青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小生~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

小娘~ ~小学校 小学校~ ~小屋 小屋~ 小山~ 小川~ 小林~ 小柄~ 小次郎~
小生~
小田原~ 小舟~ ~小説 小説~ 小路~ 小野~ ~小鳥 小鳥~ ~少々 少々~

「小生~」 1100, 12ppm, 9203位

▼ 小生~ (363, 33.0%)

4 考うる 3 ために, 妻子の, 意志を

2 [15件] ような, ように, 事は, 名を, 名前を, 心の, 心中を, 所有に, 生存し居る, 確信する, 考えを, 胸の, 苦衷御, 言葉に, 部屋の

1 [320件] あけくれである, あの場合, あはれな, いうこと, いさ, いって, かような, こととて, ことわりたる, この弱点, この微衷, この挙, この時, さらに考, すでに雇い入れ, その後富山県庁の, ちよつと, ところへ, と同じ, ふところへ, ふと頭, ほうは, ものだ, やうな, イカンと, エゴイズムです, トランクから, ポケットに, 一大事に, 一奇と, 一存で, 一死に対して, 不在は, 不用意極まる, 主観ならびに, 事に, 事を, 事務所に, 事務監督者たる, 二十八歳の, 五十九も, 交渉も, 伴りよとしては, 体験を, 作が, 依頼に, 借家の, 偏に, 健康は, 健康を, 写真を, 処へ, 到着を, 到着前に, 力では, 力の, 力能く, 危急は, 原稿は, 参り居りし田舎, 参加は, 友人の, 友情を, 受くる, 受けた名誉, 古つ, 同県人, 名にて, 名は, 名まえ, 周囲に, 周辺には, 嗜好が, 四人, 在村中, 地図の, 報告は, 境遇に対し, 多と, 夢を, 大好きな, 奮発より, 如きは, 如き一面, 如き永年, 妹と, 妻が, 妻たる, 妻と, 妻に, 妻には, 妻は, 妻も, 妻を, 妻ノブ子を, 妻子とを, 妻子に対する, 妻子は, 妻子を, 姉妻と共に, 姪にあたる, 娘は, 娶るを, 子に, 子は, 存じて, 存在を, 孫は, 宗教的救済なりき知らず, 実験する, 室は, 家ではずつと, 家には, 家の, 家庭は, 家族に対する, 家賃を, 容喙すべき, 寸志も, 小説も, 尤も耳, 左様考える, 希望を, 希望通り取計らい, 常に想像, 平素全く, 平素敬愛し居る, 心を, 心眼に, 心覚えを, 心象の, 忌憚なき, 念願なれ, 思い違いに, 思う所, 思ふ儘, 怠慢が, 性格に, 悲しみは, 愉快これに, 意中を, 意志に, 意思に, 意見を, 愚考に, 愛する花, 感じた驚愕, 我儘を, 所持金の, 所有と, 手に, 手紙の, 批判を, 持論たる, 持論を, 描く物, 攻撃計画を, 放蕩無頼な, 教えた男, 教え子にて, 敬慕の, 文章が, 文語文の, 方で, 方へも, 方も, 旅行免状とを, 旅行免状を, 日常の, 日常は, 旧友, 旧友ブランドリーの, 旧友藤波弁護士に, 時, 書くもの, 最後の, 望むところ, 本心は, 本心を, 本来の, 机の, 机上に, 松竹座見物の, 枕辺に, 機敏を, 歌, 止むに, 正体を, 此問を, 死するは, 死刑を, 死後に, 死後の, 死後妻ノブ子と, 死状及び, 母と, 母も, 気に入らない名前, 気に入らない点, 気の, 深き敬意, 為すべき決心, 為に, 為には, 熟知し居る, 父が, 父は, 片腕に, 特長, 生活とは, 生涯の, 留守宅は, 留守宅を, 番数は, 病気に, 病院内を, 発見した, 目ざせる点, 目には, 目撃致候は, 直接研究に, 相続者にも, 真似を, 眼を, 眼中には, 眼前に, 知っとるやつ, 知る陶謙, 知友達は, 碁敵だ, 私の, 突飛な, 立場からは, 立場は, 精神の, 経歴を, 経験に, 結婚せし, 結論を, 罪を, 義務と, 老父で, 考えから, 考にては, 考へにては, 聞込みたる処, 職務は, 職業を, 肉体は, 胃病も, 胸中お, 腕には, 腕の, 腕を, 腹案は, 自殺に, 自殺を, 自由である, 自由に, 舌の, 良友です, 良心は, 芸術上の, 著述を, 蛇足, 蛇足を, 血を, 行手には, 行方を, 行跡が, 見て, 見聞記は, 観察に, 言ひ, 言動を, 言葉によって, 言葉も, 言葉を, 許まで, 詠んで, 詩が, 詮索による, 読んだもの, 負ふ, 負債を, 貧困時代は, 趣味が, 身の上に, 身上動き, 身分は, 身辺の, 農園に, 迂闊と, 近作, 近状を, 通り過, 連添いに, 遊戲なり, 遺書一度世に, 避けがたき, 部屋に, 郷里から, 都合は, 酒に, 酩酊振りが, 重大な, 長女は, 陥り易い, 面上の, 面前に, 靴下は, 順番と, 頸に, 顔と, 願ふ, 願望を, 骨折りだったわけ, 魂は, 魂を, 鼻に関する

