青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「宜~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

官~ 官吏~ ~宙 宙~ ~定 定~ ~定め 定め~ 宛~ ~宜
宜~
宝~ 宝石~ ~実 実~ ~実に 実に~ 実は~ 実在~ 実家~ 実感~

「宜~」 4320, 45ppm, 2591位

▼ 宜~ (1486, 34.4%)

64 加減に 44 じゃア 31 ぢや 2523 のに 1918 塩梅に 16 じゃない 13 だろう, な 12 加減な 11 じゃありません, 鹽梅だ 10 ところだ, ように, 鹽梅に 9 だらう 8 俺は, 心持に 7 から, やうな, わけだ 6 から早く, ことに, ことを, だらうな, やうに, 加減の, 気に 5 かい, じゃ有りません, ところで, 事を, 位である, 併し, 心掛けだ 4 かげんに, からお, さ, のを, 事が, 事に, 時に, 私は, 訳です

3 [40件] あんばいに, お前の, お前は, お客では, からもう, から唯, けれど, けれど冬, ことが, これが, さと, だらうと, だろうと, と云っ, なお前, のでせう, のをと, わけです, ワ, 事赤尾の, 人で御座んした, 位, 何う, 何なら, 何の, 僕は, 処へ, 己れ, 心持で, 所へ, 方々や, 歸れ, 氣な, 然う, 私し, 私の, 程の, 筈目に, 訳だ, 逃げも

2 [70件] あれは, お前が, かも知れない, からお出で, から下り, から何方, から明け, から此方, が実は, ことだ, ことで, これは, しかし私, ぜ八, それが, それは, てえ, であろう, ところでした, としてさて, どんなこと, のが, ので, のでそして, ので私, のサ, ほどの柄, もう宜い, やうだ, やうで, やうでございます, ような, わけで, 事だ, 人が, 人で, 位で, 何が, 俺が, 八, 其處に, 具合に, 処で, 処を, 塩梅で, 女の, 平次親分, 御兩親, 心持だ, 心持は, 心持らしい, 所が, 様に, 此處へ, 気もちじゃ, 気もちに, 気を, 氣の, 氣味だ, 爾う, 物が, 物を, 男で, 程に, 者である, 訳な, 錢形の, 鹽梅で, 鹽梅でした, 默つて其樣な

1 [737件 抜粋] あとの, あとは, あんな者, あんばいだ, い, いやに, おかげで, お上の, お前さんのは, お前を, お嬢さんが, お客様も, お母さまが, お湯で, かい八, かい决, かもしれない, かも知れぬ, かも知れねえ, からあんな, からえ, からお前, からこんな, からそれ, からつい, からサッサ, からネ何時も, から一杯爺さん, から一緒, から三日, から上ん, から之, から伜, から何卒, から先方, から出, から出せる, から却って, から取つ, から名指し, から少し, から左様, から帰っ, から帰れ, から彼方, から從つて他人, から悪い, から態, から持っ, から持つ, から撓まなく書かせる, から旦那, から是非, から曳舟, から汝エ, から決して, から火, から無闇, から爾, から當つて貰, から矢切, から約束, から行く, から貸し, から足, から迷わ, から遣, から面白い, から黙っ, が何, が呉れねえ, くらいで, くらいの物, けれどもそれ, けれども人, けれども决, けれども同, けれども奉行, けれども彼, けれども慣れない, けれども私, けれど一度, けれど文庫, けれど氏郷, こいつは, ここに, ことと, ことには, この通り大石, この邊, これも, ご前さま, しかしこれ, じゃア己此処, ぜ人, ぜ後で, そうすれ, そうなら話す, そして無理, そなた, そのうち, その儘, その先, その怪し, その手紙, その男, その野郎, それから何, それから大, それでも義理, それともお前さん, ぞ, ぞよう, ぞ原稿, だけに金, だらう利助兄イ, だらう失礼乍ら三年前座, だろうちょっと, てえんだ, てこと, てものぢ, て云った, という, という優劣, といったこの, といはれる, とか云, とか云う, とか何ん, とか兵制, ところで浪人者, ところで話, としてあなた, としてあります, としてそれ, としてもこっち, として三輪, として二人, として兎, として外, として娘, として置く, として若し, とな, とも申しました, と私, と言った, どうせ聟養子, どうで, どっちり, どんな事, なじゃ, なところで, などと小遣, なんぞと苟め, なハツハツ, な台湾, な嬉しい, には相違, の, のでお, のでげす, のでその, のでたっ, ので何, ので全く, ので帳元, ので手数料, ので有る, ので来る, ので烏, ので甲地乙地, ので貴方, のにね, のに上潮, のに仕様, のに吉田さん, のに早四郎, のに無闇, のに百両, のに相手, のに胴抜, のに自らお湯, のに返し言, のに醉つた時ツイ人, のに鼠甲斐絹, はアー, ほどの事, ほどの大金, ほどの美しい, ほどツケツケ物, ほど臆病, まア詰らん, むしろ裂い, もう亥刻過ぎ, もしこの, わけじゃ, われらが, ッてんで, ネ, ワお, ワそっと, ワイ恩も, ワ清作, 一週間も, 丁度怠屈し, 三十九才じゃ, 三年前山下の, 不義アした, 乃公は, 久八さんお前さんに, 乞食お貰い見た, 亂暴に, 事か, 事ちょい, 事などと, 事なら, 事も, 事やら, 二人が, 二人は, 亜砒酸が, 人だ, 人です, 人の, 今この, 今に幕の内, 今一度逢い, 今日は, 今草鞋銭, 仕事だ, 仕方が, 代物べ, 会つて見, 位その, 位でございます, 位な, 位の, 佐野松が, 何うし, 何ぞで, 何だしと, 何に, 何んな, 何処へ, 何時までも, 俺に, 俺にまで, 俺も, 俺や, 俺を, 先方は, 兎に, 八五郎も, 八五郎親分も, 其處には, 其處まで, 処だ, 処で御座います, 初老位な, 剃刀といふ, 加減うんざり, 加減かき廻し, 加減ヒヤヒヤします, 加減取り込ん, 加減廻つてから, 加減御用聞仲間の, 加減目出度く, 加減胸を, 加減遡った, 加減陶然と, 加減驚いてる, 半九郎, 南無妙法蓮華経, 原書だ, 厭だ, 只悪い, 可減に, 向うの, 向ひ, 味が, 和尚さんで, 唯貰う, 善いお客, 土が, 土地の, 塩梅だ, 塩梅だった, 塩梅でした, 塩気せ, 塵取でも, 多分斯, 夜が, 大久保石見守の, 大人しい絵, 大急ぎで, 大方然うだろう, 大野田の, 太夫の, 奧には, 女だ, 女を, 女隱居, 奴玉は, 娘で, 娘です, 婆さまでございます, 宜いかそら, 宜いとも, 実に堅い, 家が, 家でない, 容子で, 寅吉親分は, 就ては, 屋敷に, 工合に, 工夫が, 巧い, 己は, 師匠最う, 帰去, 幕でございました, 年で, 年来馴染, 年配です, 店には, 庭へ, 張つて居た, 形見だって, 役じゃ, 役では, 役を, 彼の, 彼ア云う, 後から, 後で話, 後を, 御両親, 御余裕, 御商売, 御新造で, 御新造松蔭の, 御願だ, 心地, 心地は, 心持が, 心持さ, 心持さうです, 心持さうにこんな, 心持さうに立ち去, 心持ちだ, 心持でした, 心持の, 性質で, 恰好に, 惡戲者は, 戀仲の, 我々は, 所だ, 手では, 手傳つ, 手間で, 手頃な, 折だ, 折角下すった, 抱えも, 拙者どもは, 捕縛する, 料理茶屋が, 新吉三藏さんと, 方で, 方であった, 方に, 方は, 旅館へ, 旦那を, 早い方, 早く其処ら, 昌平に, 昨夜酉刻少し, 是れ, 是丈揚った, 時には, 時代に, 時分だに, 景色だろう, 景色である, 曲者は, 有助, 有様江戸から, 有難い何, 本これ妖蛇婦人, 本当に逢い, 本文のは, 本是, 杯云う, 東照神君三百年の, 案である, 案です, 案内には, 槍の, 樣ね, 機嫌だ, 機嫌で, 檜の, 正孝, 正面から, 此の, 此処が, 此方は, 武家の, 殊に其の, 段落だ, 母も, 気にな, 気分な, 氣味ぢや, 汝は, 江戸橋と, 決心です, 渡邊織江の, 瀧の, 無刀, 然うし, 爾うし, 物笑いの, 犯人は, 獲物が, 理智から, 男は, 画だ, 病人の, 百姓の, 直次郎も, 相談打つだ, 知識も, 短刀は, 私で, 私も, 窮屈に, 立派な, 筈だ, 筈です, 筈と, 簡単な, 米の, 糸口が, 紅葉の, 素晴らしくそして, 結構だ, 絵じゃ, 縮緬の, 考えの, 者に, 腹立紛れに, 色を, 苔と, 若い女, 若旦那の, 若浪や, 萬兵衞が, 葛の葉更に, 薬が, 薬でも, 藤田箕浦だ, 術です, 袴は, 親分解つた, 親方が, 言譯には, 訳が, 訳でしょう, 訳を, 話を, 誰にも, 請合二三日は, 譯だ, 貧苦と, 貴様達の, 身分でも, 車が, 輪廓の, 迚も, 逢ふも, 酔ぱれえになって仰, 重さん此方へ, 金ずくには, 金持の, 金物を, 釜だ, 面白いもの, 頃合でした, 餘計な, 首を, 馬鹿馬鹿しい, 鬼子母神樣の, 鳥越の, 鹽梅ぢや, 點から

