青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「実在~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

宛~ ~宜 宜~ 宝~ 宝石~ ~実 実~ ~実に 実に~ 実は~
実在~
実家~ 実感~ ~実現 実現~ ~実行 実行~ 実践~ ~実際 実際~ ~実験

「実在~」 1740, 18ppm, 6347位

▼ 実在~ (371, 21.3%)

7 人物では 6 人物の 5 人物である, 人物と 3 ものを, 世界は, 人か, 人物か, 人物だ, 人物で, 人間に, 名前を, 自己表現の, 認識である

2 [30件] ものである, ものと, リアリティーに, 上に, 世界では, 世界に, 世界へ, 人物が, 人物に, 人物を, 任意の, 原始の, 原理は, 反映としての, 名に, 国の, 意味を, 根本的な, 概念が, 構造や, 模写である, 模写という, 模写に, 模写の, 模写乃至, 権威を, 物の, 真を, 誰れ, 資格を

1 [258件] あるところ, うちに, おきなに, お人, この運動, ごとく, ごとく閃, すがた, すべてが, それと異, つつましい生活人, ほか何ものをも, まま使う, もので, ものでなくなる, ように, イデヤを, サンタクロース氏である, バテレンの, ピエル・フオンの, フリオ, ヘルプ紳士第, モデルによって, リアリティーの, リズムと, リズムを, 一つの, 一微塵に, 三次元の, 与えられ方自身, 世界からは, 世界が, 世界だ, 世界と, 世界とは, 世界には, 世界へも, 世界も, 世界見られる, 中に, 中心点を, 中核を, 主観乃至, 事件を, 事実として, 事物に, 事物や, 人, 人々の, 人が, 人である, 人です, 人として, 人となり半ば荒誕の, 人の, 人よりも, 人を, 人名では, 人物かね, 人物から, 人物そして, 人物たる, 人物であった, 人物でなかった, 人物として, 人物な, 人物ならず, 人物についての, 人物に対する, 人物例えば, 人物達の, 人生, 人生である, 人造人間は, 人間か, 人間が, 人間だろう, 人間であり得よう, 人間では, 人間と, 人間の, 人間や, 人間より, 人間を, 人間描いた, 他の, 代りに, 代理としての, 仮偽, 体統に, 何ものかに, 作者と, 信念深, 個別性は, 側から, 僕は, 兎以上に, 全部を, 具象的な, 内でも, 内容規定が, 再現であり, 出来事と, 判断的知識が, 創造的な, 創造者でも, 劇場舞台を, 半七, 単純化, 原始より, 原物からの, 原理では, 原理と, 原理として, 反映, 反映ここでは, 反映である, 反映物である, 古人の, 可能を, 史的転化の, 名を以て, 哲学であった, 哲学的原理が, 唯一活動であり, 唯一活動である, 問題であり, 問題は, 地名である, 地名を, 場所を, 変革の, 夏の, 大きさ, 奥秘に, 妹の, 姿だ, 姿を, 娘で, 婦人の, 学である, 学と, 学として, 実在の, 客観的認識を, 家庭であった, 家郷への, 富蔵をも, 山を, 島々を, 島に, 形式では, 彼の, 彼岸に, 思惟の, 性格では, 怪物と, 怪物に, 怪異であった, 恋人現れよ, 意識でなけれ, 感じを, 感覚と, 成立に, 所謂模写, 把握を, 提示である, 故郷を, 旅館であり, 最も原始的, 最も著しい, 有つ, 本体を, 本質は, 根底である, 根底には, 根拠が, 根拠と, 根拠を, 根本である, 根本に, 根本を, 根本法則に, 根柢を, 根柢実在の, 概念から, 様に, 模写, 模写が, 模写そのものである, 模写だ, 模写であり, 模写では, 模写と, 模写反映であった, 歴史転化の, 演劇と共に, 無限なる, 熱に, 物とも, 物は, 狐以上に, 独断であった, 王子ハムレットは, 現象の, 理論, 生産様式でなけれ, 男では, 異人であった, 病院だ, 真の, 真理内容である, 真相の, 真相は, 研究と, 神童天草四郎に, 秩序界と, 秩序界を, 空間に, 立場から, 純粋な, 組織的反映であった, 統一である, 統一へ, 統一力が, 考えである, 考え方は, 考の, 自己形成から, 自己認識の, 自己限定として, 自発自, 色彩線形光調子の, 苦境の, 荘厳なる, 表象乃至, 見方の, 規定として, 親しむべきを, 認識であった, 認識と, 認識とは, 認識に, 認識の, 認識を, 認識をば, 説明として, 説明としての, 誰彼の, 諸現象, 近江の, 連関に, 過程としての, 関係を, 除外は, 面影である, 音を, 鷹は

