青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小次郎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

小姓~ 小娘~ ~小学校 小学校~ ~小屋 小屋~ 小山~ 小川~ 小林~ 小柄~
小次郎~
小生~ 小田原~ 小舟~ ~小説 小説~ 小路~ 小野~ ~小鳥 小鳥~ ~少々

「小次郎~」 1396, 15ppm, 7434位

▼ 小次郎~ (416, 29.8%)

6 彼の 4 そういっ 3 それを, 声を, 急に

2 [21件] いう, いった, そこに, ひそかに, 倒れたが, 先へ, 堤の, 彼女の, 手を, 杯を, 率直に, 立って, 笑って, 笑靨を, 紋也の, 腕を, 膝を, 見向きも, 身を, 顔を, 首を

1 [355件] ありったけの, いいだした, いいつづけるの, いい捨て, いい紛らし, いうの, いきなりお, いきなり戸板, いきなり立ち上がった, いきなり顔, いって, いつも肩身, いま見, うち消し, うなずいて, うろ覚えに, おとといの, おりますが, かえって肉親, かたく口, かつて十六歳, かねてばば, かの女, かぶりを, くるりと, ぐびぐびあおった, こういった, こう思っ, ここで, ここへ, こっちへは, こんな美々しい, さてなん, ざっと室内, しずかに, しばらくそこ, じっと俯向, すぐに, すぐ察し, すぐ思い直した, すぐ身, すぐ邸内, すこし焦, ずかずか茶店, ぜひなく, そういったきり, そうした夢, そうしゃべっ, そう唸り, そこから, そこの, そこへ, そこを, そのことば, そのため, その人, その弟, その弟たち, その後なにも, その日, その柄, その花屋, それが, それに対, ただ聞き惚れる, ちょっとその, ちょっとまごつき, つい約し, どうした, どうしたであろう, どうしてよい, どことも, どこへ, どっと倒れ, なぜか, なんの, にやりと笑う, ふた太刀, ふと下り松, ふと淋しい, ぶらりと半, ほとんど隔日, ぼんやりし, まぎれも, またたずねた, また薄笑い, まだべつ, まだ丘, まだ前髪, まだ自分, むしろその, むしろよろこんだ, むッそり, もう古物, もう呼吸, もう連れ, もう関わず, やあと, やがて自分, やがて西, やや不安, やや執, やや焦, わが独壇場, わざと鷹, スルスルと, チラリと, ツクネンと, ピッタリ屋根棟, 一つの, 一人残っ, 一応得心, 一生に, 一膝一膝を, 一言, 七尺も, 三尺余寸の, 三日の, 不平に, 不死人, 両手を, 並木の, 主の, 主人を, 二十二歳, 京橋堀へ, 人が, 今その, 今年に, 他人の, 以後将門と, 