青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「少く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

小説~ 小路~ 小野~ ~小鳥 小鳥~ ~少々 少々~ ~少い 少い~ ~少く
少く~
~少し 少し~ ~少しく 少しく~ ~少ない 少ない~ ~少なく 少なく~ 少なくとも~ ~少女

「少く~」 5320, 57ppm, 2006位

▼ 少くとも~ (3064, 57.6%)

39 私の 29 私は 25 僕の 18 それは, 或る, 自分の 17 今日の, 彼の 15 僕には, 僕は, 現在の, 私が 14 それが 13 日本の, 私には 12 今の 11 自分は 10 三つの, 二つの 9 彼は 8 それを 7 彼女の, 此の 6 これを, 一つの, 同じだけの, 吾 5 その時, 一度は, 之を, 他の, 何か, 本に, 私に, 自分が

4 [22件] ここに, それに, わたしは, 之が, 人生の, 人間の, 今は, 今日までの, 君の, 地球の, 当分の, 彼が, 彼女が, 彼岸でなく, 文学の, 未来の, 次の, 現代の, 神の, 私にと, 自分には, 表面は

3 [38件] あの場合, お前よりは, かう云, この場合, この家, これだけの, これは, さう, そのうち, そのよう, その人, その可能性, その瞬間, それだけの, 一と, 一日の, 万人の, 主観的には, 人々の, 人の, 今までの, 僕と, 僕に, 国家の, 多計代, 平安朝の, 彼らの, 彼女は, 彼等の, 意識的には, 我々が, 東京の, 校長級の, 津田には, 男の, 直接の, 自分に, 自己を

2 [188件] あなたは, あの愚か, ある場合日本, ある種, いい俳句, いい趣味ぢ, いまの, おれの, お前は, かかる像, ここで, このよう, この一般的, この位, この原因, この情熱以外, この点, この種, これまでは, これらの, これ迄は, そういう風, そうでない, そこに, そこには, その一部分, その中, その人物, その刹那, その意味, その立場, その第, その限り, それらの, まさにこの, ものを, われわれの, 一つは, 一ヵ月, 一人の, 一人は, 一単位だけ, 一定の, 一年は, 一種の, 一間半あまりの, 三四年は, 三尺は, 三幕物に, 之に, 之は, 二ヶ月間ぶつ通しで, 二人は, 二度は, 二週間に, 五六人の, 五六倍の, 五六時間の, 五六町を, 人々は, 今から, 今までに, 今までは, 今夜は, 今度の, 今日に, 今日においては, 今日は, 今日まで, 今甲板, 伸子には, 何等かの, 作家と, 作家の, 作者の, 作者は, 例の, 傍で, 僕一個人の, 其の人, 其間に, 初めの, 創世記に, 北西の, 千円と, 半分である, 半分は, 半年は, 危険, 原理的には, 同じ程度, 同等の, 向う一箇月間一緒に, 君が, 君に, 君に対して, 四五人の, 国民の, 堡礁の, 夢の, 大部分, 大阪の, 女の, 女人の, 妹の, 妻が, 孤独に, 学問の, 専門家の, 小説の, 小説作者の, 左の, 幼い子供, 影響の, 彼に, 彼には, 彼女等は, 彼等が, 彼等は, 御邸, 性格的である, 息子は, 感傷の, 感傷を, 成すに, 我々に, 我々の, 我国の, 文学として, 文学を, 日本では, 日本人の, 明治に, 昔の, 普通の, 最後の, 来年の, 此夜丈けでも, 母の, 民衆の, 気分が, 沈むといふ, 然う, 現代では, 現代日本の, 瑠璃子と, 甚だ哲学的, 生活を, 生涯同一の, 痴川との, 発見する, 百年は, 直接には, 眼で, 知つてゐる, 知らないと, 社会は, 私たちの, 私たちは, 私だけには, 私にとっては, 私によりまして, 私自身は, 租税に, 等しいか, 等しい程度, 結果に, 美を, 羨望者である, 自分だけは, 芸術を, 若々しい態度, 茲に, 藝術においては, 論理は, 諸君を, 農村の, 近い将来, 近代の, 近代詩趣の, 進歩した, 進歩的な, 過去の, 部落民全体に対しては, 都会の, 隣の, 青年は, 非常に