▼ 宜~ (230, 5.3%)

18 ございます 13 がんす, ございますか 11 がすか, ございますが 10 ございましょう 9 がす 8 ざます 7 御座んすか 6 ございますから 5 ございますよ, ございませう, 御座んす 4 ございますわ, ごぜえます 3 こそ御, ごぜえやす, 御座いますから, 御座んすよ

2 [13件] がすとも, がすよ, がア, ございましたわね, ございますけれども, ございますね, ございます私, ござんす, 御座います, 御座いますか, 御座んしょうね, 御座んすかねえ, 御座んすから

1 [63件] がした, がしょうなんぼ地税が, がすお, がすかい, がすそういう, がすと, がすな, がすなあ, がすね, がすねえ, がすまア, がすナニ一両, がす一つ, がす別れ, がす無駄, がんすねえ, げす, こそ, こそ入, ございましたが, ございましたよ, ございましょうが, ございましょうこんな, ございましょう今お, ございましょう私ども, ございましょう跣足, ございますお, ございますからと, ございますと, ございますとも, ございますねえ, ございますよう, ございます万事私, ございます兄さん, ございます四万, ございます彼所, ございます旦那さま, ございます見ぬ事, ございます高輪, ございませうか, ございませう私ども, ございません, ござんしょう, ござんしょうさ, ござんすか, ごすよ, ごぜえ, ごぜえましょう, ごぜえやしたろう, ざますか, 云え, 厶います, 宗觀に, 御座いますけれど, 御座いますわ, 御座いませう, 御座ろう, 御座んしたよ, 御座んすがネ, 御座んすそんな, 御座んすわ, 来て, 訪ねて

▼ 宜いと~ (196, 4.5%)

12 云ふ 10 思って 6 云うので 4 思う 3 あるに, いうの, いふこと, て軒並び, 云て, 思うと, 思ひます, 思ふ, 斯う

2 [12件] いうので, いう訳, いって, したもの, な, の勧告, 云た, 仰しやるお, 存じますから, 思った, 申して, 見えて

1 [113件] あの人, いうけれど, いうこと, いうに, いうもの, いうん, いう筈, いえば, いふとこ, いふふう, いふ話, いふ限り, お前さんが, お千代, さ, さえ思った, したか, した所, するが, それは, ね, は云い, は何ん, は思いました, までの話, 三藏は, 不断気焔を, 主人から, 云います, 云いますお父さん, 云う, 云うが, 云うこと, 云うたの, 云うて, 云うと, 云うの, 云う人, 云う側, 云う嫁, 云う気, 云つ, 云われるだけ, 云付かって, 仰し, 仰しゃいましたから, 仰しゃいますが, 仰しゃったから, 仰しゃったの, 仰しゃるぜ, 仰しゃッ, 仰しやつ, 仰しやるお礼, 仰つし, 伯父も, 低い声, 俺も, 全身の, 喜んだ甲斐, 固より, 坊主も, 大層作左衞門は, 存じますなんで, 存じまするくらい, 実はお, 寺島兵庫と, 彼地で, 彼女は, 心得ずッ, 心得まして, 心得また, 心配し, 心配ぶっ, 思いだした, 思い殆ど, 思い種々, 思うか, 思うのに, 思うん, 思えども, 思つてね, 思つて居た, 思つて居る, 思つて惡い, 思ひました, 思ひましたよ, 思ひまして, 思ひますよ, 思ひ込んで, 思ふ人間, 截然有仰つ, 手を, 手当が, 文句なし, 申しましたが, 申しますが, 申す唄, 申付けた, 申付けました, 皆が, 私は, 箕作と, 考えたので, 覚悟し, 覚悟を, 言うの, 言つた程度の, 言つて舟を, 詰らぬ事, 説を, 退屈しのぎに, 遺言を, 隣の

▼ 宜かろう~ (161, 3.7%)