仰天したらしかった, 佇む, 低地へ, 何と, 何となく快く, 何思った, 俯つ, 倚った, 側へ, 傍の, 傲岸な, 元より, 元来富田勢源, 充分に, 先に, 先刻から, 全身が, 六七十歳の, 凡物では, 刀を, 切られたの, 初めて, 初めて見る, 前の, 半瓦弥次兵衛, 原の, 反射的運動とでも, 叱るよう, 叱咤し, 吉岡の, 同僚から, 同国越前の, 名門の, 向う側の, 君公の, 唐崎田畑は, 唖然たる, 嘘を, 団扇片手に, 地に, 地上を, 夜の, 夢中の, 夥しい天井, 大いに怖, 大きく言葉, 大きな不安, 大言を, 奥で, 奥に, 女と, 女の, 好んで, 姿を, 孫四郎の, 宙を, 家に, 寂しさ, 寄って, 封を, 将平, 少し驚き始めた, 居場所を, 岡谷の, 巾着の, 師の, 幾度も, 座敷の, 弱気だ, 当りまえ, 当日その, 当日の, 彼が, 待ち疲れ, 後ずさる浜田某, 後で, 後を, 心の, 心も, 心得たもの, 忘れて, 忠利公に, 快哉を, 怒鳴ったが, 思い直した, 性来馬が, 怪訝そうに, 恐れ入って, 恩にでも, 悠々身支度, 悪人だ, 意気込みを, 愛着に, 感慨に, 憎まれ口でも, 我を, 我武者に, 戸の, 折も, 抛り上げられたよう, 押しいただいて, 改めていった, 斬り下した, 斬れッ, 早くと, 早口に, 昨夜から, 時々ぽろぽろ, 時には, 晩く, 暗がりで, 書物から, 木剣を, 柔弱で, 柵を, 梱の, 棒か, 横の, 横へ, 機を, 武蔵が, 武蔵の, 歩き出した, 気を, 水から, 汝らごとき, 江戸へ, 決してそれ, 法律に, 注意した, 浦人の, 淡い郷愁, 清十郎の, 渇いた胃, 渡りかけた橋, 激怒し, 無意識にも, 無言の, 熄ま, 燃え残り, 燕から, 物干, 犬の, 独りで, 猛然とふい, 猟犬の, 理由も, 琢磨流の, 生国の, 痛感した, 癇癖を, 目を, 眼まい, 矢立の, 知らず, 石切たちの, 空腹を, 突っ立っ, 突っ立った, 突ッ放し, 突然に, 立ちくたびれ, 立ちどまって, 立派な, 笑い出し, 笑い出した, 答えた, 簾の, 終始眼, 絹の, 綴じ紙を, 美作の, 羽を, 考え耽って, 耄碌し, 耳を, 聞いて, 肚を, 胸を, 腰の, 腹這いに, 自分より, 自嘲する, 自己の, 舌うちを, 苦笑し, 茶碗を, 藩の, 蟋蟀へ, 襖を, 見やって, 訊きたい気, 語尾を, 読み終ると, 読み返して, 誰やらに, 起き上がりは, 跳び退いて, 身顫いした, 辰の, 近くの, 近づく郷里, 退出した, 速剣, 部屋の, 部屋を, 酔った眼, 酔って, 鉄扇を, 閉まって, 頷いて, 頷かない, 頻りと, 颯と顔色, 飲みほした土器, 飽かず看入って, 飽くまで忠明, 馬を, 駈けて, 駈け寄った, 驚いて, 髪の毛の, 鵜が, 黒