1 [2067件 抜粋] あそこでは, あなたの, あのおじいさん, あの保育所, あの宝, あの時自分, あるという, ある点, ある論者, いくたりかの, いまは, うちに, お前にと, かういふ点, かかる葛藤, かれ等, こういうこと, こうしたこと, ここいら迄, ここまで, この, この一二年, この世に, この事実, この人, この劇団, この困難, この島, この操作以外, この本, この物質, この生産力, この社会主義, この老, この訳語, この都会, これくらゐ, これほど, こんなところ, さうでない, すっかり驚いた, そういう実際, そう信ぜず, そう思われる, そこまでは, そのやう, その一半, その中間, その仕事, その公算, その半分位, その国, その大きな原因, その実施, その形, その想像, その手法, その昔, その書房, その次, その決意, その点, その真意, その範疇組織, その解決, その間は, それぐらいは, それにたいする, それ以前から, そんなもの, そんな意気地, そんな顔, どう利用, なりそう, はじめの, ひと時ぐらゐの時間は, ほんとにハイカラ, まだ当分笑, もう一, もう七遍, もう少し迷信的, もっと史的事実, やむを得ないいや, わが国の, わたしに, アカデミズムは, イデオロギーの, ウダールニクを, キャーとか, クリニクには, コント自身に, シムプルに, ステテコ位は, ダイナマイト長官ぐらいには, ドイツ・アウフクレールングは, フエニツクスから, フロムゴリド教授が, ヨーロッパ大陸では, ルパン級, ヴィーコの, 一つに, 一ヶ月上演できる, 一人, 一個の, 一品を, 一尺五寸位を, 一度か, 一掬の, 一日千円は, 一癖ある, 一篇だけは, 一般知識階級の, 一週間は, 一部分は, 丁の, 七十五尋以上の, 万葉集など, 三万円内外は, 三十の, 三十円の, 三十年近い, 三四人が, 三四十ポンドの, 三四日誰からも, 三度は, 三時間おき位には, 三百万の, 三郎が, 上流階級の, 不可視の, 不純で, 世界を, 両者の, 中国に, 中心人物乃至, 丸善の, 之だけの, 九二八七〇〇〇すなわち, 九頭か, 事に, 事理を, 二ヵ月ぐらいは, 二三ヶ月前の, 二三日かかる, 二三頁は, 二個の, 二十世紀に, 二十四時間は, 二千米以上で, 二度三度は, 二百餘曲の, 二箇の, 二重の, 云うこと, 五人前位用意し, 五六十日の, 五割乃至, 五十珠と, 五年か, 五時間を, 五百匁の, 京都の, 人並みの, 人民は, 人間として, 人間共通の, 今と, 今伸子, 今日, 今日世間の, 今日百円や, 仏教においては, 仏蘭西革命なる, 以上の, 会話の, 伸子自身は, 何かが, 何程かを, 作られ得るはず, 作品行動は, 作用と, 例えば之, 保吉は, 信長や, 俳優である, 俳優を, 俺の, 個人として, 傍観者にと, 僕これだけは, 僕らが, 僕自身は, 先頃までは, 全般的で, 八時頃には, 公共の, 六ぴきはを, 六人は, 六時間前後を, 其の心, 其れ, 其程度迄, 再び日記, 凡人の, 出来始めてから, 分る表現, 利益本位の, 劣つてゐない, 勇婦類似的に, 化学的侵透は, 十ぐらいは, 十二日間という, 十五六時間を, 十人余は, 十分の九は, 十四五円の, 十年以上は, 十日か, 十町あまりは, 午後から, 半分まで, 南方の, 単に歌, 原作を, 参議院には, 古代日本の, 可能性上可能であり, 合理的である, 同じよう, 同じ意味, 同国人の, 同時代, 向に, 君は, 命を, 哲學的に, 啓蒙期的啓蒙の, 喋舌らない, 嗜みを, 四五である, 四五日は, 国家にと, 国民大の, 國民から, 地方版の, 声価を, 夏に, 外国へ, 外官が, 外見上の, 多少の, 大きな害悪, 大学や, 大胆で, 大衆と, 大陸においては, 天山南路で, 夫は, 奈良朝頃までの, 奨励金に, 女学校出だった, 好きに, 如何に長い, 姉妹芸術中最も, 嫁の, 子等を, 存在論的範疇は, 学校で, 学者社会をば, 宗教に, 実相を, 室生さんは, 家屋と, 密接な, 寺と, 将来何を, 小ブルジョア階級, 小沢は, 小鳥を, 山岳の, 己惚れてか, 布哇あたりから, 常に推移, 幕が, 平静な, 幻滅の, 幾分かは, 床屋の, 延長が, 強いこと, 当分こう, 当分自分の, 当時の, 形式だけは, 彼ほどの, 彼女に対する, 彼等にと, 彼等を, 往復三四日の, 従来の, 復古の, 徳川時代の, 心情の, 心霊の, 必要品に対する, 快楽に, 思想上に, 恋愛修養が, 悔恨と, 想像力の, 愛嬌が, 感情を, 成人の, 我々は, 我が国語においては, 或種, 戯曲に, 手の, 技術が, 抱えて, 攫徒に, 支那美の, 敢て, 数ヵ国の, 数日前までは, 敵は, 文化乃至, 文学, 文学における, 文学活動に, 文献学主義から, 料理屋は, 新しい特色, 新劇団体の, 方法的なる, 既往に, 日本で, 日本より, 日本主義哲学への, 日本国民自身は, 日本的な, 日本精神文化を, 明の, 明治二十二年五月以後の, 明治十年以前母が, 映画の, 昼食できれ, 普通には, 暮しの, 最もこの, 最も著しい, 最初は, 最近二十箇年間に関しては, 月給が, 服装を, 本人は, 本田だけは, 村の, 東京から, 松の内位の, 格段が, 検討され得る, 橙色よりわね, 次郎には, 正しく取り入れられた, 正確さの, 此処の, 此度の, 此話では, 歩調を, 死ぬ前, 死後十時間は, 殺人事件の, 母上は, 毎日一, 氏が, 気が, 沢子の, 法則の, 洋画とは, 浩の, 涙が, 清潔に, 演出の, 演劇映画方面に, 火酒に対しては, 然樣, 父の, 物の, 物質的には, 犯人の, 独特な, 現代政治経済の, 現在民主的作家は, 現實的, 理想り, 理論の, 琉球に, 生きては, 生活し得なけれ, 生産費に, 男が, 男らしくない, 當時一般に, 病気で, 発句は, 白足袋を, 百人の, 百圓の, 目前が, 直接現前には, 真に創作, 真理である, 眼だけは, 知識層だけに, 確かに, 礼儀を, 神によって, 秀子と, 私などは, 私も, 私丈は, 私自身ほしく, 科学という, 科学芸術の, 稲や, 空腹に, 空間表象に, 第一囘, 第一級, 第二義的第, 算術的表を, 精神的に, 純粋です, 素子は, 経済の, 結核撲滅を, 經書の, 美しく見えた, 老嬢エレーナにとっては, 胆力として, 腕と, 自分からは, 自分自身を, 自然の, 自然科学を, 自身の, 興福寺薪の, 良心に対して, 芝居を, 芭蕉は, 芸術に, 芸術的演劇は, 苗字の, 英米の, 蕗屋と, 藤さんが, 虚言者自身を, 行為にとって, 表面だけの, 表面上無用の, 装つた快活で, 西洋人には, 見たこと, 見掛けだけ, 視覺的, 観念論と, 言葉や, 詩歌とか, 語ろうとして, 論争の, 識者の, 象徴化された, 貧しい高校生, 貨幣を, 資本主義国の, 赤城山の, 足の, 轡川の, 近かき未來, 近代国家の, 通りすぎた丈, 運動し得る, 過程として, 部分的には, 酒だけの, 重大な, 野趣そのまま, 鎌倉時代に, 長田幹彦氏や, 隋の, 隣組の, 雪子が, 静止に, 非相對性理論, 顎髯の, 馬に対する, 魔法くさい, 鳥獣魚貝に対する, 黒須千太郎と

▼ 少く~ (485, 9.1%)

