青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小路~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

小山~ 小川~ 小林~ 小柄~ 小次郎~ 小生~ 小田原~ 小舟~ ~小説 小説~
小路~
小野~ ~小鳥 小鳥~ ~少々 少々~ ~少い 少い~ ~少く 少く~ ~少し

「小路~」 1405, 15ppm, 7400位

▼ 小路~ (393, 28.0%)

10 方へ 8 家を 6 うちに, 中に, 奥の 5 中で, 角に 4 入口に, 家へ, 角で 3 中へ, 中を, 奥に, 磯屋の

2 [26件] うちでも, なかに, 三宝院に, 上に, 上の, 入口で, 入口を, 向こうに, 呉服屋で, 四辻に, 夜店で, 女の, 家に, 家は, 油屋で, 油屋和泉屋の, 油屋和泉屋嘉七の, 父の, 行進に, 裏に, 角の, 角を, 辺で, 辻, 邸で, 里内裏の

1 [271件] あたりとある, あたりに, あるの, いきつけ, いろは寿司へ, うちには, うちの, お茶屋に, かたわらに, かどに消え, かどを消え, くら闇には, これこれの, ごととこそ, さまは, しかも闇, すぐ下, そこここに, その家, そんな医院, ために, とある娼家, とある木門, ところどころに, どこを, どの雛, なかばに, なかほどに, まがり角などで, まん中まで, ゆるい坂, ように, ドブすれすれに, ドブ板を, マージャン倶楽部, ラヂオ体操に, 一つを, 一筋へ, 一角です, 万安喜といふ, 三本榎の, 三軒の, 両側の, 両側へ, 両側土蔵の, 中ほどから, 中ほどで, 中ほどに, 中程に, 中途に, 乘換ぢや, 乘換に, 人人, 人混みの, 仮皇居, 伝経廬は, 住宅地域も, 何丁目で, 何軒目に, 俗に, 信西入道の, 停留場を, 傍の, 先は, 光景を, 入り乱れた中, 入り乱れた所, 兩側の, 公卿屋敷らしい, 六十二番地に, 内に, 内裏に, 内裏は, 出口で, 出合ふ, 前で, 前を, 北洞院の, 南端南京極の, 卜者四明堂といふ, 口から, 古い薬屋, 古い邸, 古き筆匠玉川堂, 古びた邸, 右を, 右手に, 向うに, 呉服太物商磯屋五兵衛と, 呉服太物商磯屋五兵衛を, 喧嘩屋には, 喧嘩屋先生茨右近に, 喧嘩渡世茨右近てえ, 喧嘩渡世茨右近という, 喧嘩渡世茨右近方へ, 四畳半より, 土を, 土塀の, 地の, 地図を, 地理を, 執権, 多い大久保, 大医大槻俊斎先生, 大川へ, 大槻俊斎先生の, 太物商磯五の, 太物商磯屋五兵衛てえ, 太物商磯屋五兵衛の, 失火か, 奥にも, 奥まった所, 奧に, 奧の, 奧や, 女なら, 女達や, 妙見堂から, 妙見堂だ, 妙見堂つづい, 子や, 子供たちは, 宅まで, 家より, 富に, 小さな家, 小さな砦, 小料理屋へ, 小暗き処, 小鬼, 少し手前, 尽きる坂下, 尽頭を, 屋敷に, 屋敷の, 屋敷を, 屋根や, 巌流のや, 左側に, 左右に, 左右は, 床を, 店へ, 店を, 座敷に, 彼方, 往来で, 往来を, 思いがけない曝し, 拂ひ, 探偵小説を, 支店に, 支那グリル一番で, 文次の, 方で, 方の, 方まで, 方を, 旅宿池田屋惣兵衛方及び, 日だまりに, 旧宅なぞへ, 旧皇居, 旧里内裏, 春よし, 暗いところ, 暗し青玉, 曲り目などでは, 曲り角に, 月に, 松年先生の, 果てまで, 横かどに, 横です, 横へ, 横町には, 歯状堡をも, 死骸が, 民家に, 河内山旧, 油町側に, 法外流の, 法外流道場に, 法外道場は, 泥濘は, 海保漁村の, 消防の, 淀川て, 湯屋は, 湯屋を, 湿地に, 灯の, 父春水の, 狭い路, 玩具箱みたいな, 町かどを, 町名露地抜け裏江戸の, 町角へ, 目明し親分釘抜藤吉身内の, 眞中で, 真ん中に, 真中へ, 真中を, 短い街路, 磯屋へ, 磯屋五兵衛へ, 祇園館に, 空は, 空地に, 突き当りに, 糸屋だ, 素人家, 続く限り, 綾子さんが, 縁に, 老先生, 老舗の, 耳に, 職屋敷では, 職屋敷の, 肌は, 肴屋魚鉄へ, 脚下へ, 自邸で, 自邸に, 茨右近さまでございました, 茶寮五橋亭に, 荒廃離落した, 處で, 蜘蛛の, 街燈が, 裏町からも, 裏通りに, 西の, 見すぼらしさ, 見世物小屋の, 見張り兵は, 親分として, 角には, 貧しさ, 賑やかな, 赤びょうたんなどの, 辻へ, 辻まで, 辻便所で, 辻番の, 近所合壁は, 通りは, 通りまで, 進, 道には, 道場で, 道場を, 邸だった, 邸の, 邸を, 邸宅である, 邸町も, 酒屋へ, 里内裏であった, 金玉出版会社と, 長屋を, 門に, 間から, 間で, 隈なき, 雜沓の, 離れを, 風の, 魚屋の, 麗人は, 黄昏の