18 と云う 7 という 6 と思っ 5 と云 3 と云っ, と思う 2 ぜ, と, と勧め, と心配, と思案

1 [109件] あの八畳, あゝ是, お前が, か, かある, かと丸, かと尋ねた, かと思う, かと思った, かと暫く, かと考え, かと考えた, かと色々, かと道, からすぐ, から何, か方向, が伊之助さん, が己, が確か, が茅ヶ崎, これは, ぜもう, そうした所, それから奥庭, それじゃ, それは, それより, そんなら, って水街道, というお, ということ, というよう, という事, という余, という心配, という注意, という蔵海, という訳, とか何処, ところで長島若菜, との姉, との御意, と下, と云います, と云った, と云わね, と仮令, と仰しゃいます, と仰しゃる, と余, と只, と唯, と喰, と好意的, と存じまし, と存じます, と思います, と思いやんす, と斯, と村, と気, と申されます, と申しまする, と相談, と真実, と真面目, と種々, と竹二郎, と羞, と胸, と色々, と親族, と説諭, と途方, と頼まれました, な, などと大騒ぎ, なんてって嬲られるだ, なんて家内, にそう, に余り, ね, エお, ソレは, ナ, マサカ殺しも, 中央から, 何う, 何うだ, 何か, 何だって, 何でも, 併し, 八崎から, 其の中, 勘定を, 却って此処, 君らは, 女は, 春部だの, 此の, 毎日の, 独りで, 綿は, 花魁の, 薩藩人が, 西洋へでも, 鰌の

▼ 宜いか~ (159, 3.7%)

985 惡いか 4 も知れません 3 お前が, と言, へ, わかりません, 太郎は, 悪いか, 見えるか, 解つ 2 え私, お藤, と云う, と思っ, と思ひます, もわかりません, 如何に

1 [95件] あの時, えお京さん, えお前, えと引張込め, えフウン, え人, え兎, え入る, え内儀, え処, え分った, え夜更し, え孫兵衞さん, え往, え御飯, え菓子器, え重, え頼む, お孃さん, お見落し, が喫緊, この馬, さツぱり分らぬ, じゃア坊主頭, そら一つ, そら開ける, ちよいと, ということ, といふ事, とも考へ, と云, と尋, と思います, と思ふ, と思われます, と誠に, な, まるつ, も知らぬ, も知れませぬ, わからず唯, わからなかったの, エ周吉気を, 二本掛ける, 今日で, 今水, 何も, 何方が, 先非を, 八三四人下つ, 八中坂下の, 八逃げ出さう, 其のお嬢さん, 其の方達, 其の積り, 分らない, 分らないほど, 分らぬの, 分らん, 分りませんが, 又御, 取って, 困つた, 大急ぎだ, 寢酒の, 居ない方, 屋敷の, 己が, 按摩と, 昨夜井戸端で, 此の, 満十, 相手は, 知ら, 知れないので, 知れぬが, 知れませんよ, 知んねえから, 確と, 私も, 紛失った, 見当が, 見当も, 見當, 親分, 解らなくな, 解りませんでした, 話の, 讀めなかつた時, 貝六, 貝六前祝に, 迷い抜い, 迷つた樣子です, 逃がしちや, 鑑哲

▼ 宜~ (148, 3.4%)

7 ないから 6 ない 4 ないと 3 ない事, はない, 私が, 私を 2 ないかも, なかつたが, はありません, 來て, 入らっしゃいました, 其樣な, 勘弁し, 心を, 物を, 相談し

1 [99件] あなたから, あの小僧さん, いつもお, おいでだ, お出で, お出でだ, お母様と, こそと賞め, これを, こんな汚い, すると云つて, そして金儲け, その船宿, そんな口, たってお前急, てそして, て徳川, と云っ, ないこと, ないじゃ, ないぞ, ないなに, ないの, ない家, ない少し, ない此処, ない母, ない軽薄, ない長治, なかった, なかつたこと, なかろう, なつた, なりもし, なり智惠, なり水害, ねえ少, ねえ息子, のめのめと, はなりません, は有りません, は無い, は見, は見えぬ, まアそれでも, まア此様, まア毎日, まア親, ツて, マアお, マ思い切っ, 世界を, 世話を, 世話アし, 久しく客, 云つたな, 來た, 候, 先程は, 切れるだが, 反省考慮すべきである, 女遊びに, 客を, 家の, 家へ, 巡礼の, 己に, 御主人, 御出張, 御判じ, 御勘弁, 御在宅, 御汲分, 御用を, 御考え, 御覧あの, 心が, 手当が, 承知し, 掃除し, 樽爼の, 檢すべし, 此間は, 海外に, 然う, 現に甲冑, 田舎の, 相談ずくの, 神信心を, 私は, 臨終に, 自重し, 見え其身も, 試驗の, 貝塚を, 邸門の, 隱くし, 頂戴致します, 願ひます

▼ 宜~ (111, 2.6%)

8

2 [34件] から聞いた, から話, が, が夕食, が竈, が鼠木綿, です, と宗助, と自分, と連れ, に伴, に對, に挨拶, に書物, に飯, の前, の好意, の意味, の法衣, の足音, の面前, はさも, は一, は一足先, は懐, は懷, は提灯, は比較的, は氣, は立ち, は自ら次の間, は躊躇, は鼠木綿, も宗助

1 [35件] からこの, から此夢窓國師, がまた, が云っ, が云つて, が來, が又, が来, が笑っ, が笑つて, という坊さん, に, にさう, にそう, に対してすまない, に対してもあまりに, に煮, のいう, のいふ事, のいる, のいわゆる, のゐる, の所謂老師, はこの, はこんな, はわざ, はわざわざ, は云, は云った, は斯ん, は此時, は気, は気の毒そう, を捕まえ, を捕まへ

▼ 宜からう~ (78, 1.8%)

12 と云 7 と思ふ 4 何も 3 では, な己ら 2 といふ, といふ心配, と思ひます, 何故其樣

1 [41件] うむよし, お前の, お寺へでも, が急ぐ, けれども氣, けれども隣り, さうし, それ位の, といふ事, といふ人, といふ考, といふ蔵海, とぞろ, と存じます, と存ずるなり, と怒, と思はる, と思はるる, と思はれる, と手紙, と私, と考へられまする, と言, どうだ, なぞと云, なんなと, エヽ此手では, コレ伊丹も, ソコで, 丁度桜花, 何故そんな, 俺は, 又搜, 又買取りました, 女は, 宗太郎弟は, 平次, 此邊で, 西洋の, 賣るの, 錢形の

▼ 宜いが~ (71, 1.6%)

