青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「妾~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

妓~ 妖怪~ ~妙 妙~ ~妹 妹~ ~妻 妻~ 妻子~ ~妾
妾~
~姉 姉~ ~姉さん 姉さん~ 姉妹~ ~始 始~ ~始まった ~始まる 始まる~

「妾~」 8693, 86ppm, 1291位

▼ 妾~ (1939, 22.3%)

22 ために 16 ことを, ような, ように 15 お小夜, 心が, 顔を 14 お關 13 お吉, お常, お糸 10 心は, 手を, 方が 9 お若, 家へ, 心の 8 お直, お袖, お通, 事を, 胸に 7 お國, 前に, 心を, 方から, 方で, 眼の, 腹に 6 お早, お鈴, やうな, 処へ, 名を

5 [17件] お峰, お房, お源, お父様, お鮒, 一生の, 云うこと, 体は, 処に, 前で, 力で, 子で, 家で, 家の, 方に, 本当の, 顔に

4 [27件] お勝, お新, お春, ところへ, 両足を, 云ふ, 名前を, 四五人も, 好きな, 客間へ, 家に, 家を, 寝台の, 心も, 心持が, 所へ, 手に, 手紙を, 方は, 方を, 生活が, 罪を, 胸の, 言葉を, 話を, 貴君に対する, 魂を

3 [35件] お妻, お才, お朝, お民, お淺, お照, お秋, お粂, お萬, ものでございます, ものに, 代りに, 全身は, 口から, 周旋を, 大事な, 子を, 家は, 家へでも, 居間に, 心から, 愛に, 最後の, 母の, 生活を, 耳が, 胸が, 良人は, 袖を, 身にも, 身の上を, 身体の, 身体は, 身体を, 部屋の

2 [165件] あること, お仙が, お仙これは, お仙の, お仙よりも, お仙を, お元, お兄様, お国, お富, お扇, お染, お江野, お沢, お滝, お琴, お禮, お紺, お臍, お艶, お花, お菊, お辨, お関, ことで, ことなんか, ことより, この手紙, つけめだった, ところには, はらからの, まごころ, ものだ, わが儘, カンカンを, ホンの, 一人お, 一人で, 一人や, 不運を, 両脚は, 事なんか, 云う事, 云う通り, 云ったこと, 住居へ, 八人も, 内部的な, 勝手に, 半数が, 半生涯, 可愛いお, 可愛い人, 同胞を, 名は, 周囲に, 周囲の, 境遇に, 声は, 大切な, 大好きな, 妹君が, 子である, 子と, 子な, 子の, 子も, 宅へ, 実の, 室に, 容体尋常ならず, 容子を, 尋ねるはらから, 店でござん, 御子は, 心と, 心に, 心持は, 心持を, 心臓に, 思いは, 性分な, 性格の, 怨みだ, 恋しい人, 想像が, 意を, 意地から, 懺悔を, 手から, 手で, 承諾も, 持出した二, 掌れる, 故郷の, 方には, 方へ, 最も愛する, 月琴と, 本体が, 枕元に, 楽しみを, 母は, 気持が, 気持ちが, 気持ちを, 決心は, 父が, 父です, 父は, 犯した失策, 現在は, 生命の, 生活の, 生活は, 生活態度の, 生活貴女の, 真意が, 眼が, 着物は, 知って, 知ること, 秘密を, 笑顔迄が, 結婚は, 縁談, 罪をも, 耳に, 肉体に, 肉塊を, 肩に, 胸は, 胸へ, 胸を, 腕を, 腹には, 腹の, 膝で, 自動車で, 自由に, 良心に, 色香で, 虫には, 行動を, 袋は, 親愛なる, 言う事, 言ふ, 記憶に, 試に, 話が, 話に, 貞操を, 責任は, 足を, 身の上に, 身も, 身体に, 身分と, 部屋で, 部屋へ, 郷を, 頭の, 顔色の, 首が

1 [967件 抜粋] あつた, ありさうに, いい人さ, いること, うちに, うちへ, おとりもち, お久良, お仕えし, お先棒に, お勢, お友達, お吉あたり, お喋舌, お妻さん, お家は, お弓, お株を, お母様が, お熊, お腹に, お芝居, お芳, お蔦は, お訊きする, お酌, お願いと, からだは, こうした計, ことが, ことだろう, ことなど, ことも, こと嫌ひ, この思い, この身体, ご機嫌, したこと, しのびなき, すること, する事, せいじゃ, そういう心持ち, そうした気持ち, その悲しみ, たった今までの, つもりで, ところに, ところへなんぞ, と変つて, においを, のろけも, はらからという, はらからについては, はらからに対する, はらからを, ふざけて, ふる巣, ほうの, まま日が, まわりには, もとへ, ものだつたら, ものでなく, もの他へ, やうだ, やうな拗, よい夫, ようにも, を一人, カルメンは, シワザとは, スタツキングに, セイかしら, ダンナさんね, トランクを, ハンド, バッグに, パパが, フェルナン, プライドを, メーキァップは, 一人が, 一人です, 一人の, 一家は, 一念翻すべく, 一生なんか, 一生涯の, 一顰一笑を, 三人も, 三味線の, 不安は, 不意の, 不束さでございます, 不満と, 不運と, 世界でございます, 世話と, 世話ばかり, 両眼, 両親は, 中に, 中の, 主人の, 主税様が, 乾いた唇, 事だつたら, 云いつけ通り, 云い付け通り, 云ふこ, 京都は, 人だ, 人気なんか, 人生が, 今の, 今着, 代わりに, 任務, 伊達男お前が, 似姿, 住み家, 住家と, 住居は, 佐野に対する, 体など, 体も, 何んな, 何人なる, 使いまする独楽, 信じきって, 俳優羅馬皇帝が, 倦労を, 側に, 傍で, 傍へ, 像を, 兄と, 兄弟だ, 児だ, 入牢せし, 全身の, 再び三たび頼み, 冒険が, 写真も, 処から, 処女膜を, 出勤先の, 出獄を, 初舞台, 刺青に, 前から, 前へ, 力では, 力与り, 勇敢な, 化粧する, 千寿という, 占いは, 厭な, 去ったこと, 受難など, 口などは, 口一つさ, 口紅が, 古手かも, 可愛い人さ, 同情も, 同胞な, 同胞らしい, 名前でございます, 名前は, 名誉の, 周旋あ, 命でも, 命は, 品性を, 唇について, 商売, 善良な, 噂などは, 困難な, 國と, 地位に, 場合が, 境遇は, 声が, 声を, 夕化粧をば, 大嗜, 大学さんさ, 夫だ, 夫にて, 夫志村が, 失敗だった, 奢りな, 女王の, 如き如何, 如き薄情, 如く貧家に, 妊娠中しばしば, 妹が, 妹を, 姉婿某が, 姿か, 姿を, 娘と, 婚礼も, 嫌いな, 子であった, 子では, 子といふ, 子にばかり, 子や, 子五郎左衛門世を, 子達も, 学校の, 宅で, 実父である, 室は, 家から, 家にでも, 家へは, 家らしく, 家元摂津般若寺村の, 家来じゃ, 家来に, 容子の, 寓所にて, 寝台は, 寝室として, 寝所を, 寿命は, 将来とても, 小さい手, 小さい時, 小さなブローニング, 小夜が, 小指を, 小袖は, 尻押しなんぞ, 居た家, 居場所を, 屋敷の, 左の, 帰って, 帰れるを, 帰監する, 年が, 幸福の, 幸福は, 幽靈, 廻しものに, 弟といふ, 形式ぢや, 役目という, 待ちに, 後には, 後を, 従来見た, 御子豐戸別の, 心で, 心まで, 心得違いなりき, 心臓は, 心願では, 心願は, 必要は, 怒り思いの外なりしかば, 思い通りあの, 思い違いよ, 思う通り, 思ふま, 怨み, 怨恨で, 恋は, 恋人だらう, 恐れと, 息吹を, 悋気深き, 悪戯, 悪計, 情人の, 情夫という, 意志です, 意識に, 愚痴が, 愛する花, 愛は, 愛情赤い, 感傷の, 態度も, 慰めようも, 懐から, 懐中に, 懐胎の, 懺悔懺悔の, 成り上り, 所は, 所出なり, 所在は, 所持品に, 所業だ, 所知っ, 手では, 手の, 手や, 手当や, 手文庫の, 手柄没義道に, 手紙も, 手術の, 手許へ, 持つて, 指の, 挨拶に, 故郷だ, 敬愛せる, 斯様な, 新来を, 方でも, 旦ツク現れよ, 旦那に, 春雄が, 時計が, 時間よ, 書窓を, 最愛の, 本当に欲しい, 本意でない, 本望だ, 栽培し, 様に, 樣子を, 横頬を, 横顔英仏海峡に, 歌の, 正体を, 死に場所を, 母が, 母に, 母についても, 気が, 気心が, 気持は, 気象を, 油断には, 涙が, 淫らな穢れた, 激しく知りたい, 無事出獄の, 煩悩では, 燃えるよう, 父さん九郎右衛門殿を, 父や, 父母と, 父親です, 爺様の, 物さ, 物どこへも, 物語, 独り読書に, 理智は, 生命が, 生命と, 生地を, 生活って, 生涯は, 生首が, 申条を, 男を, 番, 番に, 番犬は, 病も, 発意にて, 百倍も, 目の, 直訴を, 相手形の, 眷顧を, 眼に, 眼を, 着て, 着物よ, 瞳に, 瞳を, 知ったこと, 知らない他, 短い舞台生活, 福田と, 空耳かしら, 窓の, 立場という, 競争相手の, 精神を, 素性だって, 素性を, 組だ, 緒に, 罪でございます, 罪ほろぼし重蔵様の, 罪深い生涯, 羊毛と, 考えが, 考えでは, 考え方に, 耳も, 肉体を, 肩の, 背中の, 胸一存に, 脚元へ, 腑に, 腕にも, 腰を, 腹か, 腹では, 腹部を, 臍の, 舌を, 船へ, 良人でございます, 良人のも, 花子は, 芸者だけが, 苦しみが, 虚名に, 行ったその, 行状を, 術を, 表面の, 袂を, 袋を, 裾から, 見付けて, 視線が, 親しい医師, 親友の, 親許まで, 言葉には, 計劃, 訪れしを, 許を, 許婚は, 話や, 誕生日な, 請に, 議論あり, 財産を, 赤ん坊は, 趣味智識の, 足と, 足の, 踊り姿に, 身じゃ, 身にとっては, 身の上と, 身の上や, 身は, 身上を, 身体が, 身分が, 身分だ, 身分は, 身続きにあたる, 躰が, 軽率を, 追悼でした, 運命そんな, 運命みたいに, 過ちなり, 遠い親類筋, 邸に, 邸を, 部下で, 部屋着の, 配下五人ばかりを, 酒月悦子と, 間違いでございました, 関係や, 関心を, 面目を, 頬を, 頭が, 頭に, 頼みも, 頼んだの, 顔と, 顔ばかり, 顔まつ黒ぢや, 顔色を, 食残し, 首から, 首筋から, 香奠よ, 騎士, 髪の毛で, 鬼目付で, 鹿を

▼ 妾~ (1805, 20.8%)

20 妾の 15 それを 14 自分の 11 あの人 8 貴方の 7 その時, 気が 6 すぐに, 佐野の 5 それから, どうした, ハッと, 女の 4 ここに, そこで, その頃, ロダンさんの, 死んでも, 貴方を

3 [29件] あなたの, あなたを, あなた様の, あまりの, お前さんに, お前に, お前の, お前達に, お父様, ここで, この国, この時, これまで, さう, それが, それに, どんなこと, 何の, 何も, 帝政時代の, 彼の, 思うの, 思うのよ, 急に, 手紙を, 死んで, 父の, 生きて, 知らぬよ

2 [117件] あくまで強く, あなた様を, あの夜, あの女, ありとあらゆる手段, あんたの, いつでも, いつの間にか戸棚, いつまでも, いままで, おあけ, お兄様, お前さんへ, お客間, お次ぎ, お浦, このよう, この土地, この男, これに, さつきも, そうは, そのこと, その人, その点, それからという, それこそ, それまでに, そんなこと, ただの, だまって, ちゃんと持っ, つい反抗的, どうしたら, なおも夫, なんにも, もう完全, もう平気, もう知らない, ガッカリし, フッと, ホッと, ユージットに, ユーヂットに, 一人に, 一寸失礼, 一言丈貴君に, 一足も, 一身を, 不快の, 云って, 人の, 今でも, 今の, 今まで, 今朝早く, 以前から, 何うし, 何を, 余りの, 信じて, 児の, 凡てが, 勝利を, 又別, 口の, 同情の, 国許へ, 大変な, 大嫌いでございます, 女でございます, 女史の, 女性としての, 妻と, 妾が, 子供の, 孔雀の, 寂しくない, 寡婦の, 少しも, 平気で, 幸福で, 彼が, 御身の, 徹底した, 心の, 思って, 急いで, 恋を, 恥かしい, 悪魔, 戯恋する, 戯恋の, 毒に, 法律に, 法律の, 淋しくありません, 生きては, 真剣な, 眼が, 眼の, 知らぬ存ぜぬの, 禹の, 美紅です, 色々と, 荘田の, 覚えて, 誰よりも, 貞雄が, 責任を, 貴君に対する, 貴君丈には, 運命だ, 金の, 阿母さん, 静枝の, 黙って

