青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「少しく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

小鳥~ ~少々 少々~ ~少い 少い~ ~少く 少く~ ~少し 少し~ ~少しく
少しく~
~少ない 少ない~ ~少なく 少なく~ 少なくとも~ ~少女 少女~ ~少年 少年~ 少数~

「少しく~」 1962, 21ppm, 5418位

▼ 少しくその~ (35, 1.8%)

2 手を

1 [33件] ころの, 位置を, 使用法に, 処置に, 判断に, 利を, 度量を, 心得が, 思い出を, 性質を, 損失を, 期日を, 業を, 機嫌を, 淵源と, 激しき怒り, 理由を, 生活法を, 用例を, 眼を, 給料を, 罪も, 色合を, 解釈に, 説の, 説明に, 読むところ, 謀を, 議論を, 趣を, 頃の, 顔色を, 首を

▼ 少しく躊躇~ (17, 0.9%)

6 して 3 した 2 したが, しながら 1 したそう, したの, し窓, せられる

▼ 少しく~ (13, 0.7%)

1 [13件] こごみに, といへる, にかがん, にのべ, に傾く, に戻り, に進ましめ, のほど用人, の事, の沢蟹, へかしげ, を望み, 伯元等と

▼ 少しくこれ~ (12, 0.6%)

2 を研究 1 と違つた種類, と離れ, につき観察, に異なり, をもて, を受, を筆, を観察, を觀, を註し

▼ 少しく~ (12, 0.6%)

1 [12件] あり覚醒, ある者, が乱れ, が暗く, に勇気出, に恥ぢ, に誓, の力, の誇り, をとめ, をなやまし, を安んずる

▼ 少しく~ (12, 0.6%)

3 を顰め 2 をあげ, をひそめ, を顰めた 1 をひそめた, をよせた, を寄せる

▼ 少しく意外~ (11, 0.6%)

2 であったので, に思った, に感じた 1 であった, でお, とする, に感ずる, に驚い

▼ 少しく説明~ (11, 0.6%)

2 しようと 1 が要る, して, すると, する所, をしなけれ, を加, を要する, を要するであろう, を試みよう

▼ 少しく述べ~ (11, 0.6%)

2 ておいた, ておきたい, て置こう 1 てみよう, て置かう, て置きたい, て見たい, て見よう

▼ 少しく~ (10, 0.5%)

3 を低めた 2 を低め, を暴くし 1 をひそめつ, をふるわせ, を強め

▼ 少しく~ (9, 0.5%)

2 に就 1 と異なり, れを, を補, を言, を記述, を説明, を開陳

▼ 少しく~ (9, 0.5%)

6 を異に 1 がちがう, を変じ, を変ずる

▼ 少しく~ (9, 0.5%)

3 をしかめた 2 をしかめ, を染めた 1 の締り, の色

▼ 少しくこの~ (8, 0.4%)

2 点を 1 ガスを, 二句の, 慕わしい女優, 方面に, 見方から, 貞操なる

▼ 少しく不安~ (8, 0.4%)

1 なこと, に思いました, に思っ, を感じ, を感じた, を感じ初めた, を感ずる, を懐い

▼ 少しく注意~ (8, 0.4%)

4 して 2 すれば 1 す可, を払う

▼ 少しく~ (8, 0.4%)

2 の眼 1 にはいぶかしまれる, の予想, の感想, の運命観, は大, は文学

▼ 少しく考え~ (8, 0.4%)

1 ていた, ていました, ているらしかった, てみた, てみよう, てみれ, て見る, をめぐらしたなら

▼ 少しく長く~ (8, 0.4%)

2 なると 1 なりすぎた, なりぬ, なるけれども, 持ちすぎる, 看病を, 穀粒は

▼ 少しく~ (7, 0.4%)

1 にあたり, にきこえしか, に來, に進める, を急がね, を急ぎます, を越された

▼ 少しく~ (7, 0.4%)

1 について言わなけれ, に先, に就い, に年, のこと, の書, をもったいらしく

▼ 少しくお話~ (6, 0.3%)

1 いたしませう, しませう, しようと, をいたそう, 致したいと, 致します

▼ 少しく~ (6, 0.3%)

2 を見 1 に乗ずべき, に語り, れに, を折っ

▼ 少しく~ (6, 0.3%)

2 るところ 1 あり, って, つた徑路をと, る一般均衡状態

▼ 少しく~ (6, 0.3%)

2 を和げる 1 をつけ, をつける, を直しぬ, を起し

▼ 少しく~ (6, 0.3%)

1 に余裕, の良い, をあげ, を傾けた, を冷やか, を揚げつ

▼ 少しくあと~ (5, 0.3%)

1 しざる, に引き, の慶安年中, の方, へ下げ

▼ 少しくわが~ (5, 0.3%)

1 こ, 導者に, 心明るき, 息を, 意に

▼ 少しく~ (5, 0.3%)

1 つた價値の, にある, にその, に補叙, の方

▼ 少しく不平~ (5, 0.3%)

2 の色 1 らしい口吻, らしく云, らしく言った

▼ 少しく失望~ (5, 0.3%)

2 させたの, した 1 して

▼ 少しく安堵~ (5, 0.3%)

1 した次第, せし折, の思ひ, の眉, を覚えた

▼ 少しく安心~ (5, 0.3%)

4 した 1 した博士

▼ 少しく~ (5, 0.3%)

1 から斜め, に戻る, に譲り, へ戻し, へ戻る

▼ 少しく~ (5, 0.3%)

1 が楽, が落ち付い, が触れた, にかかり, に留めた

▼ 少しく狼狽~ (5, 0.3%)

1 いて, したの, しました, の気味, へ

▼ 少しく~ (5, 0.3%)

2 の色 1 が眩ん, をやる, を史籍

▼ 少しく~ (5, 0.3%)

2 うるとき 1 うべき事, うると, うる所

▼ 少しく自分~ (5, 0.3%)

1 のこと, の意見, の自己, の見る, の説

▼ 少しく~ (5, 0.3%)

1 が尽きた, さめて, に乗じた, に入る, を醒まし

▼ 少しく距離~ (5, 0.3%)

1 があった, が遠い, のある, をへだてた, を置い

▼ 少しく~ (5, 0.3%)

1 をかわした, を起き上らせ, を退かせました, を退きし, を退り

▼ 少しく~ (5, 0.3%)

3 ぶるところ 1 ぶる所, ぶる所有らん

▼ 少しく酔っ~ (5, 0.3%)

2 ていた 1 ている, ているらしく, て帰りかける

▼ 少しく離れ~ (5, 0.3%)

2 てゐる 1 てかえって, て前, て猿

▼ 少しく離れた~ (5, 0.3%)