6 私の 4 二つの, 私は 3 今の, 今日の

2 [20件] これだけの, これまで, 一つ手近な, 一巻を, 二つは, 二回は, 劣らぬだけの, 十数日を, 半腹位, 可能で, 彼が, 或る, 明き燈, 昨年の, 月に, 此の, 直接には, 自分が, 自分の, 造ること

1 [425件] あなたの, あなたは, あの昇汞, あの血腥い, あらねど, ある電機会社, いわゆる部落, ここ十年以前には, こっちの, この人生, この男, これから述べよう, これらの, しばらくの, そのよう, その一周期, その上部, その事務所, その八分通り, その再建論, その分配, その器物, その家, その建築部門, その時, その芽生え, その苦痛, その著, その調査, その辺, その近海, その重要, それから, それは, それへの, それほど馬鹿, それら嬉々と, それを, たしかには, ただ安心, ちゃんと身, とうの, ないその, ないで, ないとは, ないの, ない中等, ない実に, なかろう, なくちょうど, なければ, なる, なるであろう, ひとりについて, ひろ子さだ子伊達の, ぼくといふ, ぼくの, ぼくは, わき眼, わたしに対して, われわれ国民全体が, アプロクシマチイフに, ウェートレスは, コロンブス以前の, スミソあえ, ダンスホールの, チェーホフの, ドイツの, ヒガンザクラについては, フィルポッツメースンベントリなどを, ボタンは, ヤンキーと, 一つか, 一つは, 一世代を, 一二年前から, 一二枚飼わぬ, 一人の, 一人多くは, 一分二十秒廻転した, 一半を, 一回りは, 一方が, 一木に, 一流の, 一番大切な, 一言くらい, 一軒は, 一週に, 一週間に, 丁丑前には, 七八十輪宵毎に, 七八千の, 七百ルーブリは, 三分の一多き, 三十一年間は, 三四千は, 三四哩の, 三四年は, 三尺五寸位ある, 三日前たるべし, 三本は, 三沢氏が, 三百石以上でしょう, 三頁の, 上から, 不都合は, 世人には, 世間の, 世間を, 両三度, 中世以後には, 主鷹司, 事件は, 二つ三つはね, 二三分のあいだが, 二三十人の, 二三粁の, 二人いる, 二十五円や, 二千年間敬虔なる, 二千首は, 二週間は, 五つや, 五人だけは, 五六名停学は, 五六度の, 五六部は, 五円, 五分間なりき, 五千万年以上の, 五千万年以上多分, 五千円多い, 五圓, 五時間若く, 五月六月の, 五百部千部を, 五重の, 京都では, 京都に, 今まで, 今より, 今度の, 今日よりは, 伊賀亮には, 住んだと, 佐伯部隊編成の, 例の, 信じて, 俺の, 俺は, 倫理的渇仰の, 健吉氏夫妻には, 僕が, 僕だけは, 僕は, 僕らは, 僕等は, 僕自身では, 元禄, 先つて生れた, 先生は, 全部墨子の, 六七十人の, 六七十枚は, 六七年は, 其の張る, 其年は, 其忠常に, 其輪廓を, 冷淡に, 利権割取, 刺身に対する, 前者は, 助かつ, 動機の, 十一月の, 十二銅表に, 十五分は, 十人の, 十四日よりは, 十年間私が, 十数里ぐらい, 千元の, 千円と, 半世紀, 半分は, 半年間は, 半日以上煮なけれ, 半腹, 半艇身以上, 原因の, 反對, 口髯ぐらい, 古代に, 古神, 右の, 同行者の, 名義上何ら, 周若く, 味方の, 商人だけは, 喜兵衛は, 喧嘩の, 嘉禄二年までは, 囘暦で, 四五人の, 四五回は, 四五日や, 四十歳を, 四時間どうか, 国法では, 国法上の, 土藏の, 墨子に, 変らない変らないばかりか, 変ること, 変形する, 夏の, 外形上に, 外形上間髪を, 多鶴子は, 大同小異の, 大衆の, 大衆文學の, 天下は, 夫だけは, 奈良朝頃の, 女性の, 奴等が, 娼嫉の, 学士位な, 安全な, 安康の, 官歴より, 定つて, 定家は, 室町時代には, 家産は, 山陽は, 己は, 己を, 帝紀の, 常に今日, 平塚さんは, 平安朝の, 平安朝中頃以後に, 平安遷都を, 幼名はな, 廿枚, 彼の, 彼らが, 彼女に, 彼女は, 彼我国際間の, 彼自身は, 往復一時間半乃至, 後世所謂エタ寺の, 後年この, 微風よりも, 徳子駿太郎は, 心の, 志向の, 快活を, 思想界の, 恋の, 恋を, 愛し難い, 感知し, 憎むこと, 我が国の, 手がかりが, 探り出したと, 改悛したる, 放免の, 政権を, 文字に, 文学を, 方言をも, 既に主義, 日本では, 日本の, 日本人の, 明治も, 明治三十五年かれこれ, 星の, 春陽会以後の, 昭和十三年の, 是迄, 昼の, 昼間よりは, 景淨と, 曼陀羅の, 月日は, 有り得る, 有史時代においては, 木村氏は, 未だ其覊旅, 本人だけは, 本所半分は, 東京の, 東洋近傍に, 森木国松が, 櫓を, 次の, 歌人の, 歌調から, 此家と, 此手紙は, 此等の, 歴史を, 歴史家に, 歴史時代における, 歴史的事實としては, 母の, 気ままな, 気永に, 水掛論の, 水野が, 永住の, 汝をば, 江戸には, 池田全安さんの, 法廷で, 渠らが, 灑脱の, 為世の, 為兼は, 父の, 父母にとっては, 片々の, 牧を, 物理学者の, 現代教育を, 現在に, 現在の, 現在自分たちは, 現場に, 理性と, 理想と, 田蓑の, 男の, 男子は, 畿内なる, 疑を, 百二三十万の, 百件を, 百本位は, 目的の, 相手に, 真面目に, 短い時間中, 硯友社は, 社会にと, 私が, 私だけは, 私にだけは, 私にとっては, 私には, 私への, 私よりは, 私共, 私自身にとっては, 私達の, 秋川家の, 科学者は, 第三, 精神の, 純真な, 紫波, 結果は, 緑雨は, 縁は, 羊と, 老教授, 聖人に, 聖武天皇の, 背俗で, 胸に, 自分では, 自分は, 英語や, 茶山は, 茶番を, 荒唐無稽な, 荘重を, 莫斯科以東の, 蒋介石氏勢力範囲の, 行政用としては, 衣服を, 表面上何處にも, 西部を, 西鶴近松, 見かけの, 見たところ, 見物し, 覚悟し, 話の, 話題を, 誰か, 誰でも, 調査に, 論理的な, 諸君が, 貧乏な, 貿易風の, 資本主義国に, 迷惑した, 過去半, 都人士の, 釈日本紀以来の, 重たい邪険, 鎌倉時代において, 鎌倉時代の, 閑散無事に, 間接にでも, 関東では, 闘争の, 阿波藩の, 雨降りでは, 零下一〇度くらいには, 零下三四度以下の, 面白くも, 骨の, 高貴性を

