青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「少い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

小舟~ ~小説 小説~ 小路~ 小野~ ~小鳥 小鳥~ ~少々 少々~ ~少い
少い~
~少く 少く~ ~少し 少し~ ~少しく 少しく~ ~少ない 少ない~ ~少なく 少なく~

「少い~」 1928, 21ppm, 5524位

▼ 少い~ (213, 11.0%)

26 である 16 です 10 では 7 だが 5 だ, だから, であります 4 ですが 3 でありますから, でありますが, であるが, ですから 2 か, が気に入らない, が目立つ, だと, だな, であらう, であるから, はこの, は名高い, は遺憾

1 [103件] かも知れぬ, がその, が三人, が其, が密, が少し, が心細く, が望ましい, が本当, が殊に, が気の毒, が物足りない, が続い, が言う, が難点, が首, じゃ, じゃあなく, だからなあ, だけでも物, だろう, であって, である安宿, でしたから, でしょうね, ですか, ですぞ, ですもの, でも知れる, で反っ, とこぼし, とただ, とで熱い, ともう, と一同, と云う, と何だか, と噂, と女中, と生徒自身, と破戒, にちょっと, にびつくり, に不審, に派出, に飽き, はかならずしも, はそれ, はどう, はどういう, はまた, はまだ, はアガサ・クリスチー女史, はステファン, は不思議, は事実, は互に, は人, は公然, は古実, は大, は天然, は奇妙, は恰も, は故意, は早, は明かだ, は時々, は替, は此方面, は死者二人, は残念, は殘念, は混雑, は漁港全体, は當然, は私, は自然, は蓋し, は覚え, は貧乏, もあり, もある, も以上, も嫁, も尤, も氣, も無理, も頑固, を以て私, を怨んだ, を怪, を憂えず, を擇つて, を歎, を気, を氣, を病, を知っ, を見, を見て取り, を見はからっ, を通例

▼ 少いもの~ (85, 4.4%)

9 である 8 では 3 だ, であった 2 だから, だが, だと, であるから, です, ですね, は存, を唆

1 [46件] かもしれない, が, が上品, が不精, が何, が減る, が鼻綺麗, しか出来ない, じゃ, だけに僅, だつたの, だね, であ, であった事, でありかつ, でありそれ, であるし, であると, でい, ですから, ですが, でなくっちゃ, でもっとも, で二分間位, ということ, となり, なの, に, にし, にした, になつ, には少し, には自然生殖力, に変えた, はなく, は初, は記, らしい, らしくそれ, を我々, を煽り立つ, を眼前, を説得, 同志だ, 慌てまい, 程すぐれた

▼ 少い~ (79, 4.1%)

4 云ふ 3 思ふ, 言って 2 いうので, いって, いつて, いはれてを, 云うこと, 小言を

1 [57件] ああなるもの, あの人, いうほどまでに, いうより, いつた話, いへば, されて, せねば, よく言われる, ガッカリし, ハッキリ言, ハッキリ言え, マダム藤田は, 中の, 云う点, 云う美点, 云って, 云つても, 云はう, 云われる, 内容を, 前に, 同じ事, 同時に喜び, 噴煙が, 困るから, 座談会で, 徳次は, 思いひそか, 思いませんか, 思う, 思う西洋, 思ったの, 思って, 思つてたんだ, 思つて居る, 思つて言ふんでは, 思はなければ, 思ひます, 思ふね, 思へる, 思われる結婚, 思ツた, 打ったり, 書いて, 確信をもって, 結論し得よう, 考えるべき理由, 聞いて, 見える, 見なければ, 言えよう, 言っても, 言つて暗に, 言へる, 訴えたもの, 鮎は

▼ 少い~ (63, 3.3%)

2 これは, これも

1 [59件] あなたの, うまく出来, お前の, お礼にとって, しかしいつも, しかし其實, その九割, その激し, その間に, それでなけれ, それでも二百人余り, それでも桃, ただ自由, とにかく刻々独本土, なかには男, ほとんど休み, サラサや, 一足飛びに, 一騎當千の, 丘陵の, 仔細も, 会社の, 体裁内容とも, 何か, 何となく言葉, 何様な, 健康時の, 分つには, 品の, 唯一つ女, 多いとおもへ, 大阪風は, 天成の, 夫人が, 実はわれわれ, 家持の, 少くとも, 巻十三は, 形は, 悲劇の, 感謝の, 手長の, 故に益々, 柔か味, 此組が, 汝ら如き, 満員だ, 犯罪も, 痘痕の, 痩せた身体, 私どもは, 窮屈で, 細かいもの, 艶が, 部屋の, 長くなる, 間接の, 非常に, 香りも