1 ところに, ところへ, 縁の, 都下の, 露路では

▼ 少しく~ (5, 0.3%)

2 ひぬ 1 えかけました, えて聞えた, へた

▼ 少しく~ (4, 0.2%)

1 喋舌り, 言葉を, 酒など, 酒を

▼ 少しく~ (4, 0.2%)

2 似合いの 1 本意の, 満足を

▼ 少しく不審~ (4, 0.2%)

1 がらせました, である, なきを, をいだいた

▼ 少しく事情~ (4, 0.2%)

2 があっ 1 をことに, を異に

▼ 少しく動揺~ (4, 0.2%)

2 した 1 するだろうと, するの

▼ 少しく~ (4, 0.2%)

1 だが, だと, だとも, へて作つたロオヴ

▼ 少しく~ (4, 0.2%)

2 に歪ん 1 に寄っ, に木製

▼ 少しく~ (4, 0.2%)

2 をあらためた 1 が小さく, をあらためる

▼ 少しく思案~ (4, 0.2%)

3 して 1 しながら

▼ 少しく性質~ (4, 0.2%)

2 を異に 1 の異, の違った

▼ 少しく意味~ (4, 0.2%)

1 がありました, がはっきり, が異, のちがった

▼ 少しく書い~ (4, 0.2%)

3 てみよう 1 て置かう

▼ 少しく無理~ (4, 0.2%)

1 であったと, なよう, の熟語, をすれ

▼ 少しく異様~ (4, 0.2%)

1 なるやう, に聞かれます, に見, の目

▼ 少しく~ (4, 0.2%)

2 をそらした 1 を撫で, 撫でおろす其時

▼ 少しく~ (4, 0.2%)

2 を進ませ 1 をすすめ, を進め

▼ 少しく詳細~ (4, 0.2%)

1 な比較論, に, に説明, に過ぎ

▼ 少しく誇張~ (4, 0.2%)

1 さえまぜ, であるとしても, に失した, に失せざる

▼ 少しく~ (4, 0.2%)

2 を早めた 1 をはやめよ, を無理

▼ 少しく~ (4, 0.2%)

3 を置い 1 が離れすぎ

▼ 少しく~ (4, 0.2%)

1 を和げた, を和らげ, 喰って, 食わざるを

▼ 少しく~ (4, 0.2%)

1 をひねり, を捻ります, を捻る, を転じ

▼ 少しく高尚~ (4, 0.2%)

1 で普通読者, な苦悩, にわたって知れ, に進み

▼ 少しくそれ~ (3, 0.2%)

1 ている, に優る, を疑っ

▼ 少しく下り~ (3, 0.2%)

1 て偃松, て段層, 道に

▼ 少しく不快~ (3, 0.2%)

1 であったの, な顔, を感じた

▼ 少しく不思議~ (3, 0.2%)

1 である, に思われた, を感じさせた

▼ 少しく低い~ (3, 0.2%)

2 土地には 1 わが家の

▼ 少しく~ (3, 0.2%)

1 をねぢ, を前, を躱した

▼ 少しく元気~ (3, 0.2%)

1 づいて, づき三, を取り戻した

▼ 少しく冷静~ (3, 0.2%)

1 だったこと, にな, になっ

▼ 少しく~ (3, 0.2%)

1 の方, の考え, 問題なれ

▼ 少しく~ (3, 0.2%)

1 すれば, になる, に廻った

▼ 少しく~ (3, 0.2%)

1 に傾, の写本, へ下り気味

▼ 少しく奇怪~ (3, 0.2%)

1 じゃがいずれ, でありました, に感ずる

▼ 少しく学問~ (3, 0.2%)

1 あり知識, でもする, のある

▼ 少しく崩し~ (3, 0.2%)

2 ながら苦い 1 加減に

▼ 少しく当惑~ (3, 0.2%)

2 した 1 したらしく見えましたが

▼ 少しく恐れ~ (3, 0.2%)

2 をなし 1 て件

▼ 少しく揺動~ (3, 0.2%)

3

▼ 少しく~ (3, 0.2%)

1 にし, になり, に降っ

▼ 少しく~ (3, 0.2%)

1 が経過, のたちすぎ, を経

▼ 少しく時間~ (3, 0.2%)

1 あり, が経つた, に余裕

▼ 少しく次に~ (3, 0.2%)

2 其の性格 1 説明しよう

▼ 少しく気色ばん~ (3, 0.2%)

1 でいた, でゐた, で傷

▼ 少しく派手~ (3, 0.2%)

2 では 1 な暮し

▼ 少しく~ (3, 0.2%)

1 上げたい儀, 上げないと, 上げること

▼ 少しく異なる~ (3, 0.2%)

1 ものある, 徳岡神泉の, 日本に

▼ 少しく疑い~ (3, 0.2%)

1 が起こる, を起こし, を起しまし

▼ 少しく研究~ (3, 0.2%)

1 するとともに, せられて, を試みた

▼ 少しく精細~ (3, 0.2%)

1 なる比較, に云っ, に吟味

▼ 少しく~ (3, 0.2%)

2 がかった色 1 を含んだ

▼ 少しく緩め~ (3, 0.2%)

2 て流れ 1 てもよい

▼ 少しく興奮~ (3, 0.2%)

1 して, してるらしいいつも, せる体

▼ 少しく行く~ (3, 0.2%)

1 とその, とヒルバ, と宿屋

▼ 少しく西~ (3, 0.2%)

2 へ寄った 1 の方

▼ 少しく~ (3, 0.2%)

1 の筋, は乱れた, をしたかった

▼ 少しく話し~ (3, 0.2%)

1 てみたい, てみよう, て見たい

▼ 少しく詳しく~ (3, 0.2%)

1 歴史を, 説いて, 読むもの

▼ 少しく~ (3, 0.2%)

1 だ, へて作つたロオヴ, りたり

▼ 少しく辟易~ (3, 0.2%)

1 したうえ, して, します

▼ 少しく述べた~ (3, 0.2%)

1 がその後識, が内, ものである

▼ 少しく違っ~ (3, 0.2%)

1 ていた, ている, て居ります

▼ 少しく閉口~ (3, 0.2%)

1 して, しながら, の気味

▼ 少しく高い~ (3, 0.2%)

2 所に 1 所へ

▼ 少しく高く~ (3, 0.2%)

2 なって 1 上げ室

▼ 少しくあの~ (2, 0.1%)

1 ころの, 色彩が

▼ 少しくあらわれ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 少しくある~ (2, 0.1%)

1 きりで, の義

▼ 少しくいぶかしい~ (2, 0.1%)

1 ことには, 節が

▼ 少しくうるさい~ (2, 0.1%)

