, 君の, 呼ばれたもと, 呼ばれる一つ, 呼ばれる中室, 呼ばれ複雑, 呼びならされる暗室, 呼ぶこと, 呼べり, 呼んでるだあ, 回教女, 図書室に, 園田家の, 圖書館とには, 地階の, 塔の, 境に, 増すに従って, 壁一重に, 変った, 外との, 外来患者室と, 大して変った, 大違い最, 学長室などが, 定めて, 定め僕, 実験室を, 室隣同士の, 宿主夫婦の, 宿直室の, 宿直室は, 寂しい夜更け, 寝室と, 寝室との, 寝室とを, 寝室の, 寝室を, 寝室他の, 小さな標本室, 小舎とは, 工場と, 工場との, 工場の, 帳場とを, 広間との, 彼の, 彼らが, 彼独りの, 後方の, 後部の, 心得るよう, 応接室と, 思う人, 思われるあたり, 拱廊を, 接して, 控え部屋の, 改称した, 教員室の, 教員室を, 数個の, 曲もの, 書いたしるし, 書いたボタン, 書いた入口, 書いた紙片, 書いて, 書いても, 書かれて, 書庫の, 書斎とを, 木影などが, 木村助手の, 机とが, 板廊下一つ隔てた, 枝折戸との, 校舍との, 極つた六疊, 標本室とを, 機関室から, 機關室とは, 次ぎの, 次郎の, 正面の, 此の, 武具室と, 比べると, 法医学教室の, 洗面所切りな, 浴場とに, 浴室, 温室が, 火夫室の, 煉瓦壁を, 特別な, 狭い暗い廊下一つ, 玄関の, 申す小意気, 異って, 病室が, 白い字, 相對, 相通ずる, 知り得た時, 研究室とは, 称した, 称しながら, 称する一部屋, 称へて, 移って, 籬で, 聞いて, 背中合せに, 舵機室との, 船員室との, 茶の間との, 茶の間の, 落ち合う時, 董卓とは, 薬が, 薬局と, 薬局とに, 裁縫室の, 裏の, 見えたカーテン, 覚しきあたり, 言うの, 言ひでふ, 言ふ, 言へば, 読書室が, 調剤室とを, 貯炭パイルの, 跳歩いた, 近づいて, 運命を, 違い様々, 選ぶところ, 部厚い, 酒場と, 酷似し, 金屏風と, 銀色の, 長椅子との, 附属工場とに, 階下の, 階段が, 隔ての, 隣り合った応接室, 隣り合わせの, 隧道が, 雑用とを, 食堂台所との

▼ 室では~ (175, 0.8%)

4 なかった 3 あるが, なくて, 今しも 2 ない, 二人の, 今夜は, 伸子の, 源助の, 男と

1 [150件] あった, あの女, あれど, いつも私, いなくても, お妾さん, お父さんの, かなり酒, ござりませぬ, しょっちゅう蓄音器, そういう時間, そのしんぼう, そのすみ, その官兵衛, その客, その広, それを, ただの, ちょうど休憩, つぎつぎと, できないこと, どうな, ないか, ないが, ない若し, なかつた, なくわざと, にせ探偵, ぼくでさえ, またはその, またもの, また喊声, また盆踊り, また義雄, まるで何, まるで早苗, みんな腹を, もう水, もう社員, もう阿部章藏, やはりレエス, オフェリアが, キミ子が, グレーズブルックと, コツプに, バタンバタンと, ペンと, ロザーロが, 一年中火が, 一本の, 丁度今五人, 三人の, 主任と, 主任技師の, 主任技師フィリップスが, 予即ち, 五人の, 五六人寄っ, 人が, 今や冬, 例の, 備えつけの, 兵馬の, 出版と, 切開された, 加賀大佐が, 動かしがたい, 北村が, 十四五歳の, 千種十次郎と, 千谷さんの, 受信機が, 味方の, 咳拂ひと吐月峯を, 四人の, 地所の, 堀田が, 大きな扇風器, 大きな机, 大きな餉台, 太田ミサコが, 女房と, 妻も, 娘と, 子を, 子供が, 孔子と, 実に安心, 家の, 寝台の, 小便に, 小川先生と, 少年が, 少年ボーイが, 山形警部が, 幹部の, 広東服の, 庄亮が, 思いも, 思い付きの, 施先生が, 既にその, 春の, 暖炉から, 朝の, 検事と, 極度に, 母親と, 水夫たちが, 浪江が, 浮かばないよう, 海魔から, 父と, 狼狽した, 生徒も, 白い帽子, 白髯の, 目を, 真中に, 真夜中の, 真裸だった, 眼鏡を, 知事の, 社長ラングレー氏が, 祇園小唄の, 祖父が, 私と, 私の, 秘密な, 窓から, 絶えて, 腰を, 艦長加賀大佐と, 蟻田博士が, 袂が, 西日は, 覆面を, 言えないから, 詳しい話, 警察の, 遊びに, 遣切れねえだ, 選挙談が, 金庫の, 錫の, 鏡台や, 陰イオンが, 随分意義, 隠居や, 須永に

▼ 室~ (172, 0.8%)

5 ある 2 あった, あれば, ないの, ないん, ボイロフの, 左程に, 春と

1 [153件] あつて, ありなお, あります, ありますが, あり下等室, あり古びても, あり始末, あり特別, あり裏, あり酒場, あるけれども, あるし, あるでしょうそいだもん, あるの, あるので, あるん, あるヌイイ, ある上, ある中流以上, ある探海電燈室, いいけれども, いっぱいふさがってる, お客が, からっぽでした, かりられない, きれいで, ここで, ことごとく内庭, この中, この前, この部屋, こんなかい, さあ二つぐらゐはあつたらう, すいて, すでに滿員, ずっと広く, そうした二階, そうな, そして謎, そのままどこ, その前, その横, それほどに, でき上って, ないので, ないはず, ない程乗つて, なかった, なくなった, なく運動場, なし扉, ひどく暗い, ふっ飛んで, ほ, まず第, また完備, まったくからっぽ, みた, みな裸の, みんな本当に, やっぱりだだっ広い, やはり同じ, やはり科学文明, サビエルの, ピカピカ光っ, 一二度気の, 一体に, 一言呪言を, 不思議な, 与えられなかった, 九州大学も, 事務所も, 二三あった, 二等室も, 二階も, 亦無, 今までの, 今夜に, 今日そのまま, 他の, 他は, 八室も, 召使ひ, 同じよう, 吾輩も, 器具も, 図書室も, 大きく風通し, 大分賑かに, 大捜査, 寒さうに, 小使部屋も, 床は, 廊下も, 彼には, 彼の, 御抱, 徳川時代の, 忽ち満員, 愚連隊の, 戸が, 拝見したいです, 早や, 明いてるだらうのに, 明いてるだろうのに, 明るく最早, 明日立つ, 時の間に, 暗い, 朝日の, 未だ煤びずに, 本も, 机も, 村の, 森閑と, 検べた, 決して空かない, 沢山ある, 沢山ございました, 海図室も, 灯されて, 無いので, 無かつ, 片づいて, 片づけた, 特別に, 独立し, 狭しと, 甲板の, 病舎も, 登録局も, 直角に, 真暗である, 社長室も, 穴めい, 空いて, 空虚に, 窓の, 純白の, 老巡査, 蕭條たり, 見えます, 見た, 見て, 見当らないよう, 調べる, 貴重な, 貸して, 酒商の, 鍵が, 電燈が, 非常に, 頭の

▼ 室~ (118, 0.5%)