▼ 小次郎~ (300, 21.5%)

6 姿が 5 ために, 体の, 姿を, 顔を 4 ほうへ, 体は 3 ほうが, 体が, 口から, 名を, 眼には, 胸に, 面を

2 [18件] ことばに, すがた, 住居は, 側へ, 兄の, 姿は, 安否を, 年齢は, 手を, 方から, 方へ, 父良持が, 片袖, 片頬, 眼が, 耳へ, 腕は, 負けだ

1 [209件] いい分, いい噂, いう言葉, いたすぐ, うしろへ, うすい唇, からだ, からだを, ことばには, ことばを, ことよりも, ことを, そういう気性, そうした態度, その方, ひとみは, ほうで, ほうには, ほうにも, ほうは, ほうへも, ほうを, ほかの, まえに, ようすは, よくうごく, コロコロと, 一行が, 三名, 乗馬西樓は, 二人が, 亡き父, 人よりも, 仕業と, 会釈を, 住居へ, 体な, 傅の, 備前長光横に, 凡物でない, 刀の, 刀を, 刀法を, 前で, 前に, 前へ, 剣に対しては, 剣名は, 勝負の, 化け物幾人でも, 又八, 口と, 口へ, 古馴染み, 名が, 名は, 問いたいこと, 声とも, 声は, 声も, 夢には, 太ッ腹, 太刀を, 姿から, 姿と, 安危へ, 実力は, 家へ, 寝す, 履歴や, 巌流は, 左の, 希望を, 師と, 師富田勢源の, 帰国を, 常套的な, 平気な, 平素着らしい, 年齢が, 年齢を, 弁舌だった, 影が, 影は, 影を, 後ろへ, 後ろ姿へ, 後胴へ, 心には, 心を, 志望は, 忠言を, 思惑などに, 性格は, 恐るべきこと, 情, 意中にも, 愛し方, 愛剣物干, 感情と, 慇懃な, 戦法に, 所へ, 所有する, 手から, 手に, 手の, 手のうちを, 手は, 手へ, 手紙を, 手許へ, 技倆と, 推挙を, 推薦に, 敗死は, 旅先を, 旅垢だらけな, 旅行を, 木剣は, 武技に, 死骸であったなら, 気に, 注意に対して, 派手な, 派手姿は, 派手派手しいす, 消息は, 溜息が, 激発は, 父良持などは, 物腰を, 特徴であった, 生死, 異彩を, 眼から, 眼の, 眼は, 眼光が, 研の, 笑靨には, 筑波山の, 素姓も, 細い頸足, 耳には, 聞き探り, 肩に, 肩越しから, 背後を, 胴へ, 胴を, 胸から, 脇腹の, 腕を, 腕前を, 自信に, 自信は, 衣裳の, 袂を, 袴の, 襟が, 見解に, 親の, 言を, 言葉には, 訊ねたこと, 訪れが, 試合では, 誇りに, 讃美を, 賢しらな, 走って, 足の, 足もとへ, 身がらを, 身の上も, 身へ, 身を, 身体の, 転がって, 返事を, 速剣, 過去とも, 遺跡に対する, 鈍な, 鋒鋩が, 鋩子尖, 鋭敏な, 門を, 門人に, 門前を, 間から, 隆々たる, 頬に, 頬へ, 頭には, 頭の, 頭は, 顔いろ, 顔が, 顔とて, 顔へ, 風采や, 首級を, 駈けて, 鷹に, 鼻に, 鼻息を, 鼾声が

▼ 小次郎~ (137, 9.8%)

1 [137件] いい終る, いうと, いうには, いった, いつぞや書い, いつのまにか岩, いなかったという, いやなら, いるの, おどりこむと, お杉ばば, かえって僭越, かえって来た, ここも, この刺客, この江戸, この界隈, これで, ささえる力, すぐ眼, そう呟く, そこに, それからの, それを, たじろいだの, たちすくんだ, たまたま同じ, ついて, つぶやくと, どんじき屋の, なお多く, にやにや笑っ, ひしゃげたその, ひしゃげた鼻, ぶらりと訪れ, また, まだなにかいおう, まだ上州, まだ小, もって, やはり一箇, やや相対, バッタの, 一同へ, 三尺の, 下総常陸上野下野を, 世間に, 主人に, 争って, 二度目の, 今荷十郎の, 仕えて, 何か, 信じて, 優れたりという, 先に, 入京の, 六十以上の, 刀を, 力づける, 勇士でも, 十六歳の, 十四の, 十四歳頃の, 参って, 取るにも, 叡山の, 吹聴し, 嘲笑うと, 地を, 大きく見え, 天下の, 富田勢源に, 巌流島で, 師の, 帰りましたならば, 帰ると, 弁じ立てて, 得意と, 怖ろ, 急に, 慶長十七年の, 成人の, 戻ったらすぐ, 戻って, 手にかけて, 手を, 手柄顔に, 持って, 振向く, 昼初めて, 暢気な, 月夜の, 枇杷の, 梢の, 棒立ちに, 欣んで, 此家へ, 毎日見る, 気がかりそうに, 江戸から, 江戸の, 決然として, 烈しくあえぎ, 物干, 物欲しそうに, 直接師の, 相続すべき, 眼に, 眼の, 立ちあがって, 立ち上がったらしい, 立って, 股から, 膝を, 自分の, 船島へ, 若年者であっ, 血を, 行った, 訊いた, 訊く, 誌し, 誰かに, 譬ひ, 豊前小倉まで, 貞盛の, 起き上がるの, 起居し, 転がって, 辛うじて立ち上がった, 退けたの, 連れられて, 遭遇した, 都へ, 驚いたの, 黒小袖に