1 と感じました, 有閑婦人に

▼ 少しくぼんやり~ (2, 0.1%)

1 して, とし

▼ 少しく上り~ (2, 0.1%)

1 て大いなる, て燒野

▼ 少しく上方~ (2, 0.1%)

1 にあたり, にと

▼ 少しく上気~ (2, 0.1%)

1 さして, して

▼ 少しく下っ~ (2, 0.1%)

1 てまた, て来た

▼ 少しく不平そう~ (2, 0.1%)

1 に云った, に兄

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 に知られ, の人

▼ 少しく世間~ (2, 0.1%)

1 に向く, の景気

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 る, れて

▼ 少しく云う~ (2, 0.1%)

1 て置かね, 所ある

▼ 少しく仕事~ (2, 0.1%)

1 をする, を焦りすぎた

▼ 少しく以前~ (2, 0.1%)

1 から活動寫眞, に新

▼ 少しく休息~ (2, 0.1%)

1 しよう, する

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 声に, 脳そして

▼ 少しく低能~ (2, 0.1%)

1 でそして, の者

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 少しく余分~ (2, 0.1%)

1 に後, に感歎

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 に異なる, を挙げ

▼ 少しく侵略~ (2, 0.1%)

1 したのみ, して

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 である, になる

▼ 少しく修養~ (2, 0.1%)

2 を積めよ

▼ 少しく健康~ (2, 0.1%)

1 をそこない, を回復

▼ 少しく其の~ (2, 0.1%)

1 心を, 活力を

▼ 少しく其理由~ (2, 0.1%)

2 を語ら

▼ 少しく冷笑~ (2, 0.1%)

1 って, を浮べ

▼ 少しく凹む~ (2, 0.1%)

1 所一條の, 所樹木繁る

▼ 少しく勇気~ (2, 0.1%)

1 を回復, を得

▼ 少しく動く~ (2, 0.1%)

1 と覺, は日

▼ 少しく動け~ (2, 0.1%)

2 ば揣摩臆測紛然

▼ 少しく勝手~ (2, 0.1%)

1 が違う, が違っ

▼ 少しく勾配~ (2, 0.1%)

1 ある土地, にかかる

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 しあるいはまた, に行く

▼ 少しく南方~ (2, 0.1%)

1 に傾き, に向え

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 に流しこんだ, をあい

▼ 少しく古文書~ (2, 0.1%)

1 について知らん, を読んだ

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 怪いとは, 笑味を

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

2 はしめし

▼ 少しく報道~ (2, 0.1%)

2 しないでは

▼ 少しく増補~ (2, 0.1%)

1 するに, の上

▼ 少しく変った~ (2, 0.1%)

1 役人と, 趣を

▼ 少しく大きい~ (2, 0.1%)

1 子どもは, 火の玉が

▼ 少しく大きく~ (2, 0.1%)

1 して, 羽の

▼ 少しく大型~ (2, 0.1%)

2 に脹れ

▼ 少しく大胆~ (2, 0.1%)

1 に扉, に過ぎる

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 の入った, 着で

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 なり, にし

▼ 少しく小高い~ (2, 0.1%)

2 処は

▼ 少しく常人~ (2, 0.1%)

1 でなかったが, と異なりまし

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 をし, を罷り出る

▼ 少しく引用~ (2, 0.1%)

1 したい, して

▼ 少しく張る~ (2, 0.1%)

1 が如き, のは

▼ 少しく後方~ (2, 0.1%)

1 に曳い, に退れ

▼ 少しく得る~ (2, 0.1%)

1 ところある, ところも

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 帰国も, 所労の

▼ 少しく微笑~ (2, 0.1%)

2 を洩らした

▼ 少しく心許なく~ (2, 0.1%)

1 思う, 思われぬでも

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

2 易し

▼ 少しく快く~ (2, 0.1%)

1 なりたれば, なりましてから

▼ 少しく快方~ (2, 0.1%)

1 との事, に向った

▼ 少しく忿怒~ (2, 0.1%)

2 を帯びた

▼ 少しく怒り~ (2, 0.1%)

1 さえした, をうかべ

▼ 少しく怒気~ (2, 0.1%)

1 をふくん, を含んだ

▼ 少しく思う~ (2, 0.1%)

1 ところござっ, 所が

▼ 少しく思ふ~ (2, 0.1%)

1 よしあれ, よし幼

▼ 少しく思慮~ (2, 0.1%)

1 あるキリスト教信者, ある族

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 な傾斜, にし

▼ 少しく感心~ (2, 0.1%)

1 したもの, したようす

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 しむべし, しむべしわれた

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 を下し始めた, を加へた圓

▼ 少しく持て余し~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 少しく据わっ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 少しく改まり~ (2, 0.1%)

2 清吉は

▼ 少しく政治論~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ 少しく文字~ (2, 0.1%)

1 ある者, も読め

▼ 少しく早め~ (2, 0.1%)

1 に一八一四年三月十二日, に昼食

▼ 少しく早計~ (2, 0.1%)

2 ではあるまい

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 にさかのぼれ, を伝え

▼ 少しく時代~ (2, 0.1%)

1 の比較, の知識

▼ 少しく曲り~ (2, 0.1%)

1 やや南, 背と

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 になった, 過ぎて

▼ 少しく様子~ (2, 0.1%)

1 がおかしい, を見

▼ 少しく残念~ (2, 0.1%)

1 に思った, の気色

▼ 少しく気色~ (2, 0.1%)

1 を和らげ, を変え

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 が踵, を霽

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 をくぐっ, を放れた

▼ 少しく油断~ (2, 0.1%)

1 した, すると

▼ 少しく温和~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 少しく濃厚~ (2, 0.1%)

2 な筆力

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 鐵砲に, 雑作に

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 にまかれた, に巻かれた

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 があるらしい, を含む

▼ 少しく爪先上り~ (2, 0.1%)

1 になっ, になつ

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 を尋ね, 足らぬ心地

▼ 少しく理由~ (2, 0.1%)

2 を申

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

2 はしい

▼ 少しく登る~ (2, 0.1%)

1 ところ陸橋あり, と木

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 がはずれた, をはずれ

▼ 少しく省略~ (2, 0.1%)

1 が多, の筆

▼ 少しく眞面目~ (2, 0.1%)

1 になり, に謙遜

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

2 を含み

▼ 少しく精しく~ (2, 0.1%)

1 いうと, 知りたいと

▼ 少しく精神~ (2, 0.1%)

1 に異状, の均衡

▼ 少しく締め~ (2, 0.1%)

1 更に膝, 細い腰部

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 の遠き, より離し

▼ 少しく耳立ち~ (2, 0.1%)