▼ 少くない~ (287, 5.4%)

31 のである 8 のであります 7 であらう, のです 5 ことで, と思ふ, のは 4 ということ, と思う, のだ, のを, ようだ, ように 3 かも知れない, ことを, これらの, という, のであった, やうである

2 [14件] から夜, が吉野みたい, ことが, といふこと, といふ事, と存じます, と思ひます, のかも, のも, やうに, ようです, 事を, 数の, 筈である

1 [149件] いや寧ろ甚だ, かと思ふ, かも知れません, からこの, から二等車, から桂月氏, から面白い, かを虞, が, がいずれ, がこの, がこれ, がそれ, がそれだけに, がどの, がまあ, がもし, がもと, がわたし, が事相, が二階, が単刀直入, が容易, が彼得堡大學東洋言語科, が文芸, が日本人, が時に, が朝鮮, が未完成, が本当に, が東北地方, が特に, が画家, が皆んな身分, が社交上, が結局坂本, が良い, が茲, けれども, けれどもお, けれどもそれ, けれどもそれさ, けれどもそれにしても, けれども一般, けれども彼等, ここに, ことだけは, ことでしょう, ことです, ことも, し, しそれ, し又, そうである, それが, それで, だいたい流浪者, だけに吉原, でせう, といつ, とか親切, ところであった, とのこと, とは言, と云われ, と信じられる, と信ずる, と土地, と思います, と思っ, と思われる, と私, と言, と言えましょう, どころかその, にかかわらず, にし, のであっ, のでこれ, のでございます, のでその, ので堤, ので大枚千六百フロリン, ので火事, ので独創, ので遂, のにめったに, のに目, はずである, はずです, また同時に, ものである, ものです, ものと, ものを, やうだ, ようである, ような, わけです, わね, んだ, クロポトキンも, タチで, マイナスである, 上昨夜はた, 事だ, 事である, 事と, 人々が, 人が, 人気が, 今の, 今日この, 代り片隅へ, 作品を, 信用を, 其文は, 分量で, 同じ立場, 名画を, 命令決定の, 大通を, 幼年時代を, 康僧鎧だの, 彼の, 彼等は, 愛の, 成果を, 折柄三岸の, 抵抗と, 数が, 数でも, 數で, 新カント学派, 方だ, 様である, 樣子で, 毎晩くる, 犠牲を, 状態な, 現在如何に, 環境に, 由です, 示唆を, 資産を, 部分が, 金をも, 面倒を, 食糧を

▼ 少く~ (172, 3.2%)

36 ない 33 なかった 15 ありません 11 ないの 10 ないが 8 なかつた 6 無い 4 なかろう 3 ないと, なかったであろう, なかつたが, なかつたで 2 ございません, なく売上げ

1 [33件] ありますまい, ありませんが, ありませんでした, ありませんでしたが, あるまい, あるまいが, あるまいと, ないか, ないかつて, ないかと, ないこういう, ないだらう, ないだろう, ないだろうこと, ないで, ないであろう, ないよう, ないらしかった, ないサテ現物, なかつたの, なかつた事, なからう, なかろうと, なくなって, なった, なって, ならないで, 有るまい, 無いが, 無いの, 無い若し, 無かった, 無く悪平等

▼ 少く~ (98, 1.8%)

2 すむの, 千本多く, 第四面

1 [92件] あまり心細う, いい仕事, いつも余り, これには, しかもそれ, しようがない, ずっと薄暗く, それは, そんなこと, だめである, つかまえるの, つまらない, つまらぬなどと, どうすれ, どうもと, なんにも知りませんでした, むしろ学生生活, もさう書いたの, もつと, よいという, よくなった, トラックで, 一ツこんな, 一番異国的な, 三萬兩五萬兩どうか, 下層の, 二万円だった, 二時間半も, 五万石, 亡くなりましたさうです, 今日の, 仕事が, 伸子たちから, 伸子と, 何か, 便宜が, 便益多し, 光線は, 効果が, 十ぺんぢやらう, 古いま, 四寸以上の, 困つて, 多くは, 大した優秀, 大抵の, 大抵女事務員, 大概は, 婦人である, 孀に, 子供達への, 実量に, 屈竟な, 廻り切れない, 快楽の, 戦争に, 政治や, 散々人手を, 数回に, 數回に, 暇で, 暮しが, 朗読調に, 東京の, 殆ど全部, 殊に二等室, 気の毒だ, 気分出ず, 淋しい入口, 淋しかった, 済む媒介物, 済んだわけ, 物に, 男生徒が, 百と, 的が, 皆が, 石原が, 維持に, 而も, 耳朶が, 花が, 苦しめられること, 華やかで無い, 言葉が, 足るか, 道はか, 酷寒の, 隨つて共鳴的作用を, 頗る詞賦, 食ふ, 鷹揚で

▼ 少くなっ~ (88, 1.7%)

11 て来た 10 ている 7 ていた 6 てしまった 3 てきました 2 ていった, ています, て来る, て来るでありましょう, て行く

1 [41件] たりする, てあの, てあます, ておりました, てから各室, てき, てきた, てしまう, てその, てちょっと, てでもいた, てどうか, てどんな, てね好, てへん, てまるで, てもかまわぬ, ても私, てゆきます, て了, て今, て休業, て又, て唯, て大いに, て大分, て天然, て居ります, て年寄り, て店舗, て来, て来たし, て白雲, て相殺, て石村商事, て行った, て表面上大穴, て謎ときゲーム, て負ける, て都合, て陸軍

▼ 少くなる~ (59, 1.1%)