6 を見廻し 4 に入る, のひとたち 3 のもの

2 [18件] にその, に入らなけれ, に入り, に快い明る, に縦横, に響き渡る, の冷笑, の気分, の者, をぐるりぐるり, をひ, を暴れ回る, を歩き, を自在, を見, を見廻した, を走り, を退いた

1 [65件] がぱっと, が真昼, が真白, が銅色, で魚, にいた, にちらかる, にはおれ一人, には留らず, にゆらめき起し, にビリビリ, にピストル, に一種悽愴, に何, に何とも, に來つて, に光, に入, に入っ, に大きな, に平臥, に投げ散らし, に散った, に明るみ, に昼, に来っ, に満ちた, に漂わし, に漂わせ, に漲つた, に籠つて, に輝く, に轟く, に這, に閉じこめ, に響き渡った, の人皆, の抽斗, の暖か味, の燈, の硝子, の硝子窓, の空気, の窓, の蛇, の道具, へ敷い, をてらし, をゆすり動かし, をよろめき歩いた, を其方此方, を捜し, を横行, を歩きまわり, を浮き出さし, を煙, を睨めまわす, を罩め, を翔りあるく, を躍り, を震撼, を飛び廻った, を馳, 何と無く薄暗し, 暗くしなく

▼ 室~ (96, 0.4%)

4 の空気 2 で作る

1 [90件] からピシピシ, でつくる, でできるだけ, での仕事, での失敗, での実験, では機械学者, では蓑浦中将, で人工, で出来た, で卒倒, で実験, で腐蝕, に, にあった, にあり, にいた, にのみ研究, にはいった, にはいる, には何だかモヤモヤ, に一婢, に人, に仏陀, に働く, に充つ, に南米, に取りつけ, に向け, に坐っ, に大書函八個, に姿, に必要, に捕えき, に捕われた, に掲げられ, に於ける, に泊っ, に洗面, に流れこん, に滿, に生ぜしめる, に装置, に食卓, の, のそこ, の人々, の何, の光景, の全員, の器, の基礎的研究, の場面, の奇怪事, の実験, の彼, の教授室, の文芸研究部, の日本人達, の明る, の暗夜, の机, の死体, の温度, の測定値, の特別, の現象, の生活, の研究, の群集, の装飾, の装飾等, の視線, の電灯, の黒怪人物, はシン, はヒツソリ, は一日静か, へ姿, へ持ち込めない, へ持ち込ん, へ運ん, へ駈けもどった, を探しまわり, を監督, を見廻した, を見直した, を見込む, ヲ明ルクシタ, 第一

▼ 室にも~ (85, 0.4%)

3 電燈が 2 人影は, 煙草が, 病人が, 薔薇あり

1 [74件] いること, お茶をの, その隣, それからベランダ, だれ一人, ちょっとした混雑, つのるふえ, なつた, なるの, はいらずすぐ, みつからないと, ろくな薬, 一つの, 二三度顔を, 人の, 人声物音が, 伸子たちの, 似たここ, 何處と, 信長の, 入るを, 入れて, 出て, 分かれて, 分宿する, 別れて, 医員の, 及んで, 圖書室にも, 壁いっぱい書物の, 多くの, 姿を, 山を, 布団が, 待合室にも, 扉が, 挿花の, 日光が, 暖房装置は, 書庫にも, 木村助手の, 木綿の, 机の, 来た人, 林檎一つ落とす, 櫛を, 残ること, 浸み, 点いて, 無電室にも, 用を, 眼を, 矢張り, 碌な, 神の, 箪笥らしい, 統一は, 縦覧客が, 自宅にも, 色々な, 荷物が, 行きました, 裾を, 覗く一つ一つ丁寧, 覗けば, 詰まるだけ, 誰も, 起った, 起るし, 這い込んで, 釜前にも, 風呂場にも, 食堂にも, 黒ん坊の

▼ 室まで~ (85, 0.4%)

4 来て 3 帰って, 持って, 行って 2 借りて, 出て, 手に

1 [66件] ありますので, いらっしゃい, おりて, お出でを, お出下さい, お帰りなさい, お運び, かみさんの, きこえて, しんしんと, ついて, ついて行くと, つたわって, とどくの, またはいり込ん, まねいたこと, やって, ゆく道, エレベエタアで, ブチ抜け, 七十二段黒, 上った, 二人で, 僕たちに, 参りましたの, 受取りに, 土足で, 届けなければ, 引きさ, 引張り込んで, 往くと, 御出, 戻って, 戻ると, 抜けちまって, 押しかけて, 持ちだすから, 搬んで, 日本軍が, 昼の, 来たお, 来ないうち, 来兼, 案内した, 流れ込む, 用意し, 突き通る金切聲, 聞こえて, 自動車が, 落ちて, 行った, 行つてそこから, 見て, 見廻って, 見透しだしここいら場末, 蹌踉て, 辿りついて, 送り届けなければ, 運ばせること, 運ぶうち, 運ぶ役目, 運んだの, 運んで, 開けて, 響いて, 響を

▼ 室~ (71, 0.3%)

2 廊下や

1 [69件] あなたの, いろりば, そこの, その周囲, その設備, ないかいな, ペリティの, ホテル宿屋なぞ, 不自由舎の, 世間普通の, 二等室へ, 佛教青年會館や, 便所などと, 倉庫から, 倶楽部の, 兵舎を, 医務室の, 医務室や, 台所を, 呂宋へ, 器のみを, 嬰児室が, 実験室に, 実験室の, 宴会の, 家屋や, 寝室も, 居住区での, 屋根裏の, 屠殺場から, 工場なぞの, 座敷の, 庭や, 廊下で, 廊下などの, 廊下には, 廊下の, 廊下を, 応接室に, 応接間や, 手術室が, 手術室の, 操縦室の, 教室が, 教室や, 教授会やと, 早苗さんの, 服や, 標本室で, 標本室図書室実験室手術室などが, 機関室が, 殿の, 洋室が, 玄関わきの, 看護婦室に, 研究所に, 空林庵にも, 簡素な, 素直な, 綺麗な, 職員室に, 花畑にばかり, 薄暗い甲板, 裁縫室で, 近江の, 運動場の, 醫局に, 重役室が, 食堂へ

▼ 室でも~ (64, 0.3%)

2 あって, ある, あるの, 其噂が, 明いて

1 [54件] あった, あったから, あつた, ありまた, あり仕事室, あり応接室, あり昼寝, あるかと, あるらしく複雑, あれば, い, いいし, いいん, いった, うらに, お話ししました, かなりの, こさえられます, こさへられます, これほど, これを, しきりに袂, そっと入っ, たれること, だから住む, なかった, なければ, また素人, みんなお前を, よければ, よろしければ, わずか六人, アパルトマンでも, 主人が, 仕事場でも, 俺と, 先生から, 公務に, 別にある, 印度でも, 咳を, 垂れこめて, 大きいの, 女は, 母親は, 決して乗り心, 相当押え付ける, 私は, 蝉が, 見まわす時, 誰かが, 造ったら僕, 造られて, 鎖されて

▼ 室~ (56, 0.3%)

5 の家 4 の父 2 の母親, はこの, はそういう

1 [41件] がいくら, がそれ, が此間じゅう, が毎年, が気がつい, には一眼, のこと, の両親, の店, の性質, の父母, の狭めた, の膝, の艇, の見る, はそこ, はその, はそれ, はそれほど, はとぼけた, はもう一度, はわざと, はオール, はシュミーズ, はスカール, は仕方, は嫁, は寮, は急, は急い, は手早く, は案外, は流れ, は疲れ, は眼, は結局, は縁側, は自分, は茶, は隅田川, は頬

▼ 室~ (55, 0.2%)