2 日は

▼ 少しく腹立たしく~ (2, 0.1%)

1 なった, なったらしく眼

▼ 少しく自己~ (2, 0.1%)

1 の心生活, の方

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 付いた状, 付くと

▼ 少しく薄弱~ (2, 0.1%)

2 であるか

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 うと, へ頭上

▼ 少しく視野~ (2, 0.1%)

1 のきく, を拡げさせ

▼ 少しく覚束~ (2, 0.1%)

1 ないよう, ない事情

▼ 少しく解けたる~ (2, 0.1%)

1 体なり, 體なり

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 を費す, を費やす

▼ 少しく記載~ (2, 0.1%)

2 すること

▼ 少しく記述~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 をあらためて, を改めた

▼ 少しく語らん~ (2, 0.1%)

1 と欲する, 事の

▼ 少しく調べたい~ (2, 0.1%)

2 ことが

▼ 少しく調和~ (2, 0.1%)

1 が悪い, を欠く

▼ 少しく調査~ (2, 0.1%)

1 したいこと, を願いたい

▼ 少しく赤み~ (2, 0.1%)

1 か, がさし

▼ 少しく趣き~ (2, 0.1%)

1 は異なる, を異に

▼ 少しく身拵~ (2, 0.1%)

2 を丁寧

▼ 少しく軽く~ (2, 0.1%)

1 なり十月, 聞こえるが

▼ 少しく返事~ (2, 0.1%)

1 に困った, に詰まる

▼ 少しく途方~ (2, 0.1%)

1 に暮れ, も無い

▼ 少しく進み~ (2, 0.1%)

1 てわが, て老人

▼ 少しく進む~ (2, 0.1%)

1 ときは, まで暫らく

▼ 少しく進ん~ (2, 0.1%)

1 でみたら, で国際間

▼ 少しく遅い~ (2, 0.1%)

1 がしかしそれでも, 朝食を

▼ 少しく遅れ~ (2, 0.1%)

1 ても何とか, て文明十七年六月

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 ふ外, ふ意味

▼ 少しく違います~ (2, 0.1%)

1 からね, 声明家は

▼ 少しく遠く~ (2, 0.1%)

1 なっても, なりました外

▼ 少しく遠慮~ (2, 0.1%)

1 して, しなければ

▼ 少しく遺憾~ (2, 0.1%)

1 であったが, の点

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 に醉つて, を注いだ

▼ 少しく酔い~ (2, 0.1%)

1 がまわっ, ながら孤独

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 である, にすぎ

▼ 少しく重く~ (2, 0.1%)

1 なると, 山の

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 の入用, を持った

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 じて, すぎるほど

▼ 少しく長い~ (2, 0.1%)

1 がわが国, ので周囲

▼ 少しく難儀~ (2, 0.1%)

1 であった, らしい顔

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 の多い, を交ゆ

▼ 少しく面目~ (2, 0.1%)

1 がかはつて, をとり

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 の締り, を擡げ

▼ 少しく顔色~ (2, 0.1%)

1 を変えました, を暗く

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 が交っ, の日

▼ 少しく風邪~ (2, 0.1%)

2 を引いた

▼ 少しく驚かされ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 少しく驚く~ (2, 0.1%)

1 がさらに, ことよろしく

▼ 少しく~ (2, 0.1%)

1 につい, につく

▼1* [1055件]