▼ 実在~ (164, 9.4%)

10 把握する 5 信じて 4 否定し, 把握し行く 3 信ずるもの, 否定する, 変革する 2 信じるの, 否定した, 把握し, 模写する, 疑う者, 示して

1 [120件] かくありのままに, して, そのまま一遍, それのみが, それらの, たしかめるくらいが, つかんで, ば表現によって, もって, よく写実, よりよく照明, ベグライフェンする, 主張する, 之に, 予め全く内部的, 云い表わす概念, 仮定する, 何処までも, 信じきれないの, 信じこれ, 信じさせる方, 信じた, 信じたあるじ振り, 信じたらしい, 信じた万葉人, 信じての, 信ずるという, 信ずるの, 信ずる人, 信ぜざるを, 信ぜずしては, 信念を以て, 公表する, 再び造り出さん, 凝視し, 利用する, 創造した, 包含出来る, 包括しきれない, 単純化する, 原理と, 反映する, 取り扱う学問, 吾, 味わわせては, 喚起する, 多数と, 夫, 実際的, 客観と, 対現象的に, 差別視し, 後者は, 徴候づける, 思ふと, 把握した, 捕えると, 捕捉する, 探ろうと, 掲げること, 教へ, 明示し, 映すとか, 模写した, 模写しなけれ, 歴史的生産様式的に, 求むる無限, 求めて, 求める形而上学, 決定する, 現実の, 現象と, 現象の, 現象世界以外に, 理解し得る, 疑い得るであろう, 疑おうと, 疑っては, 疑われるほどの, 直覚する, 着々耕し, 知って, 知り得るの, 確かめなければ, 確信する, 穴の, 空間的に, 築こうと, 絞るの, 絵で, 考えること, 考える論理, 自分の, 自覚する, 表現する, 見るよう, 見出して, 規定する, 観て, 観なければ, 解明し, 許さぬは, 許さぬもの, 許し触れざるに, 証拠だ, 証明できない, 認めて, 認めないで, 認めるの, 認識, 認識する, 説明原理として, 論ずるもの, 論究する, 貫くアクチュアリティー, 質的に, 超越した, 超越する, 踏んまえて, 離れて

▼ 実在~ (128, 7.4%)

8 を有 6 を証明 3 がある, を有する 2 と区別, をば単に, を含む, を己, を有っ, を自己, を説く

1 [94件] から云っ, があるだろう, がこの, がとり, がなく, が存しなく, が存する, が弱かっ, が形相的, が有し, が現実的, が疑はれた, が考察, が証明, すなわち完全性, ではなく, というもの, といふもの, とほぼ, とを得る, とを拡大, とを私, と価値, と同じ, と独自性, と真理性, と社会性, にし, について含む, に乏しく, に基く, に就い, に触れよう, に関する問題, のす, のない, のほか, の下, の何物, の保障, の大きい, の実在的, の少い, の尺度, の豊か, はこの同じ, は単に, は可能性, は形相的, は明晰, は物的実在性, または非, もある, もこの同じ, も有, をさえ, をしか私, をば形相的, をば次, をもつ, をも持てない, を与えよう, を与へる, を信じたい, を信じない, を信じ得ない, を公認, を受け取った, を否定, を含ん, を吾, を失っ, を失ふ, を形相的, を得た, を得る, を念頭, を感じない, を把握, を持っ, を捉, を有し, を有った, を疑っ, を発見, を確, を示した, を結果, を考える, を自分, を要求, を認められ, を認めるなら, を認知

▼ 実在する~ (125, 7.2%)