6 と思つて 3 又頭痛 2 な, ねえ, 似ても

1 [56件] あの三右衞門, ありゃお前, お組屋敷, お賤さん, お高祖頭巾, かう暗く, さう, さうし, そういうこと, そうし, その下役, その会社, その処, た, とお, と云, と井戸, と人, と外, と存じ, と御, と心配, と怖, と思, と思っ, と思ひました, どうも此方, なかなかどうしてどうして少なく, な勇, ねどうも, の上屋敷, まだ四十六, よっぽどあります, ナ起ん, 今此の先, 何だつて此處, 其の尻, 出て, 別に心配, 厚いの, 同じ山吹色, 同時に又, 威張ると, 実は何, 寒い時分, 広い江戸, 憎い事, 或はそれ, 暗くって, 最う些, 有難う存じます, 無いから, 若しお, 若し出ん, 若し眼, 逃げられなければ

▼ 宜かった~ (61, 1.4%)

4 のだ 3 のである

1 [54件] あゝ有難, え, お前に, かも知れない, か知れない, が今, が余り, が修行, が土間, が大きく, が急い, が日, が段々, が茨, し資産, そうであります, と, と今更, と保志子, と幸右衞門夫婦, と思う, と思った, と椿岳, な, なあ, なア, に違い, のに, のにそれ程, のになあ, のにね, のに何, のに正直, のに清之介君, のねただ, のを, はあ, ような, わけである, わねあたい, んです, アだ, ナハハハ, ノ, 丈助長持は, 何しろ気の毒, 何卒直に行っ, 併し, 宜かった, 最少し, 焼落ちた, 私は, 道理で, 関取に

▼ 宜~ (60, 1.4%)

4 じゃア 2

1 [54件] お方や, か, かえなに構ア事, かそれ, かチウ, かチョット, か二人, か斯, がお前薬鑵, がじゃ, がそれ, がに, が子供, が是, が札差し, が訝しい, が金, けにあげ, じゃろ, そうお前, そう泣か, そんなに小言, たって村, だが校長さん, だ然, というもん, にとお前様, のう, ので檀家, ものと, やな, よ, よ先達, よ本当に, よ此ん, よ義理立, わ, わい, エヽ何う, 事云う, 何も, 危え, 大丈夫だ, 妙な, 幾ら泣い, 恭太も, 新家に, 様に, 機会は, 私は, 蚊帳へ, 見っともねえ, 見込まれたら蚊帳, 訳で

▼ 宜いの~ (50, 1.2%)

43 か, かへはあ, か怒り, さこれは, さとて 2 かの歸, か惡, か見, さ夫れ

1 [23件] かあんた, かい, かな, かの帰るなら, かまるで, かも知れない, かソレ, か分らなかった, さそれは, さ岡ツ引が, じゃない, ね, は唯, は嬉しい, は立派, は金, もあれ, も有る, やら私, よ, よ其処, 其の中, 手前は

▼ 宜いや~ (50, 1.2%)

83 ね起き 2 ね構はず, アな

1 [35件] あの話, あばよ, うにと, うにばかり, そんな事, そんな意気地, どうせ主人, どうせ江戸, ないか, なこんな, なその, な今日の, ね搆はず, ま八, ろう, アおいお爺さん今日のう, アねえ, アもう, ア手前と, オ封印が, サア遣ろう, ナ江戸子, 不人情な, 乘りか, 仕方が, 兎も, 大人だ, 宜いが, 手拭一と, 然う, 痛いと, 聞かれて, 行つて見よう, 里へ, 驚くだろう畳

▼ 宜~ (42, 1.0%)

2 うご, ない, 取計

1 [36件] あるといふ, うございます, うございませうか, かろうと, ござります, でしょう, とし, と云, と云つたの, と御, と言, と言つて, と認め, 仰つて, 御了解, 御伝え, 御住居, 御取, 御取計い, 御取計らい, 御尽力, 御申訳, 御盡力, 御運び, 御頼, 御願い, 無い惡, 申すよう, 相成申候, 被仰, 言って, 頼みますぜ, 頼むと, 頼むという, 頼む持って, 頼んだよ

▼ 宜いん~ (32, 0.7%)

1310 でせう 1 でがん, でげす, でさ, で帰っ, で帰り駕籠, で旦那, で早く, で是, で私

▼ 宜いとも~ (31, 0.7%)

1 [31件] お前も, お狩場, お粂さん, その代り子刻, それへ, どんなこと, わけも, 乘りか, 二千兩と, 何ん, 何んなり, 何分宜しく, 俺が, 俺で, 先づ, 大宜し, 屹度帰っ, 序に, 往って, 思つた, 思ひ置くところ, 悪いとも, 承はらうぢ, 斯う, 望みと, 望むところ, 此上の, 此方へ, 清吉母娘巡禮の, 送つて, 錢形の

▼ 宜かつ~ (29, 0.7%)

7 たの 62 たわけ, たんだ

1 [12件] たかも, たが, たと大, たにと, たね, たよ, たらうがな, たらうに, たわたし, た實, た爲, と

▼ 宜なる~ (28, 0.6%)

6 かな 32 哉この

1 [17件] かなこの, かな一八一五年六月十八日, かな人, かな侠勇, かな凄, かな南園白梅, かな彼, かな我邦, かな沒却理想, かな素より, かな諷刺大王, かな踵, 哉と, 哉ストア尊者の, 哉楊家の, 哉縲絏の, 整合の

▼ 宜~ (28, 0.6%)

27 願上候 1 顧上候

▼ 宜いで~ (26, 0.6%)

13 はない 5 は無い 2 はございません, は御座いません 1 がす, はありません, はござらぬ, は御

▼ 宜いもの~ (24, 0.6%)

3 ですか 2 か惡いもの

1 [19件] か, かこれ, か悪い, か悲, か殆ど, か浄瑠璃, が手, であろうか, でしょうか, では, と度胸, はありのまま, を, を五朱, を作り出す, を別に, を彼, を愛宕山, を正直者

▼ 宜さそう~ (24, 0.6%)

12 なもの 3 なもん, の事 1 ですネ, なもんだ, な世辞, な事, な地所, に向い合い

▼ 宜いんだ~ (21, 0.5%)

1 [21件] から, がお, がね, が大きな, が金, けれどもお婆さん, つたね, と云っ, ね親分, よ, よ何時, よ解つて, よ返事, わ, アね, 何うし, 何うせ, 兄貴だ, 己ア伊皿子台町の, 有難いこと, 此間も

▼ 宜~ (21, 0.5%)

4 しおます 3 しおま 2 しい, しいよう 1 しいえ, しいから, しいこう, しいしかし, しいですね, しいんでございましょう, しいんですけれど, しい聞かなくッ, しおますと, しくない

▼ 宜いに~ (20, 0.5%)

2 違いない

1 [18件] この峠, それに, と世間, と云っ, 何うし, 何だ, 先の, 女や, 小増を, 少し悪く, 後でそんな, 手を, 法外に, 直に柳田典藏, 突然で, 胆を, 違ひない, 都会の

▼ 宜いよ~ (20, 0.5%)