少しくあけぼんやりつっ立っ, 少しくあせり気味に, 少しくあったきりで, 少しくあっちこっちに生え, 少しくいいかえたものである, 少しくいい過ぎた論である, 少しくいかついわりに, 少しくいからせるぱっと白い, 少しくいわねばならない, 少しくうがちすぎた説と, 少しくうとんじるような, 少しくうなだれたる頭の, 少しくうるんでゐる, 少しくおかしいと思った, 少しくおかしく思いながら, 少しくおくれて出る, 少しくおそろしくなりました, 少しくおちついたらしく思い思いに, 少しくおでこでひきし, 少しくおどけて桃, 少しくお手本に取った, 少しくお願いの儀, 少しくかがめたる時高柳は, 少しくかけ離れた里で, 少しくかしこを離れし, 少しくかのナポレオンビスマルクを, 少しくからだに, 少しくぎょっとした, 少しくくつろいだ頃千枝子は, 少しくくらうなりて星かげあら, 少しくこちらで敵意, 少しくこぼれている, 少しくさえて夕飯, 少しくさかのぼって貞観時代, 少しくしゃくれ日本人としては, 少しくしゃれた言葉であります, 少しくじりじりして, 少しくすがめというの, 少しくすがめだといっ, 少しくすぐつたいやう, 少しくすべって来た, 少しくずらし畳表づき, 少しくせせら笑いの気持, 少しくそぼちて桐, 少しくぢろいだ, 少しくたくさんの野生, 少しくたぶれたわ, 少しくたぶれてるからね, 少しくためらひなき, 少しくためらう風に, 少しくだぶついたズボンに, 少しくれて, 少しくてれたように, 少しくでありそれも, 少しくどもって, 少しくどもりであつた, 少しくなめている, 少しくなめるという種族, 少しくなる口なる, 少しくにじり出で, 少しくにじり寄って更にぴたり, 少しくねじれて顔, 少しくのぼせていた, 少しくのぼった空地には, 少しくはげて来た, 少しくはげしうなりて, 少しくはみ出して居りました, 少しくこれも, 少しくふところを温めた, 少しくぶしつけなほど彼女, 少しくへだたっていた, 少しくまくりあげて見せた, 少しくましな何事, 少しくまじめになっ, 少しくまばらになっ, 少しくみずから省察すれば, 少しくむし暑さも, 少しくもたげてその, 少しくもたれかかるように, 少しくやけになっ, 少しくやって見ましょう, 少しくやり過ぎたな, 少しくやれる酒を, 少しくゆとりを示し, 少しくゆれるのみである, 少しくろれつのまわりかねる, 少しくわかり兼ねるがかの, 少しくわが身を起し, 少しくわけ前に, 少しくわれわれの人間, 少しくアイデアリズムに傾いた, 少しくシナの兵士, 少しくシナ文字を知っ, 少しくソーンダイクが結果, 少しくタルミがある, 少しくチベット人の恐るる, 少しくハズミ出して, 少しくビルマ語をも解す, 少しくライフの意義, 少しくワザとらしい, 少しく一方へかしげ, 少しく一般的なこと, 少しく一風変った児童, 少しく丁寧に読まれた, 少しく三書の事, 少しくに揺れ, 少しく上ると河, 少しく上等な所, 少しく下がって中, 少しく下げる必要を, 少しく下ると山間, 少しく下れば橋, 少しく下卑た話である, 少しく下手の方, 少しく下火になった, 少しく下目になつて袂, 少しく下降した, 少しく不倫の嫌, 少しく不同あれども, 少しく不安心になっ, 少しく不審そうにその, 少しく不審のかどがあっ, 少しく不意を撃たれた, 少しく不明になる, 少しく不明瞭な程度, 少しく不機嫌になつ, 少しく不気味に思う, 少しく不用の金子, 少しく不自然の傾き, 少しく不調法でしたわい, 少しく不賛成の顔色, 少しく不都合なるが, 少しく不釣合いだと, 少しく世界を局限, 少しく丸く色は, 少しく乙夜の覧, 少しく乱れている, 少しく乱暴な精神, 少しく乱酔いたしたと, 少しくがめんどう, 少しく事実に関して観察, 少しく事情複雑であって, 少しく二人の主義, 少しく二百二十日前の風, 少しく云い淀んで, 少しく云わして頂き, 少しく人ごみに酔ったらしい, 少しく人間らしい, 少しく人間らしいものとして, 少しく人間性に注意, 少しく今日の日本, 少しく仏教をも混じ, 少しく他人のこと, 少しく他聞を憚り, 少しく仰山に言います, 少しく伏目になっ, 少しく伐り去らうと云, 少しく似た話が, 少しく位置を變, 少しく低く黒みて, 少しく余力あれば, 少しく合いが, 少しく俯向かせて, 少しくは焦心, 少しく借財が残った, 少しくきて, 少しく倦んで来た, 少しく倦んだ形であった, 少しくして, 少しく偏するかも知れませぬ, 少しく傾いてゐます, 少しく傾きながら潰れず, 少しく傾きかけた日が, 少しく傾け石を, 少しく傾動す, 少しく傾聴せられ来訪, 少しく働いて多く, 少しく働くか或いは, 少しく優っている, 少しく優越の感じ, 少しく元禄文学を道, 少しくの憐, 少しく兄上におかれまし, 少しく先方にありまし, 少しく先生に就, 少しく光っている, 少しく光明を得, 少しくつた外には, 少しくずかしく, 少しく六嚢の方, 少しくを起したで, 少しくれを, 少しく其当を失す, 少しく其形跡を求め, 少しく其意味を異に, 少しく其方向を誤り, 少しく具体的に述べ, 少しくに向, 少しく内容を吟味, 少しく内情に注意, 少しく内方に巻き込み, 少しく内輪にする, 少しく録せね, 少しく冗長のきらい, 少しく冴えている, 少しく冷たくみえること, 少しくれ尚, 少しくてチャリー, 少しく出すようにと, 少しく出世したの, 少しく出金の苦痛, 少しく出鱈目すぎる, 少しく分解して, 少しく切り落とすのだ, 少しくよりずり出, 少しく剥げたるを補うた, 少しくを得た, 少しく力量がある, 少しく劣つてゐるやう, 少しく劣り最低に, 少しく勉強して, 少しく動かせど敵, 少しく動きて歩み行く, 少しく動き出してきました, 少しく勘考しました, 少しく勘辨せざる可ら, 少しく勝手違いの感, 少しく北の方にまがり, 少しく卑劣にわたり学者, 少しく単純化が足りない, 少しく印度が世界, 少しくいぞ, 少しく危ぶむように, 少しく厳重過ぎて, 少しく又次郎の腑, 少しく友達が大事, 少しく反り返っていた, 少しく収入の余, 少しく叔母に精神的, 少しく取り佩ぶれ, 少しく取り違えて居られる, 少しく受け口の下, 少しくを知る, 少しく古今の書籍, 少しく可能なるが, 少しく叱る様に, 少しく右折して, 少しく右斜に流れ, 少しく右舷に傾けり, 少しく吃りながら挨拶, 少しく名誉を好む, 少しく向うに市街, 少しくがおん寂寞, 少しく吟味して, 少しく呆気に取られ, 少しく和ぎぬこは, 少しく和げている, 