52 とは入, と云う, と思った, ね

1 [42件] からとくにいろいろ, からな, からなフフ, から善く, から暖, から無駄足, から窓, から腸チフス患者, かわからなかった, がここ, がその, がね, が少し, が手前, が物置, が眞佐子, が真佐子, が開け, ここで, ここは, こんな好い, し向う, そうです, つてさ, ということ, という建物, といふ事以外, とか云う, とか非常梯子, と推定, と教えられた, と見え, と言, な, なあ, なんていっ, な宿屋, のの, のを, まだずっと奥, よ君, 棚には

▼ 室という~ (55, 0.2%)

19 のは 2 のを, ものは

1 [32件] ありさ, ところで, ところは, のが, のへも, ふうで, ものが, ものに, ものの, ような, わけにも, 事を, 八畳の, 写真の, 四室に, 地下室を, 場所に, 実体そのものは, 室が, 室には, 室は, 建物が, 御誂え, 新しい研究室, 有難くない, 札が, 生きものが, 総称である, 者も, 途方も, 部屋が, 間取な

▼ 室との~ (51, 0.2%)

14 間の 7 間に 3 仕切りの 2 境の, 間は, 間を

1 [21件] あいだの, ある新しい大きい, しきりの, 中間より, 乗客が, 交通又, 仕切が, 仕切に, 仕切の, 境に, 境界には, 壁に, 界に, 界目から, 結婚の, 距離は, 違うところ, 間から, 間における, 間には, 關係の

▼ 室へは~ (46, 0.2%)

6 ひつて 2 いつて, いるや

1 [36件] いつた, いつたが, いつた刹那, いるとき, いるなり, いる口, いる客, いる鉄格子, おとうさんと, おとずれないらしい, しょっちゅう出入り, どうやら近づき, ひって, ひるや, ドウドウと, 下僕でも, 付近航行中の, 入って, 入場を, 出かけなかった, 出るが, 助手の, 帰って, 帰らずに, 帰れないと, 年少の, 廊下から, 急に, 歸らず, 現われなかった, 用事の, 絶対に, 行くまいと, 這入っちゃ, 通さず見馴れた懐しい, 通じないから

▼ 室へと~ (42, 0.2%)

4 歩いて 3 導いて 2 おりて, 引返して, 急いだの, 行つた

1 [27件] あらはれる, きのうの, それらの, 下って, 下りて, 導かるるまで, 導かれた, 彼について, 急いだ, 歩き回った, 歩み入って, 渡り歩いて, 烈しく噴き出し, 突き出された, 立って, 考えられる, 走った, 走りまわった, 退ったが, 逃げて, 這入って, 通された, 進んで, 遠のいて, 隅々まで, 駆けあがる, 駆け回った

▼ 室~ (39, 0.2%)

6 んだ 4 のです 3 の, のだ, んだろう 2 のであった, のである, のでしょう, んです

1 [12件] のかい, のが, のだった, のだろう, のではっきり, ので夜, ので看護婦, ので窮屈, ので箪笥, ので隣, のに塩田先生, のよ

▼ 室殿~ (38, 0.2%)

2 と村重

1 [36件] から訊かれ, がため息, が聞きわけ, であった, では, というの, という女子, とひとつ所, とも呼ばれ, にいいつけられ, にはもう, に従って尼ヶ崎城, のお側, のお気, の一顰一笑, の妹, の横顔, はあきれ, はいとも, はいま, はおかし, はこう, はそれ, はちと, はひ, はひとり言, はふたり, は何, は冷たい, は勘, は彼, へそう, へたずねる, へも大きな, をふり向い, を伴う

▼ 室である~ (36, 0.2%)

3 事を 2 から出口, から幅, ことが, ことを

1 [25件] かのやう, かはあの, かわりに, かを諒解, が周囲, が四方, が大震災直後, が畳, ことに, し一方, その屋根裏部屋, と共にスモーキング, と名, と知った, と聞き, と見える, のだ, はずだった, ように, 余自ら好みは, 婦人客を, 懐しい明るさ, 或いは余, 為其の, 茶室に

▼ 室とは~ (36, 0.2%)

2 別室に, 反対の, 違って

1 [30件] あまりに異様, いえあかるい, いえない屋根, いえ自邸, ぜんぜんべつ, だいぶ空気, なって, まだまだ距離, まったくべつもの, もとから, 一度も, 世界滅却の, 二つの, 似たよう, 全く趣, 別な, 小庭, 御簾で, 思えない, 思われないところ, 思われぬほど, 扉一重を, 放れた裏側, 構造や, 狭い廊下一つ, 異なって, 異なりて, 空気が, 自分の, 見えなかったが

▼ 室からは~ (32, 0.1%)

2 子供らの

1 [30件] さすがに, もう陽気, ギリギリと, ハッキリと, フットボールの, ロシア語の, 一尺以上も, 一眼で, 五六人の, 今夜の, 兵員の, 太田道灌以来の, 女の, 押し付けられたよう, 救難信号, 昨日の, 時々あたり, 有毒の, 機関の, 毎日の, 海を, 深い谷, 相変らず, 胡弓の, 見えない, 話し声も, 逃げだせるもの, 連絡が, 遠慮し, 隣りの

▼ 室~ (30, 0.1%)

1 [30件] があまり, が三十フラン, が二十スー, が他, が倍, が高く, としてきまった, として頂く, について話し, のこと, のたまってる, の二十二円, の幾分, はいくらでも, はパリ, は六ルーブリ五十カペイキ, は場所がら, は月給, は直接住宅管理部, ばかりがかさん, も決して, や食扶持, や食料, をはらい, を倍, を出し, を切りつめる, を払わない, を毎日夜十時, を無料

▼ 室への~ (27, 0.1%)

4 階段を 2 入口は, 階段が

1 [19件] ベルを, 伝信渡し, 信号が, 信号機は, 入り口あたりで, 入り口な, 入口です, 入口の, 往復を, 忠誠を, 扉を, 案内を, 現はれ, 直通電話が, 着席まで, 道を, 鉄ば, 降り口で, 階子口が

▼ 室より~ (26, 0.1%)

2 出で, 外に, 外へ

1 [20件] なおなお薄暗かっ, ほかには, 二階なる, 先には, 出でずその, 出でん, 出ると, 前後十敷個に, 小さい, 屋根に, 広くて, 後の, 燭光の, 短剣を, 突き出さるること, 茶菓茶器を, 血が, 誘い出して, 誘き出すによって, 誘ひ外

▼ 室全体~ (26, 0.1%)

1 [26件] がびっくり, がまるで, がエレベーター仕掛, が不調和, が唸り出した, が大, が年中零下五十度位, が心, が独占, が私, が笑っ, が薄暗く, が陰気, が麦酒瓶, として静物, に投げ, に漲っ, に轟き渡っ, の床, の恐ろしい, の感じ, の防毒, の雰囲気, を冷, を取壊し, を外

▼ 室です~ (25, 0.1%)

42 が, ね

1 [17件] から, からその, からね, からコンクリート, から馴れた, がさっき板木, がその, が押入れ, が知っ, つて, ね我々, ぱすぱやつてゐたことがあつた, よ, よ隣, わ, 朝磨り始め, 茲までは

▼ 室とも~ (23, 0.1%)

2 云う可

1 [21件] いうべきすべて, いうべき板張り, ちがう小さな, つかない恰好, つかぬ家具装飾, どっちにも, なって, なり応接室, なるの, に操縦者, また一番平凡, 云うべきところ, 小使室とも, 応接室とも, 思はれなかつた, 思われる, 称すべきもの, 解剖室とも, 言えたろう, 身動きも, 通話が

▼ 室において~ (23, 0.1%)