3

1 [17件] あの浪人者, あゝ, おろして, この男, と云, どうせそんな, また来たら遣ろう, まだ掛守, もう澤山, もう身體, よく物, 又五八, 打解けて, 相變ら, 行かうぜ, 調べさ, 違っても

▼ 宜~ (20, 0.5%)

2 智惠も, 粧なる

1 [16件] か, と季, に叶, に通ぜしめ, やら御, や俺, を得, を得ず, を見, を計り, 口あら, 手段も, 方を, 智恵も, 標本と, 者の

▼ 宜いのです~ (19, 0.4%)

2 から

1 [17件] か, からそれ, から今, が, がこの, がそう, がそれ, が惜しい, が最後, けれども掛つて, これさえ, これで, なあ私, ねさ, よ, よ早く, よ私

▼ 宜~ (19, 0.4%)

3 に会したらしい, の二階 2 の詩会

1 [11件] でわたし, で夢中, で聞きます, に催された, に詩会, に誌友懇談会, の主人, の会, の歡迎會, まで是非, も既に

▼ 宜いのだ~ (18, 0.4%)

4

1 [14件] え何, お半, から歎息, から正直, から番頭さん, が, が浪人, というよう, よお, よ何, 京橋の, 平次, 時介は, 私は

▼ 宜いんです~ (18, 0.4%)

32 か親分

1 [13件] かい親分, かね親分, か若旦那, か開け, が, が何, つてね, ねえ, 何うせ帰る, 布団の, 私は, 親分, 親分あ

▼ 宜かん~ (18, 0.4%)

8 べえ 5 べい 2 べいと, べえと 1 べどき

▼ 宜しからず~ (18, 0.4%)

2 また善く

1 [16件] かかる虫, とあ, とあっ, とある, といえ, といったところ, とのみ言う, と云, と医家, と思わ, と思案, 一時発作の, 入院の, 末覚束なし, 此際転地でも, 脾胃を

▼ 宜~ (17, 0.4%)

8 申可被 2 つたへ, 致声可被 1 伝声奉, 取計, 如意も, 達可, 頼申上候

▼ 宜いも~ (16, 0.4%)

9 のでせう 2 のむしろ 1 のだから, のぢ, のでした, ので忰, ので決して

▼ 宜敷く~ (15, 0.3%)

4 ない 2 お願いいたします 1 これは, って, って終り, と告げた, ね, 丈夫な, 云って, 君に, 新参の

▼ 宜うご~ (14, 0.3%)

5 ざんす 3 ざりましよう 1 あんすべアすか, あんべ, ざえますこれ若草汝は, ざえやす息が, ざえやす立派な, 座いませう

▼ 宜から~ (14, 0.3%)

3 うとて 2 うか 1 うかと云, うかと尋ねた, うかと思ふ, うちう, うとな, うにさ, むや, もう些, 殺して

▼ 宜なり~ (14, 0.3%)

2 そは

1 [12件] というべし, と言いつべし, など思ひなりぬ, やかくあり, 居士が, 居士は, 当時の, 我も, 故に聖書, 歐洲諸, 海は, 特に我が

▼ 宜~ (13, 0.3%)

9 ならずや 1 なり, なる哉, 伝える心理, 経験の

▼ 宜いです~ (11, 0.3%)

21 かお宮さん, かきっと, かと云, かねね, かまあ, か来なく, がその, がそれ, けれども餘計

▼ 宜くお~ (11, 0.3%)

3 出で 2 礼を 1 くらしでござん, 出に, 心を, 禮を, 詫を, 頼み申します

▼ 宜くし~ (11, 0.3%)

2 たもの 1 たいとは, たの, た方, て, て客, て我吭, て此処, て置かない, て置く

▼ 宜いでしょう~ (10, 0.2%)

1 あんまり話させる, か, が黄櫨染, と手詰, ね, よ, ウフ, ネ, 奈良の, 讃之

▼ 宜いお~ (9, 0.2%)

1 人ゆえ少し, 富でした, 方は, 方ゆえ皆定まる, 色気でございます, 菓子を, 言葉で, 道具は, 酒が

▼ 宜いこ~ (9, 0.2%)

2 ともある, ともあるだろう 1 とぢ, とは少し, とは考えない, とばかり言ふん, とやつ

▼ 宜いつ~ (9, 0.2%)

6 てこと 1 てん, て仰, て言ふん

▼ 宜いでせう~ (9, 0.2%)

32 親分 1 か親分さん, が, ね三輪, 平次は

▼ 宜けれ~ (9, 0.2%)

1 ばさ, ばまずい, ば今夜印畫, ば何より, ば其処, ば漂流人, ば甚だ, ば縁付く, ば追剥

▼ 宜いあん~ (8, 0.2%)

8 べえ

▼ 宜いところ~ (8, 0.2%)

21 が有りました, です, へ來, へ八五郎親分, へ氣, よ見

▼ 宜いわ~ (8, 0.2%)

21 よまだ, 失る, 宜い, 私が, 私肺病でも, 若しじたばたすれ

▼ 宜くも~ (8, 0.2%)

3 宜くも勝手 2 學びし露八 1 ないけれども, 学びし露八, 来ない

▼ 宜~ (7, 0.2%)

2 ッた 1 なくって, なくて, アありません, 取付端が, 知れない引立

▼ 宜からぬ~ (7, 0.2%)

3 名を 1 ことを, 友でも, 業と, 横町不

▼ 宜しからぬ~ (7, 0.2%)

1 お噂, ことの, ということ, と去年責, 事で, 氣である, 現象の

▼ 宜ならず~ (7, 0.2%)

4 とせむや 1 とせず, や何と, や方今漢文

▼ 宜~ (7, 0.2%)

1 三つの, 人洪武十八年の, 意味を, 松原を, 王は, 郎女一柱, 項に

▼ 宜いが私~ (6, 0.1%)

3 はこれ 1 い国, はもう, は係り中

▼ 宜いっ~ (6, 0.1%)

1 たっても余り, て, てえ, て然, て種々, て自分

▼ 宜う御~ (6, 0.1%)

3 座りましよと 2 座りませうと 1 坐りませうと

▼ 宜えと~ (6, 0.1%)

1 云うが, 云うに, 小言を, 引取られてる, 思うたけ, 思わしゃるか

▼ 宜く考え~ (6, 0.1%)

2 て御覧, て見ろ 1 て見, て見なせい

▼ 宜じゃ~ (6, 0.1%)

2 ア有りません, 有りませんか 1 ないか, アない

▼ 宜~ (6, 0.1%)

21 せずクロニオーン, 存候, 毎度止て, 被仰

▼ 宜~ (6, 0.1%)

1 なられたもの, 人が, 從って, 設けられたるなり古書, 附格式相当の, 随って

▼ 宜~ (6, 0.1%)

1 弁理する, 弁理候始末ほとほと, 得たもの, 得たる施策, 得てたがい, 求め候

▼ 宜~ (6, 0.1%)