▼ 小路~ (274, 19.5%)

10 歩いて 5 南へ, 抜けて, 隔てて 4 出て, 通って 3 はいって, 左へ, 抜けると, 駆け廻る様

2 [15件] まが, 出ると, 大跨, 彷徨し, 曲がって, 歩き廻つた, 氣ま, 界に, 発見し, 眺めて, 西に, 迂回し, 逍遥し, 選んでは, 驅け

1 [199件] あちこちと, あるきながら, いくつも, いくら歩い, いそぎ足に, うかがったり, うたふ, うつむきがち, うろうろし, うろうろと, うろついて, えらんで, お館, かけ上って, くぐり出, ぐるぐる歩いた, こちらへ, さして, さして駈け出した, さまよい勝手, しまいまで, そっちへ, ぞろぞろと, ぞろぞろ通る, ちょっと曲るです, つきぬけて, つきぬけ近く, つたって, つたつて, つッ, どうした, ぬけた所, ぬけて, ぬけると, ぬけ出た時, のそのそ歩いた, のぞいて, のっそりと, のどかな, のぼりかかった善光, のろのろと, のろのろ歩い, はいりますと, はいると, はさんで, ひとしきり急足, ひとり廻り, ふさいで, ふさぎこれ, へだて橋, ぼんやりと, まがった, まがりべつ, まわって, みごとに, めがけ馬, もとめて, もと聖, やたらに, ゆくと, ゆけば, らっぱを, わずかくる, カラカラと, スタスタと, トボトボと, ヴアイオリンの, 一丁ばかり, 一丁程, 三つ四つ過ぎる, 上って, 上らなければ, 丘陵に, 両親の, 二三度折れ, 二三度曲折し, 二十間も, 入った奥, 入り立てつけ, 入れば, 入ろうとして, 出たところ, 出た護謨輪, 出るころ, 出掛けて, 割り人数, 割り広大, 又とぶ, 取って, 右へ, 君と, 吹きおろす風の音, 城の, 塞いで, 夢見山の, 夫が, 奥へ, 家の, 小店を, 左の, 幾たびか, 幾と, 引きかえさせるばかり, 当ても, 彼女の, 往来から, 思わせる端麗, 急ぎ足に, 戻りました, 折れて, 抜けようとして, 抜ける位, 抜け出した正面, 指して, 捜すの, 捜る, 掃く箒, 掘り割水道, 斜めに, 旅びとのやうにどこまでも歩い, 曲がってから, 曲った瓦斯灯, 曲って, 曲つて吸はれる如く, 曲りくねって, 曲ると, 曲折し, 東へ, 此方へ, 歩きながら, 歩き回った, 歩み居しが, 歩んで, 殺したの, 殺したもの, 気まぎらし, 流しゆく新内, 渚について, 湖に, 犬の, 疲れたま, 発見する, 登って, 真直ぐに, 知って, 突き当って, 突き抜けると, 突き貫けて, 突切って, 立ち出でた, 立出でた, 竹橋の, 練つて行く, 練りまわしたうえ, 縫つたのも, 縫ては, 脱走した, 蕎麦屋の, 行き尽して, 行くと, 行く人, 行けば, 行ったり, 行交う市人, 衝と, 表の, 見おろして, 見おろす, 見つけ林檎, 見つめた多, 見出すこと, 親子三人で, 走って, 走り出して, 走り廻つて氷, 走る人力車, 走る時, 走る胸, 跨いで, 近頃渾名, 迷って, 這入った処, 通りかかるもの, 通りぬけ, 通り抜けること, 通り浅い, 通り過ぎんとして, 通る, 通る時, 進みながら, 遠廻りし, 針は, 隊を, 静かに, 静に, 駆けて, 駈け抜けた, 麗かな日に, 黒川の