7 もので 4 ものは 3 ことが, ということ, とすれ, ものと

2 [13件] かどう, けれども実在, ことの, ことを, ためには, というの, とせ, と信ずる, にし, もの, ものだ, ものとして, ものを

1 [76件] あの人, か, かした, かという, かのよう, かまた, か否, ことそして, ことによ, ことによって, ことは, ことも, そのままの, という風, といふ, とかりに, ときには, ところから, ところの, と思いこん, と思っ, と思った, と私, にたえない, ね, のか, のじゃ, のだろう, のであっ, のであり, ので自分, のに, のは, ふしぎさを, ものであれ, ものでしょう, ものでなけれ, ものとしても, ものとは, ものなら, ものについて, ものに対する, ものらしい, やいなやを証明, やうには, ような, ように, ようには, わけで, を信ぜざる, 一の, 世の中から, 事柄である, 人の, 人物で, 人生の, 人造人間の, 大阪弁に, 存在では, 対象の, 怪物らしい, 悪魔, 意識と, 所謂道徳の, 文化への, 時代である, 机では, 民主的勢力の, 町名だつ, 自然との, 蜥蜴群が, 諸事件, 道徳を, 間は, 限りその, 限りに

▼ 実在~ (86, 4.9%)

41 ている 11 ていた 5 ていない 4 てゐる 3 てゐた 2 真理が

1 [20件] さうな話, さうになかっ, ていたで, ていなかった, ていました, ていよう, ております, てしまう, てその, てはお前, てもしない, て史実, て夢, ないと, 可憐な, 時間と, 流行した, 無いと, 第二次大戦, 読者の

▼ 実在~ (74, 4.3%)

12 なもの 4 に区別 3 である, では 2 な地盤, に肯定, の見方

1 [46件] だと, であ, であった, であり得るかという, であると, であるの, である之, である併, でないの, でなくては, で積極的, なあり得べき諸, なあるいは, なるもの, なる友情, なる要求, なれば, な云わば, な交渉, な出来事, な区別, な同一, な大き, な対象, な属性, な微妙, な性質, な恒久観念, な意味, な点, な直接的同一, な積極的, な空間, な範疇, な絵踏, な観念, な認識, にし, には聖徳太子, には離れ, に互に, に存在, に異なっ, に起る, に身体, に醒めたる

▼ 実在~ (70, 4.0%)

5 通路との 3 通路とを 2 するの, 意味との, 表象との, 認識との

1 [54件] いっても, この真理, される虚妄, した, したの, するので, する第, その人, それが, それへの, なし現象以外, なったの, なって, なりうるだけ, なり僚友関係, なるとき, なるの, なる力, 一つでは, 事実との, 云っても, 俺とは, 其理由とを, 判断された, 判断する, 化り, 呼び存在, 夫の, 実在との, 想わせるの, 意味とは, 意識とが, 感じて, 文化という, 正しく解釈, 混同する, 無関係に, 眼前の, 称えるもの, 称するので, 称するもの, 考えられる外界, 考える限り, 自分とが, 表象とを, 見るギリシア的存在論, 見る立場, 見做, 記号との, 認めないならば, 認識し, 論理の, 静的に, 非線

▼ 実在~ (64, 3.7%)

32 人間の

1 [59件] あくまでそれ, ある意味, この二つ, これらの, しない実在, すでに第三者, すなわち吾人, する, その各, それに, それの, それ故, だれも, ないと, まず第, キリスト的, ブラウン運動等から, 一つの, 一遍には, 不可知的と, 二つの, 任意の, 体系を, 個別的, 個別的である, 単純化, 即ち実体, 厳密に, 存在である, 実在する, 実在である, 実在と, 客観的で, 少なくともそういう, 差別無く, 我々の, 是によ, 果して存在, 楽屋である, 次第の, 決して道徳的俗物, 消されない, 物自体では, 現実の, 現象を, 知識や, 確かな, 神のみ, 科学的知識に, 純然たる, 経験的認識を, 自己自身の, 自己自身を, 自然界と, 裏面の, 認識以前科学以前の, 論理性に, 遠くであった, 静的であり

▼ 実在~ (54, 3.1%)

3 の立場 2 である, という名称, となる

1 [45件] から区別, から我々, が云い表わそう, だと, でありかように, であり模写説, であるかと, であると, であるという, というの, というもの, といったなら, としてもっとも, として終極, とならざる, とは区別, とは大変, とは正確, とは要するに, とは観念論者, と名づけたなら, と呼ばれる, と呼び, と呼ぶ, と直接関係, なるもの, にどう, には無限, にも亦, に反対, に対して自分, に対応, に帰着, に立脚, に較, のこと, の最も, の種類, はこれ, はそのまま, は今日, は実在論, は恐らく, は素朴, は茲