1 [23件] あつた, ありましたので, ありますから, あるはず, あるほう, ある爆薬, ある茶, ある靴, いかに多く, 三度にわたり, 人は, 南京兎を, 右川鼎造学士担当約, 徹底的系統的に, 意見を, 斯業の, 池上少将は, 油を, 緊急職員会議開催に, 行う簡単, 見たるに, 解剖刀を, 贏ち得た

▼ 室らしい~ (23, 0.1%)

2 奥の, 感じを

1 [19件] のです, ものが, ものだった, ものの, ような, 之へ, 事は, 処が, 処には, 別の, 室に, 室には, 感じの, 所を, 様子であった, 爐の, 真暗な, 研究所に, 硝子戸を

▼ 室~ (22, 0.1%)

2 五室の, 何か

1 [18件] そこに, そこらの, その隣室, それとも隣り, どこかの, なんかに, または私達, 何かで, 君の, 四室に, 家を, 少なくともその, 屋根裏かに, 文部省か, 書卓で, 知らん秀子, 礼拝堂か, 続いて

▼ 室~ (21, 0.1%)

7 がひ 4 ぎに, ぎの 1 がひと言, ぎ, ぎから, ぎとを, ぎと生命の, ぎの側に

▼ 室じゅう~ (20, 0.1%)

2 が急

1 [18件] が震える, という, にその, にとけ, に入りみだれた, に反射, に反響, に明るい, に沁みわたった, に音, の先生がた, へコンフェッチ, をあかあか, をかき回し, を散々, を爆発, を見まわした, を見廻し

▼ 室へも~ (20, 0.1%)

2 滅多に

1 [18件] それを, たびたび顔, はいりましたが, 上がらなかった, 主人の, 今日はじめて, 入って, 入らずに, 案内された, 浸み, 浸みこんで, 落付く, 行き猶, 行灯を, 襲って, 訪れた, 響かないという, 顔を

▼ 室一杯~ (20, 0.1%)

2 に莨

1 [18件] にあふれ, になっ, になる, に並んだ, に出来揃った, に取り乱し, に敷きつめる, に斜め, に死者, に流れ込ん, に溢れた, に漂わす, に漲, に笑った, の広, の日なた, の煙, 拡がろうと

▼ 室での~ (19, 0.1%)

1 [19件] きょうの, ことだった, さまざまな, ように, デモンストラチオンを, トレーニングは, 八時間, 出来事を, 実験に, 復活祭の, 日記も, 根気づよい, 気分は, 生活でした, 生活を, 色々の, 行儀を, 身分の, 雪の

▼ 室として~ (19, 0.1%)

1 [19件] お与え, すでにその, その建築, 一つの, 与えられたの, 住んで, 使うこと, 公爵家から, 占領し, 原始の, 呼ばれたるのみ, 多くの, 大問題, 宛てがった幾部屋, 年中開放され, 当てが, 漸く落ちついた, 花やかに, 設計された

▼ 室しか~ (18, 0.1%)

3 ない, ないの 2 持たぬ小さな 1 ない上, ない家, ない平家, ない現在, ない福太郎, ない粗末, もって, 使って, 取れなかったので, 塞がって

▼ 室銀子~ (18, 0.1%)

2 と左近倉平, の人気

1 [14件] が曾, に楽壇, の洋行説, の結婚式, はさすが, はその, はそれ, は何処, は恐ろしい, は極り, は胸, は自分, は花々しく, を押し込める

▼ 室にて~ (17, 0.1%)

2 定りたる, 頸やいた

1 [13件] そなた, 何事か, 喰はせ, 妻の, 御客様扱い, 御覧に, 日毎に, 書, 祈祷す, 窓より, 米国帰りの, 英吉利婦人に, 食事中なりしか

▼ 室いっぱい~ (15, 0.1%)

2 でした

1 [13件] にたてた, になっ, になります, にひろがり, に入っ, に取り散らした, に投げ出し, に敷い, に雑魚寝, に飛び散った, のあの, の雪あかり, 差し込んで

▼ 室みたい~ (12, 0.1%)

2 な所 1 だね, だわ, でその, なとこ, な前庭, な造り, な部屋, にいろんな, になった, になってる

▼ 室~ (12, 0.1%)

1 [12件] が七ツ, が五室位, でしかし, では何うに, は九十四号, は十室, は幾つ, もかなり, をふやした, を合わせ, を建て増し, を構図

▼ 室だけ~ (11, 0.0%)

2 だ, だった 1 きっちり分れてる, でしたらすぐ, でどうせ, では, で二階三階四階, で四百六十五名, 即ち実は

▼ 室へでも~ (11, 0.0%)

2 行って 1 どこへでも, のがれたの, 正餐の, 行かうと, 行こうと, 行ったの, 行つてゐ, 隠れたの, 隠れたので

▼ 室からも~ (10, 0.0%)

1 しきりに笑い声, 一般閲覧室からも, 大臣や, 安らかな, 物音は, 直接廊下伝いに, 興奮した, 見えた, 賊が, 遠くは

▼ 室さがし~ (10, 0.0%)

1 という話, なんて大体, にあっちこっち, につきもの, に経験, は出来ない, をする, をはじめた, をやりはじめ, を伸子たち

▼ 室だった~ (10, 0.0%)

2 のです 1 かね, というの, と誤信, のだ, ので, ので彼, んです, 底を

▼ 室とか~ (10, 0.0%)

3 凡て精神の 2 書斎とか 1 低温科学研究所とかいう, 出入り制限の, 監督官室とかいう, 監督官室とかいふ, 罨法室

▼ 室とを~ (10, 0.0%)

1 一緒に, 与えられた, 仕切って, 仕切つてゐる, 兼ねたもの, 案内し, 相接し, 自分の, 見た, 通ずる扉

▼ 室ほか~ (10, 0.0%)

4 ひの 2 ひを 1 ひが, ひに, ひは, ひ或

▼ 室あり~ (9, 0.0%)

1 て四百人, て室, て恒, て恰も, という, 之を, 右すれ, 君の, 家橘栄三郎これに

▼ 室であった~ (9, 0.0%)

21 あの六号, かも知れない, からです, から横, にも拘わらず, のが, 信長の

▼ 室といふ~ (9, 0.0%)

2 のが 1 ものも, 処にばかり, 工合に, 特別な, 私共の, 聖所を, 趣を

▼ 室とが~ (9, 0.0%)

1 あった, ある, その巣窟, ついて, ドア一つで, 協力する, 完全に, 家の, 彼の

▼ 室における~ (9, 0.0%)

1 ファラデーの, 会見の, 割れ目の, 十万冊の, 原子核反応を, 実験に, 真名古の, 第一夜以来, 若きフランス婦人

▼ 室にと~ (9, 0.0%)

4 ぢこもつ 1 いそいだ, ぢこめられ, つてかへ, ほつて, 通された

▼ 室よりも~ (9, 0.0%)

1 きれいであった, ずっと貧弱, もっとひろい, よほど気持, 一体に, 先の, 危険な, 早く室員, 湯殿が

▼ 室続き~ (9, 0.0%)

8 の部屋 1 の豪奢

▼ 室その~ (8, 0.0%)

2 中の 1 ほか方向舵の, ウムイヴァリニクを, 一室に, 一隅の, 上に, 室の

▼ 室だけは~ (8, 0.0%)

1 どういうもの, まるで別世界, 一番上等の, 二号館という, 安全に, 定って, 浮世並みだった, 陰気で

▼ 室であり~ (8, 0.0%)

1 あの撥釣瓶, それが, また殺された, また産室, ガラスの, 書斎であり, 楽屋であり, 階上は

▼ 室なんか~ (8, 0.0%)