▼ 小次郎~ (71, 5.1%)

2 探しに, 見て, 見守って, 討つこと, 追っかけて

1 [61件] きっと討っ, こなたへ, これへ, さらって, つけ狙って, つつみ一気に, ねめつけて, ふりむいて, まごつかせた, よく知っ, 一刀に, 一度打ち込む, 中へ, 二人拵え, 人数の, 他に, 保護でも, 偉なりと, 先に, 切ろうとして, 利し小次郎の, 勁敵と, 取囲んで, 吊るした例, 呼び入れさせた, 呼び止めた, 大きく買った, 待ちぶせかえって, 待ち疲れさせたの, 恐れて, 想って, 手古摺らしさんざん, 打ったの, 打つたの, 斬ったの, 正面から, 相手に, 相手にとって, 眼の, 睨みつけて, 瞬間に, 知らねえか, 祐成が, 称揚し, 聴訴門の, 虐んで, 見あげ声, 見た, 見たもの, 見ながら, 見まもった, 見るよう, 見付けて, 見据えた, 討たんと, 討ち損じたばかり, 討ったか, 討って, 追い詰めて, 連れて, 青侍に

▼ 小次郎~ (56, 4.0%)

2 似て, 向かって

1 [52件] いいきかせ菅生, くらべて, ござります, すれば, そんな記憶, ちがいない, つきつけて, つけられて, つづいて, なり代って, なり切って, 二つましたる, 二人は, 交際え, 付けて, 会えば, 会わせて, 会わないこと, 似た影, 似た武士, 似通って, 何の, 何も, 傾倒し, 元より, 出会ったん, 出会を, 刀で, 加勢し, 加担し, 助けられその, 及ぶ者, 宛て, 当るもの, 彼が, 手伝うて, 時間を, 武蔵が, 洩れ小次郎, 渡した, 理解の, 眼を, 知られては, 突然振り, 苦痛では, 話すの, 豊田郷の, 贔屓し, 身を, 違いない, 酒を, 頭も

▼ 小次郎~ (56, 4.0%)

2 ここへ

1 [54件] あの愚鈍, いれば, そういった後代, そう考え, そこへ, その金丸, それに, それは, はや二十一歳, またその, またまったく, また以後, また当日, また笑み, よく知っ, ムッと, 一二度出会っ, 一時は, 久しく伝家, 亦速, 今に, 共に歩みだした, 同じく立ち上がり, 喰えぬ男, 図に, 堪らない, 天晴な, 富田門に, 屋敷の, 廻って, 彼の, 忠明も, 意識的に, 慥に, 憎い八王子, 手を, 振り顧, 斬りたくて, 旅拵えな, 最初に, 木の根にかけて, 武士であった, 武蔵が, 武蔵も, 真似て, 立ち止まって, 耳を, 覗きこんで, 謙譲を, 通った, 酔うと, 間の, 驚きを, 骨に

▼ 小次郎~ (40, 2.9%)

3 武蔵との 2 なって, 武蔵の

1 [33件] あるの, いいまだ, いい小一条, いって, いつかは, いひ系図, お稚児, この武蔵, そのほか六, その客, である, 一手合せたい, 二天一流を, 出会いまた, 分って, 吉岡清十郎の, 呼ばれ出した, 武蔵とが, 申すその, 申すん, 称したの, 積年の, 約束した, 美作とが, 聞きましたが, 茣座右門の, 茣座右門二人の, 見えた, 親から, 試合う, 試合する, 鈴江を, 馴

▼ 小次郎という~ (23, 1.6%)

3 者は 2 のは, 人間が, 名は, 者だ

1 [12件] のが, 一介の, 人が, 人物を, 人間, 人間に, 十八歳の, 男は, 男を, 者, 者で, 者を

▼ 小次郎には~ (22, 1.6%)