3 のが 2 と云, と母, ばかりです

1 [50件] からだ, が女, ことが, ことだけは, ことであった, ことには, ことは, し内地, といふ事, とか二毛作, と七合目辺, と主張, と云う, と今度, と他, と六角板, と共に白い, と其処, と同時に, と小初, と急, と扇形, と新子, と盛ん, と競輪熱, と肩, と草原, と騎馬隊, につれてほか, につれて若, に従つて, に從つて, ので, のです, のでまあ, ので方技, のに氣, のを, ばかりであった, ばかりである, ものだ, やうにと, ようだ, ように, わけである, 割合が, 口の, 方が, 道理です, 道理の

▼ 少く~ (58, 1.1%)

3 て功 2 て弊, て悉く, て而

1 [49件] たりそれで, て, ていわば, てことに, てし, てそれで, てそろそろ, てという風, てね, ても好い, ても構いません, てやりたい, てやる, てゆく, てゆこう, てワッフル型, て一, て上げる, て主として, て事務, て人, て僅, て写実, て出来る, て前, て北海道ロケ, て喜び, て女の子, て居る, て帳面上利益, て得る, て思ふ, て我々, て揚代廉, て政海, て書, て書き表す, て殆ど, て比量智, て民権自由, て淋し, て独り鳥, て耳聾せり, て錯綜, ながら開け, またはとりのぞく, 乍ら, 災難を, 青年の

▼ 少く~ (58, 1.1%)

7 つてゐる 3 つてゐた, つて唯の, つて居る 2 つて來た, つて居た

1 [38件] さそうだ, つた, つたかも, つたから, つたここにも, つたのである, つた事が, つた八月の, つた向島を, つた場合の, つた夜は, つた季節では, つた市街は, つた時代には, つた曉の, つた機を, つた煙草を, つた虫の, つた許り, つた話などを, つた酢のものを, つた顔で, つて, つてあます, つてからの, つてこほろぎなどが, つてしまつ, つてすつかり, つてま, つてめつ, つてやや, つてドイツ語イタリー語が, つて來て, つて帳面づら, つて暦の, つて来た, つて稻刈に, ツて

▼ 少くなかった~ (51, 1.0%)

4 ことは 3 に相違, のである 2 からである, がしかし, のであります, ようである, ようです, 筈で

1 [29件] から, が人, が今, が今度, が大体, が昭和, が遂に全く, が静也, けれども結局ダンビラ, ことや, ことを, ということ, というわけ, とは云え, とみえ, と思われる, にかかわらず, のだ, のであった, ので他, ようで, ようであります, 事は, 事を, 旨を, 様である, 次第であった, 由人間が, 話を

▼ 少くなり~ (49, 0.9%)

2 つつある

1 [47件] いかなるもの, いつまで, お座敷で, お志乃, そして今日, その代り, その為, ただ子供たち, ただ撓み曲った, たり, て畑打, どこの, どんなに筋, はしない, またこれら, またそれ, または殆ど, カシミヤや, ヒノエウマの, 下水の, 中央線に, 乃ち又新に, 会つても, 低くな, 何一つ生えない, 前年からは, 又之, 反つて, 反感と, 常緑針葉樹ことに, 廊下は, 従つて, 御自分たち, 心細くなった, 憂鬱な, 日脚は, 旧縁は, 春琴も, 母が, 申ものにて, 発熱も, 終に幸福, 而も, 茶室からの, 限定される, 面白い看板, 魚たちは

▼ 少くなった~ (46, 0.9%)

1 [46件] かし, から一そうヤケ, から惚れた, が, がこう, がその, がそれでも, がまだまだ, が斜め, が阿Q, ことなどを, ことに, せいだ, そうだ, ため日本的な, だけに彼, だけの事, という, といわれ, と云う, と思っ, と感ずる, のう, ので復, ので日本人, のは, のを, ばかりでなく, ものだ, ものです, ようでした, 事が, 事を, 代りに, 休暇を, 屑本類を, 時分に, 木々は, 残雪の, 独逸書を, 病室に, 社員室の, 聴覚の, 路次を, 銀座の, 頃電車に

▼ 少くする~ (30, 0.6%)

5 ために 2 ことが, ことを, ように

1 [19件] が利, ことに, ことは, ためこの, ためには, ため額を, だけにても効能, という努力, といふ意味, とか云う, と云, どんな試み, に若く, 不自由さから, 御覚悟, 方法を, 為に, 筈の, 設備が

▼ 少くなく~ (24, 0.5%)

2 潮の

1 [22件] そうでない, それ等は, てお, てそれら, てたとえば, て欲しい, とも彼女, ない, なつた, 二十四日と, 又文芸雑誌, 大切な, 姓氏録右京皇別上に, 川底の, 従来エタを, 愁悲涙泪などは, 所謂特殊部落以外にも, 文化運動といふ, 特殊部落以外にも, 百草園菜園百花園などの, 稀には, 芝居を

▼ 少くても~ (22, 0.4%)

2 構わない

1 [20件] かまいません, すべての, それほどその, まだもうける, みづから, よい, よい訳, 一人ぼっちに, 一度起きた, 三つを, 二三年長けれ, 五六疋湿っぽい, 五六疋湿つ, 利潤の, 味の, 多いと, 実際は, 百元より, 相当の, 笑うか

▼ 少くなかつた~ (17, 0.3%)

2 のでさ, のです, やうに

1 [11件] がそれ, ことなども, さうだ, し今, といふ, やうで, やうである, 中に, 事と, 暑くなし, 禮記は

▼ 少くなつた~ (12, 0.2%)

1 [12件] がそれでも, がわびしい, がゼム, が東京, ことを, し, ために, のでせう, のでバッタ, ものと, やうである, やうな

▼ 少くしよう~ (10, 0.2%)

3 とした 1 ためには, ということ, という熱意, として耳科醫通, とする, と努める, 斯う

▼ 少くまた~ (10, 0.2%)

1 これを, その恋, それは, 主として漢字, 北斎作中の, 大きさ, 彼の, 渋江氏の, 溌剌たる, 英国に

▼ 少くその~ (8, 0.2%)

1 なつかしさ, 代りその, 力も, 大部分, 数少い, 来歴を, 業績において, 点大阪の

▼ 少くなつ~ (8, 0.2%)

