青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「少年~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~少しく 少しく~ ~少ない 少ない~ ~少なく 少なく~ 少なくとも~ ~少女 少女~ ~少年
少年~
少数~ 尖~ 尚~ 尤も~ ~就 就~ ~就い 就い~ 尺~ ~尻

「少年~」 16077, 174ppm, 600位

▼ 少年~ (3706, 23.1%)

32 それを 25 自分の 21 眼を 18 急に 14 顔を 13 目を 11 びっくりし, 言った 10 いいました, そういっ, 叫んだ, 私の 9 そこに, 手を 8 おどろいて, 頭を 7 これを, すぐに, だまって, 何か, 答えた, 自分が, 驚いて 6 声を, 心の, 母の, 気が, 黙って

5 [11件] あまりの, おじいさんの, それから, それに, どうした, ギョッとして, 云った, 今は, 息を, 村の, 胸を

4 [22件] あわてて, いって, そこへ, その往来, そんなこと, たがいに, ひそかに, やつと, ハッと, 両手で, 二階の, 例の, 奥村さんの, 少しも, 母に, 熱心に, 私を, 答えました, 老人の, 耳を, 肩を, 腕を

3 [50件] あれから, いうまでも, うっとりと, うなずいた, おどろいた, がっかりし, こう言っ, この男, そういった, そつと, そのそば, その夜, その家, その音, にこにこし, ひとりで, びっくりした, ふしぎで, ふしぎに, みんなに, ルパンの, 三人の, 何事も, 僕の, 兄の, 先生の, 去年の, 又も, 喜んで, 女の, 妙な, 彼女の, 必死に, 思いの, 悲鳴を, 手に, 探偵に, 早くも, 木の, 気を, 父と, 父に, 父の, 男の, 相手に, 眉を, 立ち上って, 笑い出した, 身を, 首を

2 [236件] いきを, いったの, いつぞやの, うごかなかった, うごかなかつた, うれしそう, おうち, おずおずと, おとうさんの, おばあさんから, お母さんの, かなりに, ききました, くるりと, こうして, ここで, この時, これからどんな, ごほ, さきに, さっきから, さもこわ, じっとし, じっと耳, すぐその, すこし拍子抜け, すらすらと, そうささやい, そう言っ, そこを, そのこと, そのみょう, その一つ, その前, その手, その日, その時, その本, その瞬間, その股引, その言葉, それが, それで, それと, それには, それも, たいくつ, たいへん元気, たずねた, たずねたの, たまらなくなっ, だんだん自分, ちょっとふり, つぎの, つぶやいた, とうとうルパン, ときどき私, どうなった, どうなったろう, どこにも, どこへ, なぜか, なつかしげ, なんだかおそろしい, なんの, はっと身, びっくりしました, ふと目, ふと考へ, ぶら下げて, ぼうぜんとして, ぼんやりと, またし, また言った, まだうごかず, まるでネコ, まわりの, みんなから, もつと, ものうげ, やみの, わずかに, オリヴィエの, ソッと, トン, ドアの, ドアを, ピッポちゃん, ベッドの, ポケットを, リスの, 一度も, 一生懸命に, 一種の, 丁寧に, 三十年前の, 三十年間氷の, 三谷に, 下を, 両手を, 丸木の, 久しぶりで, 二つの, 二人に, 今まで, 今日は, 今日も, 他の, 何かに, 何の, 余りの, 信じて, 信一郎を, 元気な, 元気よく, 前に, 前の, 力を, 動く道路, 博士の, 口々に, 口を, 只一人で, 叫びました, 吃驚し, 吃驚した, 各自の, 呆気に, 地面を, 坐って, 外へ, 夢みて, 夢中に, 大きな吐息, 大人たちを, 大喜び, 嫂に, 学校から, 家に, 家の, 寄宿舎に, 尊徳の, 小首を, 少年探偵団の, 屋敷の, 山に, 山の, 島の内で, 平然として, 庭で, 彼に, 心臓が, 思いました, 思つた, 思わず, 思わずその, 思わず顔, 急いで, 怪老人の, 恐怖と, 悄然として, 悲しく緊張, 悲しそう, 意を, 意外にも, 慄える, 慇懃に, 懐中電灯で, 懐中電灯を, 或る, 手紙を, 抵抗する, 掌の, 教えました, 教師の, 新田先生の, 明らかに, 昔の, 昨日と, 本能的に, 東京の, 椰子の, 橋の, 歌いながら, 正直に, 死んだ人, 母から, 汗だくで, 決心した, 泣いて, 洟を, 淋しく股引, 炭團屋の, 無言で, 父が, 父親の, 犬を, 猿の, 生命を, 生返事を, 甲板の, 疲れた足, 登校した, 着物の, 私が, 私と, 秘密の, 窓の, 立ち止まって, 笑って, 答えなかった, 素足に, 絶えず毒, 老人が, 老人に, 胆力修養の, 自動車の, 自動車を, 船長の, 落ちついて, 言葉を, 起きて, 足もとに, 足音を, 道の, 部屋中を, 都合の, 長椅子から, 門の, 静かに, 非常に, 頬を, 頼みました, 顔色を, 驚いた, 驚きの

1 [2643件 抜粋] あ, あいてに, あくる日から, あたりまえだ, あても, あの時, あまりり, あらかじめその, ある時, いいこと, いかにも支那, いきなりマリ子, いきなり空中, いくら力ん, いちど母に, いっしょに, いったいなに, いつか本で, いつの, いつの間にやら, いと, いぶかしそう, いまは, いよいよふしぎ, いろいろあせった, うしろへ, うちを, うまいこと, えもの, おかみさんが, おじいさんを, おたがいによりそっ, おどおどした, おのれの, おもわず手, お医者さま, お貞, かけだしながら, かねて月, がらんと, きっぱり云い放ちました, ぎょっとした, ぐつたりとしたなりで唇も, げんきよく, こう云い, こちらから, こともなげに答えました, このでき, この上, この命令, この店, この村, この盗み聞き, この船, この騒ぎ, これさいわいと, こわくなっ, こんな夜, さして氣, さつきから, さもくやし, さらにふかく, しかし今, しきりに笑っ, しだいに彼, しばらくだまっ, しまいには, じっと星, じぶんたち, すぐ仲, すぐ警戒, すこし不満そう, すっかりその, すっかり弱らされた, すばやくその, すべて鈍重で, ずんずん歩きだす, ぜひいっしょ, そうした私, そう思った, そこで地べた, そっとその, そのしなやか, そのほう, そのよう, その七つ道具, その二人, その先, その壺, その子供達, その後どう, その意味, その星, その栗鼠, その涙, その白箸ごと, その答え, その考え, その謠, その部屋, その長, それから泰親, それほどでも, それ以來人が, そんな形容詞, たいして考え, たいへん心配, たたかいやすい, ただ自然, たつた一度屋根, ため息を, だれかから, だんだん瀬川, ちょっとおどろいた, ちょっと板の間, ちらちら上眼, ついにその, つかつかと, とうとう勝った, とっさに, ともかくクマ, どうしても, どうすれ, どぎまぎし, どこからとも, どんなに切なかっ, なおいきりたちました, なかでも大人気, なにごとも, なみだぐんで, なんだかゾーッ, なんとかし, なんともいえぬさけび, にわかに元気, はじめて大きな, はっと心, はぶくとしても, ばあやから, ひたすらその, ひどく落ちついた, ひょうきん者で, ふいには, ふたりを, ふとそんなふうにうたがっ, ふと思いついた, ふと自分, ぶるっと, へんだ, ほおを, ほとんど友白髪, ほとんど身, ぼんやりそれ, ますます猛り, またさけばない, またぞろ飢え始めた, また二匹, また微笑, また私, また重, まだまだ子供, まだ書斎, まだ疑わし, まつたくそれ, まるで家全体, まるで聖書, みなの, むつつりとして, もうお, もうすっかり目, もうもの, もう大丈夫, もう息, もう遠く, もちろんもう遠く, もと来た, やがてぷっとふきだしました, やけくそに, やっと二階, やっと気がついたらしく, やっぱり草, やはり歳太郎, やや眼, よく瀬川姉弟, らくな, わけは, われに, イエス, カモシカ号に, キョトンと, ギョッと, コップを, サンタクロースの, ジョウが, ズボンの, チェリ・ブランデーを, テッド隊長の, ドノバンを, ニッと, ネズミの, パッと, ビクッとして, フョードルの, ベリヤーエフの, ボーイの, ポケット小僧に, マリユスの, メーソフさんに, リスに, ヴァイオリンと, 一ステージ何万円でなけれ, 一体何者, 一度に, 一日も, 一生骨が, 一郎青年の, 三たびカテリーナ・リヴォーヴナが, 三角形の, 上体を, 上陸した, 不快そうに, 不承不承五郎, 不貞腐れたやう, 両手に, 中学生に, 乞食の, 二人だけ, 二度と児玉, 二階にかけ, 五官の, 人々を, 人眼を, 今しがたゾベイダの, 今も, 今小学校を, 今日の, 以前年取った, 仲間の, 何ごとか, 何より前, 何処までも, 依然として昔, 便意を, 傍の, 僕が, 元から, 兄大佐に, 先刻より, 全身汗に, 共に人事不省, 其の隣, 再び大辻, 冷たい手のひら, 出鱈目を, 初の, 別に考, 前と, 剣道を, 勇気が, 勝った, 北が, 十九号と, 南部亜米利加に, 又その, 及第したろう, 取りつくろって, 口も, 可笑しくて, 右手を, 名探偵, 呆然として, 呼ばれて, 唇を, 喧騒を, 四つん, 団体を, 土堤を, 地団太ふん, 堅く決心, 声に, 夕方から, 夢では, 夢中で駈けだしただらう, 大きなからだ, 大人の, 大友君よりも, 大決心, 天窓の, 太く煩い, 奇遇を, 女手らしい, 妙に, 婦人たちが, 子供ごころに, 学問の, 学校へ, 安からぬ思いやし, 宮廷楽手を, 寒い時, 寿女さんが, 小なる, 小学校を, 小林君です, 小猫, 少し弱り, 少年とは, 尿意をもよ, 屹と, 岩山を, 左右を, 帆村荘六の, 幕をか, 平氣, 幸ひ, 床の間の, 廊下で, 弓に, 強ひ, 彼らと, 往来に, 後から, 得意の, 微笑みて, 心から有難, 心細くなった, 応接間に, 忽ち機嫌麗, 怒つて往つて, 思い直したよう, 思って, 思わずあっ, 思わずこう言っ, 思わず握った, 怪しい少年, 怪盗二十面相を, 恐ろしい夢, 恥しがりで, 息の, 悪意を, 意気揚々と, 愕きのあまり叫び声さえも, 感心しました, 憂色を, 我に, 戸口に, 手で, 抜けめ, 持って, 振り向いた, 推測した, 支那料理の, 救護係であった, 数学は, 斯う, 旅を, 日ね, 早く帰らう, 昇降口を, 明智探偵に, 昨夜この, 時間の, 暗い顔, 暫く茫然, 最後に, 朝から, 本年で, 来年は, 枕元につき, 柳に, 校門を, 森厳な, 楽しい命名日, 機械的にも, 櫂を, 歌って, 正太で, 武蔵の, 死にものぐるいの, 残らずこの, 母と, 毎日山小屋の, 気づくと, 気の毒そうに, 氣の, 決して弱虫, 決して魔術師, 沈んで, 河の, 泣きそう, 泣き泣き走り去っ, 洋服だ, 流行病の, 涼しい眼, 渋々謝金, 漂流し, 濱に, 火辻の, 無事に, 無我夢中ま, 無言の, 無雑作, 煌々と, 燈火を, 爺さんの, 物珍らしい, 猪飼への, 現在では, 甘やかされて, 生まれながらの, 用意の, 畑柳氏の, 疲労が, 癇癪玉を, 白い雲, 皆あなたを, 盗人に, 目蓋にか, 相川泰二君と, 真っ赤に, 瞳を, 矢張り返事も, 石より, 砂に, 神より, 私について, 突嗟に, 窓口へ, 立ちどまった, 立ち止ります, 竜造寺兵曹長を, 笑うこと, 第二行, 箱の, 級は, 素気なし, 紺の, 続いて, 編入試験を, 美しくそうして, 老博士, 耳の, 聞き返した, 背丈のび, 胸が, 腕に, 腹を, 自らの, 自分から, 自分には, 自動車へ, 艇が, 若いだけに, 苦痛な, 草原に, 葛子の, 薬局と, 蜂矢の, 衝と, 褒美の, 見えない, 見向きも, 親しみたく思う宮, 解いた頭布, 訊ねた, 誘惑者の, 警官たちと, 警視庁の, 負けたくないの, 賢くも, 走りだしたが, 起きあがると, 足の, 踏切を, 身分に, 車中で, 近所の, 送電機の, 通りかかったの, 遂にたえきれなくなっ, 遠い雷門, 遠慮した, 重なりあって, 金井に, 鉄砲玉の, 鐵工と, 間にあうだろうか, 降りしきる雪, 障子の, 雀躍り, 電話局に, 青白い病身, 革命の, 頑固に, 頻りに此方, 顔の, 飛び立つやう, 首に, 駈け去って, 驚愕の, 魔法にでも, 黒い大きな

▼ 少年~ (3595, 22.4%)

71 顔を 65 日の 39 ように 35 時から 34 ような 31 姿を, 頃から 29 頃の 28 手を 24 顔が 21 姿は, 心を 20 ために 19 心に, 日に 17 姿が 16 方を 15 すがた, やうな, やうに, 前に, 心は 14 心の, 手に, 肩を 13 ことを, 私は 12 頃に, 頭を 11 そばに, 夢を, 時に, 頃には, 頭に, 顔は 10 日から, 眼には, 眼は 9 姿に, 方へ, 日が, 群は, 耳に, 話を, 顔に

8 [11件] おうち, ころから, 口から, 声が, 声は, 手から, 方は, 時の, 眼の, 肩に, 胸に

7 [14件] あとを, 僕は, 名を, 心には, 日を, 時分から, 目には, 眼が, 眼に, 胸には, 胸を, 腕を, 面を, 頬に

6 [11件] くせに, 日は, 時代から, 時代を, 横顔を, 町, 眼を, 私の, 頃は, 頃を, 頬を

5 [25件] うちに, ことは, ころの, ところへ, ほうへ, ほかに, 一人が, 事を, 傍へ, 夢, 姿も, 彼を, 心が, 方に, 様に, 私が, 私には, 言葉に, 言葉を, 身の, 身を, 身体を, 頭には, 頭の, 顔と

4 [31件] ことだ, ころに, そばによって, それの, ほかには, 冒険, 危難, 域を, 声に, 夢の, 姿, 家の, 左の, 後ろ姿を, 後を, 手には, 持って, 日, 昔より, 時より, 無邪気な, 目の, 矢数問ひよる, 美しさ, 群に, 群を, 肩へ, 胸は, 行方を, 顔, 顔も

3 [76件] いうこと, いること, うちの, からだを, ことで, ことであった, ことです, さけび声, そばへ, ためには, とじこめられて, ひとりが, ひとりは, ほうが, ほうを, 三人が, 上に, 上を, 上半身, 中の, 代りに, 伯父の, 僕を, 写真が, 前へ, 動作を, 口を, 名は, 咽喉から, 声を, 家は, 将来の, 後姿を, 心理に, 感情の, 手が, 挙動を, 方が, 時と, 時には, 時は, 時を, 時代に, 時分に, 服を, 案内で, 注意を, 父も, 白い顔, 目に, 私を, 耳を, 胸の, 血を, 言葉は, 記憶には, 話で, 話に, 身で, 身に, 身の上に, 身の上を, 身体は, 運命は, 部屋の, 頃, 頃この, 頃よく, 頃死別れた, 頭は, 顔の, 顔色が, 魂に, 魂の, 魂を, 鼻の

2 [177件] いうとおり, うしろから, うしろに, うちから, おとうさんは, おどろきは, おもかげ, お洒落の, このなげき, ころより, すぐ前, すわって, そばを, たましい, ための, ときから, ぼくは, まわして, まわりに, まわりを, ゆくえを, わたしの, コロールでの, マタンは, リンゴの, 一団より, 一家は, 三人は, 三名は, 不思議な, 中に, 中には, 乗って, 二つの, 二人が, 今は, 住所を, 僕に, 僕には, 前で, 劍舞, 力で, 力では, 勝利に, 勝利は, 卷, 口癖の, 名と, 図の, 場合は, 声でした, 声によって, 声の, 声も, 外に, 夢が, 大好きな, 好奇心を, 如し, 安否を, 宗之助に, 客気のみ, 容貌の, 小さい足音, 屍骸に, 希望を, 常として, 彼と, 彼は, 後から, 後へ, 心にも, 心持に, 心理を, 心理遺伝を, 心臓は, 快楽を, 念頭を, 悲哀も, 感傷は, 感覚に, 態度を, 懐中電灯を, 持つて, 指す方, 推理は, 教化に, 新しい配流地, 方から, 日々は, 日からの, 日より, 時代には, 時困窮し, 服装は, 服装や, 様子が, 樣に, 正直な, 死は, 死体が, 母が, 母は, 気持を, 渡航料金は, 爲には, 父が, 父親が, 父親である, 父親は, 狂, 生れ故郷と, 生活の, 異様な, 異様に, 監房の, 目とが, 眼にも, 神経は, 秘密を, 空想の, 空想を, 給仕が, 美学が, 美学の, 考えを, 肉体は, 背後に, 腕に, 腕は, 腸は, 膿を, 花やかな, 蜂谷を, 血気に, 行方の, 行方は, 観察に, 言葉つきまで, 言葉には, 言葉によって, 話, 話から, 話は, 議論家は, 讀本の, 買って, 足が, 身体が, 輝きが, 部屋へ, 部屋を, 間では, 間は, 面に, 面影が, 頃だった, 頃までは, 頃より, 頃否応なく, 頃果物を, 頃郷里の, 頭が, 頭へ, 頭脳に, 頭脳の, 額を, 顏は, 顔です, 顔には, 首すじを, 首を, 首筋を, 驛夫が, 骨相の, 骨相を, 魂は