▼ 少いこと~ (58, 3.0%)

5 では 2 であった, に就

1 [49件] か, があっ, がわかるであろう, が判りました, が地方人, が最後, が気附, が淋しい, が知れ, が表現, だし, であったが, であらう, である, であろう, です, でせう, で外国, と私立中等学校, と軒並み, なぞも納得, になります, になる, のそして, の一つ, の結果, の重大, はあるまい, はまた, は一体, は元, は全く, は勿論, は即ち, は当然, は言うた, は認めざる, は顕著, または男性, もない, や自分たち, を不審, を思ふ, を痛切, を知りまし, を示す, を私, を見出し, を見抜いた

▼ 少いから~ (55, 2.9%)

2 双方の, 草を

1 [51件] お対手, かくの, これは, これを, その方, だ, だと, であらねば, である, です, なの, なア, ひきあわないとは, ひけ時, ふだんは, まずかろう, ラクだ, 不経済である, 二十五万でも, 今までの, 他國人, 例えば監督官庁, 其時分でも, 北碑を, 可厭, 合うのね, 呉も, 呼吸が, 営養の, 圧え, 婦人に, 少くとも, 平気な, 従って進歩, 御辛棒, 急所さえ, 戻り馬も, 楽である, 涸れがち, 無名作家や, 玉子好きの, 生活にも, 自然戯曲の, 苦労は, 草が, 荒事師は, 観衆の, 誕欺怪迂, 議員の, 鐵で, 黒枠は

▼ 少いので~ (55, 2.9%)

1 [55件] お泊り, こういう研究目的, これだけの, さう, して, すぐに, せう, それを, どこの, やりにくい, よいところ, よろこんで, わかる, わたくしは, カヘーケーキは, クサる, タカを, 一般に, 三芝居を, 上さんは, 下の, 九州人という, 人の, 何か, 何処の, 余つ, 供給の, 困窮し, 女房も, 始終沈重, 安心する, 広瀬先生や, 従ってもっと, 心配, 悩んで, 手に, 時々は, 木村は, 歩きよい, 河野も, 深山の, 烟が, 番台の, 皆に, 知らぬ人, 私は, 腹が, 自然刺戟が, 蘇格蘭では, 見つけられる心配, 警固の, 赤道面内の, 食事でも, 駅員が, 高い価

▼ 少い~ (49, 2.5%)

2 に出来る

1 [47件] からあった, からの競争者, からよく, から多読, から姉妹, から学問, から寂しい, から文, から海, から無残絵描き, から苦労性, がよい, この花, であった, ですから, でその, でも十人, でも貴女, で五十円, で六七本, で十五六人, とて仕事, にはこの, には結晶, には自然, には色, には誰, にゃ随分, に両親, に嫁, に彷彿, に敵, に江戸, のこと, のやう, の生活, の記憶, は同じく, は弱い, は桶四五杯, は無頼漢, は色, よ, より両親, を思い出し, 不行迹, 殊に一人きり

▼ 少い~ (43, 2.2%)

2 がお, です, では

1 [37件] がいい, が壜, が大義名分, が好い, だ, だから, だが, だろう, であって, であつ, であり, である, ですね, で嬉しい, で患者, とはいえぬ, と思つて, なので, に属する, の側, の娘, の婦人, の子息, の性質, の茶碗, の通路, の魂, はふっくり, はほんのり, は洋傘, は納戸, へとよろめきもつれ, へ少い, へ蒔きます, へ行っ, を手伝っ, を指し

▼ 少いよう~ (34, 1.8%)

5 だ, である 2 な気

1 [22件] だね, で, であるから, です, なもの, な土壌, な形, な自然, にし, にそして, にスペイン, に仕立てた, に思う, に思える, に思われます, に思われる, に感じる, に考えられ, に見えた, に見える, に見受けます, よ

▼ 少いという~ (32, 1.7%)

7 ことは 4 ことが 3 ことである 2 ような

1 [16件] ことによる, ことの, ことも, のは, のも, 不便は, 事実からも, 事情も, 仏蘭西船の, 条件が, 条件とも, 欠点が, 点で, 点に, 結果にも, 評判であった

▼ 少い~ (29, 1.5%)

1 [29件] あいて, あっても, いまは, これこそ, その外, それに, それを, われわれに, バラック建てだ, 万が一にも, 二人掛りで, 人間的生長といった, 今その, 呑気じゃ, 嘗ての, 土は, 寒さ, 愛情を, 支倉の, 新しくっても, 時代への, 歌手は, 水が, 物が, 益々少く, 相当の, 知れたとこ, 私と, 行こうと