▼ 実在~ (48, 2.8%)

4 意味を 2 あるの, 挿絵と, 自己の

1 [38件] ありのままに, あり実在, あるよう, あるらしく感じられるの, ある通り, そのまま与えられ, その実在, なぜ外見的, 一定の, 主観に, 人間に, 今かくの, 何でありましょう, 何である, 信ぜられて, 信ぜられない, 動かす事, 吾, 因果的である, 如何に, 実在の, 客観的な, 彼の, 意識によって, 把握せられる, 明に, 明白で, 科学的に, 精神に, 自己自身を, 西欧に, 見られるには, 観念と, 証明された, 通達される, 遍歴する, 除外される, 首肯出来る

▼ 実在~ (45, 2.6%)

5 就いての 3 就いて 2 かかって

1 [35件] すぎない, すぎないの, ぞくさねば, ぞくす, ぞくすと, ぞくすならば, ぞくすばかり, ぞくする概念, ついて, 一身上の, 代えようと, 具わった因果, 加工する, 及ぶ事, 反比例し, 固有であっ, 基く, 実在という, 強制する, 応用され得る, 抵抗し, 接しよう, 於ける因果関係, 於て, 於ては, 照応する, 移される事, 移すもの, 肉迫し, 融け合, 触れて, 触れてるもの, 通達し得る, 通達する, 連続と

▼ 実在した~ (36, 2.1%)

2 ためしは, のであつ, 女性の, 証拠に

1 [28件] お方では, かということ, かどう, かも知れない, ことであろう, ことは, ということ, とすれ, にし, のだ, のであった, のである, ばかりでなく, もので, わ, ドリームランドとしての, 事と, 事の, 事歴を, 人の, 人や, 人物だった, 人物であり, 人物である, 人物には, 人物よりも, 証は, 面白い事件

▼ 実在しない~ (32, 1.8%)

2 ことを, ということ, のである

1 [26件] あの人, から無実, がもし, こと自分の, しまた, し太閤記, ではない, というの, という事実, と云う, と疑われ, のです, ものだ, ものだつた, ものです, ものな, ものに関する, ものの, ように, 世界である, 人物の, 女である, 恋人を, 架空の, 突飛な, 精霊が

▼ 実在そのもの~ (24, 1.4%)

1 [24件] が唯一無二, が精神的, ではない, としての世界, との本来, との限界, と混同, と誤認, にとって必然, に関するの, に食い入る, の一つ, の姿, の意義, の根本法則, の構造, の歴史的過程, の秩序, の連関, の進行, は直接, を問題, を掴む, を模写

▼ 実在との~ (23, 1.3%)

3 関係に, 関係は

1 [17件] 一致という, 一般関係も, 二つの, 同一を, 対立は, 差別観を, 根本関係が, 深刻なる, 照応という, 結合として, 間に, 間には, 間の, 関係さえ, 関係の, 関係を, 関係如何によって

▼ 実在では~ (20, 1.1%)

6 ない, なくて 3 なかった 1 ないが, ないに, ない仮, なくして, なく元来

▼ 実在という~ (18, 1.0%)

2 ものは, 在り方が

1 [14件] ことと, ことは, この二つ, のが, ものが, ものを, 対象は, 岩に, 性格を, 現象として, 観念も, 言葉, 言葉では, 言葉は

▼ 実在~ (17, 1.0%)

1 [17件] とはいわゆる, とは何, と考えられる, と雖, においてでなけれ, の代り, の全体, の因果的連鎖, の対象, の秩序, の秩序自身, の空間的, はそこ, を全く, を方法, を組織的, を規定

▼ 実在である~ (16, 0.9%)

2 以上

1 [14件] か, かの区別, からには虚空, から我々, かを決める, ことが, という言葉, とともにまた, と仮定, と同時に, と考え, のである, ものが, 内外一如的である

▼ 実在として~ (12, 0.7%)

2 信頼する 1 与えられた外界, 信ずる人たち, 唯一絶対者を, 展開する, 形を, 極めてまじめ, 現われて, 疑わなかった, 真に自己自身, 自分に

▼ 実在~ (12, 0.7%)