▼ 小生~ (275, 25.0%)

6 これを 4 小生の 3 貴下が, 貴下の 2 ここに, それを, ただ閣下, 今は, 彼女の, 正直です, 自分の, 貴下を

1 [243件] あの君, あの時右手, ある個人, あれが, いつでも, いつも屈し, いつも考える, いまだかつて, いま一般の, いま自分の, かかること, かかる永たらしき, かくの, かつて瀕死, かように, くすぶった小学校教員, ここぞとばかり, このたび, このま, この五年間, この噂, この小説, この考え, これと, これまで, さて置き, しばらく山野, すこぶるその, すでに二度, そういうこと, そのよう, その点, その翌日, その言葉, その額, それは, それほどの, そんな約束, ただこの, ただその, ただ呆然と, ただ平素抱懐, ただ貴兄, たまらないと, ちょうど二十人, ついこの, つねにあなた, とるもの, どうしてもこれ, なぜこの, なにものも, なによりも, ほとんど日夜静臥中, ぽかんと立つてぬ, また妻, まつこう, もちろん友人, ゆえなき戦乱, よくその, われわれ同胞の, コンドルの, コンドル即ち, マダムと, リムビヨツクの, ローサンゼルス市を, 一刻も, 一刻をも, 一度思い立ち, 一方に, 一月一日に, 一通り興行承諾に対する, 三田と, 不参加の, 不幸病気にて, 不快の, 不思議とも, 不相変都新聞, 不精だ, 世界的探検家なる, 両腕, 中, 丸二日の, 主義も, 予て今日, 京丸より, 今までに, 今一度傍なる, 今少し, 今年あちこちと, 今日の, 今日まで, 今日も, 今更何等, 今朝新聞紙上にて, 他の, 他殺でも, 仮令貴下, 何を, 何事も, 元来新聞, 兄さんに, 先に, 先生の, 先般丸の内倶楽部の, 先般自由映画人集団加入の, 先頃より, 全く此度, 八月上旬から, 公の, 其数日前実父の, 再び気, 凡てを, 切に諸君, 別に此紙上, 前夜の, 前記の, 力の, 努めて, 勢いこん, 勿論, 勿論の, 単に過去, 博文館の, 去る九月, 去る十月八日, 叫んだの, 右の, 同人と, 君も, 呼吸器を, 壱岐殿坂を, 多いの, 多年材料の, 大いに感謝, 大いに飲む, 女優としての, 如何に, 妻に, 妻子の, 姪の, 子供の, 存候, 孤立する, 学位令の, 学位授与の, 学士院, 寅年生れだ, 寡聞に, 尊敬せざる, 小父さんに, 小生で, 小説を, 小説家出身でない, 小鳥類, 屏風の, 已むを, 常に悪酔, 当今, 彼が, 彼の, 彼等を, 徹底的に, 怒るでしょう, 怖れ, 思う, 恐縮仕, 感じ申候, 感服致候, 捕虫網を, 控え室にて, 撫然として, 改めたいの, 文学論を, 料理番を, 斯かる, 日本の, 早くも, 昨夜ひとりで, 昨夜彼女を, 是非を, 時に快速船, 智利アリカ北方の, 更にマルチン・ルウテル, 更に飲まう, 最近に, 月日と共に, 朝に, 朝早くから, 村端れ, 東洋方面の, 森先生の, 欣喜雀躍しよう, 正に自分, 正を, 此の, 此第二號を, 死を以て, 決して思わない, 決して貴下, 波止場に, 父が, 牡牛の, 獲物を, 甚だ融通, 生涯に, 生涯の, 生涯忘れる, 申し候, 男子として, 病気を, 目下我邦における, 目下貴, 直ちに一篇, 直ちに妻, 立派な, 第一號, 第八監十三室, 筆を, 純なる, 絶対に, 絶對的に, 經驗の, 胸が, 腹蔵なく, 自ら許したるが, 自分独自の, 至極健全, 西部首領と, 見倣しました, 論者の, 貴下に対し, 貴下に対して, 貴下二三若しくは, 貴兄に, 貴兄の, 貴家ご, 路傍の, 過去半年の, 酒さえ, 長々しく申し上げざれ, 非常に, 頭髪が, 駄洒落とは