▼ 少い~ (26, 1.3%)

1 [26件] から手土産, があつ, がいそいそ, が人形, すなわち黒門, であるから, でたった, ではあった, で牙, な, にははじめて, には丁度, に怨も, に言う, の内儀, の夜, の方, の膝枕, は一つ, は今, は妻, も何, らしい, を悟せ, 其の采, 落ちまい

▼ 少い~ (23, 1.2%)

1 [23件] が, が兄さん, が先刻, が六七人, が持出した, が目, で, であった, であったが, としてより, なの, に返します, の世, の声, の片肌, の絡んだ, の耳許, の聲, は嫌い, は帯, は這った, を一人, を真中

▼ 少いところ~ (22, 1.1%)

2 から何となく

1 [20件] からガツガツ, から来, から窓, がよい, が面白い, だから, だといふ, ですが, ではなかっ, では植物, で御座いまして, で袖の下, として本郷, に大きな, へくる, へ来る, へ留置場, ほど実は, まで下り, を先

▼ 少い時分~ (21, 1.1%)

2 の父さん

1 [19件] からし, から小三郎, から父さん, から稽古, で死體, と学校, には能う, に一つ, に別れた, に南部地方, に抱い, に於きまし, に楼梯, に飾った古びた, に黒砂糖, のこと, の気分, の笹村, の追憶

▼ 少い~ (17, 0.9%)

6 あらう 3 せう 2 はない 1 あらうが, あらうし, ござりましょう, せうが, 有らう, 露に

▼ 少い労働~ (15, 0.8%)

4 が必要 2 をもって生産 1 が投ぜられる, しか国内, でその, で生産, で耕されるなら, で足る, と同じ, の生産物, をもって製造

▼ 少いけれども~ (13, 0.7%)

1 [13件] この国, さらに本州中部, ちゃんと在りました, とにかく空気, まだ四十一, エジプトで, 一般に, 人の, 天台も, 文学者を, 早く開け, 書き物の, 非常に

▼ 少い分量~ (13, 0.7%)

3 と交換 2 の固定資本 1 が有っ, しか彼, において生産, の価値, の獣, の貨幣, の魚, を支配

▼ 少いかも~ (12, 0.6%)

4 知れない 2 知れぬ 1 しれない, しれませんが, 知れないが, 知れないなどと, 知れぬが, 知れません

▼ 少いやう~ (12, 0.6%)

3 である 2 に思ふ 1 だが, でございますな, な具合, な氣, に思はれ, に思はれた, に私

▼ 少いのに~ (11, 0.6%)

1 [11件] たまたま行く, やや失望, よっぽど好き, 不満であった, 住民は, 却ってまごついた, 座敷へ, 気が, 疼, 闇の, 食物は

▼ 少い~ (11, 0.6%)

2 と思ふ, もなく 1 からでも想像, が一番, が望ましい, である, で卓絶, と一定, を示す

▼ 少いため~ (9, 0.5%)

2 である 1 だらうと, であろうが, なの, にうつむいた, にがらん, に人口過剰, に観測者

▼ 少いです~ (9, 0.5%)

21 からね, が, が春, ね, ね現代, ね翻訳, よたった

▼ 少いとは~ (9, 0.5%)

2 言へ 1 云えない, 必ずしもいえないらしい, 思つた, 考えられない, 言われなかった, 違って, 違つてこれは

▼ 少い~ (9, 0.5%)

1 だからね, だし, だつて, だよ, ですからネ, ですし, ですって, ですよ, でせう

▼ 少い~ (9, 0.5%)

2 ではない, ではなかっ 1 が他, だとは, でなかった, ではなかろう, を受取る

▼ 少いそう~ (8, 0.4%)

1 だ, だが, だね, である, でした, です, ですから, でハイカラ

▼ 少いといふ~ (8, 0.4%)

2 ことを 1 こと水墨を, 事だ, 事である, 事実など, 傾向について, 欠点が

▼ 少い~ (8, 0.4%)

1 が貴い, だから, だし, である, ですから, とで違う, は白檜, を漕い

▼ 少い~ (8, 0.4%)

1 からはすぐ, から仮名許, から假名許, では融雪促進, でも十軒内外, で嫁, で松源, には黄いろい

▼ 少いけれど~ (7, 0.4%)

1 お前の, 一體お前は, 今月分の, 到るところ, 取って, 取っといて, 当座の

▼ 少いだけ~ (7, 0.4%)