3 得ども 1 に付, に衰耄それ, 故也

▼ 宜いかね~ (5, 0.1%)

2 この偈 1 それに, 大丈夫か, 此を

▼ 宜いが己~ (5, 0.1%)

3 れが 1 がい, も此

▼ 宜かり~ (5, 0.1%)

3 さうなもの 1 そうな, そうに

▼ 宜~ (5, 0.1%)

1 ないから, ないと, ないよ, ないん, ません年

▼ 宜けれど~ (5, 0.1%)

3 一筋に 1 お歸邸, 今が

▼ 宜~ (5, 0.1%)

2 ざんすよ 1 ざります伯父様, ざります伯父樣御全快, ざんす差し上げましょう

▼ 宜~ (5, 0.1%)

2 の二階 1 といふ料理店, の朝, を一団

▼ 宜~ (5, 0.1%)

2 の北 1 の西方, までのあいだ, 宜昌

▼ 宜いがそれ~ (4, 0.1%)

2 よりは 1 がため, が拂

▼ 宜いだ~ (4, 0.1%)

1 よおれ, よどんな, 其の上いろは, 大丈夫内儀さんは

▼ 宜いな~ (4, 0.1%)

21 ッてえ, モシ実に

▼ 宜いのである~ (4, 0.1%)

1 があまり, が鰹, けれども嘘, そんなところ

▼ 宜いのでございます~ (4, 0.1%)

1 から小僧さんお前さん, から後生, がな, 親を

▼ 宜い様~ (4, 0.1%)

1 に, にし, にやっ, ね

▼ 宜がす~ (4, 0.1%)

1 かな, ちゃ, ちゃね, ちゃ宜

▼ 宜くっ~ (4, 0.1%)

1 て, てあの, て御覧じろ, て物

▼ 宜くなる~ (4, 0.1%)

1 から又, ことを, と忽ち, 事だ

▼ 宜くば~ (4, 0.1%)

1 と己, 宜い, 暗い処, 毒殺を

▼ 宜く来~ (4, 0.1%)

2 て下 1 て下さつた, て下す

▼ 宜く来た~ (4, 0.1%)

1 とも言, と互, 何か, 私も

▼ 宜く言っ~ (4, 0.1%)

3 てくれた 1 て下さい

▼ 宜なれ~ (4, 0.1%)

3 ばなり 1

▼ 宜都比~ (4, 0.1%)

3 賣の 1 賣と

▼ 宜いが是~ (3, 0.1%)

1 は来ない, れは, を取っ

▼ 宜いさよしんば~ (3, 0.1%)

3 作り言

▼ 宜いたっ~ (3, 0.1%)

1 て大, て悔み, て此

▼ 宜いねえ~ (3, 0.1%)

1 二人差向いに, 旨く云っ, 水を

▼ 宜いので~ (3, 0.1%)

1 はない, も万, も自らこれ

▼ 宜かったろう~ (3, 0.1%)

2 と思う 1 と思われる

▼ 宜かりし~ (3, 0.1%)

21 を供待ち

▼ 宜かろ~ (3, 0.1%)

3 あんまり冥利

▼ 宜~ (3, 0.1%)

1 いじめられたの, また何かお勢, 軍国的建国記念日としての

▼ 宜くね~ (3, 0.1%)

1 えから, えわな, え何様者

▼ 宜くねえ~ (3, 0.1%)

1 からよ, ぜそういう, よ

▼ 宜くも勝手~ (3, 0.1%)

3 な事

▼ 宜く云った~ (3, 0.1%)

2 もので 1 何うも

▼ 宜く見えた~ (3, 0.1%)

3 と賞め

▼ 宜さ相~ (3, 0.1%)

1 だ, です, なもの

▼ 宜しう御座います~ (3, 0.1%)

21 かと訝し

▼ 宜しからざる~ (3, 0.1%)

1 のみ, 儀有之, 先例を

▼ 宜すぎる~ (3, 0.1%)

3 からいけない

▼ 宜なりけり~ (3, 0.1%)

2 蒼然として 1 左しもに

▼ 宜~ (3, 0.1%)

1 かつて那須野, このとき魏, 入門を

▼ 宜シク~ (3, 0.1%)

1 之レ, 御受納, 漸ヲ以テソノ成功

▼ 宜加減~ (3, 0.1%)

1 におし, にし, に話

▼ 宜~ (3, 0.1%)

1 のソ同盟, のソ同盟兵, の集団

▼ 宜御礼~ (3, 0.1%)

2 奉願上候 1 御申可

▼ 宜~ (3, 0.1%)

1 から遁走, の東北, の東十里

▼ 宜~ (3, 0.1%)

1 です, なども日本, の由来

▼ 宜秋門院~ (3, 0.1%)

1 が後鳥羽天皇, といっ, には皇子

▼ 宜~ (3, 0.1%)

1 仰可被, 仰達, 為在に

▼ 宜いがこれ~ (2, 0.0%)

1 はどうか, は急

▼ 宜いが書附~ (2, 0.0%)

1 が大事, が大切

▼ 宜いが海上~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, へ行つて

▼ 宜いが道~ (2, 0.0%)

1 の勝手, の順序

▼ 宜いくら~ (2, 0.0%)

2

▼ 宜いし~ (2, 0.0%)

1 又妾, 大いに作っ

▼ 宜いじゃ~ (2, 0.0%)

2 ねえか

▼ 宜いなん~ (2, 0.0%)

1 て又, て彼

▼ 宜いのう~ (2, 0.0%)

1 お照, 愛らしいこと

▼ 宜いもんだ~ (2, 0.0%)

1 からお, と考え

▼ 宜いよう~ (2, 0.0%)

1 じゃがどうも, な容態

▼ 宜いんだろう~ (2, 0.0%)

1 己も, 相沢さんが

▼ 宜いんでしょう~ (2, 0.0%)

1 何う, 是非御

▼ 宜い出~ (2, 0.0%)

1 て居る, 來る

▼ 宜い知ってる~ (2, 0.0%)

1 お客様だ, 人が

▼ 宜うござる~ (2, 0.0%)

2 いつまででも

▼ 宜かるべき~ (2, 0.0%)

1 にお, はずである

▼ 宜かるべく~ (2, 0.0%)

1 まさか田福, 左馬事ハ海軍の

▼ 宜かるべし~ (2, 0.0%)

1 と存候, 汝如何ほど

▼ 宜くいらっしゃいました~ (2, 0.0%)

1 お母さん御馳走を, アノお母さん多助さんが

▼ 宜くする~ (2, 0.0%)

1 と云え, よう

▼ 宜くない~ (2, 0.0%)

1 よ, 思いちがいじゃ

▼ 宜くも己~ (2, 0.0%)

1 の娘, を欺いた

▼ 宜く働い~ (2, 0.0%)

1 ておくれ, て呉れる

▼ 宜く働き~ (2, 0.0%)