▼ 小路~ (153, 10.9%)

4 出て

2 [12件] あった, あったが, あったその, あって, 住んで, 入って, 入つた, 出した露店, 出れば, 小屋を, 立って, 迷ひこみ

1 [125件] あつて, ありアパート, あり両国橋, あり乞食芝居, ある古い, いるか, いるという, いろどり迷って, うようよしてる, きて, こうまで, このごろ吉原から, さまよ, その名, その声, とどめ規定, はいった, はいりました, はいり込み建築材置き場, はいろうと, はなつて, ひらいて, ひろがり, ぶつかった, まがろうと, やけ酒の, わいしょわいしょという, ガタガタと, ガタゴトと, テナルディエの, 一軒の, 乗出して, 二階借した, 人影なく, 人影も, 人知らぬ, 住むこと, 侘しい尺八, 借家し, 停車した, 入ったり, 入つて往, 入らせ小路, 入りて, 入りぬ何, 入り家, 入り込んで, 入ると, 出た, 出るまで, 出入りする, 十字架の, 去年造営された, 向いてる補助, 向く欄干, 呼び込んだ, 固まって, 多い二階, 天心法外流の, 宅地をも, 小屋が, 廻って, 往って, 御桟敷, 御槍組頭, 戻って, 折れた, 折れま, 拠れ, 掛かり字男垂, 接し灌木, 散歩させる, 新邸が, 暑苦しく聞える, 曲ると, 最近出来た, 案内し, 欧州の, 武蔵屋という, 残ったの, 水を, 油を, 沿うて, 沿ひ, 沿ふて流れる, 消えて, 深くかくれ, 溢れて, 溢れてを, 灯火見えそむ, 瓦が, 相応しき家, 相馬煎餅, 磯屋五兵衛という, 突き入って, 立ち寄り正香ら, 立つて, 立派な, 籠を, 絶えまが, 置かれて, 自動車をよけて, 行つてあそん, 起った殺人事件, 跳り, 踏みつけられた紙屑, 身を, 近づいて, 近づくに従って, 逃げ込んだ, 這入りました, 通じて, 遊び出, 邸を, 部落を, 陣を, 隠れたところ, 隠れて, 隱れ入りぬ, 雑草が, 零落し, 青鼠服の, 面して, 駆け込みあそこ, 驚きぬ巨人

▼ 小路~ (82, 5.8%)

3 はいって 2 下ると, 入った, 出た, 出ると, 出るまで, 帰って, 紛れ込んで, 這入った

1 [63件] いきなり曲りこん, いやに, お使い, かけての, とび出した, ぬけて, はいりこんだり, はいると, まがった, まがると, やって来た, 人は, 來る, 先に, 入って, 入つた, 入つた時, 入り込んだり, 入ると, 入るなり, 入る美しい, 出づれば晝, 出る, 出れば, 切れようと, 参る, 参るので, 姿を, 小路へと, 差か, 帰ると, 帰ろうと, 幾つか, 引込んで, 急ぎ足で, 抜けて, 早足に, 曲がる濠端, 曲って, 曲つた, 曲ると, 曲るも, 曲る例, 来かかると, 来た時, 来合わせたが, 消えて, 消える犬, 行きまして, 迷い込んだ民衆, 追い詰められた, 逃げ込んだらしい既に, 這入った時, 這入つた, 通ずるドロア・ムュール街, 通りかかったとき, 通りすぎる, 郵便局の, 隠れたの, 駆け出して, 駆け込んで, 駈け込んで, 駈上りました事