2 ますます多く 1 それだけに庵そのもの, だ, だつて, である, 御利益も

▼ 少いとか~ (6, 0.3%)

1 やかましく云った, 余生を, 湿気や, 話した, 選り取るのに, 飜訳も

▼ 少いなら~ (6, 0.3%)

3 ばそれ 1 ば商業, ば大麦地, ば資本

▼ 少いばかり~ (6, 0.3%)

2 では 1 でなく唯一, でなく弟, でなく殘念, でなく船体

▼ 少いわけ~ (6, 0.3%)

3 である 1 でしょう, です, なん

▼ 少い~ (6, 0.3%)

1 であった, にはしょげる, の光, は, は二三人, を送つ

▼ 少い時間~ (6, 0.3%)

1 であった, である, でとん, と見え, のうち, を過した

▼ 少い~ (6, 0.3%)

1 で自分, で親父, とがならん, と三人連, の声, は憚

▼ 少いうち~ (5, 0.3%)

1 から手塩, に貴方, はその, は反対効果, 馴れて

▼ 少いかと~ (5, 0.3%)

1 云ふ, 云ふと, 云へば, 思います, 思ふ

▼ 少い~ (5, 0.3%)

1 うだ, うだが, うで, うである, うでこの

▼ 少いさくい~ (5, 0.3%)

5 ものを

▼ 少いだろう~ (5, 0.3%)

2 と思う 1 じゃない, とここ, と喜ん

▼ 少い~ (5, 0.3%)

1 しても, 決って, 相違ない, 違いない, 違ひない

▼ 少いほど~ (5, 0.3%)

1 よい, 人民にとって, 場内整理は, 彼らが, 彼れ

▼ 少い場合~ (5, 0.3%)

1 が多い, といわなけれ, と同一, にはイオン, には高給

▼ 少い~ (4, 0.2%)

1 このむし, して, ともかく日本全体, はりに

▼ 少いせい~ (4, 0.2%)

1 かかえってひっそり, かまだ, か何となく, もあった

▼ 少いだけに~ (4, 0.2%)

1 こうなる, 人間の, 或る, 横町は

▼ 少いだらう~ (4, 0.2%)

1 が相撲, と考へ, ね, よ

▼ 少いであろう~ (4, 0.2%)

1 が, し又, というの, と今

▼ 少いとき~ (4, 0.2%)

1 であるから, でもぐったり, で四五百円, は二

▼ 少いどころ~ (4, 0.2%)

4 では

▼ 少い~ (4, 0.2%)

2 なの 1 だから, でその

▼ 少い~ (4, 0.2%)

1 が娘同士, つ子, の余り, らしく平次

▼ 少い~ (4, 0.2%)

1 があっ, でまた, に遭遇, へ来る

▼ 少い比例~ (4, 0.2%)

1 だけ更に, で下落, で騰貴, の固定資本

▼ 少い~ (4, 0.2%)

1 でいい, なので, に向っ, を刃

▼ 少い資本~ (4, 0.2%)

1 がその, がそれ, が必然的, が穀物

▼ 少い電車~ (4, 0.2%)

2 がはやい, の中

▼ 少いこの~ (3, 0.2%)

1 村にとっては, 様な, 點は

▼ 少いこれ~ (3, 0.2%)

1 は曹洞, ほど苦, をもっ

▼ 少いその~ (3, 0.2%)

1 代りこの, 山畑を, 歌声が

▼ 少い~ (3, 0.2%)

21 あやめた人間

▼ 少いのみ~ (3, 0.2%)

1 ならずかえって, ならず一方, ならず更に

▼ 少いらしい~ (3, 0.2%)

2 のを 1 のねしかし

▼ 少い~ (3, 0.2%)

1 に乗客, に価, に蒲田軍

▼ 少い人たち~ (3, 0.2%)

1 がかえって, で本当, の粗笨

▼ 少い代り~ (3, 0.2%)

1 に甚だ, 堂々たる設備, 風景の

▼ 少い価値~ (3, 0.2%)

2 を有 1 が労働者

▼ 少い固定資本~ (3, 0.2%)

2 をもっ 1 をその

▼ 少い土地~ (3, 0.2%)

2 が耕作 1 らしいの

▼ 少い場所~ (3, 0.2%)

1 です, で見かける, をさがさせた

▼ 少い~ (3, 0.2%)

1 である, であるが, の男

▼ 少い~ (3, 0.2%)

1 はどんなに, をお, を吸い込もう

▼ 少い婦人~ (3, 0.2%)