1 [1346件 抜粋] あ, あいつ大, あっちの, あなたが, あなた様が, あの夜離座敷, あの家, あの旅, あの蠱惑的, あの部屋, ある芸者遊び, あんたを, いいなぶり, いきなり怒鳴りつけた, いつかあの, いつの間にか枕元, いつもそう思っ, いつも間違い, いつ迄も, いままでに, いやです, いろいろと, うるさくて, お久さん, お前が, お前さんの, お前様を, お姫様の, お手伝いさんの, お母さんと, お立合, お腹の虫, お許しを, かえって勇気づきます, かれこれ三十分, きょうも, こうした主人, こう云いたい, こう言う, ここには, ことわるの, このいま, このアメリカ生れ, この世を, この冒険, この地, この意外, この時美紅姫, この社会, この言葉, この間から, この頃, これから上野, これから恋, これで, こんなに懺悔, こんなに顫, こんな姿, ごめんを, さつきから, しげしげと二人, しばらくの, しますお上人様, すぐその, すっかり憂鬱, すっかり興, ずっとこの, ぜひともその, そうと, そこで惨, そこらに, そのころ髪, そのほか, その妻, その彫像, その感じ, その時夢中, その理由, その話, それについて, それよりも, それ等を, そんな意, そんな言葉, たいへん当惑, ただ二人, ただ彼女, ただ運, たびたび庭, だまされたの, ちっとも手向い, ちょっとお, ちょっと道了様, ついぞ見掛けない, つく, できるだけ自制, とうとう人身御供, とつぜん鍵穴, とても従順, とても素晴らしい, ともあれ亭主, どうあっ, どうしてあの, どうしてこんなに苦しまなけれ, どうしても浪花節, どうでも, どうも半分, どっちへ, どんなにも, どんなに後, どんなに驚き, なおそれ, なさるがま, なんとなく家, はっきり知っ, ひとまず家へ, びつくりし, まあどんなに嬉しく, またし, また一つ, まだいい, まだハラハラする, みにくい体, もうこの, もうそうなれ, もうそれ以上, もうスッカリ力, もう一度キャラキャラ, もう半分, もう声, もう寧, もう恐ろし, もう我慢, もう此頃叔父さん, もう知りません, もう都, もちろん悪意, もはやこれから先, もはや是, やっと安心, やはり結婚, よい都合, ようよう思い出した, よく眠られません, アンヴリイドの, イヤでございます, オテル・ド・, キヨに, キヨを, コルシカで, コンナ非道い, サンタ, ジーグフリードの, ズット以前から, ゾウヒビョウと, タクシーを, チャンと, トテモ意地悪よ, ナンニモ持たない, パパの, ピッタリと, フワリと, ヘンに, ホントウを, メチャメチャに, モウ死ん, モナコの, ユージットの, ルーマニア人と, ロダンさんと, 一人が, 一人の, 一体あの, 一刻だって, 一向存じません, 一年有余の, 一度渡韓, 一座を, 一旦泥棒, 一晩じゅう聖像に, 一生の, 一生涯男の, 一緒に, 一走り呼び, 上様が, 不熱心, 世間知らずの, 並べられたお, 久しぶりで, 二人の, 二十年前に, 二重にも, 亜丁湾を, 人一人殺し度いの, 人間が, 今は, 今も, 今夜こそ, 今夜沖田さんを, 今後二十年を, 今日の, 今神戸海岸通りの, 今貴族豪商, 仕方が, 以前の, 佐野が, 体が, 何うなろう, 何だかつまんなく, 何でも, 何となく一分間, 何と御, 何んだ, 何んでも, 何日でも, 何者であろう, 余り屡々奉公先, 信じません, 倫落の, 偽りなく, 僅かに, 兄様を, 先刻から, 先生みたいな, 全くわからなくなっ, 全く身, 八九歳の, 六時半に, 処女でございます, 出て, 初めて大きな, 初め君を, 別れられぬ別れられぬ, 別段に, 助かるの, 勿論死むだつもり, 医者を, 十分に, 千浪と, 卑劣にも, 博士の, 原平, 厭で, 又わざと, 又夢中, 反対でございます, 口惜し泣きしいしい, 古代更紗の, 可哀そうな, 号ぶ, 名古屋に, 吾が子, 品物では, 喚きつづけた, 嘔吐を, 四国町へ, 囲つて居た, 土倉氏の, 声を, 夕方如何し, 夜叉じゃ, 夢の, 夢を, 大分化粧に, 大急ぎで, 天晴れ, 夫の, 奇妙な, 女だてらに, 女子実業学校なる, 女生に, 好きに, 如何に, 妾と, 始めより, 娘の, 嫌いです, 嬉しいこと, 嬢次様に, 存じないので, 孰かの, 安心を, 実に, 実に同志, 宣伝は, 家へ, 寂しゅうございます, 寝かせて, 寝耳に, 尋常ならぬ, 小鐘さん, 少年, 居るの, 島津の, 左内様を, 巴里の, 帰りたい, 常に母上, 平気です, 幼い日, 幽霊で, 幾度と, 店の, 弁解を, 強くて, 当時トミ子の, 彼らの, 彼女の, 御身に, 心から呪, 心安からず, 心臓から, 心配だった, 必ず庭, 忙しゅうごぜえましてな, 忽ち心悸, 怖くは, 思い出した, 思うん, 思つてゐる, 思ふん, 思わず声, 思わず手, 思わず羽根布団, 怪しむ, 恐ろしくて, 息が, 恰度手に, 悲しい, 悲鳴に, 意識を, 感ずること, 憂鬱な, 憎悪が, 或る, 手文庫から, 手短に, 払いました, 抜衣紋に, 捨られた, 播州赤穂産れ, 救われた, 文字通りに, 新しい恋, 新高さんと, 既う, 日本が, 日頃, 早くより, 明日の, 昨夜の, 昨日姐御, 時折り, 暫くの, 書きはじめました, 最初に, 最早すっかり疑い, 最早帰ります, 朝鮮人であります, 朦朧と, 未だにその, 東京に, 某大官, 柳は, 案内された, 極めて晩, 構いませんが, 機会ある, 欧洲を, 正しい勤め, 此の, 歩いて, 死しての, 死にたい死んで, 死にまする, 死んだ農奴, 殆ど相手に, 殺されるの, 母兄弟らに, 毎日の, 気でも, 気楽に, 氣の, 汚されます, 決して殺され, 決して裏切り, 決心を, 河原者お, 泣きながら, 泣き出します, 浅草の, 浮氣で, 消え失せて, 渡韓の, 源次郎と, 為ますお上人様, 無事だ, 無論芸者, 焦れて, 爆発物の, 父や, 狂女じゃ, 王宮へ, 甘いから, 生れつき大きな, 生娘では, 田安家の, 申し上げにくい, 申し上げましたよう, 申し上げますお, 男を, 疑った, 疲労れ, 痛くも, 癪で, 益, 目下姙娠五ヶ月な, 直ぐに, 直ちに訪れ, 相手が, 真一が, 眠ぼけ眼で, 矢っ, 矢張り旧の, 矢張美留藻であった, 知つてゐる, 知らん振りを, 短い赤い袴, 磯山が, 神武以來です, 私の, 程なく都会, 空虚でございます, 窓の, 立上る, 笑い出して, 純潔でございます, 素より両親, 絶え間も, 総司様の, 置く, 羅漢として, 美留楼公爵の, 羽根布団から, 老人に, 胸を, 自分で, 自尊心と, 舌を, 芝居を, 若し肺病, 荒んだ女, 行きたいの, 行くの, 行ったよう, 街角に, 裸体で, 見た訳ぢ, 見栄坊な, 親の, 観世様へ, 言葉を, 訪ねて, 話しつづけて, 読み返しも, 豚の, 貞雄を, 貴女が, 貴方に対して, 貴郎, 起きて, 身も, 近くから, 近頃に, 迷惑な, 途方に, 連れて, 遂に無常, 遠方の, 部下を, 都会的の, 重蔵様へ, 銀平, 長崎にて, 間違いなく, 離別又, 露骨に, 静枝を, 音楽と, 頼みなき, 食べて, 飲まない, 馬と, 馬車で, 驚いて, 驚き入, 驚入, 鬼塚元帥の, 鷺組の, 黄金の

▼ 妾~ (735, 8.5%)

6 貴君の 4 ここに, 何を, 女王に, 悪かった, 貴君を 3 あって, あなたを, 何か, 悪うございました, 悪かつ, 自分の, 預って

2 [60件] あなたの, あの時, いるもの, お前を, お呼び立ていたした, お山の, お話し致しましょう, かねて, この家, この手紙, この方, これを, そのよう, た, 世の中で, 人力車の, 今まで, 今夜来た, 今日立つ, 仕合わせか, 何時貴君を, 十歳の, 受けると, 口を, 声を, 妾の, 子ープルス, 家を, 寝室へ, 居られませぬ彼, 帰郷を, 待って, 御先, 志を, 思ふ君, 手紙を, 持って, 東京に, 次の, 止めるの, 此処に, 此間中から, 清浄無垢な, 狭山の, 男でございましたら, 男性に対する, 男性の, 真っ先に, 真一, 短銃で, 胸に, 自身で, 若しあなた, 読んだの, 貴君に, 蹂躙し, 身を, 長い間, 間違って, 青木さんに

1 [568件 抜粋] あった, あったが, あったの, あったはず, あとから, あのよう, あの人, あの土地, あの娘, あの幾月, あの赤毛, あまり急い, ある, あること, あると, あるとか, あるにも, あるのに, あるよう, あれば, あんたを, あんな人, あんまり嬉し, いうこと, いかにも水っぽい, いけないと, いただくから, いつも借金, いましたかねえ, いる, いるから, いるとかいう, いわないこと, うしろに, おります, お供を, お傘, お兄さま, お六, お前さまに, お前さんに, お助け, お勧めし, お化粧, お友達, お嫁, お引受け, お殿様, お眼, お蔵, お酌, お金を, お釣りした, くどくあの, こうして介抱, こうやっ, こう云っ, ここへ, ここを, こちらへ, こっそり持ち出し, このパイプ, この世を, この人, この行, この頃, これだけ, これの, これまで, こんなに良い, こんな奇怪, こんな馬鹿, ご注意, ご用立ていたします, させて, さっきお話した, したよう, しっかり申しましたら, しますよ, しようああ, すぐにも, する通り, そちらへ, そのはらから, それぢや, ために, ためには, ちょと, ついて, つねから, できる位, でること, どうしてこの, どうと, どこからか, どのよう, どんなこと, どんなに勢, はらからについて, はらからを, ふっと怒っ, ほんの当座, ほんの志, ほんまに, まだこれ, よいと, よいよう, よほど気に入っ, わるいの, われわれの, アウギュスト・ロダン氏の, アトリエに, アメリカで, アングロ・サクソンの, カヤパに, キチガイでない, コンスイし, コンナに, スッカリ憂鬱に, ステップに, ズット前に, ソンナ眼で, ツカツカと, ドルガンに, パートナアであった, ホースで, ムウドンの, モトの, ヤングから, ラガドに, ロダンさんの, 一人でした, 一人ボッチに, 一人乗つて出た, 一人飼つてある, 一処なら, 一切を, 一寸店に, 一念で, 一番よく, 一番最初に, 一緒に, 七人という, 七人も, 三人や, 三人本妻の, 三重県に, 三階から, 不可なかっ, 不断あまり, 不服だ, 世にも恐ろしい, 世話するだ, 世間体を, 主人の, 乗って, 二人下女に, 二人續けて, 二十三な, 二百円取っ, 云い出しては, 云って, 云は, 云はずと, 云ひ付ける, 云ふと, 云わないうち, 云わないこと, 五十歳に, 仁王門の, 今では, 今の, 今は, 今日まで, 他の, 付いて, 代りて, 以前送られ, 似合いな, 佐助に, 体の, 何かの, 何と, 何とか為, 何の, 何も, 何もかも思い切っ, 何人も, 余計な, 使えば, 來て, 偶然に, 偽りを, 傍から, 傾城上がり, 兄, 兄さん以外に, 兄沙本, 先刻お, 先生の, 入つて來, 公然と, 処女じゃ, 出たこと, 出て, 出るわ, 出獄せし, 出阪, 切符売場で, 初めて自宅, 力に, 助かって, 助けて, 助太刀と, 勝ちますとも, 十七の, 半生を, 印籠などに, 厭に, 去れば, 参りましたので, 取って, 取っとき, 受持ちまして, 名は, 吹く妾, 呉羽さんを, 啼痕を, 喜んだか, 回顧を, 困るじゃ, 国権主義に, 在獄中別, 堕胎した, 堪えられると, 堪らなかつた, 夢な, 夢の, 大きな声, 大切に, 大勢住ん, 大勢居る, 大好物, 大罪をも, 天職に, 天職は, 契約の, 奪うと, 奪ふと, 女でも, 女とよりは, 女の, 女性の, 奸夫に, 好きな, 妊娠の, 妝前の, 姙娠した, 婚礼の, 婿がねに, 嫌いな, 嫌いましょう, 存じて, 完全に, 宮戸座とかへ, 家来の, 家隣の, 容体とても, 寝て, 対手じゃ, 将来の, 将来は, 小さい時, 小姓と, 小次郎へ, 小袖を, 少しでも, 少しは, 居ては, 居なくなると, 居るの, 巣に, 巴里に, 帰ったらね, 年頃に, 幾人あっ, 幾人も, 店に, 弓太郎を, 引きうけるわ, 引受けて, 当ってよ, 彼の, 彼女を, 後に, 御恩報, 心かなしむ, 心づくしの, 心を, 必然連れ, 忌まわしき夫殺し, 忠義立てを, 怖いぢ, 思うには, 思ふには, 怪しいん, 怪しまれます, 恋を, 恐ろしく仲間, 息を, 悪いの, 悪いので, 悪いん, 悪くさせた, 悪女で, 惡い, 想像する, 愛撫し, 感想なりき, 憎いでございましょう, 憎いの, 戦はなければ, 戦わなければ, 戦慄する, 手にかけて, 手も, 手伝ふからさ, 拭きましょうよ, 振り返ると, 掴まれば, 教えて, 敬慕の, 断つて, 新高さんと, 旦那の, 普段から, 書いたの, 本年二十三歳な, 本当か, 本当なら, 来たか, 来た事, 東京の, 東京へ, 横取りなどを, 此奴を, 此處まで, 此間あけ, 死に物狂い, 死んだから, 死んだらあなた, 死んだらどうぞ, 死んでから, 歿した, 殺されて, 母たる, 毎日こっそり, 気が付いてから, 気の, 気を, 水に, 流行界の, 澤山あ, 澤山居なけれ, 烏滸の, 無理を, 父の, 父祖の, 狭山様の, 玄関に, 現実に, 生きた人形, 生んだ子, 生命がけ, 用が, 田舎に, 申しましたからってね, 申しましたところ, 申し上げた事, 疑わしいの, 病死した, 病気した, 病気に, 百年の, 皆悪い, 直ぐ其処, 直にも, 看護ること, 眞の, 真面目な, 眠つた振りを, 眠れないで, 瞿麦という, 瞿麦といふ, 知つてゐる, 知らせて, 知らないと, 知らないとでも, 知るかい, 神さまの, 私を, 立ち去るの, 立ち聞きを, 立派な, 笑ひ出し, 紅矢様の, 納屋へ, 終生の, 結婚する, 縫たれ, 美紅か, 美紅として, 美紅なら, 聚楽へ, 聞いたの, 聞き違いましょう, 自分で, 自分ながら, 自分には, 自害は, 自活の, 自由党員と, 致して, 良人の, 良妻である, 色気狂いの, 英國郵便船に, 萩原の, 薄気味悪がっ, 血を, 血管に, 行けますもん, 行つた時純, 行つてゐた, 裏切ろう, 見せて, 見たてて, 見たり, 見て, 見に, 親しく会っ, 計略に, 討ちます, 設計した, 証明した, 試しに, 話しかけるもん, 話したら変, 説きましても, 読み得たか, 誰かを, 誰ぞの, 誰よりも, 謂つたつ, 谷村に, 貴方から, 貴方に, 貴方の, 貴方を, 貴男, 贖って, 赤ちゃんに, 赤心打明け, 起き上ろうと, 踊子であり, 身の, 身代りに, 車に, 述べたよう, 追ッ攘, 送るの, 這入り間もなく, 運命と, 過ぎ来し方, 道人様の, 遮つて女, 都会へ, 酒場で, 重々の, 重井の, 金起と, 金起と共に, 閉して, 閉めたん, 間男でも, 陣十郎の, 隠して, 雄を, 雄月, 離座敷に, 難産を, 面か, 頂いて, 預つて本当, 頼んで, 飛び出たんで, 食事の, 首を, 魚を, 鼬を