2 て来る 1 たさうな, てしまひました, てゆかなけれ, て来, て行く, て行くで

▼ 少く完全~ (8, 0.2%)

6 なもの 2 な原因

▼ 少く無い~ (8, 0.2%)

2 のである 1 から或は, が心氣散亂, が時に, ことを, のは, のも

▼ 少くありません~ (6, 0.1%)

1 から只, から子, がゲーテ, が伝説, が彼, が蓄音機

▼ 少くそれ~ (6, 0.1%)

2 も年々減少 1 に血溜り, も削っ, も髪, を獲る

▼ 少くないだろう~ (5, 0.1%)

2 と思う 1 しどうも, と思います, と思った

▼ 少くしか~ (4, 0.1%)

1 なかった, もたない女, 売って, 書かれて

▼ 少くしかも~ (4, 0.1%)

1 ぴったりと, アイマイ宿の, 掃除の, 陵墓の

▼ 少くしたい~ (4, 0.1%)

1 というの, という虚栄心, と苦心, と言

▼ 少くたいてい~ (4, 0.1%)

1 は聖者さま, 壞れない, 普通の, 黒か

▼ 少く~ (4, 0.1%)

1 もちよ, 交換される, 思つた着替, 思ふところ

▼ 少く~ (4, 0.1%)

1 出羽の, 害も, 持って, 考へる人

▼ 少く多く~ (4, 0.1%)

1 の武士, はその, は直接法, は荼毘

▼ 少く~ (4, 0.1%)

1 などの聴きたい, の逃げこめる, の鏡, は単に

▼ 少く見える~ (4, 0.1%)

1 からだろう, くらい老実, そのかわり, ので嬉しい

▼ 少くかつ~ (3, 0.1%)

1 ひと所に, 拙くなっ, 農業上の

▼ 少くこの~ (3, 0.1%)

1 中でも, 暗号は, 道の

▼ 少くした~ (3, 0.1%)

1 ことは, のと, 時に

▼ 少くただ~ (3, 0.1%)

1 その代り, その身ごなし, 自動車の

▼ 少くともかの~ (3, 0.1%)

1 いっそう容易, 一層容易, 女の

▼ 少くないであろう~ (3, 0.1%)

1 から推理, がとにかく, し一貫

▼ 少くなかろう~ (3, 0.1%)

1 からそれら, が多く, と解せられる

▼ 少くなりました~ (3, 0.1%)

1 がしかし, が田植え, けれど

▼ 少くひっそり~ (3, 0.1%)

1 して, とし, と静まりかえっ

▼ 少く僅か~ (3, 0.1%)

1 に〇・五%, に運動会, 七ヶ所を

▼ 少く~ (3, 0.1%)

3 かつた

▼ 少く~ (3, 0.1%)

2 を感ずる 1 思わし気

▼ 少く~ (3, 0.1%)

1 して, もごく, も私

▼ 少く~ (3, 0.1%)

1 ても八斗, ても百兩, て概算百十二三万人

▼ 少くあるまい~ (2, 0.0%)

2 と思う

▼ 少くかえって~ (2, 0.0%)

1 日々多数の, 民器に

▼ 少くことに~ (2, 0.0%)

1 その性温厚, 近世鎖国攘夷の

▼ 少くこれ~ (2, 0.0%)

1 によつて, を手

▼ 少く~ (2, 0.0%)

1 のみ雑踏, へなされ

▼ 少くさせ~ (2, 0.0%)

1 ながら, 爆笑の

▼ 少くしたがって~ (2, 0.0%)

1 歴史に, 近い頃

▼ 少くすべて~ (2, 0.0%)

2 が微光

▼ 少くともさう~ (2, 0.0%)

1 いふ時期で, おも

▼ 少くとも余~ (2, 0.0%)

1 にさう思はせる, はかく

▼ 少くなりし~ (2, 0.0%)

1 八月の, 頃蝉聲喧しき

▼ 少くなりたれ~ (2, 0.0%)

2 ば今

▼ 少くなるであろう~ (2, 0.0%)

1 がしかし, が少し

▼ 少くなれ~ (2, 0.0%)

1 ば一層, ば國

▼ 少くまだ~ (2, 0.0%)

1 整っても, 純真な

▼ 少くむしろ~ (2, 0.0%)

2 歴史的には

▼ 少く~ (2, 0.0%)

1 がどん, 多き時

▼ 少く~ (2, 0.0%)

1 では岩戸町, のうち

▼ 少く~ (2, 0.0%)

1 と呟い, と呟く

▼ 少く~ (2, 0.0%)

1 いずれ又, そこまで

▼ 少く加えた~ (2, 0.0%)

1 ものより, もの少く

▼ 少く勿論~ (2, 0.0%)

1 火災にも, 色刷の

▼ 少く原稿料~ (2, 0.0%)

1 を払, を払う

▼ 少く~ (2, 0.0%)

1 に歩き, 多数が

▼ 少く大抵~ (2, 0.0%)

1 は月光, は辛抱

▼ 少く~ (2, 0.0%)

1 ある身, の欲し

▼ 少く~ (2, 0.0%)

2 朝の

▼ 少く往々~ (2, 0.0%)

1 にし, 虚しく人力

▼ 少く~ (2, 0.0%)

1 から多く, 拾遺集には

▼ 少く従っ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て彼ら

▼ 少く従って~ (2, 0.0%)

1 その労賃, 時を

▼ 少く支払われ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, 一面には

▼ 少く~ (2, 0.0%)

1 に税, 鯉を

▼ 少く明晰~ (2, 0.0%)

2 に理解

▼ 少く書く~ (2, 0.0%)

1 ことそれが, ように

▼ 少く有形~ (2, 0.0%)

2 の語

▼ 少く殆ど~ (2, 0.0%)

1 すべては, 無いと

▼ 少く~ (2, 0.0%)

2 の血

▼ 少く河原~ (2, 0.0%)

1 が広く, や水面

▼ 少く淋しい~ (2, 0.0%)

1 こと, 日を

▼ 少く生産~ (2, 0.0%)

1 しなければ, すること

▼ 少く知識~ (2, 0.0%)

2 に依存

▼ 少く硬き~ (2, 0.0%)

1 もの黍飯等を, 品を

▼ 少く空気~ (2, 0.0%)