1 と青少年, なり, の声

▼ 少い子供~ (3, 0.2%)

1 だつた, などである, を控え

▼ 少い~ (3, 0.2%)

1 で十分発揮, をする, 例えば佐野次郎左衛門

▼ 少い方法~ (3, 0.2%)

1 で内外, に甘んじる, を選ん

▼ 少い~ (3, 0.2%)

1 である, なの, を出したい

▼ 少い~ (3, 0.2%)

1 だ, にその, に見える

▼ 少い~ (3, 0.2%)

2 にある 1 などもかなり

▼ 少い~ (3, 0.2%)

1 の真中, を歩き, を電車

▼ 少い~ (3, 0.2%)

1 たまには, に強, 發光力が

▼ 少い紳士~ (3, 0.2%)

1 があります, が慇懃, じゃ国手

▼ 少い~ (3, 0.2%)

1 がその, には何, ほど平

▼ 少い自分~ (3, 0.2%)

2 の生涯 1 の背後

▼ 少い~ (3, 0.2%)

1 だから, である, ですから

▼ 少い貨物~ (3, 0.2%)

1 ではなく, と交換, はない

▼ 少い~ (3, 0.2%)

1 のはて, の上, らしかった

▼ 少い~ (3, 0.2%)

1 ではなかっ, の光線, を得

▼ 少い~ (3, 0.2%)

1 だのに, を櫛目, を総髪

▼ 少いかに~ (2, 0.1%)

1 比例し, 気附かれるでしょう

▼ 少いかを~ (2, 0.1%)

1 正確に, 調べて

▼ 少いけれどと~ (2, 0.1%)

1 言って, 言つて見

▼ 少いためそれ~ (2, 0.1%)

1 に対しては何らかの, をいろ

▼ 少いだけの~ (2, 0.1%)

1 ことである, 事な

▼ 少い~ (2, 0.1%)

2 やない

▼ 少いでしょう~ (2, 0.1%)

1 と訊く, ね

▼ 少いとかいう~ (2, 0.1%)

1 問題では, 類の

▼ 少いとの~ (2, 0.1%)

1 ことであります, 評判であった

▼ 少いなんて~ (2, 0.1%)

2 駄洒落に

▼ 少いほどの~ (2, 0.1%)

1 危険な, 邊鄙な

▼ 少いより~ (2, 0.1%)

1 僅かしか, 多い方

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 争う女学生, 比較し

▼ 少い一つ~ (2, 0.1%)

1 の見本, は僕

▼ 少い世の中~ (2, 0.1%)

1 でその, では事実

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 からこれ, の一人

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 の乱脈さ, の学校生活

▼ 少い仕事~ (2, 0.1%)

1 だけに是非, だけに是非為

▼ 少い位置~ (2, 0.1%)

1 である, をこの

▼ 少い俳優~ (2, 0.1%)

1 には舞台用, は常に

▼ 少い倉庫~ (2, 0.1%)

1 の様, の樣

▼ 少い内容~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 永続しない, 直線的で

▼ 少い友人~ (2, 0.1%)

1 に送られ, のため

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 傾斜深い, 給料を

▼ 少い女給~ (2, 0.1%)

2 の事

▼ 少い姿~ (2, 0.1%)

1 が御堂内, が神々しい

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 がいつた, が無邪気

▼ 少い官吏~ (2, 0.1%)

1 とか会社員, とか會社員

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 で重行, の中

▼ 少い年頃~ (2, 0.1%)

1 であつ, の人間

▼ 少い幸福者~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 漠たる平原, 漠たる草原

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 だった, はじっと

▼ 少い情念~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 少い損傷~ (2, 0.1%)

1 ですんだ, でヨーロッパ

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 であろうか, にもよる

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 ではなく, なの

▼ 少い日本~ (2, 0.1%)

1 の思想界, は科学的発明以外

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 であること, で昼間

▼ 少い東京~ (2, 0.1%)

1 に出, は味

▼ 少い横町~ (2, 0.1%)

1 などをえらん, へ這入る

▼ 少い此辺~ (2, 0.1%)

2 では地下百姓

▼ 少い此邊~ (2, 0.1%)

2 では地下百姓

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 がない, に過ぎない

▼ 少い理由~ (2, 0.1%)

1 が察せられる, は一往全体

▼ 少い生活~ (2, 0.1%)

1 に入った, に入りたい

▼ 少い社会~ (2, 0.1%)

1 ではどうしても, にあり

▼ 少い立派~ (2, 0.1%)

1 な作家, な本

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 の文学, はない

▼ 少い糊気~ (2, 0.1%)