▼ 妾~ (661, 7.6%)

13 して 11 置いて 8 愛して, 持って 7 信じて 6 連れて 5 二人も, 可愛がって, 抱えて 4 もって, 助けて, 殺して, 殺します, 置くこと 3 お撃ち, 手籠めに, 持つて, 捨てて, 欺し, 相手に, 置いても, 見て, 迎えて, 飼い外

2 [46件] お信じ, お助けくださいまし, お忘れ, お祝いなさいまし, お許しなすっ, かぞえ遊芸三昧, たくわえて, つくらずに, つれて, どこかへ, ないもの, ねらって, わざ, 三人も, 侮辱した, 侮辱する, 入れて, 動かしたの, 可愛がるの, 呼んで, 娘に, 嬲って, 尋ねて, 強辱, 愛撫し, 抱えようと, 持つと, 探して, 殺すの, 殺せ妾, 殺そうと, 無いもの, 爆弾か, 畜う, 疑って, 置いたり, 置くと, 置く余裕, 脅迫し, 蓄へ, 蓄へる, 見ると, 見送って, 覚えて, 逃がして, 飼うて

1 [451件] あの五階, いたはり, うち負かした, おいたり, おくこと, おこって, おゆるしくだされ, お人形さん, お使い, お加えくださいますまい, お呪咀い, お忘れ下された, お怨み, お憎しみ, お殺しくだ, お生み, お瞞, お連れなされたら, お飼いおきなさる, かかえ蓄財, かかる悲境, かくまつ, かこって, からかいなさるなんて, かわいそうだ, きめると, くれて, こんなにこんなにした, こんなに苦しませ, こんな目, ご介抱, さうさせましたの, さえぎること, さげすみきって, しげしげと見, しょびいて, すっかり自由, すてて, ずい分可愛が, そういう身分, そそのかして, たくわえたに, たくわえるという, ちっとも可愛がらなく, っ, つけて, つれ込んで, とりまく事業, どうし, どうする, どうなさる, どう思っ, どう思ふ, どこへ, なさるとも, にらんで, ば別に, まるで天人みたい, まアどんなに, もつ男, もとめその, やっつける気, ゆすぶって, ろうらくし, オモチャに, サメザメと, ジロジロ見, スラブ民族みたいに, ソッと, ドコまでも, ピッタリと, モウ一度お湯に, ヤンワリと, ヨソの, 一人おかそう, 一人ずつ, 一人囲つてその, 一人置こう, 一時ごまかす, 与え裙紅, 世界の, 世話する, 二三人も, 二三人取り替えた, 二人いつしよだ, 二人持ってる, 二人殺した, 亡きもの, 京から, 仕込むの, 付狙う, 伊達の, 伴って, 伴ひ, 住まわせ自分, 何う, 何より大事, 何遍も, 作って, 促した, 促しまして, 保護し, 催して, 入れたもの, 入れること, 入れ家, 入れ成敗, 八重梅だ, 六人大競馬に, 其宿の, 兼ね母性, 内へ, 凝視し, 凝視する, 出し抜いて, 切った時, 切る気, 助けに, 助けるため, 助けると, 助ける事, 助け土曜日, 劬わり, 労らった, 労働女に, 去らせました, 又も, 取り巻いたもの, 取るか, 可哀想だ, 可愛いと, 可愛が, 可愛がりましょう, 可愛がるので, 可愛がる事, 叱りつけて, 叱り必ず, 吃驚させる, 各地に, 呆然に, 周旋し, 周旋した, 周旋する, 呼ばれこの, 呼ばれ涼み, 呼びしこと, 呼びしなり, 呼びて, 呼びに, 呼び寄せるの, 呼ぶん, 呼起します, 咀うて, 嚇か, 囲いもの, 囲って, 囲つてある, 囲つてゐた, 囲つてゐる, 囲ひ, 囲ひたき, 固い床, 固く信じ給え, 圍つて月の, 売り飛ばそうとも, 大事に, 大切に, 大変可愛, 大変虐めます, 天下茶屋の, 夫に, 失礼にも, 奥の, 奪うたという, 奪ったりなど, 奪ひ去らん, 女子らしからし, 女房に, 女騎兵中尉だ, 好いて, 妻と, 妻に, 姉さんと, 姉さんの, 始め凡ての, 姦し, 威嚇致します, 娶る場合, 嫉んで, 嫌って, 学校に, 守り育て候乳母, 安心させる, 安心し, 家に, 導きて, 少女と, 山から, 左右に, 師と, 幸と, 幾人も, 庭先に, 弄ばんと, 引いて, 引きずりこもうと, 引っ張ったあの, 彫つて, 待たすなんて, 待って, 待てり, 待てるには, 得たといふ, 得て, 心から愛し, 心配する, 忘れないで, 思いきれるならさっさと, 思い出さないの, 思い出して, 思うこと切, 思って, 恋い慕って, 恋して, 恕した, 恨んで, 悪い女, 悪魔だ, 想って, 愛し初, 愛し唯一人, 愛するが, 愛するまでは, 慕って, 慕つていらつ, 慕ひ居る, 慰めて, 手に, 手討ち, 手許へ, 打たれよと, 打ったため, 打つたため, 打てと, 打擲し, 抱いて, 抱えたまま長椅子, 抱えるという, 抱くの, 抱へ, 抱へて, 拝むよう, 持ったというは, 持っちょるちゅう話, 持っても, 持ってる手合い, 持ってる者, 持つくらいの, 持つの, 持とうとして, 振りすてて, 振り切って, 振り棄てて, 捉へて, 捉まえ, 捕まえて, 捕まえに, 捕まえまして, 捨てたり, 捨て給わざりけん端, 捨る, 掠奪し, 撲るお前達, 支配し, 放てそう, 救って, 教えたその, 敬い妾, 敬慕する, 敬慕せる, 敵に, 斬っただけ, 斯る, 斯んな, 明朝たずね, 昔どおりに, 是認した如く, 是非に, 本当の, 根も, 案内し, 棄つる乎, 棄て, 棄てて, 棄てない, 棄てるつもり, 検べに, 欲するが, 欺まし, 止めること, 殺さうと, 殺したこと, 殺したの, 殺すかも, 殺すぞや, 殺す気, 殺す氣, 殺せと, 殺せ只, 殺そうとして, 求む, 求むるに, 求める一老人, 泣かせまいとして, 渡り歩くといふ, 満たして, 澤山置いた, 無制限に, 無理無体に, 焼いたと, 燒き, 燻べた松火, 牙にかけて, 狂人に, 狙ふ, 生命がけ, 生涯の, 畜うも, 疎隔せん, 疑いました, 疑つて, 病ましむるものは, 盗まれたという, 盗み出して, 盗むよう, 盗んで, 直したの, 真暗闇の, 真正面に, 睨んだん, 瞞さう, 矢張り悪魔と, 知って, 知らないの, 知らぬか, 石にて, 秋の, 突きとばしたの, 突き倒して, 突飛ばした, 粗末に, 絞め殺したのよ, 置いた, 置いたが, 置いたこと, 置いたといふ, 置いては, 置かうと, 置かぬと, 置きそれ, 置きますの, 置き外, 置き日暮れ, 置くぐらいの, 置くため, 置く人, 置けと, 背に, 胎み, 脅かすの, 脅迫した, 膝の, 臥せしめ四つ辻, 自由な, 自由に, 苦しめるでしょう, 荷物と, 蓄うる, 蓄えたが, 蓄え出でては, 蓄え奴婢, 蓄つて置い, 蓄ふる, 蓄へたり, 蓄へて, 蓄へては, 袋に, 裏切って, 裏切らせようと, 見すてて, 見せびらかして, 見に, 見るなかれ, 見んこと, 見んとて, 見候, 見兼ねたの, 見張って, 見染められ, 見給う君, 見習って, 見舞いに, 視る, 視ること, 親しみ愛して, 訪ねて, 設けること, 設け置きし覚え, 詮議し, 認めると, 誑惑さんの, 誘拐した, 護衛せる, 讚めて, 責殺しなさる, 買い切りに, 買い金, 買う金, 買った, 買ったが, 買つた上長年連れ添ふ, 購いて, 身籠らせた, 軽蔑し, 辞して, 迎え久々, 迎へにまで, 迎へる, 追いやるとは, 送って, 造るつもり, 遇すること, 遇すること彼, 部屋に, 鉄だ, 雄之, 雇ひ入れた, 飼い婦人, 飼うとき, 飼つて同じ, 飼つて籤引で, 飼つて置いた, 養い本妻, 養うは, 養うも, 馬鹿者あつかい, 騙かすの, 騙かそうと, 騙して, 鬼に, 鬼王に

▼ 妾~ (588, 6.8%)

33 して 17 なって 7 なれと 5 しようと, なった, なること, 似て 4 してからが, なったの, なるの, 報いて 3 しても, なったと, なるといふ, 出るやう, 子あら, 惚れて, 行くを

2 [44件] いたしましても, いれそれ, お見せ, お詫, お預けし, した, したいと, したと, しては, すること, するという, するとか, するの, する氣, そっくりで, ちよつかい, なったという, なっても, ならぬから, なる, なるよう, なれ, なれって, なろうと, ものを, よく似, 並べて, 仰有ったの, 任せて, 何か, 何もかも, 出すの, 向かいて, 売って, 御用事, 成ると, 暇を, 産ませた子, 直して, 考えが, 諭された自分, 贈って, 関係の, 青木さん丈けは