▼ 小路~ (55, 3.9%)

2 東へ

1 [53件] いづこ, うす暗い, おぼろ気に, かれにとって, こうつい, じめじめし, すべての, ぶらぶら歩き, まっ暗だった, もとモーグー小路, ピクプュス小路に, 一八四七年には, 一筋蒼い, 三味線堀と, 京都における, 余り課業, 先まで, 入り乱れて, 出外れた辻, 割れ目とでも, 古く変わる, 右手へ, 太郎の, 存外静か, 家を, 小屋や, 平らに, 役者の, 明智の, 暗い二条, 暗らし, 月に, 此上も, 河内山宗俊が, 泥棒小路と, 泥溝の, 流言蜚語で, 炎の, 瓦口関の, 皎, 相も, 眼を, 矢来にて, 私の, 繁けれど, 行き停まり, 行く人, 身動きも, 軒と, 開けて, 開拓使時代よなよな, 雪解けの, 霜で

▼ 小路から~ (50, 3.6%)

7 出て 2 三戸町三戸町から, 先に

1 [39件] そこへ, ぞろぞろと, だつた, でて, ふらりと, やってきた, 三浦が, 三軒目の, 二軒目な, 人の, 伝馬河岸へ, 何となく静安, 出ると, 吉川勢を, 吐き出される種々, 小さな階段, 小路へ, 小路へと, 工場の, 帰って, 帰つて来, 引っかえし, 彼を, 往来へ, 急な, 担いきれぬほど, 教会堂の, 桃割に, 海老床へ, 漁師や, 火事が, 突然に, 突然追剥, 茨右近と, 蜀勢の, 西の, 迂回した, 這入れさうな, 飛び出して

▼ 小路~ (37, 2.6%)

3 ある 2 俺の

1 [32件] あって, ありそれ, ありどっち, あり或いは, いと, すっかり歯, すつかり, ずっとこんなに滑稽, そちこちで, そのままに, どれだ, 三光新道向側, 二人の, 交叉してる, 入り乱れて, 入り組んで, 出来て, 分れて, 四方八方から, 坂に, 大腸の, 好きだった, 幾筋も, 建物の, 細く曲りくね, 続いて, 縦横に, 薄暗い奥, 通じてる街路, 通って, 錯綜し, 霞みながら

▼ 小路~ (30, 2.1%)

2 羨んだその, 蛙の

1 [26件] かつてフリュート, さ, ふと行き, ぼんやりと, もはや立ちすくん, カーライルの, 一人の, 一人目の, 人に, 冬から, 出会うごと, 君を, 夏の, 女を, 殺人事件が, 空巣も, 突きあたりに, 興行した, 見かけた怪し, 見たの, 見た品, 見張って, 見張つて, 買って, 酔漢の, 長唄の

▼ 小路~ (28, 2.0%)

2 かや病人を

1 [26件] いい右, いうからには, いっても, いふところ, いわれた伝右衛門横町, したの, なむいえりける, コムバーメア橋との, ポロンソー街との, 三辻に, 云う小路, 云う者, 今は, 他町, 合戦は, 呼ばれて, 呼ぶべしと, 思い合せて, 思ったの, 申します, 称える遊廓桜木町, 称した一丁目, 言つてそれを, 言ふ, 言われて, 金剛寺坂と

▼ 小路には~ (22, 1.6%)

3 小間物屋袋物屋煎餅屋など 2 なって, 人通りが

1 [15件] いる辺り, まだ敵影, よく瓢箪新道, ルイ十四世の, 人の, 仕方能といふ, 円窓を, 呼びかわす人々, 夜よる, 小山田大学土屋右衛門蘆田下野守原加賀守長坂釣閑大熊備前守山本勘助初鹿源五郎跡部大炊介今沢石見小幡尾張守下条民部栗原左衛門保科弾正一条右衛門, 猫の, 矢来を, 見世物小屋小屋掛芝居並び床, 諸国から, 鳥の