2 のある

▼ 少い美しい~ (2, 0.1%)

1 品であります, 嬢様が

▼ 少い老人~ (2, 0.1%)

1 に過ぎませんでした, を見やりました

▼ 少い言葉~ (2, 0.1%)

1 に深い, を紋切型

▼ 少い貨幣~ (2, 0.1%)

1 に対して売るなら, をその

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 そらに, に可

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 を行かう, を静か

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 とてもう, に出た

▼ 少い過去帳~ (2, 0.1%)

1 には全く, の空白

▼ 少い道端~ (2, 0.1%)

2 の格子戸先

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 が生産, は受けとらない

▼ 少い静か~ (2, 0.1%)

2 な道路

▼ 少い~ (2, 0.1%)

1 を下, を初めて

▼ 少い食物~ (2, 0.1%)

1 を攝, を與

▼ 少い髪の毛~ (2, 0.1%)

1 が色艶, を無

▼ 少い~ (2, 0.1%)

2 か1

▼1* [480件]

少いいつも真暗な, 少いうえに種類, 少い人柄な, 少いおとなしい人です, 少いおりに悪気, 少いお蔭でパリ, 少いお話と云っ, 少いかが問題に, 少いかということにも, 少いかとかいうことは, 少いかに従って我々は, 少いかみさんだろうか, 少いかより多いかの, 少いからかもしれません, 少いからでせう, 少いからとがんばって, 少いからというのは, 少いからのそれでも私, 少いくらい濁ったもの, 少いけど膏薬代を, 少いけれどもね之で, 少いここらの町, 少いことお雛様のお, 少いこと戦争によって多く, 少いこれ等の利益, 少いさっぱりしたもの, 少いさな薄白く, 少いしかし意味の, 少いしかも温厚篤実を以て, 少いしなびた植木が, 少いしめて五六人しか, 少いしネ毎日の, 少いじゃないか, 少いそしてこれも, 少いそれでゐ, 少いそれゆえ其様式もあまり, 少いそんな理由も, 少いうむどうしても, 少いたいがい虚弱から追いつめられる, 少いため一種独特の明るい, 少いため今の中, 少いからね, 少いだから其邊の, 少いだけでも非常に, 少いつて云ふの, 少いつまり少い語彙, 少いてる子は快活, 少いですやろし, 少いとおもふ, 少いとかいふことよりも, 少いとても私は, 少いとでもいうの, 少いと共に藪蚊も, 少いどころか新人の, 少いなあどうじゃろう, 少いなかに女優, 少いながらも今の, 少いなぜであろうか, 少いなどは其の一例, 少いには拘りませぬしかしそれでも, 少いにも今私は, 少いのでと云って, 少いのね痒いこと, 少いあるが, 少いばかりか知って, 少いひとがする, 少いふっくりした蕗子, 少いほうの様, 少いぼう大かつ強力, 少いまた多くては, 少いまるっこい二つの, 少いではある, 少いね, 少いよい肉附で, 少いよ, 少いわたくしは説郛以下, 少いわりに彼女, 少いをもって議員を, 少いんぢやない, 少いんで恥ずかしいん, 少いアフリカ内地の野蛮人, 少いアメリカの北部諸州, 少いアヴェック・モア・カクテールが運ばれた, 少いオーリャまでが云った, 少いガサツな手, 少いクサリつ, 少いグウタラな人間, 少いシベリアの冬, 少いシンガポールの日本人たち, 少いダイナミックな空気, 少いてね口, 少いテクニカルなこと, 少いハープがこの, 少いパーセンテージに過ぎない, 少いレコードは全く, 少いロンドンで父, 少い一人の男の子, 少い一人娘だったの, 少い一例である, 少い一度ぐらゐではなかなか頭に, 少い一日をすごした, 少い一本調子の英語, 少い一般の人たち, 少い一部の文学好き, 少いけに余計, 少い上多人数の傭人達, 少い上役より月収, 