▼ 小生~ (78, 7.1%)

2 妻の

1 [76件] いろいろと, この機会, この結社, この金, これを, こんなこと, その求婚, それを, ついて, みるところ, ズーデルマンの, ソンナ事実を, ベンベンと, 之を, 人類の, 今度の, 仕事の, 他の, 何者である, 俄かに, 健全で, 先立ちて, 其處を, 出勤せし, 初めから, 十六歳の, 参って, 只今宿酔から, 唯一の, 大兄の, 奇夢に, 好んで, 室を, 将来の, 小供, 少年時以来養成され, 居りました桑港, 左団次君の, 帰宅し, 帰宅せし, 引継がなければ, 徒らに, 御村, 御音信, 悲しいほど, 愛用し, 所持し, 採集しました, 撮影五枚の, 数年の, 文学の, 曹操の, 最愛の, 有金全部失う, 服務に関しての, 正義法律の, 毎度の, 水蔭より, 決して貴下, 照れぬよう無言, 犯罪遂行の, 白い顔, 相手の, 細部の, 自ら求めました, 自分の, 船長と, 苦心し, 虚心平気に, 覚えたる観世物, 買い受けて, 通り過, 闘争の, 集団に対して, 食い意地を, 魁け

▼ 小生~ (54, 4.9%)

3 何か

1 [51件] あまり騒, ここ熊野なる, この印税, これが, これを, すでに年老いた, その附近, ついに, ついに別荘, ゆっくりと, 一役買っ, 一月ばかり, 一本を, 一見致し, 下田港へ, 不相変頑強, 世界の, 久しく不心得, 亦其保守的傾向, 亦左, 亦当時何事, 今月末までには, 何となう, 俄に, 免か, 全たくま, 兼て, 動物園にて, 大きに安心, 大好きに, 妻も, 安心いたしました, 屡々妄想, 彼女の, 御同様問題, 御客, 心から彼, 思わずふきだし, 悲しいけれども, 文学士に, 日本人に, 本年数え年五十に, 決して貴下以上, 浪さんも, 稍先生の, 自殺する, 貴君と, 起草すべし, 車を, 退社した, 遠からぬ

▼ 小生~ (53, 4.8%)