1 [22件] いずれも, おばば, その見通し, それが, それへ, どうしても疑いきれない, ふしぎで, みな覚えの, わきまえも, 一つも, 亡父が, 何も, 刀が, 女護, 存ぜられます, 故郷の, 深刻でも, 耳めずらしく, 胸に, 自分の, 覚えが, 雪辱を

▼ 小次郎~ (18, 1.3%)

2 向って

1 [16件] いい渡した, いった時, おばば, さした, すすめたが, わかれを, 出会い状を, 勇気を, 果し状を, 歓楽を, 武蔵が, 浴びせかけられた, 縫って, 計るの, 追いつきぶっ, 飛びかかる魔

▼ 小次郎殿~ (17, 1.2%)

1 [17件] か, この印籠, であったか, では, とある, といい, といえ, とやら待ちなされ, と信じ, にはご, にはすでに, のところ, の住居, の名, の手, は, も拙者

▼ 小次郎将門~ (16, 1.1%)

2 だと

1 [14件] がなつかしい, が今日, が仕え, だつた, です, ともある, と往年, なれ承平, の妻, の姿, はここ, はこの, もこ, をどう

▼ 小次郎法師~ (12, 0.9%)

1 [12件] が思う, が諸国一見, の旅僧, の耳, の頷く, はちと, は別に, は寿, は掛茶屋, は生れ, は苦り切る, は話

▼ 小次郎との~ (10, 0.7%)

2 試合などは 1 あいだに, 剣跡, 巌流島の, 此の, 決闘について, 試合では, 試合に, 試合を

▼ 小次郎とは~ (10, 0.7%)

1 おれの, ちがう, どうしてお, どうしてご存じ, わしの, 一体どこ, 以前から, 何かよほど, 半世紀以上, 敵対の

▼ 小次郎どの~ (9, 0.6%)

21 お許, かよ, じゃない, とは御, の太刀, はお, 縛って

▼ 小次郎~ (8, 0.6%)

21 が出洒張, っ, の袖, まだ走りおる, を圧迫, 振り切って

▼ 小次郎~ (8, 0.6%)

2 平といふ, 平の 1 平だけは, 平などの, 平去, 平建橋に

▼ 小次郎~ (7, 0.5%)

2 お前は 1 お前さんは, お前溜息, これを, 京都へ, 鈴江や

▼ 小次郎~ (6, 0.4%)

21 という事, という人間, と頻りに, のの

▼ 小次郎にも~ (5, 0.4%)

1 あては, 各, 同じ道, 忠平の, 肚が

▼ 小次郎~ (5, 0.4%)

1 しばらくお待ち, にちがい, に違い, も待っ, よ

▼ 小次郎から~ (4, 0.3%)

1 受けた刀, 彼女の, 武骨を, 聞かされた時

▼ 小次郎であった~ (4, 0.3%)

1 からである, が反射的, しまた, はずだ

▼ 小次郎に対する~ (4, 0.3%)

1 われわれの, 怒りは, 愛惜と, 感情が

▼ 小次郎~ (3, 0.2%)

1 ぬしも, 小夜の, 身も

▼ 小次郎たちふたり~ (3, 0.2%)

1 の背, はじりじり, もせき立てた

▼ 小次郎である~ (3, 0.2%)

1 がたっぷり, ぞ, と他人

▼ 小次郎とも~ (3, 0.2%)

1 いわれる侍, 記して, 顔を

▼ 小次郎~ (3, 0.2%)

2 のである 1 のだ

▼ 小次郎なる~ (3, 0.2%)

1 ぞ, 者の, 者は

▼ 小次郎にとっては~ (3, 0.2%)

1 不幸であった, 即恐ろしい, 空屋敷へ

▼ 小次郎に対して~ (3, 0.2%)

1 なんであんな, 印可目録を, 降ったと

▼ 小次郎からの~ (2, 0.1%)

1 書状, 試合状が

▼ 小次郎さん~ (2, 0.1%)