少い下級武士や庶民生活, 少い世捨人なこれ, 少い世界である, 少い中等学校の卒業者, 少い主婦の懐中, 少い事塵埃を後方, 少い事大概はマイナス, 少い事等の長所, 少い享楽物で満足, 少いでは少女, 少い人ゆえ聞いたこと, 少い人手しか必要, 少い人物の一銚子, 少い人誰の顔, 少い人間の性格, 少い人願へ, 少い仏たちの回向, 少い会堂の建物, 少い会場にほぼ, 少い会衆の多数, 少い何だか混沌と, 少い余命の終らぬ, 少い作例である, 少い作家であり否, 少い作物の内, 少いではなかろう, 少い例外の一つ, 少い信長はほとんど, 少いにやっ, 少い傑作であらう, 少い入口の柱, 少い入費を以て美味しい, 少い公然たる朗かさ, 少い共同井戸の井戸端, 少い其の嫩葉に, 少い其内で親房, 少いから泥濘, 少い内気もの, 少い冷めたい女であった, 少い処密と目, 少い出家が火の気, 少い出来事でいくら, 少い出費で飼養, 少い利潤を得た, 少いの数, 少い努力でわかり, 少い労働者しか用い得ず, 少い労働量によって獲得, 少い労苦の時間, 少い北国の寒村, 少い北海道を旅, 少い北陸では大事, 少いの名, 少い区ソヴェトへの選出, 少い医学士と云う, 少い医者がない, 少い十三四かそれとも, 少い十六七が, 少い原稿生活に飽き, 少い去年の暮あたり, 少い友達も多く, 少い反動主義者のグループ, 少い収穫を取得, 少い口調なの, 少い口頭の節, 少い手拭の, 少い古代の事情, 少い召使たちが日本, 少い台詞と台詞, 少い吉住求馬はかう, 少い同じ骨折りを, 少い同窓生で先生, 少い名著なの, 少い寧ろ交際, 少いのい, 少い商人が肝心, 少い商売だから, 少い喜劇に飽いた, 少いは一般, 少い国土ではこの, 少い圏境のうち, 少い土蔵造りの家, 少い在京委員を督励, 少い坦々たる叙述, 少いとなっ, 少い報酬を受け, 少い場末の町, 少いが消費, 少い夏場だけやって来る, 少い外窓の内側, 少い夜会結のその, 少い夜半に同, 少い夜明け方小舟で何, 少い夜汽車から降りた, 少い夜道を駅, 少い大きな家の, 少い大人の家庭教師, 少い大臣の息子たち, 少い失望も忘れ, 少い女たちの声, 少い女の子の部類, 少い女中が二人, 少い女文選としての技術, 少い青年で, 少い好人物にめぐりあう, 少いはお, 少いに寂しい, 少いを迎え, 少い娘たちの顔, 少い婦人作家をもこめ, 少い存在の明らか, 少い季節だのに, 少い学生も交った, 少い安全な道, 少い宴会をひらく, 少い寂寥とした, 少い対話に戻っ, 少い将士さえ斃, 少い少くとも, 少い屋敷町のよう, 少いにたまたま, 少いと崖, 少いでは種族, 少い帽子しかない, 少い帽子靴等が必要, 少い平地の諸, 少い平家の語り本, 少いでもなお, 少い年月でもよい, 少い広々とした, 少い広場には看, 少い店頭で事務員, 少い建築物の前, 少い弟惟長只一人であつ, 少い当時としては最大, 少い形式を含ん, 少い彼蘭軒が少い, 少い往還が其底, 少い待合の通り, 少い従って自己見せ, 少い御新造より年, 少い徳本の膝栗毛漫遊, 少い性情であること, 少い性格の子供, 少い恨みがあります, 少い患者であり自然, 少い悲惨をもっ, 少いであらう, 少い感じがする, 少い我が風俗の, 少い或は濁った血色, 少い戯曲とは一体, 少い戸数割を納め, 少い手まわりのどこ, 少い手代はそっぽ, 少い手当であるから, 少い手軽な方法, 少い晴れた三月, 少いから何一つ, 少い折柄相当参考になる, 少い抜道を択ん, 少い拙い長詩, 少い持物をほとんど, 少い握り飯を一つ, 少い損害をうけた, 少い支那と我國, 少い支那人とロシア人, 少い改札掛わずか, 少い敏捷らしい顔, 少い敷石道を彼等, 少い文化易者と見立てる, 少い文学は淋しい, 少い文学者を職業, 少い文章ではない, 少い料理屋も他, 少い新刀で一応, 少い新劇の畑, 少い旅先での病気, 少い日数で病気, 少い日本人たちが公使館, 少い早朝の澄んだ, 少い時乱暴で義興水中, 少い時代であつ, 少い時出家して, 少い時分私がこの, 