1 が乾い, の清潔

▼ 少く範囲~ (2, 0.0%)

1 は狭く, も広き

▼ 少く簡単~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を以て勝る

▼ 少く肌理~ (2, 0.0%)

1 荒れたる態, 荒れたる態あはれ

▼ 少く見積っ~ (2, 0.0%)

1 ても三万年位, て三千円

▼ 少く~ (2, 0.0%)

1 かこの, でもそこ

▼ 少く~ (2, 0.0%)

1 が悪い, を枉

▼ 少く需要~ (2, 0.0%)

1 しまたは, の比較的

▼ 少く韓土~ (2, 0.0%)

2 の影響

▼ 少く~ (2, 0.0%)

2 を後

▼ 少く~ (2, 0.0%)

1 を合せた, 見合せながら

▼ 少く~ (2, 0.0%)

2 して

▼1* [443件]

少くあまつさえ路狭く, 少くありませんでしたが少数, 少くある年は, 少くあるいはより多く, 少くいかにも無邪気な, 少くいずれも女, 少くいつも食物に, 少くうなづいて立上, 少く互同士の, 少くおもむろに石も, 少くかの女は, 少くかへつて普通に, 少くくだっては芸, 少くこなたは, 少くこんな時に, 少くざりませぬ, 少くございますから私, 少くさっぱりして, 少くしかし意味は, 少くしきりに子供らしく, 少くしたかったのである, 少くしたならばこの, 少くしたら観客に, 少くしなければならない, 少くし得ると思ふ, 少くし欲するからという, 少くそうして, 少くそういう点で, 少くそうして大勢においては, 少くその他家内にも何一つ事, 少くそんな彼を, 少くたべてもたくさん, 少くために吾人, 少くちゃ見当が, 少くつと見入つてお出で, 少くつて田植にも困つた, 少くては何を, 少くとても私は, 少くとまった果実も, 少くともあれとは比較, 少くともさういふ樣子が, 少くともさうした形で, 少くともさうしようと企てる, 少くともさうではない, 少くともさう信じたいのです, 少くともすぽぬけ, 少くともすつかり忘れてゐた, 少くともなったくらいである, 少くとも乗入らんと, 少くとも余一個の感情, 少くとも後から跳びかかられる, 少くとも後立山は栂谷頂, 少くとも所謂無戀愛小説, 少くとも所謂学校出でなくては, 少くとも所謂無産派の進出, 少くとも所謂趣味に富んだ, 少くとも生の領域, 少くとも線と称される, 少くとり入れられるわけです, 少くどこかに欠陥, 少くどの点から, 少くないかう愛情の, 少くないだらうこの審査員, 少くないではない, 少くないでしょうがしかし, 少くない如く離婚の, 少くなかっただろうが現に, 少くなかったであろうと思う, 少くなからず不安に, 少くなからずあることを, 少くなくなって来, 少くなければならない, 少くなされるかただ, 少くなったらしくそろそろ人, 少くなってる現在では, 少くならうとた, 少くならぬやうに, 少くなりぬさればその, 少くなりましてさ, 少くなりますね, 少くなり来ても少し, 少くなり笑うことも, 少くなり道行く人も, 少くなるだろうと逸早く, 少くなる出なくなるとか日本, 少く間お, 少くひそひそと語り, 少くひよつとする, 少くみんな熱心にたつ, 少くめつたに笑, 少くもった新興国である, 少くものぐさでひと, 少くももう一つ, 少くやがて其年の, 少くよい物品を, 少くよく働きそれに, 少くを, 少くゴルキイの, 少くバラツク建は軒まばら, 少くフィルムは古く, 少くマロニエの枯葉日毎, 少くワンタンラーメンチャシュウメンそれから時折シュウマイ, 少く一人で世, 少く一句の言, 少く一向世間から, 少く一月分を合せ, 少く一詞章にし, 少く一%内外であり無機成分, 少く万事が単純素朴, 少く三橋渡れば, 少く与えよしかもそれ, 少く与える気に, 少くいづれも, 少く且つ一層難澁, 少く且汽車の客, 少く両側の店, 少くく趣味上, 少くを毀損, 少く予防的妨げの行われる, 少くの大きく男らしく, 少く事務はのろのろ, 少く二三百しかない, 少く二人三人と数える, 少く二十数年後の今日, 少く享受しまた, 少く人員も足りなかった, 少く人民から徴収, 少く人魚という名, 少く人麿でも人麿作, 少くの御, 少く仏具もその, 少くに心, 少く他方が多い, 少く低い我家の, 少く住まり待て我祖父, 少くか言語不明瞭, 少く何処の療養所, 少く何時もひかえ目, 少く余りに事件や, 少く余り人に知られ, 少く作品に依, 少く使うことみんな陳腐です, 少く使おうかと心配, 少く使ってこの, 少く例えば一町六ヶ村に, 少く供給するの, 少く俯向きがちのもの, 少く候得バ手ををい, 少く借入品が多, 少く借金をする, 少く値段も高, 少く健康地だと, 少く得た実感, 少く傾けて陽炎, 少く働けど働け, 少く元就の善謀, 少く先生は多く, 少く児女の情, 少く入口の側, 少く全体的に極めて, 少く兩側には茅葺, 少く共幼稚なる哲学的考察, 少く其余の宝川笠ヶ岳, 少く其処に季, 少く冷淡らしくした, 少く凄き心地し, 少く処分すべき毛織布, 少く出したりする, 少く出る所も, 少く出入りする者, 少く分けても閨, 少く別れてゐられた, 少く別格の穀倉地帯, 少く利益が多かっ, 少く割に邊鄙な, 少く効果的だ, 少く乏しき自ら謙譲, 少くひ演技, 少く勢力もなかっ, 少く北方に於, 少く千二百幾名かの患者中, 少く南日本に多く, 少く印刷所の植字工, 少く却って春季に, 少く却つて人間離れのした, 少く却つて教師が追放, 少く卻つて蒙古人, 少く受答をし, 少く叙情詩に見ゆる, 少くが重く, 少く口数もごく, 