2 今晩に 1 でお, ほんとに狭く, 今考える, 明日いらっし, 明日いらつ, 覗いたこと

▼ 室にばかり~ (8, 0.0%)

3 籠って 1 とじこもって, やって来るよ, 暮して, 籠つて居た, 閉じ籠り絵

▼ 室をも~ (8, 0.0%)

1 なくする, もたなかった, 一所に, 一緒につれて, 剰さ, 綺麗に, 自由に, 訪れた

▼ 室~ (8, 0.0%)

2 泊の 1 二字ヲ, 入口, 更ニ隣室ニシテ同様物置ナル所ヘ, 津は, 設ケガアリソコハ八畳, 隣ニ設ケル

▼ 室~ (8, 0.0%)

2 はお 1 が名残, が情何忘, と云, に紀念, に約束, はむら雲迷い野分

▼ 室ごと~ (7, 0.0%)

1 にコタツ, に入り口, に大, に請わるる, に鍵, の相談, の相談会

▼ 室さん~ (7, 0.0%)

1 からおき, がきっと, である, と御, に連れ, のご, は時々

▼ 室じゃ~ (7, 0.0%)

1 おかしいでしょう, ないか, ないから, ないさ, ないだろう, ないん, なかったの

▼ 室なら~ (7, 0.0%)

1 いつも定量, ばたいていあまり, ば其中央部, ベッドは, 九十ルーブリという, 家具を, 森本春雄も

▼ 室~ (7, 0.0%)

2 の艇夫交替 1 が一人, に山田, の婢, の山中, の男女

▼ 室~ (7, 0.0%)

2 の方 1 には炭火, に坐し, に擲っ, に片, に躱

▼ 室きり~ (6, 0.0%)

2 だった 1 だが, で奥二階, なかった, の茶の間

▼ 室などは~ (6, 0.0%)

1 すっかり完成, その貧弱, どしどし撤回, 勿論共通, 取らない, 大いに嫌われ

▼ 室なども~ (6, 0.0%)

1 あって, ほとんど我物顔, ワニス塗りの, 最近まで, 有るけれど, 至極その

▼ 室なる~ (6, 0.0%)

2 ものを 1 ものへは, らむ, 大玻璃鏡, 罐詰の

▼ 室ばかり~ (6, 0.0%)

1 かぎの, でなくこの, でなくそれら, では, 向うに, 隣の

▼ 室~ (6, 0.0%)

1 が入った, であること, ではない, としての性質, にかす, の学界

▼ 室~ (6, 0.0%)

1 なら歩けますから, に分たれた, のバラツク式平家, まで移る, 借りて, 打ち抜いた長方形

▼ 室寿~ (6, 0.0%)

1 きなる大殿祭, のうた, の詞, の詞章, ばかりで, をする

▼ 室~ (6, 0.0%)

1 が沢山, との干物, と限らず, の大群, の盛り, を魚屋

▼ 室それ~ (5, 0.0%)

1 から三十分後, がきたない, にも別れるだろう, はゆうべ伸子, は小倉

▼ 室だろう~ (5, 0.0%)

2 と思っ 1 か日当り, と思った, 今も

▼ 室でなけれ~ (5, 0.0%)

1 ば, ばこんな, ばならない, ば疲れ, ば魂

▼ 室などの~ (5, 0.0%)

1 あるところ, 大事な, 建物が, 急造に, 設備の

▼ 室なり~ (5, 0.0%)

1 他の, 実験室なりから, 寝室なりに, 物置きなり, 身体なりを

▼ 室にでも~ (5, 0.0%)

1 いるだろうと, いるの, いるよう, ゐるやう, 入って

▼ 室ばかりの~ (5, 0.0%)

1 アパートが, アパートメントに, 廊下にも, 瀟洒な, 灰色の

▼ 室ほど~ (5, 0.0%)

1 いいとこ, さっぱりしてる, でも, 県下で, 貸しあたえられた

▼ 室~ (5, 0.0%)

1 がそれ, が二人, が扉, が装薬, はキャラコさん

▼ 室~ (5, 0.0%)

1 だったが, とする, を娶り, を捧げ, を牲

▼ 室寿詞~ (5, 0.0%)

1 が一面享楽的, の定型, の末, は, はい

▼ 室巡査~ (5, 0.0%)

1 が博士, の案内, はあくまで, はもちろん, は口火

▼ 室~ (5, 0.0%)

1 が実, といふの, への請求書, もお, もお変り

▼ 室番号~ (5, 0.0%)

1 が小さい, と二人, まで書き添え, を見直した, を通じたら

▼ 室あっ~ (4, 0.0%)

1 てそれ, て八十吉, て前室, て室内

▼ 室ある~ (4, 0.0%)

1 か, かどう, 一亭瀟洒に, 筈の

▼ 室いつ~ (4, 0.0%)

2 ぱいに 1 ぱいにたゞよふまつたく, ぱいの

▼ 室かと~ (4, 0.0%)

1 思って, 思ふ然, 迷って, 驚く外

▼ 室かに~ (4, 0.0%)

1 いて, 亘つて歌麿の, 私を, 蟠居

▼ 室からの~ (4, 0.0%)

1 ように, 声, 洩れ灯以外, 話声に

▼ 室これ~ (4, 0.0%)

1 と引き合わせ, に西館, に隣りす, も蒲鉾テント

▼ 室さえ~ (4, 0.0%)

1 もなかっ, 何の, 同じこと, 貸して

▼ 室した~ (4, 0.0%)

1 のだ, 当初の, 日は, 日以来の

▼ 室すなわち~ (4, 0.0%)

1 下た, 全一家, 兵馬と, 木村博士殺害の

▼ 室その他~ (4, 0.0%)

1 ありとあらゆる島内, の前, の設備, を見

▼ 室だけに~ (4, 0.0%)

1 きちんとした, なる, 先き, 雨風の

▼ 室だって~ (4, 0.0%)

1 ことを, そう広い, 中根の, 五ルーブリじゃ

▼ 室であろう~ (4, 0.0%)

1 か, かそれとも, と思っ, と源氏

▼ 室でございます~ (4, 0.0%)

1 からまアお, がな, ことよ, よ

▼ 室といった~ (4, 0.0%)

1 ぐあいに利用し, 感じだ, 感じだった, 方が

▼ 室など~ (4, 0.0%)

1 ありこちら, いうくだらぬ奴, 田舎の, 至極さびしい

▼ 室にまで~ (4, 0.0%)

1 忍びこんできやあがる, 積み込まれた, 詰め込まれたほど, 進出し

▼ 室~ (4, 0.0%)

1 あすこは, そうして静, 彼処の, 彼處の

▼ 室らしく~ (4, 0.0%)

1 ごたごたと, それと, はるか下の, まんなかに

▼ 室一ぱい~ (4, 0.0%)

1 に引き, に気味悪く, に立ちはだかった, の窓

▼ 室係り~ (4, 0.0%)

1 のアンノンシアシオン長老, の巾, の男, や猟犬番人

▼ 室~ (4, 0.0%)

2 をし 1 にすれ, 生活を

▼ 室兼実験室~ (4, 0.0%)

1 で暖炉, の中, の扉, を訪ねられました

▼ 室~ (4, 0.0%)

2 の廊下 1 なる水盤, に押し

▼ 室即ち~ (4, 0.0%)

1 一軒の, 今の, 図書室として, 襄の

▼ 室~ (4, 0.0%)

2 の花 1 だな, の草花

▼ 室~ (4, 0.0%)

1 が寝床, のうち, の一人, の顔

▼ 室毘古~ (4, 0.0%)