1 人足へも, 口も

▼ 宜く尋ね~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ 宜く有りません~ (2, 0.0%)

1 から, 益々我が身

▼ 宜く有るまい~ (2, 0.0%)

2 と思はれる

▼ 宜く無い~ (2, 0.0%)

1 と思い, 宜く無い

▼ 宜く知ってる~ (2, 0.0%)

1 なア, 汝母親は

▼ 宜く見~ (2, 0.0%)

1 てえ, て悋気

▼ 宜けね~ (2, 0.0%)

1 えぜ, え者

▼ 宜けれども~ (2, 0.0%)

1 あんなに施, 若し正路

▼ 宜ござん~ (2, 0.0%)

2 すか

▼ 宜~ (2, 0.0%)

1 などを美術的, のほど

▼ 宜しか~ (2, 0.0%)

1 ありませんか, そら一ツ

▼ 宜しかるべく~ (2, 0.0%)

1 と存候, 乳臭の

▼ 宜った~ (2, 0.0%)

1 のに愛し, 御両親

▼ 宜~ (2, 0.0%)

1 はない, も北島壽安

▼ 宜ない~ (2, 0.0%)

1 ことよ, 国神野上も

▼ 宜~ (2, 0.0%)

1 な, アネ失敬な

▼ 宜~ (2, 0.0%)

2 う何

▼ 宜~ (2, 0.0%)

1 だ, だけど

▼ 宜亭集~ (2, 0.0%)

1 に代, の詩四首

▼ 宜~ (2, 0.0%)

1 し実行, に煽られ

▼ 宜~ (2, 0.0%)

1 した, の事実

▼ 宜~ (2, 0.0%)

1 の亭侯司隷校尉領予州, の人

▼ 宜~ (2, 0.0%)

2 あるが

▼ 宜~ (2, 0.0%)

1 にそれほど, へ答え

▼ 宜法竜僧正~ (2, 0.0%)

1 から, から承った

▼ 宜法竜師~ (2, 0.0%)

1 に分らぬ, の依頼

▼ 宜~ (2, 0.0%)

1 ふやう, ふ如し

▼ 宜~ (2, 0.0%)

1 の, のご

▼ 宜~ (2, 0.0%)

2 の雨

▼ 宜道さん~ (2, 0.0%)

1 とおっしゃる, と仰

▼ 宜~ (2, 0.0%)

2

▼1* [369件]