少しく和学を研究, 少しく咳嗽して, 少しく哀れを催し, 少しくのよい, 少しくを動かしました, 少しく唐突の様, 少しく唸りましたけれどもやがて, 少しく問題はある, 少しく嗜むぐらいな, 少しく四五倍の高, 少しく国威を示すべし, 少しく圧制なるペスタロジ, 少しく圧力を加える, 少しく地位が高い, 少しく地理に通じ, 少しくを登り, 少しく堅くなって, 少しく報酬というもの, 少しく増して急, 少しく声高になっ, 少しく売行きのよい, 少しく変えるという, 少しく変っている, 少しく変つた事有之候, 少しく変りしのみにて, 少しく変わっていた, 少しく変わりたり, 少しく変化させ土屋根葺, 少しく変形したもの, 少しく変態的に, 少しく変更を加えた, 少しくの家, 少しく外れたものであるらしい, 少しく外部へ踏み出す, 少しく多くなり階段, 少しく多量に注射, 少しく大きすぎると, 少しく大人気ないほどにも, 少しく大業に形容, 少しく大袈裟に響き過ぎる, 少しくに通暁, 少しくなりと言うべし, 少しく奇人を衒い, 少しく奇異の感, 少しくを探る, 少しく好きになれ, 少しく妬んでいるらしかった, 少しく婦人の天職, 少しく嫌味を覚ゆれ, 少しく子細を知れる, 少しくを知り, 少しく存ずる旨も, 少しく孝道を發揮, 少しく学びましたそれよりは, 少しく学んだからこの, 少しく安全だ, 少しく完成され過ぎた形, 少しく実例をもっ, 少しく実地踏査を要する, 少しく家庭の教育, 少しく宿りその言葉, 少しく寄りあうのでした, 少しく寄りあっていました, 少しく寒い朝であった, 少しく寒気をしのぎ, 少しく寝所を移すなり, 少しく寡黙になった, 少しく實地踏査を要する, 少しく寿山子の花柳吟, 少しく専門に毛, 少しく專門に毛, 少しくぬる人, 少しく尋ねたき仔細ござれ, 少しく小暗い阪道へとか, 少しく小林の注意, 少しく小説の数, 少しく小首を傾け, 少しく尾籠ながらその, 少しく局限して, 少しく居住居を直し, 少しく居寄りて燈心, 少しく居眠り翌朝早く馬, 少しく山の上に登った, 少しく山路に這入れ, 少しく岐路に入った, 少しく岐道にそれる, 少しくに沿う, 少しく工夫を凝らし, 少しくの美談, 少しく布団から乗り出し, 少しくを譲りたる, 少しく干乾びていた, 少しくかなり, 少しく平になって, 少しく平らな尾根, 少しく平らぎたる頃なりき, 少しく平均よりまさった, 少しく平易に又, 少しく平準を失ふ, 少しく幻滅しましたが, 少しく広い山河には, 少しく広く他の, 少しく度胸を大きく, 少しく延びて一丈一尺五寸, 少しく弁明したい, 少しく弁舌ドモらざる迄の研究, 少しく弁護しだす, 少しく引っ込んだわたしの, 少しく引摺って見た, 少しく引込め引廻した, 少しく弛む時は, 少しく弯曲して, 少しく弱い音を, 少しく強く言ひ, 少しく強力で海軍武官府, 少しく強慾に過ぎ, 少しく彎曲した気持, 少しく当てがはずれた, 少しく当時の情痕, 少しく形骸を言, 少しく彼らの俳諧, 少しく彼女に近寄せた, 少しく往来へ突き出し, 少しく待ちあぐんで心疲れ, 少しく待ちたまえといっ, 少しく後で私の, 少しく後世のこと, 少しく後悔した, 少しく後戻りをし, 少しく後日譚をしようなら, 少しく得意の体, 少しく御意得たい, 少しく御機嫌を変じ, 少しくにわたって申し上げますなら, 少しく微笑みて後, 少しく微笑みて後いふ, 少しく徳川時代を知る, 少しく徳川氏の美文学, 少しく心する所の, 少しく心静かにおのれ, 少しく忍び出ると女, 少しくが入り過ぎ, 少しく念入りのよう, 少しく怒って, 少しく怜悧であ, 少しく思いめぐらす暇を, 少しく思い当たる節が, 少しく思い悩んでいた, 少しく思索に耽つた, 少しく急き込みて, 少しく性急では, 少しく怨恨を含んだ, 少しくんで内, 少しく怪しき者においてを, 少しく怪しくなって, 少しく怪しまざるを得ない, 少しく怪しみながら答えた, 少しくれが, 少しく怯んだがここ, 少しく怯懦であったならば, 少しく恋愛について述べよう, 少しく恐れたからである, 少しく恐ろしくなった, 少しく恐縮したの, 少しく恥ぢて一奮發, 少しく恨み顔に, 少しくを施す, 少しく息むと告げた, 少しく悧口な者, 少しく悧巧に気, 少しく悪ふざけが過ぎました, 少しく悲しみの氣息, 少しくれたる気味, 少しくいの, 少しく惡臭あるに, 少しくゆるを以て, 少しくを強う, 少しく意味合が異, 少しく意想の外, 少しく愚案が浮びました, 少しく愚見を陳, 少しく愛想が尽きた, 少しく感じたり, 少しく感じたことを, 少しく感傷的になっ, 少しく感冐の気味, 少しく感興を殺がれし, 少しく慇懃になった, 少しく態度が異, 少しく慌てたのである, 少しく慣れて, 少しく慰めてみる, 少しく憂慮を懐かぬ, 少しく憤慨の気味, 少しく懲りてはいる, 少しく懸念も起りました, 少しく成長すれば, 少しく我が意中を, 少しく我田引水に近い, 少しく戒められる風が, 少しく所感を述べ, 少しく手伝わせて貰いたい, 少しく手心を加, 少しく手数をかける, 少しく手狭を感じ, 少しく打ち解けて語り出した, 少しく打って変り, 少しくを用, 少しく抄出す, 少しく抄録せんに云, 少しく抜萃ことにしよう, 少しく抱きあげて牙, 少しくいて, 少しく抽斎に先んじ, 少しく拍子ぬけの, 少しく拍子抜けの体, 少しく拙者には怨み, 少しく持ちあがって細く, 少しく持余したよう, 少しく持直して今日, 少しくを挙げ, 少しく指摘すること, 少しく挫けたるときこ, 少しく振って試み, 少しく振り向きたる時われは, 少しく振り返ってみる, 少しくっていた, 少しく捲いてある, 少しく掘りたまひつる, 少しく探索して, 少しく控えて耳, 少しく推測を加, 少しく提灯をかざし, 少しく揚饅頭を物色, 少しく損じたので帰途, 少しくを殊, 少しくぐれば, 少しく擬人的なもの, 少しく攀じ石段三十五階に, 少しく攪亂すれば, 少しく支那の実情, 少しく支那小説を研究, 少しく改名して, 少しく改良して, 少しく攻めあぐんでいる, 少しく放心の態, 少しく政治に勉強, 少しく敏子を自由, 少しく散ずれば朦朧, 少しく散漫にし, 少しく整理したもの, 少しくの体, 少しく文学に親しむ, 少しく文芸に関心, 少しく文雅に耽る, 少しく文飾を加, 少しく斜めに打ち揃っ, 少しく斜視でそれ, 少しく方向を換え, 少しく方角違いなれば, 少しく方針をかえまし, 少しくに疲れた, 少しく旅行をし, 少しく旋動す, 少しく日にちはかかりましょう, 少しく日本の肖像畫, 