1 [1666件 抜粋] あいだは, あったこと, あの無邪気, いたずら好奇心まがいの, いつも血, うえに, うたうの, うちで, おいらに, おしたボタン, おびえた声, お手柄, お父さんも, かがやかしい手柄ばなし, からだつきを, かれに, かをり伝統日本の, こころから, ことが, ことだけは, ことなどを, ことばに, ことも, この祝, この返事, これこそ, ころだつた, ころは, ころまでは, ころ兩國の, ころ小鳥を, ころ東海の, ころ物に, ころ砂は, ころ見覚えの, ころ食べ馴れた, ささやきに, さしだす紙片, じぶん学校, すぐ近く, せいで, そういう姿, その深い, そんなことば, たまは, ためはなしを, ちいさい胸, ときおりの, ときどこかで, ときにも, とき屋根瓦に, とき荒仕事ばかり, ところへは, と違っ, どこかへ, なんだか沈んだ, はかわいらしい, は愛, ひとみが, ふとした微笑, ふるまいを, ほうからは, ほおに, ませた口, まんなかへ, もぢ, ものと, ものらしい, ゆくえは, ようだ, わき腹を, アレヨアレヨと, エドワアルからも, エドワアルも, サービスが, ジョージ, ソレの, ノックに, フアンタジヤに, ボール箱の, 一つの, 一人に, 一夢に, 一日私は, 一歩一歩には, 一生に, 一途と, 三つの, 下りる処, 不具に, 不安を, 世界といふ, 両手を, 並んで, 中でも, 中晴次を, 乗り組んだ海, 事であろう, 事件も, 二ヵ年斯山斯水なじみの, 二人は, 云ひたい, 五六尺ほど, 人々が, 人生苦の, 今の, 他には, 仲間に, 任務でした, 低能ぶりは, 体と, 何人もが, 供養の, 保護細民部落の, 健康は, 側へ, 像で, 僧は, 兄だった, 先の, 全身を, 其玩弄に, 内幕に, 円っ, 冒険的企図に, 冥想と, 処分は, 出現は, 分析を, 制服の, 前途ある, 剣客が, 助手が, 労を, 勇ましき劍舞, 動悸に, 勝利が, 十一の, 協力, 博士に, 印象は, 厳格な, 友よ, 反撥は, 取締りでは, 受験当時の, 口元めがけ, 古典欲, 叫び声を, 可憐なる, 各組と, 名だけを, 名です, 名前である, 名残りを, 吹く笛, 命びろいを喜び, 哀れな, 品物を, 唇を, 喜びも, 四人の, 団体であっ, 国の, 場合のみ, 声とで, 声音だけが, 変装姿だった, 多くは, 夢家庭の, 大かつ, 大ようで, 大理石像を, 天性の, 失踪は, 好奇心から, 好奇心に, 如き心, 如くちよ, 如く感奮し, 如く紅く, 姉さんであり, 姿で, 姿と, 姿ばかりに, 姿立出で, 存在を, 学校の, 学業成績は, 客も, 室には, 家に, 容を, 寝て, 寝室は, 寡婦として, 審美學の, 小さい頭, 小林君には, 小説である, 尾野が, 屍体は, 左へ, 希望にも, 帰りを, 帽子を, 平生の, 幽霊にも, 弟子が, 強いこと, 影を, 彼では, 往々に, 後について, 後ろに, 後姿, 後期を, 心うちでも, 心にとって, 心中を, 心情に, 心持で, 心理は, 心配そうな, 快楽, 思ひ出したの, 思付は, 思想を, 性は, 怪死事件は, 恋は, 恐怖を, 息づかいを, 悩みから, 悪戯かも, 悪戯位に, 悲しさ, 悲憤に, 想像力の, 意味に, 愕き, 愛国心に, 感傷で, 感染力という, 態度が, 慣用の, 憫笑に, 懐中から, 成功を, 戸別訪問を, 所作に, 手からは, 手では, 手のひらには, 手わざで, 手入れである, 手紙を, 才能を, 折一家の, 拳に, 持物の, 挙動に, 捜索を, 描いたの, 提言の, 敏感さで, 数奇な, 文吾, 方, 方であった, 日でなく, 日にでも, 日兄と, 日放, 日永田錦心が, 明察, 春, 時あなたとは, 時よんだ, 時分には, 時嘗て, 時描かれた, 時父に, 時貸本屋の, 時隣家の, 書生の, 最大祝日な, 服の, 服装を, 朝の, 未来を, 本性を, 杉本が, 枕頭に, 柔かな, 根源的な, 様子を, 横顔に, 次の, 歌, 歓喜が, 正則の, 武勳, 死が, 死体は, 死首を, 母の, 母親の, 気に, 気を, 気持には, 気色に, 水, 水兵さんを, 沈没説と, 洋畫家を, 海への, 淡い恋, 温い心づかい, 滋幹が, 為に, 無学さが, 無鉄砲さが, 熱心さに, 父の, 父親に, 片側に, 特徴と, 状を, 狸踊を, 生い立ちや, 生命は, 生態を, 申し立てが, 町の, 留置され, 病気を, 痛々しい姿, 癖であります, 発見した, 登校し, 皆三, 盛り肩揚, 目が, 目にも, 直感には, 真後ろに, 眼から, 眼界に, 着物の, 瞳も, 知り人, 知恵の, 知識欲は, 祈りが, 祈りは, 祈ろうと, 秀吉は, 秘密は, 空想に, 立像の, 端麗優美の, 筆らしく, 精気は, 精神の, 精神状態を, 純潔が, 純粋な, 素朴な, 細そりした, 組を, 絶え入る様, 縋り着きて, 美これを, 美貌と, 群には, 群れに, 義気と, 老父が, 耳が, 聖なる禽獸, 聲だ, 肉は, 肋膜炎を, 肩とを, 胆力は, 背の, 背後には, 胸にも, 脳を, 腋の下を, 腰つきが, 腹の, 自供は, 自分は, 自尊心を, 興味の, 良さ, 花弁の, 苦心は, 葛岡と, 蒼白い額, 血気自分独り自, 血統に, 行く手を, 行方であった, 表情で, 裸体と, 要塞通行人らの, 見覚えの, 視線を, 親切が, 角兵ヱが, 言った人相, 記事を, 記憶を, 評判が, 話し相手に, 話によって, 話火星の, 語の, 説明に, 読経する, 論理を, 負傷は, 貴公子と, 起居動作又は, 足もと, 足許に, 跋扈跳梁は, 身であり, 身として, 身の上と, 身体であった, 身内の, 身辺は, 輝いた胸, 返事は, 逃避所は, 逡巡の, 進路を, 運命として, 過失か, 遠い遠い日, 邪氣の, 部屋が, 配達夫は, 金椎でありました, 金髪では, 釣魚に, 鋭感, 門弟藤吉を, 間彼は, 陳述した, 隣室に, 集団なら, 非凡なる, 面上には, 面影では, 面色が, 頃ある, 頃こんな, 頃だ, 頃まで, 頃一度や, 頃世話にな, 頃何度も, 頃吾川郡の, 頃大いに, 頃師家の, 頃我々は, 頃早い, 頃東京の, 頃森田思軒の, 頃田植の, 頃筒井家に, 頃自分が, 頃近所の, 頃食を, 頑固な, 頬の, 頭では, 頭上はるかの, 頭数を, 頸を, 顏や, 顔かたちが, 顔つきが, 顔半分を, 類いを, 飛び下りた尻, 首が, 首は, 驚くべき技倆, 驚くまでに, 骨相は, 鬪爭と, 鳴らす可愛らしい, 鶴見は, 鼈四郎にとって

▼ 少年~ (1679, 10.4%)

15 出て 14 あった, 立って 12 ありました, いた, それを 11 ある 8 あつた, 帰って 6 いいました, いった, いる 5 いました, これを, そこに, はいって, 声を, 顔を 4 あらわれた, きて, さけびました, 僕の, 叫んだ, 大声で, 手に, 自分の, 見て

3 [21件] あって, いて, いるの, ここに, その時, なにを, びっくりし, ふたりの, 両手を, 乗って, 二つの, 云った, 住んで, 先に, 入って, 妙に, 彼の, 来て, 熱心に, 草の, 集まって

2 [100件] あらわれると, あると, いたの, いなくなったの, いること, いるもの, おどろいたよう, お雪, かくれて, かたまって, ここへ, こちらを, この船, これで, して, そのこと, その姿, それに, たおれて, たずねた, ただひとり, ついて, つかつかと, とじこめられて, とびだして, とび出して, とんきょう, どうして, どこからか, にこにこし, はい出して, はじめてお祖母さん, ふしぎそうに, ませかた, もとの, やって来たの, やっと正気, ゐて, ニコニコし, ポケットから, マリ子を, 三角岳の, 乗りこんで, 二人まで, 二階の, 人の, 今りっぱ, 何かに, 何を, 傍に, 入院した, 冷凍され, 初めて恋人, 取次に, 口を, 叫びました, 叫ぶよう, 同じよう, 名刺受の, 報告を, 大工に, 女郎買いする, 姿を, 彼と, 彼に, 待って, 微笑を, 息を, 手を, 明智探偵に, 来た, 椅子に, 歩いて, 猿股も, 町に, 異形な, 目に, 私に, 私の, 空を, 窓に, 窓の, 紅茶を, 自分で, 自分を, 茶を, 行くえ, 言った, 訊いた, 話して, 話しながら, 身を, 輪を, 近づいて, 返事を, 電車に, 頭を, 飛び出して, 駈けこんで, 驚いたの

1 [1226件 抜粋] ああし, あちら向きに, あったの, あったショート, あの大阪式, あの見上げる, あまり元気, あやしき運命, あらわれました, あり, ある夜, ある身, あれで, いいと, いう, いきを, いたずらに, いたん, いちばんやく, いつもジゴマ, いまの, いよいよ承知, いるため, いろいろの, うそを, うらやましそう, おうち, おじぎを, おとうさんに, おとうさんのう, おどろきの, おのれの, おびえきった顔, おもわず手, おやじと, おりて, おれい, かいたの, かけこんで, かつては, かどわかされ泰二君, かの集団的生活, かれを, かわいらしい顔, がけの, ききました, きみわるそう, きょとんと, ぐったりと, けさ六つ半に, こう云った, ここで, このとき帆村, この中, この中村屋, この人, この恐喝, この町, これだけの, ころがされて, こんなに乱暴, こんな残忍冷血, ござつた, さう注意, さけんで, さっき立ち上っ, さらに気, しきりに口笛, しくしく泣き, しずかに, しばらくの, しゃがんだまま, じっと坐った, じょうだんをいいました, すぐうしろ, すっかりすき, すつぽ, すばやく受話器, すべりこんで, ずるずると, せっせと手桶, そういいかけ, そこへ, そのくちびる, そのとき, その一家, その作者, その山路, その溺れ, その空地, その言葉, そばから, それだった, それまでに, そろって, たいへんくわしい, たえず見, たずねますと, ただむじゃきにそんな事, たつて, ためしに, ちゃんと生き, ちょうどこの, ちょっと鞭, ちよろちよろと, ついゆ, つけ加えて, つぶやいた, とある一軒, とつぜんハッと, とびこんで, どうし, どうしてメリー号, どうして平気, どこからかも, どんなに平気, なあんだ遊び, なすまま, なぜそんな, なんとなく慕わしく, にくらしくなっ, ぬれねずみ, のどを, のんで, はいれる部屋, はじめてアルハンブラ物語, はらばいに, ひかえて, ひとりけげんな, ひとり二階に, ひとり樽床几に, ひとり過去の, ひやかしたり, ひらけゴマ, びっくりさせられる, ぴかぴか光る, ふしんらしく小声, ふと気がついた, ふふくそう, ふりむいて, へって, ほかの, ほんの悪戯, ぽつんと答えた, まず最初, またたずねます, まだ九つ, まだ試験場, まづ, まもなくその, みつけたの, みょうな, めいめいの, もう女の子, やがてオラムピア, やってきた, やって来た, やって来たぜ, やっぱり今日行方不明, やはりニコニコし, やる筈, ゆたり, よくいふ, よって, わざわざその, わたしの, われわれの, ゐました, アパートの, イニシアチヴを, エバン船長のう, ギュッと, ゴルフを, スゴスゴと, スミ子ちゃんの, タクシーで, ツカツカと, ナリン太子と, ハッと, バラバラと, ヒョイと, フラフラと, ブスブス燃え, ヘリコプターに, ホンの, ラジオの, ルール関門付近の, 一人あらわれた, 一人と, 一人ぽつねんと, 一人借り, 一人居, 一人水の, 一体どうしてそんな, 一心に行手, 一生懸命に, 一緒に, 一體どうして, 七つ道具の, 三人手伝っ, 三十七個の, 上手から, 下宿し, 不意に, 世田谷区の, 丘を, 両者へ, 中井君の, 中村警部と, 主人公では, 乗りこんだ装甲車, 九十九までは, 予審で, 二三人の, 二人一冊の, 二人厚い, 二十人, 二十面相を, 云った最少限度, 云つた, 五つの, 交じって, 享け, 今川の, 今度人造犬を, 今朝川越を, 付添って, 仮死であっ, 伯母の, 何百人も, 例に, 便所へ, 倉の, 偵察に, 僕を, 元気な, 先生の, 光の, 入口から, 兵馬に, 兼ねて, 冬の, 凭れ合って, 出ました, 出来あがりつつ, 刀を, 初めて目, 別府に, 前回の, 勇一君と, 勇士たちの, 勘兵衛に, 十人あまりの, 千二であった, 単の, 博士の, 叔父の, 古道具屋の, 可愛くて, 右の, 合奏を, 同地に, 君たちの, 咽喉から, 四つかどまで, 図書館の, 土は, 地下室へ, 坂上の, 坐つて, 城中に, 報告に, 壁にも, 夏の, 外に, 多いであらう, 夜釣に, 夢中で, 大きなピアノ, 大人たちの, 大急ぎで, 天人に, 天狗岩で, 女の, 奸黠な, 妙な, 始めて, 字の, 学校へ, 安らかに, 完全に, 宮本と, 家出を, 寝ころび左, 寝台を, 寝言を, 小声で, 小林君の, 小薙刀, 少しでも, 少女を, 尚一層, 居つたの, 居るさ, 居るなら彼, 属して, 山の, 島田邸に, 差し出した長, 帰つ, 帰つて来, 帰りかけると, 幼時から, 庚娘の, 廊下を, 引返した, 彼らも, 彼方へ, 往々無鉄砲, 後向, 御身に, 心から, 思いがけない苦労, 思って, 思われるの, 怪老人に, 悦ばしげ, 意外も, 憩うて, 成人の, 戸山君の, 手品に, 手帳を, 手燭を, 打つた棋譜, 折からの, 持って, 挨拶する, 探偵の, 敏捷に, 数字の, 文學に, 昇降場の, 明智探偵の, 明智探偵事務所を, 春木清に, 昨夜遅く, 暗い中, 書いたお手本, 書いた画, 書き残した, 最も得意, 最後に, 期待した, 未だ組ん, 本艇に, 東京駅に, 果してどれ, 枯れ枝を, 柔軟な, 桂正一君に, 案内役です, 椅子にかけて, 検挙され, 橋本の, 檻の, 歌を, 正気を, 歩いてる, 死んで, 殺されたという, 毎年二十二三人ずつ, 気でも, 汗水たらし, 沢山来, 泊つた家は, 泣き叫んで, 泰二君と, 活溌に, 海軍の, 温かい紅茶, 滅多に, 潜んで, 火星人を, 煙草を, 父の, 爽やかな, 独りで, 玄関に, 現れたと, 現れて, 現われたの, 理科ずき, 生みの, 生命の, 画の, 番人に, 疫痢の, 発明した, 登つたのである, 盗みを, 目を, 相不変宮本, 真面目な, 着のみ着のままで, 短か, 研究所で, 祖母の, 空恐ろしい直覚, 空腹の, 空高く, 窓から, 窓を, 立ちすくんで, 立ち去つたあと, 立つて, 竜騎兵を, 竹刀を, 笑って, 答へ, 約三千, 紳士の, 総ての, 總代として, 羽根蒲団と, 老黒人, 聞いた, 聞きました, 聾である, 腹を, 自分だ, 自分には, 自動車の, 自転車に, 舞台で, 船から, 艇の, 苦心した, 茶壺を, 草原の, 蔓の, 薬局で, 蜂矢の, 蠅を, 行方不明に, 西道を, 見つかったそう, 見出し得よう, 親とか, 解放治療場に, 訊ねるの, 話に, 誘拐され, 説明します, 調査依頼した, 貴公らの, 賢二君を, 走り出た, 起ちあがって, 足を, 身の丈ほどの, 車外へ, 近よって, 返り討ちに, 逃げ出した時, 逃出さない, 透視術みたいな, 這って, 通ると, 遂に毒薬, 遊んで, 遠藤博士を, 鄙に, 金太郎という, 釣りを, 銀笛太鼓手風琴なぞ, 鋏を, 長椅子から, 間もなく花子, 降りた, 陳君という, 隠れて, 雪を, 電話を, 青年に, 靴直しの, 頭から, 頷く, 飛び込んだ, 食べ終ったあと, 養はれ, 饑ゑを, 馬を, 駆けつけること, 駈け出そうと, 髪毛の, 鴉片窟へ, 黒いかばん, 黒川記者に, 鼠谷仙四郎君だった

▼ 少年~ (853, 5.3%)

20 つれて 17 連れて 13 見て 10 して 6 相手に, 見ると 5 さらって, 見た, 集めて 4 呼んで, 抱いて, 自分の, 顧みて 3 うながして, とりまいて, ながめて, 前に, 団長と, 見かけた, 見出して