3 の王 1 の王四柱

▼ 室特有~ (4, 0.0%)

1 のにおい, の浸透的, の重く, の闇

▼ 室~ (4, 0.0%)

1 の家具一揃, の炭火, の煙草, の白衣

▼ 室~ (4, 0.0%)

1 の上, の儘, をつけた, を羽織り

▼ 室~ (4, 0.0%)

2 一の 1 一回研究報告, 五号への

▼ 室~ (4, 0.0%)

1 でも行われる, の名称, の画, を通覧

▼ 室~ (4, 0.0%)

2 はまだ 1 は月四十銭, は月四十錢

▼ 室~ (4, 0.0%)

1 お出成さった, お出迎え, 行く前, 行って

▼ 室からでも~ (3, 0.0%)

1 いいから, 別の, 精鋭を

▼ 室こそ~ (3, 0.0%)

1 ファラデーの, 彼が, 彼にとって

▼ 室~ (3, 0.0%)

1 てから三か月, てきた, て行

▼ 室だけが~ (3, 0.0%)

1 あいて, 使われる, 塞がらずに

▼ 室だけで~ (3, 0.0%)

1 すんだ, つましい暮し, どれだけ

▼ 室って~ (3, 0.0%)

1 どこな, ものは, 前に

▼ 室であっ~ (3, 0.0%)

1 てあるいは, て型付き更紗, て天井

▼ 室でした~ (3, 0.0%)

1 がその, が彼, と同じ

▼ 室ででも~ (3, 0.0%)

1 よろしいです, 悠然遊ん, 電車の

▼ 室でなく~ (3, 0.0%)

1 ちゃ気に入らない, 寝室で, 舊建物の

▼ 室とかいう~ (3, 0.0%)

1 ものは, 札を, 筋合の

▼ 室としては~ (3, 0.0%)

1 この購入, 唯一の, 実に豪華

▼ 室とに~ (3, 0.0%)

1 する大きな, 別れて, 雑巾がけを

▼ 室などが~ (3, 0.0%)

1 あって, あり二階, ひとかたまりに

▼ 室などと~ (3, 0.0%)

1 いうと, 新聞は, 来た日

▼ 室なんて~ (3, 0.0%)

1 ありゃしないわ, ないわよ, ものが

▼ 室においては~ (3, 0.0%)

1 例の, 信仰の, 武松の

▼ 室にだけ~ (3, 0.0%)

1 つまりお座敷, まだ二人, 白河半平が

▼ 室にな~ (3, 0.0%)

3 つてゐた

▼ 室までは~ (3, 0.0%)

1 無事に, 行けないで, 非常に

▼ 室一つ~ (3, 0.0%)

1 が自分, の住居, もなし

▼ 室二階~ (3, 0.0%)

1 に三室, に二室, は東南二室

▼ 室兼用~ (3, 0.0%)

2 ですからね 1 の寝室

▼ 室割り~ (3, 0.0%)

1 にはずいぶん, の大, を書いた

▼ 室助手~ (3, 0.0%)

1 などという肩書, の報酬, をし

▼ 室厨房~ (3, 0.0%)

3 も便所

▼ 室又は~ (3, 0.0%)

1 客室の, 応接室らしい, 邸内の

▼ 室及び~ (3, 0.0%)

1 図書室が, 墓屋を, 裏口へ

▼ 室四畳半一室厨房~ (3, 0.0%)

3 も便所

▼ 室~ (3, 0.0%)

2 の珊瑚樹 1 の子談

▼ 室戸伯爵~ (3, 0.0%)

1 からも今年六月, を経, を通じて改めて

▼ 室戸様~ (3, 0.0%)

2 が御 1 に伴われ

▼ 室掃除~ (3, 0.0%)

1 に来た, のこと, をする

▼ 室~ (3, 0.0%)

2 に化粧室 1 にさ

▼ 室~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 の意義

▼ 室葛根~ (3, 0.0%)

3 の神

▼ 室蘭丸~ (3, 0.0%)

1 が処女航海, が碇泊, に帰船

▼ 室~ (3, 0.0%)

1 に近い, のうしろ, の外壁

▼ 室~ (3, 0.0%)

1 が吹き通し, のガラン, の部屋

▼ 室~ (2, 0.0%)

1 つて義弟の, ツて

▼ 室あと~ (2, 0.0%)

1 では長原吉之助, を掘りかえし

▼ 室あの~ (2, 0.0%)

1 元の, 薄気味の

▼ 室~ (2, 0.0%)

1 使いに, 岩さまが

▼ 室かも~ (2, 0.0%)

1 しれない, しれません

▼ 室がり~ (2, 0.0%)

1 の味, をし

▼ 室ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 ものであった, 家が

▼ 室この~ (2, 0.0%)

2 机この

▼ 室~ (2, 0.0%)

1 へあった, 一応あつめる

▼ 室さま~ (2, 0.0%)

1 だし, にし

▼ 室そこ~ (2, 0.0%)

1 には屹度, に見る

▼ 室そのもの~ (2, 0.0%)

1 がいっぱい, が花

▼ 室それから~ (2, 0.0%)

1 外に, 貨物ホーム

▼ 室だけを~ (2, 0.0%)

1 択って, 閉鎖し

▼ 室つまり~ (2, 0.0%)

1 地下二階へ, 書斎で

▼ 室でし~ (2, 0.0%)

1 てそれに, て居間

▼ 室としての~ (2, 0.0%)

1 さびが, 独立性を

▼ 室などで~ (2, 0.0%)

1 すべて野太刀の, 喫煙を

▼ 室などでも~ (2, 0.0%)

1 不用な, 平素から

▼ 室なんかに~ (2, 0.0%)

1 おったの, 毎日出勤する

▼ 室にだって~ (2, 0.0%)

1 あんな恐ろしい, どんなこと

▼ 室について~ (2, 0.0%)

1 いないの, 親切な

▼ 室にては~ (2, 0.0%)

1 三郎へ, 晩餐とく

▼ 室になんか~ (2, 0.0%)

1 寝なかったろうと, 行かなくても

▼ 室にのみ~ (2, 0.0%)

1 場所と, 灯が

▼ 室ぬち~ (2, 0.0%)

1 にかへらね, は冬

▼ 室のみ~ (2, 0.0%)

1 なさあん, ならで

▼ 室ばかりに~ (2, 0.0%)

1 いたこと, 襖を

▼ 室へまで~ (2, 0.0%)

1 あか, 押しかけて

▼ 室までの~ (2, 0.0%)

1 廊下が, 案内は

▼ 室までも~ (2, 0.0%)

1 つくったので, 荒させようという

▼ 室~ (2, 0.0%)

1 かに陳列, きたるところ

▼ 室めいた~ (2, 0.0%)

1 ところに, 匂いを

▼ 室よりは~ (2, 0.0%)

1 いくらいい, 一階下の

▼ 室をを~ (2, 0.0%)

2 かしく思つた

▼ 室を通して~ (2, 0.0%)

1 一九一七年の, 客の

▼ 室クラブ~ (2, 0.0%)

1 と食堂, を見せ

▼ 室一方~ (2, 0.0%)

1 に校長室, は客室

▼ 室一時~ (2, 0.0%)

1 に出来る, 迄ムダ

▼ 室三室~ (2, 0.0%)

1 と移っ, 通り抜けて

▼ 室三次~ (2, 0.0%)

1 の命, の女房

▼ 室~ (2, 0.0%)

1 に台所, を応接所兼売捌場

▼ 室~ (2, 0.0%)

1 に理論, に理論物理學研究

▼ 室中めちやめちや~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 室以外~ (2, 0.0%)

1 には想像, の世の中

▼ 室以後~ (2, 0.0%)