1 と一人, は

▼ 小次郎たち~ (2, 0.1%)

1 はわたり歩い, も目

▼ 小次郎~ (2, 0.1%)

1 さえあの, はなく

▼ 小次郎でも~ (2, 0.1%)

1 まだ足元, 自分でも

▼ 小次郎とかいう~ (2, 0.1%)

1 者が, 者を

▼ 小次郎として~ (2, 0.1%)

1 これが, 後に

▼ 小次郎としては~ (2, 0.1%)

1 意外な, 石置き場の

▼ 小次郎とて~ (2, 0.1%)

1 まだ幼い, 決して彼女

▼ 小次郎への~ (2, 0.1%)

1 対策を, 返辞も

▼ 小次郎一人~ (2, 0.1%)

1 のため, の助太刀

▼ 小次郎口輪~ (2, 0.1%)

1 を, をもっ

▼ 小次郎~ (2, 0.1%)

1 うまく捉える, にひどい

▼ 小次郎自身~ (2, 0.1%)

1 が自身, はそれと

▼1* [80件]

小次郎からも今度の, 小次郎がと疑われるの, 小次郎ここ数年のうち, 小次郎さすがに目, 小次郎すら余りいい, 小次郎すらも苦笑を, 小次郎ずれを何でそのまま, 小次郎たち三名の姿, 小次郎だけでは, 小次郎だったかま, 小次郎だったらなんとする, 小次郎だろうだが真物, 小次郎って人も, 小次郎であったならば, 小次郎であり一人は, 小次郎ですから, 小次郎でなくて六部, 小次郎とかいいました, 小次郎とだけでは, 小次郎とてもおおむね多くの, 小次郎ともに杖まで, 小次郎とやらのために, 小次郎とやらをこの弓場, 小次郎と共に急いで, 小次郎どのあなたに訊い, 小次郎など多士多彩だ, 小次郎などがまみえた遊女たち, 小次郎などの手勢と, 小次郎などもそうした, 小次郎なりとはおそらく, 小次郎についてでござるが, 小次郎にでもすこし読め, 小次郎にとってもっともうれしい, 小次郎にとっても小一条, 小次郎に対しては第一, 小次郎に対しても抱くが, 小次郎はかぶりを振っ, 小次郎はぶるると, 小次郎はもいちど, 小次郎ひどく考えこんだ, 小次郎へも一応はと, 小次郎ほどの腕とは, 小次郎め小次郎めまだ走りおる, 小次郎よくも逃げ足早く, 小次郎よりも時間的に, 小次郎らしい心持ちから, 小次郎スタイルっていう, 小次郎仕合致スベキ由, 小次郎ハ忠興様御船ニテ被遣, 小次郎仁田四郎忠常などは, 小次郎以上きっと真面目, 小次郎伊賀三郎黄楊四郎の三人, 小次郎儀試合仰せ被, 小次郎先生の住居, 小次郎先生わしは誰, 小次郎再び化転し, 小次郎吉本董三白木半次郎大野仁平同徳太郎, 小次郎天野遠景佐奈田の余一, 小次郎始め滝口の兵, 小次郎季氏を斬り, 小次郎富田金丸石井利惣太なぞといういずれ, 小次郎将門事徒党を狩り, 小次郎巌流に対してよそながら, 小次郎必ずその他日まで, 小次郎怒りの面地, 小次郎散るか, 小次郎時代の将門, 小次郎殿お待ちなさい, 小次郎は大村, 小次郎氏肥前藩では松田正久氏中島盛有氏, 小次郎独特の虎切剣, 小次郎生れて初めて, 小次郎益々怒った, 小次郎笹川繁蔵飯岡助五郎赤尾林蔵関八州の博徒手合い, 小次郎に男色, 小次郎試合はその, 小次郎逃げかくれする侍, 小次郎郎党を率, 小次郎金泉丑太郎木村周平木村武之祐青柳捨三郎などがその, 小次郎長義孫三郎基長六郎太義氏いちばん末子の竹万丸