少しく日記の中, 少しく旧い習慣を, 少しく旧式な温順さ, 少しく早きに失し, 少しく早くその切っ先, 少しく昇りてわが, 少しく昇ると見え, 少しく明けて窃, 少しく明るみに持ち出さん, 少しく明白に過ぎる, 少しく明瞭を欠く, 少しく易々し過ぎるかたち, 少しく昔ながらの生産協同, 少しくを言, 少しく時代錯誤の観, 少しく時日を経た, 少しく時期が遠, 少しく時機に後れたる, 少しくった, 少しく普通の解釋, 少しく普通人の考え, 少しく景気のいい, 少しくる, 少しく智慧を働かしな, 少しく取って, 少しくなり, 少しく暗いにし, 少しく暗きこと往来の, 少しく暗く今少しく, 少しく曖昧な点, 少しくみ赤く, 少しくが分っ, 少しく書き近代説話と, 少しく書付が堅, 少しく會稽の恥, 少しく有史以外を省みん, 少しくまば, 少しく朝寝をした, 少しく期する処あれ, 少しく未知の自然, 少しく来歴を異に, 少しくへ降った, 少しく東方論に通達, 少しく柔術の手, 少しく根本的精神的であつ, 少しく根負けの気味, 少しくは下がる, 少しく案外なり, 少しく椅子を後, 少しく検討して, 少しく極まりが悪, 少しく榛軒の飲饌, 少しく模様変えを, 少しくに肩, 少しく横文字の心得, 少しく横暴でご, 少しく欠けている, 少しくだちて, 少しくした者, 少しくを解する, 少しく止って穀物, 少しく正気に復, 少しく正確に査覈, 少しく此信頼を恢復, 少しく此種の例, 少しく此間のぶま, 少しく此關門の通過, 少しく武芸を勉め, 少しく歩みをゆるめ, 少しく歩み寄らせた上の, 少しく歩み近づきたり, 少しく歴史の隠れ, 少しく殘つて居つた日本, 少しく毒づいてみたい, 少しく比例を失する, 少しく比較の埒外, 少しく比較計量して, 少しく気の毒でもある, 少しく気味のわるい, 少しく気局を濶大, 少しく気怯れが, 少しく気晴らしをする, 少しく氣取つた連中は事領主, 少しく水源地を離れし, 少しくが残っ, 少しく求道の心, 少しく汗ばんで玉, 少しくの身, 少しく沈めて及び腰, 少しく沈欝したようす, 少しく沈滞の意, 少しく河下に離れ, 少しく河崎の事, 少しく治したので蘭軒, 少しく法帖を臨, 少しく法律に問われた, 少しく注意深く観察する, 少しく洩すことを, 少しく活動する物, 少しく活溌な身, 少しく浅ましいような, 少しく浮かしたままで, 少しく浮世絵板画発達の跡, 少しく浮足になっ, 少しく涙ぐみけるを下女, 少しく淋しい気が, 少しく淡きものは, 少しく淨められた, 少しく味の, 少しく深く考えたい, 少しく深けかかると見れ, 少しく混雑の群れ, 少しく清浄過ぎてな, 少しく清潔でないそして, 少しく渋りながら云い出した, 少しく減るわけだ, 少しく港外にまでも出, 少しく湿った土を, 少しく湿るみ其声は, 少しく溯りて高利, 少しく滑稽に亙ります, 少しく漠然として居る, 少しく漠然たるがゆえに, 少しく漢學の實力, 少しく濕るみ其聲は少しく, 少しくにまみれたれ, 少しく灰白色を帯び, 少しくに巻かれた, 少しく無法過ぎるところ, 少しく無理算段しただけ, 少しく無礼とは存じました, 少しく無頓着過ぎるよう, 少しく焦れて来た, 少しく焦れ出してくる, 少しく煙り網代の, 少しく照りつづくとここら, 少しく照子に近寄りすぎた, 少しく熟慮すれば, 少しく熟練せば, 少しく燭台へ接近, 少しく尖あ, 少しく爪下りぐらいの店, 少しく爪先下りくらいになっ, 少しく父母の心身, 少しく片寄った頭上の, 少しく片腹痛き感が, 少しく片隅へ寄っ, 少しく牢内の生活, 少しく特殊なもの, 少しく狂暴だったこと, 少しくこげに, 少しく独白めいて, 少しく狭い平地は, 少しく猪首で肉, 少しく獨逸語を解する, 少しく現われている, 少しく理屈を云, 少しく理想を低く, 少しく理解致します, 少しく甘ったるい想像かも, 少しくひ出, 少しく生気を剰す, 少しく生物学でも修め, 少しくの有無, 少しく用意を欠いた, 少しく申さなければならない, 少しく申し談じたい儀が, 少しく申し述べたいと存じます, 少しく申訳がなけれ, 少しく画談を試み, 少しく畏れ多いが殿, 少しく留意するなら児童等, 少しく異な御諚で, 少しく異なった殖産事業の, 少しく異なり候右等の, 少しく異同がある, 少しく異存ござりまする, 少しく異端説かも知れない, 少しく當時の状況, 少しく疑う可く, 少しく疑うべきは中心周, 少しく疑ふべき所が, 少しく疑わしい点が, 少しく疑われるくらいでした, 少しく疑問に属する, 少しく疲れたのと, 少しくをえ, 少しく病んで逗留, 少しく病んだことが, 少しく病弱らしい体, 少しく病気に罹った, 少しく病的と思われる, 少しくかつた, 少しく痛みを覺, 少しく痛めたが差したる, 少しく痴呆性の女, 少しく痺れがくる, 少しくは見ゆる, 少しく癇癪に触ったらしく, 少しくに触る, 少しく遣の, 少しく発達してからは, 少しく登ってゆく, 少しく登つて右折すると, 少しく登りゆきしときわが, 少しく登り進みて他, 少しく登れば池, 少しく白く濁つて, 少しく白みて旭日一帶, 少しく白み渡り星の, 少しく白髪の交った, 少しく監獄なるもの, 少しく省みよ爾の, 少しく眠たそうだ, 少しく眠らうとし, 少しく眠りかけると骨牌, 少しく眠り寝てい, 少しく眠気ざし精神朦々, 少しく睡眠を得, 少しく瞋恚を含ん, 少しく知り且つ考えなけれ, 少しく知る所の, 少しく知識を有する, 少しく短見的では, 少しく矯激に失する, 少しく砂子が淡い, 少しく砕いてこれ, 少しく壞的な, 少しく硫黄を雑, 少しく神仙談めいて, 少しく神経がにぶっ, 少しく神経衰弱の気味, 少しく神経質な眼, 少しく神経過敏なもの, 少しく神話学の由来, 少しく禅道を謂, 少しく秘密だが, 少しくってある, 少しく穿ち過ぎた想像では, 少しくんで浮足, 少しく窪む北種は, 少しく立ちまさった女という, 少しく立って来る, 少しく立入つてアガペーの諸, 少しく立派な街, 少しく笑みを含み, 少しく笑顔を見せた, 少しく筆路が脱線, 少しく等分が崩れる, 少しくが逆, 少しく管見を述べん, 少しく簡単になり, 少しく簡素にし, 少しく米国人と異, 少しく米國人と異, 少しく粗野にいい放った, 少しくば粘, 少しく精密に言, 少しく精確でないこと, 少しく紙片を押し, 少しく紛糾して, 少しく紫色になっ, 少しく細かくごらんに, 少しく細ったような, 少しく細工に落ち, 少しく経上がった所に, 少しく結婚が其の, 少しく緊張した心持, 少しく緩くなって, 