2 [46件] あつめて, あまりたくさん, いつまでも, かかえて, さきに, したがえて, そこに, そばにおいて, だくよう, とらえて, とりこに, ながめた, にらみつけて, ひきつれて, ひっぱって, もって, よんで, 中に, 供に, 信用し, 先頭に, 呼びとめて, 幸福に, 座敷に, 手まねきしました, 抱きしめて, 抱きすくめて, 抱き上げて, 揺り起した, 搜し, 攻めたてて, 映して, 案内に, 甲板の, 発見した, 知って, 置いて, 肩に, 背中に, 見たこと, 見た時, 見つけると, 見つめて, 見ながら, 見ました, 非常に

1 [637件 抜粋] あざむかなかったから, あざむかなかつたから, あわただしく呼び招い, あわれんで, あんな眼, いたはれば, いちいち紹介, いつもよりは, いまは, いままで, うしろから, うしろに, うす暗い廊下, うながした, うまく治療, おいかけた方, おいたてて, おこらせたり, おさえて, おしこんだの, おとりに, おどかして, おどかしてから, おどしたやつ, おびきよせるとは, おびやかした翌日, おまわりさんたちに, おもちゃに, お光, お顧客, かえり見た, かかえたまま, かき集めて, かくまい進んで, かこうて, かどわかしその, かならずへこます, かばうよう, かばおうとして, かり集めて, かわいそうに, くわえて, ここに, ここへ, こっちへ, このうち, この深夜, こは, こらしめて, こわきに, ご記憶, さがしだそうと, さがして, さがす広告, さして, さそいだしに, しかりつけるよう, しめつけた, しゅびよくとりこにしてしまったのです, じいさんに, じっと見, じぶん, じれつたがらせる, すくいだすこと, すぐに, すつかり忘れて, すつぱだかにして後手, すてる気, せきたてながら, せめて使い, せんとうに, そしてさい, そっとこの, その儘, その場, その才能, その書斎兼応接間, その諸, そばに, たすけそうして, たすけたとき, たすけだして, たすけだすん, たずさえて, たずねて, ただ感覚的, だきあげた, だきあげて, だきおこしながら, だきおこしました, ちらと, つきはなすと, つけて, つけまわした, つれた四人, つれだして, つれ中, てれさせないよう, ときどき苦しめる, ともないうち, ともなって, とりかこんで, どうした, どうしてご存じ, どうしましょう, どこかへ, どこへ, ながめました, なぐさめるとともに, なぐさめるの, なぐりつける, なだめながら, にせ切符, にらみつけながら, にらみつけました, にらみつけるよう, にらんだ, ねぶみし, のぞきに, はじめとして, はじめ例の, はなせ, ば, ひき起して, ひっとらえて, ひどいめ, ひどい眼, びっくりさせた, ふりむききみ, ふり放そうと, ぼくの, まさにきたら, まねいて, まるっきりの, みつけて, みんなが, めがけて, ゆうかい, ゆびさして, ゆりおこして, ゆり起した, ゆるすわけ, よく庭, よく指導, よびさまそうと, わが子の, わしの, ジロリと, ベンチの, モノする, ルゾン号が, 一ばん苦しめた, 一人だけ, 一人のせ, 一人乗せ, 一人見つけた, 一刻も, 一目見る, 上手に, 不必要, 中村警部が, 久助君は, 乗せた虎, 二人伴れ, 五十前後の, 五組に, 亡父の, 京都の, 今まで, 介抱し, 伯母に, 伴って, 伴ふて, 伴れ, 住まわしたの, 作ったの, 使って, 使丁と, 促が, 促して, 保護せね, 倒しまた, 傍らに, 僕の, 元の, 先立たせやがて, 入るる箱, 入れた, 再び車, 冷凍球から, 凝視し, 出して, 別に, 利用し, 制したけれども, 加えると, 助けたの, 助手に, 励ましたこと, 勘当する, 包んで, 化して, 半殺しに, 又主人, 友の, 収容し, 取って, 取りまいて, 取り囲んだ, 取り戻したルパン, 受け取って, 受取りに, 口の, 口を, 可愛がりました, 台所の, 叱して, 叱って, 同伴し賜わりたる, 同行し, 名も, 呼びかけ降りて, 呼びだすわけ, 呼びとめた, 呼びとめたもの, 呼びました, 呼び掛けた, 呼び留めました, 呼び起して, 呼び電話, 呼ぶかの, 呼んだの, 咎めたかも, 唖に, 唯一人の, 問い訊, 喜ばせたり, 喜ばせました, 嘆くこと, 嘲笑って, 圧迫する, 堕落させた, 天人に, 奮起せし, 威したり, 嫌ったの, 学ぶを, 學ばんとして, 守って, 寒気や, 寝床に, 導いた, 導き流石, 導くこと, 小手招ぎを, 小突いた, 小舟に, 少し隔, 少年らしく見せ, 屋上の, 崖から, 幽冥界へ, 床の, 引き具して, 引き寄せようと, 引き離そうと, 引っかけようと, 引取り, 引合せて, 引掴む, 引率し, 引立てて, 弟に, 彼らは, 彼女は, 往来で, 待ち受ける, 待って, 待つ, 後に, 後目にかけて, 従えて, 得たの, 徳学に, 徳間峠の, 心から震えあがらせた, 心に, 念頭に, 思い出したの, 思い浮べた, 思い起して, 思わす落葉松, 急がして, 怪屋の, 恐れさせた怪しい, 惚, 想わせる, 惹きつけたの, 愛した, 愛して, 愛する心, 愛する癖, 感化する, 慫慂か, 慰めたいと, 憂えしめたこと, 憐れに, 懲し, 成して, 我慢させ, 手なず, 手もとに, 手先に, 打首に, 扶けて, 抱いた, 抱えて, 抱え込んで, 抱きおこして, 抱きかかえて, 抱きしめ, 抱き一個, 抱き上げた明智小五郎, 抱き幾度, 抱き迎える様, 抱上げ, 抱上げた, 招き寄せる, 招んで, 拵へる, 拷問虐殺した, 持つ親, 指して, 指名し, 捉へて, 捕えて, 捕ふ, 捕らえ自分, 捜しに, 捜し出し不思議, 捜し当てると, 捻じ伏せて, 探しはじめたところ, 探しましたが, 掴まえて, 描いて, 描きうること, 描くこと, 揶揄う, 揺りうごかした, 撫恤つてあげい, 擔ぎ通す, 支配し, 放免しろ, 救いあげたこと, 救いだすこと, 救ったの, 救って, 救ふ, 教へて, 教育する, 敬遠した, 斬ったの, 斬って, 時々叱っ, 最初の, 朝晩に, 東京に, 案内した, 森の, 椅子に, 欣ば, 歓喜せしめた, 歓迎し始めた, 正太だ, 残して, 殺したとき, 殺したとな, 殺した大きな, 殺すには, 殺すを, 殺そうと, 求む, 波間から, 海へ, 渡せ, 激怒させた, 無事取戻す, 照らした, 片端から, 狩り出さうと, 狭い玄関, 率いて, 留置場から, 発見し, 発見せり, 目前に, 直接親たちの, 相公, 真似て, 眼で, 眼下に, 睨みつけた, 睨み乍ら, 社会学的に, 積んだまま, 穴の, 突きのけ受話器, 紹介し, 終つた, 経て, 縛つてあつ, 置いたら一寸, 置きながら, 背に, 背後に, 背部に, 胸の, 脅迫した, 脚で, 脱して, 膝に, 自己の, 船へ, 船長は, 苦しめること, 落して, 虐げるに, 蝙蝠に, 表面上は, 褒める言葉, 見あげるばかりの, 見おろしながら, 見たい気持, 見つけだそうと, 見つけて, 見つけました, 見つめそれから, 見つめた, 見つめたが, 見つめました, 見まもる, 見るに, 見るやう, 見れば, 見下した, 見事に, 見出すこと, 見出だし, 見守った, 見少年, 見殺しに, 見殺に, 見直すと, 見詰めて, 見送りながら, 親が, 観察し, 解放した, 診察した, 誇稱, 誘かいしたの, 警戒させた, 買収し, 赤面させない, 走らせて, 身がわりに, 身近に, 載せた巌, 追いだして, 追いつめて, 追かけ, 追って, 追ひ出し, 追想する, 追放し, 送り出すと, 連れても, 連れ一山, 遊ばせて, 避けた赤崎才市, 部屋へ, 酋長オンコッコの, 長いあいだ, 隅へ, 鞭打った人物, 頤で, 頭上高く, 飛行艇から, 食つ, 養い百般, 餓鬼大将として, 駆って, 駆逐しなけれ, 驚いて, 驚かすほどの, 高めるもの, 麻袋に, 黄金の, 黙らせようと

▼ 少年たち~ (726, 4.5%)

16 はその 9 はそれ 75 のあいだ, の心, の方 4 です, のうち, のよう, の顔, はまた, はもう, は博士 3 でした, のうしろ, の頭, はこの, は今, は彼, は思わず, は気, は目, は谷博士

2 [39件] がその, が声, が持っ, が見た, が集まっ, といっしょ, にお礼, のからだ, のこと, のため, のほか, の中, の前, の口, の姿, の為, の眼, の耳, の自動車, はあと, はあまり, はいずれ, はこれ, はそれぞれ, はそんな, はたがい, はただ, はどこ, はみんな, はめいめい, はギョッ, はホーベス, は大, は学校, は銅貨, は階段, もその, もハッ, をあつめ

1 [543件 抜粋] から付け, から憤慨排斥, から訳, があの, がうら, がきっと, がこそこそ, がこの, がしばっ, がすすめられ, がそこ, がそれぞれチョコン, がぞろぞろ, がたがい, がたずねます, がただ, がどこ, がなま, がはいっ, がふえ, がぶじ, がアメリカ, がイガ栗頭, がチャンウー, が万, が三角岳, が中学, が二千六百年記念式典, が今, が元気, が全部, が冒険, が列車妨害, が利用, が力, が十人, が口ぐち, が叫びました, が同様, が名づけた, が呼ん, が四方, が地下十六階, が報告, が夜中, が実習, が家, が家路, が寝, が帰っ, が帰った, が心, が息せき切つ, が懷, が拾った, が数千里, が明智探偵, が時, が東京, が案出, が機械人間, が殖え, が没頭, が洗面器, が熱心, が猶喜々, が百人, が目的, が立っ, が精神的失緊状態, が組織, が背, が胸, が自身, が草むら, が落とした, が見つけた, が道化師, が部屋, が鉄仮面, が雄, が魚, が鼓, だから, だけで, だった, だったから, であった, であるこれ, であると, でさえそんな, ですから, で合わせ, で見, とともにこの, とのあいだ, との言分, とケート, とサーカス, と同じ, と喧嘩, と怪人, と感情, と面, と鼓, にいった, におもしろい, にかこまれ, にささやき声, にすこし, にすすめ, にそんな, にたずねた, にだけ知らせる, にちがい, にとって目下, にとつ, にとつて, にとびかかっ, にとりかこまれた, にねらい, にはきびしく, にはこの, には目, には読めよう, には透明怪人, には食物, にまもられ, にもう, にも同じ, によってあらされ, にわかった, にわかれる, に与え, に会う, に会っ, に分け, に博士, に向かっ, に呼びかけました, に四方, に声, に手厳しい, に敵意, に狡猾, に腕, に訴えた, に話しかけました, に説明, に郷土, に重大, のいきれ, のいる, のうたった, のえ, のおそらく, のかくし, のさけぶ, のす, のてがら, のところ, のほう, のむく, のゆくえ, のハイキング, の一つ一つ, の一人, の一団, の一組, の何事, の先生, の兵隊, の到着, の力, の印象, の参与, の問い, の墓, の家, の屈み込んだ, の希望, の心臓, の恋, の様子, の歓声, の決心, の爪, の父母, の生涯的, の目, の瞳, の矢つぎ早, の考え, の肩, の見舞い, の話, の話合つて, の話題, の軽侮, の迎, の追善, の通った, の部屋, の集っ, の頭上, の顏, の顔つき, はあきらめない, はあっけ, はあッ, はいいあわせた, はいう, はいきなり, はいく, はいったい, はいったいどう, はいつ, はいや, はうち, はお, はおそるおそる, はおそろし, はおどりあがっ, はおどろき, はお盆, はかくれ, はかくれん, はかたまっ, はかねて, はからだ, はかれ, はかわるがわる, はがっかり, はがやがや, はきのう, はきみ, はぎょっと, はぎらぎら, はぐるっと, はこおった, はこわい, はこんな, はこんなに, はご, はさい, はさっき, はしきりに, はしばらく, はじゅうぶん, はすばやく, はそう, はそこ, はそのうち, はぞっと, はたちまち, はたわむれ, はだから, はだんだん, はちりぢ, はついに, はつねに, はつまらなく, はとたんに, はどうしても, はどの, はどんなに, はなんだか, はなんだか少し, はなんとなく, はばらばら, はひそか, はひとかたまり, はひとり, はふたり, はぶじ, はへん, はべんとう, はほそい, はますます, はまっ, はみいられた, はみな, はみなビックリ, はみんなそこ, はみんなのっぽ, はみんな少年探偵団, はみんな少年探偵団員, はむろん, はもうすっかり, はものめずらし, はやみ, はよく, はろう人形, はわあ, はわれがち, はわれわれ, はイバンス, はサーッ, はサービス, はスイッチ, はダム, はハッ, はバネ仕掛け, はヒツトラー・ユーゲント, はロープ, はワーッ, は一人, は一度, は一目, は三つ, は三十人, は三階, は上野公園, は下, は両手, は中, は丸く, は二十面相, は云われた, は五人, は今夜, は任務, は伏せ, は余念, は作戦, は元気, は元気百倍, は先, は八時半, は冷水, は列, は北岸たち, は即時, は同時に, は吸い, は唾, は喚声, は囁きあった, は団長, は壁, は声, は外, は大分, は大原, は失望, は好奇, は始め, は安心, は寝, は寝台, は小林団長, は小鳥, は少し, は少女, は山上, は平気, は平蜘蛛, は建具屋, は往来, は後日, は必ず, は思い, は思いきっ, は思い思い, は急, は怪人, は怪人四十面相, は手, は手分け, は折りかさなっ, は持ち運び, は撮影所, は明らか, は晴れやか, は柵, は次, は次々, は武者, は毎日一度展望室, は河, は沼, は泰二君, は洞くつ, は深い, は満足, は火, は父親, は特別, は生きた, は甲斐, は町, は疑惑, は目的地, は相談, は眼, は研究所, は私, は科学雑誌, は窓, は素直, は絣, は繃帯, は色, は英雄, は草むら, は葉子, は見る, は見知らぬ, は警察, は車, は近く, は逃がすまい, は遊び方, は門, は顔, は顔色, ばかりであります, ばかりな, へのむご, まだアスファルト, もあった, もあまり, もうすうす, もこの, もこれ, もざま, もそう, もそのもの, もそば, もそれ, もただちに, もてんでに, もなるほど, もなんだか, もふい, もみんな, ももう, ももろとも, もやはり, も五台, も加わった, も同じ, も子ども, も山形警部, も恐ろし, も桂君, も検事, も毎日, も相づち, も背中, も警官, も賛成, や月世界, よ, よ容貌, をあざむい, をいま, をお, をおく, をおさえ, をかどわかし, をかみ, をこわがらせた, をさんざん, をそれぞれ家, をつれ, をとりかこん, をとりこ, をながめ, をばか, をひきつけ, をますます, をまもっ, をむかえ, をもっと, をよろこばせた, をギョッ, を一そう, を一口, を写生, を動かし, を喜ばせた, を喜ばせる, を屋根裏, を手まねき, を昂奮, を毒, を牢屋, を甲板, を眺め, を総動員, を見おろしました, を見すえ, を見つめ, を見まわした, を見送つ, を誘かいする, を集め, を頭, を餌食

▼ 少年~ (575, 3.6%)

15 とつて 9 なって 8 して, 声を 6 向って, 言った 5 向かって 4 しては, なつた

3 [11件] ありがち, このこと, ちがいない, 会わせて, 向つて, 接近し, 渡しながら, 渡しました, 特有な, 話しかけた, 近づいて

2 [32件] ささやきました, たずねました, ちが, とびかかって, なった, むかって, バスケットの, 与えて, 云った, 人を, 似て, 値段を, 出会った, 手を, 手古摺るに, 扮し, 指して, 改悛の, 案内され, 渡した, 目くばせし, 目を, 眼を, 興味を, 言いました, 話しかけました, 話しかける, 語って, 課して, 逢ひ, 過ぎなかったの, 顔を