1 [386件] あうこと, あの方, あやまつた, あるので, あんな家, いくらでもお, いって, いつも恥, いろんな事, うち明け, おあんばい, おぶさつて, お乳, お任, お呉れでない, お呉ん, お委せなさいまし, お暇, お見せつたら, お見せといつたら, お言葉, お訊き遊ばしたい, お話しくださいまし, お遣りなさる, お預けなされ, お願いって, かえ, かかえたのみ, かたうど, かまわず, かまわず九十郎, かまわず先, くれて, くれと, くれるならば, このお, このよう, この上なくよく, これからどん, こんな商売, こんな手間ひま, ござります, ござりまする, ご用な, されたお, されたよう, された娘, されて, したいって, したい就いては, したかつたの, したがるところ, したって, したの, したら, したる, した方, してやらうと, しなされば, しようとは, しようなぞと, しようの, しろとでも, しろとの, しろ伊集院さん, する, するたあ, すると, するとかって, する事, する以上, する分, する如き乱暴漢, する方法, する気, する約束, そうした趣味, そうは, その事, その土地, その意, それを, そんなこと, そんなむずかしい, だつて, ちょうだい, ちょっかいを, ちょっと当地, ちょっと待っ, ついて, つきあわない, つらかつ, できた小さな, では, とつちや何方だ, どうしろ, どうぞ話し, なかった, なかつたやう, なさるつもり, なさるん, なぞ成る, なったこと, なったについて, なったり, なった事, なった女, なつた, なつたらしい, なにを, ならう, ならうかと, ならうが, ならなきや, なら為, なりながら, なりに, なりました, なり三転四転, なり三轉四轉, なり子供, なり次, なり海雲寺, なり酒場, なるだけの, なるだろうと, なるでは, なるとか, なる女, なれとは, なれるもの, なんかちっとも, はね, はねその, ぴったりと, まかせ園子様, またいう, めぐまれたと, もちや, もつて, やられたり, よく似た, よびかけて, わかったから, わかって, サクシュされ, ソックリだ, プロポーズした, モスコー行きを, 一人の, 一種の, 上げては, 下さるの, 下された食物, 下んせ, 不実な, 与する, 世話し, 乘替へて, 云いふくめて, 云うので, 云ったじゃ, 云ひつけた, 云わなかったの, 今までの, 介抱ばかり, 付きまとうあいつ, 仰せられず御嶽山上, 会いたくて, 会わんと, 似たい, 似合ったずっと, 住み込み故意, 体を, 何う, 何が, 何でも, 何ものかが, 何んで, 侑むるなど, 侑める, 信頼し, 候とは, 借して, 優しく椅子, 八公を, 冷淡の, 出したの, 出したみんな, 出した親, 出すか, 出せと, 出そう, 出て, 出ろの, 出来るか, 出来ること, 出来る事, 分けて, 別に情夫, 剃刀を, 又は妻, 反対し, 収まって, 取られた事, 取りて, 取上げられ三年經, 同情し過ぎ, 名刺を, 向いて, 向かい, 向かい内地, 向かい再び, 向かい家, 告げて, 呼びかけた, 商売の, 四人もの, 執っては, 執っても, 堕された日, 売ったの, 夢中で, 夢中に, 大きな声, 大金を, 夫と, 奥さんの, 好意を, 妾に, 委されないなら, 姙娠まで, 子あれ, 子が, 存せる, 寄せなんて, 対等の, 少々惚れ, 少々都合, 少からぬ, 差し出しなすったとか, 差上げ申し候ところ実証, 差出すこと, 席を, 度々言, 引き入れて, 弱味でも, 形見として, 待てよとか, 後から, 従くか, 御心, 御諚下されし, 心を, 心配させない, 心配させなさい, 忠実だ, 思い切り詰め込ました, 恐ろしい殺意, 恥ぢて, 恥を, 情婦になど, 惚れるなら命がけ, 想いを, 愛想を, 愛相を, 懐きて, 懸想し, 成って, 成つた事は, 成りました, 所望された, 投げつけまた, 抱かせて, 持たして, 持たせて, 授けつ, 接吻しました, 教えたの, 教えて, 教え初めたの, 数枚の, 斬られた, 時々習, 本当の, 来い言うて, 来たの, 来て, 来郷, 欲しいと, 死ぬほど, 死んだ農奴, 殺されたと, 比して, 比べ何, 気兼ねを, 注ぎ込む金, 洞へ, 洩らさなかった夫, 洩らしませぬゆえ, 渡して, 無理矢理何, 物を, 産ませた子供, 申しました, 病気欠勤を, 盃指す, 目星を, 知らせて, 知恵を, 秘さうと, 稼がせて, 笑いかけて, 紹介し, 続け, 綺麗な, 置く, 美しき薔薇花, 美紅姫に, 色眼鏡買っ, 花環を, 若い男, 行かなくっても, 行けるか, 行ったとき, 行って, 裏切るやう, 要求され, 見せて, 見せられないもの, 見せると, 見まがうよう, 見られると, 親む, 観て, 言いました, 言いよったこと, 言い寄っても, 言葉を, 許して, 詫びること, 話すの, 誂へて, 誓い将, 誓ひ, 読まして, 読めて, 譲って, 負けたこと, 負けない名手, 負はせよう, 負わせようと, 買って, 買われて, 貸して, 資と, 賜わりました御, 起させたくら, 跟い, 身を, 近づいて, 近付いて, 近寄って, 送り来りて, 逃げられたこの, 逃げられた隠居, 逢うまいとして, 逢うまい逢うまいとして, 運命を, 過ぎないという, 道ならぬ, 違いない, 遣られても, 遣りたくあ, 重大な, 鏡の, 随い, 障らせて, 隠して, 面会せん, 面会人を, 顔を, 養母さんと, 香具師の, 鳰鳥とかいう, 黙って

▼ 妾~ (275, 3.2%)

7 一緒に 4 そうな

2 [18件] いるの, お供いたします, お後, ご一緒, さうなの, すぐに, そう思う, その時, そんな所, ゐるの, 一処に, 今の, 妾も, 散歩に, 自分の, 貴君の, 金起も, 驚いて

1 [228件] あとについて, あなたと, あの通り, あるし, あんな有頂天, いい役廻, いか, いきなり仲裁, いつの間にかあんな, いろいろ伺いたい, うお, うこんな, うっかりし, ええ妾, おおかたそんな, お兄様, お前が, お前さんが, お前を, お待ち致しましょう, こうなった, ここの, この人, この郷, これから先, これに, さうです, さうよ, さう思つて, さう思ふこと, しあらずば, して, すっかり看護, せっかく参りました, ぜひさ, ぜひそうし, そういうお, そうさ, そうです, そう思っ, そこから, その上, その中, その別館, その志, その昔, それから後, それで, それの, それは, それまでに, そんなよう, そん時には, だいぶ酔っ, ついて, つい躍り上がった, でございますよ, ですの, どこに, どのよう, どんな所, なんだか人里, ほんとにこの, まあ厭, またその, また不幸落魄, また至極, まだその, もうすつかり慣れたから, もう今日, もう止めた, もちろん持たない, やはり出口, よく存じ, アトリヱへ, アンタが, イッチョ若う, ソンナ事は, ハッと, 一旦は, 一旦帰郷, 一生に, 下品な, 不審に, 不思議に, 不承知さ, 不用心だ, 不覚で, 事の, 二三月の, 二人ながら, 二人共同じ, 二時間あまり石の, 亡くなり一二年, 亦叔父, 亦同じ, 今日から, 今日は, 今本の, 仕方なし, 何うし, 何の, 何も, 何人と, 何処かへ, 信じますわ, 先刻から, 先刻松さんに, 先生から, 化粧を, 卜翁を, 厭, 参ります, 及ばずながら, 可なり, 可哀そうな, 叱って, 同じく出家, 同じ事, 同様だ, 同然よ, 否みがたく, 否み兼ねて, 唄う, 困る, 囲い者も, 図らずその, 土地で, 変って, 大好きよ, 大方ソンナ事でしょう, 奮慨おく能わず, 女方術師の, 如何で, 妾の, 嬉しく存じます, 子を, 存じませぬ, 存じません, 安堵し, 安心し, 安心したい, 実はこれ, 実はそう, 實に, 少し買物, 屡々その, 山へ, 序に, 弓掛の, 弥, 彼処に, 御輿を, 心中この, 心安く一日長崎, 必ず出す, 思う仔細, 思ひ慰むと, 思ふ仔細, 思わず釣込まれ, 悪事を, 承りたいわ, 持って, 数人有之, 数年に, 日出雄も, 日本語でない, 早う死にたい, 昔は, 是非に, 最早余程長い, 東上し, 東京よ, 栄耀や, 楽しうござんすわ, 楽も, 檀那の, 歌劇団を, 此頃皆な, 武蔵屋の, 死には, 死のうと, 死のう死んだ方, 死んで, 殺されたいよう, 気がつかなかつた, 気の毒には, 江戸を, 決心し, 泊るより, 泳ぎたくな, 淑女だ, 無事でございます, 無茶苦茶な, 理由を, 盗まれる役, 目の当りに, 瞞された, 知らず殊更, 知らなかったん, 竹太郎も, 絶命した, 縁が, 置いた, 考へて, 聞こえたよ, 腕を, 自分で, 自棄, 良い人, 蓄えたかも, 薬草道人様を, 行くこと, 行くの, 行くよ, 要するに世間並, 覚えず慄然, 覚悟しよう, 許しき, 貴方の, 貴郎様, 賛成する, 赤い提燈, 追ひかけ, 道人様を, 随分働いた, 面白くなり, 香具師の

▼ 妾~ (236, 2.7%)

14 一緒に 5 同じよう 4 なって 3 なる, 同じに, 小伜, 手を

2 [15件] いたしましては, なったが, 一緒です, 一緒なら, 並んで, 云うもの, 十六に, 室を, 思って, 戯恋し, 聞いて, 致しまして, 荘田との, 葉石との, 青木さんとが

1 [171件] あの人, いえども, いえるもの, いえ妻以上, いっては, いふを, いわれても, いわれるの, おなじな, おんなじに, お並びな, お嬢さま, お嬢様方との, かにな, した, したこと, したその, したと, したら申し分, しちゃあ, して, してでも, し秀頼, その小, たッ, だんだん仲よし, ちゃんと下世話, つれ立って, なさんと, なすべし夫, なった, なったとも, なったり, なつた, なつて, なりしに, なりました所, なり三千寵幸一身, なり今, なり俺, なり先妻, なり彼, なり既に, なり済しましたが, なること, なる日, なれるこの, なれるを, はね気心, はらからとが, ふざけながら, ふざけながらも, ふざけるところ, よぶ婦人, わかつて, キヨの, 一処に, 一式様は, 一所に, 一男とは, 三人づれで, 三人で, 三人の, 不義を, 両人の, 二人で, 二人住まはせ, 二人連れで, 云うだけ, 云うものの, 云っても, 云ふ, 云ふも, 互い違いに, 交際したなら, 他人じゃ, 会えりと, 会って, 伜とを, 何の, 兄さんと, 兄さんの, 入れ代り, 全く同, 共々復讐, 別に一家, 別れて, 別れるの, 反が, 同じかりけれ, 同じく余り, 同じこと, 同じカンカン, 同じ屋根, 同じ空気, 同じ顔, 同棲せる, 同病に, 呼ばれるの, 土耳古の, 坊やとには, 大の, 夫婦の, 奉公人達の, 妾の, 始めて話, 娘です, 娘と, 居候には, 左内様とは, 巨大な, 差し向いに, 弟の, 張り合つて見る, 彼の, 彼女と, 思いこんで, 思つ, 思はぬ奥, 性質が, 慇懃を通じて, 成ったが, 成って, 成つて家を, 来て, 河岸を, 淫売が, 父上とばかりが, 犬とを, 独り取り残された, 王公側室と, 申し上げた筈, 異なりて, 相成候由, 相隣り, 真一とは, 真一の, 知らば, 竹之助様との, 結婚する, 結婚なさらう, 結婚なさろう, 考へ羽易娘子, 自分の, 舞坂トメ子さん, 行き違, 見做, 親しむと, 言つても, 言は, 言ふ, 誰憚らず, 貴美子さんを, 較べると, 近しくなりたい, 逢うこと, 逢引する, 連れ添うよう, 連絡が, 遊んで, 違って, 違つてあんたは, 金兵衛殿とは, 金吾という, 金起が来らざりし, 金起との, 金起の, 雑話を, 離れられない, 馬とは, 馬とを

▼ 妾には~ (170, 2.0%)

6 解る 4 その覚え, 一番親しい 3 見当が, 解らない 2 あなたという, あらず他日両親, それが, それを, わからない, 分らないのよ, 可なり, 忍びがたい, 自信が, 討てぬ