少く各自の自警団, 少く各自相扶けて葬儀その他, 少く吹出でたる風, 少く四五年も居れ, 少く四平街では雪, 少く困難であるかという, 少く土地の者, 少く土地隔絶天恵少く随つて石器時代, 少く土民の疾苦, 少くだった, 少く坦道を経, 少く城代跡部山城は大阪, 少く塩汲女が海水, 少く墨子のため, 少く声さへ立て, 少く売らなければならず, 少くなどはさだめし, 少く夕顔の干物, 少く外国にもこれ, 少く多忙のため, 少く大まかでゆったり, 少く大変珍らしい代物, 少く大抵二度にきまっ, 少く大方洋書と, 少く大津と竹生島, 少く天井の石, 少くへる者, 少く奧羽永慶軍記に永禄十二年小田, 少く女工さんも県内, 少くと見知らない, 少く孤掌の鳴り, 少くを好む, 少く学生は更に, 少く定員が少い, 少く実在的でなくては, 少く実直で選択, 少く多きを, 少く害する方が, 少く容器は増, 少く在的, 少く實朝の歌, 少く小諸あたりまでは輕井澤附近, 少く深くし, 少くより美, 少く已むを得ず, 少くを得ず, 少く市内の寺院, 少くを興さ, 少く常態にちかい, 少く平家に忠臣, 少く平民の数, 少く幻滅を感じました, 少くと云はん, 少く店舗は悉く, 少くを動ぎて容, 少く強健そうで信頼, 少く待ちて相, 少く後れて例年, 少く後世に多けれ, 少く後悔すること, 少く後者の場合, 少く従つてその理論, 少く従つてわれわれ外国人の新た, 少く必然的と思われるであろう, 少く思われて仕方, 少く性質の善く, 少く悲観して, 少くふ, 少く感じるだけで済ん, 少く慌てて, 少く慌てたれどさしも, 少く懐古の料, 少く成つたが肌膚, 少くも短く, 少く乱れたると, 少く拂つた事を得, 少く按摩夫婦がお, 少く挨拶する樣子, 少く採卵用鶏は肉, 少くへ目勝, 少く擧げて云, 少く攪乱するよう, 少く支出すること, 少く教育せられて, 少くはみじかい, 少く文学的なる文学, 少く文武を兼ね, 少く新聞雑誌に出たる, 少くから夜, 少く日頃は根, 少く起で, 少く早く解放の, 少くても暮れ, 少くの來方, 少く普通は鳴き, 少く更に俳優の, 少く最近の最低数, 少く有望である, 少く木片や竹切, 少く本意無きまでに座敷, 少く本来無東西, 少く東京方面から来る, 少く松林が多く, 少く根幹莖葉を吾人, 少くまされし貫一, 少く概ねただ原稿, 少く権威を以て大声, 少く此室に貴方, 少く歸路をいそぎぬ, 少く殊に長い間内輪, 少く殺害に伴う, 少くに勘定, 少く比較的に土地, 少く民衆の娯楽, 少く気持のよい, 少く水銀球は歪みます, 少く水陸いずこ, 少く淋しかった, 少く清しき声で, 少くに遠ざかる, 少く漸くにし, 少くつたけれど, 少く無器用に母, 少く然し客は, 少くはし, 少く物靜かで行きつけ, 少く玄機と陳, 少くしくウスッペラ, 少く生れだちより, 少く用い他の, 少く田舎のかよひも, 少くが若い, 少く畜養員や園丁, 少く番台にぼんやり, 少く病室内はもう, 少く病気がちの人間, 少く発行もおくれ, 少く発行部数も少く, 少く百匁五十五円のマグロ, 少くくさって, 少く盛り上つたに, 少く目の下微し, 少く目的を達した, 少く相成漸, 少く相手になっ, 少く看守の気, 少くの意義, 少く眠るが如く, 少く瞬く間に, 少く矢張り他力に頼つて, 少くに沈ん, 少く社会の圧迫, 少く社會哲學者であります, 少く科学を理解, 少く空想が大, 少く竿多く最, 少く笑みを含み, 少く一部に, 少く答え馬を, 少くは一本, 少くを動かす, 少く簡單を以て勝る, 少く籠居を厭, 少く給せられて久しく, 少く絶望的に思われる, 少く締りがわるい, 少く縫取りしたもの, 少く羅馬に至つて, 少く美しさは, 少く美しき士官は, 少く考えることが, 少く聞いている, 少くに子供, 少く脂肪は少し, 少くを拭, 少く自業自得だと, 少く至つて頑強性に富んだ, 少く致し候処甚だ, 少く未だ衰, 少く色々の樹林, 少く芝居もダレ, 少く若い時は, 少くが高く, 少く落ち切り実に心持, 少く薄暗かったが, 少く藤原時代は勿論, 少く虜陣戎庭之が為, 少くの流れたる, 少く行烏川を渡る, 少くにふさわしい, 少く表情に乏しい, 少く製造販賣すること, 少く見えたんです, 少く見せるためパッスする, 少く見つもって六億, 少く規則もルーズ, 少く角柱状発達を生ぜしめる, 少く言いて多く, 少く言う文芸である, 少く言分の無い, 少く記載せられてを, 少くがはずまない, 少く話し合いながらときどき, 少く話すさて私, 少く語つて多く聞いた, 少く語り合ふこ, 少く論ずるであらうスペンサー氏の, 少く谷村を恋し, 少く貧家の子供, 少く貴いのであります, 少く買いまたより, 少く費用は少し, 少く赧めて, 少くをとどめさせない, 少く長き折, 少く踏んでも五六百兩, 少く身動きをする, 少く農夫の姿, 少く追求ししつつ, 少く退きて姿勢, 少く過去の文学的常套, 少く選挙人の総数, 少く配当も悪い, 少く重きもの也, 少くをつかわせる, 少く鑑武よりも更に, 少く長途の旅行, 少く開く時主人の, 少く閑地多し, 少く関西に多い, 少く随つて石器時代にも奥羽地方, 少くの歌, 少く離れた遠い地方, 少くが一様, 少く電報などはユノキ, 少く電灯も暗かっ, 少く電車もなく, 少く霊想未だ真, 少く音声はよく, 少くには前髪, 少く食い止める平生の, 少く食つてそれで滿腹, 少く食卓は常に, 少く飲むやうに, 少く飲んだり何時も腹一杯, 少く餘分なもの, 少くの太い, 少くの助かる, 少くと木綿, 少く黄ばんだ草のみに, 少くつてゐた, 少く黙りがちでまじまじ