少しく練習すれば, 少しく縮めたものとして, 少しく縮めたるほかは, 少しく縮らし後ろを, 少しくけていた, 少しくの意識, 少しく美しすぎましたよ, 少しく美術界の消息, 少しくを離れ, 少しく義憤を感じた, 少しく考え見るときは, 少しく考へすぎだ政治的工作と, 少しく考古趣味を有する, 少しく考究すれば, 少しくを傾けた, 少しく聞いて欲しい, 少しくが硬く, 少しく肌麁し, 少しく肥えた様に, 少しく屈みながら, 少しく胡瓜に似, 少しく胸襟を醫, 少しくが足りない, 少しく脱線であると, 少しく腕組みした, 少しくをまげた, 少しく膝乗り出だし声さへ俄, 少しく膨らんできた, 少しく膨れ長刀形で, 少しく臆病であっただけ, 少しく註を, 少しく自ら顧みれば, 少しく自ら省察すれば, 少しく自堕落に落とし, 少しく自棄気味なところ, 少しく自然を読む, 少しく舵機の取, 少しく色づきしさま人の, 少しく色づきたれど其の色, 少しく色気をつけよう, 少しく色淺黒くな, 少しく色解てどか, 少しく芝原あるところ, 少しく若く身体つきも, 少しく苦々しく存じ居り候ところ, 少しく苦味がある, 少しく苦笑の仕草, 少しく英書を解する, 少しく英語を話す, 少しく茂らしている, 少しくとなっ, 少しくを沸, 少しく茶褐色を帶び, 少しく荒らすぎるその髪を, 少しく荒れてゐる, 少しく莫迦らしくなった, 少しく萎れたが, 少しく落しかげんにし, 少しく落ちついて来た, 少しく落着いたらしく思い思い, 少しく蒼い顔を, 少しく蒼ざめて常にも, 少しく蒼味を帶びたり, 少しく蕃社が大きく, 少しく黄色なり, 少しく蘭軒の名字, 少しくくるを, 少しく融け初めて来たらしい, 少しく蟾蜍に似, 少しく行かば魚鱗, 少しく行きましてナンカツェ, 少しく行けばたちまち, 少しく行儀作法に注意, 少しくの外, 少しく褪せたるに玉, 少しく西人のいわゆる, 少しく西洋に触れ, 少しく西洋人に学びし, 少しく要領を得た, 少しくゆ, 少しく見えていた, 少しく見ゆるのみなりしか, 少しく見解を異に, 少しく規模を大きく, 少しくひそれ, 少しく親しき態度で, 少しく親切に過ぎる, 少しく観察して, 少しく角張りかかるを花子, 少しく解し難い文句, 少しく解りかけて来た, 少しく解説して, 少しく解釈は違う, 少しく言及する必要, 少しく言葉が過ぎた, 少しく言語を変へた, 少しく記して見よう, 少しく訝しと思はぬ, 少しくがあっ, 少しくを入れ, 少しく評するところあらん, 少しく詮索する様子, 少しく話さねばならぬ, 少しく話題に上りました, 少しく詳論して, 少しく語らしめよ, 少しく語らせていただきたい, 少しく語らなければなるまい, 少しく語りたる後辞し帰りぬ, 少しく語ろうとし, 少しく語気を改めなけれ, 少しく誡めなければ, 少しくあり, 少しく説いて置いた, 少しく説くことと, 少しく読みて吾, 少しく調ぶること, 少しく調べて来ました, 少しく調べることが, 少しく調子が変っ, 少しく論じたいそれに, 少しく論じなければならぬ, 少しく論ずるところあらん, 少しく論ぜんと欲す, 少しく友の, 少しく警戒を加えね, 少しく譫呆様になり, 少しく議論めいて, 少しく變人で名, 少しく變化して, 少しく固に, 少しく負け北の, 少しく責任を重んずる, 少しく買いかぶっている, 少しく贅沢です, 少しく赤味を帯び, 少しくくなつ, 少しく起きる必要の, 少しく起こして小声, 少しく起こり船体ために, 少しく起しながらとにかく, 少しく起倒流を習っ, 少しく超過するだけの, 少しく趣向らしさ, 少しく足りないところが, 少しくでした, 少しくれたところ, 少しく路程は離れ, 少しく躊躇つて居ると, 少しく軋る階段を, 少しく転訛して, 少しく軽率でござった, 少しくくなつ, 少しく辺鄙なるを, 少しく込み入つたる不眠恐怖症には, 少しく込入つた話と, 少しく込入つたもので, 少しく濶では, 少しく返答に躊躇, 少しく述べざるを得なかった, 少しく述べることも, 少しく述べんと欲す, 少しく迷信談めいて, 少しく迷惑らしいよう, 少しく追加すると, 少しく退いたので宗茂八百, 少しく退却の痕, 少しく退去しました, 少しく逆上せ気味で, 少しく逆境に立つ, 少しく逍遙子が批評眼, 少しく通ずるものが, 少しく速いものとが, 少しく造化の理, 少しく逡巡するの, 少しく進みて後チェンタウロは, 少しく進みゆきたるに, 少しく進められるならばこの, 少しく進んだ方で, 少しく進歩したやう, 少しくりたる, 少しくひぬ, 少しく遅けれども眼光炯々, 少しく遅しゲンゾスキー財産家物を, 少しく遅鈍な感覚, 少しく運動の必要, 少しく道路より低き, 少しく違った方面の, 少しく違つたかたちで, 少しく遜り水滸伝に, 少しく遜色がある, 少しく遠ざかれば葉, 少しく遠廻りして, 少しく遠方でござれば, 少しく遡って考える, 少しく適切にいへ, 少しくれて, 少しくくの, 少しく酒気を帯び, 少しく酩酊の気味, 少しくを帶びてゐるらしかつた, 少しく釈けかかってきました, 少しく重い車輛にでも, 少しく重き身體的精神的作業, 少しく野心を持っ, 少しく見を, 少しく釣りてどこ, 少しく錦橋の事蹟, 少しく鎮静した, 少しく鑑賞眼あるもの, 少しく長ずるが頭勝, 少しく長唄を学ん, 少しく長篇にわたるもの, 少しく門構の大きい, 少しく開かれて今, 少しく開きその細い, 少しく開けて木, 少しく開けたる所賤夫馬を, 少しく開けるのを, 少しく間違えば用捨, 少しく関心をもつ, 少しく附け加えてそれ, 少しく降りて左手, 少しく陰気にし, 少しくったところ, 少しく隔たりて観居たる, 少しくの取れたる, 少しく隠す所なく, 少しく離れしところにても, 少しく離れゐたりし, 少しくが降り続い, 少しく雲ほころび蒼空の一線, 少しく雲切がし, 少しくを帶びてぞ予, 少しく震いを帯び, 少しく震えながら消毒, 少しくに染む, 少しく露骨に失せずや, 少しく青くなった, 少しく青ざめて思ひ, 少しく静まるを待つ, 少しく分業的で, 少しく面白くないのに, 少しくを染め, 少しく頭上よりも北天, 少しく頽勢を挽回, 少しくを異に, 少しく類似の例, 少しく風波あり, 少しく風流心のある, 少しく飛びて歩きけり, 少しく飛びまして本所四ツ目, 少しく飛んでいわゆる, 少しく飛躍ではあります, 少しく馴れた人々は, 少しく驚かしたのは, 少しく驚かない訳だ, 少しくすぎるけれども, 少しく高き精神を以て, 少しく高級なところ, 少しく魂負けがし, 少しく魯鈍なりき, 少しく滸が