1 [130件] あき足らないの, あなたが, あの人, あの男, あの若衆武士, あるの, あんな子独楽用, いつだって, いつもご, いやだ, おおかた解っ, お兄様, お父様, お能, お願いが, この純朴さ, この芝居, さっぱり分らず, さつぱり, そのよう, その女, その秘密, それ以上つっかかっ, そんなよう, そんな事出来, そんな六ヶ, ただただあの, ちっともわかりません, ちっとも罪, ちゃんと分っ, とても我慢, とんと解せぬ, どうしてもあきらめ切れない, どうにも司馬, どうにも心配, どんなに悲しい, どんなもの, どんな事, なんだって, なんでも, なんとなく心がかり, まだ解らぬ, まるで地獄, もう妾自身, もう貴方, ゆくまいな, よい幸い, よくその, よくわかつ, よくわかりませんでした, わかりました, わかりませんから, わかるの, チャンと, トンと, 一つ増えた, 一眼で, 一言も, 不思議でならない, 不思議に, 些とも, 人形の, 今だに, 今考え, 何でも, 何の, 何んな, 信じられない, 信じられませぬ, 全く見当, 全で, 出来そう, 出来ない, 分りませんわ, 判じられん, 力が, 合点が, 品物が, 堀田さんといふ, 変に, 大切ナーニ妾の, 大阪なる, 好きな, 好ましいの, 妾の, 子供が, 小次郎様こそ, 少しも, 店で, 当時大金なりける, 役目が, 心から思われる, 忘れ難い, 思われるがねえ, 思われるので, 思われるよ, 恋人が, 悩みが, 感じられるの, 感覚し, 数万金を, 昔語りと, 月丸様が, 本当には, 此の, 気に, 男子五人も, 益満さんの, 直が, 真一が, 眼に, 立派な, 考えたって, 考えること, 聞こえませぬが, 行けない, 解って, 解らないが, 解らないよ, 解らないわ, 解らなかった, 解りませぬ, 解りません, 解るお, 解る妾, 解る貴男, 誰でも, 関係ございません, 限りなき, 陣十郎殿に対し

▼ 妾~ (147, 1.7%)

4 の住居

2 [13件] がいろ, と一処, にとっ, には約, の実生活, の感情, の曲芸団, はこの, は今, は此, も行く, を苦しめる, を追う

1 [117件] がいた, がこれから, がそれ, がほしい, がホテル, がモンテ・カルロ, がロンドン, が伯父, が呑, が彼, が心配, が意, が最初, が若し, が行つた, が迎い, そうそう出し抜かれ, でさえ這入れない, とも大変, と一緒, と胡月, にうるさがられ, にお, にとつて, にとり特に, には上っ, には充分, には未だ, には気がつかない, によく, に譲らう, に隠れ, に難癖, に黙っ, のこと, のため, のね, のやう, のユーロップ・ホテル, の世話, の仕事, の列車, の卓子, の国土, の塒, の娯楽, の小屋, の巧み, の悲しみ, の愛情, の所, の持っ, の敵, の新しい, の本当, の東洋曲芸団, の永遠, の物, の祖先, の秘密, の素性, の胸, の芝居小屋, の荷物, の運命, の間, の願い, の食卓, はあそこ, はここ, はそれ, はどの, はみんな忍び衆, はやっぱり, はショコラ酒, はスペイン人, はラムブルデル・セントロ, は二十年以来, は勝ちました, は向, は地下, は安穏, は従兄妹同志, は恋, は斯, は歩く, は気, は爺, は盗まれた, は純, は膝, は要, は説かれ, は責めませんでした, は逃れられませう, は都, は陳独秀, は静か, まで供, も入, も怖, も時々, も海辺, より一足先, をお, をじっと, をぢ, を嘲笑, を守っ, を待っ, を扱っ, を探し, を斯, を案内, を狙う, 妬ける位, 生きて

▼ 妾たち~ (74, 0.9%)

2 の方

1 [72件] があった, がここ, がそうした, がどんな, がドンナ, がバー, が同胞, が嘆き, が稽古, が聞いた, が足手, だって相当, でこれ, とオンナジ気持, と三度, にし, にはあなた, に約束, に絡ん, に遺産分配, に配っ, のいる, のはかない, のミナト・バス, の一団, の仕事, の唇, の場合, の外, の居ります, の心, の愛, の日給いくら, の椅子, の様子, の歴史, の母, の知った, の義務, の考え通り, の遺産分配, はきっと, はその, はその間, ははじめて, はみんな, はもう, はタクシー, はトランク, は互いに, は何事, は全く, は別に, は別れましょう, は大学, は女子, は宮, は折角, は放浪, は日比谷公園, は昼間, は桜田本郷町, は汽車, は泣き, は立腹, もその, も不愍, をすて, をふり, を見守っ, を軽蔑, を追い出せ

▼ 妾~ (72, 0.8%)

3 つて 2 つて洋服を, といわれ, とか芸妓, ね, よ

1 [59件] お通, からお, からかい, からね威張っ, から不承知, から義理, から身分, か分った, か知らぬ, か芸者, そうだ, そうです, つたお, つたかも, つたといふ, つたのです, つた女さ, つた母親に, つていい, つてこんな, つてそれつ, つてそんな, つて今日は, つて修業に, つて出来る, つて厭だ, つて堪らなく, つて新聞の, つて無事ぢや, つて生きた, つて知つてゐます, つて考へ, と, ということ, という事, という風説, といつ, といふ, としてある, ともいう, とも云う, と云う, と仰, と仰し, と思う, と思ってる, と申す, と睨んだ, と言, なと思, などと思った, などと旦那, なんて, なんていわれた, なんて云われた, よ門, わね, 妾だ, 姦んで

▼ 妾さん~ (63, 0.7%)

3 の家 2 か道理, だが, のよう, の一人

1 [52件] が, があっ, があった, が三味線, が丹毒, が別荘, が百姓出, くらいつく, そこで三人, だか, だよ, ですから, でない, ともつかず, と成, と比較, なんかじゃない, なんか厭, にあらい, にしたら, に丁度, に出来た, に孝行, に逆ら, の事, の品格, の子, の巣, の数, の部屋, の髪, はありませんでした, はお, はその, はびっくり, は一人, は平然と, は日比谷公園, は駕籠, ばかりだ, もまあ, や女優, や娘さん, よ, らしいの, らしく黒門町, をむかい, を作っ, を沢山いつも, を置い, を見られ, を連れ

▼ 妾~ (58, 0.7%)

3 小夜の 2 勝が, 國が, 寿司に, 崎の, 恥か, 民と, 絹と, 辨の

1 [39件] 万の, 元の, 吉でございます, 吉と, 吉を, 君ちゃんと, 国, 国と, 国の, 国伴蔵の, 國にて, 姉様の, 峰と, 床の間の, 店の, 延に, 扇は, 春と, 春の, 柳の, 槙の, 江野という, 江野といふ, 淺が, 滝という, 相伴いたします, 祭りさ, 紋でございます, 組という, 組といふ, 聞きに, 袖の, 酌いたしましょう, 酌を, 酒に, 關お, 關と, 預かりいたしおります, 願ひします

▼ 妾から~ (41, 0.5%)

8 渡すので 2 見ても

1 [31件] お杉, かつてやらう, こう云われる, さう云つて, そんな話, では, やっぱり呼んだ, 云おう, 云わせると, 何うし, 何もかもお, 其方へ, 取戻すわけ, 吹いて, 妾を, 後妻に, 忘れさせて, 恋しても, 成上つた二度目の, 手を, 早速七万両, 母と, 申しまする, 眼を, 聞いて, 致さうと, 致そうと, 臼杵先生に, 言はれた, 話を, 鴉片を

▼ 妾にも~ (40, 0.5%)

2 出来ること, 解らないの, 話して

1 [34件] お盃, しかねない, その忌わしい, どうもはっきり解らない, なりうること, わからないの, わかりませんわ, ハッキリわからない, 一場の, 仇だ, 伊集院さんにも, 似ずしつとりした餘計, 似るのよ, 何か, 動員を, 勝りたりき, 参るよう, 大概分ります, 女の, 嬉しいの, 子ある, 寵愛を, 小銭は, 思って, 感づいては, 懐かしくそれで, 我等は, 料見, 盗める, 見覚えが, 覚悟が, 解らないので, 読ませて, 頂戴つていふ

▼ 妾~ (38, 0.4%)

3 ござります 2 あつた, あられたの, お常

1 [29件] あつたお, あらうか, お照, お粂, お雪さんといふ, さへ, すって, せう, そのお, その前身, その後深川松井町の, その時, その松下, それとお前がくッ, て行きます, なにかの, まあ当時, よければ, 一人は, 元映画女優, 勿論いい, 女の子や, 女中と, 川上は, 御座ります, 承服なら, 無し夫, 良人を, 飛んだ人身御供

▼ 妾奉公~ (38, 0.4%)

3 に出す 2 に出た, をさせ, をさせる, を承知

1 [27件] がいや, させたら俺, するやう, する者, する身, でも何, というわけ, といふわけ, などということ, などを大工上り, なんかしない, にあがっ, になど行, にやるなら, によこす, に上がっ, に世話, に出, は厭, まではさせたくない, もした, やいろいろ, をさせられる, をし, をしてる, を世過ぎ, を續

▼ 妾一人~ (26, 0.3%)

2 だと, でこれから, の責任

1 [20件] が乳母, が堅気, が幸, が罪, じゃない, じゃア, だけじゃア, だった, だったという, でございます, では, でまいります, で乗る, で身回り, の手, の身の上, は正妻, を後, 在るのみ, 残りましても

▼ 妾だって~ (23, 0.3%)

2 お上さんが

1 [21件] あんな具合, ついこの, みな子さんの, オンナジ事よ, 事が, 云わないわ, 京都は, 今度の, 全くの, 出来るわ, 嬉しいよ, 往来の, 心配し抜い, 悪かった, 承知し, 持って, 是れで, 此には, 生きた死骸, 第三者から, 貴方を

▼ 妾という~ (22, 0.3%)

4 のは 2 人間は, 人間を

1 [14件] ことが, ことに, のが, のなら, ものの, ものまあどんなに, ものを, 人間に, 女の, 生活の, 者は, 者を, 裏切り行為を, 道も

▼ 妾~ (21, 0.2%)

2 つくづく厭

1 [19件] あの男, お銀, この人, そろそろ帰ろう, どうあろう, どうなる, どうやら怒鳴りすぎる, 怖くなっ, 惚れたよ, 打ち込んだのさ, 死ぬと, 死んでも, 殺されて, 殺されるだろう, 笑う気, 笑って, 聞いて, 見て, 訊いてるの

▼ 妾もう~ (20, 0.2%)

2 あれ切りかと, 三十分も, 帰らなければ

1 [14件] あそこに, これで, さつきから, そんな難, たくさん, スッカリあの, ツクヅク女車掌が, ビックリしちゃっ, 一パイ飲む, 一杯飲む, 外へ, 帰るからね, 自分の, 逆行が

▼ 妾でも~ (19, 0.2%)

3 何でも

1 [16件] あり悪事, あるので, さがして, しようといふ, ない色女, なくもとより, 参って, 奪ろう, 女房でも, 容赦なし, 泊めては, 置いたらなど, 置いたら何, 置いて, 置きなされば, 腰元でも

▼ 妾との~ (19, 0.2%)

2 いきさつで, 戯恋の, 間で

1 [13件] ことを, 仲を, 内部に, 別れを, 家庭へ, 果敢ない恋物語, 睦言にまで, 約束を, 間柄も, 関係が, 関係は, 関係を, 陸言にまで

▼ 妾あの~ (18, 0.2%)

2 大変お, 方の, 晩部屋へ

1 [12件] お方が, お父さんの, ことを, ロボさんの, 下手の, 人が, 人に対して, 先生の, 役者に, 方に, 時に, 騒動じゃ

▼ 妾とも~ (17, 0.2%)

2 つかぬ女

1 [15件] つかずこの, つかずまた, つかないよう, つかない芸妓上り, つかない謂わば, つかぬ様, なる, わからない女たち, 世話人とも, 侍女とも, 女房とも, 婢とも, 家婢とも, 時々内緒, 深い関係

▼ 妾自身~ (17, 0.2%)

2 のため

1 [15件] が主演, その本, でもこれ, なの, に対しては空恐ろしく, に対しましては恥しい, に証明, の意志, の愚かさ, の方, の気力, の身形, の運命, を表現, 出かけて

▼ 妾とは~ (16, 0.2%)

2 違って

1 [14件] いい相手, いえ当主, どうした, やっぱり縁, やつぱり縁なき, 全然反対, 幸福の, 従兄妹じゃ, 男と, 目見合せ, 継しい仲, 義姉妹大事を, 血肉を, 違う

▼ 妾~ (16, 0.2%)

3 のだ, んだ 2 のである, のよ 1 のか, のだろう, のでございます, んかちつ, んださうで, んです

▼ 妾なんか~ (15, 0.2%)

1 [15件] おく身上, こんな商売, ちょうど親, つまりませんわ, 何も, 及ばないわ, 囲って, 圍つて恐ろしい, 家へ, 殺したんで, 純ちやんがち, 置かないやう, 買いは, 蹴飛, 馴れ切つて

▼ 妾であった~ (14, 0.2%)

1 [14件] お吉, が東洋, が若死, ことから, ということ, という事以外, という噂, という評判, などというよう, のです, ので殿様, ようだ, 女と, 女は

▼ 妾~ (14, 0.2%)

1 [14件] よってえらい, 与太者に, 今実に, 墮落せる, 妙子さんの, 子たちを, 小伜, 快楽の, 忰や, 手カケの, 手代に, 未来派さ, 知つとるだ, 静枝とは

▼ 妾~ (14, 0.2%)

1 [14件] が国事, といっしょ, の入獄, の公判, の大いに, の夫, の室, の悲しみ, の窃か, の関係, も君, も重井, より贈れる, を以てこれ