▼ 小路という~ (12, 0.9%)

1 [12件] ところが, のが, 人は, 奥女中の, 小玉という, 小路から, 小路には, 小路ビッシリ, 小路通り抜けられぬ, 少年が, 曾ての, 風な

▼ 小路殿~ (11, 0.8%)

1 [11件] といっ, にすぐ, に従ってせい, のお, の内, の屋敷, の御, は言う, へひきとられ, へ駈け集まった, をも蹴おとし

▼ 小路~ (10, 0.7%)

2 行きどまりである 1 あり町, ただ人のけ, ひっそりと, 新しくつい, 樂しか, 歩いたこと, 行き止りである, 見物の

▼ 小路~ (9, 0.6%)

1 一条家の, 下宿の, 入り込んだ場所, 奧村や, 抜け路, 横町には, 田圃側の, 谷底の, 附近の

▼ 小路苗子~ (8, 0.6%)

1 でございます, との恋, との関係, と色彩, に於ける, に比べ, は何, は最初

▼ 小路まで~ (7, 0.5%)

1 さしかかって, 人の, 案内知った, 歩いた時, 走って, 露店を, 飛ばした

▼ 小路~ (7, 0.5%)

1 あるのみ, というの, に求むる, の令嬢苗子, の家族, の系譜, を捜し当てる

▼ 小路小路~ (6, 0.4%)

1 はじめじめ, は矢来, へ追い詰められた, まで案内, を出る, を犬

▼ 小路~ (5, 0.4%)

1 から多門, つたのである, つてちよつと, という, なあと思ふ

▼ 小路では~ (5, 0.4%)

1 なく御家人屋敷, 到る処投, 暗くて, 益々いい, 綾子の

▼ 小路といふ~ (5, 0.4%)

2 ところに 1 のが, 小玉といふの, 昔は

▼ 小路にも~ (5, 0.4%)

1 やはり人間, 人影が, 叢にも, 疎らに, 見張りが

▼ 小路文則~ (5, 0.4%)

1 の妻琴路, の消息, は娘, は耳, は衣裳

▼ 小路あたり~ (4, 0.3%)

1 で按摩, に煙, の淋しい, は今

▼ 小路との~ (4, 0.3%)

1 出会った角, 暗い角, 落ち合ってる角, 角を

▼ 小路へと~ (4, 0.3%)

1 入って, 引つぱりまはしておいてから, 曲って, 歩いて

▼ 小路より~ (4, 0.3%)

1 上るとき, 奇兵を, 幾許心細く, 猿樂町の

▼ 小路~ (4, 0.3%)

1 がいつ, なる国司, は黒豆, を殺した

▼ 小路少将~ (4, 0.3%)

1 の家, は持っ, は重傷, をめがけ

▼ 小路~ (4, 0.3%)

3 太郎は 1 太郎の

▼ 小路さん~ (3, 0.2%)

1 は自分, まさか二十分のあいだ, もみんな丸髷

▼ 小路とは~ (3, 0.2%)

1 かなりはっきりと, 名づけたれ, 言は

▼ 小路どの~ (3, 0.2%)

1 ですら, で初めて, を伴

▼ 小路ぱいぽぱいぽぱいぽのしゅうりん~ (3, 0.2%)

3 丸しゅうりん

▼ 小路藪柑子パイポパイポパイポ~ (3, 0.2%)

3 のシューリンガン

▼ 小路いろは寿司~ (2, 0.1%)

1 の奥, の表

▼ 小路からも~ (2, 0.1%)

1 こっちの, 小路通り拔けから

▼ 小路この~ (2, 0.1%)

1 小道という, 細道を

▼ 小路とか~ (2, 0.1%)

1 三条とか, 聴いたよう

▼ 小路などの~ (2, 0.1%)

1 氷れる, 細かい人家

▼ 小路なる~ (2, 0.1%)

2 久子の

▼ 小路にて~ (2, 0.1%)

2 止まりました

▼ 小路への~ (2, 0.1%)

1 その帰る, 回想は

▼ 小路までは~ (2, 0.1%)