1 はしいて, を見ない

▼ 室仲間~ (2, 0.0%)

2 は一般

▼ 室借り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 室兼応接室~ (2, 0.0%)

1 のよう, の扉

▼ 室勤務~ (2, 0.0%)

1 だった, の者

▼ 室~ (2, 0.0%)

1 にも採用, に弘

▼ 室~ (2, 0.0%)

1 の縁, は前

▼ 室~ (2, 0.0%)

1 劇場の, 景

▼ 室幽香信女~ (2, 0.0%)

1 ではどう, と彫つ

▼ 室広告~ (2, 0.0%)

1 に案外, をかいた

▼ 室~ (2, 0.0%)

1 とこの, なき恋

▼ 室戸伯~ (2, 0.0%)

1 のお, は

▼ 室~ (2, 0.0%)

1 をあける, を鎖し

▼ 室~ (2, 0.0%)

1 は總體十七, ばかりムヤミ

▼ 室東京以北~ (2, 0.0%)

1 の總, の諸

▼ 室~ (2, 0.0%)

1 長物, 長物出無

▼ 室生活~ (2, 0.0%)

1 から得られた, をし

▼ 室菖蒲~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 室談話室~ (2, 0.0%)

1 と三つ, に陣取っ

▼ 室銀子さん~ (2, 0.0%)

1 といいます, は一ぺん

▼ 室階下~ (2, 0.0%)

1 が三室, に

▼ 室食堂~ (2, 0.0%)

1 となる, などまである

▼1* [510件]