1 [413件] あたりちらしたり, あって, あっては, あつくお, あつめた席上, あのひじ, あやまりたまえ, あり勝ち, いいつけました, いうと, いくら考え, いっさいを, いったいだれ, いって, いろいろと, いわせると, うえたの, うえること, うかつに, おいつけないで, おしえられた場所, おとらぬ落着きぶり, お仕立て, お前を, お見おぼえ, かえって, かがされたコールタール, かけたまえと, かせいを, からみたるその, からみ付き乍ら, かわった, きいた, きいて, ききました, くどくどと, くれた, くれて, くわしく語り聞かせる, こういった, こうささやいた, こだはるこ, このたび, この症候, こんやの, ささやいた, さしずを, さへ, されるが, したところが, しばしば問いかけ, し餓えさせて, すがた, すぎないし, すぎないの, すぎないわたし, すぎなかったヴェリチャーニノフ, すべてを, ぜひ聞い, そういっ, そういった, そっとささやい, そっと見, そのあと, そのはけ口, それッと, そんな六, たずねた, たのまれたと, たのんだ, たのんで, たよる気持, だきつきました, だまされて, つかませたもの, つかまった, つかまったの, つくつて, つけられて, つれられて, できること, とびつくが, とりすがって, どなってるメーソフ, なければ, なぜ麻酔薬, なったの, なったよう, なってね, なつたり, なりだした, なり青年, なること, なるに, なるん, なろうと, にあわない腕っぷし, のぞむこと, のみ許された唯一, ばかに, ひとつの, ほかならなかった, ほとんど立て続け, まぎれも, まさること数等, みんなに, むかいお前たち, むしゃぶりついて, めぐり会えれば, もたらしたの, もどって, ものを, やさしい言葉, やすむよう, やり顔, ゆずって, わしの, わたした, わたしました, わびを, バベは, ピシリと, 一人に, 一体どうする, 一枚の, 一言の, 三十八九の, 与えた, 与えつつ, 与えるもの, 両手を, 乗移つて, 二種類ある, 仕立てて, 仕立てる術, 以前より, 会いたいの, 会い彼, 会って, 会ってから, 会釈を, 似た可憐, 似た素朴, 似合わずいや, 似合わず少しく, 似合わぬすごい, 似通ったところ, 何ごとをも, 何と, 何とか言っ, 何の, 何物かを, 何用です, 信を, 働きかける, 先生, 兵馬は, 具わるもの, 再会する, 再會, 凝視を, 出くわしたの, 出し抜かれた驚き, 出会つた, 出逢, 出遭, 分けあたえた, 別れて, 助けられた恩, 助けられた賢二少年, 助けられながら, 助けられ二荒山の下, 勝てると, 化けた時, 化けて, 博士は, 占領され, 及ばないこと, 及ばなかったの, 取って, 取っては, 取つかれたの, 取つて, 取られて, 取りすがりました, 口さきばかり, 口説かれた女, 口説きました, 合格の, 同情し, 同情するごとく, 名を, 向い有合わせ, 向い直接, 向かい, 向かった, 向つて一種, 向つて云, 向ひ, 告げたるなりその, 呼びかけた, 呼びかけました, 呼びかける者, 命じて, 哄ひ, 問いかけた, 問いました, 問い渋谷, 壺を, 変装し, 変装した, 多分な, 夢中です, 天才が, 天然痘患者の, 奪はれ, 奪われて, 妨げられて, 子供達は, 寄添う, 寝小便の, 対つて色々の, 對し, 對する, 導かれて, 尖端を, 就いて, 就て, 差し向けながら, 平次は, 幽愁の, 引きつけられるの, 引っ掻き廻されて, 引添うて, 強ひた, 強姦され, 往き逢ったが, 復び会う, 心を, 忘れ得たの, 怪人丸木, 悪人は, 悪者の, 惹きつけられた, 感知された, 感謝した, 慕はれ, 慰めには, 成層圏の, 成長させた, 手伝って, 手紙が, 手紙を, 手術は, 托したと, 抑へられた, 抑留された, 抱きついて, 抵触る, 持たして, 持たせて, 指さし示すと, 挨拶した, 捲き上げられる, 掛け合って, 接吻した, 接吻しない, 擬した名, 教えたもの, 教えられて, 敵意を, 断りなし, 新らしい, 早く食器, 明智探偵に, 昔から, 時どき教, 普通でない, 有り勝ちの, 案内さし, 欺かれ弄ばれたという, 此社へ, 気づいて, 気を, 気乗りが, 泣き出されること, 渡したの, 渡して, 湯わかしを, 準じて, 漕がせ自分, 火を, 無数の, 無限に, 焦立たしさ, 物語つて聞かせた, 特別の, 現われたサアド型性欲, 理解が, 生きた悲し, 用心する, 留守を, 異様な思ひ, 発見された, 白い割烹着, 盗まれては, 目も, 目立つて, 相違ない, 眉一つゆがめず, 真に同情, 眩惑され, 矢張り詩を, 知らせたいの, 知らせたこと, 知らせたちまち, 知らせようと, 短刀で, 示すという, 稼がせて, 窘められし翁, 立ち聞きされ, 笑われても, 笑顔一つ見せる, 糸の, 終わる, 耳うちを, 聞いた, 聞かせて, 聞かせました, 聞きかえさずに, 肩車すれ, 育って, 自分の, 色々の, 若しもの, 苦しみを, 荷物を, 荼毘の, 見える不, 見える栖方, 見おぼえが, 見せかけて, 見せたの, 見覚えが, 親しく一對宛の, 親しみ深い, 言いふくめて, 言って, 言つた, 言わすれば, 言葉を, 訊いて, 話しかけます, 話して, 話すと, 話を, 語らせたいと, 語ると, 説いて, 謝礼を, 負けたの, 貸して, 贈ったが, 起された, 起り易い, 足を, 車を, 転位された, 近づいた, 近づきました, 返ったよう, 追いすがった, 送られて, 通訳させる, 通譯させる, 逢い何, 逢った, 逢って, 逢は, 遇った, 過ぎない, 過ぎなかつた, 過ぎなんだ自分, 過ぎません, 道を, 違いない, 違ひなかつた, 遠い昔, 還りた, 配されたこと, 酒を, 鉄の, 関係が, 関係した, 関係の, 限っては, 集まった, 電話を, 非ず, 靴直しを, 頬ずりし, 頬ずりを, 頼むこと, 頼めば, 風呂敷に, 飛か, 飛びかかった, 飛びかかって, 飛びついた, 飛び掛るの, 食堂へ, 饗應しよう

▼ 少年時代~ (566, 3.5%)

16 の思い出 11 のこと, の記憶 7 の夢 6 の事, の私 5 から青年時代 3 から今日, に於, に読んだ, のある, のむかし, の幸福, の思ひ, の生活, の自分, の追想

2 [42件] から, からの友達, からの彼, からの記憶, からポオ, から何, から受け, から周期的, から私, から落伍者, にその, にひとめ, にふと, によく, に受けた, に或, に黒岩涙香, のうち, のよう, のわたし, の一片, の世状, の信長, の写真, の初恋, の友だち, の大書, の広島, の感情, の昔, の習慣, の親友, の逸話, や青年時代, を思い出した, を思い出す, を推知, を追懐, を送った, を通り過ぎ, を過ごした, を過した

1 [390件] からかなり, からこの, からずうっ, からずっと, からずつと商人, からずつと文芸, からその, からたえず, からのこと, からのそういう, からの友人, からの境遇, からの心, からの性慾史, からの感情生活, からの生活, からの疑い, からの知り合い, からの知合, からの竹馬, からの苦しい, からの苦闘, からの親交, からまるで, からゴッホ, からスポーツ, からピアノ, からラジオ, から二十歳頃, から人, から仲よく, から侍, から修業, から優雅, から力, から友達同士, から天下, から学問好き, から学窓, から家, から寫眞, から小説家, から彼岸ザクラ, から思い込ん, から思ひ込ん, から恐らく, から悪太郎, から悪賢く, から憧れ通し, から持っ, から持ってた, から探偵小説, から昔, から有馬, から死, から永い, から沁, から涙ぐまる, から深く, から片時, から犬ねこ, から犬猿, から狩猟, から現われ, から病弱, から知っ, から知合っ, から私達, から美しい, から自分, から見れ, から話, から読書, から豪酒, から重吉, から隔てない, から隔てなく, から青年, から風情, から馴らし, から魏叔子, から黴毒, が一方, が二度と, が伝記的, が決して, が矢張り之, この人, すでに僕, その穴, つまり明治末, でいちばん, というもの, といえ, といふもの, とその, とわかれ, と同じ, と家庭, と少し, と探偵小説, と晩年, と青年時代, など思ひ出され, なの, に, にあっ, にあらゆる, におけるこの, における彼, における父, における科学, にかけて久しく, にかへる, にこの, にたいてい, についてもっと, について書き終り, にともすれば, になっ, にはさかん, にはちょっと, にはなる, にはまだ, にはまるで, にはもう, にはガデャーチ, にはトンボ, には両親, には主膳, には何げ, には吉良上野顕彰, には同時に, には四十五十, には四谷, には地獄, には夏, には大抵, には家族, には未だ, には果実, には汽車, には法善寺, には消えなかつた, には父母, には相当, には藩兵, には親友, には誰, には近い, にひきもどした, にまで手, にも彼, にも隨分, にわたくし, にわれわれ, に一度, に一番, に上記, に両親, に伯父行文, に似た, に余分, に入る, に十分, に四書五經, に天才的, に太平記, に完成, に寝とぼける, に小鳥とり, に山, に年上, に悪事, に感じた, に感奮, に抱いた, に散々困難, に早く, に昆虫標本, に梅ヶ谷, に森蔭, に楽しく, に此事, に死なれ, に母, に江ノ島, に爲, に父, に猫, に癩者, に癲狂院, に相応, に短, に稽古, に空, に結婚, に絵, に胸, に自分, に芭蕉, に若し, に見た, に起った, に逢った, に遊び, に遊び歩いた, に過っ, に食べた, に餅, に高場乱子, のあこがれ, のいい, のいじけた, のいっさい, のうわさ, のこれ等, のたわい, のどの, ののびのび, のもの, のイタヅラ遊び, のイタリア旅行, のエクセントリック, のカフカ, のガキ大将, のゴーリキイ, のスナップ, のモーツァルト, のロヨラ, の不遇, の亮, の人間, の伴侶, の作, の作品, の僕, の先生, の出来心, の剣術, の半蔵, の友, の古い, の君, の夏休み, の天地, の奔放, の好き嫌, の好学心, の姉, の学友, の学問, の宗教的, の家庭, の家庭的, の尊い, の小さな, の小説, の少年雜誌, の岸本, の平次, の幼稚, の幾年間, の彼, の微妙, の心, の快楽, の思い出話, の思出, の悩ましい人懐こい, の悪戯, の悲しい, の想, の愚かさ, の感化, の感情生活, の憧れ, の懐しい, の或, の教育法, の数年, の極, の歌稿文稿, の浴衣がけ, の無, の無分別, の特別, の玩具, の生活経験, の目, の社會環境, の神学, の神經質, の空想, の第一歩, の自叙伝的小説, の自由, の良寛さん, の苦い, の苦しい, の苦しみ, の苦学, の記念, の負けぬ, の貧乏世帯, の趣味, の辛苦, の述懐, の追憶, の追懐, の遊び場所, の遊戯, の遠足気分, の遠足氣分, の長, の隨喜渇仰, の面影, の頃, の頼朝, はいったい, はいつしか, はおそらく, はこの, はただ, はまだ, は両, は五〇米プール, は仲, は信長, は寝室, は山の手, は本当に, は楽, は流浪, は父, は物質上, は病身, は研成義塾, は私, へかけ, への切実, へ彼, まだ大阪, までの彼, もこう, もそんな, よく獨, を, をいろいろ, をかよう, をすごし, をそこ, をそこで, をも深く, を世話, を其処, を北上川, を北陸, を哺育, を回想, を回顧, を尊く, を引出す, を思, を思い出させる, を思ひ起し, を思出, を想い出す, を想い浮べた, を敍, を東京, を浅草, を温床, を田舍, を知っ, を経た, を胸, を苦き, を蘇らせ, を見直さなけれ, を送つた, を送り, を送りました, を通じてうたた寝, を過ごし, を青山さん, を馬籠本陣, 共に都, 及び青春時代, 最も感銘

▼ 少年~ (426, 2.6%)

10 いっしょに 9 ポケット小僧は 8 一緒に 6 三人の, 二人で 4 並んで, 五人の, 少女とが, 少女の, 思って 3 いっても, そっくりの, ポケット小僧が, 一しょに, 云ふ, 女猿廻しとが, 少女が, 私とが, 私とは, 肩を

2 [27件] であった, なったの, なって, なりやがて, ふたりで, ふたりの, ノロちゃんが, ポケット小僧です, ポケット小僧の, 一人の, 二人の, 云って, 友だちに, 同じやう, 少女, 少女とを, 少女は, 書生の, 武村兵曹, 火星人の, 犬を, 私との, 空想の, 見て, 話を, 青年の, 魔法博士の

1 [283件] あなどって, いうよりは, いうよりも, いえば, いおうか, いって, いつたやう, いつた格好, いろいろの, おさめと, おとうさんとは, おなじよう, おりんという, お友だちみたい, お手伝いさんひとりの, お父さま, きくと, この奇怪, します, じぶん, すりかえたの, すれちが, そっくりに, そっくりのす, その他に, その仲よし, その友達, その妹, その家庭, それからポケット小僧, それを, ただふたり, つれ立って, であり百姓, である, どこか, どこで, どんな内容, なかよしの, なつかしそう, なつて, ならべられたでは, なりて, なりました, なり時に, なり蘆辺浦, なるの, のかど, はなつた, ひきはなされまた, ほかの, ぼうさんとは, まちがえて, みんな揃っ, もうひとり, イバンスと, オリヴィエとは, ケートと, サルが, ゾウとの, チンピラ隊によって, ノロちゃんです, ノロちゃんの, ポケット小僧と, ポケット小僧に, ポケット小僧によって, マユミさんと, モダン娘の, ラファエレと, レイモンドを, 一しょです, 一しよ, 一つに, 一手を, 一頭の, 七人の, 三人で, 三人連れで, 三郎とは, 下婢の, 不二夫君とは, 中学生の, 中年と, 中年の, 中村警部と, 二人きり運転手は, 二人し, 二人丈で, 二人甲斐の, 二十面相とが, 云ふ見えない, 五十才の, 井上少年でした, 井上少年と, 交わること, 交渉の, 他に, 仲よしだった, 伊丹安太夫の, 伊都丸少年とが, 似て, 住民との, 佐, 信雄君とは, 信雄君の, 修吉は, 修道院ふうの, 六人の, 六部とを, 処方帳を, 刑事たちは, 別れたまま太平洋の, 別れて, 力を, 勇一君とは, 化けて, 北村さんが, 北見少年は, 十七も, 十七歳の, 十三人の, 十四五の, 反対に, 吉村少年と, 吉村少年の, 同い年ぐらゐの男の子を, 同じくたんに私, 同じく藝術家, 同じこと, 同じよう, 同じ学校, 同じ考え, 同じ鎖, 向い合ったまま, 呼び交わす, 唯二人で, 喧嘩する, 四, 園田丈吉君は, 変態性の, 大きなシェパード, 大人の, 大和日出夫とは, 大辻とは, 天野勇一君とを, 天野勇一少年とを, 奥村さんの, 妍を, 妹の, 娘と, 孫ぐらいの, 家へ, 小林君です, 小林君と, 小林君とが, 小林少年とが, 少しも, 少女との, 少女とは, 少女にとっては, 少女よ, 少女を, 少女達の, 少年たんていだんい, 少年との, 少年団員たちは, 少年探偵団の, 島田君の, 布袋腹の, 帆村探偵とが, 応対した, 思いこんだの, 思つてか, 思つてゐた, 思ひこんで, 怪獣との, 成って, 成つた頃には, 戯れた, 戯れつ, 戸倉老人とは, 戸倉老人の, 手を, 打ち合わせを, 接触し, 控えの, 日出夫である, 日出夫とは, 昌一君と, 星人との, 春木君が, 時の, 木曾少年の, 来たら肩, 榻を, 標題した, 機密文書とが, 機密文書は, 武夫君が, 武村兵曹と, 歩いて, 歩きながら, 残虐な, 泣き合って, 浜で, 湖辺に, 無遠慮に, 爺さんとの, 牛丸少年と, 牛丸少年の, 牛丸少年は, 犬だけ, 犬と, 犬とが, 犬との, 犬とを, 犬の, 猛犬の, 猛犬稻妻との, 畫工とは, 異つて, 異常で, 痩せた少年, 皮の, 相対し, 相識に, 知らずに, 私の, 立ち話を, 立てられた自転車, 笠原さんと, 米国少年グロースであった, 紺色の, 緑ちゃんと, 美しい尼前, 美少年, 老いたる美濃, 肥った少年, 自分との, 艶書を, 若い女, 葛子の, 街で, 見えたの, 見まちがえて, 言う, 言うべきなり, 言って, 言っても, 言つても, 言ひたい, 言われるの, 評するも, 話しおわると, 話して, 読者には, 負けず劣らずですが, 賢二君に, 賢二少年が, 賢二少年の, 賢吉少年が, 賢吉少年は, 跛行の, 通じ私, 連れだって, 連れだってる, 連れ立ったその, 遇えば, 遇する, 遊んで, 道づれに, 遠藤博士二ばんめには, 都会の, 野呂少年も, 雇人の, 雖ども心得, 離れ離れに, 電話で, 青年との, 非常に, 靴屋さんじゃ, 高橋さんの, 髪を

▼ 少年~ (327, 2.0%)

4 ありました, その中, その父, それを 3 そのあと, まじって, 私も

2 [17件] あった, あとから, ある, いた, いる, その時, だまって, 今猶, 声を, 大賛成, 後には, 私が, 私の, 芝居へ, 負けては, 酔って, 顔を