いあらうことか, 宜いいづれ十八に, 宜いおろしてくれ, 宜いかどうかわかりませんが, 宜いかもう四十を, 宜いかよく聴くん, 宜いからまアお上, 宜いからさア掴まっ, 宜いからつけろ表の, 宜いから買つて呉れぬかと, 宜いか宜いかな, 宜いか実に訳けが分らない, 宜いか暫しがほど躊躇, 宜いか甚だ私は, 宜いか訳が分りません, 宜いがあれが売れなかったら, 宜いがあんた直に独り, 宜いがいやなら否, 宜いがおい幾ら金を取った, 宜いがお前とは別れ度, 宜いがお茶を淹, 宜いがお鏡やお, 宜いがきまりが悪い, 宜いがウソはもう少し, 宜いが三人前の料理代, 宜いが中に千兩箱, 宜いが事によったら, 宜いが二三度水に這入った, 宜いが二十両で家, 宜いが人樣に迷惑, 宜いが今日たった今から, 宜いが何うも, 宜いが何んとも素姓, 宜いが何人取る, 宜いが併し要するに, 宜いが修業するには, 宜いが俺はそんな, 宜いが兎に角, 宜いが千兩箱は一體幾つ, 宜いが卯八とお蔦, 宜いが印度のやう, 宜いが却て何, 宜いが只た一人, 宜いが只顔の綺麗, 宜いが同類になっ, 宜いが周囲の者, 宜いが土竈を据ゑた場所, 宜いが外へ行つて, 宜いが失礼ですから, 宜いが女だからねえ, 宜いが嫁の根性, 宜いが家を空あき, 宜いが實際の利益, 宜いが平次が馬鹿, 宜いが彼ア云う三藏さん, 宜いが後の勘定, 宜いが惜かな些, 宜いが成程人, 宜いが手前此の娘子, 宜いが拙者は独身者, 宜いが政宗は甚, 宜いが日本料理はないだろう, 宜いが旦那が死ん, 宜いが極らぬうち, 宜いが此の連れ, 宜いが此奴の名前, 宜いが江戸に連れ, 宜いが洗張りをし, 宜いが片手片足出て, 宜いが獲物が親分, 宜いが皆んなは燕尾服, 宜いが目下の急務, 宜いが相手を言, 宜いが矢張り煙が立て, 宜いが糟臭い地酒, 宜いが能く積, 宜いが自害ときまつては, 宜いが良兼等は其儘指, 宜いが親父が煩っ, 宜いが調べが届き, 宜いが路銀をお, 宜いが近頃は恐ろしく, 宜いが遺書と日附, 宜いが酒を五升, 宜いが雪まじり雨, 宜いが鶯をあやし, 宜いけれ共海とも, 宜いし挿画としては宜, 宜いじやない, 宜いじゃ無いか, 宜いその大屋, 宜いたしなみで, 宜いだけお前に, 宜いだろ謎の, 宜いでございませうか, 宜いで点頭いて半, 宜いといいますと相当, 宜いともどうせ金持の, 宜いともどうぞ此方へ, 宜いとも宜いとも往って, 宜いとも少しも遠慮, 宜いとも早速殿に, 宜いと唯その結果, 宜いと極れば, 宜いにして其の, 宜いに困るナア親方に, 宜いね唐縮緬の蹴, 宜いのじゃと独り発明, 宜いのでありますからそれで, 宜いのでしょうか, 宜いのなれどやかまし, 宜いのやれど風, 宜いはずであるがそれ, 宜いふいと黙っ, 宜いまで復讐的, 宜いもんでもがいん, 宜いも惡いもありません, 宜いやらそれでも学校, 宜いやらそれよりか先生, 宜いやら夫れでも, 宜いようだが吾輩, 宜いよお前には別に, 宜いよお前のは他見, 宜いよこいつは見物, 宜いよムム大変だ頭, 宜いよ今に判る, 宜いよ何んとでも言, 宜いよ俺は下手人, 宜いよ冷ると, 宜いよ判つて居るよ, 宜いよ奥向を守る, 宜いよ己ア只追出す, 宜いよ後日の為, 宜いよ手前が下手人, 宜いよ此上は自身番, 宜いよ江戸行の時, 宜いよ私が何, 宜いよ腹は切らんで, 宜いよ行つて見るよ, 宜いよ解つたよ, 宜いよ身につかない, 宜いよ黙って居ろ, 宜いらしいの, 宜いわね私の, 宜いわ寝ておい, 宜い乗っけてもらおう, 宜い入っても宜いか, 宜い出なければ不平, 宜い切れそうだ, 宜い増して其の, 宜い帰って家, 宜い怒るな, 宜い止めるなと云ったら止めません, 宜い死に処, 宜い泊って往くなら, 宜い育て方を, 宜い見付けさへ, 宜い諦めますと云いました, 宜い逃しちやなら, 宜い飛んだ手柄に, 宜い黙つてそんな, 宜い黙って酒, 宜うこその御, 宜うてなあそこで, 宜えってに其処, 宜えてえに, 宜かえ頼むよおいら, 宜かっぺえじゃアねえか, 宜かったいめえましい, 宜かった驚きやしたな, 宜かということが, 宜かなど考候, 宜かねえと云うの, 宜からずや, 宜からずやと言, 宜からぬ如き行儀を, 宜からぬ見られては宜, 宜からんかと佇立, 宜かれとて尽くし, 宜かろうやるが宜, 宜かろう就いては渡邊外記, 宜かろう授かり物じゃ, 宜かろう罷り違て, 宜かんばいじゃア, 宜がさつに有, 宜きあり珍産南荒に, 宜きゃア慈母さんお, 宜きよふ仕度候, 宜くあるまいと思はれる, 宜くおいでなさいました, 宜くお眠られます上が, 宜くお詣りにまいっ, 宜くさせたのであった, 宜くたのむと申, 宜くどうも貴方, 宜くなければ交替前, 宜くなって皆, 宜くなりゃ浜に, 宜くねえだね, 宜くも人中で打った, 宜くも言へたる嘘, 宜くわからないんです, 宜く云えば心配, 宜く云っておく, 宜く仰しゃいましたそれで何, 宜く入っしゃいました宜く, 宜く入らツし, 宜く入らしって下さいました, 宜く入らっしって下さいました, 宜く出て来た, 宜く出来たが石版, 宜く分っても居りませんでした, 宜く効くわ, 宜く勤めて貰い, 宜く勤めますが決して, 宜く取ったから足, 宜く存じている, 宜く届くと云う, 宜く心得て居る, 宜く心掛けて置い, 宜く成っても困り, 宜く成りまして只今, 宜く斬ったと仰せあり, 宜く暮らしている, 宜く知っておい, 宜く知らしてくれた, 宜く知らせてくれた, 宜く知らないが国, 宜く知りて其話, 宜く知れて居る, 宜く稼ぎなさるが七兵衞さん, 宜く稼ぎますが丁度, 宜く続きます毎度あなた方の, 宜く聞えるもので, 宜く聞きなよそれから, 宜く聞き分けてくれた, 宜く聞け己ア見ろ, 宜く致したいので, 宜く致しまして彼, 宜く見ると二銭銅貨, 宜く言ったと言っ, 宜く討ったな, 宜く這入り扇雀だの, 宜けりゃ構わないんでしょう, 宜げに嗤って, 宜こそいまそがる, 宜ささうなものだ, 宜じゃ逃げる, 宜しからずして幽, 宜しからず候えども, 宜しからねばその, 宜しかりさうなもの, 宜しかりしを疑, 宜しかる可, 宜しかるべきか知る, 宜しみ立てるにひ, 宜し乗せて行く, 宜せるなりこの, 宜が開巻, 宜けれども邪慳, 宜って実に姉弟, 宜つてことよどうせ, 宜というのが, 宜といふことは, 宜として彼らには, 宜などは順治より, 宜ならずやなど笑い興じ, 宜のに日曜だ, 宜悪いも, 宜ど秋, 宜ろうと言う, 宜ろうと考えますと, 宜と後, 宜キニ順ヒ五穀年ニ稔リ今ニ至ルマテ眷族, 宜ク師ヲ要, 宜シカラザル儀之レ有ル段相聞エ候, 宜シキ様ニ仕ルベキ旨, 宜シク忙ヲ以テ忙ニ交ハル, 宜シク改正ヲ為セ, 宜シク斎藤昌三氏ノ, 宜シケレバマダゴザイマスカライクラデモ仰ッシャッテ下サイ, 宜シテ終ニ羅馬ヲ天火ニ亡シタル一面, 宜たが, 宜亭萩亭ともいふ, 宜候こと承候, 宜候得ども手に銃, 宜候間石にても御, 宜で進行, 宜傳相になつ, 宜典従容之職, 宜切れてやらん, 宜叙法橋奉蔵人右中辨兼左衛門権佐藤原豊房, 宜叙法眼奉蔵人右中辨兼左衛門権佐藤原豊房, 宜申候, 宜向故園驕, 宜嚴加禁斷以其西胡等既是郷法當身自行, 宜園千蔭は身分, 宜早朝清, 宜城亭侯に封ぜられた, 宜城亭侯予州の牧, 宜城亭侯領は予州, 宜堅御身と白し, 宜一死先群雄, 宜庵らも入っ, 宜当時の菓子商主水, 宜從厚四季と一身, 宜御沙汰に付, 宜飲魚無, 宜授爵號可安東將軍, 宜悶, 宜教師の事, 宜数種を晋め, 宜敷いのです, 宜敷く足らざるを補い, 宜敷く頼むと留五郎どん, 宜敷けれど世間, 宜敷つて言つてたよ, 宜敷やうに御, 宜敷ゅうございまする何んな事, 宜敷ツて言つて, 宜敷三吉にも宜, 宜敷事無りしかば, 宜敷云ひ含めて, 宜敷位でご, 宜敷其上世間え被爲對候所, 宜敷受持の授業, 宜敷左様なら姉さん, 宜敷御礼申上候まだまだ御, 宜敷房子様へも宜, 宜敷様御取, 宜敷申上候様申出候, 宜敷聯句馬生に対酌, 宜敷言つて, 宜敷言つてくれ給, 宜敷願上候お詫びは帰り, 宜昌附近にかかる, 宜明スル彼等ハ大ナル歡迎, 宜春夏秋冬軌道之行雖異, 宜春県にある, 宜であるおまえさん方, 宜欽重是令翻譯俾用流行卿夙慕忠勤職司禁衞省覽表疏, 宜此処はよく, 宜法竜大僧正など汝出家, 宜法龍師見えられ此事, 宜津比賣の, 宜夜, 宜薬, 宜可賜除授, 宜用天宝重定本, 宜申上よと申候, 宜申上候へと申托候, 宜申上候様被申付候, 宜梅, 宜矣蔵書所以貴多, 宜禾稻麻紵蠶桑知織績, 宜秋山下に避け, 宜竹和尚これが賛, 宜が登壇, 宜者共へ攘夷, 宜を虎, 宜蘭方面から基隆方面, 宜註蘇我也という, 宜をただちに, 宜ぎまさあ, 宜過ぎるようだ, 宜道様と書い, 宜野灣の松原, 宜陽殿に納め, 宜入候