、艇員居室等すべて一種堅強なる裝甲, 室あたし怖いわ, 室あたりにいる, 室あまたあり, 室あらざるべからざる身なる, 室あるいは幾軒もの, 室いくら金儲の為, 室いじょうである, 室いっしょに教鞭, 室いつもとちがってる, 室お市の方様やお, 室かい綺麗だ, 室かがありその, 室かせないのは, 室かってかめへ, 室かの間数を, 室かは仏像の, 室からうす暗い廊下, 室かりている, 室かれに, 室くらいあつて, 室ぐらいで庭, 室ぐらいしかなさそう, 室ぐらゐのさゝやかさであつたが書齋となるべき, 室けい古場へ, 室こそは俺たちの, 室この小さな室それにも, 室さっき通された応接室, 室さま格に思い, 室さんせつかくぢ, 室さん公平にみ, 室さん此間は誠に, 室じゅうガラスの破片だらけ, 室じゅう一杯だ, 室すらも出ないもの, 室そういうものに, 室そこでお待ちする, 室そのうえに出口, 室それぞれの場所, 室だけでも新築以来何百人あるいは, 室だけには窓に, 室だけの仕事じゃ, 室だけへ入って, 室だけをばまた他, 室だの寝台だ, 室だらうと思つた, 室だ蒸しッ返, 室ちかくある家全体, 室うを, 室ぢゆうの人氣をさらつて, 室つきの自由, 室つき井菊屋の奥, 室つづきで十留, 室つていふの, 室づきの看護婦, 室づくりの日, 室でありまして中央, 室でありましたが貰いました, 室であるべきはずな, 室であればそういう, 室でかべもゆかも, 室でしか会えなかった, 室でだけ結婚の, 室でという風に, 室でないのが, 室でなんか見たの, 室ではずつと昔風の, 室ではもゆる子, 室でばかり逢うという, 室とかいふ札を, 室とかにゐる息子, 室とから成って, 室としか思えません, 室としてもよい, 室とて鉄砲ばかり, 室とではかなり隔たっ, 室とでもいふ可, 室とを通して長い卓, 室と共に一年全体の, 室どころじゃない, 室なきは欧米, 室なければ仕方, 室なぞにはいり込んだ事, 室なぞにもよろしくな, 室なぞは洋館の, 室なつかしくって, 室などでは大研究, 室などという甘え方は, 室などにいませんでした, 室などへ行っても, 室などを設けたら自分等, 室なりからこれを, 室なりと誰やら, 室なりを明渡し, 室なれば人, 室なんかへ連れ込んだの, 室にあたって気に, 室におきまして同じく風呂敷, 室にかけてあります, 室にくらい寝かしたって, 室にとって怖るべき, 室になんかはいるもの, 室にはのべつに, 室にははいる気, 室によっては襖なども, 室によりも会計に, 室にるす番, 室ちとみ, 室のみに限らんの, 室のよこの中庭, 室はね外が, 室はねんいりに, 室ばかりで仕事を, 室ばかりはことごとく太子一行, 室ひどくなったピアノ, 室ぶっ通しに, 室へかへる, 室へだてし簾障子の, 室へではなく応接室, 室へといふ達しが, 室へともどつて, 室へびの室, 室へまでの道路の, 室ほかひと称するもの, 室またその奥, 室または他の, 室までしか見られなかった, 室むつまじの百合, 室もってい, 室もとの洗面室, 室やら工場から, 室やらに逃げこんで, 室ゆえに泊り, 室行って, 室よりを書いたり, 室らしかつた, 室らしいですよ, 室らしく見えるところを, 室をとなり合せて, 室をという注文が, 室をば直ちに立退き申すべく, 室なか両手を, 室イヤ出ると, 室ガラマサの方, 室ガ大勢デ座敷ガ, 室キャンプ新聞発行所等があり, 室クラブ室などは勿論, 室サロンデッキとの陰, 室ジェームスの実験室, 室ソヴェトじゅうの公共施設, 室チラケてゐる, 室て何, 室戻ッテベッドニ横タワル, 室ニ安置シイキトス号桑港着ト同時ニパナマ経由ボンベイ行メンダリアス号ニ移シ御帰国, 室ニ寝間ヲ取, 室ハ倉庫ノ一部ナリ, 室バーである, 室ピアノやヴァイオリン, 室ホンモノよ, 室ボイラー室になっ, 室リキ子が白河楽翁侯, 室設クルコトニヨリ之, 室ヲ作リ其近邊ニ徘徊スル他蟲, 室ヴェランダと見, 室一つ丈けが病室から孤立, 室一つ我ばかりを残し, 室一パイに流れ込ませた, 室一同筆を止め, 室一杯煙草の煙, 室一燈はうれしい, 室一重にいた, 室一隅この想像, 室丈けがたった一つ, 室下僕部屋と庖厨都合四室, 室天穹窿羹牆如見, 室世間へ明かしたら, 室並びに弁士控室に, 室並んでいる, 室中一ぱいに色, 室中一パイに籠った, 室中周視一巡以祓除不祥初生小児将渠含至獅子口中, 室中氷のよう, 室中追廻る事, 室中1年1組の副, 室は若し, 室主任木曾礼二郎は時, 室乃至実験室の, 室事件の主要人物, 室事務室食堂厨房の間, 室二十而嫁とある, 室二等室と二等喫煙室, 室二箇所各二畳, 室二階五室これに西館, 室二階四室で村, 室互に隣り築かるる, 室亡夫の肖像, 室亭すべてが旧家, 室今年のお, 室今更騒いだところ, 室他方は二室きり, 室の竈, 室付きのボーイ, 室付ボーイがはいっ, 室付給仕が息せき切っ, 室代食費おうた, 室代7рとなる, 室令嬢ああ紙切, 室以上のもの, 室以来の彼, 室仲の間は大臣参議, 室伽羅を焚きこめた, 室住いにうつった, 室という四ッ橋, 室便利に出来てる, 室信順の姉もと姫, 室借だといふ, 室借でその全, 室備え付のもの, 室備付けの卓子, 室将還, 室兄さんはここ, 室先生方のひか, 室児童室における十万冊, 室全体水部屋になっ, 室全部を領する, 室八階で八百室, 室六疊と四疊半, 室に牢, 室共に同一の, 室其一室の窓, 室其処に火, 室其等が無けれ, 室兼仕事場になっ, 室兼娯楽室であった, 室兼帯でも手狭, 室兼当直室でとうとう, 室兼手術室が会計室, 室内の人と物, 室内ニ常ニ保温セシメ置クモノナリ, 室内外で実際, 室内明照日光のごとくだった, 室処光明照耀日光のごとく, 室出頭を命ぜられ, 室の代, 室刑事室天文台あるいは散策, 室になった, 室利三藏に此, 室利菩薩呪藏一字呪王經や佛説稱讃如來功徳神呪經, 室制度の弊, 室勤めの技師, 室勤務員は一日七時間以下, 室勧修寺教秀の女, 室勧工場然たる, 室十一番が上, 室十二代の光輝, 室十二王プリアモスの愛婿ら, 室十五号に住ん, 室半分青白い月光, 室卓子二一は顕微鏡, 室博物室等を通覧, 室占領して, 室参考室児童室における十万冊, 室友達に数学, 室反対に右側, 室各々寮長が, 室が金文字, 室の屏風, 室君太夫の名, 室和尚が来, 室員七名が研究中, 室喫煙室の壮大, 室営造との関係, 室四五階には腰弁階級, 室四室と増す, 室四百余年の末, 室四百年の末期相, 室図書室の設備, 室図書室実験室手術室などがひとかたまり, 室と石, 室堅い鉄の, 室場所は市内千本濱, 室を払, 室壽詞に, 室へ聲, 室外国語の研究室, 室外科室より二階, 室満員三時から, 室大きな工場銀三の, 室大小各一, 室大杉は右室, 室天文台あるいは散策, 室夫人携ふるところ, 室夫人東道日本人の学校参観, 室夫妻と再び, 室夫妻東道ポツダムに赴く, 室夫妻等と小, 室奇怪なる用途, 室が印刷工場, 室が印刷工場, 室女中にし, 室女百八十二人を汚す, 室好みで折角, 室如何程価のする, 室妙豊大姉というの, 室婢僕五百余人旅客は千人以上差支, 室子一人の独身, 室宇宏麗後房數百人, 室宇都宮頼綱女には為氏, 室宗謙その他の衆僧, 室実験室手術室などがひとかたまり, 室客殿亭厩舎納屋から小作小屋, 室家具が置かれ, 室家大小ともみな, 室家帰国参勤相やめ江戸, 室宿は蛇頭天, 室富原氏の墓誌, 室寝間すべてを兼ねた, 室寿子か, 室専寿院から, 室專屬の小使, 室小さき窓, 室小使部屋昇降口まで来, 室小屋を取り, 室居室寝室と元, 室屋根下に物, 室左手は二つ, 室帷帳や大きな, 室さは, 室広く器物清く, 室広之は武士十人, 室座元を代らしめ, 室座敷があつ, 室座蒲団を持つ, 室座蒲團を持つ, 室の竹藪是, 室建つてゐた, 室建築の費用, 室建築当初のかよう, 室当主公爵の書斎, 室形墳墓と称し, 室彼女が昨晩, 室徂徠春台らみな幕府に佞, 室微寛, 室御用にお, 室応接間に区切られ, 室患者溜などを取る, 室のうち, 室或は花鳥を, 室など, 室の重畳, 室所々に置かれてる, 室所有漁場の海岸, 室手帳によれ, 室手術室などがひとかたまり, 室打抜いて二, 室技芸員の一人, 室抜いて彼女, 室持っている, 室接客室などもあっ, 室措いた奧の, 室教室の裏, 室数二十は下るまい, 室数二十四五もある, 室文学音楽美術体育政治などの研究室, 室文母太后誄といふ楊雄, 室が高く, 室寮三室各々, 室旅行にも新室, 室日女御前と同じ, 室日本の九円, 室昇口艙口から毛布, 室春霞の軒, 室の首, 室時代とはちがう, 室普通の住宅, 室暖炉を待ち, 室書物の室, 室最後は女舎, 室杉浦氏の出, 室を経, 室が屠殺, 室板の間ぶっ通し, 室格子を下ろし, 室様私が出まする, 室樓觀城柵嚴設常有人持兵守衞, 室欽姫に伺候, 室欽姫附を兼ねた, 室の中, 室氣枕の事, 室氣營頭氣車氣騎氣烏氣なんどと云, 室水泳プール大きな演劇, 室江月沢庵の連署, 室沐浴場斬髪所等あるは, 室浴場などを設ける, 室深くへ夏, 室清めの産飯説, 室洲開拓村光景は, 室溝口氏の命, 室無電室その他ありとあらゆる島内, 室は暗かっ, 室父兄の応接間, 室父母兄弟異處, 室父母兄弟臥息異處, 室牢屋大女, 室玉日姫のむかし, 室湯沢兄弟滝玉簾瀬小太郎淵路の, 室へ下りた, 室甲乙の黄外套, 室の助手, 室を二枚長目, 室を二枚長目, 室発電所へ入っ, 室發射室艇員居室等すべて一種堅強なる裝甲, 室的使命を果させる, 室的目的をもった, 室的研究に陥り, 室的高踏性と相, 室あるから, 室益三夫妻に迎, 室監視所弾薬庫各士官室, 室です, 室目まぐるしいほどの宝物, 室直通のテレビジョン装置, 室相応に粗末, 室真中の大, 室碌々言葉もわからない, 室社後の岩窟, 室祝言の型, 室神代には皆それ, 室神崎の廓, 室の室, 室科学芸術工業の知識普及, 室秘密梯子等を特に, 室突き当りも室, 室を携え, 室等雪の入っ, 室である, 室には急行, 室編成のほか, 室伐城, 室美人を通した隣り, 室者先生之斎, 室職業相談室その他を見, 室の意見, 室引緒抽繭縷々不尽, 室英証大姉と云つて, 室荘司でホットサンド, 室蒸気釜が氷ってた, 室蔵書よりもカード, 室蕪村の夜半亭, 室薬局院長夫妻その他家人の起居, 室へ春秋, 室襲撃には失敗, 室西川研究室高嶺研究室その他の前, 室見せて貰いました, 室見ると後, 室見学は愉快, 室設置の案, 室りほか, 室読書室沐浴場斬髪所等あるは, 室調を便利, 室士私の, 室貯炭パイルを伝っ, 室貸すといふ家, 室越しに薫, 室越二重の襖, 室のふみ場, 室距離もその, 室踏みの歌舞, 室から火, 室辺りから独立展, 室近く繁り込んで, 室通り抜けて一室, 室造りだったの, 室遊覧室読書室沐浴場斬髪所等あるは, 室部落から頂上, 室都合三室の彼自身, 室酒井氏には子, 室銀子ファンにならず, 室に曰く, 室鍋島氏の女, 室鎮雄と署名, 室閉ざされてる雨戸覆いの, 室開きにも神, 室開設第一年, 室阿片でギッシリ, 室附きの若い, 室附属の浴場, 室陳列室応接間に区切られ, 室隅っこに顔, 室隅ピアノの傍, 室随筆に註し, 室隔つた部屋ではどんな, 室隣同士の事, 室震撼的記事はない, 室にみな, 室青年会と処女会, 室風呂は一寸, 室食堂厨房の間, 室食堂職業組合のメストコム, 室飯岡氏襄を生む, 室飯田氏益は夫, 室のついた, 室に中でも, 室香嬉敷重き頭, 室馴れて落着, 室高嶺研究室その他の前, 室の生えた肥った, 室齋閣樓などがある, 室に生活