1 [268件] あっけに, あっちへ, あつた, あまりの, あらん, あります, あると, あるまいが, あれば, いきごんで, いっこうわけ, いっしょに, いました, いるの, うなずいて, うまい工夫, おとなしくし, おりました, おりメーソフ, お志保, かえすことば, かんだかい声, きっとその, きっと紐育, きれいな, ぎょッ, けっしてこの, こうして毎日, このと, このものすごい, この事件, この噂, この大, この従兄, この探検, この時, この洞窟, この異様, これまた, こんどは, こんなおそろしい, こんなにたくさん少年探偵団員, さすがに, さながら十年, しかたが, すがた, すぐそこ, すこしうす, そうおもいました, そのころ, そのぶ, そのまね, その両親ルピック夫妻, その人, その仲間, その方法, その時代, その木, その柝, その様子, その生命, その輝く, それぞれ万年筆型懐中電燈を, それに, た, たいへんなはりきり, ついその, ついて, つけた, できるだけ, とびだしたが, とび出した, どこに, どこへ, どっちも, どんなにか, なかなかう, なかなかまけ, なぜか, なれなれしくいった, なんだか胸, にわかにそれ, にわかに元気, はいって, はじめて気がついたらしく, びっくりし, びつくりし, ふたりの, ほほえましい羞恥, ほんとうに, まけては, またがんばる, また他, また同じ, また天馬侠, また河沿, また臆, また靴, まっ黒な, まるで妹, みんな同級生であった, むろん一行, めずらしくない, もういま, もう影, やっつけろ, やはり捨て子, やはり自分, よほど学問, わしに, ゐた, カニばかり, ギックリと, ギョッとして, ギョット立止っ, シェパードの, テーブルを, ノロちゃんの, ハッと, フーラー博士と, ボーイ室に, ポケット小僧も, リスの, ロケットの, ロボットでは, 一しょの, 一度泊り, 一概に身なり, 一緒に, 一郎青年も, 中井君に, 久しぶりで, 乗って, 事務所に, 二三度は, 二名の, 交つて居た, 亦お, 亦それ, 亦た, 今では, 何だか気味が悪く, 何もかもみんな嘘, 僕一人あとは, 元気よく, 全く血の気, 其他の, 加わって, 助手とともに, 同じくこれ, 哭かないで, 唇を, 噴出だしぬ, 四人の, 四方から, 変装の, 多かった, 多くある, 多く彼, 多く至極, 多分お, 多分売買, 大きな飛行眼鏡, 大人の, 大嫌ひだ, 太郎も, 姉娘に, 実業家に, 寝ころんで, 對抗し得ず, 小林君が, 少からず, 少しも, 少し心, 少年でした, 居た, 帆村に, 帆村荘六探偵も, 平和で, 座敷へ, 当惑し, 彼女の, 微笑んだ, 心を, 怖気づき, 思わずふりかえって, 思わず青年, 急いで, 息が, 惜しそう, 愁然として, 我々の, 手が, 手傳つてこれから, 打ち交じって, 折り重って, 振返って, 掛ける, 日本人である, 明智の, 昨夜か, 時たま雨天体操場, 来て, 此の, 残念がっ, 残念ながら, 毎日の, 気持が, 水兵も, 水兵等も, 水泳はと, 汗みずくだ, 泊るたび, 洋学修業として, 熱心な, 父の, 物見台から, 犬の, 異性を, 目に, 相手に, 矢張りありき, 矢張自分と, 知つてゐた, 知らなかったけれども, 私に, 稻妻と, 穴の, 窓ぎわへ, 立ち去って, 笑いだしました, 続いて, 綱に, 老人も, 老爺も, 聞き手も, 聞けば, 腹話術師たちの, 臆面も, 自分の, 舷側に, 艇外を, 落ちつきと, 虎の, 蜂矢探偵も, 見るからに, 証人として, 話に, 話には, 警官たちも, 豹の, 負けないで, 足音たかく, 軽傷を, 運転手の, 運転手も, 過労の, 釘づけ, 頭を, 顏を, 顔には, 顔は, 顰んだ, 飛行眼鏡の, 食事を, 馬も, 默つて吾等兩人の, 黙って

▼ 少年少女~ (283, 1.8%)

11 のため 5 の読物 4 の心 3 はその

2 [17件] がある, がそれ, が二人, が使う, というもの, の上, の不平, の中, の救済, の教育, の犯罪, の間, の頭, はだから, は東京, をお, を誘拐

1 [226件] が, があっ, がうろうろ, がおそろしい, がかなり, がこんな, がそこ, がその, がシートン, が世間, が二十, が二組, が何より, が偶然, が入口, が八幡宮, が列, が労働, が勉強, が又, が善良, が大切, が太っ, が待っ, が手, が手記, が持っ, が数人, が最も, が朝夕忠孝, が村, が来た, が歌い, が登場, が登校, が皆, が老い, が花輪, が蝟集, が読む, が近く, が鍛えられる, が集まり, だけの面白, だつた, であったが, であったと, でいっぱい, でも一度, としての朧ろ, としての肉体, としての自分, とその, とは何, とは皮膚, と一緒, と云う, と昨日九段, と考えられ, ながら二人, などには受け, にその, にとってこの, にとっては学校, にとって非常, にとつて無上, になりかかっ, には幼い, にも努め, にも教訓, に信用, に取っ, に同情, に向, に如何, に対する取締, に就い, に於, に特に, に至る, のあいだ, のうち, のたわい, のなやみ, のみ特に, のもの, のやり口, のカップル, のコウラス, の一団, の不, の不良性, の不良行為, の世界ぢ, の二百余名, の交際, の人生観, の仕事, の前途, の向上心, の団体, の垢, の堕落, の場合, の姿, の宗教心, の密集, の小さな, の常識, の幼稚, の心理, の性, の恋, の悩み, の悪, の意地わる, の感情, の手, の手紙, の放縦, の数, の文通, の旅, の昔, の時, の時代, の柔かい, の根, の気持, の気持ち, の泳ぎ, の活躍, の激増, の無邪気, の熱情, の特別, の理科知識, の生態, の疑い, の病気, の皆さん, の眼, の研究, の科学智識, の稚い, の空前, の精神, の群, の考案, の脳髄, の自殺, の花, の花形, の若, の落ち合い, の行事, の製造地, の見学団, の観念, の諸君, の野営地, の関係, の雑誌, の領分, の顏, の魂, の魔, はいちはやく, はいよいよ, はえらい, はどんな, はひとり, はラグナート, は上流社会, は何れ, は何時の間に, は例年三十万, は取りわけ, は同級生, は大手, は天下, は平常着, は救, は明らか, は最も, は殆ど, は毎年, は永らく, は決して, は滅多, は片端, は物, は結婚, は自分勝手, は言わず語らず, は造りかけた, は逸早く, は震災後激増, は高等, ばかりで, へ, または子どもづれのおとなたちでした, までがやあ, めいた妙, もある, もこの, もその, も来, や青年たち, わかい人々, をうらやましく, をとりこ, を中, を主題, を待ってるでしょう, を思わず, を愛せしめ, を歌劇趣味, を生み出す, を目, を私, を脅かし, を要する, を見直した, を集め, 迄個人

▼ 少年探偵団~ (214, 1.3%)

7 の団員 6 とチンピラ隊, の副, の団長 5 の七つ道具 4 のひとり, の同志たち, の同志五人, の少年たち 3 の, のこと, のなか, のチンピラ別働隊, のバッジ, の小林団長, の規則, の顧問, やチンピラ隊

2 [14件] というの, にてがら, にはいっ, のため, のチンピラ隊, の一員, の三人, の三少年, の中, の井上少年, の別働隊, の子ども, の子どもたち, ばんざあい

1 [113件] からの電話, がこの, がそんなに, ができあがった, がふかい, がまちぶせし, がやる, がヒシヒシ, が勝った, が活動, が見, が見はっ, が電話, さてはまた, じゃない, だからね, だって, だね, だよ, っていうの, っていう会, ってなんだい, でありました, です, ではいちばん力, でもこの, で尾行, というもの, という団体, とは深い, なの, なんてなま, に, にくわわった, にこの, にこれから, にたいしては指揮権, にたいするふくしゅう, にちがい, にです, にはいった, にはいりたい, にもうらみ, に五百万円, に先回り, に入れ, に加わっ, に加入, に正一君, のかた, のからだ, のけなげ, のしるし, のなわ, のみなさん, のみんな, のもの, のものがたり, のよびこです, のチンピラ, のチンピラ隊員, のポケット小僧, の一行五名, の三十人, の井上一郎君, の井上一郎少年, の井上君, の人たち, の働き, の力, の十人, の吉村菊雄, の同志, の名, の名コンビ井上一郎君, の名折れ, の団員たち, の大, の客員, の小, の小玉, の幹部, の恥辱, の手, の手なみ, の探偵長, の有力, の正面衝突, の活躍, の目, の篠崎君, の精神, の記章, の諸君, の連中, の銀色, の集まり, はいつか, はその, はもう, は何, は何者, は同志五人, は四人, ばんざい, ばんざーい, へ五百万円, もできるだけ, をおびきよせ, をからかっ, をこらしめる, を結成, を集めれ

▼ 少年~ (126, 0.8%)

32 あつた 2 おいでに, これは

1 [90件] あらうと, あり得ない, いが栗頭で, いけず十三, いたって仲, いまの, いらせられる帝, いらっしゃいました, おとうさんや, おもしろく笙, おりましたころ, お早, この心持ち, これからぐんぐん伸びる, これが, これも, さがすの, すら斯, すら甲斐源氏, そしてそれほど, そのよう, それきり向こうに, それに, たいへん手, たちまち同級生, つまらぬこと, ときどきくち, どことなく不良, ねそこ, ひそかに, ひとりが, また少年探偵団, まだ田舎, シャツも, ピストルの, ラッパ形の, 一ばん早く, 一番多い, 不良青年にも, 二人ながら, 二十歳にも, 今日は, 仲間から, 信長の, 僕は, 十七でも, 十三に, 半ズボン, 博士の, 同じよう, 同遊, 商売にも, 土間へ, 多く語らず, 始て, 學問も, 小僧の, 小説家の, 少年の, 彼は, 後の, 後継者と, 手には, 日頃特別の, 服装も, 末世に, 村の, 此の, 死んだ立原道造, 殿堂の, 汽車に, 漢学が, 独りぽ, 神田淡路町の, 私は, 節ちやんと, 美しい読み方, 耳に, 自分の, 落人の, 親も, 言ふこ, 赤児の, 進士に, 酒を, 頭髪を, 風よけ, 食ふこ, 首脳部の, 魚が

▼ 少年~ (114, 0.7%)

1 [114件] から, から二十年後, がこの, がじつ, がそう, がその, がちやう, がバンタム, が並ん, が何百名, が入っ, が再び, が取り巻い, が天神さま, が手紙, が本, が聞いた, が胴乗り遊び, が自分, が角力, であったから, です, とばかりだ, と一, と台場, と合奏, と同じ, と控室, と虫, と遊ん, なんて爆弾, にとってはこれ, にとって禁, にも彼女ら, にも解る, に人気, に人氣, に分け, に向っ, に大いに, に害, に御馳走, に詩, に適当, に青年たち, のする, のため, のため挿絵, のところ, のやう, の並べた, の中, の何ん, の例, の反感, の家, の待遇, の悪戯, の或, の携帯品, の方, の歌, の歌う, の気持, の浮ぶ, の生活, の目, の眼, の組織, の胸, の表情, の遊び場, はお, はその, はたつた, はだれひとり, はにはか, はまた, はもう, はギクン, は一人一人頭, は一斉, は一番, は不快, は丸裸身, は争う, は二つ, は仕舞, は唱歌, は小屋, は少女達, は投票, は早くから, は此, は殆, は毎晩, は浅黄, は皆, は腹立たし, は蟻, は見, は長い, は附近, は隠, は雲南省, は頭, は黙っ, へと同様, へのお, もさうする, もすべて, もそれ, もまじえ, を召集

▼ 少年には~ (93, 0.6%)

2 英語の

1 [91件] あつた, いいわ, いかにも異様, いつか雜誌で, かなり拡がり, この言葉, この驚き, こんな不幸, そこまで, その反, その温泉, それを, それ相応な, そんなこと, たしかに十以上, ついぞ経験, とてもまね, ない, のみこみかねた, のみこめて, ひとりの, べつの, まだまだ時, まだよくわからない, もうこの, もはや堪え切れぬ, もはや恐怖感, よく分らなかつた, よく感じられた, わからないだろうけれど, わからなかった, バイオリンの, パトラッシュの, 一ばん大切な, 不幸中の, 不快で, 事の, 何の, 何も, 兜を, 分りすぎるぐらゐ, 卑屈の, 厭わしそう, 友達が, 哺めそうも, 喧嘩恐喝の, 堪らなく照れくさく, 大してむずかしい, 大そう物珍, 大学の, 天窓の, 奇蹟として, 奥村さんの, 好かった, 好意を, 妙に, 姉さんどころの, 宇宙は, 少年らしい, 帰らなければ, 弱らされましたよ, 得てしてこんな, 怖ろ, 思はれた, 恥しいの, 想像の, 想像も, 成るべく會, 構って, 構はずに, 死が, 殊の, 段々わかつ, 母の, 父の, 独り泣く, 王子の, 珍らしき, 甲比丹クツクの, 相当の, 窺ひ知る, 粥は, 結構なお, 葉子の, 見覺, 親しみにくい, 近づかなかった, 関係の, 難かしく, 面子が, 響かない

▼ 少年~ (92, 0.6%)

18 から青年期 2 と中年期, に, を過した

1 [68件] からずつと療養所, からただ一人, からのこと, からの素行, から壮年期, から次, から青年, が初, すぎて, だけをこの, であるからと, で決する, と青年期, にここ, にはすでに, にはともかく, にもあった, にもそれ, にも國守, にも彼, に入る, に大成, に於い, に於ける, に施される, に父, に現, に達し, のショパン, の了, の傾注的, の初期, の危険, の同じ, の幅, の幕, の彼, の性, の恋愛, の成人, の時誰, の最後, の末, の終り時分, の記憶, の長崎時代, の長篇その他, の間, の青春発動, の飢餓生活, はそんな, はまだ, への想い, や老躯, を, をこうした, をすぎた, をすごした, をとびこし, を一, を了, を出た, を終つて将, を終わらせ, を纔, を通じて精神形成, を過し, 同樣

▼ 少年らしい~ (88, 0.5%)

2 情熱を, 魂は

1 [84件] がどうして, この極端, と思つた騎手, なまなましさ, のが, のです, ひとの, むじゃきな話ぶりを, ものであった, やさしさ, やわらかいほお, よさ満々, 一種の, 不満で, 中学生である, 人影が, 人間が, 今から, 侍が, 凜, 嗚咽を, 四人連れや, 声では, 多くの, 夢であります, 夢の, 奴等が, 好奇心の, 姿を, 希望を, 弟の, 当惑の, 当然な, 影を, 志望が, 怒りに, 怠け者に, 性質が, 情操を, 想像であるらしかった, 愛らしい無邪気, 愛慕の, 感情を, 戦慄と, 所の, 曖昧な, 柔軟な, 桜色の, 沈着さで, 活気の, 活氣の, 淡々と, 無邪気さを, 無邪気の, 理想も, 男が, 目つきの, 目を, 真面目さで, 瞳に, 短い鼾, 空想や, 簡單な, 純情が, 羞恥を, 興奮を, 色白な, 虚栄だった, 虚栄に, 虚栄心で, 虚栄心を, 言葉には, 言葉を, 赤い頬, 返事を, 遊戯に対しては, 遊戲を, 雀が, 顏を, 顔を, 顔立ちの, 願望であった, 高い声, 魅力を

▼ 少年探偵団員~ (69, 0.4%)

4 のひとり 3 でした 2 がい, であること, のだれ, の木下君

1 [54件] あわせて, かね, がいつも, ががんばっ, がその, が園井君, が尾行, が暗やみ, が注意, が胸, が見れ, だ, だったの, だったので, だと, だという, だよ, ですから, で中学一年, で小学校六年生, とが輪, とチンピラ隊, とチンピラ隊十七人, とチンピラ隊員, なの, なん, に伝え, のきば, のぜんぶ, のところ, のなか, のノロちゃん, の七つ道具, の中, の井上一郎君, の姿, の少年, の川瀬, の記章, はいつも, はこの, はなるべく, はもとより, は懐中電灯, は日ごろ, へのふくしゅう, もこの, もその, やチンピラ隊, をいじめたい, をよび集める, を五人, を引きつれ, を苦しめる

▼ 少年から~ (66, 0.4%)

6 青年に 3 大人に 2 告白させる, 聞いた話, 金の, 離れて

1 [49件] いわれた言葉, かういふ書出し, これ程までに, ささげられる感謝, その鍵, たえず観察, なおくわしく, よほど離れた, オペラ, バタチカンは, 七十歳の, 内藤氏に, 半年ばかり, 取りもどそうと, 受けた侮辱, 同時に声, 問われるまま, 嘘つきと, 嘘の, 四十スーを, 地下戦車の, 大人へ, 奪った四十スー, 姉川五郎の, 影響された, 慇懃に, 成人にも, 手を, 持て生れた性質, 教えられました, 村の, 母国語で, 無頼漢と, 町へ, 笈を, 聞いたところ, 聞けること, 話を, 質問が, 逆に, 金まで, 金を, 青年の, 青年へ, 青年への, 青年時代の, 青年期の, 頼もしい限り, 黄金メダルに関する

▼ 少年とは~ (58, 0.4%)

2 似ても

1 [56件] あくまでもその, あまり親しく, いまどう, いわず然るべき, こっちへ, しばし無言, しばらくにらみあっ, すっかり仲よし, その扉, ちがって, どう見まし, どこかに, なんという, はからずも博士, はしごを, ぼんやり顔を, まるでにらめっこ, 不幸なる, 主従の, 云え十五才, 仲よくなりました, 冬の, 双眼鏡懐中電灯長い, 四五十間隔たっ, 四五十間隔たつ, 壁の, 声を, 外套に, 夢に, 如何し, 庵室の, 思えなかった, 思われません, 怪塔王に, 拍子ぬけ, 未だ艇, 極めて仲, 此島の, 無言の, 無論思えぬ, 生きながら, 用意に, 私が, 纜いであった, 艦隊旗艦に, 袋から, 見えないの, 見えるものの, 言へ, 足音を, 部屋を, 鍵穴の, 長いあいだ, 陽気に, 階段の, 頭を

▼ 少年~ (51, 0.3%)

2 けれどなんとなく, つたのだ, つた私が, とは思わなかった, と誤解, ね

1 [39件] からいか, からこの, からといっ, からね, から何, から山, から平気, から恥ずかしい, から英学, か老人, が, が由斎, が頭, けれど彼, けれど親, しぼく, つた皆, つた私は, つて金を, ということ, という事, としたら, とはいえ, とわかる, と大した, と彼, と心, と思い, と気づいた, と言, などと言われ, ねその, のに, わとニキビだらけ, んいんや, サア私の, 乃公にも, 母と, 聾に

▼ 少年~ (49, 0.3%)

2 青年が

1 [47件] うろつきものから, おばさん達に, そのほか私, それから今, わ, わとニキビだらけ, ウヌボレ屋の, ポケット小僧と, ポケット小僧の, ミチ子などが, モボたちが, 下條の, 不良少女が, 其他三十有餘名の, 十人あまりを, 地球人を, 女には, 女童の, 娘達を, 婦女子は, 密航記者佐, 小坊主の, 少女が, 少女たちの, 少女などに, 少女の, 少女も, 少女を, 少女達が, 少女達の, 幼年の, 幼童については, 新聞記者などが, 書生などが, 木曾九万一少年の, 牛丸少年の, 盲目の, 罪人を, 若い女性, 野州の, 野村さんも, 青年たちが, 青年たちの, 青年は, 青年期の, 青年達の, 高一