2 して, 於て

1 [49件] おまかしあれ, お貸し下さいません, こんな文句, したところ, しても, しろ彼女, ただ軽い, とつて, 云はせる, 些少の, 代わりて, 似て, 似合うも, 依頼の, 候えども, 候えば, 勝手気儘な, 向かい哀, 売りつけたの, 多少の, 娘を, 対って, 少くともさう, 御協力, 御打合せ, 成代り御, 才能を, 押し寄せて, 握手する如き, 敬意を, 断る迄も, 於てすらも, 於てを, 書を, 気の毒の, 水くさい, 為し得る事, 生れし子, 目配せ致し, 相談しませず, 血涙した, 見せて, 訴えて, 説明せし如き, 賜わる恩恵, 迫って, 酒と, 頼むやう, 頼む時

▼ 小生~ (37, 3.4%)

2 して

1 [35件] あわれんで, とらえて, まっ先に派遣, みたし悩ませおの, 上の, 今日の, 単に翻弄, 夢中に, 学位ある, 強いて堕落, 待ちわびる女性, 待つこと, 悩ませたの, 愛しくれ候こと, 愛し小生, 持ち扱, 指さし示し候, 排斥せん, 最年長の, 束縛する, 欺きしもの, 狂人と, 目し, 筆持つ, 苦しめること, 表面的の, 見限って, 訪問し, 誘って, 誘ひて, 誤解し, 責めて, 静座せしめ, 駆り立てて, 駆るもの

▼ 小生~ (23, 2.1%)

2 いえども, 芥川とは

1 [19件] 二人で, 同じ宿, 同じ眼, 同一の, 同乗昨夜の, 同年同月生れで, 同様桜の, 同様澄しかへ, 妻とを, 小生の, 当事者たる, 愛児嬢次の, 母と, 相談の, 落ち合ったもの, 蕗屋の, 逢っても, 集団との, 雖も

▼ 小生には~ (12, 1.1%)

1 [12件] あらゆる讚辞, すぐに, その気持, ちょっと出来ない, できません, 冒険は, 實の, 復と, 思われるの, 最もぴつたりと, 無くなり候, 考へ

▼ 小生~ (7, 0.6%)

1 の話, は小生等自身, は彼女, は繰り返し繰り返し憐れみ語り合っ, も思う存分, を仏教, を抱き込ん

▼ 小生なども~ (6, 0.5%)

1 其積にて, 学問力量さまで, 我は, 田舎に, 男子の, 道の

▼ 小生にも~ (6, 0.5%)

1 かくしてただお, わかりませんそこで, 一鎌仕れ, 三つの, 心苦しかった, 考が

▼ 小生より~ (6, 0.5%)

1 お譲り可申云々, 今一応, 差出しても, 思へば, 承り置, 貴兄へ

▼ 小生~ (6, 0.5%)

1 が微, においても御, の作, は一家四人, は決して, は誠に

▼ 小生自身~ (6, 0.5%)

1 が古人, にとり, にも其の, の学問慾, もまた, も疲れ

▼ 小生とは~ (3, 0.3%)

1 かかる乱暴, 大分かけ離れ, 年来親しく

▼ 小生にと~ (3, 0.3%)

3 つては

▼ 小生一生~ (3, 0.3%)

1 の不覚, の事, の大

▼ 小生如き~ (3, 0.3%)

1 の意見, ものは, 住所も

▼ 小生から~ (2, 0.2%)

1 一つの, 見ると

▼ 小生ごとき~ (2, 0.2%)

1 にまで誠実懇切, 天下に

▼ 小生ただいま~ (2, 0.2%)

1 居所不定, 金が

▼ 小生たち~ (2, 0.2%)

1 が苦しい, にそれ

▼ 小生だけは~ (2, 0.2%)

2 助けて

▼ 小生への~ (2, 0.2%)

1 依頼の, 宥り

▼ 小生ゆえ~ (2, 0.2%)

1 なまじいに, に長い

▼ 小生~ (2, 0.2%)

1 宅, 微衷御

▼ 小生今回~ (2, 0.2%)

1 の旅行, 或事業

▼ 小生~ (2, 0.2%)

1 冬十二月二十五日投獄, 冬風労に

▼ 小生意氣~ (2, 0.2%)