▼ 妾として~ (13, 0.1%)

1 [13件] お部屋, この寮, それが, ゐたと, 人身御供に, 何よりも, 引取られた, 暮さなければ, 木曽の, 贅沢三昧姐御, 贅澤に, 送り継友, 遊ぶもの

▼ 妾にゃ~ (13, 0.1%)

1 [13件] あこの, あ解らない, その人, まるっきり見当, ア, アそんな, アたまらない, ア何んだ, ア何んと, ア見当が, ア解っ, 何にも, 分らない

▼ 妾~ (12, 0.1%)

1 [12件] が異見, にだっておかしい, には地味, の夫, の夫三五郎能存じ居候事故其譯, の方, の良人, はたしか, へも自害, を誰, 事段右衞門に, 方へも

▼ 妾同様~ (12, 0.1%)

6 にし 2 の姿 1 な生活, にさるる, にな, のお

▼ 妾貴君~ (12, 0.1%)

2 が冗談, が妾, に何時, の好き, を弟, を愛し

▼ 妾その~ (11, 0.1%)

2 時に 1 うるは, 号外を, 変に, 時は, 時ドレ位泣いた, 晩日が, 本を, 革袋を, 顔を

▼ 妾だった~ (11, 0.1%)

1 [11件] から, けれどこの, こと, だが世の中, っけ, という近所, のです, ので今, ので嫉妬, 京都は, 母親に

▼ 妾そんな~ (10, 0.1%)

2 悪人では 1 ことばかり, こと夢にも, 事みんな忘れちまった, 女に, 役者なんて, 深刻めいた, 物凄いところ, 薄情物じゃ

▼ 妾です~ (10, 0.1%)

3 妾です 21 か, かえ, が妾, もの一ヶ月働い, よ開け

▼ 妾に対する~ (10, 0.1%)

4 お心 2 結婚申込なんか 1 たいどは, 愛情は, 深い愛, 興味が

▼ 妾より~ (10, 0.1%)

2 先に 1 一つ上よ, 一歩先へ, 上なる, 二つ年下の, 五つも, 先立ち登る死出の山, 成揚り, 苦労であろう

▼ 妾本当に~ (10, 0.1%)

2 電車に 1 嬉しうございます, 嬉しゅうございます, 心苦しく思っ, 心苦しく思つて, 惜しい事, 早く帰っ, 早く帰つて, 茲で

▼ 妾では~ (9, 0.1%)

3 ない 1 ないから, ないそう, ないよ, なかった, なくて, 気に入らないの

▼ 妾~ (9, 0.1%)

1 おかしよ, みだらに, 天罰がね, 宛てて, 恋心を, 来て, 理不尽な, 直接手渡したい, 義理を

▼ 妾何だか~ (9, 0.1%)

2 飽き 1 きまりが, それが, わからないままビックリ, 急に, 怪しいと, 気が, 気味が悪いわ

▼ 妾~ (8, 0.1%)

1 うしてはを, どっちかを, よしや令孃, 何かを, 何んかで, 女給の, 娘か, 花子には

▼ 妾これ~ (8, 0.1%)

2 が大好き 1 が分らない, でも暑い, で学校時分, は神様, までだって随分, を着

▼ 妾としては~ (8, 0.1%)

1 そんなお, ちょっと困った, もっともっと重大, 他に, 好まないの, 決していい, 逢いとうない, 非常に

▼ 妾にでも~ (8, 0.1%)

1 あがるよう, あがる人, おつかい, なすって, 出す氣, 往く積り, 相場ぐらいは, 逼る

▼ 妾今夜~ (8, 0.1%)

2 はお, はよく 1 こそキット貴方, は止します, 致さうと, 致そうと

▼ 妾狂い~ (8, 0.1%)

2 をする 1 が当, というよう, に浮身, の殿様, は別, をし

▼ 妾貴方~ (8, 0.1%)

1 が妾, に惚れてる, のお, の奥さん, の悪口, を思ふ, を本当に, 見たいに

▼ 妾こそ~ (7, 0.1%)

2 悪魔で御座いました 1 お前に, ご厄介, その華子, どうぞよろしく, 秋篠局の

▼ 妾こんな~ (7, 0.1%)

2 ことはじめて, 打ち解けたお話 1 ことを, 嬉しい事, 話を

▼ 妾などを~ (7, 0.1%)

1 して, 囲って, 持って, 置いたもの, 誰が, 飼うて, 飼つてあんな

▼ 妾にとっては~ (7, 0.1%)

1 あの人, お父様, たいへん気味, 何とも心もとない, 奇妙な, 忘る, 遠い昔

▼ 妾はね~ (7, 0.1%)

1 あんたに, お前さんの, お前なんかの, まだ立派, 何う, 兄さんとは, 随分痛ましい

▼ 妾らしい~ (7, 0.1%)

2 女が 1 のが, ものを, 女の, 嫉妬の, 派手な

▼ 妾~ (7, 0.1%)

1 が生きてる, が頼り, の悲境, は京, は出席, を蓄え, を願望

▼ 妾あなた~ (6, 0.1%)

1 くらい好き, と結婚, に考え, のこと, の兵隊さん, の淋しい

▼ 妾ちつ~ (6, 0.1%)

1 とも存じません, とも怒りやしなく, とも気, とも知らなかつた, とも貴方, とも酔

▼ 妾とが~ (6, 0.1%)

1 こんな風, その間に, どうせ汽車, 一所に, 同じ日, 喧嘩を

▼ 妾どうしても~ (6, 0.1%)

1 あの娘, お手紙, それに, 先生の, 洋服を, 渡して

▼ 妾ども~ (6, 0.1%)

1 が第, のよう, の懇意, の計画, はこういう, を逐い出し

▼ 妾にとって~ (6, 0.1%)

1 あまり永, バルザックの, 実に興味, 最も楽しかっ, 本当の, 赤沢は

▼ 妾また~ (6, 0.1%)

2 こんな部屋, ひとつ出来た 1 何をか, 家へ

▼ 妾~ (6, 0.1%)

1 い一体, この齢, 本当に腑抜, 死んでも, 知らん, 聞いて

▼ 妾~ (6, 0.1%)

1 ではお, でも暗記, の貴方, まで誰, もとの, やっと思い出した

▼ 妾~ (6, 0.1%)

1 が末子孫祐, が次男鉄三郎, とは中橋, の腹, は二十五, は既に

▼ 妾さま~ (5, 0.1%)

3 に相違 1 だと, と誉められぬ

▼ 妾じゃ~ (5, 0.1%)

1 ない, ないか, ないん, なくて, アなし

▼ 妾それ~ (5, 0.1%)

1 から温柔, は, をかんがえる, をやっと, を止めん

▼ 妾とても~ (5, 0.1%)

1 また衣裳, 十八九の, 召使を, 感激しました, 肥つたのよ

▼ 妾と共に~ (5, 0.1%)

1 すぐこの, 住わしめたり, 引籠つて花鳥風月を, 憐れなる, 神奈川地方に

▼ 妾なら~ (5, 0.1%)

1 そうする, ば其密夫, ば子細, もう何, 気楽な

▼ 妾なんぞに~ (5, 0.1%)

1 しや, なりやあ, 売る肴, 実が, 構って

▼ 妾に対して~ (5, 0.1%)

1 すまないすまないと, もって, 口には, 心を, 露悪意の

▼ 妾への~ (5, 0.1%)

1 お心づか, 下され物, 厭がらせ, 書面と, 重荷に

▼ 妾よりも~ (5, 0.1%)

1 五つ六つ下じゃ, 小藤次様, 猶お, 美くしい, 若い最

▼ 妾上り~ (5, 0.1%)

1 だという, のお, の女, の細君, 芸者も

▼ 妾~ (5, 0.1%)

1 しながら, ひが, ひさ, ひの, ひを

▼ 妾あなた様~ (4, 0.0%)

1 からお, のお, の加担者, をおき

▼ 妾こんなに~ (4, 0.0%)

1 可愛がりやしないわ, 待って, 待つて, 淋しいん

▼ 妾だけに~ (4, 0.0%)

1 あの, 出来る超, 判りきって, 判りきつて

▼ 妾ちっとも~ (4, 0.0%)

1 存じませぬので, 存じませんわ, 恐くない, 知らなかったのよ

▼ 妾てかけ~ (4, 0.0%)

1 とともに日夜殿, になる, は他, を置い

▼ 妾である~ (4, 0.0%)

1 か娘分, と, 女の, 立花お

▼ 妾とか~ (4, 0.0%)

1 下女下男が, 乃木将軍に, 外国帰りの, 愛人とか

▼ 妾どうし~ (4, 0.0%)

3 ましょう 1 たって

▼ 妾なんぞは~ (4, 0.0%)

1 なるだけ, 心が, 相当な, 馬鹿でしょう

▼ 妾にとりましては~ (4, 0.0%)

1 その方, 印籠などは, 怖くも, 虎に

▼ 妾にな~ (4, 0.0%)

1 つてから, つてしまほうか, つてゐ, つてゐたい

▼ 妾~ (4, 0.0%)

1 今日は, 先生見たい, 自分でも, 貴郎

▼ 妾ひとり~ (4, 0.0%)

1 が型, だけが, で困る, を殺す

▼ 妾~ (4, 0.0%)

1 は吉, まで嬉, を思い込まれ, 故思わぬ

▼ 妾~ (4, 0.0%)

21 かで取り返し, を悪い

▼ 妾勝彦さん~ (4, 0.0%)

2 を馬鹿 1 のやう, のよう

▼ 妾可笑しく~ (4, 0.0%)

2 もあれ 1 つて堪らない, て仕方

▼ 妾志願~ (4, 0.0%)

1 なのよ, に反対, に落胆, も案外

▼ 妾手掛~ (4, 0.0%)

1 にし, の五人, はおろか, は男

▼ 妾~ (4, 0.0%)

2 の夏, の頃

▼ 妾男性~ (4, 0.0%)

2 がし, の中

▼ 妾美奈さん~ (4, 0.0%)

2 にも是非とも, に済まない

▼ 妾~ (4, 0.0%)

2 て来たい 1 てやる, 違へ

▼ 妾貴女~ (4, 0.0%)

2 のお, の泣き顔

▼ 妾青木さん~ (4, 0.0%)

2 から一昨日, のこと

▼ 妾あがり~ (3, 0.0%)

2 に手出し 1 の後妻

▼ 妾あんまり~ (3, 0.0%)

1 口惜しかった, 嬉しかった, 御無沙汰を

▼ 妾こそは~ (3, 0.0%)

1 中宮の, 共々に, 鳰鳥と

▼ 妾こと~ (3, 0.0%)

2 の姓名 1 も最早

▼ 妾この~ (3, 0.0%)

1 ような, 八重めに, 話を

▼ 妾さつき~ (3, 0.0%)

2 から二階 1 から別に

▼ 妾だけ~ (3, 0.0%)

1 なん, 助けて, 頂くわ

▼ 妾だつ~ (3, 0.0%)

1 ていつも, てそれツ位, てもう

▼ 妾だの~ (3, 0.0%)

1 囲物だ, 姙娠した, 百姓だの

▼ 妾ちやん~ (3, 0.0%)

3 と知つて

▼ 妾でさえ~ (3, 0.0%)

1 あったと, このくらい, 思うもの

▼ 妾といふ~ (3, 0.0%)

2 のは 1 ことが

▼ 妾とだけ~ (3, 0.0%)

1 では, で今, 聞いて

▼ 妾とやら~ (3, 0.0%)

3 種々曰く

▼ 妾など~ (3, 0.0%)

1 これまでに, 幾人も, 真平御免テ逃げツ

▼ 妾なんて~ (3, 0.0%)

1 えの, お転婆だったでしょう, そんな窮屈

▼ 妾にだけは~ (3, 0.0%)

1 お明かしなさる, ちょっと位, なるもの

▼ 妾にだって~ (3, 0.0%)

1 あるわ, かけられるわ, すぐ解る

▼ 妾ほんとう~ (3, 0.0%)

1 にそんな, に変装, に極り

▼ 妾まだ~ (3, 0.0%)

2 年弱の 1 一度も

▼ 妾まで~ (3, 0.0%)

1 こんな目, 嬉しゅうて, 気が

▼ 妾みたい~ (3, 0.0%)

1 なもの, な人間, な女

▼ 妾もう少し~ (3, 0.0%)

1 で俥, で帰るところ, 居ても

▼ 妾ゆう~ (3, 0.0%)

1 を納, 美吉屋の, 薙髪す

▼ 妾~ (3, 0.0%)

1 どっちでも, 今ふい, 話にも

▼ 妾ヤング~ (3, 0.0%)

1 から教わった, の怜悧, の足

▼ 妾二人~ (3, 0.0%)

1 というの, と一緒, を蓄

▼ 妾今度~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 はことに

▼ 妾今晩~ (3, 0.0%)

2 だけは失礼 1 は叔父さん

▼ 妾冗談~ (3, 0.0%)

2 だとばかり 1 かと思

▼ 妾唯一人~ (3, 0.0%)

1 と相成り, り行きたる事, 悲しくも

▼ 妾囲い~ (3, 0.0%)

1 とてもそうだ, と田楽踊り, をし

▼ 妾~ (3, 0.0%)

2 だから 1 も七八人

▼ 妾手かけ~ (3, 0.0%)