1 [12件] がある, が変, が尠, である, にとどい, の基点, は充分, は疑いよう, への擽, をこの, をもっ, を肉体

▼ 実在認識~ (9, 0.5%)

2 の形式, の規範 1 としての, とはある, の全体的, の持つ, の最高課題

▼ 実在であり~ (8, 0.5%)

1 ともかく生きる, ながら矛盾的自己同一的, 一の, 且つそれ, 之に, 恋愛は, 正にそれ, 空間は

▼ 実在から~ (7, 0.4%)

1 不連続を, 区別された, 或る, 独立した, 独立に, 逃れ出る道, 遊離した

▼ 実在とは~ (7, 0.4%)

3 如何なるもの 1 今の, 分析すれ, 同一物, 此の

▼ 実在世界~ (7, 0.4%)

1 が実は, だと, と一定, の未来, の統一, の絶対性, は景色

▼ 実在~ (6, 0.3%)

2 のだ, んだ 1 ものです, ものの

▼ 実在に対する~ (6, 0.3%)

1 まざまざと, 対応関係の, 対応関係を, 概念の, 社会的人間の, 評価

▼ 実在内容~ (6, 0.3%)

1 であると, ではあり得ない, となる, を規定, を認識, を除い

▼ 実在~ (6, 0.3%)

1 させること, しこれ, するの, する一種, せられて, とかそういう

▼ 実在~ (6, 0.3%)

1 があっ, との交通, との間, とを結びつける, の息苦しい, は確か

▼ 実在に関する~ (5, 0.3%)

1 はげしい論争, 見解は, 認識が, 認識である, 諸根本

▼ 実在乃至~ (5, 0.3%)

2 存在の 1 リアリティーと, 存在から, 対象そのものの

▼ 実在せず~ (4, 0.2%)

1 フランという, 全く闇川吉人, 君主や, 必ずやなんらかの

▼ 実在せり~ (4, 0.2%)

1 と仮定, と信ずる, と立つる論, と許し

▼ 実在それ自身~ (4, 0.2%)

1 そしてその, であるの, は決して, を意味

▼ 実在~ (4, 0.2%)

1 あつて, ありうるけれども, はっきりと, 自分の

▼ 実在としての~ (4, 0.2%)

1 実在性を, 神, 神と, 資格を

▼ 実在とを~ (4, 0.2%)

1 分割し, 因果関係づける, 意味した, 混同し

▼ 実在なる~ (4, 0.2%)

1 ものが, ものと, ものの, 現実なる

▼ 実在~ (4, 0.2%)

1 あり空間上, ある, し同時に, 疑い正成

▼ 実在的要因~ (4, 0.2%)

1 と一定, と観念的要因, によって決まる, を一応

▼ 実在論的~ (4, 0.2%)

1 な哲学的学問態度, な立場, な考え, の見地

▼ 実在部分~ (4, 0.2%)

2 に照応 1 が一つ, の実在上

▼ 実在~ (3, 0.2%)

1 どうかは, どうかを, 何かの

▼ 実在させ~ (3, 0.2%)

2 ている 1 それを

▼ 実在するなら~ (3, 0.2%)

1 ばさあ, ばピアノ会社, ば吾人

▼ 実在せしめる~ (3, 0.2%)

2 根柢的な 1 ところにのみ

▼ 実在とが~ (3, 0.2%)

1 あるばかり, 不即不離にな, 矛盾する

▼ 実在について~ (3, 0.2%)

1 まったく疑い, 意識し, 疑念を

▼ 実在~ (3, 0.2%)

1 実存を, 観念には, 観念やが

▼ 実在人物~ (3, 0.2%)

1 だと, と並べて, にはある

▼ 実在~ (3, 0.2%)

1 があり, という概念, よ

▼ 実在自身~ (3, 0.2%)

1 であるか, の収集分析, の結合

▼ 実在関係~ (3, 0.2%)

1 に於ける, に根拠, の唯一

▼ 実在からの~ (2, 0.1%)

1 アナロジーである, 独立をさえ

▼ 実在しうる~ (2, 0.1%)

1 ことであった, ものです

▼ 実在してる~ (2, 0.1%)

1 のだ, 人間が

▼ 実在し得る~ (2, 0.1%)