▼ 少年~ (45, 0.3%)

2 からの脱皮, の姿, の思ひ, の最後, の美しい

1 [35件] からの懷, から受け, が果して, が自分, であること, における私, にきざし, にはたれ, に夢みた, に彼, の, のお, の一部分, の印象, の回憶, の夢, の幸福, の思い出, の情調, の愉しい, の愛読書, の感激, の憧憬, の挿話, の旧, の甘い, の私, の薄, の詩集, の貧しき, より仏教, を思出, を育つた, を追懐, 既に世界的活眼

▼ 少年探偵~ (40, 0.2%)

2 の七つ道具

1 [38件] がおどろい, がすっかり, きどりで, じゃからね, じゃない, という英語, としては及第点, として師, なげく, に後来, のたたかい, のチンピラども, のマスコット, の三吉, の三浦三吉, の小林君, の疑問, の眼, の級友, の組合, の顔, はいったいどう, はいよいよ, はうれし, はさらに, はしゃくにさわっ, はせいぞろい, はそう, はその, はそんな, は事件, は井戸, は師, は雑草, もひもじ, もやはり, を結成, 気どりで血

▼ 少年である~ (37, 0.2%)

7 ことを 2 から自分, ことが, ということ

1 [24件] かにさえ思われた, から幽霊, か自己紹介, が一足, が同じ, けれどもどうして, ことであった, ことに, ことは, と思った, にもかかわらず, のを, ばかりに自分, ゆえに, わたしどもが, ジイドは, 主人公が, 以上先ず, 以上苦戦は, 宗一は, 彼と共に, 彼の, 正太を, 胃袋は

▼ 少年~ (37, 0.2%)

1 [37件] がいかに, がフランス式, が国, さえ彼, しからぬ激しい, に救われました, のグループ, のボート, の一人, の中, の仲間, の外, の姿, の小, の心, の潜水隊, の統御, の胸中, の親元, の関係, の駆け, はうち, はお, はその, はそれ, はみな, は各自, は手, は敗北, は池, は終日室内, は解放, は逃げる, は高, も驚い, を乗せた, を感化

▼ 少年助手~ (35, 0.2%)

7 の小林 6 の小林君

1 [22件] があります, がいる, がチョコン, だという, だねえ, だよ, だろう, っていうん, であるよう, です, ですよ, でまた, と四人, なの, の, のうつくしい, のかた, の小林さん, の小林芳雄, の黒い, はそれほど, を思い出した

▼ 少年であった~ (34, 0.2%)

3 私が 2 ことは, という

1 [27件] いまの, からよく, から此, から若い, がこう, がそれでいて, が万, ことであろう, ことを, ころの, しかしスカイ, ときの, としたら, にも拘わらず, のでこの, のです, ぼくが, ナリン太子, 事を, 厩戸皇子とは, 彼は, 時代は, 時或, 柳は, 自分も, 頃の, 鼈四郎は

▼ 少年では~ (30, 0.2%)

3 なかった 2 ない, ないか, ないの, ない自分, 染五郎の

1 [17件] あつた, ありません, ありませんか, ありませんでした, ある, あるが, いけず十四, ないし, ないだろうか, ない裾野育ち, なかったらしい, なかったろうか, なかつたの, なかつた以上, なくして, なくなりつつ, 防ぎがたい

▼ 少年です~ (29, 0.2%)

42

1 [23件] からあと, からあなた, からこわく, からじっと, からずいぶん, からその, からそれ, からどうぞ, からにげだす, からめかた, からよろしく, から海, から逃げだしません, か僕, がね, がぼく, が何, が棋聖秀策, が病後, が苦惱, し首領, って, 毎日鋳物工場での

▼ 少年~ (29, 0.2%)

1 [29件] がその, が別, が好き, が武士道, が集, との価値, と共に海底戰鬪艇, と同じ, と決闘, にとつて, に取りかこまれ, の持つ, の明るい, の肩, の言, の諸, の鼻, は, はいずれ, はこれ, はそんな, はまた, は一斉, は声, は峠, は笑い, は驚い, も彼, やがてその

▼ 少年雑誌~ (29, 0.2%)

4 のため 2 を買

1 [23件] で習, で習い覚え, で読ん, などというもの, に挿画入り, の, のセント・ニコラス, の投書家, の漫画, の編輯, の英文欄, の謎, の謹厳, はおどろく, やおとぎ話, やアメリカ, や新聞, をおれ, をのぶちゃん, を出し, を十冊以上, を読ん, 見たよう

▼ 少年だった~ (26, 0.2%)

7 のです 3 のだ

1 [16件] かもしれません, がこの, がそれ, が清逸, な, な啄木, のが, のである, のでお, ので日本語, 妙テコリンの, 時代その, 男だ, 私は, 重吉が, 頃ハンス

▼ 少年とが~ (26, 0.2%)

1 [26件] あった, いかめしい服, いた, おるす番, こうし, しきりと, しきりに小首, そこでしばらく, そこら桜, イスに, イワノフ博士の, グッと, 一は, 並んで, 乗って, 住んで, 何か, 同乗し, 外へ, 御坐, 海中に, 無構追放, 留守を, 総監室へ, 重要人物として, 飄然と

▼ 少年~ (26, 0.2%)

8 のである 4 んだ 3 のだ 2 のであった, のです 1 そうだ, のか, のでした, ので気抜け, ので貴重, ので酒, んです

▼ 少年諸君~ (26, 0.2%)

4 のため

1 [22件] がこれら, がぶじであった, がまず, が希望, が心, にあたえられた, にすっかり, にもさ, にものごと, に向, のほう, のよう, の修養, の寮, の行動, の親, の読み物, は全部寄宿舎, は蛭田博士, もありましょう, よ四十余年, を十二

▼ 少年との~ (25, 0.2%)

2 間に, 間には

1 [21件] ことで, たった三人, ためには, 二通りの, 偶然の, 元の, 初恋を, 問答を, 姿も, 小鳥の, 応酬を, 無意識, 知恵くらべ, 群像であった, 視線が, 話に, 話は, 話も, 間を, 関係は, 關係は

▼ 少年~ (23, 0.1%)

3 の一人

1 [20件] が, が入選, が出来た, とかいう種類, と協力, にいた, に関した, のよう, のリーダー格, の先頭, の列車妨害, の団長, の天幕, の子供, の者, は命令一下, は国, へ出かけた, を思わせた, を率い

▼ 少年連盟~ (23, 0.1%)

1 [23件] が共同, が風雨, である, におそるべき, のため, のサクラ号, の上, の不幸, の公用, の盟主, の首領, はし, はほんの, はぼくら三人, はまだ, は二年, は人種, は以前, は八ヵ国, は総動員, を礼賛, を祝福, を組織

▼ 少年らしく~ (22, 0.1%)

2 もない, 人々の

1 [18件] いかにも悧巧, お遊び, じろじろ眺め, すっぽりと, ぶるぶるふるえた, まだ潤んだ, もない憂, サメザメと, パツと, 二つ年下の, 引締まった, 滑稽な, 笑い声を, 純粋な, 肉の, 膝を, 自然の, 興奮し

▼ 少年店員~ (22, 0.1%)

2 の中

1 [20件] がいった, がとうとう, がびっくり, がふと, がやっと, が右往左往, です, に至る, の一人, の採用, はおそろし, はスイッチ, は懐中電燈, をおどかし, をごまかす, をしかりつけ, をせき立てた, を伴っ, を募集, を迎える

▼ 少年にも~ (21, 0.1%)

2 分るよう, 彼は

1 [17件] お目通り, これくらい, そのこと, その頃, それは, とけなかったので, ならずに, ひらくこと, 交はるを, 似たる有頂天, 危険と, 変装する, 思想らしい, 知らせて, 自分の, 言葉を, 負けないほど

▼ 少年少女たち~ (21, 0.1%)

1 [21件] がまじっ, が中, が日本, が職業紹介所, が馬車いっぱい, でかれ, に人形木製玩具製作, に失敬, に物語る, のこと, のまえ, の日常, の生活, の生活記録, はこの, はやがてかならず, はやっぱり, は不幸, は五郎さん, は廊下, までが僕たちあたしたち

▼ 少年~ (20, 0.1%)

1 [20件] がその, が駆け込ん, であったの, でなく年寄り, で元来, で入渠中, と少女工, に対するシンパシー, に目次, に過ぎなかった, の, の描写, は一文, は息, は機械, は自分, も口笛, や少, を合宿, を発見

▼ 少年文学~ (19, 0.1%)

1 [19件] が如何なる, が提唱, であると, でしかも, では無かろう, というもの, にし, については一種, に大きな, に於, の一つ, の大事, は一体, は全く, は大人, は彼等, は科学, は非常, を挙げる

▼ 少年でも~ (17, 0.1%)

1 [17件] あるまいが, あれくらいの, こうなる, そいつは, そう単純, なくて, よくやる, ガキ大将の, 何でも, 俳句の, 同じこと, 呼び留めて, 宣伝の, 持つて, 数百円の, 殿樣でも, 自惚れが

▼ 少年として~ (16, 0.1%)

1 [16件] そこに, たたかう決心, であつ, なにごとにも, ひっこんで, ふたたび正しき, ほめられて, また學生, 子供時代から, 牽き付けられて, 生まれだれ, 知られて, 私の, 米国への, 過分な, 青年時代の

▼ 少年~ (16, 0.1%)

3 黙山

1 [13件] が衣, のこと, の偽り, の断末魔, の豆みたい, はじいっと, はわれわれ, は少しく, は急, は恐るる, は阿弥陀如来, をまんなか, を手

▼ 少年こそ~ (15, 0.1%)

1 [15件] あるいは自分, いつか自宅の, この物語, たれあろうサケ料理, はじめて火星人, もちろん正吉, ウラジオの, 不思議な, 今ここに, 他ならぬ, 和歌の, 宇津木文之, 小林君でした, 明智探偵の, 柬埔寨国の

▼ 少年でした~ (15, 0.1%)

2 からもう

1 [13件] からふと, から二階, から副, から外, から草鞋, から裏通り, がおしい, がそいつ, が年頃, が聞い, が謠曲, けれどそこ, 私は

▼ 少年にとっては~ (15, 0.1%)

1 [15件] かえってこの, この煙突, そういう生活法, たいへん残念, アルプスの, 一世一代の, 何よりも, 如何に, 思いがけない美しい生活, 憧れの, 文学は, 最も強烈, 現実の, 街路の, 見るもの

▼ 少年とを~ (14, 0.1%)

1 [14件] つれて, のせて, はげまして, 一のみに, 其船室に, 助け一度, 奪いかえされるの, 安全に, 携へて, 放りこんである土牢, 比較する, 相手に, 誘つたのである, 連れて

▼ 少年ボーイ~ (14, 0.1%)

1 [14件] がビックリ, が山, が捧げる, が爪先走り, が簡単, が闇, であった, と二人, に囁いた, の緊張, はさながら, は枕元, は顔, を振返った

▼ 少年武士~ (14, 0.1%)

2 があった

1 [12件] が彼, であった, である, なの, にはかえって, の顔, はその, は年増女, は驚いた, をからかっ, を抱え上げます, を覗く

▼ 少年自身~ (14, 0.1%)

2 ではなく, のこと 1 がわずか, にし, になつ, に脅迫, の名刺, の忘れ, の手, の気に入り, の罪, もちろん言葉

▼ 少年という~ (13, 0.1%)

3 のは 2 ものは 1 じゅんで, ものについて, チンピラ探偵に, 傾き, 称呼に, 詞が, 順序だった, 風情です

▼ 少年よりも~ (13, 0.1%)

2 落着い

1 [11件] おろかです, きみたちこそ, さらに二つ, ずっと年下, むしろ少年, もっとおどろいた, もっと大きく, 先に, 更に空想的, 更に美しく, 道化者の

▼ 少年~ (12, 0.1%)

4 何かの 1 さもなければ血気盛ん, もしくはパリー, ッ, 光明の, 少女かが, 社主の, 追剥類似の, 鼠いろ

▼ 少年名探偵~ (12, 0.1%)

1 [12件] じゃない, だったの, だよ, です, としてわるものども, ともあろう, のご, の勝負, の対話, の小林君, の手, の評判

▼ 少年ばかり~ (11, 0.1%)

1 [11件] その女, だ, だかれら, だった, であったが, であつ, である, でした, でない少女, では, 一団と

▼ 少年団員~ (11, 0.1%)

1 [11件] が事務所, とで見はっ, と七人, と三人, に両手, のあと, のある, は十人, をよび集めました, をジロジロ, を指揮

▼ 少年~ (11, 0.1%)

1 [11件] がシクシク泣出, がゾロゾロ, が不思議そう, が十六名, が無法, のいる, の態度, は朝眼, は皆, を悉く, を諫止

▼ 少年ながらも~ (10, 0.1%)

2 僕は, 自分は 1 おそろしい知恵, この事, 少しは, 満足には, 老人に対して, 読む気

▼ 少年なら~ (10, 0.1%)

1 いいかげんに, だいじょうぶです, ばきっと, ばさびし, ばとにかく, ば屹度體躯, わしの, 必ず立派, 望みも, 誰でも

▼ 少年ガヴローシュ~ (10, 0.1%)

1 であった, の若々しい, はそれ, はただ, はふたり, は何, は先頭, は囲い, は相変わらず, 大ナポレオン

▼ 少年探偵団長~ (10, 0.1%)

6 の小林君 3 の小林少年 1 だね

▼ 少年だけは~ (9, 0.1%)

1 いつまでも, きっとその, さいわいにも, そのおそろしい, ただひとり, どこにも, なぜか, ヘーイさんの, 珍しく頭布

▼ 少年とも~ (9, 0.1%)

1 したしくなり, 一人池上正夫という, 人事不省だ, 別れて, 少しの, 弁えぬが, 息を, 相談し, 見えません

▼ 少年にと~ (9, 0.1%)

3 つては 1 つて一種妖し, つて傍観と, つて珍らしい, つて紛れも, つて闇黒の, つて音と

▼ 少年俳優~ (9, 0.1%)

1 がある, がこういう, が幾人, が鮮, でそれ, ではない, に偉い, の写真, を狩り集め

▼ 少年小説~ (9, 0.1%)

1 が気に入つた, とか少年読物, としてはスチブンソン, と家庭小説, の方, の翻訳, もしくは少年物語, を書い, を書く

▼ 少年~ (9, 0.1%)

1 が救つたの, と青年組, の寄宿舎, の方, はもう, は三カ年後, は貫太, は電車, を補助隊

▼ 少年たんていだん~ (8, 0.0%)

1 いん, いん六人, がたたかった, がルビー, のちんぴらたい, のポケット小ぞう, の力, の小林

▼ 少年一人~ (8, 0.0%)

2 と堂々たる 1 であつ, の仕事, は四十過ぎ, を抑, を抑えかねる, を見殺し

▼ 少年士官~ (8, 0.0%)

2 の宮女たち, はおなじ 1 には根津欽次郎, の多数, を思い出した, を愛想

▼ 少年であっ~ (7, 0.0%)

1 たり老, てただ, てみな前々, ても俺, ても純真, て今日立派, て昔

▼ 少年にとって~ (7, 0.0%)

1 あまりいい, これは, それは, たやすいこと, ちんぷんかんぷんで, 一日中の, 思い出すの

▼ 少年に対して~ (7, 0.0%)

1 では, どのよう, 一種の, 少からず困っ, 深く感謝, 自分の, 落とし主から

▼ 少年に対する~ (7, 0.0%)

1 同情で, 同情者も, 恐怖心で, 憎しみが, 根本的精神療法も, 私の, 鄭重さや

▼ 少年ぽい~ (7, 0.0%)

1 むきさ, ものと, 恋着の, 眼差しで, 絣が, 顔, 顔である

▼ 少年~ (7, 0.0%)

1 それは, 仕方が, 待に, 父母が, 爾若し右, 足裏の, 麥酒を

▼ 少年をば~ (7, 0.0%)

1 ヒシと, 其船室に, 助けて, 右手に, 有爲, 浮標に, 眞個の

▼ 少年バッハ~ (7, 0.0%)

1 の失望, の限り, は事情, は夜な夜な, は早く, を夢中, を鼓舞

▼ 少年世界~ (7, 0.0%)

1 かでポー, に変らない, のキプリング, は毎月, も同時に, や日本少年, 送る

▼ 少年助手小林芳雄君~ (7, 0.0%)

1 が団長, でした, です, はある, は自動車, もそれから, を団長

▼ 少年~ (7, 0.0%)

2 にも面白い 1 にもこの, にも哀, にも言, に少し, に色々

▼ 少年探偵団員たち~ (7, 0.0%)

1 が出発, が見はっ, の身, の顔, はうち, は仲間, は深

▼ 少年科学探偵塚原俊夫君~ (7, 0.0%)

1 が自分, に, の出る, の名, はある, は八月, を紹介

▼ 少年詩人~ (7, 0.0%)

1 だつた, で庸三, の如き, の姿, ばかりで, も双方, も脚気

▼ 少年~ (7, 0.0%)

2 が隊 1 が太鼓, によってほとんど, に依, の多く, は必死

▼ 少年~ (7, 0.0%)

1 から愛された, から手もと, から父, から馴れた, から體, にはふと, の瞳

▼ 少年とともに~ (6, 0.0%)

1 するりと艇外, そこを, 健全な, 外を, 富士男の, 艦橋に

▼ 少年と共に~ (6, 0.0%)

1 今まで, 只一口に, 渋谷の, 發足した, 郊外の, 驚いて

▼ 少年ども~ (6, 0.0%)

1 が警察, の中, はいま眼前, はうるさい, はかれ, を脅迫

▼ 少年より~ (6, 0.0%)

2 いくぶん早熟 1 ややひくい, 交久しく, 大道において, 好事多端暇なき

▼ 少年子弟~ (6, 0.0%)

1 に知らせる, の不遜軽躁, の政治論, を教授, を誘掖, ヲ感化シテ不知

▼ 少年探偵三吉~ (6, 0.0%)