1 に大人, らしい十七八

▼ 小生晩春~ (2, 0.2%)

2 よりかけ

▼ 小生生れ~ (2, 0.2%)

2 て初めて

▼ 小生~ (2, 0.2%)

1 の東京生活, は声

▼1* [128件]

小生あの夜の, 小生および小生の, 小生からも一つ福日へ, 小生ここに久敷心, 小生こそこの思ひ, 小生この度神奈川県公園課といふ, 小生このごろボオドレエルを讀み返し, 小生これまでにかず, 小生ごときひねくれ者の, 小生ような, 小生すら時々富士, 小生その由を, 小生ただ今向鉢巻, 小生だけのうぬ惚れでした, 小生その頃休刊, 小生とかの蕗屋の, 小生とても有りと, 小生とてもなんで漢室の, 小生とてもよく存じおり候えば, 小生との間に, 小生と共に前記原籍地に, 小生など春水を, 小生などから見ると, 小生などは羨望の, 小生にだけ隠して, 小生に関してこんな事, 小生のみでは, 小生ばかりでは, 小生ひそかにこれ, 小生また師としての, 小生まだ讀むに, 小生まで内々申出でを, 小生みづから行ひ, 小生もとより一貧学究, 小生よりは申し上ぐべき言葉, 小生よりも背の, 小生ら夫妻は申す, 小生をといふ事に, 小生をも憂ウツ, 小生ハ此ノ請願, 小生フランネルの単, 小生シテ尊台, 小生一人の獨斷, 小生一個の希望, 小生一向に敗北を, 小生一夕某氏の宅, 小生一家の不幸, 小生一年間最多忙, 小生一時御立替御用立申上候間此の点, 小生万事不案内につき御, 小生在中なり, 小生所見も, 小生事去年の秋, 小生事本日死去仕候, 小生私かに, 小生今後の傾向, 小生今晩は何, 小生今月始めから漸く, 小生今朝ふと応接室, 小生以上に慌てた, 小生以外の医師, 小生会心の一友年来起居, 小生何事モ知ラズ走リ行キ, 小生來客に食傷, 小生偶然同行の雲井なにがし, 小生僻地に罷, 小生も息才, 小生儀異性の一友人, 小生來の, 小生元来呑気屋にて, 小生八月上旬より維納, 小生て申上置候通り, 小生写真御掲載, 小生卒業論文にて毎日ギュー, 小生及び羽仁氏から, 小生双手を挙げ, 小生叔母の娘, 小生喜んで出頭可致候, 小生夢にも忘る, 小生大いに驚き家内, 小生妻ノブ子の名前, 小生にて御覧, 小生居所についての御, 小生屍体引取りの際, 小生工夫のオジヤ, 小生幾分か釈迦, 小生徹夜つづきの, 小生思うにわが国特有, 小生ふに, 小生所持のもの, 小生手製の物, 小生は始め, 小生数十年前薩摩の甑島, 小生日本人ノウチデ宗教家トシテハ内村鑑三氏芸術家トシテハ岡倉天心氏教育家トシテハ井上哲次郎氏以上三氏ノ他, 小生旧冬より肥後小天, 小生昨今文学にしばらく, 小生未知の人, 小生此度考ふる処, 小生清書致し俳巻, 小生漸く点数しらべ, 小生爾来俳境日々退歩昨今は, 小生独り気をもむ, 小生甚だ怖れ, 小生生きながらへ居る, 小生申すよう御, 小生申告の患者, 小生痛感して, 小生程にはあらざるべし唯, 小生立退きを命ぜられ, 小生二回目の, 小生等両親は今後わが子, 小生等自身の面目, 小生等親子をその, 小生等親子三人は当然, 小生絶対的反対に有, 小生編輯致し候, 小生義多年日本歴史地理学会の経営, 小生うるに, 小生胸中のおもむき, 小生自身参上いたさざるを, 小生著作中へ転載, 小生表記の処, 小生の事, 小生近来は文章, 小生近来論文のみを読んだ, 小生道楽の階, 小生はなけれ, 小生銀座で友達