2 行つてお

▼ 小路キンスケ~ (2, 0.1%)

1 と仰有る, を明晩

▼ 小路中将~ (2, 0.1%)

1 から懇望, 重資

▼ 小路~ (2, 0.1%)

1 は主, 評判の

▼ 小路伝い~ (2, 0.1%)

1 に歩い, に駿河台下

▼ 小路六十二番地~ (2, 0.1%)

1 にある, の前

▼ 小路右側~ (2, 0.1%)

2

▼ 小路基綱~ (2, 0.1%)

1 のヒダ八所和歌集裏書き, の八所和歌集

▼ 小路油障子~ (2, 0.1%)

2 に筆太

▼ 小路猪熊~ (2, 0.1%)

2 の西

▼ 小路祭物見~ (2, 0.1%)

2 の人ごみ

▼ 小路~ (2, 0.1%)

1 にし, の諸

▼ 小路通猪熊~ (2, 0.1%)

1 の西, の西頬一町

▼1* [101件]

小路うがちきて, 小路からの攻撃を, 小路からはいつて, 小路くらく燈を, 小路ごまごまとした, 小路さらに花木町緑町聖天前を, 小路さんこれはいったい, 小路せましと目白押し, 小路見えたる, 小路だけを通り抜けて, 小路だらうかそれともまた, 小路つづきの先きの方, 小路でのように, 小路でも物珍らしく, 小路とかいうことであり, 小路とかで悉皆屋とか, 小路とが互いに交差, 小路のでした, 小路などには香具師や, 小路などはたとい見え, 小路などへなぜはいっ, 小路ならさう, 小路なんぞでは, 小路におけるクランチャー氏の, 小路にまでそれを, 小路ばかりが漫々として, 小路ひとつ距て製糸工場, 小路へまがつて, 小路らしい風景だった, 小路をも覚えたの, 小路ニシ散ラシケレバ, 小路アレハ何ト云ッタッケナ何トカ云ウ有名ナ, 小路ノオ茶屋ヘ電話シテ, 小路ビッシリ人で, 小路引テカノスヘヲ下ヘ, 小路一杯に廻っ, 小路一面の雨, 小路三位頼理卿三十三同従三位, 小路三百二十番戸棚田氏宅から夫人光子, 小路下る染物悉皆, 小路であの, 小路中務権少輔頼易, 小路二丁目の横町, 小路の一部隊, 小路公知を副使, 小路公知卿や岩倉具視卿あたり, 小路公量の女, 小路勅使一行が攘夷公布, 小路卿暗殺事件に言掛, 小路卿洛北の岩倉卿, 小路つぱ, 小路土塀の辻, 小路の小路, 小路大納言良頼, 小路天神蛸薬師道場祇園の御, 小路孝勝寺にある, 小路室町の一劃, 小路宰相中将が築いた, 小路宰相宗高などはこの, 小路寄りの大, 小路小さな硝子の, 小路小浜の二人, 小路少将公知という若い, 小路幾通りそも何方, 小路弓削法外道場第一, 小路断然話に, 小路新道横町の状, 小路斷然話によそ, 小路と臆, 小路榎妙見境内にて一人, 小路様おいで遊ばした, 小路正しく連らなりて, 小路を農相, 小路の七卿, 小路河内山宗俊屋敷に誕生, 小路法外流とかいう剣術, 小路法外流剣法道場主弓削法外の贈り物, 小路法外流道場のそば, 小路猪熊西頬の散, 小路猪熊西頬一町とある, 小路町諸村押の者, 小路白川祓殿の辻子, 小路秀綱卿がいくさ, 小路のやう, 小路にあった, 小路糸屋六兵衛の伜源七, 小路糸屋六兵衛伜源七という書置, 小路若草の広野, 小路を負うた, 小路薄野遊廓などがある, 小路藪柑子パイポパイポのグーリンダイ, 小路裏路へ向け, 小路越しはすぐ又, 小路足もとに気, 小路農相は商売人, 小路通り抜けられぬ裏通りが, 小路通り拔けから新道, 小路附近の寺院, 小路露地や背戸, 小路高倉の多治見国長, 小路黒い低い建物に