1 のが, のだ

▼ 実在せぬ~ (2, 0.1%)

1 ものを, よりの牽強

▼ 実在せる~ (2, 0.1%)

1 ものにたいする, 真体

▼ 実在たる~ (2, 0.1%)

1 リアリティーに, 神と

▼ 実在~ (2, 0.1%)

1 というの, と考えられ

▼ 実在でない~ (2, 0.1%)

1 と云っ, と言

▼ 実在なら~ (2, 0.1%)

1 んとぞ, 実在で

▼ 実在についての~ (2, 0.1%)

1 エピソードを, 問答であります

▼ 実在には~ (2, 0.1%)

1 ローマの, 欠けて

▼ 実在への~ (2, 0.1%)

1 肉迫力を, 道を

▼ 実在をも~ (2, 0.1%)

1 信じ得ないこと, 疑って

▼ 実在主義~ (2, 0.1%)

1 である処, と呼ばれ

▼ 実在単位~ (2, 0.1%)

1 を切り取った, を実在そのもの

▼ 実在~ (2, 0.1%)

1 哲学という, 当為当為即

▼ 実在反映~ (2, 0.1%)

1 であった, の最高段階

▼ 実在現象~ (2, 0.1%)

1 だという, である事

▼ 実在的人物~ (2, 0.1%)

2 の描写

▼ 実在要因~ (2, 0.1%)

1 は精神, を阻止

▼ 実在~ (2, 0.1%)

1 が信じられた, は一切眉唾物

▼ 実在論的傾向~ (2, 0.1%)

1 にも拘らず, の人

▼1* [100件]

実在いかんを疑った, 実在および絶対と, 実在かの微妙な, 実在からはそれに, 実在からも独立な, 実在この調和抱合その, 実在へ信じる, 実在さるべきものは, 実在したらさぞ面白かろ, 実在したるものが, 実在した如く現在にも, 実在しなかったともいえ, 実在しなければならぬ, 実在しますといふやう, 実在しようなどと波子, 実在し得ないという現実, 実在し得ないだろうと私, 実在し書かないものは, 実在するだろうと思う, 実在するであろうと, 実在すればいい, 実在せざる音響を, 実在せしめようとする, 実在せんですよ, 実在そのもの物自体を順次, 実在だけだという, 実在だけが認識の, 実在だけの結合編成という, 実在だったあの楽しい, 実在だの最高善だ, 実在つたこと見た, 実在であって生活, 実在でなかったということ, 実在でなくて, 実在でなければならない, 実在でも互いに完全, 実在とか何か, 実在としては常に一, 実在とともにあり実在, 実在とも云うべきもの, 実在なしとする, 実在についてはお前さんの, 実在によってよけいおかしく, 実在に対して無関係な, 実在のみに注意力や, 実在そのまま近づく, 実在もしくはその変化, 実在よりも高き者, 実在らしく生きている, 実在をさえ信じて, 実在一般の標準, 実在けはたしかめられた, 実在の集団化, 実在不可能とも形容, 実在主義的な一種, 実在主義者で一種, 実在事実の話, 実在体系の矛盾衝突, 実在即ち歴史的実在を, 実在を持出す, 実在差別即平等, 実在従って又, 実在成立の根柢, 実在或いは対象を, 実在も唯識, 実在方面を覚る, 実在方面一方の人生, 実在構成の論理的制約, 実在模写の論理, 実在正親町公董姉小路公知を副使, 実在歴史的実在に対する, 実在である, 実在環境の亡霊, 実在界そのものを指す, 実在的ニヒリストでありそして, 実在的世界となった, 実在的地盤を離れる, 実在的基礎がある, 実在的存在の域, 実在的必然性として把捉, 実在的思慕に外, 実在的根拠とその, 実在的現象を測る, 実在的確信を伴い, 実在的観念を表示, 実在的関係を何等, 実在科学と考えられる, 実在二は, 実在者それがスブスタンチア, 実在致してはおらぬ, 実在若しくは本体は, 実在表現は芸術, 実在要素としてこの, 実在に降伏, 実在観念を深めた, 実在論固有の理由, 実在論的立場と呼ばれる, 実在論的考え方と哲学的批判的考え方, 実在論的認識論は存在論, 実在論者は忽ち