3 に出した

▼ 妾~ (3, 0.0%)

1 うして, う見え, る危き所

▼ 妾時代~ (3, 0.0%)

2 お綱 1 から遊び場所

▼ 妾本当は~ (3, 0.0%)

2 お茶でも 1 もつと

▼ 妾結婚~ (3, 0.0%)

2 となる 1 なんて

▼ 妾自分~ (3, 0.0%)

1 が愛されよう, が救, の運命

▼ 妾芝居~ (3, 0.0%)

1 で疲れました, で疲れましたでしょう, へ行つて

▼ 妾覚悟~ (3, 0.0%)

2 して 1 をいたしおります

▼ 妾~ (3, 0.0%)

2 の大 1 な女

▼ 妾風情~ (3, 0.0%)

1 にあんなに, のお, の御

▼ 妾あり~ (2, 0.0%)

1 て家事万端とり賄, て治むる

▼ 妾あれ~ (2, 0.0%)

1 がとても, 聞くと

▼ 妾あんた~ (2, 0.0%)

1 が好き, が睡っ

▼ 妾あんな~ (2, 0.0%)

1 人は, 奴に

▼ 妾いい~ (2, 0.0%)

1 ことを, こと考えた

▼ 妾いや~ (2, 0.0%)

2 になりました

▼ 妾おかしく~ (2, 0.0%)

1 て, なっちゃったわ

▼ 妾お前さん~ (2, 0.0%)

1 に真面目, を養子

▼ 妾お母さん~ (2, 0.0%)

1 に聞い, の方

▼ 妾お母様図書室~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, へ行つて

▼ 妾お願い~ (2, 0.0%)

1 しますから, すること

▼ 妾かい~ (2, 0.0%)

1 の, の妾かい

▼ 妾かと~ (2, 0.0%)

1 思われる十数名, 見ゆる狩り暮らし夕霧

▼ 妾かねてから~ (2, 0.0%)

2 貴君の

▼ 妾きっと~ (2, 0.0%)

1 書いてよ, 頑強に

▼ 妾ぐるい~ (2, 0.0%)

1 ぐらいは結構, をなさるまい

▼ 妾ここ~ (2, 0.0%)

1 に横たわる, を出

▼ 妾~ (2, 0.0%)

1 一緒に, 案内致しましょう

▼ 妾さえ~ (2, 0.0%)

1 もちっとも, 蓄えず鰥暮らし

▼ 妾すっかり~ (2, 0.0%)

1 お見, 感心しちゃった

▼ 妾そう~ (2, 0.0%)

1 だと, 思いますのよ

▼ 妾そっくり~ (2, 0.0%)

1 の女, の男

▼ 妾それから~ (2, 0.0%)

1 といふもの, 私娼心も

▼ 妾そんなに~ (2, 0.0%)

1 兄さんに, 酔ってや

▼ 妾たる~ (2, 0.0%)

1 お吉なんど, その位地

▼ 妾だろう~ (2, 0.0%)

1 かとよけい, 妾に

▼ 妾だんだん~ (2, 0.0%)

1 思い出しました, 思い出します

▼ 妾ちょっと~ (2, 0.0%)

1 でよい, 行って

▼ 妾~ (2, 0.0%)

1 やどうも, やない

▼ 妾~ (2, 0.0%)

1 え奴, 何や

▼ 妾でござんす~ (2, 0.0%)

1 お吉, 葉末でござん

▼ 妾とこそ~ (2, 0.0%)

1 言え情深く, 言へ

▼ 妾としての~ (2, 0.0%)

1 生活, 資格で

▼ 妾とでは~ (2, 0.0%)

1 双生児らしく似かよった, 身分が

▼ 妾どうして~ (2, 0.0%)

1 いいか, 今日は

▼ 妾などという~ (2, 0.0%)

1 もので, ものは

▼ 妾なんかと~ (2, 0.0%)

2 つくに

▼ 妾なんかに~ (2, 0.0%)

1 なつたんです, 惚れられる柄ぢ

▼ 妾にだけ~ (2, 0.0%)

1 同じでいろ, 聞える程度

▼ 妾について~ (2, 0.0%)

1 来た, 考えたの

▼ 妾にと~ (2, 0.0%)

1 つて一種の, 望んで

▼ 妾にという~ (2, 0.0%)

1 んです, 世界的な

▼ 妾にとりまして~ (2, 0.0%)

1 あの水品陣十郎, 恐ろしくも

▼ 妾のみは~ (2, 0.0%)

1 いまだあるべき, 既決に

▼ 妾はと~ (2, 0.0%)

1 つくに, 来らあ

▼ 妾ほど~ (2, 0.0%)

1 不用な, 怜悧なる

▼ 妾ほんとに~ (2, 0.0%)

1 あんな事, 顔から

▼ 妾ぼんやり~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 妾ゆえ~ (2, 0.0%)

1 と日, にお

▼ 妾をば~ (2, 0.0%)

2 景山英とは

▼ 妾をも~ (2, 0.0%)

1 墓の, 尤もだ

▼ 妾アそれ~ (2, 0.0%)

1 じゃア, を聞いた

▼ 妾ア必然~ (2, 0.0%)

1 呼んで, 祟って

▼ 妾スッカリ~ (2, 0.0%)

1 忘れちゃったのよ, 忘れて

▼ 妾ホセ~ (2, 0.0%)

2 に刺し殺される

▼ 妾ホントウ~ (2, 0.0%)

1 に嬉しかっ, に淋しい

▼ 妾一身~ (2, 0.0%)

2 を賭し

▼ 妾三人~ (2, 0.0%)

1 が掴み合い, で赫

▼ 妾今年~ (2, 0.0%)

2 は箱根

▼ 妾今日~ (2, 0.0%)

1 すっかり時間, は止します

▼ 妾今日三越~ (2, 0.0%)

2 へ行きたい

▼ 妾今晩お母様~ (2, 0.0%)

2 の妾

▼ 妾今朝歌~ (2, 0.0%)

2 を三つ

▼ 妾仕方~ (2, 0.0%)

2 なくお

▼ 妾以外~ (2, 0.0%)

1 の人間, の女

▼ 妾佐藤氏春~ (2, 0.0%)

1 を畜つて, を納

▼ 妾何うしよう~ (2, 0.0%)

1 かと思いました, かと思ひました

▼ 妾何ん~ (2, 0.0%)

1 だか, にも悪い

▼ 妾何処~ (2, 0.0%)

1 だってい, だつて

▼ 妾兄さん~ (2, 0.0%)

1 がどんな, に買つて貰

▼ 妾先ず~ (2, 0.0%)

1 帰京し, 行きて

▼ 妾先生~ (2, 0.0%)

1 のやう, の昨日

▼ 妾全く~ (2, 0.0%)

2 感心し

▼ 妾~ (2, 0.0%)

1 のする, は東京

▼ 妾出獄~ (2, 0.0%)

1 の後監獄, の時

▼ 妾初め~ (2, 0.0%)

2 から何

▼ 妾初めて~ (2, 0.0%)

2 お目

▼ 妾~ (2, 0.0%)

1 だ, だわ

▼ 妾反対~ (2, 0.0%)

2 に解釈

▼ 妾~ (2, 0.0%)

2 なり独歩

▼ 妾~ (2, 0.0%)

1 樣な, 樣に

▼ 妾同士~ (2, 0.0%)

1 があきらめ, がかい

▼ 妾~ (2, 0.0%)

1 つてし, つてしまつ

▼ 妾困ります~ (2, 0.0%)

2 のよ

▼ 妾夜叉神~ (2, 0.0%)

2 に一命

▼ 妾姉妹~ (2, 0.0%)

2 と奉公人達

▼ 妾~ (2, 0.0%)

1 さえ提供, の一命

▼ 妾小次郎~ (2, 0.0%)

2 を探し

▼ 妾平気~ (2, 0.0%)

1 だわ, よ

▼ 妾悪意~ (2, 0.0%)

1 はなかっ, はなかつた

▼ 妾文学~ (2, 0.0%)

2 の趣味

▼ 妾昨日~ (2, 0.0%)

1 お電話, から学校

▼ 妾昨日今日~ (2, 0.0%)

1 考えて, 考へて

▼ 妾暫らく茲~ (2, 0.0%)

2 で聴かせ

▼ 妾来なけれ~ (2, 0.0%)

1 ばよかっ, ばよかつ

▼ 妾~ (2, 0.0%)

1 との間, は元治元年昌造

▼ 妾根性~ (2, 0.0%)

1 か何, の女きらい

▼ 妾楽しみ~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 妾~ (2, 0.0%)

1 では, といはれまする

▼ 妾此ノート~ (2, 0.0%)

2 を読ん

▼ 妾此間中~ (2, 0.0%)

1 から考え, から考へ

▼ 妾此頃~ (2, 0.0%)

1 ねすこし, ね少し

▼ 妾死す~ (2, 0.0%)

2 とも天皇

▼ 妾~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 妾毎晩~ (2, 0.0%)

2 来てよ

▼ 妾決して~ (2, 0.0%)

1 惚れる事, 自ら弁解いたすまじく

▼ 妾温泉~ (2, 0.0%)

2 では箱根

▼ 妾~ (2, 0.0%)

1 はこの, は抽斎

▼ 妾瑠璃子~ (2, 0.0%)

2 なのよ

▼ 妾~ (2, 0.0%)

1 と言われ, の忍んだ

▼ 妾病院~ (2, 0.0%)

1 へ泊つて, よした

▼ 妾皆さん~ (2, 0.0%)

2 がお

▼ 妾秀才~ (2, 0.0%)

1 といふ文字, 程美しい

▼ 妾箱根~ (2, 0.0%)

2 へはまだ

▼ 妾~ (2, 0.0%)

1 がドキドキ, がドキドキドキ

▼ 妾自身御覧~ (2, 0.0%)

2 の通

▼ 妾色々~ (2, 0.0%)

2 な風評

▼ 妾葉山~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, へ行つて

▼ 妾行っ~ (2, 0.0%)

2 て見たい

▼ 妾~ (2, 0.0%)

1 に健康, を去勢

▼ 妾達二人~ (2, 0.0%)

1 が米, はその

▼ 妾達四人~ (2, 0.0%)

1 の怨み, は幸福

▼ 妾達女性~ (2, 0.0%)

2 を追う

▼ 妾達烏組~ (2, 0.0%)

2 の連中

▼ 妾達鷺組~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の連中

▼ 妾金兵衛殿~ (2, 0.0%)

2 を探し

▼1* [555件]