少い時孫何と同じく, 少い時山本北山の奚疑塾, 少い時無頼漢であ, 少い時狂歌を作っ, 少い時疥癬のため, 少いに読む, 少い暖かな冬, 少い暗く苦しい日常を, 少い暴君性を発揮, 少い朝夕だつた, 少い朝湯へ連れ, 少い朝鮮においては特に, 少い朝鮮人はよく, 少い木偶の様, 少い松の木の行列虫, 少い植民地生活の一つ, 少い次第です只, 少い次郎とよぶ, 少い正確な眼, 少いの様, 少い此地方では地下, 少い此山陽をし, 少い母親が願掛け, 少い比率は出生, 少い気立てのよい, 少い汽車が通, 少い沈んだ顔色を, 少い沿海州の市民たち, 少い法学博士で目附鼻附, 少い涼風が吹い, 少い淋しさを, 少い深夜の山, 少い深山の渓流, 少い温厚な人柄, 少い温泉場の一つ, 少い洲の, 少い滑らかな皮膚, 少い漫歩の後, 少いの上, 少いに自分, 少い煩累の中, 少いは次, 少い爺さんだろうよ, 少い片瀬から七里ヶ浜, 少い牛乳で一升九銭, 少い犯罪数だと, 少い独りぽっちとなっ, 少い独自の著述, 少い現代に於, 少い現在の状態, 少いつ気, 少い生命にとっての最後, 少い生存の条件, 少い生産上の報酬, 少い生産物の報酬, 少い生産費をもっ, 少いや姪, 少い用途に強制的, 少い田舍に多い, 少い田舎の町, 少い男性的な余り, 少い町一杯に輝い, 少い異国風の民謡, 少い病気で現代, 少い病顏にも見えた, 少い痩せた曲つた松並木を, 少い白く澄んだ皮膚, 少い白髮を薙ぎ, 少いだ, 少い眇目の教師, 少い真空のよう, 少いをゆ, 少い石膏で上手く, 少い研究ができた, 少い確乎とした, 少い社会部分に最大, 少いに取, 少い程よい場所を, 少い程度に, 少い穀物と交換, 少い穀物労賃を受取るであろう, 少い穴みたいなところ, 少い空氣の冷やかさ, 少い空間に最も, 少い竪川河岸を二つ目, 少い競輪場へ出かけ, 少いが反, 少いを立て, 少い範圍の經驗, 少い粗生原料品しか購買, 少い経験にしろ, 少い結婚数ではなく, 少い給与に甘んじ, 少い絶対量を得る, 少い綺麗な人, 少い緑平老よありがたう, 少い美人であるから, 少い美少女はすべてなで斬り, 少い美術家で誰, 少い者同志で感ずる, 少い耕作地で粗, 少いして, 少いと膝小僧, 少い至極善良な, 少い航路のこと, 少い良い本が, 少いの黄, 少い色合であること, 少い色白なの, 少い若い女の, 少い若松の街, 少い英国貨物が輸出, 少い荷馬車屋はそう, 少い葬列に随, 少い薄く降るという, 少い蜜蝋で総て, 少い街路に一面, 少いの川岸づたいに, 少い裏通へ曲る, 少い裏通りに轟々と, 少い製造業者に対し著しい, 少い西洋から湿気, 少い見栄坊でもあった, 少い親類の人, 少い観客であると, 少い角板の出来る, 少い言葉数で説明, 少い記憶がそれ, 少い試験用缶詰をパック, 少い詩人もその, 少い語彙を以つて沢山, 少い語数だけ一語十仙, 少い谷間で煙草, 少い豪傑が手, 少い財貨を購買, 少い貧弱な収穫, 少い貨幣地代を得るであろう, 少い貴婦人てった高島田, 少い貴重なもの, 少い費用で取引, 少いの上, 少い身体でそん, 少い身構への法, 少い身構えの法, 少い車輪のよう, 少い軍用機で逸早く, 少い通して出る, 少い速度に過ぎない, 少い遊女の初会惚, 少い道具類といつ, 少い選手のため, 少い部数で一々, 少い部門を引受けね, 少い都会の大気, 少い都市ではこの, 少い醜男ですが, 少いの住居, 少い金のか, 少い金時計が入っ, 少い鉱山何らの, 少い銀造の顔, 少い鐵製錬所, 少い長い生涯を, 少い長崎などでは百年, 少い関東地方にまでもいわゆる, 少い陰気な質, 少い陳列室で硝子戸棚, 少いの家, 少いの往来, 少い電燈の下, 少い青森街道を盛岡, 少いかな柳, 少い頁数の中, 少いには全く, 少い頃謡曲を学んだ, 少いのあたり, 少いばかりと言う, 少い馴染みの飲屋, 少いの多い, 少い骨ばんだ妙な, 少い高層建物の上層, 少い高貴な夫人, 少いの元気, 少い鶏屋などの二階, 少い鸚鵡なの, 少い麟太郎が所理, 少いを而, 少い黄昏の小