2 はどこ 1 のため, はそう, は参加, は珍探偵大辻又右衛門

▼ 少年時分~ (6, 0.0%)

1 からまるで, には行く末, には角力, によくも, の先入主, の彼

▼ 少年貴族~ (6, 0.0%)

2 を教育 1 という感じ, のよう, の顔, は爽やか

▼ 少年青年~ (6, 0.0%)

1 である子息たち, としてのゴーリキイ, には注意, の各, の興味, はこれ

▼ 少年かと~ (5, 0.0%)

2 思つた程 1 思ったが, 疑われた, 見まご

▼ 少年だつた~ (5, 0.0%)

1 がいつも, が休み, が私, やうに, 筈だ

▼ 少年としては~ (5, 0.0%)

1 あまりにも, よくよくの, 意外の, 教育者の, 珍しく毛深かかった

▼ 少年など~ (5, 0.0%)

3 十も 1 いつさらわれる, 野は

▼ 少年のみ~ (5, 0.0%)

1 づみづしい心を, では, ならず成人, ならず政治家, ならず読者

▼ 少年ぽく~ (5, 0.0%)

1 て愉快, なって, むにゃむにゃで, むにゃむにゃという, 見えるほど

▼ 少年まで~ (5, 0.0%)

1 みつかっては, みな回, 全部の, 年齢の, 消えて

▼ 少年までが~ (5, 0.0%)

1 あくまでつよい, そうだろう, それぞれの, ゆくえ不明に, 面白が

▼ 少年みたい~ (5, 0.0%)

1 な生活, になっ, にもじもじ, に生長, に考へ

▼ 少年ゴーリキイ~ (5, 0.0%)

1 が天成, にとって朝, の写真, の生活, はヴォルガ河通い

▼ 少年仲間~ (5, 0.0%)

1 では有数, とすぐ, の久馬, の戯れ, を集め

▼ 少年佐伯~ (5, 0.0%)

1 が食堂, のほう, の肩, は低い, は大学

▼ 少年~ (5, 0.0%)

2 を自分 1 によって野外, はてんでに, を脅迫

▼ 少年~ (5, 0.0%)

1 が左右, だ, のとき, の校舎, はふと

▼ 少年団員たち~ (5, 0.0%)

1 にじゅうぶん, は, ははしご, は小林団長, もその

▼ 少年奴隷~ (5, 0.0%)

1 の供給, の消失, の運命, をもっ, を苛む

▼ 少年少女達~ (5, 0.0%)

1 が喚声, のため, の心, の横, の眼

▼ 少年捜索隊~ (5, 0.0%)

1 がさいしょバッジ, の無能, の第, の篠崎君, は早く

▼ 少年紳士~ (5, 0.0%)

2 にし 1 なりき, の郁さん, まつたくこの

▼ 少年給仕~ (5, 0.0%)

1 が僕等, が控, の縊れ, は縊れ, を叱咤

▼ 少年読物~ (5, 0.0%)

1 から哲学書, が嫌い, とかは大人, と云, の中

▼ 少年雜誌~ (5, 0.0%)

1 から拔, であ, にはよく, のセント・ニコラス, の一等當選作

▼ 少年音楽隊~ (5, 0.0%)

2 の華やか 1 なるもの, の曲, を先

▼ 少年じゃ~ (4, 0.0%)

2 ないか 1 さしつかえあるまい, ねえが

▼ 少年その~ (4, 0.0%)

1 ふたりが, 両の, 土地の, 小林少年の

▼ 少年だけ~ (4, 0.0%)

1 だったの, でなくその, で大空, ならば

▼ 少年だけが~ (4, 0.0%)

1 それを, ただ一人家じゅうの, なぜか, 持って

▼ 少年でなく~ (4, 0.0%)

1 てはうまく, てはならない, て大人, 六位級に

▼ 少年とで~ (4, 0.0%)

1 あつた, ありました, もらって, 組織され

▼ 少年ながら~ (4, 0.0%)

1 そういういい, 一層元気, 父親の, 非常に

▼ 少年について~ (4, 0.0%)

2 一歩日向の 1 少し書きましょう, 店内へ

▼ 少年によって~ (4, 0.0%)

1 あばかれ防護団員, つくられて, 恣に, 表現された

▼ 少年のう~ (4, 0.0%)

2 でを 1 しろすがた, でに

▼ 少年はと~ (4, 0.0%)

1 いうと, ぼとぼとその, 見ると, 見れば

▼ 少年ひとり~ (4, 0.0%)

2 をたより 1 しか見えない, にだしぬかれた

▼ 少年~ (4, 0.0%)

1 何かを, 書いた長編, 眼を, 話しかけた

▼ 少年もう~ (4, 0.0%)

2 ひとりは 1 一人は, 気ぶんは

▼ 少年ナポレオン~ (4, 0.0%)

2 の話, も最初

▼ 少年~ (4, 0.0%)

2 の単行本 1 というの, の雑誌

▼ 少年~ (4, 0.0%)

1 が兵隊, と云う, に礼儀作法, の学課

▼ 少年家老~ (4, 0.0%)

1 に向っ, の器量, の奇言, は申しました

▼ 少年感化院~ (4, 0.0%)

1 である, に入れられ, の性質, の教師

▼ 少年懲治監~ (4, 0.0%)

1 なの, に送られるまえ, の方, へ廻され

▼ 少年書生~ (4, 0.0%)

1 が横手, と見縊, に化け, の無

▼ 少年航空兵~ (4, 0.0%)

1 あがりの, が出た, に志願, の歌曲

▼ 少年~ (4, 0.0%)

1 がかく, がややもすれば, にて試むる方, は心身とも

▼ 少年鉱員~ (4, 0.0%)

1 がいった, がさけんだ, であった, の山岸

▼ 少年飛行兵~ (4, 0.0%)

1 だつた弟, の痛ましい, の訓練, は何

▼ 少年駅手~ (4, 0.0%)

1 が四時二十分, にきいた, は両脚, は左腕

▼ 少年あら~ (3, 0.0%)

2 ば老人抔 1 ば老人

▼ 少年こそは~ (3, 0.0%)

1 クイーン・メリー号の, 彼と, 狂ひ

▼ 少年それ~ (3, 0.0%)

1 と反対, は太郎, を助け

▼ 少年であり~ (3, 0.0%)

1 ほかにも, 乍らその, 青年であった

▼ 少年であろう~ (3, 0.0%)

1 とそんな, と思った, 私には

▼ 少年でない~ (3, 0.0%)

1 けれども本, ことは, のかも

▼ 少年といふ~ (3, 0.0%)

2 のは 1 連中は

▼ 少年などの~ (3, 0.0%)

1 場合は, 手に, 虚構の

▼ 少年なる~ (3, 0.0%)

1 が此, に腰, をや

▼ 少年なんて~ (3, 0.0%)

1 みんな嘘だ, 云ふ, 生意氣

▼ 少年までを~ (3, 0.0%)

1 こめて, 収容し, 討ったという

▼ 少年ゴルドン~ (3, 0.0%)

1 がある, がいった, でその

▼ 少年バクスター~ (3, 0.0%)

1 に一任, の口, はだまっ

▼ 少年ベートーヴェン~ (3, 0.0%)

1 の訪ね, はモーツァルト, を苦しめた

▼ 少年マドロス~ (3, 0.0%)

1 がにっ, の姿, は狎

▼ 少年メンデルスゾーン~ (3, 0.0%)

1 の作品, はこの, は椅子

▼ 少年下士官~ (3, 0.0%)

1 がわが, に別れ, は僕

▼ 少年二人~ (3, 0.0%)

1 を密訴, を目通り, を除け

▼ 少年人形~ (3, 0.0%)

1 でした, のそば, の肢体

▼ 少年~ (3, 0.0%)

1 がおりません, でそろ, の名

▼ 少年倶楽部~ (3, 0.0%)

1 から笑話, が買いたい, を買っ

▼ 少年兵士~ (3, 0.0%)

1 で真黒く, は剣, よ

▼ 少年労働者~ (3, 0.0%)

1 が一種, が全く, の中

▼ 少年呉井嬢次~ (3, 0.0%)

1 の功績, の怪手腕, を捕える

▼ 少年坑夫~ (3, 0.0%)

1 が逃亡, の話, はその

▼ 少年太子~ (3, 0.0%)

1 がさぞ, の後, の身の上

▼ 少年孔明~ (3, 0.0%)

2 の胸 1 を鍛えるべく

▼ 少年将軍~ (3, 0.0%)

2 を馬上 1 の眉

▼ 少年少女ら~ (3, 0.0%)

1 であった, の群れ, は恐怖

▼ 少年少女小説~ (3, 0.0%)

1 に探偵小説, は一, も私

▼ 少年店員諸君~ (3, 0.0%)

1 に対してはいう, はここ, も商売

▼ 少年探検隊~ (3, 0.0%)

1 なん, は小林団長, をこまらせよう

▼ 少年日吉~ (3, 0.0%)

1 とよぶ, は生活, は荷

▼ 少年期青年期~ (3, 0.0%)

1 にいわば, にはそれ, を通じて植えつけられた

▼ 少年次郎~ (3, 0.0%)

1 であった, の生活, を知る

▼ 少年特有~ (3, 0.0%)

1 な夢みるよう, の不思議, の澄んだ

▼ 少年犯罪~ (3, 0.0%)

1 の増加, の多い, はもちろん

▼ 少年男女~ (3, 0.0%)

1 の間, は都会, をこういう

▼ 少年~ (3, 0.0%)

1 な活動ぶり, な海, の性慾

▼ 少年老い~ (3, 0.0%)

1 易きかな, 易く学, 易し麗人

▼ 少年~ (3, 0.0%)

2 されて 1 して

▼ 少年讀者~ (3, 0.0%)

1 に向, は天文學, は東京上野

▼ 少年連盟島~ (3, 0.0%)

1 である, とつけたい, をかこむ

▼ 少年選手~ (3, 0.0%)

1 が大好き, なんぞが長助, は弓太郎

▼ 少年~ (3, 0.0%)

1 だ, にはいる, は駈け出しました

▼ 少年あがり~ (2, 0.0%)

1 のチンピラ隊員, の万吉郎

▼ 少年おまけ~ (2, 0.0%)

2 に何時も

▼ 少年かも~ (2, 0.0%)

1 しれない, 知れない

▼ 少年からの~ (2, 0.0%)

1 手紙に, 電話の

▼ 少年からは~ (2, 0.0%)

1 なれた, なれなかつた

▼ 少年がと~ (2, 0.0%)

1 くいに, くいの

▼ 少年ぐらいな~ (2, 0.0%)

1 年恰好の, 頭脳しか

▼ 少年こじき~ (2, 0.0%)

1 がジロジロ, にばけ

▼ 少年しか~ (2, 0.0%)

1 収容され, 收容され

▼ 少年じみた~ (2, 0.0%)

1 動悸さえ, 新聞記者と

▼ 少年たり~ (2, 0.0%)

1 しわが, し己

▼ 少年たる~ (2, 0.0%)

1 彼が, 彼とは

▼ 少年つまり~ (2, 0.0%)

1 唖では, 正太君の

▼ 少年でありました~ (2, 0.0%)

1 がそれでも, が生まれつきもの

▼ 少年でしか~ (2, 0.0%)

1 ない, なかった

▼ 少年でしたら~ (2, 0.0%)

1 もうこわく, 少しまわり道

▼ 少年といった~ (2, 0.0%)

1 いかつい黒い顔, 方が

▼ 少年としての~ (2, 0.0%)

1 生活は, 自分を

▼ 少年とに~ (2, 0.0%)

1 別れた, 對面なし

▼ 少年などに~ (2, 0.0%)

1 分ろうはず, 血を

▼ 少年なりし~ (2, 0.0%)

1 君よ, 日

▼ 少年にたいして~ (2, 0.0%)

1 クリストフは, 火酒の

▼ 少年にて~ (2, 0.0%)

1 ありき, 名を

▼ 少年にとっても~ (2, 0.0%)

1 そうである, 真に立派

▼ 少年にな~ (2, 0.0%)

1 つてお前の, つて行つた

▼ 少年のて~ (2, 0.0%)

1 がら, がらを

▼ 少年はぶつきら棒~ (2, 0.0%)

2 に答

▼ 少年はも~ (2, 0.0%)

1 うもずが, ぢ

▼ 少年への~ (2, 0.0%)

1 感化力は, 観察を

▼ 少年らし~ (2, 0.0%)

1 さなどは, さは

▼ 少年を以て~ (2, 0.0%)

1 将軍職を, 目せられしもの

▼ 少年を通じて~ (2, 0.0%)

1 明智探偵に, 近江中の

▼ 少年イカルス~ (2, 0.0%)

1 が大鳥, の剛胆さ

▼ 少年ガーネット~ (2, 0.0%)

1 とサービス, は幼年組

▼ 少年クツみがき~ (2, 0.0%)

1 のほう, のボール箱

▼ 少年クラチットども~ (2, 0.0%)

1 はピータア, も彼

▼ 少年クリストフ~ (2, 0.0%)

1 は彼女, は額

▼ 少年グロース~ (2, 0.0%)

1 がのぼっ, であった

▼ 少年スクルージ~ (2, 0.0%)

1 の革鞄, を睨め附けた

▼ 少年チェーホフ~ (2, 0.0%)

2 は当時

▼ 少年ネルロ~ (2, 0.0%)

1 の血, はまさしく

▼ 少年ブラームス~ (2, 0.0%)

1 の向学心, は貧しい

▼ 少年ボートルレ~ (2, 0.0%)

1 がまだ, はまず

▼ 少年一家~ (2, 0.0%)

1 の苦痛, はそれ

▼ 少年五六人~ (2, 0.0%)

1 が圧し, ばかりが海岸

▼ 少年~ (2, 0.0%)

2 白頭

▼ 少年~ (2, 0.0%)

1 の仲間, 三十餘名の

▼ 少年~ (2, 0.0%)

1 として京, の名

▼ 少年兵馬~ (2, 0.0%)

1 の物々し, を見る

▼ 少年刑務所~ (2, 0.0%)

1 へ一応, を脱走

▼ 少年~ (2, 0.0%)

1 という看板, をやろう

▼ 少年力持~ (2, 0.0%)

1 の吾輩, をやった

▼ 少年労働~ (2, 0.0%)

1 が日本, に売られ

▼ 少年勇士~ (2, 0.0%)

1 だな, のよう

▼ 少年勘次~ (2, 0.0%)

1 に解らなかったでしょう, を主殺し

▼ 少年博物辞典~ (2, 0.0%)

1 につき, の使用法

▼ 少年友吉~ (2, 0.0%)

1 に取, は間

▼ 少年同盟~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の政治活動

▼ 少年名探偵小林君~ (2, 0.0%)

1 のいさましい, の変装

▼ 少年向き~ (2, 0.0%)

1 の美しい, の雑誌

▼ 少年善金~ (2, 0.0%)

1 と伊孫, はおずおず

▼ 少年四郎~ (2, 0.0%)

1 が存在, の考え

▼ 少年~ (2, 0.0%)

1 とかいう雑誌, の宴会

▼ 少年士官口~ (2, 0.0%)

1 にくわえし, に啣

▼ 少年大使~ (2, 0.0%)

1 の運命, はやがて

▼ 少年天才~ (2, 0.0%)

1 もあるいは, をどんなに

▼ 少年太郎左衛門~ (2, 0.0%)

1 が同, はあの

▼ 少年姿~ (2, 0.0%)

1 のエフ氏, の秘部

▼ 少年嬢次~ (2, 0.0%)

1 と話, よりほか

▼ 少年孝吉~ (2, 0.0%)

1 では, の辯解

▼ 少年学生輩~ (2, 0.0%)

1 の徳心, の是非論

▼ 少年寄宿舎~ (2, 0.0%)

1 に入れ, を出

▼ 少年少女一夕~ (2, 0.0%)

1 の痴談, の癡談

▼ 少年少女時代~ (2, 0.0%)

1 から一緒, をすごし

▼ 少年少女期~ (2, 0.0%)

1 の終りごろ, の終り頃

▼ 少年~ (2, 0.0%)

1 ができ, を廃止

▼ 少年~ (2, 0.0%)

1 のころ, はいずれ

▼ 少年座員~ (2, 0.0%)

1 で可愛いい, なの

▼ 少年座員達~ (2, 0.0%)

1 が何, は誰

▼ 少年~ (2, 0.0%)

1 とすこし, な

▼ 少年当時~ (2, 0.0%)

1 の記憶, の追憶

▼ 少年新吉~ (2, 0.0%)

1 が石段, の眼

▼ 少年時代夢想~ (2, 0.0%)

2 の対象

▼ 少年時代青年時代~ (2, 0.0%)

1 の姿, を回想

▼ 少年村井~ (2, 0.0%)

1 は小脇, も首肯きつ

▼ 少年棋士~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 少年歌手~ (2, 0.0%)

1 のいじけた, の独唱

▼ 少年武蔵~ (2, 0.0%)

1 の不逞, は常に

▼ 少年気質~ (2, 0.0%)

1 はゴール精神, を発揮

▼ 少年~ (2, 0.0%)

1 が中, の脳中

▼ 少年生徒~ (2, 0.0%)

1 と共に散歩, の眼

▼ 少年~ (2, 0.0%)

1 の花型, の講談本

▼ 少年皆吉~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて

▼ 少年石福海~ (2, 0.0%)

1 が御, は今どこ

▼ 少年社員~ (2, 0.0%)

1 と言う, に休み

▼ 少年~ (2, 0.0%)

2 の始皇帝

▼ 少年~ (2, 0.0%)

1 とし, として少年寄宿舎

▼ 少年義夫~ (2, 0.0%)

1 の描写, の輝かしい

▼ 少年~ (2, 0.0%)

1 が感ずる如き, の搾取

▼ 少年臨海団~ (2, 0.0%)

1 といふ一つ, は出来

▼ 少年自分~ (2, 0.0%)

2 は美少年

▼ 少年藤村~ (2, 0.0%)

1 の毎日, は謂わ

▼ 少年誘惑~ (2, 0.0%)