あいつの後, 妾あてるわ, 妾ありますって言っ, 妾いっしょに行く, 妾いつまでもお側, 妾いつも家に, 妾いまあんたを見, 妾いろいろさまざま言葉設け, 妾うれしいわ, 妾おきぬが璃鶴, 妾おなかが空いた, 妾おぼえている, 妾お引き受けいたしまして, 妾お断りどす言, 妾お父さんがそんな, 妾お目にかかりたくてしょうが, 妾お腹が空い, 妾お花さんが毎日水門, 妾お茶なんて欲しく, 妾お話ししますわ, 妾かう云ふ, 妾かくして置きましょうぞ, 妾かこはれ, 妾からでも聞いた内輪, 妾からもお願いいたしまする, 妾がなんぞや嘘を, 妾がね勘忍し, 妾がわ妾が, 妾きょう白鷹の奥さん, 妾ぐらい怠けたもの, 妾ぐらしの方, 妾こういう所を, 妾こうしてはおられませんわ, 妾こちらへ参ります, 妾こっそりつけて, 妾こんや嬉しい, 妾うだと, 妾さう思ひますのよ, 妾さっきあなたの胸, 妾さっそくお面, 妾さつきあんた達の睨め, 妾さまといはるる, 妾さんみたいに扱っ, 妾さんチウもんかも知れん, 妾さん同様に暮らし, 妾さん柳橋芳町の藝者, 妾さん美い縹緻, 妾さん路地のつきあたり, 妾さん露路のつきあたり, 妾さ烏組のお, 妾さ身持が悪く, 妾しも宿へ, 妾つかり寝坊, 妾すこし擦すりましょう, 妾すでに妊める, 妾ずいぶん心配した, 妾ずっとずっとの大昔, 妾せな今日の, 妾ぜひ見たいわ, 妾そこには人, 妾そこでご相談, 妾それで御機嫌, 妾それでも泣かなかったの, 妾そん時に一寸心配, 妾ただ読むだけで, 妾ただ一匹年頃契り, 妾たちいまはパパ, 妾たち二人を追い出す, 妾たち四人で何, 妾たち妻子はまた, 妾たち局のもの, 妾たまと申す, 妾たりし情人, 妾たる者がそれ, 妾だけがあの人, 妾だけは目を, 妾だったら自殺する, 妾だつたか知らない, 妾ちゃんと知ってるわ, 妾ちょっと用がある, 妾ったら無条件で, 妾つて不純ぢやない, 妾つて世間の人, 妾であってみれ, 妾であり男は, 妾でありましたならば当主, 妾であり棄てられて毒, 妾であろうと娘, 妾でございますこと, 妾でござんす, 妾でなくてもとうてい, 妾でなくったって相手, 妾とかいう言葉は, 妾とこへもお, 妾としてか情人としての, 妾とだけの生活の, 妾とて心付かぬには, 妾とても再び彼ら同志に, 妾とで一個ずつ, 妾とのみ稲垣は, 妾とへは色濃く伝わっ, 妾ともども乗り組んだ, 妾とも後添へともつかぬ, 妾とやらが子供と, 妾とを同居せしめた, 妾どのくらい寝, 妾どんな夫でも, 妾なぞ私死ん, 妾なぞと聞こえては, 妾などがいた, 妾などと女同士寄っ, 妾などにしてからが, 妾などには眼も, 妾などは見捨てて, 妾などへは眼も, 妾などもして, 妾などよりあなたこそ, 妾なら死んでも其家, 妾なりけるに更に, 妾なりにして, 妾なるや其区別, 妾なればお, 妾なんかが御紹介, 妾なんかには会わねえねえ, 妾なんかは解らないけど, 妾なんぞ始めから, 妾なんだか気味が悪い, 妾なんどの命, 妾なんどいふ人か別して, 妾にたいする老人の, 妾につき纏い, 妾にといふ世界的な, 妾にとりましても憎い憎い敵, 妾になんぞ遣れるもん, 妾にね随分思ひ切つた, 妾にばっかり入れあげたの, 妾にまでも音沙汰なし, 妾によって実地に, 妾に対してさえ毎月若干の, 妾に対してだけに河岸の, 妾に対しても充分な, 妾のくびにかかわりますから, 妾のみでこの, 妾のみが居るので, 妾のみはなど心弱くも, 妾はじめて道人様へ, 妾はずつと昔にも, 妾はっきり予言し, 妾はわざっと黄色い, 妾冷やかしなさるなら妾, 妾ばかり後へ, 妾ばかりが困るの, 妾ばかりじゃない, 妾ばっかし二十七人, 妾ばっかりが想って, 妾ひざまずいて拝みたい, 妾ひょっとすると, 妾ふうの粋, 妾ふつと思, 妾へは悲哀の, 妾ほとほとその心, 妾ほどのものは, 妾ほんとにどうしよう, 妾までが心細くなる, 妾までも莊園を, 妾みたように, 妾もうすっかりいやに, 妾もうすつかり疲れて了, 妾もうもう待てません, 妾もう一度貴郎様, 妾もし舞台に, 妾もしくは妾同士が, 妾もずつとひとりだ, 妾ものの悲しさ, 妾もよ秀ちやんの, 妾もろとも陣十郎, 妾もをがみに, 妾ゃあなたよりいくら落ちついてるか, 妾ゃちっとも気がつきませんでした, 妾ゃついぞこれまで死人を売った, 妾ゃどうしようか知らと, 妾ゃまた盆にくるだろう, 妾ゃア思うん, 妾ゃ一体何うなるんだい, 妾ゃ厭だよ, 妾ゃ吉三に惚れました, 妾ゃ堪忍袋の緒, 妾ゃ戯談にいってる, 妾ゃ手出しなんかした, 妾ゃ真剣にそう, 妾ゃ縁の下, 妾ゃ胸騒ぎがする, 妾ゃ行く末が暗闇, 妾やっぱり図書室へ, 妾やつぱり図書室へ参ります, 妾やはり帰りませんわ, 妾やもういつさい水が, 妾やを連れて, 妾よく男装し, 妾よりは責任も, 妾らここに見るあり, 妾ら二人はあれ, 妾ら学浅く才, 妾ら身の上に関する種々, 妾ざっと話さない, 妾わざとそうしたの, 妾をこそ憎め可, 妾をな見たまひそ, 妾ですわ, 妾アお供の露払い, 妾アお前と夫婦, 妾アお前さんが可愛く, 妾アどこまでも従いてく, 妾アギナという賢明, 妾アメリカ世界観光船へ乗組, 妾ア何んだか, 妾ア何処までも総司様, 妾ア右を狙った, 妾ア楢屋へ捻じ込ん, 妾ア気がかりでならない, 妾ア湯呑みをひっくりかえし, 妾ア生き甲斐を覚え, 妾ア真実傾城上りさ, 妾ガ髪初メテ額, 妾ガ髪始メテ額ヲ覆, 妾キッと先生, 妾ギクンとしちゃった, 妾ギョットしちゃったわ, 妾グレーとエリオット, 妾サンドヰツチ持つて, 妾シッカリして, 妾スッカリ安心して, 妾スッカリ新高さんが好き, 妾スツカリ忘れて, 妾ソレと気, 妾ゾオッとしちゃった, 妾ゾツとし, 妾タキがあつ, 妾タッタ今死んだツヤ子さん, 妾チャンと知っ, 妾ニハ領地ヲ分, 妾ニ投ズル金ヲシテ深川, 妾ビックリして, 妾ホントに感心, 妾ヤット気が付いた, 妾蓄へ, 妾一人何しに, 妾一人国許へ戻りまし, 妾一人後に残っ, 妾一体どうすれ, 妾一寸行つて来まつさ, 妾一度信者になつ, 妾一日友次郎樣を部屋, 妾一番恐れますの, 妾一遍もあなた, 妾三妾随時随意にこれ, 妾上がりのダンサア, 妾下向いたします, 妾不幸にし, 妾不肖なりといえ, 妾がある, 妾でも人, 妾は桑名侯, 妾二三日此処に泊つて行つて, 妾二十円宛二度位ひは, 妾亜米利加の旗, 妾人間の顔, 妾仁王門の処, 妾今どこからお, 妾今日あんたの家, 妾今日すつかり時間, 妾今日栄吉に用, 妾今月はトテモホクホク, 妾仕様がなくなった, 妾以下は初め般若寺村, 妾仲居等転々とした, 妾はない, 妾佐藤氏さよが一女子, 妾何ともあんたの, 妾何度読んでも, 妾だったん, 妾は男妾, 妾を愛し, 妾へ立っ, 妾全身の愛, 妾共二人もあと, 妾兼女房なの, 妾内山氏を納, 妾出来候故云云, 妾出身の女, 妾分らないからあなた自分, 妾から純, 妾勘定に入れませんでした, 妾勝てば官軍敗, 妾医師である貴方, 妾十五人時を同じ, 妾千寿などでもひっ捕え, 妾千寿めには熊, 妾去る日烏円めに, 妾取り合わぬでござりましょう, 妾口惜しかつた, 妾口惜しかったから, 妾口惜しくって, 妾同じくその子, 妾同前なもの, 妾同様表向の披露, 妾にクリスマス, 妾吾家が何時何, 妾捨てました, 妾と云, 妾商売とでも云う, 妾問題は破壊, 妾は申しません, 妾の女, 妾売ったのよ, 妾になつ, 妾喜びの, 妾大変にのど, 妾大好きだわ, 妾太田ミサコですわ, 妾夫火事で焼け死んだ, 妾奉公親の讐, 妾好きよ, 妾妊娠したかも, 妾としてお勝手, 妾妻妾同居漸く慣れ, 妾と違つてあんた, 妾妾故にの君, 妾姉妹二人を斯樣, 妾始めてでござんすわ, 妾姫神山は本妻, 妾威張る人嫌いだ, 妾婢幼児なりき, 妾嬉しかったわ, 妾の心ばえ, 妾字五夫到の, 妾実は家も, 妾家族全体を座敷, 妾富みたる寡婦おとなしき, 妾呆気て, 妾小間使で, 妾少々は駻馬, 妾屋敷内へ入っ, 妾山中氏より妻, 妾山内氏の生んだ, 妾屹度あなたの村, 妾左右に侍り, 妾巧みに其疑い, 妾より芝居寄席, 妾ちに, 妾待ってい, 妾後部から出来る, 妾世辞は, 妾御子に易, 妾から可憐相, 妾心得て楼, 妾心細くなつて, 妾心配になり, 妾必ず出て, 妾志願者だと, 妾忙しいわ, 妾怒鳴ってやった, 妾怖いから見, 妾思い切り打って, 妾思うわ, 妾思つてゐるのよ, 妾思はず手を, 妾性交接の道, 妾は海道, 妾悪いと思います, 妾悪人ではございません, 妾悲しゅうございました, 妾感心した, 妾感謝しちゃったわ, 妾手掛けを置い, 妾手掛けなら知らないことこの, 妾折角夏服を, 妾探して上げましょう, 妾描いて頂く, 妾にの君, 妾はつた, 妾數百人をはぶき, 妾新九郎さまと呼ん, 妾新道という処, 妾新高さんにスッカリ征服, 妾旅芸人といった過去, 妾旅藝人といつた, 妾春三十一男鉄三郎七つ女洲十五国十二安四つ, 妾春三十七榛軒未亡人志保六十二であつ, 妾春三十三榛軒未亡人志保五十八であつ, 妾春三十九榛軒未亡人志保六十四であつ, 妾春三十二男鉄三郎八つ女洲十六国十三安五つ, 妾春三十五榛軒未亡人志保六十であつ, 妾春三十八榛軒未亡人志保六十三であつ, 妾春三十六榛軒未亡人志保六十一であつ, 妾春三十四榛軒未亡人志保五十九であつ, 妾春三十鉄三郎六つ洲十四国十一安三つ, 妾春二十七であつ, 妾春二十九子鉄三郎五つ女洲十三国十安二つ, 妾春二十八鉄三郎四つ女洲十二国九つ安一つ, 妾春二十六蘭軒の女長三十七, 妾春四十一であつ, 妾春四十七であつ, 妾春四十三であつ, 妾春四十五であつ, 妾春四十四であつ, 妾まではチラ, 妾暮らしをし, 妾曾根崎新地の茶屋大黒屋和市, 妾最初ビックリしましたわ, 妾服地を送っ, 妾からまっ, 妾朝鮮の女, 妾本妻で病気, 妾本当にさう, 妾本当にそうお願いしたい, 妾本当はもっと処女で, 妾本望だわ, 妾と申す, 妾来た時もさうどした, 妾来月お嫁, 妾東洋の女優, 妾を散歩, 妾某同村内に一家, 妾某氏と竹逕, 妾柳如是といふ者, 妾が食べたく, 妾でご, 妾格別わるいこと, 妾横丁には随分, 妾橋本みねを納, 妾を唄います, 妾正気に帰っ, 妾此寺に来りし, 妾此犬が大, 妾此頃大分レコードを集めまし, 妾歩いて参ります, 妾が痛く, 妾死ぬなら首を, 妾死んでも放しません, 妾死んだ方が, 妾残念に存じます, 妾殺されるかはしりませぬ, 妾母さんが心配, 妾気に入つたわ, 妾気質の大気, 妾を貰つて, 妾沙汰の一条, 妾泊つたわよ, 妾泊つて行くの, 妾泣いたのよあなた, 妾活動も好い, 妾ちやんに, 妾まで行っ, 妾渡らないだつて平気で, 妾漕げてよ, 妾炊事を自ら, 妾無茶かも知れない, 妾煙突なんかへ登りたく, 妾牧二十八歳の兄栄次郎, 妾物心つきました頃, 妾物語をもう一度, 妾犬扱ひに, 妾狂人になる, 妾玉菊のお, 妾にさわる, 妾発奮して, 妾百合子ですが, 妾な存在, 妾的取扱いをうける, 妾的婦人が小綺麗, 妾目前り雄, 妾眠ったのでございます, 妾が眩む, 妾睨めつこを, 妾つてる家, 妾知ってて, 妾知つてゐる, 妾神様に感謝, 妾うまくやれる, 妾稼業をし, 妾三号は, 妾等二人に較べ, 妾籐椅子と結婚, 妾絹子でございますが, 妾置いて車, 妾習いますとも大, 妾考えるわ, 妾考へるわ, 妾而御者生兒永壽, 妾聞きたくはない, 妾の女, 妾肖像画も懸け, 妾胸中は如何, 妾自らかく成り侍り, 妾自身そばにい, 妾自身何も考え, 妾般若寺村の庄屋橋本忠兵衛, 妾良心の苦し, 妾花子を始め新町, 妾芸当をやり, 妾苦労人が好き, 妾菖蒲の方, 妾落語聞いてるよ, 妾の知らせ, 妾見たから知っ, 妾見込まれたのか, 妾見返ってもやりゃ, 妾りを, 妾証文をわたし, 妾話して上げましょう, 妾説明を聞く, 妾など, 妾の御, 妾貧しけれどもなお, 妾貧しいのでございます, 妾貴男の情婦, 妾越中にお, 妾足労れたわ, 妾身の上話しは, 妾身支度をし, 妾辛いのでございます, 妾迂闊の難題, 妾近々伊丹屋の, 妾遊びにも飽い, 妾道会議員妾の情夫, 妾達一人残らずお前さん, 妾達一統の頭領, 妾達仲間の掟通り, 妾達夫婦の六人, 妾達忍び衆の身, 妾達旅芸人の一行, 妾達親子の者, 妾野郎大變, 妾金ちゃんを待っ, 妾銀座へ夕餐, 妾なんて降し, 妾随分心配し, 妾随時随意にこれ, 妾障子の隙, 妾電話で奥さん, 妾を蔽うた, 妾面白くつて仕方が, 妾頑固に頭, 妾まけして, 妾馬鹿で気, 妾駄目ですけれど, 妾騙しなんかしやしない, 妾驚きて, 妾の真似, 妾には暇, 妾鹿児島へかえったら, 妾黄色いバラの, 妾つて従い, 妾なんか打つ