1 第一日, 第二日

▼ 少年諸子~ (2, 0.0%)

1 には桃太郎猿蟹合戦, のなほその他

▼ 少年金椎~ (2, 0.0%)

1 が説い, であったこと

▼ 少年電信兵~ (2, 0.0%)

1 が乗組む, とが乗組む

▼ 少年音楽家~ (2, 0.0%)

1 に会っ, の演奏

▼ 少年高科~ (2, 0.0%)

1 に登った, に登る

▼ 少年黒吉~ (2, 0.0%)

1 が何, との曲馬団

▼1* [587件]

少年あの三人は, 少年あり藁を, 少年あるいは大人の, 少年うしろの席, 少年うちつれて嫁資豐, 少年おとなしさうに見え, 少年かとも思われる, 少年かなんかのいたずらでは, 少年かに限って, 少年かはぼくは, 少年がはいつて, 少年がへへいという, 少年ぐらいの立像で, 少年これが大河, 少年ごく若い婦人たち, 少年ごころにも言い知られぬ, 少年やうな, 少年さえありました, 少年さえも激情の, 少年さんというそう, 少年しかもそのうち, 少年しっかりしろ, 少年じゃあないの, 少年じゃよきみは, 少年すべからくそれくらいの, 少年そっくりの顔, 少年そのものである, 少年そばにゆく, 少年それだけのこと, 少年それにその地, 少年それらのてんで, 少年そんな風な, 少年たちあなた方は父母, 少年たちぬきですました, 少年たちまち覚めて, 少年たち五名と協力, 少年たち五年生の教室, 少年たち元気にまかせ, 少年たち少女たちの存在, 少年たち手の内全部を動員, 少年たち病気を見舞う, 少年たった一人, 少年たんていだんのだんちょう, 少年だけの智慧しか, 少年だけよそんなこと, 少年だけをよこして, 少年だったでしょうがでも, 少年だってモオパスサンが, 少年だつたんだい, 少年だの若者たちの, 少年だましいの苗床, 少年ちょっと小首を, 少年やない, 少年っぽさの, 少年っぽい凧, 少年つぎはだれ, 少年であるなら国定忠治だの, 少年でこそはありましたが, 少年でございまして, 少年でござるな, 少年でして今, 少年でなくなったらしいのを, 少年でなければならない, 少年といつてもそれ, 少年とだけだった, 少年とて不便や, 少年と共にずつと船端へ, 少年どころでは, 少年どっちも気の毒, 少年なかなか敏捷い, 少年ながらに櫓を, 少年なぞがいるよう, 少年なぞには誂へ, 少年なぞは手を, 少年なつかしがりて, 少年などが明智探偵が, 少年などでは歯の, 少年などにはあまり必要, 少年などはわけを, 少年なりしも大島の, 少年なるべき彼の, 少年においてはいかなる苦悶, 少年にさえ見わけられなかったの, 少年にたいする祖母の, 少年にだけ欠けて, 少年については近世に, 少年にばッたりと, 少年にまで寢太郎と, 少年によつてなされた, 少年に対し謝罪の, 少年に対してもよいほどに, 少年に関する重大な, 少年のきびんな活動, 少年のし目の紋付, 少年のよこ顔を, 少年はうむといつたがぐたりとして又, 少年はかッぱと刎ね, 少年はかべのすみに, 少年はがけっ鼻, 少年はぐッすり寝こん, 少年はずつと大きくな, 少年はずッと入った, 少年はつひぞ今, 少年はてのひらにのせた, 少年はなつてゐた, 少年はぶじで, 少年はへいきな, 少年はべんたう, 少年はめつたに部屋, 少年はるかなる空想, 少年ばかりが二十人ほど, 少年ばかりじゃない, 少年ばかりの中学が, 少年ひとの屑, 少年ふたりと警官三人, 少年ふりかへり, 少年へといって, 少年ほど母の, 少年さで, 少年または青年諸君の, 少年までも灼熱底なる, 少年まるで絵です, 少年みんなで力, 少年めいた顔で, 少年めいめいの得物, 少年もの風の, 少年ゆうかいを, 少年ゆえ門弟何名かが介添, 少年よりはお杉, 少年らしい甘えた気持を, 少年らしく見せてゐた, 少年わあっと歓声, 少年をも殆ん, 少年アルダンが目, 少年アントニヨは聖母讃美歌, 少年イワンであった, 少年ウエップとイルコック, 少年ウォター・ロレイの絵, 少年ウオター・ロレイの絵, 少年エジソンは化学, 少年エマニュエルはますます, 少年エミリアンの旅, 少年オットーは自分, 少年カルソーなるもの, 少年カルルを取り上げよう, 少年ガヴローシュマリユスとコゼット, 少年キーシュがたった, 少年ギイ・クラアレンスが乗りこもう, 少年クリストフクリストフが愛してた, 少年ゲーテが故郷フランクフルト, 少年サニカが労働教育所, 少年サンテーズがどんなに, 少年シェイクスピアもそれ, 少年シューベルトの楽想, 少年シューマンの音楽愛, 少年ジェルヴェーについての試練, 少年ジジのこと, 少年ジム・ホーキンズその母, 少年スティヴンスンは冬, 少年スパイ式術策をめぐらす, 少年タッジオを見た, 少年チンピラ隊の代表者五名, 少年テーブルの上, 少年ドノバンで最後, 少年ドビュッシーは勉強, 少年ドヴォルシャークはようやく, 少年ドールとコスター, 少年ノウチカラ彼女等トノ交遊ニヨツテ振リ棄テルヨウニシナケレバナランノダ, 少年ハイドンの楽才, 少年バルダクの, 少年ヒラリと外, 少年ピアニストは早く, 少年ファンを嬉ば, 少年フィリップとが危く, 少年ヘンデルが夜な夜な, 少年ベルリオーズの心意気, 少年ペシコフをまもった, 少年ホーソンらしい手紙, 少年ポケット小僧をはじめ, 少年マイネ蘆の笛, 少年マイネ鹿皮の衣, 少年メニューインの掴んだ, 少年モコウはあわただしく, 少年モーツァルトの無邪気ぶり, 少年ヨアヒムに逢い, 少年ヨアンネスに変装, 少年ヨセフが父, 少年ラウラ・セラやルシア, 少年ルドビコは槍, 少年ルドビコ十三歳のアントニヨ, 少年ロイド・オズバンのため, 少年ワリス島の者, 少年一つは坩堝, 少年一太のこと, 少年一流の急進的, 少年けは, 少年三十名を取り, 少年三日間休む, 少年三河武士の卵たち, 少年三百の不良少女, 少年上がりの人, 少年信仰者よりは, 少年不学のもの, 少年不良少女といわれ, 少年不良青年不良中年まことにどうも当人, 少年不良青年不良老年と生涯不良, 少年中国兵が鳥, 少年中江藤樹が修業, 少年主人がわ, 少年態, 少年九歳の頃, 少年事件が曲りなり, 少年二十人ずつに新, 少年二名が火星人, 少年今日はいつも, 少年以外に逸し, 少年以来の私, 少年伊太利は進歩, 少年伊孫がいった, 少年という残酷さ, 少年作家が挑戦, 少年使節の行, 少年使者がよほど, 少年によって早熟, 少年係りの手, 少年俊雄をわれ自ら, 少年保護の夕, 少年保護所から所轄署, 少年保護法に準ずる, 少年信長を諫め, 少年修理工岡部一郎と地下戦車, 少年俳優一座というの, 少年俳優中の王者, 少年俳句である, 少年なあこ芳爺さん, 少年である, 少年兄君をとりかこん, 少年兄弟は教師, 少年先生と言う, 少年児童は早く, 少年兒女重鞦韆, 少年八木さんのつれ, 少年六七人をひきつれ, 少年冒険談が全集式, 少年の陽, 少年てゆく, 少年剣客平馬の腕前, 少年剣舞が番組, 少年劇団が起こった, 少年劍舞だの, 少年助手小林の名声, 少年助手小林君でした, 少年労働訓練所に救護, 少年勇吉はどうして, 少年勇敢に力み, 少年勘太郎は二人, 少年勞働者の身なり, 少年化鳥を狙, 少年北村さん平野少年の四人, 少年北海道の林檎, 少年北畠顕家は緋, 少年十三決して早く, 少年十数名が祖城, 少年の上, 少年参謀だ, 少年及び老年の, 少年吉崎鹿之助憂死したる, 少年吉見の父九郎右衛門, 少年同士の好奇, 少年同士一年間色々と, 少年同様南シナ海になげこまれ, 少年を成す, 少年名たんていの小林くん, 少年名手であったころ, 少年向き物語の中, 少年すまんこと, 少年吾等を羨む, 少年呉一郎の精神鑑定, 少年呉一郎その他の犠牲, 少年商人だがそれにしても何, 少年喜助であった, 少年四人が女装, 少年団体は皆, 少年団大会出席のためロンドン, 少年図書販売店がある, 少年の名簿, 少年團體に寄贈, 少年地名人名辞典の使用法, 少年地名人名辞典少年博物辞典につき, 少年坑夫達までが彼, 少年であったに, 少年城太郎までがいつのまにか, 少年壮二君が夢, 少年壮士を率, 少年多感の頃, 少年夜中の一時ごろ, 少年大和富士男である, 少年大和日出夫小豆島紋太夫が殿, 少年大工は全力, 少年大胆に家, 少年大膳へここ, 少年大衆のため, 少年天皇の後村上, 少年太郎を大いに, 少年失踪の評判, 少年つた何子さんに, 少年孔子をも侮辱, 少年学生はその, 少年学生等のため, 少年官文書偽造の中学校書記, 少年朝に, 少年実際彼は, 少年はムヅ, 少年宮岡が今夜私, 少年宮本一太郎を, 少年宮浜浪吉といっ, 少年審判所に勤め, 少年審判所送りになっ, 少年小使いの小田賢一, 少年小児ばかりで, 少年女工は, 少年少女のは大抵, 少年少女むきの科学小説, 少年少女二十余名打ち集, 少年少女何れも呼吸, 少年少女係後藤四方太氏はこの, 少年少女向けの絵雑誌, 少年少女四人に大, 少年少女団が二つ三つ, 少年少女小説探偵小説等総てを含め, 少年少女工の数, 少年少女数人がさかん, 少年少女文学の傑作, 少年少女期青年処女期壮年期老年期とまあ, 少年少女組織である, 少年少女読物としては世界有数, 少年少女諸君もみな手, 少年少女顔を見合せ, 少年少年といおう, 少年少年探偵団員あわせて, 少年山口猿夫は左脚, 少年岡崎の郊外, 少年島田君のおとうさん, 少年島親愛島理想島等の名, 少年巡査がきょとん, 少年工員であつ, 少年工夫が街燈, 少年工学博士バクスターがとつぜん, 少年工達がゼスチャア遊び, 少年巳之吉は長い, 少年市民にもまた, 少年帰ってオッカサン, 少年平一郎は幸福, 少年年齡は八歳, 少年店員たちもこの, 少年店員警務さん鳶のもの, 少年店員養成の一途, 少年の植込, 少年庭木の陰, 少年弁次郎がいわゆる, 少年弟子のため, 少年役者がその, 少年彼らはたがい, 少年後者は嫉妬, 少年心理をさぐっ, 少年志願兵のなか, 少年悉く逃走す, 少年悠造大人の悠造さん, 少年患者の私, 少年悲しむは無理, 少年惜しいかな三日, 少年懐中の蟇口, 少年戦車兵を志願, 少年抽斎と同じく, 少年持ちの赤い, 少年捜索のため, 少年探偵さんどうだった, 少年探偵とっさのま, 少年探偵モドキに神月, 少年探偵三浦三吉も口惜し, 少年探偵勇だった, 少年探偵君世の中にはいろいろ, 少年探偵団がけいたい無, 少年探偵団のは絹糸, 少年探偵団チンピラ別働隊っていうの, 少年探偵団チンピラ隊ばんざあい, 少年探偵団員ぜんぶを同じ, 少年探偵団員二十三名警視庁捜査一課の係長中村警部, 少年探偵団員花田石川田村の三少年, 少年探偵団団長は明智探偵, 少年探偵団相手はお化け, 少年探偵団長小林少年ポケット小僧をはじめ, 少年探偵団長小林芳雄君は小娘, 少年探偵小林君の顔, 少年探偵長として全, 少年推奨の盛宴, 少年提琴手の独奏会, 少年救済という美名, 少年教会のほか, 少年教護院というの, 少年数名が列車妨害, 少年数学の出来なかった, 少年文三郎は默つてその後, 少年文代さん五人の中学生, 少年文壇とか文章世界, 少年文学部へ入社, 少年文芸百科辞典一般百科辞典につき, 少年文芸辞典一般百科辞典の使用法, 少年旅客の叫聲, 少年に焼けた, 少年日月早し, 少年日本歴史とでも言, 少年早くより貧賤, 少年昌造には政治, 少年明智探偵のかえ, 少年春雄は今凡て, 少年時ぼくが見なれた, 少年時カラ六十三四ニ達スルマデハ肛門周囲炎ノ手術, 少年時代これらの作品, 少年時代つまり小学校卒業の頃十四歳, 少年時代はさこそと推量られる, 少年時代三津木春影の翻案, 少年時代久三がまだ, 少年時代乱暴書生に交っ, 少年時代以来の藤村, 少年時代以来ベートーヴェンは最大, 少年時代以来延喜の御代, 少年時代北原白秋の思ひ, 少年時代友達とお, 少年時代天馬侠の愛読者, 少年時代新潟市でも大きな, 少年時代朕という言葉, 少年時代東海道を漂泊中, 少年時代歴史を愛読, 少年時代神戸の湊川, 少年時代私をつつん, 少年時代繁夫はこの, 少年時代軍人になる, 少年時代郷里の農家, 少年時代重吉が机, 少年時代隅田川の河童党, 少年時以来養成されて, 少年時十三四頃絵が大変, 少年時彼は執権高時, 少年時東京に出され, 少年時鎌倉の農村, 少年時青年時の追懐, 少年景岡秀三郎の最も, 少年暗号員である, 少年と青年會, 少年木村義雄と同姓同名, 少年未だに見当らず, 少年本来の, 少年松千代のこと, 少年松野さん八木さんいまひとりの青年, 少年林崎甚助はそれから, 少年栄吉もいっしょ, 少年栄蔵の姿, 少年のやう, 少年の傍, 少年機械工の例, 少年歌いながら首, 少年正太と傷つい, 少年正夫にとびつい, 少年武勇伝である, 少年武士高坂弾正の妾腹, 少年武夫との相談, 少年武村兵曹等は既に, 少年武者もひとり, 少年死んで仏身, 少年殆ど口を, 少年殊に然り, 少年水兵作業ヲナス, 少年水夫見習いは痛, 少年水野の如き, 少年を二十歳, 少年津田栄吉と各々, 少年活版工小間物行商人税關の倉掃除夫, 少年漁夫を欺かん, 少年漂泊者や小, 少年漂流記なぞも無論, 少年潜水夫がゐました, 少年物語は右, 少年犯罪者でも不具者, 少年独特の頭, 少年之さん, 少年獨言のやう, 少年玉駕の佳, 少年は夢, 少年理科叢書の一册, 少年用百科辞典の編纂, 少年町角を曲る, 少年か少年世界, 少年畫家がゐた, 少年白井權八が腕, 少年白虎隊の物語, 少年百科辞典少年博物辞典の使用法, 少年百科辞典少年地名人名辞典少年博物辞典につき, 少年でうんと, 少年相撲の選手, 少年相談所の補導さん, 少年真っ先に闥, 少年社員水谷君はある, 少年神主はその後, 少年禁酒会長という肩書, 少年禁酒運動や廃娼運動以上, 少年福岡県早良郡姪の浜町一五八六番地農業呉八代の養子, 少年秀吉の面, 少年の眼, 少年秋田は机, 少年科学小説を書いた, 少年竹丸は日本外史, 少年ふけど, 少年一の, 少年等みな国麿に従いぬ, 少年等皆似合いの帽子, 少年粂之助新に弟子, 少年粂太郎めのため, 少年素人探偵浅田与一君が探偵, 少年紳士等打寄りて撞球戲, 少年紳士群り立ちて, 少年組寄宿舎増築問題が起った, 少年繪姿を見, 少年が就職, 少年義勇軍の代表的, 少年老人に驚く, 少年聖歌隊の演奏, 少年腰かけて休み居, 少年自身絶望するよう, 少年與吉は大して, 少年航空雑誌で何, 少年英雄クウフリンの二人, 少年茶屋の娘, 少年草野富三は同級, 少年蛾次郎という少年, 少年血気のもの, 少年だったよ, 少年と前, 少年行ってしまう, 少年西洋に在りし, 少年見たような, 少年見たいな奴等, 少年見たいなものが, 少年りだつたけれど, 少年あり云, 少年詩人的な好奇心, 少年誘拐事件の発端, 少年読者諸君に一言, 少年警部の言葉, 少年走って来た, 少年軍人の如き, 少年輩学業頗進故詩中及之, 少年農家の少女, 少年逆境のころ, 少年連盟国の人民, 少年運転手ははなれ, 少年達青年達の手, 少年配達夫がいくらか, 少年野球の準々, 少年を揮っ, 少年開封の事, 少年階級はほとんど, 少年青年たちも今日, 少年青年壮年を過ごした, 少年青年壮年老年という順, 少年青年等の間, 少年静かに忍びこむ, 少年非常梯子づたいに万国堂の屋根, 少年靴みがき団を筆頭, 少年頼朝が父, 少年頼襄をし, 少年の男, 少年風流青年であったかも, 少年風間三郎の身, 少年飛行家であったら飛行機, 少年に打, 少年馬子に注意, 少年騎馬隊馬上敬礼の眼, 少年騎馬隊馬上敬禮の眼, 少年高山昇は花房一郎, 少年高橋君と丸山君, 少年鷹揚に視, 少年黒井博士ミシン会社の社長, 少年黒人の首, 少年黒田松寿丸を伴, 少年鼓手のため, 少年漸く八歳